スポンサーリンク

2018年09月15日 01:05

日本はどのタイミングで降伏すればよかったのか

日本はどのタイミングで降伏すればよかったのか

pixta_10598939_S

引用元:日本はどのタイミングで降伏すればよかったのか
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1536662152/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)19:35:52 ID:QoL
ワイは1944年7月あたりに降伏すべきだったと思っとるで

2: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)19:36:39 ID:ndg
1941年12月9日

7: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)19:39:45 ID:QoL
>>2
さすがに早すぎるわ

11: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)19:41:13 ID:ZOB
サイパン陥落

13: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)19:41:38 ID:I9z
真珠湾攻撃後すぐ

14: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)19:41:53 ID:yfV
柳条湖事件の直後

15: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)19:42:22 ID:I9z
ミッドウェーのまえ

16: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)19:42:25 ID:OpI
ハル・ノート突きつけられた時点やろなあ

19: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)19:43:20 ID:yfV
おっ陸軍悪玉論か

20: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)19:44:18 ID:VbP
>>19
陸軍と言うより軍を制度的に政府が統制できない旧憲法が問題やな

22: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)19:44:33 ID:JzX
東京大空襲と沖縄上陸とで「まだイケる!」判断下したのが信じられないんやが

神風と竹槍でなんとかなるとでも信じてたんかな

25: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)19:45:31 ID:ZOB
>>22
信じてたというかそこまで追い詰められてたというか

24: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)19:44:42 ID:AMR
満州事変後、中国の既得権益を交渉材料にして中国から手を引く
これがベストやったと思う
おとなしく国民党と手を組んでればよかった

でも、その後のアメリカと国民党の経緯みるに国民党がアホすぎてどっちにしろ
アカンかったかも

26: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)19:45:35 ID:QoL
>>24
当時の国民党は国共合作中だったからな

29: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)19:47:41 ID:VbP
>>24
満州事変は東京も現地の司令部も寝耳に水なのにそんなうまい処理ができるわけないで

33: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)21:09:04 ID:QoL
>>29
ええ…

30: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)20:00:35 ID:Vh3
東京大空襲と沖縄の頃にまだいけるてなってた訳じゃないし
やるしかないって空気になっとったと当時の人言っとった
ミッドウェーで海軍はあかんわて思ってたが大本営がもう退き際見失ってた

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年09月15日 01:07 ID:BSQ4Tfd60▼このコメントに返信
あのタイミングでよい。
2.名無しさん:2018年09月15日 01:10 ID:v8EG5qB70▼このコメントに返信
負けてると降伏すら出来ないぞ。
「降伏します。はい終わりね」なんて通用しないから戦争は悲惨なんだろ。
日本じゃ8月15日が終戦だけど、他の国は違うし 、その後も戦闘もあるし、一般人が襲われたりしてる。
3.名無しさん:2018年09月15日 01:17 ID:CuKuPCX10▼このコメントに返信
何言ってるの、開戦日も終戦日も 全部、向こうの手のひらで転がされたようなもんなんだぞ。
日本は今もだが、昔から諜報能力が全然ダメで、開戦はもとより戦局はすべて、いいように操られてきた。
4.名無しさん:2018年09月15日 01:18 ID:wi7iFMKT0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃なてしないで
ソ連攻撃すればよかった
そうすれば満州は守られたのです
5.名無し対戦車道さん:2018年09月15日 01:21 ID:4Y3FbxIq0▼このコメントに返信
太平洋戦争詳しいのはシンガポール陥落時がそのタイミングだった、って言ってるけどなあ。
6.名無しさん:2018年09月15日 01:21 ID:J0.GvCMp0▼このコメントに返信
降伏以前に戦争にならないようにする国際的な根回し・立ち回りこそが必要だった
三国干渉を受けてからそうした取り組みを積極的に始めたが、接近すべきは独ではなく米だったな
まぁ開国から不平等条約まで米にはしてやられ続けたから敵対感情があっただろう…が、それを棚上げしてでも
必要とあらば手を組む事を優先出来るような外交経験がなかった故に仕方ないとも言えるか
ハワイが米に併合されたのも米への警戒感を煽られた部分があるのだろうし…
7.名無しさん:2018年09月15日 01:21 ID:4xJv1z..0▼このコメントに返信
そもそも何で戦争したの?
ガイジしかおらんのか
8.名無しさん:2018年09月15日 01:22 ID:VEjkHUlB0▼このコメントに返信
1944年末なら200万人くらいは助かるんじゃない?
制空権喪失してマリアナ諸島取られた時点で終わりなんだよ
9.名無しさん:2018年09月15日 01:23 ID:nEAdRXGm0▼このコメントに返信
1945に入ったぐらいから降伏交渉始めてんだけどな
日本の条件は「天皇制を残す」の1点だけ
原爆が間に合わないのが困ったアメリカがひたすら「NO!」を突きつけて8月まで引っ張り、
広島と長崎に2種類の原爆を落とす実験を行った
しょうがないから無条件降伏したら、あっさりと天皇制を残すんやでーって前言スルー
10.名無しさん:2018年09月15日 01:23 ID:lHIw4ifV0▼このコメントに返信
ただ敗戦の結果めちゃくちゃ早い段階で徴兵制を無くすことができて、かつ旧植民地の戦争すら"ほぼ"参戦せずに済んだんだから結果的にベストなタイミングだったと思う
もしうまく乗り切ってしまって大日本帝国憲法下に未だにあったと考えたらぞっとする
11.名無しさん:2018年09月15日 01:24 ID:g4F.UkV90▼このコメントに返信
開戦前、これに尽きる
この段階なら米国と外交交渉も可
中国からの撤退を条件に満州国などの領土を保持できた
12.名無しさん:2018年09月15日 01:24 ID:WNiA55kF0▼このコメントに返信
戦争前に降伏
13.名無しさん:2018年09月15日 01:25 ID:gU8EAiZy0▼このコメントに返信
※4
ソ連攻撃すれば、中立法によりアメリカは即座に禁油するよ。
で、北樺太の石油生産量は、当時だったの15万kl。石油の80%はアメリカから輸入されていた。
満州を守るどころか、すべてを失うよ。
14.名無しさん:2018年09月15日 01:27 ID:O1LxhA.00▼このコメントに返信
アメリカに清の分割要求されたときに、とっとと分かりましたと言ってれば石油供給できんように海上封鎖されんでよかった。
結局アメリカに日本が大麻売って金儲けしてるウィルスねずみに仕込んでばら撒いてるとか、人権侵害云々あることないこと言いふらしたのは国民党の自称難民の工作員女性ご一行やしな。国民党のえらいさんの嫁さんも一緒とか口うまいのが今の中国人とかわらんよなぁ。
15.名無しさん:2018年09月15日 01:28 ID:WNiA55kF0▼このコメントに返信
そもそも戦争の経験のない国家は地球上に存在しますかね?
ひたすら平和を大事にしてきた国家はどこにあるかな・・・
平和は大事なのはわかっているが
困りましたね

