スポンサーリンク

2018年08月18日 22:05

戦争で特攻隊とか作る日本って頭おかしくね??

戦争で特攻隊とか作る日本って頭おかしくね??

pixta_10598939_S

引用元:戦争で特攻隊とか作る日本って頭おかしくね????????????????????
http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1534368378/

1: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:26:18.61 ID:Oat8tQkg0
そりゃ負けるわ

2: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:27:09.12 ID:c8qA4yosa
他の国にはないんか?

3: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:27:38.19 ID:Oat8tQkg0
>>2
あるわけねーだろ、訴訟になるわ

8: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:30:14.39 ID:Er56VZTk0
>>3
一応ドイツにも爆撃機に体当たりする部隊はあったんやが衝突寸前にパラシュートで脱出するようになってたし死にに行くのは日本だけやな

11: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:31:08.69 ID:dShYAkss0
>>3
ドイツのエルベ特攻隊があったのを知らんのか

18: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:32:22.79 ID:Oat8tQkg0
>>11
なおヒトラーもドン引きした模様

4: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:27:49.23 ID:YZRvBNiK0
飛行機がもったいない

5: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:28:48.32 ID:Oat8tQkg0
>>4
ってか人の命削るってなぁ

9: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:30:29.83 ID:RLA9IO1b0
今でこそ経済成長して命の価値が上がったけど、当時の日本人の命の価値なんてあってないようなもんやから

15: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:31:55.92 ID:Oat8tQkg0
>>9
いやそれは経済の問題じゃなく思想の問題だろ

13: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:31:24.34 ID:Qwce+Toea
おかしいで

14: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:31:26.57 ID:c8qA4yosa
戦って負けるでなし 死確定ってそれ自殺やん

21: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:33:04.33 ID:Oat8tQkg0
>>14
まぁ日本人って会社に命捧げたりするし変わってないかもな

16: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:32:07.44 ID:rVqcGXs90
昔は国民も反旗を翻せよと思ってたけど
社蓄になると死んで役に立つならさもありなんと思うときあるから怖いわ

23: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:33:31.12 ID:Oat8tQkg0
>>16
過労死するのは特攻隊と変わらんよな

20: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:32:27.14 ID:Qwce+Toea
米軍に馬鹿爆弾と呼ばれたジャ○プの特攻兵器やからな

27: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:34:47.86 ID:Oat8tQkg0
>>20
たとえどんな状況でも特攻はあかんやろ

30: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:36:23.62 ID:oNkXfLyId
>>27
インディペンデンスデイのラストシーンについてどう思うかやな

37: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:37:48.83 ID:Oat8tQkg0
>>30
知らんけどどんなラストなの?

53: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:41:07.51 ID:oNkXfLyId
>>37
超大型UFOの一瞬の隙を見つけて放てなかったミサイルと共に特攻する

55: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:41:22.86 ID:Er56VZTk0
>>37
エイリアンの母艦のバリアが内部に浸入した主人公たちの活躍で解除される→エイリアンが苦し紛れに母艦の主砲(街1つを吹き飛ばす威力)を撃とうとする→母艦を攻撃している人類側の戦闘機は1機を除いてミサイルを撃ち尽くしたため打つ手なし
→1発だけ残ったミサイル持ちの機体が主砲を破壊しようとするも発射放置が故障して撃てず→そのまま主砲に特攻して母艦を撃破する

面白い映画やから一度見てクレメンス

75: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:44:12.71 ID:Oat8tQkg0
>>55 >>53
いや自己犠牲の美しさってよく分からんわ

90: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:47:09.86 ID:oNkXfLyId
>>75
美しいかどうかの話しはしてない
「どんな状況でもよくない」に対してインディペンデンスデイの状況でもそうなのかと問いただけ

94: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:47:17.05 ID:GGTLXBiGa
>>75
特攻の場合は普通に爆弾落とすより遥かにコスパ良かったんや 命中率ダンチに良くて
だから自己犠牲の精神と言うよりも勝つための合理的判断と言えるんやないかな

ただ一点搭乗員の確保って所がアレやけども

110: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:49:07.49 ID:bbuvNr0E0
>>94
コスパいい言うけど、人間1人青年まで育てるコストはどこいってもうたんや…
戦時中の人間の価値低すぎやね

128: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:52:13.36 ID:lDPTWaHKa
>>110
コスパ最高やろ

但しコスパ判断の基準は
・搭乗者はタダで生えてくるものとする
・現有戦力による航空攻撃がアメリカ海軍の鉄壁防衛網に阻まれてぜんぜん攻撃位置まで辿り着けないという現実を前提とする

これやから

139: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:53:50.06 ID:WjUZ0Exd0
>>110
酸素魚雷が1本2~3億するんやが魚雷攻撃って5~6発を1度の攻撃でぶっぱなすから12~15億くらい掛かるんや
しかもそれやってほぼ命中せえへんからな
特攻隊の方が安い

148: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:54:42.78 ID:VnIB2CBDa
>>139
ラジコンにすればよかっただけやん

160: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:56:01.03 ID:WjUZ0Exd0
>>148
あの時代にどこから遠隔操作するつもりなんや?
それだけ近づいてラジコン操作出来るなら特攻隊必要ないやろ

24: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:33:43.34 ID:8utTHIG1M
戦車の下に爆弾抱えて突っ込んでた国無かったか

26: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:34:33.05 ID:4C0dk6KCM
>>24
それも日本やぞ

31: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:36:24.36 ID:lFrI40sQd
一人の犠牲で数百人乗ってる敵船沈められると思えばね

35: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:37:15.64 ID:4C0dk6KCM
>>31
なお

38: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:38:02.40 ID:NQb6Yuh80
港中の燃料かき集めてまで護衛なしの大和出向させて
数千人とともに沈没はほんまどうかしてる

40: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:38:34.60 ID:bbuvNr0E0
勢い余って言っちゃったことを後から引き下げられないの、日本のダメなとこやな
今だとサマータイムとかか?

42: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:39:01.94 ID:NQb6Yuh80
>>40
東京五輪そのものちゃう

45: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:40:11.93 ID:/3VIFVoC0
特攻隊作ったから負けたんじゃなくて負けそうになったから特攻隊作ったんやぞ

58: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:41:32.29 ID:Oat8tQkg0
>>45
降伏した方が賢いだろ、ドイツの判断の方がスマート

71: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:43:11.07 ID:lDPTWaHKa
>>58
でも日本よりはるかに総責任者がはっきりした形で打ち出されてたナチスドイツでさえ
首都が落ちてその責任者が死ぬまで降伏出来んかったんやで

57: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:41:30.99 ID:rVqcGXs90
昨日のNHKのドキュメントチラ見したけど軍部全員が若手に責任なすりつけた上でウヤムヤにしててドン引きした
今も昔も日本人は何一つ変わっとらん

67: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:42:43.99 ID:4C0dk6KCM
>>57
戦犯の辻が参議院議員になれる戦後日本

81: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:44:49.21 ID:88b8ns/f0
今でも会社のために死ねとかやっとるやん
そういう中世な発想から抜け出せない人種なんやろ

93: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:47:15.36 ID:bbuvNr0E0
>>81
未だに男は仕事・女は家庭言うて男ブラック社畜宣言を喜んでする奴が多いしな
ホワイト社会は日本には無理なんやろか

86: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:46:13.56 ID:MsYFLSgLa
現代も何も変わっとらんぞ
会社の為に過労死するサラリーマンの多さよ
日本の社会構造民族性の問題やぞ

87: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:46:36.22 ID:kTp4Lduq0
せめて沖縄戦と原爆投下回避ぐらい出来てたやろ
本土空襲されてる時点で無条件降伏せな

95: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:47:45.94 ID:RLA9IO1b0
>>87
国体護持の確約ガー

102: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:48:16.59 ID:bJSJG9RC0
>>87
その辺の事情は日本のいちばん長い日を見ればわかる

101: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:48:14.21 ID:NQb6Yuh80
参謀部のシミュレーションって
日本は6だけアメリカは1だけ出る双六をやってる感じやろ

113: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:50:05.56 ID:rVqcGXs90
>>101
なんやっけポジりまくって絶対に笑ってはいけない軍部みたいになった軍議なかったっけ?

138: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:53:37.52 ID:4C0dk6KCM
>>113
宇垣纏「知らん知らん!」

114: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:50:19.81 ID:NwaG/W0q0
でもそれが日本人の美徳やろ
他者のために自己を犠牲にすることは素晴らしい行いなんや

131: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:52:50.67 ID:Oat8tQkg0
>>114
どこが素晴らしいのかさっぱり分からん

118: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:51:16.41 ID:Er56VZTk0
歩兵は畑で採れるの精神で損害は気にせんことでよく引き合いに出されるソ連ですら餓死者や戦う前に戦病死した例はほぼないみたいやしな

その辺り戦死より餓死や戦病死が多い日本の異常性が無駄に際立つで

140: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:54:04.52 ID:rVqcGXs90
>>118
戦時中
???「日本人は草食やし草を食えばどうか?」
現代
???「日本古来の打ち水で気温を下げればどうか?」

158: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:55:56.58 ID:4C0dk6KCM
>>140
現代に受け継がれる牟田口イズム

133: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:53:12.29 ID:wfFiXF/+0
司令官の偉いおっさんがまず特攻するべきだったね

147: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:54:36.71 ID:bbuvNr0E0
オリンピックがまんま戦争でやった愚行の繰り返ししてて草生える

164: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:57:21.64 ID:NQb6Yuh80
>>147
動き出した大規模プロジェクトを素直に応援しないとか本当に日本人か?
やもんな

168: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:58:08.42 ID:NwaG/W0q0
>>164
そらそうやろ
動いてしまったならきちんと動かすしかないやろ

174: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:58:51.47 ID:P5wY1a6e0
サマータイムも勤勉な日本人なら乗り切れるぞ

176: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:59:16.54 ID:VuSHGugDd
奇襲として特攻を行う <- 分からないこともない
対策されてからも続ける <- 意味がわからない

終盤は護衛の駆逐艦に突っ込むのがやっとだったんだろ?

187: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 07:00:57.12 ID:4C0dk6KCM
>>176
止めたら「海軍は何のために存在するのか」と言われて本土決戦に際しては仇敵の陸軍に吸収されてしまうからな

196: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 07:02:33.82 ID:lDPTWaHKa
>>176
言うて当初予算の数倍に膨らんでも誰も責任取らんで続行する官製プロジェクトばっかやんこの国

251: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 07:14:47.29 ID:1MjywnWf0
>>176
戦果確認する奴「ああ…アイツ、当たらんかった、無駄死にやんけ…」
戦果確認する奴「かわいそうやから、当たったと思うが効果は未確認と報告しよ」
指揮官「効果は未確認?命中はしたんやな、司令部には命中と報告しよ」
司令部「命中した?これは撃沈やろなあ」
大本営発表「空母轟沈せり」
戦果確認する奴「ファッ⁉」

ってなんかのテレビでやってたわ

効果があると思いたかったからこんなんなったんやろけど
効果がないからやめようや!とかいうやつは卑怯者、非国民と言われて社会的に頃されるわけやし

270: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 07:19:32.70 ID:+flSy3z30
>>251
今の日本やん
実力より頑張ったアピール上手い奴が得する

304: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 07:27:23.35 ID:FqHqZRb20
>>251
大本営「何やこの戦果報告…こんな過大なのあり得んやろ」
大本営「とはいえ3割位はマジで戦果あるやろw空母4隻撃沈w」

178: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 06:59:30.07 ID:D2R7iN08a
人間乗せて飛行機で突っ込むぞ!←まあピンチだししゃーないか
脱出装置と帰りの燃料すらないぞ←うーんこの

192: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 07:01:28.47 ID:GGTLXBiGa
>>178
燃料は満タンやったんやて
ぶつかった時に持ってった爆弾の他に積んでる航空燃料が良く燃えて効果的やからって…

188: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 07:01:07.05 ID:bbuvNr0E0
過労に美徳を感じる奴って、単純に要領悪いよな

最近やーっと「優秀な監督・上司=恐怖体制ではなく、より短時間・底負担で成果を出す人」て言える世の中になってきたくらいやし

197: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 07:02:34.83 ID:jk/54Uew0
拒否しないほうも拒否しないほう

202: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 07:03:32.81 ID:bbuvNr0E0
>>197
なお拒否すればまともな社会復帰無理な模様

211: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 07:04:52.54 ID:88b8ns/f0
>>197
今もサービス残業とかあるし伝統芸能や

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年08月18日 22:10 ID:8x6L7.Gb0▼このコメントに返信
また負け犬浅学在日スレか。
2.名無しさん:2018年08月18日 22:10 ID:QlmBsU0S0▼このコメントに返信
別に特攻は日本に限ったことじゃないんだがなぁ?
劣勢な陣営が決死部隊作って自爆するのは割とよくある事
劣勢じゃなくてもどう考えたって生きて帰れない作戦通す事だって有る

日本特有の現象なんて考えて語るから意味不明な議論にしかならない
3.名無しさん:2018年08月18日 22:11 ID:ty0SjAX.0▼このコメントに返信
「倭人狼にして死を恐れず」とか遥か昔から言われているから民族性だろうな。
4.名無しさん:2018年08月18日 22:12 ID:GRb3FVqR0▼このコメントに返信
平成生まれの在日愚民。
あ・さ・は・か。
5.名無しさん:2018年08月18日 22:13 ID:67byWrj.0▼このコメントに返信
だから滅びた
6.名無しさん:2018年08月18日 22:13 ID:3wa8F6rj0▼このコメントに返信
ぶっちゃけ条件が揃えば特攻みたいな十死零生の戦術は古今東西発生してきただろ
別に日本だけの専売特許じゃない
日本人だけがことさら狂的に勇猛で向こう見ずみたいな内輪ノリの恥ずかしい神話もうそろそろやめようよ…
7.名無しさん:2018年08月18日 22:13 ID:d.bNZB8y0▼このコメントに返信
ベテランが消耗しつくされて新兵なりそれに毛の生えた程度なりので確実に敵側に大打撃与えることが絶対必要になったときさ~どうするかってなりゃ一番確実なのは自分が誘導装置になることなんだよなぁ
んな状況下に追い込まれてる時点でもうあかんやんけというのはそのとおりではあるが
8.名無しさん:2018年08月18日 22:14 ID:3wa8F6rj0▼このコメントに返信
って※2で既に書かれてた…
9.名無しさん:2018年08月18日 22:14 ID:ty0SjAX.0▼このコメントに返信
中韓などの大陸人は日本人から見ると異常に死を恐れるように見えるとも聞いたことがある。
10.古古米:2018年08月18日 22:15 ID:stoQ4JSM0▼このコメントに返信
特攻は確かアメリカ軍に迎撃されて、故障して元の空母には戻れないと悟った零戦が敵空母に仕掛けたのが最初だっけ。
自分の死を意味あるものにしたかった将官の行動が、無意味な死を量産する切っ掛けになってしまった。
11.名無しさん:2018年08月18日 22:15 ID:sWIzVqu20▼このコメントに返信
資源も知恵も足りてなかったしモラルもないからな
12.名無しさん:2018年08月18日 22:16 ID:r8.58CWc0▼このコメントに返信
戦時中の人も江戸時代のアレコレを卑下してたんだろね
13.名無しさん:2018年08月18日 22:17 ID:YhntD7Ve0▼このコメントに返信
兵士は田んぼでとれると思ってるんだろうな
はがき代でいくらでも来るとか
今でも同じ考えなのが怖すぎる
14.名無しさん:2018年08月18日 22:19 ID:pW06siKW0▼このコメントに返信
そんな作戦しか立案できないならさっさと降伏しちまえ
こんなクソみたいな作戦考えだしたアホをもっと吊り上げろよ
15.名無しさん:2018年08月18日 22:20 ID:Hnu26UpU0▼このコメントに返信
WWⅡの時代は「白人=人間、有色人種=準人間~家畜」だから
白人に負けて占領や植民地支配って洒落にならないぐらい滅茶苦茶な支配するんだよね
国際会議で日本が民族自決とか人種差別撤廃を訴えても欧米列強の意見で破棄させられるし

中国は麻薬付け、インドは食料生産無視して綿を作らされ、オートラリアは先住民を進んで駆除
そういうの知ってる日本人がどんな抵抗するかわかるよね
16.名無しさん:2018年08月18日 22:20 ID:CDwDoljP0▼このコメントに返信
何処の国いや軍も兵士の使い潰しとか余裕であるぞ?
スレ主は何処の世界の話してるんだろう
17.名無しさん:2018年08月18日 22:20 ID:ty0SjAX.0▼このコメントに返信
日本人は信頼社会で生きているので、自分以外の日本社会を守るために自分を犠牲にできるんだよ。
日本人にとって、それだけ日本人コミュニティは価値があるということだな。
中韓など自己中心的な人物が多数を占める社会では自己を犠牲にしてまで他人を生かすなどということは
思いもよらないことなのは理解できる。
18.名無しさん:2018年08月18日 22:20 ID:BTFVhWyl0▼このコメントに返信
戦争で、死ぬことを前提にした戦術というなら別に珍しくはない。
戦争の歴史を知らないまま~は日本だけ~とか言ってるバカがいるだけ。
外国にもいるけどな「外国と違ってうちの国は~だから~」パターンは一緒だ。
19.名無しさん:2018年08月18日 22:20 ID:EcHSLrPv0▼このコメントに返信
イタリア「人間魚雷なんて日本はひっどい事するよね」
20.名無しさん:2018年08月18日 22:22 ID:7aTPih1i0▼このコメントに返信
そういや、国連の特別報告者の来るのは例年、春じゃなかったっけか?

