2018年12月03日 10:05

新撰組とかいう権力を傘に着て滅茶苦茶しまくってた連中が大人気な理由

新撰組とかいう権力を傘に着て滅茶苦茶しまくってた連中が大人気な理由

01

引用元:新撰組とかいう権力を傘に着て滅茶苦茶しまくってたDQN連中が大人気な理由
http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1540373553/

1: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:32:33.90 ID:Njtncst60
なんなの

5: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:33:43.57 ID:qQ4rHVhKM
壊滅したから

6: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:34:01.04 ID:NXCqusen0
いやいや、滅茶苦茶してたのもDQNなのも
取り締まられてた側やろ

10: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:35:39.01 ID:IkZ698bvr
>>6
新選組は商人を剣で脅しながら「死ぬまでに返すから」とか言って金借りまくってたんやで

20: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:39:30.84 ID:NXCqusen0
>>10
そういうやつらは粛清されたやんけ

23: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:40:34.09 ID:IkZ698bvr
>>20
組長自らやってたんだよなぁ

7: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:34:36.79 ID:IkZ698bvr
武器商人のほうが人気やからセーフ

9: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:34:58.77 ID:jPXRkofS0
政権アンチしたいから

12: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:36:28.44 ID:4s7nLlgV0
新選組自体は昭和から人気あったけど土方が脚光を浴びたのは司馬遼太郎のせいやろな

13: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:37:03.56 ID:lAg8+UDj0
新選組が許されて特高や憲兵が許されんのは納得いかん

19: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:38:28.20 ID:IkZ698bvr
仲間内での粛清で死んだ人間のほうが多いの草
新選組とか言うガチブラック組織

25: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:41:47.19 ID:4Ki1Xwaer
>>19
派閥争いしかやってない

45: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:52:32.46 ID:v0NccnGmd
>>19
薩長も内部粛清の嵐が吹きまくったからセーフ

21: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:39:34.14 ID:jPXRkofS0
粛清されたのが穏健派&頭脳派なあたり草も生えない

26: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:42:47.53 ID:abL6lpJ6p
今年の大河って新撰組出てたっけ
坂本龍馬暗殺やったんだから当然出てたんだろうけど記憶にない
少なくとも名有りのやつはいなかったはずだと思うだけど

28: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:43:40.26 ID:nuBRPpxI0
◯番隊隊長がかっこいいから

32: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:45:42.64 ID:lAg8+UDj0
しかし、司馬遼太郎って凄いよな
今の日本史観ってこいつの影響力強すぎるやろ
右も左も真ん中も司馬史観に染まってるっていう

42: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:51:55.22 ID:rgtf/JZtd
>>32
小説なのに歴史家だと思い違いしている人が多すぎる

39: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:51:01.17 ID:1BNrNFY60
沖田総司とかいう
やたら美形扱いされる奴

41: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:51:32.56 ID:Sd1Td7UL0
誠の旗と法被が格好良いから

44: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:52:29.88 ID:wbsCYZ/s0
サクセスと悲劇が両方あるとウケるんや

46: 風吹けば名無し 2018/10/24(水) 18:52:36.92 ID:1BNrNFY60
近藤、土方、沖田という主要メンバーが
無念の死を遂げたのはデカイ
降伏して万一許されて
明治維新政府で軍人とかやってたら
どうなったやら

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年12月03日 10:09 ID:Z5TJGE3E0▼このコメントに返信
土方が好きだな
2.名無しさん:2018年12月03日 10:11 ID:MeDWcpdr0▼このコメントに返信
近藤の最後は諸説有るからなんとも言えんわ。
見苦しく逃げ回ったのか、仲間を逃がす為に時間を稼いだのかで完全に評価が変わる。
3.名無しさん:2018年12月03日 10:14 ID:i5SrmCkU0▼このコメントに返信
成り上がり、判官びいき(明治政府に)、滅びの美学があるからじゃね?
だいたい司馬のせい
4.名無しさん:2018年12月03日 10:21 ID:q.ao8rK40▼このコメントに返信
※3
日本人は結果はどうあれ命を捨てて主義を貫くってのに美しさを感じる傾向は有るよね
自分に利のある主張だけ行って徹底的に責任は逃れるパヨクが嫌われるのは当たり前だわ
米軍や自衛隊の基地の前で一斉に腹でも切るならまだ議論に上げてやろうとは思うが奴らはそんなわけじゃねーしな
5.名無しさん:2018年12月03日 10:21 ID:ixaxb3P50▼このコメントに返信
初期は芹沢派中心に押し借りやってたがそれも会津から支給される金が少なかったから
潤沢にもらえるようになってからは押し借りした金は返してる
権力を傘に着て滅茶苦茶しまくってたDQN連中、なんて無知浅学を公表しているに等しいぞ
6.名無しさん:2018年12月03日 10:25 ID:Q4PAO9UK0▼このコメントに返信
どんな英雄でも貶めようと思えばいくらでも貶めるし
イッチはただの「楽しめない人」ってだけじゃねーの?
7.名無しさん:2018年12月03日 10:25 ID:JHjGilIu0▼このコメントに返信
権力を傘に着てっていうか、権力も金もあまり無い頃に押し借りしてたんだけどな
メチャクチャしてたというのは嘘ではないが、取り締まられる側の方がよっぽどメチャクチャだし
8.名無しさん:2018年12月03日 10:27 ID:4W4J1pjv0▼このコメントに返信
土方のお陰とまでは言わないが、やっぱ函館まで元構成員が幕府側に付いて戦ってたってのはでかいと思うわ
9.名無しさん:2018年12月03日 10:28 ID:SjAke.3Q0▼このコメントに返信
身分はそれ程高くは無いのに権力以前の問題
10.名無しさん:2018年12月03日 10:29 ID:HS6YVcg80▼このコメントに返信
確かに、司馬遼太郎の幕末物は掛け値なしに面白いけど、あくまで作り話だもんなあ
11.名無しさん:2018年12月03日 10:31 ID:q.ao8rK40▼このコメントに返信
※7
奴等は局中法度なんか見てもある意味隊内も割とムチャクチャやしw
権力側にある際もある意味自分に厳しく、権力側が転んだ後も主義を曲げなかったって意味では評価していいと思うわ
まあ一般に知られてない水戸黄門の横暴的な事実もあるかもしれんけど
12.名無しさん:2018年12月03日 10:31 ID:Z.9d4ocQ0▼このコメントに返信
永倉新八翁とかハンパない。
13.名無しさん:2018年12月03日 10:37 ID:8o0rc3SR0▼このコメントに返信
沖田は美形で間違いないよ。
ただし平安時代寄りの感性で見ないと駄目だが。
14.名無しさん:2018年12月03日 10:40 ID:zJoprc6n0▼このコメントに返信
新選組は下層階級として坂本龍馬の対極の存在。坂本は反幕府側で、新選組は幕府の側で成り上がった。
近藤勇は田舎の郷士の倅であって、武士道を習って剣術の修業をしても、そのままでは一生武士に成れなかった。
新選組の前身である浪士隊が結成されたのは「将軍の上洛に際しての警護」が目的で、その際の求人の文句が「功績を上げれば武士に取り立てる」
だから新選組はまず「反幕府の浪人どもを大勢コロさねばならない」と(度を超えた熱心さで)捜査し、怪しい者を斬りまくった。
次に「武士から認められるに足る清廉性と規律」が必要で、極めて厳しい隊内法度を定めた。
その結果としてゲシュタポのようになった。徹底的な原理原則主義で、容赦なく身内を粛清したり一般市民を虐待したりした。
運営資金を金持ちから借りて踏み倒した。資金調達の為に資産運用しようとした隊士は「腐敗・堕落」を理由に処刑された。
大政奉還後に幕府軍が敗戦濃厚となったとき、(階級制度そのものが崩壊するので)隊士が次々と離反していった。
15.名無しさん:2018年12月03日 10:41 ID:IZ4aJ6cw0▼このコメントに返信
近藤とかいう嫁さん置いてきて何人も妾囲ってたお山の大将(ゴリラ)
16.名無しさん:2018年12月03日 10:46 ID:IQIwlt2W0▼このコメントに返信
尊皇攘夷を掲げた方は、天皇お膝元の街に火を放って天皇さらおうとしたテロリストだがな…
その後はかなりやり方変えたけど
17.名無しさん:2018年12月03日 10:47 ID:3Bg0etKj0▼このコメントに返信
あの時代、京都において目立ちすぎる羽織を着て巡回してたら

