スポンサーリンク

2018年11月07日 10:05

戦艦大和とか武蔵は戦時中にほとんどの国民が知らなかったってなんかすごいよな

戦艦大和とか武蔵は戦時中にほとんどの国民が知らなかったってなんかすごいよな

Yamato_Trial_1941

引用元:戦艦大和とか武蔵は戦時中にほとんどの国民が知らなかったってなんかすごいよな
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1541505018/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 20:50:18.690 ID:OpuDI+OZ0
最強の戦艦である大和がある日本は負けないのであるとか言いそうなもんなのに

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 20:51:11.260 ID:cRJMyywfd
武蔵は全国区で有名だったし大和も地元の人は知ってた定期

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 20:51:48.687 ID:YH7Fm7ds0
長門だろ

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 20:51:53.859 ID:OpuDI+OZ0
武蔵ってそうなんだ
知らんかったわ

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 20:51:59.285 ID:aC4lpB1j0
なんかでかい船作ってるらしいくらいには知れ渡ってたみたいだけどね

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 20:53:36.897 ID:FFbnuTO+0
知ってたみたいよ。うちのばあちゃんはバケモン船って言ってた

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 20:53:37.890 ID:HvqzQ3ZC0
そりゃ兵器なんて普通は極秘に開発されるもんなんだから
一般市民が知ってる方がおかしいだろ

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 20:54:44.380 ID:OpuDI+OZ0
作った後に宣伝したくならなかったのかな~って
負けそうなときなんて言いそうじゃん

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 20:59:48.416 ID:65W+5tcx0
南方の島々では日本軍が圧倒的にボコられてたり海では船がぼこぼこ沈められたりしたことすら知らなかったんでしょ?
玉音放送聞いて勝利のメッセージだと勘違いした奴すらいたんでしょ?
すごくね?

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:04:34.080 ID:s3eg0KQ50
>>12
本土決戦の準備もしてたしそんなアホはいないだろ

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:01:31.225 ID:1xyv8zgf0
そもそも配備がほぼトラックで日本に戻るのはほぼ整備の時だけだし進水式も非公開だったから国民への知名度は無いに等しかった
もっとも大和に関しては広島市民には公然の秘密だったし武蔵についても目隠し用の御簾を九州中で買い集めたことで品不足が起き佐世保ドッグに入りきらない巨大戦艦建造中の噂が広まったから少しアンテナ張ってる人にはそれなりに知られてた

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:01:54.024 ID:s3eg0KQ50
大和は長門という国民的な戦艦があったし、
更に特に戦果も無ければ、映像的に機密保持が難しいとかとか

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:02:23.010 ID:vYSQo+140
戦艦は戦略兵器だったんだからむしろ大和型戦艦の46センチ三連装砲を見せびらかした方がアメリカの態度も軟化したんじゃないか

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:03:48.559 ID:65W+5tcx0
>>16
大和型ができた頃には空母のほうがつええだろで
日本ですら大和型を空母に作り替えて長野ってたくらいだし
アメリカの量産空母にぷげらっちょされていまだに過去の考えの時代遅れの国扱されるだけやろ

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:07:21.446 ID:vYSQo+140
>>18
戦艦を時代遅れにしたのは真珠湾攻撃じゃん
それまでは戦艦を落とせるのは戦艦だけなのが世界の常識なんだから
大和の起工から大和の凄さを世界に向けて効果的に宣伝しとけばよかったじゃん

37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:13:53.617 ID:s3eg0KQ50
>>25
真珠湾じゃなくてマレー沖じゃね?
真珠湾以前にも停泊中の戦艦が撃沈されて例はあるし

大和をプロパガンダ利用したところで、
アメリカも46以上の戦艦を建造するか、41クラスの戦艦を建造するだけだと思う

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:03:48.229 ID:5YDHcAsl0
向こうの方が工業力高いんだからもっとでかいの作られて終わりっす

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:05:18.686 ID:vYSQo+140
>>17
もっとでかいの造ったらパナマ運河通れないじゃん

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:06:43.043 ID:5YDHcAsl0
>>20
戦艦の時代ずっと続いてたらそれでもでかいの作ったんじゃねえかな連中…

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:10:02.604 ID:s3eg0KQ50
>>24
大和の後に出来たアイオワ型から考えるに、
戦艦中心主義でもでっかいのは作らなかったと思う

34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:12:43.529 ID:5YDHcAsl0
>>28
いうて空母についてくことを前提としたがゆえの高速戦艦でしょ?

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:09:34.500 ID:1xyv8zgf0
拠点攻撃として考えれば46サンチ砲は有用だけど対艦砲撃用の装備としては無用の長物
偵察機飛ばさないと見えない47㎞先に8分強かかって飛んでく砲弾動いてる的に当てろとかどんなムリゲー

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:11:54.317 ID:4Mor0Qj/0
>>27
射程距離は単に砲がでかいから伸びてるだけでずっと最大射程で撃ち合うわけじゃないよ

33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:12:34.529 ID:OLAtirRqd
大和の実物見たかったなぁ

40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:15:38.536 ID:KYG+aE6dd
戦闘状態の戦艦を戦闘機で撃沈したのがマレー沖だっけ?

47: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:19:37.917 ID:s3eg0KQ50
>>40
そうだよ
稼働状態じゃなければタラント空襲と真珠湾で撃沈例があるけど

50: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:23:04.149 ID:/JEEk3Ad0
もっと不遇な信濃

52: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:25:34.636 ID:s3eg0KQ50
>>50
戦艦になれず
戦艦の設計だから空母としても欠陥
空襲をさける為に回航してたら魚雷を食らう
ダメコンが売りなのに蜜柑製なので沈没

51: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:23:46.602 ID:1xyv8zgf0
不遇と言えば山城

53: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:27:32.835 ID:1xyv8zgf0
ダメコン不十分だったのは艤装用の機材やケーブルが邪魔で水密壁下ろせなかったって聞いたけど

54: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:28:50.007 ID:s3eg0KQ50
>>53
それも含めて気密が不十分だったとか
機密は十分だったのに

55: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:30:21.727 ID:OpuDI+OZ0
戦時中もこういう人たちが大和のこととか周りに話してたんだろうな

57: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:33:22.326 ID:s3eg0KQ50
>>55
別に大和型自体は漏れてただろうけど、
口径の機密は守りぬけたからセーフ

58: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:34:50.115 ID:OpuDI+OZ0
>>57
そう?嬉しそうに最大の秘密を教えてやるとか言って 話してたんじゃない?

60: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:38:40.554 ID:s3eg0KQ50
>>58
そもそも建造時も46センチじゃなく41センチと呼ぶ程度には気を使ってた
それに尉官ならまだしも、
水兵程度じゃ口径数等の機密は正式には知らされてないでしょ

59: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:36:24.623 ID:65W+5tcx0
でも長門か陸奥かの二大ヒーローだったのに
なんか港で勝手に爆発して沈んでたってことすら
知られてなかった陸奥のほうがすごくね?

61: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:40:09.994 ID:tX6+7YAp0
当時はヤマトより長門の方が人気あったって最近知った

63: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:42:52.676 ID:K+5oc0qUa
栗田長官がレイテ湾に突入して46砲を連べ打ちすれば一定の戦果は上げられたと思う
操縦する側の無能ぶりで低評価された哀れな戦艦大和

65: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:45:34.660 ID:4Mor0Qj/0
満身創痍の栗田艦隊がレイテ突入してもオルテンドルフ艦隊にボコられるし運良くたどり着いても攻撃目標の米軍はすでに進軍済みだから意味ないよ

67: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:50:10.498 ID:K+5oc0qUa
>>65
少なくともレイテ島アメリカ守備隊を恐怖のドン底に貶められた
あの時こそ大和は特攻戦艦としてレイテ島に横付けして46砲を撃ち尽くすべきだった

66: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:47:15.675 ID:1xyv8zgf0
栗田ターンが非難されるのってレイテに突入しなかったこと自体じゃなくて味方の犠牲の上での支援で生み出された機会を独断と不確定な情報でフイにして勝手に攻撃目標替えたことについてでしょ

68: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:52:23.018 ID:s3eg0KQ50
栗田の反転を叩いてる奴いるけど結果論だし、なによりそれだけで栗田を無能とするには酷すぎないか?
そもそもあの時点で三日三晩徹夜だしパラワン沖で泳いでるから体力的にも限界でしょ?

69: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:53:03.895 ID:1xyv8zgf0
まーあそこで損害を与えられてればアメリカ国内の嫌戦派に追い風にはなったろうな

70: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:53:29.949 ID:lCfDTMOd0
大和の使いどころはミッドウェーだけだろ
とりあえずミッドウェーの米軍の戦力では沈まないから空母の損耗をもう少し抑えられた
戦争が3ヶ月ぐらい延びただけだろうが

72: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:56:01.284 ID:65W+5tcx0
まぁ時代は航空戦艦の時代だったんだよ
艦載機を放って突撃されたらどうしようもないだろ
まぁそうなるな

77: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:59:17.828 ID:s3eg0KQ50
>>72
航空戦艦って実際無茶苦茶じゃね?
戦艦としても空母としても半端
速度も早くない
更に言えば空母か陸上基地と同時に運用必要があるし

82: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 22:29:57.744 ID:K+5oc0qUa
栗田長官は我1億玉砕の先陣を切るに足らん!と打電して全艦突撃命令するべきだったよな
一矢報いることは出来た

83: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 22:57:03.743 ID:s3eg0KQ50
レイテは重要だけども
輸送船団撃滅した後にも防衛必要もあるから悪戯に危険にはさらせないでしょ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年11月07日 10:10 ID:Z6ZBqHTW0▼このコメントに返信
情報なんて口コミか報道かぐらいしかない時代で物資不足で日々を生きるのに必死な人達が「なんぞデカイ船があるらしいゾ」以上の知識も興味もほとんどないのは当たり前だよなぁ?

