2018年12月08日 12:05

なんで日本はアメリカになんて勝てない相手と戦争したんだ

なんで日本はアメリカになんて勝てない相手と戦争したんだ

03


引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1543059462/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)20:37:42 ID:f2U
中国「あの……」
馬鹿「アメリカじゃなくてソ連と戦争したら勝ててた」
中国「あの……」

中国「あの……」

7: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)21:01:21 ID:Z0S
ちうごく「ぎえええええええええええ日本軍に何千万人も殺されたンゴオオオオオオオオ日本許さねえンゴオオオオオオオ」

ワイ「そこまで自国民殺される間軍や政府は何しとったんや?日本はそこまでの犠牲受けてないけどどれだけ弱かったんや?」

ちうごく「・・・」

12: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)21:06:02 ID:f2U
>>7
そもそも条約で禁止されてたことやってるから非難されてると思うんですけど(凡推理)
そもそも戦闘単位で勝っても補給線と占領地統治の人員や資源の観点からもう最初の方でとっくに攻勢限界迎えとったぞ

トラウトマン和平の時点で陸軍も参謀もこれ以上は無理やからさっさと和平してくれと政府に要求しとる

13: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)21:07:36 ID:Z0S
>>12
せやから白兵ごときに何千万も国民ボコボコにされといて何で抵抗も降伏もせんかったのか
というか日本兵中国相手にそこまで被害受けてないのにどれだけ一方的やったんや

17: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)21:11:10 ID:f2U
>>13
土地が広いから奥に引き込んで泥沼化させれば負けにくいってのがあったのと
降伏が易々と出来ないのは第一次大戦と同じで総力戦だからやで
どっちもコストをかけすぎて不利な条件で講和できなくなって徹底抗戦
日本はとっくに攻勢限界迎えてるって相手もわかってたからあの頃の中国側の軍への指示は戦闘があってもさっさと逃げて被害減らせや

18: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)21:12:13 ID:Z0S
>>17
被害減らすどころか増やしてるやん

22: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)21:15:17 ID:f2U
>>18
国民には手を出さんが原則やから中国さんサイドは想定してなかったのもあるし
その話が出た時点で中国はとっくに不利な条件で講和できるラインをとっくに超えてたんやで
あそこで不利な講和したら国が滅びるの確定やから講和しない
総力戦の恐怖はここにこそある
中途半端じゃ終われないんや

23: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)21:16:30 ID:Z0S
>>22
そこまで被害出すまでに降伏したろって思わんかったんか?
一方的に100倍近くやられた時点で雑魚ちゃうんか?

25: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)21:19:45 ID:f2U
>>23
もうとっくに講和の話が出てた時にはライン超えてる
第一次大戦を調べれば分かるけど被害なんて一線越えたら後は国が滅ぶ(確定)から変わらんのやから同じなんやで
末期日本がなんでアメリカに不利な条件でもいいから早期講和しなかったんやと言うのと一緒やそれは

16: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)21:09:43 ID:8Gm
ゲリラ化(便衣兵)したら勝つのは難しくなる
日本軍が中国で勝てなかったのも、アメリカがベトナムで勝てなかったのも

24: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)21:17:58 ID:f2U
>>16
やっぱ毛沢東ってスゲーわ
日本さんサイドの占領地統治が苛烈すぎてゲリラしやすい環境がしやすいのもあったけど
そこから農民を中心に支持勝ち取って中国統一はやばい

なおその後

20: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)21:13:32 ID:7Bu
ドイツ「中国に武器を売るでw 」

27: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)21:22:01 ID:f2U
>>20
軍人送って中国軍育成もしてたで
軍事同盟締結したあとは流石に引きあげたはずやけど

29: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)21:36:02 ID:4Gp
要するにアレか
あまり奥までは攻め込まず
沿岸部のおいしいとことその近所だけ征服して
ここまでワイの領土ねって言うて奥の方は放置したらよかったんやな

32: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)21:38:27 ID:f2U
>>29
陸軍&参謀「いやーきついっす(占領と統治の維持)」
戦争続けると結局総力戦体制を続けることになるから国が破綻してまうし
どっかで講和せなアカンのや
そんでトラウトマン和平が最初で最後のチャンスやった

34: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)23:53:34 ID:Jog
>>29
それじゃ日華事変終わらないんだよね
日本側が勝手に放置宣言しても、中国側が攻撃してくるから戦闘続くわけでな

40: 名無しさん@おーぷん 2018/11/25(日)00:08:00 ID:qGj
>>34
攻めてくるのを適当に撃退するだけならまだマシやろ
どんどん西に行っても補給とか面倒になって田舎が手に入るだけやん

42: 名無しさん@おーぷん 2018/11/25(日)00:11:22 ID:A3Q
>>40
戦争継続している時点で補給は面倒なんだぜ
沿岸部占領だけでは戦争に終わりが見えないのが目に見えているから武漢作戦などを行っているのよ

35: 名無しさん@おーぷん 2018/11/25(日)00:00:21 ID:ZAL
大日本帝国「石油精製技術も探査技術も鉄精製技術も無いけど植民地戦争で資源獲得するンゴ」

指導部は日本が持ってる技術をまるで把握してなかったんやね

39: 名無しさん@おーぷん 2018/11/25(日)00:07:32 ID:reu
実際中国の首都は落としたしな
ただスケールが違った

43: 名無しさん@おーぷん 2018/11/25(日)00:12:11 ID:ZAL
精製技術と探査技術がありゃ
重慶に石油があるから
それを発見して石油掘り出して
中国内部まで補給線が延びたとしても
戦車とか動かせたり生産できてたはずやで

むしろ技術も無かったら戦争自体乗り出してなかったはずなんや
大日本帝国の指導部は保有技術の有無も把握してなかったんじゃねと思う
つまり石油や鉄は精製したり探査する必要があって
それには技術が必要でその技術を大日本帝国は持ってないって事を
まるで理解してなかったんやろう

現代と違ってネットでポチっと検索すればある程度の知識は簡単に得られる現代と違って
昔は総合的な知識は容易には得られない
つまり政治家は政治の勉強しかしてしてないし
軍人は戦術・戦略レベルの勉強・知識量しかない

故に日中戦争に乗り出した大日本帝国の指導部の頭の中には
精製技術と探査技術の保有の概念がすっぽり抜けてたんや

44: 名無しさん@おーぷん 2018/11/25(日)00:13:45 ID:reu
>>43
それ以前に海軍と陸軍の仲が悪かったからろくに物資も運べなかった

45: 名無しさん@おーぷん 2018/11/25(日)00:19:22 ID:A3Q
いろいろ突っ込み所があるけど、探査技術とやらがあった所で簡単に発見できるみたいな認識の時点でもうドン引き

46: 名無しさん@おーぷん 2018/11/25(日)00:22:15 ID:ZAL
あの当時の政治家や軍人は外交や歴史や政治や戦略・戦術の
勉強しかしてこなかったんだろう
だから精製技術や探査技術の概念が頭の中に無かった
資源を獲得すれば問題が解決すればどうとでもなるとしか考えてなかったんだ

まぁ簡単に情報を得られる現代とは違うし
大日本帝国の保有技術について知識見識と戦術戦略に詳しい人物が
指導部に居たら日中戦争には乗り出さなかったかも試練

>>45
探査技術はあるから一かバチかの資源探査で資源確保の望みをかける←理解る
資源探査技術は無いけどとりあえず中国行って資源確保するンゴ←理解らない

57: 名無しさん@おーぷん 2018/11/25(日)00:36:21 ID:ZAL
>>46
要するに大日本帝国の指導部は
資源精製技術や資源精製・探査の概念がすっぽり抜けてたっツー話や

資源がある場所を攻めれば資源が手に入ると考えていたんだろう
今とは知識習得に関する手段も限られてるし
本当にそんな概念、頭の中には無かったんやろう指導部には

58: 名無しさん@おーぷん 2018/11/25(日)00:37:21 ID:9pM
日中戦争の延長が太平洋戦争という事実

78: 名無しさん@おーぷん 2018/11/25(日)00:51:05 ID:dWJ
ウヨサヨ両方に噛み付かれそうやが
「亜細亜の解放」ってお題目は本当やで
ただそれは亜細亜のために解放するんじゃなくて
根本的な日米の戦争原因解消のための解放な
東郷外務省時代の東郷案原文の内容はこれ
それが国粋極左に間違った方向使われてプロパガンダされただけよ

87: 名無しさん@おーぷん 2018/11/25(日)00:55:28 ID:dGG
日本は情報が全部アメリカにだだ漏れだったのが痛いンゴ

日本指揮官「無線連絡日本語で話せば彼奴らわからんやろw」
日系アメリカ人「あっ、明日こっちに攻めてくるそうです」

現在のサイバーセキュリティー担当大臣見る限り全く進歩してないけど

91: 名無しさん@おーぷん 2018/11/25(日)00:56:30 ID:vzw
>>87
日本軍「津軽弁使えば解読できんやろwwwww」
アメリカ「わからん」
日本部隊「わからん」
やぞ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年12月08日 12:08 ID:yYHJOBl.0▼このコメントに返信
戦わずして日本という国を失うか
戦って勝つ薄い可能性にかけるか
どっちがマシかっていう消去法だろ
2.名無しさん:2018年12月08日 12:08 ID:QVTOt5yH0▼このコメントに返信
またこの議論?疲れたわ
3.名無しさん:2018年12月08日 12:08 ID:t1POplUx0▼このコメントに返信
国民が戦争したくて仕方なくて米国と講和しようとしたいくつもの内閣が解散に追い込まれたからついに陸軍が首相になってしまった
4.名無しさん:2018年12月08日 12:11 ID:2C8Yqu0v0▼このコメントに返信
※2
管理人がアレだから仕方ない。
コメ数が100以下で止まれば暫くやらなくなるな、ここの傾向だと。
5.名無しさん:2018年12月08日 12:11 ID:IGUFy.610▼このコメントに返信
日本政府の共産主義者とアメリカ政府の共産主義者の連携プレーの結果
6.名無しさん:2018年12月08日 12:11 ID:INRdqK9R0▼このコメントに返信
ここって本当毎回同じネタをに繰り返すよな
ここの管理人ってガチで認知症かボケが始まってんじゃね?
たまに自演でスレ立ててるっぽいしな(特にベーシックイカムなw
7.名無しさん:2018年12月08日 12:13 ID:fjQLZDXW0▼このコメントに返信
>>1
そもそもそんな消去法の選択しなきゃならない状況になるのが悪い定期
8.名無しさん:2018年12月08日 12:13 ID:t1POplUx0▼このコメントに返信
なんで日本ってミッドウェーで負けた時点で降伏しなかったんだろうな
自分たちがどれだけ弱いかなぜ理解できなかったんだろう
結局、本土まで追い詰められて無条件降伏とかバカすぎる
無条件降伏するくらいなら戦争やらずに最初から講和すればよかった
9.名無しさん:2018年12月08日 12:13 ID:rpsxAxXw0▼このコメントに返信
A:おいJ そこはお前の席やないって言うとるやろ どけや
K in J:(おい また あいつ 言うてきてるぞ うっとしいの いっぺんシバィたれや!)
J:な な な 何言ってんねん そ そこ お 俺が長いことかかって確保したんやぞ
A:ん なんや くちごたえするんか ええ根性しとるやんけ
K in J:(勝手なことばっか 言いやがって シバケシバケ イテモタレや!)
J:く く くちごたえって な なんや ちゃんと説明したやないか
A:何をガタガタ言うとるんじゃ どかんかいボケ! よし 3っつ数える間だけ 待っといたる はい さーん にー いー
K in J:(一発カマシたれ! 痛い目に合わしたら Aも ちょっとは静かになるて)
J:わ わ わ わーーーー! コンチクショーーー!
@@@@@@@  数十秒後   @@@@@@@@@@@@@@@@@@ 
A:降参するか? それとも もっとか? どや!
J:ててててて… かか か か 堪忍してぇな な 何でも言うこと聞くよって…

結果的に 鮮-日勢力(K in J)大勝利
10.名無しさん:2018年12月08日 12:13 ID:6KLa9lJU0▼このコメントに返信
今の対中貿易制裁みてりゃ分かる。米国は中国に劣らず外基地だからだ。無茶苦茶な外交から戦争へ追い込まれた。
11.名無しさん:2018年12月08日 12:14 ID:rpsxAxXw0▼このコメントに返信
@@@@@@@  数カ月後   @@@@@@@@@@@
K:おいJ ちゃんと 謝れや!またワメクぞ! わーーーーーー
J:あ 謝ったやないか い い いつまで言うねん 
 あっ おっ おい そこ俺の席、 あっ おま 昨日も牛丼食わしたったやろ あっ あ
T:知らんな そんなん聞いたことない それにな ここは昔っから俺の席や
K in J:(そらそやな 結構調子のって アイツライジメたからな 
仕返しされてもしゃあないで また牛丼食わして あやまろや)
J:ウソ付けや! あっ おまえら やめろや あっ あっ 
A:おい お前ら ええかげんにせいや! おい J お前も 認めんかい! おう!
K in J:(A君に全部任せたらええねん もう 俺らが謝っといたらみんな仲良しや)
J:えっ あ…  う ん…
A君 今日もありがとう またガソリン満タンにしとくわ
  これ少ないけど取っといてw えへへへぇw
@@@@@@@@@@@@その日の夜@@@@@@@
A:おいT K もうちょっと 回数増やせや  またハンバーガー食わしたるからな
K:へっ 兄貴
T:ふん (たまには 俺にもステーキ食わせろや)
鮮-日勢力(K in J)大勝利
12.名無しさん:2018年12月08日 12:15 ID:rpsxAxXw0▼このコメントに返信
テケテ テケテテケテ♪  テケテ テケテテケテ♪ テケテケテw
テテレレーテレレーテレレレーレー♪  テテレレーテレレーテレレレーレー♪ 
テーレーレ テーレーレー テーレーレ テーレーレー  テーレーレ テーレーレーー
テレレレー♪ 
13.名無しさん:2018年12月08日 12:15 ID:rpsxAxXw0▼このコメントに返信
まずミッドウェィ勝利後すぐに
シーレーンの防御網構築を開始し南方資源輸送航路を確保、 同時進行で政府及び大本営主導で航空輸送基地を緊急整備。
周辺国に経済支援を約束すると同時に労働力を確保、各種工場を順次建設、大東亜共栄圏総動員体制を確立する。
技術部門の士官が八木アンテナ技術部とVT信管作製とレーダーの改良計画を軍司令部に説明し開発改良に着手。
優秀な昭和初期の技術者達は、次々に新技術を開発w
敵は戦力を大量投入しようとするも、日本製の新型レーダー、新航空機の前にあえなく沈黙w
敵潜水艦も制空権を奪われた海域で簡単に壊滅に追い込まれるw
14.名無しさん:2018年12月08日 12:16 ID:rpsxAxXw0▼このコメントに返信
テケテ テケテテケテ♪  テケテ テケテテケテ♪ テケテケテw
テテレレーテレレーテレレレーレー♪  テテレレーテレレーテレレレーレー♪ 
テーレーレ テーレーレー テーレーレ テーレーレー  テーレーレ テーレーレーー
テレレレー♪ 
15.名無しさん:2018年12月08日 12:16 ID:QVTOt5yH0▼このコメントに返信
※4
それなw 良心的なサイトと思って愛用してきたが、マルクスガー共産主義がーとか。明らかなコメ稼ぎスレとか
しばらくは静観するけど、愛想が尽きそうだわ。
16.名無しさん:2018年12月08日 12:17 ID:rpsxAxXw0▼このコメントに返信
工ルダー帝国ガガ―ン少将w
17.名無しさん:2018年12月08日 12:20 ID:LUyCFn3V0▼このコメントに返信
日露戦争だって勝てる戦争ではなかった。
18.名無しさん:2018年12月08日 12:20 ID:4.Ye.jsc0▼このコメントに返信
孝明天皇暗殺で コリアン天皇となり大英帝国で教育された売国奴が
傀儡政権を築いた 日本を合法的に 英国支配の米国へ変入する為に

