スポンサーリンク

2018年09月18日 22:05

俺「太平洋戦争?勝てたわけないじゃん」→ちょっと勉強俺「上手くやれば勝てたんじゃね?」

俺「太平洋戦争?勝てたわけないじゃん」→ちょっと勉強俺「上手くやれば勝てたんじゃね?」

03

引用元:俺「太平洋戦争?勝てたわけないじゃん」→ちょっと勉強俺「上手くやれば勝てたんじゃね?」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1536235179/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 20:59:39.855 ID:wCwTZPRg0
さらに勉強俺「やっぱり無理だわ」

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:00:07.206 ID:Jy76FeIF0
わかる

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:00:07.862 ID:YdkGfgJL0
軍師が必要

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:01:28.141 ID:1DlpfKBJ0
>>3
いても勝てなかったんだよな

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:00:45.271 ID:YdkGfgJL0
アメリカに勝っちゃってたらやべーよな逆に

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:01:09.070 ID:hiKc8kN20
ミッドウェーあたりで泥沼したのがいけんかった

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:01:56.690 ID:ApAvXeCIp
>>8
そんな戦略戦術レベルの話ではない

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:03:57.516 ID:hiKc8kN20
>>12
物理的にも無理だったけどあれだけの資材、あれだけの武装なら戦術で上手くごまかすしかなかったような気がする

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:01:31.668 ID:qOo9RAnj0
ミッドウェーで勝ってれば有利な条件で講和結べてたってそれが日本の計画だったって

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:03:36.955 ID:wCwTZPRg0
>>10
講和結んでもソ連が仕掛けてきそう

77: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:30:51.846 ID:g6bB7jWM0
>>10
アメリカがその時点で講和なんて結ぶわけがないんだよなあ

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:01:56.588 ID:lM9x6o6T0
そもそも戦争に勝つ気なかったもんな

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:02:00.642 ID:wCwTZPRg0
ちょっと勉強俺「日本軍の兵器は優秀!」
さらに勉強俺「カタログスペックだけで予想外の事に対応できないんじゃん」

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:02:18.667 ID:D9DYzf6Ka
兵士の命を軽視せず
物資供給が滞らなければあるいは...

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:02:44.995 ID:uZ+5+9Vr0
時間経過でジリ貧だから一か八かやるしかなかったって話はたまに見る
全然知らんけど

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:03:42.879 ID:OrEPMh2l0
もともと勝つつもりで初めてなかったからな

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:06:48.894 ID:IT7he8Bva
>>20
勝てないなら最初から戦争しないつもりだっただろ
でもやりたいって思ったから嘘ついた

41: 【急にjap】パイ ◆Q2japieyrk 2018/09/06(木) 21:11:38.324 ID:53q+TpHXa
>>30
やりたいなんて思ってないぞ
日露戦争後の戦後処理で国民が暴動起こして暴動の恐ろしさを叩きつけられてから軍部が勝手に満州占拠して返還を求められたものの
返還すると次は国民ではなく軍が暴徒化するのでクーデターが起きてどの道日本はなくなる
かつての仲間の米仏を裏切ってまで戦わなければ行けなくなった理由、戦果が芳しくなくても所謂大本営発表をしなければならなかった理由は全てここから来ている
ブロック経済の時点で日本は詰んでたとたまに言われるのはこういう連鎖があってどこまで遡っても日本は勝てないから

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:04:53.095 ID:+rCUYeY00
どうにかしてアメリカの参戦遅らせてドイツと挟撃でソ連やってからアメリカと各個攻撃したらどうだ?

31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:06:57.197 ID:Q7dkiUDv0
>>25
ソ連を短時間で倒せるかね
持久戦の鬼のイメージだが

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:07:16.112 ID:9WRB5JkOH
>>25
あの領土に対してその程度の挟撃だと鼻くそみたいな損害で泥沼化して結局アメリカが来るだろうな

33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:08:23.593 ID:wCwTZPRg0
>>25
ロシアに攻撃した瞬間にアメリカが宣戦布告しそう

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:06:02.410 ID:H+URpUL/d
当時、アメリカと戦争してどうなるかは誰にも分からなかったんじゃないの?

49: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:16:07.413 ID:OrEPMh2l0
>>28
いや、米内、山本、井上なんかは負けると分かってて、そういっていた
でも、山本は進言の際に、はっきりと「負ける」と言わなかった。
これは戦争に突き進んだ大きな一コマだったと思ってる

29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:06:12.167 ID:D61/T6Ue0
総戦力研究所の予想とピタリ一致

36: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:09:54.616 ID:nlqOcNK50
独ソ戦始まった時に ソ連助けるとかでドイツに宣戦布告したらワンちゃんある

39: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:10:32.974 ID:H+URpUL/d
日本の工業力はあまりにも貧弱で資源以前に武器が作れなかったよ

47: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:14:57.060 ID:wCwTZPRg0
>>39
一応当時の世界トップレベルの技術はあったらしい一瞬だけ

50: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:16:38.138 ID:H+URpUL/d
>>47
それには特に根拠は無い
大戦中に劇的に技術向上させたアメリカやソビエトやドイツのような開発力は日本に無かった

40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:10:56.392 ID:9WRB5JkOH
まあ当時実戦なんてほとんどして無かったアメリカの力量を完全に見誤った日本の軍司令部が悪いよ
満州国が台湾みたいに親日で残ったかもしれないし韓国が慰安婦って言い出しても反論しやすかったかもしれないのに

42: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:11:39.930 ID:wCwTZPRg0
無知俺「日本の軍艦って凄かったんだろうな

平賀譲らず「当時の条件で考えられる限りの性能を詰め込んだぞ。対潜、対航空機、将来の拡張性、ダメージコントロール?そんなの知らん」
俺「」

43: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:12:02.362 ID:V/G058W60
もし勝ってたら今頃俺らも軍人なんじゃね

45: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:13:55.461 ID:uZ+5+9Vr0
原因は〇〇だって一つに断定して言い切るスタイルは嫌い
複合的なはずじゃん

48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:15:34.962 ID:HJ1NtxRU0
戦争仕掛けた時点で負け確定だからな

58: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:17:49.293 ID:oyS+p2Ob0
>>48
戦争仕掛けるように仕組まれた時点でね

66: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:22:13.206 ID:YShQ4MSp0
ちょっと勉強すると日本軍の醜態(例ミッドウェー)が見えてくるのでそこをどうにかすれば勝てたんじゃねと思える
詳しく勉強すると国民性や生産力によって敗北したと気づきどうがんばっても開戦した時点で無理げーとわかる

70: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:25:16.537 ID:wCwTZPRg0
>>66わかる
あの5分で装備を替えてなければ勝てたんじゃね?と思ってたけどそんなの小さすぎる問題だわ

67: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:23:46.074 ID:H+URpUL/d
俺は戦争オタクだからお前らに当時の日本の現実を教えたる。
まず弾薬に互換性がなかった。
銃や砲によってまったく違う弾丸を使い、同じ弾薬でも同じ火薬量で銃や砲を使うことができなかった。
次に銃や砲に互換性がなかった。
銃や砲が壊れたり不調になっても同じ銃からパーツを取って修理することができなかった。
サイズは規格化されていなくて全てにおいて違うものが兵士に渡されていた。
これが日本の工業力だった。

75: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:28:17.703 ID:wCwTZPRg0
>>67
アメリカはすでに車の大量生産できる技術があってそれを利用してたってやつだな
日本もどうにか規格を統一して大量生産できなかったんだろうか

80: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:32:53.317 ID:H+URpUL/d
>>75
ドイツもそれができていて独自弾薬はなるべく使わなかった。
ソビエトのPPshとドイツのC96 は全く同じ弾薬だし9ミリパラベラムはイギリスと同じだったくらいだ。
日本は銃が違うとほとんど全て別の弾薬になり、特段アメリカに合わせたりもしなかったので鹵獲武器が使いにくかった。

81: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:33:01.571 ID:IT7he8Bva
>>75
無理
日本の工業力はボロクソで戦争のための道具さえ作れるか怪しかった
工業力で言えば3~4周くらいは周回遅れしてるんじゃねえか?

なんとか日本製で揃えることが出来るようになった!!(品質は保証しない)
って状態で連続して戦争に突っ走って行ったから日中戦争が開戦して詰んだ

88: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:39:27.968 ID:wCwTZPRg0
>>81
本当に一瞬だけ楯突くことはできてもそれで?ってレベルなんだよな

69: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:24:59.439 ID:TOowVZ610
だいたい二二六事件のせい

74: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:28:06.720 ID:ApAvXeCIp
フランスってクソザコ扱いされる事多いけど軍艦や戦車単品で見たら相当強い

78: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:31:18.211 ID:nfdAX10t0
日本が勝つには
織田信長が天下統一して積極的な世界進出策の一環で
コロンブスより先に新大陸を見つけるしかない

87: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:38:50.148 ID:mCOw/FUu0
すぐに突撃したがる日本の上官は無能

89: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:39:59.393 ID:wCwTZPRg0
>>87
俺も後からいくぞ(いかない)

94: チャカ坊 ◆BQNDQNZ68I 2018/09/06(木) 21:41:41.644 ID:RudqwkD0a
>>87
ボルトアクションでCQBやれるならやってみろよ
そら銃剣突撃で倒す方が生存率高いわ

99: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:43:57.140 ID:H+URpUL/d
>>94
WWIで銃剣突撃は機関銃陣地で無効化できることが分かっていたにも関わらず日本軍の士官は勉強せずに万歳突撃を繰り返してアメリカに一方的な敗北を喫した。

104: チャカ坊 ◆BQNDQNZ68I 2018/09/06(木) 21:47:12.769 ID:RudqwkD0a
>>99
重機関銃を迫撃砲で潰して、軽機で支援しながら突撃の間合いまで近づくんだぞ
そりゃソ連もアメリカもイギリスもやってたことだ

一次大戦で機関銃に潰されたのは戦列組んでの一斉突撃な

112: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:50:23.593 ID:wCwTZPRg0
>>104
白兵戦やらなきゃいけなくなってる時点でその戦法ができる状況がどれだけ合ったんだろう

116: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:51:07.283 ID:H+URpUL/d
>>104
日本にはろくな対戦車兵器が無くアメリカにシャーマン1両でも置かれると迫撃砲も通じないのでそれができなくなった。
戦車には機関銃が搭載でき、動く機関銃陣地のようなものだった。
にも関わらず日本はパンツァーファウストのような携帯型対戦車兵器をろくに開発できなかった。

101: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:44:52.828 ID:OrEPMh2l0
国連脱退がな。あそこで近衛が松岡をコントロールできていれば

122: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 21:53:29.722 ID:kJVkuU/W0
ネジを締めるのにもネジ穴に対して箱いっぱいのネジを用意して
その中からネジ山が合うネジを探す作業からという夢の技術力

167: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 22:33:18.437 ID:hMTniJdx0
第一次大戦辺りでもっと本格的に植民地政策を進めればよかったんじゃね?
欧米列強が広大な植民地確保した後で動いて叩かれないわけ無いけどかといって本土だけで資源賄うとか無謀だし

171: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 22:38:02.230 ID:IR7BQiTE0
>>167
一次大戦ではアジアのドイツ植民地が少すぎるし
そもそも貢献度が低すぎて拡張なんてできなかった

それで関東軍が暴走したから軍令部にしてみりゃどうしようもない

183: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 22:54:58.667 ID:hMTniJdx0
>>171
一次大戦でもっと注ぎ込めばよかったんかな?シベリア出兵辺りではもう詰んでたのかも

189: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 22:59:46.750 ID:IR7BQiTE0
>>183
主戦場が遠すぎて(ヾノ・∀・`)ムリムリ
辛うじてアジアのドイツ植民地で小競り合いしてただけ
各国に比べると日本の被害の小ささにビビるよ
これは仕方ないんだ
だから二次対戦では負け戦をするべきではなく
赤化した中国なりロシアなりとの戦争の大義名分を待つべきだった…

世界大戦で大被害をだしながらも戦勝国になるとたくさんご褒美がもらえるのは
第一次世界大戦の英連邦国家が教えてくれたんだから

194: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 23:06:41.134 ID:hMTniJdx0
>>189
なるほどな
たしか同盟国側にソ連入れる話もあったんだよな
ドイツと関係悪化してポシャったけど

