2018年10月25日 12:05

第二次世界大戦って言うほど日本やドイツが悪いか

第二次世界大戦って言うほど日本やドイツが悪いか

03

引用元:第二次世界大戦って言うほど日本やドイツが悪いか
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1540406488/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:41:28.173 ID:XNvTUpcr0
悪いわ(確信)

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:44:42.265 ID:8iW4fl3g0
お前が悪いんだぞ

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:45:48.252 ID:XNvTUpcr0
>>2
マジかよ俺最低だな

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:46:32.182 ID:u1AapM7Q0
善悪で判断する奴が一番悪いぞ

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:47:37.023 ID:XNvTUpcr0
>>6
スレタイの悪いは善悪って意味じゃなく
どちらにより責任があるかの話なんだよなぁ

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:46:34.089 ID:trLycxRL0
俺君は悪くない!

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:49:29.291 ID:XNvTUpcr0
>>7
ありがとう……優しいんだなお前……///

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:47:54.756 ID:UtDAjRLe0
勝てば官軍

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:51:39.933 ID:XNvTUpcr0
>>9
勝っても悪いことは悪いと責められることなんて幾らでもあるんだよなぁ
阿片戦争なんてその代表例でしょ

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:51:27.018 ID:bz7dRkhX0
責任追及すれば無限後退するから駄目
法律で言えばどこの国も国際法違反はやってる
結局領土拡大と植民地確保の戦争だから善悪なんて語るもんじゃない

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:54:05.146 ID:XNvTUpcr0
>>11
領土拡大と植民地確保のための戦争とかいう乱暴なまとめ方よくないと思うの
ドイツはメフォ手形による財政破綻の回避
日本は総力戦体制構築のための内部のゴタゴタが主な原因でしょ

それにスレタイは戦争中ではなく開戦に至るまでにどちらに責任があったかという話しよ

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:56:17.679 ID:bz7dRkhX0
>>17
そこらへんの説なら世界恐慌が最終的な原因でアレは必然的な物だったんだから仕方ないんじゃないの
責任なんて容易に求められるもんでも無いでしょ

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:59:06.767 ID:XNvTUpcr0
>>20
メフォ手形は世界恐慌関係なくねぇか
禁止されてる軍拡をやろうと条約と時流を無視してついでに言うなら償還出来ないような額借りるのが悪いだろ
シャハトくんもお怒りだぞ
ついでに日本も日中戦争は大恐慌と言うよりは軍部の暴発だし太平洋戦争はその日中戦争に対する打開策を求めて起きたものじゃん
領土的野心と恐慌あんま関係なくねぇか

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:00:28.342 ID:bz7dRkhX0
>>23
世界恐慌の流れからの軍拡と満蒙の拡大じゃねーの

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:06:56.828 ID:XNvTUpcr0
>>24
満蒙の開拓はどちらかというと軍部と内閣の朝鮮に対する認識が統一できてなかったのが原因で
満州まで対共の防波堤を作りたいってのが主な目的って認識だわ
連合も満州権益自体は認めてたわけだしな
それに世界恐慌が原因ならそれこそ軍拡なんてできるわけがない
当時から戦争や常備軍の拡大は国を疲弊させるだけって言うのが通説だったんだから
おまけにどこも一次大戦の傷跡も癒えてないし社会主義革命の脅威もある
あの当時総力戦なんてしようものなら共産主義革命で国が割れる可能性がどこもあったからなおさら戦争なんて無理

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:53:11.263 ID:Q9/HcO5Q0
勝った側が善し悪し決めてるだけなんだがな

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:56:32.532 ID:XNvTUpcr0
>>13
別に勝っても勝った側の内部から正当性がなければ非難の声が上がるんだけどな

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:53:25.368 ID:BBzjYNkXd
始めたのは仕方ない
終わらせ方が流石にあるだろってぐらい無能

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:56:32.532 ID:XNvTUpcr0
>>15
日中戦争までは政府の追認とかスーパーやらかしてるけどまぁ理がなくもないのかなと思わんでもないけど
トラウトマン和平蹴ったのは流石にお前らさとなるよね
結局それが原因で日本の敗北は決定的になったわけなし

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:54:00.017 ID:Hxxo9Jjf0
日本とドイツが悪いよ
だって負けちゃったからね
極悪だよ

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 03:58:09.389 ID:Lt3KABxu0
アメリカも戦争したいから追い込んだし
日本は日本で意地になりすぎた
勝者も敗者もどっちも悪いよ

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:01:18.934 ID:XNvTUpcr0
>>22
戦争したいから追い込んだというけど
流石に秘密外交で取り決められてたライン超えて南部仏印進駐して戦略資源奪っていきますはぶちギレ禁輸されても仕方ないだろあれ
途中までは英米はむしろ日本に甘々だったでしょ
イギリスなんか直前まで日英同盟打診してたくらいだし

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:04:17.520 ID:4aR1xgEva
>>26
だってアジア開放が目的だもの
インドシナの資源おいしいです

33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:08:21.988 ID:XNvTUpcr0
>>28
アジアの解放というかまぁぶっちゃけインドシナとマレーにあるゴムの備蓄確保と蒋介石ライン潰すのが目的で太平洋戦争にもつれ込んだ感じよな
中国には負けてないとか言ってる人たまにいるけどそんな状況にさせられてる時点でぶっちゃけ中国に決定的に敗北してるよなぁ

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:01:05.891 ID:J3MwGPLz0
イタリアはいいよなドゥーチェが悪かったでみんな許してくれるんだから

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:06:56.828 ID:XNvTUpcr0
>>25
敗戦の責任どこにあるって言ったらみんなドゥーチェって答える程度には戦犯だからなぁ
なんだかんだイタリア工業化に尽力したし国民には愛されてたみたいだけど

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:08:04.980 ID:f2k+f88i0
国際連盟脱退だけは許されない

35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:09:40.223 ID:XNvTUpcr0
>>32
これは間違いない
なぜ満州国について話し合ってる中で軍事演習なんぞしてしまったのか
なぜ当初の目的である権益のほとんどを認められてるのに堂々退場してしまったのか
ホントにイラッとする

39: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:16:33.252 ID:pfVEVkbS0
>>35
板垣や土肥原や石原らを中央が制御できなかったんだろ

43: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:21:32.360 ID:XNvTUpcr0
>>39
その後にきっちり処分を下さなかったのも大いに悪い
これが原因で造反増えたのも大いにあるし日中戦争開戦に繋がった部分大きいでしょ

37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:15:27.902 ID:xdd7dvPeK
連合国側も酷いことしまくってた!当時はそれが普通だった! ←わかる
だから日帝もナチスも悪くない! ←間違い

正義VS悪ではないのは確かだが、正義VS正義なんてのは存在しないのだよ
悪VS悪なのに、勝った方の悪事が糾弾されてないだけ

42: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:20:05.647 ID:f2k+f88i0
>>37
完全な悪VS悪というわけでもない気がするんだよなあ
お互いに正義も悪も混在してたと思う

47: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:28:07.828 ID:XNvTUpcr0
>>42
開戦後の戦争中は総力戦の中で幾らか互いに戦争犯罪があったのも事実だけど
そもそも開戦の原因を辿っていくと割とやべーのは枢軸っぽい気がするんだよなぁ
一次大戦での被害考えればフランスくんが常時ドイツにぶちギレてたのも仕方ないし

40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:17:22.483 ID:4aR1xgEva
中国と停戦して連合入りしてりゃ
原爆落とされることも空襲で民間人を殺されることもなかった

43: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:21:32.360 ID:XNvTUpcr0
>>40
ホントになぁ
当時中国と関係深かったドイツに仲介までしてもらってた上に陸軍と参謀はこれ以上の戦争継続は不可能ってあの時点で言ってたのにホントなんでなぁ
日英同盟打診も来てたからホントに連合日本が現実に有り得たのに何故悪い方悪い方へ行ってしまったのか

44: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:22:24.015 ID:pfVEVkbS0
正義も悪もないぞ
大国同士が戦い日本やドイツが負けた
単にそれだけ
それ以上ごちゃごちゃいう奴らは洗脳されている

50: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:30:49.431 ID:XNvTUpcr0
>>44
戦争には開戦に至るまでの流れや大義名分っていうのが存在して
それを後世から客観的な目で見ることでどちらに責任があるかを見ることは出来るんだよなぁ
何度も言ってるけど倫理的な善悪ではなく責任の問題

46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:24:50.417 ID:cpPdtm9D0
歴史のことはよく知らんけど
基本的にはドイツと日本は現行秩序に挑戦しただけってカーが言ってた

50: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:30:49.431 ID:XNvTUpcr0
>>46
カーが言ってたなら仕方ないけど
割と開戦までの日独ってどちらかというと連合の現行秩序を笠にきた圧力外交してたのでは

49: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:30:39.902 ID:ZfVZKY2Z0
アジア開放を信じて戦った日本人もいるからことさら悪く言えない
少なくともみんなが悪い悪い合唱してるときに便乗して日本軍を批判することだけはしたくない

52: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:34:02.114 ID:XNvTUpcr0
>>49
徴兵された兵士や下士官の方を慰霊することは間違いなく俺も必要だと思うよ
彼らに責任はない
問題はその軍と政府の暴走を認めてた多数派の戦犯責任者どもよ

調べれば調べるほど靖国にA級戦犯合祀されてるの腹たってくるんだよなぁ

63: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:40:48.133 ID:f2k+f88i0
>>52
靖国に関しては誰もが国益に適うと信じて行動してたんだろうから
そういう精神的な意味での合祀だと思っている
現世では罪深いことをしたかも知れないけど
死者は平等に扱われるべきというか

54: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:35:22.454 ID:Gv7Vr48+a
めっちゃ悪いけど
少し前に白人様たちがこぞって東アジアを食い物にしていたから
(特に産業革命後イキりまくっていたイギリス)
イジメっ子が中国、東南アジアをイジめていたのを見て真似したキョロ充が
イジメっ子らにアイツないわー、酷いクソ外道だわーって言われている感はある
けど大日本帝国がイキったせいで東アジアに対白人意識が芽生えず
第3次世界大戦が起きていないともいえる

55: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:36:03.012 ID:f2k+f88i0
本で読んだら226事件とかの青年将校の派閥と皇道派って微妙に違かったらしくて意外だった
元は一夕会内での小畑敏四郎と永田鉄山の主張の違いが原因とかなんとか

65: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:41:13.168 ID:XNvTUpcr0
>>55
はぇー知らんかった
ここら辺もう少し掘り下げて調べてみるかなぁ
個人的に調べると面白いのはソ連史
スターリンのイメージ割と変わるというか当時のソ連だったら1番上手くやれるのはスターリンだったんじゃねぇかなって気がして来る

57: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:37:30.479 ID:ZfVZKY2Z0
カーってE・H・カーか?
あいつ親ソのソ連研究科だから枢軸国を悪く言うのは当然だろ
日本が暴走した原因の一つにソ連の南下政策があったんだから
当時の共産主義の脅威はもっと真剣に考えられるべきだと思うよ

60: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:40:05.152 ID:cpPdtm9D0
>>57
枢軸国の擁護してたよ

59: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:39:38.502 ID:JAFj7tLj0
WW2って知れば知るほど日本とドイツが頭悪すぎて震える
鬼畜英米さんめっさ譲歩してるのに調子乗ってオラつきまくって自滅してる感やばい

69: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:44:02.874 ID:XNvTUpcr0
>>59
調べれば調べるほどこれで涙出てくるんだよなぁ
こんなんで自国民大勢死んだと思うとやるせなくて涙出てくるし
反戦派が口酸っぱく平和平和言う気持ちも少しわかる

64: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:40:50.720 ID:L83gUG2D0
ABCD包囲網

69: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:44:02.874 ID:XNvTUpcr0
>>64
ABCDに至るまでにどんだけ連合が日本に譲歩してたと思ってるんですかね……
そもそもあったかどうか曖昧な上にオランダ君に関してはゴム貿易の打診までしてたんだよなぁ

71: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:48:13.133 ID:JAFj7tLj0
ドイツ「おらっズデーデン寄越せやwww」日本「満州は俺のもんだからwww」
英米さん「はぁ…明らかに侵略やけど今回だけは認めてやるよ…(ソ連怖いし多少はしゃーない)」

ドイツ「チェコ併合するぞポーランド侵攻するぞwwwウェーイwww」日本「日中戦争やるぞ仏印進駐するぞ真珠湾ドーンwwwウェーイwww」
英米さん「なんだこいつらは…」

控えめに言って頭おかしい

73: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:54:14.571 ID:XNvTUpcr0
>>71
おっ待ていMR条約と日ソ中立条約もあるゾ
仏印進駐も北部まではしゃーないと思ってたんだよなぁ
南部仏印まで踏み込んで無事英米ブチギレ禁輸の流れはホントに最後の一線踏み越えた感ある
ドイツくんはミュンヘン条約無視して現職の国家元首の信用を裏切ってなぜ開戦されないと思ったのか
おまけになんのために自分の立ちの横暴が今まで許されてたのか考えなかったのかと

74: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:54:41.356 ID:f2k+f88i0
>>71
日本ってよく外交下手って言われるけど
そもそも民族性的に近代国家のような
本来極めて冷徹に運営されるべき仕組みに
そもそも向いてない気がしてるわ
或いは日本人に向いた政治体制なんて
そもそもこの世には無いのかもしれないが

75: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:55:08.921 ID:4aR1xgEva
>>71
有能すぎるあらすじワロタ

78: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 04:57:02.028 ID:ZfVZKY2Z0
>>71
アメリカはソ連についてそれほどビビってない
終戦直前くらいまでは親ソだし
イギリスはビビってたけど首相のチェンバレンがハト派だったからドイツが調子に乗った

80: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 05:01:04.944 ID:YIz6ACuTa
>>78
チェンバレンさんサイドも総力戦回避のために尽力してたから今では再評価路線きてるんだけどね
というか一次大戦二次対戦とあんだけやらかしといてなぜあの程度のお仕置きで済んでるのか
ヴェルサイユ条約のフランス案並に分割されても本来はおかしくない

88: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 05:16:37.010 ID:pfVEVkbS0
>>80
第一次に関してはドイツはやらかすというほどでは無かっただろう
皇帝ヴィルヘルム2世に対する反乱で戦線維持ができなくなったにすぎん
あれこそ無茶苦茶な責任をドイツに押し付けてそれが原因で国家社会主義に国民が傾倒していって第二次の直後的な原因になったんだよな

91: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 05:21:53.302 ID:XNvTUpcr0
>>88
白紙委任状……
シュリーフェンプランによるフランスと中立国ベルギーに対する宣戦布告……
毒ガスの先行使用……
水源に毒……
他人の土地で焦土作戦行ってフランスの国土の一部が700年使用不可……
世代が1つ消える……
一方的な宣戦布告が原因でフランスが社会維持困難に……

97: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 05:29:20.256 ID:pfVEVkbS0
核兵器も含めた直接戦力に頼る古い方式の軍拡なんてもはや無意味だろうな

>>91
それこそ一方的なドイツ悪玉論ありきの話で同じ作戦を各国もやってただろ
それがあの当時の塹壕戦や殲滅戦の戦い方だ
非人道的だったのは間違いないが

100: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 05:33:52.543 ID:XNvTUpcr0
>>97
報復なんだよなぁ
毒ガスという強力な兵器に対抗するにはこちらも持ち出すしかないという当たり前の理屈だろ

114: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 05:56:05.425 ID:pfVEVkbS0
>>100
ドイツが全て先にやったという話の信憑性も結局勝者によって盛られた話なんだぞ
正義も悪も無いって最初に言って無かったっけ?

