2018年11月10日 09:05

日本「秀吉が死んだから撤退した」 韓国「我々の英雄李舜臣が秀吉を撃退した」←どっちが正しいの?

日本「秀吉が死んだから撤退した」 韓国「我々の英雄李舜臣が秀吉を撃退した」←どっちが正しいの?

hideyoshi

引用元:日本「秀吉が死んだから撤退した」、韓国「我々の英雄李舜臣が秀吉を撃退した」 ←どっちが正しいの?
http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1539398983/

2: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 11:51:31.04 0
秀吉は行ってねぇんだから撃退されてねぇべ

6: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 11:55:40.94 0
李舜臣・・・・東郷平八郎が名前を出すまでは朝鮮でも無名の人物
李舜臣・・・・島津軍によって敗死した

150: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 18:48:14.96 0
>>6
敗死したのに韓国では撃退したことになってるのかw
相変わらずおもろい奴ら

9: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 11:59:02.83 0
歴史なんてそれぞれ好きなように受け取っとけや

10: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:00:04.10 0
しかしそれを許さない人たちがいる

15: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:06:34.74 0
日本の戦略目標は明の支配
朝鮮はただの通り道

26: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:14:48.84 0
日本目線なら大きく負ける前に撤退した
朝鮮目線なら日本を消耗させて撃退した
見方の問題さ

32: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:20:08.16 0
>>26
日本を消耗させて撃退させたのは中国目線

27: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:15:32.62 0
どっちも正しいよ
朝鮮出兵は途中から負け続けてたのに秀吉の妙なプライドのせいで退却したくても出来なかったんだから

28: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:16:01.38 0
戦国日本は当時世界一の陸軍大国だからな

36: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:23:35.19 0
覇権は考えて無かった
明(中国)が嫌いなだけ
有史以来ずっと大陸は嫌いだよ

38: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:24:22.35 0
最大限韓国寄りにみてこのひとの功績は制海権を取り切らせなかった事だろうね
これで補給がままならなかった
戦線維持を困難にさせた要因の一つではあると思うわ

41: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:25:33.65 0
戦線維持を困難にさせるのが海軍の仕事だからな
第二時代戦のドイツ軍と米英軍も一緒

42: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:25:50.47 0
目標達成することなく撤退ってそれを敗戦と普通は言うと思うぞ

45: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:27:38.81 0
>>42
明もこの豊臣の朝鮮出兵軍の影響で滅びてるから明も負けたと言える

46: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:29:36.96 0
>>45
豊臣の方が先に滅んでるじゃん

110: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 14:57:41.89 0
>>46
じゃあ痛み分け もしくは盛者必衰

47: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:30:39.64 0
どっちも正しい
別に矛盾してない

49: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:33:06.67 0
仮に秀吉があと10年長生きしてたら
どうなってたのか

50: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:37:15.33 0
体調が良ければ明への侵攻は考えなかったと思う

55: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:49:38.79 0
>>50
土地を取って恩賞として分け与えて大名に恩売って自分が死んだあとに秀頼を助けてもらいたかったんだろうね

52: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:37:58.73 0
秀吉は九州にいただけ

61: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 12:52:28.52 0
その明に一歩も足入れずに撤退って

67: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 13:01:12.21 0
まあもともと明と戦うはずだったんだから

68: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 13:03:27.71 0
てか朝鮮とか最初から相手にしてないしな
あくまで明との戦いやろ

73: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 13:06:54.11 0
秀吉は諸侯を団結させただけで完全に支配したたわけではなかったからな
家光の頃にようやく平定されたと言える

75: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 13:13:16.37 0
朝鮮だの明国だのと戦ってどうせすぐに失う領地を得るよりも
スペインポルトガルみたいに東南アジアに植民地を得た方がよかったのになあ
造船技術とか中途半端なんだよなあ

76: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 13:14:30.15 0
フィリピンに攻めに行って
途中で船が沈んだらえらいこっちゃ

77: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 13:15:27.75 0
大体中国に渡る造船技術もないから
安全な朝鮮から攻めたのに

79: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 13:45:03.25 0
需要がないと技術は伸びないからなあ
鉄砲みたいに真似でかなり伸ばせる有利さもあったのに

83: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 14:08:14.02 0
韓国の歴史は全てファンタジー

92: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 14:29:45.64 0
で、李舜臣は正確には何をした人なの?

93: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 14:30:23.82 0
撤退する日本軍と戦って結局戦死した人

100: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 14:47:03.83 0
李舜臣は補給船ばっかり狙ったんだよな
そりゃあ戦果上がるわ

175: 名無し募集中。。。 2018/10/14(日) 03:52:10.93 0
>>100
第二次大戦でも日米英独は補給船狙いまくってたんだぜ
正しい戦略だよ補給船狙うのは

101: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 14:48:50.78 0
でも補給線を狙うのは戦略としてはちゃんとしてる
遠征軍なんだから命綱

103: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 14:50:44.56 0
というか別に負けてはいない
音頭取ってた人が死んじゃったからやめただけ
戦争目的がなくなった

104: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 14:50:52.73 0
20万規模の軍が上陸したけど補給の分断はできたの?

116: fusianasan 2018/10/13(土) 15:02:30.74 0
>>104
出来ていない。
そもそも局地戦で輸送船を少し沈められたていど。
文録の役は朝鮮が弱すぎて中華国境近くまで占領、内陸部の補給経路が伸びて停滞して停戦。

次の慶長の役では軍船を付けて輸送し、停泊地には大砲を設置し対策されて被害軽微になる。
補給問題無かったが秀吉が死んで終わり。

153: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 19:00:31.00 0
明が衰退してたので取って代わろうとしてた満州族とスペイン
そこに秀吉が割って入ろうとしたって話

162: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 19:19:00.40 0
中国からの援軍に苦戦して秀吉の死をきっかけにして撤退したんだろ

163: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 19:32:03.12 0
明も朝鮮も秀吉軍も全員やりたくない戦さだった
秀吉だけやる気満々だったがくたばりそうな雰囲気だったから
それまではやる気あるフリして戦ってたが
李舜臣だけKYでやる気出したのに弱いから死んだ

164: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 19:47:35.60 0
大体朝鮮の役で秀吉が動員した兵力は小飼いの加藤、小西、福島に島津加えた程度
天下人秀吉の膨大な兵力のほんの一部の些末な兵力だからな
朝鮮征伐は太閤様のお遊びってことで盟友家康は一兵も出さなかったし、北条、上杉、前田、伊達等の有力大名も兵を出さなかった

166: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 20:33:28.71 O
>>164
伊達は出したよ政宗公は幼なじみを病気で失ったり金費やしたりしたせいでお母さんに愚痴ってる

190: 名無し募集中。。。 2018/10/14(日) 12:31:11.16 0
撤退直後にみんな関ヶ原で大暴れしてんじゃん
秀吉が死んだから撤退しただけだ
だいたい泗川の戦いとかで明軍大打撃食らって戦う気無くしてただろ
朝鮮軍は協定破って引き上げる日本軍を攻撃したら返り討ちにあって李舜臣とか戦死しとるしなw

203: 名無し募集中。。。 2018/10/14(日) 14:33:11.80 0
李舜臣→降伏したあと相手が受け入れたのみて攻撃したが逆襲くらって戦死

204: 名無し募集中。。。 2018/10/14(日) 14:58:23.65 0
追撃したら運悪く島津でした

247: 名無し募集中。。。 2018/10/15(月) 12:43:09.01 0
明からしてみれば
加藤清正の一部の軍勢を除いて
鴨緑江の内側に日本軍勢を入れずに
防衛に成功したと言える

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年11月10日 09:08 ID:oyHK2.6k0▼このコメントに返信
なんで 英雄が返り討ちにあって戦死してんだよ
2.名無しさん:2018年11月10日 09:09 ID:ZBhI4ekO0▼このコメントに返信
それより韓国人は韓国が第二次世界大戦の戦勝国だって思ってるってマジ?
3.名無しさん:2018年11月10日 09:12 ID:oyHK2.6k0▼このコメントに返信
※2
マジです。
4.名無しさん:2018年11月10日 09:13 ID:.XFFRqXg0▼このコメントに返信
※1
英雄が悲劇の戦死を遂げるのは珍しくない。その悲劇性も含めて英雄視される場合も多い。
5.名無しさん:2018年11月10日 09:14 ID:vxTGx.ja0▼このコメントに返信
どう考えても秀吉の死
による政治的撤退 秀吉しか
明征服ビジョンが無かった

そもそも最後に休戦撤退破り追撃しようとした
でイ・スンジンが明水軍の副将ごと撃退されて
死んでんのも
明も朝鮮軍もろくに勝てなかったかせいだし
6.名無しさん:2018年11月10日 09:14 ID:2Wop0J4b0▼このコメントに返信
学校で嘘八百教えてた亀甲船ってなんだったんだろうw
7.名無しさん:2018年11月10日 09:16 ID:vxTGx.ja0▼このコメントに返信
※6
文章的にどう読んでも
小型の突撃艇なんだけど

戦後の韓国ナショナリズムで世界初の
装甲船とか設定盛られまくって今の現状
8.名無しさん:2018年11月10日 09:16 ID:noHmjoqz0▼このコメントに返信
米1
そりゃ日本と朝鮮で英雄の定義がちがうからよ
朝鮮での英雄って卑怯者でもテロリストでもとりあえず日本に対して攻撃を加えた者を英雄と呼んでるからな
普通の意味での英雄がほぼいない国なのでそういうのを「英雄」にするしかないんよ
9.名無しさん:2018年11月10日 09:16 ID:IBOGMbaU0▼このコメントに返信
前進撤退で蹴散らされたのか?
10.名無しさん:2018年11月10日 09:17 ID:oyHK2.6k0▼このコメントに返信
※4
こんなのを英雄にしてる方が悲劇だよ!
11.名無しさん:2018年11月10日 09:17 ID:XNlL4Ecf0▼このコメントに返信
講和後の秀吉軍撤退戦で、無意味な追撃してタヒななければ名将だったんじゃないかな。
地の利、海の利ない遠征した秀吉軍の補給線を狙ったんだし。
12.名無しさん:2018年11月10日 09:17 ID:oyHK2.6k0▼このコメントに返信
※8
納得したわ、ありがとう
13.名無しさん:2018年11月10日 09:18 ID:P5T.EqiP0▼このコメントに返信
韓国人にとっては韓国の歴史が正しい。
日本人にとっては日本の歴史が正しい。
日本には当時の文献も残っているが韓国はどうなんだろうな。
何にせよ「どっちが正しい」というのは無意味。
お互いの歴史が間違っているとは思っていないのだから。
14.名無しさん:2018年11月10日 09:18 ID:4TmYcN1o0▼このコメントに返信
広義の意味では撃退と言って良いのでは。
15.名無しさん:2018年11月10日 09:19 ID:IkQEFo4G0▼このコメントに返信
仮に撃退したとしても、命令をする秀吉が第3、第4の総攻撃をかけろと言えば戦いは続く。その、命令を出すトップがいなくなったので戦は終わっただけに過ぎない。
16.名無しさん:2018年11月10日 09:20 ID:eWZ.BeF70▼このコメントに返信
第一次と二次で訳が違うでしょうが
天然の焦土戦術+進行速度早すぎで補給に過大な負担が掛かって撤退したのが前半
後半は堅実に攻めあがってたけど、そもそもやる気ないので秀吉死んだらさっさと撤退
17.名無しさん:2018年11月10日 09:20 ID:dzbL9.mH0▼このコメントに返信
正解は第3の選択肢
「明軍が本格参戦したから物量戦に負けて撤退」だぞ
18.名無しさん:2018年11月10日 09:21 ID:RSM7ERzQ0▼このコメントに返信
有史以来朝鮮人が正しかった事なんて無いだろうよ
19.名無しさん:2018年11月10日 09:21 ID:pjY1OQmL0▼このコメントに返信
李舜臣が大局に影響を及ぼしたわけでもないのに救国の英雄みたいな扱いになってるの不思議だよな
結局返り討ちにあって死んだし
20.名無しさん:2018年11月10日 09:21 ID:Jfu1EwP10▼このコメントに返信
撤退中の輸送船を襲って調子に乗ってたら島津に返り討ちにされたアホだろ
今と何ら変わらない
21.名無しさん:2018年11月10日 09:21 ID:08C6Nrxv0▼このコメントに返信
秀吉が死んだから撤退しただけ。明も侍の強さに驚いている記述が残っている
22.名無しさん:2018年11月10日 09:23 ID:.VoC2J1S0▼このコメントに返信
さすがにクソスレ過ぎるだろ
もうちょっと建設的で好奇心を満たせるようなネタないのか
23.名無しさん:2018年11月10日 09:23 ID:IkQEFo4G0▼このコメントに返信
私はウマルです。韓国人です。英雄です。
24.名無しさん:2018年11月10日 09:23 ID:9rBkMc1.0▼このコメントに返信
>我々の英雄李舜臣が秀吉を撃退した

秀吉は前線に出てすらいない 朝鮮半島に上陸すらしていないのに?
ところで 日本の名だたる将の誰かが斃されたことあったんだっけ?
しかし 確かちゃんと約束してから撤退したはずなのにねぇ?
何百年経ってもおまエラの本質は変わらないんだな
25.名無しさん:2018年11月10日 09:23 ID:XlkzzFR50▼このコメントに返信
追撃したら相手島津ってリアルなら泣きそうな状況やな。
26.通りすがりの名無しさん:2018年11月10日 09:25 ID:U5rynSJs0▼このコメントに返信
秀吉の出兵先は明国。朝鮮国は案内役にしてたがトチ狂った朝鮮が明軍と一緒(明の配下として編入された。当然指揮や軍議に参加する事は出来ない)に戦う事になった。

秀吉軍は朝鮮半島で橋頭堡を築き明への足掛かりにするつもりだった。しかし予想外だったのが朝鮮半島内での物資不足。兵糧や飼葉もあらゆる物資が朝鮮半島内で調達出来なかった。それくらい貧しい国だった。故に必要な物資を日本から運ぶ事になった。

明国・朝鮮連合軍は数は多いが同数だと負けるほど弱かった。各地で敗走・潰走。日本は武士や足軽など戦争経験者に対し、明・朝鮮連合軍の大半は農民など一般人。

よって前半、日本軍が破竹の勢いで戦果を拡大するに従い補給が間に合わず(現地調達がまともに出来ず日本からの補給便り)後半では物資欠乏で動きが取れなくなる。

『朝鮮半島』と言う場所が秀吉軍を疲弊させたと言っても過言では無い(笑)
後に明国も疲弊して北方から来た集団にやられて、清国が誕生する。
27.名無しさん:2018年11月10日 09:26 ID:Bgbsrctq0▼このコメントに返信
明を侵略しようとしたのに玄関にも入れず朝鮮でgdgdシてたから撤退
戦闘に負けたわけじゃないけど戦争には負けた
28.名無しさん:2018年11月10日 09:26 ID:dzbL9.mH0▼このコメントに返信
※7
亀甲船って中国の海戦でよくある快速艇に衝角(ラム)つけて
船底に穴開ける船(名前なんだけ)の衝角がないやつにソックリなんだけど
衝角ない時点で援護もされない横からただ火矢撃つしかない欠陥だらけの船なんだけど
よく自慢出来るよな
29.名無しさん:2018年11月10日 09:27 ID:tpOxR.eA0▼このコメントに返信
海外遠征のノウハウも無かったよね
清正とか自由過ぎるw
30.名無しさん:2018年11月10日 09:28 ID:T2f0sqC.0▼このコメントに返信
明とガチで戦って負けた
李さんも隅っこの方でそこそこ頑張ってたみたいだけど
大勢には影響なかった
31.名無しさん:2018年11月10日 09:29 ID:uP07FBVR0▼このコメントに返信
結局明征服出来ずおめおめ引き下がった点で元寇の元と変わらないよね
32.名無しさん:2018年11月10日 09:29 ID:g5PmNVio0▼このコメントに返信
停戦が成立したのは明国との間だけで朝鮮と日本との間には何もないから追撃しても問題ないだろ
33.名無しさん:2018年11月10日 09:29 ID:SguFbV6L0▼このコメントに返信
鴨緑江を渡った加藤清正が右に回って虎退治に行ったおかげで
日本は救われた。
もし、左に曲がって明に攻め込んだら明は滅亡したかもしれんが、
その後は、日本がシナ大陸を併合したつもりになっても、日本列島は
シナの一部になってしまう。そう、今の満洲みたいに。
満洲と言って分からなければ中国東北地区な。
満洲族(建州女直)の後金改め大清国がシナを植民地にするまでは、
シナの王朝が満洲を支配したことはない。
34.名無しさん:2018年11月10日 09:30 ID:zaApnwOH0▼このコメントに返信
文録の役は加藤清正が奥地まで行ったけど、小西らの反戦派が進軍しなかった。
反戦派は資金調達で四苦八苦してたからこれ以上遠征したくなくって、偽講和書類作って明と講和した。
戦争したくなかったから事前の朝鮮との交渉も偽造して朝鮮は日本に従うと秀吉には伝わっていた。
朝鮮には渡れるから海戦の得意な有力大名には陸戦しかさせず、水軍をもっていかなかった。
次の慶長の役は、講和時の偽造で南側を日本領と認めてもらうことになってたから南を既得権益として確保して
北進しなかった。
35.名無しさん:2018年11月10日 09:30 ID:1bLfdAfH0▼このコメントに返信
朝鮮出兵の目的は「秀吉が大陸の新たな皇帝になる」って事だしな
その皇帝候補の秀吉自身が逝っちまったら戦う理由が無くなっちまう
36.名無しさん:2018年11月10日 09:30 ID:oTXnZzQB0▼このコメントに返信
負けたというなら明に負けたのだが。
37.通りすがりの名無しさん:2018年11月10日 09:30 ID:U5rynSJs0▼このコメントに返信
※6
世界に名立たる韓国造船業界が資料を基に数隻復元するも動かす事が出来ない船が出来上がった。
今で言う『オーパーツ船』。復元不能らしい(笑)
38.名無しさん:2018年11月10日 09:30 ID:XK2YBe260▼このコメントに返信
正面から当たらず補給船を狙い続け敵の兵站に打撃を与え続けて占領を回避させた
って書くとすごい優秀な軍略家に見えるんだけど、その後に
撤退していく敵に対して追撃戦を仕掛けるも返り討ちにあって戦死、って続くから
敵勢力に対し正面から敵対する武力も度胸も無いため非武装同然の輸送船のみを襲い続け、撤退し背を向けた相手に襲い掛かるもあえなく返り討ちにあうチキンで脆弱な海賊風情
という評価に成り下がってしまう
39.名無しさん:2018年11月10日 09:31 ID:dzbL9.mH0▼このコメントに返信
※12
伊藤を殺した第一級の英雄
天皇を爆殺未遂した第二級の英雄
靖国神社で建物の一角をそれなりに破損させ
煙を出し火が出るくらいの「爆発音」をさせ
不発だったモノの釘や鉄くずを仕込んだ危険物を仕掛けていた第三級の英雄

ほかにもいろいろな英雄(国際的にはただのテロリスト)がいるよ!
40.名無しさん:2018年11月10日 09:31 ID:kvT3yXPc0▼このコメントに返信
もちろん日本が正しい!!
チ.ョ.ン.の歴史は全て捏造だからチ.ョ.ン.は1000000%間違っとる!!!
41.名無しさん:2018年11月10日 09:32 ID:dzbL9.mH0▼このコメントに返信
※20
島津をして「誰が殺したのか分からない」程度の戦功だぞw
仮にも総大将なのにだぞw
42.名無しさん:2018年11月10日 09:33 ID:OOvWS4Az0▼このコメントに返信
スレタイは減点対象になるかもしれんが間違ってはいない
日本でも神風が吹いて元を撃退したと言われていたし
43.名無しさん:2018年11月10日 09:34 ID:Rgp9lGcs0▼このコメントに返信
伊達政宗は領地が朝鮮から遠いんで早く引き揚げられたが
この時ほど領地が東の外れで良かったと思ったことはないと書いてる
44.名無しさん:2018年11月10日 09:35 ID:gCKWrqQC0▼このコメントに返信
>6: 名無し募集中。。。 2018/10/13(土) 11:55:40.94 0
 李舜臣・・・・東郷平八郎が名前を出すまでは朝鮮でも無名の人物
―――――――――――――――――――――――――――――
おいおい、そもそも東郷が李舜臣の名前を出した訳じゃねーぞw
併合時代に朝鮮人を鼓舞するために日本が掘り出した
実体のない英雄と言う意味では合ってるがねw

むしろ後年になってから朝鮮人が李舜臣を英雄化する為に、
東郷の軍神(神社持ちだからね)としての威光を利用して
李舜臣に箔を付けようとして嘘を吐いただけだぞw
「東郷は李舜臣を尊敬していたニダ!」ってな、大笑いよ

そういう意味では『李舜臣の本質は日帝残滓』と言っても良いわなぁ
45.名無しさん:2018年11月10日 09:36 ID:g5PmNVio0▼このコメントに返信
※26
>朝鮮国は案内役にしてたがトチ狂った朝鮮が明軍と一緒(明の配下として編入された

流石にある日突然 「明国と戦争するぞ!案内役勤めろや」って要求する日本の方がトチ狂ってるわ
46.名無しさん:2018年11月10日 09:37 ID:qIuCoLty0▼このコメントに返信
秀吉も本気で征服考えていたわけではなくて
そばにおいとくと反乱起こしそうな臣下の排斥の積もりだった
大大名クラスは従わなかったみたいだけど
47.名無しさん:2018年11月10日 09:38 ID:Wsi774ug0▼このコメントに返信
侵攻ってのは完膚なきまでに叩かないと、相手は怯んだと見なされるんや。
その点、薩摩は偉かったな。
48.名無しさん:2018年11月10日 09:39 ID:RJhKKmM00▼このコメントに返信
秀吉が死んだら内戦勃発の可能性が高いから、帰るしかないわな
49.名無しさん:2018年11月10日 09:39 ID:dzbL9.mH0▼このコメントに返信
※34
そりゃ商人上がりの小西や貿易の窓口の宗はガチ戦争なんてされたら困るし
そもそも遠征に反対の三成や奉行の意図も多分にあったろう
対外戦争で喜んでたのはほとんど無傷でいられた家康だけ
西日本の豊臣恩顧武将ほど人的金銭的に疲弊するという最悪手
50.通りすがりの名無しさん:2018年11月10日 09:41 ID:U5rynSJs0▼このコメントに返信
※31
赤字状態なのにこれ以上やる価値が無いから撤退した。
元みたく2度も3度もやったら流石に危ない。