今の日本人ですら「いずも」や「かが」についてどれだけ知ってるんだ?
2.名無しさん:2018年11月07日 10:12 ID:WCZaouD20▼このコメントに返信
また朝鮮スレか。
3.名無しさん:2018年11月07日 10:16 ID:oyaNAgIN0▼このコメントに返信
今だから言えることだけど
隠すより宣伝したほうが良かったと思う。
戦略兵器なんて知られて相手に対策させるための存在だから。
4.名無しさん:2018年11月07日 10:17 ID:I9Azp.Fy0▼このコメントに返信
大和が最初に雷撃された時にダメージを食らったが、普通に速度を上げて逃げて行って雷撃した米潜水艦は「化物がいる」と上層部に報告した模様。

5.名無しさん:2018年11月07日 10:17 ID:sJ5TrzjL0▼このコメントに返信
零戦すら大戦後半まで秘密にしていたもんな
負けが込み始めてから「帝国海軍が誇る無敵戦闘機零戦!」
と報道が解禁されたけど今更感がね
隼は知られていたけど
6.名無しさん:2018年11月07日 10:18 ID:y6eJNOC50▼このコメントに返信
※2
そうだぞ。ちょっとでも日本sageな内容があれば全部在日工作員の仕業だから君も愛国戦士として共に闘おう!
7.名無しさん:2018年11月07日 10:19 ID:WCZaouD20▼このコメントに返信
※4
食らった大和側も漂流物にでも当たったのか?状態艦橋勤務の乗員と見張り員以外。
8.名無しさん:2018年11月07日 10:21 ID:ewOUb2WJ0▼このコメントに返信
沖縄県民は
今に戦艦大和が助けに来る
って励ましあってたよ
9.名無しさん:2018年11月07日 10:22 ID:I9Azp.Fy0▼このコメントに返信
※3
存在は戦前から連合国にバレてたけど詳細な性能は戦後まで隠し通すのは成功したという微妙な逸話が有りますな。
主砲の口径は戦後まで分からなかったらしい。

武蔵を建造してた長崎の三菱は試行錯誤してたって逸話を聞いて感心しましたし...
10.名無しさん:2018年11月07日 10:24 ID:I9Azp.Fy0▼このコメントに返信
※7
当時の乗組員は何か揺れたなぁ程度の感じだったらしいですね。
11.名無しさん:2018年11月07日 10:25 ID:baPbSwDj0▼このコメントに返信
>>26
モンタナ作るって結果になるだけだろ
12.名無しさん:2018年11月07日 10:27 ID:1YJNl5Ka0▼このコメントに返信
※3
どーやってアメリカまで喧伝すんだよ。
長門だって、ビッグ7の名声とか、海軍軍縮会議のやり取りとか、
関東大震災の時の「公表スペック以上の船速で物資お届け」とか、
そういう逸話があるからこそ、米軍にも警戒されたわけで。

何かしら、世界的なニュースに絡められて活躍の様子が紹介されない限りは、
「日本に18インチの砲を備えた巨大戦艦があるらしいぞ!」
「ナイスジョーク!そんなもん作れるわけがないだろ、HAHAHAHAHA!!!」 で、終るわ。
13.名無しさん:2018年11月07日 10:27 ID:8zRCHYwD0▼このコメントに返信
※3
基本的に戦艦の装備ってのは防衛用。
主砲が過剰に大きいのは基本的に艦船を近づけさせないため・・・だね。
戦艦ってのは兵器以上に洋上陣地の意味合いが強いからフツーはわざわざ戦場に出向かない。
そう考えたら色々謎解けると思うよ?謎の栗田ターンとかさ?
14.名無しさん:2018年11月07日 10:27 ID:sJ5TrzjL0▼このコメントに返信
現在だってミリタリーや歴史に興味なければ知らない人が大多数な現実
「ヤマト?ああアニメの宇宙戦艦ね えっ実在したの」みたいな感じ
歴史の授業は幕末で終わるから 今時は日本がどこの国と戦争したのか知らない若者もザラだろ
15.名無しさん:2018年11月07日 10:29 ID:baPbSwDj0▼このコメントに返信
>>68
それこそ突撃しても無駄だったてのが結果論だろ。
不確定な要素しかなかったなら司令部の命令実行しなきゃいけなかったから勝手にやめたらダメだろ。
そもそも司令部が曖昧だって話はあるけど。
16.名無しさん:2018年11月07日 10:31 ID:.PP.f8Pi0▼このコメントに返信
今なら作業員がネットにカキコミするんだろうね。呉でヤベーの作ってる米帝終わったわみたいな
17.名無しさん:2018年11月07日 10:33 ID:WCZaouD20▼このコメントに返信
※9
武蔵は、一番艦の大和以上の建造費請求を海軍省に三菱造船が遣らかして設計者と造船担当の士官が切れたらしい。
18.名無しさん:2018年11月07日 10:36 ID:skgS.3s.0▼このコメントに返信
存在は知られていたけど、主砲の口径は栗田中将ですら知らなかった・・・って、マジかよ!
19.名無しさん:2018年11月07日 10:38 ID:skgS.3s.0▼このコメントに返信
>>17
建造方法も違うし、部品も取り寄せだから高くなって当然。
むしろキレたのは三菱側と聞く。
20.名無しさん:2018年11月07日 10:41 ID:skgS.3s.0▼このコメントに返信
>>4
潜水艦の艦長は気が触れたと思われて、艦長の任を解かれたんだっけ?
カワイソス。
21.名無しさん:2018年11月07日 10:42 ID:lhRHvV5e0▼このコメントに返信
戦艦が空母に追従できないってのは、発艦の際に風上航行が必要な日本の話しで
カタパルト装備が多いアメリカの場合は、20ノットのペンシルバニアでも空母とユニットとして動いてるね
22.名無しさん:2018年11月07日 10:43 ID:ep5bHGeU0▼このコメントに返信
欧米:卓越した兵器の保有を周辺国に言い散らす
日本:卓越した兵器の保有は 軍内部でも秘密

この違いは何故??
23.名無しさん:2018年11月07日 10:43 ID:WCZaouD20▼このコメントに返信
※19
部品処か自社資本で遣れよレベルの備品調達まで請求書に併記したんだぞ3~4番艦の建造は、別で遣ると言っていたのになんだこの請求は!(# ゚Д゚)になった。
24.名無しさん:2018年11月07日 10:43 ID:WCZaouD20▼このコメントに返信
※21
またキョタニコピペか。
25.名無しさん:2018年11月07日 10:45 ID:XAG9wzlW0▼このコメントに返信
今から考えると大和は砲艦外交に使うべきだったな
外相が大和に乗って会議に乗り付ければ相手ビビるだろ
26.名無しさん:2018年11月07日 10:55 ID:ToCVwZZe0▼このコメントに返信
※21

移動は兎も角、発進させるときは30ノットだすから輪形陣とれなくなって落伍するから嫌がられたよ
カタパルトは戦争後半はそうかもしれんけど中盤まではほとんどついてない。 ヨークタウン級とかも初めはついてたりしたけど
途中で外される位だったしな。 サウスダコタ級ならまだしも20ノットの旧式戦艦は護衛空母なら兎も角、正規の空母とは一緒にならんでしょ
なるとするなら戦争後半のナメプ島叩きプレイしてる頃だろう
27.名無しさん:2018年11月07日 10:57 ID:9s4VO47c0▼このコメントに返信
>> 大和の使いどころはミッドウェーだけだろ
ミッドウェーでも大和はまだ事実上戦力化されてねーよ。訓練がやっと終わったばかりの初陣だぞ。だから後ろで司令部としてアヒルやってたわけで。戦艦は役立たずとわかり始めてた+大和はまだ未熟な新兵+偶然にでも沈められたら敵の宣伝に使われ味方の士気にも関わる(パンピーはまだまだ大艦巨砲主義が常識)。後ろで予備兵力てか傷ついた敵艦隊を仕留める匕首ぐらいだろう、と山本提督が考えてても当然だよ。

熟練してきてまともに戦力になってたかもしれないころには、燃料対費用効果的にホテルや港湾の守備それに特攻用ぐらいとしてしか使い道ないことが明々白々になってる。で、そのとおりになったってだけ。これは長門だって変わらん。沖縄特攻よりレイテ特攻のほうが結果出せたんじゃないかというのは枝葉末節論だね。どっちが効果高くても大勢に影響ないし。空母の随伴護衛しろ? 石油をもっと持ってきてから言えってこと。燃料だけで金剛のざっと倍食うんだぞ、倍。重巡と比べたら4倍だぞ。で、護衛の効果が4倍2倍になると思うか?
28.名無しさん:2018年11月07日 11:02 ID:99e4bKs20▼このコメントに返信
※3
どう考えても大和の建造始まった時点ではまだ日本は国連脱退しておらず軍縮条約破りまくってたことがバレて世界が敵に回るのが早まるから駄目だぞ
29.名無しさん:2018年11月07日 11:02 ID:99e4bKs20▼このコメントに返信
雑魚過ぎて誰も興味が無かったんだね^^
30.名無しさん:2018年11月07日 11:05 ID:YInhTobD0▼このコメントに返信
兵器なんだから極秘開発が普通じゃね
何で宣伝する事前提なの?

