2020年11月23日 05:05

幕末の日本って何であんなに人材の宝庫やったんや?

幕末の日本って何であんなに人材の宝庫やったんや?

03


引用元:幕末の日本って何であんなに人材の宝庫やったんや?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1540549436/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:23:56 ID:FFX
打線組むとしたら伊藤博文とか大隈重信とかがベンチスタートになるレベルやん

2: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:24:49 ID:jKZ
だって平時は有能が邪魔者やし

3: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:24:51 ID:Ycw
元々人材はおったけど、それが世に出られる環境になったのが幕末ってだけなんちゃう?

4: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:25:35 ID:BW8
問題は周囲の状況かと

5: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:25:46 ID:ctL
社会的ベースがあれば常に有能予備軍がたくさんなんやで

6: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:26:02 ID:7ss
有効活用されるか否かで有能はいつでもどこでもおるやろ
アフリカにもいっぱいおるぞ

7: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:29:31 ID:opO
今の政治家と幕末の政治家の一番の違いは戦場に出たことがあるかどうかやと思うわ

命の重さとか軽さを知ってないとあの行動力は出ないやろな

8: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:30:14 ID:OyH
変革の時期だから色々表に出てきただけやで

10: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:31:14 ID:LHd
ただ生き死に入れ替わりが激しいよな

13: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:33:13 ID:IFJ
勢いで新撰組入ってブラックさ加減に驚くやで

15: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:34:16 ID:FFX
>>13
でも給料よかったんやで

16: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:34:57 ID:LHd
>>13
あと英会話とか学べたらしい

17: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:35:38 ID:XD1
幕末から日露戦争までがピークだった感

19: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:36:59 ID:Ycw
>>17
ピークではないけど成長曲線の右肩上がりっぷりがね…

21: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:38:35 ID:LHd
>>17
後先考えずに買収しまくる新興ベンチャー企業みたいな感じだな

20: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:38:10 ID:5rz
どの時代にも有能はそれなりにいると思う
それが発揮される環境やタイミングがあるだけで

24: 【51】【37】【93】 2018/10/26(金)19:39:38 ID:xP3
世の中が乱れるとワイが頑張ってなんとかしちゃろうという奴が増えるからね

25: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:39:42 ID:7ss
結局明治維新って有能やったんかどうかようわからんわ
幕府じゃ無理やったんか

29: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:40:56 ID:Ycw
>>25
ワイはある程度封建的な身分制度残しといても良かったと思うてる

31: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:41:49 ID:IFJ
>>29
四民平等の建前あらへんかったら明治以降のブーストあらへんかったんちゃう?

38: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:44:08 ID:LHd
維新自体は必要だったろうけど、倒幕派・新政府軍のやり方はあまりに荒すぎたわな
「政治工作に負けそうだから武力で黙らすやで」とか共産革命と大して変わらん

41: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:45:19 ID:Ycw
>>38
救いは新政府側も基本的には権力サイドにいた人間やったってとこやな
あれがフランス革命みたいな階級闘争やったら本気で日本終わってた

40: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:45:13 ID:XUK
新撰組の幹部連中も元は百姓だしな
やっぱ実力が無いと世の中に出られなかった時代なんやろ

46: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:47:46 ID:5yd
有能でないと生きていけない
生き残れない環境がある程度続いて
なおかつ無能が生き残れない環境が出来たから

49: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:48:42 ID:opO
慶喜は無理やり将軍やらされただけだからな

54: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:50:33 ID:LHd
>>49
その割には政治的な対応が上手すぎる件
鳥羽伏見開戦までの流れは流石腐っても将軍やと思うわ

58: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:51:17 ID:Ycw
どうでもええけど新撰「組」なのに隊士っての昔っから違和感あったわ
新撰組組員じゃいかんのか?

60: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:52:02 ID:5rz
>>58
新選組の各隊の隊士なんだろ

61: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:52:08 ID:IFJ
>>58
近藤勇も局長やしな

62: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:53:07 ID:XD1
新撰組は内ゲバの方がヤバいからな
土方みたいなスターがいたからこそポジティブな立ち位置でいられる

70: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:55:21 ID:XD1
なんか維新後の欧米列強と日本との関係を見ると、案外良い連中に見えてくる
技術の提供とか軍艦の購入とか得られた利益結構デカかったし

73: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:56:58 ID:Ycw
>>70
薩英戦争とか含めて一発かましたのはデカかったかもな
完全に侵略するより都合のええ取引相手にした方が得と思わせる事が出来た

75: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:57:36 ID:LHd
>>70
善意でやってたのかなぁ
どっちかって言うと今の投資家みたいな感じじゃないの?
好きでも嫌いでもないけど何か俺らの真似したいらしいから適当にビジネスしとこうかみたいな、冷めた感じ

78: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:58:11 ID:XD1
>>75
そら善意ではなかろうよ
でも侵略して搾取するほど下にも見られてなかったのは確か

77: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:57:54 ID:ctL
>>70
日本の立ち回りと戊辰戦争で武力見せつけたからやぞ
欧米が「こいつらヤベェ」って思ったから実力行使を控えたんや

86: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:00:41 ID:XD1
30かそこらの軍人一人に日本騎兵の育成を任せる辺り、若者にとっちゃ夢のある時代だったな明治は

87: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:00:43 ID:LHd
今の日本ならともかく、幕末・明治の日本を侵略する旨味ってあるのかな?

90: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:01:22 ID:7ss
>>87
貿易で利益あげられたら十分やからな

99: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:01:46 ID:PJV
>>87
人口があるならそれだけで市場になりますやん
てかアフリカ見る限り19世紀は旨みなくても植民地にしていくスタイルやな

91: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:01:28 ID:vjd
革命やら変革やら起こると自然と有能が上いくからね
フランス革命も然り

106: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:02:53 ID:Ycw
>>91
フランス革命は結局グダグダの失敗なんですがそれは…

110: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:03:25 ID:MWu
>>106
最終的に百年かけて民主制になったから成功やぞ

115: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:03:53 ID:vjd
>>106
あれが無かったらナポレオンもタレーランもフーシェも諸々の元帥も出てこんかったやろ

107: ■忍法帖【Lv=9,てんのもんばん,jdn】 2018/10/26(金)20:02:57 ID:XD1
植民地にするなら山だらけの日本よりも清のほうが美味しかった説

120: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:04:16 ID:JFh
>>107
既に手を出しとるし

138: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:06:40 ID:LHd
>>107
ヨーロッパから最も遠くて、しかも島国で、めぼしい資源も無いとか、美味しくなさすぎるわな
桃鉄なら基本スルーする秘境駅みたいなもんやで

