スポンサーリンク

2018年11月04日 10:05

日本が世界に誇る「名戦・名戦争」って言われたら何になる?

日本が世界に誇る「名戦・名戦争」って言われたら何になる?

nitiro

引用元:日本が世界に誇る「名戦・名戦争」って言われたら何になる?
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1541083148/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/01(木) 23:39:08.034 ID:zlnx7fBMd
やっぱ元寇とかになるのかな?

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/01(木) 23:39:38.326 ID:M+p1vzl1d
日露戦争だろ

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/01(木) 23:41:17.921 ID:poasyVL+0
日本海と旅順

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/01(木) 23:42:29.070 ID:dXDnX1IuM
奉天戦

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/01(木) 23:45:53.908 ID:zlnx7fBMd
うわそっか日露戦争があったか!
やっぱこれが日本だと最高かな

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/01(木) 23:46:09.787 ID:XLY+nLqc0
日露戦争だなぁ

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/01(木) 23:49:47.622 ID:mE5S7+t80
内戦なら桶狭間か鵯越?

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/01(木) 23:50:02.023 ID:H0m52xW80
誇るとは関係ないけど

13世紀欧州タウトンの戦いでは5万~10万の兵が戦った!大規模!
と思ってたのに、日本の関ヶ原の戦い16万人てどういうことだよ…
しかも国内でってどんだけ戦争好きなんだよ日本…

とは思われているっぽい

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/01(木) 23:50:16.443 ID:M59UTzto0
戦争は総じてクソ

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/01(木) 23:54:30.082 ID:XLY+nLqc0
日本も結構戦闘民族だからな

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/01(木) 23:58:07.126 ID:OPtnpKkf0
>>15
戦争の現場を飯食って眺めてるような奴らだからな

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/01(木) 23:56:35.740 ID:vgRHD9kTr
戦争に誇るもなにもないだろ
ただの殺し合いだし

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 00:12:11.470 ID:faJNjOve0
硫黄島
沖縄
ペリリュー辺りの持久戦はかなり打撃を与えたって点じゃまあ語るべき戦いくらいには入ってる
持久戦は兵士が悲惨すぎるから名とは言い難いけど

29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 00:30:42.038 ID:Z62kCub60
>>19
勝ち負けは別としてペリリュー辺りからの流れは明らかにその後のアメリカの対日作戦に影響を与えた
水際防衛玉砕バンザイ突撃一辺倒だったら確実にダウンフォール発動されていたんじゃないかな
そうなれば当然今の日本は絶対に違った奉公になっていたと思う

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 00:17:00.837 ID:mbybPEMp0
冷戦

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 00:18:49.268 ID:4q21C5Rk0
世界への影響や戦力比を覆したこと、ちゃんと「勝った」こととか含めるとやっぱ日露戦争
日清は清が雑魚だって露呈しただけだし、太平洋は奮戦こそしたけど総括すると大敗北な上に日本軍の無能さが露呈し過ぎてる

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 00:22:15.060 ID:BPS3ko5/d
>>23
日露と太平洋で時代違うわけでもないのに
日本軍の評価えらい違いだな

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 00:28:20.482 ID:4q21C5Rk0
>>25
だから露呈したからダメなんだろ

日露の時は、まぁ失態も色々あったけど勝ったし良い点のが多かった
太平洋では失態の数があまりにも多すぎたし、負けたし、良い点を完全に塗り潰して余りある
別に同じ軍隊だろうがなんだろうが、評価ってのは結果で決まるんだから戦果次第で良くも悪くも評価されるさ

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 00:19:09.008 ID:lQ3fS3/wd
関ヶ原

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 00:24:39.287 ID:XBQD5R2m0
日露戦争は圧倒的格上に勝ったという点でも評価できるな
太平洋戦争はアメリカが勝っても圧倒的格下の日本だから勝って当たり前な感じ

34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 00:35:47.751 ID:Wbee50HF0
>>26
あれ、ロシア革命が重なっただけじゃね?

37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 00:41:44.861 ID:XBQD5R2m0
>>34
戦争にフェアな状況なんてないよ
太平洋戦争では日本が兵糧攻め周り全員敵でただでさえ有利なアメリカがさらに有利だし

38: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 00:42:24.251 ID:bv5jCIzd0
>>34
世界はそんな風に評価はしない
欧米列強のうちの1つが極東の島国に戦争で負けたってだけを評価する

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 00:26:32.202 ID:faJNjOve0
つっても30年くらい違うしな
体質的に増長が見えるのは大型化した組織の特質か

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 00:32:16.607 ID:faJNjOve0
特攻と持久作戦への転換は良いか悪いかは別としてそれなりに米国に対して打撃を与えた
まあ本土決戦では水際での戦いを強いられただろうって予測もあるけどね

31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 00:32:45.718 ID:XBQD5R2m0
確かペリリューは一回2倍の戦力+戦艦の砲撃の海兵隊に勝って
二回戦30倍で向かって弾切れでやっと負けたらしいな

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 00:33:21.880 ID:Z62kCub60
てか硫黄島の栗林中将は勝てる訳ないと思っていたからな
いかに粘って米軍の損害を少しでも多くするこれに尽きる

35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 00:36:24.376 ID:faJNjOve0
防御側は陣地さえ構築出来てれば基本的には有利だしね
それでも凄いもんだが長期的には救援が無ければ負けざるを得ないんだから嫌な話だ
陣地構築も工業化がなされてなかった日本じゃ手でやるしか無かったしね
食料も無い
あれほどまでに持たせたのは凄いの一言に尽きるけど
ああ日本軍と言えばPoWとレパルス沈めたマレー沖と
初戦の英国に対する電撃戦もすごいね

36: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 00:38:12.701 ID:faJNjOve0
日露戦争が原因でロシア革命が起きたと言える
ロシア帝国が国家として破綻に近づいてたのに対して新進気鋭の国民国家である日本が勝った戦いだから

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年11月04日 10:09 ID:8PpY2lHk0▼このコメントに返信
川中島合戦での上杉の采配。
2.名無しさん:2018年11月04日 10:12 ID:mxaPv1vM0▼このコメントに返信
おお偉大なハルトマン おお偉大なハルトマン 永遠に果てなく栄えよ おお我らがハルトマン おお我らがハルトマン 銀河に名立つ王者よ 星々を手折り束ねて全てを捧げてしまえば皆を約束の地へと導く銀河の父よ おお輝けハルトマン おお輝けハルトマン 過去に未来に現在に おお讃えよハルトマン おお讃えよハルトマン 讃え願えば叶う 宇宙を舞う青き翼も夢歌う桃色の花も 心その身さえ捧げよ我らが父へ おお崇めよハルトマン おお崇めよハルトマン 主への絶対の忠誠 おお願えよハルトマン おお願えよハルトマン 黄金の化身を信じて 手に入れし野望儚く彼方へと消えゆくは記憶 時を巡る歯車疑視めて願うは父よ
3.名無しさん:2018年11月04日 10:13 ID:6Os3hoIx0▼このコメントに返信
海外で評価されるってのはやっぱりあっちの軍隊学校で教えられているかどうか?だよな

4.名無しさん:2018年11月04日 10:15 ID:apPg0NPk0▼このコメントに返信
所詮人殺しだからな。
日本では国譲りがすべてで、こんな話題、日本にはそぐわない。
5.名無しさん:2018年11月04日 10:18 ID:dAAhgQsv0▼このコメントに返信
※3
ということは、

