2019年02月09日 12:05

リットン調査団「満州独立は認められんけど権益は日本の物やで」

リットン調査団「満州独立は認められんけど権益は日本の物やで」

1200px-Super_Express_Asia


引用元:リットン調査団「満州独立は認められんけど権益は日本の物やで」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1549531017/

1: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:16:57 ID:jHl
日本「連盟よさらば! 我が代表堂々退場す」
国連「ファッ!?」

2: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:19:16 ID:uXc
日本はなぜアメリカと敵対してしまったのか

4: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:20:13 ID:Lzu
>>2
アメリカがガチで切れると思わずに喧嘩売ったから

5: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:20:20 ID:HAw
とりあえず脱退する必要はなかったやろ
満洲国そのまま維持したいなら勧告無視したまま居座っとっても良かったわけやし

9: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:21:34 ID:Lzu
>>5
国民世論がね…

10: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:21:39 ID:U6P
>>5
居座ったら経済制裁で日本の経済終わるで
脱退したから経済制裁が避けられたわや

11: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:22:26 ID:Lzu
>>10
経済制裁どこまでやるのか微妙なんだよな
イタリアのエチオピア侵略のときも形ばかりの経済制裁しかしてなかったし英仏

291: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)20:11:13 ID:FPH
>>10
そもそも日本に経済制裁なんてないで
問題はネッカ以降のことでネッカ以前は問題にしてない
ネッカ以降についても認めないだけで経済制裁はなしや
この当時はソ連だけ
イタリアはもう少し後
日本は出てからも経済制裁なしどころか元サヤで戻ってきてくれと懇願されてる

7: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:21:06 ID:PEh
リットン「堂々と日本擁護するのもアカンし遠回しに日本の権益認めたろ!」

この意図を理解できなかった模様

8: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:21:25 ID:ocs
そのうち大慶油田を発見、商用化できるまで持っとけばよかったのに

13: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:23:00 ID:KZu
大日本帝国「ソ連に手を出すな言うたやんけ!」
ドイツ第三帝国「せやかてお前にアメリカに手を出すなて言うたはずやで!」

16: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:24:03 ID:uXc
>>13
ソ連と手を結ぼうとした時点で間違いやったね日本は

19: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:24:25 ID:Lzu
>>13
マジレスするとナチスはどうせアメリカは近いうちに対独参戦するから日本をぶつけて二正面作戦にしてやろ程度やで

20: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:25:04 ID:JxC
ここらへんの日本めっちゃイきってて草

28: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:29:12 ID:PEh
>>20
このへんの流れはほんまに
イキってしまったっていう稚拙な言葉で表現していいくらいしょうもないよな

30: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:29:55 ID:JxC
ノモンハン事件ww

34: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:30:57 ID:U6P
いやあの提案は「満州国」に対しては完全否定やろ

37: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:31:57 ID:Lzu
>>34
イギリスは1934年以降対日融和に積極的になってリース・ロスの幣制改革のときに満州国の承認はしてた

アメリカは日米諒解案のときの満州国の承認はあった

36: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:31:36 ID:yOm
軍部「無理です」
政府「無理やな」
新聞「国民かきたてたろ!w」
国民「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

政府「やるしかないじゃん…」

38: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:32:07 ID:U6P
>>36
軍が検閲して書かせたんやで

40: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:32:29 ID:Xh5
軍部「まぁ勝てるやろ」
やぞ

45: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:33:48 ID:uXc
日英同盟を復活させるとかいろいろ方法があったんやろうけどな…

56: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:39:58 ID:uXc
大戦犯近衛文麿
絶対に許してはいけない

59: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:40:57 ID:HAw
>>56
盧溝橋事件が鎮火しかけたところに油注いだのこいつよな

58: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:40:32 ID:5YT
近衛生きてたら東条じゃなくて近衛が主犯になってたんやろか?

61: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:42:11 ID:Lzu
近衛については日米開戦については回避しようと和平工作したし、終戦についても工作したし、遅きに失した感あるけど一応はまともなこともやってるんだよな
>>58
だから日米開戦は近衛は主犯とは言えん

支那事変は別

62: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:43:17 ID:uXc
>>61
まぁ戦争の原因を作った一人なんやけどな
この時点で戦犯やわ

60: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:42:04 ID:ecW
とりあえず満州事変で独断専行の前例を作った
石原莞爾、板垣征四郎と越境将軍・林銑十郎を
「擅権の罪」で軍法会議にかけるべきやったで
これが原因で軍部に下剋上体質が蔓延して日中戦争で
日本政府が戦線不拡大方針を出しながら戦線がどんどん拡大されたし

68: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:45:40 ID:Lzu
近衛が一番失敗したのは色んな勢力を全部入閣させて何となく挙国一致っぽい内閣を作るはずが、手綱を全然取れないから
船頭多くして船山に登るの典型例みたいになってしまったこと

70: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:47:29 ID:HAw
>>68
でも本人が意志薄弱だったところもあるやろ

72: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:48:30 ID:Lzu
>>70
それはそう

でも内閣制度上入閣させた閣僚が一人でも辞任すると内閣が倒れちゃうのがいけない

まあ荒業を使えば松岡外しみたいなこともできるんですけどね

71: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:47:59 ID:U6P
でもね憲法も悪いんですよ

73: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:49:36 ID:yob
イギリス「満州利権あげるわ」
松岡「ええやん本国に打診や」
関東軍「次は華北や熱河作戦や!」
政府「ええで…(追認)」
政府「あかん…このままじゃ経済制裁や…外務省なんとかしろ」
外務省「ふむ、では国連を脱退すれば制裁を受け入れる謂れはないのでは?松岡任せた」
松岡「」

77: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:51:46 ID:5YT
満州取ってもロシアとの国境長くなる分
戦線維持するの大変そう

79: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:52:44 ID:jHl
近衛文麿は器じゃなかったの一言ちゃうか
一番大変で難解な時期にしょうもない八方美人が手綱を握ってしまった結果や

102: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:58:59 ID:3qG
実際ドイツとソ連挟撃してたら勝てたんかな

106: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:59:55 ID:HAw
>>102
ソ連の極東軍をモスクワ攻防戦に間に合わせなければモスクワ陥落してた説はあるけど、関東軍にそれができたかという話やな

104: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)18:59:22 ID:uXc
米軍には勝てなかっただけで強いっちゃ強かったんだよ日本は

107: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:00:27 ID:3qG
ドイツはなんでソ連の前にイギリスと決着つけんかったんや

119: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:04:29 ID:3qG
杉原千畝「ドイツはソ連行くで」

軍部「うーん、アメリカ攻撃するで」

杉原千畝「」

121: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:05:56 ID:Lzu
>>119
優秀な人材がいても上層部の頭が腐ってるからだめ

対米開戦決定したときの参謀本部の作戦課というトップエリート集団の中でアメリカ留学経験あるのが1人じゃどうしようもない

123: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:06:29 ID:uXc
>>121
現在の日本も変わってないわ
現場は優秀でも上層部が変やから勝てない

129: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:14:06 ID:mvp
>>121
陸軍はドイツ、ロシア、中国駐在武官がエリートコースだから英米通は有能でもエリートコースから外れる。硫黄島の栗林中将なんかがそうなや
さらに陸軍内部でも皇道派と統制派の派閥争いがあって皇道派は適性、能力関係なく前線送りにされてる山下大将牟田口中将なんかがそれやな

132: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:15:55 ID:Lzu
>>129
大体合ってるけど中国駐在武官はエリートコースじゃないぞ

北岡伸一の官僚制としての日本陸軍とか読むと支那通軍人はむしろ出世的には遅れてたから出世したくていろいろ謀略やった側面もあるって書いてある

137: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:19:38 ID:mvp
>>132
そうなんか、中国通が結構中央にいるからエリートコースかと思ってたわ

141: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:20:31 ID:U6P
>>137
領土を拡大したのが功績になったからな

144: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:21:59 ID:Lzu
>>137
組織の本流というか、陸軍大臣-陸軍次官-軍務局長あたりの統計取ると中国駐在武官はいないわけじゃないけど少数派なんだよな

やっぱ圧倒的にドイツ駐在

まあ石原も中国には詳しいけど留学したのはドイツなんだよね

126: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:09:57 ID:Lzu
ぶっちゃけww2の日本は何もしないほうがマシだったような気がする

熱に浮かされてなにかやろうとしてやることなすこと全部失敗したイメージ

155: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:25:14 ID:jwf
田中義一が生き残って陸軍束ねてたらもうちょいマシやったんかね
天皇の信任失った時点でアウトか

159: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:26:12 ID:Lzu
>>155
田中義一もそうだけど、満洲事変後に宇垣派が失脚したのが痛い

163: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:27:56 ID:LV2
日露戦争が近代日本のピークやったな

194: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:36:59 ID:FPH
>>1
そもそも外務省通じてリットンの内容まんま提案したのは日本サイド
じゃあなんでそれを蹴ったかは細かく見ないとわからんで
表が裏になってる状態

195: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:37:37 ID:Lzu
国民世論がって言うけど、世論を駆り立てたのも陸軍なんだよな

202: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:40:32 ID:jwf
元老西園寺「国連離脱はアカンで松岡」
吉田茂「国連離脱はアカンぞ」
斎藤首相「国連離脱はアカンぞ避けろよ」
松岡洋右「国連離脱はアカンな」

なお

207: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:42:07 ID:yob
>>202
関東軍「熱河作戦やるンゴw」

208: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:42:21 ID:KIW
>>202
じゃあ誰が進めたんや?