俺が言いたいのは第一次も大国同士の利害関係だけの戦いで中央同盟側が負けた。単にそれだけ

オスマン帝国に対しては初めからインドなどと同じく英国が中心となってしゃぶり尽くすのが目的だった
それに尽きると思ってる

116: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 05:57:51.504 ID:XNvTUpcr0
>>114
フランス視点というか連合視点だとトルコと同じように分割しないのがおかしいくらいの流れでなぜ実損賠償だけで済んだのかって話で善悪の話は一貫してしてないんだよなぁ

82: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 05:09:57.302 ID:pfVEVkbS0
そりゃ平和なほうがいいに決まってるし個人としてみれば戦争好きなんて稀有な存在だろう

しかし実際は人間というか生物の本能で恒久の世界平和になんて絶対にならないし今日本は平和だけど中東やアフリカは1950年代よりはるかに情勢が悪化している

真にこの国の事を考えたら次が起こった場合に外交的に軍事的にどう対処すべきかを国全体で用意周到に考えるべきであると思う

その為に歴史を学ぶ事は重要だな

86: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 05:13:27.870 ID:XNvTUpcr0
>>82
それはあるけど
総力戦の概念が生み出された今大国同士で戦争なんてしようものなら共倒れでどっちも吹き飛んで終了だからなぁ
ある程度の経済力を持ってる大国同士が戦争するのはぶっちゃけもう無理よ
歴史から学ぶならそれこそ戦争は国力と常備軍の拡大により国力の無駄に繋がるって結論に落ち着くんじゃないの
やっぱりマルクスがナンバーワン!

89: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 05:17:51.262 ID:XNvTUpcr0
というか少子化のいま軍拡なんてやったら労働人口が軍隊とかいう無駄の塊に取られてそれこそ将来の国力を削ぎ落としかねないし
ぶっちゃけいま中国に対抗しろって言っても日本が維持出来る自衛隊の規模は今のもので限界でしょ
おまけに攻勢考えなくていいときたら自衛隊はぶっちゃけ自衛隊のまま居てくれた方が都合がいいまである

第二次大戦といえばフランス原因論とかいうクソ責任転嫁はいい加減どうにかしてやってくれ
賠償金なんてむしろ温情の塊みたいなもんだぞあれ

119: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 06:01:55.576 ID:wxMKxtmt0
対外的には言えない理屈だが、国内向けには負けたから悪いとしかいいようがない

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年10月25日 12:09 ID:.gFtErjz0▼このコメントに返信
どこも方針があって動いてるのだから、背乗り勢の支那朝鮮くらいしかクソはおらん。
後は戦後の責任のなすり付け合いと、勝手なイメージが先行しているだけだ。
2.名無しさん:2018年10月25日 12:10 ID:qlTBDOC90▼このコメントに返信
勝てば官軍

明治維新の英雄例えば吉田松陰とか坂本龍馬のように幕府側から殺された者たちも、長州薩摩側が勝ったから英雄になっているが、幕府側が勝って現政権を握っていれば、単なるテロリストの処刑として扱われているだろう。
3.名無しさん:2018年10月25日 12:10 ID:.ODThlHG0▼このコメントに返信
日独とも自分から仕掛けて負けてるんだからどうしようもない
相手の挑発があったとしてもそれに乗るのはバカのすること
4.名無しさん:2018年10月25日 12:11 ID:b2e9.naf0▼このコメントに返信
欧米は平気で圧力かけて利権を奪っていくから、また利権を奪われると日本が過剰反応したとしても不思議ではなかったのに「日本人はサル並やから切れてもサルやろw」と思って調子に乗った欧米にも責任の一端はあるぞ。
5.名無しさん:2018年10月25日 12:12 ID:JS00e4Rz0▼このコメントに返信
「『立ち枯れするか』『暴発するか』『奴隷になるか』の三択です。尚、どの選択にも救済は一切ありません。」
国家間のエゴ剥き出しの状態で、どー所為とな?
6.名無しさん:2018年10月25日 12:13 ID:fYgqs93I0▼このコメントに返信
善悪の問題じゃない。

だが、ソ連は人類の敵、ロシア人は滅ぼさなければならない(使命感)
7.名無しさん:2018年10月25日 12:14 ID:9bk5A8XW0▼このコメントに返信
そうそう、負けたから悪いことになったの
8.名無しさん:2018年10月25日 12:15 ID:ldWhoAgo0▼このコメントに返信
負けたのが悪い
9.名無しさん:2018年10月25日 12:16 ID:Qh.1QBKI0▼このコメントに返信
勝てば官軍、負ければ賊軍
10.名無しさん:2018年10月25日 12:18 ID:e11bOsYm0▼このコメントに返信
俺がとうぢの総理大臣だったら単身敵地に乗り込んで覇王色の覇気でぜいイン粟吹いてるな
11.名無しさん:2018年10月25日 12:18 ID:2wyXyAX40▼このコメントに返信
※6
なんで?
12.名無しさん:2018年10月25日 12:18 ID:OJSb0if20▼このコメントに返信
ドイツは悪いだろ
13.名無しさん:2018年10月25日 12:20 ID:T96JlzRg0▼このコメントに返信
第二次大戦なんて切り取り方するからいけないんだよ
それまでずっと続いてた植民地争奪戦争の流れの中の一つで、日独が遅れて乗ってきただけのこと
14.名無しさん:2018年10月25日 12:22 ID:QNsPyb8i0▼このコメントに返信
※10
ワンピースを見過ぎ
15.名無しさん:2018年10月25日 12:22 ID:ldWhoAgo0▼このコメントに返信
賠償金が原因でドイツがファシ化したのに温情もくそも無いんだよなぁ
16.名無しさん:2018年10月25日 12:22 ID:OgknYiKx0▼このコメントに返信
お前ら歴史の点数悪いだろ。便利しろ
17.名無しさん:2018年10月25日 12:25 ID:5tESvjfG0▼このコメントに返信
負けた方が悪い



ぶちゃけ超悪国家の
スターリンソ連とかの方が
ドイツを調子に乗らせてる
18.名無しさん:2018年10月25日 12:27 ID:fYgqs93I0▼このコメントに返信
米15
まぁファシが潰えたとしても共産化してただけだしな。
ドイツが赤くなったらソ連と挟まれるポーランドはやっぱり死ぬ
(生存ルートは)ないです。
19.名無しさん:2018年10月25日 12:31 ID:dQejNFlo0▼このコメントに返信
>靖国に関しては誰もが国益に適うと信じて行動してたんだろうから

×国益に叶うと信じて
○自分の保身のため
○自分の命を守るため
20.名無しさん:2018年10月25日 12:31 ID:2wyXyAX40▼このコメントに返信
当時の日本は中国を下に見てたと思うよ
当時の中国人を知ってればそれも仕方ないんだろうが、いちおう中国人の土地だからな
今思えば満州を独立さすなら代わりにほかの利権を放棄するくらいはやってもよかった
新規の満州含めた中国利権を全部維持したいから英米蘭を攻撃するってのは筋が通ってない
21.名無しさん:2018年10月25日 12:32 ID:fYgqs93I0▼このコメントに返信
米11
未開の地に住む人の皮を被った二足歩行の動物が欧州になだれ込んだからだぞ。
ルーマニアやハンガリー等バルカンからバルカンより東の国の社会的・文化的発展はそのせいで大幅に遅れたと言っていいし、失われたものも多い。
22.名無しさん:2018年10月25日 12:34 ID:rtN.nIAj0▼このコメントに返信
日独がそれぞれあまりにも国際協調無視してたのは間違いない
他の国にも原因はあるけど、同情の余地がない面も沢山ある
23.名無しさん:2018年10月25日 12:34 ID:fYgqs93I0▼このコメントに返信
米20
満州・中華戦線と南方戦線は別物だぞ。
国家戦略として別々の方面でそれぞれが戦い繰り広げてる時点でアレなんだが、まぁ当時の日本はそういう国でしたし…
24.名無しさん:2018年10月25日 12:34 ID:WGTci31R0▼このコメントに返信
仮に主義主張が正しかったとしても
負けた時点でそのことに何の意味もなくなる
25.名無しさん:2018年10月25日 12:37 ID:fYgqs93I0▼このコメントに返信
米22
アンシュルスもズデーテンもメーメルも、英仏はそれぞれの民族的問題として、特に介入しなかったし…
国際協調なんかないも同然だで、当時は。
今のイメージで語ると実態を見誤る。
26.名無しさん:2018年10月25日 12:40 ID:F11O691B0▼このコメントに返信
どうして戦争に向かったのか?の部分だけを問えば
当時のマスコミが褒めたたえてた内容がすべて
そしてそれに踊らされた国民がすべて

民主主義の国家同士での戦争なのだから、扇動する奴、扇動に乗っかるやつが多数に
なったから戦争が起きたと考えなきゃいけない
27.名無しさん:2018年10月25日 12:40 ID:vqOzvQW60▼このコメントに返信
大体はコミンテルンのせい、赤旗で共産党が第二次世界大戦はコミンテルンが日米を戦わせた敗戦革命狙いの策略だったと自慢していた。
まんざら嘘ではない。戦後にアメリカはアカ狩りを行った。開戦したトルーマン周辺はアカだらけだった。日本で腰抜け東条勝てる戦争何故やらぬ!と、煽ったのは朝日新聞。
28.名無しさん:2018年10月25日 12:42 ID:CV1K7vZR0▼このコメントに返信
間違いなく悪い
が、他に責任が無い訳でも悪いことやってない訳でも無い
というか戦後の冷戦から現在まで人類本当に反省出来てるのか疑問が多々・・・
29.名無しさん:2018年10月25日 12:42 ID:8x4R1.ky0▼このコメントに返信
正しいか正しくないかは正直語れない。
日独にだって言い分はあるし米英にだって言い分はある。

だけど傲慢か謙虚かでいうなら、日独は間違いなく傲慢だっだ。
日本の傲慢っぷりには大東亜会議でフィリピン代表が「大東亜共栄圏は日本だけが得してはならない!」ってスピーチしたくらいだからな。
30.名無しさん:2018年10月25日 12:42 ID:EtAe3TLN0▼このコメントに返信
※24
じゃあウイグル虐殺してる中国は正しいのかよ。

お前みたいなアホは「日本原罪論」を擁護したくて言ってるだけ。
31.名無しさん:2018年10月25日 12:43 ID:fKH0kTQg0▼このコメントに返信
アメリカとイギリスが悪い論者はアメリカとイギリスが日本に対して宥和しなかったのが悪いと言ってるようなもんだしアホ丸出し

それまで十分宥和してきただろ、いい加減にしろ
32.名無しさん:2018年10月25日 12:44 ID:fKH0kTQg0▼このコメントに返信
※15
賠償金じゃなくて世界恐慌が原因定期
33.名無しさん:2018年10月25日 12:44 ID:xlOZNvny0▼このコメントに返信
善悪で言ったらどっちも悪いけど、原因突き詰めたら、「アレは日本が悪いわ」ってなる場面かなりあるもんな。
国際協調に関してはどっちもどっちだと思う。足られ場を言えば、満州でやらかした連中は陸軍の反対を無視してでも処刑して、満州利権にアメリカを咬ませて、ソ連とぶつからせとけば良かったとも思う。

あとは、真珠湾攻撃がほんといらん。
34.名無しさん:2018年10月25日 12:45 ID:fKH0kTQg0▼このコメントに返信
※23
そもそも南進したのも日米交渉が拗れたのも、陸軍が日中戦争の収拾がつかないから蒋介石の援助をやめさせるのに固執したからでしょ

近衛声明も元はといえば谷垣の祖父の影佐禎昭がやっていた汪兆銘工作ありきだったし
35.名無しさん:2018年10月25日 12:45 ID:IQ4qNFAV0▼このコメントに返信
※29
それのどこが傲慢なんだよ。

