2018年12月30日 20:05

日本軍の武器ってやっぱり弱いよな

日本軍の武器ってやっぱり弱いよな

pixta_10598939_S

引用元:日本軍の武器ってやっぱり弱いよな
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1545837076/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:11:16 ID:C5j
自動小銃量産できない時点でなんだかなぁ

2: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:11:40 ID:Gdp
アメリカ以外できてない定期

3: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:11:58 ID:C5j
>>2
ナチスですらやってるんですが・・・

9: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:12:49 ID:Gdp
>>3
ナチスは大戦の中でも3本の指に入るレベルの工業国やし、主力やないやん

11: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:13:32 ID:C5j
>>9
うるせぇな
とにかくやってたもんはやってたんだよ

22: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:14:51 ID:Gdp
>>11
そう言ったら日本だって四式自動小銃だってあるんだよなぁ

24: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:15:24 ID:C5j
>>22
試作だけ

26: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:15:55 ID:Gdp
>>24
配備に向けた製作はしてたで
配備はされなかったけど

5: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:12:28 ID:dK3
三八式

8: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:12:48 ID:C5j
>>5
ただのライフルやん

10: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:13:29 ID:dK3
89式

13: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:14:00 ID:ahR
自動小銃量産してたら勝てたんやろか?

15: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:14:14 ID:HZy
SMGは作ってたから

32: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:16:53 ID:Gdp
そもそも、イタリアやイギリスなんかも日本と同じような状況やろ

37: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:17:22 ID:C5j
>>32
でもステンガンとかステンガンとかステンガンとか作ってたじゃん

50: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:20:55 ID:Gdp
>>37
サブマシンガンと自動小銃は全くちゃうやろ
距離や場所にもよるし、日本の場合は確かに不利になるものやったけど、それが歩兵の総合火力の強さじゃないで
じゃんけんのグーとパーみたいなもん

35: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:17:09 ID:wtd
八九式重擲弾筒さんをすこれ

40: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:18:30 ID:mEF
イギリスには水道管銃があるから…

42: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:18:42 ID:Gdp
あと、日本の場合八九式重擲弾筒があるから、総合的な火力は決して最低ではないで

44: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:19:05 ID:C5j
>>42
あれ当たるんかねぇ?

64: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:24:26 ID:Gdp
>>44
訓練をすれば当たるらしいが、そもそも擲弾はどちらかというと面制圧やから、連射力と素早い運用ができるだけでかなりの武器

46: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:19:38 ID:HZy
99式軽機すこれ

57: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:22:49 ID:cFc
歩兵、砲兵火力は優秀だから…
なお装甲、対装甲、対空火力と兵站、設営

60: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:23:25 ID:Wqs
大正義ソ連「銃は二人で一丁!w」

72: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:27:28 ID:BTU
>>60
クソほど戦車をつくるのに銃はつくらない謎国家

82: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:29:14 ID:Gdp
>>72
スターリングラードのアレは半分ネタやけど、最初すぎてろくになかったんやと思うで

77: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:28:26 ID:68N
戦車最優はソ連(性能ではドイツだが問題も多数)

航空機最優はアメリカ

艦船は米英日だとどこなん?

85: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:29:20 ID:cRL
>>77
そら米国よ

90: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:30:18 ID:68N
>>85
まあ、そうなるか

84: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:29:20 ID:4Uy
すでにレスあるか?
日本軍は早いうちから半自動小銃の研究をして完成してるけど弾薬の消費に兵站が追いつかないから
配備は諦めてるんやで

まぁ、貧乏が悪いということで…

94: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:32:56 ID:Gdp
アメリカはアメリカでBARの火力の問題や、銃器の重量なんかの問題があったんやけどな
日本軍は武装よりも戦術戦略が……

95: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:34:45 ID:Gdp
歩兵装備オタのワイ、このネタに歓喜やで

96: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:35:21 ID:C5j
>>95
BARとかM1919とかどうやって使い分けてたの?

97: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:38:06 ID:Gdp
>>96
BARは分隊火器
1919は小隊火器やね
いろいろな組み合わせがあるから絶対とは言わないけど、一分隊あたりに1~2丁のBARを持ってて、小隊に機関銃小隊があって、そこで数丁の機関銃の管理をしてるといった感じや

98: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:39:22 ID:C5j
>>97
へぇ~

100: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)00:58:39 ID:Rk0
糧食さえ補給できなかったんだからもし自動小銃採用されたとしても弾薬の補給間に合わんわね

101: 名無しさん@おーぷん 2018/12/27(木)01:21:27 ID:rL2
世界最強の武器・兵器と言ったら戦艦大和くらいしか思いつかんわ
軍艦としては間違いなく世界最強

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年12月30日 20:10 ID:K82SWhhZ0▼このコメントに返信
そもそも冶金技術が未成熟だったしなんともならんね
2.:2018年12月30日 20:10 ID:pHjygZJD0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
3.名無しさん:2018年12月30日 20:10 ID:K82SWhhZ0▼このコメントに返信
そもそも冶金技術が未成熟だったしなんともならんね
4.名無しさん:2018年12月30日 20:13 ID:2Cw26j7t0▼このコメントに返信
論破されたら逆ギレスレ主w
5.名無しさん:2018年12月30日 20:13 ID:LViwNnIp0▼このコメントに返信
最近でも住友のM2性能改ざん事件があった。
イギリスの冶金~産業革命の流れは、表面的にまねするだけではいかんともしがたい。
住友に猛省を求めたい。そのうえで、せめて10年後には、M2の量産をできるようになってほしい。

