2019年02月17日 09:05

【日本史】結局本能寺の変の真相ってなんなんや?

【日本史】結局本能寺の変の真相ってなんなんや?

03

引用元:【日本史】結局本能寺の変の真相ってなんなんや?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1550331070/

1: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)00:31:10 ID:DY0
光秀単独犯説
家康黒幕説
秀吉黒幕説
朝廷黒幕説
将軍黒幕説
宣教師黒幕説…他なんかあったかな

昔っから色々出てるようやけど

2: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)00:32:12 ID:IND
犯人は明智光秀

3: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)00:32:57 ID:Vuu
本願寺説て無かった?

5: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)00:40:16 ID:DY0
>>3
そんなんあったんか
あれだけボコボコにされてその後で信長を討った黒幕だったら
それはそれですごいなあ

足利義昭もそうやけど

8: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)00:41:37 ID:iAI
ダチョウ倶楽部方式で光秀がババを引いた

9: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)00:42:10 ID:DY0
>>8
複数が共謀してたってのもありかもなあ

13: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)00:43:12 ID:ujs
殿が寝冷えしないように温めた結果出火した

16: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)00:46:48 ID:t3K
諸説あるってのがおもろい

17: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)00:50:12 ID:DY0
>>16
後世の創作のネタにも困らへんな

23: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:15:20 ID:1kB
本能寺の信長って客観的に見たらどう考えても頓死なのに
割とカッコ良い最後と認識されとるのが真の謎やな

25: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:16:19 ID:DY0
>>23
ドラマとかやと多勢に無勢で奮戦して敦盛舞って静かに自刃やからなあ
実際どうやったんか知らんけど

31: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:19:52 ID:1kB
>>25
当時の書状や日記やと自業自得論が主流やで
秀吉天下取った後に信長の法要も途中でやめたけど誰も批判せんかったし

36: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:21:44 ID:DY0
>>31
はえ~厳しいなあ

28: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:18:31 ID:wUZ
秀吉陰謀説が一番説明つくからな

29: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:18:35 ID:0QI
柴田が黒幕はないんやな

30: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:19:38 ID:jgL
>>29
北陸でヤバい状況じゃなかったっけ当時

32: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:20:39 ID:DY0
>>29
なんか動機あるかなあ
今更信行の復讐やないやろし

38: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:22:33 ID:Y2j
ワイは長宗我部説をおす

40: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:22:58 ID:suz
割と普通のクーデター説を推す

46: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:25:14 ID:DY0
>>40
計画的に事を起こしてあの敗北なんか…

47: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:25:20 ID:0QI
頭おかしいならそれなりに信長も警戒するやろうけど

49: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:26:00 ID:DY0
>>47
おかしいいうても普段はまともやと装えるやつもおるしなあ

48: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:25:55 ID:jgL
家康も秀吉も一歩間違えたら自分が破滅してた状況やし黒幕やと言うのは無理があるわ

53: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:28:21 ID:jZ6
実行犯光秀としたら動かせるのって朝廷くらいなんかなぁ

54: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:29:24 ID:iJy
合理的に考えると逆にわからなくなる現象の代表例な気がする本能寺

57: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:30:12 ID:DY0
>>54
けどまあ、歴史で合理的じゃないこと山盛りやしなあ
人間合理的な考えばかりで動くわけやないんやろな
今ですらそうやし

59: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:31:19 ID:1kB
慢性的に謀反を抱えてた権力体制やし
光秀の時になんか上手く成功できた
本人もびっくりって感じやったんちゃうか

61: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:31:43 ID:DY0
>>59
ドリフでも言われとったなあ
謀反起こされ過ぎやて

62: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:31:49 ID:jgL
そもそもノッブは人生裏切られまくりやし
たまたま光秀が上手くいっただけやぞ

66: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:33:59 ID:YEA
信長がそんな簡単に殺されるわけがないとかいう先入観からいろいろな説がうまれてるよな

69: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:35:01 ID:jgL
>>66
あとあの光秀がそこまで杜撰な計画たてるわけないという先入観
これのせいで信忠死んだようなもんやし

67: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:34:29 ID:kMn
ワイは家康黒幕説を推す

70: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:35:27 ID:Y2j
>>67
本能寺の後家康も死にそうになったんちゃうんか?

73: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:37:48 ID:kMn
>>70
全然よ
明智光秀家康に何もしてないしな

76: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:39:59 ID:kMn
本能寺の変でだれがいちばん旨い汁吸ったか考えたら家康しか出てこん

78: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:42:13 ID:DY0
>>76
結果的に得をした人間を阿多がえって推理の定石やけど、
推理ものにも得をした人間と犯人が別人あるしなあ

80: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:43:26 ID:Htn
あらゆる武将、寺、朝廷に信長はぶっ殺される運命だったけれど

現代人が無責任にタイムスリップして信長助けたせいで明智首謀ルートに集束しただけや

82: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:44:59 ID:kMn
徳川家康、豊臣秀吉、明智光秀
の3人共謀説もあるとは思うけど

少なくとも丹羽長秀と柴田勝家は違う

84: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:45:28 ID:YEA
>>82
そしたら光秀ただのアホやん…

88: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:47:30 ID:suz
>>82
丹羽さんも怪しいけどなぁ
最古参やのに、一人だけ三男のお守りやし動機はある

しかもいくら大ニュースとはいえ、数日で兵が四散するというのも考えにくい
むしろ、防備を固める方が自然

98: ■忍法帖【Lv=15,キャットバット,vTn】 2019/02/17(日)01:55:03 ID:kMn
明智は天下を自分で牛耳りたいようには見えんしな裏で手を回す方が好きな陰キャ臭いし
ノブの周りを手薄にしたたぬき、実行犯ってことで表舞台から消えたハゲ、とりあえずはことを片した猿
全員思惑ありやろ
猿がすぐに謀反に対応できたの見ても、謀反した明智家をノブみたいに一族郎党ぶっ殺さなかったの見ても繋がってた臭い

99: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:56:20 ID:sOC
色んな説が少しずつ当たってそう

102: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:58:14 ID:LL5
光秀が信長の首をちゃんと取って信長を殺したって証明できてたらもっと味方が集まったのかってifは見てみたい

105: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)01:59:10 ID:1kB
誰か信長倒さへんかなぁってみんな何となく思ってる時に
光秀が突発的に謀反やって成功
光秀本人も周りもポカーン状態の中で
いち早く現状把握して動けた秀吉が勝者

113: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)02:02:13 ID:jgL
光秀「殿にお仕えするには一回は裏切らんとアカン伝統あるらしいわ、ならワイもやるでー」

光秀「なんかガチで殿死んだんやけど」

121: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)02:04:42 ID:sOC
とりあえず秀吉は絶対知ってたよな
何もかも迅速すぎる

125: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)02:06:19 ID:YEA
>>121
そこだよな そこがわからないからいろいろ生まれるし
秀吉が知ってたのか、しらずに天才的な外交力があって和睦したのか

129: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)02:08:09 ID:sOC
>>125
事後処理の外交はともかく単純に光秀討伐のための戻りが早すぎへんか?

135: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)02:11:45 ID:Gj7
織田信長、自作自演説

138: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)02:12:31 ID:TWF
>>135
ちょっと死んだふりしよ!と思ってほんまに死んだんか

152: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)02:20:09 ID:rZG
毛利への根回しうまくいってても明智政権すぐ終わったやろな

155: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)02:22:07 ID:9Io
ワイがタイムリープした説が抜けてるゾ?

162: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)02:23:42 ID:jgL
明智光秀は経歴見るとガチの有能やからなぁ
途中入社組で織田政権のトップ層まで行ってた化け物

167: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)02:24:32 ID:ILe
誰かが本能寺を攻める
→一報を聞いた光秀駆けつける
→真犯人は逃げて光秀に濡れ衣を着せる
→誓って殺しはやってません

179: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)02:26:50 ID:HaP
実際は火の不始末やったけど恥ずかしいから光秀がスケープゴートにされたんやで

180: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)02:27:13 ID:suz
>>179
これはあたらしい

184: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)02:28:23 ID:Htn
明智に煽り耐性がないばっかりに

185: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)02:28:33 ID:TWF
本能寺自爆スイッチを悪ノリでバイトの小姓が押した説

187: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)02:29:04 ID:suz
>>185
日雇い小姓「本能寺に火をつけてみたww」

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年02月17日 09:07 ID:KgZu7Gdw0▼このコメントに返信
普通に光秀の反乱だろ
2.名無しさん:2019年02月17日 09:14 ID:OE8WP7Nn0▼このコメントに返信
織田信長は賢いから、西洋の地方に逃げたかもしれない。一度渡航したからかなぁ

諸説が多すぎてわからん。全焼した本能寺から死体がなかったから。
3.名無しさん:2019年02月17日 09:14 ID:ID3HHSW50▼このコメントに返信
信長に銃や火薬を優先的に渡す代わりに布教を許可してもらった○○教がほぼ天下を取った信長を用済みだと裏切ったのが本筋じゃね
4.名無しさん:2019年02月17日 09:15 ID:Q5BRv7BD0▼このコメントに返信
※1
だからその光秀の反乱の原因は何かと言ってるんだが?????
5.明智光秀単独犯行:2019年02月17日 09:18 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
明智光秀単独犯行


動機『天下を取りたかった。』


織田信長・信忠親子を同時に殺.害可能な千載一遇の好機に乗っただけ。明智光秀『も』天下を狙っていた。また、それぐらい脂ぎった欲望を目をギラつかせ、自身を煮え滾らせてないと、外様かつ新参者の彼が織田信長の下、出世する事は絶対に不可能だった。
6.名無しさん:2019年02月17日 09:20 ID:RlmXB64U0▼このコメントに返信
俺あの場に居たけど秀吉のおっちゃん謀反の知らせの前に撤退準備進めとったでー
7.名無しさん:2019年02月17日 09:21 ID:XCSAOGn20▼このコメントに返信
「一番得をした奴が犯人」って言う思考で秀吉や家康の黒幕説を挙げる人がいるけど、
どっちも棚ボタで天下取ったワケじゃないぞ
そこに至るまでにどんだけ危ない橋を渡って、さらにどんだけの努力と幸運があったと思ってるんだ
真面目に考えれば光秀単独犯行以外にはあり得ない
まあそれはそれとして陰謀論を楽しもうってのはアリだが
8.名無しさん:2019年02月17日 09:24 ID:7R4zS4f00▼このコメントに返信
戦国時代だったから隙あらば殿の首をとるのは自然な事
特に理由などない
9.明智光秀『も』天下を取りたかった。:2019年02月17日 09:24 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
明智光秀『も』天下を取りたかった。


