2019年01月13日 12:05

昭和初期~太平洋戦争にかけての時期の大日本帝国って・・・

昭和初期~太平洋戦争にかけての時期の大日本帝国って・・・

20180711095849

引用元:http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1539580429/

1: 名無し募集中。。。 2018/10/15(月) 14:13:49.31 0
あの時代の政治家や軍人頭おかしいの多すぎ

2: 名無し募集中。。。 2018/10/15(月) 14:14:36.55 0
今更か

3: 名無し募集中。。。 2018/10/15(月) 14:16:39.69 0
大英帝国が100年かけてやったことを10年でやったんだから優秀だろ

11: 名無し募集中。。。 2018/10/15(月) 14:21:59.95 0
日露の前まで上手く纏めてたけど
大正あたりからいろいろと下手打ち続けた
それが最悪の方向に行ってしまった

24: 名無し募集中。。。 2018/10/15(月) 14:34:35.17 0
日本は清とロシアという二大侵略国家と戦って両方とも打ち砕き東洋に平和と独立をもたらした

79: 名無し募集中。。。 2018/10/15(月) 18:04:19.31 0
>>24
特に清が酷いな
日本は我慢に我慢を重ねた上で
止むを得ず戦争に突入した

28: 名無し募集中。。。 2018/10/15(月) 14:42:35.93 0
本当の敵はソ連と中共だったのに日英米で喧嘩してアジアの植民地全部失うという間抜けな話

29: 名無し募集中。。。 2018/10/15(月) 14:47:55.70 0
>>28
日本の拡大を英米が許さなかったからだろ

51: 名無し募集中。。。 2018/10/15(月) 15:22:55.46 0
一部の軍人や政治家だけがおかしいのではなく
それに乗っかったマスコミも国民も同罪
それを受け入れる土壌があったんだよ

52: 名無し募集中。。。 2018/10/15(月) 15:23:59.32 0
だって普選も行われてたんだからな

53: 名無し募集中。。。 2018/10/15(月) 15:24:58.22 0
大正まではマトモだったような気がする

82: 名無し募集中。。。 2018/10/15(月) 18:09:10.17 0
>>53
大正から悪くなる兆候は確実にある
昭和初期に決定的になったのはそうだけど

58: 名無し募集中。。。 2018/10/15(月) 15:31:12.89 0
日露戦争みたいなのが本当の勝利
軍事で全部なんとかしようとか日本の身の丈には合わない幻想

70: 名無し募集中。。。 2018/10/15(月) 16:47:51.05 0
満州事変は外交軍事戦略としては神の一手であったが
軍が統帥権を侵犯し独断先行で何かやっても天皇と議会が追認するという最悪の前例を作ってしまった
あれは大日本帝国の終わりのはじまりだと思う

満州事変を企てたものは統帥権侵犯で処罰されるどころか戦功をあげたとして爵位を得たことで
我も我もと関東軍が独断先行でどんどん戦線を拡げそれは国連決議直前の熱河作戦など外交に重大な悪影響を及ぼすものであった

当然大陸で戦果を上げまくる陸軍を見て海軍は面白くなかったのも事実である

75: 名無し募集中。。。 2018/10/15(月) 17:32:18.70 0
満州事変も支那事変も
日本政府が始めたわけじゃないからな

140: 名無し募集中。。。 2018/10/15(月) 22:00:05.68 0
満州事変まではまあうまくやっていた
問題は盧溝橋事件を早期解決できなかったことだな
賠償金の支払いと駐兵権の拡大ぐらい認めさせて収拾するべきだった

152: 名無し募集中。。。 2018/10/16(火) 12:26:54.85 0
日露戦争に曲がりなりにも勝ったことで
大きく勘違いと言うか暴走してしまった
日本人って謙虚に見えてある時期を過ぎると傲慢になる性質がある

155: 名無し募集中。。。 2018/10/16(火) 14:16:50.41 0
列強はどの口で領土的野心なんて言ってるんだい?

184: 名無し募集中。。。 2018/10/16(火) 18:07:49.77 0
>>155
既にアジアの分割は日本を含めた列強の中で完了していて
後はお互いの植民地や利権を尊重して列強同士での植民地の奪い合いはやめましょうという路線だった

中国は列強でみんな仲良く半植民地にしておけばよろしだった
それを俺たちが独占するんだと攻めこんで世界から顰蹙買ったのが満州・支那事変

157: 名無し募集中。。。 2018/10/16(火) 14:26:51.60 0
21世紀になっても軍事力を背景に領土拡張してるのは
ロシアと中国くらいのもんだろ

159: 名無し募集中。。。 2018/10/16(火) 14:42:20.33 0
日本は大して強い国じゃないしそれ以上に欧米諸国が全部敵になる可能性だってあるんだっていう警戒心がなくった

201: 名無し募集中。。。 2018/10/16(火) 18:48:06.81 0
>>159
警戒心が強すぎてパニック状態だったとも言える

163: 名無し募集中。。。 2018/10/16(火) 15:00:06.87 0
曲がりなりにも機能していた議会と内閣制を
それを守るべき軍人がテロの的にかける時点で狂気に堕ちている

212: 名無し募集中。。。 2018/10/16(火) 19:09:05.27 0
平時ですら国あっての民主制(議会制)と考えてる人が多かったんだから
まだ大国とは名ばかりなことを自覚してたはずなのにね

242: 名無し募集中。。。 2018/10/17(水) 21:34:34.59 0
そもそも総理大臣に軍をコントロールする力はなかったが
戦争する時だけは軍を掌握できる

243: 名無し募集中。。。 2018/10/17(水) 21:37:22.70 0
>>242
統帥権の独立があったから首相は作戦に口出しできない
できたのは予算でしばることだがこれも軍部大臣現役武官制の復活で難しくなった

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年01月13日 12:09 ID:v.t4.rQt0▼このコメントに返信
はいはいコミンテルンコミンテルン
2.名無しさん:2019年01月13日 12:09 ID:..Dj8ngw0▼このコメントに返信
いつの時代も日本人の頭はおかしいぞ
3.名無しさん:2019年01月13日 12:10 ID:j6RzpBum0▼このコメントに返信
富国強兵がスローガンだったからしゃーない
4.名無しさん:2019年01月13日 12:10 ID:FpaUAEGu0▼このコメントに返信
今の価値観で過去を測ればみんな過去の時代はみんあ頭おかしいになるだろ。
5.名無しさん:2019年01月13日 12:12 ID:v.t4.rQt0▼このコメントに返信
>>4
当時の価値観からしても頭おかしいんだよなぁ
6.名無しさん:2019年01月13日 12:13 ID:FpaUAEGu0▼このコメントに返信
※5
具体的にどうぞ
7.名無しさん:2019年01月13日 12:18 ID:sa1Zt5s80▼このコメントに返信
二二六で完全に流れが変わった
底辺DQNに拳銃や刃物もたせたら国が滅ぶってこと
シビリアンコントロールの重要性が確実なものになった事件よな
8.名無しさん:2019年01月13日 12:19 ID:v.t4.rQt0▼このコメントに返信
>>6
世界最大の陸軍と世界最大の海軍に対抗できるだけの軍備を揃えようとしているだけで十分頭おかしいんだが

軍需物資の八割を依存している国を敵に回すのもおかしいな

ビスマルクの頃から二正面作戦は避けるのが鉄則なのに周囲をほぼ全て敵に回してるのは擁護のしようもないな
9.名無しさん:2019年01月13日 12:21 ID:j6RzpBum0▼このコメントに返信
※7
刀狩りは偉業だったと思う
10.名無しさん:2019年01月13日 12:22 ID:Mnos46i30▼このコメントに返信
最終的に一度戦争になるのは避けられなかっただろうけど、限度を超えたからと突然殴り出さないで
もっと会議でこまめにガンガンキレて行くべきだった
日本風の「黙っていてもいつかはわかってくれる」をいまでも言うヤツがいるけれど、
明治→昭和期の失敗はまさにその日本風文化を諸外国に期待したからこその失敗でもある
そして現代もそれで失敗しているよね。とくに韓国に対しては
11.名無しさん:2019年01月13日 12:23 ID:2Ccayw.W0▼このコメントに返信
陸軍が昭和になって暴走したのは大正時代に大正デモクラシーの名のもとに軍人を馬鹿にする風潮が広まり、結果大正時代に青年期を過ごした軍人が馬鹿にされない為の実績を求めたせい、って見方もあるからなぁ。
12.名無しさん:2019年01月13日 12:23 ID:BRu50Vuv0▼このコメントに返信
そんなんええからはよ西野カナちゃん 紹介せい!