じゃあフィリピンは「白人による全世界支配の阻止」にどれだけの貢献してくれたの?
実質、日本人様がいなけばアウアウ言ってただけの土人やん。図々しい。
36.名無しさん:2018年10月25日 12:46 ID:JhZ10xnf0▼このコメントに返信
人の数だけ立場の数だけそれぞれ色んな正義か有るんやぞ
ただそれが広く支持されるかされないかの違いだけで
37.名無しさん:2018年10月25日 12:46 ID:HrH4x4qD0▼このコメントに返信
政治の手段に戦争がある時代だっただけだよ
38.名無しさん:2018年10月25日 12:48 ID:zRMRg2Ss0▼このコメントに返信
コミュンテルの謀略。
39.名無しさん:2018年10月25日 12:48 ID:8.RIZcO.0▼このコメントに返信
まだ、こんなこと言う馬鹿がいるのか。
あの時点で戦争しなくても、いずれ新興国アメリカや各国の拡張政策がぶつかるのは歴史の必然だわ
40.名無しさん:2018年10月25日 12:49 ID:7NNgPL6K0▼このコメントに返信
両国もアメリカとソ連の干渉国として利用されてる所で、それを良しとしないから反抗したんだよな
日本が北進と南進で割れてたのは象徴的。両方から圧力を受けていた
そして干渉国ではなく国として成立させる為には米ソと同じ国家規模になる必要があるから
リージョナリズムによる地域共同体を築こうとしてグローバリズムの前に敗れた
41.名無しさん:2018年10月25日 12:49 ID:dQejNFlo0▼このコメントに返信
※35
>実質、日本人様がいなけばアウアウ言ってただけの土人やん。図々しい。

この態度が滲み出てたから傲慢って言われたんじゃないかな。
ついでに日本人も白人を見習って明治維新で近代化してなければアウアウ言ってただけの土人だったって自覚はあるんですかね
42.名無しさん:2018年10月25日 12:50 ID:fKH0kTQg0▼このコメントに返信
※35
1935年に10年後のフィリピンの独立を約束したフィリピン独立法のもとで、10年後の独立に向けて準備をしていたフィリピンからすれば、独立させてやるとか言われても「余計なお世話だ、他所でやれ」としか言えないだろ
43.名無しさん:2018年10月25日 12:51 ID:IQ4qNFAV0▼このコメントに返信
※31
アメリカがつきつけてたのは、日清・日露戦争前の日本の利権水準に後退させろってこと
血を流して得た正当な権益を、他国の一言で捨てる国なんかない

アメリカがWW2と米墨戦争で得たすべての権益を手放して、それ以前に戻すなら交渉を続けてやっても良い、なんて、それこそ全世界の米軍基地を撤退させて、カリフォルニア州までメキシコに返せというようなもの。
44.名無しさん:2018年10月25日 12:52 ID:1yhD.iV10▼このコメントに返信
悪いのは日本だけだろうな
45.名無しさん:2018年10月25日 12:53 ID:i4m007aw0▼このコメントに返信
もし日本が勝ってたらアメリカは悪者扱いになってただろうし、どっちが正でどっちが誤とかは言えないと思う。
次はないだろうし、あっては困るけど、もしあるとしたら絶対負けたくないな。
46.名無しさん:2018年10月25日 12:53 ID:1yhD.iV10▼このコメントに返信
ドイツもイタリアも被害者
47.名無しさん:2018年10月25日 12:54 ID:dQejNFlo0▼このコメントに返信
※43
>日清・日露戦争前の日本の利権水準に後退させろ

ソース。
相互承認してた領土まで戻れって言ってた(=中国からは撤退しろ、朝鮮台湾樺太は日本領で構わん)のは確かだけど、
朝鮮台湾樺太まで放棄しろって誰が言ったんだ?
48.名無しさん:2018年10月25日 12:54 ID:1yhD.iV10▼このコメントに返信
逆立ちしても勝てなかった
49.名無しさん:2018年10月25日 12:56 ID:fKH0kTQg0▼このコメントに返信
※43
何いってんだこいつ
ハル・ノートのどこに台湾と朝鮮について書いてあるんだ?

当時のアメリカが突きつけてきたのは満州事変以前への復帰なんだよ

つまり第一次世界大戦の後の満州権益については不問だったし、そもそも中国に満州が含まれているかどうかすら不明なの

大体、ワシントン体制には第一次世界大戦の戦勝国として日本も参加しているのを忘れてないか?
50.名無しさん:2018年10月25日 12:57 ID:FkJsdN.O0▼このコメントに返信
時代は厭戦
枢軸国だけが逆行
51.名無しさん:2018年10月25日 13:02 ID:wYO0r14d0▼このコメントに返信
1941年11月26日には、アメリカはハル・ノートを突きつけました。ハル・ノートには、支那大陸や仏印からの即時撤退、日独伊三国同盟の破棄、支那の反日蒋介石政権の承認等々、日本が受諾できない要求ばかりが書き込まれた最後通牒でした。
 大きな犠牲を払って、日清戦争、日露戦争、第1次世界大戦で克ち得た全ての利権を放棄して、明治維新直後の日本に戻れという、屈辱的な内容でした。何とかして日米交渉を円満理に進めたいと考えていた日本も、交渉継続を断念せざるを得ない最後通牒でした。
52.名無しさん:2018年10月25日 13:05 ID:9VxWNL9p0▼このコメントに返信
メフォ手形で軍拡しまくったナチスが台頭した背景が世界恐慌なんだから、
「世界恐慌が悪い」でええやろ。

レンテンマルクでインフレを終息させ、ロカルノ条約で国際社会に復帰といったように
順調に回復基調にあったドイツを再びどん底に叩き落としたのが世界恐慌と、それに
ともなう諸外国の、ドイツからの資本引き揚げやぞ。
53.名無しさん:2018年10月25日 13:06 ID:yku5HWOS0▼このコメントに返信
※49
そこから交渉して、満州までは認めさせれば良かったのだが
ハルノートでぷっちーん!してしまったのだよな。
54.名無しさん:2018年10月25日 13:06 ID:VnvNc.pV0▼このコメントに返信
※51
カイロ宣言とハルノートの区別がついてないだろお前
55.名無しさん:2018年10月25日 13:07 ID:fKH0kTQg0▼このコメントに返信
※51
仏印は日清も日露も第一次世界大戦も関係ないだろ
蒋介石政権は近衛声明まで日本も中華民国の正統政府として承認してただろ
ハル・ノートには日独伊三国同盟の廃棄は書いてないだろ
「日米が第三国との間に締結した如何なる協定も、太平洋地域における平和維持に反するものと解釈しない」を日独伊三国同盟の廃棄と取るのには無理があるし、そもそも日独伊三国同盟は自動参戦条項は空文化されていたのを忘れてるだろ

ハル・ノートは最後通牒でもないし、そもそも明治維新直後じゃなくて満州事変以前への復帰だろ

こういう馬鹿はまともに歴史を勉強したことないな
56.名無しさん:2018年10月25日 13:08 ID:wYO0r14d0▼このコメントに返信
パール博士が指摘したように、アメリカ側こそ、この日まで戦争準備を整えるための時間稼ぎをやっていたのだ。パール博士いわく「それはもはや交渉ではなくして、日本に全面降伏を意味するものだった。」

もし日本がハル・ノートを受諾すれば、日本の支那大陸における権益はことごとく水泡に帰し、日清戦争以前の状態にまで後退することを意味する。アジアにおける日本の威信は全く地に落ち、代わって米英の勢力がアジアに抜きがたい地歩を築くであろう。それは日本の自殺行為を意味するものである。もしかりに、日本の指導者がこれを受諾したとしても、当時の国民感情として、断じて許されるものではなかった。世論場激昂し、国内は大混乱に陥ったであろう。
たとえば、もしアメリカが、沖縄や韓国から即時かつ無条件で撤退せよ、NATOを廃止せよ、日本や欧州や中東の軍事基地を捨てよ、といったような通牒を受け取ったとしたら、アメリカの指導者は果たしてどうこたえるか、アメリカの世論はどのような反応を示すだろうか。
57.名無しさん:2018年10月25日 13:08 ID:SMriHuGb0▼このコメントに返信
おめーの席ねぇから!の喧嘩
58.名無しさん:2018年10月25日 13:10 ID:wYO0r14d0▼このコメントに返信
第一項:
多数国間の不可侵条約などということは、日米交渉期間中一度も出なかった新しい問題である。今更このような難問題を持ち出すということは、日本側にとって全く理解しがたいことだった。まして日米交渉中にソ連までも加えた多数国間の不可侵条約をこれから締結しようなどという提案は、交渉をいたずらに長引かせるための手段としか考えられない。東京裁判で検察側は、日米交渉を引き延ばして開戦準備をしたのは日本であると決め付けたが、これでわかるように実際にそれをやったのはアメリカである。

第二項:
日本はすでに乙案によって、仏印における特殊権利の主張を放棄している。しかるにアメリカは、この問題を多辺的協定に持ち込むべく新提案をしている。これもまた仏印問題の解決をいたずらに複雑化または遷延化するものである。

59.名無しさん:2018年10月25日 13:10 ID:wYO0r14d0▼このコメントに返信
第三項:
アメリカの豹変と言える。日本軍の支那からの撤退については、その地域や時期や条件をどうするかという交渉が8ヵ月続いたのである。アメリカも今後の討議に待つという態度で、焦点を絞ってきたのである。ところが、ハル・ノートにおいて、突如即時かつ無条件の撤退を要求してきた。東京裁判で検察側は、日本は「一歩も妥協をしようとしなかった」と主張したが、一歩も妥協しなかったのはアメリカであることは明白である。

第四項:
重慶政府以外には、支那におけるどのような政府または政権も支持してはならないという提案は、裏を返せば、汪兆銘政権の廃棄はもとより、満州国の存在さえも否定し去ろうとするものである。これは日本が絶対に受けられるものではなかった。アメリカは日米交渉期間中、初めから日本の満州国は暗黙にこれを認めるという態度をとり、満州国問題には触れていなかった。ここでは無謀にも、満州国放棄を日本に迫っている。

第五項:
支那における治外法権、租界及び義和団事変に基づく権利の放棄も、まったく新しい提案だった。

第九項:
日独伊三国同盟を対象としたこの条項は、従来のアメリカの主張を超えたものであり、要するに三国同盟の廃棄を要求するに等しいものである。かつてコーデル・ハル自身も、日本が三国同盟を自主的に解釈することによって、アメリカの自衛行動に対しては三国同盟を発動しない旨の約束を取り付けたとして満足の意を表したことがある。しかし、ここであらためて三国同盟を破棄せよと迫ってきた。
60.名無しさん:2018年10月25日 13:16 ID:wYO0r14d0▼このコメントに返信
「ハル・ノート」は日本に全面降伏を迫る最終勧告といわれています。日本が日清戦争・日露戦争で得たすべての利権を放棄しろとハル・ノートで突きつけられました。

 要は、日清戦争以前の日本にもどれということでした。日本という国の発展を否定するものでした。

「ハル・ノート」を受け取った時の東郷外相は「日本がかくまで日米交渉に努力したにもかかわらず、アメリカは「ハル・ノート」のごとき最後通告を送って、わが方を挑戦し、さらに武力的弾圧をも加えんとする以上、自衛のため戦う外なしとするに意見一致した」と述べています。

後日、アメリカでもこの「ハル・ノート」への非難が起こりました。セオボルト海軍少将は「まさに『ハル・ノート』は日本を鉄棒で殴りつけた挑戦である。」といわれています。
61.名無しさん:2018年10月25日 13:16 ID:JE3HFovr0▼このコメントに返信


「日米」戦争は国際法上も日本の「自衛」戦争!


62.名無しさん:2018年10月25日 13:17 ID:zOoyfRcU0▼このコメントに返信
悪い良いで言えば、部分的に分けることが重要だ。まず満州国は規制の事実で建設に勤しんだ・・・・◎
関東軍が驕り、無茶に越境した・・・・・X
国民党蒋介石と戦った・・・・・・・・・X
中国共産党に緩かった・・・・・・・・・・X
ソ連を攻撃しなかった・・・・・・・・・・X(勝たなくてもよかった)
禁輸に短絡的に反応して真珠湾を攻撃・・・・X 
南進・・・・・・・・・・・・・・・・・・・X
ゾルゲが日本は南進すると打電したことを知っていて、逆を行かなかった参謀部の無能さ X
もし米国に実力を見せたければ、戦闘する必要はなかった。見せて威嚇する方が、やってしまうより費用は掛からないし、効果的だ。無手勝流
をどうして応用しなかったのか?米国に向けるのをソ連に向けていたら、世界の今と違った状態になっていたはず。今さら仕方ないが、そうなっていれば、毛沢東は共産党王国は作れなかった。すべて東條以下無能な連中の判断の誤り。
63.名無しさん:2018年10月25日 13:18 ID:1SyTwjs00▼このコメントに返信
イッチは、いつものような馬〇じゃなく、一応勉強しているようだけれども
戦後にできた嘘もそのまま信じているのが残念
64.名無しさん:2018年10月25日 13:19 ID:.n6uW.8q0▼このコメントに返信
アメリカを作ったのはユダヤ。

ソ連を作ったのもユダヤ。

ナチスを作ったのもユダヤ。

大日本帝国を作ったのもユダヤ。

今の世界や日本をを支配しているのもユダヤ。

したがって、100%ユダヤが悪い。
65.コロンブス:2018年10月25日 13:20 ID:jVBrixfT0▼このコメントに返信
※30
全くそう。
そういう目的で書いているのだから特亜は罵倒することが適切。
66.名無しさん:2018年10月25日 13:20 ID:AyDon0XZ0▼このコメントに返信
第一次大戦の結果、ドイツ国家が分割解体されててもおかしくなかった、ってところから世界恐慌が原因ではないに繋がるんだろ。
67.エンアカーシャ:2018年10月25日 13:20 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
日本の提案した、<日米双方が中国から撤兵する>の条項を、
アメリカ側が拒否して、<ハルノート>を提出したから、戦争に発展した、

天皇が戦争を決断したのは、12月7日、
その後に、<ニイタカヤマノボレ>が発令された。
68.コロンブス:2018年10月25日 13:20 ID:jVBrixfT0▼このコメントに返信
※43
そうです。
69.エンアカーシャ:2018年10月25日 13:23 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
67の2、

<第1次世界大戦>の、復讐で狂うドイツと、
連続して、ドイツに休ませない戦略で攻撃した、連合国、

少なくとも、
イギリスと、フランスが宣戦布告しなければ、大戦には発展しなかった、
フランスは、瞬殺されて、滅亡したが。
70.名無しさん:2018年10月25日 13:25 ID:EHYj5eAL0▼このコメントに返信

