スポンサーリンク

2018年09月11日 02:05

彡(゚)(゚)と学ぶライン演習作戦とビスマルク級戦艦

彡(゚)(゚)と学ぶライン演習作戦とビスマルク級戦艦

Bundesarchiv_Bild_193-04-1-26,_Schlachtschiff_Bismarck

引用元:彡(゚)(゚)?と学ぶライン演習作戦とビスマルク級戦艦
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1536424808/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:40:12 ID:gRb
彡(゚)(゚)「暇な時に書き溜めたのを流していくで~

彡(-)(-)「ちなこういうのは初めてやし大目にみてクレメンス」

彡(゚)(゚)「あと結構長いかも」

3: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:41:28 ID:gRb
彡(゚)(゚)「さてライン演習作戦って一体なんやって所からやけど、これはWW2ドイツ海軍の水上艦隊による対イギリス海上封鎖/通商破壊作戦のことや。」

彡(゚)(゚)「内容としてはビスマルク級×2、シャルンホルスト級×2、それとヒッパー級重巡のオイゲンを中心とする艦隊をイギリスの向こう側の大西洋に派遣、新大陸や植民地からの補給を遮断する、というものや。」

4: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:42:07 ID:gRb
彡(゚)(゚)「実際ドイツ海軍はこの作戦に合った軍艦を多数建造する手筈やったんや(Z計画)」

彡(^)(^)「まぁちょび髭伍長が海軍との約束を破って開戦したから計画はご破算になってもうたけどな。」

5: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:42:44 ID:gRb
彡(-)(-)「さらにヒドイことに参加する艦艇の内シャルンホルストは機関故障(機関が高圧過ぎて設計が無茶)グナイゼナウは爆撃で修理中、ティルピッツは訓練中…」

彡(゚)(゚)「んで結局ビスマルクとプリンツ・オイゲンの2隻のみが出撃したんや。」

彡(`)(’)「こんなんで天下のロイヤルネイビーに勝てるわけないやろ!(結果を知るもの特有の暴言)」

7: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:43:02 ID:xuP
ええやん
ぜひ続けてクレメンス

8: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:43:23 ID:gRb
>>7
ありがとうやで

彡(゚)(゚)「んで、出撃後数日で英重巡やスウェーデンの軽巡に発見された。当然英戦艦部隊に追跡され、遂に戦闘になったんや。」

彡(゚)(゚)「これがデンマーク海峡海戦やな。」

彡(゚)(゚)「当然戦力的には戦艦1、巡戦1、重巡2、その他駆逐艦複数の英艦隊が有利やった。」

9: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:43:57 ID:s0v
イギリスも勝って当たり前と思われてるからつらいな
下手に苦戦すると税金泥棒扱いやから

10: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:44:04 ID:gRb
彡(-)(-)「しかし弱点も多かった。
巡戦フッドは水平防御が弱く、POWは実は未完成、北海の荒波で駆逐艦は戦力にならんかったんや。」

彡(゚)(゚)「砲弾の落下角の大きい遠距離戦ではフッドは水平防御をブチ抜かれ得るからこの時英艦隊は中~近距離戦を望んだんや。」

彡(゚)(゚)「つまり独艦隊に対し最短距離で突っ込む必要が、そしてそのためには独艦隊の正確な位置を知る必要があったんや。」

11: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:44:15 ID:BSn
しかしなぜこのスレを?

12: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:45:12 ID:gRb
>>11
暇しとるときについ思い立ってしもうたんや

彡(-)(-)「しかし英軍は独艦隊を見失ってしまうんや。そして気づいた時には両艦隊は同行戦の形になっとった。これじゃ距離を詰めてる間にバカスカ打たれてまう最悪の形態や。」

彡(゚)(゚)「で、実際そうなった。更にフッドは艦型のよく似たプリンツ・オイゲンをビスマルクと誤認してしまうんや。結果フッドとPOWはビスマルクに集中攻撃が出来んかった。」

13: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:45:33 ID:FpX
もうちょっと一言を短くしたら伸びると思うで

14: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:45:49 ID:AZ0
>>13
ほんこれ
ダラダラ長い

15: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:46:52 ID:gRb
>>13
サンガツ 参考にさせてもらうで

彡(゚)(゚)「一方の独艦隊やけどこいつらの艦は近距離戦に最適な艦だったんや。」

彡(゚)(゚)「例えばビスマルクの主砲、こいつは軽量高初速の大砲なんや。」

16: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:47:40 ID:gRb
彡(゚)(゚)「こういった砲弾の特徴は遠距離では威力が低下することや。つまり中~近距離戦用なんやな。」

18: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:49:21 ID:gRb
彡(-)(-)「さらにビスマルクの装甲配置や。ぶっちゃけビスマルクの装甲配置はWW1の頃と何ら変わらん。他の列強海軍より20年は遅れとる。」

彡(゚)(゚)「しかしこれは遠距離視界の利かない北海では非常に合理的なんや。水平に着弾する砲弾はビスマルクの強く傾斜した内部装甲を貫通できん。」

21: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:50:15 ID:gRb
彡(゚)(゚)「たとえ上部構造物が全て吹き飛んでも機関は無事。中~近距離においてビスマルクはまさに不沈艦なんや。」

22: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:51:17 ID:gRb
彡(-)(-)「結局の所、英巡戦はビスマルクを相手にするのに分が悪過ぎたんや。」

彡(゚)(゚)「で、英艦隊はビスマルクに接近するも有効打は与えられんかった。1発を除いてな(後述)」

23: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:52:04 ID:gRb
彡(゚)(゚)「そして運命の時は訪れてしまう。ビスマルクの砲弾が距離17000mでフッドの第3砲塔付近に着弾、副砲弾が誘爆、さらに副砲弾庫が誘爆したんや。」

彡(-)(-)「最悪なことに副砲弾庫は主砲弾庫を囲うように配置してあった。主砲弾庫も誘爆し、フッドは轟沈してしまったんや。」

25: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:53:46 ID:xuP
>>23
書き方を見るにフッドはあっという間に海に消えてしまったんやね

26: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:54:25 ID:gRb
>>25
せや。まさに轟沈だったようやで。

33: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:59:23 ID:lzQ
>>25
フッドはビスマルク登場以前は世界最大の船やったんだが装甲板を削ってその分エンジンに回す巡洋戦艦で装甲が薄かったんや。
特に設計が古くて上からくる砲弾に弱くてな。まあブリカスも直すつもりはあったが手持ちの中じゃ新し目の船だから後回しにしてたんやな。

