スポンサーリンク

2018年11月05日 12:05

第二次世界大戦で米英ってほんま美味しいとこ獲っていったよな

第二次世界大戦で米英ってほんま美味しいとこ獲っていったよな

03

引用元:第二次世界大戦で米英ってほんま美味しいとこ獲っていったよな
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1541154735/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:32:15 ID:JbC
ドイツの主力は東部戦線のソ連が相手してて
Dデイまで米英がしてたことってチマチマ戦略爆撃で嫌がらせする程度
ほんで44年になってようやく手薄になってたノルマンディーにイキって上陸して
フランス解放、イタリアにもついでに上陸、ほんで西ドイツ制圧で解放者気取りですよ
ほんまにヨーロッパ解放に貢献してたのは他でもないソ連やないですか
喧嘩に後から参加した奴ほど声がでかいってのは本当やね

5: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:34:55 ID:TlP
上陸の時捨て駒にされた歩兵が可哀想だと思った(小並感

6: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:36:05 ID:JbC
>>5
プライベートライアンの上陸シーンほんますごい

7: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:37:04 ID:v5m
イギリスはどっちかと言えば損してないか?

8: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:37:26 ID:JbC
>>7
確かに

9: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:37:35 ID:JbC
アメリカの1人勝ちや

11: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:38:34 ID:I6N
中国共産党「わいも勝ち組やで」

12: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:38:44 ID:JbC
>>11
えげつない勝ち組

13: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:39:22 ID:JbC
国共内戦の時点で誰が共産党が今後中国の覇者になると予想できただろうか

18: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:42:02 ID:B8F
植民地を失うわ同盟国アメリカに戦時中から世界の盟主としての地位を奪われるわ踏んだり蹴ったりやなイギリスは

20: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:43:39 ID:IFR
英国はむしろ疲弊やぞ

21: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:44:12 ID:JbC
確かにイギリスは別やな
あの国ww1からずっとそんな感じやな

31: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:55:22 ID:Fua
まあ結局ソ連は早々に滅んだんだから無能だわ

33: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:56:22 ID:JbC
>>31
いうて90年代までギリ残ってたから・・

32: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:55:59 ID:2wQ
戦略爆撃で兵器の生産基盤を破壊したからソ連も勝てた

34: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:56:40 ID:JbC
>>32
そんなに効果あったん?戦略爆撃

35: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:57:16 ID:aMw
日本は負けたけどアジアに独立の種をのこしていったンゴ

38: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:58:21 ID:TlP
>>35
なお現在グローバル社会のもと新たな奴隷制度で
工業製品作らされとる模様

46: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:02:08 ID:JbC
>>38
これほんと酷い

36: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:57:31 ID:Fua
ソ連「スプートニク! ガガーリン!」
米国「ハイ月面着陸」

44: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:01:37 ID:JbC
>>36
ソ連「スプートニク!」
米「こっちも対抗して人工衛星飛ばすで!」ヴァンガード計画シッパイー

ソ連「オラァ!大陸間弾道ミサイル!」
米「ひええ・・こっちは頑張っても中距離弾道ミサイルで精一杯だよぉ。。」

40: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:59:12 ID:iRP
ブリカスってほんとさいてー
世界史やる前と後で一番好感度下がる国やろ

41: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:59:37 ID:Y54
>>40
そんなブリカスに喧嘩を売ったことがある島津家w

42: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)19:59:41 ID:Fua
>>40
日本史やってるとむしろ上がるぞ
近代化で世話になりまくり

57: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:10:28 ID:RRw
チャーチル自身の回想録によれば戦時中に感じた一番の危機はバトルオブブリテン、ついでにバルバロッサによるソ連軍の大後退

68: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:14:32 ID:RAG
>>57
バトルオブブリテンは英国の勝ちやから良かったんや
しかしシンガポール陥落はWW2チャーチル唯一の敗北
実際これでチャーチル内閣総辞職しかけとったからな

60: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:11:24 ID:61x
米はともかく英はあの後ズルズル植民地失ったし
大戦の出費でなんだかんだ苦しんでたよなそういや

61: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:11:55 ID:Y54
???「これでドイツのジャガイモ野郎たちを打つ準備したった
名付けてマジノ線や、これだけ準備してたらやってこんやろ」

64: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:13:12 ID:Fua
>>61
実際マジノ線は抜けないから迂回したんであって別に間違ってないぞ
なかったらまっすぐ来てただけだし

62: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:12:19 ID:JbC
ソ連さんは!オマハビーチ以上の規模の!!凄惨な戦闘各地で繰り広げてたんですよ!!!

72: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:16:58 ID:iRP
ww2は避けられた戦争でそのために国際連盟まであったのになんで起きたんや

73: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:17:47 ID:TlP
>>72
米英の戦略やで
パールハーバー来た時ガッツポーズしてた模様

74: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:17:49 ID:Y54
>>72
日本の話なら半分くらいは松岡某のせい

75: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:18:12 ID:JbC
>>72
ほんまなんでおきたんやろね
意外と30年代初頭まではヨーロッパも軍縮モードで各国が協調してたのにね

76: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:18:41 ID:JbC
タカが外れたんやろなあ

87: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:21:35 ID:Fua
松岡も問題だけど大陸で要人爆殺したり軍事衝突してた関東軍とかいう軍閥さんにも問題はあると思うんだ

88: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:22:38 ID:RAG
官僚がやらかし官僚に滅ぼされた

89: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:22:45 ID:iRP
しなくてよかったはずの戦争で何百万人と人が死んだとかもう呆れて物も言えへんわ
このこと考えるとずっと胸がもやもやするンゴ

90: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:23:06 ID:Y54
>>89
止めれる人がいてへんかったんやで()

93: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:24:46 ID:RAG
ハルノート来たらもうやらざるお得んけど
問題は来るまでがね

94: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:25:15 ID:nAa
出発前
外務省「ええか、脱退だけはあかんぞ」
松岡「おかのした」

現地
英帝「満州は新しい組織作って管理するやで。首脳は日本人。これでどうや」
松岡「ええやん。本国に連絡するわ」

日本
陸軍「日本人が血を流した土地を明け渡すわけないよなァ!?」
外務省「ヒエッ……松岡、その案は呑めへん。すまんやで」
松岡「えぇ……」

現地
松岡「ほなさいなら」


言うほど松岡悪くないやろ?

97: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:27:32 ID:RAG
>>94
この頃の松岡ブラック企業の上司から無理難題な取引押し付けられたみたいでほんまかわいそう

96: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:26:51 ID:JbC
ソ連と英仏がもっと協調するべきやったんや
ドイツがヤバイ!うちらで抑えんと大変なことになるで!ってソ連がいうたのに
英仏がなあなあで終わらせて特に対処しようとしなかったのがあかん
それを見てソ連が「あいつらはドイツをけしかけて俺らを破滅させようとしている・・」って
共産主義者お得意の被害妄想全開スイッチはいってしまったんや
それで死ぬくらいなら悪魔と契約結んだる!ってなって独ソ不可侵条約やん?
あの戦争は英仏の融和的対応が100%悪い。西側が初めからソ連に歩み寄る姿勢を見せていれば
第二次世界大戦はおきなかったし、ヒトラー政権だってチェコスロヴァキア侵攻した時点で周囲の国に潰されてただろうよ

99: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:28:45 ID:Fua
>>96
当時共産主義国と協調しようなんて言い出すのはスパイくらいなもんだろ
つかソ連さん思いっきりドイツに奇襲食らって慌てふためいてる辺り滅茶苦茶ドイツを信頼してたじゃんw

102: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:29:59 ID:JbC
>>99
そら不可侵条約結んでたからやろ
逆にそれまでは極右極左同士目の仇にしてたけどな

125: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:40:19 ID:Zs9
>>99
ドイツを信頼したってより、ヒトラーはまさかビスマルクが散々戒めていた二正面作戦をやらないだろうって考えただけ

148: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:51:13 ID:nAa
ドイツが戦争したのはヒトラーの経済政策の行き詰まりだし
経済政策で奇策連発せにゃならんほどドイツ経済クソだったし
その原因はクソミソマックスな賠償金だし
それは第一次大戦で負けたせいだし
夢見がちなヴィルヘルム2世が野心見せちゃったのが悪いし、
せっかく勢力均衡させて二正面作戦を避けたビスマルクを解任したのも悪いし、
やっぱりアホのカイザーがクソ

153: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:52:16 ID:nuX
>>148
賠償金由来のハイパーインフレは20年代中に解決しとったぞ
ヒトラーが立て直した(立て直したとは言ってない)と言われてるのは大恐慌が原因

157: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:53:50 ID:nAa
>>153
ちょっと端折ったわ
すまんやで

150: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:51:23 ID:CQ8
英国「ボロボロなんですけどそれは」