・日本海海戦
・フィリピンの戦い
・真珠湾攻撃
・沖縄戦

このあたりだろう。
6.名無しさん:2018年11月04日 10:19 ID:vWvxsKlQ0▼このコメントに返信
日露戦争の日本海海戦は古き良き海戦
7.名無しさん:2018年11月04日 10:20 ID:LkwfnBoc0▼このコメントに返信
※4
そんなこと言ってたら歴史の話題できないだろ
8.名無しさん:2018年11月04日 10:21 ID:ta2Tf9J.0▼このコメントに返信
日露戦争はきちんと終戦できたからかな
そのためにアメリカに仲介をしてもらうことに成功した

日中戦争(シナ事変)はそれとは正反対
当時の世界情勢の影響もあったが仲介を依頼できる国もなく、
援蒋ルート遮断のために仏印進駐とかやってしまって最悪の結果になってしまった
9.名無しさん:2018年11月04日 10:21 ID:fc717J760▼このコメントに返信
やっぱ日本海海戦になるのかね
桶狭間の戦いと日本の歴史的意義はものすごいと思うが、ほかで似たようなものはありそうだし
10.名無しさん:2018年11月04日 10:21 ID:6Os3hoIx0▼このコメントに返信
ペリリュー島と硫黄島の戦いは途中でちゃんと援軍が来ていたことを
考えると理想的な局地防衛作戦だったなぁと思う

海軍も作戦では結構面白いものがあるんだよね

第一次ソロモン海戦なんてもうちょっとちゃんと煮詰めて、三川が熟慮していれば
勝利も成果も出せたんだが、あのあたりはもうグダグダだわな
11.名無しさん:2018年11月04日 10:22 ID:5Pvi.imv0▼このコメントに返信
太平洋戦争ならシンガポールの戦いも挙がるな。
12.名無しさん:2018年11月04日 10:22 ID:glIfqYmf0▼このコメントに返信
バトル・オブ・ツシマ(日本名:日本海海戦)が、人類史が途絶えるその日まで讃え続けられる偉業である事が認識されてないのは教育機関に問題が有るんやろな~
13.名無しさん:2018年11月04日 10:25 ID:glIfqYmf0▼このコメントに返信
※4
その人殺しがいっぱいできる人間は偉いんだぜ、知っとけw
英雄なんて尊称が付くwww
14.名無しさん:2018年11月04日 10:26 ID:vQqAJfaU0▼このコメントに返信
日露戦争での勝利はロシアに勝てる可能性があると考えられる国はドイツとイギリスしか無かった時代だからな。
日本勝利のニュースはすべての有色人種に非常に大きな希望を与えただろう。
15.名無しさん:2018年11月04日 10:27 ID:5Pvi.imv0▼このコメントに返信
旅順攻略戦は叩かれる事も多いけど、白襷隊とかは
欧米じゃ研究されまくって浸透戦術や電撃戦に発展するから
かなり重要だったりする。
16.名無しさん:2018年11月04日 10:29 ID:SNbO9BwH0▼このコメントに返信
第二次大戦で誇るべきは、
米軍が侵攻をあきらめるレベルでラバウルを自給可能な要塞とすることで、
自軍の損害を抑えまくった今村均大将の慧眼なんだけど、
まぁ、こういう話は歴史の影に埋もれるよな。
17.名無しさん:2018年11月04日 10:30 ID:6Os3hoIx0▼このコメントに返信
※12
日本海海戦は単体では語れんぞ。

日英同盟を発動させるだけの根拠を日本が作り出すことは
うまくやったと思うが、
欧州で共産運動を支援して帝政ロシアへの圧力を高めたことは
長い目で見ると日本を窮地に追い込む要因の1つになったわけだから。

そして精神力で大敵に勝ったことを奇跡ではなく、
当然だと思い込むきっかけにもなってしまった。

歴史も戦争も難しい。一概に良悪を語れない
18.名無しさん:2018年11月04日 10:30 ID:YugB0yhQ0▼このコメントに返信
※13 だが神は許さないで覚えておけ「真っ先に地獄行き」だと言う事を
19.名無しさん:2018年11月04日 10:31 ID:YR2eEbtJ0▼このコメントに返信
満州事変!石原莞爾閣下の統率のもと、一万数千人の関東軍が二十三万人の張学良軍を打ち破った。

満州事変は確かに軍部の暴走に拍車をかけ、決して正当化されるものではないが、純粋に戦史として考察するのであれば、特筆すべき題材ではある。
20.名無しさん:2018年11月04日 10:31 ID:kJVHWrMh0▼このコメントに返信
大陸の戦争に比べりゃ規模は小さいけど江戸以前だとせいぜい数十人同士の戦闘や数百対数百の規模の戦闘ならあちこちでやってたからなぁ
21.名無しさん:2018年11月04日 10:33 ID:JxMD7axj0▼このコメントに返信
「インパール作戦」
「ミッドウェー海戦」
22.名無しさん:2018年11月04日 10:33 ID:5Pvi.imv0▼このコメントに返信
※18
上杉謙信「日本じゃ戦いの神が許してくれるから何も問題は無い」
23.名無しさん:2018年11月04日 10:33 ID:PLErqBDz0▼このコメントに返信
※14
トルコ「エルトゥールル救難で尽力してもらったしロシアを破るたぁ日本も中々出来るねぇ!」
(一応アジア圏でもあると言うことで)
24.名無しさん:2018年11月04日 10:33 ID:Ep716VFe0▼このコメントに返信
アメリカの国防省は、古今東西の数々の戦争を分析していると、どこぞで見ました。関ヶ原の戦いとかも入っているのでしょうねえ。元寇も?
25.名無しさん:2018年11月04日 10:34 ID:It4LTn.X0▼このコメントに返信
マニラ陥落
攻略に戦車で一年かかると言われた要塞を
日本軍は自転車使って一ヶ月半で落とす
わけわからんけど とにかくスゲー感出て好き
26.名無しさん:2018年11月04日 10:34 ID:fc717J760▼このコメントに返信
日本も足軽とか出てくる前は少数戦闘だったんじゃないかという気はする
欧州と比べるとどうもやたら人数が多いんで
27.名無しさん:2018年11月04日 10:35 ID:pJhi12LK0▼このコメントに返信
日露だよな、日本の地位大きく押し上げたのは間違いないし
世界リーグデビュー戦的には日清だったりするけど

太平洋戦争の島嶼戦は絶望的な状況下で士気を維持し得た所が凄いんだと思う
現代に生きる我々には理解しにくいな
28.名無しさん:2018年11月04日 10:36 ID:2p1HP7SO0▼このコメントに返信
本スレで第一次ソロモン海戦が出てこないのはなぜなんだ?日本海海戦は此方にも沈没艦が出たが第一次ソロモン海戦はパーフェクトゲームだぞ?
29.名無しさん:2018年11月04日 10:36 ID:glIfqYmf0▼このコメントに返信
※18
はいはい神ねw
近頃ローション入りがコンビニで298円位で売ってますねwww
当方佛教徒なんで解脱しますんで天国にも極楽にも地獄にも行きません、あしからずw
30.名無しさん:2018年11月04日 10:36 ID:UtsNEhRD0▼このコメントに返信
近代の要塞攻略の基準となった旅順と日本海海戦は世界が認めているからな。
太平洋戦争の激戦地も戦い方についてはアメリカは評価しているよ。

