2018年10月28日 10:05

人間「この芋乾燥させすり潰して水と混ぜた後、石灰水と炭酸水を加えて固めたろ!」

人間「この芋乾燥させすり潰して水と混ぜた後、石灰水と炭酸水を加えて固めたろ!」

20180912002945

引用元:人間「この芋乾燥させすり潰して水と混ぜた後、石灰水と炭酸水を加えて固めたろ!」
http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1540549692/

1: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:28:12.62 ID:X24Vj6sS0
発想力が異常

5: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:29:47.00 ID:orlkN4sK0
この芋めっちゃピリピリするンゴ…

6: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:29:50.32 ID:NECsDaEV0
ウインナーがやばい

7: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:30:44.49 ID:fNE791QQM
炭とか灰が絡んでくる奴ほんま謎
なんで入れんねん

15: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:33:09.46 ID:FrIwmo8z0
>>7
なんか固まったから

8: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:30:52.22 ID:T0NrYS5e0
めっちゃかぶれるんやろ
よく食おうと思ったな

14: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:33:00.38 ID:Nk9bqtsK0
こういう方法が確立する前までは

そのまま煮て食う(不味いけど食えんことはないな…)

灰汁で煮て食う(ちょっと旨いやん…)

輸送しやすい用に粉末化(食感落ちんええ方法やな)

資本主義が入ってきて色々と試行錯誤(石灰と炭酸水ぶち込めば加工楽やん!)

こういう経緯があるんやで

53: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:39:45.62 ID:hQ6YuFl00
>>14
最初の段階で食わんとこってならんのか

54: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:40:08.64 ID:FrIwmo8z0
>>53
他に食うもんが無い時代や

57: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:41:19.54 ID:PM3TTOQtd
>>14
不味いどころか普通に毒やからな
意地でも食おうとしたのが意味不明や

17: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:33:15.09 ID:z2HtuaEh0
灰でアク取りは他でも使うから普通にありえるんだよなぁ

22: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:34:04.29 ID:DLH6of+p0
そこまでするよりじゃがいも作った方がええやろ絶対

29: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:35:11.51 ID:FrIwmo8z0
>>22
日本はどちらかというとサツマイモやな
ジャガイモ入ってきたのいつやろ

38: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:36:17.95 ID:WY0MCNnqM
>>29
似たような時期のはず

42: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:37:12.40 ID:FrIwmo8z0
>>38
こマ?の割りにあんま栽培広まらんかったんやろか

49: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:38:39.85 ID:WY0MCNnqM
>>42
どっちも南米原産やで
ちなみに唐辛子やかぼちゃやトウモロコシ、トマトも

50: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:39:03.08 ID:z2HtuaEh0
>>42
米のが優秀やしな

226: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:03:21.64 ID:PFpdGQRux
>>50
飢饉の時はサツマイモが圧倒的に優秀やろ

236: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:04:17.87 ID:WY0MCNnqM
>>226
だから両方植えてたんやろ

238: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:04:29.66 ID:pvRKcmuL0
>>226
保存性は米でしょ
少なくとも日本なら

253: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:06:21.61 ID:aKdncLbea
>>226
飢饉というか冷害やろ じゃがいもは米と違って連作障害あるから米出来るなら米のがええわな単位収量も圧倒的やし

248: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:05:30.33 ID:z2HtuaEh0
>>226
芋は種芋の保管もあるし連作できないし米のほうが強い
米ができない地域では芋
薩摩はそうだし北海道もそう

272: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:08:35.48 ID:PFpdGQRux
>>248
地域というかサツマイモは農作に向いてない土地でも出来るのが強いんやで
まぁ非常食みたいな扱いだったかもしれん

23: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:34:05.91 ID:8eKYaWQ80
そんくらい昔は食い物がなかったんだよなぁ

24: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:34:16.69 ID:39ruSrR70
そこまでしようと思えるほど飢餓が身近なものだったということ

28: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:34:50.70 ID:fNE791QQM
水をろ過したい…炭を敷いたろ!
どこから来る発想やねん

34: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:36:03.90 ID:FrIwmo8z0
>>28
吸着性を経験で知ってたんやろなあ

52: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:39:24.28 ID:ThS3Iw5Ta
納豆にしろ何にしろ偶然できたと思ってる?
先に理論があって色々方法試したやつの方が多いでしょ

72: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:43:27.78 ID:X24Vj6sS0
>>52
偶然ではないやろう

295: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:11:49.41 ID:9yiabbAY0
>>52
納豆はさすがに偶然やろ
試してもない理論がどこから発生するんや

60: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:41:33.65 ID:TESjd3lW0
縄文時代からどんぐりを煮るときに灰でアク取りしとったからな

63: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:42:24.50 ID:JyzdrYvK0
結構なんか入っちゃったけどまあ食えんもんやないししゃーないわってなる大発明多いよな

81: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:44:32.04 ID:6Pb4Py2y0
>>63
液晶画面も液晶の蓋開けっ放しで帰ったら埃入ってもうたわ……
もったいないから普段できない交流電流で実験したろ!
から生まれたからなあ

