2018年07月16日 14:05

「日本刀は3~4人も斬れば人の脂のせいで棒のようになる」←これってつまり

「日本刀は3~4人も斬れば人の脂のせいで棒のようになる」←これってつまり

02

引用元:「日本刀は3~4人も斬れば人の脂のせいで棒のようになる」←これってつまり
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1531658290/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:38:10.203 ID:CM2qvnla0
最初から棒で戦ったほうが結果的に得をするよっていう棒業界のステマだろ?

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:38:41.914 ID:3vtPnzjP0
試したことないから分かんない

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:39:04.279 ID:4EScqiyA0
3~4人切れるなら切れるに越したことはない

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:39:09.187 ID:Tr2Fu38ta
三人も四人も目の前で斬られてなお戦うとか相当だなおい

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:39:29.695 ID:c5I4rz5Br
前半は刃物として使えて後半は棒として使える一粒で二度美味しい武器

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:39:32.402 ID:wnj5IUdB0
切れるぞ

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:40:38.022 ID:tqmkjOLL0
じゃあ棒は3~4人切れるんですか?って話ですよ

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:41:34.000 ID:wbhcy14R0
簡単だよ
銃や弓、槍を使えばいい
実際に刀は最後

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:42:25.274 ID:2Qu06j4U0
だから突き刺すようになった

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:42:28.395 ID:0niS4I1ep
1人で数人切れれば十分だろ
何十人も切らないよ

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:44:58.503 ID:TL8hW37s0
買ってきたお肉切った包丁は三回や四回で切れなくなるんか?という話では

185: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 23:10:05.656 ID:wbhcy14R0
>>26
骨まで断つのなら研ぐわな

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:45:27.620 ID:ftmdkijI0
じゃあ3~4人切った後ライターで火付ければいいんじゃね?

40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:46:58.181 ID:TBXmafJud
切れない鉄の棒でも武器として十分じゃね

43: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:47:22.580 ID:XT2wOs/h0
実際に試した人いないの?

104: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:04:27.644 ID:bSeYhfza0
>>43
足利義輝は名刀を畳に何本も刺してとっかえひっかえ戦って斬りまくった
まあ創作なんだけど

58: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:50:15.169 ID:Ds88Xr4L0
3-4人切るとかかなりの強者じゃん

92: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:00:00.852 ID:q8bc+Lwj0
七人の侍で地面に刀刺しまくるシーン知らないのかお前ら

204: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 23:31:12.480 ID:1dwW+6ARd
>>92
「刀は使い捨ての消耗品」って割り切ってる感じが超クールだったわ
まぁ俺はアニメ版から入ったから自分の刀大事にするスタイルも好きだが

101: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:03:26.358 ID:OpLT6F5t0
斬れなくなったら殺した相手の武器奪えばいいじゃない

117: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:07:41.072 ID:qvQRS9ps0
実際は甲冑の間を刺していたという事実

119: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:08:08.086 ID:twu6O7s40
合戦では基本突きだろ

120: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:08:28.718 ID:NBaGRmh30
>>119
じゃあ槍のほうが良くね

122: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:09:05.068 ID:kzBQGNBz0
>>120
槍の方が強かったよ

124: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:09:27.922 ID:twu6O7s40
>>120
主力の足軽は槍じゃろ

125: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:09:42.450 ID:ibQvlS6p0
>>120
合戦じゃ槍の方が使うらしい

144: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:21:56.655 ID:2eqBDrPR0
刀使ったことないエアプは分からないだろうけど結構すぐ曲がるし刃こぼれするよ

146: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:22:52.633 ID:tXjrcqbG0
って言うか斬る必要なくね
歯引きした刀で殴るだけで十分戦闘不能にできるじゃん

148: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:27:24.856 ID:qUN2i4zs0
>>146
わかる
ソースはるろうに剣心

149: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:28:16.318 ID:NvsEFRbKM
日露戦争の映画みると銃剣付きのライフル?持って腰には日本刀つけてるよね
撃つ刺す斬る全部できた方がいいだろっていうアレなのかね
日本刀じゃまそうだけど

150: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:33:04.044 ID:3wENIfYt0
>>149
指揮官のサーベルの見間違いじゃね
戊辰戦争のころは兵卒も立派な刀や脇差さしてたが

156: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:44:34.414 ID:gx/dyqZep
単純に刺くより切断する方がずっとハードル上がるし

163: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:55:44.289 ID:0CqBMwbx0
毎日かなりの数の魚を連続で捌くけど油で切れなくなることなんて有り得ない
刃先が鈍くなって切れなくなることの勘違いだろ

170: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 23:01:31.221 ID:gL9kDGmYa
これよく聞くけど肉屋の包丁とかすぐ使い物にならなくなるか?そんなことないだろと思うんだが
これ言い出した奴が中途半端な知識で書いたとしか思えない

171: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 23:01:34.236 ID:kyqGEq0v0
頑丈な鉄の棒って時点で殺傷力十分だろ

176: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 23:05:09.638 ID:8ufj/fm50
4人以上&斬り勝つってどんな剣豪だよ&実際の戦闘は射程が長い弓槍が主流

193: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 23:13:53.950 ID:l+O0htn+0
思いっきり振ったら綺麗になるってお姉チャンバラで習った

194: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 23:15:27.293 ID:mjiEVvWq0
>>193
大勢でワチャワチャやってたらそのヒマもなさそう

195: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 23:16:15.525 ID:XT2wOs/h0
>>193-194
切る動作に血を振るい落す動作も入れれば完璧じゃね?

198: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 23:18:29.572 ID:mjiEVvWq0
>>195
時代劇の主人公ってなんかそういう動きしてるよね
斬ったあとにもう一回振るみたいな

200: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 23:22:24.004 ID:CEtqtIGT0
まあ達人が3~4人斬った時点で敵は逃げるよな

202: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/15(日) 23:29:09.306 ID:LMwLBJQr0
昔の侍は血ふくようの懐紙しのばせまくってたんじゃね

229: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/16(月) 00:46:33.968 ID:QatqoNk6M
そもそも3、4人だかの数字が検証もされてない一人歩きした数字じゃないのかな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年07月16日 14:09 ID:ChMimyDi0▼このコメントに返信
脂は知らんけど刃こぼれや刀身が曲がって使えなくなったと池田屋事件時の覚書で見た。
近藤勇局長の虎徹は曲がっても刃こぼれせず鞘に収まった名刀だと回顧録があったな。
2.名無しさん:2018年07月16日 14:11 ID:Qx9y5JSg0▼このコメントに返信
骨ごと人体切断して一切手入れしなくても
鈍るのであって切れなくなる訳では無い
3.名無しさん:2018年07月16日 14:12 ID:BdmGU6R70▼このコメントに返信
斬れなくなるじゃ無くて斬れ味が落ちる、つまり性能低下する
使い勝手がカミソリからナタに変わる感じ
4.名無しさん:2018年07月16日 14:13 ID:.R1YgMH60▼このコメントに返信
太平洋戦争時に日本兵が100人切りとかしたって話ですからね!!
5.名無しさん:2018年07月16日 14:13 ID:5MDNvFmI0▼このコメントに返信
幸せのよん♪

6.名無しさん:2018年07月16日 14:13 ID:Epydh42q0▼このコメントに返信
油程度なら切る度に適当に拭われるんじゃないの(棒
7.名無しさん:2018年07月16日 14:15 ID:W.CM.j6M0▼このコメントに返信
まぁ、切れなくなっても鉄の棒だ
当たれば痛いに決まってるし
頭に当たったら普通に死ぬ
8.名無しさん:2018年07月16日 14:15 ID:IiHeHmio0▼このコメントに返信
刃物として切れないだけで鈍器とし使えるぞ
そこで、今回皆さんにご紹介するのが「昭和刀」!!!
切れない、飾り、レールからできてると散々な評価ですが
切れ味は確かに業物のには遠く及びませんが、補給と滞る外地の前線では「折れず、曲がらず」と最前線の仕官から好評であります。
占領地の暴徒に対しても視覚的威圧効果も圧倒的であります。
9.名無しさん:2018年07月16日 14:16 ID:SZuQjYbb0▼このコメントに返信
前に読んだ本では、脂のせいではなくて、微細な刃こぼれが起きて切れなくなるという
日本刀の刃の部分は峰の部分より柔らかいんだそうだ

10.名無しさん:2018年07月16日 14:18 ID:BdmGU6R70▼このコメントに返信
実際の戦場だと、お付きの人に刀数本持たせて斬りまくった柳生の剣豪で18人
まぁ刀よりも使う人の体力が保たない気もするが
11.名無しさん:2018年07月16日 14:18 ID:H422dDkD0▼このコメントに返信
人の脂が刀身を覆っても
人を切るのに何ら支障は無い。
言い出した奴や信じた奴がバカ。
12.名無しさん:2018年07月16日 14:19 ID:mXLXOIXm0▼このコメントに返信
だからさ、包丁でいえば100均の大量生産品と特注の逸品を「包丁」という一括りで話してるんだよ
お前らは
13.名無しさん:2018年07月16日 14:19 ID:w1cdxN3d0▼このコメントに返信
包丁で例えてる人いるけど、料理用の肉は骨もないし血抜きもしっかりされてるからな
14.名無しさん:2018年07月16日 14:19 ID:NAil.xJr0▼このコメントに返信
「すぐに斬れなくなるので、七人の侍の勘兵衛を見習って、スペアの日本刀も購入しといてください」ていう業界からのお願いだろ
15.名無しさん:2018年07月16日 14:20 ID:Uhm85UPP0▼このコメントに返信
戦争時には数人で一人をボコボコにして
死んだら首(や鼻耳)は別に小刀で切り取るんだから
3,4人で使えなくなるとか、実際はどーでもいいウンチクような気がするけどねぇ、、、

ソコまで使えなくなったら、戦場に落ちてるの拾うんじゃない?
雑兵物語でも鞘だけどそんな話のってるし、、、
16.名無しさん:2018年07月16日 14:20 ID:H6QuyAn.0▼このコメントに返信
実戦だと大なり小なり防具付けてて華麗な剣術()なんぞ披露する機会はまず無いからある程度の切れ味と長いリーチで思い切りぶん殴ることが出来ればそれで十分だよな
実際戦国時代までだとデカい刀を使ってるケースが多いし
17.名無しさん:2018年07月16日 14:20 ID:1si8iFfw0▼このコメントに返信
※4
そんなヒマあるくらい戦況良かったら日本は勝ってる
18.名無しさん:2018年07月16日 14:21 ID:eFfqCtnH0▼このコメントに返信
マキタのチップソーやレシプロソーの方が鉄も切れるし長持ちじゃん。
銃刀法違反にもならない。
刀が1000万円としてマキタの工具を1000万円分持ち歩いた方が
理にかなってる。トラックやハイエースに積んで引き殺した方が早いな。
19.名無しさん:2018年07月16日 14:22 ID:ChMimyDi0▼このコメントに返信
面白かったのが幕末当時の女性の回顧録に、侍同士が喧嘩を始めると町民は一斉に家に隠れて、「覗き窓から見てると刀を抜き、すれ違いざまに一人が一瞬で倒れた。チャンバラ劇のような斬り合いは無く、一瞬で倒れてました」と語っておられた。
20.名無しさん:2018年07月16日 14:23 ID:RHxnOGQF0▼このコメントに返信
斬殺から撲殺に変わるだけですな
21.名無しさん:2018年07月16日 14:24 ID:D8hUT7XI0▼このコメントに返信
キルレ4とか充分やん
22.名無しさん:2018年07月16日 14:24 ID:RfHsA3Qr0▼このコメントに返信
3~4人斬ったら脂で切れ味が落ちる…
せや!最初から刃こぼれさせて鋸みたいな刀造ったろ!(新井赤空感)

その脂に火をつけてで敵を焼き斬ったろ(志々雄真実感)
るろうに剣心より
23.名無しさん:2018年07月16日 14:25 ID:BdmGU6R70▼このコメントに返信
※12
特注の逸品でも手入れせずに使い続けるとすぐ100均レベルまで斬れ味が落ちるのもまた事実
それが3〜4人なのかどうかはさておいて
24.名無しさん:2018年07月16日 14:26 ID:Wmu5tO1d0▼このコメントに返信
一人切った時点で、切れ味がガックリ落ちると聞いたことがあるよ。
「斬る」というのはせいぜい二人で、後は殴り倒すか、程度のよい刀を奪って継戦するとも。
だが、一人切ること自体いい加減スゴイと思うんだよな。
日本刀の本身は相当に重たい。
あんなもんブンブン振り回せるって、馬並みの体力だよ。
25.名無しさん:2018年07月16日 14:26 ID:W.CM.j6M0▼このコメントに返信
戦争行った世代が「軍刀なんて切れないよ」「3人も切ったら限界だな」とか言ってたのを
戦争行ってない世代が「ほーん、日本刀って大したことなんやね」って誤解したのが元
軍刀は軍刀であって、日本刀ではない
26.名無しさん:2018年07月16日 14:26 ID:bTSHUk0I0▼このコメントに返信
まな板の上で豚肉を切るのとは話が違うんだから運動エネルギー考えろって結論でたろ
27.名無しさん:2018年07月16日 14:27 ID:DCpzGiem0▼このコメントに返信
まじもんの斬り合いで4連勝出来たらむしろ出木杉だろうよ
28.名無しさん:2018年07月16日 14:29 ID:xxkWuqQC0▼このコメントに返信
ソースがない都市伝説
29.名無しさん:2018年07月16日 14:29 ID:UpvNr2tl0▼このコメントに返信
全然切れなくなった包丁で切りつけられても生き残る自信がない
30.名無しさん:2018年07月16日 14:30 ID:KROlfbT.0▼このコメントに返信
大嘘やぞ
漫画かなんかで広がったデマ
31.名無しさん:2018年07月16日 14:30 ID:xxkWuqQC0▼このコメントに返信
※23
だせえな、お前。
噛み付いたはいいけど、自分で論理ができていないことを認めているじゃん。
32.名無しさん:2018年07月16日 14:32 ID:aP.2B0bL0▼このコメントに返信
そんなんレア度によるやろ
33.名無しさん:2018年07月16日 14:32 ID:bLsRP7QG0▼このコメントに返信
べっとり着く油と血のせいで
切れ味はかなり落ちる
が切れないという程ではない
>>3な感じじゃないかな
刃毀れに関してはよくわからんですけど

当然鈍器としてはOK、
本物の刀持った事あるならわかるだろうけど
小さめの錆びた奴でもかなり重いからなあ
34.名無しさん:2018年07月16日 14:32 ID:qSBxs8YP0▼このコメントに返信
3~4人切っても切れ味の落ちない刃物ってあるの?
35.名無しさん:2018年07月16日 14:33 ID:Eq35CZ1i0▼このコメントに返信
そもそも戦で1人で4人以上切るとかどんだけの勇者だよ
普通は1人ないし2人切れば終わりで十分なんじゃねえの?
3,4人も切る前に自分がやられるんだし。
36.名無しさん:2018年07月16日 14:33 ID:PE02lwqc0▼このコメントに返信
刃こぼれしたのこぎりみたいなやつで切ったほうが
傷の縫合とかやりにくいし殺傷力ありそう
37.名無しさん:2018年07月16日 14:34 ID:WVxsnzV20▼このコメントに返信
ダクソ厨:同じ出血ダメージ付で打撃武器である強化クラブのほうが手数も稼げるし強い。
クギバット最強なんやで。
38.名無しさん:2018年07月16日 14:34 ID:W.CM.j6M0▼このコメントに返信
※17
そうでもない
つーか、陸軍は敗戦直前まで大陸で無双してるからなぁ
百人は盛りすぎだが、2、30人斬りくらいなら報告はたくさんある
39.名無しさん:2018年07月16日 14:37 ID:SZuQjYbb0▼このコメントに返信
中国では「鉄鞭」という、日本刀にサイズと形が近い打撃武器がある
もちろん刃はない
40.名無しさん:2018年07月16日 14:37 ID:EpMHRd320▼このコメントに返信
現実ではどうか知らないけど、この話の元ネタはたしか小説の創作だったはず。