209: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:42:47 ID:HAw
>>208
内田康哉やろ

223: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:45:54 ID:KIW
>>209
内田健哉って国際協調路線進めてたんやなかったんか

225: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:46:29 ID:Lzu
>>223
満鉄総裁やり始めた頃から関東軍のおもちゃ

226: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:46:51 ID:KIW
>>225
はえー 結局関東軍が諸悪の根源なんやな

227: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:47:33 ID:Lzu
>>226
関東軍は有り体に言ってゴミだけど、関東軍を支援する陸軍中央の一夕会が諸悪の根源

280: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)20:06:46 ID:KIW
>>227
日本のナチスとでも言うべき奴らなん?

281: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)20:07:26 ID:psH
>>280
ナチスは総統の命令に忠実やったけど関東軍は中央の命令に背いてばっかやぞ

284: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)20:08:16 ID:Lzu
>>280
一夕会は第一次世界大戦のときに日本の国力のたらなさに嫌気が差して、「ぼくのかんがえた最強の高度国防国家」を作るためなら何でもするつもりになった奴ら

ナチスと違って明確な指導者がいない(というか永田鉄山も暗殺されたし、組織の統制は全く取れてない

299: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)20:14:30 ID:KIW
>>284
やべー奴らの上に統率もとれてないとか最悪やんけ

306: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)20:17:20 ID:psH
>>299
会員を軍の重要ポジにつける所までは上手くいったんやが
そうした後のこと考えてなかったんやな

206: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:42:04 ID:Oi1
日露戦争後のロシア日本はそこまで険悪じゃなかった
ロシアは西が脅威やったし
ただ満州分割で統治したことでアメリカが食いついてきた

216: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:44:20 ID:Lzu
国連「満州事変起きたけどどうしよう 何もしないわけには行かないけど中国のために日本とやり合うのはアホらしいし」
日本「じゃあ調査団派遣して対処しようぜ」
国連「おっしゃそうしよ リットンくん!言ってきて」
リットン「来たぞ」
日本「歓迎するぞ」
リットン「うーん、どうみても自作自演だけど名を捨てて実を取れる内容にしたろ!」
日本「認識不足!何も分かってない!国連は糞!」

なぜなのか

249: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)19:57:38 ID:ecW
当時の日本は
独断専行の前例を作った石原莞爾と板垣征四郎
越境将軍・林銑十郎を
擅権の罪の軍法会議にかけて処刑できなかったのは無能すぎる
だから破滅的な独断専行が横行して滅茶苦茶になったんやで

264: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)20:02:22 ID:ZhW
そもそも補給が日本の方が圧倒的に楽なノモンハンでさえソ連の方が潤沢な物資を送られてるんやで
そんなありさまでどうやって侵攻するんや

280: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)20:06:46 ID:KIW
>>264
ヒエッ… 無理やわ

271: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)20:05:03 ID:ZhW
ソ連にしてみればシベリア鉄道爆破すれば何も出来ないんやから焦土戦術してドイツを先に片付ければいいだけやし

336: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)20:27:00 ID:ZhW
問題はどうやって米英と組むかやな
当時そんな主張したら無視されるか殺されるし

339: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)20:27:40 ID:Lzu
>>336
第二次上海事変のときに「ドイツが中国支援してた!ドイツはクソ!信用できない!」って言いまくるのが一番楽

341: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)20:28:46 ID:ZhW
>>339
じきにバスに乗り遅れるな勢が出てくるんだよなぁ
乗り遅れた方が良かった

338: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)20:27:34 ID:uXc
第一次世界大戦みたいなスタンスがよかったんやろうけどな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年02月09日 12:14 ID:CL4ch35N0▼このコメントに返信
ドリチン
2.名無しさん:2019年02月09日 12:17 ID:bH1Biz1Q0▼このコメントに返信
日本は大陸に手を出してはいけない
前回の戦争で得た最大の教訓
3.名無しさん:2019年02月09日 12:20 ID:VxBB1nYl0▼このコメントに返信
す場退々堂表代が我!ばらさよ盟連
4.名無しさん:2019年02月09日 12:22 ID:jc9Drbi20▼このコメントに返信
この時期の日本外交って狡猾さや老獪さが全くないよね。とにかく大言壮語で威勢のいいこと言って中央突破しようとばかりする
5.名無しさん:2019年02月09日 12:24 ID:vHZT.Pit0▼このコメントに返信
日本のために耳がいたい忠告する奴を、売国奴って罵ってやる気なくさせるの楽しい
6.名無しさん:2019年02月09日 12:24 ID:vHtcoP5r0▼このコメントに返信
国連脱退、軍備増強、戦争、中韓に屈しない
を全部やった結果袋叩きにされる大日本帝国とかいうお前らのおもちゃ
7.名無しさん:2019年02月09日 12:24 ID:y3b28spG0▼このコメントに返信
満洲の地に満洲民族の住む満州国を認めないのは白人の侵略です。たとえ傀儡国だとしてもな。
そもそも莫大なインフラ整備をしてやってるのに言うことを聞かないような恩知らずの身の程
知らずは、かの国ぐらいなもんだ。普通は身の程をわきまえる。
8.名無しさん:2019年02月09日 12:27 ID:PHH.CoMJ0▼このコメントに返信
イギリスは満州事変のときだけじゃなく、日中戦争になった後も上海のイギリス権益を侵害しない限り満州や華北での権益を認めていたんだよなあ
9.名無しさん:2019年02月09日 12:27 ID:IuZBjwTf0▼このコメントに返信
言うて満州は国連管轄にするって謎裁定出してるからな
特殊利権が絡まってるから詳しくない奴が口出しするな(意訳)って調査報告として提出してんのに
10.名無しさん:2019年02月09日 12:30 ID:C6dQHnbd0▼このコメントに返信
あの調査団は「企業が経営してる風にしとけよ」くらいなもんだったろうにな
11.名無しさん:2019年02月09日 12:31 ID:mbecB9mW0▼このコメントに返信
リットンはその通り、結構欧米の学者も知らない。

つーか、英国の公開文章に米国と組んで日本とっちめるために、先に日本に手を出させるってトップ同士で話し合ってる記録あるじゃん。

なんか一次資料無視して妄想垂れ流してるけど、根本は英国が中国での日本の利権・影響力拡大を阻止するために米国と日本をはめたこと。
12.i774:2019年02月09日 12:32 ID:XBmVV0SR0▼このコメントに返信
経済音痴で戦略はバラバラ。
仮に担当分野ごとの人材が優秀だとしてもアカンですよ。
先ず、正貨流出の時点で国家が全体的に追い込まれてるんだから、
「何が国益なのか」を先にまとめないと、どうしようもない。
13.名無しさん:2019年02月09日 12:37 ID:FdI4awhi0▼このコメントに返信
国家の大戦略がないような言われ方で草ァ!!
……いうて当時の日本かてちゃんと大戦略持ってましたよね?(確認
14.古古米:2019年02月09日 12:38 ID:ooyCNfxF0▼このコメントに返信
リットン調査団の報告書って「今までのいきさつから(ある程度)日本の権益は認めるけど、これからは米英仏もかませーや(俺達も美味しい目をみたい)」だからな。
日本の世論の「なんで日本人が苦労したのに、只で横取りしようとするんだ。それを政府は認めるのか」という怒りに火を付けちゃうからね。
しょうがないね。
15.i774:2019年02月09日 12:38 ID:XBmVV0SR0▼このコメントに返信
※7
後知恵ではあるけど「そこに投資すべきなのか」の観点は必要だった。
むしろ「莫大に投資したために引くに引けない」というジレンマを作ってしまってる。
16.名無しさん:2019年02月09日 12:39 ID:VrfVJZfC0▼このコメントに返信
>>13
国家戦略ならたくさんあったぞ
17.名無しさん:2019年02月09日 12:40 ID:9And76Ss0▼このコメントに返信
ABCD包囲網とはなんだったのか。
あとフライングタイガースとかいう義勇兵の皮を被った米軍。
18.名無しさん:2019年02月09日 12:41 ID:pzNbZBYP0▼このコメントに返信
「日本は青二才」 by まっかーさー
19.名無しさん:2019年02月09日 12:43 ID:Fys.dalp0▼このコメントに返信
当時の国際連盟って米ソ参加してないし、多数決しかないんだぞ。G20くらいの存在感しかない。脱退を大げさに扱いすぎじゃね。今の国連と勘違いしちゃダメ。
20.名無しさん:2019年02月09日 12:44 ID:y3b28spG0▼このコメントに返信
※15
欧米の不当な権益要求がなければ満洲から手を引く必要はない。投資は正しく成功した。
欧米を他人の権益に手を出すチンピラと認識せず、真っ当な紳士と信じた当時の日本が
甘かったというのなら同意する。日本は馬鹿正直すぎた。
21.名無しさん:2019年02月09日 12:47 ID:9And76Ss0▼このコメントに返信
※19
白人(至上主義)が作った都合のいい組織。
22.i774:2019年02月09日 12:48 ID:XBmVV0SR0▼このコメントに返信
※13
割とないです。
せっかくシンクタンクを作って研究させても、その成果をあっさり無視してるので、結果として無いも同然になってます。
23.名無しさん:2019年02月09日 12:48 ID:VrfVJZfC0▼このコメントに返信
>>20
怪盗紳士かな?
24.名無しさん:2019年02月09日 12:49 ID:qsG1mALh0▼このコメントに返信
このあたりコリアの取り扱いに苦心する今の日本と被る

