スポンサーリンク

2018年09月14日 12:05

大日本帝国軍人の語録で打線組んだwww

大日本帝国軍人の語録で打線組んだwww

03

引用元:大日本帝国軍人の語録で打線組んだwww
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1536732822/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:13:42 ID:C9N
1 中 「竹槍三百万本あれば列強恐るるに足らず」(荒木貞夫陸軍大臣)

2 二 「二千万人の男子を特攻隊として繰り出せば戦局挽回は可能」(大西瀧治郎軍令部次長)

3 遊 「 およそ勝利の要訣は、「必勝の信念」を堅持することであります。建国二千六百年、我等は、未だ嘗つて戦いに敗れたるを知りません。」(東條英機総理大臣)

4 左 「(前略)皇軍は食う物がなくても戦いをしなければならないのだ。兵器がない、やれ弾丸がない、食う物がないなどは戦いを放棄する理由にならぬ。
弾丸がなかったら銃剣があるじゃないか。銃剣がなくなれば、腕でいくんじゃ。腕もなくなったら足で蹴れ。足もやられたら口で噛みついて行け。
日本男子には大和魂があるということを忘れちゃいかん。日本は神州である。神々が守って下さる」(牟田口廉也陸軍中将)

6 三 「戦争は負けたと感じたものが、負けたのである」(辻政信)

7 捕 「連合艦隊に後退思想はない。軍令部も後退命令は出さないでもらいたい」(古賀峯一連合艦隊司令長官)

8 右 「飛行機は機関銃や高射砲で落とすのではなく、気迫で落とすものだ。」(東條英機総理大臣)

9 投 「私には些細ながら思想がある。東條という人間には思想はまったくない。だから対立のしようがない」(石原莞爾)

監督 
これは戰時日本の算術だ 然し一度には出来ない
毎日いろいろと工夫・研究して難しい仕事に勇敢に取組んで行き
今日は2+2=5 明日は2+2=7 にする
これが2+2=80 にする生産增強の鍵だ

2: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:14:16 ID:2kn
うーんこの

3: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:14:32 ID:C9N
あ、監督は東條首相の算術です

5: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:15:13 ID:dLL
つじーん

6: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:15:13 ID:zZU
5番おりゅ?

11: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:16:18 ID:C9N
>>6
抜けてた

周囲の山々はこれだけ青々としている。日本人はもともと草食動物なのである。これだけ青い山を周囲に抱えながら、食糧に困るなどというのは、ありえないことだ」(牟田口廉也)でいいや

7: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:15:23 ID:CHW
サンキュームッタ

23: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:23:33 ID:wZZ
>>7 捕 「連合艦隊に後退思想はない。軍令部も後退命令は出さないでもらいたい」(古賀峯一連合艦隊司令長官)

これを言い出したのがガダルカナル撤退後だという事実
一方陸軍は離島への補給なんて無理だと気づいてニューギニア西部への撤退を主張してた

8: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:15:26 ID:VZo
まともな軍人はいないのか

9: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:15:35 ID:4lE
こういう奴らほど最期は死にたくない死にたくないって言ってそう

14: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:17:26 ID:y3L
国会議員になった人がいますね

15: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:18:08 ID:C9N
1 中 「竹槍三百万本あれば列強恐るるに足らず」(荒木貞夫陸軍大臣)

陸軍の中堅幕僚期待の星の荒木貞夫が陸軍大臣時代に発言したやつ

国軍を皇軍と言い出したのもこいつで、軍刀をサーベルから日本刀に変えたのもこいつじゃなかったっけ?

16: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:18:44 ID:Y3m
東條はマジでヤバかった

18: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:20:21 ID:C9N
2 二 「二千万人の男子を特攻隊として繰り出せば戦局挽回は可能」(大西瀧治郎軍令部次長)

解説要るのかね

特攻戦術の生みの親とされる大西瀧治郎の戦局末期の発言

21: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:21:44 ID:C9N
3 遊 「およそ勝利の要訣は、「必勝の信念」を堅持することであります。建国二千六百年、我等は、未だ嘗つて戦いに敗れたるを知りません。」(東條英機総理大臣)

これは太平洋戦争開戦時のラジオ演説「大詔を拝し奉りて」での発言

白村江の戦いとかはなかったことになったらしい

22: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:21:48 ID:zZU
日本のいちばん長い日っておもろい?

100: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:57:48 ID:BmJ
>>22
クソおもろい
緊張感ハンパないリメイクは知らん

101: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:58:59 ID:JI8
>>100
元のやつは当時の空気リアタイで知っとる人ばっかの時代やしなぁ…

24: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:24:10 ID:C9N
4 左 「(前略)皇軍は食う物がなくても戦いをしなければならないのだ。兵器がない、やれ弾丸がない、食う物がないなどは戦いを放棄する理由にならぬ。
弾丸がなかったら銃剣があるじゃないか。銃剣がなくなれば、腕でいくんじゃ。腕もなくなったら足で蹴れ。足もやられたら口で噛みついて行け。
日本男子には大和魂があるということを忘れちゃいかん。日本は神州である。神々が守って下さる」(牟田口廉也陸軍中将)

5 一「 周囲の山々はこれだけ青々としている。日本人はもともと草食動物なのである。これだけ青い山を周囲に抱えながら、食糧に困るなどというのは、ありえないことだ」(牟田口廉也)

牟田口、脅威のクリーンナップ打線

悪名高いインパール作戦の最中に飛び出した迷言

インパール作戦よりもヤバい作戦はまだあるが、これだけのインパクトのある発言もそうはないので有名になっている

26: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:25:32 ID:ocU
>>24
これ4割60本いくやろ

29: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:26:10 ID:C9N
6 三 「戦争は負けたと感じたものが、負けたのである」(辻政信)

つじーんこと辻政信がノモンハン事件後に言ったとされる発言

まあ近年の資料だとノモンハン事件は言われているほど日本の惨敗じゃなくて痛み分けだったことは分かっているが、お前がそれを言うのかと思ったので入れた

30: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:27:17 ID:K4F
ブラック企業そのものどすな

31: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:28:15 ID:wZZ
東條の発言は戦意高揚の面もあるから多少おかしいのはしゃーないとは思うけどね

34: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:29:21 ID:C9N
7 捕 「連合艦隊に後退思想はない。軍令部も後退命令は出さないでもらいたい」(古賀峯一連合艦隊司令長官)

山本五十六の殉職後に連合艦隊司令長官になった古賀峯一の発言

海軍甲事件で山本五十六が落とされたと思ったら古賀峯一も海軍乙事件で落とされるのやめちくりー

海軍乙事件は機密文書も流出してるあたりどうにかしてくれ

39: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:31:08 ID:wZZ
>>34
後に続く「第一線は決死の覚悟でやっているのだ」があればポイント高いのに

41: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:31:50 ID:C9N
8 右 「飛行機は機関銃や高射砲で落とすのではなく、気迫で落とすものだ。」(東條英機総理大臣)

東條英機総理大臣の発言

一応東條さんは初代の陸軍航空総監とかやってたんで陸軍航空の第一人者を自称しても許されるはずなんだがこの発言である

>>39
すまんな

46: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:33:23 ID:C9N
9 投 「私には些細ながら思想がある。東條という人間には思想はまったくない。だから対立のしようがない」(石原莞爾)