142: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:07:34 ID:PJV
>>138
でも幕末の日本には金があったから…

148: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:08:45 ID:Ycw
>>142
ガバガバ両替で無事流出した模様

152: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:09:40 ID:PJV
現代でも同じように人材はおるんやろな
ただそれが活用されなかったり社会に対する義務感が薄かったりするからこうなるんやな

173: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:13:36 ID:XD1
明治のドイツは絶好調だったな
なお第一次世界大戦

184: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:15:13 ID:Ycw
>>173
戊辰戦争から毒ガス飛行機戦車で戦争するようになるまで半世紀しかないって考えるとすごいな…

178: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:14:17 ID:7ss
ドイツとかいう成り上がりやべーやつ

188: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:15:54 ID:PJV
19世紀の進歩の速さよ
ナポレオンがWW1後半の戦場みたら理解できなさそうやな

193: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:16:31 ID:7ss
>>188
産業化された国が大陸中で戦争する狂気

195: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:16:42 ID:8Az
>>188
塹壕だらけの戦場を見てなんやこれ?って言いそう

199: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:16:53 ID:PpO
>>188
ナポレオンは普仏戦争ぐらいまでなら
戦場を見れば理解できると言われてるが
Ww1の戦場を見ても何をしてるか分からないだろうって言われてる

216: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:19:17 ID:PJV
>>199
それまで数千年歩兵の常識だった密集陣形がないんやもんなぁ
ナポレオンの時期でも散兵はあるっちゃあるけど小規模やし
てか点だった軍が戦線っての作ってる時点でだいぶ驚きそう

224: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:20:39 ID:XD1
国民「ロシアに勝った!これは賠償金がっぽりやろなぁ」

229: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:21:01 ID:7ss
>>224
結局民度が重要ってはっきりわかんだね

236: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:21:42 ID:IFJ
>>229
当時のロシアの民度は?

238: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:22:01 ID:7ss
>>236
高いわけないんだよなぁ

244: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:23:20 ID:Iy9
>>236
どの国も現代基準だと蛮族同然やろ

225: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:20:45 ID:LHd
生き急ぎまくりの19世紀

259: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:25:15 ID:LHd
戦国時代や幕末期に殺し合いがなくて、今みたいに国会開いて内閣組んだらすごいメンツなんやろなぁ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年11月23日 05:11 ID:6Img65Ax0▼このコメントに返信
こんなどうでもいい話題より、#FreeMeleeに参加しよう。
スマブラDXの歴史ある大会が、任天堂によって中止になってしまった。
抗議して中止を撤回させるべき。
2.名無しさん:2020年11月23日 05:22 ID:7Mguvf2l0▼このコメントに返信
>当時のロシアの民度は?

日本に負けたことが許せなくて帝政打倒するために共産主義という悪魔を召喚した
3.名無しさん:2020年11月23日 05:34 ID:H69UhIfj0▼このコメントに返信
勝海舟ですら45、6とかだし歴史動かしてた連中若いの多いなあって思うわ
4.名無しさん:2020年11月23日 05:43 ID:ZvVero5p0▼このコメントに返信
新たな時代が興る時には有能で情熱的な人達が集まるのかも知れない。
西洋クラシック音楽の創成期も、例えは悪いけど灯に寄せられる蛾のように集まってた。
それを世論操作などして人為的に起こそうとすると中々上手くいかないみたいね。
5.名無しさん:2020年11月23日 05:53 ID:hOu8wE8d0▼このコメントに返信
今の時代に竜馬がいたとしても、時代に埋もれたんじゃないかと思う。

逆に幕末に生まれてたら、お前が一廉の人物になれてたかもよ。

英雄が時代を作るんじゃなく、時代が英雄を生むんじゃないかな。
6.名無しさん:2020年11月23日 05:58 ID:xqdpfEbk0▼このコメントに返信
江戸200年は全国で死に物狂いで農産物生産をやった。
その結果、余剰人員が活動するエナジーが満ち溢れた国になっていた。
そうした食い物エネルギーが豊富だったことは見過ごされがちだな。
7.:2020年11月23日 06:00 ID:gZ7ynP.30▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
8.名無しさん:2020年11月23日 06:00 ID:gZ7ynP.30▼このコメントに返信
「 渋 沢 栄 一 について興味深いのは明治末期に姉崎正治らが始めた
  宗  教  ワ ン ワ ー ル ド 運 動 = 帰一協会の結成メンバーだった事である。
 中央銀行を作った渋沢は  ロ ス チ ャ イ ル ド  と繋がりがあったと思われる。」
ttps://twitter.com/kikuchi_8/status/1115669368493363201/actions

「津田梅子にしても村岡花子にしても
 現在の日本支配層が持ち上げる女性の偉人は、
 決まってクリスチャンである。」
ttps://twitter.com/yoshimichi0409/status/1115580051796312064/
9.名無しさん:2020年11月23日 06:01 ID:Zicvn.CF0▼このコメントに返信
ミームが伝搬していくのだ
拡散力がそれはもう、すごい人だらけ
今のバズりとか遥かに凌駕する
10.名無しさん:2020年11月23日 06:01 ID:gZ7ynP.30▼このコメントに返信
アフ.ィカ.スが好きなものは移民推進自民党とか、
CSIS(イエズス会)とか、キリシタンに好意的だった織田信長とか、

朝.鮮.人も日本人にしてしまった薩.長政権=大日本帝國とか、
モンゴル侵.略帝國や 満州や 朝.鮮などです。

基本的にアフ.ィ/カ.スは日本という国が嫌いなのです。
自民党信者の教義では「日本はサタンの国」。

要するに彼らは「日本」という
既存の秩序を破壊してくれそうなものが好きなのです。
11.名無しさん:2020年11月23日 06:02 ID:l5T92wZW0▼このコメントに返信
八方手を尽くして幕府が駄目だからああなったのに、幕府のままでもやれたとか言ってるやつって、
「ぼくのかんがえたさいきょうのしゃかいしゅぎ」なら今度こそうまく行くって妄想とよく似ている。
12.名無しさん:2020年11月23日 06:02 ID:gZ7ynP.30▼このコメントに返信
日本に移民政策などグローバリズムを強要している
アメリカのCSISの起源はイエズス会。
その手先が統一教会。

グローバリストで移民推進の安倍信者、
自民党信者は統一教会の信者。

まとめアフ.ィカスに指示を出しているのは
シオニズム=ネオコン系の朝鮮カルト統一教会。

だからキリシタンに好意的だった織田信長をゴリ押しして、
キリシタンから日本を守った江戸幕府を憎んでいるのです。
13.:2020年11月23日 06:04 ID:gZ7ynP.30▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
14.名無しさん:2020年11月23日 06:05 ID:gZ7ynP.30▼このコメントに返信
「 自 公 は 移 民 推 進 前提で戸籍法を破壊しようとしている。
 野党も賛成だろうから、与野党が日本の治安を脅かそうとしている。
 偽装結婚、偽装離婚もカンタンになり、
 不 正 受 給、 ス パ イ 流 入 が 増 え る !」
//twitter.com/navisukestyle/status/1314474178125258752/  

↑ まとめカ.スって、どうしてわざわざ、この手の政策ばかり支持するの? 
   日本が嫌いなパ.ヨクなの? カルトなの?


