2019年01月09日 20:05

世界大戦で枢軸陣営が負ける要素まったく見当たらないんだけどなんで負けたの?

世界大戦で枢軸陣営が負ける要素まったく見当たらないんだけどなんで負けたの?

20180711095849

引用元:世界大戦で枢軸陣営が負ける要素まったく見当たらないんだけどなんで負けたの?ww
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1546863920/

1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)21:25:20 ID:H0G
フランス1ヶ月で即墜ちとかガチでヤバすぎて草生えるんだけど

2: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)21:26:04 ID:AC1
アメリカがいないから

3: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)21:26:11 ID:kT7
アメリカソ連のせい

4: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)21:34:34 ID:H0G
ヨーロッパ全土支配してるのに負けるとか草なんだが

6: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)21:58:44 ID:fAT
>>4
むしろ支配し過ぎで負けたんじゃね?占領地のレジスタンス、パルチザンに対処しながらユダヤ人狩りとか前線に関係ないところに人員割かれてるし

5: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)21:53:05 ID:DN1
ローマ帝国のようにいかないすなあ

7: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)21:59:29 ID:qVp
連携取れてないからだぞ

独「ソ連攻めるで」
日「あああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」

伊「ギリシャ攻めるで」
独「ああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」

日「アメリカ攻めるで」
独「あああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」

10: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)22:07:56 ID:GJN
>>7
これ
ぶっちゃけ日本さんが全力で西進した方が勝機あった

13: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)22:12:20 ID:fAT
>>10
1940年大本営「重慶攻略は兵站の問題で無理、許可しない」
1944年大本営「牟田口の提案通りインパール作戦許可する。兵站?占領すればなんでも手に入るぞ。てか牛連れてって食いながら行けばヘーキヘーキ」

14: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)22:13:57 ID:pjH
米英は正に同盟って感じなのに日独伊の連携のなさよ
同盟ってか嫌われもん同士が仕方なくくっついたみたいな感じだったのがまずかったか

16: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)22:15:31 ID:MAw
イデオロギーの時点で敗けていたと言える

17: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)22:16:25 ID:hsa
GDP何倍も差あんだし順当やろ

19: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)22:19:05 ID:A4f
ド・ゴール「フランスは枢軸国と講和も降伏もしてないし二次大戦中ずっと交戦し続けたんだが?」

22: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)22:20:33 ID:fAT
>>19
戦闘には負けたけど戦争には負けてないからな

23: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)22:20:55 ID:qVp
>>22
終わりよければ全てよしだからな

21: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)22:19:15 ID:fAT
ドイツなんて同盟組むまで中国に軍事顧問団派遣して武器売りまくってた準敵国みたいなもんだしな。

24: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)23:01:25 ID:vuk
日本もドイツも戦線拡げスギィ

25: 名無しさん@おーぷん 2019/01/08(火)00:55:43 ID:ZfM
同盟を組んでおきながら、全くと言って良いほど共同できなかった
日独潜水艦派遣作戦も完全成功は一回だけ

結果だけ見れば、同盟は意味なかった

28: 名無しさん@おーぷん 2019/01/08(火)02:26:00 ID:Sso
>>25
というか遠すぎる

29: 名無しさん@おーぷん 2019/01/08(火)02:27:25 ID:41a
何処をどう見たら枢軸が勝つ要素があるのか

30: 2019/01/08(火)02:29:07 ID:4Hy
>>29
開戦後3ヶ月だけ見る

33: 名無しさん@おーぷん 2019/01/08(火)12:45:04 ID:z3D
一回の海戦でイギリスに10隻も駆逐艦沈められるドイツさん・・・w

34: 名無しさん@おーぷん 2019/01/08(火)17:16:25 ID:3R7
>>33
残念でもないし当然

35: 名無しさん@おーぷん 2019/01/08(火)17:18:34 ID:UKK
ドイツってなんでソ連相手にしたん?

36: 名無しさん@おーぷん 2019/01/08(火)17:20:41 ID:0E2
連合が負ける要素あったか?

42: 名無しさん@おーぷん 2019/01/08(火)22:33:17 ID:oE1
>>36
主要国の一翼のフランスが即墜ちした

41: 名無しさん@おーぷん 2019/01/08(火)18:35:37 ID:kd1
連合軍は自分の領域でなんでも採掘、生産できるから強いわな
枢軸は奪い取りに行かなきゃならんし

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年01月09日 20:07 ID:6Mdiumdd0▼このコメントに返信
まあイッチみたいな国民とそれを煽ったマスコミがいたから日本は負けたんだろうな
2.勝てる要素がない。:2019年01月09日 20:08 ID:uQO2fYwA0▼このコメントに返信
勝てる要素がない。


最大の敗因


🇺🇸アメリカ🇺🇸を『敵』に回した事🤗
3.名無しさん:2019年01月09日 20:10 ID:i30CtNfv0▼このコメントに返信
連合国も枢軸国も関係ない、合衆国がいる側が勝つと言うだけの話。
4.🇯🇵日本🇯🇵:2019年01月09日 20:11 ID:uQO2fYwA0▼このコメントに返信
🇯🇵日本🇯🇵


🇯🇵日本🇯🇵が弱いというより🇺🇸アメリカ🇺🇸が強すぎる。


ちなみに、海軍良識派の代表格である『井上成美』でさえ中国🇨🇳に対しては超強硬論者であり、重慶市への『無差別空襲』を積極的に推進している。(実話)🤗
5.🇺🇸アメリカ🇺🇸:2019年01月09日 20:13 ID:uQO2fYwA0▼このコメントに返信
🇺🇸アメリカ🇺🇸


🇺🇸アメリカ🇺🇸が強すぎる。


イギリス🇬🇧は学んだ。


フォークランド紛争時、首相サッチャーの大方針『🇺🇸アメリカ🇺🇸を敵に回さない。』🤗
6.名無しさん:2019年01月09日 20:13 ID:zXKul2f30▼このコメントに返信
アメリカが枢軸側に居りゃ枢軸側が勝っただろうさw
7.朗報:2019年01月09日 20:16 ID:uQO2fYwA0▼このコメントに返信
朗報