補給もままならない状態であれだけ奮戦したからね。
31.名無しさん:2018年11月04日 10:37 ID:mLISdM.F0▼このコメントに返信
日露戦争中の戦略的価値なら鴨緑江の戦い、弓張嶺の大夜襲、どちらも見事だった。
32.名無しさん:2018年11月04日 10:37 ID:vQqAJfaU0▼このコメントに返信
日露戦争はタイソンと具志堅(ちょっちゅねの人)が戦ったようなモンだからな。タイソンが体調不良だったから
かろうじて勝てた。しかしフライ級の選手がヘビー級チャンピオンに勝ったことはそれでも評価できるだろう。
33.名無しさん:2018年11月04日 10:39 ID:DfgZhsJD0▼このコメントに返信
陸軍
旅順要塞攻略戦、満州事変、第二次上海事変~南京攻略戦、マレー半島~シンガポール攻略戦、
パレバン空挺作戦。ぐらい。
海軍
黄海海戦、蔚山沖海戦。日本海海戦、真珠湾攻撃、マレー沖海戦、セイロン島沖海戦ぐらい。
34.名無しさん:2018年11月04日 10:40 ID:3szahwwA0▼このコメントに返信
ロシア戦を言及している奴が多くいるが、ナンセンスの極み。名戦にそぐわない無様な戦果を知っているだろ?
その戦いは、日本側が勝利を収めたことになっているが、戦勝による賠償も取れず人的資源の見地では大幅に低下している
戦勝による政府要求を満たしており、被害に対しての分配がなされていたなら評価が変わっていたが結局負けと同義

強いてあげるなら、壇ノ浦の戦いかな。ただ勝利側の史観なのでアヤシイかもしれない
35.名無しさん:2018年11月04日 10:40 ID:DfgZhsJD0▼このコメントに返信
※18
神は、天使を使って人類を滅ぼすんですが。
36.名無しさん:2018年11月04日 10:41 ID:o9eQkN5m0▼このコメントに返信
※18
アレスもアテネもミネルヴァもインドラもオーディーンも毘沙門天も摩利支天も許してくれるぞ
37.名無しさん:2018年11月04日 10:47 ID:ta2Tf9J.0▼このコメントに返信
※28
戦術(戦闘)レベルでは大勝利だけど、戦争の戦略的価値が小さい勝利だったからかな
輸送船団への攻撃が出来なかったから、ガダルカナル攻防戦への影響はほとんどなかったし

日本海海戦はロシア海軍をほぼ壊滅させたに等しく、制海権を完全に手中に収めた
間違いなく日露戦争の勝利につながる大勝利だった
38.名無しさん:2018年11月04日 10:49 ID:yZl.HLbF0▼このコメントに返信
わいも日露戦争真っ先に思い浮かべるなぁ、坂の上の雲のせいだわ
39.名無しさん:2018年11月04日 10:49 ID:D.G5O41Z0▼このコメントに返信
マニアックな所で「ルンガ沖夜戦」
敵からもけっこう評価されてる
40.名無しさん:2018年11月04日 10:50 ID:XgHVtFjL0▼このコメントに返信
死人に便乗してネタ披露!
41.名無しさん:2018年11月04日 10:50 ID:8PpY2lHk0▼このコメントに返信
※22
最終的に神を名乗る男の言うことは立派やね
42.名無しさん:2018年11月04日 10:52 ID:YrPpI6ij0▼このコメントに返信
※5
フィリピンの戦いのどこが評価点なんだよ。
複雑怪奇な海軍部隊に翻弄された感のある米海軍が負け惜しみに「日本海軍の三大作戦と言えば、なんとかかんとかとフィリピンをめぐる戦い」と挙げただけ。サンベルナジノ突破、エンガノ誘導、サマール島沖海戦、が日本のポテンヒットで、完封狙いの米がこぼしただけ。
米が15対0を狙って12対0にとどまった程度の圧倒的敗北やん。
43.名無しさん:2018年11月04日 10:53 ID:8PpY2lHk0▼このコメントに返信
※14
アジア主義者かよ
44.名無しさん:2018年11月04日 10:55 ID:2oHzRdIQ0▼このコメントに返信
世界から見たら勝ったか負けたかだけらしいから、第二次大戦中の日本なんて評価にあたいせんだろ
序盤以外はほぼ負けてんだからよ
45.名無しさん:2018年11月04日 10:55 ID:pNU8h8LF0▼このコメントに返信
日露戦争は一部では第零時世界大戦とも呼ばれてるしやっぱり日露じゃないかな
第一次の青島の戦いでは日露の反省を踏まえて慎重にいったら臆病だと叩かれて、第二次ではまた無謀な突撃に戻ってしまったのが残念
46.名無しさん:2018年11月04日 10:55 ID:5Pvi.imv0▼このコメントに返信
※42
フィリピンはマッカーサーが醜態さらしたからなあ・・・
マッカーサーはニミッツと違って人格も軍才もアレだったし。
47.名無しさん:2018年11月04日 10:58 ID:8PpY2lHk0▼このコメントに返信
※42
日本海軍の関係者の言い分を※5は無批判に受け入れただけだと思うんで、許してあげて。
48.名無しさん:2018年11月04日 10:59 ID:ta2Tf9J.0▼このコメントに返信
※5 ※42
フィリピンの戦いって、捷一号作戦のことか
てっきり開戦直後のクラーク飛行場への結果的奇襲とかかと思った
49.名無しさん:2018年11月04日 11:00 ID:8PpY2lHk0▼このコメントに返信
※46
マッカーサーの軍略のヘボさはニミッツやその教え子らが言っているだけの可能性が
50.名無しさん:2018年11月04日 11:01 ID:YrPpI6ij0▼このコメントに返信
一番成功した作戦は何といってもミッドウェーやろ。
山本黒島が知恵を練った日本軍負けるかも知れない大作戦。
参加主力空母全喪失と言う予想もできない大成功やん。

当初シナリオは、上陸軍全滅からの艦隊張り付け、石油喪失による攻勢不能化だったと思う。
51.名無しさん:2018年11月04日 11:03 ID:7wh9Gg960▼このコメントに返信
「戦争」の話のはずが、なぜだか「局地的な戦術レベル」の話しか出て無くて草生える WWWWWWWWWWWWWWWWW

だいたい日本がやった対外戦争がどんだけあると思うんだよ、
・朝鮮半島での対唐・新羅戦
・元寇での上陸阻止戦
・朝鮮半島での文禄・慶長の役
・日清戦争
・日露戦争
・第一次大戦での対独戦(青島攻略戦など)と対ソ戦(シベリア出兵)
・支那事変以降の対中戦
・第二次世界大戦

せいぜいこの程度で一ケタ回数しかやってないぞ
小さいのまで入れれば台湾出兵とか国内での馬関戦争・薩英戦争とかもあるけど。

この中で成功してるのは日清戦争と第一次大戦での対独戦ぐらいだ。
日露戦争は罫線能力がたっぷりあったのに手を引いた、ロシアの不戦敗みたいなもんだ。だから賠償金もらえなくて日比谷の焼き討ち騒動なくてのが起きてる。
52.名無しさん:2018年11月04日 11:04 ID:4Uh6fouQ0▼このコメントに返信
※40
おお、なんと勇敢なる「おしどりナントカ」さん批判者であることか。
汝の勇気はきっと神も認めることであろう。誇るがよいぞ。
53.名無しさん:2018年11月04日 11:04 ID:g82Dke.U0▼このコメントに返信
沖縄戦はむしろダメな戦争の見本じゃね?
補給線絶たれた状態での遅滞戦闘がスタートラインで勝利条件がハナからないわ、足手まといの非戦闘員の退避すら満足に出来なかった準備不足だわで
54.名無しさん:2018年11月04日 11:08 ID:JjOlLPlg0▼このコメントに返信
日本は戦争下手くそ
馬鹿にしてる中国は仕留めきれず
馬鹿にしてるアメリカには負ける
そもそも合理的とか騙し合いとか苦手で
上が無能で下が優秀という軍隊にもっとも合わない組織を作ってしまう
55.名無しさん:2018年11月04日 11:09 ID:ViKNZO8A0▼このコメントに返信
日本海海戦は戦史教育の題材として世界でも通用するな。