他にやることもないやつらが撃てだのなんだの言ってるが堂々退場と変らん
決定的に殴られたら決定的に同じ以上の力で殴るべきであって、
日本は対抗措置用の手続きを粛々と続けていけばいい

近年は追い詰められて先に殴ったヤツから負けてることを思い出せ
自分からやるならロシアのように横合いから殴らなくては

25.名無しさん:2019年02月09日 12:49 ID:8AdBCwwn0▼このコメントに返信
松岡:「すまん、国連脱退することになった」
政府:「仕方ないな」
新聞:「よくやった!立派だ!偉い!」
国民:「うおおお!」
松岡:「うおおお!?」
26.名無しさん:2019年02月09日 12:49 ID:3Q7FYQsh0▼このコメントに返信
※20
元々日本が開封派の地盤を乗っ取ったんやで
27.名無しさん:2019年02月09日 12:50 ID:u8V.TpKW0▼このコメントに返信
当時のアメリカにウィル・ロジャースという、後年のジョン・ウェインみたいな
ミスター・アメリカなスターがいて、この際アメリカは満洲国を承認してしまえ
と主張した。自分が大使になって満洲へ行ってデモクラシーのほうがうまくいく
という実例を日本と世界に見せるから、と。冗談半分だろうが面白いことを言う
28.名無しさん:2019年02月09日 12:51 ID:mKrwxynj0▼このコメントに返信
日韓併合より以前
軍部を乗っ取った在日が積年の恨み晴らすために中国人○したくて仕方なかったからだよ
29.名無しさん:2019年02月09日 12:51 ID:ZJEeuXOS0▼このコメントに返信
次は勝つ。今はアメリカが同盟だ。負ける心配がない。流石に今度こそ邪魔してこないだろ。
なにしろアメリカはあんだけ大たちまわりした挙げ句中国を赤化させた前科がある。
30.名無しさん:2019年02月09日 12:51 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
>>1
いやいや、このリットン報告が最近やっと必ずしも日本の侵略とは言えないといってるということは、やっと浸透してきたけど、
だからといって、この報告が必ずしも日本に良い条件(実は日本への人種差別に満ち溢れた内容だった)だったわけでもないことが逆に新しく誤解されていて、よく読まないでリットン報告を認めればよかったという短絡な人が逆に増えていてそれはそれで困る。

このリットン報告の基調は、驚くことに、白人(列強)なら文明があるから自国で権益を守ってもよいし、そうやって広大な地域を支配して文明化の名のもと軍事支配してきたと堂々と告白してる(つまり満州事変みたいなことは認められていると暗にほのめかしている)。しかし日本にはその「統治は無理」と勝手に断定して、「故に」それまで不文律だった他の列強の勢力圏に他の列強の勢力を入れることを提案している。これは決して他の日本以外の列強には提案しない方法だし他の列強は決して認めない提案だった。それは他の列強が自国の権益の侵害をする口実になるからである(このことは実は当時の欧州の有名な新聞などもかいている)

つまり単純に言えば本来中国(当然中国の国際法違反が事変の原因となったことを認めている)は、本来当時の国際連盟規約の保護を受ける「国家」でないので、(だから内乱を起こす統治能力のない地域のわけだが)そこに権益を持つ文明国が責任をもって(つまり軍事力を行使し手でも)秩序・統治を回復すべきだから、国際連盟は本来介入すべきでない事案だが、例外的に将来において中国は国家になる期待があるので
例外的に介入してあげよう、日本は白人国家より能力が劣るから我々も介入してあげるよというもの。
これを日本が認められるわけもなく、安全保障上当然受け入られないのもわけがないとは言えない
31.名無しさん:2019年02月09日 12:52 ID:vjRM9xtY0▼このコメントに返信
取り敢えず日本人で裁かないかんよな
なあなあで済ますから日本人の殆どがよく分かってないという
保守でやらんのやろうか
32.名無しさん:2019年02月09日 12:53 ID:GRzjQaCe0▼このコメントに返信
戦前のアメリカは満州国に領事館を置き、アジアの中では日本につぐ二位の貿易相手だった、
考えられているほど反対一辺倒ではないのよね。
日本は賛成しないなら反対ということだなと考えてしまうからなあ。
33.名無しさん:2019年02月09日 12:53 ID:VrfVJZfC0▼このコメントに返信
>>31
裁くどころか、靖国で神様になってるのも多いというね
34.名無しさん:2019年02月09日 12:54 ID:1MX6lr0e0▼このコメントに返信
>>16
一つに絞らなきゃいかんのよなあ
35.名無しさん:2019年02月09日 12:55 ID:vjRM9xtY0▼このコメントに返信
※19
情報も無いんだから関わる機会を断ってしまうと誤解も解けないんだけど
結局中国に良いようにやられたんじゃないか
36.名無しさん:2019年02月09日 12:56 ID:djY5.xrQ0▼このコメントに返信
無駄に日中日露と勝ってしまったがために勘違いしてたから仕方がないね
国民も戦争の勝利によって齎される恩恵のために今を我慢するスタイルだったから世論に火をつけやすかったし
37.名無しさん:2019年02月09日 12:56 ID:T4U.HQRR0▼このコメントに返信
リットン調査団は満州国を黙認した
でもマスコミのスレタイ詐欺みたいな記事に国民引っかかって
政治家も妥協できなくなっちゃった
38.名無しさん:2019年02月09日 12:57 ID:jh0Yo29G0▼このコメントに返信
考えてみっと、当時の日本が国際連盟脱退したのは
蒋介石が常任理事国から外されたから国際連合脱退したくらいの愚策か。
39.i774:2019年02月09日 12:57 ID:XBmVV0SR0▼このコメントに返信
※20
せめて鉱工業生産の統計を見てほしいかと。
赤字じゃないけど、とても日本本国を助けるほどの数字が出てません。
そこが権益だというのなら、なぜ日本自身は経済的窮乏が継続してたのか。
そもそも労働力を日本に呼んでる時点でおかしいんです。
40.名無しさん:2019年02月09日 12:59 ID:jh0Yo29G0▼このコメントに返信
大戦とその前の流れについて、日本はどんな「失敗」をしたのかを反省すべきなのに
「失敗」でなく「罪」だとわめく反日左翼のせいで、冷静な再評価ができないんだよな。
早く治安維持法を復活させてほしい。
41.名無しさん:2019年02月09日 12:59 ID:y2W.XHw30▼このコメントに返信
>>29
9条「次なんてない」
42.名無しさん:2019年02月09日 13:01 ID:y2W.XHw30▼このコメントに返信
>>40
国民とかというバカ共に忖度したのが間違い
それだけだ
43.名無しさん:2019年02月09日 13:02 ID:pp6XnIj50▼このコメントに返信
※9
独立国としては認められない(道理として実際そうだし)としてるんだから、建前てものがあるだろ。
分からない奴は手を出すなだから、満州統治アドバイザー委員会の過半数は日本でええよだぞ。

あんたこれをそんな解釈しちゃうんだから、当時の国民笑えんわ
44.名無しさん:2019年02月09日 13:03 ID:jh0Yo29G0▼このコメントに返信
※30
だが、「自分たちは正しいから屈しない」と言って、自分たちよりずっと強い相手に反抗するのは
少なくとも国際政治においてはただの愚かな行為だ。
勝てない相手には、たとえ理不尽な要求でも受け入れなくてはならん。
そこで少しでも自分たちが有利になるようにすることこそが交渉。
45.名無しさん:2019年02月09日 13:03 ID:g97XXaV60▼このコメントに返信
世界覇権の初心者で頭角表したから謀略とスパイ使ってまずは情報戦で自滅させたろw
これやないんか?
46.名無しさん:2019年02月09日 13:03 ID:y3b28spG0▼このコメントに返信
※39
>赤字じゃないけど、とても日本本国を助けるほどの数字が出てません。
満洲を植民地か何かと勘違いしてません?赤化の防波堤として立派な国に
して日本と満洲ともに発展させるのが目的ですが?
47.名無しさん:2019年02月09日 13:04 ID:y2W.XHw30▼このコメントに返信
戦前
国民「国際連盟から脱退しろ!」

国民「国際連合から脱退しろ!」

俺「まるで成長していない‥」
48.名無しさん:2019年02月09日 13:04 ID:3Q7FYQsh0▼このコメントに返信
まあ大きくは日本だけが中国の民主化を理解してなかったのが原因やな
49.名無しさん:2019年02月09日 13:05 ID:g97XXaV60▼このコメントに返信
※45途中で送信してもた
世界(ザ・ワールド)「情弱、情弱ゥウウウウウ!」
みたいな感じで
50.名無しさん:2019年02月09日 13:07 ID:PmKZ.23b0▼このコメントに返信
満鉄の権益だけ認められても満鉄の権益を無効化する米国資本による満鉄併行線の敷設攻勢が大きいよ。

「張学良は、米国資本の導入によって満鉄併行線を渤海湾まで引き、ついに渤海湾に面した葫蘆島(フールータオ)の築湾工事を米系資本で行ったのである。これは米国が満州進出に成功したことを如実に示しているものであった。
この満鉄併行線建設と築港とは、それまで満鉄~大連港という交通ルートでしか貿易できなかったのが、米系ルートで可能になるということを意味していたからである。日本にとってはまさに死活問題となった。」某HP