天皇が米国帰りの売国奴=山本五十六 を使い負けて日本を献上した
現在価値3千兆円の軍事費で勝てる要素は有ったが 

東大卒の世間知らずがTOPを占める無能ぶりは
ただ犠牲を増やしただけ・・結果大量の約5000万人の日本人をポア

コリアンの激増と特権で コリアンの為の日本が現在の姿だ
米国のトランプ革命政権が誕生して 特亜一掃い来年から本格化と観るが
19.名無しさん:2018年12月08日 12:21 ID:lxm5IVbs0▼このコメントに返信
日清戦争だって、世界の誰もが日本が負けると思っていたらしい。
20.名無しさん:2018年12月08日 12:21 ID:t1POplUx0▼このコメントに返信
日本政府は英米と講和するつもりだった
だが国民は戦争したくて仕方が無くて講和をしようとする内閣を辞職させ、講和の話が出ると暴動を起こした
軍部は勝手に満州を占領し中国を侵略し独伊と同盟を結び英米中は日本を見捨てた
強すぎるナショナリズムが国民の戦意をあおったのではないだろうか
軍部はただ予算を増やすのが目的だったと思う
考えなしの国民とただ自分の私腹を肥やしたい軍部によって開戦した
21.名無しさん:2018年12月08日 12:22 ID:eepVYB830▼このコメントに返信
大東亜戦争は、たとえ負けてもやらなければならなかった。
22.名無しさん:2018年12月08日 12:23 ID:eepVYB830▼このコメントに返信
時これ昭和16年師走8日の朝またぎ、大号令ともろともに神風荒ぶハワイ沖、古今未曾有の大奇襲🎶。本日は開戦記念日です。今の世界があるのも英霊様の、捨て身の戦闘があったからです。深謝しましょう。本当にありがとうございました。私は、あなたたちの、子孫である事を、誇りに思います。
23.名無しさん:2018年12月08日 12:25 ID:FJRT20Ac0▼このコメントに返信
中国が日米開戦までの10年間粘ってなければのちの歴史が変わっていたよね
第二次大戦における中国の影響の大きさは無視できない
24.名無しさん:2018年12月08日 12:26 ID:oh9wBgiF0▼このコメントに返信
>>1
戦わずに失ったのは中国の占領地くらいだろ

これだから極論しか言えない馬鹿は
25.名無しさん:2018年12月08日 12:26 ID:Nz8vvnMy0▼このコメントに返信
欧米の国力を知っている知識人:無理。勝てない。悲惨な結果になる。
一般国民:ロシアに勝ったんだからアメリカにも勝てるかもしれない。
関東軍:外交的にうまくやってくれ。中国相手なら勝てる。
軍部中央:日本を守るためにやるしかない。
軍閥:ブロック経済のアジア圏を死守するしかないだろう。
天皇:明治天皇に並びたい。でも、ほどほどに。
政治家:国を守るためには短期で結果を出し、交渉に持ちこむ。満州は死守したい。
当時は一般の国民には情報がほとんどない状況。マスコミの言われるがまま。煽動されるがまま。
26.名無しさん:2018年12月08日 12:27 ID:9XbXz3mx0▼このコメントに返信
真珠湾の強行攻撃から77年目の今日、入管法改正が強行採決された。また亡国への歴史を繰り返す愚かな政府。
27.名無しさん:2018年12月08日 12:28 ID:oh9wBgiF0▼このコメントに返信
まあ陸軍のメンツのせいで国が滅んだという救いようのない結論よりは、やらなきゃいけない戦争だったとか運命論の方が無能っぷりを隠せていいよね
28.名無しさん:2018年12月08日 12:28 ID:WDkl57SE0▼このコメントに返信
アメリカの方がすでに中国戦線に参加してたじゃないの。
フライングタイガースを送りこんでいたし、日本への攻撃命令も出していたし。
真珠湾の6ヶ月前に
29.名無しさん:2018年12月08日 12:30 ID:n.uADkq00▼このコメントに返信
アメリカがあそこまで満州利権にこだわると思わなかったのがすべてやろ
陣営から弾き出されて完全敵視されるまでの流れはを読み間違えた
30.名無しさん:2018年12月08日 12:31 ID:oh9wBgiF0▼このコメントに返信
>>29
満州利権にこだわったんじゃなくて日独伊三国同盟と南部仏印進駐が問題だろ

日米諒解案を見ればわかるように、満州国の承認は条件次第ではアメリカに飲ませることも不可能じゃなかった
31.名無しさん:2018年12月08日 12:31 ID:GwW6904m0▼このコメントに返信
おまエラ負け組には自己責任だ自業自得だとイキり散らすくせに
昔の日本には同情的なのな
32.名無しさん:2018年12月08日 12:32 ID:4.Ye.jsc0▼このコメントに返信
売国奴・コリアン天皇が 合法的に日本を米国に献上したのが
太平洋戦争=奴隷解放・大戦である 
予定どうり負けたが兵隊の一部はインドから台湾に至るまで

独立の為に残り 多くの犠牲を払い独立させた!! 日本の敗戦でも 
兵隊の独立参戦は 世界に誇る 歴史的偉大な成果だ
33.名無しさん:2018年12月08日 12:32 ID:.3O37e1e0▼このコメントに返信
中国との講和の失敗、ドイツの快進撃、アメリカの静観、ソ連との4か国同盟構想
複雑怪奇な国際情勢の末に、結局最悪の選択をしたよな
34.名無しさん:2018年12月08日 12:33 ID:4.Ye.jsc0▼このコメントに返信
売国奴・コリアン天皇が 合法的に日本を米国に献上したのが
太平洋戦争=奴隷解放・大戦である 
予定どうり負けたが兵隊の一部はインドから台湾に至るまで

独立の為に残り 多くの犠牲を払い独立させた!! 日本の敗戦でも 
兵隊の独立参戦は 世界に誇る 歴史的偉大な成果だ
35.名無しさん:2018年12月08日 12:34 ID:ak3twI680▼このコメントに返信
過去の日本を上から目線で、頭が悪いだの判断力が凪いだの言ってる方々は、遥かに難易度が低い自分自身の人生では、何一つ勘違いも間違いも犯さず、思うが侭に楽しまれているんでしょうね。そんな人が何故ネットの書き込みに貴重な時間を費やされているかは理解できませんが(笑)。
36.名無しさん:2018年12月08日 12:34 ID:lpj6AdN.0▼このコメントに返信
結構アメリカにも日本にも赤のスパイが入り込んでたらしいね。
37.名無しさん:2018年12月08日 12:37 ID:.3O37e1e0▼このコメントに返信
中国との講和の失敗、ドイツの快進撃、アメリカの静観、ソ連との4か国同盟構想
複雑怪奇な国際情勢の末に、結局最悪の選択をしたよな
38.名無しさん:2018年12月08日 12:37 ID:kLaKN6kt0▼このコメントに返信
※8
ミッドウェー海戦の前からアメリカは枢軸国に対して無条件降伏を目標にしてることも知らないんだな
ミッドウェーで負けたくらいで日本が降伏しますといってもアメリカは受け入れないよ
そして無条件降伏を要求するということは最後まで相手から抵抗を受けるということ
ドイツはベルリンまで攻め込まれて政府が無くなってやっと降伏してる
日本は本土上陸戦の前に降伏して政府も残ってるから降伏が早い方だ
39.:2018年12月08日 12:42 ID:LETo6GA80▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
40.名無しさん:2018年12月08日 12:43 ID:YBNLRmFf0▼このコメントに返信
総力戦研究所の話をちゃんと聞いてりゃ・・・なんでウヨさん達は日頃国益国益とやかましいのに負け戦を起こしたお偉方を必死に擁護するのか。鳩ぽっぽが可愛く見えるレベルの売国だろ
41.名無しさん:2018年12月08日 12:44 ID:VSt3VJQF0▼このコメントに返信
海軍省の中の人:
「国傾けるくらい予算使い込んでおいて今更勝てる訳ないなんて
言えるわけねーだろ 俺が左遷されたらどうすんだ?常識的に考えろや」

的ノリだとおもう
42.名無しさん:2018年12月08日 12:44 ID:iw6O1W6M0▼このコメントに返信
其れは「敗北よりも死」だからだ。
エミネムも言ってるだろ。
43.名無しさん:2018年12月08日 12:45 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
当時のアメリカ大統領がキ・チ・ガ・イ・で車椅子使用の障害者である事を国家機密とし、堂々と公表せず、その果てにレイシストに堕ちたフランクリン・ルーズベルトだったから。奴の側近はコミュンテルばかりだった。

オバマ民主党政権が中国人工作員ばかりだったのと同じ。
44.真実史観:2018年12月08日 12:45 ID:MG0TpqLH0▼このコメントに返信
十二月八日    高村光太郎  
記憶せよ、十二月八日。
この日世界の歴史あらたまる。
アングロ サクソンの主権、
この日東亜の陸と海とに否定さる。
否定するものは彼等のジャパン、
眇たる東海の国にして、
また神の国なる日本なり。
そを治しめたまふ明津御神なり。
世界の富を壟断するもの、
強豪米英一族の力、われらの国に於て否定さる。
われらの否定は義による。
東亜を東亜にかへせといふのみ。
彼等の搾取に隣邦ことごとく痩せたり。
われらまさにその爪牙を摧かんとす。
われら自ら力を養ひてひとたび起つ。
老弱男女みな兵なり。
大敵非をさとるに至るまでわれらは戦ふ。
世界の歴史を両断する 、
十二月八日を記憶せよ。
45.名無しさん:2018年12月08日 12:45 ID:LETo6GA80▼このコメントに返信
どうして誰も勝てると思わなかった大国の清やロシアと日本は戦争したと思う?
46.名無しさん:2018年12月08日 12:46 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
当時のアメリカ大統領がコミュンテルのフランクリン・ルーズベルトだったから。
47.名無しさん:2018年12月08日 12:46 ID:VSt3VJQF0▼このコメントに返信
※45
そりゃ実情を把握して戦いになるとわかってたからだ
48.名無しさん:2018年12月08日 12:47 ID:yTPKKRzC0▼このコメントに返信
多くの人がアメリカと戦えば負けると解っていた。
しかし、戦争反対を言えば、青年将校に暗殺される。
テロ恐怖のため、多くの国民が間違った判断をした。
テロの恐怖のため、より大きな被害を招いてしまった。
テロの恐怖を克服する勇気は今の日本人にもない。
テロの恐怖を克服する勇気を持つことが大切だ。
49.名無しさん:2018年12月08日 12:47 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
>>18
あー、こいつ殺し・ても、いい?
50.名無しさん:2018年12月08日 12:48 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
>>39
反日左翼在日は諸悪の根源ですね。
51.名無しさん:2018年12月08日 12:49 ID:ek7tS8ZD0▼このコメントに返信
>>1満州を守るためならば本土が焦土になっても良いのであります。
52.名無しさん:2018年12月08日 12:50 ID:.YIoaBS.0▼このコメントに返信
満州を中国へ返すとか当時の国内世論が許さないだろ。
53.名無しさん:2018年12月08日 12:51 ID:gmx0738n0▼このコメントに返信
このネタ取り上げるにはヴェノナ文書も重要になってくるみたいね。
内容を詳しくは知らないけど最近よく取り上げられてる。
54.名無しさん:2018年12月08日 12:52 ID:AplwTCST0▼このコメントに返信
ニューディール政策が行き詰まったので軍産複合体と結託し日本をけしかけたのが本当のところではないかな?
真珠湾攻撃もアメリカは事前に把握していたし
アメリカの兵器業者は太平洋戦争中も日本に兵器売っていたし
55.名無しさん:2018年12月08日 12:53 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
>>45
清帝国が暴虐(長崎事件とか)で、ロシア帝国が北清事変の後に満州を占拠したからさ。
そんで、アメリカとの戦争に敗北でしょ?
中露米三大軍事国家鼎立の東アジア情勢は変わんないよ。最後の米に勝利していたら、東アジアは安定したのにね。
敗北したから、中共・北朝鮮による悲劇がアジアに降りかかっているんだよ。
56.名無しさん:2018年12月08日 12:53 ID:nxLGJ5e80▼このコメントに返信
戦争も喧嘩も、始めるより終わらせるのが難しい
自分有利なまま都合よく終わらせられると思った日本の認識は甘かった
そもそもパールハーバー以降は有利にさえ出来てなかったけど
57.名無しさん:2018年12月08日 12:53 ID:LETo6GA80▼このコメントに返信
革命的祖国敗北主義 Wikipediaより

帝国主義下にある自国が対外戦争に参戦した場合、第二インターナショナルの社会民主主義者たちのように自国の勝利のPABL79074に挙国一致で戦うのではなく(城内平和)、戦争への協力を拒否し、その混乱や弱体化に乗じて革命で政権を掌握させるべきとした。具体的には、反戦運動により厭戦気分を高揚させることで自国の戦争遂行を妨害したりすることなどである。
58.名無しさん:2018年12月08日 12:54 ID:5zglOhHT0▼このコメントに返信
ルーズベルトが(ライブドアと同じで頭の中が常人と全く異なっていた精神疾患)だったから
59.名無しさん:2018年12月08日 12:55 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
「ヴェノナ文書」を読んだら第2次世界大戦の本当の意味が分かるよね。
諸悪の根源はコミュンテル。
60.名無しさん:2018年12月08日 12:56 ID:mpIxzznL0▼このコメントに返信
外交で負けたけど降伏はしたくないので戦争になった。
61.名無しさん:2018年12月08日 12:58 ID:.uODDQA10▼このコメントに返信
雑魚のくせにいきがって喧嘩売りまくってたからな
チビに限って好戦的で気が強いだろ
それと同じよ
62.ハインフェッツ:2018年12月08日 12:59 ID:yAtSufto0▼このコメントに返信
近衛内閣時代に”帝国国策遂行要綱”ってのが策定されて、対米開戦が決定事項になってな…

その近衛内閣のシンクタンクに入り込んで中国を叩けと盛んに煽っていたのが、朝日新聞かつ共産主義者という社会の敵も同然の奴だったのだけど。
63.名無しさん:2018年12月08日 13:01 ID:Xk433u.z0▼このコメントに返信
ん? 勝っただろ。
64.名無しさん:2018年12月08日 13:01 ID:FUkou.EB0▼このコメントに返信
そら勝てると思ったから̠開戦したに決まってるだろ
石油がないとかドイツが負けるとか後付けならアホでも言えるわ
65.名無しさん:2018年12月08日 13:01 ID:yTPKKRzC0▼このコメントに返信
正しい事を言う勇気がなかった。
仕方なく、先の見えない無謀な真珠湾攻撃をした。
アメリカが講和してくれるという先の見えない確率の低い一縷の望みにかけた。
それなら攻撃するなよ。粘り強く交渉しろよ。
テロの恐怖で冷静な思考が出来なかった。
66.名無しさん:2018年12月08日 13:02 ID:.NoAbkDk0▼このコメントに返信
日本は馬鹿すぎた真珠湾攻撃なんかしなければ中国の領土もそのまま貰うことが出来た。
67.名無しさん:2018年12月08日 13:03 ID:qaoaonYs0▼このコメントに返信
人種ちがう 宗教ちがう よって滅ぼすのが正義 の思考で接してくる相手に
戦争以外の選択肢が無かった
68.名無しさん:2018年12月08日 13:05 ID:JJXec.0c0▼このコメントに返信
日本国民が竹槍持って訓練してた頃
米国ではオールカラーでステレオ音声の長編アニメ映画上映してたんだぞw
69.名無しさん:2018年12月08日 13:06 ID:qbmEpKaW0▼このコメントに返信
全てアメリカからふっかけられたからだよ。

後は今も変わらない官僚のアホのせいでもある。自由主義という経済と政治を全く理解してないからね。
今も同じく何の専門性もないド素人の文系バカが仕切ってるのだからそりゃ、常に判断が間違うわけよ。
70.エンアカーシャ:2018年12月08日 13:07 ID:5zCpLEcF0▼このコメントに返信
なんで、
<中国皇帝の国>と、<大韓帝国>は、
勝てない、と、知っていて、日本と戦争して、敗北したの?、
結局、
敗戦して、<中国皇帝の国>と、<大韓帝国>は、滅亡したけど。
71.名無しさん:2018年12月08日 13:07 ID:aaKZB.Gl0▼このコメントに返信
※65
開戦前から対ドイツを名目にアメリカもどんどん軍拡してるんだから交渉は時間がたつほど日本の不利にしかならないんだよ。
72.名無しさん:2018年12月08日 13:08 ID:B3VXFLdZ0▼このコメントに返信
そもそも戦前と戦後で世界の構造が全く違うってこと、字面でしかわかってないやつ多すぎる。