世界史の鉄則


『永遠に続いた世界覇権国はない。』


ローマ帝国、モンゴル帝国、イギリス🇬🇧帝国


いつか必ず滅びる。永遠に続いた世界覇権国はない。🤗
8.真珠湾:2019年01月09日 20:18 ID:uQO2fYwA0▼このコメントに返信
太平洋戦争


真珠湾


🇺🇸アメリカ🇺🇸は🇯🇵日本🇯🇵に『教育』してくれた。🤗


『最初の一発は相手国に撃たせろ!!じ後、それを徹底的に『宣伝』しろ!!』🤗
9.:2019年01月09日 20:19 ID:p2.llRON0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
10.名無しさん:2019年01月09日 20:19 ID:SD2xxDqh0▼このコメントに返信
書き込もうと思ったら  本スレ>>7に網羅。
11.名無しさん:2019年01月09日 20:20 ID:DjjDmrLb0▼このコメントに返信
ヨーロッパ最強でドイツ瞬殺余裕だったはずのフランス軍壊滅&即降伏だけみればそのまま世界征服してもおかしくないレベル。尚現実
12.名無しさん:2019年01月09日 20:23 ID:ExXIGcCj0▼このコメントに返信
連合軍の総大将が袁紹さんやなかったから
13.名無しさん:2019年01月09日 20:24 ID:uQO2fYwA0▼このコメントに返信
>>9
ユダヤ陰謀論は流行らない。🤗
14.名無しさん:2019年01月09日 20:28 ID:QtCT8Ipi0▼このコメントに返信
フランスが戦勝国で五大国扱いなのは正直意味わからんよな
イギリスに亡命政府置いてただけだし
15.名無しさん:2019年01月09日 20:28 ID:QDEU216w0▼このコメントに返信
アメリカ様の贈り物原爆
16.名無しさん:2019年01月09日 20:29 ID:QDEU216w0▼このコメントに返信
広島
長崎
福島

アメリカ様の原爆ギフト
17.名無しさん:2019年01月09日 20:30 ID:IJe2AZ4b0▼このコメントに返信
アメリカが向こうにいたから
18.名無しさん:2019年01月09日 20:30 ID:HmhAykOn0▼このコメントに返信
ゲームならまだしも現実で短期間に占領範囲を拡大すると
統治が行き届かなくなったり、インフラ整備に負担が急増したりして
自壊してしまう
19.名無しさん:2019年01月09日 20:31 ID:wtvOhUmb0▼このコメントに返信
枢軸国は資源が乏しかった
20.名無しさん:2019年01月09日 20:31 ID:slixV5Lb0▼このコメントに返信
うろ覚えだけど開戦前で日米の工業力30倍の開きだっけ
んで年を追う事に開いて、終戦1945年頃には毎週空母竣工してたとなんかの資料で記憶してる
当時から別格のスーパー国家だったみたい

フランスマクロンは恩知らずと改めて思うのであったw
21.名無しさん:2019年01月09日 20:31 ID:QDEU216w0▼このコメントに返信
戦犯国日本が受けなければなら当然罰

原子爆弾

アメリカ様の贈り物

広島
長崎
福島反省しない日本の神の贈り物!
22.名無しさん:2019年01月09日 20:32 ID:p2.llRON0▼このコメントに返信
※16
日本人もヤラレっ放しだよな
23.名無しさん:2019年01月09日 20:33 ID:tCXalj8n0▼このコメントに返信
というか結局のところ結果的に米の集中力を欧州と太平洋に分散させたってこと以外は特別連係してないよね。
もっとも米軍って担当地区の割り振りはっきりしてるから兵力の分散にすらなってなかったんだろうけど
24.名無しさん:2019年01月09日 20:34 ID:slixV5Lb0▼このコメントに返信
※21
アメリカに三行半突きつけられてもそんな余裕があるとはw
あなたの祖国の斜め下期待してますわw
25.名無しさん:2019年01月09日 20:34 ID:h.vKtja40▼このコメントに返信
細かい理由はいろいろあるけど一番でかいのはアメリカが敵だったからだな
当時のアメリカと戦争したけりゃアメリカ以外のすべての国で同盟組むくらいじゃないと無理でしょ
26.名無しさん:2019年01月09日 20:35 ID:IJe2AZ4b0▼このコメントに返信
※20
その状態で各国に支援だからな
米海軍の戦力が整う前にけりが付かなかった時点で積み
27.名無しさん:2019年01月09日 20:36 ID:p2.llRON0▼このコメントに返信
※13
北鮮の核開発もイスラエルがやってるしな
いま平壌はアシュケナジーユダヤ人だらけ

プーチンがやっつけてくれないかな
28.名無しさん:2019年01月09日 20:36 ID:g3BlWKJd0▼このコメントに返信
どの国も調子に乗り過ぎて戦線拡大してて
アタマおかしいレベル
29.名無しさん:2019年01月09日 20:38 ID:UrrclNS70▼このコメントに返信
四ヵ国同盟は、結構がちだったんんだよ。それが独ソ戦で崩れて、もう日本は発狂しちゃったんだよ。ブリカス攻めながらソ連落とすって意味わかんないわw
30.名無しさん:2019年01月09日 20:41 ID:NOsSpbTv0▼このコメントに返信
負ける要素ないとか草
ドイツ一国でヨーロッパ戦線を支える国力が無かったし
日本一国で中国太平洋戦線を支える国力が無かった
破れかぶれの独日に勝てる要素が無かったんや
31.名無しさん:2019年01月09日 20:42 ID:Wxr5E8gC0▼このコメントに返信
「アメリカ一強、後問題外」の現代においてさえ、アメリカは決して一カ国以外と同時に戦争をやらない。
にも拘らずドイツは超多面戦争をやってしまった。
戦う順番を考え、一カ国ずつ各個撃破していけば充分勝機はあった。
開戦一ヶ月でパリ入城を果たしてしまった成功体験が、全てを狂わせた。
32.名無しさん:2019年01月09日 20:46 ID:CuhXkxFF0▼このコメントに返信
アメリカ「第二次世界大戦の時アメリカはフランスを助けたのにイラク戦争に反対するとは恩知らずめ」

フランス「アメリカ独立戦争の時に助けてやったんだからそれでイーブンだぞ」
33.名無しさん:2019年01月09日 20:47 ID:kJKkKN.R0▼このコメントに返信
負ける要素しかないだろ。
海洋国家の日本が、陸軍国家のドイツと組むこと自体ナンセンス
まったく利益になってない
34.名無しさん:2019年01月09日 20:47 ID:hPcmIfUl0▼このコメントに返信
海軍は勝てる可能性は無いと主張していたでしょう。
35.名無しさん:2019年01月09日 20:48 ID:UrrclNS70▼このコメントに返信
西欧として(ブリカス含め)反共で纏める可能性を何故かブリカスと戦争しながら求めたから、あういう形でソ連に手を出したんだろうな。
36.名無しさん:2019年01月09日 20:49 ID:RRWJ4oMg0▼このコメントに返信
他と同盟組めなかった孤立組なのにどこに勝てる要素があるんだよ
負ける要素は思いついても勝てる要素は全く思いつかんわ
37.名無しさん:2019年01月09日 20:50 ID:d6LyyRv80▼このコメントに返信
遠交近攻は日本の外交安全保障の悪い癖やな
そりゃ確かに遠くとの同盟は領土問題や民族間の問題が無いから楽だけど、力貸して貰おうにも必要な時に間に合わないから大して役に立たないっていう
38.名無しさん:2019年01月09日 20:51 ID:UrrclNS70▼このコメントに返信
四ヵ国同盟は、結構がちだったんんだよ。それが独ソ戦で崩れて、もう日本は発狂しちゃったんだよ。ブリカス攻めながらソ連落とすって意味わかんないわw
39.名無しさん:2019年01月09日 20:51 ID:s0EzIkDE0▼このコメントに返信
なぜ勝てると思うのか

