スポンサーリンク

2018年07月17日 11:05

もし戦国時代の夏が常時この3連休レベルの暑さだったら

もし戦国時代の夏が常時この3連休レベルの暑さだったら

05

引用元:もし戦国時代の夏が常時この3連休レベルの暑さだったら
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531728835/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:13:55 ID:Jsl
暑すぎて合戦なんてできないから歴史がだいぶ変わったかもしれん

2: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:16:21 ID:lX7
かなりありそう

3: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:16:46 ID:NCY
それはそれで適応したやろ

4: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:17:38 ID:cNl
暑いから合戦やめよ?

5: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:18:40 ID:3Ur
確か戦国時代って小氷河期って言われてて真逆の気候やろ
夏に雹が降ったりとか

6: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:18:44 ID:Og1
戦術レベルでの変更はありそうやな
日陰とかを取った方が勝ちやすいとかな

7: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:19:53 ID:J31
熱中症続出やろ
北海道に上洛しそう

10: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:21:13 ID:orJ
熱中症対策できたとこが天下とりそう

45: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:48:02 ID:lX7
>>10
現代の熱中症対策の意識にも影響しそう

11: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:21:57 ID:Fqg
熱いから明日にしようや~
→わかった~
→そのまま有耶無耶になって平和に

12: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:22:23 ID:wFu
鎧なんて自殺行為やろ

13: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:23:27 ID:MG4
四国や九州は暑すぎて夏は休戦状態になりそう
その裏をかいて攻め入る奇策

14: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:23:30 ID:OHA
春秋に攻め入るのが常識になるが
それを逆手にとってみんなあ油断してる夏に攻め込む奴が出てくる
天下を取れるかは知らん

15: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:24:25 ID:wFu
冬将軍ならぬ夏将軍やな

16: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:24:29 ID:I2P
夜討ち朝駆けがメインに

17: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:25:16 ID:J31
というか水を求めて常に争ってそう

18: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:26:02 ID:2fO
農民「は? この季節に戦争だぁあ? アホなの?バカなの? 年貢払わねえぞカス!」

19: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:26:18 ID:I2P
実際水源地を巡る争いはあった

20: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:26:19 ID:aMi
なんか、平和な世界だったのかもな

21: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:26:26 ID:3BN
衛生情態最悪で食中毒になりそう

24: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:27:28 ID:QEX
>>21
熱帯みたいになって病気が蔓延するのはマジでありそう

25: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:28:22 ID:3BN
>>24
死人続出で全国から戦が消えるな

22: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:26:56 ID:3Ur
攻城戦で砦の中から熱湯浴びせるのは普通にあったんだな

23: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:27:05 ID:iyJ
鎧廃れそう(小並感)

26: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:29:07 ID:3BN
農民も暑さでへばって働かない南国人みたいになりそう

42: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:44:26 ID:QEX
>>26
これになってしまうとスペイン人とかポルトガル人に征服されて植民地ルートやな

27: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:31:59 ID:MG4
農民も農作業どころじゃないよな

28: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:32:02 ID:QEX
中世ヨーロッパで重鎧突撃が発達したのも寒かっただしな
全体的に鎧が軽めになるかな、暑いと

30: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:33:14 ID:P5b
【悲報】武田軍、塩分不足で敗北

33: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:34:21 ID:3Ur
>>30
実は馬は人間の比較にならないぐらい塩を消費するんだな

36: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:37:38 ID:P5b
>>33
武田の騎馬隊やなくて武田の肩車隊になっていた可能性が微レ存…?

