2019年03月16日 10:05

インパール作戦とかいう日本の闇

インパール作戦とかいう日本の闇

20180711095849

引用元:インパール作戦とかいう日本の闇
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1552608245/

1: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:04:05 ID:pa8
教科書でも触れられてない模様

13: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:22:46 ID:zFF
牟田口廉也「あかん、今さらやけどワイとんでもない事やらかしたんやないか…腹切って死んだほうがエエか?なあ?」

部下「聞かないでください、どうぞ黙って腹をお切りください」

14: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:23:16 ID:8MH
兵站を断ち切ってジャングルを切り開きつつ
輸送用のヤギを食べながら進軍する無謀な戦略のことである!

17: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:26:42 ID:zFF
牟田口廉也「朝だ!今日も元気に戦勝祈願や!!」

部下「毎朝毎朝、どこのばかやろうだと思ったら司令官殿じゃありませんか…
食えねぇの、勝てねぇのでドンづまりの時に神頼みとは…こりゃいよいよこの作戦は駄目やな」

21: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:29:30 ID:BGC
彡(^)(^)「退却前に基地に落書きしたろ!ペスト患者収容地…っと!」

23: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:31:16 ID:8MH
>>21
映画みたいな偶然にも救われた話すこ

25: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:31:31 ID:a8w
>>23
どういうこと?

27: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:31:59 ID:8MH
>>25
敵がガチで勘違いして足止めできた

35: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:36:26 ID:thU
このインパール作戦で餓死者を出さず勝利し続けた宮崎将軍の異能性

38: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:37:04 ID:a8w
>>35
すごE
てかみんな博識ンゴねぇ…

40: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:38:32 ID:zFF
>>38
宮崎繁三郎中将の涙なくして語れない凄さはぜひ語り継いで欲しい

牟田口廉也の笑えないレベルのクソっぷりもぜひ語り継いで欲しい

41: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:39:04 ID:a8w
>>40
そんなんどこで知るん?

50: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:43:14 ID:thU
>>41
きっかけがあれば本を色々やが、今時はネットにギョーさんあるで
「インパール作戦なんてアホやなぁ・・・あれ?なんやこの人?」

42: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:39:09 ID:PUb
インパールについては元従軍記者が本書いてたで
読んだらヤバイぞ(牟田口の作戦が)

57: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:45:42 ID:BGC
陸も海も失ってはあかん名将ばかりが先に逝くは悲しいなぁ

59: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:47:02 ID:H3d
宮崎の何が凄いって生き残ったことが凄いよな

61: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:47:23 ID:zFF
捕虜になれば「おれの兵隊にむごい事をしたら許さん」と暴れまくり、
棒刑を食らっても独房にぶちこまれても「おれの兵隊に手を出すな」と喚き続ける
終いに連合兵が感動して一生懸命に日本兵捕虜を世話したんやで

62: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:47:43 ID:Uto
牟田口廉也って米軍の将校やろ?

64: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:48:22 ID:p8G
>>62
スパイが日本軍におっては勝てませんわ

66: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:48:58 ID:KR9
連合国軍最高の将軍 アドミラル・ムタグチにボロカスにやられた戦いやろ?

68: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:52:56 ID:BGC
今後も無能の代名詞として語り継がれるんやろなぁ

69: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:53:06 ID:l0y
インパール牟田口やぞ

70: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:54:13 ID:zFF
???「ジューコフは敵よりも味方を多く殺した」

こんなんばっかりでよく勝ち組なれたなほんま

72: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:55:19 ID:zFF
牟田口廉也の何が恐ろしいって、自分はノコノコ生きて帰って処刑も免れとる事や

73: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:56:05 ID:p8G
>>72
無田口「死ぬべきやろか…」
部下「そう思う奴は無駄口叩かず死んどるわカス」

79: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)10:03:38 ID:zFF
トドメは自分の葬儀で「俺は悪くない」っていう内容のパンフレットまで配る周到ぶりよ

95: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)10:30:41 ID:Amc
>>79

80: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)10:03:56 ID:jBS
インパール作戦担当するまでは将官として悪くなっかった牟田口
なお以降転げ落ちる模様

82: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)10:06:29 ID:Cke
英国からの御手紙が届くまでは反省はしていた模様

92: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)10:22:10 ID:zFF
花谷正「弾薬をくれだと?敵から奪えばいいだろ!お前の命と弾薬どっちが大事だと思ってる?弾薬に決まってるだろ」

なお彼の葬儀に参列した部下は誰一人来ませんでした

93: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)10:28:12 ID:zFF
富永恭次「逃げ帰って来るとは何事だ卑怯者め!!!」

なお自分はフィリピンから台湾にサッサと逃げた模様

もちろん部下は置き去り、数人の芸者とあいのりで

100: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)10:43:22 ID:Cke
>>93
予備役にされた後敵が怖くて逃げたやつを安全な予備役にするのはどうなんだという正論をかまされ満州送りにされる男

97: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)10:33:11 ID:zFF
そして逆に馬鹿だけど部下からの人気があった辻政信

98: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)10:34:26 ID:Amc
>>97
なんで人気あったん

99: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)10:39:09 ID:zFF
>>98
現場では一生懸命やったんや
お気に入りの本を配って元気づけたり、駐留先の現地民を守ったり

でもバカだから無茶な作戦おったてていっぱい味方死なせちゃった
その報告を聞いたときに呆然と立ち尽くして返事もしなかったもんだから同僚からは呆れられた

捕虜大量虐殺の首謀者なのに処刑されなかったことからガチスパイ説が濃厚

101: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)10:44:57 ID:p2j
戦史や軍記もの好きだけど日本の陸軍は
どうにも救いが無くて幼稚で読んでて気が滅入る

104: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)10:53:09 ID:FQ1
これで河辺東条の名前が上がらないのがあかんねん
牟田口個人を責めればええのは安直

105: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)10:54:33 ID:Pmz
陸軍の成れの果てやな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年03月16日 10:08 ID:IvAR1i2q0▼このコメントに返信
ガダルカナル ニューギニア フイリッピン
そしてインパール

日本軍と餓死は切っても切れない関係
2.名無しさん:2019年03月16日 10:10 ID:IvAR1i2q0▼このコメントに返信
牟田口「ジャングルはあんなに青々としてるんだから
食うに困らない植物なんかいっぱいあるだろ!」
3.名無しさん:2019年03月16日 10:13 ID:Mu3da2dg0▼このコメントに返信
金銀インパールプレゼント♪
4.名無しさん:2019年03月16日 10:14 ID:bWmUyDxc0▼このコメントに返信
いうほど闇か?みんな知ってるだろ?
5.名無しさん:2019年03月16日 10:14 ID:JlmQCKIz0▼このコメントに返信
現在、日本の食糧やエネルギーの自給率が低すぎる。もっと上げないと、このままではイザとなった時に、日本国全体がインパール作戦になってしまう。
6.名無しさん:2019年03月16日 10:17 ID:leZfFq1t0▼このコメントに返信
コミンテルンにいいようにやられたからな
今回は工作に負けないようにしないとね
7.名無しさん:2019年03月16日 10:19 ID:FbNHM4Vj0▼このコメントに返信
日本軍の出世するほど無能になっていく謎システム
牟田口も師団長時代までは優秀なのよな
8.名無しさん:2019年03月16日 10:20 ID:QbOnHIb80▼このコメントに返信
一応、晩年のイギリスからの書簡が来るまでは反省していたみたいだし、最後の自己正当化に至るまでに何をどう考えたのかが気にはなるな。
一応、女や子供を戦場に送ったり、現地の人間を弾圧したりはしてないから「悪党」とは呼べない。
「無能な指揮官」ってやつだな。
9.古古米:2019年03月16日 10:24 ID:lWZC7bd90▼このコメントに返信
宮崎中将の話は「抗命 ~烈師団長、発狂す~」という本で世間に広まったよね。
解任された宮崎氏を診察した医師によると「現代的な合理主義者」な側面を持つ人だったとか。
10.名無しさん:2019年03月16日 10:26 ID:4x1NEwCw0▼このコメントに返信
あれはあちこちの各地で劣勢の中での挽回を狙った
がしかし、挽回どころかかえって痛手を被ったというお粗末な作戦

11.名無しさん:2019年03月16日 10:26 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
お約束のコピペ

富永恭二:航空部隊の指揮官として息子を特攻死させたが本人は最前線のフィリピンから台湾に逃亡、シベリアに抑留されるが天寿を全うする。

菅原道大:後で自分も行くからとか言って特攻隊を送り出し、終戦時に部下から行きましょうって言われたら「特攻隊の慰霊するからやっぱ行かない」と却下、養鶏やりながら天寿を全う

倉澤清忠:菅原の部下として特攻隊を送り出す。飛行機のトラブルなどで帰ってきたパイロットを監禁するスパルタ施設を運営。
戦後は印刷会社経営、特攻隊の生き残りからの報復を恐れ常に拳銃を携帯。勿論天寿を全ry

黒島亀人:「変人参謀」と言われ数々のキチ○イ作戦とキ○ガイ特攻兵器を立案。
戦後は会社社長として何不自由ない暮らしを送る。なお、宇垣纒の手記(後に「戦藻録」として出版)を遺族から借り出し、自分に都合の悪い部分を破棄、「電車に置き忘れた」などと言い逃れる。当然天寿をまry

源田実:自分の指揮する部隊でも特攻やりたいからよろしくと部下に命じたところ、部下から「私が操縦するから貴方は後席に乗ってください」と言われソッコーで沙汰止みに。
戦後は航空自衛隊に入り航空幕僚長、自民党から参議院議員に。議員時代、日本全土を無差別爆撃したカーチス・ルメイに勲一等を授与する工作する。
言うまでもなく天寿をry

太田正一:米軍コードネーム"BAKA"こと人間爆弾「桜花」の発案者。自分が乗るから開発させてくれと上層部に頼み込んだ癖に「適性なし(笑)」とやらで出撃せず。終戦直後逃亡、名前と戸籍を変えて暮らす。至極当然に天寿ry
12.名無しさん:2019年03月16日 10:27 ID:z.rWUdbF0▼このコメントに返信
もちろん連合軍側にもこういう話あるんやろ?おもしろおかしく教えてくれ
13.名無しさん:2019年03月16日 10:28 ID:NyFwrqfL0▼このコメントに返信
実際は作戦としては意外なほど真っ当だからな
ビルマ平原では移動力の劣る歩兵師団で防衛するのは各個撃破されるだけ
中国への補給ルートを再開されるので戦略的撤退など論外
ゆえに山岳地帯に戦線を押し上げて敵の機動力の優位性を相殺するという、
あの戦略的着眼点は流石日本軍という感じではある
キルレシオもそんなに悪くない
やたらぼろくそに言われてるのは中央主導で超絶大失敗の
フィリピン戦を誤魔化すためなんじゃないかと疑ってる
14.名無しさん:2019年03月16日 10:29 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
※7
実際そうなんだよね
シンガポールの時のブキテマ高地攻略もブキテマに立てこもった弾薬も兵力も十分残ってるイギリス軍相手に砲弾も弾薬も欠乏しながらも攻略に成功してるし、ビルマに転戦した時も第55師団とか他の師団が慣れない過酷な土地で進軍に苦戦しながらも牟田口率いる第18師団は急速に進軍することに成功して追撃戦を成功させてたりする。
師団長としては十分に有能だし、山下軍司令官も
西村中将と、松井中将には低い評価を与えてるけど、彼には与えてないし、それどころか高い評価を与えてる。また、インパール作戦の原案には補給上に問題があるとして反対してるから、この時までは補給に理解がある軍人だったことがわかる。
15.名無しさん:2019年03月16日 10:30 ID:.mtWmgTt0▼このコメントに返信
※8
物資も乏しく部下が苦しんでるのに芸者と一緒に遊んでたやつは悪ではないのだろうか…
16.名無しさん:2019年03月16日 10:31 ID:X4zlkH2X0▼このコメントに返信
※7
陸海が全く協力しないってのが見に染みるんだろ
っで、単独でどうこうしようとして、おかしなことになるんじゃね?

