2019年03月19日 09:05

縄文時代が1万2千年ぐらい続いたという事実

縄文時代が1万2千年ぐらい続いたという事実

03

引用元:縄文時代が1万2千年ぐらい続いたという事実
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1552826629/

1: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)21:43:49 ID:3dt
土器で満足しすぎやろ・・・

2: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)21:52:03 ID:3dt
一方、中国では殷、周王朝を経て春秋時代を迎えていた模様

3: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)21:59:01 ID:Hdj
それだけ古代日本には豊かな自然があったんや

10: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:04:42 ID:bER
これは縄文エアプ
縄文土器は草創期から晩期までよ6区分あって、晩期は芸術的で技術力も高いぞ

30: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:11:03 ID:3DZ
>>10
らしいね

100: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)23:46:39 ID:7zG
>>10
お前もエアプやんけ
芸術的なのは中期であって晩期は薄く作る技術が発展したんやで

11: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:05:15 ID:ldH
縄文時代って平和だったんか?

14: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:06:09 ID:6EX
>>11
まだ人VS狩猟やったから平和やったろうな

13: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:05:36 ID:0Ch
どんぐりうめー!
貝うめー!

16: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:06:33 ID:pTr
江戸時代の時点でかなり外国と比べても遅れてるよね

18: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:07:19 ID:CYp
>>16
何をもって進んでるとするかだなぁ
軍事力と工業力は劣ってたな

22: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:08:47 ID:SpV
というか明治から発展しすぎやろ

23: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:08:54 ID:6rj
まあ人間同士の戦争がなかったから
1万2千年も続いたんやろな

25: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:09:47 ID:6EX
明治から昭和初期の成長ほんま早すぎ そらいきるわな
なおなにも砕かれてこの始末

26: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:10:00 ID:MUp
縄文時代て戦争なかったんか?

27: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:10:13 ID:CYp
>>26
侵略戦争はあったで

29: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:10:27 ID:ldH
>>26
あった説となかった説があるけど
少なくとも弥生時代みたいな大量虐殺されるような戦争はなかった

28: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:10:15 ID:bER
空白の150年の間に巨大な政権作ってなおかつ海を隔てた地に直轄領みたいなの持ってたし弥生人が1番すげぇわ

31: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:11:11 ID:6EX
弥生からならともかく縄文だったら戦争するエネルギー狩猟に回した方が効率ええやろしな

47: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:19:43 ID:3dt
>>31
現代でも共通の敵を作ることが一致団結の方法らしいが
狩猟の不安定な食糧問題が戦争を起こさせなかったんやろな
人口も少なくて小競り合いに負けても別の土地に行けばよかったやろうし

36: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:12:56 ID:6mk
そもそも縄文時代は狩猟しないと食い物もなかったから
戦争する意味がなかったとも言える
弥生時代からは米の奪い合いやし

37: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:13:19 ID:SpV
なんか今の時代に生まれたってとても幸せなことやねんな

39: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:15:19 ID:6EX
>>37
食に関しては最高やね 他は何とも言えんけれども

43: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:17:18 ID:SpV
>>39
ネットある時点で幸せやろ

44: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:18:44 ID:zvd
>>39
幾ら昔と比べて幸せと言ってもその時代生きてる当人が幸せだと思ってないなら意味ないと思うわ

41: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:16:33 ID:rBQ
発展すればするほど住みにくくなってるんちゃうんかと

80: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:45:34 ID:j57
そら1万2千年の間にも色々あったんやろけど
分からんから縄文時代で一括りにしとるだけちゃうん

84: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:47:37 ID:Gyp
人類って数週目なんじゃね?と思う

進化して文明築く

大災害やらで全滅

微生物からやり直し

みたいな

90: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)23:02:21 ID:3DZ
>>84
今4週目説すらあるよな
宇宙人がリセットさせてるとかで

人類が誕生して10000年以上やっけ?

95: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)23:24:23 ID:uCd
>>90
そうなるとリセットのきっかけって何なんやろ
やっぱループに気付いた瞬間とかループさせてる宇宙人の存在を観測した瞬間とかがそれっぽいのかね
或いは長期間平和に暮らして変化が乏しく成った時とか自ら破滅しそうになったときとかもありそうやけど

96: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)23:40:01 ID:3DZ
>>95
言われてるのは

戦争で人類滅亡or戦争で人類滅亡寸前で宇宙人が仕方が無く隕石等の自然災害で人類滅亡→仕方無いからまたリセットさせる

98: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)23:42:48 ID:SJs
>>96
かなり穏当な理由なんやね
もっと悪意に満ちた物かと思ってたわ

85: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:48:34 ID:Azq
縄文遺物 なんか芸術
弥生遺物 シンプルやんけ…

87: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:49:35 ID:lKc
>>85
ワイの持論やけど農業に忙しくて凝る時間がなくなったんやろなと思ってる

89: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)22:51:03 ID:Azq
>>87
弥生、社畜wwww

93: 名無しさん@おーぷん 2019/03/17(日)23:04:36 ID:aeb
化石燃料とか使いだしたら絶滅は時間の問題やろな

106: 名無しさん@おーぷん 2019/03/18(月)00:10:28 ID:KOI
最近の人類進化速度早すぎるやろ

108: 名無しさん@おーぷん 2019/03/18(月)00:11:33 ID:FS9
枢軸時代で人類が覚醒して
近代でヨーロッパが本気出した

135: 名無しさん@おーぷん 2019/03/18(月)00:54:42 ID:kNx
未来人「こいつらネットで満足し過ぎやろ」

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年03月19日 09:22 ID:C6zfyPcz0▼このコメントに返信
原始共産主義だっけ
右派みたいな自分勝手な奴は、生きていけないでしょ(^w^)
2.コロンブス:2019年03月19日 09:26 ID:ilYvPXla0▼このコメントに返信
>>1土器で満足しすぎやろ・・・

上には笑うが、日本列島は戦う必要が無い豊かな自然があったのだろうと思う。
原始的な生活ではなく、交易も盛んに行われていたから結構当時としての文化的な生活はされている。
3.名無しさん:2019年03月19日 09:29 ID:o.uzM3Ml0▼このコメントに返信
大都会九州、東京とか海の中だろw
4.名無しさん:2019年03月19日 09:29 ID:bGTT9yMf0▼このコメントに返信
縄文時代でも部族間の争いの様子や後は遺跡などの様子から普通に確認されてるわけですが。
狩りの縄張りだとか、それこそ、「他の集団の女を奪うため」とかな。

そもそも、野生動物でも群れを作るものは、縄張りや権力闘争で群れ同士で争う。
より原始的であった縄文時代の人類がソレをしないとか、ありえんわ。
5.名無しさん:2019年03月19日 09:31 ID:mOKzas3B0▼このコメントに返信
人類が誕生して300万年以上も動物と変わらない暮らしをしていたという現実
そして、300万年くらいでは大して進化していたいという事実
治水を発見し、建国してからのここ一万年の進化の速度は異常過ぎる
6.名無しさん:2019年03月19日 09:34 ID:raaZqiuC0▼このコメントに返信
また土こねてなんかしてる・・・
なんか変わっちゃったな・・あいつら・・
|:::::::::::
|~ ̄ ゙̄∩::::::
|ノ   ヽヽ::::::::
|●   ●| ̄ ̄ヽ:::
| (_●_) ミノ  ヽつ::
| ヽノノ●   ●|:::
(ヽ_ ) (_●_) ミ:::
|ヽ  /   ヽノノ:::
7.名無しさん:2019年03月19日 09:36 ID:ozTqFaab0▼このコメントに返信
地球人類なんて所詮宇宙人から見れば昆虫飼育キットのカゴの中の昆虫にすぎんのじゃないか
8.コロンブス:2019年03月19日 09:38 ID:ilYvPXla0▼このコメントに返信
※4
また関係ないねつ造民辱かw
その頃半島には文明すら無しw
9.名無しさん:2019年03月19日 09:38 ID:0JNVHWmh0▼このコメントに返信
弥生時代、渡来人によって稲作が広まった、というのは真っ赤な嘘だ。近隣諸国条項という、特亜の嘘歴史観の合わす愚かな教育を馬鹿な文科省は受け入れたが現実は逆だった。日本では 縄文時代から稲作が盛んだった、証拠は次々と出て来ている。まだ、特亜が偉いんだ、教育に洗脳されてる可哀想なヤツが沢山いる、嘆かわしいことだ。
10.名無しさん:2019年03月19日 09:39 ID:CHeSgCrG0▼このコメントに返信
縄文中期には全国で26万人(推定)超えてた日本人口が
縄文後期には8万人割るんだぞ、、、

