2018年09月30日 19:05

アメリカ独立戦争とかいう戦争

アメリカ独立戦争とかいう戦争

gahag-0077074494-1

引用元:アメリカ独立戦争とかいう戦争
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1538232435/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/29(土)23:47:15 ID:Xpv
すこすこだから語りたい

3: 名無しさん@おーぷん 2018/09/29(土)23:48:04 ID:NaM
イギリス「お前らは兄弟みたいなもんやけど税金多めにとるで」

あたまおかC

5: 名無しさん@おーぷん 2018/09/29(土)23:48:52 ID:L5n
奴隷制とかアレな面もあるけど自分達で戦って独立勝ち取ったのはかっこええわ

10: 名無しさん@おーぷん 2018/09/29(土)23:50:13 ID:jAu
こういう植民地の人間が武器を持って宗主国に立ち向かうのすこ

11: 名無しさん@おーぷん 2018/09/29(土)23:50:52 ID:jAu
当時の米英の国力差ってどんくらいなんだろう?

14: 名無しさん@おーぷん 2018/09/29(土)23:54:10 ID:N56
>>11
七年戦争で金がやばいイギリス
vsバックに仏西蘭のアメリカ

15: 名無しさん@おーぷん 2018/09/29(土)23:55:57 ID:jAu
>>14
いや工業力とか経済力とか人口についてや

22: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:07:55 ID:lYE
>>14
やっぱ外交は大事だな

24: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:11:52 ID:6bO
>>22
アメリカ側が海外に回って必死に宣伝しまくったおかげやで

13: 名無しさん@おーぷん 2018/09/29(土)23:51:45 ID:Xpv
もともと植民地開拓の企業に完全に放任してたんやな
だからブリカスはもともと植民地支配には全く興味なかったんや

16: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:00:19 ID:6bO
インディアン・フレンチ戦争が勃発し植民地の駐留軍では対応できんかった
そこでイギリス本国はアメリカに兵隊を送って何とかフランス、インディアンに勝利
その後にその戦争で傾いた経済をアメリカ植民地に対する増税で補おうとするんやが
ここでアメリカ人とイギリス人での増税に対する認識にずれが生じる
イギリス人は「フランス人や土人から植民地人を守ってあげたんやから増税は当たり前!」というのに対し
アメリカ人は「議会の決定なしに増税するなんて理不尽すぎる!」という認識だった

35: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:21:30 ID:6bO
>>32
>>16

17: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:01:00 ID:0m8
アメリカの歴史は勉強してて普通におもろいわ

18: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:01:28 ID:0Yc
ボストン茶会事件すき

20: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:05:45 ID:6bO
>>18
なぜかインディアンのコスプレして積み荷を投げたのかいまだに不明

19: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:04:09 ID:6bO
ボストン虐殺事件も忘れなく

21: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:06:38 ID:w9j
どこで学んだんや
独学か?

23: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:09:27 ID:6bO
>>21
趣味や

25: 【96】 2018/09/30(日)00:12:41 ID:8m7
なんでボストンティーパーティー起きたんやっけ
前後が思い出せん

27: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:18:10 ID:6bO
>>25
増税ざけんな!

独立の気運が高まり独立は組織「サンズオブリバティ(SOR)」設立

SORが紅茶輸入のボイコットを呼びかける

ボストン虐殺事件勃発市民が紅茶のボイコットを開始

イギリス側が無理やり紅茶を輸出

ついにアメリカ人キレてボストン湾に停泊していた紅茶の積み荷を投げ捨てる

34: 【43】 2018/09/30(日)00:21:14 ID:8m7
>>27
サンガツ
虐殺って誰が誰やったんや?