はよ! はよするんや!!
13.:2019年01月13日 12:24 ID:BRu50Vuv0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
14.名無しさん:2019年01月13日 12:25 ID:W3b9yZUx0▼このコメントに返信
※7
でも結局は軍部がイキって無茶苦茶し始める原因にもなったじゃん
脳筋に政治まで握らせてはいけない
15.名無しさん:2019年01月13日 12:25 ID:Oifd53YK0▼このコメントに返信
軍人が政治に武力介入して政治を支配したせいで全部台無しになった
16.古古米:2019年01月13日 12:26 ID:wGsmNPoW0▼このコメントに返信
リットン調査団のレポートは逆から読むと分かり易いらしい。
結論は「ズルい。俺達にも権益を分けろ」が結論。
17.名無しさん:2019年01月13日 12:26 ID:.qq7ZnRK0▼このコメントに返信
>>70
統帥権干犯ってそういう話だったっけ?
18.名無しさん:2019年01月13日 12:27 ID:0Nq4w9jG0▼このコメントに返信
というかこれ話し合って何になるの?
過去から学ぶことはできるかもしれんが、糾弾したところで起きたことは覆らんぞ?
糾弾だけならパヨクや朝鮮でもできるんだからそこから何を学ぶか、どう生かすかを考えていかないと
過去ばかりみて現在をみないほうが愚かしい
19.名無しさん:2019年01月13日 12:28 ID:8r7YpMuH0▼このコメントに返信
急速に国力つけたツケを共産主義者が利用したのが原因だよ。
朝日新聞とかいうスパイ工作機関が日本人を洗脳して、敗戦に導いた。
20.名無しさん:2019年01月13日 12:28 ID:W3b9yZUx0▼このコメントに返信
※11
あと戦前は警察官の態度が酷すぎて
庶民が軍人に肩入れするようになり始めたって聞いたことある
ゴーストップ事件とかで警察と軍隊(陸軍)が対立してた時代
21.名無しさん:2019年01月13日 12:28 ID:8r7YpMuH0▼このコメントに返信
>>2
その「おかしさ」が悪い方向に向かされたのが戦前だからなぁ。
22.名無しさん:2019年01月13日 12:29 ID:aj3EyMeF0▼このコメントに返信
あと野草研究超大好き天皇陛下もちょいポカやってたりする
田中内閣に一喝したらまさかの総辞職
自身の声の影響力がどんだけ重要か今更理解して戦争末期まで沈黙貫く
23.名無しさん:2019年01月13日 12:29 ID:8r7YpMuH0▼このコメントに返信
>>4
三国志とか、十字軍とかも鬼畜外道の英雄譚だしなぁ。
24.名無しさん:2019年01月13日 12:29 ID:aj3EyMeF0▼このコメントに返信
※1
大体の元凶
25.名無しさん:2019年01月13日 12:32 ID:W3b9yZUx0▼このコメントに返信
※19
新聞の発行権は軍が握っていた
軍の言う通りの紙面でないと発禁になる
正しくは軍部の中にスパイがいただな
スパイ防止の大切を痛感させられる
26.名無しさん:2019年01月13日 12:33 ID:BjJlH9970▼このコメントに返信
明治日本にとって不幸なのは
対外戦争の相手がチャイナロシアだったこと。
チャイナロシアが日本兵捕虜をどう扱ったかを想像すれば
「虜囚の辱めを受けるな」というのが将兵を思いやった言葉だと理解できる。
27.名無しさん:2019年01月13日 12:34 ID:EG..7QNl0▼このコメントに返信
相手のUSAが化け物すぎた
中国相手なら無双してたし、欧州のアジア派兵部隊にも無双してる
アメリカも作戦ミスは多数しているし、欠陥機・欠陥艦も多いが、物量・質で押し切っている
WW2が始まってるレベルで、世界中の政治家が狂ってた
28.名無しさん:2019年01月13日 12:35 ID:JFkDsVib0▼このコメントに返信
※20
横からだけど
帝国陸軍は「人民軍」としての側面もあったからね
29.名無しさん:2019年01月13日 12:36 ID:gf..it5y0▼このコメントに返信
今の日本人では理解できないほどのポジティブさだからな
そうはならんやろってぐらい自分にとって都合の良い展開になると思ってるし何よりメディアがそれを煽ってたし
今の韓国が似たような状況だろうけど
30.名無しさん:2019年01月13日 12:36 ID:FpaUAEGu0▼このコメントに返信
帝国主義の時代は要するに世界戦国時代みたいなもんだろ。
戦国時代のヤツなんか今の価値観で測れば頭おかしくて当然じゃん。
31.名無しさん:2019年01月13日 12:37 ID:zrhOkmVX0▼このコメントに返信
日本人は傲慢になりやすい
このグローバル時代に分かったことは日本人が世界一謙虚で外人はお調子者の傲慢な奴らだと思っていたが
実際は日本人が一番傲慢になりやすかった

日本人と一番近いのは韓国人だろう
特に男性はそっくりな奴が多いと思う
ただし日本人男性のほうが目上には従順
32.:2019年01月13日 12:37 ID:K7lmjqsw0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
33.名無しさん:2019年01月13日 12:38 ID:WbCX.pmf0▼このコメントに返信
日清、日露戦争勝利を幼少期-20歳前後までに体験した世代が
俺たちの代でも栄光を!と勘違いしたんだろ

それを抑えるべきはマスコミなのに、逆に煽りまくり
今と本質的には日本人はあんま変わって無いだろ
というか今の方が酷いか
34.名無しさん:2019年01月13日 12:38 ID:JUlSu7je0▼このコメントに返信
昭和の初めから敗戦までだけ日本人がおかしかったとか考えるのは歴史を結果からしか見ない無能なんだよなあ
どんな有能であっても舵を誤れば悲惨な結末が待つだけなのが現実なのにな
35.名無しさん:2019年01月13日 12:39 ID:zrhOkmVX0▼このコメントに返信
日本人男性の特徴としての
目上に従順なのは美徳ではあるが
困ったことにそういう奴は目下にものすごく傲慢になる
この辺の目上目下を見分ける嗅覚が鋭い男が多いのは幸なのか不幸なのかは知らんが
36.名無しさん:2019年01月13日 12:39 ID:0Nq4w9jG0▼このコメントに返信
※25
ゾルゲ事件やら日本にスパイいたのは事実だよね
各人の政治思想やら軍部の背景などみると一定数共産主義に憧れていた層がいたのも事実で
実際共産主義活動がばれるのを恐れて日本からソ連に亡命したはいいがソ連で日本スパイと疑われ処刑された
日本人の演出家もいたしね。しかもそいつは病気の妻がいたのにも関わらず別の女と駆け落ち同然にソ連に逃げ込んでるんだから
まあ赤の本質と騙される女の典型が垣間見られる
お天道様はみてるんだね、アカの諸行の末路はどうなるかの
37.名無しさん:2019年01月13日 12:41 ID:ZiJ1On7c0▼このコメントに返信
皇道説と天皇機関説とに分かれた時代だよ。思想原動がさかんになり、暗殺が跋扈した。
38.:2019年01月13日 12:41 ID:peyOow7i0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
39.名無しさん:2019年01月13日 12:41 ID:a9V.XCmB0▼このコメントに返信
藩閥政治から民主政治への過渡期にぐだりまくって、失望した国民が軍部に期待しちゃった。
40.名無しさん:2019年01月13日 12:41 ID:zrhOkmVX0▼このコメントに返信
※34
あまりにも悲惨すぎたからしゃーない
41.名無しさん:2019年01月13日 12:42 ID:uacUI3io0▼このコメントに返信
歴史を振り返れば、戦争なんて世界中で当たり前の様に起きている。しかし、日本だけ叩かれる。そして叩いているのが、おかしな奴らである。
42.名無しさん:2019年01月13日 12:44 ID:4.Zhnnmr0▼このコメントに返信
日中戦争が始まった頃までは米国も中南米を侵略しているなど日本にケチをつけられる状態じゃなかった。
ただ米国内で中南米侵略を批判している勢力がいて、でも国民の多数派にはなっていなかった。
英国も植民地解放を拒絶しているくらいだし。
43.名無しさん:2019年01月13日 12:45 ID:FpaUAEGu0▼このコメントに返信
帝国主義の時代は世界戦国時代なんだよ。簡単に言えば力が正義で弱肉強食。
こうした基本は理解しておこう。
44.名無しさん:2019年01月13日 12:45 ID:zrhOkmVX0▼このコメントに返信
※27
とはいっても米国相手にここまで負けてるの日本だけだぞ
日本の物量がアフリカレベルだったならその言い訳も効くがな
「俺たちは頭脳で全てを上回っていたが物量で脳筋のアメリカに負けた」ってのはもう平成も終わりになるしそれで慰めるのはやめようや
45.名無しさん:2019年01月13日 12:46 ID:v5Un1xwg0▼このコメントに返信
ほんと、満州事変はひでえんだよ。あれで流れが変な方向になってしまった。
あと、その前の満州某重大事件もひどい。あれで、河本大作の処罰をちゃんとやらんかったのが悪い。

満州事変、軍部を処罰した上で、利益だけ政府が回収ができる情勢と極悪ぶりがあれば、太平洋戦争はおきんかったかもなあというのがある。
46.名無しさん:2019年01月13日 12:49 ID:v.t4.rQt0▼このコメントに返信
>>39
でも選挙をすれば既成政党が勝つんだよな
2.26なんか岡田内閣の与党的立場だった民政党が第1党になってすぐ起きたじゃん

47.名無しさん:2019年01月13日 12:50 ID:AZBaGi7b0▼このコメントに返信
大戦犯石原莞爾
48.名無しさん:2019年01月13日 12:50 ID:JFkDsVib0▼このコメントに返信
※22
内閣が機能不全になった二・二六と終戦のときだけ
天皇大権を行使した、ということになっているけど
細かく見ていくと、阿部内閣の組閣に口を出したり
立憲君主の範囲内で、結構いろいろやっておられる

