2018年11月17日 10:15

アメリカと互角に戦争できた国は日本だけという事実wwwwwwww

アメリカと互角に戦争できた国は日本だけという事実wwwwwwww

pixta_10598939_S

引用元:アメリカと互角に戦争できた国は日本だけという事実wwwwwwww
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1541880236/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:03:56 ID:lcu
日本強すぎワロタwwwwwwwwwwww

2: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:04:11 ID:lcu
日露戦争ではあのロシア相手に圧勝しちまうくらいだしなwwwwwww

5: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:04:29 ID:VFW
互角…?

8: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:05:52 ID:3Gf
完全敗北したんだよなぁ

9: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:06:38 ID:VFW
沖縄落とされて原爆落とされて日本の保有するほぼ全ての軍艦船舶沈められて実はアメカスは重巡も戦艦も1艘すら沈んでないパーフェクトゲームの完封試合が互角…?

12: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:08:41 ID:lYX
>>9
アリゾナ「」

11: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:07:48 ID:kDK
スゴイのは俺らのご先祖さまであって
俺らじゃないんだよ
そこは弁えよう、な?

15: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:11:19 ID:3Gf
まあ日本は縛りプレイしてたみたいなもんやし多少はね?
アメリカはあんだけ恵まれた土地持っとるんやから負けるわけないし

16: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:11:30 ID:Dql
戦力的には中露やん
ナチドイツだってバッチバチやってたやろ

19: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:14:44 ID:s2V
ベトナムのがスゴいんちゃう?

21: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:16:27 ID:Dql
>>19
負けとるしな
やっぱ中露もちゃうか

24: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:18:23 ID:lYX
>>19
いうてWW2にベトナム戦争の時と同じ様なメディアあったらどう思う?

25: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:19:13 ID:Dql
>>24
ああそれは原爆なんて落とせんかったかもなあ

20: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:15:14 ID:gk8
日本が対米戦争を回避するルートあったと思う?

23: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:17:41 ID:Dql
>>20
Reゼロとかひぐらしみたいにループできればあるいは

22: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:17:22 ID:JUx
アメリカは本土から日本まで飛んでこられる爆撃機を結局終戦まで開発出来なかったからな
戦艦では日本の方が強かったし
クッソ遠いのにこっちの矛の方が長かったら勝てると思う気持ちも分かる

27: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:21:19 ID:88P
互角なわくないがな
ヅルヅル長引かせただけやん

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年11月17日 10:18 ID:Z6qXomaj0▼このコメントに返信
互角(ただし1か月ほど)
2.名無しさん:2018年11月17日 10:19 ID:JFe6h.Z20▼このコメントに返信
くだらねぇまとめだな
アホらしい
3.名無しさん:2018年11月17日 10:19 ID:YQ2hV4Hc0▼このコメントに返信
※1
ミッドウエーまでは明らかに日本軍が優勢だぞ……
4.名無しさん:2018年11月17日 10:23 ID:gxoNzj7O0▼このコメントに返信
まあ、四年も戦争継続したんだから大したもんだとは思うよ。
5.名無しさん:2018年11月17日 10:23 ID:RUUbnC9K0▼このコメントに返信
アメリカが日本とだけ戦っていた、というなら
少しは理もあるけどな
6.名無しさん:2018年11月17日 10:24 ID:avbG5Zz10▼このコメントに返信
戦争の善悪については当時の経緯もあれし省略するとしても、我々のご先祖様は血を流しても国や家族を守ると言う鉄のように強い意志があった。我々は、この良き時代に生まれ、安全保障に関する考え方が甘過ぎる感がある。ただ、近々に不安定な要素が噴き出ており、このような良き時代が終わりを告げるかもしれない。物心両面でのしっかりとした覚悟と準備が必要だと強く思う。
7.名無しさん:2018年11月17日 10:25 ID:FnB4S.Nq0▼このコメントに返信
開発競争があるから互角は有り得ない。

最初期は優勢だし、気概でも勝ってた。


傲慢ちきがさらに融通の利かないタヌキだったからさ。
8.名無しさん:2018年11月17日 10:26 ID:sLP6nZou0▼このコメントに返信
だから米国は日本怖いんだよ
9.名無しさん:2018年11月17日 10:26 ID:xehxNREI0▼このコメントに返信
アメリカ、ドイツと二股で戦ってたんやで……
10.名無しさん:2018年11月17日 10:27 ID:YQ2hV4Hc0▼このコメントに返信
※5
日本もアメリカ以外に中華と英国と豪州とオランダ?とも戦ってるから条件的には同じじゃね
むしろ同盟国間の連絡もロクに取れない日本側が不利のような

英米とか兵器も融通しあってるし英国と米国が同盟国じゃなかったらレシプロ最高傑作と言われた
P-51 ムスタングもゴミ戦闘機だったぞ
11.名無しさん:2018年11月17日 10:27 ID:sLP6nZou0▼このコメントに返信
米国は日本とドイツに基地置いてないと怖くてだからな
12.名無しさん:2018年11月17日 10:28 ID:sLP6nZou0▼このコメントに返信
怖くなければ日本に基地置くわけない。そんなのわかってるやん
13.名無しさん:2018年11月17日 10:29 ID:ZTp1i9fK0▼このコメントに返信
アメリカはヨーロッパでも戦っていた。
つまり、日本はアメリカの片方の手と戦争してボロ負けに負けた。
14.名無しさん:2018年11月17日 10:31 ID:sLP6nZou0▼このコメントに返信
日本は米国より性能良いの安く造るし怖いに決まってる。米国は日本離せないんだよね。日本が付いた国が次の覇権国になるのわかってる。
15.名無しさん:2018年11月17日 10:32 ID:sLP6nZou0▼このコメントに返信
日本が米国要らないと言ったらドル体制崩壊。米国もそこはわかってる。中国は日本を中国に引き寄せたいのはそれを知ってる
16.名無しさん:2018年11月17日 10:34 ID:1.Rv7.8l0▼このコメントに返信
ほっとくとやばい相手とは認識してるだろうけど互角に戦ったとは欠片も思ってないだろ
17.名無しさん:2018年11月17日 10:35 ID:xehxNREI0▼このコメントに返信
イラクとかアメリカと戦争して「アホか、ガチでアメリカとやって勝てるかよ」と
当時呆れちまったけど、太平洋戦争開始時も、他の国から見ると「日本死ぬな」
って呆れられたのかね? 
18.名無しさん:2018年11月17日 10:35 ID:sLP6nZou0▼このコメントに返信
日本が付いた国が覇権取れる。米国がやたらと日本に甘いのには理由がある。日本争奪戦が世界で怒ってるのを日本人は知らない
19.名無しさん:2018年11月17日 10:35 ID:DHy.4OYi0▼このコメントに返信
ドイツが同時に戦ってなかったら4年どころか半分ももたなかっただろうよ。
20.名無しさん:2018年11月17日 10:36 ID:pinOm2190▼このコメントに返信
※14
はぁ?
21.名無しさん:2018年11月17日 10:36 ID:6n5GqCdR0▼このコメントに返信
つ朝鮮戦争時の中共

中共「このくらいにしといてやるから、その代わりに今後は中華民国じゃなく俺達を中国として認めた上で俺達を国連の常任理事国にしろや」
アメリカ「はい」
22.名無しさん:2018年11月17日 10:37 ID:sLP6nZou0▼このコメントに返信
日本の技術力舐めたらいかんよ。今の中核部品ほとんど日本とドイツで造られてる。これを知れば相手国の扱いは違う
23.名無しさん:2018年11月17日 10:38 ID:YQ2hV4Hc0▼このコメントに返信
※17
当時の米国は今の米国並みに強くなかった
開戦時の戦力も大したことない 戦争が始まってからヤバイぐらい武器を製造した感じ
24.名無しさん:2018年11月17日 10:38 ID:DHy.4OYi0▼このコメントに返信
※17

当時の日本は満州国も台湾も朝鮮もあったし、軍備も資源もイラク単独とは比べ物にならん。
25.名無しさん:2018年11月17日 10:39 ID:sLP6nZou0▼このコメントに返信
韓国とか寄せ集め国とは日本 ドイツは違う。韓国は無くなっても代わりはあるが日本 ドイツの変わりはない
26.名無しさん:2018年11月17日 10:39 ID:DZXIU2lk0▼このコメントに返信
ドイツも入れろ。
単独なら、もっと早く詰んでた。
27.名無しさん:2018年11月17日 10:39 ID:GeLDZhcW0▼このコメントに返信
※19
逆、日本だけなら本気を出さない戦時体制に入らないから
長引いていた。
弾薬不足に悩まされた朝鮮戦争がいい例だ。
28.名無しさん:2018年11月17日 10:39 ID:sLP6nZou0▼このコメントに返信
韓国wwwwwwwwwwゴミ
29.名無しさん:2018年11月17日 10:39 ID:QIBC0NPa0▼このコメントに返信
互角じゃないだろ。先に準備したからその間有利だっただけで、その後ボロ負けだろ
30.名無しさん:2018年11月17日 10:39 ID:c0oSsKL10▼このコメントに返信
くだらない。
戦争は結果が全てよ。
31.名無しさん:2018年11月17日 10:40 ID:Ss7GjcXi0▼このコメントに返信
あかん・・ネト〇ヨの脳みそは一体どうなってるんや・・・。
互角で無条件降伏するかよアホか。
32.名無しさん:2018年11月17日 10:40 ID:3gjf8DJ10▼このコメントに返信
ドイツは他とも戦ってただろ。ロシア等支援しながら戦ってたアメリカがおかしい。
アメリカと日本立場かわれば判るわ。

33.名無しさん:2018年11月17日 10:40 ID:DHy.4OYi0▼このコメントに返信
※10
中国には自分で兵器を作る技術が無い。
イギリスは遠すぎるしドイツと戦っててそれどころじゃない。オランダもだ。

34.名無しさん:2018年11月17日 10:40 ID:sLP6nZou0▼このコメントに返信
韓国は
半導体終わったら破綻する
35.名無しさん:2018年11月17日 10:41 ID:b7dLT8tR0▼このコメントに返信
ベトナム勝ってるじゃん。アメリカはあれを負けと認めないだろうけど、
36.名無しさん:2018年11月17日 10:41 ID:GeLDZhcW0▼このコメントに返信
今のドイツ軍は、韓国軍相手でも余裕で負けるからな
ネタ抜きに
37.名無しさん:2018年11月17日 10:42 ID:sLP6nZou0▼このコメントに返信
韓国に未来はもうない。後は半導体と心中で終わり。第4次産業は韓国は中国より弱い
38.名無しさん:2018年11月17日 10:44 ID:sLP6nZou0▼このコメントに返信
今でも韓国は詰んでいる。半導体しか世界に売れるものがないwwwwwしかも日本製品輸入しているだけwwwww韓国は破綻する
39.名無しさん:2018年11月17日 10:45 ID:RUUbnC9K0▼このコメントに返信
※10
日本は対米が主
米は対欧州が主

日本は太平洋戦争に負けたことで、中国、韓国に良いようにオモチャにされてきて悔しいが
事実は的確に捉えて判断しないと
また同じ過ちを繰り返す
40.名無しさん:2018年11月17日 10:46 ID:RYVyFyQn0▼このコメントに返信
ベトナムはゲリラ戦限定&核なしの局地戦だから善戦した。
アメリカと互角に戦うにはいかに総力戦を避けるかだな。
41.名無しさん:2018年11月17日 10:47 ID:3glvVHNi0▼このコメントに返信
日本は反陽子爆弾でも造るか
42.名無しさん:2018年11月17日 10:48 ID:wurJta2z0▼このコメントに返信
ベトナムは局地戦ってのもあったけれど、作戦も非常に頑張ってますよ

敵を知り己を知るは百戦危うからずをきっちり実践しています。
日本帝国陸海軍みたいなウソコ参謀どもよりずっと頭いい。
43.名無しさん:2018年11月17日 10:49 ID:GeLDZhcW0▼このコメントに返信
※40
ベトナム戦争はあくまで正規戦だが
限定戦争でもあるしな。
44.名無しさん:2018年11月17日 10:49 ID:hAdOJbKh0▼このコメントに返信
歴史上、空母機動部隊同士の大規模戦は、日米だけだよ。
世界最強の米海軍と互角(注:大戦初期)に戦ったのも日本海軍だけ。
45.名無しさん:2018年11月17日 10:49 ID:Ss7GjcXi0▼このコメントに返信
ID:sLP6nZou0は一体何故スレタイに全く関係ない韓国の話を持ち出すのか。
韓国の半導体がどうなろうがこのスレで語る内容じゃないだろアホか。
46.名無しさん:2018年11月17日 10:50 ID:c74F3rIA0▼このコメントに返信
A:おいJ そこはお前の席やないって言うとるやろ どけや
K in J:(おい また あいつ 言うてきてるぞ うっとしいの いっぺんシバィたれや!)
J:な な な 何言ってんねん そ そこ お 俺が長いことかかって確保したんやぞ
A:ん なんや くちごたえするんか ええ根性しとるやんけ
K in J:(勝手なことばっか 言いやがって シバケシバケ イテモタレや!)
J:く く くちごたえって な なんや ちゃんと説明したやないか
A:何をガタガタ言うとるんじゃ どかんかいボケ! よし 3っつ数える間だけ 待っといたる はい さーん にー いー
K in J:(一発カマシたれ! 痛い目に合わしたら Aも ちょっとは静かになるて)
J:わ わ わ わーーーー! コンチクショーーー!
@@@@@@@  数十秒後   @@@@@@@@@@@@@@@@@@ 
A:降参するか? それとも もっとか? どや!
J:ててててて… かか か か 堪忍してぇな な 何でも言うこと聞くよって…

結果的に 鮮-日勢力(K in J)大勝利
47.名無しさん:2018年11月17日 10:51 ID:c74F3rIA0▼このコメントに返信
@@@@@@@  数カ月後   @@@@@@@@@@@
K:おいJ ちゃんと 謝れや!またワメクぞ! わーーーーーー
J:あ 謝ったやないか い い いつまで言うねん 
 あっ おっ おい そこ俺の席、 あっ おま 昨日も牛丼食わしたったやろ あっ あ
T:知らんな そんなん聞いたことない それにな ここは昔っから俺の席や
K in J:(そらそやな 結構調子のって アイツライジメたからな 
仕返しされてもしゃあないで また牛丼食わして あやまろや)
J:ウソ付けや! あっ おまえら やめろや あっ あっ 
A:おい お前ら ええかげんにせいや! おい J お前も 認めんかい! おう!
K in J:(A君に全部任せたらええねん もう 俺らが謝っといたらみんな仲良しや)
J:えっ あ…  う ん…
A君 今日もありがとう またガソリン満タンにしとくわ
  これ少ないけど取っといてw えへへへぇw
@@@@@@@@@@@@その日の夜@@@@@@@
A:おいT K もうちょっと 回数増やせや  またハンバーガー食わしたるからな
K:へっ 兄貴
T:ふん (たまには 俺にもステーキ食わせろや)
鮮-日勢力(K in J)大勝利
48.古古米:2018年11月17日 10:51 ID:gBkZOgLM0▼このコメントに返信
自分の主張。
アメリカは人口の0.01%の科学者が原理原則を発見して、0.1%の上級技術者が工程を確立して1%の中級技術者がそれをマニュアル化する。
すると、そのマニュアルで99%の阿呆共が同じものを量産する。
その良い例が、ツーバイフォー工法だよ。
アメリカの強さは「物事をマニュアル化出来る」事にある。
その為に不測の事態に対する対処には後れを取るけども、自力が凄いから後で追い付ける。
アメリカの合理主義に日本は中々立ち向かえないな。
49.名無しさん:2018年11月17日 10:52 ID:Ss7GjcXi0▼このコメントに返信
※44
ちなみに大戦初期限定ならばドイツ陸軍も米国陸軍を圧倒している。
あのルーズベルトが嘆いたくらい。
50.名無しさん:2018年11月17日 10:52 ID:sLP6nZou0▼このコメントに返信
韓国なら1週間かからなかった。あいつら口だけや
51.名無しさん:2018年11月17日 10:53 ID:sLP6nZou0▼このコメントに返信
韓国wwwwwwwwww弱いwwwww
52.名無しさん:2018年11月17日 10:55 ID:5a2f8sKs0▼このコメントに返信
互角じゃなく有色人種で唯一白人に抵抗できる力があった
アメリカの国力には大きな開きが有りすぎて互角とは言えないが相手を困らせることは出来た
53.名無しさん:2018年11月17日 10:55 ID:mZ5bBWDM0▼このコメントに返信
互角じゃ無かったし・・・ただアメリカに喧嘩吹っ掛けたアホは日本だけって話じゃネーの?
54.名無しさん:2018年11月17日 10:57 ID:GuTPeO4N0▼このコメントに返信
完敗だけど戦艦、重巡が一隻も沈んでいないとか言ってるヤツは何処の世界から来たんだ?
それらどころか正規空母すら沈めてるわ
55.名無しさん:2018年11月17日 10:58 ID:8sp0sgpR0▼このコメントに返信
まあアメリカと正面からまともに戦争した国は日本だけというのも事実だが
その一方で、アメリカのホームグラウンドである海の上でアメリカに挑むという愚かなことをしたのも事実だ。

もうすぐ、その愚かな国に中国が加わるかもしれんがな。
アメリカは海の上がホームグラウンド、海の上でアメリカに勝てる国はない。
56.:2018年11月17日 10:58 ID:fzyiCe9x0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
57.名無しさん:2018年11月17日 10:58 ID:nZt3mScD0▼このコメントに返信
日露戦争は負けなかっただけ。
日米戦争は、アメリカはヨーロッパ戦線でも戦ってたからね。

まあ、日本もアメリカ以外にヨーロッパ植民地軍や中国と戦ってたけどね。
58.名無しさん:2018年11月17日 10:59 ID:uK.rhzg30▼このコメントに返信
片手間にフルぼっこされたのに互角は無いわ
59.コロンブス:2018年11月17日 10:59 ID:mixmEDW30▼このコメントに返信
ドイツはアメリカが参戦してからは勝っていない。
日本はミッドウエイまではほぼ圧勝。
ソロモンの消耗戦まではほぼ互角。
その後はじり貧。
しかし島嶼防衛戦では想定外の善戦。
こんな感じかな。
60.名無しさん:2018年11月17日 11:01 ID:q0M6A.g50▼このコメントに返信
※53
しかも、満州を守るために、東京、大阪など本土の大都市を火の海にされ広島・長崎に原爆を落とされた。
何のための犠牲だったのか。
61.名無しさん:2018年11月17日 11:01 ID:qKckI1LH0▼このコメントに返信
次どうやって勝つかだな
歴史は必ず繰り返す

アメリカに勝てるイメージがわかないわ
62.名無しさん:2018年11月17日 11:03 ID:Ss7GjcXi0▼このコメントに返信
※59
ドイツは対ソ連に主力を注ぎ込んでいて対米国は片手間。そして北アフリカにおける緒戦ではドイツが勝利しているんですが。
63.名無しさん:2018年11月17日 11:03 ID:5a2f8sKs0▼このコメントに返信
※61
もう勝つ必要はない
アメリカ側の陣営にいるんだから
64.名無しさん:2018年11月17日 11:05 ID:U1kcG.qb0▼このコメントに返信
圧倒的じゃないか、我が軍は

 アメリカの戦死者
  対ドイツ(欧州戦線)   25万
  対日本(太平洋戦線)   16万
  ベトナム戦争        4万
  朝鮮戦争          3万
  イラク戦争         1万

戦争法案ガーと騒ぐ連中は、
今の時代にWW2のような国家総力戦を想定して
大仰に被害を煽るから支持されない
65.名無しさん:2018年11月17日 11:05 ID:WmpP4Id20▼このコメントに返信
アメリカの戦争史で一番殺されたのが日本とやった戦争
66.名無しさん:2018年11月17日 11:05 ID:UVdVe0jq0▼このコメントに返信
※56
日本を守ってるんじゃない
太平洋を守ってるんだ
日本はその防衛拠点のひとつにしか過ぎないという認識はもっといたほうがいいぞ

※57
日露戦争はロシア軍の南下を防ぐという戦略的目的は達成したんだから、日本の勝ちだよ
あれはいわば防衛戦争だからね
67.名無しさん:2018年11月17日 11:06 ID:Co1ISu580▼このコメントに返信
いまだにこんな事を言うアホがいるぐらいなんだから当時はこれに輪をかけたレベルのアホがいっぱいおったんだろうな
これだけ情報を知れる現在ですら戦力差が理解できんのがいるのなら当時はなおのこと
68.名無しさん:2018年11月17日 11:10 ID:Ss7GjcXi0▼このコメントに返信
※65
米国の戦争史で一番戦死者が多いのは内戦の南北戦争。次に欧州戦線。その次に太平洋戦争。
69.名無しさん:2018年11月17日 11:10 ID:nUV8li0c0▼このコメントに返信
当時の海軍だけは世界有数だったからな、陸軍は根性で何とかしろというていたらく…
70.名無しさん:2018年11月17日 11:11 ID:p.kJO63h0▼このコメントに返信
空襲&原爆投下した理由はなんやろなぁ。

そこまで国連兵を追い詰めてたって証なんだよなぁ


阿呆らしいとか言ってる奴が阿保。国連軍の方が倍軍人死んでるんやでw
71.名無しさん:2018年11月17日 11:11 ID:mZ5bBWDM0▼このコメントに返信
東京がこれだけ空襲されてるんだからニューヨークやロンドンは壊滅寸前やろ。
もうちょっとで日本が勝つで!