左翼の事情にあわせて8月にしてもらったのかね?
国連人権委員会もあるし

なんか、関係ないはずなのに日程が揃ってますね
21.名無しさん:2018年08月18日 22:22 ID:XjUJRQ8U0▼このコメントに返信
今の価値観で昔を見るのは良くない。
22.名無しさん:2018年08月18日 22:22 ID:GpPb11q60▼このコメントに返信
別に特攻なんて世界中の戦場で遥か昔から行われていた良くある戦法なのに、日本だけが行う異常な事にしたがる人が毎度、こういう頭の悪い事を言い出すよね。
23.名無しさん:2018年08月18日 22:22 ID:eq8EgFDo0▼このコメントに返信
特攻が海軍総戦力を結集ししたレイテ沖海戦の戦果を上回ってしまったからなあ
24.名無しさん:2018年08月18日 22:23 ID:gq88aCSn0▼このコメントに返信
>>歩兵は畑で採れるの精神で損害は気にせんことでよく引き合いに出されるソ連ですら餓死者や戦う前に戦病死した例はほぼないみたいやしな

その辺り戦死より餓死や戦病死が多い日本の異常性が無駄に際立つで

ソ連もドイツも餓死や戦病死は普通にあったし、ソ連の場合はその前にすぐに死ぬから相対的に少なく見えるだけ。
25.名無しさん:2018年08月18日 22:24 ID:0uHNmT6I0▼このコメントに返信
※6
だな。
米軍やベトコンNVAでも仲間の為に己を犠牲にした事例は多くあった。
反対に日本軍も全てが玉砕ではなく、孤立する部隊の大規模な救出作戦もやっている。
26.名無しさん:2018年08月18日 22:24 ID:cG9IaJeH0▼このコメントに返信
戦争止めるのは難しいってよく分かったろ
27.名無しさん:2018年08月18日 22:25 ID:GRb3FVqR0▼このコメントに返信
特亜外人を優遇しすぎた政治の結果。
28.名無しさん:2018年08月18日 22:25 ID:G05ZR9ow0▼このコメントに返信
特攻は戦術的には正しくない。
しかし、亡くなった方々のおかげで今の日本国がある。
日本が負けたのは英米国であり、それ以外の国から敗戦国と言われる覚えはない。
29.名無しさん:2018年08月18日 22:25 ID:5CtksCUt0▼このコメントに返信
鮮-日新聞が 煽りに煽ったからなw

現代には 自爆テロってな 鬼畜があるけどなw

30.名無しさん:2018年08月18日 22:25 ID:adJSdR230▼このコメントに返信
今も変わんない日本人
家族の葬式にも会社からの電話で長電話してるバカ
給料もらう会社にお世話になってるかも知れんが家族は大切にしろ
31.名無しさん:2018年08月18日 22:25 ID:gq88aCSn0▼このコメントに返信
>>1が知らないだけで、古今東西どの民族も宗教でも自己犠牲は尊い物とされてる。
32.名無しさん:2018年08月18日 22:25 ID:DWPrNX870▼このコメントに返信
戦争自体が狂気
たった一機で数千人の優秀な兵隊が乗り込む空母を壊滅させることが出来る、敵にしてみればこれ程の不合理があるか
戦争とは戦って死ぬこと、特攻が最強兵法である事は、今も昔も変わらない、俺死ぬのは嫌だと言って尻尾まいて逃げる兵隊に何の意味がある
こんな簡単な事が理解出来ない知能で戦争を語る腑抜けは、長生きして痴呆症になりチューブを喰えてベットで寝てろ
33.名無しさん:2018年08月18日 22:26 ID:ts1kmnsI0▼このコメントに返信
クソ過ぎる兵站による損害の方が圧倒的なんだっけ?
34.名無しさん:2018年08月18日 22:28 ID:gYEdcwSH0▼このコメントに返信
昭和17年6月のミッドウェー海戦により日本の負けは確定した
残った雑魚で戦えと言われたら、現場は特攻をやるしかない
35.名無しさん:2018年08月18日 22:28 ID:Eix.xPjb0▼このコメントに返信
>>1 特攻の元ネタは米国
よく日本軍艦船に体当たりしてきた
36.名無しさん:2018年08月18日 22:29 ID:TGRdk8xt0▼このコメントに返信
もともと勝てない戦争はじめちゃったんだから、無理やり勝とうとすればそりゃ血迷いもするよ
37.名無しさん:2018年08月18日 22:29 ID:q8sLETv70▼このコメントに返信
※9
日本人だと、ここで自分が死んでも家族や一族郎党さらには主家や国家の為になるならと考えるけど、
大陸人は自分が生き残るためにそれらがあると考えるから。
38.名無しさん:2018年08月18日 22:30 ID:gq88aCSn0▼このコメントに返信
※14
>>そんな作戦しか立案できないならさっさと降伏しちまえ

「ハイ降参します!」「終わり!終わり!」で終われるなら戦争なんて悲惨にはならない。
そもそも相手がそれを受け入れてくれる保証がないし、だからこそ戦争になってるんだけどな。
39.名無しさん:2018年08月18日 22:30 ID:.IP9lWCi0▼このコメントに返信
「特攻作戦は日本特有の狂気」みたいな風潮って左右それぞれオイシいんだよね
左翼は日本の凄惨なブラック体質の象徴を特攻に見出して叩けるし
右翼は「どうだこんな事が出来るのは日本人だけだろう」と自尊心を満たせる
40.名無しさん:2018年08月18日 22:31 ID:1s4jovRW0▼このコメントに返信
特攻攻撃自体は当時は衝撃的だったが、その考えが、自動誘導や自動追尾装置の元になった。さらには、共産党系過激派が自爆テロに見本になり、今でも中東じゃ日常茶飯事の惨劇状態。なんで、日本共産党が、日本に残ってるのかが不思議すぎる。
41.名無しさん:2018年08月18日 22:32 ID:JAUww4.B0▼このコメントに返信
まぁ武士の時代の物語にそういうのが特筆されて誉めそやされてる国だからしゃーない。道義のためとあっては人の命はいとも軽くなるのだ、的なことは江戸時代に入る前からあった。主君が危ういとか殺されたと知って、もはや犬死と分かってても「志願して」死に場所を求めにいくようなメンタリティ。そんなのにあこがれる文化だよ。たしかに合理的とは言い難いが、別に卑下することもないと思うが
42.名無しさん:2018年08月18日 22:32 ID:RtjVGBAj0▼このコメントに返信
当時はそれが正しかったんだろ。
現代の平和なお花畑で誹謗中傷してなんか意味あんの?
43.名無しさん:2018年08月18日 22:34 ID:9.TnV9ri0▼このコメントに返信
特攻も十分ヤバいけど日露戦争の旅順攻撃の方がシチュエーション的に極限状態の向こう側なのに保守系の言論人でも語る人が少ないのは残念だな
小銃一丁で険しい傾斜、電気鉄線、深い壕、地雷、落とし穴、壕に隠れた小銃手、そして機関銃が待ち受ける殺戮地帯に喜んで突っ込んでいった明治時代の軍人は控えめに言っても超人過ぎる
44.名無しさん:2018年08月18日 22:34 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
お花畑脳だな。生きるか死ぬか、民族絶滅か存亡か。ってな心理的状況に置かれた時のこと想像してみるどりょくしてみろよ。
で、人間ってのは特に男性の一部か多数に、いざという時には自らの身を犠牲にしてでも!!ってな利他的精神発動するガッツのある奴らでてくるのよ。

で、硫黄島、神風沖縄と凄まじい大損害を食らって米国はもの凄いショックを受けた。これが米国が本土上陸作戦行わずでの終戦だのその後の歴史の流れに大きく影響したであろうことは想像に容易い。マッカーサーも上陸一番「特攻隊はどうしているか?」と気にしビビりまくってちびっていたという話もあったよな。
45.名無しさん:2018年08月18日 22:35 ID:Hr1NbKdG0▼このコメントに返信
戦争において兵員は命ある人間ではなく、消耗を前提とした単なる一戦闘単位に過ぎん
ドイツやソ連の懲罰大隊もだが、程度の差はあれ、どこも似た様なもんだ
一次大戦では機関銃の餌食になるのを承知で突撃を繰り返したし、戦闘単位としてはスーサイドミッションの意識はなくとも、上層部は殆どが戦死、戦傷すると分かってた
方法論としての問題と、死が不可避である作戦かを一戦闘単位が認識してたかどうかの差しかない
日本だけが頭おかしいと思ったら大間違い
46.名無しさん:2018年08月18日 22:35 ID:sqAUzf4k0▼このコメントに返信
味方が逃げないように後ろから撃つ部隊がある国も大概なのにあまり頭おかしく言われんよね
47.名無しさん:2018年08月18日 22:35 ID:tifbVqN.0▼このコメントに返信
 ノルマンディー上陸作戦のアレよりかは遥かに生還率は高いんだやけどな
なにせ、まず相手が発見できないと帰還するんだし
 あの対空砲火の中を当たる所まで接近して投下して途中で海に降りて救助をまてってのが至難の業過ぎとは言え
集中砲火の中で当たる所まで接近ってのは艦爆なら誰もがやらにゃアカン事には変わらんのよね…

 基本的に特攻隊言うても与えてる機体ややらせてるミッション自体は戦争前半の快進撃の時と変わらんのよね…

だから本土の机上で作戦を考える人等が普通に立案できた訳でもあるしさ
机上の立案なら他の作戦と比較なら酷く無いってのはインパール作戦も同じなんだけど
48.名無しさん:2018年08月18日 22:35 ID:.g.QKqCA0▼このコメントに返信
特攻がどうだとか軽軽にほざくバカども
49.名無しさん:2018年08月18日 22:37 ID:iR4IEJFg0▼このコメントに返信
※29
特攻隊と自爆テロと一緒にするな。英霊様には、わが身をすててもアジア救済の聖業をやり遂げる使命があったんだよ、薬で脳がいかれた屑がやらかす、自爆テロとは違うんだよ。大東亜戦争の英霊様に謝れ、戯けもの。
50.名無しさん:2018年08月18日 22:38 ID:ABSxh27o0▼このコメントに返信
※16
まず落とした国の人間を前線に行かせてすり潰すとか支那の歴史じゃよくあるな
51.名無しさん:2018年08月18日 22:38 ID:MoYdvbpS0▼このコメントに返信
アメリカ軍に於ける黒人兵の扱いや、ソ連軍の兵士の扱いを調べてから批判した方が良いと思う。
日本は兵士を粗末にしたというより、そうするしかなかったという方が近い。

52.名無しさん:2018年08月18日 22:39 ID:gdX9iCaI0▼このコメントに返信
士官から特攻に関する提案があったときに上層部は反対してなかったっけ?
実際に実施されるようになったときも強制じゃなかったんでしょ(断れない空気だったかもしれないが)
53.名無しさん:2018年08月18日 22:40 ID:ty0SjAX.0▼このコメントに返信
大陸人は互いに信用してないとかもあると思う(性悪説の社会)。大陸人は互いが地獄の餓鬼のようなやつらだと知っている。
だから特攻作戦など思いもよらない。(そんなヤツのために死ぬなど思いもよらない)

多少見方の角度は違うが、だから為政者は民衆などどうなってもかまわない政治を
行いがちになるのではないかと考えてもいる。(地獄の餓鬼みたいなヤツラなどどうなっても構わない)
54.名無しさん:2018年08月18日 22:41 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
※43
日本軍の戦いっぷりは外国の大将クラスの人間が感動し称賛の言葉を残すような戦いがいっぱいあるもんね。
最近知ったんだが、停戦後にソビエトが満州に雪崩れ込んできたのをろくな装備も無い日本軍人学校学生レベルの人間が「陸の特攻」を敢行し、圧倒的なソ連軍を一度は撃退してみせたってなことまであったと。
55.名無しさん:2018年08月18日 22:44 ID:CDwDoljP0▼このコメントに返信
※50
そうそうアメリカですら第二次で日系人を使い潰し前提の弾除けとして使ってたしね
まあ使い潰し部隊が思いの外活躍したのかも笑えるがw
56.名無しさん:2018年08月18日 22:45 ID:KzmzOnCQ0▼このコメントに返信
スゲーナ。
個人では止められない組織の動き。
57.名無しさん:2018年08月18日 22:45 ID:FMROUQ.40▼このコメントに返信
個としての命よりも集団としての命をとるのは今の日本も同じ
だからブラック企業は一向に減らない
伊達に英語辞書にkaroshiは載っていないという事だ
58.名無しさん:2018年08月18日 22:45 ID:gHrvxRJU0▼このコメントに返信
我々の父母、祖父母、曾祖父母達は東洋平和の為に、やむにやまれず立ち上がりました。


ほんのはずみで 生きながらえた
俺がやらなきゃ あいつにすまぬ
あとは頼むと 手をふりながら
征ったあいつの 魂が
生かしてくれた 生かしてくれた
俺じゃもの

男いのちと テンツル シャン
引きかえましょう
いとし祖国の 永久の幸
エー 永久の幸

燃料片道 テンツル シャン
涙で積んで
行くは琉球 死出の旅
エー 死出の旅
59.名無しさん:2018年08月18日 22:45 ID:wpMog0tZ0▼このコメントに返信
現代人の感覚だと到底理解出来んが、
ウチの既に亡くなった爺婆さまなんて玉音放送聞いた後に
「米国に侵略される!家族みんな殺される前にみんなで心中しよう」
とか本気で話し合っていたらしいからな
実際、沖縄戦なんかではそういった事例が頻発したわけだし
それを同調圧力というのは簡単だけど、そういう空気感があったのも事実
60.名無しさん:2018年08月18日 22:48 ID:SquivQS10▼このコメントに返信
今の価値観では無理な作戦だな。そもそも戦略的に行き詰まってるし特攻して敵船撃沈させたところでなぁ。
61.名無しさん:2018年08月18日 22:49 ID:FmuyA55S0▼このコメントに返信
 そこまでやる国民性を持っていると言う恐れで、圧倒的に有利な位置にある中国やロシアだって迂闊に日本に手を出せない
                       コレが結果!
62.名無しさん:2018年08月18日 22:49 ID:M81vIueU0▼このコメントに返信
※42
だいたいこういうこと言いだす輩なんてのは過去の価値観にマウントとって神様気取りで善人ぶりたいだけのやつがほとんどだしなぁ・・・
現代の価値観が正しいなんて保証もないし、過去と現在では状況や倫理観もまるっきり違うのに
63.名無しさん:2018年08月18日 22:49 ID:QOD7p6MV0▼このコメントに返信
バンザイ突撃に比べれば、特攻はまだまし。
飛行機を用意してくれて、戦果も期待できるんだから。
バンザイ突撃なんて、機関銃が待ち構えてる陣地に向かって銃剣で突撃だぜ?
当たり所が悪ければ、半日もだえ苦しむ。ありえないだろ?
64.名無しさん:2018年08月18日 22:49 ID:gHrvxRJU0▼このコメントに返信
結果として負けてしまったので色々言われるのは仕方がないが、アジア諸国を蹂躙していた欧米諸国には全く触れず、やむにやまれず東洋平和の為に立ち上がって戦った人達を貶すのはどういう人間なのでしょうか。
65.名無しさん:2018年08月18日 22:50 ID:pymDDWWV0▼このコメントに返信
日本は頭がおかしいよ? だから強いのだ。死ぬ気になれば何でも出来る。敗戦国から経済大国にだって成れる。
なんだかんだで日本は特殊。日本の出来る事が他国に出来るとは限らない。
66.名無しさん:2018年08月18日 22:51 ID:9X5hEFIZ0▼このコメントに返信
>59
実際に、朝鮮半島から引き上げる時などの例もあるから、
相手民族を知らなければ、行動の結果に齟齬がでることもある
67.名無しさん:2018年08月18日 22:52 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
如何に死ぬか こそ男の道みたいな考え方、健康ブームだの長生きが正義!の現代にいるとまるでピンとこない理解できないだろうが、時代状況では普通にあったと思うぜ。「男子の本懐!」と心の底から満足に充実感に満たされて逝く
68.名無しさん:2018年08月18日 22:52 ID:fRNsVS570▼このコメントに返信
いや、日本の異常性は上層部の無能の尻拭いのために若者を無駄死にさせ、しかも若者もそれを受け入れるところだぞ
この二つを同時に兼ね備える国を誰か挙げてくれ

