スポンサーリンク

2018年09月11日 09:05

薩英戦争とかいう面白すぎる戦争wwwww

薩英戦争とかいう面白すぎる戦争wwwww

KagoshimaBirdView

引用元:薩英戦争とかいう面白すぎる戦争wwwww
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1536244585/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:36:25 ID:cyH
両者戦略的勝利とか何なん?

2: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:37:17 ID:y34
薩摩負けた

3: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:37:42 ID:cyH
>>2
勝ちやぞ

5: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:38:16 ID:y34
>>3
どこが

9: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:39:08 ID:cyH
>>5
技術革新と詫び金なし

4: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:38:15 ID:cyH
勝利
薩摩藩
イギリス

敗北
江戸幕府

6: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:38:41 ID:y34
戦略的勝利とか屁理屈はええねん

7: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:39:05 ID:y34
薩摩とイギリスの戦いの勝者はどっちかということやねん

8: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:39:08 ID:rqd
総大将討ち取ったら勝ちという理論、一理ある

11: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:40:24 ID:cyH
>>8
この理屈だと薩摩の勝ちやね
敵旗艦大破させとるわけやし

10: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:40:13 ID:N5X
ブリカスと講和する金ないやんけ!
幕府、金!w

12: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:41:02 ID:cyH
>>10
さらに踏み倒すっていう畜生っぷり

13: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:41:25 ID:4Rk
このとき西郷は島流しされていて戦いには参加していないんだよね
もしこのとき参加していて対外戦争のヤバさを体験していれば
征韓論なんて暴論をやらなかったかもね

14: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:41:50 ID:Plg
アウトレンジ砲撃喰らいまくったやつやっけ?

15: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:42:39 ID:cyH
>>14
それは下関やな

16: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:45:19 ID:Plg
>>15
すまんな勉強しなすわ

17: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:46:52 ID:cyH
>>16
ええんやで、ブリカスが油断して射程に入って来とったから戦えただけで
アームストロングの方が射程長いのは事実や

20: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:47:40 ID:oAl
まず日英戦争やなくて薩英戦争ってところからが
面白すぎるわ

22: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:50:20 ID:cyH
>>20
なお向こうでは鹿児島砲撃としている模様
まぁ、戦争だとやられたイメージつくからね、仕方ないね

23: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:54:17 ID:8q8
戦争した癖に仲良くなりすぎやろ

27: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:57:22 ID:cyH
>>23
両者の利益が一致したからね

26: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:56:56 ID:LAA
人的被害はイギリスの方が多い

27: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:57:22 ID:cyH
>>26
これは事実

28: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:58:12 ID:tHU
地方が勝手に戦争してええんか
外国でも同じようなことあったんやろうか

29: 名無しさん@おーぷん 2018/09/06(木)23:59:54 ID:cyH
>>28
あくまで異国船打ち払い令に従ってるだけだから
なお

31: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:00:30 ID:6CG
>>29
サンガツ

37: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:38:44 ID:1ym
>>29
異国船打払令もうないぞ

39: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:41:38 ID:kFR
>>37
突っ込み待ってた
補給だけして帰ってもらえっていう奴に代わってたはず

30: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:00:06 ID:s0u
応仁の乱とかいう酷すぎる戦争wwwww

32: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:07:41 ID:kFR
ブリカス「ファッ!?うちの人間生麦で斬られたンゴ!犯人は薩摩か、幕府、何とかせえ」
江戸幕府「すみませんすみません、お金払いますから(賠償金)」
ブリカス「犯人の処罰と薩摩からの賠償は?」
江戸幕府「すみませんすみません」
ブリカス「ダメやコイツ、ワイが直接行くしかないな」

ブリカス「おいこら薩摩、お前んとこの奴がうちの国民殺しよったんやがいうことないんか」
ブリカス「期限までに回答しなかったらどうなるのかわかってんだろうな?」

ブリカス「脅しかけるか、略奪したろ!」
薩摩藩「何しよるか貴様ら、砲撃始め!」
ブリカス「ファッ!?射程内にいるンゴ」
ブリカス「ぐえー、旗艦大破したンゴ...撤退するンゴ」
ブリカス「腹立つわ、陸軍上陸してクレメンス...」
英国陸軍「勝ち目ない...嫌です...」
英国議会「幕府から賠償金とったやろ、やりすぎ」
ブリカス「ぐぬぬ...」
薩摩藩「講和しよ?」
ブリカス「犯人の処罰と、賠償金渡すのが条件やで」
薩摩藩「犯人逃亡中(大嘘)だから無理、あ、これ見舞金(幕府からかっぱらった)ね、あと軍艦欲しい」
ブリカス「概ね要求通ったし発注も入った」
薩摩藩「技術革新に成功した上にこっちの損害は軽微で英国とのパイプが出来た」
ブリカス&薩摩藩「やったぜ。」

33: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:10:01 ID:kFR
後は薩摩藩は琉球を通じて主に清の情報を入手していたから欧米に対する危機感が強かったって言うのがあるな

34: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:31:03 ID:8sK
賠償金請求から流れるように商談になってるのすこ
薩摩は口も上手いんやな

35: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:34:53 ID:kFR
>>34
西軍唯一(裏切り組除く)の本領安堵は伊達じゃない
自分の要求は全部通すこと前提でものを話し、譲歩しない
薩摩の外交は本当上手いと思うは

52: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)01:25:00 ID:4m9
>>35
交渉が上手いから本領安堵になった訳では無いと思うが
元々は東軍につこうとしたが鳥居が城へ入れず仕方なく西軍に
結局大将生き残って薩摩へ帰還
そもそも薩摩本隊は関ヶ原へ行ってないので戦力が残ってた
中央から薩摩は遠い
これらが本領安堵の原因かと

36: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:38:09 ID:eS1
明治政府か出来る前までの藩って海外だと一つの王国って感じなんやろか?
江戸幕府が帝国的な?

38: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:40:22 ID:49I
>>36
字面通り主君と封建領主って感じちゃうの?