>朝鮮と日本との間には何もないから追撃しても問題ないだろ
 だから追撃してきた朝鮮軍を撃退しても問題は無い。但し朝鮮軍は明国の配下になっていたので場合によっては条約破りで明国と再戦してた可能性も。
51.名無しさん:2018年11月10日 09:41 ID:qb2LJ3ak0▼このコメントに返信
※11
>無意味な追撃してタヒななければ名将だったんじゃないかな。

無意味な追撃してタヒななければ、名を残せてないよ
武将はこの人の他にもいたはずだけど、知ってる人いる?
52.名無しさん:2018年11月10日 09:41 ID:oTXnZzQB0▼このコメントに返信
暗殺者と卑怯な将軍しか英雄がいない。
53.名無しさん:2018年11月10日 09:42 ID:4LHa8HKx0▼このコメントに返信
大ヒットした捏造映画の日本側ライバル、
来島通総、藤堂高虎、脇坂安治
半万年の誇らしい歴史から、トップクラスの大英雄(しかも功績捏造)のライバルが、
日本じゃ戦国マニアしか知らないマイナー武将ばっか
半万年かけて一つの栄華も無かったから、捏造・歪曲するしかない哀しいミンジョクなのさ
54.名無しさん:2018年11月10日 09:43 ID:G3qBAcaB0▼このコメントに返信
日帝統治になってから英雄の居ない朝鮮に,国策で英雄造りのため東郷平八郎が李舜臣の話をしたとされる(と言う説).
その後 長い間,殆ど話題にならなかったが,それまで国賊だった李舜臣を朝鮮ファンタジーで英雄に祭り上げ,1969年に朴正煕軍事政権が抗日の象徴として李舜臣の銅像が第一号として建てられ,その後2000年代以降にソウルの目抜き通りをはじめ各観光地に数多くの銅像が建てられた.2014年には銅像の刀が日本刀だと騒ぎ出して韓国各地でクレームがつき,撤去や破壊騒ぎとなったと言うから,相変わらず何事にもドタバタ内紛劇ばかり.
55.名無しさん:2018年11月10日 09:43 ID:zTvw.JTV0▼このコメントに返信
韓国の国是は反日

建国を1919年の臨時政府設立時に求めているんだが、大韓民国臨時政府は、そもそも支那にその本部が置かれた反日テロ組織に過ぎなかったというのが史実である
それ故に、その当時、国際社会においてその臨時政府の存在は、認知されていなかった
サンフランシスコ講和条約(1951年)に韓国政府が参加を要請し、連合国からこれを拒否された一件から考えても、臨時政府の主張に無理があることは分かりそうなものだ

韓国の憲法前文で、「三・一運動により建立された大韓民国臨時政府の法統及び、不義に抗拒した四・一九民主理念を継承し」と高らかに大韓民国臨時政府の精神を受け継ぐと謳い上げている
大韓民国臨時政府の理念は「革命的手段をもって日本の侵略勢力を撲滅」ということを高らかに宣言しているのだから、反日を国是としている事が分かる
更に、4.19民主理念というのは、四月革命(1960年3月)の事を指し、学生が腐敗した政治に対してデモを行い暴動に発展して鎮圧された話である
つまりここでも革命的手段が推奨されているのである
56.名無しさん:2018年11月10日 09:44 ID:dzbL9.mH0▼このコメントに返信
※53
なぜか脇坂程度が侵略軍トップの総大将でラスボスとかいう
意味不明なことになってるアレか(見る気すらない)
57.名無しさん:2018年11月10日 09:44 ID:qb2LJ3ak0▼このコメントに返信
※32
朝鮮戦争の李承晩かってのww
58.名無しさん:2018年11月10日 09:44 ID:s13w8nqD0▼このコメントに返信
李舜臣をWikipediaで調べてみると、日本軍を撃退した主役にはとても見えないんだけどな
59.名無しさん:2018年11月10日 09:46 ID:r1hJXg2l0▼このコメントに返信
途中からは負けてたんじゃ無くて攻勢を受け続けていた、が正しい
まぁ戦略的には短期的打開策の無い消極的な安全策なので侵攻側がとる行動じゃないってのはあるが
60.名無しさん:2018年11月10日 09:47 ID:s3y1.Eo80▼このコメントに返信
元寇とはまた違うんじゃないの?
元寇は上陸戦すらままならなかったし、朝鮮出兵は朝鮮中部~北部まで日本に切り取られてるし
まあ明が日本軍を明国境まで瀬戸際で食い止めたって言うのは正しいが
61.名無しさん:2018年11月10日 09:47 ID:hotHdSTy0▼このコメントに返信
韓国の言うことを信じるものをカモという。
二度信じるものをカモネギという。
62.通りすがりの名無しさん:2018年11月10日 09:48 ID:U5rynSJs0▼このコメントに返信
※45
>要求する日本の方がトチ狂ってるわ
 まあ確かに(笑)。しかも日本より朝鮮国の方が中華圏に近い故日本を『倭国』と称してた。言われたらカチンと来るだろうね。

李舜臣アゲアゲが笑える。
ttps://sengokumiman.com/risyunshin.html
ttps://www.y-history.net/appendix/wh0801-113.html
授業と学習のヒントとかってウソ教えたらいかんよwwwww

63.名無しさん:2018年11月10日 09:49 ID:r78z.2MF0▼このコメントに返信
※4
併合されるまでその存在を知られず、墓もなかった人なのにねw
64.名無しさん:2018年11月10日 09:49 ID:GhhH58YO0▼このコメントに返信
卑怯にも後ろから攻撃を仕掛けて返り討ちにあう糞雑魚が英雄って・・・
しかもチョ.ンらしく流れ弾に当たって戦死とかどれだけダサいんだか。
65.名無しさん:2018年11月10日 09:50 ID:Ko8jZg6T0▼このコメントに返信
どっちかというと、飢えた軍人が必死で補給線から食料を奪おうとしたのが日本の読み違え。
補給線を、飢えた民衆が襲ってくるし、補給船ばかり狙ってくる。
最初は、日本を歓迎していた民衆も、補給線を狙えば、食料が手に入るで、襲うようになった。
日本側が補給線確保する役目を割り振りたくても、各藩の大将がそんな端役はやらん。
66.名無しさん:2018年11月10日 09:50 ID:vnPZNBZm0▼このコメントに返信
イスンシンなんて大した活躍してないぞ。
大勢にほとんど影響しない局地戦に参戦して、その局地戦では戦死した日本人大名が出た。これは朝鮮出兵で死亡した唯一の大名。
事実はそれだけ。
67.名無しさん:2018年11月10日 09:53 ID:dOUexcUM0▼このコメントに返信
撤退したから日本の敗けだが勝者は明だろ?朝鮮は明の中に組み込まれてたし朝鮮の勝ちとは言わない。
68.名無しさん:2018年11月10日 09:53 ID:lWix2n210▼このコメントに返信
掘り下げて盛り上げる話でもないだろ
69.名無しさん:2018年11月10日 09:54 ID:r1hJXg2l0▼このコメントに返信
>>41
露梁海戦において主力は明水軍だから李舜臣は総大将じゃ無いぞ?
朝鮮水軍は1年半ほど前に大敗して主力艦10数隻程度にまで減らされてたからどこまで復活出来てるか怪しい
せいぜいが一部将
70.名無しさん:2018年11月10日 09:54 ID:G6MJ.sTC0▼このコメントに返信
輸送船など丸腰の相手には強い朝鮮人ってだけだろ

それと補給線云々って言ってる馬鹿がいるけど、あの馬鹿将軍は実際には殆ど戦果あげてねーつの

李舜臣が長く無名だったのは当然の話

例の統合元帥の話も全く根拠なく、知り合いの朝鮮人が聞いたって事だけだろ

嘘ばかりつく朝鮮人の民族性見てれば、あの話に信憑性はない
71.名無しさん:2018年11月10日 09:55 ID:oyHK2.6k0▼このコメントに返信
>>25
想像したら泣けた
72.名無しさん:2018年11月10日 09:55 ID:AW4AvMHt0▼このコメントに返信
負けてるから英雄が必要になるんだしなぁ
73.名無しさん:2018年11月10日 09:56 ID:s2Gc1EZm0▼このコメントに返信
朝鮮の言うことは全部嘘だと思っておけば
大体合ってる
74.名無しさん:2018年11月10日 09:57 ID:9QNsuiQs0▼このコメントに返信
俺が習ったときは朝鮮出兵だったけど、息子の塾の教科書では朝鮮侵略になってた。
目的が侵略だからしゃーないけど。
75.名無しさん:2018年11月10日 09:58 ID:s3y1.Eo80▼このコメントに返信
まあこの話で一番面白いのは、朝鮮人が李舜臣をどんだけ自慢しても
李舜臣を倒した鬼島津には敵わないと言うオチがつくんだよな
76.名無しさん:2018年11月10日 09:58 ID:Jfu1EwP10▼このコメントに返信
※74
朝鮮は通り道定期
77.名無しさん:2018年11月10日 10:00 ID:T2f0sqC.0▼このコメントに返信
そもそも文永の役の前半に日本側の水軍が舐めプしてた隙を突いてそこそこ活躍しただけの人だ
日本側が本気出して対策打ってからは連戦連敗
その程度で英雄扱いとか、本気で人材いないんだなとしか思えない
二万で首都占領まで行った小西行長の方がよっぽど英雄だ
78.名無しさん:2018年11月10日 10:00 ID:0Him75T60▼このコメントに返信
少なくとも朝鮮人の祖先であるなら撃退は無理
79.名無しさん:2018年11月10日 10:00 ID:Mo3sanOc0▼このコメントに返信
そもそも只の通り道
朝鮮目線の名称がおかしい
明出兵おまけ朝鮮
80.名無しさん:2018年11月10日 10:02 ID:LYpxn3TK0▼このコメントに返信
>東郷平八郎が名前を出すまでは朝鮮でも
東郷が言ったって話自体朝鮮人が言ってるだけでソースの無い話
81.名無しさん:2018年11月10日 10:02 ID:TndUIT9Z0▼このコメントに返信
※74
唐入りが最大の目的で朝鮮は通り道兼橋頭保作り
朝鮮自体が土地の痩せこけた不毛の地で現地入りした大名たちのやる気が軒並みなくなったってのも敗因
ただ、朝鮮自体が不毛の地なのは朝鮮の両班制度という悪習と不毛の地であることによって中国に目を付
けられないよういするという戦略でもあった
82.名無しさん:2018年11月10日 10:03 ID:c8XPKyJt0▼このコメントに返信
※36
「倭亂朝鮮七載,喪師數十萬,糜餉數百萬,中朝與屬國迄無勝算,至關白死而禍始息」

これはシナの正史である明史日本伝の記述。
内容は
“朝鮮で7年間戦い、数十万の兵を失い、数百万の戦費を使ったが、明朝鮮ともに勝利の見込みはなかった。しかし関白(秀吉)が死んだので何とか戦争を終わらせることができた”
というもの。
明自身が勝てなかったと認めてるんだよ。
83.名無しさん:2018年11月10日 10:05 ID:dnCgLAFB0▼このコメントに返信
停戦協定結んで帰還しようとしてた島津の背後から協定を破って奇襲かけたのに逆に返り討ちくらって戦死した情けない武将
実戦でも大した戦果は挙げてなくて、でも何故か英雄扱い
韓国で歴史上の英雄というとここら辺まで遡らないといないという、韓国人ですらつい最近まで知られてなかった存在
84.名無しさん:2018年11月10日 10:06 ID:OJ0AU3WE0▼このコメントに返信
局所的敗北程度で大軍勢は撤退したりしないから、秀吉の死で撤退することになった方が自然
85.名無しさん:2018年11月10日 10:06 ID:WvZ4MMd00▼このコメントに返信
朝鮮民族の徳技は昔から国際協定破りなのは勉強になった
86.名無しさん:2018年11月10日 10:06 ID:lyfIl6lZ0▼このコメントに返信
>>21
侍のあまりの強さを報告してるね。
島津撤退戦なんか明軍十数万で島津6千を追撃したのに部隊長以上の島津側戦死者無しとか。

だからこの戦のあと、刀を模した明刀に主力武器を変更してる。明刀は清にも引き継がれた。
日本刀の弱点、耐久性を補ったらしい。
日本刀に比べて明らかに肉厚なフォルムだった。

南京記念館で掲示とネットに上がってた「日本軍兵士による斬首」関連の写真は全部この明刀。あれは兵士の着てる軍服も変なのしか無かったけど。
87.名無しさん:2018年11月10日 10:07 ID:WzSSYZM30▼このコメントに返信
たぶん李舜臣は小西島津勢の撤退途上、先陣をきって追撃しようとしたら鉄砲狙撃されたんだろ
島津勢は調子に乗って追撃してくる大将を死ぬ覚悟の鉄砲勢が狙撃するって戦法をよくとってたみたい
関ケ原で井伊直政がやられて本多忠勝も死ぬところだったのに似た状況
ただ関ヶ原だと島津勢は全滅に近い状況になった戦法でもあるようなんで、この海戦で小西島津勢もそこそこ被害はあったとは思うが撤退が目的なんで小西島津勢の勝ちではあると思う
88.名無しさん:2018年11月10日 10:07 ID:G6MJ.sTC0▼このコメントに返信
>>13

それはちょっと違くね?

確かに細部に渡る部分はそれでもええやろけど…

朝鮮の歴史とやらは酷すぎやって…あれは歴史じゃなく、ただのファンタジーやん

あんなモノを教育して洗脳してるから、愚民だらけになり、国があんな状態になるわけでさ



89.名無しさん:2018年11月10日 10:08 ID:5A11tltf0▼このコメントに返信
補給線に苦しんで撤退したというが、秀吉軍は太平洋戦争の日本軍とは
比較にならないほど補給を重視した軍だった。
戦争前に動員した船や食料も相当なものだったが、問題は朝鮮半島にまともな港湾も道路も整備されていなかった事。
ここで現地の日本軍の中で意見が分かれる。
朝鮮半島に補給線なんか作っても維持できないから、早く目的の明まで進攻しようという加藤清正と
着実に南から占領して補給を固めてから攻め上がろうという小早川隆景。
正直、どちらも正解であるから結論は出ない。
本来はトップである秀吉が現地の状況を判断して決定しなければならなかったこと。
90.名無しさん:2018年11月10日 10:09 ID:WFx6bTQo0▼このコメントに返信
豊臣秀吉 病没、
総撤退時に背後から鬼の島津に襲いかかって見事返り討ちにされた、
雑魚が何だって?
91.名無しさん:2018年11月10日 10:10 ID:tpOxR.eA0▼このコメントに返信
秀吉子飼いも行ってるし実績与えたかったのでは?って気もするな
92.名無しさん:2018年11月10日 10:10 ID:r3iWnCwk0▼このコメントに返信
※32
日本から見れば、明が総指揮を採ってるように見えるんだから、明と停戦すれば問題ないと思ったし、明も朝鮮軍を旗下の一部隊だと扱ってたし。朝鮮としては問題無いかもしれないが、当事者2国にしてみれば停戦破りだから。
93.名無しさん:2018年11月10日 10:10 ID:wijTKYgf0▼このコメントに返信
東郷平八郎が李舜臣を尊敬する提督だとか言ってたという元ネタは司馬遼太郎じゃなかったか?

併合時代に日本側が李舜臣を掘り起こして歴史で教えてたのは事実だがあまり定着せずに
戦後になって司馬が東郷絡めて言及した創作ネタが韓国で受けてそこから盛り上がったはず
94.名無しさん:2018年11月10日 10:10 ID:d.614UXa0▼このコメントに返信
言わずもがな。
日本が正しい。
韓国に歴史はない。あるのは妄想。
95.名無しさん:2018年11月10日 10:11 ID:AHSC2Dsk0▼このコメントに返信
輸送隊襲ってぼちぼち戦果上げてたので満足すればいいのに、どうせ帰っていく軍に無意味な戦い仕掛けてご主人様巻き添えに死んだ人だよな?
96.名無しさん:2018年11月10日 10:11 ID:P36WfZat0▼このコメントに返信
朝鮮出兵は日本vs明の戦争だし。
朝鮮は戦場になっただけ。

日本は唐入り出来なかったから「負け」
明は自国領土内を守ったから「勝ち」

朝鮮?補給艦何隻か沈めただけで戦局に影響なし。
97.名無しさん:2018年11月10日 10:12 ID:Avbcsq.s0▼このコメントに返信
文禄の役終了後の派閥争いで一兵卒に降格させたのに
慶長の役でやばくなったら泣きついて復権させる
いかにも朝鮮人らしい
98.名無しさん:2018年11月10日 10:12 ID:d.614UXa0▼このコメントに返信
何しろ韓国人は幻想の「日韓戦争」があって、それに勝利して独立したと思っているからな。
99.名無しさん:2018年11月10日 10:12 ID:WzSSYZM30▼このコメントに返信
いきなり明まで行って補給が続くわけないよね
そもそも北朝鮮から北京までずっと厳しい土地なわけだし
清正はそのまま満州に深入りしてたら全滅したかもしれないがさすがにそんなことはしなかった
100.名無しさん:2018年11月10日 10:12 ID:EkpEGQu.0▼このコメントに返信
李なんたらって海軍やろ
海上撃退失敗したから上陸されたのに
そして上陸後の補給路寸断も出来なかった
そもそも朝鮮側に記録ちゃんと残ってたの?
101.名無しさん:2018年11月10日 10:12 ID:LHNwUjiu0▼このコメントに返信
一瞬で敗北して、みすぼらしい格好していたから指揮官と思われず日本兵に海に捨てられて溺死した奴が韓国の英雄李舜臣やん。
日本兵が敗残朝鮮軍の指揮官を探したけど、捕虜が「先ほど海に落とされて溺死した奴が英雄李舜臣です」と証言している。
102.名無しさん:2018年11月10日 10:13 ID:Z36rR5aO0▼このコメントに返信
・秀吉の死
・朝鮮という地のあまりの無価値さ
・そのためかけるコスト・補給が全くの無駄
・勝っても恩賞に与える土地が無い
・明軍の抵抗が面倒
これらが理由

朝鮮軍? まともに戦ったの?
103.名無しさん:2018年11月10日 10:14 ID:b1fTvomS0▼このコメントに返信
誰がどう見たって明の助けが無ければ朝鮮はとっくに滅んでた
104.名無しさん:2018年11月10日 10:15 ID:LR2ph1fm0▼このコメントに返信
あの国の伝説が日本人の記憶・架空ファンタジーから始まってるのが問題。
105.名無しさん:2018年11月10日 10:15 ID:5A11tltf0▼このコメントに返信
※92
虎の威を借りて尊大に振る舞うくせに、しばしばご主人様の意向を無視して
勝手に暴走するのは、太平洋戦争・朝鮮戦争・ベトナム戦争を通じてまったく変わってないよな。
現代まで南北そろって進歩してないと言える。
106.名無しさん:2018年11月10日 10:17 ID:WzSSYZM30▼このコメントに返信
みすぼらしい恰好をしてたのは合理的だろう
鉄砲や弓矢の的にならないため
だけど当たってしまったようだな
107.名無しさん:2018年11月10日 10:17 ID:5.GaGtAe0▼このコメントに返信
*38
いや補給線切れてないのよ。多島海だから地元水軍が強いのはそうなんだけど。
朝鮮半島に日本が置いた拠点は、港湾と要塞が一体で形成されてて、明や朝鮮の水軍は手出しできなかった。
薩摩が籠城戦で飢え死にしかけてるけど、アレ建設中の城を包囲されたからだし。
108.名無しさん:2018年11月10日 10:19 ID:gqGpc.li0▼このコメントに返信
当時の朝鮮にはまともな兵力がないから日本と明の間の戦争だった。戦闘では日本の連戦連勝だった。日本軍には火縄銃兵が
かなりの割合で含まれるが明軍には刀槍兵しかいないから。戦国時代の日本の戦争は食料は現地調達だった。当時の
朝鮮半島北部と満州は定住農業ができないくらい寒冷だった。だから朝鮮半島北部から先は兵站が続かず進撃できなかった。
兵士の数をずっと減らし南京を攻める(数十名規模の海賊が南京を攻略した前例がある。)、とか天津に直接上陸するとか
すれば勝った可能性は高い。
109.名無しさん:2018年11月10日 10:19 ID:lbb0x.nR0▼このコメントに返信
亀甲船は最強! と論じるあまり、中世での文明間のIF戦争をテーマにした外国のネトゲに突撃しまくって、オーバーテクノロジーまがいの最強軍船に能力値変更させ大いに顰蹙買ったって話なら聞いたことはある。
110.名無しさん:2018年11月10日 10:20 ID:rw2NG.D80▼このコメントに返信
実際、亀甲船って4隻作られたこと、周りに鉄板を貼って防弾性能を上げた船であることは分かってんだよ
後世が名前からでっちあげた図に踊らされてるだけ
ちなみに4隻しか作られなかったのは、効果が無かったりバランス悪くなったりと意味がなかったのだろうと言われている
韓国以外では
111.名無しさん:2018年11月10日 10:20 ID:SWXX8IZG0▼このコメントに返信
>第二次大戦でも日米英独は補給船狙いまくってたんだぜ
正しい戦略だよ補給船狙うのは


なお李のは相手が悪かったもよう
112.名無しさん:2018年11月10日 10:23 ID:9JKulSNK0▼このコメントに返信
千ョンが未だかつて本当のことを言った試しがあるのだろうか
113.名無しさん:2018年11月10日 10:23 ID:5A11tltf0▼このコメントに返信
※107
日本の海上輸送はほぼ問題なかっただろうね。
問題は港湾から前線の軍へ補給する術が陸路しかなかったこと。
当時の朝鮮半島はまともな道路がなく、現地で馬や人員を確保することも困難だった。
114.名無しさん:2018年11月10日 10:23 ID:uPKP6T4F0▼このコメントに返信
日本の戦略目的 明の征服
朝鮮の戦略目的 国土防衛

と見た場合、秀吉の死という要因が大きかったとはいえ、日本は戦争目的を達成できなかった。
朝鮮は、日本軍に反抗を加えるもまともに時間稼ぎも出来ず、また首都も1ヵ月も経たずに陥落していたり、明の援軍で何とか盛り返すことが出来たが、何とか戦争目的は達成することが出来た。
ただ、国土をいいように蹂躙され、首都さえも1月持たずに陥落しているのに勝利と言えるのかどうか?