………あれ?よく考えたらいっぱいあるな…
69.名無しさん:2018年08月18日 22:53 ID:vfi8TbMg0▼このコメントに返信
ハリウッド映画とか観るとわりと特攻シーンあるよな(アルマゲドンとか)
70.名無しさん:2018年08月18日 22:53 ID:PIo3.Tl20▼このコメントに返信
ガソリンがないから爆雷撃の練習が出来んもんな
そうなる前に降伏しろったって向こうが無条件降伏じゃないと認めないというんだから
無条件降伏って要は今のチベットみたいになるってことだから
戦えるうちにやれることやって正解
71.名無しさん:2018年08月18日 22:54 ID:PZ7iKOs.0▼このコメントに返信
組織として特攻を強要して、空気の文化で強いるのは外道。絶許
72.名無しさん:2018年08月18日 22:54 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
世界最強米国合衆国史上最も多くの勲章を授与されたのは、なんと!日系人部隊第442連隊戦闘団 

日本人にはそういう血がながれてるんだろ
少なくとも当時生きていた日本人には
73.名無しさん:2018年08月18日 22:55 ID:fsu1zdfs0▼このコメントに返信
他所の国は兵士の命を大切にした綺麗な戦争してましたって?
バカじゃね?
74.名無しさん:2018年08月18日 22:55 ID:4381yNId0▼このコメントに返信
異論は有ろうが、連合軍の損耗率を劇的に上げて政治的妥協を引き出せた(日本の無条件降伏→日本軍の無条件降伏)のは事実。軍事作戦としては大成功。

個人的には誘導兵器を作るだけの技術力が無かった、他の方法を取る為の人的時間的余裕が無かったのだから血で購うと言う発想を是とするしかない。

アホな大学教授が虚栄心で軍事研究を拒否しているが、また若い人の血で購させるつもりなんだろか。

75.名無しさん:2018年08月18日 22:55 ID:lJUlOUTA0▼このコメントに返信
なお特攻作戦なら第一次でもあった件・・
76.名無しさん:2018年08月18日 22:56 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
キリスト教だったか、宗教でも最も尊い行いの一つに「自己犠牲」を挙げているよな。
特亜の価値観は知らんが、日本人や欧米人には共感される行いだろう。
77.名無しさん:2018年08月18日 22:56 ID:mlrReDJ70▼このコメントに返信
実際問題、帰還を許可した出撃だろうが脱出を前提にした特攻だろうが死ぬことには変わらないからな
消耗戦でベテランパイロットが後進育てずに全滅したから真っ直ぐ飛べるだけの素人を消耗品の誘導装置として使わざるを得なくなった
やってることが現在のブラック企業とほぼ同じってのが嫌になるが
78.名無しさん:2018年08月18日 22:57 ID:X0DYt8uX0▼このコメントに返信
※61
中国やロシアがうかつに日本に手を出せないのはアメリカがおるからやぞ
アメリカおらんかったら速攻占領されとるぞ
だから安保は必要不可欠やねん
79.下流老人:2018年08月18日 22:57 ID:2LlYaCln0▼このコメントに返信
特攻はほぼ強制が実態、断じて認められんし、美化するのもどうかと思うヨ。
80.名無しさん:2018年08月18日 22:58 ID:9d.RsFjC0▼このコメントに返信
プライベートライアンだと結構酷かったけどなぁ 防弾の盾でも持たせてやれば良いのにって感じで
81.名無しさん:2018年08月18日 23:00 ID:gHrvxRJU0▼このコメントに返信
歩兵の突撃はどこの国でも機関銃構えている敵陣地に突っ込むんだよ。
82.名無しさん:2018年08月18日 23:00 ID:pW06siKW0▼このコメントに返信
※38
降伏を伝えて日本を滅ぼすような無茶苦茶な要求されたら特攻でも一億総玉砕でもやればいいけど終戦間近まで伝えてないだろ
降伏なんて言い出したら国民に吊るし上げられるのが怖くて政治家たちもできなかったってのもあるだろうけど
あんなアホな作戦しか思いつかないくらい追い詰められてるなら吊るし上げられるの承知で降伏するべきだった
83.名無しさん:2018年08月18日 23:01 ID:CzWyvHe80▼このコメントに返信
今もある日本の空気の力だよ。
はじめは志願制で起死回生のために仕方なくやっていたのがいつの間にか「志願を強制する」ようなおかしな空気になっていった。
当然、反発する人もいたが多勢に無勢、航空機だけでなく特攻兵器による特攻も当たり前になってしまった。
84.名無しさん:2018年08月18日 23:01 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
例えば、普通に戦ったら、味方10人倒されて敵1人倒すのがやっと。で、特攻したら逆に一人で敵5人を死傷させられ、おまけに敵の軍艦にまで通常攻撃の7~10倍の成功率で損害与えられましたとさ。

さあ、どうする?
85.名無しさん:2018年08月18日 23:02 ID:6z9ctpET0▼このコメントに返信
アメリカ艦隊の防空力が凄いので対抗する手段がなかった
物凄い弾幕を張っていたからな

86.名無しさん:2018年08月18日 23:02 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
※82
終戦の意志なんてもうずっと前から伝わってたよ
87.名無しさん:2018年08月18日 23:02 ID:pymDDWWV0▼このコメントに返信
※79
特攻が良いこととは思わんよ? でもちゃんと作戦に参加するだけえらい。
少なくとも隊員は特攻に意義を感じていたのだと思う。そこは汲むべきだ。
本当に意に反していたら特攻とか馬鹿馬鹿しくて遣ってられん。腹立ち紛れに司令室に突っ込むバカが出るわな。
88.名無しさん:2018年08月18日 23:03 ID:gHrvxRJU0▼このコメントに返信
以前○HKで放送された元寇の特集番組でのこと。

降れという元に対して、時の執権北条時宗は一度目はこれを無視。 二度目は使者を斬首。

番組司会者がゲストに「皆さんが時宗でしたらどの様な対応をしますか」という質問。

それにに対して、ゲストの一人であった○山リカ氏は「降伏します。 戦争をしたら人が死ぬし、元に支配された方がもっと良い国になる可能性が有ります。」
89.名無しさん:2018年08月18日 23:03 ID:X0DYt8uX0▼このコメントに返信
※69
最初は全員生還のつもりで作戦を立ててたけど、状況が変わってそれが難しくなったから、仕方なく誰かを犠牲にするって展開だろ、それ。
そういうのはただの自己犠牲であって、特攻とは違う。
特攻作戦が異常なのは、最初から死ぬのを前提にしてる点。しかもそれを兵隊が自覚してる点。

大を活かす為に小を犠牲に、最初から死なせる作戦を取るっツーのは古今東西どこにでもある。
でもそれらの場合は、そういう作戦だという事を当事者の兵隊達は知らされていないものだ。
自分が絶対に助からないと知ったら士気にかかわるからな。当たり前だ。

当事者までもが命を使い捨てされる事に同意してんのは歴史的に見ても異常だよ。
それも一人や二人ならともかく、あれだけ大勢の若者が。
どんだけ洗脳が酷かったんだって話だわ。
90.名無しさん:2018年08月18日 23:03 ID:j5J.QgYt0▼このコメントに返信
※24
ソ連は、餓死する前に督戦隊が動けなくなった兵士を処分するんだよ
91.名無しさん:2018年08月18日 23:05 ID:X0DYt8uX0▼このコメントに返信
※87
>>隊員は特攻に意義を感じていたのだと思う。そこは汲むべきだ。

洗脳されてただけやんけ
お前が死なんとお前の家族が敵兵に殺されるぞ、ってな
愛する家族と国を人質に取られて自殺をそそのかされたようなもんや
そりゃ善良な人間なら死を選ぶわ
ほんと胸糞悪い
92.名無しさん:2018年08月18日 23:06 ID:u4RNQY7U0▼このコメントに返信
毎年似たようなネタが出てくるけど調べないの?
93.名無しさん:2018年08月18日 23:06 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
※82
アメリカ人も当時はもうトチ狂っていて、無差別空襲で日本全土を焼き払いさらに上陸作戦敢行して日本人を絶滅させてやるぐらいに発狂している状況。ルーズベルトは人種差別主義者で、日本人嫌いにしてさらに共産主義者スパイ操られてたんだか自らがシンパだったのか、最悪の状況。
94.名無しさん:2018年08月18日 23:08 ID:muYJRKKl0▼このコメントに返信
※82
そもそも日本は太平洋戦争を長期化させたくなかったんやで。真珠湾で打撃与えて早々に講和したかった。けど想像以上に初戦で上手く行き過ぎて調子に乗ってもうたんや。
まぁ特攻は哀れやけど戦略としては利があったし、何より民間人まで皆殺し戦法とってたアメカスに対抗できる数少ない戦法なんや。
95.名無しさん:2018年08月18日 23:09 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
※91
自分に理解できないからって「洗脳されていた」だの侮辱するなんぞそっちのほうが最低で、胸糞悪いわ。
96.名無しさん:2018年08月18日 23:09 ID:Hnu26UpU0▼このコメントに返信
※88
元というか戦闘民族モンゴリアンの当時の気質知らいないとかw
あいつ等、占領地の住民を次の戦争の最前線に使って
「この国を攻め落とせたら、お前らは次の戦争から殴り込み特攻役から外れるよ」って
甘言を使って、占領地の住民を使い倒す戦争狂なのに
97.名無しさん:2018年08月18日 23:09 ID:e9nAtbxl0▼このコメントに返信
朝鮮戦争の原因が日本にあるって主張してる奴らの方が狂ってるだろ。
98.名無しさん:2018年08月18日 23:10 ID:pW06siKW0▼このコメントに返信
※93
空襲し出した辺りから大日本帝国は間違ってて降伏しなさいみたいなビラをB29から撒いてなかったっけ?
99.名無しさん:2018年08月18日 23:11 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
※91
そんな君に小野田さんの言葉を贈ろう

小野田少尉の「思い出の言葉」

あの穏やかなお人柄の亡き小野田元陸軍少尉が、たった一度だけ怒りを見せたことがあった。無神経、不用意な取材記者の「戦死なさった彼らは可哀そうだったですね」と言ったのを聞いた時だ。

「戦地で戦い散って行った兵士達は、皆御国、家族、友人を守り、アジアの植民地を解放する為という大義を果たす為に、自らの命を終えた意義あるものと考えて散って行ったんだよ。それを可哀そうと言われた段階で、彼らの命を懸けた戦いが無意味になる。二度と可哀そうだ等と言ってくれるな。

どうして ありがとう と言ってくれないんだ?」と言った。 胸に迫る言葉だった。
100.名無しさん:2018年08月18日 23:12 ID:iV2mjapa0▼このコメントに返信
死んだ人間のやったことや考えてたことなんぞ知らんわ。
今の日本は平和だし好景気だし俺は幸福だし何の問題もない。
思考を逃げ口上だけに特化して生きるなら勝手にすりゃ良いけど、そんな奴は生涯負け組確定なんだよな。
能無しほど現状を変えようとしないで愚痴垂れる。
アフぃカスなんて全員能無しだと思うよ。
101.名無しさん:2018年08月18日 23:13 ID:DWPrNX870▼このコメントに返信
※34
知らないで戦争語る?
戦争は陸軍が入って初めて勝敗が決まる、それ以外に占領の方法があるか、日本の何処に米陸軍が居たというのか
日本の場合は、陛下が決断した時点で終戦となった、これが外地の大混乱になったことは知ってのとおり、しかも大陸には無敗の陸軍大部隊が無傷で残っていた
それとも、米軍がベトナムから逃げ帰ったのを知らないの?朝鮮半島から逃げ帰ったのを知らないの?終戦当時沖縄防衛隊以外の本土防衛隊もほとんど無傷で残っていた、日本占領の難しさはベトナムの比では無い、数百万の特攻相手の陸戦がどのような物であるかは米軍は嫌と言うほど知っていた、その消耗戦に米本国が耐えられたとは思えない
多くの米兵が日本で死ななければならない理由が無いからである、いくら原爆を使っても結局占めは陸軍である
だから御前会議はもめにもめた
もう一つ重要なこと、殿下が終戦を決めた後、日本では一切の対米軍テロが起きなかった、特攻を率先してもテロやプロテストを率先した兵隊がゼロだと言う事実が他国民には理解出来ない日本軍の凄さで最強伝説、馬鹿共が言っているような狂気でこの統率力がでると思う方がアホウで幼稚
日本を知らない人々に特攻を語る倫理も知能もない、日本だけには手も口も出さない方か賢明
102.名無しさん:2018年08月18日 23:14 ID:Y6VgowET0▼このコメントに返信
自律的に敵艦に命中することができる精密誘導装置がないWW2の時点において
特攻は平均して通常攻撃の約10倍という驚異的な命中率を叩きだしており
劣勢の日本軍にとって敵艦に確実な損害を与える圧倒的に有利な方法だった

また、特攻によって米軍が甚大な損害を被ったのは人的資源であり
日本軍の特攻戦死者総数が約6500名なのに対し
特攻による米軍の戦死者は約6800名、負傷者は約9900名
連合軍全体で戦死者は約12000名、負傷者は約33000名に上る

つまり特攻は「味方は確実に死ぬが、それ以上の損害を確実に敵に与える」
という「悪魔の選択」を軍人に強いる戦法だった
このことを無視して「特攻は無駄死に」というのは、統計上の事実に反するだけでなく
平和な現在の視点から感傷的に叫ばれる「後知恵」にすぎない
103.名無しさん:2018年08月18日 23:14 ID:z6p5j8Sh0▼このコメントに返信
他もやってるとか関係ないわ
どこの国だろうと馬鹿には違いない
愚策にも程があるな
104.名無しさん:2018年08月18日 23:14 ID:Hnu26UpU0▼このコメントに返信
※98
アメリカ「原爆使いたいなぁ、降伏関係なく使おうかな、2種類も有るし使いたいなぁ」

日本「陸軍が絶対折れてくれない、あいつ等どうやったら説得できるんや・・・・」

と言う、両方が改心しない限り悲劇が逃れられないという無理ゲー
105.名無しさん:2018年08月18日 23:14 ID:3tXQqNgP0▼このコメントに返信
古代中国の呉越の戦いのおり、越軍には自殺部隊ってのがあった。数十人数百人が敵軍の目前で自分自身の首を斬り落とし、敵軍が呆気にとられている間に味方が総攻撃するというもの。選ばれたのは罪人達で、残された家族の生活の保証を引き換えに、この部隊に参加した。こうしてみると、東アジアって世界的に狂気の世界なのかも?
106.名無しさん:2018年08月18日 23:14 ID:u7wRlyUU0▼このコメントに返信
※98
ビラは撒いてたけれど、日本からの和平交渉はガン無視してた。
107.名無しさん:2018年08月18日 23:15 ID:nelHg0nT0▼このコメントに返信
大空襲と原爆2発で民間人大虐殺されて特攻隊で命を捨ててまでも守ろうとした日本は今、米国ファーストの国です。何があっても米国のポチ。
国連でもG7でもとにかく米国追従。見てな、米国様がやっぱTPP離脱撤回するわ、って言ったら速攻で尻尾振ってお出迎えするから。
英国はたまに米国のケツを蹴り上げてオラ、お前の出番だろ!?って言う気概が今でもある。日本にその気概はあるか??
108.名無しさん:2018年08月18日 23:15 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
※98
国民に戦意を失わせる、動揺させるだのそういう効果を狙ったんじゃないかね。 
109.名無しさん:2018年08月18日 23:17 ID:3bgA7QA30▼このコメントに返信
まともなレーダーと誘導弾がなかったのが悪い
VT信管の存在も掴めなかったというおそまつさ
110.名無しさん:2018年08月18日 23:17 ID:gq88aCSn0▼このコメントに返信
一部だと「特攻隊は縛れて飛ばされた」とか「酒や覚醒剤で意識を無くして飛ばされた」とかむちゃくちゃな話をする人がいる。
そんなのでまともに飛ばせる訳ないし、本当に無理やりだとして、そんな人に爆弾と戦闘機を与えてただで済む訳ない。そもそもその爆弾も戦闘機も貴重な物だ。
空気と言うけど、志願も熱望でもないと外されたと言う話も普通にある。
111.名無しさん:2018年08月18日 23:18 ID:muYJRKKl0▼このコメントに返信
※107
>英国はたまに米国のケツを蹴り上げてオラ、お前の出番だろ!?って言う気概が今でもある。日本にその気概はあるか??