ばんざい!ばんざい!WWWWW

こんな感じ?
72.名無しさん:2018年11月17日 11:11 ID:0f.Iha9x0▼このコメントに返信
※63
そのアメリカがいつまで現状のアメリカでいられるかが問題だな
73.名無しさん:2018年11月17日 11:12 ID:5a2f8sKs0▼このコメントに返信
※66
日本人が大切で守ってるわけじゃなく日本という地理的位置と天然の要害で太平洋隔てたアメリカの盾なんだよね
太平洋はアメリカの庭で日本は壁
日本人が滅びようとアメリカは手放さない
74.名無しさん:2018年11月17日 11:12 ID:.oPj0xHW0▼このコメントに返信
米国の本土はほとんど無傷。ボコボコにやられて今も米国の言い成りの日本、米国の領土で植民状態じゃあ互角とは言えないだろう。
75.名無しさん:2018年11月17日 11:12 ID:SDy7nnFx0▼このコメントに返信
アメちゃんも日本が恐かったろう
なんてったって戦闘機ごと戦艦に突っ込んでくるんだからな
死を恐れぬ死兵が1番恐い
76.名無しさん:2018年11月17日 11:13 ID:5a2f8sKs0▼このコメントに返信
※72
それに対抗しようとしてる中露のほうがいつまでその現状でいられるかのほうが問題かと思う
77.名無しさん:2018年11月17日 11:13 ID:p.kJO63h0▼このコメントに返信
なんで米帝と英帝国と露帝が死にかけてたんですかねぇ。


左翼さん歴史知らないの?

原爆なんか作んなよw
78.名無しさん:2018年11月17日 11:15 ID:5a2f8sKs0▼このコメントに返信
※75
戦い方が違ってたからね
普通は3割の損失で全滅判定出されるけど日本の場合玉砕だからね
79.名無しさん:2018年11月17日 11:16 ID:Ss7GjcXi0▼このコメントに返信
※70
いや日本は超絶雑魚なめくじの対中国でスコア稼いでただけなんですがそれは。
あとドイツが対ソ連で殺しまくってキル数稼いでいただけ。
日本もドイツも対米国ではキルレートで完敗してますがな。
80.名無しさん:2018年11月17日 11:16 ID:p.kJO63h0▼このコメントに返信
めっちゃ無視してるってことは歴史を知らんカスか。


81.名無しさん:2018年11月17日 11:17 ID:mZ5bBWDM0▼このコメントに返信
アメリカが恐れてたのは細菌兵器だけだよ。
国力も物資も兵士の数も練度も圧倒してたから。
82.名無しさん:2018年11月17日 11:17 ID:p.kJO63h0▼このコメントに返信
※79
米帝と英帝国の領土がなくなったんはなんでや?誤魔化しはあかんぞ。
83.名無しさん:2018年11月17日 11:18 ID:5a2f8sKs0▼このコメントに返信
※79
中国軍は酷すぎた
西洋諸国からそれなりの装備を供与されてたのに日本軍5000千VS中国軍10万で中国軍はボコボコにされてたし
84.名無しさん:2018年11月17日 11:21 ID:Ss7GjcXi0▼このコメントに返信
※82
米国と互角に戦争できた国は日本だけというスレタイに大英帝国は関係ないし、米国の領土は一寸も失われていないんですが。
米国の植民地フィリピンは開戦前から独立が決定していましたし、むしろ戦争で植民地を失ったのは日本の方なんですが。
85.名無しさん:2018年11月17日 11:23 ID:8sp0sgpR0▼このコメントに返信
※57
>日米戦争は、アメリカはヨーロッパ戦線でも戦ってたからね。
>まあ、日本もアメリカ以外にヨーロッパ植民地軍や中国と戦ってたけどね。

だからそれはお互い様だな。
86.名無しさん:2018年11月17日 11:25 ID:HczXTKPG0▼このコメントに返信
アメリカと互角でやり合える国?
アメリカだろ
87.名無しさん:2018年11月17日 11:25 ID:8sp0sgpR0▼このコメントに返信
※72
おそらくアメリカはゆっくりと衰退していき、今世紀後半くらいには最強からすべり落ちると予測する。
もっとも、日本がどうアメリカに介入するかによってかなり流れが変わるだろうがな。

ただし、中国や欧州はそれよりはるか昔に崩壊してるだろうよ。
88.名無しさん:2018年11月17日 11:25 ID:ZyXdx.zf0▼このコメントに返信
野球で例えるなら

アメリカ 000333855 27
日本   420000000 6

みたいな感じやろ?
89.名無しさん:2018年11月17日 11:27 ID:mZ5bBWDM0▼このコメントに返信
※88
コールドやんけW
90.名無しさん:2018年11月17日 11:28 ID:5a2f8sKs0▼このコメントに返信
※89
他の有色人種なら1点も取れんかったんだよ
91.名無しさん:2018年11月17日 11:28 ID:H0RrBjtA0▼このコメントに返信
※69
その根性論の陸軍が戦争を推し進めたんだっけ?

日露戦争圧勝とか言ってるけど、革命が起きそうで揺らいでたから勝てたわけだし、日本もボロボロになって勝ったから圧勝ではないだろ
92.名無しさん:2018年11月17日 11:28 ID:SJBtuQqb0▼このコメントに返信
互角というより、アメリカの想定以上に強く噛み付かれただけ
だから警戒もしている

つーか、当時のアメリカの生産能力と陣地構築・補給力が異常なんだよなぁ
93.名無しさん:2018年11月17日 11:30 ID:V.kOiW030▼このコメントに返信
アメリカと互角に戦えた?それはドイツも同じでしょう

だがそれも今や昔
金儲けのために外国人労働者で混ぜ物をすればかすかに残るその大和魂も失われるでしょうね
94.名無しさん:2018年11月17日 11:31 ID:jxyhAHnh0▼このコメントに返信
※90
ベトナムと度々挙がってるのに
お前の頭はニワトリか?
95.名無しさん:2018年11月17日 11:33 ID:mZ5bBWDM0▼このコメントに返信
※90
サッカーの世界大会みたいな感じやなw
アジアでイチ・ニを争う実力でも世界じゃ勝てない・・・みたいな。
96.名無しさん:2018年11月17日 11:34 ID:Ss7GjcXi0▼このコメントに返信
※92
そら飛行場の建築に人力で取り組む国がブルドーザーで取り組む国に勝てるわけない。
生産能力もだが基礎工業力で明確に劣っていた。
97.名無しさん:2018年11月17日 11:34 ID:5a2f8sKs0▼このコメントに返信
※94
太平洋戦争時にアメリカとベトナムが?
98.名無しさん:2018年11月17日 11:34 ID:p.kJO63h0▼このコメントに返信
なんやここ。保守やなくパヨクスレやったかw

終わりやねこのサイトwガチ勢で崩壊してもうたわwwww

99.名無しさん:2018年11月17日 11:35 ID:8sp0sgpR0▼このコメントに返信
※94
ベトナムは自国内で戦ったわけだよ。
日本以外の国がアメリカと戦うには、自国内で戦うしかないわけ。
アメリカは海の上では無敵だが、陸上ではそうでもない。
日本だけがその海の上でアメリカに挑むほど力があり、そして無謀だった。
100.名無しさん:2018年11月17日 11:35 ID:NvhjKj0i0▼このコメントに返信
頭が悪くて無知な人間は日本がボロ負けwなんて言ってるけど、歴史的事実は違うからな?
実際は全アジアの人々を鬼畜米英から守護しつつ戦ってたから100%の力は出せなかった
しかも米国の謀略で日本が一番弱い時期に戦争に引きずり込まれたという事実もある
これだけの悪用圏の中で米国と互角に渡り合ったんだから、日本がが本気を出せたなら米国は負けてたというのが通説
101.名無しさん:2018年11月17日 11:37 ID:YC.xmNED0▼このコメントに返信
太平洋戦争に負けたのと日露戦争に勝ったことの意味が日本人種の歴史において、どちらが最重要かと云えば、被害が日米戦争は大きかったが、重要さでは日露戦争の方が重要だ。日米戦争は日本が結果的に解体しなかった。しかし日露戦争にもし負けてロシア艦隊が健在だったら九州など占領され、交渉によって北海道は取られただろう。そして政治的にロシアの属国にされ、事実上日本は無くなったはず。その意味で日米戦争は核爆弾まで食らったが、回復したことで日露戦争勝利の意味が裏つけられる。まさに皇国の興亡この一戦に在り と打電されたのは真実であった。事実、1945年以来、日本は勝利を続けている。現在も。戦後数々の災害、問題を抱えてきたがその時その時をクリアしてきた。その間に阪神大地震喪も有りながら現在では震災の跡を探すのが難しいくらいだ。日露戦争で日本の領土と国体、人的資源を確保できたことは運がよかったし、人的資源がそれを呼んだ。
102.名無しさん:2018年11月17日 11:37 ID:p.kJO63h0▼このコメントに返信
ノルマンディー上陸作戦どう説明すんやろ。

天候の嘘がなければ負けてたんやけど。
103.名無しさん:2018年11月17日 11:38 ID:mZ5bBWDM0▼このコメントに返信
>基礎工業力

明治新政府はアメリカで大量生産されたネジ持ち帰ってそれを近代化のシンボルとしたらしいが、なんか因縁を感じるな。
104.名無しさん:2018年11月17日 11:38 ID:V.kOiW030▼このコメントに返信
でも外国人労働者で混ぜ物して儲けたいんでしょう?

なら民族主義を煽り、保守を名乗るのはやめなさいよw
105.名無しさん:2018年11月17日 11:39 ID:yuWw.da00▼このコメントに返信
互角だったら戦争せずに外交だけで行けただろ、バカタレ!
106.名無しさん:2018年11月17日 11:39 ID:8sp0sgpR0▼このコメントに返信
※61
答はとっくに出ている。
アメリカと一緒に中国を潰す。

そいから、いつまで日本が敗戦国と言ってるんだ?
日本は冷戦に勝利した西側だから、その時から戦勝国だよ。
107.名無しさん:2018年11月17日 11:39 ID:mZ5bBWDM0▼このコメントに返信
※100
妄想もそこまで行けば大したもんだ。
こんなとこで燻らず、本でも書いて出版しろよ。

売れるかどうか知らんけど。
108.名無しさん:2018年11月17日 11:40 ID:ZyXdx.zf0▼このコメントに返信
日本は国民総出で食べる物すらなく戦争してたけど
アメリカ国内は映画や劇やミュージカルが発展してた時期
109.名無しさん:2018年11月17日 11:41 ID:Ss7GjcXi0▼このコメントに返信
※100
>>実際は全アジアの人々を鬼畜米英から守護しつつ戦ってたから100%の力は出せなかった
いや東南アジア各国の対日ゲリラの存在知らないん??

>>米国の謀略で日本が一番弱い時期に戦争に引きずり込まれたという事実もある
いやいや、米国が総力戦体制に移行したら絶対に勝てないから勝機のある今のウチに…って日本側から仕掛けたんですが。
空母の数でも開戦時は日本が圧倒していますし。むしろこれ以上ないくらい日本が戦力で圧倒している時点での開戦なんですが。

>>日本がが本気を出せたなら米国は負けてたというのが通説
ご冗談をww
110.名無しさん:2018年11月17日 11:42 ID:8sp0sgpR0▼このコメントに返信
※107
何年も前にそのテーマで本を出した人がいる。
「太平洋戦争は無謀な戦争だったのか」
一度読んでみたら?
111.:2018年11月17日 11:42 ID:NvhjKj0i0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
112.名無しさん:2018年11月17日 11:43 ID:V.kOiW030▼このコメントに返信
※106
申し訳ないが日本政府は中国共産党と経済的連携を取り、打倒米トランプ民主党政権に走るよ
政府自民党と経団連のグローバリゼーションにとって邪魔なのはむしろトランプだ
113.名無しさん:2018年11月17日 11:44 ID:V.kOiW030▼このコメントに返信
※112
間違えたw
米トランプ共和党政権だw
114.名無しさん:2018年11月17日 11:49 ID:mZ5bBWDM0▼このコメントに返信
※110
ムーが売れるぐらいだから、まあ、売れるかもしれないなw
115.:2018年11月17日 11:49 ID:p.kJO63h0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
116.名無しさん:2018年11月17日 11:50 ID:Ho0UVdhJ0▼このコメントに返信
日本よりイギリスの方がアメリカと良い勝負してるよね?何でこう言う話の時、ブリカスさん忘れられてしまうん?
117.名無しさん:2018年11月17日 11:50 ID:Z.mxILaa0▼このコメントに返信
ロシアとは事実上引き分けだろ、賠償金貰ってねぇし
アメリカとは・・・ボロ負けして未だに属国じゃねぇかw

まぁ「史上初めて白人国家に盾突いた有色人種国家」って意味では凄いんだろうがね
結果的に負けちゃ意味ねぇんだよなぁ~w
118.:2018年11月17日 11:51 ID:mZ5bBWDM0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
119.名無しさん:2018年11月17日 11:51 ID:p.kJO63h0▼このコメントに返信
※116
そんなに対して勝ててないからwwwwwwwww

海賊相手でもしてろwwwww
120.名無しさん:2018年11月17日 11:52 ID:nZt3mScD0▼このコメントに返信
※ 108。大戦末期のアメリカ国庫は破綻寸前。第二次大戦で儲けたのは南米。
121.名無しさん:2018年11月17日 11:52 ID:mZ5bBWDM0▼このコメントに返信
※115
ID変えて何度も書きこむなんて、よっぽど悔しかったんだなw
122.名無しさん:2018年11月17日 11:52 ID:QsAVLV5W0▼このコメントに返信
戦争でアメリカ本土を爆撃したのは日本だけだな。
しかも世界初の大陸間兵器。
123.:2018年11月17日 11:52 ID:p.kJO63h0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
124.:2018年11月17日 11:52 ID:5a2f8sKs0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
125.:2018年11月17日 11:53 ID:p.kJO63h0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
126.名無しさん:2018年11月17日 11:54 ID:Gy0DXmk30▼このコメントに返信
数・質・戦略で完敗してたのに互角はないんじゃない?
唯一勝ってたのは上層部の基地外度
127.:2018年11月17日 11:55 ID:p.kJO63h0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
128.名無しさん:2018年11月17日 11:55 ID:Ho0UVdhJ0▼このコメントに返信
>>97
このスレ太平洋戦争限定ちゃうやろ?
129.:2018年11月17日 11:56 ID:p.kJO63h0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
130.名無しさん:2018年11月17日 11:56 ID:V.kOiW030▼このコメントに返信
シナ共産党とRCEPで経済的連携を取り、反トランプ共和党政権のグローバリスト自民党が
民族主義を煽るとは驚きですねぇ
131.名無しさん:2018年11月17日 11:58 ID:5a2f8sKs0▼このコメントに返信
※128
日本とアメリカとの戦争とは状況が別物だからベトナム戦争を引き合いに出すのもね
132.:2018年11月17日 11:59 ID:Ss7GjcXi0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
133.名無しさん:2018年11月17日 12:00 ID:p.kJO63h0▼このコメントに返信
※132
関係ありすぎて草。
134.名無しさん:2018年11月17日 12:08 ID:Ss7GjcXi0▼このコメントに返信
※133
うん??朝鮮志願兵のことを言うならむしろ彼等に感謝すべきだろ。一緒に米国と戦ってくれたのだから。


135.名無しさん:2018年11月17日 12:09 ID:YCOC5.2w0▼このコメントに返信
互角じゃないけど善戦はした。国力差を考えたらまあ良くやった。
が、それでも勝てないことは分かってたので、初期に全力投球して大打撃を与えて、アメリカ市民の厭戦ムードを誘い、
引き分けの講和条約を結ぶつもりだった。
ミッドウェーで馬鹿な事して壊滅してなければ、講和シナリオもちょっとは可能性あったと思う。

あと、太平洋戦争はアメリカが戦後に付けた名前。
日本は太平洋の支配を目論んで太平洋に進出した、という印象操作をするため。
しかし実際は大東亜共栄圏を作るために、アジアが主戦場だった。
アメリカが攻めてこなければわざわざ太平洋側に遠く遠征をする気はあんまりなかった。
だから、戦中の呼称は 大東亜戦争 。

愛国者なら、太平洋戦争なんて言っちゃいかんよ。 大東亜戦争といいたまえ。
136.名無しさん:2018年11月17日 12:11 ID:SJBtuQqb0▼このコメントに返信
※123
ID見ろ
自分で自分を朝鮮扱いしてどうするの?
137.名無しさん:2018年11月17日 12:12 ID:Ss7GjcXi0▼このコメントに返信
※135
しかし日本の公式教育では太平洋戦争と教えられている。それらを管轄する日本の官僚や政治家は愛国者じゃないとでも??