・白人至上主義の人種差別が普通
・植民地支配は当然
・自由貿易ガン無視の保護貿易
・共産主義の脅威の認識薄い。
・支 那の卑劣さはなぜか忘れ去られている。

こういう状況だぞ。これを否定するなら、戦う以外ないんだよ。
この体制が続く限り、日本は先細りしていくのが目に見えていたからね。
で、実際、戦ったら、戦後「なぜか」全部ひっくり返ったろ。
アメリカとしてはプロパガンダのためにも日本の正当性潰さなければいけないから、
当然こういう流れになる(フィリピン独立はそれ以前から決定されてたが)。
73.名無しさん:2018年12月08日 13:09 ID:aaKZB.Gl0▼このコメントに返信
※52
そもそも中国のもではないのだから返還というのがおかしい
74.名無しさん:2018年12月08日 13:10 ID:VSt3VJQF0▼このコメントに返信
フライングタイガースは日本がアメリカからの戦略物資が欲しさで黙認してただけやろ
仮にアメリカに強烈に抗議してじゃぁ中国側に立つわってアメリカが宣言したら干上がるのは日本やで
双方とも暗黙の了解でやってたんだよ(´・ω・`)そんなこともわからないでフライングタイガースガーとかぬかしてんのか
75.名無しさん:2018年12月08日 13:10 ID:VCsJqG6Z0▼このコメントに返信
中韓は嘘つき
76.名無しさん:2018年12月08日 13:10 ID:3zeBzSKB0▼このコメントに返信
>>73
満州の主権が中華民国にあることは大正時代に大日本帝国が認めてる
77.名無しさん:2018年12月08日 13:11 ID:RDc9NMna0▼このコメントに返信
そもそも勝つつもりで開始した戦争じゃなくて講和を前提にしてたから。
当初の予定通り宣戦布告からの開戦だったらアメリカからの譲歩を引き出せてもおかしくなかったし。
アメリカに勝てるなんて思ってたのはマスコミとそれに踊らされた国民ぐらい。
78.tako:2018年12月08日 13:13 ID:nWAGd6iW0▼このコメントに返信
コメ1.で結論出とるやろw

まあ、その手の書き込みが多いと
5chやここの管理人あたりは気に入らん・・・ってことになる
そこで何回も話題にするw
79.名無しさん:2018年12月08日 13:14 ID:B3VXFLdZ0▼このコメントに返信
※74
>フライングタイガースは日本がアメリカからの戦略物資が欲しさで黙認してただけやろ

なら、なんで最近まで米軍が関与していたこと隠してたんだ?
正当性がないという認識があったからだろ。
そもそも暗黙の了解なんぞには、全く正当性ないがな。
80.名無しさん:2018年12月08日 13:15 ID:VSt3VJQF0▼このコメントに返信
※77
問題は正しく宣戦布告後に戦闘に入ったとしてもアメリカが殴り返さないで講和に応じたのか?
というあたりが疑問だよね(´・ω・`) 
日本が報道を統制したようにアメリカだって報道統制をする可能性の方が高いだろうにね
81.名無しさん:2018年12月08日 13:15 ID:0cWFrUxf0▼このコメントに返信
日本は自衛のために戦争したってマッカーサーもいってるじゃん、、
82.名無しさん:2018年12月08日 13:16 ID:VSt3VJQF0▼このコメントに返信
※79
暗黙の了解だから別に関与を認める必要もなかったからやろ
83.名無しさん:2018年12月08日 13:19 ID:N0gXETfI0▼このコメントに返信
1930 金輸出自由化と緊縮財政 1931 満州事変 1932 5.15 1933 国際連盟脱退
1934 帝人事件(でっち上げ総辞職)1935 天皇機関説 1936 2.26 1937 シナ事変、トラウトマン工作
毎年失政を繰り返しては内閣が代わり、政局目的に戦争を煽り、和平工作をまとめることもできず、自殺目的の戦争であったと思われる
84.名無しさん:2018年12月08日 13:19 ID:viRI.co50▼このコメントに返信
※30
古くは日露戦争の時から始まる問題だからねぇ
 建国から当時のアメリカの歴史からしたら、特段、選択ミスでも無いしね
前提条件のはき違えに気が付いた段階で即座に方向修正出来てたら色々と回避できたであろう面も対外的にはあるけど、
残念ながら、決行までの段階で方向修正ができるような柔軟性は既に無くなっていたのよねぇ

あの時にアメリカの植民地になる事を決めていたら大戦争には成らなかったろうが内戦突入で日本全土が荒野になってたろうね
85.名無しさん:2018年12月08日 13:20 ID:B3VXFLdZ0▼このコメントに返信
※76
いやそんなもん存在しないだろ。
おそらく九カ国条約のこといってるんだと思うが、あの条約での主権範囲って実に曖昧で、「推定」って言ってるだけだからな。
旧主権者である清朝の皇帝が、異議を出してくれば、当然「推定」は破れるだろ。
現に今もチベットやら東トルキスタンの独立を支援する動き普通に欧米にもあるのは良い証拠だ。
86.名無しさん:2018年12月08日 13:21 ID:VSt3VJQF0▼このコメントに返信
腰の引けた艦隊保全主義で消耗戦をやらかして結局役立たずで国土まで焼け野原にした馬鹿海軍
徴用した商船は見殺しにし補給の確約をした陸軍への補給も無理して国中から恨まれてる無能集団
そんなザマなら最初から主力の戦艦部隊もハワイに突っ込ませてハワイ焦土にしてサンフランシスコまで突撃せや とは思う(´・ω・`)
87.名無しさん:2018年12月08日 13:22 ID:48iSSwwA0▼このコメントに返信
男には例え勝てないと解っていても戦わなければいけない時がある
88.名無しさん:2018年12月08日 13:22 ID:B3VXFLdZ0▼このコメントに返信
※82
歴史研究の場で否定する必要全くないな。全然理由になってないぞ。
89.名無しさん:2018年12月08日 13:22 ID:n.uADkq00▼このコメントに返信
>>30
日露戦争の仲裁をアメリカに頼んだ時の約束通りに長春・旅順口間の鉄道を日米共同経営してたら結果は違ったと思うで
アメリカ世論が日本許すまじになったのはこの時から
たぶんこれ以降はどう動こうが詰んでた気がする
90.名無しさん:2018年12月08日 13:22 ID:VSt3VJQF0▼このコメントに返信
※87
結果として女子供も焼かれたわけだが。
91.名無しさん:2018年12月08日 13:24 ID:VSt3VJQF0▼このコメントに返信
※88
必要性が無いからだろう?相手がすでに滅亡したんだもの 
既に過去の存在になったから じゃぁ別にいいんじゃねぇのって最近になって正式に認めたってだけかと
92.名無しさん:2018年12月08日 13:25 ID:ak3twI680▼このコメントに返信
アメリカを怒らせたから日本が悪いーなんて子供だましを信じ込んでる人がまだいるんだ。

アメリカはそんなに無邪気な国じゃないよ。全部最初から計算ずくだよ。真珠湾は元々アジアに干渉するために、ハワイの王家を追い出して強引に併合して作った軍事拠点だからね。いわば日本の咽喉もとの突きつけられたナイフみたいなもので、アメリカはそんな状況を作ってから日本に圧力をかけてきたんだよ。だから最初から日本がどう動こうと日本の権益を押さえ込んで、内部分裂を起していた中国への影響力を獲得する方向性に変更は無かったんだよ。アメリカはメリットが無ければ戦争なんてしない国だからね。
93.名無しさん:2018年12月08日 13:26 ID:VSt3VJQF0▼このコメントに返信
結局のところセクト主義がとまらなくなり海軍は海軍の都合陸軍は陸軍の都合しか考えられなくなり亡国と至ったのだ。
自分たちの為なら国が焼かれようがどうなろうが知った事かという具合にね。
94.名無しさん:2018年12月08日 13:27 ID:S9kpA3MP0▼このコメントに返信
全部中国人が仕組んだこと。米国は中国に動かされたのだよ。勝ったのは中国。
95.名無しさん:2018年12月08日 13:29 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
>>61
お前が?
96.名無しさん:2018年12月08日 13:29 ID:vzJA8fQW0▼このコメントに返信
今の中国の様に米国から苛められた。
その他に、英国、中国、蘭国も加わり、日本が戦略物資を手に入りぬくしたんだ。
元々、米国は、日中戦争に干渉して武器・弾薬・兵器を提供してきたスポンサーなんだよ。
丁度、シリアやイランの反政府勢力に米国が、武器弾薬兵器を提供しているが如く、当時も、米国の
中国への提供があったんだよ。
最後には、ボランティアと称する米兵を送り込んで、真珠湾攻撃以前に日米は、戦っていたんだよな。
戦勝国米国は、真珠湾から戦争が始まった事にしたんだよ。
米国の戦略は、70年以上経っても、何も変わっていないんだな。
97.名無しさん:2018年12月08日 13:29 ID:dG5KRUrk0▼このコメントに返信
何故戦うことになったのかと言えば
石油不足が深刻ってことだろう

アメリカ様が諸外国に石油を売るなと働きかけたおかげで(機密解除されたアメリカの公文書に記載がある) 日本に石油を売ってくれる国が激減したんだよ

当時は植民地主義全盛期
アフリカもインドも東南アジアも搾取されている時代

戦えなくなったときの恐怖なんて考えればわかるだろう

あと国民が戦争を望んでいたとか
理由は複数有る
98.名無しさん:2018年12月08日 13:29 ID:dG5KRUrk0▼このコメントに返信
何故戦うことになったのかと言えば
石油不足が深刻ってことだろう

アメリカ様が諸外国に石油を売るなと働きかけたおかげで(機密解除されたアメリカの公文書に記載がある) 日本に石油を売ってくれる国が激減したんだよ

当時は植民地主義全盛期
アフリカもインドも東南アジアも搾取されている時代

戦えなくなったときの恐怖なんて考えればわかるだろう

あと国民が戦争を望んでいたとか
理由は複数有る
99.名無しさん:2018年12月08日 13:29 ID:p3cj7RFA0▼このコメントに返信
しないと植民地にされてた
モノカルチャーで自給は不可能になり、多様な産業はノウハウが継承されなくなる
あのころ日本の得意分野だと製糸紡績業だ、仮に無条件降伏したとすれば70年たったとしてもそれらの糸だけ延々と作らされている可能性がある
全アフリカがそうとは言わないが、イメージされるアフリカとかと同様な末路
100.名無しさん:2018年12月08日 13:31 ID:jtTeOl9t0▼このコメントに返信
アメリやソ連の裏工作で戦争に引き込まれた

日本は中国は諦めて米国と妥協していれば大戦後も一等国の地位を維持できたはず

軍人は白旗を掲げれば戦争が終わると甘い考えだったが
米国は世界の覇権を狙っていて徹底して破壊尽くす戦略であり白旗など許すはずもなかった
101.名無しさん:2018年12月08日 13:31 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
>>66
要らねよ。
日本は早々に中国との戦争を終結させたかったが、中国は内戦状態。
まあ、盧溝橋事件の時の駐屯連隊長が馬鹿過ぎた。

大牟田廉也だけど。
102.名無しさん:2018年12月08日 13:31 ID:t1POplUx0▼このコメントに返信
つまるところ日本が侵略国家だった
これが全て
103.名無しさん:2018年12月08日 13:32 ID:asU6VFMs0▼このコメントに返信
多数の国民を死なせずに済み
言語も文化も国民性も人権もまるごと喪失して世界最貧国の予備軍になるのと
多数の犠牲を払っても国民団結の旗印を守り抜き
経済と技術の大国に返り咲くのとどっちがよかったか …わからんわ
結果オーライで片付けていいような損失とは思わない
偶然の積み重ねでもあるけど
俺たちは運がいいな
104.名無しさん:2018年12月08日 13:32 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
コミュンテルが諸悪の根源。
105.名無しさん:2018年12月08日 13:33 ID:B3VXFLdZ0▼このコメントに返信
※89
その前に日露の講和条約で、アメリカはおもいっきしロシアに肩入れしやがったからな。
桂ハリマン覚書、ひっくり返したのも小村寿太郎だし。意趣返しもあったんだろ。
てか、日露戦争で何も得られなかった以上、満州の権益で稼がなきゃ話ならんわけだし。
「権益」具体的なキャッシュが入ってくるわけじゃなく、あくまで事実上の優先権でしかないわけだし、それすら失うってのはな。
日本としては欧米に依存した経済やら技術を脱却する必要があったわけで、そのためにも金が必要。
で、その途上で結局、アメリカと衝突することになるわけだけど。
106.名無しさん:2018年12月08日 13:34 ID:KOMGG.oI0▼このコメントに返信
※99
普通に考えたらそこまで資源はないし軍は精強な国を欧米が植民地にするメリットがない
ソ連はしらん
107.名無しさん:2018年12月08日 13:35 ID:IoOFAgxD0▼このコメントに返信
共産主義者の近衛文麿首相とソ連コミンテルンのスパイ新聞の朝日新聞が敗戦革命を実行したのだ。
すなわち日本皇国を滅亡させ、日本共産国を樹立せんとするふざけた戦争だ。
軍民合わせて300万人以上の優秀な日本人犠牲も計算の上だった。
108.名無しさん:2018年12月08日 13:36 ID:B3VXFLdZ0▼このコメントに返信
※91
歴史研究ならいくらでも必要性ありますが。
てか、「滅んだ」というのなら、すぐに公開しても良いよな。
公開する必要がなかったんじゃなく、隠しておく必要があったからだろ。
109.名無しさん:2018年12月08日 13:42 ID:B3VXFLdZ0▼このコメントに返信
※106
もともと「軍は精強な国」なんて認識はなかったんだろ。
ハワイ → (日本の開国) → フィリピン領有 → 支 那の門戸開放
の流れみる限り、もともと日本を支 那進出の足場・橋頭堡にする気だったんだろ。
それが南北戦争おっぱじまって、その間に日本が国力一気に増強してしまうというイレギュラーが重なって
フィリピンにターゲット変更ってとこだろ。
110.名無しさん:2018年12月08日 13:43 ID:58k4FY.p0▼このコメントに返信
俺、あまり詳しくないけど、
バルチック艦隊倒して、すぐにロシアと条約結んだような展開を期待して、甘く考えていたんじゃないかな?
アメリカさんは待ってました!だったと思われ。

戦略的勝利のゴールが消えて、終わらせ方が分からなくなって、いたずらに戦火を拡大したからね~。
味方もいない状況で、国力がケタ違いの相手に喧嘩売って勝てると思っていたのなら、それはただのアホでしょ?

何かしらの甘い決着方法を考えていたんじゃない?

すまん。歴史は好きだが、そこまで詳しくないんだ・・・。
111.名無しさん:2018年12月08日 13:45 ID:LETo6GA80▼このコメントに返信
大東亜共栄。
112.i774:2018年12月08日 13:45 ID:ISIdR81f0▼このコメントに返信
本来は「日本を守るために確保する地域」を最大権益として扱い始めた時点でおかしいのだ。
工業統計的にも貢献があったドイツ属領と違って「むしろ足を引っ張ってるレベル」でしかない。
損切りができない戦略を裏付けもないまま推進してたら、個別に勝てても最終的には損耗するしかないよ。

軍事的ではなく金融観点から見ると、あの当時のアメリカはまったく「異常」で、
通貨発行の裏付けになる「金」が世界中から集まっていた、というか政策的にも集められていた。
それらが世界経済を変化させている中で、ヨーロッパや日本の戦争への道がつながったように見える。
そういう意味では「開戦前に日本がジリ貧になる準備は完了」していたともいえる。
113.名無しさん:2018年12月08日 13:46 ID:48iSSwwA0▼このコメントに返信
>>70
大韓帝国が日本と戦争?

