2019年01月29日 12:05

ドイツ「領土を削られ天文学的な賠償金・・・・もう戦争するしかない」←わかる

ドイツ「領土を削られ天文学的な賠償金・・・・もう戦争するしかない」←わかる

pixta_10598939_S

引用元:ドイツ「領土を削られ天文学的な賠償金・・・・もう戦争するしかない」←わかる
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548598689/

1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:18:09 ID:nHo
日本「うーん石油ないから戦争するわw」←は?

ドイツは民族存亡の危機あるけど
日本って戦争するまでもなかったよな

3: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:21:40 ID:Sy0
現代だって石油なくなったら終わりじゃん

4: ■忍法帖【Lv=9,うごくせきぞう,sKo】 2019/01/27(日)23:26:35 ID:M2k
イッチは完全自給自足の生活でもしとるんやろ
石油がなきゃ買い物もできひんし

5: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:27:16 ID:xnv
賠償金由来のハイパーインフレって20年代に解決してるんやが

6: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:27:31 ID:mqS
天文学的な賠償金

8: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:28:30 ID:i30
石油なかったら国内産業は壊滅すんで

18: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:29:56 ID:z9t
当時はプラスチック製品が無かったとはいえ
車も船も今とは比べもんにならんくらい燃費悪かったからな

20: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:30:01 ID:SCT
戦争してたら石油止められたんやぞ
それで石油欲しいから戦争したんや

22: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:30:23 ID:TfI
満洲大油田さえ見つけていれば今ごろは…

23: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:30:46 ID:xnv
>>22
なお掘れない模様

25: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:31:24 ID:2eb
ドイツにとって問題だったのは賠償金じゃなくて大恐慌なんだよなぁ
ナチスは人気取りと雇用政策のためにアウトバーン建設やってバラまいて、その債務履行期限前に戦争をやった
その結果国土が灰になったんだから自業自得の大失敗ですわ

27: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:32:07 ID:i30
フーバーなら禁輸は無かったのに...
ホンマルーズベルトってカスだわ

31: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:32:45 ID:5B3
>>27
日中戦争の時点で全面禁輸を主張してたぞ

34: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:33:25 ID:xnv
>>31
でも南仏印進駐まではしなかったんやな
ルーズベルトは戦争したがったっていうけど実際はだいぶ甘々に見える

28: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:32:09 ID:Lpy
でも今となっては完全に復活してるから有能やわ

30: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:32:37 ID:Fgs
国外資産も凍結されて、関税も敷かれてたんや
逆鎖国のようなもんやな
そんな状態で放置すれば、国家運営への悪影響は必至
戦争は避けられなかっただろうね

35: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:33:37 ID:2eb
禁輸が悪いって言うけどさ
なんで禁輸されたんかっていう発想がないよね
なんでかというと日本の侵略……もとい拡張政策のせいやぞ

38: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:34:44 ID:nHo
>>35
ごめんなさいすればよかったのにな
総力戦を覚悟してまで戦争やる理由としては弱い
そこまで追い詰められてたか?という

49: ■忍法帖【Lv=10,デッドペッカー,8dt】 2019/01/27(日)23:36:31 ID:wIW
>>38
言うて日本の植民地ぜんぶ差し出せやからな
政治的に無理やろ

39: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:34:44 ID:i30
>>35
当時は当たり前の行為やし日本だけダーメってのがそもそもオカシイわ

43: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:35:20 ID:2eb
>>39
日本が他所様の取り分に手を付けたからやぞ

56: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:37:20 ID:i30
>>43
どこの取り分?

58: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:37:53 ID:5B3
>>56
インドネシア獲得が何年まえの話やと思てるねん

62: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:39:21 ID:xnv
>>56
持つ国の間ではベルサイユ条約以後は植民地を新たにつくらないって方針やな
確かに傲慢にも見える曖昧な方針やから後続のドイツや日本が文句たれるのも理解できるが
とはいえ欧米も満州事変やミュンヘン会談で日独に融和的だったんやな

63: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:39:31 ID:4mD
>>56
いやあの時代に手付かずの植民地化できる土地なんてなかったやん
なにいうてんの。タイくらいやん

37: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:34:24 ID:4mD
いやガチで他から石油輸入できへんかったん?ほんまに連合国が全部抑えてたん?

41: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:35:00 ID:ShG
>>37
石油利権は金になるんやぞ
見逃すわけないやろ

45: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:35:25 ID:4mD
満蒙は日本の生命線やぞ
拡大したのは死活問題だったからや

48: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:36:27 ID:nHo
>>45
満州とられた戦後が日本史上最も繁栄した時代だから
それも理由としては弱いよなあ・・・・・

53: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:37:08 ID:e9P
>>48
アメリカが朝鮮戦争で代わりに防衛したからやぞ

55: ■忍法帖【Lv=10,デッドペッカー,8dt】 2019/01/27(日)23:37:20 ID:wIW
>>48
昔は人口増加でやがて日本国民は食えなくなるとか本気で信じてたからな
しゃーないところもある

51: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:36:56 ID:PuE
日本とドイツは遅れて帝国主義のゲームに参加したから敗戦国扱いなんやで
椅子取りゲームみたいなもんや

54: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:37:08 ID:Fgs
政府による軍部の統制が不十分だったようだね
いや軍部の暴走というべきか

64: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:39:59 ID:PuE
植民地を持っとることが悪いんやなくて大義名分与えて叩きやすい立ち位置に回った日本が問題やねん

65: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:40:17 ID:2eb
第二次世界大戦の話になると「戦争しなけりゃ日本は植民地にされてた」という黒船時代の感覚で正当化するやつおるよな

71: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:41:54 ID:Bqe
>>65
まあIFの世界やからな本当に植民地化はあったかも知れんよ戦争の抵抗が無ければ

80: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:44:25 ID:2eb
>>71
当時の日本は世界でも指折りの強国なんだよなぁ
それを植民地って具体的にどうやるんかと

89: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:48:55 ID:Sy0
>>80
植民地化されるほど弱くないけど、植民地を作りまくるほど強くないという中途半端な立ち位置・・・
虎の威を借るぐらいしかできないンゴねぇ

68: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:41:13 ID:mnt
明治から大正にかけて日本の外交は神がかってた気がする

77: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:43:47 ID:Fgs
第二次世界大戦に参加していなかったら今の日本はどうなってたんだろう

84: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:45:58 ID:2eb
大義名分か
インパール作戦はインド解放という大義名分のため、軍事的な実現性よりも政治的な都合を優先した結果だった
なお結果

87: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:48:14 ID:5B3
軍事作戦が政治要件に従属するのは当たり前やろ
勝てるからって勝手に戦争始める軍隊が存在していい訳ないやろ

88: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:48:39 ID:xnv
>>87
関東軍「いかんのか?」

90: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:49:01 ID:2eb
>>87
軍事的に無茶な作戦を政治的都合で実行したのは当たり前じゃないんだよなぁ

91: 名無しさん@おーぷん 2019/01/27(日)23:49:29 ID:5B3
>>90
当時の立案者にとっては無茶じゃなかったで

114: 名無しさん@おーぷん 2019/01/28(月)00:00:12 ID:wF8
でも日本は何で中国攻めてたんや?
欧州が中国を植民地にしてたからか?

115: 名無しさん@おーぷん 2019/01/28(月)00:00:52 ID:wfn
>>114
とりあえずロシアからの勢力圏防衛

116: 名無しさん@おーぷん 2019/01/28(月)00:01:25 ID:6wK
>>114
アメリカとの最終戦争に勝つためにブロック経済を打破して独自の経済圏を打ち立てなあかんから
満州を勢力圏に組み入れてさらにそこを防衛する為に華北も欲しくなったからや

118: 名無しさん@おーぷん 2019/01/28(月)01:46:05 ID:ked
歴史の顛末を知ってるやつがあとからあーだこーだ言うのは簡単よ

119: 名無しさん@おーぷん 2019/01/28(月)07:16:42 ID:pPN
>>118
だからこそ人は未来の人に恥じない生き方をしようとするんやろな
最後の審判とかも「悪事はいずれ露見して未来の人から裁かれる」って
ニュアンスから来とるんやと思うわ

120: 名無しさん@おーぷん 2019/01/28(月)07:18:14 ID:boI
当時の日本は強かったからな
そりゃ欲も深くなるで

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年01月29日 12:18 ID:M9.upmO00▼このコメントに返信
結局石油がなかったらマズいのわかってるのに輸入するからだよな
石油いや輸入資源無しでも問題ないような国家や工業を作るべきだった、というかなぜしなかった
2.名無しさん:2019年01月29日 12:20 ID:uydst.SZ0▼このコメントに返信
日本も韓国に言えばいいんだよ、石油止めるねって
3.名無しさん:2019年01月29日 12:21 ID:aPFt99gz0▼このコメントに返信
いや、満洲とブロック作ったり、いろいろやってたぞ。
石油は間に合わなかっただけ。
で、それすら剥ぎ取られそうになったら、抵抗するだろ。
4.名無しさん:2019年01月29日 12:22 ID:fs4ooxdK0▼このコメントに返信
個人でもそういう奴が時々いる。家を取られ、多額の借金を請求され、最後は自暴自棄になり、あたり構わず暴力を振って逮捕される。
5.名無しさん:2019年01月29日 12:22 ID:o8juQJiq0▼このコメントに返信
※1
おおう・・・ポル・ポト・・・
6.名無しさん:2019年01月29日 12:23 ID:aPFt99gz0▼このコメントに返信
そもそも鎖国の下、自給自足の経済やってたのに、無理やり世界経済に組み込まれたわけでな。
7.名無しさん:2019年01月29日 12:25 ID:A1HoXym70▼このコメントに返信
ブロック経済から締め出されてる時点でどうにも成らん
石油が無きゃ直ぐには植民地にされなくても
数年で主要産業がガタガタになり今の北朝鮮みたいな極貧になっても不思議じゃない
8.名無しさん:2019年01月29日 12:27 ID:n5PMo63h0▼このコメントに返信
満州に関しては日本が実質勢力圏に組み込むのは列強に支持されてたんだよなぁ
アホの関東軍が熱河作戦とかやりだして全て台無しになったけど
9.名無しさん:2019年01月29日 12:27 ID:Arb4pAnj0▼このコメントに返信
WWIで独に課せられた賠償金はもの凄くて、払えない分は立っている電柱を引っこ抜いてそれを賠償に当てる程だったという

