スポンサーリンク

2018年07月17日 19:05

第一次世界大戦の日本への影響ってあんまり知られてないよな

第一次世界大戦の日本への影響ってあんまり知られてないよな

01

引用元:第一次世界大戦の日本への影響ってあんまり知られてないよな
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531738519/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)19:55:19 ID:XkX
対岸の火事のようで日本の運命に滅茶苦茶影響を与えたのに

2: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)19:56:02 ID:CGZ
ワシントン体制とかは違うんか?

5: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)19:57:07 ID:XkX
>>2
もちろんワシントン体制もあるけどさ

ロシア革命→日露戦争後に日本とロシアは日露協約を結んで同盟国状態だったのに倒れる

これと日英同盟空洞化で一気に味方が減ってしまった

4: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)19:56:51 ID:E39
世界恐慌

8: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)19:58:09 ID:rTN
いや知られてるでしょ

9: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)19:58:34 ID:XkX
国家総力戦の衝撃→日本陸軍の中堅層に日本の国力の遅れが切実に認識させられて昭和陸軍の暴走につながる

10: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)19:59:02 ID:2hX
結局陸軍と海軍ってどっちが無能だったの?

12: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:01:10 ID:XkX
>>10
開戦責任は陸軍側
開戦後は海軍側

13: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:02:25 ID:2hX
>>12
ほーん
ずっと陸軍が一貫して無能化と思っていたわ

28: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:11:41 ID:wDu
>>12
政治家なんだよなあ

30: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:12:34 ID:XkX
>>28
満州事変も華北分離工作も政治家はほとんど噛んでないよ
まあ陸軍というか関東軍のやらかしが大きすぎる

35: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:16:32 ID:wDu
>>30
軍を統制できない時点で無能だぜ
飼い犬に手を噛まれましたって言い訳にもならんし

38: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:18:25 ID:XkX
>>35
一夕会がね…
満州事変は南次郎陸相も金谷範三参謀総長も内閣の不拡大方針を支持していたけど中堅幕僚が突き上げるから

11: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:00:39 ID:XkX
第二次大隈重信内閣の失敗→元老を無視して第一次世界大戦への参戦や二十一箇条の要求によって元老側の政党政治への不信感が高まる

14: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:02:28 ID:XkX
アジアはほとんど戦場になっていない割に日露戦争後の日本にとって都合のいい極東の秩序がぶっ壊れたって割と大きいと思うんだけど

16: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:03:37 ID:zTP
>>14
ワシントン体制もそこまで悪い体制じゃないと思うけど

17: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:04:53 ID:XkX
>>16
まあ国力を考えたら分相応とも言えるけど
ソ連と中国が一気に不安定化したのにろくに味方がいないじゃん

25: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:10:41 ID:Uia
>>17
一応4ヶ国条約の締結国は味方やろ 日本がアホな事して見切られたけど

30: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:12:34 ID:XkX
>>25
まあ1927の南京事件で日本も協調してれば良かったんちゃうの

19: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:05:45 ID:Rd3
陸は開戦前も海軍が中国事変拡大しなきゃ有能や

20: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:06:28 ID:XkX
>>19
華北分離工作の時点でもうだめ
本当は張作霖爆殺事件の時点で何やってんだ感はあるけど

24: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:09:25 ID:Rd3
>>20
トラウトマン工作で講和行かんのか?

26: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:10:45 ID:XkX
>>24
あれは陸軍の参謀本部は多田駿次長が賛成していたのに陸軍次官の東條英機は反対してたし

29: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:12:19 ID:Rd3
>>26
はえー、でもあそこで講和してたら結果としては花丸やろ?