まああの距離であの位置に被弾したらフッドでなくてもエライことになるんやが

24: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:53:35 ID:gRb
彡(゚)(゚)「独艦隊は更に砲塔にPOWを袋叩きにしたんや。手酷い損害を受けた英艦隊は撤退する。」

彡(゚)(゚)「しかしビスマルクも無事では無かった。特に痛かったのがさっきチラッと書いた1発、艦首に命中し燃料タンクを破壊した1発や。」

26: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:54:25 ID:gRb
>>24
ミス
砲塔に不具合を抱えた、や

27: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:54:51 ID:gRb
彡(-)(-)「この一撃が燃料を流出させ、当初ビスマルクが予定した通商破壊戦は不可能となったんや。」

28: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:55:38 ID:gRb
彡(゚)(゚)「一方、フッドを沈められた英海軍怒りは相当なものだった様で、すぐさまビスマルク追撃部隊が編成され、出撃したんや。本国どころかジブラルタルからも戦艦1空母1を廻したんや。」

29: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:56:32 ID:gRb
彡(-)(-)「タンクをやられて逃げたいビスマルクとそれを援護する8隻のUボート部隊、ビスマルクをこの手で沈めないと怒りが収まらない追撃部隊の死闘が始まるんやな。」

彡(^)(^)「まぁ8隻のUボートのうち5隻が帰投中の艦でさらに内2隻が魚雷切れだったんは秘密やで。」

30: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:57:31 ID:gRb
彡(゚)(゚)「一度は戦闘から退いた英軍やが重巡2がPOWを護衛しつつ絶えずビスマルクに触接し続けた。」

彡(゚)(゚)「そして空母ヴィクトリアス搭載のソードフィッシュがビスマルクに魚雷を命中させたんや。」

31: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:58:03 ID:gRb
彡(゚)(゚)「しかしビスマルクの損害は軽微で、隙をみてビスマルクは触接艦隊から逃れることに成功したんや。」

32: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:58:47 ID:gRb
彡(゚)(゚)「しかしここでビスマルクは大きなミスを犯したんや。」

(`・ω・´) 「どうせまだ英艦隊の触接下にあるんだし戦闘記録を送信してもいいだろう。」

彡(゚)(゚)「このときの電波からビスマルクは再捕捉され 、足止めのための雷撃機隊をおくりこまれるんや。」

35: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)01:59:47 ID:gRb
彡(゚)(゚)「26日、ビスマルク護衛のために哨戒中のU-556が北上する艦影を発見、ジブラルタルから来た戦艦レナウンと空母アークロイヤルや。」

彡(゚)(゚)「護衛の駆逐艦も付けずにただ真っ直ぐ進む両艦は潜水艦にとって格好の獲物やで。」

37: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:00:11 ID:gRb
>>34
すまんな。

38: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:00:40 ID:gRb
彡(゚)(゚)「かつて『海にあって水中にあって常に助力を惜しまない』と誓ったU-556は発艦準備を整え猛進するアークロイヤルを指を咥えて見ている他無かった。乗員は無念だったやろなぁ…」

39: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:01:09 ID:gRb
彡(゚)(゚)「このアークロイヤルから発艦したソードフィッシュ隊はビスマルクの運命を決定付けたんや。」

40: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:01:26 ID:gRb
彡(゚)(゚)「夜間にも関わらず魚雷はなんと2発命中、この内1発の魚雷がビスマルクの命取りになった。この1発がスクリューを一基破壊、スクリューが船体に食い込んで舵が動かなくなったんや。」

41: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:02:04 ID:gRb
彡(゚)(゚)「そしてこの2発の魚雷による浸水はみるみる増加、左舷に傾斜しはじめる。」

彡(゚)(゚)「この後ビスマルクは触接中の英軽巡を追い払うんやけど、今度は駆逐艦の群に付きまとわれたんや。」

42: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:02:44 ID:gRb
彡(-)(-)「そしてとうとうビスマルクの速力は5ノットまで低下…もう年貢の納め時やね。」

彡(゚)(゚)「27日の朝、ビスマルクは戦艦ロドニーとKGⅤ、重巡ノーフォークとドーセットシャーに捕捉される。」

43: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:03:10 ID:gRb
彡(゚)(゚)「距離22000mでの命中弾で前部砲塔2基が機能停止(ロドニーより)さらに測距儀破壊(ノーフォーク)第3砲塔機能停止(KGⅤ)第4砲塔バーベット貫通(ロドニー)…」

44: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:03:50 ID:gRb
彡(゚)(゚)「反撃できないビスマルクにロドニーは更に接近、距離3000仰角マイナスで主砲を発射しとる…もはや零距離射撃を越えた何かやな。」

46: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:04:28 ID:gRb
彡(-)(-)「400発の命中弾を受けて遂にビスマルクは洋上の廃墟…ジュットランド沖海戦の時の戦艦ザイドリッツよりも酷い状態やがまだ沈まんかった。」

彡(゚)(゚)「あまりにも戦闘距離が近すぎて水面下の構造に被害が出なかったからやね。」

47: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:04:55 ID:gRb
彡(-)(-)「しかしこの浮かぶ廃墟を持ち帰ることは誰から見ても不可能や、結局ビスマルクは戦闘中に自沈処理を行っとる。」

彡(゚)(゚)「自沈処理と並行した英軍の攻撃によりビスマルクは10時40分に遂に沈没したんや。」

48: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:05:17 ID:gRb
彡(゚)(゚)「こんなクソ長い文をここまで読んでくれたニキらには申し訳ないがワイの趣味にもう少し付き合ってもらうで。」

彡(゚)(゚)「ビスマルク級の出来不出来のお話や。」

52: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:06:19 ID:gRb
彡(゚)(゚)「まず主砲や。ビスマルク級の38cm砲は…」

レナウン級(巡戦) 228mmー26000m
フッド (巡戦)305mmー210000m
R級・QE級(戦艦) 330mmー18000m
ネルソン級(戦艦) 356mmー15000m
KGⅤ級(戦艦) 381mmー14000m

彡(゚)(゚)「ドイツ海軍がデタラメ言ってなければまぁざっとこんな感じの距離で装甲をぶち抜くことができたはずや。」

55: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:07:44 ID:gRb
彡(゚)(゚)「ビスマルク級だと15000mで大抵の英戦艦の装甲は抜けるんやが…」

彡(゚)(゚)「問題の英海軍の想定交戦距離は20000m、この距離やとちと厳しいんやな。」

彡(゚)(゚)「まぁ戦艦相手だとビスマルク級の速力30ノットで距離の主導権はドイツ側にありそうなんやけど…」

彡(゚)(゚)「ぶっちゃけドイツの機関は持病持ちやしなぁ…」

56: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:08:05 ID:gRb
彡(゚)(゚)「次、防御。うんちw」