170: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:58:41 ID:nuX
割と真面目に石原莞爾が右系の人に称えられてるの謎やな
裁かれなかっただけでだいぶ悪質やろこいつ

171: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)20:59:42 ID:RAG
>>170
石原が評価されとんのは統制派と比べて相対的にマシやったというくらいやで

174: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:00:57 ID:nAa
>>170
陸軍「盧溝橋wwwやったったwwwやったったwwwww」
政府「不拡大!不拡大!」
陸軍「いけいけーwwwwwwwwww」
莞爾「何してんねん。政府に従って矛おさめなあかんやろ」
陸軍「なぁに、ワイらも閣下と同じことしようとしとるだけですわ」
莞爾「」


186: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:05:14 ID:nAa
石原は『最終戦争論』で過剰人気してる

188: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:05:50 ID:nuX
石原「満州とるンゴwwww」
政府「おいやめろ」

武藤「中国とるンゴwwww」
石原「おいやめろ」
武藤「お前の真似しとるんやで」

参謀本部「対米戦始めるンゴwwww」
石原&武藤「おいやめろ」
参謀本部「お前らの真似しとるんやで」

193: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:07:52 ID:Fua
大元をたどればロシア帝国やソ連の南進に備えて朝鮮満州を押さえろっていう戦略だったのに中原や東南アジア、太平洋にまで手を伸ばしちゃってもう戦略ズッタズタよ

196: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:08:45 ID:nuX
>>193
満州を守るためには華北は必要やしそれを獲るためには東南アジアを獲る必要があるから仕方ないね

194: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:07:53 ID:nAa
石原のことだから、戦端開いたのが中国だったから止めに行っただけで、
ソ連と戦端開いてたら裏で糸引いてそう

200: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:13:13 ID:RAG
石原の何が有能やったて
朝鮮の守り手薄にして林銑十郎を動かざる得ない状況に追いやったことやろうな
あいつは軍人やなくて政治家向きや

202: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:15:57 ID:lSg
>>200
自分の政治が一切出来ないのが欠点やな

205: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:20:51 ID:RAG
>>202
石原は我が強すぎた
もう少し東条と上手くやれてれば予備役に追いやられることもなかったやろうに

203: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:16:35 ID:nuX
石原を擁護するとしたら関東軍が自分の思った以上に馬鹿だったことやが
でも結局中央の意向無視した動きやらかした自業自得やから同情はできんのやな

206: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:21:07 ID:lSg
>>203
関東軍を目の前の戦いで勝たせる事は出来ても、関東軍を動かす事は大失敗やからな
やっぱり、有能な軍人ではあっても、組織内政治家としては無能やな

207: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:21:10 ID:Fua
良く知らんうちは、日本軍は質ではアメリカに勝ってたけど数で負けたんだなって思ってたけども
調べてみるとレーダーと無線を組み合わせたCICシステムとか近接信管とか暗号とか戦闘機とかいろいろアメリカのほうが上だと知ってビビった思い出

210: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:23:14 ID:RAG
>>207
日本軍が質で優ってたいうんは
単純に戦闘経験だけやと思うで初期のゼロ戦パイロットは連合軍相手に無双しとったし

211: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:23:43 ID:JbC
>>207
工場製品も規格化されてたしね
そこらへんからもうアメリカは日本含め他国からズバ抜けて進んでる

214: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:24:40 ID:lSg
>>207
アメリカも日本に負けず劣らずアホな失敗を現場でも技術面でもしまくってるから、やっぱり物量で勝ったんやと思うで
日本は失敗が全部致命傷に繋がるけど、アメリカは失敗してもすぐフォローが効くから

217: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:25:47 ID:Zs9
>>214
まともな政治家がいないのに戦争することがそもそもの間違い

218: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:26:12 ID:nuX
>>214
その面はあるがさすがに質で日本が勝ってたはないわ
いや兵の質じゃなく兵器の質ね

208: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:22:27 ID:nuX
八木アンテナばかり言われとるけど同じくレーダーに必要な実用的なマグネトロンも日本で生まれたのに無視されてるという

212: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:23:52 ID:oxm
>>208
転生して照和からやり直そう!

216: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:24:52 ID:Zs9
中国と戦争するためにはアメリカとの貿易が生命線なんだよなぁ

219: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:26:15 ID:RAG
ミッドウェーまではまともに戦えてたんや
それ以降がアメリカの最新兵器のオンパレードでマリアナでハチの巣にされてしもうた

244: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:32:54 ID:nuX
アメリカの何が恐ろしいって船の生産速度よりもそれに乗せる海兵の訓練の速度やな

247: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:33:57 ID:JbC
なんで海兵隊の訓練はやかったん?
あんなにホイホイ補充兵よく確保できたなって思うんやけど

250: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:34:16 ID:qqy
ハルノート並みの譲歩(満州権益は確保)を行い日米開戦を阻止

蒋介石と和解で日中戦争終戦。日独同盟でソ連を東西ではさみうちすれば勝てた

256: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:34:59 ID:oxm
>>250
日米開戦を回避がそもそも無理筋っていう

260: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:35:50 ID:nuX
>>256
満州事変以降いくつかの点で回避できる可能性はあったと思うんやな
結果論やけども

275: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:39:59 ID:czm
日本はみんな仲良く団結するのが苦手やね

戦争やってるのに挙国一致内閣が作れないどころか作ってもテロで潰れる時点で…

284: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:42:20 ID:6mP
一番得したのはソ連って既出?

289: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:42:52 ID:nuX
>>284
アメリカやろ
ソ連は人的被害が大きすぎる

290: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:42:59 ID:Fua
>>284
人が死にすぎてなぁ

300: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:44:34 ID:RAG
>>284
ソ連はむしろイギリスと同じくらい損してんだよなあ
連邦崩壊で大戦の遺産が全部パーになってるレベルやし

314: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:47:49 ID:qqy
ガダルカナル戦「前」に石原莞爾が提唱した戦争に負けない方法

①ガダルカナル島からの撤退
②ソロモン、ビスマーク、ニューギニヤの放棄
③蒋介石への謝罪・日中戦争の終結
④サイパン、テニアン、グアムの要塞化

①~③により戦線を縮小し、④により本土空襲の回避。及び持久戦化により、アメリカ国内で反戦運動が高まるのを待つ。

323: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:49:53 ID:3OD
アメリカ→世界覇権樹立
イギリス→大英帝国崩壊
フランス→タナボタ戦勝国
ソビエト→国土崩壊
ちうごく→大得
たいわん→国民党がきてめちゃくちゃ
にほん →国土崩壊&経済支援
ドイツ →引き裂かれ死亡

うーん

326: 名無しさん@おーぷん 2018/11/02(金)21:50:47 ID:JbC
>>323
ソ連はまあ、90年代の崩壊まではアメリカと表立ては覇権争いしてたし
まあ。。いちおう損ばっかりとは言えん気もする

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年11月05日 12:15 ID:4eVNy56j0▼このコメントに返信
現在進行形でひどい事を行っている中国を叩くことが出来ない左翼。逆に中国を批判すると、激怒し、中国を持ち上げて、自分の国をボロクソに叩く左翼。
2.名無しさん:2018年11月05日 12:16 ID:q2sEU.3K0▼このコメントに返信
英国:ロンドンはV-1、v-2で瓦礫になって植民地はすべて失ったのに美味しいのか?
米国:次の覇権国家になったが戦死者だけで約42万人、フィリピンは喪失、美味しい??
3.名無しさん:2018年11月05日 12:17 ID:psmH07bg0▼このコメントに返信
アメリカさんはいろいろチートだから…
4.名無しさん:2018年11月05日 12:20 ID:NxiGXWA.0▼このコメントに返信
アメリカは国内の共産シンパに乗せられて日本潰した結果戦後中ソにアジアの勢力圏がっつり削られたやん
5.名無しさん:2018年11月05日 12:20 ID:7i3CODL90▼このコメントに返信
日露戦争とかイギリス外交的にも完璧な勝利だろうな
6.名無しさん:2018年11月05日 12:20 ID:.Id4UP7l0▼このコメントに返信
そう思える当たりが戦後反米パヨクらしいスレ。
7.名無しさん:2018年11月05日 12:21 ID:86mRM7C70▼このコメントに返信
※2

フィリピンは最初から独立させる予定だから喪失したうちに入らないだろ
8.名無しさん:2018年11月05日 12:22 ID:n6k7pbyj0▼このコメントに返信
アメリカは世界の覇権を手に入れたし得してるとは思う。