↓ YES, OF COURSE!
  カルトです!
        【 宗 教 】
「       統 一 教 会 系 閣 僚 9 人 。
安倍政権と変わらぬ菅政権の”新宗教・スピリチュアル・偽科学”関係」
「安倍内閣とほぼ変わらない ”カ ル ト 内 閣 ”ぶりである」
 ttps://hbol.jp/231818 
15.名無しさん:2020年11月23日 06:06 ID:gZ7ynP.30▼このコメントに返信
「安倍総理そのものが朝.鮮.統一教会や在.日パチ.ンコ業界などとズブズブなのにもかかわらず、朝.鮮ヘイ.トを大々的に展開しているのも朝.鮮勢力なんだから、とんでもないヤラセと騙しの実態」 
「日本に「グローバリズムの夜明け」をもたらしてしまった長州(売国)テ.ロ.リストの一族やそれを支援する勢力(橋下・竹中など)が特権的な力を与えられているのは、これまでの様子を見てきたも明らかなんじゃんないかな」
ttps://yuruneto.com/abe-simonoseki/

  もちろん菅政権はこういう路線を継承します。  ↓
【悲報】「鳩山元首相が「東アジア共和体」の実現を掲げる「共和党」なる政党の結成を目指す由。世界連邦派の攻勢?
 R C E P の 推 進 という点で 安 倍 と 鳩 山 は 意 見 が 一 致 。 」
twitter.com/kikuchi_8/status/1187778458161598466

【悲報】「安倍は公式のスピーチで「国境や国籍に拘る時代は過ぎ去りました」と述べたが、
これは役人が書いた原稿を読んだだけというより本人も本気でそう思っている可能性が高いと思う。
安倍の推進する政策を見れば明らかなのである。環太平洋地域のみならず
中 国 や 韓 国 と ま で 経 済 統 合 したがっている事を見ても。」 ← ← ←
kokuhiken.exblog.jp/29505110/
16.名無しさん:2020年11月23日 06:08 ID:HuNZu.jS0▼このコメントに返信
人物は何時でもそれなりには居ると思う
問題は活躍出来る舞台が有るかだ
だから時代が人を呼ぶと言う言葉が有る
今信長や秀吉が居ても何も出来無いだろうね
17.名無しさん:2020年11月23日 06:09 ID:V45XKfVY0▼このコメントに返信
WW2終戦後の民間会社も上がごっそり抜け、末席取締が社長になったケースが多いが、それがのちの発展につながった。
18.名無しさん:2020年11月23日 06:09 ID:s9xBPa700▼このコメントに返信
学校開いて優秀なのを吸い上げてたのは優秀だったかな
幕府の官僚側でも優秀なのが揃うことになってた
薩摩はともかく長州はどうなんだろうな
19.名無しさん:2020年11月23日 06:19 ID:xqdpfEbk0▼このコメントに返信
幕末の動乱で素質のあるヤツが磨かれた側面は大きいだろうな。
政治や戦争の練習になった。
それが明治以降の日本の躍進に役立った。
20.名無しさん:2020年11月23日 06:35 ID:wcA.HLoP0▼このコメントに返信
良くも悪く武士という特殊な階級が300年間で培って来たものがここぞと言う時に一気に噴き出したんだろう
幕藩体制というのはある意味世界の縮図で、他藩との付き合いが自然と他国との外交の訓練にもなっていたのでは
幕末を経験した人間が表舞台から去ると同時に外交も軍事も凄まじく劣化した
21.ピカチュー☆彡:2020年11月23日 06:36 ID:dmtogQmR0▼このコメントに返信
今の外務省が無能で外交無能なのはな、東大卒の官僚ばかりだからだよ
幕末の志士たちが外交交渉やってたんだからそりゃタフだ。
東大卒に外人相手の交渉なんか無理だろがり勉のヒョロヒョロの小心者に
22.名無しさん:2020年11月23日 06:43 ID:nkLEqCJG0▼このコメントに返信
>>元々人材はおったけど、それが世に出られる環境になったのが幕末ってだけなんちゃう?

これが一番大きいかなあ、身分制度が崩壊して知恵や才能のある者が自由に活動した結果だと思うし
とは言え下地として知見や語学、特に英語を勉強していないと駄目だったから西洋砲術の技術導入が盛んな藩がゆりかごになってる
つまるところ金の在る場所で人材は育成された訳でやっぱ金って大事
23.名無しさん:2020年11月23日 06:46 ID:3oMKm.rG0▼このコメントに返信
坂本龍馬は、売国奴。
24.名無しさん:2020年11月23日 06:50 ID:Mc.Gac6T0▼このコメントに返信
勘違いしてるけど殆どの奴等が「改革や改革」した壊す事に特化した奴等で
平時の「平和と発展」に特化した奴等とは全く別の才能だぞ