ハルノートの言い回しは微妙なところがあるからどうとでも取ることができる。
問題は受け取り側がどう思うか。そしてどう思うと考えて文章を作成したか。


71.名無しさん:2018年10月25日 13:25 ID:X7mMo3EP0▼このコメントに返信
国というか戦争犯罪が悪い
72.名無しさん:2018年10月25日 13:25 ID:QovUHYL.0▼このコメントに返信
日本とドイツが悪い。
特に日本が悪いよ。
理由は東北地方を豊かにしないで、朝鮮半島の人口を増やしちゃったからねw むしろ減らすべきだった。
73.名無しさん:2018年10月25日 13:27 ID:Y3iWYSJz0▼このコメントに返信
戦勝国側の悪事も全部押し付けてきてるからな。
特にホロコースト。
74.名無しさん:2018年10月25日 13:27 ID:F6iwvasc0▼このコメントに返信
※52
メフォ手形をほぼほぼ全額軍事費にぶち込むのは
なんか世界的不況のせいだけとは言い難い気が、、、、
75.名無しさん:2018年10月25日 13:27 ID:PMQ8An8j0▼このコメントに返信
※21
日ソ不可侵条約を破って、日本人を虐殺、シベリア抑留

これで嫌いなんかと思ったのに 意外な理由、、、
76.名無しさん:2018年10月25日 13:28 ID:PbPHADiw0▼このコメントに返信
勝てば官軍、負ければ賊軍だよ?
負けたら終わり
負け戦にした上層部が悪い
77.名無しさん:2018年10月25日 13:28 ID:7NNgPL6K0▼このコメントに返信
そもそも中華民国を認めて重慶が首都って見解自体に異論あるし
満州国は民族自決によって主に満州国が独立した国で、それを支援した日本の軍警察の駐留を両国間の条約で認められてるわけで
アメリカが沖縄その他に軍事基地作ってるのとなんら一緒というね
78.名無しさん:2018年10月25日 13:33 ID:jC0cIKxY0▼このコメントに返信
第一次大戦は第二次大戦後についた。当時日本では欧州大戦と呼んで戦場は主にヨーロッパだった。当時は近代化で戦争のスタイルも変わっていた。この戦いから近代兵器が続々現れる。前線では若い兵士がバタバタ倒れる。そこで銃後の労働者が前線に送られた。その代りに女性が工場で働いた。もっと物資を送れと催促が来る。そこで日本と米国に注文が殺到する。日本では戦争バブルが起こり成り金が沢山現れた。米国はもっと儲ける為には参戦した方が良いと考えた。そこでルシタニヤ号に乗客を乗せて沈没させた。そして、ドイツの潜水艦が沈めたとメディアで宣伝して国民を騙して参戦した。戦争が終わり日本はバブルが弾け大不況に見舞われた。また、その後の関東大震災で帝都は焼け野原となった。米国も一旦景気が落ちたが欧州の復興で再び景気が回復する。当時は禁酒法の時代でマフィアが暗躍していた。儲かっていたのは主に製造業だった。これを乗っ取ろうとウォール街の連中が再びメディアを使って株式ブームを煽った。やがて老いも若きも株に狂った。株価は青天井の様にあがった。そして、彼らは一斉に売り浴びせた。これが暗黒の木曜日となり、ニューヨーク発の世界大恐慌になった。当時、世界初の共産主義国家、ソ連は被害が少なかった。そして、資本主義は崩壊した、これからは共産主義だと世界は思った。ルーズベルトのブレーンも近衛のブレーンにも共産主義者が入って来た。そこで、もう一度世界経済を立て直すには戦争しかないと思い、ヒトラーを登場させ、日本と組ませ、日本から先に手を出させる為に、米国は日本のアキレス腱である石油を止めた。そのワナにまんまと日本は引っかけられた。
79.エンアカーシャ:2018年10月25日 13:33 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
67の3、

アメリカの戦争目的は、<中国のアメリカ化>である。
80.名無しさん:2018年10月25日 13:34 ID:c0tUysPv0▼このコメントに返信
時系列でみると、日中戦争は中国側が仕掛けた戦争だからなw
あんなもんは兵力配置や動員のタイミングをみれば小学生でも解る代物なんだが
日本の屑マルキストどもが、そろって改竄やらかしておかしくなってる
81.名無しさん:2018年10月25日 13:35 ID:V1eGWaNG0▼このコメントに返信
※42
米西戦争のときに「スペインに反乱すれば独立させる」と約束しておいて反故にしたアメリカ、それに反発した独立勢力を10年にわたって拷問・刑死させ続けたアメリカをぜんぜん信用していない勢力がいたわけよ。いまでもフィリピンに反米勢力がいるわけだし。アメリカはフィリピン独立を約束させていた論は、大抵フィリピンが親米と反米に分裂していたことを言わないんだよね。
82.名無しさん:2018年10月25日 13:39 ID:dDIASOP50▼このコメントに返信
ゾロアスター教徒かなにかかネットは
83.名無しさん:2018年10月25日 13:40 ID:9VxWNL9p0▼このコメントに返信
※74
ほぼ全額軍事費にブチ込んで持てる者から必要な物を奪おうとした背景も、
これまた世界恐慌が生み出したブロック経済の余波なんやで。

繰り返しになるけど、そんな政策にゴーサインを出すような為政者が生まれた
背景も世界恐慌やし。
84.名無しさん:2018年10月25日 13:41 ID:EYfku9PF0▼このコメントに返信
ようするに、大金持ちのくせに、他人の財産(チャイナ)を欲しがったアメリカが横車いれてきただけなんだよなあ・・・

南部はイギリスとフランスが支配してるから、北部を支配する日本人から奪い取れって発想

アメリカの歴史化の間でも、当時はまだアメリカ本土すら西部に未開拓の土地が残ってたのに、なぜチャイナまで盗もうと必死になっていたのか?と正当化できない強欲が疑問視されている。

1940年代は全米を車で横断するのに二ヶ月もかかったので、州間高速道路網の必要性が叫ばれて、着手したのがやっと1956年になってから。完了したのは予定の1966年より遅れた1991年。


85.エンアカーシャ:2018年10月25日 13:44 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
67の4、

<中国皇帝の国>が、存続している内に、国民党軍が建国宣言、
<国民党軍の国>が、存続している内に、共産党軍が建国宣言、

国民党軍も、共産党軍も、逆賊であった。
86.名無しさん:2018年10月25日 13:44 ID:.ry8TcrB0▼このコメントに返信
日本には、大東亜共栄圏という大義があった。欧米列強の植民地支配から自国を守るため。

日本は、自国を守るために戦ったとマッカーサーも証言してる。

朝鮮においては、日本が赤字覚悟で、インフラ整備や現地人の教育のため投資した。
現地の人の教育水準があがれば、欧米列強に対抗できると考えてたから。

現地人と日本人は対等の立場であって、欧米のような植民地支配はしてない。

結果として、欧米の植民地支配からの解放につながってる。

87.名無しさん:2018年10月25日 13:45 ID:fKH0kTQg0▼このコメントに返信
※83
ブロック経済下でもドイツとソ連との間の商取引は順調に進んで、それこそ独ソ戦の開戦直前までソ連からの戦略物資は滞りなく届いていたんですがそれは…

ナチスは単なる自給自足だけじゃなくて、自国民には戦争に伴う負担を追わせずに(だから戦時中にもかかわらずドイツ国民の購買力は向上してたし、戦費を長期の戦時国債に頼った米英に対してドイツは他国の財布を当てにした)東方生存圏を作ろうとしたという歴史的な経緯があるわけで。

88.名無しさん:2018年10月25日 13:46 ID:fKH0kTQg0▼このコメントに返信
※84
アメリカは中国のために戦争をしたんじゃなくて、イギリスの崩壊を防ぐために戦争したってのが大前提なんだが、そんな事も知らないやつが多すぎる
89.エンアカーシャ:2018年10月25日 13:47 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
68の5、

ドイツの<ラインラント進駐>は、国連も容認していた。
90.名無しさん:2018年10月25日 13:50 ID:Wgr3ffeO0▼このコメントに返信
俺が全部悪い
91.エンアカーシャ:2018年10月25日 13:51 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
68の6、

面白いのは、
アメリカが<ハルノート>で、韓国の存在を<無視>していた事実、
存在しない国だから、が、真実か。
92.名無しさん:2018年10月25日 13:51 ID:zRMRg2Ss0▼このコメントに返信
韓国なんて影も形もない。
93.名無しさん:2018年10月25日 13:51 ID:rH1Mx98z0▼このコメントに返信
※88
そもそも日米戦争の原因が、満州利権の横取りを画策したアメリカだと知らないガイジ発見
94.名無しさん:2018年10月25日 13:51 ID:WGTci31R0▼このコメントに返信
※30
負けた方に正義はないといってるだけで
勝った方が正しいなど全く書いてないのに
何意味不明なこといってるの?
屁理屈ぶつけておいてアホはどっちだよ
95.名無しさん:2018年10月25日 13:53 ID:rH1Mx98z0▼このコメントに返信
畸形チォン猿ID:WGTci31R0が発作
96.名無しさん:2018年10月25日 13:56 ID:mi1Vfes80▼このコメントに返信
※93
横取りじゃなくて、日露戦争で支援した分け前を回収しようとしただけやで
賠償金取れなかったからとか手前の都合を押し付けて約束ひっくり返したのが日本
97.名無しさん:2018年10月25日 13:57 ID:fKH0kTQg0▼このコメントに返信
※93
当時の在中国アメリカ大使が蒋介石に「中国のためにアメリカが参戦することはない」と言明していたことも、当時のルーズベルト政権が大西洋第一主義を唱えていたことも知らないアホがまだいたみたいで

日独伊三国同盟を結んで南進したことがイギリスの植民地を危険にさらして、大英帝国が崩壊してしまうことを防ぐことがww2へのアメリカの参戦要因なんだよ
98.名無しさん:2018年10月25日 13:58 ID:dqgshqRT0▼このコメントに返信
負けたのが悪い 勝てば官軍 そんだけだ
99.名無しさん:2018年10月25日 13:58 ID:udIzmkpq0▼このコメントに返信
勝てば官軍ってのは、勝てば正義って意味なら間違ったことわざだろ
真理要素がややとぼしい
勝てば朝廷がなびくって意味ならその通りかもしれないけど
実際は負けても記録が残ってその内容次第じゃ正義と認識されることもあるし、勝っても悪になることもある
100.名無しさん:2018年10月25日 13:59 ID:JOhcAO2E0▼このコメントに返信
どっちにしろ戦後に独立して戦勝国ヅラしてる国には関係の無い話
101.名無しさん:2018年10月25日 13:59 ID:udIzmkpq0▼このコメントに返信
間違ったというかやや間違ったと訂正
102.エンアカーシャ:2018年10月25日 14:01 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
68の7、

ヒトラーの財政を支えていたのは、ユダヤ人、

どうやら、
滅亡寸前のドイツを復興させて<イスラエル化>するのが目的だったらしい、
欧州で、徹底的に差別されていたユダヤ人が、ドイツに集結していた理由がコレ、

当然、
目的が知られれば、弾圧される、が、
欧州の総意で、<一網打尽>だったのだろうか · ··  ?、
バチカンも容認していたし。
103.エンアカーシャ:2018年10月25日 14:03 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
※97
矛盾してるぞ? (笑)、

アメリカは、1日、2万トンの軍事物資と、<フライングタイガース>を中国に送っていたぞ、
はい、破綻。
104.名無しさん:2018年10月25日 14:04 ID:F6iwvasc0▼このコメントに返信
※87
1936年不況の時点で、ドイツは、軍縮による財政再建するか、領土拡大して収奪するか
の二つの道の分岐点にはあったわけで
そのうちの領土拡大を選択したのはヒトラーだから、まぁ最終的責任は、ねぇ、、、

日本も軍縮できずに領土拡大を選択したわけで、まぁ当時の風潮だったのかもしれませんが
それにはスターリンの計画経済成功が大きく影響したのかもしれませんねぇ、、、
105.名無しさん:2018年10月25日 14:04 ID:We8fcFs00▼このコメントに返信
けっきょくこれが正論なんだよなあ。
意図的に矮小化して日本原罪史観に持ち込みたいチォン猿が必死に抵抗してるだけ。

93.名無しさん:2018年10月25日 13:51 ID:rH1Mx98z0▼このコメントに返信
※88
そもそも日米戦争の原因が、満州利権の横取りを画策したアメリカだと知らないガイジ発見
106.名無しさん:2018年10月25日 14:06 ID:vN85NGFU0▼このコメントに返信
戦後でもナチス擁護の白人グループがアメリカとかに沢山いたよなぁ~
今ではすっかり黒歴史で蓋をしてしまっているけど

犯罪者民族であるロマ族を排除していたのは世界から好評だったらしい
ロマ族ってのは窃盗から誘拐・殺人まであらゆる犯罪が文化な民族な
アジアで言うなら朝鮮人みたいな奴ら
107.名無しさん:2018年10月25日 14:06 ID:BO7Fl6Ji0▼このコメントに返信
戦後70年とかで後世の人って…
何千年前の領土だとか言って奪い合いしてる人が中東には多々あってだな
108.エンアカーシャ:2018年10月25日 14:06 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
※96
ロシア帝国の敗戦条約で、賠償金を0に設定しろ、と、主張したのは、アメリカなんだが (笑)。
109.名無しさん:2018年10月25日 14:16 ID:fKH0kTQg0▼このコメントに返信
※103