16.名無しさん:2018年09月15日 01:30 ID:lCOlBqY40▼このコメントに返信
大本営発表が始まった時点で既に勝ち目がないと認めてるだから、1942年の初めで降伏で良い。
17.名無しさん:2018年09月15日 01:32 ID:emuT0GWW0▼このコメントに返信
開戦の原因は、アメリカの傲慢さだよな、
真珠湾の奇襲を食らったのは自業自得だよ
18.名無しさん:2018年09月15日 01:32 ID:3QyDmKup0▼このコメントに返信
アメリカが本土空襲を本格的に始める前
日本人が戦争であまり被害を受けなければ、戦後やたらと強調された「戦争の悲惨さ」もインパクトに欠けるものになるだろうから軍備保有の禁止も早々にひっくり返っていた可能性もある

更にその段階なら、満洲もいち早くアメリカが制圧して、アメリカの占領ののち独立国となるルートができるかもしれない
そして満洲がアメリカの手に落ちれば、中国共産党の勢力も減退するから中国大陸全土が赤く染まる可能性も低くなる
19.名無しさん:2018年09月15日 01:32 ID:9QkbxiOM0▼このコメントに返信
まぁとにかく日本人に敗戦を想起させたいのはわかるよ糞サイト
20.名無しさん:2018年09月15日 01:34 ID:zNxWpRwE0▼このコメントに返信
相手が降伏受け入れるとは限らないけどね。
21.名無しさん:2018年09月15日 01:37 ID:6.p584IZ0▼このコメントに返信
チャイニーズじゃねぇんだからさ、自分のことだけみて外交語っても仕方ない
相手が応じないならどーすんだよ。
実際、東京のど真ん中に星条旗を立てるまでやったるでぇの相手だったろ

あと、陸軍(参本)が悪玉でなくて、どこの誰が悪いってんだろ?!
国民の多数を火だるまにさせ更に多くを路頭に迷わせたのは、武力とクソ右翼を使って政治に介入した陸軍中央だ

最後の帝国議会でも責任を問われゴメンナサイしただろうが、陸軍は。
質問した議員はよーく理解していたんだろうな、海軍へはなにも問うていない。
22.名無しさん:2018年09月15日 01:43 ID:COMLa0Sw0▼このコメントに返信
そもそも真珠湾攻撃が完全に間違っていたこと。攻撃せず戦略を使えばよかった。 現在の様に近海で演習を見せて威嚇だけすれば状況は変わったはず。つまりハワイ沖で実弾、空母艦隊の演習を公開すればよかった。一気にやってしまおうと短絡に考えた軍部の外交音痴。まさにその裏でソ連を攻撃していれば、米国は恐れと喜びが一緒に来たはず。それはソ連が米国の第一級の敵だったからだ。
23.名無しさん:2018年09月15日 01:52 ID:zgeyIRm40▼このコメントに返信
※19 同じ考えを持つ者がワイ以外に居たとはな・・・。
※20 開戦と同時に遣るか遣られるかだ、当然だろ
24.名無しさん:2018年09月15日 01:54 ID:wSl8smI.0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃後すぐ。
このタイミングで終戦なんかできないって返すならこんな話するだけ無駄。
アメリカは原爆の実験終了まで絶対応じないんだから。
25.名無しさん:2018年09月15日 01:57 ID:Jg0nm1yW0▼このコメントに返信
>さすがに早すぎるわ

全然早くねーよ バカ

そもそも論をすれば
太平洋でアメリカと戦争したけりゃ
まず日中戦争にケリつけろっての
26.名無しさん:2018年09月15日 01:58 ID:a.PAr9Md0▼このコメントに返信
大本営に統帥がいなかった
日清日露1stwwwまでいたベテラン軍人がいなくなって
うまく後進を育てられなかったので
軍閥色の丸出しで、作戦を見通せない軍将ばかりが大本営に集まってしまった
27.名無しさん:2018年09月15日 02:00 ID:ciTt.Zj40▼このコメントに返信
真珠湾攻撃前だぞ
宣戦布告してアメがおっしゃー叩きのめしてやるって思ったところで、何も作戦行動しないで降伏して何したいんだ濃い面とアメがあっけに取られてる間にアメの味方についてドイツ攻撃海上部隊を出動させる
28.名無しさん:2018年09月15日 02:05 ID:o1VHIz3o0▼このコメントに返信
日本が降伏を宣言したところでアメリカの侵略は終わらない
当時は法律よりもキリスト教が絶対的だったから向こうが諦めたときしか降伏はできない
29.名無しさん:2018年09月15日 02:08 ID:rrKbc3B00▼このコメントに返信
ミッドウェー海戦で敗北後。
30.名無しさん:2018年09月15日 02:09 ID:8ZeCpszp0▼このコメントに返信
シンガポール陥落させた時点で英国と講和交渉に入るべきだった
31.名無しさん:2018年09月15日 02:10 ID:2T4.VVmy0▼このコメントに返信
また結果論の話か しょっちゅうそういうスレまとめてるな
コメント数が稼げるからしょうがないことなのかもしれないけど 
しかし当時としては得られる情報が限られる以上最善の選択ってのは難しいものだよなぁ さらに言えばどういう選択が最善なのかについてどのように判断するかというのもなかなか難題だけど
32.名無しさん:2018年09月15日 02:10 ID:EtPZRK6U0▼このコメントに返信
いやー、今更終わった話で、たらればなんかないよ。

そもそもやる事やらないと向こうは日本を認めてなんか無かったし、今の日本もないよ?
弱いとか抗う事も出来ない国、英米は対等とは認めない、イギリスだけでいいが。

アメリカはイギリスの国みたいなもんだから、イギリスと仲良きゃいいんだよ。
33.通りすがりのキチ:2018年09月15日 02:11 ID:MUR.B4840▼このコメントに返信
現在の社会情勢について概ね「不満」が無いのなら、紡いだ「歴史」自体が「正解」である。

あの降伏の時期以外では日本に対する列強の干渉は過酷なものとなっていたであろうと思う。
早やすぎれば、英米を軸に報復と人種差別を払拭できずに「世界でも最下層」の立場に貶め
られ、程度の差こそあれ「日本人」自体が民族抹殺政策の対象にされていたであろう。