即返り討ち的襲撃に合い寝首を掻かれるというのに・・・

当時では珍しく組織だった行動規範はどっかの天誅組などと違って

人気があったわけだから、お墨付きという権力を介入させなくても

京都の人たちのフィードバックが逆に他の組の身動きが取れない。





18.名無しさん:2018年12月03日 10:47 ID:eXxY90F70▼このコメントに返信
だいたい明治まで生きた斎藤一の顔すら
どの写真が本物か微妙なのに
沖田の顔がわからないのは仕方ない
実家にある肖像画も親戚の子供だし
19.名無しさん:2018年12月03日 10:47 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
現代で例えれば新撰組は警察で、薩摩長州は極左テロ集団。
しかもテロ集団は武器を英国から横流しされていて国家転覆を謀っていた大悪党だから。
20.名無しさん:2018年12月03日 10:49 ID:Dqh94yda0▼このコメントに返信
そりゃ愛国者は好かれて必然
明治政府側が英国の犬だったと大体察してるんじゃないか?
21.名無しさん:2018年12月03日 10:50 ID:AQZ6.Z3M0▼このコメントに返信
日本人大好き滅びのなんたら
忠臣(笑)蔵もそうやね
22.名無しさん:2018年12月03日 10:50 ID:3Ctnzzbo0▼このコメントに返信
服と名前がカッコイイのはでかい
ビジュアル重要
23.名無しさん:2018年12月03日 10:54 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
「勝てば官軍、負ければ賊軍」
という言葉から、当時の人が幕府や倒幕軍をどのように認識していたか察しなよ。
24.名無しさん:2018年12月03日 10:56 ID:jIVhBHt.0▼このコメントに返信
日本人が大好きな滅びの美学の体現者達だから!ハイ終わり!
25.名無しさん:2018年12月03日 10:56 ID:bcwCg7P20▼このコメントに返信
>>17
あの服はなけなしの金で作った当時の美的感覚的に最低の衣装で、あまりにも悪評で数えるほどしか着ていない
式典的なときに数回使われただけで普段はあんなもの絶対に着ない
26.名無しさん:2018年12月03日 10:57 ID:btkYsiwo0▼このコメントに返信
勝ち残ってたら、逆に嫌われていたかもしれませんね。
27.コロンブス:2018年12月03日 11:01 ID:TLPNmf6I0▼このコメントに返信
新撰組人気というのは昔からあって、戦前の書き物などを見ても悪役側ではあるが悪くも書かれていないような存在だったと思う。
新撰組は元々が幕府守護という立場では無く、尊皇派であり幕府が攘夷を実行するのを見届け助勢するという意味を持って集合した任意団体であった。要するに朝廷守護であり、そのための京都の治安を担当するというものだったということだ。
それでは尊王攘夷派と敵対するのはおかしいということになるが寺田屋事件など所謂破壊工作を行おうとした長州勢力を朝敵として認定し、鎮圧していったことから維新後も全くの敵とするには痛し痒しという面があったのだろうと思っている。

それから現在「長州レジーム」などという用語が使われ始めているが、旧幕府側や会津の関係者が数的に多いことによって現在の日本の歴史を改編したいとする勢力があるということでその意図に沿った素材として利用されているという面もあると思う。
大政奉還後幕府が主軸となって新生日本を立ち上げておけば日本はよりよい国になったはずなんていうプロパガンダだ。
そうかもしれないが、実際には改革は不十分で近代化も中途半端になり現在も植民地的属国となっているが、それよりもっと悪い形で植民地となっていた可能性が高いと自分は判断している。
維新政府が国民国家を建設するために行ったのは戊辰戦争だけでは無く、西南戦争まで含まれるということを忘れてはならない。

新撰組人気というのは旧幕府側のノスタルジーの所産。しかし日本分断工作として特亜に利用されていると自分は思うけどね。
28.名無しさん:2018年12月03日 11:02 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
司馬遷太郎の小説は、永倉新八とかの史実をまとめた、当時としてはソコソ史実に基づいてる内容だぞ
今は当時の史実品が出て来て、かなり解明されてきてるし、土方の内容も面白いよ
コンテンツとしては、よくドラマのようにここまでやったよなって感じ
NHKドラ新撰組!が一番面白いね、当時も今も若者のノリとしては全然変わらないよ
29.名無しさん:2018年12月03日 11:03 ID:GH8N8C9c0▼このコメントに返信
百姓上がりのコンプレックス集団
30.名無しさん:2018年12月03日 11:05 ID:w03LmYD30▼このコメントに返信
>>2
でも大久保と名乗って元伊東派に直ぐバレて処刑されたのは本当だろ?
31.名無しさん:2018年12月03日 11:06 ID:cOhr5uf80▼このコメントに返信
ソシャゲやアニメの声優がいいからだろ
32.名無しさん:2018年12月03日 11:06 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>8
そう考えると壮大な内容の事実だよな、平民が京都から函館まで日本全国を動いて戦うんだぞ
それに土方は遺体が発見されていないし、ロシアに逃げたという証拠まで最近は出てきてる
こんな面白い話は他に無いよ
33.名無しさん:2018年12月03日 11:07 ID:Wl2hqnpV0▼このコメントに返信
悪即斬、、かっこよい、、
34.名無しさん:2018年12月03日 11:07 ID:P8RMe4Ek0▼このコメントに返信
判官びいきで滅んだ側に憐憫は義経とか忠臣蔵なんかもだなあと白虎隊とかその辺の他や三国志なんかも
司馬史観は批判多いけど物語として後代に親しまれる素地与えたのは功績だと思うよどの国でも英雄譚が真実なんて訳無いし
それでも子供にまで浸透できるのは物語として残ったおかげ
35.名無しさん:2018年12月03日 11:08 ID:nBgWn7y80▼このコメントに返信
世襲制である程度利権が固まっちゃった後にそれを壊せるのは
チンピラ集団しかないって事だと思うよ。
中国の歴史なんかもそうだしね。
36.名無しさん:2018年12月03日 11:08 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>10
ちゃんとした生き延びた隊士の証言とかを編纂して書いてるから、大まかな話としては間違ってないよ
近年は史実品から色々修正されて、わかってきてる事も多いし
37.名無しさん:2018年12月03日 11:12 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>14
元は新撰組も尊王攘夷派でもあったからな、尊王攘夷と幕府への忠義を同じとして掲げて、むしろ天皇の方が偉いという、認識はあったが松平に頼りにされて幕府側になっていってしまった事は間違いないが
38.名無しさん:2018年12月03日 11:14 ID:0Rmy.05F0▼このコメントに返信
世に言う大政奉還に至るまでの過程は

大概どこぞの島国と同様に長期的泥沼化するか頓挫するかだが

その点、我が国のやり方は、人的コストを鑑みれば、関ケ原を超えたな!

つまり、内外に知らしめる上では お見事 となる

そして、後に「勝てば官軍、負ければ逆賊」という格言が生まれた。

しかし、それに影響された連中が数十年後、とある大陸で辛亥革命を起こした結果

見事!返り討ちにあったという・・・トホホギス
39.名無しさん:2018年12月03日 11:15 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
明治維新を日本人主体でかつ薩摩長州が正しいと盲目的に思考すると?マークだらけになるけど、英国主体で考えるとすべて論理的にすんなり収まるんだよな。
40.名無しさん:2018年12月03日 11:16 ID:rTp8hrEZ0▼このコメントに返信
商人に剣を突き付けて押し借りをしてたのは自称勤王の志士どもの方やで
自分たちは革命の前衛で人民の為にやってるんやから人民どもは活動資金をカンパするのは
当たり前やろ、って論理や
自称革命戦士の実質強盗テロリストどもが京の都に満ち溢れ従来の治安部隊では対処できなくなったんで
その補助部隊として組織されたのが新選組じゃ
新選組が必要とされた状態を造り出した勤王とかいうテロリストどもを外して語れないやろ
41.名無しさん:2018年12月03日 11:19 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>19
天皇を中心に考えると、徳川幕府だろうが土佐藩、長州藩、薩摩藩も同系列なんだよ
ただ徳川の力が強いというだけで成り立ってたから薩長がテロ犯だというのは、おかしな話
むしろ言論統制をしてた徳川の方が悪徳、その下に付いていた新撰組の方が悪者だよ
新撰組が原因で内戦を起こしたとも言えるし、新撰組が無ければ薩長同盟も無いし明治維新も無かった
だから全ての事柄がリンクして時代が動いたんだから、誰が正悪とかは無いと思うよ
42.名無しさん:2018年12月03日 11:19 ID:Rq4ArD1T0▼このコメントに返信
近藤が調子に乗りやすい性格ってのをどっかで見て、そういえば永倉に「家臣になれ」と言って愛想つかされてたなと納得した
それ以降近藤に対しての印象が変わった
43.名無しさん:2018年12月03日 11:22 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
新聞はプロパガンダの為に創られたわけで、新聞記者は言うなれば煽動家なんだよ。
で、その煽動家が小説書いて害悪を遺していると…。
44.名無しさん:2018年12月03日 11:23 ID:YKpltNhD0▼このコメントに返信
一番隊「組長」だからな。
基本ヤクザ。

司馬遼太郎のせいだろうな。やっぱ。
平民からの栄光と没落はやっぱり
物語として面白い。
45.名無しさん:2018年12月03日 11:25 ID:EBJd.b5v0▼このコメントに返信
※40
新撰組もガッツリやってますからwそれも大量の資料が残っている(証文が商家に残っている=返済されていないw)。