現代でも自衛隊の軍艦について殆どの国民が知らないだろ。
それと同じ。
31.名無しさん:2018年11月07日 11:07 ID:YInhTobD0▼このコメントに返信
※1
全く同じ意見。

インターンネットで情報が早く広まる現代ですら、ヘリ空母とか知らない国民の方が多そう。
あんな大きな軍艦が日本にあるなんて知らない人の方が多いだろ。
32.名無しさん:2018年11月07日 11:07 ID:SSb.yOwF0▼このコメントに返信
大和と武蔵は日米の雌雄を決する艦隊決戦の主力だからおいそれとその存在を公にして事前にアメリカに対応策をとらせるわけにはいかない
何しろかけた費用と技術の負担が莫大で後継の戦艦を造る余力がない日本にとって最後の切り札
アメリカが大和を上回る戦艦を建造するなら更にそれを上回る戦艦を造れば良いと言うわけにはいかない
だから情報は秘匿されたまま 幻の中部太平洋の艦隊決戦を待ち望んだまま徒らに時を空費したまま時代は航空機中心主義へ
最後は艦隊特攻で航空機に撃沈された
33.名無しさん:2018年11月07日 11:08 ID:.DkF6zu50▼このコメントに返信
スレ>>28
>大和の後に出来たアイオワ型から考えるに、
>戦艦中心主義でもでっかいのは作らなかったと思う

ここでふさわしいのは計画中止になったとは言えモンタナ級だろう
主砲は大和級に比べて口径で劣るが砲身長と門数で上回る
あと全長も大和を上回ってた
更に日本海軍も大和の次は大和改だの紀伊級だの、さらに巨大戦艦を作る計画が有った
空母と航空戦力の台東で全てキャンセルとなったのは歴史が示すとおり
34.名無しさん:2018年11月07日 11:13 ID:qTEt.e8g0▼このコメントに返信
うちの親父は当時中学生ぐらいだったが、

長門より大きな戦艦が有るのは噂でみんな知ってたが、大和、武蔵と知ったのは戦後。

と言っていた。東京在住。
35.名無しさん:2018年11月07日 11:17 ID:d9WMSrqv0▼このコメントに返信
大和は造船中は秘密だったけど・・・竣工してからはべつに秘匿されてるようなものではなかったはず
現在からみた当時のイメージは敵国への情報漏洩を嫌ってなんでもかんでも秘匿していたようになっているが
意外や当時の国民は日本ニュースでドイツのタイガー戦車や日本で開発したレーダーなんかも見て知っている
36.名無しさん:2018年11月07日 11:18 ID:e72pvSSU0▼このコメントに返信
>>18
アメリカのが遅い時期まで戦艦建造続けてるし
ぷげらっちょって何?
鳴き声じゃなくて人間の使う言葉に直せよクソ猿
37.名無しさん:2018年11月07日 11:19 ID:99e4bKs20▼このコメントに返信
※30
当時は戦艦作ったらわざわざ莫大な燃費消費して他国を回って見せびらかすのが普通だったぞ
現代ではどこの国も毎年軍事パレードをやって世界中に放送してる
北朝鮮すら毎年軍事パレードやってはその映像が日本でも流されてるだろ
ありったけの軍事力を見せつけた方がかえって抑止力が生まれて戦争が起こらないという考え方が主流になった
38.名無しさん:2018年11月07日 11:22 ID:olkjduJ40▼このコメントに返信
>>72
日向師匠…帰りましょう…
39.名無しさん:2018年11月07日 11:27 ID:ukD85ytx0▼このコメントに返信
軍備拡張の国際条約みたいものに、大和はでかすぎて抵触していたような。
40.名無しさん:2018年11月07日 11:33 ID:793r6GDH0▼このコメントに返信
※39
建造時は既にロンドン条約抜けてるから無問題・・・
41.名無しさん:2018年11月07日 11:34 ID:RGMB7Viz0▼このコメントに返信
同じ撃沈されるならば 敵国にその存在と脅威のほどが認識されたビスマルクやプリンス・オブ・ウェールズの様に華々しく散った方が
戦中ひっそりと撃沈され戦後になってその存在が明らかになるよりはインパクトがあったろう
(あくまで感情論)
ビスマルクの様に大和の存在と行動が米国国民の関心を買い撃沈のニュースに歓呼したという戦史ならばネット右浴さんも史実よりはホルホルできたでしょう
42.いつもの:2018年11月07日 11:37 ID:FxwpHF2H0▼このコメントに返信
大艦巨砲主義に最後まで固執し続けたのが日本海軍
世界各国が条約明け後の航空戦に対応し、すべての新型戦艦が30ノット以上の速力をもつのに対し大和は26ノットという鈍足で、
しかも世界の新戦艦が30ノット以上の高速艦だということを知らなかったという
対してアメリカは真珠湾で復旧した戦艦ですら30ノット出せるように改装した

副砲と高角砲を一本化している流れに逆らい別々に装備し、精神力ばかり重視し科学的な研究を怠った結果、電測装置の開発に
大きく後れ機械的な機構でも古く劣った物しか出来なかった
たとえば、砲の装填装置はアメリカ戦艦は全自動で操作員は殆ど居ないのにたいし、日本の戦艦は砲弾を人力で運ばなくてはならなく
そのため砲弾は一度小さく分解して人力で運び、装填前に再び組み立てなくてはならない
照準装置もアメリカ戦艦がジャイロで波浪の揺れを消して安定させているのに対し、なんと日本の船では人間の手で
装置を上下させているのだ
よくイメージされるのが、照準機を覗き込んだ射撃手がレバーを動かせばそれに合わせて主砲が動くという物だか
大和の主砲の操作方法は、照準機を覗き込んだ射撃手が伝声管で砲塔にいる操作員に方位、仰角を伝える方式だった
こんな方法では、刻一刻と変化する目標に命中させられる訳が無いのだが、当時の日本人は不思議にも思わなかったのだ

続く
43.いつもの:2018年11月07日 11:37 ID:FxwpHF2H0▼このコメントに返信
続き

船体強度も全く足りず、主砲の9門同時射撃が出来ないため、わざわざ発砲遅延装置を取り付け衝撃を分散させようとしたがうまくいかず、
結局9門同時射撃は禁止されてしまった

日本海軍がようやく現状を理解した時には既に遅く、空母が全滅してからだった あわてて完成寸前だった信濃を空母に改装、4
番艦も解体したが遅すぎ信濃は何の役にもたたず撃沈されてしまった

海軍の後れた思想のせいで大和型2番艦の武蔵は航空戦の時代に世界で最後に建造された戦艦という不名誉な船になってしまった
44.名無しさん:2018年11月07日 11:39 ID:9B4lmSVV0▼このコメントに返信
F-2の後継機作るらしいけど、大和の二の舞にだけはごめんだぞ
(作ったときには既に時代遅れ)
45.いつものその2:2018年11月07日 11:41 ID:FxwpHF2H0▼このコメントに返信
戦艦大和は世界最強の戦艦だと言うが事実はそうではない

最強だという根拠は6万4千tの排水量と、主砲が46cmでありその主砲に耐える最大厚650mmの装甲、たしかに数字だけでみれば世界最大である

しかし、そこには数字には現れない数々の欠陥があるのだ
まず主砲だが日本は砲弾の直径を大きくしより大威力の砲を目指したが、他の先進国は
砲の直径はそのままに、初速を上げるための長砲身化の方向に向かった
どの国も50口径以上の長砲身を持つのに対し、大和は45口径という短砲身の砲でしかない

さらに、アメリカでは砲弾のサイズはそのままに大重量化しており大きな威力向上を果たしていた
これは新しい設備を必要とせず既存の設備のままで生産出来る
大して日本は新たに46cm砲用の設備を用意する必要がある、しかも日本の戦艦主砲は46cm、40cm、36cmと3種類もあるのに対して、アメリカは40cm、イギリスも一部を除き38cmと他国は主砲を統一していた
日本は生産効率と言う物を、全く理解していなかったのだ
続く
46.いつものその2:2018年11月07日 11:42 ID:FxwpHF2H0▼このコメントに返信
続き
次に装甲だが、大和は自艦の主砲に耐えるというが、その砲弾はもろく低質な装甲でも耐えられると言うだけの事だ
他国の砲弾に耐えられるのではなかった
装甲の面積も小さな物しか作れず、モザイクのような物しか出来なかった
砲塔を見てもらえばよく分かるが、他国の砲塔が一枚板を組み合わせて出来ているのに対し、大和の砲塔が小さな板を重ね合わせてまるで民家の屋根の様になっている
その為、計画通りの対弾性があるのは装甲全体の3割以下でしかなかった
また軽量化の為、装甲が船体の構造材を兼ねた設計になっていた。これは被弾で装甲が割れると、船体が崩壊してしまうことを意味する。設計者はこんな簡単なことすら解っていなかった

船体の運動性、安定性も悪く、舵をきっても一分以上しないと船体が回り始めないのだ
主砲を全門同時に撃つと転覆するため斉射は禁止され、一度も斉射したことはないと当時の乗組員が証言している
もっとも遅れていたのは機関で、前の型である長門型はアメリカから機関を輸入していたが、対米関係悪化で機関の輸入ができず、旧式駆逐艦を解体して機関を流用した
そのため、各国の戦艦の中でもっとも鈍足となったが海軍は問題とすら思わなかったのだ
続く
47.いつものその2:2018年11月07日 11:43 ID:FxwpHF2H0▼このコメントに返信
続き
注排水装置の思想も他国とは異なり、損傷による浸水を食い止め排水する機能を重視した欧米と違い、砲撃を維持するための注水機能を重視したのだ
というのも、大和は僅か5度傾いただけで射撃は出来なくなってしまうのだ
しかし、魚雷を受け片舷に浸水したからといって反対舷に注水したのでは、両舷に魚雷を受けたのと変わりなくなってしまう。また排水を考えていないため、どんどん浸水してくるのに合わせて注水し続けなければならず大和も武蔵も早々に弾薬庫や機関区へと注水しなければならなくなった
注排水装置ではなく、自沈促進装置だったのだ

