2019年01月28日 09:05

言うほど太平洋戦争って無謀か?

言うほど太平洋戦争って無謀か?

03

引用元:言うほど太平洋戦争って無謀か?
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1548476621/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:23:41.641 ID:pe39p/cb0
海軍がまともだったら案外勝てそうじゃね?

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:24:08.974 ID:WjqCjCYXa
無理に決まってんだろ国力考えろ

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:24:36.736 ID:l78XL4550
結果的に欲しい物を手に入れられたから実質日本の勝ち

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:24:57.903 ID:pe39p/cb0
アメリカが国力あっても前線に兵力が運べなければ意味ない

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:26:08.499 ID:++ssIYg5d
あの物量には勝てねーわ

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:26:31.578 ID:AUbpVjWV0
占領もしないのにハワイくんだりまでわざわざ出かける意味は分からない
待ち伏せでどうにかなった感はある
そもそも英米と事を構える必要性に疑問

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:27:28.323 ID:0ChqHKwbp
>>7
太平洋艦隊の拠点があるんだぞ

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:29:11.726 ID:uwiEUY5l0
>>7
出航する前の艦隊叩けるとか最高のチャンスじゃん

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:27:26.227 ID:8MFzjeGp0
パッとやって「はいお仕舞い」と勝っているうちに止める筈だったのが長期戦になったら
物理的に勝てないだろうに、「続けると勝てなくなる」と言ってはいけない空気のせいで

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:34:57.886 ID:S4Ow9/KV0
>>8
五十六さんははっきり言ってた

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:36:01.354 ID:8MFzjeGp0
>>14
あの五十六さんが言っても相手にされなかったってのがね

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:32:01.667 ID:pe39p/cb0
ハワイ抑えりゃ行けるくね?
開戦初期に爆撃砲撃で無力化
潜水艦で海上封鎖
石油地帯とフィリピンだけとったらインド洋に少し海軍残して残りは防衛

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:33:51.683 ID:AUbpVjWV0
>>9
叩きましたで終わってるのがダメだって話
占領してそこを拠点に戦っていくってならともかく
結局戦線が間延びして死亡

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:35:30.748 ID:S4Ow9/KV0
>>12
ハワイ拠点にしてどこ攻めるの?

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:36:48.677 ID:uwiEUY5l0
>>12
抑えても維持出来ないだろ
そして爆撃するだけと上陸作戦するんじゃ難易度が違いすぎて無理

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:40:35.236 ID:FVdC2uqnp
>>12
真珠湾は南方作戦の為に、太平洋艦隊を潰すのが目的
結果的に、日本南方をかなり有利に攻めれた

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:34:34.653 ID:S4Ow9/KV0
緒戦の好調で講和すべきだった

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:37:11.822 ID:S4Ow9/KV0
日露も日本海会戦が奇跡的にハマったから勝てたわけで
太平洋戦争はギリギリ向こうに傾いたところから負けに至った
まあ中国や東南アジアで無駄に戦線拡大してたのは確かだけどな

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:38:20.159 ID:wIbU+U8a0
そもそも太平洋戦争ってどうなったら日本の勝ちだったの?
アメがハルノートの要求を取り下げればそれで終わったの?

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 13:39:53.270 ID:S4Ow9/KV0
>>23
勝ちというなら太平洋艦隊を倒していたらだな
講和に持ち込んで中国での権益を認めさせるでも十分日本の価値は高まった
それで国際連盟に復帰していたら今頃は韓国や中国に悩まされることもなかった

42: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/26(土) 14:02:03.477 ID:F7YD08C10
講話で勝ってもその先で日本が広げだ領土を維持する未来がどうも想像できない
ソ連と同じように半世紀したら崩壊するんじゃね

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年01月28日 09:11 ID:3AUPFw1y0▼このコメントに返信
勝つのは無理でも、もうちょっと戦線を整理すれば、アメリカに出血を強いられた。

2.名無しさん:2019年01月28日 09:13 ID:hiqPjZSY0▼このコメントに返信
彼我の戦力差 いや 工業力 燃料食糧など補給 を考えたらねぇ
3.名無しさん:2019年01月28日 09:15 ID:o.BjAU6p0▼このコメントに返信
無謀てか、ルーズベルトとチャーチルが馬鹿なんだよ!この二人がいなかったら世界は平和になっていた!
4.名無しさん:2019年01月28日 09:17 ID:o.BjAU6p0▼このコメントに返信
朝鮮戦争、ベトナム戦争、東西冷戦、中国共産党の暗躍、イスラエル建国これらはなかった。
5.名無しさん:2019年01月28日 09:18 ID:wL.Saze60▼このコメントに返信
>結果的に欲しい物を手に入れられた
手に入れた物って何?
米のポチになって首輪に繋がれること?
そのおかげで今日の発展があると思えば
それも悪くないけど
別にそれが欲しかったのと違うだろ
6.名無しさん:2019年01月28日 09:21 ID:sHGWXIYq0▼このコメントに返信
戦争に至る前の外交段階ですでに負けてたのがね・・・
ああなったら開戦は避けられんかったが、それでも明確なゴール地点を設定して
そこに全力で到達するような戦略を取れていたらあるいは、だった
まあそもそも外交が致命的に下手だからそれも難しかっただろうけど
7.名無しさん:2019年01月28日 09:24 ID:cN5hC7R.0▼このコメントに返信
太平洋戦争ではなく
大東亜戦争と呼ぶことをGHQが禁止したことを思えば
いろいろ腑に落ちる
8.名無しさん:2019年01月28日 09:24 ID:VEDMQGSo0▼このコメントに返信
仮に超鎖国外交で二次大戦中、戦闘無し日本領土拡大無しだとしても
列強の次の狙いは日本併呑。最悪ソ連、中国、アメリカの領土争いが延々続く舞台
新兵器のテスト戦場にピッタリな島
9.名無しさん:2019年01月28日 09:25 ID:miXZHXkA0▼このコメントに返信
そもそもどこをどうやっても絶対にアメリカ負けないという戦争だからなぁ
・・・隕石でも落とすか?
10.名無しさん:2019年01月28日 09:26 ID:wLL2DEkS0▼このコメントに返信
パッとやって一年以内の有利なうちに講和すりゃ勝てる・・・この発想が最大の間違いの元
それが日本のみが知っている秘密なら成り立つがそんなのは世界の常識でアメリカ側から見れば
数年続ければ勝てるのが判ってるのにチョット不利になったから一年以内に講和しよ
って思う訳ないだろ
日本にかすかながら勝利の可能性があったのはアメリカの全力反攻を受けて立ち
アメリカに損害を与えその損害を出し続けるよりはこの辺りで講和せざるおえんって状況を作ることだけだった
長期持久戦略だけが生き残る可能性を持っていてそれができる地の利もあったんだけどね
11.名無しさん:2019年01月28日 09:30 ID:.h..TwPB0▼このコメントに返信
米国の思う壺、嵌めれれた馬鹿、それが日本!
12.名無しさん:2019年01月28日 09:36 ID:aPlO.LE30▼このコメントに返信
アカのルーズベルトに騙された馬鹿アメリカ人が減ったから無謀でいいじゃん?
13.名無しさん:2019年01月28日 09:39 ID:59Of.da40▼このコメントに返信
>>3
共産主義シンパのルーズベルトが大統領になった時点で既に対共最前線の日本に勝ち目無かった。
国内もコミンテルンのスパイに結構ヤられてたし。
14.名無しさん:2019年01月28日 09:40 ID:sG7.rMub0▼このコメントに返信
日本は今もエネルギーの多くを海外からの輸入に頼っている。太平洋戦争は別名資源戦争とも言える。角栄の有名な言葉に「日本に石油さえあれば、最初から負ける戦争なんかせずにすんだ。俺はもう土建屋を辞めてこれから政治家を目指す。」その後、彼は総理になってから日本独自の資源外交に打って出る。それが米国のオイルメジャーたちの逆鱗に触れ、ロッキード事件で失脚させられたとも言われている。現在、もし輸入先の国で政変が起きてエネルギーが激減、またはストップになれば、日本は再び戦前と同じ状態になる。中国はそれを理解して中東からのシーレーンを守るために海外の港を自分たちの軍港に改造している。日本は中国を批判するだけでなく、そういうしたたかなところを見習うべきだ。そして、現在よりももっと備蓄量を増やしたり、また省エネの技術をもっと向上させたり、中東だけに頼らず他国からも輸入できるように外交努力をするべきだ。そのことを以前書き込んだら、多分、左翼の連中だと思うが、また日本は戦争をするのかとトンチンカンな事を言われて、批判を受けた。
15.名無しさん:2019年01月28日 09:40 ID:LnqHla9H0▼このコメントに返信
インド洋方面をがっつり確保してイギリスの心を折ってアメリカの動きを止める作戦ぐらいしかなかったんじゃねーかなぁ。
16.名無しさん:2019年01月28日 09:46 ID:HkOBILDb0▼このコメントに返信
この話になると、どうも皆忘れてるみたいだけれど、太平洋戦争は「周辺諸国の権益」の取り合いなんよそもそもが。
だから日本としては、ハワイを落して、太平洋艦隊をズタボロにして、ロサンゼルス・サンフランシスコ・パナマまで抑えて「中国の権益は日本のね。あとグアム貰います。ハワイは変換するか独立(自治領化を望みます)。他の地域はアメリカ関係ないから。」と講和して飲ませれば、勝ちと言えるものができるんじゃなくって?
17.名無しさん:2019年01月28日 09:46 ID:Uti9p9al0▼このコメントに返信
>言うほど太平洋戦争って無謀か?