李舜臣・・・日本の補給線にゲリラ的に挑み圧力をかけていた部分は評価できる。
ただし、戦争全体には何ら寄与していない。事実として日本軍の補給は撤退まで破綻していなかった。
破綻させていたら大したものだと思うのだけれどねw
115.名無しさん:2018年11月10日 10:24 ID:lbb0x.nR0▼このコメントに返信
なんかここの話を見てると、朝鮮半島が肥沃な土地で、現地調達主体の補給が続いてたら明まで攻め込めたんじゃね? とは思ってしまう。
116.名無しさん:2018年11月10日 10:26 ID:LGrIrgwJ0▼このコメントに返信
そもそも、秀吉が何故大陸に諸大名を向かわせて自らや有能な徳川は籠って子供が産まれるとか言う意味わからん理由で援軍すら送らなかったかや、刀狩りをしたりしていたかを知れば、豊臣家の盤石な基盤を作るための口減らしや傭兵や諸大名の戦力弱体化みたいなもんとしか普通に思わないがな。

だが予想以上に朝鮮や明や大陸の満州地域が弱くてあまり口減らしにもならんかったと言うw日本は世界の殆どの銃を保持していたり、その前には金の採掘とかも武田家だけで日本以外の世界の総生産量ぐらいを確保していたからな。豊臣のその後に於いては戦役は意味なさすぎて、そのあとすぐに関ヶ原で相対する事になるし、あまり意味がない戦役だったどころか徳川家が余りに有能すぎて左遷しても関東で無茶苦茶強くなってしまうし、ねねが徳川に付くし、茶々が緊縮財政に向かうもんだから金や権力を持っていても、女の阿呆が中央を動かしていたから豊臣は没落した。

あの当時、日本は人口が多く生産力が高く、本気で国を纏めて動いていたら世界最強だったかもね。元々、朝鮮や大陸の事なんか日本人は眼中にない、結局、撤退するかどうかも国内の諸事情で変わるんであって、補給船ばっかり狙っていた雑魚に連中にハナから興味ないでしょ、島津は朝鮮の私涼船が調子にのってたから最後にボコボコにしたけどw
117.名無しさん:2018年11月10日 10:26 ID:WzSSYZM30▼このコメントに返信
誰が見積もったかしらないが半島の石高1191万石って段階で戦略ミスか、単なる嘘の餌だったか
118.名無しさん:2018年11月10日 10:27 ID:Avbcsq.s0▼このコメントに返信
満州人(女真族)が明を倒して清朝を立てたからな、日本が鎖国しないでイケイケだったらワンチャンあったかも
119.名無しさん:2018年11月10日 10:28 ID:TCsi4QUV0▼このコメントに返信
なんていうか、撤退する軍隊を追撃して逆撃されたあげくに戦死って今の朝鮮人にも通じるものがある気がする。
まあ、撤退に朝鮮軍は関係ないと思う、日本と勇猛果敢に戦ったぞ(虚構)っていうのがアチラ様の心の支えなんでしょ。
120.名無しさん:2018年11月10日 10:28 ID:TndUIT9Z0▼このコメントに返信
※93
なんかこうだいたい司馬遼が悪いで終わってしまうなw
それだけ影響力のある作品を書く筆力のある作家だったんだが
司馬遼以降だと老年になってからデビューした隆慶一郎ぐらいか?無名だった前田慶次郎の知名度を爆上げしたもんな
121.名無しさん:2018年11月10日 10:29 ID:zV9Qqkt40▼このコメントに返信
李舜臣が戦死した露梁海戦は明主導で行われた海戦だから
李舜臣は自らの落ち度によって命を落としたって訳じゃないよ
122.名無しさん:2018年11月10日 10:33 ID:O.XtDJfT0▼このコメントに返信
どさくさまぎれに叛乱起きたりして、朝鮮殆ど戦え無かったからな。
明も大激闘の末、秀吉側が引いた感じでの勝利だったし。
123.名無しさん:2018年11月10日 10:39 ID:5.GaGtAe0▼このコメントに返信
※110
そこいらは信長の鉄甲船と同じというか(鉄板張りというのは伝聞だそうな)
亀船も、船に覆いをかけて通路以外には釘を植えた、それを藁で偽装したので、乗り込もうとした敵兵は刺さって死んだ
とかじゃなかったっけ?鉄板とか装甲とかどこにも書いて無かったはず。
124.名無しさん:2018年11月10日 10:39 ID:c8XPKyJt0▼このコメントに返信
※96
>明は自国領土内を守ったから「勝ち」
現代の感覚から言えばそうだが、当時の東アジアで一般的だった華夷秩序からみれば「生意気な夷狄である日本を懲罰できなかった」時点で勝利とはいえないんだよ。
世界の中心である中華帝国に攻め込んできた野蛮人は必ず懲らしめ従わせなければならない。それこそが天より与えられた使命である。というのが当時の常識だからな。
歴史上の出来事を現代の価値観で判断するのはやめたほうがいい。
125.名無しさん:2018年11月10日 10:40 ID:9VAGTp0w0▼このコメントに返信
そもそも英雄の居ない朝鮮民族に対して
実はこんな英雄も居たのだから卑屈になるなと
朝鮮総督府が捏造して発明したのが李舜臣

だから史実では李舜臣は何も活躍していない
名前だけが残っていただけ
日本人が与えてやった空想上の英雄が李舜臣
126.平うどん:2018年11月10日 10:40 ID:mzuh.cL20▼このコメントに返信
朝鮮出兵っていろいろ調べてみたけど
文禄の役:朝鮮半島を通り道に明に侵攻しようとしたけど明との国境近くで息切れして講話ののち撤退
慶長の役:講話で勝ち取った(と秀吉に報告された)朝鮮半島南部の土地の接収のため出兵、釜山ソウルの中間ぐらいまでは侵攻したが、途中から補給が安定している釜山周辺の防備を固めて明朝鮮連合大規模な攻撃も撃退し続けた。秀吉の死亡するとさっさと撤退。
って感じだな。

日本、明、朝鮮とも戦争は適当なところで納めて手打ちにしたい諸氏が前線で何度か停戦させて明の皇帝と秀吉にそれぞれ都合のいい報告をしているのが興味深い。
あと、慶長の役で保持していた土地もさっさと撤退しているところを見るに日本の大名にとって当時の朝鮮半島の土地は所有する魅力が無かったのだろうな。

李舜臣については文禄慶長とも緒戦で壊滅した朝鮮水軍を「あとよろしく!」と敗戦処理を押しつけられた感じ
地の利を活かして日本が海岸沿いを西に侵攻するのを根気よく防いでいたが、よく言われる補給戦にはほとんど手を出せていない。
127.名無しさん:2018年11月10日 10:41 ID:9VAGTp0w0▼このコメントに返信
まず秀吉軍は、明軍と戦争してたのであって
朝鮮は何もしていない
明軍の一部に加わっていただけ
128.名無しさん:2018年11月10日 10:43 ID:kXFUHmVP0▼このコメントに返信
>>44
「東郷平八郎が尊厳している」って説は
戦前、朝鮮人が同胞鮮人がそう言っているのを聞いた、程度のもの
十中八九どころか十中十デマだろうね
129.名無しさん:2018年11月10日 10:44 ID:WzSSYZM30▼このコメントに返信
※116
>徳川家が余りに有能すぎて左遷しても関東で無茶苦茶強くなってしまうし、
無茶苦茶強くなるのは関ケ原後だろうね
当時は毛利(小早川吉川)と、徳川の二強みたいな感じだと思う
朝鮮の役の失敗と隆景の死、利家の死と三成の自爆的クーデターで家康が天下をとる
130.名無しさん:2018年11月10日 10:44 ID:WC2Y4pyZ0▼このコメントに返信
軍事的には日本の負けだろうが
秀吉も明も朝鮮も負けだろ
前者2つは疲弊して滅んで朝鮮は中華圏へさらに飲み込まれたしな
131.名無しさん:2018年11月10日 10:46 ID:neq6.AaO0▼このコメントに返信
いつものようにおんJの適当な話をまとめた元のお話より、まとめにはわかった人の書き込みが載り、結局その方が有益になる流れ。
132.名無しさん:2018年11月10日 10:47 ID:E4nf5OuL0▼このコメントに返信
※121
主力が明水軍だったのは確かだけど主導したのが誰かまでは分からないよ(一応李舜臣が強硬的だった記録はあるけど)
推測できる事は順天城の包囲は朝鮮水軍だけでは出来ないので明水軍側にも戦闘継続の意志はあったであろう事
また露梁において待ち伏せをするのは李舜臣の協力無しでは難しかったであろう事
共犯かなぁ
133.名無しさん:2018年11月10日 10:47 ID:3ZeLsudP0▼このコメントに返信
韓国が正しいことを言うはずがないだろ
嘘つき乞食民族だぞ
134.名無しさん:2018年11月10日 10:48 ID:ueuIxMxl0▼このコメントに返信
※126
マジで湯だってるの秀吉ひとりだからなあ。そりゃ秀吉いなくなったらみんなやめるわ
あとは両軍の武勇伝が残るだけ
135.名無しさん:2018年11月10日 10:49 ID:asACz2c.0▼このコメントに返信
文禄の役では焦土戦に苦戦してた。

田は無し、畑も痩せて作物が無い。
寒冷地なのに禿山ばかりで設営に適した材木も僅か。薪炭ならかろうじて使用可能な程度。
とにかく塩が無い。砦や都城にようやくわずかな塩が貯蔵されてる程度。おまけに占領地から棄民がやたらと物資の無心に来る。

これで征明軍のやる気が削がれた。
136.名無しさん:2018年11月10日 10:49 ID:OOZnwP6g0▼このコメントに返信
>日本「秀吉が死んだから撤退した」 
うん。分かる

>韓国「我々の英雄李舜臣が秀吉を撃退した」
明かな間違い

明の参戦により朝鮮は救われたの間違いね
137.名無しさん:2018年11月10日 10:50 ID:jnYRah2E0▼このコメントに返信
土地勘が無かったのが膠着状態になった理由とも言える。

秀吉が亡くならねば
あのまま戦争が続く可能性はあった。
戦費で明も亡ぶ時期が早まり朝鮮は秀吉の物になたかもしれん。
戦後、朝鮮は明に莫大な借金を背負う
朝鮮は元から明の属国だからな

明の滅亡
138.名無しさん:2018年11月10日 10:50 ID:48ghGnQr0▼このコメントに返信
>停戦協定結んで帰還しようとしてた島津の背後から協定を破って奇襲かけたのに逆に返り討ちくらって戦死した情けない武将
実戦でも大した戦果は挙げてなくて、でも何故か英雄扱い

どう見ても英雄どころか戦犯だよな。
139.名無しさん:2018年11月10日 10:51 ID:kFWNBpKZ0▼このコメントに返信
秀吉が亡くなっても朝鮮半島が魅力的な土地なら維持して中原まで攻めてたろが
そうじゃないからね

朝鮮半島の気候が稲作に合わず収穫量が振るわない
現在の温暖な気候でもソウル周辺は北海道並のスケジュール(6月田植え10月収穫)で寒冷地品種を育ててる
半島を北上すればするほどに山地で冬は糞寒いと
西国の大名からしたら罰ゲームみたいな土地だから

中国歴代王朝が直接支配しなかったのはそれなりに理由がある
140.名無しさん:2018年11月10日 10:51 ID:22Y4YX0Y0▼このコメントに返信
※55
確か食えないんでエ.ロ本売ってただけっやつだよな。
上海と北京に施設は残っててることになっているけど、
誰も保存しようとしないんで文が中国行ったときに
キンペーに保存をお願いしてた記事を前に読んだ。
エ.ロ本屋が建国の起源と言い張るのはなかなかの勇気。
141.名無しさん:2018年11月10日 10:54 ID:mc5h93gY0▼このコメントに返信
東郷平八郎「んなこと言ってねえよ」
元ネタは小説の登場人物が李舜臣の話をした程度だったんじゃね?
そもそも李舜臣は、反逆の疑いをかけられて何度の投獄されて、墓も無かったっそうじゃん。
それを憐れんだ日本の朝鮮総督府が歴史の闇から発掘してあげたのが事実。
つまり、韓国人は日本が創り上げた「英雄」を有難がっているお目出度い奴ら。
142.名無しさん:2018年11月10日 11:01 ID:0DwP4No40▼このコメントに返信
ええと、朝鮮出兵でまとめられてるけど、文禄慶長の役は、違う戦争って事はいいかな?
朝鮮を案内役に(秀吉主観)した唐入と、その朝鮮が裏切った(ry)ので平定するための朝鮮征伐。
お題は朝鮮征伐のための、慶長の役だあね。
秀吉死んで手打ちにしたけど、明とは単純講和で引き分け。対朝鮮では幕末まで朝献させてるから、勝ち。
お題の日本側理由は正解で、朝鮮側の事情は捏造。散々既出だから、講釈は割愛。
143.名無しさん:2018年11月10日 11:02 ID:4Ex1W1dd0▼このコメントに返信
両方共間違い、答えはスペインが民侵略をする可能性が低くなったから。
明討伐はスペインが大陸を植民地化する前に秀吉が先手を打って大陸に緩衝地帯を設ける事が戦争目的。
しかしスペインはスペイン領から独立戦争を始めたオランダへの対応で植民地侵略どころではなくなったので、
スペインの植民地領土拡大政策が停滞したのが本当の原因。

スペインは明に来ない上に、秀吉は死去する。
突然日本軍が撤退すると負け戦と舐められたり追撃される恐れがあるので、適当に敵を殲滅して暴れ放題暴れてからじわじわ日本に帰ったのが真相。
144.名無しさん:2018年11月10日 11:02 ID:jN88Hnq.0▼このコメントに返信
韓国の事だし、どうせ負けたけど勝ったニダと言い張ってるうちにウソが本当になることに賭けてるんだろうな

慰安婦や超陽光などの近代史と同じ

いつも通りの当たり屋メソッド
145.名無しさん:2018年11月10日 11:03 ID:Avbcsq.s0▼このコメントに返信
李舜臣そのものは愛国者なんだろうよ
ただ、危機が過ぎたら用無しにして忘れちゃうのがいかにも朝鮮人らしい
146.名無しさん:2018年11月10日 11:04 ID:K2VcDzsF0▼このコメントに返信
戦国の武将がもれなく戦果を挙げて生きて帰ってる中
死んでる英雄さんはチョットねぇ‥お呼びでないわ
147.名無しさん:2018年11月10日 11:05 ID:.CUqcSc90▼このコメントに返信
史実として正しいのは「秀吉が死んだから撤退した」だな

秀吉は翌年大攻勢に出る為の準備を命じておりやめる気はさらさら無かった
秀吉が亡くなった後にいわゆる五大老から撤退の指令が出されたが
大激戦で李舜臣が戦死した露梁海戦はそれより後の話になるので
韓国の主張は論理的にあり得ないことになる

まあ辻褄が合わない主張を大声で叫ぶいつものパターンやね
148.名無しさん:2018年11月10日 11:09 ID:E4nf5OuL0▼このコメントに返信
※143
オランダ独立戦争をネーデルラント総督やスピノラに任せきりでろくに報酬も支払わず
文禄・慶長の役の頃の国王は在位中に4回も破産宣言をしてたスペインが明にまで攻めて来るって?
そんな内情を知らないとしてもアジア方面の情勢だけであり得ないと判断されそうなものだが・・・名目だけじゃね?
149.名無しさん:2018年11月10日 11:10 ID:4Ex1W1dd0▼このコメントに返信
そもそも明討伐が主目的で通り道だった朝鮮に大した兵力なんて存在せず適当に英雄とか後付で作っただけだし。
大昔から朝鮮半島は日本が統治するまでうんこしか転がってない不毛の土地なのは昔から知られてる有名な事ですし。
150.名無しさん:2018年11月10日 11:11 ID:RhMo7ein0▼このコメントに返信
※147
だな、日本軍は東国勢は伊達以外は無傷だしな。
秀吉が後2,3年生きて、徳川が朝鮮送りになって消耗してた方が豊臣的には良かったかもな。
151.名無しさん:2018年11月10日 11:13 ID:4Ex1W1dd0▼このコメントに返信
※148
スペインやポルトガル=植民地主義と言う存在を無視して世界史を語る時点でダメね。
ttps://www.youtube.com/watch?v=2L-C_ceqIbA
152.名無しさん:2018年11月10日 11:13 ID:w8.azbhf0▼このコメントに返信
>>6 元板  李舜臣・・・・東郷平八郎が名前を出すまでは朝鮮でも無名の人物
 
小説(司馬遼太郎『坂の上の雲』)の中で東郷平八郎が李舜臣を賛美しただけ。
あくまで小説のなかの話であって、現実に東郷平八郎が李舜臣を知っていたかは不明。
韓国人が慰安婦の証拠に吉田 清治の小説を上げている事からも明らかのように、
韓国人は、小説と現実の区別がつかないらしい。
153.名無しさん:2018年11月10日 11:14 ID:4Ex1W1dd0▼このコメントに返信
スペインが英国の艦隊に破れた事は大きい。
154.名無しさん:2018年11月10日 11:15 ID:19D0b7yH0▼このコメントに返信
朝鮮系皇軍兵士のお手本になる朝鮮の英雄誰か居ないかって探したが見事に誰もいない
そもそも英雄が生まれるような文化じゃないしね
民衆の英雄はいても石川五エ門的な義賊伝説だったり
もうどうしょうもなくなって李舜臣とかいう誰も知らない愚将を引っ張り出してきて
「なんとあの名将東郷元帥閣下も褒めていらっしゃったんだぞ」とか泊をつけて
お前らも彼をお手本にするように、といくつか適当な話をでっち上げたら
あれよあれよという間にファンタジー伝説がいくつも湧いて出てくる無敵の武将に祭り上げられていたという
155.名無しさん:2018年11月10日 11:17 ID:4Ex1W1dd0▼このコメントに返信
文禄の戦いはガチ明目指してるけど、慶長の戦いは日本に来ないように明らかな布陣してるのを見ても分かる事。
156.名無しさん:2018年11月10日 11:18 ID:fhhreVrL0▼このコメントに返信
※115
歴代中国王朝が直接統治してない時点でお察し
統治するための必要経費がかかるだけで、まともに利益が出んのよ
王であることを認めてやって、統治させることで辺境が安定すればそれでよかったのよ
157.名無しさん:2018年11月10日 11:20 ID:E4nf5OuL0▼このコメントに返信
※151
訂正、ネーデルラント総督じゃなくてパルマ公

その植民地主義での植民地経営が大きくなりすぎて本国の負担になってきていたのがあの時期なのですよ
初期には戦争してでも奪った方が黒字が出ていましたが、徐々にその負担と釣り合わなくなっていきます
近場のイングランド侵攻ですら大規模なものはあの1回だけで諦めているんですよ?
とても東アジアにまで手を伸ばす余裕は当時のスペインにはありませんし、具体的な行動も起こしていません
158.名無しさん:2018年11月10日 11:20 ID:4Ex1W1dd0▼このコメントに返信
朝鮮半島がやべぇのは遣隋使の時代から知られてた事。
鑑真ですら陸経由でなく海経由で何度も失敗しながら来た、海で来たほうが陸経由より安全とは・・・
どんだけ半島がカオスだったか分かる話。
そもそも中国属国の関所の名残が平壌とソウルだし、あれは関所であってお城じゃないし。
159.名無しさん:2018年11月10日 11:22 ID:4Ex1W1dd0▼このコメントに返信
※157
スペインの植民地主義でその残虐な行為は世界中で知れ渡ってた。
無敵艦隊とか誇ってた位だし、英国艦隊がそれを破ったのでスペインの植民地拡張能力が衰えた。
なので秀吉以降、明治になるまで朝鮮半島を緩衝地帯として利用する戦略は無くなっただけ。
160.名無しさん:2018年11月10日 11:22 ID:AjvpoN7G0▼このコメントに返信
主戦場が朝鮮ってだけで普通に日明戦争なのになぜか韓国が我々の勝利ってイキってるんだよな
まあ明は更に弱って滅亡したし豊臣は国内に留まってた徳川に取って代わられてるんで消去法である意味勝者と言えなくもないが
161.名無しさん:2018年11月10日 11:22 ID:.CUqcSc90▼このコメントに返信
※126
慶長の役で占領地を放棄したのは土地云々じゃなくて
冬が厳しいことと補給・連絡が大変だからだよ(文禄の役の戦訓っすな)

あとは書いてあるけど目的の違いだね
慶長の役は南部四道の切り取りが目当てなので、明軍を南方に引っ張り出して
城に拠って撃退するプラン(これは慶長の役を始めた時に出された秀吉の指示)