明智光秀『も』天下を狙っていた。


誰もが男と生まれた以上、一度は天下を狙った。それが戦国時代の『空気』だった。


明智光秀『も』戦国時代の時代の人間であり、天下を狙っていた。また、それが当時の人間の中では当然であり、常識だった。そして、明智光秀の前に織田信長・信忠親子を同時に殺.害可能な千載一遇の好機が来た。だから、それに乗っただけである。また、それぐらい脂ぎった欲望で自身を煮え滾らせてないと、外様かつ新参者の彼が織田家で出世する事は不可能であり、また、それが織田家の家風でもあった。織田信長が天下統一直前まで短期間で行けたのも、織田家の家風が実力があり、結果さえ出していれば、細かい事は言われず、実力者を異常優遇する状態だったからである。
10.名無しさん:2019年02月17日 09:25 ID:QB2HuJWc0▼このコメントに返信
ワイ光秀、昔は織田軍団の出世頭やったけと、最近ノッブに切れられるしボコられるし、サルが毛利を倒して織田家ナンバーワンになったら、ノッブに不要と判断されて処断されそう。
もうすぐ六十で先も見えてるから、ホンマどないしようかな〜。ファッ?!ノッブのやつ、ろくに供も連れずに大軍連れたワイのそばにおるやんけ。ここは一発勝負や!先のことなんかようしらん!やったるで!
11.陰謀論:2019年02月17日 09:26 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
陰謀論


谷口克広が中公新書から出している織田信長関連の書籍で種々の『本能寺の変黒幕説』を検討しているが、全て、論破されている。


全く根拠がない。と。
12.名無しさん:2019年02月17日 09:27 ID:D.EMocsP0▼このコメントに返信
>そこだよな そこがわからないからいろいろ生まれるし
>秀吉が知ってたのか、しらずに天才的な外交力があって和睦したのか

備中高松城は既に水没してて開城まで秒読み段階だったし
秀吉自身は強硬派ではなく以前から敵を懐柔する事に定評があるから
毛利としても秀吉が和睦を受け入れるのは自然な流れに見える。
しかも毛利がギリギリ妥協できそうな条件に絞って来たから
とても急変が起きて慌てて和睦しようとしてるようには思えない。
13.根拠なし。:2019年02月17日 09:29 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>3
根拠なし。


キリスト教がそんなに力があるなら、秀吉・家康が禁止出来ないだろう。


徳川幕府がキリスト教は徹底的に弾圧している。そんなに力があるなら、徹底的な弾圧など出来ない。無理
14.名無しさん:2019年02月17日 09:29 ID:D.EMocsP0▼このコメントに返信
陰謀論で完全否定されてるのは朝廷黒幕説だけだよ。
あれは言い出した本人が史料も見ずに適当な珍説ぶち上げただけだと白状してる。
15.名無しさん:2019年02月17日 09:30 ID:hHAfzbVP0▼このコメントに返信
手元に万の兵がおり、畿内の有力者は自分の子飼い、
信長信忠はほぼ無防備で京都に在住、
実力者な将軍は各地に転戦して空白地帯、
周辺諸国全てと戦争中で遠征軍は帰ってこれない

そりゃ謀反するだろ、太閤立志伝とかでこういう好機が生まれたら絶対お前らも謀反するだろ?
16.名無しさん:2019年02月17日 09:31 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>12
秀吉が高松城で戦線が膠着し、上手くいってないから、内心、講和する腹積もりで、内々に交渉していた可能性がある。また、毛利も織田信長と全面対決したくないから、講和を飲むつもりだったのだろう。
17.名無しさん:2019年02月17日 09:32 ID:68qWyqfU0▼このコメントに返信
今はまた新説出てんのかもしれんけど、
「支配下に入った地域の戦災復興&織田家流経済モデルの周知」役として派遣されてるのを今一つ理解できてなくて、
「領地立て直したと思ったら取り上げられる。クソ、一生便利屋扱いかよ」という方向に思考こじらせてた、
んでもって従来の明智光秀像と違って実情はどうも、
ぜんぜん身綺麗な人じゃなくて昔から有能だけど公私混同気味に好き勝手やるタイプだった、てのがあったよね。
美味しそうなら即食い付く機会主義者の面があった、後で問題になりそうな事をためらうような奴じゃなかった、つう。
18.名無しさん:2019年02月17日 09:33 ID:Q5BRv7BD0▼このコメントに返信
※9
千載一遇のチャンスが来たのは明智光秀だけでなく、秀吉、家康、朝廷、足利なども同じ。
信長がお忍び同然で訪れて守衛がほぼいないという情報を誰が流して誰が受け取ったかだ。
毛利攻めをしていた秀吉がすぐに毛利と和睦して京に帰るなどもおかしいしな。
19.名無しさん:2019年02月17日 09:35 ID:HIWW3mfE0▼このコメントに返信
本当は10ヵ所くらいで一気に動くはずだった。
日和った奴ら絶対に許さん。
20.名無しさん:2019年02月17日 09:35 ID:7R4zS4f00▼このコメントに返信
人間の意思というモノを我々は生まれつき独自に持っていると思ったりするが、誰もかれもその時代の常識的な生活の外に出る事が出来ない
我々も我々の時代の中で社会から与えられた意思しかない
戦国時代というモノは下克上が頻繁に起こっていてそれを成し遂げたものが偉かった
光秀もそういう時代から与えられた意思や価値観で当然そうするでしょう
21.名無しさん:2019年02月17日 09:36 ID:hHAfzbVP0▼このコメントに返信
※18
本来光秀が守衛なんだよ
だから秀吉家康朝廷足利にとってのはノーチャンなわけ
22.名無しさん:2019年02月17日 09:38 ID:RHVNbwaD0▼このコメントに返信
日本史でならったり、物語でみると、戦国時代ってもの凄く朝廷の存在感が無いんだよね。
で、信長。
信長って、あらゆる面でリベラルで既存の価値観にとらわれない、という評価は動かない。
どこで聞いたのか忘れたけど、そんな信長が天皇家を廃して自分が日本のトップになろうとしてたって話があって、
ああ、のぶならやりかねないな、と思ったさ。
そうなると信長はほぼ、日本人の敵になっちゃうわけで、そこに朝廷の工作がはいると、明智光秀の裏切りもストンと腑に落ちるんだな。
そりゃあ、朝敵を倒す為には裏切りもするさ。
普通に考えて長年の重鎮である光秀が主君を裏切る理由ってのに思い至らなかったけど、朝廷が介入したならありうると思った。
23.名無しさん:2019年02月17日 09:39 ID:Q5BRv7BD0▼このコメントに返信
※14
信長自身が「自分は神だ、敬え」と言い出したと史書に書いてあるんだから
朝廷にとっては脅威的な存在になるだろう。まして明智は尊皇派なんだから朝廷黒幕説を言い出した本人が
完全否定しても、朝廷黒幕説は自然に出てくるものだし残る。
24.本能寺の変:2019年02月17日 09:41 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>18
本能寺の変


織田信長が本能寺に入ったのは、別に秘密でも何でもない。


また、大量の人間が本能寺に訪れ、織田信長に挨拶している。知らない方がおかしい。
25.名無しさん:2019年02月17日 09:42 ID:7R4zS4f00▼このコメントに返信
※21
そうなの?
俺は四国討伐の為に大軍を与えられたのだと思ったけど
26.名無しさん:2019年02月17日 09:43 ID:Q5BRv7BD0▼このコメントに返信
※21
光秀は守衛ではない。毛利攻めに加勢しに行く最中だったんだから。
秀吉の手助けをしに行かされるという屈辱感と、これまでの扱いから謀反を起こし
一気に天下人になるという光秀の単独説は普通に有り得るけど。
27.名無しさん:2019年02月17日 09:43 ID:68qWyqfU0▼このコメントに返信
朝廷が工作したからって光秀が主殺しまでやらかすほどのメリットがどこ探しても出てこない、って理由で終わらねえか。
光秀が尊皇思想持ってた、なんて記録も無いはずだし。
28.名無しさん:2019年02月17日 09:44 ID:7R4zS4f00▼このコメントに返信
尊皇派ってわけわからん理由で突然人を暗殺するからな
わけわからん理由で反日認定される
光秀にもそういうところがあったのかもな
29.信長公記:2019年02月17日 09:46 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>24
信長公記


現代語訳『信長公記 』新人物文庫


520頁


織田信長が『出陣である。準備せよ。』と命じており、別に秘密でもない。織田信長が単独又は少数のお供だけつれて先行的に行動し、後から家臣が追いかけるのは彼の個癖であり、最後は命取りになっただけである。
30.名無しさん:2019年02月17日 09:48 ID:Q5BRv7BD0▼このコメントに返信
※24
いやだからお忍び同然と書いてあるでしょ。
ほぼ無防備な状態で本能寺にいるんだから。その情報をリークしてチャンスだと思えるのは
先程も書いた者達だ。ただ光秀単独説も十分に有り得る話ではある。
31.名無しさん:2019年02月17日 09:49 ID:jROvRd5r0▼このコメントに返信
徳川謀殺計画の失敗説だな。
光秀は徳川暗殺を依頼されたが、ヤスじゃなくてノブを襲ったんじゃないの。
それが事変後の状況とのつじつまが最も整合性がとれる。
32.名無しさん:2019年02月17日 09:51 ID:Q5BRv7BD0▼このコメントに返信
※27
いや、光秀は尊皇派だったという記録はあったはず
何に書いてあったかは失念したが
33.名無しさん:2019年02月17日 09:54 ID:TXKB7Jfa0▼このコメントに返信
明智軍は、共謀していないにしては細川・筒井の援軍待ちしたり動きが鈍すぎるが、
共謀しているにしては行動がお粗末すぎる。

ストレス過多で突発的に謀反しそうな精神状態の所に、耳障りの良い事を周りから言われて、
それに縋って謀反をしたなら考えられるが、謀反の共謀があったようには見えないのが。

家康が煽ったにしては、共謀していたとしても明智を信じられないだろうから場所的に危ないし、
秀吉は必死に姫路までは戻らないと軍勢四散しかねない遠征軍だから、大返し自体はやるしかない。
まぁ家康の場合は討伐されないように、一か八か煽った可能性はあるが。
34.名無しさん:2019年02月17日 09:57 ID:qi4j866j0▼このコメントに返信
>>32
光秀は朝廷の土地横領して信長に何回か怒られてるから尊皇派はないよ
あくまでも自己都合の謀叛でしかない
35.名無しさん:2019年02月17日 09:59 ID:mVxdhorw0▼このコメントに返信
閻魔大王も斯くはあらねと思うほど無慈悲に銭一枚くすねただけで首が飛ぶ時代,織田信長は第六天魔王そのものだった。そのカリスマや中天に上り家臣人民を睥睨して震えるような毎日。
誰か早く信長を殺してくれないかなあ,なんて考えていた矢先の明智光秀の謀反だったんだ。
光秀は世の中から大歓迎されるだろうと踏んだがさにあらず。以上・
36.名無しさん:2019年02月17日 10:01 ID:sREeKPua0▼このコメントに返信
もうこれいじょう信長をやりたくない。
影を身代わりに置いていくから、すまんが光秀、忌み役を頼まれてはくれまいか?