ここ十年ジョンブルのそんな気概欠片も見た事無いんですが?
112.名無しさん:2018年08月18日 23:20 ID:GgHDcW2G0▼このコメントに返信
初めて軍艦に体当たりをしたのは実はアメリカの艦爆だったはず
状況は被弾して生還を諦めた様子だったので特攻ではないけど



113.名無しさん:2018年08月18日 23:21 ID:pW06siKW0▼このコメントに返信
※106
アメリカに直じゃなくてなんか他のルートなかったのかねぇ・・・
なかったのなら命賭けてでもやるしかないけど
114.名無しさん:2018年08月18日 23:21 ID:YXXBarAe0▼このコメントに返信
督戦隊が大活躍だった国の人間に言われる筋合いはない。
115.名無しさん:2018年08月18日 23:21 ID:vMpaxRYz0▼このコメントに返信
こういう頭のおかし事を考える輩はどこでもいる
今回はそれがたまたま連合艦隊首席参謀でその後軍令部に就任しただけの事
116.名無しさん:2018年08月18日 23:22 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
※107
米国は結局、日本を潰してしまったがために日本がやっていたことをさらに悪化した状況で引き継ぐことになり、多くの米国国民の血を流すことになり、一方、そんな中で日本は日米同盟の下悠々と繁栄を謳歌してきたからまだいいが、特亜に多大な援助をし挙句侮辱されまくっているのはとてつもなく情けない。
117.名無しさん:2018年08月18日 23:23 ID:9TOM41s10▼このコメントに返信
特攻までさせて長引かせた挙句、最後には全面降伏だからな
戦略的には何の意味もない無能な上層部のゴリ押しによる無駄死にでしかなかった訳だ
これじゃあ若くして死んだ人も浮かばれないよ
118.名無しさん:2018年08月18日 23:23 ID:u7wRlyUU0▼このコメントに返信
特攻で、日本の問題を語る奴は多いが、
無条件降伏以外みとめず、特攻するまで追い込んだ米軍の問題を誰も問わないのがなんだかなあって思う。
45年5月の段階で、国体維持をアメリカが認めてたら日本はすぐに降伏してたはずで、
最後の三か月はアメリカの都合で引き延ばされ、双方無駄に戦死者を出した。
119.名無しさん:2018年08月18日 23:23 ID:BxPBOhHV0▼このコメントに返信
洗脳はされてないけど、正しい情報を与えられてないやろ。
自分は死ぬけど、敵艦ごと何百人も敵を倒せるし、その結果家族が助かるかもしれん
…と思ってたのに蓋開けてみたら、特攻の戦死者>敵の戦死者とは思わんやろ。
何で何百人も乗った艦艇狙ってんのに、こっちの被害の方が大きいねん。
120.名無しさん:2018年08月18日 23:23 ID:CzWyvHe80▼このコメントに返信
※113
ソ連に仲介を頼もうとしてたけど頼む相手を間違えた。
121.名無しさん:2018年08月18日 23:24 ID:Ou9Rc2Aa0▼このコメントに返信
意思決定には、卑怯な意見を敢えて言う人間も必要。

日本の当時の意思決定はトップが年若く、かつ余りにも優秀であられたので、自ずから気鋭の優秀な軍人が周りを固め、日本のためにという気持ちで開戦と特攻に至ってしまった。

逆に言えば戦争の最初期に大量の特攻兵器が投入される非情な前提があったならば、太平洋の戦局は早期に変わっていたかもしれない。

それをしなかったところに、それを前提としていなかったところに、トップをはじめとする方々の目的は、日本人を護るための自衛であったことは自明である。

1928年、あの元帥が生きておられ、トップを善導していたならば、1930年代の10年は変わっていただろう。

バタフライ・イフェクトではないが、台中の突発的事件が歴史を変えたのかもしれない。
122.名無しさん:2018年08月18日 23:24 ID:M81vIueU0▼このコメントに返信
※91
そもそも今の自分たちの価値観だってある意味では洗脳やで
人間の価値観なんて状況や教育に左右されまくるからな 
123.名無しさん:2018年08月18日 23:24 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
※114
ホントそれ。特亜やロシアだけじゃなく、米軍も督戦隊を使ってフィリピン人とか戦わせてたんだってね。
124.名無しさん:2018年08月18日 23:24 ID:muYJRKKl0▼このコメントに返信
※113
ジャイアンに直接以外でどうやって話すんねん。連合国内部からの要請すら結構無視してるんやで?
125.名無しさん:2018年08月18日 23:24 ID:u7wRlyUU0▼このコメントに返信
※113
ソ連経由で何とかって思ってたけれど、ソ連が参戦してきたもんでもうダメだってなった
126.名無しさん:2018年08月18日 23:26 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
※121
それアメリカ人の研究家もそんなようなこと書いてた。で、やりようによっては、日本が勝つ道もあったと。
127.名無しさん:2018年08月18日 23:27 ID:xUoLh1zI0▼このコメントに返信
※2にも書いてあるけど、日本だけあるんじゃないし。
実はロシアだってやってたし…
128.名無しさん:2018年08月18日 23:27 ID:BxPBOhHV0▼このコメントに返信
※126
悪いけどトンデモの類というか、戦略目標を根本から変更するレベルでは…
ソ連を仲間に入れるとかなら分かるけど、現実的に無理だし。
129.マロ:2018年08月18日 23:27 ID:We1kkrC50▼このコメントに返信
そもそも戦争とは狂気そのものだよ。

何でもありだ。
130.名無しさん:2018年08月18日 23:28 ID:PZ7iKOs.0▼このコメントに返信
今なら平和に自身の幸福を追求して生きればいい。国のためアジアのためという口上でもって自己犠牲を強いられた戦中の人は哀れにしか思えぬ。しかも後世から見て戦前も今とさほど変わらないくらい近代的で文化的な面があって幸福に生きていけたし、日本がそんな狂気に取りつかれなければ、破滅的な戦争を回避して、現実的に生き残り戦略を打っていけたのだと分かっているとね。
131.名無しさん:2018年08月18日 23:28 ID:M81vIueU0▼このコメントに返信
※102
しかもその戦果は連合軍が圧倒的優勢の状況下だと考えると、何が正しいのか判断するのは難しいよなぁ
132.名無しさん:2018年08月18日 23:30 ID:M81vIueU0▼このコメントに返信
※130
よくこんな後出しじゃんけんみたいなこと書けるな
あなたはすごい賢いんだね 尊敬するよ、心から
133.名無しさん:2018年08月18日 23:31 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
※128
詳しくというかほぼ読んでないので、どういう理屈なのか知らんが、要は、敵の戦意を挫けばいいわけだからね。十分ありえるっしょ。
日本は受けて立った側になればいいわけだ。で、米軍が日本近海に来たところを一気に大打撃を与え~講和。
真珠湾とか最悪の手段で敵の闘志に火をつけてしまったけど、それに乗らず。


134.名無しさん:2018年08月18日 23:31 ID:Ou9Rc2Aa0▼このコメントに返信
トップをはじめ余りに優秀で私心なき軍人が並び立っていたからこそ、あれだけの大規模な戦争を15年間も継続できた。

上下挙げて日本にたいして忠実な軍人が揃っていたからこそ、1930年代に、破滅を招来しないような選択肢を徐々に消し尽くしてしまっていたんじゃないだろうか?無意識に。

やはり、あの方が災難に遭われず、あと15年生きておられたら、絶対に歴史は変わっていたろうとおもわれる。
135.名無しさん:2018年08月18日 23:33 ID:uqVT3AEt0▼このコメントに返信
スパルタ兵だって王様の為に命擲って戦ったし
136.名無しさん:2018年08月18日 23:33 ID:5gV14yFD0▼このコメントに返信
またパヨクのアホのスレ立てかよ
左翼やパヨクは脳ミソついてるのか?
特攻隊が何隻もの敵船沈めたおかげで自分達のじいさんやばあさんが生きてられたってこともあるんだぜ
しかも、特攻隊には朝鮮人もいたわけで、こんなバカを生かすために命賭けたわけじゃねーぞ
そうやって、日本の子孫のために命賭けで戦った人達を罵倒するのは日本人としては絶対に許せん
137.名無しさん:2018年08月18日 23:34 ID:vMpaxRYz0▼このコメントに返信
※121
飛行機と搭乗員が無限に湧いて出てくる国なら勝てただろうね
実際には飛行機に限りがあるから特攻で航空機を無駄にして命を無駄にしないために伏龍使って特攻させて何の戦果も上げられず終わる
138.名無しさん:2018年08月18日 23:35 ID:mlrReDJ70▼このコメントに返信
※91
現実として、米軍が民間人を狙った爆撃や機銃掃射による虐殺行為を繰り返してる訳で、洗脳じゃなくただの現実だと思うが
139.名無しさん:2018年08月18日 23:37 ID:PIo3.Tl20▼このコメントに返信
※113
交渉事は直じゃないよ
確かソ連を中継してたはず
でもな、世界大戦なんだからそう物事はすんなりいかない
140.名無しさん:2018年08月18日 23:37 ID:nMoMS3nF0▼このコメントに返信
無謀な突撃も山ほどあるしなー
141.古古米:2018年08月18日 23:40 ID:stoQ4JSM0▼このコメントに返信
※24
ソ連のタンクデサント兵の余命は、戦場に投入されてから一週間が平均だったそうな。
ソ連の歩兵の平均余命は、戦場に投入されてから二か月だったそうな。
「ソ連の兵隊は畑から採れる」と言うのは、コルホーズという共同農業組合に所属する成人男性を丸ごと全員徴兵するので言われた言葉。
大日本帝國の「兵は一銭五厘」と変わりない。
142.名無しさん:2018年08月18日 23:41 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
※130
よーく考えてもらいたいんだが、今の君が生きている世界とは、日本が戦争した結果の未来なわけね?
わかる?もし途中で何か違う歴史の流れができていたら、その結果今がどうなっていたかなんて誰にもわからないわけ。
もしかしたら、君はものすごく地獄のような世の中で生きていたかもしれないし生まれてくることさえなかったかもしれない。
もちろんすごく幸せになっていた可能性もあるが、そんな事だーれにもわからない。

143.名無しさん:2018年08月18日 23:42 ID:BAaOqbEr0▼このコメントに返信
当時の白人至上主義時代で負けたらどうなるかを想像した結果
無謀な作戦に参加する人が居たんだぜ
確かにクソみたいな策だけど、当時がどういう時代なのかを考えられない奴もまた無能だよ
144.名無しさん:2018年08月18日 23:43 ID:b6XJdxTk0▼このコメントに返信
特攻戦術なんてどこの国でもあったことなんだけどな
日本ほど空戦で大々的にやった国がなかった
だけで
陸で見れば第一次大戦までで機関銃陣地潰すのに行った戦術なんてぶっちゃけ飛行機に爆弾持たせて特攻させるよりエグいぞ
145.名無しさん:2018年08月18日 23:44 ID:9TOM41s10▼このコメントに返信
馬鹿が起こした戦争のおかげで特攻隊をはじめ有能な人達から死んで行った
あの戦争がなければ日本はもっといい国だったんじゃねえの
なんで無能共の愚行を美化できるのか理解できんわ
146.名無しさん:2018年08月18日 23:44 ID:EsIRf94H0▼このコメントに返信
特攻みたいな生きて戻れない事が前提の無茶な作戦はどの国も行ってる
司令部レベルになると、犠牲者は数の問題になり、手ごまとしてしか扱わない
大規模に半強制的に行われた点が問題であった
実際には米軍に与えた被害は甚大で、未熟な搭乗員で戦果をあげるにはやむを得ない点もあった
本土上陸が見送られたのも、戦後日本が同盟国として慎重に扱われたのも、特攻の犠牲におうところは多い
特攻を賛歌するものでは無い 念のため
147.名無しさん:2018年08月18日 23:44 ID:Ou9Rc2Aa0▼このコメントに返信
126

最初期に、ミッドウェーの手前の段階で、熟練のパイロットは別で確保したうえで、消耗を前提とする大量の特攻を併用していれば、戦局は変わっていた。

実際には最期の最期のじり貧で矢継ぎ早に特攻前提兵器が開発され、中途半端に投入する形になった。

そこまでやらずとも、海軍側の情報連絡統制を密にできていれば、暗号解読ということも無かったろう。

人間は卑怯で卑劣であり、だからこそ、という発想が罷り通る背景があったならば、自分達の清く正しい発想法に敵を合わせるという考え方はなくなっていたろう。

ならば、そういった発想法が前提となる意思決定が1930年代を通して存在し続けたならば、戦争の回避は容易になっていたかもしれない。

今現在中国はそういう発想かもしれない。
148.名無しさん:2018年08月18日 23:47 ID:mlrReDJ70▼このコメントに返信
特攻の悪いところって無駄に人員を消費した事じゃなくて
もっとも有効に使う手段が特攻だったっていうな
無謀な突撃も弾薬が底を着いたから突撃しか出来る戦術が無くなっただけという
まあ、そもそも物資も補給も足りてないのに現場任せで無理をさせるなって話で、
この辺りの教訓を忘れて未だに繰り返してる現代日本のアホさ加減がなぁ
149.名無しさん:2018年08月18日 23:48 ID:noyYz4LB0▼このコメントに返信
日本の場合、「個人」が社会構成上の最小単位じゃなくて「家族」が最小単位
で、「家族」というイメージを同心円で広げていった「共同体」を守るために「個人」が犠牲になるのは、道理にかなってる
特攻で死んでいった若者たちは、実際に目に見えたり触れたりできる「身内」=「家族」=「共同体」を守るために自己犠牲という手段を選んだ

波乱のない日常では自分のために「いかにして生きるか」が問題なんだけど、戦争みたいな緊急時には架空の誰かのために「いかにして死ぬか」が優先的な問題になり得る
だから、度を過ぎて日本人を怒らせない方がいいんだろうな
150.名無しさん:2018年08月18日 23:49 ID:Ou9Rc2Aa0▼このコメントに返信
逆に言えば彼等は、日本の轍は踏もうとはしないだろう。
つまり、万が一戦争になってしまえば、最初期の段階で、とんでもない手段を全力を挙げて多用してくるかもしれない。

日本が中国との戦争に絶対に巻込まれてはならない所以だ。
151.名無しさん:2018年08月18日 23:50 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
※145
その発想が凄いよな。まず当時の状況下で戦争を回避できたかどうかすらわからんぞ。
152.名無しさん:2018年08月18日 23:51 ID:RLmL.JH70▼このコメントに返信
自分たちが”できない”からといって異民族が”できる”ことを悪く言うことはないぞ、劣ってるとかじゃなく違いなだけだから。
それでも否定するようなら、残念だがあなた方は劣ってると認めたくないから否定してるんだろう。
153.名無しさん:2018年08月18日 23:52 ID:iMhnVb9w0▼このコメントに返信
◆大日本帝国海軍 軍令部連中と大本営をもう一度叩かんとダメだな
154.名無しさん:2018年08月18日 23:53 ID:pW06siKW0▼このコメントに返信
※113だけどここで話して特攻に対しての見方が変わったわありがとう
亡くなった方々には手を合わせて日本の為にありがとうごさいました以外の言葉が見つからん
元々から残虐非道なアメリカが嫌いだったけど更に嫌いになったわ
でも現代では一切信用してないけど1番頼りになるのがアメリカというのが口惜しい
155.名無しさん:2018年08月18日 23:56 ID:mlrReDJ70▼このコメントに返信
※151
つーか、当時の日本って自由選挙の民主主義国家だったから
その戦争を始めた無能共の中に死んでいった有能な人達が含まれてしまうというな
156.名無しさん:2018年08月18日 23:56 ID:EsIRf94H0▼このコメントに返信
※119
実際には※102のような状況なんだが
撃沈した艦以外に損害を与えた艦の戦死者を加えれば、日本の特攻機で出撃した人数を超えている
もちろん、最初のころより末期には特攻側の被害も大きいが、特攻の被害を防ぐためのレーダーピケット艦に
こんどは特攻が集中し、ピケット艦に指名された艦の乗務員からは精神失調になるものも出たという
157.名無しさん:2018年08月18日 23:57 ID:C9U5msRE0▼このコメントに返信
米国の圧迫はまず黒船。で、1920年代ぐらいにはもうどんどん日本に対する圧迫が不公平で露骨になり、当時の状況を知る米国人が、アメリカは間違ってる!このままでは日本と戦争になる!と警告していたんだよね
158.名無しさん:2018年08月18日 23:57 ID:9TOM41s10▼このコメントに返信
※151
向こうから攻めてきたら悪いのは向こうってなってただろ
勝手に攻め込んでケツに火がついても降伏せず
ジタバタあがいて犠牲を増やしけっきょく最後には全面降伏して全て失う
これが馬鹿じゃなくて何なの
159.名無しさん:2018年08月19日 00:00 ID:mnkbTPqS0▼このコメントに返信
※119

撃沈:護衛空母3、駆逐艦13、護衛駆逐艦2、機雷戦艦艇3、輸送船9、上陸用舟艇12、その他7
撃破:空母13、護衛空母20、戦艦11、巡洋艦11、駆逐艦84、護衛駆逐艦24、水上機母艦5、機雷戦艦艇36、 輸送船29、上陸用舟艇19、その他16
なお、民間徴用船は除外