× 太平洋戦争
○ 大東亜戦争
18.名無しさん:2019年01月28日 09:47 ID:PIF1UKVI0▼このコメントに返信
仮に真珠湾で空母すべて沈めてたとしても月刊正規空母・週刊護衛空母があるしなぁ
19.名無しさん:2019年01月28日 09:48 ID:n.GqWBB10▼このコメントに返信
日本は勝ち目のない戦争なんかしたくないのに無理やり戦争に引きずり込まれたし
戦争に引きずり込んだアメリカも戦争末期、或いは少なくとも朝鮮戦争のころには
日本と戦争なんかしなきゃよかったと思ってるよ。実質共産圏の一人勝ちみたいな戦争。
20.名無しさん:2019年01月28日 09:49 ID:DbzGb0CP0▼このコメントに返信
米国だって国民が戦時国債買ってくれて初めて全力投球できるわけだからな。
真珠湾攻撃なんてせずに、米国民と米軍部を乖離させる、という戦術を取れば、
南方資源地帯を独立&中立化しての講和、というのも十分できた。

どこかの自称知米司令官が「奇襲で太平洋艦隊ぶっ潰したら、米国民は厭戦気分が高まって一発講和いけるで!」とか言い出すから・・・。
まぁ政治家と軍のトップはそれ以上に無能だったから、軍神扱いされてるけど。。
21.名無しさん:2019年01月28日 09:50 ID:AdI6kLuX0▼このコメントに返信
世論誘導されてたとはいえアメリカ人のメンタルは強いよな
日本人は全体主義と同調圧力で右に習えで戦争突入だけどアメリカ人は個人の正義感や義憤で志願兵に殺到して死んでいくんだもんな
アメリカ独特のメンタルなのか戦後自由主義の先進国になった今の日本人もそれを守るために持ち合わせている気概なのかが気になる
22.名無しさん:2019年01月28日 09:52 ID:6jd.TY1W0▼このコメントに返信
なぜ、アメリカと戦おうと思ったのか、本当に不明。
勝利条件どこにしてたのかもよくわからんレベル。
米本土はおろか、ハワイに陸軍派遣するのだって、兵站上ダメなんだし、何したいのかわからん。
1年間戦えたって、無理やで、時間たてばたつほど、アメリカの生産力が無双するんだから。

国家戦略が全くない戦争だった。
23.名無しさん:2019年01月28日 09:52 ID:EZVcdyGS0▼このコメントに返信
アジア方面軍全部撤退させてアメリカに全力でワンチャンあればいい方
24.名無しさん:2019年01月28日 09:54 ID:AfHgq2bQ0▼このコメントに返信
本土決戦までしたらアメリカが呆れて、ある程度は折れてくれたかもしれない。マジもんの一億総玉砕の気でされたら、ドン引きするからな。
沖縄戦を見るにアメリカ側も本土決戦はしたくなかったから原爆落としたんだし。
25.名無しさん:2019年01月28日 09:55 ID:.h..TwPB0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃したら、ハワイ諸島を上陸し占領しなかったかが疑問、馬鹿としか言いようが無い作戦!
26.名無しさん:2019年01月28日 09:57 ID:QrlUEa5y0▼このコメントに返信
そもそも五十六の言った戦果が全て実現したとしてもアメリカが講話に応じるかと言えばそれは無理なんだが。低い確率で起こる奇跡に全力で期待してる時点で無謀としか言えないわけ
27.名無しさん:2019年01月28日 09:57 ID:Lsnf5UIK0▼このコメントに返信
※18
艦隊そのものより実は補給の方が重要だったんだよ
アメリカが太平洋でまともに給油できたのはハワイだけ
それを破壊できれば行動がかなり制限されてた
それでも一年もすれば回復してジリ貧だったのは確かだけどね
ただ半年でも一年遅らせれば戦況はかなり変わったのも間違いはない
どちらにしても机上の空論だけどね
28.名無しさん:2019年01月28日 10:02 ID:nqtFMm9v0▼このコメントに返信
満州国建国あたりで一端拡張路線は捨て去って
それまでに拡張した土地の地固めに専念しときゃ良かったのにね

人間背丈以上の欲かくとアホを見る
という典型やね。欲はどっかでストッパーかけないと際限ないからね

29.名無しさん:2019年01月28日 10:02 ID:uM.FiSHJ0▼このコメントに返信
先制攻撃で半年でケリつけないと勝負にならない状況だったから、
真珠湾をもっと徹底的に叩くべきだった。
いっそ、真珠湾で逆襲食らってた方が結果的にもっと軽傷で済んだかも?
30.名無しさん:2019年01月28日 10:04 ID:nRI6msxp0▼このコメントに返信
>パッとやって「はいお仕舞い」と勝っているうちに止める筈だったのが


相手が応じなければ終わらないわけだが。
31.名無しさん:2019年01月28日 10:04 ID:CblRpODY0▼このコメントに返信
>>13
そこだよね

何度も立ってる内容のスレなのに、レスやコメが変わらんのは良くないと思うわ
新しい知見や理論を議論して試してみなくてなんのためのネットだよと

当時のコミンテルンを「昔話」として捉えるだけでも不十分で、
今まさに中国が大金かけて各国の世論に介入してる疑惑の証拠が出てきている、
それへの対処としての議論は必須だというのにな
32.名無しさん:2019年01月28日 10:04 ID:AfHgq2bQ0▼このコメントに返信
戦争になった時点で負け確だが、唯一日本側に史実より有利に終わらせる手段があるなら、最初の真珠湾の時に徹底的に潰すべきだった。そして早期講和に持ち込む意外にない。五十六は分かっていたのにできなかった。もちろん自分の意思だけで決めれないからな。結果、中途半端にアメリカの反日感情を煽っただけ。
33.名無しさん:2019年01月28日 10:05 ID:A2jNRyfF0▼このコメントに返信
そうだね
日本にしても人類史に残るような大虐殺食らってるわけだし
戦争=悪で思考停止しないでもっと検証深めて国民全体で共有するべきだったよな、太平洋(大東亜)戦争の失敗は
34.名無しさん:2019年01月28日 10:06 ID:7Q8kx.VB0▼このコメントに返信
今の韓国が日本に戦いを挑むよりも更に勝ち目が無かった。
35.名無しさん:2019年01月28日 10:07 ID:CblRpODY0▼このコメントに返信
>>6
日本側だけの責任でもなかったけどな
なんなんだよ米国の赤狩りって、と

・・・よく考えたら、赤狩りって日本の開戦〜GHQと密接に関係してるのに、日本ではあまり論じられてきてないよな
これ、日本の言論空間において、理由があって空白になってるのか?
36.名無しさん:2019年01月28日 10:08 ID:nqtFMm9v0▼このコメントに返信
アメリカに今後の世界の覇権握らせる為に
起こしたような戦い(笑)
37.名無しさん:2019年01月28日 10:09 ID:CblRpODY0▼このコメントに返信
>>8
あのー日本は当時国連の常任理事国だったんですが
38.名無しさん:2019年01月28日 10:09 ID:D4hfSJNB0▼このコメントに返信
正面装備でさえ生産能力に10倍の開きがあり、燃料、弾薬等が100倍、輸送等の後方支援能力に関しては1000倍の開きがある米国に、戦争を仕掛けるだけ無謀。小説にあったが、英国と同盟し、米国には仏国を押し付け、足を引張らせて、どうにか痛み分けで講和がやっと。
あと、人材がいなかった。日本陸海軍で優秀と言われた人物で米国の標準レベル。これでは、情報をちゃんと集められたとしても、活用できない。
39.名無しさん:2019年01月28日 10:09 ID:6NcIA3jm0▼このコメントに返信
>>6
それはあるね
何でも言えることだけど
負けるにしても被害は軽微
なのが良い
損して得取れじゃないけど
うまい具合に譲歩しつつ
うまいこと嫌なことをなすりつけれなった
もんかと思うよ
やりようはあったはずなんだけどなぁ
40.名無しさん:2019年01月28日 10:10 ID:CblRpODY0▼このコメントに返信
>>10
日本は講和を目指してたよ

それを止めてた勢力が米国国内にいて、その背景も指摘されつつある
最近、種々の文書が公開されて、研究が進んできてる
41.名無しさん:2019年01月28日 10:10 ID:MU4yv4rz0▼このコメントに返信
たった100機しか零戦ないのに開戦するとか無謀以外の何者でもない
42.名無しさん:2019年01月28日 10:11 ID:CblRpODY0▼このコメントに返信
>>11
「日本を嵌めた米国」も嵌められてたという話
実際、モンロー主義を破ってまで米国が得たものってなんですか?と
43.名無しさん:2019年01月28日 10:11 ID:CblRpODY0▼このコメントに返信
>>16
それだと新興国のソ連の取り分がなくなっちゃうから、無理じゃね?
44.名無しさん:2019年01月28日 10:13 ID:mcd9xinq0▼このコメントに返信
GHQによる洗脳は、今でも続いてる。

