2019年01月09日 11:05

「俺のじいちゃんヤマトの乗組員で~」「ゼロ戦乗りで~」←よくいる

「俺のじいちゃんヤマトの乗組員で~」「ゼロ戦乗りで~」←よくいる

pixta_10598939_S

引用元:「俺のじいちゃんヤマトの乗組員で~」「ゼロ戦乗りで~」←よくいる
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1546755454/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/06(日) 15:17:34.227 ID:FSId2O4h0
「俺のじいちゃん中国戦線の兵士で~」←いない
陸軍のが数多いのになんで

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/06(日) 15:17:51.851 ID:EODy8BtB0
みんなしんだかりゃ

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/06(日) 15:19:26.107 ID:FSId2O4h0
>>2
ゼロ戦乗りのが死亡率高いだろ

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/06(日) 15:22:46.546 ID:m7RhaFbX0
俺のじいちゃん疎開してたって

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/06(日) 15:23:05.666 ID:lBaEJ/On0
祖父は満鉄職員で朝鮮北部で勤務してたらしい

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/06(日) 15:24:55.462 ID:J8XJU5c50
>>9
俺のじいちゃんも南満州鉄道だったかに勤めてたらしい

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/06(日) 15:25:12.236 ID:GMWc4aUWa
義父が彩雲乗り

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/06(日) 15:26:31.699 ID:lBaEJ/On0
普通に若者でも祖父が戦争に行っていたとか聞いた事ある人や直接聞いた人は居るでしょ

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/06(日) 15:26:41.403 ID:CRLS/FAV0
普通に国内防衛の対戦車部隊だったが

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/06(日) 15:39:47.238 ID:1YArkEsoa
うちのじいちゃんどこでか知らないけど大砲撃ってたって聞いた

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/06(日) 15:46:23.692 ID:JZ851p+Id
うちのじいちゃんは疎開してた

33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/06(日) 15:52:23.426 ID:wh+DprQpd
祖父が日本兵って孫も結構な年齢だよね?

35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/06(日) 15:54:23.362 ID:CRLS/FAV0
>>33
日本兵つっても徴兵されてすぐ終戦だったし、若すぎて上官の小間使い的な事しかしてないらしいけど

36: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/06(日) 15:59:31.860 ID:wh+DprQpd
>>35
1945年の時点で20歳と仮定すると
その祖父は生きていれば93歳ぐらいだよね

その孫ってことはおそらく40歳弱ぐらいってことだよね

63: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/06(日) 17:45:35.160 ID:3sbMJvRhd
俺のじいちゃんは北海道でガキだった
どこかの岬に大砲運ぶの手伝ってたらしい

64: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/06(日) 17:46:27.715 ID:sdUGbMGja
ノモンハン事件の生き残りの爺ちゃんなら隣に住んでたな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年01月09日 11:11 ID:YV.v9gi40▼このコメントに返信
月刊「丸」。光人社NF文庫。
2.名無しさん:2019年01月09日 11:14 ID:ZEplOltx0▼このコメントに返信
うちのじいちゃんは大連からちゃんと日本に戻ってきたからな。
3.名無しさん:2019年01月09日 11:15 ID:f2m7Omjq0▼このコメントに返信
工廠の人事でワイロもらって悪うこといっぱいしてたそうだ
4.名無しさん:2019年01月09日 11:16 ID:AHEZmn4F0▼このコメントに返信
うちの親父方の爺さんは、茨城県の阿見(?)で整備士やってたって聞いた。
5.名無しさん:2019年01月09日 11:20 ID:dmDNDg1Q0▼このコメントに返信
家の爺ちゃん砲兵隊所属の敵前観測班とかの猛者の部隊にいたお陰か満州から終戦の前年?に本土に新設師団のコア要員の為帰ってきたらしいもう無いかもだけど賞状が一杯有った。
6.名無しさん:2019年01月09日 11:22 ID:osaXqpaF0▼このコメントに返信
ひいじいちゃん戦死してる
遺影が陸軍の軍服姿だったから、東南アジアとかで戦死したんじゃないかな…
詳しい話は聞いてない
7.名無しさん:2019年01月09日 11:23 ID:fF8aP5hW0▼このコメントに返信
うちの爺ちゃん波動砲整備員でイスカンダル行ったって
8.名無しさん:2019年01月09日 11:23 ID:Fr085wxY0▼このコメントに返信
うちの爺さんラオスに行ってた
ひい爺さんはビルマだった
9.名無しさん:2019年01月09日 11:24 ID:Df.4qha90▼このコメントに返信
・・・そんなの居るか?
ボクチンの周辺では聞いたことないな。
10.名無しさん:2019年01月09日 11:25 ID:Fr085wxY0▼このコメントに返信
うちの祖父ははラオスで曾祖父はビルマ行ってたな
11.名無しさん:2019年01月09日 11:25 ID:7UGDQd060▼このコメントに返信
大叔父がシナでお亡くなりに。感染症で。
12.名無しさん:2019年01月09日 11:25 ID:dmDNDg1Q0▼このコメントに返信
※9
核家族化の象徴か!。
13.名無しさん:2019年01月09日 11:26 ID:e4lMRazS0▼このコメントに返信
うちの爺さんは軍属で満州→ニューギニアのマノクワリ
大叔父がたしか沖縄戦で戦死
14.名無しさん:2019年01月09日 11:27 ID:KXMnfaho0▼このコメントに返信
中国や満州なんてシベリア抑留コースだろ
15.名無しさん:2019年01月09日 11:28 ID:deuidelN0▼このコメントに返信
俺のひいじいさんは特高警察だった
戦後は銭湯経営してたそうだが
16.名無しさん:2019年01月09日 11:30 ID:LrF4XA6q0▼このコメントに返信
うちのじいさんなんてアカだから治安維持法で刑務所につかまってたぞw
17.:2019年01月09日 11:30 ID:NUe9AUHb0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
18.名無しさん:2019年01月09日 11:31 ID:dmDNDg1Q0▼このコメントに返信
※14
そうでもないぞ内地師団から独立混成旅団を作り過ぎて兵力不足になり満州から引き抜きて結構有った話。
19.名無しさん:2019年01月09日 11:31 ID:4SLDuD.j0▼このコメントに返信
※2
20.名無しさん:2019年01月09日 11:32 ID:f8W.sVC90▼このコメントに返信
ガダルカナルから撤退中の船上で栄養失調が元で亡くなったらしい。
末端を餓死させる日本軍はクソ。
21.名無しさん:2019年01月09日 11:32 ID:mxyNLnRD0▼このコメントに返信
普通に終戦時中佐で、金鵄勲章持ちやが
22.名無しさん:2019年01月09日 11:34 ID:C8R.Ov6Q0▼このコメントに返信
俺の先祖は近衛兵だったよ、天皇陛下の周りを警護する仕事や
子孫の俺も愛国者向きの仕事をしている
23.名無しさん:2019年01月09日 11:34 ID:AZrtANiv0▼このコメントに返信
水戸黄門をやってた西村晃が、終戦間際にゼロ戦をパクって帰郷したって話しは、
ぶっ飛んでるなぁーと思いながら聞いてた。
24.名無しさん:2019年01月09日 11:34 ID:dmDNDg1Q0▼このコメントに返信
※20
戦場なんてそんなもんだよどんな時代でもな其れで日本ガ~なるのが足りない戦後おパよ。
25.名無しさん:2019年01月09日 11:34 ID:MNmqLra10▼このコメントに返信
ワイのじいちゃんは満州へ出征し、関東軍第16野戦自動車廠でチハたんの修理をやっていた
26.名無しさん:2019年01月09日 11:35 ID:ZPZBn0T90▼このコメントに返信
うちの爺ちゃんは野戦砲の班長をやってたらしい
親族からのまた聞きだからよくわからんが、ワイが後にミリオタに開眼するとわかってればもっとよく聞いとくんだった
27.名無しさん:2019年01月09日 11:35 ID:NibvZVCC0▼このコメントに返信
別にいっぱい居るだろ。大和は乗組員多いし人員の交代だって有る。ゼロ戦載りは無闇と数が多い。
俺の叔父は軍属で南方からの帰還中に沈められて死亡。こんなのだっていっぱい居る。
戦闘機乗りで特攻の訓練中に終戦、なんて経歴の叔父も居るな。
訓練機とは言っていたが機体までは教えてもらえんかったな。当時子供だったからもちろんゼロ戦?とは聞いた。
親戚に制止されたので止めた。あんま楽しい話でも無し。
28.名無しさん:2019年01月09日 11:39 ID:osaXqpaF0▼このコメントに返信
6だけど実家に確認したら歩兵第63連隊らしいからルソン島か
そりゃ戦死するわな…
29.名無しさん:2019年01月09日 11:39 ID:parJJK9Q0▼このコメントに返信
俺の父方のじいさんは市役所の役人だったので戦争行ってない
母方のほうは潜水艦乗りだったとだけ聞いたけど・
30.名無しさん:2019年01月09日 11:40 ID:YV.v9gi40▼このコメントに返信
よく先祖のお墓詣りをする。その時に先の太平洋戦争で戦死した人たちのお墓をみることがある。その墓はワシントン記念塔の様に細長く、先が尖っていて、星が刻まれているので直ぐに判る。読むと戦死した年月日とその場所が書かれている。自分のような田舎の町でもこれだけたくさんの若者が戦って戦死したのだなぁと思い、黙して頭を下げて冥福を祈る。
31.名無しさん:2019年01月09日 11:40 ID:t.Mwiy540▼このコメントに返信
普通におるやろ
というか逆に大和だのゼロ戦だのの話をリアルで聞いたことあるのか
32.名無しさん:2019年01月09日 11:40 ID:OJ.jv53T0▼このコメントに返信
昔近所に住んでたおばあさんの父親と旦那さんが戦死してて
そのどっちかが大陸でって聞いたくらいかな
20年前に80いくつで亡くなったから、当時30代
単に兵隊として戦地に赴いてた世代がいなくなってきてるだけじゃないか?
33.名無しさん:2019年01月09日 11:41 ID:dmDNDg1Q0▼このコメントに返信
※28
レイテ島当たりだと第一師団が孤軍奮戦して1週間米軍を食い止めたらしい。
34.名無しさん:2019年01月09日 11:42 ID:eIGY.tIi0▼このコメントに返信
喪中に工ロ談義で御満悦!
35.名無しさん:2019年01月09日 11:43 ID:qmwRu6Ic0▼このコメントに返信
おれの爺ちゃんは潜水艦の飛行機のパイロットで終戦後に機雷の除去中に吹き飛んで死んだらしい
36.名無しさん:2019年01月09日 11:47 ID:9Qbq9Kx10▼このコメントに返信
終戦直前にべニア板の小型ボートに50Kg爆弾を乗せて特攻する訓練を受けた俺の父親。
実際に豪州の軍港で日本海軍で使われた武器です。
兵隊はぶつかる直前に海に飛び込んで逃げるんだけどな救助が無いから実際は特攻隊と同じ。
37.名無しさん:2019年01月09日 11:47 ID:BxoiBG2q0▼このコメントに返信
※27
>親戚に制止されたので止めた。あんま楽しい話でも無し。
これが日本ガーを増殖させる最大の要因だよな
声のデカい腰抜けの話ばかりが増殖される
いいこと、わるいことを含め、きちんと本当のことを伝承すべき
38.名無しさん:2019年01月09日 11:48 ID:lkaQS6eP0▼このコメントに返信
うちのおやじは戦時中大学生やったけど、航空工学科だったので徴兵もされず大学に残って勉強していたらしい。
大学3年の時に終戦になって、航空工学科は廃止され電気工学科をやり直したのでその分卒業が遅れた。
3年前に95歳で往生したが。
39.名無しさん:2019年01月09日 11:48 ID:J0PFe.yi0▼このコメントに返信
※32
そりゃ終戦時に16や15歳だとしたってもう90だからね
もう少し上の人たちが戦ってたのが実情だろうから
亡くなっている人もおおいだろう