遅すぎれば、ソ連の台頭により「赤化の防壁」として確実に日本全土が「戦場」と化す事は
時期をみても確実に朝鮮戦争が変化する事で確実に生起する事だろう。どちらに転がっても
300万の犠牲だけでは決して済まないと思う。正直「桁」が違うのではないだろうか。

絶妙である。日本を取り巻く「列強干渉」があの時期に拮抗をし、降伏できる状況にあった
「僥倖」は計り知れないのではと…。正直、英霊の加護があるとすればこの事ではないかと。
34.名無しさん:2018年09月15日 02:12 ID:lVtfryGl0▼このコメントに返信
無能な高学歴の軍トップが無謀な作戦を決行させなければあんな風にならなかった。高学歴至上主義はだからやめろ!!!
35.名無しさん:2018年09月15日 02:25 ID:TV5aKlgm0▼このコメントに返信
降伏します!で降伏を受け入れて貰えるのが当然と思ってる謎の思考
36.名無しさん:2018年09月15日 02:26 ID:xNENdgOV0▼このコメントに返信
戦争を終わらせられるのは、攻撃を仕掛けられた側。
37.名無しさん:2018年09月15日 02:28 ID:rrKbc3B00▼このコメントに返信
まあ、国民党軍のコミュンテル参謀が戦略的後退ばかりだったからな。
日本軍が侵略した訳じゃない。
日本も日米開戦前に大陸打通作戦を実行し、蒋介石をアメリカ亡命させとくべきだったんだ。
38.名無しさん:2018年09月15日 02:36 ID:gb9z..060▼このコメントに返信
人種差別が国際的に合法だった時代だからなあ
行く所まで行ったからこそ世界のルールも変わったんだろう
39.名無しさん:2018年09月15日 02:38 ID:NTwiJnLd0▼このコメントに返信
サイパンが落ちた時点で完全敗北。
40.名無しさん:2018年09月15日 02:48 ID:nhMMxK..0▼このコメントに返信
日本側にも譲歩してるリットン調査団の後に中国と和解すれば良かっただけだろ
そうすれば米との戦争自体がなくて泥沼化せんかっただろ
41.名無しさん:2018年09月15日 02:48 ID:Ia02vPtN0▼このコメントに返信
米国と開戦せずに中国と程々のところで停戦してりゃ良かったのさ
42. 韓国人のフリをした日本人(笑):2018年09月15日 02:49 ID:i7DduYUa0▼このコメントに返信

日本人なんか。ぜんぜん降伏せずに、ゼロになるまで戦えばよろしい。wwwwwー!
43.名無しさん:2018年09月15日 02:51 ID:n.rHkMkR0▼このコメントに返信
近衛「もう負けは確実です。降伏交渉を」
???「もう一度戦果を挙げてからでないと、交渉は難しいのではないか」

や裕糞
44.名無しさん:2018年09月15日 03:04 ID:h0q2Kzua0▼このコメントに返信
戦争のやり方としては真珠湾攻撃の後も燃料補給しつつ米軍艦隊との決戦を強いるようにすべきだったと思ってる。
全力で決戦やって負けたらその時点で降伏。
米海軍に勝てない帝国海軍は存在しても仕方ないから朝鮮満洲とを結ぶ任務を果たす程度まで削減されてもいい。

陸軍の部隊はルソン島ミンダナオ島と蘭印以外に展開する必要はなかった。
早期に手を挙げるにしても、昭和二十年の疲弊した陸軍じゃなく十分抗戦可能な陸軍が残ってれば占領地からの撤退を条件に出来るわけだから。
それは結局海軍、特に軍令部総長永野修身と聯合艦隊司令長官山本五十六の判断に掛かってた。
「時間は米国に味方する」ってのは開戦前に分かってたことだから長期化せずに済ませるのが得策。

ガダルカナル戦以後事実上一度も勝てなかったのを考えれば、その時点での講和交渉がまだ現実的だった。
45.名無しさん:2018年09月15日 03:07 ID:0AziQzQD0▼このコメントに返信
最近の研究では、ソ連が工作で下記のように仕向けていたと言われている
・ヤルタ会談の開催
・ソ連参戦まで終戦を遅らせる

なぜこの視点が、スレでもコメ欄でも出てこないのか?
46.名無しさん:2018年09月15日 03:28 ID:sK594POU0▼このコメントに返信
そんなチャンスは存在しなかった。
47.名無しさん:2018年09月15日 03:30 ID:p3qUAvVq0▼このコメントに返信
※45
そんな研究あるんだ
だれがしてるん?
48.名無しさん:2018年09月15日 03:34 ID:UVRksF3A0▼このコメントに返信
※9
結論だせずに話し合ってたら、原爆ボーン&ソ連がコンニチハで降伏決定
いつものネト.ウヨ嘘松ですね