日本だと、99式20mm機銃2号5型はいい線行っていた。
これとて、戦時中の必死の改良と、原設計エリコンFFの良さあってのこと。
一朝一夕に軍事技術は得られるものではない。
日本国民として、長期的視野の地道な開発を応援したい。
6.名無しさん:2018年12月30日 20:15 ID:PxAHrmUA0▼このコメントに返信
その弱い武器に手も出せない自称大国と三等国が居ましてねw
7.名無しさん:2018年12月30日 20:16 ID:Rvl7zR7d0▼このコメントに返信
そもそも自国で武器開発できる国がどれだけあるのかって話
トップじゃなきゃダメだってどんだけ高望みしてるだって思うわ
8.名無しさん:2018年12月30日 20:17 ID:vCpNU6Ce0▼このコメントに返信
大和級より強い戦艦、米帝やエゲレスも計画は結構してるのよ
9.名無しさん:2018年12月30日 20:18 ID:zox5JRgZ0▼このコメントに返信
工業力も技術力も低かったししゃーない
日本軍は最初はそれなりのもん作ったりするけど、開発競争になるとついていけず結果的に遅れた兵器になってしまった例とか結構ある
10.名無しさん:2018年12月30日 20:18 ID:M2t7PTaH0▼このコメントに返信
結論ありきで話出して反論されたら逆ギレとかお話になりませんわ
11.古古米:2018年12月30日 20:20 ID:zQlQKOYl0▼このコメントに返信
ニーモーターは、戦後もアメリカ兵士を制圧していた。
12.名無しさん:2018年12月30日 20:21 ID:HSL1VX5Q0▼このコメントに返信
殺傷能力の有る兵器に強いも弱いもあるか!
兵器の進歩に対してそういった意味ではヒトの耐久力は古代から何も進歩していないがな。
13.名無しさん:2018年12月30日 20:22 ID:GyAp5yLJ0▼このコメントに返信
だいたいあの時代弾丸とか手作りだから生産力(国力)が無きゃどうにもならんだけでなー
それに一般市民ですら銃を日常で持ち歩くアメリカとかそこらの職人さんには困らないわけで
14.名無しさん:2018年12月30日 20:24 ID:GyAp5yLJ0▼このコメントに返信
※12
防弾装備は進歩してるぞ!

さすがに直接撃たれると抜けるので破片対策に着るものだけど
15.名無しさん:2018年12月30日 20:25 ID:G3yUtEOz0▼このコメントに返信
チハだって強いぞ……歩兵には
16.名無しさん:2018年12月30日 20:25 ID:mrG6zyYp0▼このコメントに返信
正確な遠距離射撃ができれば小銃は単発で十分
分隊の主要な火力は軽機関銃や
小銃手は十分な火力支援を受けながら徐々に敵陣にに浸透して最後に突撃かまして目標地域を占領するのが仕事やからな
17.名無しさん:2018年12月30日 20:27 ID:ULt9MR2t0▼このコメントに返信
ただでさえ銃弾が足りてないのに自動小銃なんか作っても・・・
18.名無しさん:2018年12月30日 20:28 ID:jVljjaEP0▼このコメントに返信
今の日本とは違って技術力はまだまだだった、特に素材等の裏方技術が弱かった。
しかし明治の開国から考えれば、よくここまで来たと思うよ。
19.名無しさん:2018年12月30日 20:31 ID:.d8T1i.h0▼このコメントに返信
元々日本は戦争に弱い
効率とか合理的とかは軟弱で
背水の陣とか特攻がもてはやされる国
弱いんだからおとなしく靴なめとけばいいんだよ
多くの国はそうやってる
20.名無しさん:2018年12月30日 20:32 ID:59IW4b7U0▼このコメントに返信
防衛費増額しろよ
二世代前って本当におかしいわ
21.名無しさん:2018年12月30日 20:33 ID:MA2QBtKD0▼このコメントに返信
何処と比較している?
22.名無しさん:2018年12月30日 20:34 ID:CppyT0In0▼このコメントに返信
※12
人間は生物として生まれ持ってる能力を上げるより道具を使うほうに進化の舵を切ったからしょうがない
究極生命体でもないと銃弾防ぐとかはほとんどの生物は不可能だし
23.名無しさん:2018年12月30日 20:36 ID:wjdt7XwB0▼このコメントに返信
100式機関短銃は大日本帝国陸軍のアサルトライフルだけど?
24.名無しさん:2018年12月30日 20:37 ID:86I3v3PA0▼このコメントに返信
日本軍は全てが弱い
強い要素が無い
25.名無しさん:2018年12月30日 20:39 ID:8iZIFnOs0▼このコメントに返信
日本軍の拳銃の殺傷能力は最低レベルだろ
撃っても跳ね返された事すらあったらしい
26.名無しさん:2018年12月30日 20:42 ID:86I3v3PA0▼このコメントに返信
日本は技術力が低く装備も兵器も全てが時代遅れなうえに欠陥品だった
さらに工業生産力も低く数も不足していた上に精度が劣悪で使い物にならなかった
ねじの大きさもばらばらで、一つのねじを欠損してしまうとかわりを用意する事が出来なかった
27.名無しさん:2018年12月30日 20:44 ID:Bd6xxKRR0▼このコメントに返信
日本人は武器を作るのが下手
素直に海外から優れた武器を買いなさい
28.名無しさん:2018年12月30日 20:45 ID:86I3v3PA0▼このコメントに返信
日本軍の主力であるサンパチだが銃弾が敵にあたる事は無かった
敵に照準を合わせても全く当たらないと兵から不満要望があがったが何の対処も出来なかった
さらに威力も低くよほど当たり所が悪くなければ死亡する事はまずなかった
29.名無しさん:2018年12月30日 20:47 ID:MA2QBtKD0▼このコメントに返信
>>28
? 脳内設定?
30.名無しさん:2018年12月30日 20:48 ID:uAixxYIV0▼このコメントに返信
モンクばかり言ってもしょうがない。アジアなんか日本を除けば原始時代とそうかわらんかっただろ。
周囲がそんななのになぜか日本だけ白人国家に一応追いついただけでかなりマシだろ。
31.名無しさん:2018年12月30日 20:49 ID:86I3v3PA0▼このコメントに返信
日本軍は大艦巨砲主義を信仰していた
軍艦は船体を出来る限り軽量化し、できるだけ大きな大砲を積んだ
その結果として日本軍の軍艦は海の波に耐える事が出来ずに戦わずにして大きな損傷を受けた
特に戦時標準船は百隻以上という多くの数が作られたが大半は波に揺られて流されて遭難するか、波に揺られて転覆して沈んでしまった
32.名無しさん:2018年12月30日 20:52 ID:86I3v3PA0▼このコメントに返信
※29
少し調べればわかる事実だよ
例えば技術戦としての第二次世界大戦 日本VS中ソ米英編 PHP
等に詳しく乗っている
33.名無しさん:2018年12月30日 20:52 ID:IyYrIGHR0▼このコメントに返信
基礎工業力が低く、機械化も進んでなかったから
全般的にレベル低いのはしゃーない


ただ小銃+軽機の組み合わせは、当時当たり前の話で
自動・半自動小銃を普及させた国ってほぼない

ぶっちゃけ戦場では個人携帯火器なんかに拘るより、通信網を整備して
より上級部隊の火砲による支援を円滑に行えるようにしたほうがいい

いくら自動小銃完備してても、師団砲兵から一方的に射撃くらったらお終い
34.名無しさん:2018年12月30日 20:54 ID:Rvl7zR7d0▼このコメントに返信
※28
当たらなくて、当たっても死なない銃におびえて
米軍は士官が双眼鏡など持たないようにしていたらしいね