あとは、ある意味において関ケ原
大事なのは戦術ではなく、戦略なんだと教えてくれる好例
56.名無しさん:2018年11月04日 11:11 ID:MVPhzRHS0▼このコメントに返信
パールハーバー
57.名無しさん:2018年11月04日 11:14 ID:a54Murgx0▼このコメントに返信
長篠の戦い

3千丁の鉄砲隊の噂が世界を駆け巡り、
300年間外敵からの攻撃を防ぐ。
58.名無しさん:2018年11月04日 11:20 ID:jGUilN8m0▼このコメントに返信
※51
WW2に限って言えば逆に局地的な戦術でしかアピールできないんだよ

対英戦や対中戦の戦果については実際ソレで誤魔化してる節があるし

戦争、つまりより大きな単位である外交や戦略で考えると
日本の優位点は主張できなくなるしね

逆に日露戦争は反対に「戦争」の括りで考えても誇っていいレベルだけど
59.名無しさん:2018年11月04日 11:25 ID:ta2Tf9J.0▼このコメントに返信
※51 ※58
第二次大戦は、そもそも敗戦ですからね

日露戦争は戦闘レベルも凄かったですが、きっちりとあの状況で終戦できたことがなにより凄かったかと
そのための工作活動やアメリカの仲介を得るための行動もしていましたしね
60.名無しさん:2018年11月04日 11:25 ID:.RmRY9Vc0▼このコメントに返信
ぶっちゃけ対外戦争とか自国よりデカイ国しか無い事実で…

それ以外は同化してしまって戦争すら無くなった事実に気付けよ。


日本が一番上手いのは戦争や外交じゃなく、内政やぞ。
61.名無しさん:2018年11月04日 11:27 ID:.RmRY9Vc0▼このコメントに返信
てか日本の戦績を見ると中国軍の弱さが際立つよな。

常任理事国の中であの国だけは総力戦したことが無いゴミのような民度…
62.名無しさん:2018年11月04日 11:28 ID:U8sYR8vl0▼このコメントに返信
日本海海戦
63.名無しさん:2018年11月04日 11:28 ID:Vlf9H.i90▼このコメントに返信
ロシア革命が日本が預かり知らんところで勝手に起こったと思っている人がいるのか・・・
明石元二郎カワイソウ
64.名無しさん:2018年11月04日 11:28 ID:8PpY2lHk0▼このコメントに返信
※60
西園寺「………」
原敬「……」
65.名無しさん:2018年11月04日 11:29 ID:07UaAAER0▼このコメントに返信
通州事件だろ
66.名無しさん:2018年11月04日 11:30 ID:8PpY2lHk0▼このコメントに返信
※63
ロシア革命からのソビエトの流れは、当の日本の政治家らが狼狽か無関心っす。
67.名無しさん:2018年11月04日 11:31 ID:8PpY2lHk0▼このコメントに返信
※65
飼い犬に手を噛まれた関東軍wwwwwwww。
68.名無しさん:2018年11月04日 11:32 ID:.RmRY9Vc0▼このコメントに返信
まぁ…特アの統治能力や軍の民度が低すぎて相対的に日本の統治のが圧倒的にマシに見えて、特アの軍の蛮族具合が酷すぎて「生きて虜囚の辱を受けず」が浸透してしまったから無駄に軍も強くなるんやけどね。
69.名無しさん:2018年11月04日 11:32 ID:irdnZf530▼このコメントに返信
※50
まあ日本は負けるべきして負けた戦いなんで両軍共に評価出来ない。
パーフェクトと言うならキスカ撤退でしょう。
70.名無しさん:2018年11月04日 11:32 ID:XUdlEjx80▼このコメントに返信
一説によると、PoWとレパルスを失いシンガポールも陥落した際にチャーチル首相が、日本にそんな軍事力があるなら、あらかじめ言って欲しかった(開戦以外の妥協の道を模索?)と言ったとか言わなかったとか。
英米も独ソも眼鏡で小柄の日本兵を見くびっていた。その結果、乏しい国力の限りを尽くして大日本帝国は滅びたが列強も植民地を失い斜陽化した。
今も昔も温厚で我慢強い日本人は一度限界を越えたら後戻りしない。
もし、ハル・ノートに敏感に反応せず、頭を冷やして英首脳と交渉していたら・・・無益な空想は止めよう。
71.名無しさん:2018年11月04日 11:36 ID:5Pvi.imv0▼このコメントに返信
※61
中国史見たら分かるけど中国の歴代王朝は大体異民族に負けるからな
勝ったら勝ったで曹操みたいに異民族入れ過ぎて
後に五胡十六国時代で異民族にやりたい放題されて今度は内側から破滅する
72.名無しさん:2018年11月04日 11:38 ID:.RmRY9Vc0▼このコメントに返信
日本の怖い(弱い)所は外交しない所やしね。
遺憾の意の次が開戦やしorz

73.名無しさん:2018年11月04日 11:39 ID:8PpY2lHk0▼このコメントに返信
※68
国民党軍「……」
74.名無しさん:2018年11月04日 11:40 ID:MoEELWFj0▼このコメントに返信
日露戦争は、戦死者の数だけ見れば日本の敗戦だからなあ
75.名無しさん:2018年11月04日 11:40 ID:xXjAOFuC0▼このコメントに返信
秀吉の明征伐だろ
16世紀最大の国家間戦争
世紀ごとの最大の戦争を挙げていくと日本の名前が出るのはここだけだし
76.名無しさん:2018年11月04日 11:41 ID:.RmRY9Vc0▼このコメントに返信
※71
漢が最大で後はグダグタやもんね…
元はモンゴルやし、清は大きいけど弱すぎるし、果たして中共はどうなんやろ?
77.名無しさん:2018年11月04日 11:47 ID:.RmRY9Vc0▼このコメントに返信
※73
アメリカ(世界最新)装備持った国民党の一個軍の生き様は凄いよね。

1来るべき日本敗戦後の内戦を勝つために日本軍とは戦わない
2国民党を裏切り共産党へ寝返る
3裏切り者の忠誠心を試すと脅されて督戦隊に脅されアメリカ軍相手に玉砕

毛沢東は笑いが止まらなかったやろな…
78.名無しさん:2018年11月04日 11:47 ID:jGUilN8m0▼このコメントに返信
※70
その主張には同意できないね
そもそもチャーチル個人にしても英国にしても
ドイツと結ぶまでは日本に対し宥和的だった
79.名無しさん:2018年11月04日 11:48 ID:n3T4x4eM0▼このコメントに返信
戦争なら日露戦争だろう。
会戦としても海の日本海海戦、陸の奉天会戦・旅順戦は戦争史的にも意義がある。
そして、それらを最終的に講和という形で決着させられたというのは、中々見られない
上出来な戦争だと思う。
単純に軍隊だけの殴り合いに終始していたら、いずれヨーロッパから送り込まれた
ロシア軍の精鋭に、消耗しきった大陸派遣軍が叩きのめされたのは確実だからな。