で、ドンパチ始まったとさ。
51.名無しさん:2019年02月09日 13:07 ID:mG1lQUbK0▼このコメントに返信
だが敗戦がなければ今でも軍部がのさばっていたわけで
52.名無しさん:2019年02月09日 13:07 ID:4sOYDnwY0▼このコメントに返信
満州国は当時の中国の状況考えたら独立はまあ無理筋
むしろ中国に権益確保できただけでも十分過ぎたくらい
53.名無しさん:2019年02月09日 13:08 ID:PmKZ.23b0▼このコメントに返信
満鉄の権益だけ認められても満鉄の権益を無効化する米国資本による満鉄併行線の敷設攻勢が大きいよ。

「張学良は、米国資本の導入によって満鉄併行線を渤海湾まで引き、ついに渤海湾に面した葫蘆島(フールータオ)の築湾工事を米系資本で行ったのである。これは米国が満州進出に成功したことを如実に示しているものであった。
この満鉄併行線建設と築港とは、それまで満鉄~大連港という交通ルートでしか貿易できなかったのが、米系ルートで可能になるということを意味していたからである。日本にとってはまさに死活問題となった。」某HP

で、ドンパチ始まったとさ。
54.名無しさん:2019年02月09日 13:08 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
※35

満州事変当時の中国は、宣伝戦など上手く言って無く国際社会から毛嫌いされていたし、むしろ日本の評価の方が高かった
事変当時の国際社会の論調も、当時の新聞等の資料から実は日本に同情または贔屓の方が多かったとも言われているし、
国際連盟の初期の対応もそうだったといわれている。

加えて※30で書いたようにそもそも文明国(白人列強及び日本)と非文明国(植民地・準植民地)の問題解決のルールが
そこを支配する文明国が責任をもって(武力を行使し手でも)治安・秩序を回復するというものだったから、初期の国際連盟の対応が
そのような雰囲気になるのもなおさらのこと。

これが変わってくるのは、国際連盟に加入してない、当時大国となったアメリカがオブザーバーとして介入して横やりを入れてきてから。
アメリカはシナ大陸への日本の影響がひろまることは、白人キリスト教文明には危険と考えていて、なおかつ自国のシナ大陸への足掛かりを
失うことになると、硬直的な日本叩き「非承認政策」をとって日本叩きに走る。
これが影響して変わってくる。

満州事変に始まるアメリカのこの日本を抑え封じ込もうとする硬直した姿勢が日米戦争につながったともいえる

55.名無しさん:2019年02月09日 13:09 ID:PmKZ.23b0▼このコメントに返信
二重発信すまんね
56.名無しさん:2019年02月09日 13:12 ID:D5zJduph0▼このコメントに返信
そもそも国民あおったの朝日新聞と毎日新聞じゃん
57.名無しさん:2019年02月09日 13:14 ID:Cha.SQW60▼このコメントに返信
※2
でもよ 
当時のアジア人なんて、同じ人間としてみなされなかったんだぜ。

負けて死んでもいいから、一泡吹かせてやりたいじゃん!
58.i774:2019年02月09日 13:17 ID:XBmVV0SR0▼このコメントに返信
※46
その政策目標のために日本が窮乏してどうするんです。
本末転倒でしょう。
相互協力ができるまで何年かければいいんですか。
その間に日本自身の発展は放置ですか。
理想が良くても中身が伴わなければ、それは戦略とは言えません。

まず、あの当時の状況として日本の経済的条件が金融と通貨の点で弱すぎです。
そこを立て直さなければ、いずれ外部からの資本進出で浸食される可能性が高いんです。
それに防共といいつつ、首脳部が揃って左傾化してるって、冗談にもなってませんよ。
59.名無しさん:2019年02月09日 13:17 ID:L12W0saD0▼このコメントに返信
日本も悪いが日本の気持ちもわかるだろ。物凄い損害を出して手に入れたのに横やりはおかしい。一番の原因はコミンテルンの工作と人種差別思想。日本は脅威に見られただろうが、共産主義の方がやばいのに人種差別も相まってプロパガンダにやられた結果。米国はいつもこれをやる。ファーウェイも元は台湾中国のマフィア青幇で元々外省人で米国CIAのと繋がっていた。ダブルスパイとして中国にも情報を売っていて、今は中国と完全に一体化して中国の傘下状態。馬英九も国民党で外省人で私腹を肥やす為に国民党の理念も忘れて中国と繋がっていた。だから米民主党リベラルグローバリストとも大戦時から繋がっていて、角栄時代に日本を無視して米中接近したので日本もやらざるを得なくなり中国に引き込まれた。その後天安門等で世界中に叩かれていた中国を宮沢内閣で天皇訪中までしてしまい助けてしまった。民主党政権時にも金平を天皇に会わせた。そしてまた天皇訪中は絶対にないと思うが、金平を天皇に会わせて助けようとしているのが安倍政権。米国やカナダやドイツ以外の欧州が5G拒否するて時期にまた日本がやらかして中国を助けようとしている。ISもファーウェイと同じく米国が支援して生み出した存在。米国は中国を利用してるつもりが逆に利用されていた。日本はアホだから追従して何も考えていないし、米国が方針転換した今も方針転換が出来ないでいる。チベットウィグル台湾等の問題がある中で金平と天皇を会わせればこのSNS時代にとてつもない汚点を残すことになるだろうね
60.名無しさん:2019年02月09日 13:22 ID:y3b28spG0▼このコメントに返信
※58
>その政策目標のために日本が窮乏してどうするんです。
その窮乏とはいつのことでしょうか?満洲に欧米がちょっかい出してくるまでは
うまくいってたはずですが。ご自分でも「赤字じゃないけど」と書いてますよね。
他国の開発しながら黒字で窮乏ですか?
61.名無しさん:2019年02月09日 13:24 ID:7U7E3.Qv0▼このコメントに返信
>軍が検閲して書かせたんやで
当時はこうなってた的な雰囲気あるけどさ
朝日以外の新聞の切り抜き記事とか見ると軍の意向に反する内容とか普通に見受けるんだよね
こういうのも全部朝日とGHQによるプロパガンダなんじゃね?
62.名無しさん:2019年02月09日 13:25 ID:IuZBjwTf0▼このコメントに返信
※43
道理として裁くんならアメリカが悪いになるぞ
満洲国の成立、つまり中国の勢力図を書き換えたことを不正と言う論拠はワシントン体制だけどアメリカは民族自決による独立は例外として正当化して軍閥を支援し勢力図は早い段階から大幅に書き換わってたからな
日本もそれに倣って民族自決として清朝を復活させたにすぎん
リットン自身もそれわかってるから一方の国が軍で越境したという単純なものでなく、の件書いてるしな
63.名無しさん:2019年02月09日 13:29 ID:YGVCI0Ex0▼このコメントに返信
日本が戦争避けたとなると英領マラヤ、英領インド、仏領インドシナ、オランダ領東インドが残ってる世界線か…どうやろなぁ
64.名無しさん:2019年02月09日 13:32 ID:VFwl1HSQ0▼このコメントに返信
松岡洋介、昭和天皇「ファッ?!連盟脱退するのはまずいでしょ!何としても阻止せねば!」
なお
65.名無しさん:2019年02月09日 13:37 ID:bFFZO.5I0▼このコメントに返信
※16
お願いだからひとつに絞ってください(懇願)
66.名無しさん:2019年02月09日 13:42 ID:ztUdphJ40▼このコメントに返信
これも結果論になっちゃうけど、リットン卿は「欧米列強も甘い汁を満州で吸わせてくれませんか?」ってな報告をしたのに
関東軍が「自分らが血で勝ち取った土地に何でお前らが!」でキれたのがど~だったんかなぁって思う。
あそこでリットン団の提示受け入れて欧米にちょっとでも租界地域もうけてればもしかして満州国っていまだに存在してる国だったかもしれんよな。
67.名無しさん:2019年02月09日 13:43 ID:xnaAqh0C0▼このコメントに返信
くだらない事でブチ切れる!
68.名無しさん:2019年02月09日 13:43 ID:w2oSixDB0▼このコメントに返信
なんで満州帝国樹立を溥儀が転がり込んできた1925年に即実行しなかったんだ?
あの時点なら最低限英国・蘭国の支持は受けれて野に。
そうすれば、張作霖も日本裏切ってアメリカと手を組む馬鹿はしなかったのに。
69.名無しさん:2019年02月09日 13:44 ID:90QTctAq0▼このコメントに返信
共同謀議は無い。って保守層の主張は多いけど、一夕会を見たらそれも否定できんよなあ。
で、ここに海軍が絡んでアボンだし。
70.名無しさん:2019年02月09日 13:45 ID:90QTctAq0▼このコメントに返信
※66
せめて英米に利権かませておけばソ連の南下対策にもなった可能性あるわけだしな。。。ルーズベルトが大統領になったら終了かもしれんけど。
71.名無しさん:2019年02月09日 13:47 ID:AsemNNcl0▼このコメントに返信
石原莞爾は連合国が裁かないなら日本人自らの手で処断すべきだったな
72.名無しさん:2019年02月09日 13:50 ID:w2oSixDB0▼このコメントに返信
※48
>>48
中国が民主化したことなど一度もないぞ。
73.名無しさん:2019年02月09日 13:52 ID:3Q7FYQsh0▼このコメントに返信
>>68
どっちにしろ同じよ
袁世凱が皇帝名乗って受け入れられたか?
中国は自由化と民主化の真っ最中やった
そこで帝国作っても受け入れられん
74.名無しさん:2019年02月09日 13:55 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
※59