毛沢東自身が言ってるが、中国共産党は日本軍とはろくに戦わず戦後に国民党を叩き出して国連常任理事国の座まで奪った。国民の苦労はさておき一番漁夫の利を得ているのではないか。
スウェーデンも大戦中ドイツとイギリスの両方に物資を売って儲けてたはず。米中とは比べ物にならないがWWⅡでそこそこうまい汁を吸った国は沢山あるのではないか。
9.名無しさん:2018年11月05日 12:24 ID:7i3CODL90▼このコメントに返信
イギリスとあとはフランスですらなんだかんだ勝者だろな
文化的求心力と世界中に領土があるってのがその証拠といえる
普通はさっさと独立するけど残ってるってこと
10.名無しさん:2018年11月05日 12:24 ID:lQd1pvRh0▼このコメントに返信
※2
フィリピンは元々独立予定だったし、言い方悪いが42万の犠牲であそこまで利益出してたら黒字やろ
むしろ、あれだけ戦線広げてて42万なら奇跡と言っても良い
勿論亡くなった方々を無碍にする訳じゃないけど
11.名無しさん:2018年11月05日 12:28 ID:mZVUfdsn0▼このコメントに返信
イギリスは大損でしょ
アメリカも犠牲は甚大だった
結果論として美味しいところ持って行った形になったけど
日本が半島のような立ち回りしてたら「美味しい」と思えたかどうかは・・・
12.名無しさん:2018年11月05日 12:31 ID:aKXZck8G0▼このコメントに返信
中共とロシアの方が美味しい思いしてると思う。
13.名無しさん:2018年11月05日 12:31 ID:.powxMBx0▼このコメントに返信
ソ連が戦えたのはアメリカの援助があったから、
アメリカがおいしい所をというのは当たっているが
アメリカは多額の金を使っているから当然ともいえる。
14.名無しさん:2018年11月05日 12:33 ID:NhxViHEc0▼このコメントに返信
明かな勝者はアメリカのみ。
15.名無しさん:2018年11月05日 12:35 ID:5UgLomYL0▼このコメントに返信
※10
ハルノートもそうだが、アメリカの目的は日本の北支利権を盗むことだし、事前の試算でも日本が何年も対米戦争続けて徹底的にやりまくるとは想定してなかっただろ。

結局はアジア赤化、ソ連を増長させて朝鮮・ベトナム戦争に巻き込まれて、日本には産業を壊滅させられた。

アメリカは太平洋ではかなり損してると思う。
16.名無しさん:2018年11月05日 12:36 ID:OkvXqhCg0▼このコメントに返信
米はともかく英はない。戦勝国に名を連ね常任理事国にもなったが損得で考えたらボロ負けもいいとこだろ。
英国は東南アジアとインドを失い基軸通貨持ちの地位も失った。ドイツに滅ぼされなかっただけ御の字と言ったとこか。
米国は基軸通貨持ちとなり超大国にのし上がった。断トツの西側諸国筆頭。世界の半分がアメリカと言っても良い。
戦前はあのまま大戦入りしなかったら大恐慌がぶり返していたと思うわけだがな。
17.名無しさん:2018年11月05日 12:36 ID:EQV.WgZw0▼このコメントに返信
そもそも大日本帝国と大英帝国が敵対した時点で両者ともに敗北ルート確定だったやろ。日露戦争にしろ第一次世界大戦にしろ日本と英国が組んだ戦いは大抵勝利してるんだしそれが威光となってアメリカやロシア、ドイツの抑えにもなったはず。
18.名無しさん:2018年11月05日 12:36 ID:JEp6JBgC0▼このコメントに返信
最近になって世界史を勉強しだして大艦巨砲主義に辿り着いた
この記事はまだ4割くらいしか理解できないけどここ面白いね
19.名無しさん:2018年11月05日 12:39 ID:OcwleSOl0▼このコメントに返信
イギリスは意地張ってボロボロ
だから勝ったのにチャーチルは落選した
20.名無しさん:2018年11月05日 12:44 ID:3KKLr5Pr0▼このコメントに返信
いい思いをしたのは日本軍と国民党を衝突させることに成功した中国共産党くらいだろ。
21.名無しさん:2018年11月05日 12:44 ID:mOsLAZmV0▼このコメントに返信
日本が徴用高にただの出稼ぎやろって速攻で反論出来たのに対し
慰安婦には何も言えないのもやっはり戦勝国側の顔色を伺ってるからだろうな
22.名無しさん:2018年11月05日 12:44 ID:ldqyx32z0▼このコメントに返信
ソ連とアメリカ、あとは中共だろあの戦争でうまいとこ取れたの

ソ連、中共のようにイデオロギーや革命後の権力を餌に敵国内にシンパ作って掻き回させて自国は強烈な統制でそんなものを生み出さないシステムって優れてるよな
対してこの国は尾崎だけでなく米内なんかの地位ある人間もシンパとなってかき回されたんだから特高も機能してないし初めら前から終わってる
23.名無しさん:2018年11月05日 12:44 ID:kTsx8YJO0▼このコメントに返信
戦争は勝てば良い。それしか旨味はない。
24.名無しさん:2018年11月05日 12:46 ID:5UgLomYL0▼このコメントに返信
※19
チャーチルはアル中特有の理想主義者。結果が良かっただけで一歩間違えればイギリス滅亡させかねない賭けに出てたからな。



25.名無しさん:2018年11月05日 12:46 ID:OkvXqhCg0▼このコメントに返信
※15
トータルで得しているのだからひとまずアメリカは潤ってるだろ。ただ後始末が悪すぎる。
中国が赤化したのも日本固有の領土だった朝鮮半島で戦争になったのもひいてはベトナム戦争で負けたのもアメリカの戦後処理が雑すぎたのが原因。戦略性とか外交とか言われるほどうまかないなというのが俺のアメリカに対する印象。とにかく雑。
米中で実際に戦争になったとして、大陸支那がシリアみたいになるのは目に見えている。日本大迷惑。まだしも大陸攻略は日本がやった方が上手く行くと思ってる。戦後の統治は日本のが絶対に上手い。実績もあるしな。
26.名無しさん:2018年11月05日 12:46 ID:kTsx8YJO0▼このコメントに返信
大戦は100年に1度はこれから必ず起きていく。日本は付く相手を間違えたらいけない。
27.名無しさん:2018年11月05日 12:48 ID:7m15jOHA0▼このコメントに返信
美味しいところかっさらったのはソヴィエト連邦と中国共産党じゃない?
28.名無しさん:2018年11月05日 12:51 ID:rJGPjjkx0▼このコメントに返信
※9
ニューカレドニアも国民投票でフランスからの独立を否決したしな
29.名無しさん:2018年11月05日 12:53 ID:OkvXqhCg0▼このコメントに返信
※26
同盟くんでるし相手は端から決まってる。中華バブルがあるから大戦は必ず起きるよ。判り易い。
先延ばしになればなるほどバブルの規模も膨らむから酷いことになるんじゃないかな。
現時点でもあのバブルの崩壊分を穴埋め出来る経済が世界に無いのだわ。
欧州も中国に投資しまくっていてギリシャショックどころではない規模。
30.名無しさん:2018年11月05日 12:55 ID:BUmWv.JC0▼このコメントに返信
ソ連は破綻しアメリカも覇権国家で負担増なんですが
ちなみに輸出でウハウハだったアルゼンチンも破綻したぞ
戦争は勝っても損しかない(確信)
31.名無しさん:2018年11月05日 12:58 ID:uceWvbRX0▼このコメントに返信
「美味しいところ」ねぇ。20世紀はじめには衰亡してたイギリスは、ナチスに潰されなかっただけで御の字。何とか凌いだって印象。アメリカは出世したけど、他がズタボロになったから当然。あの外交下手軍政下手がなければ、今程度のレベルじゃなかったんだが。
32.名無しさん:2018年11月05日 13:02 ID:86mRM7C70▼このコメントに返信
イギリスはあの時点で最大の脅威のナチスドイツを米ソの手を借りて潰せたんだし、大損ってほどでもないでしょ

国是の大陸の勢力均衡のためだからしゃーない
33.名無しさん:2018年11月05日 13:03 ID:OkvXqhCg0▼このコメントに返信
※30
損しても国が成り立つだけの豊かさを獲得してるじゃないか、アメリカ。未だに豊かだぞ。ああうらやましい。
負担増に行き詰まったら簡単。もっかい大戦を起しゃいいのよ。アメリカが仕掛けなくても中国バブルが契機になる。
アメリカは正義の戦争が出来てドルの価値は上がる。上がった価値分金を刷って財政赤字分を返済して全てチャラ。
やっぱ軍事力って大事だね。アメリカがそこに拘るわけだよ。中国もそうなりたかったみたいだけど中国だから無理だね。
34.名無しさん:2018年11月05日 13:03 ID:alAA0YrR0▼このコメントに返信
>石原「満州とるンゴwwww」
>政府「おいやめろ」

