2021年01月11日 14:05

武士道が日本人の根幹みたいな扱いされてるのっておかしいよな?

武士道が日本人の根幹みたいな扱いされてるのっておかしいよな?

05

引用元:武士道が日本人の根幹みたいな扱いされてるのっておかしいよな?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1554385901/

1: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)22:51:41 ID:6q8
農耕民族やぞアホンダラが

3: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:02:50 ID:FfN
武士道は宗教やで
農耕は生活の糧や

5: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:05:41 ID:mnP
確かに武士道どんなんか知らへんしな
教えてもくれんし

6: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:07:20 ID:pIm
騎士道精神「ほんまや」
紳士の国「禿同」

7: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:08:21 ID:Fys
国民の大半は農民で
その根性は多分今も変わっていないんや

8: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:08:32 ID:6q8
ワイなりに考えたガバガバ理論展開してもええか?

10: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:09:16 ID:pIm
>>8
大体予想できる
昔それ系テンプレ流行ったし

12: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:09:57 ID:6q8
>>10
そうなんか
じゃあ目新しいものがあるかどうか評価してくれや
なかったら思いっきり罵倒してくれ

11: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:09:30 ID:s6f
ワイ剣道経験者、子供のころから武士道が当たり前すぎて違和感を持てない。

13: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:10:58 ID:6q8
まず日本人はご存知の通り武士以外の方が圧倒的多数やったわけや
百姓や職人・商売人だって優れた美徳を持ってたはず
思想を文献で残しやすかったのが武士やっただけやから
それを日本人全体の規範みたいに扱うのはおかしい

14: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:12:50 ID:6q8
前述の通り全人口の一握りしかいない武士(基本的に畜生揃い)の中で
一握りだけ歴史に名の残す武士がいて
そのまた一握りだけ模範になるような人格者がいた
つまり武士道を体現していた人間なんてごくごく僅かなんや

15: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:14:16 ID:6q8
それを踏まえると武士道なんてのは
ほとんどの人間にとっては実現不可能な理想のようなもの
大半が実行できないからこそお前らも見習えって意味で規範として広められたんや
誰でも当たり前に出来ることならそんな扱いにはならない

つまり日本人は武士道なんて最初から持ってなかったんや!

16: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:15:28 ID:6q8
終わりやで(小声)

17: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:16:05 ID:5xs
それ立派な生き方を説くもの全般に言えるような

20: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:17:27 ID:6q8
>>17
他にどんなのがあるやろ
日本人の基礎として位置付けられてるような概念

33: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:22:31 ID:5xs
>>20
日本人に限らず紳士の国は紳士じゃないし
音楽の都は音楽でもないし仏教の国は言うほど仏教じゃないし
34: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:23:33 ID:6q8
>>33
確かにほっといても紳士やったら紳士たれとか言わんわな
それと同じことや

37: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:25:05 ID:pIm
>>34
卑怯者が多かったから騎士道が出来て
インモラルな国だから儒教ができた
へたれが多かったから武士道ができた

40: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:26:31 ID:6q8
>>37
まあ持ってないからこそ目指すことは有意義やな
大事にせなアカン部分かも知れん
ちょっと言いすぎたわ

19: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:16:47 ID:Fys
特に不満はない

21: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:17:37 ID:AKL
武士道とか言ってしまえば先に作ったもん勝ちのマナー講座みたいなもんやんけ

28: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:19:22 ID:6q8
>>21
実現できてた奴はそれなりに立派やったんやと思うで
少なくとも表面上は

29: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:20:10 ID:pIm
>>21
今でいう社畜の心得みたいな感じ

22: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:17:48 ID:pIm
あながち外れではなさそう

25: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:18:27 ID:XRf
実はヨーロッパも農耕民族やで…

30: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:20:18 ID:t8w
一応農民の美徳も文献に残ってるけどな

32: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:22:12 ID:pIm
武士としてどう生きるべきかの指南書としては
大変面白い
>葉隠

でも、世にでたのは江戸中期

35: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:24:27 ID:5xs
>>32
死ぬ気になれば何でも出来るし
出来ずに死んでも恥じゃない
という本よな
武士の精神ついていけない

38: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:25:22 ID:6q8
>>32
全く読んだことないけどどんな内容なんや?
なんで江戸時代に登場したのかも気になる
たるんでたから引き締めたかったんかな

36: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:24:55 ID:t8w
それを持って無い国が持ってないものを掲げてるって話は聞いたこと有るわ

43: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:26:52 ID:xHJ
武士道が影響してるのか分からんけど、海外から見ると日本は「苦しみの美学」らしいで
努力すること、苦労すること、長く続けること、辛い経験をすること
これらは無条件に尊いものという感覚の日本人が多い気がする

46: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:29:51 ID:6q8
>>43
忠義と我慢はかなり優先されてるな
こういう思想はどこから来たんやろ
国内で争うより一丸となる機会が大きかったからやろか

48: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:31:43 ID:pIm
>>46
徳川幕府や大名が部下の武士達が社畜になるための洗脳マニュアルやで

53: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:34:41 ID:6q8
>>48
まあ肝心なのは国を安定させることやったんかな
安定のために規律があって規律を守れる奴が評価されるみたいな

47: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:30:28 ID:5xs
>>43
つっても考えたらそこから得るもん結構多いしなってなるんやないかな
言うほど無条件では無いような気が
辛いからってホイホイやめてたら何にもなれないでっていうとこやない

54: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:34:58 ID:xHJ
>>47
ワイも悪いこととは思わんで
努力することも続けることも大事やとは思う
でも楽して同じ結果得られる場合は楽しようぜっていう考えがなかなか通りにくいと感じる
日本の生産性が低いのはその辺の影響なんかなぁと思う

57: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:37:28 ID:zVs
>>54
昔は生産性すごくなかった?
精神的な問題か?