この時代、既に戦艦から航空機の時代へと移り変わっていて、他国の海軍はそのことを正しく理解し空母機動部隊に同行できるよう戦艦にも30ノット以上の高速を持たせていた
さらに、高射砲と副砲の統一で合理化していたのに対し、大和は旧態依然とした砲配置で副砲と高射砲が別々になっていた

結局、開戦前にはどの国でも戦艦の建造は取り止められたが、日本ただ一国だけが戦艦を作り続けていた

日本は思想すら遅れていたのだ
48.名無しさん:2018年11月07日 11:45 ID:159h.IpJ0▼このコメントに返信
だから負けた。  日本はひたすら軍事は秘密主義で戦略を使えなかった。空母も米国にははっきりわかっていなかっただろう。隠して隠してドカンだから、相手は反発反撃に出る。 むしろ見せて威嚇し様子を見る方が成熟した戦略だっただろう。10のものを100に見せる方が経済的だ。10のものを使ってしまえば、それまで。人間のすることはすべて経済だからだ。
49.ハインフェッツ:2018年11月07日 11:46 ID:vr8IxdYw0▼このコメントに返信
まあ、スペックをバラしちゃうとアメリカの方が
「パナマ運河超えられないくらいでかい戦艦を四隻ばかり太平洋に配備すりゃいいんじゃね?」
ってなると思ったから秘密にしといたんじゃない。
計画だけなら日本だけでなく米国にも大和級を超えるような戦艦の話があったって言うし。

※42
突っ込み待ちのネタ師かな?
50.名無しさん:2018年11月07日 11:46 ID:RGMB7Viz0▼このコメントに返信
※43
確かに 戦ってもないのに世界最強戦艦大和というのはおかしいね スペックにしてもいろいろ疑問点があるのも事実だし
ところで最後に作られた戦艦は フランスのジャン・バールでないのか?
51.名無しさん:2018年11月07日 11:51 ID:FxwpHF2H0▼このコメントに返信
コメ欄の仕様変わった?

これからは※じゃなく>>を使った方が良いのかな?
52.名無しさん:2018年11月07日 11:52 ID:WCZaouD20▼このコメントに返信
※44
へ~F-2もF-16を原型にした割に重武装に出来たのに時代遅れて、、。
53.名無しさん:2018年11月07日 11:53 ID:WCZaouD20▼このコメントに返信
※50
実際タイマンなら最強なんですが?
54.エンアカーシャ:2018年11月07日 11:55 ID:k2pQNFkJ0▼このコメントに返信
アメリカ人も、原爆を知らなかったぞ?。
55.名無しさん:2018年11月07日 11:57 ID:R7g9vUl80▼このコメントに返信
骨董市で当時の雑誌見つけて読んでたら、普通に色々と
マズイ事を平気でぶっちゃけてるんだよねw 
「昭和19年になったらアメリカの新型空母が大量完成するから、今年(18年)こそは決戦の年とかw」
戦争中の庶民は何も知らないなんて、屑左翼が広めた大嘘だぞ
56.名無しさん:2018年11月07日 12:00 ID:ukD85ytx0▼このコメントに返信
※51
く>>じゃどこへも飛ばないけどな。
57.名無しさん:2018年11月07日 12:01 ID:WCZaouD20▼このコメントに返信
※55
まあ公電傍受や中立国経由で来る国外新聞半年分とかニュースを国民に知らせていたらしいからな。
58.名無しさん:2018年11月07日 12:03 ID:9U35E9ph0▼このコメントに返信
やっぱ「長門」なんだよなぁ
59.名無しさん:2018年11月07日 12:10 ID:1GrEEM.P0▼このコメントに返信
戦艦を有効利用するには炸薬量を30パーセントは備えた高性能榴弾がひつようだったのではないか?
60.名無しさん:2018年11月07日 12:16 ID:ukD85ytx0▼このコメントに返信
戦略上、その存在を秘匿する必要があった?
だとすると、秘匿する事によりどんなメリットがあった?
それとも単に民草ごときに知らせる必要がなかったので告知しなかったのか?

54の場合だと多様な価値観を持つ人々の集合体であるアメリカにおいては秘匿する必要があったろうが、
統制国家で単一志向の日本においては秘匿する意味がない。
対外的には核開発の実施はどこの国もやっていることを相互に認識していたわけだし。
61.名無しさん:2018年11月07日 12:16 ID:9tYx5ZdN0▼このコメントに返信
知らないフリをしてただけだろ…
62.名無しさん:2018年11月07日 12:16 ID:WCZaouD20▼このコメントに返信
※59
炸薬を弄ると気温変化で自爆するからダメが日露戦争の教訓海戦前主力艦ドック入りとか洒落にならん。
63.名無しさん:2018年11月07日 12:25 ID:qs4bbb0a0▼このコメントに返信
※53
タンカー改造の護衛空母とブリキ缶と呼ばれた数隻の駆逐艦すら仕留められませんでした(サマール沖海戦)
64.名無しさん:2018年11月07日 12:28 ID:159h.IpJ0▼このコメントに返信
日本が負けた理由 相手を間違った。 思い上がり、ソ連を攻撃しなかった。 情報に無知。 織田信長が大本営に居たら全員打ち首。
65.名無しさん:2018年11月07日 12:33 ID:2MUx.AKJ0▼このコメントに返信
>>63
逃げに徹してる相手になかなか命中弾は出ないよ
それともこれがアメリカの戦艦だったらレーダー射撃で百発百中だとでも思ってる?
66.名無しさん:2018年11月07日 12:34 ID:gcR7AzwQ0▼このコメントに返信
米兵『この戦艦はなんなんだ!』
写真バシーン!
日本海軍捕虜『えっ?何これ?』
日本海軍捕虜( ゚д゚)?
米兵( ゚д゚)?
米兵『OK』(´・ω・`)
67.名無しさん:2018年11月07日 12:41 ID:OrHzqlF80▼このコメントに返信
現在の国民だって、日本の秘密兵器しらないだろ。
68.名無しさん:2018年11月07日 12:54 ID:QKY1wKq60▼このコメントに返信
大和が進水したのは1940年8月8日で開戦前な。

>大艦巨砲主義に最後まで固執し続けたのが日本海軍
というのは知識が足りてないのに上から目線な馬鹿。
69.名無しさん:2018年11月07日 12:56 ID:za80vW8m0▼このコメントに返信
※65
サマール沖海戦の経過

7時24分、煙幕から駆逐艦ジョンストンが飛び出し、放った魚雷が熊野に命中して艦首を切断し、落伍させた。ホーエル、ヒーアマンも魚雷を放ち、栗田艦隊の戦艦部隊に回避行動を強要することに成功した。
榛名、利根、筑摩は護衛空母カリニン・ベイを攻撃するが、米軍の護衛駆逐艦4隻が魚雷を放ったため回避を強要された。
7時54分、魚雷に両舷を挟まれた大和、長門は戦線から遠ざかった。
8時50分、ジョンストンは既に魚雷を撃ち尽くしていたが、発射姿勢を取ったため、第十戦隊は回避行動をとり、第二水雷戦隊の針路を妨害。米艦隊との距離が開いてしまい、二水戦がタフィ3に魚雷を発射する機会が失われた。


立ち向かってきた数隻の米護衛駆逐艦に日本の戦艦、巡洋艦、水雷戦隊がことごとく翻弄させれてますやん
70.名無しさん:2018年11月07日 12:58 ID:AQOI.PT.0▼このコメントに返信
まさか宇宙戦艦まで造ってたとはなぁ
71.名無しさん:2018年11月07日 13:01 ID:MwFy8raX0▼このコメントに返信
大和級は機密が多く乗組員も自分の担当区画しか知らなかった。
72.名無しさん:2018年11月07日 13:02 ID:l9IWojln0▼このコメントに返信
>>51
全文表示時に矢印を押せば、簡単にレスが出来る仕様になったっぽい
ついでに、跳ね馬の自動車メーカー(尺八(意味深)関連表現が入る)の正規名称や脚本家のカタカナ表記(極東の「面積だけは一人前の永遠の発展途上国」の別称が入る)が入力出来るように、NGワード検出機能もアップデートして欲しいわ
73.名無しさん:2018年11月07日 13:03 ID:d5C345m50▼このコメントに返信
米軍も42年までは大和型並みのモンタナ級を作ろうとしてたんだよ
「日本は大和なんて大艦巨砲主義www」とかいうけど、大和型はアイオワ級より前に竣工してんだよなあ
74.名無しさん:2018年11月07日 13:13 ID:l9IWojln0▼このコメントに返信
>>68
空母一辺倒に見える米軍内でも、大艦巨砲主義者は一定数いたのにな(ってか、概ね派閥に近いか)
終戦でキャンセルになったけど、パナマックス超えの超大和級(多分)戦艦建造計画も有ったし、坊ノ岬で戦艦同士の殴り合いを望む声も米軍内に有ったそうだし
75.エンアカーシャ:2018年11月07日 13:16 ID:k2pQNFkJ0▼このコメントに返信
54の2、