だから動乱の中ではその才能を発揮出来る薬になるが、世が混沌期から安定期にかわるとどいつもこいつも邪魔になる毒物に変わる
25.名無しさん:2020年11月23日 06:53 ID:TJFYYjnw0▼このコメントに返信
今の時代に坂本龍馬いたらどこの会社も雇ってくれなさそう。
26.名無しさん:2020年11月23日 06:58 ID:.3nyMtmO0▼このコメントに返信
鍋島藩では試験をうからなかったらお家断絶だよ。そりゃ、一家の生命がかかってる。優秀な人が出るの当たり前だよ。
緒方洪庵塾では塾頭の待遇が良く、出来が悪いと寝床は便所の横。今とは比べ物にならないくらい、優秀だからな。
27.名無しさん:2020年11月23日 07:02 ID:iZYfcMPT0▼このコメントに返信
近藤勇や土方歳三って身分制度的には坂本龍馬とおなじようなもんなんか?
28.名無しさん:2020年11月23日 07:10 ID:y1KLmOdo0▼このコメントに返信
今は部屋でじっとしてるやつでも世界中の情報は手に入れられるけど、当時は自分が動かないと欲しいものは手に入らなかった
欲しがってもそれが国外のものなら国禁犯さないと無理だった
もともと日本人は好奇心や知識欲の強い民族でそれが幕末に吹き出した感じやな
現代では幕末ほどの欲求もないしモチベーションも上げられないから逸材が出るのは難しい
29.名無しさん:2020年11月23日 07:20 ID:oOkZrYgP0▼このコメントに返信
先日から山口県では日本歯科医師会と山口県の共同CMが流れてて、そのCMの最後で吉田松陰のお面付けた奴が斬り殺されるシーンがある。演出上必要性のないシーンだしなんかムカついてTV局、県庁、知事、歴史資料館、松陰神社に苦情を入れた。だけど何処からも一切返答なし。幕末の志士と奉りつつ本当に敬愛してる人なんて居ねえのかよ!ただの観光ネタか?
30.名無しさん:2020年11月23日 07:21 ID:YKk6Ebg30▼このコメントに返信
歴史の転換期には、100年に一度の天才が出るものである。
まことに不思議な運命というほかにない。
とか、司馬遼太郎あたりが言ってそう。
31.名無しさん:2020年11月23日 07:23 ID:IikY5YxW0▼このコメントに返信
※6
江戸時代は飢饉だらけで余剰なんてねーよ
32.名無しさん:2020年11月23日 07:25 ID:oOkZrYgP0▼このコメントに返信
あ、上のものですが、CMそのものの動画は見つからないけど、なるほどしかいしん総集編とようつべで探すと出てくる動画の10分30秒あたりに同じシーンが。
33.名無しさん:2020年11月23日 07:26 ID:YKk6Ebg30▼このコメントに返信
※29
吉田松陰や長州藩の史跡を求めて山口県を訪れる人も多いだろうに、当の山口県民がそんなノリなんか…
それとも県外の物知らずな代理店に制作させたんだろうか
34.名無しさん:2020年11月23日 07:30 ID:xqdpfEbk0▼このコメントに返信
※31
でも仙台藩とか死に物狂いで石高をあげて実質100万石を超えたとか
言われているしな。平和な時代には新しい開発が行われて石高が
増えるんだよ。朝鮮通信使も美しく広がる田畑を見て嫉妬してるだろ。
35.名無しさん:2020年11月23日 07:32 ID:igH.wCUm0▼このコメントに返信
大して有能でもないぞ。
単に、自分の正義に準じた者が多かっただけだ。
36.名無しさん:2020年11月23日 07:32 ID:IikY5YxW0▼このコメントに返信
※34
その米はみな江戸にいってんの、仙台にはろくに残らん
37.名無しさん:2020年11月23日 07:33 ID:d2wnBUdS0▼このコメントに返信
高杉晋作が長生きしてたら伊藤博文や山県有朋らが首相になる前に高杉政権ができてただろうな。
大久保利通に唯一張り合える人物は高杉しかおらんやろ。坂本龍馬は政治家より実業界で大成功してたかも。
38.名無しさん:2020年11月23日 07:35 ID:xqdpfEbk0▼このコメントに返信
※31
アンタの住んでる土地でも用水が引かれたのが江戸時代で
その頃に田んぼの耕作面積が飛躍的に広がってるとかあるかもよ。
39.名無しさん:2020年11月23日 07:37 ID:xqdpfEbk0▼このコメントに返信
※36
仙台に残らなくても江戸で暗躍する全国からやってきた志士たちの活動エネルギーになったからいいんだよ。
40.名無しさん:2020年11月23日 07:38 ID:leQVmckJ0▼このコメントに返信
大久保利通とかいう大正義スタメン
41.名無しさん:2020年11月23日 07:41 ID:bAKxCDGX0▼このコメントに返信
旧幕府側の人材を無駄に消耗したのはやっぱり良くない
特に中級クラスの外交経験豊富な実務官僚とか首にしちゃってね
医学でも当時日本トップクラスだった松本良順はついに政府に仕えなかったり
42.名無しさん:2020年11月23日 07:48 ID:VnRgi6JX0▼このコメントに返信
幕府の弱体化で坂本龍馬みたいな下級武士でも表舞台に出てこられるような
本当の意味での自由な世の中だったからだろ
今の日本はガキのころ勉強できただけの奴と商売で運よく成功できた奴らが自分を貴族だと勘違いして
無能な自分と無能な仲間で社会の上部を固めてしまって多くの有能な人材を腐らせてるからな
たとえ坂本龍馬が今の日本にいても土佐脱藩さえできずに人生が終わるわ
43.名無しさん:2020年11月23日 08:02 ID:cGVSgY6q0▼このコメントに返信
愛国者と売国奴の違いだろjk
44.名無しさん:2020年11月23日 08:20 ID:XhZu96eb0▼このコメントに返信
維新が、あと20年遅れていたら、欧米の餌食になっていた。
欧米各国が、日本侵略不可能な絶妙なタイミング。
ウィルヘルムⅡ親政のドイツ帝国なら、会津反の売国に応じたろうしな。
会津藩は、売国奴。
いつまで、被害者ビジネスしてるんだ?
45.名無しさん:2020年11月23日 08:21 ID:IikY5YxW0▼このコメントに返信
※39
志士は京都にいってるんだよなあ
46.名無しさん:2020年11月23日 08:31 ID:XhZu96eb0▼このコメントに返信
※21>>21
昔は、外務省のエリート組は、東大中退組が多かったのだが、
今では、東大卒が増えたのか?
47.名無しさん:2020年11月23日 08:38 ID:tW1EnSb70▼このコメントに返信
※1
著作権を守れ、以上。
48.名無しさん:2020年11月23日 08:40 ID:NiACseOV0▼このコメントに返信
後世が利用価値のあるヤツの名を拡散したから
49.名無しさん:2020年11月23日 08:40 ID:HJZUmukj0▼このコメントに返信
>>2
日本じゃなくて、自分らを搾取し続けて戦場へ送り込んで憚らない貴族への怒りが爆発したんだろう。
革命を草の根運動で進めたナロードニキ達は、腐ったロシアの体制を何とかしろ!を日露戦争前からやってきた。
50.名無しさん:2020年11月23日 08:44 ID:HJZUmukj0▼このコメントに返信
>>5
幕末に限らず、平安末期もそうだし、お隣りの三国志もそうだし、長期政権崩壊の時って、
今まで固定された社会で表に出られなかった、面白い人物が群がり出るっていうのもあるんじゃないかな。
51.名無しさん:2020年11月23日 08:54 ID:2WCotZun0▼このコメントに返信
スマホでリュウグウノツカイが増えたのと同じで、情報が増えたタイミングなのだと思うよ。
いつだって人間自体はあんまり進化してない。
52.名無しさん:2020年11月23日 08:56 ID:oSiGjnI10▼このコメントに返信
江戸時代の教育が如何に充実していたのか、ってことやね。
53.名無しさん:2020年11月23日 08:57 ID:hnaz4DfK0▼このコメントに返信
混乱期だから活躍出来ただけで平時なら犯罪者として逮捕されるだけやん?
脱藩者とか、テロリストとか。
54.名無しさん:2020年11月23日 09:01 ID:wOp6hRtT0▼このコメントに返信
幕末だけでなく、明治のころもすごいのいっぱいおんねん。
江戸時代のときに下級武士とか、町民、農民として冷や飯食ってた層が、才覚と努力で立身出世できるという状況が現出したのや。
55.名無しさん:2020年11月23日 09:09 ID:HJZUmukj0▼このコメントに返信
>>24
実際に革命家でそのまま指導者に居座った国は、みんなろくなことやってないな。
56.名無しさん:2020年11月23日 09:09 ID:L8XWmFmE0▼このコメントに返信
>>27
坂本は下層だけど商人系の武士の生まれ。
近藤土方は農民の生まれ。