イタリアは準備不足と分かりきっていたのに開戦
日本は何回シミュレーションやっても敗戦したのに宇垣チートで開戦
ドイツはイギリスを片付ける前にバルバロッサ作戦発動

しかも三国全てが兵站に問題があるとか、なんべんやっても勝てるわけがない
40.名無しさん:2019年01月09日 20:51 ID:d6LyyRv80▼このコメントに返信
※33
日本がアゾレス諸島ぐらいの位置にあったら、いい役割分担にはなれたと思う
41.名無しさん:2019年01月09日 20:53 ID:15cHyv.f0▼このコメントに返信
資源と生産力、プラス人口。総力戦は結局のところ、国力で差がつくから。戦争は質より量だし。
そんな面白くない結論、軍事オタは認めたくないというだけ。
42.:2019年01月09日 20:54 ID:sQ60cIyd0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
43.名無しさん:2019年01月09日 20:54 ID:UrrclNS70▼このコメントに返信
日中戦争馬鹿にし過ぎなんだよ。海軍はアメリカと戦争したくないから、シナ全線を伸ばすが基本方針だからね。ぜんぜん良心でもないわ。
日中戦争の疲弊はもう当時での日本でわりと厳しいわ。
44.名無しさん:2019年01月09日 20:55 ID:zJOD2bXg0▼このコメントに返信
金吾が裏切るから
45.名無しさん:2019年01月09日 21:01 ID:slixV5Lb0▼このコメントに返信
まぁ独逸と組むと負け確定なのはガチなんで、今のところ日本の方向性は間違ってはいないでしょう
現在のチャイナも真のアメリカの怖さを知らんので喧嘩売ってるけど、やっぱり歴史的に観ても戦争弱い国って基本打たれ弱いねw
防衛を軽視してるともいえるけど、日本はそろそろファーストアタック重視の軍備拡張しても良い頃合だと思うんですけどね
46.名無しさん:2019年01月09日 21:02 ID:FdWE.TCU0▼このコメントに返信
>>ぶっちゃけ日本さんが全力で西進した方が勝機あった

ところが帝国海軍はドイツ嫌いで、聯合艦隊のトップは三国同盟反対派。ドイツに協力などするはずがない。
47.名無しさん:2019年01月09日 21:05 ID:FdWE.TCU0▼このコメントに返信
>>46
ドイツに協力するなら、開戦前に山本さんと井上さんをフネから降ろしておくべきだった。
それに、勝てた戦に負けた2人だし…
48.名無しさん:2019年01月09日 21:08 ID:hoeVeSp30▼このコメントに返信
>>16
💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩💩
49.名無しさん:2019年01月09日 21:08 ID:kc.yr8l60▼このコメントに返信
複数の国を巻き込む世界大戦となると、国力を磨り潰して戦う総力戦になることは、第一次大戦で証明されてた。
なので、国力で劣る枢軸国側が勝てる要素は無かったとも言える。
しかし、ドイツがポーランド侵攻したり、フランスを降伏させたりと、個別撃破に徹することが出来れば枢軸国側にも勝つ可能性は残されたと思う。
何せ、当時の米国内の世論は他国の戦争に係わるなんて絶対嫌!だったし、ルーズベルトも(破ったけど)公約では戦争には参加しないって言って大統領になってるからね。
例えばイギリスが降伏するまで独ソ戦には絶対踏み切らないとか、ハルノートを受け入れて対中戦争から撤退するフリをしつつ、オランダにのみ宣戦布告してジャワ島の油田を確保した後に、改めて対中戦再開とか。
まあ、かなりの綱渡りだし、米(ていうかルーズベルト個人)は参戦したくてしょうがないので、どこまでやれるか疑問なのは認める
かなり難易度が高い外交力が求められるというか、ほとんどアルティメット・ヘル・モードの難易度だし。
50.名無しさん:2019年01月09日 21:09 ID:lhP1Cln00▼このコメントに返信
中国自体は弱くても広いし人も多いからゲリラ戦されるとどうにもならんからなぁ
対米にせよ対中にせよ戦争起こした時点で日本は負けるしかなかった
51.名無しさん:2019年01月09日 21:10 ID:gaODZMPG0▼このコメントに返信
日本はドイツ強いぞ、で慌てて同盟を結んだ
行き当たりばったりが上手くいく訳がない
52.名無しさん:2019年01月09日 21:13 ID:uvv0e4eA0▼このコメントに返信
負ける要素以外無いんだがwwww
53.名無しさん:2019年01月09日 21:15 ID:.qj7e7gV0▼このコメントに返信
とは言っても連合国側で真に勝利したと言える国は
アメリカだけな気もする

イギリスは国土は荒廃し完全に覇権国家から失墜し
フランスはいわずもがな
ソ連も長い目で見れば、WW2の後に戦時体制から脱却できなくて経済崩壊したし
シナに到っては自称戦勝国で、実際に戦ってた連中は直後の内戦に負けて台湾に島流し

やんなきゃ良かったって国しかないような
54.名無しさん:2019年01月09日 21:17 ID:m5nbV5F50▼このコメントに返信
ドイツがフランス北部と北欧諸国を削り取って、それで手打ちにしていれば交渉の余地が残った。その頃はまだ米国や英国の金融機関が金融支援を続けていたからね。再開発事業でさらに融資が伸びる可能性が高かった。
国際金融の拠点だった英国と全面対決してしまったのが最大の失敗。これで融資が途絶えて軍備増強ができなくなった。WW2からは国力は人口じゃなくて金融になったからね。ここで止めとけば傷は浅かったのに、ソ連に攻め込んでしまった。これでドイツの労働人口が壊滅。今に至るまで回復せずにEUを目指して労働力を域内から調達する事になった
55.名無しさん:2019年01月09日 21:18 ID:d6LyyRv80▼このコメントに返信
※53
イタリア「」
56.名無しさん:2019年01月09日 21:19 ID:.qj7e7gV0▼このコメントに返信
※55
いや連合国と言うには無理があるだろお前はw
57.名無しさん:2019年01月09日 21:24 ID:slixV5Lb0▼このコメントに返信
※55
ヘタリアともいうw
兵站で水不足やのにパスタを茹でるイタ公w
素敵な話やねw
58.名無しさん:2019年01月09日 21:25 ID:qBbr8UNG0▼このコメントに返信
※55
RSI「勝手に一抜けすんな!!」
59.名無しさん:2019年01月09日 21:28 ID:pBVPj..p0▼このコメントに返信
"サムスン、日本が放棄したマイクロLED TV公開!"
Samsung、75インチのMicro LEDテレビを公開。サイズも自由に変更できるって