全世界で、唯一、
戦艦で空母を沈めたのは、<大和>だけ、

中国軍も、韓国軍も、絶対に達成不可能な、永遠の記録、
ギネスに登録しよう。
76.名無しさん:2018年11月07日 13:17 ID:9zC20WuL0▼このコメントに返信
※37
うむ、※30は「白船事件」のことを知らないらしい
77.名無しさん:2018年11月07日 13:18 ID:VARFJiTH0▼このコメントに返信
大鑑巨根にもキヨがきた〜
大和級は 初期案だと30ノット。高圧タービンとディーゼル併用。
途中からダメコン重視に変更で 普通圧のタービンのみに。それでも公試試験で29ノット出たことも。(当時の艤装員談)
78.名無しさん:2018年11月07日 13:20 ID:793r6GDH0▼このコメントに返信
※74
スプルアンス「大和が出張るだと!? よしデヨ君、君の戦艦達の出番だ!!」→
ミッチャー「当方攻撃準備よろし! 如何しますか?」→スプルアンス「何!!? ・・・よろしい、やり給え」
79.名無しさん:2018年11月07日 13:21 ID:WCZaouD20▼このコメントに返信
※63
はあ?砲弾が軽く貫通する軽装甲艦を例に出して何時もの大和貶めの基地か。
80.エンアカーシャ:2018年11月07日 13:21 ID:k2pQNFkJ0▼このコメントに返信
54の3、

主砲を水平射撃するだけで、至近通過弾でも、駆逐艦なら爆砕、
突撃して、接近戦するだけでも、充分強い。
81.名無しさん:2018年11月07日 13:24 ID:W.EgJwca0▼このコメントに返信
世界中で大人気なはずの外国人アーティスト()でも知らないやつ一杯いるだろw
82.名無しさん:2018年11月07日 13:32 ID:2ubzhWYC0▼このコメントに返信
※79
その軽装甲艦でさえ軽く仕留められなかったんだから推して知るべし
83.名無しさん:2018年11月07日 13:35 ID:puSEfaVD0▼このコメントに返信
>>81
まぁ、大和発見の手伝いしてくれた海外のトレハンも「日本の船なんざせいぜい重巡位だろHAHAHA!……え、64000トン……?是非やらせてください」だったそうだしね
今じゃ宇宙戦艦経由で知ってる人は多いんじゃない?
84.名無しさん:2018年11月07日 13:38 ID:H4dQ6B7G0▼このコメントに返信
この国民が知らなかったって嘘だよな。うちの爺大学生だったけど、信濃とか知ってたで?飛ばす飛行機無いからシラミ飛ばしてた空母って、笑いながら話してくれたわ。
85.名無しさん:2018年11月07日 13:48 ID:.bncODKs0▼このコメントに返信
日本は大和型の建造で、5年は質的優位を維持できると踏んでいて、概ね読みは正しかった。
アメリカは大和に近い6万トンのモンタナ造っていたし、パナマも拡げるつもりだった。完成は1945以降。
86.名無しさん:2018年11月07日 13:50 ID:0cal1Pmu0▼このコメントに返信
>>75
はいまたエンアカーシャ君の知識足りない知ったかぶりが出ました

ドイツ海軍の巡洋戦艦シャルンホルストとグナイゼナウにイギリス空母グーロリアスが撃沈されてます
87.名無しさん:2018年11月07日 13:53 ID:0cal1Pmu0▼このコメントに返信
>>82
そんなん使った弾種によるやん

同じ徹甲弾使っても大和ならダメでもアイオワとかなら必ず撃沈出来るとでも?
88.名無しさん:2018年11月07日 14:06 ID:.bncODKs0▼このコメントに返信
恐ろしいことに、50口径16インチSHSのアイオワ/モンタナ級の砲撃ですら
大和の装甲の品質を長門型程度と低く見積もった場合でも19㎞を割るまで大和型の舷側を貫徹不能だし、
英/独並と仮定した場合なら16㎞台でも易々と防ぐ。

戦後試験に供されたものが正規の成分/熱処理ではないので評価が非常に難しい。
最低は1910年代並で、最高では独製以上。
元の鋼材の品質が低いことを考えれば、破格の性能があると言える。
89.名無しさん:2018年11月07日 14:09 ID:WCZaouD20▼このコメントに返信
※82
と今日も論調全般が基地の半島系。
90.名無しさん:2018年11月07日 14:12 ID:aqvrlDlT0▼このコメントに返信
栗田中将てレイテでのUターンが有名だけど。
大戦中を調べると。けっこうへっぴり腰な艦隊運用だった・・・
なんてどこぞの本で読んだが・・・そうなん?
91.名無しさん:2018年11月07日 14:16 ID:2ubzhWYC0▼このコメントに返信
あと米戦艦が航行中に魚雷を食らった時の浸水量が1000t以下の浸水しか受けていないのに、大和武蔵とも米潜水艦からの雷撃で共に3000tを超える浸水被害を蒙っている
バイタルパートに浸水するまでもなく大和武蔵ともに沈没しており集中防御が役に立たなかったのは明白
92.名無しさん:2018年11月07日 14:17 ID:RtwDuUO10▼このコメントに返信
造船に全国から工員が集められていたから大型戦艦の噂は建造中から全国に広がっていたが
かん口令がひかれていたので知らないふりしていただけ
93.名無しさん:2018年11月07日 14:25 ID:YInhTobD0▼このコメントに返信
※51
スマホだと違うけど>>使うとダメっぽい
94.名無しさん:2018年11月07日 14:26 ID:YInhTobD0▼このコメントに返信
※84
俺の親は知らなかった
95.名無しさん:2018年11月07日 14:27 ID:1BYqRWqm0▼このコメントに返信
※87
モンタナの指揮官が護衛空母と正規空母を勘違いしたまま徹甲弾をバンバン撃ちまくる冷静さを欠いた指揮をとるかどうかも知らないし
大和自体が敵空母に命中弾を与えたのかすら判明してないからそんな仮定言われても知りません
96.名無しさん:2018年11月07日 14:30 ID:.bncODKs0▼このコメントに返信
※91
・元々大和型の水中防御はTNT換算で350㎏を想定していたのだから、それ以上に耐えろってのがそもそも無理な話。
思わぬ損害が出てもやむなし。異説で510㎏に耐えるものともある。
いずれにせよ空層式防御は捨てる予備浮力が大きくなる傾向にあるので、単に浸水量だけ語っても無意味。
軽くシンプルに作れるというメリットがあるし、大和型の予備浮力は膨大なのだから。
・水中弾防御装甲と水線部装甲の継ぎ目という弱点に直撃したから
 →水中弾防御を水中防御にねじ込んだサウスダコタとアイオワも大和と同一ヶ所が弱点。
・水中弾防御と水中防御を両立させるには、大和型の装甲配置が最良というのが結論。モンタナのように接続しないタイプは、魚雷の爆圧が船体内部で逃げ場なく吹き荒れる恐れあり。
97.名無しさん:2018年11月07日 14:33 ID:WCZaouD20▼このコメントに返信
※91
と今日も検証不徹底のNHKソースの戦後パヨク。
98.名無しさん:2018年11月07日 14:38 ID:Nu.k4gZC0▼このコメントに返信
軍事機密
当時中学生が横須賀軍港をスケッチしてたら
憲兵に捕まったと言う話も有るからな
99.名無しさん:2018年11月07日 14:55 ID:uQzVy3vl0▼このコメントに返信
>>72
ありがとう、矢印でやった方が楽だな
100.名無しさん:2018年11月07日 15:00 ID:uQzVy3vl0▼このコメントに返信
>>91
その1000t以下の浸水で主砲が旋回不能になったりしとりますが?

それに大和の披雷時の思わぬ浸水は装甲取り付け部の強度不足が原因で、それは補強で解決してるよ

集中防御だからダメだという理由にはならない

そもそも集中防御方式ではない戦艦の方が少ないよ
101.名無しさん:2018年11月07日 15:03 ID:uQzVy3vl0▼このコメントに返信
>>98
どっかボーッとした嫁さんも怒られてたな
102.名無しさん:2018年11月07日 15:04 ID:QKY1wKq60▼このコメントに返信
陸軍と海軍が連携が取れて無駄な開発費用が抑えられたifの世界が見たい。
103.名無しさん:2018年11月07日 15:11 ID:Qpok.1cn0▼このコメントに返信
※102
ヤングマガジンに連載の「アルキメデスの大戦」
をお勧めする
将来の航空機優位を見越して戦艦大和の建艦を阻止しようとする内容で 映画「永遠の0」の山崎貴監督により実写化する予定
104.名無しさん:2018年11月07日 15:22 ID:Wx5sPTok0▼このコメントに返信
みんな夢中でかまってくれもしない、かわいそうな本スレ18
105.名無しさん:2018年11月07日 15:24 ID:I9Azp.Fy0▼このコメントに返信
>>82
装甲が紙過ぎて両舷貫通後に徹甲弾が爆発してたしな。
106.名無しさん:2018年11月07日 15:36 ID:roCPhRlx0▼このコメントに返信
※91
ノースカロライナ級の水中防御はおそらくWW2参戦戦艦のなかで最も強固だから。多分1943年代までなら雷撃で沈めるのが
極めて困難な装甲艦艇ですが。
※100
英戦艦は集中防御を止めて全体防御へ回帰しております。
107.名無しさん:2018年11月07日 15:45 ID:LVJI4sV60▼このコメントに返信
大和型は優秀なフネだったけど、使いどころを間違っただけ。

勇気を出して金剛型のように前線に出していれば活躍したし、なかには戦争に勝てたと主張する人までいる。

ちなみに大和を活用すれば戦争に勝てたという話はなかなか面白いので、気になる人は調べて欲しい。なるほど・・・と思う。
108.名無しさん:2018年11月07日 15:45 ID:uQzVy3vl0▼このコメントに返信
>>106
第一砲塔の弾薬庫が舷側から充分に距離が取れない設計なのに?