権力を笠に着て、というのも半分事実じゃないわ。後ろ盾がはっきりしないから常にスポンサー探しに奔走していて、日々の給料の支給にすら困っていたし、押し借りは資金繰りに困っていたことの証でもある。まともな主君が居たら家名に傷をつけたり上から怒られたりするのであんなにオラつけないよ(笑)
無茶苦茶やってたのは碌な身分じゃなかったことの裏返しだ。
46.名無しさん:2018年12月03日 11:27 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
それはサッチョウの言い訳。
当時は実権を握って日本を切り盛りしていた保守政党は幕府。
暴力で実権を奪ってから自分達の正当化するために天皇陛下を出汁に道具にしたテロリストだよ。
47.名無しさん:2018年12月03日 11:29 ID:RltHNoln0▼このコメントに返信
百姓上がりなんて言うといかにも底辺から成りあがったように見えるけど
近藤も土方も地元ではお大尽と呼ばれる豪農の子弟

近藤の実家宮川家は邸内に道場を構えて江戸府内から剣術師範を招いて子弟の教育をしてたくらいで
経済力はもちろんのこと文化、教養面でもそこら辺の下級武士よりもはるかに上等な出自だよ
48.名無しさん:2018年12月03日 11:31 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
『燃えよ剣』の方が『竜馬がゆく』より好きだな。
49.名無しさん:2018年12月03日 11:31 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
組が暴力団とかワロス。
農協職員や会社務めで労働組合員も暴力団かよ。w
50.名無しさん:2018年12月03日 11:31 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
>>13
肖像写真は偽物だよ。
51.名無しさん:2018年12月03日 11:34 ID:neulW.Q10▼このコメントに返信
新撰組はヤクザ警察だぞ
52.名無しさん:2018年12月03日 11:34 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
>>14
多摩の農家は富農だから。地方の農家と比較したらダメ。自宅に道場があって天然理心流は試衛館から多摩に出稽古に行って稼いでたんだから。
53.名無しさん:2018年12月03日 11:34 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
春や秋、一日だけ小学生や中学生が暴力団に入るわけだ。w
紅白帽被って。
54.名無しさん:2018年12月03日 11:35 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
>>17
浅葱の制服はデモンストレーション用。実際は平服や変装して活動していた。
55.名無しさん:2018年12月03日 11:37 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
>>21
浅葱の制服は忠臣蔵の討ち入り装束がモデル。
56.名無しさん:2018年12月03日 11:37 ID:JUVumhS70▼このコメントに返信
会津が金だしてくれないから(会津すでに破産寸前だから)押し借りしなきゃ、活動経費賄えないねん
57.名無しさん:2018年12月03日 11:37 ID:2cXbNk2P0▼このコメントに返信
新選組の幹部連中は死んで正解だったな
明治政府に多数の幹部が入ってたら最悪だぞ
58.名無しさん:2018年12月03日 11:37 ID:w03LmYD30▼このコメントに返信
>>32
嘘つくなよ
土方最後の日に行動を共にし、実際に見聞きした大野右仲の函館戦記にちゃんと死んだと書かれてるぞ
土方の最後を新選組隊士が色々書いているため、戦死場所が不明という人がたまにいるが、新選組は当日弁天台場に籠り、土方とは別行動だったから隊士の記録に信憑性はない
明治31年5月10日に、上野東照宮で行われた追悼会で「(伊庭)八郎君の墓は函館五稜郭、土方歳三君の傍らにあり」という函館戦争関係者の発言もある
59.名無しさん:2018年12月03日 11:38 ID:r9T.RYI.0▼このコメントに返信
だんだら羽織が中二センスにクリティカルヒットするからやで
60.名無しさん:2018年12月03日 11:40 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
>>29
多摩の百姓は金持ち。八王子千人同心が郷士として多摩全域に住んでいて、江戸幕府に忠誠心が強かった。しかも、領主や代官もおらず自治意識が強かった。だから、率先して自ら浪士隊に参加した。
61.名無しさん:2018年12月03日 11:40 ID:bLLwRZFn0▼このコメントに返信
むしろもっと傘に着て反対派を皆殺しにした方が良かったんだよ
維新政府が幕府と違って成功した理由は反対者をことごとく力でねじ伏せた一点に尽きる
62.名無しさん:2018年12月03日 11:41 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
>>51
高杉晋作なんか英国領事館に爆弾投げ込んだり、明らかにテロリスト。
63.名無しさん:2018年12月03日 11:42 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
現在の日本に例えると薩摩長州はゼニの為なのに怪しい社会正義を掲げて伝統文化を破壊する独善的なグローバリスト。
新撰組は残念ながら現在は存在しないグローバリストをムショにぶちこむ治安組織。
64.名無しさん:2018年12月03日 11:44 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
明治政府なんか倒幕に西国武士をこき使って、倒幕が済んだら「ご苦労さん」で終わり。武士が反乱を起こしたら弾圧。新撰組を非難する資格など無いだろ。
65.:2018年12月03日 11:53 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
66.名無しさん:2018年12月03日 11:57 ID:1hTH0td40▼このコメントに返信
芹沢がメチャクチャやって借りまくってた金は近藤がちゃんと返してるで。
自浄作用があって問題児はちゃんと粛清するから京都では人気があった。
67.名無しさん:2018年12月03日 11:58 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
現在から三代後には日本を転覆させた極左グローバリストが正義で警察や保守がヤクザというのが社会常識として定着する事だろう。
68.名無しさん:2018年12月03日 11:59 ID:l7daW.FG0▼このコメントに返信
攘夷とかほざいてた新政府が英国から支援受けて政府樹立後に英国と同盟結ぶのはどういう訳?
言ってた事とやったことが違う
誰も反対しなかったのか?
所詮日本の政治家は嘘つきしかいないのか
嘘つき政治家民族だな
69.名無しさん:2018年12月03日 12:01 ID:1hTH0td40▼このコメントに返信
※60
多摩の百姓は元々徳川家康が連れてきた。
元々は半農半軍の武田の武士たち。
徳川に何かあった時に百姓から武士に切り替えて
武士を大量調達する為の切り札。
70.名無しさん:2018年12月03日 12:02 ID:6fG.U.yv0▼このコメントに返信
三橋美智也さんが歌ってた「新選組の歌」・・・よかったなぁ。
 「葵の花に吹く 時代の嵐
   乱れて騒ぐ京の空・・・・」

でも、ほとんどのカラオケにはないんだよね。
71.名無しさん:2018年12月03日 12:02 ID:7idNobdh0▼このコメントに返信
一応(その当時の)政府公認の治安組織。
テロしていたのは長州で京都の人にも相当恨まれていた。
そりゃ2回も京都焼けばその評価になるとは思うけどね。
そういった背景もあって、勝てば官軍、負ければ賊軍なわけだ。
まあ、そのほかにも悪行はあるけど、その後日本を強くするためにって近代化をすすめた大義名分も理解できるけど。
72.名無しさん:2018年12月03日 12:03 ID:1hTH0td40▼このコメントに返信
※68
イギリスも王室をっていて天皇を尊重してたのが大きいのでは?
73.名無しさん:2018年12月03日 12:05 ID:1QWcQxLz0▼このコメントに返信
※27
>旧幕府側や会津の関係者が数的に多いことによって
どういう根拠よ?
74.名無しさん:2018年12月03日 12:05 ID:Io73nTtt0▼このコメントに返信
テロリストが争ってた幕末は大好きなのに
フランスで暴動が起きたら野蛮だとか日本人ってほんと感覚でしかもの考えてないよな
75.名無しさん:2018年12月03日 12:07 ID:A1EIUsIq0▼このコメントに返信
※5
嘘コケ
大阪の役人コロコロしてから大量に金せびったりしとるやん
そもそも会津公からお前ら慣れてるからウチの分も押し借りしてきてって言われる程取り立ててるだろうが
76.名無しさん:2018年12月03日 12:08 ID:WeJYnmZx0▼このコメントに返信
>新選組は商人を剣で脅しながら「死ぬまでに返すから」とか言って金借りまくってたんやで