陸軍の手柄になるようなことは、海軍は賛同しないし
海軍の手柄になりそうなことは、陸軍は賛同しない
おまけに外務省は、外交ぶち壊しまくりだからな…
17.名無しさん:2019年03月16日 10:31 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>13
でも敗北が決定的になっても自分に責任が来ることを恐れて作戦中止決定しなかったのはいけないと思う。
18.名無しさん:2019年03月16日 10:33 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>9
佐藤幸徳じゃない?
19.名無しさん:2019年03月16日 10:35 ID:rjUKWByB0▼このコメントに返信
こういうバカな偉い軍人の話を聞くと、左翼の気持ちは分かるわ。
20.名無しさん:2019年03月16日 10:36 ID:HlX7Dkx60▼このコメントに返信
Wikipediaの牟田口廉也の写真、自由党の某にそっくりでやんの。
21.名無しさん:2019年03月16日 10:38 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>1
仲間に食われた人もかなりいそうだな
22.名無しさん:2019年03月16日 10:38 ID:62HLoQEj0▼このコメントに返信
一年早く実施してれば、成功して、1943年度中にインド解放できてれば、チャーチル退陣で、
いろいろ変わってたかも。
23.名無しさん:2019年03月16日 10:39 ID:RC4zvXRf0▼このコメントに返信
俺は優しいからムッティを擁護するけど、あれは日本人がカニバリズムじゃないって証明にはなる。
24.名無しさん:2019年03月16日 10:40 ID:Rq2dk3xE0▼このコメントに返信
どいつもこいつも芸者はべらしやがって、
国庫でお気にの女を囲い部下の飢えより女の上
25.名無しさん:2019年03月16日 10:41 ID:x86YgrE60▼このコメントに返信
天長節に花を添えようと思いまして
26.名無しさん:2019年03月16日 10:42 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>11
富永中将は軍司令官になって勝手に無謀な航空戦を行なって大損害を追った挙句前線への補給をないがしろにした木下勇中将を更迭したり、現地部隊への補給を最優先にしたり、航空戦に素人な割には当初は的確で現実的な指揮官だったんだけどね。実際部下将兵から台湾に逃亡する前まではそれなりに慕われてて台湾に逃亡した際に護衛した部下は「勇将のこんな姿は見たくなかった」って言ってたりする。
27.名無しさん:2019年03月16日 10:42 ID:JlmQCKIz0▼このコメントに返信
しかし、なぜ唐突にインパール作戦なんか出して来たのか?また、いつものように日本は労働者に対して、強制労働、搾取、ブラックにつなげたい左翼の工作?
28.名無しさん:2019年03月16日 10:44 ID:71Luf.1N0▼このコメントに返信
※7 >牟田口も師団長時代までは優秀なのよな
時代遅れになった体育会系肉弾突撃司令官が優秀者として淘汰された結果じゃないの? 知らんけど。
29.名無しさん:2019年03月16日 10:45 ID:3yEAWI5Z0▼このコメントに返信
宮崎中将を調べたら死の間際まで部下を気にしとったんやなぁ....(T-T)

それに比べて牟多口ぃぃ....
30.名無しさん:2019年03月16日 10:46 ID:leZfFq1t0▼このコメントに返信
>>15
それもプロパガンダという話だと聞いたことがあるが
よーわからんからキチンと見直してほしいわ
31.名無しさん:2019年03月16日 10:47 ID:leZfFq1t0▼このコメントに返信
季節はずれの3/16にこのスレが立つ意味やな

統一地方選が近いからかね?
32.名無しさん:2019年03月16日 10:48 ID:62HLoQEj0▼このコメントに返信
※17
>>17
現場に作戦中止の権限あったのか?
33.名無しさん:2019年03月16日 10:49 ID:71Luf.1N0▼このコメントに返信
※27
保守速通いの妄想ウヨは知らんだろうけど、
大和、零戦、インパール、もし・・だったら、は対艦巨砲のネタのない時のデフォ。
34.名無しさん:2019年03月16日 10:49 ID:PaPeLaGr0▼このコメントに返信
※3
随分と懐かしいなw
それ、洗剤のCMソングだろwww
…、ハッ!いかん、歳がバレるwww
35.名無しさん:2019年03月16日 10:50 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>12
独ソ戦初期にはソ連軍の戦術と戦略がまずかったのと上級司令官が無能だったために、ソ連軍には他国だったらもう立ち直れないぐらいの量の捕虜や戦死者が発生したり、民間人の餓死(スターリングラードとか)が発生したりしてる。対するドイツ軍も冬が来る前に終わらせるつもりだったから、防寒に対する備えがなく、前線では凍死者が続出したり、兵器ら精密なものが多かったから、凍って使えなくなるものが続発した。
36.名無しさん:2019年03月16日 10:51 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>32
あるよ第二次アラカン作戦も、結局花谷師団長が作戦中止を決定したから、中止したし。
37.名無しさん:2019年03月16日 10:52 ID:tIbymqV20▼このコメントに返信
俺の曾祖母の兄さん、15軍司令官だったのよ

インド侵攻に猛反対して大本営から嫌われて交代させられて交代で来たのが
牟田口でなー、なんでこうなった
38.名無しさん:2019年03月16日 10:53 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>31
選挙の話したけりゃ
保守速だか余命三年日勤だか行ってくれば?

ここはインパール作戦の記事なので
39.名無しさん:2019年03月16日 10:54 ID:.mtWmgTt0▼このコメントに返信
お爺ちゃんがインパール作戦に参加してコヒマから生還した
上官は失敗を予期してたらしく、撤退路になりそうな場所へ物資を埋めて進んだらしい
アヘンが現地民と取引する通貨代わりに使えて、それでキニーネなんかの薬と交換してもらったと言っていた
40.名無しさん:2019年03月16日 10:57 ID:z8Qn0Dph0▼このコメントに返信
それまでクソザコだった英軍がいざ本拠地が危ないとなったら異常に奮戦したのが失敗の要因
作戦自体はたいして悪くない
41.名無しさん:2019年03月16日 10:58 ID:4ug.bFeE0▼このコメントに返信
宮崎繁三郎は教科書に載せるべき
42.名無しさん:2019年03月16日 10:59 ID:io9quVjV0▼このコメントに返信
海軍の牟田口 「風評被害で困っています」
43.名無しさん:2019年03月16日 11:00 ID:62HLoQEj0▼このコメントに返信
餓島で、無駄に戦力消耗するより大15軍に戦力渡して、
海路チッタゴン攻略目指せばよかったんだよな。
牟田口の第18師団は、水陸両用部隊で、大発もかかえてたし。
44.名無しさん:2019年03月16日 11:00 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>7
そういうのは日本軍だけじゃなく、現代でも世界中で見られる現象だよ。出世を極めた結果無能になることをピーターの法則という。
45.名無しさん:2019年03月16日 11:01 ID:4x1NEwCw0▼このコメントに返信
シンガポールが意外に簡単に落ちたので英軍を舐めていたのでは

46.名無しさん:2019年03月16日 11:01 ID:Ihkoq5aC0▼このコメントに返信
※37
飯田中将?
47.名無しさん:2019年03月16日 11:01 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>2
緑の砂漠とは上手いことを言ったものだが、
全く笑えない話だ。
48.名無しさん:2019年03月16日 11:02 ID:Mu3da2dg0▼このコメントに返信
※41
うん。ワイもそう思う。
死屍累々、白骨が列を成す地獄の戦場を 「味方は絶対に見捨てるな!それを実行することで部隊が全滅してもかまわんっ!」
という方針で撤退したノモンハンから戦い抜いた名将の知恵は次代に引き継ぐべきだろうな。
49.名無しさん:2019年03月16日 11:03 ID:j20SHXQJ0▼このコメントに返信
アメリカに戦争吹っかけたのがそもそもの闇
50.名無しさん:2019年03月16日 11:05 ID:62HLoQEj0▼このコメントに返信
※37
>>37
第15軍隷下に牟田口の第18師団いて、
1942年の21号作戦に牟田口も反対してる。
翌年にそのまま第15軍司令に昇進。
自称「国軍最強」の第18師団を一年間もビルマで遊ばせてたことが謎だ。
51.名無しさん:2019年03月16日 11:06 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>41
11のやつらも載せよう
52.:2019年03月16日 11:07 ID:j20SHXQJ0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
53.名無しさん:2019年03月16日 11:08 ID:FLhWlH410▼このコメントに返信
東條とか参謀時代は強硬路線で内閣潰してたのに、被害者とかよう言うわ。
処刑されても残当としか思えん。
というか牟田口といい当時の軍人はそんなやつ多すぎ
54.名無しさん:2019年03月16日 11:08 ID:FbNHM4Vj0▼このコメントに返信
大本営のオフィスは快適だよ
55.名無しさん:2019年03月16日 11:09 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>35
アメリカ軍にもダールキスト少将とかマッカーサー元帥とかやらかしてる上級司令官はかなりいる。ダールキストはろくに偵察もせず大隊を移動させて包囲されて危うく大隊を失いかけたし、マッカーサーはフィリピンでも朝鮮半島でもやらかしてる。あとはペリリュー島の戦いでも無謀にも前進して大損害追った連隊長がいる。
56.名無しさん:2019年03月16日 11:11 ID:62HLoQEj0▼このコメントに返信
※21
>>21
レニングラード市民>食糧は、昨日の隣人です。
57.:2019年03月16日 11:12 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
58.名無しさん:2019年03月16日 11:13 ID:GbD05nky0▼このコメントに返信
闇じゃなくて、愚行。
59.名無しさん:2019年03月16日 11:13 ID:zF0PPGcw0▼このコメントに返信
インパール作戦そのものは中国展開中の日本軍を背後の攻撃から守るため仕方なかった。
むしろ日本機動部隊がインド洋で英国艦隊を撃破してると海軍に騙されたのが最悪の原因。
東條さんもグアム陥落・辞職まで知らなかったぐらいだから、陸軍の情報収集能力の無さが原因。
60.名無しさん:2019年03月16日 11:15 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>35
キンメル大将とかも、真珠湾攻撃にまともな反撃が出来なくて更迭されとるな

61.名無しさん:2019年03月16日 11:20 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>53
東條英機には開戦の責任はあるけど、そこに至る過程を作ったのは、近衛文麿だぞ。陸軍に頼まれてもないに陸軍の軍事費上げたりしてるし、第二次上海事変の時蒋介石そこで叩いてすぐに講和を結べばよいものを拡大路線に突っ走った挙句国民政府と対手せずとか言ったり、トラウトマン工作を潰したり、蒋介石との会談も
直前にドタキャンしたりして和平の機会を自分から潰してるし、中国から撤兵したら国民が反乱起こすレベルにまで拡大してたの近衛文麿だぞ
62.名無しさん:2019年03月16日 11:23 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>56
レニングラードはドイツの猛攻にさらされたからだけど

インパールは自ら死地に行ってるからな、、、
63.名無しさん:2019年03月16日 11:25 ID:8WRm1qhR0▼このコメントに返信
>>7
当たり前だけど、現在でも出世するにつれて今まで必要とされてきた能力とは違う能力が必要になっていくからしゃーないのもある
スポーツだって現役時代いくら上手くても監督になった時ではダメダメって人がいるように
64.名無しさん:2019年03月16日 11:30 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>59
実は陸軍参謀本部には具体的な損害数を伝えられてたんだけど、陸軍省には具体的な損害数を伝えず、ただ痛手を被ったとしか伝えられず、東條には具体的な情報が来なかったなんて話がある。東條はそんなことがないように政務と
統帥を統合すべく参謀総長を兼任したけど、実はさらに参謀本部と軍令部の上に幕僚本部を作り、そこの幕僚総長に就任するつもりだったりする。もしそれが行われていたらインパール作戦も起こらず、もっとマシな終戦が行われたかもしれないと思う。
65.名無しさん:2019年03月16日 11:31 ID:L.oJCv9u0▼このコメントに返信
牟田口にしても富永にしても東條のお仲間なんだったっけか?
自浄作用がないから勝てませんは
66.名無しさん:2019年03月16日 11:32 ID:PkdaUlGq0▼このコメントに返信
宮崎繁三郎少将も問題視した「佐藤幸徳中将」の無断撤退は現在もタブーなんだよな
スレごと消去とか怖すぎる
67.名無しさん:2019年03月16日 11:33 ID:GwXPDp.q0▼このコメントに返信
牟田口がやりたいと言うならやらせよう
牟田口にも手柄を立てるチャンスを与えてやろう
68.名無しさん:2019年03月16日 11:33 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>64
統計不正やら公文書改竄とか
あんまり進歩してなさそうっすね

69.名無しさん:2019年03月16日 11:34 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>66
何がタブーなん?
70.名無しさん:2019年03月16日 11:34 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>11
菅原中将は確かに特攻作戦を行った責任はあるけど、初戦の快進撃は彼がいなければ成り立たなかったし、そこも一応語っておかねばかわいそうじゃない?
71.名無しさん:2019年03月16日 11:35 ID:gKEZiM750▼このコメントに返信
>>70
ジェーコフは犠牲は出しても常勝将軍だから