まあリットン報告書は日本が主張したソ連の脅威(共産主義の脅威)は認めてることは認めている。

ただ共産主義の脅威は、当時今ほど自明でないし、まして君主制を戴かない国家(アメリカもそう)やその国の知識人がその危険性をそれほど思わないの(資本家を除けば)はある意味致し方ないところもある。
アメリカが共産主義の危険に気づくのはWW2の後しばらくしてで、世界の地図がソ連を覇権国とした衛生共産主義国家に塗り替えられそうになる事態になってしまい、世界覇権国となっていたアメリカは共産主義の危険にやっと気づいて、国家内部の共産主義と親和性をもつ人々をあぶりだすことになる。それらの人々がどれだけ工作され、また工作していた意識があったのかはさておき、そのような人々もww2のころまでは共産主義国家との連携に危機意識がそれまではそれほど無かったとも思える。

むしろアメリカは スペイン・イギリス・ソ連そして今は中国など覇権国及び覇権競争国と戦い、覇権を奪って広げてる歴史を繰り返しており、太平洋の覇権・シナ大陸の覇権という西への覇権の拡大(フロンティアの拡大)はアメリカの本能でもあり、日本との衝突は日本を屈服させるまで終わらなかったとも思える
75.名無しさん:2019年02月09日 13:56 ID:3Q7FYQsh0▼このコメントに返信
>>72
民主化に向かって議会作ってた頃なんや
戦争でうやむやになったけど
76.名無しさん:2019年02月09日 13:57 ID:MdEc2aoB0▼このコメントに返信
満州事変よりもその後の日華事変のほうが問題。ぶっちゃけ満州ぐらいじゃ英米もあまり文句は言わない。日華事変の時にとっとと適当なところで手を引くべきだった。
77.i774:2019年02月09日 13:57 ID:XBmVV0SR0▼このコメントに返信
※60
当時の通貨が正貨と呼ばれる「金保有量」を裏付けとしてた状況で、金利競争に敗れ金の大量流出を招いているんです。
そして日満経済ブロックを推進してるけど、日本経済を再生させるだけの資源は得られていない。
日本と大陸間の収支だけをみれば黒字であるけれども、ブロック全体での経済力は上がっていないんです。
そこを改善しなければならないのに「上手くいっていた」というのはおかしな話です。
まず、円安などの条件を利用しつつ、日本自身の通貨と金融を立て直してから対抗すべきだったということです。
78.名無しさん:2019年02月09日 14:01 ID:BhS.A6n.0▼このコメントに返信
上層部という官僚のせいですけどね。
79.名無しさん:2019年02月09日 14:05 ID:HYtxXQVw0▼このコメントに返信
近衛って「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」のキチ首相か
チャーチルからの「資源が段違いだからアメリカと戦争をするな」という書簡さえ
破り捨ておべっかを使う東条に任せた時点でA級戦犯
80.名無しさん:2019年02月09日 14:05 ID:vQuGl5MP0▼このコメントに返信
ルーズベルトの側近の中にソ連のコミンテルンが潜入していたのが
そもそもの原因でルーズベルトにわざと日本を敵視するような
偽情報を吹聴して反日感情を刷り込ませた
81.名無しさん:2019年02月09日 14:06 ID:vY6vtKuG0▼このコメントに返信
歴史をさかのぼってみれば、当時絶対にしなければならなかったことは、ソ連をとにかく勝利なくとも攻撃することが西欧からの賛成を得る一つの道だった。絶対にしてはならなかったことは英米と戦闘することだった。これのすべて逆をやったのが日本軍部。国際政治、外交の無知が招いた敗戦が1945,8、15だ。
82.名無しさん:2019年02月09日 14:06 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
※66

英米も今と違い、ある意味人種差別の「悪魔の面」を持つ国家だぞ?
日本から見れば革命前のロシアとそう変わらない

日本は日本の周囲がそれらの国に完全占領される前に文明化してほしくて、まずに日本が率先して明治維新を行った
故に明治維新以降、朝鮮・中国に 明治維新の輸出(近代化の要請)を行っている

そこにロシアがこようが
常任理事国のオランダ・イギリス、フランスがこようが似たようなもの。
むしろ内乱が起きれば、今度はそれを好機ととらえてにそこを列強がそれぞれ軍隊を起こして支配する可能性がある
とすると世界地図の列強の支配の完成が極東で完成する可能性となり、日本の独立は風前の灯
83.名無しさん:2019年02月09日 14:07 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
※80

もともとルーズベルトが相当な人種差別主義者なんだよ
84.名無しさん:2019年02月09日 14:07 ID:0M4YtKr90▼このコメントに返信
近衛って英語が達者だったんだってな
85.名無しさん:2019年02月09日 14:13 ID:uOdDl38s0▼このコメントに返信
ホント旧日本軍は所々で無能すぎるな。
日本を陥れた大戦犯。もっと批判されてもいい。
86.名無しさん:2019年02月09日 14:14 ID:KkX.4uJb0▼このコメントに返信
※76
日華事変は、国民党蒋介石派の国民革命軍による略奪が原因だから治安維持の立場から引くに引けない状況だったんだよ
87.名無しさん:2019年02月09日 14:20 ID:Ye0CBVD80▼このコメントに返信
近衛文麿は今で言えばポッポという表現を聞いた時
なるほどと納得した覚えがある
88.名無しさん:2019年02月09日 14:21 ID:LSwMGFCI0▼このコメントに返信
これって日本(旧帝国)を破滅させたのは誰か、って話なんだろ
誰だよ
89.名無しさん:2019年02月09日 14:21 ID:wVNPl8J.0▼このコメントに返信
>>6
馬〜鹿、韓国何ぞ存在しねえよ。

それとも、お笑い大韓民国臨時政府も込みかwwww
90.名無しさん:2019年02月09日 14:23 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
※82


現在の欧米の人には誤解してる人も多いが、明治維新以降の日本の大陸とのかかわりには
単純に列強として日本が支配地域を拡大することでなく、日本の友邦を広げる事・獲得する側面もあった。
だからこそ朝鮮・中国に革命の出をして、孫文や蒋介石を受け入れ、支援し、また多くの留学生を受け入れることになる。
だが中朝は結局中華主義があって、うまくいかなかった。朝鮮に至っては福沢諭吉が絶望するほどで、結局併合するしかなくなった。

朝鮮だけならまだししも(併合はアメリカが勧めて認めたわけだし)シナ大陸にキリスト教を布教してキリスト教秩序社会を広めることを使命と思っていた宗教原理主義国家アメリカには、神経に障った可能性はある
91.名無しさん:2019年02月09日 14:25 ID:wVNPl8J.0▼このコメントに返信
日本じゃ「奉ソ戦争」教えないからな。でなきゃ、満州事変の意味が分からねえよな。
92.名無しさん:2019年02月09日 14:53 ID:5cjMa.mu0▼このコメントに返信
※88
軍部を称揚して勝てる戦なぜやらぬとか煽りたてた国民でしょ
開戦直後にご祝儀相場だの提灯行列だのやったのに
敗戦したらしたり顔で軍部に騙されたとか言ってんだから誰も救えねえ
93.名無しさん:2019年02月09日 14:56 ID:7OvGhoZx0▼このコメントに返信
結局、モノの見方で印象は変わるわな。
独立させなければ清国サイドに対する日本の面目を失う。
これはその先に独立させたいアジア諸国にも失望と日本に対する警戒を与える。
嫌らしい手、とも見えるがね。
94.名無しさん:2019年02月09日 14:58 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
※88

こういう問いをする人って
「必ず物事は避けることができる」と思ってる前提がある。

しかし世の中には避けられないこともある。
そういう事実に立てば「この問いはどうなの?」ということになる
95.名無しさん:2019年02月09日 15:01 ID:B3KDuFTR0▼このコメントに返信
当時の情勢で、もし関東軍撤退させたら国民党が雪崩をうって満州を侵略するのは明白だったから
日本の権益は認めるけど軍は撤退させろってのは到底飲めない要求だった。満州に植民した数十万の
邦人を残虐な匪賊に晒すことなど、国家として許容できることではないし、安全のために邦人を全て
帰国させれば権益など維持できない。当たり前の話だが、経済活動や貿易というのは安全が保障された
場所でしか機能しない。現代においても軍事力と経済は密接に結びついている。憲法9条があれば
平和と繁栄が保たれるなんて本当にファンタジーにすぎない。
そもそも日本の満州確保の背景にはロシアの南下政策による清へ侵略がまず最初にあり、ロシアを自力で
排除できない清が不凍港をロシアに明け渡し朝鮮半島まで奪われる様相を呈したことから日露戦争へと
繋がった。日本はロシアに勝利したものの、国力からみてロシアが日本への意趣返しを諦めたとは
考えられず、ロシアと対峙する力のない清に満州を再び軍事プレゼンスの空白地にするわけにはいかなかった。
ただ日本の失策は満州の資源を独り占めしてしまったところで、対露戦略を考えれば多少の権益を与えても
欧米列強を満州経営に引き込んで多国籍の軍事力で防衛ラインを敷くべきだったのだ。
96.名無しさん:2019年02月09日 15:05 ID:ztUdphJ40▼このコメントに返信