そんな激しい気候変動あった時代が、のんびりなわけないだろ、、
11.古古米:2019年03月19日 09:40 ID:8tvig.MC0▼このコメントに返信
縄文時代には、チャンと農業もしていたよ。
三内丸山遺跡では栗を栽培した痕跡が残っている。
米や麦よりも効率は悪いけど、栗や団栗は重要な作物だったみたい。
12.名無しさん:2019年03月19日 09:43 ID:0UuNDPcT0▼このコメントに返信
一万五千年前のノアの大洪水で人類文明は崩壊した
地球自転周期も25時間から24時間にかわる
13.名無しさん:2019年03月19日 09:47 ID:puoJudzr0▼このコメントに返信
まあ縄文遺跡は捏造や年代鑑定のミスでわからん事が多すぎるからなあ
14.名無しさん:2019年03月19日 09:48 ID:0.xq4CeW0▼このコメントに返信
まあ言うてるだけ状態だしね
実際のところはわからん
15.名無しさん:2019年03月19日 09:48 ID:e9qPXRuS0▼このコメントに返信
縄文時代エアプとか現代人ならそらそうやろ
16.名無しさん:2019年03月19日 09:48 ID:IwEl9opi0▼このコメントに返信
狩猟採集をしてた
狩猟といってもシカ、イノシシ、クマ、カモなどはそれほど獲れなかっただろう
トチの実、ドングリ、クリ、キノコ、山菜、シマヘビ、貝などだっただろう
秋にはサケやマスを獲ってただろうな
17.名無しさん:2019年03月19日 09:52 ID:kII.yli20▼このコメントに返信
今からおよそ7300年前 南九州

ドカーン🌋!! なっ山が破裂した((((;゚Д゚)))))

ギャァァァァ・・・オワタ /(^o^)\

7300年前に鹿児島県南方沖の海底火山(鬼界カルデラ)で起きた巨大噴火が、当時の南九州で栄えていた縄文文化を壊滅させたことは、考古学上よく知られている。
東北地方や朝鮮半島でも赤橙色を帯びた“アカホヤ”と呼ばれる火山砕屑物が見つかっており、極めて規模の大きな破局噴火であったとされる。火砕流は半径100kmの範囲に広がり、大分県でも50cmもの厚みのある火山灰層が観察される。
阿蘇山では分かっているだけでも過去4回大きな噴火を起こし、約9万年前に起きた噴火は最大級の「破局噴火」であった。この噴火で阿蘇山は山体が崩壊。根子岳だけが唯一残されたが、奇妙な姿を残したのは、その影響を受けていると考えられる。

またいつか破局噴火が起きるんだね・・・
18.名無しさん:2019年03月19日 09:53 ID:viB6VzJQ0▼このコメントに返信
技術発展と蓄積には時間がかかるってだけの話なんだよなぁ

※9
それ。近隣条項云々関係なしに、単純に年代測定技術の発展しただけだし
年代が遡ったとしても稲は南方から持ち込こまれたのは確定事項です
ただ、紀元前5,000年前後はどうやら世界的に大航海時代だったらしく
実際に持ち込んだのが誰かはわからないのは確か

結論はお前がバカ
19.名無しさん:2019年03月19日 09:56 ID:UXwe3cGP0▼このコメントに返信
縄文時代の間に帝国時代がきてたらどこに支配されてたんやろうな。人類誕生からみるとたいした時間差ないやろ
20.名無しさん:2019年03月19日 09:58 ID:7Pc6ibHW0▼このコメントに返信
VRがもっと進化してそれが当たり前の時代になったらマジで「昔の人間はネットなんかで満足してる」とか言われると思うわ
21.名無しさん:2019年03月19日 09:58 ID:viB6VzJQ0▼このコメントに返信
※11
縄文期の米の栽培については遺構が残りやすい「水稲」ではなくて
遺構が残り難い「陸稲」などが主体だったらしい
三内丸山でも陸稲栽培はやっていたという話

あと他の人も言っているが、貝塚の位置でわかるように縄文期は前期が温暖
後期が寒冷期(氷期)と大きく様変わりするので一概に「縄文時代」といっても
どの部分で切り取って論ずるかも全く違う
22.名無しさん:2019年03月19日 09:59 ID:tsBO4W0m0▼このコメントに返信
もう書いてるひといるね
弥生時代が嘘って
毛皮どんぐりの野 人に
文化を伝えてやったにダって言う歴史
23.名無しさん:2019年03月19日 09:59 ID:66GOuiXT0▼このコメントに返信
まだ勘違いしてるみたいだけど文献で何も残っていない時代に境界線はない。
縄文と弥生はかなりの期間どちらも存在していたと分かってる。
大体歴史学者や考古学者がおかしい訳で特に分からない遺物が出て来ると祭祀に使われたと決まり文句。
24.名無しさん:2019年03月19日 10:03 ID:ZHHolagm0▼このコメントに返信
>>2
自然豊かなのは証明されてたな。
ナウマン象の牙が出たことで
その昔食べ物豊富、水飲み場沢山でナウマンゾウが今の瀬戸内海辺りに湧いていたと。
25.名無しさん:2019年03月19日 10:04 ID:IRyXhzmy0▼このコメントに返信
人口多くて戦争による生存競争が頻繁に行われていたほうが文明の発展速度は早いってことやろ
26.名無しさん:2019年03月19日 10:04 ID:.4XErRoy0▼このコメントに返信
ここ10年位だと、陸稲栽培が縄文後期から晩期、水稲栽培が縄文晩期で
稲作をベースとした社会が弥生時代、になってるな

俺が小学生の頃は、稲の栽培の有無で~とかいってたのが懐かしい
27.名無しさん:2019年03月19日 10:04 ID:LOtcx46o0▼このコメントに返信
勘違いされてるが縄文時代は最初は東北や東日本の方がむしろ人口多かったらしいんやで
あっちも当時は温暖で獲物も多かったらしいからね
んで氷河期ほどじゃないが再び寒冷化してきて日本各地に散って行ったり、冬を越せるように農業をすることを覚えたって説もある
稲作もその時期に伝来したとか
実際には縄文、弥生に明確な区分はなく緩やかにライフスタイルが変化してったんやろね
28.名無しさん:2019年03月19日 10:12 ID:O51jhs1.0▼このコメントに返信
>>3
残念。
縄文時代の最大人口密集地は関東の千葉辺り。
29.名無しさん:2019年03月19日 10:13 ID:XamO63sQ0▼このコメントに返信
今が移り変わりが激しいだけで昔になればなるほど移り変わりの時期は長いやろ
30.名無しさん:2019年03月19日 10:15 ID:OdBFtjST0▼このコメントに返信
何もなかったから、向上も改善もなかった。
31.名無しさん:2019年03月19日 10:16 ID:nrNDeyib0▼このコメントに返信
>江戸時代の時点でかなり外国と比べても遅れてるよね

信長の時代にはもう日本が所有(生産)する火縄銃は世界一の丁数を誇ってたんだが…
あと江戸時代には都市部の上下水道や清潔感では世界一だったし、人口も江戸は世界トップレベルだったけどな。
縄文時代に関して言えば縄文文明が今の所、確認されてる中では世界最古の文明かな。
文明の定義にもよるが。
32.名無しさん:2019年03月19日 10:16 ID:EeSBrKMh0▼このコメントに返信
穀物は勿論、収穫可能な木を植林してたってゆーんだから当然種まきから収穫まで決めうるカレンダーのようなものも持っていただろう。
高層のヤグラを組んでたから建築も土木も可能な技術や道具もあった。
衣類も作ってたから縫い針や機織りもしてたってこと。
興味は尽きない時代だね。
33.名無しさん:2019年03月19日 10:19 ID:rXBEAYlQ0▼このコメントに返信
何万年と文明を繋いできたという凄みは重要で、戦争で殺し合いをしている大陸では文明は幾度も滅んでいるはずで、それでもわずかながら文明を引き継いで生き延びてきたのであれば日本が文明のタネで有り続けたという証明だといえる。日本人の考古学の研究者で日本の古代はまともに研究されていない。
34.名無しさん:2019年03月19日 10:20 ID:tzk9mDR30▼このコメントに返信
縄文の初期は氷河期の終わりでまだ本土と対馬と半島がかろうじてつながっていたというのは本当か?
大陸からやってきたナウマン像を狩りしてたりしてたんかな?
ゾウ狩りしてたのは旧石器時代の日本人だけ?
35.名無しさん:2019年03月19日 10:21 ID:9J4JNiJU0▼このコメントに返信
労働時間4時間くらいだったらしいぞ
退化し過ぎだろ俺ら
36.名無しさん:2019年03月19日 10:27 ID:kXmydz9o0▼このコメントに返信
昔のpcゲーム、ラストハルマゲドンの世界観が正しい
たしかpcエンジン版には滅びゆく最後の人類が示されて、空想することが残されている、という辛い姿だった
37.名無しさん:2019年03月19日 10:30 ID:.4XErRoy0▼このコメントに返信
縄文時代と弥生時代の境目は割と曖昧

従来言われていたような、土器の形式の違い、稲作の有無、縄文人と弥生人といった点は
弥生時代とされる年代であっても関東地方では縄文式土器の出土があるし、かなり長期間縄文と弥生の文化が並立してた可能性があること
高床式倉庫や環濠集落は縄文時代にはすでに存在したこと
縄文時代にはすでに陸稲どころか水稲の栽培も始まっていたことが年代測定で明らかになったこと
渡来系弥生人が何時どれくらいの規模でやってきたかが不明であること
遺伝子鑑定技術の発展により縄文人と弥生人と現代人には連続性があることが発見され、渡来系の遺骨の出土は地域差が大きく時期にも大きなばらつきがあること
といったように、発掘や技術向上によって否定されてしまった

今まで決め手になっていた点がことごとく否定されてしまったため
稲作をベースとした社会という面を強調した定義になりつつあるが
関東地方の研究者などからは、自分の研究分野が縄文時代になってしまうといった反発もあり、確定したとは言い難い状況
38.古古米:2019年03月19日 10:31 ID:8tvig.MC0▼このコメントに返信
自分の個人的な興味で悪いが、日本人って何時から酒を造り始めたのかが知りたい。
縄文時代前期には既に酒が有りそうだけど、どうやって醸造する方法を見つけたのかなぁ。
39.名無しさん:2019年03月19日 10:31 ID:mUu7lO0L0▼このコメントに返信
やっぱ中国ってすごいわ
40.名無しさん:2019年03月19日 10:34 ID:bGTT9yMf0▼このコメントに返信
※8
どうしました?わたしゃ、半島のはの字も言ってないですぞ?レス先ミスかい?