この戦果でまだ足らんとか・・
160.名無しさん:2018年08月19日 00:00 ID:yJZIVkTV0▼このコメントに返信
トーチカや銃座に鎖で兵士を縛り付ける中国軍……てのもあるな。支那事変で日本軍が見ているし、中越紛争時のベトナム軍の報告にもある。
161.名無しさん:2018年08月19日 00:00 ID:BouQQtbF0▼このコメントに返信
特攻は後半になると米軍が慣れて戦果上げられなくなるとかデマながしているのを見るが、その後半の沖縄戦で米国は米国海軍史上最も壮絶な戦いといわしめるような最悪の被害を出すんだよね。
162.名無しさん:2018年08月19日 00:02 ID:dWQnbAA70▼このコメントに返信
※133
真珠湾は、日本の挑発に米国側が先に手をだしたんだよ
米国は、事実を隠蔽して国威発揚しているだけ
163.名無しさん:2018年08月19日 00:02 ID:HCRTRTgp0▼このコメントに返信
このサイトだと毎回記事が出るたびに青筋立てて部活賛美してる奴等がいるけど
特攻隊とか滅私奉公のソルジャー精神を戦前から今に伝えてブラック企業の適性を養ってるのは
間違いなく中学からの強制入部部活だからな
164.名無しさん:2018年08月19日 00:03 ID:BouQQtbF0▼このコメントに返信
間違えた アメリカ海軍史上、最も 凄 惨 な 戦い だった

特攻隊により「また別の分類の死傷者を生むことになった。

極限状態で発狂してノイローゼになり、戦闘疲労などで 死 亡 するなどして、

【精 神 病 患 者 数 は 戦 慄 すべき 50% も の 増 加 を示した。】

状況があまりにも酷く、肉体的、精神的犠牲者が あ ま り に も 多 か っ た ので、

アメリカ当局は一般への影響を恐れて、何カ月も こ れ ら の 事 実 を 伏 せ て いた
165.名無しさん:2018年08月19日 00:03 ID:XwbbDIPW0▼このコメントに返信
日本は狗であった。
狗の中に敢えて堂々と意見を通す猪がいたならば、
狗の群だけで破滅に向かうことも最初から回避できた。

逆に言えば、あの戦争は、なんだかんだ言っても日本だけの独行で、他のアジアの同盟者は引きずられていった被害者だろう。

もっとも満州などは蘭華特別攻撃隊のような存在も末期にはあったようだが。
高砂攻撃隊も爆撃機ごと相手側飛行場に突込む特攻になる。

そして絶対に語られない特攻がある。
166.名無しさん:2018年08月19日 00:05 ID:BouQQtbF0▼このコメントに返信
米海軍ベイツ中佐

「日本の空軍が頑強であることは予め知っていたけれども、こんなに頑強だとは思わなかった。
日本の奴らに、神風特攻隊がこのように多くの人々を殺し、多くの艦艇を撃破していることを寸時も考えさせてはならない。
だから、われわれは艦が神風機の攻撃を受けても、航行できるかぎり現場に留まって、日本人にその効果を知らせてはならない!」
167.名無しさん:2018年08月19日 00:06 ID:n5HTfn0x0▼このコメントに返信
※151
ほんと
※145みたいな頭のおかしな奴が世の中にはたくさんいるんだろうな

そもそも、過去の悪いことも良いこともすべてひっくるめて現在があるわけで、
過去を変えたら、当然歴史も変わってくるし
今と言う日本は存在しないし、お前も生まれてないってことなんだけどなw

こういうことも考えられない脳みそってなんなんだろう?
168.名無しさん:2018年08月19日 00:07 ID:Ouabqocw0▼このコメントに返信
シナも日本に勝ちたいんだったら
 
特攻隊編成するくらいの覚悟で来いやww 
 
169.名無しさん:2018年08月19日 00:08 ID:BouQQtbF0▼このコメントに返信
米軍戦略爆撃調査団の公式報告書(米大統領トルーマンの指示により作成された公文書)より抜粋
「日本人によって開発された、最も有効的な航空兵器は特攻機であり、戦争末期数か月に日本陸海軍航空隊によって、連合軍艦船に対し広範囲に渡って使用された。

44ヵ月続いた戦争のわずか10ヵ月の間に、米軍全損傷艦船の48.1% 全沈没艦船の21.3%が特攻機による成果であった。
特攻を実施した10ヵ月間に日本軍は2550機を犠牲にして、連合軍の各種艦船に474機命中させた。成功率は18.6%であった。

(戦争が継続され、日本本土決戦になったら)特攻により、上陸作戦の連合軍艦船が、連合国空軍が計画した多様な対策にも関わらず、
大きな損害を受けたことに疑問の余地はない」
170.名無しさん:2018年08月19日 00:08 ID:v1B3n5Ch0▼このコメントに返信
1945年5月のベルリン陥落・ドイツ降伏から8月までの3か月間、
ある程度の日本のメンツが立つレベルでの講和を、
連合国サイドから言い出して終戦する方法もあったのに、一切やらなかったからな
「ドイツは降伏したぞ、日本はどうするんだ?今、講和に応ずれば
最低限のメンツだけは立ててやるぞ」ってな。いくらでもやりようがあったろうに
(日本はソ連経由で停戦を打診していたが握りつぶされてしまった)
それどころかオリンピック作戦で日本本土上陸まで考えていた
連合国の選択肢は、当時の五強の一強を担ってた日本を、徹底的に叩きのめす、
以外に用意していなかったんだよ
ちょっと考えれば、そこまでやる必要なかったのにな
そしてその為に、日本サイドだけでなく連合国側も多大な犠牲がでてしまった
特攻は無駄死にだったとバカにするのなら、この余分に戦った3ヶ月間の
犠牲者の方が遥かに多く、そしてより無駄死にだった
171.名無しさん:2018年08月19日 00:09 ID:UnSrv0x80▼このコメントに返信
馬鹿ボンブや七面鳥撃ちと揶揄しながら、米水兵は特攻機に震え上がった。
毎度、在日坊主やパヨクのガキどもが特攻をネタに日本をコケ降ろす。
頭おかしい。洗脳された。無理矢理やらされた。犬死だの馬鹿だブラックな虐め集団だのと言う。

ソビエト連赤軍はノモンハンでも自軍の戦車兵の逃亡を防ぐ為に乗員ハッチを外から施錠して
ジューコフは容赦なく戦線を離脱した兵の処刑督戦に火炎放射器まで使った。
蒋介石の国民党国府軍の督戦隊は自軍兵士の逃亡防止にトーチカに錠を掛け離脱兵を処刑して
前線から後退した部隊を銃撃して何度も同士討ちを起こした。
国民革命軍は追撃する日本軍の足止めに焦土作戦を行い長沙の街に放火して市民2万人を焼殺、
黄河の堤防を決壊氾濫させ農作物に被害を与え100万人を水死と飢餓、疫病で苦しめた。
ドイツ軍SS督戦隊も同様、インパール?スターリングラードの損害をみろ。
日本帝國軍だけを基地外扱いして喜ぶ馬鹿には呆れる 。
172.名無しさん:2018年08月19日 00:09 ID:h3AzP1K.0▼このコメントに返信
成功法で当てたら帰っていいんスか?って質問にならんやってくれとだけ言ったエピソードは無能すぎると思ったな
事この局面に至っては正攻法では云々~必殺必中の気概の先駆け~無差別殺傷するアホどもを~俺も必ず後を追う(大嘘)
とかなんぞ前日に特攻控えてる奴を鼓舞するスピーチ普通考えないのか?
173.名無しさん:2018年08月19日 00:10 ID:BouQQtbF0▼このコメントに返信
アルバート・カフ(UP通信社)
「カミカゼ特攻隊は、確かに大きな損害を米軍に与えた。
そしてカミカゼのパイロットたちが、勇敢な人たちであったことは疑いがない。
そしてアメリカ兵が“カミカゼ”を恐れ、怖がったことは否定できない。 実際、パニックが起こりかけていた」

またこういう心理的影響は単に兵士や艦長程度の現場指揮官に留まらず、米海軍の首脳陣にも及んでおり、
米軍の沖縄攻略部隊司令官スプルアンス提督も特攻によるあまりの米海軍の大損害に、精神的におかしくなり司令を更迭され、
第58任務部隊(米空母機動部隊)司令官ミッチャー大将は2回も旗艦に特攻され部下の幕僚の殆どを失い、その心労で体調を崩し、175cmの身長に対し45キロの体重という激ヤセしてしまい、戦後まもなく心臓発作で死亡。
174.名無しさん:2018年08月19日 00:10 ID:HI6SL3Vk0▼このコメントに返信
日本が悪いという結論ありきで歴史のれの字も考えられてない駄スレ
175.名無しさん:2018年08月19日 00:11 ID:XwbbDIPW0▼このコメントに返信
最後には特攻をせざるを得ないような戦争を開始し、日本のみならず日本を信頼した民族問わない同盟者に、なまじ特攻に勝るとも劣らない犠牲を強いてしまったことこそは、ひとり日本のみならず、現中国含むアジアの方々にたいして、日本が心から遺憾とすべきことなんじゃなかろうか。

猪の利己利他功利は、狗の義理独断思い込みに勝る。
最終的に責任をとれないことは絶対にすべきではないし、常日頃、その頭で政策を選択すれば間違いは起こらない。
176.名無しさん:2018年08月19日 00:13 ID:.6jIBFnd0▼このコメントに返信
特攻投入する時点でのパイロットは心身とも未熟で、逃亡を防ぐ為に酒だか薬物だかでヘロヘロにしてから飛ばしたとか何とか
特攻を発案した奴は生き残り、戦後遺族からの復讐を恐れて死ぬまで銃を手放さなかったとか何とか

まあ、戦後の歴史はアメリカを都合よく美化するように作られてるだろうから実態はどうだか
特攻で死ぬのを恐れて変な所に不時着すると不名誉だかで家族が虐められるとかいう話も一応
国民まるごと狂ってた可能性
177.名無しさん:2018年08月19日 00:15 ID:hmw.N4PP0▼このコメントに返信
降伏したベルリンの非戦闘員がどんな目にあったかちょっと調べれば
簡単に降伏すればいいじゃん!とか言えないんだけどな・・・
178.名無しさん:2018年08月19日 00:15 ID:X6lEYaz70▼このコメントに返信
マジレスするとキルレシオは1なので滅茶苦茶効率は良かった模様
絶対死ぬから云々言ってるけど普通の航空攻撃って100人出撃して半分は死ぬからな?
ましてや末期の航空攻撃は近接信管のせいで8割ぐらい死んでる始末だからな?
しかもその上で敵を沈められない。

その点特攻は100人死ぬ代わりに相手の軍艦数隻に大ダメージを与えられる。
僅か50機程度で米軍の戦艦を含む艦隊が何隻も沈む被害を受ける時点でどれだけ凄いのかが分かるし空母すらそれで沈んでいる。
179.名無しさん:2018年08月19日 00:17 ID:BouQQtbF0▼このコメントに返信
※175
孫文(中華民国建国の父)
「日露戦争はアジア人の欧州人に対する最初の勝利であった。この日本の勝利は全アジアに影響をおよぼし、全アジア人は非常に歓喜し、きわめて大きな希望を抱くに至り、大国の圧政に苦しむ諸民族に民族独立の覚醒を与え、ナショナリズムを急速に高めた」

ネール(インドの首相)
「私の子供の頃に日露戦争というものがあった。その頃のロシアは世界一の陸軍国だった。
世界中は、ちっぽけな日本なんかひとたまりもなく叩き潰されると思っていた。アジア人は西洋人にはとてもかまわないと思っていたからだ。ところが戦争をしてみると、その日本が勝ったのだ。私は、自分達だって決意と努力しだいではやれない筈がないと思うようになった。そのことが今日に至るまで【私の一生 を イ ン ド 独 立 に 捧 げ る こ と に な っ た】の だ。【私 に そ う い う 決 意 を さ せ た の は 日 本 な の だ】」

180.名無しさん:2018年08月19日 00:18 ID:.BVzFWGn0▼このコメントに返信
弱小相手になかなか勝てない幼稚なアメリカがソウルオリンピックの韓国ボクシングチームみたいな醜態を晒し始めてるのに、家族を見捨てて逃げるほうが頭おかしいだろ。
状況を見てなぜそのような行動に出たのかくらい自分の頭で考えろよ。
181.名無しさん:2018年08月19日 00:18 ID:OgZzBxzn0▼このコメントに返信
桜田門あたりから尊皇攘夷~戊辰戦争~西南戦争まで日本人同士散々頃し合って
平然としとった民族やからなあ
一兵卒潜水艇やら飛行機やらに乗せて爆弾抱え突っ込ませる程度のことは何とも
思ってなかったんやろなあ
いや、なんかちょびっとでも思ったらとうていできるこっちゃないで、ほんま
そんだけ、西洋列強に食い潰されんために死にものぐるいの時代だったとも言え
るかも知れんけどなあ。元々の民族性と歴史的状況が重なり、一部しょうもない
指導者がおったことによる悲劇・・・っつうことなんかねえ
182.名無しさん:2018年08月19日 00:19 ID:egjxtdp.0▼このコメントに返信
※167
過去の悪い事のおかげで生まれるべくして生まれなかった人達については考えないのかね
過去を教訓にして悪い事は悪いと言わなきゃまた同じ事を繰り返す
お前みたいに何も考えない奴が戦争を起こすんだよ
183.名無しさん:2018年08月19日 00:19 ID:VJIRHBeU0▼このコメントに返信
ドイツがスマート?1次大戦の経験からベルリンに迫られるまで徹底抗戦だが・・・
184.名無しさん:2018年08月19日 00:19 ID:GwVBTHAn0▼このコメントに返信
※133
>真珠湾とか最悪の手段で敵の闘志に火をつけてしまったけど、それに乗らず。

えーと歴史に疎いんかな? そもそもハワイは米国領では無かったのにアメリカが軍事力で侵略して併合しました。
違法駐留している米軍を倒す事は正義なんですよ。
そして女王を幽閉してアメリカが勝手に作った憲法をハワイに押し付けたのですが、その憲法ってのが酷いもので
なんとハワイ人には選挙権を認めないというものでした。
ハワイのカルカウア王はアメリカの侵略に脅威を感じていて明治天皇に日本とハワイの連邦国を作る事を提案しましたが、
当時の日本はアメリカと友好を結んでいたので断るしかありませんでした。

なぜ、最初の攻撃目標が真珠湾だったのか?というのはハワイを侵略しているアメリカを倒すという大義があったからです。
185.名無しさん:2018年08月19日 00:20 ID:UnSrv0x80▼このコメントに返信
※88
>○山リカ氏は「降伏します。 戦争をしたら人が死ぬし、元に支配された方がもっと良い国になる可能性が有ります。」
それをやって来たのが事大隷属して自力で独立した事も国体を保った事もない朝鮮半島で朝鮮人の思考の限界。
186.名無しさん:2018年08月19日 00:21 ID:BouQQtbF0▼このコメントに返信
※175
つーか、それは相手をバカにした見方だろ。それに日本は史上最高ぐらいに最も戦後賠償などきっちりやってやるべきとされた責任をとっている。そもそも中国が日本に文句言える立場じゃないよ?ごめんなさいが必要というのならば、それは中国こそやるべきことだ。
187.名無しさん:2018年08月19日 00:21 ID:Zq3mjZ2t0▼このコメントに返信
※158
攻めてきた向こうが悪いとかいう理屈を担保してくれるような存在があったのかね
最近でも大量破壊兵器があるとかいって試しに滅ぼしてみたらなかったという結果どうなっているだろうか
あの頃はさらにどうしようもない
188.名無しさん:2018年08月19日 00:24 ID:OyeSej6H0▼このコメントに返信
第二次世界大戦まで負けた事なかったからな。大和魂って奴だわ。今が良いか悪いかは別にして今の日本があるのはそういう過程があってこそ。
189.名無しさん:2018年08月19日 00:25 ID:f9v0bKqU0▼このコメントに返信
捨て奸って戦術は昔からある。将を生かすために兵が死兵として敵に損耗を強いる。確かに戦術としては下策だけど連合国は日本を分割統治しようとしていた。捨て奸くらいしないと防げない
190.名無しさん:2018年08月19日 00:26 ID:GwVBTHAn0▼このコメントに返信
※176
>逃亡を防ぐ為に酒だか薬物だかでヘロヘロにしてから飛ばしたとか何とか

それは明らかにデマ、ヘロヘロの状態で離陸して砲弾や機銃をかいくぐって特攻なんて出来ない。
皆、遺書を書いて覚悟して飛び立って行った。
イスラムゲリラの自爆テロだって、お祈りして覚悟を決めてからやってる。
特攻隊が頭おかしいとか言ってるけど現代でも自爆テロやるのは欧米の醜い外交により大勢殺された事への
怒りと悲しみが自分の命を懸けてでも復讐を果たすという執念につながっているのだな。
敵が憎ければ、愛する家族を殺されれば誰だって刺し違えてもと考えるんじゃないかな。
191.名無しさん:2018年08月19日 00:27 ID:BouQQtbF0▼このコメントに返信
※182
バカなのか?それは君の頭の中だけで勝手に作り上げた妄想の中の存在だ。「生まれるはずだった、僕の最愛の恋人を返せ!!」頭おかしいだろ。

