2018年10月17日 10:05

実際に本土決戦が行われてたらどうなったんや?

実際に本土決戦が行われてたらどうなったんや?

20180711095849

引用元:実際に本土決戦が行われてたらどうなったんや?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539385867/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:11:07 ID:Dd3
教えてクレメンス

2: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:12:01 ID:gMi
完全にアメリカに日本が支配されてたやろな

3: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:15:13 ID:Dd3
ドイツみたく東西に分断される可能性は?

7: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:19:46 ID:r19
>>3
本土決戦関係無く分割案あった

4: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:15:33 ID:Dd3
あとは多分北海道はソ連領になってたやろな

6: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:19:30 ID:toQ
何回も繰り返して今の世界線にたどり着いたんや
すまんな

9: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:21:11 ID:BW4
本土決戦の前に何発も原爆落とされるやろw

11: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:22:04 ID:d55
>>9
こうなってたらその後の戦争も核の使用が前提に
なってたやろうなあ

13: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:23:16 ID:oaE
というか、早めに降伏しないと数百万人単位で餓死者が出る

1945年は観測史上最悪の米の凶作だから

15: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:24:21 ID:oaE
ロシア革命もドイツ革命も飢餓から始まってるから、あれ以上戦闘を続けたら本当に共産主義革命が起きるんじゃないか

16: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:24:46 ID:Dd3
朝鮮半島はソ連が全土占領するやろなあ

17: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:26:19 ID:oaE
アジアが全部赤化しそう

18: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:27:05 ID:d55
>>17
逆にアメリカがそれを防ごうともっと介入したんちゃうか

20: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:28:08 ID:oaE
>>18
それが条件付き無条件降伏やん

19: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:27:51 ID:Dd3
朝鮮戦争が日本で行われる感じか
京都と奈良の文化財も姫路城も全部吹き飛びそうやな

27: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:34:47 ID:5aK
南北日本戦争で南北とも産業が壊滅する
戦後南日本(首都京都)は世界最貧国になるも、米国に忠実な軍事政権を敷き、
名古屋の自動車工業をベースにした軍需産業で「三河の奇跡」と呼ばれる経済復興をきたす

29: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:45:51 ID:ZWl
>>27
北は?

30: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:46:40 ID:Dd3
>>29
今の北朝鮮をもっとひどくした状態やろなぁ

31: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)08:46:54 ID:d55
>>29
資源ない 閉鎖的
オワコン

42: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)09:07:19 ID:Dd3
朝鮮半島は金日成による統一政府が誕生して竹島問題も拉致問題も今以上に厄介になってた希ガス

47: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)10:04:25 ID:5aK
>>42
拉致は北側の情報収集が目的なので、北日本政府がある以上北朝鮮がやる必要はない
むしろ北日本政府による「日本人同士の」スパイ活動がなされていたはず

48: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)10:08:55 ID:5aK
>>42
あと竹島も「朝鮮+北日本政府」と「南日本政府」の政治問題になっていた
日本の領土かどうかじゃなくて、米ソの代理戦争の具にされる

43: 名無しさん@おーぷん 2018/10/13(土)09:27:11 ID:zZt
ソ連が占領出来たとしても北海道の一部のみやったろうよ
分割主張するほど都市を抑えられない
雪崩れ込もうとした先発部隊が残存兵に足留めされる程度だし

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年10月17日 10:10 ID:.8iqDZDo0▼このコメントに返信
勝つには徹底したゲリラ作戦しかないんだが、当時は原爆も普通に使えるんだからベトナムのようなことも無理だろうな
本土決戦とか籠城ってのは、援軍のアテがあって初めて成り立つものでありあの時の日本はその状況にもない
何をしても無理、続けるほどに被害がひどくなっただけ
2.らいを:2018年10月17日 10:10 ID:eNGxC.wL0▼このコメントに返信
お前らヒキニートのピザデブだろうがwww

日本は敗戦国のくせにwww
偉大なる我が大韓民国は戦勝国だぜ?www
3.名無しさん:2018年10月17日 10:11 ID:9.NUcn.U0▼このコメントに返信
俺の銅像が世界中に立ってたろうなあ
4.名無しさん:2018年10月17日 10:11 ID:eNGxC.wL0▼このコメントに返信
小日本
5.:2018年10月17日 10:11 ID:eNGxC.wL0▼このコメントに返信
お前ら朝からネットやってんじゃねーよww
もしかしてニート?www
さっさと働けよオッサンwwwww
6.名無しさん:2018年10月17日 10:12 ID:eNGxC.wL0▼このコメントに返信
息が臭い日本人
7.名無しさん:2018年10月17日 10:12 ID:Tbi9Ajk70▼このコメントに返信
最後まで戦って日本人という人種はなくなったかもな
8.名無しさん:2018年10月17日 10:15 ID:cCY.BW0z0▼このコメントに返信
※5
ありがとう。
気楽な自営業だが、昼までにつくんなきゃいけない図面があったんだよ。
お前の言葉で目が覚めたわ。
仕事に戻る。
9.名無しさん:2018年10月17日 10:17 ID:DqbapNnh0▼このコメントに返信
分断日本と言えば出てくるのが「サタスペ」や「凱歌の号砲」なゲーム脳ww
少なくともサタスペは本土決戦しなかった気もするが
10.名無しさん:2018年10月17日 10:17 ID:g8p.rw8K0▼このコメントに返信
米国は上陸する前にあと10発以上原爆投下していた
11.名無しさん:2018年10月17日 10:23 ID:NWIGk.lZ0▼このコメントに返信
オリンピック作戦で核の炎が聖火になったんでしょうなぁ。
12.名無しさん:2018年10月17日 10:23 ID:2SnOZFyo0▼このコメントに返信
上陸場所、日時、規模等ドンピシャで当ててたからアメちゃんも硫黄島沖縄の比じゃない位相当エグイ事になってたと思う
13.名無しさん:2018年10月17日 10:25 ID:YTvBS3nD0▼このコメントに返信
ダウンフォール作戦発動
14.名無しさん:2018年10月17日 10:28 ID:1Rv8vH1T0▼このコメントに返信
現在も真っ赤な北海道はむしろソ連になってた方がよかったんじゃね?現地民からしたら
15.名無しさん:2018年10月17日 10:29 ID:EIawXpkx0▼このコメントに返信
広島長崎以外の原爆投下候補地は小倉、新潟、京都、横浜だっけか
16.名無しさん:2018年10月17日 10:31 ID:PMIVKdz80▼このコメントに返信
※1
本土決戦のアメリカ側の死傷者次第でアメリカ世論が反戦に動く可能性はあった
欧州戦線ですでにげんなり気味だったからね
それを避けるための原爆投下でもあった
17.名無しさん:2018年10月17日 10:32 ID:VEBYpC6h0▼このコメントに返信
自民党スレを見てると「移民を入れれば日本の社会は日本は終わるー」
と事さらに叫んでる人達がいるけど、そーゆー人達でさえ何の行動にも出てない所を見ると、
日本が終わる!と感じても、実際に行動する人は極僅かなんだろ。