138.名無しさん:2018年11月17日 12:12 ID:ZcPtTFVV0▼このコメントに返信
なぜベトナムは無視なんだよw
それに超汚染人は無関係だろwww
139.名無しさん:2018年11月17日 12:12 ID:2gTowCoB0▼このコメントに返信
また日本強をわざと言って日本下げするスレか
140.名無しさん:2018年11月17日 12:15 ID:Ss7GjcXi0▼このコメントに返信
※139
日本上げも日本下げも関係ないと思うんですが。ただスレタイが正しいか否か議論すれば良いだけ。
上げ、下げ、が主題ではなくスレタイこそが主題なんです。
141.名無しさん:2018年11月17日 12:16 ID:6CIlJtc.0▼このコメントに返信
国家総力戦でアメリカに勝てる国は無いでしょ

よくベトナムの話持ち出す人いるけど、日本vsアメリカの国家総力戦の話なのに無関係すぎんか。

ベトナム相手に国家総力戦出来てたら日本よりすんなりベトナムはボロ負けするで。
142.名無しさん:2018年11月17日 12:17 ID:8Fk7gT1P0▼このコメントに返信
強力な軍隊を組織するのも大事だけど
それを維持するのは国力と資源
143.名無しさん:2018年11月17日 12:17 ID:YCOC5.2w0▼このコメントに返信
米137
ヒント GHQによる、戦勝国に都合の良い偏向教育と、自虐思想の植え付け
144.名無しさん:2018年11月17日 12:18 ID:YCOC5.2w0▼このコメントに返信
あと、今の日本の官僚と政治屋をみて、ひとりでも愛国者がいるように見えるなら、君のマナコはフシアナ以下だ
145.名無しさん:2018年11月17日 12:19 ID:3yBllcJY0▼このコメントに返信
それは冗談だ老朽戦艦をパールハーバーに並べておいて鎮めるように要請し
空母も置いてあるという約束は守られなかった

半年後のミッドウエー海戦で事は決着したが米国の戦争計画では
民間企業を軍需産業に転換し武器兵器を大量生産する計画だから
最低でも34年は戦争を終らせる予定はなかった

それで血気の逸る将軍たちにはハリウッド女優並みの美女を軍が与えて抑え
ヒットラーがソ連に攻め込んだのを好機に地上戦はなるべく東部だけにし
西部では爆弾投下だけで引き伸ばしソ連がベルリンに攻め込んでやっと腰を上げた
その間何時でも日本を降伏させられたが生産した爆弾の投下先として確保し
ついでに核爆弾の実証実験にも利用した
146.名無しさん:2018年11月17日 12:23 ID:zrH4oFhR0▼このコメントに返信
こんな低レベルなネタで日米離反を謀るか、五毛党管理人。
呆れ果てた低知能ぶり、憐れ過ぎる。
147.名無しさん:2018年11月17日 12:25 ID:q09HNnBo0▼このコメントに返信
原爆完成させた国に勝てるわけないでげそ。しかし海戦はロマンそのもの。
148.名無しさん:2018年11月17日 12:26 ID:R.QnwPMF0▼このコメントに返信
日本がアメリカと互角だったかどうかはさておいてアメリカが一目置く程度には戦えていただろ。
結果は日本のボロ負けだがこうして日本は続いてる。今やアメリカは友好的で有用な同盟国だ。結果が全てならこれが全てだ。
次の大戦で日本はアジアの覇権を取るよ。今度こそアメリカは邪魔しない。
アメリカは中国の利権が欲しくて日本を打ち負かした挙げ句、結局中国を赤化させた。これもまた結果。
結果から言うなればアメリカはうすらバカ。アジア支配には全くと言って良いほど向いてない。
どう考えたって長年の同盟がアジアの覇権取ってた方がアメリカにとって都合がよろしい。
アメリカじゃどうせ支配出来っこないし言うこと聞かない中国とG2やるより無茶振りもきいてくれる日本の覇権のが都合が良かろう。
149.名無しさん:2018年11月17日 12:26 ID:p.kJO63h0▼このコメントに返信
ID見ろと言われても携帯だから見れないんだよなぁ。PCなら見れるかもしれんが.....

150.名無しさん:2018年11月17日 12:28 ID:Ss7GjcXi0▼このコメントに返信
※149
いや、わざわざ情弱宣言しなくとも・・・。
151.名無しさん:2018年11月17日 12:29 ID:jC6XoDdw0▼このコメントに返信
>>88
おー、野球か
じゃあナチスとソビエトの場合は?
152.名無しさん:2018年11月17日 12:30 ID:YC.xmNED0▼このコメントに返信
※100
日本がしなければならない攻撃目標を間違っていたことは事実。米国を攻撃した時点で負けを最初から分かっていた将官もいた。しかし場の空気は反対意見を抑えた。日本が最初にしなければならなかったのは、蒋介石でもない、ソ連だった。そもそも石油を止められた原因が満州事変を起こし関東軍のやりたい放題にしてしまったことだ。英米の利害が絡んだところ、南進もそうだ。米国は欧州戦にもまだ参戦していなかった。モンロー主義だった。米国は最初から日本がソ連を攻撃する時は協力するとハルノートに書いた。日本はこの大戦が何で起きたかの分析ができなかった。資本主義と共産主義の戦いの始まりだということを知っていなかった。だからソ連と不可侵条約を結び安心していた。このころから米国の真の敵はそれんだったことを日本は知るべきだった。戦後はっきり出て来た。ドイツも本来の目的ソ連を当初攻撃せず、余計な寄り道でエネルギーを浪費してしまった。もし日本とドイツがソ連を一気に攻撃していたら、英米その他周辺国も日独に協力しただろう。最初から資本主義と共産主義で分かれて戦争していたら帝国は今でも健在だった。1941年のソ連の力を日本はノモンハンでの負けで過剰に評価していた。ソ連は西部戦線で戦車を含む大方の陸軍をつぎ込んでいた。がらがらの状態だった。日本はソ連を攻撃して勝たなくても失うものは無かった計算ができなかった。
153.名無しさん:2018年11月17日 12:31 ID:YDsIEDN80▼このコメントに返信
※3
珊瑚海までな
MA作戦で戦略意図達成できなかっただろ
あれを引き分けといってるのは帝国海軍だけにしてくれ
あそこで負けたと認めて真摯に対応してたらミッドウェーも違ってたかもしれない

MA作戦以前でまともにアメリカ軍とやり合ってないぞ
ガチでやり合ったのが珊瑚海で負けた
154.名無しさん:2018年11月17日 12:31 ID:R.QnwPMF0▼このコメントに返信
※149
良くあんなので論議に参加しようと思えるよな。試しにスマホで見てみたが論議を戦わせるほど文字を入力したいとは思えない。
ヘイトを書き込むための特亜用デバイスって感じ。レス返す気も無いなら携帯で充分とも言える。
155.名無しさん:2018年11月17日 12:39 ID:bCz8.aqo0▼このコメントに返信
まぁ禁止カード使うまである意味追い込んだのは事実
156.名無しさん:2018年11月17日 12:42 ID:YC.xmNED0▼このコメントに返信
※148
火器を使うだけが戦争ではない。経済的に強い影響を与えることはある意味支配と同じだ。ただ中国の様に強引にすれば反感を買うが、優しく支配もできるのだ。現在の日本がそうだ。ロシアのように武力だけで国家の力を見せても経済力は簡単に成長しない。ロシアブランドの自動車が無いことが証明している。
157.名無しさん:2018年11月17日 12:54 ID:.sKu6Iic0▼このコメントに返信
※153
物量で圧倒される前に海軍は色々やらかしてんだよな
158.名無しさん:2018年11月17日 12:54 ID:YCOC5.2w0▼このコメントに返信
これからのトレンドは正規軍による正面戦闘じゃなくて、テロによる政治指導者の暗殺、移民難民として相手国に乗り込んでなし崩しに勝手に自治区を作って乗っ取る、だからね。
残念ながらもう日本民族は歴史から消える。
100%決定事項だよ。
これだけ確定的になってるのに、未だに日本人有権者は自民党マンセーじゃないかw
159.名無しさん:2018年11月17日 12:55 ID:.sKu6Iic0▼このコメントに返信
※153
物量で圧倒される前に海軍は色々やらかしてんだよな
160.名無しさん:2018年11月17日 12:57 ID:tDQFylv40▼このコメントに返信
→第二次世界大戦終戦時(1945年9月)のアメリカ海軍の残存艦艇(中破、大破を含む)

戦艦:23隻
巡洋戦艦:2隻
空母:28隻
護衛空母:100隻
重巡:22隻
軽巡:50隻
駆逐艦:467隻
護衛駆逐艦:410隻

→第二次世界大戦終戦時(1945年9月)の日本海軍の残存艦艇(中破、大破を含む)

戦艦:4隻
空母:6隻
重巡:4隻
軽巡:3隻
駆逐艦:41隻

互角…?
161.名無しさん:2018年11月17日 13:02 ID:4yAlH7V10▼このコメントに返信
日本は明らかにアメリカをつぶそうと軍を動かしていない。ハワイでさえ占領しなかった。
単なる防御に徹している。
なんの為に真珠湾を奇襲したか?
阿保としかいいようがない
162.名無しさん:2018年11月17日 13:07 ID:4yAlH7V10▼このコメントに返信
嫌がらせで真珠湾を奇襲したのか????
馬鹿め
163.名無しさん:2018年11月17日 13:10 ID:cCeasc3C0▼このコメントに返信
>>100
うわぁ、頭お花畑もここまで来るとすごいな...
164.名無しさん:2018年11月17日 13:12 ID:EjK4k.eS0▼このコメントに返信
米陸軍さん「ドイツに勝ちました。ほかでも活躍しました」
米海軍さん「まともに戦ったのは日本だけです。日本が強敵だったことにしてくれないと困ります」
米空軍さん「わりと最近できました。勝ったとか負けたとかよく分かりません」
米海兵隊さん「まともに戦ったのは日本だけです。日本が強敵だったことにしてくれないと困ります」
165.名無しさん:2018年11月17日 13:23 ID:h9B2QX.j0▼このコメントに返信
太平洋戦争末期、硫黄島、沖縄と米軍は大損害を出し戦死傷者率で日本に敗北する場面が珍しくなかった。
で、米国の公文書でも沖縄戦ですら米国側が負けた認識しているとしか思えないレポートが書かれているそうだ。
166.名無しさん:2018年11月17日 13:48 ID:UYxghNnS0▼このコメントに返信
こういう確証バイアスが多いんだよな。
スゴイのはベトナムじゃねーのか?互角って唯一の被爆国が何を言っているんだ?
こんな恥ずかしい認識、よく晒すよな…良い所しか見えない、見ない…韓国人と変わらん。
167.名無しさん:2018年11月17日 13:51 ID:vM8nO6yp0▼このコメントに返信
互角という言葉の意味をよく理解した上でそれを大東亜戦争に用いているのなら、この1はただのバカとしか言いようがない
168.名無しさん:2018年11月17日 13:52 ID:SRIZVQ.20▼このコメントに返信
空母機動部隊同士のガチ対戦とかもう二度と起こらないだろうしね
日本は確かに損失数ダブルスコア以上あけられてボロ負けしたけど
アメリカ海軍の損失は戦艦2隻空母11隻重巡7隻軽巡3隻駆逐艦72隻潜水艦52隻と決して少ないものではない
まあアメリカは損失以上に増産するから最終的な戦力差はお話にもならないんだけど
今後アメリカ相手にこれだけ損害を与える国が2度と出ないのは事実だろう
169.名無しさん:2018年11月17日 14:03 ID:Gzzsk92n0▼このコメントに返信
あのなあ 今の人間は 真実を知らないんだよ!
終戦の時 日本軍は 戦力が無かったと言われているが 事実は 2000機もの戦闘機が残っていたし 海軍も まだ戦力は残っていたんだよ。原爆だって完成していたのを 天皇陛下が そんな人道に反する兵器は 使ってはいけないと言って 使わせなかったんだよね。しかし陛下は アメリカが原爆を使った事に深く考え これ以上国民に苦しみを与えたくないというご決断で 戦争をやめたんだ。
確かに負けはしたが アメリカ軍も 本当は 大変な犠牲を払ったんだ 戦後 アメリカが余裕で勝ったというのは アメリカのプロパガンダなんだよね。
戦後日本人は 騙されて 洗脳されたわけよ。
170.名無しさん:2018年11月17日 14:03 ID:2CUBYHDX0▼このコメントに返信
※165
数十倍の戦力に数百倍の火力を使っても圧勝できなくて
日本軍の備蓄がきれるまで持久戦に引きずり込んでの辛勝だからね
171.名無しさん:2018年11月17日 14:04 ID:aUt51BpI0▼このコメントに返信
安心しろ、現代は日米同盟最強だから。
172.名無しさん:2018年11月17日 14:04 ID:Sb..zyET0▼このコメントに返信
※166
畸形チォン猿の最大火力は弁当爆弾w
173.名無しさん:2018年11月17日 14:06 ID:Sb..zyET0▼このコメントに返信
※158
畸形チォン猿の顔面は視覚テロ
174.名無しさん:2018年11月17日 14:09 ID:tAPBUAX30▼このコメントに返信
※41
175.名無しさん:2018年11月17日 14:15 ID:08.PaFTO0▼このコメントに返信
互角というのは ちょとアレだけど 負ける戦争したのは 確か
176.名無しさん:2018年11月17日 14:15 ID:Nmn.fxQw0▼このコメントに返信
アメリカ人に言ってみろよw笑われるぞ。

アメリカは主敵はヒトラーでドイツが降伏した時「戦争に勝った!」ってお祭り騒ぎ。
大西洋でやる事が無い海軍海兵隊と空軍の余剰兵力だけでほぼ本土決戦に至るほど大勢が決してしまった。

玉砕覚悟の守備部隊と神風が出血を強いたのだけがトラウマになた。
177.名無しさん:2018年11月17日 14:16 ID:6IDoWKML0▼このコメントに返信
独立戦争とか南北戦争を知らんのだろうか。
178.名無しさん:2018年11月17日 14:23 ID:2MNFk3gX0▼このコメントに返信
対米戦の主力は連合艦隊やったからな。
その連合艦隊が、ミッドウェーで大敗したのが全て。
対英・対蘭は陸軍主体で順調に勝ち進んでいたのに、ミッドウェー敗戦後、輸送船護衛の艦船も碌にないままなんだから、そら米国の潜水艦の絶好の的になるよ。
今更やけど、明治政府ならまた違った形になっていたかもな。
山本五十六の代わりに東郷平八郎だったらどうしたか?とか、いろいろ考えてしまうわ。
179.名無しさん:2018年11月17日 14:30 ID:mZ5bBWDM0▼このコメントに返信
>2000機もの戦闘機が残っていたし 海軍も まだ戦力は残っていた
但し燃料は有りませんでした。
南方戦線に至っては食料すら足りず、餓死者の数が戦死者の数を大きく上回って居た。
180.:2018年11月17日 14:41 ID:2USzqBez0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
181.名無しさん:2018年11月17日 14:47 ID:lV1uOdMK0▼このコメントに返信
>>168
大破も含めればもっとだよな
末端の兵士下士官は皇軍の名に恥じない活躍を示したと思うよ 特攻隊とか今でも各国の畏敬の対象だろうし

ただそんな素晴らしい軍を率いて完敗した上層部の評価は非常に低くならざるえない
182.名無しさん:2018年11月17日 14:47 ID:Sbl3k6bE0▼このコメントに返信
※165
昭和19年末で帝国海軍がほぼ壊滅し、陸軍が戦いを仕切るようになると、最終的に負けはするがそれなりに善戦できるようになっていくんだよ
183.名無しさん:2018年11月17日 14:52 ID:oK3IrhT.0▼このコメントに返信
<主要国空中給油機保有状況>(ウィキペディア参照)
1.米国(475台)(KC-135:415台、KC-10:60代)
2.フランス(14代)(KC-135:14台)
3.トルコ(7台)(KC-135:7台)
4.サウジアラビア(5台)(KE-3A:5台)
5.イスラエルの(5台)(KC-707:5台)
6.オーストラリア(5台)(A330-MRTT:5台)
7.大韓民国(4台)(A330-MRTT:4台)
8.イタリア(4台)(KC-767:4台)
9.カナダ(4台)(A310-MRTT:4台)
10.日本の(4台)(KC-767:4台)
11.シンガポール(4台)(KC-135:4台)
12.ドイツ(2台)(A310-MRTT:2台)
13.スペイン(2台)(KC-707:2台)
184.名無しさん:2018年11月17日 14:52 ID:2MNFk3gX0▼このコメントに返信
※179
そら、輸送船のほぼ全てが米潜水艦に撃沈されてるからな。物資が届かない以上、現地調達するしかない。
それが間に合わんかったから、病死者・餓死者が出るのは当たり前。
碌に護衛艦も付けてない輸送船は、潜水艦の絶好の的やぞ。
185.名無しさん:2018年11月17日 14:53 ID:oK3IrhT.0▼このコメントに返信
【ロシア製空中給油機国]
1.ロシア(14代)(IL-78:14台)
2.中国(12代)(IL-78:12台)
3.インド(6台)(IL-78:6台)
4.パキスタン(4台)(IL-78:4台)
これが現実
天下無敵米国
186.名無しさん:2018年11月17日 14:53 ID:oK3IrhT.0▼このコメントに返信
<主要国空中給油機保有状況>(ウィキペディア参照)
1.米国(475台)(KC-135:415台、KC-10:60代)
2.フランス(14代)(KC-135:14台)
3.トルコ(7台)(KC-135:7台)
4.サウジアラビア(5台)(KE-3A:5台)
5.イスラエルの(5台)(KC-707:5台)
6.オーストラリア(5台)(A330-MRTT:5台)
7.大韓民国(4台)(A330-MRTT:4台)
8.イタリア(4台)(KC-767:4台)
9.カナダ(4台)(A310-MRTT:4台)
10.日本の(4台)(KC-767:4台)
11.シンガポール(4台)(KC-135:4台)
12.ドイツ(2台)(A310-MRTT:2台)
13.スペイン(2台)(KC-707:2台)
【ロシア製空中給油機国]
1.ロシア(14代)(IL-78:14台)
2.中国(12代)(IL-78:12台)
3.インド(6台)(IL-78:6台)
4.パキスタン(4台)(IL-78:4台)
これが現実 天下無敵米国
187.名無しさん:2018年11月17日 14:54 ID:oK3IrhT.0▼このコメントに返信
<主要国空中給油機保有状況>(ウィキペディア参照)
1.米国(475台)(KC-135:415台、KC-10:60代)
2.フランス(14代)(KC-135:14台)
3.トルコ(7台)(KC-135:7台)
4.サウジアラビア(5台)(KE-3A:5台)
5.イスラエルの(5台)(KC-707:5台)
6.オーストラリア(5台)(A330-MRTT:5台)
7.大韓民国(4台)(A330-MRTT:4台)
8.イタリア(4台)(KC-767:4台)
9.カナダ(4台)(A310-MRTT:4台)
10.日本(4台)(KC-767:4台)
11.シンガポール(4台)(KC-135:4台)
12.ドイツ(2台)(A310-MRTT:2台)
13.スペイン(2台)(KC-707:2台)
【ロシア製空中給油機国]
1.ロシア(14代)(IL-78:14台)
2.中国(12代)(IL-78:12台)
3.インド(6台)(IL-78:6台)
4.パキスタン(4台)(IL-78:4台)
これが現実 天下無敵米国
188.名無しさん:2018年11月17日 14:55 ID:H.2NeY0v0▼このコメントに返信
強いとか弱いとか小学生か。アメリカが無理難題ふっかけなければ当時からアメリカとも仲良くしたかっただろ
189.名無しさん:2018年11月17日 14:59 ID:9xjYyk4G0▼このコメントに返信
山本五十六の予想通り、ミッドウェーまでの最初の1年は互角以上に戦ってたからな・・・・・
190.名無しさん:2018年11月17日 15:00 ID:gGurpaeo0▼このコメントに返信
ここにも在日工作員が多いから気をつけろ!
191.名無しさん:2018年11月17日 15:08 ID:Sbl3k6bE0▼このコメントに返信
※181
神風特攻で沈没した米艦※小型艦・輸送船・魚雷艇は除く