31: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:33:23 ID:3BN
そら暑いのに動いたら余計暑いしな
頭も働かんし

32: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:34:17 ID:MG4
異常気象で豪雨や台風が増えると農業生産が不安定になって
食料不足と水不足からの争いは増えそうだけど暑くて戦えない

34: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:36:11 ID:J31
中東の帝国とかようピラミッド作ってたな

35: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:36:59 ID:3BN
>>34
中東は乾燥してるから言うほど暑くない
砂漠なんか夜は寒いで

38: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:38:59 ID:wFu
黒と赤の甲冑見ると腹立つから涼しい色にしろって廃止されそう

39: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:40:13 ID:Ljd
伊達政宗が北東北に勢力伸ばして避暑地作りそう
下手すりゃ道南まで征服してたかもしれん

40: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:41:36 ID:3BN
>>39
伊達家が幕府開いてた可能性が微レ存?

43: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)17:44:53 ID:xx1
昔は涼しかったしね

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年07月17日 11:11 ID:kgDv4bDb0▼このコメントに返信
この後の展開考えるのに面白い視点だな
2.名無しさん:2018年07月17日 11:19 ID:s9Fb1XhR0▼このコメントに返信
あの頃ってたしか氷河期になるんだっけ?
3.名無しさん:2018年07月17日 11:19 ID:StruqVK10▼このコメントに返信
徳川の左遷先が群馬辺りになりそう
4.古古米:2018年07月17日 11:19 ID:J3WD.Rv30▼このコメントに返信
盆地が悲惨な事になる。
5.名無しさん:2018年07月17日 11:20 ID:avJ4mm.g0▼このコメントに返信
暑いとみんなイライラして小競り合いは増えそうに思うけど、個人レベルじゃなくてある程度の集団を作ろうとすると熱中症で倒れるやつとか出始めて軍団としてまとまれなくなりそうな気がする(笑)戦の最中でもシエスタとらんといけないルールとかできそう。それか涼しい夜だけに戦が限定されるとかで夜間照明技術が発達するとか。
6.名無しさん:2018年07月17日 11:21 ID:gc.XroYM0▼このコメントに返信
食料不足で戦をやるだろ と思ったがコメの三毛作がいけるか
7.名無しさん:2018年07月17日 11:23 ID:ioREM3sp0▼このコメントに返信
屋根裏で熱中症になるNinjyaが続出の巻
8.名無しさん:2018年07月17日 11:28 ID:8EEogfFl0▼このコメントに返信
鎌倉時代は今よりもっと暑かった訳だし、気温による停戦とかは無いんじゃないかな。
むしろ暑さで敵が参っているからこそ攻め時。
9.名無しさん:2018年07月17日 11:28 ID:neB6CN.I0▼このコメントに返信
騎馬戦が無くなる。
水源の確保を最優先とする。
10.名無しさん:2018年07月17日 11:29 ID:aNI6mTlG0▼このコメントに返信
熱かったらそもそも戦国時代になってない
11.名無しさん:2018年07月17日 11:32 ID:8EEogfFl0▼このコメントに返信
家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり。