49: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:26:57 ID:6bO
>>34
イギリス軍の大尉とアフリカ系アメリカ人が散発代が未払いだと揉み合いになった
そのもみ合いでほかのアメリカ市民が集まり暴動に発展
イギリス軍が威嚇射撃したんやが威嚇に動じずあばれ回る
んでイギリス軍が群衆に発砲五人が死亡したんや

51: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:28:12 ID:rQ0
>>49
5人で虐殺やったらインドはどうなってしまうんや

55: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:29:42 ID:6bO
>>51
すまん4人やったわ

58: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:29:58 ID:q1N
>>55
減ってんじゃねえか

26: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:13:17 ID:6bO
ベンジャミン・フランクリンというコミュ力おばけ

29: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:18:40 ID:rQ0
13州「独立や!」

イギリス「は?」(威圧)

フランス「アメリカ応援するで!」
スペイン「俺も」
オランダ「俺も俺も」

ロシア「イギリスを孤立させるんや!」
スウェーデン「おかのした」
デンマーク 「おかのした」
プロイセン 「おかのした」
ポルトガル 「おかのした」

イギリス「あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! )」

30: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:19:41 ID:kCb
アメリカ独立戦争の独立宣言が近現代の国家の基本欲張りセットだとは学校で習ったわね
それにしても独立前のアメリカ大陸ではどんなことが起きていたのかしら

33: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:21:06 ID:rQ0
>>30
インディアンに毛布送ったりして仲良くしてたぞ

39: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:24:06 ID:37I
独立宣言「州は独立国やからみんな頑張ろうや!!!」
アメカス「マ?がんばろ!」

アメリカ合衆国憲法「嘘やで」

これがクソ

40: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:24:53 ID:v2p
>>39
実際初期の体制は欠陥だらけだったししゃーない

41: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:25:26 ID:q1N
イギリスと戦うと聞いて即シュバってくるフランスさん

44: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:26:03 ID:v2p
>>41
フランスを誘ったのはアメリカ側やから…

42: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:25:46 ID:rQ0
>>41
なおその出費のせいでフランス革命になった模様

45: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:26:25 ID:q1N
>>42
その後オーストリアとドンパチ始めるとかバーサーカかよ

47: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:26:40 ID:kCb
イギリスほんま何者なんだよ
植民地が多い

53: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:28:54 ID:6bO
イギリスさんはその植民地が多いせいでアメリカに兵隊送れなかったからなぁ

77: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:35:20 ID:v2p
ボストン茶会事件に関しては明らかにアメリカサイドに否があるんやけどプロパガンダってやっぱすごいんやな

81: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:35:57 ID:6bO
>>77
なんでインディアンの恰好したんやろなぁ

79: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:35:39 ID:kCb
エゲレス人とアメリカ人って今は仲ええんか

82: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:36:06 ID:q1N
>>79
フランス人とイギリス人よりかは

84: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:37:19 ID:rQ0
>>82
世界史やってると千年単位で殺し合いしてて草生える

85: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:37:20 ID:0m8
アメリカ独立戦争のおもろいところは単にアメリカイギリスの戦争じゃなくて後ろ盾のフランスが何気一番被害被ってるとこ

87: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:38:12 ID:6bO
>>85
ルイ16世が悪い

90: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:39:03 ID:q1N
>>85
国庫全くの空っぽやったんやろ?
金はない反王政広まる他国からめちゃ嫌われてるでよくでしゃばれたよな

91: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:39:32 ID:rQ0
>>90
イギリスと植民地戦争の真っ最中やったんやろ?そらやるわ

92: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:39:36 ID:6bO
>>90
からっぽどころかオーストリアとかに借りてた

93: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:40:24 ID:q1N
>>92
まぁお前んとこの嫁がやらかしてるから実家から多少金借りるのはしゃーない

89: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:38:52 ID:6bO
あいつが贅沢好きで浪費家でおまけに戦争好きやからや

100: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:42:08 ID:q1N
カナダってどういった立ち位置やったん?
イギリス側やったんやろ?
そんでどうやって独立したんや

101: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:42:56 ID:6bO
>>100
正式な独立は1931年までおあずけ