寄って本土決戦が行われ、負ければ日本が終わる!と感じても行動できる人は極僅かだろうよ。
勿論、口先だけで「私は命を賭ける覚悟がある!」と言ってみるのは簡単だけど。
18.名無しさん:2018年10月17日 10:33 ID:5iPGBbga0▼このコメントに返信
※2
朝鮮内戦では400万人の死者がでてるだろ?国土は灰塵に帰した
米国側だけで第2時世界大戦の日本と比較して8倍の量が爆弾投下された地獄絵図
ほんと本土決戦って悲惨だよな
19.名無しさん:2018年10月17日 10:33 ID:1Rv8vH1T0▼このコメントに返信
※15
広島と長崎もなんか間違えたっぽいよなぁ。
呉と佐世保の軍港に落とすつもりじゃなかったんかね
20.名無しさん:2018年10月17日 10:40 ID:EIawXpkx0▼このコメントに返信
※19
広い平野があって原爆の威力を検証しやすい広島と小倉と京都に落とす手筈だった
呉や佐世保は市街地が狭いし、そもそも第一級の軍事目標で何度も空襲を受けてるから原爆投下先にはなり得ない
21.名無しさん:2018年10月17日 10:42 ID:DqbapNnh0▼このコメントに返信
※19
どちらも標的からはkm単位でズレはしたそうだが、二発とも目標は比較的損害軽微だった市街地だよ
22.名無しさん:2018年10月17日 10:43 ID:5iPGBbga0▼このコメントに返信
※15
※19
個人的には最初から目的にされた、象徴的な意味で選択されたと思うわ
広島ー呉海軍工廠ー戦艦大和
長崎ー三菱重工業ー戦艦武蔵
ちなみに当日の長崎は晴天、雲の切れ間から市街地が見えたと言うのは全くの嘘だよ
23.名無しさん:2018年10月17日 10:44 ID:Xzv7r4bE0▼このコメントに返信
泥沼になる
24.下流老人:2018年10月17日 10:47 ID:ea.4PM470▼このコメントに返信
まあ、やっても双方に被害がでるだけの軍事作戦、自己満足でしかないね、戦争というより殺戮といったほうが正しい。
昭和天皇は賢明だったよ、それに比べて軍部の無責任、日本人の愚かな部分として反省、研究されるべきものだと思うヨ。
25.名無しさん:2018年10月17日 10:49 ID:1Rv8vH1T0▼このコメントに返信
こういっちゃなんだが、京都に一発落としておいてくれたらここまで京都人が増長してなかったと思うわ
26.名無しさん:2018年10月17日 10:51 ID:4tMr9ibD0▼このコメントに返信
大和民族浄化
27.名無しさん:2018年10月17日 10:54 ID:38n2m4su0▼このコメントに返信
※2
分割統治された戦勝国ってどんな冗談だよ?

いまだに国連軍が駐留してるけど、さっさと国連の管理から独立しろよ
先進国だの戦勝国だの、実態を見てから言え朝鮮人
28.名無しさん:2018年10月17日 11:02 ID:U6Z3c40N0▼このコメントに返信
ホンマおまいら戦争好きやの
平和がそんなに嫌か?
29.名無しさん:2018年10月17日 11:03 ID:prpgP89u0▼このコメントに返信
核爆撃&爆撃で本土決戦なんて起こらない誰もいない焼け野原に米軍が上陸するだけ
竹やりや刀で戦うのも本土決戦に入れるなら多少の小競り合いはあるかも
30.名無しさん:2018年10月17日 11:04 ID:.rSln2Wj0▼このコメントに返信
たらればに知恵回したって

時 間 の 無 駄

にしかならないぞ
31.名無しさん:2018年10月17日 11:08 ID:PZyrPEgt0▼このコメントに返信
最後は歩兵が踏み固めてりょうどになるんだけど
硫黄島や沖縄の状況から見て、まともに上陸作戦をやった日には
どれだけ米兵が死ぬか分からん

ということで核兵器バシバシだろうか
もちろん半島の南北も均等に5発ずつとか落ちただろうな
帝大のあったソウルなんかは第一目標だろうし
平城、釜山、大邱・・・もともと高山のない地形だが
文字通り平らにされたんだろうな
32.名無しさん:2018年10月17日 11:09 ID:oLqKtGwX0▼このコメントに返信
さらに数初核を撃ってから沖縄から米軍が北進するのに乗じてソビエトが南下してきただろうね、両陣営が東北か関東衝突するか、中部と関東の一部を残して占領されて、冷戦構造がそのまま出てくるなら、中国も入って来て3つどもえの紛争地帯になってそれこそ兵器実験の場所になってた
33.名無しさん:2018年10月17日 11:11 ID:PZyrPEgt0▼このコメントに返信
呉、佐世保と言った軍事目標を狙っていた
というのは大間違いだな

既に帰趨が決していた戦いだ。早く落とさなければ日本が手を挙げてしまう。
目的はただ一つ

人体実験だよ
34.名無しさん:2018年10月17日 11:16 ID:vqkWXz4B0▼このコメントに返信
原爆落とした後普通に進軍して米軍にも結構な数の原爆症被害者出たんやろなってのは想像がつく
放射能と放射線被曝の危険性はある程度分かってたろうが健康被害の認識がまだまだ甘かった時代
35.名無しさん:2018年10月17日 11:17 ID:Dmqc6tLH0▼このコメントに返信
※12
水際防衛では米軍に大打撃を与えられるけど
決戦起動兵団は戦場に向かう途中で激しい空爆で壊滅状態となり海への追い落としは失敗するだろうな

36.名無しさん:2018年10月17日 11:18 ID:QITqVyET0▼このコメントに返信
日本婦女子は全員マワされて、民族浄化される。
37.名無しさん:2018年10月17日 11:21 ID:8Fn5W15O0▼このコメントに返信
もっと米兵殺せば世論を動かす事が出来たはず
38.名無しさん:2018年10月17日 11:25 ID:hp8p.3Ah0▼このコメントに返信
檜山 良昭センセーの小説そのままになったろうな。
39.名無しさん:2018年10月17日 11:26 ID:CPCUTKFc0▼このコメントに返信
アレ、イギリスが四国を支配って言うのはどれくらい本当なの?
北海道から東北がソ連とか言うのは説得力あるけど、四国をイギリスはねーだろと思うんだよねえ
40.名無しさん:2018年10月17日 11:36 ID:wgWxcXR50▼このコメントに返信
※37
日本本土決戦 アメリカ本土決戦 ソ連本土決戦

本土決戦シリーズは いずれも日本に明るい展望はなくバットエンド
ドイツと満州で戦う話は途中でアイデアが尽きたのかオカルト大戦になっていた
41.名無しさん:2018年10月17日 11:40 ID:p8XeNuJw0▼このコメントに返信
米軍も300万人戦死者出して講和日本人戦死者1000万人が報われた。
42.名無しさん:2018年10月17日 11:44 ID:PZyrPEgt0▼このコメントに返信
>>41
うむ、スローガンで「進め1億火の玉で!」だけど
実際は当時は1億人もいなかったんだろう。
総数9000万人としても、1000万人の犠牲で講和に持ち込めれば、勝ちに等しいかな
43.名無しさん:2018年10月17日 11:48 ID:RbUbRV8M0▼このコメントに返信
敗戦は大変なことだったけど、ヨーロッパなんて延々と殺し合いやってる 領土も取ったり取られたり
鎖国が長かったから我が国そういう経験は初めてに等しいけど、打たれ強くならなければ国際化時代には生きていけんからなあ
44.名無しさん:2018年10月17日 11:48 ID:LvRy.w1V0▼このコメントに返信
米ソ対立で46年暮れまでには松代政府がアメリカと講話。
アメリカの支援で本土のソ連占領地の奪還。
その後、千島樺太奪還
45.名無しさん:2018年10月17日 12:00 ID:Xj0rsxqG0▼このコメントに返信
米国に対しては相応の準備を進めてたし、
アメリカの世論もドイツ降伏で厭戦気分が出始めてるから、
損害次第ではベトナムみたいな展開もありえたかもしれない
もちろん日本側の損害も桁外れなものになっただろうけどな

でも問題はソ連よ
対して備えもしておらず、かつ人的損害を考慮せずに物量で押しつぶす全盛期の赤軍は止められない
上陸させなければいいけど、海軍にそんな力はもうない
本土決戦になったらドイツのように分割される
46.名無しさん:2018年10月17日 12:01 ID:.8iqDZDo0▼このコメントに返信
※16
アメリカ側にそれほど死傷者が出るってことは日本人はその何十倍も亡くなる状況でしょう
本土決戦などやらずに正解
47.名無しさん:2018年10月17日 12:04 ID:i0LUjl0G0▼このコメントに返信
現実の大東亜戦争での軍・民間犠牲者総数2565878人。
それが本土決戦が行われて終戦が1946年8月の場合、犠牲者総数は一千万人を越え大日本帝国は消滅。アメリカ、ソ連、中華民国に分割統治されていた。
当然、天皇制も廃止。