第一砲塔より前に披雷したら艦首がもげる可能性を指摘されてるのに?
109.名無しさん:2018年11月07日 15:46 ID:IEO8AXOP0▼このコメントに返信
栗田に艦隊決戦を許可した神重徳が悪いんじゃないかな?
110.名無しさん:2018年11月07日 15:50 ID:LVJI4sV60▼このコメントに返信
大和型で誤解されているのは「足が遅くて機動部隊に随伴出来ない」というもの。

実際は大和型は足が速くて、試験で大和は29ノットを叩き出し(しかもまだ釜は余力がある状態)、金剛型と比べても遜色なかった。
111.名無しさん:2018年11月07日 15:52 ID:LVJI4sV60▼このコメントに返信
>>36
誤爆も甚だしいのでは・・・
112.名無しさん:2018年11月07日 15:58 ID:ToCVwZZe0▼このコメントに返信
※109

原因の多くは作戦目標、勝利条件が明確でない事なんだよねぇ・・ ソ連辺りはキャンペーン戦略で各方面の目標を統合していって
全体的な戦略的勝利に結びつける作戦術なんてのが芽生えてたけど日本はその場その場の行き当たりばったりな上に目標が複数あって
何を優先するのか迷う仕様だしね。 

※102 103

アルキメデスは面白いので愛読してはいるけどあくまでネタだからね。時々吹き出すような事が出てくるけど
(昭和10年前後にアングルドデッキもった空母の模型持って売り込みに来る造船屋とかステルス形状やファランクスのような
装備をもった軍艦設計してる窓際造船技官とか出てくるからまあご愛嬌) ただ陸軍と海軍は要求性能が違うので統合しようってのは
無理があると思う。 極地戦闘機くらいならありだろうけど艦上機とか陸攻みたいなのは(三菱とかは設計流用はしてたとおもうけど)どうだろうね
113.名無しさん:2018年11月07日 16:01 ID:roCPhRlx0▼このコメントに返信
※108
それはアイオワ級に言われている「都市伝説」の類でしょう?
ノースカロライナ級とサウスダコタ級の以降米戦艦では水中防御は形式が全く違うんですけど。
114.名無しさん:2018年11月07日 16:03 ID:.bncODKs0▼このコメントに返信
N.カロライナ・S.ダコタ・アイオワ級は
TNT 318kg対応の衝撃吸収能力で設計された。
しかし、実際にS.ダコタで水中弾防御までねじ込んだり、装甲を内装式にするなど
相応の設計変更の結果、衝撃吸収力で前級未満という額面割れを起こしていて、
これは完全に修正が出来なかった。
つまりダコタから防御用鋼を引き継いだアイオワも額面割れを起こしている。
故に、非常に残念な理由で、米戦艦で水中防御が最良なのはN.カロライナ(´・ω・`)
115.名無しさん:2018年11月07日 16:06 ID:CQULQd7w0▼このコメントに返信
この世界の片隅で、を見て見ろ、呉あたりの住人は普通に知っておったわ
116.名無しさん:2018年11月07日 16:10 ID:.bncODKs0▼このコメントに返信
※115
秘匿していたのは性能であって存在ではないと何度m(ry
117.名無しさん:2018年11月07日 16:17 ID:Kl.vQUcT0▼このコメントに返信
※90
栗田さんは叩き上げの猛将の評価があったからの人事だよ。
ただ、戦艦で戦った経験は無い。
エリートコースじゃないから栗田艦隊言っても戦艦に乗ってない。
戦艦載ったら狙われるからあえて乗らなかったって話もあるけど
重巡で先頭走って立て続けに3回も撃沈されてるのに狙われるからは無いわな。
118.名無しさん:2018年11月07日 16:24 ID:ToCVwZZe0▼このコメントに返信
※117

栗田ってガダルカナル島砲撃で第三戦隊(金剛、榛名)率いてた気がする

レイテ沖での話なら大和に座乗したいといったら軍令部から指揮官先頭なので重巡にまわされた挙句
戦闘前に沈められた上に旗艦通信員達が別の船に救助された挙句、別行動したおかげで大和には戦隊旗艦と
艦隊旗艦の通信が混信してしまった上に通信員が足りないという問題が起こり色々通信を受信しそこなうハメにw

うろ覚えだけど開戦当初、重巡率いてた栗田が僚艦の重巡に追撃打診されてるのに無視して離脱した過去があったような気がする
119.名無しさん:2018年11月07日 16:36 ID:uQzVy3vl0▼このコメントに返信
>>110
大和の性能以前に、日本の機動部隊に加賀や飛鷹型が含まれる限り30ノット出せないんだけどね

それ意外でも千歳型とかの改装空母は29ノットなんだし
120.名無しさん:2018年11月07日 16:46 ID:uQzVy3vl0▼このコメントに返信
>>113
ではノースカロライナは大和武蔵以上の魚雷の命中に耐えられると?

それを証明しない限り大和より優れていた証明にはならんよ
121.名無しさん:2018年11月07日 16:50 ID:uQzVy3vl0▼このコメントに返信
>>118
ミッドウェーで衝突した最上、三隈を見捨てとっと離脱したのも栗田じゃなかった?
122.名無しさん:2018年11月07日 16:54 ID:KkKlmZ5V0▼このコメントに返信
規格外の戦力は誇示してこそ敵国の戦意を萎靡させ外交を有利に導く圧力になるのに
秘密兵器とかいって隠しちゃう無能軍人
123.名無しさん:2018年11月07日 16:56 ID:793r6GDH0▼このコメントに返信
※118
バタビアでの接敵を急かす原提督と渋る栗田提督の応酬の事?
あれには一応「狭い上に船がひしめく湾内で満足に戦ができるか!?」って理由はあったみたいだけど
124.名無しさん:2018年11月07日 17:00 ID:ToCVwZZe0▼このコメントに返信
※123

確か返信せず無視したと読んだことがあるけどソースは今みれないのであくまでうろおぼえってことで。たしか栗田のほうが
先任だったから一応上扱いだったような事が書いてあった気がするな。何度か交信を試みたけど返事なしだったとか記憶にある


※121

そうだね。三隈と駆逐艦2隻残して第二艦隊の方向に離脱してる
いつ空襲されるかわからない状況下だから仕方ないかもしれんけどね


125.名無しさん:2018年11月07日 17:10 ID:.bncODKs0▼このコメントに返信
※120
彼ではないが、大和はTNT換算350㎏(異説510㎏)対応の衝撃吸収能力で318㎏対応のN.カロライナより普通に上だ。
水中防御を語るのに、RPGで言うなら防御力と言える衝撃吸収能力と、VITと言える一発で失う予備浮力、HPと言える予備浮力の3点で評価すべきである。
大和は空層式だが爆圧を拡散するのに使える幅が非常に大きく、予備浮力が大きいが、空層式なので一発あたり捨てる浮力は大きくなりがち。
継ぎ目の弱点はあるが、トータルで最も強固な防御性能なのは揺るがない。
126.名無しさん:2018年11月07日 17:36 ID:QcYdEhtk0▼このコメントに返信
当時のアメリカさんはその気になればパナマックス超える大きさの太平洋限定戦艦作ると思うよ。
モンタナ級でも対大和はキツイものがあるし18〜20インチ砲が8〜9門の対大和型戦艦。日本もそれを見越して50センチ砲開発してたんだし。大艦巨砲主義が続いてたら多分そうなってた。
127.名無しさん:2018年11月07日 17:39 ID:roCPhRlx0▼このコメントに返信
※120
>ではノースカロライナは大和武蔵以上の魚雷の命中に耐えられると?

それはある種の「悪魔の証明」でしょう?
ただ思考実験的に考えれば大和型の実戦での坑鍛性の一部(あるいは大半?)は排水量そのものの大きさにあることは
歴然としてますでしょう。もしノースカロライナをそのまま6万tまで拡大したらレイテ位の航空雷撃ではまず撃沈
出来ないですよ。大和型が選択した防御配置は6万5千tという排水量での「より最適な」解でしかないんですから。
128.名無しさん:2018年11月07日 17:49 ID:Tzt3aFmG0▼このコメントに返信
スマホもネットもない
あったら世界中が知ってた
129.名無しさん:2018年11月07日 18:15 ID:uQzVy3vl0▼このコメントに返信
>>127
125の彼の意見はどう思いますか?
130.名無しさん:2018年11月07日 18:17 ID:.bncODKs0▼このコメントに返信
※127
(´・ω・`)は※120ではないが、それは論理のすり替えでは?
現実のN.カロライナでは恐らく大和型の半分も耐えられまい。
N.カロライナは最大幅が不足しているので、爆圧の拡散能力に限界がある。
油層とか色々使って頑張ってるけど、どのみち船としての器が制限されていて、不十分なものでしかない。

また、大和型並に拡大したらなんて全く無意味な仮定では?

大和型なみの図体が許されるなら、色々諦めていたものを全部装備するでしょうよ。
傾斜装甲はもっと深い角度になるだろうし、水中弾防御装甲だって装備されるだろうし
幅に制限ないなら大和と同じように水中弾防御装甲の角度変えるだろう。
要するに、大和型の相似形になるのでは?