59: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:38:52 ID:6q8
>>57
根性と馬力が成果に直結するような仕事やったからとちゃうか

50: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:32:30 ID:zVs
自殺を戒める教義があれば完璧やった

51: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:33:42 ID:pIm
>>50
カトリック「だから布教させろって言ったやんか!」

55: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:35:03 ID:zVs
>>51
すくなくともプロテスタントとかは自殺率日本と一緒だぞ

52: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:33:44 ID:5xs
>>50
武士道なんかむしろ自殺推奨気味やな

56: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:37:19 ID:6q8
武士道の本質って覚悟がキマってるかどうかなんやろか
何に発揮するかは別として

58: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:38:49 ID:FfN
>>56
それは仏教と通じるなあ

61: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/04(木)23:39:44 ID:6q8
>>58
せやな
ワイが知ってるだけでも仏教や西洋哲学に似たようなのがある


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2021年01月11日 14:06 ID:jKbS.F3T0▼このコメントに返信
工ルダー帝国ガガーン少将、ヘリコプターぶるる~ん!
2.名無しさん:2021年01月11日 14:07 ID:OCwibv5n0▼このコメントに返信
半農武士が本来の日本人なんだよなぁ
室町時代には「近頃の若い奴は自分で農作業やらんから体力と根性が無い」なんて苦言呈してたりする侍も居るし
3.名無しさん:2021年01月11日 14:09 ID:lysWLqsI0▼このコメントに返信
野伏やぞ
4.名無しさん:2021年01月11日 14:11 ID:EL4db3US0▼このコメントに返信
新撰組も町民
5.名無しさん:2021年01月11日 14:13 ID:qpF21hzX0▼このコメントに返信
つ【騎士道】
つ【ノーブレス・オブリージュ】
6.名無しさん:2021年01月11日 14:13 ID:4lCh3VHF0▼このコメントに返信
武士も鎌倉時代や平安時代は暴力で略奪するチンピラ集団だよ
7.名無しさん:2021年01月11日 14:13 ID:MxeG.Kl90▼このコメントに返信
全然おかしくない。武士道は日本人の素養のひとつ。
日本古来からの文化や道徳を反映して出来たものだし武士道から来た文化や物の考えがあるわけで、これが日本人に影響を与えないわけがない。また否定しきれる理屈も存在しない。
武士道は神道的であり仏教的であり儒教的でもある。支.那の古典からも影響を受けているし南蛮渡来の考えも含まれていたりするだろう。
8.名無しさん:2021年01月11日 14:14 ID:wiZxBcw50▼このコメントに返信
「道」とはなんぞやから調べなはれ。
9.名無しさん:2021年01月11日 14:14 ID:1Pc2gjt.0▼このコメントに返信
それスレ主の考えだろ?

※2 それは「小国」の話
10.名無しさん:2021年01月11日 14:14 ID:XXovrXi20▼このコメントに返信
乱取り!族滅!辻斬り!寝返り!
これが武士の生きる道=武士道。
11.名無しさん:2021年01月11日 14:15 ID:wDe0Quoo0▼このコメントに返信
農耕が宗教だからね…なんでもない
12.名無しさん:2021年01月11日 14:15 ID:k.Cg6Jfj0▼このコメントに返信
世界は中国の物
13.名無しさん:2021年01月11日 14:17 ID:MxeG.Kl90▼このコメントに返信
※6
その時代に武士道なんて学問はなかったけどな。基本的に江戸時代の学問。
武士道以前の戦陣訓なんかは室町以降だし。
14.名無しさん:2021年01月11日 14:18 ID:OCwibv5n0▼このコメントに返信
※7
当然ながら、新渡戸の方じゃなくて葉隠れとか水戸の水戸学とか会津の什の掟とか薩摩の二才咄格式定目の話だよね?
15.名無しさん:2021年01月11日 14:20 ID:rI0t41qD0▼このコメントに返信
ニンジャみたいなもんだろ
16.名無しさん:2021年01月11日 14:22 ID:nQEshCdL0▼このコメントに返信
武士道を持った人たちは第二次世界大戦で真っ先に死んでるよ
今の国民に武士道なんてものは無い
周り見ればわかるけど自己の保身を優先する人たちしか居ない
17.名無しさん:2021年01月11日 14:24 ID:fFXgxfhs0▼このコメントに返信
薩摩の武士道みたいなのが家で若干残って伝わってるが、
禄なもんじゃあないよ。
18.名無しさん:2021年01月11日 14:24 ID:bE4IEkuR0▼このコメントに返信
農夫道は、辛く悲しいだけだから
19.名無しさん:2021年01月11日 14:25 ID:wDe0Quoo0▼このコメントに返信
御成敗式目=武士道でいいと思うんだよ
20.名無しさん:2021年01月11日 14:25 ID:OCwibv5n0▼このコメントに返信
※16
第二次世界大戦になった原因が保身に走る連中が社会の中心に居たせいだよね
明治で近代化を急ぐあまり身分廃したり社会統制したのがマズかったとしか思えないな
21.名無しさん:2021年01月11日 14:31 ID:7e1.dLsw0▼このコメントに返信
武士の起こりも武装農民なんだけどな
士道は江戸時代の儒教文化からでしょ
22.名無しさん:2021年01月11日 14:31 ID:wP.HwDR10▼このコメントに返信
戦争の時にでも武士道とは~みたいなのが広がったんじゃね、兵士に農耕民族とは~とか説かないだろ
23.名無しさん:2021年01月11日 14:35 ID:ZJTPg2640▼このコメントに返信
日常とチガウ方が新鮮だから
日常だけだとつまらんから
24.名無しさん:2021年01月11日 14:35 ID:1ox29kea0▼このコメントに返信
マジレスすると、新渡戸稲造のせい
25.名無しさん:2021年01月11日 14:35 ID:okmimp8p0▼このコメントに返信
むしろ根幹にあるのは教育勅語だろうな
国民の隅々にまで行き渡った
今読んでみるとわかる
地方の貧農の、文字も読めないような人まで暗唱してたからな
26.名無しさん:2021年01月11日 14:36 ID:TG7xzcP80▼このコメントに返信
植民地支配におけるカトリック布教と同じで
江戸幕府支配下における市民洗脳マニュアルだぞ
奴隷の首輪自慢して何が楽しいのって言う
27.名無しさん:2021年01月11日 14:36 ID:jIu6j2Ej0▼このコメントに返信
平成31年の五毛。
28.名無しさん:2021年01月11日 14:37 ID:aI29v1y50▼このコメントに返信
道ではないが日本の商人魂もすごいよ。
・近江商人はドケチで有名だが、自分は贅沢をしないでため込んだ財産は地元の福祉や教育につぎ込む。
・京都の商人は普段は質素な食生活(着るものには力を入れる)だが、祭りのスポンサーとして金を惜しまない。
・江戸の商人は長屋を建てて店子の面倒をみることで治安維持の役割を果たした。
日本に残るサブカルチャーは庶民が作り庶民が守ってきたもので、行政は邪魔をすることはあっても手助けはしていない。
29.名無しさん:2021年01月11日 14:40 ID:SBQBWlMa0▼このコメントに返信
大和魂 本居宣長がもうそんなもの滅びたという程度には数百年前に廃れた何か
武士道 江戸時代に儒教(しかも主君に逆らうな、師を超えるななどの日本で作った魔改造思想)を元に作った価値観