というか、戦後も芦田均のころまで「首相教育」を
任務と考えておられた節があるし、大平正芳なんか
政争の醜態で天皇にきらわれて、辞任を思いつめた

明治・大正・平成の天皇にくらべて異質だったので
あと五十年もすれば、昭和天皇の崩御でバブル崩壊
とか言われるようになるんじゃないか、という気が
49.名無しさん:2019年01月13日 12:51 ID:0Nq4w9jG0▼このコメントに返信
捕虜の扱いといえばテルアビブ空港乱射事件で逮捕された岡本公三にモサドが行ったっていう拷問は本当かねえ
なんでも屈強なホ〇モ揃いの収容所に全裸で収容したんだとか
あれで精神的におかしくなって言語障害まで負ってるんだからなんだかの凄まじい拷問を受けたってのは事実なんだろうけれど
当人が語りたがらないんだからよほど名誉傷つけられる、口にだして公には言えない被害を受けたんだなというのは想像できる
真相は闇の中だよね
仮にそうだったとしてもそうなって当然のことをしてるからいいけれどね
50.名無しさん:2019年01月13日 12:51 ID:gWesNTkX0▼このコメントに返信
今も昔もまともではないよ
やるもやらないも極端。振れ幅が昔から大きすぎる

あのときの軍人のせいで今の軍人は割食ってると思うとまあしょーがないのかね
51.名無しさん:2019年01月13日 12:53 ID:cdSRwgk20▼このコメントに返信
国際関係を重視して譲歩すると世論の反発を受け、世論の望むままに好き勝手すると国際的に孤立する
どっかの半島国家と似た状況よね
52.名無しさん:2019年01月13日 12:59 ID:CCAJTgJ.0▼このコメントに返信
結論から言えば、あの時代の日本に強力な指導者がいなかったのが悪い
明治は維新の功労者とその系譜を継ぐ人が国を纏めて引っ張ってたが、大正のうちにほとんどが消えてしまい、さらにまともな後継者も育たずリーダーとなれる人材がいなくなってしまった

だから派閥争いを収めきれず、それが国内の問題だけでなく対外政策にも影響した結果、それぞれが勝手なことをするから日本という国家の方針を一つにまとめられない
結局内輪揉めしてるうちに世界情勢がどんどん進んで行くのに日本が対応しきれず、よく分からんうちに普通に考えたら破滅的な悪手を選んでしまったってイメージ
53.名無しさん:2019年01月13日 12:59 ID:hghVa7cb0▼このコメントに返信
※7  青空文庫で北一輝が読めるようになって、226事件とその後の流れの理由がわかった気がする。
54.:2019年01月13日 13:00 ID:peyOow7i0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
55.名無しさん:2019年01月13日 13:04 ID:6DXm.Arb0▼このコメントに返信
>>54
日本の態度が余りにも一方的にで高圧的過ぎた
後々まで引き摺ってるんだよ。単に「日本の信用」の問題
韓国人がおかしい訳じゃない
「日本の信用」の問題として、余りにも当然の成り行きだよ


違和感なくて草
56.名無しさん:2019年01月13日 13:04 ID:IlE7VkLQ0▼このコメントに返信
大正時代でバランスはぐらぐらしてたが関東大震災と大正天皇崩御で完全に崩れて止めを刺された感じ
57.名無しさん:2019年01月13日 13:07 ID:peyOow7i0▼このコメントに返信
※55
祖国へ帰れヒト擬き
国を挙げて国民に捏造を刷り込み生き証人を虐殺してまで
勝馬に乗ろうとするようなヒト擬きの出る幕は無い
58.名無しさん:2019年01月13日 13:09 ID:EG..7QNl0▼このコメントに返信
※44
アメリカ海軍がここまで損害を受けたのは日本相手だけだぞ
何を言ってるのかな?
59.名無しさん:2019年01月13日 13:13 ID:hqiFnww60▼このコメントに返信
日本にイギリス発祥の近代立憲政治が根付かなかった悲劇
文民優先も憲政の常道も両方 臣(議会 内閣 枢密院 軍人官僚 文系官僚 法曹界 財界 学会)にも
民(庶民の労働者)にもしっかり認識されていなかった
この時 立憲政治の真髄を理解していたのはいわゆる新英米派のオールドリベラリストと天皇陛下のみだったんじゃなかろうか あと吉野作造も
今 何の因果か再びイギリスと接近してきている 日英同盟の再締結もありそうだ
もう一度 《近代立憲政治》を国を挙げて日本人に徹底周知すべきだ
60.名無しさん:2019年01月13日 13:20 ID:7HbstWj20▼このコメントに返信
※55
と今日も日本ガ」~の在日。
61.名無しさん:2019年01月13日 13:21 ID:K7lmjqsw0▼このコメントに返信
>日本にイギリス発祥の近代立憲政治が根付かなかった悲劇

その立派なイギリスさんはアジアで何をしていたんだか。
62.名無しさん:2019年01月13日 13:22 ID:hqiFnww60▼このコメントに返信
>>52
この時の日本の踏んだり蹴ったりなグダグダ感が
近衛文麿に集約されていたというか象徴されていたというか
63.名無しさん:2019年01月13日 13:23 ID:mPuO08dA0▼このコメントに返信
欧米に支配されているアジア諸民族の解放のために戦う←まあわかる
ただし朝鮮と台湾は日本領とする←わからない

子供にもわかるような論理矛盾やめーや
64.名無しさん:2019年01月13日 13:24 ID:2gexCTSO0▼このコメントに返信
詰め込み教育の弊害が出たと思う。
何故そうなるのかを考えることなく、公式のみを覚える教育だから考える力が育たない。
知識は豊富だが、思考力がないので、応用が効かない。
自分の能力から考えて何が最善かを考える力がない。
だから、最高の理想しか選択肢がない。これを達成すべしと着手して挫折する。(アメリカとの戦争)
65.名無しさん:2019年01月13日 13:24 ID:Zz2HMrLk0▼このコメントに返信
ってか当時の常識だと別に日本だけが変だったわけじゃないしな
66.名無しさん:2019年01月13日 13:25 ID:8xSeM8sL0▼このコメントに返信
日露戦争で勘違いしてしまったのもデカイと思うよ。

あそこで引き分けぐらいの方がよかったかもしれない。
67.名無しさん:2019年01月13日 13:27 ID:hqiFnww60▼このコメントに返信
>>47
近衛文麿はどうして暴走した軍人官僚を処罰しなかった?
68.名無しさん:2019年01月13日 13:31 ID:X83Zn.fd0▼このコメントに返信
※14
今でいう、防衛省幹部みたいな人たちに政治を握らせてはいけなかったってこと??
でも今の世の中、防衛省幹部が政治をやったほうがいいような気がする。
今の日本の政治家と官僚は、戦争どころか国交断絶ひとつまともにできないもん。
69.名無しさん:2019年01月13日 13:32 ID:jlo.EAae0▼このコメントに返信
>>16
日本は優先的に満州の権益を享受することが出来る書いてあるよ
それには当時奉天政府が進めていた満州鉄道を潰す計画(国民党も引き継ごうとしていた)への牽制も含んでいたよ
70.:2019年01月13日 13:34 ID:zrhOkmVX0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
71.名無しさん:2019年01月13日 13:35 ID:.rdTcPez0▼このコメントに返信
他スレにおける卑劣な日本人の本性がよく出た書き込み↓

2019年01月13日 12:56
※192
>向こうの掲示板に誰かハングル分かる奴が成りすまして日本人観光客を一人残らず始末しようとか、けしかける書き込みしてくれないね、




日本という国は戦国時代には奴隷狩りを行い 海外に輸出してました 明治の開花期には からゆきさん として日本人女性を海外に売り飛ばしていました
同胞に酷い虐待を加えてきた倭人の歴史と種族特性を考えたら上の書き込みも非常に納得できます
日本人同士でこれですからねw
従軍慰安婦にさせられた朝鮮の女性達の悲惨な境遇が偲ばれますね
満鉄爆破 上海日本人僧侶殺害事件と、侵略のためなら同胞の財産の毀損や命を奪う蛮行も厭わないのが日本人です 歴史が証明していますね
今後 韓国で日本人に害があってもそれすなわち
日本人の工作だという事です
72.名無しさん:2019年01月13日 13:35 ID:Apy68y.Z0▼このコメントに返信
明治憲法だと一人の大臣を強制的にやめさせることができる人物は天皇だけだったらしいじゃないか
73.名無しさん:2019年01月13日 13:36 ID:K7lmjqsw0▼このコメントに返信
前述のナショナルジオグラフィックの激動の日本半世紀とかいうイギリス製作の番組だが、満州事変と日本に対する「国際社会」とやらの反応が、日本国民から強制的に受信料を取っていながら反日番組を流し続けるNHKの製作した歴史番組と同じ様になのが興味深い。
74.名無しさん:2019年01月13日 13:37 ID:T7VILfc.0▼このコメントに返信
>>63
台湾は日清戦争の結果、清から譲りうけたもの