犠牲は大きいし非常だけど
勝てる戦い方をしてる

まさにTHEソ連軍的な縦横戦術
72.名無しさん:2019年03月16日 11:36 ID:FbNHM4Vj0▼このコメントに返信
牟田口も中将、隷下の師団長も中将、上官のビルマ方面軍司令も中将
陸軍大臣も中将なら、首相就任時の東条英機も中将
手柄を立てて陸軍大将にならんとする出世欲が軍人を狂わせるんかな
73.名無しさん:2019年03月16日 11:37 ID:PkdaUlGq0▼このコメントに返信
※69
無断撤退に関してはまだ第三者的な目での評価は許されていない
批判的な言論が許容されてない
74.名無しさん:2019年03月16日 11:37 ID:gKEZiM750▼このコメントに返信
>>61
陸軍が反対してんのに
海軍と中央政府が講和を拒否るという
珍しいケースだよな 第二次上海事変からの
追撃の流れは
75.名無しさん:2019年03月16日 11:38 ID:Ihkoq5aC0▼このコメントに返信
※60
空いた座に序列すっ飛ばしてニミッツ少将(当時)を据えさらに幕僚を全部そのまま引き継ぐという後任人事があざとい。
というか、キンメル大将一人に腹を切らせて、さらにお気に入りのニミッツ提督を司令官に添え、
国民の戦線意欲を焚き付けたこと自体が大統領の描いた筋書きなんかもしれん。
76.名無しさん:2019年03月16日 11:39 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>11
富永中将は官僚としての有能さを買われて出世した人で、実戦指揮官と参謀としては、第一本部長時代に仏印で勝手に軍事衝突を引き起こして左遷されてるから、無能の実績があるのに、
そんな富永中将を前線、しかもろくに知らない航空軍の司令官で、重要なフィリピンに送り出した。梅津参謀総長、杉山陸軍大臣にも責任があるのでは?
77.名無しさん:2019年03月16日 11:39 ID:1PNlE4lg0▼このコメントに返信
>>14
敵は海から来る事を前提に防衛計画は練られ、海岸要塞砲は外海を向いたままの固定陣地
弾薬物資の集積所はシンガポール島に広く分散されて
ブキテマ地区が主要な軍事物資集積所
ここを背後のジョホールバルを渡河してきた日本軍に制圧された事が致命的となった
78.名無しさん:2019年03月16日 11:40 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>10
同時に行った大陸打通作戦なんかはまぁまぁ成功してるんやけどな
79.名無しさん:2019年03月16日 11:42 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>76
そら上もおかしいやろな
80.名無しさん:2019年03月16日 11:45 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>70
終盤が酷すぎるから
初戦で活躍してるなんて関係ないと思うが…

まぁ、あなたが可哀想だと思うなら書いてあげればいいと思う
81.名無しさん:2019年03月16日 11:46 ID:FbNHM4Vj0▼このコメントに返信
「インド進攻という点では、大本営は、どの時点であれ一度も、いかなる計画も立案したことはない。インパール作戦は、大本営が担うべき責任というよりも、南方軍、ビルマ方面軍、そして、第15軍の責任範囲の拡大である。」(大本営 服部卓四郎 作戦課長)
82.名無しさん:2019年03月16日 11:47 ID:YMYBWJvK0▼このコメントに返信
米英軍の投下物資を手に入れた時、チーズを石鹸だと思って食べなかったという証言があるけど。あの状況で嘘でしょう・・・と思ったけどアメーバ赤痢が酷くて、石鹸かどうかを試す気にもならなかったのかもしれない。
83.名無しさん:2019年03月16日 11:49 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>36
花谷正ってのもかなり悪名高いよね
84.名無しさん:2019年03月16日 11:49 ID:GwXPDp.q0▼このコメントに返信
チクショー バカヤロー 牟田口のヤロー
85.名無しさん:2019年03月16日 11:49 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>65
牟田口は元皇道派だし東條英機に特別気に入られていたという話はないよ。逆に東條英機が陸相の頃に牟田口は参謀本部から中国戦線に飛ばされてるし、花谷正もお気に入りと言われることはあるけどそんなエピソードはないよ。花谷自体は石原莞爾と親しかったし。
東條英機と確実に親しかったと言えるのは、
木村兵太郎、富永恭次、今村均、永山鉄山、後宮淳、星野直樹、岸信介、、西浦進、赤松貞雄、真田穣一郎、重光葵、浜本正勝、四方諒二ぐらい
86.名無しさん:2019年03月16日 11:50 ID:PHcBTbRz0▼このコメントに返信
日本の企業や行政機関を見てると遠い昔の事と笑えないのがね。
87.名無しさん:2019年03月16日 11:51 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>73
あなたはどう思うんです?
88.名無しさん:2019年03月16日 11:53 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>72
首相就任時東條英機は特例で大将になってるよ。あと東條英機はインパール作戦に反対してるぞ。ボースから説得とかされてて、日本にとって成功したらうまみが多いのはわかってたけど、それでも発動には慎重だったよ。
89.名無しさん:2019年03月16日 11:54 ID:PkdaUlGq0▼このコメントに返信
「われわれインド国民軍将兵は、インドを解放するためにともに戦った戦友としてインパール、コヒマの戦場に散華した日本帝国陸軍将兵に対してもっとも深甚なる敬意を表します。インド国民は大義のために生命をささげた勇敢な日本将兵に対する恩義を末代にいたるまで決して忘れません。われわれはこの勇士たちの霊を慰め、ご冥福をお祈り申し上げます。」(元インド国民軍S・S・ヤダバ大尉)

こういう意見もあるのだが、無視するのが現状なんだよな
といって作戦の無謀さが許されるわけじゃないが…
無謀さと言えば、信長の桶狭間の戦いも最近の研究では結構無謀だとされている

「最少の犠牲で最大の効果をおさめるのが、戦闘の根本である。それには量よりは質、質よりは和の体制をとらねばならない」(宮崎繁三郎)

90.名無しさん:2019年03月16日 11:55 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>85
あと服部卓四郎
91.名無しさん:2019年03月16日 11:56 ID:GwXPDp.q0▼このコメントに返信
ビルマの人達はインパール作戦でやって来た日本軍のことをどう思ってたんだろう
92.名無しさん:2019年03月16日 11:57 ID:PkdaUlGq0▼このコメントに返信
※87
>※89の通りだよ

インパール作戦の失敗の原因は、作戦の無謀さと幹部達の確執さのふたつが原因だと思う。
無謀な作戦でも勝ち抜いた人はたくさんいる。アレクサンダー大王や光武帝、織田信長、数えればきりがないほど。
ただ無謀な作戦を勝ち抜けたのは裏切り者が足を引っ張らなかったケースに限る。
93.名無しさん:2019年03月16日 11:57 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>78
大陸打通作戦のおかげで中国から爆撃される心配は無くなったから、末期の日本軍には珍しく戦略的にも戦術的にも成功と言えるかも。
94.名無しさん:2019年03月16日 11:59 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>89
これは作戦を評価してるというより、戦友を慰霊してるように見えるが

95.名無しさん:2019年03月16日 11:59 ID:z3rTFtHg0▼このコメントに返信
牛・山羊・羊・水牛に荷物を積んで共に行軍させ、必要に応じて糧食に転用 
ドラックをバラして担いで山道を運ぶ

戦国時代みたいだな
96.名無しさん:2019年03月16日 11:59 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>83
第二次アラカン作戦自体は陽動作戦で
陽動自体は成功してるんだけどね。
97.名無しさん:2019年03月16日 12:00 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>91
ビルマって結局、連合国側に寝返ってるからねぇ
98.名無しさん:2019年03月16日 12:02 ID:PkdaUlGq0▼このコメントに返信
※94
作戦は無謀だとは思ってるよ。
ただ無謀でもやらないといけないこともある。窮鼠猫を噛む的なこともある。
インパール作戦は日本軍にとっては無意味な作戦だと思うけど、無意味だと思っていない人達もいたということだね。

ただ無謀な作戦でも勝った人達もいることを思えば、作戦だけをけなすのじゃなく、やり方も問題視してもいいと思うんだよね
99.名無しさん:2019年03月16日 12:02 ID:j20SHXQJ0▼このコメントに返信
※57
大日本帝国軍作ったんだもの
そのぐらい
100.名無しさん:2019年03月16日 12:03 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>92
第15師団が満足な行動が取れなかったのは、
稲田総参謀副長が妨害していたかららしい。
一応インパール作戦を止めるためにやっていたらしいが、それが完全に裏目に出た。
101.名無しさん:2019年03月16日 12:06 ID:PkdaUlGq0▼このコメントに返信
※100
まー、旧日本軍の宿痾を取り上げるスレみたいだから複数人が原因でも不思議ではないよね

俺はインパール作戦失敗を牟田口一人に押し付けて済ませる日本の体質がやばいと思う
もっと冷静にインパール作戦失敗の原因を究明して普及しないと
いつまでもスケープゴートして終わりで、また悲劇が繰り返されるだけだと思うんだよね
102.名無しさん:2019年03月16日 12:07 ID:GbD05nky0▼このコメントに返信
牟田口の馬鹿はインド攻略作戦である「21号作戦」の時は第8師団師団長で、補給の困難を理由に反対していた。しかし、第5軍司令官に就任すると「攻勢防御によるビルマ防衛」を主張し始め、インパール作戦こと「ウ号作戦」を立案した。そして自分の作戦の実施を強硬に主張した。

立場が変わると主張も変わる馬鹿、自分の意見に執着する阿呆っているよね。
103.名無しさん:2019年03月16日 12:07 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>96
なお、インパール…
104.名無しさん:2019年03月16日 12:09 ID:PkdaUlGq0▼このコメントに返信
※91
迷惑だと思ったと思うよ
105.名無しさん:2019年03月16日 12:13 ID:PSIDj5.k0▼このコメントに返信
>>61
近衛は陸軍大臣につきあげられてたとこもあるからしゃーない
106.名無しさん:2019年03月16日 12:13 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>95
イギリス軍も補給にロバとか使ってるよ。
駄牛中隊も現地人の指導がしっかりしてた部隊は落伍せずにしっかり任務を遂行できていたらしい。
107.名無しさん:2019年03月16日 12:15 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>98
インドの人が評価してくれたから
餓死してくれ

だが断る
108.:2019年03月16日 12:16 ID:XZjgF3cU0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
109.名無しさん:2019年03月16日 12:17 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>101
正直東條には問題が無いと思う。もともと反対派だったし、牟田口と並んで責任が重いのは、河辺正三と寺内寿一、杉山元だと思う。この人達無批判に賛成してるし、止めようともしてない。杉山元に至っては、真田軍事課長にこれは
杉山元帥の肝いりの作だからって嘘ついてるし。
110.名無しさん:2019年03月16日 12:17 ID:PSIDj5.k0▼このコメントに返信
>>31
インパール作戦が始まったのが3月だからむしろタイムリーな話題やんけ
111.名無しさん:2019年03月16日 12:17 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>101
それは同感やな
牟田口が発案にしたにせよ
それを承認した大本営の連中もおかしい
112.名無しさん:2019年03月16日 12:19 ID:PSIDj5.k0▼このコメントに返信
>>6
いつもの

コミンテルン一覧
 
 山本五十六 アメリカに先制攻撃して士気を鼓舞(米軍の)
 野村吉三郎 対米最後通牒を遅れて提出して米軍の士気を鼓舞
 米内光政 「ソ連参戦と原爆投下は天佑」
 福留繁 遭難を装って軍事機密を連合軍に提供
 牟田口廉也 デスマーチで日本軍を壊滅に追い込む←
 近衛文麿 以後国民政府は相手にせずで日中戦争を継続
 松岡洋介 日ソ中立条約を締結し独ソ戦でソ連をサポート
 東條英機 総力戦研究所の成果を握りつぶす
 木戸幸一 そんな東條を首相に推薦
 昭和天皇 口で反対するだけ(アリバイづくり)で全部黙認。
 日本臣民 敗戦革命を目的に軍部を煽る