39: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:41:38 ID:kFR
>>38やね、周王朝にとっての秦みたいな感じ

40: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:47:53 ID:kFR
鶴丸城下の10%が焼けたものの薩摩側の死傷者数19人に対してブリカス側は63人

41: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:50:41 ID:wTu
薩摩ってスタート位置悪いだけで野蛮さと狡猾さは群抜いてるよな
広島辺りにあったら全国制覇しとったんちゃうの

43: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:52:04 ID:kFR
>>41
ないです
薩摩の強みは外国との接しやすさにある
現に鉄砲は種子島から上陸したわけで

46: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:53:20 ID:wTu
>>43
なら山陰
火薬使って玉飛ばす武器は琉球には鉄砲以前からあったわけで

47: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:57:23 ID:kFR
>>46
山陰か、うーむ、一日の長となるものの要素が少ないかな
堺とどれだけうまく結びつけるかが勝負になるな

48: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)01:03:29 ID:1w7
>>47
アレに関しては偶然の利害の一致に思うわ

49: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)01:15:26 ID:kFR
>>48
まー偶然の一致にしろブリカスが突き付けた条件かわしたうえで相手の望むことをする
とっさにこれが出来るのもすごいことやと思うで

45: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:53:09 ID:1w7
薩摩は交渉上手というよりイギリスの事情が薩摩と上手く合致したって感じやな

47: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:57:23 ID:kFR
>>45
まぁ、相手の事情を突くって言うのも優秀な外交の証左ってことで
1991の日本国政府を見ながら

50: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)01:18:56 ID:wIg
ブリカスパブリックスクールの脳筋ぷりとか見てると薩摩と本質的に相性良かった気はする

51: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)01:22:31 ID:kFR
>>50
それは思うで

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無ちさん:2018年09月11日 09:16 ID:AiJ3K7V80▼このコメントに返信
こうして見ると、薩長同盟は薩摩が数枚上やなあ、と思う長州人であった。
2.下流老人:2018年09月11日 09:21 ID:m1Gn4BHg0▼このコメントに返信
よくやった、あそこで敗けてたら大変なことだった。
まあ、島津斉彬が列強来襲に備えた結果だネ。
3.名無しさん:2018年09月11日 09:34 ID:vYPoBIvM0▼このコメントに返信
下関戦争とかホームの方の長州兵の方が何故か人数少ないからな
4.名無しさん:2018年09月11日 09:37 ID:ZRX7oifX0▼このコメントに返信
これ、稀に見るwin-winの見本やろwwww
5.名無しさん:2018年09月11日 09:38 ID:859LRJfA0▼このコメントに返信
敵(薩摩)に塩(軍艦)贈る(売る)とかこのへんおかしくね??
6.名無しさん:2018年09月11日 09:41 ID:IzFIXgmi0▼このコメントに返信
薩摩人にとって世界観は薩摩が中心 江戸京都が中心と考えるのは脳硬化症
7.名無しさん:2018年09月11日 09:47 ID:RO9o.Xa10▼このコメントに返信
薩英戦争に関しては英国やアメリカでも結構批判があったようだ。
当時のニューヨークタイムズの社説では2,3人の死傷事件で軍艦を引き連れて戦争をしかけるなんて文明国家のすることか!という論評もあったらしい。
まさにその通りなんだが。
8.名無しさん:2018年09月11日 09:48 ID:t04fyOiw0▼このコメントに返信
そうか。下関は踏み倒したのかw
9.名無しさん:2018年09月11日 09:49 ID:KLqhTFeR0▼このコメントに返信
「痛み分け」ってやつだな。どっちもかなり被害出た。

一国と一国の戦争じゃなくて、一国と一国の一地方との戦争という珍しい形。
幕府はヘタレだからイギリスに脅されて謝罪した上に慰謝料まで支払ってるけど、薩摩藩は突っぱねた。
東郷平八郎とかも参戦してんのな。
10.名無しさん:2018年09月11日 09:52 ID:T0eGxc3m0▼このコメントに返信
アヘン戦争にイギリスは200隻の艦艇を繰り出した。それだけ得るもの(アヘン売買の利益、金)があるという算段であった。薩英戦争には6隻(?)程度。てのは決定が派遣軍司令官レベルなので、これが手持ちの限界。司令官がそれでも強行したのは、薩摩など田舎の一藩、これで十分や!と見くびったから。這々の体で逃げ帰った(=イギリスの完敗)、在日の英派遣軍はアヘン戦争並みに本国介入を具申したが、英議会でさんざんい腐されて増強はなかった。もし日本にアヘンの権益があったら、すなわち日本人のドン百姓から支配階層までがアヘン中毒になっていたら(これがシナの実情だった)、アヘン戦争なみの派遣はあったろうに。
11.名無しさん:2018年09月11日 09:53 ID:U1qiM9Tx0▼このコメントに返信
しかし旧式の砲で500m以上先の船によく当てたね。
よく練習してたんだろうね。
12.名無しさん:2018年09月11日 09:54 ID:u75FiP4E0▼このコメントに返信
イギリス「チェストチェストうるせー奴らをちょっと脅かすつもりだったのに・・・」
13.名無しさん:2018年09月11日 10:03 ID:3w7TCylQ0▼このコメントに返信
※7
すでに幕府から賠償金は受け取った上に、更に薩摩にもカツアゲしに行ったら、
一発食らって逃げ帰ったということだしね。
14.名無しさん:2018年09月11日 10:06 ID:Rv1CYSYq0▼このコメントに返信
アホ見たの江戸幕府だけ
歴史にもしもはないけど江戸幕府開設の頃から徳川を恨み転覆を謀るのは島津と毛利だとわかっていたはず
幕末までにこの2藩を取り潰していたら日本はどうなっていたかな
15.名無しさん:2018年09月11日 10:06 ID:OdZasOLy0▼このコメントに返信
戦争してた相手に軍艦売るイギリス人ってなんなの
16.名無しさん:2018年09月11日 10:13 ID:tkPy.Ct40▼このコメントに返信
敵(幕府とつるんでるフランス)の敵だから味方になった
イギリスが支援すれば幕府を倒せるだろうという、薩摩の力を認めた上での算段ではある
17.名無しさん:2018年09月11日 10:14 ID:2iB.sq2G0▼このコメントに返信
薩摩の 城下町は火の海、所有艦艇はロカク後に自沈処分、砲台ボコボコにされて薩摩が勝ちとか無いわ。
逃げ帰ったんじゃなくて復讐という戦略目標を達成したから帰っただけでしょ。
そもそも薩摩に上陸する陸戦兵力を用意していなかった。
その上で十分すぎる戦果を上げている。
18.名無しさん:2018年09月11日 10:15 ID:ZPjT3C0T0▼このコメントに返信
鰤カス表面=世界の紳士面文明国、中身=世界の海・盗賊暴力押し売り商人やから。最後に中身見せたのはスエズどうらんぐらいかな?その後は背広の下に見せる鎧がハゲチョロケになっただけで中身は変わって無いやろ。チャイナとか毒よりはマシだと思うが。異国なんてそんなもの。
19.名無しさん:2018年09月11日 10:15 ID:ZRX7oifX0▼このコメントに返信
※12
ブリカス1 why them call "chest!" ?
ブリカス2 because... they are hentai.
20.名無しさん:2018年09月11日 10:18 ID:htC4eNZz0▼このコメントに返信
「宝島略奪事件」も思い出してあげてください
まあこれも薩摩の勝ちやったな
21.名無しさん:2018年09月11日 10:20 ID:jHZd3MzV0▼このコメントに返信
賠償金は請求され払ったが、