75.名無しさん:2019年01月13日 13:37 ID:jlo.EAae0▼このコメントに返信
>>19
朝日が扇動したとか未だに信じてるのいるんだなそれこそ洗脳だわ
朝日は大正デモクラシー以降元々反軍国主義で陣張ってたんだよ
満州事変の前辺りから軍部の統制が凄まじくなって本社は降参して追従
でも大阪朝日は満州事変にも反対の論陣を張った、すると在郷軍人会主導の不買運動に右翼団体の殴り込みに軍部の圧力に晒されて転向したってわけ
76.:2019年01月13日 13:38 ID:7oXRq6pU0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
77.名無しさん:2019年01月13日 13:39 ID:.rdTcPez0▼このコメントに返信
明治期には多くの日本人が新天地を求めて北米や南米に雄飛しましたが 実態は単なる政府の棄民政策でした 最初に聞いていた話と違って劣悪な土地と酷い労働条件に苦しみながらも何とか現地社会に溶け込んでいきました
太平洋戦争が始まると日系人は皆米国人として参戦しました 棄民政策で追い出し 日系人に対する事前配慮もなく真珠湾攻撃した日本など何の思い入れもあるわけない 日系人部隊のヨーロッパでの奮戦を我が事のように誇る日本人右翼がいますが
彼等は皆自分達を裏切った日本との戦いを強烈に志願していました
もし実際行われていたら日本人と日系人の葛藤は
日韓間どころではない凄絶なものとなっていたでしょうね
78.名無しさん:2019年01月13日 13:39 ID:zrhOkmVX0▼このコメントに返信
※68
防衛省は在日米軍の下部組織だからそら暴走なんてしないだろ
まともに見えるのは彼らが所詮下っ端だからであって
79.名無しさん:2019年01月13日 13:39 ID:tQX1bYBr0▼このコメントに返信
次は勝つ。先の大戦の敗北はもう済んだ話だ。いつまで同じ話を蒸し返してれば気が済むのだ?次がもう始まるぞ。
過去を振り返っても日本の負けは動かないが過去を蒸し返したって次の日本の勝利は動かん。
悪いが勝たせて貰う。多分次の大戦ではきっと酷いこともするのだろう。しない保証は出来ない。でもそれが戦争だ。
日本の勝ちのビジョンは今まで俺は随分書いてきたんだが、筋道通った日本の負けビジョンって読んだ事がない。
日本人の立場からすれば負けの反省なんてげっぷが出るほど読まされたもんだ。
だが本当に大事なのは次に勝つ算段。これが出来なければ何の反省も活かされていないことになる。
ちと難しいがどう言う戦後秩序を作るかも課題。第二次大戦直後の秩序作りを準えたらいずれ次の大戦が来ることになる。

世界大戦はいずれ起きる。だが少なくとも今の日本のせいではない。大戦は世界のリセットなのだから定期的に起きると思って良い。
世界大戦ともなれば憲法9条が有っても日本は必ず参戦する。世界大戦であれば安保理も敵国条項も全く関係が無い。
実際のところ経済面と外交面で日本は戦争準備が出来ており、軍備の不足は日米同盟が補うことだろう。
日米同盟が完全に利害が一致した状態で在るので日本は必ず戦勝国となるだろう。俺には負けのビジョンが全く見えない。
80.名無しさん:2019年01月13日 13:40 ID:KWX9O1VH0▼このコメントに返信
>>30
この場合、(世界)戦国時代はもう終わって徳川時代になってんのに戦国時代のノリで日本藩は動いてる状態だから、当時の価値観でもおかしいんだよ

81.:2019年01月13日 13:41 ID:K7lmjqsw0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
82.名無しさん:2019年01月13日 13:42 ID:KWX9O1VH0▼このコメントに返信
>>32
無いことは否定して、有ることは反省しよう。同じミスをしないようにするために。
83.名無しさん:2019年01月13日 13:42 ID:.rdTcPez0▼このコメントに返信
関東軍司令部からソ連軍に当てた伝単
「次は軍人の処置であります…満州にとどまって貴軍の経営に協力せしめ其他は逐次内地に帰還せしめられ度いと存じます。右帰還迄の間に於きましては極力貴軍の経営に協力する如く御使い願いたいと思います。」(「ワシレフスキー元帥に対する報告」)。日本は、「国体」すなわち天皇制維持のために、終戦時、ソ連軍によって満州で捕らえた旧日本軍の軍人・軍属を労働力として提供したのです。これが日本による棄兵政策です。

また、ドイツ降伏後の対ソ戦争の準備の中で、関東軍は、旧満州のほぼ4分の3を放棄する計画を立て、極秘に準備を進めていました。そして、1945年8月8日、ソ連が宣戦布告し、旧満州地域に侵攻してくると、関東軍の大部分が旧満州大部分から満州南部・朝鮮北部に退却していったのです。他方で、旧満州地域に開拓団として植民していた180万人もの日本人に対しては、対ソ戦争が近いことを隠し続け、ソ連侵攻後も現地土着政策をとり続け、まさに、旧満州地域とそこに住む日本人居留民を、日本本国の防波堤としたのです。この棄民政策の結果、多くの日本人が、広大な満州を無防備で逃げ惑い、命を落とし、あるいは中国に残留して日本人孤児として戦後を生きなければならなくなりました。
84.名無しさん:2019年01月13日 13:43 ID:jlo.EAae0▼このコメントに返信
>>76
併合は侵略じゃないってのは違くないか?
エチオピアだってハワイだってバルト3国だってチベットだってウイグルだって併合なんだけど
85.名無しさん:2019年01月13日 13:43 ID:IWGinbsc0▼このコメントに返信
現場はすげー有能で上がバカ
今のサラリーマンみたいな日本帝国軍
86.名無しさん:2019年01月13日 13:43 ID:0tLnn6mV0▼このコメントに返信
国際協調路線だった原敬がアホに暗殺されたのが運の尽き
87.名無しさん:2019年01月13日 13:44 ID:Apy68y.Z0▼このコメントに返信
※77
小泉元総理がブラジルに行って公演したときに泣いてたな 総理がだけど
あの人、特攻隊の記念施設にいっても泣いてたしよく泣くわ
88.名無しさん:2019年01月13日 13:45 ID:tQX1bYBr0▼このコメントに返信
※64
如何にも学業不振な人の※だ。判らなかったらひとまず丸暗記は学習の基本中の基本なんだが。
詰め込みを嫌って基礎のない奴は、いずれにしたって応用は絶対無理だからな。
89.名無しさん:2019年01月13日 13:46 ID:jlo.EAae0▼このコメントに返信
>>86
妥協するとすぐに一部国民が激昂して暗殺されるなんて溜まったもんじゃねえわなそりゃ暴走するわ
90.名無しさん:2019年01月13日 13:47 ID:.rdTcPez0▼このコメントに返信
※71 ※77 ※83
日本の歴史ってひたすら弱者をいたぶり
利用して捨てるの繰り返しだね・・・

奴隷狩り からゆきさん 日本人移民 慰安婦
シベリア抑留兵達


現在上級国民に扇動されて使い捨てにされる奴隷は底辺嫌韓ネット右翼ですけどね

こんな国に忠誠尽くすだけ無駄だわなwww
アホらしw

91.名無しさん:2019年01月13日 13:48 ID:263dpjXn0▼このコメントに返信
※87
単にパフォーマンス好きなんだろ。
92.名無しさん:2019年01月13日 13:48 ID:jlo.EAae0▼このコメントに返信
>>63
大東亜政略指導大綱  (1943.5.31.御前会議決定)
タイ:相互協力強化・マレー国境地帯の割譲(戦争協力の代償)
仏印:現状維持・強化 (占領中)
ビルマ:独立  (傀儡政権)
フィリピン:独立  (傀儡政権)
マレー半島:日本領に編入
スマトラ島:日本領に編入
ジャワ島:日本領に編入
ボルネオ島:日本領に編入
セレベス島:日本領に編入
ニューギニア島:日本領に編入

大東亜共栄圏(笑)
93.名無しさん:2019年01月13日 13:50 ID:7oXRq6pU0▼このコメントに返信
※84 自分からお願いするアホは此奴等だけだろ
チベットやウイグルが頼んで併合したと言うのか?武力で占領して併合を使って言い繕いしているだけだろ(法と言う一方的な処刑を繰り返し強制施設に入れる併合ってなんだよ)
94.名無しさん:2019年01月13日 13:50 ID:jlo.EAae0▼このコメントに返信
今の韓国って大日本帝国だよな