以上のように予想される。
48.名無しさん:2018年10月17日 12:11 ID:7lY.Si.N0▼このコメントに返信
米45
1945ソ連はもはや人を使い潰す素人集団じゃなくて、機械化縦深突撃と諸兵科連合戦術が確立したプロだぞ。
まぁ極東で対日戦闘行ったのは素人同然のスメルシだからどうとでもなったかもしれんけどな。
本土上陸なんてやっても各地で陸軍による自決強要が強行されたに違いない。
その反発で真っ赤な共産思考に染められててもおかしくなかっただろうな。

49.名無しさん:2018年10月17日 12:19 ID:Xj0rsxqG0▼このコメントに返信
※48
だから縦深攻撃のことを物量で押しつぶすって言ってんだよ
縦深攻撃のお手本たるバグラチオン作戦でドイツは戦死・MIAがほぼ300万出したけど、ソ連の戦死者も200万近いんだぞ
高度な戦略と戦術を駆使して大質量で押しつぶすのがソ連の真骨頂
そもそもちゃんと官僚としての軍組織がなければ物量で押しつぶすなんて高度な作戦はできねーよ
50.名無しさん:2018年10月17日 12:22 ID:wCOz2QP70▼このコメントに返信
※17
それは日本人に限った話ではない
人間は自分の生活において実感出来るようになって初めて自覚して行動する、今の移民問題で揺れてるヨーロッパを見れば分かるでしょ
日本人は国に文句を言いながらも行動(暴動やデモ)に移すほどの貧困や治安の悪化に晒されてないんだよ
日本の歴史見れば日本人は意外と野蛮だよ、もしもこれから居ても立っても居られない実害を日本人が被れば絶対過激な本性が出てくる
戦後日本が平和になって73年、過激な日本人から100年も経ってないものを教育で人間と民族の本質を変えるなんて不可能だよ
51.名無しさん:2018年10月17日 12:24 ID:oaHOU2TG0▼このコメントに返信
沖縄見たら分かるやろ。
まともな人は皆死んだ。
おまえのようなクズやカスしか残っとらん。
52.名無しさん:2018年10月17日 12:26 ID:DTV97HjL0▼このコメントに返信
人権問題になる。
結果本土決戦はできない。
53.名無しさん:2018年10月17日 12:33 ID:1Rv8vH1T0▼このコメントに返信
※51
あの土人が数十年前はまともだったとは到底思えないがw
54.名無しさん:2018年10月17日 12:35 ID:7lY.Si.N0▼このコメントに返信
米49
むしろ当時のガバガバ防諜日本ならマスキロフカで裏かかれて戦う前から包囲されてそう
55.通りすがりのキチ:2018年10月17日 12:42 ID:CSIDO3d10▼このコメントに返信
本格的にソ連介入確定です。従って本来の「朝鮮戦争」は「日本本土上」で戦闘が展開されます。

この際に連合国(アメリカ中心)の勢力が妥協をしていて「朝鮮半島」を明け渡していた場合は
「九州北部・中国地方」と「北海道・東北北部」を勢力圏に組入れて「日本海」をソ連・中国の
勢力下に押さえ日本に築いた「対アメリカ橋頭堡」の要塞化を行いアメリカと対峙、またタイミ
ングを見計らって「旧日本軍強行派」の引入れと「武器弾薬提供」至り、露骨な対アメリカ路線
を展開すると予測。これが変形朝鮮戦争「日本本土戦争」に発展するのでは? と捉えます。

ここ迄で史実の三百万の犠牲者に、米ソ対立までの日本軍強硬派の殲滅までと同強硬派へのソ連
介入までに発生する「極限の物資欠乏」で日本本土で展開される「飢餓恐慌」により、数千万人
単位の餓死者が発生する可能性が予想できます。そしてこれだけでは終わらない。日本人の年代
別人口分布の毀損は「新生児誕生数」に影響し、政治は東西の枠組みをもって「軍政下」に敷か
れる事は確実と(史実の朝鮮半島と同じ理由)捉えます。両陣営の統制経済下で戦後の高度経済
成長期を得られず人口増大は望めず、懸念するところで「支配層に朝鮮人」が今以上に絡んだ時
に純粋な日本民族はどうなるか、結構危険な「社会」になっていたかも知れませんねぇ。
56.名無しさん:2018年10月17日 12:42 ID:5AHfXX.b0▼このコメントに返信
もし本土決戦が行われていたら今の日本はない、アメリカがやろうとしていた作戦の内容エゲツなさと来たら…。
無差別爆撃に加え枯葉剤までまき日本の農業を壊滅させる気だったらしい、日本を滅ぼす魂胆だったんだろうな…。
57.名無しさん:2018年10月17日 12:47 ID:RaiJxycg0▼このコメントに返信
九州四国本州北海道にもっと基地があったと思う
特に九州とかもっとも有利だろ
58.名無しさん:2018年10月17日 12:49 ID:RaiJxycg0▼このコメントに返信
いや北海道は今頃ロシア領か
本州なんかに関しては原爆があと一発落ちればなんかのきっかけで内乱が起こり始めたかもしれない
とても抗えるものじゃないんで
59.愛と平和の瞑想で核戦争を粉砕!!!:2018年10月17日 12:54 ID:rGqwdz3X0▼このコメントに返信
祝!平成~新元号天照(アマテラス)へ!(^^)

 一億玉砕、根こそぎ動員で当時は戦ってたんだよ。

アホバカトルーマンが二発の原爆で日本が降伏しなかったら
後百発落として日本人を皆殺しにするとバカ言ってたよ。
たった百発の原爆くらいで日本人が全滅し降伏するかわけないですよね。
仮に一発で30万人死んだとして百発でたった三千万人か
後まだ七千万残ってると言うのが当時の国民の考えかただよ。

日本が降伏したのは露助の越境攻撃でもないしミッドウェイ海戦の敗北でもないし
政府の決定でもないし皇后陛下のお考えを陛下がうけ受け入れたからではないの。
このままでは大和民族は消滅してしまうとご夫婦の会話の結論はそうなったと思うよ。
なにしろ女性と男性の考えは基本的に違うからね。
女性は貴方死なないで、男性は死んで帰って来いですからね。


天才政治で検索


AH73年10月17日
60.名無しさん:2018年10月17日 12:55 ID:RaiJxycg0▼このコメントに返信
日ロ戦争のころって結局、ゲリラでもやればロシア軍が日本に侵入してきても十分対抗できたろ
でも太平洋戦争のの時期のしかも原爆をもったアメリカにはとても対抗できない
対抗できなさはそのころから今でも変わってないってないのが怖い
61.名無しさん:2018年10月17日 13:02 ID:bNTjyDTK0▼このコメントに返信
硫黄島がそうなった様に日本の形も変わってたかもな。
62.名無しさん:2018年10月17日 13:10 ID:w5Rajgsb0▼このコメントに返信
アメリカも戦争起こした連中やGHQはアメリカの隠れ共産・社会主義者やったから
日本は全部赤化、中国と同じになってた
63.名無しさん:2018年10月17日 13:17 ID:i0LUjl0G0▼このコメントに返信
本土決戦を行なった場合に日本の犠牲者は一千万人。でもリアルにソ連は二千万人死んでる。ドイツとソ連に二重に殺されたロシア及びウクライナ人等旧ソ連の人達は気の毒だな。

ウクライナの歴史はずっと悲惨。でも馬鹿隣国みたいに、「謝罪と賠償請求」しないのは立派。
最近、ポーランドが韓国化してドイツに「謝罪と賠償」を要求してるよな。
64.名無しさん:2018年10月17日 13:31 ID:eNSdDX4w0▼このコメントに返信
先ず相手が誰なのか?どんな形の戦いか
それが解らないと何も言えない
設定が酷過ぎる
65.名無しさん:2018年10月17日 13:39 ID:XvRAxtfn0▼このコメントに返信
※2
日本と戦争したいのか
何人犠牲を出したいんだ
66.名無しさん:2018年10月17日 13:39 ID:qVanP.lo0▼このコメントに返信
日本もそうだが、それ以上にアメリカが疲弊するだろ
それ嫌った正史の流れ