水中弾防御を諦めたら確かに水中防御に使えるリソースが増えるが、
本格的な砲戦を想定しているS.ダコタが無理やり水中弾に対応した以上、許されるなら実装するでしょうよ。
戦前の想定でここまで魚雷の威力が引きあがるなんて思っていないだろうし(´ω`)
131.名無しさん:2018年11月07日 18:38 ID:awtaFP320▼このコメントに返信
>>軍事機密
当時中学生が横須賀軍港をスケッチしてたら
憲兵に捕まったと言う話も有るからな

「ヤマト」と口走っただけで特攻警察に連行、口封じに特攻隊に入隊させられたんだよ!ぼくの祖父はそれで頃されたんだよ!
武蔵でも少年工員が図面を盗んでスパイに渡した疑いで連行、拷問で頃されたはず!
学校で聞いたよ!
132.名無しさん:2018年11月07日 18:48 ID:Kl.vQUcT0▼このコメントに返信
※118
ごめん。
金剛の艦長だったのは知ってるけど金剛での艦隊戦はしていなかったかと思ってた。
水雷屋のイメージが強いや。

あと、指揮下からの強気な要請と批判はあまりあてにならんと思ってる。
同じ立場で全体見てる訳でないし誰にも批判されてない人もいないし。

133.名無しさん:2018年11月07日 19:00 ID:CQULQd7w0▼このコメントに返信
※116
じゃあ大和型以外の戦艦の性能なら公開されていたとでもいうのか?
134.名無しさん:2018年11月07日 19:27 ID:9acd.GYk0▼このコメントに返信
※124
いつ空襲されるかって言うけどさ、同じ状況の中で
機関故障と堂々とうそぶいて三隈の漂流乗員を救った
木村昌福は、どうしてくれるの?栗田なんかクソ。
135.名無しさん:2018年11月07日 19:35 ID:MZbe98mB0▼このコメントに返信
※127
ノースカロライナって、もともと条約制限下で計画された14インチ砲搭載型戦艦で防御力もそれ相当しかない
戦艦をエスカレーター条項使って16インチ砲搭載に変更したが防御力は元のまま、と言う戦艦だからいろいろ
防御性能が足りない戦艦

というのが、昔からの評価なんだけど?
しかも、同じ魚雷命中で大和と違って1000tの浸水しかないから集中防御方式の大和より水中防御は優秀
というのはおかしい
大和は浸水だけで済んだが、ノースの場合は砲塔の旋回不能まで起こってるじゃないか
しかも電路切断とかの機器の故障ならまだしも、バーベットが歪んで、って明らかに衝撃が中まで達してるじゃないか

これで大和より防御力が高いとか言われてもね
136.名無しさん:2018年11月07日 19:38 ID:.bncODKs0▼このコメントに返信
※133
戦艦を構成する要素の内最も重要なファクター:備砲口径は諸外国津々浦々公開されているが何か?
何か造っていることそのものは、隠しようがないこと。
そうでなくて、26.5ノット出る長門の速力を23ノットと発表したように、逆性能詐称をやったってことだ。
日本の得意技だな。
大和は対外的どころか、予算上も16インチ砲艦ということになっている。

大和型がやったのは、大きさをや幅から主砲口径を逆算されないように、船体の規模を類推できるものを
徹底的に近くから排除したんだよ(´ω`)

137.名無しさん:2018年11月07日 19:49 ID:YGehQlFf0▼このコメントに返信
小学生の時工廠の人の話があって、
「修理に入ってきた大和に、体育館の窓くらいの穴空いてたのにびくともしてなかった。すごいと思ったのを覚えてる」
って言ってたなー
まあ動いてるんだから存在を隠すの無理だよねw
138.名無しさん:2018年11月07日 19:51 ID:JOqwIXbQ0▼このコメントに返信
建造中は、極秘にしていたが、進水したら、不沈艦として、PRまくっていた。そうしないと、日本の国民が安心しないでしょ。
139.名無しさん:2018年11月07日 20:13 ID:roCPhRlx0▼このコメントに返信
※130
>(´・ω・`)は※120ではないが、それは論理のすり替えでは?
>現実のN.カロライナでは恐らく大和型の半分も耐えられまい。
史実のノースカロライナが大和型に匹敵する坑鍛性があるなどと申し上げていないハズですが?

>N.カロライナは最大幅が不足しているので、爆圧の拡散能力に限界がある。
>油層とか色々使って頑張ってるけど、どのみち船としての器が制限されていて、不十分なものでしかない。
>また、大和型並に拡大したらなんて全く無意味な仮定では?
大和型の水中防御手法がノースカロライナ級のそれに勝っているわけでは無いと申し上げているんですけど。
史実における大和型の耐久力は設計手法そのものでなく予備浮力の差ではないか?ということなんですが。

>幅に制限ないなら大和と同じように水中弾防御装甲の角度変えるだろう。
>要するに、大和型の相似形になるのでは?
日米の大型戦闘艦艇の装甲配置がほぼ類似になっているのはまさにそのためです。限られたリソースを割振
れば当時の技術ではあの形に収れんするでしょう。

>水中弾防御を諦めたら確かに水中防御に使えるリソースが増えるが、
ここに御自分で結論書いてるじゃないですか(笑)
ノース級の水中防御は水線下に命中があることを考慮していません。単純に水中爆発に対する坑鍛性だけで
デザインされていますから。だから魚雷などには大和型より優秀な防御力を発揮したはずです。
140.名無しさん:2018年11月07日 20:29 ID:CWSsl5fo0▼このコメントに返信

米軍が日本海軍の捕虜を尋問して大和型戦艦の主砲の口径を聞き出そうとしても41cm砲だの46cm砲だのの答えが出て来て対応に苦慮したらしいからな。

正式名は四五口径九四式四〇糎砲だし…
141.名無しさん:2018年11月07日 20:32 ID:9lCnFHXc0▼このコメントに返信
現代もさして変わらねぇだろw

アベのやってる増税や金緊縮政策、規制緩和や移民政策推進
マスコミは流さんが、ネットじゃ真実がバレつつあるのにほとんどの国民は何も知らんだろうが
ネットを扱える若者(笑)ですらアホアベの支持者が相当数居るんだぞ?
結局未だにオールドメディアの情報に騙されてる奴が殆どなのさ
現代の日本国民も73年前と何も変わっちゃいねぇんだよ

その結果日本は戦争に負けた
そして現代日本もチャイナグローバリズムに飲み込まれつつある

要するにテメー等日本人は馬鹿ばっかってこったよwww
142.名無しさん:2018年11月07日 20:39 ID:HpVa6ijk0▼このコメントに返信
現在大和ミュージアムで長門展やってるけど、長門はまさにアイドル的な売り出し方で日本全国を親善訪問してたから、日本国民で知らない者がないほど有名になった。長門同様、実戦に出ない期間が長ければ恐らく大和もそういう役割を持たされたのではなかろうか。
だが就役と同時に対米戦争に突入してしまったので、性能諸元を秘匿されたままになって「謎の戦艦」となってしまった。
いまだに新発見があって、その度に呉の1/10モデルにはそれが反映されているそうな。
143.名無しさん:2018年11月07日 20:47 ID:bqFoqsGC0▼このコメントに返信
※141
おまエラ半島産寄生生物には関係ないよ。
くだらんこと書き込んでないで帰国後の心配しとれや間抜け。
144.名無しさん:2018年11月07日 20:57 ID:M98tfjF00▼このコメントに返信
大和型を作っていたのは当然ながら他国も知ってた
国家予算でもちゃんと組まれていたしね (ただし、駆逐艦の予算分をさらにかけてる)
知られたくなかったのは46cm砲を持っていたということ
いざ戦艦の対戦となった時に切り札としたかった

なお、隼はもともと加藤隼戦闘隊に所属してたからついた名称
隊には97戦も含まれていたので、初期には一式戦の事をさしていたわけではなかった
145.名無しさん:2018年11月07日 21:05 ID:wGHQUNAA0▼このコメントに返信
大和がそれなりの戦果をあげたら、そのときには存在を公にしたと思う。
その機会を伺うつもりだったが結局戦果らしい戦果をあげることがなかったというのが真相なんじゃなかろうかね
146.名無しさん:2018年11月07日 21:10 ID:M98tfjF00▼このコメントに返信
※22
欧米:何なら量産しようかな?
日本:これでうちどめ 金が無い

この差だろ
147.名無しさん:2018年11月07日 21:35 ID:MZbe98mB0▼このコメントに返信
※139
>大和は浸水だけで済んだが、ノースの場合は砲塔の旋回不能まで起こってるじゃないか
しかも電路切断とかの機器の故障ならまだしも、バーベットが歪んで、って明らかに衝撃が中まで達してるじゃないか

これに答えて欲しいな
148.名無しさん:2018年11月07日 22:00 ID:TufOHmss0▼このコメントに返信
※126
あんまり知られてないけど、戦艦ウエストヴァージニア、テネシー、カリフォルニアって所謂リヴェンジャーズの一部はパナマックス超えててパナマ運河通過できなかったけどな。
149.名無しさん:2018年11月07日 22:02 ID:pyjoAapJ0▼このコメントに返信
※55
当時の日本の軍オタ少年たちはB29とかもちゃんと知っていたんだよな
150.名無しさん:2018年11月07日 22:05 ID:VhyYgpyN0▼このコメントに返信
てか、中国や朝鮮が地べたを這いつくばってた時代に技術の粋を集めた最強の戦艦を建造したんだから
 
なんかすごいよな
 
151.名無しさん:2018年11月07日 22:22 ID:IMgamWcN0▼このコメントに返信
※150
オイオイ、その当時の造船技術者と中韓を比べたら流石に失礼でしょ。
T山本のオツムと今羽化してしまったセミを比べるようなもの。
152.名無しさん:2018年11月07日 22:37 ID:a8w89Bey0▼このコメントに返信
韓半島から強制労働で連れてこられた朝鮮人徴用工の血と涙で作られた禍々しい戦艦の話か
153.名無しさん:2018年11月07日 23:09 ID:M98tfjF00▼このコメントに返信
※149
航空朝日にB-29の記事がのってたからな
154.名無しさん:2018年11月07日 23:36 ID:roCPhRlx0▼このコメントに返信
※147
小生頭が悪いので貴兄の質問の意味を些か量りかねますが事実だけ列記すれば