持ってたらどこからともなく狙撃されるから
35.名無しさん:2018年12月30日 20:56 ID:uAixxYIV0▼このコメントに返信
※31
日本の軍艦は友鶴事件や第四艦隊事件などがあったので船体強度には十分に注意を払うようになっているよ。
36.名無しさん:2018年12月30日 20:56 ID:CJ.1JJE50▼このコメントに返信
※32
いくらなんでも出典PHPて・・・
37.名無しさん:2018年12月30日 20:57 ID:Evsm2QX70▼このコメントに返信
あの当時兵器開発でいろんな意味でガチれるの米ソ独の3国しかおらん
英仏はWW1からまだ回復しきってないし伊や一部中小国も日本とどっこい
38.名無しさん:2018年12月30日 20:58 ID:XgmOL9Y50▼このコメントに返信
※36
IDをしっかり見て相手にしない事だ
虚言と議論しても時間の無駄だぞ
39.名無しさん:2018年12月30日 20:58 ID:Evsm2QX70▼このコメントに返信
※31
戦時標準戦(輸送船)の一体どこに大砲を積んでいたのだ・・・
40.名無しさん:2018年12月30日 20:59 ID:IyYrIGHR0▼このコメントに返信
38は精度のいい奴は、未だにスポーツ射撃でも使われるくらい有能だぞ
事変~大戦期に粗製乱造した分はアレだがな

6.5mmは低反動でマズルフラッシュが少ないため、扱いやすく見つかりにくい
そも戦場では殺すより負傷させるほうが有利なんだが

無理に99に更新する必要なんてなかった(対装甲能力wなんて無きに等しいんだし)
41.名無しさん:2018年12月30日 21:00 ID:Rvl7zR7d0▼このコメントに返信
※31
それは戦前の話、戦前の事故で船体強度などの問題が発覚したので改善されている。
バランスが悪いのはどの国も似たようなもので、米軍の駆逐艦も戦中の艦はたいてい装備過多でバランスが悪い
42.名無しさん:2018年12月30日 21:01 ID:2Cw26j7t0▼このコメントに返信
>>28
米軍から命中、安定精度を称賛された銃って知らないのか?
43.名無しさん:2018年12月30日 21:02 ID:86I3v3PA0▼このコメントに返信
日本軍は手りゅう弾の威力も低かった
他国の手榴弾は威力が高く殺傷の範囲が広かった
対して日本軍の手榴弾は威力が低く3m以内に近づかなければまず大した怪我をする事すらなかった
点火してから爆発するまで時間がかかり過ぎるという欠点もあった
海外製ならば四秒だったが日本製は七秒だった
さらに、不発が非常に多かった
これは1945年の沖縄の集団自決の記録を読んでもわかる
44.名無しさん:2018年12月30日 21:03 ID:46RXL7D40▼このコメントに返信
>>40
規格化が遅れてて出来がバラバラだったらしいね
だから制度が高いのも
まともに当たらないのも正しい
45.名無しさん:2018年12月30日 21:03 ID:Rvl7zR7d0▼このコメントに返信
PHPとか、少し読めばいい加減さに気が付くもんだけれども
信じてしまう奴もいるんだな……
46.名無しさん:2018年12月30日 21:03 ID:6ZFzSq5A0▼このコメントに返信
核持とう
47.名無しさん:2018年12月30日 21:06 ID:86I3v3PA0▼このコメントに返信
※35
違うな
日本は終戦まじかに作った軍艦が波だけで沈みまくっている
轟沈型で検索してみな
48.古古米:2018年12月30日 21:06 ID:zQlQKOYl0▼このコメントに返信
※42
多分、フィンランドではトナカイなどの大型獣用の猟銃として使われている事も知らないんだよ。
フィンランドの会社が、今だに弾を供給している事も含めてね。
49.名無しさん:2018年12月30日 21:07 ID:CJ.1JJE50▼このコメントに返信
軍部からの無茶な過剰武装要求を突っぱねられる平賀譲を
軍艦設計の現場から遠ざけてしまっていた時期の軍艦は
バランスが悪かったが、転覆事故により呼び戻してからは安定
50.名無しさん:2018年12月30日 21:08 ID:h1P.NSyq0▼このコメントに返信
航空機最優はアメリカと思いきや
エンジンだけならイギリスなんだよなぁ
51.古古米:2018年12月30日 21:08 ID:zQlQKOYl0▼このコメントに返信
※43
イタリア軍の「赤い悪魔」よりはマシだと思うけどね。
52.名無しさん:2018年12月30日 21:10 ID:86I3v3PA0▼このコメントに返信
※46
何度、事故を起こせば気が済むのかね
止めないよ
好きなだけ核配備してくれ
53.名無しさん:2018年12月30日 21:12 ID:uAixxYIV0▼このコメントに返信
戦時中に学徒動員で作った武器とかは酷かったようだね。
やる気ゼロの腹をすかせた中学生が嫌々作らされたモンの精度は期待できない。
でもそうしたなんとなく量産した武器だから価値が低くなって
外国に横流ししても惜しくなかっただろう。
そういう武器がアジア独立の原動力になったのかもしれんなとか思うこともある。
54.名無しさん:2018年12月30日 21:12 ID:h1P.NSyq0▼このコメントに返信
チハは採用当時なら優秀定期
発動機もハイオクタンなら優秀定期

いわゆる当時のアジアの国にしたら凄いってレベルではあった
55.名無しさん:2018年12月30日 21:15 ID:86I3v3PA0▼このコメントに返信
※54
たしかに当時の東南アジアでは農業用トラクターを改造して戦車にしていた
それと比べれば日本がマシなのは認める
56.名無しさん:2018年12月30日 21:16 ID:Evsm2QX70▼このコメントに返信
※47
基礎工業力が低くて職人の腕便りだったから戦時に粗製乱造したら酷い事になったという話と大艦巨砲主義がどう繋がるのか分からん
他の人も言ってる条約期の戦闘艦のトップヘビーも大艦巨砲主義とは関係ない(この時期は戦艦建造してないので)
57.名無しさん:2018年12月30日 21:17 ID:t.sI6Is10▼このコメントに返信
※15
何か悪いような言われ方だけど、別に用途運用上間違ってないぞ?
戦車って一口に言っても対歩兵、対戦車、用途色々有るんだからな。