なお、何人かは戦後口封じのため戦犯として処刑された模様
113.名無しさん:2019年03月16日 12:22 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>105
突き上げられたって何が?
軍事予算増額も、トラウトマン和平工作打ち切りも、国民政府と対手せずと言ったのも全部近衛が自分で考えてやったことだぞ。東條が近衛をそそのかしたなんて、細川日記にも書いてないぞ。
114.名無しさん:2019年03月16日 12:24 ID:Xtf0oJ7j0▼このコメントに返信
>>63
ただ頑張れば良かった立場から全体の責任と結果に懊悩する立場に変わるのも大きい
あの時の戦中日本でいきなりそうなったら誰だって多少なりとも狂う
しかも状況の変化でいきなり爆弾抱えさせられる
115.名無しさん:2019年03月16日 12:27 ID:bn8d3ESi0▼このコメントに返信
インパールに限らず南方で展開した兵士には敬意を覚えるよ。
自分はスグ腹下すんで朝から晩まで正露丸の世話になってたと思う
116.名無しさん:2019年03月16日 12:27 ID:PSIDj5.k0▼このコメントに返信
>>91
日本軍統治地域の惨状知ったら、ありがとうイギリス軍までありえそう
117.名無しさん:2019年03月16日 12:28 ID:1XtlvcKO0▼このコメントに返信
ほんまこういうのみてると情けなさ過ぎて涙出ますよ
118.名無しさん:2019年03月16日 12:30 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>116
カラゴン事件とかも酷いよな
119.名無しさん:2019年03月16日 12:31 ID:sGWp7vpq0▼このコメントに返信
盧溝橋事件も起こした牟田口は処分されそうになったが、それを助けたのが新聞社のキャンペーン。
東京裁判で被告席に座らなければならないのは新聞社。
120.名無しさん:2019年03月16日 12:35 ID:kJ0TRZ6Y0▼このコメントに返信
つくづく日本人て責任という言葉が大嫌いなをやだなと思う。だから出世すれば出世する程、責任から逃げようとする。
121.名無しさん:2019年03月16日 12:45 ID:ogxn9His0▼このコメントに返信
>>95
日本人は農耕民ですから遊牧民の真似事してみても
苦楽を共にしてきた牛や羊を殺すなんて忍びないって
士気が下がっちゃったんだよな
122.名無しさん:2019年03月16日 12:46 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>120
どこの国にも好きこのんで責任取りたがるやつはいないよ。
123.名無しさん:2019年03月16日 12:48 ID:oX8L5ntF0▼このコメントに返信
>>121
牛とか羊ってかわいいもんな
124.名無しさん:2019年03月16日 12:48 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>119
そんな話聞いたことがないぞ。牟田口はよく
講和をまとめてくれたと思うけど、あと日中戦争の原因は そのあとの第二次上海事変だぞ。
ここで調子に乗った近衛が国民政府と対手せずなんて言っちゃったから。
125.名無しさん:2019年03月16日 12:57 ID:FbNHM4Vj0▼このコメントに返信
>>122
そう考えると日露戦争時の体制が奇跡みたいな完璧さだわ
現場は大山巌に東郷平八郎
軍政は山縣有朋に山元権兵衛
126.名無しさん:2019年03月16日 13:01 ID:Q17ieko50▼このコメントに返信
牟田口廉也?
カスofカスのドカスだろ?
127.名無しさん:2019年03月16日 13:08 ID:3QZQWeMs0▼このコメントに返信
そもそもインド解放の戦いなのに、ウシを食料とする作戦を立てる時点で終わってる
128.名無しさん:2019年03月16日 13:14 ID:H7BxkOoX0▼このコメントに返信
※89
師団長だった頃の牟田口が、「補給が不可能だからインド東部への陸上侵攻は絶対反対!」と意見していたのに、
軍司令官になって意見を翻しインドへ侵攻したが惨敗、英印軍と互角だったビルマ戦線は崩壊する。
ヤダバ大尉の意見は死んでいった兵士達の慰藉にはなれど、インパール作戦の再評価には繋がらないよ。
129.名無しさん:2019年03月16日 13:16 ID:PjHvJiGQ0▼このコメントに返信
>>59
背後?何言ってんだ
130.名無しさん:2019年03月16日 13:17 ID:PkdaUlGq0▼このコメントに返信
戦後の牟田口の愚かなところは
「敗軍の将は兵を語らず」をせずに、責任逃れをする旧日本軍将校と同様にあがきまくったことにつきる

戦後の日本人の愚かさは
「一億総ざんげ」といいつつ、客観的な総括を終えぬままに、スケープゴート作りに血眼になったことにつきる
いまだに「牟田口はカスで、自分は関係ねえよ」てやつがいるのがその証拠だと思ってる

「牟田口だけが悪い」厨は、これからの日本にとって疫病神でしかないと思う
131.名無しさん:2019年03月16日 13:18 ID:PjHvJiGQ0▼このコメントに返信
>>89
無視というより、どうでも良いから取り上げることがない
132.名無しさん:2019年03月16日 13:19 ID:PjHvJiGQ0▼このコメントに返信
>>91
兵士かわいそう、日本帝国しねよとなると思う
133.名無しさん:2019年03月16日 13:21 ID:PkdaUlGq0▼このコメントに返信
※128
俺はインパール作戦失敗を、いい方向での再評価などしていない
むしろインパール作戦失敗を多角度的に評価しなおすべきだとは思ってる

日本にとっては無意味な作戦も、立場によっては無意味じゃないと思ってる人達がいるということは押さえておくべき
日本にとってこれから必要なのは失敗を冷静に学ぶことで、「牟田口だけがカス」と叫んで終わることじゃないと思うよ
134.コロンブス:2019年03月16日 13:21 ID:yOAZ8oA.0▼このコメントに返信
工作員の書き込みばかりが目立つが、それだけにこの作戦は重大な意味を持つのだろうと思う。

インパール作戦はインド国民軍との共闘である。
これがインドの歴史にとっては独立戦争と規定されているわけだから、これが嫌な連中にとってはどうしても貶めたい事実なのだろう。
一応インパール作戦については、まともな日本人なら「インド独立戦争への支援策戦」と認識しておけばいいし、それを情報宣伝戦として使えばいいだけ。

ハワイ奇襲がアメリカが仕掛けた作戦であったが、その結果については散々な敗北であったということから盛んに貶める工作がされているのと同じ。
チンピラがこちらを舐めて馬鹿にして指を立てて徴発したら、逆に殴られてボコボコにされたというのと同じ構造と見れば分かりやすい。
これがハワイ奇襲の本質。
135.コロンブス:2019年03月16日 13:24 ID:yOAZ8oA.0▼このコメントに返信
※112
後出しじゃんけん。
そう都合良く全ての人が日本を敗戦させるために活動していたのかねw
馬鹿かw
136.名無しさん:2019年03月16日 13:25 ID:ABXN..280▼このコメントに返信
牟田口は日本人は農耕民族で草食だ、食料は現地で草を調達すれば良いと
7万人の兵を送り3万5千人を餓死させた
問題なのは牟田口は何ら責任を負わせられなかった事だ
ミッドウエー海戦の南雲も縁故の将が艦隊を率いて壊滅させた
朝鮮戦争の韓国の将官が米軍の大将にあれだけの軍事力を持った日本が
なぜ負けたのかと聞かれ人事に有ったと答えている
例えば撃墜王と言われたゼロ戦パイロットは270機あまり撃墜したが最後は撃ち落された
米軍大将は有能なパイロットは戦場に出さずに教育訓練に就かせる
その方が多くの撃墜王が生まれ合理的だが日本は最後まで使い失った
もう一つ、南方で敵も恐れた艦長がアリューシャン方面に配置されたのを無線傍受で
知り何か失敗でもしたのかと米軍で噂だったという
この艦長も奮戦空しく戦死した
日本軍部の縁故、派閥の精神主義、自己満足が敗戦の大きな要因だ
137.名無しさん:2019年03月16日 13:25 ID:PjHvJiGQ0▼このコメントに返信
>>134
仕掛けに乗るとか日本帝国は相当バカなんだね。そもそも仕掛けられてもないけどな
138.コロンブス:2019年03月16日 13:27 ID:yOAZ8oA.0▼このコメントに返信
※134※これの連投で馬鹿をシャットアウト

工作員の書き込みばかりが目立つが、それだけにこの作戦は重大な意味を持つのだろうと思う。

インパール作戦はインド国民軍との共闘である。
これがインドの歴史にとっては独立戦争と規定されているわけだから、これが嫌な連中にとってはどうしても貶めたい事実なのだろう。
一応インパール作戦については、まともな日本人なら「インド独立戦争への支援策戦」と認識しておけばいいし、それを情報宣伝戦として使えばいいだけ。

ハワイ奇襲がアメリカが仕掛けた作戦であったが、その結果については散々な敗北であったということから盛んに貶める工作がされているのと同じ。
チンピラがこちらを舐めて馬鹿にして指を立てて徴発したら、逆に殴られてボコボコにされたというのと同じ構造と見れば分かりやすい。
これがハワイ奇襲の本質。

↑言い返してみろw
139.名無しさん:2019年03月16日 13:27 ID:PjHvJiGQ0▼このコメントに返信
>>119
朝日は満州事変の時、糾弾したら不買運動されたからな。自浄作用の機会を失った
140.名無しさん:2019年03月16日 13:28 ID:3QZQWeMs0▼このコメントに返信
※134
インド独立戦争の支援策戦にしてはえらく牛の扱いが粗末だなw
141.コロンブス:2019年03月16日 13:29 ID:yOAZ8oA.0▼このコメントに返信
※134
ハワイ奇襲後、このときの米大統領の勝利演説とされる動画が残っている。
今にも死にそうな様子が見て取れる。
負けは負け。
この時点では日本の勝利さえ考えられたのである。
142.名無しさん:2019年03月16日 13:29 ID:ABXN..280▼このコメントに返信
※27
天皇の即位式に間に合わせようとしたとの説が有る
牟田口の墓が分かれば死ぬまでに小便をかけに行きたい
143.コロンブス:2019年03月16日 13:30 ID:yOAZ8oA.0▼このコメントに返信
※138
※134※これの連投で馬鹿をシャットアウト

工作員の書き込みばかりが目立つが、それだけにこの作戦は重大な意味を持つのだろうと思う。

インパール作戦はインド国民軍との共闘である。
これがインドの歴史にとっては独立戦争と規定されているわけだから、これが嫌な連中にとってはどうしても貶めたい事実なのだろう。
一応インパール作戦については、まともな日本人なら「インド独立戦争への支援策戦」と認識しておけばいいし、それを情報宣伝戦として使えばいいだけ。

ハワイ奇襲がアメリカが仕掛けた作戦であったが、その結果については散々な敗北であったということから盛んに貶める工作がされているのと同じ。
チンピラがこちらを舐めて馬鹿にして指を立てて徴発したら、逆に殴られてボコボコにされたというのと同じ構造と見れば分かりやすい。
これがハワイ奇襲の本質。

↑言い返してみろw 涙のエセ戦勝国員これからは戦犯国だなw
144.名無しさん:2019年03月16日 13:30 ID:3QZQWeMs0▼このコメントに返信
※135
何でもかんでもコミンテルンのせいにしたがるアホをからかってんだよ
145.名無しさん:2019年03月16日 13:32 ID:3QZQWeMs0▼このコメントに返信
※141
勝利演説じゃなくて開戦演説な
146.名無しさん:2019年03月16日 13:32 ID:Q17ieko50▼このコメントに返信
※130
こういう責任の所在を曖昧にする「他の奴も悪かった」「皆が悪かった」厨は、
これからの日本にとって疫病神でしかないと思う。

牟田口廉也はインパール作戦だけで、十分「カス」と評価されるに値する。

147.名無しさん:2019年03月16日 13:36 ID:x86YgrE60▼このコメントに返信
※112
>山本五十六 アメリカに先制攻撃して士気を鼓舞(米軍の)

へー、たとえばボクシングでゴングなった直後に速攻かけて相手を殴ったら
それは卑怯な行為になるのか
ちなみに、ゴング前に殴った事になったのは外務省のせいで山本五十六のせいではない

陰謀論者ってこんな低レベルなヤツばっかりだよな
148.コロンブス:2019年03月16日 13:37 ID:yOAZ8oA.0▼このコメントに返信
※144
コミンテルンのお前が活動しにくくなってご免な。
出ていけばいいんだよ。
これから益々住めなくなるぞ。

好意的な忠告だ。
149.コロンブス:2019年03月16日 13:40 ID:yOAZ8oA.0▼このコメントに返信
ハワイ奇襲では日本を舐めて徴発したアメリカが間抜けさを歴史に晒した恥辱の戦果だね。
歴史は一生消えない。
150.名無しさん:2019年03月16日 13:43 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>142
死人の墓に汚物をかけるなど文明人のすることではないからやめなさい。
151.名無しさん:2019年03月16日 13:45 ID:FAjU6gjo0▼このコメントに返信
※1
>日本軍と餓死は切っても切れない関係

お前が日本軍以外の何を知ってる。
152.名無しさん:2019年03月16日 13:45 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
なんかコミンテルン陰謀論唱える人程太平洋戦争は解放戦争だと唱えてる気がする。
それがもし事実だとしたらソ連もアジアの解放者じゃないか。
153.名無しさん:2019年03月16日 13:45 ID:lTPhqzIm0▼このコメントに返信
ルーズベルトとチャーチルという馬鹿の志那への軍事物資補給を絶つ為の作戦だった。日本が負けたけど、その軍事物資で志那共産党が中国国民党を台湾に追いやった原因でもある
154.名無しさん:2019年03月16日 13:45 ID:FAjU6gjo0▼このコメントに返信
※1
>日本軍と餓死は切っても切れない関係