それが殿の望みでありますならが、この命、いかようにもお使いください!


これが真実。みっちゃんは最後まで忠義を尽くした。
37.名無しさん:2019年02月17日 10:04 ID:zC6W3NkW0▼このコメントに返信
朝廷を介した黒田(秀吉)と光秀の犯行。
朝廷は乱の成功後は光秀には追認すると暗に伝え、黒田には別に光秀の討伐を命じた。
朝廷としては、信長を野放しにし朝廷が政治の道具に成り下がるよりも、秀吉を担いで権威を与えて逆に利用する方がよいと考えた。
しかしそれでは光秀が反秀吉派として対抗する恐れがあったため、先に光秀をけしかけ、それを仇討ちする形で秀吉を泊付ける回りくどい方法をとったのではと予想。
家康は間者からそれを察知していたが、自身の身の保身から不干渉を貫いた。
どうだろう?
38.名無しさん:2019年02月17日 10:04 ID:QB2HuJWc0▼このコメントに返信
>>23
史書ってフロイスの偏った宗教書でしょ?
日本側からはノッブ神になるとかの面白記述はない。
39.名無しさん:2019年02月17日 10:05 ID:qi4j866j0▼このコメントに返信
黒幕なら毛利が一番怪しい
信長が死んで一番得してるからなあ
荒木村重の謀叛も吉川元春が調略仕掛けた結果だし
光秀も騙された自覚のないままに嵌められたんだろ
40.名無しさん:2019年02月17日 10:06 ID:DCm6zD740▼このコメントに返信
俺は秀吉黒幕説かなぁ。
家康が信長暗殺をたくらんでるとでも吹き込まれて救出に向かったけど事の真っ最中だったとか。
どっちみち光秀はスケープゴートだったと思うよ?

ちなみに家康は信長に茶会で招かれて手勢も連れずに堺に宿泊中だった。
命からがら伊賀を通って逃げ帰ったのが有名な神君伊賀越え。
41.名無しさん:2019年02月17日 10:09 ID:jROvRd5r0▼このコメントに返信
黒田が城井を謀殺してるけど、謀殺は大変な仕事だし後世に悪名を残すし。
徳川謀殺をやってしまえばその悪名は天下に轟いたことだろうし。
かなり迷った結果、面倒だからノブやっちゃえになったとしても不思議ではない。
42.名無しさん:2019年02月17日 10:10 ID:BH4.HFjT0▼このコメントに返信
ただ単にノイローゼ気味とか人生疲れててやっちゃっただけでしょ。なんとなくやったらなんとなく成功しただけ。
だから成功した後の行動が杜撰だし、やっちゃった後行動に取り掛かるのが遅い。
43.名無しさん:2019年02月17日 10:17 ID:FjjO47b80▼このコメントに返信
本スレ31
>当時の書状や日記やと自業自得論が主流やで
>秀吉天下取った後に信長の法要も途中でやめたけど誰も批判せんかったし

これマジ?
44.名無しさん:2019年02月17日 10:25 ID:QWfBGviz0▼このコメントに返信
荒木村重や松永久秀の反乱も原因を「本当にそうか?」と考え始めるとキリがない
秀吉の秀次成敗みたいなもんで三傑の存亡にかかわるエピソードだからこそ謎みたいに言われる
45.名無しさん:2019年02月17日 10:27 ID:YqVlY6AQ0▼このコメントに返信
>>8
んなわきゃない。
価値観は違えども、人間の考え方なんてそうは変わらないレベルよ?

ましてや戦国武将なんて組織の超実力者でエリートなんだから。よっぽど現代の人間より現実的な判断ができる有能よ。総理大臣レベルで物事考えてたと思うぞ。

昔に足りないのは入手できる情報量と精度と速さ。誤った情報でも決断しないといけないから合理性を欠いて見えるだけ。
46.名無しさん:2019年02月17日 10:29 ID:.7I7a16y0▼このコメントに返信
>>16
ほう、本能寺の変後にすぐに講和成立して清水宗治が腹を切る状況が膠着とな?
47.名無しさん:2019年02月17日 10:30 ID:oPL4HN9v0▼このコメントに返信
※1
下っ端の兵士がSNSに投稿しようとして火点けたのと違うんか?
48.名無しさん:2019年02月17日 10:30 ID:68qWyqfU0▼このコメントに返信
※34
比叡山焼き討ちの後与えられた志賀
→大半が寺領
→「よっしゃ、没収しまくって自領に組み入れよう」
→信長「お前なにやってんの!?門跡寺院領没収とか朝廷バカにし過ぎでしょ!帝から直接抗議文書来たんだけど!」

一時期とはいえ元幕臣とは思えないフリーダムさだよね。
49.名無しさん:2019年02月17日 10:30 ID:YEE0AuCS0▼このコメントに返信
※42
降って沸いたチャンスに決断して成功したと見るべきだよ
光秀はあんな絶好の機会を見逃すほど甘い人間ではなかったってこと
あそこでためらうようなら、仕官する前にとっくに野垂れ死にしてる
50.名無しさん:2019年02月17日 10:31 ID:0KmIhWAc0▼このコメントに返信
>>5
最近出てきた信長の書状によると光秀は、四国征伐後に四国全域を直轄地に認めるとされてたことが分かってきた。当時の四国は海運と材木業や繊維業でかなり栄えていて太閤検地で120万石、副収入分で40万石あると言われていた。当時の外様どころか身内でも破格の所領だから、叛意を翻す意味が分からないんだわ。
51.名無しさん:2019年02月17日 10:34 ID:4AZPPnFR0▼このコメントに返信
前後の動き見ても計画性皆無だから突発的な謀反だろ
52.名無しさん:2019年02月17日 10:35 ID:vA7zLrzT0▼このコメントに返信
最近は黒幕不在説が有力。
53.名無しさん:2019年02月17日 10:36 ID:hHAfzbVP0▼このコメントに返信
※25
四国征伐は信孝と丹羽蜂屋などが担当
※26
援軍にまだいっていないのだから光秀は守衛だろ、どこかが攻めてきたり謀反をおこしたりした場合光秀が対処するんだから
手助けが屈辱とかいうが、光秀が秀吉の下で働くのはこれが初めてではないし、
そもそも武田攻めにおいても光秀は後詰としてむかっている、光秀が到着するまでに武田が崩壊しただけでな
54.名無しさん:2019年02月17日 10:37 ID:TXKB7Jfa0▼このコメントに返信
秀吉の大返し自体は軍才があれば簡単ではあるよね。

中国→姫路
一刻も早く重要拠点の姫路に戻らないと軍が崩壊しかねない。姫路は黒田の拠点で安全性が高い。
遠征軍なので戦地で士気が維持できないし、撤退するなら撤退戦経験のある秀吉に付いていくのは安全。
姫路→畿内
本拠長浜に戻るためには畿内を通過する必要があるから、光秀軍と交戦した場合でも長浜組の士気を維持できる。
弔い戦の名目で進軍し畿内の味方を確認し諜略して、一刻も早く姫路防衛を行う必然性もある。

一方の光秀軍兵卒は、気が付いたら信長討ち取っていて、増援も無く右往左往させられる状態。
首脳部がもたもたしてるのに気が付かないわけはないから兵卒は逃げ散りたい。

光秀軍の混乱を見抜いて交戦に移ったとして、胆力と冷静さがあれば事前情報無しでも割と勝てる戦。
55.名無しさん:2019年02月17日 10:40 ID:yjd9dpav0▼このコメントに返信
最終的にあれを家康がどう捉えてたか だよな
天海=光秀説もあるし、明智の家紋は「そういう事」以外の理由があるんかね?
56.名無しさん:2019年02月17日 10:45 ID:YqVlY6AQ0▼このコメントに返信
>>7
状況を考えると単独犯行に間違いないんだよな。それも急にチャンスが来たから「今しかない、やっちゃえ!」的な突発型。
考えは持ってたけど準備する前に機会が来ちゃったテヘが真相じゃないかね?

計画的に準備してたなら、家康接待中の護衛は明智軍だけだからそれが決まった時点から根回しされてないといかんけど、事が成った後の支援要請が細川藤孝を始めほぼ断られてるからな。
宮中は一度は認めたけど後で取り下げてること見ても関与は薄かっただろう。
あとは足利将軍だけど当時は毛利に匿われてたから文書出しても影響力は無いし。

秀吉の大返しは、歴史的に過去に前例あるからできないわけじゃない。信長を毛利攻めのトドメとして呼ぶ算段だったから街道にお迎えしてたのを逆利用しただけだし。
毛利のような大国を秀吉が1人で制覇したなんてなったら、宮中の手前、信長に疎まれるのはありえただろうし。