スポーツカーが10t貨物を運べなくても、軽トラがF1カー並みの速度が出なくても、どっちも欠陥車とは言われんわな。
58.名無しさん:2018年12月30日 21:18 ID:0QjNfGT60▼このコメントに返信
どんなに兵器が優秀だろうが、負けたら意味ない
兵站・諜報・政略(戦略)も大事だねって、日本人は学びましょう
59.名無しさん:2018年12月30日 21:19 ID:f2flwmqP0▼このコメントに返信
日本の問題は、弾丸の供給が不足していたこと
海軍の輸送能力の問題もあったが、母港で弾を積むことが出来る海軍艦艇すら基本的に弾不足
軍艦が弾幕を張るのすら断続てきにしかできなかった
60.名無しさん:2018年12月30日 21:20 ID:t.sI6Is10▼このコメントに返信
※31
別に日本だけじゃなくて列強各国そうなんだけどな。

加えて日本は友鶴事件や第四艦隊事件の教訓から大幅な見直しが図られてる。
61.名無しさん:2018年12月30日 21:23 ID:f2flwmqP0▼このコメントに返信
※28
今でも優秀な猟銃として海外で愛好してるマニアがいるんですけどね
62.名無しさん:2018年12月30日 21:25 ID:CJ.1JJE50▼このコメントに返信
まあチハたんは戦車による大機動戦を展開するのに適した戦場が
当時不可侵条約を結んでたソ連領内ぐらいしか近場に無いし
対米戦用にだってアメリカ上陸なんて想定もしてないのに
戦車を進化させても・・・って気はする
63.名無しさん:2018年12月30日 21:25 ID:f2flwmqP0▼このコメントに返信
アメリカ海軍もWW2中に台風で第四艦隊なみの惨事を起こしてるんだがな
64.名無しさん:2018年12月30日 21:25 ID:mrEQKrGw0▼このコメントに返信
※33
そんな事ないだろ

・例えばドイツ軍装甲擲弾兵一個分隊12名の装備
拳銃3丁= 分隊長(軍曹) 伍長2名の副武装用
MP40短機関銃3丁=分隊長(軍曹)伍長2名用
モーゼルkar98小銃7丁=擲弾兵7名用
MG34又はMG42機関銃2丁=機銃手2名用

12名中、短機関銃3 軽機関銃2という火力の厚さ

第二次大戦後半にはソ連軍にはppsh41短機関銃が主力となった(500万丁生産)
65.名無しさん:2018年12月30日 21:33 ID:MQIdBQIW0▼このコメントに返信
この時期でも相変わらずの構ってちゃんかw
こいつ生きてる価値ないアホだろw
66.名無しさん:2018年12月30日 21:39 ID:CppyT0In0▼このコメントに返信
※52
UAEとか大変そうだしな
67.名無しさん:2018年12月30日 21:41 ID:5vDeNNqN0▼このコメントに返信
※9
開発競争についていけなかったんじゃなくて
燃料や資源不足で生産力が落ちていたんだよ
68.名無しさん:2018年12月30日 21:41 ID:IyYrIGHR0▼このコメントに返信
※64
軽機の支援の下、小銃兵が前進するのは何もかわらんがな

短機関銃が威力を発揮するのは、敵の壕を征圧する最終段階
日本なら銃剣を用いての白兵でいく50m以下だな

つか小銃と短機関銃の役割・区別もつかんのか?
野戦ではどちらが有効だと思ってるのやら
69.名無しさん:2018年12月30日 21:48 ID:0DJEwIzI0▼このコメントに返信
※64
これに対して旧陸軍の歩兵小隊の構成は軽機関銃3個分隊、擲弾筒1個分隊
これは定数上の事でいつも軽機関銃が足りなくて、実際には軽機2個分隊、擲弾筒1個分隊、小銃1個分隊などが多かった
戦闘になればもっと減って、軽機1個分隊、小銃3個分隊などになった
そもそも軽機関銃分隊といっても一個分隊15名に軽機一丁の配備
擲弾筒分隊はややましだがそれでも15名中3つだしな

やはり米国 ドイツ軍 ソ連軍に比べて火力が劣っているよ
せめて前線将校ぐらいは役立たずの指揮刀じゃなく短機関銃をもたせたかったな
70.名無しさん:2018年12月30日 21:51 ID:0DJEwIzI0▼このコメントに返信
※68
白兵戦なんて滅多に起きないよ
日露戦争の頃からして白兵戦による戦死者は数パーセントに過ぎない
実際射撃戦になったらボルトアクション中心の日本軍は米軍に撃ち負けて顔もあげられなかった
71.名無しさん:2018年12月30日 21:52 ID:IyYrIGHR0▼このコメントに返信
※64
つか弾薬手入ってないのおかしくね?
分隊も12名構成だし、何時の編制を元にしてるんだ?
72.名無しさん:2018年12月30日 21:52 ID:PxAHrmUA0▼このコメントに返信
※46 北に核保有を認めさせて釣れるかいw
73.名無しさん:2018年12月30日 21:54 ID:fp.Gi8MU0▼このコメントに返信
そもそも貧乏が悪いんや!
輸送船団の護衛でも対空戦闘中に弾切れ心配して高射砲撃つの止めたりするくらい弾薬不足
ミッドウェー海戦でも日本機動部隊の艦載機は定数割れ、更に搭載している零戦の一部は島占領後の基地防衛用で未整備
マリアナ沖海戦でも新型機は全機揃わず一部は旧式機
太平洋戦争中艦艇の水上機もほとんどが定数割れ、それも大和ですら、
ガダルカナル島の戦いも島内でも補給ができず、多くの火器、弾薬、食料は島内の北部で遺棄
島内の戦いで生き残った人の直接話を聞いたら、食料弾薬切れで飢えた中一番はじめに撤退、海岸線を海藻食べて生き残り北部についたら
米や弾薬、火砲大量にあってびっくり、その後に北部にたどり着いた部隊はたどり着く前に飢えで多くが戦死
事前に十分に弾薬の備蓄があったペリリュー島、硫黄島では日本陸軍貧弱兵器でも地形を使いかなりの数M4シャーマン撃破している、