197: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 23:13:03.825 ID:IR7BQiTE0
>>194
歴史的にドイツ帝国は親露親中だったからな
スターリンもヒトラーのことは嫌いじゃなかったらしいが
当のヒトラーが当時にしてみれば突き抜けた左翼でこれまでの外交を意図的に反転させた

日本にしてみればユーラシア大陸で安定化するだろうと見積もって日露中立結んだのに…という話は有名すぎるか

ソ連はソ連で盧溝橋のこともあって日本に対して弱気な姿勢は見せないだろうし日独伊に露というのはかなり実現可能性が低かったろうね
その気になっていたのは日本だけという悲しいオチ

168: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 22:36:23.699 ID:/Bcjd7+D0
アメリカは1930年代に風と共にさりぬ(フルカラー映画)を作っていたんだぜ
勝てるわけがない

173: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 22:40:36.775 ID:IR7BQiTE0
山本五十六は駐在武官時代にカフェかどっかでコーヒーに入れる砂糖が大量に用意されてるのを見て悟ったらしいが

絶対に不可能かと言われたら1935年くらいからやり直せばまだ可能性のある道もあると思う

177: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 22:44:29.004 ID:xcFuxsq80
外交→無理
技術→無理
軍部→無能
国民→無能

どうあがいても無理

202: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/06(木) 23:19:55.427 ID:IR7BQiTE0
そもそもラバウルからガダルカナルまで1000km飛ばすような運用ばっかしてるからそうなるんだ

何だかんだと局地戦の有用さに気づいたのがおそすぎた
まあずっと海上だったからなwww
コメートみたいにあまりに局地的なのは困るが

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年09月18日 22:10 ID:.Ofzb4VF0▼このコメントに返信
よく仕組まれたというアホおるけど、準備にどんだけ金と時間がかかると思ってんだ。やる気があるから真珠湾攻撃の準備や訓練してたんだろうが
2.名無しさん:2018年09月18日 22:13 ID:bIXJhZmG0▼このコメントに返信
植民地の奴隷たちにこっそり武器送るとか、何んもやってなかったくせに、なぜ突然助けようと思った?
3.名無しさん:2018年09月18日 22:13 ID:UTnNL6.h0▼このコメントに返信
そりゃ勝てるさ
でも今だから言えるんだよな
神視点で物事を考えればなんでもできるだろう
当時の情報、環境、思想で考えなければ意味がない
4.名無しさん:2018年09月18日 22:16 ID:bIXJhZmG0▼このコメントに返信
※1
なにアホなこと言ってんだ? 開戦当時、日本とドイツの戦力は世界最強だったんすけど? 通常兵器で攻めただけだ。
戦争中、当初は第一次の単発ライフルを支給きてたアメリカははるかに発展した。
5.名無しさん:2018年09月18日 22:17 ID:bIXJhZmG0▼このコメントに返信
※1
はやくしねよじじい!
6.名無しさん:2018年09月18日 22:19 ID:moFcmzO.0▼このコメントに返信
最終的な結論としては明治維新からやり直さないと無理無理って結論じゃなかったっけ?
7.名無しさん:2018年09月18日 22:20 ID:if8wKX1a0▼このコメントに返信
奇跡で勝っても維持管理できんでしょ
今の日本と同じ人手不足
8.名無しさん:2018年09月18日 22:24 ID:UTnNL6.h0▼このコメントに返信
※1
仕組まれていただろ
国際連盟で人種差別撤廃を唱えた時から日本は白人の敵になったんだから
それから対日外交を見れば明らかに敵視してる
20年以上そんな状況だったんだから準備しない方がおかしいだろ
9.名無しさん:2018年09月18日 22:25 ID:RUbJXp8.0▼このコメントに返信
誰も言わないけど実は地の利ってやつもあった
但それはそれを利用して防御に徹するって方針を貫いた場合のみ効力を発揮するんだけどね
10.名無しさん:2018年09月18日 22:25 ID:ihZG0cpj0▼このコメントに返信
現有戦力をろくに失わずに開戦半年以内に西海岸に上陸出来てたら? とか思うけどそんな奇跡はおきないし そもそも大本営がアメリカ国民の厭戦感情に期待した講和しか考えてなかった以上敗北は時間の問題だった
11.名無しさん:2018年09月18日 22:27 ID:RJGBprwn0▼このコメントに返信
アメリカ視点だと、ミッドウェーで空母がなくなっても、講和する理由がない
ドック内に竣工を控えた大型艦が
既存艦隊の2杯分も控えているので、
いまある艦隊を全部すりつぶされたとしても、
士官さえ、ある程度は無事ならば、何とかなる
艦載戦闘機だって、零戦に対抗可能なF5Fが量産直前だ
パイロットも海兵も、ぞくぞく養成し、戦力化しつつある

現実に、MI数ヶ月後の南太平洋開戦で、動くアメリカ空母はゼロとなるのだが、
ソロモンの死闘のまっさい中である
講和のこのじもなかった
12.名無しさん:2018年09月18日 22:27 ID:jRtzHSS60▼このコメントに返信
通信が全て筒抜けだったんだろ。まだ薩摩や青森の方言を通信用の暗号に使った方が解読されなかったんじゃないか?
13.名無しさん:2018年09月18日 22:28 ID:xUpKim2d0▼このコメントに返信
アメリカに宣戦布告せずにアメリカの子分として第二次大戦戦ってれば 一応、戦勝国には成れたんじゃない。

今現在より良い国に成ってるかは、甚だ疑問だけど。
14.名無しさん:2018年09月18日 22:29 ID:DhKjay0b0▼このコメントに返信
当時の国力差は100倍とも1000倍とも言われてる時点で勝ち目は微塵も無かった
15.名無しさん:2018年09月18日 22:29 ID:ZtbaJBcu0▼このコメントに返信
アメリカに太平洋戦争で勝つなら日本海海戦並みの奇跡を起こし続けなきゃ無理

アメリカの戦争計画をその工業生産力が十全に発揮される前に破綻させ、物理的に戦争継続を不可能なまでに追い込む必要がある
よって、少なくとも開戦から一年以内に太平洋の米海軍戦力を殲滅させて、ハワイ占領するくらいまで行かなきゃいけない
16.名無しさん:2018年09月18日 22:30 ID:yfEY79s.0▼このコメントに返信
仕組まれた、って言ってる人間は大抵まともに本を読んでない。歴史を勉強してないしその気もない。自分の都合の良いデータだけつなぎ合わせてるだけ。

シナ事変から三国同盟までの事情をちゃんと知りたければ「西園寺公と政局」の6から8巻くらい読め。日米開戦前の日本政府内のグダグダ状態を知りたければ「杉山メモ」(とりわけ上巻)に大本営連絡会議や連絡懇談会の議事内容が全部載ってる。

バイアスかかった内容をちゃんと見極めて判断できる人間ならば、松岡洋右の評伝やハルの回想録を読んでも良い(嘘やごまかしをちゃんと見極められないと無駄だけど)

ともあれ、昭和16年の日米外交交渉を無茶苦茶にしたのは日本側以外の何物でもないよ。
17.名無しさん:2018年09月18日 22:30 ID:lqJhPDc70▼このコメントに返信
そもそも戦前は徴兵制があって全部じゃないにしろ国民(=有権者)の多くは兵役経験者
家族親族にも従軍者が多数いる、つまり東條じゃないが文字通り血で獲得してきた利権なわけで
こんな状況でしかもそれらが選挙権を持っていたら政府としてもそうそう撤兵だなんだと言い出すのは難しい
在郷軍人会も票田として明確に存在していたし、今でさえ憲法改正をロクに口に出来ない状態なんだから尚更
そういう意味では山縣の政党不信は的を射ていたわけでもある

仮に独裁者があの時日本にいれば戦争せずに済んだだろう
反対する奴は粛清すればいいんだから
18.名無しさん:2018年09月18日 22:30 ID:.CrVA3oT0▼このコメントに返信
当時の欧米に蹂躙されていたアジア情勢を見るにつけ、行くも地獄、行かぬも地獄。

であるなら座して死を待つより進んで活路を見出すというのが当時の日本人の思い。
19.名無しさん:2018年09月18日 22:31 ID:iaL9zNL70▼このコメントに返信
アメリカに当たりに行くとか自転車でトラックに突っ込むようなもんだろ
負けにいって負けた、それだけ
20.名無しさん:2018年09月18日 22:32 ID:r988JbzG0▼このコメントに返信
敵国を攻撃する軍事演習してるからいうて必ずしも攻撃するとは限らんのやで
21.名無しさん:2018年09月18日 22:32 ID:o62PnNci0▼このコメントに返信
仲介者がいれば可能性あったが仲介者がいなかったから無理
22.古古米:2018年09月18日 22:33 ID:wl1fBHEE0▼このコメントに返信
一番いい方法は、日露戦争の借財清算の為に「満州をアメリカに」「朝鮮をイギリスに」譲渡する事だよ。
後は勝手にやってくれるよ。
23.名無しさん:2018年09月18日 22:36 ID:0icBrAvs0▼このコメントに返信
ドイツがあんなだし、ロシアは裏切るし
大本営がアホだから、最前線を放置して撤退すらさせない
そして、結局日本が滅びるまで原爆落とされる
24.名無しさん:2018年09月18日 22:37 ID:4sarRmRS0▼このコメントに返信
実を言えば、国際連盟に居座っても実は何も問題はなかった。
25.名無しさん:2018年09月18日 22:37 ID:aH8Ej3gz0▼このコメントに返信
日独伊ソ四カ国同盟でアメさんに対抗だ
26.名無しさん:2018年09月18日 22:39 ID:miBDH.bD0▼このコメントに返信
1は日本の戦争は無駄だと言いたいのかと思うが
白人からアジア、アフリカを結果として解放したという意味では。
日本の勝ち。無駄な戦いでは無い。白人以外からは感謝されるレベル。
27.名無しさん:2018年09月18日 22:39 ID:vZda1zME0▼このコメントに返信
※2
それって韓国が北に支援するようなバレバレな事して制裁されないと思えるのかってことだよね?
バレたら日本とは輸出入しません、で日本は干上がるしそこまでかそれ以下の文明レベルになる。
叩くときは一気呵成に、後から後から送り込むのは下策なんでしょ。

しかしどうやって現地に武器の使い方から戦闘方法教えるのか、あのときは日本が統治しているからおおっぴらにできたけど
ゲリラ戦とか内緒でできたのか?

話ずれるが台湾が戦闘していた中国との軍事レベルってどんだけなんだ? 根本さんが指揮下とか言うが根本的な軍事的なものは
どういうものなのか、大陸から逃げてきたのが一応軍事関係者だったのか。
当時の台湾としては日本軍に鍛えられた人らが居たと思うけど大陸の戦争に参加したいと思う人は居たんだろうか。
28.名無しさん:2018年09月18日 22:39 ID:yfEY79s.0▼このコメントに返信
アメリカに勝つなら、アメリカ本土に上陸して、重要地点を複数制圧、占領して、なおかつ取り戻しに来た米軍の主力を殲滅して、米国民に継戦意欲をなくさせなければいけない。変な話、米海軍の軍艦の大半を沈めても、これがあるという覚悟を相手がしない限り、講和の話はでないよ。

少なくとも、本土要衝の大規模占領か、敵陸軍主体の殲滅の片方は必須だけど、どうやって実現できる?