※17
無能ほど、他人のせいにして成長しない

※32
そういう面はあっても、日本は自ら孤立していった
49.名無しさん:2018年09月15日 03:35 ID:BHg95jkW0▼このコメントに返信
正直開戦前から外交戦略で完全に負けてたからあんま意味なさそう
誰が悪いかって言ったらもう日本の政治力が未熟(経験不足?)だったのが悪いとしか言えね。もちろん現代の価値観だけども
50.名無しさん:2018年09月15日 03:48 ID:GngAz7M30▼このコメントに返信
ハワイ併合後すぐ
ハワイ王国時代に日本に併合して欲しかったけど
日本が貧乏だったので断った。
51.名無しさん:2018年09月15日 03:51 ID:z.ckEWx20▼このコメントに返信
絶対国防圏を議論する段階で、天皇主導のクーデタによる親政が可能であれば良かったのだが
52.名無しさん:2018年09月15日 03:59 ID:z.ckEWx20▼このコメントに返信
王党派がムッソリーニを逮捕したイタリアのケースは、大日本帝国の憲政と比べれば成功例と見なすべき
53.名無しさん:2018年09月15日 04:04 ID:pS1MDbH.0▼このコメントに返信
ルーズベルト死亡前はダメだと思から、あのタイミングはそんなに悪くは無かったと思う。
54.名無しさん:2018年09月15日 04:07 ID:0AziQzQD0▼このコメントに返信
※47
江崎道朗さん。海外の研究成果をベースに著作がいくつかある
55.名無しさん:2018年09月15日 04:25 ID:cxx2DaH90▼このコメントに返信
奇襲じゃなくて、ちゃんと宣戦布告してればなぁ、とつくづく思う
いや、負けは負けなのよ それは揺ぎ無い
56.名無しさん:2018年09月15日 04:55 ID:K.0e12VG0▼このコメントに返信
1945月7月26日
既に沖縄は奪われてる潮時だろう
ここで降伏してれば広島 長崎は無かった
57.名無しさん:2018年09月15日 04:58 ID:KOxAQr280▼このコメントに返信
空母4隻沈められた時点。
58.名無しさん:2018年09月15日 05:22 ID:TXnLtFVY0▼このコメントに返信
※48
いずれにせよ、戦いもせずに日本人に土下座した劣等民族チォン猿は最下層。
59.名無しさん:2018年09月15日 05:28 ID:jMQX9LeB0▼このコメントに返信
質問主は根本的な勘違いをしている。
こちらが降伏したいと思ったところで敵がこちらをもっと破壊しておきたいと思っていれば、降伏は受け入れられないということだ。
負けを認めて白旗を上げさえすれば戦争が終わると甘いこと考えてるのでは。
60.名無しさん:2018年09月15日 05:30 ID:NqXqcCWE0▼このコメントに返信
※56
だからの1945月7月26日(ポツダム宣言)だよ
61.名無しさん:2018年09月15日 05:45 ID:HO3ILxTH0▼このコメントに返信
※57
東条はミッドウェーの損害すら海軍に教えられていないんだが
62.名無したん:2018年09月15日 06:19 ID:GQRLpuNF0▼このコメントに返信
そこだよね。
統合的な戦略立案と「最高権威の軍命」を発することが出来る戦略参謀本部を設立し、本部長に「天皇から大元帥の代理人としての権限を託された人物」を据えて、抗命もしくはサボタージュを理由に大将すら銃殺できるようにして軍の命令系統に一本の筋を通させる、

その上で史実の開戦後なら、ミッドウェー後とガダルカナル島争奪戦でアメリカ側の空母を全て稼動不能に追い込んだ時だけだね。

まあ、その時に陸海両軍が事実をありのままに公表して、このままではジリ貧を避けられないことを告げて、満州の権益をアメリカに委譲してでも本土(北は南樺太から南は台湾まで)の保全を優先すると主張できるかどうかがかぎになる。
63.名無したん:2018年09月15日 06:27 ID:GQRLpuNF0▼このコメントに返信
山本は短期決戦を主張していたけど、アメリカの方は長期戦で勝てると言う戦略を最初から構築していたから普通どう考えてもダメなんだよなあ・・・

まあ、日本が原爆開発(史実では海軍が進めて終戦直前に一定の成果を出していたやつ)を早めて、アメリカにまで届くICBMの開発を大急ぎ尾で進めていれば、さすがにアメさんも戦略を大幅に切り替えて、兵力の逐次投入になってもしゃにむに日本の本土へ攻め寄せて日本軍は逸をもって労を待つことが出来たんだろうけどね~

そして日本が原爆ミサイルの開発に成功し、東海岸沖合いに事前通告どおりの位置と数のきのこ雲を生み出すことが出来れば講和は可能だったと思う。

まあ、あれほど持ち上げていたドイツのロケット兵器の開発にもなかなか目を向けなかったあの有様では幻想でしかないね~
64.名無しさん:2018年09月15日 06:30 ID:qpHCTRKy0▼このコメントに返信
開戦までの経緯でいろいろと詰んでいる。
昭和天皇が暗殺されるのを覚悟で勅令乱発でもしないと無理。
 
今上陛下も国民が賃金低下・デフレ・災害で困窮しているのに、
無能家臣共に意見すら伝えないのを見れば、
天皇が政治力をフル活用するのは現代日本に於いては難しいんだろうな。
65.名無しさん:2018年09月15日 06:35 ID:V.ReeMZ70▼このコメントに返信
国民からの批判が怖いからって情報統制かけて洗脳して勝手に突撃してた時点で軍部の責任は大きいんだよなぁ
66.名無しさん:2018年09月15日 06:46 ID:Uxj0f93C0▼このコメントに返信
日英同盟を、泣きつき&色々と譲歩してでも延長してもらって
アメリカとの仲裁に入ってもらいつつ国連は脱胎せず、
中国大陸の権益をかなり渡すのでアメリカ相手でもなんとか資源を確保して
ドイツイタリアなんぞ縁ガチョで手を切って土下座外交すれば、戦争は回避できただろうな。
 
ただ「弱腰外交はゆるすまじ」として国内が持たずに内乱状態で大変なことになっただろうし、
実際その空気が元で真珠湾攻撃をやらかした経緯がある。
 
結局のところ「国民がアメポチ外交を許すか」が、今も昔もカギなんだと思う。
67.名無しさん:2018年09月15日 06:47 ID:Uxj0f93C0▼このコメントに返信
とりあえず「ジパング」の通りやるしかないw
68.名無しさん:2018年09月15日 06:52 ID:XWcnrGEO0▼このコメントに返信
マスゴミが国民と軍人を煽ってたから無理やろ
69.名無しさん:2018年09月15日 07:00 ID:H9lp2abT0▼このコメントに返信
※66
枢軸同盟から抜けさえすればすべての死亡フラグが無効化したと思う
その時点で米英は日本と戦う理由がなくなる
東アジアの植民地解放?それは好都合だ
ルーズベルト大統領は大喜びで日本に協力してくれただろう

でも当時の日本は、米英が日独と2正面で戦うのは嫌がるだろうと、枢軸が対米英の脅しとして機能すると思っていた

70.名無しさん:2018年09月15日 07:00 ID:z.ckEWx20▼このコメントに返信
※59

ソ連の参戦が視界に入らないと満洲からの撤退を陸軍に納得させることができないのがネックになるね
71.名無しさん:2018年09月15日 07:04 ID:H9lp2abT0▼このコメントに返信
チャーチル「無条件降伏なんて無茶振りしないで彼らのメンツを保ってやれば日本はすぐ戦争を辞めると思うが」
トルーマン「パールハーバーの汚いだまし討ち野郎に名誉などいらんわ」
スターリン「ニヤニヤ」

蒋介石「この情報を内緒に日本にリークして彼らに恩を売っておくアルね」


72.名無しさん:2018年09月15日 07:07 ID:z.ckEWx20▼このコメントに返信
※59

降伏するために必要なのは本土決戦を恐れぬ勇気
大日本帝国は臆病であるがゆえに降伏が不可能だった
73.名無しさん:2018年09月15日 07:22 ID:Q6xRYxnu0▼このコメントに返信
ノモンハン
74.名無しさん:2018年09月15日 07:26 ID:DXgvGHt10▼このコメントに返信
沖縄取られた時点でギブアップだな
75.名無しさん:2018年09月15日 07:33 ID:YlN4B3cv0▼このコメントに返信
※30
>シンガポール陥落させた時点で英国と講和交渉に入るべきだった