国民世論の沸騰→勝手にレーダー照射したり暴走する軍部...→追従する文民政府
95.名無しさん:2019年01月13日 13:50 ID:ikgy7ZK70▼このコメントに返信
>>61
日本としては植民地化されたアジアと極悪非道なイギリスのどっちを「立派な」お手本にするかって話やろ。
96.:2019年01月13日 13:50 ID:hqiFnww60▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
97.名無しさん:2019年01月13日 13:51 ID:tQX1bYBr0▼このコメントに返信
※85
じゃあ帝国軍ってやっぱすげえ強かったんだわな。
日本のサラリーマンって優秀なんだぜ?経営側からすればコスパ最強。だからこそ競走力があるわけだが。
98.名無しさん:2019年01月13日 13:52 ID:Si9XyEp00▼このコメントに返信
もしも日本が妥協して太平洋戦争をしなかったら、
今の世界はもっと差別的なままだったのではないかな?
99.名無しさん:2019年01月13日 13:52 ID:7oXRq6pU0▼このコメントに返信
※90 一人芝居の模造乙
100.名無しさん:2019年01月13日 13:53 ID:ikgy7ZK70▼このコメントに返信
>>68
防衛省幹部も立派な「官僚」なのに仲間はずれは良くないぞ。
101.名無しさん:2019年01月13日 13:54 ID:hqiFnww60▼このコメントに返信
>>86
原敬は媚米派でした
102.名無しさん:2019年01月13日 13:54 ID:jlo.EAae0▼このコメントに返信
>>93
ウイグルは現地傀儡政府が賛成したんだぞ
ハワイだって形式上は賛成してるし
それを頼んで併合したっていうのか?
日本だって当時朝鮮の外交権諸々持ってて軍備もないから反対できない状態だからな日本の意向は完全に汲まれる
これが傀儡じゃなくて何なのか
103.名無しさん:2019年01月13日 13:55 ID:CCAJTgJ.0▼このコメントに返信
>>63
そもそも時代が違う
アジアのために〜とか言い出したのは昭和に入ってからで、明治の頃は普通に欧米協調だった
本当は明治のまま行けばよかったんだけどね…
104.名無しさん:2019年01月13日 13:56 ID:TDL3Vh2z0▼このコメントに返信
※95
史実じゃその悪逆非道()なイギリスをまねしましたが何か?
大東亜共栄圏構想って基本的にイギリス連邦制度の劣化コピーだぞ
105.名無しさん:2019年01月13日 14:00 ID:JFkDsVib0▼このコメントに返信
※62 ※67
横からだけど

近衛さんは優柔不断というだけでなく、思想が複雑で、大別すれば革新派だから
対中国積極策・デモクラシー・親米的なのが、田中義一から吉田茂へのライン
同じく積極策・国家社会主義・反米的なのが、近衛文麿から岸信介へのライン
という分けかたもできる。岸信介の北一輝的な部分は、さいわい遺伝しなかった

幣原外交を神棚へ上げてしまうと、この分類ができなくなるという危険はあるね
106.真実史観:2019年01月13日 14:01 ID:.6Tx7k700▼このコメントに返信
有色人世界の常識!大東亜戦争は有色人団結独立戦争! 
 ・・・日本の存在しない世界を想像してみたらよい。もし日本なかりせば(もし日本戦わざれば)、ヨーロッパとアメリカが世界の工業国を支配していただろう。欧米が基準と価格を決め、欧米だけにしか作れない製品を買うために、世界中の国はその価格を押しつけられていただろう。 
  ・・・ 南側のいくつかの国の経済開発も、東アジアの強力な工業国家の誕生もありえなかっただろう。多国籍企業が安い労働力を求めて南側の国々に投資したのは、日本と競争せざるをえなかったからにほかならない。日本との競争がなければ、開発途上国への投資はなかった。 
 ・・・ また日本と日本のサクセス・ストーリーがなければ、東アジア諸国は模範にすべきものがなかっただろう。ヨーロ ッパが開発・完成させた産業分野では、自分たちは太刀打ちできないと信じ続けていただろう。 
 ・・・東アジア諸国でも立派にやっていけることを証明したのは日本である。そして他の東アジア諸国はあえて挑戦し、自分たちも他の世界各国も驚くような成功をとげた。東アジア人は、もはや劣等感にさいなまれることはなくなった。いまや日本の、そして自分たちの力を信じているし、実際にそれを証明してみせた。 
 ・・・ もし日本なかりせば(もし日本戦わざれば)、世界は全く違う様相を呈していただろう。富める北側はますます富み、貧しい南側はますます貧しくなっていたと言っても過言ではない。北側のヨー ロッパは、永遠に世界を支配したことだろう。マレーシアのような国は、ゴムを育て、スズを掘り、それを富める工業国の顧客の言い値で売り続けていただろう。 

詳細は下記を選択し検索 
『もし日本なかりせば』暗に大東亜戦争の本意を喝破したマハティール首相 

真実史観
107.名無しさん:2019年01月13日 14:01 ID:mPuO08dA0▼このコメントに返信
アジア解放を言い出した時点で朝鮮と台湾を独立させとけば何の問題もなかったんだがね
中共と同類の胡散臭さは拭えない
108.名無しさん:2019年01月13日 14:09 ID:gWesNTkX0▼このコメントに返信
綺麗事にするのはな
帝国主義対決で負けただけ
ただ負けたというのが事実

そのせいで戦勝国クラブに足蹴にされ続けてる
大事なのは負けの側に入らないこと
109.真実史観:2019年01月13日 14:17 ID:jlo.EAae0▼このコメントに返信
大東亜政略指導大綱  (1943.5.31.御前会議決定)
タイ:相互協力強化・マレー国境地帯の割譲(戦争協力の代償)
仏印:現状維持・強化 (占領中)
ビルマ:独立  (傀儡政権)
フィリピン:独立  (傀儡政権)
マレー半島:日本領に編入
スマトラ島:日本領に編入
ジャワ島:日本領に編入
ボルネオ島:日本領に編入
セレベス島:日本領に編入
ニューギニア島:日本領に編入

大東亜共栄圏、万歳!w
110.名無しさん:2019年01月13日 14:18 ID:2gexCTSO0▼このコメントに返信
※88
詰め込み教育の弊害を見事に表した文書だな。
私の文書を否定しているようで論理的に否定できていない。
いかに思考能力がないかの見本である。
私は丸暗記が学習の基本であっても、そこで終わると弊害があると主張しているのだ。
思考能力を育てないと応用力が身につかない。
自らも丸暗記が基礎でそれは応用力(思考力)のためと書いている。
このように思考力を鍛えていないと、まともに論理的な主張が出来なくなるという好例が現れたのは嬉しい。
このように丸暗記信者は、論理的な思考が下手であるのでまともな議論ができなくなる。
人を図る尺度が丸暗記の力だけのテストでは、馬鹿がエリート扱いされる可能性が高く、それが日本の軍隊が、下は優秀だが、上は馬鹿と言われる理由である。

111.名無しさん:2019年01月13日 14:21 ID:QiHWFPMx0▼このコメントに返信
※97
軍や企業のトップがだめでせっかくの強みを活かせていない点がそっくりだな
112.名無しさん:2019年01月13日 14:29 ID:S0ZLhdd50▼このコメントに返信
列強が怖かったのは、明治維新の前からで、ずっと近代日本はパニック状態だったと思う。
良くやったとも言えない部分もあるが、日本がなければ、アジア人の地位はもっと低かったでしょう。
今でも実質植民地だけど、アジア全域が本当の植民地になっていたら、と考えると、まだましな世界に生まれて良かった。
113.88:2019年01月13日 14:32 ID:tQX1bYBr0▼このコメントに返信
※110
レッテル貼りだけじゃん。つまんね。
基礎を詰んでそこで終わる奴は終わるかもだが先に進める奴だけが大学に行けるんだよ。
基礎だけで入れそうな低ランクの大学の赤本ってやったことないんだ。オマエがそこの出ならごめんな。
大学に行ったことも無いクセに詰め込み学習の弊害言うならただのバカだ。オマエの人生に学問関係ないだろがよ。
大学なんざ教本買わされてそれを知っていることを前提に講義が為されるのだから詰め込む能が無ければ話にならんぞ。
詰め込む技術こそ学問の基礎中の基礎だわい。
114.名無しさん:2019年01月13日 14:35 ID:bNdHBcbs0▼このコメントに返信
>>12
ニイチャン、遊んで行ったって。

カナちゃん程やないかも知らへんけど、可愛いコ、おるでぇ。
カイラシだけやのうて、テクニックも有るさかいに。
オバチャン、嘘言わへん。
せやから、ちょっと覗いて行ったって。
115.名無しさん:2019年01月13日 14:35 ID:JFkDsVib0▼このコメントに返信
※108
まあ、海の覇権をめぐって、新興の大国どうしが争って
勝ったほうは超大国になって、負けたほうは傘下の大国にとどまった
という歴史上よくある話だから、べつにセンチメンタルになる必要はないんだけど
116.名無しさん:2019年01月13日 14:35 ID:45r0qDm10▼このコメントに返信
1928年
117.名無しさん:2019年01月13日 14:38 ID:45r0qDm10▼このコメントに返信
信用できない相手を延々と信用して消耗していった。
実際に太平洋戦争が始まったとき、リソースは日本列島だけだった。
118.名無しさん:2019年01月13日 14:51 ID:751bCTMG0▼このコメントに返信
根幹に人種差別があるとふんでるな。
白人は何やってもゆるされ、有色人種が同じことして白人を脅かすのは禁止。
そしてそれを、白人先行で有利になるように明確なルール化したのが国債条約の類。