維新志士も同じことしてたんだよなあ
77.名無しさん:2018年12月03日 12:09 ID:LBMIWG7B0▼このコメントに返信
???「蛤御門の変の恨みは忘れない!」
78.名無しさん:2018年12月03日 12:12 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
>>72
英国は立憲君主制、薩摩長州は英国を真似して立憲君主制を強いた。
薩摩長州の藩士は維新より前にアヘン戦争の仕掛人の商社の斡旋で英国に留学、帰国後は明治政府の重鎮として日本の政治を握る。
長州が手に入れた武器はアヘン黒幕英国商社の商い。
要は「明治政府は英国の傀儡」
79.名無しさん:2018年12月03日 12:15 ID:1QWcQxLz0▼このコメントに返信
名前と衣装がよくないか?
あと隊長というか組長らの名前もなかなか良い
剣主体で戦うということで、創作物にしたら映える題材だろうな
80.名無しさん:2018年12月03日 12:19 ID:xF1B0QEz0▼このコメントに返信
オレは新選組が大嫌いだ
もちろん討幕派が好きだが幕府側にだって立派な人達が大勢いた事は知っている
しかし新選組の奴らは本当に大嫌いだ
いやらしい理屈で仲間を切腹させたりだまし討ちで殺害したりする新選組のやり方が嫌いだ
81.名無しさん:2018年12月03日 12:20 ID:8kODyo250▼このコメントに返信
羽織袴のお侍さんが集団戦闘して
しかも強いうえに個性的なキャラ満載ってコレもう人気出ない理由ないだろ
82.名無しさん:2018年12月03日 12:20 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>58
だが遺体は埋葬されてない、普通なら生き延びた隊士が、ちゃんと埋葬するのが義理ってもんなのに遺体が無い
当時新政府軍も土方の戦い方には感銘を受けたと記録もあるから遺体があれば丁重に葬るだろう
あの時代の死んだってのは敵を欺く為によく使われた方法だからな
墓はあるが遺体は埋葬されてない。ちゃんと調べなよ
83.名無しさん:2018年12月03日 12:25 ID:EFliACNG0▼このコメントに返信
法被は赤穂浪士のパクりだし…
84.名無しさん:2018年12月03日 12:25 ID:T3RobxKU0▼このコメントに返信
みんな心の底では権力側についてメチャクチャをやりたい願望があるんやで
85.名無しさん:2018年12月03日 12:26 ID:edK0xESt0▼このコメントに返信
>>13
下らない
江戸時代の間でさえ美男女観は変遷したのに、平安時代の美男美女観が残っているわけがない
江戸時代末期はジャニーズのような線が細い男が美男子とされ、明治時代の美男子コンテストではその価値観を変えようと無骨な男に絞ったりしたのに、中国の唐に影響された平安時代みたいなデブが美男子なんて主張する知ったかぶり多すぎすぎる
86.名無しさん:2018年12月03日 12:26 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>52
元々、農兵を作ってるくらいの風土だからね
生活がある程度安定してた時代に武芸が一般にも流行った時代の流行り物なのが道場だっただけの事だね
だから武士というのは別に農民が名乗っても問題は無い、秀吉も農民出身だからね、実際には家柄、家系が問題だったんだろうね
87.名無しさん:2018年12月03日 12:29 ID:PInENFXE0▼このコメントに返信
そんなん言ったら、薩摩長州なんてテロリストじゃねえか?
88.名無しさん:2018年12月03日 12:34 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>44
じゃあ、幼稚園桜組の組長もヤクザなのか?
そういう言葉は使いようで組長だからヤクザとか全然素性が違うよ
当時のヤクザ者は博打打ちとか浮浪分子だから、新撰組だから組長→ヤクザってのは場当たり的な意見
89.名無しさん:2018年12月03日 12:35 ID:ysaP.y.B0▼このコメントに返信

今のネット右翼は外国人労働者を入れる幕府を賞賛しながら尊王攘夷を唱える不思議w
90.名無しさん:2018年12月03日 12:36 ID:A1EIUsIq0▼このコメントに返信
※80
いやらしい理由で切腹って誰?
よく言われる士道不覚悟が理由って宇都宮城での1人だけだし
ほとんどが女沙汰や金関係の当時の社会では新選組に限らず当たり前とされる罪だけど
91.名無しさん:2018年12月03日 12:36 ID:6L3Y56HG0▼このコメントに返信
「とりあえずキンノー言っとけば京都全焼させてもセーフ」とかガチで主張してた長州という鬼畜

新撰組いなかったらマジで京都は地図から消えてた
92.名無しさん:2018年12月03日 12:38 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
>>80
薩摩長州は暗殺だらけで裏切りまくりだぞ。
師範として藩に貢献した人物を師弟がサックりやっちゃう人外鬼畜だぞ。
93.名無しさん:2018年12月03日 12:38 ID:mHWCih1h0▼このコメントに返信
幕末に似た様な警護組織は有ったけど永倉新八が後に
回想録を残したのが大きいんじゃ?

「新選組 生き残った男」 驚きももの木20世紀
ttps://www.youtube.com/watch?v=rAbrpChRuXI
94.名無しさん:2018年12月03日 12:39 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>57
むしろ明治政府の旧日本帝国軍は薩長だらけで血の気が多いから突撃ってのが根強いたんだがな
95.名無しさん:2018年12月03日 12:41 ID:ysaP.y.B0▼このコメントに返信

勤皇とは名ばかりの倒幕派である薩摩や長州の流れを組むのが今の日本政府というオチw
96.名無しさん:2018年12月03日 12:42 ID:MeDWcpdr0▼このコメントに返信
自分らの世代はだいたいバクシンガーのせいやで。
97.名無しさん:2018年12月03日 12:43 ID:rbRWQi2J0▼このコメントに返信
このタイトル本気で思ってんなら勉強して出直せよ馬鹿
98.名無しさん:2018年12月03日 12:43 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>64
明治政府は薩長出身が中心で早く薩長に寝返って倒幕に兵を出した藩から明治政府に採用していったんだから
ご苦労さんだけじゃないよ
99.名無しさん:2018年12月03日 12:47 ID:mhDLkPbd0▼このコメントに返信
ただの人殺しだからね
悲惨な過去を反省し蛮行を賛美する愚か者を社会から徹底的に排除していかないと日本に未来はないよ
100.名無しさん:2018年12月03日 12:50 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>68
いや日本は各藩でイギリスやアメリカなどと戦争してた
そして各藩で勝手に諸外国と貿易したりしてた、そういうのを日本という一本化の国としてやろうとしてたのが尊王攘夷派で、実際にそうなったでしょ
日本という、一国になってイギリスと同盟をしたわけだよ
まだ薩長同盟が出来上がって大政奉還がされた時に神戸で外国人の暗殺事件が起きた
本来なら徳川幕府が窓口だが、それを薩長が交渉して丸く収めたから政治は誰でも出来るって手応えを掴んで新政府設立に向けて拍車がかかった
101.名無しさん:2018年12月03日 12:53 ID:edK0xESt0▼このコメントに返信
明が強ければ明に、清が強ければ清に、ロシアが強ければロシアに、日本が強ければ日本に、アメリカが強ければアメリカに、強い権力に尻尾を振って裏切りを重ねて以前の主人を足蹴にするような輩が日本で最も嫌われる権力の犬像
新撰組みたいに徳川幕府から明治政府へ権力が代わっても鞍替えしない存在を権力の犬とは言わない
102.名無しさん:2018年12月03日 12:53 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
神国日本とか皇国の興亡は…とか非国民とか、そんな言葉は平和で満ち足りた江戸時代には無いだろ。
日本を裏切って転覆した後ろめたさを隠すため、自分の正当性を薩摩長州以外の人々に無理矢理押し付けた結果、生まれた言葉だろ。
日本文化の概念を追究するなら、大東亞戦争の反省をするならば、明治維新を解明することは避けて通れない。
103.名無しさん:2018年12月03日 12:55 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>78
それでもあのタイミングで新政府が、できたんだから
それもお陰ではあるよ、一歩でも遅く徳川幕府が続いたら日本は明治政府さえ、できてなかったからな
理由はどうであれ、徳川は滅びて正解、功績としては日本をある程度まとめ上げたという事、誰もが、それをわかってたから、あの時代は尊王攘夷派が増えたんだよ
104.名無しさん:2018年12月03日 12:58 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
>>69
それ、八王子千人同心。
105.名無しさん:2018年12月03日 12:58 ID:ysaP.y.B0▼このコメントに返信
尊王攘夷の【尊王】とは「天皇陛下を崇拝し頂点とする」事で【攘夷】とは「外国人を追い出す」事だぞ?
当時の江戸幕府は今の政府と同じく外国人を入植させようとしてたからな
106.名無しさん:2018年12月03日 12:59 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
>>78
イギリスの直接支配を受けてないから傀儡じゃない。せいぜい模倣。
107.名無しさん:2018年12月03日 13:00 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
>>74
フランスの暴動と幕末維新を混同する馬鹿。
108.名無しさん:2018年12月03日 13:00 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
>>100
幕府は当時、関税を自主的に設定して貿易の窓口を独占的に開けていた。
英国はこの関税率を不服として生麦事件に連なる薩摩の不手際を利用して関税自主権を剥奪。
以降、握った日本市場を確保するために他の列強の干渉を避けるように私企業や現地合弁企業を隠れ蓑にして日本の政治に係わり続けた。
これが明治維新の核心だよ。
109.名無しさん:2018年12月03日 13:00 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>80
新撰組は誰も心底好きではないと思うが、キャラクターの豊富さや日本全土にかけた内戦ドラマとかのコンテンツとしては面白い材料ってだけの事
後の文学作品とかの影響で好印象になったのが大きいね
やってた事はカルト宗教みたいなもんだからな
ただ、日本の歴史を動かす中の一端になったことは認めるけどね
110.名無しさん:2018年12月03日 13:02 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
>>80
嫌いだけあって、独断と偏見満載だな。
111.名無しさん:2018年12月03日 13:03 ID:10AkMovX0▼このコメントに返信
箇条書きすると滅茶苦茶
これをストーリー仕立てにするとおもしろくなる
逆に箇条書きした時にちゃんとしてるのは物語にするとおもしろくしづらーい
112.名無しさん:2018年12月03日 13:03 ID:6r1gzqpv0▼このコメントに返信
※13
沖田の姉さんが「この子が似てる!!」って言った親戚の子を元に描かれ、他の沖田を知る親戚が「似てるんかな?」
って言われた肖像画がなんだって?