でも武士はそんなものを守らない。江戸時代は官僚主義バリバリでその思想をそのまま明治政府も受け継いでしまい、結局軍までその思想で狭い部署同士で軍閥化して暴走していく。
なぜか思想や哲学が学問として発達しない日本らしいというか何というか。
30.名無しさん:2021年01月11日 14:41 ID:SBQBWlMa0▼このコメントに返信
※26
なお、日本もその真似をして植民地や委任統治していた地域で神道を広めて皇民化しようとしたものの、現地の廟や神殿を破壊して神社に建て替えたらガチ切れされて反乱起こされまくった模様。
31.7:2021年01月11日 14:46 ID:MxeG.Kl90▼このコメントに返信
※14
そんなローカルな話されてもな。
江戸時代の話なら藩ごとに武士道の何たるかは違っただろうし葉隠にしたって一般には公開されていない。
基本的には古典からの引用だろうが取捨選択と解釈が師範によって当然違う。地域性ももちろんある。
近大の日本人にとっては新渡戸稲造の著書ももちろん大きく影響を与えているだろう。
なにより分かり易くて入門としてはよろしい。葉隠れとか体系づけられたものではなく論語集だしな。
32.7:2021年01月11日 14:46 ID:MxeG.Kl90▼このコメントに返信
※14
そんなローカルな話されてもな。
江戸時代の話なら藩ごとに武士道の何たるかは違っただろうし葉隠にしたって一般には公開されていない。
基本的には古典からの引用だろうが取捨選択と解釈が師範によって当然違う。地域性ももちろんある。
近代の日本人にとっては新渡戸稲造の著書ももちろん大きく影響を与えているだろう。
なにより分かり易くて入門としてはよろしい。葉隠れとか体系づけられたものではなく論語集だしな。
33.名無しさん:2021年01月11日 14:48 ID:XAK3I4FJ0▼このコメントに返信
開墾地の領有権も不安定だった平安武士と、身分制度が確立し文治主義の江戸後期の武士の価値観は当然違う。
新渡戸稲造は南部藩の藩士の子供だったが6歳で明治維新だから、基本的に明治時代の教養人。書かれたのは1900年。

大学の時の英語のテキストが『BUSHIDO: The Soul of Japan』だったが、難しかった。
34.名無しさん:2021年01月11日 14:50 ID:zTgZ9ujt0▼このコメントに返信
※10>>10
徳川綱吉>野蛮な奴らだ!「生類憐みの令」じゃ!これで、真人間になるやろ。

戦国の気風のままだったら、ペリー艦隊焼き討ちやろな。
35.名無しさん:2021年01月11日 14:52 ID:1aUJPqU30▼このコメントに返信
いや、武士道があったからこそ武士が庶民から尊敬された。だから嫁入り前の娘を武家奉公に出したのだ。武家奉公した女性は嫁入り話があまたあったという。だから武士道の精神は一般庶民にまで広く広がっていった。歌舞伎の演目で忠臣蔵が人気があったのはその証左と言える。
偽証罪・詐欺罪・誣告罪の事件は、日本と韓国とでは絶対数が違う。人口比ではさらに大きな開きが出る。「武士に二言はない」の言葉どおり、嘘をつくことを日本人は嫌う。これは武士道の伝統だと言えるだろう。西洋ではそれとよく似た騎士道があり、したがって日本が西洋の文化を取り入れるのはそれほど違和感がなかった。だからアジアで最初に近代化に成功し、今ではG7メンバー国としての位置を占めている。武士道がなければ西洋諸国と同等に渡り合えなかったと思う。
36.名無しさん:2021年01月11日 14:53 ID:0Xr..3L30▼このコメントに返信
武士も元は農民だし
37.名無しさん:2021年01月11日 15:00 ID:z0y0Ggr60▼このコメントに返信
言われてみればそうだよな
士農工商の区別がなかった説が本当にせよ、そうでないにせよ、武士の総人口は農民より少ない
だから、その農民の考え方=貧農史観こそが日本の根幹だし、せこさやいじめが何よりの娯楽である日本の真の方向性だろうと思う
38.名無しさん:2021年01月11日 15:01 ID:xYgLq43Q0▼このコメントに返信
武士が別人種なわけじゃないし
同じ畑でとれたなら底流には共通するものもあるだろう
まあ明治に民間人を兵士にたたき上げるときに便利だったのもあるかもな
39.名無しさん:2021年01月11日 15:02 ID:SIcsrit80▼このコメントに返信
天皇陛下だって田植えする国だぞ
40.名無しさん:2021年01月11日 15:05 ID:oIn4pvMb0▼このコメントに返信
>>16
そーいう思想アゲしながら政治批判するやつは末期にはテロリズムに走るって相場が決まってるぞ
2.26とか学生闘争とかな
武士道なんて近代国家以前のロートル思想
近代化後の日本は武士道と皇道思想を詭弁にした全体主義国家でしかない
そもそも自己保身を優先するって事は、それを保証する国の価値と向き合うことに繋がる
これに気付かないと民主主義からも現代思想からも弾かれかねないぞ
41.名無しさん:2021年01月11日 15:06 ID:czAhW1k70▼このコメントに返信
>>2
だよなあ。
>まず日本人はご存知の通り武士以外の
>方が圧倒的多数やったわけや