>武藤「中国とるンゴwwww」
>石原「おいやめろ」
>武藤「お前の真似しとるんやで」

これ。
石原莞爾は奇才天才に属する人だけど
それを見て「あ、独断専行しても許されるんだw」って
間違った解釈しちゃった陸軍幹部はただの凡人。

凡人が天才のマネをするとロクなことにならないという実例だな。
35.名無しさん:2018年11月05日 13:04 ID:m5DdjVpa0▼このコメントに返信
何故あれほど中国へ進出したのか皆目わからない
いい加減にしろと天皇にいいたい
36.名無しさん:2018年11月05日 13:06 ID:OkvXqhCg0▼このコメントに返信
※35
日本の安全圏確保のためには必須だからだよ。
次の大戦でも日本は大陸の覇権を狙うと思うよ。同じやり方はしないと思うけど。
37.名無しさん:2018年11月05日 13:09 ID:uceWvbRX0▼このコメントに返信
※25
アメリカの戦争って基本的に膺懲(=こらしめ)だし、軍政の下手っぷりは世界トップレベルよ。支那のよう悪逆非道な人民刷新の次くらいアレ。
だからジャイアンとか言われるように評判が悪いのよね。三国志の曹操孟徳みたいなもん。日本の場合は人材が残っていたというのもあるけど、軍政にかけては当時世界最高レベルだったマッカーサーだったのが大きかったりするの。
38.名無しさん:2018年11月05日 13:17 ID:jLtQAre30▼このコメントに返信
日本の1920年代の政治がダメ過ぎる。
結果、WWⅡの敗戦に繋がる。
ワシントン体制の失敗、関東大震災復興の失敗による大不況、無駄飯食いの溥儀を6年間も遊ばせてたこと、手駒のはずの張作霖に手を噛まれる失態、ソ連認証で大幅な国益損失。

アメリカは、1920年代の国内市場発展、1930年代のニューディール政策で、戦争への準備は、バッチリ。
39.25:2018年11月05日 13:18 ID:OkvXqhCg0▼このコメントに返信
※37
アメリカの誰が日本のトップに立っても日本は復興してると思う。民度と民族性の問題。
俺の知る限りアメリカの元で上手いこと復興出来たのは日本と西ドイツしか知らない。ドイツは随分と手厚かったみたいだが。
日本が支那や朝鮮みたいな民族だったらマッカーサーと言えどもぞんざいに対応したことだろうし昭和天皇なんぞは訪問した当日にでも処刑していただろう。悪の帝国の悪の帝王なら力と恐怖さえ奪い取れば何の力も無かったはずだが実際は真逆も良いところだった。
40.名無しさん:2018年11月05日 13:19 ID:RcQPxutR0▼このコメントに返信
アメリカは軍需産業への依存を高め過ぎて戦争しないと生きられない身体になってしまったのだった。
41.名無しさん:2018年11月05日 13:20 ID:De.USUGc0▼このコメントに返信
英国は戦争やる前から次に世界大戦やったらポンドは信用を失い覇権国家の地位を失うことがわかっていた
戦争を避けるためナチスにあれだけ媚びまくったのもそのせい
原因は英国は半世紀前から工業力軽視でポンドを印刷することで食ってたから
基軸通貨ポンドを刷るだけで何でも買えるということは逆にポンドの信用がなくなると外国から何も買えなくなってしまうことを意味する
米国が日本を挑発して戦争に参入したのも中立国の立場では増刷し過ぎて紙キレと化したポンドをひきかえに戦争物資を無償提供するのは国民が許さなかったから
42.名無しさん:2018年11月05日 13:21 ID:5UgLomYL0▼このコメントに返信
※35
北からはロシアが南下、南はイギリスとフランスが支配地を北へ伸ばす、アメリカまでシナ大陸利権を狙ってたのに、肝心のシナ猿が寝ぼけて日本人との共闘どころか嫉妬に狂って反日してたからだよ。

隣の家が燃えてるのに住民が言うこと聞かなかったら、門を壊しててでも乗り込んでいかないと、こっちまで危なくなる。
43.名無しさん:2018年11月05日 13:22 ID:OkvXqhCg0▼このコメントに返信
※38
博打も良いところ。戦争準備は良いが日本から開戦しなかったらアメリカに参戦の口実は無くアメリカ財政は破綻してたからな。
戦中からアメリカはどんどん豊かになっていったけど通貨の信用上のことだと思う。戦勝確定なら当たり前。
開戦前から超大国だったわけじゃ無いんだよ、アメリカ。
44.名無しさん:2018年11月05日 13:26 ID:RrKqutPh0▼このコメントに返信
イギリスが美味しいか?
植民地はみんな独立、平成までレンドリースの借金アメリカに返してたんだが?
かなり踏んだり蹴ったりだぞ。
45.名無しさん:2018年11月05日 13:29 ID:WleY.bAr0▼このコメントに返信
フランス開放(現地女性レイ-プ祭り)
戦争で負けて本土で進駐軍に好き勝手やられるとほんま地獄。
46.名無しさん:2018年11月05日 13:31 ID:86mRM7C70▼このコメントに返信
※44
独立した植民地もイギリス連邦とかに留めて一定の影響力を残すことには成功したし、フランスやオランダみたいに植民地の独立戦争で泥沼化スルこともなかったし、うまくダメージコントロールできた部類でしょ

そりゃスエズ動乱とかは完全にミスったが、第一次世界大戦からイギリスの退潮ってのは明らかだったんだし
47.名無しさん:2018年11月05日 13:36 ID:De.USUGc0▼このコメントに返信
※34
石原は当時の欧州の均衡外交の欠陥であることなかれ主義を見切った上で軍事的冒険した
ネットでも左右どちらにも組しないと言うやつはよくいるが均衡主義者は外部から操り易いんだ
意図的に天秤を傾かせれば元に戻ろうと反対側に自分から偏ってくれるから
石原は当時の諸外国の国内事情を勘案した上で戦争にならないギリギリのラインを見切った上で強引なことをした
後発の連中は外国の都合を考えず自分の都合だけで真似をしたので簡単に一線を越えてしまった
48.名無しさん:2018年11月05日 13:38 ID:Cc5MmFe.0▼このコメントに返信
※46
インドやマレーシアに対するイギリスの影響力なんてゼロに近いんだが。

まだ日本のほうが大きな影響力があるよ
49.名無しさん:2018年11月05日 13:43 ID:1U5onkav0▼このコメントに返信
イギリスは戦争には勝つけど貧乏になっていくからなw
50.名無しさん:2018年11月05日 13:46 ID:I7yGjFsB0▼このコメントに返信
領土を大拡大した中ソがおいしい思いをした。
51.名無しさん:2018年11月05日 13:50 ID:R1kMQ1MJ0▼このコメントに返信
日米開戦当初における太平洋では数的には日本軍のほうが優位だったって意外に知られてないよね
ミッドウェーだって数的には日本のほうが上だった
ニミッツ提督もミッドウェーに備えて突貫工事で兵数を無理矢理揃えたしな
機械化著しい海戦や空戦は陸戦よりも質が大事だから、普通に質も高いんだよ米軍は
52.名無しさん:2018年11月05日 13:55 ID:H6uGZe2m0▼このコメントに返信
イギリスは大戦後に丸損、アメリカもアジアの安全保障を担わされた。
まあ国連常任理事国になれたってのは、得だったかも知れんが。
53.名無しさん:2018年11月05日 14:00 ID:kTsx8YJO0▼このコメントに返信
アメリカは今でもドル体制維持で、1番得して稼いでる。為替なんかどうにでもアメリカしようよと思えば他国出来る。中国はこれを知ってるから米国に喧嘩売ったが、撃沈している最中。日本だって円がドル体制に変われば日本人楽して稼げる
54.名無しさん:2018年11月05日 14:05 ID:RqQ4FP..0▼このコメントに返信
日本も連合国側にいれたら、かなり良い目に会えたのに
本国が戦場から遠いから直接被害を受けることもないし、戦争で工業も発達できただろうし、アメリカの次くらいに恩恵を受けた国になれただろう
55.名無しさん:2018年11月05日 14:06 ID:kTsx8YJO0▼このコメントに返信
今の経済システム崩壊までアメリカの時代は続く。これが崩壊したら、何処の国が覇権握るかはまだわからない。アメリカ体制もローマ帝国みたく崩壊は必ず起きる。50年後かもしれないし300年後かもしれない。ドル体制なってからずーっと言われてきてるからね
56.名無しさん:2018年11月05日 14:08 ID:kTsx8YJO0▼このコメントに返信
覇権握り続けるにはバラマキが必要。これが出来なくなれば求心力は無くなる
57.名無しさん:2018年11月05日 14:09 ID:bgQhcLU80▼このコメントに返信
※34官僚は前例主義だからな。
最初のおいやめろの時点で処罰しなかったら後の全部処罰出来んくなる。