写真が残ってて現在でもそう悪くない土方が「俺様モッテモテ~!」なんて手紙も残してるのにw
(商売女相手だけどww)
113.名無しさん:2018年12月03日 13:05 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>87
そりゃ、徳川幕府の言論統制とか独裁紛いの封建政治に、何やっても謀反、敵扱いされるんだから、それしかないだろう
あのまま徳川幕府が続いたら今の日本は無いよ、徳川が抵抗したのは利権を失うから
114.名無しさん:2018年12月03日 13:05 ID:edK0xESt0▼このコメントに返信
>>102
神国の言葉は大和王権の時代からある
豊臣秀吉も神国と号している
115.名無しさん:2018年12月03日 13:06 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
>>91
馬鹿長州が発狂して御所を攻撃し、その時の火事で京都の大半が消失した。
池田屋事件の時の長州を中心とするテロリストは京都全域に放火し、天皇を拉致して長州に連れ去るつもりだったんだぞ。

それを阻止したのが新撰組だ。
116.名無しさん:2018年12月03日 13:06 ID:w03LmYD30▼このコメントに返信
>>82
だからロシアにいたってか?
おまえ馬鹿だろ
首のない義経はチンギスハンか?
光秀は天海か?
信長はなんなんだ?
117.名無しさん:2018年12月03日 13:08 ID:1hTH0td40▼このコメントに返信
※78
それは流石に勘違いw
あの時代の世界のことが何もわかってない。
イギリスの傀儡とか陰謀論と変わらない。
日本と米国の通商条約ちゃんと理解できてるか?
当時のイギリスと米国の関係がわかってる?
118.名無しさん:2018年12月03日 13:10 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
>>114
うんうん、その言葉が必要になる時代背景、社会を考えてみてよ。
対外脅威を設定して日本を纏めようとするときに使われる言葉なんだよね。
江戸時代には不要な言葉なんだよね。
対外脅威を強調して、無理矢理日本を纏めようとするときに使うんだよ。
ほら、今半島で親日家とか言うでしょ。
あの言葉と同じなんだよ。
江戸幕府には不要な言葉なんよ。
119.名無しさん:2018年12月03日 13:10 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>102
いや、天朝様と天皇を崇めてたから無いとかじゃないよ
日本の歴史は天皇ありきだから、平氏も天皇の存在を否定したから源氏が大義を得て平氏を滅ぼしたんだからな
その平氏の落武者が各地に散らばって天皇に背いたら大変だというのは染み付いてたから
120.名無しさん:2018年12月03日 13:12 ID:duGmv1fe0▼このコメントに返信
元は、長州筆頭に攘夷・討幕派がむちゃくちゃやったのが原因
121.名無しさん:2018年12月03日 13:12 ID:edK0xESt0▼このコメントに返信
>>118
江戸時代には日本第一主義の国学が栄えましたが?
122.名無しさん:2018年12月03日 13:13 ID:1hTH0td40▼このコメントに返信
※86
多摩の連中は土着ではなく家康が連れてきた武田軍の末裔。
基本的に農民が刀を振り回したり兵組織を作るのは御法度。
多摩は特別だっただけの話。
最後まで徳川に忠義を尽くしたのも武田座 が滅んだ後の恩。
123.名無しさん:2018年12月03日 13:15 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
出た陰謀論!
次は歴史修正主義かな。w
極東日本における列強の影響力とアメリカ新大陸における列強の影響力は等しくないからね。
中国大陸でアメリカ大陸のような影響力をアメリカが持っていたとでも?
124.名無しさん:2018年12月03日 13:15 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>99
人ころしでも法律を、こねくり回して悪人が無罪になったりとか、人の道理に外れた現代が正しいのか?といえるのかとも言えるが
当時は無法地帯と化してたから、その場で裁くしか方法が無く斬ってたって理由もあると思うよ
125.名無しさん:2018年12月03日 13:17 ID:edK0xESt0▼このコメントに返信
>>119
平家はあくまでも朝廷の枠内で活動しており、自分達にとって権力の権威付け基盤である天皇を否定するわけがない
平家に天皇がいるのに、否定とか頭は大丈夫か
126.名無しさん:2018年12月03日 13:17 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>93
だから司馬遷太郎も、これを参考にして小説書いてるから脚色はあっても、史実には近いよな
127.名無しさん:2018年12月03日 13:18 ID:K3KJbQzi0▼このコメントに返信
大河「新撰組!」の通りで将軍警護で人を集めようにも幕府側に予算も人物もいない
清川八郎とかの意見が通っちゃって浪人はじめとする「腕利き」を集めて足しにしようとしたら狭客やら多摩の百姓やら有象無象まで集まった
武士の身分がもらえるかもしれないから
京都でも給金がもらえる、武士になれると冒険者だか勇者にあこがれるがごとく腕自慢だかが応募してくる
(やっぱりソコはヘンなのも混じって来るんで隊律は厳しくなっていく)
そもそも清水の次郎長やら火消の新門辰五郎やら将軍警護だか江戸警備だか任せたりするくらいに(いわゆる二足の草鞋)おおらかというか曖昧なのが当時の考え
ただマジで殺しあったり、粛清にも明け暮れたトホホな集団
128.名無しさん:2018年12月03日 13:18 ID:PlfO.GXr0▼このコメントに返信
新選組も、長州藩武士も 薩摩も 会津もみんな自分らが正義で正当と信じていた。それぞれ日本を思ってやったことだ。だから新政府にはかつ敵も呉越同舟で集まって出発できたのだ。最初のエンジンの動きががたがたいって内戦も起きたが、まあ他国に比べすんなり統一できたと思う。矢張り統一象徴の天皇の存在は大きい。政策に不満が有っても陛下の御名御璽が出たと言えばGOだった。
129.名無しさん:2018年12月03日 13:19 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
>>121
元の102では別の意味で言葉を出したんだよね。
明治から始まる薩摩長州政府の自己正当化のための言葉として持ち出したんだが。
130.名無しさん:2018年12月03日 13:19 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>95
そうだよ、教員に関しても薩長から派遣された者が多く
日本の土台は薩長の影響が大きいと思うね
131.名無しさん:2018年12月03日 13:24 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>125平氏が天皇になろうとしたのに?
昔から天皇は不可侵領域で神扱いなのに、一般人がなろうとした時点で、それは違うとなったのが源氏を筆頭に各諸国が平氏が天敵となり滅ぼした理由だが
132.名無しさん:2018年12月03日 13:30 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>117
アメリカとイギリスと結び付けてないだろ、当時の日本は各藩が、それぞれの諸外国と戦争したり貿易をしたりしてた
だからアメリカが江戸に来たりイギリスが薩摩と戦争したりしてた
諸外国は、日本と不平等条約を結ばせてたから幕府も金が無くなったりとかしてたんだよ
あんたの知らないだろってのは、常識のことを自分だけが知ってるからというレベルだから、自慢にもならないことを自慢しない方がいい恥ずかしいから
133.名無しさん:2018年12月03日 13:33 ID:BDoTG9J60▼このコメントに返信
またテロリストの子孫が僻んで新選組ディスってんのかwww
134.名無しさん:2018年12月03日 13:41 ID:.tBE1kw90▼このコメントに返信
※17
あの羽織、着てないって
あまりにもダサいので採用早々誰も着なくなったよ
でも観光土産も売りたいし、芝居や映画でそれと判るコスチュームだから画面上多用させるだけ
135.名無しさん:2018年12月03日 13:41 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
土方歳三がロシアに逃げた?
何だか、西南戦争の後に西郷隆盛がロシアに逃げたって話みたいだな。
136.名無しさん:2018年12月03日 13:41 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>122
伊賀や甲賀でも服部家が徳川に召し抱えとなってから、周りの農家では隠密や農兵が増えて、諸藩の大名に召し抱えられるようになったから
時代背景としては挙兵しなければ農兵としても問題なかったでしょ、基本的に戦国時代から足軽なんかは農兵だよ
農兵の歴史は古く、農民は盗賊から身を守る為に武装して戦ってきたからね
137.名無しさん:2018年12月03日 13:42 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
>>132
当時の幕府は国際的に常識的な関税率を「自主的」に設定して貿易していました。
しかし、生麦事件で薩摩の犯した国際犯罪(国内では無罪)を不服として交渉に応じない薩摩の城下町を英国が懲罰として焼き払い、薩摩が払えない損害賠償を幕府が肩代わりしました。
それが関税自主権の剥奪です。
薩摩は日本近代史上、最大の戦犯です。
日本史の常識的な知識ですよ。
138.名無しさん:2018年12月03日 13:44 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
>>99
池田屋事件とか唯の人殺し?
お前に未来がないんだろ?
139.名無しさん:2018年12月03日 13:45 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
>>101
それが民族として、国があったりするんだから悪い冗談だよね。
140.名無しさん:2018年12月03日 13:46 ID:FOfeDXw50▼このコメントに返信
るろ剣のおかげもあるな
斎藤カッコ良すぎ
141.名無しさん:2018年12月03日 13:47 ID:Ci7qH8Jk0▼このコメントに返信
>>135
まあ話には繋がりがあって、土方を支援してた貿易商がロシアと貿易をしてた、現に新撰組には函館港を守るように配置してたからな
函館まで逃げのびて戦ってロシアに逃げないって可能性はないことはないし
武器もロシアから調達もしてる
142.名無しさん:2018年12月03日 13:51 ID:RltHNoln0▼このコメントに返信
※122
その新選組を管轄していた会津松平家は武田旧臣の高遠保科氏の流れ
新選組最後の組織戦が甲州勝沼の戦いと何やら因縁があるな
143.名無しさん:2018年12月03日 14:04 ID:cul9By3P0▼このコメントに返信
※17
>当時では珍しく組織だった行動規範はどっかの天誅組などと違って、人気があったわけだから~