それと平行して史実どうりならミッドウェー海戦で敗戦した時点で米国にも講和交渉を入れる
太平洋では戦はしない(日本がヨーロッパへ行けたら話は別というほぼ不可能な条件付きで三国同盟も形骸化しつつ)とかに加えて金と利権で米英を釣るしか無いだろうな
満州や中国の利権に南洋の委託統治領は米国に譲渡させられるだろうし一方的な軍縮や賠償金も領土的に台湾や朝鮮半島を手離す等を飲む事に成るだけで済めば万々歳なレベルで
76.名無しさん:2018年09月15日 07:37 ID:iLHge9fR0▼このコメントに返信
米66
国粋主義者が増えるとロクでもないことになるっていう事の好例だろ。
日独伊に限らず、ルーマニアやスロベニアにしても同じ。
77.名無しさん:2018年09月15日 07:46 ID:iLHge9fR0▼このコメントに返信
米75
そもそも太平洋は開戦前からほとんどアメリカのものだったから生殺与奪を持ってる向こうにしてみりゃ太平洋で戦争しないとかいうのは条件にならない。
あと仮にその状態で講和しても。世界的不況の渦に外部の経済圏無くして放り込まれたら、日本は簡単に荒廃してたのも容易に想像がつく。
日本は経済的な戦争がクソザコだったから物理的な戦争にワンチャン求めたんだぞ。
日本は敗戦してアメリカが面倒を見ざるを得なくなったから、却って敗戦前よりも格段に成長出来たわけで。
78.i774:2018年09月15日 07:58 ID:PW6q6CyY0▼このコメントに返信
※64
>大日本帝國憲法 第一章
戦前だって難しいですがな。
天皇主権と憲法に明記してあっても立憲君主制でキッチリ縛られてるのだから。
皇道派の青年将校が「天皇親政」を掲げていたのは、それだけ制約があったということ。

経済政策においては「正貨流出」の時点で大敗北していたともいえる。
そのあとでは選択できる政策は極端に少ないのだから。
どんなに勅令を出しても「国際相場」まではどうにもできませんよ。
79.名無しさん:2018年09月15日 08:00 ID:O3NpFoOj0▼このコメントに返信
アメリカと満州を共同経営できないだろうか
80.名無しさん:2018年09月15日 08:00 ID:CSk1O.MF0▼このコメントに返信
どのタイミングもなんも、終盤の方はかなり前から交渉は行われてんじゃなかったっけ?
無条件降伏以外一切応じられなかっただけで
81.名無しさん:2018年09月15日 08:08 ID:H9lp2abT0▼このコメントに返信
こっちから殴りつけておいて、戦いの先行きが悪くなり始めたら「今日はこの辺で勘弁しといたるわ」って
吉本新喜劇かよ
日本が手がけていたスウェーデン、スイス、ソ連経由の(講和仲介)ってそんな感じ

82.名無しさん:2018年09月15日 08:17 ID:DUPsKNeH0▼このコメントに返信
先制攻撃せずにアメリカが攻めてくるのを待っていればよかった。
アメリカの一撃や二撃はかわす力があったから、アメリカの先制攻撃が失敗すれば、大統領は国民から非難され戦争を継続できなかっただろう。
83.名無しさん:2018年09月15日 08:23 ID:zgeyIRm40▼このコメントに返信
対日戦の主力たるアメリカ海軍の戦力が、1943年中ごろに日本海軍の戦力を上まわる。
なので、それ以前に降伏・興和は、不可能。
マリアナ海戦で、アメリカ機動部隊壊滅し、上陸した米兵を捕虜にできた場合のみ降伏・興和が可能。
FDRが、弾劾されるからね。
1945年代にはいると、原爆完成にめどたってるので、なにしても無理。
84.名無しさん:2018年09月15日 08:23 ID:emuT0GWW0▼このコメントに返信
※48
無能はテメーじゃ、誰が他人のせいにしとるんじゃ、ヒネクレ吊り目野郎
バカな頭の浅学非才が、低レベルな解釈は止めとけや、典型的なバカヤロウだな、コイツは・・

第一次世界大戦に敗戦したことによる多額の賠償金が、ドイツにナチスを生じさせたとよく言われているが、
それもテメーの言い方だと、「賠償金を高く吹っ掛けられたせいにするな」になるんだな、

テメーに聞くが、開戦前の各国の軍艦保有数はどこが決めてたの? ハルノーㇳって何種類あったの? 山本五十六の述志って何?
当然そんな基本事項知ってから絡んできてんだろうな、知らないんだったら全くハナシにならんな

笑わせんじゃねえよ
85.名無しさん:2018年09月15日 08:24 ID:.FcgkBgb0▼このコメントに返信
降伏が早すぎると軍はまだ戦力温存しているうえに国内では納得しない人間が多く不穏分子が増えるし
連合軍も降伏条件の緩和なんてする気のない時期だから治安維持という名目で過酷な占領が待ってる
要するに戦後にテロや内戦が起こる可能性が高い
降伏が遅すぎると連合軍の本土上陸、ソ連侵攻が進み国内はより蹂躙され
九州、北海道は他国領土になってた可能性もある

日本がそれなりに戦って疲弊し、連合軍がポツダム宣言のように降伏条件緩和を提示するような状況で
かつ、原爆投下やソ連侵攻が行われる前の時期に降伏するのが理想的
そうなると1945年の7月頃だろうな
86.名無しさん:2018年09月15日 08:26 ID:C9nrya0w0▼このコメントに返信
大東亜共栄圏の構築をやめておれば、あそこまでアメリカが踏み込まなかった
アメリカの危機感の表れでしょう
87.名無しさん:2018年09月15日 08:31 ID:WpvyU8hs0▼このコメントに返信
トラウトマン工作で終了が最善
88.名無しさん:2018年09月15日 08:40 ID:RxX.jsfe0▼このコメントに返信
いや、だからさ・・・。
アメリカは日本が折れれば直に停戦した筈って思い込みは止めよう?