74.名無しさん:2018年12月30日 21:56 ID:PxAHrmUA0▼このコメントに返信
※70 当時個人兵装で擲弾を持っていたのだが旧日本兵は?
食事や医薬品が潤沢だった米軍と比較しても意味が無い
75.名無しさん:2018年12月30日 21:57 ID:mrG6zyYp0▼このコメントに返信
日本陸軍の問題は小銃や機関銃じゃなくて砲迫の量と弾薬が足りてないってことだろ
十分な支援射撃がないまま突撃かましてたら歩兵がいくら高性能な小銃持ってたって勝てない
当然それを適切に運用するにはトラックを初め兵站における十分な機械力が必要だけど日本はそこが弱いからどうにもならん
76.名無しさん:2018年12月30日 22:00 ID:CXCnwwPd0▼このコメントに返信
マシンガンの類があったらあったで弾が足りなくなったやろな・・・
77.名無しさん:2018年12月30日 22:04 ID:IyYrIGHR0▼このコメントに返信
※70
唯一、半自動小銃を行き渡らせた米軍と対比するほうがどうかしてるw
せめて英とかと比べてくれ
んで米軍も分隊支援火器はBARだから、長時間の制圧力には問題を抱えていた

まあ米軍の真の強さは個人火器なんかじゃなく、強力な兵站と通信に支えられた
より上位の火力が、中隊レベルにも介入してくることなんだが
78.通りすがりの名無しさん:2018年12月30日 22:05 ID:ZByyDbTS0▼このコメントに返信
※31
アメリカ軍は1944年12月と45年6月にハルゼー率いる第三艦隊が2回共台風で損害出してる
ttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1241098402
ttp://kokoteikoku.web.fc2.com/Zakki/Amekuro.html

日本の艦船は難所で有名な日本海でも活動出来る様に、また誰か書いてるが『友鶴号事件』でトップヘビーな設計を見直している。
(故に日本軍の艦艇の装甲が中途半端な理由の一つ)
79.名無しさん:2018年12月30日 22:06 ID:j5qH6DU00▼このコメントに返信
そんな日本のガラクタ兵器で死んだ敵兵はマヌケって事だよな
80.名無しさん:2018年12月30日 22:08 ID:4QMda.aQ0▼このコメントに返信
補給とか兵站持ち出すと、輸送船や港湾設備関係まで言及する羽目になるぞ
あと海軍さんの海上護衛にも言及される
どんだけの兵員や重砲、戦車、装甲車、食料、油脂弾薬類がボカチンくらったかw
近所の墓場の先がとがった墓標を見てみると良い
きちんと一礼してから、どこで戦死されたか確認して見ろ
詳しく墓標の横に書いてあったりするから
補給補給言われるのは、莫迦みたいに南太平洋まで戦域伸ばしたからだよ
あと輸送艦やタンカーをもっと大事にしろ、船舶保有世界三位が泣くぞ
ラバウルでも不味い雰囲気だったのに、ポートモレスビー?サモア?フィジー?莫迦じゃないの
おまけに陸軍さんオーストラリア占領しろって、莫迦の極みだわ
81.名無しさん:2018年12月30日 22:09 ID:KlfkBEAh0▼このコメントに返信
日本軍って実はかなりの火力主義なんだけど意外と知られてないよね
82.名無しさん:2018年12月30日 22:12 ID:4QMda.aQ0▼このコメントに返信
※70
それ艦砲もあるだろ?
あと南洋の戦線で日本軍がアメリカ軍の兵員を上回る事は全く無く
アメリカ軍の方が兵員投入数が断然多かった
そりゃタコ殴りにされるわな
兵員だけ上陸できて、武器がボカチン食らう事も多かったからな
全体的に見て日本軍の不手際と、アメリカ軍の艦船、航空戦力、兵員が圧倒的だった
総合力ではどうしようも無かった部分は認めるけどね
83.名無しさん:2018年12月30日 22:15 ID:zox5JRgZ0▼このコメントに返信
>>67
ドイツだって資源不足だったけど、末期になってかなりのスペックの新兵器が実戦投入されたりしてる

それに比べると日本は基礎技術で劣ってるから、明らかに開発競争が遅れてる面が出てくる
戦車とかはいい例
84.名無しさん:2018年12月30日 22:16 ID:Rvl7zR7d0▼このコメントに返信
こう、変に先の大戦の日本をデスる人って怖いのよね~

日本は実力無かったのに無謀な戦争して負けた
日本は悪いことしたから戦争に負けた
等々

微妙に真相を見ていない。
逆の見方をすると、こういう思想の奴は

実力があって自分が正義と思っていたなら、戦争してもOKと容易に考えがすりかわりそう。
85.名無しさん:2018年12月30日 22:17 ID:fp.Gi8MU0▼このコメントに返信
※79
キャラハンDD-79の沈没はまさに
86.名無しさん:2018年12月30日 22:18 ID:IyYrIGHR0▼このコメントに返信
※70
つか日本語の読解力も低いのな

>短機関銃が威力を発揮するのは、敵の壕を征圧する最終段階
>日本なら銃剣を用いての白兵でいく50m以下だな

これがどうなったら「白兵戦なんて滅多に起きないよ」に繋がるのやら・・・
陣地を制圧していく過程の話なんだけどね

軽機の支援を受けつつ、日本は小銃兵が手榴弾+白兵で制圧
ドイツは上記+短機でやるだけの話だ


※81
節子、それ明治の話や・・・悲しいのう
攻城重砲使った正攻法は、大戦の初期しかやれてないからな

貧乏な国が、たった数年で兵力を5倍以上に膨らせれば、いろいろ問題起きて当たり前だがの
87.名無しさん:2018年12月30日 22:21 ID:NrB0uUxQ0▼このコメントに返信
>>71
装甲擲弾師団 ライプシュタンダルテ・アドフヒトラー1942年版

分隊長1名 伍長2名 機関銃手2名 小銃兵7名(このうちsdkfzの運転する人1名 弾薬手2名)
88.通りすがりの名無しさん:2018年12月30日 22:21 ID:ZByyDbTS0▼このコメントに返信
※28
実包が一回り小さい為反動が少なく体格が小さい日本兵でも扱いやすく命中率が高かったそうだ。
射撃の腕がある兵に出来が良い38歩兵銃+4倍スコープを付けた97式狙撃銃もあり、撤退中の日本軍の殿で置いて行った。

指揮官らしき奴が居たら狙撃。
双眼鏡持ってる奴は狙撃。
階級章外しても敬礼されている奴は狙撃。
発砲炎が出にくいらしく初速が早いので命中率高く、対人狙撃には威力発揮したが、物や装甲貫通させての射撃には無理が有った。