この思い込みがまず間違い。
42.名無しさん:2021年01月11日 15:06 ID:SQDv1vS00▼このコメントに返信
武士道なんて結局は江戸時代に下剋上を恐れた江戸幕府が中国の朱子学をベースに構築したものでしかない。
43.名無しさん:2021年01月11日 15:06 ID:w0i6e.1.0▼このコメントに返信
武士道
聖典:四書五経
教義:儒教
教祖:山鹿素行、山本常朝など
教え:忠節を持って主君に仕える事、上下定分の理

代表的な農民の義民も下級武士の枝葉だろうから
日本人の根幹と言っても間違いではない
44.名無しさん:2021年01月11日 15:08 ID:czAhW1k70▼このコメントに返信
>>9
戦国時代以降はそうだよね。
それ以前は両方混じってた。
45.名無しさん:2021年01月11日 15:13 ID:eQjEmQLp0▼このコメントに返信
>>28
黄金の奴隷になるな
資本家の搾取を戒めたこの言葉、出光という会社興した出光佐三のモットーだったね。
46.名無しさん:2021年01月11日 15:13 ID:oIn4pvMb0▼このコメントに返信
>>28
邪魔っていうか、日本の政治家は世界規模で見たら社会保証に熱心な部類だろ
そういう江戸商人とか京都商人みたいなギルド的コミュニティが行政の介入を拒んだだけじゃね?
47.名無しさん:2021年01月11日 15:17 ID:oIn4pvMb0▼このコメントに返信
そもそも武士道の定義を一体化しないと議論にすらならない定期
お前のせいだよ新戸部
48.名無しさん:2021年01月11日 15:21 ID:.26ifCPc0▼このコメントに返信
まあ、非生産職の武士階級の人口比率は10%。たいする『騎士道』の騎士階級の人口比率は、たったの1%。庶民が武士や騎士と接する割合も比較にならない位、日本の方が多い。
江戸から明治に移っても、支配階級は下級武士出身、その政府が設立した各種学校の最初の教師は武士階級出身。他国とは、いろいろと事情が違うなぁ。
49.名無しさん:2021年01月11日 15:21 ID:zTgZ9ujt0▼このコメントに返信
※43>>43
江戸以前の武士だと、教養の先生は坊主だから、仏教が根底になるんだよね。
50.名無しさん:2021年01月11日 15:24 ID:DloyC11t0▼このコメントに返信
それがいまやキリスト日教組だらけ
51.名無しさん:2021年01月11日 15:37 ID:ciEyFSmP0▼このコメントに返信
どっちの武士道なんだろう?
まあ畜生と言われど勝つことが~ではないわな
52.名無しさん:2021年01月11日 15:39 ID:YtrgCMyn0▼このコメントに返信
江戸時代の忠臣蔵や勧進帳で猫も杓子も武士道精神にどっぷり浸ってる。
武家だから町人だから関係なく道徳観念や生き方の美意識は共通化された。歌舞伎や講談が一役買ってるな。
53.名無しさん:2021年01月11日 15:41 ID:jc9NehOr0▼このコメントに返信
すげー、面白かった
54.名無しさん:2021年01月11日 15:44 ID:kU.N8ZB.0▼このコメントに返信
江戸時代の知識階級の女性の半分が学んだ、女今川

内容は、こんなの素直にならない。
人の悪口・いじめをする。
使用人には厳しくあたる。
無益な所へ遊び回る。
自身の小さな過ちを認められず、相手を怨む。
話の事の重大さを考えずに、話をしてしまう。
親の恩を忘れ、大事にしない。
配偶者を軽んじて、自身を立てる。
自分より生活の楽な者が落ちぶれる事をねがう。
中傷を企てて、人の愁いで、楽しむ。
自分は美麗をつくし、召使いは見苦しいまま。
ルールを無視して、我儘に振る舞う。
他者の欠点をあげて、自分は賢いと思い込む。
たまにいる、本物の正直者については、腹の内では何とか、と中傷する。
短慮にして、嫉妬をする。
人をあざけることを、恥じと思わない。
目先の考えで、いつも、人をけなすような事を言っている。
道理を説く者を嫌い、自分に共感するものを可愛がる。
自分の機嫌で、周囲を振り回す。
55.名無しさん:2021年01月11日 15:45 ID:3X1rVgr70▼このコメントに返信
四民平等の世になって、町人のおかみさんが倅を「お侍さんのように」躾けた
というのが影響してるんじゃないか。侍の大衆化と理想化。母親の力は大きい
陸軍さんの学校が生んだ侍は戯画だったが、家庭の生んだ侍は正統派だった

つまり、江戸の侍は刀に手をかけないし声も荒げないが、チャラッポコを嫌う
英国のジェントルマンとかフランスのジャンティオン、オネットジャンに近い
民族に理想があって、近づいた者をそう呼ぶわけで、サムライもそうなった
56.名無しさん:2021年01月11日 15:49 ID:kU.N8ZB.0▼このコメントに返信
早雲寺殿廿一箇条
57.名無しさん:2021年01月11日 15:50 ID:TG7xzcP80▼このコメントに返信
※46
>日本の政治家は世界規模で見たら社会保証に熱心な部類だろ
まずこの時点で完全に認識が現実と乖離してるじゃないの。
2000年代前半まではGDPに占める社会保障費用割合がずっとアメリカ未満
それ以降も高齢化による社会保障の全体費用の増額はあったが
国民個人へのリターンは逆に下がり続けている状況
こんな環境でどの辺が社会保障に熱心な国なのか逆に訊きたい。
先進国基準ではなく、ホンジュラスとかコンゴみたいな国と比べて熱心って話?そんな比較に何か意味があるの?
58.名無しさん:2021年01月11日 15:55 ID:DloyC11t0▼このコメントに返信
社会保障に使う詐欺 金の行き先 アメリカドル
59.名無しさん:2021年01月11日 15:57 ID:kU.N8ZB.0▼このコメントに返信
今川了俊同名仲秋へ制詞条々