義勇軍を送って軍需物資を送るだけに留めたのは正規軍を使っての参戦ができなかったしする気もなかったからだろ、文盲だな
110.名無しさん:2018年10月25日 14:17 ID:xBWwCh0K0▼このコメントに返信
ハルノートが最後通牒なのは正しい認識やで
なぜなら当時の国務長官ハルは電文送信後の日記に「後は軍部の仕事」とはっきり書いてあるからな
ハルノートがアメリカ側も日本が戦争に出て来ると認識しとった何よりの証拠や
111.名無しさん:2018年10月25日 14:20 ID:fKH0kTQg0▼このコメントに返信
大体、義勇軍なんて実質はどうあれ、実際に参戦するのが難しいからやるようなもんなんだよなあ
112.名無しさん:2018年10月25日 14:21 ID:Zm5CJ4SK0▼このコメントに返信
※110
ペンス演説をポンカスゴミが隠すわけが分かったよw
113.名無しさん:2018年10月25日 14:22 ID:ZEE2LBvf0▼このコメントに返信
戦争なんてどっちも悪いさ。
ただ負けた側は追及され、勝った側は追及されない。
それだけの事。
114.エンアカーシャ:2018年10月25日 14:22 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
※109

送っちゃダメだろ (笑)、
キミのは、詐欺師の論法だぞ、

はい、破綻。
115.名無しさん:2018年10月25日 14:24 ID:WGTci31R0▼このコメントに返信
※95
チォン猿なんて汚い言葉使うのが同じ日本人だと思うと反吐が出るのだが
いい加減国籍晒してくれませんかねぇ
大体発作起こしてるのは感情的なレッテル貼りしかしてないお前の方だろうが
116.名無しさん:2018年10月25日 14:24 ID:Zm5CJ4SK0▼このコメントに返信
※113
アメリカは学習した   特亜にえらい目に合うポンカスをw  コリア支那には負けるわけにはいかない
アメリカ白人はトルキスタン収容所に送られるw
117.名無しさん:2018年10月25日 14:24 ID:GL5ZQSr40▼このコメントに返信
言っても仕方なかろう、過去は過去
過去を踏まえた上のこれからの未来はどうする?それを語れよ
118.名無しさん:2018年10月25日 14:26 ID:T2mORedF0▼このコメントに返信
勝てば官軍
正義は勝者と共に有る
119.名無しさん:2018年10月25日 14:27 ID:2gzpgw5G0▼このコメントに返信
どういう考えのもとああなったのかって言うのが分からないんだが、日本側の戦略決定に関わった人の回顧録ってある?当時の政治中枢にいた人で
120.名無しさん:2018年10月25日 14:28 ID:9VxWNL9p0▼このコメントに返信
※87
※83の繰り返しになるが、東方生存権を造ろうとするような政権を生み出したのが
世界恐慌や。

だいたいソ連との貿易だけでドイツに必要な物資の全てが賄い切れるわけもない。
興味があったら、例えば当時、ドイツがどこから最も多くの石油を輸入してたのか調べてみ。
なんで戦争中にもかかわらず、ドイツ国民の購買力が上昇したかと言えばフランスその他の
占領国から収奪した結果やぞ。
121.エンアカーシャ:2018年10月25日 14:29 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
68の8、

そう言えば、
ドイツも、義勇軍で侵略したんだっけ?。
122.名無しさん:2018年10月25日 14:29 ID:3Ujwrl.w0▼このコメントに返信
※115
なりすましの畸形顔キムチ猿が怒ってるw

123.名無しさん:2018年10月25日 14:32 ID:pQY.fNME0▼このコメントに返信
すごく小人の意見だが、結果憲兵さんが街から消えたので嬉しい。
結局敵はアメリカでもソ連でもない、近くの嫌な奴なんですよ。小人としては。
124.エンアカーシャ:2018年10月25日 14:35 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
68の9、

義勇軍とは、単なる<犯罪組織>です、
国を持たず、法律も無し、
軍事兵器で、テロを行うだけの存在、

当然、
アメリカの場合、
国家予算から支出されて、犯罪組織を運営しているので、
アメリカが犯罪組織を使って、テロを実施していた、と、成る、
アメリカ正規軍の、正式装備だしな。
125.名無しさん:2018年10月25日 14:36 ID:87cn0ado0▼このコメントに返信
悪くは無いが、馬鹿だった!
126.エンアカーシャ:2018年10月25日 14:37 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
68の9、

義勇軍とは、単なる<犯罪組織>です、
国を持たず、法律も無し、
軍事兵器で、テロを行うだけの存在、

当然、
アメリカの場合、
国家予算から支出されて、犯罪組織を運営しているので、
アメリカが犯罪組織を使って、テロを実施していた、と、成る、
アメリカ正規軍の、正式装備だしな。
127.愛と平和の瞑想で核戦争を粉砕!!!:2018年10月25日 14:37 ID:RX0UcOfE0▼このコメントに返信
愛と平和の瞑想で核戦争を粉砕:2018年10月25日 0に返信

祝!平成~新元号天照(アマテラス)!(^^)


戦争を無くすには貨幣制度廃止で完璧な配給制度を確立するのが一番ね。
とにかく国家間個人間の・・の利害関係を無くすのが一番ね。


詳しくは
天才政治で検索
楽園主義で検索

AH73年10月25日
128.名無しさん:2018年10月25日 14:37 ID:fKH0kTQg0▼このコメントに返信
※114

じゃあ日本と中国が交戦状態に入った時点でアメリカは中立法の観点から日本に石油を含めた軍需物資を全面禁輸しなくちゃいけないな
129.エンアカーシャ:2018年10月25日 14:38 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
68の9、

義勇軍とは、単なる<犯罪組織>です、
国を持たず、法律も無し、
軍事兵器で、テロを行うだけの存在、

当然、
アメリカの場合、
国家予算から支出されて、犯罪組織を運営しているので、
アメリカが犯罪組織を使って、テロを実施していた、と、成る、
アメリカ正規軍の、正式装備だしな。
130.名無しさん:2018年10月25日 14:39 ID:fKH0kTQg0▼このコメントに返信
※126

日本軍はインドネシアに郷土防衛義勇軍を作っているんですがそれは…

131.名無しさん:2018年10月25日 14:40 ID:NTpfgzV30▼このコメントに返信
※29
いっぺんにフィリピン大嫌いになったわ
何にもしなかったくせに「大東亜共栄圏は日本だけが得してはならない!」?
何ですか?宗主国様に言わされてるんですか?
132.エンアカーシャ:2018年10月25日 14:40 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
※130
年表かもーん。
133.名無しさん:2018年10月25日 14:41 ID:0hLiYL7Y0▼このコメントに返信
当時の価値観で言えば東洋の猿の時点で悪では?
134.エンアカーシャ:2018年10月25日 14:42 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
※128
ドコの中国?、
<国民党軍の国>?、
<中国皇帝の国>で、クーデターを起こした新興国な。
135.名無しさん:2018年10月25日 14:44 ID:NTpfgzV30▼このコメントに返信
※126
国が責任逃れのために公認していないだけで
実際は国と同調してる集団ですよね

136.名無しさん:2018年10月25日 14:45 ID:NTpfgzV30▼このコメントに返信
※133
当時の白人の価値観ではそうでも
東洋人にとっては意味の無いことですよね
137.名無しさん:2018年10月25日 14:46 ID:.ry8TcrB0▼このコメントに返信
戦勝国(連合国)の不平等組織の国連では、日本だけ敵国条項がなくなってない。

イタリアとドイツは、とっくになくなってるのに。

138.名無しさん:2018年10月25日 14:46 ID:mi1Vfes80▼このコメントに返信
※108
そりゃそうせんと戦争継続で日本は負けとったやろ
アメリカが妥協案を示したからといって、アメリカが分け前を減らす義理は無いんやで。当事国は日本とロシアであってアメリカはあくまで部外者なんだから

裁判に例えるなら、調停で慰謝料取らないと弁護士が提案したからといって、じゃあ弁護士にも報酬支払わないなんて通ると思う?
139.名無しさん:2018年10月25日 14:46 ID:H7uNv4x50▼このコメントに返信
※131

フィリピンはアメリカとの交渉を経て独立を勝ち取っているわけですが、何か?

当時のフィリピンからすれば日本は単なる独立を邪魔しに来た厄介者ですよ
140.名無しさん:2018年10月25日 14:47 ID:.8kPnKnJ0▼このコメントに返信
※123
むしろ、中韓猿がウロウロしてる現代こそ憲兵を復活するべき。

141.名無しさん:2018年10月25日 14:47 ID:fvCM2rvg0▼このコメントに返信
原爆投下を正当化し、戦後日本人を精神的奴隷になるよう洗脳するために、
日本人が悪かったということにした。
ネットのおかげで、少し洗脳が解けてきているが、
マスメディア、大学、政官財における戦後利得者が日本国を犠牲にすることで
良い思いをしているため、なかなか一般人までは拡がらない。

戦前は愚かだった、軍国主義だったという洗脳はなかなか抜けない。
戦後の様々な出版物がその線で書かれているため、普通の日本人は欺されたまま。

西尾先生が命を賭けて洗脳を解く仕事をされている。
142.エンアカーシャ:2018年10月25日 14:47 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
68の10、

以外にも、
<中国はアメリカの所有物>とか言う者が出て来た (笑)、
<アメリカの所有物だから石油を含めて全面禁輸しなければ>らしい。
143.名無しさん:2018年10月25日 14:49 ID:Q8c2Sokq0▼このコメントに返信
※138
大物ぶって和平調停を申し出た国が「分け前よこせ」なんて前代未聞なんですがw

144.名無しさん:2018年10月25日 14:50 ID:NTpfgzV30▼このコメントに返信
※123
そういう意味で近所の嫌なやつである在日中国人が嫌いですよ
145.名無しさん:2018年10月25日 14:50 ID:xBWwCh0K0▼このコメントに返信
※128
日中戦争と言われるが、あれはシナ事変であって国家間の戦争じゃあ無いから中立法は関係なし。
だから米国は蒋介石に軍備提供して日本に対して利敵行為やりまくっていた。
146.エンアカーシャ:2018年10月25日 14:52 ID:p8FU1dZY0▼このコメントに返信
※139
アメリカ軍が、恒久的な要塞を建設していたんだが?、
日本が統治して、日本化したから、国連が日本領土をアメリカが所有するのを認めなかっただけ、だろ。
147.名無しさん:2018年10月25日 14:52 ID:PnK1OVBW0▼このコメントに返信
※118
ゴモラ支那の後の地球に未来はないけどなw
148.名無しさん:2018年10月25日 14:52 ID:NTpfgzV30▼このコメントに返信
※139
書き込んだけど繋がらなかったんでもう一度書いときますが
フィリピンは他の国のことは気にしないで自国だけ交渉でどうにかなったら満足だったわけですね
大嫌いを訂正する気にはなれませんわ
149.名無しさん:2018年10月25日 14:53 ID:PnK1OVBW0▼このコメントに返信
※146
まったくだ   支那に帰ってもらえ   ピーナの島からw
150.名無しさん:2018年10月25日 14:56 ID:H7uNv4x50▼このコメントに返信
※143

金子堅太郎がセオドアルーズベルトに和平交渉の仲介を依頼したんだろ

日本はお願いして仲介してもらってるの
151.名無しさん:2018年10月25日 14:56 ID:imwwiWVV0▼このコメントに返信
人類初の原子爆弾を実践投下した米国は、悪いな。
今も、核兵器の製造を拡散が起きている。日本に投下後の核兵器の実験以外に使われていない事が、救いだな。
当時、何処の国もボトルアクションの小銃が主流だった時、セミオートマチックの小銃を正式小銃にした米国は、悪いな。
その結果、現在はフルオートの小銃が主流になった。今も、戦争が続いている。戦争が無くならない。
中には、小型フルオートの銃ををギャングや強盗が使っている。
米国が得意とする大量生産方式で、戦車、航空機、艦船を作った。まだ、民生の大量生産は許されるが、戦争の為に大量生産方式は悪だな。
米国人による戦略空軍思想が、民間人を平気で爆撃で殺す様になった。やはり、悪いな。
152.名無しさん:2018年10月25日 15:01 ID:jC0cIKxY0▼このコメントに返信
そもそも、米国はヨーロッパの移民で出来た国。戦前から多くのドイツ系やイタリア系移民が沢山住んでいて、それなりの地位についている。日系移民はまだまだ少数派で、現在、チャイニーズやコリアに数で上回れ地位が低下している。慰安婦も地元の政治家たちが彼らの票が欲しいから慰安婦像を建てるのに協力している。
153.名無しさん:2018年10月25日 15:04 ID:GzcA0ZJh0▼このコメントに返信
国々が覇権争ってた時代だろ
最近中国の件で「ツキジデスの罠」とか言われるけど、日本は新たな覇権国家として台頭してきたから米国に潰された
個別で見れば中国やフィリピンなどで米国の利害と衝突したのもあるが、それだけではない
154.名無しさん:2018年10月25日 15:05 ID:eoYdoCTI0▼このコメントに返信
負けたから悪いに決まってんじゃん。
(憲法が~というのは改正を怠った国民の責任)

つーか日本政府は国民に謝罪したんかよ。
負けてすんませんて。
小学生のころから、俺はそれが一番納得いっていない。
155.名無しさん:2018年10月25日 15:06 ID:vJpYcOuV0▼このコメントに返信
頭の狂った日帝侵略者
国連も共産主義国家も同盟を結んだ枢軸国でさえ無視して侵略を繰り返し世界を敵に回す
156.名無しさん:2018年10月25日 15:13 ID:H7uNv4x50▼このコメントに返信
昭和天皇から東久邇宮へ「軍部は統帥権の独立ということをいって、勝手なことをいって困る。ことに南部仏印進駐に当たって、自分は各国に及ぼす影響が大きいと思って反対であったから、杉山参謀総長に、国際関係は悪化しないかときいたところ、杉山は、何ら各国に影響することはない、作戦上必要だから進駐いたしますというので、仕方なく許可したが、進駐後、英米は資産凍結令を出し、国際関係は杉山の話とは反対に、非常に日本に不利になった。陸軍は作戦、作戦とばかり言って、どうも本当のことを自分にいわないので困る」

陛下すら騙した国賊は陸軍、はっきりわかんだね
157.名無しさん:2018年10月25日 15:13 ID:8x4R1.ky0▼このコメントに返信
※131
たとえば大東亜共栄圏のひとつに通貨を円に統一しようって構想があったんだけど、そんなことしたら極貧国な東南アジアは円高に苦しんで日本だけが利益を得るのな。
EUでドイツがやってることをかつての日本もやろうとしたわけだ。貧乏国ばかりのアジアで。
アジアの独立は綺麗事だけじゃないのよ。
158.名無しさん:2018年10月25日 15:13 ID:UBOF8a6o0▼このコメントに返信
※139
>フィリピンはアメリカとの交渉を経て独立を勝ち取っているわけですが、何か?