石原莞爾が東京裁判の時に言ったとされるセリフ

石原莞爾は東條英機を徹底的に嫌っていて東條上等兵呼ばわりしていた

ちなみにちょび髭伍長よりも二階級下っ端である

51: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:35:01 ID:kyO
白兵戦でも体格に勝るアメリカ人には勝てないし、気迫でも志願率の高いアメリカ兵の方が上なんだよなあ
日本軍は貧乏で白兵精神主義にたよっただけで、その方面でも弱い

55: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:36:06 ID:C9N
ラスト

監督 
これは戰時日本の算術だ 然し一度には出来ない
毎日いろいろと工夫・研究して難しい仕事に勇敢に取組んで行き
今日は2+2=5 明日は2+2=7 にする
これが2+2=80 にする生産增強の鍵だ

うーんこのガバガバ算

ちなみに陸軍の秋丸機関が開戦前に調べた日米の国力差が二十倍なので、それこそ2+2=80にしないと勝てない模様

61: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:37:59 ID:gw4
こういう「昔の人間が愚かだったから戦争になった」みたいな決めつけるから
いつまで経っても地球上から戦争がなくならないんや
昔の人々も今以上に賢明だった
でも戦争になった
そう考えるべきや

150: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)18:05:55 ID:X3E
>>61
それな

64: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:39:14 ID:kyO
アメリカ軍「三か月戦えば二週間休暇やるぞ」

ドイツ軍「半年戦えば二か月休暇やるぞ」

皇軍「月月火水木金金」


昔からブラックな日本型組織

68: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:40:37 ID:wZZ
>>64
陸軍は比較的ホワイトなんやけどねえ

74: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:41:38 ID:wJZ
>>64
独軍もそんな悠長な事言うてたの42年半ばまでちゃうか?

80: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:43:23 ID:kyO
>>74
休暇なしで戦わせると戦死者が増えて結局非効率なんだよ
ローテーション制度は敗戦まで続いてる

82: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:44:15 ID:wZZ
>>74
突出した戦線を整理し予備兵力を作り、消耗した部隊を順次フランスに後送するシステムができてたから44年までは休めた

70: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:41:05 ID:C9N
ちょっと陸軍だけに偏っちゃったね
海軍も入れておこう

「残念ですが、私は潜水艦については詳しく知りません」(東京裁判にて、永野修身元帥海軍大将)

「わが機動部隊は無敵で、敵を圧倒できると信じていたので、このため特別な処置は考えなかった」(K作戦の失敗後、黒島亀人)

81: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:44:14 ID:JI8
>>70
黒島亀人は言い逃れとかでなくてガチもんぽいのが闇深い…

83: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:45:28 ID:C9N
「戦争をしなくちゃいかんということを考えておった人は、陸海軍といえどもいないんだな。本当に計算してやれば戦争なんかできないんですよ。」鈴木貞一企画院総裁

戦後のインタビューにて

企画院がその計算をする機関じゃないんですかね

84: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:46:23 ID:JI8
>>83
鈴木貞一「計算はしてたけど結果を正直に言わなかっただけやからセーフ」

85: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:47:47 ID:wZZ
>>83
東條は企画院の意を汲んで国力の範囲内で戦争しようとしたけど海軍が輸送船を徴用しまくって全部おしゃかになった

86: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:49:14 ID:C9N
>>85
海軍が必ず陸軍と同じだけの鉄鋼を手に入れようとした結果航空機生産に支障が出た話もあるしね

何のために東條が軍需大臣を兼任したのやら

87: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:50:20 ID:JI8
>>86
よほど自分の政治力に自信があったのか知らんが、陸軍出身者が全部仕切ろうとして海軍が黙って言う事聞くとでも思ってたんやろか

89: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:51:13 ID:wZZ
>>87
そもそも軍に対する影響力皆無な当時の総理大臣の権限に問題がある

88: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:50:57 ID:nMm
陸海軍互いに相争い、余力を以って米英に当たってるからね、仕方ないね

90: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:51:20 ID:FJs
はえー日本軍って内ゲバしてたんすね~

91: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:51:47 ID:C9N
>>90
内ゲバしてない軍のほうが少ないぞ

92: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:51:52 ID:JI8
>>90
まるで今の省庁がしてないかのような発言はNG

93: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:52:11 ID:nMm
ソ連は大粛清したから戦時中は内ゲバしてないな!

98: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:54:24 ID:C9N
>>93
政治委員と軍人では内ゲバしてるぞ

105: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:03:41 ID:kyO
>>98
ソビエトの高級将校は基本的に政治委員も兼任してる
有名なジューコフも政治委員の一人
中央と現場の対立っていった方がいいかもしれない

94: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:52:22 ID:kyO
陸海軍の仲が悪いのはどこの国も同じ
問題は仲裁者がいなかったこと

96: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:54:09 ID:JI8
>>94
ドイツ「(陸軍内の兵科で争っちゃ)いかんのか?」

99: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:56:04 ID:kyO
>>96
ドイツは最大派閥の砲兵科が比較的柔軟で参謀本部が仲裁役として機能してた

97: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)15:54:22 ID:KAJ
欠陥明治憲法が悪い

102: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:01:56 ID:MQu
陸軍------陸軍省←対立→参謀本部


対立←←←影響力皆無→→→総理大臣


海軍------海軍省←非協力→軍令部←対立→連合艦隊

115: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:11:55 ID:kyO
保身という意味では有能だったんだろう
戦争指導という面で無能だっただけで

119: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:14:09 ID:9SC
陸海相争う余勢を持って米国と戦うやっけ?

121: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:16:31 ID:k75
改めて戦争したくないなと思わせる良スレ
戦争したくないというか日本側で戦いたくない

124: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:17:42 ID:JI8
>>121
末端の兵士なら連合軍側も大概やぞ

128: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:19:52 ID:k75
>>124
どっちもどっちなんか
せめて無駄死にだけはしたくないンゴ

130: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:20:17 ID:kyO
>>124
給与や福利厚生が段違いだし
日本兵の給与じゃ必死に戦ってもろくに仕送りすらできん

131: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:21:42 ID:wZZ
>>130
当時の日本で衣食住が確保されて給料もらえるって最高の職場なんやけどね
仕送りも十分できるで

134: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:24:16 ID:C9N
>>131
まあ軍隊の待遇が一番マシって時点でやばいと思う
国家予算の半数以上を軍事費に投入してるんだからある意味当たり前だが

136: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:25:17 ID:wZZ
>>134
当時の軍隊って巨大な会社みたいなもんだしねえ

138: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:27:01 ID:C9N
>>136
それも国営企業だからね

高橋是清が拡張していた軍事費にそろそろ歯止めをかけて削減しようとしたら暗殺されたのもうなずけるわ

135: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:25:12 ID:JI8
>>131
地方の小作人の次男坊三男坊が徴兵されて初めて銀シャリ腹一杯食べたって感激する話があったな…
それも昭和恐慌の頃やからまだ100年も経ってへんというね…

138: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:27:01 ID:C9N
>>135
南方地域への出征を官費で旅行させてもらったってありがたがってる兵士もいたからね

