2018年10月28日 12:05

幕末の日本って何であんなに人材の宝庫やったんや?

幕末の日本って何であんなに人材の宝庫やったんや?

03


引用元:幕末の日本って何であんなに人材の宝庫やったんや?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1540549436/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:23:56 ID:FFX
打線組むとしたら伊藤博文とか大隈重信とかがベンチスタートになるレベルやん

2: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:24:49 ID:jKZ
だって平時は有能が邪魔者やし

3: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:24:51 ID:Ycw
元々人材はおったけど、それが世に出られる環境になったのが幕末ってだけなんちゃう?

4: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:25:35 ID:BW8
問題は周囲の状況かと

5: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:25:46 ID:ctL
社会的ベースがあれば常に有能予備軍がたくさんなんやで

6: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:26:02 ID:7ss
有効活用されるか否かで有能はいつでもどこでもおるやろ
アフリカにもいっぱいおるぞ

7: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:29:31 ID:opO
今の政治家と幕末の政治家の一番の違いは戦場に出たことがあるかどうかやと思うわ

命の重さとか軽さを知ってないとあの行動力は出ないやろな

8: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:30:14 ID:OyH
変革の時期だから色々表に出てきただけやで

10: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:31:14 ID:LHd
ただ生き死に入れ替わりが激しいよな

13: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:33:13 ID:IFJ
勢いで新撰組入ってブラックさ加減に驚くやで

15: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:34:16 ID:FFX
>>13
でも給料よかったんやで

16: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:34:57 ID:LHd
>>13
あと英会話とか学べたらしい

17: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:35:38 ID:XD1
幕末から日露戦争までがピークだった感

19: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:36:59 ID:Ycw
>>17
ピークではないけど成長曲線の右肩上がりっぷりがね…

21: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:38:35 ID:LHd
>>17
後先考えずに買収しまくる新興ベンチャー企業みたいな感じだな

20: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:38:10 ID:5rz
どの時代にも有能はそれなりにいると思う
それが発揮される環境やタイミングがあるだけで

24: 【51】【37】【93】 2018/10/26(金)19:39:38 ID:xP3
世の中が乱れるとワイが頑張ってなんとかしちゃろうという奴が増えるからね

25: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:39:42 ID:7ss
結局明治維新って有能やったんかどうかようわからんわ
幕府じゃ無理やったんか

29: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:40:56 ID:Ycw
>>25
ワイはある程度封建的な身分制度残しといても良かったと思うてる

31: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:41:49 ID:IFJ
>>29
四民平等の建前あらへんかったら明治以降のブーストあらへんかったんちゃう?

38: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:44:08 ID:LHd
維新自体は必要だったろうけど、倒幕派・新政府軍のやり方はあまりに荒すぎたわな
「政治工作に負けそうだから武力で黙らすやで」とか共産革命と大して変わらん

41: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:45:19 ID:Ycw
>>38
救いは新政府側も基本的には権力サイドにいた人間やったってとこやな
あれがフランス革命みたいな階級闘争やったら本気で日本終わってた

40: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:45:13 ID:XUK
新撰組の幹部連中も元は百姓だしな
やっぱ実力が無いと世の中に出られなかった時代なんやろ

46: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:47:46 ID:5yd
有能でないと生きていけない
生き残れない環境がある程度続いて
なおかつ無能が生き残れない環境が出来たから

49: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:48:42 ID:opO
慶喜は無理やり将軍やらされただけだからな

54: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:50:33 ID:LHd
>>49
その割には政治的な対応が上手すぎる件
鳥羽伏見開戦までの流れは流石腐っても将軍やと思うわ

58: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:51:17 ID:Ycw
どうでもええけど新撰「組」なのに隊士っての昔っから違和感あったわ
新撰組組員じゃいかんのか?

60: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:52:02 ID:5rz
>>58
新選組の各隊の隊士なんだろ

61: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:52:08 ID:IFJ
>>58
近藤勇も局長やしな

62: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:53:07 ID:XD1
新撰組は内ゲバの方がヤバいからな
土方みたいなスターがいたからこそポジティブな立ち位置でいられる

70: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:55:21 ID:XD1
なんか維新後の欧米列強と日本との関係を見ると、案外良い連中に見えてくる
技術の提供とか軍艦の購入とか得られた利益結構デカかったし

73: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:56:58 ID:Ycw
>>70
薩英戦争とか含めて一発かましたのはデカかったかもな
完全に侵略するより都合のええ取引相手にした方が得と思わせる事が出来た

75: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:57:36 ID:LHd
>>70
善意でやってたのかなぁ
どっちかって言うと今の投資家みたいな感じじゃないの?
好きでも嫌いでもないけど何か俺らの真似したいらしいから適当にビジネスしとこうかみたいな、冷めた感じ

78: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:58:11 ID:XD1
>>75
そら善意ではなかろうよ
でも侵略して搾取するほど下にも見られてなかったのは確か

77: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:57:54 ID:ctL
>>70
日本の立ち回りと戊辰戦争で武力見せつけたからやぞ
欧米が「こいつらヤベェ」って思ったから実力行使を控えたんや

86: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:00:41 ID:XD1
30かそこらの軍人一人に日本騎兵の育成を任せる辺り、若者にとっちゃ夢のある時代だったな明治は

87: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:00:43 ID:LHd
今の日本ならともかく、幕末・明治の日本を侵略する旨味ってあるのかな?

90: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:01:22 ID:7ss
>>87
貿易で利益あげられたら十分やからな

99: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:01:46 ID:PJV
>>87
人口があるならそれだけで市場になりますやん
てかアフリカ見る限り19世紀は旨みなくても植民地にしていくスタイルやな

91: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:01:28 ID:vjd
革命やら変革やら起こると自然と有能が上いくからね
フランス革命も然り

106: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:02:53 ID:Ycw
>>91
フランス革命は結局グダグダの失敗なんですがそれは…

110: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:03:25 ID:MWu
>>106
最終的に百年かけて民主制になったから成功やぞ

115: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:03:53 ID:vjd
>>106
あれが無かったらナポレオンもタレーランもフーシェも諸々の元帥も出てこんかったやろ

107: ■忍法帖【Lv=9,てんのもんばん,jdn】 2018/10/26(金)20:02:57 ID:XD1
植民地にするなら山だらけの日本よりも清のほうが美味しかった説

120: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:04:16 ID:JFh
>>107
既に手を出しとるし