//www.gizmodo.jp/2019/01/samsung-75-inch-micro-led-tv.html?utm_source=twitter&utm_medium=feed&utm_campaign=e14ab0e598a82134e41066c5d890391e
60.名無しさん:2019年01月09日 21:31 ID:SxYOHlPD0▼このコメントに返信
※57
パスタ云々はデマなんだが似たようなことやらかしてるからな。
ただでさえいっぱいいっぱいのドイツにギリシアだアフリカだと戦力分散させて
おまけにさっさと降伏してドイツに宣戦布告とか草も生えんわ。
61.名無しさん:2019年01月09日 21:32 ID:Jb0rG59G0▼このコメントに返信
もしドイツがソ連に攻め込まず北アフリカ戦線に集中してたらどうなったんだろう?
スエズ運河攻略できればかなり有利になるけど
62.名無しさん:2019年01月09日 21:37 ID:.qj7e7gV0▼このコメントに返信
実際イタリアに引っ張られてバルカン半島の鎮圧に手間取らず
対ソ戦開始が遅れていなけりゃ秋の泥濘や冬将軍に巻き込まれず
ひょっとするとモスクワ陥ちてたかもだしなあ

ソ連はそうなってもウラルの向こうに逃げるかもしれんけど
首都失陥の影響度は計り知れんから・・・
63.名無しさん:2019年01月09日 21:40 ID:LoIHrFCv0▼このコメントに返信
>>60
糧食にパスタ入ってるのは確か実際にあったような…
でも高級将校がパスタ食ってたとして、それがそんなおかしいか?って話だがな。
64.名無しさん:2019年01月09日 21:43 ID:lhP1Cln00▼このコメントに返信
イタリアはそもそも国としてまとまってないからお話にならん
今に至るまであんま変わってないし
65.名無しさん:2019年01月09日 21:45 ID:4N3k27bC0▼このコメントに返信
>>61
ジブラルタルはどうするんだい。
フランコはやる気ゼロだぞ
66.名無しさん:2019年01月09日 21:46 ID:slixV5Lb0▼このコメントに返信
※61
性急に戦線拡大し過ぎて補給が伸びきったところにソ連と事構えてたからなw
ティーガーIも大半が故障で放置撤退やったしキングティーガーなんて重過ぎて機動力がた落ちw
攻撃こそ最大の防御を地で行ってたから結末は同じじゃないかなぁ
アメリカいない前提なら、今頃帝国主義で世界は悲惨な状況だったかもしれないね
色々と空想するのも楽しいw
67.名無しさん:2019年01月09日 21:48 ID:BE4P2UCW0▼このコメントに返信
※61
帝国海軍が開戦劈頭にハワイを攻略くらいに現実味が低いと思います。
68.名無しさん:2019年01月09日 21:49 ID:p.8p5Pk50▼このコメントに返信
むしろ負ける要素しかないだろ
国力で負け、資源量で負け、同盟国間の連携はなってない、戦後世界の構想まで杜撰と来たもんだ
これで勝てるとしたら火葬戦記の中だけだろうよ
69.名無しさん:2019年01月09日 21:51 ID:4N3k27bC0▼このコメントに返信
>>62
11月ごろから雪が降り始め、大地が凍って泥濘状態が解消されるのは6月とか7月とかだぞ。
冬将軍も泥濘状態も経験せずにってのは無理アンド無理
あと、モスクワでかろうじて持ったような感じになってるけど、重要拠点のレニングラードもバクーも結局抑えきれてないしね。
まぁ単純に戦力がどう考えても足らんでしょ
70.名無しさん:2019年01月09日 21:55 ID:KwLXDf530▼このコメントに返信
明治時代にあったスペインアメリカ戦争の観戦武官でアメリカ側で参加した秋山が
アメリカ兵のダメっぷりに呆れて報告書に書いといたら半世紀たってもそんなものだ
と思って舐めてたんだろうって説
71.名無しさん:2019年01月09日 21:58 ID:KwLXDf530▼このコメントに返信
ミッドウエーに向かう途中でやったシミュレーションゲームでアメリカ側が優勢になったら
「陛下の艦隊になにをする」とか文句いって勝負をチャラにしたりという精神の問題とも
72.名無しさん:2019年01月09日 22:03 ID:X25Xu.4q0▼このコメントに返信
※66
通じりゃいい派だが英独混合のキングティーガーはやめてくれ
英語なら英語のキングタイガーかドイツ語のケーニクスティーガーやティーガーⅡにしてくれ
73.名無しさん:2019年01月09日 22:04 ID:slixV5Lb0▼このコメントに返信
※70
アメリカの恐ろしく立て直しが早いのも強さの一因だよね
軍隊に限らず、経済や企業でさえも駄目だと理解したら今迄の手順や考えを全て壊して再構築出来るんだから
合理主義の成せる業
だから伝統とか余り拘りが無いのかもしれないね
74.名無しさん:2019年01月09日 22:04 ID:YnXG2CEy0▼このコメントに返信
アメリカを敵にした国は勝てない現在も変わらない。
75.名無しさん:2019年01月09日 22:05 ID:slixV5Lb0▼このコメントに返信
※72
ごめんw
ティーガーⅡなんか個人的に嫌でキングタイガーで逝くわ
76.名無しさん:2019年01月09日 22:05 ID:2WWiIzTS0▼このコメントに返信
何故3馬鹿トリオはロシアとアメリカを敵に回したのか
ほんまにアホやろ
77.名無しさん:2019年01月09日 22:08 ID:M.jzbYog0▼このコメントに返信
>>1
ルーズベルト大統領の周りにソ連のスパイが相当数入り込んで、日本から開戦させるように工作していた事が『ヴェノナ文書』というアメリカ軍の記録で解ってきた。
詳しくは下記の動画でどうぞ

★YouTube
『ヴェノナ文書:日米開戦と日本解体に向けた左翼の陰謀』
 講演、江崎道朗
78.名無しさん:2019年01月09日 22:10 ID:lhP1Cln00▼このコメントに返信
※76
独は対英の後ろを脅かされたら困るとチョビヒゲがびびったから
日は押し込まれてやむにやまれず
伊は別に敵に回してないw
79.名無しさん:2019年01月09日 22:13 ID:frwH4gVF0▼このコメントに返信
ドイツ敗北の原因はソビエトに勝てなかったから。
日独が親密に連携して東西からソビエトを包囲すれば勝てたという見方もある。
もっとも個人的にはヒトラー/ナチスと連帯して勝利する日本よりは アメリカと戦って敗れる日本の方が好きだ。
80.名無しさん:2019年01月09日 22:14 ID:Cd0plK790▼このコメントに返信
資源が無い国が長期戦やったらあかん
81. 世界平和の名無し:2019年01月09日 22:15 ID:joXIgyX90▼このコメントに返信