英国だけなら、シンガポール攻略からインド洋の制海権をとって、さらにドイツの戦果待ちでオッケーだったかも知れないがね。
29.名無しさん:2018年09月18日 22:40 ID:a4XNhODU0▼このコメントに返信
※16
松岡洋右ねえ、微妙。
まだまだ資料や参考にすべきものが足りないね。
30.名無しさん:2018年09月18日 22:40 ID:.CrVA3oT0▼このコメントに返信
とりあえず朝鮮人と中共は引っ込んでろ。
31.名無しさん:2018年09月18日 22:40 ID:wUNLTaX10▼このコメントに返信
※11
F5Fスカイロケットか、なかなか面白い機体だよね
32.名無しさん:2018年09月18日 22:41 ID:c7vy5fQy0▼このコメントに返信
キッズ
今の日本とアメリカの国力でなんとなく日本勝てないだろ

キッズ
当時の日本の軍事力を知りこれいけるんじゃね

キッズ
当時のアメリカの国力を知りやっぱり無理

こんなとこだろうな
33.名無しさん:2018年09月18日 22:42 ID:yfEY79s.0▼このコメントに返信
※25

この四ヶ国でまともな海軍持ってるの日本だけだから、日本が真っ先にサンドバックになる羽目になるんだよね。最初からアホな計画そのもの。
34.名無しさん:2018年09月18日 22:43 ID:7YQUXkWi0▼このコメントに返信
行くも地獄、行かぬも地獄、これほど相応しい言葉は無いな。どうせ地獄に落ちるなら立ち止まるよりは前に進む方がいいって進んだのが真珠湾攻撃。そもそもそういう状況になるのを避ける方法は無かったのかと言われると無かったと思う。まずアメリカは国内のフロンティアが消えて本格的に国外にフロンティアを求めてたから太平洋の東西の覇者同士ぶつかるのは必然。日本は日本であの当時必死に国力を高めていかないと植民地化されてたし、高めた結果太平洋の東西の勢力としてぶつかったわけだからどっちに行っても地獄。
35.名無しさん:2018年09月18日 22:43 ID:Mg6rcq2Z0▼このコメントに返信
戦線が拡大し過ぎて兵站が機能しなくなったんでしょ。
原材料の輸入や補給の航路の安全確保もままならないし、挙句は兵士の命すら使い捨てじゃ勝てる訳がない。
はじめから対アメリカだけに絞ってればもう少しやりようあったかもだけど、結局は負けるんだろうなw
36.名無しさん:2018年09月18日 22:43 ID:DWjU4Rle0▼このコメントに返信
軍縮条約蹴ったのにアメリカとは戦えませんとは言えないよなー
37.名無しさん:2018年09月18日 22:48 ID:vZda1zME0▼このコメントに返信
※12

バレてたらしい。
日系のさつま関係者に翻訳されていたとか、東北はしらない
逆にアメリカはネィティブかどこかで少数民族の言葉でやって日本が解読不能となったとか。
かなりの暗号解読はしていたみたい日本、つつぬけもおおいけど。

装備の更新、二十年ぐらいつづけて戦争していたはずだけど効率的に作り出すという事は思いつかなかったのかできなかったのか
作ろうにも作るための設備が仮想敵国にしか無いという。
無いなりに頑張って作ったんだよね。

航空機やらなんやらの進化が早すぎた、ロケットエンジンだかで飛ぶなんて日本で考えられたのだろうか。
38.名無しさん:2018年09月18日 22:49 ID:ZtbaJBcu0▼このコメントに返信
開戦前なら、日独防共協定が分岐点だったな
あれさえ無けりゃ日本は中立か連合国側で第二次世界大戦を乗り切れたのに
全くアホなことをしたもんだ
39.名無しさん:2018年09月18日 22:49 ID:yfEY79s.0▼このコメントに返信
※34

当時の言い方だと、ジリ貧とドカ貧を選べ、で、なぜかドカ貧を選択したのが日本。アホなんだよね。

ともあれ、1940年代で植民地化なんて馬鹿言ってる人間はいないから。フィリピンも独立させようとしてたレベルだしね。まして日本は大国だった事を忘れんな。
40.名無しさん:2018年09月18日 22:49 ID:3syE438D0▼このコメントに返信
上から目線の珍アドバイス!
41.名無しさん:2018年09月18日 22:52 ID:ATUDIzdO0▼このコメントに返信
※8
差別反対を唱えたのに何でナチスと同盟組んでるんですかね・・・
42.名無しさん:2018年09月18日 22:56 ID:ftcLjMQM0▼このコメントに返信
※18
んで俺も俺もと中国や東南アジアを蹂躙したのが日本なんだよなぁ
いい加減「正義の解放戦争」という幼稚なヒロイック歴史観から目を覚ましなよ
43.名無しさん:2018年09月18日 22:59 ID:ftcLjMQM0▼このコメントに返信
「正義の解放戦争」とか「悪の侵略戦争」とか
歴史を単純明快な物語チックに考えると見誤るから気を付けないとな
44.名無しさん:2018年09月18日 22:59 ID:DkTKQWqu0▼このコメントに返信
1939年式シボレーにAT、オートクルーズ、パワーウインドーなどがついてるのを知って「こらハナから敵わなんわ」と絶望した。
45.名無しさん:2018年09月18日 23:01 ID:2Dqn8D9w0▼このコメントに返信
1941 12/8 アメリカと戦争したくない、講話したいから、奇襲攻撃しました ← すでにコレが間違ってる

実社会でもやが、知り合いに、理由もわからずいきなり殴られたら、話し合いに応じると思うか?
ワイならブチ切れて殴り返すわ
46.名無しさん:2018年09月18日 23:01 ID:agfHi5EC0▼このコメントに返信
まず何を持って勝つとするかが不明だが軍事的にアメリカ軍を無力化するまでだったら
今まで何十万回シミュレートして一度も勝てた試しがないのが全てだろう
47.名無しさん:2018年09月18日 23:03 ID:agfHi5EC0▼このコメントに返信
※45
それをいうなら戦争前に日本はアメリカに首絞められてたんだけど
48.名無しさん:2018年09月18日 23:03 ID:lqJhPDc70▼このコメントに返信
※41
ドイツ「ユダヤは追放しろや」
樋口「ヒトラーの御先棒担いで弱いものいじめするべきだと思いますか?」
東條「人道上当然の措置である」
ドイツ「ファーwww」

ハウゼン「敵は日本に絞るべきである」
蔣介石「せやな」
日本軍「ドイツ製武器鹵獲したぞ…配慮して某国製とかソ連製って言っとけ」

ホントなんで同盟したのか意味不明なんだよなぁ
49.名無しさん:2018年09月18日 23:05 ID:.fr4u0Sv0▼このコメントに返信
※45
真珠湾直後はアメリカ世論はビビッて講和を唱える声が大きかったことを忘れてはいけない
むしろその後のバターン死の行進みたいな捕虜虐待をやってアメリカを追い詰めたことの方が致命的
50.名無しさん:2018年09月18日 23:06 ID:cSMihoBk0▼このコメントに返信
※8
君の世界ではドイツ、イタリア、ルーマニア、クロアチアあたりの人々は黄色いらしいね。
51.名無しさん:2018年09月18日 23:09 ID:0or0U.6f0▼このコメントに返信
確かに大戦初期は日本軍艦艇は米軍艦艇に個艦の性能で勝ってた部分もあるけど、中期からは技術も戦術(ドクトリン)も生産能力も組織編成(人事選考過程)も全てが劣っていた
ウルトラCが起きても勝てる相手ではない
52.名無しさん:2018年09月18日 23:10 ID:xisaEw7d0▼このコメントに返信
どうやっても勝てるわけないんだよな、戦争するしかなくなった政治制度・外交
船腹も技術も資源も人も根本的に何もかも足りない
いくつifを重ねればいいんだよ

一ついじれば他にも影響出るし、そもそも戦争なんてする必要ないだろ
戦争しなくちゃいけなくなった時点で詰んでるんだから


戦争せずに済んだ世界線なら、上記の足りないものは満ちてるから
そもそも戦争する必要がないというジレンマw

勝てる用件をそろえると戦争しなくていい、勝てないから意味不明な戦争してるんだよ
53.名無しさん:2018年09月18日 23:10 ID:yfEY79s.0▼このコメントに返信
※38

防共協定は、モロトフーリッベントロップ協定で独ソが手を組んだ時に一度縁は切れたんだけど、フランスが一瞬で負けた事で調子に乗ってまたこの裏切り者と再度同盟組んだのが運の尽きだった。

フランスが負けた事で、アメリカが一気に親英国スタンスに変わった同時期に、自分から反英国同盟に頭突っ込んで、一瞬にして自ら米国の敵になったんだからね。
54.名無しさん:2018年09月18日 23:13 ID:jbQRomL10▼このコメントに返信
実は内緒にしてたけど一つだけ勝つ方法があったんだよ。最初からアメリカ側に付けば勝ったぞ。
55.名無しさん:2018年09月18日 23:13 ID:c3W3sGim0▼このコメントに返信
高度3000フィートから地上にうまく着地する条件は、ミスらずいいタイミングでパラシュートを
開けるかどうかだけであって、ノーパラシュートで両足をいくら踏ん張っても転がっても確実に死ぬ。
戦争を途中で講和に持ち込むかどうかは「パラシュートを開くのはいつか」なのであって、開く気がなければ
結果は見えてた。
ソビエトは同じ白人の工作員をルーズベルトの周りに配置できたが、日本人じゃ逆立ちしたって無理。
ソビエトをいくら講和の仲立ちにしたいと考えても、地政学上日本の土地が欲しいソビエトが協力するわけがない。
そこが読み切れなかった日本人が愚かだった。 同じ理由で北方四島は帰ってはこない。
56.名無しさん:2018年09月18日 23:13 ID:A9jDbSmK0▼このコメントに返信
※18
小野田さんとか横井さんも同じようなことを言ってたなあ。
やっぱり当時の日本人は純粋な人が多かったんだよ。
57.名無しさん:2018年09月18日 23:14 ID:YkF92ENa0▼このコメントに返信
ガチで当時の戦力差をゲームにしたらゲームが成り立たないとまで言わせたほどだからなぁ
58.名無しさん:2018年09月18日 23:14 ID:2Dqn8D9w0▼このコメントに返信
※49
いや、アメリカは戦前のが中立主義やったから日本とは戦争したがってなかった。
真珠湾攻撃で、政府が太平洋戦争に向けて国民を煽った結果、日本倒せって流れになった。

まあこの辺は今のアメリカとあんまかわらん。911テロのときみたいな感じやったんやろ。
59.名無しさん:2018年09月18日 23:16 ID:yfEY79s.0▼このコメントに返信
※49

アメリカ世論は、何時日本軍が大軍でハワイや西海岸に上陸して来るのかと戦々恐々としてたのは事実だけど(制海権喪失とはこういう意味だね)、講和しようという世論が大きかった、って言うのは信用出来ない。そもそも、一方的に攻撃受けた国が反撃せずに講和したがる、という例はまずないからね。

講和の話が出るのは、その国が「勝てない」と自覚して初めて起こる事だからね。
60.名無しさん:2018年09月18日 23:16 ID:7oJ7xbnj0▼このコメントに返信
*51
海戦直後以外、戦闘では勝っても作戦目標を達成できなかったり、作戦が戦略に全然繋がってないと批判される有様でなぁ。
というかそもそも戦略が行き当たりばったりなんだけど(笑)
61.名無しさん:2018年09月18日 23:20 ID:UZxSF.8c0▼このコメントに返信
国民の暴動が恐ろしくて満州を占領したままにしたみたいなコメントがあったが、
その通りなら、国民が暴動すような情報を流して煽った、当時のマスメディアが一番悪いって結論にしかならんわな。
ましてや「勝てる戦争何故やらぬ」とかほざいた当時のマスメディアは、万死に値する真の戦犯であろうな。
ネットがある現代でも、09年に民主党なんかに政権交代させるように誘導するだけの悪影響があったんだから、
ネットすらなかった時代のマスメディアの悪影響は相当酷かったことが簡単に想像できる。
62.名無しさん:2018年09月18日 23:20 ID:C6ovGICu0▼このコメントに返信
大東亜戦争は、負けてもやらなきゃいけないんだよ。日本には、アジア救済の聖業をやり遂げる使命があったんだ。勇ましく潔すぎる英霊様ありがとうございました。私は日本に生まれて本当に良かったと思います。
63.名無しさん:2018年09月18日 23:21 ID:oyRzG0dN0▼このコメントに返信
※57
HOIのチートアメリカでさえ現実よりデチューンされてるらしいな
64.名無しさん:2018年09月18日 23:21 ID:RUbJXp8.0▼このコメントに返信
軍備とは安全保障の為に存在する、なんて概念は第二次大戦を経験した結果生まれたもの
大戦以前は軍事力は今日のGDPに相当する国の価値のランク付けそのものだった
このことを理解しない限り日本がアメリカの挑発に応じてしまった理由は判らない
65.名無しさん:2018年09月18日 23:22 ID:.fr4u0Sv0▼このコメントに返信
※58
んなわきゃないぞ
ルーズベルトは真珠湾が起こった直後ワシントン捨てて東海岸まで逃げたいとか言ってたからな
66.名無しさん:2018年09月18日 23:24 ID:KMEblBxj0▼このコメントに返信
暗号筒抜けで勝てるわけない
67.名無しさん:2018年09月18日 23:25 ID:GvbDBXQV0▼このコメントに返信
かつてハンニバルが戦術的勝利を重ねながらローマを攻略しきれないでズルズル逆転されたのを「戦略を知らない」と批判されることがあるけれど。ハンニバルが直面した都市ローマにはその時点ですでに通常の都市国家の10倍以上、50万とも推定される人口が暮らしていて、市民軍時代の潜在的予備兵力の多さを考えればこの一都市だけで少なくとも10万を越える兵力を持ち、さらに同盟市から万単位の兵数をかき集められるような国家相手に、わずか2~3万の手勢でこれを攻略しようなんてのがいかに無謀か。それでも当面の機動戦力を完全に瓦解させた時点で戦争は終わるハズだったのだけど、ローマは絶望に打ちひしがれる前に踏みとどまって戦争遂行を決断できた。戦術的勝利をいくら重ねてもハンニバルに勝ち目はなかった