一、不知文道武道終に不得勝利事 一、好鵜鷹逍遥楽無益殺生之事
一、小過輩不遂糺 明令行死罪事 一、大科輩為贔屓沙汰至宥 免之事
一、貧民令沒倒神社極栄華之事 一、椋公務重私用不恐天道動事
一、祖先之山庄寺塔敗壊荘私宅事 一、令忘却君父之重恩猥忠孝之事
一、不弁臣下善悪賞罰不正之事 一、企過乱両説以他人愁楽身之事
一、不知身分限或過分或不足之事 一、嫌賢臣愛侫人致沙汰之事
一、非道而 冨不可羨正路而衰不可慢之事 一、長酒宴遊興勝負忘家職之事
一、迷己利根就万端嘲他人事 一、客来之時構虚病不能対面之事
一、武具衣装己は過分臣下は見苦事 一、好独味不能施人令隠居之事
一、貴賎不弁因果道理住安楽之事 一、出家沙門尤致尊崇礼可正之事
一、分国立諸関令煩往還旅人事 一、臣如知之君又可為同前事
60.名無しさん:2021年01月11日 15:58 ID:kU.N8ZB.0▼このコメントに返信
右の条々常に心にかけるへし。弓馬合戦嗜事。武士の道めつかしからす候間、専一に可被執行の事第一也。先可守国之事。学文なくして政道成へからす。四書五経其外の軍書にも顕然也。
61.名無しさん:2021年01月11日 16:01 ID:kU.N8ZB.0▼このコメントに返信
武士の道ってのは、今川状で教えてたんね。
62.名無しさん:2021年01月11日 16:04 ID:fvZ2DWUa0▼このコメントに返信
中華風の中央集権国システムでやってきて、破産寸前まで衰えた平安時代を否定して、日本独自で生み出したのが武士なので
中華に対峙する日本的な価値観として、武士は今でも価値があると思う

63.名無しさん:2021年01月11日 16:06 ID:ySxJR.6c0▼このコメントに返信
単純に、徳川幕府が地方の反乱を抑えるために、地方大名が配下の下剋上を抑えるために、上下固定・君主先達尊敬の儒教(朱子学)が有効だったから広めた訳で、その教育を受けた武士と商いをする商人や農民(名主層)もやはり自分の丁稚や組下百姓を動かすために有効だから広まっただけやで。
ぶっちゃけ君主にとって都合の良い「武士道」だがな。
あ、いまは企業の経営層が社員動かすのに都合の良い「武士道」か。


鎌倉時代の「二君に仕えず」は、いったん仕えた主君には従う、仕えている間はほかの大名に浮気しないというだけの「二君に仕えず」であって、その主人が亡くなったらフリーやぞ。生きてる間は浮気せず仕えたのだからその後はどうしようと自由。
江戸時代とは全然違う。
64.名無しさん:2021年01月11日 16:08 ID:ospaKBv60▼このコメントに返信
公務員が立派に武士道引き継いでるやんw
65.名無しさん:2021年01月11日 16:09 ID:LW.OjxO90▼このコメントに返信
戦国時代の農民は凶暴で
武士を焚き付けて戦を起こさせていた
むしろ戦してくれなきゃ殿様の寝首掻くレベル
66.名無しさん:2021年01月11日 16:11 ID:dsC82QS.0▼このコメントに返信
>>2
そもそも、自分の切り開いた農地が、掠奪されるのにブチ切れた農民が武装したのが武装農士だぞ。略して武士という。
武士が農民の大半となったから、貴族の荘園制度は破綻した。
盗れるもんなら取ってみろ!と武器構えて恫喝
その線超えたら、後は命の遣り取りしかねぇ!
って、矢襖槍襖の構えで追い払ったんさ。
笑いながら農具構えて、話してる時
血走った三白眼でやるか?と槍や薙刀持ち出して話してる状況では、全く違うだろうに。
奴隷の地獄絵図の安寧と武装しての血塗れ凱旋
その差だね。
67.名無しさん:2021年01月11日 16:13 ID:dsC82QS.0▼このコメントに返信
>>3
武装勢力な。
68.名無しさん:2021年01月11日 16:14 ID:vPAovBsq0▼このコメントに返信
道徳規範というものはだいたいが上から下へ流れていくものなんだから別におかしくない。

・水は方円の器に随う
上の者(器)がダメだと下の者(水)もダメ(器と同じ形)になるんだからちゃんとしろって例えもある。
69.名無しさん:2021年01月11日 16:14 ID:dsC82QS.0▼このコメントに返信
>>5
頭目には、部下を飢えさせず食べさせる義務がある。部下を餓シさせる頭領に存在価値は無い
金豚将軍のことやぞ。
70.名無しさん:2021年01月11日 16:16 ID:dRIXoBtr0▼このコメントに返信
武士道が日本人の根幹なんて誰も思っていない。
71.名無しさん:2021年01月11日 16:17 ID:XHxCKC0n0▼このコメントに返信
武士道を受け継いでいるモノそれは警察官。
72.名無しさん:2021年01月11日 16:17 ID:dsC82QS.0▼このコメントに返信
>>34
ペリー艦隊焼き討ち、なんて生易しい物ではなく、元寇の疫病つまり天然痘患者遺体を船に投げ込む対応策がなされただろうに
同時、日本は天然痘汚染国だぞ。
73.名無しさん:2021年01月11日 16:19 ID:ySxJR.6c0▼このコメントに返信
>>71
ちゃうやろ
ブラック企業の社畜だろ