32: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:14:14 ID:XkX
>>29
まあそうだけど、あの頃トラウトマン工作の受け入れを唱えていたのが参謀本部くらいしかいないってのが詰んでる

33: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:15:14 ID:Rd3
>>32
悲しいなぁ、満洲維持して華北で優位に立つ日本とか夢が広がるンゴ

23: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:08:39 ID:GwQ
イギリスとロシアと手を組んでアメリカを締め出してたのが上手くいかなくなったんだよな

27: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:11:04 ID:Cuu
松岡いたらどんなIFでも現実の方に収束しそう

36: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:16:42 ID:2i5
第一次世界大戦で日本は利益を上げすぎたのが後々に影響を及ぼしたわ
数千万人も死んだ欧州からしたらハゲタカに見えただろうな

39: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:19:18 ID:GwQ
>>36
架空戦記だと第一次世界大戦で日本も陸軍の欧州派兵してるのがよくあるパターンだよな

42: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:22:23 ID:Uia
>>39
正直当時の日本やと派兵できてもポルトガルみたいな扱いやろな...

47: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:25:01 ID:XkX
>>42
二個師団増設するかどうかで政変が起きるような時代だからね
海軍だけでも派遣しといて本当に良かったわ

40: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:19:35 ID:Uia
>>36
なおその後戦後恐慌 震災恐慌 金融恐慌 世界恐慌 農業恐慌と地獄が待ってる模様

43: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:22:28 ID:GwQ
>>40
まあこうなると満州は日本の生命線や!ってなるのはしゃーない

なお英米との貿易が本当の生命線だった模様

41: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:21:07 ID:Rd3
満鉄とかどこまで乗っていけたんやろかなぁ

52: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:28:30 ID:Eeb
>>41
旅順ハルビンやなかったか?

44: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:23:22 ID:Rd3
日蘭商談? だっけかで日本なんか不利な条件あったんか?

50: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:27:24 ID:Uia
>>44
蘭印が如き弱小国が大国日本に要求する時点で屈辱やぞ

53: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:28:32 ID:Rd3
>>50
三国同盟なんてカス同盟結んで警戒心高めちゃ意味ないンゴ・・・大東亜に組み込みたかったってのはわかるやけど

57: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:30:13 ID:2i5
ロシア→赤い国が生まれる
フランス→人口ピラミッドが崩壊する
イギリス→アイルランドを失う
ドイツ→国家崩壊
オスマン→民主化
日本→利益を得るも後に暗黒時代
アメリカ→勝ち組

やっぱ第一次世界大戦てクソだわ

65: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:34:24 ID:XkX
>>57
ドイツがなまじ軍事力では突出していたのがな
オーストリアやオスマン帝国を介護しながらロシアを崩壊させてフランスとイギリスを後一歩まで追い詰めるとか早々できないでしょ

68: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:35:18 ID:GwQ
>>57
アメリカは勝ち組のようで世界恐慌が待ってるからなぁ…

67: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:35:13 ID:Rd3
ドイツにまともな同盟国あったらやっぱ勝てたんか

72: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:36:47 ID:XkX
>>67
オーストリアが弱すぎるのが…
ブルシーロフ攻勢で崩壊しなかったらもうちょい善戦できたはず

76: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:37:56 ID:ayO
>>67
瀕死の病人2人とバルカンの愉快な仲間たちしかおらかったからな

78: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:38:50 ID:acF
>>76
実力ある国を勝手に敵に認定して喧嘩ふっかけてるだけやん

81: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:40:15 ID:XkX
>>78
イギリス相手に建艦競争挑んだらイギリスが仇敵のフランスとロシアと期待の新人の日本を味方にして包囲網できました
うーんこの

84: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:41:04 ID:acF
>>81
建艦競争とWW1の関係性は否定派が大勢やろ
すでにイギリス勝利で決着ついてたし

91: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:42:59 ID:XkX
>>84
イギリスは勝つだけじゃなくて二国標準主義を見ればわかるように圧倒的である必要があったわけで
ちょうど建艦競争の頃からドイツ脅威論が出てきたし

94: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:44:35 ID:acF
>>91
ドイツ脅威論自体はは普仏戦争の頃からあったやろ
だから圧力掛けて早期終戦させたわけやし

77: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)20:38:46 ID:Uia
ww1はそれこそイタリアが同盟側で参戦すれば同盟勝利で終わりそう

115: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)21:07:04 ID:nZw
日英同盟って最初は日独英同盟やったらしいけど何でドイツ君居なくなってしまうん?