日本軍は目の前に展開していた太平洋艦隊すら倒しきれず、後から増産されたり欧州方面のカタを付けて回航してくる新戦力に圧倒されてしまった。アメリカだって現実には資源なんて無限に湧いて出るわけではないんだけど、当時の常識的な国家の範疇からすれば並外れた資源・人材・兵器を生み出すことのできた無尽蔵の国家だったと言っていい。総力戦の時代じゃなければワンチャンあったかもね、というレベルで、少なくとも1918年以後の世界では自力で勝利まで漕ぎ着けるのは無理。アメリカが世論にほだされたりとか無能な政治家が実権握ってたりとか、そういう自滅みたいな展開を待つことしかできん
68.名無しさん:2018年09月18日 23:26 ID:yfEY79s.0▼このコメントに返信
※12

外務省の暗号訓電が全部筒抜けだったのが大きいね。特に甲案乙案の裏が全部ばれてて、しかも最悪な事に、交渉期限が11月25日まで、って切られてて、しかもそのあと軍事行動にうつる、っていうのがバレバレだった。だからわざわざ「これからの外交交渉のたたき台」っていうハルノート(観測気球)を送ってきたんだよ。

ところで、外務省と海軍の外電は全部解読されてたけど、陸軍の暗号は大丈夫だった。勿体ない事をしたもんだ。
69.名無しさん:2018年09月18日 23:26 ID:2Dqn8D9w0▼このコメントに返信
※65
でも実際逃げてないやん。
確かに大打撃与えたのは事実で、そういった事実があるかもしらんが。
政府が対日戦争に向けて世論煽って戦争に向けたという事実もあるし、挙句の果てには、まあガセやろうけど真珠湾攻撃陰謀論なんてのもある。

ちょっと情報が偏り過ぎやで。一つの文献だけやなく、多方面から学びや。
70.名無しさん:2018年09月18日 23:29 ID:yfEY79s.0▼このコメントに返信
※65

ワシントン(dc)って東海岸じゃん。ルーズベルトはどこからどこへ逃げるつもりだったの?
71.名無しさん:2018年09月18日 23:31 ID:xisaEw7d0▼このコメントに返信
誰も勝てると思ってないし、アメリカと戦争したくないし、その為なら中国から撤兵したっていい
でも言いだしっぺになると責任負わされるし、責任取りたくないから戦争するわ

ドイツがソ連に勝ってくれれば、もしかするともしかするかもしれないし…

ほんまこんな感じだから笑えねえ
どんだけ終わってんねん
72.名無しさん:2018年09月18日 23:32 ID:KTUHAbws0▼このコメントに返信
良く「日本はアメリカの真の実力を知らなかった(馬鹿だった)」から開戦してボロ負けしたって言う人が居るけど、情報化・国際化が進んだ現在の人間の感覚と、情報入手の手段が限られていた1930~1940年代の人間の感覚は、全く違う。

実際、アメリカ側も日本を過小評価していて、開戦すれば日本を瞬殺できると思っていた(だから、平気で日本を圧迫していた)。フィリピンやシンガポールが日本軍の手に落ちるなんて展開はカケラも予想していなかった訳で、日本の政府や軍が「無能・馬鹿」なら、アメリカの政府や軍も「無能・馬鹿」という事になる。
73.名無しさん:2018年09月18日 23:34 ID:RF.QtY.S0▼このコメントに返信
※67
日本が勝てる手段考えたらミッドウェー~オーストラリア封鎖~ハワイ占拠までの構想が大体一緒になるのが面白いところ
どうあがいても連戦連勝前提の構想になるのが悲しいところさん
74.名無しさん:2018年09月18日 23:37 ID:yfEY79s.0▼このコメントに返信
※67

多分アメリカは、1941年当時、世界で唯一自給自足が出来た国だろうね。日本が一番無謀だったのは、独ソ開戦以降、工業分野での補給路が無いことを考慮出来なかったこと。石油とゴム鉛以前に、日本は米国からの輸入が生命線だったし、ドイツとはソ連が友邦でない限り連絡が取れない。

独ソ開戦時点で、日本の選択肢は、全ての戦争を諦めるか対ソ参戦しか無くなったんだよね。
75.名無しさん:2018年09月18日 23:37 ID:uzq2WkES0▼このコメントに返信
空戦で勝てなくなるからな
2000馬力を量産できないと厳しい
それまでに戦略的にどうにかするか、そもそもアメリカと戦争にならないようにするかという話になるだろう
76.名無しさん:2018年09月18日 23:38 ID:VdoYe.1N0▼このコメントに返信
1942年3月のセイロン沖で南雲艦隊が戦艦5隻と空母2隻を擁するイギリス艦隊を討ち漏らしたのが大きかったな。
あそこで捕捉して沈めていればマレー沖海戦、シンガポール陥落に続く大敗北としてチャーチルが失脚し、
イギリスは講和に動く可能性があった。

インドは独立に動き、そうなれば援蔣ルートも遮断され、供給立たれた中国も講和に応じ、エジプトより紅海に出た
ドイツ・イタリアと日本はアラビア海で繋がり、中東を抑えられたソ連も孤立、これらが1942夏までにできていれば、
ブラウ作戦~スターリングラード戦でドイツが勝利できた可能性があった。それでもソ連が降伏することはなかったかも
しれないが、イギリスが抜けた連合国の対ソ支援は弱まり、独ソ戦は膠着状態、長期化しただろう。

残るアメリカだが、やはりそれでも強く、対日戦では1943年以降の太平洋は史実同様の経過を辿るだろう。
しかし欧州戦線ではイギリスが抜けているため、ノルマンディーへは上陸できず、ヒトラーは生き残ったかもしれない。
日本もソ連侵攻が上記の経緯で生起せず、千島樺太を失わずにすんだかもしれない。

しかしこれも最期は原爆を開発したアメリカに有利な講和に応じなければ史実以上の原爆を落とされていたかもしれない。
ただチャーチルも蒋介石もいない、ドイツと戦争中のスターリンだけではさすがのアメリカも無条件降伏までは
迫れず、講和によって満州や台湾を維持できていた可能性がある。朝鮮はいいかげん離れてもらって独立でいいけどね。

77.名無しさん:2018年09月18日 23:40 ID:xisaEw7d0▼このコメントに返信
どんな桶屋理論やねんw
78.名無しさん:2018年09月18日 23:41 ID:htCR48Du0▼このコメントに返信
戦争には、技術や理性だけでなく。計算できない人の感情が付き纏う。
当時は、白人以外人にあらず状態であり。もし日本人が白人だったら
従来どおり極地戦で勝ったが。全体戦になったから負けたのだ。
79.名無しさん:2018年09月18日 23:41 ID:RF.QtY.S0▼このコメントに返信
あとルーズベルトの病死によるトップ交代というタイミングもあるから場合によってはワンチャンもあったりする
けどロスアラモの原爆研究は止めようがないから結局使われることになりそう
80.名無しさん:2018年09月18日 23:43 ID:.fr4u0Sv0▼このコメントに返信
※69
だからこそ逃げずに踏みとどまって戦ったからアメリカは勝てたんや
人に歴史を進める前にまず発言を理解しろや
俺は日本が勝てたなんて一言もいっとらんわ
緒戦に勝ててもその後の戦争犯罪でいずれ日本がジリ貧になるのは当然だしな
81.北海道人:2018年09月18日 23:46 ID:iO7a31wL0▼このコメントに返信
戦前に既にエンパイアステートビルを建てれる工業力、技術力があった。世界中には今でもエンパイアステートビル級の建物を自国で建てれる工業力、技術力が無い国がゴロゴロある。まともにやり合ったらどんな事をやっても無理だろう。
82.名無しさん:2018年09月18日 23:46 ID:.fr4u0Sv0▼このコメントに返信
※70
かわいそうに
アメリカの地理もわからないおバカさんだったのか
83.名無しさん:2018年09月18日 23:47 ID:ueDJHFf50▼このコメントに返信
部品やら何やら共通化するだけでもっと戦えたんちゃう
陸海軍も独自開発させずに効率優先
資源ないねんから無駄無駄無駄ァは排除してほしかった
84.名無しさん:2018年09月18日 23:48 ID:yfEY79s.0▼このコメントに返信
※82
ひょっとしてワシントン州とワシントンを混同してる、とか?
85.名無しさん:2018年09月18日 23:53 ID:FCXmm0xP0▼このコメントに返信
海軍的には艦隊決戦で講和というシナリオだったんだろうけど
その艦隊決戦に向けた筋書きを描いていない時点で泥沼確定
そうなりゃ負けるのは日本というのは戦前から重々承知してたはずなんだけどねぇ
86.名無しさん:2018年09月18日 23:55 ID:6jnDM8H.0▼このコメントに返信
今の価値観で見るとリットン調査団の報告書は呑める内容に思えるけど
当時の日本国内の世論は妥協を許さないだろう。
アメリカとの全面戦争は避けようがないので仕方がない。
87.名無しさん:2018年09月18日 23:56 ID:oWgqMLNG0▼このコメントに返信
※61
現代と比べてメディアの検閲統制が段違いだから、メディア害悪論は筋悪だろ。
つうか、百歩譲ってメディアに国民が煽られた事が原因だったとしたら、それこそが無能の証明やで。
自国のメディアコントロールさえ全くできない情報戦下手が、他国との情報戦に勝てる訳が無い。
当然戦争にも勝てんわな。
88.名無しさん:2018年09月18日 23:57 ID:ZtbaJBcu0▼このコメントに返信
※65
すまん、検索かけても出てこないんだが、その話どこの資料に載ってるか教えてくれ
89.名無しさん:2018年09月19日 00:00 ID:2296U7mv0▼このコメントに返信
※86

別に満州問題で日米が戦争になる事はないから、別に問題はない。はっきりいえば、三国同盟と南部仏印進駐問題がなければ、日米関係は多少冷却してても衝突してないよ。
90.名無しさん:2018年09月19日 00:04 ID:i66Ut3bG0▼このコメントに返信
※69
日本が一枚岩ではない様にアメリカも一枚岩ではない戦争の継続を望まない勢力も大きかった
もし真珠湾を落され西海岸に危険が及ぶ事態に陥ったとしたら他国に干渉し戦争を誘発させたと
戦争継続派を責められる様になるから講和の道が無かった訳ではない
91.名無しさん:2018年09月19日 00:08 ID:wJfLMIGg0▼このコメントに返信
真珠湾とかだけ前半部分だけでも十分善戦なんだよなぁ・・・
国力の差はしょうがない やると決めたんだし戦争は一国の都合でやるものでもないし
ただ個人的感想としてインパールは許されない
92.名無しさん:2018年09月19日 00:10 ID:63cs3XvD0▼このコメントに返信
国力の差だけなら何とかなったろうけどな。

鉄も石油も抑えられてて、どうやって戦うってんだよ?
アメリカに喧嘩吹っ掛けるなんて当時の日本人は頭おかしかったとしか思えん。
93.名無しさん:2018年09月19日 00:19 ID:yOOLVYLX0▼このコメントに返信
ジャッップは妄想と現実の区別ができない
70年経とうがこの種族特性は延々と受け継がれている
ソシャゲガイジやパテョンコガイジを見れば明らかだよ
分際も弁えずにアメリカに騙し討ち仕掛けた時代と何一つとして変わってない
94.ハインフェッツ:2018年09月19日 00:22 ID:0iWb.9Ug0▼このコメントに返信
※87
尾崎・ゾルゲ事件を知らないのかな?
事実、その”情報戦に負けて八百長の戦争をやらされた”というのが事実なのだよ。