石原が「おまえの真似をしてるんやで」って言われたときに黙っちゃったのは正直ガッカリだ。
「俺はいいけどおまえらは駄目だ。はい軍法会議ー」くらい平気で言いそうなキャラなのに
58.名無しさん:2018年11月05日 14:14 ID:Zd7pv37h0▼このコメントに返信
※35
現代といっしょ。
安い人件費と対米迂回輸出の為だよ。
59.名無しさん:2018年11月05日 14:14 ID:De.USUGc0▼このコメントに返信
※55
他国は働かないと富を産み出せないがかつてのポンド今のドルのように紙を印刷するだけで無限に富を産み出せるというのはチートオブチートだから
60.名無しさん:2018年11月05日 14:18 ID:fjZZSerd0▼このコメントに返信
※54
100%無理。
アメリカの対日戦争は、日本のキリスト教化も目的の一。
現在、皇室に二代続けてクリスチャン入台させたから目的は達している。
61.名無しさん:2018年11月05日 14:24 ID:Zd7pv37h0▼このコメントに返信
※48
インド・マレーシアの支配階層の子弟は、イギリス留学だろ。
金融もイギリス資本だし。
日本なんて影響力ないよ。
は、言い過ぎるな。
イギリスより影響力ないよ。だな。
62.名無しさん:2018年11月05日 14:35 ID:NhxViHEc0▼このコメントに返信
※18
第2次大戦の歴史はホントに面白いし奥が深いぞ。
第1次大戦前から世界の流れと国内の流れをザックリ勉強して、そのうで30年代以降を勉強するとさらに面白い。
国際要因と国内要因、政治や社会面だけじゃなくて、経済システムの変遷まで理解できるとさらに面白い。
まだ時代的に近いし、あまりにも犠牲が大きいんで、面白いという言い方はちょっと不謹慎かもしれんけど、単に歴史として見れば面白い。
第2次大戦のその後まで学ぶとさらに面白い。
歴史観なんてのはちょっと角度変えると全然違った見方ができるもんだ。
63.名無しさん:2018年11月05日 14:37 ID:PU.HOkfu0▼このコメントに返信
日本は肉を断たれ骨を断たれ多くに命を失ったが、
世界の植民地がほぼすべて解放されたから日本は目的の半分は達した。
64.名無しさん:2018年11月05日 14:41 ID:Zd7pv37h0▼このコメントに返信
※43
アメリカは、開戦前でも十分に超大国だよ。
自動車・航空機の生産は、圧倒的だし。
戦艦建造ドック・船台も世界一。

ニューディール政策による発電量の底上げは、戦争経済以外で吸収できないので、対日開戦は不可避(対欧州じゃないから公約違反じゃないし)。
石油禁輸すれば、日本が暴発するのはだれでもわかること。
日本は、対米戦争かんがえてないから、石油輸入がアメリカ依存に。
65.名無しさん:2018年11月05日 14:44 ID:m5DdjVpa0▼このコメントに返信
日本側としてはアメリカとの戦争は全面戦争ではなく局地戦争を考えていたと考えるのが妥当
勝てないのは判っていたから


66.名無しさん:2018年11月05日 14:56 ID:1DK7cOFj0▼このコメントに返信
得をしたのは東南アジアの国々だろ
棚ボタで解放されて国家設立や

アメもブリも植民地失って大損失やぞ
67.貴様はそれでも日本人か!:2018年11月05日 15:02 ID:qx9V3KVO0▼このコメントに返信
有色人種を支配し、人権を踏みにじり、世界を傍若無人に貪り食ったのが白人至上主義のアメリカを含めヨーロッパ諸国だ!
そんな白人社会に世界で唯一、人種差別反対を訴え、白人の植民地支配に苦しむ有色人種の為、植民地解放に立ち上がったのが大東亜戦争だ!
黄色人種である日本人を蔑み、侮っていたアメリカは日本の徹底抗戦に対して当初の予想より打撃を食らい、予想を大きく上回って長引いた為、多くの犠牲者を出した。
白人至上主義のアメリカは、白人世界に反旗を翻した日本に対し、ただ単に戦争で打ち負かすだけでなく、日本人の全滅もいとわない実験を行った。
それが広島や長崎に落とされた人類初の原爆だ、日本は原爆投下の1年以上前に降伏を申し入れている、然るにアメリカは降伏を許さず、原爆実験までして大虐〇しているのである。
これは当時の国際法に照らしても、明らかに戦争犯罪であり東京裁判の時、多くの日本人が戦犯として処刑されたが、只の一人として白人は裁判にすらならなかった。
明らかな人種差別であり、日本を貶めるだけの世界に向けた政治ショーだったのだ。
日本人が降伏に対して唯一主張したのが(無条件降伏をしなかった理由)、天皇制の継続だ。
結局、昭和天皇の決断で日本は無条件降伏したが、白人世界に対し勇敢に戦った日本を見て、中東・アジア各国が今日、独立を果たしたのは日本の犠牲が大きいのは日本以外の有色人種の間では(支那人・朝鮮人の国は除く)常識だ!
その事を教えない日本の教育は間違ってる、反日組織である日教組を正し、日本の歴史を正しく子孫に伝える事が私達の責務だ。
そんな御先祖様である日本人を誇りに思い、御先祖様が守ろうとした天皇制を私も守ろうと思う。

68.43:2018年11月05日 15:06 ID:OkvXqhCg0▼このコメントに返信
※64
じゃあ何で大恐慌なんて起したのだ?
ニューディール政策はドルを刷ることで賄ったがそれでも大恐慌のぶり返しは予測されていた。時間の問題だった。
実際アホほど軍艦を作ったわけだが余程コストが掛かったのか終戦後には一斉に取り壊してる。朝鮮戦争を控えてたのにな。
挙げ句の果てに解体したばかりの日本軍に出動を要請して吉田茂にキレられる有様だ。
どんだけぎりぎりだったか目に浮かぶようだ。超大国が聞いて呆れる。

中国だってバブルで燃料投下してるがバブルの信用のネタが尽きればいずれ破綻が来る。これも時間の問題。
時間の問題だが目先の中国は裕福と言える。だから軍備を拡張しているわけだがこれも博打だね。中国が今後も順調に成長出来るのなら軍備拡張などせずリソースを経済発展に当てた方が遙かに合理的なのだから博打に出たことは否定の仕様が無い。
とは言えアメリカみたいには行きそうにないので中国は相当分が悪い。アメリカのお粗末な物真似じゃしょうがない。
でも破綻するまでは夢が繋げる。中国は中国なりにああするしかなかったのだろう。
69.名無しさん:2018年11月05日 15:12 ID:R1ceNXb.0▼このコメントに返信
※4
終盤でルーズベルトが死んでなければソ連の独り勝ち状態だよね
実際、米国では第二次大戦後に赤狩りで国内が混乱状態になった
特にハリウッドは赤の巣窟で有名女優の色仕掛けと脅迫で転向した政治家も数多く居たらしいよ
70.名無しさん:2018年11月05日 15:32 ID:ihftcHvA0▼このコメントに返信
特にアメリカね。ユダヤ人から奪略した金銀財宝そのままアメリカに持って行ったからね。戦勝国の特権でしょうか?
71.名無しさん:2018年11月05日 15:35 ID:MixutpmR0▼このコメントに返信
イギリスは戦勝国なのに、戦後は日独より状況が悪いという・・・。
72.名無しさん:2018年11月05日 15:36 ID:R1ceNXb.0▼このコメントに返信
※51
米軍が人員急増出来たのは文盲にも理解できるように
絵入りの解説書を配布したからだよ