「縄文時代でも部族間の抗争はあった。遺跡の調査などで判明している」
「農耕と貯蓄の概念が戦争の原因というが、そんな概念がない獣でも普通に抗争する。
 なんで人間だけ抗争がなかったと思える?」

こう言っただけですぞ。どこに半島Age要素や日本人を貶す要素がある?
ま、「抗争を起こす理由」に関しては、農耕を始めた後よりは少ないのは確かだろうけどな。
41.名無しさん:2019年03月19日 10:38 ID:bGTT9yMf0▼このコメントに返信
※38
発酵食品の類は、だいたい、
「置いといたら、味が変わった」→「恐る恐る食べたり飲んだりしたら、旨かった」
→「旨かったから、また同じようにしてみた」→「繰り返しで作成法が確立された」
こういうプロセスでしょ。
42.名無しさん:2019年03月19日 10:39 ID:kXmydz9o0▼このコメントに返信
>>5
広い意味での人類文明は、今から26万年前と8万年前に最盛期を迎えている
この二つの文明は無関係で人類のDNAも交雑できないほどの違いがあった

エジプトの三大ピラミッドは八万年前の文明の名残
当時の技術は地球と太陽から直接エネルギーを取り出していたので第2の赤道上に遺跡が集中している
だが月を今の位置にして太陽と月の見かけの大きさを一緒にした時に文明自体が滅んでしまった

先行文明の遺跡は美しく、それに惹かれて現人類が集まって、真似をする事で初期の文明が形成された
今の人類は、先行する二種類とは別のDNAの持つが、知的生命体である以上、姿形は前の二種類の人類と同じになる
人類の完成形はギリシアの彫刻の姿になると思われる
この人類はまだ新しく、ほんの一万年前に誕生した
現人類は人を束ねて扱う(女王蜂のような)王族がいないため、大規模建造物を作るまで時間がかかった
43.名無しさん:2019年03月19日 10:40 ID:t5qRbvF90▼このコメントに返信
遮光器土偶➡埴輪 劣化しすぎだろ。
技術の連鎖と発展が続けば同時期に始皇帝の兵馬俑すら凌駕するものが出来ただろうに。
44.名無しさん:2019年03月19日 10:42 ID:ssFS1pws0▼このコメントに返信
稲作の伝版は、氷河期で対馬から対岸の陸地が見えた時代。
最近、揚子江河口からダイレクト渡来論が主流みたいだが、
当時の航海術で、温暖化して東シナ海を渡海できるものだろうか?
壷ごとながされて、自然発芽レベルなら野生動物に食われて終わり。
そして、氷河期の大陸沿岸部の住人は、古代日本人で、チベット人と
共通祖先と考えるべき。(縄文系)
温暖化以降の渡来人が(弥生系・ツングース系)。

その後、半島形成期になぜか無人の大地になる不思議。
45.コロンブス:2019年03月19日 10:44 ID:ilYvPXla0▼このコメントに返信
※40
今半島と書いているじゃないかw
特亜の反日馬鹿ミンジョク。自分が日本語を話す恥を理解しろよw
外国では日本人面するんだろw恥知らずがw
46.名無しさん:2019年03月19日 10:46 ID:htVGLxwg0▼このコメントに返信
※40
ちょっと落ち着いた方がいいと思う。
怒りで頭がいっぱいで何書いてるのかわからない。
もうちょっと落ち着いて書き込みした方が相手に伝わるよ
47.名無しさん:2019年03月19日 10:46 ID:ssFS1pws0▼このコメントに返信
※8
>>8
争わない人類は、奴隷だけ。
人として、個体差ある以上、どれだけ食料が豊富だろうと、
人間は、争う生物。
48.コロンブス:2019年03月19日 10:47 ID:ilYvPXla0▼このコメントに返信
※44
南洋航路は道の島(西南諸島)がある。沖縄が栄えたのはそういう意味がある。
それからチャイナとの直接な航路もある。緯度的には上海は南九州ぐらいであるし、沖縄への航路も昔からある。
半島には遺跡が無い。不毛の大地だったということだろう。
49.コロンブス:2019年03月19日 10:49 ID:ilYvPXla0▼このコメントに返信
個人的には日本人がネアンデルタール人の遺伝子を多く残していることに興味がある。
大陸系とは見た目が違うので。
50.コロンブス:2019年03月19日 10:50 ID:ilYvPXla0▼このコメントに返信
※47
それは程度の低いミンジョクだけだなw
51.名無しさん:2019年03月19日 10:54 ID:ssFS1pws0▼このコメントに返信
※34
>>34
物理的に繋がることは、無い。
対馬から対岸に大陸と九州の陸地が見える程度。
でも筏では、渡れるだろ。
52.名無しさん:2019年03月19日 10:57 ID:ssFS1pws0▼このコメントに返信
※17
>>17
半島や東北の堆積物は、白頭山の噴火じゃないのか?
偏西風あるんだし。
53.名無しさん:2019年03月19日 10:57 ID:Hq0vMXJl0▼このコメントに返信
※40
まあ、それでも縄文時代の「暴力による死亡率」は1.8%で世界的に狩猟採集時代を見たとしても段違いに低いけどな
したり顔で「野生動物デモー」とか間抜けたこと言うより、ふつうは何故その特異が生じたのかを研究するわな
54.名無しさん:2019年03月19日 10:58 ID:bGTT9yMf0▼このコメントに返信
「縄文時代は、人類同士の争いがなかった」

そういう考え方を否定される事を、嫌がる人がいるようで。
55.名無しさん:2019年03月19日 10:59 ID:ssFS1pws0▼このコメントに返信
※50
>>50
それは、日本人が、平和的=程度の低い民族と言ってるわけだ。
失礼な奴だな。
56.名無しさん:2019年03月19日 11:02 ID:fKVYQuDl0▼このコメントに返信
稲作が伝わったのは紀元前10C~前5C辺りだろう。
この時代に何があったか?

大陸は春秋戦国時代、戦乱の時代だ。
戦乱から逃れるため多くの人々がボートピープルとして海に出た。
揚子江から海に出ると偏西風にのって沖縄、九州に辿り着く。
海に沈んでいった人々も多かっただろうが難民の母集団が多ければそれだけ沢山の人々が流れ着く。
以外にも、この時代の航海技術は高かった。
東南アジアの丸のみ石斧が九州でも発見される程度には交流があった。

そして日本に土着して稲作を広めていった。
しかし難民の流入が増えると土地をめぐって争いが起る。
大陸は戦国時代だから武器も当然携帯していた。もちろん鉄器も。
この争いから身を守るために生まれたのが環濠集落だろう。
身を守る事に時間を取られるようになり土器も簡素化していった。
57.名無しさん:2019年03月19日 11:05 ID:ssFS1pws0▼このコメントに返信
※48
>>48
沖縄本土には、稲作の遺構が存在しない。
そして、宮古島とは、断絶してるので、よほどの渡航技術ないと移動は不可能。
フィリピンとかの南方民族は、そもそも稲作技術と無関係。
縄文時代の丸木舟や筏で、揚子江河口から九州に渡海なんて不可能。
58.名無しさん:2019年03月19日 11:07 ID:fKVYQuDl0▼このコメントに返信
※54
戦乱は比較的少なかっただろう。
狩猟採集には森林が必要だが、日本列島は全て森林だった。
人口が少なければ他部族との接触もコントロールできる。

一方稲作ができる土地は少なかった。まだ開墾はしていなかっただろうから。
そこに大陸からの難民が押し寄せれば当然土地をめぐって争いが多発する。
59.名無しさん:2019年03月19日 11:08 ID:Ms.rdvV70▼このコメントに返信
縄文弥生ってナショナリズムが絡んできてどうしても荒れるよな
60.コロンブス:2019年03月19日 11:10 ID:ilYvPXla0▼このコメントに返信
※57
検索してみると引っかかったのがこれ。
「地元の伝承によると、今から約700年前、中国から稲穂を啣(くわ)えて飛んできた一羽の鶴が暴風にあってこの地に落ち、その稲穂がここで芽を出しました。---中国江南→琉球→九州南部の、柳田國男の黒潮ルートが見直されている」