海が荒れて連絡が困難になる時期はその前に軍勢を減らして城に頼り
そして海が荒れない時期に大軍を送る。あとは軍勢のローテーションを
するつもりだったが、秀吉の病気によって兵を減らすのが中途半端になって
苦労したのが秀吉の死の直前って事ですわ
162.名無しさん:2018年11月10日 11:25 ID:4Ex1W1dd0▼このコメントに返信
スペインの植民地支配の残虐性を参考にして西洋列強が圧政を強いる事になったけど、
例外なく米国ですらフィリピンでスペイン統治時代を参考に残虐行為してる。
マッカーサー元帥のパパが統治して残虐だった事で有名だし。
独立や主権を真摯に考えてるアジアの諸国が、植民地支配主義の動向を考えない事はありえない。
世界史を学ぶ上で無視してはイケナイ話って事。
163.名無しさん:2018年11月10日 11:25 ID:vTwYCOGD0▼このコメントに返信
※8
今はちょっと違うぞ。
韓国で将来の明るい展望が思い描けなくてビルから飛び降り自殺したビジネスマンのおっさんすら英雄に列席させるようになったからな。
もう、ちょっと有名で韓国人の心の一部をくすぐるエピソードが何かあれば、それは全て韓国の英雄サマだ。
164.名無しさん:2018年11月10日 11:26 ID:w8.azbhf0▼このコメントに返信
停戦協定を破って日本陣営に突撃して、アッサリ討ち取られたんじゃないっけ。
実に韓国人らしい最後だが、韓国にとっても停戦協定違反の逆賊では。
165.名無しさん:2018年11月10日 11:27 ID:TndUIT9Z0▼このコメントに返信
この戦争で明が疲弊したので島津が琉球を攻めた時に明は援軍を出さなかった
本当なら属国には明が援軍を出す義務があったけどあえて無視した
その為、明は表向き琉球は存在していることとして琉球(島津)との朝貢は継続している
166.名無しさん:2018年11月10日 11:27 ID:4Ex1W1dd0▼このコメントに返信
まぁ実際に支那大陸は秀吉が危惧してた様に西洋列強の植民地になった訳だから、秀吉は何百年も進んでた戦略家と言うのは間違いない。
とある連中にはボケ爺とか罵られてる様だな。
167.名無しさん:2018年11月10日 11:29 ID:4Ex1W1dd0▼このコメントに返信
※164
恐らく現場の将レベルでのだまし討戦術だったのだろうけど、日本の武将が勇猛すぎで通じなかったと言う・・・
168.名無しさん:2018年11月10日 11:29 ID:3NhpCkum0▼このコメントに返信
日本、余力があるうちに戦争指導者の秀吉が死んで停戦して引き上げ。
明、国力がますます傾いたが自分の領土に敵軍が入る前に相手から停戦してくれた。
朝鮮、全ての交渉が頭の上で行われたと思ったら一部の過激派が日本軍に突っ込んで自滅した。
って事でok?
169.名無しさん:2018年11月10日 11:32 ID:4Ex1W1dd0▼このコメントに返信
※168
秀吉みたいな天才の考える事は一部の重鎮を除いて理解出来てないし。
当時の出兵は武将の談合で決めた事なので、命令絶対という訳でもない。
スペインも来ないし、命懸けで明まで行く理由(侵略)もする意味ないし。
うんこしか転がって無い様な半島に居る理由ないし。
170.名無しさん:2018年11月10日 11:33 ID:DwW1fwe40▼このコメントに返信
※7
しかし嘘でも100万回言えばそれが真実になる
歴史なんて、記録を書き換えて、人の記憶が風化するのを待てばどうとでも変更できる
全世界レベルでそれを粘り強く実行する偏執的な粘着性は見習うべきだ
その結果、エイジオブエンパイアでは、ローマの大型ガレー船を凌ぐ、中世世界最強の軍艦として君臨している
これ以上歴史に深入りしない若者にとってはもう、これが真実なんだ
171.名無しさん:2018年11月10日 11:33 ID:UmSaSfwk0▼このコメントに返信
「ねずさんのひとりごと」というブログにわかりやすく当時の事情が書いてるから読んでみることをおすすめする。

ttp://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1582.html
172.名無しさん:2018年11月10日 11:34 ID:3QV.QtXT0▼このコメントに返信
日本の全ての記録、中国の明史、朝鮮の朝鮮王朝実録の全てで秀吉が死んだから撤退したと書いてある。
173.名無しさん:2018年11月10日 11:37 ID:Z36rR5aO0▼このコメントに返信
補給は用意されていたが、その補給が届くより速く清正とかが進撃しただけ
まあ、ロンメルと一緒
あげくは三成を逆恨み 馬鹿は怖い
174.名無しさん:2018年11月10日 11:45 ID:YLh5F8fB0▼このコメントに返信
補給線を狙ったとかもデマだけどな
補給が滞ったのは想定以上に朝鮮奥地まで進撃できてしまった為。
明が参戦して食料が不足したのは逆に明・朝鮮軍
たしか食料貯蔵地を焼き払われてたはず
日本側は釜山には物資供給されていて、拡大しすぎた戦線と山岳地形での補給で苦しんだだけ
物資が潤沢にある事はルイス・フロイスの『日本史』に記録されている

物資のある釜山を朝鮮海軍が脅かしたって記録は無い
戦いはあったけれど敗退して日本側の安全が確保される始末
これ以降は朝鮮海軍は撤退続きになっている
175.古古米:2018年11月10日 11:46 ID:v1WoIA.b0▼このコメントに返信
明も日本も「朝鮮に関わると不幸に成る」という事を知っていたから。
176.名無しさん:2018年11月10日 11:48 ID:wmzPJSVV0▼このコメントに返信
出兵先として朝鮮と明を選んだのは損だったな
船と外洋航海技術なんとかしつつ琉球、台湾、フィリピンと進むべきだった
後々絶対必要な技術だし
177.名無しさん:2018年11月10日 11:48 ID:2QTMT8Lh0▼このコメントに返信
朝鮮の主義主張思想信念を真に受けない躾や教育が必要です。
178.名無しさん:2018年11月10日 11:49 ID:VNdJ6HBm0▼このコメントに返信
>>65
元々日本には補給という概念がない。秀吉以前で補給に苦しんだ戦いって「前九年の役」と「後三年の役」くらいしかないからね。
179.名無しさん:2018年11月10日 11:50 ID:WzSSYZM30▼このコメントに返信
大陸征服目的ならスペインやオランダと組んで明を攻めるってのが正解だろ
鉄砲大砲を進化させるにも硝石とか足らなくなりそうじゃないか
180.名無しさん:2018年11月10日 11:51 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>89
いや隆景の意見の方が大正解だったわけなんだが
明に一気に雪崩込めるわけがない
181.名無しさん:2018年11月10日 11:51 ID:QEg2l7Oj0▼このコメントに返信
秀吉は唐入りって言ってたんだから日中戦争
それ以外は端役
182.名無しさん:2018年11月10日 11:52 ID:DuBLQk5B0▼このコメントに返信
日本軍が撤退、すなわち日本軍を撃退したとしたらそれは明軍であって、李瞬臣ではないだろ。
183.名無しさん:2018年11月10日 11:53 ID:T2f0sqC.0▼このコメントに返信
※178
日本だけでなく世界に無い
古来より戦争は現地調達して続けるものだったからな
「現地は貧しくて奪える食料無いです」という報告があって
やっと「マジかよじゃあこっちから運ぶか?」くらいのもんで
戦争開始前から本格的な補給計画立てる事なんて第二次世界大戦くらいからだろ
つい最近だ
184.名無しさん:2018年11月10日 11:54 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
李舜臣は島津を持ち上げる為の噛ませだということを韓国人が全く理解できてないのが滑稽
185.名無しさん:2018年11月10日 11:58 ID:VNdJ6HBm0▼このコメントに返信
>>89
後方で補給の管理担当をしていた石田三成ら文治派は元々唐入り反対で、深入りし過ぎて戦争が長期化しないようにしていたという説もある。まあ、それが結果的に関ヶ原の戦いにおける豊臣家臣団の分裂に繋がるんだが…
186.名無しさん:2018年11月10日 11:58 ID:3u5IpqD.0▼このコメントに返信
本当に、日本軍(秀吉軍)を海戦で撃退して英雄扱いなら日本軍の上陸を阻止してるはずなわけで彼らの言う“被害”があり得ないことに。
本当に、撤退する日本軍を海戦で撃退(殿を攻撃)したのなら、それで戦死した本人は無駄死に。唯の敗残の将で英雄扱いがおかしい。
何より、日本軍は明と講和を結んで撤退してるからね、確か。
187.名無しさん:2018年11月10日 12:00 ID:T.c6k5YQ0▼このコメントに返信
そもそも属国なんだから
日本vs明の構図に決まってる
188.名無しさん:2018年11月10日 12:04 ID:T2f0sqC.0▼このコメントに返信
※180
いや、半島を南から徐々に…ってノロノロやってたら時間かかるだろ
明が戦争準備完了して迎え撃たれるだけ
現にそうなったし
この件はどっちが正解とか無い
どっちにするか明確に決める必要はあったが
189.名無しさん:2018年11月10日 12:04 ID:WzSSYZM30▼このコメントに返信
対西欧とかいうのならまずは明や朝鮮と仲良くする政策とか建てるのが筋ってものだろ
頭を下げてでも貿易をやって富国に励むとか
190.名無しさん:2018年11月10日 12:06 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>183
嘘乙
補給の概念なんてそれこそ紀元前の昔からある
現地調達も補給の一形態でしかない
蕭何がなぜ昔から英雄視されたのか理解できてないだろ
191.名無しさん:2018年11月10日 12:06 ID:FczcgQLI0▼このコメントに返信
朝鮮人より鬼島津の方がおっかないでごわすw
192.名無しさん:2018年11月10日 12:06 ID:HZBmHp4U0▼このコメントに返信
※115
それは多分にあると思うよ。半島からの撤退が簡単に決まってしまうというのが
当時の感覚として違和感がある。切り取った領土は何としても手放さないのが
当時の普通の感覚なんだけど、半島ではあっさり撤退してしまう。
よほど旨みが無かったのだろう。
193.名無しさん:2018年11月10日 12:07 ID:VNdJ6HBm0▼このコメントに返信
日本には敵であっても勇戦した相手には敬意を祓うという伝統がある。それは欧米でも同じで、故に第二次世界大戦で連合軍相手に活躍したドイツ語のロンメルや硫黄島の司令官だった栗林中将にはアメリカも敬意を祓っている。しかし特アにはそれが無いから「敵は憎悪の対象」という感覚しかない。要するに特アと日本・欧米は最初から価値観がまるで違う相容れない存在なんだ。
194.名無しさん:2018年11月10日 12:10 ID:ue22B3ya0▼このコメントに返信
※135
当時は世界的冷害がきてたんだよ、、、日本でも東北で大飢饉が起きてるから、、、
だから清野の策というよりは、もともと収穫がなかった
柳成龍自身も冷害で穀物が集まらないって書いてはいるし
民の喰う分取り上げて明軍に供給した、のは半島での飢饉のひどさがわかると思う、、
あと日本軍に補給がなくなる窮状記録してるのは、安国寺恵瓊なのよねぇ
まぁ(現地補給前提の時代)遠征する時期が悪かった、としか言いようが、、、

まぁなんだ、李舜臣が有名になったころって、朝鮮半島も「日本人」の時代だったからね、、、
ライバルが大失敗した元均だったのと、記録残した柳成龍が幼馴染で身びいきがあったことを割り引いでも
全壊した朝鮮海軍を立て直し維持した功績は認めてもいいんじゃないかと思う、、、
195.名無しさん:2018年11月10日 12:11 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>188
は?明がすぐに防衛線引けないとでも?
どのみち迎え撃たれるに決まってるんだから
しっかりと足場固めてないと体力勝負で勝てるわけがないぞ
196.名無しさん:2018年11月10日 12:11 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>188
は?明がすぐに防衛線引けないとでも?
どのみち迎え撃たれるに決まってるんだから
しっかりと足場固めてないと体力勝負で勝てるわけがないぞ
197.名無しさん:2018年11月10日 12:23 ID:GnQeB.8J0▼このコメントに返信
徳川の鎖国以前は商人を通じて諸外国の情勢も積極的に収集していたから、信長時代でも宣教師の行動力を見ている当事者の秀吉家康はキリスト教を広めることのヤバさとその本質の周辺国が植民地を求めていることは知っていたからな、その上で地理的に東側は当時航海は難しい太平洋を背にしていることで日本の驚異は明からやって来ると踏んで先に要所となる対馬伝いに明を攻めたのが失敗、欧州方面は状勢が変わり差し迫った驚異は無くなったものの、家康は世界が宣教師や商人を伝い日本を攻め落とせる国と調べられる前に押さえ込もうとしたが島原の乱で自国民のキリスト教徒による暴動の煽動という最も恐れていた事態が起きて結果鎖国しているし、資料が無いだけで秀吉は実際はもっと外交面を見ていたのかもしれないな
198.名無しさん:2018年11月10日 12:23 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>189
勝手な理由で貿易を一方的に拒否られてたのに何を言っているのかな?
199.名無しさん:2018年11月10日 12:24 ID:iD2afV920▼このコメントに返信
>>176
海流が逆であるためかなりの大型船でなければならなかったんだがそれで戦闘は土台無理だったんだ
だから陸伝いに行くしかなかった
倭冦もいたし海路遠征のリスクは高い
200.名無しさん:2018年11月10日 12:25 ID:.Ma0Hsvu0▼このコメントに返信
>>16
いや小西行長が
嘘の和平を双方に伝えて
有耶無耶にしようとしたんやん

前半

後半は秀吉倒れた時点で中途半端に終わるのが
日本軍がやる気無くしてて消極的だった
ジリジリ攻め上げていってたのはその通り
201.名無しさん:2018年11月10日 12:27 ID:x0ffTs010▼このコメントに返信
島津軍3000人に数万人屠られた李舜臣軍^_^
202.名無しさん:2018年11月10日 12:27 ID:.Ma0Hsvu0▼このコメントに返信
>>17
物量戦にも負けてないどころか
むしろ勝ってるんだよなぁ日本

ちなみに動員した兵力は双方25万くらいで
明の方が少し多い程度

16世紀では世界全体でも
合計で最大規模の動員数

203.名無しさん:2018年11月10日 12:30 ID:.Ma0Hsvu0▼このコメントに返信
>>30
イ・スンジンは最初だけ

明軍もむしろ敗戦直前だったと
むしろ向こうが記録してるくらい大損害受けてるよ

キルレシオで終始日本が圧倒状態
204.名無しさん:2018年11月10日 12:30 ID:FOAz50ma0▼このコメントに返信
 秀吉の朝鮮征伐で朝鮮は日本の武士団の鬼神の如き強さに震え上がり
豊臣後の日本の天下を握った徳川政権が鎖国し朝鮮に攻めてこないと言っても
いつ気が変わって再び攻めてこないか気が気ではない。
そこで日本の外交方針に変わりがないか探りを入れるために
将軍交代のたびに朝貢団を派遣したのが朝鮮通信使。
205.名無しさん:2018年11月10日 12:31 ID:.mxwujMd0▼このコメントに返信
元々はアジア食民化を推し進めるスペインに対して日本を守るために取られた戦略なんだよね
キリスト教で洗脳懐柔してから軍隊で支配という必勝パターンは既にアジア植民地化の時点で明にも信長にも知られていたのは当然。
スペインは大名や信長を利用して明と日本を植民地化しようとし、信長はスペインを利用して明を手中に収めて緩衝地帯化する目的だった
実際フィリピンでの反乱で危険に陥ったスペインを助けたのは日本の侍で協力体制は証明されている。
で、伸び名が亡き後、秀吉はその後実行に移した。日本をキリシタン大名を使って二分しようと画策するスペインに対して天下統一後、バテレン追放を行った訳だ。全てバレてたんだって事。
白人から日本を守るため情けない明に出兵したものの、イギリスにアマルダは壊滅、スペインは崩壊。スペインはそれを隠そうとしたが秀吉には伝わっていた。
で、目標を失った明出兵は意味のないものになった訳だが進軍した以上、明に対して簡単に引く訳にも行かず、撤退戦を余儀なくされた。だから無意味に朝鮮半島あたりをブラブラ漂ってたわけだ。朝鮮なんてものはこの中に何も意味など無い。ただ単に半島というスペースが有っただけの話。
206.名無しさん:2018年11月10日 12:31 ID:R.QwTQuZ0▼このコメントに返信
補給が苦しかったのは海じゃなく陸定期
ろくにコメ取れないから現地調達はできないし釜山から運ぼうにも道は整備されてないし北行けば山岳だらけだし
207.名無しさん:2018年11月10日 12:31 ID:.Ma0Hsvu0▼このコメントに返信
>>35
秀吉は天皇を中華皇帝にして
自分は宰相になるつもりだったぞ

だから明国皇帝の娘を天皇に
嫁がせろと和平の場で要求してる
208.名無しさん:2018年11月10日 12:31 ID:WzSSYZM30▼このコメントに返信
※198
勝手な理由って何?
本当に利益をもとめて貿易したいなら頭下げてでもやれだろ
いまトランプなんかに日本はめちゃくちゃなことを言われてるが、それでも政府はがんばってるだろ
209.名無しさん:2018年11月10日 12:33 ID:.Ma0Hsvu0▼このコメントに返信
>>38
そもそも実際は殆ど戦果挙げて無いんだよな
日本の水路の補給路はずっと健在だった


そういう意味では山賊化ゲリラ化した
義兵の方が問題だった 明軍も襲ってたし
210.名無しさん:2018年11月10日 12:33 ID:tZQPiFY50▼このコメントに返信
※208
頭下げる程度で済むならそれでいいがな、利益もなにもかも持っていかれる貿易なんて害にしかならん
トランプがやってるのもそういうこったろ、利益がない貿易を止めただけ
211.名無しさん:2018年11月10日 12:36 ID:.Ma0Hsvu0▼このコメントに返信
>>46
秀吉はガチよ
そもそも当時の東アジア情勢を
鋭敏に読み取ってた信長の発案だったと
ルイス・フロイスは記録してる

幕僚がそうでなかっただけで
212.名無しさん:2018年11月10日 12:37 ID:.CUqcSc90▼このコメントに返信
現地調達に支障をきたしたのは朝鮮が戦慣れしてなかったからでもある
農民が本気で逃散したまま帰って来なくて農地が荒れ放題になっちまったからなぁ
213.名無しさん:2018年11月10日 12:38 ID:T2f0sqC.0▼このコメントに返信
※190
昔の補給の概念って「最初に必要な分持って行く」くらいの認識だよ
「定期的に送る」ってイメージは無い
そして、蕭何が英雄視されたのは、むしろ補給という概念が一般的じゃなかった証拠
天才にしかできない凄い事だから英雄視されたんだ
※196
すぐに十万単位の動員はどこの国だって無理だろ
元寇を考えてみろ
九州武士団だけで対応したろ?
鎌倉武士団が到着する前に終わったから何の問題にもならなかっただけで
214.名無しさん:2018年11月10日 12:38 ID:.Ma0Hsvu0▼このコメントに返信
>>178
あ?後の日本軍じゃあるまいし

石田三成のロジスティック舐めるなよ

伊達に20万規模の動員してねーんだよ
215.名無しさん:2018年11月10日 12:48 ID:iD2afV920▼このコメントに返信
>>213
当てはまらん
豊臣政権は関東で長期補給の実績がある
216.名無しさん:2018年11月10日 12:50 ID:LJsB60vN0▼このコメントに返信
>>201
島津は揃いも揃って薩人マシーンだからね
仕方ないね
217.名無しさん:2018年11月10日 12:52 ID:E4nf5OuL0▼このコメントに返信
※213
もう少し違うかな
補給は策源地に集めてそれを前線部隊に輸送するくらいは昔からやってる
ただ集積するという作業は長い期間をかけて少しずつやるものであり、それが尽きたら撤退でやってた
貴方が言うように定常的に安定供給というのが不可能なのは確かだけど兵糧集積地を増やす事で擬似的には可能という話
その理論的には可能でしかし誰にも出来ない事をやっちまう蕭何すごいというのには何の異論も無いです
218.名無しさん:2018年11月10日 12:54 ID:IB4iTbd30▼このコメントに返信
朝鮮人の中では無能ではないのだろうけど、終戦後に退却する敵軍に奇襲かけて戦死する英雄ってどうなの?
219.名無しさん:2018年11月10日 12:54 ID:Sg9WacVt0▼このコメントに返信
そもそも朝鮮出兵で朝鮮軍に勝ち星なんか一つもないよ。
李舜臣は停戦後に背後から奇襲したつもりが、
鬼島津に釣り野伏であっさり討ち取られた雑魚。
220.名無しさん:2018年11月10日 12:56 ID:dmTpbZpR0▼このコメントに返信
秀吉も朝鮮も明も全部馬鹿だった時代。
肉親や有能な人材を粛清しまくって滅びたんだから。
朝鮮民なんて当初日本の軍を解放軍だと喜んでいたくらいで論外もいいとこ。
221.名無しさん:2018年11月10日 12:56 ID:Qz8jH.Uf0▼このコメントに返信
李舜臣が、青海権とかいろいろやったが、日本側のプラン不足と、明にびびって負けた。

秀吉出陣せず、これもだめ。城は早々落ちないから、鞭うてばいい。勝てた。

李舜臣はつおいと思う。島津に打たれたが。猛将系は高レート。
222.名無しさん:2018年11月10日 12:56 ID:.CUqcSc90▼このコメントに返信
※213
戦国の頃だと最初に持っていくのは着到を付けるまでかさらに数日程度なんだけどね
兵糧などは城みたいな拠点に蓄積するのが一般的だよ
223.名無しさん:2018年11月10日 12:56 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>213
え?馬鹿なの?
補給の概念あったからこそ、その補給が完璧だったために英雄視されてるんだぞ
言ってることがあまりにもトンチンカン
はっきり言って昔の人を蔑視しすぎで歴史語る資格ないよ君
224.名無しさん:2018年11月10日 12:56 ID:T2f0sqC.0▼このコメントに返信
※215
北條攻めのこと言ってるんだったら、あれは遊牧民的な移動定住型だろ
225.名無しさん:2018年11月10日 12:57 ID:RhMo7ein0▼このコメントに返信
※183
母親が千ョンに股を開いて生まれてきたゴミ屑乙w
朝鮮人の遺伝子でない限りお前のようなアホは日本には生まれないはずだww