138: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:06:40 ID:LHd
>>107
ヨーロッパから最も遠くて、しかも島国で、めぼしい資源も無いとか、美味しくなさすぎるわな
桃鉄なら基本スルーする秘境駅みたいなもんやで

142: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:07:34 ID:PJV
>>138
でも幕末の日本には金があったから…

148: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:08:45 ID:Ycw
>>142
ガバガバ両替で無事流出した模様

152: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:09:40 ID:PJV
現代でも同じように人材はおるんやろな
ただそれが活用されなかったり社会に対する義務感が薄かったりするからこうなるんやな

173: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:13:36 ID:XD1
明治のドイツは絶好調だったな
なお第一次世界大戦

184: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:15:13 ID:Ycw
>>173
戊辰戦争から毒ガス飛行機戦車で戦争するようになるまで半世紀しかないって考えるとすごいな…

178: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:14:17 ID:7ss
ドイツとかいう成り上がりやべーやつ

188: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:15:54 ID:PJV
19世紀の進歩の速さよ
ナポレオンがWW1後半の戦場みたら理解できなさそうやな

193: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:16:31 ID:7ss
>>188
産業化された国が大陸中で戦争する狂気

195: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:16:42 ID:8Az
>>188
塹壕だらけの戦場を見てなんやこれ?って言いそう

199: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:16:53 ID:PpO
>>188
ナポレオンは普仏戦争ぐらいまでなら
戦場を見れば理解できると言われてるが
Ww1の戦場を見ても何をしてるか分からないだろうって言われてる

216: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:19:17 ID:PJV
>>199
それまで数千年歩兵の常識だった密集陣形がないんやもんなぁ
ナポレオンの時期でも散兵はあるっちゃあるけど小規模やし
てか点だった軍が戦線っての作ってる時点でだいぶ驚きそう

224: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:20:39 ID:XD1
国民「ロシアに勝った!これは賠償金がっぽりやろなぁ」

229: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:21:01 ID:7ss
>>224
結局民度が重要ってはっきりわかんだね

236: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:21:42 ID:IFJ
>>229
当時のロシアの民度は?

238: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:22:01 ID:7ss
>>236
高いわけないんだよなぁ

244: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:23:20 ID:Iy9
>>236
どの国も現代基準だと蛮族同然やろ

225: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:20:45 ID:LHd
生き急ぎまくりの19世紀

259: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:25:15 ID:LHd
戦国時代や幕末期に殺し合いがなくて、今みたいに国会開いて内閣組んだらすごいメンツなんやろなぁ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年10月28日 12:08 ID:uCydvIb50▼このコメントに返信
今も宝庫なんだとは思うよ。
ただ、その才能を発揮する環境がないってだけで。
2.名無しさん:2018年10月28日 12:08 ID:y7F5AejU0▼このコメントに返信
なんかロマンがあるよね
3.名無しさん:2018年10月28日 12:09 ID:h8XexfCn0▼このコメントに返信
いつの時代も優秀な人材はたくさんいて、幕末は日本の転換期だからたくさんの人間にスポットライトが当たったのだと思ってる
4.名無しさん:2018年10月28日 12:14 ID:kWxnI0pe0▼このコメントに返信
他ならぬ勝海舟が
「時代が人を作る」と言い残している
5.名無しさん:2018年10月28日 12:17 ID:wJ1mvdIL0▼このコメントに返信
今は優秀な人材がビジネスとかに集中してるんじゃない?
軍人のれっかはヤバイよ。
自衛隊に人材が来なさすぎる。
6.名無しさん:2018年10月28日 12:17 ID:6JokQVOh0▼このコメントに返信
乱世だからそれぞれの活躍が目立っただけの話だ
人の能力はそんなに変わるもんじゃ無い
7.名無しさん:2018年10月28日 12:18 ID:Shpm48Ij0▼このコメントに返信
「ところで、日本にこられて何年になりますか?」「まだ、数年です。」「そうですか、幕末の歴史は?」「まだ、よく判りません。それで質問させていただきました。」「なるほど。」
8.名無しさん:2018年10月28日 12:18 ID:shMgOD3T0▼このコメントに返信
浦賀沖に黒船が来てから50年でバルチック艦隊を撃破したんやぞ。
それ以前の蓄積がハンパなかった証拠やで。
9.名無しさん:2018年10月28日 12:21 ID:lvNviElA0▼このコメントに返信
フィクション気味な部分はあると思う
思い出補正的なやつ
10.名無しさん:2018年10月28日 12:23 ID:TvUlshCD0▼このコメントに返信
今出てきてもネット民に叩かれるだけやろうなぁ…
11.古古米:2018年10月28日 12:23 ID:Ub2hn3Lx0▼このコメントに返信
有能は何時の時代にもいる。
有能が才能を発揮出来る舞台が整っただけかもね。
12.名無しさん:2018年10月28日 12:23 ID:Q4X0V.Vw0▼このコメントに返信
それはもちろん、禅とか瞑想系の修行もちゃんとやってるしね。
高度経済成長のころの経営者も禅寺通ったりしてたから、
オウム以降だよね能力開発がいかがわしく見られたの、教養に幅があったんだよね、昔は。
13.名無しさん:2018年10月28日 12:25 ID:ZDdP2vPy0▼このコメントに返信
高度な教育。派総会級まで高度な教育を受ければどうなるか?無学無知な人間を支配するのは簡単。 しかし250年間知識見識が有るものが抑えられてきて、そのチャンスを狙っていた。現実に武士としては下層な地位にあった、伊能忠敬は技術が有り、知識、計算力が有った方地図作成方に抜擢された。のちにこれがペリーの度肝を抜き、英国まで伊能図を採用、政治的影響を与えた。こうした知的積み重ねが溜まり溜まって爆発したのが明治維新。もともと質的に日本人は優秀ともいえる。
14.名無しさん:2018年10月28日 12:26 ID:J7VFDMrP0▼このコメントに返信
天下泰平が続いて下級武士なんか戦がないから学問やらないと出世できないもんな
15.名無しさん:2018年10月28日 12:27 ID:F5x.DR650▼このコメントに返信
塩野七生がローマ人の物語で、
「衰退期にも人材は存在する。ただ、生かされていないだけだ。
 衰退する国の物語を書くということは、有能なのに生かされない人物たちの悲劇を描くことでもある」
と言ってた。
16.名無しさん:2018年10月28日 12:29 ID:SK5ltPX.0▼このコメントに返信
今の企業)
 現場のエンジニア「うちの製品をIOTでつないで、、中略、、いろいろ良い特許がとれますよ、」
 上司「面白いけど、うちの会社では製品化してもどうだかな~。」