107: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)00:47:07 ID:rQ0
イギリスとフランスの植民地戦争すこ。ある意味世界大戦だよな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年09月30日 19:13 ID:igGGrXnr0▼このコメントに返信
ネイティブアメリカン「独立するなら早く出ていけ」
2.名無しさん:2018年09月30日 19:15 ID:OnNLJLGn0▼このコメントに返信
南北戦争をすこれ
3.名無しさん:2018年09月30日 19:19 ID:L7Xx1wvc0▼このコメントに返信
FRBの創設で
イギリス様の植民地に逆戻り
(独立は表向きに過ぎない)
4.エンアカーシャ:2018年09月30日 19:19 ID:Djm6E7i90▼このコメントに返信
韓国人には、無理だった、
韓国は、1890年代まで、中国皇帝の国のままだった。
5.名無しさん:2018年09月30日 19:22 ID:pBu.bTfF0▼このコメントに返信
サラッと毛布送ったとか言うとるけれど死亡した天然痘患者が使用したものやんけ……
ブリカス、アメカスの鬼畜所業の一つを美談にしたらあかん
6.名無しさん:2018年09月30日 19:22 ID:lD.6.Est0▼このコメントに返信
源内さんがエレキテル作ってた頃。
7.名無しさん:2018年09月30日 19:22 ID:L7Xx1wvc0▼このコメントに返信
終戦で余った武器は日本へ売るw
8.名無しさん:2018年09月30日 19:23 ID:sp69FYxp0▼このコメントに返信
ノース&サウス
わくわく南北戦争
9.名無しさん:2018年09月30日 19:25 ID:5zogQcuq0▼このコメントに返信
表向きはイギリス人がアメリカという大陸で経営してただけだから
イギリスの意向に沿うだろうという思惑があったけど
思った以上にアメリカの独立心が高かったという誤算なんやね
10.名無しさん:2018年09月30日 19:30 ID:L7Xx1wvc0▼このコメントに返信
※7
南北戦争の終戦後に訂正
11.名無しさん:2018年09月30日 19:40 ID:FFlo.KKo0▼このコメントに返信
※9
途中まではそうでもなかったけど、「コモン・センス」とかいうパンフが出回ったせいで一気に世論が独立に傾いたらしい
12.名無しさん:2018年09月30日 19:41 ID:S6kcWcQM0▼このコメントに返信
そもそもイギリスからの移民が虐殺と略奪でイギリス領土として得た植民地だろ
宗主国に立ち向かうとかそんなカッコイイ話じゃなく、
裏切者が祖国に牙を剥いただけ。所詮は蛮族だよ
13.名無しさん:2018年09月30日 19:42 ID:BlWE2EPS0▼このコメントに返信
民兵大活躍
その結果が今だに銃を持てる事の最大の理由
14.名無しさん:2018年09月30日 19:43 ID:wuIgw9b.0▼このコメントに返信
ヘッセン・カッセル方伯とかいう鬼畜なドイツ貴族
スリーピー・ホロウの黒騎士も、実は人身売買されて戦場に送られてたんかな?
15.名無しさん:2018年09月30日 19:48 ID:lDAJTZ.T0▼このコメントに返信
※12
まあイギリス自体大陸から渡った蛮族だからなぁ
16.名無しさん:2018年09月30日 19:52 ID:VpjNxiyX0▼このコメントに返信
フランスとイギリスが戦争してイギリスが勝ったからフランスと言う脅威がなくなり、イギリスが戦費で消耗した本土の経済を直すために植民地に増税したら・・ヤンキーが切れた戦争やったっけ?

イギリス軍の将軍も無能とだったとかで独立できて・・その後のフランスで起きた大飢饉で民主主義(ナポレオン)が爆発してロシアを巻き込んで焦土に成ったのでアメリカが大きくなれる時間を作れたとかいう認識。
17.名無しさん:2018年09月30日 19:53 ID:8v8i.ZwL0▼このコメントに返信
お笑い講座ー(*´▽`*)

人は、無茶苦茶だと笑うよ。

無茶苦茶な関連付けを、堂々と自信を持ち発言すると、笑いが取れる。

(*´▽`*)は、五歳の時からバイオリンを習って、宇宙飛行士になった。

バイオリンの手の動きは、宇宙法則にとって、とても好感を持たれやすいという統計結果があり、結果、(*´▽`*)宇宙飛行士になることができた。

宇宙飛行士なんて簡単だよ、でも(*´▽`*)は宇宙飛行士にはなった事はないです。誤解のないように。(*´▽`*)

最後に、皆解っている事を、肝心であると注釈をつける事で、「オチ」をつける事ができます。(*´▽`*)

堂々と発言する、びびびっていると、笑いは取りずらいよ、様々あるが、緊張状態が伝播してしまいます。

一発芸にお困りの、そこのあなた。人は、「おっぱっぴー」で笑う事があります。意味わからない事を、堂々と発言するだけで、あなたの宝具になります。唐突である事もアクセントです。(*´▽`*)