WWIIのときは、過酷な賠償の反動で独はファシズムに走った、と了解されたので賠償金は基本ナシ、ということになり、これは戦後国際社会のコンセンサスとなった(実際には完全な無賠償ではなく、それ相応の戦時賠償やそれに類いするものは支払われた。WWIのときよりはずっと軽負担だが)。

しかるに戦後が遠くなったいま、独そして日本にも、賠償・補償・慰謝料を求める国家勢力が現れた昨今である…。
10.名無しさん:2019年01月29日 12:31 ID:nVu02cIh0▼このコメントに返信
反原発にとってはライフラインも「たかが電気」だからなw
文明人として致命的に想像力が欠けてるw
11.名無しさん:2019年01月29日 12:32 ID:Mbt65sRm0▼このコメントに返信
近世、現代の発展は石油ありきだしな石油止められたらそのまんま
『真綿で首を絞められる』
状態だし。
12.名無しさん:2019年01月29日 12:32 ID:WhOigq3m0▼このコメントに返信
ロシアに南進されて軍港を作られたら日本アウトだったろ
植民地どころか民族浄化まで有ったわ
米国が満州に軍港作っても日本は丸ごと飲まれたろうな
13.名無しさん:2019年01月29日 12:33 ID:pL4Uhuct0▼このコメントに返信
戦争してなきゃ、ソ連になってたからしゃーない
14.名無しさん:2019年01月29日 12:33 ID:2626G2Xv0▼このコメントに返信
ゲーリングの四カ年計画・・・
15.名無しさん:2019年01月29日 12:34 ID:HMF4XL1T0▼このコメントに返信
「油断」でも読め
16.名無しさん:2019年01月29日 12:36 ID:UzOM10Y.0▼このコメントに返信
開戦しなきゃ内戦始まってもっとズタボロだろうよ。植民地にしたって先進国ならどこもやってたしな。
17.名無しさん:2019年01月29日 12:37 ID:fWorxS.P0▼このコメントに返信
>>1
だから石油とれる植民地を欧州からぶんどってたんだぞ
18.名無しさん:2019年01月29日 12:38 ID:SSsdYOgO0▼このコメントに返信
満州と日支と大東亜で理由が違うやろ
19.名無しさん:2019年01月29日 12:39 ID:xtLBlL1t0▼このコメントに返信
>>1
具体的にどうしたらいいのか言うてみ?
江戸時代に戻るとか植民地待った無しだからダメやで。
20.名無しさん:2019年01月29日 12:40 ID:CoJGjGHT0▼このコメントに返信
喧嘩を売った相手は石油や鉄の仕入れ先というのに狂気を感じる…。
21.名無しさん:2019年01月29日 12:42 ID:9dRGkSWL0▼このコメントに返信
GHQの指導や敗戦のトラウマで戦後長らくアメポチ政策が続いてたが、生理並の勢いで定期的に訪れるアメリカさんのモンロー主義傾向がトランプの影響でまた始まってるから、その機に乗じてTPP11や日欧EPA進めて保護主義に立ち向かおうとしてるのは歓迎やわ
本当はそんな遠くの国々やなくて中国とかロシアと仲良くできればそれが一番なんだが、何であいつら何百年何千年経とうと国が変わっても、延々国是として帝国主義的なんやろうな…
22.名無しさん:2019年01月29日 12:42 ID:PmETdAwQ0▼このコメントに返信
油田見つければなんとかなるって考えが、実はそもそもの戦略ミス
油田あっても、当時の日本は製油技術が遅れていた
基礎技術をおろそかにして、先端技術はパクりでなんとかしてた
おや? 今でもどこかにそんな国が……
勝てるはずないよね
23.:2019年01月29日 12:44 ID:RG6OsrZu0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
24.名無しさん:2019年01月29日 12:46 ID:bW0fjUBg0▼このコメントに返信
有色人種の人権がないまま、軍事力を持てない最貧国に落とされる可能性もあった。
当時、有色人種なんていくら重労働をさせようが、いくら殺そうが、気に入らなければ滅ぼそうが有りだった世界観やで。
原爆見たら分かるやろ、終戦直前ですら民間人関係無く人扱いしてない。
25.名無しさん:2019年01月29日 12:46 ID:xtLBlL1t0▼このコメントに返信
>>22
脳内仮想戦記が好きなやつら的には、大慶油田がとか言う話らしいけど、
あそこの油田硫黄分が多すぎて、仮に使えたとしても日本の艦船の信頼性が更に低下してただけだろうね。
26.:2019年01月29日 12:47 ID:JN0OAnh.0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
27.名無しさん:2019年01月29日 12:48 ID:RFeyClfK0▼このコメントに返信
そもそも当時、戦争しなければ奴隷だろ。
白人優位の世界だし。
昭和の中期まで白人は強かった。
本質的には有色人種に平等、人権とかなかったし。
28.名無しさん:2019年01月29日 12:49 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※1
帝国歌劇団乙
29.名無しさん:2019年01月29日 12:50 ID:5J654T2u0▼このコメントに返信
半年分の石油備蓄使いきったら戦争も儘ならないまま最貧国化して植民地になる未来しか無いのに何で戦わないと思うのか不思議。
やっぱり自給自足してる奴は国も自給自足完遂出来ると思うのかね?
30.名無しさん:2019年01月29日 12:52 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
日本は侵略国家で戦争を起こす口実が欲しかっただけだからな
31.名無しさん:2019年01月29日 12:53 ID:n5PMo63h0▼このコメントに返信
植民地になるって奴は意識が幕末になってませんかね
32.名無しさん:2019年01月29日 12:54 ID:nam1gZM.0▼このコメントに返信

 日本の江戸時代の飢饉の時のようにドイツでは喫人が散見された。
 一方で裕福な暮らしをしていたユダヤ人達がターゲットにされた訳だね。
33.名無しさん:2019年01月29日 12:54 ID:WuFHGfn10▼このコメントに返信
※22
とはいえ戦争序盤で日本が手に入れた油田は
日本の消費量を軽く上回る量を産出してくれた訳だが
34.名無しさん:2019年01月29日 12:54 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
輸禁されたのは日本が満州を独立させ中国に侵略したから
全て自業自得です
35.名無しさん:2019年01月29日 12:54 ID:aPFt99gz0▼このコメントに返信
※8
その前から、支 那(蒋介石ら)が条約等保護にして権益回復闘争しかけてきている。
欧米相手にも喧嘩吹っかけて、返り討ちにあってるから専らターゲットが日本に集中するようになった。
36.名無しさん:2019年01月29日 12:56 ID:aPFt99gz0▼このコメントに返信
※20
時間おいたら益々不利になるからやむをえずという面がある。
今の中凶とかもっと酷いぞ。
そういう前例知ってるはずなのに、アメリカに依存した上で喧嘩吹っかけてるんだから。
37.名無しさん:2019年01月29日 12:57 ID:57R1i9Qk0▼このコメントに返信
むしろ>>1の内容だけでも今でも全然戦争する理由になる事だと思うけど
38.名無しさん:2019年01月29日 12:58 ID:5J654T2u0▼このコメントに返信
>>31
第二次世界大戦後に欧米が東南アジアを再度植民地にしようとしたの知らないのか?
日本とドイツが予想外に頑張ったお陰で再侵攻する体力が無かったから諦めただけで帝国主義に問題が有ると考えた訳じゃない。
39.名無しさん:2019年01月29日 12:59 ID:aPFt99gz0▼このコメントに返信
※22
一応技術が進んだドイツと同盟結んでたわけで、ドイツに原油供給する代わりに技術を供与してもらうってのはありだと思うけどな。
あともう少し我慢すべきだったわ。
40.名無しさん:2019年01月29日 12:59 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※35
だからといって欧米の既得権益まで奪ったり破壊して回ったら欧米から嫌な目で見られて当たり前だろ
少しは考えて行動しろ
41.名無しさん:2019年01月29日 13:01 ID:aPFt99gz0▼このコメントに返信
※40
欧米の既得権益まで奪うとは?
インドシナ進駐とかの話か?
42.名無しさん:2019年01月29日 13:02 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※39
インドネシアから本土まで輸送するのですら沈めまくられてるのに独逸まで輸送できるか?
43.名無しさん:2019年01月29日 13:03 ID:RtGQ2m380▼このコメントに返信
何の理由もなく石油輸出止められたと思ってるのかねぇ?
理由は日本のアホで横暴な外交政策だろ。
回避の道はいくらでもあった。
44.名無しさん:2019年01月29日 13:03 ID:aPFt99gz0▼このコメントに返信
※42
いやだから対米戦に進まずにって話だろ。
45.名無しさん:2019年01月29日 13:06 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※41
例えば欧米の作った映画にSHANHAGIなどがある
それを見ればわかるけど、欧米としては日本に大使を暗殺されたり権益を奪われたという意識しかないよ
中国国民党を攻めるにしても欧米の理解を得る必要があった
中国権益を独り占めしようとしていた日本軍には不可能だろうけどね
46.名無しさん:2019年01月29日 13:07 ID:3l89P2kQ0▼このコメントに返信
パヨチン大発狂
47.名無しさん:2019年01月29日 13:09 ID:RtGQ2m380▼このコメントに返信
※38
いや、普通に間接統治に話は向かっていたが・・・
日本敗戦して不在になった元植民地に舞い戻るのは当たり前なわけで。
48.名無しさん:2019年01月29日 13:09 ID:rdUeBycJ0▼このコメントに返信
WWIIの唯一最大の教訓は「大陸には手を出すな」これに尽きる
満州に深入りしてなかったら石油禁輸もなかったわけだしな
津波災害とかと同じで、あと100年200年先の子孫が同じ間違いを起こさんように石碑でも立てるべき
49.名無しさん:2019年01月29日 13:11 ID:jPrx8s7q0▼このコメントに返信
アメリカも石油の為にイラク戦争してるからなあ
50.名無しさん:2019年01月29日 13:11 ID:eVqU.EhT0▼このコメントに返信
は?
理不尽に石油止めたのアメリカとイギリスですが?
51.名無しさん:2019年01月29日 13:12 ID:aPFt99gz0▼このコメントに返信
※45
第二次上海事変のことか?