で、「日本だけが一方的に馬鹿だった」で話を終わらすのは思考停止と違うのかね?
取りあえず今後は共産主義者は見つけ次第レンガでも投げつけてやるというのが歴史に学ぶ態度ってもんだろうがよ。
95.名無しさん:2018年09月19日 00:35 ID:vMo9Ujaz0▼このコメントに返信
戦争は外交の失敗だからな
負け戦に手をだした時にはもう終わり

96.名無しさん:2018年09月19日 00:35 ID:4oxLmvUP0▼このコメントに返信
日本は結局国内世論と軍の好戦派を抑えることができるやつがいなかった
もしいるとしたらそれは天皇陛下だろうけど、あのご時世だと暗殺なりされる可能性もあっただろうし、当時の年齢を考えるとね
97.名無しさん:2018年09月19日 00:45 ID:kIY4kb3r0▼このコメントに返信
全ては
1910年朝鮮併合の失敗w
民族から得たものは、日本との価値観が違い
負債と敗北だったw
98.名無しさん:2018年09月19日 00:53 ID:WxRqXOjV0▼このコメントに返信
※97
朝鮮に突っ込んだ金で東北の飢饉救済や産業振興してたら世界史が変わってた
マジデ
99.名無しさん:2018年09月19日 00:53 ID:d8OdJEmp0▼このコメントに返信
ミッドウェー海戦に勝利して、アメリカ海軍の空母群を一掃し、大陸打痛作戦(一号作戦)を1942年内に行っていたら大東亜戦争は日本の勝利。
100.名無しさん:2018年09月19日 00:58 ID:YIhAIYTM0▼このコメントに返信
戦争の勝利と、戦闘の勝利は違う。という人もいますよ。
負けは負け。こうしたら勝てたじゃなく、こうしたから負けた、の方が学ぶことは多い。

ってか、100回違うパターンで戦って(戦闘)、数回勝てるかもしれない相手に、
こうすれば勝てたなんて。
101.名無しさん:2018年09月19日 00:59 ID:2296U7mv0▼このコメントに返信
※99

大陸なんかいくら打通したって、アメリカ陸軍本体に全く損害を与えられない以上、絶対に戦争は終わらんわな。
102.名無しさん:2018年09月19日 01:00 ID:6sVS1rGm0▼このコメントに返信
開戦した時点で資源的に無理ゲーだった。
戦略的にば早期講和を望んでいるのを相手に気づかれてる時点で相手の作戦は嫌がらせして削ればいいじゃんとなる。
103.名無しさん:2018年09月19日 01:06 ID:CgFqTuMT0▼このコメントに返信
無知で申し訳ないが、時折、仮想戦記モノの小説を見ていると日独伊にソ連を加えた四国同盟を結成して枢軸国が連合国に勝利したというシナリオを見掛けるのだがそれは史実的に不可能ではなかったのだろうか?
フィクションだと解ってはいても中々、気になる設定。
104.名無しさん:2018年09月19日 01:12 ID:jx270X080▼このコメントに返信
アメリカは攻撃せず、イギリスつぶしに専念すればよかった。
インドを独立させて、中東から北アフリカを攻めれば、あとは
ドイツがなんとかやっただろう。
イギリスさえつぶせば、アメリカが戦争に介入する大義がなくなる。

105.名無しさん:2018年09月19日 01:52 ID:oZHgjm1z0▼このコメントに返信
戦争云々よりも当時の世界情勢の解説レスが勉強になりすぎる。日本史世界史勉強したくなるは。
106.名無しさん:2018年09月19日 01:53 ID:dOKkc8Pm0▼このコメントに返信
ハルノート以前にアメリカ議会へ直接赴いて「満州は東アジアの防共の砦、堕ちれば太平洋の向こうは全て真っ赤になるぞ」とアメリカの恐怖心を煽り、満州経営にアメリカを一枚噛ませるべきだったな
107.名無しさん:2018年09月19日 01:54 ID:2296U7mv0▼このコメントに返信
※103

四ヶ国同盟案自体は史実だから、ヒトラーが日本を裏切らなければ(独ソ開戦無しならば)成立してたかも知れない。でも、だからそれが勝利につながるかは疑問だね。というのも、日本の選択肢が対英開戦一択になって、米国はもっとはっきり対日制裁を厳しくするだろうからね。日米戦争の可能性が高くなれば、当然負けは必至。
108.名無しさん:2018年09月19日 02:18 ID:RwCI.YcN0▼このコメントに返信
ありうるのは負けずに講和なり停戦くらいで戦争になった時点で勝つのは無理だわな
109.名無しさん:2018年09月19日 02:24 ID:eEnMNHkE0▼このコメントに返信
ハワイ占領してたらどうなったんだろう
当時の日本はアメリカがどんな犠牲を払ってでも日本を叩き潰すとは思ってなかったからしなかったんだけどさ
白人が勝手に決めた約束事を日本は白人でもキリスト教でもないからって堂々と破って来るアメリカはまさに下衆の極み
110.名無しさん:2018年09月19日 02:25 ID:0BdlzXVE0▼このコメントに返信
奇跡に奇跡に奇跡が重なって上陸できてもアメリカはロッキーで徹底抗戦する予定だったから無理やろなぁ..
111.名無しさん:2018年09月19日 02:32 ID:VaWuIjeh0▼このコメントに返信
※103
戦略資源を自活できない国だけで同盟しても勝つのは難しいだろうなぁと。(ソ連は産油量たいしたことないし質も悪い)
外交交渉を有利にして戦争を防止する効果は期待できたかもしれません。
112.名無しさん:2018年09月19日 02:36 ID:Tft9XSSC0▼このコメントに返信
中央政府が有能で、満州軍人の暴走を止められていれば、
戦争に突入せずに傀儡満州を取れていたかも。
戦争に突入したら何をしても勝てない。
113.名無しさん:2018年09月19日 03:21 ID:D6fIjUbi0▼このコメントに返信
なんだこの反日ミリオタジャッ◯のスレは。臭
114.名無しさん:2018年09月19日 03:59 ID:Lc2DNCXp0▼このコメントに返信
※104
当時、英米可分、不可分論争ってのがあってな。結果、英米は不可分。
イギリスと事を構えれば必ずアメリカが出てくるだろう。に落ち着いてる。
115.名無しさん:2018年09月19日 04:00 ID:AylO02md0▼このコメントに返信
満州事変を「暴走した軍部が悪い」と、
山東半島より北と朝鮮より東を
国連(英米)にブン投げ、ユダヤ人を入植させる
もちろん石原莞爾は死刑
シベリア出兵んとき、きっちり傀儡緩衝国家をシベリアに
つくれなかったのが悪い

海洋国家なんだから、大陸に深入りせず、
粛々と艦隊を整備して、自由貿易を標榜するしかない
同じ海洋国家の英米と敵対した時点で間違っている
116.名無しさん:2018年09月19日 04:05 ID:yJfYcVo80▼このコメントに返信
勝つだけならどうとでもなる。
要するに天皇や軍トップが降伏をしなければいいだけのこと。
日本の十都市に核が落とされ国民の10%が死ぬ頃にはアメリカは戦費の増大と倦戦感情によって勝手に軍を引いていく。
イラクやベトナムでそうだったように。
てかそれが普通。国民の犠牲を憂いて自分から責任とって死刑になりにいく国のトップなんて日本くらいしかいない。
普通は誰も責任とらずにずるずると統治が崩壊して今のイラクやアフガニスタンみたいになり、社会主義化する。
本当、『日本国民にとって』天皇の存在がどれだけ有り難いものか他にこんな国無いよ?
117.名無しさん:2018年09月19日 04:06 ID:CgFqTuMT0▼このコメントに返信
※107※111
答えてくれてありがとう。
四ヶ国同盟案自体は史実なのですね。
しかし、やはりそれでも日米戦で勝利するのは難しいのか……。

論点は違いますが、仮に四ヶ国同盟が成立して、ソ連が対英、対仏でナチスドイツ、イタリアと共に枢軸国として参戦した場合、欧州戦線では枢軸側に勝ちの目はあったのですか(イギリス本土へ上陸して、ロンドン攻略?もしくはイギリスの降伏?)?
ドイツ的には東西で戦線を分断せずに西部戦線を注力出来るから比較的、可能性はあるように思えますけれど……。
それともこれもやはり早期に合衆国が介入してきて、戦争が長期化、泥沼化するのでしょうか?
118.名無しさん:2018年09月19日 04:13 ID:yJfYcVo80▼このコメントに返信
アメリカって実は統治が下手くそ。
相手の国占領しても統治が出来ないから、無法地帯作り出してどうにもならなくなって軍を引き上げる。
日本を上手く占領統治した?
努力したのは日本人だよ。
119.名無しさん:2018年09月19日 04:34 ID:hftBrEdT0▼このコメントに返信
※92
バ~カ!   すでにその石油という「致命的」戦略物資を禁輸され、日本は首を絞められてたんだぞ

つまり、日本が戦争を仕掛けたり吹っ掛けたんじゃネー!
日本は大人しく一方的にクビリ刹コロされるか、敵わぬと解っていても抗アラガう=応戦するしかない
そして、列強の一員である日本がそれに相応しいだけの「独立国の気概」をもつ以上、後者の道しかない

というか、独立国の気概が不要なら明治維新も不要で、最初から大人しく白人の植民地に甘んじろって話になっちまうぜw
あっ、アメリカの求めるようにシナだけで無くて満州までも放棄すれば禁輸は解けるが、この場合は昭和天皇が案じてたように「暴動では済まずに内戦はほぼ必タヒで、下手すると共産革命!」だろう

ま、日露戦後に満州開発にアメリカを招き入れれば日米戦争はなかったろうな。  ただし、日米の資金カからいったら長期的には満州権益の大多数は掠カスめとられて日本はオコボレでガマンし、アジアの独立は四半世紀をこえて遅れたなw
120.名無しさん:2018年09月19日 04:41 ID:Dvu6944X0▼このコメントに返信
政府や軍部に有能無能とか言ってもしゃーないで

その辺は討幕がどうのこうのまで遡っちゃうからね
121.名無しさん:2018年09月19日 04:42 ID:hftBrEdT0▼このコメントに返信



※93 の気痴害も  ※119 を読め!
あっ、千ョンコロってクソ虫やから無理だったなw



122.名無しさん:2018年09月19日 04:46 ID:Dvu6944X0▼このコメントに返信
そもそも遡れば、アメリカが関税・非関税障壁を設けまくりながら、門戸開放とか
ワガママ言って、しかも強引に実行までしようとしたのが悪いしなぁ

おかげで世界中大混乱やったで。ソ連は一人勝ちするし
そら戦争ぐらい起こるわ
123.名無しさん:2018年09月19日 04:48 ID:Dvu6944X0▼このコメントに返信
ブロック経済さえ無きゃ、ヒトラーも過激な事言ってるだけの名物オジサンで終わったかもな

ブロック経済のせいでマジで資源無くなって戦争するしかなくなったけどな
124.名無しさん:2018年09月19日 04:48 ID:13ELANzw0▼このコメントに返信
まーた石油禁輸からスタートするアホが居るな
なんで石油止められたのかも知らんアホが
125.名無しさん:2018年09月19日 04:57 ID:hftBrEdT0▼このコメントに返信
※95
正しくは「外政の本質こそ戦争で、外政の手段には外交と戦闘があり、これらを上手く使って【国威・国益】を追求する」だ。

戦闘は外交の失敗とは言いきれんよ
解りきった話だが、外交とは軍事カを「背景」にして行なうものだが、必要ならその力をいつでも行使する姿勢がないとね

眠いなぁ

126.名無しさん:2018年09月19日 04:58 ID:yJfYcVo80▼このコメントに返信
>124
日本が邪魔やったからや。
当時アメリカ国内でさえ黒人や有色人種は日本に希望を持っていて、白人様に結構反抗的で、日本に協力しようとしてた、らしい、
アメリカやイギリスみたいな白人様の国にとって日本は潰しておかにゃならん相手だっただけやで。
127.名無しさん:2018年09月19日 05:06 ID:2296U7mv0▼このコメントに返信
※117