徒然草にもこのように書かれてるから、当時の夏は現代人では想像もつかないぐらい酷暑だったんだろう。
12.名無しさん:2018年07月17日 11:33 ID:.DpJhd7v0▼このコメントに返信
暑けりゃ戦争しないっていう慣習を破って四六時中やり始める義経みたいな奴が出てきてそのやり方が常道になるか、そいつぶっ殺して依然変わらないところに戻る
13.名無しさん:2018年07月17日 11:35 ID:mXHBNYlK0▼このコメントに返信
言っとくけど冬は当時の方が寒かったからな
江戸末期には江戸で2メートルの積雪があったとかって話もある
14.名無しさん:2018年07月17日 11:38 ID:YX2k60Bf0▼このコメントに返信
そもそも農作業のある季節に戦わない
15.名無しさん:2018年07月17日 11:39 ID:Tt6BoEKg0▼このコメントに返信
木崎原の戦いは伊東側があまりの暑さに甲冑を脱いで川で水浴びしてたのが大敗の原因になった
今のような暑さが続くなら、一番熱い時間を避けるとか甲冑の形状が変わるとか少なからずの影響はあったろうね
16.名無しさん:2018年07月17日 11:44 ID:ShR3OIkw0▼このコメントに返信
秀吉「高松城を水攻めしたらリゾート気分で籠城されたでござる」
17.名無しさん:2018年07月17日 11:45 ID:g2K6yge80▼このコメントに返信
※14
真夏は農閑期だよ〜
18.名無しさん:2018年07月17日 11:46 ID:MUxb4TD40▼このコメントに返信
そんな昔から気温高かったら現代なんて100℃こえるぞ!!!
19.名無しさん:2018年07月17日 11:52 ID:8EEogfFl0▼このコメントに返信
※18
昭和の後半は気温が江戸時代並に低く、食糧不足が頻発してたから。
戦時中は今と変わらないぐらい暑かったそうだけどね。
気温は右肩上がりで上昇しているのではなく、四季の移ろいで上下するように常に変動してるのよ。
20.名無しさん:2018年07月17日 11:56 ID:.hzrn6PF0▼このコメントに返信
戦をする時間が偏るだけでしょ
農作業だって本当に暑いところは昼間は極力やらん
21.名無しさん:2018年07月17日 11:56 ID:pEXZay950▼このコメントに返信
避暑地として北海道とか東北が栄えてそう
22.名無しさん:2018年07月17日 12:00 ID:ss60N0.L0▼このコメントに返信
札幌幕府を開いて、首都札幌でええやん。
23.名無しさん:2018年07月17日 12:02 ID:TUUXNYGx0▼このコメントに返信
赤道直下の地域が発展してないのはそういうことよね
みんなダレて活動が鈍る
24.名無しさん:2018年07月17日 12:02 ID:Hg5.whfx0▼このコメントに返信
日本海側が中心になるだけだな
25.名無しさん:2018年07月17日 12:03 ID:iEaezSsb0▼このコメントに返信
火縄銃のかわりに水鉄砲🔫
26.名無しさん:2018年07月17日 12:04 ID:As.2fVJ.0▼このコメントに返信
※2
桶狭間の戦い辺りから徐々に気温が上がっていくってセンゴク外伝の桶狭間のやつに書いてあったな
27.名無しさん:2018年07月17日 12:05 ID:TgJoO41U0▼このコメントに返信
冷害が緩和されコメの生産が安定して東北が関東平野並みに栄えそう
甲信越では雪消えがずれる為、合戦の勝敗に影響しそう
京都は暑さで無事死亡
28.名無しさん:2018年07月17日 12:05 ID:43e81g.10▼このコメントに返信
室町時代の戦記物に、敵の急襲があったときに兜だけつけて褌一つに武器持って(要するに裸)応戦したって話があったようだし、
利害対立があるのなら暑くても(それに対策して)普通に戦闘するんじゃね?
29.名無しさん:2018年07月17日 12:07 ID:ffVO.jwn0▼このコメントに返信
5月から9月ぐらいの農繁期はそもそもあんま戦争せんかったろ
30.名無しさん:2018年07月17日 12:08 ID:e.oF5SV.0▼このコメントに返信
どこの国でも寒くて食料が取れないから戦争するんだから、暑かったら戦国時代になってないわ
31.名無しさん:2018年07月17日 12:09 ID:oriTM.f80▼このコメントに返信
元から暑いと戦ってない定期
具足つけるから暑いと戦えない
戦かう瞬間だけじゃなくて行軍中もつけてるわけだし
中にはレアケースもあるけど基本は秋~春まで 寒い地方はそれの降雪期抜き
32.名無しさん:2018年07月17日 12:12 ID:RxI7S44.0▼このコメントに返信
※14
これ、意外に知らない奴が多いんだな
足軽って農民の徴兵だから、春秋の農繁期は基本的に戦はしない
夏の気温が上がると冬しか合戦はできないってことになる
33.名無しさん:2018年07月17日 12:16 ID:vEp0vWce0▼このコメントに返信
東北、米が増量
34.名無しさん:2018年07月17日 12:17 ID:.RP4FMHP0▼このコメントに返信
信長「足軽は全員弥助にしておいたぞ」
35.名無しさん:2018年07月17日 12:22 ID:WYKt01DY0▼このコメントに返信
コンクリ無し森林多いからそこまでむごくならないと思う。
沖縄とかは日中暑くても東沈むと気温も直ぐに下がるから(市部除く)
36.名無しさん:2018年07月17日 12:22 ID:Vd4UlsvQ0▼このコメントに返信
日本の場合、今より温暖化すると農業生産、特に米と麦は光合成の性格上収量上がる予想が、、、
少なくとも東北での米作は安定するわけで、、、