開戦時に飛んでた人なんか100超えてる人ばっかだろうし
40.名無しさん:2019年01月09日 11:49 ID:RdUPrqyZ0▼このコメントに返信
うちは馬に乗ってたせいで痔が悪化して戦地から離れた。他の仲間は皆戦死したって悔やんでたな
41.名無しさん:2019年01月09日 11:49 ID:SlRm.F4R0▼このコメントに返信
俺のじいちゃんは医者として軍に同行して南の島で適当な材料から酒を作って兵隊さんに売ってたとか。
42.名無しさん:2019年01月09日 11:50 ID:1BeLlg8U0▼このコメントに返信
父型の爺さんは戦前近衛師団で開戦前に期間満了で除隊。国鉄職員してたな
母方の爺さんの兄弟は海軍でパイロットやって戦死しとる
43.名無しさん:2019年01月09日 11:50 ID:Z4N2mtBu0▼このコメントに返信
こういうのは艦これやってる人が多いですよね
僕の祖父も戦艦に乗ってました
44.名無しさん:2019年01月09日 11:50 ID:cqSfM3ng0▼このコメントに返信
>「俺のじいちゃん中国戦線の兵士で~」←いない
> 陸軍のが数多いのになんで

話したがらないからさ。
陸軍は何のかんのいって目に見える相手と直接殺しあうところだ。そして敵が兵隊とは限らない。
自分と仲間が生き残るために、あるいは命令で、いろいろとシャバじゃ公にできんことにも
手を染めなければならない。それが外地に出征した兵隊さんの辛いところだ。
外地に出征した戦争体験者、ロシアのアフガン経験者、対テロ戦争という名目で中東にいる西側の兵隊
も、下っ端ってのは同じ泥と血を被って生き延び帰還する。帰ってきてからも戦地で、自分が手を汚したこと
を胸に秘めながらな。それに耐えられなくなって心身を壊してしまう奴とか、平和な生活に適応できなくなったり
する奴もいるわけだが。
景気のいい武勇伝を語る奴というのは、下っ端に汚れ仕事を押し付けてきた奴か、実際に前線に出なかった奴、
あるいはただのホラ吹きさ。

45.名無しさん:2019年01月09日 11:50 ID:JI7pb78U0▼このコメントに返信
ウチノじいちゃんは中国で輸送隊で、中国人従えて驢馬に乗ってあっちこっちにいったりきたりしてたって言ってた。
46.名無しさん:2019年01月09日 11:51 ID:Yu6AhhTl0▼このコメントに返信
うちの爺ちゃん海軍だったって。軍服を着た写真カッケ〜ぞ。
47.名無しさん:2019年01月09日 11:51 ID:kx4ibpKY0▼このコメントに返信
ワシのオヤジは輸送船でボカチン食った看護兵じゃよ。
ちなみに現在60な?>自分。
オヤジは生きてたら98だわ。
48.名無しさん:2019年01月09日 11:51 ID:kx4ibpKY0▼このコメントに返信
ワシのオヤジは輸送船でボカチン食った看護兵じゃよ。
ちなみに現在60な?>自分。
オヤジは生きてたら98だわ。
49.名無しさん:2019年01月09日 11:52 ID:bTX3dROL0▼このコメントに返信
大陸の方からの復員兵とかよくきくきがするけど
日本人だけど中国や満州で生まれた人とかもけっこういるじゃん
50.名無しさん:2019年01月09日 11:53 ID:ld2aeqnz0▼このコメントに返信
そろそろそういう人もいなくなってきてない?おじいちゃん世代だって戦争の時、子どもでしょ、逆に身近じゃない人が想像でいってそう、いくつの人が書き込んでるの?
51.名無しさん:2019年01月09日 11:54 ID:ipwnCbk40▼このコメントに返信
>>7

うちのじいちゃん第三艦橋勤務で硫酸の海に落ちたよ
52.名無しさん:2019年01月09日 11:55 ID:Yu6AhhTl0▼このコメントに返信
うちの先祖8代前は白虎隊だった。親父が戸籍遡って取り寄せたのを見せてくれ、会津の寺に祀られていた。
53.名無しさん:2019年01月09日 11:56 ID:PMSiA0BL0▼このコメントに返信
畜産農家だったから軍属になって上海で軍馬のお世話してた
54.名無しさん:2019年01月09日 11:57 ID:f8W.sVC90▼このコメントに返信
>>31

遠縁の爺さんが台南航空隊の生き残りだった。
学校 の理事長が予科練の生徒だった。

理事長は日常的かつ公然に天皇陛下を批判もしてたから、
東京の右翼には有名だったかもね。


55.名無しさん:2019年01月09日 11:57 ID:c7mVPdrq0▼このコメントに返信
うちの爺ちゃんは士官学校卒業前に戦争終わったから戦争してない
56.名無しさん:2019年01月09日 11:57 ID:bCSPkTN.0▼このコメントに返信
私の父方の伯父は、予科練乙飛10期で重巡筑摩の飛行長だった。
マリアナで索敵中に未帰還で戦死と認定された。零式三座水偵のパイロットだったらしい。
最終階級は上飛曹、戦死により飛行兵曹長。
軍歴照会したところ、最初の海軍水兵訓練で戦艦比叡に三ヶ月、金剛に三ヶ月乗務したとのこと。
57.名無しさん:2019年01月09日 11:58 ID:zJOD2bXg0▼このコメントに返信
いるぞ。大陸で通信兵だったそうな。甲種合格だったと思うとムネアツ
58.名無しさん:2019年01月09日 11:58 ID:NdCavBHi0▼このコメントに返信
話題性の問題。
59.名無しさん:2019年01月09日 11:59 ID:S89HYfiL0▼このコメントに返信
陸軍はガチのデスマーチやシベリア労働という地獄を見てるから語りたがらない人が多いとも聞くね
戦地での行動が名誉ってわけでもないし

海軍は船に乗ってることが名誉なので語りたがるんだと思う
60.名無しさん:2019年01月09日 12:01 ID:L12kC8CB0▼このコメントに返信
うちのじゃないが、介護施設で海兵さんの軍服着た白黒写真見せてもらった
ばったばったとなぎたおしてことはなくても、その時軍人さんだったじーさまはいっぱいいるだろさ
うちのばーさまは屋根に登って竹竿で落ちてくる爆弾はたき落として家守る練習したっていっとーたよ
61.名無しさん:2019年01月09日 12:01 ID:XwXHLOor0▼このコメントに返信
※20
俺の爺ちゃんもガ島帰りだった
潜水艦で救助されて帰ってきたけど、家族でも本人と見分けられないくらいガリガリに痩せてたらしい
62.名無しさん:2019年01月09日 12:02 ID:I4KOKsAi0▼このコメントに返信
ひいじいちゃんが騎兵だったらしい
63.名無しさん:2019年01月09日 12:03 ID:Kmk4fgk50▼このコメントに返信
こういう話は全部嘘だと思ってる
うちの祖父も曾祖父も戦争の話は一切話したがらなかったから
子孫に嫌な話を嬉々として伝えるとは思えない
64.名無しさん:2019年01月09日 12:03 ID:ZdU6FH.v0▼このコメントに返信
曾祖父は日露戦争で撃たれたが生還した
65.名無しさん:2019年01月09日 12:03 ID:M1WaHoOd0▼このコメントに返信
うちの嫁の親父さんの親父さんは千葉の佐倉連隊に再召集で呼ばれて
レイテ島からの連隊の生き残り約90名の一人だったらしい。
乗ってた輸送船が潜水艦に沈められて殆どの兵隊が武器を持たず
お爺さんは棒切れを持って突撃してたと親父さんは聞いたそうな。
俺の方は母親の長兄が少年志願兵で北方領土に行ってたが終戦の
数日前に内地帰還命令が出てソ連が来る前に帰れたお陰で生き残れたと
本人が生きてる時に話してたわ。
66.名無しさん:2019年01月09日 12:04 ID:.MB0dhMN0▼このコメントに返信
一人は満州で工兵伍長やっててシベリア抑留、一人は国内で働いてて原爆投下直後の広島へ応援に入って被曝
軍艦だ戦闘機だと派手なのとは無関係でも向こうから色々やってくるのが戦争
それでも俺が生まれてきたのは最前線にいなかったお陰なのかな
67.名無しさん:2019年01月09日 12:04 ID:NAVdYzgB0▼このコメントに返信
死んだジーさんは、雪何とか?何とか雪?って艦でガダルカナルに行って
ワケの判らん不条理ばかりの腹の立つ上官の食事にフケを振りかけていた。
フケの効果かどうか知らんが、沈まなかったので無事90越えの大往生。
68.名無しさん:2019年01月09日 12:07 ID:wa.W.n1t0▼このコメントに返信
ウチの爺さんは中国に行ってたな。もう死んだけど
前線の兵士ではなく飛行場の守備兵だったから敗戦後の捕虜生活はそんなに長くなかった
69.名無しさん:2019年01月09日 12:09 ID:TEOnqeqD0▼このコメントに返信
うちのじいさんは、長崎造船所で武蔵のスクリュー作ってたらしい。
70.名無しさん:2019年01月09日 12:11 ID:ExXIGcCj0▼このコメントに返信
ウりの祖父は徴用工で瀬取り艦に乗って日本軍の哨戒機にレーダー照射して、祖母は第五種補給品で日本軍にドラム缶に入れられてジープで連れ去られた二ダ
71.名無しさん:2019年01月09日 12:11 ID:yOz1bDMd0▼このコメントに返信
うちのじいちゃんは語らなかった
遺品整理で仏壇の奥から丁寧に包まれた髪が大量に出てきた
お寺で供養してもらった
坊さん曰く、日本に連れた帰ってきた人たちだろうと
良くも悪くも ほとんどの人は本当のことは言ってないだろう
72.名無しさん:2019年01月09日 12:12 ID:dE62CgDb0▼このコメントに返信
うちのじいちゃんは診断書偽造して兵役ま逃れた
広島市内に住んでたけどヤバさを感じて親戚全員疎開させて1人被爆した
73.名無しさん:2019年01月09日 12:12 ID:VpJCqvd20▼このコメントに返信
うちの爺ちゃんじゃにが、インパール戦線の生き残りという爺ちゃんを知っている
なんでも字が上手かったから師団長?に目を掛けてもらって表彰状ばかり書いていたそうだ
変な自慢より確証あるな
74.名無しさん:2019年01月09日 12:12 ID:MactXXLW0▼このコメントに返信
俺の知り合いのじいさん朝鮮半島所属で~
75.名無しさん:2019年01月09日 12:13 ID:9W477x420▼このコメントに返信
うちのじいさんは駆逐艦時雨の水兵さんだった。レイテ海戦にも参加した。時雨じゃなかったら死んでたと言ってたな。西野艦長のことを94歳で死ぬまで尊敬してたな。
便所掃除で海水で掃除した後最後の仕上げに真水をかけるんだけど、さぼって海水だけで掃除を終わらせたら上官が確認で便器をなめて「塩辛い、さぼったな」とニヤリとしたのに度肝をぬかれたとか、むき出しの配電盤にゴム手袋でさわってショートした火花で煙草に火をつけて吸ってたとか、よもやま話してくれたなあ
76.名無しさん:2019年01月09日 12:15 ID:f8W.sVC90▼このコメントに返信
>>61
生還する事こそ勝利だよ。
うちは遺品すらない。