剣道場の先生は刃こぼれしない様に、骨をよけて肉だけ切るのが剣士の腕だと言ってた。
41.名無しさん:2018年07月16日 14:37 ID:RCdBNYBC0▼このコメントに返信
腰にタオルぶら下げて拭けばいいだけの話じゃないか
42.名無しさん:2018年07月16日 14:37 ID:ChMimyDi0▼このコメントに返信
戦国時代は槍が主だった訳だろ。
刀は討ち取った相手の首切りと切腹用か脇を刺すぐらいの役目だった感じ。
幕末期のが日本刀を有効に使ってたと思う。
大東亜戦争時の軍刀は大量生産された刀で、切れ味もいまいちだったと読んだ事があるよ。
43.名無しさん:2018年07月16日 14:39 ID:A34NruEu0▼このコメントに返信
死体斬って"胴"とか切れ味の単位とかにしてたのに斬れなくなるわけねえだろボケ。
44.名無しさん:2018年07月16日 14:39 ID:q.8xu7Gb0▼このコメントに返信
※1
その虎徹ニセモノやで。
兼定ってニセモノ作りの名人が作ってるから名刀ではあるが。
45.名無しさん:2018年07月16日 14:39 ID:UeqeJyIA0▼このコメントに返信
※25
先祖伝来の名刀持って行ったらすぐ折れて使えなくなった
板バネ式の軍刀は折れずに使えてそっちの方が良かったって意見も多々あるけどな
46.名無しさん:2018年07月16日 14:40 ID:bLsRP7QG0▼このコメントに返信
牛豚肉は基本筋肉だし、通常低温で脂が固まってる。
魚なんかほとんど脂ないですし。

生きてる人だと血圧あるから血は噴き出すし
体温あるから脂も溶け出す状態になります。
数人切ったら、大幅に切れ味落ちるのは確実でしょうね。

その後数十人とかは相当な怪力がいるものと思われ。
47.名無しさん:2018年07月16日 14:41 ID:ChMimyDi0▼このコメントに返信
※44
知ってるよ。恐らく本物の虎徹では無いと書かれてたから。
紛い物でも近藤局長が所持してたというだけで、今なら物凄い価値があると思うw
48.名無しさん:2018年07月16日 14:42 ID:PE02lwqc0▼このコメントに返信
油ついたら、倒した敵になすりつけて、ふけばいいじゃん。こなみかん
49.名無しさん:2018年07月16日 14:42 ID:nKUN1Fjy0▼このコメントに返信
ライフルがあれば
50.名無しさん:2018年07月16日 14:44 ID:gYEwCjLo0▼このコメントに返信
数人切れるだけで充分過ぎるだろ。そんな心配する必要があるのは漫画の人斬りぐらい。
51.名無しさん:2018年07月16日 14:44 ID:z7mNae530▼このコメントに返信
だからジェダイは金属製のダークセーバーからライトセーバーに移行したんだな
52.名無しさん:2018年07月16日 14:45 ID:.FMW5.Jh0▼このコメントに返信
43が書いてる通り日本刀の切れ味を格付けするのに江戸時代は死罪人の胴を何体か重ねて一刀斬りしてたくらいだぞ。
そこで刃こぼれしたりするようなのは二流の刀
53.名無しさん:2018年07月16日 14:48 ID:TqRTRp480▼このコメントに返信
※4

おいおい、「朝日新聞と東京日日新聞(現毎日新聞)によると」って付け加えろよww
54.名無しさん:2018年07月16日 14:48 ID:UeqeJyIA0▼このコメントに返信
※44
いつの時代の話をしてんだ?
近藤の虎徹が偽物だとする根拠は創作物にすぎない
誤字脱字まで全く一緒の別のリストを創作の参考に用いたのが独り歩きしただけって結論出てるぞ
偽物と判断したとされる人物も他の記録にまったく出てこず、逗留したとされてる家の人間がそんな人いないって証言もしてる

逆に近藤が江戸に来た時に見せてもらったって記録から
新選組が不逞浪士から助けた縁で後々までスポンサーになってる大阪の商人から譲られたって入手経緯も出てる
明治の斎藤一の証言と合わせ
実際の刀身の型押しなりの新らしい記録が出でこない限り
現在のところ本物虎徹と断言できないが虎徹であった可能性が高い
55.名無しさん:2018年07月16日 14:49 ID:Q4Le90n.0▼このコメントに返信
油じゃないけど刃こぼれもするし、だんだん切れなくなるだろ

日中戦争のさい、我らが帝国軍人は薄汚いシナ兵相手に「試し切り」したそうだけどな
刀身は無事でも、必ず目釘が折れるんだそうだ
よく考えれば、刀がいくら頑丈でも、その柄はただの木なんだよな
56.名無しさん:2018年07月16日 14:49 ID:H6QuyAn.0▼このコメントに返信
※42
刀が減ったとされる戦国期後半でも野戦での刀を使った突撃は国内外に複数記録があるよ
57.名無しさん:2018年07月16日 14:49 ID:d.dG4Km.0▼このコメントに返信
日本刀の話になると異様に沸点低い奴が湧くな
58.名無しさん:2018年07月16日 14:49 ID:RCdBNYBC0▼このコメントに返信
槍が主力とかも想像なんだよな
1333年に新田義貞が滅亡させた鎌倉から発見されているのは
馬上から攻撃された刀傷が残る大量の頭蓋骨なんだな
59.名無しさん:2018年07月16日 14:50 ID:ZR0f5Kqk0▼このコメントに返信
刀そのものにそもそも銘入りの高級刀と数打ちの量産品があるし、それを振るう人間の技量によっても切れ味は大きく左右される。
前提条件を提示せずに、一律に3~4人斬ったら切れなくなるなどと括るのが間違ってる。
品質が劣悪といわれる昭和の軍刀の中にも、当時最先端の冶金技術や素材を取り入れ、名だたる名刀を凌駕する切れ味を実現した名品がある。
村田刀とか小銃兼正とか調べると面白いよ。
60.名無しさん:2018年07月16日 14:52 ID:ChMimyDi0▼このコメントに返信
※54
本物の虎徹なのか?
商人から買ったという記事は読んだが真相はしらね。

天然理心流だっけか、8代目の免許皆伝の師匠の本を古本屋で買ったんだが、これが面白かった。
61.名無しさん:2018年07月16日 14:53 ID:KROlfbT.0▼このコメントに返信
なんでこんな嘘松を信じるバ力が多いのだろうか?
62.名無しさん:2018年07月16日 14:53 ID:oNesbAhq0▼このコメントに返信
戦争で日本刀ぶら下げていた爺ちゃんが、人切った事の有る奴なんていねえよって言ってた
63.名無しさん:2018年07月16日 14:54 ID:bLsRP7QG0▼このコメントに返信
※52
実際にそれができたのは
同田貫みたいな一部の剛刀だけでしょうね
関節狙うんでしょうけど骨は簡単に切れませんから
64.名無しさん:2018年07月16日 14:54 ID:hkcQZ0w50▼このコメントに返信
粗悪な昭和刀の話かな
65.名無しさん:2018年07月16日 14:55 ID:Zeg31qwn0▼このコメントに返信
槍も突くもんじゃねぇ
ぶっ叩くもんだ

二つ上の※は時代すら違うな
66.名無しさん:2018年07月16日 14:56 ID:Zeg31qwn0▼このコメントに返信
書いてるうちにレス番ずれちまったかな
※65で指してるのは※58な
67.名無しさん:2018年07月16日 14:57 ID:q.8xu7Gb0▼このコメントに返信
※54
とりあえず日本語が変。
主語が抜けすぎていて何を根拠にして言ってるのかさっぱりわからない。
送り仮名すら間違ってるし。新らしいってなんだよ。
しかも最後に「可能性が高い」って言ってるくせに途中で「結論出てるぞ」だって?
確定してないのに結論出てんのかよ?アホか。
68.名無しさん:2018年07月16日 14:58 ID:Pd9UvbUO0▼このコメントに返信
叫ぶ作品を知っている!
69.名無しさん:2018年07月16日 14:58 ID:ln.ZR9dh0▼このコメントに返信
脂3人うんぬんは小説かなんかの創作って聞いたような
70.名無しさん:2018年07月16日 14:58 ID:2fSzhlsT0▼このコメントに返信
包丁で三、四人切ったって、切れ味そんなに落ちるか?

普通に考えてどう考えてもデマだろ。そりゃ多少は落ちるだろうが、棒の様になるわけがない。

鋭利なカミソリで切ったら、三、四回で切れ味悪くなる。そんな物理法則ないんだから、やっぱねーよ。

で、ナタなら強度に勝るが、何人切っても切れるとかねーよ。
71.名無しさん:2018年07月16日 14:59 ID:nuroDiEQ0▼このコメントに返信
※51
永野護のFSSじゃ、逆に実戦を睨んでライトセーバーから実体の剣、斧、槌に切り替えているな。SFでも世界観をどう作るかで話が真逆になるのは面白い
まぁジェダイのライトセーバーはビーム兵器をはじくとかいうワケわからん性能があるから同一視はできんけど。軍刀で敵の銃弾をはじくことが出来たなら牟田口も喜んだろうにw
72.名無しさん:2018年07月16日 14:59 ID:RCdBNYBC0▼このコメントに返信
※66
だから証拠が何か残って無いなければ想像なんだよ
73.名無しさん:2018年07月16日 14:59 ID:wJT.wVAH0▼このコメントに返信
合戦するなら槍がメインだし。
幕末みたいな斬り合い、暗殺なら刀だけど
だから近藤勇とかは脇差も長いやつにしろって言ってたんだろ。
74.名無しさん:2018年07月16日 15:00 ID:bTopilf40▼このコメントに返信
脂で斬れなくなるんじゃなくて、
骨斬ったり、刀同士で斬りあうから、曲がったり刃毀れして斬れなくなるんじゃねえの?
75.名無しさん:2018年07月16日 15:00 ID:UeqeJyIA0▼このコメントに返信
※60
真相ははっきりしてないよ
そもそも刀の刀匠を見分けるのなんか当時でも特殊技能だし
ただ偽物とする論拠こそが作られた偽物であることが確定していて、本物の虎徹を所有できた筋から入手している可能性が高い
てのが現在の状況
76.名無しさん:2018年07月16日 15:02 ID:ChMimyDi0▼このコメントに返信
大東亜戦争時の軍刀もかっこいいけどな。
武士の美徳を当時の先人様達も口にしてたし、受け継がれているんだよ。
77.名無しさん:2018年07月16日 15:02 ID:nuroDiEQ0▼このコメントに返信
※58
鎌倉時代ならそらそうよ、としか

平安鎌倉期の武士は弓が主力。南北朝の戦乱期に太刀などの近接武器が流行し、戦国時代には鑓が主体になっていく。けれども刀はそのへんの雑兵まで含めてみんな持ってたから、鎌倉時代に徒歩で逃げる敵を馬上から襲撃するんならそりゃ刀傷になるよ
78.名無しさん:2018年07月16日 15:04 ID:ChMimyDi0▼このコメントに返信
※75
ありがとう。
ちょっと調べてみるよ。
近藤局長が本物の虎徹を所持してたなら、尚更かっこいい。
79.名無しさん:2018年07月16日 15:04 ID:W.CM.j6M0▼このコメントに返信
合戦なら投石がメインだろ
80.名無しさん:2018年07月16日 15:05 ID:Nux0E7S.0▼このコメントに返信
切れ味が鈍るだけでしょ?日本刀で試した事なんか無いけど包丁で豚肉や牛肉を切ってたら切れ味が鈍ってたけど切れたよ。
日本刀なんか包丁と比べ物にならんでしょ?もし日本刀は切れなくなると言うなら包丁の方が刃物として上になる
81.名無しさん:2018年07月16日 15:05 ID:EO45zvDt0▼このコメントに返信
斧みたいに粗い刃でも勢いと重さがあれば切れるんだから日本刀も切れにくくなる事はあっても切れなくなる事はないんじゃない?
人間の肌なんざ鋼で出来てる訳じゃないんだし刃物としての威力はそう落ち込まないだろう
82.名無しさん:2018年07月16日 15:07 ID:RCdBNYBC0▼このコメントに返信
※77
だからそれも想像なのよ、いつの時代に槍で死んだ兵士の遺骸とか記録とか証拠が有がとかね
83.名無しさん:2018年07月16日 15:08 ID:o3.dktdW0▼このコメントに返信
食品加工工場で働いてみるといいよ
イカとかタコとか内臓とるんだけど、やっぱり手作業なのよね
ボイルするのは自動だけど
で、一日中捌いてると包丁が切れなくなるので、共用の場所に砥石がおいてあってね
まーるく凹んでるのw
みんなが砥ぎまくってるからね
それが畜肉だったらもっと切れ味悪くなるね
刃物が永遠に切れ味保持できるんなら砥石はいらないし専門の砥師もいらないよ

荒木又衛門の鍵屋の辻の決闘の藤堂家の記録に、又衛門が刀を邪魔だから中元小物の尻を刀の腹で叩いた時
ぽきんと折れてしまってね
柳生新陰流の師匠から叱られてる記録を見た事がある
84.ハインフェッツ:2018年07月16日 15:09 ID:U3zmnZez0▼このコメントに返信
※39
要は封神演義で太公望が使ったとされる神仙をも打ち据える鉄の鞭”打神鞭”ってやつだな。
なお、大本はミサイルや核兵器が使われた説もあるインド神話らしいが。

※45
そもそも、現代戦じゃ軍刀を”斬る武器”として役立てられる機会なんて殆ど無いし、先祖伝来じゃいくら名刀でも研ぎ減りで事実上の鉄屑になってますし。
…それでも”少なくとも文化財としての価値はある”古刀やなんかを戦地に引っ張り出して折損させたのは、明らかにあの時代の罪だと思うよ?

