スポンサーリンク

2018年07月13日 02:05

仏教では「悟り≒輪廻からの解脱」らしいが

仏教では「悟り≒輪廻からの解脱」らしいが

03

引用元:仏教では「悟り≒輪廻からの解脱」らしいが
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1530020660/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:44:20.442 ID:Z/bwFFGvK
そもそもなんで悟ると輪廻転生しなくなるんだろ。
なんでと言ってもそれを世界の法則と認識しているのが仏教なんだからそういうもんだというしかないのかな。

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:45:11.577 ID:PnWGIpc00
生物滅んだらどうなるんだ?

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:48:11.862 ID:Z/bwFFGvK
>>2
仏教の世界観は広大だからたぶんこの宇宙に収まらない。
マルチバース宇宙のどこかに転生するんだろ。

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:45:44.449 ID:7HNozjWS0
輪廻って修行のためだろ?
だから悟ったらもうやらなくていいってこと

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:56:58.431 ID:Z/bwFFGvK
>>3
仏教の世界観では世界は目的があってあるというより
「ただ在る」感じ。
徳を積んで天に生まれるのも、悪業を重ねて地獄に落ちるのも、賞罰ではなく単なる法則という認識。
「仏法=お釈迦様が悟ったすべての世界の法則」

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:45:55.533 ID:zDEPFGUn0
元々は「悟らないのなら輪廻転生を繰り返しても苦しみからは逃れられないぞ」っていう例えからきてる

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:46:06.240 ID:GX2Z4agZ0
これ悟らない方がよくね

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:51:58.051 ID:Z/bwFFGvK
>>5
悟っても消滅するわけじゃないよ。

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:50:12.520 ID:qqa7jSEQ0
輪廻とか後付けだろ
あくまで現世の苦しみから解放させるのが目的で

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:53:02.226 ID:N/d6fp9y0
開祖のブッダは無茶はいかんっていってるし極端もいかんといってるし

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 22:54:38.118 ID:Tmq/eMPFr
また人間やりたい=未練
だから輪廻する

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:02:26.076 ID:Tmq/eMPFr
必要性を見いだしたからそこにいるだけであってあらゆる必要性がなければ魂は軽くなって必然的に高いとこにいくんだよ

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:07:31.608 ID:Z/bwFFGvK
>>23
魂が行くところを選ぶ訳じゃない
そもそも仏教では魂(アートマン)の存在を否定している。
じゃあ何が輪廻転生するのかと聞いたら転生するのは「識」なんだと。ようわからん。

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:13:18.885 ID:Tmq/eMPFr
>>24
興味ある話だよ。

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:23:52.998 ID:Tmq/eMPFr
世界平和までいかなくても、周囲が穏やかにやさしい気持ちで毎日過ごせるようになったらいいと思うのは我欲が主なのかそれともより良い共通意識なのかしりたい

29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:26:53.107 ID:G0q9RghQa
>>28
こだわりだろうね

だけど別にいいんじゃね
無理に受け入れる必要もない

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:27:58.402 ID:bnKB+hNC0
悟り=欲からの開放って思ってたが違うのか

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:28:54.450 ID:G0q9RghQa
>>30
色んな悟りがあるよ

31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/26(火) 23:28:33.787 ID:8Lg0aiaf0
悟りってのは世界との合一な訳よ
だから輪廻から解放される

82: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:18:50.320 ID:97VnKV2k0
スポーツ理論みたいなもんだな
技術書を読んで理解したと思っても、
自分が同じことを再現出来なければ真の意味で理解したとは言えない
逆に言えば、悟りの再現性や証拠を求めたところで
仮にそれらが提示されたとしても
悟った人間じゃなければ本当の意味で理解出来ない

84: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:24:21.228 ID:97VnKV2k0
つまり悟りの再現性や証拠を求めることにはそんなに意味はない
寿司の握り方を技術書だけで学ぶのは愚かみたいなもんで
(ましてやその技術の良しあしを素人が判断出来るはずもなく)
先ずは自分でやってみないと始まらないんじゃないかな