今でも本家に行くと玄関脇に「戦没者遺族 の家」って書かれたプレートが残ってるが、
地方に行くと残ってるもんなのかね?

77.名無しさん:2019年01月09日 12:15 ID:ZBafldNj0▼このコメントに返信
じいちゃんレジェンド化現象
78.名無しさん:2019年01月09日 12:15 ID:iaDoIKSI0▼このコメントに返信
うちのじいちゃんは内地で訓練中に伝染病にかかり、入院中に終戦。
ばあちゃんの従兄弟が特攻で戦死。19歳。
ばあちゃん家の本家筋は海軍一家だから他にも出征した人いそうなもんだが、戦死したのはその人だけっぽい。
79.名無しさん:2019年01月09日 12:16 ID:Q5E.LFJ10▼このコメントに返信
俺の爺さんは鉄道員だった
鉱山から硫黄を運ぶ業務に従事してたんだそうだ
完全に山奥だから空襲来ることもなく
平和な4年間だったとかw
80.名無しさん:2019年01月09日 12:17 ID:ktB4wyPs0▼このコメントに返信
※63
母方の爺さんは陸軍で無事戻ってきたぞ。
足を悪くして、晩年は寝たきり。40年以上前に亡くなった。
ガキの時に機銃掃射を受けて、よく溝に逃げ込んだって
酔うと親父は言ってたけど、子供の時は冗談だと思っていた。
ただ、親父の実家が築城近くなんで、冗談じゃなかったかもしれんと
最近は思う。
81.名無しさん:2019年01月09日 12:18 ID:7hboN0HL0▼このコメントに返信
単に「有名処に勤めてた」って人は話題にするからやん。
伯父が上海勤務の将校だったって聞いた事が有るが
それ以上話題にしなかったし。
逆に有名どころって言うなら父の同僚だった方が武蔵の乗員で九死に一生を得ての生還話は
その方を見た事も話した事も無いのに知ってるし。
近所の化粧品屋のオッサンが一式陸攻の乗員だったのは自費出版の自伝を押し付けられたんで何故か知ってるがw
82.名無しさん:2019年01月09日 12:19 ID:zDNSI42i0▼このコメントに返信
うちのじいちゃんは九州とか西日本で物資の輸送に携わってたらしい
あとトラックの乗り方を教える事もやってたみたいで、教えた若い人達が広島の原爆に巻き込まれて亡くなったそう

83.名無しさん:2019年01月09日 12:19 ID:KHahXLG70▼このコメントに返信
俺のじいちゃんは南方の基地勤務で怪我もなく帰ってきたとの事
アルバムにゼロ戦の写真とかあったわ
84.名無しさん:2019年01月09日 12:19 ID:4MHwzM1j0▼このコメントに返信
ひいじいちゃん中島飛行機株式会社で疾風とかのエンジン開発者の1人って爺ちゃんから聞いて写真と設計図見せてもらった
85.名無しさん:2019年01月09日 12:20 ID:ZWXLU.ky0▼このコメントに返信
うちの爺ちゃん中国戦線行って赤犬食べたってよく言ってた
86.名無しさん:2019年01月09日 12:20 ID:Ki4jYMz20▼このコメントに返信
爺さんが大和、ゼロ戦乗りなら言うかもだが
中国戦線ならあえて言わないだけ
87.名無しさん:2019年01月09日 12:21 ID:3ET6LToQ0▼このコメントに返信

俺の爺ちゃん普通に
中国というか爺ちゃんいわく満州で戦ってたら
戦争オワタ言うてたぞ
ちなみに生きてたら110歳
両親はなんか戦争の話とか絶対ダメ派だったけど
社会の宿題で内緒で直電して聞いた小学校の思ひで
爺ちゃんはノリノリで話してくれたけど
昭和50年代は戦争について語るのはかなりタブーというかナイーブだった記憶
88.名無しさん:2019年01月09日 12:22 ID:ttaKBHyl0▼このコメントに返信
爺ちゃん近衛兵だった
写真見せて貰ったがイケメンだった
なぜこんな孫が生まれたのか謎だ
89.名無しさん:2019年01月09日 12:23 ID:RqO.a.ic0▼このコメントに返信
Twitterにはいっぱいいるよな
90.名無しさん:2019年01月09日 12:25 ID:YbQLeNP80▼このコメントに返信
中国戦線はむやみに広く、いわゆる治安維持用の師団だけでなく比較的一線級の部隊でも配置場所によっては戦闘らしい戦闘をしなかった地域があるからな。日華事変が一番激しかった頃からいた職業軍人ならまだしも、それが落ち着いた頃に徴兵された兵卒だと戦闘より上官の世話・馬の世話の記憶しかないだろう。
91.名無しさん:2019年01月09日 12:25 ID:c1.cY.Di0▼このコメントに返信
単に親族が話題の対象になった人が名乗り出ただけなんじゃ?

上にもあるけど戦艦の話になれば戦艦の搭乗員、航空機の話になれば零戦のパイロットの子孫が名乗り出てくるだろ。

普通に中国の話や、シベリア拘留の話とかあればゾロゾロ出てくるだろ。
普段話題に上がらないから出てこないだけだ。
92.名無しさん:2019年01月09日 12:28 ID:axvWK1pV0▼このコメントに返信
スレタイ見て漢字じゃないとクロネコヤマトみたいだなって思った
93.名無しさん:2019年01月09日 12:28 ID:VfeSiiHg0▼このコメントに返信
本スレ36の計算は正しい。
もう爺さん無くなって15年か。
94.名無しさん:2019年01月09日 12:36 ID:Ph8xjOf70▼このコメントに返信
ワイのじいちゃん中国で戦車隊入ってて撃たれて帰ってきたら病院で戦争終わったわ
95.名無しさん:2019年01月09日 12:38 ID:.ZsqGe840▼このコメントに返信
>>9
エア爺ちゃん自慢(?)
まぁ「すいかせよ」この一言で嘘松かはすぐ分かるだろ
96.名無しさん:2019年01月09日 12:43 ID:793aajtP0▼このコメントに返信
大和乗務員もゼロ戦乗りもあったことねーよ。
よくいる? 嘘コケ
97.名無しさん:2019年01月09日 12:43 ID:GlHl7DEj0▼このコメントに返信
勇敢な人から死んでるから嘘つきと卑怯者が生き残って武勇伝言ってるだけだろう
本当に戦った人は多くは語らんわ
98.名無しさん:2019年01月09日 12:48 ID:uPUl4VHi0▼このコメントに返信
軍人が出ない家系。高祖父は校長、曾祖父はサラリーマン、祖父は国家公務員、祖母は教員。
99.名無しさん:2019年01月09日 12:51 ID:kTAHJ8o10▼このコメントに返信
シベリア拘留から生きて帰還
100.名無しさん:2019年01月09日 12:51 ID:1GcQnn7E0▼このコメントに返信
うちの爺さん関東軍の将校で中国人をコロコロしてたってよく自慢してた
その度に婆さんがたしなめてた思い出
日本軍の負の面はなかったとか主張してるやついるけど張本人が告白してんだからあったに決まってんだよなぁ
101.名無しさん:2019年01月09日 12:54 ID:MooB.qrB0▼このコメントに返信
昔入院したとき大部屋の同室の爺さんが雪風の乗員で雪風仲間が五、六人で見舞いに来てた
爺さんたち「貴様が」「俺が」「軍医殿が」と軍隊調トークに花を咲かせてた
102.名無しさん:2019年01月09日 12:54 ID:BtuK7OmH0▼このコメントに返信
>1945年の時点で20歳と仮定すると
>その祖父は生きていれば93歳ぐらいだよね
>その孫ってことはおそらく40歳弱ぐらいってことだよね
計算が安直すぎる
103.名無しさん:2019年01月09日 12:55 ID:U5dbpWuu0▼このコメントに返信
じいちゃんは南の島を転々とした後インドネシアで終戦を迎えて2年間地元の戦争手伝ったとかで帰って来れなかった
母方の親戚にはシベリアに送られたって人がいたらしくソ連は大嫌いだ信用できんって生前はずっと言ってたらしい
地図を指してこの島からこの島へ行って~とか教えてくれたけど覚えてない、もっとちゃんと聞いておけばよかったな
104.名無しさん:2019年01月09日 12:59 ID:.HWTJLam0▼このコメントに返信
俺の爺ちゃんセメント工場で働いてたせいか肺が悪くて徴兵検査落ちたわ
105.名無しさん:2019年01月09日 13:01 ID:w7to17oa0▼このコメントに返信
西暦2300年~
「うちの爺さん宇宙戦艦ヤマトの乗組員でさ…」
「うおお~、で?誰?」
「相原 義一!」
「相原かー」「相原かー」「なんだ相原かー」