※55
工業軍刀なんかだと拵えは金属になってるそうですけどね。
85.名無しさん:2018年07月16日 15:11 ID:UeqeJyIA0▼このコメントに返信
※78
新聞記者が紛失した永倉の記録とか監察の尾形や島田の記録が見つかったのなんか平成に入ってからだし
大河ドラマの影響で家のもそうなんじゃね?って未発見の新しい記録が色々出てきたからね
86.名無しさん:2018年07月16日 15:12 ID:o3.dktdW0▼このコメントに返信
※81
一太刀目、腕を方から斬りおとせる
十太刀目、肩に食い込む
これぐらいの違いかもだけど、鈍ると人体に巻き込まれて抜けなくなって不覚を取るかもね
戦場での太刀は刃がついた、ごつい鉄棒だから別w
しかもサブウエポンだしね
87.名無しさん:2018年07月16日 15:13 ID:PvCWdxlq0▼このコメントに返信
切っ先を極めて細かいノコギリの様な刃にすれば、炎が出せる様になるぞ。
88.名無しさん:2018年07月16日 15:14 ID:IbtHqohG0▼このコメントに返信
もう槍でいいじゃん?
89.名無しさん:2018年07月16日 15:15 ID:.uoD0ETO0▼このコメントに返信
刀を首切り用とか言ってる奴は脇差も知らないのかな?
90.名無しさん:2018年07月16日 15:16 ID:ba.Qzh3i0▼このコメントに返信
倒した相手の武器奪って突き刺しコースとかだろ
91.名無しさん:2018年07月16日 15:16 ID:NTIE.pMX0▼このコメントに返信
※83
まあ、モツだのといった脂分多い部位切ると、1キロ持たずに速攻ダメになるな。

あと、料理人でも、魚の脂で速攻切れなくなるになるから、柳包丁使うときは一切れ切るごとに包丁拭く、なんて人もいる。
92.名無しさん:2018年07月16日 15:17 ID:08yV2xK.0▼このコメントに返信
この話が広がったのは七人の侍の中で「二人と斬れん」と言って刀を何本も用意したから
鎧兜の野武士相手だったからだぞ
実際も鎧兜の相手だと刃こぼれや曲がったりして最後は鞘に収まらず帰路についてたらしい
よって油などではなく鎧兜だ
93.名無しさん:2018年07月16日 15:17 ID:UEsYrHnq0▼このコメントに返信
平家物語だったかな?
源平合戦のゴングを鳴らした以仁王の屋敷へ平家の兵(=検非違使)が親王を拘束しに凸したら、お屋敷護衛の武士(今で言うと傭兵に近い)と
「王は留守だ(ホント)」
「いや探す」
「留守だって言ってるだろ! つーか、お前ら本当に検非違使か!?」
「なんだとぉ!」
「お、やるか」←ここら辺が当時の武士脳
で、大乱闘になって当然、切った張ったの大騒ぎになった。
この時、武士の刀がひん曲がって、これを踏んで直してまた闘ったと言う描写がある。
ちなみにこの武士、総掛かりで捕縛され、取り調べで
「本当に平家の兵(=検非違使)とは思わなかった。最近、多いんだよね、検非違使を騙る押し込み強盗が」
とヌケヌケと言い放ち、この居直りに平家も呆れたのか、なぜか京都追放ぐらいの軽い刑で済んじゃった。
平家が滅んだ後、この時の奮戦を頼朝が褒め称えて土地持ちの御家人になってる。
94.名無しさん:2018年07月16日 15:17 ID:q.8xu7Gb0▼このコメントに返信
※75
「虎徹を見たら偽物と思え」って言葉知らんの?
虎徹のニセモノが大量に出回っていた時代なのに、偽物である根拠が創作とかよく恥ずかし気もなく言えるもんだ。
95.名無しさん:2018年07月16日 15:17 ID:7YDpxoMr0▼このコメントに返信

>本スレ92

吉川英治「宮本武蔵」からの受け売りですよ・・・橋本忍・黒澤明 談

96.名無しさん:2018年07月16日 15:20 ID:UeqeJyIA0▼このコメントに返信
※78
燃えよ剣以降は土方の傀儡の脳筋扱いされてるけど
それ以前は敵でも一本筋の通った好漢で通ってたし
新撰組幹部の中で只一人だけ、幕府側のみならず薩長側の記録にも名指しで強いと書かれてる
数年前に発見された京での御前試合の嘆願書には近藤に木刀で試合やらせるとかやめてください死人が出ますって書かれてた

でも仕事休めなくてストレスで内蔵やられて湯治に行ったらやっぱりトラブルで呼び戻され、京にいた間休みなしだった
そんなことも分かってきてる近藤はやっぱり魅力があったんだと思うよ
97.名無しさん:2018年07月16日 15:22 ID:KQfj31ns0▼このコメントに返信
刀の質と使用者の腕でかなり変わりそう。
スパって切ったのとズッって切ったのとは違うだろうし、切るときに刃先と力の角度が少しでも違えばまた切れ味も違うだろうし逆に綺麗に入れば刃こぼれしまくってない限り何人でも切れるだろうし。
98.名無しさん:2018年07月16日 15:24 ID:gOse.gdc0▼このコメントに返信
むかし包丁一本で牛を解体してたけど一頭捌くだけで確かに最後あたり切れ味悪くなってくる
歯の切っ先に油がまとわりついてきて切ってるつもりが滑ってるだけになるんだよね

刀もそういう事なのかな
でもズバッ!とやるだけでそんなに油が纏わりつくもんかね
99.名無しさん:2018年07月16日 15:29 ID:o3.dktdW0▼このコメントに返信
※98
幕末の乱戦だと一人を複数で斬ってたりしてるかもね
あと手入れが未熟だったり、生き死にかかってる生活だから雑なのもあったのかも
しょっちゅう砥ぎに出すわけにいかないし

刃物は猪解体するときも大変なんだよね・・・
100.名無しさん:2018年07月16日 15:29 ID:0qNU5EWd0▼このコメントに返信
刀はサブウェポンよ
メインは槍と弓
101.名無しさん:2018年07月16日 15:29 ID:2.IwOn4.0▼このコメントに返信
その程度で斬れなくなるなら包丁はあっという間にゴミになるだろ
2~3人斬った程度で斬れなくなるわけないし、人間の骨程度で使用不能になるほど刃こぼれもしない
102.名無しさん:2018年07月16日 15:31 ID:MQOJ.4jo0▼このコメントに返信
※44
お前さらっと兼定を贋作作ってたとかデマぶっこむなよ
兼定は濃州兼定なら重文ごろごろのハイパー名門
会津兼定なら11代・12代が会津藩お抱え刀工で土方歳三なんかの刀を打った一派
近藤勇の虎徹を打ったという説があるのは清麿って江戸期の名刀工
103.名無しさん:2018年07月16日 15:32 ID:30HF49Bo0▼このコメントに返信
首切るのに必要だから持ってんだよ
104.名無しさん:2018年07月16日 15:32 ID:tTV26wLk0▼このコメントに返信
オウム残党を使って検証しようぜ
人間のクズを始末しながら学術的にも価値のある検証を行えて一石二鳥
105.名無しさん:2018年07月16日 15:33 ID:qol.szRD0▼このコメントに返信
合戦でもないかぎり、そう何人も人を切ることはないし、
そもそも合戦なら鎧着用が前提だし、鎧ごと袈裟掛けで切り殺すって、漫画の中だけだしね

なお、明治維新の前後は志士が人を切りまくってる印象だけど、
あれにしたって少人数を大人数で襲撃する暗殺が基本だからね。

いずれにしろ、創作的な臭いがプンプンします。人の脂エピソード
106.名無しさん:2018年07月16日 15:34 ID:UeqeJyIA0▼このコメントに返信
※94
言えるんだなそれが
その言葉も近藤の虎徹を偽物としてる根拠も同じ創作物の台詞でしかなくて
池田谷直後の刀の研ぎ直しの記録が根拠なんだけど
その記録のリスト、池田谷での報償金のリストを流用した創作物なんだな
隊士名簿と比べて誤字、脱字、名前の間違い、記載順、どれか一つならまだしも全部同じな上に
流用なもんだから研ぎに出す必要のない奴まで出されたことになってたりと酷い有様
研ぎ直しの記録も当時から存命だった八木家の人間が逗留してなかったと明治に証言してるんだよなぁ
107.名無しさん:2018年07月16日 15:35 ID:PXv5lS5d0▼このコメントに返信
脂がまくと切れなくなるのは、着物とか布が切れなくなる。
だいたい着物着てるから殺傷力が落ちるってだけで、突きとか顔面狙えば切れる。
人体はちょいちょい刃こぼれしてた方がのこぎり刀みたいにむしろ切れ味的には増す。
曲がると引き切りが出来なくなるから、殺傷力という点ではすごく劣るけど、当たれば痛いわな。
108.名無しさん:2018年07月16日 15:36 ID:KuQRQ.tD0▼このコメントに返信
※98
「斬れなくなってくる」ってのはまさにそれと同じ話なんだけど、
昔は人を斬る前に、刀を砂山に突き込んでわざと微細な刃こぼれを生じさせてた。
その刃こぼれの部分に脂を集めることで切れ味を維持するんだと。
「寝刃を合わせる」というんだが、武家屋敷では土間や玄関脇などにそのための砂山が常備されてるのが普通だったらしい。
109.名無しさん:2018年07月16日 15:38 ID:Bw.rjmkZ0▼このコメントに返信
※104
ミンス系議員どもにした方が日本の未来の為にもなって一石三鳥
110.名無しさん:2018年07月16日 15:38 ID:o3.dktdW0▼このコメントに返信
※105
手入れが雑だったんだよ
あの当時の新撰組やら元は富農の百姓だからな
まだ薩摩郷士のほうが侍してるけど、農作業もしてるから本来の武士って感じ?
一所懸命を維新までやってたイメージw
鉄砲自前で持ってる郷士だけど、幕末は腕も訛ってたかも知れないな
111.名無しさん:2018年07月16日 15:39 ID:UCf8a5Gt0▼このコメントに返信
刀って簡単に刃こぼれするからな。
時代的みたいに刀同士で打ち合うと、すぐに使い物にならなくなる。
112.名無しさん:2018年07月16日 15:40 ID:ppabtdAH0▼このコメントに返信
刀で斬ったっていっても、胴体までずんばらするのと手足とかちょっと斬ったぐらいだと痛み方もまるきり違うからなぁ
がっちり袈裟がけで骨まで斬ってたら4人で現界だろうけど、実際の合戦なんかで手足斬って戦意喪失させてたぐらいなら20人以上と渡り合えてもおかしくはないって辺りか
あと実際に斬り合いやった状態がわかる日本刀だと峰やらに傷が入ってたり、刃毀れしまくってたりで壮絶
113.名無しさん:2018年07月16日 15:40 ID:bLsRP7QG0▼このコメントに返信
血と脂は確実に切れ味落ちますわ・・・
少なくともカミソリ的切れ味はね
仕事やと常時刃を替えるか研ぎに出すかですわ
114.名無しさん:2018年07月16日 15:41 ID:g..sz.oe0▼このコメントに返信
羊の皮でしっかりぬぐうんだぞ。全部きれいにふいて血や異物が残ってないか確認してから鞘におさめる。懐紙でふいた程度でどうにかなるものじゃない。懐紙はあくまで使ってない刀の手入れでポンポン粉をたたいて手入れする時に使うもの。乱暴に使っていたら反り返って鞘に収まらないことがあるので、油だけが問題ではない。戦場では、戦闘と戦闘の間にかなり時間があるので、きれいに拭いてから次を待つ。どこまでも切り続けるような戦いは、一条寺下がり松で宮本武蔵が100人斬りをやった時くらいか。切って走って切って走って切って走っての繰り返し。止ったら終わり。吉岡一門は剣術の流派なので、全員刀だったのが唯一の救い。槍を持っているのが複数いたら、武蔵は切らずに逃げただろう。断言するが、山の中に逃げ込めば武蔵はどこまでの逃げられるので、ゲリラ的な果し合いは得意。1対100なら武蔵が何をやっても反則扱いにはならない。実際は、早朝の暗いうちにいきなり時間前に現れて強いメンツを切り倒して、あとは手近なところを切り倒して逃げた。人数が多ければ勝てるという考えそのものが、戦国時代が終わって間もない時期にしては、あまりにも単純。青竹の節を握りつぶす武蔵の握力で、肉厚の刀を握って全力でふりまわしたら、みね打ちで弾かれただけで普通の刀はへし折れるかふっとぶ。油で切れなくなったという場面はほとんどなかったのではないか。新撰組の隊士がヒトを切った時、階段の上から来る相手を突いて、ダラダラ流れてきた血で刀の柄や手に浴びてどろどろで使えなくなったというのは本当にあったこと。そうなれば、刀を変えるしかないと思う。現実問題としては、そっちの方がありそう。
115.名無しさん:2018年07月16日 15:42 ID:FPgrchDP0▼このコメントに返信
1人の兵隊が2人ずつ倒せば戦争は「完全勝利」のレベルで勝てる
なぜ1人で100人も200人も相手にするというのが日本刀の有用性を語る上での前提条件になるのか
無双系のゲームばっかりやってるとこういう思考回路になってしまうのか
116.名無しさん:2018年07月16日 15:44 ID:YW7PpFhm0▼このコメントに返信
死に物狂いで戦う4~5人で、自分が常にダントツ最強という思考がそもそもおかしい、と思うの俺だけ?
117.名無しさん:2018年07月16日 15:44 ID:KuQRQ.tD0▼このコメントに返信
もっとも戦国の頃の話に、実際にそれで何人も屠ってきた真っ赤に錆びた自分の刀を見せながら「このとおり、押しても引いても折れも曲がりもせぬ。大丈夫、まだまだ使えまする」と言ってのけた剛の者もおりまして。
甲冑刀法なれば、斬るよりも突く方が効果的だし多用もされてただろうから、刀の刃の切れ味は二の次三の次だったんだろうなとも思う。
118.名無しさん:2018年07月16日 15:44 ID:.gmixBVR0▼このコメントに返信
>実際に試した人いないの?

日中戦争で日本刀持ちこんで色々試した軍人は多く
その手入れを頼まれた刀匠が記録残してるよ
やはり由来ある名刀はよく斬れるらしい
119.名無しさん:2018年07月16日 15:46 ID:YfrE3ry30▼このコメントに返信
試し斬りで死体何十体も斬っている刀もあるし結局刀の出来と使い手の腕次第なんじゃないの?
もちろん自動車のカタログスペックみたいなものでしかないだろうけどさ
120.名無しさん:2018年07月16日 15:46 ID:6wd4NFc.0▼このコメントに返信
相手の武器ごとぶった切れるなら十分に優秀な武器だろ

中国や朝鮮の兵なんざ受け手の武器も防具も
まとめて撫で斬りにされたって資料があちら側に残ってる訳で
121.名無しさん:2018年07月16日 15:47 ID:q.8xu7Gb0▼このコメントに返信
※106
だったら骨董の世界で大量に見つかる偽物の虎徹はなんなのか。
そもそも江戸時代の刀剣書にすら「贋作が多い」って書かれてるし、虎徹の偽物専門で研究してる学者もいるっての。
近藤の持ってた虎徹が本物である可能性は否定しないが、「虎徹の偽物が多いというのは創作」なんていう嘘は見逃せんな。
お前新選組には詳しいみたいだが、刀には詳しくないだろ。俺は逆だ。
122.名無しさん:2018年07月16日 15:47 ID:.gmixBVR0▼このコメントに返信
※4
こういう馬鹿が今の時代でもなお現れるから困る

>太平洋戦争時に日本兵が100人切りとかしたって話ですからね!!

太平洋戦争と日中戦争の区別ついてない上に

いわゆる「百人斬り」も
「戦闘中に」「一本の刀で」「連続して百人斬った」ものじゃない、という基本的なことも知らないとは……

日本刀に関するデマもこの手のアホウが広めてるんだろうな
123.名無しさん:2018年07月16日 15:50 ID:JfyEc6dQ0▼このコメントに返信
豚バラ肉さえ切ったことの無い甲斐性なしニートの集まり
124.名無しさん:2018年07月16日 15:51 ID:SyegyEhM0▼このコメントに返信
桃太郎侍はウソということか
125.名無しさん:2018年07月16日 15:51 ID:.gmixBVR0▼このコメントに返信
※25
これが本当

「ニセユダヤ人」こと山本七平が、自著でかつて捕虜の試し切りをしたときのことを書いてるが
そこで質のよくない軍刀を使ったら、相手の体に刃は食いこんだがすぐ曲がってしまった
「これでは三人も斬ったらもう使えなくなるだろう」と、推測を述べた

それを「日本刀は三人斬ったら使えなくなる」と読んだ、読解力ない連中が
南京事件や百人斬りを否定しようとして
「三人斬ったら使えなくなるようなものでそんな大量虐殺ができるわけがない!」と日本刀を貶めることを言いまくったので
定説みたいに広まってしまったんだよね
126.名無しさん:2018年07月16日 15:51 ID:68JqwnYA0▼このコメントに返信
だからサンジは刀をあんなに持ち歩いているのか
127.名無しさん:2018年07月16日 15:52 ID:WwF9nfl70▼このコメントに返信
①脂や血糊で切れ味が鈍るんじゃなくて、刃こぼれして切れ味が鈍くなるだけ
目で見てわかるレベルの刃こぼれだったらそこに対象が引っかかる

②刃の微細な凹凸がなくなるため切れなくなる
刃の表面には顕微鏡レベルのギザギザがついており、それが対象に引っかかり抵抗を生んで引き切るエネルギーにする、スケールは違うがノコギリと同じ原理
刃の場合は大きさが非常に小さいため、少しの力でも摩耗したり変形してしまってこのギザギザがなくなる
砂山に刀を突っ込んでから戦いへというのは、砂粒によって刀の刃にこの小さなギザギザをつけるため