117: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)21:09:09 ID:XkX
>>115
日英同盟と露仏同盟をぶつけて漁夫の利でも欲しかったのでは

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年07月17日 19:14 ID:eRkIbrC20▼このコメントに返信
普通に高校の日本史程度で勉強する範囲なんだけど
自分の知らないことをさも世間の非常識のように語るのは頭悪く見えるからやめとけよ
2.悔しいだろ❗羨ましいだろ❗朝鮮非人ども火病起こせ❗ :2018年07月17日 19:14 ID:ACbgXrgV0▼このコメントに返信
 防衛省は13日、2030年をメドに導入する次期戦闘機について米ロッキード・マーチン、米ボーイング、英BAEシステムズの3社から提案があったと発表した。
 政府関係者によるとロッキードは世界最強と称されるF22と最新鋭ステルス機F35を主体とした混合型の案を日本側へ正式提示した。防衛省は提案を踏まえ、年内にも方向性を決める考えだ。
3.名無しさん:2018年07月17日 19:19 ID:xqryBiL50▼このコメントに返信
※1
明らかに飛ばす社会科教師もおるんだなこれが。戦勝国なんて間違っても言わない。あくまでも第二次世界大戦とセットで敗戦に向けた走りみたいな扱いでしてね。

現役中高生ですらこのコメント欄に沸くと思うよ?第一次世界大戦では列強の仲間入り『戦勝国』だったなんて知らんかった~的な子。そんくらい日教組といえば社会科教師だから。
4.名無しさん:2018年07月17日 19:20 ID:C8HrE3Zw0▼このコメントに返信
「 ほ ら 、 明 る く な っ た ろ う ?」



これが登場した
5.名無しさん:2018年07月17日 19:21 ID:C8HrE3Zw0▼このコメントに返信
バーデンバーデンの密約
6.名無しさん:2018年07月17日 19:21 ID:xqryBiL50▼このコメントに返信
国すら失ったオスマントルコや第一次第二次共に敗戦国になったワースト国家ドイツとかに比べたら、日本なんて生温いわ。

原爆食らった初めての国家って所くらいだわ。
7.名無しさん:2018年07月17日 19:29 ID:pPT05E880▼このコメントに返信
アメリカは日露戦争でアメリカに利益を渡す約束してたのに反故にして、友好国から敵国に。イギリスは第一次世界大戦の度重なる陸軍の援軍要請を断った為に、友好国から敵国に。
と聞いてたんだが。
8.名無しさん:2018年07月17日 19:38 ID:bCzTJP9e0▼このコメントに返信
ドイツの占領してた南の島を沢山貰った。パラオとか。

いーなー南の島、沖縄しかないから取り戻したい。
9.名無しさん:2018年07月17日 19:44 ID:FR5j2pUM0▼このコメントに返信
※1
イッチきもちわるーい
10.名無しさん:2018年07月17日 19:45 ID:x64Ko22Z0▼このコメントに返信
一次大戦あたりの情勢ってごちゃごちゃしててよくわからん
11.名無しさん:2018年07月17日 19:45 ID:gpccRCjf0▼このコメントに返信
「鬼の居ぬ間に…」なんてやってないで、日本も欧州へ出兵すりゃ良かったのになあ