逆に第二次大戦だとあれだね。真珠湾攻撃・マレー攻略戦は、戦技・戦闘としては
目覚ましい業績だけど、戦争というレベルで見れば、負け戦さだしね。
80.78:2018年11月04日 11:50 ID:jGUilN8m0▼このコメントに返信
見くびっていた、という主張に対しての話ね
むしろ敬意すら抱いていたけどね
81.名無しさん:2018年11月04日 11:51 ID:.RmRY9Vc0▼このコメントに返信
日露戦争の凄い所は航空優勢が敵軍で機関銃配備してる要塞を歩兵で突破した事実やからな…

それしか道がなかったとはいえ…マジノ戦レベルの要塞を真正面から突破するとか凄いと言うか訳が分からない
82.名無しさん:2018年11月04日 11:55 ID:.RmRY9Vc0▼このコメントに返信
第二次世界対戦は結果だけみたら日本は戦略的に勝利してしまってるからなぁ…結果だけみたらやけど。

太平洋戦争負けてないと確実にアメリカの援護無しで共産勢力の蓋やし大変や。

いやドイツ負ける前に勝てれば違う流れやけどドイツが負け確になったのはいつ頃やったかな…
83.名無しさん:2018年11月04日 11:57 ID:cBie0YQV0▼このコメントに返信
日露とか海戦の結果に欧米が驚いただけで、日本側に見るべき所なんかほとんど無いんだよなぁ
むしろ機関銃を加えた防御戦術や新型火砲の効果を実証したロシア側のが見る所あるし
84.名無しさん:2018年11月04日 11:58 ID:UyeIwdTd0▼このコメントに返信
評価できるまともな戦いは第一次世界大戦の時の青島攻略戦だけ。
85.名無しさん:2018年11月04日 11:59 ID:qKfH49O10▼このコメントに返信
日露戦争の評価で勝ったかどうかで意見が分かれるのは
戦争を"国対国の争い"と見るか"軍対軍の争い"と見るかによる気がした
前者なら日本の勝ちだけど、後者だと引き分け感が強くなる感じ。
86.名無しさん:2018年11月04日 12:02 ID:CFmbK7eG0▼このコメントに返信
ロシア革命の話題の時に明石大佐の話が出ないのはわざとか?
87.名無しさん:2018年11月04日 12:03 ID:.RmRY9Vc0▼このコメントに返信
日露戦争で機関銃の有用性は実証されたけど、突破出来る現実も同時に実証したせいで…

第一次世界対戦の塹壕戦はえらいことに…
88.名無しさん:2018年11月04日 12:04 ID:Z5xraJnn0▼このコメントに返信
日清日露北清事変だよ。
89.名無しさん:2018年11月04日 12:04 ID:5Pvi.imv0▼このコメントに返信
※83
なお当時の欧米諸国は局地戦の特殊例として無視した模様
その後第一次世界大戦で慌てて日露戦争研究し出して、ロシアのブルシロフや旅順の日本軍も参考にして
ドイツ軍が浸透戦術を考案した。
90.名無しさん:2018年11月04日 12:06 ID:.RmRY9Vc0▼このコメントに返信
思うに日本が戦略的に敗北した戦争が無いよね。結果だけ見れば戦争後は戦前より栄えてる実績しかないし。

日本の場合は戦略の勝敗より戦術の勝敗のが良いかも。
91.名無しさん:2018年11月04日 12:06 ID:CZRc9R0X0▼このコメントに返信
戦争を世界に誇るとか、その考え方自体が頭湧いてるとしか
92.名無しさん:2018年11月04日 12:06 ID:itPiRvOa0▼このコメントに返信
北畠顕家の奥州大返し
秀吉の中国大返しの倍の速度で進軍して足利尊氏を撃破
93.名無しさん:2018年11月04日 12:10 ID:lXKlZgk.0▼このコメントに返信
※81
>航空優勢が敵軍で機関銃配備してる要塞を歩兵で突破した事実やからな

飛行機が戦場に登場するのは第一次世界大戦からですが・・・
94.名無しさん:2018年11月04日 12:11 ID:.RmRY9Vc0▼このコメントに返信
戦争「競争」弱い国(列強落ちした国)に人権も金も無いし。

強いて上げるとアルゼンチンは違うけど…特殊例やな…
95.名無しさん:2018年11月04日 12:12 ID:p.699Npv0▼このコメントに返信
南太平洋海戦はいいよね
ホーネット沈めてるし。
96.名無しさん:2018年11月04日 12:12 ID:xXjAOFuC0▼このコメントに返信
日露戦争を引き分けとみてる人は、両国のその後を見れば全然そんな事は無いと分かるだろ
弱小国と呼ばれてた国が、不滅の神州と自称し国家指導者は現人神とまでなった
片方の国は革命で荒れに荒れて、餓死者凍死者の山
国家指導者は農作業をやらされながらの監禁生活の後、薄汚い地下室で一家まとめて銃殺刑
これで互角とかないだろ
97.名無しさん:2018年11月04日 12:12 ID:Hy1CdC3B0▼このコメントに返信
シベリア出兵
彼等が居たから2500人の命を救うことが出来た
98.名無しさん:2018年11月04日 12:14 ID:.RmRY9Vc0▼このコメントに返信
※93
そうなんやね。飛行船位あると思ってたよ。

ごめん、ノモンハン事件とごちゃごちゃになってる。
99.名無しさん:2018年11月04日 12:16 ID:lXKlZgk.0▼このコメントに返信
※96
>不滅の神州と自称し国家指導者は現人神とまでなった
それが良いこととは思えないけど
100.名無しさん:2018年11月04日 12:18 ID:.RmRY9Vc0▼このコメントに返信
アイデンティティ的には+補正やけどね。

アメリカンな国になるので正義感溢れる国になる弊害はあるけど…韓国みたいな-補正しかない国になるよりましや。
101.名無しさん:2018年11月04日 12:23 ID:yw2AVq0w0▼このコメントに返信
泗川の戦い 鬼石蔓子
102.名無しさん:2018年11月04日 12:25 ID:PLErqBDz0▼このコメントに返信
※98
まあ観測気球位はあったけど日本側でも揚げられてるから制空権みたいな制限があった訳じゃなし
103.名無しさん:2018年11月04日 12:26 ID:5Pvi.imv0▼このコメントに返信
※100
韓国は戦前は戦いもせず日本に併合されて、第二次大戦後は
少しでも日本領切り取ろうと対馬や九州を火事場泥棒しようと南に戦力配置したら
北朝鮮に後ろから刺されてあぼーんだからなあ
104.名無しさん:2018年11月04日 12:30 ID:cBie0YQV0▼このコメントに返信
※89
旅順が特殊例として注目されなかったというより、日露の陸戦全体が大して注目されてなかった
機関銃陣地の突破にしても、欧米側は「十分な戦力があれば突破出来るだろう」というある意味誤った(そして機関銃と新型火砲の支援を受けた防御陣地がまだ未熟だった時代としてはわからなくもない)目算だったからこそ、WW1でより洗練された機関銃陣地と砲兵支援に相対した時に予想を超える防御力に驚いたわけで
105.名無しさん:2018年11月04日 12:33 ID:ATa939dz0▼このコメントに返信
※39
書こうと思ったら出てましたか
水木しげる氏も描いてる田中少将のあれですね。
106.名無しさん:2018年11月04日 12:35 ID:cMYYp5cd0▼このコメントに返信
※46
マニラ本体をさっさと明け渡してその一方でバターン半島とコレヒドール島に立てこもり、事実上マニラを無力化するという米比軍側の作戦は悪くないと思うし、その通りに推移した
大体帝国陸軍自体がフィリピン戦を勝ち戦と認識してるとはとても思えない