もう少し歴史を勉強したほうがいい。
アメリカの外交官だったジョージ・ケナンは
「結局我々は1930年代に比島の解放を決定し、最近になってこれを実行した。
だが、我々の考えておかなければならないことは、それは決してフィリピン人のためを思ってではなく、むしろ、彼等が我々自身にとって一寸した厄介者であることが分ったから」
と書いている。
アメリカにとってフィリピンは経済的重荷だったから「放棄した」のであって、「独立」なんて建前なんだよ。
ちなみに「独立後」もアメリカはフィリピンの外交権と軍事権は握ったままで、属国として支配してる。
159.名無しさん:2018年10月25日 15:48 ID:xBWwCh0K0▼このコメントに返信
米国務長官「日本がハルノートを受け入れたら、もう暴発させるカードはありませんよ?」
米大統領「受諾などさせてたまるか!」

このやりとりが全てだろ
160.名無しさん:2018年10月25日 15:50 ID:..4Eo6eF0▼このコメントに返信
背景的に当時の日本の行動に理解できるものもあれば、養護できないやらかしもある
ただ、欧米と朝鮮半島の連中にとやかく言われるのには反論したくもなる
161.名無しさん:2018年10月25日 15:50 ID:x3Lhpu7B0▼このコメントに返信
※158
経済的重荷で厄介者だから放棄したほうがこのまま植民地にしておくよりも得策だと思わせたなら、それこそが交渉の成功でしょ
そんなことも分からんのかね
162.名無しさん:2018年10月25日 15:57 ID:JHsq0Xg50▼このコメントに返信
日中戦争が軍部の暴走って中国に色々あって駐留していた日本軍に
散々ちょっかいかけたの中国軍だぞw
163.名無しさん:2018年10月25日 16:00 ID:.8dVMTG40▼このコメントに返信
負けたから悪いんだろう
164.名無しさん:2018年10月25日 16:03 ID:F6iwvasc0▼このコメントに返信
※120
少なくともナチスの経済政策が成功したのは事実、1937年には完全雇用を達していたわけで
その時点では大恐慌の影響を脱していた、って見るのが普通なのでは、、、

たしかにナチス経済の根本は、インフラ整備と再軍備の両輪だったわけだけど
ナチスが領土拡大策にかじを切る1939年一番問題になったのは、経済構造や不振というよりは外貨不足だったわけで
その外貨不足が大恐慌からの経済政策(ワイマール時代を含む)の結果だった、とは言い難いと思うけど、、、
165.名無しさん:2018年10月25日 16:04 ID:1az8QbMq0▼このコメントに返信
戦争は二つの正義が存在する
攻める側の正義と守側の正義だ
166.名無しさん:2018年10月25日 16:13 ID:9VxWNL9p0▼このコメントに返信
※164
※104の人も挙げている政策の岐路で、軍拡路線を採用するような極右政党が
台頭した背景こそ大恐慌にあるというのがこちらの主張や。
ナチスはヴェルサイユ条約はもちろんのこと、大恐慌期の旧戦勝国の対応(ドイツ
企業の倒産も辞さない投資の回収や、ルール地方占領)をも批判して支持を拡大したからな。
167.名無しさん:2018年10月25日 16:18 ID:.ry8TcrB0▼このコメントに返信
次の戦争が起こる可能性のある現在、9条の改正は必要。

もし、次の戦争が起こった時には、勝てるようにしておく必要がある。

これは、戦争がおこらないようになる抑止力になる。
168.名無しさん:2018年10月25日 16:22 ID:kLShQTMF0▼このコメントに返信
9条は再度、負ける為にある。勝つ為ではない
もう一遍まけろ・・・・・ふざけていると思わないか?

169.名無しさん:2018年10月25日 16:23 ID:e4F6ZjOY0▼このコメントに返信
スターリンにしてやられただけや
戦わなくていい大国同士で相食む様に仕向けられたからな
170.名無しさん:2018年10月25日 16:26 ID:rAacvGdX0▼このコメントに返信
※169
そのすたくそーりんのくその国土はほっておけば支那にやられるので見捨てようぜw
171.名無しさん:2018年10月25日 16:28 ID:fI1oV5e.0▼このコメントに返信
>勝っても悪いことは悪いと責められることなんて幾らでもあるんだよなぁ
>阿片戦争なんてその代表例でしょ

アヘン戦争はたとえとして不適当すぎるな。
当時の国際法を守っていたのはイギリスだしね。
172.名無しさん:2018年10月25日 16:28 ID:rAacvGdX0▼このコメントに返信
武力で島を奪う奴は   支那のようにホロン部w   何が困るんだw
173.名無しさん:2018年10月25日 16:29 ID:rAacvGdX0▼このコメントに返信
※171
慰安婦のようにアヘンは当時合法だったw  日本では昭和30年あたりまでヒロポンも合法や
アムステルダムは今でも合法w
174.名無しさん:2018年10月25日 16:31 ID:3rv7U7Dy0▼このコメントに返信
いい悪いというよりも、いろんな矛盾点が大爆発したんやで
おかげで世界の構成ががらった変わったしな
あんまり変わってないのはアメリカぐらいよね。もともと植民地依存が少ないからな
175.名無しさん:2018年10月25日 16:31 ID:fI1oV5e.0▼このコメントに返信
※139
「独立を約束」されているにもかかわらず、在比米軍は増強されているんだよね。
176.名無しさん:2018年10月25日 16:31 ID:zGu391O60▼このコメントに返信
※165
正義持ち出して戦争やるバカ。
177.名無しさん:2018年10月25日 16:32 ID:rAacvGdX0▼このコメントに返信
※173
ロシアを見ろ  ロシアのバイタちゃんの写真は今でもとても美しい
韓国、もとい 当時の朝鮮人の慰安婦の川を渡る慰安婦の写真も結構いいぞw  美人ではないが生き生きしている
今のくそ韓国人よりなw
178.名無しさん:2018年10月25日 16:34 ID:rAacvGdX0▼このコメントに返信
※176
北豚はアメリカを攻撃する核兵器と明言して今に至るからなw 
支那のアメリカをパクるとは一言も言っていないのにw
潜水艦発射型を作ってきたがアメリカは騙された   韓国が潜水艦と言い出してやっと気が付いたw
179.エンアカーシャ:2018年10月25日 16:35 ID:UV5r1mcf0▼このコメントに返信
※173
韓国では、ベトナム戦争の頃まで、慰安婦は合法だったがな (笑)、
アヘンも、ヒロポンも、中国人と韓国人が製造していたし、サッカリンも。
180.名無しさん:2018年10月25日 16:35 ID:1K8B5L5Q0▼このコメントに返信
列強が食うか食われるかだった弱肉強食の時代の価値観で起こった過去の出来事を
現代の価値観で悪いの悪くないのと論じるのはナンセンス

日本が敗戦に向かう大元の原因で言えば南仏印進駐かもしれんが
それを悪かったと言うのは流石に後知恵でしかないわ
181.名無しさん:2018年10月25日 16:36 ID:3rv7U7Dy0▼このコメントに返信
おかげで帝国主義はほぼ滅びたのに、それを再現する遅れてきた帝国主義国家の中国があるから
またややこしいことになってるんだよな。今まさに
182.名無しさん:2018年10月25日 16:39 ID:rAacvGdX0▼このコメントに返信
日本でも昭和36年あたりまで売春も合法や   
昔は赤線と呼ばれていたんやでw 
それ以前を攻めるくそはアメリカ人も容赦するなカスw
今と未来が問題なんやでくそったれw
183.名無しさん:2018年10月25日 16:40 ID:1WAMhIw50▼このコメントに返信
※29
>日本の傲慢っぷりには大東亜会議でフィリピン代表が「大東亜共栄圏は日本だけが得してはならない!」ってスピーチしたくらいだからな。

できたらソースお願いします。
ttp://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1263031/37?viewMode= ←ここにフィリピン代表の演説の全文が載ってるけど、そんなこと書いてないけどなぁ?
ただ大東亜共栄圏の理念である共存共栄を換言すれば・・・という形で 「大東亜共栄圏はこれを形成するある一国の利益の為に建設せらるるものではないのであります」と説明してるだけで、特に日本を非難してるわけでもないし。
184.名無しさん:2018年10月25日 16:41 ID:rAacvGdX0▼このコメントに返信
日本人ならヒロポンぐらい知って置けやカス
185.エンアカーシャ:2018年10月25日 16:43 ID:UV5r1mcf0▼このコメントに返信
68の11、

まぁ、
中国や韓国には、<アジア解放>の志すら、無かったからなぁ、
それ以前に、国すら。
186.名無しさん:2018年10月25日 16:45 ID:x3Lhpu7B0▼このコメントに返信
※175
そりゃ独立を約束した1935年の一年前には日本がワシントン海軍軍縮条約の破棄を通告してきたからな
それで増強しないのはアホでしょ
187.名無しさん:2018年10月25日 16:48 ID:9GrHyuGv0▼このコメントに返信
相変わらず、ハルノート最後通牒論を言ってる人間がいるけど、まぁ、彼らにはこれが唯一の心(理論)の支えだから仕方ないか。
188.名無しさん:2018年10月25日 16:49 ID:rAacvGdX0▼このコメントに返信
※187
まあ、ペンスの演説程度の門やでw
189.名無しさん:2018年10月25日 16:51 ID:vnEdTIMw0▼このコメントに返信
で、アメリカ人はいつネイティブアメリカンに土地を返すんだ?
190.エンアカーシャ:2018年10月25日 16:52 ID:UV5r1mcf0▼このコメントに返信
※187

物証が有ると、都合が悪かったの?。
191.エンアカーシャ:2018年10月25日 16:55 ID:UV5r1mcf0▼このコメントに返信
※182
韓国では、
国連加盟の前年である、1990年まで、<売春ツアー>の国家政策を実施していたが、な (笑)。
192.名無しさん:2018年10月25日 16:55 ID:rAacvGdX0▼このコメントに返信
※189
その前にチベットやれやw  その前に日本の駅前の土地も返してくれw
193.名無しさん:2018年10月25日 17:04 ID:9GrHyuGv0▼このコメントに返信
※180

日米が、「米国は、日本が平和的手段で南西太平洋の資源確保をすることを協力する」っていう内容の日米諒解(了解)案をベースに外交交渉を続けている最中(7月)に、意味もわからず軍事手段を行使したんだから、日本が嘘つき扱いを受けるのは当然だからね。そもそも、南部仏印進駐をしたら、諒解案交渉の「日本がシンガポールを攻めて、ドイツの英国攻略の手伝いをしない事を約束すれば、米国は資源確保とシナ事変仲介、満州国承認まで譲歩する」、っていう根本の内容が破綻してしまう。

これで日米交渉が潰れたのみならず、禁輸、経済制裁喰らったのは、ある意味当然。むしろ楽観論だった近衛東條及川の方がおかしかった(外務省は、松岡が北進論だったので、意図的にサボタージュ)
194.エンアカーシャ:2018年10月25日 17:08 ID:UV5r1mcf0▼このコメントに返信
※193

フランスは、<滅亡>しちゃったんですケド?。
195.名無しさん:2018年10月25日 17:09 ID:JE3HFovr0▼このコメントに返信
「勝てば官軍」=ポリコレ!←つまり、政治的勝者の都合でしか無くて事実でも公正でもないし、
                  人として失格の恥知らずのパヨクと同じやで(笑)
この過アヤマちを正すのが、「歴史修正主義」や!

日中戦争なんて、その口火(盧溝橋事件)も全面戦争化(第2次上海事変)も、シナチス側の暴発だぞ

アメリカの虎の尾を踏んだ愚行とはいえ、キチンとフランスの了解をえた「仏印進駐は合法行為!」 それに対して経済制裁を加えるのは単にアメリカなどの勝手な都合でしか無い 
しかも、「適正範囲」を越えればレッキとした度を越した「戦争行為!」で、石油などの「致命的」な物質類の「全面禁輸」をしたABCD包囲網は完全に不正不当なので、和解できずに「戦闘開始」となっても「日本に非は無い」ことになる

そして、ホプキンス氏の回顧録で明かされてるように、アメリカ政権首脳部はハルノートこそ和解交渉をぶち壊す「最後通告」としている つまり、ハルノートを受けた日本の「戦闘開始」の布告は「応戦布告」でしか無く、戦争という政治行為はアメリカによって始められ、開戦責任を問われるのはアメリカだ

また、日本の「応戦布告」の文面でもキチンと「自存自衛のため」と示し、ここでも国際法上レッキとした「自衛戦争」である  
196.エンアカーシャ:2018年10月25日 17:10 ID:UV5r1mcf0▼このコメントに返信
68の12、

<ハルノート>の現物は、日本が受け取っている。
197.名無しさん:2018年10月25日 17:11 ID:vJpYcOuV0▼このコメントに返信
※162
ちょっかいかけられたとしてもそれで世界を敵に回して滅亡してんだからまぬけだし日本を滅亡させた恥を知れっつーの
なに堂々と語ってんだ
198.名無しさん:2018年10月25日 17:12 ID:JTOXG1ap0▼このコメントに返信
最後通牒だったのは、日本側の乙案。
なぜなら、乙案をアメリカが飲まなければ日本が開戦するのを日米とも了解していたから。