お前が日本軍以外の何を知ってる。

そりゃ、他の国々は「現地調達」を織り込んでたからなw
155.名無しさん:2019年03月16日 13:45 ID:0m9xTudW0▼このコメントに返信
日本側だけで見れば相当お粗末な作戦ではあったけど
インドでは独立戦争として扱われてて参加したインド国民軍は英雄扱いされていて
モディ首相もインド国民軍や一緒に戦った日本兵を称えてる

日本の闇だと言って否定ばかりせずにインドとの友好の証として評価しても良いと思う
156.名無しさん:2019年03月16日 13:46 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>151
餓死とか無かったのはアメリカ軍ぐらいだよ。
ドイツ軍とかソ連軍も餓死とか凍死とかで死んだ人が大量だし。
157.名無しさん:2019年03月16日 13:47 ID:1ChRcnXQ0▼このコメントに返信
そんな作戦、やみてくれぇ!
158.名無しさん:2019年03月16日 13:49 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>151
まず日本軍が渡洋作戦だったことも加味しなきゃいけない。大陸も補給は大変だけど、島から島へ補強するのはそれよりも大変だったりする。
159.コロンブス:2019年03月16日 13:58 ID:yOAZ8oA.0▼このコメントに返信
日本が戦後体制から脱却したければ、普通は手が無い。
周辺国は戦後日本から利権を奪取した犯罪国家ばかり。アメリカだってそうだからね。

ところが窓が一つある。それがインド。
インドがどういう国で国民感情が親日とかいうことは全く関係ない。彼らの歴史ではインパール作戦は独立戦争と決められており
これへ協力したのが日本。つまり歴史は消えない。
このことを切っ掛けとすれば戦後レジームを破れる手は打てるということ。
インドは強大な国で有り、日本が組みすることで迷惑を掛けることも無い。
唯一ウインウインの関係を築ける国なのだ。(移民は反対だが)
これが分かっているからインパールを散々貶める。
NHKなんかしょっちゅうインパールをやっているよ。どういう背景があるか分かるだろう。
160.コロンブス:2019年03月16日 13:59 ID:yOAZ8oA.0▼このコメントに返信
※152
領土的野心が無いのなら樺太千島全島は返すべきだな。
161.名無しさん:2019年03月16日 14:04 ID:H7BxkOoX0▼このコメントに返信
※155
インド国民軍と最前線で戦っていた兵士達は評価されてる。
この狂った作戦(インパール作戦)を立案した連中が評価されていないだけ。
そもそもインパール作戦の本当の目的は太平洋戦局の敗勢打開。
インパール作戦がなければ第15軍の精強部隊は無傷のままだから、
終戦時に連合国と少しは有利な講和もできたと思うけどね。
162.名無しさん:2019年03月16日 14:05 ID:GjoQxtyq0▼このコメントに返信
インパール作戦は功績もあるから、闇とばかり言えないかもね。
もちろん作戦としては酷いもので、命令を無視して撤退した人たちが軍事法廷で無罪になるくらいだけど。

インパール作戦の本当の問題は、なんで優勢だった頃にやらなかったのか、だよ。

日本は勝てる戦争に勝てなかった。これが問題。
163.名無しさん:2019年03月16日 14:08 ID:GjoQxtyq0▼このコメントに返信
>>112
山本五十六はガチでスパイだと思うね。
コミンテルンではなく、アメリカの。

完全に負ける為にやっているとしか思えなかった。
164.名無しさん:2019年03月16日 14:12 ID:FgAQG0nQ0▼このコメントに返信
hoi4とかで遊ぶと損耗気にせず突撃するけどな。ちんたら戦線あげるとアメリカが参戦するので、時間との勝負やし。

開幕の拡張に失敗したとしても、PCスペックさえあれば初期生産力で負けてても、領土広くて人的資源多い方が勝つ。
165.名無しさん:2019年03月16日 14:13 ID:0m9xTudW0▼このコメントに返信
※161
同時にインドとの友好を強調した評価があっても良いという話だよ
チャンドラボースの説得に応じて東条がインパール作戦をごり押ししたというのは
当時の日本からすれば愚かな事だったのだろうけど逆にインドからすれば評価されている行為

未来志向で考えるなら過去のダメ出しをするよりこれからのインドとの関係を重視するべきで
インパール作戦の歴史はそれに大いに貢献できる
166.名無しさん:2019年03月16日 14:15 ID:GjoQxtyq0▼このコメントに返信
>>49
誤解していませんか?
日本はアメリカに戦争なんか仕掛けていませんよ。

ア メ リ カ が 日 本 に 戦 争 を 仕 掛 け て き た ん で す 。

167.名無しさん:2019年03月16日 14:17 ID:H7BxkOoX0▼このコメントに返信
※162
1942年8月に第18師団を主力とする2個師団で、インドへ侵攻する作戦(21号作戦)が立案されたよ。
だけどね当時の第18師団長が、
・雨季となった場合の道路の泥濘化
・山岳や河川による交通障害
・人口希薄地帯ゆえの食料徴発の困難
といった理由から,補給が不可能であると強く反対して作戦の無期延期が決定したんだ。
それでね、反対した第18師団長の名前は「牟田口廉也」っていうんだ。
168.名無しさん:2019年03月16日 14:18 ID:FgAQG0nQ0▼このコメントに返信
変態は分かってないけど、軍隊で現地調達しない軍隊はないぞ。

重要なのは輸送網や。
皆、ベネズエラを見てみろ。平時なのに食料が合っても分配出来てないぞ。
169.名無しさん:2019年03月16日 14:18 ID:zEDSHXEa0▼このコメントに返信
≫99
敗戦時に軍の物資を盗んで逃亡
戦後処理の間は隠れ続け、いつのまにか帰国
しれっと国会議員になり弟子が森喜朗

真っ黒通り越して《墨》レベルの黒さ
170.名無しさん:2019年03月16日 14:18 ID:cPiX4NlR0▼このコメントに返信
※127
像の飼育と調教をインド人から学ぶべきでした。
携行食料として乾燥バナナも開発すべきでした。
171.名無しさん:2019年03月16日 14:21 ID:GjoQxtyq0▼このコメントに返信
>>144
日本とアメリカを戦わせたのがコミンテルンだと明らかになってきたから、否定するのに必死なようですね。
172.名無しさん:2019年03月16日 14:24 ID:GjoQxtyq0▼このコメントに返信
>>152
コミンテルンの陰謀は事実だけどな。

173.名無しさん:2019年03月16日 14:26 ID:g86iv7nL0▼このコメントに返信
>>155
日印との友好のために餓死しろ
だが断る
174.名無しさん:2019年03月16日 14:28 ID:0m9xTudW0▼このコメントに返信
※11
軽く調べてみたけど歪曲してたり出所不明なデタラメばかりじゃん
175.名無しさん:2019年03月16日 14:31 ID:y84duTTs0▼このコメントに返信
>>27
もうすぐ徴兵はじまるからだよ
176.名無しさん:2019年03月16日 14:32 ID:y84duTTs0▼このコメントに返信
>>38
保守も余命もまだあったの?
177.名無しさん:2019年03月16日 14:32 ID:0m9xTudW0▼このコメントに返信
※173
日本とインドとの関係を強調することがなんで餓死に繋がるんだ?
それより今の日印関係に貢献してくれたインパール作戦の参加者たちに敬意を示さなきゃ
それこそ餓死した人たちを蔑ろにすることになると思う
178.名無しさん:2019年03月16日 14:33 ID:g86iv7nL0▼このコメントに返信
>>174
君のソースは余命三年時事日記ですかな?
179.名無しさん:2019年03月16日 14:34 ID:g86iv7nL0▼このコメントに返信
>>177
俺は餓死したくないので
こんな作戦はごめんでーす


180.名無しさん:2019年03月16日 14:34 ID:y84duTTs0▼このコメントに返信
>>162
勝てる戦争w
181.名無しさん:2019年03月16日 14:35 ID:g86iv7nL0▼このコメントに返信
>>180
図上演習で負けてたやろw
182.名無しさん:2019年03月16日 14:38 ID:H7BxkOoX0▼このコメントに返信
※165
ビルマ攻略戦が終わった直後から、インド侵攻作戦はいくつか検討されていたけど、
現地部隊に全部反対されたから、チャンドラボースのインド侵攻要求は最初無視してたんだけどね。
もし、日本側でインパール作戦を再評価するとしたら以下のようになるのかな?

「チャンドラボースの要求に応じてインドへ侵攻したら、数万の兵が死んで惨敗しビルマ戦線が崩壊しました。」
「でも、インドは独立できてよかったですね。」

インドに対する皮肉にしか聞こえないな(笑)
183.名無しさん:2019年03月16日 14:39 ID:y84duTTs0▼このコメントに返信
イギリスは弾薬や食料を毎日200トン空中から投下
日本は見知らぬ土地で現地調達の精神主義

当事23歳の青年だったおじいさんが牟田口の側に仕えてて、壮絶な手記を残してたが
あの番組の時点で96歳ご存命だったが、おじいさんの嗚咽が忘れられん
184.名無しさん:2019年03月16日 14:39 ID:vjxHuDed0▼このコメントに返信
人気はないみたいやけど八原高級参謀はよく頑張ったと思う
185.名無しさん:2019年03月16日 14:40 ID:g86iv7nL0▼このコメントに返信
>>184
バッグナー中将を討ち取ったしね
186.名無しさん:2019年03月16日 14:49 ID:j20SHXQJ0▼このコメントに返信
※166
頭の病院に行って診てもらえ
187.名無しさん:2019年03月16日 14:55 ID:MLU7OPkK0▼このコメントに返信
ちなみに英軍も日本とほぼ同数の病死者を出してる。
188.名無しさん:2019年03月16日 14:56 ID:g86iv7nL0▼このコメントに返信
>>187
餓死は?
189.コロンブス:2019年03月16日 14:58 ID:yOAZ8oA.0▼このコメントに返信
※182
このときの戦力や配置をみれば難しいと判断されたということだろう。
現地を見ている部隊が反対しているのだからそりゃ無理。
お前さんなんか現地の声を聞けなんていつもは言っているんじゃないのw
パヨク。
190.名無しさん:2019年03月16日 14:59 ID:0m9xTudW0▼このコメントに返信
※182
皮肉は言えても日印が協力して戦ったことを称えるということすらできないのね
まぁ日印の協調は都合が悪いって考えなら仕方ないかもしれないけど

191.名無しさん:2019年03月16日 15:02 ID:Su6n1EWB0▼このコメントに返信
※13
昔、擁護する側での検証をした動画を見たけど・・・当時の状況からしたら特別に酷い作戦じゃ無いんだよね

 ただ、上と中と下の意思疎通と、中同士、下同士でも意思疎通ができてないという致命的欠陥があの惨状になるまで悪い方に転がりまくったけっであって
 アクセルとブレーキを同時に踏んだような事を5回も6回もやればそりゃ全滅するわなぁってのが感想
192.名無しさん:2019年03月16日 15:04 ID:FLhWlH410▼このコメントに返信
アジアで感謝ってフィリピンとかマレーシアって戦後反日だったこと知らんの?
ベトコンも元は反日組織だし
韓国が一番日本のために戦ってくれてたことも知らんのやろなぁ……
193.名無しさん:2019年03月16日 15:07 ID:3QZQWeMs0▼このコメントに返信
※154
日本軍が現地調達をしなかったとでも?「軍票()」の悪性インフレはどう説明すんだ
あと現地調達ではないにせよ、冀東での麻薬密輸とか、偽札発行とかは少なくとも人道的とは言えんわな

※172
ソ連共産党が日本とアメリカを戦争させるように工作してたのは事実だろうが、乗っ取られてた国があるとしたら、それはアメリカじゃなくて日本のほう。アメリカが日本の勢力拡張を警戒し出したのは朝鮮併合やシベリア出兵あたりからだし、だいたい蒋介石を叩く為に中共とつるんでいた日本に、ルーズベルトの容共姿勢を非難する資格なんかないよ
194.名無しさん:2019年03月16日 15:09 ID:qmKmaPDg0▼このコメントに返信
もうインパールはここ数年語り尽くされてるから、キスカとアッツの方面で色々ねぇもんかな。
基礎的な事に毛が生えた程度しか知らんってか、あんまりあっち方面南方に比べて証言者がいないのもどうなんだろ?
195.名無しさん:2019年03月16日 15:12 ID:BOsy4ILD0▼このコメントに返信
※152
”民族自決”と”植民地解放”をお題目にしていたのは、アメリカ合衆国とソビエト連邦だったんだよな
戦後、植民地帝国の英仏が没落して、米ソが表舞台に乗りだしたってだけ
他のファクターはない