アメリカの影響力と核に対する倫理観が後退した世界になる
日本は分割統治されても朝鮮のようにはならず自力で自主独立しそうだけどな
先進国としての地力持ったベトナムみたいなもん
67.名無しさん:2018年10月17日 13:43 ID:XvRAxtfn0▼このコメントに返信
※24
アメリカが原爆落としたこと知らないんだね
戦争って相手がいないと出来ないんだぞ
68.名無しさん:2018年10月17日 13:54 ID:qVanP.lo0▼このコメントに返信
※67
焼夷弾による空襲も原爆投下も全部国際法違反の人体実験だぞ
戦争で相手が居てもやって許される事とそうでない事は既に定められていた
アメリカを咎められる勢力が存在が今もって存在してないというだけだ
69.名無しさん:2018年10月17日 13:57 ID:ytBcUpT20▼このコメントに返信
関東平野と九州が両軍の地で真っ赤に染まるだろうな最終的に連合国が勝にしろ陸軍部隊は、軍団単位で全滅判定複数だろうな。
70.名無しさん:2018年10月17日 14:05 ID:6Zi.R0Is0▼このコメントに返信
※1
同時に米軍の損害も増すので国民感情考慮して原爆で一気にかたをつけにきそう
沖縄でも万単位(対する日本はゼロ2つ多いが)の死傷者出してて本土決戦なんてやったら被害もとんでもなくなると米政府も予想してたから何としても本土決戦を避けたかったのが米の本音ではある
71.名無しさん:2018年10月17日 14:06 ID:BsyDukhV0▼このコメントに返信
伊武雅刀「手ぬるい!敵はヤマトだ。本土決戦なのだ。撃って撃って撃ちまくれ!ヤマトの頭上を火の海にしろ!」
72.名無しさん:2018年10月17日 14:20 ID:fDFXXg270▼このコメントに返信
おそらく上陸数日前に太平洋側の主要都市に核攻撃をしてからやるだろおから、日本の都市はことごとく壊滅してしてアメリカの新しい州になっているかも
73.名無しさん:2018年10月17日 14:23 ID:eeADv8ro0▼このコメントに返信
米国は、既に、国際法を違反しているから、日本人の犠牲は、考えていない。
考えていたのは、米国国内の世論動向と考える。
白人米国人の犠牲が、増える事を怖れていたと思う。
74.名無しさん:2018年10月17日 14:36 ID:qBYxA.JR0▼このコメントに返信
北海道入手を目指すソ連とアメリカの代理戦争になっただろうな。
函館近辺と東北地方は空爆雨まられの激戦区となって焦土化。
場合によっては凍らない港をソ連が手にしたことで、その後の世界情勢にも影響が出たかもしれん。
75.名無しさん:2018年10月17日 14:50 ID:KQBwJv.S0▼このコメントに返信
※68
なぁに、日本も連合国である中国相手にBC兵器と都市爆撃をやってしまったのだから、連合国の親玉である米帝様が代わりに報復したんだろ。
MADみたいなものだろ。
なお、ナチ豚は大英帝国の都市に無差別爆撃したら報復で米帝様と英帝様に日本本土より悲惨な状況にされたのでござる。
76.名無しさん:2018年10月17日 14:56 ID:c8uIxbcw0▼このコメントに返信
なら日本がソ連参戦の報を聞いても降伏しなかった、かつ原爆開発も失敗~て流れだよね。
オリンピック作戦とコロネット作戦は日本側はほぼ正確に予測できてたから一方的にやられるってことは無い。分析どおりアメリカ側の戦傷50万て路線だよね。
ベトナムばりに国土とインフラはズタボロになる事はさけられないだろうけど、枯葉剤は元々日本に使う予定で開発されたものだし。
ソ連は地続きの満州、朝鮮半島、樺太までは手に入れるだろうけど、千島での奮闘や日本の本土決戦用温存兵力がかなりあることを考えると北海道に上陸して広範囲を占領するのは困難だと思う。アメリカも対ソ対策を準備し始めてたから牽制も入るはず。
77.名無しさん:2018年10月17日 15:24 ID:2vMu5yJZ0▼このコメントに返信
※76

ソ連は大規模な上陸作戦をする能力がないから、簡単には北海道攻略はムリ。まず朝鮮狙うだろうね。アメリカの様子を見ながら北海道攻略を進めるかも知れんけど、地形考えてもろくな戦果は出せんだろうね。

一方、朝鮮攻めるには、後背地の満州落とさないと不安だから、主力の決戦はやっぱり新京から奉天方面になる。日本軍も、中国戦線から上海青島連雲港経由で陸軍を大連にまわして応戦するだろうし。

本格的な日米本土決戦はおそらくこの後だから、日ソ会戦の結果次第で米軍の対応も変わって来るだろうね。
78.名無しさん:2018年10月17日 15:30 ID:gOclXDfJ0▼このコメントに返信
本土決戦とか言ってるけど正確には本土掃討になってたで。
核を東京に落とされて日本はおしまい。
東京に落とさなかったのはブレインが機能しないと交渉出来ないからであって、落とせなかった訳ではない。
要は猶予を与えてもらってたって訳で、決戦なんか無かったって事。
79.名無しさん:2018年10月17日 15:41 ID:JqTTtLOR0▼このコメントに返信
もしも米軍が上陸してきたら、水際で米海軍は特攻兵器の洗礼を受けることになる。当時の海軍特攻戦力は特攻舟艇3800隻、各種の特殊潜航艇800隻、さらに無数の酸素魚雷(射程30km, 積載艦艇が無くなったため大量に余っていた)を沿岸に隠蔽配置していた。上陸地点の水平線を隙間無く埋め尽くす米艦船に命中させるのは容易である、隙間が無いわけだから、水深を浅く設定すれば必ず命中する。回避しようとすれば米艦船は互いに衝突し、上陸用艦船は大混乱に陥ったことであろう。上陸作戦そのものを中止せざるを得なくなったかもしれないのである。

さて、上陸に成功したとしても、今度はゲリラ戦に遭遇する。ゲリラ戦についてはベトナムの状況がそのまま再現される。特に山岳地帯に籠もった日本兵を全滅させるのは不可能である。太平洋の小島にすぎない沖縄やサイパン、ぺリリュー、さらにフィリピンでは終戦が過ぎても日本兵はゲリラ戦を続行していた、ましてや南北3千キロ、7割が山岳地帯の日本列島でゲリラを完全に掃討するなど不可能である。当時の国内における戦闘可能兵員数は陸軍軍人および軍属 約315万人、海軍軍人および軍属 約150万人、特殊警備隊の兵員 約25万人、国民義勇戦闘隊 約2800万人で合計3290万人である。3000万以上の日本版ベトコンに米軍は勝てたであろうか?
80.名無しさん:2018年10月17日 15:53 ID:JqTTtLOR0▼このコメントに返信
大戦中のソ連海軍は存在しないも同然です。
ソ連海軍の戦艦はスクラップにされてますし、
巡洋艦などもろくに訓練していませんから…。
帝国海軍の水雷戦隊1個かそこらあれば、
当時のソ連太平洋艦隊は壊滅しかねません。