137: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:25:58 ID:kyO
>>131
そりゃ日本の中では軍隊がマシなんだろうけど
大戦期の日本兵ってイギリス植民地軍のインド兵より給与低いからな
低賃金長時間労働でしかも死傷率高いとなるとな

140: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:31:46 ID:wZZ
>>137
インド兵はイギリスにとって貴重な人材資源だから給与が高く設定されてた・・・気がする

141: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:33:47 ID:nMm
>>140
インド植民地軍のインド兵の方がインド国民軍よりも待遇がいいんじゃどっちが搾取してるんだか分からねえな

144: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:35:59 ID:kyO
>>141
まあ高いといっても白人兵士の二分の一程度なんだけどな
国王任命将校になれば人種に関わらず給与は一緒だった

148: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:39:31 ID:C9N
>>144
国王任命インド人将校(KCIO)だっけ

イギリスのインド化ってそういう意味だと結構進んでたよね

インド高等文官試験の合格者も独立前には半数がインド人だったし

144: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:35:59 ID:kyO
>>141
まあ高いといっても白人兵士の二分の一程度なんだけどな
国王任命将校になれば人種に関わらず給与は一緒だった

126: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:18:57 ID:un1
1年や1年半は存分に暴れてご覧にいれます。しかし、その先のことはまったく保証できません。(山本五十六)

127: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:19:11 ID:wZZ
大臣の任命権無いから組閣非協力で簡単に吹っ飛ぶ総理大臣のイス

129: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:19:58 ID:C9N
>>127
宇垣内閣流産だけは本当に痛恨のミスだった

石原も戦後に生涯最大の過ちと言ってたけどさ

132: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:21:59 ID:yLk
なんていえばいいんだろ、これ

133: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)16:22:45 ID:wZZ
ちなみに陸軍は律儀なので離島に閉じ込められても給料はちゃんと支払われていた
しかし使い道が無いので溜まる一方・・・という笑えない笑い話

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年09月14日 12:11 ID:0FlohcsF0▼このコメントに返信
この発言自体より何故この発言に至ったかを考えることが大切なのでは?本当の答はわからないとしても。
戦前日本は基地外であると結論したいのだろうが必ずしもそうとは言えないと思う。
2.名無しさん:2018年09月14日 12:13 ID:EC2VFHzM0▼このコメントに返信
威勢が良いことを大声で喚かないと出世できないからね
3.名無しさん:2018年09月14日 12:19 ID:yDtymdQC0▼このコメントに返信
無能しかいない国
日露で負けるべきだった
4.名無しさん:2018年09月14日 12:20 ID:kctcmLSH0▼このコメントに返信
2+2=5は第一次五か年計画を1930年だかに言い出したソ連も言ってたな
つまり追いつめられて出来ないことやろうとしてる奴がおかしくなって言い出すことの一つなんだろう
努力が足りてない工夫が足りてないみたいに
ってもこんなフレーズ、現代の会社でもたまーに見るな?
5.名無しさん:2018年09月14日 12:21 ID:XpieVw4C0▼このコメントに返信
※1
それを考えても、結果がこの発言なら基地外以外の何者でもないわ
6.名無しさん:2018年09月14日 12:22 ID:0FlohcsF0▼このコメントに返信
まぁ軍人に政治介入させたらダメって学べたね
7.名無しさん:2018年09月14日 12:23 ID:UEUiBxrZ0▼このコメントに返信
あと、この発言大半がGHQ占領下において君たちの大好きな朝日新聞などで人口に膾炙した点も忘れずに。
牟田口将軍の悪評も共産党員著の2冊が元ネタだし、昭和30年代ー50年代は左翼でなければジャーナリズムや本も書けなかった。
今のモリカケと同じ構図がある(ウルトラ印象操作)。
まあ、戦火で全財産失った人や肉親が戦死など、当時の政府を憎む気持ちもわかるが。
8.名無しさん:2018年09月14日 12:24 ID:EC2VFHzM0▼このコメントに返信
会社の営業部にはこんなこと言ってるヤツらゴロゴロいるわ
9.名無しさん:2018年09月14日 12:26 ID:0FlohcsF0▼このコメントに返信
この発言の真偽も怪しいもんだ
いまでこそフェイクだなんだとわかるものもあるけど当時じゃあな
10.名無しさん:2018年09月14日 12:26 ID:Bmr7dHkH0▼このコメントに返信
人は追い詰められればおかしなことも言うものさ。
これらの言葉から自分が感じるのは、負け戦はやっちゃあかんということぐらいかな。
戦争であれ、個人レベルの事であれ、取り返しのつかない負けをしてしまうとおかしくなる。
11.名無しさん:2018年09月14日 12:26 ID:ka3l7MWG0▼このコメントに返信
国のため 重き務めを 果しえて 矢弾尽き果て 散るぞ悲しき (硫黄島守備隊長 栗林忠道)
12.名無しさん:2018年09月14日 12:26 ID:HpvAzNUX0▼このコメントに返信
長々やってる番組かもですねぇ!
13.名無しさん:2018年09月14日 12:30 ID:yDtymdQC0▼このコメントに返信
1人で米兵10人殺すどころか1人で10人殺されたのが日本軍
14.名無しさん:2018年09月14日 12:30 ID:0Hj40HKA0▼このコメントに返信
要するに将校無しで下士官と兵だけで戦っていれば勝てた的打線だよね
米側からも下士官や兵は有能だと言われてたし
15.名無しさん:2018年09月14日 12:32 ID:qg9Jwtor0▼このコメントに返信
申し訳ないが社会と物理的に隔離されざるを得ない艦隊勤務だけを挙げてブラック呼ばわりはNG
16.名無しさん:2018年09月14日 12:34 ID:uZ.AQM5q0▼このコメントに返信
>>21
これは開戦時のラジオ演説ならありやろ
戦意高揚のためにやってるんだから「負けたことなどほとんどありません」とかいらんこと正直に言う必要ない
17.名無しさん:2018年09月14日 12:34 ID:Zo4.mky90▼このコメントに返信
今と何が違うんだ?大企業の社長でも言ってそうな内容だぞ。
18.名無しさん:2018年09月14日 12:39 ID:6hz.bcSR0▼このコメントに返信
五十六で埋まるかと思ったけどそうじゃなかったな。
五十六の「今時の若い者は」は好き


むかしも、いまも同じ事繰り返してる
19.名無しさん:2018年09月14日 12:39 ID:RpgBpX7F0▼このコメントに返信
※7

高木俊朗は共産党とは関係ないだろ

適当なこと言ってるなぁ
20.名無しさん:2018年09月14日 12:41 ID:BfXuKODZ0▼このコメントに返信
>>1
ここまで狂ってたのか

21.名無しさん:2018年09月14日 12:41 ID:6hz.bcSR0▼このコメントに返信
※17
大企業で働いた事なさそう

22.名無しさん:2018年09月14日 12:43 ID:pLbCdLWE0▼このコメントに返信
鳥肌「大和魂があれば竹槍でB29を落とせるんです!」
23.名無しさん:2018年09月14日 12:43 ID:6hz.bcSR0▼このコメントに返信
山本五十六「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」