 こんな感じ。
17.名無しさん:2018年10月28日 12:32 ID:ISE1iO780▼このコメントに返信
日本は変革期に適した人材が絶妙なタイミングで現れたということなんだろうな。
そうなったのは江戸時代のような戦のない世でも実戦を想定した学問や武芸が一応認められていたからだと思う。
どこぞの半島みたいにロクな教育も行われず狂信的なまでにシナと儒教に傾倒してたら悲惨な事になってただろうな。
18.名無しさん:2018年10月28日 12:33 ID:HR8.PJwm0▼このコメントに返信
人材の宝庫ではなく、混迷期だからバカでも動けばそれなりの活躍できただけ。

その結果が明治初期の動乱なわけでな。
19.名無しさん:2018年10月28日 12:35 ID:lvAHuUx.0▼このコメントに返信
※5
優秀な人材がビジネスにってのは戦後からバブル前までの時代で時代遅れやで

今は優秀な人材は趣味の世界で才能を発揮して社会貢献は二の次な時代や
20.名無しさん:2018年10月28日 12:38 ID:SK5ltPX.0▼このコメントに返信
某 勝さん&坂本さん「英仏が内乱起こして武器売り込むつもりのようだが、
     やつらの武器を購入して最後の最後で公武合体させて日本を守ったろ」
21.名無しさん:2018年10月28日 12:41 ID:HV8MWdqO0▼このコメントに返信
単に明治政府が自分たちを正当化するために維新志士の名前を強めて、逆に江戸時代(徳川)の人間を無能に描いたからだけやぞ。
当時の文筆家もこの流れに乗ったから維新志士の名前だけ伝説的に残ってる
22.名無しさん:2018年10月28日 12:41 ID:amq2nH.f0▼このコメントに返信
有能な人材はどの時代にも存在する
有能な人材も平時には平々凡々と暮らすのが普通だが幕末はその有能な人材たちが活躍する場があったのだ
幕府側にも有能な人達は一杯いたのだろうが立場があって幕府側として戦わざるを得なかった人も多かったのだろう
そういう人たちはかわいそうだ
但し新選組のようなバカなくせに幕府側に付いた者たちは大嫌いだ
23.名無しさん:2018年10月28日 12:43 ID:kMdwT4IE0▼このコメントに返信
現在の政治家や役人と違って若者の育成の重要性を理解していた人物が多かったからだよ
24.名無しさん:2018年10月28日 12:43 ID:0L8GXzHV0▼このコメントに返信
有能は有能だろうけどな
それは今もいる有能レベルだと思うよ
当時差がついたのは海外行ってるかどうかで行ってない西郷たちは粛清されたからスッキリして事を運べたんだろう
戦後の経済復興なんかもそうだが目的があれば立派にやってるよ
公的な人が私的に走りすぎないのと教育レベルが高いからじゃね
25.名無しさん:2018年10月28日 12:45 ID:vTYZQr1w0▼このコメントに返信
安倍と言う徳川慶喜。
26.名無しさん:2018年10月28日 12:45 ID:ZDdP2vPy0▼このコメントに返信
※20
列強の思惑は多分そうだったろう。しかし天皇の存在を甘く見ていた。欧州には無い見えない力。何事も御名御璽が無ければ効力は無い。
27.名無しさん:2018年10月28日 12:46 ID:I0HdSRB80▼このコメントに返信
政治家に限らず、現在でいうところの
大企業の幹部とか経営者、大学の教授なんかの学者・研究者、名アスリート、コーチ、監督
映画監督とかエンターテイナー、作家・・・

あらゆる才能が数うちゃ当たる理論で
政治活動に1点集中した結果だと思うがね

生産性や識字率の向上なんかがベースになってるのは言うまでもないが
28.名無しさん:2018年10月28日 12:46 ID:RuEBKZTm0▼このコメントに返信
江川坦庵と徳川慶喜、が間違いなく偉人で、それ以外は五十歩百歩、むしろそれ以前の松平正信を始めとした幕閣が優秀で、それ以外は、、、、後はもう政治
29.名無しさん:2018年10月28日 12:47 ID:.bYoM8Dc0▼このコメントに返信
歴史的に大きな動きがあって記録が多く残ってるのもあるんじゃないの?
大きなイベントがあると記録残さなきゃ!って多くの人が思うだろうしな。
30.名無しさん:2018年10月28日 12:48 ID:TzVtt3I20▼このコメントに返信
・環境
・上が無能の巣
31.名無しさん:2018年10月28日 12:48 ID:amq2nH.f0▼このコメントに返信
西郷隆盛は現在多くの人達が考えているような人物ではなかったらしい
凄く短気で、チマチマした細かい事を言い、自分が命じて部下に行わせた悪事の責任を部下に取らせて死罪にしたりしているそうだ
32.名無しさん:2018年10月28日 12:49 ID:9Q2.r8DR0▼このコメントに返信
単に時代が近いから情報が多く残ってるだけやで
33.名無しさん:2018年10月28日 12:52 ID:6JokQVOh0▼このコメントに返信
つーか、「有名人が多い」だけであって
「人材が多い」わけじゃない
そりゃ、動乱期に活躍した方が名を残すに決まってる
小説のネタにもなりやすいしなw
その辺は戦国時代と一緒
34.名無しさん:2018年10月28日 12:53 ID:RuEBKZTm0▼このコメントに返信
※28
訂正、松平定信で松平正信じゃなくて
35.名無しさん:2018年10月28日 12:54 ID:0qksdI4t0▼このコメントに返信
歴史が近いから資料がたくさん残ってるだけだぞ。TOPとその周辺以外は主要人物でもなく所詮わき役よ。歴史に名を残す人物はその時代のTOP級の実力者だよ。今有能だと思われてる当時の人材も後になれば忘れ去られるよ。
36.名無しさん:2018年10月28日 12:57 ID:0fno1UkJ0▼このコメントに返信
>元々人材はおったけど、それが世に出られる環境になったのが幕末ってだけなんちゃう?