まず、当時、人気は無い。新選組は嫌われていた。

坂本龍馬も、新選組も、明治時代になり、新聞の講談となって読まれてから人気が出た。
豊臣秀吉もそうなんだがな。
現在の人気キャラの見方をするようになったのは、明治時代に入ってから以降。
144.名無しさん:2018年12月03日 14:04 ID:UvwzNinz0▼このコメントに返信
幕府に非が有るとすれば、それは列強の干渉を排除できる武力が無かったこと。
薩摩が元凶とはいえ、英国の脅しを排除できる武力が無かったことのみ。
それを考えると現在の日本と重なりあうんだよね。
145.名無しさん:2018年12月03日 14:19 ID:LXAcqKEC0▼このコメントに返信
>>140
斎藤一はMr.スポック ヴァルカン星人
異論は認める
146.名無しさん:2018年12月03日 14:27 ID:O8faucYN0▼このコメントに返信
一番権威をかさに着てたのは長州だな
ただ別にそれが悪いとは思わないが
世の中が乱れた時は権威を無視するより
かさに着る方が収束しやすい
147.名無しさん:2018年12月03日 14:27 ID:3Q0JtNEN0▼このコメントに返信
長州とかいう過激派テロリストの巣窟
148.名無しさん:2018年12月03日 14:34 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
そうそう、池田屋謀略や禁門の変で天皇を拉致しようとしたのは、その権威を利用しようとしたからだしな。
権威を傘に着ようとしたのはテロリスト集団の長州。
テロリストは卑劣なんだよ。
149.名無しさん:2018年12月03日 14:35 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
>>143
そりゃ、機動警察隊だからな。
150.名無しさん:2018年12月03日 14:50 ID:xvnJPEsO0▼このコメントに返信
アニメに新撰組と思わしき組織や用語が出る作品を見ると、
その作者が幕末に徳川側の土地出身だったりするから、
戦国時代まで勝ち組地域だった者が、新撰組を美化して創作してるように思えるね。

6、7年前に桜鬼?なんたらみたいな新撰組の腐女子系アニメを何回か見たけど、
新撰組の汚点の部分を全て美化して、あまりに都合良すぎるストーリー作ってる事にヘドが出そうだったな。

戦国負け組だった毛利&島津側に近代国家への脱却の栄誉を取られた事で、
少しでも薩長側の評価を下げたい&もっと徳川側からそれを代行できる日本に貢献した人物組織がいて欲しい
そういう動機の奴が新撰組を持ち上げてるとしか思えないね。

近藤は組織の存在意義が、幕府と将軍にあった事を考えれば、
鳥羽伏見で負傷して復帰したものの、あれよあれよと一番自分達の置かれた状況がおかしいと気付いたように思えるね。
海外要素や大勢の状況を考慮出来なかった清廉潔白な忠義の堅物。
幕府も無くなり、将軍も謹慎、会津も降伏、それなのに反天皇国家を作った土方は、晩節を汚してるね。
もう何の為に戦ってるのか迷走してるだけ。日本や日本国民を想っての行動では無くなってるから。
151.名無しさん:2018年12月03日 15:02 ID:dlEnc8ZB0▼このコメントに返信
人は何故アイドルを好むのか

想像してごらん
新撰組に追い回されているアナタを
想像してごらん
新撰組に囲まれているアナタを
想像してごらん
新撰組に切りつけられているアナタを
想像してごらん
町民に葬られているアナタを
152.名無しさん:2018年12月03日 15:08 ID:.tBE1kw90▼このコメントに返信
※44
当時、軍事組織や治安維持組織は「組」と称したんだわ
身近な例で言うと民間消防団の「め組」
153.名無しさん:2018年12月03日 15:09 ID:.tBE1kw90▼このコメントに返信
※144
一応薩英戦争は薩摩の勝利だよ
154.名無しさん:2018年12月03日 15:12 ID:EdUtfiQ.0▼このコメントに返信
どうでもいいが、「ドカタ」と呼んでしまう
155.名無しさん:2018年12月03日 15:18 ID:f1FQPr6v0▼このコメントに返信
>新選組は商人を剣で脅しながら「死ぬまでに返すから」とか言って金借りまくってたんやで

いわゆる新政府側もその前身である薩長などもやっていたし、新撰組が借りたお金のほとんどは会津藩などに流れていたと言う世紀末状態。
ちなみに最終的にそのほとんどを幕府反幕府など陣営問わず新政府がほとんど踏み倒した。

>降伏して万一許されて 明治維新政府で軍人とかやってたら どうなったやら

ガチで許されなかったのは油小路事件に関与した幹部や隊士(内ゲバとは言え、名分上、袂を分かち天皇直属となった伊藤らを粛清したのがまずかった・・・)であって、その他は普通に許されている。

実際に斎藤一とか警察やっているし、隊士の何人かは役所や軍などに就職しております。

156.名無しさん:2018年12月03日 15:20 ID:YTa0VmcY0▼このコメントに返信
幕末は人材のほとんどが西日本にしか存在してないから
東ではめ込む人材がこいつらポンコツしか無かった…てのが実情

弱者は過去を美化したがるもの…韓国然り、会津然りw
157.名無しさん:2018年12月03日 15:41 ID:MlFLEH4Y0▼このコメントに返信
三谷さんの大河「新選組!」は司馬さんや子母澤さんの小説をベースにしてると思うが、
彼らの動機は本当の武士になりたかった感じが描かれてる。
近藤役の香取慎吾が朗々と最後己の心情を吐露し、徳川を見捨てた者どもを断罪する場面は泣けてくる。
158.名無しさん:2018年12月03日 16:31 ID:q.ao8rK40▼このコメントに返信
※155
まあ内乱で相手37564とかやっちゃったら国力低下なんてもんじゃねーし何のための明治維新なんだよって感じやからな
それでも敵として戦った多くが許されてると言うのは天皇の存在がすごく大きいと思う
単に別の勢力の支配者がトップになる革命ならこうはなってない
159.名無しさん:2018年12月03日 16:37 ID:KKhK8xwk0▼このコメントに返信
ゲシュタポよりもはるかに危険だよ。
ちょっと近く通っただけで「反政府側だろ!」って因縁つけてその場で切り殺すんだから。
新撰組ほど内輪揉めで殺し合う事も無かったし。
160.名無しさん:2018年12月03日 16:46 ID:qVyt0WGc0▼このコメントに返信
>>103
徳川は滅びてないよ。パークスが慶喜を助けたからね。
161.名無しさん:2018年12月03日 16:46 ID:cKtyy3sD0▼このコメントに返信
>>154
漢字を知らないだけだろ。
162.名無しさん:2018年12月03日 16:48 ID:qVyt0WGc0▼このコメントに返信
>>77
無能オブ無能の久坂玄瑞かな?
163.名無しさん:2018年12月03日 16:50 ID:A1EIUsIq0▼このコメントに返信
※159
アホですか?
その場で切り殺すなんてのが許されてるわけねーだろ
記録あんなら言ってみろや
164.名無しさん:2018年12月03日 16:51 ID:qVyt0WGc0▼このコメントに返信
>>113
徳川を含む挙国一致体制の誕生を妨害したのが薩長。戊辰戦争は薩長の利権確保のための戦争。
165.名無しさん:2018年12月03日 16:53 ID:qVyt0WGc0▼このコメントに返信
>>89
特定野党がガバガバ移民を受け入れるつもりなのはスルーか?