戦後に、神道と結びつく祭日を、法律によって、祝日に、変えられてる。

神道への信仰をなくすため、戦後に、公民館が建てられ、公民館のような機能のあった神社に日本人が集まらないようにしてきてる。

神道と結びつく和暦を自然消滅させて、キリストの生まれた年から数えている西暦を普及させよううとしている。
今年のカレンダーは皇室のものを除いて、ほとんど、西暦

日本人のほとんどは、クリスチャンじゃないのに、キリストの生まれたクリスマスを祝う。

日本の建国記念日を知らない人は多いし、祝う人も、クリスマスに比べて少ない。

45.名無しさん:2019年01月28日 10:13 ID:CblRpODY0▼このコメントに返信
>>21
えー
無批判にルーズベルトを持ち上げて、釈明史観で身を守ってた米国がそんなに立派なものかね?
少なくともメディア環境や世論と、国を守る気概は分けて論じないと危なくないか
46.名無しさん:2019年01月28日 10:14 ID:CblRpODY0▼このコメントに返信
>>22
そら、あの戦争で誰が得をしたかでしょ
47.名無しさん:2019年01月28日 10:17 ID:QrlUEa5y0▼このコメントに返信
アメリカのような超大国が、世界中に植民地を持つ大国イギリスの同盟もあるのにも関わらず、新興国の国力的にも圧倒的に劣る日本相手に奇襲でちょっと叩かれたからってまともな講話に応じると本気で思ってるのか?無理だろ
いるとしたら頭大本営だぞwww
48.名無しさん:2019年01月28日 10:19 ID:mcd9xinq0▼このコメントに返信
テレビも、ほとんどが西暦。(日本人をなめてる。)

西暦を使うぐらいなら、日本の建国記念日から通しで数えた和暦を使った方がいいと思う。
例えば、キリストが生まれた年からの西暦2019年+日本の建国は紀元前660年=日本の建国から2679年

もちろん、日本の建国から続いてる、明治、大正、昭和、平成等も、大事な日本文化だから、使うべきだと思ってるけどね。

そろそろ、欧米のまねするだけの考え方は、やめる時期かも。

自分たちの文化に、自信を持つ必要があると思う。

49.名無しさん:2019年01月28日 10:19 ID:CblRpODY0▼このコメントに返信
>>47
講和に応じようという人たちはいたよ

なぜか、大統領のところにはそういう声は届かなくなってたけどな
50.名無しさん:2019年01月28日 10:20 ID:nqtFMm9v0▼このコメントに返信
※47
「頭大本営かよ」というパワーワードに草
51.名無しさん:2019年01月28日 10:28 ID:E9V5RCn80▼このコメントに返信
※35
横からだけど
占領下の日本でも赤狩りはあった。ただ単なる追放との区別が難しい
そこを突きつめると「赤とファシストは区別できない」ということになる
ある意味で当たり前の話で、戦前の日本では「革新派」と言われていた
彼らは戦後、社会党へ行ったり、自民党へ行ったりした。岸さんも革新派だ
満洲国を経営した経験からか、与党にいなきゃ、という現実主義だっただけで
52.名無しさん:2019年01月28日 10:30 ID:D4hfSJNB0▼このコメントに返信
GHQによる占領は、今でも続いてる。海も空も電波も米軍の残りを使わせて頂いている。横田空域をほんの少し削るのに30年もかかっている。横須賀あたりで変な電波出されて障害が起きても無視。
まあ、日本の役人達にとってみれば、誰が主でも関係ないから。愚民たちは家畜に過ぎないし。なんかあったら、GHQ様にお伺いを立てて指導して頂ければ、しもべは何も考えなくてよい。家畜は、牧羊犬に監視させて、自分たちの利益が大きくなれば何の問題もない。
53.名無しさん:2019年01月28日 10:36 ID:g2eVDw2b0▼このコメントに返信
※48
いや、それは欧米の真似じゃなくて、日本が世界支配者の側に立ったからだよ。
日本企業は世界中に散らばってるし、アメリカで一番車の生産量が多いのは日本メーカー。

日本円は世界最強通貨の一角だから外為市場とのリンクもある。
すでに世界に普及している西暦を使うのが便利だからやってるだけ。

西暦でも和暦でも一年は一年。
日本人は毎年ノーベル賞を取る。

54.名無しさん:2019年01月28日 10:38 ID:E9V5RCn80▼このコメントに返信
※52
戦後の「反米」というのも、ずいぶん便利に使われている、という気がするけどね
55.名無しさん:2019年01月28日 10:39 ID:nmLd15Di0▼このコメントに返信
どういう落とし所考えて始めた戦争なのかその絵が見えんのよね。
占領するつもりなら初っ端ハワイ空爆して終わる意味もわからんし。
緒戦の勝利積み上げてアメリカから講和引き出すなんて行き当たりばったりもいいとこだわ。
まぁ鬼畜米英で今の韓国みたいな狂った国内世論だったとかもあるのかもね。
56.名無しさん:2019年01月28日 10:41 ID:lD5ITEWP0▼このコメントに返信
勝てる可能性は0では無い
57.名無しさん:2019年01月28日 10:42 ID:fwwrB0lo0▼このコメントに返信
最初はヨーロッパ、太平洋は態勢が整うまで守勢って方針だったのに
戦略の曖昧さと戦術の不味さと緒戦の勝利で相手を見くびり有利な状況を無駄に浪費した
58.名無しさん:2019年01月28日 10:42 ID:QSLtsPkp0▼このコメントに返信
※52
ハイハイw
59.名無しさん:2019年01月28日 10:43 ID:mcd9xinq0▼このコメントに返信
日本人のほとんどは、クリスチャンじゃないから、キリストが生まれたことは関係ない。

つまり、キリストが生まれてから数えてる西暦は、本来、日本に必要ないと思う。

西暦のみを使って、和暦を使わないところに違和感を感じてる。

日本では、まず、和暦を使うべきで、もし、西暦を使うにしても、和暦の下に、併記でいいと思う。

60.名無しさん:2019年01月28日 10:48 ID:I7EekCXp0▼このコメントに返信
ハワイの占領?
沖縄戦の日米戦力とかかった時間と損害確認した後で
ハワイの米軍戦力確認してみろ。
後、日米の輸送船の総トン数な。
これ見てムリダナって分かんなかったらバカだぞ
61.名無しさん:2019年01月28日 10:49 ID:mcd9xinq0▼このコメントに返信
日本が世界支配者の側に立ったんであれば、世界中で、和暦を使うようにすればいいと思う。

たぶん、無理だと思うよ。

62.名無しさん:2019年01月28日 10:52 ID:kIaIdgpx0▼このコメントに返信
無謀やろ
63.名無しさん:2019年01月28日 10:56 ID:IFqYi2J20▼このコメントに返信
いやいや皇紀の復活を
64.名無しさん:2019年01月28日 10:56 ID:TvFUEpRR0▼このコメントに返信
>>3
チャーチルはともかくフランクリン・ルーズベルトはケミュンテルンの走狗。車椅子使用の身体障害者なのに、肖像や写真に決して車椅子使用の姿を写させなかった精神が不安定な人物で、日本人を絶滅させるべき凶暴な民族と、強制収用したレイシスト。
こんな狂人大統領が日本を滅ぼすべく起こしたのが大東亜戦争。
65.名無しさん:2019年01月28日 10:57 ID:TvFUEpRR0▼このコメントに返信
>>64
コミュンテルンな。
66.名無しさん:2019年01月28日 11:00 ID:UJ.USTi.0▼このコメントに返信
日本としても石油があればことを構える必要はなかった
交渉中に進駐するとか日本がトチ狂ってたのは確かだが
開戦になったのは石油の供給を完全に絶ったアメリカの戦略ミス
ただ当時の文書からはギリギリ死なない程度を供給するつもりだったように思えるがなんで輸出しなくなったんだろ
67.名無しさん:2019年01月28日 11:00 ID:AdI6kLuX0▼このコメントに返信
アメリカが南北戦争やってるころにハワイを併合しといて100年かけて完全要塞化と自給態勢確立、主力艦隊駐留させとけば負けんかったやろ
68.名無しさん:2019年01月28日 11:02 ID:EhgBNr.90▼このコメントに返信
>>24
戦争に勝っていたら朝鮮が日本のままだから韓国に悩まされなくても朝鮮には今以上に苦労させられてると思うわ
国土の1/3以上がウトロ地区になるようなもんだろ
69.名無しさん:2019年01月28日 11:02 ID:TvFUEpRR0▼このコメントに返信
>>6
世界大恐慌後のコミュンテルンに毒された外交環境を理解しないと第二次世界大戦は分からない。冷戦はコミュンテルン外交に対する第二次世界大戦後の自由主義陣営の反攻により顕在化したのだ。基本的構造は第一次世界大戦中のロシア革命勃発により起きた。
70.名無しさん:2019年01月28日 11:03 ID:TvFUEpRR0▼このコメントに返信
>>7
御前会議で決定された正式名称が「大東亜戦争」。
日本では大東亜戦争で統一すべきだが、反日左翼が反対している。
71.名無しさん:2019年01月28日 11:05 ID:xIuecLrV0▼このコメントに返信
日本は絶対に勝てないよ。理由は日本帝国が輸入大国だったから。
初期は日満支(+朝鮮)の経済ブロック作って日本みたいに工業化させようとしたけど、日中戦争による必要物資増加で満州と北支は植民地経営化に方針転換(=修正満州産業開発五カ年計画)。それでも足りない。日本本国は工業に必要なものすべてを列強(ほぼアメリカ)から輸入してたのはご存知の通りだと思います。
船舶など輸入力が足りないのに戦争してそれらの徴発を行い、日満支からの輸入でさえできなくなるほどで、兵器などの機械増産もだいたい41年ごろには増加限界を迎えている。大連などでは徴発物資が山のように集積されたが、運送手段がないため全て港で腐ったなんてのは有名です。
いくらミッドウェーで勝ったりしても、日本本国では兵器も何も作れなくなっていたので必然的に詰みです。
長文失礼しました。
72.名無しさん:2019年01月28日 11:06 ID:JykEfLVa0▼このコメントに返信
アメリカを講和に応じさせるためには
戦争継続するより講和したほうがアメリカにとって得だぞって事を示さなきゃいけないんだが
そんな得は存在したのだろうか。
73.名無しさん:2019年01月28日 11:09 ID:baWc2JDL0▼このコメントに返信
※28
これそう思うわ。
東南アジアこえてインドまで戦線広げて、北京くらいまでガチガチ争って、ついでにハワイまで戦線広げてとか、
世界地図の半分くらい戦域にしてんじゃねーの? どう考えてももたねーよwww
当時のドイツですら、周辺国とこちょこちょやってたレベルなのに大日本帝国やりすぎwww
74.名無しさん:2019年01月28日 11:10 ID:kIaIdgpx0▼このコメントに返信
イギリスを集中攻撃して降伏に追い込めれば
アメリカ参戦の大義名分は完全になくなってたんやがな
75.名無しさん:2019年01月28日 11:10 ID:rZ1Q7Mi40▼このコメントに返信
米国本土に攻撃手段が無かった時点で詰んでる。生産拠点を潰せないのでは話にならない。
76.ハインフェッツ:2019年01月28日 11:11 ID:xJPJ1NDu0▼このコメントに返信
大陸が泥沼になったからって太平洋へ出ようという時点でアホ過ぎだろ。