196.名無しさん:2019年03月16日 15:14 ID:0m9xTudW0▼このコメントに返信
※192
戦後に韓国含めたアジアで反日を煽ってたのは現地の親日勢力を一掃させる必要のあった米英だけどね
ベトコンの場合は日本自体が反共で明確な敵扱いしてたんだから反日なのは当たり前
当時の事情を考えれば別に何も変な話じゃない
問題は戦後70年も経っていつまでも反日拗らせてる異常な国があるということ
197.名無しさん:2019年03月16日 15:24 ID:FyuXmhrq0▼このコメントに返信
米内が穏健派とか頭オカシイのが未だにおるからな…

陸軍が撤退したいという中華事変を拡大させる
戦果を嘘をつきまくって陸軍の補給計画を崩壊させる(件のインパールですら海軍が英海軍と戦闘して補給が出来るという嘘をついてた)
和平をソ連が参戦するまで八か月ほど引き延ばす

特に最後辺りが完全にイミフ
198.名無しさん:2019年03月16日 15:24 ID:egnQGbhI0▼このコメントに返信
インパールばかりが注目されてるから全体像を把握できない

そもインパール前の前から皇軍は追い詰められていた
インパール作戦は一種の賭けみたいなもの
博打打たないといけない時点で状況はかなり悪い

あとは日本内部の問題に持ってきがちだが、普通にイギリスの戦略勝ち
199.名無しさん:2019年03月16日 15:29 ID:BOsy4ILD0▼このコメントに返信
インパール作戦で死んだ日本兵の数は、たったの2万8千人
フィリピンでは陸海軍合わせて、50万の日本兵と、110万のフィリピン人が死んでいる
でもネットバカウヨはフィリピンが嫌いなんだよ、皇軍に最後まで刃向ったから

大東亜戦争の闇はどう見てもフィリピンなんだけどな
200.名無しさん:2019年03月16日 15:31 ID:3QZQWeMs0▼このコメントに返信
※198
その最後の賭けに必要な種銭(ガソリンとかの軍需物資)を高級将校が横流ししてたってところに日本のヤバさがあるんだよ
201.名無しさん:2019年03月16日 15:37 ID:p42tLRTf0▼このコメントに返信
>>163
開戦決めたの山本なんか?ちゃうやろ
202.名無しさん:2019年03月16日 15:58 ID:K.fgSEEl0▼このコメントに返信
>>13
作戦の目標は分かりやすけど作戦自体がな。ろくな補給がない上にあの家畜の量を渡河や山登りさせるのは無理でしょ。ましてや雨季目前でそうなれば水位上昇、地滑り等と絶望的。もっとも乾季は機甲戦力と航空戦力差から三個師団だけでは攻勢なんて無理だし。中国方面から兵力割ければよかったんだが。
意見対立や人事異動で作戦を中止にしたり修正できる人が軒並み消えたのが悲劇か。
203.名無しさん:2019年03月16日 16:04 ID:wT6RunW60▼このコメントに返信
>>86
笑えるよ、パヨ。
204.コロンブス:2019年03月16日 16:04 ID:yOAZ8oA.0▼このコメントに返信
※198
ズドーンw負けそうになったら話の方向性を変えてきたなw
※これの連投で馬鹿をシャットアウト

工作員の書き込みばかりが目立つが、それだけにこの作戦は重大な意味を持つのだろうと思う。

インパール作戦はインド国民軍との共闘である。
これがインドの歴史にとっては独立戦争と規定されているわけだから、これが嫌な連中にとってはどうしても貶めたい事実なのだろう。
一応インパール作戦については、まともな日本人なら「インド独立戦争への支援策戦」と認識しておけばいいし、それを情報宣伝戦として使えばいいだけ。

ハワイ奇襲がアメリカが仕掛けた作戦であったが、その結果については散々な敗北であったということから盛んに貶める工作がされているのと同じ。
チンピラがこちらを舐めて馬鹿にして指を立てて徴発したら、逆に殴られてボコボコにされたというのと同じ構造と見れば分かりやすい。
これがハワイ奇襲の本質。
205.名無しさん:2019年03月16日 16:07 ID:gwptLnAP0▼このコメントに返信
>>190
餓死したくないので称えないです笑
206.名無しさん:2019年03月16日 16:10 ID:YiJAgVsN0▼このコメントに返信
むかしむかし、日本軍は唐・天竺まで攻め込みました。その結果、インドが独立しました。
日の沈まぬ国・大英帝国衰退の始まりです.  そのきっかけが、インパール攻略であった。
 万を超える英霊の闘魂は無駄ではなかった。世界史を飾る出来事であった、と思いたい。
207.名無しさん:2019年03月16日 16:12 ID:3QZQWeMs0▼このコメントに返信
※189
なんで勝ちまくってるときに実行できない作戦が、敗色濃厚な時期になって、しかも現地部隊は相変わらず反対している状況で実行できるんだよw
208.名無しさん:2019年03月16日 16:12 ID:c91I52Xu0▼このコメントに返信
>>6
牟田口アメリカの将軍説は笑えない笑い話だけど、省部で威勢の良いこと言ってた一見過激保守派の若手将校連中には、日本を戦争で疲弊させて共産主義革命に持っていこうとしてたスパイが潜り込んでいたとはよく言われてるよね
209.名無しさん:2019年03月16日 16:13 ID:BOsy4ILD0▼このコメントに返信
※197
和平必達内閣として、天皇が自らスカウトして、送り込んだ鈴木総理に、米内海相はまったく協力しなかったんだよな
言うまでもないが鈴木は旧海軍の大先輩にあたる

210.名無しさん:2019年03月16日 16:13 ID:gwptLnAP0▼このコメントに返信
>>163
アメリカのスパイだったら
真珠湾攻撃も失敗させてるはずやで
211.名無しさん:2019年03月16日 16:17 ID:3QZQWeMs0▼このコメントに返信
※208
...これを取巻く一部官僚及び民間有志(これを右翼というも可、左翼というも可なり、いわゆる右翼は国体の衣を着けたる共産主義者なり)は意識的に共産革命にまで引きずらんとする意図を包蔵しおり、無知単純なる軍人これに躍らされたりと見て大過なしと存じ候。...

『近衛上奏文』より

おいバカウヨ聞いてるか、「無知単純なる軍人」ってお前らのことだぞ
212.名無しさん:2019年03月16日 16:20 ID:gwptLnAP0▼このコメントに返信
>>206
インドが独立したのはインドの国民が頑張ったから
213.名無しさん:2019年03月16日 16:21 ID:Yr0evpGm0▼このコメントに返信
>>166
病院に行った方がいいよ?
214.名無しさん:2019年03月16日 16:26 ID:0m9xTudW0▼このコメントに返信
※212
インパール作戦でインド国民軍が頑張り
それに勇気づけられたインド国民が独立運動を頑張った結果独立できたわけだからね
だからインドではインパール作戦は独立戦争という扱いで評価されている
215.名無しさん:2019年03月16日 16:29 ID:c91I52Xu0▼このコメントに返信
>>14
日本軍の闇が深いのは牟田口がただの無能なんじゃなくて、むしろインパール作戦が最初に取り沙汰された時には「補給が続かない。現地の状況を無視した作戦だ」と反対して沙汰止みにさせてるところだよな。
決して根っからの無能無策じゃないはずなのに、何故無能無策な軍司令官になってしまったのか。個人の資質ではなく組織的欠陥に由来する部分が大きいと思うんだよね。
216.名無しさん:2019年03月16日 16:30 ID:k8.rLbpF0▼このコメントに返信
1942年、大日本帝国は東南アジアに侵攻した。日本はオランダ軍を破り、解放のためにやってきた英雄としてインドネシア人に歓迎された。日本人はインドネシア人の民族意識の覚醒を促した。このインドネシアの独立支援は新しいインドネシア人の団体とスカルノのような政治指導者を生み出すきっかけになった。
日本は自主的に集まって結成された郷土防衛義勇軍(PETA)を含め、インドネシアの若者に軍事的訓練と武器を与え、インドネシア人による国家主義運動の促進を始めた。日本によるインドネシアの若者の軍事訓練は、1945年から1949年の独立戦争を経て、インドネシア共和国建国への大きな財産となった。
1945年、日本は敗戦の危機に瀕し、オランダはインドネシアに植民地政権を再び建設しようとし、日本陸軍にインドネシアの「法と秩序を保つ」ために協力を求めた。しかし、日本人は自らの政権を樹立するための準備をしていた国家主義的なインドネシア人を応援することを望んだ。1944年9月7日、日本の占領軍は、インドネシアが独立を果たすために日本人が組織した委員会であるインドネシア独立準備調査会を組織した。この組織は1945年4月29日、第16軍の司令官である原田熊吉中将によって創設されたものである。この組織を通じてインドネシアの独立会議が準備され、日本の公式な支援を得ることなく、1945年8月17日、スカルノ、ハッタとインドネシアの若者によってインドネシアは独立を宣言した。
217.名無しさん:2019年03月16日 16:43 ID:gwptLnAP0▼このコメントに返信
>>214
インパール作戦というより
インド国民軍が頑張ったのがすごいんじゃないの?
218.名無しさん:2019年03月16日 16:46 ID:Jawjc18M0▼このコメントに返信
佐藤幸徳は、後に「大本営、総軍、方面軍、第15軍という馬鹿の四乗がインパールの悲劇を招来したのである」という言葉を残している。
219.名無しさん:2019年03月16日 16:52 ID:0m9xTudW0▼このコメントに返信
※217
そうだね
インド独立への契機となったインパール作戦に関わった日印の人々は凄いんだから
ちゃんとそういう人々を評価してあげるべきだよね


220.名無しさん:2019年03月16日 16:55 ID:gwptLnAP0▼このコメントに返信
>>219
いや、そんな凄い人達を餓死させるような
ゴミみたいな作戦なんか評価しませんw
221.コロンブス:2019年03月16日 16:56 ID:yOAZ8oA.0▼このコメントに返信
※207
まずゲームでもやってみなさいw
222.名無しさん:2019年03月16日 17:03 ID:MmfaABix0▼このコメントに返信
>>210
※210
あれ失敗前提の作戦やで。
アメリカ側のヒューマンエラーで、奇襲になっただけ。
イギリス東洋艦隊の戦艦二隻に巡洋艦しかない馬来艦隊ぶつけてるんやで。
223.名無しさん:2019年03月16日 17:07 ID:BOsy4ILD0▼このコメントに返信
※216
つまり日本は戦争に勝ち目が無くなったのがどうみても明らかなった段階で、単に嫌がらせのために蘭印を独立させたのか
ひでえ話だ
オランダに何の恨みがあるってんだよw
224.:2019年03月16日 17:15 ID:3QZQWeMs0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
225.コロンブス:2019年03月16日 17:25 ID:yOAZ8oA.0▼このコメントに返信
※224
インドに言えw
うれしいな。
特亜がどんどんつまはじきw
226.コロンブス:2019年03月16日 17:26 ID:yOAZ8oA.0▼このコメントに返信
※223
インドネシアに言えw

日本にとってはインドネシアが大事。
227.名無しさん:2019年03月16日 17:42 ID:Ujrp7Dlz0▼このコメントに返信
牟田口クズやなとかインパール馬鹿か?っていうのはよく言われるが
なんでそんな馬鹿が上にあがれたのかは歴史をたどってく必要があるんだよな。(日露戦争~陸軍幼年学校設立→卒業生の性質が決まる経緯など
そこまで調べないと同じ馬鹿を繰り返しかねない。
228.名無しさん:2019年03月16日 17:48 ID:j20SHXQJ0▼このコメントに返信
日韓併合で創氏改名した帰化や在日が軍部に多数居た
229.名無しさん:2019年03月16日 18:00 ID:0m9xTudW0▼このコメントに返信
※224
朝鮮の事例は事情も良く知らんし知る気も湧かないから良くわからんが
朝鮮じゃないんだからいつまでも過去に拘って否定ばかりするなって話
未来志向で見ればインドとの友好関係のためにインパール作戦を評価しても良いと言ってる
インパール作戦はもう終わったことでそれを悔いたところで何も未来には進まない
悔いるぐらいならインドとの友好関係を重視したほうがずっと有用
230.名無しさん:2019年03月16日 18:06 ID:8bBuGOB60▼このコメントに返信
>>89
※89
最近のニュースでインパール記念館造るんじゃなかったか?