どうせ大した活躍はできんだろうけど、大戦の現実とかアメリカの物量戦とか見れて良い経験になっただろうに
二十年後に軍部の中心となるような人材がちょうど尉官、佐官の頃だから、彼らを欧州に送ってれば、30年代に馬鹿やらかす人間も減ったかもしれない
12.名無しさん:2018年07月17日 19:46 ID:eRkIbrC20▼このコメントに返信
※3
まっとうにセンター・大学入試対策してれば自ずと学習する範囲なんだけど
「教師ガー」とか言う反例持ち出されても大学全入時代とも言われる昨今少例に過ぎないよねそれ
13.名無しさん:2018年07月17日 19:52 ID:xqryBiL50▼このコメントに返信
※12
社会科教師の教え方の問題やからねぇ。ついでにみんながみんなセンター試験でもねえし、二次試験にまで世界史問う大学は間違いなく少数派ですからね。そうすっと肝心なのは授業と先生ですから。そこで偏った教えに走る奴が居るって話しさ。みんながみんな自主勉強で偏りを直せる訳やないよ。
14.名無しさん:2018年07月17日 19:54 ID:LsodwdgC0▼このコメントに返信
ドイツには、総力戦に勝利できない致命的な欠点がある。

「国の場所」
15.名無しさん:2018年07月17日 20:00 ID:.biGxV1d0▼このコメントに返信
そもそも第1次世界大戦に日本が参加してたことすら知らない奴らばっかりだからな。
影響あったかどうか以前に知識自体がないんじゃ、会話が成り立たないんじゃないか?
16.名無しさん:2018年07月17日 20:01 ID:eNgQ.Wn20▼このコメントに返信
大戦後日本に戦車と戦闘機と潜水艦の技術が伝搬した
17.名無しさん:2018年07月17日 20:02 ID:xqryBiL50▼このコメントに返信
※10
ベル・エポック!これからは文化が花開く時代!!なんて余裕こいてたらやっぱり世界大戦に人間は向かっちまったよ。とでも認識しておけば19~20世紀は大丈夫なんでねーかな。雑にも程があるけどw

世の中と平和はそんなに甘くなーい。ってな
18.名無しさん:2018年07月17日 20:02 ID:BOug5Us.0▼このコメントに返信
この後海軍は完全に無能になる。
19.名無しさん:2018年07月17日 20:05 ID:Qkj4NCjO0▼このコメントに返信
ドイツの最盛期はWW2じゃなくてWW1なんだよなあ。
20.名無しさん:2018年07月17日 20:07 ID:7iZI7Nn50▼このコメントに返信
戦争は第三国の立場になれば大儲けできるってのを証明した戦争。
21.名無しさん:2018年07月17日 20:08 ID:xqryBiL50▼このコメントに返信
※19
まあ第一次で負けてどん底に行ってプッツンしてちょび髭を仰いだら更にどん底いったわけやしな。そら第一次のころのが高い地位にはいたんやろね。
22.名無しさん:2018年07月17日 20:19 ID:Vd4UlsvQ0▼このコメントに返信
※4
その後日本は、戦後恐慌、震災恐慌、金融恐慌、昭和恐慌とずーと不況になっちゃうんだけどねぇ、、、

まぁ解決した高橋是清の円安と積極財政策は、ほとんど今の中国のソーシャル・ダンピングと同じ方針なんだよね
当時はその日本の安売り攻勢対策として欧米各国が自国通貨のブロック化始めたんだけど、、、
今は、中国自身がドルペック捨てた人民元ブロック経済化主張してるのはなかなか面白いと思う、、、
23.名無しさん:2018年07月17日 20:22 ID:LsodwdgC0▼このコメントに返信
※10
一次も二次も、流れは一緒。
ドイツが東で勝利⇒フランスが西からちょっかい⇒
ドイツが西で勝利⇒ロシア/ソ連が東からちょっかい⇒
ドイツ2正面戦線⇒破綻
この間イギリスが海上封鎖。