…また、三味線引いてたのはゾルゲ諜報団臭いしな。
77.名無しさん:2019年01月28日 11:15 ID:kIaIdgpx0▼このコメントに返信
>>76
ゾルゲってソ連への報告任務しか実行してないけどな



78.名無しさん:2019年01月28日 11:16 ID:kIaIdgpx0▼このコメントに返信
>>66
日本側の乙案にぶちギレたんじゃねぇの
79.名無しさん:2019年01月28日 11:16 ID:xEqsoEJq0▼このコメントに返信
そもそも欧米諸国ににアフリカや中東アジアのほとんどを植民地にされてた時点で詰んでる原油から鉄鉱石から何から何まで欧米の気分次第で輸入出来なくなるから戦争は避けられなかったがもうちょっとうまくやってほしかった
80.名無しさん:2019年01月28日 11:18 ID:kIaIdgpx0▼このコメントに返信
>>79
普通に中国から撤退すりゃ良かったじゃん
81.名無しさん:2019年01月28日 11:20 ID:yP7wAwC70▼このコメントに返信
※61
なんで?

世界支配者連合G7でキリスト生誕のころから続いてない国のほうが多いやん。

アメリカでさえ建国歴なんか世界に押し付けないぞw
82.名無しさん:2019年01月28日 11:21 ID:fEQj3uET0▼このコメントに返信
>>25
オアフ要塞と撃ち合うのかね、さて何隻沈められるかな
83.名無しさん:2019年01月28日 11:21 ID:AdI6kLuX0▼このコメントに返信
今の日本と韓国の国力差が当時の米日みたいなもんやしどうあがいても無理じゃね
国家総力戦になったら経済、技術、生産、軍事、人的資源にその質、全てにおいて日本が圧倒してるし負ける要素ないやろ
くるりと周辺海域封鎖しとけば資源も枯渇するし半島なんて簡単に干上がって詰む
この状況で韓国が日本にタイマンで勝つくらいの無理ゲーだと思うけどな
84.名無しさん:2019年01月28日 11:22 ID:sG7.rMub0▼このコメントに返信
猪瀬直樹著「昭和16年 夏の敗戦」
85.名無しさん:2019年01月28日 11:22 ID:khspat7r0▼このコメントに返信
アメリカに負けてシナ朝鮮から撤退出来たんだから、実際は大勝利じゃん
86.名無しさん:2019年01月28日 11:22 ID:kIaIdgpx0▼このコメントに返信
>>46
上級国民じゃない?
87.名無しさん:2019年01月28日 11:24 ID:kIaIdgpx0▼このコメントに返信
>>83
70年間も竹島取り返せてないし
案外、日本負ける気がする
88.名無しさん:2019年01月28日 11:28 ID:HKM0Crjq0▼このコメントに返信
いや、あそこで戦争しなきゃ一枚一枚兵力剥がされて、最後は難無く植民地化されてたから。
89.名無しさん:2019年01月28日 11:28 ID:GNmCGy.c0▼このコメントに返信
戦争って言うのは消耗戦だっていうことと、終わり方が全てだっていう認識があればねえ
90.名無しさん:2019年01月28日 11:31 ID:L..9j2Ga0▼このコメントに返信
無謀…ではあるけど、当時のアメリカは中国やソビエトと手を組んでいて日本の封じ込めをしていたのである程度の戦争は覚悟しなきゃならない状態だった。
あそこで満州をアメリカに売り払い、南方進出しなければ東南アジアの植民地解放もできなかったし、日本は今頃アメリカが駐留してたフィリピンと同じ扱いだっただろうね。
公用語は英語、工業の制限をかけられてアメリカの保護下で非武装農業国になってたかも。
そしてアメリカの戦争に駆り出されていたかもね。
91.名無しさん:2019年01月28日 11:33 ID:LupD.RR50▼このコメントに返信
唯一道があったとしたらインド洋に全力を傾けることやね
んで、イギリスに対して和平交渉に応じないとインド解放戦を始めるぞと
当時イギリスが対ドイツ戦線を維持できたのはインドからの補給や兵員の補充があってこそだし、ソビエトが対ドイツ戦線を維持できたのもインド経由で補給があったから
インドは云わば連合国の生命線だったから応じざるを得なかったはず
1度はアメリカ海軍とのインド洋決戦があったと思うけど、太平洋でやるよりかなり有利だしな
92.名無しさん:2019年01月28日 11:37 ID:kIaIdgpx0▼このコメントに返信
>>90
交渉に応じたら植民地化ってロジックがよく分からん

無条件降伏しても、一応は独立国の体裁保てたし交渉に応じてた方がよかったろ
93.名無しさん:2019年01月28日 11:43 ID:kIaIdgpx0▼このコメントに返信
>>88
無条件降伏しても植民地化されなかったけどな
94.名無しさん:2019年01月28日 11:52 ID:wxF.TGXT0▼このコメントに返信
たしかに国力差で比較すると無謀だけど
あれだけ他国不干渉主義をとって、国民が戦争反対で、軍事費がGDP比で少なかった米国があそこまで本気出してくるとは思わないよな
95.名無しさん:2019年01月28日 11:53 ID:wxF.TGXT0▼このコメントに返信
※83
日韓の国力差なんか比較にならないほど大きく離れてるんだよなあ
96.名無しさん:2019年01月28日 11:58 ID:kIaIdgpx0▼このコメントに返信
>>94
だから真珠湾やんなきゃ
アメリカは参戦しなかったろうね
97.名無しさん:2019年01月28日 11:58 ID:V92L6aYF0▼このコメントに返信
>>42
日本の代替としての対共産主義諸国最前線の地位。
のちの東西冷戦まで視野に入れるなら、日本の重荷を米国に渡せたことは評価していい。
98.名無しさん:2019年01月28日 11:59 ID:Vdm5qors0▼このコメントに返信
ナチにキャン言わされて植民地どころじゃない欧州勢となら手打ちも出来たかもしれんけど
チート国家アメリカにガチ参戦させたらすべてがワヤやで
99.名無しさん:2019年01月28日 12:02 ID:MU4yv4rz0▼このコメントに返信
>>76
そこは山本五十六と言っておけば陰謀論者にはうけるよ
100.名無しさん:2019年01月28日 12:07 ID:V92L6aYF0▼このコメントに返信
>>45
叔父(T)ルーズベルトが晩年反日に傾いたのも、日本からの留学生の学友含めて日本から来ていた人が余りに優秀で白人の地位に将来的な危機感を抱いたから。
Fルーズベルトの狂的なまでの反日の根底に叔父からの薫陶もあったらしい。

だけど彼を当選させたコミンテルンの世論操作が本命の敵なんだし、中共に手綱をがっしり握られたメディア操作は未だ健在。
101.名無しさん:2019年01月28日 12:12 ID:mcd9xinq0▼このコメントに返信
世界中で、和暦を使うべきって言ってるわけじゃない。

ここは日本だから、まず、和暦を使って、その下に西暦を併記するなら、まだ、わかるって言ってるだけ。
日本では、キリスト教徒が少ないし、キリストが生まれたかどうかは関係ないからね。