負けた薩摩より英軍の損失がでかかったので、「コレは一目置かねば」って解釈してくれた英からの産業革命がデカイ。

が、さっさと中央にその技術を持っていき薩摩自体には利益が降りず、貧乏藩民逆ギレの内乱。

コレでお察しw
22.名無しさん:2018年09月11日 10:20 ID:y.KgIq.s0▼このコメントに返信
先祖が薩摩武士やけど薩摩は頭おかしいと思う
23.名無しさん:2018年09月11日 10:21 ID:W.6OSFIg0▼このコメントに返信
幕府はフランスが支援してたんだよな?
維新で下手打ったらイギリスかフランスかどっちかの植民地になってた可能性も
低くはないんだろうなあ
24.名無しさん:2018年09月11日 10:26 ID:.WXO.nbf0▼このコメントに返信
あの時代白人に一矢報いた薩摩が日本でどういう目で見られたかという視点が欠けていると幕末史は読めんよ
それが諸藩の薩摩に対する得難い信頼度に変わったわけだしな
25.名無しさん:2018年09月11日 10:28 ID:VO2Y3sN60▼このコメントに返信
おいはんでごわす。日本語でどうぞ。

サツマイモがよい流れ。島津義弘大河しようぜ。
26.名無しさん:2018年09月11日 10:29 ID:tWELXuSk0▼このコメントに返信
※14
改易しまくってたのは家光まででそれ以降は下手に大名家を潰すと浪人が増えて治安の悪化を招くから穏便政策になったからな。
それでも薩摩に金出させて破産させようという政策が江戸中後期まで行われたが、島津重豪が将軍の義父になるという剛腕で幕府中枢に入り込んで幕府の薩摩敵視を排除した。そして斉彬は幕末の幕府でもっとも信頼されたブレーンになっていた。
27.名無しさん:2018年09月11日 10:35 ID:GfVDxqHt0▼このコメントに返信
※11
薩摩側がいつも砲撃の予行演習していたターゲットと同じ場所に意義深い艦隊が停泊した。そら当たりますわ。
28.名無しさん:2018年09月11日 10:36 ID:GGjNyjjJ0▼このコメントに返信
薩英戦争の時期は、まだインド洋・西太平洋側の海底ケーブルが全通していなかったので戦争の情報がイギリスに届くまでかなり時間(日数)が掛り、情報不足と順次届く断片的な戦況からイギリス議会ではイギリス軍の敗北まで疑われる事になる(杞憂で済んだ)
薩英戦争の教訓もあってか、イギリスは急ピッチでインド洋・西太平洋の海底ケーブル網の敷設を加速させ、この電信網の構築が後々のイギリスアジア植民地政策に寄与する事となる
29.名無しさん:2018年09月11日 10:42 ID:vhKohEEB0▼このコメントに返信
薩英戦争は後の日英同盟まで連なる水脈と考えてよいであろう(渡部昇一教授)
文久2年(1862)8月21日に生麦(なまむぎ)事件が起こった。これは島津久光が江戸から帰る途中、武蔵国(むさしのくに)生麦村で行列に無礼があったというので薩摩武士がイギリス人の商人一人を斬り殺し、二人に重傷を負わせた事件である。イギリスは幕府と薩摩藩に謝罪と犯人処罰、賠償金支払いを要求した。幕府は10万ポンド(44万ドル)を払ったが、薩摩藩はこれを拒絶したので、翌年7月、イギリスの軍艦7隻が鹿児島湾に来て、いわゆる薩英戦争が起こった。合計120門の大砲を持ったイギリス艦隊は、薩摩の汽船3隻を沈め、薩摩側の砲台を破壊し、海岸近くの家屋は全て焼き払った。しかし、薩摩はアヘン戦争におけるシナ(清国)とは違っていた。上海附近の砲撃戦でシナ側は3百名以上の死者を出したが、イギリスは死者ゼロ、負傷者2名にすぎず、軍艦に被害はなかった。しかし薩摩との砲撃戦では、旗艦ユーリアラス艦長ジョスリング大佐、および副長が戦死。またパーシュース号は錨を切って逃げた(錨を敵側に取られるのは大変な恥とされている)。人員の損傷からみると薩摩藩は死者3名、負傷者5名で、イギリス側は死者22名、負傷者45名である。大砲の性能が違うために、薩摩の陸上被害は大きかったが、イギリスはアヘン戦争をはじめ、有色人種に楽勝してきたこれまでと違う新しい経験をした。しかもそれは、日本の政府(幕府)と戦ったのではなく、日本の一大名と戦っての話なのである。日本の植民地化などできる話ではないことが明らかになった。
30.名無しさん:2018年09月11日 10:44 ID:KpfPgUNZ0▼このコメントに返信
※23
幕末~明治中期までイギリスに莫大な借金をして、貿易シェアも圧倒的に多かったんだから
不平等条約の元では、経済上の植民地に近い状態だったという説を唱える人もいるみたいだな
しかも明治末期になるまで不平等条約は続く
31.名無しさん:2018年09月11日 10:49 ID:zTEkdYWc0▼このコメントに返信
市中が火の海になったのに薩摩側の死傷者が少ないって主張が意味がわからん。
集団疎開でもしてたんか。
32.名無しさん:2018年09月11日 10:51 ID:KZDa6jE.0▼このコメントに返信
*7
発端の生麦事件に関してからが、日本は野蛮だと批判する論調と並んで、「名誉が何より優先する地方領主の行列に馬で乗り込むとかアホか」って批判されてるくらいらしいしねぇ。
以外と冷静な批判が出てるのに驚く。
33.名無しさん:2018年09月11日 10:53 ID:0klV0uQB0▼このコメントに返信
どっちにしろ「日本人ナメんじゃねえぞ」って気骨見せてくれた薩摩には大感謝だわ
34.名無しさん:2018年09月11日 10:55 ID:GfVDxqHt0▼このコメントに返信
※29
そう、大砲の性能が違った。
イギリス側の大砲は最新式だったが、欠陥品で暴発して自滅もしくは使用不能になった。
35.名無しさん:2018年09月11日 11:02 ID:fzxlC24j0▼このコメントに返信
後の第二次世界大戦に根っこか繋がってる大事な歴史の1つ。
そして現在、イギリスは再び日本に接近か!?
今度は両手で握手出来たら良いのに、、どうなるんだろ。(油断大敵な国だけど)
36.名無しさん:2018年09月11日 11:03 ID:NY1tSQR20▼このコメントに返信
※31
火災だーーー!と逃走すればいい
皆無事だった
ハハハ

37.名無しさん:2018年09月11日 11:10 ID:81JN.vpR0▼このコメントに返信
>36: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)00:38:09 ID:eS1
>明治政府か出来る前までの藩って海外だと一つの王国って感じなんやろか?
>江戸幕府が帝国的な?