露「すんまそん、樺太売って」
清「なんぼ? あぁその金額ならいいすよ」
露「すんまそん、朝鮮欲しい」
清「属国ですがあそこは樺太と違ってワイらの土地やないから。。」
日「ヤベっ仮想敵国ソが朝鮮狙ってるやん、アカンアカン!どないしまひょ、ちょっと介入しまひょ」
清「我らの属国にあんま介入しないで」
日「じゃぁ闘おっか」
露「どうなんやろ・・」
~日圧勝
日「じゃ、朝鮮の権益貰うで、ついでに台湾と遼東半島貰ってええか?」
清「へい」
露「ワイらが欲しかった朝鮮を、、ぐぬぬ、せや!ワイら樺太持っとる、そこからなんとか色々牽制しよ」
日「いちいち朝鮮の方で何か露の嫌がらせあんなぁ、、どうすっかなぁ、、」
日「おい、露。 なんか俺らで国境確定させようぜ」
露「ええよ」
日「千島列島はワイらや」
露「(あんな辺境どうでもええわ)OK」
日「朝鮮もワイらや」
露「それはアカン」
97.名無しさん:2019年02月09日 15:07 ID:MdEc2aoB0▼このコメントに返信
※86  例えテロや軍事挑発があったとしても深入りせずに適度に殴るのが最善だったと思う。
98.名無しさん:2019年02月09日 15:26 ID:3fticM.U0▼このコメントに返信
対華21条の要求の時に満州全体の権益を要求してれば間に合ったのにな。

国際連盟や九ヶ国条約が出来てから独占しようとするガイジ
99.名無しさん:2019年02月09日 15:26 ID:w2oSixDB0▼このコメントに返信
※85
>>85
大陸進出した財界が戦犯だろ。
現在と同じ。
国内投資せずに安い労働力求めて大陸にでていったんだから。
100.名無しさん:2019年02月09日 15:28 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信


日露戦争後、アメリカと満州鉄道を共同経営にすべきだったという人がいるが
それはあまりにも現代の価値観で物を見過ぎ

鉄道の敷設権を得るということは単なる鉄道の経営権を握ることでなく
広大な「鉄道付属地」が設定され、商業・物流・警察を掌握し軍隊を置くことも許される。
つまり半分アメリカに植民地を隣接して与えるということ。

当時のアメリカはまだまだハワイを併合して間もない(15年くらいしか経ってないはず)ギャング国家でもある
この頃から日本封じ込めを国策として検討してるくにでもある。
101.名無しさん:2019年02月09日 15:30 ID:w2oSixDB0▼このコメントに返信
※73
>>73
漢人の中華民国と満州人の国家を同一にするなよ。
そもそも、日本が溥儀を保護したのは、英蘭に押し付けられたからだぞ。
1925年は、ソ連支援で外モンゴルも独立してるから、
時期的にベストなんだよ。
102.名無しさん:2019年02月09日 15:32 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
※98

ソ連の鉄道権益は満州事変の当時も北部満州にあったが、日本は事変の時も別に自分のものにしなかった。

103.名無しさん:2019年02月09日 15:33 ID:w2oSixDB0▼このコメントに返信
※98
>>98
辛亥革命自体を潰せば、腐った清王朝のままで、甘い汁吸えた。
104.名無しさん:2019年02月09日 15:33 ID:OKRXEQMC0▼このコメントに返信
なんだこのスレは。
なんで国民党の反日テロにはいっさい言及してないの。
結局洗脳された連中のたわごとかよ。
105.名無しさん:2019年02月09日 15:38 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
※68

満州国独立は日本が最初から率先して企画をしてやったわけではないから
「張氏」の支配から離れた混乱の中で、満州人の中から中華と離れて満州として独立したいと勢力が力をもってでてきたからいわば成り行き。


1925年の張作霖支配の満州で、そんな声が起きるわけもなかろう。
106.名無しさん:2019年02月09日 15:41 ID:8NhTxOtD0▼このコメントに返信
>>102
沿海州も満州だからな。
107.名無しさん:2019年02月09日 15:41 ID:msCHTy6f0▼このコメントに返信
日本の権益認めてくれるって言うならまあ
でもルーズベルトはコミーだし米独の支援が大陸に流れ込んでたしなあ
108.名無しさん:2019年02月09日 15:42 ID:8NhTxOtD0▼このコメントに返信
>>47
日本人?
109.名無しさん:2019年02月09日 15:42 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
※68

満州国独立は日本がそもそも企画して率先して行ったものではないから。
張氏支配が亡くなった満州の混乱の中で、中華から切り離して独立したいという勢力が勢い持って出てきたからで、いわば成り行きのもの。
1925年の張作霖支配の満州でそんな声が起こるわけはなかろう。
この頃の張政権は中華再支配を目論んで中国に何度も乗り込んでいたのだから
110.名無しさん:2019年02月09日 15:44 ID:PmKZ.23b0▼このコメントに返信
※104
同じようなスレが繰り返し立ってるから教科書に載ってるような事は誰も書かないんじゃない?
ある意味マニアックと言うかニッチなコメの方が面白いから。
111.名無しさん:2019年02月09日 15:45 ID:8NhTxOtD0▼このコメントに返信
>>48
中華民国が李登輝総統により民主化した。
中国で初めて民主的に選挙が行われたのはSHI48の総選挙が初めて。
112.名無しさん:2019年02月09日 15:49 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
※104

だってこの話、何故満州事変が起きたかの話でないし
その種の革命外交のことを知らないレスが多いならまだしも。
113.名無しさん:2019年02月09日 15:50 ID:11vlq9P10▼このコメントに返信
※109
どう言い訳しようが軍部主導だろうが。だから問題になったんだおろう
114.名無しさん:2019年02月09日 15:52 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
※113

言い訳?
別に軍部主導を批判してないし、軍部主導が悪いとも思わん。
また国内的な手続きの問題と国際的な問題の是非は別だし
115.名無しさん:2019年02月09日 15:54 ID:OKRXEQMC0▼このコメントに返信
※110
※112
なるほど、そう言えばそうだな。
すまなかった。

116.名無しさん:2019年02月09日 15:55 ID:11vlq9P10▼このコメントに返信
※59
そもそも他民族の土地で建国すると原住民を虐殺するしかなくなるのに建国してしまったこと自体が問題
117.名無しさん:2019年02月09日 15:56 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
※116

今の中国の満州支配のことですが?

中国によって、満州族は確かに事実上「民族として」は絶滅してしまいましたね
118.名無しさん:2019年02月09日 15:57 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
※117

が⇒か?
119.:2019年02月09日 16:04 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
120.名無しさん:2019年02月09日 16:14 ID:I4PDXa5E0▼このコメントに返信
※9
それかて日本側の利権が守られる担保がないんだよなぁ。
そもそも満州事変の根本的原因が満州軍閥とそれを後ろで支援していた中国側の利権侵害に現地部隊が激怒したことであるし。

どうも、国際社会はそれを理解していたようで中国がいくら喚いても国連脱退後は日本のやったこと認めちゃったし。
121.名無しさん:2019年02月09日 16:16 ID:a3sd9tGa0▼このコメントに返信
勝新太郎の『兵隊やくざ』は満州が舞台で面白かったなw
122.名無しさん:2019年02月09日 16:18 ID:I4PDXa5E0▼このコメントに返信
※18
M元帥「いうたかて、100年ほど前、うちらが開国前は近世の国よ?それが現在、空母機動部隊率いて、お礼まいりできる国にまでなっているの?十分見込みあるでしょ。どこぞの独さんと違って」
123.名無しさん:2019年02月09日 16:25 ID:mAQBEBVp0▼このコメントに返信
国際連盟の脱退じたいは大した問題じゃ無い
アメリカなんかそもそも加入していない無駄な国際機関にすぎなかった
問題なのは総合的な外交方針と現実対応力
124.名無しさん:2019年02月09日 16:37 ID:P18PdtC.0▼このコメントに返信
んでも、戦争に負けたことで、中国とソ連に対する蓋の役割をアメリカに丸投げすることができた。
アメリカさん、戦争で勝ってくれてありがとうwww
125.名無しさん:2019年02月09日 16:40 ID:EL6CSYJH0▼このコメントに返信
最近の官僚の不祥事や与野党問わず発生する政治家の不正にも通じるが
信賞必罰、特に特例を認めない厳正な処罰をしないから日本はおかしくなる
満州事変も結局縁故関係で処分を出鱈目にしたから国が滅んだ
国家戦略の基本は常に信賞必罰にあると義務教育から全国民に叩き込まない限り
日本でまっとうな戦略家が認められ、あるべきポストに就く日は来ないだろう
126.名無しさん:2019年02月09日 16:41 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
※124


でも、共産中国の膨張、核保持の北、反日に成長させた南(みんなアメリカの甘々な政策のせい)というおまけ付きで、「日本さん、自分でやってくれーや。Byアメリカ」と、最悪の形でその蓋を返されそうやで?
127.名無しさん:2019年02月09日 16:46 ID:vY6vtKuG0▼このコメントに返信
日本が真珠湾攻撃にまで走らせた影の立役者は辻正信。ノモンハンからすべて裏で仕切っていた。暗躍者。ノモンハンで上層部の責任を取らせず現場の責任にさせたのも辻正信、すべて都合の悪い情報は握り潰し、軍部を煽った。やがてそれは破滅に向かったが、終戦時はさっさと逃げ、敵だった蒋介石の台湾に潜伏、占領軍が引き揚げてから日本に上陸し、参議院議員になり石橋湛山内閣で外交し、毛沢東、ブルガーニンと会談してまたまた裏工作した。実に生まれながらの裏工作専門。辻正信の孫が富士急の堀内社長の妻になっている。堀内光雄の息子の嫁。
128.名無しさん:2019年02月09日 16:52 ID:Qie2MnVM0▼このコメントに返信