89.名無しさん:2018年12月30日 22:22 ID:86I3v3PA0▼このコメントに返信
※56
駆逐艦からすでにトップヘビーだったんだぞ
90.名無しさん:2018年12月30日 22:22 ID:4QMda.aQ0▼このコメントに返信
※83
戦車はハ号なんか終戦後にも活躍してるぞ?
大陸方面のインフラは都市部を離れると絶望的だからな
まだ騎兵の方が運用しやすいレベル
とにかく重量の軽い軽装甲で燃費のいい車両が好まれた
実際、共産党軍は日本軍から譲り受けた戦車(チハ改)で戦ってたし、今も記念館に展示してある
あと、陸軍は航空機に開発リソースを割いていた
加えて、南洋とかでは戦車なんかより、大発動艇を寄越せという要望も多かった
戦場に来れない戦車ほど、弱い戦車は居ない
91.名無しさん:2018年12月30日 22:22 ID:MA2QBtKD0▼このコメントに返信
>>42
重量に目をつむれば優秀な狙撃銃と聞いたことがあるな。
92.名無しさん:2018年12月30日 22:23 ID:cF5CNfjg0▼このコメントに返信
日本兵は身長が低すぎて軽くて弱い武器しか使えなかったんだよ
93.名無しさん:2018年12月30日 22:25 ID:86I3v3PA0▼このコメントに返信
※86
大日本帝国軍が火力砲撃ドクトリンを採用していたのは事実
ただ現実的には火力が無かっただけ
94.名無しさん:2018年12月30日 22:27 ID:86I3v3PA0▼このコメントに返信
※84
正しかったら戦争をするのは国際責任だぞ
日本は常に間違ってるから戦争しては駄目だがな
95.名無しさん:2018年12月30日 22:30 ID:IyYrIGHR0▼このコメントに返信
※87
LAHかよw
ドイツでも最高クラスの装備優良部隊じゃねーか
何でそれを一般化しちゃったの?

同じssなら後期の外人部隊も加味しなきゃさ
96.名無しさん:2018年12月30日 22:30 ID:86I3v3PA0▼このコメントに返信
日本軍の兵器装備が米国に劣ってるのは認めるべきだ
もっとブービートラップとかゲリラ戦とかも交えて対抗しなければ勝てるわけがない
何の工夫もない愚かな戦いだった
97.名無しさん:2018年12月30日 22:30 ID:4QMda.aQ0▼このコメントに返信
※94
わーい!五毛だー!
それともVANK?
98.名無しさん:2018年12月30日 22:32 ID:fp.Gi8MU0▼このコメントに返信
※93
大日本帝国軍が火力砲撃ドクトリンの集大成がディエンビエンフーの戦い
99.名無しさん:2018年12月30日 22:34 ID:IyYrIGHR0▼このコメントに返信
※93
まあ日本の砲兵はヨーロッパスタンダートだわね
ただFO・FDCを活用してた米軍と比べると、ちと古臭いのは否めんわな
100.名無しさん:2018年12月30日 22:45 ID:PxAHrmUA0▼このコメントに返信
※96 ハイハイ分かったから、どう劣っていたかソース出してから言おうな
知ったか振りで草生える
101.コロンブス:2018年12月30日 22:47 ID:1t8FL0p50▼このコメントに返信
※24
自分の民辱に言えw
102.名無しさん:2018年12月30日 22:49 ID:f2flwmqP0▼このコメントに返信
※93
・支援火力は少なかったが、中隊レベルの火力は先進国の平均的なものだった
・支援火力は航空機での代用を予定してたが、そもそも島嶼戦に陸軍部隊が進出するのは向いてなかった
・日本の弾丸生産能力は低く、備蓄分がなくなったら戦線全体で弾不足になった
・終盤には内地の武器弾薬を戦地に輸送する輸送船ごと沈められていた
これらが複合した結果が火力不足

正規構成の大隊には機関銃中隊がついていたから、決して火力軽視ではない
ただ、アメリカ軍のようにやみくもに弾幕を張るような使用法はもとから想定していない
弾が豊富ではないし、銃身の過熱・銃身交換の必要性(日本の重機関銃は交換は困難だった)から
そもそも今ではよく見るベルト給弾式の機関銃じゃなかったしね
103.名無しさん:2018年12月30日 22:49 ID:zox5JRgZ0▼このコメントに返信
>>90
つまり10年も同じ戦車を主力で使い続けきゃならなかったってことだろ
中国軍相手ならそれでいいかもしれないけど、南方でアメリカ軍相手にも戦ってた日本は、主力をそれに対抗できるだけの戦車に更新しなければならなかった
それができなかった日本は兵器の更新能力では劣ってたとしか言えない

まあ、国力考えれば当然なんだけども
104.名無しさん:2018年12月30日 22:50 ID:IyYrIGHR0▼このコメントに返信
ウッドペッカーすこ
105.コロンブス:2018年12月30日 22:50 ID:1t8FL0p50▼このコメントに返信
日本の武器が大したことないなら初期の戦闘にも勝っていないw
後半は数に圧倒される状況に陥ったが、ゲームでもしてみれば分かる。均衡が崩れれば数に圧倒されるようになる。
日本の兵器は優れていたとは言わないが、別に劣ってもいない。
十分に対抗しうる性能はあった。
106.名無しさん:2018年12月30日 22:52 ID:fp.Gi8MU0▼このコメントに返信
※104
防衛用なら良いけどね
107.名無しさん:2018年12月30日 22:56 ID:v.JN4Ctw0▼このコメントに返信
三八式改造の自動小銃の企画はあったぞ
ただまあ、弾薬の消費量とか色々あって採用されなかったらしいけど

つーか自動小銃なら第一次世界大戦でGETしたフェドロフが日本の弾薬使える奴なのに量産しなかった時点で工業力というより生産能力の問題だし当時の工業力でああいうのを大量配備できる国なんてアメリカだけや
108.名無しさん:2018年12月30日 23:04 ID:V.GPMQy20▼このコメントに返信
※105
ゲーム?
それで実際の戦争がわかった気でいるの?
まともじゃないw
109.名無しさん:2018年12月30日 23:16 ID:h1P.NSyq0▼このコメントに返信
まあおにぎり1個で動ける小柄な歩兵は近代戦闘では優秀じゃね?
110.名無しさん:2018年12月30日 23:35 ID:rylidfOc0▼このコメントに返信
ヨーロッパは小型迫撃砲よりライフルグレネードの印象だけど、映画とかじゃほとんど見ないよなぁ
あれってどれくらい使われたんだろ

まぁそれにしたって、状況的に切実に欲しがられてた中では難易度の低いサブマシンガンすらまともに運用できるレベルじゃないってのは、欧米から比べれば思想的にも技術的にも普通に遅れてるわ
緒戦でボロボロにされたソ連にすら負けてるっていうね
111.名無しさん:2018年12月30日 23:39 ID:IyYrIGHR0▼このコメントに返信
※110
小銃痛めるし、投げるよりかはマシって程度だからな

百式は弾薬の消費量が問題だろうな
拳銃なんて実戦でほぼ使わないから、弾のラインなんてほとんどないし
112.名無しさん:2018年12月30日 23:47 ID:5vDeNNqN0▼このコメントに返信
※43
大戦末期の手榴弾に不発が多かったのは事実だが
日本軍の手榴弾は米軍が恐れていた武器の一つだよ
特に89式重擲弾筒とブービートラップによる被害が多かったそうだ
113.名無しさん:2018年12月31日 00:02 ID:.yjybz4K0▼このコメントに返信
※92
日本軍は野砲担いで山越えするほど強靭
補給に頼らないから個人装備が約30kg超えで
他国の倍以上の装備品を持ち歩いていたのに知らないの?