ローマ時代から存在するわボケ!
226.名無しさん:2018年11月10日 13:00 ID:6WrP7RVO0▼このコメントに返信
※56
反日ファンタジーに目を瞑れば
日本映画には出来ないスケールと迫力ある合戦は見応えあるよ
日本の軍装も日本の歴史家が太鼓判押すほどよい
朝鮮水軍の兵卒がことごとく鎧を着ていたのはいただけないが、まぁ問題はそれだけにとどまらないけどねw
日本ではバトル・オーシャンという英題で一見
文禄・慶長の役の映画とはわからないね
227.名無しさん:2018年11月10日 13:00 ID:5CuNmGGF0▼このコメントに返信
朝鮮の土地が劣悪で行ってガッカリだった
優良で欲しい土地と優良な人民なら
有力大名が恩賞の土地欲しさに征服するはず
やる気が失せたので、素朴な製品を作る陶工を連れて帰った
228.名無しさん:2018年11月10日 13:01 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>224
西からも兵糧運びまくってるのにあまりにも無知過ぎる
229.名無しさん:2018年11月10日 13:01 ID:xKhEAxkD0▼このコメントに返信
普通に負けて戦死してる奴を拝み奉ってる韓国って一体どうなってんだろうな
あの中国ですら秀吉軍に勝てないって記録してるくらいなのに
それを撃退したとか言ってるお前らは一体どこのパラレルワールドの話してんだよって感じ
230.名無しさん:2018年11月10日 13:01 ID:7lGWcwso0▼このコメントに返信
>>41

 イ・スンシン
他者を狙ったハズレ玉
大当たりして★になるw



231.名無しさん:2018年11月10日 13:01 ID:Sg9WacVt0▼このコメントに返信
※213
こいつ横山三国志すら読んだことないんだろうな・・・
232.名無しさん:2018年11月10日 13:06 ID:4LA4elIN0▼このコメントに返信
李舜臣は与えられた権限と兵力で最大限の戦果を挙げた。そういう意味では、文句なしの名将。
ただ現代の韓国人が、李舜臣の戦果を盛りまくってるから、オカしくなる。

それにしても文禄・慶長の役の海戦において、漆川梁海戦で朝鮮水軍を全滅させた藤堂高虎は、李舜臣をはるかに上まわる戦果を挙げているのに、日韓どちらの歴史家からも無視されていて悲しい。
233.名無しさん:2018年11月10日 13:07 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>219
いや、敵軍に包囲された小西救出作戦の一環で釣り野伏せですらないんだよ
234.名無しさん:2018年11月10日 13:10 ID:JLO.zcPK0▼このコメントに返信
李舜臣は朝鮮人の中では間違いなく英雄。
他の朝鮮人はまともに戦ってもいないし。
235.名無しさん:2018年11月10日 13:15 ID:9ZFLk2Aq0▼このコメントに返信
>>189
自分より弱い相手と仲良くする理由はない
当時日本は世界有数の銃保有国だったし、そのおかげでその後鎖国できている
それに大陸連中は基本日本を見下しているので単純な友好は無理

あと欧州列強が来ていたのは事実だが、スペイン自体アルマダで負けて文禄・慶長のときにはすでに衰退期に入っているので
対スペイン、ポルトガルのための唐入りというより、九州平定後の単なる領土拡大の一環で明支配を考えていたで良いと思う
そのために佐賀に拠点として名護屋城作ったり、朝鮮にも多数の城を作っている

対スペインならフィリピンの東インド会社や台湾を狙うのが正しいはず

朝鮮からの撤退は、
秀吉死去と朝鮮が貧しくて食料も少なくウンコまみれの荒れ地で毛利がいらないと言ってるぐらいのところなので、支配不要と判断されたんだろうね
236.名無しさん:2018年11月10日 13:16 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>232
結果勝利したけど抜け駆けして周りに迷惑かけまくったからね
加藤嘉明はこの件でブチ切れて藤堂と犬猿の仲になったくらいだし
237.名無しさん:2018年11月10日 13:23 ID:or9z6NbN0▼このコメントに返信
遠征軍には勝てるけど、国境封鎖してる本国軍が頑強で突破もできず、
迂回ルート探っても明本国への侵攻ルートが見つけられず、北上するも
女真族に敗れて戦線縮小。
そういう行き詰った状況だからこそ、反対派が勝って撤兵した。
それだけ。朝鮮はあまり関係ない。
238.名無しさん:2018年11月10日 13:34 ID:o1OVPp8K0▼このコメントに返信
東アジア交易に一定の秩序をもたらしたわけだから

巻引きを図る機会的要因は、秀吉の死である。

さもなければ、徳川の台頭は有り得ない。

つまり、史実が異なってくる。
239.名無しさん:2018年11月10日 13:37 ID:GVuKPIUt0▼このコメントに返信
ポルトガルとかのアジア植民地の現状、日本人大名による奴隷貿易、日本の国体を守るには明へ攻めて、西欧の国々に力を示す必要があった。
キリスト教宣教師はスパイだし、当然、当時大名は気づいていて、秀吉もわかっていたはず。
とにかく、日本は宣教師で骨抜きにできない国で、武力もある国だとスペイン、ポルトガルなどの国々に示す必要があった。戦争は勝つ負けるというか、外交的にどのように有利にするかが勝負。
日本を守るための戦い、外交の手段だったんだよ。
だって、教科書で習った時、なんで朝鮮出兵したの?って疑問に思ってただろ。わかるだろ。
240.名無しさん:2018年11月10日 13:37 ID:iaqizH9x0▼このコメントに返信
>>42
目標達成することなく撤退ってそれを敗戦と普通は言うと思うぞ

この(屁)理屈にすがりつきすぎ
うやむやに終わってんだから、勝ちも負けも無いだろ
241.名無しさん:2018年11月10日 13:38 ID:Mtu85H8L0▼このコメントに返信
亀甲船には諸説あるが、決定的な同時代史料に乏しく、後世の記述や画像に基づく想像を交えた復元案しかないのが現状である。
①少なくとも韓国側想像模型の様な密閉構造ではなかったと思われる。密閉では大砲を撃った時に地獄になる。他の朝鮮船同様、開放式かせいぜい半密閉式の船体構造であったろう。日本の安宅船の様な内海船か竜骨を持つ外洋船かは不明。
②鉄板装甲はあり得ない。そもそも圧延鉄板がないし、鋳鉄・鍛鉄による装甲板は重すぎる。木造船の主要部を丈夫な木板で覆った程度であろう。それでもかなりのトップヘビーで操船は難しかっただろう。
242.名無しさん:2018年11月10日 13:41 ID:fW44y.FV0▼このコメントに返信
李舜臣は明・朝鮮の連合軍の中でも、スタンドプレーの命令違反で戦線ズタズタにした罪で、将軍から一兵卒に格下げされとるけどね。
そんなアホが英雄に祭り上げられ、朝鮮人にはどんだけ人材がおらんのよ?という事。
万年属国以外に、そもそも何ひとつ見るべき歴史が無い朝鮮土人にプライドを持たせる為に、李舜臣の英雄論は朝鮮統治の日本によってでっち上げられたもの。
それにしがみついてる朝鮮人も哀れなもんだわ。
一握りの両班(やんぱん)支配層にこき使われ、大半がクソまみれの奴隷民としてあえいでいた朝鮮土人。
日韓併合は彼ら朝鮮土人にとっては夢のような世界だったに違いない。
それを認めたくない劣等感もあって、ヤツらは日本に対し執拗にマウンティングを仕掛けようとする。
が、誇るべきまともな歴史の無いクソ民族にとって、それは無理と言うもの。
次から次へとボロが出る!、アキラメロン。
243.名無しさん:2018年11月10日 13:42 ID:fW44y.FV0▼このコメントに返信
ウソのかたまり朝鮮人。はい論破!。WWW
244.名無しさん:2018年11月10日 13:42 ID:fwlM9mbw0▼このコメントに返信
雑魚やったな
245.名無しさん:2018年11月10日 13:43 ID:LJhmU8YX0▼このコメントに返信
講和を結んで帰る途中の船団に、条約を破って攻撃し、返り討ちに会って戦死することを「撃退」というんですね。あちらでは。
246.名無しさん:2018年11月10日 13:46 ID:lbb0x.nR0▼このコメントに返信
※245
>条約を破って攻撃し、返り討ちに会って戦死することを「撃退」という
まんま徴用工じゃないですか。笑かさないでくださいw
247.名無しさん:2018年11月10日 13:46 ID:d.614UXa0▼このコメントに返信
まあ、『坂の上の雲』は置いておいて、李朝が李舜臣を忘れ去っていたのは事実。
248.名無しさん:2018年11月10日 13:47 ID:.F0Ed1nZ0▼このコメントに返信
小西行長が秀吉の死をうけて明と講和を成立させた後で、李舜臣はなぜか追撃を開始して島津に返り討ちくらって戦死したんだよな?
日韓基本条約と同じで朝鮮人は国際的な約束を理解していない可能性がある
249.名無しさん:2018年11月10日 13:58 ID:.CUqcSc90▼このコメントに返信
※235
脳内お花畑すぎるだろ...
それじゃ朝鮮人と変わらんぞ
250.名無しさん:2018年11月10日 14:00 ID:7qiKF4FF0▼このコメントに返信
異民族と戦争するんだという意識がなかった
長く国内戦をやっていた感覚で対外戦を始めた
日本なら戦が終わると逃げていた百姓農民は皆村に戻り新領主の元耕作に励むからそれでよかった
言葉も文化も違う倭人に恐れをなして朝鮮人は皆逃散してしまい後方地帯が兵站供給の機能をなさなくなってしまっていた
251.名無しさん:2018年11月10日 14:03 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>208
倭寇対策と役にん汚職対策
252.名無しさん:2018年11月10日 14:06 ID:0ov1Sbqj0▼このコメントに返信
韓国人が英雄という奴は基本テロリストだけどもっと言えば自分の感情と暴発による不意打ちだけなんだよな。
李舜臣にしても日本が補給船に護衛もつけずにいたから最初被害が出たがすぐに護衛を付けたらことごとく敗戦だろ。
この時も上から止められていたが勝手に出撃したと聞くし。
253.名無しさん:2018年11月10日 14:06 ID:9ZFLk2Aq0▼このコメントに返信
※249
どうお花畑なのか具体的に反論してみ?w
254.名無しさん:2018年11月10日 14:08 ID:OThLM36h0▼このコメントに返信
嘘と捏造の朝鮮の歴史、コイツ等が半万年の支那の属国奴隷で大日本帝国によって解放され、日韓併合により日本人から教育・産業・文明を与えられてアジア最貧国家の文盲土民であった朝鮮人が現代国家になった事実は決して消えない歴史の真実として世界中に記録が残っている、否定して捏造するのは朝鮮人だけ。
255.名無しさん:2018年11月10日 14:08 ID:C9qAP1Kz0▼このコメントに返信
沖縄、台湾に向かうか北海道に植民すれば、次につながる可能性があったのに…。

明と朝鮮っていうのがなぁ…。
それになんで、欧米みたいに外洋船を作ろうとか大砲作ろうがないのか不思議。
伊達政宗が洋式外洋船作れるんだから、秀吉だって作ろうと思えば作れるんじゃ…。
256.名無しさん:2018年11月10日 14:08 ID:LsNifF960▼このコメントに返信
下朝鮮に英雄居ないだろ 居るのはテロリストか卑怯者かガチ屑だけ
257.名無しさん:2018年11月10日 14:10 ID:TQNq.3Rv0▼このコメントに返信
そもそも当時、日本は戦国時代で朝鮮は内戦がなかったから日本のほうが圧倒的に強いのは当然なんだよね。
向こうは著名な武将ほとんど戦死している一方で日本は大名クラスの戦死は1人か2人のみ。

明もこの遠征が遠因で加藤清正が朝鮮を突破して戦ったオランカイに敗北して清になっている。
途中からは加藤清正の軍に朝鮮軍がそこそこ合流して共闘していたって話だし。
明の歴史書でも勝負云々の前に秀吉が死んで戦いは終結したって事になっている。
258.名無しさん:2018年11月10日 14:13 ID:iaqizH9x0▼このコメントに返信
>>27どっちも正しいよ
朝鮮出兵は途中から負け続けてたのに秀吉の妙なプライドのせいで退却したくても出来なかったんだから

さらっと嘘をぶっこむな
日本軍は慶長の役では一戦たりとも敗北していない
259.名無しさん:2018年11月10日 14:15 ID:TQNq.3Rv0▼このコメントに返信
朝鮮はこのあと明VS清でも明について負けて
清に侵攻され2回征服されることになるw
260.名無しさん:2018年11月10日 14:16 ID:MDupEhwF0▼このコメントに返信
日本側は朝鮮出兵は実入りが少ないしすぐ反乱するから
退却したくてしょうがないけど
秀吉が死んできっかけができたからじゃないの?
261.名無しさん:2018年11月10日 14:16 ID:aeKQeB.X0▼このコメントに返信
元々がスペイン対策で半島を緩衝地帯にする目的だったんで日本の戦略目的としては未達で負けだったとは思うな
まあこの戦いをみてスペインビビったってのは間違いないんだが
262.貴様はそれでも日本人か!:2018年11月10日 14:18 ID:e2giBZq70▼このコメントに返信
朝鮮人の英雄は全部卑怯者、ニダールと同じだ、( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。
263.名無しさん:2018年11月10日 14:19 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>257
正しくは李自成の反乱によって明は滅亡
その李自成を討って清は建国された
264.名無しさん:2018年11月10日 14:19 ID:7eCIwAt.0▼このコメントに返信
当時も今と同じで朝鮮に行くのは罰ゲームみたなものだったようだよ、
褒美として朝鮮の領地を与えようとしても誰も欲しがらなかったらしい、
何せ当時の朝鮮は不衛生で日本人には耐えられなかったらしい
らしいが多いのは全て聞いた話なので真偽は分かりません
265.名無しさん:2018年11月10日 14:22 ID:ue22B3ya0▼このコメントに返信
※215
豊臣軍の補給って水(海)運だよりなんだよ、、、まぁ鉄道できるまでは世界的常識なんだけど、、、
だから補給成功したのは徳川家が担当した東海道だけでの話、、、
中山道からの北方軍なんか落城させた松井田城の兵糧が主、以降落城した兵糧だけで進軍したから
必然交渉で開城される場合が多く、秀吉に「もっと戦え!」って怒られてる、、、
つまり豊臣軍は内陸での兵站線確保に成功したことはない、、、これは朝鮮の役でも同じ結果になる、、、

だから北条軍が太平洋に面した小田原城ではなく川越城のような内陸で籠城粘ったなら
北条征伐も兵站面ではけっこう良い戦いにはなったかも、、、
実際は大道寺政繁がすぐ開城させちゃうんだけどね、、、
266.名無しさん:2018年11月10日 14:24 ID:TQNq.3Rv0▼このコメントに返信
>>263
ただ朝鮮への出兵コストの負担やその間に女真族への監視が手薄なって向こうが好き勝手にできたのもあるだろう
267.名無しさん:2018年11月10日 14:25 ID:OpfcH.Ju0▼このコメントに返信
※6
なんかか朝鮮の亀甲船をあちらがすごい持ち上げて有名になってるけど、当時日本も鉄甲船という装甲船使ってたんだよねぇ。
268.名無しさん:2018年11月10日 14:30 ID:1tycLobl0▼このコメントに返信
こんな卑怯者より光山文博のほうがよほど英雄的な男でしょ
269.名無しさん:2018年11月10日 14:31 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>265
当時は水運でないと数万の軍を賄える兵糧の輸送は困難を極めるというだけの話
陸でも兵站線自体は問題なく確保できてる
問題は運ぶコスパ
270.名無しさん:2018年11月10日 14:36 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>267
鉄甲船は朝鮮征伐で大量投入しようとしたら嵐でそのほとんどが行き着くまでに海の藻屑になった
271.名無しさん:2018年11月10日 14:38 ID:TQNq.3Rv0▼このコメントに返信
向こうが作った亀甲船も再現というよりは
ほとんど想像図から作ったようなものらしいけど。
272.名無しさん:2018年11月10日 14:38 ID:30JtCTFS0▼このコメントに返信
>>1
追撃して死ぬなんて三国志の張郃やら戦国時代の井伊直政、長曾我部信親やらたくさん例があるんだけど
殿軍は戦上手が指揮するものだし、逃げる側も必死で戦うから被害でやすいもんだろ
273.名無しさん:2018年11月10日 14:41 ID:fZiwWkbb0▼このコメントに返信
極直近の日韓基本条約すら内容を正確に伝えず「漢江の奇跡」とか誤魔化してたの発覚してて尚、韓国の歴史がファンタジーであることに気付けないのはいけないよ

とことん英雄視されたがる国民性なので見栄張りまくった結果ともいえる
274.名無しさん:2018年11月10日 14:44 ID:D56k.2TH0▼このコメントに返信
あいつら、李舜臣を英雄扱いする割りには奴の功績も朝鮮王朝が奴に行った仕打ちも知らないんだよねww
275.名無しさん:2018年11月10日 14:53 ID:quexftb10▼このコメントに返信
明が不毛の大地朝鮮で焦土作戦取った時点でそれ以上の侵攻は無理だったと思う