>中国権益を独り占めしようとしていた

あまりに主観的で結論ありきじゃないかね。そもそもソースが映画っておかしいだろ。
暗殺って何? 英国の大使が怪我したらしいが、死んだ人間もいたのか?
52.名無しさん:2019年01月29日 13:14 ID:aPFt99gz0▼このコメントに返信
※47
>いや、普通に間接統治に話は向かっていたが・・・

証拠は?
間接統治なら軍派遣して、独立戦争にならんだろ。
53.名無しさん:2019年01月29日 13:14 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※38
被害妄想が酷いね
一度精神科に行ってみた方がいいかもよ
54.名無しさん:2019年01月29日 13:15 ID:aPFt99gz0▼このコメントに返信
戦前に独立決まってたのってフィリピンぐらいと思ってたがね。
55.名無しさん:2019年01月29日 13:16 ID:ADgFYNZA0▼このコメントに返信
※25
硫黄分が多すぎ?
その硫黄分を取り除かなければ国が滅ぶ、というのなら
日本中の科学者・技術者・石油屋が集まって
日本の総力を挙げてなんとかしてただろ。

だって、なんとかしないと国が滅ぶんだよ??
「いや~、日本の技術じゃ無理っすねww やるだけ無駄じゃないっすかぁ??wwww」
で済む話ではないわけで。
56.名無しさん:2019年01月29日 13:17 ID:aPFt99gz0▼このコメントに返信
※53
※38ではないが、中東とか、第一次大戦後も普通に植民地化されているし、
第二次大戦後の東南アジアの独立戦争みたら被害妄想とはとても思えんがね。
57.名無しさん:2019年01月29日 13:17 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※51
上海で米国大使が怪死した
アメリカ人の大半は日本軍がやったと思ってるよ
58.名無しさん:2019年01月29日 13:18 ID:3q6EAI6K0▼このコメントに返信
アメリカは日英同盟を廃棄するように圧力をかけておきながら、
4カ国条約も9カ国条約も日本の権利を保障できず、
保証人の立場であるアメリカは国民党の革命外交に知らぬ存ぜぬを決め込んだ。
日露戦争を見てもわかるようにロシア・ソ連邦の南下政策に対抗することは日本の死活問題であり
満州をおいそれと手放すわけにはいかなかった(そもそも満州は女真族の本拠地であり、漢族に引き渡すべき理由もなかった)。

これに加えてベルサイユ講和会議での人種差別撤廃宣言の却下やカリフォルニア州の日系移民排斥が日本のアメリカに対する敵意を煽った。
59.名無しさん:2019年01月29日 13:20 ID:aPFt99gz0▼このコメントに返信
※57
証拠がなければ、ただの妄想。てか、因縁じゃん。
なんでアメリカ人の被害妄想を根拠になると思えるのか正直理解できんのだが。
ただ、あんたが結論ありきなのはよくわかった。
60.名無しさん:2019年01月29日 13:21 ID:.oI.7cx90▼このコメントに返信
※31
こういう人が戦争は全て悪とか言うのかな
61.名無しさん:2019年01月29日 13:21 ID:5J654T2u0▼このコメントに返信
>>53
日本が戦前に脱退する前の国連で民族自決を訴えた時に反対したのは何故なんですかね?
時期尚早と言うなら段階的な民族自決を承認してもよかったのでは?
62.名無しさん:2019年01月29日 13:21 ID:1wRUO4Up0▼このコメントに返信
日支事変は日本の保護国である満州国に多国籍支援で統一した蒋介石の国民党軍が軍事的に圧力かけたのが原因だよ。
この時点でガッツリ連合国は戦争に干渉してるんで1942年の真珠湾攻撃に始まったと考えるのはあくまで連合国側の大義名分上の都合。

63.名無しさん:2019年01月29日 13:23 ID:s8747DgR0▼このコメントに返信
ロシア南下に対する国防線、ソ連成立後は防共防波堤だったのにアメちゃんうっかり破壊
結局、身銭切って血を流して防衛するはめになるも半島の北半分を分捕られる
南半分も大陸側の橋頭堡にすぎない自分の立場を理解できない住人により北半分に併合されそう
国民党は手駒として無能とテヘラン会談以降切ったにもかかわらず戦勝国・常任理事国にする甘やかし
結果、国共内戦で盛大に赤化
最終的にアジア進出に出遅れて利権が欲しくてたまらなかったアメちゃんが何も取れなくて大損
日本も征韓論争も含め大陸側に防波堤を築こうとした150年間は失敗だったと認めたほうがいい
万葉集の時代からなぜ北部九州に防人が置かれたのか?に立ち返ったほうがいいよ

64.名無しさん:2019年01月29日 13:25 ID:5o9pD6YB0▼このコメントに返信
石油とか諸問題をどうにかクリアしてWW2を避けてかつ植民地化も避けるってウルトラCがあったかもしれないが
そうしたら逆に米ソ冷戦は開戦まで行ってこれが事実上のWW2になってたんじゃないかな。
日本は米ソの主戦場として火の海どころか核で不毛の地になってそう
なんだかんだ世界があの時にWW2を経験した事は意義があったと思うよ
65.名無しさん:2019年01月29日 13:27 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※59
俺は事実がどうかなどという話はしていない
問題は日本の中国侵略を欧米が歓迎しなかったことだ
このせいで日本は無謀な戦争を起こし敗戦滅亡する事になった
誤解があるならば解かなければならなかったし、不信があるなら説明しなければならなかった
66.名無しさん:2019年01月29日 13:28 ID:9DOW5grv0▼このコメントに返信
>>25
そもそも当時は石油メジャーですらあそこに油田はない、と判断してたからね

あんなところに油田があるとは思いもしないのは当時の状況から見ても仕方ない
67.名無しさん:2019年01月29日 13:29 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※61
満州国政府は日本の傀儡だった
日本政府の言う民族自決は言葉とは違い日本の傀儡国建国に過ぎなかった
その野望は簡単に見破られた
68.名無しさん:2019年01月29日 13:30 ID:jVqtPlGp0▼このコメントに返信
※21>>21
>>そんな遠くの国々やなくて中国とかロシアと仲良くできればそれが一番
隣国は中が悪いのが普通。そんなお花畑をやって、宗教も違う移民に乗っ取られたEUという国々がありましてな……。仲のいい隣国で一緒になって問題ない相手はもはやすでに一国に成ってる。それにキチ半島二国は別としても、中露双方日本のドクトリンとは合わない。日本はアメリカ以上に孤立主義傾向を持つことを忘れたらいかんで。200年以上に及ぶ鎖国はアメリカのモンロー主義の比じゃない孤立主義なんやで。その前も平安時代200年ぐらい鎖国しとる。ぶっちゃけ国内がまとまってた時は平安以降、かなりの期間に鎖国しとるのが日本や。ヒキコモリの程度の差はあれな。

一方、中露は真逆に近い。ロシアは鎖国みたいなことはしたこと無いし、中国も明・清の海禁とかなし崩しだし、文化大革命時の鎖国もほんの短期間。むしろ鎖国は国内がおかしくなった時に引き締めでやり、まとまってた時は外に出てくるのが普通。余力が有れば安定のためにも鎖国したい=日米。力が余れば拡張したい=中露。真逆よ。
69.名無しさん:2019年01月29日 13:33 ID:aPFt99gz0▼このコメントに返信
ID:wTv0f.270
事実を積み重ねるて論証するわけでもなし。結果ありきの思想的反日運動家って感じだな。
日本の被害妄想は悪で、欧米人の被害妄想は善て思考な時点で相手にする気もうせたわ。
70.名無しさん:2019年01月29日 13:34 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※62
軍事力で圧力をかけられたからといってやり返したのが間違いだった
国連に訴えれば十分に理解を得る機会はあった
そもそも、シナ事変が始まった時は国民党が共産党に対して大動員をかけた直後であって完全な日本軍の不意打ちだ
この機に中国の問題を一挙に解決しようとしたのだろうが軍事占領すれば全ての問題が解決するという考えが間違いだった
世界は日本の侵略行為を許さなかった
国民党が何かやってきたならばその面倒を丁寧に見て国連に訴える粘り強い対応が正解だった
71.名無しさん:2019年01月29日 13:37 ID:XWhie21A0▼このコメントに返信
仏印進駐は援蒋ルート遮断のためだったんだよね
ハノイなどの北仏印までは許せたんだけど、サイゴンなどの南仏印進駐が決め手になった、と
地図見て思うけど、援蒋ルート遮断に南仏印進駐は必要だったのかな?
蘭印の資源地帯を狙っていると思われても仕方ないような
72.名無しさん:2019年01月29日 13:39 ID:LNMdnrhw0▼このコメントに返信
本スレ25
>ドイツにとって問題だったのは賠償金じゃなくて大恐慌なんだよなぁ

ここは正しいが

>人気取りと雇用政策のためにアウトバーン建設やってバラまいて、

大恐慌を受けた各国が壮大な貸し剥しに走らなければ、ナチスもそんなことする
必要はなかったんだから「自業自得」とまでは言えないな。

そもそもヴェルサイユ条約(特に天文学的な賠償額と、それまでの外交慣例に反した
第231条問題)といい、ルール地方占領といいナチスに人気が集まるようなことを
平気でやった後の連合国サイドにも問題があるわけで、第二次世界大戦の戦後処理にも
その反省が活かされてる。
73.名無しさん:2019年01月29日 13:41 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※71
そもそも中国への支援を邪魔された時点で米国はガチギレでしょ
74.名無しさん:2019年01月29日 13:42 ID:uCJI0dfO0▼このコメントに返信
徐々に周りの国々が白人共の植民地になっていくのを見ていると明日は我が身と思うのも分かる
75.名無しさん:2019年01月29日 13:43 ID:XWhie21A0▼このコメントに返信
※70
「国連に訴える」
今ならわかる、それは幻想だと