いつから、年号を数えるのかってことなんだけど。

キリストの生まれた年から数えた西暦じゃなくて、日本では、日本の建国記念日から数えることが考えられる。

他にも考えられると思うけどね。
102.名無しさん:2019年01月28日 12:13 ID:thlunq7U0▼このコメントに返信
※91
空城の計かな?
米帝様が本土進攻を早めたらどうする?マーシャル諸島・マリアナ諸島・硫黄島・小笠原諸島を経由したら喉元に刃を突き付けられるようなモノ。
それらの諸島を守る兵力はどう抽出するの?
103.名無しさん:2019年01月28日 12:15 ID:kEcqvEYi0▼このコメントに返信
アメリカ人同士も有色人種もめちゃくちゃ仲悪かったから内戦に持っていければ良いとこ行けたかも、
但し当時の陸軍やイケイケのマスゴミを考えれば何処かで凄い人物でも出ないと日本も内戦になりそう
104.名無しさん:2019年01月28日 12:15 ID:6NcIA3jm0▼このコメントに返信
>>16
理想論を語るのは勝手だけど
真珠湾攻撃でさえひぃひぃいってたのに
そこから先のサンフランシスコと
パナマ運河までは兵站も兵士も軍船も
武器も新兵器も全てが足りないんだけど?
おまけに軍略もなしにいけと?
そんなことしたら死期が早まるだけよ
105.名無しさん:2019年01月28日 12:16 ID:.EbD6ayC0▼このコメントに返信
日本のは防衛戦争、しかも籠城戦が無理だったんで討って出るしかなかった、其所で開き直って東アジア解放戦争=大東亜戦争として誇りを持って戦った所が日本らしい。
106.名無しさん:2019年01月28日 12:16 ID:Ih3M10qF0▼このコメントに返信
日時指定して真珠湾沖で艦隊決戦しようって米に送って決戦すれば勝てた
107.名無しさん:2019年01月28日 12:20 ID:7UOWzIZW0▼このコメントに返信
早期講和ができうる事だってのが幻想なのを、当時ならともかく情報豊かな今もって唱えるアホさ加減がわからん
言い換えれば奇襲的に好き放題やった挙げ句にアメリカに勝ち逃げを許して貰おうって事なんだけれど。
アメリカ政府の方は明確に目的をもって日本の方から戦争始める様に日本を追い込んで行ってるのに、やめる訳ないっての。
108.名無しさん:2019年01月28日 12:22 ID:A2jNRyfF0▼このコメントに返信
※101
でも国際化が進んで現場レベルで嫌がられるようになってるんだよね、和暦
平成で検索すると何年?ってのがトップに来るでしょ
あれ、普段使わなくて意識すらしてないから例えば今の時期だと確定申告とか特定の書類書く時に分からなくて検索集中してるんだよね
109.名無しさん:2019年01月28日 12:25 ID:xEqsoEJq0▼このコメントに返信
>>80
撤退したところで欧米が気に入らん事があると輸入制限してくるから根本的な解決になってないじゃん
110.名無しさん:2019年01月28日 12:26 ID:doZaxRTW0▼このコメントに返信
何度も何度も同じ話を
おまえがセームシュルトに勝ってから言え
頭おかしい
111.名無しさん:2019年01月28日 12:26 ID:I7tyVLRe0▼このコメントに返信
東京ハワイ間6,481 kmあるんだぞ
真珠湾って簡単に言うけどはるか地球の裏側だぞ
いけるわけねーじゃん
レシプロ複葉機の時代だぞ
112.名無しさん:2019年01月28日 12:26 ID:puSviawp0▼このコメントに返信
今更だけど、満州・台湾までで満足しておけばよかったな。
まぁ、勝ってる時に自制するのは、とても難しいことだけど。
中国大陸の利権さえ米英とシェアできていたら、戦争は回避できたかもしれん。
ソ連という強大な敵がいたわけだからな。
113.名無しさん:2019年01月28日 12:28 ID:XxZjtpad0▼このコメントに返信
昭和12年日中戦争から昭和20年8/15までの戦争を「大東亜戦争」という。
太平洋戦争なんぞ戦っちゃいない。
114.名無しさん:2019年01月28日 12:30 ID:XxZjtpad0▼このコメントに返信
コミンテルンの陰謀説が強いけれど
白人諸国を主導して日本殺しの戦争を仕掛けてきたのは米国だ。
フーバー大統領は「裏切られた自由」という本を書いてFDルーズベルトを
陰謀の張本人としているが,フーバー大統領も日本人に対しては冷たかった。
日本殺しと湯田屋殺しが白人の暗黙の了解事項だったことは想像出来る。
上海事変前のトーチカ構築などはドイツ将校団が企画立案している。
要は,パヨクみたいにウブで幼稚な連中が日本は侵略国家だなんて信じ込まされて
馬鹿の見本よ。
白人一丸となって日本殺しに邁進したのは日露戦争で特に旅順要塞攻略戦と日本海海戦
で非凡な戦闘力を見せつけられてロシアが負けたことが根本にある。大ショックだったんだよ。
白人に植民地にされて苦しんでいた多くの民族も大ショック+大感動だったが,
白人はこれは大変なことになったと思ったはずだ。だから早く日本をやっつけて植民地に
蹴落とす算段だった。
115.名無しさん:2019年01月28日 12:35 ID:rVgbVKQ.0▼このコメントに返信
無謀じゃない面が無い
当時でさえ初期講和以外の道はないと思ってたわけだが、これさえ無謀だったわけだしな
116.名無しさん:2019年01月28日 12:37 ID:nfsLa2VK0▼このコメントに返信
五十六「ちったあ冷静になりなさい、アメリカという国は我が国の数十倍の国力があるんですよ?」
キチ1「何を臆病な事を‼︎山本長官は売国奴だ‼︎」
キチ2「アメリカなんぞ数を頼みにする烏合の衆だ‼︎我々皇軍の精鋭に敵うはずもない‼︎」
五十六「コイツらだめっぽ…。」
昔の連中って頭のネジが何十本も飛んでたんだな…
117.名無しさん:2019年01月28日 12:39 ID:04p9LeNd0▼このコメントに返信
艦隊決戦しか考えてない海軍思考だと「米海軍を撃滅すれば、アメリカは休戦せざる負えない」
「昭和18年まで待つと戦艦部隊が次々増強されるんで勝利の目は無くなるから、開戦は今しかない」
で、真珠湾奇襲に成功、全艦隊フィリピン沖に急行するもアメリカ軍来ないで空振り(笑)
かなり恥ずかしい黒歴史なんで海軍関係者は全力隠ぺいしてるわなw
そもそも「日米開戦したらフィリピン防衛は無理、スッパリ諦めて見捨てる」ってのが対日戦争プラン
オレンジ計画の基本方針だったから、日米で最初からかみ合ってない  海軍ダメ過ぎ
118.名無しさん:2019年01月28日 12:46 ID:LxtyQK1Q0▼このコメントに返信
海軍がまとも
ハイ無理
対 帝国陸軍に最適化された軍なので無理
119.名無しさん:2019年01月28日 12:48 ID:SU3EDhZc0▼このコメントに返信

南雲艦隊の使い方でいえば真珠湾空襲の後は、そのままパナマ運河の破戒でしょうね。占領は無理だからね。
タンカーや補給船の手配が問題だが、戦争初期の機動部隊であれば可能性はなくは無い。
メキシコに米軍は居ないし、パナマを早期に破壊されたら継戦能力が低下するので、残りの太平洋艦隊残存を処理すれば、少しは講和の芽も有ったかも…。閘門はウィークポイントなのでミラフロレスとガトゥンを破壊できればガトゥン湖の水がたまるまで航行不能だよね。
理想はその後のサンディエゴとか西海岸の工廠に対する直接攻撃だをけど、本土はさすがに無理筋だね。
120.名無しさん:2019年01月28日 12:54 ID:NyU0w80r0▼このコメントに返信
>>83
流石に いまの日韓は当時の日米ほどの圧倒的な国力差はない
121.名無しさん:2019年01月28日 12:58 ID:qllcrvF40▼このコメントに返信
元号を和暦と呼ぶのはおかしいだろ
真の和暦は太陰太陽暦だ
122.名無しさん:2019年01月28日 12:59 ID:X3yhPSag0▼このコメントに返信
ミッドウェー海戦ってよくとりあげられるけど、マリアナ沖海戦も大概だよな。
勝てなくはなくターニングポイントでもあった。練度があれだけど、、、
マリアナ沖海戦も司令の判断とか取りあげて考察するする番組がミッドウェー並みにたくさんできてもいいと思います。
123.名無しさん:2019年01月28日 13:21 ID:sZ7wDg960▼このコメントに返信
国力以前の問題として日本軍は問題が多すぎる
総力戦において特に問題だったのは補給軽視
日本軍は開戦時600万トンの商船を保有していたが、連合国の通商破壊によって800万トンも船舶を沈められている
つまり大戦中に商船を作ってなかったら保有量は文字通りゼロになっていたということになる

国力差があったとはいえ、流石にこれはひどい
こんな状態では国力が拮抗していたとしても苦しい戦争を強いられたと思わざるを得ない
124.名無しさん:2019年01月28日 13:25 ID:kIaIdgpx0▼このコメントに返信
>>116
今も割とそういうのいるやんw
125.名無しさん:2019年01月28日 13:32 ID:TvFUEpRR0▼このコメントに返信
太平洋からインド洋まで兵力を拡散するのではなく、真珠湾攻撃の後はハワイを占拠し、残存アメリカ海軍空母を掃討しつつ西海岸上陸作戦を敢行するべきだった。当然、アメリカはヨーロッパ西部戦線を再構築出来ず、中国やソ連の支援も出来なかった。
126.名無しさん:2019年01月28日 13:40 ID:.6aUNzkr0▼このコメントに返信
ハワイ占拠出来ないのなら真珠湾攻撃すべきではないし
アメリカとの戦争は不可能だ

127.名無しさん:2019年01月28日 13:50 ID:oZfedOAO0▼このコメントに返信
空爆ならまだしもハワイ占領となると骨だぞ
128.名無しさん:2019年01月28日 13:51 ID:lRvzN8K10▼このコメントに返信
いや、そもそも日本軍は勝つつもりでアメリカとドンパチしたんと違うんやなかったか?
129.名無しさん:2019年01月28日 14:14 ID:wxF.TGXT0▼このコメントに返信
米国民はちょっと脅しつければすぐ講和するという希望的観測によって日本は敗戦した
開戦する以上は不敗の体制を築かなければならんし、そもそも必勝であろうとも戦争は大きな損害と被害を生むから避けなければならない
どこまでグダグダになろうともどれだけ理不尽であろうとも外交で頑張るんだ
130.名無しさん:2019年01月28日 14:19 ID:wxF.TGXT0▼このコメントに返信
※116
はやく現代日本人は日本は中国に全てにおいて劣っている現状を認識した方がいい
劣った国力でどう抵抗していくかを考えていかなければならない段階に入った
131.名無しさん:2019年01月28日 14:20 ID:RzLJl2Tn0▼このコメントに返信
奇襲部隊が真珠湾から引き揚げた瞬間に講和を申し込む
132.ハインフェッツ:2019年01月28日 14:33 ID:xJPJ1NDu0▼このコメントに返信
※77
で、奴の部下の尾崎は昭和研究会でナニやったよ?
…捕まった後でバッチリ吐いてるよねぇ。