ハワイの併合と軍事拠点の構築及び其処に配備した兵力で、どれだけ手間と金が掛かっているか。まさかあれを、
国防の為にやむを得ずに行ったとか思ってないよね。完全にアジアへの軍事干渉の準備だから。
戦争末期の原爆開発、日本へ何度も行った大規模空襲。これも莫大な費用を費やしている。日本に勝つ為だけなら、
これらはほぼ必要が無い。

どう考えてもアメリカさんやる気満々ですよ。和平交渉したって、相手なんてしてくれませんよ。負ける恐れなんて
さらさら無いんだから。


これは善悪の話しじゃなくて、アメリカは国家戦略に基づいて戦争を計画的に行っているから、日本の事情だけで
は終戦なんて出来なかったてこと。普通に考えれば解りますよ。
89.名無しさん:2018年09月15日 08:50 ID:.FcgkBgb0▼このコメントに返信
※87
トラウトマン工作が成功しても国民党との争いは解決できてもアメリカとの関係改善につながるかは微妙
仲介したドイツとの関係が強まるだろうからシナ事変以上に日独を切り離したがってたアメリカは日本により敵対してくる可能性もある
ただ外交的余裕は生まれるから第二次大戦で中立を維持ことも不可能ではないかもしれない
その場合戦後にアメリカにとってソ連以上に脅威となりうる日本という構図が生まれるのでそれからが怖いけど

シナ事変に関してはイギリスに講和頼むのがベストだったと思う
中国に租借地持ってる上に中国の現状を熟知してるし満州事変にも理解示してたぐらいだから
日本側に不利になるようなことはしないだろうし国民党にも話を通しやすかっただろう
問題は陸軍がイギリス嫌いだったことだけど
90.名無しさん:2018年09月15日 08:51 ID:bfV7HcFq0▼このコメントに返信
※69
>枢軸同盟から抜けさえすればすべての死亡フラグが無効化したと思う
>その時点で米英は日本と戦う理由がなくなる

そんな訳ないじゃん。
そもそも日本は米英独ソに目の仇にされていたから、
日本は欧米を分断しようと一部の欧米諸国との同盟ないし中立化を図ったんだよ。
日本が一匹狼なんかやったら、両陣営に攻め込まれたポーランドのように成りかねない。
91.名無しさん:2018年09月15日 08:54 ID:bfV7HcFq0▼このコメントに返信
※40 ※41
>日本側にも譲歩してるリットン調査団の後に中国と和解すれば良かっただけだろ
>そうすれば米との戦争自体がなくて泥沼化せんかっただろ

因果関係が逆
米英が反日支那テロリストをアホほど支援したから満州事変になった訳で、
日支関係を泥沼化させるのが奴さんの狙いだったんだよ。
92.名無しさん:2018年09月15日 08:55 ID:bfV7HcFq0▼このコメントに返信
※14
>人権侵害云々あることないこと言いふらしたのは国民党の自称難民の工作員女性ご一行やしな。

これも因果関係が逆
アメリカがシナ人の口車に乗せられたんじゃなくて、
アメリカにとって日本が邪魔だったから、
シナ人の嘘八百を利用したんだよ。
93.名無しさん:2018年09月15日 08:58 ID:bfV7HcFq0▼このコメントに返信
※3
>日本は今もだが、昔から諜報能力が全然ダメで、開戦はもとより戦局はすべて、いいように操られてきた。

欧米ほぼ全部が日本を目の仇にしてる状況で、諜報や外交が多少マシになっても結果は変わらない。
日本はアジア最後の砦、いや有色人種最後の砦として孤立無援の状態でやれるだけの事は全部やった。

責め立てるなら欧米侵略者はもとより、だらしな過ぎた有色人種諸国が先だろう。
中でも訳も解らず白人の手先と成り下がった自称アジアの盟主は特筆に値する。
94.名無しさん:2018年09月15日 09:11 ID:rrKbc3B00▼このコメントに返信
93。日本は凄まじい諜報能力を持っています。近年、そな組織の存在がアメリカに気付かれたレベルの秘匿組織です。
95.名無しさん:2018年09月15日 09:12 ID:DXgvGHt10▼このコメントに返信
どのタイミングで降伏するかのテーマなのに
開戦の是非を言うとはスレタレ見てないのかよ
馬鹿共
96.名無しさん:2018年09月15日 09:27 ID:FBgJ6JKS0▼このコメントに返信
ミッドウェー直前までアメリカをボコボコにしてたのにミッドウェーで負けたところで
「はい降伏します」といったところでアメリカがはいそうですかと受け入れるわけないわな
ある程度ボコボコにするまでは仕返しされるだろうよ
ただ最終的な死者数は1945年8月15日降伏時よりは少なくなっただろうからミッドウェー
敗戦直後から敗戦処理始めて1943年中に終戦って路線がいいのではないだろうか
97.名無しさん:2018年09月15日 09:35 ID:oHigowYY0▼このコメントに返信
そもそも戦争起こさなかったら降伏する必要もない
98.名無しさん:2018年09月15日 09:38 ID:oHigowYY0▼このコメントに返信
天皇への忠誠を強制されて自国の国民だけでなく支配下にある他国民にまで強要するとか害悪過ぎるだろ
俺的には日本が滅亡してくれてよかった
むしろもっと降伏が遅れて後数十発くらいの核が落とされれば良かった
99.名無しさん:2018年09月15日 10:04 ID:yZ4Tyuhb0▼このコメントに返信
別に正史は限りなくベストやと思う。

軍隊が壊滅してるからソ連の相手を日本は何もしなくて良かったんやし。軍隊が有ったら朝鮮半島舞台でソ連と中華民国との泥沼の消耗戦やぞ。

結果が良ければすべて良いんやろ。今が良いのならそれで良いやん。
100.名無しさん:2018年09月15日 10:06 ID:In211fwY0▼このコメントに返信
FDRが生きてる時点で降伏したら今より良くなることは有り得ない
101.名無しさん:2018年09月15日 10:09 ID:yZ4Tyuhb0▼このコメントに返信
ゲーム的に考えられないものなのかな・・戦争とかゲーム論やろ。
囚人のジレンマ的に考えて、合理的な判断なんてしないのもあるから戦争しなかったどうなるかは本当に未知数やぞ。

最善だと思う早期降伏を選んだとしても、相手も最善を選んでくれるとは限らない所か確率は限りなく低いんやからな・・
正史のタイミングがベターでありベストでもあるで良い。
102.名無しさん:2018年09月15日 10:11 ID:yZ4Tyuhb0▼このコメントに返信
私見を言えば、早期講和すると・・マッカーサーが嘆かないし、ルーズベルトが死なないから嫌です。
103.名無しさん:2018年09月15日 10:14 ID:yZ4Tyuhb0▼このコメントに返信
真面目に言うと・・大敗北しないと・・
朝鮮半島も日本に残るし財閥が残るし華族も残る。
ぶっちゃけ微妙。