しっぽが出てますよ
114.名無しさん:2018年12月08日 13:50 ID:B3VXFLdZ0▼このコメントに返信
今の世界情勢じゃなく、当時の世界情勢考えると、日本は満州必要なのは疑いないんだよ。
大体、満洲国できる前から、アメリカの勝手な都合で市場から締め出し食らった状態だったんだから。
日本も近隣にブロックに相当するものは必要と思うのは自然の成り行き。
115.名無しさん:2018年12月08日 13:51 ID:8EUMKpAa0▼このコメントに返信
3国同盟じゃねーの
ドイツ・イタリアがヨーロッパを押さえてソ連・中国・アメリカを日本と板ばさみにする予定が、日本がこの3国とやらないといけない状況でクソワロタwwwwって感じ
116.エンアカーシャ:2018年12月08日 13:52 ID:5zCpLEcF0▼このコメントに返信
※113

韓国側の主張を、<前提条件>にしてあげてるんだよ、
相変わらず、文体を理解出来ていないな、キミは (笑)。
117.名無しさん:2018年12月08日 13:57 ID:HsUij57d0▼このコメントに返信
売られた喧嘩だ
後ろは見せられ無い
118.名無しさん:2018年12月08日 14:00 ID:KOMGG.oI0▼このコメントに返信
※109
日露から日米開戦までの範囲の話なら欧米に日本と戦争するメリットがない
あとフィリピンにターゲット変更も何もあそこスペインの植民地だったんですけど……
米西戦争はアメリカ大陸の問題で発生してフィリピン奪取はおまけみたいなもんやし
119.:2018年12月08日 14:01 ID:5zCpLEcF0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
120.名無しさん:2018年12月08日 14:04 ID:hNMcpunP0▼このコメントに返信
そもそも相手が強いから戦わないとかではないんだよ。日本にとって戦うべきかそうじゃないかってだけだ。
そもそも日本は自分のとこより規模のでかい相手とばかり戦ってる。支.那、ロシア、アメリカ。2勝1敗。それでも勝ち越し。
次は勝つ。もっとも今アメリカは同盟だから戦わないけどな。利害も一致しているわけで。
121.エンアカーシャ:2018年12月08日 14:11 ID:5zCpLEcF0▼このコメントに返信
70の3、

日本が負けても、アジアが解放されれば、日本の勝ち、だった、

結果は、
日本の勝利だった、

白人国家は、植民地の大半を失い、アジアから撤退、
アジア各国が<独立国>として、建国を果たした、
不必要だったが、中国も、韓国も、な、

日本が戦わなければ、
2018年の現在でも、白人国家の植民地として、日本以外の地域は存続していた、
それが、史実。
122.名無しさん:2018年12月08日 14:12 ID:uxOlW.700▼このコメントに返信
バカだから調べないで人に聞くんだろうね。で、パヨクマスコミに嘘を吹き込まれる。
覇権戦争なんだから、今のアメリカと中国の争いみたいなもんだ。ただ当時は核がなかったから戦争の敷居が低かっただけ。戦争は核が無ければいつでもできるスポーツだからな。伊達に年表が戦争で埋まっていない。
123.名無しさん:2018年12月08日 14:14 ID:oZuyBMw80▼このコメントに返信
ジャイキリ戦争に勝った成功から脱せない、勇気ある撤退が出来ない切り替え下手な猪突猛進日本人、それを更にマスコミが煽ったからやろ
世界の情報をちゃんと知らせない、偏向ばかり都合いい話ばかりで日本人を塀で囲い世間知らずにする日本マスコミは今も健在だが
124.名無しさん:2018年12月08日 14:14 ID:.P1Pp1Qf0▼このコメントに返信
※77
というか当時の日本の首脳部の対米戦争終結のイメージは日露戦争と大差ないもので
まさかアメリカが無条件降伏を目指すとは想定していなかった
アメリカ国内も開戦前は無条件降伏を目指して戦い抜く雰囲気だったわけではないから
日本の想定が甘いとは一概には言えない
オランダ領インドネシアの油田確保だけを目標として動いていれば
南仏進駐と同じく全面対決には至らなかったかもしれない
日本の真珠湾攻撃とロシアのクリミア併合と比較すると
勝てる見込みの無い相手と全面対決するという決断が
いかに愚かなことであるかをまざまざと見せてくれる
125.名無しさん:2018年12月08日 14:14 ID:gtiKBFEA0▼このコメントに返信
「アメリカになんて」ではなくて「アメリカなんて」ではないんでしょうか
意味は分かるのですが。
126.名無しさん:2018年12月08日 14:15 ID:XK9W4jnw0▼このコメントに返信
結果論でしかないな
127.名無しさん:2018年12月08日 14:16 ID:mZC.kwo10▼このコメントに返信
※112
当時のアメリカの立場だと、「金」が足りなくなるのは目に見えてたと思うのよ
次のドルの価値の担保となるのが「原油」だったのよ

当時の調査で中東に大規模油田が存在するのは確実視されてたのよ
でも、中東は当時イギリスの勢力圏下でありアメリカは参入しづらかったのよ
そんな中起こったのが欧州の戦争で、レンドリースのカタに中東利権を毟り取る算段がついたのよ
だけど大統領は不戦を公約にしてたから、大手を振って参戦というわけにはいかなかったのよ
そこで目をつけたのが日本だったわけなのよ
128.名無しさん:2018年12月08日 14:17 ID:4vtqVzys0▼このコメントに返信
全く肯定は出来ないが。
ドイツがヨーロッパで快進撃!イギリス降伏するんじゃね?→アメリカが経済制裁してくるよ~!一日一日戦略物資が減って行くよ~!→時間が経てば経つほどアメリカ軍が増幅して行くよ~!→艦隊戦で五分に戦えるのは今しかねえ!→真珠湾攻撃
やぞ。
結果
oh…イギリス守りきったで…→ファッ、なんでドイツがソ連ところしあいしてるんや?!→ミッドウェーで機動部隊壊滅してもうた…→次々に島陥とされてるやんけ…→もう…爆撃ヤメテクレメンス…→なんや?!この新型爆弾?!→連合艦隊無くなってしもうた…→玉音放送。

まあ、勝ち目の少ないギャンブルに賭けて奇跡は起きずに順当に負けたって感じや。
129.名無しさん:2018年12月08日 14:17 ID:vHk1GGkw0▼このコメントに返信
>>33
講話も何も中国(中華人民共和国)とは(まだ)戦争してないよ。
中共は戦後の成立な。
中共を中国と呼ぶのが適切かは置いて。一応政府方針なので。

戦争相手は中華民国(華)
対華21箇条とかね。
130.名無しさん:2018年12月08日 14:19 ID:6bOZEeYC0▼このコメントに返信
英米仏に喧嘩を売りや、負けると知っていた人達を遠ざけたのが原因。
それをやったのが、国粋主義者、極右、極左のソ連支持派、マスコミの連中。厳密に治安維持法を運用しこいつらを大粛清してれば防げた。
131.名無しさん:2018年12月08日 14:21 ID:2t7.lFPB0▼このコメントに返信
そりゃ戦う前から、禁輸で締め上げられ
丸裸になれって言われれば戦うしか無くなるだろ
ある意味日本はイヤイヤ戦争へ向かっていっただけ
そして、その事実を連合国側の連中は歪曲して教育してる
ハルノートすら知らなかったりするからな
132.名無しさん:2018年12月08日 14:22 ID:vHk1GGkw0▼このコメントに返信
>>24
シナ大陸の占領地だな。
当時のシナは一応、中華民国(華)の時代。
133.名無しさん:2018年12月08日 14:24 ID:W9WFjlMc0▼このコメントに返信
アメリカが本気になるとはゆめゆめ思っていなかったのでは?
134.名無しさん:2018年12月08日 14:25 ID:gOIZyyWQ0▼このコメントに返信
軍部も政治家も全く根拠のない楽観論で勝てると踏んでたくらいには能無し揃いだったから
135.名無しさん:2018年12月08日 14:26 ID:B6zMNh6U0▼このコメントに返信
>>130
開戦に消極的だった山本五十六に殺害予告してたのが当時のアホウヨ
アホウヨはいつの世も害悪なんですなぁ
136.名無しさん:2018年12月08日 14:27 ID:pgVp4yOw0▼このコメントに返信
簡単な理由。ソ連は軍事的にしっかりして国民もニヤニヤせずきちっとした統制のある国と勘違い。アメリカはジャズで陽気で軟弱と勘違い。それに軍部の慢心。 それが基本だから米国に戦略を使わずちょっとたたけば引っ込むと誤解していた。威力を見せたければハワイ沖で実弾大演習を見せればよかったのだ。しかし絶対にしなければならないソ連攻撃を回避してしまった。ソ連攻撃程当時の正義と正当な戦争は無かった。米国はそれを望んでいたが、日本軍部の傲慢さと無知が禁断の線を越してしまった。あの戦争は本来なら資本主義と共産主義にもって行くべきで、ドイツもポピュリズムにとらわれていて目が見えなかったのだ。戦後正常に本来の冷戦に入って行った。日独がもっと賢ければ資本主義が共産主義に勝利して
別の世界になっていた。日独とも傲慢さが身を滅ぼした。力が有るものほど細心でなければならない。
137.名無しさん:2018年12月08日 14:28 ID:ZJIOLkNI0▼このコメントに返信
世間知らずのマスゴミが国民煽ったからだろ
138.エンアカーシャ:2018年12月08日 14:28 ID:5zCpLEcF0▼このコメントに返信
70の4、

アメリカの誤算は、
1945年に、初めて、アメリカが国連に加盟した事で、戦後に<中国を植民地に出来なかった>所に有る、
国連加盟を、アメリカ軍が中国上陸して、植民地化した後なら、計算通りだったろうに · · · 、
日本も植民地化に成功して、ウハウハ、
名誉欲に囚われたのが、アメリカの敗因、
中国が欲しくて、戦争したのに、な、
アメリカ大失敗 (笑)。
139.名無しさん:2018年12月08日 14:30 ID:B6zMNh6U0▼このコメントに返信
>>131
まーた禁輸に至った経緯をガン無視するアホがいるのか
ハルノート以前から日本側の開戦決定が成されている事も知らないんだろ
140.名無しさん:2018年12月08日 14:30 ID:vHk1GGkw0▼このコメントに返信
>>23
中国(中共)が成立したのは戦後。
当時は中華民国。
だから日中戦争は(あるとしたら)これからw

中華民国も戦争を始めた挙げ句
粘って結局は大陸を失い台湾に逃げ込む羽目に。
141.名無しさん:2018年12月08日 14:34 ID:3zeBzSKB0▼このコメントに返信
中国の資源に欲を出したのが間違いだったな

結局日中戦争をやればやるほどアメリカに戦略資源の依存度は高まるという逆転現象が起きてるわけで、中国を植民地にするはずがアメリカの経済的植民地になってたのが開戦前の日本
142.名無しさん:2018年12月08日 14:36 ID:O3YfePyE0▼このコメントに返信
1.在留邦人の権利を守るという名目で出兵した(山東出兵)
2.関東軍が満州国建国したり、南京まで攻めたり好き勝手し始める
3.何度も機会はあったのに中華民国と講和しない
4.仏領インドシナに進駐しアメリカから東南アジア全域を支配する企図と受け止められ関係悪化、戦争へ

東方昭和伝を見れば大体分かるよ。
143.名無しさん:2018年12月08日 14:36 ID:vHk1GGkw0▼このコメントに返信
>>41
ま~これだよな常識で言って。
で勝手に壊滅して天皇陛下にさえ隠蔽。
海軍善玉説が意味不明。
144.名無しさん:2018年12月08日 14:36 ID:93BT5Wfk0▼このコメントに返信
何言ってんの ❔

宣戦布告も無しに先に仕掛て来たのはアメの方なんやで。
145.エンアカーシャ:2018年12月08日 14:43 ID:5zCpLEcF0▼このコメントに返信
※139

ウソを書くな、
<交渉に失敗した場合のみ開戦>だぞ。
146.名無しさん:2018年12月08日 14:45 ID:38PPr6vu0▼このコメントに返信
こないだ虎の門でも言ってたけど
まずはヴェノナ文書について知りましょう
147.エンアカーシャ:2018年12月08日 14:45 ID:5zCpLEcF0▼このコメントに返信
※141
あの頃、中国は工業化してませんが、
どういう意味での、資源なの?。
148.名無しさん:2018年12月08日 14:46 ID:vHk1GGkw0▼このコメントに返信
>>52
へ?
中国(中共)は戦後の成立、

あの時代のシナである中華民国は
ただの一度も満州を領有したことは無い。

戦後に満州を共産勢力が占領して
中共が領土にした。

今の南シナ海みたいなモン。
149.名無しさん:2018年12月08日 14:46 ID:Z6HI8QA20▼このコメントに返信
それはオーノー・ノーオーがあるから
150.名無しさん:2018年12月08日 14:49 ID:B6zMNh6U0▼このコメントに返信
>>145
で、交渉成功する目処があると判断してた人はいるのかな?
また成功した時の方針は決まってたのかな?

あるなら提示してみてね
まー無理だろうけど


開戦は前提なんだよね~
151.名無しさん:2018年12月08日 14:49 ID:eepVYB830▼このコメントに返信
特亜の愚民の反日プロパガンダは、やらされている。日本のマスゴミも、例外ではない。なぜ売国洗脳の片棒かつがされているか、考えたことないですか?逆らったら、頃される。ユダ金が後ろにいる。日中韓が協力して、利益を上げる事を一番恐れて居る。団結させない為に反日プロパガンダをやらせている。捕鯨問題も根っこは同じユダ金だ。一番問題なのは、ユダヤ教の教義です。信者以外をゴイム(家畜)として、管理するのが役目だと教える。アラブの春もイスラム国の戦闘員もユダ金の工作員だ。世界中に憎しみの種をばら撒き、ゴイム同士戦争させて軍需産業を儲けさせるのが目的。そして貧しい国を作り、貧しい子供をを宣伝で使って、募金を呼び掛けて、稼いで自分達の資金にしている。
152.名無しさん:2018年12月08日 14:53 ID:iBcV6NL30▼このコメントに返信
ちょっとつついてマジなとこ見せれば
お話し合いがスムーズにはかどると踏んだら
とんだ長期戦で大失敗だぞ。
153.名無しさん:2018年12月08日 14:56 ID:JHx6UqOQ0▼このコメントに返信
勝とうとする意思がなかった!ソ連の言う帝国主義的野望で世界を統治するっという野望の欠片さえも持たなっかった。
満州を作た時ですら日本は、軍隊を持った積極的鮮守防衛国家だったって致命的な落ち!
154.名無しさん:2018年12月08日 14:57 ID:Jo0s9T5H0▼このコメントに返信
まだ日本の開戦決意の経緯しらない人は多いね。
155.名無しさん:2018年12月08日 14:58 ID:Rzx.9dBG0▼このコメントに返信
状況は大阪の陣の豊臣家とほぼ同じだと言えるだろう。
座して死を待つか戦うか。日本は戦うを選んだ。
こうした決定をするのは戦国時代では珍しくない。
156.名無しさん:2018年12月08日 14:58 ID:vHk1GGkw0▼このコメントに返信
>>73
中華人民共和国はその当時はまだ無い。
中華民国は満州領有したことは無い。
満州は万里の長城の外側。
漢人は初めから侵入者
(今思うと満州要らんけどな)

中華民国も負けてるのに損切りできず
157.名無しさん:2018年12月08日 15:01 ID:VzMPIxp00▼このコメントに返信
勝てる相手としか戦争しないというのなら、そもそも戦争なんて起きないはずってのが道理だからな。
158.草加一郎:2018年12月08日 15:04 ID:sTmxnEbT0▼このコメントに返信
初めから勝てないと分かっている国と戦争を始めた「バカな国」:日本 …って言う刷り込みから何時になったら解放されるのかねえ…
国力差?日清だとか日露の戦争だってアメリカとの差以上の国力差があっただろ?
「勝つ」って言うのも相手の国の首都まで攻め込んで制圧する…ってだけじゃあないだろ。
「有利な条件で講和を結び相手に譲歩させる」って言うのも「勝つ」になるんだけどなあ。
大体さあ、アメリカ国民は戦争なんぞ望んでなかったし、ルーズベルトはそれを公約に掲げて再選を果たしていたんだしな。
差別主義者のアメリカ白人共とルーズベルトの悪辣さこそ糾弾されるべきなんだけどなあ。
で、ハメられたのも日本ではなく超間抜けなアメリカ国民共だったって事だ。
「なんで?」は「なんでアメリカ国民共はそこまで間抜けだったのか?」を問うべきなんじゃあないのかな?
…まあ、それは置いといてもさあ...分岐点はやはり「ミッドウエー」だろうな。
重巡「利根」4号機がカタパルトの故障が無く定刻に発艦して索敵していれば結果は180度違い、ミッドウエー島に続きハワイ本島も占領できただろうな。
それでもアメリカが講和に応じなければ、真珠湾攻撃で「敢えて温存」した備蓄重油と港湾施設を活用し裸同然のアメリカ西海岸まで侵攻し、シアトル、サンフランシスコ、ロス等の諸都市を空襲、砲撃すればルーズベルトは辞任に追い込まれ、更にハルノートの内容 及びJB355計画(1941年7月23日にルーズベルトが署名しGOサインを出していた)の存在等を間抜けなアメリカ国民共に暴露すれば日本側の言いなりで講和を結べたことだろうな。
つまり、1942年秋までには日本が勝てた訳だ(と言ってもそれで終わりじゃあないだろうが…)。
初めから「勝てる訳無い」どころか偶然に偶然が重なった結果なんだけどな、ミッドウエーは (暗号「紫」が解読されていても、結局、利根4号機の索敵予定範囲に偶々、米空母がいた訳だから)。
159.名無しさん:2018年12月08日 15:08 ID:vHk1GGkw0▼このコメントに返信
>>135
山本五十六は早めに
暗殺された方がマシだったのかもな。
160.名無しさん:2018年12月08日 15:09 ID:3zeBzSKB0▼このコメントに返信
>>147
綿花や石炭、鉄鉱石が豊富な資源地帯なんだよなぁ
161.名無しさん:2018年12月08日 15:12 ID:SkYuJmWn0▼このコメントに返信
朝日が戦争を煽ったんだよ。
162.名無しさん:2018年12月08日 15:12 ID:vHk1GGkw0▼このコメントに返信
>>150
で、交渉失敗でも何もしない?