シナ事変そのものの評価はともかく、
>軍事占領すれば全ての問題が解決するという考えが間違い
これは当時の日本は考えていただろうねぇ
だから国民も「南京を占領すれば解決する」と考えていたわけだし
76.名無しさん:2019年01月29日 13:45 ID:XWhie21A0▼このコメントに返信
※73
でも、北仏印までは日本側に一応の筋は通っていたんじゃない?
だから南仏印進駐で全面禁輸になったのだと思うのですが
77.名無しさん:2019年01月29日 13:52 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
本当に国防の事を考えるならば欧米との協調を図り、国民党と講和し、軍事力はひたすらソ連に備えるべきだった
だが、関東軍は日本政府の意向を無視し(当時の軍部は自発的な作戦行動も独自の外交も認められていた)自発的に攻略作戦を繰り返した(これは完全な命令違反)
命令違反の攻略作戦でも成功すれば出世し報酬がもらえたため、隙があれば攻撃的な軍事行動を起こすようになった
その結果としてシナ事変は泥沼化し、その身勝手な軍事行動が海軍にまで伝染し米国との開戦にまで至ったのが実情だ
全ての軍事行動は日本軍の将の出世のため、日本軍の予算アップのために行われた
その結果として日本は滅亡した
戦争は百戦して百勝すればよいわけでは無い
大切なのは国を守る事だ
日本軍にはその大切な事が理解できなかった
78.名無しさん:2019年01月29日 13:59 ID:XWhie21A0▼このコメントに返信
※77
>本当に国防の事を考えるならば欧米との協調を図り、

日英同盟を破棄してしまったことが痛いですね
これが残っていればシナ事変の仲介があったかもしれないし
ブロック経済時代にイギリスとの貿易ができたかもしれないし
79.名無しさん:2019年01月29日 14:00 ID:b3ukzQJj0▼このコメントに返信
第一次大戦後、ヨーロッパはヴェルサイユ体制、アジアはワシントン体制
ワシントン体制を忠実に守ろうとしたのが、幣原喜重郎に代表される日本
体制をひっくり返そうとした挑戦者が、蒋介石や張学良に代表される中国

中国にしてみれば、相つぐ敗戦や革命で自分たちがペシャンコになっているあいだに
勝手な決まりを作って、公平と称して既得権益を守ろうとしている列強に不満がある
若造とみなしていた日本が、俺たちも条約改正のために国内の制度の近代化をはじめたのだから
お前たちも短気を起こさずにそうしろ、と物わかりのいい伯父さんづらするのも我慢がならない

日中衝突の淵源はそこにあるのだが、後年の日本は、東南アジア全域で挑戦者の立場にまわって
体制をひっくり返そうとした。この中間管理職的な立ち位置が、語りにくい原因のひとつだろう
80.名無しさん:2019年01月29日 14:05 ID:OqJdFpoY0▼このコメントに返信
ニューディールにしろアウトバーンにしろ、国費で借金して国民に仕事与えるのは同じなんだよな。高速道路作りまくって建設業に仕事与えてる現代も似たようなもんだし。
ヒトラーの場合は、メフォ手形政策自体は試算をきちんとすれば借金を返済出来るようになってたのに、シャハトの制止を聞かずに出た利益を還元しないで戦争準備に使ったのがアカンかった。所謂四カ年計画が本当に余分。ただ東方進出と軍事拡大はヒトラーと党の基本理念だったから、それ変えないことには自滅は避けられないんだろうな。
81.名無しさん:2019年01月29日 14:15 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※69
たしかに全て日本が悪いわけでは無い
当時の欧州による植民地による支配は現地民にとって許せるものではない
現代の米国の支配体制も最悪だ
米国による資本主義と民主主義の押し付けによって世界中の民衆が搾取され苦しまされこの世は地獄と化している
だが、日本がそれを覆して世界を支配してもそれもまた最悪だ
天皇へ忠誠を誓わせられそのために生きる事を強要され今以上に自由が無かったのは想像に難くない
それ以外の国々などこれら以上に最悪だ
全ての国々も人々も全てが最悪だ
批判以外にするべきことは無い
82.名無しさん:2019年01月29日 14:17 ID:NJWBTvnz0▼このコメントに返信
>>1

無理。
明治維新からの急速発展で、石油抜き、工業化抜き、はありえない。
むしろ、急速発展自体が世界史の奇跡だし、明治中期には日露、日清、やる無理ゲーも待ってる。
明治維新後に景気良くなるまで2.30年くらいなのも奇跡。

てかさ、みんな忘れてるけど、黄色人種はサル扱いの人外。これの一匹が得体のしれない強さで、露に勝って台頭拡大した恐怖や嫌悪って凄まじい、危機感生むからね^_^;団結してぶっ叩くくらいの危機感。
中東は古代からドンパチやってるし、根幹がそれぞれユダヤ教由来だから、広い意味で文化圏双子でまだ人間のくくり。日本は中東や異教徒や異宗派以下な、人以下なかとう種。


83.名無しさん:2019年01月29日 14:26 ID:5J654T2u0▼このコメントに返信
>>81
全部否定しか出来ない人間は政治を語るべきでは無いんだけどね、誰のためにもならないし。
84.名無しさん:2019年01月29日 14:28 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※82
国連の常任理事国にまで取り立ててもらっておいてどうしてそう文句ばっかりなんだ?
そこまで低く見てたら常任理事国に等してもらえなかっただろうし、朝鮮台湾満州の権益も認めてもらえなかっただろう
85.名無しさん:2019年01月29日 14:30 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※83
じゃあ誰のためにもならない国など滅ぼした方がいいし、人類も滅亡させた方がいいね
国も人間も他の人間を不幸にするだけだ
86.名無しさん:2019年01月29日 14:38 ID:qbGm260U0▼このコメントに返信
※76
蒋援ルート封鎖目的なら仏印(北印)ルートを塞いでもビルマルートとかあるのでその圧力・封鎖を行うには南印へ進行する必要性があった。

ただ問題は南印は東南アジアの経済交通の要所でもある。(反対に北印は「蒋援ルート封鎖」以外は意味がないから日本が進駐してもほぼ放置状態)

なので日本的には「蒋援ルート封鎖」が主で「経済・シーレーン」どうこうはその意図がないか、あってもそこまでするつもりがなかったのを、
英米は北印は自分の財布的に影響が大きい南印では「経済・シーレーン」が主で「蒋援ルート封鎖」はおまけ、もしくは今はともかく後々そうなる、と思った。

何せ一方的に中国支援なんかやっているという後ろめたいこともなくはないので。

その結果、「ことが終わったらインドシナからは出て行くし、その間も英米には手を出さない」という日本と「とりあえずインドシナから出て行け、話はそれからだ!」という英米と交渉が噛み合わないまま開戦へ・・・となると。
87.名無しさん:2019年01月29日 14:48 ID:ruW0Q8.D0▼このコメントに返信
「領土を削られ天文学的な賠償金・・・・もう戦争するしかない」← 今の日本じゃん。
88.名無しさん:2019年01月29日 14:55 ID:z4da0Kx30▼このコメントに返信
>当時の日本は世界でも指折りの強国なんだよなぁ
>それを植民地って具体的にどうやるんかと

何言ってんだこいつ
戦後と勘違いしてんじゃねえのか
軍事力だけでどうにか新興勢力面してただけなのに、その軍事力を削ぐ話されて素直に従えるわけ無いだろ
有色人種は非人間扱いされてた時代だぞ
アパルトヘイトなんて1990年代まで存在したんだぞ
核使用なんて非人間扱いそのものだろうが
民族浄化が世界中で現在進行形で起こってるのに、よくもそんなお花畑なことが言えるもんだ
こういうお花畑こそ平和の敵であり人類の敵
自分が平和に暮らしてるからみんな()そうだろうっていうおぞましい思考
こういう奴らマジ滅びねえかな
89.古古米:2019年01月29日 14:56 ID:XK3ZUffr0▼このコメントに返信
満鉄を日露戦争借金の返済として、アメリカとの共同経営にしていたら、どうなったかね。
日本陸軍の宿営地の隣にアメリカ陸軍の宿営地が出来てたりして。
90.名無しさん:2019年01月29日 14:56 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※87
領土(離島や孤島)
賠償金(高々数億円)
ドイツの賠償金は百兆ドルだぞ
91.名無しさん:2019年01月29日 14:58 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※89
日米の力を合わせればソ連など恐れる事は無い
中国国民党も米軍基地もあるとなれば遠慮する
経済制裁などされるわけも無くなるし、ブロック経済に混ぜてもらえる
全てが解決して世界が平和になる
92.名無しさん:2019年01月29日 15:00 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※88
こういう事言ってるやつが欧米への危機感を煽って戦争を起こした原因だろうな
93.名無しさん:2019年01月29日 15:02 ID:81YJbTKI0▼このコメントに返信
何しても日本とアメリカの国力を冷静に比較して待ったをかけられなかった当時の日本首脳部と軍部がカスだったのは事実
現在ですら勝てない無謀な戦争を肯定するカスはいるし、馬鹿はいつの時代にもいなくならないから困る
94.名無しさん:2019年01月29日 15:10 ID:nDA8XI4V0▼このコメントに返信
中国との戦争が原因とは????
フランス、イギリスと中国の戦争(アロー戦争、アヘン戦争)はどうなんだ・・・・・こちらは良しか?