つかシュペーラー極小期が終わった頃、戦国時代は始まったので
その前100年よりは戦国時代は温暖で記録に残る大飢饉も減ったのよ、、、
だからさらなる温暖化はより生産性を上げ、その蓄積された富は東北や関東勢
まぁ上杉謙信や武田信玄のより早い上洛も可能にしたかも、、、
37.名無しさん:2018年07月17日 12:23 ID:ZFbDVjup0▼このコメントに返信
※32
んじゃ北陸は年中戦出来ないな。上杉謙信は出現しっこない。気温上昇したらヘタしたら北陸は雪が増える。雨が多くなると讃岐は米豊作麦不作でうどん県じゃなくなるなw
38.名無しさん:2018年07月17日 12:24 ID:7FfmMRhC0▼このコメントに返信
米作らんと財政破綻するからなw
39.名無しさん:2018年07月17日 12:29 ID:YWhBh7OT0▼このコメントに返信
基本的に夜間戦になりそう
鎧より迷彩服が重宝されるようになってたかな
40.名無しさん:2018年07月17日 12:31 ID:AqNYHsjF0▼このコメントに返信
脱糞公「こ、これは溶き味噌じゃ・・・」
41.名無しさん:2018年07月17日 12:32 ID:Vd4UlsvQ0▼このコメントに返信
※32
農繁期だから戦争しない、じゃなくて、、、
戦争するだけの資源(作物)がないから戦争してなかっただけの話で、、、

兵站に余裕あれば田植え時期でも戦してたわけで、、、桶狭間なんて田植え真っ盛りの新暦6月12日ですしね、、、
42.名無しさん:2018年07月17日 12:32 ID:tHSpgfJJ0▼このコメントに返信
※32
調べてみるとすぐわかるけど、夏の戦って結構多いよ
代表的なとこだと桶狭間とか、長尾景虎による小田原城包囲とか、まぁたくさんありすぎて例を出すもの大変なくらいはある
単発の合戦でなくとも、春スタートで冬まで対陣とかざらにあるから、農繁期云々ていうのはあまり当てにならない