※272
停戦協定破って攻めてきて敗北するカスだぞ
276.名無しさん:2018年11月10日 14:54 ID:eZTcd6kM0▼このコメントに返信
秀吉はもうぼけてたんだろ
当時の技術で海渡って戦争とか無理筋すぎる
周りはわかってたけど言えなかったとか独裁のデメリットの顕著な例だな
277.名無しさん:2018年11月10日 14:54 ID:MVnJaFQC0▼このコメントに返信
日本って昔から勝てる見込みもない喧嘩吹っ掛けてぼろ負けしてたんやな
現代も変わってないのが笑えるw
278.名無しさん:2018年11月10日 15:02 ID:EoRUfzI20▼このコメントに返信
>>272
いや、そんな事分かってるよ
ただ英雄かと言われてたる人物かと言いたいだけだよ
279.名無しさん:2018年11月10日 15:04 ID:ue22B3ya0▼このコメントに返信
※269
コスパもなにも「成功した事例」がないから、、、
280.名無しさん:2018年11月10日 15:05 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>266
明は朝鮮の役で一度は財政破綻したものの何とか立て直すことに成功
だがまともな皇帝がいなかったためやがて派閥の主導権争いが絶えなくなり制御不能状態に
北方戦線は名将の袁崇煥がなんとか守り抜いていたものの敵の策略で自国の政治闘争に巻き込まれ粛正されてしまう
そして北方戦線が崩壊、明内部も飢饉と圧政によって各地で反乱が続出し一気に亡国の流れへ
281.名無しさん:2018年11月10日 15:08 ID:EoRUfzI20▼このコメントに返信
>>272
もっと言うなら韓国の本当の英雄は白将軍とかだろって事だよ!
282.名無しさん:2018年11月10日 15:11 ID:jAoGFkWa0▼このコメントに返信
秀吉の目的を大まかに説く。
彼は、欧州人の世界征服開始、その大航海時代に生まれている。
東南アジア諸国を侵攻するスペイン他の国々の動向を知り、危惧する。
我が国に侵略の手が伸びるのは間違いない、ここは志那と『共同戦線を張り
防御する方策が最も賢い』と言う献策を何度も行ったのだが無視されている。
秀吉が派兵軍の意図は志那の都を占拠し、交渉の場に明国皇帝を引きずり出す為だ。
其の後のアジア史を眺めるに秀吉の構想は誤って居ない。
欧州人の侵略を食い止めようと考え実行したのは秀吉のみである。
283.名無しさん:2018年11月10日 15:12 ID:9ZFLk2Aq0▼このコメントに返信
※276
ボケてたやつが兵站考えながら大陸なんか目指さねーし、つい最近まで敵だった大名がボケた大将に命令されたからって参加するわけねーだろ
284.名無しさん:2018年11月10日 15:22 ID:YR4I95Gb0▼このコメントに返信
※271
だって記録が残ってる日本の書物にそんな装甲艦出てきてないものw
おまけに朝鮮の記録にはたった3つの書物だけで出てくるのに、不思議な事にどれも供述内容が違うんだぜw
でもって日本も含めて総合的に見るとどうみてもただの手漕ぎの小型木造船が数と小回りで勝っただけじゃね?ってのが現実
だから島津も誰が討ち取ったのか分からんほどあっさり砲撃で死んだんだぜ、英雄()はw
285.名無しさん:2018年11月10日 15:31 ID:Dfb7kNI90▼このコメントに返信
>>277
ボケ老害の謎の上から目線のアジア蔑視、上に怒られるからと若手間での忖度や文書改竄の蔓延、こちらから喧嘩売っておいて後で被害者面(元寇の仕返し)、現地への日本文化輸出活動,etc
何処かで見たような見事なジャッ○仕草満載
286.名無しさん:2018年11月10日 15:33 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>276
侵攻自体は全く無理ではないよ
朝鮮が想像以上にとてつもなく未開の地だったのが運悪かった
そりゃ支那の王朝も直接支配しないわけだよ
287.名無しさん:2018年11月10日 15:37 ID:thX1kPCO0▼このコメントに返信
>>45
大体宗氏のせい。
288.名無しさん:2018年11月10日 15:38 ID:thX1kPCO0▼このコメントに返信
>>46
かの家康も行く気満々だったんだよなぁ。
289.名無しさん:2018年11月10日 15:39 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>279
何度も言うように大規模な軍は賄えないだけ
小規模なら何も問題ない
290.名無しさん:2018年11月10日 15:40 ID:thX1kPCO0▼このコメントに返信
>>74
文禄は通過目的、慶長は侵略・誅伐目的。
291.名無しさん:2018年11月10日 15:44 ID:thX1kPCO0▼このコメントに返信
>>124
唐入りでの国力低下が明滅亡の原因の一つだしな。
292.名無しさん:2018年11月10日 15:52 ID:EoRUfzI20▼このコメントに返信
>>4
停戦協定してるのに色々調子に乗って奇襲、結果返り討ちだけどな
293.名無しさん:2018年11月10日 15:53 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>285
韓国の自己紹介すぎて草
294.名無しさん:2018年11月10日 16:00 ID:goWrthRY0▼このコメントに返信
 ちょうせんはナチュラル焦土作戦国家だからなあ。
こんなところ取るより日本の自分の領地ちゃんと経営してえなあ…俺もなー。
ってなるのはしゃーない。
その意味では李氏朝鮮の勝利ともいえる。
295.名無しさん:2018年11月10日 16:06 ID:Dfb7kNI90▼このコメントに返信
>>278
韓国人が英雄だと思うならそれでいいし、日本人が決めることじゃないよね
イギリスがネルソン提督を英雄視して文句言うフランス人なんて聞いたことない
逆に聞くけど、敵に暗号解読されて待ち伏せされて(しかも護衛機減らして)撃ち落とされた将軍は英雄か?
296.名無しさん:2018年11月10日 16:11 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
そろそろ韓国国内で、正しい歴史教育させろよ。
そうすれば、無駄な軋轢おこらないんだし。
すべて、李承晩以降甘やかしたアメリカが悪い。
近年の反日煽ってたのは、アメリカだし。
反日度
アメリか>韓国>>>>>>>>中共>>北朝鮮
297.名無しさん:2018年11月10日 16:13 ID:m2z57C0q0▼このコメントに返信
※292
そうそう。せっかく豊臣軍と明軍で休戦協定結んで潔く撤収するから戦わない約束した。しかし朝鮮民族の悲しさ、ちょっとでも隙が有れば
約束はどうでもいいとかんがえる。背中を襲う習性は抜けないのだ。明も戦になれた民族、日本も同じだ。戦国時代でも一種のルールが有った。
奴隷民族にはそんな美しさは無かった。結局李舜臣は銃弾で戦死。
298.名無しさん:2018年11月10日 16:16 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※1
ネルソンみたいに戦死しても英雄の奴いるから、一概には、いえない。
部隊が、大勝利収めれば英雄。
なので、勝利してない奴は、英雄では無い。
299.名無しさん:2018年11月10日 16:20 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※6
江戸時代ごろに、朝鮮で創造で書かれてものじゃなかった?
現代の技術で再建したら沈没したとか。
300.名無しさん:2018年11月10日 16:23 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※23
日本のマスコミすら取り上げないから、外国人記者クラブに売り込みにいく英雄様。
テレ朝の羽鳥の番組にレギュラー貰えばいいのにね。
301.名無しさん:2018年11月10日 16:29 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
唐入り失敗の本質は、半島部・満州地域が、想像を絶する貧困地帯だったこと。
宋・小西が、正確な情報を秀吉にあげていれば、南方攻略ルートで、早期に決着ついた。
南京陥落すれば、明朝は、それで終わり。
江南・揚子江流域なら諸大名は、よろこんで、移封しただろうし。(米とれるからね)
302.名無しさん:2018年11月10日 16:32 ID:EoRUfzI20▼このコメントに返信
>>295
まあそれで良いんじゃね!
お前らの最大英雄馬鹿にして悪かったな
303.名無しさん:2018年11月10日 16:36 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※129
当時は、徳川・前田・毛利の三すくみ状態じゃないかな。
徳川・前田は、婚族だけど毛利と血縁がないから秀秋を養子に押し込もうと。
秀秋が、毛利本家に入ってたら、歴史変ってるだろうね。
304.名無しさん:2018年11月10日 16:40 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※132
明の将軍が手柄欲しさに原住民を先陣にして攻撃したんじゃない。
原住民の軍司令官風情が、宗主国様の援軍に命令権ないんだし。
現在の韓国軍に駐韓米軍の指揮権ないが、逆は有るのと同じかと。
305.名無しさん:2018年11月10日 16:48 ID:E4nf5OuL0▼このコメントに返信
※295
それで良いんじゃないかな
間違ってもフランス軍の英国上陸を未然に防いだネルソン提督と並ぶ事はあり得ないだけで
306.名無しさん:2018年11月10日 16:51 ID:qb2LJ3ak0▼このコメントに返信
※221
>李舜臣はつおいと思う。

朝鮮人の例にもれず、武器を持ってない相手にはめっぽうつおいよね。
307.名無しさん:2018年11月10日 16:54 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※157
ネーデルランドは、植民地じゃなく、宗教戦争=独立戦争だろうが。
308.名無しさん:2018年11月10日 16:55 ID:VOlAQ4pa0▼このコメントに返信
本文※6「李舜臣・・・・東郷平八郎が名前を出すまでは朝鮮でも無名の人物 」
は間違い。

東郷平八郎の公的な文書、日記などの私的な文書のどこにも「李舜臣」の名は無い。
 
東郷の死後、東郷と友人だったという半島出身者が「東郷は生前、李舜臣は凄いと言っていた」という「噂」がある程度。
実際にそんな事を言ったのか不明なら、その半島出身の友人も誰だか分からない。
 
また、当時「李舜臣」が有名な武人なら、それを倒した武将は手柄のために多くの記録に残し、自分の戦果を誇るはずだが、日本側の記録には「李舜臣」の名前はどこにもない。当然、亀甲船の事もどこにも記録がない。
309.名無しさん:2018年11月10日 16:58 ID:.TA.JitH0▼このコメントに返信
※110
乗り込まれないように「屋根に杭を植えた」り、そのほかの記述からも潜伏もしくは接近しての火矢や焙烙などによる奇襲に特化した小型船らしいって検証がされてるんだけどねぇ。
310.名無しさん:2018年11月10日 17:00 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※176
オーストラリアまでいけてたら最高だったのにね。
311.名無しさん:2018年11月10日 17:01 ID:.TA.JitH0▼このコメントに返信
※109
当時、オンラインプレイで「朝鮮」で参加してくるプレイヤーがいると「このチート野郎をまず潰そうや」ってことで他のプレイヤー全員で朝鮮を全滅させた後でゲームを開始するってかんじだったねぇw
312.名無しさん:2018年11月10日 17:03 ID:GAj1ivuD0▼このコメントに返信
逃げる事と女子供に暴力をふるう事しかできないクソザコ朝鮮兵は歴史上どこにも勝った事がないだろ
テロリストが英雄になるようなクソザコな国が韓国だぞ
313.名無しさん:2018年11月10日 17:03 ID:qb2LJ3ak0▼このコメントに返信
※232
>李舜臣は与えられた権限と兵力で最大限の戦果を挙げた。

日本の侵攻時には蹴散らされ、停戦時には徹底抗戦を主張し、
停戦後は、撤退中の商船を襲い、最後は島津軍に成敗される。
日本の感覚では、武人の風上にも置けぬ卑怯者です。
314.名無しさん:2018年11月10日 17:07 ID:qb2LJ3ak0▼このコメントに返信
※234
>李舜臣は朝鮮人の中では間違いなく英雄。
>他の朝鮮人はまともに戦ってもいないし。

停戦後に撤退中の商船を襲うのがまともな戦いなの?
315.名無しさん:2018年11月10日 17:14 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※192
米は、取れない(半島南部だけ)、金山・銀山無い(あるけど規模小さい)、
そして、女がブス<これが、一番の理由だろ。
曹操は、女あさりで、張繍・袁尚・孫権攻めてるぐらいだし。
316.名無しさん:2018年11月10日 17:21 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※208
軍事力が上の国が、なんで、頭下げるんだ?
古今東西そんな例はないぞ。
317.名無しさん:2018年11月10日 17:27 ID:qFsWPfDw0▼このコメントに返信
朝鮮が貧しすぎたのが原因
統治する価値すらないってんで完全撤退したからな
318.名無しさん:2018年11月10日 17:31 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※255
当時の明は、世界一の富裕国家だぞ。
319.名無しさん:2018年11月10日 17:32 ID:bSe761r10▼このコメントに返信
徳川200有余の平和の土台だからな。
320.名無しさん:2018年11月10日 17:34 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※261
南方から来るスペイン相手に半島を緩衝地帯て、馬鹿なの?
琉球・台湾支配が常道だろ。
321.名無しさん:2018年11月10日 17:34 ID:qBBx.Vtr0▼このコメントに返信
>>204
嘘乙
何度も何度も対馬が頼んだ結果やっと朝鮮通信使が来るようになったんだぞ?
322.名無しさん:2018年11月10日 17:37 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※264
朝鮮の使節が華美な服装と宋・小西が嘘の報告したから、
出兵前は、みんな期待してたよ。
加藤なんか100万石貰う夢見て、驀進したんだから。
進めど進めど不毛の大地だったけど。
323.名無しさん:2018年11月10日 17:38 ID:gAg8ptMW0▼このコメントに返信
※320
ヒント、硝石、あとキリシタン大名
324.名無しさん:2018年11月10日 17:39 ID:ZjuYEaSZ0▼このコメントに返信
明>まもなく滅んだね。
その遺臣が水戸ご老公のところに保護されていたよ。
通信使というのは朝貢と同じものだぞ。朝廷は会わないので朝貢とは呼ばない。まさに征夷大将軍に服属のために拝謁する行事だよ。
325.名無しさん:2018年11月10日 17:39 ID:cT.te.2J0▼このコメントに返信
>>301
海流の関係で南はまず無理
風も海流も常にこちら向きに流れている
326.名無しさん:2018年11月10日 17:40 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※265
日本は、馬車がなかったからね、陸運の能力は、高が知れる。
327.名無しさん:2018年11月10日 17:40 ID:8499xVG90▼このコメントに返信
>>45
そんな屁理屈言い出したら日露戦争勝利のために調子に乗って2次に突き進んで敗北したから日露戦争は痛み分けか?
328.:2018年11月10日 17:41 ID:ybnnje3.0▼このコメントに返信
日本対明。キムチは添え物。
329.名無しさん:2018年11月10日 17:43 ID:N18pzCzK0▼このコメントに返信
最後の最後に島津に奇襲かけて喧嘩売るとか馬鹿の極みw
330.名無しさん:2018年11月10日 17:46 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※295
あれ、自殺だぜ。
小沢の護衛機増加をけってるし。
331.名無しさん:2018年11月10日 17:50 ID:dRzL.pb80▼このコメントに返信
まあ朝鮮からしたら災難よなあ
韓日併合は日本の災難だっだが秀吉の件は正直悪かったと思ふ
332.名無しさん:2018年11月10日 17:51 ID:dui9O7bQ0▼このコメントに返信
李舜臣が日本軍撃退したとかはおおげさだが、
日本軍に遥かに劣る兵士と装備で日本の補給線に負担を掛け続けてたんだから普通に良将。
後半と最後は調子に乗りすぎて失敗してるが。

補給線圧迫した以上に、前半の連戦連敗で地に落ちた朝鮮側の士気を盛り返した効果は馬鹿に出来ない。
ただ、最後生き残っても味方に暗殺されてたと思われるのが朝鮮クオリティ。
333.名無しさん:2018年11月10日 17:53 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※325
君は、馬鹿なのか?
堺に来てた明のジャンクは、帰国できなかったのかね?
334.名無しさん:2018年11月10日 17:56 ID:v3BPD5EM0▼このコメントに返信
そもそも、日本を撃退してないし、笑
まあ使える武将は明にしたら邪魔やから暗殺されたんだろ。

335.名無しさん:2018年11月10日 17:57 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※323
硝石は、国産化始まってるが。
キリシタン大名には、棄教命令で、高山右近は、領地召し上げだろ。
そもそも緩衝地帯の意味しらないのか?
336.名無しさん@ほしゅそく:2018年11月10日 17:58 ID:.7J.uVvF0▼このコメントに返信
太古の昔から朝鮮半島と日本列島は永遠のライバル。
中世までは朝鮮の方が発展していたため、大陸の前進技術を日本へ伝えた。
近代からは日本がリードし、朝鮮や大陸へ前進技術を伝えた。
元寇では日本が勝ち、唐入りでは朝鮮が勝った。併合で大陸に侵略した日本だったが、やはりアジアの覇者である中国には当然勝てずに破れて現在に至る。まさに一進一退の互角。そして技術的にも半島と列島は現在は五分五分となった。半島と列島が争えば大陸である中国には勝てない。半島が大陸に飲み込まれれば列島は大陸には勝てずに併合されるのは時間の問題だろう。
朝鮮と日本は永遠のライバルであり、盟友でもあるのだ。
337.名無しさん:2018年11月10日 17:58 ID:ccV8ObSF0▼このコメントに返信
半島人にとって歴史はファンタジー
338.名無しさん:2018年11月10日 17:59 ID:7B2DsrJX0▼このコメントに返信
まあテロリスト安重根を英雄にするよりは李舜臣を英雄にしてた方がマシだよ。
ちなみに李舜臣は前線の実情を全く知らない朝鮮政府に振り回されて降格されたり軍を奪われたり、ありえねーくらいひどい扱いを受けたのにそれでも戦い続けて無残に戦死してしまったんだけどね。真面目にやってた人がバカを見る、まさに朝鮮、何百年も前から全然変わってないって教訓も得られるだろうし。
339.名無しさん:2018年11月10日 18:01 ID:VOlAQ4pa0▼このコメントに返信
※321
徳川の統一によって国内は戦争が無くなったけど、(秀吉に攻められた)朝鮮が報復に来ないとも限らないからね。
 
そこで、朝鮮に日本を攻撃する意思を持たせないために、日本の国力を見せつける必要があった。
 
朝鮮通信使が通過するところは、しっかりと接待させ盛大に盛り上げるように命令を出した。
「日本は地方でもこんなに豊なんだ!こりゃ我々の国(朝鮮)はかなわない……」と思わせるように。
 
将軍が変わるごとにやって来た朝鮮通信使は、大名には参勤交代同様、通信使への接待などで金を使わせ戦費を貯めさせない効果があった。
民衆には「外国からも将軍交代の祝賀が来た」と将軍の交代の宣伝と権威強化の効果があった。
 
そして、秀吉の朝鮮出兵で途絶えていた通信使の復活に尽力したのが対馬の宗氏。
復活は徳川の命令だから、宗氏も通信使復活に必死だったろうね。
340.名無しさん:2018年11月10日 18:02 ID:aAskj91f0▼このコメントに返信
※332
日本の補給線っていっても海上輸送は問題無かった。
朝鮮水軍の活動は限定的で嫌がらせ程度に収まってたしね。
問題は陸の方で、ろくな道もない険しい山の続く半島の地形と、
人夫として雇った朝鮮人がサボったり逃げたりして使い物にならなかったのが大きかった。
だから日本は兵站が続かず半島南岸へと後退するしかなかった。

李舜臣のほとんど唯一の武勲となる脇坂安治に対する勝利だが、
脇坂隊1500はつい先日に龍仁で5万の明朝連合との激戦を制したばかりで、
休養と再編成を兼ねて安穏とした後方での輸送任務に就いていた。
341.名無しさん:2018年11月10日 18:07 ID:6IC61Yhh0▼このコメントに返信
当時はスペインが明を狙ってたんだよ、明をスペインに取られると必然的に朝鮮もスペインに取られることになる、そうなると日本が危ない。
構図的には日清日露戦争と同じでこのままでは派遣国家スペインの従属国になりかねない危機感から明を攻めて占領しようとした。
位置的に朝鮮を覇権国家に取られるのは日本に取って恐怖でしかない。
342.名無しさん:2018年11月10日 18:08 ID:D56k.2TH0▼このコメントに返信
※295
奴の場合はそもそも英雄にされただけで元々評判は悪かったw
343.名無しさん:2018年11月10日 18:11 ID:uh.F6PfU0▼このコメントに返信
当時日本軍は鉄砲装備してたから背の低い船は鉄砲除けの屋根が必須だったから、背の低い屋根付きの船で亀の船でいいんじゃない?
344.名無しさん:2018年11月10日 18:16 ID:cT.te.2J0▼このコメントに返信
>>341
そんな複雑じゃないねえ
秀吉の源泉は商人の経済活動だから
秀吉が狙っていたのは日明貿易の復活だよ
345.名無しさん:2018年11月10日 18:17 ID:3Aqe.tab0▼このコメントに返信
日本の文献ではなく中国の文献。
346.名無しさん:2018年11月10日 18:22 ID:VNdJ6HBm0▼このコメントに返信
>>314
それも戦術であり兵法。米軍だって太平洋戦争の時、日本の商船を沈めて日本を干上がらせた。勝ちに繋がれば何をしてもいいんだよ。戦争にキレイもキタナイも無い。
347.名無しさん:2018年11月10日 18:22 ID:cS7seSWa0▼このコメントに返信
不毛なだけなら手を入れればいいが、街道も整備されず余剰食糧に乏しく、その上変な病気まで多いから、毒の沼地状態だったんだよな。

文禄の役では、とりあえず土地を稼げばいいと、清正なんか朝満国境の豆満江を超えてオランケの村まで攻撃してる。
後の朝鮮戦争みたいに不意の明軍参戦で日本側は混乱したが、体制を立て直した碧蹄館の戦いでは明軍を一蹴したため、明側は日本軍の武力排除を諦め、交渉によって撤退を促す方針に切り替えた。日本側も兵糧倉が燃えて兵糧確保が難しくなったために撤退に応じた。

慶長の役では補給困難なので土地を稼がず、ソウル手前まで蹴散らしながら進んでから半島南部に引き返して築城する長期戦方針に改めた。
李朝軍は相変わらず弱体で障害にならなかった。
この方針は、数による圧倒を試みる明軍に、毒沼同然の半島で長い補給線維持の負担を強いる目的も有った。
戦略は当たり、補給難からの無理攻めを焦った明軍は、日本軍の逆襲で壊滅に追い込まれてる。
秀吉が死んで撤収が決まった日本軍。勝ち逃げなどを許さんと講和交渉を無視して攻めかかった李朝軍を、指揮官もろとも返り討ちにして日本軍は去った。

348.名無しさん:2018年11月10日 18:25 ID:8RpHBB730▼このコメントに返信
※343
韓国だと鉄の要塞みたいな船に大量の大砲を積んでたことになってるのが笑える
李舜臣はそんな鉄の装甲に覆われた船に乗っていてなんで鉄砲で撃たれて死んだのって話だろうに
349.名無しさん:2018年11月10日 18:26 ID:VNdJ6HBm0▼このコメントに返信
>>324
秀吉の朝鮮征伐の頃は明は既に衰退期に入っていたからね。
350.名無しさん:2018年11月10日 18:30 ID:5rrVpMIf0▼このコメントに返信
清正「朝鮮もなかなかやるな焦土作戦か!」
朝鮮人夫「これが日常ニダ」
清正「マジかよテンション下がるは、どうせ太閤は俺の熊本没収して朝鮮統治しろって言うんだぜ、はぁ」
351.名無しさん:2018年11月10日 18:31 ID:cS7seSWa0▼このコメントに返信
李舜臣は輸送船狙いのゲリラ的な奇襲海戦を挑み、日本側の戦闘艦が駆け付けると逃げるを繰り返した人。
彼が有能なのは、戦力に劣る李朝艦隊の奇襲が通用するのは、日本側が潮流や暗礁を把握するまでだと理解してた事。
最後を除けば、彼我の実力差を正確に把握して最良の方針を選べた、有能な提督だったと思う。

彼が有能というより、海軍のが専門性が高いので、陸将たちより無茶な政治要請が無かったのも幸いしているのかも。
陸は、まだ踏ん張れるどころか、逃げるにしても押し戻してからでないと危ない状況で撤退を強行に主張して追撃され壊滅したり、城を棄てて味方と合流すべき時に謎の名分論を述べ立てて機を逸して逃げ遅れたりと、ロクな事が無かったようだ。
352.名無しさん:2018年11月10日 18:31 ID:VNdJ6HBm0▼このコメントに返信
>>348
日本で信長が既に鉄甲船造ってたから、「ウリ達はもっと凄いのを造ってた筈ニダ。」って事だろ?
353.名無しさん:2018年11月10日 18:40 ID:HF.N7PXc0▼このコメントに返信
なんとか将軍の戦功なんて、韓国以外では知られてもいませんw
つうか戦功つうより作戦ミスやらかしちゃった人だし
354.名無しさん:2018年11月10日 18:45 ID:F7MnMcP70▼このコメントに返信
これは、韓国側の主張が全部嘘!
日本側は、朝鮮王朝を中国領土に追い込み、明軍(朝鮮軍は指揮下)と中国領土で対峙中に秀吉が日本で死亡した。その為、明と和睦して撤退してた。そこに突然、朝鮮軍のイ・スンシンが和睦条約を破り、民間補給船を焼き払ったのか真相!
(この当時から朝鮮人は約束を平気で破る民族だった。)
その報告を受けた島津軍が引き揚げ中にも関わらず、態々引き返して来て撃退した。その時イ・スンシン島津軍の名も無き雑兵に敢えなく撃ち取られている。
この事は中国の明時代の古文書に明確に記されている。(韓国映画の『鳴響』の様な)どう足掻いて捏造しようにも無理が有る。
実際、中国人はこの事実を知っている為、中国ではイ・スンシン映画は鳴かず飛ばずで大赤字だった。
355.名無しさん:2018年11月10日 18:49 ID:VOlAQ4pa0▼このコメントに返信
亀甲船なんて存在しない。あくまでも想像の産物。 

蒸気機関も無い時代、動力は風か人力しかない。風ならどこに帆を立てる?人力なら何処に漕ぐ人員を配備するんだ?
日本側は木造で、朝鮮側は半分鉄の重い船。機動力なんか無いに等しい、事実上浮いてるだけだ。