なぜこれが出てこない?
普通に四番だろ
24.名無しさん:2018年09月14日 12:44 ID:6hz.bcSR0▼このコメントに返信
山本五十六「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」
25.名無しさん:2018年09月14日 12:44 ID:a8n59gx80▼このコメントに返信
欲しがりません
大本営のカスまでは
26.名無しさん:2018年09月14日 12:45 ID:6hz.bcSR0▼このコメントに返信
山本五十六(今も変わらんw)

実年者は、今どきの若い者などということを絶対に言うな。

なぜなら、われわれ実年者が若かった時に同じことを言われたはずだ。


今どきの若者は全くしょうがない、年長者に対して礼儀を知らぬ、道で会っても挨拶もしない、いったい日本はどうなるのだ、などと言われたものだ。


その若者が、こうして年を取ったまでだ。

だから、実年者は若者が何をしたか、などと言うな。

何ができるか、とその可能性を発見してやってくれ。
27.名無しさん:2018年09月14日 12:46 ID:6hz.bcSR0▼このコメントに返信
山本五十六(全部うまりそうw)

苦しいこともあるだろう。

云い度いこともあるだろう。

不満なこともあるだろう。

腹の立つこともあるだろう。

泣き度いこともあるだろう。


これらをじつとこらえてゆくのが男の修行である。
28.名無しさん:2018年09月14日 12:47 ID:a8n59gx80▼このコメントに返信
一度全部捨ててから再構築するべきやで
負けた国の語録やでw
29.名無しさん:2018年09月14日 12:48 ID:d1xsWlmh0▼このコメントに返信
精神論でものを考える人物は古今東西トップに立たせちゃだめ。
30.名無しさん:2018年09月14日 12:48 ID:a8n59gx80▼このコメントに返信
※27
ハンモックナンバーをこらえて逝ったら男の修業よりも艦隊が殲滅したw
31.名無しさん:2018年09月14日 12:48 ID:EC2VFHzM0▼このコメントに返信
改めて大日本帝国は貧しかったんだなということがわかる。貧弱な国力で列強に比肩する軍隊を持とうと背伸びに背伸びを重ねていたんだろうな。その無理が発言の裏に見え隠れしている
32.名無しさん:2018年09月14日 12:53 ID:SHzcFytk0▼このコメントに返信
歴史上でもこれだけ無能ばかりが生き残り、有能者のほぼ全てが死に絶えた国家はそうそうないんじゃないか?
しかもそいつらの中で責任とって自害した奴はほんの一握りだけで、ほとんどの奴らが何のお咎めもなく、のうのうと生きて天寿を全うしているとか、もう怒りや呆れを通り越して、何の感情も湧かないわ。
33.名無しさん:2018年09月14日 12:54 ID:cd4J4mnv0▼このコメントに返信
また朝鮮人が集まってるのか。
34.名無しさん:2018年09月14日 12:56 ID:yDtymdQC0▼このコメントに返信
日本軍は上司に媚びへつらったりコネがないと出世できないからな
才能は埋もれる
35.名無しさん:2018年09月14日 12:56 ID:nqi2.e1V0▼このコメントに返信
ひぇっ、基地外ランキングやん。


辻と言えばシンガポール華僑粛清での
「俺はシンガポールの華僑を半分にしてやろうと思っとるのだ」
なんてのもあるな。
36.名無しさん:2018年09月14日 12:56 ID:KDXWcZl.0▼このコメントに返信
石原ほんと嫌い
起こしたことの影響を考えたらこいつが打線の面子のなかでもぶっちぎりの戦犯だと思ってるわ
37.名無しさん:2018年09月14日 12:58 ID:nqi2.e1V0▼このコメントに返信
月月火水木金金!!
撤退でなく転身である!!
玉砕!!


どれもこれもブラック企業の使いそうなキャッチコピーばっかやな。
38.名無しさん:2018年09月14日 12:58 ID:lNTOekD00▼このコメントに返信
銀英の門閥貴族思い出した
39.名無しさん:2018年09月14日 13:00 ID:wrlJ5VuB0▼このコメントに返信
※4
「2+2=5」は「1984年」という小説の有名なフレーズだが、元ネタはそこにあったんだね。
40.名無しさん:2018年09月14日 13:01 ID:nqi2.e1V0▼このコメントに返信
日本軍は総力戦では米ソ軍に勝てへんから
短期決戦に全てを掛けたんや。
兵士には果敢な突撃精神しか求めとらん。
だからこないなばりばり精神主義になってもうたんやな。
「未完のファシズム」という本にその辺が書かれとったで。
41.名無しさん:2018年09月14日 13:02 ID:RTJ9Cebl0▼このコメントに返信

「やれと言われれば海軍は半年や一年は存分に暴れてごらんに見せます」

五十六の大見え
42.名無しさん:2018年09月14日 13:02 ID:a8n59gx80▼このコメントに返信
※32
韓国のような植民地政策が4年間で完成したみたいなものだよなw 
43.名無しさん:2018年09月14日 13:02 ID:rqfjd4VH0▼このコメントに返信
牟田口廉也将軍

「普及と元の敵から取るものだ。」
「武器不足が敗北の原因は、することができない。」
「兵器がない、弾丸がない、食べるものがなくて戦いを放棄するということは、理由がない。弾丸がなければ銃剣がある。銃剣がなければ素手がある。素手がなければ足お茶。足なければ煮ると日本の男に大和精神があることを忘れていた。日本は神守ってくれる国だ」
「貝は、自動車の代わりに牛や馬に乗せて行く途中貝をすべて使えば必要なくなった牛や馬を食べるとされる。"
「ジャングルの飛行機をオディエダがスニャ?」
「日本人はもともと草食動物だから行っている途中、道端に私牧草を食べて進撃せよ」
44.名無しさん:2018年09月14日 13:04 ID:a8n59gx80▼このコメントに返信
※43
道草食わせやがってカスが
戦争に負けるわけですよ
今の自衛隊はこんな愚図どもよりアメリカに学んでいるらしい
45.名無しさん:2018年09月14日 13:04 ID:RTJ9Cebl0▼このコメントに返信
ペリーを呼んで来い!

石原莞爾
46.名無しさん:2018年09月14日 13:06 ID:rqfjd4VH0▼このコメントに返信
牟田口廉也将軍

戦争後、日本軍のいくつかの将軍は、戦犯裁判を通じて死刑など置かれましたが、
この人間はインパール作戦で日本軍を再起不能級のすごい被害を及ぼすなど連合軍の勝利に大きく貢献したから(笑)不起訴処分になって、そのまま釈放された。
47.名無しさん:2018年09月14日 13:07 ID:s10JTjvX0▼このコメントに返信
>およそ勝利の要訣は、「必勝の信念」を堅持することであります

そうかが言いそうなセリフだな




48.名無しさん:2018年09月14日 13:07 ID:qmONML.20▼このコメントに返信
ムタ一人でペナント制覇できそう
49.名無しさん:2018年09月14日 13:08 ID:LBi.WjmW0▼このコメントに返信
2000万機の戦闘機と、2000万発の500kg爆弾と、2000万機分の燃料と、2000万人の兵力があったら普通に勝てるやろ。
50.名無しさん:2018年09月14日 13:10 ID:cZQ0On520▼このコメントに返信
昔の人
「うおおおおおおおお!(なにいってんだこいつ)」
今の人
「なにいってんだこいつ」
51.名無しさん:2018年09月14日 13:14 ID:rqfjd4VH0▼このコメントに返信
牟田口廉也将軍