欧米の脅威を肌で感じて一気に覚醒のスイッチが入ったんやろな。
特に若い世代ほど環境の変化や危機的な状況に素早く順応できるって言うし。
幕末の志士がみんな10代20代の若さで頭角を現したのもある意味納得できる。

今のゆとり世代なんかも世間から散々バカにされてるけど
この先もし日本に何かあれば意外と化けるかもしれんね。
37.名無しさん:2018年10月28日 12:57 ID:rBxeooyN0▼このコメントに返信
逆に言えば人が時代を作るのでは無く
時代が人を求めるんだよ

『英雄が居る時代は悲しい、もっと悲しい時代は英雄を求める時代だ』
38.名無しさん:2018年10月28日 12:57 ID:Y48.8L.w0▼このコメントに返信
いつの時代も有能はいて時代の環境によって埋もれる
39.名無しさん:2018年10月28日 12:58 ID:gIf1PUiP0▼このコメントに返信
最先端の思想を持つ人は凡人・大衆からは理解されない
勝海舟だって当時は一部から国賊だと思われてた
40.名無しさん:2018年10月28日 12:58 ID:BRbVlPHD0▼このコメントに返信
偉人がいても上が芽を潰してたら頭角表せないのよ
そういう意味で今は不幸な時代
41.名無しさん:2018年10月28日 13:01 ID:W7nwS5Hs0▼このコメントに返信
単純に個人本位になって国益ってのを考える役人が減っただけな気がする
どんなに優秀でもナショナリストじゃない公僕なんて只のゴミだからな
42.名無しさん:2018年10月28日 13:04 ID:gIf1PUiP0▼このコメントに返信
幕末の偉人たちも、それまで通り徳川時代が続いてたなら、間違いなく埋もれてただろう。
坂本龍馬は剣術師範として人生を終えてただろう。身分が低い奴は軒並み、名を残さない。
下級武士は下級武士のまま死んでいくから。

43.名無しさん:2018年10月28日 13:06 ID:RQcnRGIG0▼このコメントに返信
列強の草刈り場の舞台が清国であり、日本までどうこする余裕がどこの国にも
なかったというのが本当の所じゃないか。
てか日本も一歩間違えたら英仏代理戦争の戦場になってたな。
44.名無しさん:2018年10月28日 13:06 ID:KLgUEMdX0▼このコメントに返信
明治期に民間から出てきた人材の多さを考えるとやっぱ成功だったと思うよ
45.名無しさん:2018年10月28日 13:06 ID:yKvJjHl50▼このコメントに返信
下克上的な世界では、上が無能なのに、有能がその下で支えてあげる意味もないしな。
46.名無しさん:2018年10月28日 13:08 ID:gIf1PUiP0▼このコメントに返信
※15
古代中国なんかそんな奴らだらけだからな
そいつ殺しちゃダメって奴が謀略や政争のために殺されてしまう
47.名無しさん:2018年10月28日 13:09 ID:gIf1PUiP0▼このコメントに返信
※44
江戸時代が続いてたら、完全身分固定で、その人材みんな埋もれてたからな。
まあ別のやり方で道を切り開いてた可能性もあるけど。
48.名無しさん:2018年10月28日 13:15 ID:TzVtt3I20▼このコメントに返信
※16
>  上司「面白いけど、うちの会社では製品化してもどうだかな~。」

上司(団塊~バブル世代)「・・・ふ~、今日も良い仕事したな~。」
  ↓
失われた30年へ
49.コロンブス:2018年10月28日 13:18 ID:ss.7wbzQ0▼このコメントに返信
これは元レスが当たっていると思う。
50.名無しさん:2018年10月28日 13:20 ID:amq2nH.f0▼このコメントに返信
江戸時代に幕府が北海道、千島列島、樺太、シベリアに進出し、
ロシアがシベリアに進出してくる前の1700年頃には日本領土として置くべきだった
当時の徳川幕府にも有能な人材はいただろうに無能な上司に抑え込まれてたのだろうな
51.名無しさん:2018年10月28日 13:25 ID:bZHZuM3g0▼このコメントに返信
戦国時代に戦争がない状態で内閣組んだら、足利細川土岐上杉(not長尾)とか微妙極まる面子になると思うで
52.名無しさん:2018年10月28日 13:25 ID:X7s7Nh.l0▼このコメントに返信
割と職業選択の自由があって、出る杭は採用されてたりしてたからかね。
皆中卒、高卒、果ては寺子屋、私塾出身でも活躍出来たし。
現在の大学の存在意義を疑うレベルで。
53.コロンブス:2018年10月28日 13:26 ID:ss.7wbzQ0▼このコメントに返信
※43
チャイナに英雄が生まれなかったことを考えれば
日本人は優秀な人材が多かったと言える。

54.名無しさん:2018年10月28日 13:26 ID:Ch5az3GU0▼このコメントに返信
江戸期に培われた教育体制とか藩ごとの統治が人材を育てたとかの
そういう話はどうなの NHKで見たぞ 磯田道史氏が解説してたやつ
そういうのが明治賛美史観なのかそこそこ妥当なのかの議論が見たかったのに
皆自分の感覚レベルの話しかしてなくてがっかり
55.名無しさん:2018年10月28日 13:31 ID:zHHh0yCX0▼このコメントに返信
当時の日本人が生きるのに本気だったからでしょ
56.名無しさん:2018年10月28日 13:34 ID:gIf1PUiP0▼このコメントに返信
※53
シナは科挙のせいだわ
猫も杓子もみんな官僚目指して科挙受ける社会が1千年続いた
シナの優秀な人材は、青春時代をすべて四書五経の暗記に費やして終わる
57.名無しさん:2018年10月28日 13:35 ID:gIf1PUiP0▼このコメントに返信
※54
そう思うならまず君がそういう話を提起するべきだし、そもそも匿名掲示板ではなく本を読むべきだw
58.名無しさん:2018年10月28日 13:37 ID:LoFVk87f0▼このコメントに返信
幕末いわば内戦状態だからな。やっぱ命がけの戦いの中で磨かれて本物が出てくるのだろうな。
各藩が競争状態なのも良かったんだろうな。
59.名無しさん:2018年10月28日 13:39 ID:gIf1PUiP0▼このコメントに返信
※50
竹島も、江戸時代の弱腰対応が今の時代に尾を引いてるからな
当時は鬱陵島も無人島だったんで、日本が領有しようと思えば、
竹島どころか鬱陵島も領有して既成事実化できたのだが、なあなあに済ませてしまった。
60.名無しさん:2018年10月28日 13:40 ID:AsOS.K7N0▼このコメントに返信
※53
林則徐は英雄だと思うぞ
61.名無しさん:2018年10月28日 13:40 ID:s.6H7o550▼このコメントに返信
逆やぞ、

前体制での役立たず達が、

体制側になったから、
オレたちスゲーって、歴史を改竄しただけやぞ。
62.名無しさん:2018年10月28日 13:42 ID:jmCHtJXP0▼このコメントに返信
時代が人を作るのはいつの世も同じなんだろうな
WWIIの撃墜王や名将なんかも平和な時代に生まれてりゃただのオッサンだったろうし
63.名無しさん:2018年10月28日 13:42 ID:gIf1PUiP0▼このコメントに返信
※61
体制側になれた時点で有能だろ
無能なら失敗して体制側になれないんだから
64.名無しさん:2018年10月28日 13:45 ID:s.6H7o550▼このコメントに返信
仮に今の時代に体制を
転覆させようとする奴らがいたとしたら、

そいつら、
英雄だと思うか?