そもそも、あいつが国政に関与できたの自体、その筋から張学良の狙いを先んじて仕入れて
”大陸の事情通ジャーナリスト”という肩書を手に入れる事が出来たからだしな。
133.名無しさん:2019年01月28日 14:38 ID:fWLRGj0E0▼このコメントに返信
日本からだけでなく、アメリカからも遠いハワイ
そこを攻撃しただけでアメリカが講和するわけがない
134.名無しさん:2019年01月28日 14:45 ID:EvF0j4dW0▼このコメントに返信
米国の挑発にのってよろしいならば戦争だでやってしまっただけ
後先考えてないと思うわ
その前にも半島統合と悪手を打っているし
135.名無しさん:2019年01月28日 15:01 ID:HRS0rIin0▼このコメントに返信
石油を抑えた時点でアジアでの目的は達成しているので、開戦の時点でアメリカの首都陥落に方針転換し、陸軍海軍共同作戦で真珠湾からそのまま進軍しカリフォルニアから上陸、都市を落とし少数民族を解放しながら首都まで進み落とせば7か月で勝てた。
136.名無しさん:2019年01月28日 15:06 ID:HRS0rIin0▼このコメントに返信
有色人種が力を持つことを恐れた米国の挑発は日露直後から続いた計画的かつ長期的なもので戦争を避ける術は日本人すべてが文明を捨て奴隷になる以外はなかった、これを選択した場合、人類は23世紀になっても人種差別を続けただろう。
137.名無しさん:2019年01月28日 15:20 ID:Nm7g.NB90▼このコメントに返信
日本人が全員TASさんじゃないと無理
138.名無しさん:2019年01月28日 15:53 ID:DlOsGn0w0▼このコメントに返信
戦争目的がブレブレなまま突入した戦争なんて無謀としか。
139.コロンブス:2019年01月28日 15:54 ID:.LuDhKMW0▼このコメントに返信
※44
公民館ではなくて、地域の会合を神社にする運動を進めればいいかもしれない。
田舎なら出来るところもあると思う。
140.名無しさん:2019年01月28日 15:57 ID:NE1i217F0▼このコメントに返信
ここまで読んで誰も触れていない事
・軍の無条件降伏により停戦したあと、講和会議を行い終戦したのであって、無条件降伏はしていない。
・1942年~43年前半において、連合国は内南洋を落とすだけの戦力を用意できない。
・日本側が用意できなかったのは精度の高い工作機械であって、兵器の生産量自体は43年から44年にピークを迎えている。
・45年の生産量急減は資源がないと同時に44年東南海地震も影響しているが、硫黄島と沖縄はその45年であり、その出血がないとき連合国が「軍の降伏」を条件とした停戦を提案したかどうかを誰も言っていない。
・ハルノートを受けたとして米国は日本の安全を保障したのか。
・日本が大陸から撤退したとして、当時の対外貿易の半分を占めたその市場の替わりはどこに求められるのか。
・全てのリスクを呑んで米国の要求を受けたとして史実よりマシな結果になったのか。
・米国は本当に戦争の直接の結果として国益を得られたのか。
141.コロンブス:2019年01月28日 15:57 ID:.LuDhKMW0▼このコメントに返信
※53
日本人の振りをした犬w
142.名無しさん:2019年01月28日 17:12 ID:jkaw9Soe0▼このコメントに返信
勝ち目のあるなしじゃなく展望が中途半端という点で無謀。
半年から1年暴れてその後は知らんてなんよ。
143.名無しさん:2019年01月28日 17:42 ID:Xk2mWZ7N0▼このコメントに返信
※142
これに尽きる。
無謀だった日露戦争を外交努力で短期決戦で引き分けに持ち込めたので夢を見ちゃったんだよね
144.名無しさん:2019年01月28日 17:44 ID:KgFySKS.0▼このコメントに返信
>>55
ドイツとイタリアがイギリスとソ連を倒せばアメリカもやる気をなくすはずだった
145.名無しさん:2019年01月28日 17:45 ID:wotCgEvl0▼このコメントに返信
南方では無く、ドイツと二方面からソ連攻撃してソ連の解体と地下資源手に入れて
上手く米国と講和出来ていれば北方領土問題も無かったかもしれないな…
146.名無しさん:2019年01月28日 17:59 ID:MOsJF2Jq0▼このコメントに返信
うーん、、、、ハワイ攻撃は漸減作戦の一環で、帝国海軍の最終目標は「艦隊決戦」なんだけどな。
日本海海戦の呪いが帝国海軍を暗黒面に落としてたから、アホなほど硬直思想で、国力云々の前に大本営レベルで時代遅れだったんだけど。
イソロクさんも含めて、みんな艦隊決戦主義者だよ。

その点、ドイツのデーニッツさんは素晴らしい。戦術面作戦面での失敗は多いが、国力の本質・戦争の本質を見極めてたから。

敵艦を見つけた途端、守るべき輸送艦隊をほったらかして殴りに行くって、しんでしまえと思うわ。
敵が一枚上手ではあるのだが、潜水艦に沈められる駆逐艦てのも情けない。
貧乏人は、持ってるリソースを大事に使ってこそ、金持ちと戦争できるもんじゃねえの?
147.名無しさん:2019年01月28日 18:01 ID:KgFySKS.0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃って、あれ自体が割と決戦のつもりだったんじゃないですかね?
一回決戦に負けたぐらいでアメリカがあきらめるとは限らないてのが現実になっただけで
148.名無しさん:2019年01月28日 18:02 ID:mySivkGT0▼このコメントに返信
>>72
向こうが納得するには満鉄利権全渡しやろなぁ
整地された土地タダで手に入るとかもう当時はウハウハやで
149.名無しさん:2019年01月28日 18:07 ID:.pMLLCe00▼このコメントに返信
戦争は、政治的優勢を確保するための戦略だけど、日本はそこの落としどころがなかったからね。
150.:2019年01月28日 18:09 ID:NE1i217F0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
151.名無しさん:2019年01月28日 18:10 ID:IchiyU0r0▼このコメントに返信
ベトナムでも追い返せたんだから、日本も戦略を練れば勝てたとは思う。
152.名無しさん:2019年01月28日 18:13 ID:l87H9JiY0▼このコメントに返信
>>95
そういう感情論は馬鹿みたいだからやめな
153.名無しさん:2019年01月28日 18:18 ID:thlunq7U0▼このコメントに返信
※44
まぁ、国家神道じたい、明治時代に作られたものだからな。
本来は神仏習合がデフォなのが日本だし、原理主義が滅ぼされ、本来のにキリスト教をぶちこんでさらにカオスな神仏習合になったと考えれば良い。
154.名無しさん:2019年01月28日 18:21 ID:KgFySKS.0▼このコメントに返信
※151
最低限、中ソを味方につけてないと厳しいな
155.名無しさん:2019年01月28日 18:24 ID:thlunq7U0▼このコメントに返信
※3
スターリンと伍長閣下もな。こいつらこそルシファーとベルゼブブみたいもんだろ。
156.名無しさん:2019年01月28日 18:26 ID:HrBK1c7h0▼このコメントに返信
>>40
いやアメリカの側に不利な状況で日本に有利な講和を結ぶメリットが無いって話でしょ
平和が訪れればなんでもいいんだったら中国の権益を全部放棄すればそもそも開戦に至らなかったよ
157.名無しさん:2019年01月28日 18:27 ID:MOsJF2Jq0▼このコメントに返信
※150
ドイツも日本も、主戦場は陸だよ。大陸か島かの差は有るが、海に人は居ない。
通商破壊の目的は三つ。一番は工業生産力の漸減、二番は前線兵力への補給を絶つ、三番目が国民生活の窮乏による戦意喪失狙い。
特に一番二番は戦闘での勝敗に直結する重大事だぞ。
敵の糧道を絶つという戦略を重視しない軍は、えてして味方の糧道も重視しないもんだ。
一発戦って、勝ったらOK、負けたら玉砕。そんなん繰り返してたら継戦もクソもないだろ。
158.名無しさん:2019年01月28日 18:28 ID:t40zJ0NQ0▼このコメントに返信
>>40
自分からぶん殴っといて許してちょが許されると思ってる幼稚さが敗因の元だよ
第一次大戦でとっくに戦争のあり方が変わってるのに気づかなかった無能さもあるけど
159.名無しさん:2019年01月28日 18:29 ID:rYgHA5HV0▼このコメントに返信
>>12
大局観ゼロの大馬鹿日本帝国人はさらに減ったからwin-winか
160.名無しさん:2019年01月28日 18:32 ID:qSRqwWb70▼このコメントに返信
>>16
そんな国力があったらそもそも開戦してない定期
161.名無しさん:2019年01月28日 18:35 ID:4YN.KpTU0▼このコメントに返信
日本軍は食料補給も無く、自転車で移動してたんだろ?勝てるわけない
162.名無しさん:2019年01月28日 18:40 ID:NE1i217F0▼このコメントに返信
※157
島は海の間に浮かんでいる。ドイツは補給戦を繋ぐのに北アフリカ以外で輸送船に頼る必要はない。主戦場が海と言ったのはそういうこと。策源地は人間誰でも陸地に置く。通商破壊の仕方に問題があったのはわかる。しかし「一発戦って、勝ったらOK、負けたら玉砕」とは事実無根である。陸軍は北支戦線の頃から国民党軍が破壊したインフラ整備にも駆り出されており、当時の人文地理学者を動員して再建に努めてもいる。南方戦線の補給が途絶えたのは輸送船が沈んだからであること上の通り。その理由は単に船腹量が資源量が足りなかったから。しかして資源は南方に、南方資源に対する通商破壊の策源地は豪州にあった(日本への通商破壊をやる潜水艦がハワイやアメリカから渡ってきたと考えてる人はいないよね?)。30年代半ばから対潜装備や戦術に注力した国がどれだけあったか、その頃から内南洋の要塞化を行えば日本の立場はどうなったか。アメリカはともかく他の列国に対して標準的な兵站を用意してはいたのだから、前線にモノが届かなかった問題はそれとは別の話。
163.名無しさん:2019年01月28日 18:42 ID:93jJRCRK0▼このコメントに返信
>>20
真珠湾奇襲が無かったとしてアメリカが参戦して来なかったかはかなり疑問だがね
少なくとも経済制裁が一層強まったのは間違いない
参戦してきた場合継戦意欲は史実より低かっただろう代わりに真珠湾で沈めた戦力はまるまる残っているという感じになるだろう
そしてその戦力に勝ち目が薄いと判断したから真珠湾奇襲に踏み切ったわけでな
史実以上に何も出来ずに完敗した可能性もある
164.名無しさん:2019年01月28日 18:49 ID:93jJRCRK0▼このコメントに返信
>>23
ワンチャンなんかないよ
米本土(はおろかハワイですら)に上陸する能力があったわけでもない以上、仮に海上戦力を全滅させてもいずれ復活してくるのは間違いないんだから
ベトナム戦争みたいに厭戦気分が蔓延してってパターンも真珠湾の後では絶望的だし完全に詰んでた
165.名無しさん:2019年01月28日 18:51 ID:vhGm7LHJ0▼このコメントに返信
敵が上陸してくる所の徹底的な要塞化、陸海軍の兵器生産さんは共同性を高める。榴弾15センチ砲の生産拡大、九八式臼砲 の小口径を生産、
ぐらいはやれ。後炊飯をやめて、稗を一度にて加工させ乾燥させたもの、兵站の中心にする。後6,5ミリ口径一本にしぼって重機だけは七、7ミリ口径にする。15センチ以下の砲の生産禁止、例外は七センチ高射砲、機関砲の25ミリのみとする。15センチ砲の生産を何より優先させ、後戦車の規模を縮小させる。
166.名無しさん:2019年01月28日 18:54 ID:vhGm7LHJ0▼このコメントに返信
※165
後擲弾筒は、生産維持
167.名無しさん:2019年01月28日 19:02 ID:NE1i217F0▼このコメントに返信
42年5月時点での日本にとっての小康状態をうまく活かせれば(日本が建造した航空母艦は数的にはマリアナやフィリピンに侵攻してきた部隊と同数、ほか未成艦多数)、条件闘争ができた可能性はあるが、そうした機会を掴んで東アジアでは米軍の替わりに収まった世界を描いた小説は幾つもあるが、どれも四苦八苦している。実際にそうなっていても似たようなものだったろうと思う。
168.名無しさん:2019年01月28日 19:08 ID:an3K2KMU0▼このコメントに返信
>>88
アメリカは1935年の時点でフィリピン手放そうとしてたのに
大して旨味のない日本を植民地化するわけないでしょ