戦争後、
「あれは私のせいではなく、部下の無能さのせいで失敗した」と頑なに自説を主張していた
52.名無しさん:2018年09月14日 13:16 ID:DDAIOM0B0▼このコメントに返信
牟田口廉也将軍

インパール作戦が敗色濃厚となり部下の藤原岩市参謀に「陛下へのお詫びに自決したい」と相談した(もとより慰留を期待しての事とされる)。これに対し藤原参謀は「昔から死ぬ、死ぬといった人に死んだためしがありません。 司令官から私は切腹するからと相談を持ちかけられたら、幕僚としての責任上、 一応形式的にも止めないわけには参りません、司令官としての責任を、真実感じておられるなら、黙って腹を切って下さい。誰も邪魔したり止めたり致しません。心置きなく腹を切って下さい。今回の作戦(失敗)はそれだけの価値があります」と苦言を呈され、あてが外れた牟田口は悄然としたが自決することなく、余生をまっとうした。
53.i774:2018年09月14日 13:18 ID:Kbwl6c2y0▼このコメントに返信
東條英機のポジションが多すぎる。
54.名無しさん:2018年09月14日 13:19 ID:Gtn1SqcF0▼このコメントに返信
当時の「軍隊」がこれほどまでに肥大し暴走したのは 日本の社会の構造がどうしようもなく不平等で歪んでいたから
総資産の90パーセント以上が 全人口の5パーセント未満に集中していた
専軍主義で押さえつけなかったら日本で「共産革命」が起こっていたかもしれない
55.名無しさん:2018年09月14日 13:26 ID:RTJ9Cebl0▼このコメントに返信
日英会談
山下『イエスかノーか』
56.名無しさん:2018年09月14日 13:27 ID:8PcP2x2n0▼このコメントに返信
>白兵戦でも体格に勝るアメリカ人には勝てないし、気迫でも志願率の高いアメリカ兵の方が上なんだよなあ
日本軍は貧乏で白兵精神主義にたよっただけで、その方面でも弱い

知ったかのJカスのガキごときが何を言うとるんか…?
57.名無しさん:2018年09月14日 13:27 ID:RpgBpX7F0▼このコメントに返信
※53

東條英機は総理大臣時代に兼務しまくっていた史実再現やぞ
58.名無しさん:2018年09月14日 13:30 ID:8PcP2x2n0▼このコメントに返信
>44
平和な時代に生まれて良かったねぇ坊やw
59.名無しさん:2018年09月14日 13:31 ID:C5FSNDc00▼このコメントに返信
末期軍人 「国体が守れれば国民の命とかどうでもいい」

パヨチン 「9条が守れれば国民の命とかどうでもいい」

こいつら同族
60.名無しさん:2018年09月14日 13:32 ID:8PcP2x2n0▼このコメントに返信
>3
お前の祖国よりはねwwwwww
61.名無しさん:2018年09月14日 13:34 ID:RpgBpX7F0▼このコメントに返信
日本軍と日本兵 米軍報告書は語る 一ノ瀬俊也

からの抜粋でしょ

当時の日本兵と戦った米軍がそう評価していたんだよ
62.名無しさん:2018年09月14日 13:47 ID:GHynlVwU0▼このコメントに返信
五十六の発言の真意は、対米戦の継続は半年から一年半、それ以上は立場上言ってはならない結論になるので察して下さい、なので対米戦回避か或いは第三国の調停による早期講和をタノンマス、だから普通に冷静な分析だろ。
63.名無しさん:2018年09月14日 13:47 ID:HlT4n20D0▼このコメントに返信
チャンとスレタレ読んでるか?
大日本帝国軍人の語録だよ
説明が必要な語録なんて意味無いだろう
一発で分かる語録入れろよ
64.名無しさん:2018年09月14日 13:49 ID:a8n59gx80▼このコメントに返信
※58
だおね
無能を残したまま次の戦争はできない者ねw
65.名無しさん:2018年09月14日 13:56 ID:BGZjVL5m0▼このコメントに返信
※41
一部だけ読めばそうだけど、全体を読むとむしろ一年程度しか自信がないから極力戦争は回避してくれって感じだけどね。

それは是非やれと言われれば初め半年や1年の間は随分暴れてご覧に入れる。然しながら二年三年となれば全く確信は持てぬ。三国条約が出来たのは致方ないが、かくなりし上は日米戦争を回避する様極力御努力願ひたい
ttp://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1042005/20?viewMode= 『平和への努力』近衛文麿 昭和21年
66.名無しさん:2018年09月14日 14:00 ID:DJb.dJjw0▼このコメントに返信
※38
門閥貴族は血筋だけでその地位に就いた連中だけど、
日本軍の将官は当時の最難関をトップクラスでくぐりぬけてきた頭脳の持ち主で、
肉体的にも人並み以上にあった人たちだったというのが、色々考えさせられる。
67.名無しさん:2018年09月14日 14:24 ID:ikoGgPRX0▼このコメントに返信
昭和が始まった頃から 陸軍海軍を問わず、威勢の良い発言をしないと 現場(戦場)に廻されるようになってた。
軍人といえども 人の子、死ぬのは怖い。
結果的に中央は 無駄に威勢の良い人間ばかりになって 判断を誤るようになってしまった。
68.名無しさん:2018年09月14日 14:26 ID:hvBzYZxY0▼このコメントに返信
※66
帝国陸軍は、世代交代によって藩閥色が薄くなって「民主化」してから次第におかしくなった。
帝国海軍は、大角人事の後、「上へ自由に異論を言う空気」を抹殺してからおかしくなった。
69.名無しさん:2018年09月14日 14:42 ID:8R3.wfIm0▼このコメントに返信
辻政信「 敗北を知りたい 」
70.名無しさん:2018年09月14日 14:45 ID:QdviA3Ww0▼このコメントに返信
お前らが一生懸命日本のために戦ったとか言ってた英霊とやらの名言がこれですか
失望しました 靖国参拝しません
71.名無しさん:2018年09月14日 14:56 ID:hvBzYZxY0▼このコメントに返信
ワイの推す名言
大井篤「国を挙げての戦争に、水上部隊の伝統が何だ。水上部隊の栄光が何だ。馬鹿野郎」
72.名無しさん:2018年09月14日 15:00 ID:nGDviyW90▼このコメントに返信
「元来日本人は草食である、しかるに」以下省略。
73.名無しさん:2018年09月14日 15:02 ID:dg3qIpgb0▼このコメントに返信
良識派が226で死んじゃったから仕方ないね
その良識派もあんだけ外遊しとったのに真実に気が付かなかったのもだいぶヤバいけど
白人の根っこが蛮族だって根を潜めた今でも判るのに
(白人の歴史は弱くあることは奴隷として使い潰されるのが常だったから
弱くても放置される清や江戸時代から社会福祉が充実してた日本とは違う
白人の歴史は正に弱肉強食)