114.名無しさん:2018年12月31日 00:30 ID:ZfhBLcji0▼このコメントに返信
※92
バターン死の行進なんて、重武装の日本兵が一緒に歩いてたのに、空手の米兵が勝手に倒れてたんだぞ
籠城の栄養不足の原因もあるが、日本人からみれば、単なる移動でなんで倒れるのというレベル
アングロサクソンは短期的パワーは強いが、持続力にかける
115.名無しさん:2018年12月31日 00:31 ID:er4GgOg30▼このコメントに返信
なめとんのかこのスレ主は?日本軍の銃は手作りで職人さんの暖かみが感じられるんだぞ。(整備時に部品の互換性が殆ど無いのは内緒だぞ)
116.名無しさん:2018年12月31日 00:46 ID:1PAIi0.U0▼このコメントに返信
※19
⁇『俺が本気出したら土下座も靴舐めも余裕だ』
117.名無しさん:2018年12月31日 00:50 ID:bkO50AqU0▼このコメントに返信
同程度の規模の米空母が100機搭載してるのに、日本空母は80とか60とか変に遠慮する傾向があるよな。戦車の主砲も75㎜長砲身の時代に57㎜短砲身とか、、、「あとは精神力で補うから大丈夫」とでも思ってたのか。
118.名無しさん:2018年12月31日 00:55 ID:SM38Dle.0▼このコメントに返信
百式機関短銃や試製二型機関短銃ってご存知無い?。
あと自動小銃もアメリカのは半自動小銃だしドイツのは自動小銃だけどぶっちゃけ世界でそこだけだぜ。
当時の世界では凡庸、決して弱くは無い。
ただあまり良い小火器ばかりで無いのはそうね。
拳銃とか拳銃とか拳銃とか...。
日本陸軍の戦術は戦車と共同しての逐次躍進が基本だし軽装高機動が望まれるというのもある。
"二ーモーター"もその一つ。

一式装軌装甲兵車や一式半装軌装甲兵車とかすこ。
119.名無しさん:2018年12月31日 01:19 ID:TdQQuVUc0▼このコメントに返信
>>7
二位じゃダメなんですか?
120.名無しさん:2018年12月31日 01:29 ID:5wd0B2n70▼このコメントに返信
ID:86I3v3PA0は態々日本語勉強してこんな所で当時の日本ガー、常に日本は間違ってるって言って虚しくならないの?

嫌いな国の言語を覚えてまでしたい事がこんな便所の落書きみたいな所で書き込みって、何だか可哀想…
121.名無しさん:2018年12月31日 01:50 ID:4hCBlMqS0▼このコメントに返信
火砲の類はどうだったん?
122.名無しさん:2018年12月31日 01:52 ID:.uphpiTC0▼このコメントに返信
所詮、結果論だけど、
新しい武器作るより、弾薬の規格の単純化が先だったね…
ライフルも三八のカービン化で十分といえたし。自動銃も三八の機関部を変えるだけで一挺上がり!のものもあった。それも廃止せずに温めておくべきだったな…
ボルト変えるだけで自動銃ってやつ、電動ガンでほしいわ!
123.名無しさん:2018年12月31日 01:57 ID:U.SqVZCg0▼このコメントに返信
イタリアにも負けるレベル

基本的に射程が短い、理由はあまり求めなかったのもあるけど
機動性重視で軽量化に拘ったから

牽引車両の類を増強すりゃよかったけど、国力が低いから駄馬中心
まあww1経験してる欧州勢と比べちゃいかん

何より砲弾がないのが痛い
124.名無しさん:2018年12月31日 01:57 ID:.uphpiTC0▼このコメントに返信
>>43
てき弾筒用のを流用したやつだから仕方ない。改良型はあったけど数がね…それにキャッチボールの習慣がないから、兵隊の肩も弱かったらしい。どうしても軽くなる。
125.名無しさん:2018年12月31日 02:00 ID:.uphpiTC0▼このコメントに返信
>>61
専用弾も売ってるくらいだしな…
126.名無しさん:2018年12月31日 02:02 ID:UEWETNZ.0▼このコメントに返信
チートオブチートの米国と比べないで欲しい
英国辺りならまだまともな比較になるんだが・・・
127.名無しさん:2018年12月31日 02:06 ID:.uphpiTC0▼このコメントに返信
>>114
すでに一家に一台車があった国の兵隊と、子供ですら通学に30キロ歩く国の兵隊と歩かせてもなぁ…
128.名無しさん:2018年12月31日 02:16 ID:h3hCVJj00▼このコメントに返信
火器は皆劣化コピーばかり
129.名無しさん:2018年12月31日 04:11 ID:NRfPAeAA0▼このコメントに返信
小銃は世界標準止まりだったが、歩兵部隊に配備された火砲の総合火力は世界一だったたろ。
書類上だけど。
130.名無しさん:2018年12月31日 05:36 ID:ge65C6HP0▼このコメントに返信
武器輸出解禁で全問題クリアできんだよ、あくしろ
技術があっても実地で試さないと問題が見えない
技術があっても数を作らないと採算が取れない
AKにかわるベストセラー作れ
131.名無しさん:2018年12月31日 05:49 ID:AQYaBgJ20▼このコメントに返信
海軍の艦船は、世界レベル以上。
航空機もなかなかの物。
小銃は世界レベル。
戦車は歩兵支援だから、戦車戦苦手。
レーダーと砲、これは苦手。
魚雷は最高。
132.名無しさん:2018年12月31日 07:20 ID:AQYaBgJ20▼このコメントに返信
精神論だけじゃ、4年も戦えんよ。
それなりの装備はあったが、物量負け。
133.名無しさん:2018年12月31日 07:31 ID:ZfhBLcji0▼このコメントに返信
支援火力(長距離大型砲、自走砲、ロケット砲)の不足は問題ではあった
基本的に歩兵が分解して運べる砲を主力としていたから
そもそも長州藩が小銃重視で砲撃については軽視傾向にあったのも遠因
ただ、WW1で1日だけで日露戦争全体で使った砲弾量が使われたことを知って
あきらめていた感が高い
制海権・制空権が握られたから結果は同じだったかもしれんが、サイパンを早期に
要塞化して、大口径砲をベントに収めていれば、そうそう簡単に上陸を許さなかったはず
134.名無しさん:2018年12月31日 08:33 ID:rz2uP.tE0▼このコメントに返信
シナ事変で国民党軍が多用した、ドイツ製の棍棒みたいにデカい重手榴弾
一方日本軍ちゃんの奴は殺傷力抑え目、人にやさしい手榴弾
慌てると上手く着火しないこともあったらしい