ブリッジ!(*´▽`*)腕立て伏せ!(*´▽`*)ふっきーん!(*´▽`*)とかでよいです。(*´▽`*)

大鑑巨砲ニュース。(*´▽`*)
18.名無しさん:2018年09月30日 19:56 ID:VMHHvd.70▼このコメントに返信
古代ローマvs蛮族に比べると英雄が居ない。

市民が立ち上がって一人一人が独立を勝ち取ったのである、みたいな展開うせやろ。
19.名無しさん:2018年09月30日 19:56 ID:sFM1S2sY0▼このコメントに返信
フランスはアメリカに共和国作ってあげたら、見事に革命を逆輸入されたな。
20.名無しさん:2018年09月30日 19:58 ID:kod7bynH0▼このコメントに返信
※14
領民売ったお金でする贅沢はさぞ楽しかっただろうなぁ
21.名無しさん:2018年09月30日 20:00 ID:D5p.ruln0▼このコメントに返信
不謹慎な言い方するとおもしれー時期だよな。
米英ドンパチ
仏「なに~~?英国キらい!米国援助!」
~仏カネ尽きる
この後のフランス革命への流れおろも過ぎ。
22.名無しさん:2018年09月30日 20:03 ID:1QcJGaiw0▼このコメントに返信
韓国独立戦争で独島を奪い返したと世界では教えているらしい
23.名無しさん@大佐:2018年09月30日 20:06 ID:UKGoo.Sk0▼このコメントに返信
実は意外と米英のわだかまりは尾を引いていて、第一次大戦の後、米英日仏で四か国条約が結ばれる。
この時日本がドイツ権益を引き継いで太平洋諸島を得たことに米国が警戒心を強めて日英同盟の解消を画策する(結果として更新せず)
それは日英が組んだままだとカナダが英国側で参戦すると三方から挟み撃ちになるのを米国が不安を感じたからという。
今からは想像できないね。
24.名無しさん:2018年09月30日 20:10 ID:kTufrqXE0▼このコメントに返信
一見イギリスが糞なんだけどアメリカ人の言い分て「先祖が苦労して開拓した土地から税金だけ取りやがって!ゆるせん!」という感じたよな。
先祖はせいぜいおじいちゃんくらいで、苦労の内容もインディアン虐殺して奪って開拓なんだよな。
で、本国許せん!って語る横ではインディアンが奴隷として働かされてる。
どっちもくそやんけ!
25.名無しさん:2018年09月30日 20:10 ID:So7rHSJW0▼このコメントに返信
※23
日英による挟撃は不安を覚えた程度ではなくアメリカはかなりガチで警戒していた
日英による挟撃への対処はアメリカ海軍戦略のかなりの比重を占めていた
26.名無しさん:2018年09月30日 20:14 ID:IY.FVn1o0▼このコメントに返信
異様に人が死んでいる。なんか長篠みたいに鉄砲隊に騎馬隊で普通に突撃したとかしないとか。
第二次対戦より死んでる。
27.名無しさん:2018年09月30日 20:14 ID:4ma8XgMG0▼このコメントに返信
※16
イギリス軍の将軍が無能ってわけでもないよ、、、
誰もが七年戦争経験者だし、実際フィラデルフィア占領とかもしてるし、、、
問題点は、英国軍の兵力が十分でなかったことと、本国の植民地担当大臣ジャーメインが口出しする無能だったこと、、、

本国では、半独立な忠誠派民兵を当てにしてたんだけど、それがほとんど居なかったから
必然兵力不足になってしまったのよ、、、なので占領地を維持できる兵力がなかった、、、
更にジャーメインは七年戦争時のことでの軍法会議で有罪になり「軍任務に適さない」って判決受けたことを根に持ってか
英国軍にいろいろ細かな指示を与えたけど、だいたいそれが的はずれだったのよねぇ、、、