ちょっと上に書いてる人がいるけど、ルーズベルト三期の特徴はその断固とした英国救援の態度なので、英米は不可分(参戦必至)だと思った方がいい。米国参戦をさせないためには、ドイツが電撃的に英国を落とすのが唯一の方法だけど、ドイツ軍には一気にドーバー海峡を渡る手段が無い。手こずればすぐにアメリカが大量の軍事物資やら駆逐艦やらをイギリスに送って来るから泥沼化必至、最悪は米国参戦。

この点でヒトラーは独ソ開戦を選んだんだよね。ソ連が無くなればチャーチルが諦めて譲歩するだろうし、アメリカも冬戦争の経緯から、ソ連を応援出来ないのも見えてたからね。

ところが四ヶ国同盟案を引きずってた日本が動かなかった。理由は陸軍のドイツへの不信感。そしてソ連が自動的に英国の同盟国になり、アメリカもソ連に物資を輸出できるようになった。この時点で計画は全て破綻状態。さらに南部仏印進駐で日本も米国の虎の尾を踏んじゃった。

さてさて、もしヒトラーがリッベントロップと松岡に乗って四ヶ国同盟を推進したとして、ヒトラーの選択肢は「イギリスを諦める」しか無いんだよね。そしてアメリカを納得させるには、無賠償非併合での講和しか無い。軍隊は、英国艦隊をそのままにして、ね。多分ヒトラーが納得しないだろうし、納得しない限り米国が納得しないから、イギリスは折れない。これで膠着。将棋なら千日手。
128.名無しさん:2018年09月19日 05:08 ID:0prFe3mS0▼このコメントに返信
これも、いつもやってる無駄な話!
で、勝てるとわかったから、どうなんだ?
勝ったことになるのか?まるで話が、朝鮮人!
129.名無しさん:2018年09月19日 05:10 ID:2296U7mv0▼このコメントに返信
※126

歴史でも国際政治分析でも、こういうアホな事を言い出した時点で終わり。
130.名無しさん:2018年09月19日 05:12 ID:yJfYcVo80▼このコメントに返信
※116
そこまでして勝つくらいなら負けた方がマシと考えて降伏なたれたんやな陛下は。
あの時点で処刑されない確率なんて、ほぼ0やったのによく決断なされたよ。
131.名無しさん:2018年09月19日 05:15 ID:hftBrEdT0▼このコメントに返信
※123
ホントそう  日米戦争も第2次大戦もその「最大原因は世界大恐慌とブロック経済」だしな

そして、大恐慌を引き起こしたのがアメリカなら、真っ先にブロック経済を始めたのもアメリカ(ホーリー=スムート法)という鬼畜っぷりw

寝るかぁ
132.名無しさん:2018年09月19日 05:18 ID:yJfYcVo80▼このコメントに返信
>129
アホかな~?
わりとアメリカの本音やったと思うけどな。
アメリカって移民の混成国家やで?
リンカーンの奴隷解放とかで自由で平等とかお花畑になってない?
133.名無しさん:2018年09月19日 05:21 ID:d8OdJEmp0▼このコメントに返信
※99。大陸打痛作戦で蒋介石にもはや日本軍に対抗する力がないと判断したルーズベルトとチャーチルは、スターリンの対日参戦推し進めたの知らないの?
1943年11月のカイロ会議ではルーズベルト・チャーチル・蒋介石が出席しているが、1945年2月のヤルタ会談の出席者はルーズベルト・チャーチル・スターリン。ここでソ連の対日参戦と南樺太・千島領有、日本軍捕虜の強制労働使用が米・英に承認された。つまり、1942年に太平洋の制海権を日本が奪った状態で、中国国民党を叩くという意味が理解出来ると思うのだか?
134.名無しさん:2018年09月19日 05:24 ID:d8OdJEmp0▼このコメントに返信
反日左翼が「反日ミリオタ」だとさ。
もはやレッテルすら支離滅裂か?
135.名無しさん:2018年09月19日 05:29 ID:hftBrEdT0▼このコメントに返信
※124
バ~カ!  日本の仏印進駐は相手国の「了解を得た合法的」なモンじゃ
それを「気にイラン!」といって一方的に「致命的レベル」の経済制裁を行なうのは全くの不当・不正な、
言わば、侵略戦争!

理由と制裁レベルが「キモ!」だぞ(笑)

もう終わる。
136.名無しさん:2018年09月19日 05:31 ID:2296U7mv0▼このコメントに返信
※124

日本が急転落の道に落ちたのは三国同盟から。そもそも独ソ不可侵条約があるのにドイツと同盟組んだら、世界に敵は英国だと宣言したのと同じ。(防共協定ならソだったのに) しかも米国はルーズベルトが三選されるときに、選挙がフランス敗北に引きずられて、英国絶対救援が規定路線になってた。これで日本は米国の準敵邦扱いに。 これでフライングタイガースにビンソン案その他、全部が動き出す。

しかし4月に日ソ中立条約が出来て、満州の日本軍が対ソからシンガポール~インド洋攻略に転用できるようになった事に焦ったアメリカは大幅に譲歩を決意して、N工作が進んで協同で了解案が作られたが、四ヶ国同盟案に熱をあげてた松岡がこれを潰し、激怒したハルも日米交渉をストップさせた。

この状態で独ソ戦が始まって、日本がシンガポールの目と鼻の先に軍隊を送ったら、アメリカが禁輸と経済制裁をかけたんだよね。

大抵の陰謀論言う人間は、日米外交が実質破綻状態になったこの時点から日米交渉が始まったと言い出すんだよね。
137.名無しさん:2018年09月19日 05:35 ID:d8OdJEmp0▼このコメントに返信
日独伊三国同盟は日本としてはソ連の参加があって「日独伊ソ四カ国」で初めて機能するものだったからな。独ソ戦が開始された時点(1941年6月)で「日独伊三国同盟」では対米戦争遂行不可能であった事は当時の東条英機内閣も認識していたんだがな。

まあ、対米宥和政策に180度変更したら確実に軍部からテロを受けてたな。
138.名無しさん:2018年09月19日 05:39 ID:2296U7mv0▼このコメントに返信
※135

そもそも日米諒解案で、アメリカが日本の「平和的手段による」南西太平洋地域での資源入手に協力するとなってた。全てシンガポールを攻撃させないための譲歩だったのに、それなのに諒解案は潰すは、南部仏印に「軍事行動」起こすは、では、当然アメリカは「自国の」資源の禁輸等々の行動起こすのが普通だわな。

この状況では日仏の間の合意なんか何の意味も無いよ。
139.名無しさん:2018年09月19日 05:41 ID:13ELANzw0▼このコメントに返信
※133
アホ?
あなたが合法云々を言うのであれば、アメリカは日本に石油を売る義務はないんだけど。
合法だよね。なーんの問題もない。
140.名無しさん:2018年09月19日 05:44 ID:d8OdJEmp0▼このコメントに返信
「タイ・フランス領インドシナ紛争」すら知らないで、日本軍の仏印進駐が大東亜戦争の切っ掛けと判断するのははいかがなものか?
141.名無しさん:2018年09月19日 05:48 ID:d8OdJEmp0▼このコメントに返信
※133。相手を勘違いしてるな。俺は合法云々はコメントしてない。戦局判断として南方作戦をやるならまず「大陸打痛作戦」の後に遂行すべきと主張してる。当然、太平洋の制海権を確保したまま。
142.名無しさん:2018年09月19日 05:52 ID:13ELANzw0▼このコメントに返信
※141
※139は※135向けだわスマン
143.名無しさん:2018年09月19日 05:57 ID:91sZSTP90▼このコメントに返信
敵を知らず、己も知らずでは一戦危うし
144.エンアカーシャ:2018年09月19日 06:28 ID:5LRSneEl0▼このコメントに返信
<精神未熟児>の妄言である、
<戦略>と<戦術>の、区別が出来ていない、
ソ連が、必ず、<日ソ不可侵条約>に違反して、宣戦布告無しの攻撃を行うと、確定しているのに、
それを計算に入れていないから、妄言と成る、

ドイツ軍が、
ソ連軍を壊滅させ、モスクワの30キロ地点まで接近した時に、日本がソ連に宣戦布告、
これが、唯一の、日本が戦勝する方法、

 → モスクワ以西の領土と工業力、軍のほぼ総力を失った、ソ連、
   アメリカからの、<無制限支援>が始まる前に、日本海軍が北方の海を制圧、
   アメリカの輸送船団が来たら、これを殲滅する  
   アメリカの輸送船団は、<フライングタイガース>と同じく、犯罪者集団なので殺戮しても、国際法上は合法、
   資源の無い<ソ連>は、これで滅亡する、

 → その後、イギリスを<戦艦大和>で撃破、イギリス側には、<戦艦大和>を撃沈可能な戦力が無い、
   イギリスが、滅亡しても、降伏しても、そこで戦争は終了する、
   資源問題が解決して、日本が、アメリカに、宣戦布告する必要性が消失するからだ、
   アメリカが、日本に宣戦布告する可能性は、ほぼ無い。
145.名無しさん:2018年09月19日 07:08 ID:1cpjGfVG0▼このコメントに返信
産業比が日本は第一次大戦後に重工業の入口に入ったばかりの軽工業。

一方アメリカは既に重工業で、生産する自動車、船舶、航空機からして段違い。

日本は一社で零戦を開発したものの、その後の後継機(高出力エンジン)の開発に苦しんでた。

アメリカは発動機メーカーを集めて、高出力エンジンを楽々開発。化粧品メーカーに薬莢生産等、それぞれの得意分野に国内民間企業を充てて、集中して合理的に兵器開発をしていた。
日本は一社でそれをやらないといけなかった。

だから、トランジスタ1個、ネジ1個のレベルからしてアメリカには、敵わないと当時の日本兵は愕然とした。日本軍が阻止しようとした飛行場建設も、あっという間にブルトーザーで整地してしまう。

民間工業力=総力戦

これがないと、小手先の兵器能力だけで勝敗を語りがち。
146.名無しさん:2018年09月19日 07:10 ID:zqZGOLvf0▼このコメントに返信
 アメリカの軍艦が完成していく時期からすると日本が完成前にアメリカ本土の港湾施設を襲撃できる可能性は、大体4割くらいあった
戦力比からしてね…完成してない軍艦が沢山あっても的が多いだけなんだよね

 争い事に「機」ってのは無茶苦茶大事なんだよ・・・プロ野球とか同じ選手が何度も対戦するスポーツを見りゃわかるだろうけどね
147.名無しさん:2018年09月19日 07:42 ID:JWb8a7Pj0▼このコメントに返信
アブグレイブ刑務所と同じことを日本人捕虜にもしていた米国
何百年たっても変わらない白人習性
148.名無しさん:2018年09月19日 07:50 ID:yJfYcVo80▼このコメントに返信
※146
艦船はほぼ全て大西洋の港湾で作ってたから港湾襲撃でドッグを狙うのは厳しいぞ。
せいぜいパナマ運河を落とせるかどうかだが、アメリカも分かってるから当時のパナマはむちゃくちゃ堅固な要塞化されていた。
やはりアメリカは戦線を迫らせてアメリカ国民に危機感を与えるよりは、フィリピンだけ落として油道を確保したらひたすら籠って講和を持ちかけ続けるのがもっとも勝てる確率が高いと思う。
それでも勝率1割あるかどうかだが、
149.名無しさん:2018年09月19日 08:36 ID:Mdz3aMJO0▼このコメントに返信
つまり韓国が悪いんですね!
150.名無しさん:2018年09月19日 09:19 ID:XUridOZB0▼このコメントに返信
※119
バカはオマエだw
書き込む前にちゃんと考えろ。
151.名無しさん:2018年09月19日 09:22 ID:rBQoljdU0▼このコメントに返信
ま、粗鋼生産量だけ比較しても、あ・・・みたいな話になるからね、アメリカさん。
152.名無しさん:2018年09月19日 09:38 ID:7bnoLK300▼このコメントに返信
イギリスでパラベラム弾ってステン、ランチェスターとスターリング短機関銃くらいではないかな?
要は短機関銃専用弾。

153.名無しさん:2018年09月19日 09:59 ID:nqFFv.aX0▼このコメントに返信
毎度出てくる、ソ連に攻撃しとけば〜はなんなん
なんでアメリカと戦争する必要があったか絶対分かってないだろ
ニワカの脳内の戦争では相手を殴ってギャフンと言わせれば勝ちみたいなゲームみたいになってそうで不安しかないんだが
ソ連と戦っても目標を達成できないんだから戦う意味がない
ソ連と戦って何かがどうにかなる状況ならそもそも戦争になってない
154.名無しさん:2018年09月19日 10:53 ID:d8OdJEmp0▼このコメントに返信
独ソ戦が始まって日本外交の「日独伊ソ四ヶ国同盟構想」は崩壊。日米開戦でヒトラーはソ連東西挟撃構想が台無しになったと激怒。