問題は 「 理 念 性 」。 アメリカも原爆を落としたりして問題もあるが、アメリカは、たてまえとして

人類愛とか、世界平和、自由な社会とか、いちおう主張する。その態度がかならず成功するという

保証はないが、成功すれば非常にかがやかしい勝利となる。 むかしの日本の軍人さんに、人類愛とか

世界平和、自由な社会とか言っても、「 なに甘いことを言っておるのだーッ! 」と、怒鳴られるのがオチ。
82.名無しさん:2019年01月09日 22:19 ID:slixV5Lb0▼このコメントに返信
司令長官、五十六が待ち伏せで空に散ったのが分水嶺だったのかもね
日本を解体するのに邪魔だったという説もある
83.名無しさん:2019年01月09日 22:20 ID:4N3k27bC0▼このコメントに返信
>>78
対英なんか具体的な攻略の目処立ってなかったじゃん。
ヒトラーが殴り込んだのはソ連は簡単に落ちると油断してたからだよ。
84.名無しさん:2019年01月09日 22:24 ID:SHwyq1Qc0▼このコメントに返信
※81
違う。実は一番人類愛とか差別撤廃を訴えてたのは日本。
カラードが何いってんだ(笑)で封殺したのが国際連盟。

アメリカはタテマエをうまく使っていて、日本は建前さえしなかった(どうせ戦うんだからいいっしょ、といういい加減さ)のは確かにそう。
85.:2019年01月09日 22:25 ID:q.idgTu00▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
86.名無しさん:2019年01月09日 22:27 ID:kc.yr8l60▼このコメントに返信
※61
使い道の無かった低速の旧式戦艦を派遣して援護してやる手はあったかも
瑞鳳クラスの小型空母を何隻か護衛に付ければ、相手として出てくるのは英の旧式戦艦と航空戦力の使い方をまだ理解してない英空母。
それでスエズ襲って印度ルート封鎖したら、米の援護があっても経済的に英は落ちた可能性もあったり。
英がスエズに拘ったのは、印度ルートが大戦前半の英経済の大動脈で、切れれば失血タヒ待ったなしだったからだし
87.名無しさん:2019年01月09日 22:32 ID:slixV5Lb0▼このコメントに返信
日本は戦前から独逸とは相性悪いよ
だから今度は是非レッドチームに逝ってねw
ところで、イタ公どっちにつくんやろか?
パスタをトマトソースではなくケチャプで作ると発狂するのはなぜなんだろうw
88.名無しさん:2019年01月09日 22:36 ID:UrrclNS70▼このコメントに返信
イタリアの、パスタ云々でどうこう言ってるけど、日本も炊飯でコメ焚くしな。。。。。これここのコメで見て旧軍の兵站問題は根深ないなと思った。力が出ない。。。。。
89.名無しさん:2019年01月09日 22:37 ID:UrrclNS70▼このコメントに返信
これここのコメで見て旧軍の兵站問題は根深ないなと思った 訂正これここのコメで見て旧軍の兵站問題は根深いなと思った
90.名無しさん:2019年01月09日 22:46 ID:slixV5Lb0▼このコメントに返信
食事は兵の士気にモロ影響するから絶対外せない要因だよ
一度戦闘糧食もらって食べたけど普通に旨かったよ
通販でも売ってるみたいだね、ちとお高いけどw
91.名無しさん:2019年01月09日 22:57 ID:hoeVeSp30▼このコメントに返信
大日本帝国の側にゴブリンがいた。
92.名無しさん:2019年01月09日 23:01 ID:5TOwbVY.0▼このコメントに返信
日本ってオランダから石油売ってもエエでって言われたのを蹴ったんだっけ?
93.名無しさん:2019年01月09日 23:12 ID:35ClM.7r0▼このコメントに返信
むしろ勝ち筋皆無で戦争始めてるわけだけど何処をどう見れば枢軸に勝利への道筋があると思うのか逆に>>1に聞きたい

もっと簡単にいうと
「なるほど完璧な作戦っスねーーーーっ」
「不可能という点に目をつぶればよぉ~っ」
って叫んでやりたい
94.名無しさん:2019年01月09日 23:20 ID:oRpiTvyh0▼このコメントに返信
ドイツの暗号が解読されなければ、ドイツが勝っていただろう。
アメリカが物資や兵隊がいくら多くても、ドイツの潜水艦に沈められるからだ。
エニグマの解読およびそれが知られなかった事、
ドイツが解読されないと自信を持ち過ぎていたことだな。
ドイツが第二のエニグマを作っていればドイツが勝利しただろう。
95.名無しさん:2019年01月09日 23:31 ID:DzKXSSKH0▼このコメントに返信
※86
無理。大西洋~喜望峰~豪州という帆船時代に使われてたので豪州方面への補給は続くし、マトモな対潜能力が無い日本にとっては一時的にスエズを脅かしてもマダガスカル、キリンディニの主力艦隊が健在し米英の潜水艦がいる限りはうかつに動けず維持出来ない。米帝様と太平洋で争ってるのに2正面作戦やるなんて伍長閣下と同じ愚策。

※88
劣悪な食事をして病に倒れた日本兵の捕虜が米英のレーション食ったら元気になった話があってだなぁ。
チョコ・タバコ・スパムは米英の兵士にとっては飽きて捨てたり代用通貨にしてた。
海軍だけで隔月刊正規空母エSEクス級、月刊軽空母インディペンデンス級、週刊護衛空母カサブランカ級、日刊駆逐艦フレッチャー級、三時刊規格型輸送船リバティ、45日刊軽巡、アイオワ級や多数の重巡、揚陸艦、フリゲートを建造している。それに陸軍や海兵隊向けの機甲戦力、捨てる程製造したレーション、航空機もある。
コルベットに限るなら英国連邦で400隻以上建造している。
96.名無しさん:2019年01月09日 23:45 ID:m5CvdPFj0▼このコメントに返信
これはニュース女子で上念が言っていたので本当かどうか分からないけど
陸軍中野学校出身の情報本部がアメリカ軍の動向や核開発の成功を掴んだのに
作戦本部が全て握りつぶしたので、情報戦を日本は自ら捨ててたから負け戦になった
どうしてこうなったのかは未だに謎だけど、作戦本部の司令官がコミンテルンだったとか
あるいは入ってくる情報からどんなバカでも日本はもう勝てないと気付いてしまい、軍部で
クーデターが起きて日本は無条件降伏を飲んでしまうと判断された可能性が高い
例えるなら北朝鮮がアメリカと戦争になって、参謀本坊の元に多国籍軍に関する情報が
集まってきて、もう北は国体を維持できないと分かった際に忖度して金正恩に黙っている感じ