バタヴィア城日誌でオランダは徳川将軍を「皇帝」「皇帝の一家」と表記しとったから
オランダ通じて日本情報得てた欧州ではそういう解釈しとってもおかしくないと思うけどな
38.名無しさん:2018年09月11日 11:11 ID:IVnDL.ce0▼このコメントに返信
イギリスが海軍最大の屈辱、錨取られて
当て付けのように返還されたんだっけ?
39.名無しさん:2018年09月11日 11:11 ID:Rv1CYSYq0▼このコメントに返信
しかし3人死傷だけで攻めてくるってどれだけ日本を舐めてたんだ。 薩摩よくやった!
幕府の払った44万ドル当時の価値がどのくらいかわからんが
40.名無しさん:2018年09月11日 11:12 ID:R3mMgdBh0▼このコメントに返信
ブリカスが壊したのは海岸近くの掘っ立て小屋やで、
すぐ再建でけるんで誰ぁ~れも防衛せえへんでみんな逃げた(笑)
41.名無しさん:2018年09月11日 11:14 ID:M4V6MPbD0▼このコメントに返信
※31
「エゲレス艦隊接近す」との報を受けて、事前に民間人避難命令が出てたんだよ。
みんな家財道具もって逃げた後だったから、被害は家のみ。
42.名無しさん:2018年09月11日 11:19 ID:uTY2LhWa0▼このコメントに返信
奇襲ではなく、5日くらい停泊した後に開戦だから
避難する時間は十分あった
43.名無しさん:2018年09月11日 11:25 ID:zoinlT2u0▼このコメントに返信
※31
当時は火事が日常的だったからいつでも逃げる準備はできていた、長屋にある家裁道具も鍋や茶碗位だったから町民は身一つで逃げた。
44.名無しさん:2018年09月11日 11:35 ID:r6FN1Czx0▼このコメントに返信
薩英戦争の意義は、イギリスが江戸時代の日本を中央集権国家ではなく中央集権的領邦国家と見抜いた事。
だから、武器弾薬を売りつけ内乱を起こさせた。インドのムガール帝国を崩壊させ征服したイギリスのやり口。
45.名無しさん:2018年09月11日 11:36 ID:ZRX7oifX0▼このコメントに返信
※43
豊かになってモノが増えすぎるのも良し悪しやね。
46.名無しさん:2018年09月11日 11:37 ID:7L5ZFCsm0▼このコメントに返信
幕府を倒したのが薩摩じゃなかったら日本は戦争なんてしなかったのに
あんなキチ.ガイ部族に国の舵取り任せちゃダメ
薩摩の頭目の西郷も征韓論主張するキチ.ガイだったしな
47.名無しさん:2018年09月11日 11:43 ID:M4V6MPbD0▼このコメントに返信
※23
幕府はフランス、薩長はイギリスに莫大な借金をしてたから、それが返せなかったらやばかっただろうな。
エジプトなどのように欧米から借りた借金が返せずにそのまま属国にされてしまった例もあるし。
当時の欧米列強は闇金融みたいなもんだったからな。

実際は日本はきちんと返済を続けたので独立を保つことが出来た。
幕府が借金を残したまま滅びると、それを明治政府が引き継いで返済したりした。
明治初期にフランスが日本に対し
「徳川幕府の借金を肩代わりして返さぬなら横須賀を差し押さえる」
なんて言ってきたという話もあるから、返済できなければ横須賀はフランスに取られて香港やマカオのようになってたかもしれないな。
48.名無しさん:2018年09月11日 11:49 ID:qp3sprOC0▼このコメントに返信
※17
公使代理のニールが戦争後、横浜の現地新聞に『何とか報復したい』ってインタビュー残っていたはず
旗艦の損傷がでかく上海に行かないと修理できないレベル。しかも艦長を始め戦艦指揮官クラスも死去
薩摩側の被害はともかく、英国の被害が大きすぎる。最新鋭兵器で未開の部族ボコりに行ったら大反撃されたようなもの
コレで継戦して薩摩の降伏を引き出したならともかく、この一戦後ほぼ和平条約の締結
少なくとも日本がこんなアホなことしたら国内じゃ屈辱的敗戦扱いだと思う
まあここから、この和平条約をタネに東アジアで日本を英国の尖兵にまで仕立てたのだからその戦略も流石と言わざるを得ないけどさ
49.名無しさん:2018年09月11日 11:56 ID:2iB.sq2G0▼このコメントに返信
死傷者数で勝敗を判断したがる奴は足りない。
英国から見た場合、人道的?な砲撃で最大限の効果を挙げたと絶賛される事になる。
馬鹿殿一人の命と引き換えに領民の住居が焼かれるのを手をコマネいて見逃した事になる。
現代で例えるなら、北朝鮮に国民が拉致されて何もしない事と同じ。
薩摩藩の住人からすれば、大敗北。
50.名無しさん:2018年09月11日 11:58 ID:vhKohEEB0▼このコメントに返信
>17:薩摩の 城下町は火の海~あのな、つい最近、この近くに行ってきたから言うが、ボコボコにされたっていう砲台跡は大隅半島のほぼ最南端な、島津久光に西郷が流されたトコより少し北に薩英戦争の砲台跡がある。ここからだと、鶴丸城下へは、少なく見積もっても直線距離で50キロ、お主は、それ知ってて「城下町は火の海」って言ってんのか?‥‥当時の新式の大砲で、50キロ彼方まで砲弾が飛ばせるなんて思ってんなら勉強しなおした方が良いと思うよ。
51.名無しさん:2018年09月11日 12:12 ID:2iB.sq2G0▼このコメントに返信
明治維新は日本人が主導して達成した革命と信じたい気持ちはすごくワカル。
価値観、法体系の異なる国が一つの場所で権利を主張したら争いが起こる。
不平等条約やグレーゾーンの設定は英国の手の内。
その後の武力行使による威圧、現地の一勢力を手駒にした後の内戦。
全て英国の手のひらの上だよ。
52.名無しさん:2018年09月11日 12:14 ID:M4V6MPbD0▼このコメントに返信
※49
イギリスは陸戦隊を上陸させて薩摩で徹底的な破壊と略奪を行う予定だった。
実際にイギリスは戦闘前に薩摩の汽船を拿捕してるんだが、その汽船の物品を根こそぎ略奪してる。
英戦艦アーガス号に乗船していたアーネスト・サトウはこう書いている
「私たちはみな拿捕船内に突進して、掠奪を開始した。私は日本の火縄銃と円錐形の軍帽(陣笠)をせしめたが、士官連中の中には一分銀や渡金二分金などの貨幣を見つけた者も数名いた。水兵たちは鏡、酒瓶、古筵の切れ端など、持てるものは何でも掠めた。およそ1時間もこうした乱暴が行なわれた後、汽船に穴をあけて火を放った」
こういった破壊と略奪を鹿児島城下でもやる予定だったんだよ。
だけど薩摩は奮戦し、イギリス陸戦隊の上陸を許さず、艦隊に大損害を与えて撤退させた。イギリスの目論見を阻止し、薩摩を守り抜いた。
単純に「死傷者数で勝敗を判断」してるわけではなく、こういうことも総合的に見て引き分けと判断してるんだよ。
53.名無しさん:2018年09月11日 12:15 ID:sbwKnqAt0▼このコメントに返信
朝鮮もフランス追い返してるよな
アジアを舐めてるから痛い目見る
54.名無しさん:2018年09月11日 12:17 ID:2iB.sq2G0▼このコメントに返信
英国は議会制でホゲホゲ言う奴がいるかも知らんが、現代と変わらず、議員とか袖の下に弱いから。
稼ぎ頭の阿片で財を成した商社からのロビー活動が無かったとでも?
55.名無しさん:2018年09月11日 12:27 ID:2iB.sq2G0▼このコメントに返信
ろくに偵察もせず、相手を知らない状態で戦闘することが突発的な戦闘だったのだろうが、破壊に関しては徹底して破壊し尽くしているね。
現有戦力で出来る限りの破壊はしている。
そして、報復の大義をかざして脅しもかけている。
戦略的にも外交的に英国の圧勝だよ。
56.名無しさん:2018年09月11日 12:33 ID:xvVzAbhn0▼このコメントに返信
幕府も薩摩も英国の手口を知ってたから金やら渡してたり大事にしない様に手を回してただけ
日本は阿片をばら撒かなくても簡単に金になり植民地に出来ると錯覚させた
57.名無しさん:2018年09月11日 12:34 ID:2iB.sq2G0▼このコメントに返信
島津が英国に負けなかったと言えるのは、馬鹿殿一人を護りきった事、ただその一点のみ。
58.名無しさん:2018年09月11日 12:42 ID:2iB.sq2G0▼このコメントに返信
馬鹿殿一人の命も、実は薩摩藩が勝手に思い込んでいただけで、英国は気にもかけていなかった事実。
59.名無しさん:2018年09月11日 12:48 ID:FoE4W8Cs0▼このコメントに返信
戦争・・・まあ、ズールー戦争も戦争だから、こんな地域紛争みたいなんでも戦争って言えば戦争なんだろうな。
60.名無しさん:2018年09月11日 12:53 ID:FoE4W8Cs0▼このコメントに返信
※53