まあ、みんな何とかなるさ(ケンナチャイナ)と思ってた所もあるし
やっぱ原因は朝鮮合併だろうな
加えて日本の良識(最悪にはならんだろうという甘え)も普通に悪化の原因
世の中って結構残酷に出来てるってのに、今以上に厳しい過去でなんで判らなかったのか
やっぱそこら辺かな
軍の暴走も問題だけど文麿筆頭の投げっぱなし政治家が一番酷い
どんだけフリーダムなんだよお前らって、そんなレベルで
74.名無しさん:2018年09月14日 15:07 ID:hvBzYZxY0▼このコメントに返信
ワイの推す名言その2(意訳Ver)
美濃部正「そんなに赤トンボで特攻させたいなら、まずお前らがやってみせろ。俺が零戦で全部撃墜してやる(意訳」
75.名無しさん:2018年09月14日 15:19 ID:vIGbM5vi0▼このコメントに返信
※52
牟田口が硫黄島や沖縄にいたら最後は栗林や牛島みたいにきちんと死んだんだろうか?
76.名無しさん:2018年09月14日 15:24 ID:lc6qfHIN0▼このコメントに返信
予想した名言がまったく出ていない。
結果を知った上で先人をコケにしたいだけか。
77.名無しさん:2018年09月14日 15:35 ID:eEADxOsR0▼このコメントに返信
個人的には、独ソ開戦のあと、北進論の松岡に「海軍は対英米戦争に自信あり、って言ってるのに、なぜソ連が入ったら困るのか」と聞かれた及川海軍大臣の返答

「ソが入ったら一国増えるではないか!」

がツボかな。
78.名無しさん:2018年09月14日 15:39 ID:M72EnoxW0▼このコメントに返信
山本五十六とか石原莞爾とか好きそうだよなぁ
こういうアホみたいなスレ立てる奴ってw
79.名無しさん:2018年09月14日 15:43 ID:JF0t.7Cf0▼このコメントに返信
つまりトップや上司が訳分からんこと言い出したらまず逃げろということだ
逃げない場合しぬ
80.名無しさん:2018年09月14日 15:51 ID:VvFJC3gY0▼このコメントに返信
※56
日本兵が白兵戦弱かったのは事実だよ、日露戦争でも露助の突撃の度に日本兵は蜘蛛の子を散らしたように逃げ回ったらしいからね
それを危惧した軍部と政府が剣術指南を施して逆に露助をボコボコにしたりされたりを繰り返した

第2次に関してはまともな訓練をしてない日本兵はアメリカ兵の銃剣術に対応できずボロ負けした
まぁ正確には「日本人だから弱い」というよりはまともな訓練が出来てなかったから弱かった
81.名無しさん:2018年09月14日 16:04 ID:8EhQdQGb0▼このコメントに返信
203高地知らん馬鹿は帰国して徴兵にでもいけカス
82.名無しさん:2018年09月14日 16:04 ID:oDSp2ArA0▼このコメントに返信
>まともな軍人はいないのか

マトモな人間ほど緒戦で死ぬからな

或る意味恥知らずでマトモじゃない
保身に長けたクズだからこそ生き残るとも言えるが
83.名無しさん:2018年09月14日 16:13 ID:gomr5OIc0▼このコメントに返信
ンゴンゴ言ってる基地外はなんなの?
84.名無しさん:2018年09月14日 16:15 ID:dg3qIpgb0▼このコメントに返信
※80
んにゃ人よりけりが正解

何せ「ペスト収容施設」と日本兵(軍医)が書いた落書きでボロボロになった
米大隊&米艦隊が存在するからな

コテージ作戦でググってみ
85.名無しさん:2018年09月14日 16:17 ID:4wLq8DUd0▼このコメントに返信
※75
南雲がいるサイパンへいかせればよかったのにw
南雲は一応、自決してるけど
牟田口は下士官兵に紛れ込んで助かろうとするだろうな
86.名無しさん:2018年09月14日 16:19 ID:RpgBpX7F0▼このコメントに返信
※84
まるで反論になってないんだが…
87.名無しさん:2018年09月14日 16:19 ID:J87BwVya0▼このコメントに返信
元スレ >>131
命に代えても?
88.名無しさん:2018年09月14日 16:24 ID:yChI6Q2h0▼このコメントに返信
Rajče.net letáky | AkcniCeny.cz
89.名無しさん:2018年09月14日 16:32 ID:dg3qIpgb0▼このコメントに返信
※86
ああ、じゃあ日露戦争でいいかえそっか

マシンガン持っておきながら単発銃で負けた負け犬が何を言っても説得力が無い

とね
90.名無しさん:2018年09月14日 17:06 ID:hvBzYZxY0▼このコメントに返信
※75
富永恭次みたい逃げ出したと思う。
91.名無しさん:2018年09月14日 17:23 ID:mj1GqDOP0▼このコメントに返信
※49
特攻は神風だけじゃないぞ。
特攻ボートとか人間機雷とか人間地雷とか人間弾丸とかさせるつもりやったんだろ。
92.名無しさん:2018年09月14日 17:28 ID:4wLq8DUd0▼このコメントに返信
※91
やらせるつもりじゃなく
すでにやっていたのがあるぞ
93.名無しさん:2018年09月14日 17:33 ID:RpgBpX7F0▼このコメントに返信
※89

日露戦争で日本側に機関銃が無かったって勘違いしてそう
94.名無しさん:2018年09月14日 17:34 ID:mj1GqDOP0▼このコメントに返信
※92
そうだったな。
震洋や刺突爆雷は実戦投入されたっけ。
人間弾丸は…日本刀で突撃がある意味弾丸みたいなもんやろ
95.名無しさん:2018年09月14日 17:36 ID:eEADxOsR0▼このコメントに返信
※80

日本の歩兵があんたの妄想みたいな様子だったら、旅順要塞は落ちてないし、奉天会戦で日本が圧勝なんかできんわな。日露戦争の他の戦闘の内容も知ってる?遼陽会戦でも得利寺でも、なんでもいいからさ。

96.名無しさん:2018年09月14日 17:45 ID:Mw3h4CcE0▼このコメントに返信
明るい劣勢日本軍。高揚状態。
97.名無しさん:2018年09月14日 17:47 ID:0eQVkcD80▼このコメントに返信
ろくでもない語録を残すのは大方後方指揮や戦争指導の連中だよなぁ。自分で最前線で銃撃ってこいw
98.名無しさん:2018年09月14日 18:04 ID:RpgBpX7F0▼このコメントに返信
※97

辻政信ってのがいてだな…
99.名無しさん:2018年09月14日 18:38 ID:om2vN.o70▼このコメントに返信
「軍縮条約の5,5,3はアメリカが5以上作れなくなるから日本にとっては悪くない」って誰が言ったんだっけ?
そういう合理主義者も居たのに、結果は切腹した大西瀧次郎辞世の句「之でよし百万年の仮寝かな」で終わったことを皆心のどこかに留めておこうや
100.名無しさん:2018年09月14日 19:03 ID:nVficFX20▼このコメントに返信
特攻隊二千万って、人はそらいただろうが乗る兵器はどうすんだよw
101.名無しさん:2018年09月14日 19:04 ID:U1tgfdEB0▼このコメントに返信
>>一応東條さんは初代の陸軍航空総監とかやってた