アニオタですまん
106.名無しさん:2019年01月09日 13:04 ID:SmnU4mUn0▼このコメントに返信
父方にインパール作戦に参加した人がいた。
偉い人の運転手をやっていたことがあったから、病気になった時にすぐに後送してもらえて助かった。本人は仲間置き去りにして悔やんでたらしいけど。
レイテ島の生き残りのお爺さんもいて、オンボロの銃でも守り神みたいに頼もしかったって話をしてた。激戦地帰りだけど、草餅を配ってくれる優しい人だったな。
107.名無しさん:2019年01月09日 13:08 ID:HkaFHz3d0▼このコメントに返信
うちのじいさんは、陸戦隊で金剛、榛名に乗ったことがあると言っていた。
上海事変にも参加したとか言っていた。

アメリカとの開戦後はラバウルからニューギニアへ、その後、サワラケット越えの撤退を行って、その後は潜水艦で
ニューギニアからラバウルで撤退。

そのままラバウルで終戦。
戦後の軍事裁判はひどくて、証人に指をさされるとその場で射殺されていったらしい。
あいつらは、泥だらけの日本人の顔を夜でも識別できるらしい、わしは昼間でも白人や原住民の顔の区別なんかできなかったっのになっていってた。
108.名無しさん:2019年01月09日 13:08 ID:aEXGPA1.0▼このコメントに返信
満州で騎兵隊だったわ。写真も残ってる。
※100
そりゃ敵国兵士はコロコロしてたろ。 でなきゃヤられるんだから。
一般民衆をコロコロしてたんなら話は別だが、そんな事やらかして軍規の厳しい帝国陸軍で発覚したら大変な事になる。

天皇陛下の手足たる皇軍がやらかした事=陛下のやらかした事とみなされる と言ってた。
だから軍規がすげー厳しかったと聞かされてる。
109.名無しさん:2019年01月09日 13:11 ID:3SpUwx5f0▼このコメントに返信
祖父は満鉄の技師
聞いた事あるのは
父親の叔父①中国で高射砲部隊
     ②雪風の下っ端乗組員
     ③中国で工兵
だいたいこんな感じかな。
親戚で南方へ行ったのは一人もいなくて戦死者はいないらしい
母方の祖父は役所の運転手?かなんかで出征してない
110.名無しさん:2019年01月09日 13:13 ID:pBznSO3f0▼このコメントに返信
民間徴用船の船員の子孫←いない 零戦や大和の乗員の何倍もいるはずなんだがな
111.名無しさん:2019年01月09日 13:14 ID:QrJ4mmLt0▼このコメントに返信
それはね、戦争は辛いもの苦しいものって言う観念があるからだよ
中国戦線は日本帝国の主戦場で 陸の7~9割?はそっちに行ってるから多数派が中国なのは疑う余地もない
でも中国人蹴散らしてたなんて話はウケが悪いわけよ 左巻きにね 敗戦の空気もあるわな
112.名無しさん:2019年01月09日 13:14 ID:qBbr8UNG0▼このコメントに返信
※36
シドニー、ディアゴスアレス湾襲撃に使われたのは豆潜水艦の甲標的だぞ何言ってんだ。
確かに乗員は全員帰らなかったが
体当たり帝の震洋はフィリピン戦以後の投入で、載せてたのも250kgとかの筈だが
113.名無しさん:2019年01月09日 13:23 ID:I.gYX.xq0▼このコメントに返信
>>51
2199では硫酸の海設定はなくなったんだよね

時代が悪かったね
114.名無しさん:2019年01月09日 13:31 ID:jfw1fyQ40▼このコメントに返信
うちの爺さんは水力発電所の技師だったから戦争行かなくて済んでた
あんまり知られてないけど、昔は発電と言えば水力発電が主力で
火力発電所は石炭が高かったからあんまり無かったんだそうだ
115.名無しさん:2019年01月09日 13:31 ID:J0HE6Da.0▼このコメントに返信
うちのばあちゃんの弟が大和艦橋勤務だった。改装後の艦橋両側にアンテナがついた写真を眺めながら私が乗ってた時にはついて無かったって言ってた。山本長官はいつも気さくに声をかけてくれた。って言ってた。大和関係の本をたくさん持ってたがそのうちの一冊を借りたまままだもってるわ。
116.名無しさん:2019年01月09日 13:33 ID:b98qP5tI0▼このコメントに返信
うちの親父は特攻隊の生き残りだった、
親父は3人兄弟で3人とも戦争へ行った
長男は無事に帰ってきたけど次男は南方で戦死、仏壇に勲章がある、
親父は三男で年齢的にはまだ戦争へ駆り出されることは無かったのだけど自分から志願したそうだ、
そういう時代だったんだよね、幸い出撃する前に戦争が終わったので俺も生まれた訳なんだけどね、
もうそんな親父も亡くなったけど生きていれば92歳だ
戦時中18歳位から30歳位までの男性は結構な確率で戦争に行っていると思うよ、兄弟がいれば戦死している方も
もう戦後70年以上経ったからその事実が忘れてきているだけさ
117.名無しさん:2019年01月09日 13:34 ID:I.gYX.xq0▼このコメントに返信
>>36
震洋かその陸軍版の奴だと思うけど、沖縄か奄美諸島辺りでしか実戦投入されてないんじゃなかったっけ?
しかも実際には実戦使用例はあんまりなかった

オーストラリアの軍港で使われたというのも時期的にはおかしいような?
118.名無しさん:2019年01月09日 13:34 ID:0D1fjsYO0▼このコメントに返信
俺のじいさん徴兵免れて田舎で普通に暮らしてたな
戦後は神戸で鉄道員として働いて90まで生きた
狂った戦争で命を落とすよりはいい人生だな
119.名無しさん:2019年01月09日 13:35 ID:Qzq3ynEA0▼このコメントに返信
工廠勤めもけっこういたやろな
120.名無しさん:2019年01月09日 13:36 ID:kqyqGhfL0▼このコメントに返信
ワイはシベリア帰りやが
121.名無しさん:2019年01月09日 13:36 ID:6JnYKAt30▼このコメントに返信
親から聞いた祖父の断片的な話し

・足に砲弾の破片が入っていたが生活に支障がないため取らなかった
・戦闘になった時 部隊長が「〜方面に弾をばら撒け!」って命令されて 戦闘後に「ばら撒けなんて命令初めて聞いた」「焦ってたんだろうな」と後で皆と笑いあった
・敵戦車によじ登ってハッチから手榴弾を投げ込んで戦車をやっつけた
・何故か従軍記者ばりに戦地の写真を撮っていた
トラックでインド兵らしき捕虜護送するところや
草むらに配置された機関銃を腹ばいになって撮ったらしい側面からのショットやどこかの師団司令部かしらんが100名近い将校の集合写真など
遺品整理でカメラと共に出てきたが 価値がわからず皆捨てた 残念(><)
ハワイで財を成して帰国してから兵隊にとられた
祖父の弟は現地で結婚して カタカナ名の親戚が存在する事を最近知ったw
122.名無しさん:2019年01月09日 13:37 ID:hCVaiJUe0▼このコメントに返信
亡くなった祖父は陸軍航空士官で100式司令部偵察機の偵察要員だった。
本人が言うには「もともと、カメラ撮影が趣味だったから、空から撮影も面白いだろ?」という理由だけらしい。
軍人であった当時は例え危険な任務であれ偵察機に乗り地上を撮影するのは結構面白かったと言っていたな。
123.名無しさん:2019年01月09日 13:38 ID:w9STUSNd0▼このコメントに返信
俺が子供の頃は神風は音がパラパラと云うような音でグラマンは
キーンと言う金属音がしていて日本は戦争に負けると思った
と兵隊上がりがよく言ってた
124.名無しさん:2019年01月09日 13:39 ID:I.gYX.xq0▼このコメントに返信
某中国の青年「僕のおじいさんはおじいさんが8才の時に日本兵に殺されました」
125.名無しさん:2019年01月09日 13:40 ID:UqA8RhEF0▼このコメントに返信
ひいじいさんは日露で旅順で野砲撃ってた。じいさんは終戦まで陸軍で飛行機の整備
126.名無しさん:2019年01月09日 13:42 ID:7hboN0HL0▼このコメントに返信
※97
ソリャ厨二過ぎで痛い思考っすなw
127.名無しさん:2019年01月09日 13:42 ID:xie.76uw0▼このコメントに返信
母方大伯父、陸軍軍人:昭和13年、中国で戦死。
母が産まれるのを楽しみにしててくれたのよと、亡くなった祖母が言っていたよ。
128.名無しさん:2019年01月09日 13:42 ID:AfyOCWnT0▼このコメントに返信
敗戦国でありながら、日本人の見栄っ張り気質。ロシアのシベリアに抑留されていた日本人捕虜じゃねーの?
129.名無しさん:2019年01月09日 13:42 ID:WRjPWD6M0▼このコメントに返信
うちの大叔父さんシベリアで抑留されてた
130.名無しさん:2019年01月09日 13:44 ID:tl7Fji3y0▼このコメントに返信
満州で陸軍の先生だったって聞いたな
中国に派遣されるとか可哀想
131.名無しさん:2019年01月09日 13:46 ID:jfw1fyQ40▼このコメントに返信
つーか、一番多いのは「戦争行ってない」ってケースだろ
赤紙来て入営したけど出征はせずに除隊、とかな
ナチスドイツみたいに首都まで戦場になったならともかく
132.名無しさん:2019年01月09日 13:46 ID:vwxjIDUJ0▼このコメントに返信
ぱっぱからの聞きづてだが、おいらのじっじは満州で偵察騎兵やってたとか言ってた。
あとは将校用に馬の調教とかしてたからあんま前線に行かなかったみたい。
赤紙が来る前は大工の棟梁してたので部隊から離れて北海道で設営隊してたみたい。
元いた部隊はどうなったかって?
ペリリュー島に行ったよ。
133.名無しさん:2019年01月09日 13:46 ID:GCDR5sgP0▼このコメントに返信
やなせたかしせんせいが大陸で砲兵やってたろ。イッチがしらないだけじゃん。
134.名無しさん:2019年01月09日 13:46 ID:tl7Fji3y0▼このコメントに返信
うちは満州の陸軍の学校で先生してたらしい。
詳しいことは知らんが勲章?みたいなのがある人はネットで調べればどうゆう功績をあげたかわかるぞ
135.名無しさん:2019年01月09日 13:46 ID:YV.v9gi40▼このコメントに返信
中帰連のウソつき。なぜ、戦友を貶める発言ばかりするのか?
136.名無しさん:2019年01月09日 13:47 ID:Rdsxb1kL0▼このコメントに返信
>>7
なお、ワイの子孫が、波動砲発射の責任者になる予定。