28.名無しさん:2018年09月30日 20:19 ID:BlWE2EPS0▼このコメントに返信
※25
アメリカ独立戦争1775年
黒船来航1853年
知ってて言ってる?
29.米26:2018年09月30日 20:20 ID:IY.FVn1o0▼このコメントに返信
たくさん死んだのは南北戦争だった。スマソ。
30.名無しさん:2018年09月30日 20:27 ID:X59KNQJt0▼このコメントに返信
※5
皮肉だろ
31.名無しさん:2018年09月30日 20:30 ID:6cYsuUg30▼このコメントに返信
あそこでイギリスが根性見せてれば、WW2は起きなかったよな!
32.名無しさん:2018年09月30日 20:35 ID:teCUvpMv0▼このコメントに返信
だいたい、アメリカというネーミング自体がかなりの曖昧性を秘めている。

まして、どさくさに紛れて住み着いた連中が、それぞれの本国から独立?するというよりも、不干渉を宣言したに過ぎず

結局は、原住民を追いやり領土を確保したわけで・・・

つまり、如何にして本国を出し抜き、茶番劇を演じるか?

そして、本国の影響が及ばない秩序を新たな法体系的に構築ししれっと宣言書に盛り込むかであるか!である。

それの手法が、後の通商法に活かされるわけで・・・

さらに、戦後の新たな世界秩序の体制もまた、同様の手口である。

ようは、時間差を上手く使い、その後、追随を許さないために有効的時間の差をみずから埋めてしまい、新たな段階へと突き進む。

これが、US.の本領である。

33.名無しさん:2018年09月30日 20:35 ID:wAsANoDD0▼このコメントに返信
潜水艦が初めて実戦投入された戦争だぞ
何の戦果も上げてないけどな

でもな、大坂冬の陣で徳川方の九鬼水軍が攻城兵器として使ったらしいんだ・・・
34.名無しさん:2018年09月30日 20:39 ID:hkyXD3mO0▼このコメントに返信
※1今はネイティブアメリカンて言葉は使うと差別なんやで
二十世紀の段階でアメリカインディアン側が「我々は『インディアン』でありネイティブアメリカンに落とし込むな」と反発して議会でも発言してる
35.名無しさん:2018年09月30日 20:51 ID:BlWE2EPS0▼このコメントに返信
※34
ネイティブアメリカンは差別用語と言うのは疑問だけどね
ネイティブは『土着』アメリカが本来誰の物がハッキリさせてる
36.名無しさん:2018年09月30日 20:52 ID:GpM.P0t70▼このコメントに返信
イギリスの横隣にアメリカ大陸があって見事に英語圏の白人国家に。
スペインの横隣に南米大陸があって見事にスペイン語が公用語の白人国家に。

距離が近いくて間に他の国がないって本当に大事なんだね。
37.名無しさん:2018年09月30日 20:58 ID:j6LvyP7D0▼このコメントに返信
キリスト教の「契約」の概念がやはりピンとこない。
「神との約束で、お供えや祈りは○○だ。その代わり、命は保証してもらえる。」とか、
「国王との約束で、税金は○○パーセントだ。そうすれば参政権をやる。」とか。
38.名無しさん:2018年09月30日 21:00 ID:doDXFy6C0▼このコメントに返信
34.名無しさん:2018年09月30日 20:39 ID:hkyXD3mO0▼このコメントに返信
※1今はネイティブアメリカンて言葉は使うと差別なんやで
二十世紀の段階でアメリカインディアン側が「我々は『インディアン』でありネイティブアメリカンに落とし込むな」と反発して議会でも発言してる


↑こいつバカ
39.名無しさん:2018年09月30日 21:01 ID:BcPHwzt50▼このコメントに返信
大陸軍は地上最強やから
40.名無しさん:2018年09月30日 21:06 ID:iyRzhp7O0▼このコメントに返信
米14
スリーピーホロウの首なし騎士は映画では戦場を渡り歩く戦争基地外ドイツ人だった
原作ではそこまで言及されてたかな?
砲弾が直撃して首が吹き飛んだって話だけで
それ以外は書かれてなかった気もする
41.名無しさん:2018年09月30日 21:15 ID:o1HTN6.Z0▼このコメントに返信
ヤンキーとレッドネック?
42.名無しさん:2018年09月30日 21:18 ID:kod7bynH0▼このコメントに返信
※34
差別的なんじゃなくて2行目に自分が描いてるようにインディアンって言う民族を消すなって意味で批判受けてるんだろ
ネイティヴアメリカンだとエスキモーやハワイ人なんかも含むから
43.名無しさん:2018年09月30日 21:20 ID:CelqqWRF0▼このコメントに返信
コロニー戦争とかホントに起こりそうな気がする
44.名無しさん:2018年09月30日 21:20 ID:Dgcx.ISq0▼このコメントに返信
※28
日英同盟が攻守同盟条約である以上日英同盟の仮想敵国に日英以外のアメリカが含まれ得るのは当然のことで
防衛をアメリカに依存するカナダはオーストラリアと異なり日英同盟の存続に強硬に反対している