軍事力での侵略を悪い事としているのも、自分達はさんざん欲しいものを手にいれた後だから決まっただけだし
今でも、スポーツなんかは、日本人選手が勝ちまくるとルール変更なんていつもの事だろ。
捕鯨なんかも、白人達は油目的でさんざん乱獲しておいて、自分達が要らなくなったら日本に捕鯨禁止を押し付けてきたりとな。
日本が特別悪いわけではなく、白人と同じことやっても、白人は良くて、日本がやったら悪いって事にされてるだけ。
119.名無しさん:2019年01月13日 14:53 ID:RDqn.w.e0▼このコメントに返信
※16
日露戦争の軍資金借りたのだから、カネ返さないで良いのなら満洲の利権はやるよ・・・って、借りたカネの返済をチャラにして英米の企業にまるごと権利移譲したほうが利口だったと思う。さすれば、シナ人とのいざこざは全部英米が肩代わりする事になる。
日本はその中間で中継貿易の恩恵をうけて賢い立ち回りをすれば、カネは返さないで済むしなおかつ経済発展してよかったと思いますね。
120.名無しさん:2019年01月13日 14:54 ID:EG..7QNl0▼このコメントに返信
※70
正直言って、日本陸軍がまともに戦ったのは沖縄戦くらいだから
フィリピンも含めて、後半戦での離島の戦闘には陸軍の全力が出されていない
比較のしようがないだけのこと
121.名無しさん:2019年01月13日 14:55 ID:a9V.XCmB0▼このコメントに返信
※63
元寇は朝鮮からきたし、WW2米軍は沖縄か台湾を足掛かりに鹿児島へ上陸予定だった。どちらも本土防衛のためで国際社会(列強)にも承認されてたからセーフだ()
122.名無しさん:2019年01月13日 14:57 ID:2gexCTSO0▼このコメントに返信
※113
またしても、皆さんに私の説の正しい見本を出していただいてありがとう。
本当に、絵にかいたような見本で私も驚き、かつ、これほど酷いのかと愕然と致しました。
皆さん、これが詰め込み教育だけで一流大学に入学できた人の文章です。
小学校の5年生ぐらいが書いたならならこれでも許せます。本人はさぞかし偏差値の高い東大かそれに準じた大学に合格し「俺は優秀だ。」思っているのでしょう。
偏差値の高い大学生でもこの程度の幼稚な文章力しかない事が、詰め込み教育に対応したテストで人を評価する弊害です。
優秀と言われた陸軍、海軍士官学校の生徒もこの程度だったと思えば、日本が間違った道を歩み、外国からは、下士官以下は優秀だが、将校は馬鹿ぞろいと言われたのも頷けます。
アメリカなどは、普段の勉学態度や、論文で入学を決めるらしいですね。
彼も、論文で入試の判定をされれば、一流大学は難しいでしょう。
ただ、論文で入学を決めるのは時間も評価する側の能力も高くないと難しいのでなかなか導入されないのでしょう。
しかし、入試方法を考え直さないと日本は良くならないでしょう。
123.名無しさん:2019年01月13日 15:03 ID:tQX1bYBr0▼このコメントに返信
※117
その点今の日本は身軽で良いわな。少なくとも次の大戦で必須の海軍力は強い。そして同盟国がアメリカ。
東アジアに在っては日本はアメリカの国益そのものなので次の大戦ではアメリカは必ず日本の味方をする。
是が非でも日本を勝たそうとするだろよ。アメリカの下手くそな外国支配で世界秩序を構築出来るもんならやってみろだ。
そういうのはとことん向いてない。中国を赤化させた前科がある。同じ轍を踏むくらいなら日本を信頼するだろよ。
70年以上も無茶振りに耐えて尚且つへこたれないアメリカにとっては希有な同盟国なんだぜ?日本。
124.名無しさん:2019年01月13日 15:04 ID:bNdHBcbs0▼このコメントに返信
>>20
ワイん家の近所や!

や◯い軒で飯喰って、TSU◯AYAでDVD借りて、たこ焼きの持ちかえりしよ。
125.名無しさん:2019年01月13日 15:07 ID:2gexCTSO0▼このコメントに返信
※113
追伸
基礎だけで入れる低ランクの大学と言う表現と、詰め込み教育は教育の基礎という表現があります。
つまり、詰め込み教育だけでは基礎だけで入れる低ランクの大学しか入れないと言っている。
詰め込み教育を肯定しているのか否定しているのか、もはや何を主張したいのか理解できない。
もう少し頭を整理して論理的に主張しましょう。
問題なのは、詰め込み教育だけで高いランクの大学に入学出来て、思考力のない人がエリートと扱われる事です。
こういう人が、エリート扱いされて高い地位につき馬鹿な命令を出せば、国や会社がつぶれるのです。
126.名無しさん:2019年01月13日 15:12 ID:lsDRketN0▼このコメントに返信
軍人や政治家よりも
当時のメディアがひどかった。
それは今でも変わらないけどね。
127.113:2019年01月13日 15:13 ID:tQX1bYBr0▼このコメントに返信
※122
どういたしましてだ。何が皆さんなのか意味不明だけどな。
まあ諦めろ。見てて痛々しい。オマエが大卒じゃないことだけはよーく判った。
憧れだけで書いてるなら大検受けてセンター試験でも受けてみたらよろしい。身の程くらいは判るだろう。
ランクの低い大学でも教授・講師陣は大抵きちんと学者なんだよ。専門はともかく基礎課程は何処もそう大して変わらん。
オマエは大学がどう言うところかも知らんらしい。あとアメリカの事情もどうだって良い。アメリカこそ詰め込み式だそうだが。
論法が韓国人なのでオマエは韓国人なんだろうけどオマエんとこの大学事情までは知らん。
128.名無しさん:2019年01月13日 15:14 ID:.w432.SD0▼このコメントに返信
大日本DQNの時代
129.名無しさん:2019年01月13日 15:18 ID:bm7q3tcC0▼このコメントに返信
今の日本人とそっくりよな
130.113:2019年01月13日 15:21 ID:tQX1bYBr0▼このコメントに返信
※125
続くのかよ。まあ晒してやろう。
意味が判らんじゃなくてオマエが単にバカだって事だよ。基礎を積まないと応用が無理だって事は書いたはずなんだが。
一つ理屈を組み立てると前に組み立てた理屈がすっ飛ぶのがオマエラ韓国人の悪いところ。三歩で忘れる鳥頭だわな。
サヨクっぽい書き込みだと思ってちょっと相手してみたがほんとこの手のって韓国人ばっかりだ。おーやだやだ。
学問をやる上で何のための基礎だと思ってやがる。学問する気が無いならすっこんでな。学問に対して失礼だぞ。
131.名無しさん:2019年01月13日 15:24 ID:v.t4.rQt0▼このコメントに返信
>>120
サイパン陥落は?あれだけ大口叩いてあっさり絶対国防圏陥落させられたのに?
132.名無しさん:2019年01月13日 15:25 ID:tQX1bYBr0▼このコメントに返信
※129
日本人は死んでも辞められん。戦後教育くらいじゃそこは変わらんよ。
ただ戦後70年余り、日本人は勝ちに飢えている。日清戦争・日露戦争並みの緊張感で次の大戦を迎えるだろう。
とりあえず特亜は絶対に泣かす。大戦前は良くも好き放題言いやがったなってなもんだ。
戦前あれだけ偉そうだったのだから弱いものいじめではない。油断なんかしてやらんし手も抜かん。
133.名無しさん:2019年01月13日 15:30 ID:NzFdwaVu0▼このコメントに返信
言い訳がましいのは好きじゃない。
134.名無しさん:2019年01月13日 15:38 ID:eyXFni7S0▼このコメントに返信
>>122
あなたも文も誤字が目立ってますよおじいさん
135.名無しさん:2019年01月13日 15:45 ID:JFkDsVib0▼このコメントに返信
※118
言いたいことはわかるけど、それは戦前の革新派の考えなんだよ。英米本位の平和主義を排す、につながる

上のほうに書いたけど、近衛さんがそうだった。貴族でも、西園寺さんのようにパリで遊んだ人じゃないし
亡くなったお父さんがああいう人だから、英米にくっついて三番手でいいだろう、とは思わなかったらしい

そういう近衛さんをかついで、政友会と民政党を解散へ追いこんだのが、第三党としての社会大衆党だった
大政翼賛会だ。社会大衆党の人たちは、戦後に社会党右派になった。浅沼さんなんか右翼に刺されちゃった

右翼のほうでも、戦前の右翼の親玉だった平沼騏一郎なんか、親政論者だから、国家社会主義はアカの同類
大政翼賛会は幕府だから不敬だ、と主張して、親独の革新派を攻撃、翼賛会を骨抜きにしたうえに、対抗上
英米との関係改善に動いた。思想の根本が狂っているのに、やっていることは自由主義者と変わらなかった

この二つの動きが、戦後の言論では「なかったこと」になっているから、二重三重の屈折が生まれるわけだ
民族派右翼というのは、情念としてはわかるし、ケンカをする気もないが、昔の革新派に見えることがある
136.名無しさん:2019年01月13日 15:45 ID:FmqmgvGX0▼このコメントに返信
もういい加減成長したら?
1は一生バカなの?
惨めなヤツw
137.名無しさん:2019年01月13日 15:54 ID:CcJsnOfq0▼このコメントに返信
ユダヤ教では、信者以外の者をゴイム(豚)として、それを管理するのが役目だと教える。ユダヤ教が、無くならない限り、この世から戦争が無くなる事は無い。世界中に憎しみの種をばら撒き、ゴイム同士戦わせて、軍需産業を儲けさせている。キリスト教徒もゴイムだ、isisの戦闘員もアラブの春もユダ金の工作員だ。大東亜戦争は、金儲けするために、ハルノートを突き付けてきた。ベトナム戦争の時は、ワザと戦争を長引かせ泥沼化させて、軍需産業を儲けさせ続けた。枯葉剤をばら撒いて、負けた癖に、補償どころか、謝罪すらしてない。所詮代理戦争だ、勝ち負けは関係ない。
138.名無しさん:2019年01月13日 15:58 ID:fh04cOrg0▼このコメントに返信
>>107
だからって放置したら日本のすぐ傍に日本本土侵略の拠点作られるしなぁ。
139.名無しさん:2019年01月13日 16:01 ID:8PyEg7KP0▼このコメントに返信
>>132
やりたければお一人で勝手にどうぞ
140.名無しさん:2019年01月13日 16:03 ID:YXsA2aIG0▼このコメントに返信
児玉源太郎「満州に総督府を作って、国内から誰か統治責任者を送ろうぜ」