だから、日本軍は一兵卒でも文字の読み書きが出来ることに驚いていたのは有名な話
73.名無しさん:2018年11月05日 15:42 ID:De.USUGc0▼このコメントに返信
※69
色仕掛けや買収ならまだ良いのだが実際に存在したのは「平和の為のスパイ運動」なんだ
ソ連は何にも工作してないのにお花畑が米国が一強になりすぎるのは世界平和の為に良くないと自発的に見返りもなく売国してたんだ
1960年代にフルシチョフによる情報の公開がされるまでソ連は何一つ欠陥のない理想国家だと高学歴の人間ほど信じてたからソ連のために働くのが正義と疑いもしなかった
こういうカルト宗教の信者みたいな純朴お花畑が一番タチが悪い
74.名無しさん:2018年11月05日 15:54 ID:NhxViHEc0▼このコメントに返信
※67
当時の(ごく短い期間の)国内のプロパガンダそのものだな。
まぁ100%の否定はしないが。
アメリカ(白人)の原爆は元々対ドイツ(白人)用に開発されたし(原爆完成の2カ月前にドイツ降伏)、中国(黄色人)の常任理事国入りを一番強く推してたのはアメリカ(白人)なんだけどな。
で、日本(黄色人)はドイツ(白人)・イタリア(白人)と同盟してたし、中国(黄色人)と殺し合ってたわけなんだけどな。
その30年前にはイギリス(白人)と同盟してたし、日露戦争時の日本の評価は欧米(白人)でもすこぶる高かったし、もっと遡ると、明治政府のスローガンの一つが脱亜(黄色人)入欧(白人)だったわけで。
人種に焦点を当てると整合しないことが歴史上山ほどあるので、ほとほどにしとき。
75.名無しさん:2018年11月05日 15:55 ID:o9EI.yjb0▼このコメントに返信
で?今の時期を見ても勝ち組だといえるかのかな?
76.名無しさん:2018年11月05日 16:00 ID:WWyd5qha0▼このコメントに返信
※71
誤魔化したブロック経済で持ってたのに戦後、それ瓦解しちゃったからな・・・
77.名無しさん:2018年11月05日 16:18 ID:m7zXEIuJ0▼このコメントに返信
おいしい思いね・・・その割に損害大きいしイギリスも植民地どんどん独立されて勝ったはいいけどって感じする
78.名無しさん:2018年11月05日 17:24 ID:bnAt5u3H0▼このコメントに返信
イギリスは過去の悪行を日・独に押し付けて
正義の味方然となれたことくらいか
79.名無しさん:2018年11月05日 17:31 ID:IRRREoPK0▼このコメントに返信
今回は設問があまりにも釣り臭くて全然伸びないね~。当たり前だけど、一部の左翼マルクス主義、唯物史観かぶれの反アングロサクソン主義的な馬鹿以外、英米が得したなんて思ってない。経済が原因で戦争に、とか言う陰謀論馬鹿はもう流行らないんだよね。
80.名無しさん:2018年11月05日 17:32 ID:SHWexFnA0▼このコメントに返信
ソ連は唯一領土が増えたんやない?
81.名無しさん:2018年11月05日 17:35 ID:IRRREoPK0▼このコメントに返信
日本が石油で困った本当の理由が、アホのヒトラーがオランダまで戦争に巻き込んだせいだと知らない人間が多い。アメリカは最初、日蘭仲介の用意があったのに、松岡の馬鹿は・・・
82.名無しさん:2018年11月05日 17:39 ID:unKgDD3Y0▼このコメントに返信
見方を変えると、アメリカは太平洋戦争以降に軍事費が増大し、そのまま西側諸国のリーダーとして負担を押し付けられた
軍事費は高止まりしたまま、20世紀後半も冷戦構造化の中で代理戦争までして自国兵を多数失っている
一方日本は、植民地の負担から解放され、東アジアの安全保障にアメリカを巻き込むことに成功(軍事的独立を失う)
モンロー主義のアメリカの方がアメリカ人は幸せだろうと思うよ
石油だってアメリカ本国や隣国カナダシェールガスだってあるし中東政治の安定や民主化に関わる意味は本来ない
結局、イスラエルがうまくアメリカを利用してるよね
アメリカは一国主義を放棄することになり世界と関わることになって大損してると思うよ
83.名無しさん:2018年11月05日 17:50 ID:kJL1kEkn0▼このコメントに返信
※61
金融も外交も日本一択だよ。

そもそもマレーシアなんて日本が育てたような国だし、インドにいたっては建国神話がインパール作戦から。
84.名無しさん:2018年11月05日 17:53 ID:EarUjO.m0▼このコメントに返信
どっちかというと「おいしいところをさらっていった」のはソ連でないの?
西方に伸張して東欧諸国の衛星国化を果たし、しかもその中に分割されたドイツ有り。念願の障壁ゲット。
そのために支払った犠牲はたしかに莫大だけど、ソ連的には戦時を利用して内部統制を強化できてことは
以降の半世紀続く体制維持ができた事につながったりしてないだろうか?
東方では日露以来、その動きに神経尖らせてきた日本の勢力が雲散霧消。
これに関してはボーナスステージだっただろうしね。
英仏はむしろ美味しい思いはしておらず、米も英の後退に相対してみれば
伸びたような印象を受けるだろうけど、ソ連に比べると全然だと思う。
85.名無しさん:2018年11月05日 18:01 ID:9RMV9IdF0▼このコメントに返信
※83
>インドにいたっては建国神話がインパール作戦から。
えらい珍説が来たなぁ
どこソース?
86.名無しさん:2018年11月05日 18:05 ID:R1ceNXb.0▼このコメントに返信
※73
共産党とカルト宗教は、芸能界を抑えて大衆に取り入り
賄賂や脅迫であらゆる機関に潜り込んで
子供から大人まで洗脳教育するのが手口だから
87.名無しさん:2018年11月05日 18:19 ID:c.wwPklI0▼このコメントに返信
イギリスは極東艦隊を失い、第二次世界大戦後には植民地の大半が独立もしくはイギリス王室を頂くイギリス連邦自治国になった。

アメリカは日本を破り太平洋の制海権を手に入れたが、目的の中国市場が共産化してしまう。朝鮮戦争もベトナム戦争もザックリ言うとその絡み。
88.名無しさん:2018年11月05日 18:20 ID:RqQ4FP..0▼このコメントに返信
※60
日本が最初から連合国側にいればそんな方針幾らでも変わるがな
89.名無しさん:2018年11月05日 18:36 ID:tDsHHIWN0▼このコメントに返信
誰かネットの架空戦記で面白い小説教えてくれないか?

提督達の憂鬱みたいな
90.名無しさん:2018年11月05日 18:45 ID:RqQ4FP..0▼このコメントに返信
※89
ベタなのは太陽帝国
なろうなら蒼海のグングニル
91.コロンブス:2018年11月05日 18:49 ID:J3WSwen90▼このコメントに返信
欧州勢力は実体としての植民地を失った。
しかし戦後の利権は金融が握ることになった。
戦後得をしたのはアメリカで、金融を抑えドル経済圏を構築した。
これ以上の利権はない。
欧州はEUとして経済圏を作りアメリカに対抗。
日本は円圏を構築しようとしたがアメリカに潰された(今後は分からない:東南アジア次第で何かが起こるかもしれない)
チャイナの一帯一路は経済圏の構築と元流通経済圏の拡大である。
アメリカの敗北はドル経済圏の喪失が成った時。(チャイナは損切りで孤立化しかない)
つまり、今後はアメリカとチャイナの対立構図は絶対になくならないということは理解すべきだと思っている。
アメリカと協力すべきだが、日本は日本で自立した経済も視野に入れておくべきだとは思うが、現政治屋には無理だろうと思ってもいる。
92.名無しさん:2018年11月05日 18:59 ID:lXmHIemf0▼このコメントに返信
米国はその通りだけれど、英国に関しては戦前の繁栄度や戦争に注ぎ込んだ戦費とその後の立場を考えるとむしろ破滅したと言っていいレベルで没落しているからね。ソ連も人口構成が狂うレベルで戦死者出しているし、文字通り欧州に勝者はいないと思うわ。
93.名無しさん:2018年11月05日 19:45 ID:ru9AxoWw0▼このコメントに返信
イギリスは何だかんだで大国としての影響力保持してるしなぁ
英連邦の繋がりも軽視できないものがある
没落って言っても最盛期との相対評価の面が強い
今の状況で没落扱いも無理あるだろ
何よりアメリカとの特別な関係
むしろ面倒ごとはアメリカに押し付けて美味しいとこ持って行ってる感もある

※83
それは絶対にない
インドなんて戦中は明確に半日本掲げてるのに
94.名無しさん:2018年11月05日 20:19 ID:OkvXqhCg0▼このコメントに返信
※93
モディがチャンドラーボーズのインド国民軍を再評価してる。
その理屈だとインド独立の切っ掛けはインパール作戦からと言うことになる。
インド建国の父としてはインド人にとってガンジーよりもチャンドラーボーズの方がウエイトが高い。
ガンジーは反日な態度だったが後に改めてる。
95.名無しさん:2018年11月05日 20:35 ID:Pg5.M1OG0▼このコメントに返信
※94
それをどう解釈したらインパールが建国神話になるんだよw
96.名無しさん:2018年11月05日 21:06 ID:54pvbM.g0▼このコメントに返信
※94
そもそもガンジーって、インド国民軍になんの貢献もせずに戦後に褒めてただけやもんなw

主張もスタンスも首尾一貫してないし、エリートの気まぐれでずいぶん多くのインド人が巻き込まれた負の側面もある。
97.名無しさん:2018年11月05日 21:08 ID:Yip2ybxh0▼このコメントに返信
イギリスがドイツと講和して、ドイツとソ連が潰しあう世界線も見てみたいがな
イギリスとしては古くはスペイン王国・あるいはナポレオンの昔から、欧州本土を統一する帝国が産まれる事を阻止しようと
苦慮してきてるが、今考えるとそれはそんなに脅威かね?
98.名無しさん:2018年11月05日 21:09 ID:hPbaG0ZF0▼このコメントに返信
インドはインパール作戦を「インパール戦争」と呼び、「対英独立戦争」と位置づけている。日本軍はインド独立を支援した解放軍である。