57: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:08:22 ID:gRb
彡(゚)(゚)「いや、真面目な話これは問題があるで。まず水中防御がアカン。ヴィクトリアスの航空魚雷1発で機関室に浸水しかけとるんや。」

彡(゚)(゚)「ビスマルク級の防御で参考にしたのは戦艦バイエルンのものや。」

58: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:09:05 ID:gRb
彡(゚)(゚)「WW1の戦艦は魚雷のダメージは石炭庫で受け止め可能な方式なんやがWW2の重油タンクじゃ無理や。」

彡(゚)(゚)「更に舷側防御はともかく水平防御がアカン。降ってきた弾に機関より上をぐちゃぐちゃにされてまう。」

61: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:09:59 ID:gRb
彡(゚)(゚)「ビスマルクの装甲は戦闘結果からも分かるように『沈まない』ことに特化して『戦闘力を維持する』ことが出来んのや。」

彡(゚)(゚)「ビスマルク級がなぜ戦艦としては異例のインファイターになったか、おそらく設計能力が他国の20年前レベルで止まっとったからやろなぁ。」

62: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:10:36 ID:gRb
彡(゚)(゚)「もしドイツに他国と同じ設計能力があればビスマルク級の姿は大きく違っとったやろうな。」

63: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:10:49 ID:AZ0
なぜこうもww2では戦艦をバカスカ沈めてしまうのか

64: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:11:22 ID:xuP
>>63
航空機の時代ってことやな

67: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:13:58 ID:AZ0
>>64
いやそうじゃなくて
無防備にしすぎやろ
大和も武蔵そうやし

68: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:14:51 ID:l2D
>>67
大和に関してはもう日本に護衛空母つけるほど戦力が残ってなかったからしゃーなし

69: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:15:12 ID:uYK
>>67
大和武蔵に関しては米軍に対抗出来る航空戦力がもうなかった

71: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:15:38 ID:l2D
>>69
レイテのときはそこそこの空母艦隊が一緒じゃなかったっけ?

73: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:17:32 ID:xuP
>>71
瑞鶴とかはいたけど航空機の数がアレやったし熟練(キチガイじみた練度)の
パイロットがミッドウェーでいっぱい死んじゃったし

65: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:12:01 ID:gRb
彡(゚)(゚)「結局ビスマルク級は『最新鋭旧型戦艦』に過ぎんかった、そしてこれがドイツ海軍の限界っちゅーことやね。」

彡(゚)(゚)「長い割りにモヤモヤな終わりで申し訳ないがとりあえずここまでや。付き合ってくれてありがとうやで。質問あればできる範囲で答えるで。」
>>63
戦艦を簡単に沈められるほど技術が進歩したんやね。

70: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:15:33 ID:xuP
>>65
ビスマルクは「生存性」に特化してるってあったけど、それはWW2以後のアメリカの艦艇のように
ダメージコントロール重視がされていたって解釈でええんかな?

74: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:18:00 ID:gRb
他にも機関と弾薬庫「だけ」は強固に守られとったってのもあるで。

76: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:20:29 ID:uYK
飛行機ゲーやると日本機はほんと顕著なんよな
上手い人が使うとガチで勝てる気がしない
だけどそんなに上手くない人だと速攻で落とせる

77: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:22:00 ID:gRb
>>76
飛行機はまぁ、エンジン出力のせいで防弾がほぼ出来んかったからなぁ

79: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:24:19 ID:l2D
>>77
日本式は当たっても落ちなきゃOKで
アメリカ式は重装甲なんだっけ

80: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:26:23 ID:gRb
そういえば何故ビスマルクが最新鋭旧型戦艦なのに超高性能戦艦みたく言われてるのかって話をしとらんかった
>>79
せやな。まぁ当たればほぼ落ちるんやけどb…

81: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:27:24 ID:gRb
何で超高性能戦艦ってなってるかっていうと、簡単に言えば英海軍のポカの誤魔化しのためやんな。

83: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:28:24 ID:l2D
俺が負けたのは奴らが強かったからだ、俺たちのせいじゃない!ってことか?
戦時中のプロパガンダとしてはそういうのも必要なんかな

85: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:30:37 ID:gRb
>>83
そういうことやな。
あとこのレベルのミスが露見すると色々責任問題がね…

87: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:32:40 ID:xuP
>>85
ロイヤルネイビーの信頼に大きな亀裂が入ることになるんやね
あとさっきもあったように税金投入してるのにこのザマでは…ってのもあったんやな

89: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:34:29 ID:gRb
>>87
まぁそれを言ったらドイツなんてWW1以降はがらくたに金をつぎ込んでる様なもんやけどな。

84: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:29:30 ID:gRb
上の方で書き込んでくれたニキがおるけど、フッドは改修せんといかんのにしなかったって落ち度がある。
さらにフッドはビスマルクに不用意に近づいて沈んだんや。

88: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:33:55 ID:uYK
フッドは最新鋭で当時のイギリスの象徴みたいな風潮あったしな

90: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:35:12 ID:5LO
軍隊なんてどんなに擁護しようと負けたらゴミだからな

91: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:38:13 ID:gRb
>>90
勝ってもあること無いことボロクソ言われるイタリアェ…

93: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:39:22 ID:5LO
>>91
負けるよりはマシだぞ
まぁ政治家は負けても一部の人間に全部押し付けられるから楽やし
軍人の中には政治家もいるから負けてないって擁護するバカもおるが

95: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:42:07 ID:gRb
>>93
特にWW2は勝っても(大英帝国没落)負けても大損な戦争やったなぁ…

96: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:42:47 ID:5LO
>>95
負けてもって簡単に言うけど負けたら焼け野原だぞ

97: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:45:19 ID:gRb
>>96
全くその通りや。すまんな。

98: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:46:30 ID:5LO
>>97
負けてもって考えができるのは政治家だけや
軍隊は負けたら勝った国より弱いことが確定してまうし国民はどうあがいても逃げられんからな
まぁ戦術的敗北はそこまで問題ではないが

101: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:53:00 ID:gRb
>>98
ぐうの音も出んわ
満州や樺太の逃避行なんか正にその通りやわ。

94: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:40:58 ID:xhJ
英はフィッシャー提督のこだわりが変な方向に…

97: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:45:19 ID:gRb
>>94
フィッシャー提督の設計艦は装甲関係をよく言われるけど戦艦が沈みまくったユトランドでは英海軍は防火扉開けっ放しだったってのも原因の一つだとか

100: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:52:40 ID:5LO
ガチれば余裕wwwwwwwwwとか言ってる奴にそもそもガチらせないのは有能
なお

102: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:54:43 ID:uYK
?? 主砲だけ小さいのにしといて何かあったらサイズ変えたろ!