プロジェクトXでやってた

66: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:42:50.47 ID:LEp5suFA0
宇宙人が教えたんやで

73: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:43:36.48 ID:Yl3OuShI0
激ウマやったらわからんでもないけど言うほど美味いわけでもないし

84: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:44:56.19 ID:EQwy2te20
>>73
おでんのコンニャクはまぁまぁうまいやん

74: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:43:52.75 ID:I8F+c0F+0
そこまでしてなんで食べたかったのか

80: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:44:30.55 ID:dVfZMXkba
>>74
あるもの食わんとやっていけんから

86: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:45:11.85 ID:39ruSrR70
ワイのマッマでさえ子供の頃夏にちょっと曇りの日が続くと冬何も食べ物がない日があったって言ってたし日本でさえ食料に困らなくなったのなんてここ40~50年くらいなんだよなぁ

122: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:50:10.46 ID:TJAuBLdq0
こんにゃくって手間かかる割りに栄養なさすぎだろ

131: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:51:22.51 ID:seIoTkq60
現代は他に栄養あるものいっぱいあるからカロリー0でもまあええけど
そうじゃない時にこれ食ったってしょうがないだろ

135: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:52:06.19 ID:z2HtuaEh0
>>131
流石に嗜好品だったのでは?

152: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:54:48.36 ID:FrIwmo8z0
>>135
腹に入って毒じゃなきゃなんでもええねん
栄養学とかもそんな発達してなかったししゃーない

136: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:52:06.29 ID:JGcfyqAE0
>>131
とりあえず腹にたまればええって感覚やろ多分

142: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:53:19.73 ID:39ruSrR70
>>131
空腹を満たすという重要な効果があるだろ

147: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:53:45.67 ID:Nk9bqtsK0
>>131
そもそも、こんにゃくの原型のこんにゃく芋自体は栄養あるで
今ワイらが認識してるこんにゃくってのは江戸時代に生まれたもんで、こんにゃく芋からおもしろ成分だけ抜き出して食感だけに特化したもんや
こんにゃく芋食ってる過程で生まれた傍系の食品や

160: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:55:48.32 ID:OzNAl8sF0
フグを食うために何人も犠牲なったとかなんとか
食い意地張りすぎや

166: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:57:08.73 ID:HCaaOJI5d
>>160
犠牲者がおったから可食部位が分かったんやで

172: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:57:45.76 ID:l9hi4t0l0
>>166
犠牲者出してまで食う味か?

177: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:58:26.93 ID:LuEjRR+FM
初めてナマコを口にした人類は凄いと思うわ

187: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 19:59:34.86 ID:mOHXJayE0
どれもこれも生きるためと考えれば不思議でもないやろ
食料難多かったやろし

209: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:01:51.86 ID:YLUHNgaA0
こんだけ食に貪欲な日本人やのに、なんで昆虫食は普及しなかったんや

213: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:02:12.13 ID:0/7h1nT4a
>>209
コスパ悪いし

215: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:02:27.03 ID:FrIwmo8z0
>>209
いなご食うとるやろ

217: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:02:43.44 ID:pvRKcmuL0
>>209
昆虫がいっぱいある時期は
他の食べ物もいっぱいある時期だしなあ

220: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:03:09.16 ID:h0ElHzMu0
>>209
魚のが美味い

221: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:03:09.47 ID:qOIKDALbd
>>209
別に貪欲でもないやろ
宗教的な理由で動物性の食文化は発達しとらんかったぞ

242: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:04:41.22 ID:/M/dkcxqa
物があふれる現代ですら食はストレス解消やらエンターテインメントになっとるんやから
昔なんかそれこそ面白そうやから食ったろ!は多いやろ

252: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:06:17.61 ID:x7AoVKwv0
人間「アカン、大豆を畳の上に放置してたら腐って糸引いとるわ…」

人間「食ったろ!」

276: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:09:01.68 ID:GZfj3B2D0
ウンコを畑にばら撒いたろ!

これが冷静に考えたら一番ヤベーやろ

280: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:09:53.15 ID:8nm1ot2kd
>>276
なお世界一有能だった模様

289: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:10:44.60 ID:z2HtuaEh0
>>276
人糞を肥料にしてる地域は意外と少ない
肥溜めで寝かさなきゃいけないし管理が大変

312: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:14:09.57 ID:oZuUVHZG0
ポップコーンってどうやって発見したんや

317: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:14:46.60 ID:qOIKDALbd
>>312
あれ種類によっては普通に熱するだけでああなるんやで

320: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:14:57.80 ID:IeUcsZJl0
>>312
トウモロコシ炒って食ったろ!