多分この勘違いは足軽=農民ってとこだと思うけど
彼らは確かに普段農作業、有事に軍役を果たすって人たちだけど
ガチの農民じゃなくて、軍事力を供出する代わりに田んぼもらって免税減税をしてもらってた人らだよ
軍役衆とか郷士とか地侍とか一領具足とかいろいろ呼び方あるけど、室町時代には年がら年中戦ができるシステムが出来上がっていた。
43.名無しさん:2018年07月17日 12:38 ID:V5JePx1o0▼このコメントに返信
インドなんか素っ裸で戦争しとったぞ
毎年1万5千頭も戦馬を輸入し、戦象まで投入しとった
俺たち現代人は想像できないんだよ
戦国時代の益荒男の荒々しさをな!
44.名無しさん:2018年07月17日 12:50 ID:iPpUr2rd0▼このコメントに返信
砂漠の昼はやばいって。
鳥取砂丘で体験しとけ。
45.名無しさん:2018年07月17日 12:53 ID:JXkLe9Re0▼このコメントに返信
ダンジョンを巡るファンタジーみたいに、一日中フルメタルプレートの金属製の鎧を着ていたら、熱いどころか火傷してしまうんだろうな。
46.名無しさん:2018年07月17日 12:56 ID:eM6koFzb0▼このコメントに返信
米が豊作続きで戦国時代が自然消滅していたと思う。
特に甲斐とか伊勢とかは戦争の理由が無くなってしまう。
47.名無しさん:2018年07月17日 12:58 ID:HcsH0UsD0▼このコメントに返信
俺が将なら火計使いまくり。
田の不足分は隣国略奪で賄う政策。
48.名無しさん:2018年07月17日 13:00 ID:WYKt01DY0▼このコメントに返信
厳密に言うと農繁期は春~初夏の代掻きして稲植えるとこ迄と秋の稲刈り・脱穀時期で、真夏は少し暇。
49.名無しさん:2018年07月17日 13:10 ID:iHuxiL7a0▼このコメントに返信
こんなに暑かったら戦なんぞやってられっか,となって,
河原に敵味方集合,冷酒でお国自慢歌合戦となるべ.
50.名無しさん:2018年07月17日 13:19 ID:Idevt6150▼このコメントに返信
飢饉にならなくてそもそも戦をする理由が無くなった可能性
51.名無しさん:2018年07月17日 13:20 ID:.a1mW2BU0▼このコメントに返信
どのみち塩は送るだろ日本人だもの
52.名無しさん:2018年07月17日 13:23 ID:lzfNpxas0▼このコメントに返信
史実よりも東日本が発展しただろうな
53.名無しさん:2018年07月17日 13:23 ID:BLzGhC9x0▼このコメントに返信
多くの地域で夏の昼間に働かない風習ができて土人化してたと思う
水害と土砂災害まで考えたら、田畑と鉱山も悲惨な事になってそう……
54.名無しさん:2018年07月17日 13:26 ID:lzfNpxas0▼このコメントに返信
ところが今の日本をみていると、東北や北海道が悲惨で、むしろ九州の方が出生率が高くて勢いがある印象がある。
好き嫌いの問題はあるが、事実として中韓の観光客も九州は近い場所として金を落としていく傾向がある。

このまま温暖化が継続するとどっかで流れ逆転するんかな。
55.名無しさん:2018年07月17日 13:29 ID:ZQrK5pPZ0▼このコメントに返信
※47
俺が隣国の将なら、報復で※47の農村襲って略奪するぞ
56.名無しさん:2018年07月17日 13:30 ID:7VdbEWfh0▼このコメントに返信
長篠の合戦や桶狭間の戦いは入梅前の5月初旬、関ケ原の戦いは9月15日で夏っぽいけど大阪夏の陣なんて夏と言ってるけどあったの4月なんだが
織田家みたいな常備軍持っとる大名やないと、夏は繁農期で農民を徴兵できんから言うほど合戦やっとらんで
57.名無しさん:2018年07月17日 13:32 ID:IfPViUPA0▼このコメントに返信
全世界アフリカ土人みたいな文化になりそうw
58.名無しさん:2018年07月17日 13:35 ID:0XY6v0Ik0▼このコメントに返信
中東に比べれば涼しいんだから戦争は無くならないだろ、中東はその状況で戦争してたんだから
59.名無しさん:2018年07月17日 13:41 ID:g2K6yge80▼このコメントに返信
※53
江戸時代、江戸の市中では、夏の間、町民は昼間働いてなかったよ。
その分、朝が早かったんだけど。
サムライの勤務時間なんか、夏以外でも朝10時から昼2時。
お昼休みあり。
ただし、商家の丁稚奉公はブラックだった。
60.名無しさん:2018年07月17日 14:07 ID:eM6koFzb0▼このコメントに返信
※45
> ダンジョンを巡るファンタジーみたいに、一日中フルメタルプレートの金属製の鎧を着ていたら、熱いどころか火傷してしまうんだろうな。