103: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:56:21 ID:gRb
ちなみに軍縮の結果ナニコレ?みたく言われとるネルソン級やけどそこまでアレな船ではないで。
主砲も後ろに向かって撃たなきゃ大丈夫や。

104: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)02:58:15 ID:5LO
戦艦の主砲の命中率がよくて15%程度って割とアレよな
航空機も熟練で命中率50%ちょいとかやし

そら死なない兵隊ゴロゴロ出てくるわと思いました(小並感)

105: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)03:01:28 ID:gRb
>>104
戦争はその貴重な命中50%の熟練者をただただ消費する行為なんやなって…
最終的に一般市民まで消耗品やし

106: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)03:03:27 ID:gRb
ぼちぼち人も少なくなってきたしワイも寝るで。
付き合ってくれたニキらにはありがとうやで。

108: 名無しさん@おーぷん 2018/09/09(日)03:06:49 ID:ZEa
今北やがおもろかったで

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年09月11日 02:18 ID:I5JLV54o0▼このコメントに返信
男のロマンだな!
2.名無しさん:2018年09月11日 02:30 ID:QDYYyH8u0▼このコメントに返信
竹製の威力におびえる!
3.名無しさん:2018年09月11日 02:33 ID:NOi4Od2b0▼このコメントに返信
ビスマルク、旧式な部分もあるけどやっぱいい船だよね
実戦で経験を得て改修できていればさらに化けそう

何より、主砲の命中率が素晴らしい
やっぱ何かが優秀だったんだろうね
乗員の練度なのか、砲の精度なのか、射撃指揮装置が優秀だったのか。砲戦する位置関係とかも関与してるかも(追っかけてくる相手に撃つのって何となく当たりやすそうな気がする)
でも、ドイツに対する勝手なイメージで、射撃指揮装置が優秀そう、計算機とかの性能がかなり良かったのかもとか思ってしまう
あの国にはエニグマもあったんだし
ソードフィッシュが飛んでこれる状況だから観測機何て飛ばせられないだろうし、何となくそうなんじゃないかと思うね
4.名無しさん:2018年09月11日 02:38 ID:ebNcl1kO0▼このコメントに返信
真珠湾の前の一航戦の艦攻隊だか艦爆隊が命中率9割とかのヤバイ人らなんだっけ
そういう人たちがミッドウェーでことごとく戦死してしまったのは痛いわなぁ・・・
5.名無しさん:2018年09月11日 02:51 ID:LWRaPdAe0▼このコメントに返信
シャルンホルストは主砲が3連装砲塔3基っていう新戦艦のスタンダード形式なのに何で後のビスマルクが連装砲塔4基にある意味後退したのかよくわからん。ライバルのリシュリューと真逆。フランス降伏後にリシュリューを見学したドイツの造艦技術者が自分達との技術格差に驚いたって話好き。
6.名無しさん:2018年09月11日 02:57 ID:9swuoT3Y0▼このコメントに返信
※3
フッドを五斉射目で撃沈してるから命中率が良いように思われてるけど
残念ながらあの時代の戦艦主砲の命中率なんて五十歩百歩だから挟叉取った後は運が良かっただけだぞ

戦後の米、英の両方の調査で各国の射撃指揮装置の評価やってるけど、最終的に出てくる数字の精度に有為差は無かったって結果が出てる
操作人数や入力方法で人的エラーの発生率や処理速度に多少の優劣はあったみたいだけど別に何処のが特別優れてるってのとかは無い
よく言われてるアメリカの射撃指揮装置がレーダー完全連動で圧倒的に優れてる云々は大抵が戦後アップデートされた機器の話
そもそも戦中は米でも英でも測距儀の代わりにレーダーから読み取った数字をアナログ射撃式装置に人間が入力してるだけだぞ
精々ドイツは光学観測機器の精度が他国より良いって程度だぞ

砲の精度は高初速弾になるほど散布界が悪くなる傾向にあるから微妙なところ
特にドイツは高初速軽量弾だから遠距離の散布界悪くなってるはずだぞ

あと、観測機だけど割と早い段階から「あったほうが良いけどそこまで・・・」って認識だぞ
なぜなら真上からではなく斜めから目視で見下ろすから見え方の問題で歪みが出ておおまかな修正指示しか出せないぞ
7.名無しさん:2018年09月11日 02:57 ID:oTq4cQVN0▼このコメントに返信
艦これで例えてくれないとわからないな(´・ω・`)
8.名無しさん:2018年09月11日 02:59 ID:oTq4cQVN0▼このコメントに返信
ビスマルクってアレでしょ
魚雷が撃てる戦艦でしょ
戦艦としては昼戦はイマイチだけど主砲攻撃力と魚雷で夜戦が強いから運改修するといい戦艦でしょ
9.名無しさん:2018年09月11日 03:08 ID:RYUDD3Q.0▼このコメントに返信
真珠湾の時の一航戦は,やばいらしいね。艦爆の中には、敵艦から湧き上がる煙で視界がなくなった状況で、煙の先に敵艦があると言って煙をたどって爆撃を行った機もあるとか。
10.名無しさん:2018年09月11日 03:08 ID:54TPfbyT0▼このコメントに返信
※4
実はミッドウェーの段階では人材の損耗はそれほどでも無い