普通に、思想的にイッてる変人共やぞ。

変人共が体制を握ってしまった後に、
本人たちや、新体制の太鼓持ちが、
歴史を改竄し、印象操作していくだけやぞ。
65.名無しさん:2018年10月28日 13:47 ID:s.6H7o550▼このコメントに返信
>>63
ISISとか有能やと思うか?
66.名無しさん:2018年10月28日 13:47 ID:gIf1PUiP0▼このコメントに返信
※65
体制側にはなってないだろ
シリア政府もイラク政府も完全には転覆してないんだから
67.名無しさん:2018年10月28日 13:47 ID:kUr1ue8w0▼このコメントに返信
真面目で勤勉もだが
国全体の箍が締まってた 今は緩んで崩れる一歩手前。

68.桜キッズ:2018年10月28日 13:48 ID:hBDuIOcw0▼このコメントに返信
★皇統、神道、仏教、武士道などから醸成された日本の《国体》によるものであり、戦後GHQによって封印されたのも《国体》であり、以後日本人は劣化を続けている

★参考(神)討論
チャンネル桜🌸YouTube
『【討論!】国体論と戦後日本』[桜H28/2/13]
  出演、馬渕睦夫、小堀桂一郎、田中英道、荒谷卓、他
69.名無しさん:2018年10月28日 13:49 ID:gIf1PUiP0▼このコメントに返信
そもそも新国家設立なんて無能だったら無理だぞ
ISISは狂ってるし賛同はしないが、勢力広げていまだに消滅してない時点で無能ではないわ
70.名無しさん:2018年10月28日 13:50 ID:7CSd6wnJ0▼このコメントに返信
今はこういう偉人が生まれないようにコントロールされてる気がする、戦争で東京に核落ちたり首都直下型地震とか起きて社会が混乱しない限り
71.名無しさん:2018年10月28日 13:50 ID:0L8GXzHV0▼このコメントに返信
※64
封建制やから党が変わるが違いんじゃね
徳川が薩長に変わっただけやし
テロとか言ってそう
72.名無しさん:2018年10月28日 13:51 ID:LoFVk87f0▼このコメントに返信
伊藤だけ見ても若い頃から長州と幕府や外国勢力のあいだで苦労して駈けずりまわって
政治・戦争で勝ったり負けたりの動乱の中をようやく生き抜いたあり得ないような
体験の中で育った政治家だしな。
それと変わらんヤツがうじゃうじゃいるんだからそりゃあ、人材の宝庫だっただろう。
73.名無しさん:2018年10月28日 13:51 ID:s.6H7o550▼このコメントに返信
>>66
そうか?

ならポルポトとか有能やと思うか?
74.名無しさん:2018年10月28日 13:52 ID:kVldN9PH0▼このコメントに返信
混迷と激動の時代だから、有能が本気ださなきゃいけなかったのかな
75.名無しさん:2018年10月28日 13:54 ID:.oUPI.pW0▼このコメントに返信
インターネットとマスゴミが無かったから
今ならSNSとメディアで煽り合いとか足の引っ張り合いとかある
出る杭は打たれるという日本の悪い部分が技術の進歩で逆に強まってるような気がする
76.名無しさん:2018年10月28日 13:59 ID:.oUPI.pW0▼このコメントに返信
当時と現代では「有能」の基準が違う
今の時代、少数の英雄が活躍するのは難しい
民主主義と法治主義を採用している以上は
選挙で勝つことが「有能」になってしまう
77.名無しさん:2018年10月28日 14:02 ID:tOmyc8fK0▼このコメントに返信
実際は有能だったかなんてわからん
時の権力者が歴史書に自分は無能でしたとか書かないし
78.名無しさん:2018年10月28日 14:05 ID:rixgoz1D0▼このコメントに返信
清平の奸賊、乱世の奸雄って意外と多いのかも
79.名無しさん:2018年10月28日 14:06 ID:38M6fA6r0▼このコメントに返信
革命側と保守派が腰の刀で
斬り合うなんてどこの国だよ、とふと思う。
80.名無しさん:2018年10月28日 14:08 ID:rixgoz1D0▼このコメントに返信
※78
千里の馬は常に有れども、伯楽は常には有らず。の方が良かったかな
81.名無しさん:2018年10月28日 14:08 ID:UjcV3Cci0▼このコメントに返信
厳しい世界にならないと優秀な人材は生まれない
82.名無しさん:2018年10月28日 14:09 ID:VoV00wpb0▼このコメントに返信
比較的近い時代の出来事やから、記録も記憶も残ってるってだけと違うんか。
83.名無しさん:2018年10月28日 14:19 ID:bNNzNc630▼このコメントに返信
無能は全員斬られてたからだぞ
84.名無しさん:2018年10月28日 14:31 ID:6ozj5yk90▼このコメントに返信
今でも日本は相当な人材がその辺に隠れてるぞ
でも、その人たちが国家にとって適材適所にいるわけじゃない
日本って妙な国で、教育の普及と知識に触れる環境が(あくまで)比較的充実してるから
知識人と呼べるような人材がそこら辺の町工場で職人してたり地方の管理職してたりする
その一方で、戦後のアレな連中のせいで、知識人層と呼ばれる層の内情は壊滅状態で
筋の通らない事しか言わないような異常者が結構頻繁にいる
・・よくテレビに出てたりもする
85.名無しさん:2018年10月28日 14:40 ID:qYuXx1a10▼このコメントに返信
1 基礎教育
2 TPO
この二つがあればアフリカ大陸でも発展は可能。
日本の英語教育(英会話)が悪いのは、文科省・システム・日教組が悪の根源。
4歳くらいから15歳までの義務教育期中に、毎日30分ほどリスニング すればほとんどの日常英会話か出来る。
86.名無しさん:2018年10月28日 14:42 ID:iFfEi6dE0▼このコメントに返信
おれの魔眼が開眼した瞬間だったからなあ
87.名無しさん:2018年10月28日 14:43 ID:0szXsR690▼このコメントに返信
※83
明治まで生き残ったのは無能が多い
伊藤、山縣のような底辺から這い上がった有能もいるが長州出身と言うだけで高官につき賄賂とるだけの無能も多かった
長州の有能は幕府との激しい戦いであらかた死んじゃってるから
88.名無しさん:2018年10月28日 14:44 ID:gtFzTuw20▼このコメントに返信
乱世には上司や権力や権益に逆らってスタンドプレーで強引に物事を進めることが出来る有能が英雄になるけど、平時にはいくら有能でも組織行動できない人は邪魔どころか害悪の場合すらある。