ローカルネタだけど、航空総監つながり?で、ある飛行部隊に東條さんが首相時代に視察にきた。そのあと駐屯地司令(中将)が、どこかの歩兵師団長と交代した。地元では「航空科は弛んでる!」と怒らせたって噂とか…
30年ほど前に飲み屋で元軍人の人に聞いた。
ただの定期異動かも知れんけど…
102.名無しさん:2018年09月14日 19:15 ID:v2X9JhNE0▼このコメントに返信
でも、その一見むちゃくちゃな日本軍に大英帝国もオランダもオーストラリアもカナダも支那もボッコボコに叩きのめされて、フランスにいたってはビビってベトナムを無血占領させたんだよな。

結局は物量攻勢かけた超大国アメリカが強かっただけ。

アメリカほどの国力あれば、トップがルーズベルト級のキ千ガイでもなんとかやれるんだよ。
いまのアメリカ見てても分かるでしょ。
103.名無しさん:2018年09月14日 19:19 ID:v2X9JhNE0▼このコメントに返信
※80
特亜猿の妄想に突っ込んで悪いが、日本軍は訓練の質・量ともに当時世界最強だよ。

なんせフル装備抱えた日本兵がアメリカ兵捕虜を手ぶらで休憩させながら遠足に連れて行っただけで、アメリカ白人はバタバタと倒れて死んでいったくらいだしなw

日本軍にすりゃ、「あれで兵隊か?アメリカ人は日本の小学生より弱い」とびっくりしたらしい。

104.名無しさん:2018年09月14日 20:11 ID:6jesTm4e0▼このコメントに返信
※103

その日本兵がガダルカナルやインパールで何人疫病や飢餓で骸を晒すことになったかと思うと、想像力の無さに泣けてくるね

105.名無しさん:2018年09月14日 20:16 ID:ObY111cW0▼このコメントに返信
アメリカの戦法は制海権を掌握したら、各島々に大兵力を投入して圧倒的に物量と人員を投下して日本軍を殲滅するというもの。だから大東亜戦争戦争でインドシナやミャンマー以外のインドシナに派遣された兵士の大半は戦闘を経験していない。
106.名無しさん:2018年09月14日 20:20 ID:U1tgfdEB0▼このコメントに返信
>>日本軍にすりゃ、「あれで兵隊か?アメリカ人は日本の小学生より弱い」とびっくりしたらしい。

確かに当時は小学生でも30kmは歩いて通学してたらしいから…ジッジの田舎でクルマな乗せてくれたときに「ここがワシの通ってた小学校だよ」って聞いて、ググったら家から30kmくらいあった!
バスなんか昔からない…
子供でこれだから、兵隊なんか鬼神だよな…
107.名無しさん:2018年09月14日 20:25 ID:U1tgfdEB0▼このコメントに返信
>>想像力の無さに泣けてくるね

いつの時代も、日本の組織の上層部の悪いところ…
ベテランの神レベルの技を、誰でも当たり前にこなせるものと考えてる…
できなければ「なぜできない!」と喚くだけ…
108.名無しさん:2018年09月14日 20:47 ID:VvFJC3gY0▼このコメントに返信
※95
※103
お前らみたいなのが軍の上層部に居ると大日本帝国みたいになるんだろうな・・・
旅順では白兵戦を仕掛けた日本側が返り討ちに合って撤退してる、それも一度や二度じゃない奉天会戦・黒溝台の戦いでも同じだぞ
まさか日本が白兵戦だけで戦ってたと思ってる訳じゃないよな?占領出来る=白兵戦が強いって訳じゃないのは理解出来てるよな・・・?

それに当時の日本が訓練の質と量が世界最強???寝言は寝て言え、少し調べればわかる事実を平気で嘘つく辺りどっちが特亜猿か分かったもんじゃないな
109.名無しさん:2018年09月14日 21:23 ID:3.A3nvQv0▼このコメントに返信
※108
何もかも余裕が無かった日本軍の訓練量・質が世界最高と言えるのが凄いよな
こういう人が無理難題を精神論根性論で押し通そうとするんだろう
110.名無しさん:2018年09月14日 21:33 ID:sXb1pGSF0▼このコメントに返信
行動も思想も精神病罹患者のソレだった黒島亀人が海軍内で天才扱いされてたのは日本海軍史最大の謎
黒島亀人本人が資料を破棄したから今後も永遠に分からない
111.名無しさん:2018年09月14日 22:15 ID:uCXj8.IY0▼このコメントに返信
※108
歴史無知の特亜猿が知らない現実

「肉弾」桜井忠温

日露戦争の激戦地・旅順での体験を1906年に『肉弾』として刊行。 16ヶ国語に翻訳され世界的大ベストセラーとなった。ドイツ皇帝はドイツ全軍の将兵に必読書として奨励。

アメリカのセオドア・ルーズベルト大統領から「予はこの書の数節を我が二児に読み聞かせたが、英雄的行為を学ぶことは一朝有事の時に際して、一般青年の精神を鼓舞すべきもの」という賞賛の書簡が寄せられた。

ドイツ語版は1940年に再販された。三国同盟を契機として、再びドイツ人のあいだで精悍な日本軍人への尊敬と評価が再燃したのである。
112.名無しさん:2018年09月14日 22:22 ID:8895vi7v0▼このコメントに返信
※109
何もかも余裕が無かったから世界最高だったんじゃね?

戦前は小学校の修学旅行でも徒歩百キロ(笑)とかいうレベルだし、軍事教練も全国民男子が子供のころからやってたでしょ

真珠湾攻撃の雷撃でも、あの高度で海面スレスレに飛んで魚雷投下、直後に旋回して山肌を縫うように飛行なんか、当時の英米独のどんな一流飛行士でも不可能な離れ業だった

それほどの離れ業でないと攻撃不可能な地形だから、アメリカ軍はああいう神がかり的な攻撃は想定してなかったんよ。そりゃ英米軍の誰もできないような攻撃なんか想像するわけない

真珠湾がターゲットにされる可能性だけは知ってたけどね
113.名無しさん:2018年09月14日 23:00 ID:mgDe0kYy0▼このコメントに返信
言葉の話なら、善悪はもちろん、軍事・外交上の巧拙さえ気にならないので、

これでよし百万年の仮寝かな、を推すよ。ああいうことをやってしまったら、
旅人よ行きて伝えよラケダイモンの人々に、の世界へ行くしかないのだろう。

大井篤の叫びと、戦艦大和ノ最期は平家物語、というのは両立するんだよね。
114.名無しさん:2018年09月14日 23:17 ID:n1mQhZDp0▼このコメントに返信
大西中将の日本男子二千万特攻発言がいちばんインパクトあるわ。
映画日本のいちばん長い日で見たときはビビったけど、本当に言っていたと知ってさらにビビった。
115.名無しさん:2018年09月14日 23:29 ID:8xQcu5M.0▼このコメントに返信
※94
陸軍製の特攻モーターボートは、敵艦に近づいたら船尾から爆雷を落とす方式なのでワンチャンあるけど、海軍の(震洋)は船首に爆弾がつまっていて体当たりするのでチャンスがゼロ
116.名無しさん:2018年09月14日 23:32 ID:8xQcu5M.0▼このコメントに返信
「天皇が神風特攻に反対だとお?そら天皇がアホやで」