92: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:39:18.612 ID:HTKRH+Jx0
欲と執着なんて離れられる気しないけどね

94: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:40:40.795 ID:OMGD9jM7a
>>92
離れなければよかろうなのだ

100: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:45:23.108 ID:8vu4Dwgk0
>>92
釈迦は欲や執着を燼滅させよ、とは説いてない。
智慧によって欲や執着を制しなさい、と説いている。

102: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:46:06.158 ID:HTKRH+Jx0
>>100
それはそう思う

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年07月13日 02:16 ID:VjGduaHs0▼このコメントに返信
この世に生を受ける=罰ゲームだから
そこから離脱=罰ゲームクリアなんよ
2.名無しさん:2018年07月13日 02:16 ID:jEHuneuz0▼このコメントに返信
まぁある意味カルト的だわな
人間の世界は苦痛に満ちてる、って前提なんだから
3.名無しさん:2018年07月13日 02:17 ID:lb6M0Yl50▼このコメントに返信
輪廻っていうのはそんな壮大なもんじゃない
小学校の問題児は中学に行こうがどこに行こうが問題児
悟って心を入れ替えないとどこに行こうが問題児
これが輪廻転生
信者のバカが壮大にしすぎたんだよ
4.名無しさん:2018年07月13日 02:19 ID:PPWNrmp20▼このコメントに返信
有本さんが大間違いしていたけど、
人には事実しかわからないニダ。
事実を突き合わせて真実を探るのが宗教ヌン、
大間違いというか、宗教の否定になってニダ。
悟りを開いた、を言い換えれぱ、
神域に触れ、既に真実を得た状態ニダ。
5.名無しさん:2018年07月13日 02:24 ID:NL.ySlp70▼このコメントに返信
何も気にしなければ不幸にあたる事だって気にならないから不幸にならないよってのが元の教えで、地獄やら輪廻やらはのちに別の人が付け加えたものって聞いたことが
6.名無しさん:2018年07月13日 02:24 ID:7CzQjOb.0▼このコメントに返信
悟りを求めたら死、悟らなくても死。死=無で空
悟り=空、ほっといても空
好きなように生きろ、気に病むな、こだわるなということや。
7.名無しさん:2018年07月13日 02:37 ID:SCazQHz40▼このコメントに返信
自分など居なかった(無我)と悟ると、生まれ変わらなくなるんやで。
8.名無しさん:2018年07月13日 02:37 ID:R7hfl7tp0▼このコメントに返信
現世での輪廻は修行の一環、、、だから前世の影響うけるわけで、、、
修行終わって解脱したら、仏(エリート)の世界に行くのよ、、、
で、世界を救う仕事組織の一員になる、、、

まぁ仏教つってもいろいろ宗派あるし、、、
特に日本は浄土宗の影響でいろいろ簡略化された世界観広まってるし
一概に一つの解釈でなくても、ってことはあるよねぇ、、、

9.名無しさん:2018年07月13日 02:40 ID:cyTHhWVf0▼このコメントに返信
仏教なんか終末ケアで金取ってるだけのサービス業やぞ。
10.名無しさん:2018年07月13日 02:56 ID:gCKc8dNH0▼このコメントに返信
※2
原始キリスト教やカトリックに十字軍食らったカタリ派、ユダヤ教のエッセネ派、グノーシス主義、グノーシス主義に影響を受けた哲学者のショーペンハウアーや彼に影響を受けた哲学の一派、反出生主義もそんな感じだぞ。
11.名無しさん:2018年07月13日 02:59 ID:.3BUQxcF0▼このコメントに返信
※6
そう、身勝手な悟空ってことだよ