幕末は幕府自体が人材の育成や発掘をしていたらから、そこから頭角あらわした人もいるけど。
89.名無しさん:2018年10月28日 15:07 ID:gtFzTuw20▼このコメントに返信
ちなみに諸藩はともかく、幕府の実務官僚は基本的に実力主義で、能力があれば旗本の最下層からでも出世出来る余地があるし、幕府側もその有能な当人の世代にだけ役料として特別手当てを払うという仕組みが構築されている。有能な人材の子供は親衛隊配備くらいはしてもらえる事もあるけど、無能なら実務官にはなれない。これで無能は官僚から排除されるから、身分制とは言え長い年月腐敗せずに政治が行われてきたし、同時に旗本は有能になるように教育されてきていた。幕末は幕府側を無能に描くことも多いけど、実際はそんなことはない。
90.名無しさん:2018年10月28日 15:08 ID:bWsMk33n0▼このコメントに返信
日本の場合、人材は普段からいるのよ
幕末は、お偉いさんが従来制度の限界を感じて若手を登用したから変革が起きた
ある意味それを許した上が偉い
91.名無しさん:2018年10月28日 15:13 ID:NbJV7N0p0▼このコメントに返信
もしかしたら「トーナメント理論」ってやつなのかも。
 〇〇の予言ってよく当たるよね   → そりゃそうだろ。予言があたったやつが残ってるわけだし。 
 プロ野球選手は、有能な人が多いね → そりゃそうだろ。すごいヤツを集めたのがプロだし。
 幕末の人材は、有能な人が多いね  → そりゃそうだろ。有能な人しか注目を集めないわけだし。
みたいに。
92.名無しさん:2018年10月28日 15:24 ID:rXz3dtLe0▼このコメントに返信
元々の民族的な性格が「周りとか世間に合わせる」だし
平時だと平和に無難に合わせる
有事や乱世だと良くも悪くもはっちゃけてヒートアップして隠れてた人らが表に出る
93.名無しさん:2018年10月28日 15:25 ID:sN3k4OtT0▼このコメントに返信
在日のお陰ですわ。日本人はもう少し在日を敬いなさいよ。
94.名無しさん:2018年10月28日 15:31 ID:QrzKRpE10▼このコメントに返信
根本的な原因はGHQだろうけど、幕末はマスゴミいなかったからかなぁ・・・。
第一次安倍、麻生、中川昭一・・・マスコミが正常ならもっと有能な政治家いたと思うわ。
95.名無しさん:2018年10月28日 15:33 ID:i.kr222a0▼このコメントに返信
この時代に優秀な下級武士が沢山いたが、その時に優秀なリーダーがいたから明治維新を乗り越えたんだろう
そしてその事が日本が西洋の植民地にされずに済んだのかもしれない
96.名無しさん:2018年10月28日 15:34 ID:1LExKYSp0▼このコメントに返信
人材が少ないからこそ逆に少数の精鋭が目立っただけとか有事なので記録が詳細に残ったとかではないのか?
今の日本人官僚に無能扱いされるけど幕末に送り込めば処理能力とか他を圧倒すると思うぞ
97.名無しさん:2018年10月28日 15:34 ID:mEv8l2Mu0▼このコメントに返信
※85
日本で英語が発達しないのは日本語で最高の比喩表現が出来るから。
語彙がおおく古文ですら読んで意味を理解できる環境が他言語の壁になる。

言葉文化が発達しているから、表現に他の言語を使うメリットがない。
感情表現の乏しいやつに限って横文字を使いたがる。都知事とか。

98.名無しさん:2018年10月28日 15:39 ID:NbJV7N0p0▼このコメントに返信
※97
言語は文化だよね。
エスキモーは、雪に関係する言葉が日本に比べてすごく多いらしい。
朝鮮人は、罵倒語が異様に多いとか。
99.暴君:2018年10月28日 15:47 ID:GeeUMDas0▼このコメントに返信
 
 人材の宝庫だったんじゃなく、

万人にとって、チャンスの宝庫だったんだよ。www
100.名無しさん:2018年10月28日 15:53 ID:i6jZ3AjL0▼このコメントに返信
組織が小さいとフットワークが軽いからね。
101.名無しさん:2018年10月28日 15:56 ID:qAFtK24C0▼このコメントに返信
松林を歩むに、玉石の上を龍蛇の歩みに似たり 余目 清川八郎。
102.名無しさん:2018年10月28日 16:00 ID:SK5ltPX.0▼このコメントに返信
中央集権のために廃藩置県をやってなければ、どうなっていたか分からない。
良くも悪くも西郷が居ないと出来なかったはず。(適当)

でもいまは逆に中央集権の弊害だらけになってしまったが、誰も改善できない。
またあの世から西郷を召喚しないとイケないのかな。
103.名無しさん:2018年10月28日 16:05 ID:amq2nH.f0▼このコメントに返信
人材雲霞(うんか)の如し  自民党
104.名無しさん:2018年10月28日 16:16 ID:NdQOZ.pN0▼このコメントに返信
※88
上司や権力や権益に逆らえば、普通に切腹という時代なんですけどね。
あの時代は、今よりはるかに命が軽かった。
ただ、自分の命さえも賭け物にできる人間がたくさんいたってだけ。
105.名無しさん:2018年10月28日 16:23 ID:NdQOZ.pN0▼このコメントに返信
※96
そんな甘くねーわ。
コンピュータどころか電卓さえない時代だぞ。複雑な計算算盤と算木でやらなきゃいけない時代。
あと判例法の法体系で、その判例覚えてないとかね。どこに今の官僚使い所あるんだ?
106.名無しさん:2018年10月28日 16:23 ID:J5IKEC6t0▼このコメントに返信
第二次世界大戦時の学徒動員は、世紀の愚策だったと思う。
学徒動員で倒れていった者が生きていれば、SONYやホンダのような企業がもっと生まれてた。