321: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:15:12.01 ID:Nk9bqtsK0
>>312
大陸は熱波、山火事多いから自然にポップコーン化してたのを人力でやろうとしただけやで

323: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:15:30.85 ID:myrXX90uH
>>312
乾燥させたの火にかけただけで勝手にできるからあれ
かなり古代から食べられてる世界最古のスナック菓子やで

329: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 20:16:23.56 ID:uzvnCvG1M
>>312
かったいかったい殻のある原種からして
もともとそうやって食べていたようやで

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年10月28日 10:11 ID:bw5TsR970▼このコメントに返信
ギユリちゃん帝国キム八ヌルちゃん少将
2.名無しさん:2018年10月28日 10:14 ID:G8uMd.zA0▼このコメントに返信
この蒟蒻は今夜食う…
3.古古米:2018年10月28日 10:15 ID:Ub2hn3Lx0▼このコメントに返信
灰汁での毒抜きは団栗やワラビでもやっているから、身近だったんだろう。
灰汁は洗剤でもあったし、古代の万能薬だよ。
4.名無しさん:2018年10月28日 10:15 ID:EU1fIHNh0▼このコメントに返信
確か、忍者とか粉末にして風上から撒いて敵を攻撃したんだよな。スゲー毒。
5.名無しさん:2018年10月28日 10:16 ID:6yRaNolo0▼このコメントに返信
日本人は、食に対する執着が凄すぎ。
フグの毒もだし、栃の実のあく抜きもそうだし、葛粉の作り方など。
どんなけー。
6.古古米:2018年10月28日 10:16 ID:Ub2hn3Lx0▼このコメントに返信
※2
婚約者と?
7.名無しさん:2018年10月28日 10:22 ID:kWxnI0pe0▼このコメントに返信
製造保存の工夫と、
おいしく食べる工夫なんだろうな
8.名無しさん:2018年10月28日 10:26 ID:WG45vI4X0▼このコメントに返信
豆腐とどっちが早いかによるかな?
9.名無しさん:2018年10月28日 10:28 ID:F.Zy4v9o0▼このコメントに返信
醤油だって味噌の副産物の味噌だまりが発祥だしな(諸説あり)
10.名無しさん:2018年10月28日 10:28 ID:pQsrydbC0▼このコメントに返信
納豆とかって最初から発酵食品として作ったのかな?
それとも飢饉で仕方なく腐った大豆を喰ったのが始まりだったのかな?
11.名無しさん:2018年10月28日 10:32 ID:ho48NyzI0▼このコメントに返信
昔は栄養の知識が薄かっただろうし、こんにゃくでも腹が膨れればよかったんだろう。
しかし、灰汁は分かるがその先の工程の発想がよく分からんw
12.名無しさん:2018年10月28日 10:33 ID:WG45vI4X0▼このコメントに返信
※10
少し臭いがしてたり
新米を熱いままランチボックスに入れてべちゃべちゃになった
その程度ならママンの弁当・・・たべるやろ?
13.名無しさん:2018年10月28日 10:33 ID:L4dm.4EP0▼このコメントに返信
>どっちも南米原産やで
ちなみに唐辛子やかぼちゃやトウモロコシ、トマトも



かぼちゃってカンボジアやないんか
14.名無しさん:2018年10月28日 10:34 ID:RVVNPlIM0▼このコメントに返信
マジレスすると、輸送の為じゃなくて『長期保存の為』な。
冷蔵庫や密閉方法の無い時代は、肉も野菜も放っておくと簡単に腐ってしまってしまう。
そのままだと、収穫できない冬を越すことができない。
だから一回長期保存できる状態(粉状)にして保存して、その後に色々と美味しく食べる工夫したんだよ。

ちなみに米や麦(小麦粉)が主食になったのも長期保存が出来るからやぞ。
15.名無しさん:2018年10月28日 10:37 ID:EdtrQKjD0▼このコメントに返信
※10
大豆を茹でるか蒸すかして、藁に包んで一晩置いとけば納豆はできる
茹で過ぎた納豆をとっておいて、次の日食べようとしたら発酵してたんだろう
食べるものがあふれ返っている時代でもなければ飢饉じゃなくてもとりあえず食ってみると思う
そもそも冷蔵庫がなかった時代だから、色々なものが日常的に意図せず発酵していたはず
16.名無しさん:2018年10月28日 10:37 ID:83bfpsEs0▼このコメントに返信
河豚の卵巣の糠漬けが一番頭おかしいと思う(該当地域の人ゴメンネ)
17.名無しさん:2018年10月28日 10:40 ID:m.Iri46o0▼このコメントに返信
※8 モンゴル帝国に手を焼いた当時の中国軍上層部は食べ物が違うと結論、間者(スパイ)を使い何を食べているのか調べて作って見たが全く違う物が出来た、それが豆腐
因みにモンゴル軍が食べていたのは「馬の乳」の加工品
※10 戦国時代行軍中の空腹の兵士がある村を通り過ぎた時、村人達が哀れに思い村人総出で煮豆を作り村で一番の力持ちに持たせ戦場へ運んだ所
現場に到着したのが遅過ぎて腐ってしまったそうだ
どうせこのまま飢えるなら・・・と、一人の兵士がパク付いたその瞬間「旨い」
水戸納豆の始まり。
18.古古米:2018年10月28日 10:40 ID:Ub2hn3Lx0▼このコメントに返信
※10
嘘か本当か知らないけど、こんな説があるよ。
戦国時代に戦に駆り出された農民兵がいた。
その年の米は不作だったので、握り飯じゃ無くて茹でた大豆を稲わらに包んで持って行った。
戦が済んで、飯を食べようとしたら茹でた大豆が茶色く変色して糸引いている。
でも、これしか食う物無い。
食っちゃえーーーーーー旨い!!
で、それを見ていた仲間が真似して、不作だったけど何とか年貢は納められたとか。
19.名無しさん:2018年10月28日 10:44 ID:0a4OlWef0▼このコメントに返信
前提として、灰汁で煮ると油分が落ちたりアクが抜けることは知られてた
灰汁はアルカリ性だからね
食えないものはとりあえず灰汁で煮てみるのだ
20.名無しさん:2018年10月28日 10:45 ID:34nHgt9y0▼このコメントに返信
食えるようになるまでに餓死した人間の数を思うとおぞましいな。
21.名無しさん:2018年10月28日 10:47 ID:bWsMk33n0▼このコメントに返信
※13
かぼちゃ も さつまいも も単なる途中経過地の名前がついただけ
22.名無しさん:2018年10月28日 10:47 ID:4oYL12Bh0▼このコメントに返信
>こんだけ食に貪欲な日本人やのに、なんで昆虫食は普及しなかったんや