12.名無しさん:2018年07月13日 03:00 ID:xktYMafC0▼このコメントに返信
※3
そうそれ
今風に言い換えるなら「悟る=問題と向き合って考え抜いて解を出さないと別のルートを選べない
何度でも同じ選択しかできない」ループに封じ込められるようなもん
13.名無しさん:2018年07月13日 03:01 ID:Kugw8iia0▼このコメントに返信
世界に不満がなくて幸福なら宗教にすがる必要性が無い訳で、
宗教が現世が苦痛なのを前提にするのは論理的に正しい。
悟りと言うのは仏教に頼らなくても幸福な状態の事だと思う。

そう言う意味で自分自身は悟ってるし悟り状態な現代人は意外と多い。
14.名無しさん:2018年07月13日 03:03 ID:BALgPgKd0▼このコメントに返信
科学的に死を克服しても輪廻から逃れられるわけだが・・・
バイオ、肉体や記憶の機械化やバックアップ。
15.名無しさん:2018年07月13日 03:05 ID:e5.jU3IO0▼このコメントに返信
※9
宗教なんて、みんな似たようなもんじゃん。人生のあり方や、世の理を説く。それぞれの宗教観からやってる事はあんまり変わらない。元々、人間は矮小な存在で、果たして、神だ仏だのの真意が見えているかどうかさえ怪しい。悟りを開いたつもりでも、悟りというものには多くの種類のものがある可能性が高い。真理でさえ、多彩で、見方により形を変える。人間ごときにそれを網羅する事は出来ないと思うし、出来ると思うのは甚だしい思い上がりだ。ただ、努力する事は評価に値する。奢らず進む。それが宗教者の理想だな。
16.名無しさん:2018年07月13日 03:05 ID:PRBw.y1Q0▼このコメントに返信
※9
ジジババが生涯かけて貯めこんだ金を吸い上げてスポーツカー買って市場に還元するとか素晴らしい社会的正義やん
17.名無しさん:2018年07月13日 03:06 ID:so4SEWix0▼このコメントに返信
輪廻ってもともと仏教以前にあったバラモン教の思想でカースト制度の支柱にもなっていたので、そんな妄想みたいなものに縛られて生きていくことを止めるのが輪廻からの解脱だったと聞いたことがるけど。
18.名無しさん:2018年07月13日 03:09 ID:y9Xa6dpN0▼このコメントに返信
輪廻の考えは釈迦誕生以前からあるものだよ。
古代インドでは、前世の業に応じて生まれが決まるとされ
スードラや、賤民に生まれるのは前世の行いが悪かった=自業自得とされ
それがカースト制度へと繋がってる。
ちなみに現世で徳を積んだり、または死と隣り合わせな苦行などによって、その業の精算が出来るって考えから
ドM真っ青な苦行が一般的だった背景があることを踏まえて釈尊が仏陀となるまでの行程を見ると面白いよ。
19.名無しさん:2018年07月13日 03:24 ID:s9GbPUNn0▼このコメントに返信
悟りを開いたらもう修行なんてしなくて良いぞ、お釈迦も悟った後いつ死んでもエエわとか言ってたしな
20.名無しさん:2018年07月13日 03:27 ID:OMH37ER20▼このコメントに返信
輪廻はインド世界の前提だから、かの地で宗教を説くに当たって輪廻に触れなければならなかっただけで、仏教教義にとっては本質ではなく、簡単に言えば不要な要素だ。別に言い方をすれば方便。仏教的心理を語る立場から言えば「輪廻は幻想であり空である」ということになる。
21.名無しさん:2018年07月13日 03:35 ID:Kugw8iia0▼このコメントに返信
個人的には神の実在は信じてるけど既存の宗教はそれほど信仰して無い。
偶然宇宙が生まれて、偶然生命が生まれて、偶然生命が知的生命体に進化して、
今も滅亡せずに続いてる、なんて可能性は確率的にありえないでしょ。
なんらかの高次元な意思の介入に守られ導かれてると考えるのが自然に思う。
自身の経験でも奇跡的な偶然で生かされてると感じた事がある。
神がなにを望んでいるのかが判らないので、現状では宗教には関わらない。
22.名無しさん:2018年07月13日 03:43 ID:JHXN9Hvr0▼このコメントに返信
信じる者は、救われるとよく言うが・・・