例えば、米空母バンカーヒルを特攻で大破させた「安則盛三中尉(21)」と「小川清少尉(22)」。
二人とも、猛烈な対空砲火をくぐり抜け、一度爆弾を投下してから、特攻してる。
特攻隊員は十分な飛行訓練を受けていなかったのに、短期間で熟練した天才だったようだ。
爆弾を抱えたまま特攻せず、状況をよく見て最適な判断をする度胸と頭脳とキレも持ってた。惜しい。
107.名無しさん:2018年10月28日 17:05 ID:fF.ld5IX0▼このコメントに返信
江戸時代は各藩が教育を管理して競い合って人材育成してた、能力主義だから有能なら若くてもどんどん出世させて明治維新を成し遂げ日露戦争にも買った。明治以降は帝大を頂点とした中央が教育を管理するシステムになって敗戦国になった…そして今、権力と売春と天下り先の事しか興味がない文科省が管理をしている…
108.名無しさん:2018年10月28日 17:33 ID:.02Z2Kou0▼このコメントに返信
>>106
成功失敗に関わらず、その国の識字率が一定の割合を超えた国では革命が起こっている。
明治維新も一種の革命と言える。
109.名無しさん:2018年10月28日 17:38 ID:3uzCcu4w0▼このコメントに返信
※105
法令を覚えていなくても自分たちで法律つくれるんだから何も問題ないだろう。
算盤、算木使わなくても四則演算が出来るだけで、出来ない人間ばかりなのだからある程度まで行けるだろう。
さらに、全国のいろいろな物の規格を統一すること、規律を保つことが出来ればもっと上に行ける。
110.名無しさん:2018年10月28日 17:39 ID:ErVnSZ4U0▼このコメントに返信
勝てば官軍負ければ賊軍なだけやぞ

結果を出せたから美化されてるだけで、当時に生きてたなら、
維新の英傑たちは間違いなく世紀の大悪党揃いに映る

自作自演工作の薩摩御用盗なんて、どうにも擁護できない

現代に例えるなら、軍事クーデターで現日本政府を倒して、
その後の政権で日本大復活を遂げたら、
反政府デモを率いてた連中が全て稀代の英雄とされているようなものだ
111.名無しさん:2018年10月28日 18:01 ID:i98kBDOJ0▼このコメントに返信
だってなあ、政治するには「金」が必要なわけで、、、

戦だってないんだから、埋もれているに決まっているわな。


プロ野球と一緒でダルビッシュがいなくなったと思ったら大谷。大谷がいなくなったと思ったら清宮。なんやかんやどの分野もポコポコ出てくるんやろ。
112.名無しさん:2018年10月28日 18:03 ID:nq4hlKLf0▼このコメントに返信
幕末が輝いて見えるのは、尊王攘夷、開国、公武合体、佐幕と目指すものが噛み合わない連中が
全て日本を生き残らせる事を目的に戦っていたところだよ
そこが反日と反日を追い出したいだけで、日本の未来は二の次の今とは全く違う
お互いに胸糞が悪いからっていうのが原動力だから、切羽詰まった危機感も希薄だし
だから屁理屈や揚げ足取りでのマウント取りばっか
113.名無しさん:2018年10月28日 18:11 ID:08389xF70▼このコメントに返信
今の県と違って藩はそれぞれが小さな国みたいなもん
それぞれに国を運営する能力と実績を持った人たちがいて維新を影で支えたんだと思う
脚光を浴びたのは下級武士だの脱藩浪士だの若い志士だけど、実務やる現代の官僚クラスがいないと国は運営できないでしょ
有能であれば幕府側からも登用したのが明治政府の成功のカギなんじゃないかな

114.名無しさん:2018年10月28日 18:17 ID:R9IsdHyR0▼このコメントに返信
乱世で既存の権力構造が崩れるから、実力で成り上がる連中が台頭するから
なお、うまく行っても革命派の最低半数は内ゲバで乙る模様

フランス革命なんてナポレオンが出てくるまでグッダグダだったからな
革命派の主要人物殆どが一度以上政治的or物理的に廃除されてるからな
115.名無しさん:2018年10月28日 18:22 ID:enKBTifA0▼このコメントに返信
武士を使って武士の世の中を終わらせたんだから凄い。
まあ、騙したんだよな。
島津久光だって「島津幕府」が出来るって本気で思ってたからね。
116.名無しさん:2018年10月28日 18:33 ID:p4KY0HWa0▼このコメントに返信
僕が総理大臣になれば日本はGDP1位になれるのに、やらしてくれんからな。
どんな良い事言っても国民は必ず自民党に入れるだけ。思考停止ですから
117.名無しさん:2018年10月28日 18:57 ID:bWsMk33n0▼このコメントに返信
※109
電卓が使えない江戸末期なら、そろばんに使い慣れてる商人・武士がごろごろいるわ
江戸時代に遊びで解かれていた算学の絵馬とかでは、かなりの高等数学が庶民も解いていたことがわかってる
江戸時代の教育をなめたらあかん
118.名無しさん:2018年10月28日 19:05 ID:lvAHuUx.0▼このコメントに返信
※64
ウクライナを見りゃ、後ろ盾になった国次第では今でも英雄だろ
後ろ盾が西欧諸国の国家転覆なら今でも英雄だぜ
119.名無しさん:2018年10月28日 19:10 ID:BpRiC9n.0▼このコメントに返信
戊申の役に当たって,これから起きることは内戦だから諸外国は手出し無用って
仁義切ったって話聞いたことあるけど,本当?
徳川慶喜だったか。そんなこと,どこで覚えたと思った
120.名無しさん:2018年10月28日 19:12 ID:lvAHuUx.0▼このコメントに返信
※70
ちゃうちゃう
 平時ってのは継続的な権利や義務を維持しながら変えて行く必要があるから現状認識から二律背反的な法の齟齬が無いようにする事にエネルギ―の殆どを費やすから身動きが取れないだけや
 明治維新とか終戦直後のような時代ってのはハッキリ言ってそれまでの関係を無視して辣腕を堂々と振えるって圧倒的なアドバンテージがあるのよ・・・極めて簡単に言うと、第一次安倍政権と第二次安倍政権の動きの違いだね。本人のポリシーと行動は変わって無いけど、周囲(野党)の状況の差が(第2次安倍政権は民主党政権の経験後って事で)評価にハッキリと差を産みだしてる
121.名無しさん:2018年10月28日 19:46 ID:NdQOZ.pN0▼このコメントに返信
※109
>算盤、算木使わなくても四則演算が出来るだけで、出来ない人間ばかりなのだからある程度まで行けるだろう。