あとは本能寺で信長が息子の謀反を第一に疑ったとされるとこかね?少なくとも当時の世論はそう考えておかしくない何かがあったって事だし。
57.名無しさん:2019年02月17日 10:47 ID:68qWyqfU0▼このコメントに返信
※43
途中でやめたってのが意味わかんないというか。ローカルすぎて知られてない記録でもあんのかね。
・・・百日忌を百日間やるものとか誤解してなきゃいいんだが。(まさかね)
58.名無しさん:2019年02月17日 10:48 ID:TXKB7Jfa0▼このコメントに返信
※55
共謀まではしていない(煽りはしたかもしれない)が、結果的に「助かった」し、
明智一族でも有能だから重用するというのは、本多正信や今川氏真などを見てもあり得る話ではあるが。
59.名無しさん:2019年02月17日 10:49 ID:nUd8VkPL0▼このコメントに返信
自分は戦国時代の小泉氏だったと思っている。構造改革、規制緩和、郵政民営化。これに反対する者は抵抗勢力として、選挙には刺客を送るといった。そして、私は自民党でも反対すれば潰すとも言った。以降、外資がドンドン入ってきて日本でやりたいほうだしている。
60.名無しさん:2019年02月17日 10:53 ID:ukWMXLVe0▼このコメントに返信
>>6
全部筒抜けだった真珠湾攻撃の「奇襲」みたいなもんか
61.名無しさん:2019年02月17日 10:53 ID:lU5zHvmr0▼このコメントに返信
黒幕候補が多すぎるほど内外敵だらけだったからいずれ高転びに転ぶのは確定だただろう
だから道半ばで死んだのは仕方ないと思うけど許せないのは安土城を燃やした奴
62.名無しさん:2019年02月17日 10:56 ID:aQhW4Npd0▼このコメントに返信
少なくとも、朝廷は関わっていないと思う。
朝廷が黒幕なのであれば、光秀にお墨付きを与えるはずだ。
ならば、「敵は本能寺にあり」ではなく「勅命により、逆賊信長を討つ」になったはず。
朝廷の後ろ盾という錦の御旗があれば、秀吉がいち早く引き返してきても、うかつに手は出せなかっただろう。
63.名無しさん:2019年02月17日 10:56 ID:nAj1HqBR0▼このコメントに返信
頭はおかしかったやろ
人間の頭が金柑て尋常やないぞ
64.名無しさん:2019年02月17日 10:56 ID:gPfgWg1d0▼このコメントに返信
ミッツ「スレたててみたいな~そや!」
65.名無しさん:2019年02月17日 10:57 ID:YqVlY6AQ0▼このコメントに返信
>>50
明智光秀はお家復興がテーマの人だからな。

それが家康接待失敗で、四国は三好に変更、明智は毛利領の一部を分捕って領地にしろ、じゃ怒って当然だろうね。

それまでだって破産覚悟で連戦を渡り歩いて、ようやく京都滋賀の地域管理という大役を得て名実共に織田軍No.1になったばかりなのに、
・地方侵攻軍に格下げ、
・長年交渉進めてきた遠縁の長宗我部四国も三好にくれてやらなきゃならない、
・領地は毛利から分捕れるか保証なし、
もう高齢で引退しててもおかしくないのにこんな評価されたらそらぶちギレるよ…
66.名無しさん:2019年02月17日 11:00 ID:A7BJGqT60▼このコメントに返信
秀吉黒幕説をとなえてるヤツは単に秀吉を悪者にしたいだけだろ
67.名無しさん:2019年02月17日 11:06 ID:g.tJ2ihH0▼このコメントに返信
家康黒幕説を押すわ
逃げ帰る途中で穴山梅雪の不審死からの天正壬午の乱で穴山家を家臣化
その5年後に穴山勝千代が若くして死亡して家康の息子が名跡を継いで乗っ取り完了
68.名無しさん:2019年02月17日 11:07 ID:YqVlY6AQ0▼このコメントに返信
>>16
だからそれで明智が行き場を失ったんだろ?

四国は信長が三好にくれてやることに変更され、
明智は毛利から土地を分捕らないと領地がなくなった、
でも秀吉が毛利と講和して戦を治めようとしてる、ましてや信長立会人に呼んでるからイチャモンのつけようが無い。

明智は高齢なのに人生掛けてお家復興に取り組んで来たのが引退直前でご破算になったんだから。
やった後の行動を見てもものすごい優秀な人だったのは確か。ただ時代は着いてこなかった。
69.名無しさん:2019年02月17日 11:10 ID:YqVlY6AQ0▼このコメントに返信
>>17
信長のやり方と、光秀の望んだものの違いか。良いね!面白い。
70.名無しさん:2019年02月17日 11:14 ID:ukWMXLVe0▼このコメントに返信
>>54
変後、なぜ秀吉だけがそんなに早く情報を手に入れたか、が気になる
意図して通信体制を整えておかないと無理でしょ

情報を捉えてからの話は、秀吉ならシナリオなくても完全アドリブでやりかねん
71.名無しさん:2019年02月17日 11:15 ID:O9HLdle10▼このコメントに返信
大返しとか典型だけど、黒幕説推す人は、関連史料を自分の都合のいいように変えて語るから嫌いだわ
72.名無しさん:2019年02月17日 11:18 ID:YqVlY6AQ0▼このコメントに返信
>>25
違う。毛利の秀吉軍の援軍としての出陣。さらに信長も後から来る予定だった。

四国遠征軍は三男信孝と丹羽。その事前の長宗我部調略が明智の役目。

秀吉が信長に援軍を求めたのが、秀吉黒幕説の理由になってる。
示し会わせれば、秀吉と明智で信長を挟撃できる機会を作ったわけだからな。
73.名無しさん:2019年02月17日 11:21 ID:bZhnLeh00▼このコメントに返信
丹羽長秀と織田信孝の大軍が摂津にいたはずなのに、本能寺の変を起こしちゃうんだから、明智光秀はこいつらには勝てると思ってた可能性が高いと思うわ 距離的に考えてまず最初に戦うのは長秀たちとだからな
74.名無しさん:2019年02月17日 11:21 ID:YqVlY6AQ0▼このコメントに返信
>>27
朝廷が必要になるのは、信長の後の支配者の後ろ楯としてだからな。

前後は必要だけど、戦前は逆にいらないわな。反意が漏れる。
75.名無しさん:2019年02月17日 11:21 ID:ipHF9PNV0▼このコメントに返信
織田信雄首謀者説
76.名無しさん:2019年02月17日 11:25 ID:pY.0uf1E0▼このコメントに返信
変後の無能さから見れば光秀の思いつき謀叛だろ
手際が悪すぎる
この時代、他の武将もそんな感じで下剋上だし
77.名無しさん:2019年02月17日 11:27 ID:68qWyqfU0▼このコメントに返信
※69
光秀は派遣先で統治進めるときに妙なくらい私財投じてる節があるんで(その土地の徴税可能額と事業投資額がかなり合わないらしい)、
だもんで信長の、現代で言われる「方面軍構想」的なやつとか俗に言う「地方出向の本店役員」ポストを理解できてたのか怪しそう、という論拠だそうだ。
78.名無しさん:2019年02月17日 11:27 ID:DIhyqYnE0▼このコメントに返信
旧暦の実行日をみりゃ、かなり計画的な事は確かで、
その場の思い付き的なノリでやった犯行では無いのは確実
ちゃんと月のない闇夜を選んで決起してる
79.名無しさん:2019年02月17日 11:28 ID:YqVlY6AQ0▼このコメントに返信
>>30
本能寺は、信長が京都にいる時の常宿だよ。お忍びなんてありえない。
そもそも治安が良くしてくれて、金払いの良い信長は京都民の人気者ですらあったハズだ。
当時の遺跡からも要塞のように外壁を巡らせていた事も確認できてる。
しかも明智軍が守ってる。お偉い坊さんやら武将や商人らも挨拶に来てる。周知の事実だったハズだよ。

もちろん他国には内緒で、家康ぐらいしか知らされてなかっただろうけど。
80.名無しさん:2019年02月17日 11:35 ID:YqVlY6AQ0▼このコメントに返信
>>32
尊皇派はどうだか知らんけど、足利将軍派ではあったな。逃避行に着いて行ってるし、その後の窓口もずっとやってる。

その肩書きで宮中の窓口もやってた記述は確かにある。信長の代行として。けど、本人が尊皇派かどうかはわからないな。その割には色々やってるからどうかと思うけども。

ものすごく合理的な人だったと思う。過去の価値観より、合理的な革新性を優先する位には。
81.名無しさん:2019年02月17日 11:36 ID:YqVlY6AQ0▼このコメントに返信
>>36
ノッブ、高齢者に無理強いし過ぎー!
82.名無しさん:2019年02月17日 11:38 ID:YoO6WQiR0▼このコメントに返信
※78
その場の思い付きだから、月がない日になったんじゃね?

>ちゃんと月のない闇夜を選んで決起してる

軍を動かしにくく、信長に逃げられやすい日を選ぶかね。
83.:2019年02月17日 11:39 ID:YqVlY6AQ0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
84.名無しさん:2019年02月17日 11:42 ID:YqVlY6AQ0▼このコメントに返信
>>43
法要を途中で止めたのは確か。何年目だっけかな?忘れたが。批判が出なかったかは知らない。
85.例のコピペ:2019年02月17日 11:42 ID:JrgmGwYA0▼このコメントに返信
「本能寺が変」
そのとき京都・本能寺に宿泊していた信長がそう言った。
見るとなんだか傾いているようないないような。
調査を命じられた明智光秀は、その原因がシロアリ被害によることをつきとめた。

「敵は本能寺のアリ」

光秀はそう言うとさっそく駆除に取りかかった。
当時、シロアリ駆除の薬なんて便利なものはないもんだから、
被害にあった柱を片っ端から松明であぶってシロアリを追い出すという地道な作業を行った。
ところがそのうち柱に火がついて燃えだしてしまった。

「やべっ、信長様ぁ~!」

本能寺は信長ごと燃えてしまった。
事情を知らない豊臣秀吉が信長様の仇と明智光秀を討ち、天下を取るきっかけとなったのは言うまでもない。
86.名無しさん:2019年02月17日 11:42 ID:edApYzAz0▼このコメントに返信
「本能寺が変」
そのとき京都・本能寺に宿泊していた信長がそう言った。
見るとなんだか傾いているようないないような。
調査を命じられた明智光秀は、その原因が白アリ被害によることを突き止めた。
「敵は本能寺のアリ」
光秀はそう言うとさっそく駆除に取り掛かった。
当時、シロアリ駆除の薬なんて便利なものないもんだから、
被害にあった柱を片っ端から松明であぶって
シロアリを追い出すという地道な作業を行った。
ところがそのうち柱に火がついて燃えだしてしまった。

というのを見たことがある。
87.名無しさん:2019年02月17日 11:42 ID:d5Yuw6HD0▼このコメントに返信
※27
むしろ、朝廷にゆかりのある寺院の領地を難癖つけて接収して、ブチ切れられている。
しかも、その交渉役に賄賂まで送って誤魔化そうとまでしていた。
88.名無しさん:2019年02月17日 11:45 ID:vA7zLrzT0▼このコメントに返信
伊賀越えで死ぬ思いしてんのに家康黒幕説を主張する馬鹿。
89.名無しさん:2019年02月17日 11:46 ID:d5Yuw6HD0▼このコメントに返信
※35
で、光秀も適当な頃で離脱して信長たちに合流しようとしていた矢先、事情も知らずにブチ切れたサッルの速攻で逃げる間もなく殺されて…というネタがあった。
90.名無しさん:2019年02月17日 11:48 ID:JtjJAGl30▼このコメントに返信
重臣明智光秀の恨み晴らす反逆行為
なお現在の本能寺は小学校が建っている
91.名無しさん:2019年02月17日 11:50 ID:hHAfzbVP0▼このコメントに返信
※70
何度も謀反がおこり以前別所が謀反おこして退路断たれた事もあるくらいなんだから、
当然そういう備えはしてるでしょうよ