57.名無しさん:2020年11月23日 09:09 ID:E14kYRn60▼このコメントに返信
幕府方にも新政府側にも有能な人材が多くいたし、必ずしも階層が上の人ばかりではなかった。階層の固定化が緩くなると有能な人材が出てきやすくなるんだろうね。
58.名無しさん:2020年11月23日 09:09 ID:dXKAJhw10▼このコメントに返信
要するにドラマにしたり小説にしたりで誇大妄想してるだけ
1000年後には安倍総理か坂本龍馬か
59.名無しさん:2020年11月23日 09:20 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※13
>「国家神道」は西欧の基督(キリスト)教をモデルにしたもの。

それはその通りだが、あくまで国家運営と言う制度面の話で、教義までは変更されていない。
靖国神社にしても、英雄を神として祀るという日本の伝統に、国家運営に際しては西洋的制度を取り入れたという話。

>ヨーロッパで近代国家が形成されるプロセスで「一国一民族」の物語づくりが重要に。

これも左翼がそれよく言ってるな。
確かに大陸のヨーロッパは様々な民族が混生していて、そういうフィクションが必要だったが、もともと島国のうえ鎖国していた日本に同じことはあてはまらない。さらに列強の東アジア侵略や日露戦争という国家的危難は、日本人が自然に一つにまとまる契機になった。

例えば皇室にしても日本の歴史を学べば(特に室町時代)、古来から日本の重要なバックボーンだったことがわかるし、江戸時代を紹介した欧米の著書でも、皇室が日本の政治的象徴であることが記述されている。
(なおイギリスも島国だが、日本よりもはるかに大陸との往来が容易だったので同列に語れない。)
60.名無しさん:2020年11月23日 09:23 ID:cVzkZpYn0▼このコメントに返信
>>56
三多摩の百姓は天領なせいか富農ばかり。
61.名無しさん:2020年11月23日 09:24 ID:meygHVDH0▼このコメントに返信
平和な時代なら名もなき人かむしろ厄介者とみなされる人間が活躍できた乱世だったから目立っただけだぞ
62.名無しさん:2020年11月23日 09:25 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※54
おれは一流大学出身者だが、三流大学出身者や高卒にも一流大卒よりはるかに頭の良い奴を時々見かける。
そいつらが変革期に世に出てきたら日本は変わるかも?
63.名無しさん:2020年11月23日 09:25 ID:cVzkZpYn0▼このコメントに返信
>>31
大都市が成立していたのは、余剰農産物が豊富だったからだが?
64.名無しさん:2020年11月23日 09:33 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※58
明治維新は富国強兵を成功させて日本を一等国に押し上げた奇跡と海外からも絶賛されて、アジア諸国からも近代化の手本とされ、日本に学べと多くの留学生が押し寄せることになったぞ? その中には近代中国で最大の文人とされる魯迅や、蒋介石や周恩来という顔ぶれもある。
65.名無しさん:2020年11月23日 09:37 ID:csWyHdwn0▼このコメントに返信
朝鮮儒教社会を封建社会の一方の極に置けば、平常時でも日本では、
二宮尊徳の様に、例え農民であっても、堂々と行政を担当した。
その農民の間で、趣味として数学クラブが盛んだった事実。
66.名無しさん:2020年11月23日 09:41 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※55
キューバだけは比較的まともだな。
ゲバラはキューバ革命成功後も平時は本職の医療と農作業に従事して一切の特権を拒否し、その後キューバ・ナンバー2の地位を捨てて他国の革命運動に従事し命を落としたが、その清冽な生き方が影響したらしい。
67.名無しさん:2020年11月23日 09:50 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※65
江戸時代の日本では、主に医師が教育が担当したので、医師が赴任した地域では同時に学校が開かれ、結果「すべて」の村に学校が最低でも一つか二つはあったそうだ。
68.名無しさん:2020年11月23日 09:55 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※46
東大中退と言うのは大学三年で外交官試験に合格したので、四年に進級しないで入省した連中。
ただそういうのは今は流行らないようだ。
69.名無しさん:2020年11月23日 10:00 ID:n95fCw700▼このコメントに返信
>>3
当時の45とか46歳って若くは無いな
江戸の男性平均寿命が42歳とかの時代だし。
まぁそっから医療も凄い進む訳だが、当時の感覚では人生終盤って感じだろな
70.名無しさん:2020年11月23日 10:04 ID:B4TIOP7a0▼このコメントに返信
高杉晋作という、ボッチのくせに皆に愛された革命家
71.名無しさん:2020年11月23日 10:05 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※21
外務省でも東大卒でもないが、日本よりむしろ海外でタフネゴシエーターとして有名な官僚に小松正之というものすごい男がいる。
捕鯨問題や水産資源問題で激しく欧米とやりあって恐れられる一方、日本人には珍しく自己主張を貫く人間として尊敬もされていた。