この後の3回のソロモン海戦や南太平洋海戦の方がよっぽどヤバい
11.名無しさん:2018年09月11日 03:12 ID:9swuoT3Y0▼このコメントに返信
※5
単に14インチクラス以上の三連装砲搭の設計経験が無かったからバイエルン級で採用してた連装砲搭四基にしただけじゃろ
12.名無しさん:2018年09月11日 03:14 ID:paIFPUYp0▼このコメントに返信
※5
三連装砲塔は当然連装砲塔より大きくなるが、三連装砲塔をコンパクトにする技術がなかった
日本の重巡が連装×5であるように、砲戦時交互射撃を前提に考えていたから、3×3よりも4×2のほうが弾幕厚くできると考えた
三連装は散布界が広くなるからそれを嫌った
このうちどれか、もしくは複数。
13.名無しさん:2018年09月11日 03:15 ID:NTctZkwn0▼このコメントに返信
※4
ミッドウェーで戦死は半分嘘、沈んだのは機体だけでパイロットは救助されてる
もっともその後のガダルカナルや南太平洋で消耗し尽くしてマリアナでトドメをさされた
更に言うとマリアナの技量不足も後から言われた話で当時の海軍はかつての水準に回復したと思ってた
要はもうパイロットの技量じゃ埋められない位の差が日米でできてしまったんや
14.名無しさん:2018年09月11日 03:23 ID:9swuoT3Y0▼このコメントに返信
※9
中華戦線で雑魚相手にさんざん経験積みまくった奴等が猛訓練重ねて完璧に仕上がってた集団だからな
一説では各国の教官クラスが真珠湾時の一航艦所属の航空隊の底辺とか言われてんだから戦間期後とはいえレベルが違いますわ
15.名無しさん:2018年09月11日 03:30 ID:LHbb.cPf0▼このコメントに返信
ちょうど今艦これがライン演習イベント中だな
16.名無しさん:2018年09月11日 03:52 ID:aBGlDp2G0▼このコメントに返信
ドイツの高射指揮技術が日本以下ってのが以外だよなぁ。
一目標に対して連動射撃するのを好まず、複数目標を同時に各個に攻撃した方が良いって事で軽視されたから発展しなかった。
8.8cm高射砲とか傑作対空装備ある国なのに各銃座がバラバラに勝手に撃っていたというなかなか残念な軍だよな。
17.名無しさん:2018年09月11日 03:54 ID:axG.Ds1c0▼このコメントに返信
このイッチは零距離を正しく理解してそう
接射とは違うんじゃ-
18.名無し対戦車道さん:2018年09月11日 04:55 ID:rLIQVPfC0▼このコメントに返信
※5
ドイツは元々連装砲塔マニアこれ以外は認めない主義。
シャルンホルスト級の3連装はポケット戦艦のそれを流用=38センチ連装に換装する計画があった。
ビスマルクは中近距離砲戦用との指摘があるがドイツ海軍(1次戦からだが)はそれを目的にしていた。
=遠距離?撃ったって当たらん北海は視界が悪い。
19.名無しさん:2018年09月11日 05:04 ID:p0fdUmuN0▼このコメントに返信
海の男の艦隊勤務
20.名無しさん:2018年09月11日 05:10 ID:cJfXrZRf0▼このコメントに返信
※7
水曜日から艦これでこの作戦イベントでやるでしょ
21.名無しさん:2018年09月11日 05:21 ID:VyQQLH970▼このコメントに返信
零距離射撃戦犯エヴァンゲリオン
22.名無しさん:2018年09月11日 05:25 ID:VyQQLH970▼このコメントに返信
※10
熟練パイロットが半分死んだのが大したことない損害ってんならそうなんでしょうね
23.名無しさん:2018年09月11日 06:02 ID:GmcfiCEd0▼このコメントに返信
※13
ワイルドキャット相手ですらゼロ戦は手を焼いてたからな

日本が誇るベテランパイロット(笑)にしたって
全員が坂井某クラスの技量持ってたワケじゃないし

そもそも徹底的にマニュアル化されて
誰でも平均点のパイロットになれる
アメちゃん式カリキュラムと
いかにも日本的な「センスが有れば」職人パイロットになれる教練法じゃ
長期戦になればなるほど差が出るのは当たり前
24.名無しさん:2018年09月11日 07:31 ID:HEybwt480▼このコメントに返信
※8
大日本帝国海軍の金剛とか長門も魚雷装備してたんですがそれは
25.名無しさん:2018年09月11日 07:36 ID:HEybwt480▼このコメントに返信
※12
砲身が三機あっても揚弾機も3機ないと意味ないからネー
26.名無しさん:2018年09月11日 07:46 ID:NNamyoto0▼このコメントに返信
※24
そこで触れるならティルピッツじゃね
27.名無しさん:2018年09月11日 07:49 ID:JxOV.LV30▼このコメントに返信
潜水艦が指をくわえてたのは先に書かれてた魚雷のないやつだったのか?
なんでそこの説明抜かしてしまったんだ。
28.名無しさん:2018年09月11日 07:51 ID:Uvyd.zio0▼このコメントに返信
上手い人が乗れば化ける機体ってのは戦争においてはゴミなんですわ。
誰が乗ってもまあまあの性能を発揮できる機体を揃えた国が勝つんですわ。
29.名無しさん:2018年09月11日 08:20 ID:odNQ9oA40▼このコメントに返信
本スレイッチの認識が古すぎて話にならん。

ビスマルクはバイエルン級と比べると装甲区画の範囲が広く、舷側はやや薄く、代わりに水平装甲がより厚く、そして二重に施されてる。

さらにタートルバック式の水平装甲が、やや薄くなった舷側の防御を補っている。
(舷側とバーベットだけ厚くしても、上から降ってくる砲弾・爆弾に対抗しきれないが、かといって、舷側の防御とその範囲も妥協できなかったからそうした)

つまり、ちっとも第一次世界大戦の頃と同じではない。砲戦の遠距離化と航空爆弾の発達に、ドイツの国情に即して対応した結果だ。

その国情とは、ドイツには船渠が本国にしかなく、例え損傷しても本国まで帰投できる抗堪性が求められたこと。これはドイツにとって伝統的な課題。
そしてもう一つは、英独海軍協定の背景にある第二次ロンドン軍縮条約に配慮して、エスカレーター条項の定める基準45000トンを超えないようにしつつも、浅いキール運河の通航を可能とすること。
サイズと排水量は大きいのに、主兵装は38cm砲8門に留まるって艦容はこういった事情を背景とする。
30.名無しさん:2018年09月11日 08:22 ID:Fo8Vfjge0▼このコメントに返信
※22
※13 が言ってるように、パイロットは実は大勢救助されてる。パイロットの戦死は赤城7名、蒼龍10名、加賀21名、最後まで反撃を続けた飛龍が最多の72名の計110名。空母4隻で約250機積んでいたから8割近くのパイロットが作戦を生き残ってる計算になる。
31.名無しさん:2018年09月11日 08:28 ID:b.xn5vh50▼このコメントに返信
他のまとめサイトで紹介されてから3~4日後にここでも見るよね。