米戦艦の水中防御はTNT換算で約320㎏の水中爆発に坑鍛するという計画です。そしてノースカロライナに
命中したのは95式酸素魚雷です。ノースの防御層は4層まで破壊されていますが最深部の1層は水密を破られ
ていません(ただし接手部他からの浸水はもちろんありました)想定以上の打撃に耐えているんもですから
十分以上だとおもうのですが?
155.名無しさん:2018年11月08日 00:00 ID:YbvCJg780▼このコメントに返信
※154
あ、なるほど、誤魔化す訳ですね

もういいです、解りました
156.名無しさん:2018年11月08日 00:45 ID:LmYn5XCe0▼このコメントに返信
>>戦争中の庶民は何も知らないなんて、屑左翼が広めた大嘘だぞ

ま、左翼どもは戦中、投獄されてたから知りようがないかもな…
157.名無しさん:2018年11月08日 04:37 ID:YKk9aaMO0▼このコメントに返信
※154
構造的には優れているかもしれないけれど(自分は必ずしもそうとは思わないが)、
そうだとしても1発でそこまで被害を受けて機能不全おこしてる状態じゃあ、実際に耐えられる、
言い換えれば沈没までに要するであろう魚雷、機雷の数は大和以下でしょ、それなら耐水雷防御は大和以下だよねってことだよ。
実際の耐水雷防御能力の話なのに、構造による耐水雷防御の効率だけを見てもあまり意味はないの。

だから、※106.
>※91
>ノースカロライナ級の水中防御はおそらくWW2参戦戦艦のなかで『最も強固』だから。
ってのは明らかな間違い。(※91の極論には当方も賛同はしませんけど。)

また、※139でも
>>現実のN.カロライナでは恐らく大和型の半分も耐えられまい。 (← 注・耐水雷防御のこと)
>史実のノースカロライナが大和型に匹敵する坑鍛性があるなどと申し上げていないハズですが?

>魚雷などには大和型より優秀な防御力を発揮したはずです。
と、同じレス内でも矛盾があるね。
要精進。
158.名無しさん:2018年11月08日 04:42 ID:YKk9aaMO0▼このコメントに返信
※157
>沈没までに要するであろう魚雷、機雷の数
と分かり易く表現してますけど、弾頭のTNT換算の炸薬量とかも重要なのは理解していますので、念の為。
159.エンアカーシャ:2018年11月08日 05:53 ID:l4YKxReb0▼このコメントに返信
54の4、

<レイテ沖海戦>を、<サマール島海戦>と呼称するのは、間違い、
当時、作戦目標だった<レイテ>が正式な名称と成っている、

2000年を過ぎてから、<サマール島沖海戦>を吹聴する者が増えて来た、だけ、
なので、
騙されるなよ?、

ちなみに、
<サマール島>とは、アメリカ軍が侵略して<虐殺/弾圧>で、恐怖支配を行っていた島を指す、
1900年ごろ。
160.名無しさん:2018年11月08日 07:25 ID:fQTmoeCx0▼このコメントに返信
>>159
突然関係ない主張を始めるのは止めようね
161.名無しさん:2018年11月08日 07:37 ID:5HDYFTOH0▼このコメントに返信
>>156
投獄されてたのは過激な極一部で他は我が身可愛さで進んで協力してたよ。
162.名無しさん:2018年11月08日 08:13 ID:b0s0iHcj0▼このコメントに返信
欧米の女教師が港の見える丘の家に下宿し、船ので入りりを逐次本国へ報告
近所の子供に米国切手と日本の手紙を交換し、子供達のお父さんがいつどこに行ったかも逐次本国に報告
戦時中も欧米スパイが日本中にぞろぞろ
欧米が日本に侵入させた、一見外人とわからないやつも数十万人規模
半島出身スパイは明治、大正、昭和、平成 すべての時代にいる
メーデーに即位式って安倍の正体ばればれ
163.名無しさん:2018年11月08日 08:41 ID:Jbn8gN4T0▼このコメントに返信
※157
>実際の耐水雷防御能力の話なのに、構造による耐水雷防御の効率だけを見てもあまり意味はないの。
この御主張だと極論すると巨大タンカーのほうが大和型より防御力が高いということになりませんか?
何度も申し上げたましたが、ノース級の魚雷に対する防御はWW2では最適解です。想定より小型の魚
雷でより大きな浸水被害をうけた大和型はどうしたらいいんでしょうネ?

164.(´・ω・`):2018年11月08日 08:45 ID:C.DX09kc0▼このコメントに返信
※139
あなた、元々*106で
>>ノースカロライナ級の水中防御はおそらくWW2参戦戦艦のなかで最も強固だから。多分1943年代までなら雷撃で沈めるのが
極めて困難な装甲艦艇ですが。

って主張していたのに、
気が付いたら
>>史実のノースカロライナが大和型に匹敵する坑鍛性があるなどと申し上げていないハズですが?
>>史実における大和型の耐久力は設計手法そのものでなく予備浮力の差ではないか?ということなんですが。
ってサイズのわりに優れているとスライドしていて、

最後にやっぱり
>>魚雷などには大和型より優秀な防御力を発揮したはずです。
って戻っているけどどれがあなたの主張なんですか?

165.(´・ω・`):2018年11月08日 09:18 ID:C.DX09kc0▼このコメントに返信
魚雷防御って、
「外壁で炸裂したバブルパルスの衝撃+外壁の残骸のスプリッター」
を、
「空層」:広大な空間で爆圧を拡散させる。
「油層」:燃料を緩衝材として、スプリッターによる被害を軽減させる。
「プリエーゼシリンダー」クラッシャブル・ストラクチャーを配置して衝撃を軽減させる。
などなど活用し、
を何層かで区切って衝撃を吸収し、

「最終的な魚雷防御縦壁」でとめることを目指すものなんで、
そこまでの浮力は捨てること前提だし、結局魚雷の炸裂点をなるべく最終防壁から離したい都合上
最大幅が無いとお話しになりません。
166.(´・ω・`):2018年11月08日 09:18 ID:C.DX09kc0▼このコメントに返信
んで、結論から言うけど、サイズの割に優れているってそれ何の意味があんの?
水中防御は想定している魚雷の炸薬量から逆算してデザインされるものに過ぎません。

日本は350㎏(異説510㎏)の弾頭に対して縦壁を兼ねる水中弾防御装甲で止めることを企図したのに対して、
アメリカは318㎏の弾頭に対して魚雷防御縦壁が耐えられるように設計されたってだけの話であって、

大和の場合はその図体のでかさ、水中防御幅が十分あるので空層式で十分な性能があると判断して空層式を選択し、
N.カロライナの場合は少ない幅で頑張って水中防御を稼ごうと油層を使ったってだけの話でしょ、単に(´・ω・`)
167.名無しさん:2018年11月08日 13:06 ID:C.DX09kc0▼このコメントに返信
※163
命中したのが接手の強度不足な弱点部位だったし、
(アイオワ・S.ダコタと共通の欠陥)
TNT換算で想定していた350㎏より多かったんだからどうしようもなくね?
異説で510㎏だが、どのみち弱点部位への命中だからどうにもこうにも(´ω`)
168.名無しさん:2018年11月08日 16:23 ID:3ovdf7X30▼このコメントに返信
なんか見てると、最適解かどうかだけが大事で、実際に出た被害はどうでもいいといってるようにしか見えないな

同じ一発の魚雷による被害を比べれば、浸水の量関係なく弾薬庫に浸水して砲塔の機能喪失したノースと何の機能も損なってない大和では、大和の防御の方が優秀だと普通は判断するが、ノースバンザイ君はノースは最適解なんだからノースの防御方式の方が優秀となるようだ
169.名無しさん:2018年11月08日 17:41 ID:J6cifohZ0▼このコメントに返信
>>163
大和が被雷した頃の米軍の魚雷は弾頭がトーペックス系になってるから、TNT換算だと450kg以上になるんだけど。
一般に大和が想定していたと言われているTNT350kgの爆発を軽く越えとります。
170.名無しさん:2018年11月08日 20:24 ID:VlK.W4wP0▼このコメントに返信
※168
このコメントが答えだよね。戦闘力が削られたノースカロライナと、航行にすら支障が出なかった大和。
どっちが上か考えるまでもないんだけど。
171.(´・ω・`):2018年11月09日 14:09 ID:2Eqd.YTe0▼このコメントに返信
まだ見ているひといるのかしら

ちなみに
大和型:TNT350㎏対応(異説510㎏)
大きいは正義。
油層は一応考慮されたが、既に必要な性能は余裕で満たしていたこと、水槽実験では空層に軍配が上がっていたこと、何より軽量化が優先されて油層は見送り。

改アイオワ級:TNT380㎏対応予定
(イリノイ・ケンタッキー とりあえず先行する4隻は補強程度じゃ額面割れを是正できなかったので、ほんまかいなって感じだが)

アイオワ/S.ダコタ級:TNT318㎏対応
※水中弾防御まで無理やりねじ込んだ為、目標値に達しておらず、これより少ない炸薬で最終防壁をぶち抜ける

N.カロライナ級:TNT318㎏対応
※現実に造られた米新戦艦の中では最も高い。高い理由が残念だが(´ω`)

KGV級:自称TNT450㎏対応、実質200㎏程度
※高速発揮のためまともなバルジもないので残当。水中防御幅が少ない

ビスマルク級:TNT300。あるいは400㎏程度 実質200㎏程度との報告書もあるそうだが、防御幅が広く、空層と油層で多層を成しており、額面通りの性能でも不思議ではない。

お名前