当時のイギリス外相カーゾン卿はイギリス国内の日英同盟反対論の論拠として
「米国で日英同盟の存在が疑心と苛立ちの源泉となって」おり
「米国に相当の疑心が残り、米当局がそれを海軍力増強の口実にしがちであることは否定できない」ことを挙げている

またアメリカのヒューズ国務長官はイギリスのバルフォア団長に対して
「米国内に於いて今尚強き反英及排日思想の存在する事実は之(日英同盟)を無視するを得ざるを以て
日英両国のみを相手として協約を為すときは之に対し有力なる反対を誘致する危険決して尠(すくな)しとせず」と言明している


英国の対日認識と日英同盟の終焉
門田正文
2015年6月
海幹校戦略研究
ttp://www.mod.go.jp/msdf/navcol/SSG/review/5-1/5-1-2.pdf
45.名無しさん:2018年09月30日 21:22 ID:lzNM6qLx0▼このコメントに返信
ヨーロッパとの貿易で食ってたアメリカ、海上警備予算のための増税を拒否し反乱
 
なお、独立後は復興と独自軍備のために戦前より税金が上がった模様
46.名無しさん:2018年09月30日 21:25 ID:lzNM6qLx0▼このコメントに返信
ただし「代表なくして課税なし」の言葉は事実であり、アメリカ以外にも南アやインドでは現地生まれのイギリス国籍者も議員になれないという問題があった。
白人と非白人の差別に匹敵する、本国人と属国出身者の壁があったのだ。
47.名無しさん:2018年09月30日 21:26 ID:KdJvVwpc0▼このコメントに返信
しかしアメリカって全然名将いないけどなんなんだろうな。

凄い戦術で戦力差覆したとか数倍の敵に勝ったとか無い。
48.名無しさん:2018年09月30日 21:31 ID:hWqsZ4ff0▼このコメントに返信
そういえばグアムサイパンハワイは日本の領土とききました
49.名無しさん:2018年09月30日 21:51 ID:zjOyOyTp0▼このコメントに返信
※47
リー将軍は兵力では劣勢、時には倍近い状況で戦術機動で何度も勝利をもぎ取ってるけどね
ゲティスバーグでは失敗したけど、ストーンウォールか後3000の兵力があれば成功したと
後の世界中の軍人や歴史家に惜しまれて
ナポレオンを越える19世紀最高の戦術家って評価もある位だし
50.名無しさん:2018年09月30日 21:53 ID:CX8VTjF70▼このコメントに返信
茶会事件の怖いところは、あんな事しといて

「ん?あれはパーティーだよ?ティーパーティーさ!」って意味不明なこと言った
51.名無しさん:2018年09月30日 21:53 ID:KLIN7M1z0▼このコメントに返信
※47
南北戦争の南軍のリー将軍は常に劣勢の状態で勝利を得ていたぞ