で、「戦争を防ぎたい」のならば、「日本さえ大人しくしていれば世界は平和」「日本=悪」史観の呪縛から解放されて自由に広くモノを見る必要があるだろ。
192.名無しさん:2018年08月19日 00:28 ID:VJIRHBeU0▼このコメントに返信
まぁイスラム原理主義者をなんとかしてきてからスレでも建ててくれや
193.名無しさん:2018年08月19日 00:28 ID:OyeSej6H0▼このコメントに返信
そのために覚醒剤作ったのは日本だけどね。
194.名無しさん:2018年08月19日 00:29 ID:v1B3n5Ch0▼このコメントに返信
特攻を始めた連中は頭のおかしい人たちだ、狂った人たちだ、という間違った固定概念は捨てろ
彼らは狂っていなかった、それどころか正常だった
そもそも狂ってたのなら3年8ケ月もの間、戦える訳がない。あっという間に負けてる
その彼らが必死に考えて考えて、その上でもはや特攻しかない、と結論を出した
だからこそ、悲しいのだ
195.名無しさん:2018年08月19日 00:30 ID:LAKuxC8b0▼このコメントに返信
植民地で奴隷作ってた奴らの方がよっぽどおかしい
196.名無しさん:2018年08月19日 00:31 ID:41m69pLn0▼このコメントに返信
※101
太平洋戦争は海軍と空軍により勝敗が決した戦争
赤城、加賀、蒼龍、飛龍の主力空母と山口多門少将を失った時点で、日本軍の勝利はなくなった
197.名無しさん:2018年08月19日 00:31 ID:VJIRHBeU0▼このコメントに返信
※176 その話は二つとも嘘だな、発案者の一人である大西は責任取る形で腹を切ったし
そもそも素人パイロットに薬物撃ちこんで飛行機が飛ばせるのかね、その薬物だってあの状況じゃ大量生産なんて怪しいもんだ
198.名無しさん:2018年08月19日 00:31 ID:OyeSej6H0▼このコメントに返信
特攻は飛行機だけじゃないし立派な戦術だった。
199.名無しさん:2018年08月19日 00:32 ID:Lh.Fu9fO0▼このコメントに返信
まぁドイツの特殊潜航艇とか知らないんだろうな・・・乗員の死亡率80%の物もあったらしいし
200.名無しさん:2018年08月19日 00:33 ID:BouQQtbF0▼このコメントに返信
戦争を防ぎたいのならば、まず特亜がやっているような日本貶めの嘘宣伝のようなもんを許さないことだろうね。
201.名無しさん:2018年08月19日 00:33 ID:7WYyEKAN0▼このコメントに返信
※193
パヨクの作った特攻隊は薬で意識ない状態で行かされたって話、信じてる奴いるんだな
もとのデマもとは自動操縦とか、当時の技術じゃ不可能というかそんな技術あったら誘導ミサイル作ってるって話してる
自分の意識が保てない状態だとまともに操縦できないだろうって、少し考えればわかりそうなものなのにな
202.名無しさん:2018年08月19日 00:34 ID:VJIRHBeU0▼このコメントに返信
そもそも軍人の仕事は戦うことであって、戦争を止めることは畑違いでしょ
なんで軍は特攻隊なんて作ったんだ!ってそりゃ仕事だもん、
戦時中なんだから無抵抗で空爆させて民間人を焼死させるわけにはいかない

まぁ開戦の要因に軍部の思惑や方針が関わってるのがなんともやるせないんだけどね
だから軍部大臣現役武官制とクソみたいなこと言い出した鳩山が癌なんだよ
203.名無しさん:2018年08月19日 00:35 ID:OyeSej6H0▼このコメントに返信
覚醒剤は疲れを知らず働き続けれる薬だよ。意識ないとはガセでは?
204.名無しさん:2018年08月19日 00:36 ID:VJIRHBeU0▼このコメントに返信
※158 じゃあどうして当時アジアで独立してたのがシャムと日本だけだったんですかね
205.名無しさん:2018年08月19日 00:36 ID:piJy6ECL0▼このコメントに返信
平和ボケした人間には理解出来ない話ではあるね(笑)
家族恋人友人が目の前で○されてもヘラヘラしてるんだろうし(笑)
206.名無しさん:2018年08月19日 00:37 ID:nAvbGBIA0▼このコメントに返信
まあそんな歴史をしってて日本に住んでるのもどうかしてる
少なくとも自分の子供は海外に脱出できるようにすべきだろ。
ついでに日本円もよく使ってるよな
207.名無しさん:2018年08月19日 00:38 ID:LPAssP8c0▼このコメントに返信
なんか凄ぇスレだな
ヒトラーが自殺して首都が陥落して政府機能が消滅するまで降伏しなかったドイツが、本土決戦を回避した日本よりスマートだなんて……
208.名無しさん:2018年08月19日 00:40 ID:OyeSej6H0▼このコメントに返信
戦争に客観的に興味がある人がいることは素晴らしいことだと思う。
209.名無しさん:2018年08月19日 00:42 ID:OyeSej6H0▼このコメントに返信
このスレッドは読み返してみる価値のあるスレッド。
210.名無しさん:2018年08月19日 00:44 ID:.BVzFWGn0▼このコメントに返信
※91
アメリカの戦争犯罪で民間人が大量に虐殺されてますよ。
日本が何の理由もなしに特攻をしていたのなら開戦当初からやってるはずですが、そうではないです。
アメリカの戦争犯罪に対しての緊急避難が特攻です。人外の醜態を晒し戦犯を犯したアメリカが悪だったということです。
211.名無しさん:2018年08月19日 00:47 ID:2xjiYDJY0▼このコメントに返信
ワッカ転がす兵器つくった国は戦勝国なんだが。
212.:2018年08月19日 00:52 ID:rpWWlmOS0▼このコメントに返信
日本は人命が軽かったから人命を犠牲に軍を攻撃した。
アメリカは人命が重かったから軍事物資を無駄に消費して民間人を攻撃しまくった。
結果としては後者の方が人命を大切にしない形となってるんだよな。
213.名無しさん:2018年08月19日 00:53 ID:WQx1C8qi0▼このコメントに返信
※176
いつもこの手の言説を聞いて思うんだけど、薬物とかでヘロヘロになった状態で飛行機の操縦なんて本当にできると思うか?
しかも大西瀧次郎中将は切腹してるし
214.名無しさん:2018年08月19日 00:54 ID:.Owsf8e.0▼このコメントに返信
新兵による爆撃の精度・迎撃機多数&対空砲火の中を掻い潜って帰還する技量が無いんだから仕方ない
そもそもあの迎撃から帰ってこれるなら特攻なんてしてないよ
215.名無しさん:2018年08月19日 00:54 ID:.BVzFWGn0▼このコメントに返信
※117
それは結果論、恥ずかしいよ。
216.名無しさん:2018年08月19日 00:56 ID:OyeSej6H0▼このコメントに返信
戦争中も飛行機のプロペラパテント代をアメリカに払ってた。アメリカよりも戦争を商売と思ってたのが日本。
217.名無しさん:2018年08月19日 00:56 ID:WQx1C8qi0▼このコメントに返信
※175
間違いは起こらない(根拠なし)
責任取るのが大事というのはわかるが、その考えを絶対視したらこの世でできることなんてほとんどないのでは?
218.名無しさん:2018年08月19日 00:58 ID:v1B3n5Ch0▼このコメントに返信
覚醒剤は長時間飛行中に眠ってしまって墜落死してしまわない為
モルヒネは負傷した時に痛みで失神して墜落死してしまわない為
219.名無しさん:2018年08月19日 00:59 ID:.Owsf8e.0▼このコメントに返信
※40
特攻が先でとか言ってるが、ドイツで誘導爆弾(Hs293)作ってたから糞精度すぎてゴミだったけど
220.名無しさん:2018年08月19日 01:00 ID:41m69pLn0▼このコメントに返信
特攻隊生みの親である大西瀧治郎中将(終戦の日に自刃)は、やりたくてやったのではない
戦況が悪化し訓練不足のパイロットに「撃墜されるのなら体当たりしろ」と言ったのが始まり

大西中将をそこまで追い込んだ要因、避ける方法はなかったのかを考えることが、今を生きる者の使命であろう
221.名無しさん:2018年08月19日 01:07 ID:.BVzFWGn0▼このコメントに返信
※158
攻め込む? それ戦勝国アメリカの嘘だよw 嘘つけるのは戦勝国だけだよ強盗みたいなものなんだから。WGIP知らないのか?
222.名無しさん:2018年08月19日 01:09 ID:Llpys47D0▼このコメントに返信
今この様な事(スレ)を言う奴は、創造力の不足した若さだけのあんちゃんだな。正しいか間違いかではない。その当時を比較してどうなる。特攻の事実から自分自身で感じ学んだことはないのか。表面的過ぎる。のぼせ上がった恥ずかしい奴だな。バカタレ。
223.名無しさん:2018年08月19日 01:10 ID:UnSrv0x80▼このコメントに返信
第1航空艦隊司令長官 角田覚治 中将は笑顔で「じゃあな。」と言い手榴弾を抱え壕を出て
兵士と共に戦闘に参加し戦死、三和参謀長以下海軍幕僚は自決、第56警備隊司令 大家大佐も戦死。
角田中将は米軍の上陸前に昼夜を問わずして野戦陣地構築に協力したテニアン島の住民に対して
「ありがとう、皆さんは民間人なのですから私達軍人の様に玉砕しなくともいいのですよ」と、
笑顔で最後の挨拶をして回ったが、上陸前の艦砲射撃や爆撃、義勇隊の戦闘参加、
また自決等で民間人 15,700人の内 約1,500人が亡くなられている。

米巡洋艦「インディアナポリス」はテニアン島基地で原子爆弾の輸送揚陸任務を完了した4日後の深夜、
グアム島を経由してレイテに向うパラオ島の北方250マイル付近で哨戒任務中の艦長 橋本以行 少佐の
伊58潜水艦(神潮特別攻撃隊の回天搭載)浮上時に電探で発見される。
回天搭乗員達多聞隊は橋本艦長に何度も出撃許可を請うが「通常魚雷で沈められる時は通常魚雷で攻撃する」
と橋本少佐は若い搭乗員達を説き伏せて回天の出撃を却下する。
艦橋から双眼鏡で戦艦級の艦影を視認した伊58潜は急速潜航して右転舵、潜望鏡深度で間合いを詰めながら
「インディアナポリス」の右舷側60度の攻撃位置に就き魚雷戦を挑み計6本を時差雷撃で全門発射した。
主砲弾薬庫の誘爆で急激に浸水した「インディアナポリス」は雷撃から僅か12分後に転覆沈没した。

何処が民間人や兵をゴミのように使い捨てる無謀無責任なアホと基地外ばかりなのか。
224.名無しさん:2018年08月19日 01:16 ID:VJIRHBeU0▼このコメントに返信
まず興味あるなら自分で調べりゃいいのに
それをせずにスレを立てたなら愚か者
それをしたうえであの発言なら痴れ者だよ
225.名無しさん:2018年08月19日 01:17 ID:n3ELtVeV0▼このコメントに返信
なんJ民くん!!ネットで悲観を垂れ流しても世の中は変わってくれないんやで!!
226.名無しさん:2018年08月19日 01:17 ID:Wghq1m0c0▼このコメントに返信
海外では動物を使って特攻させただろ?(犬やイルカ)人と動物の差だろ
誘導装置が有ったら無理に生き物使ったりしねーよ。

>>20 戦時中逃げ回って戦後安全になってから能書き垂れ流すチョ ン猿(恥を感じる器官も無いのか?)
227.名無しさん:2018年08月19日 01:18 ID:OyeSej6H0▼このコメントに返信
まったく興味のない人よりかは全然ましだよ。がんばれ若者。
228.名無しさん:2018年08月19日 01:19 ID:Cvctg6aI0▼このコメントに返信
末期の日米キルレシオは大体、7対1ぐらいなのに、
特攻の場合、あの戦力差にも関わらず、日米損比率が逆転してるからな
惜しむべきは大型艦を狙い過ぎって事だな
流石に空母戦艦は1t爆弾ブチ当てないと沈まん
双発機の特攻って成功例あるのかね??
229.名無しさん:2018年08月19日 01:23 ID:luM44H.H0▼このコメントに返信
★ すでに、おのおのの地元の民間人、親戚や家族を殺傷されてる時期に、
  自分だけノコノコと「生きて帰れる作戦」を選択出来る訳ないだろ。 俺だって特攻するわ!

★ すでに、おのおのの地元の民間人、親戚や家族を殺傷されてる時期に、
  自分だけノコノコと「生きて帰れる作戦」を選択出来る訳ないだろ。 俺だって特攻するわ!

★ すでに、おのおのの地元の民間人、親戚や家族を殺傷されてる時期に、
  自分だけノコノコと「生きて帰れる作戦」を選択出来る訳ないだろ。 俺だって特攻するわ!

★ すでに、おのおのの地元の民間人、親戚や家族を殺傷されてる時期に、
  自分だけノコノコと「生きて帰れる作戦」を選択出来る訳ないだろ。 俺だって特攻するわ!

★ すでに、おのおのの地元の民間人、親戚や家族を殺傷されてる時期に、
  自分だけノコノコと「生きて帰れる作戦」を選択出来る訳ないだろ。 俺だって特攻するわ!
230.名無しさん:2018年08月19日 01:24 ID:VjfBNY.70▼このコメントに返信
戦前から515事件も主犯格は死刑にならないし、当時大臣だった陸軍大臣荒木貞夫や海軍大臣大角岑生結局地位そのまま出し、上も上なら下も下な当時の日本だから。
231.名無しさん:2018年08月19日 01:28 ID:ZMfZAYLA0▼このコメントに返信
※216
戦争中はさすがに払ってないよ
戦後に支払いを申し入れただけ

アメリカは原爆の実戦試験するまでは日本の降伏を受け付けなかったと思うがね
232.名無しさん:2018年08月19日 01:29 ID:1jmdzRgO0▼このコメントに返信
※170
※170
ポツダム宣言の草案は米国務省のジョセフ・グルー国務長官代理を中心にしたグループが作ったんだけど、そのときには天皇の地位を保証する旨の記述があった。暗号解読でそうすれば、日本はすぐにも降伏すると国務省や軍中央は知っていたのだ。絶対的に保証するように読める表現はいかがなものかという意味での書き換えはあったが、大統領に提出された段階ではその条項は存在した。それがポツダム会談でチャーチル、スターリンに開示された宣言文にはその条項は削除されていた。
233.名無しさん:2018年08月19日 01:49 ID:wj44Ba7V0▼このコメントに返信
みんなめっちゃ詳しいな、このスレ読んで良かったわ
234.名無しさん:2018年08月19日 01:57 ID:VOTX.xC40▼このコメントに返信
特攻つっても攻撃対象見つけられなかったら帰還できたみたいだし(燃料がもてば・・・)なんだったら飛び立った後逃げてしまえることもできるわけだからタンクデサントよりはまだマシな気もする
235.名無しさん:2018年08月19日 02:15 ID:PQy4PGpU0▼このコメントに返信
人力ミサイルだね
技術者をバカにする風潮が今でもあるから有事の時また起こるかもね
236.名無しさん:2018年08月19日 02:16 ID:kYeBzP6q0▼このコメントに返信
キリスト教に日本列島を占領されてたらどれだけの人数が惨殺されたかわからないからなあ
今の中国がかわいく思えるほどの残虐さで民族浄化が行われててもおかしくないね
当時の危機感は今の感覚じゃ理解できないでしょ
それにしてもあの宗教はなんであんなに虐殺が好きなんだか
今も中東でやりたい放題やって死者、難民が続出でもはやナチスなんてどうでもいいほど地球の癌
237.名無しさん:2018年08月19日 02:18 ID:vyc.FnyW0▼このコメントに返信
※234
タンクデサントは、あれはあれで兵士が対人地雷を踏むのを防げるが……なんであれ一長一短だな。
238.名無しさん:2018年08月19日 02:20 ID:Oi.HUPv90▼このコメントに返信
今でも自爆テロはある。人の命ほどディスカウントされるものはない。
自己犠牲を賛美するのは権力側。他人に犠牲を押し付けて知らん顔するのは頭おかしいわけではなく、生存本能に忠実なだけ。恥知らずとは思うけど。死ぬ可能性の高いオペレーションを命じるのと確実に死ぬオペレーションを命じるのは根本的に異なるが、後方になるほど他人事になるんだろうね。
239.名無しさん:2018年08月19日 02:21 ID:kYeBzP6q0▼このコメントに返信
戦争を仕掛けるために国民を犠牲にしてきたアメリカになにか一言
240.名無しさん:2018年08月19日 02:30 ID:7G0nmO5x0▼このコメントに返信
※239
アメリカも日本と同じくらい頭おかしいよな
241.名無しさん:2018年08月19日 02:36 ID:G8k9pvNW0▼このコメントに返信
特攻なんていうさほど珍しくもない事で驚いてるようじゃ
イスラムや中国がやってることを知ったら発狂するんじゃないか?
242.名無しさん:2018年08月19日 02:37 ID:mnkbTPqS0▼このコメントに返信
※228
沈める必要ないんやで。
1発あてれば数か月はドック行き。