無知&被害妄想激しすぎる
169.名無しさん:2019年01月28日 19:13 ID:NE1i217F0▼このコメントに返信
※168
イラクは1932年から独立国だが、1936年だかの京大の地理学者がアラブに旅行した記録が1944年に出ている。それによると産油国イラクはイギリス本国の二倍の値でガソリンを買っておりその儲けはすべてイギリスに行ったらしい。植民地と変わらない状態に落ちない為には資源が必要だった。その資源は英仏蘭を相手に軽工業製品と警備戦力との交換で手に入れていた。日米交渉の終盤にはそれらの放棄が要求された。
170.名無しさん:2019年01月28日 19:45 ID:XzPi.bS60▼このコメントに返信
戦線広げすぎや
どうやって維持するつもりだったのか
171.名無しさん:2019年01月28日 19:50 ID:xxSP9Dfd0▼このコメントに返信
>>46
ルーズベルトがポックリの誤算はあったものの、ソ連の独り勝ちでしょ?
172.名無しさん:2019年01月28日 19:54 ID:UBReSM1A0▼このコメントに返信
自転車もあればいいほうで
基本的には徒歩か馬やな
仮にハワイに上陸してたら米国民間人より機動力無いぞ
173.名無しさん:2019年01月28日 19:55 ID:xxSP9Dfd0▼このコメントに返信
>>166
擲弾筒を三八にくくりつけて使った人いたかなぁ?ひとりくらいは…
174.名無しさん:2019年01月28日 19:56 ID:xxSP9Dfd0▼このコメントに返信
>>172
車の運転が「特技」とされてたからね…
175.名無しさん:2019年01月28日 20:01 ID:xxSP9Dfd0▼このコメントに返信
日露の時は、英国に露艦隊押さえてもらって、アメリカに終戦の仲介…
大東亜では…
この差はなんなんだ!
176.名無しさん:2019年01月28日 20:04 ID:xxSP9Dfd0▼このコメントに返信
「太平洋戦争」って呼称は海軍の上層部で使ってたらしい…
大陸は陸軍の所掌だからって理由だとか…
177.名無しさん:2019年01月28日 20:26 ID:MOsJF2Jq0▼このコメントに返信
※162
正確に言うと「通商破壊の仕方に問題が有った」のではなく、「もともと通商破壊を全く重視していなかった」のが大問題なのですわ。
全く重視していない。という言葉は間違いじゃないよ。
乙型潜水艦とガトー級の違いを見てごらん。日本の潜水艦の艦種とアメリカの艦種を比べてごらん。
要は、制海権さえ取れれば補給は簡単簡単考える事無いよ。といった甘っちょろい認識が後々効いてくるわけです。
178.名無しさん:2019年01月28日 20:33 ID:KgFySKS.0▼このコメントに返信
※175
ジャパンアズナンバーワンから一気に衰退途上国化する国ですし。
自惚れやすいのと教育が下手なんじゃないかとしか。
179.名無しさん:2019年01月28日 20:40 ID:YWVubz3D0▼このコメントに返信
日米海軍はもともと海上決戦主義だった。最初の予定通りマリアナ辺りで決戦してりゃあ、まず勝てたしその後外交決着の道もあった。
五十六のハワイ奇襲こそ日本敗戦のバットルート。
180.名無しさん:2019年01月28日 20:40 ID:NE1i217F0▼このコメントに返信
※177
日本の潜水艦が艦隊決戦への随伴を前提に作られており、いわゆる漸減作戦の支援を目的としていたことはよく存じています。通商破壊は一応インド洋でやっている。なぜハワイ東方沖ではなかったのかなど言われていますが、「制海権さえ取れれば補給は簡単簡単考える事無いよ。といった甘っちょろい認識」ではなく、主力艦の数が劣位である上にアメリカ艦隊はいくらでも換えがあるがこちらには換えがないことがそうした建艦計画の原因。アメリカとの協調にひびを入れてまで巡洋艦の確保に執心し、堀悌吉を予備役に追いやったのもこうした危機感から。すべては国富と資源に余裕のない緊張感から出たもの。それだけに緒戦の成功による気の緩みが危機感のタイムラグとなって後に響いた。
181.名無しさん:2019年01月28日 21:18 ID:xxSP9Dfd0▼このコメントに返信
>>178
あ、裏方を軽視する傾向もあるよな…
確か、陸軍士官学校だっけか?
配属先が補給部隊なのを悔やんで
卒業前に自タヒした生徒がいたって話…
182.名無しさん:2019年01月28日 22:00 ID:rwHMDlvV0▼このコメントに返信
※181
おいら潜水艦ってよく知りませんねんって言っていた某軍令部総長とかもな
ちなみにニミッツ提督は潜水艦の艦長出身

183.名無しさん:2019年01月28日 22:08 ID:6UnN3Djr0▼このコメントに返信
国連脱退の時点で、松岡の独断だからな…
当初、国連に残る方針で根回しもしてたのに、思い通りにならなくて
突然、席を立って、退出。(だからメガネかけた白人が唖然とした顔してるw)
しかもこの写真が新聞に載って、「我が代表堂々と退出す」っとタイトルついたもんだから
ヒーローになってしまう始末w

戦術的には練ってたかもしれないけど、戦略は行き当たりばったりに近い
184.名無しさん:2019年01月28日 22:14 ID:rwHMDlvV0▼このコメントに返信
※180
ロンドン軍縮条約であれだけ保有にこだわった1万トン重巡が絵にも描けないポンコツ兵器で
帝国海軍の連中はもう少し使えると思っていただろうにな
ガワはカッコいいんだけどね、1万トン重巡って
185.名無しさん:2019年01月28日 22:29 ID:NE1i217F0▼このコメントに返信
※184
ゼロ戦でヘッドオンの撃ち合いをやれば落ちるしコルセアでゼロに格闘戦を挑めば落ちる。水雷戦が主流の時代に作られた船で空母の随伴を務める事になるがこの間わずか10年。レパルスだってその数年前の常識なら沈まないはずだった。運用方法の変化がめまぐるしくそれでも前の時代の兵器を使わなければならなかった時代。しかし次の時代は空母だろうとは日米双方が思っていてアメリカ側は労働力をフル回転させたら1000万トンくらい作れたから兵器の交替ができた。物量さえあればPTボートみたいなお粗末な代物でも活躍できる。ソロモンでは巡洋艦と駆逐艦が双方ほぼ同数で戦っていてそこでは活躍していたはずである。
186.名無しさん:2019年01月28日 22:38 ID:mTBtHgnQ0▼このコメントに返信
※183
松岡の独断?そんな事は無い。 
色々言われるけどこれに関して松岡自身は
「脱退は下策」との判断でなんども連絡してる