ソース→ttps://www.youtube.com/watch?v=WnP_kvmsHZY
97.名無しさん:2019年01月10日 00:17 ID:Kuwqi9Zw0▼このコメントに返信
情報戦やスパイ戦で負けてた上に、国際条約無視で民間人虐殺だからな
これからはそこを強化しなきゃならねえ
98.名無しさん:2019年01月10日 01:31 ID:Ote07wmP0▼このコメントに返信
※50
99.名無しさん:2019年01月10日 01:31 ID:Ote07wmP0▼このコメントに返信
※50
100.名無しさん:2019年01月10日 03:00 ID:iJTOEizL0▼このコメントに返信
ええ?イッチは何を勉強してきたん?平行世界から来たのかな?
101.名無しさん:2019年01月10日 03:03 ID:GsvP4eXf0▼このコメントに返信
長期戦が戦えないならゴールを明確にして完璧な連携の元に
わき目も振らずに、それを取りに行かないといけないのに
ゴールがあやふやで手を広げまくったら、そら負けるわな
102.i774:2019年01月10日 03:18 ID:2t11wU.E0▼このコメントに返信
通貨と資本的には「アメリカ一強」の時代。
世界の富の60~70%が一極集中していて、残りを世界中で分けて争ってた状況だな。
陣営として体裁は連合軍だけど、軍資金的には「アメリカとその他大勢」と見るべき。
これは戦争を支えた企業の活動にも影響してる。
103.名無しさん:2019年01月10日 04:08 ID:iqCUoJuC0▼このコメントに返信
貧乏人が金持ち相手にバクチで勝負だもんな、アカギでもない限り勝てんわ
104.名無しさん:2019年01月10日 05:47 ID:KtREVhfS0▼このコメントに返信
>>2
当時のアメリカは今の日本に近い。経済大国だけど長年の孤立主義で軍事はスカスカ、陸軍にいたっては壊滅的に解体されてて、明らかにいびつな国家体制だった上、ルーズベルトのニューディール政策が今のデフレ日本のように成長を阻害してたから、アメリカが本気になったときの力を誰も想像出来なかった。

戦後になってから、後を振り返れば「勝てる要素がない」って言えるけど、少なくとも、開戦までは、アメリカを見くびるのは結構当たり前な事だった。
105.御冗談:2019年01月10日 06:01 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>104
御冗談

坂崎ふれでぃ『史実で艦これ』

昭和10年、🇯🇵日本🇯🇵

キングなる雑誌の付録

昭和10年の時点での日米英の軍事力が比較され表になっていた。結論『あらゆる意味でアメリカ🇺🇸の軍事力は日本🇯🇵を圧倒している。』
106.少しは勉強したら?:2019年01月10日 06:04 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>104
少しは勉強したら?

昭和16年、開戦直前

海軍戦力、世界一位アメリカ、二位イギリス、三位日本

海軍航空隊戦力、一位アメリカ、二位日本、三位イギリス

これは当時では一般人の中でも常識だった。
107.追伸:2019年01月10日 06:07 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>104
追伸

昭和16年初頭

アメリカ海軍

戦艦『ミズーリ』建造開始

日本『も』知っている。

アイオワ級戦艦『ミズーリ』21万2千馬力 41㌢主砲、33ノットの高速戦艦、一方、日本、大和級戦艦、15万馬力、46㌢主砲、26ノットの低速戦艦、ちなみに主砲だが有効射程ではミズーリ・大和、大差はない。大和級戦艦が勝るのは最大射程のみである。
108.名無しさん:2019年01月10日 06:09 ID:KtREVhfS0▼このコメントに返信
>>1
国民は冷静だったよ。左翼(と右翼)マスコミと統制主義シンパ政治家達が、「バスに乗り遅れるな」と世論を煽って、反アングロサクソンのインテリの一部がそれに引っ掛かっただけ。文春新書で、「昭和13年の週間文春」って、当時の「話」っていう雑誌のコラムを再録した本が出てるから、日本国民を馬鹿にするのは、一度ちゃんと読んでからした方が良い。防共協定にたいする意見やパーマネント、ダンスホール禁止にたいするアンケートも出てるからね。

むしろ、日本が(独ソ不可侵条約で裏切られたばっかりなんだから)枢軸国側に付くのが当然、という前提からしておかしかったんだよね。英米協調派の米内内閣を倒したのも、三国同盟路線の近衛第二次内閣を企てたのも、もちろん日本国民じゃ無かったでしょ。もちろん、西園寺公爵が死ぬ直前にぼやいていたように、「マスコミはドイツのニュースばかり報道して、イギリスの良いニュースは載せない」という、マスコミによる世論誘導は確かに酷かったけどね。
109.少しは勉強したら?:2019年01月10日 06:10 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>104
少しは勉強したら?

陸軍戦力でもアメリカ🇺🇸は日本🇯🇵を圧倒している。

先程の雑誌キングの付録の表に陸軍戦力比もついており、昭和10年の時点でアメリカ🇺🇸陸軍は日本🇯🇵陸軍を圧倒している。

ちなみに、これは日本の雑誌キングの付録で紹介されるぐらいだから、秘密でも何でもない。当時の常識だった。
110.有名な逸話:2019年01月10日 06:14 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>104
有名な逸話

開戦直前

首相、東条英機

汗びっしょりでうなされていた。と、家族が証言、東条英機は性格的に物凄く細かく、徹底的に調査するタイプの人間だから、当然、アメリカ🇺🇸の実力も彼なりに調べあげていた。その結果が上記事項、アメリカ🇺🇸を見くびるなんて、当時の陸海軍軍人の中ではあり得ない。
111.少しは勉強したら?:2019年01月10日 06:17 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>104
猪瀬直樹だったかな?

昭和16年の敗戦

開戦直前に国家総力戦研究所が日米開戦した場合の模擬戦をやった。

結果『日本の敗北必至』

これは当時、閣僚、高級軍人も当然、知っていた。というより、自明の真理だった。誰もが内心、思っていた。『日米が開戦し、日本が勝てる訳ねーだろ。』と。
112.少しは勉強したら?:2019年01月10日 06:20 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>104
少しは勉強したら?