というのはあるようだね。
まあ半島由来というのはない。
61.コロンブス:2019年03月19日 11:12 ID:ilYvPXla0▼このコメントに返信
※58
縄文人自体は闘争はしていないということに変わりはない。(皆無ではなかっただろうが)

お前達は妄想・妄言か極端な事例を極大化していうのが特徴だw
だから科学が発展しない。
62.コロンブス:2019年03月19日 11:14 ID:ilYvPXla0▼このコメントに返信
※54
ないよ。

朝鮮に帰れw
63.名無しさん:2019年03月19日 11:14 ID:ssFS1pws0▼このコメントに返信
※56
>>56
海路があるのは、大陸~台湾か山東半島~朝鮮半島ぐらいしかない。
呉越楚の難民が移動するなら台湾か、山東半島しかない。
済滅亡時に朝鮮半島に亡命だろ。
漢字伝来は、呉滅亡時の難民が、呉>済>九州が、合理的だろ。
10名前後の人数で、揚子江から偶然に九州上陸しても、原住民の餌にされるだけ。
繁殖・増殖ができない。
64.名無しさん:2019年03月19日 11:14 ID:fKVYQuDl0▼このコメントに返信
※60
半島の稲作は九州から伝わった可能性が高い。
弥生時代の半島南部は倭人の勢力圏だった。
その北限が稲作の北限と一致している。
本州だと青森まで。
半島北中部や北海道に稲作が伝わったのは品種改良が成功した20世紀初頭以降。
65.名無しさん:2019年03月19日 11:18 ID:17fflIci0▼このコメントに返信
黒曜石の数少ない産地とその流通経路の研究なんかが興味深いよ
人口は少なかったけど、想像以上に遠方まで人々の繋がりはあったみたいね
66.名無しさん:2019年03月19日 11:18 ID:ssFS1pws0▼このコメントに返信
※60
>>60
縄文時代の話してるのに、いつの話してるんだ?
それこそパヨク・半・島・人の大好きな問題すり替えだな。
67.名無しさん:2019年03月19日 11:19 ID:Hq0vMXJl0▼このコメントに返信
※57
うーんここ引っかかるんだけど
>>縄文時代の丸木舟や筏で、揚子江河口から九州に渡海なんて不可能。
なんで稲作が縄文人の丸木舟や筏で渡ってくるって考えるの?
ふつうは揚子江の造船技術レベルを考えない?
まあ専門家じゃないので当時の揚子江周辺の船でどの程度の航海が出来たか知らんけど
68.名無しさん:2019年03月19日 11:19 ID:fKVYQuDl0▼このコメントに返信
※63
もちろん台湾や半島に渡った人々も多かっただろう。
ただ海流は完全に把握できてはいないから九州まで到達する人々もいた。
当然1度に数人レベルで渡ってきただろうが、数百年かければ人数も膨大になるだろう。

稲作と狩猟では生活圏が異なる。
初期の段階では問題にはならなかっただろう。
日本の縄文時代の中心は東日本だから。
69.コロンブス:2019年03月19日 11:20 ID:ilYvPXla0▼このコメントに返信
※66
お前の得意技を日本人に言うなw
不思議に思うのは日本人のふりをよくできるということだ。
70.名無しさん:2019年03月19日 11:20 ID:xgv1.JJf0▼このコメントに返信
聖飢魔Ⅱのデーモン閣下に聞いた方が早いよ。10万年生きてるらしいし。
71.名無しさん:2019年03月19日 11:22 ID:ssFS1pws0▼このコメントに返信
※60
>>60
俺のは、半島が完全に大陸形成時に稲作伝来を主張してるのであって、
温暖化して半島化してからの伝来じゃないからな。
半島化形成以降は、そもそも耕地がないんだし。しかも無人時代。
72.コロンブス:2019年03月19日 11:22 ID:ilYvPXla0▼このコメントに返信
そもそも稲が伝わった植物と考えるのがいいのか、それとも元々日本の在来種だったのか考えてもいいのではないかと思う。
縄文時代が1万6000年あったとして、日本から渡っていったと考えてもいいんんじゃないの。
73.名無しさん:2019年03月19日 11:26 ID:ssFS1pws0▼このコメントに返信
※68
>>68
片道切符の存在するかも保証されない大地に飛び出す文明人は、いない。
74.名無しさん:2019年03月19日 11:33 ID:fKVYQuDl0▼このコメントに返信
※73
当時の黒曜石の交易圏を見ると意外に遠くまで行き来している。
最低限の航海技術は大陸沿岸部にもあったと考えるのが妥当だ。

あと平和な時代なら行わなくても戦争難民なら?
現実にベトナム戦争でもボートピープルは発生した。
75.名無しさん:2019年03月19日 11:34 ID:ssFS1pws0▼このコメントに返信
※67
>>67
縄文時代は、12000年前~400年前で、
古い時代に揚子江流域の造船技術が東シナ海渡海できる造船・航海技術があるとでも?
夏王朝時代だぞ?
呉越ぐらいならまだ判るが、それでも事故で漂流ぐらいはあっても組織的渡海なんて不可能。
76.名無しさん:2019年03月19日 11:34 ID:He6AeNBe0▼このコメントに返信
※72
10万年くらい古い年代の地層からコメが見つかればそういう説も成立するだろうけど
今んとこ日本のコメは最も古くて6000年前と比較的新しくて、粟や稗よりも更に手前の植物だから難しいかも
77.名無しさん:2019年03月19日 11:35 ID:ssFS1pws0▼このコメントに返信
※74
>>74
大陸沿岸航路だろ。
78.70歳の一言居士:2019年03月19日 11:38 ID:bU7wAap60▼このコメントに返信
※67
あの時代にも「風船おじさん」のような人がいて流れついたのかな!
79.名無しさん:2019年03月19日 11:45 ID:Ek.GQLlK0▼このコメントに返信
※9
稲作は有ったが大規模農場は不可能だったと思われる。
何故なら馬や牛の導入が紀元300年前後だからだ。
中国は肥沃な三日月地帯で人口が増大したり文明が盛んになったのも家畜の影響が大きい
80.名無しさん:2019年03月19日 11:48 ID:xpuxi8tn0▼このコメントに返信
>>2
縄文時代は狩猟採集だけじゃねーからさ。集落の回りに、植物栽培も行われてたわけで雑木林作ったり、九州じゃイネが陸稲というかたちで栽培されていたわけで、もっとも単独ではなくオオムギ、ヒエ、キビ、アワ、ソバ、アズキ、大豆までやってたわけよ。人工も少ないとくれぱ、長く続いても、不思議はない
81.名無しさん:2019年03月19日 11:50 ID:xpuxi8tn0▼このコメントに返信
>>28
最後まで縄文にだったのは、本州じ東北と長野ぐらいなもんよ
82.名無しさん:2019年03月19日 11:55 ID:2HhnEJJD0▼このコメントに返信
「続縄文時代」という北海道限定の延長戦
83.名無しさん:2019年03月19日 11:56 ID:lzbMBq1l0▼このコメントに返信
ループ説唱えている連中って
遺伝子パターンの事はどう考えてるんや?

文明崩壊時の大災害で結構な数の遺伝子パターンが失われているやろし
その後また文明のやり直しだったら
やり直し文明の遺伝子研究者が
唐突に断絶したり発生したりするパターンに頭抱える事になるだろ
84.名無しさん:2019年03月19日 12:00 ID:ugAm5q9J0▼このコメントに返信
縄文晩期は水田稲作してた訳だが
貝とか木ノ実って3000〜4000年以上前の話やぞ
85.名無しさん:2019年03月19日 12:00 ID:xpuxi8tn0▼このコメントに返信
>>4
集落という概念はあったがな。
縄文時代にそもそも「結婚」という概念があったかどうかもわからんのだ。となると、略奪する意味がなくなるのだよ
86.名無しさん:2019年03月19日 12:00 ID:bGTT9yMf0▼このコメントに返信
※53
狩猟採集時代は人類の数がそのもの少ないから、集団同士が接触する確率自体が少ない。
そもそも、衝突があったとしても、その痕跡が確実に残るわけでもない。
時代が遠くなればなるほど、その痕跡は見つけづらくなるだろう。
後、単純な話、戦争抗争はあっても、
そもそも財がないのだから、殺すよりは捕縛してドレイにしたほうがいい。
で、ドレイを鞭打ってどーたらこーたらなんてソレこそ大半はフィクションなわけで。
そう考えれば、暴力による死傷者の発見の確率は下るだろうよ。