20年8月15日の段階でも、
命令さえ有れば、ソ連艦隊は撃滅できた筈です。
20年8月のソ連海軍太平洋艦隊の戦力は
巡洋艦2
嚮導駆逐艦1
駆逐艦10
潜水艦78
小艦艇多数
…みな旧式で外洋戦闘に耐えられないもので、
帝国海軍の敵ではなかったと言えます。
81.名無しさん:2018年10月17日 16:10 ID:zhvK3YAj0▼このコメントに返信
現実の話でいけば、潜水艦・機雷による内外海運の途絶、燃料の欠乏、それによる国内輸送の破綻により、国内の物資資源がどうやっても昭和22年まで保たない、ヘタをしたら21年夏に深刻な食糧不足が発生する事が明白になったから降伏に傾いたんだよね。
計画通りに昭和20年末から21年前半に上陸作戦が行われた場合、史実では割と生き残っていた鉄道輸送も徹底的に破壊されただろうから、各地に貼り付けられた部隊は物資不足でほとんどまともに行動できないまま終わったのではないかな。
82.名無しさん:2018年10月17日 16:23 ID:KQBwJv.S0▼このコメントに返信
※79
米英仏豪は核以外にも化学兵器(マスタードガス・サリン)を用いて無力化、焼夷弾やナパーム弾で焼け野原、農薬の大量散布による農地を破壊、をしてから上陸しようとしていた。
もちろん、戦艦や重巡洋艦の艦砲射撃の支援付きでね。
もし、実行していたら日本は最後の審判やラグナロク、カリ・ユガの末期みたいな阿鼻叫喚な地獄絵図になっただろうね。
勝っても負けても人類にとっては最悪な結末。
83.名無しさん:2018年10月17日 16:25 ID:JqTTtLOR0▼このコメントに返信
※78
そんなに何発も原爆落として、放射能汚染された都市に米軍が進駐出来るのかね?
原爆が多用されたなどと言う論理は放射能汚染を考えない愚か者の論理である。
実際トルーマンは広島の惨状を報告され、直ちに2発目の投下を禁止する命令を出したが、間に合わず、長崎にも投下された。そこで手持ちの原爆は使い果たした。
1945年7月に行われた、演習を兼ねた最初の核実験でも、多数の米兵が被爆し放射能障害を起こしていた。
投下直後の広島長崎に米軍は進駐出来たであろうか?米軍兵士は命令に背き逃げ出したであろう。
米軍が原爆を多数使用したから本土決戦に勝てっこなかったなどと言う論理は破綻しているのだ。放射能汚染された日本列島を占領して何の意味があるのだ?

終戦当時、ソ連極東に海軍など存在しなかった。
20年8月のソ連海軍太平洋艦隊の戦力は
巡洋艦2
嚮導駆逐艦1
駆逐艦10
潜水艦78
小艦艇多数
…みな旧式で外洋戦闘に耐えられないものではなかった。
占守島に上陸したソ連軍が使用した艦船は米軍が”HULA作戦”でソ連に供与、訓練したものであり、ソ連軍のものではない。
こんな海軍力でどうやって、精鋭旭川第七師団が守る北海道に上陸できるのだ?米軍ですら諦めた本土上陸を磯舟しか持たないソ連海軍が実行できるという発想はどこから来るのだ?しかも、トルーマンはソ連に対して北海道占領は認められないと通告してある。米軍の意向に反して北海道を占領しようとすれば、米軍と戦わなくてはならなくなる。北海道占領は軍事的、外交的に無理と判断したスターリンは、代わりに日本兵のシベリア抑留を実行した。
84.名無しさん:2018年10月17日 16:40 ID:KQBwJv.S0▼このコメントに返信
※83
それでも降伏しない場合は連合国主要国の米英仏豪は、やる気だった。やらなければソ連に戦後の主導権を奪われるから。
仏はオリンピック作戦には間に合わないがコロネット作戦には参加する気だった。
85.名無しさん:2018年10月17日 16:54 ID:JqTTtLOR0▼このコメントに返信
米軍は原爆だけでなく毒ガス兵器も使用する予定だったから、日本軍は勝てなかったと論ずる輩が居る。これもインチキである。日本兵は元々死ぬ覚悟である。10人の戦死でアメリカ兵1人を倒せれば上出来という日本兵にとって、日米軍双方による毒ガスの応酬や、放射能汚染などどうでも良いことである。あくまで生き延びて本国に帰ろうとする米兵とあと2、3日生き延びてその間に米兵を1人でも倒せればよしとする日本兵を同じ価値観で論ずることはできない。
路上では子供が「ギブミーチョコレート」といって米兵に近づき隠し持った手榴弾を爆発させる。女郎屋では米兵が女に竹槍で刺される。
15600機の特攻機が5回出撃分の燃料と共に温存されていた。昼間は草木で隠蔽される秘密飛行場が100以上用意されていた。2000機の特攻で56隻が沈没、13000人が死傷した沖縄特攻が本土で再現されれば、単純比例計算でも385隻が沈没、91000人が死傷する。実際は500キロの距離を飛ばなくてはならなかった沖縄戦とは異なり、米上陸観戦は僅か数十キロ先に布陣しているから命中率は数倍跳ね上がる。命中率が倍に上がったとすれば770隻が沈没、182000人が死傷する。これでは米海軍は崩壊する。海軍が崩壊すれば、上陸軍も崩壊する。

このように分析すれば、何故米軍は本土上陸を諦め、原爆に頼らざるを得なくなったのかを理解できるであろう。

以上のように分析していくと、本土決戦で米軍に勝算などありえない。良くて和平である。
86.名無しさん:2018年10月17日 17:17 ID:HRfJI7ej0▼このコメントに返信
上陸前にもう何発か原爆が堕ちたんじゃないかな

小倉に落とされた三発目の原爆を止めた日本兵が異世界転生して勇者になるっていうなろう小説があるぜ
作者富野由悠季っていうんだけど(
87.名無しさん:2018年10月17日 18:24 ID:X4w4fFyB0▼このコメントに返信
松本零士の「富嶽のいたところ」 みたいになってただろーな
88.名無しさん:2018年10月17日 18:44 ID:lEdCK1ep0▼このコメントに返信
そういう架空戦記SF小説読んだことあるわ
日本はその後核を何度も墜とされて北はソ連に南は米国に支配されて新潟辺りにわずかな領土を持つのみで日本人は飢えや病や戦死者が続出し人口は減り続け数百万人にまでなった
独立を保っていて世界各国の独立戦争に派兵して尊敬されていると自慢していたが国民の生活は貧困を極めていて常に地下で暮らしていた
89.名無しさん:2018年10月17日 18:49 ID:qVanP.lo0▼このコメントに返信
※83
人が住めないような汚染地域はWW1の時点で複数個所発生してんだよ
これが理由でやらんということにはならん
つーか日本が降伏に動いたの確認してから急ぎで核撃ってんだし、仮にそういう認識があったのなら矛盾してんだろ
それに放射性物質の有害性が認知されたのは戦後
だからこそ核実験で現場兵士が無数に犠牲になった
そんでもってその情報も長らく政権中枢の極一部に秘匿されていたから駐留兵士が逃亡なんてありえない
当時の価値観とモラルの基準なら必要があれば間違いなくやった
その必要は無いからやらなかった、それだけ
90.名無しさん:2018年10月17日 18:57 ID:y17.BJ5l0▼このコメントに返信
あれ以上原爆落とされたら日本も黙ってないだろうし、決戦細菌兵器とやらが使われてたかもな
日本落とした後にはそのままアジア赤化に対抗するアメリカと勢いに乗ったソ連で第三次世界対戦に続くだろう
91.名無しさん:2018年10月17日 18:58 ID:cijtbEgA0▼このコメントに返信
分割展開になってたらよくて今の朝鮮半島だな・・・・・・・
92.名無しさん:2018年10月17日 19:09 ID:d4X9hEiu0▼このコメントに返信
大和魂があろうが、隠匿した決戦兵器があろうが
御飯がないんじゃ話にならない
93.名無しさん:2018年10月17日 19:11 ID:48P2VlFx0▼このコメントに返信
エミネムさんがツイトップ画で答え教えてくれてる
94.名無しさん:2018年10月17日 20:30 ID:lEdCK1ep0▼このコメントに返信
※91
日本の場合は北の社会主義の方が成功しそう
95.名無しさん:2018年10月17日 21:12 ID:cijtbEgA0▼このコメントに返信
※94
実際アジアは社会主義が根付く土壌あるわ
儒教なんだろうね、後は食料の生産性か
96.名無しさん:2018年10月17日 21:24 ID:ZPca.4jo0▼このコメントに返信
※45
何を根拠にそのような下らない事を言っているんだ?
ソ連と大日本帝国軍は戦闘状態に入っても帝国陸軍がソ連軍なんて余裕で蹴散らしているわけだが。
無知識なあなたは占守島の戦いでも調べなさい。
日露戦争後、大日本帝国の陸海軍はソ連軍なんて余裕で撃退できるほどの精強さを誇っていた。
日本が敗戦濃厚になってからソ連が日ソ不可侵条約を破って満州や千島に南下してきたときも、帝国軍は十分ソ連軍を撃退したし、ソ連軍の死者の方が優に多かった。だが敢えて千島列島を放棄したのは大本営の武装解除、抵抗せずという命令にやむなく従ったからに他ならない。
勿論その命令に逆らった帝国陸軍の抵抗があったからこそ北海道は現在も日本の領土であることを知らない者が多すぎる。
同じ日本人として先祖の英霊が命を捨てて守り抜いた日本列島が何故平和であるのかを知らないいや、知らされない日本人が多すぎる事に憤りを感じずにはいられない。
もう少し大東亜戦争を調べてほしい。
天皇陛下の英断は帝国臣民を守るためであり、大日本帝国は陸軍を始め大陸や満州、朝鮮、そして内地にはまだまだ十分に戦える戦力を保持していたし、その能力はあった。勿論ソ連軍の裏切りにより、敗戦が濃厚となったことが決定打ではあったが、全ては日本国民を守るためであった。
97.名無しさん:2018年10月17日 21:32 ID:bKy78b8H0▼このコメントに返信
本土決戦で敗北する恐れあるから原爆使ったと聞いたことある
98.名無しさん:2018年10月17日 21:33 ID:G7r4zPx90▼このコメントに返信
ダウンフォール作戦ガ決行されたケースを想定してるようだから
 「日本人」と呼ばれる人種は居なくなってただろうね