ちなみに、ワイ、未婚。
137.名無しさん:2019年01月09日 13:47 ID:GCDR5sgP0▼このコメントに返信
※132 納豆食べてる?
138.名無しさん:2019年01月09日 13:48 ID:t.Mwiy540▼このコメントに返信
※123
神風の音とグラマンの音を良く聞く部署ってどこなんだ一体
しかも複数人とかどういう異常体験だ
なんか「神風」っていう名称の機体があると勘違いしてないか?
139.名無しさん:2019年01月09日 13:51 ID:mRab1RM10▼このコメントに返信
俺のじいちゃん大陸。絶対戦争の事は話さなくてアル中になった
140.名無しさん:2019年01月09日 13:55 ID:jfw1fyQ40▼このコメントに返信
※133
水木しげるなんか地獄の南方戦線に放り込まれて左腕無くしてるしな
141.名無しさん:2019年01月09日 13:57 ID:9iLJPMuK0▼このコメントに返信
そもそも徴兵されたことのある人が、当時の現役世代で3人に1人くらいで
実際に戦地に赴いた人はもっと少ないだろ
142.名無しさん:2019年01月09日 13:58 ID:07Uxer.a0▼このコメントに返信
友人の親父さんが二式水戦のパイロットで南方で空中戦で撃墜されたかで捕虜生活。
アメリカ軍の待遇が良すぎてこりゃ日本は負けると思ったとか。

よく定回転ピッチプロペラの話とか聞いたけど、最近、それは作り話で
実は諜報部門の人だったと言われてショック。

逆に諜報部員の方が凄くね?よりによって二式水戦ってウソにしてもマニアックすぎんだろ
と思うけどもう鬼籍に入られたので真相は聞けない。家族もその話を信じてたようだし。
143.名無しさん:2019年01月09日 13:59 ID:2YlnfCFo0▼このコメントに返信
戦艦乗っててゲロ吐いたら飲まされたって話は聞いたなー。
不思議と酔わなくなるとかなんとか。
いやそりゃ吐きたくなくなるだろって心の中で突っ込んだ思い出。

※139
口つぐんで話さない人もいるからね。
周りに全然話さないとか、むしろどんだけ悲惨だったんだってなる。
144.名無しさん:2019年01月09日 14:00 ID:GCDR5sgP0▼このコメントに返信
フィリピンに送られた大叔父が沈む泳ぐ沈む泳ぐ沈む泳ぐでやっとフィリピン泳ぎついたいうてた。
ついたときは銃なんかなかったって。日本に戻ったのは最初の船に乗ったうちの3人だけいうてた。
聞いた当時は3回も船沈むなんて不運やなと思ったけど今考えたらウルフパックに付きまとわれてただけやな。
145.名無しさん:2019年01月09日 14:03 ID:9y5vLu.J0▼このコメントに返信
じいちゃん回天に乗ってたって
146.名無しさん:2019年01月09日 14:03 ID:ouTziCZ10▼このコメントに返信
俺の爺さん三笠乗組み
147.名無しさん:2019年01月09日 14:04 ID:YPOpRydR0▼このコメントに返信
祖父は満州で土木事務所の所長やってたそうだ
ソ連が攻めてきたとき、祖母は機銃掃射を潜り抜け子供達を連れて先に帰国
祖父はソ連に捕まったがシベリアへは行かずに解放された
当時仕事で使っていたシナ人やチョウセン人が「自分達は不当に扱われなかった」
と証言してくれた上に、その後帰国の手助けもしてもらったらしい
今では中々考え辛い話だが、当時祖父は彼らを普段から差別はせず平等に扱っていたので
親しかったとの話だし、彼らにも今のように反日教育が浸透していなかったからかもしれない
ただし、ソ連に捕まっていた時に結核を患い、俺も結核が陽性で生まれた
亡くなるまで「ロスケ」とロシア人を呼んで嫌っていたなw

すまん
懐かしくて長々と書いてしまった
148.名無しさん:2019年01月09日 14:05 ID:6JnYKAt30▼このコメントに返信
大和の生存者は救助時で263名だっけ
まだご存命な方はいるのかしら
149.名無しさん:2019年01月09日 14:09 ID:rqP5keFq0▼このコメントに返信
※102
ほんとそれ。時折、世代間の差が著しく大きい場合もあるから一概には言えないね。
父親は終戦半年前くらい?に召集(内地で訓練中に終戦)、80年代に自分が生まれた時には
もう他界していた祖父は日露に出征。子供の頃に当時の話をいろいろ聞いたが、印象に残った
のは兵営生活のきつさ、特に私的制裁の激しさ。それを鍛えられたと表現していたのには、
大相撲のかわいがりという表現に近いものがあるのではと。
まあ自分も度々「歯を食いしばれ」から目の焦点が揺らぐような鉄拳くらったせいかもしれないけれども・・・

スレタイに関していえば、勘違いも中にはあるのかもね。
戦死した航空兵の伯父が漠然と空軍にいたと思っていたが、あるとき陸海軍しかなく独立した空軍という
組織は制度上無いことを、人に教えられた。知らなければ軍艦は皆戦艦、戦闘機は皆ゼロ戦みたいな
こともあるんじゃないかな? 父親も「グラマンの空襲を受けたときに~」みたいに機種名でなく、
米艦載機をメーカー名で総称してたわ。
150.名無しさん:2019年01月09日 14:11 ID:lChTXbhB0▼このコメントに返信
「お爺さんは海軍で軍艦に乗ってた」が、「戦艦ヤマトに乗ってた」に変わる奴な。
普通のおばさんとか区別付いてないからそうなっちゃうよね。
151.名無しさん:2019年01月09日 14:12 ID:6G4.8FLi0▼このコメントに返信
>>117
甲標的と混同してるんやろな
152.名無しさん:2019年01月09日 14:16 ID:d4ZZdv310▼このコメントに返信
うちの爺様は憲兵だった。
所属はどこだったんだろう。
153.名無しさん:2019年01月09日 14:17 ID:Rdsxb1kL0▼このコメントに返信
ハ~イ!
ワタシノ、ジイチャンp-38ノテタ
what's it sayセンユウ?フタリデ、ヤマト、シズメマシタ。
メニーメニー、エアプレインモ、ヤツケタネ。
ジイチャン3-wayイチバンノfavorite weapon!
センユウト、ツナミ&サンダーデ、タタカタ。カマイタチ、デタトキ、ジイチャン、カナシイト、イテタ。
1943ネン、ノ、トシネ。
154.名無しさん:2019年01月09日 14:19 ID:rlviTFD10▼このコメントに返信
俺のじーちゃんソ連の捕虜
155.名無しさん:2019年01月09日 14:24 ID:qBbr8UNG0▼このコメントに返信
※153
fool! イチバンハshotgunニキマッテルネ!! (PT-17乗り感)
156.名無しさん:2019年01月09日 14:25 ID:Rdsxb1kL0▼このコメントに返信
>>147
ハート押したよ。
五味川純平「人間の條件」を思い出しました。
父方祖父がニューギニア帰り。漫画「ペリリュー」読むと、二十歳そこそこの祖父が可哀想過ぎて泣いてしまう。
157.名無しさん:2019年01月09日 14:25 ID:Q5E.LFJ10▼このコメントに返信
※133
やなせたかしは砲兵隊に入隊したけど砲兵では無いぞ
あの人高学歴だから、暗号やプロパガンダ担当だった
要は工作員だな
158.名無しさん:2019年01月09日 14:33 ID:K0KRb06.0▼このコメントに返信
母親の親族に、陸軍兵として南方に行って戦地で罹患した熱病の後遺症が残ったまま復員した人がいたなぁ
ウチのおじいさんの兄は潜水艦の機関兵。回天搭載艦だったから、特攻で死んだ同僚がいた
159.名無しさん:2019年01月09日 14:35 ID:YDx.AC730▼このコメントに返信
俺のじいちゃん陸軍歩兵。退役後に東京市の消防局員で、226事件の時に警戒出動。再招集されて徐州大会戦で右手に貫通銃創。戦後は桶作り職人
160.名無しさん:2019年01月09日 14:39 ID:HdDqSStg0▼このコメントに返信
ビルボードHOT100チャートで32位チャートによるK-POPの歌!

イギリスUKチャート円10位入りK-POPの歌!

//headlineplanet.com/home/2019/01/07/pinkfongs-baby-shark-debuts-billboard-hot-100-chart/

://youtu.be/XqZsoesa55w

世界的な大ヒット中のK-pop曲
://youtu.be/8yZSM4_-sgA
161.名無しさん:2019年01月09日 14:42 ID:d6fHwQ.90▼このコメントに返信
曾祖父は特高とか言ってたな、調べてみたら結構怖い人たちだったのね
162.名無しさん:2019年01月09日 14:48 ID:x6LcaZ.d0▼このコメントに返信
>>119
親戚が翔鶴か瑞鶴の甲板をやったと聞いた。
163.名無しさん:2019年01月09日 14:50 ID:WYPD9WCy0▼このコメントに返信
勤め先の社長がシベリア抑留だったって話してくれた。
それを専務(社長の息子)に話したら、親父から戦争のときの話は聞いたことはないって言ってたから、自分の子供にには言いにくいけど、そうじゃない孫世代やなんかには話せたっていうのはあるかも。
164.名無しさん:2019年01月09日 14:51 ID:EeU4K9MP0▼このコメントに返信
艦名聞けなかったけど海軍で通信士やってたらしい
葬式の時は戦友の方も来てくれてた
もう片方の爺様は満州開拓してた
165.名無しさん:2019年01月09日 14:52 ID:x6LcaZ.d0▼このコメントに返信
>>128
シベリアの大地から生きて帰れただけでも、私にも貴方にも到底出来ることではない。何が言いたいのかいまいち分からないが、その物言いは胸糞が悪いということだけは分かる。
166.名無しさん:2019年01月09日 14:54 ID:UJj8mT6C0▼このコメントに返信
※5
狙撃手の的の代表的なものではないか。そら感状もあんだろ
※35
たぶん数十人なんで特定かんたんそうw
※81
これ
単にしょうもない話は話題にならんだけ