昭和19年10月 護衛空母セントロー
同11月 駆逐艦1隻
同12月 駆逐艦3隻

昭和20年1月 護衛空母オマニーベイ 駆逐艦1隻
同2月 護衛空母ビスマークシー
同3月 沈没なし
同4月 駆逐艦5隻
同5月 駆逐艦4隻
同6月 駆逐艦3隻
同7月 駆逐艦1隻
同8月 沈没なし

アメちゃんにとっては誤差レベル
20年4月、5月は特に大量の特攻が仕掛けられたがもうあんまり戦果が伸びない

192.名無しさん:2018年11月17日 15:13 ID:lV1uOdMK0▼このコメントに返信
>>191
神風は艦のダメージより艦に乗ってる兵士に対する精神攻撃がとかいう話を聞いたことがある

193.名無しさん:2018年11月17日 15:17 ID:hPCZPqes0▼このコメントに返信
※182
善戦てw
島嶼での戦いは海上補給が肝なんだから
陸軍が仕切ったから善戦なんて本土周辺に押し込まれたってだけで意味ねー
194.名無しさん:2018年11月17日 15:24 ID:AXU0Rg9y0▼このコメントに返信
※188

ミッドウェイ海戦は真珠湾攻撃から半年後
その3か月後にはガダルカナルにアメリカ海兵隊が上陸する

日本軍の優勢は1年続かなかった
195.名無しさん:2018年11月17日 15:29 ID:2MNFk3gX0▼このコメントに返信
※189
その山本五十六が、ミッドウェー島攻略の立案と指揮を執った。
意図は判るが、それならば何故最初に真珠湾を攻撃したのか不思議や。
いきなり米本土へ攻撃して、海軍基地と造船所を壊滅していれば、準備の整っていない米国に精神的ダメージを与えたのは間違いない。
日本が初めて航空機による艦船撃沈を可能と実証したんだから。
早期講和を目論んで始めた戦争なら、最初に一番効果的な打撃を与えないと。
当時、日本の領土だった台湾やパラオにいきなり攻撃されても、日本人が意気消沈しただろうか?
却って怒り心頭になり、死に物狂いで反撃しようとするだろう。
真珠湾攻撃、ミッドウェー攻略。
この二つを立案したのは、山本五十六の失政だと思うがな。
196.名無しさん:2018年11月17日 15:44 ID:7gLBE.qZ0▼このコメントに返信
カミカゼみたいな精神にはトラウマになっただけで戦争事態は完敗
197.名無しさん:2018年11月17日 15:51 ID:fDMsRYpL0▼このコメントに返信
死那が無かったことになってるじゃないかw
198.名無しさん:2018年11月17日 16:05 ID:8PVNiuPV0▼このコメントに返信
互角? これが互角だとしたら、

 ベトナム > 北朝鮮 > 日本

ということになるが…
199.名無しさん:2018年11月17日 16:06 ID:VilpL6KA0▼このコメントに返信
「アメリカ海軍と」ならあながち間違いでもない
日本海軍以外でアメリカ海軍相手に空母戦を行えた海軍なんてないし
イギリス海軍もアメリカ製艦上機がなければ機動部隊が弱すぎるし
200.名無しさん:2018年11月17日 16:19 ID:h2smk2TD0▼このコメントに返信
イギリスはホワイトハウス(と呼ばれる前の大統領官邸)を焼き討ちしたけど
201.コロンブス:2018年11月17日 16:22 ID:mixmEDW30▼このコメントに返信
※195
パラオはともかく台湾を先制攻撃され台湾に集中配備された航空機を壊滅されていたら日本は立ち直れなかっただろう。
当時の日本は陸上航空戦力をベトナムと台湾の二カ所に集中させていたから。
アメリカはハワイとフィリピンを中心にあとは豪州方面に少し展開させている状況だったから
開戦劈頭ハワイとフィリピンを攻撃したのは戦略的に間違っていない。
ハワイに損害が与えられなければ、捨て駒だったはずの老朽米戦艦が日本に向けて侵攻してきたはず。
妄想は朝鮮でやれ。
202.名無しさん:2018年11月17日 16:22 ID:fDMsRYpL0▼このコメントに返信
※198
死那はどのあたりだw
203.名無しさん:2018年11月17日 16:23 ID:k0zMecmd0▼このコメントに返信
日本はアメリカと戦えば負ける事は分かっていたんだよ。だから戦争を回避しようとしてたんだが、アメリカに突き付けられた条件は日本にシネといっているのと同じで、戦わなくてもシヌ、戦ってもシヌなら、戦ってシヌ方が後世の為と戦争に突入したんだ。
物量たっぷりのアメリカと戦った日本の兵隊は凄いと思うし、誇りに思うよ。
204.名無しさん:2018年11月17日 16:27 ID:fDMsRYpL0▼このコメントに返信
ミッドウエー海戦でアメリカが楽勝とか言うのは日本の意見だが
実はアメリカは幸運であれで負けてたら今のアメリカは無かったかもしれん
205.名無しさん:2018年11月17日 16:27 ID:QRnBBNxk0▼このコメントに返信
現代の経済大国の順位がそのまま戦時中の強さと同じということだよ
206.名無しさん:2018年11月17日 16:29 ID:8PVNiuPV0▼このコメントに返信
※202
ベトナム > 北朝鮮 > 日本 > シナ

だな。中越戦争でも完敗しているしw
207.名無しさん:2018年11月17日 16:30 ID:fDMsRYpL0▼このコメントに返信
※206
北朝鮮は核があるからなw  それゆえに消えるかもしれんけど
208.名無しさん:2018年11月17日 16:47 ID:8PVNiuPV0▼このコメントに返信
※207
考えてみると、弱い国ほど何か戦争実績がある傾向があるね。
そうじゃないと残らないんだろうな。
209.名無しさん:2018年11月17日 16:50 ID:2MNFk3gX0▼このコメントに返信
※201
戦略的に間違ったから敗けたんやろがボケ!
台湾配備の航空機を壊滅させられたら日本は立ち上がれなかった?
おまえ、当時の日本の兵力分布知った上で言ってるのか?
お前こそ、北の格納庫で頭冷やして来い。
210.名無しさん:2018年11月17日 16:53 ID:fDMsRYpL0▼このコメントに返信
※208
逆だろ   韓国にはたったの一回もないw    みんな何かを巻き込んでいるw
211.名無しさん:2018年11月17日 16:58 ID:xZgCjBis0▼このコメントに返信
日本の30%とアメリカの勝利なんだよなあ
原敬以来の奥羽越軍閥官僚閥の日本転覆計画
アメリカの英帝国転覆計画、全球的民主化計画、
赤色ロシアの生き残り戦略

これらの勝利
意外なことに日本と米国の利益共同振りには驚かされる。
戦後、英仏蘭の植民地が独立に成功したのは米国の介入が無かったから。
その態度はソ連に利用され中南米に反米国家が出現することとなる。
212.名無しさん:2018年11月17日 17:01 ID:Cj6WFQlG0▼このコメントに返信
※203
俺はハルノートの内容に納得しているよ
中国侵略も仏印進駐も満州国建国も連合軍の権利を侵害した
それを返せというのは全くその通り
全てが正当過ぎて何に文句があるのかわからない
日本列島だけで生き残れないんなら日本人は滅んだ方がいいんだよ
台湾や朝鮮半島も植民地として残った
満州の共同管理権も残った
何が生きていけないのか分からん
213.名無しさん:2018年11月17日 17:04 ID:NWXpGcQy0▼このコメントに返信
日本の敗因は日英同盟を切った時点で決まってたよ。
勝ち馬に乗ることに関しては天才的なイギリスに抱き着いてればよかったんだよ。
だいたいアメリカと互角っていってもアメリカはいろんなとこに兵力さしむけてたから
実際は互角でもないんだよ。
その上でミッドウェーで日本をボコボコにしたみたいになってるけどアメリカ側の
前線にいたアメリカ軍将校はマジで負けるんじゃないかと思うくらい苦戦してたって
話もあるから善戦はしてた。
それに日本は負けたとはいうものの大東亜会議開いてアジア諸国を独立させていこうぜ
って決めて実際問題として欧米列強から植民地を独立に成功させている。
被害は大きかったが日本は2番目の戦勝国とも言える。
214.名無しさん:2018年11月17日 17:08 ID:.VYeeMKn0▼このコメントに返信
負けは負け
開戦前に準備面から負けるべくして負けてる
それは見直すべきだ
215.名無しさん:2018年11月17日 17:10 ID:xZgCjBis0▼このコメントに返信
※204
アメリカが勝てる脈あるように作って有るし、順当に日本が勝った場合でも失敗するようにデザインしてあった。
黒島デザインのMIAL計画
南雲部隊幹部「なぜ空母を集中しないのですか?」山本「アメリカがビビって出て来ないだろ?」
米軍史家が驚嘆した兵力分散は意図されたもの。通牒行為が無ければ出来ない。
米軍「AFには水が無いとか言ってFSフィジーサモアにきたらどうしよう」
海軍は太平洋地域には二文字の略号の片方に「A」をつけ解読しやすいマーキングを行っていた。

年に一度と言う攻略日。「この日を逃せば1年後まで実施できない」
年一度の大潮を利用した上陸計画だが離礁で乗り換えを行う奇襲作戦の予定で確実に全滅する筈だった。
再度の上陸までに援護艦隊は執拗な潜水艦攻撃を受け消耗する手はず。
損害が無くとも米に致命的なFS作戦が不可能になる燃料消費
奇跡的に何もかもうまくいっても哨戒線は無意味だし、トラック基地以上の消耗でインド洋方面の作戦は不可能に。

216.名無しさん:2018年11月17日 17:11 ID:Cj6WFQlG0▼このコメントに返信
※213
欧州の植民地支配が終わって米国の自由貿易に支配されるようになっただけだぞ
未だに全てが米国に支配されている
価値観も生活も思想まで米国に侵略された
洋服を着てハンバーガーを食べ自由をうたい企業に就職するようになってしまった
もう民族浄化は完成したんだよ
217.名無しさん:2018年11月17日 17:13 ID:AXU0Rg9y0▼このコメントに返信
※203
>日本にシネといっているのと同じ

アメリカが日本医要求したのはこれ以上の支配権拡大の野心は捨てて中国から撤兵しろということだ
これに同意しない日本の方がオカシイ


218.名無しさん:2018年11月17日 17:16 ID:8PVNiuPV0▼このコメントに返信
※210
ということは…残らないという目があると思うよ
北はいまだに統一を諦めてないと思うしw
219.名無しさん:2018年11月17日 17:19 ID:Cj6WFQlG0▼このコメントに返信
※204
ミッドウェーの敗戦は日本の飛ばした偵察機が米軍の半分以下であったことや
米軍は新型戦闘機を開発生産し始めたのに未だに零戦を使い続けていたことや
米軍は英国からレーダーシステムを学んだこととか偵察力に敵いの差がついている
(確かにレーダーの性能の差が小さかった可能性はあるが運用システムに絶大な差があった)
結果として米軍が一方的に日本軍を発見して日本は米軍を見落として海上戦闘から陸上爆撃に切り替えた時に一方的に攻撃したのは必然に思う
さらにいえばミッドウェーで大勝したところで米国が降伏する理由は無いように思えるし
その後、ドイツが降伏して英仏伊が参戦し米軍が戦力の回復を待てば結局は勝ち目は無いように思う
日本軍はどうやっても無惨に負けて日本は滅ぶしかない
日本軍のまぬけな開戦のせいで日本は滅んだ
日本軍などいなければ日本は存続していた
220.名無しさん:2018年11月17日 17:19 ID:2MNFk3gX0▼このコメントに返信
※201
日本の目的は早期講和やぞ。 目先の勝利に拘っていた訳ではない。軍部も長引かせれば勝ち目は無いのは理解している。
ならば、最初の一撃が肝心やろ。
ルーズベルトは「他国の戦争には参加しない」との公約で当選した為、大っぴらな予算を組めなかった。
真珠湾攻撃で、米国民が一体となって大量の軍需生産が始まった。ここまでは史実や。ここからは仮定や。真珠湾を攻めずに米本土の海軍基地と造船所を壊滅しておけば、後々の空母の鬼生産を遅らせる事は出来たやろう。
まして、米国の工業力をよく知っている五十六なら、米国を本気にさせたらどうなるかぐらいは分かっていた筈。
当時の大日本帝国軍人の精神から云うと、台湾を最初に攻撃されたからといって意気消沈する筈もなく、死に物狂いで反撃しようとしていただろうよ。今の日本人とは違うからな。
ハワイの太平洋艦隊は、帝国海軍の駆逐艦数隻と空母1隻で迎え撃つ事は出来たやろ。
早期講和を目論んでいたなら、戦略的に失敗だったと言わざるを得ないわな。
221.名無しさん:2018年11月17日 17:21 ID:Cj6WFQlG0▼このコメントに返信
ハルノートの内容って侵略を辞めろってだけなんだよな
これを否定してるやつはさすが侵略民族だと感心する
日本人は侵略し続けなければいられない
222.名無しさん:2018年11月17日 17:27 ID:8PVNiuPV0▼このコメントに返信
※221
今みたいにアメリカが同盟国で、中東から金払えば好きなだけ石油輸入できる世界と違うからな。
223.名無しさん:2018年11月17日 17:28 ID:xZgCjBis0▼このコメントに返信
1.1918原敬内閣が陸海軍に強力軍備拡張予算を付与。盛岡長岡閥を育成
2.戦艦長門が完成。世界が驚嘆する。姉妹艦陸奥を認めさせるため米英に16in砲戦艦を2隻宛て付与することに(パリティ日本に不利)
3.満州事変。米海軍は条約下での不利を認知。図上演習では渤海湾に侵入することを得ず。
4.山本、欧州会議に出席艦隊派に鞍替えの上、日本の責任で条約を失効させる。尚カジノで工作資金を受領した模様
5.シラード・アインシュタイン書簡でFDRは原爆が実現可能と知らされる
6.FDR日本空爆作戦と原爆投下をセットで発案する
7.米内、内閣受領直後に房総半島沖で日本客船浅間丸が英巡リヴァプールに臨検される「浅間丸事件」発生
8.野村、全権大使となり16年2月米で裏口の実行を確約。開戦劈頭真珠湾で雌雄を決することに。保障の為暗号機械の配線を譲渡。
9.米、新戦艦2隻の慣熟終了期まで開戦を引き延ばす。旧式戦艦なくとも新式戦艦2と重巡20で日本軍は撃破可能の含み。
224.名無しさん:2018年11月17日 17:30 ID:xZgCjBis0▼このコメントに返信
重巡は18やった
225.名無しさん:2018年11月17日 17:31 ID:Ish3eKD40▼このコメントに返信
互角だったんは一部の局地戦だけやで。
戦略が破綻して食料も弾薬も尽きて、歯が立たない戦地はごまんとあった。
226.名無しさん:2018年11月17日 17:46 ID:xZgCjBis0▼このコメントに返信
※168
アメリカ海軍に損失を戦艦25隻空母38隻重巡50隻軽巡53隻駆逐艦720隻潜水艦352隻戦略爆撃機5000機くらい与えて
トンネル理論公表しておけば、負けなかったと思うネエ

割と可能だったと思う
227.名無しさん:2018年11月17日 17:47 ID:fDMsRYpL0▼このコメントに返信
※212
帰国して祖国に尽くせw
228.名無しさん:2018年11月17日 17:48 ID:fDMsRYpL0▼このコメントに返信
※225
日本の文化的欠陥   上が糞
229.名無しさん:2018年11月17日 17:52 ID:J7BTjMAa0▼このコメントに返信
盗塁にスクイズで奪取した先制点
先発が力尽き
結果はコールド負け
230.名無しさん:2018年11月17日 17:55 ID:xd7iKyLk0▼このコメントに返信
<主要国空中給油機保有状況>(ウィキペディア参照)
1.米国(475台)(KC-135:415台、KC-10:60台)
2.フランス(14代)(KC-135:14台)
3.トルコ(7台)(KC-135:7台)
4.サウジアラビア(5台)(KE-3A:5台)
5.イスラエルの(5台)(KC-707:5台)
6.オーストラリア(5台)(A330-MRTT:5台)
7.大韓民国(4台)(A330-MRTT:4台)
8.イタリア(4台)(KC-767:4台)
9.カナダ(4台)(A310-MRTT:4台)
10.日本(4台)(KC-767:4台)
11.シンガポール(4台)(KC-135:4台)
12.ドイツ(2台)(A310-MRTT:2台)
13.スペイン(2台)(KC-707:2台)
【ロシア製空中給油機国]
1.ロシア(14代)(IL-78:14台)
2.中国(12代)(IL-78:12台)
3.インド(6台)(IL-78:6台)
4.パキスタン(4台)(IL-78:4台)
これが現実 天下無敵米国
231.:2018年11月17日 18:14 ID:Rbck1VCs0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
232.エンアカーシャ:2018年11月17日 18:14 ID:FKt9u7xR0▼このコメントに返信
<零戦11型><零戦21型>は、
時速470キロで、<宙返り>が可能だった、