ただしまいにブッシュ大統領と衝突して小泉に左遷されたがw

欧米では敵対しようが、自分の意見を主張する人間が尊敬される。「欧米人から嫌われるから捕鯨をやめよう」なんて言ってる奴が一番欧米人から軽蔑される。
72.名無しさん:2020年11月23日 10:07 ID:gZ8YTmZJ0▼このコメントに返信
今の政治家は世襲ばかりだからな
世襲のメリットもあるが利権が生まれやすく政治腐敗しやすいというデメリットがモロに出ているのが今の日本
73.名無しさん:2020年11月23日 10:13 ID:kxWEg1Jp0▼このコメントに返信
>>31
江戸時代は現代より冷害が多かったそうだけど、初期から干拓で新田開発したりしてきた。
主に西国諸藩は殖産興業みたいな経済成長に力を尽くしたり、日本全国で通商も盛んだった。
慢性的に飢餓に悩まされたのは、元々稲作に適さない東北地方。
74.名無しさん:2020年11月23日 10:16 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※31
飢饉などどの国もある。
例えば大英帝国はその絶頂期の1840年代にじゃがいも飢饉によって、100万人のアイルランド人を餓死させている。
75.名無しさん:2020年11月23日 10:17 ID:kxWEg1Jp0▼このコメントに返信
>>36
どの藩も大体そう。藩財政を支えるために、換金の為に生産されたから。
76.名無しさん:2020年11月23日 10:22 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※36
馬鹿だなあ。余剰があるから食料を輸出できるんだろうが。
自分が食べる分まで輸出していたら、すぐに百姓は死に絶えるわw
77.名無しさん:2020年11月23日 10:26 ID:R1Ld522M0▼このコメントに返信
>>4
経験と立場が人を育てるってのもあるし、無能が淘汰されるシステムになってたんじゃね?
いまの日本型組織だと全員無能になるらしい、有能なプレイヤーはマネージャーにされた挙句に業績上げられないと降格もなくて昇格が止まるだけだから
78.名無しさん:2020年11月23日 10:30 ID:etgaDxQK0▼このコメントに返信
>>72
世襲しか報われないシステム!
それが現代日本だ!
79.名無しさん:2020年11月23日 10:32 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※77
>有能なプレイヤーはマネージャーにされた挙句に業績上げられないと降格もなくて昇格が止まるだけだから

最近はそういう場合、大きな会社だとすぐに出向だけどなあ。小さな会社は無能な幹部を多く飼ってるとすぐにつぶれるし。
80.名無しさん:2020年11月23日 10:32 ID:CzVMgC5c0▼このコメントに返信
平時なら表に出たくない、って人材すら危機感を覚えるほどヤバい状況だったってことなのかな
81.名無しさん:2020年11月23日 10:33 ID:etgaDxQK0▼このコメントに返信
>>64
家、藩<<国家
これが共通の優先順位だったのが大きいだろう。
あと、植民地化の恐怖があったからな…
いまは進んで支配されようとしてるのがね…
82.名無しさん:2020年11月23日 10:35 ID:etgaDxQK0▼このコメントに返信
>>65
いまは四則演算すらあやしい奴らばっかりだね!ww
83.名無しさん:2020年11月23日 10:36 ID:cGv6UhNO0▼このコメントに返信
※41
ほんとそれな・・・
風雲児たちとか読んでると、幕府が有能な人材潰しまくっててもにょるわ
84.名無しさん:2020年11月23日 10:37 ID:etgaDxQK0▼このコメントに返信
>>71
「私は戦争には反対だった!」
「日本語なんか捨てて英語を!」
こいつらも軽蔑されてたという…
85.名無しさん:2020年11月23日 10:39 ID:N4d3c2FH0▼このコメントに返信
本スレ2と3で既に言い当ててるやん
86.名無しさん:2020年11月23日 10:41 ID:etgaDxQK0▼このコメントに返信
>>83
現代教育システムも、有能を弾き潰すシステムだからな。
有能が世に出たら困るのは役人、政治家どもだもんな!ww
87.名無しさん:2020年11月23日 10:42 ID:SERpugRA0▼このコメントに返信
今じゃ考えられないほどの「時代を変えたい」という欲求がそうさせた
88.名無しさん:2020年11月23日 10:44 ID:ublp1V5H0▼このコメントに返信
日露勝つために火をつけた赤にWWⅡで連合国が油注いで燃え広がって今えらい事になってる
89.名無しさん:2020年11月23日 10:44 ID:7yTSVTYD0▼このコメントに返信
廃藩置県が10年遅れたらどうなるか…
考えてみるのも楽しい
90.名無しさん:2020年11月23日 10:48 ID:w8KVzjwY0▼このコメントに返信
肝心要の徳川慶喜が無能だからな。
死んだ幕臣は薩長より慶喜を恨んだ人間も多かったんじゃ無いのか。
91.名無しさん:2020年11月23日 10:49 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※82
現在OECDが時々実施している成人の学力テストでは、数的思考力はもちろん総合力でも日本がトップだね。
数年前のテストでは日本の高卒とドイツの大卒が同レベルという恐ろしい結果も出ている。
ちなみに二位以下は北欧やベルギーやオランダと言った小国の先進国が上位を占めている。
一億を超える人口にも関わらずこれだけ平均的な学力が高いというのは驚異と言える。
92.名無しさん:2020年11月23日 10:58 ID:zOwtsb.r0▼このコメントに返信
まぁ国難に際して英雄が生まれる、時代が英雄を作るというのはその通りなんだけど
それでも混乱期に大した英雄が生まれずに亡んじゃったり植民地化された国も数多あるわけで…
転換点の日本で大量に有能が能動したことは有難いことだよホントに
93.名無しさん:2020年11月23日 11:01 ID:qHApgI.c0▼このコメントに返信
※90
新政府になったって幕臣=官僚が居ないと政治を回せないのを見切って大政奉還決断した政治のバケモンやぞ
94.名無しさん:2020年11月23日 11:02 ID:SRp.NMKn0▼このコメントに返信
創作物の賜物
95.名無しさん:2020年11月23日 11:03 ID:tW1EnSb70▼このコメントに返信
※93
実際幕臣が官僚にスライドした例は多かったらしいしね。
96.名無しさん:2020年11月23日 11:06 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※94
韓国のテロリストのことを言ってるのか?
むこうの英雄はほとんど全員が犯罪者だからなw
97.名無しさん:2020年11月23日 11:10 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※95
明治維新があったからこそ、本来なら身分社会で埋もれるであろう多くの優秀な幕臣が日の目を見たんじゃないの?
98.名無しさん:2020年11月23日 11:15 ID:SRp.NMKn0▼このコメントに返信
※96
基本的に嘘と無責任で誇大妄想ひけらかしてる下半島の事なんてどうでもいいが
幕末は大分ドラマチックに誇張されてる部分も大いにあると思ったから創作物の賜物と書いただけ
99.名無しさん:2020年11月23日 11:17 ID:8fMaYkGS0▼このコメントに返信
>>84
日本人の馬鹿な所で、敗け=悪、勝ち=正義・善とする思考。次は勝つ様にする❗事が重要でしょ。
100.名無しさん:2020年11月23日 11:20 ID:tW1EnSb70▼このコメントに返信
※97
ここで言ってる幕臣は多分組織の歯車としての存在って事だと思う。薩摩や長州等の田舎武士だけじゃ国全体を治めるのは無理だから大抵の場合ノウハウのある幕臣がスライドしたって事。