95.:2019年01月29日 15:37 ID:zE9s2J300▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
96.名無しさん:2019年01月29日 15:41 ID:vWQA1ZRU0▼このコメントに返信
貧困で希望もなく死ぬか早期講和狙いで戦争して死ぬかの選択しただけ
97.名無しさん:2019年01月29日 15:42 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
共産党革命の影響無視しても何もわからんぞ
98.名無しさん:2019年01月29日 15:46 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
まあ、有色人種に対する差別と共産党による工作で日本がはめられただけだよ
地理的にも人種的にも味方いなかったんだから拡張主義取る以外に方法はなかった
資源もなかったしな
拡張主義でなければ植民地にされて奴隷化されて終わり
99.名無しさん:2019年01月29日 15:54 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
>>93
ルーズベルトが共産党に操られてることを見抜き、中国との関係を見抜き、アメリカで世論誘導をし、
石油をどこかほかから調達し、満州をアメリカに渡してそれでも他の国から侵略されないような軍事力を維持し・・・
っていうのは簡単だけどどこのなろう小説だよ
頭悪すぎるぞ
100.名無しさん:2019年01月29日 15:56 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
そもそも朝鮮・満州からロシアと中国が侵入してくるのを防ぐために朝鮮と満州を多大な戦費と犠牲払って手に入れたのに
手放すわけないだろ
手放すくらいなら最初から取ってないわ
101.名無しさん:2019年01月29日 16:00 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
もっというとアメリカは日英同盟辞めさせたときから虎視眈々と日本を狙ってたんだから
満州渡したところで遅いか早いかで結局占領されてたぞ
102.名無しさん:2019年01月29日 16:01 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※99
ルーズベルトが共産党に操られていたとか陰謀論でしかない
現実を見ろ
中国を支援していたのなんか当時でも日本政府関係者も軍部も全員知っとったわ
アメリカの世論は元々戦争反対だった
日本がわざわざ戦争におびきだしただけ
欧米に反逆しなければ輸禁されなかったし、軍事的支援も受けられ続けた
現に日露戦争の時に欧米から支援を受け取っている
中国利権を満州権益までで良しとして戦火を広げなければ何の問題も起きなかった
むしろ、日本があほすぎてわざわざ自滅しただけ
103.名無しさん:2019年01月29日 16:02 ID:VfWL.wBA0▼このコメントに返信
第一次大戦の敗戦署名調印式はパリ郊外の列車で行われたが
これに腹が立っていたのか、ヒトラーは電撃戦でフランスを屈服させて
敗戦の調印をさせるために、わざわざ当該列車を探し当てて
パリ郊外まで引っ張り出してきたという
104.名無しさん:2019年01月29日 16:04 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※101
それってあなたの妄想でしかないですよね
105.名無しさん:2019年01月29日 16:06 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※100
国連は日本の朝鮮併合を認めていたよ
満州の権益も認めていた
ただ満州を独立させるのを辞めて国連で共同管理しろというだけ
106.名無しさん:2019年01月29日 16:08 ID:pXQjE5yA0▼このコメントに返信
日米戦争が回避できててもソ連と対峙することになるし、
下手したらソ連と核戦争になってたかもしれん
日本は戦前から米露中がせめぎ合う場所だから厄介
107.名無しさん:2019年01月29日 16:12 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
※102
アメリカの公文書が公開され始めてるだろ
ヴェロナ文書とか読んでみろ
アメリカの世論は反対してたけどルーズベルトは何とか戦争したかったからハルノートやら突き付けて戦争を起こさせた
後世の研究で分かったことを日本も知るべきだった馬鹿だったとか言う方がバカだろ
日露戦争は英国がロシア対策で日本に協力しただけだろ
欧米が支援したわけじゃない
日英同盟が残ってたら太平洋戦争も起きなかった可能性はある
英国は同盟は守っただろうからな
遼東半島もそうだが日本が何しても一々難癖付けて欧米が干渉してただろ
有色人種の国である限りいずれは植民地にされてたよ
108.名無しさん:2019年01月29日 16:13 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※106
日本軍が解体されたから日本は攻撃対象にならなくなってよかったよかったってか?
109.名無しさん:2019年01月29日 16:14 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
※105
なんで国連で共同管理しろというのか考えてみればいい
なんだかんだ難癖付けて最終的には骨抜きにされる
三国干渉の時代から一緒
背景には有色人種に対する差別意識があるんだからどうしようもない
最終目的は植民地化だよ
110.名無しさん:2019年01月29日 16:15 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※107
どうやらきみは自国以外を滅ぼさなければ平和は実現しないという考えの持ち主のようだね
でも、そんな事は不可能だと言い切っておくよ
111.名無しさん:2019年01月29日 16:16 ID:ZeBRfyq00▼このコメントに返信
石油なかったら軍が機能しなくて交渉するにしても足元見られるし戦うしかないやろ
112.名無しさん:2019年01月29日 16:17 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※109
はいはい
差別差別
わかったよ
日本は差別されてたんだね
もう話しかけてこないでね
きみとは会話にならない
113.名無しさん:2019年01月29日 16:18 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
まあ、もう少しアメリカに負けるのが遅かったらアメリカの保護下にも入れずに
ソ連に占領されて共産化されて民族浄化や今の中国みたいになってた可能性もあるから
太平洋戦争に負けたのは悪くなかったと思うけどね
被害が大きいっていうけど、太平洋戦争の戦死者って310万人だからな
7000万人の人口に対して310万人なら中国の大躍進運動の餓死者2700万人に比べればだいぶまし
114.名無しさん:2019年01月29日 16:18 ID:5o9pD6YB0▼このコメントに返信
※104
そんなの言っちゃったら「満州渡せば列強のアジア植民地化はおとなしくなる。WW2は避けられる」ってのもあなたの妄想でしょう
歴史のifを語る時どうしても不正確な情報がソースになるんだから、それを妄想呼ばわりしたらおしまいだよw
115.名無しさん:2019年01月29日 16:19 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
※112
国際連盟が人種差別撤廃条項を拒否したことも知らないのか
116.名無しさん:2019年01月29日 16:19 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※111
石油を止められたのは日本が満州を独立させて、中国を侵略し、インドシナを占領したから
全て日本が悪い
侵略国家に経済制裁するのは当然の事
117.名無しさん:2019年01月29日 16:21 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※115
人種差別撤廃(日本による支配)
118.名無しさん:2019年01月29日 16:23 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※114
不正確な情報どころかそっちはルーズベルトの考えを妄想してるだけじゃん
国連が日本へ経済制裁したのはリットン調査団などをはじめとした国際決議違反だとはっきりしているんだから全然違う
119.名無しさん:2019年01月29日 16:24 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
※117
アメリカには黒人奴隷がいたし、欧米のインドや東南アジアの人間扱いしてなかった支配のことも知らないんだろうな
日本が併合した朝鮮や委任統治した島国から一方的に搾取してたか?
国内の餓死者放ってまで開発してただろ
全部その外側のロシアや中国からの侵略を防ぐための防波堤だよ
その時代時代で生き残りに必死だっただけだよ
第二次世界大戦時期は人種差別と共産化の二重の攻撃を受けてたんだから
120.名無しさん:2019年01月29日 16:26 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
※118
イラクの時と一緒で調査や制裁なんてお手盛りだろ
理不尽な要求なんて日本はずっとされてる
その中で生き残り模索してただけだよ
121.名無しさん:2019年01月29日 16:29 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※120
生き残る方法が真珠湾攻撃かw
笑わせてくれるw
122.名無しさん:2019年01月29日 16:31 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
※121
実際生き残っただろ
戦争してなければもっと悲惨だったぞ
123.名無しさん:2019年01月29日 16:32 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※119
そんな事はどうでもいい
問題は日本は選択を誤り敗戦滅亡したという事だ
124.名無しさん:2019年01月29日 16:32 ID:5o9pD6YB0▼このコメントに返信
一時は連盟の常任理事国になった日本なんだから、満州強硬論じゃなくて外交力と軍事力の正しいオプションでもう少しいい手段はなかったの?って疑問には概ね賛同なんだけど、施策に具体性が欠けてしまうんだよね
あの時WW2を避けたら宇宙開発競争もなく際限なく軍拡競争が起こってた可能性もあるし、どこかで火蓋は切られた時に日本も巻き込まれるだろうし、それに避けられないように武装中立するほど資源に富んだ国でもない
核投下や有色奴隷化が肯定される時代なんだから、まるで未来を見てきたような神がかりな政治家でもない限り戦争の惨禍に遭う事は避けられないと思うよ。別に世界が悪いとか日本が悪いとかじゃなくて
125.名無しさん:2019年01月29日 16:34 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
難癖付けられてゴリゴリ権益削られて最後は経済制裁されて石油もない状態で
完全な植民地化の末に共産化されて民族浄化されてた可能性が高いと思うぞ
第二次世界大戦の数年で共産党のやばい部分が明らかにされて朝鮮戦争までの時間が稼げた
悪くないだろ
126.名無しさん:2019年01月29日 16:34 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※122
結局無条件降伏しただろ
全てが無駄だった
127.名無しさん:2019年01月29日 16:34 ID:lhV2EJnV0▼このコメントに返信
当時白人様からすれば
アジアの黄色猿如きが調子のんなや
って感覚だろ
128.名無しさん:2019年01月29日 16:34 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
※122
戦争しなければ敗戦する事も滅亡する事も無かった
129.名無しさん:2019年01月29日 16:38 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
今の時代に大日本帝国が存続してる状況を考えてみろよ
あり得ないだろ
どこかの段階で政治体制は変えられてるよ
外圧か自発的なものかはわからんが
滅亡とか無条件降伏とか言うけど、言うほど被害受けてないぞ
130.名無しさん:2019年01月29日 16:38 ID:q.NRjSN50▼このコメントに返信
ドイツが賠償金で戦争したとかアホかよ
経済は20年代中盤には回復してたわ
世界大恐慌の後にも賠償金多すぎるだろうからって90%くらい減らしてたんだぞ
結局世界大恐慌とドイツ人の変なプライドのせい
第一次世界大戦で徹底的に叩き潰してれば背後の一撃論なんて伸長せずに少なくともナチ政権にはならなかった
131.名無しさん:2019年01月29日 16:40 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
ドイツが戦争したのは恐慌でブロック化が進んで植民地持ってないドイツが行き詰まったからだろ
第二次世界大戦は連合国(植民地いっぱい)と枢軸国(資源がない)の戦争だからな
132.名無しさん:2019年01月29日 16:43 ID:pXQjE5yA0▼このコメントに返信
戦前東アジアの独立国って日本とタイだけだった
欧米列強に遅れてきた列強の日本が挑み負けたが、
結果的に独立国が増え、アジアの力が強まって良かったんじゃない?
ただし戦前から米露中がせめぎ合う地勢は変わらないし、
次の戦争の予兆が強まってる気がする

133.名無しさん:2019年01月29日 16:46 ID:KDRoIQLE0▼このコメントに返信
リットン調査団の勧告に従うで良かったと思うけどね。
> 満州における日本の権益は認められるとして、そこに日本と協力する自治的な政権が成立することには容認できる

↑これに満足できず国際連盟を脱退したのは、熱河作戦をやりたかったからだけど、
陸軍としてのメリットは分かるけど、日本国としてはデメリットのほうが大きかったよ。
134.名無しさん:2019年01月29日 16:52 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
※133
そこだけ変えても次の難癖付けられるだけだろ
日本が大量の資本と労力をかけて発展させたら他国が入ってきて共同管理って頭おかしいわ
権益だって一時的に認められてもすぐに奪われるぞ
しょっちゅう戦争が起きてた時代なんだから
今の中国のサラミ戦略と同じだよ
譲歩すればしただけ更に詰め寄ってくる
135.名無しさん:2019年01月29日 16:54 ID:iki2TYPn0▼このコメントに返信
※128
戦争しなかったら、最終的にソ連に襲い掛かられて、日本列島から日本人が消えるって言う最悪の結末も「有り得た」だろうけどな。