対外戦争の話になると、アメが対外戦争やりだす頃には既に超大国一歩手前だったから
劣勢な状態で戦闘をする必要がなかった。
52.名無しさん:2018年09月30日 21:54 ID:3p.WMsfr0▼このコメントに返信
※47
ジョーンズやグリーンがおるやんけ
あとラファイエットやコシチューシュコみたいな外人部隊がいる
53.名無しさん:2018年09月30日 21:55 ID:SIgnZoVk0▼このコメントに返信
歴史書にはボストン茶会事件はアメリカ人vsイギリス人のように書いてあるけど、本当はイギリス東インド会社(商人の連合体)vs東インド会社に属さない商人の争いなんですけどね。
54.名無しさん:2018年09月30日 21:57 ID:8oe3HXEB0▼このコメントに返信
その後調子こいてカナダ侵攻したけど撃退されるアメリカくんかわいい
ガチギレしたイギリスに勝てるわけないだろ!
55.名無しさん:2018年09月30日 21:57 ID:4ma8XgMG0▼このコメントに返信
※47
ワシントンってあんまり戦術的大勝利はないんだけど、、、
でも給料未払いで反乱起きかかった軍隊を解散させず
最後まで戦力維持できた能力は特筆すべきだと思う、、、
56.名無しさん:2018年09月30日 22:23 ID:e5W4g0xp0▼このコメントに返信
※54
アメリカとイギリスが仲が悪い事を知らなかった日本の軍部は無能だ。
「鬼畜米英」など米英一体の嘘を信じ込んでいる。
アメリカの国歌はイギリスとの戦争を歌ったもの。
カナダ、オーストラリア、ニュージーランドは英国王室を君主と仰ぐ。
アメリカは、大統領が最高で、英王室を崇めることはない。
57.名無しさん:2018年09月30日 22:35 ID:7EN.J.kM0▼このコメントに返信
※53
地味やけどそこらへんさりげに絡んでくるオランダすこやで

オランダ商人が大英帝国の戦時国債のメインスポンサーやってたり
ナポレオンに占領されたときとかドイツに占領されたときとか
イギリスに王族逃亡させてたり植民地預けてたりする割に
商売ではそのイギリスに対しても一歩も引かなかったりするのなw

日蘭交渉やったときも米英議会でめちゃくちゃ叩かれとるしw
58.名無しさん:2018年09月30日 23:19 ID:S6kcWcQM0▼このコメントに返信
※35
アメリカ人じゃないしお前の土地の住民でもないしここはお前の土地じゃない
そう言いたいんだろうけどね。世界で最低最悪の凶悪野蛮種族に目を着けられたのが運の尽き
59.名無しさん:2018年09月30日 23:20 ID:zD81.41w0▼このコメントに返信
※47
無勢で多勢を破る将を崇めたてるのは戦略的視点というものが欠如してる
60.名無しさん:2018年09月30日 23:47 ID:HOn4zVnC0▼このコメントに返信
そのイギリスによる増税の中に、紙税というのがあって全ての印刷物にかかるいわば印紙税。
知的行動全てに金がかかる紙税ってなんだふざけんなってアメリカ植民地は大反発して、課税を撤回させた。そのため、アメリカでは圧政の象徴として未だに印紙税が無い。
61.名無しさん:2018年10月01日 00:08 ID:zYjI.JM50▼このコメントに返信
アサシンクリード3で、

アメリカ独立戦争の
時系列を体験できます。
62.名無しさん:2018年10月01日 00:09 ID:rXhu.NwG0▼このコメントに返信
※28
※25は※23へのレスなのに※23の内容を無視したツッコミ入れるのはなんでなの?
63.名無しさん:2018年10月01日 00:55 ID:HYYd9x9l0▼このコメントに返信
どのみち英も米もロスチャイルドの持ち物みたいなもんじゃん
64.名無しさん:2018年10月01日 02:08 ID:QNmllfVb0▼このコメントに返信
>ボストン港をティー・ポットにすると叫びながら、342箱の茶箱を海に投げ捨てた。
>騒ぎを聞いて駆けつけた多くのボストン市民は、加勢も制止もせずこの様子を見つめていた。
>これが「ボストン茶会事件」と呼ばれる事件

ボストン・ティーパーティ は「ボストン湾茶祭り」くらいの訳がいいんじゃなかろうか。 茶会って。
65.名無しさん:2018年10月01日 03:31 ID:PnAbTm2b0▼このコメントに返信
イギリス軍が狙撃に目覚めた戦争

この苦闘を戦訓にイギリス軍が創設した狙撃兵は、その後
ナポレオン率いる大陸軍を散々に苦しめることになる。
66.名無しさん:2018年10月01日 05:14 ID:a4vZyZ5.0▼このコメントに返信
カナダが独立するのは1982年。
1931年で半独立したが依然としてイギリス議会の下にあった。
1982年にイギリスでカナダの自由を保証する法が可決されて
ようやく独立する事が出来た。

お名前