 インド解放のために英国軍と戦った日本軍将兵に対し、元インド国民軍大尉で、全インドINA事務局長、S・S・ヤダバ大尉は1998年1月20日、こう記した。

 《われわれインド国民軍将兵は、インドを解放するためにともに戦った戦友としてインパール、コヒマの戦場に散華した日本帝国陸軍将兵に対して、もっとも深甚なる敬意を表します。インド国民は大義のために生命をささげた勇敢な日本将兵に対する恩義を、末代にいたるまで決して忘れません。われわれはこの勇士たちの霊を慰め、ご冥福をお祈り申し上げます》(靖国神社)
99.84:2018年11月05日 21:12 ID:OkvXqhCg0▼このコメントに返信
※95
インパール作戦もチャンドラーボーズもインド国民軍も知らんで書くな。解釈する知識すらないのだろ。
モディがなんでインド国民軍を再評価している背景も考えろ。せめてウィキれ、韓国人。
キーワードは既に挙げたぞ。この上ソースよこせとか恥ずかしい事は言うまいな?
100.名無しさん:2018年11月05日 21:13 ID:c.wwPklI0▼このコメントに返信
ガンディーは反日じゃない。イギリスであろうが日本であろうが、暴力でインドを支配しようとする者は許さない、との立場。
101.名無しさん:2018年11月05日 21:15 ID:hPbaG0ZF0▼このコメントに返信
マレーシアの教科書には
「日本軍が、イギリスを追い払い
大東亜共栄圏のおかげで
独立を勝ち取ることができた」
そのことが克明に記されています。
102.名無しさん:2018年11月05日 21:28 ID:OkvXqhCg0▼このコメントに返信
※100
日本がインドを支配するとは限らんだろよ。英国の機密文書から戦勝国にも関わらずインドから撤退したのはガンジーのためではなく、インド国民軍のためであることが判明している。
そもそも日本の当時の実情を知ってりゃ非暴力もへったくれも有るまい。インパール作戦とインド国民軍をガンジーが強く批判したとか聞いたことも無いし、政治的なポジションとして、少なくとも日本が負けるまでガンジーは反日だったと俺は思う。
103.名無しさん:2018年11月05日 21:34 ID:9RMV9IdF0▼このコメントに返信
※101
日本は、マレー人の解放獲得への期待を裏切った。日本人はマラヤを、まるで自分たちの植民地であるかのように支配した。今度は彼らがイギリス人の座を奪ったのだ。日本人の支配はイギリスよりずっとひどかった
104.名無しさん:2018年11月05日 21:46 ID:OkvXqhCg0▼このコメントに返信
※103
マレーシア人がそう言ってる?初耳なんだが。
じゃあイギリスの支配のままで良かったのかい?戦争中に占領地の福利厚生まで手厚くする余裕が有ると思う?
日本がマレーを我が物としてそのまま手放さないつもりだった確たる証拠でもあんの?
だとして他の地域と扱いが違いすぎるわけなんだが。
105.コロンブス:2018年11月05日 21:47 ID:J3WSwen90▼このコメントに返信
※103
華僑は駆逐すべき対象だったからだ
英国の手先として原住民を搾取していた
106.名無しさん:2018年11月05日 21:55 ID:9RMV9IdF0▼このコメントに返信
※104
マレーシア 中学2年生用 『歴史の中のマレー』1988 より抜粋したものです。

>イギリスの支配のままで良かったのかい

イギリスの支配が良いワケがないが、
かといって日本の行いを正当化するのも良いワケがない。
107.名無しさん:2018年11月05日 22:13 ID:uf1p33tK0▼このコメントに返信
※4
アジアに影響力が元からないから口出してたんだが。防衛戦争だから損しかない
108.名無しさん:2018年11月05日 22:35 ID:lXmHIemf0▼このコメントに返信
※93
世界史的には世界の覇権の変遷でスペイン→英国→米(ロ)とされるぐらいにはデカい落ち方しているから、没落でいいと思うけどね。
それぐらい戦前が凄かったってことなんだけれど。
昔は世界を牛耳る巨大企業だったのが今じゃ見る影もなく一つ二つ得意分野で生き残ってる、ぐらいの崩壊っぷり。
戦後から現在まで、旧植民地とのつながりや昔の資産を使ってかろうじて凌いでいるけど、そろそろ産業も微妙・金融もダメ・軍事力や消費地としての力はもっとダメ、って感じでこっから向こう50年後にどう豊かさを維持していけるのか、日本以上にヤバい。
109.104:2018年11月06日 00:03 ID:E0Qn1izg0▼このコメントに返信
※106
別にマレー人に誉められたくてイギリスを追い出したわけでもあるまいよ。
大義名分はともかく国が国益を求めるのは当たり前。少なくとも日本政府として恩を着せるようなことは一言も言っちゃ居ない。
日本の安全圏確保のためにはアジアの独立は不可欠だったしイギリスが邪魔だった。
アジア全部日本の植民地ではどう考えても管理の手が足りないので不合理。是も否もないというのが俺の立場。
教科書はともかくマハティールは日本をえらく評価してる。国造りは日本から学んだ言ってるぞ。
首相時代にそう言ったのならマレーシアの政府見解と言うことになる。こう言ったもんは割と再評価されるもんだ。
ググった記事では短期間だがマハティールも日本式教育を受けている。やはりここでも日本はマメだった。
110.名無しさん:2018年11月06日 00:41 ID:.aXZJkQ60▼このコメントに返信
※109
>日本の安全圏確保のためにはアジアの独立は不可欠だった

自国の都合で相手の土地に踏み入ったのだからイギリスも日本も変わらんよ。

日英共にその支配に功・罪があったと両論併記するのがフェアってもんじゃないか。
111.109:2018年11月06日 01:09 ID:E0Qn1izg0▼このコメントに返信
※110
どっちがましかだから一応日本は正義なんだよ。どっちみち植民地か日本の占領地価のいずれかなんだからな。
少なくとも蛮勇奮って日本が攻め込まなければずっとそのまんまだ。住民は白人には勝てないと思い込んでたみたいだしな。
あとはオマエじゃなくて相手が考えるこった。少なくともアジアの発展について日本は戦後のODAとかで筋は通してる。
KBブリッジとかどっかのバカがやらかしたことの尻ぬぐいまでやっている。正義過ぎて涙が出てくらあ。
112.名無しさん:2018年11月06日 01:17 ID:.aXZJkQ60▼このコメントに返信
※111
そうですね相手が考える事です。
政治家の意見ではなく、国で使われている教科書によると

>日本人の支配はイギリスよりずっとひどかった

らしいっすよ。

戦後日本の行動はすばらしいものだと思うよ。
113.名無しさん:2018年11月06日 02:28 ID:gOmz6bUG0▼このコメントに返信
当時の東南アジアの独立派の多くは日本軍に協力し軍事教育に参加して独立軍を組織したのが真実
支配するつもりなら教育して軍事力を与えるかよ
114.名無しさん:2018年11月06日 03:10 ID:7APKpoeV0▼このコメントに返信
組織としてやったのか個人がやったのかで随分意味合い違うでしょ
統治下でそれやったとでも思ってんの?

日本の陸軍もドイツの陸軍も士官どころか将官クラスが
戦略眼に欠けてるんだよね、将棋は上手いけど盤外戦術がダメとでも言うか
日本の陸軍はドイツを参考にしたんだっけ・・・? 
115.111:2018年11月06日 03:59 ID:E0Qn1izg0▼このコメントに返信
※112
らしいっすよか。そうかいそうかい。大して影響はないと思うけどな。
教科書なんてもんは「政治」だよ。股間に毛の生えてくる頃には薄々そういうのに気がつくもんだ。
そしてネットで現実を知り日本製に触れ日本人に合えばそれが確証になるわけよ。今時そんなもんだろう。
俺はアジア中を行き来してるからその辺のギャップは目に浮かぶように判る。
そもそもマレーシアでで日本人がどんだけハッタリ利くと思うよ。この人中国人じゃなくて日本人だよってなもんだ。
片言のマレー語使うだけで連中大喜びだぞ。
116.名無しさん:2018年11月06日 04:59 ID:JnNfeTtd0▼このコメントに返信
イギリスが手にしたのは戦勝国って称号だけだろ。
落ちぶれて今は酷いもんだ。
117.名無しさん:2018年11月06日 07:57 ID:DQJSUnsr0▼このコメントに返信
まだ日本の「アジア解放」を大真面目に信じてる奴いるのかよ
挙句、日本は正義なんだよ、とか
118.名無しさん:2018年11月06日 07:57 ID:.KxgB4oW0▼このコメントに返信
バックはスターリン 衛星国と日本領土をおいしく頂きました
119.名無しさん:2018年11月06日 08:45 ID:RNJdLZDJ0▼このコメントに返信
ドイツのポーランド侵攻に合わせて宣戦布告した大英帝国の戦争目的は、ポーランドほか、東欧の開放ですが、ソヴィエト連邦の衛星国化してしまい目的は達成できていません。戦勝国になったものの、ブリテン島の防衛しか達成できておらず、他はボロボロ。イギリスは守れたけれど、大英帝国は守れなかった。というのが現実。なんとかアメリカを巻き込み、勝利に終わったものの覇権は米ソに取られ散々な結果に終わりました。