しかも上部が鉄板で覆われ、下部が木造の重心が上に偏ってバランスが悪い。
一発大砲を撃てば、その反動でひっくり返るぞ。
 
李舜臣も後世の歴史家によって祭り上げられた英雄に過ぎず、当時は日本では無名。
 
「韓国が作り上げた李舜臣伝説」がここまで浸透してるとは驚きだ。
356.名無しさん:2018年11月10日 18:55 ID:riO.94JK0▼このコメントに返信
李舜臣なんて護衛のいない輸送船を攻撃して成功しただけだよ、つまり兵士と戦って勝った訳ではない
その後護衛をがついた輸送船を攻撃したけど返り討ちにあっている
しかも休戦協定の最中だっけな
また他の人も指摘しているけど、亀甲船なんてものはファンタジーであり実在しない
あんな構造だとひっくり返るし、その後現物も詳しい資料も一切出てきていない
こんなしょうもない捏造をしなければならないほど、韓国の歴史は敗戦に満ちているんだよ
357.名無しさん:2018年11月10日 19:02 ID:d.614UXa0▼このコメントに返信
世宗や李舜臣なんかウリナラ厚化粧の捏造英雄。

韓国の唯一の英雄は朝鮮戦争で釜山橋頭堡を死守した白将軍のみ。
しかも、愚かな韓国政府は白将軍を冷遇したよな。
358.名無しさん:2018年11月10日 19:04 ID:Hr9t6d9P0▼このコメントに返信
明への侵攻は不可避だった

当時のアジア圏の基軸通貨である「永楽通宝」を明が発行していたので、戦国時代を経て経済規模が巨大化した日本としてはどうしても明を征服して通貨発行権を奪うしかなかった。
事実上敗退しさらに関ヶ原合戦と大阪の陣を経て経済縮小した日本は、家康が巨大権威となりローカル通貨「寛永通宝」の発行が可能となった。
359.名無しさん:2018年11月10日 19:05 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>332
残念ながらその補給線すら圧迫出来ていません
日本軍にすぐ対策取られてそれからは追いやられる一方でした
360.名無しさん:2018年11月10日 19:05 ID:YaJbNGKl0▼このコメントに返信
朝鮮半島で補給が続かなくなったのは、朝鮮の民が戦乱に慣れてなかったからだよ
日本だったらそのへんの農民が軍隊との付き合い方を分かってたし戦乱に巻き込まれたときの身の振り方も理解してたから、兵粮の徴発をされても壊滅的な被害に合うことなく、すぐに農村経済を復興させることができた。一方朝鮮では農民は逃亡するばかりで、かといって山の中に入っても食い物をどう確保したら良いか分からず、田畑に戻ることもしなかったのであっという間に飢えていった。日本軍が上陸してから1年ほどは現地に兵粮たくさんあると認識してたのに、翌年以降は生産高が激減して不毛の地となってしまった。んで食うものがなくなった朝鮮人は、唯一の食料であった日本軍の備蓄兵粮に手を出そうと一揆勢になっていった

そもそも敵地に向けて前進中の軍隊に補給物資を届けるなんてのは鉄道時代にすら不可能なことで、秀吉がどんなに大量の兵粮を海路で送り届けていたとしても前線の事情にはなんの影響もない。このような状況をみたら、慶長の役では内陸への進軍はそこそこに切り上げて、物資をすぐ受け取れる沿岸地域に引きこもったのは当然の判断というしかない。長期的作戦を行うなら、現地農民をちゃんと手なずけるか、日本の農民を送り込んで植民させるかしかない。明への進軍は、現地徴発が上手く行っていた第一年目に達成できなかったらあとは無理。
361.名無しさん:2018年11月10日 19:09 ID:wMJVrrM20▼このコメントに返信
撤退したのは寒かったからやで。気温が氷点下まで低下して兵士の士気が上がらなかった。
362.名無しさん:2018年11月10日 19:16 ID:d.614UXa0▼このコメントに返信
あ、文字が見つかった。
「白善燁将軍」だ。

白善燁はマラリアで高熱を発しながらも、当時師団長であった自ら先頭に立って突撃を敢行、北朝鮮軍の包囲網を破った。

そんな本物の英雄である白善燁が退役すると、韓国政府は「親日派(チニルパ)」とレッテル貼りをした。

363.名無しさん:2018年11月10日 19:18 ID:oS1knF9h0▼このコメントに返信
秀吉がしたのは「明遠征」
朝鮮は明と戦闘の為の足場
秀吉が死んで日本と明は和睦(朝鮮は明の付属物)
朝鮮から撤退する日本軍
を、襲う朝鮮軍李舜臣→戦死
日本軍は撤退完了

明とは折り合いつけて「不戦」の約束をして日本軍は撤退に移った
それを明の制止も聞かずにわざわざ日本軍が撤退するのを邪魔して襲った李舜臣

普通に見れば、この一連の流れで李舜臣が英雄になれる要素はないが
戦闘中に背後を取るのならともかく、非戦闘中に襲って背後を取るやり方を好む韓国人にとっては英雄なのだろう
364.名無しさん:2018年11月10日 19:19 ID:U1Bwftey0▼このコメントに返信
>>336
残念ですが朝鮮が日本へ技術や文化を伝えたことなんて歴史上全く例がありません
日本は古代からずっと大陸との直接ルートで技術や文化を輸入しています
朝鮮は航海上での中継点としてのみでしか意味はありませんでした
365.名無しさん:2018年11月10日 19:20 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※336
統一新羅は、単に唐からの文化流入通路にすぎず、
高麗時代に青磁と造船(ペルシャ船)で、日本より上になった程度だぞ。
李氏朝鮮時代は、高麗時代より文明・文化が後退した貧乏国。
366.名無しさん:2018年11月10日 19:30 ID:1IVZHUJy0▼このコメントに返信
豊臣家の敗因はちょうどいい年齢の息子がいなかったことだろう。
海超えて遠征なんて明確にフリーハンド与えられる人間いないと無理だし
それをさせられる人間は有能な跡取りだけさ。
367.名無しさん:2018年11月10日 19:55 ID:bn1NwMR60▼このコメントに返信
李舜臣は停戦協定を一方的に破って、撤兵中の日本軍に攻撃を加えましたが島津軍に反撃され、李舜臣自ら戦死しました。
つまり撃退したのは李舜臣ではなくて、島津義弘だったのでした。
368.名無しさん:2018年11月10日 19:57 ID:VAo1vY8d0▼このコメントに返信
通貨発行権あろうとなかろうと民間が勝手に銭を作ってたと思うんじゃが
369.名無しさん:2018年11月10日 20:00 ID:MuG2dEjA0▼このコメントに返信
秀吉は唐を攻めに行ったのであって
半島を責めに行ったのではない
反で半島人の名前が出るのか理解できない
○鮮攻めとか世界中の歴史に一文字も残っていないのに?????
370.名無しさん:2018年11月10日 20:08 ID:i18GPFTb0▼このコメントに返信
明、ヌルハチ、スペイン、ポルトガル、秀吉。五つ巴の戦い。
朝鮮はただの被害者。
371.名無しさん:2018年11月10日 20:23 ID:9XVdq.wN0▼このコメントに返信
そういやこの戦争関連でいえば雑賀衆の残党らしき一派が朝鮮に降ったっていうのは本当なの?
でも日本側の史料でまったくそれらしき人が参戦してたってものが無いらしいし、朝鮮側でも不明瞭なところがあるらしいから嘘なのかな。
でもそれにしては突拍子も無い話だし……
372.名無しさん:2018年11月10日 20:29 ID:qbC5y1h70▼このコメントに返信
すごく不思議だよな
世界中、どこの国あるいはどの地域でも
王朝を打ち立てた人物は英雄とされ、英雄の周りにはそれを支えた名将や名臣がいてそれぞれ讃えられるものなのに
朝鮮半島は、三国、新羅、高麗、李氏朝鮮と王朝が何度も変わってるのに、そういう英雄、名将、功労者の名前が全然出てこない

海外の歴史ファンで「世界名将百選」みたいなの作ってみてる人何人もいて
その中に、日本人の名前は家康、秀吉、自分が見たのには武田信玄が入ってたし
インドとかペルシア、アフリカの人物もあげられたりしてる
もちろん中国は言うまでもない

でも誰の百選見ても、朝鮮出身の人物はいないんだよな……
373.名無しさん:2018年11月10日 20:39 ID:qbC5y1h70▼このコメントに返信
※371
沙也可だな

はっきりと実在を証明する史料はないが
この人物じゃないか、と言われている候補が三人ほどいて
そのうちの一人が雑賀出身だというのは事実

秀吉政権下で生きていけない者があちら側につくこと自体は不思議じゃないので
史料が不明瞭だからいなかった、と断定はできない

伝承の元になるような人物が実際にいたのかもしれない
そこから、それを調べようという学問が生まれ、物語が生まれる

374.名無しさん:2018年11月10日 21:01 ID:43qEJ3hV0▼このコメントに返信
最初から最後まで日本の圧勝だったな
375.名無しさん:2018年11月10日 21:07 ID:e8wnYznu0▼このコメントに返信
忖度だろ。理由なんて日本の事情。体のいい所払いだからな。元々。半島が弱すぎたからそういう経過と結果になっただけだろ。
376.通りすがりの名無しさん:2018年11月10日 21:12 ID:U5rynSJs0▼このコメントに返信
※336
>太古の昔から朝鮮半島と日本列島は永遠のライバル。
 今では迷惑な隣人だね

>中世までは朝鮮の方が発展していたため、大陸の前進技術を日本へ伝えた。
 遣唐使の時代までは朝鮮経由で中国に行ってたが段々朝鮮半島を経由しなくなったんだよね。

>近代からは日本がリードし、朝鮮や大陸へ前進技術を伝えた。
 室町時代から朝鮮の使者が土地を豊かにする灌漑を可能にするため水車の設計図を欲しがったので持たせたが朝鮮半島に水車が出来たのは日韓併合時代に日本が作ったものが最初。

>元寇では日本が勝ち、唐入りでは朝鮮が勝った。
 朝鮮軍が何したって?
 
>併合で大陸に侵略した日本だったが、
 独立後に国家経営破たんした『大韓帝国』を併合してくれと一進会が進めたんだっけ。お荷物だったんだが。

>やはりアジアの覇者である中国には当然勝てずに破れて現在に至る。
 日清・日中戦争では日本軍は負けて無い。国民党軍と日本軍が戦ってくれたおかげで毛沢東軍が勝てたと、共産党幹部が荷中友好条約締結時に語ってるよ。連合国に参加してた国民党の中華民国に降伏はしたが実力で負けていない。ベトナムに越境した人民解放軍はコテンパンに負けたケド?
377.通りすがりの名無しさん:2018年11月10日 21:13 ID:U5rynSJs0▼このコメントに返信
※336 続き
>まさに一進一退の互角。技術的にも半島と列島は現在は五分五分となった。
 どこが?

>半島と列島が争えば大陸である中国には勝てない。
 半島と組んだ国が負けてますが

>半島が大陸に飲み込まれれば列島は大陸には勝てずに併合されるのは時間の問題だろう。
 元寇では2回も朝鮮との連合軍を退けてますが。

>朝鮮と日本は永遠のライバルであり、盟友でもあるのだ。
 約束守らない奴は盟友と言わず悪人と言う

これほどツッコミたくなる文書も珍しい。在日かな?
378.名無しさん:2018年11月10日 21:19 ID:oEssv2dm0▼このコメントに返信
※2
あいつらの架空戦記の内の一つでは、朝鮮にとっての第二次世界大戦は日本相手の独立戦争だったらしいぞww
それもアジア一帯でドンパチやってたんだと
何でも、インパールに於いては英国軍と肩を並べて勇ましく戦ってたんだそうだ、日本相手に 独 立 戦 争 をね
そしてとうとう戦争に勝って独立を勝ち取ったんだってさ

…尋常じゃないバカさだろう?ww
379.名無しさん:2018年11月10日 21:23 ID:ScchFyZP0▼このコメントに返信
講和後の撤退中に襲ってきた卑怯者で島津に返り討ちにあった恥さらしだけどな
あんなのが国を代表する英雄ってwww
380.名無しさん:2018年11月10日 21:33 ID:.Ud1GiT00▼このコメントに返信
wiki見たら李舜臣も他の朝鮮軍の将も戦死しまくってるじゃん
381.名無しさん:2018年11月10日 21:42 ID:DdKtkREI0▼このコメントに返信
ようおるやろ、ヤクザが「用事思い出した」て帰ったら、俺の顔見てビビッて帰りよったわ、いう奴
382.名無しさん:2018年11月10日 21:43 ID:yNvyF1Ie0▼このコメントに返信
よくよく考えたら本当に日本が負けてたとしたら兵も国力も削がれてるはずだからその後すぐに関ヶ原なんて無理だよね。
あれ当時の世界からしたら日本とトルコと中国くらいしか実行できないくらいの大戦争っしょ。
383.名無しさん:2018年11月10日 21:44 ID:VhU0NzHX0▼このコメントに返信
※31
唐入りと朝鮮成敗はその元寇の報復とも言われてるね

バ韓国の歴史は顔面整形みたいなもん
で周辺国の歴史と合わないから孤立してやがのw
もうすぐで滅亡するよ
384.名無しさん:2018年11月10日 22:08 ID:hz0B9y0u0▼このコメントに返信
よりにもよって妖怪首置いてけの眷属に突っかかって行くとは、最高に運が悪い奴。
385.名無しさん:2018年11月10日 22:15 ID:Hr9t6d9P0▼このコメントに返信
※382
朝鮮で戦った将の過半が、関ヶ原じゃ大した活動できずにいたけどな。
今じゃ「関ヶ原が一日で終わったのは、毛利の裏切りで孤立した三成たちをフクロにしただけの消化試合だったから」という新説まである。
386.名無しさん:2018年11月10日 22:17 ID:.1hEThUn0▼このコメントに返信
普通に秀吉が死んだからだろ、秀吉がいなくなったら天下取り合戦になるってわかってるのに外国に行っとる場合かよ
387.名無しさん:2018年11月10日 22:17 ID:3VWqMRrS0▼このコメントに返信
>最大限韓国寄りにみてこのひとの功績は制海権を取り切らせなかった事だろうね
>これで補給がままならなかった

は?
文禄の役の時は準備がされてなかったんで補給が滞ったけど、慶長の役の時は別に何の問題にもなってないんだが?
388.名無しさん:2018年11月10日 22:28 ID:IQNrAT.T0▼このコメントに返信
秀吉を撃退って時点で大嘘なんですが・・・
389.名無しさん:2018年11月10日 22:31 ID:.3v9HYzv0▼このコメントに返信
そもそも日本と明との戦だろ
属領如きが当事国面してるのが間違い
390.名無しさん:2018年11月10日 22:34 ID:vXMzAAh10▼このコメントに返信
秀吉が死んだ!?
やっべ! 領土の取り合いになるぞ!
こんな痩せた朝鮮の土地にとどまってる場合じゃねえ!

武将の日本海GP(F1トゥルースのテーマ)
391.名無しさん:2018年11月10日 22:35 ID:6h7LBUwF0▼このコメントに返信
老害ジジイのボケ戦略での朝鮮出兵だから首謀者が居無くなればそりゃー撤退するわ
無駄な金と兵の命と時間を秀吉と言うボケ老人の野望により豊臣政権の汚点が増えた
392.名無しさん:2018年11月10日 22:38 ID:xCA5TnFn0▼このコメントに返信
明側の記録では「秀吉の死のみが戦を終わらせた」と記されているらしい。
師を失うこと数十万、銭を失うこと数億銭と、若干大袈裟とも思われるから割り引いた方が良いかもしれないが。

393.名無しさん:2018年11月10日 22:48 ID:SU.4oXQ90▼このコメントに返信
文禄・慶長の役は失敗して良かったんだよ。

朝鮮半島なんか併合したら悲惨な事になる。
日韓併合で日本が大損した挙句、現代でも金をたかられてるだろ。
更に明まで支配していたら、日本人が中国の少数民族になってたかもしれない。
中国は支配したつもりが、いつのまにか取り込まれているから恐ろしい。
394.名無しさん:2018年11月10日 23:02 ID:9IUy4O9e0▼このコメントに返信
※2
いまの韓国の憲法には大意として
「第二次大戦中の韓国の本体(国家政府)は日本と交戦中の上海にあった『韓国臨時政府』で、半島全体と国民は
日本帝国によって強制蹂躙され植民地下にあった」というのが、今でもなお、学校教育で教えられている韓国の正史。
だから、憲法上では韓国にとって日本は「正式に敵国」。 
日本じゃ誰も声高に言わないので、ほとんどの日本人は知らない。 でも、韓国人は全員がそう思っている。
395.名無しさん:2018年11月10日 23:03 ID:fdr19prn0▼このコメントに返信
秀吉の朝鮮出兵はイスパニアの中国植民地化に対抗する為だよ。ルソンには総督府があり宣教師を使って日本を植民地化しようと試みるも上手くいかないので、明を先にと動き出したのを秀吉は察知したんだよ。
396.名無しさん:2018年11月10日 23:11 ID:psQOgfHd0▼このコメントに返信
※377
まあ認めたくない気持ちは理解できなくもない。
戦前にはあのアジアの盟主である中国にあと一歩のところで勝つところまでいったのだから。
だが、結果的には日本は敗北し、侵略した朝鮮半島や台湾島を失うことになった。
そして再び小さな日本列島に封じ込められたわけだ。
かつては大日本帝国としてアジアで中国を超えて覇を唱えた過去のプライドが現状の状態に甘んじることを許さない気持ち。
分からなくもないよ。
中国にアジアの覇権を取り戻され、併合していた北朝鮮には核ミサイルで恫喝され、大韓民国や台湾には経済力で追いつき追い越された。。。
日本一の企業であるトヨタ自動車は時価総額ではサムスンの二分の一以下。家電や半導体企業は完全崩壊。シャープは台湾企業となり、東芝の倒産は時間の問題。サザエさんのスポンサーがアマゾンという始末。。。。
マスコミは完全に韓国に乗っ取られ、最早日本は国としての体を成していない。
かつての大日本帝国は軍事力も経済力もアジアでの相対的地位は完全に失い、大崩壊してしまったんだからねぇ。
栄枯盛衰。日本の時代は終了しましたよ。
397.名無しさん:2018年11月10日 23:12 ID:e7x0.f7I0▼このコメントに返信
全羅道沿岸を守備して海岸からの侵攻を防いだ。
実際に古墳時代には全羅道南部にはヤマト式前方後円墳があり、白村江で日本側の沢山の小船が中国軍艦に突っ込めたのも、一重に全羅道を海から制圧できていたから。
小早川が担当の全羅道制圧を断念したのは、おそらくは陸と海から協同が出来なくなったから。
もし、李舜臣が居なければ、最初期の時点で全羅道すなわち朝鮮半島西南部が制圧され、明側による追い落としが困難になっていた。
398.名無しさん:2018年11月10日 23:13 ID:psQOgfHd0▼このコメントに返信
最後は少子高齢化で自滅するでしょうね。
399.名無しさん:2018年11月10日 23:34 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※396
戦前は、国際連盟常任理事国の日本を差し置いて中華民国が、アジアの盟主だったことなどない。
400.名無しさん:2018年11月10日 23:38 ID:e7x0.f7I0▼このコメントに返信
中国側では、朝鮮側の離反を疑っていた。
そう判断されるほどまでに、現地一般人レベルでの非協力、もっと言えば機会主義的荷担が問題になっていたのかもしれない。

朝鮮現地情勢も勿論だが、事前に日本側の作戦その他を含む各種の情報をつかめていた明側の情報員はやはり凄い。これらの情報は逐一、北京に送付され、それにより皇帝が総てを決済し、和戦の指揮を執った。
世界的に見て、これだけ正確に情報を収集し、その情報の精度を維持し、遠隔から正しく戦略を指揮できていた、中国というのは、やはり凄い。

ヨーロッパにおいて、こういうことが出来るようになるのは、18世紀になってからじゃなかろうか。
401.名無しさん:2018年11月10日 23:39 ID:.6qyzzlO0▼このコメントに返信
※395
度人しかいないフィリピンに居座る程度のスペインに明攻略なんぞできるわけない。
小国のベトナムやタイ、ビルマも健在なのに、どうやって明攻略できるんだ?
秀吉は、膨張政策とってるから、単純に土地と人民が必要だっただけ。
402.名無しさん:2018年11月10日 23:58 ID:CNwCSNPs0▼このコメントに返信
教科書ではあんま勝ってない時に秀吉が死んだから撤退したって習った気がする
403.名無しさん:2018年11月10日 23:58 ID:e7x0.f7I0▼このコメントに返信
朝鮮は裏切る。
これを通報した人間の名前まで分かっている。
その名は許儀後。

実は彼は秀吉とも面会している。
ただし、蛇の道を知るのは蛇というのか、
秀吉はわざわざ煮殺しにすると脅しつけている。

二つの疑問が湧いてくる。
一つ、なぜ秀吉は大名に付いてきただけの明人を殺すべき人間、つまり明側の情報員だと見破ることができたのか。
一つ、なぜ秀吉は明側の情報員だと見破った許儀後を脅しつけるのみで殺害しなかったのか。
404.名無しさん:2018年11月11日 00:03 ID:AIhiNPnI0▼このコメントに返信
秀吉自身が若い頃には情報員じみたことをやって死線を潜っていたからと、そう解釈すれば総て解ける。
他のケースでは些細なことでも味方でさえ手打ちは当たり前だったのに。
情報の大事さを身に染みて解っていたはずの秀吉が。