当時のアメリカなんか、日本が利権手放して大人しくしていたって、平然と裏切るぞ。
利権手放す時点で、海軍も大和や陽炎型、夕雲型等の最新鋭艦の建造は禁止。
金剛型や長門型、赤城、加賀等の旧式化していた主力艦も引退。
哀れ、翔鶴、瑞鶴は翼なき空母として海の底。

こう言う、最悪もあり得るってのが人間の世界だよ。
「戦争しなかったら」なんて、一言で片付くほど世界は簡単じゃないわけ。
136.名無しさん:2019年01月29日 16:54 ID:q7nm13rk0▼このコメントに返信
中国が完全に各国に分断されて植民地化されたら、次は日本もそうなるに決まってるやろ
そうなる前に手を打つ必要があったから中国解放したりしたわけやろ
まぁ日本は負けるんやけど、文字も大してかけないような民族を奴隷化して働かせるのは簡単やけど、あそこまで抵抗するような国民を奴隷化するのは難しいと判断したんちゃうか?
今、これだけの地位と生活があるんやから、戦争には意味があったし祖先に感謝するのが当たり前ちゃうかなぁ
今が悲惨な国になってるならそりゃうらんでもしゃーないやろけど
137.名無しさん:2019年01月29日 16:55 ID:47cyfCNR0▼このコメントに返信
イッチの謎理論だと、ドイツの戦争は仕方なく、日本の戦争はダメorアホ
は?
138.名無しさん:2019年01月29日 16:57 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
何もなくて中国も何の価値も感じてなかった満州を日本が必死で開発したのは防波堤作るためだからな
やっと防波堤になるかと思ったら共同管理って従う方があほやろ
139.名無しさん:2019年01月29日 17:15 ID:esEaE9IT0▼このコメントに返信
まー何が凄いって、ここで日本だけが悪いと言い切る奴は、ほぼ地球の裏側にある欧米が、アジアに本土を持ち周囲の現状から自国の最善手を選択しようとしていた日本を自らの損得判断だけで裁くことに何の疑問も持っていない事だな。不当に他国に侵略した日本が悪い?おいおい、日本の海外から結ばれた不平等条約と呼ばれる一連の条約が解消されたのは、日露戦争後までかかってるんだが。そんな奴らが、正義の為に日本を裁いただけだぁ?どれだけ自分の思い込みに都合が良い妄想振り回してるんだよ。まあ、欧米の奴らは基本自分達の非は認めんが、流石にあいつらでも其処まで身勝手な主張はせんわ。ツラの皮の厚さ有名なイギリスでさえ、阿片戦争については少なくとも自慢はしないしね。
140.名無しさん:2019年01月29日 17:20 ID:hgxOrFoR0▼このコメントに返信
もし仮にせっかく努力して苦労して白人にいやがらせされながらも
なんとか築きあげて貯めた貯蓄をぜーんぶ放棄しろと言われたら
はいどうぞと素直に差し出すばかがいるか?
その先にあるのはかつてのアジアと同じように白人が支配しルールを決める下僕国家だ
そんな道を歩けないと突っぱねて負けるとわかっていても始めるしかなかった
現在のふぬけな日本よりずっとまともな国だったよ
あの頃の日本は
141.名無しさん:2019年01月29日 17:31 ID:nU6uzkee0▼このコメントに返信
石油が無ければ、軍の艦船、航空機が動かんだろ。
あの時代は、まだ食うか食われるかの世の中。
あっという間に占領されて、領土を失うことになる。
142.名無しさん:2019年01月29日 17:51 ID:LNMdnrhw0▼このコメントに返信
※130
>第一次世界大戦で徹底的に叩き潰し

連合国側も疲弊+スペイン風邪のダブルパンチで参ってたから無理
143.名無しさん:2019年01月29日 18:05 ID:ffMpWfqt0▼このコメントに返信
日本「中国から撤兵するぐらいな対米戦しかないわ・・・」←謎
144.名無しさん:2019年01月29日 18:06 ID:jjrQgna.0▼このコメントに返信
南ベトナムから撤退すればよかったんだろ
まあ結局満州以外の中国から撤退ということになるが、今だから言えるが、そうすれば良かった
145.名無しさん:2019年01月29日 18:09 ID:KDRoIQLE0▼このコメントに返信
熱河作戦の目的は、阿片利権を陸軍が牛耳るためだったから、
陸軍をコントロールするためにも国際管理にしたほうがよかったと思うけれど、
「流された日本人の血が~」と煽られて国際連盟を脱退したほうが日本国のためだったんだろうか。
146.名無しさん:2019年01月29日 18:19 ID:pXQjE5yA0▼このコメントに返信
しかし、結局のところ、最後に勝ったのは日本だった。
日本のとった道、すなわち自らの主権のもとに近代化、西洋化をはかるという道が結局西洋を打ち負かした。
日本は西洋を取り込むことによって、西洋の支配を免れた。
軍事的には、日本は第二次世界大戦(大東亜戦争)において、歴史上最も決定的な敗北を喫した。
自ら植民地大国たらんとする政治的な野望は達せられなかった。
しかしその後の推移では、政治的に敗北したのは西洋だった。
日本は西洋をアジアから追い出し、西洋の植民地勢力の権威を失墜させることに成功した。
その結果、西洋はアジア、ついでアフリカの西洋化された非西洋世界に対する支配権を放棄せざるをえなくなった
経営学者P・F・ドラッガー著『新しい現実』
日本が勝ったかどうか怪しいと思うが、こういう見方をする識者もいる。
147.名無しさん:2019年01月29日 18:21 ID:xMPOZi260▼このコメントに返信
お題のドイツはWW1から2の直前までの期間かな。
であれば、当時のドイツはウハウハ状態だったよ。何せ英国や米国から低利融資が豪雨のように降り注いでいた時期だし。完全雇用の状態でバブル経済。国民の所得がグングン上がってた時期。
さらには周辺国へもドイツ企業が進出していてこれまたぼろ儲けしてた時期。
これがひっくり返ったのが、ご存知のアレ。ドイツ人は世界一イイイと叫び始めるのは、ローマ帝国時代から変わらないようで。
その後、拡大EUでもドイツ人は世界一イイイと叫びだして、東ドイツ生まれのおばちゃんが友愛で世界一イイイになろうぜ、と叫んで今に至るw
そろそろ原発を全て停止するし、次は全ての火力発電所を停止するってよ。英国の苦悩がよく分かる
148.名無しさん:2019年01月29日 18:45 ID:qWkUHcXI0▼このコメントに返信
※91
アメリカが引きこもっても強大な軍事力で何年かはいけるが
その先は結局消える蚊のy¥鵜性が高い アメリカはイギリスに成れないw
149.名無しさん:2019年01月29日 18:54 ID:ZjdDo6Oj0▼このコメントに返信
日本国内放置して海外に投資&投資&投資

敗戦して国が傾くほど投資した資金人材資材はゴミとなり

アホとしか言いようが無い

特に半島

併合せず満州までの通り道だけ整備すりゃよかったんだ
150.:2019年01月29日 19:00 ID:JTchF9oj0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
151.名無しさん:2019年01月29日 19:17 ID:.z3Nq2440▼このコメントに返信
お前らがなんと思おうが、当時の首脳の本音はこうや

「黄色いサルのくせに生意気だぞ」
152.名無しさん:2019年01月29日 19:30 ID:UNBPVXIk0▼このコメントに返信
その通りで、戦争することはなかった。
ただ、それを決める事が誰にもできなかった。
依らば大樹の陰
森より木、木より枝に目がいく
沈黙は金
勝てば官軍、負ければ賊軍
そんな国民性の下では民主主義が機能するわけもなく、戦争を招来した。
153.名無しさん:2019年01月29日 19:34 ID:qWkUHcXI0▼このコメントに返信
※151
白いウジが半島かw
154.名無しさん:2019年01月29日 19:35 ID:UNBPVXIk0▼このコメントに返信
>>105
事件の責任を日本と断定したが、同時に治安維持の観点から追認したはず。
しかし実より名をとった為に日本が一方的に脱退した。
あの時、関係者の処分と米国への譲歩ができていれば、、、
155.余命三年時事日記が閲覧不能の続報:2019年01月29日 19:36 ID:XFH5C2h30▼このコメントに返信
余命三年時事日記が閲覧不能の続報
(サイバー攻撃とか、プロバイダへの恫喝でブログ削除や封殺?)

何度か投稿したことで今更だが、反日勢力との情報戦は佳境に差し掛かっているように思われます。反日左翼・在日コリアンも手段を選ばなくなってきているのか?
なお、国学者の竹田恒泰氏(旧皇族)の公式サイトは復活・復旧できた様子です
156.名無しさん:2019年01月29日 19:36 ID:0U9Gg5Yw0▼このコメントに返信
>>38
ほーん
んで、どうやって日本が植民地されるシナリオを描いてるんですかねぇ…
誰も東南アジアの話なんかしてねぇんだよなぁ…
157.名無しさん:2019年01月29日 19:53 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
日本が黄色人種の国家だから異様に叩かれることが多かったのは事実
戦後もしょっちゅう叩かれてる
それでも何とか頑張って抵抗した先人の努力は認めるべき
戦術に誤りがあったかもしれないけど、戦略まで否定するのは間違い
戦争の契機になったハルノートと石油の禁輸はルーズベルトの人種差別意識と共産主義から来てるのも事実
時代が悪かったとしか言いようがない
158.名無しさん:2019年01月29日 19:56 ID:dWvNbNOo0▼このコメントに返信
>>156
石油がなくなれば終戦時レベルの兵器運用しか出来ないが、ソ連やアメリカの軍艦や戦車にどう対抗すんの?大和魂?
159.名無しさん:2019年01月29日 19:57 ID:LZVXpXeC0▼このコメントに返信
大恐慌と黄禍論を忘れてる
160.名無しさん:2019年01月29日 20:04 ID:dWvNbNOo0▼このコメントに返信
外交万能論がよく語られるが、建前だけでも対等な現代日本が外交のみで問題解決出来てるか?当時はもっと酷いぞ。
161.:2019年01月29日 20:05 ID:D0anb08o0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
162.名無しさん:2019年01月29日 20:07 ID:thtDqMxl0▼このコメントに返信
>戦争してたら石油止められたんやぞ
戦争それ自体は当時なーんも問題無かったが?石油を止められるような大義名分は無かった
ところが当時の中国軍が負けそうになって自ら重慶に逃げ込んで住民を盾にして、そこを攻撃されたのを日本軍の虐殺として訴えた
ただのマッチポンプだったんだよ
163.名無しさん:2019年01月29日 20:18 ID:X7nFH6Ke0▼このコメントに返信
イタリアでオチがつくと思ってたのに
164.名無しさん:2019年01月29日 20:25 ID:LZVXpXeC0▼このコメントに返信
大恐慌後、ブロック経済と黄禍論で日本は行き場がなかった
加えて、中国に利権のあるルーズベルトは異様な反日野郎で、親中にもほどがあった
それとハルノートの無茶苦茶ぶり、この条件呑む国ってないだろう