ドイツって、輸入に頼る割合高いのに、輸入ルート先の親玉に喧嘩売るから…
24.名無しさん:2018年07月17日 20:23 ID:NIqqTy8R0▼このコメントに返信
実際派兵してないから総力戦の怖さは分かってなかったろ
ドイツ領掠め取るし
そら警戒されますわ
25.名無しさん:2018年07月17日 20:27 ID:mjEs3HqO0▼このコメントに返信
※24
ゆーてもあの地域のいざこざに海軍以外は無理やしなぁ。決め手となった海上封鎖でドイツ降参して、いまだにフランスの式典に出られる訳やし。それで許してーなってな。総力戦なんてしてたらお米いくらあっても足らんわね
26.名無しさん:2018年07月17日 20:34 ID:EBIxEmF00▼このコメントに返信
鈴木商店、積荷と一緒に船一隻丸ごと売り
塹壕の土嚢には鈴木商店のロゴの入った小麦袋が大量に使われた
27.名無しさん:2018年07月17日 20:37 ID:.NMs2gdX0▼このコメントに返信
※7
初めに、英国が日本軍の欧州方面への参戦を拒否したから
日本軍は南洋から出なかったんだよ

その後に、塹壕戦で膠着したから日本へ欧州戦線への参戦を要求してきたから突っぱねたんだよ
結局、山東半島とドイツ領南洋諸島を日本へ移譲すると密約を交わして
日本艦隊が参戦して劣勢を覆す活躍をして勝利に貢献したのが真相
28.名無しさん:2018年07月17日 20:44 ID:gv53l9xO0▼このコメントに返信
授業ではまあそこまでいかないよな
縄文・弥生時代とかに時間かけすぎ
結果的に日教組が明治維新からWW2までを教えさせないんだよな

※24
総力戦の怖さは十分承知してたよ
なにせ、日露戦争で使った弾薬の総量が1日で消費される戦争なんだもの
日本にはそんな戦争出来ないという認識だけははっきりしていた
だからこその満州進出の野望が起き、海軍は短期決戦志向になった
ユトランド沖海戦とか分析すれば、艦隊決戦で戦争終結にはならないことは分かったような気もするけど
それ以上に長期戦は無理という恐怖が強かったんだろうな

※23
WW1でドイツは休戦しただけなのに、武装解除→多額の賠償金請求の流れになったもんだから
WW2ではドイツは首都が占領されるまで停戦しなかった
WW1の戦後処理をそこそこにしておけば、WW2の欧州戦線の最後の抵抗はもっと少なかっただろうな
29.名無しさん:2018年07月17日 20:50 ID:f67.4ehB0▼このコメントに返信
※27
日本艦隊が参戦して?
どこの火葬戦記だ?
船団護衛を手伝って、だろ?
JT海戦で金剛型4隻いたら、あそこまで苦戦してないわ(もっとも1-2隻は轟沈したかもしれんが)
30.名無しさん:2018年07月17日 20:53 ID:DNr1mEzn0▼このコメントに返信
第一次大戦にドイツを突っ込ませないようにするにはビスマルク先生に後継者出してもらう必要がある
アホのヴィリーが雑に捨てなければ後継者選んでた可能性があったのに
31.名無しさん:2018年07月17日 20:55 ID:DNr1mEzn0▼このコメントに返信
さらに言えば、ビスマルクの政策とは
「ドイツ一人勝ちをしないフランス孤立化」
だから、後継者がいない限り復習に燃えるフランスの影に怯えることになる
32.名無しさん:2018年07月17日 21:01 ID:zdLkT9rW0▼このコメントに返信
日本軍の最終報告

「ドイツは勝ってたのに国民の厭戦気分で負けた。」
33.名無しさん:2018年07月17日 21:07 ID:gv53l9xO0▼このコメントに返信
※32
実際は 「コメ作る人間まで前線に回したら、戦争は詰まる」
34.名無しさん:2018年07月17日 21:18 ID:otN2XASW0▼このコメントに返信
WW1は…戦場欧州なのに日本は一人中国でモニョモニョしてんなーって印象。欧州の目がない内に利権拡大狙ったって教わったような気がする
35.名無しさん:2018年07月17日 21:25 ID:cm8H5A9j0▼このコメントに返信
※29
>JT海戦で金剛型4隻いたら、あそこまで苦戦してないわ(もっとも1-2隻は轟沈したかもしれんが)
別に大艦隊は苦戦していないと思いますが(ビーティは苦戦したかもしれません)双方の被弾状況を時系列で
眺めてみれば大艦隊が高海艦隊を序盤以外は終始圧倒していますけど・・・
36.名無しさん:2018年07月17日 21:31 ID:1AGZgHAL0▼このコメントに返信
欧州に海外旅行とか行くと分かるけど、WW1関連の慰霊碑とか相当あるし、向こうの人にとってWW2と比肩する程の惨禍と認識してるしな
高校レベルの日本史Bでも、WW1の伏線になった19世紀の欧州各国による植民地経営や、三国協商と三国同盟を教えるべきという議論は起こってるよ
37.名無しさん:2018年07月17日 21:43 ID:GoHuBjKJ0▼このコメントに返信
※34