プランBに過ぎないだろ開戦用意は。
163.名無しさん:2018年12月08日 15:14 ID:e5uf4OLl0▼このコメントに返信
アジアの開放=欧米のブロック経済圏の破壊だからな
日本やドイツはほとんど植民地を持っていなかったから、経済状況は好転しなかった。
日本が植民地を増やすか英米のブロック経済を破壊出来れば良かった。

その証拠に、日本は負けたが植民地主義も終わりを告げたので、英米のブロック経済も崩壊し、日本が経済で主導権を握ることが出来た。
それはドイツも同じ。

日本もドイツも当初の目的は達成できたわけだ。
164.名無しさん:2018年12月08日 15:16 ID:48iSSwwA0▼このコメントに返信
>>116
本を読めない君が?
165.名無しさん:2018年12月08日 15:18 ID:vHk1GGkw0▼このコメントに返信
>>31
自分の先祖だからなそりゃ。
166.名無しさん:2018年12月08日 15:19 ID:48iSSwwA0▼このコメントに返信
>>147
資源の有無と工業化は何の関係もないだろ

君は文が読めないねぇw
167.名無しさん:2018年12月08日 15:20 ID:JHx6UqOQ0▼このコメントに返信
満州国を建設したあたりでアメリカに丸投げして、国連統治をも押し出る。アメリカ軍の半島のら撤退をに見据えたトランプ大統領のように、大陸から撤退が正解だったと思う。ほぼ無傷で北方領土と台湾までが日本の版図として残ったはず。
168.名無しさん:2018年12月08日 15:23 ID:6bOZEeYC0▼このコメントに返信
※159
かもな。
某ストラテジーゲームでは政治思想が英米派だったのにファシストにされてるからな。
169.名無しさん:2018年12月08日 15:27 ID:SkYuJmWn0▼このコメントに返信
日本が負けていなければその後に中国を主とした赤化にはならなかった。
本来アメリカは日本と協力して赤化の南下を防ぐべきだった。
マッカーサーは議会で我々は戦う相手を間違えたと証言している。
170.名無しさん:2018年12月08日 15:27 ID:.aOtsgj20▼このコメントに返信
>>6
少子高齢化と日本衰退系の記事がよく伸びるな!
171.名無しさん:2018年12月08日 15:28 ID:RoYCAD7c0▼このコメントに返信
※総力戦の恐怖はここにこそある 中途半端じゃ終われないんや

のちの対米戦でもこうなるんだな…「ジリ貧を恐れてドカ貧にならぬよう…」って米内さんが言ってた…この人は言動好きじゃないけど、いちいち本質ついてる。
172.名無しさん:2018年12月08日 15:31 ID:RoYCAD7c0▼このコメントに返信
対米戦は対シ戦の延長だろ?援蒋ルートを潰す→補給の大元を絶つ=米国を叩く→シナ事変解決…
こういう流れだろ?
173.名無しさん:2018年12月08日 15:33 ID:RoYCAD7c0▼このコメントに返信
>>169
議会も対日戦の経緯を知らなかったらしいからな…
174.名無しさん:2018年12月08日 15:36 ID:8nQ9NYu00▼このコメントに返信
>>3
そそ、軍内部の事など何も知らないキャリアがトップに立った。
シビリアンコントロールにヤレヤレ煽られてな!

175.名無しさん:2018年12月08日 15:38 ID:Jo0s9T5H0▼このコメントに返信
1940年12月 鹿児島の錦江湾で海軍の真珠湾攻撃の訓練始まる。
176.名無しさん:2018年12月08日 15:38 ID:RoYCAD7c0▼このコメントに返信
>>167
現在から見たら、半島は要らなかったわな…なんの緩衝地帯にもならなかったし…
半島に注ぎ込んだカネを国内に回しておけば…
177.名無しさん:2018年12月08日 15:41 ID:VZQTj.9j0▼このコメントに返信
色々な不運が重なった結果です。
・勝てるとは思っていないが、引き分けで和平交渉できる。海軍、山本元帥
・明治時代の戦争と和平戦術がアホな陸軍の為に潰された。
・アメリカが赤の大統領だった。(これをイギリスが煽ってナチス戦にアメリカを参戦させた)
・当時は白人第一主義(アメリカ/イギリス)だからアジアの日本を嫌っていた。
・大陸において欲を出した陸軍、本来は資源確保で南方が必要だけど。
・戦線の拡大(太平洋)敗北の始まり。統合作戦ができず、陸軍の無知で拡大した。
・経済封鎖を実施したが、当時の経済封鎖は宣戦布告と同一で有った。(日本は宣戦布告を受けていた)
178.名無しさん:2018年12月08日 15:41 ID:COm26RqL0▼このコメントに返信
関東圏だけで4000万人くらいいるんでしょ 極端な話 関東圏 3つ作れば 全国民入る 6個作って3億人は用意しないと
179.名無しさん:2018年12月08日 15:42 ID:RoYCAD7c0▼このコメントに返信
>>175
海面スレスレの雷撃訓練見て、地元の女の子がキャーキャーいってて、当時の住民は「海軍が税金で遊んでる!」と思ってたらしい。
180.名無しさん:2018年12月08日 15:42 ID:3JxFKMCy0▼このコメントに返信
殺されそうだったから、とにかく戦闘で勝利して、有利な条件で講和を結びたかったの
181.名無しさん:2018年12月08日 15:44 ID:aZ0al1OP0▼このコメントに返信
国際連盟に人種差別排除を要求してきた日本だが
太平洋戦争で結果的にユダヤと植民地解放になった。
日本の原則的目的が達成された。
182.名無しさん:2018年12月08日 15:47 ID:RoYCAD7c0▼このコメントに返信
>>177
WW1でアメリカの力を見てるのに「アメリカは軟弱国家、一発殴れば泣きが入る」とアメリカを知らなさすぎた。
183.コロンブス:2018年12月08日 15:51 ID:59A2Ns.d0▼このコメントに返信
日本の軍人政治家で、流石にアメリカと是非戦いたいと言っていたのはいないと思うが。
戦うことになるだろうと予見していた人は確かに多い。
それは好戦的というのとは違うのでね。特亜パヨクの馬鹿ぽんたん。
184.名無しさん:2018年12月08日 15:56 ID:RoYCAD7c0▼このコメントに返信
愚民化政策のせい。
当時の日本人は本気で天皇を神と思ってた。なおかつ、特攻警察と憲兵の恐怖政治。
逮捕者は即、懲罰隊に配属。
(のちの特攻隊であり、逮捕=タヒ刑に等しかった)
捕虜になった日本軍士官が米軍宣教師に「天皇は人間、人間は神ではないのです…」と諭され目が覚めたくらい。
185.名無しさん:2018年12月08日 15:57 ID:c3j9vnmp0▼このコメントに返信
おまえら 無知で何もしらないから真実を簡単に教えといてやるわ。
軍部だけじゃなく政府も米英連合軍に勝ち目のない事くらい分かっていたんだよ、
だから何とか戦争回避を模索してたんだよ。
それを朝日、毎日新聞が連日、米英鬼畜と腹を立てるよう日本国民を煽ったんだよ。
それで軍部も政府も世論に負け仕方なく開戦したんだぜ。
始めから負ける事が分かって朝日は日本を潰し、共産主義国家にしたかったんだよ。解ったかね。

186.名無しさん:2018年12月08日 15:57 ID:RoYCAD7c0▼このコメントに返信
>>184
戦後もGHQを利用した愚民化政策はつづく。そして現在に至る…
187.名無しさん:2018年12月08日 16:04 ID:RoYCAD7c0▼このコメントに返信
>>184
戦中当時の日本で、衣食住が保証されてたのは軍上層部と刑務所。
現地の軍が飢えてるのに、上層部は毎晩の酒池肉林。
陛下からも「国民は飢えておりますぞ!」と食費を掠め取っていた。
刑務所では「囚人の人権」を盾に…

いつの時代も笑うのは悪。
188.名無しさん:2018年12月08日 16:06 ID:HRWXpMh80▼このコメントに返信
※82
戦略物資がほしければ不法行為を認めろ、というのはそもそも、暗黙の了解ではなくただの脅しというのだが・・・。
189.名無しさん:2018年12月08日 16:07 ID:NQe3KvhV0▼このコメントに返信
仮に日米決戦の最中、旧ソ連が極東において直接参戦したのなら

間違いなく、戦後の体制秩序は大きく異なる時代となっていた。

つまり、日米決戦とはそういうものである。

190.名無しさん:2018年12月08日 16:10 ID:RoYCAD7c0▼このコメントに返信
>>185
※始めから負ける事が分かって朝日は日本を潰し、共産主義国家にしたかったんだよ

陸軍の上層部もそうだな…
実はソ連と通じてたらしいし…
だから敗ける、いや壊滅するような作戦を立案した。
戦後に「実は玉砕などせずに、生きてて欲しかった。こちらの意図を察して欲しかった…」と寝言ぬかしてたからな…

191.名無しさん:2018年12月08日 16:15 ID:3zeBzSKB0▼このコメントに返信
>>185
そういうのは軍部が書かせてるんだよ

何のための陸軍省新聞班、情報局だと思ってるの
192.名無しさん:2018年12月08日 16:17 ID:QOtAhDhd0▼このコメントに返信
アメリカなんか簡単に勝てるから戦争しろって朝日新聞の記者さんが言ってたよ!
193.名無しさん:2018年12月08日 16:18 ID:RoYCAD7c0▼このコメントに返信
>>93
阿川さんも「当時は軍第一、国家第二と事の優先順位を間違えてた」
と書いてるよね…
「昔、陸軍、今、マスゴミ」ともね…(個人的には海軍も含むと思うけど…)
194.名無しさん:2018年12月08日 16:19 ID:HRWXpMh80▼このコメントに返信
※142
1,2に関しては先に喧嘩を売ったのは中国。なので欧州諸国はもとよりアメリカですらも当初は日本の行動を容認しておりました。

3に関しても何度も何度も日本との講和条約や休戦決議を結んでいるのに、ことごとく中国が破っている。だからこそ欧州諸国は日本の行動を積極的に止めはしなかったのだが。

それら1~3を無視して中国に支援をしたのがアメリカ(というよりもFDR派)で、その支援ルート封鎖のために4を行ったのにアメリカがフィリピンガーと的外れな難癖をつけて逆ギレされてもどのあたりに説得力あるので?

ちなみにそれらの仮定を理解しているイギリスあたりは同盟国なのに奇襲攻撃を喰らった被害者面しているアメリカに対して「あそこまでいじめれば誰だって怒るし、そこまでやっていて奇襲を予測できなかったほうが問題でしょ」的な発言が現役閣僚かららもでている始末。
195.名無しさん:2018年12月08日 16:24 ID:RoYCAD7c0▼このコメントに返信
>>192
あー「アメリカ人は日本人と違い、物質文明に毒されてるから戦時の極貧生活に耐えられない」とか書いてたな…他にも「日本人は昆虫食ができるから楽勝!」とか…
当時の人たちも、こんな毒電波記事読んで「は?」と思ったんじゃ?
イナゴも「他にないから仕方なく食べてた」とバッバも言ってたわ…
196.名無しさん:2018年12月08日 16:28 ID:pxcTARLh0▼このコメントに返信
中国は仕返しのくり返しで大きくなった国だから日本は準備しとかないとな
197.名無しさん:2018年12月08日 16:29 ID:dg2QXJUY0▼このコメントに返信
アメリカから燃料とか買ってたのに、アメリカに経済制裁されたからだが。あと人権考えようよと言ったら敵視された。勿論、戦争回避のために動いてたよ。
あとは義和団の乱とか知らないか。日清戦争や日露戦争の発端とかも考えたら隣の国も関係してんな。
198.名無しさん:2018年12月08日 16:37 ID:7rdYYRR.0▼このコメントに返信
しかしそんな恐ろしいアメさんとの全面戦争、途中まで勝ち越してたんだから昔の日本も結構やばい
199.名無しさん:2018年12月08日 16:58 ID:HRWXpMh80▼このコメントに返信
※192

実際にFDRが大統領就任時に陸軍の観兵式に参加したら銃の代わりに箒だかモップを担いだ兵士が現われて驚愕。
問いただしてみたら予算が民需に振り向けられて軍事費がカツカツなんです、といわれて大慌てで軍の再編に乗り出すことに。なお、それが完了したのが太平洋戦争直前だか直後・・・なので「アメリカは弱い」というの的外れではないし、日本はもっと前段階でアメリカをぶん殴っていれば勝てたんじゃないのか?という話もあるにはある。

まぁ、さすがに専門職の強い海軍はまっとうなを戦力をそろえていたのだが・・・太平洋艦隊は真珠湾攻撃の結果ニミッツ曰く「艦隊司令官になったはいいが指揮する艦隊がなくなっちまったぜ☆」と化したと・・・そりゃ、FDRあたりが「日本、絶許」になるのもしょうがないといえばしょうがない。
200.名無しさん:2018年12月08日 17:03 ID:FsKHvY310▼このコメントに返信
※39
ソビエト連邦とアメリカ合衆国を奇襲攻撃しようと企んだ世界で唯一の狂犬帝国
ちょっとぐらい反省してもらわんと身が持たない
それを自虐史観というなら別に自虐で結構w
201.名無しさん:2018年12月08日 17:04 ID:RXZu4Kgy0▼このコメントに返信
戦わずに降伏するより、戦って降伏した方が、子孫に誇りを残せると思ったからです。
202.名無しさん:2018年12月08日 17:04 ID:pojXKu7o0▼このコメントに返信
日本は完全勝利を目指してたのではなかったからな。
初戦に攻勢を掛けて、有利な内に講和に持っていくのが目的だった。
その猶予は約1年。
思惑通りに進んでいたが、ミッドウェイで全て覆ってしまったてのが真相やろ。
ww2では帝国海軍より帝国陸軍の方が頑張っていた感がある。
補給船の殆どを、米国潜水艦に撃沈され補給路を絶たれ、現地調達しか道は無くなったにも関わらず、よく最後の最後まで奮闘したよ。
インパールなどは、戦闘による死者よりも、餓死・病死の方が多かった。
終戦後、GHQが統治にやって来た時に、武装解除(完全撤廃)を求めたのは帝国陸軍だけであって、帝国海軍には求めなかった。
だから現在の海上自衛隊は、その帝国海軍を引き継いでいる形だ。
これはあまり知られていない事実。
裏を返せば、それ程米国は帝国陸軍の屈強さに脅威を感じていたのだろうよ。
203.名無しさん:2018年12月08日 17:06 ID:7sN3Df4R0▼このコメントに返信
※197
全然違うけどな。開戦までの流れや開戦理由に人権とか話題になってねえし
204.コロンブス:2018年12月08日 17:07 ID:59A2Ns.d0▼このコメントに返信
※200
日本から出て行け。
205.名無しさん:2018年12月08日 17:09 ID:7sN3Df4R0▼このコメントに返信
※183
結構喜んでたよ。日中戦争で横やりを入れられて鬱憤がたまってたからね
206.名無しさん:2018年12月08日 17:14 ID:FsKHvY310▼このコメントに返信
※198
>>途中まで勝ち越してたんだから
全然勝ってない
勝っても負けてもボロボロに消耗する空母戦を日本がアメリカに対してやり切れたのは昭和17年末まで