グダグダ外交で粘るべきだったし、軍の見通しと責精神論や無責任さ、同調圧力にはうんざりだったが、
アメリカは日本煽って戦争したかったのは事実
165.名無しさん:2019年01月29日 20:53 ID:h0krHHCE0▼このコメントに返信
石油が~植民地が~で自分には関係無いと思うからそんな理由でwって考えてるんだろうけど、結局、行き着く先は「不況」そして「貧困」、「飢え」やぞ 飢え死にしても文句言わんというなら別にいいけどね 
166.名無しさん:2019年01月29日 20:54 ID:tK4L6Yet0▼このコメントに返信
なんか本スレの議論がおかしい。
チハたんをまず見ろ。それから当時の日本が強いと思うやついるか?
別に弱いわけではないけど、何かを勘違いしているとしか思えんな。
167.名無しさん:2019年01月29日 21:01 ID:fBtdF4TO0▼このコメントに返信
アメリカからの要求は中国からの即時撤退。日本は段階的に撤退する案とかで譲歩してたけど、こんなの飲めるような条件じゃなかった
それに加えて石油の禁輸のせいで、日本の艦隊は数年以内に石油がなくなって行動不能になると思われた。
海軍に全振りした海洋国家である日本の海軍が数年以内に戦闘力を失うという危機的状況の中、どうせ戦争するなら石油ができるだけ残ってるうちに開戦したほうが有利となるのは当然
168.名無しさん:2019年01月29日 21:19 ID:KDRoIQLE0▼このコメントに返信
※167
あのー、日米了解案って知ってる?

1.全ての国家の領土保全と主権尊重
2.他国に対する内政不干渉
3.通商を含めた機会均等
4.平和的手段によらぬ限り太平洋の現状維持

これをちゃぶ台返ししたのが松岡外相。
169.:2019年01月29日 21:34 ID:iS3u6C8H0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
170.名無しさん:2019年01月29日 21:39 ID:iS3u6C8H0▼このコメントに返信
世界中の中央銀行はみんなハザール偽ユダヤ人銀行家の命令で作られたの。ロスチャイルドが発行権持ってて、Federal Reserveはアメリカ合衆国の機関ではなくて、過激派ハザール偽ユダヤ人のもの。英文とかの資料読んでみ。
171.名無しさん:2019年01月29日 21:39 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
※168
単なる出発点で何の意味もないよ
交渉が煮詰まる前の話
結局行きついた先はハルノートだったんだから
172.名無しさん:2019年01月29日 21:44 ID:YaKbPR.e0▼このコメントに返信
ぶっちゃけ戦争仕掛けなかったらjb355が実行されて首都爆撃さてたのが現実やろ?
大統領からゴーのサイン入り、後は調整して爆撃するだけでしたーとか
陰謀論でも何でもない、アメリカの公文書で真珠湾前の攻撃命令書とかな、本当に出てくるんだもんな
ハワイ併合も半世紀近く過ぎてから違法でしたーとか判決出るし
本当、草もはえない
173.名無しさん:2019年01月29日 22:03 ID:Ss9HU.V50▼このコメントに返信
※167
日本は大陸撤退なんて一切約束してないゾ
そんな約束してたならそもそも近衛政権は潰れてない
撤退するしないで参謀本部内でもめているうちに、対米弱気だった海軍が参戦に染まり切って、終わり
逆切れ自爆戦争の始まり
174.名無しさん:2019年01月29日 22:04 ID:qoxPvO7I0▼このコメントに返信
欧米でKu Klux Klanの影響が強かった
あと、ソビエト連邦が裏で、いまでいうマスゴミ世論誘導や反日工作が(少なくとも)アメリカで盛んにやってたはず、いまでも大統領選挙で似たような疑惑問題あったよね
175.名無しさん:2019年01月29日 22:17 ID:97eQAbM60▼このコメントに返信
※168
松岡は欧米人のスタイルを熟知していて、率直な言動が賛同を得やすいと知っていた
それで終始、フランクで直接的な態度をとった
ところで欧米の反応は「ただし白人に限る!」だった




176.名無しさん:2019年01月29日 22:25 ID:.NRfIZbO0▼このコメントに返信
こういうのって常に日本が日本がと言うけれど、現代の知識を動員するとどう考えても欧米列強のほうがおかしいやん。俺たちはやるがお前らは駄目みたいな意味不明な理論が正しい訳ねーわ。今みたいに拡大は駄目だけど代わりに支援するよ!一緒に成長しようぜ!ならまだ分かるが当時はどう考えても強盗やヤクザが一方的に難癖つけてただけ。
177.名無しさん:2019年01月29日 22:27 ID:lckt5Mnl0▼このコメントに返信
北朝鮮を見てみろ!国民に我慢を強いて見事に国を維持してる
なぜ日本にできなかったのか!
178.名無しさん:2019年01月29日 22:30 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
※177
あそこは後方の中国とロシアに支援してもらってるだろ
日本の後方には海しかないぞ
179.名無しさん:2019年01月29日 22:31 ID:SpI.yyZV0▼このコメントに返信
陰謀論遊びは面白くて興奮するし、何でも知った気分に成れて気持ちいいけど、そこそこにしとけよ。
下手したら統合失調症になるぞ。
それから少なくとも、金を使わずに(払わずに)得た情報なんて参考程度までにとどめけよ。
タダはタダなりの理由があるからな。
180.名無しさん:2019年01月29日 22:33 ID:YCygW84Y0▼このコメントに返信
ある意味ドイツは良かった!
ドイツとオーストリアの関係です。
日本と韓国(北も含む)の関係です。
同じ統合関係である。
オーストリアは一切問題を起こさないが、韓国はイチャモンばかりです。
国民性の違いだけではない。
同じ隣国でもこの差は違い過ぎる。
181.名無しさん:2019年01月29日 22:36 ID:12BUjgow0▼このコメントに返信
F・ルーズベルトは大恐慌の後の景気対策でニューディール政策以上の
景気拡大のために戦争が必要だった。またロシア革命後、社会混乱の中で
権力を握ったスターリンも民衆の不満を外にそらすために戦争が必要だった。
F・ルーズベルトもヒトラーのユダヤ人虐待への国民の怒りとモンロー主義
ちいう国是の中で、外国から戦争を起こさせれば参戦できると考えた。
ヨーロッパでは潜水艦でドイツ軍を秘密裏に攻撃したり、日本には経済
封鎖で開戦に追い込んだ。ユダヤ人で共産主義者のF・ルーズベルトと
スターリンは共謀して反共産主義を公言する圧力をかけて日本やドイツに
戦争を起こさせた。第2次大戦は、敗戦国のドイツ・日本が戦争を始めた
ことになっているが、実はアメリカとソビエトが起こした戦争だった。
182.名無しさん:2019年01月29日 22:42 ID:KDRoIQLE0▼このコメントに返信
海軍第一委員会の石川信吾少佐
「南部仏印進駐は、陸海軍統帥部の強い主張に基づくものであったが、その場合、英米の全面禁輸を受けるものと予期していた。
作戦上の理由から、この年の秋における開戦は必至と考えられていた。
私は対米戦をやるならばこの年の秋だと早くから確信していた」

ちなみに石川信吾少佐は、太平洋戦争初戦の日本優位時には、酒の席で「この戦争を起こしたのは俺だよ」と豪語していた。
183.名無しさん:2019年01月29日 22:55 ID:97eQAbM60▼このコメントに返信
結果的に国を無茶苦茶にしたのだから,大恐慌後の日本の来し方にたいして、猛省が必要なのは確か
と同時に冷静な分析も必要だ
あと絶対に煽りに乗らない図々しさも、もっと必要

184.名無しさん:2019年01月29日 23:05 ID:Rp5FAvvX0▼このコメントに返信
ドイツのWW1 戦後負債は戦勝国の無計画っぽいが、そもそもあれのアメリカ参戦は戦争で「儲け」ようと
画策したユダヤ人がいたからで、WW2の日中戦争への介入も同じ。ソビエトとロシア系ユダヤスパイの陰謀。
ヒトラーがこの世に生を受けてなくたってあの時代には誰かが立って似たようなことは起きた。
ユダヤ資本をバックに、殺し合いで金儲けをすることを国策としてるアメリカは、今も昔も変わっていない。
ウォール街に直径100mくらいの隕石でも落ちればいいんだ。
185.名無しさん:2019年01月29日 23:10 ID:wTv0f.270▼このコメントに返信
まぁいろいろあったが日本が滅亡してよかった
186.余命三年時事日記が閲覧不能(拡散!):2019年01月29日 23:10 ID:CWwAhV6R0▼このコメントに返信
あの外患罪告発・懲戒請求の指揮者ブログ「余命三年時事日記」が閲覧不能になっています(サイバー攻撃やプロバイダへの恫喝圧力のせいとみられます)。この件は何度か投稿したことで今更だが、反日勢力との情報戦は佳境に差し掛かっているように思われます。
しばらく前に「 保守速報」や「もえるあじあ」にサイバー攻撃があったことは周知ですが、竹田恒泰氏(旧皇族の竹田氏、古事記を新訳した国学者)のサイトもしばらく見れなくなっていたようです(こちらは現在は復旧)。
187.名無しさん:2019年01月29日 23:14 ID:Ss9HU.V50▼このコメントに返信
※182
石油禁輸の所為で日本は負けが分かっていても戦争に打って出るしかなかった~とかいう後付けの出鱈目を吹聴する連中はホントに有害っすね