イナゴやらカイコやらセミやら蜂の子やら色々食ってるだろ
23.名無しさん:2018年10月28日 10:48 ID:dY7SJZBx0▼このコメントに返信
芋ペースト口にしたらピリピリどころじゃないからなあw
24.名無しさん:2018年10月28日 10:49 ID:cMGSUtZB0▼このコメントに返信
※3
蕨は根っこの芯だけ引っ張り出してそういう処理してやっと素材の粉なのにホントに凄いと思うわ
25.名無しさん:2018年10月28日 10:56 ID:ubfQG.dE0▼このコメントに返信
スズメバチとかイナゴとかザザムシとかよく食べようと思ったなぁっと地元民は思う
まあ戦後世代で食べる人は少ないけど
26.名無しさん:2018年10月28日 10:58 ID:HV8MWdqO0▼このコメントに返信
結構多くの食品は偶然に寄って生まれてるという説が強いのよね
ビールは麦を壺に入れて放置してたら雨水で発酵したからと言われてるし
納豆は茹でた大豆を藁の敷物にこぼしたからとも言われてる
27.古古米:2018年10月28日 10:59 ID:Ub2hn3Lx0▼このコメントに返信
※16
卵巣じゃ無くて肝だったと思うけど。
あれ何でテトロドトキシンが無毒化するのか分からないんだってね。
糠の中の微生物には、無毒化に関わる微生物は居ないらしい。