日本国憲法とかが出来ないだけマシかもしれないが・・既得権益と金食い虫の統治コストがかかり過ぎる半島残して改革できるのか?
104.名無しさん:2018年09月15日 10:17 ID:QN8oDDsZ0▼このコメントに返信
そもそも少し叩いたらアメリカ側から講和してくると思ってる時点でダメ
戦前の日本はアメリカ舐めすぎ
その上でソ連を仲介した講和を模索したのもダメ
独ソ戦始まった時点で対独がおわったら残りの枢軸国(日本)に攻めてくるのは誰でもわかることだし
日本がソ連と戦いたくない状況なのは誰でもわかるし当時日本ではソ連に勝てないと思われてた
戦争の早期終結で一番損をする国に講和を頼むのは誰がどう見てもおかしい
講和を決めた時点でアメリカと直接対話するべきだった
105.名無しさん:2018年09月15日 10:31 ID:yZ4Tyuhb0▼このコメントに返信
極論、日本は明治からの大目的である富国強兵と小目標のロシア南下政策の排除は現時点で完遂してるし、アメリカの大目的である自分が覇権国家に成ると小目標の自分以外の覇権国家の排除と東アジアの影響圏獲得出来てるからwinwinなんだけどね。
106.名無しさん:2018年09月15日 10:34 ID:oHigowYY0▼このコメントに返信
日本「欧米の植民地奪ってやろ」満州建国中国侵略
米国「ふざけんな 中国はみんな(列強国)のものだろうが 満州の利権はやるから共同管理じゃ」経済制裁
日本「なめてんじゃねーぞこら いつでも戦争してやる(このくらいなら許されるだろ・・・)」仏印進駐
米国「マジ切れしました 今すぐ国連で認めた領土(日本列島台湾朝鮮半島北方領土)にまで帰れ」石油輸出全面禁止
日本「このくらいでキレてんじゃねーよ このままじゃ死んじゃうううう 死ぬ前に殺すうううううううう(マジキチ)」真珠湾攻撃
107.名無しさん:2018年09月15日 10:34 ID:3sGh0NuP0▼このコメントに返信
アメリカ「降伏? そんなの認めん、徹底的に潰す」
これよ
原爆の試験が終わったこと、ソ連に利益を与えない事が、降伏を受け入れるタイミングだった
108.名無しさん:2018年09月15日 10:36 ID:3sGh0NuP0▼このコメントに返信
なにせ原爆の開発にはアメリカとしても大金を投入してるからな
109.名無しさん:2018年09月15日 10:59 ID:yZ4Tyuhb0▼このコメントに返信
日本に原爆を落とさないと次落とす戦場は朝鮮戦争なのかな?

その世界線は今頃原爆像とか一杯出来てるのかなと妄想。
110.名無しさん:2018年09月15日 11:20 ID:qwfLC17R0▼このコメントに返信
始めた時点で相手が受け入れなかった可能性が高いのでは
111.名無しさん:2018年09月15日 11:36 ID:rrKbc3B00▼このコメントに返信
大東亜戦争の太平洋・東南アジア・インド洋への兵力展開は、もう一つ「連合艦隊」を構築出来る規模の艦艇が必要だった。

だから、ミッドウェーでの敗北後は和平交渉すべきだったな。

まあ、不幸にもアメリカ大統領が身体障害者でレイシストのフランクリン・ルーズベルトだったからな。
112.名無しさん:2018年09月15日 11:52 ID:CSk1O.MF0▼このコメントに返信
※102
リーズベルトが生存してたら、その後の牙をむいたソ連にどう対応したのかは興味なくね?
さすがに目が覚めてアメリカ共産党の支持者は排除されたと思うんだけど
113.名無しさん:2018年09月15日 12:00 ID:bCZjmVjz0▼このコメントに返信
※99 
はっきり言って、シュタインズ・ゲートなみの稀なエンド。
敗戦国、自主外交が出来ないってのも良い。それを独立独歩を目指すとかいうやつもいる。
日本人は統治が下手ってのは鉄板。覚えとけよ
114.名無しさん:2018年09月15日 12:02 ID:0de.7Ums0▼このコメントに返信
こっちに譲れない条件がある限り、アメリカ次第に決まってる
譲る条件ならわかるがタイミングではそうなると思う
こっちが降伏しようとしても相手が受け入れなければどうしようもないわけだし
115.名無しさん:2018年09月15日 12:22 ID:fcDevVk00▼このコメントに返信
降伏や和平っていっても相手が受け入れる様な条件がそろわないと降伏も和平も出来ん
「戦争を始めるのは簡単だけど終わらせるのは難しい」と言われる理由の一つでもある

ミッドウェーでの敗北後に和平・・これどんな条件になるの?
日本はどこまでなら受け入れられて相手はどんな条件ならいいとなるの?
日本が「過酷すぎるから受け入れられない」となっても相手が「条件がこれ?ふざけんな」となっても駄目
利害が一致しないと成立せんのよ。戦争は形を変えた外交であるからね。

116.名無しさん:2018年09月15日 13:25 ID:reShhqCu0▼このコメントに返信
※33
なるほどー。
つまり民主党政権も正解だったんだな。
確かに、民主党政権があったからこそ、安倍政権の無敵モードもあるわけだからな。
117.名無しさん:2018年09月15日 13:48 ID:reShhqCu0▼このコメントに返信
原爆とかソ連参戦がある前に国内の意見を降伏に持っていける指導力が政府にあれば、そもそも対米戦も回避できてた。
118.名無しさん:2018年09月15日 14:09 ID:aniCvu530▼このコメントに返信
※103
>真面目に言うと・・大敗北しないと・・
だね。
劇的な変革を自主的に達成するのは難しい。

>日本国憲法とかが出来ないだけマシかもしれないが
昭和天皇「負け惜しみと思うかも知れぬが、敗戦の結果とはいえ我が憲法の改正も出来た」
昭和天皇にしてみれば、大日本帝国憲法でなければその方がマシという認識だったようだ。
昭和天皇の軍という組織、特に陸軍に対する不信感は相当なものがあったことは伝えられるお言葉から窺い知れるが、軍の政治化を生む余地が大日本帝国憲法にあり、御自身も政治化した軍に悩まされていたのだから当然よね。
119.名無しさん:2018年09月15日 14:24 ID:1KNUQCOd0▼このコメントに返信
当時のアメリカのトップにはソ連のシンパが大量に潜伏していた。
んでアジア赤化の防波堤だったのが大日本帝国、まあ交渉は難しいんじゃない❓
120.名無しさん:2018年09月15日 14:45 ID:H9lp2abT0▼このコメントに返信
ルーズベルト大統領が死んで、フーバー政権以来の反日政策支持者だったスティムソンがドイツ専任担当になり、元駐日大使のグルーが対日政策を仕切るようになったのが敗戦直前のアメリカ政府
そして沖縄の敗戦で天皇が戦争継続に絶望した時期と重なる