国の方針がそうだったからであって別に松岡が勝手にやったわけではない

187.名無しさん:2019年01月28日 22:40 ID:f08kvrku0▼このコメントに返信
満州国内の油田、後に大慶油田と名付けられた油田を発見していたら、南進の必要性がなくなり、
仏印進駐もなくなり、アメリカの経済制裁もなく、ABCDラインもなく、戦争は回避できたかもしれない
早く見つけていれば、北支事変もなかったかもしれない。
ビスマルクの偉大なところは、普仏戦争によってドイツ統一を成し遂げた後、一切領土的野心をみせなかったことだ。
あまりにも、野放図にグランドデザインなしに、相手が弱いとはいえ、日中戦争に突っ込んでいったことが、敗北の遠因だと思う。
188.名無しさん:2019年01月28日 23:23 ID:KgFySKS.0▼このコメントに返信
日露戦争→英米がロシアを倒したかったから日本を勝たせた
太平洋戦争→米英が日本を倒したかったからボコボコにされた

結局は米英の掌の上の小日本(笑)
189.名無しさん:2019年01月29日 04:39 ID:Rp5FAvvX0▼このコメントに返信
リバティー戦時標準船(輸送船)とかの製造の話を聞くだけで勝てる気がしない。
あんなのを1日3隻づつ毎日作ってたそうだ。 しかもリバティー型以外にも輸送船はあったし、
週刊空母なんてのも有名なところ。 戦略戦術どころじゃない。
190.名無しさん:2019年01月29日 06:25 ID:16xkyzHl0▼このコメントに返信
※189
アメリカも人的資源だけは有限。だから戦前の日本は敵に出血を強いる方法を模索した。一式機動47ミリ砲は沖縄だけで300両近い敵戦車を破壊したがこれは正面に比べ装甲の薄い側面を狙う戦術が有効だったから。上部装甲はどの戦車でも一番薄いので、陸海問わず航空優勢を重視したのはノモンハンで制空権があれば戦車も倒せると学んだから。大東亜戦争開戦から沖縄以前のどの段階でも連合国から「我らの条件は左のごとし~責任ある政府が樹立されたときには、連合国の占領軍は、直ちに日本国より撤収する」といった文言は出てきていない。日本側に相手の戦略を挫く力がなければできなかった話で、正面から撃ち合って要求を押し通せるだけの兵器や物量がなかった以上、戦略戦術が奏功したものと言わなければならない。
191.名無しさん:2019年01月29日 06:47 ID:V2d6TpxE0▼このコメントに返信
>>31
新しい知見を試すのは良いことだけど、根本的な基礎知識が無い人間が歴史を裏読みしても、この下の※64みたいな滑稽で愚鈍な解釈になるだけ。

ルーズベルトは大統領選挙三選の最中から、米国世論とフランスの呆気無い歓楽への危機感に押されて、「英国」を必死で救援するために全力を尽くす腹積もりを決めて、実際に実行した。日本がドイツと組んで(ソ連とも中立条約結んでる)、シンガポール進攻することに特に神経質になってたからこそ、南仏印進駐で日本は想定以上の厳しい制裁禁輸を喰らったんだけど、もしもルーズベルトが本当に親ソ連だったら、日本の陸軍主力の大半が満州から消え去った事を喜ぶはずだろ。

しかも変に日本を挑発すれば、独ソ開戦で日本を挑発して、万が一にも日ソ中立条約破棄、挟み撃ちって言う、まさにソ連にとって最悪の結果もありえた。

ま、理解出来ない人には、こんな当たり前の事を書いても理解出来ないだろうけどね。
192.名無しさん:2019年01月29日 06:53 ID:V2d6TpxE0▼このコメントに返信
>>19
日本、特に外務省と海軍はイケイケで日米交渉を潰しまくったけどね。議事録見たら、海軍は何度も何度も「対英米戦に自信あり」って言い触らしてるし。無理矢理日本を戦争に引きずり込んだのは日本政府自身だよ。
193.名無しさん:2019年01月29日 07:03 ID:V2d6TpxE0▼このコメントに返信
>>22
勝利条件は、一年位でドイツが勝って、アメリカは「もう戦争する意味無し」って言って勝手に身を引いてくれる、っていう幻想だったんだよ。

そもそも、16年4月にほぼ合意が出来ていた日米諒解を潰したのは日本側。外務省(松岡)がドイツと組んで戦後に英仏の植民地を分割するために英米仏蘭と戦おうとけしかけたのが事の発端だよ。そして日米交渉を潰した結果、アメリカから敵視されて制裁を受けて、最後は「今急いで戦争しなくては、将来に勝機がなくなる」と言う脅迫観念でまともな判断も出来なくなった。
194.名無しさん:2019年01月29日 07:08 ID:V2d6TpxE0▼このコメントに返信
>>82
海軍に被害がどれだけ出ても、どこかアメリカ領土の中で日米両陸軍が激突して、米軍と世論がその損害に耐えられないと思う事態にできなければ、日本は永久に日米戦争で勝てない。
195.名無しさん:2019年01月29日 07:11 ID:V2d6TpxE0▼このコメントに返信
>>28
満州建国で日本の拡大路線は止まってるよ。シナ事変はそもそも蒋介石にけしかけられた戦争だし、しかも講和で無賠償無併合方針を取ると、早期から日本政府は言明してた。
196.名無しさん:2019年01月29日 07:16 ID:V2d6TpxE0▼このコメントに返信
>>148
左翼物質主義者はこういうくだらないモノを人間の命より価値があるとか平気で思えるんだよね。満鉄利権なんかアメリカにとってはカスだよ。実際にアメリカは中国本土で日英みたいな利権開拓を全然してなかっただろ?
197.名無しさん:2019年01月29日 07:21 ID:V2d6TpxE0▼このコメントに返信
>>74
まさにこれが最初(三国同盟締結時)の日本政府の考えだよ。ところがルーズベルトがイギリス救援を公約にしちゃったので、英米不可分論になって、逃げ道が無くなった(三国同盟を空文化してれば大丈夫だったんだけどね)
198.名無しさん:2019年01月29日 07:24 ID:V2d6TpxE0▼このコメントに返信
>>79
英仏はドイツの敵でアメリカも1940年以降英国寄りにシフトチェンジしたから、そもそも三国同盟を組んだ事が間違いの大元。中国からの撤退なんか重要度はほとんど無い。
199.名無しさん:2019年01月29日 07:26 ID:V2d6TpxE0▼このコメントに返信
>>90
戦前の日本は大国だったんだけどね~。植民地になんかなるわけが無い。
200.名無しさん:2019年01月29日 07:29 ID:V2d6TpxE0▼このコメントに返信
>>175
まさに日英同盟の価値と独伊との三国同盟の根本的価値の差だよ。
201.名無しさん:2019年01月29日 08:19 ID:16xkyzHl0▼このコメントに返信
※196
基本的な知識というなら、門戸開放・機会均等を言ってきたのが誰で、日英同盟の更新に難色を示したのが誰かも言わないとおかしい。
202.名無しさん:2019年01月29日 08:39 ID:GGHM3ygY0▼このコメントに返信
第一次大戦をマトモに戦わなかった日本は、ヨーロッパの潮流から遅れてしまったんだよ
総力戦というのがどういうものか分からなかった
日露戦争のような前近代戦は、ストックで戦い、双方のストックが底を突いたらそこでおしまい。
対して近代戦は、戦いながら生産し、生産しながら戦うというもの
当然ながら生産力が一番モノを言う
生産てのは兵器もだが、人間も含む
前軍の補給軽視・前線重視という考えとは180°違う戦争です

ぶっちゃけ、「従軍慰安婦」ってのも、補給軽視から出てきたもんだよね
アメリカだけじゃなくドイツでも、ある程度前線で働いた兵士は一度本国に帰る
いわゆる現地調達はおいといて、同国人の嬢とヤリたいなら帰ってからデキるわけだ
だが日本は違う。帰さない。だから代わりに嬢を前線近くまで持って行った訳

納入直前修羅場で全員3日徹夜、その時社長が「みんな頑張ってくれ、全員分の寝袋買って来たぞ!」と
いや、寝袋じゃなく家に帰って寝たいんだが
203.名無しさん:2019年01月29日 16:59 ID:2sUz86ha0▼このコメントに返信
結局、満州の利権を米国に開放すれば良かつたんだよ。 そもそも、満州国なんて日本一国で支えることは不可能。
米国資本の投入なしに発展は無理。 満州国内の利権が半分になっても巨大人口を持つ市場が立ち上がれば
距離的に日本の商品が大量に買われ、戦後のような経済発展を日本にもたらしたはず。
国防的にも満州に米国資本が大量に入れば、ソ連に対し米国、満州国、日本による防衛が可能になった。
204.ハインフェッツ:2019年01月30日 09:30 ID:l.ThAz4T0▼このコメントに返信
※203
でも、大陸伝いに米国へコミーが大量に入り込んでワシントンを汚染する図が見える気もするのよね。

…でもまあ、本当にアメリカにシベリア出兵やらせるくらいして、日本は戦争特需って形に出来ればよかったのに。
205.名無しさん:2019年01月30日 12:25 ID:Uf2iUJds0▼このコメントに返信
>海軍がまともだったら案外勝てそうじゃね?

むしろ陸軍がゴミ過ぎた
206.ハインフェッツ:2019年01月30日 15:03 ID:l.ThAz4T0▼このコメントに返信
※205
特に関東軍に関してはゴミ以前の問題かと。
中央政府のコントロールを受け付けない、天皇の名義で出された命令も踏み破るって、近代国家の軍隊としては言語道断ですがな。

お名前