プレートメイルが日に焼けて熱を持つのを防ぐための日除けとしてのマント(mantling)が標準装備やったんやで。
マントは肩やなくて、ヘルメットに止めとったんやで。
ヘルメットの上からマントを被って、その上からリースって言う輪っかを嵌めて止めとったんやで。

61.名無しさん:2018年07月17日 14:11 ID:rx9.RFkD0▼このコメントに返信
普通は農閑期にやるから収穫前の今の時期は合戦少ないと思うぞ。

百姓が暇になるから動員できるのよ。
62.名無しさん:2018年07月17日 14:19 ID:tLx.1Ot00▼このコメントに返信
暑過ぎて甲冑が着れない・・・裸で戦うか春や秋に戦が多く成りそう、
63.名無しさん:2018年07月17日 14:34 ID:kyiAWzJr0▼このコメントに返信
そんな事はない。
タイにあった王朝と、ミャンマーにあった王朝とは、季節関係なく戦争を続けてた歴史がある。
北インドを征服したイスラム王朝も、季節関係なくインドに攻め込んでる。でも、あるイスラム王朝は、あまりの暑さに辟易して、アフガニスタンに戻って、そこから北インドを統治したけれどね
64.名無しさん:2018年07月17日 15:12 ID:.DpJhd7v0▼このコメントに返信
※60
マントって上から振ってくるウンコが服や鎧に付かないようにするための楯じゃ無かったか
65.名無しさん:2018年07月17日 15:24 ID:V0CtRaon0▼このコメントに返信
兵糧戦がやりやすいだろうなぁ。
すぐ腐っちゃうし傷みそう・・保存食だから平気かもしれんけどー。
66.名無しさん:2018年07月17日 15:28 ID:tHSpgfJJ0▼このコメントに返信
※64
マントは一枚布の外套の総称や、おそらく古代よりももっと昔からある
風雨や寒さを避けるためにつけるのが一般的だけど、※60の挙げたように日差しを避ける目的でも使われた
日常的に身につけるものだから、形状や長さで権力の証みたいに使われるようにもなった。
67.名無しさん:2018年07月17日 15:29 ID:H28dQD9b0▼このコメントに返信
戦以前に民が滅びそうw
68.名無しさん:2018年07月17日 15:42 ID:CZh.Lo530▼このコメントに返信
黒い鎧がなくなって水色とかミントグリーンとかレモン色の鎧になる
69.名無しさん:2018年07月17日 15:47 ID:KLR2PGSe0▼このコメントに返信
海面が下がって耕作面積が広がっていて、石高に影響があっただろうね。
70.名無しさん:2018年07月17日 15:53 ID:tLx.1Ot00▼このコメントに返信
※63
日本の夏は湿度という物が在ってだな
71.名無しさん:2018年07月17日 15:53 ID:56wjFmd80▼このコメントに返信
信長あたりが軍用にラクダ輸入しそう、パステルカラーの甲冑着けた弥助部隊で攻め込む合戦図屏風を見たい
72.名無しさん:2018年07月17日 16:02 ID:LXORtPOz0▼このコメントに返信
背景を考えると、応仁の乱はそれでも不可避だったろうから戦国時代は開始されるだろうな。
しかし、戦国時代の最終的な勝者は経済戦争での勝者でもあったことを考えると、案外結果は変わらないかもしれないな。
北関東や東北の強者は冷害を免れることで、埋もれていた商才を発揮する機会を得たかもしれないか…