 民族を形成、維持できるだけの人的資材を残さない計画だったからね。 日本人の居ない日本がどうなったかの予想は出来ないねぇ
99.名無しさん:2018年10月17日 21:35 ID:XqrUaQB50▼このコメントに返信
檜山 良昭の日本本土決戦って小説あったよね
100.名無しさん:2018年10月17日 22:26 ID:rPh9hsgt0▼このコメントに返信
反出生主義なので、行われなかったのが残念至極
101.名無しさん:2018年10月17日 22:41 ID:JqTTtLOR0▼このコメントに返信
※89
九十九里の上陸地点に原爆を何発も投下して布陣する日本軍を無力化した後、米軍が上陸してくるわけ?数日から数週間後、米兵は奇妙な病気にかかり次々に倒れていくだろう。いくら当時放射能障害に無知でったとはいえ、ガイガーカウンターくらいは持ち込んでくる。砂浜の放射線量が致死量を超えているかどうかなど一発で分かる。シアトルやシカゴのプルトニウム生産炉でも多くの工員が被爆被害に遭っていて問題化していた。
地下壕に潜む日本軍を相当掃討するため、原爆を上空ではなく地上近くで爆発させれば、汚染は蔓延し更に上陸は難しくなる。

長崎で使い切り、持ち玉が無くなった原爆をどうやってダウンホール作戦で多用するわけ。当時の米国の工業力を持ってしても、大量生産できる代物ではなかったというのが原爆である。なぜ3発しか作れなかった?なぜ100発作らなかった?
何故、朝鮮戦争で、ベトナム戦争で、イラク戦争で、アフガン戦争で自慢の核を使わなかった?何故、トルーマンは広島のあと直ちに使用中止命令を出した?

米軍が核を使用した以上、日本軍は米軍上陸部隊に対し特攻作戦で化学兵器生物兵器を使用する。その被害は?
特攻攻撃だけでもダウンホール作戦は破綻する。もう一度読まれよ。

「15600機の特攻機が5回出撃分の燃料と共に温存されていた。昼間は草木で隠蔽される秘密飛行場が100以上用意されていた。2000機の特攻で56隻が沈没、13000人が死傷した沖縄特攻が本土で再現されれば、単純比例計算でも385隻が沈没、91000人が死傷する。実際は500キロの距離を飛ばなくてはならなかった沖縄戦とは異なり、米上陸観戦は僅か数キロから数十キロ先に布陣しているから、離陸から数分で命中する。米軍機が迎撃している暇はない。命中率は数倍跳ね上がる。命中率が倍に上がったとすれば770隻が沈没、182000人が死傷する。これでは米海軍は崩壊する。海軍が崩壊すれば、上陸軍も崩壊する」
102.名無しさん:2018年10月17日 22:48 ID:JqTTtLOR0▼このコメントに返信
長崎の後新潟では市民がほぼ全員が疎開してしまい市内はもぬけのからになっていた。3発目が新潟に落とされると言う噂が立っていたからだ。札幌でも多くの市民が郊外に疎開した。疎開もせずに殺されるほど日本人はバカではない。さて人がいない都市に原爆落として何の意味がある。
米軍上陸部隊への憎しみを倍加するのみである。
103.名無しさん:2018年10月17日 23:02 ID:f70uQN3Z0▼このコメントに返信
その前に、アメリカ軍にそんなに数多くの核兵器が有ったのか?
確か,この当時のアメリカでも、核兵器はは、量産されてなかったと思うのだが?
104.名無しさん:2018年10月17日 23:13 ID:cJqD7Zx80▼このコメントに返信
自衛隊の研究結果を見たことがある。
日本は松本要塞にこもって戦う予定を立てていたが、硫黄島、沖縄戦の結果を見て水際作戦に切り替えていたということだった。
予測としては米軍の侵攻ルートは的中しており、上陸軍に壊滅的な打撃を与えられたであろうということだった。
原爆も多分落とさない。関東に落としていないのは上陸を考えてのことだろうから、2発で終わりだっただろう。
結局実験が目的であったということにしかならない。
105.名無しさん:2018年10月17日 23:41 ID:oH0Hbufz0▼このコメントに返信
五分後の世界だね
残念ながら高い城の男の世界にはならないね
106.名無しさん:2018年10月18日 00:08 ID:XGsnkAic0▼このコメントに返信
※103
月一なら作れてたぞ

※101
練習機入れても実動機はそこまで残っていない
まともな引き込み脚の戦闘機・攻撃機は1000機程度
ただ、特攻機以外でもイ号爆弾とかも温存してたのでいくら警戒してても米軍の被害も大きくなっただろうね
そしてそこまで被害をだしたらアメリカは引き下がれるか? 無理だよね
アメリカとしても原爆は落とし終わったし、本気で本土上陸はしたくなかったと思うよ
107.名無しさん:2018年10月18日 00:11 ID:URQiZbDB0▼このコメントに返信
>完全にアメリカに日本が支配されてたやろな
日本の山野がベトナムのように数百万の穴倉生活する結託した反米ゲリラ、のぶせり状態になるのは必至なんだが、
何年でそれらを駆逐できるかな。 ドイツみたいにはいかないよ。 日本の山は。
ベトコンに籠城ゲリラ戦法を教えたのは日本だ。
108.名無しさん:2018年10月18日 00:17 ID:XGsnkAic0▼このコメントに返信
ところで、なんで厚木基地や立川基地が戦後まで残ってたかわかるかい?
アメリカが戦後に押収して使うつもりだったからだよ
使えるものは残しておく余裕があった
逆にいえば、上陸戦を行って何もなくなった日本ではアメリカには都合が悪いんだ
日本人を浄化してしまうより、配下の奴隷にしたかったんだ 歯向かえる牙は除いたうえでね
109.名無しさん:2018年10月18日 00:58 ID:5mPfRm6E0▼このコメントに返信
※103
長崎の時点で月産2発体制構築済み。
3発目がテニアンにスタンバってた
110.名無しさん:2018年10月18日 01:01 ID:5mPfRm6E0▼このコメントに返信
※107
馬鹿だなあ
九十九里から上陸→東京侵攻
親米政権立てて松代攻撃と日本人同士戦わせるに決まってるだろ
111.名無しさん:2018年10月18日 01:12 ID:LcpxOWUO0▼このコメントに返信
※106
温存特攻機15600機、温存燃料5回出撃分という数値はは戦後1945年10月から1946年夏にかけて全国を調査した米国戦略爆撃調査団の調査結果である。米国が認めた数値である。たった1千機だと?嘘を言うな、このボケが。
112.名無しさん:2018年10月18日 01:14 ID:LcpxOWUO0▼このコメントに返信
特に山岳地帯に籠もった日本兵を全滅させるのは不可能である。太平洋の小島にすぎない沖縄やサイパン、ぺリリュー、さらにフィリピンでは終戦が過ぎても日本兵はゲリラ戦を続行していた、ましてや南北3千キロ、7割が山岳地帯の日本列島でゲリラを完全に掃討するなど不可能である。当時の国内における戦闘可能兵員数は陸軍軍人および軍属 約315万人、海軍軍人および軍属 約150万人、特殊警備隊の兵員 約25万人、国民義勇戦闘隊 約2800万人で合計3290万人である。3000万以上の日本版ベトコンに米軍は勝てたであろうか?