※83
いやすでに当時官位もらって筑前守になってるし
92.名無しさん:2019年02月17日 11:52 ID:nHZ40JF20▼このコメントに返信
朝廷をなしにしようとした信長を 明智・秀吉・徳川が組んで信長を殺した。
明智はその後、千利休になって秀吉を支えた。
千利休の死因は毒殺、茶道の内紛で毒を盛られた。
切腹になったのは、秀吉が茶道の歴史に傷をつけないためにそうした。

大本教の出口という人が千利休は明智だといっている。
その話をある人が千家にいったところ、千家の秘密をなぜ知っているのかと驚かれたという話があります。
93.名無しさん:2019年02月17日 11:52 ID:d5Yuw6HD0▼このコメントに返信
※81
シバチューさん「昔から、高齢者が高級指揮官・官僚とか多いんだよなぁ…」(72歳の死ぬまで現役)
その弟「魏は人材豊富(キリッ)て嘘だよね…」(93歳死ぬまで現役)
94.名無しさん:2019年02月17日 11:54 ID:R5WrgW6M0▼このコメントに返信
謀反後に出した味方についてほしいいう書状に謀反した理が書いてなかった事や
誰か(朝廷とか)と通じ合ってる、だから味方になった方が得だ的な内容が書いてなかった事から
黒幕もその後のしっかりとしたビジョンもなしに突発的に起こしたと考えるのが自然
95.名無しさん:2019年02月17日 11:56 ID:YoO6WQiR0▼このコメントに返信
じいさんだもんな明智光秀は。

武田攻めで信長の近くにずっといたわけだから相当パワハラを受けたんじゃねぇの?
96.名無しさん:2019年02月17日 11:57 ID:J9MTmnx10▼このコメントに返信
たんにブラック武家で部下のヘイトがたまりまくって
爆発しちゃったのが光秀だったってだけな気がするけどな
秀吉とか「こりゃ信長様も長くねーな、ぜってー刺されるわ誰かに」って感じで
中国攻めを口実に外回りに逃げちゃってた感じがあるし
「信長様やられたら一気に天下とったろ」と準備してたから行動が早かっただけで
97.名無しさん:2019年02月17日 11:57 ID:d5Yuw6HD0▼このコメントに返信
※70
情報の入手に関しては秀吉が特別に速いわけではない。
他が「様子見」(柴田勝家や毛利輝元)や「諸事情により対応が遅れた」(滝川一益や徳川家康、丹羽長秀)のに対して秀吉が持てる戦力を対光秀に全振りした、できたから。

だからこそ秀吉は天下が取れたんでしょうけど。
98.名無しさん:2019年02月17日 11:58 ID:KWQmb2KT0▼このコメントに返信
光秀もう老人でボケてた説を推す
99.名無しさん:2019年02月17日 11:59 ID:d5Yuw6HD0▼このコメントに返信
※88
加害者が捜査の矛先を避けようと被害者を装う…というのはミステリーのお約束ですからね。
100.名無しさん:2019年02月17日 12:01 ID:R5WrgW6M0▼このコメントに返信
※92
明智は織田内閣の官房長官役
当時の有力大名は大抵彼と面識があって顔も見知っている
その中の長生きした大名が千利休と会ったらすぐバレてしまう
101.名無しさん:2019年02月17日 12:11 ID:wM6SMqiN0▼このコメントに返信
浅井といい松永といい、織田政権って綱渡り状態だったんだろうなとは思う。変勃発時は信忠謀反説とかあったみたいだし。
秀吉はその危険性を認識してて、いつでも中央に引き返せるよう常に準備してただけなんじゃないか?

あと光秀は結構準備不足。信長父子を討ったはいいものの周囲が様子見に徹してしまい、結局兵力不足で秀吉に討たれてる。
もし秀吉と拮抗状態まで持ち込めても、今度はもたついてた柴田他が戻ってきて包囲殲滅されるので結局詰んでる。
102.:2019年02月17日 12:18 ID:d5Yuw6HD0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
103.名無しさん:2019年02月17日 12:20 ID:6Icxx1bu0▼このコメントに返信
秀吉がおかしいのは三法師のその後の扱い。
主君にあたるわけだから、織田家への忠義という意味では皆無に等しい。
ただ、光秀と繋がってたのなら、合戦になるのもおかしいし、あくまで遠巻きに暗躍してたくらいなものなのかな?
光秀にしても信長討ったあとが行き当たりばったりで、目論みもはずれまくっている。
以前から計画していたのならもう少し段取りよかったはず。
そもそも本能寺に手薄で泊まるって分かるのも何日か前の話だろうし、やはり黒幕がいて計画的な犯行ではないか。
104.名無しさん:2019年02月17日 12:23 ID:TjjFC9Xn0▼このコメントに返信
※9
ヘルシングのアーカードVSウォルターみたいな感じかね。
105.名無しさん:2019年02月17日 12:25 ID:0KmIhWAc0▼このコメントに返信
>>65
それ古い説だな。数年前に見つかった明智家家臣の書状から、四国領有が決まったのは本能寺の変2ヶ月前で、光秀もかなり喜び、信忠への返礼として茶壷を送ってることが分かっている。なので逆に何故犯行に及んだのか本気で分からなくなったので、最近の考察が盛り上がってる。
106.名無しさん:2019年02月17日 12:25 ID:lPMWByon0▼このコメントに返信
細川政元は将軍足利義材を追い出した後足利義澄を新将軍に擁立しているし、陶晴賢は大内義隆を殺した後大内義長を立てている。謀反して主人を殺しても他の家来がいるのだから、謀反する時は替わりとなる新しい主人を用意しておくのは当たり前だ。だけど明智光秀は信長を殺した後誰を擁立しようと考えていたのかが全く判らない。その辺りを探ると、光秀謀反の真相が判ってくるんじゃないかな?
107.名無しさん:2019年02月17日 12:26 ID:ZB.e6CGC0▼このコメントに返信
光秀がストレス溜めてたとこに殺せるチャンスが来て血迷ってやっちゃったってだけだろ
変後のグダグダな動向がどれだけ計画性の無い行動だったか雄弁に物語ってるじゃん
黒幕説なんざ全部ただの創作だわ 朝廷なんて特にあり得ん、朝廷にとって信長の死は痛恨事でしか無かった
108.名無しさん:2019年02月17日 12:27 ID:lSF7zXzP0▼このコメントに返信
単に明智が単独で謀叛を起こしただけ
109.名無しさん:2019年02月17日 12:30 ID:6Pr06LI10▼このコメントに返信
※23
信長が神を名乗ったのは生き仏を自称していた顕如を意識してだろうし、秀吉・家康も神になったからその理屈はおかしいよ。

それから光秀は朝廷の土地を横領して信長に叱責されたりしているんで従来のイメージほど勤王家だった訳ではないよ。
110.名無しさん:2019年02月17日 12:33 ID:8.qlZJGT0▼このコメントに返信
>>105
おお、そうなのか。知らんかった、ありがとう。

けど俺はこの説が一番状況的にあり得ると思うので完全に覆るまで信じるわ。

2ヶ月前に四国領有が信忠から下されて、光秀が喜んだ所で、信長が横からやっぱダメ出ししてたら、
光秀はぶちギレるし、信忠は面目丸潰れになる。それなら信長が本能寺で一番に信忠の謀反を疑ったことにも繋がるし。

サンキューサンキューな。
111.名無しさん:2019年02月17日 12:46 ID:x5cFjh340▼このコメントに返信
俺が子供のころにきいた丹波国八上城攻略の際、信長に、人質だった光秀の母親が見ごろされたってのがいちばん謀反理由として腑に落ちる
ただ今はそういう事実がないということらしい
112.名無しさん:2019年02月17日 12:50 ID:YoO6WQiR0▼このコメントに返信
※109
あの時代で信長ほどの勤王家はいないんじゃ?
113.名無しさん:2019年02月17日 13:00 ID:x5cFjh340▼このコメントに返信
どうでもいいが四国は太閤検地だと78万石しかないな
まぁ石高がすべてじゃないんだけど
114.名無しさん:2019年02月17日 13:02 ID:YubapZRu0▼このコメントに返信
光秀が本能寺に到着する2時間前(午前1:00頃?)の本能寺前の通りにタイムワープしたら…
115.名無しさん:2019年02月17日 13:05 ID:pbHjoDs50▼このコメントに返信
 信長、人間なんて50年で死ぬんや、やりたいことやろうぜ!!てよく歌ってて
ほんまに50歳一歩手前で死ぬとゆう、ドラマチック過ぎて小説家が創作したら
担当に怒られそうだよね。
116.名無しさん:2019年02月17日 13:08 ID:bX.FBq3G0▼このコメントに返信
未来人だよ
織田信長に会いに行った未来人
117.名無しさん:2019年02月17日 13:12 ID:YubapZRu0▼このコメントに返信
信長に気に入られるには相当な精神力と忍耐と努力と成果が必要だ
癇癪もちの信長の気に触るようなことをしてしまい上手く取り繕えなければ、無慈悲に叱責され冷遇される
118.名無しさん:2019年02月17日 13:23 ID:iypjElgG0▼このコメントに返信
>>70
いうて、信長の出立をいち早く確認して出迎えの準備もしないといけない立場でもあるし、おかしいというほどではない。他もさほど時間かからず情報てに入れてるし。
119.名無しさん:2019年02月17日 14:03 ID:cUB9kwDq0▼このコメントに返信
※22
足利将軍家と対立してからは朝廷の重みはめっちゃ増してる
その前の時代天皇家と対立した足利家は明の皇帝に日本国王の称号をもらって自分の立場を正当化したように
信長は天皇の名をつかうことで自分の行動を正当化してる
信長の武力が背景にあるとはいえ天皇の名で出された勅命に各地の大名が従うということは信長が京都入りする前は誰も相手にしてなかった天皇の重みも相対的に増す
120.名無しさん:2019年02月17日 14:05 ID:ujvI9txR0▼このコメントに返信
近年の研究ではどの黒幕説も否定されて四国説くらいしか残ってない状況だな