自由インド軍帯同したせいで、道案内すべきビルマ軍が裏切ったんだよな。
とうじから人類皆兄弟のお花畑脳が、幅聞かせてたせい。
231.名無しさん:2019年03月16日 18:07 ID:kLB8Y2e20▼このコメントに返信
どいつもこいつも今でも日本企業にいそうなやつばかり
ほんと気が滅入るなぁ
232.名無しさん:2019年03月16日 18:21 ID:OF0Tq3cN0▼このコメントに返信
>>1
全ての元凶は陸海軍連携不足だよ。普通ならば、海軍が制海権を全力で押さえてから陸軍が動くんだけど、それが全くない。インパールだって、インド洋がすぐ近くなんだから、日本側が制海権押さえてたら侵攻できるけど、イギリス側に取り返されてたら動かないのが常識なんだよね。

牟田口だけが悪い訳じゃない。
233.名無しさん:2019年03月16日 18:24 ID:OF0Tq3cN0▼このコメントに返信
>>5
だから国際的地位と海軍国との同盟が大事なんだよ。ドイツなんかと同盟組んで英米を敵に回したことが悪い。そういう風に食料やエネルギー自給で話をごまかして殻に閉じこもり外交を軽く見たことはもっと悪い。
234.名無しさん:2019年03月16日 18:24 ID:V47YJ7T.0▼このコメントに返信
>>54
私はクーラーというものが苦手でして
235.名無しさん:2019年03月16日 18:32 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>215
寺内寿一元帥が一山当てたがってたらしい。東條英機は慎重派で最終的に現場の意見を聞いて実行しようかしないか決めようってなって、綾部少将を南方総軍に送ったんだけど、その綾部少将に全然大丈夫って言っちゃったのが寺内寿一なんだよね。
236.名無しさん:2019年03月16日 18:33 ID:MnB36Mqi0▼このコメントに返信
こんなゲスな作戦は日本しかやらない。
で、この手の発想は今でも日本の上層部に引き継がれている。
ジジイどもの仕事ぶりを見てれば分かる。
237.名無しさん:2019年03月16日 18:37 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>213
いやxb3350計画とか、老朽艦にアメリカ国旗つけて、日本海軍の軍艦の前で挑発行動したりとか、割とアメリカも戦争の構えは持ってた。前大統領のフーバーも回顧録にルーズベルトは戦争したがってたなんて批判してる。ただしアメリカと戦争になったのは仏印進駐やらかしたからで、日本から戦争ふっかけたって認識で間違ってないよ。
238.名無しさん:2019年03月16日 18:41 ID:1Qkm64uU0▼このコメントに返信
※170
斬新な視点だなw
239.名無しさん:2019年03月16日 18:42 ID:droEEw200▼このコメントに返信
60: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:47:07 ID:Hq9
まあ満州で村の住民を馬賊ごと皆殺しにした事件起こしたもんで最前線に飛ばされてたんやがな



63: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:47:48 ID:a8w
>>60
なんや聖人ってわけでもないんや



65: 名無しさん@おーぷん 2019/03/15(金)09:48:40 ID:zFF
>>63
せやな
次分の兵隊には物凄くぐう聖やけどそれ以外には割りと無関心
240.コロンブス:2019年03月16日 18:44 ID:yOAZ8oA.0▼このコメントに返信
※237
アメリカの日本への経済制裁、人種差別政策は日露戦争後始まっている。
オレンジ計画もただの机上の空論では無い形で実施されている。

徹底的に挑発したのがアメリカ。
241.名無しさん:2019年03月16日 18:45 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>165
東條英機はインパール作戦をごり押ししてないぞ買った場合には日本側にうまみが多いにはわかってるけど、それでも困難が多かったのは重々承知してて、発動にはかなり慎重だったし、最終的には現場の南方総軍の意見を聞いて、大丈夫って言うから発動した。あと東條側に海軍がミッドウェーの敗戦で被った具体的な損害数を聞かされてなくて(参謀本部からはただ負けたとしか言われなかった。)東條も収容所で井野元農業大臣と星野直樹にミッドウェーで海軍があんなに負けてたって知ってたらインパール作戦なんてやってなかったと反省してたらしい。
242.名無しさん:2019年03月16日 18:45 ID:1Qkm64uU0▼このコメントに返信
※222
甘いな。
実はキンメルもコミンテルンだったんだよ
243.コロンブス:2019年03月16日 18:47 ID:yOAZ8oA.0▼このコメントに返信
※これの連投で馬鹿をシャットアウト

工作員の書き込みばかりが目立つが、それだけにこの作戦は重大な意味を持つのだろうと思う。

インパール作戦はインド国民軍との共闘である。
これがインドの歴史にとっては独立戦争と規定されているわけだから、これが嫌な連中にとってはどうしても貶めたい事実なのだろう。
一応インパール作戦については、まともな日本人なら「インド独立戦争への支援策戦」と認識しておけばいいし、それを情報宣伝戦として使えばいいだけ。

ハワイ奇襲がアメリカが仕掛けた作戦であったが、その結果については散々な敗北であったということから盛んに貶める工作がされているのと同じ。
チンピラがこちらを舐めて馬鹿にして指を立てて徴発したら、逆に殴られてボコボコにされたというのと同じ構造と見れば分かりやすい。
これがハワイ奇襲の本質。
244.名無しさん:2019年03月16日 18:51 ID:droEEw200▼このコメントに返信
※243
よその国と自国どっちが大事なんだよ
よその国の独立なんか知るか
245.名無しさん:2019年03月16日 18:52 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>209
鈴木貫太郎は和平派じゃないよ。重光葵の日記によれば鈴木内閣が発足当初に、東條英機が、 ポンポン内閣が変わると国民が不安がるから
この内閣が和平をする内閣か、戦争を続ける内閣が明確にしようと提案したんだけど、和平は
その意志を有してる内閣がすべきで今は戦い抜かなきゃならないって言ったのが鈴木貫太郎なんだよね。しかもポツダム宣言黙殺してるし。
246.名無しさん:2019年03月16日 18:56 ID:1Qkm64uU0▼このコメントに返信
※243
インパール作戦が叩かれてんのは、作戦がおお粗末すぎるからであって、
戦略的な目的は関係ない。
むしろ戦略目標としては間違ってなかったよ。
247.名無しさん:2019年03月16日 18:57 ID:62HLoQEj0▼このコメントに返信
※224
>>224
火事が広がらないように、元栓しめにいったのが、インパール作戦。
248.名無しさん:2019年03月16日 19:03 ID:j20SHXQJ0▼このコメントに返信
※246
戦略目標が間違ってる作戦はそうそうないだろ
日本軍の戦争でアメリカに勝つだって戦略目標そのものは間違いじゃないんだから
実現はほぼ不可能というちょっとした点があるだけで
249.名無しさん:2019年03月16日 19:05 ID:1Qkm64uU0▼このコメントに返信
※248
>戦略目標が間違ってる作戦はそうそうないだろ

そう言われりゃそうだな。
まあインパールの方は、アーサーが作戦が成功してりゃイギリス軍もやばかったつってるから
250.名無しさん:2019年03月16日 19:08 ID:j20SHXQJ0▼このコメントに返信
日本軍の作戦の数々でどれが1番最悪かな
インパール
ソロモン諸島
バターン
大陸打通
特攻兵器
251.名無しさん:2019年03月16日 19:08 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>211
近衛文麿は人のこと言得ない気がする
252.名無しさん:2019年03月16日 19:12 ID:j20SHXQJ0▼このコメントに返信
WWⅠ・Ⅱ通じて
世界各国でここまでおかしな作戦連発したのは日本だけじゃなかろうか
Ⅰの頃は機関銃陣地に向かって並列陣で進軍なんてイギリスもやらかしたけど
253.名無しさん:2019年03月16日 19:13 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>228
みんな朝鮮出身の軍人は、朝鮮半島の地位を上げるためにすごい頑張ってたんだぞ。そのおかげで有能な将校や将軍がかなりいたぞ。
金錫源、洪思翊、白善ヨプ
後は名前が知られてないでけで、勲章をもらった軍人がいるよ。
254.名無しさん:2019年03月16日 19:14 ID:tIbymqV20▼このコメントに返信
※46

飯田中将です
255.名無しさん:2019年03月16日 19:18 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>252
ww1の時には日本陸軍は青島で物量作戦敢行してたし、海軍は地中海で守護神と賞賛されるほど対潜任務に活躍してたぞ。何も批判されるようなことはww1にはやってないし。
ww2の時には、マーケットガーデン作戦とか、
自分達が不利なこと分かってて現地司令官が強硬に反対してんのに実行させて大損害被って
撤退したバトルアクス作戦 しかもこの後反対してた現地司令官をビルマに左遷する始末
イギリスは最終的に買ったから良かったけど、
よくよく調べたらかなりやらかしてるぞ。
256.名無しさん:2019年03月16日 19:19 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>255
バトルアクス作戦とマーケットガーデン作戦はイギリス軍
257.名無しさん:2019年03月16日 19:23 ID:62HLoQEj0▼このコメントに返信
※214
>>214
インド国民軍の帯同こそが、インパール作戦失敗の元凶。
258.名無しさん:2019年03月16日 19:23 ID:Pdh2rLuX0▼このコメントに返信
陰謀論て、便利だね。
便利で使い易いから、ア.ホ程喜んで使ってるw
259.名無しさん:2019年03月16日 19:23 ID:3QZQWeMs0▼このコメントに返信
※240
アメリカは別に日本を特別敵視したわけじゃない
ブラジルやカナダを敵国として想定した計画、国内の共産主義者の反乱に備えた計画、イギリスやドイツやスペインを敵として想定した計画も同時に立ててる
何でもかんでも行き当たりばったりの帝国日本とは違うんだよ
260.名無しさん:2019年03月16日 19:35 ID:62HLoQEj0▼このコメントに返信
宮崎さんの中将昇進・師団長就任は、作戦失敗ごまかすための英雄創設?
261.名無しさん:2019年03月16日 19:35 ID:BOsy4ILD0▼このコメントに返信
※237
まず、~アメリカが日本を挑発して日本が戦争を始めた~とかいう認識が絶望的にずれている
挑発されたからって戦争を始める国はない
北朝鮮に砲撃された韓国が戦争を始めたのか?
戦闘機を落とされたインドがパキスタンに戦争を始めたのか?

戦争は、国家が国家の意思として戦争を(決心)し、(計画)しなければ、始まらない
陰謀論バカウヨはこれが永遠にわからない

262.名無しさん:2019年03月16日 19:42 ID:62HLoQEj0▼このコメントに返信
※259
>>259
1924年移民法の改定で、日本人移民を完全排除してるのに、
特別敵視してないは、ないだろ。
四か国条約・九か国条約で、日本の利権とりあげてるのに、
特別敵視してないは、ないだろ。
満州事変で、国連加盟国じゃないのに、オブザーバー参加して、
特別敵視してないは、ないだろ。
張作霖・張学良支援してるのに、
特別敵視してないは、ないだろ。
263.名無しさん:2019年03月16日 19:45 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>260
ただ評価されて出世しただけじゃない?
264.名無しさん:2019年03月16日 19:47 ID:62HLoQEj0▼このコメントに返信
※253
>>253
将校は優秀なんだけど、兵隊はB・C級戦犯で処刑が多いからな。
高麗棒子の名に恥じない連中。
265.名無しさん:2019年03月16日 19:55 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>250
バターンで捕虜が大量に死亡したのはアメリカ軍の司令部が捕虜の扱いを日本軍と協議なんてすることもなく敵前逃亡したからであって日本軍に責任は無い。バターン作戦自体は参謀本部の詰めの甘さもあって、本間将軍は苦戦したけど戦略目標を達成したから除外
大陸打通作戦もこれのおかげで中国から空爆される恐れがなくなったから珍しく末期の日本軍にしては戦略的にも戦術的にも成功してるから除外
特攻作戦は、通常攻撃よりも多くの戦果が実際得られたけど人道的にはやばいから除外しない
あとの二つの作戦は最悪の作戦といっても過言ではない。インパールは戦略的に破綻してないけど、実行が難しすぎて前線の兵士が餓死、病死してるし、ソロモン諸島の戦いは、戦略的に破綻してて、やるだけ無駄な作戦。
266.名無しさん:2019年03月16日 20:09 ID:MnB36Mqi0▼このコメントに返信
※243
>インドの歴史にとっては独立戦争と規定されている