207.名無しさん:2018年12月08日 17:15 ID:7sN3Df4R0▼このコメントに返信
※119
解放を信じてるってピュアすぎだろ。戦略資源がメインってはっきりしてるわ。
どうでもいい地域は傀儡政権で独立させて同化教育しとくわ程度だし
208.名無しさん:2018年12月08日 17:16 ID:7sN3Df4R0▼このコメントに返信
※177
・経済封鎖を実施したが、当時の経済封鎖は宣戦布告と同一で有った。(日本は宣戦布告を受けていた)
そんなわけねーだろ。不運以前にアホな理屈先に辞めろ
209.コロンブス:2018年12月08日 17:18 ID:59A2Ns.d0▼このコメントに返信
※187
戦いもせず降伏した者は白い目で見られる。
そういう子孫はパヨクになるんだろう。
日本にはこういう輩が多いんだろうと思う。
210.名無しさん:2018年12月08日 17:19 ID:rWIjcyZP0▼このコメントに返信
>>10
無茶苦茶な外交やらかしたのは日本側なんだよね。特に日米諒解案成立~南部仏印進駐までの松岡が一番悪い
211.名無しさん:2018年12月08日 17:24 ID:FsKHvY310▼このコメントに返信
※182
第一次大戦のアメリカ欧州派遣軍は評判が悪くて、フランスから「奴等に武器を支給するのがもったいない」って言われてたはず
当時のアメリカは武器の国内生産も遅れていた

212.名無しさん:2018年12月08日 17:25 ID:DHb9luI90▼このコメントに返信
中国もソ連にも勝ったけど何か?
アメリカに勝たなくてよかったわ。
213.名無しさん:2018年12月08日 17:25 ID:iQLbecc90▼このコメントに返信
勝てない戦争をしたのは、経済・外交ですでに負けてたから。
戦争始めたのは、経済・外交で、アメリカに「日本タヒね。」と負けた後。
214.名無しさん:2018年12月08日 17:27 ID:rWIjcyZP0▼このコメントに返信
>>2
何回も何回も同じ話の堂々巡り。

ルーズベルトが三選以降英国救済を公約にしていて、「勝ち馬にのれ」「バスに乗り遅れるな」で三国同盟組んでしまった日本と対立関係になった事、それでも16年前半は日米諒解案で譲歩姿勢だったのに、松岡という最悪の外務大臣が全てをぶっ壊した事、少しくらい調べれば簡単にわかるんだけどね。
215.名無しさん:2018年12月08日 17:36 ID:61cuyZgi0▼このコメントに返信
軍の上層部が合理的判断の出来ない無能で馬鹿だから(笑)
216.名無しさん:2018年12月08日 17:40 ID:zPJXg1Cw0▼このコメントに返信
日本以外大半のアジア諸国が植民地化されてるのに当時の状況を知らんで○○すればよかったなんて結果論だわ
あの時代に白人相手に外交で勝てるわけないんだから素直に侵略待ちしてればよかったが別の案だわ
217.名無しさん:2018年12月08日 17:40 ID:yTPKKRzC0▼このコメントに返信
日本人に不正を糾す本当の勇気がなかった。
青年将校のテロ行為に引きずられて、
多くの犠牲を出してしまった。
テロとの戦いににおびえて、より多くの犠牲を出してしまった。
青年将校の不正を糾していれば、少ない犠牲で済んだだろう。
少なくとも女子供が犠牲になる事はなかった。
しかし、今なお不正を糾す勇気を持つことは難しい。
218.名無しさん:2018年12月08日 17:46 ID:8FvhTeW.0▼このコメントに返信
♪捕れないボールがあるものか 構えたミットが受け止める
219.名無しさん:2018年12月08日 17:46 ID:RDc9NMna0▼このコメントに返信
まあ、今だって中国とガチ戦やったらたぶん負けるけど、中国なんか恐れるに足りんってイキってる奴いるだろ、
ここに書いてる奴とか。
220.名無しさん:2018年12月08日 17:49 ID:pojXKu7o0▼このコメントに返信
※207
ピュアと思われても、それも開戦理由の一つなのは間違いない。
明治維新後、アジアの殆どが列強国に支配されていたのを危惧した明治政府から、その意識は受け継いでいる。
日露戦争に辛勝した日本は、安定した平和と「資源」を求めていたのも又事実。
アジアで唯一列強国の仲間入りを果たしたにも関わらず、日本側の要求は悉く白人国家に否定されている。
直接の原因は、ABCD包囲網なのはその通りなのだが、それだけではない事もある。
分かり易く言えば、現状打破。
「大東亜共栄圏」こう云えば、「又、何を夢見たいな理想論を...」と言うかもしれないが、当時の大日本帝国は未来のアジアの安定的平和を真剣に考えていた節がある。
初めて統治した台湾が、苦労を重ね安定してきた事に自信を持った日本は、アジアにそれを求めたのは、決して不自然ではないだろ。
戦争に至るまで、一面から観ることなかれ。
あらゆる要素がある。
アジア解放もその一つ。
221.名無しさん:2018年12月08日 17:49 ID:yTPKKRzC0▼このコメントに返信
皆解っていたんだよ。
中国で戦線を広げて、先が見えない泥沼になり国力は疲弊していた。
こんな状況で世界最強のアメリカと戦争すれば破滅しかない。
しかし、出世欲に燃える青年将校を誰も止められなかった。
止めようとした人は皆、暗殺された。
山本五十六でさえ命を狙われた。
テロの恐怖におびえて負けると解っている対米戦争を始めた。
だから、償いにわずかの護衛だけつけて、最前線に飛び立った。
アメリカにさあ、狙ってくれと謝罪するように、そして日本を許して欲しいと。
日本人に本当の勇気があれば、
妻や子や孫を守るための本当の勇気があれば、防げた戦争だった。
222.名無しさん:2018年12月08日 17:50 ID:Jo0s9T5H0▼このコメントに返信
タイトルにあるアメリカを仮想敵国にしてやらかしたの海軍だけなんだが。

>禁輸で締め上げられ

それ海軍ものでっち上げです。
223.名無しさん:2018年12月08日 17:53 ID:5.Wkg3Z60▼このコメントに返信
ソ連と中国のスパイにやられたから。米国が満州を狙ってたから
224.名無しさん:2018年12月08日 17:54 ID:HRWXpMh80▼このコメントに返信
※208
>当時の経済封鎖は宣戦布告と同一で有った

これをいいだしたの当のアメリカなんだよなぁ・・・しかもご丁寧に議会で可決までして
225.名無しさん:2018年12月08日 18:01 ID:lIW4CvPN0▼このコメントに返信
なんで中国は旧日本軍から逃げまくったんや(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)
226.名無しさん:2018年12月08日 18:27 ID:KZ.Wt2qE0▼このコメントに返信
※177

アホか
宣戦布告なら外交関係断絶で大使以下アメリカ駐在の日本外交官は国外退去
駐米大使が日本側窓口になった日米交渉など成立しようがない
227.名無しさん:2018年12月08日 18:30 ID:Y35Ju7Re0▼このコメントに返信
戦争は強い国が仕掛けるものなんだよ。

アメリカの世界支配の一貫なんだよ。

228.名無しさん:2018年12月08日 18:40 ID:yTPKKRzC0▼このコメントに返信
本当の勇気があれば、戦争を止められた。
229.名無しさん:2018年12月08日 18:46 ID:ldYmfWxh0▼このコメントに返信
バカの後付けの「たられば」程見苦しい物はないな
230.名無しさん:2018年12月08日 19:01 ID:oh9wBgiF0▼このコメントに返信
後知恵バイアスとかいうやつに限って、実際に戦前から英米を敵に回したらどうなるのか予測されてた事は知らないんだよな

総力戦研究所にしろ秋丸機関にしろ、日本はアメリカと戦争したら勝てないってことはしっかり数字でわかってた

それをやってみないとわからないとか言ったのが東條英機で、開戦時に数字をでっち上げたのが企画院に行ってた陸軍の鈴木貞一
231.名無しさん:2018年12月08日 19:02 ID:4XYANChr0▼このコメントに返信
アジア解放なんて信じてる気の毒な人がまだいるのか。じゃあなんで朝鮮や台湾を独立させてやらんかったんだよw
しかも大東亜政略指導大綱には『「マライ」、「スマトラ」、「ジャワ」、「ボルネオ」、「セレベス」ハ帝国領土ト決定シ重要資源ノ供給源トシテ極力之ガ開発竝ニ民心ノ把握ニ努ム』って書いてるしな、他でもない日本政府が膨張主義的欲望を隠す気もないんだから、真に受けた一部の将兵や活動家は日本に後ろから刺されたようなもん
232.名無しさん:2018年12月08日 19:11 ID:yTPKKRzC0▼このコメントに返信
アジア解放どころか、いかに満州を手に入れるかだものね。
一部の軍人の利益のために
多くの国民が犠牲になった。
233.名無しさん:2018年12月08日 19:30 ID:Ve69OU4b0▼このコメントに返信
何だかんだ勝ちすぎたんよな。国民が勝利中毒になってそこから上がってきたやつが上に立ってもうたんがあの世代やった。
234.名無しさん:2018年12月08日 19:41 ID:FsKHvY310▼このコメントに返信
すでに蘭印強奪(=対英米戦争開始)を視野に入れていた日本政府にとって石油禁輸なんてとっくに織り込み済みだったんだよなあ
ルーズベルト=野村会談の開催日に、仏印占領部隊をわざと出撃させたのが日本で、その煽りに対する米のリアクションが16年8月の石油禁輸

235.名無しさん:2018年12月08日 19:51 ID:.P1Pp1Qf0▼このコメントに返信
※221
海軍次官だった山本五十六が日独伊三国同盟に反対した時(1939年)に
暗殺の噂が立ち遺書を書いていたこともあまり知られていないんだよな
言論と思想の弾圧を許しテロには甘いことが日本を破滅に導いた
236.名無しさん:2018年12月08日 19:52 ID:jsa93yHi0▼このコメントに返信
戦争でA国に負けたB国が、A国に復讐したい
しかし自ら戦ったら、また負けるもしれない
そうだ、もっと大きなC国に攻め滅ぼさせれば良い
かくして両国にスパイを放って互いに反A国反C国感情を煽らせる
見事A国がC国に滅ぼされた後になって、B国は火事場泥棒やりたい放題…
237.名無しさん:2018年12月08日 19:54 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
>>51
高高度爆撃機なんて想定外だからな。
238.名無しさん:2018年12月08日 19:56 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
>>174
朝日新聞がやたら民衆を扇動してたのに戦後は反日左翼メディアに早変わり。
239.名無しさん:2018年12月08日 19:57 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
>>8
あんだけ戦線が拡大した状態で降伏する馬鹿はいない。
240.名無しさん:2018年12月08日 19:59 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
>>30
リットン調査団にコミュンテルがいたんだよ。
241.名無しさん:2018年12月08日 20:00 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
>>165
在日が「おまエラ」なんだよな。
242.名無しさん:2018年12月08日 20:01 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
>>32
こいつ殺し.ても・いい?
243.名無しさん:2018年12月08日 20:02 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
>>70
韓日戦争なんてのもないよ。
244.名無しさん:2018年12月08日 20:05 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
>>73
外満州は今もロシア領土。外満州と内満州を合わせて「満州」って知ってた?
モンゴルウルスと内モンゴル自治区を合わせて「モンゴル」なのと一緒。
245.名無しさん:2018年12月08日 20:06 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
>>200
いつソ連を奇襲しようとした?
自虐以前の問題じゃねえの?
246.名無しさん:2018年12月08日 20:08 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
>>204
むしろタヒね。
247.名無しさん:2018年12月08日 20:09 ID:u5nIGxHH0▼このコメントに返信
反日左翼在日は諸悪の根源。
248.ハインフェッツ:2018年12月08日 20:30 ID:CRDejoRh0▼このコメントに返信
※245
良くは判らんが、例の関特演みたいな事をやったらソ連を裏切って宣戦布告をしたのと同じって論陣を張るサイドの人達ではないのかね。

日本に入り込んだコミンテルンから南進の情報を受け取っていたにも関わらず弱り切ってた日本軍に手を出さず、原爆投下を見て自分の取り分が無くなると大急ぎで満州と北方領土に攻め込んだ、スターリンとかいう猜疑心の強過ぎる独裁者の立場でモノを言ってる時点で既にお察しだよ。
249.名無しさん:2018年12月08日 20:31 ID:f5HxAAad0▼このコメントに返信
・日本がパールハーバーを攻撃したのは、アメリカが日本に禁輸措置を行ったから、
この禁輸措置などの制裁の影響で日本は様々な国と貿易が出来なくなってしまったから、

・その時日本は既に中国と戦争をしてた、でも資源が底を尽き欠けてた、
ちなみに日本は当時アメリカなどから石油を買ってた。でもアメリカは日本の中国侵略を認めていなくて禁輸措置をとったんですよ、
日本のエネルギー供給はストップしてしまう訳です、そこで日本の司令官達はオランダ領だった東南アジア諸国から資源を調達する道を思いついたんです、
でもオランダ領に侵攻すれば、いずれアメリカと戦争になるのは時間の問題だった。
そこで日本はまずパールハーバーにいるアメリカ艦隊を叩いておこうと、なったんです
ここでアメリカ艦隊を叩いておけば時間が稼げるからね。

・それはオランダ領だった東インド諸島に日本が侵攻したかったから
でも日本はそのパールハーバー攻撃で重要な目的を果たせないで終わってしまった。
それは何かというと、アメリカの最新鋭空母艦隊がパールハーバーにいなくて破壊出来なかったのと、港の石油タンクも破壊出来なかったという事です、

・オランダ領に侵攻して資源を手に入れるにも、パールハーバーのアメリカ艦隊を叩いて置く必要があったんです
そこでアメリカ艦隊に大打撃を与えて置けば、アメリカはしばらく動けなくなる。



250.名無しさん:2018年12月08日 20:37 ID:eepVYB830▼このコメントに返信
ハルノートの内容を、考えろ喧嘩を売ったのはユダ金だ。世界大恐慌の時、アメリカの軍需産業を買ったユダ金が、金儲けするために、ハルノートを突き付けてきたんだ。そしてヒトラーに悪役を演じさせて、アンネまで使って、被害者を演じて、金儲けしたんだ。ベトナム戦争でもワザと戦争を長引かせ、泥沼化させて、軍需産業を儲けさせ続けた。所詮代理戦争だから、勝ち負けは関係ない。長引かせるのが、目的だ。実際に枯葉剤をまいたアメリカ国家は、賠償どころか、謝罪すらない。
251.名無しさん:2018年12月08日 20:47 ID:3PV1Lbt.0▼このコメントに返信
>>215
しかも意見具申も許されない。
理由は「上官の命令=天皇の命令」とされたからな…
オレは元自だけど、本質は変わってない。現役時代、「きさまー!国民の命令に逆らうのかー!上官の命令は、国民の付託なんだー!」と殴られてたよ…
いま一度、滅べ!と言いたい…

252.名無しさん:2018年12月08日 20:56 ID:3PV1Lbt.0▼このコメントに返信
>>143
その天皇陛下を味方につけてたからな…海軍は…
253.名無しさん:2018年12月08日 21:30 ID:VIg5GRAd0▼このコメントに返信
対米戦は初めから負けが決まっていた。
①戦わず奴隷の様にただ虐殺されるか
②玉砕覚悟で一矢報いて虐殺されるか
そして日本は②を選んだ。