その間に戦争終わる。
243.名無しさん:2018年08月19日 02:47 ID:wwBollzK0▼このコメントに返信
人の命の価値を考慮しなかったら、コスパの良さは異常だからな。
特攻機と軍艦のコスト比較してみ?
元は十分取れてる。撃沈させた軍艦に乗船してる人間の命と差し引きしたら
悪くない作戦。

244.名無しさん:2018年08月19日 03:04 ID:Llpys47D0▼このコメントに返信
※230
他人事の様に書いてるが、そういうレベルの思考回路こそ責任転嫁の典型。お前そのものと自覚しろ。
245.名無しさん:2018年08月19日 03:06 ID:E1LHxvOj0▼このコメントに返信
特攻は戦術レベルでは正しい。
アメリカも日本の戦力考慮すると効果的と判断してる。
人員を浪費するから戦略レベルだと怪しいけどね。
246.名無しさん:2018年08月19日 03:09 ID:li.Jl3PH0▼このコメントに返信
戦争開始当初からあったわけじゃなく最後の手段だったからね。
247.名無しさん:2018年08月19日 03:13 ID:y9vkRo8t0▼このコメントに返信
まーた白人云々言ってるアホがいるわ。中国人殺しまくったツケ払っただけだろ。そもそも格上の相手に要求受け入れてもらえなくて癇癪起こしてるだけ
248.名無しさん:2018年08月19日 03:15 ID:y9vkRo8t0▼このコメントに返信
※239
また人のせいにする外道か。そんなんだから韓国人にグダグダ言われてんだろ
249.名無しさん:2018年08月19日 03:21 ID:..zNDK110▼このコメントに返信
まあ特攻の絶大な戦果も当たり前だけどな
あの時代に低速とはいえ空対艦誘導ミサイルによる飽和攻撃をやってるようなもんだから
誘導を機械ではなく人間やらせるという倫理的に大問題な方法だからあかんといわれるだけで。。。
250.名無しさん:2018年08月19日 03:22 ID:1JxoZE.n0▼このコメントに返信
作戦考えてんのは、全て官僚だから!この辺を忘れて物事考えるから、思考が混乱するんだよ?私利私欲、面子以外で動く官僚が日本に、居ると思ってる?
251.名無しさん:2018年08月19日 03:32 ID:BXwa3CCD0▼このコメントに返信
なお、ソ連は特攻しない兵士を後ろから撃ち殺した
252.名無しさん:2018年08月19日 03:45 ID:ZqsQr.qY0▼このコメントに返信
「また失敗か」
「なあにまた出せばいいさ」

昔読んだ「はだしのゲン」で、ゲンの兄貴が配属された特攻隊基地の幹部が
笑いながらこう言ってたのが子供心には結構ショックだったわ。
253.名無しさん:2018年08月19日 03:52 ID:YbtBPHew0▼このコメントに返信
戦争なんだからまともなわけないじゃん
訴訟?そんなの誰が相手すんの
254.名無しさん:2018年08月19日 03:54 ID:.RELms.00▼このコメントに返信
古来より相手国の女性や子供を殺すまくると、相手国は死に物狂いの戦いを仕掛けてくると言われてる。
第二次大戦時、日本はこの相手国の立場にあっただけの話。
255.名無しさん:2018年08月19日 04:11 ID:7mTcqWG90▼このコメントに返信
ペルシア戦争のテルモピュライの戦いも特攻やろ
256.名無しさん:2018年08月19日 04:18 ID:7cj9rULr0▼このコメントに返信
悲しいけど、戦争で一番安い兵器は歩兵なんだよね。
257.名無しさん:2018年08月19日 04:51 ID:Mz5ud69H0▼このコメントに返信
それ、蒲冠者の軍の、伝統芸。
遡っていくとそうなる。

先陣特攻が滅茶苦茶、大好きなんだよ。

ガジさんち、梶原さんの戦いぶりが非常に称賛されちゃって、それが土着したんだよ。
三河遠江に。
258.名無しさん:2018年08月19日 05:09 ID:Mz5ud69H0▼このコメントに返信
督戦隊方式は、越後の上杉さんのとこ。

将が戦死するとその配下が逃げ帰るとぶっ殺される。というルール。
だから必死で戦うから強い。
259.名無しさん:2018年08月19日 05:32 ID:lOeUM2.m0▼このコメントに返信
なお、一番最初に特攻を始めた部隊は特攻が常態化するとは思っていなかった模様、

フィリピンの海軍第201航空隊が「短期間で100機近い戦闘機を喪失した我々は責任を負わなければならない」的な状態だった状況で非常時の戦法という認識だったぽい話を搭乗員がインタビューで話してた。
260.名無しさん:2018年08月19日 05:39 ID:h463xv8c0▼このコメントに返信
※14
>そんな作戦しか立案できないならさっさと降伏しちまえ
>こんなクソみたいな作戦考えだしたアホをもっと吊り上げろよ
戦争は相手があってのもの、「降伏しちまいな」っていっても相手はFDルーズベルトで、太平洋から日本列島を消してやるっていう狂気人物ですからムリっていうもんですわ。「地球を逆回転しちまいな」って言ってもムリでしょう?それとおんなじですわ。

和平工作は行われていたんだが、向こうが、日本人の絶滅(インディアンとの戦いで成功済み)が目的だったのだからムリっていうものですわ。
なにより原爆で人体実験しなければなりませんから、「降伏します」って言っても、知らばっくれて受けないでしょうよ、原爆が完成するまで。
白人に逆らって植民地支配を終わらそうとする日本人絶滅は、白人にとって絶対の命題でしたから、降伏させてもらえない状況ですから
「ハイ、降伏!戦争終わりチャンチャン」とは行かなかったんです。スポーツの試合だったら「ギブアップ」って言えば終わりになりますけど・・・

>こんなクソみたいな作戦考えだしたアホをもっと吊り上げろよ
特攻で向こう側が受けたダメージって結構大きいのですよ?特攻機による連合軍の戦死者・負傷者と任務続行不能艦船の数は多かったです。
何より精神状態に異常きたし使い物にならない兵が多く出た。←これがのちのち効いて来るんですわ。よく調べてから発言して下さいな。

261.名無しさん:2018年08月19日 05:40 ID:I6NZseGD0▼このコメントに返信
特攻隊が本当に効果があるのってまだ余裕がある時なんだよな
敗色濃厚になってからの特攻は高い確率で戦局を左右しない
まぁそれも結果論だから言える話なんだけど
262.名無しさん:2018年08月19日 05:43 ID:YOaqoV.n0▼このコメントに返信
攻撃隊の帰還率が5割を切るような状態なら、2~3人乗りの艦攻艦爆出すより操縦者一人の機体をぶつけた方が人的損害が少ないという現実
263.名無しさん:2018年08月19日 05:48 ID:7WYyEKAN0▼このコメントに返信
※247
あの時代(というかいつの時代も)、中国人を殺しまくったのは中国人な
264.名無しさん:2018年08月19日 06:11 ID:7WYyEKAN0▼このコメントに返信
アンパンマンマーチ が、特攻でなくなったやなせたかしの弟に思いを巡らせ歌詞が描かれているって説を聞いた後に聞くと

とんでもなく泣けてくる……
265.名無しさん:2018年08月19日 06:34 ID:YCd1gImH0▼このコメントに返信
WW2のソビエトも人命無視な事やってたけどな。建前でも志願制だった日本がかすむかすむ。
ところで、映画インディペンデンス・デイ、初代はすこぶる面白いからオススメ。
だたし続編、テメーは許さねぇ。
266.名無しさん:2018年08月19日 06:34 ID:fLe3PCPz0▼このコメントに返信
※261
イギリスも爆弾満載の駆逐艦をドイツ領フランスの入り江奥深くのドッグに特攻させて自爆させたな。
当然ながら乗組員のほとんどが戦死したがドッグ爆破に成功し、
また沈没した駆逐艦の残骸がドッグが使用再開可能になるのを妨害した。
267.名無しさん:2018年08月19日 06:36 ID:y9uRGakB0▼このコメントに返信
こういう敵の予想の斜め上を行く戦術も効果のあったのは最初だけ
対策されると戦果も尻つぼみ
でも戦争と同じで簡単には辞められない
後期に参加した兵士は哀れ

それはともかく
国家が正常な判断力を無くしていた証左とはなるだろう
負けが込んできたギャンブルのようなもん
268.名無しさん:2018年08月19日 06:48 ID:gUY1RZ1o0▼このコメントに返信
※145
あの戦争が無けりゃ日本どころかアジア、アフリカの国々自体が無くなってるよ
269.名無しさん:2018年08月19日 06:50 ID:uLxBRBnk0▼このコメントに返信
特攻作戦しなきゃならなくなったら原爆落とされる前に降伏すれば良い

って言ってるのいるけど、白人至上主義で有色人種差別が当たり前だった時代。根底には白人様の差別思想があるじゃん。
アメリカはアメリカで「極東の黄色い猿ごときが白人様に歯向いやがって!降伏?無条件降伏以外はなしだ!」状態だったし、ソ連に見せつけるために新兵器原爆の実験したかったしだし、
日本は日本で軍とマスコミが結託して「敗けたら白人の植民地にされてどうなるかわからんぞー!」って煽られてりゃ、冷静に「ここらが落とし所ですかね」って検討なんて出来やしませんて。

270.エンアカーシャ:2018年08月19日 07:10 ID:638dxYnN0▼このコメントに返信
中国人と韓国人には、<守りたい何か>が、無いからなぁ · · · 、

特攻する者の気持ちが、理解出来なくて、当然だな、
<ボウフラ>みたいな、中韓には<特攻>なんて、存在しない、必要も無い、

<ラストエンペラー>の国が滅亡する時も、
<日本軍と国民党軍の戦争>の時も、
<朝鮮戦争>の時も、

中国人や韓国人は、特攻しなかった、
守るモノを持たない、安い人種の特徴だ、
何でも、棄てられる、<家族<すら、な、

お呼びでないよ。
271.名無しさん:2018年08月19日 07:21 ID:jU7sL3gL0▼このコメントに返信
似たようなのはある。比べる時点で日本ってごみだなぁって思うかもしれんけど、日本よりはロシアがやばい。

んーていうかね、戦争は悲惨だとか喚いてるわりには、やっぱぜんっぜん理解できてないよね。
実のところ、特攻隊は効率的で合理的な判断っていう恐ろしさが全然わかってない。なんかゲームみたく普通にやってりゃ敵船沈めて、生きて帰ってこられるとか思ってるでしょ?
272.名無しさん:2018年08月19日 07:45 ID:CkeKOR2U0▼このコメントに返信
文字通り、
「死んでも負けられなかった」
だけだろ。これやっても負けたけどな
273.名無しさん:2018年08月19日 07:54 ID:i4.MS9wE0▼このコメントに返信
>>251に関しては戦果確認するやつが一番いかんだろ
何勝手にオマケしたくせにファッ!?とか言ってねん
274.暴君:2018年08月19日 08:06 ID:2bDyE2QQ0▼このコメントに返信
 
 頭おかしい。

けど、回天で特攻して空母を轟沈させて1000人ほどを道ずれにできるなら

費用対効果は凄く良い。

AIやロボットにやらせるなら、とっても良い戦術かも。
275.名無しさん:2018年08月19日 08:16 ID:JMIuCqDJ0▼このコメントに返信
※260
ヤルタ会議で参戦決定済みのソ連を仲介に和平工作をしようとしたがもうすでに勝った気でいる国に将来の利益を諦めろと上から目線で言っているようなものだ

結局わが軍は無敵で、敵を圧倒できると信じていたので、有効な和平工作を一切しなかった
アメリカが和平を受け入れられなかったというのは憶測だが大多数の日本人が和平を望まなかったのは事実だ
276.名無しさん:2018年08月19日 08:19 ID:4sF1QzHM0▼このコメントに返信
追い詰められたらどこの国でも同じようなことする。
277.名無しさん:2018年08月19日 08:24 ID:pAWEN7Wv0▼このコメントに返信
※161
大型艦船の沈没は昭和20年2月21日の護衛空母オマニーベイが最後
昭和20年6月は駆逐艦3隻が撃沈
同7月は1隻
同8月はゼロ

実際減ってるやんけ

278.名無しさん:2018年08月19日 08:25 ID:osXPx6Br0▼このコメントに返信
中国や南北朝鮮ですら自爆攻撃を手段として用いていたのにスレ主は何言ってるんだろう?
279.通りすがりのキチ:2018年08月19日 08:48 ID:HH61Jzdt0▼このコメントに返信
純粋に守り通す「手段」として個人選択した者が多いなかで質の悪い「司令部連中」が、その意思を悪用して
作戦を立案・実行した「悪行」をなじり倒すのなら文句は無いのだけども「特攻」自体を否定してしまうと、
戦後の日本の成立ちを否定しかねない。

というのも「特攻」によって、どんな状況になろうとも「意思を曲げない」事と最終的には個々の守るべきも
のを守護する「国体護持」をアメリカに強烈に印象づけ、占領後の政策に甚大な影響を与えていると個人的に
は捉えている。

アメリカが妥協せずに必要以上に日本を解体する方向に舵を切っていれば、ソ連の介入(「国体護持」を条件
に日本が招き入れてしまう可能性すらある)を経て本来の朝鮮戦争の主舞台が「日本本土」で展開される事は
想像し易い。日本が「降伏調印」をしない限り幾らでも言いがかりでソ連は「介入」でき「旧日本軍の大部分」
と「ソ連の兵站」による「第二ラウンド」では、いかな米国の戦力をもってしても「国家存亡」に類する事態
に成り得る事は、先を見据える日米両陣営の幕僚も居た事だろう。

そういう意味で「特攻」に意味が無いという事は一切無く、むしろ「強烈な意思表示」は、その後の日本の立
ち位置を決定付ける重要な一打になっているのかと個人的に思う。そうであれば 320万の戦死者達も浮かばれ
るかもしれない。もし、ソ連側の先兵として戦場に日本軍が赴いた時には、1000万単位の戦死者を出し尚かつ
未来に相当な悪影響を及ぼしていた可能性が高いと推測する。

それを回避できた一因が「特攻」によ「意思表示」で、特攻隊員の願いが昇華していると…。そう願いたい…。
280.名無しさん:2018年08月19日 08:57 ID:UnSrv0x80▼このコメントに返信
負け戦にも負け方がある。

山口少将「飛龍」反撃「刺し違えてでも、一隻は沈める! このままじゃ帝國海軍は末代まで舐められるぞ。」

ペリリュー島を強襲した米第1海兵師団も損耗率60%を超える壊滅状態に陥り、陸軍第81歩兵師団に交代、
米軍は1,794名の戦死者、戦傷者 8,010名他、数千名が精神に障害を受ける。

栗林忠道中将 率いる小笠原兵団は圧倒的に優勢な米軍に対し地下要塞を構築して最後の総攻撃まで敢闘玉砕、
ノルマンディー上陸に匹敵する甚大な損害を与えた硫黄島の戦い。

世界最強の米軍が恐れ怯えたのは一殺必中の航空特攻だけではない。

多勢に無勢の陸戦に於ての近接戦闘、十死零生の肉弾突撃、弾幕に怯まぬ侍の斬り込み。

抜刀隊の刃󠄁、不屈の精神と長く鋭い銃剣、日本兵の白兵戦に米兵達は慄いた。

281.名無しさん:2018年08月19日 08:57 ID:UnSrv0x80▼このコメントに返信
戦後、敵将ニミッツ提督が日本兵の武勇敢闘を讃えペリリュー島の神社に建てた石碑に刻む

Tourists from every country who visit this island should be told how courageous and
patriotic were the Japanese soldiers who all died defending this island.