江戸時代の数学のレベルすら把握してイなのか。

あと、現行の法制度の理解なくして、改革なんて無理。
毛沢東とかスターリンレベルの社会観・経済観だな、しかし。
122.名無しさん:2018年10月28日 20:18 ID:6JokQVOh0▼このコメントに返信
有能無能の話じゃない
人気があるか否かの話
ドラマチックに活躍した人物は人気高い
そりゃそうだろ
だから、混乱期の時代は「偉人」が多い
平和の時代には少ない
それはあくまで「人気」の差であって「能力」の差じゃないんだが
123.名無しさん:2018年10月28日 20:38 ID:aXfPMn0v0▼このコメントに返信
幕末の人間は自分で見聞きした事や、提唱する人間と納得するまで話し合った上で行動するから有能が多い。
それ以降は大衆が風潮を作って、それに扇動される形で行動するようになったから、無能が多い。

結局は一人の熟慮できる人間の行動のほうが、良い結果を生み出す事が多いのよね。
124.名無しさん:2018年10月28日 20:42 ID:9YnGvLSd0▼このコメントに返信
幕府の勘定奉行だった小栗忠順ってもの凄く有能だったけど、幕府側だからマイナーだしな
下手度藩主で幕府の老中格兼会計総裁に取り立てられた立花種恭とかも面白いんだけどね
125.名無しさん:2018年10月28日 21:40 ID:.HcHcq0Y0▼このコメントに返信
別に人材の宝庫って訳じゃないと思うぞ?
曹操孟徳は「治世の能臣、乱世の奸雄」って称されたけど、「治世の能臣」って目立たないでしょ?
同じ人間でも乱世で無ければ「人材」として認識され辛いってだけ。
126.名無しさん:2018年10月28日 21:48 ID:TSWF.uut0▼このコメントに返信
パヨクが存在しないからでしょ。
127.名無しさん:2018年10月28日 22:38 ID:Jz0jDujD0▼このコメントに返信
各藩が独立してたから、それぞれの藩に有能な担当者も多かった。
外交も、幕府に対して普段から本気でやってたし。
それのえりすぐりを掬いとってるから。
失敗したら腹切る覚悟だし。
128.名無しさん:2018年10月28日 22:57 ID:869bnyVq0▼このコメントに返信
教育だよ
命より上位のものがあるかどうかが一番大きい
命をかけて何かに挑戦し負ければあっさり死ぬ
今の臆病で矮小な日本人とは違う民族だよ
129.名無しさん:2018年10月28日 23:27 ID:mcpq.G3k0▼このコメントに返信
実力があれば無学な平民でものし上れたからだよ。
一度国が武力蜂起で新国家になってその世代の連中が消えるともうダメ。
あとは教科書出来る奴が偉くなる。
当たり前だが実戦は教科書できても駄目だ。辻、牟田口、源田、大西みたいのがいい例。
昭和初期に幕末世代の活躍した連中がいても出世しなかったろう。
そこそこ裕福で無いと士官学校も行けやしないしな。
130.名無しさん:2018年10月28日 23:36 ID:sjuQbaM20▼このコメントに返信
みんなグダグダ言っているが
今まさに転換期じゃん

あと20年もしたらシンギュラリティやらAIやらで、どうあがいても這い上がれるわけないし、最後のチャンスじゃん。
中国とインドという2つの国だけで世界の1/4の人口を占めてる国が躍進し、更に東南アジアやアフリカも急成長してる。

テクノロジーでも殆どの有名な経営者が、産業革命以上の革命がいま正に起こりつつあるとすら言ってるし。
今ほど変動を転換期じゃなかったら何が転換期なんだよ
131.名無しさん:2018年10月29日 00:44 ID:9d5ElUXa0▼このコメントに返信
※130
そうなんだよね。
今、チャンスなんだ。
社会制度も経済も外交も変わりつつある。
見つけて実行したもん勝ち。
132.名無しさん:2018年10月29日 02:39 ID:tvPj6cyV0▼このコメントに返信
リアルに「生きるか死ぬか選べ。 座ってたら確実に死ぬ」という運命のカギが目の前でぶらぶら揺れたら、
現代のニートだって立ち上がるさ。 時代はそういう時代だった。
133.名無しさん:2018年10月29日 07:50 ID:kmZ6tyNR0▼このコメントに返信
売り出し人がいたから
今の芸能事務所みたいなもん?
134.名無しさん:2018年10月29日 10:45 ID:miE3JCIH0▼このコメントに返信
>幕末の日本って何であんなに人材の宝庫やったんや?

バブル崩壊以降の人罪も幕末に負けてないぞ。
特に団塊世代は日本史上一番の人罪の宝庫。
2000年の一人当たりGDPはアメリカより上の世界2位だったが
たった17年で25位まで没落。G7では1位からビリ2位まで転落。

2000年以降、世の中を仕切った世界中の国々の老人の中で
団塊世代はトップクラスの無能だったw
135.名無しさん:2018年10月29日 12:30 ID:v4.Vj.8s0▼このコメントに返信
日露戦争は日本にとっては全力投球なんだけど
露西亜にとっては地域リーグみたいなもんだよ
136.名無しさん:2018年10月29日 13:26 ID:G1AnyOUk0▼このコメントに返信
※115
だよなw
島津久光と西郷隆盛が仲良くしてくれれば良かったんだけど
「西郷も嫌い、大久保は、もっと嫌いじゃー!!」だからねww

本当に家老職の人が大変だったろうなぁ~と思う。(^-^;)
137.名無しさん:2018年10月29日 15:45 ID:A6XJlNUZ0▼このコメントに返信
※125
だって、太平の世の中を維持する為の仕事って有能じゃないとできないけど、評価されないもんねぇ。

あと、乱世だと『やったらデメリットになるかもしれない』って言うリスク管理よりも『やらなきゃ俺に明日は無い』って言うデッド オア アライブ状態だから、やたらと行動的で活動的。できない奴らはデッドで淘汰されて、残った奴らは超実践派の優秀で運が強い奴ら。
138.名無しさん:2018年10月31日 12:20 ID:4HTHqC2E0▼このコメントに返信
今の日本も無能じゃ生きていけない環境だよね
まあ有能な奴は日本見限って海外行くけどw

お名前