だが、法や道徳など、他者に暴力を振るうことに制限が掛かっている現代人ですら、
食や生命の危機など関係なく、強者が弱者をいたぶるという事案は発生する。
意見の相違による言い合いレベルなら「ここ」にすらあるわけで。
或いは、人類の近縁種である猿にも、群れ同士の抗争や、群れ内での苛めは存在する。
原始人類の「程度」をドコら辺に見るかは人それぞれだが、少なくとも「現代人より高貴」とは思えない。
よくて同程度、或いは獣に近い方だろう。ならば、「縄文人にも争いがあった」とするのは当たり前だろ。
87.コロンブス:2019年03月19日 12:07 ID:ilYvPXla0▼このコメントに返信
※67
航海術や造船技術から遠距離航行は無理だと言っていたら、ハワイやイースター島にまで達している人間の生活圏を説明できない。
88.名無しさん:2019年03月19日 12:08 ID:uG.yvxjK0▼このコメントに返信
>>59
願望を過去に投影してしまうからな
文字を残さなかった時代の人々は後の人によって都合の良いパペットにされてしまう
89.名無しさん:2019年03月19日 12:10 ID:xpuxi8tn0▼このコメントに返信
>>18
もっとも水田って形ではなく、陸稲だがな。縄文時代では
90.名無しさん:2019年03月19日 12:12 ID:RyT2uEL50▼このコメントに返信
土偶「合体したい」
91.コロンブス:2019年03月19日 12:12 ID:ilYvPXla0▼このコメントに返信
※76
日本の米が6000年前だとすると、紀元前4000年頃になる。
その頃チャイナに米作があったという訳でもないと思うが。
どこかが起源という説はあやふやなもので、誰かが植物を栽培するアイディアを考え出せば、案外数十年程度でかなりの世界に拡散するだろうし、その植物の種類も似たような種類を見るけるような気はするね。
こういうのは日本人は昔から得意であり、今も料理などのレパートリーを広げているのがこういう資質だったりする。
92.名無しさん:2019年03月19日 12:19 ID:xpuxi8tn0▼このコメントに返信
>>47
本格的に争いだしたのは弥生時代だぜ。神戸市の新方遺跡がその証明だわい。
だいたい、定住って概念は縄文時代後期なんだ。人口を考えてみな
93.名無しさん:2019年03月19日 12:24 ID:.4XErRoy0▼このコメントに返信
※91
中国の稲作、結構古くからあって
陸稲で紀元前1万年前後、水稲で紀元前8000年頃の遺構が見つかってるよ
最も古い稲作がここらへんだから、種としてはもっと古い
94.名無しさん:2019年03月19日 12:44 ID:xpuxi8tn0▼このコメントに返信
>>21
いいとこ目をつけた
縄文時代の米は熱帯ジャポニカ米
弥生時代の米は温帯ジャポニカ米
これ知ってた?
95.名無しさん:2019年03月19日 12:47 ID:bGTT9yMf0▼このコメントに返信
※85 ※91 >>85 >>91
こっちが否定したいのは、「戦争闘争そういったものが、縄文時代にはなかった」というお花畑論。
多いか少ないか言うなら「少なかっただろう」って結論までは否定しないよ。こちらもソコには至ってるし。

まあ、その結論に達する根拠は、それぞれ異なるだろうけどね。

例えば、こちらがその結論に達する理由は、
「数が少ないので、集団同士の接触の機会がすくなかったから」
(数が多かったら戦争や抗争の機会は増えただろう・・・というに等しい)
当然、猛反発する人も居るだろうさ。
96.名無しさん:2019年03月19日 12:50 ID:bGTT9yMf0▼このコメントに返信
ありゃ、レス番号まちがえた。※95>>95は、※85>>85・※92>>92 あてだ。

・・・レス指定の記号、統一してくれんもんかね。※と>>と両方記述するの面倒くさい。
97.名無しさん:2019年03月19日 12:50 ID:bd36DRk20▼このコメントに返信
※92
縄文時代にも大集落はあったし戦いの後も残ってる。
むしろ戦わなかったとする証拠を見たことが無い。
アイヌや琉球人だって部族間抗争やってたんだぜ?

縄文時代は平和だったという、戦前の古い固定観念に縛られすぎ。
98.名無しさん:2019年03月19日 12:52 ID:xpuxi8tn0▼このコメントに返信
>>27
密度が多くても、接触頻度が高くなくては、意味がないんよ。特に文化文明って物は。
99.名無しさん:2019年03月19日 13:06 ID:p1v.El6I0▼このコメントに返信
>>10
氷河期ほどではないけど
その時期にまた寒冷化が起こったみたいだからね
それ以前は東北とかも過ごしやすくて人多かったみたい
100.名無しさん:2019年03月19日 13:08 ID:20GEm.u.0▼このコメントに返信
>>13
それは旧石器時代。
陶土分析すれば縄文土器など捏造してもすぐバレる。
縄文時代は出土品が多くて年代測定も緻密。
多くの事柄が判明している。
101.名無しさん:2019年03月19日 13:13 ID:xpuxi8tn0▼このコメントに返信
>>95
当たってるやんけ。
人口が少ない=接触頻度が低い=揉め事は少ない=争い事は少ない。出来ないんよ。
さらに、狩猟採取なら、余程のことがなければ定住する必要がないんやで。
ならば、貴重な労働力をわざわざ無くす必要があるか?
ねーな。あるとすれば殆ど偶発的としか言えん。縄文初期~中期にかけて、大きな争い事で葬られた遺跡ってあるか?。俺は知らね
102.名無しさん:2019年03月19日 13:15 ID:20GEm.u.0▼このコメントに返信
>>31
やれやれ、18世紀から19世紀で最も識字率が高かったのが日本。庶民が滑稽本を買いに本屋に行き、滝沢馬琴のような専業作家がいた国など、当時の世界では日本だけ。
103.名無しさん:2019年03月19日 13:22 ID:ZRgHbOco0▼このコメントに返信
今から2万年後「2万年前に戦車や空飛ぶ車(飛行機)テレビ電話(スマホ)みたいな機械を自由自在に操っていた空白の100年間があったみたいだぞ!」
こうならないようにね。
104.名無しさん:2019年03月19日 13:27 ID:20GEm.u.0▼このコメントに返信
>>63
長江下流域の河姆渡遺跡と佐賀県の菜畑遺跡からの出土農具から同じ水稲農業方法と見られている。ちなみに、朝鮮半島南部の水田遺跡には長江下流域や北九州に存在する稲が存在しない。つまり、長江下流域から北九州に伝わった水稲稲作が朝鮮半島南部に伝播したというのが、今日の定説。
朝鮮北部や遼東半島では稲作遺跡は存在しない。
105.名無しさん:2019年03月19日 13:33 ID:20GEm.u.0▼このコメントに返信
>>75
小船程度でも黒潮で日本列島に漂着する。
長江下流域遺跡から糸魚川産のヒスイや神津島産の黒曜石が出土している。
106.名無しさん:2019年03月19日 13:39 ID:20GEm.u.0▼このコメントに返信
>>93
稲作の起源が従来の4000年前アッサム地方から1万年前に長江中流域湖南省周辺と研究成果が出ている。当時は陸稲栽培・水稲稲作を明確に区別をしていなかった。
107.名無しさん:2019年03月19日 13:43 ID:tanvKjqH0▼このコメントに返信
縄文土器は1万5000年~1万8000年前のものがあるから
もっと長いんじゃないの?
この土器から魚を茹でてた痕跡が見つかってるから
世界一古い鍋料理文化とも言われてる
中国数千年の歴史とは言うが、古い土器がないのはなんでさ?
108.名無しさん:2019年03月19日 13:45 ID:btyd.23Q0▼このコメントに返信
※107
その時すでに青銅器使ってたから
109.名無しさん:2019年03月19日 13:46 ID:viB6VzJQ0▼このコメントに返信
※75
えっとね。たぶん渡りたくてやったわけではないだろうけど、
一説では太平洋を渡ってしまった人がいる可能性がですね…
110.名無しさん:2019年03月19日 13:48 ID:xpuxi8tn0▼このコメントに返信
>>51
潮位と海流の関係を知っていればな。だが対馬暖流にリマン海流を考えると常時渡れるわけじゃない。
111.名無しさん:2019年03月19日 13:58 ID:nY8AhoHV0▼このコメントに返信
江戸時代の江戸は世界で一番人口の多い都市だったんだけど
そんな巨大都市で水道完備なのは江戸くらいだぞ
112.名無しさん:2019年03月19日 14:01 ID:nY8AhoHV0▼このコメントに返信
>>2
規模は小さいかもしれないが、普通に戦は有ったらしいけどな、骨が見つかってる
113.名無しさん:2019年03月19日 14:02 ID:Pypitr8w0▼このコメントに返信
>>42
ケルビムは地球出身?
114.名無しさん:2019年03月19日 14:11 ID:xpuxi8tn0▼このコメントに返信
>>57
へ?沖縄にはシネリキヨとアマミキヨが福建省からもって来たんだぜって伝説があるんだが………でも水が無いからどうしようって伝説
115.名無しさん:2019年03月19日 14:12 ID:tanvKjqH0▼このコメントに返信
※108
青銅器は約6000年前ですね

今ざっと調べたら1万8000年前の土器も中国にあるようだが
縄文土器にみたいにたくさんあるようじゃないみたいだ
これも縄文人が争ってなかった証拠になるんじゃないの?
116.名無しさん:2019年03月19日 14:18 ID:Pypitr8w0▼このコメントに返信
>>78
気球の飛行船使ってたらしいね
117.名無しさん:2019年03月19日 14:29 ID:tanvKjqH0▼このコメントに返信
※97
縄文時代に争いはなかった説はごく最近、平成に入ってからじゃないかな

争いがあれば一族だけで固まってしまい
近○婚が多くなって遺伝子の欠陥による異常も多くなる
その最たるものの遺伝子を持ってるのがとなりの国にいるじゃないか
日本人は遺伝子も多様性があり、さらに古い遺伝子も残してる