つまり、「日独伊三国同盟」は全く無意味だったどころか、軍国主義大日本帝国が戦後、「天皇制ファシズム国家」のレッテルを貼られる理由になってしまった。
155.名無しさん:2018年09月19日 10:55 ID:.wjcSsck0▼このコメントに返信
相手が多すぎる

アメリカだけも大変なのに、アメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリス・ロシア・オランダ・中国などなど
これだけの国を一国だけで相手したのは、後に先にも日本だけだろう
156.名無しさん:2018年09月19日 11:32 ID:rLj6G2Yl0▼このコメントに返信
対米開戦前に突然、枢軸裏切って、対独参戦。
これしかない。
157.名無しさん:2018年09月19日 11:34 ID:1o.F05Oa0▼このコメントに返信
※155
ドイツ「は?」
158.名無しさん:2018年09月19日 11:54 ID:d8OdJEmp0▼このコメントに返信
対独参戦?
宣戦布告だけで終わるだろ?
1941年の国際情勢で実効のない宣戦布告など無視されるだけ。第日本帝国周囲に独伊の領土ないし。
159.名無しさん:2018年09月19日 12:27 ID:XUridOZB0▼このコメントに返信
※158
ロシアの動きがな・・・
残念ながら当時の日本人はまだドイツによる抑止を信じてたんやで。
流石に上の方は知ってたろうが、民衆が許さんと思う。

160.名無しさん:2018年09月19日 12:43 ID:d8OdJEmp0▼このコメントに返信
イギリス、オランダには完勝。日本がイギリスの東アジア艦隊を壊滅させたからインド独立もガンジー方式で可能だった。
161.名無しさん:2018年09月19日 12:52 ID:PR4AM7zP0▼このコメントに返信
例えば、ミッドウェーで完勝したとする。
あり得ないけど、日本側は母艦全艦健在、航空隊の損耗1割以下、米軍は母艦3隻以下水上艦艇壊滅、航空隊全損したらどうかな?
流石に世論を動かせると思うが…
ソロモン方面に割ける戦力も無くなるかも。
162.名無しさん:2018年09月19日 12:54 ID:1o.F05Oa0▼このコメントに返信
※160
ビルマで本国軍相手に完敗してんじゃん
インド洋抑えても内陸のインパール コヒマは関係ない
163.名無しさん:2018年09月19日 13:38 ID:2296U7mv0▼このコメントに返信
※158

無視されて良いんじゃない。アメリカに、日本は対ソ対英(シンガポール)参戦しない、っていう宣言になるから。

言い換えれば、これをはっきりさせるだけで日米交渉はまとまったのに、外務省その他が「ドイツを裏切れない」と言い出すんだよね。あれだけ散々裏切られたのにね。
164.名無しさん:2018年09月19日 13:54 ID:PAik2r6F0▼このコメントに返信
開戦と同時に全機特攻すれば勝てるかもしれないが
そんなことは実行できない
165.名無しさん:2018年09月19日 15:49 ID:lPFQ059H0▼このコメントに返信
ドイツからのロシア戦参戦要求に応えていたら勝ったかも
日本が後ろから攻めたら終わりだろうロシアもそれを
一番気にしていた見たいだからね 、ドイツのヨーロッパ侵攻はほぼ終了
後はアメリカを三国同盟で叩くだけに成る
166.名無しさん:2018年09月19日 15:58 ID:d8OdJEmp0▼このコメントに返信
大日本帝国海軍がインド洋の制海権を掌握し兵站を維持した状態で、インパール作戦なんて実行すると思う?
飢餓状態で無茶な行軍で疲労困憊した日本軍にイギリス本国軍が勝った?
インド洋の制海権を掌握され1942年のイギリス海軍はケニアまで後退してたんだか?
どうやってミャンマーまでイギリス本国軍を運ぶ?

167.名無しさん:2018年09月19日 17:04 ID:7bnoLK300▼このコメントに返信
※166
セイロン沖海戦の一か月後には、イギリス本国から第2歩兵師団が普通にインドに来援してるよ。
168.名無しさん:2018年09月19日 17:06 ID:IX4qmROx0▼このコメントに返信
※18
アジア解放という旗印を持ち出したのは開戦後。戦争の大義を考えろっていうことになって急遽持ち出したもの。
それまでチャイナ本土やら仏印やらに進駐してたんだから、アジア解放なんて旗印(それを信じて頑張った人がいたことは否定しないが)が取って付けたようなものだということは明らか。
歴史を勉強せい。
169.名無しさん:2018年09月19日 17:08 ID:p7A7Zpia0▼このコメントに返信
物量っていうのは、物をそこに持ってるっていうことじゃなくてそれを造れるっていうことだから。
開戦時がピークっていうなんともね。
170.名無しさん:2018年09月19日 17:08 ID:IX4qmROx0▼このコメントに返信
※22
権益を一部譲るだけで十分。独り占めしようとしたから悪い。ハリマン提案を蹴った小村寿太郎が悪い。
英米に権益を一部渡すのは胸糞悪いが、相手の方がつおいんだから仕方がない。国際政治ってのはそんなもん。
171.名無しさん:2018年09月19日 17:09 ID:IX4qmROx0▼このコメントに返信
※24
対日制裁食らいそうだったからその前に脱退したというような経緯だったと思う。
172.名無しさん:2018年09月19日 17:10 ID:IX4qmROx0▼このコメントに返信
※26
その論理って、
「その前にお前チャイナに攻め込んでたじゃん? 仏印進駐しても解放してないじゃん?」
って言われちゃうんだけど。
アホだと思われるから言わない方が良い。
173.名無しさん:2018年09月19日 17:12 ID:IX4qmROx0▼このコメントに返信
※34
満州事変以降の外交と軍部のちぐはぐぶりを見てみろよ。
いくらでも引き返すポイントはあったよ。
ちっとは勉強しろアホ。
174.名無しさん:2018年09月19日 17:16 ID:IX4qmROx0▼このコメントに返信
※65
ワシントンDCは東海岸なんだけど…
お前のアホぶりを満天下に知らしてくれてありがとう。
175.名無しさん:2018年09月19日 17:24 ID:IX4qmROx0▼このコメントに返信
※99
太平洋に浮かんでる空母いくら潰しても無駄。アメリカは月刊空母と言われるぐらいガンガン空母作ってた。
潰すならハワイを占領するか、西海岸のドッグを潰すぐらいしなきゃ無理だが、西太平洋の小島への補給もろくにできない日本が西海岸に地上軍を派遣できるはずもない。
あと、大陸打通(打痛じゃないよww)してもアメリカは痛くもかゆくもない。むしろ兵力を無駄に中国大陸で浪費してくれてありがとう、ってなもんだ。
176.名無しさん:2018年09月19日 17:26 ID:IX4qmROx0▼このコメントに返信
※119
バカはお前だ。
石油禁輸に至る経緯をよく勉強しろ。
177.名無しさん:2018年09月19日 17:26 ID:IX4qmROx0▼このコメントに返信
※119
バカはお前だ。
石油禁輸に至る経緯をよく勉強しろ。
178.名無しさん:2018年09月19日 17:26 ID:xVrlfUmk0▼このコメントに返信
そりゃ米軍がガーランドやらトンプソンやBARでガンガン撃ってくる中で
ボルトアクション使ってりゃ負けるわ
179.名無しさん:2018年09月19日 17:32 ID:IX4qmROx0▼このコメントに返信
※135
フランスの了解を得たとしても(その当時のフランスの状況を考えれば了解の意味がわかるとおもうが)、それが米英にとってどういう意味があるかわからんのかね?

マレー植民地、シンガポール、フィリピン。南部仏印に進駐されることがこれらの米英の権益にどういう影響を与えるか? 米英がどう感じるか?
フランスがOKしたとか、米英にとっちゃ知ったことか!だよ。
そこら辺も理解できないお前はアホ。
180.名無しさん:2018年09月19日 17:39 ID:IX4qmROx0▼このコメントに返信
※160
少なくとも英には勝ってねぇだろ。
PoW沈めて、シンガポール落としたのは大したもんだと思うけど。チャーチルもPoW沈められたのは生涯最大の衝撃と言ってるくらいだし。
東洋一の要塞と言われたシンガポールがあっさり陥落したのも英にとっては大ショックだったらしい。
でも、その先がねぇ。ビルマ戦線でもぼろ負けだし、終戦間際には英の戦艦がバカスカ本土に艦砲射撃してるし。
181.名無しさん:2018年09月19日 17:42 ID:IX4qmROx0▼このコメントに返信
※163
枢軸から抜けたということが明らかになるだけで、アジアの米英権益への脅威は全く変わってないからね。
むしろ(使えるかどうかは別として)ドイツというカードを失い孤立無援になった日本に対して米がさらに強硬な態度に出てくるだけだと思う。
182.名無しさん:2018年09月19日 17:47 ID:IX4qmROx0▼このコメントに返信
※178
日本も軽機はあったけど、そんなもの一般兵士に持たせても弾が補給できないから無意味だった。
バカスカ撃てる銃を一般兵士に配っても、しっかり弾を補給できるってのが米のすごいところ。
工業生産力、補給力といった総合的な国力がないと実現できない。
183.名無しさん:2018年09月19日 17:50 ID:z30pZ0lS0▼このコメントに返信
フランスと共同でインドシナに乗りこんだ日本の立ち位置は完全に(欧米側)なんだな
だからホーチミンは日本もフランスも平等に殴った

脱走日本兵がベトナム独立に協力?
あれはフランス軍に追われていた日本の脱走兵がベトミンに拉致られて協力させられただけですやん

184.名無しさん:2018年09月19日 18:18 ID:XUridOZB0▼このコメントに返信
※165
ノモンハンの時の事も有るからドイツは信用出来ない。
日本が参戦した途端手のひら返して・・・って事も有り得る。
ドイツなんて全く信用出来ない。
185.名無しさん:2018年09月19日 18:21 ID:ikBzl11y0▼このコメントに返信
日本国民にボコられるから無理
焼き討ちやりすぎなんだな
186.名無しさん:2018年09月19日 18:37 ID:2296U7mv0▼このコメントに返信
※185

日比谷焼き討ち事件に幻想持ちすぎ。
187.名無しさん:2018年09月19日 18:41 ID:2296U7mv0▼このコメントに返信
※181

ドイツなんか何の後ろ盾にもならない。英国はアジアに構う余力もない。唯一の相手のアメリカは国際法重視だから、日本が戦争をしない、と言い出したら手も足も出せない。今の北朝鮮とおなじ。
188.名無しさん:2018年09月19日 19:35 ID:2Q3zWuhX0▼このコメントに返信
「なにがあっても絶対負けたって言わない!」って世論統一してるアメリカに「負けました」って言わせることができないから、絶対に日本の勝ちはない。
日本の拡大とそれがきっかけで起きた米英との摩擦を、ブロック経済圏の確立とそれに伴う日本製品の市場排除を原因とするならば、この戦争の勝利条件は日本製品の市場復帰であり、その点で戦後日本は戦争の勝利条件を達成しているとみなすことができる、というような論調もある。
189.名無しさん:2018年09月19日 19:42 ID:d8OdJEmp0▼このコメントに返信
※167。日本の南方作戦がインド及びインド洋方面から、米豪遮断計画に移行した間隙を縫っての派遣だな。
実際、イタリア、ドイツからはイギリス東洋艦隊の殲滅ではなく、完全消滅を求める要求が出でいたからな。
連合艦隊1セットでインド洋から太平洋の地球上の半分の海域の制海権掌握は不可能だからな。
190.名無しさん:2018年09月19日 20:03 ID:4JiJaWS.0▼このコメントに返信
※76
勝てる方法といえばこれしかない
にわかはミッドウェーやらガ島やら持ち出すけど
勝ったところでどう考えても先行きが見えない