実際には、日本が太平洋半分とインド洋全ての海上の安全保障を担って、マルセイユからカルカッタ、シドニー、東京、サンフランシスコの通商路確保を任されてたんだけど。

ドイツの太平洋艦隊が帝国海軍にビビって、日本海軍のいない南アメリカ方向経由で逃げようとして、イギリスにフォークランド沖でフルボッコにされた。
38.名無しさん:2018年07月17日 21:57 ID:yripLN6g0▼このコメントに返信
戦後日本の創造神話には、WW2から全てが生み出されたと記されているからな
それ以前の歴史なんてどうでもいい、いやマジで、パヨクはWW1の事とかホント何も知らない
39.名無しさん:2018年07月17日 21:59 ID:OFOUUSBX0▼このコメントに返信
対支和平まわりの話は本当に東条君あのさぁ…ってなる
40.名無しさん:2018年07月17日 22:02 ID:RIqVl36j0▼このコメントに返信
※35
逆に言うと序盤にドイツ側にしてやられ、そのまま勝ち逃げ(戦術的勝利という意味で)を許した。
数的劣性が表面化して苦戦に陥る前に、ヒッパーが上手く退いたとも言える。

※37
日本艦隊のみならずイギリス海軍の戦艦が中国と東南アジアに一隻ずつ控えてる西回り航路と、
戦艦どころか常駐している艦隊が存在しなかった南米経由の東回り航路のどっちがマシかと言えば子供でも分かる話。
41.名無しさん:2018年07月17日 22:08 ID:gv53l9xO0▼このコメントに返信
※37
日本海軍がインド洋全てを一括で任されたわけじゃないけどね
オーストラリア軍とかと共同で防衛線をしていた
有名なドイツ軽巡エムデンによるインド洋の通商破壊は、最後は日本の巡洋戦艦「伊吹」を含む護衛艦隊により阻止され座礁して終わった
42.名無しさん:2018年07月17日 22:48 ID:GoHuBjKJ0▼このコメントに返信
※41

オーストラリア(英連邦)の船は、シドニーだったっけ?巡洋艦だったかな。ともあれ、イギリスは最初、日本抜きでどうやって太平洋とインド洋を確保するつもりだったのか、ある意味、開戦当初の英外務省の無能混乱ぶりも面白い。

※40

それにしても、イギリスは世界中の絶妙な場所に植民地(補給港)持ってるよね。
43.古古米:2018年07月17日 23:48 ID:9GgXUdT.0▼このコメントに返信
大日本帝國は地中海に駆逐艦隊派遣して、イギリスの海上輸送業務を支援したんだっけ。
日本艦隊の働きに対して、イギリス議会で万歳三唱が起きたとか。
マルタに記念碑が有って、今上天皇陛下が慰霊に訪れたね。
44.名無しさん:2018年07月18日 00:00 ID:PAxat1Qb0▼このコメントに返信
無知もいい加減にしろよ
45.名無しさん:2018年07月18日 00:09 ID:keK3ZH230▼このコメントに返信
ロシア帝国が崩壊しなかったら、日本も中国に満州防衛を任せて手を引けたかもね。
・・・ロシアにレーニン送りつけたドイツは本当に疫病神だよね?