伊藤博文「満州は日本領土じゃなくて、清帝国の領土だろ?オマエなんか勘違いしてねーか?」

ぶっちゃけ明治のころからかなりアヤシイ連中はいた模様

141.名無しさん:2019年01月13日 16:07 ID:xpjb.z2v0▼このコメントに返信
当時はまともな国なんて存在しないだろ
むしろ、大日本帝国が一番マシ
142.名無しさん:2019年01月13日 16:07 ID:w.UZP2M30▼このコメントに返信
※140
清朝の時は、始まりの地だけど、中華民国時代に問い合わせると
ロシア「帰属は、中国じゃないの?」
中国「万里の北が中国のわけないだろ」って感じ
ほんと不毛の地で誰も興味がない
143.名無しさん:2019年01月13日 16:10 ID:2gexCTSO0▼このコメントに返信
※127
文章に論理性のかけらもないく、偉そうな書き方をみると、東京かその近辺の人みたいですね。
144.名無しさん:2019年01月13日 16:18 ID:BO0diU.A0▼このコメントに返信
226の北一輝はスパイとしか思えない。
対米戦争するかなり前から内部に浸透されて社会をボロボロにされている。
今の日本と重なる。
日本はインテリジェンスが弱すぎる。
145.i774:2019年01月13日 16:19 ID:TRASKQSe0▼このコメントに返信
日本に限らないが根本的に「金欠」なんだもの。
結果的に奇策を取らざるを得なかったというのがある。
まともな政策が選べるならそっちを選んでるし、そういう人事が優先されてたはず。
そして金欠にされたのは大多数のアメリカ国民も、なんだよな。
まず当時の各国の工業生産力の比較で「極端にアメリカが多い」理由を考えた方がいい。
アメリカ国内の需要をはるかに凌駕するもので、戦争経済になってようやく需給バランスが均衡したぐらい極端なものなのだから。 
146.名無しさん:2019年01月13日 16:20 ID:vjAYdNYx0▼このコメントに返信
※97
羊に率いられた狼の群れと狼に率いられた羊の群れ、
戦えばどちらが勝利するか。

ってのを思い出したな
慣用句的には「有能な将に率いられた弱兵が勝つ」と言いたいんだろうが
自分としては「それでも狼の群れの方が強かろうよ」としか思えないんだが
147.名無しさん:2019年01月13日 16:25 ID:xpjb.z2v0▼このコメントに返信
大日本帝国の朝鮮合併とアメリカのハワイ合併を比較したらどっちが穏便か一目瞭然だろ?
戦後、日本は極端なくらいに平和主義を貫いてきたけどアメリカは無闇に戦争してるだろ?
どっちが悪の枢軸だよ
148.名無しさん:2019年01月13日 16:28 ID:peyOow7i0▼このコメントに返信
※146
寧ろ日本の軍人は羊が率いた方が強いまである
情に弱く責任感が強いから羊を背に不逞はできない

率いる者が羊でなくムジナやイタチの類とわかれば
途端に態度が変わる訳だが。割り切って受け入れる事が苦手だから
149.97:2019年01月13日 16:38 ID:tQX1bYBr0▼このコメントに返信
※146
何それラノベ?羊は狼を率いないし狼は羊を率いない。オマエの例えは何がどう対応しているのか良く判らない。
日本は実績を積み上げて今が有るわけでこいつは事実として動かし難い。
中国韓国は下駄履かせて貰って今がある。今にもずっこけそうに見えるんだが。足下と現実はちゃんと見よう。
150.名無しさん:2019年01月13日 17:15 ID:ug7lyThe0▼このコメントに返信
※149
いや、ナポレオンの言葉でしょ
151.開花神道:2019年01月13日 17:22 ID:KRb.w58c0▼このコメントに返信
「傲慢」と言うよりかは、大日本帝国の軍上層部や一部政治家は、日本の国力・身の丈をキチンと把握・認識出来ていなかったんじゃなかろうか。

現在でも、重要統計の数値改竄が横行しているけれども、当時はもっとお粗末で酷かったのだからね。

過去を直視して得る物があるとすれば、反省点だったり教訓な訳だけども、「当時の人達は頭がおかしかった」なんて言うのは、明らかに歴史の見方として間違ってると思うぞ。

国際環境やら漠然とした時代の空気に翻弄されてしまうのは、当時の庶民から指導者層までもが、目の前の現実から一寸先も見えない様な状態に陥ってしまっていたから。

キチンと身の丈を知り、現実を直視していれば、後の人達から見て頭がおかしいと思われる様な愚行は、犯さずに済むのだからね。
152.名無しさん:2019年01月13日 17:27 ID:OdxtB3Si0▼このコメントに返信
頭がおかしいというより、思想として計画経済と全体主義が流行った時代。
コミンテルンが入り込んだ事もあって社会主義国と化していた。

戦後、この時代の日本に何となく嫌悪感があるのはアメリカなどの洗脳だけでなく、日本らしくない時代だったという事があると思う。

日本は全体主義の国じゃないんだよ。
153.名無しさん:2019年01月13日 17:28 ID:OdxtB3Si0▼このコメントに返信
>>1
日本もアメリカもコミンテルンの工作にやられていた事が判明しているしな。

本当は日本とアメリカは戦争なんてする必要なかったんだよ。
154.名無しさん:2019年01月13日 17:31 ID:C5AZ1pVT0▼このコメントに返信
>>2
今の政治家や官僚でも、変な無責任左翼偏向やどうしようもない人間ほど出世できるシステムは変わってないからねぇ。近衛の再来のような鳩山内閣成立と文部科学省の前川見てて良くわかったよ。
155.名無しさん:2019年01月13日 17:34 ID:5AVXpy6g0▼このコメントに返信
>>11
暴走とかいうけど、シナで日本人が○されまくっているのに政府は何にもしてくれないんだぜ?
日本人の生命、財産を護る為に軍は動いたのであって、本当に責められるべきは軍ではなく時の政府。
156.名無しさん:2019年01月13日 17:36 ID:C5AZ1pVT0▼このコメントに返信
>>8
軍事増強は安全保障上理解もできるが、国を護るために軍事的優位性を守る必要性があるはずなのに、軍の優位性を守るために戦争したら意味がない。
157.名無しさん:2019年01月13日 17:39 ID:45r0qDm10▼このコメントに返信
もし、日露戦争でロシアが勝者だったならば、
大連、旅順より向こうは総てロシア領になっていた。

日本はどうかと言えば、日露戦争後も、大連や旅順といったロシア側拠点を引き継いだだけだった。
第一次世界大戦後も同じで、日本側はドイツ側拠点である青島を継承しただけだった。
いわゆる二十一ヶ条の要求とされるものは、むしろ、日本側の中国側に対する同情の足元を見られたものであって、それが証拠にロシアやソ連が外満州を自国領にして江東六十四屯のようなエスニッククレンジングがあっても何の声も聞かれない。
むしろ逆に五族共和の日本人の方が、1945年のような目に遭っている。

ただし、ロシアが勝っていても、コリア側満州入植は変わらず大々的に進んでいただろう。

いや、もし、ロシア側が大韓帝国を保護国とし、併合ではなく本当の意味での植民地化した場合、1945年の樺太や千島のように無人化は出来なかったろうが、その後の経緯によっては、クリミアタタールなどのように満州などへ民族移動させた可能性は高い。

その場合には、その地位はどうあれ、ロシアやソ連のためにコリア民族は広大な入植地を獲得できたろう。

つまり、高宗の考えは正しかった可能性がある。
158.名無しさん:2019年01月13日 17:43 ID:45r0qDm10▼このコメントに返信
日本の嘘偽らざる歴史は世界中の国々の鏡になってしまうかもしれない。
歴史を鏡としたなら、鑑みて不都合なのは中華民族の方だろう。
159.i774:2019年01月13日 17:43 ID:TRASKQSe0▼このコメントに返信
※151
日本の英知を集めて「総力戦研究所」を作っておきながら、その研究結果を無視するあたりは、ちょっとおかしいと言っていいんじゃないかな。
皇道派も統制派も改革志向だけど経済政策や工業生産については「何も考えてない」レベルだったといってもいいし。
160.名無しさん:2019年01月13日 17:49 ID:xpjb.z2v0▼このコメントに返信
※159
なんで無視したのかな
むしろ、負ける戦争なんて偉い人達こそ拒否しそうなもんだが
俺なら断固拒否だぞ
161.名無しさん:2019年01月13日 17:51 ID:2gexCTSO0▼このコメントに返信
※68
人には役割がある。
軍人は如何に敵を叩くか。如何に勝利するかを考える。
政治家は、敵を叩いて、或いは勝利してどのような利益があるか考える。