原爆を大量に使用すれば日本農業を壊滅させ、ゲリラを掃討できるという輩がいる。そこで私は計算してみた。一発の原爆で5キロ四方の水田を壊滅できたと多めに見積もっても、当時の日本の全水田を壊滅させるには2000発の原爆を必要とする。しかも、何度壊滅させても日本農民はすぐに修復するし、降雨量の多い日本では汚染した用水はすぐに流され、汚染していない新たな水に代えられてしまう。当時の米国に毎年2000発の原爆を作り続ける工業力などあろうはずがない。後のベトナム戦争で米国は枯れ葉剤を散布したが、それでも敗北した事を忘れてはいけない。
113.名無しさん:2018年10月18日 01:16 ID:LcpxOWUO0▼このコメントに返信
戦争当時、我が国の主要交通機関は鉄道のみであったと言っても過言ではない。自動車交通が未発達であり, 自動車用道路網など無きに等しかった。このような状況で米軍が迅速に移動するなど困難である。河川の多い日本の鉄道は橋梁部が多く、また山岳も多いためトンネルも多かった。自動車が縦横に走れる道路もなく、橋とトンネルが破壊された鉄路を米軍はどのようにして移動したのであろうか?

米軍が計画した九十九里浜上陸作戦では、上陸10日後に東京を占領する予定だったそうだが、果たしてそれは可能であっただろうか?

硫黄島でもペリリューでも数日で制圧するという予定であったが、僅か1-2万の日本軍を制圧するのに何ケ月もかかっている。沖縄でもゲリラ戦は終戦時まで続いている。本土日本人に較べて明らかに士気の劣る沖縄県民を相手にしてもこの体たらくである、九十九里に上陸すれば、相手は沖縄の数十倍の日本兵であり、さらに数百万のゲリラが対抗する。いくら昼間だけの制空権をとったとしても、陛下のために死ぬことを最高の栄誉と考えていた当時の数百万の日本兵を蹴散らし、数百数千の特攻兵器をかわし、橋もトンネルも落とされた鉄路を伝って僅か10日で東京を占拠するなど不可能である。
114.名無しさん:2018年10月18日 01:30 ID:XGsnkAic0▼このコメントに返信
※111
そのソースごと示してくれないかな
45年の10月だともう実機は破棄されてるから書類上の話だけじゃないのか?
海軍の練習機だけで3000機は残っていたのは判明している 特攻すらままならない赤とんぼだ
ただ、書面上のゼロ戦は約1000機(1万機以上作っているのに)ほど残ってる
それでも稼働率を考慮すれば動くゼロ戦は半分ほどだよ
陸軍も同様な状況 書類上は存在している機体でも、エンジンなし(乗せ換え交換して、動いてることにしてる機体も多かった)
だから主力戦闘機の書類上の数が1000機ほど、稼働率を入れれば約半分
陸軍の残存機も圧倒的に練習機だ
だから特攻攻撃に使える実用機は1000機レベル 少数の攻撃機を入れてもせいぜいが2000機程度なのよ
115.名無しさん:2018年10月18日 02:18 ID:LcpxOWUO0▼このコメントに返信
※114
今度は20000機に増えたのか?
貴殿こそデータを示されよ。
お前また嘘をついたな。
赤とんぼが特攻戦果を挙げているのだよ。

第二次世界大戦の中期以降、実用機の世界的な性能向上のため、本機を初等練習機として使用することも多くなってきた。陸軍でも、従来は中間練習機とされた九五式一型練習機から初等訓練を始めるようになる。そのほか、931空所属機は対潜哨戒任務の空母艦載機として運用された。戦争末期には制空権を握った敵軍に目立つことから機体上面は作戦機と同じ濃緑色に塗られるようになった。さらに、本来の実用機の不足を補うため、当機がアルコール燃料でも稼動可能なことから、機体全体を濃緑色で塗装した上に後席に増槽としてドラム缶を装着し、機体強度と発動機推力の限界に近い250 kg爆弾を積み込んでの特攻に駆り出され[1]た。しかし、駆逐艦1隻(キャラハン)を撃沈する戦果を挙げるなど、敗色濃厚な戦局のなかでその基本性能の高さを示すことになった。

116.名無しさん:2018年10月18日 02:35 ID:XAADc6UF0▼このコメントに返信
Dr.中松論文

本土決戦の火蓋がきって落とされた後をシュミレーションする。

先ず米軍は上陸地点の南九州に原爆を落とすだろう。
しかし陸軍参謀本部堀少佐率いる特殊情報部が原爆コールサインを五時間前に傍受していたので、近くの海軍大村基地の紫電改が発進し、B29を太平洋上で撃墜。

ついで艦砲射撃するため日本に近づいた米軍の日本本土上陸作戦に対する日本軍の準備は、完成した三千機の特攻専用機「劍」が、上陸しようと集まった敵艦艇に突っ込み、多くの敵艦を撃沈撃破し、水中からは千隻の特殊潜航艦「蛟竜」(海軍兵学校校歌「江田島健児の歌」の「地に潜む「蛟竜」からとった名」から泡の航跡が全く残らない日本海軍の世界に先駆けた発明九三式酸素魚雷が発射されて、敵艦艇は次々に轟沈する。

この猛攻撃からしぶとく残った敵艦に対し、岩陰に隠れていた海軍兵学校六十九期満野功大尉率いる第六十七震洋隊江ノ浦(静岡三津浜)など三千隻の「震洋」爆突特攻艇が轟々と暁に発進し、残る敵艦や上陸用舟艇に勇猛果敢に体当たり。それでも残る敵艦艇からかろうじて発進した敵の上陸用舟艇に対しては波打ち際の水中に展開する五式撃雷を待って潜む予科練出身者や海軍陸戦隊古兵の精鋭から成る三千人の「伏龍」隊が上陸用舟艇を爆沈させて波打際に寄付けないようにする。
117.名無しさん:2018年10月18日 02:36 ID:XAADc6UF0▼このコメントに返信
それでもかろうじて上陸した敵兵を、五重の陣地で固めた世界最強の本土決戦部隊が米戦車より強力な新開発五式重戦車と共に待ち構える。

敵戦車に対しては最新鋭の「ロタ砲」で、敵戦車M2を遠方から撃破し、更に敵が近づくと「櫻弾」で厚い装甲を撃ち破り、もっと近づくと決死隊がチビ(ガラス球に人った青酸がス)を戦車のスリット窓にぶつけて操縦者の目潰しをし、次にキャタピラ破壊扁平爆弾を敵戦車のキャタピラの下に挿入してキャタピラを破壊し、敵戦車を動けなくし、止まった戦車本体の下に戦車爆雷を挺身突撃隊が放り込んで擱座させる。

一方、上空の敵機には大東亜戦争決戦機として開発された世界最強(戦後アメリカの実験で時速最大六九〇kmを記録し最高傑作機と評価された。)の中島飛行機製二千馬力四式戦闘機「疾風」や、ゼロ戦の次世代戦闘機堀越二郎設計の三菱製「烈風」が敵グラマンF6F、ノースアメリカンP51を次々と撃ち落す。

更にB29キラーとして海軍空技廠設計九州飛行機先尾翼型機首と強力三十ミリ機関砲四門搭載の「震電」が時速七百粁以上という、米軍戦闘機、B29より早い世界最速スピードで敵戦闘機に追い付き、敵機を一撃で撃墜する。

又、B29の前方上空に廻り込んで四門の砲でアッという間にB29を撃墜する。

種子島海軍大佐が開発し石川島重工業製の世界初のジェットエンジン搭載の双発ジェット戦闘機「橘花」がB29を攻撃。
118.名無しさん:2018年10月18日 02:36 ID:XAADc6UF0▼このコメントに返信
甲液「過酸化水素オキシノリン・ピオリン酸ソーダ」と乙液「水化ヒドラジン・メタノール・銅シアン化カリウム」を一〇〇対三六でミックスした脅威の推進力で、今迄達しなかった一万二千粁の成層圏まで従来型の飛行機では十数分かかったのを僅か三分五十秒で急上昇できる時速九百粁の画期的無尾翼型ロケット戦闘機「秋水」がその先頭部に搭載する強力三〇ミリ機関砲二門が火を吹きボーイングB29を一撃で次々と撃ち落すとして行く。
運よく残ったB29も新開発の二万米に達する新高高度高射砲で撃墜されて行く。

だがこれら最新戦闘機を動かす燃料はどうするのか?