こんなの後付けだろ。
インドの独立派と日本がお互いに利用し合っただけのこと。
267.名無しさん:2019年03月16日 20:12 ID:XGkLOiP00▼このコメントに返信
※259
結局、みんな貧乏が悪い。初期型植民地帝国は、掠奪資産の下駄で分厚い官僚組織を常備出来たのは大きい。
支米露などは、国内に植民地抱えてると言うか、植民地そのものが国土だ。
役人の人口比みると、アメリですら日本の数倍。調査外交策戦、鉄火を交えぬ戦いでも、人数は力。
実は今でも日本の役人は人口比では先進国で有数の少なさ。これも、貧乏性が抜けてない証左とも観得る。

科技なども同様で、人も金も足りないから、可能性がある選択肢から選んで研究せねばならないし、泥縄にもなり勝ち。
金があれば事前に策定していたハワイ独立戦略も、改選後に泥縄式で初めて終戦間際に上がる始末。
原爆も、大別3方式が研究されていたが、日本が選ばなかった1方式のみが正しかった。アメリカは全て研究した。
268.名無しさん:2019年03月16日 20:19 ID:sVD04wZe0▼このコメントに返信
※197
正にこれ。他にも↓
重慶爆撃をやったのは井上成美以下の海軍なのに、井上成美は戦後訴追されず(もちろん、米内も)。
A級戦犯死刑も陸軍軍人となぜか文官の広田。海軍軍人にA級戦犯死刑は0。

陸海軍の連携不足は当たり前。
海軍上層部にとって敵は、陸軍だったのだから。
最大の闇は、ミッドウェイ海戦だ。
いかに海軍善玉論が間違いだらけといことが分かる。
269.名無しさん:2019年03月16日 20:40 ID:hd.Bsan90▼このコメントに返信
>>262
横だが半分正解ではあるぞ
米以外の全列強に対しての戦略を構築して、全列強の利権を奪うよう動いてたんだから
日本「だけ」特別に敵対してたわけじゃない

真珠湾前までは独ソ戦にドイツ側で参戦してソ連と戦う戦略も取りざたされてたし、イギリスも日華事変までは「日本をなんとかなだめてアメリカを両側から抑え込む」という戦略も考えられてた
270.名無しさん:2019年03月16日 20:52 ID:hd.Bsan90▼このコメントに返信
もう一回いうけど、海軍善玉論による米内批判がないのがヤバい
インパール作戦すら海軍の嘘に騙された部分があるのがようやく解って来てる

シベリア出兵が失敗したのはアメリカに海軍が情報をリークしたから
226でコロされたのは何故か海軍将校が多く、米内等がその後釜に座り始める
陸軍のやらかしで盧溝橋事件が起きるが、本格的に日華事変が激化した理由は海軍の重慶爆撃
陸軍は中国からの撤退を要求したけど、あのゾルゲ近衛と米内が反対し失敗
陸軍が東南アジア各地で餓死したが、冷静に考えれば海軍の補給計画が完全に嘘っぱちだったから
狂人ルーズベルトが亡くなった後、アカの拡散に気付いたトルーマンが即座に日本へ和平を話し合おうとするが、米内が八か月もの間無視
中立条約を破棄してソ連の参戦が確定的になると、何故かソ連に仲介を頼む、ソ連が参戦すると天祐と喜ぶ
戦後、米内も井上も訴追されず、むしろ穏健派として「日本がGHQに監視されてる中」広まる
271.:2019年03月16日 20:52 ID:nkKC42J30▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
272.名無しさん:2019年03月16日 21:09 ID:h1T2o7AB0▼このコメントに返信
>>270
貴方は、素晴らしい。海軍上層部こそスパイの塊だった。
勝てる訳がない。
作戦立案者が敵のスパイなのだから。
273.名無しさん:2019年03月16日 21:33 ID:V47YJ7T.0▼このコメントに返信
>>88
でも現場の熱意におされて、そこまで言うなら現場を信じてやらせてみようじゃないか。という情緒主義的に決まったんよね。
274.名無しさん:2019年03月16日 21:41 ID:V47YJ7T.0▼このコメントに返信
>>133
日本の技術を無償で中国や韓国に提供したことは愚行と言われているけど、立場によっては善行と思ってる人がいるもんな。
275.名無しさん:2019年03月16日 21:45 ID:V47YJ7T.0▼このコメントに返信
>>172
なにいってんだソ連だってアジアをちゃんと解放してるぞ。資本主義からな。後人生からも
276.名無しさん:2019年03月16日 21:48 ID:V47YJ7T.0▼このコメントに返信
>>184
誰にも謝る必要はありません。我々は最善を尽くしています
277.名無しさん:2019年03月16日 21:51 ID:V47YJ7T.0▼このコメントに返信
>>271
どっちの意見を採用しても、日本は米かソ連の傀儡国家だったというわけか。救いがないねぇ
278.コロンブス:2019年03月16日 21:51 ID:yOAZ8oA.0▼このコメントに返信
※270
どこでそんなこと洗脳してくれるの?
教えてくれるかな。
279.名無しさん:2019年03月16日 21:55 ID:V47YJ7T.0▼このコメントに返信
>>242
甘い甘い、今のトレンドは陛下がコミンテルン、これよ
280.名無しさん:2019年03月16日 21:58 ID:1Qkm64uU0▼このコメントに返信
※279
先帝陛下のご意思を継いで、我々は是非とも共産革命を成し遂げねばならない@@
281.名無しさん:2019年03月16日 22:02 ID:KH7VuwWZ0▼このコメントに返信
>>273
情緒主義とは違うんだな。
ガダルカナル島の戦いみたいに参謀本部が現場の言うことを聞かないで敗北したのとは違って、東條は現場の意見をしっかり聞いて始めてみたら大失敗しましたっていう「現場に無理解な上層部に苦しめられる現場の軍人達」とは真逆の事態がインパール作戦だったりする。
東條英機自体は、河辺と牟田口がお互い責任取らされるのを嫌がって中止したがらない中、より多くの被害が出る前に中止の判断に傾いてる。
282.名無しさん:2019年03月16日 22:02 ID:tA7I.nz00▼このコメントに返信
牟田口伝説みたいものは戦後、藤原参謀がフェイクも混じえて広めたものも多いらしいです。藤原さんはあのF機関のFその人ですし、戦後は自衛隊の情報畑に奉職してますね。黙って腹を切りなさいエピソードも藤原さんの思惑がかなり含まれているとか…?
283.名無しさん:2019年03月16日 23:01 ID:jtkGnMSa0▼このコメントに返信
インパールの牟田口を作り上げたのは勲章とり放題だった第二次前の中国侵攻段階
事後承諾で前線の進軍容認してたから結果さえ出せばという思考が根付いて指揮官としての能力が欠如したまま階級上がっていったのがこいつら
未だに擁護してるやつは保守ではなくただの愚か者
284.名無しさん:2019年03月16日 23:11 ID:kJ0TRZ6Y0▼このコメントに返信
>>283
その前例を作ったのが石原莞爾だろう。満州事変で勝手に軍を動かした石原莞爾が英雄視された為に、その後「我も我も…」と独走する連中を誰も止められなかった。
285.名無しさん:2019年03月16日 23:20 ID:ibdlYX.T0▼このコメントに返信
牟田口も陸代、辻は陸士主席、どちらも熨斗つけて米軍に呉れてやっていれば日本は勝てたと思えるほど、当時に日本の陸軍の教育は部下を子路巣事しか教えて無かったん?どう考えても(他にも居るけど)、日本軍って、敵のために最善を尽くした高級将校が大杉。
286.:2019年03月16日 23:25 ID:j20SHXQJ0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
287.名無しさん:2019年03月16日 23:41 ID:xk1VmXut0▼このコメントに返信
273、274、275、276、277、279の連続投稿の糞パヨが、ID:V47YJ7T.0。
288.名無しさん:2019年03月16日 23:48 ID:WcT9q2.q0▼このコメントに返信
ただの軍政嫌いで軍政音痴の米内がまさか自分の軍政音痴のせいでスパイ扱いされるとは思わなかっただろうなw
289.鎌倉幕府:2019年03月17日 01:13 ID:ZmaA1.aE0▼このコメントに返信
日清日露は、幕藩体制下の武士がいたからよかった。
第二次世界大戦は、税金親方日の丸の国家公務員が将校なのだから、
そりゃ勝てんよ。
元々、日本の武士は、戦争屋で、貴族階級ではなかったからね。
つまり、野蛮。
自分の資金で戦争しない国家軍人が、戦争主導して勝てるわけがない。
290.:2019年03月17日 01:27 ID:izhLBd1f0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
291.名無しさん:2019年03月17日 02:49 ID:YTcxY7Bb0▼このコメントに返信
戦後になって牟田口が自己弁護のパンフレット配ったのは今で言うとホムペ作るようなもんよな
ただしコメントできない仕様
292.名無しさん:2019年03月17日 05:39 ID:tOL1CGa30▼このコメントに返信
※270
インパール作戦の数十倍の破滅をもたらした「海軍乙事件」なんて、どこのメディア作家も特集しないもんね

293.名無しさん:2019年03月17日 09:22 ID:wExdAY.P0▼このコメントに返信
>>292
捕虜になり機密情報漏らしておとがめなしどころか
事実上昇進やぞw

部下に捕虜になるなと押し付けて自らは
これだからな。
294.名無しさん:2019年03月17日 09:32 ID:TVLDH5Mb0▼このコメントに返信
※146
牟田口一人であれだけの失敗が出来るとか、牟田口は神か?
一人に押し付けるほうがあり得ないだろ
295.コロンブス:2019年03月17日 10:05 ID:6tJma.z00▼このコメントに返信
※これの連投で馬鹿をシャットアウト

工作員の書き込みばかりが目立つが、それだけにこの作戦は重大な意味を持つのだろうと思う。

インパール作戦はインド国民軍との共闘である。
これがインドの歴史にとっては独立戦争と規定されているわけだから、これが嫌な連中にとってはどうしても貶めたい事実なのだろう。
一応インパール作戦については、まともな日本人なら「インド独立戦争への支援策戦」と認識しておけばいいし、それを情報宣伝戦として使えばいいだけ。

ハワイ奇襲がアメリカが仕掛けた作戦であったが、その結果については散々な敗北であったということから盛んに貶める工作がされているのと同じ。
チンピラがこちらを舐めて馬鹿にして指を立てて徴発したら、逆に殴られてボコボコにされたというのと同じ構造と見れば分かりやすい。
これがハワイ奇襲の本質。
296.名無しさん:2019年03月17日 10:19 ID:kQySeW.a0▼このコメントに返信
>>287
きゃ!国士様に名指しされちゃった!照れるな
297.名無しさん:2019年03月17日 14:38 ID:ZKh825Ds0▼このコメントに返信
※290
昭和の話で戊辰戦争の官軍だとか賊軍だとか持ち出すのは藩閥、軍閥の歴史を知らない無知な奴だけ
陸軍にしろ海軍にしろ大正初期には東北系の軍人は上層部にいたし(政治でも岩手出身の原敬が首相になってた時代)
海軍に関しちゃ日露戦争の首脳陣のうち3人が東北系の軍人

そもそも長州閥は後任の宇垣一成(岡山出身)に手のひらを返され長州系の軍人や陸大生は排除され
薩摩閥も徐々に薩摩出身の軍人が減り佐賀閥に吸収される形で九州閥になる
そんな状態の中で見返しも糞もない
298.名無しさん:2019年03月18日 03:24 ID:XkxULfu50▼このコメントに返信
※294
このスレに書かれていることを一回は読んだのかな?
299.名無しさん:2019年03月18日 10:43 ID:9H.osJdp0▼このコメントに返信
何かこのスレ見てたら、冷静に判断しようとする気がない国なんだと思ってしまう
300.名無しさん:2019年03月18日 13:14 ID:ReQuI9Lw0▼このコメントに返信
※297
時代の動きが早すぎたから錯覚してるんだろうが、原敬からシナ事変(日中戦争)まで20年もたってないぞ
「大正時代には東北系の軍人はいた」ってのも、イスラム系のイルハン・オマールがアメリカの議員になったのと同じようなもんだろ
オバマが就任したのは11年前だが、あと9年で黒人と白人の対立がなくなると思うか?

301.名無しさん:2019年03月18日 17:36 ID:5wgwIOhF0▼このコメントに返信
※300
戊辰戦争終結から日露戦争の時点で35年、シナ事変で68年も経ってるよ
そもそも明治から大正にかけて長州閥と薩摩閥は対立していたけど官軍と賊軍の対立は存在しない
昭和の軍閥争いも一夕会が分裂したのが原因であって戊辰戦争とは無関係

そこらへんは否定せずに「そんな状態の中で見返しも糞もない」なんてコメントした自分が悪いと思う
302.名無しさん:2019年03月21日 21:56 ID:njXVdJYi0▼このコメントに返信
※183
見たい。何て番組ですか?

お名前