貝塚があれだけの堆積で残ってるのも
遺骨に戦争による傷の痕跡が全くといっていいほどないのも
縄文時代に争いがなかったからでしょ
118.:2019年03月19日 14:32 ID:tanvKjqH0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
119.名無しさん:2019年03月19日 14:35 ID:tanvKjqH0▼このコメントに返信
※118 訂正
戦わなかったって言う証拠 じゃなくて
部族間抗争してたって言う証拠ね
120.名無しさん:2019年03月19日 14:44 ID:rKC22U.Q0▼このコメントに返信
「自然豊かだったら争わない」とか幻想だぞ?
人間は常に環境収容力限度いっぱいまで人口を増やすんだから、移住直後でもない限り
食べきれないほど食料がある状況なんてありえない。人間は常にカツカツで生きるんだよ
もし縄文時代が平和だったんだとしたら、むしろ環境が貧しくて人口が少なかった可能性の方が高い
121.名無しさん:2019年03月19日 14:45 ID:xpuxi8tn0▼このコメントに返信
>>97
大量に戦がもとで死んだと思われる骨が出てこない限り、無理だわな。8万人程度しかおらんのだぞ。交易の証拠があって争い事の証拠がない? なんだそりゃ
122.名無しさん:2019年03月19日 15:05 ID:jJJgY9n.0▼このコメントに返信
弥生が社畜と書いてた人がいたけど、
冗談抜きでそうかも知れないぞ

小麦を生産するようになって、人間は小麦の奴隷になったって説もあるし

人口が増えたからかわからんが
狩猟採集プラス簡単な栽培では
食料が間に合わなくなったのか
123.名無しさん:2019年03月19日 15:17 ID:xpuxi8tn0▼このコメントに返信
>>67
ポリネシアンはどうやって広まったんや? 同じ理由やぞ
124.名無しさん:2019年03月19日 15:21 ID:xpuxi8tn0▼このコメントに返信
>>95
個人で争うのと集団で争うのでは、まったく意味合いが違うと言うことが、解らないちしいね
125.名無しさん:2019年03月19日 15:57 ID:xpuxi8tn0▼このコメントに返信
>>118
集団だとポピュリズムが働くんだよ。OO滅ぶべしってな。そうやって、古代ギリシャ都市国家は滅んでしまったわけ。
集落1対1の問題ではないわくなるわけ。当然近隣の交易のある集落まで巻きこもうとする。だがそれは、人口からいって親類を駆り出してくるようなもの。
利は全くないんだよ。
個人でどうぞになるさ
126.:2019年03月19日 16:08 ID:ilYvPXla0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
127.名無しさん:2019年03月19日 16:08 ID:IwEl9opi0▼このコメントに返信
※56
それだ!
みんな 56のコメントを良く読め
128.名無しさん:2019年03月19日 16:12 ID:Goj.MHsw0▼このコメントに返信
>>59
そもそも今の韓国人って12世紀に現在地にいついた部族の末裔だから、弥生はおろか渡来人ともほぼ他人なのにね

なんでこんな基本情報すら知らず
弥生&渡来人=韓国人とかアホなこと騒いだり、それを信じてるヤツや、真に受けて発狂するヤツいるのか不思議だわ。
129.名無しさん:2019年03月19日 16:16 ID:rKC22U.Q0▼このコメントに返信
現代人は「技術進歩=善」と無条件に信じてるけど、そもそも
人口が少なけりゃ技術を発展させる必要もないんだよね

例えば人口が五人しかいないなら鉄すら不要。不要どころか、
製鉄技術の初期コスト維持コストを考慮すればむしろ害悪に近い
どんな技術にも適正な人口水準が存在するわけだ

技術の進歩した文明は凄いし尊重されるべきだが、それが別に人種として
優れている証拠とか、他の民族より特別賢い証拠というわけではない
130.名無しさん:2019年03月19日 16:35 ID:Tx3EYl1b0▼このコメントに返信
ある意味いい時代だった、親や爺さんと同じことをしてればよかった。
131.名無しさん:2019年03月19日 16:39 ID:Xvrl.M4I0▼このコメントに返信
本を読まないネとうヨが、脳内妄想垂れ流してるだけだなここ。

縄文時代、狩猟民が農業を片手間にしからやらず、本格的な農業が定着しなかった理由は
日本は火山灰質で土地が痩せているため、連作が効かず畑の生産性が低いから。
一方豊かな狩猟資源があったため、畑を耕すより狩猟したほうが多くの食料が得られる。
水耕栽培という高度な農業が中国大陸から伝わって初めて、狩猟するより
水田作ったほうがリターンが多いという状況になって、それで農業民族になったんだよ
132.名無しさん:2019年03月19日 16:44 ID:Xvrl.M4I0▼このコメントに返信
定住狩猟民という形態は、北米のネイティブアメリカンと、縄文日本人にしか見られない。
それ以外の地域では、狩猟民は常に移動していなければ、狩猟対象を狩り尽くしてしまうため
北米も日本もどっちも豊かな海産資源とナッツ類に恵まれていた
133.名無しさん:2019年03月19日 17:00 ID:ssFS1pws0▼このコメントに返信
※104
>>104
だから半島から伝来なんて書いてないだろ。
大陸灘が陸地時代に伝来と書いてるの。
温暖化で半島が、形成された時期は、あそこは、無人なんだし。
134.名無しさん:2019年03月19日 17:04 ID:ssFS1pws0▼このコメントに返信
※105
>>105
揚子江から九州は、潮流や風にのっては、可能だが、
肝心の糸魚川からどうやって、揚子江南部に渡るんだ?
蝦夷から大陸経由か?半島沿岸の沿岸航路か?
そうだとすると、稲作伝来も半島経由になるぞ?
135.名無しさん:2019年03月19日 17:21 ID:ssFS1pws0▼このコメントに返信
※123
>>123
紀元前2500年ごろに短湾から旅立ったモンゴロイドんお子孫だが、
潮流や風の関係で北上しててもよさそうだが、そのまま沖縄ルートで
九州到達の形跡が無い。
ポリネシア到達は、紀元前950年ごろなので、その間に造船・航海術が確立しただけ。
大陸と技術的共通性もないんだし、独自進化したもの。
台湾・フィリピンで、稲作してないので、南方からの北上は、無い。
遠洋航海術がある場合、揚子江下流からなら済州島に漂着のほうが、九州より高いと思うが、
紀元前の済州島の考古学探査すれば、明らかになるんだがな。
136.名無しさん:2019年03月19日 17:21 ID:NiLWaMIQ0▼このコメントに返信
人間二人居れば喧嘩はできるんで
採取地の縄張り争いが譲り合いで済まないレベルまで人口増えたら
普通にどつき合いに発展するんじゃないかなぁ
137.名無しさん:2019年03月19日 17:39 ID:ssFS1pws0▼このコメントに返信
※127
>>127
大陸沿岸航路と東シナ海渡海では、技術レベルに格段の差異がある。
天文航法できるなら、済州島で、紀元前に国家形成して、大陸反攻なり、朝鮮半島侵攻・九州侵攻なりしてる。
済州島の国家は、3世紀に百済や日本と交流が確認される。
難民が九州で支配権確立できてないのは、当時の九州にそれなりの国家形成されてるからだろ。
それは、稲作が普及してる証にもなる。
呉越楚の難民が、北上して斉に到達しても当時の山東半島では、水稲栽培不可能。
なので、半島からの伝来も否定される。
138.名無しさん:2019年03月19日 17:39 ID:aK4ElwAM0▼このコメントに返信
メキニメキニヌダラダラ~
139.名無しさん:2019年03月19日 17:44 ID:fLpfH2ly0▼このコメントに返信
縄文時代、日本の総人口50万人くらいじゃ、人間より 狼や熊の方が 脅威だよなぁ
140.名無しさん:2019年03月19日 18:42 ID:CHeSgCrG0▼このコメントに返信
※38
西洋や他の地域では、だいたい酒は酵母(イースト)から作るんだけど
日本中国韓国では麹(カビ)でつくる酒文化なのよ、コレの発祥は雲南地方と言われてる、、、

で、中国や韓国は餅麹といって麦を細かく砕いたもので麹作るんだけど、日本の場合はコメから麹を作る、、、
つまり今の日本のお酒作り技術ってのは、稲伝来以降一緒に大陸から渡ってきた酒文化と思われ、、、
(ちなみに縄文時代くらい古くなると、朝鮮半島独自の文化なんて違いはわからず、だいたい中国文化の一部と見られてる)

それ以前(つまり縄文時代)は、口噛み酒(唾液のアミラーゼで糖分解して自然の酵母で醗酵)だったと思われ、、、
口噛み酒は太平洋中心に広がる南洋文化圏の特徴の一つ、インカのチチャが有名、、、
日本の文献では大隅国風土記に記述あんだけど、その当時(8世紀)でも廃れてた、、、
まぁアルコール濃度上がんないからね、、、まぁどぶろくですしな、、、