ワイの家では戊辰戦争時の先祖の話はすさまじい最期だったので結構細かい話が言い伝えられて、友人にも話せるが、第二次大戦では内蒙古で平和に暮らした親せきしかいないので話題にならんw
※142
すごいな
なんで諜報部員とわかったんだろう
しかし死ぬまで諜報員だったんだな
167.名無しさん:2019年01月09日 14:56 ID:ukMIe.qO0▼このコメントに返信
中国戦線は南方と比べればマシな方だから、実際に南方に配属された人達の事を考えれば気後れして話ずらいんだろ。
あと対米戦が始まってからは中国戦線の精鋭は南方に引き抜かれて赤紙組が穴埋めで中国戦線に投入されていた。
俺の爺さんもこの口で床屋からの招集。社会人としての生活経験があるから戦争とはいえ殺人経験を他人に語ろうとはしなかった。
168.名無しさん:2019年01月09日 14:56 ID:YDx.AC730▼このコメントに返信
※159
修正
少し違ってた。騎兵から自動車化部隊だったらしい。あと、近所の…という流れなら
小学校→教頭・陸軍航空兵99双軽乗り。校長・戦車兵
中学校→教頭・海軍予科練特攻隊志願兵。社会・陸軍歩兵で志布志湾配置。
近所の人達&友達の祖父達→重巡最上乗り組み。戦艦武蔵乗り組み(戦死)。
陸軍航空兵(ベルグマン練習機はとてもいい機体だったらしい)。陸軍鉄道連隊等々意外といたが、
そう言えば大和乗り組みと零式艦戦乗りは居なかったな。
169.名無しさん:2019年01月09日 15:06 ID:YPOpRydR0▼このコメントに返信
※156
ありがとう
来月祖父の命日が来るので墓参り行ってくる
170.名無しさん:2019年01月09日 15:11 ID:wEsvgzDM0▼このコメントに返信
うちの亡くなったひい爺ちゃんがゼロ乗りだったのは間違いないけどなー、写真もある
大正10年生まれで海軍入隊時は土浦で軍曹に殴られながら航空兵になったってさ
171.名無しさん:2019年01月09日 15:14 ID:rm1Yxff80▼このコメントに返信
軍関係者の話は多いけど、
「うちのジイチャン共産党と組んでどこそこの銀行襲うの手伝った」
とかの“武勇伝”はまったくと言って
いいくらい聞いたことがない
172.名無しさん:2019年01月09日 15:14 ID:wEsvgzDM0▼このコメントに返信
>>136
お前のパーソナルデータから再現された遺伝子から特定の病気に対する耐性遺伝情報だけを抜き出してその時代の人類に転写しただけというオチ
子孫ですらないというのが真実やで
173.名無しさん:2019年01月09日 15:19 ID:Rdsxb1kL0▼このコメントに返信
>>169
156です。
こちらこそ、ありがとう。
174.名無しさん:2019年01月09日 15:34 ID:c8Kod0rm0▼このコメントに返信
>ゼロ戦乗りのが死亡率高いだろ
艦攻乗りのほうがさらに高そう
175.名無しさん:2019年01月09日 15:35 ID:fLI.bttg0▼このコメントに返信
俺の祖父は大陸にいた陸軍将校で、バイクと一緒に写った写真があった。
腰が伸びてほぼ抜けない、柄の部分に赤黒いシミのあるサーベルが遺品。
戦後は自衛隊の剣道の指導員?みたいなことだけやってて、生活費は教師の婆ちゃんが稼いでた。
戦争の話はしなかったな。写真を撮った場所が中国って教えてくれただけ。
176.名無しさん:2019年01月09日 15:36 ID:OyrMlJiF0▼このコメントに返信
母方のじいちゃんは大陸で機関銃撃ってたらしい。
甲種合格で明治生まれとしてはかなり体格が良かったからだってさ。
父方のじいちゃんは乙種合格だったんで現役では徴兵されなかったそうだ。
大戦末期に招集されて、本土決戦に備えて熊本あたりで築城作業中に終戦を迎えたとか言っていた。
友人のじいちゃんは摩耶に乗ってて、もうひとりの友人のじいちゃんは伊勢に乗ってたと言っていた。
伊勢はともかく、摩耶はレイテ突入前に雷撃食らって轟沈してるんだが、よく生き残ったもんだ。
177.名無しさん:2019年01月09日 15:38 ID:bwWwtQU60▼このコメントに返信
数が多いから言っても自慢にならん。

だから、態々言わない。
178.名無しさん:2019年01月09日 15:44 ID:ueg.ROLi0▼このコメントに返信
海軍で戦艦大和のレーダー開発にも携わってた。戦後もそっち系の仕事してた。
B29が墜落したときの爆発はどんな打ち上げ花火より美しかったとは言っていたが、
基本的に戦時の話はあまりしたがらなかったな。
179.名無しさん:2019年01月09日 15:45 ID:H.vRehEj0▼このコメントに返信
鈴谷はええ船やったらしいよ🚢
180.名無しさん:2019年01月09日 15:45 ID:I.gYX.xq0▼このコメントに返信
>>151
やっぱりそうだよな
181.名無しさん:2019年01月09日 15:49 ID:Rdsxb1kL0▼このコメントに返信
>>172
136です。
どういうこっちゃ?
解れへんねん。

あと、俺の事を機械の身体にしてくれる別嬪さんを、ガキの頃から、ず~~~~っと待っとんねんけど、いつになったら来はるんや?
働いても働いても、SLに乗る金も貯まらんし……
182.名無しさん:2019年01月09日 15:55 ID:MUkPpU.x0▼このコメントに返信
うちの曾祖父さんは、あまり詳しい事を祖母が話したがらないから、断片的な情報を基にした推測やけど、大陸打通作戦後の撤退中に、栄養失調で亡くなったのではないかと考えられる
183.名無しさん:2019年01月09日 16:06 ID:BtvP3fdn0▼このコメントに返信
爺さん海軍の船乗りだったが、船が沈められて泳いでいる時に他の水兵にしがみつかれたので蹴飛ばした事を後悔していたなー
184.名無しさん:2019年01月09日 16:17 ID:ngy7oElO0▼このコメントに返信
うちの祖父は零戦乗りで、戦争末期は紫電改で本土防空の任についていたので生き残ったそうだ。
詳しいことは話したがらなかったけど、自分たちベテランが温存される中、若者たちが……というのには苦悩していたみたい。
185.名無しさん:2019年01月09日 16:22 ID:GM7yjknk0▼このコメントに返信
爺様なぁ
満州で軍犬兵してたよ
便衣兵と戦って、胸に銃弾うけたけど助かった
敵が二人いたけど、軍犬(シェパード)が二人とも倒した
首筋を狙った的確なものだったそうだ
ちなみに戦前は軍用犬とは言わない
軍犬軍馬軍鳩軍鷹と呼称してた
186.名無しさん:2019年01月09日 16:29 ID:7tZWFKyw0▼このコメントに返信
大和の乗組員の多くははっきり分からないんじゃないかな?
大和が沈んだ時は同時に多くの護衛艦も沈んでいるし、政府からの死亡通知は詳しい事も書かれていない
1枚の紙切れだっただけらしいからな。うちの母方の祖父は呉から出向した艦に乗って大和が沈んだ日に
亡くなっているらしいが、どの艦に乗っていたかは分からない。
187.名無しさん:2019年01月09日 16:30 ID:D.wp7kI20▼このコメントに返信
※170

>土浦で軍曹に殴られながら航空兵になったってさ

野暮なんだろうけど海軍に軍曹ドノはいないぞ。
188.名無しさん:2019年01月09日 16:31 ID:ku9ZDlIm0▼このコメントに返信
爺ちゃんは年寄りすぎて、相手にされてなかった
ちなみに、叔父が満州からの引き上げで九州で死んだ
189.名無しさん:2019年01月09日 16:40 ID:HUitY6fh0▼このコメントに返信
被弾して飛べなくなったじいちゃん、1週間だけ榛名乗った。榛名が呉で空襲受けた後は雑用やらされてたそうだ。飛行機は乗れず、艦は弾薬燃料に乏しく出撃かからないからヤケになりそうだったらしい。そりゃ自分より若干とはいえ若い人が出撃するんだからな…戦後はボイラーの資格あったから(榛名のボイラーで学んだらしい)その資格で就職した。そんなじいちゃん今月2日に亡くなりました。仲間に会いに行っちゃったのかな…
190.名無しさん:2019年01月09日 16:45 ID:RAvHc23U0▼このコメントに返信
ヤマトとカタカナ表記するから、配達員かと思ったじゃねーかwww
191.名無しさん:2019年01月09日 16:51 ID:xcPMlZtG0▼このコメントに返信
うちのじいちゃんは軍需産業やってて戦争でぼろ儲け。
大豪邸に住んでいたけど戦争に負けて負債を抱え一文無しに。
192.名無しさん:2019年01月09日 16:55 ID:JYk.v1cn0▼このコメントに返信
うちの爺様は大陸帰りだったが子供が全員女だったせいか親には何してたか全然しゃべらんかったらしい
ただ何故か凄く共産党嫌いでよく悪口やら中韓がいかに酷い奴らか愚痴ってたみたい
193.名無しさん:2019年01月09日 16:59 ID:gWgXgH.30▼このコメントに返信
うちの爺ちゃんは校長先生だったので行かなかったそうな
194.名無しさん:2019年01月09日 17:03 ID:BHigTwC60▼このコメントに返信
うちには満鉄の株券があるぞいな
195.名無しさん:2019年01月09日 17:10 ID:8C.I1.Qm0▼このコメントに返信
中国で偵察機乗りだったよ