自分なりの仮説だと、フグは体内に入ったテトロドトキシンを肝臓の酵素で分解しているので、フグの肝を新鮮なうちに糠漬けにすると分解酵素が糠と塩により保護されてテトロドトキシンの分解が継続しているんだと思っている。
新たな分解酵素の分泌は無いから、徐々にしか分解できない。
なので無毒化まで2~3年も掛かってしまうんだと思っている。
28.名無しさん:2018年10月28日 11:00 ID:9nrIYd8m0▼このコメントに返信
シュウ酸カルシウムは 食った瞬間、いったいからな~
 手間ひま掛けて 摂取できる量がわずかしかない食物を
好んで作る必要はないから 味・希少性・栄養・価値、何かがあったんだろう
29.名無しさん:2018年10月28日 11:01 ID:vhxymXjX0▼このコメントに返信
全身に纏えば斬鉄剣を防げるぞ。
30.名無しさん:2018年10月28日 11:02 ID:GAmTFMWx0▼このコメントに返信
生こんにゃく芋には毒があって灰は毒を吸収すると思われてた
つまりこの結果は必然
31.名無しさん:2018年10月28日 11:03 ID:YAFGy.pU0▼このコメントに返信
くさやも謎だわ。
保存用に干すのは分かる。そのために洗うのも、その水が海水だったのもまあ分かる。
干したものが悪臭放ったら保存品として失敗だと思うだろ。
液の発酵が進んだ今でこそ旨味たっぷりで美味いかもしれんが、一番最初なんてただの悪臭放つ干物でしかなかっただろうに。
32.名無しさん:2018年10月28日 11:06 ID:Wkiv5v1t0▼このコメントに返信
イギリス人「腹減ったなあ」
海草「フサァ」
イギリス人「腹減ったなあ」
33.名無しさん:2018年10月28日 11:10 ID:RGibnylx0▼このコメントに返信
それにしてもこんだけ手をかけたのにカロリーはゼロという・・・・・
一体なんのために作ったんだ?
34.名無しさん:2018年10月28日 11:11 ID:Shpm48Ij0▼このコメントに返信
そもそも何を言いたいのか、意味がサッパリ判らない。もしかして、事故責任を批判する奴らの暗号か?腹が立つ日本を叩いてやりたい、しかし、直接的に言うと逆に叩かれる。そこであえて違う形にしたのか?つまり、この日本人やネト〇ヨを干上がらさせてすりつぶし、汚い移民と混ぜ合わせた後、人権と差別を加えて、身動きできない様、固めたろか?と言いたいのだろうか?それならこの言葉の意味が判る。人質になっていた彼のノートに書かれた文章の後半の部分もよく判らない。
35.名無しさん:2018年10月28日 11:13 ID:EdtrQKjD0▼このコメントに返信
※31
あれは魚醤を煮詰めたみたいな臭いだから、昔の日本人は悪臭と認識しなかった可能性もある
寿司のはじめも発酵食品だしな
36.名無しさん:2018年10月28日 11:21 ID:CvNpXYHY0▼このコメントに返信
※17
まんが日本むかしばなしでやってたなw
37.名無しさん:2018年10月28日 11:22 ID:9nrIYd8m0▼このコメントに返信
※34
確かに サッパリ分からない。
>事故責任を批判する奴ら   何か重大な事故でも起こしたのだろうか?
>そこであえて違う形にしたのか?   こんにゃくで例えたとでも云うのか?
>身動きできない様、固めたろか?   こんにゃくで固めるのは大変なのではないか?
>人質になっていた彼     こんにゃくの為に人質とは穏やかではないな。関係機関に相談してはいかが?
38.古古米:2018年10月28日 11:23 ID:Ub2hn3Lx0▼このコメントに返信
※31
江戸時代の農民は幕府や藩が決める年貢を納めなくてはいけなかった。
でも、離島であった伊豆七島では米が採れない。
貧しい島なので米を買って幕府に年貢を納めたら、皆餓死してしまう。
なので、幕府は年貢を塩で納めさせることにした。
島の塩田で採れた塩を納めると、後に残ったのはちょっとしか無かった。
塩田を拡張しようにも土地が無くて出来ない。
で、残った塩を集めて保存食の干物を作ったんだけど、元々塩の量が少ないので魚の体液が貯まってクサヤ液になってしまった。
仕方が無いので、クサヤ液に付けた魚を干して干物にしたけど、これが焼くと臭い。
でも、食う物他に無い。
ええぃ、食っちゃえーーーーーーーー旨い。
そして、その噂が江戸まで届いて「大島名産 クサヤの干物」として取引される様になりました。
初めて伊豆七島から本土に輸出する物が出来て、島の漁民達は喜んだそうな。
39.名無しさん:2018年10月28日 11:25 ID:ipSjLw6W0▼このコメントに返信
色々と試行錯誤が有りきだと思う。
何もないところで偶然発見となっているが、実は実験しているときに脳内で関連性が無自覚でつながっている。それがある日「偶然」という形でつながる。
 だけら、発見した後の工程が発見するまでの試行錯誤の実験より短い。
40.名無しさん:2018年10月28日 11:34 ID:.goiuXk70▼このコメントに返信
蒟蒻の黒い部分は昔は不純物だったけど、今はヒジキによるフェイクらしいぞ
41.名無しさん:2018年10月28日 11:41 ID:D70c8bjq0▼このコメントに返信
5
同意。異常とも言える。
海外から食べ物の事でイチャモン入ると発狂するし。
42.名無しさん:2018年10月28日 11:53 ID:xTsWWYO40▼このコメントに返信
日本酒がオーバーテクノロジー気味だと思うわ。
口噛み酒→まぁ分かる。
麹の酒→干飯にカビが生えたけど、勿体ないからこれで酒仕込んだろ!→まぁ分かる。
清酒→蒸した米を分けた後、片方に麹菌ぶっこんで麹作ってそれを残りに突っ込んで平行複発酵させたあとろ過したろ!→!???
43.名無しさん:2018年10月28日 11:53 ID:XEvz0SbS0▼このコメントに返信
そこまでせにゃ食えないものが、食えるようになるまで食い物として認識されてたのがおかしい
ドングリ食ってたほうがええやん
44.名無しさん:2018年10月28日 12:06 ID:ftNLBHMC0▼このコメントに返信
ふぐとかは他に食いもん無かったんやろで済むけド
寒天はあかん旅館の主人が戸外に放置されてたところてん食ってみたら美味かったって
何やねん
45.名無しさん:2018年10月28日 12:06 ID:Divl4mLD0▼このコメントに返信
自生している蒟蒻の地上部分(特に茎や花)はかなりグロい。少なくとも食べ物には見えないんだけどな。
46.古古米:2018年10月28日 12:09 ID:Ub2hn3Lx0▼このコメントに返信
※42
戦国時代は江戸初期は、酒と言えば今でいう濁り酒だったとか。
江戸中期ごろに日本橋の酒問屋に、ライバル店の丁稚が夜中に侵入してデカい酒樽全部に消し灰をぶち込んで逃げらしい。
翌朝、酒問屋は大騒ぎ。
樽の中の消し灰は、大きい物は手やザルで取り除いたけど、微細な物は取り様がない。
でも、おかしい。
酒が水みたいに清んで居るぞ。
それで飲んで見たら、旨いーーーーー!
清酒と名を付けて売り出され大ヒット!!
それを見た他の酒問屋ゃ酒蔵が真似し始めて清酒が確立した。
樽の底に溜まった濁り成分と微細な消し灰の混じった酒も飲んで見た。
旨い。旨い。旨い。・・・・・腰抜けた。立てない。
澱酒として売り出されましたとさ。
47.名無しさん:2018年10月28日 12:16 ID:GOuKfRqf0▼このコメントに返信
そもそも江戸時代の芋って里芋か山芋じゃね?
48.名無しさん:2018年10月28日 12:25 ID:HQ2RFf7V0▼このコメントに返信
ごめん料理全く分からない無知な俺に教えてくれ。
「この芋乾燥させすり潰して水と混ぜた後、石灰水と炭酸水を加えて固めたろ!」
これ何?こんにゃく?ポテチ?
49.名無しさん:2018年10月28日 12:25 ID:xhuHLZdL0▼このコメントに返信
※10
室町時代成立の御伽草子に「糸引太郎」っていう納豆の擬人化でてくるんで
推定で鎌倉時代に東国で始まった、、、てな話だけど、正確な時期はわからないはず、、、
もともと納豆は(江戸時代中期まで)ご飯のおかずじゃなく汁物の具だったんで
今のように御飯にのっけるってのは新しい食べ方なのよ、、、