アメリカの戦闘機には<不可能>だった、
宙返りの最中に、失速するか、300キロ以下まで減速、
零戦のカモだった、

戦艦<大和>は、
現在まで、事実上、<世界最強の戦艦>として記録されている、
アメリカ戦艦では勝てない存在、パナマ運河の制約を受けた、4万トン戦艦では絶対に勝てないのだ、
装甲を薄くすれば負ける、
速度を22ノットにすると、<追い駆けっこ>の末、燃料切れの後に潜水艦が魚雷、砲戦する必要すら発生しない、
18インチ砲を搭載して、装甲を厚くすると、大和より<燃料搭載量>が少なく成るのだ、
22ノットでは追い付けない、逃げられない。

233.:2018年11月17日 18:17 ID:JHHn1c7b0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
234.名無しさん:2018年11月17日 18:21 ID:fDMsRYpL0▼このコメントに返信
※230
かんこくって何さw   使えないだろ持ってるだけでw
235.エンアカーシャ:2018年11月17日 18:23 ID:FKt9u7xR0▼このコメントに返信
232の2、

偶然、
<ミッドウェー海戦>で、アメリカの艦爆が、空母に爆弾を命中させて、互角が失われた、
偶然だったのだ、

まぁ、
日本の空母が<無傷で勝利>していても、
日本戦闘機が、1機で20機を撃墜していても、
<資源の総量>と<国力の差>により、負けていた、

日本が戦勝するには、
ドイツ軍が<モスクワの30キロ地点に接近した瞬間>に、ソ連へ<宣戦布告>するしかない、
それしか、確実な手法が存在しないのだ。


236.名無しさん:2018年11月17日 18:25 ID:fDMsRYpL0▼このコメントに返信
※235
ハワイ頂いていたら 乗るマンデーは無くなっていたでw
237.名無しさん:2018年11月17日 18:30 ID:pTH9fT8w0▼このコメントに返信
確かに凄いのはご先祖様だよ実績があるからな、
地勢的位置の日本に住んでいる以上、
ご先祖様も今の俺たもたいした変らない、
日本を失ったら行く所がないから必死で守ったんだよ、
これの条件は今でも変らないんだぜ。
238.名無しさん:2018年11月17日 18:37 ID:qoxp5pPS0▼このコメントに返信
※217
アメリカは最初からシナ利権を盗む気マンマンだから、そんなものに正当性はない

239.名無しさん:2018年11月17日 18:39 ID:ZcPtTFVV0▼このコメントに返信
※45
基地外なんか放置でイイってばwww
ココに限らず、ネット掲示板の基本だぞw
240.名無しさん:2018年11月17日 18:39 ID:Cj6WFQlG0▼このコメントに返信
※237
今は違うわ
日本で戦争が起こったら大半の人間が他の国に行くよ
残るのはバカだけ
241.:2018年11月17日 18:42 ID:Cj6WFQlG0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
242.名無しさん:2018年11月17日 18:50 ID:Rf.5AzRi0▼このコメントに返信
第二次大戦中のアメリカの力の配分は
独逸へ80%
日本へ20%だぞ
スレ主は何か夢でも見てるんじゃ無いのか?
243.名無しさん:2018年11月17日 18:55 ID:qUXO.XSk0▼このコメントに返信
日本全土への空襲・原爆2発で「日本へ20%だぞ」なんてよくも言えるもんだ。このチョーセン。
※242
244.名無しさん:2018年11月17日 18:56 ID:CHqoI2Zc0▼このコメントに返信
互角(無条件降伏)
245.名無しさん:2018年11月17日 18:57 ID:Cj6WFQlG0▼このコメントに返信
英米「あ、同盟国(友好国)の日本がロシアに攻められてる がんばれ いくらでも金かして応援するわ」
米国「今だ 俺が和睦してやる よし成功だ」
英米「勝ってよかったなあ日本 満州を山分けしようか」
日本「血を流したのは俺らだ 満州の利権は全て日本のものだぞ」
英米「は? それはないわ もちろん日本優勢でいいよ ただこっちも膨大な金貸したり技術提供したり外交したりしとるんだぞ」
日本「うるせえ!」
英米「じゃあ国連で公平に判断してもらうわ」
リットン調査団「鉄道利権とその周辺利権をを日本のモノに認めよう あとは共同管理で」
日本「うるせえ! 全て俺のもんだ! 何もおまえらには渡さねーぞ!」
英米「なんだこいつ・・・」
246.名無しさん:2018年11月17日 18:57 ID:Cj6WFQlG0▼このコメントに返信
日本「中国が攻めてきた! 仕返しだ!」
国連「おいおい 自衛はいいけどどこまで深く攻め込んでんねん いいかげんにしろよ 俺らの利権がたくさんあるんだぞ」
日本「中国が先に攻めてきたから自衛のために中国を滅ぼすまで戦争する」
国連「こいつ俺らの利権全部全部奪う気だぞ・・・」
ナチス「ヒヒヒヒー 世界を滅ぼしてやる」
日本「フランスは仏印を俺らにくれるって言った 今日から俺のもんだ」
国連「日本のやつ悪魔と手を結びやがった・・・」
米国「日本よ おまえのやってる事おかしいぞ 仏印から撤退して中国侵略も辞めてくれ」
日本「これは最後通告だ! もはや米国と戦争するしかない!(意味不明な妄言)」
247.名無しさん:2018年11月17日 18:59 ID:qUXO.XSk0▼このコメントに返信
日本軍が使っていたのは乾電池。ロシア軍が使っていたのは液電池。
おかげで冬場は凍って無電が使えず、電子戦で圧倒した。
ロシア軍が使ったのはカージフ炭と偽って購入した日本産の石炭。
一方の日本海軍は煙も少なく、火力が高い世界最高品質のカージフ炭。
それらは全て日本人がやったこと。
おまえらチョーセンは、その当時になっても2千年前の生活をやっていた。
ボケ。
※241
248.名無しさん:2018年11月17日 18:59 ID:CHqoI2Zc0▼このコメントに返信
※243
日本は無謀な作戦とシーレーン途絶で勝手に枯死したからだいたいあってるぞ

原爆2発って、その頃にはドイツ降伏してるんだからそりゃ日本に全振りできるに決まってるやろw
その末期に日本が一寸でも互角といえる所があるんか?
249.名無しさん:2018年11月17日 19:00 ID:H5DsgYsx0▼このコメントに返信
>互角…?

完膚なきまでのワンサイドゲームでフルぼっこ

しかも国体まで変えられて
ワケの分からん贖罪意識まで遺伝子レベルで植え付けられたのにな
250.名無しさん:2018年11月17日 19:01 ID:qUXO.XSk0▼このコメントに返信
と言って「独逸へ80% 日本へ20%だぞ」という思いつきをごまかすチョーセン。
次々話を誤魔化し続けるのがチョーセン。
※248
251.名無しさん:2018年11月17日 19:02 ID:qUXO.XSk0▼このコメントに返信
戦争にさえならずに、日本にしがみついてきたチョーセンがなんか言ってら。
※249
252.名無しさん:2018年11月17日 19:06 ID:fDMsRYpL0▼このコメントに返信
韓国ってなかったものな ちゅうか人民共和国も
253.名無しさん:2018年11月17日 19:07 ID:h9B2QX.j0▼このコメントに返信
※191
その認識は米軍の認識と随分違うようだね。
沈没だけを取り上げるから戦果が異常に小さく見えるのかもね。

沖縄戦だけでも特攻隊は米軍の艦船300隻ぐらいに突入成功し損害を与えているようだぞ。
で、それに対する米軍の評価、アメリカ合衆国戦略爆撃調査(USSBS)の結論。
神風は「身の毛もよだつほど恐ろしく、有効でこの上なく実用的であった」

「沖縄のアメリカ軍に対して、日本軍は神風特攻機を 二千回、従来の攻撃を 五千回、出撃させた。 これらの空襲で 米艦三百四十六隻に体当たりし ~略~ 空からの猛攻撃によって四千九百人が戦死し、 四千八百人が負傷した。それは、第二次世界大戦中の アメリカ海軍 の 戦闘のなかで 最 も 多 い 戦死傷者数 であり、 ア メ リ カ 海 軍 史 上、最 も 凄 惨 な 戦 い だ っ た。

沖縄戦の間に、日本軍航空兵力は米軍兵士に対して 敵に与えた 合計 戦死傷者数比 五対一 を達成した。「従来型の攻撃の7~10倍の成功率だった」
254.名無しさん:2018年11月17日 19:07 ID:qUXO.XSk0▼このコメントに返信
急に話とIDを変えて逃げる猿。
※252
255.コロンブス:2018年11月17日 19:12 ID:mixmEDW30▼このコメントに返信
※220
偉そうにほざいておけ。
私に絡むな(私の)時間の無駄だ。
256.名無しさん:2018年11月17日 19:12 ID:H5DsgYsx0▼このコメントに返信
※253
戦術とは戦略目的を達成する為の手段で有る

なんてクラウゼヴィッツの言葉を出すまでもなく
そもそも米軍の沖縄上陸の阻止もしくは遅延の為に
神風かまして
どっちの目的も達成出来なかったんだから
戦術的に意味無いだろ。
257.名無しさん:2018年11月17日 19:13 ID:h9B2QX.j0▼このコメントに返信
※191
特攻隊により「また別の分類の死傷者を生むことになった。極限状態で発狂してノイローゼになり、戦闘疲労などで死亡するなどして、精神病患者数は戦慄すべき50%もの増加を示した。状況があまりにも酷く、肉体的、精神的犠牲者があまりにも多かったので、アメリカ当局は一般への影響を恐れて、何カ月もこれらの事実を伏せていた」

ハンソン・W・ボールドウィン(米国の従軍記者)
「4月末になっても、菊水特攻隊の作戦は衰えをみせなかった。 この恐るべき死闘は、なお2ヶ月間も続くのである。 5,6月両月を通じて、沖縄の戦いは徐々に爆弾対艦艇の戦闘から人間対人間の意志と耐久力の試練に変わっていた。 毎日が絶え間ない警報の連続だった。ぶっつづけに40日間も毎日毎日、空襲があった。 そのあとやっと、悪天候のおかげで 、短期間ながらほっと一息入れたのである。ぐっすり眠る。 これがだれもの憧れになり、夢となった。頭は照準器の上にいつしか垂れ、 神経はすりきれ、だれもが怒りっぽくなっていた。 艦長たちの眼は真っ赤となり、恐ろしいほど面やつれした。」

アルバート・カフ(UP通信社)
「カミカゼ特攻隊は、確かに大きな損害を米軍に与えた。 そしてカミカゼのパイロットたちが、勇敢な人たちであったことは疑いがない。
そしてアメリカ兵が“カミカゼ”を恐れ、怖がったことは否定できない。 実際、パニックが起こりかけていた」

またこういう心理的影響は単に兵士や艦長程度の現場指揮官に留まらず、米海軍の首脳陣にも及んでおり、 米軍の沖縄攻略部隊司令官スプルアンス提督も特攻によるあまりの米海軍の大損害に、精神的におかしくなり司令を更迭されてるし、 第58任務部隊(米空母機動部隊)司令官ミッチャー大将は2回も旗艦に特攻され部下の幕僚の殆どを失い、その心労で体調を崩し、175cmの身長に対し45キロの体重という激ヤセしてしまい、戦後まもなく心臓発作で死んでる
258.名無しさん:2018年11月17日 19:16 ID:9WiZdGfQ0▼このコメントに返信
大国だったはずの中国がでくのぼうでアテにならなかったから
259.名無しさん:2018年11月17日 19:17 ID:AXU0Rg9y0▼このコメントに返信
※243

ドイツと日本それぞれの本国に連合国が投下した爆弾の量は136万トンと16万トン
重量では20%をはるかに下回る
260.名無しさん:2018年11月17日 19:18 ID:h9B2QX.j0▼このコメントに返信
※256
「遅延」は明らかに成功しているね。米軍が特攻隊にいかに苦しみその対応の為に苦慮したは米軍自身のレポートにあるとおりだしね。
で、その後の戦争の流れ含む歴史に多くの影響を与えたことは間違いない大きな出来事だよね。その評価は人それぞれだろうが、やられた米国自身は「身の毛もよだつほど恐ろしく、有効でこの上なく実用的であった」と評価しているわけだ。
261.名無しさん:2018年11月17日 19:26 ID:h9B2QX.j0▼このコメントに返信
※191
ミッドウェーやマリアナで日本海軍を叩き潰した名将スプルアンスも特攻にはやられ放題だった
●スプルーアンス提督(ニミッツ大将への報告)
  敵軍の自殺航空攻撃の技量と効果および艦艇の喪失と被害の割合がきわめて高いので、 今後の攻撃を阻止するため、利用可能な、あらゆる手段を採用すべきである。第20航空軍を含む、 投入可能な全航空機をもって、九州および沖縄の飛行場にたいして、 実施可能なあらゆる攻撃を加えるよう意見具申する。

その結果 ⇒ 、5月12日には臨時旗艦「ニューメキシコ」にも特攻機が命中、戦死54名・負傷119名、スプルーアンスもあわや戦死という危機に見舞われた。 ニミッツ元帥は司令部は限界に達していると判断、攻略作戦途中でハルゼー提督と交代という非常手段を取った。
5月28日にハルゼー提督が戦艦「ミズーリ」(BB-63)で沖縄西海岸沖に到着し、指揮権を交代すると、修理が完了していた「ニューメキシコ」でグアム島に帰還した。

米海軍ベイツ中佐
「日本の空軍が頑強であることは予め知っていたけれども、こんなに頑強だとは思わなかった。日本の奴らに、神風特攻隊がこのように多くの人々を殺し、多くの艦艇を撃破していることを寸時も考えさせてはならない。だから、われわれは艦が神風機の攻撃を受けても、航行できるかぎり現場に留まって、日本人にその効果を知らせてはならない」
262.名無しさん:2018年11月17日 19:41 ID:WUUQ.ryP0▼このコメントに返信
こういう時に日本を卑下する奴ってなんなんだろうな
263.名無しさん:2018年11月17日 19:43 ID:zwx0sZru0▼このコメントに返信
アメリカが何を言おうとアメリカ領は素通りすれば良かったのに
そうすればおおっぴらに軍を動かせないアメリカに勝機は無かったんだけど、ま、結果論だね
264.名無しさん:2018年11月17日 19:53 ID:ZHy8Y1MR0▼このコメントに返信
ルーズベルトがバリバリの差別主義者で、対日参戦決意してたからなあ。日本が絶対飲めない条件ならべて挑発してたで、戦争は起こったやろな。
まあ、日本は建前を大事にするアメリカ人のことをよく知ってたら、アメリカ領無視していけばよかったんだけどな。
265.名無しさん:2018年11月17日 19:58 ID:GaB72W.q0▼このコメントに返信
日本
ミッドウェー(負け)→ガダルカナル(負け)→中部太平洋(負け)→絶対国防圏(負け)→フィリピン(負け)→沖縄(負け)

ドイツ
モスクワ攻防戦(負け)→ブラウ作戦(勝利!)→スターリングラード(負け)→ハリコフの戦い(勝利!)→クルスク会戦(負け)→バグラチオン作戦(負け)

日本はミッドウェーで負けてからジリ貧やね
ドイツはモスクワ攻防戦で負けてもスターリングラードで負けても適宜反撃して二度戦線を押し返してるというのに・・・
266.名無しさん:2018年11月17日 20:09 ID:Sja8alnQ0▼このコメントに返信
※230
そいつはガチに韓国人じゃないか
空中給油機を機でなく台と数えてるしな

何より韓国は日本との竹島上空の制空戦闘に勝つためについ最近空中給油機を購入したばっかりだからな、アメリカを持ち上げるふりして
日本人に韓国の空中給油機の存在を自慢したかったんだろう
267.名無しさん:2018年11月17日 20:21 ID:JHHn1c7b0▼このコメントに返信
※191
沈没ばかりに言及しているようだが
被害は、甚大だ
空母ハンコック、戦死72名負傷82名
空母タイコンデロガ、戦死145名、負傷202名
空母バンカーヒル、戦死396名、負傷264名
空母エンタープライズ、人的被害は軽微だが、大破二度と戦線に復帰せず
268.名無しさん:2018年11月17日 20:27 ID:JHHn1c7b0▼このコメントに返信
※265
国土を蹂躙されるまで、戦って負けて国を2分割にされたマヌケが何だって?
負けるタイミングが判らないドイツより遥かにましだな。
269.名無しさん:2018年11月17日 20:32 ID:JHHn1c7b0▼このコメントに返信
※259
そこまでやられても降伏しないマヌケなんだろ
そこまで落とされたって言う自虐ネタだされてもな~
270.:2018年11月17日 20:34 ID:JHHn1c7b0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
271.:2018年11月17日 20:37 ID:mZ5bBWDM0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
272.名無しさん:2018年11月17日 20:43 ID:cxoR5g0o0▼このコメントに返信
イギリス以外にアメリカ本土に攻撃をした事があるのが日本だけだっけ?
273.名無しさん:2018年11月17日 21:01 ID:c8uFTF7y0▼このコメントに返信
※268
ドイツはヒトラーという独裁者個人の狂気にブレーキがかけられずに敗亡
日本は集団指導体制だが 誰も敗戦の責任を取るのが嫌でズルズルと無駄に戦争をつづけて敗亡
274.名無しさん:2018年11月17日 21:05 ID:c8uFTF7y0▼このコメントに返信
※269
日本は木と紙でできた街だから ドイツの爆弾投下量の何分の1か程度で灰燼に出来たからね
275.名無しさん:2018年11月17日 21:09 ID:c8uFTF7y0▼このコメントに返信
※268
沖縄は国土じゃないんですか?