大義名分論・君臣父子の別という今に伝わる当時の武家教育を、忠実に受け継いでいるのはブラック企業の経営層と社畜
74.名無しさん:2021年01月11日 16:20 ID:dsC82QS.0▼このコメントに返信
>>30
台湾な。ある所で折り合いが付いたらしい。
75.名無しさん:2021年01月11日 16:22 ID:dsC82QS.0▼このコメントに返信
>>36
武装農民と武装牧童とは全く違うモノだがな。
牧童(カウボーイ)は乱暴で話にならん。
76.名無しさん:2021年01月11日 16:24 ID:.g.o5bwM0▼このコメントに返信
百姓共が中央に流れてから日本はおかしくなった
日露戦争以降は禄でもない
77.名無しさん:2021年01月11日 16:26 ID:dsC82QS.0▼このコメントに返信
>>49
禅宗(曹洞宗)は基本的に下級以上の指揮官が務めるべき、モラルを教える宗教だから。
因みに、僧侶と言えども、襲われたら戦って仏法を守れ!という、基本がある。
錫杖や独鈷は実は槍や短剣だよ。
78.名無しさん:2021年01月11日 16:26 ID:9RVkh7EI0▼このコメントに返信
やっぱりここは「百姓道」
79.名無しさん:2021年01月11日 16:28 ID:dsC82QS.0▼このコメントに返信
>>48
総人口の80%の農民が武装してる事に触れないのは片手落ちだぞ。
石の重りの付いた縄を結び付けた草刈鎌は、人間の頸動脈を切断するには使いやすい凶器とも言える。
釘抜きだって、バールの様なもの。という立派な凶器だしな。
80.名無しさん:2021年01月11日 16:33 ID:dsC82QS.0▼このコメントに返信
>>62
武装した農民(漁民)の本拠地を襲えば、槍でどつかれ、刀でなます斬り、矢玉で滅多打ちにされ
叩き出されてチヌのが当然。あそこの蛮国と彼方の蛮族な。
81.名無しさん:2021年01月11日 16:34 ID:dsC82QS.0▼このコメントに返信
>>78
パヨパヨチーンは畜生道w
82.名無しさん:2021年01月11日 16:39 ID:L.3bzrjA0▼このコメントに返信
そもそも、武士道を理解しているの?
「葉隠」読んだとしても、十分ではないですよ。
会津藩校「日新館」の「 什の掟」から学ぶと良いでしょう。
83.名無しさん:2021年01月11日 16:56 ID:W9DAd6c90▼このコメントに返信
>>2
そもそも武士道は武士の道を説明するための言葉じゃない
日本人の国民性とアメリカ人の国民性とが違うことをアメリカ人に説明するために新渡戸稲造が作った言葉
いわば、日本人道とでもいうべきもの
たぶん、欧米に騎士道があるなら武士道って言い方が伝わり易いんじゃね?と思ったのだろう
84.名無しさん:2021年01月11日 16:57 ID:k8hvtgbP0▼このコメントに返信
>>66
そう考えると、徳川流じゃなくて
足利貞氏流の武士道はみんな持ってたんやな
85.名無しさん:2021年01月11日 16:59 ID:k8hvtgbP0▼このコメントに返信
>>12
中国はナーグル神のもの
86.名無しさん:2021年01月11日 16:59 ID:zTgZ9ujt0▼このコメントに返信
※63>>63
秀吉には従うが、秀頼には従わない戦国大名達。
ゆえに儒教の異端朱子学をぶちこんできた江戸幕府。
陽明学・古楽だと、主に相応しくないなら討ってもいいよだし。
87.名無しさん:2021年01月11日 17:05 ID:MxeG.Kl90▼このコメントに返信
※82
武芸十八般、教養全般を納めてこその武士道だぞ。武士っていうのは軍人でもあり教養人でもあるんだからな。
掟を習ったからって武士道のなんたるかが解るわけないだろ。そもそもこいつは子供向け。
88.名無しさん:2021年01月11日 17:13 ID:6qwkx5Qq0▼このコメントに返信
※13
武士道云々が出来たのは室町初期の話。
中条流などの武術の流派が出来たことで「わが流派ではこれを禁ず」など理念のようなものとして武士道(雛形)が出来上がる。
しかし武士道は流派に入門した人間が守るもの(守れなければ破門)で一般的にはならなかった。