32.名無しさん:2018年09月11日 08:31 ID:euFV81Br0▼このコメントに返信
領すれ。潜水艦魚雷なし。やることよ。

海軍力足らんからの通称破壊。でも、それも、目論見としては兵力不足。日本のように海軍国であればもうちょい。まあソ連。

33.名無しさん:2018年09月11日 08:50 ID:QktRtaYl0▼このコメントに返信
艦これのイベントの影響でたったスレをありがたがる自称保守の方々w
34.名無しさん:2018年09月11日 09:01 ID:AxLhzauW0▼このコメントに返信
大砲に関してはやっぱりドイツはすごいねぇ
35.名無しさん:2018年09月11日 09:29 ID:ExyRhelw0▼このコメントに返信
※26
いやそもそも最初の奴がただ単にゲーム(艦これ)での性能をひけらかして「だよね~」って言ってるだけなんよ
真面目にレスしても意味が無い
艦これ脳ははっきりいって害悪
最初の奴も揶揄してるだけな気もするけどな
36.名無しさん:2018年09月11日 09:33 ID:TqqD4GU80▼このコメントに返信
※29
本スレイッチはビスマルク級の水中防御を石炭庫代わりの重油タンク程度で片づけてるが、
それも目に余る過小評価なんだよな。正確には石油タンク外側の空間も利用した
空層+液層の二重構造で、しかも水雷隔壁から外板までの間隔が最大5.4mも取られてる。
ヨーロッパの15インチ砲艦でこれより広く間隔を取ったのはリシュリュー級(7m)しかない。
おまけに水密区画も、ただでさえ第一次世界大戦の頃から定評のあった細分化が、戦間期の
射爆実験を経てさらに徹底されていた (ソース: ttps://goo.gl/PyleuH)。

戦後、ティルピッツの残骸を米軍が調査しているのだがその水中防御を指して、ドイツ製魚雷の
ヘキサナイト系炸薬300 kgに耐えるとしている(ソース: ttp://goo.gl/UVaqlf)。そのドイツ製炸薬の
威力は、同じ米海軍の評価だと対TNT比30%増し(ソース: ttp://goo.gl/qhf1ib)なので、要するに
TNT390 kgに耐えられるだけの防御力を発揮できたわけだな。
これは例えば、TNT700ポンド(だいたい317 kg)を想定していたサウスダコタ級と比べても
立派な数字だ。

>ヴィクトリアスの航空魚雷1発で機関室に浸水しかけとるんや。

というのも嘘。ダメコン作業が遅滞し、乗組員がさらに疲れる程度の効果はあったようだが
ソードフィッシュの魚雷で効果的だったのは舵機室を破壊した一本だけ。
37.名無しさん:2018年09月11日 09:45 ID:TqqD4GU80▼このコメントに返信
※16
いや、ビスマルク級の高角砲・機銃も指揮所から統制されて管理される仕組みだよ。
ではなんで、ソードフィッシュを撃ち落せなかったのかという点については
この動画が詳しく考察している。

ttps://www.youtube.com/watch?v=PTO3JagV8gE

要は中距離をカバーする10.5cm高角砲が期待ほどには機能しなかったことと、
ソードフィッシュが羽布張りだったことが主な理由であったと。
一方、この動画でも20 mm対空機銃の精度は良好だったことが指摘されている。
射撃管制は良かったんだ。ビスマルク側の問題は、主に10.5 cm高角砲だな。
38.名無しさん:2018年09月11日 09:48 ID:ouGTzruV0▼このコメントに返信
ドイツは最新の船舶工学(特に戦闘艦艇)が研究できなかったからねえ

イギリス海軍じゃなくてフランス海軍とやりあったらどうだったんだろうなーというのもあるなあ

WW1で活躍してないから海軍だけに矛先向いた戦後の軍縮で縮小させられた分をアホほど先進的な発想で
戦力を維持しようと変わった設計しまくりだったし

ビスマルク級対抗がKGV級じゃなくてリシュリュー級と撃ち合ったらどんな結果になったかねぇ
39.名無しさん:2018年09月11日 09:50 ID:H4oTKjys0▼このコメントに返信
※4
真珠湾からミッドウェーまでの間に艦爆、艦攻はかなりの数落とされますよ。
40.名無しさん:2018年09月11日 10:05 ID:TqqD4GU80▼このコメントに返信
※38
第一次世界大戦の敗戦で失職した設計陣は、他国の同業他社に就職してから
1930年代に本国に召還されてるんで、戦闘艦艇を含む最新の船舶工学も学べてたよ。
それ以前でもドイチュラント級の装甲配置なんて、ネルソン級と似てるしな。

リシュリュー級と撃ち合ったらどうなるか分からんが、広大な非装甲区画への浸水に
対処しきれなくなる可能性があることを考えると、ビスマルク級が一方的に不利という
わけでもないだろう。リシュリュー級の方は戦後にアメリカで改修を受けるまでは
散布界が劣悪だったんで、遠距離ではまず勝負がつかんだろうし。
(当時、移動目標に対して命中弾が得られた最大距離がシャルンホルスト対空母グローリアスの
24.2 kmだったことや、30 kmのような遠距離を維持したまま砲戦を続けるような戦例が
第二次大戦中、ついに生じなかったことを考えると双方とも20 km前後の中・近距離で勝負を
決めようとするだろうしね)
41.名無しさん:2018年09月11日 10:08 ID:TqqD4GU80▼このコメントに返信
途中で送信しちまった。

まあ、ドイツなら他国の新戦艦の設計を知っていても独自の道を歩むしかないといった所か。
(Wikipediaでも引用されている、ドイツ海軍の内部資料を見ても知っていたことが分かる)
※29の人も指摘してるが、ドイツならではの事情があるからな。
42.名無しさん:2018年09月11日 11:05 ID:UhdIanK70▼このコメントに返信
34 :名無しさん@おーぷん :2018/09/09(日)01:59:28
ウィキペディアに対して新規性がない

なんだってばよ。
このコメント抜きにすまんないれたらわからんぞ。
43.名無しさん:2018年09月11日 13:01 ID:Zi1faFt30▼このコメントに返信
ビスマルクの連装四基は、巡洋艦との視覚誤認を謀ったのは、有名な話しじゃないのか?
欧州戦線のほうが、迷彩に気合い入ってるよな。
44.名無しさん:2018年09月11日 13:03 ID:Zi1faFt30▼このコメントに返信
戦艦の魚雷装備なら、ネルソン級もある。
ロドネーが、ビスマルク相手に撃ち込んでる。
45.名無しさん:2018年09月11日 15:03 ID:G.3eglsQ0▼このコメントに返信
※8
魚雷発射管付いてるのはテルピッツだけでビスマルクには付いてない。旧戦艦なら水中魚雷発射管を装備してる奴は結構あったけど近代化改修で廃止されてしまったものも多い。
46.名無しさん:2018年09月11日 15:11 ID:Kb3wa4bH0▼このコメントに返信
※39
そりゃあの時代、どこの国でも帰ってこれたら御の字だからな
47.名無しさん:2018年09月11日 15:14 ID:TqqD4GU80▼このコメントに返信
※45
ティルピッツの魚雷発射管って、それで軍艦を狙うもんじゃなくて、通商破壊戦の際に商船に発射しようというもので、
1941年秋以前は搭載してなかったものね。
甲板上にあんな爆発物を積載しておくのは危険だから、もし水上艦と戦うことになったら中身を投棄していただろうなあ。
48.名無しさん:2018年09月11日 17:06 ID:EzX1jOsP0▼このコメントに返信
欧州戦艦の場合甲乙というか丙丁付けがたいというか。
KGVよりマシってだけでビスマルクも微妙だし、リシュリューも見掛け倒しだ。ヴェネトもな。