つまり縄文時代の日本のお酒は(南洋海洋民族由来の)口噛み酒だったと思われ、、、
141.名無しさん:2019年03月19日 18:51 ID:CHeSgCrG0▼このコメントに返信
※137
コメちゅうのは育て方で「陸稲」「水稲」大きく2種類に別れてる、、、

水稲が揚子江下流域から直接伝わった、てのはDNA調査からも間違いはないのよね、、、
でも朝鮮半島経由ってのは畑作の「陸稲」の方で、つか戦前まで朝鮮半島のコメの大部分が陸稲だったのよ、、、
だから「半島からイネが伝わった」っていう場合、だいたい「陸稲」のことを言ってると思われ、、、
陸稲は畑で作り、脱穀精米もほぼほぼ大麦なんかとかわらないやり方なので
モノ作り文化としては大きな特徴はない、、、
ただもち米なんかの調査では半島由来の品種が混じってることは確か、、、

話が噛み合わないのは、日本ではイネっていうと「水田による米作り文化」の話になるのに対し
他所の国では、そういう栽培方法の違いは気にしないから、だと自分は思う、、、
142.エンアカーシャ:2019年03月19日 18:52 ID:fS7IsJLb0▼このコメントに返信
8000年くらい前の地層から、タネモミが発見された、
日本の米作の歴史、

この頃、
中国と韓国は、存在すらしていなかった (笑)。
143.名無しさん:2019年03月19日 19:19 ID:HhF4fArO0▼このコメントに返信
※140
東洋でも酒の起源は自然界の酵母。中国では世界最古の葡萄もしくはそれに類する果実で作られた酒が出土していて、アメリカの研究機関で成分分析された結果、蜂蜜と果実は含まれているが穀物の痕跡はない。つか出土年代からして稲の栽培より前の時代

糖分をアルコールに分解する方法は起源を辿れば世界中で同じ。つまり自然界にすでに糖分のカタチで存在している食材(果実の表面や蜂蜜)を酒に加工するしか方法がなくて、そこにあとから穀類などのでんぷんを唾液などで分解した材料を継ぎ足していった。口噛み酒は世界中にあるが、それ以前に果実酒や蜂蜜酒の歴史が当然のようにあるんだよ。果実や蜂蜜と違って一年中酒を楽しみたいがために、甕の底に付着した酵母などをつかって栽培穀物による醸造にだんだん切り替えていくと言うのが、文明の、というか農耕文化の歴史と一致している

縄文時代やそれ以前の日本列島でも、当然ながら自然酵母に由来する果実や蜂蜜の酒があって、それらは単独材料ではなく使えるものをどんどん混合していく酒であったはずで、縄文期に稲などの穀類が出てきているのは恐らくそういったアルコール飲料に用いるためのもの。酒の文化は中国の醸造酒が持ち込まれたのではなく、地球全土で同じような歴史をたどっているように、使えるものを使ったというところに起源があると思われる。中国由来の米酒はもっと後から持ち込まれた
144.名無しさん:2019年03月19日 19:26 ID:l97RKHcY0▼このコメントに返信
宇宙人の子供、「あー、またやっちゃった、リセットしよ」
145.名無しさん:2019年03月19日 19:48 ID:VXSXqBYb0▼このコメントに返信
>>4
背後or樹上からの一方的かつ1対多数の殺人が争いと呼びうるものなのかねえ
146.名無しさん:2019年03月19日 20:32 ID:rQb.U7v90▼このコメントに返信
>>67
黒潮を突破できる船を作れるのは蛇紋岩のような高品質の石斧だけ
そしてそう言った鉱石が採掘できるのは日本や台湾といった限られた場所
中原は時代が下るまで航海について優れているとは言えない
147.名無しさん:2019年03月19日 20:36 ID:JwwgXjwk0▼このコメントに返信
端数の2000年だけでもすごいよな
ちょうど弥生から現代ぐらいやろ
その6倍とか長スギィ
148.名無しさん:2019年03月19日 20:44 ID:rQb.U7v90▼このコメントに返信
>>74
戦争難民として妥当なのは古墳時代の寒冷化による大陸の混乱から来た連中、渡来人とも呼ばれる連中だが、その頃の稲作は日本列島よりも南に後退しているからそれ以前の難民になる
149.名無しさん:2019年03月19日 20:46 ID:CZ73p5vC0▼このコメントに返信
※17
宮崎でも火山灰が堆積している地層前後で石器の系統が全く違ってるらしいからな
元々居た人はどうなってしまったのか
150.名無しさん:2019年03月19日 20:56 ID:T2UEHEx80▼このコメントに返信
※2 一方、中国では殷、周王朝を経て春秋時代を迎えていた模様

芸術もなかったのか。シナって野蛮な場所だなぁ。
151.名無しさん:2019年03月19日 21:04 ID:6JhwpME70▼このコメントに返信
>>131
米が日本のイデオロギー食にまでなったのは耐寒性を獲得した結果大陸との擬似的な差別化になったからで弥生時代ですら焼畑農業の雑穀や豆類が主流
152.名無しさん:2019年03月19日 21:19 ID:IA3wncwq0▼このコメントに返信
現代が幸せじゃないとか嘆くことができるレベルの底辺ですら、おーぷんなんかで遊べる時代ですよ
153.名無しさん:2019年03月19日 21:34 ID:CHeSgCrG0▼このコメントに返信
※151
最近の研究で、昔北方に広まったジャポニカ種(陸稲でも水稲でも)には耐寒性遺伝子があることがわかったんで
つまり日本に伝わった水稲も耐寒性もってたはずなので、最初から(焼き畑なんか必要とせず)水田栽培を始めたと思われ、、、

まぁ水稲が日本に伝来(つまり弥生時代)してから、急激に日本推定人口は増大
縄文時代の倍以上の60万人以上に達してるわけで、
弥生初期でも焼き畑農業が主流、ってのはこの急激な人口増加を説明できないよ、、、

つか水稲ってのは現在の東南アジアの深田栽培見てもわかるけど
ちゃんと水田(水管理する)なんて作んなくても、ずっと水に浸ったままの沼地とか湿地で栽培してたもんなんだよね、、、
当時の日本でも、そーゆー栽培が主流だったと思われ、、、だから初期弥生時代には湿地帯のそばに村の遺跡が残ってる、、、
で、登呂遺跡のように弥生後期には水管理される水田(より高効率な栽培)が主流になり、日本は200万を超えるようになるのよ、、、
154.名無しさん:2019年03月19日 21:51 ID:bnKbv7by0▼このコメントに返信
縄文時代が長く続いたのは、周囲を海に囲まれ他民族の大きな侵攻を受けなかった一方、日本の自然が豊かで動物や植物などの食べ物を獲得し易く(少しバカ入りは稲作やクリの栽培などの食物栽培なども行われていたようです)、生き残りに有利だった。しかし、狩猟生活では病気などもあり集落の人口を維持がやっとで、人口増加が無かったことで、争いが少なく安定した社会が継続したと考えられます。
弥生時代になると稲作文化が急速に発達し、土地面積当たりの収穫量も増加し人口も急激に増加し、近隣集落との衝突などを得て集落の集合化が進み支配者が現れ、国家が形成されて行った。
155.名無しさん:2019年03月19日 21:54 ID:od4muxIL0▼このコメントに返信
縄文時代は戦争が無いなんて本当かね?? 
文明化前のニューギニア原住民は戦争だらけだったらしいが?
総人口に対する戦争死亡率は近代社会よりずっと高いとの統計も出ている
超絶火山噴火で文字通り文明もリセットされてるし
156.名無しさん:2019年03月19日 22:14 ID:6jCAbjSu0▼このコメントに返信
珍しくもなんともないだろ
いまだに新石器程度の文明で暮らしている人々だっているんだし
157.:2019年03月19日 22:52 ID:CHeSgCrG0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
158.:2019年03月19日 23:19 ID:YY0AvtMM0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
159.名無しさん:2019年03月19日 23:52 ID:eEYS26Ym0▼このコメントに返信
>>105
中国では硬玉の翡翠が産出されないから、古代日本からの貴重な輸入品で
一説によると、倭国って、小さい国って意味でなく
翡翠の国という意味だとか何とか…

現代でも中国人に翡翠を贈ると、めっちゃ喜ぶらしい
160.名無しさん:2019年03月20日 00:14 ID:dq3ca.0r0▼このコメントに返信
※75
俺はなんで受け手の縄文人が渡航したと考えるのかを聞いたんだが?

※86
同レベルの他の地域と比べて少ないという話をしているんだが?
お前の「縄文に争いが無いを否定する馬鹿を否定したい」はどうでも良いんだよ。1.8%は暴力で死んだと書いた。争いはあるは否定してないだろ?