人類史上初の核攻撃を2度も喰らってソ連の満州侵攻開始後が降伏の最適なタイミングだと言う気?
276.名無しさん:2018年11月17日 21:22 ID:uaUBfOHt0▼このコメントに返信
※268
ドイツにはヨーロッパを支配してやろうという明白な野望があった。
一方日本には計画性が皆無。
関東軍の暴走を追認し国連で非難が集中し、急に逆切れするという主体性のなさ。
しかもドイツが勝つから行けるやろという他力本願。
ドイツは極悪だが日本には悪意すらない。アホ過ぎる。
277.名無しさん:2018年11月17日 21:49 ID:h9B2QX.j0▼このコメントに返信
※276
その「暴走」だの「逆切れ」だのと一方的に日本を非難する歴史観はどうなんだろうね?
たとえば
ワシントン会議に出席したシナ大陸の事情をよく知るアメリカ人の国際法学者ジョン・アントワープ・マクマリーは
「米国の大部分の人々はそのころ、日本がアジアを戦争に巻き込むドラマの悪役であると信じていたが、マクマリーはこの考えに賛成ではなかった。日本の1930年代の新しい強引な政策は、一方的な侵略とか軍国主義のウィルスに冒された結果などではなく、それに先立つ時期のアメリカを含む諸国の行為がもたらしたものだと熱心に説いたのである。

1920年代において、日本がワシントン条約の条文と精神を厳密に守ろうとしているのに、この合意のもう一方の当事者、特に中国と米国が条約諸規定の実施を繰り返し阻害したり、拒否する事実のあったことを指摘し~、もし米国が日本の苦情を認めないで中国への肩入ればかりを続けるならば、結果的には間違いなく「日本との戦争」になってしまうと予言した」 
278.名無しさん:2018年11月17日 21:50 ID:q0M6A.g50▼このコメントに返信
太平洋戦争は間違いだ。
太平洋戦争は、チリとボリビアが戦った戦争の事だ。

日本は「満州」のための戦争
「満州戦争」と命名すべきだろう。
満州のため、国際連盟を脱退し、満州のためアメリカと戦った。
279.名無しさん:2018年11月17日 21:51 ID:13ygEcjC0▼このコメントに返信
なんだかなあ、WGIPまんまのやつがちょこちょこ書き込みして日本下げしてるな。
280.名無しさん:2018年11月17日 21:56 ID:JHHn1c7b0▼このコメントに返信
※275
でも50年近く国土を分断されるよりマシだろ
いまだに分断されている国が隣にあるけどな
ドイツのマヌケより沖縄は、もっとはやく返還されているだろ。
281.名無しさん:2018年11月17日 21:57 ID:h9B2QX.j0▼このコメントに返信
※276
誇張されすぎる日本脅威論

日本がアジアに進出するとアメリカ経済が崩壊の危機に晒されるのではないかという危機感をアメリカ人は持っている。しかし、今まで述べたことを考えれば、答えは自ずと明白である。「アメリカがわざわざアジアの戦争に引き込まれる必要があるのか?」と極東問題専門家は疑問を呈している。

つまりこういうことである。アジアに住み、アジアの経済状態、アジア人の性格をしっかりわかっているアメリカ人はたくさんいる。彼らは「日本脅威論はかなり誇張されている」と言うのである。感情的に中国を支持し、対中貿易を守るため日本を敵視することはない。このままでは、日米が武器を持って戦うことになる。

奇妙なことに、この日本脅威論は日本発ではなく、実にアメリカ国内発なのである。確かに脅威かもしれない。婦人クラブが1万キロ以上も離れた海の向こうの、我々が直接被害を蒙ることの全くない事件を捉えて、全米に日本製品の不買運動を展開し、有力紙が投書欄を対日戦争待望論一色にしたら、暢気に構えてはおれなくなる。しかし忘れてはいけない。国際紛争の原因は双方にあるのである。
『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)
282.名無しさん:2018年11月17日 21:58 ID:13ygEcjC0▼このコメントに返信
なんだかなあ、WGIPまんまのやつがちょこちょこ書き込みして日本下げしてるな。
283.名無しさん:2018年11月17日 22:00 ID:h9B2QX.j0▼このコメントに返信
※276

[満州国建国は正当である」ジョージ・ブロンソンリー 元米国陸軍情報部大尉、ジャーナリスト(1935年)

「天秤に掛けられた文明の未来」
「今、日本は、米国の同情と好意、友好関係を求め、仲間となるべく手を差し伸べている。我々はその手を握るべきか、それともこのまま日本を裏切り、世界世論を動かし、日本に対抗させるべきなのか?

もし米国が現行方針に固執し、日本との握手を拒み、日本の領域内での生存権にあくまで干渉するのであれば、米国民は国の外交方針によってどこへ向かおうとしているのかを真剣に考えなくてはならない。

太平洋の根本的問題は変わることがないだろう。おそらく我々が知らないうちに、そして直面する覚悟もできていないうちに、その問題は降りかかってくるのだ。米国の国民が情報を共有さえできれば、政府の極東政策を直ちに変更するよう要求するはずだ。

米国の運命を左右する者たちが、自分たちの過ちに気付かないか、気付こうとしないのであれば、国民は少しの時間も無駄にできない。今日からでもその国防に着手しなければならないのだ。

~米国は、賢明に判断すれば、日本との友好的に折り合いをつけ、日本が友情の印に差し出しているその手を握り、互いに協力し、通商と東洋における共通目的のために結束できる。さもなければ欧州から押し付けられた主義や原則にしがみつき、我々の感情的で非現実的な外交策がもたらす結果に直面する覚悟をしなければならない。もし後者が国の方針だとすれば、米国の安全を守るためには、ただ一つ、軍備を充実するしかないのだ。軍備を増強せよ、そして口を閉ざせよ。」

そして残念ながら米国は後者の道を歩み、結果、米国民を含む多くの人々が血を流すことになり、さらにロシア共産中国を増長させ、今もその選択のツケを払い続けている。
284.名無しさん:2018年11月17日 22:03 ID:uaUBfOHt0▼このコメントに返信
※277
日本は影響を受けやすい馬鹿な子で根は悪くないってことね。
※276の主旨と概ね一致だわ。
でも私はそこまで言ってない。
いくらなんでも馬鹿にしすぎだわ。
さすがアメリカのインテリは完全に日本人を舐めてるな。
285.名無しさん:2018年11月17日 22:18 ID:oThBjgNh0▼このコメントに返信
無能な高学歴トップさえ居なければ
あんな事にならなかった
286.名無しさん:2018年11月17日 22:20 ID:h9B2QX.j0▼このコメントに返信
※284
そうじゃないよ
「日本は条約をよく守っている。それに対して中国とアメリカは条約を守らず日本に対して嫌がらせを続けている。このままでは日本と戦争になってしまう」つまり、日本の行動には正当性があるという事ね。

君のいう「暴走」「逆切れ」では、日本がわがまま放題した挙句、それを咎められて逆切れしたかのようでしょ。

で、日本をバカにしているのではなく、同様の訴えを同時期にシナ大陸の事情知る他の米国人もしているように、
「米国は間違っている。このままでは米国の誤りのせいで日本と戦争になってしまう。」と危機感をもって米国民に向けて警告しているんだよ。
287.名無しさん:2018年11月17日 22:35 ID:uaUBfOHt0▼このコメントに返信
※286
全然わかってないな。
国連の非難が集中した北シ攻略は内閣と陸軍中央が関東軍の暴走を止められなかった結果だから、
むしろ日本当局は我儘どころか小心で無能だっただけだよ。
で、どうにもならなくなって外交折衝の裏でいきなりジャイアンをぶん殴るというのが逆切れじゃなかったら、
なんなんだろうか・・・?自殺かな?
288.名無しさん:2018年11月17日 22:57 ID:h9B2QX.j0▼このコメントに返信
※287
全然わかってないって意味不明だけど、ま、いいよ。で、歴史観、何を感じるかは人それぞれってことで。
289.名無しさん:2018年11月17日 23:06 ID:N0IeLWwl0▼このコメントに返信
ワンサイドゲームで日本は負けはしたが、太平洋の植民地は日本の戦闘を皮切りにして独立して行った。
アジア圏の独立とか、歴史の流れを変えた、影響を与えたという事はまあまあ評価してもええんかな?
目的達成の 1/4ぐらいは。

290.名無しさん:2018年11月17日 23:07 ID:AlZE.oQl0▼このコメントに返信
うん、全然互角じゃない、最初の真珠湾攻撃をアメリカが察知してたが、開戦に丁度いいし、飛んでる時ほぼほぼ落ちるだろ?って思ってたら日本が空母運用してたもんだから全機来て結構な痛手負った・・・それ以外は全力出されて日本はボロボロだわよ。
291.名無しさん:2018年11月18日 00:39 ID:vIsQluLl0▼このコメントに返信
太平洋戦線なんて米軍の半分の戦力でしかないんだけど
それに押されて本土空襲までされた戦争のどこが互角なんや
292.名無しさん:2018年11月18日 01:06 ID:pw.Q4BE60▼このコメントに返信
※255
認知症か? 絡んで来たのはそっちやぞ w
293.名無しさん:2018年11月18日 01:35 ID:1hE.kek.0▼このコメントに返信
>>206
北朝鮮は朝鮮戦争でアメリカにフルボッコにされてるだろ?

アメリカ追い返したのは中共のゾ●ビ部隊だし
294.名無しさん:2018年11月18日 05:05 ID:LxT41xhY0▼このコメントに返信
スレ主は歴史を勉強中の中学生で、ちょうど第二次世界大戦まで習ったところなんだろ。
この後にベトナム戦争の存在を知る。
295.名無しさん:2018年11月18日 05:42 ID:TJl.mQ1x0▼このコメントに返信
※17
ありゃアメリカの侵略にしか見えなかったけどな。
当時の日本にも適当な理由つけて侵略するつもりだったんだろ。
日本はそれに気づいて先制攻撃をかけたが奮戦虚しく負けたってだけの話だよ。
296.名無しさん:2018年11月18日 06:16 ID:yjYii59M0▼このコメントに返信
南太平洋海戦までは、まぁ互角だろう、戦闘では。
戦闘では。

297.名無しさん:2018年11月18日 07:21 ID:o5bohzHd0▼このコメントに返信
歴史に比が無いくらいのボロ負けだろ
ネトウ/ヨとここの管理人は歴史を知らない
日本政府や公務員がなぜアメリカ相手にあそこまでペコペコしてるかいろんな角度から考えてみよう
298.名無しさん:2018年11月18日 07:23 ID:vXG3w5Zi0▼このコメントに返信
※273
戦争に負けた後になっても無益な責任のなすりつけ合いしてるもんな
トップの昭和天皇と実弟の高松宮からしてそんな感じ
299.名無しさん:2018年11月18日 07:26 ID:vXG3w5Zi0▼このコメントに返信
”鉄底海峡”とかいう言葉が良くない
まるで日米が双方互角の横綱相撲を取り切っていて、スタミナに劣る日本が惜しくも押し切られただけ~みたいな誤解を与えることになる

300.名無しさん:2018年11月18日 08:03 ID:Ftb8SkyJ0▼このコメントに返信
全然、互角ではないけどな。大本営報道かよ。
301.名無しさん:2018年11月18日 08:22 ID:THebz4Ay0▼このコメントに返信
とりあえず負けた時点で互角じゃないよね

互角だったら最低でも引き分けでしょ
302.:2018年11月18日 09:01 ID:nL.G3wmB0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
303.名無しさん:2018年11月18日 09:42 ID:.pGBzjLm0▼このコメントに返信
問題なのは
日本の占領があまりにうまくいって
第二次世界大戦後
アメリカの戦争決定を容易にしてしまったという考え方がある
アメリカの戦後処理で日本ほどうまくいった所がある?
304.:2018年11月18日 09:48 ID:fvCkvXsC0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
305.名無しさん:2018年11月18日 09:50 ID:paxxmF5E0▼このコメントに返信
※303
むしろ韓国とか南ベトナムとかイランとか全てが最悪だぞ
306.名無しさん:2018年11月18日 10:07 ID:nL.G3wmB0▼このコメントに返信
アメリカが言うには
日本はよく韓国のようなクズの国を統治して大学まで作ったよな?不思議すぎて仕方がないw 
明、清、のように統治だけして支援も金も出さずが正しいやり方w
307.名無しさん:2018年11月18日 10:09 ID:nL.G3wmB0▼このコメントに返信
勝ち負けが互角と言うのではなくて
戦闘機、戦艦、空母こういう物でガチで戦えなければガチとは言わんだろってことではないのか?
毎日熱湯浴と戦っているwが初出の造語好きな上の人へ
308.名無しさん:2018年11月18日 10:50 ID:V0SLmwEA0▼このコメントに返信
※307
戦闘機、戦艦、空母の数に圧倒的な差があるんだからガチっても結果は明らか。
精神力でどうにかなるワケでもなし。
309.名無しさん:2018年11月18日 13:14 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
そら、戦争に突っ込んだ時の有名な言葉がこれだからね。 

「政府の陳述によれば、米国の主張に屈すれば亡国は必至とのことだが戦うもまた亡国であるかも知れぬ。

だが、戦わずしての亡国は魂を喪失する民族永遠の亡国である。

たとえいったん亡国となるも最後の一兵まで戦い抜けば、

われらの児孫はこの精神を受け継いで必ず再起三起するであろう 永野修身軍令部総長」

有色人種が欧米列強に太刀打ちするなんて絶対に不可能と思われていた時代、唯一、有色人種で国際連盟常任理事国にまで登りつめ欧米列強と肩を並べ対抗する事できていたのはただ一国、日本国だけ。
310.名無しさん:2018年11月18日 14:50 ID:GOI7F2hb0▼このコメントに返信
※295
湾岸戦争はアメリカの侵略ではないだろう
クウェートを占領したイラクが撤退を拒否したから
当時は日本もイラクに対する制裁措置に参加したし、戦費も負担した

クウェートを中国、イラクを日本に置き換えると太平洋戦争前の状況に通じるところはある
違いがあるとするとっ太平洋戦争前のアメリカは武力介入の用意がなかったので日本が火ぶたを切って戦争が始まったこと
311.名無しさん:2018年11月18日 15:00 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
※310
通じないよ。日本は当時条約によって正当にシナ大陸にいた。
シナ事変を現代風に喩えれば、在日米軍(旧日本軍)に対して日本(旧国民党軍)が先制攻撃をしかけ、それに応戦した米軍に日本がボコボコにやられて首都東京まで涙目逃走して世界に向かって被害者面して嘘八百米軍の悪口を言いふらすの図でしょ。

で、最近の様々な研究を見ると、戦争に参加したい米国ルーズベルト政権が日本をそのきっかけにするために様々仕掛けを巡らし、戦争準備が一応整ったところでいよいよルーズベルト一派がゴーサイン出して最後の一押しをし、日本に火ぶたを切らせたって感じっしょ。
312.名無しさん:2018年11月18日 15:25 ID:dowNtYGd0▼このコメントに返信
※311
利権目的で条約結んで軍も駐屯してたんだろ
対華二十一か条の要求みたいに武力を背景に中国と無理やり不平等条約を結ぼうとするなど他の列強もドン引きな中国侵略政策を進めてたくせに

土壇場になっでアジアの解放のために戦うとかスローガン掲げても鼻白むだけだわ
313.名無しさん:2018年11月18日 15:34 ID:pw.Q4BE60▼このコメントに返信
※310
湾岸戦争とイラク戦争は別モノですよ。
314.名無しさん:2018年11月18日 15:44 ID:LxT41xhY0▼このコメントに返信
コロンブスが偉そうに

コロンブスのくせに
315.名無しさん:2018年11月18日 15:48 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
※312
意味不明。軍が駐屯していたことを不当だと非難しているのか?
で、対華二十一か条の要求は、中国側が出してくれと言ってきたのでその通り出したら、中国側が「こんな酷い要求されたぞ!」と日本を貶めるのに使ったという話があるね。

さらに、「土壇場になってアジア解放のために戦うとかスローガン掲げ」というが、欧米列強の圧力から開国し、文字通り死力を尽くした奮闘努力の結果、ついに有色人種としてただ一国、国際連盟の常任理事国にまで登りつめた日本が行ったことは「名誉白人」として白人側に立ち有色人種を搾取することではなく、世界に向けて「人種差別撤廃」を訴える事だったんだぜ。それが1919年、パリ講和会議においてだ。

さらにさらに「他の列強もドン引きな中国侵略」というが、シナ大陸の平和を乱していたのは国際法や約束をまるで守らずデタラメやり放題の中国とそれを後押しするアメリカと当時シナ大陸での事情を知るアメリカ人等が何人も証言しているわけだ。
316.名無しさん:2018年11月18日 16:01 ID:vXG3w5Zi0▼このコメントに返信
※309
書いている内容が分析(analysis)じゃなくて、詩(poem)だよな
帝国海軍の頂点に立つ男が、いざ戦争突入という鉄火場で吐いた能書きがポエムw

そりゃ戦争にも負けるって


317.名無しさん:2018年11月18日 17:18 ID:GOI7F2hb0▼このコメントに返信
※311

条約で駐留を認められた区域を大幅に超え占領地域をひたすら拡大していくからアメリカが撤退を求めた
中国支配の野望に燃える日本はこれに逆切れしアメリカに戦争をしかけた

318.名無しさん:2018年11月18日 18:02 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
※317
おとぎ話レベルだね

例えば「「満州事変が勃発したとき、実は中国の不法と日本の立場は欧州各国に理解されていました。中国の実態がどんなものか知っている欧米人は関東軍の行動を拍手喝采で迎えたほどです。英仏のような欧州の大国は日本に同情的です。アメリカ人ですら現地人は日本を応援する側です。アメリカで問題だったのは、東海岸のメディアが反日親中を煽りまくったことです。フーバー政権内でこれに同調したのは、よりによって国務長官(外相に当たる)だったスチムソンだけですが、事は外交問題だけに担当長官一人の意見にひきずられました。」嘘だらけの日中近現代史 倉山 満

319.名無しさん:2018年11月18日 18:06 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
※317
実際、ワシントン会議に出席したアメリカ人国際法学者、ジョン・アントワープ・マクマリーは「米国の大部分の人々はそのころ、日本がアジアを戦争に巻き込むドラマの悪役であると信じていたが、マクマリーはこの考えに賛成ではなかった。 日本の1930年代の新しい強引な政策は、一方的な侵略とか軍国主義のウィルスに冒された結果などではなく、それに先立つ時期のアメリカを含む諸国の行為がもたらしたものだと熱心に説いたのである。

~1920年代において、日本がワシントン条約の条文と精神を厳密に守ろうとしているのに、この合意のもう一方の当事者、特に中国と米国が条約諸規定の実施を繰り返し阻害したり、拒否する事実のあったことを彼は指摘した。 このように米国に教唆された中国は、自らの国際的地位を保証してきた法的な枠組みを一貫して軽視し、それによって日本の激しい怒りを招く結果となった。

 ~1930年代の中頃、マクマリーは事態が重大化したと考え、もし米国が日本の苦情を認めないで中国への肩入ればかりを続けるならば、結果的には間違いなく「日本との戦争」になってしまうと予言した~日米戦争が勃発したのはこれが書かれた6年後である、マクマリーは、まさに先見の明があったというべきであろう」 原著『平和はいかに失われたか』


320.名無しさん:2018年11月18日 18:19 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
※317
ついでだからもう少しコピペしとくかな
「~こうして、日本外務省への嫌がらせや侮日行為、商鉱農工業妨害、居住権の侵害が繰り返され、時には邦人の命さえ脅かされた。

ところが、日本の外務省は「日中友好」を金科玉条として、真剣な抗議ひとつしたことがなかった。この時代の外務省主流は「アメリカとの友好さえ維持すれば日本の繁栄は永遠に約束されたも同じである。周辺諸国とは絶対に争わない平和的な姿勢さえ守っていれば国益は守られる」という思想で支配されていた。特権意識で凝り固まった外務官僚が国民の権利を顧みるはずがなかった。

仮に形式的な抗議をしたところで、返ってくるのは日本への責任転嫁だけである。中国人は常に「自分たちは日本に侵略された被害者だ」と開き直った。そして平素から国際社会への宣伝だけは怠らなかった。このため、日本は誠実な姿勢で外国との交際を続けていたが、国際世論において常に悪者にされた。」嘘だらけの日中近現代史 倉山 満
321.名無しさん:2018年11月18日 18:26 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
[満州国建国は正当である」ジョージ・ブロンソンリー 元米国陸軍情報部大尉、ジャーナリスト(1935年)

「天秤に掛けられた文明の未来」
「今、日本は、米国の同情と好意、友好関係を求め、仲間となるべく手を差し伸べている。我々はその手を握るべきか、それともこのまま日本を裏切り、世界世論を動かし、日本に対抗させるべきなのか?