※112
信長が勤王家ってのは明治時代の後付けだな
むろん朝廷を粗略に扱ってる訳では無いが
121.名無しさん:2019年02月17日 14:10 ID:2kdjfSTz0▼このコメントに返信
真相なんてない
たまたま成功しただけ
122.名無しさん:2019年02月17日 14:12 ID:.NNWT6n40▼このコメントに返信
日本をひとつの国家、ひとつの政体で動かすことを理解できなかった男の悲劇
123.名無しさん:2019年02月17日 14:13 ID:ujvI9txR0▼このコメントに返信
※103
織田家の当主が三法師ってのは清州会議の頃の話で信孝、勝家と対立した際に
丹羽長秀や池田勝入と談合して信雄を織田家当主にすげ替えちゃったからな
以降、三法師は織田家当主では無くなってるので扱いが軽くなった
124.名無しさん:2019年02月17日 14:21 ID:cUB9kwDq0▼このコメントに返信
※113
四国は海運の収入を見ないと米だけ見てもわからない
大内家が応仁の乱で劣勢の西軍に肩入れしたのも阿波を支配する東軍の総大将の細川家とは瀬戸内の貿易利権を巡るライバルだったから
秀吉の所領は北近江と播磨と合わせて40万石くらいなのに100万石くらいの財力があったのも北近江の商業と播磨での海運業だ
125.名無しさん:2019年02月17日 14:28 ID:8.qlZJGT0▼このコメントに返信
>>111
昔は親や子を人質に出すのは普通にあることだったし、そこまでの理由にはならんかなぁ。理由もなく虐げられたならともかく、人質て仲良しを保つ間は貴賓客だからなぁ。
126.名無しさん:2019年02月17日 14:29 ID:8.qlZJGT0▼このコメントに返信
>>112
そうとも言えるし、そうでないとも言える。新しい価値観をつくろうとする人の評価は難しい。
127.名無しさん:2019年02月17日 14:32 ID:vNU20W3B0▼このコメントに返信
>>98
わりとありえる、ボケが始まったばかりだと
周りもちょっとおかしいな程度の感想に留まるし
128.名無しさん:2019年02月17日 14:34 ID:ujvI9txR0▼このコメントに返信
※97
勝家の場合、魚津の先にある堺城を落としたのが5日で本能寺の報を受けたのは6日
成政を越中に残し利家を能登へ置いて強行軍で北ノ庄へ戻ったのが9日だからな

勝家書状によると12日の時点でも津田信澄が討たれたのは噂レベルで確証は得られず
家康の帰国と出陣予定は知ってる程度で、秀吉の動向は掴んでない状況
そりゃ間に合いませんわな
129.名無しさん:2019年02月17日 14:41 ID:8XsdbEsC0▼このコメントに返信
信長、秀吉、光秀の共謀説もたまーに聞くね。
 信長:表舞台から消え本来の(忌部氏の)仕事に戻る
 秀吉:権力を引き継ぐための布石
 光秀:悪役を演じて見せただけで天海として活躍
130.名無しさん:2019年02月17日 14:42 ID:8.qlZJGT0▼このコメントに返信
>>124
木材の海運業が凄い時代だからね。何から何ま土焼きか木材で作られてる時代の消費量は多かったし、戦で家が焼かれればまた使うし。

それを、瀬戸内海から三重和歌山を巡って伊勢や熱田、必要なら関東にまで延ばせる海運路を持ってたから。
131.泣ける民約論:2019年02月17日 14:58 ID:d8oIxU6j0▼このコメントに返信
信長は延暦寺焼き討ちを行ったが、それを止めようとしたけど実行されたのが明智光秀だった。信長が殺されたのが本能寺でその実行犯が明智光秀だから、本能寺の変の黒幕は....「仏さま」ということになる!この問題は解決されました!珍説ではイエスズ会がダイナマイトを仕込んでいたとかもあったな~!
132.名無しさん:2019年02月17日 15:13 ID:K9vXDeE20▼このコメントに返信
弾正職を引退しただけでは?
133.名無しさん:2019年02月17日 15:24 ID:rLbmKz2H0▼このコメントに返信
当時の記録からは秀吉黒幕説は民からも言われておらず可能性が最も低いんじゃなかったっけ
134.名無しさん:2019年02月17日 15:51 ID:YP9y9WXe0▼このコメントに返信
※131
残念だが違う。延暦寺焼き討ちの主犯は光秀。反対どころかノリノリで焼いた。
135.名無しさん:2019年02月17日 15:52 ID:nxEydCDl0▼このコメントに返信
本能寺の変の内容は、信忠同時始末と信孝軍勢四散まである
そういうのを計算に入れてないなら私怨かもしれないが、全部達成してるからすごい
136.名無しさん:2019年02月17日 15:54 ID:jZmuNzYM0▼このコメントに返信
信長さん、単純に、脳梗塞かなんかで急死とかはないの?
で、権力の空白を恐れた光秀さんが一旗揚げてみたり、
従順を装ってた連中が、地金をむき出して大慌てしたり、とか。
137.泣ける民約論:2019年02月17日 16:03 ID:d8oIxU6j0▼このコメントに返信
※134
そんなことないのよ。「仏の使いを殺すのは罰が当たって気が引けるので、おやめ下さい」と言ってましたよ。
138.名無しさん:2019年02月17日 16:15 ID:tWyyhBWI0▼このコメントに返信
※136
信忠がいるからそれは無い。
139.名無しさん:2019年02月17日 16:16 ID:W7iFxefE0▼このコメントに返信
本能に従ったまでよ
140.名無しさん:2019年02月17日 16:43 ID:YP9y9WXe0▼このコメントに返信
※137
何て言う史料に書いてあったの?
光秀と信長の不仲を語った史料のほぼ全てが後世の創作だぞ。実際は非常に仲が良かった。だからこそ光秀の謀反の原因が分からない。
141.名無しさん:2019年02月17日 16:45 ID:t4ZzjwLU0▼このコメントに返信
ワンチャン天下取れるチャンスがあるからやっただけだろ
合理的な理由を探そうなんて登山家はなぜ山に登るのかを考えるのと同じぐらい無駄だぞ
142.無いな。:2019年02月17日 16:45 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>50
無いな。


織田信長は長宗我部に三好氏から奪った領地を返還するように命じて、喧嘩別れになり、三男、神戸信孝を四国に出陣させている。織田信長としては信孝を四国で国持大名にする予定だったから、光秀が四国全部貰えるなんて、ありえない。織田信長の構想だと、四国は長宗我部が土佐一国、残りを三好と神戸信孝で二分させる予定だろう。
143.名無しさん:2019年02月17日 17:17 ID:4DjXBvgv0▼このコメントに返信
ノッブ「世界中の憎しみを俺に集めるんだ」

しれっと別人として余生を自由に過ごしてそう
144.名無しさん:2019年02月17日 17:33 ID:cbNX6Qtb0▼このコメントに返信
松永弾正が遅効性の催眠術を誰かにかけていたとかいうのはどうだろうか
アニメや漫画の見すぎか
145.名無しさん:2019年02月17日 17:34 ID:V0LFpmNc0▼このコメントに返信
2025年ごろにノッブ転生予定だからしばし待たれい
146.名無しさん:2019年02月17日 17:34 ID:iwJUE1Px0▼このコメントに返信
所説あるけど、最近?浮上してるのが斎藤利三説だが、どうだろう。
確か長曾我部元親との繋がりも深いし、四国攻めをやめさせる為にやったとか。
後、信長が斎藤利三を家臣に入れたいとお願いしたら拒否して逆鱗触れてその仕返しもあるらしい。
何より、利三の娘が後の春日局ことお福の存在が以後の徳川政権で力発揮したのもあるのでは?
147.もっと勉強しましょう。:2019年02月17日 17:41 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>50
もっと勉強しましょう。

桐野作人『織田信長』新人物文庫666~667頁

織田信長は天正10年(1582年)5月7日『朱印状』を出している。(信長文書1052号)

内容は『讃岐を神戸信孝に与え、阿波を三好康長に与え、伊予と土佐は信長が淡路に出陣してから決める。』であり、君の主張、明智光秀が四国全てを領有は成立しない。もっと勉強しましょう。
148.名無しさん:2019年02月17日 17:48 ID:h5LTWBJN0▼このコメントに返信
もしかしてワンチャンある?で魔が差した
149.四国:2019年02月17日 17:53 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>110
四国

長宗我部の取次は明智光秀が担当していたが、織田信長は四国征伐を三男の神戸信孝にやらせる事に決めたから、明智光秀としては面白くなかった可能性はある。

但し、明智光秀も丹波と坂本を領有、毛利討伐が上手くいけば、秀吉支援の働き次第で毛利領の幾分かは褒美で貰えただろうから、あれこれ、ケチを付ける理由はない。ちなみに、よく言われる丹波を没収し、国替え云々は全く根拠がない。理由として三男、神戸信孝が出陣するに辺り、光秀の領国である丹波にも動員令を出している。云々だが、神戸信孝は伊勢で2群しか領有しておらず、出陣に辺り、信長の命令でそこら中から人員をかき集め、14000人の部隊にしている。その中には丹波が含まれていただけで、光秀の領国を取り上げた根拠にはならない。
150.信忠:2019年02月17日 18:03 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>56🤗信忠🤗

そろそろ、親父、ウゼー

死んでくれねーかな。

松姫(信玄5女)を迎え入れたいが、親父、絶対に反対するに決まっているし。

ちなみに、信長は信忠に長年、使えた乳母の女性を安土に呼び、子供(女)まで産ませているから、信忠の考えている事は手に取るように分かる。冷静に考えたら、信忠が松姫に子供(男)を産ませ、そいつに『武田』の氏を名乗らせて甲斐一国を領有させるのが最も上手くいく寸法である。
151.正論:2019年02月17日 18:04 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>8
正論
152.名無しさん:2019年02月17日 18:04 ID:u7Y7gwCK0▼このコメントに返信
※88
よく分からんのだが、なぜ信長が倒れると家康が狙われる必然性があったの?
153.御冗談🤗😀:2019年02月17日 18:08 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>45
御冗談


戦国時代の『空気』を分かっていない。誰もが男と生まれた以上、一度は天下を望んだ。野望・野心で目をギラギラさせていた。それが戦国時代


また常に脂ぎった欲望で目をギラギラさせ、自身を煮え滾らせていなければ、外様かつ新参者の光秀が織田家で出世出来る訳がない。また、織田信長が短気でよく手打ち等をしたのも主君である信長と脂ぎった欲望でギラギラしている家臣と緊張関係にあった証拠である。
154.真珠湾:2019年02月17日 18:10 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>60
真珠湾

アメリカ陰謀論を唱える人が、よく真珠湾筒抜けを言いたがるが、根拠なし。

アメリカは日本はフィリピンの米軍を奇襲してくる。と、考えていたからである。
155.名無しさん:2019年02月17日 18:12 ID:nL6lmDYU0▼このコメントに返信
※100
味方以外の大名で、明智の顔知ってる奴なんて存在しないよ。
156.質問?:2019年02月17日 18:12 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>56
質問?