朝鮮の稲作は現在3000年前までさかのぼれる。これは日本の6000年前より圧倒的に後だが、考古資料が発見されていないだけで朝鮮ルートも否定されるものでもない。俺はお前らの必死さがアホらしいわ
161.名無しさん:2019年03月20日 00:33 ID:GcgrxA6R0▼このコメントに返信
※57
>縄文時代の丸木舟や筏で
ポリネシアンの大航海時代全否定で私は悲しい、、、

朝鮮半島の東三洞貝塚からは、北海道の黒曜石や日本の縄文式土器や揚子江流域からの土器が見つかってるから
少なくとも当時大海を越えて貿易してたのは事実だよ、、、

つかね、当時の人口分布考えると、北九州と対馬と朝鮮南部は一つの文化圏と考えたほうがいいのよ、、、
今の政治区分当てはめ分けるほうがおかしい、、、
ちなみにココで水田耕作が始まってた時代、朝鮮半島の中北部ではそういう農耕遺跡発見されてないので
全く別の文化圏(つまり「くに」)と考えたほうが適切と思われ、、、
162.名無しさん:2019年03月20日 00:58 ID:q68jMJVg0▼このコメントに返信
縄文土器より無土器の方が古いからな。無土器は30万年前から存在する。縄文と呼んでいるが文様入り土器で20万年前からあるで。弥生土器は日本の考古学者が勝手に捏造しただけ。昔から無土器(弥生土器)は世界中で作られている。縄文土器のような文様入り土器をヤマト民族だけが作っていたというだけの話。文様入り土器で縄文が登場するのは紀元前5万5000年頃。インド人とヤマト民族が共栄していた頃から縄文土器は作られている。米作りはその頃から文化として定着している。
163.名無しさん:2019年03月20日 01:26 ID:E2La4.590▼このコメントに返信
※158のつづき
縄文を再評価する文脈には、受け手側の存在がどうしても必要だから、必ずしも科学的実証が要らない。
分子人類学や考古学の研究進展とは別に、おそらくこれは中国・韓国・台湾などの脅威に対抗するような、
ネイション=国民、エスニシティ=民族の再発見の文脈に繋がっている。

だから、本当に文明が、古代さらに超古代が存在するとして、現在の我々が都合よく取捨選択する面はある。
ただし、中国の史書のように必要以上に筆を枉げる必要はない。
『日本書紀』『古事記』ともに異説がふんだんにあって、後の人に任せる態度を撰者が採っている。

実際に分子人類学や考古学の研究がそれを実証しているし、ちょうどグローバリズムの終焉期と変動期に重なり、
我々の意識のなかの「日本」を再認識するために使われて、民族主義・国民主義の人と(これは我が国ではほぼ同義)、
あくまでも実証主義だけの人とは、論議と意見がかみ合わないのだろう、と思う。
164.名無しさん:2019年03月20日 02:39 ID:jTh.ARlz0▼このコメントに返信
>どんぐりうめー! 貝うめー!
20cm長のアワビの殻とかザクザク貝塚から出るんだよな。 粗食ってなレベルじゃない。
ドングリや栗の木だってちゃんと里山として管理されてた形跡があるらしい。
165.名無しさん:2019年03月20日 02:45 ID:jTh.ARlz0▼このコメントに返信
※1
村長(むらおさ)なんてのが出たとたんにその形態は原始共産じゃなくなるけどね。
どこまで本当か適当なのかは誰もわからんよ。 マルクスなんて妄想屋が言ってるだけだもん。
とにかく、「指導者」なんて権力を持った人間がひとりでもいたら、そりゃもう共産社会じゃないのだから。
166.名無しさん:2019年03月20日 03:19 ID:4hd1WSwH0▼このコメントに返信
※10
その通りで、注目すべきはその人口密度だ
ゆるいバンド(親戚を含めた一族郎党)の集団生活をしていたが
戦争もなにも、そもそも他人(他家族集団)とほとんど出会わない
(出会ったら適齢期の若者は即結婚!みたいなノリ)

ちなみにユーロ圏のネアンデルタール人の最盛期人口は南ヨーロッパ(北部は氷河等で住めない)全体で
たったの10万人(推定)!

167.名無しさん:2019年03月20日 05:00 ID:qP25Wwhm0▼このコメントに返信
ネアンデルタールはホ・モ・サピエンスじゃないよ。
168.名無しさん:2019年03月20日 06:22 ID:GcgrxA6R0▼このコメントに返信
※164
当時何が主食だったか、ってのは、、、
福井県三方湖沿いの鳥浜貝塚(早期と前期遺跡)の残渣調査結果があって
ゴミ?重量の70%が貝殻(シジミやカワニナやマツカサガイなど)
20%が木の実(クルミ、ヒシ、クリ、ドングリなど)で、残りが魚や獣だったのよ、、、
まぁ貝殻重いから、カロリー推定で計算すると
当時の人達は全カロリーの40%を木の実で摂ってたと推定されてる、、、
残りはほぼ貝だけど、量的にアワビとかは主流ではなかった感じ、、、

で、縄文中期で当時の日本人口の9割以上を占めた関東地方では
より木の実が取れる温帯落葉照葉樹林帯で、さらに今のアイヌのように遡上する鮭を食料源としてたと考えられてる、、、

でも後期になると寒冷化が始まり、食糧不足から西日本で南太平洋方式の広葉樹林焼畑農法が始まるのよ、、、
今も残るこんにゃくとか中国と日本にしか無い作物見る限り(作物としての里芋や生姜の重要性も鑑み)
コレを始めた人たちは中国華南から直接来た可能性が自分は大きい、と思う、、、

まぁ縄文時代長いからね、食生活も大きく変わったのよ、、、
169.名無しさん:2019年03月20日 06:27 ID:GcgrxA6R0▼このコメントに返信
※167
人間対象だから分けてっけど、、、
生存域が重なり混血できるってのは、生物学では普通別種とは扱わないんだよね、、、
ある意味見た目差別だ、と自分は思う、、、
170.名無しさん:2019年03月20日 06:40 ID:j61g1kLV0▼このコメントに返信
ストーンサークルのまわりで踊ってただけでしょ?
イギリスもだけど・・・。
 
171.名無しさん:2019年03月20日 06:50 ID:GcgrxA6R0▼このコメントに返信
※162
無土器って旧石器時代(無文土器)の話??
弥生式土器は完全密閉した焼成法(覆い焼き)で高温で焼き上げるから、、、
縄文式櫛目文土器含めてそれ以前は野焼きが普通だから、製造技術的に別であるのは確かだよ、、、

ちなみに朝鮮半島で主張される無土器時代ってのは、内容は中国遼河文明が主体の話だからね、、、
つか櫛目文土器なんてフィンランドからモンゴル中国東北まで広く分布するものを
なんで朝鮮なんて一地方史の話に特定したがるのか、自分にはよくわからないよ、、、
172.名無しさん:2019年03月20日 07:22 ID:8m83cMwp0▼このコメントに返信
>>43
劣化と見るか進化と見るかは観点次第
デフォルメにも技術がいる
複雑だったものを面影を残しつつ単純化するって結構難しいぞ
当時の流行が写実的な方向に進まなかっただけの話と思う
173.名無しさん:2019年03月20日 08:31 ID:A2.ujC9l0▼このコメントに返信
中東の肥沃な三角地帯で、食糧生産革命によって「農耕」が発明された。
あれが人類史ですごく大きかったよね。
あの時までは、どこでも日本の縄文時代と同じような生活レベルだったのに
中近東から一気に人口が増え、国家が生まれてきた。
174.名無しさん:2019年03月20日 08:59 ID:Keu6SgO20▼このコメントに返信
文字もあるし、貿易してたって話もあるし、やっぱ縄文わけわかめ
175.名無しさん:2019年03月20日 09:00 ID:B6Dvl6p30▼このコメントに返信
>>10
喜界島大噴火の影響か?
176.名無しさん:2019年03月20日 09:08 ID:GcgrxA6R0▼このコメントに返信
※173
農耕の発祥はアフリカ、、、
177.名無しさん:2019年03月20日 09:28 ID:rEIm4Wc00▼このコメントに返信
※167
ホ/モサピエンスとホ/モネアンデルターレンシスは違うと言ってるかな。
近年では、ホ/モサピエンスサピエンスとホ/モサピエンスネアンデルターレンシス。
ホ/モサピエンス内での細かな違いとされてる。

そんなこと言い出すと、出アフリカ人類を含めた一派とそれ以外の2派も違う人類に成りかねん。
いっそ、出アフリカ人類は東方北方2派あって、非出アフリカは一派だった説採るか?
旧ホ/モサピ人類が10万年以上前にマリ地域で国家形成してた説採るか?
と言った極論合せになるので、不毛なこと言いなさんな。
178.名無しさん:2019年03月20日 10:44 ID:bvOPgDAX0▼このコメントに返信
>>170
年に1回か2回だぞ.
そう考えると日本の湿地山岳信仰の方が頻度は高い
179.名無しさん:2019年03月20日 12:09 ID:hiJA3cxV0▼このコメントに返信
縄文時代の日本はフォッサマグナのあたりでぶっつり割れて日本海が広大な内海でな

そこらじゅう海で漁もわけなし、貝類とれまくり、海のお陰で大陸からの侵略もなし。

三内丸山遺跡なんかが代表だけれど、兎に角対人用の武器が殆ど発掘されないだよね。
釣り針だったり、包丁ばっかり(笑)
豊かだったから他のムラを攻撃したり、ぶっ殺したりする必要が無かったんだろうな。
180.名無しさん:2019年03月21日 22:47 ID:aJB6PflY0▼このコメントに返信
縄文は狩猟採集の巨木森林文明。エデンの園の楽園が具現化されいた!

お名前