そういえば大鑑巨砲板って

朝日新聞批判スレたてたことないよな

あっ







129.名無しさん:2019年02月09日 16:53 ID:Mg6npFu40▼このコメントに返信
統帥権が諸悪の根源。憲法上陸軍と海軍は政府のいうことを聞かなくてもよかった。だから石原莞爾による関東軍暴走を止められなかった。
陸軍と海軍を束ねる存在が事実上存在しないから対立が深まって海軍が迎撃戦闘機作ったり、陸軍が潜水艦を保有する事態にも陥った。

130.名無しさん:2019年02月09日 16:58 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信

そもそも このスレタイに代表されるように多くの日本人がわかってないのは

国際連盟に、きちんと国際条約で結ばれて獲得された権益をはく奪する権利なんてないから、その点を良い提案してくれたみたいに
理解して喜んだりするのがおかしい。
おそらくその部分は当時も報告が出る前から日本も外国も自明の結論だったはず。

軍隊を出した占領したことを批判されなかったことも、列強はその権利があるとされていたからでそれも自明
それを批判したら列強自身が自縄自縛になる。

独立云々はいわばどうでもいいこと。外形が変わるだけで実質は何も変わらない
おそらくここは下の他の列強の介入を認めたらう、連盟はやむやにするきだったろうと推測する

異常なのは日本の権益に他の列強が介入する機会を与える提案。
これが当時として異常なのがわからないのは、当時の国際常識(列強間の不文律)を知らない無知と平和ボケのせいでもある。
(もちろん日本はこれを人種差別と受け取った。故に脱退へとつながる。)

ちなみにこれ以上の要求を迫ったハルノートは異常
131.名無しさん:2019年02月09日 17:05 ID:iKEmsFld0▼このコメントに返信
なお同盟国は中国側についてた模様
英仏米は比較的日本に優しくて独は黄色人種を差別し、ソ連は満洲狙ってたのに英米と戦争した軍人は馬鹿すぎる。
132.名無しさん:2019年02月09日 17:17 ID:P18PdtC.0▼このコメントに返信
>>126
その時は、「核武装しまーすw」って宣言して、さっさと戦力化。5年もあればいけるでしょ。んで、「ヤンキーゴーホーム!」の連呼。さらに中国の太平洋での覇権を黙認。
政治と経済のある程度の独立性を保つのは不可能ではないと思うよ。
133.名無しさん:2019年02月09日 17:22 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
※132

頭の体操として

「核武装しまーすw」←中国による核関連施設への限定空爆ありえる(かつてイスラエルがやったように)

そのリスクどうしよう?

134.名無しさん:2019年02月09日 17:32 ID:P18PdtC.0▼このコメントに返信
>>133
無視する。
太平洋での覇権を黙認することを交渉材料とする。
いっそ中国側に寝返る。
ただではタヒなない、アメリカにも打撃を与えるの精神。

いずれにしても、核武装に関しても言葉遊びの域を出ない。アメリカが本来の意味での孤立主義を構築するのであれば別だけど、現在の繁栄を維持したいのであれば、中国とロシアが消滅しない限り日本はアメリカにとっての急所であり続ける。
仮定に対するさらなる仮定の提示に対して真剣に突っ込まれるのは正直困る。
135.名無しさん NT:2019年02月09日 17:33 ID:Mg6npFu40▼このコメントに返信
>>119
満州人は自ら同化したんだよ。清朝末期ぐらいまでにはかなり同化が進んでて、皇帝の溥儀ですら満州語を喋れなくなっていた。
元朝(モンゴル)が漢族と対立して滅亡したのを教訓に満州人は積極的に漢化したことによって清朝は長く続いた。
満州人は自らを中華民族の一派であると考え、中華思想も持っている。

溥儀が満州国の皇帝に即位した理由は彼が権威主義者だったから。
現在の満州人はさらに同化が進んでている。
満州人は中華思想を持つ中国愛国者で、中国からの独立を望む人間はいないだろう。
136.名無しさん:2019年02月09日 17:38 ID:i.sSicJR0▼このコメントに返信
英は日本の主張を認めていた
この時点で日英再同盟のチャンスだっだんよ
惜しいことした
137.名無しさん:2019年02月09日 18:05 ID:M7TkJI0j0▼このコメントに返信
※128
一々朝日批判記事を立てるのは保守速報みたいな極右サイトだけでいいので。ここは軍事を取り扱うサイトだから、新聞は関係ない。
138.名無しさん:2019年02月09日 18:28 ID:qLEJqAno0▼このコメントに返信
まあすでにパヨク優勢の世の中でうまく立ち回ることなんて不可能w
パヨクがはびこる国は終わる、日本も例外じゃない
139.名無しさん:2019年02月09日 18:33 ID:NS9i6.vQ0▼このコメントに返信
本スレ19
なお自分たちは4正面作戦で自滅する模様
140.名無しさん:2019年02月09日 18:55 ID:g69M3ucp0▼このコメントに返信
イギリスとしては他国に配慮しつつ日本の実益を守ってやりたかったんだろうけど
日本(とうか関東軍)としては実益以上に満洲国を認めさせたかったわけだからなぁ

韓国レーダーの件で日本もやっと気付いたようだけど
外交ってのは二国間交渉以上に第三国への根回しが重要
戦前の日本の失敗は満洲国を作る前に満洲問題に対する理解を他国に広めて主要国を日本の味方に出来なかった点

イギリスやフランスは日本が何もしなくても勝手に日本のこと理解してくてたけど
だからって自国が悪者になってまで日本を擁護するわけがない
せめて日本が予めイギリスやフランスにだけでも了解を得ていたら満洲問題で日本が悪者になることは防げた
これはシナ事変についても言えることだけど
141.名無しさん4月 | 2015 | アサ芸プラス:2019年02月09日 18:58 ID:urUYUAOh0▼このコメントに返信
Total Antivirus 2019 – Save Up to 70% Off Antivirus Today - TotalAV
142.名無しさん:2019年02月09日 19:12 ID:f6qEw7Q50▼このコメントに返信
満州国が実質的な後清として独立してればウィグル、チベット、モンゴルも清帝国の体制として
そのまま独立してたんだよな
だいたい清帝国の版図を全部ひっくるめて漢民族の国が継承するってことが不自然過ぎる
この地域の基礎的な知識を持たないアメリカ人が筋書きを書くからこうなった
143.名無しさん:2019年02月09日 19:31 ID:18FD3Zvs0▼このコメントに返信
ソ連の脅威が日本国内で喧伝されすぎたせいで半島と満州を抱えるはめになったわけでね。実際のソ連は、当時ボロボロで国の体を為していなかった中国に攻め込む陸軍力すらなかった。中国に攻め込んできたのは日本が米国との戦争に負けて降伏の手続きに入ってから。それまでは指をくわえて見ているだけだった。
そんなソ連なんか脅威でも何でもなかったから、さっさと半島と満州を米国や英国に売り払っておけば良かったんだよな。冷戦から現代にかけてもソ連は脅威でもなんでもなくて、モンゴルですら征服できなかったヘタレなんだし
144.名無しさん:2019年02月09日 19:53 ID:IuZBjwTf0▼このコメントに返信
※142
満州民族の明が漢民族の領域まで含めた清を成立させたわけで漢が明を支配したわけではないからな
アメリカ崩壊後にハワイ王国が北米の領有権を主張するようなもん
145.名無しさん:2019年02月09日 20:04 ID:GoMFMEd70▼このコメントに返信
この辺の話って相当な知識がないと基本すら語れない上に各勢力が都合のいい話をするからな
敗戦利得者や陸軍に嫌がらせされた親英米派からすると旧軍はいくら悪くても問題がないし
アジア主義者からすれば反米感情を煽れれば儲けものでパヨは日本をバカに出来れば整合性関係なし
146.名無しさん:2019年02月09日 20:28 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信
※135
テスト
147.名無しさん:2019年02月09日 20:30 ID:puu6Xl.Z0▼このコメントに返信

何がNGワードなのかわからない
148.名無しさん:2019年02月09日 20:41 ID:IuZBjwTf0▼このコメントに返信
そういう時は複数に分割して投降してみるんやで
6行くらい一気にやろうとしてんだろ
149.名無しさん:2019年02月09日 20:50 ID:UxpKnVEa0▼このコメントに返信
桂ハリマン協定さえ発効すれば満鉄にアメリカ資本が入る。満州の資源や製品を日本に搬入する満鉄で米国が儲け、米国資本の満鉄護衛を米国が帝国軍に委託する日米同盟が成立する。

飛車(満鉄)を取らせて玉(米国)を取る大戦略だ。天才桂総理に一人しとけば帝国は磐石よ。
150.名無しさん:2019年02月09日 20:50 ID:n7LrhMRU0▼このコメントに返信
①日露戦争で満州の共同開発を条件に日本はユダヤ人から戦費を借りたが、
 国内世論の反対でユダヤ人の権益を認めず満州国建設を推進した。
②ユダヤ人で米大統領のF・ルーズベルトは景気拡大のために戦争が必要だった。
③ドイツはユダヤ人のスターリンが支配するロシアに敵対し、さらにユダヤ人の
虐待を始めたために、米ユダヤ財閥からの参戦の圧力がF・ルーズベルトに
かかっていた。
④日独防共協定が締結された。
⑤朝日捏造新聞等の戦争を煽るマスゴミが政権を倒すほど大きな力を持っていた。
⑥・・・