座礁した商戦を襲っただけじゃなかったか?
しかもフランス人なんて乗ってなくて、フランスの植民地のベトナムかどっかの船で。
61.名無しさん:2018年09月11日 12:57 ID:CXplbwtU0▼このコメントに返信
生き残った理由:
遠い:征服しても旨味無し
強い:征服するにも豊臣合戦控えていざこざ起こしたくない。
   攻めろと言われりゃ部下は攻めるだろうけど今度の戦地は相手の領地だしどう考えても数十万の軍勢が必要になる。
恭順:領主は頭丸めて引退(負けたわけじゃないから切腹しない)。国替えするにも元々遠隔地で貧困地。
馬鹿:程度はあれど「島津にバカ殿なし」は有名。地元では重豪はあれやこれや言われてるが結果的に有能。
戦費:調所広郷!密貿易!砂糖!
情報:関が原は情報不足で負け組に就かざるを得なかった。それ以降は情報収集に余念なし。外様ながら国父にまでなったし。
62.名無しさん:2018年09月11日 12:59 ID:2iB.sq2G0▼このコメントに返信
>>29
それは日本人主観の日本人の誇りを失いたくない歴史観。
英国以外のロシア、フランス、アメリカの綱引きといった、当時の国際情勢を無視した歴史観だと思う。
欧米列強が来なければ徳川幕府は続いていた可能性が高い。
欧米が来たから日本が変質した。
内戦が勃発した。
これは文化的、政治的な大敗北以外の何者でもない。
63.名無しさん:2018年09月11日 13:05 ID:Q0SjCED50▼このコメントに返信
本国介入したらボーア戦争並みの血みどろになってイギリス本国軍もただじゃすまないことが目に見える
あの頃はまだ西南戦争レベルまで行ってないから薩摩の白兵戦突撃で大出血来る
64.名無しさん:2018年09月11日 13:12 ID:FoE4W8Cs0▼このコメントに返信
イギリスが白兵戦なんて許すわけが無い。
薩摩芋侍どもは刀を振るう閑も無く片っ端から撃ち殺されてた事だろう。
65.名無しさん:2018年09月11日 13:13 ID:QDYYyH8u0▼このコメントに返信
竹製の威力におびえる!
66.名無しさん:2018年09月11日 13:14 ID:malFscbl0▼このコメントに返信
大河では西郷どんを上げるために、国父様やらけいき様を下げまくってるんだよな…
慶喜が薩摩をフランスに売り払おうとしたり…どうしてこうなった
67.名無しさん:2018年09月11日 13:17 ID:2iB.sq2G0▼このコメントに返信
明治維新で英国の影響が消されている事実。
第二次世界大戦後のアメリカの日本統治における日本人の洗脳と同じ。
何故、侵略者のアメリカを憎まないのか?
何故、侵略者のイギリスを憎まないのか?
徹底した統治戦略の成果なんだろうな。
簡単に欧米人に弄ばれる日本人が情けなくなる。
68.名無しさん:2018年09月11日 13:18 ID:r6FN1Czx0▼このコメントに返信
ズールー戦争はイギリス側の被害約1700人。3万人のズールー族戦士の内1万人を虐殺した凄惨な戦争。