~米国の国民が情報を共有さえできれば、政府の極東政策を直ちに変更するよう要求するはずだ。米国の運命を左右する者たちが、自分たちの過ちに気付かないか、気付こうとしないのであれば、国民は少しの時間も無駄にできない。今日からでもその国防に着手しなければならないのだ。

~米国は、賢明に判断すれば、日本との友好的に折り合いをつけ、日本が友情の印に差し出しているその手を握り、互いに協力し、通商と東洋における共通目的のために結束できる。

さもなければ欧州から押し付けられた主義や原則にしがみつき、我々の感情的で非現実的な外交策がもたらす結果に直面する覚悟をしなければならない。もし後者が国の方針だとすれば、米国の安全を守るためには、ただ一つ、軍備を充実するしかないのだ。」
322.名無しさん:2018年11月18日 18:30 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
「リットン報告書は驚くべき文書である。調査団が集めた事実を証拠として使えば、日本は中国を世界平和を乱した罪で告発できる。報告は日本自身では考えつかない中国告発の材料をそろえてくれた。しかも、これで日本の「警察行動」は正当化されてしまう。しかし、調査団の結論は収集した事実とはまったく関係がないようであった。~日本がリットン報告書にびっくりしたのは当然である。~日本はリットン報告書を詳細に分析したが、満州事変における日本の役割には、法的にも、道義的にも、非難されるべき根拠を見出せなかった。~そこで日本人は、こうした非難は日本の行動に対してではなく、人種に向けられたものだという結論に行きつく。中国人もリットン報告書を仔細に読めば、同じ結論に達したであろう」

「日本を「侵略者」として非難する民主主義諸国の世論も純粋に人道的とはいえない。つい五年ほど前、米英両国の軍隊と砲艦が自国民の生命財産を守るために中国の「盗賊」を攻撃したとき、両国の世論は中国人を野蛮人と呼んで非難した。イギリスとアメリカの国民は忘れているようだが、日本人はよく覚えている。ところが、日本が同じように中国の「盗賊」を攻撃すると、同じ国民が日本人を野蛮人と呼ぶのである。」アメリカの鏡・日本 ヘレン・ミアーズ
323.名無しさん:2018年11月18日 18:35 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
※317
誇張されすぎる日本脅威論

~アジアに住み、アジアの経済状態、アジア人の性格をしっかりわかっているアメリカ人はたくさんいる。
彼らは「日本脅威論はかなり誇張されている」と言うのである。感情的に中国を支持し、対中貿易を守るため日本を敵視することはない。
このままでは、日米が武器を持って戦うことになる。

 奇妙なことに、この日本脅威論は日本発ではなく、【 実にアメリカ国内発なのである。】  確かに脅威かもしれない。
婦人クラブが1万キロ以上も離れた海の向こうの、我々が直接被害を蒙ることの全くない事件を捉えて、全米に日本製品の不買運動を展開し、
有力紙が投書欄を対日戦争待望論一色にしたら、暢気に構えてはおれなくなる。しかし忘れてはいけない。国際紛争の原因は双方にあるのである。

「日本人は戦う覚悟はいつでもできてはいるが、挑発されるのでなければ戦わない」ということが、日本人と長く付き合ってみればよくわかる。日本の対米戦争に「百害あって一利なし」である。日本人の名誉のために言うが、日本人は慎重にあらゆる可能性を研究している。政府はきわめて優秀な頭脳集団である。この30年の外交は世界に類をみないほど言行一致している。閣僚が誰になろうと、敏感で興奮しやすいが、信頼するに足る政府である。」『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)
324.名無しさん:2018年11月18日 18:38 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
アメリカ人はなぜ日本人より中国人を好きになるのか

 不思議なことに、ちょっと付き合うと中国人を好きになるアメリカ人が多い。中国人の方が実に陽気だからである。逆に日本人は、家庭内や親しい友人は別として、口数が少なく、よそよそしい感じを与える。ホテル等で見かける日本人は、くたびれた博士のようである。店員は日本人も中国人も非常に礼儀正しい。無口な日本人は不気味で、どうも煙たがられる。反対に中国人はおしゃべりで、すぐに英語でおべっかを使う。日本人にはそんな習慣はないから、英語を知っていてもヘラヘラお世辞を言おうとはしない。用件だけで済ますのである。

 上流階級の日本人は、「武士に二言はない」というサムライである。サムライとは名誉を重んじ、自らの言動に責任を持つ伝統を重んじる特権階級である。何を聞かれても返事はイエスかノーか、2つしかない。決して嘘をつかないから、嘘つき呼ばわりされたら刀を抜く。今日でも、そうだから、昔のサムライは「武士に二言はない」であったに違いない。

 中国は全く逆で、言葉の意味はころころ変わる。昔から、嘘つき呼ばわりされても誰も侮辱だと思わない。そういえば、嘘とか嘘つきという言葉がない。

 日本人は誰もがきれい好きである。一目でわかる。労働者でも毎日風呂に入る。きれい好きで、玄関では靴を脱ぐし、床でも柱でも拭いてきれいにする。不潔を極端に嫌う日本人に対して、中国人は全く逆で、不潔に親近感を持っている。

 先ほど、ちょっとだけ付き合うと中国人が好きになる人が多いと言ったが、長らく付き合うと、圧倒的に日本人が好きになる。アメリカ人と比べると仕事が遅いが、中国人とは比較にならないくらい、信頼できるし、真面目なお付き合いができる、という人がほとんどである。違うという人はいない。(P250~251)
325.名無しさん:2018年11月18日 18:47 ID:Tml7tDm50▼このコメントに返信
なんか長々とコピーしてる人がいるけど
主流から外れた、そんな考えの方もいるんだねーとしか思わんね
326.名無しさん:2018年11月18日 18:55 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
※325
読んでくれたの?ありがとう。
で、「みんながそう言っているからそうに違いない」ってな感情に流されるタイプ?
大切なのは「みんながそう言っている」じゃなくて、何が一番真実に近いのか、筋が通っているのかだよね

327.名無しさん:2018年11月18日 19:06 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
※325
このような話も紹介しておこう。どっかで拾ったものだが

「第三一代大統領ハーバート・フーバーの回想録『Freedom Betrayed (裏切られた自由)』
ハーバート・フーバー大統領はルーズベルトを狂人と呼んでいる。具体的には、『私は日本との戦争の全体が、戦争に入りたいという狂人の欲望であったと述べたところ、マッカーサーも同意した』。フーバーはまた、ルーズベルトが日本を戦争に追い込まなければならなかった理由について、6年に及ぶニューディール政策の失敗を糊塗するため、また1000万人の失業者の存在を覆い隠すためだったと推測している。

1938年にはルーズベルトの政策顧問が「日本を戦争に多い込むことで、アメリカの海軍用艦船を建造させ、アメリカの重工業を復活させる」と、語っていたそうだから、早くから日本を戦争に追い込んでアメリカの軍需産業を復活させ不況を克服するという政策がルーズベルトのオーバルオフィスの中で常に議論されていたのだろう。アメリカの産業を復活させるために、日本は戦争せざるを得なくなって、数百万人の尊い命が失われた。。

また、フーバーはその著作の最後で「中国が第三次世界大戦の引き金になるかも知れない」と預言している。
328.名無しさん:2018年11月18日 19:07 ID:NaHYvlto0▼このコメントに返信
※315
>中国側が「こんな酷い要求されたぞ!」と日本を貶めるのに使ったという話があるね。

右翼界隈の一部でしか通用しない言説だね


>国際連盟の常任理事国にまで登りつめた日本が行ったことは「名誉白人」として白人側に立ち有色人種を搾取することではなく、世界に向けて「人種差別撤廃」を訴える事だったんだぜ。それが1919年、パリ講和会議においてだ。

人種差別撤廃は日本人自身差別対象のために主張はするだろ 損がないもの
肝心のアジア解放、植民地放棄は呼びかけなかったよねw 自分も獲得した地域を放棄しなくちゃならなくなるから損だし
アメリカのフィリピン支配、イギリスのインド支配、フランスのインドシナ支配と日本の朝鮮半島支配を相互承認するなど 搾取する側に回ったんだもの日本は

>シナ大陸の平和を乱していたのは国際法や約束をまるで守らずデタラメやり放題の中国とそれを後押しするアメリカと当時シナ大陸での事情を知るアメリカ人等が何人も証言しているわけだ。

だから巻き込まれるなら中国から撤退しろってw
先人達が血を流して獲得した利権云々言ったって
それ侵略だからな
アメリカ人が幾人か証言したところで
傍流でしかないね
329.名無しさん:2018年11月18日 19:09 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
※325
「さらに、フーバーは著作の中で戦争へと至った19の過ちを指摘している。~

1.1933年の国際経済会議をルーズベルトが破壊したこと2.1933年11月にソ連と共産党を承認したこと3.1938年、ドイツによるチェコスロバキアのズデーデン地方の割譲要求を、ミュンヘン融和会議で承認したこと4.1939年、イギリスとフランスがポーランドとルーマニアの独立を保証したこと5.1941年、ルーズベルトが宣戦布告することなくドイツと日本を相手に戦争を始めたこと6.ルーズベルトが警戒心を持った忍耐政策をとらなかったこと7.1941年、ヒトラーがソ連を攻撃した時にルーズベルトが大量の武器を支援してスターリンと共産主義を助けたこと8.1941年7月、日本に対する経済制裁9.1941年9月、近衛内閣の和平提案を拒絶したこと10.1941年11月、日本からの3ヶ月間の冷却期間という提案拒絶11.1943年1月、カサブランカにおける無条件降伏の要求12.1943年10月、バルト三国とポーランド東部のソ連への割譲 13.1943年12月、テヘラン会議で7つソ連の傀儡国家を認めたこと 14.1945年2月、ヤルタ会談での秘密協定 15.1945年5月、6月、7月、日本からの和平提案を拒否したこと 16.1945年7月、ポツダムにおけるトルーマンの決断、具体的には①共産主義者とスターリンの世界における権力強化②ドイツの再興③民族追放④日本への無条件降伏の最後通牒17.1945年8月、日本への原爆投下、実際には日本の18都市への原爆投下を承認したのはルーズベルトで、トルーマンはそれを止められなかっただけなのだが18.毛沢東に中国を与えたこと、アメリカは太平洋戦争以前は蒋介石を支援していたのに、戦後は逆に支援を打ち切ってしまい、毛沢東が勝利した19.戦後世界に共産主義の種を撒き散らしかしたこと (づつく)

330.名無しさん:2018年11月18日 19:10 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
※325
ルーズベルト政権中枢には多数のソ連のスパイが暗躍していたので、容共は避けられなかったのだろうが、アメリカも和平を望んでいるはずだと信じて和平工作に明け暮れた近衛内閣が憐れに思える。

東條英機は遺書の中で『自分はアメリカとの開戦については責任はない。しかし、戦争によって多くの人が亡くなったことについては責任がある。アメリカは日本という自由主義の国を破壊して、世界の赤化の砦を失ったことに対して責任を負わなければならない』と書き残しているが、ルーズベルトの責任は重い。

二〇世紀はスターリンとヒトラーを悪魔のように言う人もいるが、私は、ルーズベルトもまた悪魔の一人であったと信じている。」
331.名無しさん:2018年11月18日 19:11 ID:NaHYvlto0▼このコメントに返信
※326
読んでませんけど?
無駄な努力してんなーと苦笑してるだけw
332.名無しさん:2018年11月18日 19:17 ID:GOI7F2hb0▼このコメントに返信
※318
おとぎ話ではないよ
日米交渉をかいつまんでまとめればそうなる

リットン報告が国際連盟の圧倒的多数に支持されたことに反発して国際連盟を脱退
最後の和平の機会だった日米交渉も無にして奇襲の隠れ蓑として利用するなどひたすら自滅への道を突き進んでいった
333.名無しさん:2018年11月18日 19:22 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
※328
右翼だのレッテル貼りは関係ないよね。問題は「真実か否か」。で、「人種差別撤廃」を訴える事に日本の損がないわけないよね。欧米列強から反発食らう可能性が高いことは想像に容易い。実際、黄禍論だのあったわけで、日本脅威論が高まり日本を警戒し不利益になるだろう可能性が高い事は想像に容易いし実際脅威論は高り、日本との戦争を予言し、その内容まで的中させた米国人軍までいたという話。で、搾取ではなく、日本は朝鮮半島を発展させるために国家予算の20%だか30%突っ込んで赤字だったという話だよね。満州にも莫大な投資をして戦後中国共産党はこの巨大な資産を使うことによって助けられた。台湾に逃げた蒋介石もそうだね。

で、これらは人それぞれの考え方ってモノだが、君のいう「侵略」が「国際法に違反している」という意味なら、君は明らかに間違っているからね。
334.名無しさん:2018年11月18日 19:30 ID:NaHYvlto0▼このコメントに返信

ネット右翼は相変わらず思考的狭隘性、偏向性が酷いとしか思わん
その特異な世界観にはとても同調できません

小室直樹 渡辺昇一 百田直樹 竹田恒泰

なんで保守言論人ってこうも愚かな人物しか揃ってないんだろw
335.名無しさん:2018年11月18日 19:30 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
※331
あ、そうなんだw感情的に受け入れられないってことね。
336.名無しさん:2018年11月18日 19:35 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
※332
日本が一方的に不当な行いを繰り返した挙句自滅したという事を言いたいのであるのならば、今やそれはもうおとぎ話レベルの説だねということを、少しではあるがコピペして紹介してみたつもりだが、それを読んだうえでもそう思うのであれば、それはそれで君の自由なんで、ま、しゃーないですわな。
337.名無しさん:2018年11月18日 19:39 ID:zWdC1oP.0▼このコメントに返信
※333
満州、朝鮮は自国領に編入したんだから投資し発展させるのは当然でしょうが?

将来 「アジアの解放」というスローガンに基づいて満州 朝鮮を解放して中国から撤退する予定だったのか?
違うだろ


338.名無しさん:2018年11月18日 19:52 ID:FSD5iXWa0▼このコメントに返信
※335
学術的な論文とかじゃなくて一個人の感想のコピペをいくら貼られてもね。
事実や史料に基づかない感想文には、そういう考え方もあるのねとしか言いようがありませんね。
339.:2018年11月18日 19:57 ID:OMVLX7V10▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
340.名無しさん:2018年11月18日 20:04 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
※337
意味が分からない・・ と思ったら横レスなのね。 満州は自国領ではないが、朝鮮半島は当時日本だね。
※328の彼?彼女?の「日本の朝鮮半島支配を相互承認するなど 搾取する側」と朝鮮半島を搾取と書いていたのに対するレスね。

で、下段も意味不明だが、君の「アジア解放」の定義だと、例えば朝鮮を再び独立国としないとそれは言えないということなのかな?ま、それならそれで君の価値観なんでいいけど、俺が書いたのは、大東亜戦争において「アジア解放」を謳ったのは、少なくとも1919年に「人種差別撤廃」を訴えた時から脈々と流れ続けていた思いが出たもので、突然降ってわいたものではないってことね。
341.名無しさん:2018年11月18日 20:15 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
※338
学術的な論文というのは、それを発表した人の価値判断が入っているわけだよね。それらだって「そういった考え方もあるのね」と捉えられるものだよね。で、俺がコピペしたモノで当時を生きた人の声、現場の真っただ中にいた当事者の声などは、改ざんされたりしていないのであれば事実であり、史料だよね。ま、いいけど、受け入れたくないという強い感情は伝わったよ。
342.名無しさん:2018年11月18日 20:23 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
※339
「満洲国では、新政府が「法を順守して」行動しようとしていた。自分たちの行いが正しければ、やがて各国が理解してくれるだろうと考えた。新政府は旧体制の債務を引き受けた。不平等条約を受け入れ、外国人にもとの特別待遇を保証した。中央銀行を設立し、統一通貨をつくった。かつて欧米列強が日本で要求し、中国では何年も無駄に努力してきた改革のすべてに、満洲国は乗り出した。貿易は改善され始めた。そして、ついにイギリスを動かした。1934年末、貿易と投資の可能性を調査するため、イギリス産業連盟の使節団が日本と満州を訪れ、好印象をもって帰国した。調査報告は次のようにいう。

『満州国住民は治安対策の向上と秩序ある政府を与えられている。軍による略奪と搾取はなくなった。課税制度は妥当なもので、公正に運営されている。住民は安定通貨をもつことができた。輸送、通信、沿岸航行、河川管理、公衆衛生、診療施設、医療訓練、そしてこれまで不足していた学校施設などの整備計画が立てられ、実施されている。こうしたことから、満洲国の工業製品市場としての規模と将来性は容易に想像することができる。近代国家が建設されつつある。将来に横たわる困難はあるが、これらは克服され、満洲国と他の国々の利益の為に、経済繁栄が徐々に達成されると期待される。』(つづく)
343.名無しさん:2018年11月18日 20:24 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
(つづき)
「それでも欧米列強は「事実の論理を理解する」ことができずに、新国家を承認しなかった。日本は各国を説得する効果的手段を考えだした。すなわち、日本は新国家における特別な地位、治外法権を放棄し、新国家が在留日本人に課税する権利を認めた。別ないい方をするなら、日本は真剣に独立を準備しているかのように新国家を扱いだした。日本は満洲国の要請に基づき引きつづき軍隊を駐留させているが、これは、重要な鉄道路線の防衛だけでなく、共産主義に対する「相互防衛」手段なのだ。しかし、欧米列強にとって穏やかでなかったのは、日本軍の駐留より、
一連の権益放棄だった。」アメリカの鏡・日本 ヘレン・ミアーズ
344.名無しさん:2018年11月18日 21:00 ID:1Li5YIWJ0▼このコメントに返信
ネット右翼はどうしようもないな
搾取でなく善政を敷いたらそれで良いのか
根本から間違ってるわw
345.名無しさん:2018年11月18日 21:21 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
※344
意味不明。「法を守り、善政を強いた」それらは意味がない? 何が「根本から間違っている」んだ?
346.名無しさん:2018年11月18日 21:29 ID:he8OO0Qm0▼このコメントに返信
◇日本が東南アジアを侵略した理由