もろもろの状況で、あの時は日本が戦争をするか、無条件降伏して日本や北東
アジアが露、米、仏、英の植民地になるしかなかったのではないか。
そしてインドや東南アジア、アフリカは植民地のままだっただろう。
151.名無しさん:2019年02月09日 21:15 ID:LP4e.ir80▼このコメントに返信
>>6
中韓に屈しないって言うか中韓が屈した結果が満州利権容認じゃねぇか
当時中国すら満州諦めてたんだぞ
152.名無しさん:2019年02月09日 21:20 ID:w2oSixDB0▼このコメントに返信
※84
>>84
日本の政治家で英語が達者な連中でまともなのはいない不思議。
153.名無しさん:2019年02月09日 21:47 ID:btN5vFkj0▼このコメントに返信
>>5
戦犯はお前みたいな奴やな
現代でも日本は欧米に比べてここがクソ!ていうと、日本が嫌なら出てけ厨がわらわら出てくるからなぁ
根本は何も変わっとらんでほんま
154.名無しさん:2019年02月09日 22:04 ID:bJT7KXTL0▼このコメントに返信
軍大臣現役武官制と金科玉条憲法とくだらない政党政治のなかでの揚げ足取りがかさなって
どこかの新聞社が国民煽りにあおった中で起こった挑発で火が付いた複合要素なんだぜ
90年代は軍現役武官制以外の要素はそろっていた
今は二列目の要素は沖縄本島でしか存在していない
155.名無しさん:2019年02月09日 22:05 ID:CbUekUPy0▼このコメントに返信
パットン戦車団とは別口ですか?
156.名無しさん:2019年02月09日 22:15 ID:IxkUD1GP0▼このコメントに返信
「坊さんが屁をこいたミュージカル編」が唯一の持ちネタのリットン調査団!
157.名無しさん:2019年02月09日 23:47 ID:UKx94fTI0▼このコメントに返信
当時の日本は国連の常任理事国だろ
常任理事国に本気で経済制裁できる国なんてないだろ
今の中国を見れば明らか
158.名無しさん:2019年02月10日 00:02 ID:gvXPPT300▼このコメントに返信
所詮"かもしれない"説なのに分かったように言い切っちゃって胡散臭いな
159.名無しさん:2019年02月10日 00:25 ID:cbjdVmYr0▼このコメントに返信
※40
それこそまさに進駐軍(GHQ)のWar Guilt Information Program、半日左翼は連中の走狗に過ぎない。
思考停止させることで日本を再び立ち上がれなくするという謀略は、日本国内の売国奴の不断のアシストもあり今も成功し続けている。
敗戦はすべて日本の罪にされてしまって、まっとうな総括が日本自身できてないから普通の国にもなれない。
160.名無しさん:2019年02月10日 00:32 ID:r.zeJofh0▼このコメントに返信
バランスとタイミング、目的と手段
まぁなんかやるなら基本をしっかりね
161.名無しさん:2019年02月10日 05:33 ID:Nj3c9FkX0▼このコメントに返信
>>4
外務省の劣化が一番の原因だよ。しかも不運な事に、外務官僚の劣化と、日本が戦勝五大国、世界三大海軍国、国際連盟の常任理事国と、ものすごく国際地位をあげて義務が増えた時期が同じだったので、無茶苦茶になった。

さらに、20年代は左翼思想が世界中に広まって、日本は大国であるのにも関わらず、マスコミに躍らされた国民が勝手に日本を「持たざる国」だと思い込んで、反アングロサクソン思想をこじらせてしまった。

結果、大国である日本があたかも無法者の小国のように国際法無視で振る舞うようになって、自分で自分の首を絞めたんだよね。
162.名無しさん:2019年02月10日 05:44 ID:Nj3c9FkX0▼このコメントに返信
>>17
A ドイツとの三国同盟を言い訳に日本がイギリス植民地を攻撃しないように、昭和16年前半まで融和姿勢で、日本に資源確保の協力まで打診してたのに、南部仏印進駐という形で裏切られた国。
B 日本の旧同盟国で再同盟をずっと打診してたのに、日本をドイツに取られて、結果準敵国になった国。
C 目下交戦中だけど、どちらかというと包囲されてる方。
D インドネシア植民地の存続に汲々として、最大限の譲歩したのに、日本側に高飛車に蹴られた、日本の同盟国と目下戦争中の国。

中国以外の全部、日本側が「勝ち馬に乗れ」「バスに乗り遅れるな」でドイツと同盟国になったせいで敵に回った国々。

163.エンアカーシャ:2019年02月10日 07:50 ID:yXiq1Q8E0▼このコメントに返信
<アメリカ>が不満を表明して、義勇軍を派遣、
中国人に<代理戦争>をやらせる (笑)、

1日、2万トンの軍需物資をインドルートで、フライングタイガースも、
日本へ中国からの撤退を要求(満州含む)、
ハルノートで、日米双方撤退の明記を拒否して、平和的解決を否定したアメリカ、

戦争に成りました。
164.名無しさん:2019年02月10日 10:40 ID:tuSdp3bR0▼このコメントに返信
石原莞爾を持ち上げてるアホが多過ぎて困るわな。大体がコイツとコイツのシンパのやらかしが原因になっているし、責任らしい責任もとってねぇし。
頭は切れるかも知れんが、現実に対処できてないんだから、頭でっかちの妄想家でしかないよな。
165.名無しさん:2019年02月10日 10:46 ID:vbHYKo2r0▼このコメントに返信
アメリカが四カ国条約で日英同盟を解体するという大ミスのせいって部分も大きいんだよな
門戸開放政策も失策だったよね
166.名無しさん:2019年02月10日 11:05 ID:vbHYKo2r0▼このコメントに返信
というか、日本が国策を誤ったのって日本一国のせいじゃなくて、むしろアメリカのせいじゃね?
167.名無しさん:2019年02月11日 01:55 ID:JmOlcSyx0▼このコメントに返信
官僚の利権争いと2,26の亡霊じゃないの?
168.名無しさん:2019年02月12日 05:46 ID:2xTJbbFD0▼このコメントに返信
※130
169.名無しさん:2019年02月12日 05:46 ID:2xTJbbFD0▼このコメントに返信
※130
170.名無しさん:2019年02月12日 12:30 ID:irg79fOM0▼このコメントに返信
根本的に情勢全然読めてないからな、各国新聞読むだけでも十分読めるはずなんだから
当時のインテリジェンスの貧しさは最悪レベル
土壇場での判断を問うのは二流の話であって
流れとしてなるべくしてそうなった面は やはり強いな
171.名無しさん:2019年02月12日 14:58 ID:wZ066X.h0▼このコメントに返信
日露の頃までは情報戦上手かったのにな
この頃は本当に目隠し剣法よ
172.名無しさん帮助中心-京东About:2019年02月15日 18:57 ID:cd2GtnYq0▼このコメントに返信
搜索结果
173.名無しさん:2019年02月18日 15:45 ID:AJr92ukV0▼このコメントに返信
軍が検閲して国民世論を戦争に煽ったって行ってる人は、当時の軍は開戦派と非開戦派がお互いそれなりの数がいたってのは知らないのかね?
勇ましい事を書き立てると国民が喜んで買うから新聞社が勝手にやってただけやぞ。
今の韓国の新聞の反日記事とかと一緒。
なお、戦争が始まった後の検閲に関しては、どこの国でもやってて当たり前。
174.名無しさん:2019年02月19日 11:29 ID:uxFV5aAg0▼このコメントに返信
当時の軍部の暴走は現代の中核派だのの過激派そっくりなのが笑える
175.名無しさん:2019年02月21日 19:47 ID:.WSYfLEt0▼このコメントに返信
結局、コミンテルンに日米が誘導されて戦争になったって事だよな。
本来日本は常に南下戦略を取る対露戦略の一環として大陸進出してたわけだし。
それを弱体化させようと米ホワイトハウス内でスパイが暗躍、大統領が操って対日の流れになり経済制裁になった。
日本でもソ連スパイが新聞記者操って「経済制裁されたら資源がない! なら西洋諸国の植民地解放して、その地域の資源を使うしかない!」
と言う世論へ導いて、結果「真珠湾攻撃」へ。
結果、ソ連は中国人使って日本を大陸から追い出し、日本を使い西洋諸国の植民地を空白化させ、米国にその地域の日本軍を掃除させ、
日本占領にかまけてる米国をよそに空白化してた中極、朝鮮、東南アジア諸国御共産化、要は植民地化することになる。
WW2から朝鮮、ベトナムまで20世紀の戦争の殆どがソ連の植民地戦略の結果って事、その流れで戦争が続くことになった。
176.名無しさん:2019年02月22日 20:34 ID:nG.x93Cx0▼このコメントに返信
建前捨てさせる時点でアウトだろ。
そうなった時点で何時でも実利引っぺがせるんだから。
そもそもそれだと不味いから建前が欲しくて満洲国建国したんだろ。
もともと合法的に利権は持ってたのに、蒋介石とかが反故にしはじめたわけでな。
慰安婦について河野談話出させたのと一緒だぞ。

お名前