当時、アメリカ🇺🇸の陸海軍戦力は別に秘密でも何でもない。日本国内でも知識人の間では常識だった。

普通に思考すれば、アメリカの軍事力を見くびるなんて、ありえない話である。
113.名無しさん:2019年01月10日 06:22 ID:KtREVhfS0▼このコメントに返信
>>107

無知はあんただよ。日独伊三国同盟と時を同じくして、危機感を持ったアメリカがビンソン案で急速な軍拡を始めて、それに狼狽した吉田善吾海軍大臣が神経衰弱で自殺未遂起こす羽目になって辞任したのが昭和16年初頭。つまりそれまでのアメリカはスカスカで侮られてたんだよ。もちろん、ワシントン条約以来(もちろん以前も含む)、アメリカの方が海軍規模が大きいのは当たり前。ただし、陸軍が無い国の軍が、どれほど侮られるのかは、今のアホ韓国人の日本の軍事力判断のレベルの低さからも想像できるでしょ。

さらにいえば、アメリカの軍拡(というか軍の建て直し)は日米開戦の時点ですらまだまだ途上状態だよ。だからこその大急ぎの真珠湾奇襲だったわけ。
114.名無しさん:2019年01月10日 06:24 ID:Y5HCxdaA0▼このコメントに返信
第一次世界大戦からしっかり勉強してればわかるけどアメリカが敵の時点で勝てる見込みないで
115.違う。:2019年01月10日 06:29 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>108
違う。


泥沼状態の日中戦争にウンザリした国民が事態打開を求め、陸海軍、特に陸軍を『何とかしろ!!』と、突き上げ、結果、日米全面開戦に突き進んだ。

国民が望んだ結果であり、マスコミは『営業』のため、国民が内心『欲する』記事を書いていたにすぎない。
116.少しは勉強したら?:2019年01月10日 06:34 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>113
昭和16年初頭の時点で、日米戦力比、アメリカは日本を圧倒している。

そもそも、海軍は日米英で軍縮条約交渉をやっていたんだから、アメリカの戦力を知らない訳がない。

当然、国民も知っている。

知っているから軍艦の数をどうするか?で有名な『統帥権干犯』問題が起き、大問題になった。当時の日本がアメリカの戦力を見くびるなんて、ありえない。
117.陸軍:2019年01月10日 06:37 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>113
陸軍

先程の昭和10年、日本

雑誌キング付録

日米英、軍事力比較

陸軍戦力の表もついている。むしろ、陸軍がメイン、結論、アメリカ陸軍は日本陸軍を圧倒している。雑誌キングの付録で紹介されるぐらいだから、秘密でも何でもない。当時では常識だった。
118.統帥権干犯問題:2019年01月10日 06:41 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>113
佐々木惣一が軍艦の数を決めるのは『編制大権』であり『統帥権』ではない。従って、統帥権干犯ではない。と、論文を発表

佐々木惣一は戦前、京大の憲法学者

当時では陸海軍戦力はポピュラーな話題であり、一般人の間でも常識だった。当然、列国の陸海軍戦力もポピュラーな話題であり、一般人の間では常識だった。だから、軍艦の数をどうするか?で『統帥権干犯』問題が起こり、大問題になった。当時の日本で軍人がアメリカの戦力を知らない。見くびるなんて、ありえない話である。
119.アホですね。:2019年01月10日 06:45 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>113
他人を無知呼ばわりする割にはアホですね。
120.名無しさん:2019年01月10日 06:46 ID:KtREVhfS0▼このコメントに返信
>>111
というかさ、あんたは議論の相手が自分以下レベルの知識しか無いと思ってるから、猪瀬レベルの引用してるんだろうけど、この話には、総力戦研究所の模擬戦報告の前に、アメリカでハルと差し向かいで日米交渉をしていて、4月に日米諒解案をまとめあげた(松岡が潰したけどね)岩畔豪雄中佐が東條(当時陸相)に、直接数字をあげて日米の国力差を説明して、開戦必敗を説明して、日米交渉を元に戻す事を具申してるんだよ。ところが東條はその岩畔を南方に左遷してしまう。ハルとまともに話せる人間をわざわざワシントンどころか東京からも追い払って、はたしてまともに岩畔の報告や、その一週間後(8月末じゃなかったかな)の総力戦研究所の報告を聞いて理解出来てたと思えるかい?

むしろ侮っていたからこそ、東條はその後もずっと東郷外相とともにアメリカに対して無茶な外交交渉を繰り返すわけ。そして東條の対米侮蔑は昭和20年の2月、昭和天皇の御前での講話でも続いていて、「アメリカは硫黄島に到るのに四年もかかった」「ドイツの空襲にくらべれば日本の状況は問題にならない」と言い放った。ちなみにこのエピソードは「とある侍従の手記」っていう本にあるんだけど、この記事の後に、3月に皇居が空襲炎上して茫然自失する昭和天皇の姿が出てきて、やりきれない気持ちになるよ。
121.第一次世界大戦:2019年01月10日 06:48 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>113
第一次世界大戦

アメリカは欧州戦線に100万人以上の陸上兵力を派遣、質はともかく、物量は第一次世界大戦時でも圧倒的だった。

第一次世界大戦では日本陸軍も大量に観戦武官を派遣している。

欧州に派遣されたアメリカの陸上兵力と物量を知らない訳がない。アメリカを侮るなんてあり得ない話である。
122.アメリカの物量・戦力:2019年01月10日 06:49 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>120
アメリカの物量・戦力

当時の日本では一般人ですら知っている。

軍人が知らない訳がない。

アメリカを侮るなんて、ありえない話である。
123.御冗談:2019年01月10日 06:51 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>120
御冗談

東条英機

航空関係にも足を突っ込んでいる。

航空分野におけるアメリカの物量・戦力を知らない訳がない。
124.名無しさん:2019年01月10日 06:54 ID:KtREVhfS0▼このコメントに返信
>>120
本の名前を、混同してたから訂正
「侍従長の回想」(藤田尚徳)

(「ある侍従の回想手記」っていう別の人の本があるけど、違うので、すんません)
125.東条英機:2019年01月10日 06:54 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>120
東条英機

首相になる前は陸軍大臣

当然、定期報告・回覧も目を通している。

アメリカ陸軍に関する資料が参謀本部だけで完結していて陸軍省に行っていなかったら、それはそれで大問題だが、常識で考えて、それはない。陸軍大臣たる東条英機も見ているし、性格的に異常に細かい彼の事だから、書類関係は隅々まで見ていた可能性が高い。だったら、知っているに決まっている。
126.名無しさん:2019年01月10日 06:55 ID:KtREVhfS0▼このコメントに返信
>>123
冗談のようだが、本当の話だよ
127.名無しさん:2019年01月10日 06:56 ID:KtREVhfS0▼このコメントに返信
>>125
というかさ、知っててそのレベルの判断しか出来ない人間だったんだよ。
128.御前講話:2019年01月10日 06:57 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>120
終戦直前の御前講話は単なる強がりであり、アテにならない。

むしろ、開戦前の言動だろう。重要なのは。

ちなみに純粋な知識としてアメリカ陸軍について知らないのはあり得ない話である。報告書は回覧の形で定期的に回されている筈だから。
129.東条英機:2019年01月10日 06:58 ID:aNfGf9bR0▼このコメントに返信
>>127
東条英機

仕方がない。

自分の意見がない。

陸軍大臣の時は陸軍省の意見を代弁

首相の時は昭和天皇の意見を自分の意思として代弁しただけである。
130.名無しさん:2019年01月10日 07:04 ID:KtREVhfS0▼このコメントに返信
>>128
開戦前の言動&行動を見ればなおさらでしょ。これについては、様々な会議の議事録を杉山元が残していて、それが「杉山メモ」っていう本に纏められて出版されてるから、一読してみるといいよ。今手元にあるから、ヒマがあったらいろいろここに書き出してあげても良い。