そもそも大東亜戦争が始まったきっかけは軍艦や航空機に必要な石油を米英蘭三国が対日輸出禁止して日本経済を窒息させようとし、これに対してワシントンに交渉を行った甲案提示の野村海軍大将(大使)と東郷外相の秘策乙案を持った来栖大使が追いかけて米側と交渉。
ほぼアメリカが合意し日米和平が実現しようとしたのに対し、その翌日引っくり返り「日本の全権益放棄とシナ大陸からの日本陸軍の全面撤退」を要求する蒋介石の言い分を通した文章を共産主義者でソ達のスパイであったアメリカ国務次官補が草稿を書き、ハル国務長官がそれに署名した「ハル・ノート」の回答に、これでは日本は到底合意できないので日本が大東亜戦争を始めたというのが第一の理由だ。

この戦争を始める理由になった燃料については、私の先輩で百歳の長寿を全うした帝国海軍機関学校第四十期生木山正義機関中佐と、又、私の先輩東京帝国大学工学部桑田勉教授の研究により、南方からの油を頼る事なしにパイン・ルート・オイルから終戦直前十年分の燃料を創り出したのだ。
119.名無しさん:2018年10月18日 02:36 ID:XAADc6UF0▼このコメントに返信
これに加えて更に「太陽と水と大地」があれば永久に生産出来るバイオ燃料を創り出す事に成功した。
しかも空襲に耐えるため蒸留工場を全国に分散して建設し、製造した。

この蒸留装置製造を実現できたのは海軍艦政本部が木山中佐の依頼に全面的に協力し蒸留装置を急速に造り全国に設置したからである。
これで日本は永久に戦える燃料を終戦前に用意できたのである。

本土決戦では日本は必ず勝つとすべての陸海軍参謀は確信していた。
一方、アメリカ軍上陸攻撃隊司令官は戦後日本軍の陣立てを見て驚嘆し
「米軍は上陸に三回失敗しただろう。上陸に三回失敗すれば米軍の戦力はほとんど消耗し、戦争はベトナム戦と同様な状態となり、アメリカ国内で戦争反対の世論が起こりベトナム戦で米軍が負けたと同じく米軍は日本から敗退せざるを得ない。もはや戦えないので日本に和睦(降伏)を申し出るしかなかったであろう」と述べている。

ポツダム宣言を発した米国大統領トルーマンは、急死したルーズベルトから戦争を引き継いだとき、
「日本の国土は九十%が山森であり、攻めるのが非常に困難な地形である。しかも廻りは海で近づきにくい「不沈空母」である。地形のみならず無傷の七百五十万の世界最強(マッカーサーが議会で証言)の日本陸軍が本土と東南アジアに展開し、この敵とどう戦いどうやって打破する事が出来るか見当もつかない。」と溜息して日記に書いている。
120.名無しさん:2018年10月18日 02:36 ID:XAADc6UF0▼このコメントに返信
実は日本を空襲したB29から「アメリカは鉄が不足して船をコンクリートで造りはじめたり、男のパイロットが不足して女が飛行機に乗ったりしてアメリカは青息吐息だ。日本人よ、もう少しでアメリカが参るから、ガンバレ」というビラが撒かれた。恐らく乗っていた日系二世が日本上空から撒いたと思われる。

一方、昭和二十年五月にベルリンに居た藤村義朗海軍中佐がスイスでルーズベルトの代理人キャノンと交渉し、米側は「満州、朝鮮、樺太、千島列島(北方領土)は日本に残す。
台湾は蒋介石と交渉してくれ。この条件で停戦しないか。和睦は急いでやりたい。」と驚くべき提案をして来たが海軍軍令部はこれを受けなかったと藤村中佐自身から私は聞いた。

これを継承したトルーマン大統領は、日本を降伏させるのは不可能で、どうにも打つ手が無く、手づまりだから「ポツダム宣言」というフェイントのような宣言を出した。
これは又、原爆投下をする言い逃れにもしたのである。

なぜフェイントのようかというと戦後、米、英、支のポツダム宣言の書類の実物を見ると、トルーマンしか署名していない事が判った。
イギリスもシナも署名していなかった。

121.名無しさん:2018年10月18日 02:37 ID:XAADc6UF0▼このコメントに返信
これから見るとトルーマンの一人芝居だったことが史実として判明した。

そしてドイツ攻撃用に急いで実験的に作ったファットマンとリトルボーイの一つづつの二つしかない原爆を投下し、同時に数百個の原爆があるとウソの宣伝をして日本をおどした。

このフェイントのようなものに、まんまとお人よしの日本政府は引っ掛かってそのままのんでしまった。
これにはろくな返事も来ないだろうと思っていたトルーマン大統領自身もビックリした事だろう。

陸軍参謀総長、海軍軍令部総長という戦う陸海軍の責任者は前述のように本土決戦は勝つ見込みが充分あるから、天皇陛下の御前会議でもポツダム宣言受諾に絶対反対し戦争継続を主張したのであるが、天皇陛下が終戦の御聖断を下されたのである。

この会議室の入口で、特攻の海軍現場責任者の海軍軍令部次長の大西滝治郎中将が「あと特攻機が千機あれば勝てます(実際は既に三千機が用意されていた)。」と意見具申したが拒否されたので、大西中将はこれに抗議して切腹した。
切腹の介錯も頼まなかったのは怒りの表現であろう。

一方本土決戦の帝都の空の護りとして厚木にある無傷の帝国海軍航空本土防衛隊は、零戦設計者堀越二郎の新設計の四翼プロペラ延長回転軸式新型迎撃戦闘機「雷電」や川西航空機製「空戦フラップ」付の新鋭機「紫電改」などの一万機が厚木航空隊に温存され、強くて米軍から恐れられたラバウル海軍航空隊などから集められた歴戦のベテランパイロットが手ぐすねを引いて待っており、厚木海軍航空隊小園司令は終戦命令に絶対反対で最後まで降伏しなかった。

右の如く終戦時には「日本は負けていなかった」のは歴史的事実である。
122.名無しさん:2018年10月18日 09:53 ID:bFhXvWcA0▼このコメントに返信

大日本帝国は、分割され、支那、朝鮮、台湾等に分割されてしまった。。。
特に、朝鮮は欲張りだから、二つ国を作った。。。
123.コロンブス:2018年10月18日 14:11 ID:L20QCYfc0▼このコメントに返信
※121
仮想戦記としては面白かった。
秋水や震電は完成していないし、当然実戦配備もされていない。
いい書き込みなのに空想願望が多く、逆に失望した。
124.エンアカーシャ:2018年10月19日 08:40 ID:WdFgSb7F0▼このコメントに返信
アメリカが、核を保有していないなら、本土決戦と成る、
それが、前提条件、

アメリカ側が、1人の日本人を殺害するのに使う銃弾が、100発とする、
この頃の、日本の人口が、8300万人なので、83億発が、必要と成る、

アメリカの、年間生産量により、本土決戦の時間は算定される、
 < 本土決戦 = 最後の1人まで >が、絶対条件、
天皇が、降伏しない、も、添える、

銃弾の薬莢は、鉄では造れない、
アメリカの、純銅の保有量に左右される、が、正解。

お名前