ビスマルクが単なるバイエルンの焼き直しというのは恥ずかしい勘違いだし、
主に水中防御やドイツの国情を無視したバッシングが横行していたのは事実だが、
純粋な戦艦としてみた場合、やはり問題がある。

ビスマルクの装甲様式的に、長門型のような垂直装甲+水平装甲傾斜部という旧い様式だ。
これは傾斜装甲部は至近距離の16インチ砲にすら耐えるという凄まじい耐久力だが、装甲高さが不十分なので
ある程度距離を離すと薄い上部装甲帯を経由して傾斜部に被弾することになる。

水平装甲は25、6㎞近辺の自艦主砲に耐えるレベルなので、極端に薄い装甲ではないが
少なくとも航空機からの爆撃に対しては不十分なレベルでしかなかった。
しかし、まだ複葉機が飛ぶ欧州程度ならばまだ問題ではないので、問題とまではいかない。

艦首尾の補助装甲は中小の艦艇と撃ち合う時には役立つが、
戦艦級と殴り合う時にはマイナスだ。砲弾の信管に炸裂する位置を教えるだけだろう。
当然、この中途半端な装甲帯は航空機からの雷爆撃には全く役に立たない。

砲塔防御が論外なレベルで薄いのは問題だろう。
49.名無しさん:2018年09月11日 18:06 ID:TqqD4GU80▼このコメントに返信
※48
ビスマルクの艦尾(第1-第2区画)と艦首(第20-第22区画)は水線部で80mmから60mmまで
装甲が薄くなっていて、装甲区画外になってるよ。

ソース: ttps://goo.gl/WWjfKS

装甲の高さが足りない(もしくは足りないかも知れない)という疑惑は同規模の他国戦艦にも
共通する問題だね。ビスマルク級の場合、上甲板まで145mmの厚さで接続しているという点で
他国の同等艦より頑張ってる方ではあるのだが(次点のリットリオでも主装甲帯と上甲板の
舷側接続部分の厚さは70mm)。

航空機からの爆撃に関してはティルピッツがノルウェーで食らった通常爆弾は上部装甲甲板で
起爆してしまってヴァイタルまでは傷つけず、726 kg徹甲爆弾は水平装甲を貫通しつつも不発化
してしまったというのは、ドイツの設計陣が想定した通りの防御効果だったと言える。
この点は、ネルソン級でさえノルウェー戦でJu 87の500 kg徹甲爆弾に水平装甲を割られてる点を
考慮すると厳しく指摘しない方が公平かも知れん(ちなみにその時は不発。起爆していたら
弾薬庫に引火していた恐れアリ)。

砲塔防御は薄いが、それは欧州戦艦の全てに共通する弱点と言える。厚めのリシュリューでさえ
側面300 mmであり、史実における砲戦で命中弾が出なかった遠距離からでも他国15インチ砲戦艦に
貫通されるリスクを内包してるからなあ。日米戦艦の厚さを知ってると、どうにも危ういよね。
50.名無しさん:2018年09月11日 18:35 ID:EzX1jOsP0▼このコメントに返信
※49
あんたの方が詳しそうだな。嬉しいぜ。同好の士も少ないなか、話せそうな人が居るのはありがたい。

ああ、欧州戦艦の砲塔は薄い。
ビスマルクよりマシってだけで甚だ不十分だ。ビスマルクを笑えるほどはない。
天蓋を表面硬化装甲で作ったリシュリューに至っては、まともな安全距離がないのではなかろうか?

すまんな。ビスマルクの艦首尾補助装甲帯に関しては完全な勘違いだった。これでは他人を笑えんな。

装甲の高さという一点のみはKGVが上だろうな。あれはコメント欄を埋め尽くすほど欠陥があるし突っ込みどころがあるが、
バイタルをスッポリ覆えているという点は評価出来るかと思う。思うが所詮KGV…

対爆弾用の甲板や一枚目が上手く作用しているのも認める。
が、やはり厚みが不十分とは思う。
ネルソンに関して言えば、あれはカタログスペックだけの見掛け倒しなので、驚くに値しないというか…

51.名無しさん:2018年09月11日 19:03 ID:KZDa6jE.0▼このコメントに返信
軍縮条約守ってるのは大したもんだろうけどね。
日独伊「えー?一割水増しは基本だろ?」
52.名無しさん:2018年09月11日 19:22 ID:NP0bsbRA0▼このコメントに返信
※51
英米仏「仲間外れにすんなよ。そんなの当然だろ」
53.名無しさん:2018年09月11日 21:16 ID:ff29iZNz0▼このコメントに返信
フッドの轟沈って、給弾速度を重視して弾火薬庫の防炎扉を開けたままにしてた説あるけどほんまなんかな。
54.名無しさん:2018年09月11日 22:05 ID:0WAaxNQ60▼このコメントに返信
※51
いや、実はKGVも条約破ってる……つ ttps://goo.gl/3L3HGg