107.名無しさん:2018年11月04日 12:38 ID:HwQposRE0▼このコメントに返信
日本海海戦は教科書レベル、現代そのまま応用できないが参考にするのはカンナエの戦いと同じ。
108.名無しさん:2018年11月04日 12:40 ID:SsRtQsna0▼このコメントに返信
ドイツ、ミュンヘンのドイツ博物館に、世界の大海戦の地図に 日本海海戦の事が乗っている。世界的にも珍しい完全勝利だったこと。
日本は魚雷艇2隻沈没しただけだった。ロシア艦隊38隻海の中。この記録は人類の歴史では無かった。今でも大記録。日露戦争勝利で、日本は大きく育ち、巨木になった。だから原爆2発投下され、国土は瓦礫になっても人材が残ったから不死鳥の様に復活、現在に至っている。その意味で日露戦争の勝利の価値は計り知れないものがある。ともすれば太平洋戦争敗戦と云うが、日露戦争を失っていたら正にアウトであっただろう。日露戦争をクリアした日本はこれからも起きる大災害にも対応していく。神戸の大震災を忘れるくらい復興下ではないか。明治維新以来、日本が出来上がったのが日露戦争勝利だった。AD1000年くらい、当時の世界の大都会バグダッドはモンゴルに破壊された。それから1000年経った今ももとに戻っていない。それを見れば日本がいかにすごいか分かるだろう。
109.名無しさん:2018年11月04日 12:41 ID:SQNplfaH0▼このコメントに返信
大陸打通作戦でしょ
110.名無しさん:2018年11月04日 12:44 ID:HwQposRE0▼このコメントに返信
※104
極東の田舎戦争の特殊例として軽視したんだよなあ。
直接見た観戦武官は戦争の変容と機関銃の重要性を訴えたけどするーされた。
111.名無しさん:2018年11月04日 12:50 ID:SQNplfaH0▼このコメントに返信
戦争全体で言えば、戦国三英傑から江戸幕府成立までの流れだろうな
112.名無しさん:2018年11月04日 12:52 ID:lR0PpWrH0▼このコメントに返信
※106
参謀本部はマニラ占領後は掃討作戦にすぎないと油断して第14軍の主力をジャワ攻略へ引き抜いてしまった
その後 平均年齢の高い第65旅団にバターンの掃討を命じたが 強力な防衛陣地の前に損害を受けて撃退された バターン半島西岸への上陸作戦も2個大隊が全滅して第一次総攻撃は中止

第14軍は慌てて砲兵 航空部隊 ジャワ攻略の参加部隊を呼び戻して攻撃を再開
1942年4月9日 バターンの米比軍は降伏
後のバターン死の行進と呼ばれる捕虜の扱いの不手際もあって 誇れた戦いとは言いにくい
113.名無しさん:2018年11月04日 12:59 ID:P.bAtDYM0▼このコメントに返信
日本海海戦のみ。
114.名無しさん:2018年11月04日 13:00 ID:P.bAtDYM0▼このコメントに返信
本当は、「満州事変」は完璧なんだがな。
115.名無しさん:2018年11月04日 13:02 ID:Wuz.VJiL0▼このコメントに返信
火器集中運用と野戦築城を成功させた長篠の戦いを忘れてはならない

奇襲→決戦地への誘導→合戦で大勝→追撃戦でも大戦果、と戦闘推移も含めて完璧過ぎる内容
116.名無しさん:2018年11月04日 13:03 ID:SsRtQsna0▼このコメントに返信
日清 日露戦争以外 下らん戦争。 日露戦争までは騎士道に近い戦争で鮮やかな清々しい戦いの終わり方、つまり捕虜になるか、ロシアに帰るかまで捕虜の意見を聞いて対応した。おそらくロシアに帰されると危ない兵もいただろうからだ。203高地の戦いでも一時休戦の時は敵同士タバコの交換までしていた。
117.名無しさん:2018年11月04日 13:05 ID:P.bAtDYM0▼このコメントに返信
※61、漢、晋、宋、明以外の中国統一王朝は全て異民族による支配。

ちなみに朝鮮半島は新羅以外は高麗が中国人で李朝が満州人。
118.名無しさん:2018年11月04日 13:06 ID:pwJl69nd0▼このコメントに返信
東郷ターンじゃないの?
119.名無しさん:2018年11月04日 13:11 ID:1bk9XaeW0▼このコメントに返信
※46
マッカーサーは、昭和天皇が渾身の思いで、出向いた時は、尊大な態度で出迎えたけど、
会談終わった後は、お辞儀をして陛下を御見送りしてた。
120.名無しさん:2018年11月04日 13:18 ID:DCLhaGNH0▼このコメントに返信
キスカ撤退作戦好きだわw
121.名無しさん:2018年11月04日 13:22 ID:jgo92Dd40▼このコメントに返信
※116
当時は幕末に結ばされた不平等条約改正のために欧米の視線も気にしていたからね
ロシア人捕虜の扱いは極めて寛大にして適切だった

ただし戦陣訓を待つまでもなく日本兵捕虜に対する日本人の白眼視は既にこのころから芽生え始めている ロシアの捕虜になって帰国して見たら 戦死したと思われて立派な墓が建てられており肉親から 「何故おめおめと捕虜にならずに死を選ばなかったのか」と叱責された
肉親からすれば勿論嬉しくないはずもないが
立派な葬儀と墓を用立ててくれた親戚や共同体の村の人々の手前 心を鬼にしてそう言うしかなかった
元捕虜は自分の墓の前で三日三晩さめざめと後悔の涙を流し泣き続けた
やがて心を病み 乞食となって流浪する身に成り果ててしまったという
122.名無しさん:2018年11月04日 13:33 ID:HT.GmqrP0▼このコメントに返信
大東亜戦争に決まってるだろ。
123.名無しさん:2018年11月04日 13:41 ID:cPLVAKQ10▼このコメントに返信
※74
日露戦争において「ロシア側より日本側のほうが死傷者が多い」って言ってる人は、ロシア側が数字を誤魔化したことを何で考慮しないんだろう?

あれだけ後退しまくって、捕虜を出しまくって、遺棄死体を放置しまくったロシア軍が、日本軍よりはるかに死傷者が少ないなんて、明らかに不自然。
こういう人は、太平洋戦争時に生きてたら、大本営発表を頭から信じてたんだろうなぁ……。

あと現在は過小評価されてるけど、日清戦争は中華中心の冊封体制を完全破壊したんで、アジア史における歴史的意義は極めて大きい。
124.名無しさん:2018年11月04日 13:42 ID:15SQ6wO50▼このコメントに返信
※112
あれ、参謀本部の策略だったんだよ。
勝ち方が見えてたから一度戦力をギリギリまで取り上げて、そのまま成功すれば神采配、失敗しても参謀本部のテコ入れで大金星。

戦後の裁判で本間中将についたアメリカ人弁護士が、事実を調べたら戦中を通して非難すべき点がないと驚いて完全無罪を主張している。
125.名無しさん:2018年11月04日 13:43 ID:SsRtQsna0▼このコメントに返信
※122
日露戦争勝利が無ければ、日本自体有ったかどうか?これに負けるということは本州だけ残ると云う事。今頃ロシア語が公用語。
126.名無しさん:2018年11月04日 13:53 ID:0JY0XAif0▼このコメントに返信
騎馬戦(・ω・)

127.名無しさん:2018年11月04日 13:57 ID:S2K2O8gd0▼このコメントに返信
支那を含めて、その他大勢の有色人種は、白人さまの靴の裏を舐めていたという、厳然たる史実www