わざわざ明側の情報員だと見抜き、面会し、脅しつけた上でしかし危害も加えずに生きて返していた。
405.名無しさん:2018年11月11日 00:12 ID:AIhiNPnI0▼このコメントに返信
結局、あの時点で日明貿易再開寸前までいっていた。
それが秀吉の死で崩れ去っていく。
心なしか明皇帝の終戦の詔にも、落胆が漂っているように見えてくる。
406.名無しさん:2018年11月11日 00:24 ID:n2q.oOV10▼このコメントに返信
明側は公式には征倭に勝利した、と言いつつ内情としては莫大な戦費と膨大な死傷者を費やしたこの戦は秀吉の死によってようやく終えた、と記している。朝鮮が奮戦して日本を撃破した、という記録は無く、朝鮮には明軍が来ると日本に協力して抵抗する者すら居た、と苦々しく記している。
407.名無しさん:2018年11月11日 00:24 ID:0W3gL9kd0▼このコメントに返信
※399
栄枯盛衰。
現在の国際連合の常任理事国はアジアでは中華人民共和国だけです。
日本は敗戦国であり、敵国条項により日本が再び再武装や不穏な動きをした場合には国際連合の合意なしにすぐさま攻撃対象に成り得ることができます。
時代は変わったんですよ。
408.名無しさん:2018年11月11日 00:42 ID:HXqtAu1G0▼このコメントに返信
※396
>侵略した朝鮮半島や台湾島を失うことになった。
あ~、 侵略してませんし、「韓日合邦建議書」(韓日合邦を要求する声明書)って知ってる?
日本からしてみたら、エライ迷惑の話だったってのも知ってる? 
409.名無しさん:2018年11月11日 00:47 ID:uZHlVkuE0▼このコメントに返信
島津家臣による露梁海戦の記録だと朝鮮の船の大半は立花宗茂の軍に沈められたらしいけどな
李舜臣は島津軍が討ち取ったようだけど
410.平うどん:2018年11月11日 01:53 ID:kz9sS6IC0▼このコメントに返信
※161
解説サンクス
季節によって送れる兵站から駐留させる兵力を調整していたのか
昔は兵站ガーって書き込みもあったけど
朝鮮出兵は兵站をかなり意識した外征でもあったんだな

それにしても李舜臣が日本の補給船を締め上げていたって俗説を未だに信じている人が多いのね
朝鮮出兵の経過を追っていけば、日本水軍の西進を防いではいたものの、李舜臣の補給線への攻撃の試みは全て撃退されて頓挫しているのがわかるのに

※407
第二次大戦が終わってから棚ボタで戦勝国の地位を引き継いだだけで
未だにG7にも入れてもらえない山賊軍崩れが何だって?
アメリカに経済締め上げられてオツムに酸素が行かなくなったかい
411.名無しさん:2018年11月11日 03:03 ID:A5sOiin.0▼このコメントに返信
ファンタジーとの比較はどうなだろうか。
412.名無しさん:2018年11月11日 03:38 ID:6cEEs6fS0▼このコメントに返信
文禄・慶長の役を一緒くたにしてるからおかしい議論になるんだぜ、

二回目の慶長の役では日本軍は一敗もしていない。撤退したのは最初の文禄の役だけ、
文禄の明との引き分け手打ちの後、明の使者が太閤に明の冊封を申し入れたので
部下から「事実上勝った」と報告を受けていた秀吉が激怒して明の使者を殺し慶長の役が始まる。
だから太閤は最後まで負けも引きわけも認めていないし、
慶長の役の目的は任那復興・南朝鮮支配に変わったから倭城を作って連戦連勝
でもその途中で老衰病死。
家康台頭で風雲急を告げる国内事情で諸国武将は故郷へ帰ったんだ。

つまり一度目は撤退したが、負けを認めないまま二回目の侵攻、連戦連勝で戦略目的である南朝鮮半島の支配を進めて固め、負けの要素全くなし。ただ本人が病死して国内事情切迫で引き上げただけ。全く負けの要素皆無
413.名無しさん:2018年11月11日 05:56 ID:pFjaTijV0▼このコメントに返信
撤退する日本を後ろから打つって、WW2のときの朝鮮と同じじゃん。
卑怯の民度は変わらないな。
414.名無しさん:2018年11月11日 05:58 ID:BkdsyPG10▼このコメントに返信
※1
因みに李舜臣の銅像なんだが、刀が日本刀、鎧が中国の鎧、と判明して大騒動になったのは記憶に新しい。
415.名無しさん:2018年11月11日 06:10 ID:BkdsyPG10▼このコメントに返信
そういえば、李舜臣の韓国映画「鳴梁(ミョンリャン)」で、してもいない裏切りで悪役にデッチ上げられた武将の子孫が名誉棄損で裁判を起こしていたけど、どうなったのかな。
何でも、その武将の姓がペ(Bae)という韓国では非常に珍しく、同じ姓なら殆んどが血族であるため、悲惨な目にあったそうな。
416.名無しさん:2018年11月11日 06:13 ID:BkdsyPG10▼このコメントに返信
※50
まぁ攻め込んだはいいが、寒いわ、土地はやせているわ、禿山で木々もろくに無いわ、水不足で不衛生だわ、で
もし勝ったとしても自分の領地としては願い下げ、じゃあな。
417.名無しさん:2018年11月11日 06:14 ID:BkdsyPG10▼このコメントに返信
※409
立花宗茂って凄い武将なのに、大河ドラマの話が全然無いのは、そういう訳やったんね。
418.名無しさん:2018年11月11日 06:19 ID:BkdsyPG10▼このコメントに返信
※120
「竜馬がゆく」で本名の龍馬を使わなかったのは、資料不足で創作部分が多くなりそうだからだそうな。
あと、もはや上杉謙信の織田軍(柴田勝家軍)に対する勝利として誰もが知っている「手取川の戦い」も
司馬遼の一連の作品では無かった事にされている。
そのためか大河ドラマ「軍師官兵衛」では司馬遼の「播磨灘物語」をほとんどプッシュしなかった。
419.名無しさん:2018年11月11日 06:34 ID:jqKsCRNU0▼このコメントに返信
李朝には兵役があったが物納で兵役を免除できたので、誰も兵士にならなかった
秀吉が攻め込んだ時点でそもそも李朝の正規軍という代物がほとんどいなかった
だから秀吉軍の第一陣(小西、宋)の兵力2万そこそこで事実上朝鮮半島を制圧できてしまった
その後に起きた戦いは事実上の日明戦争

アメリカは韓国軍を全く当てにしていなく、戦車どころかバズーカも支給しなかった
韓国政府が逃亡した時点でそのへっぽこ韓国陸軍は総崩れになり、事実上消滅した
一方の北朝鮮軍も国連軍の反攻で壊滅した
その後に起きた戦いは事実上の米中戦争

420.名無しさん:2018年11月11日 07:19 ID:ajdfVRY.0▼このコメントに返信
歴史をコリエイト!
421.名無しさん:2018年11月11日 08:58 ID:SvGvh7qV0▼このコメントに返信
李朝実録とかって向こうの書物に
明・李朝連合軍は秀吉が死ぬまで日本の軍に押されっぱなしだったって書かれてるらしいが
422.名無しさん:2018年11月11日 09:11 ID:GQHvOsZ60▼このコメントに返信
一度も勝てなかったしな
423.名無しさん:2018年11月11日 09:33 ID:pjfEzFbD0▼このコメントに返信
あの時代に制海権とか
半分はほどほど馬鹿だな
424.名無しさん:2018年11月11日 10:00 ID:rBe6wx890▼このコメントに返信
※2
・韓国はWW2で、武力侵攻してきた日本と戦い、惜しくも敗れはしたがその後各地で抵抗を続けてた
・抵抗とアメリカ軍の勝利により韓国は開放された
・韓国は”実質”戦勝国である。戦勝国として名をあげるように求めたが叶うことはなかった
・朝鮮戦争は日本と韓国の戦争である。(韓国国内では朝鮮戦争という名称ではない)
・なんやかんやあって、朝鮮は南北に分断されたが日本は撃退した

ここら辺ジョークかと思ったらマジで信じてるからな連中
何がすごいって、上記の中のいくつかは学校教育の中で教えられるという
425.名無しさん:2018年11月11日 10:02 ID:bcoEyzQh0▼このコメントに返信
※421
船に追いやられたモンゴルと違って日本は半島制圧してたからな
426.名無しさん:2018年11月11日 10:05 ID:YIsyN3iy0▼このコメントに返信
卑怯者のイスンシン島津藩に討ち取られた、これが真実だ、韓国は馬鹿な事を言ってるな(大笑)。
427.名無しさん:2018年11月11日 10:15 ID:wbGKMJHz0▼このコメントに返信
>>346
停戦してんのに誰と戦争してるんですかねえ…
428.名無しさん:2018年11月11日 10:16 ID:DXNl.b9I0▼このコメントに返信
歴史的に見て朝鮮民族に肩入れした国は大きな迷惑(損害)を被る
これからは中国が肩代わりしてくれるらしいので
やっと日本はお役御免
429.名無しさん:2018年11月11日 10:20 ID:wbGKMJHz0▼このコメントに返信
※277.285
まさに韓国の事だなw
430.名無しさん:2018年11月11日 10:28 ID:alMQQAJ00▼このコメントに返信
李舜臣 一兵卒に落とされ戦士してる英雄ww
併合時代に日本軍が朝鮮融和策で「こんなすごい人も朝鮮人にはいた」と朝鮮内で忘れられてた人を担ぎだした
431.名無しさん:2018年11月11日 20:14 ID:ESzzGFzo0▼このコメントに返信
432.名無しさん:2018年11月11日 20:15 ID:ESzzGFzo0▼このコメントに返信
日本は、資料や史跡の研究を積み重ねて、そこから史実を推測し歴史としていく。
日本⇒「〇〇は、資料Aと資料Bが根拠となってCだと考えられる。そして史跡Dがそれの証拠だ。だから〇〇はCである」 
 
韓国は、まず都合の良い結論を決定し、それを補足する根拠や資料だけを証拠としていく。
韓国⇒「〇〇はZである。何故ならば、〇〇はWであり、WはXであり、XはYだからだ。そして資料や史跡は無いが、それは日帝が強奪し破壊
    した。そして、日本の資料Aは、朝鮮が近代化した事を示しているが、日本が朝鮮に学校を作ったのは、日本に都合が良い教育を行う為
    であり朝鮮の為ではないので、資料Aを採用する事は親日行為だ。また、資料Bも日本が朝鮮を近代化させた事を示しているが、それは
    国民の感情が許さないので、それも採用されない。とにかく、〇〇はZである。異論は認めない」
433.名無しさん:2018年11月11日 22:48 ID:rEDe34Mv0▼このコメントに返信
>>432
韓国人ほど万能壁画を利用し尽くせる民族はいないよな
434.名無しさん:2018年11月12日 05:08 ID:iemYOxZR0▼このコメントに返信
※17
明史読めよポンコツw
然自関白侵東国、前後七載、喪師数十万、糜餉数百万、中朝与朝鮮迄無勝算。至関白死、兵禍始休、諸倭亦皆退守島巣、東南稍有安枕之日矣。秀吉凡再伝而亡。
435.名無しさん:2018年11月12日 05:30 ID:XKMF0TJs0▼このコメントに返信
※108
明軍にも火器を扱う兵科はあったし、重砲まであったぞ
ただ日本側の鳥銃のほうが命中率が高くて、運用も練度も圧倒的に高かった
436.名無しさん:2018年11月12日 13:50 ID:MnN.Q6BR0▼このコメントに返信
あちらさんの資料ではっきりと秀吉が死んだから帰ったって書いてる
李舜臣は補給線分断に働いてた一武将であって、日本軍自体を撃退するなんてことをするほどでかい軍を率いているわけじゃない
437.名無しさん:2018年11月12日 20:49 ID:.9oFPhF00▼このコメントに返信
>>130
これのどこを、どう解釈したら負けになるんだよ?日本の負けと分析出来る、オレって頭いいってか?
438.名無しさん:2018年11月12日 21:00 ID:.9oFPhF00▼このコメントに返信
何か、撤退と敗退を区別出来ないドヤ顔のバカどもがスゲー湧いてるけど、ぼくのかんがえたさいきょうのせんそう、をリアルに語ってんじゃん。
439.名無しさん:2018年11月13日 19:25 ID:2uBbwvLS0▼このコメントに返信
スペインとか当時は日本人を攫って売ってたかから秀吉が切れて国内から排除した(外圧で国内纏まる)
侵略失敗したスペインが明や韓に出資しつつ日本攻撃の準備してたから先手を打って攻撃しただけ。
親玉スペインがメイン敵で日本を攻める力が無くなったから目的は果たされた。
覇権国家だったスペインは没落していくが日本以外にもやらしてたし自滅もあるんじゃね
440.名無しさん:2018年11月13日 21:06 ID:qgexr.1g0▼このコメントに返信
スペイン衰退の主因は、過伐と気候変動による国内木材資源の成長鈍化で造船に制限が掛かった事。
トルコの後を追った形。入れ替わりでより寒冷な北欧と英仏が台頭、そのまま勢力的にも入れ替わられた。
で、既得権益の中南米の開発に注力して東方からは手を引き気味に。この交代期の凪で日本も内外の体制を固めた。
脅威が退いた最中で、攻勢防御的発想に至らなかったか、いつもの引きこもりになったのは幾らか痛かったかも。
441.名無しさん:2018年11月15日 11:40 ID:bLKMvgFX0▼このコメントに返信
秀吉死んだから引き揚げただけやぞ
442.名無しさん:2018年11月15日 16:41 ID:IejxYAYJ0▼このコメントに返信
島津7千だったと記憶してるが、人数は色々出てるね。
万単位の敵の数を見て、友軍が「手伝おうか?」と島津に打診したら「統制とれなくなるからいいよ」と断わったという文を読み、
断るかー・・んで、勝っちゃうかー・・・と驚いたのを覚えている。
李舜臣?その時の文章には出てこなかった。
443.名無しさん:2018年11月15日 16:46 ID:wcuC1.Rc0▼このコメントに返信
>>5
明国への出兵に関しては、信長の頃には計画していたそうですよ。
まぁ、その手前の日本の平定(統一)を達成するまでに命運尽きてしまいましたが……
444.名無しさん:2018年11月15日 20:41 ID:.p30og5B0▼このコメントに返信
応永の外寇!!!
445.名無しさん:2018年11月16日 01:13 ID:cVNlPjRW0▼このコメントに返信
ワールシュタットの戦いの後モンゴルは皇帝オゴデイが急死した為引き上げたんやけど
これモンゴルの敗退か?って話やな
だいたい同じシュチエーションやろ

あとな李舜臣の追撃は半島王朝の既定行動やで?
毎回土下座講和の後に帰る相手に攻撃しかけとるからな
これが朝鮮の「勝利」パターンなんやw
いっつもやっとる
たぶん島津もわかっとったと思うで
それでも負けたから李舜臣に敗戦責任被せたんや
李舜臣は英雄として死んでないし遺族も報われてないで?
446.名無しさん:2018年11月16日 13:21 ID:ltd8MOgu0▼このコメントに返信
日本が撤退したのは
スペインが脅威ではなくなったからです。
秀ちゃんがいなければ
ラテン アメリカのように
大和民族は消滅し ラテン民族に入れ替わってた可能性 大いにあり。
447.名無しさん:2018年11月16日 15:31 ID:o2v7CX6n0▼このコメントに返信
日本勢が撤退したのは、各大名が朝鮮に侵攻してみたものの、日本とは違って米が収穫できない土地だと判ったからだよ。
最近は学校でそういうことを習わないのかね?
当時の大名からすれば、領土=石高であって、ただのだだっ広い土地なんて無価値でしかなかった。
だからこそ、北海道だって占拠しようなんて思う大名は出ず、ましてや樺太などもせっかく間宮林蔵が大陸とは切り離された"島"であることを発見しても、進出しようとしたり領土にしようとする発想が出なかったということ。
そのうえ、占領してみると仏教が排斥されていたり、圧迫されて残っていた寺や僧たちを見てみてみても、あまりにもレベルの低い"オカルト"レベルの連中なので幻滅してしまったというのもある。
明治維新の頃に日本に来て見聞録を書いたアメリカ女性(イザベラ・バード)が朝鮮にも行ったが、あまりの未開ぶりにあきれている。
朝鮮出兵での唯一の成果は"朝鮮白磁"の陶工を連れて帰ったこと。
これも、朝鮮の人は"拉致した"と言い立てるが、日本に来た陶工の子孫たちは"朝鮮なんぞには帰りたくない"と、口を揃えて言っている。
その理由は、"朝鮮では奴隷なみの扱いだったが、日本では「芸術家」として尊重してくれたからだ"と言っている。
日本の武士が唯一面白いと思ったのは"虎刈り"ぐらいだろうが、その朝鮮虎も彼ら自身が絶滅させてしまった。
448.:2018年11月16日 16:08 ID:o2v7CX6n0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
449.:2018年11月16日 16:41 ID:o2v7CX6n0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
450.:2018年11月20日 13:38 ID:KH.wsylp0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
451.:2018年11月21日 12:30 ID:q9szliJf0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
452.名無しさん:2018年11月23日 09:38 ID:hjmvzbsu0▼このコメントに返信
兵屯は現地調達しようとしたが寒すぎて米が微小ばかりしか取れない
貧しすぎる朝鮮土民が食糧たかってくる
食糧も確保どころか金を出しても手に入る量も無い補給路確保でも乞食がいっぱいではどうにもならない
貧しすぎる朝鮮を北上しつつ武将全員がこんな土地イラネ…まだ北に行くけどこれよりひどいんじゃね?
というかさ西洋に中国任せようや中国も西洋も本気出したら敵じゃないけど中国を傘下に収めて対西洋の前線にしても得られるものがなさすぎる
日本きたときだけ迎え撃つ方が楽じゃね?西洋もいろいろあるみたいだからイケイケじゃなきゃ此処まで来ないだろ侵略自体無そうそうな気配だよ
秀吉様死んだし帰ろ
島津単体での退却戦も他から兵借りて死なしても補償のあてがないので断るしかないわな
453.名無しさん:2018年11月23日 13:16 ID:iDs.FTdN0▼このコメントに返信
ワールシュタットの戦いを欧州側の勝利と言う奴がいたら、無知を笑われるわな。
それとパラレルに考えてみろと。そうすれば簡単に答え出るだろ。
454.名無しさん:2018年11月23日 13:25 ID:iDs.FTdN0▼このコメントに返信
※447
最初から道として使うだけのつもりだぞ。
小賢しい条約破りで時間稼ぎされたおかげで、明との戦闘が前倒しになっただけ。
この辺はモンゴルも同じことやられているから、日本も同じようにやればよかったんだよ。
大ハーンが死んで撤退なんてとこも、日本とそっくり。
ただ、モンゴルは徹底してやり続けたんだよな。それこそ半島が焦土になるまで。家康が阿呆よ。
455.名無しさん:2018年11月23日 13:30 ID:iDs.FTdN0▼このコメントに返信
※418
>あと、もはや上杉謙信の織田軍(柴田勝家軍)に対する勝利として誰もが知っている「手取川の戦い」も
司馬遼の一連の作品では無かった事にされている。

「新史 太閤記」とかでちゃんと描かれていたが。
あそこで秀吉と勝家が大喧嘩して、秀吉の部隊だけ勝手に長浜に撤収するシーンとか普通にあるぞ。
456.:2018年11月24日 00:02 ID:7kqAO.wD0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
457.:2018年11月25日 22:48 ID:n0z01elM0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
458.名無しさん:2018年12月01日 03:03 ID:5zHyBNJL0▼このコメントに返信
>>2
マジだぞ
日本が朝鮮独立させてやったことも忘れてる模様
459.名無しさん:2018年12月01日 13:37 ID:ua0FUc970▼このコメントに返信
※301
460.名無しさん:2018年12月01日 13:37 ID:ua0FUc970▼このコメントに返信
※301
461.名無しさん:2018年12月01日 13:37 ID:wogdCD3c0▼このコメントに返信
※301
준비 중
462.名無しさん:2018年12月01日 17:00 ID:omTgSdjT0▼このコメントに返信
※第二次大戦でも日米英独は補給船狙いまくってたんだぜ

日本は補給船は狙わなかったよ…「武士の情け、丸腰の船など帝国海軍は攻撃しない!」だったからね…
463.名無しさん:2018年12月01日 19:35 ID:yGXpZK7B0▼このコメントに返信
韓国の英雄ならば白将軍いるやん。
絶望的な戦況下で、士気も練度も装備の質も低い応急の徴集兵を率いて、北朝鮮の猛攻を押しとどめ、リッジウェイ司令をして「彼の師団と一部の韓国軍は米軍になんら劣らない実力」とまで言わしめたんやぞ。
誤解を恐れずに言うんなら、旧軍の並の師団長以上といってもいいし、まさに韓国は彼を誇るべきだった。

しかし、結局かの将軍の偉大な功績は、彼が旧軍に属していたという過去によって、人為的に忘れ去られ、貶められようとしている。
未だ、韓国軍内では白将軍を英雄としている向きがあるが、それもいつまで持つのか・・・。
464.名無しさん:2018年12月01日 20:54 ID:ghtxL4ik0▼このコメントに返信
勝ってるのに戦死したの?アホかよwww
465.名無しさん:2018年12月01日 23:39 ID:Ny48DsnO0▼このコメントに返信
※397
完全否定になって申し訳ないんだけど、
小早川軍が全羅道から転進したのは明軍が平壌に攻め込んだから(日本軍勝利)
北の守れって指示がだされたからだよ。(ハッキリと当時の史料にそう記されてる)

あと文禄の明軍の行動は、
まったく全羅道関係の情勢とは無関係。
これも当時の朝鮮側の記録を読めばわかる。
466.名無しさん:2018年12月04日 16:31 ID:5EthLBoA0▼このコメントに返信
日本側はどれ程勝っても統治が上手くいかず辟易としていたが撤退を許さない秀吉が逝くのを待ちわびていた
朝鮮側は水軍で補給船を襲って日本側を苦しめてはいたが合戦では負け続けで明の援軍任せ

秀吉がトチ狂っていたのは事実だが【秀吉の唐入り】は元寇の報復とみればやましくはないな
双方共に二回づつ攻め込んでいるしね
467.:2018年12月04日 21:24 ID:yDPpscg30▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。

お名前