Pacific Fleet Command Chief(USA) C.W.Nimitz

この島を訪れる諸国から旅行者は如何に日本の兵士達が愛国心と共に勇敢に戦い、
この島を守り玉砕したかを知らしめるべきである。

米国太平洋艦隊司令長官 C.W.ニミッツ

ニミッツ提督は、「ペリリュー島の攻防戦は米軍が既に制海空権を握っていながらも米国の戦史上、
如何なる上陸作戦にも見られない最悪の損害(米海兵師団第一連隊全滅、1万人を超える死傷者)を出し、
この島を占領したことは今もって疑問である。」と回想している。

先の大戦で太平洋を挟み日米両軍は死力を尽くして戦い壮絶に殺し合い、互いに畏れ讃え尊敬したからこそ
今日の信頼関係と強固な日米同盟がある。

この激戦に於いて日本軍は戦闘前に住民を退避させ島民に1名も死傷者を出さなかった。
282.名無しさん:2018年08月19日 09:04 ID:.KYe5unI0▼このコメントに返信
パイロットと言うのはエリートだったので、日本には、戦争当初特攻という概念はなかった。
アメリカは、古いヨーロッパの歴史を引き継いでいるので、特攻に近い考え方があった。
ドリトル爆撃隊など生きて帰る確率の低い攻撃であった。
この空襲は日本をおびき寄せるものだった。被害は小さかったが、アメリカが遠路はるばる攻めて来るのをまっていた海軍は、帝都が爆撃されたとミッドウェー作戦を行う事になる。
ミッドウェーにおいても、防御のゼロ戦を低空に引き付けるため、アメリカは雷撃機を特攻させた。
雷撃機のほとんどはゼロ戦に撃ち落とされたが、上空からドントレス爆撃がやって来て、低空にいたゼロ戦は防御できなかった。
これを見て海軍はエリートを捨て石にするアメリカを恐ろしいと思い、いつかは同様に特攻する時がくると感じた。
283.名無しさん:2018年08月19日 09:16 ID:.KYe5unI0▼このコメントに返信
他にもアメリカは特攻している。
ノルマンディー上陸作戦だ。ドイツの機関銃の前に無防備で突撃させ多くの若者が死んだ。これによりドイツ軍は弾薬がなくなりやがて負ける。
アメリカの特攻は勝利のためだが、日本の特攻は上層部の責任逃れだ。
負け戦なのにゼロ戦に乗って死ぬのも、勝ち戦なのに上陸用舟艇から突撃して死ぬのも嫌だな。
284.名無しさん:2018年08月19日 09:57 ID:7mV2HRfX0▼このコメントに返信
劣勢になると米英でも「建前抜きなら戦死前提」の特攻を計画してたぞ。
首都陥落寸前になると独ソも地上特攻の肉弾三勇士を大量発生させてる。

それが総力戦てもんだ。
285.名無しさん:2018年08月19日 10:00 ID:eHcTIkfw0▼このコメントに返信
戦争とはシグルイなり
戦場にて分別出来れば、はや後れるなり
正気にては大業ならず
286.名無しさん:2018年08月19日 10:04 ID:qcXpSJvp0▼このコメントに返信
※2
アメリカも駆逐艦が絶望的状況で水上特攻したりしてるしな。

ただ現場判断じゃなくて、組織として「特攻」を出す事が目的になって効果どうこう関係なく出撃数の競争になっていったのが最高に愚かと言うか悲しい。
287.名無しさん:2018年08月19日 10:15 ID:d4J50XId0▼このコメントに返信
※228
末期の空戦キルレシオって20対1くらいで、基本的に日本の戦闘機を全滅させても米軍の機体は墜ちないのが普通だったような…

ハッキリ言って普通に戦わせても無駄以外の何物でも無い状態というか…

アメリカが6機編隊で飛んで来ると100機以上落されて無傷で帰って行くくらいの差はあったりする
288.名無しさん:2018年08月19日 10:18 ID:0B3z2w4Q0▼このコメントに返信
>降伏した方が賢いだろ、ドイツの判断の方がスマート
コレ言ってる時点で話す価値ないだろ。無知が、「特攻」って字面だけで今現在の常識で判断してるだけ。
(正直、>>1の持つ常識は今現在基準でもおかしいと思うが)
そも、降伏ってのは、勝ってる側が満足するまでは、受諾されないもん。
単純な話、「降参するからやめて」といってイジメ止めるいじめっ子がどんだけいる?と。
負けてる側が「降参だ」と言って、それですぐ戦争終わるんなら、「イジメ」なんて問題にもならんわ。
多くても十数人のイジメでも止まらんのに、数千万単位の人が関係する国対国でとめられるわけねーよ。
ゲームやスポーツの試合じゃあるまいに。んで、ドイツがスマートって寝言か?ソレ。
ドイツに到っては首都ベルリンが陥落し、ソ連兵によってちょっとNG連発でかけないような事態がおきてる。
全ベルリンの女性の50%、100万単位で被害にあったとか、そういうレベル。
こんな自体を引き起こしてまで降伏せず、どこが、スマートなんだ? 
まあ、降伏しても、上記のように即受諾せず、ベルリン焼け野原にした後で受諾しただろうが。
289.名無しさん:2018年08月19日 10:24 ID:DPHJhOky0▼このコメントに返信
原爆投下の際の判断のひとつの要素とはなっただろうね
あまり生命の価値を重んじる連中ではないだって
290.名無しさん:2018年08月19日 10:31 ID:aSLY5Jd.0▼このコメントに返信
ソ連のタンクデサント、ドイツの国民突撃隊、ミッドウェーでの米海軍艦攻隊、似たような例は古今東西数多ある
追い詰められれば誰だって同じことをやり始める
291.名無しさん:2018年08月19日 10:52 ID:DPHJhOky0▼このコメントに返信
※289

補足
安倍さんはよく唯一の戦争被爆国というが
より正確には唯一の国家の意思による被爆国
当然、アメリカにも良心の呵責を感ずる正常な思考の人々が居たと思われるが
その良心の呵責を減ずる要素として真珠湾、重慶爆撃、バターン死の行進
とともに特攻もあったのではないかと推測されるということ
292.名無しさん:2018年08月19日 10:56 ID:W4DVhSHU0▼このコメントに返信
自爆攻撃自体連合でも占拠されたパルチもやってたんだがなぁ
293.名無しさん:2018年08月19日 10:58 ID:kVq7x8Ew0▼このコメントに返信
拒否以前に身長が低すぎてペダル踏めず乗れなかったという珍現象を耳にした事がある
というか同級生の祖父だったわ
294.名無しさん:2018年08月19日 11:05 ID:yU.MZDMa0▼このコメントに返信
特攻自体は作戦として下の下であり、人の命、しかも貴重なパイロットを消費するっていうトンデモなものだというのは分かる
だが、その効果はとんでもなく、戦後にWGIPでさんざん隠したがるほどアメリカ軍側には精神的な被害が大きかった
そりゃそうだ、人間が操縦する爆弾が正確に狙いを定めて飛んでくる、しかもいつ飛んでくるか分からない
いくら防空能力が高いと言ったって完璧は無く、特攻機がすり抜けてきたら?味方が撃墜できなかったら?
これほどまでに士気を落とし作戦に支障をきたすほど効果があるものが今までにあるかどうか
そこでアメリカ軍は無人の特攻機を作れないかってことで発達したのが今のミサイルだし
さらに防空網を発達させたのがイージスシステムだし
他にも現代の原潜に核ミサイルは日本海軍の潜水艦に
今だってアメリカ軍は新兵に対して「日本人を怒らせるな、カミカゼをやってきた奴らだぞ」と教えている
元スレ主はちょっと勉強不足過ぎやしないかい?
単純に現代の価値観で考えすぎてる
特攻に頼らない扶養部隊ってのがいたってのも忘れないでほしいな
295.名無しさん:2018年08月19日 11:09 ID:h463xv8c0▼このコメントに返信
※275
おいおい!どこの国の工作員だ?
ココにいる、平和ボケから覚醒した日本人には効果は無いぜ。
296.名無しさん:2018年08月19日 11:37 ID:h463xv8c0▼このコメントに返信
※290
ですよね~。ミッドウェイでは空母から飛び立つパイロットは、帰る空母が「間違いなく有る」っていう保証は何一つ無くって、一旦飛び上がったら必ず生きて帰ることを諦めていたよね、間違いなく自分の帰る空母は沈められているだろうと思っていた。
自分の機が無傷でも、帰る空母が無ければ・・・それすなわち死だし。
戦後7回もシュミレーションしたが、”その時点での戦力差” では米軍側が勝つという結果は何回やってもゼロだったと、向こうの士官学校での記録だとそうですよね?
空母の上空で編隊を組む時間ロスをなくし上がったらそれぞれで勝手に行ってこい、一秒でも早く敵空母を見つけやっつけないと、自分の帰る空母が無くなり自分も死ぬ・・・っていう状況って、アメリカパイロットにとって特攻ですよ。
297.名無しさん:2018年08月19日 11:50 ID:usxVb5gd0▼このコメントに返信
※294
扶養部隊じゃなくて芙蓉部隊な。

芙蓉部隊隊長は安易な特攻命令には断固反対、特攻やむなしとなったら隊員に命じる心算はあったようだけれども、通常攻撃が出来るうちは通常攻撃をする、そのために徹底的に訓練をする、だったのが当時の指揮官としては異例ですね。
298.名無しさん:2018年08月19日 12:22 ID:R.QSCuGO0▼このコメントに返信
海外では自爆テロの意味で「KAMIKZE」って言葉が使われてるくらいだから「他の国にもあったしぃ~」は通じないんだよなあ
299.名無しさん:2018年08月19日 13:36 ID:pAWEN7Wv0▼このコメントに返信
※298
イスラムゲリラやベトコンの自爆攻撃はどう見ても日本発祥
300.名無しさん:2018年08月19日 13:48 ID:7ChvEfMp0▼このコメントに返信
*299
イスラム過激派の自爆行為のルーツは日本赤軍によるテルアビブ空港銃撃事件だってさ。やはり日本発祥。
301.名無しさん:2018年08月19日 14:37 ID:RsYl6LuI0▼このコメントに返信
そんな非常事態に追い込まれてたんだろ、全世界みんな植民地(一部除)で、どんな搾取受けるのか当時の日本人は知ってて
何百機も戦闘に出て、戦果上げれず壊滅してて、自分がパイロットなら特攻で戦果上げようと考えるのは無理も無い。
そら、今の平和な状況で当時の情報が焚書されてほとんどない状況だったし「頭おかしい」と思っても仕方ないわな。
現に、俺もそう思ってたわ。
302.名無しさん:2018年08月19日 14:53 ID:PsvinMG30▼このコメントに返信
※287
その意味わからん設定はなんだ
>アメリカが6機編隊で飛んで来ると100機以上落されて無傷で帰って行くくらいの差
性能もさることながら数が違うからこそのキルレシオだぞ
キルレシオ1:20だからアメリカ機6機で日本機100機相手に出来たって考えとるんか?馬鹿か
エースコンバットやってんじゃねえんだぞ
303.名無しさん:2018年08月19日 14:57 ID:UnSrv0x80▼このコメントに返信
テルアビブ空港で偏狭身勝手な赤い革命戦士の狂弾に倒れたのは母妹に娘、巡礼者や旅行者。

先の大戦で亡くなった日本の特攻隊員と無差別自爆テロを同じだと言い擁護する者がいる。
多勢に無勢、決死の玉砕、片道燃料、十死零生 一殺必中を期し爆弾を抱き突撃を敢行。
航空、空挺、水雷、水上特攻に赴き散っていった若者達。
帝國陸海軍の特攻隊は不利な戦況の打開、または敵の攻勢への足止に敵艦艇、爆撃機に対し体当たり、
また敵陣に降下突入したが、女性や子供も含む無防備な民間人やバスや駅など公共施設を標的とし無差別に爆破、
民間機のハイジャックなど非戦闘員を故意に巻込んではいない。

兵力装備が脆弱で資金も不足して正面戦闘が困難だという理由から敵の兵舎や車両に自爆攻撃を仕掛ける事は
反体制、抵抗派のゲリラ戦の一つであり、非正規軍の戦術としては否定しない。
また敵軍に対する攻撃を聖戦とし自爆戦闘を殉教とするのも自由。

2000年10月、実際にアルカイダもアデン港に停泊中の米海軍アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦 DDG-67 USS "Cole"
に対し小型ボートに拠る自爆テロを行い17名の水兵が死亡した。

だが軍事施設や敵兵を標的にする攻撃と公共施設を狙うのは明らかに違う意図目的がある。

争いの理由が宗教、民族、思想の自由や解放、またIRAやウイグルでも民間人を狙うのはテロ。
304.名無しさん:2018年08月19日 15:27 ID:wwBollzK0▼このコメントに返信
普通に戦っても落とされるなら
ダメもとで特攻はありといえばありだよ。
人間を人間として扱わなかったからだけど。
純粋な兵器の価格比較すれば、特攻機だけで
軍艦を落とせるなら費用対効果は半端ない。
305.名無しさん:2018年08月19日 16:32 ID:yU.MZDMa0▼このコメントに返信
※297
ごめんごめん
変換間違っちゃった
指摘ありがとう
306.名無しさん:2018年08月19日 17:42 ID:rNEjloTX0▼このコメントに返信
軍人が日本国民を命を賭けて守ると言う意識が高かった結果だ、
もっともこの意識の高さは日本国民に対する物だけなく、
ビルマやその他の国で日本兵が敗戦後もその国を独立の約束が果せなかったと、
日本に帰らず現地独立の為に現地人と共に一度追い出した侵略者と戦い、
独立を勝ち取とり倒れた日本兵は現地の土になって入る、
これが日本軍人なんだよ、
特攻にレッテル張りを必死にしてもな、
遣れば遣るほど墓穴を掘るだけだわな。

307.名無しさん:2018年08月19日 17:50 ID:.t7c0BSJ0▼このコメントに返信
日がな一日パソコンかスマホとにらめっこしてる人には自己犠牲も何かを守りたいと思う気持ちなんて分からないのが当たり前やね。
特攻隊を美化するほどアホではないが何かのために命を賭した人を自殺呼ばわりするあたりかなりのあれなんだろうね。
御愁傷様。
308.名無しさん:2018年08月19日 17:55 ID:zR.F7FnM0▼このコメントに返信
通常の爆撃で成果がでるなら、爆撃で終わる。
それ以外に方法が無く、それが一番効率が良かったからやった。とそれだけに過ぎない。

現在、各種誘導兵器がある時点で特攻はついては、今後は効率が悪いので無いと言う事になる。

戦争やってる時点で被害は出る。
その上で、どけだけ効率よく相手に被害を与えられるかと考えた結果が特攻。
それ以外に有効打は無いし、それ以上の有効打が有るならそれを使用している。
309.名無しさん:2018年08月19日 18:55 ID:QFrCoSQw0▼このコメントに返信
※294
芙蓉隊は根幹要員に、水偵からの転換組が多いとは言えベテランを多く配した、夜間攻撃を主とするエリート特殊部隊枠だから。
本人達は足りないと感じてはいても、中途半端な訓練で磨り減らされている当時の他部隊に比べて訓練でも優遇されてる。そりゃそうそう特攻には出せない。
通常攻撃で行けますと言って、それを認めさせたのも、そうさせるだけの上記の事情があったが故。
端的に言えば、人も手間も他部隊に比べて優遇されている例外的なエリート部隊だったから、通常攻撃を認めさせる事ができて、またそれが実行できたってことなんだよ。
310.名無しさん:2018年08月19日 19:01 ID:QFrCoSQw0▼このコメントに返信
戦争後半になると、通常攻撃であっても大部分が撃墜されたりして未帰還機になってるから、
それなら体当たりの方が命中し易い分だけまだマシじゃないかって判断もある。
311.名無しさん:2018年08月19日 20:19 ID:ZMfZAYLA0▼このコメントに返信
※277
沖縄戦が峠を越えて、本土決戦用に特攻自体が自粛されてたためだけど
312.名無しさん:2018年08月19日 23:38 ID:bGF1Rjvi0▼このコメントに返信
誘導兵器は無人じゃないと
313.名無しさん:2018年08月19日 23:50 ID:5UTnGdgK0▼このコメントに返信
ソ連の督戦隊を知らんのか。小学生が立てたスレか。
314.名無しさん:2018年08月20日 00:45 ID:WgKvgk2A0▼このコメントに返信
結局、特攻隊が出来た時点で軍としての機能が無くなったと言える。
315.名無しさん:2018年08月20日 01:37 ID:DW8bEnLR0▼このコメントに返信
まぁ、戦時中にあってまともでいられる方がおかしいよ。
今なら特攻隊を否定することができるけど当時は許されなかったし、他に選択肢があったならわざわざ特攻なんてしなかっただろう。
当時は限られた状況で練度が十分でない最中で戦果を求められたから次々と若者たちが志願していった。
自分にできる精一杯のことをするために。
愚かと罵るのは簡単だけど当時の人たちは当時の考えでせいいっぱいのことをやったってことだけは知って欲しいな。
316.名無しさん:2018年08月20日 08:26 ID:LgcULSGq0▼このコメントに返信
日本人が日本人の住む国を守ろうとしただけ。

たた立案した奴はクソ。
そもそもアメリカと袂を分かった事がクソ。
317.名無しさん:2018年08月20日 09:11 ID:Ry7yOdUC0▼このコメントに返信
みんなピュアなんだね。夏休みだからかな。特攻で死んでいった子供たちも純粋な気持ちだったのかもね。後ろにいる大人の打算や私利私欲なんて知らずに逝ったんだろうさ。
318.名無しさん:2018年08月20日 12:32 ID:Rp38BBAy0▼このコメントに返信
損得打算を超えて道義として特効を組織し実行させたのはアカンと思うな
超えてはいけない一線を越えてしまっていると そう思う
319.名無しさん:2018年08月20日 17:07 ID:SE2CoM.f0▼このコメントに返信
※316
本当なのかがもう怪しい。

※318
この期に及んで はそうだが、そもそも戦争=総力戦って置き換えて突っ込んだことが超えてはいけない一戦だと思う。
320.名無しさん:2018年08月21日 00:40 ID:mxJxxh4E0▼このコメントに返信
軍人が作戦立案した!って考えるから、理解出来にくいんだよ、官僚が作戦立案してる!って考えれば、やりそうなこった!って理解出来るだろ?
321.名無しさん:2018年08月21日 22:33 ID:iWMReKct0▼このコメントに返信
日本人を抹殺したい反日工作員が考え、それにのっかってしまったんじゃねーの

お名前