③工学的な意味での刃構造が失われる
刃構造とはV字の形状によって力を面ではなく線に集中する構造のこと、刃がU字になってしまえば接地面が増えて力の集中が分散されてしまう
もっとも短期間でV字からU字にできるくらいのパワーの持ち主だったら、U字の状態で使ってもかなり強い
128.名無しさん:2018年07月16日 15:53 ID:dfCeExw00▼このコメントに返信
つまり峰打ちで戦う暴れん坊将軍が最強という事か!
129.名無しさん:2018年07月16日 15:55 ID:uWK4ALWk0▼このコメントに返信
戦国時代は甲冑を着込んで槍・弓が主武装で、刀の出番はあまりなかった。(宮本武蔵も若い頃に関ヶ原の合戦に参加したけど、這々の体で落ち延びた)

刀が一番活躍したのは江戸時代、それも幕末の動乱期、普段から町中で甲冑来てるやつとか槍を持ち歩いているやつがいるわけもなく、新選組や維新志士がお互いに夜道で突然襲いかかるので、必然的に普段から携行している刀が主武装となる。
一対一で斬り合ってもそれだけでお互いの刀は刃こぼれしまくり折れ曲がりまくり、ましてや一人で3~4人相手にできる剣豪など存在したのかどうか怪しい(戦いは数だよ兄貴)

数の利を生かして集団で襲いかかるのが主流だった新選組のカチコミの記録とか見ると、かなりの本数の刀が折れ曲がったりなんだりで、使い捨て状態のものも結構多かったとか。

そんな中、近藤勇の虎徹と言われる刀が折れず曲がらずだったのは、単純に近藤の腕前がすごかったかららしい(相手の刀を受けたりせずに体捌きだけで躱し、斬るときは骨に当たらないように皮膚の血管や神経が集中している所をなで斬りにしたとか)

後の世に誰それの愛刀と伝わり残っている刀は、見栄えのために高価な刀を2~3振り手に入れたは良いけどもったいなくて使わずにとっておいたものらしい。どんな名刀でも使ったらボロボロになるからね。

で、3~4人斬ったら切れ味落ちるというのは刀の切れ味確認に罪人の屍体を使った試し切りの記録から広まったものというのが有力。
ちなみに動かない人間の屍体に腕のいい武士が気合い入れて振るえば骨も断ち切れたそうな。
童子切安綱とかは重ねた屍体5~6体分を断ち切ったとかいう試斬記録が残ってる

・・・以上、信じるか信じないかはアナタ次第!
130.名無しさん:2018年07月16日 15:55 ID:ppabtdAH0▼このコメントに返信
※118
そもそも斬れなきゃ名刀じゃないよな

明治天皇が試し切りをあれこれやらせたことについて「あらた名刀を駄目にして…」みたいな書かれ方してるのを見たことがあるんだが、試し切りで駄目になるなら名刀じゃないだろと
131.名無しさん:2018年07月16日 15:55 ID:68JqwnYA0▼このコメントに返信
使い始めから比べれば血糊や刃こぼれで、とっても切れにくくなってるだろうけど

充分人切り包丁としては使えるんだろ。

使い始めに比べたらサクサク切れなくて「棒」のようだとの大げさな比喩だと思われ
132.名無しさん:2018年07月16日 15:56 ID:EO45zvDt0▼このコメントに返信
つまり初めから切っ先だけ研いで形状も技術体系も刺突を重視したの西洋剣の方が合理的で優秀な武器ってことだな
133.名無しさん:2018年07月16日 15:58 ID:H6QuyAn.0▼このコメントに返信
※129
さっきから言ってるけど戦国後期・末期の合戦でも刀が活躍してる例は普通にあるからな?
というか小競り合いで終わらない限りは飛び道具→長柄→刀と段階を踏むのが普通
134.名無しさん:2018年07月16日 15:58 ID:ppabtdAH0▼このコメントに返信
六つ胴の童子切が有名だが、童子切がある上野の博物館には四つ胴斬った長曾祢虎徹もある
135.名無しさん:2018年07月16日 15:58 ID:FX3d3smY0▼このコメントに返信
〉業物の日本刀の切れ味が良いことは証明されているが、同時に繊細で常にメンテが必要なことも知られている。実戦ではタフな青竜刀と違って日本刀一振では心もとないのも事実であったろう。
〉なお、帝国陸軍の軍刀は多分に象徴的なもので、銃砲相手に軍刀では勝算がないのは自明のことだった。支那では軍刀がないと住民になめらるので、下士官でなくても員数外の軍刀を所持している兵士がいたという。
136.名無しさん:2018年07月16日 15:59 ID:q.8xu7Gb0▼このコメントに返信
※130
試し切りだけでなく、刀身を横にして水面に何度も叩きつける耐久テストとか無茶やってるから言われてるんやで。
137.名無しさん:2018年07月16日 16:01 ID:..Fir68Z0▼このコメントに返信
昔、軍手の上にゴム手して作業してたんだけど動いてない機械の刃に軽く当たっただけで
手の皮まで切れて血だらけでビビッたことある
切れなくなるなんてことは刃を立てられない素人以外でいないんじゃない?
138.名無しさん:2018年07月16日 16:01 ID:7h.SMGIA0▼このコメントに返信
切れ味が落ちると、切れなくなるを混同した発言だよなぁ。

4人まではスパッとよく切れるだろ。油が付くだろ。多少切りづらいもののまだそこそこよく切れる。

達人はその差で勝敗がつき命を落としかねないから気にするだろうけど戦場ではそんなこと言ってる場合じゃねえわ。

切れなくなって敵を倒さなければ切られて死ぬだけ。そこに武器があってまだ生きてるなら切りづらくても切るし切れなくなって鉄の棒で殴り倒してでも生き残る方法を選ぶだけだぞ。無論死体から武器を奪うこともあるし。
139.名無しさん:2018年07月16日 16:02 ID:KuQRQ.tD0▼このコメントに返信
※127
その、刃の微細な凹凸が血脂で埋まって、かつ血脂が滑ることで切れ味が悪くなるのは事実だよ
寝刃合わせは、その刃の凹凸を大きくすることで血脂で埋まりにくくし、切れ味が悪くなるのを遅らせる為の処置だよ
140.名無しさん:2018年07月16日 16:02 ID:p3QTuYDl0▼このコメントに返信
一人で何人相手すんだよスーパーサイヤ陣かよ
まるで南京大虐殺だな
141.名無しさん:2018年07月16日 16:04 ID:OOliQZpG0▼このコメントに返信
鋼なんだから何度も骨に当たってたら刃こぼれして折れるだろ
142.名無しさん:2018年07月16日 16:05 ID:gDC1NIzG0▼このコメントに返信
アレは水平に構えて脇腹狙って突くモンだ。
143.名無しさん:2018年07月16日 16:06 ID:ppabtdAH0▼このコメントに返信
※132
どんな場所・どんな相手に使うかによって合理性の定義は変わる
ついでにいうと、金属鎧のナイトだとメインウエポンは剣ではなくメイス・戦槌のたぐいだったりする
また時代・地域によってバスタードソード・ツバイハンダー・レイピアなど様々なタイプの剣が出てくるが、それぞれがそれぞれの時代・地域ごとの合理性を追求した結果である
そこら辺をさくっと無視して単純比較とか出来るか
144.名無しさん:2018年07月16日 16:07 ID:.exJnAe70▼このコメントに返信
豚バラブロックくらい切ったことあるだろ
切れにくくはなるけど大概切れるよ
使い物にならんというのはガセだな
そんなに切れなくなると言い張るんなら試しによく研いだ包丁にラード塗りまくって素手で握ってみろよ
後悔するから
145.名無しさん:2018年07月16日 16:10 ID:21lTtJUt0▼このコメントに返信
わし居合・剣術家 高みの見物
146.名無しさん:2018年07月16日 16:10 ID:..Fir68Z0▼このコメントに返信
まあ相手が鎖帷子でも着てたら刀で切っても意味ないな
147.名無しさん:2018年07月16日 16:11 ID:nxdj3mGr0▼このコメントに返信
こんにちは〜
戦時中、オヤジが中国で便衣兵を切ってたよ〜
脂で〜なんて事は一度も聞いたことはないよ。
斬りつける時に当たりどころが悪くて刃こぼれするとは言ってた。
148.名無しさん:2018年07月16日 16:12 ID:N0HeYyoF0▼このコメントに返信
3、4人斬ったら油と血で柄がズルズルになって握っても滑るから。
達人は切っ先だけで手首、首筋、足首、腿、など軟らかい急所を突く突くしゅぱっってするので相当数切れる。
ヤクザチンピラ憲法は振り回して当たったら儲けもので、いらん処叩いてすぐ曲がる。
そーすはカムイ伝
149.名無しさん:2018年07月16日 16:13 ID:rVy1lQCD0▼このコメントに返信
武士のメインウェポンは弓、次が槍、刀はその次くらい。
150.名無しさん:2018年07月16日 16:16 ID:KuQRQ.tD0▼このコメントに返信
※132
刀剣は刺突が有利か斬撃が有利かは、西洋剣術の世界でも長らく論争の種になっているくらいなのでそう結論づけるのは浅はかに過ぎる
151.名無しさん:2018年07月16日 16:16 ID:R8JBBUJq0▼このコメントに返信
昔、NHKかなんかの特集番組を見たときでも一人切れば、切った場所が骨などに当たり斬れなくなりニ、三人切れば只の鉄の棒としてたたいていたはずと検証してたはず
剣士の体力的には100人相手しても剣を振り続けられるだろうと検証してたはず(真剣で垂直に立てた竹に簀巻きを巻いたものを100本以上切り倒すことができると検証された)
152.名無しさん:2018年07月16日 16:17 ID:jkvgQAVs0▼このコメントに返信
〉問題なのは兵役経験もあり、軍刀の実態も知っていた戦前の新聞社(東京日日=毎日や朝日)が戦意高揚の美名の下に数々のやらせ記事を書かせていたことで、その一つに「百人斬り競争」がある。
〉南京攻略に際し二人の将校が百人斬り競争をしたが、百人を越えたところで優劣が分からなくなったため、改めて百人斬りをして決着をつけたという荒唐無稽なもので、一振りの軍刀で不可能なことは明らかだろう。当時人気だった野球の早慶戦の記事(日没で決着つかず翌日再試合)などにインスピレーションされた面白ければなんでもあり。どうせ舞台が支那ではバレやしない。という下衆な新聞だ。
153.名無しさん:2018年07月16日 16:17 ID:Nvgj71QO0▼このコメントに返信
※129
幕末に刀が使われた理由のひとつに、持ち歩いても見咎められない
武器以前の基本的な持ち物だったことも大きいな。
しかも、それによる斬り合いもほとんど無かったから警戒も薄い。
154.名無しさん:2018年07月16日 16:18 ID:KuQRQ.tD0▼このコメントに返信
言えば、骨に刃を当てて刃こぼれ作るなんてのは下手糞の証拠じゃね?とも思う
155.名無しさん:2018年07月16日 16:19 ID:zkkY91qo0▼このコメントに返信
切らずに刺す
156.名無しさん:2018年07月16日 16:20 ID:XRQLUgGT0▼このコメントに返信
昔の鉄なんてもろいし骨を断てば刃こぼれするだけだろう
脂なんて関係ないよ
少し考えればワカるガセに騙される情弱ばっか
157.名無しさん:2018年07月16日 16:23 ID:FsbRyCjo0▼このコメントに返信
替え刃…いやなんでもない
158.名無しさん:2018年07月16日 16:27 ID:FsbRyCjo0▼このコメントに返信
※11
>人の脂が刀身を覆っても
人を切るのに何ら支障は無い。
言い出した奴や信じた奴がバカ。

包丁で脂ギトギトの魚を刺身にする時は全然切れなくなるよ
159.名無しさん:2018年07月16日 16:27 ID:KuQRQ.tD0▼このコメントに返信
脂は刃にまとわりつくと除くのが大変だからな
特に斬り合いの最中ともなればまず無理だろ
だから斬り合いに出向く前には、必ず佩刀の寝刃を合わせるのが武士の習慣だったわけで
160.名無しさん:2018年07月16日 16:29 ID:dfCeExw00▼このコメントに返信
木刀最強説
161.名無しさん:2018年07月16日 16:31 ID:KuQRQ.tD0▼このコメントに返信
※157
いや、わざわざ刃を付け替えるより、最初から何本も用意する方がはるかに楽だと思うんだが
162.名無しさん:2018年07月16日 16:31 ID:DTHU3rav0▼このコメントに返信
〉しかし、その新聞記事が証拠となり、支那の軍事法廷で二人の将校は有罪とされた。二人は歩兵科の将校でもなく、名前を貸しただけで数人の試し切りもしていないのではないだろうか。獄中から真実を証言して欲しいと日本に送ったがなしのつぶて。記者は二人が処刑された後も毎日新聞記者を続けた。 南京大虐殺とやらの証拠にもなっている。
〉平和日本だからこそ、兵役の義務がないからこそ、刀剣や銃砲の基本知識は国民全体で共有すべきだと思う。しったかぶりやひけらかしが横行する状況では日本が良くならない。
163.名無しさん:2018年07月16日 16:33 ID:gDC1NIzG0▼このコメントに返信
人殺すのに骨切る必要ネーじゃん。
内臓傷つけるだけで殺せるぞ人なんて?
164.名無しさん:2018年07月16日 16:33 ID:61dehiF70▼このコメントに返信
※156
えっ?w
全部、鉄でできてると思ってるんだw
165.名無しさん:2018年07月16日 16:34 ID:gDC1NIzG0▼このコメントに返信
※157
使いこなすには立体機動という特殊な技能が必要になって来るな。
166.名無しさん:2018年07月16日 16:35 ID:Gzfh9tWj0▼このコメントに返信
棒で三四人倒すとかきつすぎ。
167.名無しさん:2018年07月16日 16:37 ID:6a5dbQxW0▼このコメントに返信
知恵袋にこんなのがあったでー
真偽が分からんから悪しからず

血糊や脂で斬れ味が落ちる説
回答 嘘
理由 牛の脂塗っても斬れ味変わりませんでしたよ。試しました(笑)…生きた人間の脂は死んだ牛の脂よりギトギトなのですか?血糊に関しては刀身に付着出来ないので…
追記※包丁やナイフなどと日本刀を同じ尺度で一般の人は語りがちですが、「斬る(切る)時の速度」が三輪車(包丁やナイフ)とフェラーリ(日本刀)位違うんですよ。(^^)斬れ味に影響を及ぼす程脂が付着するには相当ゆっくり斬らなきゃ無理。グロい話は避けて書いていますが、数回稽古中に流血事故(脚や腕)に遭遇していますが、血糊なんて少しも付着しませんよ。
168.名無しさん:2018年07月16日 16:40 ID:naEI1k450▼このコメントに返信
一本の刀で複数人相手に戦うなら顔面を狙った突きが一番良い。
混戦になると理想の間合いで斬り付ける事は出来ないし
振り下ろしても頭に当たって髪で弾かれる。