真珠湾奇襲攻撃でアメリカ太平洋艦隊を壊滅できるかどうかは軍人が考える。
壊滅できたとして、それが日本の利益になるのかどうかは政治家が考える。
162.:2019年01月13日 18:28 ID:peyOow7i0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
163.名無しさん:2019年01月13日 18:33 ID:TDL3Vh2z0▼このコメントに返信
※160
一億総懺悔なんて言葉からも分かるように、全員が「俺は流されただけ」だからね・・・
当時戦争反対なんて主張したら、夜道を一人で歩けなくなる世相だからな
164.名無しさん:2019年01月13日 19:02 ID:EG..7QNl0▼このコメントに返信
※131
サイパンを絶対防衛権としたけど、全く要塞化は進んでなかった
大型口径の大砲もろくに配備されていない
そして周りは海で増援は送れんし、撤退もできん
あの時点では既に海軍・空母艦載機の質・量で大きな差が出ていたので陸軍の活躍しようがない
ガ島以降の陸上戦闘で陸軍が苦戦してるのは、制海権・制空権を奪われていたから
戦車も新型送っても役に立たんとの事で送ってない(ろくに作ってもないけど)
太平洋は基本的に海軍の戦いだったんだからしょうがない
それでも硫黄島・沖縄での米軍被害は大きかったんだがな
165.名無しさん:2019年01月13日 19:06 ID:YXsA2aIG0▼このコメントに返信
※161
戦争発動のタイミングも、何処を攻撃するかの選択権もみ~んな軍人側にあって、尻拭いは天皇、政治家と文官がやらされた
教えてくれって聞いても「統帥事項によりお教えできません」で終わり
軍人パラダイス
アンフェアもいいところ
ハワイ奇襲作戦計画を東郷外相はヤル直前まで知らなかった

166.名無しさん:2019年01月13日 19:11 ID:45r0qDm10▼このコメントに返信
中華の軍人が同じことにならなければ良いがな。
167.名無しさん:2019年01月13日 19:11 ID:YXsA2aIG0▼このコメントに返信
※本スレ243
軍部大臣現役武官制が無かった時代でも、結局退役軍人や文官が陸海軍大臣をやれたことなんて、唯の1回もなかった
戦前の日本は軍人パラダイス
168.名無しさん:2019年01月13日 19:12 ID:sa1hg5Ni0▼このコメントに返信
結局、明治憲法の欠陥でしょ
寄り合い所帯に過ぎないから、首相の力が他の大臣とほとんど変わらず罷免すらできない
元勲がシに絶えた時点で、誰もコントロールできなくなった

天皇は所詮お飾りの承認機関だから、軍がテロっても直接処罰できないし
軍は嘘の報告ばかりで、陛下を天ちゃんw呼ばわりして軽んじてる癖に、「皇軍」だの「統帥権干犯」だの笑っちまうわ

アホ陸軍は出先機関が好き勝手に行動して、国際紛争起こしまくり
政府は追認するだけ

こんな基地外連中が大手を振って、自分や組織の栄達しか考えないで行動したら滅んで当然なんだよね
正気まともな国じゃないよ

頻繁にテロやクーデター未遂が起きてる時点で、政情不安のアフリカレベル
こんなんが常任理事国で世界第三位の海軍国とか危険すぎる
169.名無しさん:2019年01月13日 19:22 ID:45r0qDm10▼このコメントに返信
だから外交は戦争の延長。
政治的独立を保持する国の外交部は、
それ以外の国のそれとは根本から異なる。

中華の外交は、
今までの世代は知らないが、
これからは大丈夫なのかということになる。

日本の場合、
明治の元老時代ですら、
外交=伊藤博文
軍事=山県有朋
で、同郷であっても必ずしも一致はしなかった。

日本の失敗は、江戸明治大正と続く時代を無視して、
いきなり金鵄が飛び降りた的にやったことにある。

新中国が滅茶苦茶から始めて実事求是に落ち着くのと真逆だ。
尤も中国も本当に実事求是に落ち着けるか未知数だが。
170.名無しさん:2019年01月13日 19:25 ID:yqP6DjtY0▼このコメントに返信
チャイナ軍閥って今の中東やらの武装勢力とほぼ同じものを
列強が大っぴら支援してたから手を突っ込むのはヤバイがある程度の目途は立ってたんだが

クルセイダルのディールが一次大戦の余波で萎んだのを受けて
・・・レボリューション脳になったキグルイたちがね
社会の持続性をすてた破滅的レボリューションなんて狂人の戯言やん?
171.名無しさん:2019年01月13日 19:31 ID:5xf0rqHr0▼このコメントに返信
欧米白人はアジア・アフリカ。中南米諸国の人間をサルぐらいにしか思っていなかった。初めて欧米に反旗を翻したのが有色人種の中では日本だけだった。
172.名無しさん:2019年01月13日 19:35 ID:45r0qDm10▼このコメントに返信
日本がロシアやソ連並みに満州を経営していれば、
東北軍閥も発生せず、あとあと問題は起こらなかった。

そういった意味では、伊藤博文は間違っていたかもしれない。

桂も桂で満州をアメリカ西部みたいにすることを肯じなかった。

日本人は誰がやってもそうはしなかった。

朝鮮半島見ればわかるだろう。
173.名無しさん:2019年01月13日 19:42 ID:45r0qDm10▼このコメントに返信
しかし、コリアがやったなら、あるいは。

満州全域延いては北平まで、ロシア、ソ連、
あるいはアメリカのために、
外満州やアメリカ西部のように経営していたかもしれない。

だからコリアが日本を目の敵にするのは分からないでもない。
174.名無しさん:2019年01月13日 19:47 ID:45r0qDm10▼このコメントに返信
実はこれこそが物凄いことだと思うが、
和楷が絵に書いた餅ではなく、
中華に空気のように当たり前の常識として定着した今、
実事求是で歴史を鑑とするならば、
進路を誤らないための材料は幾らでも転がっている。
175.名無しさん:2019年01月13日 19:56 ID:sa1hg5Ni0▼このコメントに返信
※171
歴史的意義はあるけど、遅れてきた帝国主義でしかない
資源地帯は併合して直轄地だし、やってることは一緒じゃんw

またズールーやネイティブをスルーとは笑える
176.名無しさん:2019年01月13日 20:28 ID:ZwgiqJTf0▼このコメントに返信
鳩山一郎が政党政治を破壊しやがったんだよ。
177.名無しさん:2019年01月13日 20:29 ID:ZwgiqJTf0▼このコメントに返信
>>1
今も同じだけど、あの頃のコミュンテルンの悪辣さはねえな。
178.名無しさん:2019年01月13日 20:30 ID:ZwgiqJTf0▼このコメントに返信
>>23
大航海時代は南北アメリカ大陸虐殺時代だし、アフリカ大陸略奪時代だからな。
179.名無しさん:2019年01月13日 20:31 ID:ZwgiqJTf0▼このコメントに返信
>>7
515だよ。
180.名無しさん:2019年01月13日 20:35 ID:ZwgiqJTf0▼このコメントに返信
>>69
日本は国際連盟脱退する必要なかったんだよ。
だから、アメリカとガチにぶつかったんだ。
アメリカは国際連盟に参加してなかったから、日本と対立すると国際連盟加盟国から非難されたからな。当時はまだイギリス、フランスはアメリカ並みの国力あったからな。
181.名無しさん:2019年01月13日 20:36 ID:ZwgiqJTf0▼このコメントに返信
第二次大戦の原因は世界大恐慌だよ。
182.名無しさん:2019年01月13日 20:41 ID:bwcCbGE20▼このコメントに返信
二十世紀にまともな奴は居ねえ
そりゃあ顔真っ赤だし草も枯れますわ
183.名無しさん:2019年01月13日 20:47 ID:dKNbVyuO0▼このコメントに返信
>>51
今の日本の姿だぞ
ちゃんと現実を見ろ
184.名無しさん:2019年01月13日 20:48 ID:vQSDkvpp0▼このコメントに返信
こうやって軍のせい、政治家のせいにばかりしようとする奴が
一番タチが悪い

そういうのを煽ろうとするまとめサイトもな。
185.i774:2019年01月13日 21:11 ID:TRASKQSe0▼このコメントに返信
※180
微妙だな。
日本の判断ミスは否定しないんだけど、資本と金(ゴールド)がアメリカに異常集中しつつあって、
通貨と世界経済に影響が出るのは時間の問題だった。
国際連盟は遅かれ早かれ解体したか、機能停止したんじゃないかな。
186.名無しさん:2019年01月13日 22:35 ID:8016fbYi0▼このコメントに返信
統帥権問題で軍は政府の言う事聞かなくてよろしいって煽った
犬飼と鳩山(祖父)が悪い
187.名無しさん:2019年01月14日 01:06 ID:QJRzAypi0▼このコメントに返信
有能な政治家もいっぱい居たけど同じぐらいバカもいっぱい居てそういうや奴に限って有能なやつよりちょっとだけ偉かったんだよなあ

お名前