戦わす降伏していたら当時の植民地の様に奪われ殺されるだけ、となっただろう。
アメリカの思惑とは別に現実に起きていた事だから。
254.名無しさん:2018年12月08日 21:54 ID:yTPKKRzC0▼このコメントに返信
戦前、日本は一等国で国際連盟の常任理事国だった。
そんな国を植民地にしようと考える国はなかった。
自分の国の半分の兵力の国だからと言って、そこを征服しようとすれば、3割の兵が死ぬとする。
そこまでして植民地を獲得する国はない。
国民の賛同は得られない。
満州をアメリカと共同で統治すれば戦争にはならなかっただろう。
255.ハインフェッツ:2018年12月08日 22:18 ID:CRDejoRh0▼このコメントに返信
※252
その天皇を蔑ろにする関東軍を飼ってたのが陸軍って時点で、海軍善玉論がウソであっても陸軍悪玉論はウソになり得ないわけで。
256.名無しさん:2018年12月08日 22:54 ID:BId74pRg0▼このコメントに返信
ソ連の工作員のせい
マスコミを使って
戦争するように国民を仕向けた
ちゃんと調べれば判るはずでは?
257.名無しさん:2018年12月08日 22:55 ID:UbX.eXea0▼このコメントに返信
陛下の為いいながら大命が下った首相が気に入らないから大臣出さんとかやるのは
言い訳のしようがないからな
258.名無しさん:2018年12月08日 23:09 ID:6bOZEeYC0▼このコメントに返信
※253
三国同盟結ばず、フランコのように、のらりくらりとやり過ごすコトも可能だったんがね。
音頭を取った極右・国粋主義者・軍部の一部軍人・マスコミ・国粋主義者・親独派を極左・親ソ派同様に治安維持法で取り締まれなかったのがいけない。
極右・極左・国粋主義者・親独派・親ソ派・マスコミは、治安維持法の第一条~第九条に触れるコトをやっていたのだからね。
259.名無しさん:2018年12月08日 23:22 ID:.qwDi.tX0▼このコメントに返信
>>258
それはウヨどもが権力と繋がってたからだよ…
それが証拠に、近衛の側近とその一味は、近衛の失脚と同時に逮捕されたろ?海軍左派も特高に狙われてたけど、現役の高級将校で天皇の信頼が厚く手が出せなかったんだよ…
ウヨに至っては、軍人、政治家と繋がってない奴なんていないだろ?アベの戦犯祖父も然り。
260.名無しさん:2018年12月08日 23:26 ID:.qwDi.tX0▼このコメントに返信
※アメリカに勝てるなんて思ってたのはマスコミとそれに踊らされた国民ぐらい

政治家の愚かさは、愚民の愚かさに比例するんだよな…
良識ある政治家、軍人がテロで頃されたのも、愚民の支持があってこそ…


261.名無しさん:2018年12月08日 23:35 ID:O3YfePyE0▼このコメントに返信
※194
>1,2に関しては先に喧嘩を売ったのは中国。
>なので欧州諸国はもとよりアメリカですらも当初は日本の行動を容認しておりました。


アメリカの主張は1922年の九カ国条約を遵守しろということ。
第三次山東出兵までは日本が条約遵守に努めていたから特に欧米は反発しなかったが、
その後の張作霖爆殺に始まる関東軍の暴走に関して、諸外国は容認などしていない。

早くも錦城陥落の時点でアメリカでは対日制裁が議論されている。
日本単独で攻めること自体が条約違反なので、どっちが先かなどは関係無い。

大体、アメリカが認めているなら国際連盟を脱退する必要などなかっただろうに。
262.名無しさん:2018年12月08日 23:38 ID:6bOZEeYC0▼このコメントに返信
※259
つまり、法治国家でありながら法を守れなかったのが敗戦の原因でもある。
諸葛亮や荀彧のように法をちゃんと運用できる官僚がトップにいなかったのも原因ですね。
263.名無しさん:2018年12月08日 23:59 ID:XF7LsgkZ0▼このコメントに返信
※162
何言ってんの
日本は失敗を前提に動いてるがな。
そもそもプランA自体が無い。君の言うプランBがプランAだよ。
264.名無しさん:2018年12月09日 00:17 ID:hR9efk8.0▼このコメントに返信
そもそも勝つ前提の戦争じゃないの未だに理解してないやつおるんか
265.ハインフェッツ:2018年12月09日 00:31 ID:ZItZ8Eo90▼このコメントに返信
※259
旧ソ連のスパイだったことがバレて捕まった尾崎秀実は”貴方の定義では”右翼だったんですか、へ~。

特高の取り締まりで普通に敗戦革命が目的だったとゲロっとるがな。
アレ見る限り、終戦と同時に左に宗旨替えした連中は最初っからそれが目的で急進的国粋主義者を装っていたとしか言えんわ。
266.名無しさん:2018年12月09日 01:30 ID:1dJIldvA0▼このコメントに返信
実は、当時のアメリカ大統領はドイツと戦争したかったが、宣戦布告をする理由が無かった、だからレンドリース法とか作って既に宣戦布告してたイギリス等と商売してた(イギリスは、戦後も長い間レンドリース法で借りた兵器の支払いをしてたしソビエト連邦に至っては21世紀になってようやく支払いを終えたというくらい、アメリカにとっては美味しい商売の法律)、しかし、いっこうにドイツが負ける気配が無く、国内も厭戦気分が蔓延していて宣戦布告ができない、そこに日本がドイツと三国同盟を結んでくれたので日本に嫌がらせをして圧力をかけて戦端を切らせた、結果、三国同盟によりドイツもアメリカに宣戦布告せざるおえなくなり…という裏事情もあるんだよな
267.名無しさん:2018年12月09日 02:08 ID:rJUqJVe.0▼このコメントに返信
蒋介石とルーズベルトの交わしてた密約が出てこんと本当のことはわからんよ。
俺は満州の一部の権益か領地を割譲する話がついてたんだと思うね。
268.名無しさん:2018年12月09日 02:41 ID:lqNn6Q8Q0▼このコメントに返信
※231
植民地じゃないから。
特に朝鮮は条約に基づく併合、大多数が独立望んでいない状況だぞ。
台湾にせよ、割譲時に、漢人居住者に選択権与えている。
それに普通に行けば、台湾朝鮮でも、昭和20年に国政に関する普通選挙施行される予定だったんだぞ。
こんな植民地ねーよ。
269.名無しさん:2018年12月09日 02:54 ID:lqNn6Q8Q0▼このコメントに返信
※261
溥儀や満洲貴族らが中華民国の協定違反を批判している時点で、
「満州は中華民国の領土である」って前提がそもそも崩れているからな。
9カ国条約って、明確に領土定めていないし。
つか、こんな馬鹿な条約締結するから、今でもチベットや東トルキスタンの人間は苦しんでるわけだけど、
アメリカは現在の対中衝突でこれからどう整合性つける気かね。
270.名無しさん:2018年12月09日 03:12 ID:kF.qbo7M0▼このコメントに返信
※268
大日本帝国政府の公式文書で朝鮮と台湾を植民地と呼んでるからね、一応。
当時は、日本に植民地があることが強国の証だった。
271.名無しさん:2018年12月09日 03:49 ID:lqNn6Q8Q0▼このコメントに返信
※270
緊急時の法令等はともかく、衆人の前で何段階もの手続を踏んで制定される「法律」では「殖民地」という単語用いたものは一つもなかったはず。
少なくとも国の建前としては外地を植民地扱いするなって認識だったよ。むろん植民地という認識の人間がいたことまでは否定しないが。
そもそも名称みたいな形式はともかく、重要なのは実体。
戦前の時点で教育から参政権まで内地と同じ水準となる方向で整備がなされていた(国政選挙は日本の敗戦で途絶したが)。
ここまでやった国ないよ。
そうでないというなら今現在フランスの海外県なんかも植民地として非難されるべきだな。
272.名無しさん:2018年12月09日 04:00 ID:tzjU37.L0▼このコメントに返信
>>8
どうせ犯されるんだからさっさと股開いとけみたいな事言われてもね
それを選択できるんだったら大抵の戦争は起こってない
273.名無しさん:2018年12月09日 04:16 ID:kF.qbo7M0▼このコメントに返信
※271
公文書にみる植民地朝鮮
ttps://togetter.com/li/841972
274.名無しさん:2018年12月09日 04:30 ID:lqNn6Q8Q0▼このコメントに返信
※273
その中に「法律」って一つもないだろ。
公文書って言っても外部に公表する必要のない性質の物は、その辺の表現がいい加減になってもしょうがないと思うが。
大体、先に書いたとおり、重要なのは形式より実体。元々、自分は呼称そのもに大した意味はないという立場。
そもそも「植民地」と言う漢語そのものには負のイメージないからね。負のイメージは、大航海時代以降の欧米のColonialismがもたらしたものにすぎない。
仮に法律含めて、「植民地」と記載されていたとしても、内地の人間と同じように権利が保障され、教育や福利厚生が図られていたのだとしたら、
それは欧米とは全く異なる植民地体制として誇るべきものだということになんら変わりない。
言葉尻捉えて揚げ足取りみたいな真似してどうするって話だわ。
275.名無しさん:2018年12月09日 05:18 ID:3ifk6lOp0▼このコメントに返信
>>199

ルーズベルトの大統領三選以前、アメリカ軍は陸海軍共にスカスカだった。海軍も調子に乗って三国同盟推進してたんだが、同盟成立と合わせていきなりアメリカが方針転換して大軍拡をはじめたから、海軍大臣の吉田善吾はこれ以降人事不省に陥って神経衰弱から自殺未遂で辞任しちゃう羽目になったんだよね。

自分から寝た子を起こしたわけ。

ちなみにアメリカ軍は昭和18年に入ってもまだ充足してないよ。
276.名無しさん:2018年12月09日 05:19 ID:kF.qbo7M0▼このコメントに返信
※274
え?
朝鮮は植民地ではなかった説について
ttp://www.wayto1945.sakura.ne.jp/KOR10-colony.html
277.名無しさん:2018年12月09日 05:25 ID:3ifk6lOp0▼このコメントに返信
>>249

石油禁輸の原因は中国じゃなくて三国同盟と南部仏印進駐だぞ。そもそも、英米蘭の三ヵ国から資源輸入しておいて、まさかドイツと同盟組むなんて史上最アホな外交選択をやらかしたのが全ての元凶。
278.名無しさん:2018年12月09日 05:33 ID:3ifk6lOp0▼このコメントに返信
>>258
西園寺の秘書の熊田が書いてるが、マスコミの報道が全て親独で反アングロサクソンだから、ドイツの記事はデカデカと載るのに、当時窮地にあったイギリスが必死で日本に接触をしようとしても、マスコミは良いニュースは無視、そして少しでもイギリス支持の人間は親英派扱いで叩く始末。(山本五十六までなぜか親英派扱いで笑ったわ。親米ならわかるけど)

それほど左翼的統制経済思考が蔓延してたんだよね。
279.名無しさん:2018年12月09日 05:43 ID:kF.qbo7M0▼このコメントに返信
つまり、最初は欧米列強の真似をして周辺諸国を植民地し、
その後、欧米列強の真似をして植民地であることを隠そうとした。
べつに恥ずべきことだとは思わないけれど、誇るべきことでもない。
逆に恥ずべきことだと内心思ってるからこそ、無理やり誇ろうとしているように思える。
280.:2018年12月09日 05:52 ID:3ifk6lOp0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
281.名無しさん:2018年12月09日 06:01 ID:lqNn6Q8Q0▼このコメントに返信
※276
そんな否定論者に都合のいい言説だけのっけたHP提示されても困るわ。
いろいろ反論はあるが、こっちはそもそも言葉なんてどうでもいいって言ってるんだぞ。

大体、そこで挙がってる植民地の定義に当たるかすら怪しいし。
>ある国からの植民によって開発され、経済的・政治的に、その国に支配されている地域。武力によって獲得した領土もいう。

植民によって開発されたには当たらないし、台湾と違って武力によって獲得してもいないからな。
なのに、自分の主観でいきなりこれに当たるって前提で話進めている。
こんなんだされて、一々反論するのも阿呆らしいわ。

大体、丸っきり政治制度・文化が異なる地域に同じ法制度適用するには、時間かかるに決まっている。半島なんてわずか30数年だぞ。
北と統一したら、格差を利用して北の人間を労働力にする発言今のうちからしている連中がそれを批判するとか笑い話にもならん。
内地と平等になる方向で制度の改革進めているのは明らかなのに(これはこれで都合よく民族抹殺とか同化政策と批判するしな)、
途中経過を論って時点で、批判のための批判のロジック以外の何者でもないわ。
282.名無しさん:2018年12月09日 06:06 ID:lqNn6Q8Q0▼このコメントに返信
※280
世界恐慌から立ち直りアメリカの経済が復活するのは大戦参加後なんだよな。
要するに、戦争が最大の公共事業だったわけだ。
経済的観点から言うなら参戦理由はないとは言い切ることはできんよ。
トータルではペイできているんだから。
283.名無しさん:2018年12月09日 06:12 ID:3ifk6lOp0▼このコメントに返信
>>269

残念だけど、それ以前の主権確認や、日本と中華民国の間の二国間協定が様々あって、満州での日本の権益についても約束をしちゃってる以上、九ヵ国条約の内容に明確な記述が無い事だけでは何の論拠にもならないよ。

日本が満州事変の前にやっておくべきだった事は、満州にもはや中華民国の施政権が及んでおらず、無法地帯となっていることのアピールと、日本政府が満州に九ヵ国条約の内容を適用しないという宣言をしておくこと。これが無い以上、一方的に原状変更をしたのは日本側になり、米欧各国から指摘を受けたのも当然だよ。

現在のアメリカも、おそらく中国の領域については不満一杯だろうけど、彼らに国際法を逸脱して現状維持から外れる行動を選ぶ気持ちはほとんど無いだろうね。ただ、人権侵害がひどくなれば、コソボのようになるかもしれないがね。
284.名無しさん:2018年12月09日 06:43 ID:lqNn6Q8Q0▼このコメントに返信
>日本が満州事変の前にやっておくべきだった事は、満州にもはや中華民国の施政権が及んでおらず、無法地帯となっていることのアピールと、日本政府が満州に九ヵ国条約の内容を適用しないという宣言をしておくこと。

これについては、かなり同意なんだが。
主権の範囲の策定が明確になされないのに、領有権主張する方が変だろ。
ていうか、きっちり策定が行われても、中凶なんて、難癖つけて、他国の領土・領海を侵略してくるが。
そもそも満州での日本の権益にしたって、元々約束したのは清朝だからな。民国はこれを引き継ぐって話で。
でも、民国はそれ反故にするようなこと普通にやってるんだよ。ソ連相手には武力で権益回収図って、逆にボコボコにされとか。
南京事件等でも直接の被害受けた日本側としては、曖昧な部分に線を引くこと考えるのはおかしくない。
こういう支 那側のルーズなやり方に引っ張られて、日本の方もルーズになったとしか思えんな。
あとは、宥和政策の反動だろうね。
285.名無しさん:2018年12月09日 07:07 ID:SimD3yXQ0▼このコメントに返信
※231
無知を晒すな。
朝鮮と台湾の事も知らんのか?
日清戦争で勝利した日本は、真っ先に朝鮮を清の属国から独立させ「大韓帝国」として自主権を齎し独立させた。
台湾は、清から文化果つる島として持て余していたのを日本への戦利品として割譲した。
これ、当たり前の史実やぞ。
そして、日本は初めて統治した台湾にいくら注ぎ込んだのか知らんのか?
当時の日本人が知ったら、暴動が起きるレベルやぞ。
後に併合した朝鮮は、台湾以上の税金を投入している。
即ちこれが、日本の統治のやり方やった訳や。だいたい永年属国に甘んじていた朝鮮を独立させ自主権を齎しても、結局は自身の統治能力が無かったから、ロシアに目を付けられる羽目になった。
日本は日露戦争後、仕方なく統治せざるを得なかったのが、これ又史実や。
ええか? 日本にこれ以上の統治能力は金銭面からも無い。
白人がやっていた奴隷同然の統治の仕方は日本人の意識にこれっぽっちも無い!
それが、日本が国連で出した「人種差別撤廃法案」や。
もっとも議長国の米国始め、全会一致じゃなければ議決できないとの事で廃案されたけどな。
「大東亜共栄圏」は、それを具現化する為のものでもあったし、それは日本しか出来なかった事でもあった。
アジアが独立した後、自主権は全て返還する。そこ迄が目的や。
でないと、日本が保たない様になってしまうからな。
286.名無しさん:2018年12月09日 07:41 ID:dkUeMagM0▼このコメントに返信
※284
孫中山が満州を日本に売ってもいいと言っていたらしいので、孫が生きているうちに買っておけばよかった
どうせ後で蒋介石が約束を反故にしてきたろうけど、説得力は段違いだったろう
287.名無しさん:2018年12月09日 07:50 ID:dkUeMagM0▼このコメントに返信
※280
米陸軍のマーシャル参謀総長と米海軍のスターク作戦部長は、対日戦の準備なんか全くできていないのであまり日本を煽るな、妥協しろと、ルーズベルト大統領に申し入れており、ルーズベルトも一時その気になっていた

結局対日強硬派のハル国務長官の路線が通ってしまうわけだが、現実に米海軍は昭和18年夏まで攻勢は取れなかった
補給もオーストラリア軍持ち



288.名無しさん:2018年12月09日 08:47 ID:4fzrUdzQ0▼このコメントに返信
※285
総督府があるのに独立国ってなんの冗談でしょうか
しかも上層部は全部日本人