顔面なら急所を外しても「アイゴー」って叫んで顔面を手で覆って倒れ動かなくなる。
169.名無しさん:2018年07月16日 16:40 ID:wfTkU4LI0▼このコメントに返信
足利義輝「宝具が斬れぬようになると? ならば我が宝物庫からさらなる銘品を見せてやろう、雑種!」
170.名無しさん:2018年07月16日 16:43 ID:jH3n7Xg30▼このコメントに返信
少なくともハンティングでは「刃に脂が巻く」はマジで厄介な問題だぞ
171.名無しさん:2018年07月16日 16:45 ID:D6wktoDj0▼このコメントに返信
※1
戦場だとわざと地面に刀を刺して、刃こぼれさせて使ったらしいよ。
172.名無しさん:2018年07月16日 16:46 ID:1whJ.n3H0▼このコメントに返信
アホじゃないか  
日本刀は 突きで無いと 50人は いけないよ
突きが禁止なのは そのためじゃ
切るなんて そんなことしてたら・・・
173.名無しさん:2018年07月16日 16:48 ID:m.2rfROp0▼このコメントに返信
それなりの刀なら1本で20数人は斬れたらしいが
174.名無しさん:2018年07月16日 16:48 ID:KuQRQ.tD0▼このコメントに返信
※167
これだけじゃ何とも言えんけど、牛の脂をどう塗って、何で切れ味試したんだろうな?
175.名無しさん:2018年07月16日 16:51 ID:kF7wl92e0▼このコメントに返信
数人斬ったら性能落ちるというが、そもそも複数人相手にしなければならない状況に陥った事がまずいという事に気付くべきでは…
176.名無しさん:2018年07月16日 17:06 ID:Tn21Fxlk0▼このコメントに返信
5人までしか相手したことないけど普通に切れたぞ。
177.名無しさん:2018年07月16日 17:08 ID:96DhsjDI0▼このコメントに返信
※149
それは「メインウェポン」の定義から考えないといけないから簡単な問題じゃないぞ
現代の戦場における歩兵の武装では、一番強力で死傷者をたくさん出すのは迫撃砲だが「歩兵のメインウェポンは迫撃砲」とか言う奴はいない
迫撃砲よりも桁違いにリーチが短く、桁違いに範囲が狭く、桁違いに威力が低く、桁違いに死傷者数が少ないアサルトライフルこそが、現代の歩兵のメインウェポン

※174
どう塗っても、斬ったときに付着する脂の量よりは酷いことになるんじゃね
178.名無しさん:2018年07月16日 17:18 ID:Rt9oA6el0▼このコメントに返信
この内容の話題も、政府の負債の件ほど頻繁ではないけど、何度も繰り返されていますね
まー誰でも興味を持ちそうな話題ではあると思います
179.名無しさん:2018年07月16日 17:22 ID:cvj9APrF0▼このコメントに返信
精肉工場の包丁の使い方を見ると、牛一体ごとに研いでる
回転しているベルト式の研磨機を使っていた
180.名無しさん:2018年07月16日 17:23 ID:Ni0xXsdz0▼このコメントに返信
実際にぶたさんを日本刀で切ったけど、脂で切れなくなるのは都市伝説だったよ。
それより骨に当たった刃こぼれと、血液によるサビのほうが切れなくなくなる原因。マジですぐ錆びる。
181.名無しさん:2018年07月16日 17:31 ID:WwMQXUVC0▼このコメントに返信
おかしいな。日本刀なら100人ぐらい余裕だって中国共産党が言ってたけど。
182.名無しさん:2018年07月16日 17:31 ID:fBhhIceA0▼このコメントに返信
川俣軍司は刺身包丁で3人斬った時点で研ぎ直していたな。
183.名無しさん:2018年07月16日 17:31 ID:YZQutEb10▼このコメントに返信
肉屋の包丁だってもっと切れるぞ
184.名無しさん:2018年07月16日 17:31 ID:.XU9Pe9m0▼このコメントに返信
それデマやぞってだいぶ前から言われてるんだがな
お前んちの包丁は肉を3回切っただけで切れなくなるほどなまくらなんか?
185.名無しさん:2018年07月16日 17:31 ID:.ozCzvRo0▼このコメントに返信
「日本刀は3~4人も斬れば人の脂のせいで棒のようになる」
という話題なのに、「武士のメインウェポンは弓、次が槍、刀はその次くらい。 」みたいなことを言い出す奴ってのはなんなの?

槍も日本刀と基本同じ製法だから、刀が3~4人斬ったら斬れなくなるのなら、槍でも同じだぞ。
槍が刀よりも戦場では強いという根拠は、柄も含めたリーチと、鉄部分が少ないので槍の方がお財布に優しく数揃えられるからだぞ。
186.名無しさん:2018年07月16日 17:32 ID:E0Itoa350▼このコメントに返信
刺身つくった事あれば、脂が切れ味悪くさせるのはすぐわかる。
切り口をきれいにしたいときに気付くから、拭きながら切るよね。
187.名無しさん:2018年07月16日 17:34 ID:IDLlqCn20▼このコメントに返信




なにとなにを比べているのかさっぱりわからんな。

イッチーの頭の中にしかない理想の刀剣と比べているなら、爆笑ものだけどな。

少なくとも日本刀は 3~4人切ったあと、他の実在の刀剣と同じよう殴打できる棒に代わったとして、

これの何がデメリットなんだ???

てか、日本刀なんて、ただ一度、最高の技を繰り出すためにあるんであって、

その辺の棒切れと同じように DQN を張り倒すような用途に使わんでくれ。



188.名無しさん:2018年07月16日 17:37 ID:Tn21Fxlk0▼このコメントに返信
せめてたけのこだよね
189.名無しさん:2018年07月16日 17:39 ID:9jmiHN.m0▼このコメントに返信
切れ難くはなるけど普通に切れますw
190.名無しさん:2018年07月16日 17:39 ID:q.8xu7Gb0▼このコメントに返信
切れ味が落ちるってのはまあわかる話だが
その理由を脂だと思ってるのが間違い。
人を斬ったときに刀身に血や脂が付かない事で刀の切れ味を現す事があるが
これを間違って「脂が付いたら切れない」とでも逆説的に解釈したアホがいるんだろうな。
191.名無しさん:2018年07月16日 17:40 ID:6a5dbQxW0▼このコメントに返信
>試し斬りの際には、一度に胴体をいくつ斬り落とせるかが争われたりもした。例えば3体の死体なら「三ツ胴」と称した。記録としては「七ツ胴」程度までは史実として残っている。
死体だが7人くらいは斬れるってさ
192.名無しさん:2018年07月16日 17:44 ID:MG.g72CA0▼このコメントに返信
肉屋の俺に言わせてもらえば、鎧兜を装備した相手を骨まで断ち切る、という意味でなら2~3人で限界だな。
ただ肉を切って致命傷を負わて倒す、という意味でなら、10人でも20人でもいけるだろう。

193.名無しさん:2018年07月16日 17:44 ID:sqXQtV6F0▼このコメントに返信
脂ついて切れ味は間違いなく落ちるよっていう意見が多いが、つまりぬぐえば簡単に切れ味が戻る素晴らしい武器だってことだなw

つーか『斬る』っつっても実戦じゃノドや腹やフトモモや二の腕みたいな柔らかい急所斬るわけで、切腹の解釈や胴体の試し切りみたいに脊椎斬るわけじゃねーだろ
一方で実戦では相手は服や防具着たり、手入れの状況が悪いとか、相手の刀のしのぎやツバにかちあったりと、体以外の刃こぼれする要因が腐る程あるわな

議論するだけ無駄だよ 開示するべき前提が多すぎる
194.名無しさん:2018年07月16日 17:45 ID:JAhSvBoK0▼このコメントに返信
戦場では敵の分厚い衣服や防具を含めて何度も切りつけるので、3~4人倒すころには
脂など関係なく切れは悪くなるだろう。
195.名無しさん:2018年07月16日 17:48 ID:T5Qa.ZrD0▼このコメントに返信
通販で買ったうちの包丁、肉を 10回切っても油とかつかないけど。
196.暴君:2018年07月16日 17:52 ID:jQ8.M4xs0▼このコメントに返信
>「日本刀は3~4人も斬れば人の脂のせいで棒のようになる」

 これが本当なら、試し切りの四つ胴以上は嘘ってことになるな。www

実戦で4人と戦ったら、脂より、刃毀れや刃切れや曲がりで切れなくなるわ。
197.名無しさん:2018年07月16日 17:52 ID:qKaRLKTl0▼このコメントに返信
100均の良く砥げる刀砥ぎを懐に持っておけば大丈夫
198.名無しさん:2018年07月16日 17:53 ID:blPwgPoj0▼このコメントに返信
※179
敵を倒すのには動けなくなる程度の傷を負わせればいいんであって、解体する必要はないからね。

巌流島で武蔵が木刀で小次郎を叩き殺したと言う話が本当なら、棒だろうが何だろうが相手を殺せるってのが剣術だったんだろう。
どれだけ切れ味が鈍るって言われても、血糊と脂べったりつけた日本刀で殴って来る奴がいたら必死で逃げるわ。
199.名無しさん:2018年07月16日 17:56 ID:l4c7mlVM0▼このコメントに返信
※122
馬鹿なのはお前さん
今の中国では普通にそういう風に教えられている
だからとんでもないドラマが作られ続けているんだよ
200.名無しさん:2018年07月16日 17:58 ID:LVs8tGdu0▼このコメントに返信
日本の武器の歴史には鉄刀という、鉄製の木刀(ヘンな日本語w)というのもあるぞ
日本刀よりも間違いなく強力で刃毀れもせず、折れたり曲がったりしない

ただ、非常に重くて使いこなせる人間がほぼ居ないという欠点があって全く普及しなかったけどなw
201.名無しさん:2018年07月16日 17:58 ID:Is2vwMRe0▼このコメントに返信
刀対策=コレステロールをたっぷりのドロドロ血液にしておく・・・戦う前に血管詰まるか切れそうw
202.名無しさん:2018年07月16日 18:01 ID:HnRS7o5R0▼このコメントに返信
刀に血が長時間付着したとして、それが乾いて固まったら切れにくくなりそうな気はする。
でもそんな状況イメージしにくいし、殺傷能力がガタ落ちするとも思えんな~
203.名無しさん:2018年07月16日 18:03 ID:QMYcXXaO0▼このコメントに返信
動画であったけど豚とか牛をぶった切ってトタンとか色んなものガンガンしても普通に殺傷能力残ってたよ
昔の小説で書いた事を今だに信じてる人が多いってのが真相
204.名無しさん:2018年07月16日 18:03 ID:zDfsyP0I0▼このコメントに返信
980円で買った出刃包丁で猪を解体しているけど
3体連続で解体しても切れなくなるとかは無いよ?
骨に当たって少し刃こぼれはするけど問題無く切れる
日本刀って出刃包丁以下の性能なの?
205.名無しさん:2018年07月16日 18:07 ID:DLuVqv6V0▼このコメントに返信
人間の体力も有限だからな
丁々発止の極限状態なら疲労度も半端ない
206.名無しさん:2018年07月16日 18:12 ID:9G1CoMye0▼このコメントに返信
※185
> 槍も日本刀と基本同じ製法だから、刀が3~4人斬ったら斬れなくなるのなら、槍でも同じだぞ。

斬るのは同じだが、突くのは違うよ。
斬るのは刃のミクロのギザギザでもって、ノコギリ効果で物を断ち切るんだからな。
槍はマクロな突起先端の小さな面積に圧力を掛けることで物を突き破る。
目に見えて先端が潰れて来ない限りは大丈夫。斬るのに比べれば大分持つよ。

207.名無しさん:2018年07月16日 18:14 ID:G2TKTxhK0▼このコメントに返信
「脂で~」というのは、たしか司馬先生の「燃えよ剣」だったかな
土方がまだ多摩にいた頃、切り合いになった時沖田とそんなやりとりをしていたような
208.名無しさん:2018年07月16日 18:15 ID:YAVDFrV80▼このコメントに返信
刺身包丁と日本刀を比べている奴は何なんだよ?
比べるなら出刃と比べろよ。
三四匹ぶつ切りにしたあと、叩きつけても魚が切れませんか?
209.名無しさん:2018年07月16日 18:22 ID:fBhhIceA0▼このコメントに返信
※208
本物の日本刀を所有して見比べてみろよ。
製法の違いがあるが、刃の厚さは刺身に近い。
210.名無しさん:2018年07月16日 18:25 ID:wEMAQBKo0▼このコメントに返信
中共の主張する千人斬りは不可能でアル
211.名無しさん:2018年07月16日 18:27 ID:I.d7TcME0▼このコメントに返信
切れ味落ちてもダメージがなくなるわけじゃないし武器としての性能はそこまで低下しないだろう
212.名無しさん:2018年07月16日 18:33 ID:UQ.vlRwH0▼このコメントに返信
切れないって、両断出来ないとか、撫で切れないとか、そういうレベルの話だろ。殺傷能力は致死率100%が90%になるくらいのもんだろ。
213.名無しさん:2018年07月16日 18:33 ID:vUrF2I3l0▼このコメントに返信
血脂と言うのは血小板が固まったものー何か変な説明だが、切り傷や擦り傷をしたら血が固まってかさぶたが出来るでしょ、刀に血がついてその刀をブンブン振り回せば血が乾いて固まるでしょ。そんな刀で敵に深い傷を与えるのは無理、切るんじゃなくて殴ることになる。下手をすると刀が敵の着物や筋肉に引っかかって引きずり倒すだけになるかもしれないな。
214.名無しさん:2018年07月16日 18:34 ID:pBlFLhG90▼このコメントに返信
シークレットソードⅡ!売れんかいなぁー!
215.名無しさん:2018年07月16日 18:35 ID:jQ8.M4xs0▼このコメントに返信
※204

 鎧を着て出刃包丁を振り回してるイノシシを

3匹も解体しら、貴方の出刃包丁もボロボロになってるってことでしょね。

 まぁ、脂ごときで切れなくなる刃物(刀)が有ると言うなら、ぜひ拝見したいよね。www
216.名無しさん:2018年07月16日 18:39 ID:gDC1NIzG0▼このコメントに返信
※201
腹巻の中に脂身でも仕込んどけやw
217.名無しさん:2018年07月16日 18:39 ID:YAVDFrV80▼このコメントに返信
※209
実際何度も見てるが研ぎ減っているんでも無い限り日本刀が柳刃や蛸引きに近いなんて事は無いね。
出刃の方が近い。
218.名無しさん:2018年07月16日 18:40 ID:Utt9t2Gi0▼このコメントに返信
何で一人で3人も4人も切らなきゃならんのだ?
スーパーマンか?
219.名無しさん:2018年07月16日 18:42 ID:YAVDFrV80▼このコメントに返信
だいたい折れた日本刀を鉈代わりに使う人間も多かったのに刺身包丁と一緒にするなっての。
220.名無しさん:2018年07月16日 18:44 ID:FsbRyCjo0▼このコメントに返信
オルファ・・・なんでもない
221.名無しさん:2018年07月16日 18:45 ID:jQ8.M4xs0▼このコメントに返信
※209

 蛤刃の刀と、片刃の包丁を比較する時点で、どっちもどっちだな~思う。
(まぁ、叩き切るって用法を考慮したら出刃包丁かな)
222.名無しさん:2018年07月16日 18:51 ID:NP4MhTSO0▼このコメントに返信
お前ら料理一切しないんだな?
鶏もも肉1枚切り分けたらもう脂でベトベトして全然切れなくなる事すら知らんのだな
人間のハラなんてセンチ単位で脂肪の層がある
223.名無しさん:2018年07月16日 18:54 ID:kJOs62Zj0▼このコメントに返信
そんな剣豪でもあるまいし一刀の如く斬れる訳ないし、斬られたら死ぬから大振りしなで必死に受け太刀もするよそら。
刀同士がぶつかれば、刃も欠けるし曲がったりするさ。
刀にも触らせずばったばったと斬り、相手の攻撃は全部体ごと躱すってどんだけの実力差だよ。
こういう事じゃないの?そもそも試し切りの如く斬って3,4人でダメになるって話なのか?
224.名無しさん:2018年07月16日 19:02 ID:YAVDFrV80▼このコメントに返信
※222
日本刀で腑分けするわけじゃないから。
その鶏もも肉を切ったあとの包丁を自分の腕に叩きつけて切れなかったっていうなら信用するよ。

※223
はっきりと”脂の所為で”って書いてあるからな。
二三人と斬り合ったら使えなくなるとは書いていない。
225.名無しさん:2018年07月16日 19:03 ID:xGcb7JF90▼このコメントに返信
切れ味が悪くなるだけで全く切れなくなるわけではないから斬りまくった後でも刃に触ると怪我する
鉄の棒でも武器として使えるから必ずしも使い捨てにするとは限らない
バッサバッサと斬り捨てるのを期待するとガッカリするので鉄の棒として認識しといて最初に3~4人斬れるのは初回サービスみたいなものだと思えば良い
226.名無しさん:2018年07月16日 19:05 ID:fBhhIceA0▼このコメントに返信
※217
出刃の厚さで日本刀の長さなら重さがエライ事になるぞw。
あと、出刃は荒砥で仕上げるが刺身は仕上げ砥石で仕上げる。
刃の作りは完全に刺身の方が近い。
(日本刀も実戦時は砂にブッ刺してワザと荒砥に近くする方法があったらしいが)