パさんはまず鏡見よう。
166.名無しさん:2018年12月03日 16:55 ID:qVyt0WGc0▼このコメントに返信
>>99
志士()の皆さんも人殺しよ。志士()の殺しは綺麗な殺しか?
167.名無しさん:2018年12月03日 16:56 ID:s4LQ67Gz0▼このコメントに返信
当時の京都自体がテロリストとDQNの巣窟だったからな。
毒を以って毒を制すしかないというのが実情。
あれだけ天誅とかやらかすのが多ければそりゃそうなるよとしか。
168.コロンブス:2018年12月03日 16:56 ID:TLPNmf6I0▼このコメントに返信
※164
挙国一致ではないよ。大河でもやっていたが、最後に久光が上京したときに薩摩は排除されていた。
大政奉還後の小御所会議を見ても薩長と幕府側が同じテーブルに着くのは不可能だったよ。
自分の視点や都合だけで見れば特亜と同じに堕するというのが分からんのかね。まあ分かりたくないのだろうが。
しかしもしかするとこういう書き込みを在日や特亜がやっているとしたら笑えませんがねw
169.名無しさん:2018年12月03日 16:58 ID:qVyt0WGc0▼このコメントに返信
>>131
平氏は摂関家のやり方を模倣したに過ぎないよ。摂関家も天皇になろうとしたのか?新説だな。
170.名無しさん:2018年12月03日 17:03 ID:f05radUh0▼このコメントに返信
新撰組がメチャクチャしてたってなんだ??意味が分からん
京都でテロ暗殺を繰り返してメチャクチャしてた連中を取り締まる側なのに
171.名無しさん:2018年12月03日 17:05 ID:qVyt0WGc0▼このコメントに返信
>>159
新撰組は逮捕が原則だよ。池田屋事件も数で負けてた時はやむなく斬ったけど増援が来てからは逮捕に切り替えている。
172.名無しさん:2018年12月03日 17:11 ID:A1EIUsIq0▼このコメントに返信
※170
金借りるのに関してはわりとメチャクチャやってる
踏み倒しで潰れた商家とかも出てる
173.名無しさん:2018年12月03日 17:18 ID:A1EIUsIq0▼このコメントに返信
※170
あとは訓練とかも
切り合いがフォーカスされてるけど、新選組は剣より銃での戦闘の方が長いけど
(戦争やったんだから当たり前だけど)
京にいた頃から銃砲火器の訓練やってたんで、駐屯してた寺からやめてくれ、せめて日数減らしてくれって嘆願されてる

他には…宿代はいっつも踏み倒してる
隊丸ごと駐屯させて飯まで用意させてお代は名刺サイズの局長のプロマイド1枚とか
これが現存してて教科書とかに載ってる近藤の一番有名な写真ね
174.名無しさん:2018年12月03日 17:29 ID:CocBVSbI0▼このコメントに返信
>>30
大久保は領地もらった後の名字と違ったっけ?
175.名無しさん:2018年12月03日 17:30 ID:qVyt0WGc0▼このコメントに返信
>>168
薩長と徳川が対等であるはずがないでしょうに。
慶喜は前将軍・内大臣で日本最大の軍事力を持ち、朝廷から諸外国との外交権も任せられている。
朝廷が慶喜の力に期待していたのは間違いないだろう。
そういえば慶喜を擁護していた土佐を恐喝したのが西郷だったね。

関係ないが自分と違う考えだからと言って勝手に国籍認定するのはやめてくれないかな。
176.名無しさん:2018年12月03日 17:31 ID:CocBVSbI0▼このコメントに返信
>>170
ヤクザが寺銭あつめるようなやり方していたし
177.名無しさん:2018年12月03日 17:41 ID:4sHM6.8I0▼このコメントに返信
>>176
それ芹澤一派がいたころの話しでしょ
178.名無しさん:2018年12月03日 17:47 ID:cpdmHmUT0▼このコメントに返信
※19
国家を徳川幕府と捉えるか朝廷と捉えるかで話変わるだろ
179.名無しさん:2018年12月03日 18:08 ID:NV9hPjZ50▼このコメントに返信
※8
土方の写真が残ってるのもデカいと思うな
格好いいもんアレ
そして美少年剣士沖田総司の写真がないのも重要な要因かも
180.名無しさん:2018年12月03日 18:10 ID:VjOCOzZL0▼このコメントに返信
アニメやゲームで全部美形化するの止めろ。戦国武将もだけど。こういう連中に暴力団の抗争を描かせても全部美少年にするだろう。
181.コロンブス:2018年12月03日 18:15 ID:TLPNmf6I0▼このコメントに返信
※175
おい馬鹿。人に横レスするなら※を使えと親切に指導してやっているだろう。
そういう簡単な礼儀が出来ないで信用が得られると思っていること自体が大きな間違い。
お前は実社会で人に意見をするとき人から言われたら反対のことをするのかw
お前みたいなやつはそういうときは米つきバッタのように人にごまをするだろうがw
こういう所でも基本は同じだ。
※を使わないなら人様に意見をする必要は無い。
182.名無しさん:2018年12月03日 18:17 ID:Ho0tnd0o0▼このコメントに返信
>>177
それが収入源なのは最後に幕臣に取り立てられるまで変わらん
183.名無しさん:2018年12月03日 18:21 ID:G4CsQ.Ti0▼このコメントに返信
>>180
新撰組自体は嫌いではないが、やたら美化したがる信者は嫌い
そういう奴らって美化するにあたって、対立した側(芹沢、伊東、薩長など)をとことん悪党にしたり、近藤らの所業まで責任転嫁しだしたりするんだもん
ダーティーな組織で大いに結構じゃん。どっちの陣営も大なり小なり清濁はあるんだし、そういうのも含めて面白いところがある
何故に善玉にしたがるんだろ?
184.名無しさん:2018年12月03日 18:22 ID:Ho0tnd0o0▼このコメントに返信
新撰組の小説なら浅田次郎やな
壬生義士伝
輪違屋糸里
一刀斎夢録
おもろいで
185.名無しさん:2018年12月03日 18:27 ID:ab9wWcsr0▼このコメントに返信
まあどれだけ幕府に尽くしても所詮どこの馬の骨かも分からぬ連中
薩長の怒りの矛先にするのは当然
186.名無しさん:2018年12月03日 18:36 ID:vSjU2wJD0▼このコメントに返信
※182
新選組の押し借り会津がやらせてたというか借りた金も会津に流れてたようなんだよな
芹沢の粛正は押し借りとか大和屋焼き討ちとかは後付けみたいだし
まあ、会津が京都守護のために支出が激しく国許も大借金状態だから悪く言うものなんだが・・・・・
187.名無しさん:2018年12月03日 18:53 ID:ZWoTNQ7j0▼このコメントに返信
>>1
新撰組を好きな奴は歴史を何も知らないド阿保❗新撰組が有能な維新派の侍を何十人もコロ シタ為に、明治維新後の近代化が30年以上も遅れた。新撰組が居なければ列強国との不平等条約の解消ももっと早期にできたし、軍備の近代化ももっと早くでき、日清、日露も、もっと楽に勝てた。日本の近代化を邪魔し、余計な日本人の血を流させた新撰組は本当に糞塵滓野郎の集まりだ❗歴史を知らないド阿呆どもよく覚えておけ❗
188.名無しさん:2018年12月03日 18:56 ID:da8Mky7w0▼このコメントに返信
>>181
スマホで見てたら分かるが、>>は仕様なんだが?なんで怒っているんだ?
それに168のどこに「人に横レスするなら※を使え」と書いているんですかねぇ?