群雄割拠の時代にはこうした流派を味方につけるために武家単位で「御家流」として流派の一門・一派を丸抱えする形になり、武士道が武家の法度の中に浸透してゆく。

徳川が統一した際に御家流として柳生新陰流を抱え込み新陰流の源流になった陰流、神道流、念流の理念を合わせて武士道(忠義道)が出来上がり一般にも広く伝わった。
89.名無しさん:2021年01月11日 17:15 ID:fM3rZj.a0▼このコメントに返信
聖徳太子の教えはどこ行った
90.名無しさん:2021年01月11日 17:21 ID:yWXw.3Lr0▼このコメントに返信
もはや失われた思想
91.名無しさん:2021年01月11日 17:23 ID:nQEshCdL0▼このコメントに返信
山本常朝と新渡戸稲造で武士道バトルしないと決着つかないなw
92.名無しさん:2021年01月11日 17:33 ID:Wks3NPZ60▼このコメントに返信
>>6
だから幕府という調整機関が出来たって聞いたな。絶対権力の府ではなくて、多分に裁判所の意味合いが強い。
鎌倉幕府が出した御成敗式目なんて、略奪するな人を襲うな悪口言うなとか、本当に無頼漢相手みたいな内容。
93.名無しさん:2021年01月11日 17:43 ID:Wks3NPZ60▼このコメントに返信
>>7
草創の頃から、一所懸命、命より名を惜しむとか守るべきモノに強烈な精神を発揮して、時代が下ると所属する組織への忠誠心に
なって、更に江戸時代になると、貧しくとも貪らない、主だけでなく地域に対しても自己犠牲を表すという美徳が磨かれた。
明治維新という近代化が世界のどの地域より早く実現したのも、江戸時代にそうした人材が大量に生まれたのが大きいと思う。
94.名無しさん:2021年01月11日 17:55 ID:Wks3NPZ60▼このコメントに返信
>>28
民間がそういう倫理を持ってたのが凄いよね。商人なんてどの国にもいるけど、普通自分らの利益の事しか考えない。
同胞から搾取もすれば、他国の代弁者みたいになったりもする。日本の商人や地主みたいな有力者は、地域のために財を用いた。
そういう精神が培われていたから、近代化していち早く資本主義を身につけられたんじゃないか。
95.7:2021年01月11日 17:58 ID:MxeG.Kl90▼このコメントに返信
※93
武家は平安の時代からあったけど学問としての「武士道」はいいとこ江戸時代からだからな。
戦国時代の武士のあり方と太平の世の武士の在り方は求められるものが違う。
松永久秀は文化人ではあったが裏切りも多かった。彼がもし武士道を説いたら如何様なものだったろう。
明治の日本の近代化が早かったのは武士道というよりは日本全体の共用が高かったからに他ならない。
尤も武士道の考えは教養として庶民にも広まってたとは思うけどな。
演劇や講談などを通じて広まる機会はいくらでもあった。忠臣蔵とか当時から人気の演目だし。
96.名無しさん:2021年01月11日 18:00 ID:7Y1DE4f50▼このコメントに返信
徳川に助命された武田の武士は八王子に住み着いて千人同心として半士半農の生活をするんよ
武士の剣の使い方は鍬の振り方と似ている部分が多くて日本人の体型で自然に振れるようになってる
97.名無しさん:2021年01月11日 18:01 ID:Wks3NPZ60▼このコメントに返信
>>39
多分に宗教儀式に近いモノかも知れないけど、それは良い精神だと思う。
近隣の儒教国では、君子は身を労する事さえ蔑むから。
98.名無しさん:2021年01月11日 18:03 ID:WwGA8bSa0▼このコメントに返信
俺の説では西洋の騎士道と並べることで欧化政策の一環として意識させたに過ぎないけど意識させすぎて暴走したんだなってところにある
99.13:2021年01月11日 18:04 ID:MxeG.Kl90▼このコメントに返信
※88
室町時代のそいつは戦陣訓とかの範疇じゃないかな。そりゃ家ごとに訓示はあるだろよ。
葉隠にしたって鍋島藩のローカルな訓示集であって系統立った「道」言うにはちょっと弱いというか、
四書とか古典のサブテキストって感じはある。
100.名無しさん:2021年01月11日 18:07 ID:Wks3NPZ60▼このコメントに返信
>>54
人として見事な反面教師
101.名無しさん:2021年01月11日 18:09 ID:7Y1DE4f50▼このコメントに返信
>>96
言いたいのは武士道は武士だけが持ってたんじゃないし、農民と武士の境界も曖昧だし、武士にだって武士道を重視しない人もいただろうし、武士道は日本人の根幹のほんの一部でしかないって事
102.名無しさん:2021年01月11日 18:47 ID:0lUiQMgb0▼このコメントに返信
無教養な農奴に武士道精神とやらを都合よく説いてその気にさせ、使い捨てにしたのが太平洋戦争だな

103.名無しさん:2021年01月11日 19:01 ID:txa9mHJk0▼このコメントに返信
上方の商人哲学が一番マシだな
104.名無しさん:2021年01月11日 19:49 ID:SIcsrit80▼このコメントに返信
日本人の性質に合ってて無理がないから自然に受け入れられ広まっただけの話。
105.名無しさん:2021年01月11日 19:56 ID:Cb4jmDaE0▼このコメントに返信
より良い心掛けや心構えが無ければ、生き馬の目を抜くが如き国際社会で生き残れないから、明治維新の開国後に武士道の精神が奨励された。
これが奨励されない、或いは軽んじられるという事は、敗戦国としていよいよ最後の精神的背骨を折る事を五毛や左翼が目指しているのではなかろうか?

最後に生き残る国は、常に規律と蛮性を備えた国家な事は、歴史を省みれば解る。
規律と蛮性にもっとも資する精神性を尊び、我が事とするのは、次の100年間、日本を生き残らせるのに必要であろう。
106.名無しさん:2021年01月11日 20:01 ID:SIcsrit80▼このコメントに返信
鬼滅の刃が大ヒットしたように、人々にはまだまだ武士道精神的な心が残っている
107.名無しさん:2021年01月11日 20:09 ID:pYsFn4If0▼このコメントに返信
死ぬことと見つけたり
108.名無しさん:2021年01月11日 20:32 ID:ihzB.yTa0▼このコメントに返信
ウチの祖先は平安貴族。
やまとごころこそ至高。
サムライとか調子乗ってるのは関東東北のイナカモンやろ。
109.名無しさん:2021年01月11日 20:33 ID:M5Pynu0a0▼このコメントに返信
>>83
武士道って言われだしたんは明治以降、とくに江戸時代の記憶が薄れてからや。国民皆兵に手っ取り早い思想教育やな。
110.名無しさん:2021年01月11日 20:35 ID:zo3IOhLy0▼このコメントに返信
俺は渋沢栄一の「論語と算盤」が好きだな。次回の大河ドラマの主役だし一読をおすすめしたい
111.名無しさん:2021年01月11日 21:07 ID:MxeG.Kl90▼このコメントに返信
※109
葉隠れで一般的なものとして武士道に触れているし少なくとも江戸中期以前からはある。
それ以前に儒学の派生で武士道を言っているので江戸時代初期には武士道は概念としてあったことになる。
112.名無しさん:2021年01月11日 22:10 ID:fyed.Pff0▼このコメントに返信
現代の武士道ってのは、明治時代になってから創作されたものだね。
江戸時代までは、寺社の坊さんや神官が価値観を説いていた。これは地域が団結するには便利だったけど、隣村と険悪になって暴力沙汰が起きたり、田舎と町とで衝突が起きてたんだよ。宗派が違うと特にね。
明治政府は中央集権システムを目指していたので、これでは非効率。なので道徳という事で国民に一律な価値観を普及したんだよ。
なので、現代の武士道を重んじる人は明治以降のハイカラさんw
113.名無しさん:2021年01月11日 22:52 ID:K2Sy5vIY0▼このコメントに返信
日本人の大多数が農奴を祖先に持つ農民出身なのに【日本人=武士道精神】な訳がないw