つか、コンニャクは日本独自のものじゃない、遠い昔、東アジア全域で食ってたんだって!
証拠にlostcrop(放棄作物)が東南アジアからインドまで分布してる、、、
加熱して無毒化デンプンを取り固める、ってのは、もともとイモ食文化にあった調理法で
ただただ手間がかかるから、時代が経るに連れ作物としては作られなくなったのよ、、、で、ほとんどのアジアで失われた
だけど日本人と中国の一部だけは、途切れず作っていただけ、マニアが残しただけの話、、、
どうして昔はこんなめんどくさいやり方してたかは、野生植物(特にイモ)ってのはだいたい毒(アク)持ちで
食べるためには多段階の無毒化が必要だったから、、、
でも栽培作物っていう無毒の食べ物できたから、みんなメンドイことやめちゃったんだよ、、、

あとこんにゃく粉の話は、水戸藩の専売商品として開発普及されたもの
かなり最近のことなんで、コンニャク食の歴史?としては些末なことのような気がしないでもない、、、
50.名無しさん:2018年10月28日 12:31 ID:.zcpzLao0▼このコメントに返信
こんにゃくはもともと薬として扱われてたから食品として不可解な加工方法もまあ納得がいく
51.名無しさん:2018年10月28日 12:33 ID:54n5MpMz0▼このコメントに返信
使用人「上司むかつく!せや嫌がらせに酒樽に灰入れて呑めなくしてやれ。」
        ↓
濁り酒から清酒へクラスチェンジ!
52.名無しさん:2018年10月28日 12:34 ID:eZ256mxH0▼このコメントに返信
納豆は戦に食料として豆持ってこいて言われた村がクッソ鈍いやつに運ばせたら時間かかりすぎて腐ったんやで

ソースは日本昔話
53.名無しさん:2018年10月28日 12:34 ID:GIiHRKfO0▼このコメントに返信
※48
蒟蒻よ。 ポテチの方は一説には「フライドポテトが厚切りで気に入らん! どうにかしろ!!」なクレーマーに
切れたコックが「こんだけ薄切りで揚げりゃ文句なかろ!!」で出来た代物で潰して成型とかしとらんw
54.名無しさん:2018年10月28日 12:40 ID:dY7SJZBx0▼このコメントに返信
消費期限を気にしないで匂いと味でいける!って判定するおばちゃん達見てると
人類の発酵食品はこうやって発見されたんだろうなあと感慨深い
55.名無しさん:2018年10月28日 12:48 ID:khKoA6Th0▼このコメントに返信
※47
江戸中期以降には唐芋(薩摩芋)は北関東の主に稲作に適しない地域でも多く栽培されていた。
青木昆陽からしばらく経っての事。
56.i774:2018年10月28日 12:49 ID:EnlFxMUA0▼このコメントに返信
※31
くさやは「島では貴重な塩の節約」の方が大事だったはず。
悪臭というけど世界の珍味の多くが「タンパク質が醗酵したもの」なので、
食中毒にならなければOKなのかもしれない。
57.名無しさん:2018年10月28日 13:03 ID:rBxeooyN0▼このコメントに返信
不思議な食べ物だよな
栄養価0味なんてあったもんじゃ無い
何故今迄生き残ったか謎です
58.名無しさん:2018年10月28日 13:07 ID:n37FYUFS0▼このコメントに返信
人間「沢山のわらびの根っ子地下から掘り出して磨り潰してわずかに出た汁を
火にかけて乾燥した粉にしてから干して練って餅っぽいの作ろうっと」
59.名無しさん:2018年10月28日 13:22 ID:E.7.C.pR0▼このコメントに返信
蒟蒻は、何故か中国から仏教と共に伝来としているけど
縄文時代に里芋等と一緒に持ち込まれ灰汁抜きして食べていた形跡が見つかっているよ
平安時代には、貴族の食べ物として和歌に詠われた
鎌倉時代には、蒟蒻が珍重され専門に扱う座(組合)があった
室町時代には、街中で売り歩く田楽売りが居た
安土桃山時代に、赤や白の色付き蒟蒻が作られていた
江戸時代に、水戸藩で製粉化して保存する方法が発明され水戸の名産品になる
明治の廃藩で技術が流出して全国で蒟蒻の分業化が始まる
大正時代に、海藻を混ぜて黒くする方法を考案
第二次大戦で食料不足で転作一時期衰退するが
風船爆弾の蒟蒻糊として軍事物資として栽培奨励される
60.名無しさん:2018年10月28日 13:32 ID:XSzJHhl90▼このコメントに返信
※43
ドングリも食べられるようにするには結構手間がかかるんだよ。
(細かく砕いて流水にさらして灰汁抜きする:灰汁抜き施設の遺跡とか見つかってる)
61.名無しさん:2018年10月28日 13:37 ID:XSzJHhl90▼このコメントに返信
そのままだと灰汁や毒のある食材を流水にさらすってのは原住民レベルで世界中にある加工法
62.名無しさん:2018年10月28日 13:57 ID:vbrV8GMG0▼このコメントに返信
あかんこの魚食ったら死ぬ奴おるやん。