188.名無しさん:2019年01月29日 23:20 ID:fhl6xv2T0▼このコメントに返信
>>67
一方、欧米諸国の言う民族自決は白人キリスト教徒にしか適用されなかった

綺麗事の御題目なんて結局自国で都合のよい解釈しかされなかった
189.名無しさん:2019年01月29日 23:20 ID:AAfWhiRl0▼このコメントに返信
あの状況で石油は酸素みたいなもん
断つと容易に全部死ぬ
190.名無しさん:2019年01月29日 23:20 ID:3zGrRlwl0▼このコメントに返信
※176
日本が普通におかしいだろ。やめろっ言ってたのに無視して経済制裁くらったら真珠湾攻撃だろ。精神腐ってんじゃねーの?
191.名無しさん:2019年01月29日 23:22 ID:3zGrRlwl0▼このコメントに返信
※171
そりゃ奇襲攻撃にハルノート関係ないからな
192.名無しさん:2019年01月29日 23:24 ID:3zGrRlwl0▼このコメントに返信
※26
同化政策とか悪事そのものだな。目上からの対応でそれが現地からどれだけ反感買うかわかってねーじゃん
193.名無しさん:2019年01月29日 23:33 ID:fhl6xv2T0▼このコメントに返信
>>78
一次大戦後、利害で繋がる同盟関係による戦争が連鎖、拡大したという反省から
国連に加盟し裏切り者(と欧米が言った国)を粛清するための集団安全保障クラブに加わるというのがこの時期の言う「欧米との協調」なんですが…
194.名無しさん:2019年01月29日 23:39 ID:NiKY1U100▼このコメントに返信
各国戦争ばかりの状態で軍部が力を持つ状況は仕方ないだろ
時代背景無視しても何もわからんぞ
遠隔地への通信手段がほとんどない状況で軍に実権与えなかったらなにもできない
今の常識で理解しようと思うのが間違ってるわ
195.名無しさん:2019年01月30日 00:03 ID:yccIRbvg0▼このコメントに返信
ここにもスレで言われている「黒船時代の感覚」のままの阿呆がいるなw

当時の日本そこまで弱くねえよ無知が
196.名無しさん:2019年01月30日 00:08 ID:djaEIGM.0▼このコメントに返信
>>48
大陸放置とかソ連ルートやん
197.名無しさん:2019年01月30日 00:13 ID:SuvFQ7yO0▼このコメントに返信
※195
弱いか強いか知らんがブロック化でものが入ってこない状態で食料自給率が100%行ってなくて
支配地域で石油が出ないんだから気を抜いたらすぐに滅亡だぞ
譲歩する余裕なんてあるわけがない
どんな時代を想定してるのか知らんけど、満州だと馬賊がそこら中にいて軍でも気を抜いたらすぐに襲われるんだぞ
平和ボケしすぎじゃないか?
198.名無しさん:2019年01月30日 00:51 ID:DrDDfBKa0▼このコメントに返信
日本国の国体は維持するから、日本軍の戦闘行為を止めさせろ、が連合軍からの
通達であって、日本国の「無条件」降伏ではないんだけどな。
どこで、無条件降伏って話になったのか・・・
199.名無しさん:2019年01月30日 00:52 ID:KpKK3hoD0▼このコメントに返信
とりあえず田母神が言うことを鵜呑みにするんだ
有罪なんて言う人は国に帰れ
200.名無しさん:2019年01月30日 01:31 ID:gXeNHU8Z0▼このコメントに返信
>>93
アメリカと戦争してなかったら、
日本なんか侵略されてなくなってるわ
201.名無しさん:2019年01月30日 02:01 ID:VdIOeNd.0▼このコメントに返信
※198
それは所謂「条件付き無条件降伏」という奴だろ。
提示したアメリカの無条件降伏の定義は「軍隊組織を無条件に敵軍の管轄下に置く。両当事国による署名された文書を交わす必要はない。戦時国際法による制限に従い、敵軍の管轄下に置かれた軍隊は、占領国の指示に服する」なんだから軍隊を連合国にゆだねた時点でアメリカの言う無条件降伏は成立している。国体を維持するという取り決めは帝国軍が降伏後に決定したことで、ルーズベルトとは異なりトルーマンが「勝者が敗者に一定の条件を明らかにし、敗者がその条件を無条件に受け入れる」という解釈で執り行われたものだし。
ルーズベルトが考えていた無条件降伏は確かに軍隊ばかりでなく国家の全てを勝者にゆだねる完全降伏という意味だったが、チャーチルにしろトルーマンにしろ勝者が敗者に好き勝手押し付けるのではなく現状を鑑みて宥和的にするべきという考えだった。ルーズベルトの考えは英国、果てはソ連や自国の軍部からも、寛容さがなく戦争を長引させる原因となるから改めるようにと忠告されていたんだよ。
202.名無しさん:2019年01月30日 03:07 ID:ez7twdlC0▼このコメントに返信
日清日露で連勝して国民が勘違いした結果なんだよなぁ…。
203.:2019年01月30日 05:24 ID:iMVYElJ.0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
204.名無しさん:2019年01月30日 06:31 ID:eobvF5EJ0▼このコメントに返信
※190 ※191 ※192

ああ、こういう奴が他人を苛めた挙句に『俺の気に触る事をしたあいつが悪い。俺は悪くない』と言い出すんだろうな。
其の時々の状況えを考慮して批判しようや。
205.名無しさん:2019年01月30日 07:16 ID:XFqR1jkJ0▼このコメントに返信
※107
横からだけど何言っても無駄だと思うよ
こいつ工作員だろうから、さっきから連投で滅茶苦茶な理論展開してる
とはいえあなたのような投稿は周りの人にとっては知識の再確認になったり、知らない人はヴェノナ文書とか知れてためになるけど
206.エンアカーシャ:2019年01月30日 07:25 ID:j6xdAfjx0▼このコメントに返信
韓国も、天文学的な賠償金を、日本に支払う義務が有る。
207.名無しさん:2019年01月30日 12:18 ID:.dFJQq7L0▼このコメントに返信
日本:試合に負けて勝負に勝った(=資源獲得を賭けた戦いには負けたものの結果的には白人による植民地支配を終わらせた)
ドイツ:試合に負けて勝負にも負けた(=東方生存圏もろくに確保できないまま終わった上に国を分割させられた)

同じWWⅡの負け組でもその後の展開が見事に正反対なのが面白いな。
208.名無しさん:2019年01月30日 12:43 ID:LakZj7up0▼このコメントに返信
>>1
そんな百年経った現代でも実現不可能な国体、当時の人間にどうやって実現しろと言うのか。典型的な言うは易しだな。
209.名無しさん:2019年01月30日 16:12 ID:z80fmKo.0▼このコメントに返信
※207
日本だって試合と勝負に負けたよ。勝負にも南樺太、千島列島、台湾を失って
アメリカの属国となり、お情けで沖縄と小笠原諸島を返してもらう程度に落ちぶれた。

その後の展開と言えば、ドイツも日本も経済振興で立ち直った所も共通してる。

正反対と言えば日本は軍も持てない状況となったのに、ドイツは周辺事情の影響で早々と
軍を再建させられた所だよ。
210.名無しさん:2019年01月30日 16:15 ID:z80fmKo.0▼このコメントに返信
推敲してたら変な文章になった。あと朝鮮半島を抜かしてるのはワザとだと思ってくれ。
あんなとこ要らんわ。
211.名無しさん:2019年01月30日 18:42 ID:iMVYElJ.0▼このコメントに返信
※209
そのドイツ軍だけどお寒い装備で海外派兵させられてたぞ
後日本の自衛隊は海外では軍隊と認識されてるぞ。憲法で軍隊じゃないって言うのはあくまで国内事情だ
米軍駐留については「日本がお願いして」駐留させてもらってるという形だ属国じゃない
米軍の地位については日本だけが特別じゃねえよ駐留国では大なり小なり問題は発生してる
アメリカの隣のキューバではグアンタナモ基地は永久租借で帰ってくる保証はない状態、撤退の可能性がある日本と一緒にするな
212.名無しさん:2019年01月30日 23:25 ID:t8RbG4SR0▼このコメントに返信
※211
在独米軍だって撤退の可能性があるし、日本の自衛隊はドイツ軍と違って
自国の戦車も戦闘機も付けてもらったことがない寒さなんだが。
てか機関銃一丁持ってくかどうかで、gdgd議論し過ぎなんだよ。日本の国会は。
213.名無しさん:2019年01月31日 00:20 ID:AZobLWjW0▼このコメントに返信
>>207
日本の目的は戦争態勢を維持する国を作ることだぞ。だから完全に負けてる。アジアの独立とかおまけ
214.名無しさん:2019年01月31日 00:22 ID:AZobLWjW0▼このコメントに返信
>>107
ハルノート出す時点で話にならんわwなんも知らないなら書くなよ
215.名無しさん:2019年01月31日 00:23 ID:AZobLWjW0▼このコメントに返信
>>114
第一次大戦後は大人しくもなにもしない方向だが。ww2は知らんが日本は参戦しなかった未来はあり得る
216.名無しさん:2019年01月31日 00:24 ID:AZobLWjW0▼このコメントに返信
>>122
それはないわw
217.名無しさん:2019年01月31日 00:25 ID:AZobLWjW0▼このコメントに返信
>>136
植民地化企んでるの日本だけじゃん。なにが次がだよ。ねえよそんなもん
218.名無しさん:2019年01月31日 00:27 ID:AZobLWjW0▼このコメントに返信
>>162
何言ってんだこいつ
219.名無しさん:2019年02月05日 03:12 ID:Xo6jz6Ok0▼このコメントに返信
誰もいなくなってからゴミが遠吠えしててワロタ
220.名無しさん:2019年03月15日 17:52 ID:4SFGBG.i0▼このコメントに返信
※219
ドイツ関連のスレッドでほぼ無関係の内容取り上げてジャパンバッシングを展開してる時点お察しだもんな
この手の反日カルト勢は自身の知識が疎いからまともにレスバトルをしたら無知及び恥をさらすだけだってことを知っている
だからこういう卑怯で姑息な投稿手段でしか自身の主張を正当化することが出来ないんだよw
221.名無しさん:2019年05月23日 21:05 ID:IPqMx.cU0▼このコメントに返信
世界を知ってる人間は民間人も含めて結構いたはずなのにそうじゃない連中に押し切られちゃったんだよな

お名前