それにインフラ投資したのが日本だけだと思ってる時点で植民地政策について無知丸出し
ネットde真実の典型例だね
289.名無しさん:2018年12月09日 08:52 ID:0iqAVurc0▼このコメントに返信
テロに引きずられて、理性的な判断ができなかったのが一番の原因だろう。
理性的であれば、満州が本土より大事で、満州のために勝ち目のないアメリカと戦争するという事にはならなかっただろう。
テロへの恐怖心から、やけになり先の見えないもっと大きな戦争に走ってしまった。
戦争とは外国と戦う事だけではない。
国内のテロと戦っていれば、被害は最小限で済んだだろう。少なくとも一般人や女子供は巻き添えにならなかった。
江戸幕府も薩長が倒したと言うよりは、井伊直弼へのテロで自滅した。
テロと戦い、いかに正しい道を歩むかが重要だ。
290.名無しさん:2018年12月09日 09:18 ID:lqNn6Q8Q0▼このコメントに返信
5.15や2.26なんて対米戦争と直接の関係ないわ。

大体、
>井伊直弼へのテロで自滅した。

って何? やったのは水戸・薩摩の浪士なんだが。
291.名無しさん:2018年12月09日 09:31 ID:.Yckl3Uu0▼このコメントに返信
※288
ヨコですが、人を無知と言う前にコメントはよく読んだようがいいよ。
※285の人が言ってるのは日清戦争後「大韓帝国」として朝鮮を独立させた。
しかし朝鮮には全く統治能力がなかったので、日露戦争後に保護国とした、だよ。
朝鮮総督府ができたのは朝鮮併合時ね。(1910年)
292.名無しさん:2018年12月09日 09:37 ID:wBhZSz3F0▼このコメントに返信
※291
>朝鮮には全く統治能力がなかったので

それ、欧米の植民地支配と同じロジックですよね。
293.:2018年12月09日 10:04 ID:lqNn6Q8Q0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
294.名無しさん:2018年12月09日 10:06 ID:y5TxgnCy0▼このコメントに返信
※277

+プラス

アメリカを仮想敵国としていたのは海軍であり、

1940年12月 鹿児島の錦江湾で海軍は真珠湾攻撃の訓練を始め
海軍の指揮官は山本である。

タイトルの答えは以上かな?
295.名無しさん:2018年12月09日 10:09 ID:0iqAVurc0▼このコメントに返信
普通であれば、江戸幕府が薩摩や長州の2藩に倒される訳がない。
井伊直弼へのテロで、誰も正しく幕府を引っ張る気がなくなり、幕府は自滅した。
同様に、要人へのテロで政治家や軍の上層部は理性的な判断が出来なくなった。
だから、満州の権益のために無謀なアメリカとの戦いを選び自滅した。

296.名無しさん:2018年12月09日 10:27 ID:3ifk6lOp0▼このコメントに返信
>>284
主権の問題は、まずは非承認からだね。単純に言えば、中華民国がちゃんと日清間及び日華間で行われた二国間協定並びに北京議定書等の多国間協定を遵守しないなら、満州等明らかに中華民国が主権を守れてない(無法地帯となってる)場所を中華民国領土と承認しないという宣言をすること、さらに、改善しないなら国交を断絶すると宣言しても良いだろうね。(今の韓国が着実にこの道にいるな~)

とにかく、まず軍隊が動いたのがまずかった。せっかく1929年の奉ソ戦争ではソ連と張学良の間に立って仲介者として振る舞って、欧州から信頼もされてたのに。
297.:2018年12月09日 10:32 ID:3ifk6lOp0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
298.名無しさん:2018年12月09日 10:36 ID:lqNn6Q8Q0▼このコメントに返信
薩長が加担したテロで滅んだなら、それは「自滅」とは言わんだろ。
それに似たような坂下門外の変が直後に起きているが、この時は桜田門外の変を教訓に
幕府側(安藤信正)は死者を出さずに、討ち手を全滅させている。
テロへの恐怖とかじゃなく、普通に幕府が弱体化していることが公然の事実となっただけ。

あと当時の薩長、石高で換算すると余裕で数百万石だからな。
直轄領が少なくなった末期の幕府なら軍事経済両面から見て普通に戦える。

「テロ」ってことを軸にきれいにまとめたいだろうが、形式論すぎるし、
あまりに見方が情緒面に偏りすぎだな。どうせなら経済軸に考えてみろと。
299.名無しさん:2018年12月09日 10:53 ID:lqNn6Q8Q0▼このコメントに返信
※296
大陸にいる日本の官民はテロられまくりだからな。面倒な手続すっとばして気持ちもわかるけどな。もう全然信用できんだろ。
この辺の順序ごっちゃにしてる奴多いんだよな。
支 那によるテロ事件が多発していることや世界恐慌きっかけにアメリカから貿易の事実上の締め出しを食らったことが先行して、
その結果、日本が満洲権益を確保する方向を強めたってこと。
300.名無しさん:2018年12月09日 11:23 ID:SimD3yXQ0▼このコメントに返信
※291 さん
※285です。ご理解ありがとうございます。
おそらく※288は、文盲なのでしょう。
関わらず放っておいた方がいいと思いますよ。
301.名無しさん:2018年12月09日 11:43 ID:SimD3yXQ0▼このコメントに返信
※293
そうですよね。 朝鮮は独立したにも関わらず、自分たちで自国を守る事すら考えてなかった。
そこで、日本に付くかロシアに付くか、国論は真っ二つに分かれていたが、結果、日本に付くことになった。
これが、朝鮮は事大主義と云われる所以です。
勿論、日本も再びロシアと相見えるのを避けたいが為に、止むを得ず併合したが、小さなイザコザはあったが、台湾の時とは違い戦闘行為は皆無で、事実上の「無血開城」でした。
でもこれは、明治政府の失政だったと今になって思いますよ。
独立もさせず、清の属国のままで放っておいた方が良かったのではと思います。
とにかく、あの国とは関わるべきではありませんでした。
302.名無しさん:2018年12月09日 11:49 ID:0iqAVurc0▼このコメントに返信
満州の権益のために、誰も勝てるとは思っていないアメリカと戦争するとは。
テロへの恐怖で国の進路を誤ったのは間違いない。
303.名無しさん:2018年12月09日 13:55 ID:wKo.mSYz0▼このコメントに返信
日本が戦争をしたのではなくアメリカに戦争に追い込まれた。
似ているようだが意味は全く違う。
F・ルーズベルトは戦争を必要だったし、しなければならなかった。
秘密解除されたアメリカの国会図書館から証拠が続々出てきた。
304.名無しさん:2018年12月09日 13:57 ID:wKo.mSYz0▼このコメントに返信
日本が戦争をしたのではなくアメリカに戦争に追い込まれた。
似ているようだが意味は全く違う。
F・ルーズベルトは戦争を必要だったし、しなければならなかった。
秘密解除されたアメリカの国会図書館から証拠が続々出てきた。
305.名無しさん:2018年12月09日 18:29 ID:TTRZmEt20▼このコメントに返信
>なんで日本はアメリカになんて勝てない相手と戦争したんだ

ふと、「パイロットハンター」の狙撃兵のグチを思い出してしまったw

そう言えば、松本御大の作品って、
「不可能と判っていてもやらなければならないときがある」とか
「勝てないと判っていても挑まなければならない戦いがある」
って描写がやたら多いね。
306.:2018年12月10日 05:32 ID:g6UlTF.60▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
307.名無しさん:2018年12月10日 05:47 ID:g6UlTF.60▼このコメントに返信
>>302
ドイツの勝利を確信して、日本に擦り寄ってきたアメリカとの外交のチャンスを昭和16年前半ではことごとく潰しまくって、さらに南部仏印進駐という最大の愚行をやらかした挙げ句、これにアメリカが怒って禁輸、日米外交が完全に行き詰まってもそれの原因をごまかすためにアメリカがシナ利権と満州を狙ってると嘘を流布し続けたのが真相だよ。だいたい、日米諒解案で満州国承認を決めてるんだから、アメリカには満州なんか全く興味も無い。アメリカの一番の心配の種は英国敗北~終戦でドイツが欧州覇者になり、英国艦隊を接収したドイツと日本から挟み撃ちされる事、だよ。

日本政府が国の進路を誤ったのはテロの心配なんか関係なくて、やはり三国同盟派が陸海軍外務省に近衛そろって無茶苦茶したからだよ。特に米内内閣の倒閣は致命的な選択になった。
308.名無しさん:2018年12月10日 09:07 ID:oYoYOpOA0▼このコメントに返信
>アメリカには満州なんか全く興味も無い。

アメリカが興味あるのは支 那大陸全土だろ。
南北戦争で支 那進出に出遅れたアメリカは、門戸開放「と言い出す一方で、支 那政権の関心買うような政策ずっと行ってきたからな。
重慶政府の支援もその一環。満洲が民国の領土って主張に協力すれば、確実に独占的地位を得られる。
戦争終わった時の、NYTだったかが、中国市場は自分たちのものになったと書いたらしいが、そうした意思の現れだろう。
もっとも中凶が大陸掌握したことで、水泡に帰したわけだけどさ。
それでもトランプが見切りつけるまで支 那市場に拘りつづけてたよな。もう妄執の域だよ。

大体、仏印進駐の目的の一つが援蒋ルート潰すことにあったんだから、順序逆だろ。アメリカの軍事支援も盧溝橋事件以前からだし。
日露戦争以後、支 那大陸の利権巡って、アメリカは日本の対支政策に対して介入・干渉続けてきたのに、「興味ない」はないわ。
309.名無しさん:2018年12月10日 18:50 ID:g6UlTF.60▼このコメントに返信
>>308
アメリカが興味があったのは日本に国際法を守らせる事だよ。特にケロッグブリアン条約を作って間もなく満州事変起こされてから、日本に対して憎悪の気持ちを持つようになった。でも、シナ利権に本気で興味を持ってたら、日本に干渉なんてくだらないアプローチせずに、どんどん英国と組んで進出しとるわ。漢口事件や第三次南京事件以降、日本から軍事作戦で協力を受けられなくなったアメリカは、自分からコストに見合わないと判断して引いたんだよ。

左翼的唯物論者は軍事と政治国際関係の根本を理解できないから、こういうくだらない利権論にひっかかるよな。
310.:2018年12月10日 20:15 ID:J9u8nXrX0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
311.名無しさん:2018年12月10日 22:22 ID:YiedjWDq0▼このコメントに返信
※214
松岡が決定権を持っていたとでも思っているのか? 上の命令に逆らえる訳無いだろう。
312.名無しさん:2018年12月10日 22:45 ID:wEV3wVoI0▼このコメントに返信
※305
ガチでグラマンに銃撃されて氏にかけたことがあるらしいからな、あの人

313.名無しさん:2018年12月10日 23:18 ID:oYoYOpOA0▼このコメントに返信
※309
>特にケロッグブリアン条約を作って間もなく満州事変起こされてから、日本に対して憎悪の気持ちを持つようになった。

これが異様。なんで自国に対して戦争起こされたわけでもないのに、憎悪の気持ちを持つのか。
大体、不戦条約なんて穴ぼこだらけで、アメリカ自身破りまくりだったろ。
まぁ、あんたが勝手にアメリカを代弁してるだけだろうけど。おかげで結論ありきの屁理屈だってよくわかるわ。
314.名無しさん:2018年12月11日 04:41 ID:t..FilaX0▼このコメントに返信
>>311
決定権持ってた近衛が役立たずだったんだよ。杉山元が大本営連絡会議の議事録を個別作らせてて、それが杉山メモって本として出てる。漢字カタカナ混じり文で読みにくいけど、ちゃんと読んでみな。特に昭和16年6月末の連絡懇談会の議論は酷いからね(松岡がしゃべりまくって北進論をごり押ししようとして東條と及川がイラついた挙げ句、無理矢理、東條が「仏印をやることで決定した」と言い切り、会議の最後にやっと近衛が一言「この決定は軍がやったって事で良いね」で終了)

ちゃんと勉強してから返事書きなよ
315.名無しさん:2018年12月11日 04:47 ID:t..FilaX0▼このコメントに返信
>>313
ではアメリカがケロッグブリアン条約を破った事例を言えるかい? 戦前でも戦後でも良いけど、戦後は国連の安保理決議とかあるから、つまらない左翼的混同はやめてね。
そもそも、ケロッグって誰だか知ってる?
316.名無しさん:2018年12月11日 05:12 ID:t..FilaX0▼このコメントに返信
>>310

勝手に腑に落ちてるのは勝手だし、あんたの妄想を邪魔する気は無いけどさ、日米の間の関係が急激に悪化したのは満州事変以降で、ではそれ以前の1920年代にアメリカは満州進出のために何か具体的な行動をとってたかい?張学良がソ連権益である東支鉄道を狙って軍事行動を起こしたとき、アメリカはソ連の肩を持ったかい?

それに、そんなに満州やシナ利権が欲しかったのなら、どうして大日本帝国が無くなった1945年以降、アメリカは中国大陸にいかなる領土も経済的権益も求めようとしなかったのかな?

実際、アメリカは1920年代から中国大陸への物質的興味をほとんど失ってる。第三次南京事件で幣原が英米への協力を拒否して、揚子江権益警護の英米兵を見殺しにしてからはなおさらね。

ではなぜアメリカが急激に対日態度を硬化させたのか、なんて、日本史じゃなくて世界史年表わかってたらすぐにわかる事なんだけどね。ルーズベルトは大統領三選以降、ヨーロッパでドイツを勝利者にしないことを第一の政治課題にした。そして同時期に日本は三国同盟を結んだ。そのまま日米は仮装敵国同士になった。日本がシンガポールへ進攻して日英戦争を自分から始めるのを牽制するために、昭和16年前半では日米諒解案のように融和的態度だったけど、仏印進駐以降、一気に硬化した。

利権云々、あるいはスパイ陰謀論しか知らないあなたには理解出来ないでしょうね。
317.名無しさん:2018年12月11日 05:32 ID:t..FilaX0▼このコメントに返信
>>310
そして日米諒解案の内容すら知らないだろ? 八紘一宇政策の共同推進、満州国承認、シナ事変の講和への米国の仲介、平和的手段での南方資源確保への米国の協力(日本は見返りに、三国同盟が侵略を受けた時のみに発動する攻守同盟であると表明して日英開戦を出来なくすること、米国が英国への物資輸送を増強できるように船舶を大西洋に集中移動させられるように、日本側が太平洋の船舶を増強する)等々。

そして、シナ事変の講和仲介については、日本側、細かく言えば、陸軍から送り込まれた岩畔が米国に要請したものだ。すでに条件も日米間で無賠償無併合で決まってた。見返りが満州国承認だから、決して悪い話じゃ無いからね。

これを松岡外相が潰したから、ここで決まっていた5月のホノルルでの近衛ルーズベルト首脳会談も流れたし、8月の仏印進駐という軍事行動で米国は激怒したんだよ。

318.名無しさん:2018年12月11日 05:41 ID:jjYqtftS0▼このコメントに返信
※315
アメリカは自国の勢力圏とみなす中南米に関しては、条約が適用されないと宣言して、1927年から世界恐慌までニカラグア自由党軍と交戦続けているな。
319.名無しさん:2018年12月11日 07:23 ID:t..FilaX0▼このコメントに返信
>>318
やっぱりそれ言って来たね。でも先に宣言してる(ちゃんと条約で留保してる)でしょ。クソな話なんだけど、国際法の手続きとしてはちゃんとしてるんだよね。
320.名無しさん:2018年12月11日 07:27 ID:t..FilaX0▼このコメントに返信
って言うか、そもそもニカラグア戦争(干渉)はケロッグブリアン条約成立前じゃ無かったっけ?
321.名無しさん:2018年12月12日 17:31 ID:db.ffjjh0▼このコメントに返信
※320
プエルトリコ込みで「あれはアメリカの安全保障のためであって侵略戦争ではない。で、日本が中国であっているのはアメリカがカリブ海でやっているのと同じ」
というアメリカのアジア担当のが外交官や学者先生からも言われてる。

で、こうもいっていると
「今は日本がまだ我慢しているからいいけど「自分らはいいが、日本だけがダメ!」とかいい続けるといい加減、日本もきれて戦争になるよ」
と。でアメリカが言い続けた結果、日本がキレて戦争になったと。

お名前