どっかに毒あるわこれ

犬に食わして調べたろ!!(鬼畜だけど正攻法)

これ卵巣にごっつい毒あるわ

塩漬けした後糠漬けにして食ったろ!!!!!

何故なのか
63.名無しさん:2018年10月28日 13:57 ID:bsOzoYKP0▼このコメントに返信
ンゴンゴ言ってる基地外は一体何なの?
64.名無しさん:2018年10月28日 14:45 ID:eqfTlG5q0▼このコメントに返信
人類の歴史の殆どは飢餓の歴史
食べられるものがなければ、何とかして目の前にあるものを食べようと工夫するのは当たり前だと思うが
65.名無しさん:2018年10月28日 15:05 ID:iYN5Vitx0▼このコメントに返信
>この芋乾燥させすり潰して水と混ぜた後、石灰水と炭酸水を加えて固めたろ!

最初はプリングルスのことかと思った
66.名無しさん:2018年10月28日 15:08 ID:sK6PqV7c0▼このコメントに返信
食い物は飢餓とかでまだわけるけど(それでもナマコとか鳥の巣とか誰が始めたんやらw)、
便所の土と炭と硫黄を混ぜるって、いったいどうやって思いついたんだか不思議。
67.名無しさん:2018年10月28日 15:40 ID:M.2OF6W00▼このコメントに返信
こんにゃくは毒消しとか砂出しという別名がある
冷蔵庫が無い時代で、劣悪なものを食っていた環境では、
食いたくなるしろものなのだろう
68.名無しさん:2018年10月28日 16:55 ID:k3IF6J1C0▼このコメントに返信
こんなもん食べるか?って言うけど、飢饉で毒キノコの知識が広まるって時点で色々察しろ
69.名無しさん:2018年10月28日 17:24 ID:kVldN9PH0▼このコメントに返信
※5
ほんとそれ。日本人の食べることへのこだわりはほんとに尋常じゃないと思う
70.名無しさん:2018年10月28日 18:11 ID:cyqOZzBJ0▼このコメントに返信
知識の蓄積と伝承は素晴らしい人類の賜物
71.名無しさん:2018年10月28日 18:16 ID:8aM5C.oX0▼このコメントに返信
フグの捌き方を確立した奴等はマジ頭おかしい
72.名無しさん:2018年10月28日 18:31 ID:dgf4inyM0▼このコメントに返信
日本人限定でこだわりいうのわへんよ
なんで卵でできかけのひよこ食ううのさ?
猿の脳みそやらフォアグラとか、日本人はましでね?
ウニやヒトデやらくうのわ世界で居るよな? 
夏曇で冬飢餓というコメは戦後だよな?
73.名無しさん:2018年10月28日 20:00 ID:OSwhwdIU0▼このコメントに返信
こんにゃくが腹にたまると思ったこと無いなあ
たくさん食べれば飽きてもういらねーとはなるけど、精神的な満足感は少ない
74.名無しさん:2018年10月28日 20:35 ID:E.7.C.pR0▼このコメントに返信
※62
河豚のキモや卵巣は珍味で、命懸けで食べる食通がいた(自殺用の説もアリ)
御上が禁止して取り締まった時に糠みそ樽に隠したのを忘れ
発見したときに毒が抜けていただけ