同じく国民党軍が使用した、現在も世界中で使用されているベストセラー兵器の(迫撃砲)
どうも日本軍ちゃんの好みには合わなかったらしい
シナ事変どころか敗戦まで配備していない


135.名無しさん:2018年12月31日 09:40 ID:lk1IEjJK0▼このコメントに返信
でも日本には竹槍があるから
136.名無しさん:2018年12月31日 10:41 ID:EaC5q5nW0▼このコメントに返信
※134
日本軍と言えば手榴弾というより擲弾筒。
鹵獲されても米兵の太腿骨を折りまくるという優秀な兵器。
137.名無しさん:2018年12月31日 11:29 ID:wBtuPOS70▼このコメントに返信
※117
米は飛行機を天井にも吊るすし、半分分解状態も含めて
日本も補助機は半分分解状態
138.名無しさん:2018年12月31日 12:07 ID:.uphpiTC0▼このコメントに返信
>>25
確か、モーゼル弾を意識してたけど、オリジナルレベルだと銃側が破損するから威力おとしたって読んだな…
139.名無しさん:2018年12月31日 12:19 ID:.uphpiTC0▼このコメントに返信
>>137
米側は甲板の端にも尾輪用の足場つけて搭載してたからな…日本側は塗料の質もあって露天係止前提じゃないからな。
140.名無しさん:2018年12月31日 12:28 ID:EQagMmCd0▼このコメントに返信
※134
普通にある(九七式曲射歩兵砲)し、制式化もされてるがw

ストークスモーターの発展・改良ばかりだから、火力はあるけど重く複雑で使いにくい上に命中精度が悪い
結局、機動力を重視する陸軍は擲弾筒重視を続けたってだけ
141.名無しさん:2018年12月31日 13:06 ID:oWWIJ.Jx0▼このコメントに返信
製造業の経験ゼロの冬休み文系君が「僕の考えた~」を発表するスレw
特機はそんなに甘かないぞ
142.名無しさん:2018年12月31日 13:15 ID:KEcuI8bW0▼このコメントに返信
>>120
常に日本凄い 外国は日本に憧れているという偏った動画が溢れているからな
あんなのをマジに盲信している連中多すぎ
カウンターとして必要なんだよ
143.名無しさん:2018年12月31日 16:12 ID:6lypaLld0▼このコメントに返信
※137
日本空母は格納庫が2層とか3層だけど米は1層だけどな。艦載機が頑丈で露天駐機前提だったりグラマンの主翼折り畳み機構も効いてる。
144.名無しさん:2018年12月31日 16:22 ID:.uphpiTC0▼このコメントに返信
>>143
日本側は燃料タンクの都合で、グラマンみたいな折り畳み方は無理だしなぁ…
145.名無しさん:2018年12月31日 16:25 ID:wBtuPOS70▼このコメントに返信
ベトナム戦争で物量や最新鋭の兵器でも勝てない事があると証明されているからね
それに戦争は国際情勢、地理的要因にも影響される。
ミッドウェーやソロモンに進出せずに早期に諸島守備切り替えればボロクソに日本も弱いと言われず済んだと思う。
仮に太平洋戦線にかなりの数FW-190やタイガー戦車が送られてきても、
航続距離が短い湿気弱い、道が狭くて通れない重たくて泥濘にハマって動けずとかで
多くはドイツ並みの活躍せずに終わったと思える。
フィンランドのバッファロー見ていると兵器を上手く使いこなす事が一番大事



146.名無しさん:2018年12月31日 16:48 ID:fibdVY990▼このコメントに返信
※145
ベトナムは露中から支援されまくったからひきこもってても戦えたんだぞ
日本軍が日本領土にひきこもっても日本を支援してくれる国なんかないから物資が枯れ果てて降伏するしかない
最低でもフィリピンは抑えてないと東南アジアから資源を略奪できなくなって詰む
そのくらいは馬鹿でも分かったからフィリピンで本気出して防衛戦を戦ったわけ
武蔵を投入したり瑞鶴に戦闘機を載せないままおとりにしてまでね
だが、日本軍は弱すぎて一方的にやられてしまった
147.名無しさん:2018年12月31日 16:50 ID:fibdVY990▼このコメントに返信
※145
ちなみにフィリピンでのレイテ沖海戦が起きたときは日本軍は数的優位性を保っていた
だがあまりにも無能過ぎて相手にならなかった
148.名無しさん:2018年12月31日 17:06 ID:wBtuPOS70▼このコメントに返信
※146
例えばフィンランドの様に隣国に中立国が有れば少しは自体が変わったと思う。
ドイツでさえスウェーデンの良質鉄鉱石があったから戦車やUボートが作れたとも言われている
※147
台湾沖海戦の海軍のデタラメな戦果報告にも一因があるしね、
そのお陰で陸軍さんは防衛計画変更してしまい自滅を早めた

149.名無しさん:2018年12月31日 19:08 ID:fibdVY990▼このコメントに返信
※148
残念だけど中立国でも日本に対しては経済制裁に賛成するし宣戦布告もするよ
日本は全世界共通の敵
150.名無しさん:2018年12月31日 19:43 ID:hP7TvPSt0▼このコメントに返信
※147
レイテ沖海戦は空母ですら日本艦隊4隻vsアメリカ艦隊35隻なのに、どの辺で数的優位を保ってると思った?
正規空母クラスでも日本は瑞鶴1隻だがアメリカはレキシントン以下4隻で、それだけで航空戦力差が70機vs340機で圧倒的な差があるんだが。

お名前