まあ、時代的に西南戦争の後だな。
69.名無しさん:2018年09月11日 13:18 ID:FoE4W8Cs0▼このコメントに返信
※66
もう大河なんて馬鹿な物は見て無いけど、通商条約を結ぶために自分の意に沿わない地方を売り渡すと言う手法はタイのラーマ五世だかが使った手なのでそれをモデルにしてるのかもしれないな。
70.名無しさん:2018年09月11日 13:21 ID:2iB.sq2G0▼このコメントに返信
明治維新後、日本は英国の手先。
第二次大戦後、日本はアメリカの手先。
めでてーな!w
71.名無しさん:2018年09月11日 13:36 ID:rczJULkq0▼このコメントに返信
いやだからさ、俺はコメ欄に何度も何度も書いているけど、薩英戦争の捕虜観戦主観から小説を書いた織田作之助の五大友厚が司馬遼太郎の元ネタなんだよ。
72.名無しさん:2018年09月11日 13:39 ID:2iB.sq2G0▼このコメントに返信
明治維新の最重要ポイントは薩長同盟ではなく、薩英戦争であることに気付いた?マトメ主、少しは勉強したクサイ。w
73.名無しさん:2018年09月11日 14:17 ID:2iB.sq2G0▼このコメントに返信
当時の海外留学の状況を調べると面白いかもな。
明治維新前に、
どの藩の藩士がどの国に誰の斡旋で誰に世話されて留学したか。
当時から現代まで隠し続けていた明治維新の実相が浮かび上がってくるかもな。
74.名無しさん:2018年09月11日 14:20 ID:1.79dODJ0▼このコメントに返信
※22
その血脈は確実にクマモンが受け継いでいる。
75.名無しさん:2018年09月11日 14:23 ID:jOqIrSP.0▼このコメントに返信
明治までは連邦国家。The fedral nations of Japan
76.名無しさん:2018年09月11日 14:23 ID:2iB.sq2G0▼このコメントに返信
大東亜戦争までに日本が支那人や朝鮮人、インド人等のアジア人留学生を政治的に受け入れていた事実、影響力を見れば英国の意図が少しは理解できるだろう。
77.名無しさん:2018年09月11日 14:29 ID:xzRPA0rp0▼このコメントに返信
失敗したけど、スイカ売りに化けて小舟で近づいて抜刀戦で軍艦制圧しようとしたエピソード好き。
78.名無しさん:2018年09月11日 14:35 ID:sbwKnqAt0▼このコメントに返信
※60
朝鮮は丙寅洋擾でフランス軍を撤退させてるよ
ググれば出てくる
79.名無しさん:2018年09月11日 14:36 ID:zZFkgeQY0▼このコメントに返信
正直、薩摩って小早川並みに裏切り者感スゴイ
勝ったら役職全部俺らな!のクズ加減とか最高に面白い
80.名無しさん:2018年09月11日 14:39 ID:AQaLrInN0▼このコメントに返信
※34
その欠陥品のはずのアームストロング砲が南北戦争や戊辰戦争では大活躍したんだぜ、、、

まぁ少なくとも当時の薩英戦争記事ではアームストロング砲暴発の話はなかったり、、、
単純に薩摩側(当時日本の最先端の砲が配備されていた)の砲撃の結果を過小評価無視
された結果の流言に近いかと、、、
81.名無しさん:2018年09月11日 14:41 ID:XeYHPHcl0▼このコメントに返信
馬鹿な朝鮮人ども、無理して日本語使うなや。
どうせお前ら如き朝鮮脳じゃ武士の念うことなど理解できぬ。さっさと祖国に帰れ。
82.名無しさん:2018年09月11日 14:58 ID:OLunQfPx0▼このコメントに返信
イギリスに「手来んだ方が得」と思わせた薩摩の勝ちや。
これこそ正しい武力の使い方。
83.名無しさん:2018年09月11日 14:58 ID:FoE4W8Cs0▼このコメントに返信
※78
600(戦艦1、砲艦2)vs10000の戦いか。
薩英戦争と似た様な感じだが死者数が全然違うな。

プロレスでもやってたんじゃないの?
84.名無しさん:2018年09月11日 15:13 ID:sbwKnqAt0▼このコメントに返信
※83
朝鮮との戦いでフランス側は38人死傷者が出たと報告しとるけど、薩英戦争もイギリス人13人ぐらいしか死者数出てないしなぁ

まあ、お互い全面戦争でもないし適当な所で引き上げたんやろ
85.名無しさん:2018年09月11日 15:22 ID:vhKohEEB0▼このコメントに返信
普通の日本人なら薩摩貶めるような自虐史観云わないだろ英国から金貰ってんのか、アッ、ニホン人か、残念だが、俺、薩摩藩大好きなんよ、だから、貶めるようなこと言っても無駄、悪足掻きは止めとこうや。
86.名無しさん:2018年09月11日 15:28 ID:PMWYPXhS0▼このコメントに返信
※50
大隅半島の南端っておいwww
お前絶対観光ガイドの人にかつがれてるぞwwwwww

87.名無しさん:2018年09月11日 15:44 ID:KZDa6jE.0▼このコメントに返信
*80
つーても、英海軍はその後しばらくマズルローダーに戻ってるんでなぁ(その間に艦砲はクルップ式が流行るようになったり)。

*83
その後やって来たアメリカは、守備兵があっさり総崩れ→海兵が上陸→食糧不足や疫病で撤退 という、天然焦土戦術で撃退されてたり、、、
88.名無しさん:2018年09月11日 15:55 ID:bU.eRcKX0▼このコメントに返信
※85
普通の日本人でも薩摩嫌いな人間はいるでしょ。自分達も狡いことやってたくせに、その時々で長州や会津を悪者にして時代の立役者面してる卑怯者だし
89.名無しさん:2018年09月11日 16:10 ID:hcbqLz3H0▼このコメントに返信
なおエゲレスは腹いせに非戦闘員しかいない市街地に砲撃しまくって撤収した模様
90.名無しさん:2018年09月11日 16:36 ID:Jbk.6iXL0▼このコメントに返信
※82
カスと思ってた奴を虐めたら喧嘩になって、カスが頑張ったから認めたパターンだな。
喧嘩っぱやい奴でも苦戦すると認めるもんよ。
91.名無しさん:2018年09月11日 16:38 ID:ttrvAzN.0▼このコメントに返信
ゴリゴリの排外派だった薩摩や長州は力の差を見せつけてられて、大転換したのよな偉いと思うわ。
92.名無しさん:2018年09月11日 17:01 ID:U1qiM9Tx0▼このコメントに返信
当時の110ポンドアームストロング砲は、射程距離3.2kmとあるな。
結構飛ぶもんだね。
93.名無しさん:2018年09月11日 17:02 ID:95qUfhF70▼このコメントに返信
>>32
ほんまコントやなw
94.名無しさん:2018年09月11日 17:08 ID:vhKohEEB0▼このコメントに返信
※88
表現がマズかったよな~スマン、日本人なら薩摩が好きな人もいるだろうよってコトな、同様に、俺は、長州藩や会津藩も好きだ。だが、江戸末期、水面下で吊るんで我国を支配下に置こうとしていた英・仏の策略に洗脳されていた過激派武士らによって、当時の我国は、敵味方に分かれての内乱状態に陥ってしまった。事‥成り行き次第では東西二つに分断され、奴等の植民地になる可能性もあった。しかし、結果的には、大政奉還した徳川慶喜は謹慎、そして、江戸は火の海にならず我国は西欧列強の思い通りにはならず植民地にはならなかった。この結末は、薩長、幕府・他の列藩など敵味方を問わず、我が国への白人どもの侵略は決して許さないという強固な意志が、当時の重鎮らにあったからこそだと思われる。