他国ほど派手にではないが。
55.名無しさん:2018年09月11日 23:27 ID:gYcJDK780▼このコメントに返信
なぜミッドウェーで熟練パイロットのほとんどが亡くなったことになってるんだろうか
あの戦いで戦闘機乗りはそこまで被害受けてないし結構な数のパイロットは帰還してるはずだが…
56.名無しさん:2018年09月11日 23:36 ID:VPQlhoGh0▼このコメントに返信
※50
KGVは早く沢山完成した強みがあるから・・・
57.名無しさん:2018年09月12日 05:34 ID:3YLbdMI60▼このコメントに返信
一時期中国人や韓国人が大和をdisるための対抗馬としてやたらとビスマルク持ち上げてて、それとやり合ってた連中が逆にビスマルクsageやってたんじゃなかったっけ
58.名無しさん:2018年09月12日 09:23 ID:sdnI08YM0▼このコメントに返信
※57
>一時期中国人や韓国人が大和をdisるための対抗馬としてやたらとビスマルク持ち上げてて、

kwsk

>それとやり合ってた連中が逆にビスマルクsageやってたんじゃなかったっけ

これについては今でも某サイトで痕跡が見られるんだが、練度に関する航海日誌の内容を真逆に誤解してたり、
指揮通信等の重要区画の位置まで間違って紹介してたりと突っ込みどころ満載。
いったい何が、あんな適当な嘘八百を並べたくなるほどの反応を招いたのやら。
59.名無しさん:2018年09月12日 09:40 ID:LcK5Ko.70▼このコメントに返信
※53
いや、普通に防御上の欠陥をぶち抜かれて即死だ。
まあ、距離的に新戦艦でも弾けるか怪しい距離なので、フッドでなくてもああなった可能性はある。

フッドは新造時の長門に匹敵するか、上回る重装甲と言えたが、仮帽被帽付に進化したWW2の徹甲弾の貫徹力相手には不十分で、陳腐化していた。
大規模な近代化改装も、なまじ有力だったせいで後回し。
本来そこで装甲を増強し、機関も積み替える予定が…


扉を開けっぱなし云々はWW1のユトランダ沖海戦だな。
元から英戦艦は独戦艦よりも防御力を軽視していたが、独は独で砲の製造能力がヘボく、大口径砲を数造れてないので五十歩百歩。
発砲速度を重視するあまり火薬の扱いが杜撰に過ぎたのが真の原因かと
60.名無しさん:2018年09月12日 11:15 ID:zsqBLkLP0▼このコメントに返信
*54
あーいや、、、ネルソン級の話。
水線ブ厚いけど水中スカスカだったり、無茶な艦だよなぁ、、、、大好きw。
61.名無しさん:2018年09月12日 11:33 ID:sdnI08YM0▼このコメントに返信
※59
ドイツ海軍が防御重視で、その分だけ砲の口径をクィーン・エリザベス級の登場まで
12インチに据え置いたことを考慮に入れると弩級戦艦17隻+巡洋戦艦3隻に12インチ砲
(+陸上砲台に転用10門、合計172門)を、超弩級戦艦2隻に15インチ砲(+少なくとも10門が
陸上砲台に転用、合計26門)を載せたクルップ社の製造能力を「ヘボい」とまで言うのはどうかと。
これを上回るのはそれこそ海軍キチのイギリスくらいしかないぞ。
ちなみにフランスはブレニュスからブルターニュ級までで12インチ砲149門、13.4インチ砲33門。



62.名無しさん:2018年09月12日 12:14 ID:LcK5Ko.70▼このコメントに返信
※61
言葉足らずだったかいな。砲の製造数でなくて、
超ド級戦艦向けの大口径砲の製造設備・能力が劣ることを端的に表したかっただけだ。
別段技術力で英国に遜色ないが、数揃えるのが無理っていう。

63.名無しさん:2018年09月12日 12:52 ID:sdnI08YM0▼このコメントに返信
※62
>超ド級戦艦向けの大口径砲の製造設備・能力が劣る
だとしてもそこを指して「ヘボい」と言ってしまったらイギリス以外全部そうなっちまうよ。
単純に「超弩級戦艦の数で圧倒してるから」と言われたら五十歩百歩どころか五十歩二百歩と
言われてもまだ分かるのだが。

イギリスを除いてブルターニュ級とバイエルン級で比較しても、前者の方が起工が二年も早い
&砲が後者より小さい&後者の場合、進水するまでに開戦してるといった事情があって単純に
比較できんしな。
64.名無しさん:2018年09月12日 13:10 ID:LcK5Ko.70▼このコメントに返信
※63
確かに。そういわれれば、あの時代英国がトップで、これと比べると遜色あるとはいえ張り合える独国をヘボいというと語弊があるな。
では、単に大口径砲の製造能力が英国に比べて劣る、程度の表現が適切か。
あの時代はすごかったのに、ネルソンあたりから迷走が酷いよな、エゲレス。
65.名無しさん:2018年09月12日 15:08 ID:zsqBLkLP0▼このコメントに返信
二国標準とかいう、キチ建艦計画立てるくらいですし、、、
66.名無しさん:2018年09月12日 18:57 ID:3YLbdMI60▼このコメントに返信
※58
それこそまとめブログなんかで大和が採り上げられると、引用元の記事だけでなく、コメント欄にも日本語の怪しいのが湧いてビスマルクがいかに大和より優れてるかを必死で叫んでた。まああまりにも知識が乏しくて嘲笑されてたけど。
同じアジアの日本人が自分たちが逆立ちしても勝てない技術を持ってたというのが気に入らないらしく、そこで引き合いに出すのが「科学力世界一イイイイ!!」のドイツであり、ドイツ最大最強の戦艦であったビスマルク。砲戦で敵戦艦を沈めてることも、大和をdisるのに都合が良かったみたい。
それに対抗する日本人コメントも、どこから持って来たのやらと呆れるような事実誤認が多かったわけだけど。
大和もビスマルクも好きな自分としては読んでて耐えられなかった。
67.名無しさん:2018年09月12日 22:29 ID:HDUQdHpL0▼このコメントに返信
※58
なんと……そんな醜悪な言い合いだったんか。教えてくれてありがとう。
俺でも居合わせたら、ブラウザをそっと閉じてたと思うね。
同じく、大和もビスマルクも好きだから。
68.名無しさん:2018年09月13日 08:48 ID:snSyj1bb0▼このコメントに返信
アイドルのフッドを沈めたのが運のつきだな
69.名無しさん:2018年09月13日 11:24 ID:qiufYEb40▼このコメントに返信
※68
フッドを沈めてなくても北大西洋の全兵力で追い回すことになってたわ。
トーヴィー提督はドイツ艦隊の出撃が察知された時点で戦艦KGV、空母
ヴィクトリアスと巡洋戦艦レパルスとその護衛艦隊をフッド&PoWの支援に
出してるから、その両艦だけでどうにかなるとか考えてなかったろ。
増してやデンマーク海峡沖で交戦した後、ドイツ側との触接が失われたとあれば
遥か北アイルランドからも飛行艇を飛ばすなど、出せる手駒を全部出したイギリス海軍の
判断は合理的。現代とは違って、どこの海軍でも洋上索敵能力は低いんだから。
ジブラルタルのH部隊を出撃させたのも、当初から迎撃計画の想定内。
フッドを撃沈されて感情的になったとよく言われてるが、とんでもない話。

お名前