本能寺の変

織田信長が『信忠か?』と言った根拠は『三河物語』だが、三河物語自体が、相当、いい加減な資料である事は有名な話である。
157.名無しさん:2019年02月17日 18:22 ID:nL6lmDYU0▼このコメントに返信
なんで、明智だけ亀岡に兵力動員してたんだ?
与力の細川・筒井・中川・高山は、動員してたのか?
158.名無しさん:2019年02月17日 18:24 ID:nL6lmDYU0▼このコメントに返信
※2
>>2
スペイン無敵艦隊を撃破したドレークこそ信長の第二の姿。
159.名無しさん:2019年02月17日 18:24 ID:iwJUE1Px0▼このコメントに返信
>>157
拒否した。光秀に協力したのは一色の残党ぐらいだったはず。
160.正論:2019年02月17日 18:26 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>1
正論

現代語訳『信長公記』新人物文庫

桐野作人『織田信長』新人物文庫

明智光秀単独犯行

動機『天下を取りたかった。』ただそれだけ。ちなみに、桐野作人『織田信長』680頁、本能寺の変の三日前、明智光秀は伯耆の『福屋隆兼』なる人物に書状を出している。内容『信長に出陣を命じられ、秀吉を救援、じ後、伯耆に向かう。』であり、信長公記だと、6月1日夜、光秀は主要家臣四人に『信長を倒し、天下の主となる。』と告げており、翌日、6月2日早朝に『本能寺の変』が勃.発している。資料を分析するに『光秀単独犯行』で動機は『天下を取る。』決心時期は『直前』だった。と、言わざるを得ない。おそらく、本能寺に信長、妙覚寺に信忠がいる事を知り(京都には光秀や光秀の家臣の屋敷もあり、情報は入ってくる。)千載一遇の好機と判断、決行に及んだ。のだろう。
161.泣ける民約論:2019年02月17日 18:29 ID:NYgD.GWd0▼このコメントに返信
※140
調べてみたけど、その資料までは分からんけどま~何かに書いてたな~。けど一方で、重臣の中には諫める発言もあって光秀には僧侶を助けていたとかいうエピソードも残っているし前述の記述も本当かも?
162.そう。:2019年02月17日 18:39 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>46
そう。

毛利は織田信長と全面対決したくない。

秀吉も秀吉で毛利の主力が出て来ており、信長・信忠到着まで持ちこたえる事が可能か、怪しくなってきたので焦っていた。

両者、利害関係は一致、問題は清水宗治、毛利は助けたい。秀吉は切腹させたい。その一点だけで揉めていた。
163.名無しさん:2019年02月17日 18:40 ID:zDd.Ho3Q0▼このコメントに返信
タイムマシーンで見てみたい反面、諸説飛び交う方が楽しいとも思える
164.現実問題:2019年02月17日 18:44 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>68
現実問題

家臣に謀反を起こされ、殺.害された信長・信忠親子が油断していた事が最も悪い。

戦国時代であり、下剋上の世界である。家臣が謀反を起こすのは別に不思議な話であり、家臣にも油断なく目を光らせておくのは当然である。
165.御冗談🤗😀:2019年02月17日 18:48 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>30
御冗談


本能寺の信長の所には近衛前久他、約40人の公家等が6月1日、つまり本能寺の変の直前に訪れている。(言経日記)(桐野作人『織田信長』新人物文庫682頁)

『お忍び』で上洛したのなら、何故、こんな大量の人間と信長は面会しているのか?
166.質問?🤗:2019年02月17日 18:55 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>30
質問?🤗

現代語訳『信長公記』新人物文庫521~522頁

『お小姓衆2~30人を召し連れて上洛した。『ただちに中国に出陣せねばならぬので戦陣の用意をして待機、命令あり次第、出陣せよ。』という命令だったから、この度はお小姓衆以外は随行しなかった。』

『お忍び』云々は全く記載がない。君は、どんな資料に基づき『お忍び』云々と言っているのかね?
167.名無しさん:2019年02月17日 18:56 ID:zDd.Ho3Q0▼このコメントに返信
来年の大河で光秀と信長の年齢をどうするかが興味深い。信長より歳上という設定でやってほしいな
168.質問?:2019年02月17日 18:58 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>30
質問?

織田信長は出陣命令、待機命令を発しており、また、本能寺の信長の所には大量の人間が訪れている。

加えて、京都には明智光秀や光秀の家臣の屋敷もある。

情報は普通に入ってくる。そもそも、信長が『お忍び』で上洛する必要性がない。信長が『お忍び』で上洛する理由は何かあるのかね?
169.名無しさん:2019年02月17日 19:02 ID:nL6lmDYU0▼このコメントに返信
なんで、明智だけ亀岡に兵力動員してたんだ?
与力の細川・筒井・中川・高山は、動員してたのか?
170.御冗談:2019年02月17日 19:04 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>68
御冗談

当初の秀吉と毛利の講和条件は『三か国割譲』で毛利『も』飲む予定だった。

織田信長としては毛利から三か国、切り取れるのだから、秀吉と支援の光秀に1か国ずつ褒美としと、呉れてやっても全く不思議はない。
171.名無しさん:2019年02月17日 19:05 ID:S0QLKRum0▼このコメントに返信
※161
非戦闘員は殺さない様に配慮しただけでは?
言っておくが、僧兵は頭丸めただけの兵士だから手を抜く必要ないぞ。

斎藤利三以下光秀家臣団には反信長の人物が多かったらしい。
172.現実問題:2019年02月17日 19:08 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>68
現実問題

秀吉が宇喜多直家を許した件で、信長は激怒したから、秀吉が内々に講和を進めている。と、知ったら、激怒した可能性はある。秀吉も信長の性格は知っているから、講和交渉はしてないかもしれない。

理由は簡単、毛利を滅ぼさないと、家臣に褒美として呉れてやる土地が手に入らないから。
173.資料:2019年02月17日 19:09 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>68
資料を素直に読めば、秀吉が毛利と講和を図ったのは、本能寺の変を知ってからであり、それまでは、毛利と戦闘を継続している。
174.名無しさん:2019年02月17日 19:20 ID:nBrmz3.f0▼このコメントに返信
光秀認知症説が一番しっくりくるんだがなぁ
175.現実問題:2019年02月17日 19:27 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>160
現実問題

明智光秀はとんでもない『恩知らず。』である。

明智光秀が織田信長に仕えたのが1568年、丹波を与えられ、国持大名にして貰ったのが1580年、仕えて12年で国持大名であり、新参かつ外様の彼があり得ない厚遇であり、それでいて謀反を起こしたのだから、客観的に見たら、とんでもない『恩知らず。』である。

逆に言えば、光秀の本性を見抜けなかった織田信長も甘い人間だったのだろう。明智光秀で言えばルイス・フロイスの光秀評が正しい。『極めて狡猾な人物で誰からも嫌われていたが、不思議と主君の信頼は厚く、また、主君の信頼を繋ぎ止める様々な術を体得していた。』
176.名無しさん:2019年02月17日 19:28 ID:d5Yuw6HD0▼このコメントに返信
※131
逆。言い出したのは光秀。で、あんまりにも過激な内容に同席していた細川藤孝が逃げ出すほど。

一方の信長は穏便に済まそうと奔走していたが叡山側との交渉が不調に終わったので結局焼き討ちすることになり、当然光秀は率先して参加。

しかもその後叡山に協力的だったとか難癖つけてほぼ無関係の寺門まで没収しまくって朝廷大激怒。

初めは当時は上司である足利義昭に訴え、義昭も注意しても実行力がないことを知っているのでシカト。
で、実行力がある信長に話が回りそうになったら朝廷の使節に賄賂を贈って誤魔化そうとしている。

ちなみには常日頃から信長にはおべっかを使ったり賄賂を贈ったりし、同僚を貶めるような言動をしている…とはルイス・フロイスの評

ぶっちゃけ、光秀の実績や言動を見ればこんなのばっかで、いつ粛清されても文句は言えないレベル。
で、それを恐れた光秀の先制攻撃が本能寺の変…という可能性もある。
177.ルイス・フロイス:2019年02月17日 19:29 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>175
ルイス・フロイス


ルイス・フロイスの明智光秀評


『極めて狡猾な人物で誰からも嫌われていたが、不思議と主君の信頼は厚く、また、主君の信頼を繋ぎ止める様々な術を体得していた。彼は巧妙に嘘を吐き、人を騙す50の手法を学んでいる。と公言していた。』
178.名無しさん:2019年02月17日 19:31 ID:d5Yuw6HD0▼このコメントに返信
※112
毛利家「うちは先祖代々、朝廷に献金するほど勤皇家やぞ」
なお幕末にて蛤御門の変でやり過ぎて孝明帝がブチ切れ。かなりあとまで「朝敵」扱いでしたが
179.不思議な話:2019年02月17日 19:31 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>177
不思議な話

『本能寺の変黒幕説』

『坂本龍馬暗殺黒幕説』

一定周期でブームが来るが、大抵、根拠がない。ご都合主義の資料の摘まみ食い。である。

問題は、何故、一定周期で『黒幕説』つまり『陰謀論』ブームが来るのか?周期に何らかの法則性はあるのか?そちらに興味が湧く。🤗
180.黒幕説=陰謀論:2019年02月17日 19:33 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>179
黒幕説=陰謀論


共通点


『全く根拠がないか、資料の摘まみ食い。ご都合主義、結論ありき。で、都合よく資料を摘まみ食いしているに過ぎない点』
181.名無しさん:2019年02月17日 19:34 ID:R5WrgW6M0▼このコメントに返信
※155
何言ってるかわからん 当たり前の話だろ、それ
織田の味方(譜代)は豊臣のそれと一致してるのも多い
だから明智と千利休両方顔を見知ってる大名いっぱいいる、いう話だよ
182.もしくは。:2019年02月17日 19:36 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>180🤗もしくは、単なる『勉強不足』🤗