まぁここに来るような人は名前や役割がわかってるかもしれんが世間の人だと軍艦=ヤマトで飛行機=ゼロ戦だから
それの関係者が増えるのはしゃーない
じいちゃんたちが盛らずに艦名や機種を言ったとしても、聞いた孫たちは区別がつかん
爺「わしは99艦爆のな…」孫「なに?救急車?」爺「ちゃう、ひこうきや」孫「へー」→孫「俺のじいちゃんはゼロ戦乗ってた」
196.名無しさん:2019年01月09日 17:42 ID:deVoFiTh0▼このコメントに返信
佐世保の通信兵って言ってた。戦後は商船乗り、通信長になった。
ただ海軍の通信装置は雑音ばっかで何言っているかてんでわからないし、上官ぶっ飛ばしたかったって言ってたのが印象的だ。
197.名無しさん:2019年01月09日 17:53 ID:ipTfd9d.0▼このコメントに返信
書き手は何歳なんだか…
198.名無しさん:2019年01月09日 18:11 ID:4Xd0q5s50▼このコメントに返信
今はもう生きていないだけだと思うが、当時は徴兵されたらほとんど陸軍だったわけで
それを自慢する雰囲気じゃなかっただけだろ
ほとんど沈んどる海軍艦艇の生き残りやエリート航空隊乗りとはわけが違う
199.名無しさん:2019年01月09日 18:20 ID:Nfqn7Ujc0▼このコメントに返信
祖父は徴兵されて呉まで行って「お前らはあの最新の戦艦に乗ることになる」と言われてたけど輸送船の欠員補充に見繕われて大和の乗組員になれずに輸送船の船員に割り振られてたって生前言ってたわ

まあその後乗ってた輸送船が潜水艦に撃沈されるも運良く助かったそうな、他の生存者は5人ぐらいだったそうだが…

おかげさまで俺が存在できております!
200.名無しさん:2019年01月09日 18:41 ID:MHo.TIzr0▼このコメントに返信
俺は飛行場で燃料運びの手伝いやってた爺さんしかしらんな。
201.名無しさん:2019年01月09日 18:48 ID:Nfqn7Ujc0▼このコメントに返信
>>199
自己レスだけどもこの祖父は父方の方ね

母方の祖父は早くに亡くなってるけど祖母の話ではどうやら北の方に派遣されてた艦で水兵やってたらしいが何故か戦争中期に病気でもないのに船を降りて内地で終戦を迎えたらしい

大半の従軍経験者は陸なのに父方母方どっちも海に取られたってのもレアだなそういや
どっちも川沿い
202.名無しさん:2019年01月09日 18:48 ID:OcNY.ccV0▼このコメントに返信
俺の爺ちゃん白村江の戦いで阿曇比羅夫陣営の船に乗ってたらしい
203.名無しさん:2019年01月09日 18:49 ID:37FLb5qf0▼このコメントに返信
友達の爺ちゃんが、美少女化してたw
世が世なら勲章持ちの村の英雄なんだけどね。(戦後の平和教育なければ)
204.名無しさん:2019年01月09日 18:55 ID:E0f46sbC0▼このコメントに返信
うちにのじいさんは少尉だったらしいが、戦後はシベリア抑留だったな
死ぬまでソ連、ロシアが嫌いだったな
その兄はミンダナオ島で戦死
205.名無しさん:2019年01月09日 18:58 ID:arK3B23I0▼このコメントに返信
中国戦線→除隊→令状で東南アジアってパターンなら多そう
母方の爺さんがそうだった

父方は駆逐艦の機銃員、軍歴証明も取得して確認済み
206.名無しさん:2019年01月09日 19:04 ID:vwxjIDUJ0▼このコメントに返信
>>137
食べてる
207.空缶:2019年01月09日 19:05 ID:qLHFqzWL0▼このコメントに返信
俺の叔父さん元馬賊
208.名無しさん:2019年01月09日 19:07 ID:jB.hNSw90▼このコメントに返信
じいちゃん満鉄で医者やってたよ。
連合軍との二重スパイだったけどね。
そのせいか戦後は自宅にMPが来てたらしい。
母はMPからお菓子をかなりもらってた。
209.名無しさん:2019年01月09日 19:09 ID:Zef1DrCF0▼このコメントに返信
ヤマトの乗組員ってそんなにたくさん生き残り居るの?
210.名無しさん:2019年01月09日 19:20 ID:6bC8RaYT0▼このコメントに返信
亡くなった父方の祖父が、生前に一度だけ真面目に戦争体験を話してくれたことがあった。曹長だたかで、インパール作戦に参加して帰って来たそうな。話をした時は声を詰まらせて「みんな栄養失調などでバタバタと亡くなって可哀想な思いをした」と話してくれたのが印象的だった。
211.名無しさん:2019年01月09日 19:20 ID:dAwQ.BZJ0▼このコメントに返信
父方の爺様は、実家に残ってた回顧録を読む限り東南アジアのあちこちいってたっぽいな
212.名無しさん:2019年01月09日 19:35 ID:4tJulLRp0▼このコメントに返信
うちの爺さんは高松で貨客船の船員だった
本人曰く優秀な青年だったらしく、海軍に招待されて戦艦長門を見学したのが自慢だった
戦争末期には瀬戸内海にも米軍機が飛来するようになって
一緒に逃げた同僚が機銃掃射で蜂の巣にされて生きた心地がしなかったそうな
213.名無しさん:2019年01月09日 19:42 ID:fF8aP5hW0▼このコメントに返信
>>181
行くわよ、ネジ
214.名無しさん:2019年01月09日 19:58 ID:f4x2AJFZ0▼このコメントに返信
元大和乗りが結構いるのは、沖縄特攻の前に、若い乗組員を理由つけて降ろしているから。
けして沈没時の生き残りだけではない。
215.名無しさん:2019年01月09日 20:33 ID:eJ3ETKbH0▼このコメントに返信
俺の父方のじいちゃんが徴兵されて南方に行く輸送船に乗ってたけど
潜水艦に沈められて戦死したらしい
216.名無しさん:2019年01月09日 20:33 ID:M3eJ5Mdm0▼このコメントに返信
大和は超でっかくて国民のほとんどが乗り込んでたからなぁ
217.名無しさん:2019年01月09日 20:33 ID:nyKEbn.i0▼このコメントに返信
うちの爺さんはシベリアから帰ってきたけど戦争の話なんて全くしないわ
218.名無しさん:2019年01月09日 20:44 ID:G8X.IT1N0▼このコメントに返信
うちの爺さん、九州飛行機で、前翼型試作戦闘機 震電の前脚を作っていた。
当時 名前をJ7(ジェイナナ)あだ名を タカアシガニ タカゲタ と呼んでいて、震電という名前を知ったのは、戦後かなり後になってからだそうだ。
震電の前脚は、高いので、ひん曲がりやすかったそうだ。機関砲、弾丸なんて積んだら、着陸時にうまく降りなければ、
折れてしまう。と言っていた。
あと、B29迎撃用だったので、一気に上昇して、降りてくるだけなので、
ゼロみたいな戦闘機じゃない、(多分 ドックファイト格闘戦向きじゃないということだろう)と言っていた。
219.名無しさん:2019年01月09日 20:54 ID:aRORkRSw0▼このコメントに返信
俺のじいちゃんカレーが好きだぜ
220.名無しさん:2019年01月09日 20:59 ID:Pb8hpuDP0▼このコメントに返信
戦争の所為で、純血の日本人かどうかわからんようなった
221.名無しさん:2019年01月09日 21:24 ID:86SJQUTK0▼このコメントに返信
俺の爺さんルソン島の生き残りだ。
222.名無しさん:2019年01月09日 21:28 ID:1hxJFtmN0▼このコメントに返信
うちの祖父は給仕係で飯作ってただけらしい
後方にいたからドンパチやらずにすんで命拾いしたって言ってた
223.名無しさん:2019年01月09日 21:33 ID:QYw8mVbA0▼このコメントに返信
>>22
へ〜ぇ!
どーゆー仕事?
224.名無しさん:2019年01月09日 21:38 ID:QYw8mVbA0▼このコメントに返信
>>38
超エリート
225.名無しさん:2019年01月09日 22:20 ID:uhCdJW4c0▼このコメントに返信
うちの曾じいさんは戦争のころは、学校の先生で地域の神社の神主やってたため徴兵されなかった模様
226.名無しさん:2019年01月09日 22:34 ID:0q9ClQAZ0▼このコメントに返信
俺のじいさんは、海防艦乗り。
商船学校を途中で繰り上げ卒業して予備士官に。
よくよく話を聞いてみると、海防艦ではなく駆潜艇。
それも遠洋漁業船ベース。
配属されてから終戦まで、宮古湾の中をウロウロして魚を釣ってたらしい。
予備役上がりの艇長が、
「この戦争はもうすぐ終わりだ。無駄に死ぬことは無い」
で、そうしてた。乗組員は、誰も文句言わなかった。
で終戦。
闇物資を運ぶ内航船の乗組員とかやって糊口をしのいで、社会が落ち着いた頃に堅気の船会社へ就職して船員やって、腰を痛めた後は事務職やって定年を迎えた。
227.名無しさん:2019年01月09日 22:34 ID:pFdx7xjg0▼このコメントに返信
うちのじいちゃんはインドネシアっつってたな。
228.名無しさん:2019年01月09日 22:43 ID:QIhM1KFV0▼このコメントに返信
艦これが流行った時は軍艦乗りの爺さんを持つ奴が急増したよな
229.名無しさん:2019年01月09日 22:55 ID:O2JKO.I20▼このコメントに返信
うちの母の母の父は舞鶴で補給廠の少尉やってたらしいけど鎮守府か国の計算大会で優勝して天皇から勲章をもらったって言ってたな。
またうちの母の父は曾祖父が平壌に警察の仕事で渡って向こうで生まれて終戦で帰ってきたらしいけど近所の人と親日のトラック屋を雇って韓国との国境まで行ってこっから先はいけないと言われて4歳だから川を担がれて渡ったらしいそのことだけ強烈に覚えているそう。
ちなみに担いでいたのはお姉さんの旦那さんで、平壌の衛生隊で戦後のどさくさで脱柵してきたそうwwwww。
また、父方の曾祖父は航空機の操縦ができた人で(新聞社かな?〈うちの地方の新聞社は海軍払い下げのフロート付き航空機があった〉)赤紙(近くの海軍飛行場へ来るようにと書いてあった)で特攻へ行く命令だと察知した曾祖父は怒って赤紙を飲んで体調を崩し、免れたそうwwwww。
230.名無しさん:2019年01月09日 22:58 ID:O2JKO.I20▼このコメントに返信
229だけど全部実話です。
(祖父達がこのことを言っておくのが俺がすべきことだ的なことを言って突然喋り出した)
231.名無しさん:2019年01月09日 22:58 ID:tlOYG0Gx0▼このコメントに返信
俺のじいさまは飯つくってただけだな
戦中も捕虜時代も飯つくって戦後も飯作った
今生きてれば108歳
232.名無しさん:2019年01月09日 23:00 ID:tlOYG0Gx0▼このコメントに返信
おれんちのじいさまは1942-49年まで子供作る環境になかったから戦後に作ることに
親父が54生まれ 俺が88生まれ
233.名無しさん:2019年01月09日 23:04 ID:IZ.j3K4Y0▼このコメントに返信
俺のじいちゃんシベリア帰り。
戦地でもシベリアでも何があったのか
結局他界するまで言わなかった。
234.空缶:2019年01月09日 23:08 ID:aRORkRSw0▼このコメントに返信
祖父の話だったか...
母方・満蒙開拓団
父方・三菱の下請けで左団扇。なお戦後
235.名無しさん:2019年01月09日 23:31 ID:PdfAt91s0▼このコメントに返信
うちの爺さんは
(輜重兵)中国戦線→インパール戦→イギリス軍捕虜だったとさ。
家の隣の爺さんは銀輪部隊。皇族士官にパンク修理の早技を披露したことあると自慢していた。
236.名無しさん:2019年01月09日 23:41 ID:G8X.IT1N0▼このコメントに返信
※218
の者だが、追加で、
じいさんが、震電の前脚 作っていた時、30歳手前で、その以前、太平洋戦争開戦前 
10代の頃は、長崎の造船所で、ドック入りりしていた軍艦の船底、付着していたフジツボを、ノミとハンマーで取り除いていた。
その後 ばあさんと結婚して、福岡に来て九州飛行場で、ゼロ戦など、飛行機を点検や修理に従事していた。
作業着は、油まみれになるので、火のあるところに近づかないように、若い人たちに、注意してたが、
寒い冬、若者が、ドラム缶のたき火に近づいて暖をとてっしまい。飛び火が移って、火だるまになってしまい、
消火するのに大変だったそうだ。
237.名無しさん:2019年01月10日 00:04 ID:iQ5P.Jn10▼このコメントに返信
>>199
母ジイは大阪で乙種かなんか。
徴用工で呉に配属。国家機密の弩級戦艦を作ってた。
「戦後、初めて知った。それが大和やったんや!」って言いまくり。
戦地に行って無いから、聞いても無いのに、しゃべってた。
238.名無しさん:2019年01月10日 00:08 ID:iQ5P.Jn10▼このコメントに返信
>>202
ほな、あれやな!
からころむ、すそにとりつき、なくこらを
の詠人は、伯父さんやな。
239.名無しさん:2019年01月10日 00:09 ID:iQ5P.Jn10▼このコメントに返信
>>207
児玉さん?
笹川さん?
240.名無しさん:2019年01月10日 01:10 ID:g1Pqy9dS0▼このコメントに返信
うちの爺ちゃんはニューギニア戦線に行ったまま、まだ帰って来ない。
241.名無しさん:2019年01月10日 01:20 ID:5Ua.nhH70▼このコメントに返信
父方の祖父は満鉄職員やったな
戻ってきてからも元職員で旅行してたわ
母方は農家の長男だったから畑作業してた
242.名無しさん:2019年01月10日 01:38 ID:gX9wVmqi0▼このコメントに返信
※209
大和に乗ったことがあるレベルなら、転属があるから数千人くらいはいたんじゃないかね
ただ、ヤマトは2199まで乗れる人はいないだろ
243.名無しさん:2019年01月10日 01:43 ID:iQ5P.Jn10▼このコメントに返信
>>240
156です。
お祖父さんが広島で小学校教師をしていたら、当方の父方祖父から感謝の言葉などがあります
244.名無しさん:2019年01月10日 01:43 ID:AzK67CcB0▼このコメントに返信
爺さんは、鍾馗乗りだったけど
父親が言うときは、ゼロ戦乗り、適当に脳内で変換されてるんじゃね?(思い込み)