というか、東條内閣成立の10月から11月25日までの日米外交交渉の無茶苦茶さは、侮りというべきか、発狂というべきか自分にも判断はつかない。唯一言えるのは、この時期の東條はまともじゃない、って事だけだね。
131.名無しさん:2019年01月10日 07:15 ID:KtREVhfS0▼このコメントに返信
>>129
昭和天皇の意思の正反対を推し進めてるよ。その最後で最大の裏切り行為が、東郷と一緒にやらかした、有名な「ハルノートは最後通牒」っていうウソの奏上。(ハルノートの一行目を故意に削除して、アメリカ側の「試案にして拘束力無し」「これからの日米外交交渉の基礎的提案」という文章を隠した)

去年、読売新聞が東條の手記をスッパ抜いて、東條が1月に「昭和天皇が腹を決めてくれたから戦争は勝ったようなもんだ」ってほろ酔い気分で語った話が出てたでしょ。

ちなみに、東條は昭和20年でも、「日本の問題は精神的なもので、敗北主義の蔓延が~」とかほざいてる。つまり、精神論~現実無視は東條の性格上の問題なんだろうね。
132.名無しさん:2019年01月10日 07:37 ID:KtREVhfS0▼このコメントに返信
>>115

シナ事変の泥沼化って言うのは、端的に言えば今の米国のアフガニスタンやらイラクでの治安維持への出費&出血へのウンザリ感と同じものであって、国民がとりわけ陸軍等に反感を持っていたわけではない。そもそも、徴兵制の日本国民にとって、陸軍は国民が支えてるものだという意識があるからね。だからこそシナ事変で東京五輪返上からパーマネント禁止まで、軍事優先を国民が支持したんだよ。むしろ叩かれたのは、講和~撤兵を進められない政府の側。このあたりの内情を勉強したければ、「西園寺公と政局」って本の6から8巻読んでね。

そのシナ事変の講和に、アメリカを巻き込む事に成功したのが16年4月の日米諒解案。日本側がシンガポール侵略(対英戦争)を放棄する代わりにアメリカが全面譲歩して、なおかつシナ事変の講和仲介(つまり日本は撤兵する)まで折り込んだ。そのメンバーが野村大使と、近衛の知己の井川、そして東條と後に直談判する岩畔の三人。
133.名無しさん:2019年01月10日 10:17 ID:IVAVip2U0▼このコメントに返信
勝てる要素もアメリカ、ソ連が諦めるしかないだろ
134.名無しさん:2019年01月10日 13:38 ID:zyHN.Wwj0▼このコメントに返信
チョ.ンと併合してた時点で負けが確定だろーが。
135.名無しさん:2019年01月10日 13:54 ID:zRJRNEUy0▼このコメントに返信
※8
ヤップさんがそれをやったら、普通に氏ぬから

※14
それを言うなら、支.那もおかしいやろ

※20
それは商船型を採用した護衛空母の話で、アメ.カスでも正規空母は隔月や

※57
それネタやぞ。嘘を嘘と見抜けない人は

朝鮮戦争でもアメ.カスは朝鮮軍をして
「米軍を見れば逃げ散る土匪」と予想して
再編成もままならない損耗率40%まで、徹底的に壊滅させられています
これは何処ぞのアホウヨと、まったく同じ思考ですね
136.名無しさん:2019年01月10日 15:58 ID:34eW550s0▼このコメントに返信
本スレ19のド・ゴールの理解が間違ってる。
フランスは降伏し、ドイツと休戦協定を結んで南仏一帯の自治を認められた。
フランスの地位はドイツの戦争が全て終わってから平和条約を締結し、確定する事とされた。

ド・ゴールはその休戦協定に反対し、ロンドンに亡命した小さなグループのメンバーであって、
フランスの海外植民地総督の一人でさえなかった。

当初は植民地総督のほとんどがヴィシー政府に忠誠を示し、フランス国民も圧倒的にペタンを
支持していた。そういう所から、ド・ゴールの戦いは始まったんだよ。
137.名無しさん:2019年01月10日 16:45 ID:k5UlpU8w0▼このコメントに返信
※121
よく勘違いされがちだけど、WW1のアメリカの兵力はそこまで突出していない
あの時期に200万以上の未損耗の新戦力ってインパクトはあったけれど、兵数自体はそこまでじゃない
例えば動員兵力が少ない開戦直後に限っても、志願制の英国以外の列強は初手300万人以上動員してる
138.名無しさん:2019年01月10日 19:59 ID:9D7h3NWo0▼このコメントに返信
圧倒的な工業力のアメリカ、圧倒的な兵員のソ連、圧倒的な資金力のユダヤ。

他にもイタリアの革命とか、日本は枢軸側の主要同盟国のくせに地球の反対側で連携取るのが不可能とかまあいろいろ要素は山ほどあるけど、
相手の強さに要因を見つけようとするなら、その3つが主なところじゃね?
139.名無しさん:2019年01月11日 06:24 ID:QZ8pFILY0▼このコメントに返信
>>116
その時点での正面戦力の華々しさに気をとられてもその戦力を支えなければいけない国力 経済力は列強下位クラス
国力に見合わない戦力の保持はあちこちで負担であって戦争となるやその弊害が現れた 兵站の軽視 及び維持に必要な余力がなく 輸送船は次々に撃沈され戦死より餓死 病死が多く 国内経済は破滅に向かった

140.名無しさん:2019年05月12日 16:38 ID:MqNwQyqY0▼このコメントに返信
必死で日本側の戦争責任を訴える反日勢の諸君よ
歴史に”もしも”はないし、日本側の外交努力だけで開戦と体制の崩壊を免れられるのなら、オスマン帝国やオーストリア=ハンガリー帝国のような他の崩壊した国々も苦労しないのだよ
日米双方のどういった政策が衝突を招いたのか開戦要因について考察することは出来ても、実際に衝突を回避出来たかどうかを立証することなど不可能だ
開戦要因を考察するのなら、ハルノートやベナノ文書の内容などからも米国が日本をあからさまに敵視した動きを見せていて、それが多かれ少なかれ衝突の要因となったのは否定しようのない事実であろう
その文献にも残っている否定しようのない歴史的事実を一方的な独断と偏見で「ネ〇ウヨや保守層の陰謀論」で片づけたり、その否定しようのない事実を触れられたことに逆上し相手に暴言を投げかけるようではもはやまともな議論としても成り立たないのだよ
このような根拠なき主張を繰り返し印象操作をしている暇があるのなら、少しは自身の知識不足を潔く認め、WW2の歴史について腐りきった頭を切り替えてもう一度よく学び直すことだ

お名前