※66
ナマコは縄文時代から食べていた
ツバメの巣は、秦の始皇帝が薬を探すのに
色んな物を食材にしたらしいよ
75.名無しさん:2018年10月28日 21:22 ID:0szXsR690▼このコメントに返信
※10
茹でた豆を藁を容器にして持ち運んでた
藁に納豆菌が最初からついてた
76.名無しさん:2018年10月28日 21:30 ID:aqcxuQMV0▼このコメントに返信
※27
分解・無毒化ではなく単なる希釈だそうな。
77.名無しさん:2018年10月28日 21:43 ID:aqcxuQMV0▼このコメントに返信
※43
ドングリは、猪や猿と競争やで。
78.名無しさん:2018年10月28日 22:59 ID:Ta1.IIeo0▼このコメントに返信
日本じゃサツマイモっていうが寒いところじゃ厳しいんだよ、芋類は
日本でさえぎりぎりだぞ。品種改良の結果でようやく上のところまで育てられるようになったんだから
基本は日本でさえ栽培に適してない作物
ジャガイモのほうがよほど向いてる。まあジャガイモは寒冷地でも強い珍しい芋類だから世界で重宝されてるが
79.名無しさん:2018年10月28日 23:35 ID:Jz0jDujD0▼このコメントに返信
※15
合戦の食料の大豆を茹でていたら、敵襲。
慌ててムシロで簀巻きにして、馬に載せて脱出。
逃げたところでムシロ開いたら、糸引いてた。
腹減ったから食ったら旨くて、腹も壊さんかった、って聞いた。
80.名無しさん:2018年10月28日 23:40 ID:Jz0jDujD0▼このコメントに返信
※71
江戸時代に何度も禁令が出てる。
でも、美味いから食う、って奴が居た。
経験的に、死んだ奴の情報から、このタイプはここ食うな、とか。
今は温暖化で、雑種が増えた。
免許あるが、こいつらはハイブリッド河豚って言う。
見た目が一緒でも、個体によって毒の在りかが違う。
養殖のが一番安全。もともと、あれは貝毒だから。
81.名無しさん:2018年10月29日 00:52 ID:tvPj6cyV0▼このコメントに返信
>縄文時代からどんぐりを煮るときに灰でアク取りしとったからな
料理、調理なんて、半分は偶然からいい条件だけを拾って進化させてきたもんでしょ。
このアク取りだってきっとそうだ、その後に「渋みえぐみをとる手法」に変わっていったに違いない。
82.名無しさん:2018年10月29日 01:12 ID:tvPj6cyV0▼このコメントに返信
※13
庭先にしげる雑草の中に、明らかに小さいトマトみたいな実をつけたナス科の雑草あるよね。
イヌホウズキ。 在来種だよね。 改良したら食えるようにはならんのかな。トマトみたいに。
83.名無しさん:2018年10月29日 03:11 ID:Q9eVOr.00▼このコメントに返信
※82
イヌホオズキの実は、解熱・利尿があり薬用酒になるよ
84.名無しさん:2018年10月29日 08:11 ID:B4AWRmfL0▼このコメントに返信
中国の書籍に名前が出てくるのが700年ごろ。栽培の記録は200年ごろからある
飛蝗のあとでも芋が残っているので注目された北部で徐々に栽培されるようになったらしい
日本の書籍に名前が出てくるのが900年ごろ。このころは灰で煮て食うだけ
その後食味の改善として灰で何度も煮る、練るという工程が加えられて
1500年ごろ皮をむいて粉末化する方法が発明されて現代の白こんにゃくになった
織田信長が派手好きで赤こんにゃくを奨励したって話もあるようだ

日本で普及したのは仏教の肉食の代用品、燃料として稲・ススキが豊富だったのと
囲炉裏があったので灰が身近だったってこともあるんじゃないかな
85.名無しさん:2018年10月29日 10:32 ID:NTJXkwlR0▼このコメントに返信
※28
>> 好んで作る必要はないから 味・希少性・栄養・価値、何かがあったんだろう

ちゃうで。谷あいの日陰で水の多い涼しい場所で生育するカロリー源となる比較的生育の早い作物がアレしか無いんやで。
なーんもできない湿気地の影できるってことな。そんなところはイネはもちろん里芋も山芋も稗も粟も蕎麦もレンコンも育たん。
三つ葉やワサビも育つけどこいつら飯のタネにはならんでな。乾いた日陰で涼しいところはカタクリや。これを食えるようにしたのが本来の片栗粉やな。あと自然薯やな。

なんか誤解多いけど、こんにゃくカロリーゼロではないで。飢えよりデブが問題になる飽食時代だと整腸作用やら油を未消化でウ●チとして放り出すダイエット効果のほうが効くけどな(つまりはカロリーゼロどころかマイナス級)。飢えたら大腸にとどまって発酵してほとんど低級脂肪酸になって吸収される。コメやじゃがいもより効率悪いけど十分活動可能な程度に立派なカロリー源やで。
86.名無しさん:2018年10月29日 12:18 ID:af26J.RC0▼このコメントに返信
アルカリ性の灰で凝固させるとかよく考えたよね。 
87.名無しさん:2018年10月29日 12:24 ID:PXkLDmUP0▼このコメントに返信
豊かな時代 豊かな地域に生まれたことを感謝するべきではあるんだよな
なかなか難しい事ではあるが・・・
88.エンアカーシャ:2018年10月29日 17:10 ID:Ai4YI.r40▼このコメントに返信
科学技術を知らない、中国と韓国には、無縁のモノ。
89.名無しさん:2018年12月06日 23:00 ID:WE9v4lc.0▼このコメントに返信
昔のサツマイモはあまり甘くなくて今ほど旨いとは思わなかったと曾婆ちゃんが言ってた
水団も当時は不味かったと

お名前