で、ハルノートは、最後通牒である乙案へのゼロ回答。
ハルノートを提出した理由は、交渉中に日本陸軍がインドシナに向って遠征軍を送ろうしたから。
199.名無しさん:2018年10月25日 17:20 ID:OZmZfSpx0▼このコメントに返信
朝鮮人に参政権を付与した大日本帝国が最強
誰もやりたがらないことを平然とやってのけるのである
200.名無しさん:2018年10月25日 17:21 ID:9GrHyuGv0▼このコメントに返信
エンアカーシャ様、こちらが言いたいのは2点。1は、そもそもハルノートが最後通牒だと言い出したのが東郷で、理由は昭和天皇に、外交交渉継続の希望を捨てさせることだった、っていう事実がある以上(だから中身を改竄して「試案、拘束力無し」という第一行を消して枢密院に送致した)、事実では無いと判断してる事。そして実際に、先に戦争決意したのが日本側である事、それが外務省の機密電報の解読でハル側にバレバレだった以上、アメリカ側には最後通牒を出す理由が全くないどころか、むしろアメリカ側から日米交渉を潰してしまった、という体裁になるのをハルが最も注意していたことは、回想録その他から周知の事実なのに、それでも、ハルノート最後通牒論に固執するのは、やはり妄執でしか無い、説得力が無い、と言うこと。

日米交渉では、ハルの失策も多いのに、討論で日本人のハルノート最後通牒論が出ると、結局「日本は馬鹿な事を言ってる」で終わってしまうんだよ。もっと他の事を言うべき。
201.名無しさん:2018年10月25日 17:24 ID:F6iwvasc0▼このコメントに返信
※166
なるほど、ナチスの台頭が主因というのは納得、、、
202.名無しさん:2018年10月25日 17:26 ID:DVnn1eAL0▼このコメントに返信
最近のスレで増えたよなこういうの
神が決めた絶対的平等とか完全な正義とかの存在を信じてるヤツ
子供のまま大人になっちゃうんだな
203.名無しさん:2018年10月25日 17:28 ID:9GrHyuGv0▼このコメントに返信
※195

議論としてはかなり核心に来てると思う。問題は、国際法と国家主権の関係。仏印進駐も、米国の禁輸、制裁も、それに対して日本が戦端を開いても、結局国家主権の問題になる。核心は、仏印進駐時の禁輸と制裁がどこまで可でどこから不可(ハルの失策)なのかを考える事だよ。もちろん日本側としても南部仏印進駐は致命的な失策だったんだけど。
204.名無しさん:2018年10月25日 17:44 ID:OrNPwqfQ0▼このコメントに返信
勝てば官軍だから…
悪いのは、負けた事
全てがヤルタ体制から始まってる現在では、悪そのものでしかない
その時間軸で生きているんだからシャーない
205.名無しさん:2018年10月25日 17:50 ID:9Yim4FDd0▼このコメントに返信
戦争を始めた責任は間違いなく枢軸にある
戦前あった秩序をぶっ壊したのは枢軸だ

ただ、そのあと長引いた責任は連合国にもある
具体的に言えば、無条件降伏要求だな
そんなこと言いだしたら死に物狂いで国家の滅亡まで戦い続けるのはわかりきった話なんだから、ギリギリのところまで追い込んだら多少の融通はきかせるべきだった
206.名無しさん:2018年10月25日 17:55 ID:2UdQQWUw0▼このコメントに返信
※20
でも中国全土を敵にしてないよ。汪兆銘の南京政府とは手を結んでいたんだし。
日中戦争中でも中国人留学生は来てたのが証拠。
うちにある某大学の同窓会名簿に大陸からの中国人がたくさん載っている。
207.名無しさん:2018年10月25日 17:58 ID:H7uNv4x50▼このコメントに返信
※206

汪兆銘の南京政府は日本軍の占領した地域にしか勢力を伸ばせなかった上に、高宗武が「華日新関係調整要綱」の日本側原文を暴露したせいでまるっきり実態が傀儡だとバレてたよ
208.名無しさん:2018年10月25日 18:29 ID:GAbvdD.x0▼このコメントに返信
※186
ルーベルト政権はできたときから軍拡。目的(口実?)は景気対策だった。ワシントン軍縮会議の改定交渉で日本は海軍軍備の半減を提案したのに対して、米国は増やす案だった。増えるのに軍縮会議とはこれ如何に。英国が米国に同調しちゃったので、日本は交渉離脱を通告した。日本がワシントン体制すべきだったかどうかは議論の余地はあるが、米国が軍拡に進んだのと日本は直接関係がない。
209.名無しさん:2018年10月25日 18:31 ID:xyAsdmmZ0▼このコメントに返信
※189
あっちもおかしな国境がもんだいなのよ。
直線状だったり州の境目の地形もおかしい。
しっくりくる箇所に国境作ってあげないと。
210.名無しさん:2018年10月25日 18:34 ID:kLShQTMF0▼このコメントに返信
※59
日本側は恐ろしい程、譲歩しているね
(呆)
211.名無しさん:2018年10月25日 18:35 ID:wvZhwFGI0▼このコメントに返信
負けたから悪い
212.名無しさん:2018年10月25日 18:38 ID:nMdJsnqW0▼このコメントに返信
※201
食い散らかせる植民地を持った奴らがブロック経済を形成して乗り切ろうとしていたら
食い散らかせる植民地を持たない奴らがどうしようもなくなった。

・・・そんな背景だからなぁ。
213.名無しさん:2018年10月25日 18:47 ID:ruKEq2Wp0▼このコメントに返信
勝てば官軍負ければ賊軍って言うやろ
214.名無しさん:2018年10月25日 18:47 ID:iyJUyfGy0▼このコメントに返信
戦争は『敗けたほうが』悪いんです(´;ω;`)
215.名無しさん:2018年10月25日 18:48 ID:6AB9hIEz0▼このコメントに返信
イッチが無能を装いつつ哲学的思考を脱却して当時の枢軸国側の歴史を解説している名スレ
216.名無しさん:2018年10月25日 18:49 ID:9GrHyuGv0▼このコメントに返信
※201 212

ドイツがチェコやポーランド等々を占領した事を、ブロック経済で言い訳はできないよ。今の中国レベル。

その極悪侵略国家のドイツと組んじゃったから、とばっちりで日本もイタリアも、中国やらアビシニアでの苦労をすべて「計画的侵略者」扱いされることになった。慌てて乗ったバスが地獄行きだったわけ。
217.名無しさん:2018年10月25日 18:50 ID:H7uNv4x50▼このコメントに返信
※212

日本はブロック経済下だと単に雑貨を売りつけるだけじゃなくて売った相手からも買うような互恵求償主義やバーター取引で、総量はやや縮小しつつも貿易自体は続けていたんだよな

日本の対外貿易が行き詰まるのはイギリスがドイツとの戦争になって横浜正金銀行のポンドを使った多国間決済システムが停止してからだし
218.名無しさん:2018年10月25日 18:53 ID:H7uNv4x50▼このコメントに返信
ある意味日本の貿易をする上で一番邪魔だったのはドイツとイギリスが戦争したことなんだよ

イギリスは軍需物資を特にアメリカから調達するためにポンドや正貨の移動を規制しようとしたのが大きな問題なんだから

それなのに日本がドイツと同盟したのは馬鹿げてるとしか言いようがない

そのせいで対米資産も凍結されてアメリカとの貿易も決済できなくなったんだし
219.名無しさん:2018年10月25日 19:05 ID:U4GXCGMS0▼このコメントに返信
法制度面から見ると、やっぱり大日本帝国憲法に定められた国の制度と、現実の議会制民主主義とがずれちゃってたのが大きな問題だったのだろう。関東軍の暴走も統帥権干犯問題を逆手に取った行動。
日本の場合は、満州事変における軍の責任を追及できないという国家の機能不全が長期に渡って起こり、その修正ができないままにズルズルと日中戦争に突入し、戦時体制が拡大され、今更誰もそれを止められなくなったところに、米国の石油禁輸で止めを刺されるという流れ。
220.名無しさん:2018年10月25日 19:16 ID:zS.6aOji0▼このコメントに返信
勝てば官軍、ただそれだけ。
悪手だった事が勝ってれば好手になってたかもしれない。
221.名無しさん:2018年10月25日 19:21 ID:4.aCJdVL0▼このコメントに返信
悪いよ。一番悪いのは負けたことだ。
222.名無しさん:2018年10月25日 19:24 ID:Bx0UghYw0▼このコメントに返信
まあ、結局のところ「極めて大部分が後知恵」と言うね。
正答の載った模範解答持ってれば、幼稚園児だって東大入試トップ合格できるよ、って話だわな。
書いてある事の意味が何一つ解らなくても、書いてあるその通りに書けば丸は貰えるんだから。
223.名無しさん:2018年10月25日 19:27 ID:JKNGr2KT0▼このコメントに返信
そーゆーことにしておかないと、人道ビジネス家を筆頭に都合の悪い人が損するじゃねーですかー
やだな、もー
224.名無しさん:2018年10月25日 19:53 ID:zS.6aOji0▼このコメントに返信
まぁ、日本が勝ってれば南北朝鮮なんて国は存在すら出来ない国。
迎恩門建てて三跪九叩頭を連合軍にしなければならない。

最大の悪手は朝鮮併合
225.名無しさん:2018年10月25日 20:36 ID:51haZSAx0▼このコメントに返信
こういうスレって定期的に出てくるんだが旧海軍関係者が意図的に流してるのかね?
226.名無しさん:2018年10月25日 20:51 ID:zRMRg2Ss0▼このコメントに返信
世界大恐慌に対するブロック経済陣営+共産主義と統制陣営の対立だよ。第二次大戦は。まあ、「日独伊三国同盟」なんて無意味な同盟を締結したから、日本までファシズムの汚名を着せられてるけどな。
227.名無しさん:2018年10月25日 21:32 ID:i2HZAHiA0▼このコメントに返信
満州のために東京初め日本の大都市は焼け野原だ。
おまけに原爆は2つ落とされる。
何のための満州の権益だったのか。
線路に落ちたおもちゃを拾おうとして命を落とした人みたいだな。
228.千尋の金隠し:2018年10月25日 21:32 ID:qO.Eu..G0▼このコメントに返信
日本もドイツも、頭が悪かったのは確かかも?
229.名無しさん:2018年10月25日 21:34 ID:JTOXG1ap0▼このコメントに返信
> アメリカの虎の尾を踏んだ愚行とはいえ、キチンとフランスの了解をえた「仏印進駐は合法行為!」
> それに対して経済制裁を加えるのは単にアメリカなどの勝手な都合でしか無い

これもよく言われるけど、禁油措置は「すべての侵略国に対する経済制裁」だから、国際法上は合法だよ。
仏印進駐したから禁油したわけじゃない。少なくとも建前上は。
230.名無しさん:2018年10月25日 21:37 ID:i2HZAHiA0▼このコメントに返信
満州の権益のために多くの人がなくなり、多くの街が破壊され、多くの金が費やされた。
未だにODA、謝罪と倍賞、無償技術移転で日本人の富は消えている。
満州など欲しがらなければ、どれだけ豊かな国になっていたことか。
231.名無しさん:2018年10月25日 22:00 ID:KwSWW4.K0▼このコメントに返信
人権人権とか日本の戦争犯罪がーとか騒ぐ奴らが欧米の植民地支配に関しては完全スルーなのは草
232.名無しさん:2018年10月25日 22:33 ID:.NvdfZQH0▼このコメントに返信
ハワイで日本の特殊潜航艇が沈められたのが先だからパールハーバー奇襲はノーカンだとか本気で主張してる奴を前にここで見たが、そういうレベルのバカはどういった日常を送ってるんだろう
そこまでバカだとストーリーものの漫画や小説を読んでも理解できないだろうにな

233.名無しさん:2018年10月25日 22:37 ID:i2HZAHiA0▼このコメントに返信
「満州の、満州による、満州のための太平洋戦争。」
234.名無しさん:2018年10月25日 22:39 ID:Bco0nHST0▼このコメントに返信
現代社会も当時の国際社会も、貧しい奴らから荒れるのは変わらない。
日独伊が不幸だったのは貧しい割に力があった点。
235.名無しさん:2018年10月25日 22:41 ID:C.YVgot.0▼このコメントに返信
今年の甲子園の決勝で負けたやつは「悪いのか」くらいの愚問だな。 戦争で勝ったやつが「良い」わけじゃない。
236.日本昔ばなし:2018年10月25日 22:51 ID:i2HZAHiA0▼このコメントに返信
満州から出ていけと言われて、怒った日本人は、卑怯にも真珠湾を奇襲しアメリカ人を本気で怒らせた。
一億総玉砕を覚悟したが、陛下のご決断で日本民族は救われた。
アメリカの指導の下、農地解放をするや、満州などなくても経済大国となる。
昔の人は、中国に対する憧れが強かったのかな。
日本の上流階級では「父、母」の事を中国語で「パパ、ママ」と言うらしい。
英語では、「ダディー、マミィー」という。
237.名無しさん:2018年10月25日 23:01 ID:c0LCehwG0▼このコメントに返信
満州の権益ってのは別に満州事変の時にできただけではなく日露戦争の時にある程度得たわけだよ
満州事変は満州を中国国家から独立させるものだが、根本にはその権益を守るためというのがあった
満州で勢力があった中国人張作霖と緊張状態にあったということみたいだ
238.名無しさん:2018年10月25日 23:57 ID:x3Lhpu7B0▼このコメントに返信
※237
張作霖を爆殺するから張学良が易幟したんだろw
239.名無しさん:2018年10月26日 00:10 ID:diLJBqHn0▼このコメントに返信
誰も日本なんて気にしてない
ナチスのやったことが悪くないなんてありえない
だから枢軸国が悪い
ナチスがやったことは、これからも永遠に悪であることは覆らない
240.名無しさん:2018年10月26日 00:14 ID:eQnS7HF00▼このコメントに返信
俺は悪いと思ったことないわ。罪悪感ぜろw
241.名無しさん:2018年10月26日 00:31 ID:WZhFrI300▼このコメントに返信
悪いかどうかは知らんけど、下手打ったのは確か。
で、政治的には、下手打つと悪者扱いされる。
242.名無しさん:2018年10月26日 00:37 ID:pb.IRiwp0▼このコメントに返信
張作霖爆殺はソ連の仕業だから。
243.名無しさん:2018年10月26日 01:13 ID:tngl7sDW0▼このコメントに返信
日本はハワイを取らなかったのが悪い
アメリカが規則を守るなんてのは韓国が親日国になるくらいありえない
244.名無しさん:2018年10月26日 02:18 ID:plnpqj7J0▼このコメントに返信
※229
嘘つき千ョンコロリンのでっち上げかよ
国際法の上で合法行為のどこが侵略なんだよ、タヒねよスカタン!!!