日本は20世紀に工業国となった。しかし日本の工業の発達は、外国から輸入される天然資源に頼っていた。その状態は現在までずっと変わっていない。日本にとってもっとも重要な資源は石油だ。(中略) 東南アジアへ勢力を拡大することで、日本は安定した石油の確保がきっとできると考えた。(中略)したがって日本が東南アジアへ勢力を拡大した大きな理由は、経済的必要性である。

1936年2月、軍部は当時勢力があった政治家たちを一掃した(※2.26事件のこと)。ほとんどが軍の指導者からなる新しい政権が樹立された。新しい指導者はヒトラー支持者だった。(中略) 日本政府はますます攻撃的になっていった。軍司令官のひとり東条大将が1941年日本の首相になった。彼こそ、私達の国が侵略されたときの日本の指導者である。

日本人のスローガンは「アジア人のためのアジア」であった。これらの国々が日本によって解放されたのち、さらなる発展のためお互い協力するべきであるというものだったらしい。一見すれば、日本の目的はよいが、しかし、実際に日本が望んでいたことは、経済的に支配する帝国を作り上げることだった。

◇日本の東南アジア侵攻

日本人はコタバル(マレーシア東北部)に上陸した。これによって日本のマラヤ(マレーシア)に対する攻撃が始まった。日本はすばやくマラヤを占領することが出来た。たった十週間のうちに日本はマラヤの支配者となったのである。(中略






347.名無しさん:2018年11月18日 21:30 ID:uvVHzg4a0▼このコメントに返信
※308
何も結果を受け入れられないとは言っていない
エ露本を印刷して何もしない反政府組織を認めないだけだw
348.名無しさん:2018年11月18日 21:55 ID:sE37c3hS0▼このコメントに返信
※346
もう面倒だから続きはいいやw

これは新日国マレーシアの中学生達が学んでいる国定教科書の内容の一部な
後述されてる日本のマラヤ支配は 英国以下の残虐な統治だったとしっかり書かれてる

ネット右翼界隈でしか通用しない言説を流布しようがビルマもベトナムもフィリピンもかって日本が解放してあげたはずの国々の学生は国定教科書は全部こんな感じなんだよ
日本は欧米に成り代わって新しい支配者になりたかっただけ 戦中の統治は過酷で残酷
アジア解放なんて労働力と資源を速やかに確保するための方便 宣撫工作に過ぎない

349.:2018年11月18日 22:12 ID:ncIuaqKC0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
350.名無しさん:2018年11月18日 23:43 ID:pw.Q4BE60▼このコメントに返信
※349
それ、同意するわ。
※348 の言ってる事は、正に「木を見て森を見ず」やからな w
こんなのが未だに居るから、命を賭してまで国を護った先人たちが浮かばれない。
351.名無しさん:2018年11月19日 00:55 ID:niV8.RFr0▼このコメントに返信
※341
全く違う。
論文に主観が入るのは当然。
しかし具体的な史料や数字が無いと通用しない。
証言は史料の一つではあるけど、あくまでも当事者からの視点に過ぎない。
田母神論文が読書感想文と言われる理由。

慰安婦の証言だけで事実認定されないのと同じだよ。

そうなんだ!すごいね、としか言いようが無いのです。
352.名無しさん:2018年11月19日 01:01 ID:niV8.RFr0▼このコメントに返信
※349
なぜ裏切られたかを考えないとそう言う間抜けな理屈になる。

日本も最初は欧米から解放してくれると歓迎されたけど日本統治は欧米の支配より悪かったから支持されなかったんだよ。

そらそうだよね、殆どの地域は軍政下で憲兵は強権的だし
補給線を断たれ物資は不足し物価はインフレし放題。

理想は良かったけど実態が悪かったからだよ。
353.名無しさん:2018年11月19日 07:59 ID:Q6g7V5UJ0▼このコメントに返信
※349
個人の感想集めてもしょうがないのがわからんのやろなー
354.名無しさん:2018年11月19日 12:54 ID:DMF49lTN0▼このコメントに返信
互角って言えば互角になるなら互角だと思いますです
355.名無しさん:2018年11月19日 16:11 ID:mkJWN.cI0▼このコメントに返信
占領しても善政だったらオッケー理論だと
GHQもオッケーですよね
356.名無しさん:2018年11月19日 17:14 ID:v5zkiPlr0▼このコメントに返信
日本の開戦理由は単に経済圏つくり
欧州列強が持っていた植民地による巨大な経済圏を
ブロック経済対策で自分達も持とうとして起きたのが大戦
イタリアもドイツも同じ
だから戦後経済においてブロック経済が世界的に疎まれ自由貿易が推進されてる
357.名無しさん:2018年11月19日 17:14 ID:G0v6O4RL0▼このコメントに返信
※355
OKだろ ただ韓国の反日団体を臨時政府にして建国させたのはホント勘弁
20世紀中一回も戦争したことのない相手に捏造で粘着されるとか
当時の人間は思ってもみなかっただろうな
358.名無しさん:2018年11月19日 17:21 ID:G.jso7Ym0▼このコメントに返信
アメと互角に渡り合ったかは意見が分かれるところだけど
アメに正面から戦を仕掛けて本気にさせたのは日本だけじゃないか?
359.名無しさん:2018年11月19日 17:22 ID:GxcKPAGm0▼このコメントに返信
互角では無く、初戦でアメリカ海軍に甚大な被害を与えて、アメリカの反撃を遅らせる事が出来たってだけ。
360.名無しさん:2018年11月19日 17:26 ID:GxcKPAGm0▼このコメントに返信
>>358
イラク、アフガニスタン、ベトナム、ドイツがいるぞ。
イラクやアフガニスタンは速攻で陥落したが。
361.名無しさん:2018年11月19日 17:27 ID:px67iibX0▼このコメントに返信
アメ「日本? 片手間でポイーよ」
362.名無しさん:2018年11月19日 17:30 ID:vMhkw7DU0▼このコメントに返信
まあ、「アメリカとガチで殴り合った」「全面戦争をした」「本気にさせた」というのは間違いではないと思うけど、
全然互角ではないだろ。
本気モードになったアメリカには手も足も出ずに完敗って感じだけどね。
363.名無しさん:2018年11月19日 17:31 ID:GxcKPAGm0▼このコメントに返信
>>18
×日本が付いた国
○日本の技術を吸い取った国

×日本争奪戦
○日本の技術争奪戦

技術さえ産業スパイで吸い取ってしまえば日本は別に要らないんやで。
364.名無しさん:2018年11月19日 17:36 ID:GxcKPAGm0▼このコメントに返信
>>39
正確には
アメリカ陸軍は対欧州戦が主
アメリカ海軍は対日戦が主
だな。
365.名無しさん:2018年11月19日 17:38 ID:GxcKPAGm0▼このコメントに返信
>>53
ベトナム・北朝鮮・アフガニスタン・イラク『………』
366.名無しさん:2018年11月19日 17:44 ID:GxcKPAGm0▼このコメントに返信
>>58
片手間では無いぞ。
少なくとも、アメリカ海軍の主戦場は太平洋だったんだし。
日本に向けた海軍戦力が片手間なら、日本より海軍戦力の劣る欧州枢軸海軍は開戦後1ヶ月も保たずにアメリカ海軍に一掃されてる筈やで。
367.名無しさん:2018年11月19日 17:45 ID:GxcKPAGm0▼このコメントに返信
>>61
ベトナム方式。
368.名無しさん:2018年11月19日 18:01 ID:7SOtCj870▼このコメントに返信
アメリカが片手間だった時期に日本が国家総動員してなんとか互角の戦力。アメリカが少しでも戦争にリソースを多めに割いたらあっという間にひねり潰される程度の国力差だからね。
369.名無しさん:2018年11月19日 18:22 ID:FnaTaEqt0▼このコメントに返信
アメリカとガチでやった国でtopが日本という事だろう。 だから米国は今でも日本の底力を認めてる。トランプは知らんがw
370.名無しさん:2018年11月19日 18:28 ID:qsmi64Nk0▼このコメントに返信
アメリカにとってはベトナム戦争の方がトラウマが大きい
371.名無しさん:2018年11月19日 18:39 ID:6KDm1Fbh0▼このコメントに返信
>>88
001283455 28
421101000 9
みたいな感じじゃね
372.名無しさん:2018年11月19日 19:34 ID:wcxAQ42x0▼このコメントに返信
※3
真珠湾奇襲攻撃でアメリカ太平洋艦隊をボコっても
優勢なのはミッドウエーまでの半年間だけ.....
奇襲攻撃をせずにせーので同時にやりあったらどんな結果になった事やら
373.名無しさん:2018年11月19日 21:48 ID:ITariF8J0▼このコメントに返信
戦争って勝たないと意味ないだろ・・・
374.名無しさん:2018年11月19日 21:49 ID:gERz3jQN0▼このコメントに返信
※370
同じ兵隊でも太平洋戦争帰りは英雄扱いで、ベトナム帰りは世をはばかるような扱いだしな。
精神を病んだのも圧倒的にベトナム帰り、やっぱ勝たないとあかんわ。

朝鮮戦争もそうだけどなんで核使わないでスゴスゴ帰ってきたんだろう、
落とすだけ落として日本と同じように「正義の鉄槌」とか言ってりゃよかったのに。
375.名無しさん:2018年11月19日 21:52 ID:brNWBInI0▼このコメントに返信
脳内英雄がたくさんだぁ!!!

376.名無しさん:2018年11月19日 21:55 ID:bZSKFO4C0▼このコメントに返信
ホーチミン「せやろか」
377.名無しさん:2018年11月19日 21:56 ID:mpQ3FJ..0▼このコメントに返信
互角?www
アメリカの主力は欧州。日本相手に本気出してなかったんだよな…
緒戦で勝てていたのは植民地軍相手にしてたから…複葉機に毛の生えたビヤ樽相手に「ゼロセンさいきょー!」なんてしてただけなんだよな…
B29が欧州に使用されなかっなのは何でかわかるか?あれは航続力だけの欠陥機でドイツ空軍には通用しないからなんだよ!
378.名無しさん:2018年11月19日 22:18 ID:tPy1kzDL0▼このコメントに返信
歴史上、空母を有する機動艦隊同士の打撃戦やったのって日米だけなんだよね。
フライ級対ヘビー級の戦いで、よく頑張ったよご先祖様。
我々も頑張って、中韓朝を滅ぼさねばなりますまい。後世のために。
379.ハインフェッツ:2018年11月19日 22:23 ID:GSMutyfK0▼このコメントに返信
※377
B-29がドイツに行かんかったのは”そもそも開発時期が違うから”だと聞いたがの。

ちなみに、東南アジアじゃドイツへ空爆へ行ってたB-17が普通に日本軍の戦闘機に落とされたり鹵獲されて構造を分析されてたからね?
380.名無しさん:2018年11月19日 22:41 ID:K.mopaFS0▼このコメントに返信
今度やるときはうまくやろう
381.名無しさん:2018年11月20日 00:01 ID:MnnuWIzF0▼このコメントに返信
>>355
その理屈だとイギリスのインド支配も善政だしアメリカのフィリピン支配も善政になるんだよね~

人口は増えてるし識字率も日本統治下の植民地より上。
学校、病院、鉄道その他インフラ投資も大日本帝国以上の金額を投じてるからな
382.名無しさん:2018年11月20日 03:33 ID:kv7UzWMk0▼このコメントに返信
ベトナム「あの」
383.名無しさん:2018年11月20日 05:53 ID:Nxgji8GY0▼このコメントに返信
11: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)05:07:48 ID:kDK
スゴイのは俺らのご先祖さまであって
俺らじゃないんだよ
そこは弁えよう、な?


在日による成りすましウザイ

戦犯レッテルを引き受けてる今の人間もww2一緒に戦ってるわ

凄い民族はいつの時代も凄いし、卑怯な民族はいつの時代も卑怯。

384.名無しさん:2018年11月20日 06:03 ID:Nxgji8GY0▼このコメントに返信
>>381

韓国系日本人がデマを拡散してる良い例。

イギリスなどの白人列強国による植民地支配では餓死者を大量に出しているし、本国が黒字運営。
比較にならないほど大日本帝国の方が投資額は多い(赤字だから)。

米英が一般庶民への教育をしだしたのも、日本が台湾や朝鮮で支援的植民地政策を取り始めた後。

そういう部分でも、自分たちが奴隷制度をやりにくくなる事を恐れて、満州周辺へ大量の武器を送り(国際法的に戦争行為)日本をWW2へ巻き込んだというのが史実。

://youtu.be/uwm_cgQ1-Kk?list=PLCm_yZP-kpKS8pWsHFxQx1s8kb1iZaSfh



385.名無しさん:2018年11月20日 06:07 ID:Nxgji8GY0▼このコメントに返信
※375
韓国系さん、ウザイっす。
386.名無しさん:2018年11月20日 06:33 ID:TExblohp0▼このコメントに返信
逆に聞きたい
日本の事バカにするなら他の国がアメリカと戦った場合なんという兵器で戦ったの?
名前をはせた国ぐらいしか大した兵器持ってないでしょ
日本の機動部隊ぐらい凌駕する素晴らしい陣容挙げれるよね?
特に在
安全なところで空爆も無く食糧事情もよく負けた途端に手のひら返しで進駐軍?
最低じゃねーか
387.名無しさん:2018年11月20日 07:35 ID:5Ppk5Lww0▼このコメントに返信
>>11
あなた日本語変だね
388.名無しさん:2018年11月20日 07:39 ID:5Ppk5Lww0▼このコメントに返信
>>8
日本語下手ですね
389.名無しさん:2018年11月20日 09:01 ID:M3FBkAKh0▼このコメントに返信
依然として力を盾に覇権を争う国が多い世界で
は防衛のための核を含む戦力を常備することは
必要不可欠。だがこれからは殺し合いの戦争は徹底的に避けるべきだ。これが日本人が経験した戦争からの最大の教訓だ。現在では国際間の紛争は従来にも増して増えているかもしれないがしかしその原因はほぼいくつかに集約できる。なかでも大きいのは経済的要因だ。これは国際間の調整で解決できるものだ。そこに過去の歴史や宗教や民族主義や憎悪やらをくっつけ対立を激化しないようにすることこそ解決につながる。いつまでも過去を種にして金とメンツ等の利益を得ようとするような国が一番の戦争発火点であるが世界でいまや軽蔑にされるだけ。
390.名無しさん:2018年11月20日 09:11 ID:qukmo4p.0▼このコメントに返信
※384
さっそくの御認定ありがとうございます。

日本が先だった、という指摘はデマですね。

インドでは18世紀から宣教師による初等教育が普及していましたし
1854年に東インド会社監督局長官を通じインドの会社政府に向けの教育通達が出されています。
これは高等教育重視の政策を見直し、大衆への教育を重視する政策への転換点といえる通達です。
教育局の設置、本国と同じ英語教育、地域教育への補助金制度の制定や教員養成機関の設立。


フィリピンではスペイン統治末期1898年、識字率が5%だったのが1903年時点は44%。
ちなみに終戦間際、朝鮮での識字率が20%台。劇的に上昇したのは戦後ですから。


>満州周辺へ大量の武器を送り(国際法的に戦争行為)日本をWW2へ巻き込んだというのが史実。

同盟国を軍事支援するのは当然でしょう。
国際法のどの条項に違反するのか答えられますか?

391.名無しさん:2018年11月20日 19:50 ID:2rj5f1bp0▼このコメントに返信
ググってみたが一発目からこんなん出てきたぞ?

「インドの識字率が中国よりも遥かに低いのはなぜですか?
経済的な問題だとした場合、戦後どうして中国の方がインドよりも経済力が上になったのですか?

それは大英帝国(現イギリス)が、愚民化政策を行ったからです。
同じようにイギリスの統治を受けたビルマ(現ミャンマー)を例にすると・・・「ビルマ人は5、6歳で仏門に入る風習もあって70%の識字率があったが、(イギリスの植民地化の後は)それが数%にまで落ちた」(ファーニバル「アジア植民地政策」)。

愚民化政策とは。
簡単に言えば、植民地として豊富な資源を安い賃金で働かせ、その国の人々に産業も教育も文化も与えないと言う事で、暴動や革命家が出るのを恐れ、3人以上の立ち話を禁じ、宗教的帰属心を断ち切るためにキリスト教を普及させ、字を読めないままの状態にした訳です。」
392.名無しさん:2018年11月20日 20:09 ID:2rj5f1bp0▼このコメントに返信
GHQは善政を敷いたとはいえないよね。条約違反、国際法違反だらけだよね。ポツダム宣言は連合国側も守る義務があったわけだが、その多くを連合国側は守らなかった。占領下においての新憲法制定も国際法違反だよね 
393.名無しさん:2018年11月20日 21:00 ID:qukmo4p.0▼このコメントに返信
※391
ソースが知恵袋なのはまぁ、いいですが…
せめて統計からのデータや法令を挙げてもらえませんか?
英語でも構いませんので。

そもそも年代も不明確。
私が先に挙げたように植民地政策は年代によって内容がガラリと変わります。

最初は労働者への教育は不要でしたので愚民化政策もありました。
しかし産業が発達するにつれ一般労働者への教育面でのインフラ投資をしないと
利益が上がらないという流れがあるため、年代は重要です。

ちなみに挙げられている著書の著者であるJohn Sydenham Furnivall自身は
在ビルマのイギリス人官吏でビルマ教育普及協会を作った人物です。
394.名無しさん:2018年11月20日 22:26 ID:2rj5f1bp0▼このコメントに返信
※393
全然詳しくないんで、とりあえず広げるためにあててみただけ。
他行っちゃってて時間切れになっちまった スマンねwありがとう
395.名無しさんSign in to your account:2018年11月21日 03:20 ID:NcoThhkU0▼このコメントに返信
腾讯游戏助手_腾讯游戏帮帮 - 4 результата. Поиск Mail.Ru
396.名無しさんSign in to your account:2018年11月21日 03:20 ID:NcoThhkU0▼このコメントに返信
腾讯游戏助手_腾讯游戏帮帮 - 4 результата. Поиск Mail.Ru
397.名無しさん:2018年11月21日 22:59 ID:yuFGwdNW0▼このコメントに返信
互角ではないな
首都が完全に焼け野原になってるしアメリカ本土には何の被害もなかったんだぜ
398.名無しさん:2018年11月22日 19:05 ID:JsIThrb90▼このコメントに返信
ベトナムー中国  北朝鮮ー中国、ソ連  アフガニスタンーソ連  メキシコ麻薬組織   けっこうあちこちの国や組織アメリカ相手にがんばってるよ。
399.名無しさん:2018年11月22日 21:43 ID:lM3OqklR0▼このコメントに返信
>>379
B17 4700機の損失の大半は地獄のドイツ爆撃行でのものですよ?

太平洋の隅っこの戦いでB17をいくばくか墜とした程度で何イキってんのw
400.:2018年11月25日 12:58 ID:kh1lKvlu0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
401.名無しさんVocabgrabber - Make a Vocabulary List from Anything : Vocabulary.com:2018年12月07日 17:51 ID:coXrMa.e0▼このコメントに返信
※327

お名前