あと勝手にこっちを特亜とか米つきバッタとか決めつけないで欲しいんだが。
あなたは168で「自分の視点や都合だけで…」とか言っているけどブーメランになっているよ。
189.名無しさん:2018年12月03日 18:59 ID:.M9GWYU40▼このコメントに返信
日本人は最後まで裏切らないで殉じるという話が大好きだからね
まぁ、日本に限った話ではないか。だから関羽とかも人気なわけで
つーか、刀で脅してって芹沢一派がしてただけで、鴻池は喜んで近藤を支援してたんじゃないの?
190.名無しさん:2018年12月03日 19:04 ID:APiTAooC0▼このコメントに返信
幕末・明治のいろんな勢力・グループをシリア内戦の武装組織に例えていったら面白そう
191.名無しさん:2018年12月03日 19:04 ID:A1EIUsIq0▼このコメントに返信
※185
別に薩長の怒りの矛先になれる程の活躍も規模もないけどな
そも、薩長に新撰組を名指しで特別視してるようなのいたっけ?
近藤捕まった時だってそんな雑魚に構ってる程暇ねーからって長々と放置された挙句
そういやそんなのもいたね、調べたりすんのめんどいからとりあえず殺しとけばいいんじゃね?って雑に処理されてるし
192.名無しさん:2018年12月03日 19:08 ID:A1EIUsIq0▼このコメントに返信
※189
宴席に呼び出してこの近藤の顔が証文であるって不逞浪士には出来んやり方であっちこっちから無理繰り金巻き上げてるぞ
大阪では金巻き上げるのに邪魔な役人とか暗殺してるぞ
193.名無しさん:2018年12月03日 19:11 ID:VvOLrAss0▼このコメントに返信
京都で誠の旗振って喜んでた連中の大半が20代…お前らの20代はどうなん?
194.名無しさん:2018年12月03日 19:19 ID:4FVefTfa0▼このコメントに返信
新選組なんて只の破落戸。
195.名無しさん:2018年12月03日 19:21 ID:AA2ipRhz0▼このコメントに返信
※82
死んでるよ 陰謀説大好きな低能かよ  
*187みたいな狂人が定期的に寄ってくるよな ここの歴史ネタは
図書館行って専門書見ればわかるのにな
196.名無しさん:2018年12月03日 20:01 ID:7idNobdh0▼このコメントに返信
※156
そだね、テロしかできない長州は人材の宝庫なんだろう。
イギリスにケンカ売って幕府に賠償金はらわせるとか。
天才じゃないとできないよね。
何も考えていなくて、一所懸命ねつ造するのが得意だもんね。
錦の御旗なんて誰も見たことがないものをこれが本物だって、普通なら恥ずかしくていえないもん。
197.名無しさん:2018年12月03日 20:21 ID:FjiPSS8H0▼このコメントに返信
※80
あなたは正義感()が強い人みたいだけど
新撰組以上に好き勝手してた討幕派が好きとかいう矛盾
都合の悪いことは見えない聞こえないタイプかな?
198.名無しさん:2018年12月03日 20:31 ID:FjiPSS8H0▼このコメントに返信
※156
関係ないところまできて韓国韓国って…
そんなに某国が好きなら関係あるスレで好きなだけ騒いでろ
199.名無しさん:2018年12月03日 21:32 ID:2jAjvWF30▼このコメントに返信
土方さんは残ってる写真もダンディー
沖田は実は不細工
200.名無しさん:2018年12月03日 23:24 ID:i3EMl3c90▼このコメントに返信
戦隊ヒーローの乗りだろ
201.名無しさん:2018年12月03日 23:56 ID:MlFLEH4Y0▼このコメントに返信
幕末は民主主義ではありませんよ~~ん。
例によって今の価値観で人殺し集団と評価するのは、お門違い。
202.名無しさん:2018年12月04日 00:04 ID:tW1iMucR0▼このコメントに返信
>しかし、司馬遼太郎って凄いよな  今の日本史観ってこいつの影響力強すぎるやろ
>右も左も真ん中も司馬史観に染まってるっていう
歴史が物書きやに作られてるってのは大昔からそう。江戸時代なんかも舞台の演目にするってんで
鎌倉、室町時代の著名人のイメージは相当いじられてきた。
もっと古い話では、天武天皇、舎人親王の書かせた日本書紀からしてそう。 自分らのことを書くのに
不都合なことは書かず美化して書かれたものが、いまや日本の正史。
203.名無しさん:2018年12月04日 01:07 ID:SoQq7OGm0▼このコメントに返信
日本書紀は天智天武の悪辣は記載されてる方だと思いマスがね。
さらに万葉集には無実でブチころされた皇子の歌とかも載っているようですし。
204.名無しさん:2018年12月04日 01:16 ID:lD.HF3wc0▼このコメントに返信
新撰組嫌いだけど?
205.名無しさん:2018年12月04日 03:01 ID:IREa4oAE0▼このコメントに返信
>>202
日本書紀も大概だよ。
壬申の乱は明らかに大海人皇子が当時の天皇(今で言う弘文天皇)に反逆しているのに、即位していなかった事にして後継者争いに仕立てあげたからね。
明治政府ですら大友皇子が即位していたに違いないと考えていた。
206.名無しさん:2018年12月04日 05:24 ID:R6B.pvJW0▼このコメントに返信
新選組はカス。本来農民出身のこいつらが付くべきは薩長側で新体制側であるべきだった
にもかかわらず士族になりたいがために旧体制側の幕府側に付き士族の真似事をやりだす始末
新選組という名前が格好いいから脚光浴びただけで、実態は旧体制の擁護者であり、時代の流れが全く読めていない無能集団
207.名無しさん:2018年12月04日 05:43 ID:IREa4oAE0▼このコメントに返信
>>206
どうかな?近藤・土方の生まれ育った地は幕府に好意的だし、そもそも薩長のやり方は強引すぎるから組するのに抵抗感があってもおかしくない。

第一200年以上徳川の世が続いていたのだから、一部開明派や志士を除いて日本中の大半が幕府の支配を当然と思っていたと思う。
それに幕府と薩長は両方形は違えど尊皇思想によって動いていた。新撰組が幕府についたのはおかしくはない。
薩長が勝ったのはあくまで結果論。慶喜が徹底抗戦に出れば果てしない内乱となり徳川が勝つ可能性もあった。
新撰組を無能扱いするのは違うと思うよ。
208.名無しさん:2018年12月04日 06:19 ID:R6B.pvJW0▼このコメントに返信
※207
思想がないから無能なんだよ。新選組の唯一の思想は士族に成りたい。これだけ。社会や国家や世界に対する思想が皆無
こんな集団を持ち上げるのが馬鹿らしいと思ってるだけ。ただの成り上りたいだけの無能集団だよ。
こいつらに比べたらシールズのやつらのほうが思想は持ってるな。俺シールズ大嫌いだけど
209.名無しさん:2018年12月04日 06:39 ID:xxPnx60.0▼このコメントに返信
むちゃくちゃだったと言われてるのは芹沢鴨だろうな。
しかし史実の記録だと子供とかには優しいおっさんだったそうだ。
そもそも新選組が人を切りまくったイメージも過ちで、京都の市中見回りしてた時代は13人程度しか斬ってない。
それだけ日本は平時から治安が良かったとも言えるけどな、それでも乱れるだけ乱れたと言われてそんなもんだし。
戊辰戦争になると流石に戦争なんでそんなモンじゃ済まないけどね。
210.名無しさん:2018年12月04日 06:41 ID:xxPnx60.0▼このコメントに返信
※208
全然違うね。
むしろ攘夷と奉公の精神で上京した訳だしね。
そもそも士農工商は身分ではなく職業区分なんで、家柄とか買えるもんでも無いし。
反日極左のSEALsは中核派などが黒幕なんで、あんな共産思想の反社会的な連中とは真逆の存在だと思われ。
211.名無しさん:2018年12月04日 06:44 ID:IREa4oAE0▼このコメントに返信
>>208
新撰組にも尊皇思想はあった。薩長(特に長州)と違うのは幕府を尊重するか否か。
新撰組などの佐幕派にとっては幕府に尽くすのは天皇に尽くすのと等しい。この考えが薩長とは決定的に違う。
皆目指している目標は同じなのに、そのプロセスが違ったが故の幕末の動乱と言える。

シールズについてだが、あれは一部の共産シンパによって流されて参加している奴が大半だと思う。
つまりハロウィンで暴れていた馬鹿どもと変わらない。ただその時を楽しみたい馬鹿だよ。
少なくとも国を想って活動した新撰組とあんな馬鹿を一緒にするのは失礼。
シールズは幕末の人々と違って自分の命運をかける度胸もないクズどもだから。
212.名無しさん:2018年12月04日 06:54 ID:R6B.pvJW0▼このコメントに返信
思想のベクトルとかの話をしているわけじゃねーんだよ
新選組はただ士族に成りあがりたいだけの集団であって、それ以外の何者でもない。
シールズには糞だが共産思想という経済体制政治体制こうあるべきっていう考えはある。新選組にはそんなもんなにもない
士族にしてくれー成り上らせてくれーそのためには幕府のために何でもしまっせーというだけの集団
213.名無しさん:2018年12月04日 07:18 ID:k0.t8pD50▼このコメントに返信
でもみんな修学旅行とかのお土産で買った法被持ってるでしょ?
214.名無しさん:2018年12月04日 11:06 ID:Sb9rjTVD0▼このコメントに返信
※212
士族に成り上がりたいだけの平民を兵に仕立てた長州を全否定かよw
奇兵隊を始めとする諸隊の要求は袴を履ける身分にしろ(=武士にしろ)だぞ
刀は農民や町人身分でも認められれば帯刀できるけど、袴は武士などの支配層のみに許されるものだからな
なお戦後に干されて新政府に対して反乱を起こす模様、いやー幕府は長州を見習わないといけないね
215.名無しさん:2018年12月04日 12:10 ID:Dg2jRRx30▼このコメントに返信
今で云う、存在だけで何の役にも立たないガーディアンエンジェルスか
216.名無しさん:2018年12月04日 15:06 ID:qiMobeeA0▼このコメントに返信
>>212
結局単に新撰組が嫌いなだけでは?

以前も述べたが新撰組などの佐幕派にとって幕府に尽くすのは天皇に尽くす事。
当時は天皇が幕府に政治を委ねているというのが有識者全員の見解。徳川家ですら理解していた。
佐幕派はその論理に従って幕府(つまり天皇)に尽くし、倒幕派は幕府そのものを否定する事で天皇に尽くそうとした。

新撰組の成り上がりたいという気持ちの原動力が幕府(天皇)に尽くすという事。
それに比べて、シールズはただその時が楽しければいいだけの馬鹿の集まり。大半がどんちゃん騒ぎを起こしたいという気持ちしかない。

新撰組は己が使命のために命をかけていた。シールズの様な存在自体が邪魔な連中と一緒にするのは失礼。
217.名無しさん:2018年12月04日 22:35 ID:yBpxnMwu0▼このコメントに返信
評価も、俗に言う勝てばナンチャラ負ければ・・・ってだけの話なんだよな。
幕末の京都は過激派が跋扈して治安が悪かったわけだし、警察部隊としては機動力、剣術共に実によい働きを
していたと思うがね。それに後世の史実伝聞など、書く側の立ち位置で流動的なもの。
何処までが真実かなんて、誰にも分かりはしないとね。なにせ賊軍落ちしたわけだしね。

お名前