ただ、ここは薩英戦争のコメ爛‥‥英国と我国の戦争の結末だけを論じるここで、英国の肩持ってばかりで我国を貶めようとするのは頂けませんな!
95.名無しさん:2018年09月11日 17:08 ID:2sKvReKj0▼このコメントに返信
薩摩藩が偉かったのは、彼我の技術力の差を痛感して戦争後、鎖国下で密かに少年留学生を多数英国に送ったこと。
後の五代友厚や森有礼等。
96.名無しさん:2018年09月11日 17:24 ID:xvKXsXZv0▼このコメントに返信
西郷どんでは30秒で戦闘シーンも無かったぞw
97.名無しさん:2018年09月11日 17:44 ID:ZTlNRbWC0▼このコメントに返信
藩と外国の戦争なのになぜか負けたのは幕府という・・・
98.名無しさん:2018年09月11日 18:12 ID:r6FN1Czx0▼このコメントに返信
薩英戦争で薩摩藩は負けてないよ。
幕府内にイギリスに薩摩藩が懲らしめられたらいい、という意識すらあったのが問題。
99.名無しさん:2018年09月11日 18:39 ID:FoE4W8Cs0▼このコメントに返信
※85
自分の好みで歴史の是非を判断するおまえこそ朝鮮人みたいな奴だと思うが?
100.名無しさん:2018年09月11日 19:38 ID:RsdmtlDS0▼このコメントに返信
逃げ帰ったて...
目標は砲台の制圧で威力を見せつけることだぞ...?
101.名無しさん:2018年09月11日 19:59 ID:hfI20E.K0▼このコメントに返信
アメリカ先住民の惨状を、たまには思い出してあげてください。
102.名無しさん:2018年09月11日 20:19 ID:uDAVuC860▼このコメントに返信
※96
黒田官兵衛の時は兵糧攻めをカットされたしな
103.名無しさん:2018年09月11日 20:24 ID:8waHlkgX0▼このコメントに返信
島津は戦争とお家騒動が大好きだからな
ある意味バランスが取れているともいえる

104.名無しさん:2018年09月11日 20:32 ID:SCPPvR1a0▼このコメントに返信
※5
当時の欧州なんて戦争は挨拶みたいなものだったし喧嘩するより商品売った方が得だしどーせ最新の船は他国には売れないからね・
105.名無しさん:2018年09月11日 20:39 ID:126pMeD90▼このコメントに返信
下関戦争も完敗みたいに言われてるけど人的損害は連合国側のほうが多いんだよな
賠償はがっつり取られたが
106.名無しさん:2018年09月11日 21:36 ID:es0mg8.A0▼このコメントに返信
フランスが様子をうかがっている・・・
107.名無しさん:2018年09月11日 21:55 ID:6Hh6pnUy0▼このコメントに返信
面白いっていうより、生麦事件から倒幕、明治政府まで暴力とサギや騙しで薩摩が日本を外国から守り支配した。
その功罪を見極めないままW2の敗戦になってしまったんだよな。
108.名無しさん:2018年09月11日 22:01 ID:WinQJI5H0▼このコメントに返信
本スレの似非関西弁ほんと不快
薄ら寒すぎる
殺意わくレベル
109.名無しさん:2018年09月11日 22:03 ID:PohX1ek.0▼このコメントに返信
なお、征韓論という言葉は岩倉一派の大久保利通が
新聞上で西郷や旧尊皇派を煽ったもので
西郷自身は朝鮮王朝に直談判しようとした模様。
110.名無しさん:2018年09月11日 22:15 ID:KQb9KToD0▼このコメントに返信
※102
主役がやった汚れ仕事は誤魔化すのはしゃなーない
「利家と松」の加賀の根切も、「功名が辻」の山内一豊の相撲→鉄砲コンボもかなり美化というか誤魔化して表現しとるしな
111.名無しさん:2018年09月11日 22:31 ID:yRZ.3lVQ0▼このコメントに返信
この時、少年だった後の「東郷元帥」(日露戦争での連合艦隊司令長官)も参加して、ばあちゃんに「負くるな!」と励まされたんだが、英国軍の力に圧倒され現実を見たんだよな。
112.名無しさん:2018年09月11日 22:33 ID:yRZ.3lVQ0▼このコメントに返信
西郷さんの力が今一つわからないんだが、英国留学中の後の東郷元帥が、もし自分も英国にいなかったら間違いなく西郷先生の為に命を捧げていたとか、本当に訳がわからない。
113.名無しさん:2018年09月11日 22:34 ID:yRZ.3lVQ0▼このコメントに返信
※112 これは西南戦争のことな。
114.名無しさん:2018年09月11日 22:41 ID:LjolPjXK0▼このコメントに返信
※39
大英帝国の威光を背に驕り高ぶっとったんやろ。
でも世の中にはそんなもん屁とも思わん蛮族がおったってことや。
115.名無しさん:2018年09月11日 22:41 ID:GEv7dvIn0▼このコメントに返信
何はともあれ、当時の武士たちが急速に広がる西洋のマスメディアにおいて「サムライ」というブランドを周知させたのは間違いないだろう。
116.名無しさん:2018年09月11日 23:40 ID:OWwW..E70▼このコメントに返信
むしろ生麦事件とかいう白人調子乗りすぎ事件。

現代で例えるなら国のVIPを載せた車列に車で逆走するに等しい。
しかも最初は大目に見られてたのに、ついに藩主の籠の近くにまで来たので斬られてしまう無能。
117.名無しさん:2018年09月11日 23:56 ID:aP1C44fb0▼このコメントに返信
勝ち:薩摩&イギリス
負け:江戸&アメリカ (後の戊辰戦争で判明する)

※自動車のハンドルの位置がその名残りと言えよう。
118.名無しさん:2018年09月12日 00:09 ID:MeRcIqmn0▼このコメントに返信
どちらも負けたとは思っていない模様、しかし薩摩の被害は想定内、英国は薩摩がこれほど強いとは考えておらず、想定外と驚いた。イギリス以外も、この事件以降、日本の力を認めるようになった。チャイナとは違うやり方で接してくるようになった。
119.名無しさん:2018年09月12日 00:23 ID:ARNEih610▼このコメントに返信
ねずさんのブログから