※221
安物の日本刀で所持許可証を無くしたので潰すつもりで色々斬ったが確かに蛤刃は強靭。
豚のバラ肉の塊斬った時は、脂が巻いて一発でダメだったけど、丁寧に拭えば切れ味落ちるものの、
もう一発くらいは行ける。
爺さん(陸軍下士官)から「そういう時はそこらの石でとりあえず研ぐ」って聞いたけど、
本来の日本刀の切れ味とは別物だな。使えんことはないが。
227.名無しさん:2018年07月16日 19:08 ID:zbkL8yVH0▼このコメントに返信
荒城の月 の歌詞に  植うる剣に照り映えて  と有りますが
これは籠城戦の時には 城中に抜き身の刀を何本も突き刺して
取り換え、差し替えしながら合戦に及んだ史実に由来しているのでは
無いだろうか。 激しい刀の打ち合いでは折れたり曲がったり
して使い物にはならなくなるからだろう。
228.名無しさん:2018年07月16日 19:13 ID:Mfyx8hX00▼このコメントに返信
上手い奴は肉まで切らないんちゃうんか?
229.名無しさん:2018年07月16日 19:14 ID:09COLigJ0▼このコメントに返信
屍の着物で拭うんだろ
230.名無しさん:2018年07月16日 19:21 ID:YAVDFrV80▼このコメントに返信
※226
日本刀の元重ねが大抵6~8mmの間にあるのに何言ってんの?
骨に当てないようにするのが前提の刺身包丁と、骨に当たるのを前提としている出刃と、どちらが日本刀に近いかは明白。
231.名無しさん:2018年07月16日 19:32 ID:IkSwCC6j0▼このコメントに返信
日本刀の起源は韓国ニダ!
<#`Д´>
232.名無しさん:2018年07月16日 19:32 ID:b3UEk8I30▼このコメントに返信
釘バットならぬ棍棒に釘を刺して戦おうぜ
233.名無しさん:2018年07月16日 19:37 ID:I.QubsfN0▼このコメントに返信
※58
秀吉の七本槍 って強い武将を槍で表している程度には戦国時代の主力兵器は槍
234.名無しさん:2018年07月16日 19:42 ID:Fq3RK.pa0▼このコメントに返信
七人の侍で地面に何本も刀を差して野武士集団と戦うところ好き。
235.名無しさん:2018年07月16日 19:54 ID:WSafjVk60▼このコメントに返信
近藤勇は全部後ろから切ったという話は
どうやら本当らしい。
つまり、一回に一人ね。
236.ナナシさん:2018年07月16日 19:58 ID:.Lq7kUaj0▼このコメントに返信
斬る機能棄てて叩くと刺すに特化した刀擬きがいいかな?
237.名無しさん:2018年07月16日 20:03 ID:1WgBGgfH0▼このコメントに返信
刀で戦う時は突き刺すか、太い血管を断ち切るよ。
骨を断ち切るなんて滅多にしないだろ、時代劇の見過ぎ!
良くて頭をかち割るか、腱を断ち切る。
238.名無しさん:2018年07月16日 20:03 ID:f0F1pwwk0▼このコメントに返信
刀が複数のパーツ、主に軟鉄と鋼でてきていることを忘れてるよ。一つの要素だけで切れなくなる訳じゃない。
肉を切ってりゃ脂が回るし、硬いものを切れば伸び易くなる。脂や刃こぼれで切れ味が落ちれば引っかかり易くなり、上手く切る難度があがり、さらに伸び易くなる。だから余裕があるなら交換する。
239.名無しさん:2018年07月16日 20:08 ID:.Lq7kUaj0▼このコメントに返信
骨は斬るより砕く方が簡単だろうな
240.名無しさん:2018年07月16日 20:12 ID:BQKyPf3d0▼このコメントに返信
実際護身用武器で槍メインでしょ
241.名無しさん:2018年07月16日 20:19 ID:fBhhIceA0▼このコメントに返信
※230
試しに日本刀で骨切ってみ。一発で刃こぼれするから。
242.名無しさん:2018年07月16日 20:21 ID:uTYCqNYW0▼このコメントに返信
刀の鞘あるじゃん、サヤの入り口に砥石を入れて置けば抜き差ししながら刃が研げる
243.名無しさん:2018年07月16日 20:23 ID:fBhhIceA0▼このコメントに返信
※230
刃こぼれと言うか、俺が使ったのは安物の新々刀だったら刃が歪んだな。
これは下手に研がずに、そのまま刀匠に持ち込むと修正効くらしいけどね。
(「出典:成瀬関次著『闘う日本刀』から)
244.名無しさん:2018年07月16日 20:34 ID:2.IwOn4.0▼このコメントに返信
※241
日本刀で骨付いた豚肉切ったことあるが、目視できる範囲でなら刃こぼれは一切無かったな
245.名無しさん:2018年07月16日 20:34 ID:Y5KLDX5B0▼このコメントに返信
俺が聞いたのは、現代の美術品である刀で1~2人ほど斬ってしまうともう斬れなくなると教えてもらったがな
斬れなくなるというのは、人間の油が原因で洋服や和服の繊維を完全に切断できないって意味で、仮に斬る相手が裸であれば斬れるらしい
しかしそれも数人ぐらいの話らしく、最終的には人間の皮膚すら油で滑って斬れなくなるのが原因のうちの一つで、もう一つだが刀はたわんで曲がり真っ直ぐ斬るという行為自体できなくなると言っていた
いわゆる「斬れなくなる」というのはこの二つが原因ってことだな

魚や鶏肉を例にするなら、切る対象に衣服か布で囲う必要があり、かつ一刀したら必ず包丁を曲げるのを条件にして比較しないと刀と同じようには語れないと思うよ
246.名無しさん:2018年07月16日 20:38 ID:luOaGpLw0▼このコメントに返信
正解を書けば刀は摩擦熱で切る、コンニャクなどが切れないのは摩擦熱が発生しないからでアニメで描かれるのは事実
人間の脂は動物性脂肪で熱で固まる性質を持つ、だから刀の熱で脂がへばり付いて、摩擦熱が発生しなくなり切れなくなるという事
よく刀を振った後に水をかける動作があるがあれは脂など腐食性物質を付かないようにする為
日本刀は鋼であるが、鋼の下地をそのまま剥き出しに、してるために錆びやすい
247.名無しさん:2018年07月16日 20:43 ID:f0F1pwwk0▼このコメントに返信
適切な例かわからんけど、歯ブラシの逆だよ。
248.名無しさん:2018年07月16日 20:44 ID:fBhhIceA0▼このコメントに返信
※244
やっぱり刀の質が違うのかな?
まぁ、でも成瀬関次著『闘う日本刀』は一読をお勧めする。
下士官用の九五式軍刀は折れるのを嫌って曲がる方向に行ってたらしいし
士官用の軍刀は指揮刀を兼ねてたから実用範囲を超えて華奢だったそうだが。

ちなみに白紙出刃でもスペアリブの骨をマトモに切ると刃こぼれするよ。
あれは魚用。
249.名無しさん:2018年07月16日 20:47 ID:fBhhIceA0▼このコメントに返信
※246
この手の日本刀談義は材質の方に話が行きがちだが、反りが重要。
上手に反ってると引き切りになるからスパッと切れる。
その点、擦り上げ刀は致命的に不利。
250.名無しさん:2018年07月16日 21:05 ID:K5QTLfFv0▼このコメントに返信
4つ胴とかの業物以上と数打ちとを比べられないだろうけど、もし人体を両断出来ないってレベルで斬れなくなるってんなら…

元々人体両断出来る刃物って時点でだいぶエグいと思うんだが…
いや、骨とかでキツいからスイカ両断する5.6倍の強度が必要だと思うんだけど、スイカですら簡単じゃないぞ
普通に豚の頭カチ割るどころか切り裂くレベルを数打ちですら3、4人はいけると?
さすがにそりゃ話盛り過ぎだよ
いくら何十回も折り返してるとは言ってもさすがに…。無いよな?
251.名無しさん:2018年07月16日 21:05 ID:YAVDFrV80▼このコメントに返信
重ねが薄く刃肉もないような刀で豚とか切れば簡単に刃こぼれもするかもな。
252.名無しさん:2018年07月16日 21:06 ID:fBhhIceA0▼このコメントに返信
※246
後、大抵の刀匠は(例えば一貫斎繁久とか)は、数打ちに制限ある日本刀じゃ食えずに
ナイフや包丁も販売してる。
20万円もあれば入手できるんで試してみたら?
253.名無しさん:2018年07月16日 21:13 ID:uIaVzUu30▼このコメントに返信
昔ヤ〇ザやってた人とかに訊けば正解がわかるんじゃね?
254.名無しさん:2018年07月16日 21:15 ID:cysCN.dI0▼このコメントに返信
油で切れなくなるなら、アルコールで湿した紙で拭けば落ちるんじゃね?
まーそんな暇無いかもだけど
255.名無しさん:2018年07月16日 21:17 ID:fBhhIceA0▼このコメントに返信
※253
893のドスは安物の包丁作りなんで全然別物。
256.名無しさん:2018年07月16日 21:17 ID:TX.0bGIb0▼このコメントに返信
ラードべとべとに塗った日本刀で斬られてみたいか?
俺は斬られたくない
刃物にどんなに油をつけても斬れるわ
257.名無しさん:2018年07月16日 21:20 ID:fBhhIceA0▼このコメントに返信
※256
日本刀を荒砥で仕上げる話を前にあげたが、単に切るだけならノコギリが最強(アイドルが被害あってましたよね)。
258.名無しさん:2018年07月16日 21:21 ID:YAVDFrV80▼このコメントに返信
※246
血液ならタンパク質だから熱で固まるが、動物性脂肪は固まらないぞ。
そんなんだったらすき焼きで牛脂引けないだろ。
259.名無しさん:2018年07月16日 21:27 ID:fBhhIceA0▼このコメントに返信
※254
いや、そこまで行かずとも、日本刀で肉切ると脂の他に繊維質がべちゃっと纏わりつく
懐紙で拭えば十分ですよ。
そもそも日本刀には最初から椿油を塗ってますし。
260.名無しさん:2018年07月16日 21:31 ID:Y1nrAEBx0▼このコメントに返信
※246
別に脂ついても切れるが?
俺は猟やってて、猪捌くときに皮剥ぐんだが、その時、肉に脂肪を残すように削いでいくけど、
よく研いでる皮剝ぎ包丁は普通に1頭分剥いでも産毛ぐらい剃れる。
そんな、たかだかニ三回切っただけで脂で滑って切れないのは、よっぽど研ぎが悪いんだと思うな。
261.名無しさん:2018年07月16日 21:36 ID:.uX629qY0▼このコメントに返信
前田利家も織田から追放されてたときに3、4人の首で復帰したらしいからなそれくらいで良かったんだろ
262.名無しさん:2018年07月16日 21:40 ID:FsbRyCjo0▼このコメントに返信
※228
またつまらない物を斬ってしまった
263.名無しさん:2018年07月16日 21:46 ID:FsbRyCjo0▼このコメントに返信
※260
生きた人を切る場合て刃が入った時に刃を挟む様に身を折ったりするので同じではないんじゃない?
肉で刀を挟まれた状態で引き切る、又は、引き抜く訳でしょ?
だったら脂が摩擦抵抗を大きくすると思いますよ
それがあるから脂ギトギトの魚で挟んだ魚でもとても切りづらいんじゃないかと想像します
264.名無しさん:2018年07月16日 21:50 ID:2jZ1fQCU0▼このコメントに返信
懐紙と鹿のなめし皮で血と脂を拭き取れば
次からもちゃんと斬れるよ
265.名無しさん:2018年07月16日 22:15 ID:t1JoEKKn0▼このコメントに返信
合戦では槍や弓、鉄砲などが主に使われていた。
足軽は刀なんか持ってなかった。
江戸時代になると、一度に3人も連続して切るシーンが武士には皆無だった。
好戦的な武士が多かったといわれる薩摩藩では
人を傷つけなくても刀を抜いただけでお咎めがあった。
266.名無しさん:2018年07月16日 22:22 ID:g2zT.nco0▼このコメントに返信
こういう災害のとき、水道民営化していると、

安倍奴、麻生奴、自民党議員連中の老朽化対策で民営化!
これが地獄の始まり・・
水道民営化
鉄道民営化
電気民営化
道路民営化
これが地獄の始まり・・

安倍奴の次の計画〜医療保険の民営化

そしてものすごい値上げがおそってきます。

あまり報道されない「水道民営化」可決。外国では水道料金が突然5倍に ....

貧乏人は水を飲むな。「水道民営化」を推進する
267.名無しさん:2018年07月16日 22:22 ID:z71rHMPF0▼このコメントに返信
実際には戦場剣術には骨砥ぎとか鎧砥ぎと呼ばれる相手を切りながら刀の状態を維持する技法があるけどな。
現代剣術では全く必要がないので忘れられた技法だけど。
268.名無しさん:2018年07月16日 22:23 ID:f0F1pwwk0▼このコメントに返信
二つ以上の異なる材質を組み合わせたモノに物理的な衝撃を与え続ければどうなるか、というのが一つ。

脂は刃の切れ味を悪くするのではなく、狙った箇所に刃を立て辛くする。例えば滑りのあるアンコウは捌き辛い。

長さのある刀で高速で人を斬るというアクションと、固定して慎重にやれる日用アクションを比べるのも適切ではない。

そりゃ切れるってだけなら折れたって切れるけど、命を預ける武器を可能な限り十全の状態にしたいと考えるのはおかしな事だろうか。
269.名無しさん:2018年07月16日 22:38 ID:.gmixBVR0▼このコメントに返信
※152 ※162

〉しかし、その新聞記事が証拠となり、支那の軍事法廷で二人の将校は有罪とされた。二人は歩兵科の将校でもなく、名前を貸しただけで数人の試し切りもしていないのではないだろうか。獄中から真実を証言して欲しいと日本に送ったがなしのつぶて。記者は二人が処刑された後も毎日新聞記者を続けた。 南京大虐殺とやらの証拠にもなっている。

現実を見ような
そもそも白兵戦で斬ったわけじゃないので、歩兵科の将校である必要はないし
「数人の試し切りもしていないのではないだろうか」と憶測で言ってるけど、まだ日本が負けていない時に本人が故郷の講演会で堂々と「百人斬りと報道されたのは私のことです、並ばせた捕虜を次々と斬っていきました」と語ってたわけでねw
真実の証言も何も、当時の関係者の証言突き合わせたら、二少尉の方が色々ごまかしたり嘘ついてたってのどんどん明らかになっていって、50年以上経ってから日本で起こした「報道した新聞社が悪い!賠償しろ!」って裁判で完敗してるわけでね
270.名無しさん:2018年07月16日 23:04 ID:nsbMr9HC0▼このコメントに返信
水曜日のダウンタウンで検証しようぜ
クロちゃんで
271.名無しさん:2018年07月16日 23:04 ID:ijkvGslO0▼このコメントに返信
※266

お仲間の処刑で辛かった、のくだりはどうしたのですか。
272.名無しさん:2018年07月16日 23:13 ID:R7ZSQKuG0▼このコメントに返信
※266
まずはNHK民営化だな
273.名無しさん:2018年07月16日 23:18 ID:WcWsTUh80▼このコメントに返信
これの元ネタは
在日の弁護士が(名義貸しして捕まった)行った事

嘘を嘘と信じれない人は のレベル
274.名無しさん:2018年07月16日 23:31 ID:WcWsTUh80▼このコメントに返信
連投すまん

西村眞悟弁護士法違反事件を起こした奴が、番組で主張してた事なんだけど?
この西村も、結局弁護した相手が言っていたって事を、TVで話して、それが今の議論の元
事実的に、実証はしてない事が今更本当の事の様に議論されていることに恐怖を覚える

マジで、嘘だから。 油で切れ具合減るなら、刀と同じ技法で作られてる包丁は何故切れ味落ちない?