戦っているうちに戦争目的をついつい忘れちゃったりするアメリカの戦争目的は、太平洋における覇権の確立、シナ大陸(特に満洲)の権益を奪取、ドイツ同盟国の日本と戦争状態に持ち込み欧州戦線に参戦、英国から東欧までを救出すること。太平洋の覇権確立は成功しました。中国権益は失敗。英国は救出したものの東欧はソヴィエト連邦の衛星国化してしまいました。
120.名無しさん:2018年11月06日 10:40 ID:.aXZJkQ60▼このコメントに返信
※113
>支配するつもりなら教育して軍事力を与えるかよ

それを言うとインドもフィリピンもイギリス・アメリカは
支配するつもりは無かった、という事になってしまいますよ。

もちろんそんな理屈はあり得ませんよね。

植民地軍なんて珍しくもなんとも無いんです。
イギリスもアメリカも日本がやる遥か前から現地人を鍛えて軍を組織していました。

そもそも日本の植民地政策は欧米の模倣ですからね。
121.名無しさん:2018年11月06日 10:45 ID:.aXZJkQ60▼このコメントに返信
※115
>片言のマレー語使うだけで連中大喜びだぞ。

それはルックイースト政策を見るように戦後日本の努力の賜物でしょう。
別にそこは私も否定していませんよね。

他人の土地に土足で踏み入った大日本帝国の行動の結果ではない。
122.名無しさん:2018年11月06日 12:11 ID:VNb4kEMr0▼このコメントに返信
アメリカはともかくイギリスはフランスに手柄を横取りされたような形式になってて、
更にフランスはイギリスを相変わらずライバル視してるからね
アメリカは戦後秩序をうまく構築していったと思う、その後の冷戦で勝利したのも大きい
123.名無しさん:2018年11月06日 14:06 ID:VdcHf19v0▼このコメントに返信
※121
それって他人の土地に土足で踏み入ったイギリス人によって踏みにじられてたマレーを解放した日本軍への侮辱だぞ。

全世界の有色民族は永遠に日本軍に感謝するべき。
124.115:2018年11月06日 15:47 ID:E0Qn1izg0▼このコメントに返信
※121
ルックイースト遙か以前だ俺は家の事情でガキの頃からインドネシアとかマレーシアには行ってるんだよ。
戦後補償やってた時代だな。実際挨拶だけでも連中大喜びだわい。その当時から現地での日本人の地位は高かった。
戦中の日本軍が恨まれていたら俺等の家族は殺されていただろう。クーデターもあったしテロもゲリラも普通に居たからな。
独立させてくれたのにこうしてまた助けてくれるのかってなもんだ。オマエ何も知らないで物言ってるのな。

マレー語を簡略化したインドネシア語は覚えとくと良いぞ。簡単な会話なら2週間で覚えられる。基本ローマ字だし。
125.名無しさん:2018年11月06日 16:05 ID:nAEknkhz0▼このコメントに返信
海外渡航が再び一般解禁された1960年代でも、東南アジアに行くと日本軍を覚えてる世代から大歓迎されたらしいね。

俺は1989年に初めてインドネシア人に会ったときに、「日本軍のおかげで我々は独立できた、感謝してる」と言われてびっくりした。当時は自虐教育受けてたから。

126.名無しさん:2018年11月06日 17:56 ID:.aXZJkQ60▼このコメントに返信
※123
イギリスに取って代わりたかった、というのが大日本帝国の本音。

>大東亜政略指導大綱
              ~中略~
>(イ)「マライ」、「スマトラ」、「ジャワ」、「ボルネオ」、「セレベス」ハ
>帝国領土ト決定シ重要資源ノ供給源トシテ極力之ガ開発竝ニ民心ノ把握ニ努ム 
>(ニ)前記各地においては当分軍政を継続す。

資源供給源として帝国領土とし、軍政を敷くと決定しています。


これが解放?
日本が負けたから解放されただけ。
127.名無しさん:2018年11月06日 18:03 ID:.aXZJkQ60▼このコメントに返信
※124
あなたやあなたの家族が現地人から好かれていたんですね。
個人的に日本人を好いている人は反日が国是の中国にも朝鮮にもいたでしょう。
普通の知性を持つ人間なら国としての好感度と個人へ好感度を分けて考えるからです。

教科書の記述とどちらが客観性があるかは言うまでもありません。

>独立させてくれた
結果論ですね。 
帝国領土にすると決めていたのですから。
128.124:2018年11月06日 18:40 ID:E0Qn1izg0▼このコメントに返信
※127
教科書は「政治」だから客観性はないって言ってんのよ。韓国や北朝鮮の歴史の教科書に客観性が有るとでも言いたいのかい?
>独立させてくれた← これ現地人のセリフな。本末入れ替えんな。
当事者でもないキミのセリフよりかは客観性があるだろう。現地人がそういうのも動かし難い結果だ。
そもそもマレーを帝国領土にするなんてどこの誰も言ってない。そういった地域は地域の単位が「県」だったりするもんだ。
客観客観言う奴ほど自分の主観は丸出しなのな。論法が韓国人になってる。ああわかった、オマエ韓国人だろ。
軽く流しゃいいとこまで食いついてくるし。韓国人の文章そのものだ。三国人は引っ込んでろ。日本と現地の問題だ。
第三者で無関係だから三国人って言うんだわ。帝国の手先の朝鮮人でもいいんだけど、だった日本の味方しろ。
129.名無しさん:2018年11月06日 18:54 ID:B.bdiOGa0▼このコメントに返信

全世界の有色民族は永遠に日本軍に感謝するべき
130.名無しさん:2018年11月06日 22:55 ID:uro.aAyS0▼このコメントに返信
※117
ホント、勧善懲悪論はいらんよなぁ。第二次大戦の結果について、正義だの何だの言ってたキンペーの下らん演説を思い出す。
131.名無しさん:2018年11月06日 23:00 ID:uro.aAyS0▼このコメントに返信
朝鮮人
132.名無しさん:2018年11月07日 21:50 ID:bMlOGv6K0▼このコメントに返信
※128
>教科書は「政治」だから客観性はない
政治だから客観性はない? 意味不明です。

「個人の証言」と国の決めた教科書、どちらが客観性があるの?
マレーシアを韓国や北朝鮮と比べてバカにしてるのか?

そして韓国人認定いただきましたー

>マレーを帝国領土にするなんてどこの誰も言ってない

日本の公文書がはっきりと書いているのに読めないのかな?
独立させようなんて政策決定がどこに存在するんでしょう?
公文書以上の客観性のある証拠が個人の証言か。

>客観客観言う奴ほど自分の主観は丸出しなのな
>軽く流しゃいいとこまで食いついてくるし
そっくりそのまま熨斗つけてお返しします。
133.名無しさん:2018年11月07日 21:51 ID:bMlOGv6K0▼このコメントに返信
※128
>教科書は「政治」だから客観性はない
政治だから客観性はない?意味不明です。

「個人の証言」と国の決めた教科書、どちらが客観性があるの?
マレーシアを韓国や北朝鮮と同列にしてるのはアナタだよ。

そして反論できない時の毎度おなじみ、韓国人認定いただきましたー

>マレーを帝国領土にするなんてどこの誰も言ってない

日本の公文書がはっきりと書いているのに読めないのかな?
独立させようなんて政策決定がどこに存在するんでしょう?
あなたが挙げているのは個人の証言。公文書以上の客観性のある証拠が個人の証言て。

>客観客観言う奴ほど自分の主観は丸出しなのな
>軽く流しゃいいとこまで食いついてくるし

そっくりそのまま熨斗つけてお返しします。
134.名無しさん:2018年11月07日 21:52 ID:bMlOGv6K0▼このコメントに返信
失礼。エラーで連投になってしまった。
135.名無しさん:2018年11月07日 22:04 ID:bMlOGv6K0▼このコメントに返信
「大義名分」と「実際の政策」はどうであったかを分けて考えないと。
相手の訪問者や客に対するリップサービスを真に受けてホルホルしているようじゃダメでしょ。

お名前