能無し海軍は米空母しか眼中になく、インド洋の重要性にほとんど気づいていなかった
援蒋、援ソ、北アフリカ、インドおよび中東の英軍の命綱はインド洋だったにもかかわらずだ
インド洋を日本軍が抑えたら、シナ、英とは講和になった可能性は高い
講和にならなくても、ルーズベルトに泣きつき、米軍はコロンボ奪回作戦のため、米空母をはるばるインド洋まで回航するはめになる
ガ島に比べれば補給線の長さでは日本が遥かに有利に戦えるから善戦できたはず

結論:五十六がアホすぎた
191.名無しさん:2018年09月19日 21:13 ID:d8OdJEmp0▼このコメントに返信
※190、その通り。
馬鹿がミャンマーで大日本帝国陸軍がイギリス本国軍に負けたとかコメントしてたが、大戦後期に大牟田廉也の馬鹿作戦など自滅作戦で、飢餓で疲労困憊の日本兵を殺戮しただけの話だ。
イギリス東洋艦隊を全滅させインド洋から地中海まで打通を行なっていたら大東亜戦争は分からない。

出来れば、この場合対米参戦がないと想定したい。
192.名無しさん:2018年09月19日 21:15 ID:Z7y9FUoT0▼このコメントに返信
ちゃんとアメリカ主要都市空爆すればあっちで戦争反対が起きるってよく聞くけどマジなの?
193.名無しさん:2018年09月19日 21:36 ID:E2T.9o150▼このコメントに返信
アメリカにはマンハッタン計画がある。これを潰さない限り(物理的法方で)アメリカは
講和には応じない。
194.名無しさん:2018年09月19日 21:40 ID:E2T.9o150▼このコメントに返信
日本海軍は粘りが無い。もうひと押しでの戦果確定をしていない。(貧乏が悪い)
アメリカは艦艇の損失に対して人員の損失が少ない。
195.名無しさん:2018年09月19日 21:57 ID:yFRKF5FN0▼このコメントに返信
開戦前に伊400量産させて潜水艦隊作れば行けたやろ()
196.名無しさん:2018年09月19日 22:26 ID:2Q3zWuhX0▼このコメントに返信
※190
インド洋って結構広いぞ?ガ島がインド洋になっただけで、潜水艦と駆逐艦をすり減らして対米作戦に支障をきたす気しかしないのだが。インド洋を押さえるっていう表現も具体的にどうするのよ。インドからスピットファイアがいなくなるまで空母艦載機をフル稼働させるのか?例え英国の主力艦隊をアフリカ東岸まで追い払っても南アジア沿岸部の制空権が確保されてたら、シーレーンの遮断って無理じゃない?まさかスリランカ上陸作戦でもして確保した空港に海軍航空隊を配備するつもり?言葉にすれば簡単だが、かなーりやっかいなこといってるぞ。
197.名無しさん:2018年09月19日 22:43 ID:d8OdJEmp0▼このコメントに返信
インド洋より太平洋の方が広いだろ?
しかも、もはやイギリス東洋艦隊の拠点は東アフリカだけだし。太平洋の索敵より遭遇確率は高い。

独伊は地中海、大西洋、インド洋の制海権を日独伊で掌握すれば連携出来ると考えていた。
日本の外務省と海軍は対米強硬論だったからな。南方作戦を米豪遮断作戦に移行してしまい、連合艦隊によるインド洋制覇を逃した。
198.名無しさん:2018年09月20日 04:43 ID:0035YaTZ0▼このコメントに返信
※138, ※139
バ~カ!舌先三寸でゴマカシて逃げてるだけで何も反論になってネーぜw
「キモ」として教えた核心はやはりどうにも敵わぬようだな(笑)

国際法では「重度のレベル」の経済制裁は「完全な戦争行為」だ。もちろん、今の対北千ョン向けのように、それに相応しい理由とそれに釣り合った理由があれば、「その制裁」は「正当な反撃」として許される。つまり、先に制裁を吹っ掛けても、人権などの自然権と同じく国家の固有の権利たる自衛権「など」の一環として、合法化されて他からとやかく言われる筋合いはなくなる。

しかし、あの時のアメリカには「致命的レベル」の制裁をかけても合法とされるだけの「甚大な落ち度」は日本にはないぞ。アメリカが勝手に不信を募らせて気に入らないしっ実行したと見なされるようじゃダメなんだよ p g r
199.名無しさん:2018年09月20日 04:50 ID:0035YaTZ0▼このコメントに返信
※150
中身のある反論ができネーから、捨て台詞だけ吐ハいて逃げちゃったのかよwww

200.名無しさん:2018年09月20日 05:09 ID:0035YaTZ0▼このコメントに返信
※168
対アメリカの宣戦布告という応戦布告の大義を考える時、アジアの植民地解放を入れようという声がケッコウ挙がったんだな
しかし、「好んで戦争を仕掛けるのでは無く、追い込まれて止むを得ずに受けて立った戦争!」という日本の立場を強調したいとの陛下のご意向で却下され、「自存自衛」の一点だけに絞られたに過ぎん

だから「大東亜共栄圏」建設は元々の「腹案」で、為るべくして復活したのさ
201.名無しさん:2018年09月20日 05:22 ID:0035YaTZ0▼このコメントに返信
※172
横から言うけど
日本とシナの戦争は、口火の小競り合いの盧溝橋事件も全面戦争化した第2次上海事変も、シナの方から攻めて来たんやで
そのくせに弱っちいから日本が押し込んでいただけやん

202.名無しさん:2018年09月20日 05:28 ID:0035YaTZ0▼このコメントに返信
※176
バ~カ!  ※135 に簡潔に出とるぞ クソ間抜けめ(笑)

203.名無しさん:2018年09月20日 05:30 ID:YDSloQfx0▼このコメントに返信
勝てると思うなんてなろうの作者と頭のレベルが変わらん
まぁ日本軍自体が頭なろうなんですがね
204.名無しさん:2018年09月20日 05:34 ID:0035YaTZ0▼このコメントに返信
※179
バ~カめ! すり替えて逃げたのかよw 情けネーぜ(笑)
※198 を読めよ、クソ虫くん!

205.名無しさん:2018年09月20日 05:39 ID:0035YaTZ0▼このコメントに返信
※183
妄想に逃げてウソ撒きちらしても事実はかわらんのぉw
さて寝るわい

206.名無しさん:2018年09月20日 10:12 ID:jN6XP6N00▼このコメントに返信
※197
>もはやイギリス東洋艦隊の拠点は東アフリカだけだし

つ【アッズ環礁】
207.名無しさん:2018年09月20日 10:24 ID:YrepFVq70▼このコメントに返信
U-ボートや日本海軍潜航艇に船舶沈められてたじゃん。本格的にインド洋制圧を目指していたら瞬殺のミニ軍港。
208.名無しさん:2018年09月20日 16:02 ID:ibG8f0yV0▼このコメントに返信
※198

あなたは自分では国際法を何もわかってない癖に、言い訳には「国際法が~」とか言うから馬鹿を晒し出してしまうんだよ。その馬鹿が他者を馬鹿扱いしても、誰にも説得力は無いよ。

国際法では、個々の国に主権がある以上、禁輸その他は基本的に各々の国の裁量権内。ただし、これらの「紛争」を戦争で解決する権利も個々の国に存在するわけ。この話は結局、開戦が合法か違法か、っていう東京裁判史観の争点にはなるけど、戦争を回避するかしないか、っていう昭和16年の日本政府には全く意味の無い論点なんだよ。合法なんだからね。
209.名無しさん:2018年09月20日 16:45 ID:jN6XP6N00▼このコメントに返信
※207
Uボートはともかく、日本の特殊潜航艇がアッズ環礁を襲撃したことなんてないよ。

ついでにトリンコマリーもコロンボも基地機能を失ってないし。
210.名無しさん:2018年09月20日 20:17 ID:YrepFVq70▼このコメントに返信
したよ。
知らないだけだ。
211.名無しさん:2018年09月20日 22:21 ID:YrepFVq70▼このコメントに返信
だいたいセイロン沖海戦でトリンコマリーが空襲で損害を受けたから、イギリス東洋艦隊はマダガスカルとキリンディニまで後退したんだし。
212.名無しさん:2018年09月20日 23:05 ID:T2N7UcIs0▼このコメントに返信
※210
Robert Stuartの『91 Bombs: The Japanese Attack on Trincomalee』という論文に
日本軍の空襲の効果が詳述されてる。それによればトリンコマリーの損害は
「局地的・修理可能であり、長期的にわたって重大な影響を及ぼすものではなかった。」
と結論付けられてる。
実際、コロンボは空襲のすぐ後、陸軍増援部隊の揚陸に活用されてるよ。
213.212:2018年09月20日 23:34 ID:T2N7UcIs0▼このコメントに返信
誤:コロンボは
正:コロンボも
214.名無しさん:2018年09月20日 23:45 ID:YrepFVq70▼このコメントに返信
イギリス東洋艦隊はセイロン島、モルジブの軍事拠点を放棄してキリンディニに後退したからこそ、1942年5月にマダガスカルの戦いが行われたわけだしな。
215.名無しさん:2018年09月21日 03:40 ID:FzGo5LnY0▼このコメントに返信
※208
バ~~カ! 論点ずらしのウソやゴマカシに終始して逃げまくりでおまエラの悲鳴が聞こえて来そう(プークスクス

結局反論できないのが良~く判ったところでオレの勝利で決着かよw

アバヨ
216.名無しさん:2018年09月21日 03:55 ID:2mPrmcVE0▼このコメントに返信
そもそも「上手くやれば太平洋戦争勝てたんじゃないか」っていうんで、英国東洋艦隊を完全に叩きインド洋の制海権をに握れば勝てたと言いう俺の意見に、現実の歴史展開を主張し続ける馬鹿にも困ったもんだな。
217.名無しさん:2018年09月21日 05:17 ID:NcMgqCBW0▼このコメントに返信
※215
どこが論点ずらしか、ウソやゴマカシなのか書かないでその捨て台詞
大勝利ですね!しびれますw
218.名無しさん:2018年09月21日 18:26 ID:551CX5xv0▼このコメントに返信
※216
イギリスと開戦してアメリカが静観するかどうかだな。
インド洋の制海権握ってアラビア湾と繋がったら絶対フィリピンが目の上のたんこぶになってくるし、アラビア湾をドイツが持てるかどうかでも変わってくる。
まあ、仮にアメリカが介入してくるとしても、アメリカ国家を挙げて戦争するのと
アメリカ軍の一部と小競り合いになるのとでは全然違うか?
219.名無しさん:2018年09月22日 03:25 ID:xydtXs6w0▼このコメントに返信
基本、海軍が主敵をアメリカ軍ととらえていたのも元凶の一つ。
220.名無しさん:2018年09月22日 03:26 ID:xydtXs6w0▼このコメントに返信
アラビア湾はイタリアだな。
221.名無しさん:2018年09月22日 03:52 ID:scNQun4A0▼このコメントに返信
×→アラビア湾
○→アラビア海

ちなみに、アラビア湾とはペルシャ湾を指してアラブ族がつかう呼び名ですね

222.名無しさん:2018年09月22日 20:43 ID:xydtXs6w0▼このコメントに返信
大日本帝国海軍が米豪遮断作戦に移行したので、陸軍の南方作戦の成果を無駄にした。
※220。イタリア海軍が進出するならスエズ運河を使って紅海だろ?
223.名無しさん:2018年09月22日 20:48 ID:LyBQOk2y0▼このコメントに返信
※221
いやお恥ずかしいw
でもまあ、インパール作戦はそのインド洋確保に向かおうと『軍の一部が』計画実行した作戦だと思います。
結局、作戦レベルをいくら語っても意味がない。戦略、政略レベルの問題なんでしょうけどね。
内閣だ野党だ陸軍だ海軍だと日本国内が四分五裂してた日清戦争で日本が勝てた原因の、清が分裂していた状態に日本がなっていたことが問題の根本だったかと。
224.名無しさん:2018年09月22日 21:27 ID:PAxq.15v0▼このコメントに返信
※223
ちなみに『野党』と言ったのは
大政翼賛会というのは、現在で言えば民主党を内閣に参加させようとかいう、やらない方がまだ話がまとまるレベルのバカ話だと思っているから。
225.名無しさん:2018年09月30日 16:27 ID:d7x7K8sH0▼このコメントに返信
※1
あの当時、色々な国にとって日本は都合がわるかったんや。実際、その手の工作があったことは公になっとる。
まあ、乗ってしまった日本もアホやけどな。

お名前