ここのサイトにしては、随分面白い記事をまとめてくれたな、感謝。
73.名無しさん:2018年07月17日 16:03 ID:eGjFeY.V0▼このコメントに返信
というか、この暑さが戦国時代にあればお米は大量に取れるだろうから、
そもそも合戦がほとんど起きないで済む。
冷夏で飢饉や不作が発生して食糧不足になり近隣に略奪ってのが戦国時代のほとんどの戦争だから。
74.名無しさん:2018年07月17日 16:11 ID:.NMs2gdX0▼このコメントに返信
東北に冷害が起きず稲が育つので新潟、秋田が米どころになり、東北勢の勢力が増し
逆に九州勢は、干害や水害で田畑を失い、勢力減退で立場が逆転するから
敗北が敗南に変わるかもね
75.名無しさん:2018年07月17日 16:56 ID:Aa.oQyEa0▼このコメントに返信
※68
そんな仮面ライダーが居たような…
76.名無しさん:2018年07月17日 16:57 ID:Uin1wkxb0▼このコメントに返信
大阪城の掘りを埋めた事を後悔するのが徳川軍になるだろな
77.名無しさん:2018年07月17日 17:02 ID:.Xdi7zIN0▼このコメントに返信
徳川綱吉「俺、館林にいたんだけどね」
78.名無しさん:2018年07月17日 17:16 ID:.aEOuL.Y0▼このコメントに返信
水攻めで両軍うっきうきになるんだろうな
79.名無しさん:2018年07月17日 17:23 ID:sxqA.myA0▼このコメントに返信
なろう主人公軍師「この暑さでは戦争にならないと思っているでしょう。その隙をつくのです、今こそ攻め時!」

俺ら「帷幕ん中で軽装ですっこんでるバカにンなこと言われたくないわ。誰が従うかバーカバーカ」

なろう主人公軍師「なんという無知無能!俺の作戦がわからないなんて!」
80.名無しさん:2018年07月17日 17:36 ID:D5j77b4l0▼このコメントに返信
ここまで熱帯気候な世界なら、そもそも日本中ジャングルだらけや。
81.暴君:2018年07月17日 18:07 ID:911wD6G10▼このコメントに返信
 
 戦国時代なら

戦は、秋の刈り入れ後にするんじゃないの、

兵糧を確保してからじゃないと戦なんかできないだろ。

 てか、雑草が蔓延ったりマラリアが流行ったりで、戦どころじゃないかも。w
82.名無しさん:2018年07月17日 18:30 ID:gcnyCTrQ0▼このコメントに返信
千利休(せや、かき氷に抹茶かけたろ)
83.名無しさん:2018年07月17日 18:44 ID:D68fimwn0▼このコメントに返信
当時は防疫技術や衛生技術が乏しかったから大変不衛生であったろう。
兵糧については当時はMREやカンメシの様なレトルトや缶詰の技術などなかったから保存食は暑さで腐敗し、飲料など真水だったから直ぐに食中毒で体調不良になったり、蚊やダニなどの病原菌の媒介で倒れるものも多かったろう。
84.名無しさん:2018年07月17日 18:54 ID:.NMs2gdX0▼このコメントに返信
※41
農繁期に合戦する場合は、農地を荒らさない様に合戦場を取り決めしていたんだよ
85.名無しさん:2018年07月17日 18:58 ID:eDphLX4X0▼このコメントに返信
※81
そうでもない。
川中島の200日対陣、農繁期に行われた信長の上洛軍、上杉謙信の関東出兵、小田原城の戦い、秀吉の長期間に渡る攻城戦。
数年にわたる毛利対大友の北九州攻防戦。大内の上洛戦で長期上方に遠征。島津の北九州遠征、石山本願寺包囲戦。
探せばいっぱいあるよ。
信玄なんか兵農分離してないけど農繁期に出兵しまくり。
86.名無しさん:2018年07月17日 19:04 ID:eDphLX4X0▼このコメントに返信
※84
んなわけない。
戦国関東本読んでみん。
上杉軍やりたい放題だよ。
それとか徳川の高天神城攻めとか。
田畑狩りまくりだよ。
籠城した相手の士気を下げる、おびき寄せる、相手の経済に打撃与えるなど落とせる見込み無くても嫌がらせに青田刈りして退却。戦国時代はあちこちで青田刈りしてるよ。
87.名無しさん:2018年07月17日 19:14 ID:XiE0Z1e10▼このコメントに返信
冗談抜きで、今から小氷期に突入するて知ってる? 「宇宙天気ニュース」10年くらい毎日見ているけど、最近は極端に「 無黒点太陽 」
の日が多くて NASAの観測でも 太陽の照射エネルギーが徐々に減ってきている傾向が指摘されているんだよ! また 有史以来の様々なDATA からもそろそろ小氷期に入ってもおかしくないらしいよ。(樹木の年輪調査などの統計手法のDATAなど)
88.名無しさん:2018年07月17日 19:44 ID:7euWramj0▼このコメントに返信
平安京が疾病まみれの土地になるな
89.名無しさん:2018年07月17日 19:47 ID:eM6koFzb0▼このコメントに返信
※68
武田の赤備えが桃備えになっていたかもしれんかったんか...
90.名無しさん:2018年07月17日 20:08 ID:.DpJhd7v0▼このコメントに返信
※86
今青田買いという言葉で残ってるが元来は青田刈り
収穫前の稲をばっさばっさ斬りまくるっていう兵糧攻めの一種があった
91.名無しさん:2018年07月17日 20:17 ID:2R6MjJJ.0▼このコメントに返信
>>5
雹が寒いと降ると思ってるヤツが、偉そうに書き込むとは……
92.名無しさん:2018年07月17日 21:00 ID:.NMs2gdX0▼このコメントに返信
※86
青田刈りは敵国の生産力を落とす目的で行う破壊活動で合戦じゃないよ
93.名無しさん:2018年07月17日 21:24 ID:eDphLX4X0▼このコメントに返信
※92
上杉がなんど嫌がらせの青田刈りして帰国してると思ってんだ。
占領して領土経営する気ゼロ。
また青田刈りすることにより確実に相手は疲弊する。兵糧も減るし年貢も減るし経済ガタ落ち。
北条は凶作の所に上杉に何度も荒らされた領土が荒れまくりで農民が逃げまくり農民減る事態に頭悩ませ氏政に家督譲って徳政令だしてるほど。
青田刈りされて経済に影響ないとか話にならないな。