太平洋戦争で農奴を都合よく兵隊にするための詭弁だわな
114.名無しさん:2021年01月11日 23:04 ID:oayy.XRy0▼このコメントに返信
>農耕民族やぞアホンダラが
>武士道は宗教やで 農耕は生活の糧や
別に武士道と農耕は対義でもなんでもないじゃないか。
115.名無しさん:2021年01月11日 23:25 ID:r2A8rUTH0▼このコメントに返信
大日本帝国憲法によってすべての国民は「日本臣民」と定義され、江戸時代は特権階級である武士に世襲・独占されていた公務・軍務に就くことができるようになった(兵役は義務だった)。
戦前の義務教育の基本方針である教育勅語や科目の一つだった修身は朱子学の影響を受けたモノで、朱子学は幕府の正学だったので戦前の義務教育では江戸時代の武士と似た教育がなされていた。
116.名無しさん:2021年01月11日 23:50 ID:4kj.8bW30▼このコメントに返信
花は桜。人は武士。
と昔から言いますし。
古来から侍は畏敬の対象だったのでしょう。
117.名無しさん:2021年01月11日 23:54 ID:oayy.XRy0▼このコメントに返信
主従の関係が・・みたいに思われてるが、そりゃまた別の話で、
武士道の肝は「人ともめるな」だ。
118.名無しさん:2021年01月12日 00:35 ID:C.8LJuqY0▼このコメントに返信
花は桜木人は武士っていってな
武士の意気が庶民の粋に変遷したり武士道を体現した人間は庶民のあこがれだったんだよ
忠臣蔵や義経千本桜とかお芝居を庶民が暗唱できるぐらい広まってたんだから
119.名無しさん:2021年01月12日 01:14 ID:il1j7ZO.0▼このコメントに返信
ブラック企業で死ぬまで働くなんてまさに武士道やん
120.名無しさん:2021年01月12日 01:36 ID:zTpvinBY0▼このコメントに返信
まあ俺農民の家系だし。
一生百姓根性よ。
121.名無しさん:2021年01月12日 01:39 ID:BRtxDCa.0▼このコメントに返信
※87
そういうのも、今川状の今川了俊さんが、

今川大双紙

で、纏めている。
これは、室町後期のベストセラー!
122.名無しさん:2021年01月12日 01:43 ID:BRtxDCa.0▼このコメントに返信
なんで、今川了俊さんが、四書五経を良く読み解いて、禅宗の禅問答を介して、とりまとめただけの物。
123.名無しさん:2021年01月12日 01:46 ID:BRtxDCa.0▼このコメントに返信
姉妹本には、難太平記がある。
124.名無しさん:2021年01月12日 01:51 ID:BRtxDCa.0▼このコメントに返信
さらに、今川了俊さんは、文学の連歌で、冷泉歌学を体系づけている。
125.名無しさん:2021年01月12日 06:39 ID:i5Iukds90▼このコメントに返信
武士道を作った日本人の粘着気質が根幹だろ。
126.名無しさん:2021年01月12日 07:40 ID:4eOKLJ5L0▼このコメントに返信
戦を武士だけでやってたと思ってんの?
戦国時代の農民なんて野盗と変わらん戦闘民族やぞ
127.名無しさん:2021年01月12日 08:37 ID:9nPKUhe50▼このコメントに返信
※111
朱子学やな。

ぶっちゃけ武士道を掲げる以上日本の文化は中国文化の亜流と言われてもしょうがない。
128.名無しさん:2021年01月12日 09:53 ID:wLpycwLL0▼このコメントに返信
日本文化は奈良朝が唐、平安・鎌倉は宋から多大な影響を受けた。その本家中国は、元朝でモンゴル人好みに変えられ、明では極端に「中華風」を強調した文化になり、再び清朝で満州族好みに変えたれた。最終的に文化大革命で徹底的に破壊される。今の中国文化はその残滓。

むしろ日本が伝統中国文化の正統後継者。
129.名無しさん:2021年01月12日 10:06 ID:9nPKUhe50▼このコメントに返信
大変残念な事に欧米人視点で東洋人と言えばシ.ナ人の事。
あっちじゃまず最初に「中国人ですか?」と聞かれて「違う」と答えて、初めて「じゃあ日本人ですか?」という会話になるのが一般的な流れ。

ちなみに「日本人では無いです」と答えた場合「コリア?」と来るのが普通。
130.名無しさん:2021年01月12日 10:36 ID:l3VL6IP80▼このコメントに返信
機動隊が武士と思えば納得できんじゃないのか
武道格闘技に優れ体力気力の持ち主の集団
努力して鍛えればああなれる 鍛えてるんだろうなといつも思う気持ちが日本人
131.名無しさん:2021年01月12日 11:15 ID:7jdsskGO0▼このコメントに返信
言うて日本と言えば武士なのは普遍的なイメージではないかなと
社会下層の人間が社会上層の人間を真似るのは酷く一般的な行為であるので
庶民が武士の影響を受け、理想化された武士像を抱いたとしても何ら不思議ではないし
それが受け継がれていった事も驚くには値しない
これが公家文化でなくてよかったねと言いたくはありますが これ朝鮮ですし

薩摩系が広まった事はいたく残念に思います
132.名無しさん:2021年01月12日 11:36 ID:3Ff8m3VO0▼このコメントに返信
※129>>129
平成に逆転したな。
昭和なら最初から日本人とみなされてたし、
漢字=日本の文字だったからな。
133.名無しさん:2021年01月12日 12:37 ID:9nPKUhe50▼このコメントに返信
※132
昭和の時代から普通に「チャイニーズキャラクター(中国の文字)」と言われてたが。。。
ドラえもんもイタリアじゃ「中国の猫」と呼ばれたりしてた。
今は知らんけど。
134.名無しさん:2021年01月12日 16:42 ID:hACXk1h70▼このコメントに返信
ん?そんなもん今でも一緒だろww
人格者の芸能人がどれくらい居る?スポーツ選手は?久保建英君のようなタイプがまさに武士でしょ

お名前