「戦後の歴史では、薩英戦争は薩摩藩が英国に一方的に負けたと教えます。
しかし、
英国艦隊の損害は、大破1隻・中破2隻。死傷者63人。
薩摩側の損害は、一般市民の死者が5~8人、負傷者18人。
どうみても圧倒的な薩摩藩の勝利です。」

アームストロング砲は最新鋭だったけど、よく自爆したそうです。
薩英戦争後、英国はアームストロング砲の発注をキャンセルしたそうです。
120.名無しさん:2018年09月12日 01:04 ID:Qpd7lY..0▼このコメントに返信
※15
日本と戦って勝利した後、日本に兵器を売るアメリカ
イラクと戦って勝利した後、イラクに兵器を売るアメリカ
薩摩と戦って勝利した後、薩摩に兵器を売るイギリス

何もオカシイ事は無い
121.名無しさん:2018年09月12日 02:00 ID:7XSlbyMJ0▼このコメントに返信
※51
その掌で転がしてたつもりの国を更に弄ろうとしたら切れてボコられ、ほとんどの植民地を失い
大英帝国から現在の英国まで2ランク凋落するはめになったのだから歴史とは皮肉なものだ。
122.名無しさん:2018年09月12日 02:15 ID:wgbFZRey0▼このコメントに返信
勝ち、薩長&イギリス
負け、幕府&フランス
が長州征伐から鳥羽伏見の戦いまで。アメリカは戊辰戦争の時は南北戦争で日本どこじゃなかった。
で戊辰戦争は
勝ち、新政府&イギリス
負け、反新政府諸藩&フランス
徳川慶喜が恭順して上野戦争は彰義隊、東北は奥羽列藩同盟との戦いで江戸幕府ではない。
123.名無しさん:2018年09月12日 02:17 ID:wgbFZRey0▼このコメントに返信
イギリスも大東亜戦争で東洋艦隊を日本海軍に壊滅させられたのが致命的だったね。
124.名無しさん:2018年09月12日 02:38 ID:G3Gr7vff0▼このコメントに返信
一地方藩がイギリス相手に戦争やって負けなかったってのはすごいような
向こうは日本侵略一番乗りって意識だっただろうし
125.名無しさん:2018年09月12日 03:09 ID:7XSlbyMJ0▼このコメントに返信
ヤクザが因縁つけて絡んで、相手が弱かったりやり返してこなかったらヒャッハーしてシマにするという野蛮な行為を
先進国と名乗る国家が堂々と行っていた時代。国家間の無政府状態期。

だが残念ながらやや平和ムードの現在も国際社会はまだその無政府状態期のままなんだよね。
潮目が変われば世界のあちこちですぐ同じような事が起こる。
126.名無しさん:2018年09月12日 03:28 ID:LQ2M2X6z0▼このコメントに返信
※116
前将軍ご正室の実家の当主が公務で隊列組んでるところに鎖国の原因になった連中が武器持って騎乗しながら突っ込んだんだから、今ならイスラム教徒風の人間が制止振り切ってバイクで突っ込むようなものよな。
政治に直接関与せずどんどん継承権下がるイギリス王室の問題児ハリー王子の乗ってる車ですら即射殺だろ。
127.名無しさん:2018年09月12日 03:35 ID:KHka49e30▼このコメントに返信
エゲレスとしては神聖ローマの貴族相手にしてるような感覚なんだろうね。
彼らもウェストファリア条約以降独自外交の権利があったし。
筋として幕府に話をするのはもちろんだが、直接ぶちのめさなきゃならんと考えたんでしょう。

ちなみに米がエゲレスを批判したのは別の理由。
1839年米がカナダ人をスパイ容疑で死刑しようとしたら
ニューヨーク灰にするぞと脅されて泣き寝入りしたから。
砲艦外交を憎んでいたんだよ
128.名無しさん:2018年09月12日 06:06 ID:2pq1HmyX0▼このコメントに返信
うん、やはり標準語は薩摩の言葉にするべきじゃった。
 
「けーけーけ?」 「けーけー」
これで通じる、便利だろ?
 
129.名無しさん:2018年09月12日 06:20 ID:8ZwWnbFx0▼このコメントに返信
その薩摩も天下とったら100年もせずに腐ってしまったからなぁ・・・
まあ戦馬鹿だからアメに喧嘩売って散ったとも言えるが
130.名無しさん:2018年09月12日 09:29 ID:7zEUHoew0▼このコメントに返信
※124
戦争って言うか、偵察部隊を送り込んでみたら思ったより強かったので、叩き潰すより
手懐けて尖兵として使ったほうが得策だと思われただけじゃない?

日露戦争もイギリスにけしかけられて始まった風でもあるし。
131.名無しさん:2018年09月12日 10:15 ID:bw7RUTpa0▼このコメントに返信
※130
薩摩も長州も直情型だから仕方ない。日英同盟で我国ヨイショでロシアとの戦争に引き摺り込み、革命を起こしロシアを明治維新もどきにして国を疲弊させ、権力中枢を乗っ取った後、周辺国を次々と併合してソビエト連邦という大国の権力を手中に収める。そうして、目的が成就するや否や、アッという間に掌返しで同盟破棄、そして、今度は、ABCD包囲網で次の餌食となる我国を爪弾き、「ハルノート」で追い込んだ後、第二次世界大戦の敗戦を経て英領属国化へと、よくよく考えると、我国は、こ奴等の台本に沿って棘の道を歩かされ、数百万人もの若い命や国民が犠牲になっただけだ。
132.名無しさん:2018年09月12日 11:06 ID:IfutD0TW0▼このコメントに返信
イギリスが攻撃した藩が関ケ原で徳川に敗けた外様大名だった。
133.名無しさん:2018年09月12日 14:35 ID:7zEUHoew0▼このコメントに返信
※131
ついでに言えば朝鮮開国に繫がる江華島事件もペリーに唆された節もある。
近代日本史は連中の構想通りに動かされてたのかもな。
134.名無しさん:2018年09月12日 14:50 ID:wgbFZRey0▼このコメントに返信
歴史を俯瞰して「台本通り」と見るのが間違いの元。
135.名無しさん:2018年09月12日 21:15 ID:k0HV2qYk0▼このコメントに返信
※128
貝を買いに行くのか?  
は居そうです

この訳で合ってる?
136.名無しさん:2018年09月18日 09:39 ID:xQwqXEoQ0▼このコメントに返信
※132
鹿児島を出発したとき薩摩は東軍に加わるつもりだったことを知らないんだな。

お名前