もっとも、日露戦争の時の戦時国債を支払い続けている日本に満州特殊権益を放棄する選択肢は無いし、
清朝領土内のモノは何もかも中華のモノだから、そこに居る者は外国人でも略奪殺害みんなオッケー!(例:義和団の乱、南京事件、第二次上海事変)
・・・な中華が黙って負担だけ引き受けるハズも無し。日本を攻めるならお助けします!と秘密条約で約束した挙句に 何 も し な い という日露戦争前と同じ状態になるのは明白。

経済的な利益だけ考えていれば、ドイツから勝ち取った青島をそのまま領有して、満州は中華に押し付けた方が良い。
だけど、ロシア相手には自国への侵略も自国民への民族浄化(例:沿海州)も気にしないで中立国義務を放棄する、当時の中華に満州は任せられないし。イヤー困った困った、
46.名無しさん:2018年07月18日 00:09 ID:keK3ZH230▼このコメントに返信
(続き)
結局、現実の歴史では、青島は第一次世界大戦に一兵も派兵していない中華に返還されましたね。
貰うものは貰っておいて、既存の条約の再確認や、中華の条約違反へのペナルティーでしかない21か条が問題だなんだと言える、中華人の鉄面皮ってスゴイと思う。
文句言うなら、日露戦争の戦時国債を今からでも中華に払って欲しいもの。中華が中立国義務を放棄していたからこそ、ロシア軍は中華領土を通って朝鮮半島に侵略し、侵略されたからこそ日英同盟が発効して日露戦争になった事を、あそこまで立派に無視できるのって日本人には出来ない芸当だと思う。

結局、中華が中華であり続ける限り、何をしても現実の歴史からそう遠くない歴史になったような気がしますね。
実際、蒋介石がパリ不戦条約を踏みにじって上海に攻め寄せた時、日本陸軍は在留邦人の総撤退を主張してますし。
まあ、日本の十倍の兵士を動員済みな中華と戦っても継戦能力的に絶対勝てないという帝国陸軍の判断は正しいものだったでしょう。

・・・それにつけても、蒋介石を焚きつけて侵略行為をそそのかしたドイツ軍事顧問団は疫病神だよね。ホント、ドイツは疫病神。
最近はドイツ=中華の経済的一蓮托生体制が危機に瀕しているから、日本も気を付けた方が良さそう・・・
47.名無しさん:2018年07月18日 00:22 ID:aJ.F8OU40▼このコメントに返信
※45 46

そもそも、対独宣戦布告のときに、ドイツの三国干渉への恨みから、嫌がらせのように「極東の平和のため、シナに返還する目的から、青島と山東を日本に引き渡すべき」だって言っちゃったから、アホなシナ政府と国民が、日本側にナメきった態度を取るようになってしまったんだよね。
48.名無しさん:2018年07月18日 00:35 ID:V4OBON280▼このコメントに返信
ドイツ軍の捕虜から習ったソーセージの話かとオモタ、
49.名無しさん:2018年07月18日 02:48 ID:keK3ZH230▼このコメントに返信
※47
そだねー。

世界に冠たる中華!っていう幻想を維持する為にロシア/ソ連の侵略からは目を逸らして、唯一中華人の基本的人権を認めている日本に戦争ふっかけるなんて、それ何処のアイディード将軍ですか?って感じですよねー。民間人を弾除け代わりにするのまで一緒でビックリですよねー。

足元見たつもりが、結局国を失い台湾に逃げ込むテイタラクなんですから、身から出た錆とわ言え失笑は自制しようと思っています。プハ!

だけど、真面目な話し、タリバンやサダムフセインに勝ったアメリカも、アフガニスタン国軍や、イラク国軍を再建しているように、
最低限の国力と自衛力を持たせないとソマリアや国民党政権時代の中華みたいになっちゃうし、
そもそも中華は義和団の時からテロ支援国家でしたからネー。