現代語訳『信長公記』新人物文庫

桐野作人『織田信長』新人物文庫

谷口克広の中公新書から出ている『織田信長』に関する書籍

中公新書、和田裕弘『信長公記』

せめて、これぐらいは読んで勉強しましょう。
183.名無しさん:2019年02月17日 20:26 ID:HQmzn5GP0▼このコメントに返信
>>153
主張する説はどうでもいいけど
「空気」を分かってないとか凄いことをさらっと言ってるな。

現代にタイムスリップしてきた戦国武将かな?
184.名無しさん:2019年02月17日 20:33 ID:vA7zLrzT0▼このコメントに返信
>>103
豊臣秀吉は織田家の政権を簒奪したんだな。
185.名無しさん:2019年02月17日 20:34 ID:OcDi1yCb0▼このコメントに返信
敦盛を日頃から舞ってた信長が齢50を迎えられるわけ無く、
後は想像にまかすとしか。
186.名無しさん:2019年02月17日 20:35 ID:vA7zLrzT0▼このコメントに返信
>>129
徳川家康が必要じゃん。
187.信長公記:2019年02月17日 20:41 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>183
信長公記

素直に読めば、明智光秀は『天下を望んだ。』ただそれだけである。
188.信長公記:2019年02月17日 20:43 ID:Wf1sMXSy0▼このコメントに返信
>>182
信長公記


素直に読めば、明智光秀『も』天下を望んだ。


ただ、それだけである。
189.名無しさん:2019年02月17日 20:56 ID:vA7zLrzT0▼このコメントに返信
>>99
徳川家康と重臣達が堺で突然孤立。アリバイ工作なら船を用意する。命の保証がない伊賀越えをしてまでアリバイ工作する馬鹿もいない。

三流歴史小説の読み過ぎか?
190.名無しさん:2019年02月17日 21:00 ID:mplfPFts0▼このコメントに返信
秀吉黒幕説はまずあり得ないな。
結果的に天下人になったから一番得をした人に見えるだけでうっかり破滅する機会も一度や二度ではない。信長の四男も養子に迎えてほぼ一門衆だから織田家安泰なら将来に不安はないし。
光秀は源氏の血もひいてるし、単純に天下人になりたかったんじゃね?
191.名無しさん:2019年02月17日 21:03 ID:zNsKtZrD0▼このコメントに返信
秀吉主犯説には無理がある。
本能寺後、光秀は細川等の他の諸将を味方につけようと外交していた。断られていたけど。
仮に秀吉が主犯だったのなら、中国大返しして光秀に敵対しようとした時点で、「主犯の秀吉に裏切られた」事をその諸将に知らしめない筈がない。
そうすることで諸将が秀吉につく事を躊躇わせることができる。

で。
仮に秀吉主犯説が周知された上で秀吉が光秀を倒したとして。
情報が流出することは避けられない。だとしたら、

そののちの清須会議で秀吉が主権を取る事は100%不可能になる。
他の政敵がそれを利用しない筈がないからな。
192.名無しさん:2019年02月17日 21:07 ID:vA7zLrzT0▼このコメントに返信
>>152
本能寺で織田信長は徳川家康と重臣達を武田攻めの慰労のための茶会を催す予定だった。茶会開催だから警備も薄く、そこを明智光秀が突いて襲撃した。招かれた徳川家康と重臣達は堺見物の最中に本能寺の変に巻き込まれた。茶会参加が目的で織田信長統治下の畿内だから警護の兵も少数。織田信長殺害後明智光秀は徳川家康一行を探していた。織田信長と徳川家康の関係性から報復阻止が目的だったろう。
実際、伊賀越えで帰国した徳川家康は明智光秀討伐の軍を起こしている。
193.名無しさん:2019年02月17日 21:16 ID:0K6.Gluh0▼このコメントに返信
明智が置かれていた状況的に、佐久間の次は自分だという日頃の焦燥感、
加えて織田政権のトップと織田家のトップの二人が雁首揃えて警備手薄な洛中にあるという
千載一遇のチャンス、ついでに明智自身の中にも下克上の気風が染み渡っていただろうから
そりゃあ謀反してもおかしくはない。陰毛論は論外。
194.名無しさん:2019年02月17日 21:50 ID:csxKcw1l0▼このコメントに返信
ルイスフロイスの光秀評を見て思ったのは、これ豊臣政権下の武闘派の三成評じゃね?だな
主君の信頼抜群の能吏だが、そこから少しでも外れてる連中からの評判は悪くなりそう
195.名無しさん:2019年02月17日 21:53 ID:WAVh2U2M0▼このコメントに返信
信長公記では、家督委譲後の信長が(現代人の感覚では)びっくりするほどの無防備さであちこち遊びまわってる様子が描かれてる。武田征討御に安土へ戻るときなんて、軍団解散した後にこんな少人数で大丈夫なのかっていうくらいの状態で家康の歓待を受けているが、もしこのとき家康に悪意や勇気があったらとっくに信長は殺されていた。安土に移ってからの信長はわりとそんなことばっかやってる

本能寺の変が異常だったのは、信長が少人数で行動していたのが大チャンスだったからではない。そんな状況はむしろ日常茶飯事になっていた時期だからね。それよりも光秀は、それ以前に信長に背いた連中と違って、自分の領地で旗揚げして味方を増やそうと奔走するよりも、その軍団を伴って京都に殴り込みをかけた。信忠まで死なせたのはラッキーだったと言うほかないが、その「反乱」自体があっという間に鎮圧されている結末を見れば、例えば荒木村重なんかと比べてはたしてスマートだったと言えるかというと否だと思う。

当時の合戦は城に籠ればかなりの長期戦が期待できたということ、そして現代の領域国家と違って戦国大名の命運なんて意外とコロッとひっくり返る可能性があったこと、また権威や大義名分が非常に重要で大義なき戦いに突っ走るのは極めてリスキーだったこと。このへんの事情を勘案すれば、本能寺の変というのは後世に与えた影響がすごかった割には、謀反のやり方としてはまったく悪手ばかりを打っていった事件だったように思える。少なくともまったく計画的な犯行には見えない
196.名無しさん:2019年02月17日 23:05 ID:jUNGMMo20▼このコメントに返信
秀吉が本能寺の変を知った経緯が不自然じゃない?明智の密偵が誤って秀吉の陣に入り込んだっていう。更にためらいもなく毛利と講和。もし誤報で信長が生きていたら首が飛ぶのに。そして中国大返し。それに秀吉の陣営には黒田官兵衛がいる。
状況を考えると秀吉と光秀の共謀の可能性が高いと思う。
197.名無しさん:2019年02月17日 23:28 ID:LJMWEJ0U0▼このコメントに返信
信長は、晩年は手柄をたてた家来に、茶器をおくった。そのうち、それが、勲章に変わっただろう。しかし、当時の武将は、そんなもは要らない。領国が欲しかったのだ。近代的国家の軍人を見て御覧。軍服に勲章を目一杯つけてうれしがっいる。例えば、マッカーサーはカリフォルニア州を欲しがったか?ジューコフは、ウクライナを欲しがったか?彼等は勲章を貰うだけで満足なのだ。しかし、光秀も秀吉も領国を貰ってこその信長の家来である。頭の良い彼等は、信長の企みを薄々気付いていた。結局、秀吉は、部下に与える領国を求め、中国を征服しようとした。家康は結局、現状の領国を安堵することで、時代の流れを止めてしまった。軍人が勲章を貰って満足する時代は、明治維新を待たねばならなかった。
198.名無しさん:2019年02月17日 23:35 ID:vA7zLrzT0▼このコメントに返信
>>197
封建社会と中央集権社会の違いすら考えが及ばないのか?
199.名無しさん:2019年02月17日 23:54 ID:x.NULJd.0▼このコメントに返信
※197
滝川一益みたいに領地より茶器を欲しがったやつもいましてね。
200.名無しさん:2019年02月18日 00:41 ID:fw9EKPmH0▼このコメントに返信
>>196
どうも細川藤孝の家臣が密偵送って秀吉に知らせたらしい。細川藤孝は明智光秀の娘を息子の嫁に貰っていたから光秀の謀反に加担するつもりだったらしいが、家臣が「それで本当に大丈夫か?」と考えて秀吉に知らせたんだと。それを聞いた藤孝は今更光秀に加担する訳にはいかず、息子に家督を譲って隠居して細川家を護る道を選択した。そして秀吉に知らせたその家臣は細川家の家臣でありながら、秀吉に格別の優遇を受けたと。
201.名無しさん:2019年02月18日 05:54 ID:RLZdbLoA0▼このコメントに返信
>誰か信長倒さへんかなぁってみんな何となく思ってる時に光秀が突発的に謀反やって成功
俺がやったら大勢味方してくれそうな気がする<味方なし
内部告発したら、周りがすべて傍観者と敵になった。
202.名無しさん:2019年02月18日 07:09 ID:LMwEhrJP0▼このコメントに返信
ノッブ「寺襲って焼くとか罰当たりにも程がある」
爆弾正「理解に苦しみますな」
超ス〇ベ元ち〇ん「マジ引くわ」
203.名無しさん:2019年02月18日 08:53 ID:SeVu4JQV0▼このコメントに返信
実は木下藤吉郎が朴藤吉郎だった説
204.名無しさん:2019年02月18日 09:20 ID:AUEcV.QI0▼このコメントに返信
そっか、朴藤吉郎は故郷の朝鮮半島が欲しかったのか?
205.名無しさん:2019年02月18日 11:53 ID:8tKfpCS70▼このコメントに返信
陰謀とかじゃなく普通にパワハラ上司に対する報復が真実だろうね・・・
206.名無しさん:2019年02月18日 14:50 ID:AcRY5kl80▼このコメントに返信
※205
パワハラとかしとらんって。むしろ信長は光秀に甘かったんだから(信長は身内や有能に対して非常に甘い)。
207.名無しさん:2019年02月18日 19:45 ID:q.JeNQYS0▼このコメントに返信
>>196
光秀は最期まで一言も秀吉を仲間なんて言ってない
208.名無しさん:2019年02月19日 12:29 ID:SDz3AxDy0▼このコメントに返信
>>現代ならバカッターで炎上案件やなwww
209.名無しさん:2019年02月19日 12:54 ID:XgWuaaY90▼このコメントに返信
いろいろ陰謀説あって興味深いけど
やっぱりパワハラが原因だったんじゃないかな?部下に変なあだ名つけて喜んでる上司だったし・・・
優秀な光秀としたら我慢できなかったと思う
210.名無しさん:2019年02月20日 12:10 ID:5cDZpHyr0▼このコメントに返信
>>209
ハゲネズミ「せやな」

お名前