薩摩出身のやつが薩摩時代を基準に税をかけようとしたとかいうエピソードもあったと聞いた(薩摩は八公二民だったはず)。
101.名無しさん:2020年11月23日 11:22 ID:sMaNhLeY0▼このコメントに返信
明確な目標年氷河あったからやるきが漲ってただけじゃねえか?
102.名無しさん:2020年11月23日 11:39 ID:bz..REMm0▼このコメントに返信
能力のないやつは、神隠し等の名目で、間引かれるので、生き残るために、必死になって、勉学に励み、教育をした。 今の家畜の境遇と同じ。
103.名無しさん:2020年11月23日 11:47 ID:u.f5QKDl0▼このコメントに返信
若者が「世の中を変えてやろう!」って気概に満ちていて、実際にそれが出来る土壌が整ってた
104.名無しさん:2020年11月23日 11:49 ID:7tdpZGXf0▼このコメントに返信
黒船ショックがでかかったんやろ
子供まで危機感持って勉強や武術に打ち込んだ
やがてその子らが大活躍
105.名無しさん:2020年11月23日 11:56 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※100
そのあたりあまり詳しくないが、永井荷風が「田舎者が作った明治政府の役人は江戸幕府の役人に比べて全く教養がない」と罵倒したのは、優秀な奴以外、官僚がほとんど入れ替わったということじゃないの? 
106.名無しさん:2020年11月23日 12:02 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※104
実際には、黒船が来たとき、幕府は補給線を持たない黒船が日本と戦ってもろくな戦いはできないと判断し、ハリスは足元を見られた交渉をされたと、この間犬HKの番組でやってたな。

日本は補給線の重要性を理解できず戦争に負けたと言われるが、実は江戸時代にとっくに理解していた。
107.名無しさん:2020年11月23日 12:04 ID:nfcuWU6M0▼このコメントに返信




今も人材の宝庫だぞ。マスゴミとお前らが知らないだけで。




108.名無しさん:2020年11月23日 12:04 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※106
訂正 ハリスじゃなくてペリー。
109.名無しさん:2020年11月23日 12:06 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※107
福島原発事故の時の吉田所長の働きはすごかったな。
110.名無しさん:2020年11月23日 12:06 ID:r2dGKRd50▼このコメントに返信
無能をさらすなよ。
世界史的偉業「明治維新」は、日本の識字率が可能としたものだ。
111.名無しさん:2020年11月23日 12:07 ID:tW1EnSb70▼このコメントに返信
※105
こっちもあまり詳しくないけど、単純に幕臣を使わないと人数が足らなかったんじゃないかな。薩摩一国を治めるに必要な人員と日本全体を治める人員、どっちが多く必要かは常識的に考えれば分かる。

明治の役人に教養がないというのは金に汚かった長州閥が悪目立ちしたからだと思う。維新前に死んだ高杉晋作も例外なく金に汚かったからね。
112.名無しさん:2020年11月23日 12:12 ID:wudN8NZs0▼このコメントに返信
※111
いや、人材が育成されるまでの最初の十数年間、実際にまともに回ってなかっただろw
明治政府はいつ倒れても不思議でない状況だった。
113.名無しさん:2020年11月23日 12:17 ID:tW1EnSb70▼このコメントに返信
※112
新政府はよく持ち堪えたとしか。政治の素人集団ばかりだったのによくやったもんだ。大久保さんの頑張りかな?
114.名無しさん:2020年11月23日 12:22 ID:YElEyGYm0▼このコメントに返信
乱世だったからね
戦国時代もそうだけど、平穏よりも世が乱れてる方が、既存の枠組にとらわれ無くて済むから、才能ある人間にとっては頭角を現わしやすい
だから、ようようみると、既存の枠組でエリートとされる人らも、結構活躍してるからね
で、なんで乱世なったかっていうと、既存の仕組みが制度疲労起こしてたってのが一番の原因
もちろん、その制度が疲労しながらもまだ枠がある状態に、その枠を揺るがす何らかのきっかけがあったのも事実で、戦国時代が来るには長きに渡る南北朝対立からの中央権力の権威の喪失って言うことがあったし、幕末にはやはり黒船来寇に代表される世界情勢の転変っていうのが大きかったのは確か

今、右にも左にも、「とにかく世を乱そう、平穏を打ち破ろう」っていう奴らが跋扈するのは、今まさに戦後スキームの仕組みが制度疲労してると感じてるに違いないんだが、間違ってるのは、そういう扇動をしてる奴らには、自分に何らかの才能があって、世が乱れれば自分も世に出れると思ってるっていう点
こいつらには、そんな才も行動力もなくて、せいざいSNSで吠えるくらいが関の山
115.名無しさん:2020年11月23日 12:31 ID:H69UhIfj0▼このコメントに返信
>>69
※69
まあそれはごもっともなんだが、じゃあ自分等がと考えるとなるとそこまでの決断をその歳で出来るか若しくはその歳の人に委ねる事が出来るかって考える訳よ
116.名無しさん:2020年11月23日 12:33 ID:Bph1yhDF0▼このコメントに返信
※111
その点、薩摩は清廉潔白なイメージ。
大久保とか個人的蓄財しようと思えばいくらで見出来た立場だったけど、暗殺された時は借金だらけだったらしいし、西郷も児孫に美田を残さずだしな。
117.名無しさん:2020年11月23日 12:35 ID:CCmsRVky0▼このコメントに返信
いつでもどこでも人材ってのはいて、たまたま社会の変革が来た時に出ただけの話って感じだけどね?
118.名無しさん:2020年11月23日 12:36 ID:ko3S9WIH0▼このコメントに返信
幕末にそんなに人材いたかなぁ
国際法の知識1つとっても賊軍の榎本武揚にすがらにゃやっていけんくらいやん
明治に必要に迫られて死にものぐるいになって「急遽育成」しただけでは
119.名無しさん:2020年11月23日 12:57 ID:w8KVzjwY0▼このコメントに返信
※93
優秀な人材を自分が腐らせていただけだろ。
役目を果たしたくない慶喜が将軍を放り出したから機能するようになっただけ。
120.名無しさん:2020年11月23日 14:31 ID:Arku5tpT0▼このコメントに返信
一歩違えば獄門首みたいなことをくぐり抜けて来た人間ばかりだからな
大久保で言えば、藩主が江戸に呼ばれたのを阻止するために江戸藩邸に放火させたw
当時の刑法でいえば、バレればこの時点で火炙りで死んでてもおかしくない