横山ヤスシですか?
いいえ、海軍中将です

117.名無しさん:2018年09月14日 23:59 ID:ObY111cW0▼このコメントに返信
116、単なる馬鹿だな。
118.名無しさん:2018年09月14日 23:59 ID:mgDe0kYy0▼このコメントに返信
※114
そっちは散文だから、あまり印象に残らなかったな。やはり、詩の力をあなどってはいけない
左派などは、自然主義か何か知らないが、詩を排した結果、反戦の呼びかけが感傷的になった
あんなものは、言葉を使える人間なら、筋書きを変えずに戦意高揚へ持っていくことができる

この問題については、去年の暮れに、スパルタ人の「紫の海へ消えた怪物もいまは眠って」や
ローマ人の「国のために死ぬのは甘やかで正しい」や、パスカル・ローズの「ゼロ戦」などを
ひきあいに出して書いた。最初に死んだ者のあとに「また」ということはない、という方向で
119.名無しさん:2018年09月15日 00:07 ID:VQ07BLLi0▼このコメントに返信
※114
しかし、ソ連は実際にそのレベルのことをやってるんだよなあ・・・

かり集めた文字も読めない農奴あがりの田舎者に訓練もせず、武器すら渡さず、ウラーの掛け声でドイツ軍に突っ込ませてた。

特攻でもない単なる死体積み上げみたいなことをさせ続けてた。
120.名無しさん:2018年09月15日 01:32 ID:SBKr.C1e0▼このコメントに返信
どこの国も実際戦地行く人よりも国内で武器弾薬兵器作ってる人たちのほうがきつかったと思うで
厳しいノルマ食糧難睡眠不足で
121.名無しさん:2018年09月15日 02:17 ID:EXYsfJih0▼このコメントに返信
※114
つーか俺らは後に降伏するって歴史知ってるからこういうのをキ○ガイ扱いするけどさ
一歩間違ってたら本当に本土決戦やってたかもしれないんだろ?
そういう状況におかれてたらこの手の発言も出てくると思うわ
122.名無しさん:2018年09月15日 05:49 ID:RPglwIbr0▼このコメントに返信
※116
軍事面においては昭和天皇は素人だし、元来皇室ってのは戦争嫌いで平和、平和と連呼してただけよ。
欧米の鬼畜白人相手に「至誠を尽くせば和平の道はあるはず」こればっかり。
ようするに、リッチでハイソな王族、貴族としかつきあってないから、リアリズムに欠けるんだよな。
まあ泥臭い現場主義の軍人と天皇がうまく折り合うわけがない。侍の時代からそうでね。

だから日清戦争も日露戦争も大東亜戦争も天皇が無駄なリミッターになって開戦のベストなタイミングから遅れた。
123.名無しさん:2018年09月15日 06:47 ID:BURnzAxy0▼このコメントに返信
そういや何年か前に「抗日ドラマで描かれる日本兵が弱すぎる!実際はもっと強かったわ!」って文句言ってた元中国兵の爺さんがいたっけ
124.名無しさん:2018年09月15日 08:20 ID:sVPE2Xb20▼このコメントに返信
非論理的な精神論ばっかやん
125.名無しさん:2018年09月15日 08:29 ID:oldyEsbE0▼このコメントに返信
※93
機関銃の配備数はむしろ日本軍の方が多かったと聞く
126.名無しさん:2018年09月15日 08:32 ID:SJpWl3b60▼このコメントに返信
名言か
米英独ソ伊の将軍の名言や迷言も知りたいね
127.名無しさん:2018年09月15日 08:36 ID:wa5yYxjY0▼このコメントに返信
※108
未だに カビが生えた日本軍神話を盲信する輩が多いね
128.名無しさん:2018年09月15日 08:55 ID:BT.bEXCY0▼このコメントに返信
「必死尽忠の士4000機、空を覆うて進撃するとき、何者がこれを遮るか。第一線の少壮士官の言とも思えぬ」 神重徳 美濃部少佐との有名なアレ。
129.名無しさん:2018年09月15日 10:17 ID:aMqvvtZu0▼このコメントに返信
※102 ※103
本国軍ではなく植民地警備の2軍をフルボッコにしてホルホルですか?
オランダ ベルギー フランスなど本国を降伏させたのはドイツ
日本は弱ってるフランスの隙をついて仏印進駐とかお相伴にあずかっただけ

バターン死の行進の事言ってるなら 50%もの米比捕虜が戦傷者やマラリア罹患者で飢餓状態
死んだのは殆どがマラリア患者であり
警備の日本兵も「捕虜も大変だったが自分達も余裕がなく大変だった」という述懐ばかり

小学生のようだって何? あんたの創作話か?
130.名無しさん:2018年09月15日 12:26 ID:q45DY4QK0▼このコメントに返信
アメリカも内輪もめでは大概やぞ

なんで二つのルートで太平洋進軍してたかというと、二派に別れて喧嘩したからや
131.名無しさん:2018年09月15日 12:29 ID:q45DY4QK0▼このコメントに返信
※129
いやまあ、その植民地軍二部隊に対してさえ、別に優勢な戦力ではなかったし?
132.名無しさん:2018年09月15日 12:38 ID:q45DY4QK0▼このコメントに返信
マレー作戦に関してはやな

長い事支配してる、天下に名だたる大要塞に、日本軍の三倍近い戦力と
東洋艦隊まで配備しておいて「二線級を弱い者イジメされただけ」とは
あんまり情けない話じゃねえかなぁ

というか、仮に本国部隊が動けたとしても、マレー作戦の迅速さで考えれば
本国部隊が陥落前に到着出来たかも分からんしなぁ

そもそも、ドイツの影響を排除して比較しろと言うなら、日本軍は中国戦線と
アメリカ戦線の影響を排除して、百個師団と連合艦隊全軍で比較しなきゃね
133.名無しさん:2018年09月15日 13:45 ID:W.RAB.0C0▼このコメントに返信
「日本は神州、神が御守りくださる。」

鳥取地震(1943)
昭和東南海地震(1944)
三河地震(1945)
なお、1945年は冷夏で農作物は不作だった模様
134.名無しさん:2018年09月15日 13:54 ID:ST4eCyTT0▼このコメントに返信
メンツばかり気にして無責任な上層部の連中に自分の命を弄ばれ
敵と合う前にガバガバ作戦で命を落とす。

でもこれを声高らかに訴えると今の企業も似たようなもんだとなり国が保てない。
今も昔も、国も企業も欲しいのは従順で真面目な兵隊。
135.名無しさん:2018年09月15日 17:36 ID:DaXBWkNp0▼このコメントに返信
※129
>警備の日本兵も「捕虜も大変だったが自分達も余裕がなく大変だった」


で、バターンの日本兵は歩き疲れて何人死んだの?
136.名無しさん:2018年09月17日 16:51 ID:o9LsZB8s0▼このコメントに返信
バターンはその工程の半分は歩き、後は列車だよ。機械化されていないんだから歩かなきゃ収容所までいけないでしょ。

で日本からすりゃそんな捕虜が出るとは思わないし、一義的には責任あってもそもそも米側ほどの余力ないしわざとらしく日本の責任にするとはね...
137.名無しさん:2018年09月18日 07:14 ID:QYpZ7CGB0▼このコメントに返信
取り敢えず、ウンコ風船爆弾とかは韓国発祥ニダ!北朝鮮ハセヨ〜 韓国ニダ!北朝鮮ヨ〜

どっちでもええわっ、

お名前