128.名無しさん:2018年11月04日 13:57 ID:hc5aj95e0▼このコメントに返信
作戦がドンピシャはまって大勝利!っていうのが誇る条件だと
日本海海戦と桶狭間くらいか?
129.名無しさん:2018年11月04日 14:00 ID:jgo92Dd40▼このコメントに返信
※124
マレー半島の進撃路やジットラ・ラインの情報収集は事前にしっかりやっていたのに バターン半島の要塞については軽視していたとか思えない
そんな参謀本部の油断と拙劣な作戦指導で全滅させられた前線の兵士はたまったもんじゃない
130.名無しさん:2018年11月04日 14:06 ID:irdnZf530▼このコメントに返信
色々書いてるけどそもそも世界に誇れる戦いが検討出来る国がそうそうないよな。
まともに戦ったことがない国は置いとくとして、合衆国もスペインもフランスも
連合王国くらいじゃないの?
131.コロンブス:2018年11月04日 14:18 ID:ruqmV6gG0▼このコメントに返信
名戦は数々あるはずだが、何分にも知識が無い。国内戦の場合どちらの立場に立つかによっても見方は変わる。
ざっと上げれば桶狭間、連吾川、本能寺、天王山、関ヶ原、朝鮮征伐、天草の乱鎮圧(対外戦)、薩英戦争、鳥羽伏見、日清戦争、日露戦争(旅順、日本海海戦)、ノモンハン、ハワイ奇襲、マレー電撃戦、英戦艦撃沈、植民軍駆逐
上げたらきりが無い。
132.コロンブス:2018年11月04日 14:20 ID:ruqmV6gG0▼このコメントに返信
※123
多分ロシア軍の戦死者はその数倍以上あると思う。
133.名無しさん:2018年11月04日 14:24 ID:3Zs4BYfA0▼このコメントに返信
マレー沖海戦だろ

あれで戦艦終わったって世界が認めた。
134.名無しさん:2018年11月04日 14:25 ID:y7M.LIYC0▼このコメントに返信
世界史に与えた衝撃を考えれば日露戦争一択、人類史の中でもターニングポイントの一つである。
近代における初の有色人種の勝利であり、後の独立運動家達が幼少期に感銘を受けた事を記録に残している。
また帝政ロシアの終焉とソビエト誕生への引き金となった。
135.名無しさん:2018年11月04日 14:37 ID:jhrSqZbi0▼このコメントに返信
・日本海海戦
・フィリピンの戦い
・真珠湾攻撃
・沖縄戦
136.名無しさん:2018年11月04日 14:50 ID:v7E997LF0▼このコメントに返信
Warなのか、Battleなのか?
137.名無しさん:2018年11月04日 15:03 ID:RUd.5yRq0▼このコメントに返信
どっちにしろバ韓国には無い!
138.名無しさん:2018年11月04日 15:06 ID:As8rp4J00▼このコメントに返信
日清・日露戦争でお金を貸してくれたイギリスのありがたさが分かる・・・
139.名無しさん:2018年11月04日 15:19 ID:z41tJI4b0▼このコメントに返信
日本海海戦の勝利で、朝鮮がロシアの植民地にならず、勝利の見返りに
朝鮮総統府が、朝鮮人を日本の労働者として提供、そしてそれが現在の
紛争の素にもなってる訳で、一概に誇れる海戦とは言い難い。
一部の外国(フィンランド)では、その勝利が元で友好関係も結べたのは事実。
だが肝心の朝鮮が後に、感謝するどころか難癖をつけてくる事になった訳だ。
朝鮮をロシアの植民地にしてから戦った方が、後の日本の利益になったと思う。
140.コロンブス:2018年11月04日 15:34 ID:ruqmV6gG0▼このコメントに返信
※139
大東亜戦争で日本は敗北したが、結果として植民地が独立したことを、あんたは諸手を挙げて賛成するということでいいんだなw
141.名無しさん:2018年11月04日 16:17 ID:ayhc.IkG0▼このコメントに返信
太平洋戦争はアジアの解放がなされたから
日本の戦略的勝利だと言う人は

満州も朝鮮も台湾も千島も併合予定だったインドネシアも日本帝国から解放されたから戦略的勝利ですか?
142.名無しさん:2018年11月04日 16:24 ID:MnHJQ5qm0▼このコメントに返信
戦争は外交の延長の一つだが
人を殺めて誇ってはいけない
143.名無しさん:2018年11月04日 16:26 ID:az9THAls0▼このコメントに返信
※117
高麗は、金や渤海と同族の東ツングース族。
李氏朝鮮は、元が、高麗統治に入植させたシベリアの少数民族。
満州族なら冊封序列が上位じゃないとおかしい。
現実は、最下位。
144.名無しさん:2018年11月04日 16:31 ID:tbYLdsTh0▼このコメントに返信
ギリギリの勝利ではあるけど、日露戦争は色々な工作が上手く機能したすごい戦いだったと思う。
まあ、敵が攻めてこない状況を維持する事こそが一番良い事だと思うけども。
145.名無しさん:2018年11月04日 16:34 ID:xXjAOFuC0▼このコメントに返信
マラトンの戦いはどんな戦いだったか知る人は少ないが
マラソンのおかげで2500年経ってもその名は残ってるし
アテネ・マラトン間の距離も皆が知ってるほど著名だ
こう言うの日本にも無いの?
146.コロンブス:2018年11月04日 17:11 ID:ruqmV6gG0▼このコメントに返信
※141
日本が関わって独立が達成されたのは事実。世界史上の大貢献。
日本の領土が占領されたのは現状の世界の汚点だから犯罪行為。
全然矛盾しない。
大東亜戦争そのものの大義が植民地解放であり、書かれていることであるから証拠である。
他国は日本を潰して利権を奪った侵略者。
147.名無しさん:2018年11月04日 17:36 ID:EySQdP4R0▼このコメントに返信
※145
マラトンの戦いなんて世界史やってないとあんまり知られてないんじゃないかね

148.古古米:2018年11月04日 17:47 ID:Yn.BbVvb0▼このコメントに返信
まぁ日清日露戦争でしょうねぇ。
それで軍部とマスゴミが調子に乗って国民煽り捲って、大東亜戦争で負けて正気を取り戻したけど。
朝日新聞社は自虐に走ったけどな。
149.名無しさん:2018年11月04日 17:50 ID:rrMJoIhX0▼このコメントに返信
※54
150.名無しさん:2018年11月04日 17:51 ID:.RmRY9Vc0▼このコメントに返信
世界が認めるか否かは置いといて…
日本が統治した方がアジア人の為やぞ。
…日本人は損するからある意味負けたから楽。

インド等のの階級(奴隷)社会はいつ終わるんやろな。タイでさえあるやろ。

まぁ日本ほどの平等社会は先進国でも希やけどね。
151.名無しさん:2018年11月04日 17:53 ID:.RmRY9Vc0▼このコメントに返信
朝日新聞は戦前も戦後も金で動くプロやろ。

戦前は戦争煽って、戦後は売国を煽ってるメディアやし必要か不要かと言うと不要なメディアだよな。
152.名無しさん:2018年11月04日 18:07 ID:.RmRY9Vc0▼このコメントに返信
人を殺して誇ってるのではなく、死ぬ覚悟で自国(皆)の為に自国より国力高い国で戦争出来る根性が好きやな。