普通に考えたらわかる事じゃない?
275.名無しさん:2018年07月16日 23:35 ID:7h.SMGIA0▼このコメントに返信
まぁメインウエポンは弓か槍でそれが使えなくなった時の非常用または、首を取るのが主な使い方なんで。
闇討ちか剣豪同士が果し合いするわけでもなければ、まず刀を使うということは無い。あくまでサブなので。
276.名無しさん:2018年07月16日 23:37 ID:fepgvuI60▼このコメントに返信
一人で3人斬り倒してまだ足りないならもう武器がどうとかいう状況じゃないわな
3倍を超える相手に襲われてるってことだし
それに切れなくなってもあのサイズの鉄の塊なら殴れば十分な威力もあるな
最初から鉄の棒でいいかというと、刀って鋼と鉄をウエハース状にして強度としなやかさを両立させてるわけだから
江戸時代までにバールみたいな郷土の鉄の棒なんて無いだろうし
277.名無しさん:2018年07月16日 23:41 ID:kc44KcAg0▼このコメントに返信
*83
砥石も研げ。仕事で刃物を使ってて、砥石が平らで無いとか、あり得ない。
278.通りすがり:2018年07月16日 23:56 ID:ulAPF.HB0▼このコメントに返信
関係ないが、
斬るより、突く方が戦いでは良いってスレの人が言ってたが、だったら

フェンシング >> 剣道(居合等も含む) 

だね。
279.名無しさん:2018年07月16日 23:59 ID:EjUPPgoT0▼このコメントに返信
まぁ脂でどうのこうのは嘘やろ、豚バラ切った程度で包丁が切れなくなりますかって話で
骨まで絶ってって話なら刃こぼれする事はあるだろうけれど
280.名無しさん:2018年07月17日 00:05 ID:dwkLen9.0▼このコメントに返信
刃物は摩擦によって切るから油がつくと切れ難くなるのは事実
でも切れなくなるかというとそんなことはない
鳥の脂身とかを切りまくっても包丁は身を切れるでしょ
正しくは切り方を変えないと切れなくなるってだけ
良質な刀の切れ味に任せたソフトな切り方が通じ難くなる
281.名無しさん:2018年07月17日 00:13 ID:HEJAEaf80▼このコメントに返信
※275
いい加減、デタラメな鈴木眞哉史観から離れろよ。
死体から首を外すのなんか短刀の方が楽だろ。
282.名無しさん:2018年07月17日 00:19 ID:yj0Iip4w0▼このコメントに返信
なので三好長慶は、肉厚で重量があり、甲冑や骨を叩き切っても曲がったり折れたりしない海部刀を重宝していた。
283.名無しさん:2018年07月17日 00:20 ID:Ghpre74j0▼このコメントに返信
白兵戦で人一人殺るのに恐ろしい体力消耗するのに三人も斬れたら充分だろ
一人対多人数なんてフィクションの世界だから
284.名無しさん:2018年07月17日 00:23 ID:IvX.naFf0▼このコメントに返信
柔らかさも持たせてたから折れないで曲がる設計
折れたら鈍器にもならんとかなんとか
285.名無しさん:2018年07月17日 00:36 ID:6F.8eohi0▼このコメントに返信
日本刀は日常的に持ち歩けて、狭い屋敷の中でも取り扱いやすい刀だからな。現代に例えるなら拳銃みたいなもんだろ。
286.名無しさん:2018年07月17日 00:36 ID:BaPQ4PLw0▼このコメントに返信
牛刀でもそんな切れ味落ちないのに刀がそんなに脆いとは思えないんだけど
287.名無しさん:2018年07月17日 00:40 ID:3fW1CLjA0▼このコメントに返信
死罪人使った試し切りと混同してるんじゃないか
実際は刀同士ぶつかったりで刃こぼれする
斬るときに骨とかで刃ここぼれがだんだんひどくなってく
俺自身が幕末に経験してるから間違いない(ちなみに前世な)
288.名無しさん:2018年07月17日 00:43 ID:HEJAEaf80▼このコメントに返信
※285
日本刀は短刀から複数人で扱うような長大な大太刀まであるんだよ。
289.名無しさん:2018年07月17日 00:52 ID:W0btcp0x0▼このコメントに返信
※285
例え下手すぎだろ
290.名無しさん:2018年07月17日 01:00 ID:WvgwLo6G0▼このコメントに返信
※285
現代でいうならアサルトライフルだよ
紛争地帯の歩兵とか、町中でもアサルトライフル担いで歩き回ってるだろ?

弓や投石は迫撃砲。まだまだ遠くにいる敵部隊に大雑把な損害を与える遠距離支援
雑兵の長槍は分隊支援火器。攻撃の密度とリーチで敵部隊を牽制する。根本的に防御向きで、攻撃に使うには機動性が不足する
291.名無しさん:2018年07月17日 03:05 ID:MAZ2zAdn0▼このコメントに返信
※269
はいはい、今度はそういうソース無しのデタラメを羅列する手法にしたのね
292.名無しさん:2018年07月17日 03:33 ID:l0k0L9IP0▼このコメントに返信
カマイタチの原理やな!先に斬る奴が居て、次に刀を研ぐ奴が居て、斬られた奴の傷に薬を塗る奴が居て、斬れてな〜いってマイクベルナルドが言うんだよ。ところでカマイタチは何故そんな意味のない事をするんだろう?
293.名無しさん:2018年07月17日 03:42 ID:bU2WdYqb0▼このコメントに返信
ものがものだけに仕方ないのかもしれないけど想像とかアニメの知識で語ってるやつらがほとんどだな
俺に言わせれば日本刀で切ってて一番困るのは血ではなく骨で刃先が欠けることだよ
血だけなら切っててほとんど気にならないレベル
あと強いインパクトが続くと目釘が折れるからそっちの方がよほど問題
動いてる相手だとどうしても刃筋が立たなくて切れないだけではなくて曲がることもあるので
結果として1本の日本刀で一度の戦闘で切れる人数に制限があるというのは間違いではないけどね
294.名無しさん:2018年07月17日 03:48 ID:bU2WdYqb0▼このコメントに返信
そもそも複数人相手が前提なら防御は回避主体、攻撃は突き主体でいくよ
複数人との同時戦闘で何人切れるとか切れないとか語ること自体が間違ってる
295.名無しさん:2018年07月17日 04:34 ID:nU2R9OuW0▼このコメントに返信
包丁で肉切って切れ味悪くなるのは冷えた肉の脂が固まるからだよ。
生きてる状態なら体温で温かい状態だから脂は固まらず、すぐに切れ味が落ちたりはしない。
296.名無しさん:2018年07月17日 04:40 ID:TIlx7Pgj0▼このコメントに返信
菊千代みたいにしろよ
297.名無しさん:2018年07月17日 05:24 ID:wnjwM59u0▼このコメントに返信
 ※269 >ID:.gmixBVR0 >ID:.gmixBVR0 >ID:.gmixBVR0 >ID:.gmixBVR0 >ID:.gmixBVR0 >ID:.gmixBVR0 >ID:.gmixBVR0 

↑本日の無様な工作員

>日中戦争で日本刀持ちこんで色々試した軍人は多く

 多く??

>その手入れを頼まれた刀匠が記録残してるよ

 刀匠が手入れなどしない。手入れは研ぎ師の仕事

>やはり由来ある名刀はよく斬れるらしい

 江戸時代以降の名刀は、宝刀でしかないので実用性はありません。
298.名無しさん:2018年07月17日 05:29 ID:tHSpgfJJ0▼このコメントに返信
※58
日本で槍が生まれたのは南北朝時代だから、鎌倉時代末じゃ槍で殺害された人がいないのは当たり前だぞ
まぁそれ以前でも矛はあったけど、当時すでにマイナー武器だった
299.名無しさん:2018年07月17日 07:54 ID:02o127wo0▼このコメントに返信
懐から和紙を取り出して血糊を拭う
300.名無しさん:2018年07月17日 10:06 ID:wnjwM59u0▼このコメントに返信
※275
>まぁメインウエポンは弓か槍でそれが使えなくなった時の非常用または、首を取るのが主な使い方なんで。
>まぁメインウエポンは弓か槍でそれが使えなくなった時の非常用または、首を取るのが主な使い方なんで。
>まぁメインウエポンは弓か槍でそれが使えなくなった時の非常用または、首を取るのが主な使い方なんで。

そりゃ、「合戦の話し」だ。

槍が制したのは合戦だけだし、
しかも本来の槍の使い方とも違う。
301.名無しさん:2018年07月17日 11:22 ID:4YCOO0mI0▼このコメントに返信
いや、お前んちの包丁、肉切ってたら突然鉄の棒になんのかよ?
302.名無しさん:2018年07月17日 11:39 ID:bU2WdYqb0▼このコメントに返信
>まぁメインウエポンは弓か槍でそれが使えなくなった時の非常用または、首を取るのが主な使い方なんで。

いやいやこれ合ってる
日本の戦闘において刀が主兵装だったのは鎌倉時代までと幕末前期だけだぞ
303.名無しさん:2018年07月17日 11:59 ID:.xM9LZyM0▼このコメントに返信
あんな人体と比べて小さな、しかもシんだ柔らかい肉とを比べるの違うな

304.名無しさん:2018年07月17日 13:32 ID:Ogol.G.60▼このコメントに返信
フライドチキンの骨だって包丁で切断するとなると相当な力がいる
人間の首の骨はその3倍くらい太いんだからそりゃ刃こぼれするだろう
むしろ3~4人も切れることがすごいと思うわ
305.名無しさん:2018年07月17日 13:50 ID:uj5X8sCo0▼このコメントに返信
斬るレシオ4超えはすごいな。
306.名無しさん:2018年07月17日 15:08 ID:HEJAEaf80▼このコメントに返信
※275 ※302
戦は野戦だけじゃないし、乱戦になれば野太刀、あるいはそれから変化した長巻が使われている。
野戦でも通常だと
弓、槍→刀→組討ち(鎧通し)
どの時点で討ち取られるか分からないが最後まで行くと手順としてはこんな感じ。

>「甲冑の戦いは十度に六、七度組討に至ることは必定なり。」「往古の武士の相撲を修行せしことここにあるなり。」
>木村柳悦守直撲『角力取組伝書』延享二年(1745年)

鎧通しや短刀を無視して、死体から首を取るのに打刀が使われたとかいうのは鈴木眞哉が唱えたトンデモ説。
刀は非常用ではなく普通に使われる副武装。
307.名無しさん:2018年07月17日 16:28 ID:bU2WdYqb0▼このコメントに返信
※306
んーだからさ、お前いつの時代の話してんのよ?
それが分かれば自分の言ってることの何がおかしいか分かるはずなんだけどなぁ
308.名無しさん:2018年07月17日 16:50 ID:ShR3OIkw0▼このコメントに返信
家の文化包丁の方が日本刀より優れているのだろうか・・・
309.名無しさん:2018年07月17日 17:00 ID:yJMGv83V0▼このコメントに返信
結局、暴れん坊将軍は色々正解なわけだ。
310.名無しさん:2018年07月17日 17:15 ID:HEJAEaf80▼このコメントに返信
※307
ならお前の言うメインウエポンが弓、槍の時代は何時を想定してるんだよw
少なくとも信長、秀吉の時代じゃないよな。
彼らは野太刀、長巻を好んで使っていたし、大坂夏の陣図屏風なんかにも刀を抜いて
戦う様子が描かれているからな。
311.名無しさん:2018年07月17日 18:19 ID:uPqHeDks0▼このコメントに返信
まな板の上で肉切るのとは違うっていうけど、じゃあ脂は関係無いってことじゃん?
312.名無しさん:2018年07月17日 23:48 ID:M.JDX5MH0▼このコメントに返信
血抜きをした牛豚の肉とたっぷりの血が流れ筋肉が傷に反応する肉体とを比較してもなあ。
313.名無しさん:2018年07月18日 00:36 ID:4Kn1hMbP0▼このコメントに返信
レーザーメスで
314.名無しさん:2018年07月18日 10:42 ID:6dSHpULY0▼このコメントに返信
※25
軍刀も色んな種類がある。軍が配っただけの量産品から、蔵から引っ張りだした先祖代々の日本刀を拵えなおして軍刀として持っていったのもある。うちのじいちゃんは後者、中国南方で捕虜になった時取られた。我が一族から業物の逸品が消えた瞬間である。
315.名無しさん:2018年07月18日 15:28 ID:MjbCvupW0▼このコメントに返信
脂で斬れにくくはなるけど、それは冷蔵された肉だよ。
脂肪の融点は15~22℃だから生きている人間の脂はとろとろに溶けてる。

調理の時、冷えて固形化した脂が包丁にくっついて切り難くなるのが変に広まっただけ。
316.名無しさん:2018年07月18日 18:16 ID:xuQU.MR80▼このコメントに返信
ネット上のかきこみを信用するしないじゃなくて自分で実際に豚肉のブロックつかって
色々条件をかえて料理してみればすぐにわかるよ
血脂も洗剤であらっておとせば切れ味がもどる、とわかる
317.後ろから切る専の近藤勇:2018年07月18日 22:45 ID:T6F2z8fx0▼このコメントに返信
冬だったら脂が付き固まった刀は使いにくいだろうな。
血糊が柄に廻ったらすべるだろうな。

ところで、時代劇で刀をくるっと廻すとチャリって音がするけど
あれは何?
鍔がゆるんでるの?
小身や目釘もゆるんでるもんなの?
おせて
318.名無しさん:2018年07月18日 23:08 ID:0xJT7ZEf0▼このコメントに返信
日本刀っていっても新刀と古刀で全然構造違うし、戦国時代の分厚い鉄塊みたいな刀と江戸時代の半分ファッション化した刀でも別物
小銃出てきたあたりの軍刀なんて、あれ安物量産品のプレス加工品だぞ、テキトーにどっかぶつけただけでへにゃへにゃに曲がるしそもそもろくに切れない
319.ハインフェッツ:2018年07月19日 11:19 ID:6KpFcz.f0▼このコメントに返信
※316
ほんで、洗剤で洗った後置換油はどうしますん?