日本の合法行為に対して、気に入らんからといって経済制裁すること自体も不当といえるが、
しかも、明らかに日本の「タヒ命を制する」ほどの度を越した制裁は、もはや不当とかの限度をこえて「国際法でも」アメリカの侵略「的」な「戦争行為」とされるぞ(怒)(怒)

245.名無しさん:2018年10月26日 02:42 ID:TqYSTTk50▼このコメントに返信
米244
そもそも論として自分の同盟国とドンパチしてる相手にわざわざ石油を供給する方がどうかしてると思うんだけど
ただの逆ギレでしょ?
仕送りを止められたニートかよw
246.名無しさん:2018年10月26日 04:56 ID:A1LPUNkU0▼このコメントに返信
戦争と善悪は関係無いけど、西洋人は「勝利=正義」「敗北=悪」という考えだから。
なんとなく善悪を結び付けてしまうのは、連合側が勝って彼等の考え方が広まった結果なんじゃないだろうか。


247.名無しさん:2018年10月26日 05:40 ID:tbsOLuP.0▼このコメントに返信
※243
つまりハワイ併合政策を出した大隈内閣を支持しなかった日本国民が悪いと
248.名無しさん:2018年10月26日 06:11 ID:BPUTBiv00▼このコメントに返信
不毛やな、善悪を問うのは哲学だけで十分ぞな。
249.名無しさん:2018年10月26日 06:42 ID:22LdBCMr0▼このコメントに返信
※227
戦争の緩衝地帯と言う戦略だったのが糞理解してない何者かがいて投資してしまったら守らなければいけなくなって
前線が伸びた、馬鹿のいい訳で八紘一宇とぬかしだす。
支那に馬鹿投資する基地外団連の姿を見たら、戦後襟を正してきた先代社長の姿を忘れて目先の金儲けに走る
彼らはまた日本を戦争に巻き込む。だからグローバルは捨ててしまえと言ってるんだよ。
250.名無しさん:2018年10月26日 07:02 ID:4RXoqsRK0▼このコメントに返信
アメリカ人の感覚は日本人とはかけ離れている
今でも他国に爆弾をあめあられと落とすだろ
日本では考えられないことだ
251.名無しさん:2018年10月26日 07:04 ID:8J7HAumL0▼このコメントに返信
※66
オーストリア・ハンガリー帝国は、事実上ハプスブルク家君主国の連合体帝国だったから、もういい加減ハプスブルクはオーストリア以外の他民族の国々開放してやれで解体されたようなものだし、そもそもサラエボ事件も露土戦争に負けたオスマントルコの東欧支配を独立開放させるときに、ハプスブルクがしゃしゃり出て、独立させるバルカン半島の国々の君主になって領土拡張しようとしたからだよ
その反発がサラエボ事件を引き起こした
で、結局帝国は解体され、さらにはオーストリア国民からもハプスブルクは国外追放、入国禁止にさせられた
252.名無しさん:2018年10月26日 07:05 ID:8J7HAumL0▼このコメントに返信
251 続き
ドイツ帝国の方では建国するときに、プロイセン王家と各国君主との間でいろいろな対立や反発などの問題があったが、最終的には各国君主の同意で帝国加盟になったから、一応その意志は尊重されて、戦勝国による強引な帝国解体まではやれなかったのだと思う
本来責任を取らないといけなかったのはドイツ皇帝であったプロイセン王
でも彼はオランダに亡命逃亡してしまったから・・・
一応ドイツ帝国側も一部解体はされたけど、解体されたのはプロイセンが併合した地域で他の領邦国の領土は特に変わっていない
そのプロイセンが解体分離させられたところは、ポーランド分割で併合した部分とアルザス
ポーランド分割併合したところは、ナポレオンに負けたときも一度分離させられて、ナポレオンに忠誠誓ったザクセン王国のザクセン家が兼任で君主となってフランス衛星国ワルシャワ公国になってたが、ナポレオン体制崩壊後、また分割してプロイセン王が大公を兼任したポズナン大公国にし、2カ国同君連合いなってたがポズナン国民の暴動蜂起をきっかけにプロイセンにまた併合してしまったから
ちなみにラインラントも本来プロイセン領土ではなく領邦国家で、プロイセンが領邦を潰して併合したところ
例えばケルンは、神聖ローマ貴族の周辺国の支配地になったり、大司教が支配する教会領に組み込まれたり、ケルン司教追い出して市民自治独立都市国家になったり、フランスに併合されたり、フランスからプロイセンに割譲されて併合されたりと、ライン川からベネルクスにかけてのあのへんの歴史も非常に複雑
253.エンアカーシャ:2018年10月26日 07:12 ID:PVK5FPW00▼このコメントに返信
67の12、

番号ズレてんな (笑)?

今、思い付いたんだが · · · 、
真珠湾攻撃の際に、機動部隊が直援機を出していたら、
アメリカのレーダーで、艦隊の位置が丸見えだったのでは?、

アメリカ本土から援軍として送られたのB公の編隊と、零戦の編隊を混同したとか、有名なんだが。
254.名無しさん:2018年10月26日 07:30 ID:4KqJm6tk0▼このコメントに返信
 戦争中に無茶苦茶やったから連合国軍が戦う建前を保つには、敗者をそこまで貶めないと精神が持たないからってだけなんだけどね

特にアメリカは精神的に小学生レベルだから
255.名無しさん:2018年10月26日 07:38 ID:8J7HAumL0▼このコメントに返信
戦後体制によってできたワイマール共和国におけるドイツ国民はある意味被害者でもある
そもそも第一次世界大戦のときに政治を担っていたのは貴族であって、国民主権国家じゃない
第一次大戦も貴族の都合で勃発し、国民が兵士としてかり出されて戦わされただけ
敗戦で皇帝は国外逃亡するし、各国君主も恐れをなして退位して君主制放棄して国民に主権と責任丸投げした
いきなり国民が主権者として政治をすることになり、敗戦責任まで負わされたから、各政党乱立で、更には連邦制だったから各国の足並みも揃わず、皇帝とかの大黒柱も失って求心力なしだった
もともと分離させられたプロイセン王国領だったアルザスやポーランド領以外、戦後ワイマール共和国領内は大きな被害は受けていない
でも、各領邦の議会・政府も中央のワイマール議会・政府も多数の党が乱立で政治闘争となり、ほとんど政治麻痺状態で経済活動も麻痺状態になり経済状態が悪化していった

今のドイツの政治状態と同じで、左右は過激化して一歩も譲らず、妥協も拒否
保守はなんとか左右の対立と激突だけは回避しようとバランスとろうとしても、結局それは左右にとっては所詮妥協であって彼等の理想ではないからどちらにとっても不満
そうこうしているうちに保守も国民の支持を失い、国民は過激化した左右に分裂、一発触発の事態となり、もうめちゃめちゃ
議会解散連発で選挙ばかり
256.名無しさん:2018年10月26日 08:03 ID:8J7HAumL0▼このコメントに返信
一応ナチス政権の評価に、ドイツ経済立て直しを挙げている人がいるが、ワイマール共和国は第二次大戦の時みたいに国内戦場となって灰燼ときしていたわけじゃなく、政情不安定で麻痺状態になっていただけだから、政治が安定すればそれなりに立て直しは難しいいわけじゃなかったし、ナチス政権の政治安定は米英仏なども支援して、あれほど激怒していたフランスも一応賠償金支払い延期や減額、支払い計画に協力してくれていた

ただまあ、見せかけの経済発展、公共投資と公共投資の一環の軍備増強にはカラクリがあって、今のドイツ政府の黒字財政や経済発展のカラクリとカブる部分がある
「メフォ手形」は政府の直接の借金・国債ではなく、裏帳簿で集めた金で、表向きは健全財政を装い、国内発展も国民の目を欺けた
手形乱発してカネを集めるために作られた幽霊民間企業が振り出した手形による借金と金(その企業がメフォという名前で、今ならその役目がドイツ銀行かなw)
政府なりが借金して金を集めて投資に使うことは別に悪くはないが、ヒトラーは味をしめて、シャハトの忠告無視し、罷免して、もう返済無理なくらい手形乱発して不正な金を集めまくった
そして踏み倒しの戦争へと
ドイツ銀行も破綻したら政府も国も吹っ飛ぶほどだからねw それまでの見せかけのドイツ経済発展も全部吹っ飛ぶ
幽霊会社メフォも同様

ナチスを生み出す原因も、戦争をまた起こした原因もドイツ自体の持つ国内事情もそれなりに大きいから
257.名無しさん:2018年10月26日 08:19 ID:HYKA7IRs0▼このコメントに返信
戦争は負けた時点で悪扱いだ。極悪であろうが勝者が正義になる
258.名無しさん:2018年10月26日 09:27 ID:plnpqj7J0▼このコメントに返信
※245
またすり替えたしかもウソで逃げたから、コッチの言い分をみとめた訳じゃん
結局は反論できてネーぞ千ョンコロリンw
259.名無しさん:2018年10月26日 09:46 ID:plnpqj7J0▼このコメントに返信
まだクソ虫が繰り返し涌いてんな
「勝てば官軍」なんて、恥ずかしいポリコレパヨクと同じかよw
つまり、政治的勝者が身勝手に正義と決めつけてるだけや
裏返せば、悪が勝ちましたと「自白」した訳で
この論理を使った時点でソイツの主張は「負け」(笑)
260.名無しさん:2018年10月26日 12:25 ID:.RpWjS6P0▼このコメントに返信
※259
>政治的勝者が身勝手に正義と決めつけてるだけや
これに関しては同意見ですが

悪ではないでしょ
向こうも正義でこちらも正義なだけで。

悪と断ずる時点で自分の偏りを表明してますね
261.名無しさん:2018年10月26日 14:31 ID:dLs6Q57a0▼このコメントに返信
>>244
だからさ、仏印進駐が禁油の理由ではないって、何度書いたら分かってもらえるのかな?

「侵略国家ナチスと軍事同盟を結ぶ&中国大陸での軍事行動」をもってしてアメリカは日本を侵略国家と認定して経済制裁したわけで、国際法上はまったくもって合法。
さらに言えば、仏印進駐のあと機会を見てインドシナとタイにも侵攻する計画だったのも、アメリカには筒抜けだった。
262.名無しさん:2018年10月26日 14:42 ID:dLs6Q57a0▼このコメントに返信
※244
> 嘘つき千ョンコロリンのでっち上げかよ
ちなみに、↑は「日本人の名誉と誇りを傷つける」ヘイトスピーチだから、やめてね。

安倍総理
「ヘイトスピーチとは、憎しみをあおるような人種的な、性差に基づく誹謗中傷のたぐいだと思います。
日本人は、まさに和を重んじ、人を排除する排他的な国民ではなかったはず。
どんなときも礼儀正しく、寛容の精神、謙虚でなければならない」
263.名無しさん:2018年10月26日 15:23 ID:XYZbHxYG0▼このコメントに返信
ドイツとイギリスどっちが悪いか?←ドイツ
日本とアメリカどっちが悪いか?←アメリカ

ソ連と上記四国どっちがバカか?←四国
264.名無しさん:2018年10月26日 16:51 ID:OxrUdT.A0▼このコメントに返信
すべてはコミンテルンの陰謀
265.名無しさん:2018年10月26日 18:32 ID:13onEiPx0▼このコメントに返信
※261

そもそも、南部仏印進駐は、松岡の北進論封じが第一目的だから、関東軍の戦力を削る目的でとんでもない人数を南送してるけど、普通はこれを平和目的だと理解できないし(治安維持要員としては意味不明な数字)、次の目的があると思われて当然なんだよね。そもそも、援蒋ルート遮断に南部仏印は関係ないし、資源確保は米国との諒解案交渉ですでに、日本が平和的手段を取るなら協力するって言う条文作って交渉してるし。

ここまで理論的にグダグダな事をして、唯一の反論が「フランス(ビシー)が了解してる」、では、さすがに苦しいわな。こんな重大事象を英国領マレー、シンガポールの目の前でやらかして、軍事挑発だと理解しない国はないよ。

というか、アメリカが何もして来ないという判断をしてた日本政府の頭がおかしい。外務省のサボタージュが主因だけど。
266.名無しさん:2018年10月26日 19:11 ID:dLs6Q57a0▼このコメントに返信
※265
海軍第一委員会の石川信吾少佐
「南部仏印進駐は、陸海軍統帥部の強い主張に基づくものであったが、その場合、英米の全面禁輸を受けるものと予期していた。
作戦上の理由から、この年の秋における開戦は必至と考えられていた。
私は対米戦をやるならばこの年の秋だと早くから確信していた」

南部仏印進駐すれば禁油されることは、分かってる奴は分かってたんだよ。
分かったうえで、対米開戦を決意させるために、あえて上層部に「南部仏印進駐しても大丈夫」と吹聴して回ったのが真相。
267.名無しさん:2018年10月26日 20:46 ID:YbRkCljW0▼このコメントに返信
欧米各国は、世界各地で侵略を繰り広げ植民地化していた。
日本やドイツだけが侵略したわけではなく、ただ戦争に負けたから悪者にされただけ。
占領地の運営は日本の方がずいぶんましだった。
同じ人間として扱っていたからね。
268.名無しさん:2018年10月27日 11:47 ID:U8aBy8Ed0▼このコメントに返信
※267
何を言ってるんだか
欧米の真似しただけでしょ。
どの辺がましだったか具体的にデータ示せますか?
269.名無しさん:2018年10月29日 01:55 ID:0oPLD77d0▼このコメントに返信
言うほどって言うほど言われているか?w
まあドイツについてはユダヤ人虐殺があるんで言われるのは当たり前
あれさえなけりゃあ、あそこまで自己批判に追い込まれることもなかっただろう。
日本については、それほど「言われている」とも思わん。
ただ韓国が一人で(中国もか?)騒いでいるだけって感じ。

お名前