94.名無しさん:2018年07月17日 22:50 ID:mzwyhU9B0▼このコメントに返信
※89
武田には素肌攻めがあるから!
95.名無しさん:2018年07月17日 23:24 ID:.jZcJctA0▼このコメントに返信
遷都して
蝦夷が首都へ、、とか。
96.名無しさん:2018年07月18日 03:40 ID:ZHtMCoxU0▼このコメントに返信
暑さで合戦ができないというならば、逆もまたしかり。

実際は小氷河期だったといわれる戦国時代に
雪山掻き分けて進む謙信の軍隊や、さらさら越えの佐々成政とかマジキチだな

現代みたいなテントや軽量防寒素材のない当時、どうやって今より雪深い豪雪地帯の
雪山の夜を過ごして進軍したのか興味が尽きない。
97.名無しさん:2018年07月18日 14:21 ID:O5RVYPWL0▼このコメントに返信
別段秋だろうが夏だろうが関係なく年中戦しとったやん。
雪が多くて進退困るから攻めないということもあったけど、それもごく一部。
それに暑さでへばってなんて言うてたら戦出来んくなって国滅ぶわ。
そんな悠長なこといってるのは現代人くらい。
暑さ寒さでなにもしないならここまで人は増えん。


甲冑の形状、戦略、規模…諸々に影響するとは思うが、根本的に戦の理由とかは変わらんて。
原因が飯なら飯のため、経済のためなら経済のため、権力のためなら権力のため。
話し合いで決まらんから戦する。
それは古今東西変わらんよ。
98.名無しさん:2018年07月24日 12:35 ID:0dmNtU9U0▼このコメントに返信
塩云々は謙信があえて塩を送ったわけでもなく太平洋側の塩が甲斐に届かなくなったことをしって
日本海側の塩商人が儲けるチャンスだと売りに行っただけだからなぁ

お名前