田舎の若者の集団に過ぎなかった精忠組を瓦解させないために切腹覚悟で説得したり
西郷が久光の怒りに触れた時は絶望のあまり西郷に死のうと持ちかけたり
場の流れや相手の意向によっては何度も死んでたような男だった

出る時は生死を賭けて前に出、退く時も刃先一枚のところで踏みとどまる
そんな進退の呼吸をわきまえた上で運のいい人間だけが維新を成し遂げたように思う

山県・井上馨・桂太郎とかは維新の元勲に比して二流といえども外交などには細やかな心遣いがあったですよ
義和団事件でもイギリスの同意を待ってから大軍を派遣し、その働きは感謝されて日英同盟の基にもなった
彼らが死んでからの日本の外交は大雑把で荒っぽいものになり、やがて全世界を敵に回すことになった
121.名無しさん:2020年11月23日 14:47 ID:p8tu8hFV0▼このコメントに返信
※40
維新三傑はもちろん、維新十傑見渡しても
結局大久保利通一人に行きつく感がハンパないわな
実はそれほど細かいことに関わったわけじゃないのに
維新の屋台骨的存在だった
大久保レベルからみたら伊藤・大隈なんて小判鮫レベルだわな

もう10年生きてたら日本はどうなったのか?
122.名無しさん:2020年11月23日 15:02 ID:HVuouk1n0▼このコメントに返信
江戸末期は各地で学問所ラッシュ。すでに外国船が多く出現していた。若い武士のみでなく町人も学問した。1700年代には和算が確立していて
ルートまで漢数字で解いたほどだった。高度な町民の趣味といえば算額。難解な数学問題を造って神社でかかげ、挑戦者を募った。これは世界的に見てとんでもない高度な国民のやることだった。1700年代後期に伊能忠敬は世界一精微、正確な日本地図を完成した。この地図がフォンシーボルトからペリーの手に渡り、測量の結果ペリーを驚愕させて、日米の国交会議に影響を与えることになる。ペリーは引退後回顧録で、日本は将来米国の手ごわいライバルになるだろうと予言している。
123.名無しさん:2020年11月23日 15:10 ID:kxWEg1Jp0▼このコメントに返信
>>18
江戸時代は地方が人材の宝庫だったという話があるね。ちっちゃな藩でも必ず藩校を建てて藩士を教育したのが、
明治以降の人材になった。しかも単なる知識技能だけでなく、滅私奉公の精神を教え込まれたのは世界的にも稀有な
人材になった。貧乏で遅れた日本が、途上国の中で先駆けて近代化に成功したのは、こういう貴重な人材を得たから
だとも言われれるね。
124.名無しさん:2020年11月23日 15:16 ID:kxWEg1Jp0▼このコメントに返信
>>58
主人公になるくらい面白い人物がいっぱいいたって事だね。
125.名無しさん:2020年11月23日 15:44 ID:P20evSxX0▼このコメントに返信
植民地になりかけたらみんな必死になるやろ
126.名無しさん:2020年11月23日 15:48 ID:kxWEg1Jp0▼このコメントに返信
>>93
革命指導者なんて、行政にはろくなことが出来ないけど、平時の人材を大量に登用できたのは大きいと思う。
長州系は、高杉晋作なんか平時には何やらかすか分からないし、山縣とか井上とか酷い汚職した奴もいるし、
藩閥なんか造って後生に害になった面の方が大きい。
127.名無しさん:2020年11月23日 15:58 ID:3T316T4p0▼このコメントに返信
藩校教育の存在はガチでデカい
128.名無しさん:2020年11月23日 16:00 ID:3T316T4p0▼このコメントに返信
※124
河上彦斎みたいに主人公にはなれない脇役まで充実しまくってるのよな
129.名無しさん:2020年11月23日 16:04 ID:NxUz6Q4f0▼このコメントに返信
※67
そんなにない。
全ての村に寺子屋つくった長州藩みたいな藩もあるが、
それはあくまで例外で、寺小屋すらない村がほとんどで、ほとんどの民は自分の名前すら満足にかけない
130.名無しさん:2020年11月23日 16:06 ID:NxUz6Q4f0▼このコメントに返信
※93
結局幕臣はいらなかったんだよな。
上層部はみな志士らがやってて、足りない分は地元から引っ張ってきた
旗本官僚の多くはそのまま静岡いき、
新政府に再就職できたのはほんの一部
131.名無しさん:2020年11月23日 17:58 ID:C.GGNRQT0▼このコメントに返信
諭吉の「門閥制度は親の敵(かたき)でござる」が全て
人材を腐らせてたのが江戸幕府で有能でも家柄が無いと出世できない
出来たケースはお偉いさんお気に入りのコネありき
132.名無しさん:2020年11月23日 18:13 ID:SiAkijCX0▼このコメントに返信
ある程度の人口と教育水準があれば普通にいい人材は出てくるだろう
ただ平時においては既得権益層が上に乗っかっているので表に出にくいだけだ
133.名無しさん:2020年11月23日 19:48 ID:lDVZ0W9T0▼このコメントに返信
新撰組は当初局長が3人いた
134.名無しさん:2020年11月23日 22:04 ID:HVuouk1n0▼このコメントに返信
※129
違うね。どんな村の農民でも頭が良く機会があれば文字を習った。江戸末期の百姓一揆には傘連判状にめいめい署名をしている。ひらがなはかなり浸透していた。丁稚奉公に出されるとその商家では読み書きそろばんを仕込んだ。でないと使い物にならなかったからだ。
135.名無しさん:2020年11月23日 22:06 ID:HVuouk1n0▼このコメントに返信
※68
外務省の官僚はたいがい一橋の中退。外交官試験に合格すれば即入省。
136.名無しさん:2020年11月23日 22:16 ID:HVuouk1n0▼このコメントに返信
※42
日本は古代から今でも実力次第。東大の安藤忠雄建築学教授は中卒のボクサーだった。独学で一級建築士を取った。実績から東大教授に就任。教授会が認めれば日本では教授になれる。しかし小中学の先生にはなれない。さかなクンも高卒で大学教授だ。
山上憶良は百済からの亡命官僚の父と一緒に日本へきて、朝廷に仕えるまでに出世し、遣唐使を組織した。逆境からトップになれる社会は古代からあった。

お名前