まぁ生き方の問題やから嫌いな人もいるやろうけどね。

153.名無しさん:2018年11月04日 18:24 ID:4nZKyK770▼このコメントに返信
日本の戦国時代は確かに凄いとは思う。数も同時代のヨーロッパより上回っている点からして見応えはある。しかし、三國志や春秋戦国時代の中国って何それ?レベルでぶっ千切ってるからな。話し半分だとしても100万の軍勢とか、数万人殺戮とか。さすが大国。昔の中国は凄いよな
154.名無しさん:2018年11月04日 18:25 ID:MFOZXXUG0▼このコメントに返信
※104みたいないい加減な事を言って日露戦争の陸戦を低く見たがる人間は必ず湧いて出るけど、実際には、あのイタリア軍ですら大慌てで制服を灰緑に変えるぐらいのインパクトがあったし(ロシアの同盟国だったフランスは日本側のデータがなくて、赤いズボン使いつづけて、第一次大戦の初めで大損害を喰らう)、第一次大戦の戦争のやり方自体、全部日露戦争、とりわけ旅順の塹壕戦の再現になった。

それに対してブルシロフが浸透戦術の道を見出だし、今度は日本がシナ事変それを完璧に実施して塹壕戦の時代が終わって(もちろん塹壕はなくならないけど)、今度は機械化部隊による戦車の時代になった。
155.名無しさん:2018年11月04日 18:33 ID:BDNOA2H20▼このコメントに返信
名戦と言えば 千島列島最北端の占守島の戦い 日本北方を守る精鋭部隊とソ連軍の戦い
しかも終戦後の戦い 日本の終戦は1945年8月15日しかし相手のソ連はWW2終戦は9月中頃

占守島の戦い2週間以上持ちこたえた。これで女子供を含む住民達が北海道に逃れることが出来た。
この戦いが無ければ今日の日本は無いと断言できる。

北海道はおろか東北地方まで現在の朝鮮と同じく南北分断になり北方四島の比ではない。
これを名戦と言わずに何を名戦と言う 
156.名無しさん:2018年11月04日 18:38 ID:EySQdP4R0▼このコメントに返信
※153
話半分っていうかたぶん話1/5~1/10だと思ったほうがいいと思う
日本も室町初期あたりまで、例えば幕府軍100万とかだいぶ誇張してたみたい
157.名無しさん:2018年11月04日 18:47 ID:hK8tpcuY0▼このコメントに返信
※123
>日露戦争において「ロシア側より日本側のほうが死傷者が多い」って言ってる人は、ロシア側が数字を誤魔化したことを何で考慮しないんだろう?

ホントそれな

ついでに言うとロシアの公式発表信じてる人たちは、ロシア軍が自軍より小さい規模の日本軍に後退させられ続けたこと、とっくに息切れして損害の大きさに喘いでいるはずの日本軍より1・5倍の戦力をなお維持しながら奉天奪還を諦めてはるか後方に閉じこもってしまったこと、このあたりのロシア軍戦略のあまりの稚拙さに言及しない

実態は、ロシア軍は序盤から敗戦続きで常に定員数を満たせず、連隊数からはじき出されるほどの人数にまったく到達していなかった。そしておよそ二か月おきに行われた大規模な会戦のたびに死傷者だけでなく捕虜や遺棄された物資も含めて大損害を蒙っていて、シベリア鉄道一本の補給線じゃまったく間に合ってなかった。遼陽や奉天で、クロパトキンがこれなら勝てるだろと踏んだ戦力・作戦で決戦に臨みながら大敗を喫しており、ロシア軍にはとっくに打つ手が無くなっていた

日本の目標とされる「敵戦力の捕捉・撃滅」が達成できてないというのも、だから何?という話。むしろちゃんと撃滅できてるから奉天まで占領できてたわけで、まぁタンネンベルクみたいな完全勝利にはさすがにちょっと届かなかったね、というくらいの評価で良い
158.名無しさん:2018年11月04日 19:05 ID:.IU.n2lP0▼このコメントに返信
WW2初期の戦い。特に英国相手の戦争は成功例ばかりやで。
インドシナ攻略(シンガポール攻略)とか。
159.名無しさん:2018年11月04日 19:17 ID:UuLkqAcm0▼このコメントに返信
鴨緑江渡河作戦だな。これは評価して良いと思うぞ
160.通りすがりの名無しさん:2018年11月04日 19:33 ID:22phybMh0▼このコメントに返信
※155
激しく同意。
沖縄戦は良く知られるが、北方の戦いはマニア以外知る人は居ない。
西部隊長が奮戦してなければ、北海道までソビエト軍がやってきて占領されてたのは間違いない。
日本人はもっと知っておくべきだ。
161.名無しさん:2018年11月04日 20:08 ID:cMYYp5cd0▼このコメントに返信
※156
「魏軍百万」とか「蜀軍号して九十万」とかいうやつは多分実数は1割以下だろうと
でも稲作農業で大量の人出が拘束される日本よりも軍隊の動員能力は高いだろう
流民の群れがそのまんま軍隊になるシステム

162.名無しさん:2018年11月04日 20:12 ID:JISXqo2z0▼このコメントに返信
薩英戦争だとおもふ
163.名無しさん:2018年11月04日 20:15 ID:Yu20C9Fc0▼このコメントに返信
機関銃とかの近代兵器が発明されて兵士がゴミのようにバタバタなぎ倒される光景は端からみると科学技術の進歩を感じることが出来てスゲーおもろい
やっぱ戦争史は最高や
164.名無しさん:2018年11月04日 21:03 ID:SsRtQsna0▼このコメントに返信
※155
この時日本軍は終戦だから降伏の準備をしていたら、ソ連軍が激しい攻撃を仕掛けてきたから応戦したら勝ってしまった。と云うことは知っているがその後は分からない。
165.名無しさん:2018年11月04日 21:10 ID:SsRtQsna0▼このコメントに返信
※27
地位と云うより日本民族の運命を決定した。それは現在にもつながることだ。日露を失っていればこうしてネットで自由にやって入れないかも。
おまけにロシア語強制になっているかも。
166.名無しさん:2018年11月04日 22:01 ID:jhrSqZbi0▼このコメントに返信
※165
日本だけじゃなく、全世界の有色民族だろ。

とくに中韓猿なんかはロシア帝国に攻めつくされて絶滅寸前のレッドデータ・アニマルになってる。
それ以前に白人国に逆らえる有色民族の国なんか地球になくなっていただろう。


167.名無しさん:2018年11月04日 22:11 ID:WHamuE9E0▼このコメントに返信
ペリリューや硫黄島の凄惨な地上戦が
アメリカに原爆投下を決断させた面もある
あんな殺し合いを本土でやりたくなかったろう
168.名無しさん:2018年11月04日 23:11 ID:pCcOF2q50▼このコメントに返信
文化的なものなら壬申の乱とかは
古代最大の内戦だと言われてるよ
歴史の長い国ならではだと思う
169.名無しさん:2018年11月04日 23:36 ID:W2FhDRNW0▼このコメントに返信
>1
元寇は慣れない火薬で朝鮮民族の自爆だろ
そして、反省のない朝鮮民族の自爆だろ
どうせ、爆風の表現が、台風しかなかったって落ちw
170.名無しさん:2018年11月05日 01:02 ID:4xIkfHSL0▼このコメントに返信
次勝つから
171.名無しさん:2018年11月05日 04:32 ID:VEHC8OUG0▼このコメントに返信
さるかに合戦
かちかち山
172.名無しさん:2018年11月05日 10:13 ID:o9XoNrY30▼このコメントに返信
山下大将とマレー作戦

お名前