本人の言うことは、だいたい本当だと思うわ
「あそこに、不発弾が落ちてる」相続の時に気になっておじさんが調べると出て来たし
ただ、「あそこに米兵が埋まってる」は誰も調べようとはしなかったw
245.名無しさん:2019年01月10日 04:01 ID:uj5VLuU90▼このコメントに返信
うちのじいちゃん陸軍補給部隊だったらしく
滅多に戦時中のこと話してくれなかったけど
たまにふとした拍子に話してくれることがあって
補給先に同郷の人がいたことがあったりした時は色々話したとか
上官が厳しい人だったとか話してくれたなぁ
246.名無しさん:2019年01月10日 04:50 ID:f7xKPpP.0▼このコメントに返信
※51
奇遇だな。俺のジイちゃんも第三艦橋勤務でドメル艦の自爆に巻き込まれて死んだよ
247.名無しさん:2019年01月10日 07:35 ID:m2JVh2JI0▼このコメントに返信
家のじいさんは教師だったから
徴兵は遅くて
終戦時は千葉県の太平洋側で
塹壕掘ってて終戦を迎えたとか
248.名無しさん:2019年01月10日 07:42 ID:m2JVh2JI0▼このコメントに返信
※138
立川の陸軍航空審査部とかですかね?
249.名無しさん:2019年01月10日 08:03 ID:GB4v.yTe0▼このコメントに返信
戦争の詳細は語りたがらない人だったよ
家族も分かってるから聞かない
分かってて聞かないから、更に下の世代には全然っていうね
250.名無しさん:2019年01月10日 10:16 ID:25M1VQdA0▼このコメントに返信
母方の祖父は日露戦争当時海軍で日本海海戦に参戦
台湾へ訓練航海に向かう途中で急遽転戦命令が出たとさ
爺さんは昭和20年に亡くなってるから、今年93になる母親や叔父に聞いた話だけど
今年還暦を迎える孫からしても、教科書で習う歴史みたいな感じで、小さい頃はききながしてたが
坂の上の雲を観て、叔父から聞いたり写真を見せてもらって身近に感じてきた
叔父が艦名を知りたいと調べたが叶わなかった

因みに父方の祖父の兄は陸軍で旅順で戦死してる
251.名無しさん:2019年01月10日 12:01 ID:DtkKTc5u0▼このコメントに返信
孫なら市ヶ谷に行けば、資料見せてくれるよ
252.名無しさん:2019年01月10日 12:07 ID:YsaQ.Yop0▼このコメントに返信
父方のじいちゃんは満州かな?シベリア帰りだったし
母方は予科練で震洋の訓練してる最中に終戦
253.名無しさん:2019年01月10日 12:56 ID:VG.TDX.p0▼このコメントに返信
>>79
父方の爺さんが某駅駅長だった。
地元の名士扱いだった様で、
戦後は進駐軍から食事等に招待されたと父が言っていた。
(俺の年齢がバレるな)

父は進駐軍のジープを見て日本が勝てる訳ないと思ったとか、
昼間爆撃に飛来するB-29はキラキラ光って綺麗だったとか、
第1騎兵のマークは格好よかったとかある種ズレた発言が多かった様に思うが、
これ普通なのか?

254.名無しさん:2019年01月10日 13:31 ID:uGWgSxOa0▼このコメントに返信
クロネコヤマトの乗組員ちゃうか?
255.名無しさん:2019年01月10日 14:58 ID:rB9UgEoy0▼このコメントに返信
うちの爺ちゃんはまさに中国戦線の兵士やってたぞ。最初に赤紙受けた際はどこぞの都市の攻略戦の別動隊として参加、最前線で戦闘
そこから一度家に帰れて、また赤紙。今度は満州北部だかで陣地構築、本業の経験が生かせたのでお褒めをもらったらしい
そしてまた家に帰って3度目の赤紙。終戦間際だったので本土防衛の部隊に配属、そこで終戦だったそうだ

自営業だったのに赤紙で仕事放棄させられて帰されて再開したらまた放棄、を繰り返させられたのが嫌だったとは言ってたな…
しかし何度も帰れたのはなんでだったんだろう。小学校卒で別に専門的でもない一兵卒、かつ中国だったから余裕があったんだろうか
256.名無しさん:2019年01月10日 21:19 ID:DLF2sQYv0▼このコメントに返信
※255
一度目が徴兵、二度目・三度目は予備役の召集じゃない?それでもって一度目と二度目の間が少し開いてない?
二度目の召集の時点でそこそこの年齢に達していたか、あるいは住んでいた地域の担当連隊が運良く比較的平穏な地域を分担していたか、ではないか。
257.名無しさん:2019年01月11日 02:04 ID:Cb1K950O0▼このコメントに返信
※217
シベリア帰りは、とにかく仲間がどんどんシベリアで死んでるのと、生き残る人は、仲間の多くを看取ってるから
殆ど語らない

それと、生き残ってるって事は、いろいろ他の人達との軋轢がかなりあるから語りたくない筈
とにかく、カルネアデスの板の状況が沢山あったから、語りたがらない
258.名無しさん:2019年01月11日 17:37 ID:Cb1K950O0▼このコメントに返信
例えば、クラス全員の男子が、ソ連に強制連行させられて、強制労働させられた、勿論、負けた日本の結果だが、強制連行の際に、日本人をソ連人(ロシア人)が管理したんだが、ある程度は、日本人達の中にも、帰還までの間にいろんな事があった、そして、極寒の寒さで次々と死んでいく
生き残る為に何が起きたか… この辺は生き残った人の手記を読むと凄惨さがわかるが、同時にその辺は、いろいろ差があったようでもある。
少なくとも手記を書ける人は、死人に口なしでねつ造しているのでなければ、手記を書ける程度には、自分のしたことを書けるだけの内容だったという事
問題は、その手記に書かれているような事をしていた人達で生き残った人で語れば傷を思い出す人も多いということだろう

クラスの中で自分だけ、あるいはその殆どが極寒の寒さの中で死んでいって自分が生き残った話を、子供達に語ろうとする人は少ないと思われる。
259.名無しさん:2019年01月11日 21:24 ID:FhwGyp4m0▼このコメントに返信
海軍と比べて陸軍兵士の武勇伝は生々しいからしゃーない
まともな神経しとったら墓まで持ってかざるを得ないわ
260.名無しさん:2019年01月12日 01:45 ID:t.2fQpbJ0▼このコメントに返信
ひいじいさんが、沖縄で戦死した陸軍軍曹、らしい。
県庁に資料ほしいって申請したいんだが、なぜか親父が怒鳴り声でキレながら暴れて反対する
261.名無しさん:2019年01月12日 17:34 ID:6mHjSpqn0▼このコメントに返信
※256
あー、昔聞いたエピソードからして確かに1度目と2度目の間は空いてるはずだ
予備役での招集だったのかな……二度目の陣地構築の時は周りに若い責任者(少尉とか?)もそれなりにいたらしいが
要領がよくなくて(正直すぎたともいう)上官に叱られる姿をよく見たとも言ってたな
262.名無しさん:2019年01月15日 21:09 ID:UReSFqOO0▼このコメントに返信
俺の爺ちゃんのお兄さんは海軍大尉で艇長してたって聞いた。

お名前