…という程度の事は、仕事で鎌や鉈を研いだことがある人でも言える事。
鋼は簡単に錆びちゃうんだよ。
320.亡八:2018年07月19日 14:39 ID:IfQ0fIOO0▼このコメントに返信
※319
>鋼は簡単に錆びちゃうんだよ。

いや良鉄はそう簡単には錆びない。
錆びるのは安物の(不純物の多い)鉄。
純粋に近い鉄は錆びにくい。
錆びないわけじゃないがね。
法隆寺や薬師寺金堂再建に使われた白鷹幸伯さんの釘は千年錆びないと言われてる。

古道具屋で包丁や鉋・鑿の目利きをするなら鋼の錆び具合をよく見ることだね。
よい刃物は鋼の部分は錆びてない。
321.ハインフェッツ:2018年07月19日 15:14 ID:6KpFcz.f0▼このコメントに返信
※320
それに関しては工学者の方が昭和の時代から何例もリサーチ済みですね。
純鉄がきわめて錆びにくいのは事実だが、それでは炭素が入っていないので鋼にはならない。
特に、焼き鈍しをすると鉄の結晶の間に炭素が吐き出されてその界面から錆び易くなる。

これとは別に和鉄が炭素入っていても錆びにくいのは折り返し鍛錬で組織の中に層状に鉱滓が折り込まれていて、ここで酸化が食い止められるから。
プラス、釘や蝶番の類には普通和鉄の中でも炭素の抜けきった錬鉄に近い物が使われる傾向がある。
こいつを再生して小刀なんか作ろうとすると、多少マトモな仕事やってる鍛冶屋さんはまず卸し鉄をやって吸炭させてから打ち直すもんだよ。

残念ながら、鋼が焼き入れされて硬くなる過程には結晶構造が歪むという事が関わっているんでな。
実際、マルエージ鋼とステンレス鋼では前者の方が腐食しやすいし。
322.名無しさん:2018年07月19日 17:58 ID:eV4Km.Yo0▼このコメントに返信
包丁と肉を引き合いに出して「切れにくくならない」と主張してるやつは、包丁と刀の違い、肉質の違い、厚さの違い等条件の差がある場合はどうなるかすら考察する能力のない、自己の経験そのものからしか学べない愚者の典型だから気を付けろよ。脂身タップリの分厚い豚バラ肉切ってみりゃわかるけど切ってるうちに包丁が切れなくなってくし、脂身の塊とも言える生身の人間なんて、血抜きされた豚バラの比じゃなさそうな事くらい考え至るだろうに。
323.名無しさん:2018年07月19日 20:32 ID:OZSwGIkX0▼このコメントに返信
五月雨は 露か涙か不如帰 我が名をあげよ 雲の上まで
324.名無しさん:2018年07月20日 02:35 ID:VfnpdB3i0▼このコメントに返信
※314
 新しく打った軍刀にも種類があって、玉鋼使って、四方詰鍛え、本鍛錬という新々刀の製作方法をそのまま引き継いだものもあったりするんですよね。
 半鍛錬(エアハンマー使って鍛える)のものだって、材料も造りも本鍛錬ものと同一で、鍛え方も本鍛錬と理屈の上では変わらないし。
325.名無しさん:2018年07月20日 12:05 ID:YZZ6VTo30▼このコメントに返信
肉屋さんが肉大量に切ってるとき途中で研いでるよね。砥石じゃなくて手に持って使う棒状の鉄みたいなやつで。シュインシュインて音がしてかっこいい。
326.ハインフェッツ:2018年07月20日 15:17 ID:IxCLmxMi0▼このコメントに返信
※324
靖国刀ってやつだな、その辺りのほとんど工芸刀みたいなのは普通に将官以上の階級じゃないと手に入らないんじゃないのかね?

そこ行くと工業軍刀なんて結局は日本刀というよりサーベルだからね。
村田式みたいにるつぼ鋼を油焼きして鍍金で刃紋を書いただけなんてのが当たり前だから、鋼管に熔鉄流し込んで皮鉄構造を真似た満鉄刀なんてむしろ良心的ってレベル。

ただ、困った事に昭和初期におかしなナショナリズムが流行った時に、尉官でもなきゃ帯刀本文者でもないくせに刀を持ちたがる者が増えて、こういうのを相手にもっと粗悪なモノを売り付ける業者が仰山現れた為、昭和刀と言えば模造刀にも劣る粗悪品という話になっちゃうんだけどな。
327.名無しさん:2018年07月20日 16:05 ID:FpydE50X0▼このコメントに返信
※322
自分で自分をディスってどうするよw
328.名無しさん:2018年07月20日 20:15 ID:WmizuFnM0▼このコメントに返信
人の脂は現代の接着剤より強力説(笑)
料理で肉切ってみれば大嘘とわかるだろうに
切りにくくなったから脂拭きますとか聞いたことあるか?ないだろ
刃が欠けるとかもさあ骨をどんだけ固いと思い込んどるんだ
だいたい刀なんてくっそ高いもんそんなすぐダメになるんだったら流行らんわ
329.名無しさん:2018年07月21日 11:56 ID:9WGcbKsq0▼このコメントに返信
このスレタイ通りの事言う奴は>>1の書いているように
>最初から棒で戦ったほうが結果的に得をする
っていう事に気付かないネットで知識仕入れた典型的なにわかヲタク。そのうちの大半は2ちゃんやWikipediaだけである程度知識を誤魔化せる半端ミリヲタ。
類似のヲタク理論には日本刀は引いて斬るもの(笑)とか示現流は無茶苦茶に叩くから強い(笑)みたいなのがあってこのサイトでもそういう奴をネタにする記事があったよねww
330.名無しさん:2018年07月21日 12:37 ID:ALHnZUPP0▼このコメントに返信
江戸時代後期にもなると刀は武士のしるしでしかなくなり抜くことがなくなった
薄くて軽い日本刀が望まれ、数多く普及し幕末をむかえて、
日本刀をつかった襲撃事件、刃傷沙汰で折れた、曲がった、刃が欠けた記録が残るわけだ
そして326が書いてるとおり(明治の廃刀令でまっとうな刀鍛冶が廃業していったあとで)
昭和になると需要が発生し粗悪品が大量にでまわる

日本刀への幻想はフィクションの中だけにとどめておくのがいいぞ
331.名無しさん:2018年07月21日 14:13 ID:NNWs5.bL0▼このコメントに返信
人を切ったサムライの話聞きたいなぁ。
「近藤勇さん、あんた人を後ろから切るってどんな気持ち?」
332.名無しさん:2018年07月21日 14:21 ID:sInkv0PZ0▼このコメントに返信
※308.
文化包丁一本で豚や牛を屠殺から解体まで全部出来るもんなのか?
そんな話聞いたこともないがね。

包丁でやってることなんざ、血抜きから解体まで全部終わってる肉片をちまちまカットしてるだけじゃん。
人間を刀でやる行為に無理にたとえるなら、せいぜい小指を詰めるぐらいじゃね?
333.名無しさん:2018年07月21日 18:25 ID:YB4RwDKI0▼このコメントに返信
>>326
そんな半デタラメ吹かれても・・・。
下士官刀の主流だった九五式軍刀は、確かにエアハンマーと油焼き入れだが、
東北大の金材研が従来の日本刀の欠点を解析して改良した、実用刀としては最高レベルの刀ですよ。
334.名無しさん:2018年07月21日 18:51 ID:ZiChdJ4a0▼このコメントに返信
山田浅衛門のような達人なら名刀で一人二人試し切りしても刃こぼれさせずに使える
腕のいい刀匠と達人が日本刀を世界一の刀剣にする。大戦末期に粗製濫造した軍刀が日本刀の評価を下げているだけ。
335.名無しさん:2018年07月21日 23:08 ID:9WGcbKsq0▼このコメントに返信
※330
ファンタジーじゃあるまいし日本刀に限らずそもそも刀剣という金属板同士をぶつけて欠けたり歪まない方がおかしいと考えられないの?
薙刀みたいに力自慢がぶん回す分厚い奴でも刃の部分は歪むだろうよ
336.ハインフェッツ:2018年07月21日 23:12 ID:.7IAOug30▼このコメントに返信
※333
そいつは素材が陸軍規格刀剣鋼なんでな。
同じ洋鉄でも、より技術の進んだ戦後になってから”何故玉鋼は良いのか”という事を一から研究し直して開発されたYSSヤスキハガネには結局刃物としての性質で劣るのよ。
現代じゃ合法的に実用できる包丁やクラフトナイフなんかだと、職人が作ろうが工場で作ろうがもう青紙・銀紙は当たり前だからねぇ。

評価できる点と言えば、拵えが頑丈で尚且つ太い棒樋が一本掻いてあるんで居合の練習に使う刀としては良いだろうねってくらい。

そもそも、鋼を油焼きするのは水で冷却するとマルテンサイト変態が急速に進み過ぎて焼き入れ応力を制御できず、結果的に割れてしまうという状況を回避したいケースが殆どなんでな。
古今の刀匠が教科書的な基礎技術のレベルで目指してる、刀身は粘り強く切刃は硬くって理想をかなり妥協した、日本刀としてはあくまでも数打ちの模造品なんよ。
だから、量産軍刀の業界は”満鉄刀なんてむしろ良心的な商品”というレベルなの。

まあ、あんなの作るくらいならいっそハイス鋼をステンレスで挟んだクラッド材の軍刀でメンテフリー目指すとか、ばね鋼をベイナイト焼き入れして兎に角弾力が得られるように作るという事をやった方が有意義だね。
…でも、前線に火器や弾薬がマトモに届くようにする方がもっと有意義だけどな。
337.名無しさん:2018年07月22日 16:49 ID:4bWHUyiH0▼このコメントに返信
刀なんてピンからキリまであるのになにいってんだか
まあ名刀でも骨を断つことをしていればそのうち切れなくなるだろうが
338.名無しさん:2018年07月23日 17:10 ID:ZzGukML30▼このコメントに返信
鉄の棒でぶん殴れば大体死ぬと思う
339.名無しさん:2018年07月23日 22:52 ID:hoIbwcB00▼このコメントに返信
今更だけど大抵の武士はメインで持ってるのが馬上でも活躍できる長物(槍や薙刀や野太刀)や援護射撃するのに便利な鉄砲や弓や弩であって
刀はメインの刃物がなくなったときに急ごしらえで使うものでしょ?
懐刀(ふところがたな)ってよく聞かない?それが打刀や短刀の本質よ
でも使い方うまい武士はいるもので槍とかの長物を強引に捕らわれてやばいって状況のときにとっさに懐刀抜いて返り討ちにしてる武士とか射撃したあと懐刀で追撃してる器用な人もいるもんなんですよね
340.名無しさん:2018年07月26日 20:13 ID:ieAXZEbc0▼このコメントに返信
脂ののった魚捌いたり、刺身にしたりするときも脂がまとわりついて包丁が滑るようになるから、人間の血とか脂で滑って切れなくなるんだろうね。
包丁みたいに拭けば復活しそうだな。
341.名無しさん:2018年07月26日 22:51 ID:RXsNJpca0▼このコメントに返信
※299
そしてその紙を投げるんだよなひらひらと
342.名無しさん:2018年07月27日 03:00 ID:Fi6eCr600▼このコメントに返信
タケノコだよね?
343.名無しさん:2018年07月27日 20:05 ID:1bCieKnB0▼このコメントに返信
まぁなんにせよ。
滅多に起きない奇跡的逆転だからこそ逸話として残るもので。
実際は逆転の回数の数万倍も失敗した事実のみがあるものだ。

つまり、刀で大逆転した逸話の数万倍は、刀のせいで敗北した事実があるって事。
リアルは本当に情け容赦ないし、みもふたも無い。
344.名無しさん:2018年07月27日 23:52 ID:FVSYGVou0▼このコメントに返信
刀が人の脂肪で切れなくなりゃ、槍だろうが薙刀だろうが同じなんのが理解出来ん薄ら馬 鹿が、わんさか居るwww斬ろうが突こうが、同じだぞ。
合戦(戦争)ってのは陣形(戦術)が勝負で、陣形崩れりゃ基本的に立て直さない限り、即負け戦さに突入するもんなんだが、アニメ等の妄想や漫画で育ってんのは、主人公が一人で闘ってのシーンしか想像出来んのだな、相当な脳足りんじゃ(嘲笑
戦さで個人賞貰えた奴は世界中探しても一人も居らん。一人で闘えるのは相当強くて、位が高い指揮官クラス。だが戦争は集団対抗戦だ、一人で強かろうが、遠距離中距離から狙い撃ちを続ければ、体力消耗してタヒぬ。古代から世界中で戦争は同じやり方じゃ。強い個人が勝った戦争は存在しない。
345.名無しさん:2018年07月28日 07:40 ID:lReJEDms0▼このコメントに返信
実際の戦でも一人が二人殺せば十分にオーバーキル状態だしな。
で、早々に形勢が決して、負けた方は引き上げを決断する。

だから3人も4人もってのはそうはないんじゃないかな。
346.名無しさん:2018年07月28日 16:04 ID:4FFqS2mY0▼このコメントに返信
スレ主って料理もしたこと無いのと違うか?
347.名無しさん:2018年07月29日 18:29 ID:1t3L7SPF0▼このコメントに返信
>「日本刀は3~4人も斬れば人の脂のせいで棒のようになる」←これってつまり

つまり、棒のように使えってこと。 木刀で骨を叩き折る練習してるじゃん。 
それと
切っ先で切れ。振り下ろしたとき最速の切っ先は、切れ味が落ちても十分に肉をえぐり骨を砕く。

京都見回り程度ならそれでいい。 戊辰戦争から混戦状態になると難しい話になるけど。 
348.名無しさん:2018年07月29日 21:29 ID:VLC1.Yyc0▼このコメントに返信
油で切れなくなるなら、エチルアルコールで油を拭き取れば良い。
349.名無しさん:2018年07月30日 06:40 ID:q.bqWavn0▼このコメントに返信
そもそもが時代劇のチャンバラ知識だな
日本刀の使い方は相手の指を落とす、手首の動脈を斬る、脇を刺す、首を突く、腹をスッと撫で斬るといった具合に
硬い部分は狙ったりしない
爺ちゃん世代の有段者の人達は斬るとか言わなくて「解体する」と言ってたらしいぞ
350.名無しさん:2018年07月31日 07:55 ID:WdigZx4n0▼このコメントに返信
日本刀は突きに特化した刀だよ
351.名無しさん:2018年07月31日 18:22 ID:6tBZjCwY0▼このコメントに返信
薩摩藩 切らない 打ち付ける ひたすら打ち付けるゾ!
352.名無しさん:2018年08月01日 12:16 ID:g5ostAt10▼このコメントに返信
よく切れる包丁で和牛のブロック切ればすぐ分かるだろ
353.名無しさん:2018年08月04日 20:06 ID:XEvYUOE.0▼このコメントに返信
※349
いや普通に頭も狙うよ
354.名無しさん:2018年08月06日 15:21 ID:HTLBWk790▼このコメントに返信
戦場では鼻か耳取る用に脇差使って、長いのは介錯用じゃないの
基本は槍と弓と鉄砲
355.ハインフェッツ:2018年08月07日 11:09 ID:7V2MdYTs0▼このコメントに返信
※354
いんや、日本刀は必ずしも敗残兵狩り専用ってわけではないし、かと言って実戦で日本刀だけを装備した部隊がレンジとか関係無しに一方的に他者を圧倒するという事も無い。

刀剣である以上、相手との間合いが非常に短い敵味方入り乱れての白兵戦で役に立つのであって、決してその枠を踏み越えるような超兵器でもなければ、無抵抗の相手にしか使えない無能というわけでもないという事実があるだけ。
356.名無しさん:2018年08月08日 12:35 ID:7VmVHC8D0▼このコメントに返信
いくら振ってもベトベトな刀をさやにおさめたくないわ。
昔の刀で神社奉納とかされてないもので、さやまでオリジナルなのはつまりそういうことなんだろうな。
357.名無しさん:2018年08月10日 08:27 ID:dKTXt6R50▼このコメントに返信
※351
むしろ打ち付けない所の方が少ないんだよなぁ…
358.名無しさん:2018年08月12日 10:32 ID:Cino6lau0▼このコメントに返信
案外当り。亥の皮はぐとカミソリのごとくの刃物でも脂のせいで切れなくなる。生えてる毛で研ぐともとに戻る。
359.名無しさん:2018年08月12日 10:43 ID:lrHOyGwj0▼このコメントに返信
アメリカの番組で
牛肉の塊(胸の部分の骨付き)をガシガシ切り落としてたから
この話は嘘だと思う
360.名無しさん:2018年08月12日 14:55 ID:hHy6DZvD0▼このコメントに返信
刀が用途に合ってないからだよ。
軽さ重視なら首をとるとか、乱戦になったときの護身用に用途を限るべき。
乱戦狙いの切り込み目的なら、山刀に属するような肉厚の刀を使うべき。
361.名無しさん:2018年08月14日 04:29 ID:RKBgLJe.0▼このコメントに返信
戦国時代までの比較的丈夫な刀や幕末の勤皇刀と江戸時代に多かった軽めの刀じゃ運用は同じでも特性違うから…
しかも流派や流行によって好まれる刀が変わるから長所短所も一部だけ切り出して「日本刀はこうだ!」と断言できるもんでもない(これは西洋剣にも言える…)
刃は変な力加わると欠けるとか峰側でまともに受けると折れる危険性が高いとかの構造的な欠点はあるけど、柄がすぐ壊れるとか人斬ると使い物にならなくなるとかサブアームでしたなんてのはポピュラーな俗説だが言い切っちゃいけない最たるもの

お名前