ちゃんと国力を養って、普通の主権国家になって、北から迫る脅威に立ち向かって欲しかったというのが日本のホンネでしょう。

・・・結局、毛沢東がアムール川の中洲でロシア人と戦うまで、東亜病夫の病原は放置されていた訳ですから、現実の歴史から逸脱するには、
①ドイツ軍事顧問が「ロシアより日本を先にやっつけましょう!そうすれば上海の権益は独華でヤマワケ!」という誘惑に負けない
②もしくは積年の人種差別感情と決別して日本を同盟国とする。(日露戦争後に仏が英を同盟国としたように)
等のいささか非現実的な選択を中華がする必要が・・・ってやっぱ無理ッポいか^_^
50.名無しさん:2018年07月18日 06:47 ID:FyJkLwZi0▼このコメントに返信
普通に政治経済の両面から学校で習うやろ...
軍事関連とかは習わんけどさ
いや習うよな?ゆとり以降なくなったの?
51.名無しさん:2018年07月18日 06:48 ID:KzS2k8c00▼このコメントに返信
結局、中華が力を持つと弱いところに向かって攻め始めるからアカン、ということか。

強いところからの防壁になる(周辺国と共に安定するために)のを皆期待してるんだろうし、それでこそ朝貢関係が成り立つんだろうにな。
52.名無しさん:2018年07月18日 07:11 ID:pBYK.3f40▼このコメントに返信
WW1で儲けた利益がありながら、金融対策が無能すぎて自滅してるんだよなぁ。
53.名無しさん:2018年07月18日 12:04 ID:tL7VnXSq0▼このコメントに返信
※8
そりゃ三国同盟前までは中国を軍事支援したくなりますわ
54.名無しさん:2018年07月18日 15:06 ID:0GALsMlr0▼このコメントに返信
※50
日本の威勢が良かった頃の事は極力教えない教師が多いんだぞ
55.名無しさん:2018年07月18日 17:59 ID:gbqKv.w70▼このコメントに返信
※38
アイツら日本憎しで元寇や朝鮮出兵の内容ですら捏造するからな
56.名無しさん:2018年07月18日 22:10 ID:xQBY7zPE0▼このコメントに返信
※7
ちがうよ
日英同盟は極東で日米間の利害衝突が起きると英米関係が悪化する、という英米双方によろしくない状況をもたらす。
なのでアメリカにとって日英同盟解体は元々持ってる外交志向。
英にとっては日本が無力な存在のうちは東アジアの番犬として利用価値はあるが、国力が増してくると上記リスクが許容外になってくる。
で、やらかしちゃったのがシベリア出兵での協約違反な多すぎ派兵と居座り。
挙句に緩衝国でっち上げまで画策するから、英不信感→同盟破棄
アメリカは待ってましたと新秩序構築→ワシントン体制

欧州派兵は関係ない。
57.名無しさん:2018年07月19日 04:04 ID:odwcCanv0▼このコメントに返信
※56

あんたも違うよ。そもそも、日米がいくら極東で衝突しても、英米関係には全く影響が出ない。極東っていうと普通は中国大陸問題だけど、ヨーロッパ各国には、中国を含む植民地問題で、本国の安全保障にかかわる紛争を起こさない、っていうのは当時の暗黙の了解。むしろこれが壊れたのは、ワシントン会議で幣原が中華民国をわざわざ九ヶ国条約の調印当事者に格上げして以降だよ。

そもそも日本を抑え込むつもりなら、わざわざワシントン会議で、太平洋を日米で二分割(大西洋は英米で二分割、インド洋は英)なんて提案をしないわな。

日英同盟破棄は、アメリカの軍事費削減指向から、日英両方の海軍に対抗する海軍を作るのを嫌がったハーディング大統領の画策と、英連邦オーストラリアの反日感情に手を焼くイギリスの妥協、さらに幣原の無能さが合わさった結果であって、イギリスはワシントン会議ギリギリまでずっと日英同盟破棄には及び腰だったし、30年代に到っても日英同盟復活を常に考慮してたからね。

日英同盟復活が成らなかったのは、最後までアメリカが嫌がった事と、日本が本気にならなかった事が原因だよ。イギリスも、アメリカの顔色を無視して外交が出来ない時代になってたからね。

お名前