121.名無しさん:2018年09月15日 14:46 ID:PJnb.7Bs0▼このコメントに返信
アメリカがハルノート突きつけた時点で戦争へ追い込んでるようなものだし
なおかつ真珠湾攻撃の計画を知らされたルーズベルトは海軍に緘口令を敷いて
あえて犠牲を出させた経緯があるから、日本側が講和を申し出てても
受理される可能性は低いんではないかと思う

真珠湾を攻撃させた口実に見合う講和条件と言ったら満州朝鮮台湾などの
植民地の放棄と軍部の解体まで含むだろうからそれを当時の軍部が受理するかどうか

結局、日本側が降伏を申し出ても継戦派が戦争を継続していたかもしくは内乱になるかの
いずれかだったと思うで。1945年8月の敗戦受諾しか最適な降伏のタイミングは無かっただろう
122.名無しさん:2018年09月15日 15:19 ID:oDqwcour0▼このコメントに返信
米国が降伏させる気なかったんだから、日本がどれだけ講和を望んでも無理だったろ
米国は最初から日本とやる気満々だったのに謝れば許してもらえるとでも思ってんのかい?
123.名無しさん:2018年09月15日 15:48 ID:reShhqCu0▼このコメントに返信
戦う前に降伏するか、ガチギレさせてボコボコにされた後に降伏するかの違いだけろ。
124.名無しさん:2018年09月15日 16:55 ID:yE2Wjz6W0▼このコメントに返信
大日本帝国「戦後も天皇制を維持するなら、すぐに降伏します」
米国「その降伏は拒否する、米国が開発中の新型爆弾投下後まで降伏を待てば、大日本帝国皇室の継続を戦後も許可する」
大日本帝国「もう、降伏を認めてもらえるか?」
米国「新型爆弾は、もう一つある、それまで大日本帝国の降伏は許されない」
戦後、GHQは交渉の記録をすべて破棄する命令を出し、大日本帝国側の交渉関係者を戦犯として処刑する。
またGHQは、日本を統治するために、戦勝国民とした在日朝鮮人を活用して、米国の法律に反する非合法活動を行わせて日本の統治を進める。
日本「国内の在日朝鮮人を帰国させたい」
GHQ「日本政府には在日朝鮮人を帰国させる権利はない」
そして朝鮮戦争勃発、大量の朝鮮難民が日本に密入国する。
米国に戦勝国として認められた韓国は、日本の九州を占領するために、38度線の韓国軍兵力を釜山港に集結させて朝鮮戦争を誘発させる。
戦後米国は、日本の民間人を狙った大量虐殺を正当化するために、「朝鮮人を奴隷から開放した」などと宣言し、韓国人を戦勝国民にする。
そのため韓国の義務教育では、韓国は戦勝国として習う。
日本はGHQの命令により、戦勝国民である在日朝鮮人の違法行為を取り締まれず、日本の行政に在日朝鮮人が入り込む。
地方公共団体には、今も採用に国籍条項がほぼない、そのため教職員にも在日朝鮮人が多い。
選挙の開票作業には地方公共団体職員が使われるが、在日朝鮮人の職員が積極的に関わり票を操作している。
125.名無しさん:2018年09月15日 17:09 ID:cULTeB.60▼このコメントに返信
ギャンブルに非常に似てますわ。まだ逆転狙えるもしくは負け分だけでもと・・・
勝ってても負けてても引き際を「自分」に言い聞かせるのは難しいよ
126.名無しさん:2018年09月15日 17:09 ID:reShhqCu0▼このコメントに返信
※124
こんな鬼畜国家とはすぐに手を切って中露と結ぶべきだよな(棒
127.名無しさん:2018年09月15日 18:37 ID:rrKbc3B00▼このコメントに返信
群臣が馬鹿だから本土決戦の準備を進め、松代大本営への遷都を奏上する中で秘密裏に東条英機内閣と小磯国昭内閣を倒閣させ、降伏したら退位・最悪処刑となるのを承知で鈴木貫太郎内閣に終戦工作を進めさせた昭和天皇。現在、大東亜戦争の犠牲者は約256万人。本土決戦を行なったら、その4倍1000万人の犠牲者が出ただろと予想される。
128.名無しさん:2018年09月15日 19:54 ID:EA4IYn0Y0▼このコメントに返信
日本人のような劣等人種は、どこかの民族とかけ合わせればまともになるかもしれない等
人種交配論のルーズベルトが生きての戦後処理だと間違いなく苛烈を極めた。
カルタゴの悲劇並みかもな。
7月中の降伏がベストだったかな
129.名無しさん:2018年09月16日 00:34 ID:OSUXtYq70▼このコメントに返信
そういえば韓国人は誰も相手してくれずに血が濃くなりすぎて遺伝子強いんだよな・・
もう、どうしようもないな。
130.名無しさん:2018年09月16日 22:38 ID:H98.RDBC0▼このコメントに返信
※128
ルーズベルトの考えていたというか聞かされていた日本人観って、
どうみても朝鮮人の性質なのよねえ

まあ、区別はついてなかったんだろうけれど
131.名無しさん:2018年09月18日 20:03 ID:1W1qZ3j.0▼このコメントに返信
早かったら早かったで世界的に白人至上主義の維持、植民地化は避けられんかったと思う。
132.名無しさん:2018年09月19日 05:17 ID:IkCFyPmu0▼このコメントに返信
米国が日本を叩き潰すまで戦争やめないんだったら、開戦直前のFDRから天皇宛ての親電を瀬島とかが握り潰したのも米英の思惑通りだったってことかい。
133.名無しさん:2018年09月20日 16:54 ID:YDSloQfx0▼このコメントに返信
※7
ガイジは上層部だけだから
134.名無しさん:2018年11月06日 20:33 ID:IqHlXv2b0▼このコメントに返信
早すぎると、WW1後のドイツみたいに
負け戦をしていた自覚のない国民が降伏した政府を叩きまくって
その反動でナチスみたいな極端な政党が台頭してきたかもしれないから
史実通りのタイミングでちょうどよかった

お名前