だが、悟りの境地に達した者は、もはや、輪廻転生という領域の世界観は皆無である。

つまり、唯一無二で存在する自己探求あるのみである。

そのような延長線上に存在する自己探求者を、凡人は輪廻転生と呼ぶ・・・トホホギス
23.名無しさん:2018年07月13日 03:45 ID:MiF1cfXQ0▼このコメントに返信
道教もそんな感じだよな
仙人になって不老不死~ってとこまでは分かり易いけど、
恒常不変の存在になって道そのものと成る、が究極目的とか
24.名無しさん:2018年07月13日 03:57 ID:Jv075Be30▼このコメントに返信
仏教も二千五、六百年歴史があるから一概に悟りとは、輪廻とは、涅槃とは、と言えないが
しかし大乗仏教がメインの日本なんだから龍樹の中論くらいは読んで発言すべきかなと
お釈迦さまも中道を説いたのだから非有非無くらいは頭に入れとかないと
25.名無しさん:2018年07月13日 04:10 ID:Ze0sAwZr0▼このコメントに返信
宗教クソ。
詐欺集団。
洗脳の集まり。
と、思ってる俺だけど、正直世界中のくだらない宗教よりは、仏教を哲学で考えると、「悟る」という意味では一番為になる考え方。もちろん信者になんかはこれっぽっちもなろうとは思わんがね。考えると色々と深い。
26.名無しさん:2018年07月13日 04:18 ID:BNNEdYrh0▼このコメントに返信
キリスト教徒のほうが人口おおいんだが、こいつらも輪廻してるのか? 
連中はヤハウェを崇めないと地獄に落ちるって言ってるんだがね。
このビッグデータの時代でもゴニョゴニョごまかして白黒つけたがらないのが坊主と神父。
27.名無しさん:2018年07月13日 04:29 ID:yK10BBDK0▼このコメントに返信
今、生きている環境で、どんな状況にあっても幸福を感じられる慈愛の境涯に達することが出来たら転生する必要が無くなるからだよ。
転生するのは死後の自分自身が納得出来ていないから。
28.名無しさん:2018年07月13日 05:03 ID:2jeN38lz0▼このコメントに返信
万物は全て“在る”に還るからだよ
29.名無しさん:2018年07月13日 05:10 ID:n.HX0YAP0▼このコメントに返信
現世も地獄のあるステージって事です。
30.名無しさん:2018年07月13日 05:14 ID:Mtg9xuDk0▼このコメントに返信
この世は地獄だから、転生すら起こらない完全な死を得る。それが解脱。
31.名無しさん:2018年07月13日 05:21 ID:bLyo.MHL0▼このコメントに返信
この話、この前もやってなかったか。
あれは別のサイトか。
そのときに丁寧に書いてやったのに
何度も同じコメントを書くのは面倒くさいのだけど。
32.名無しさん:2018年07月13日 05:22 ID:bLyo.MHL0▼このコメントに返信
今も哲学ニュースで書いたばかりだが
まとめサイトの歴史や科学などの話題では
非常に詳しいマニアのような人がスレを立てる。

ところが、仏教関係になると浅薄な議論になり、
ただ好き勝手なことを言い合うだけで
ときにはあからさまなウソが混入してくる。

別に信者でなくても、文献学や哲学の視点から
詳しく客観的に議論することもできるはずなのに。

この傾向はなぜだ。
いつも宗教スレを担当しているのが特定宗教関係者で
他宗教に関する議論などどうでもいいと
思っているからではないのか。
33.名無しさん:2018年07月13日 05:26 ID:PPWNrmp20▼このコメントに返信
うだうだわ要らないニダ。
とっとと作麼生説破汁っ!
34.名無しさん:2018年07月13日 05:26 ID:bLyo.MHL0▼このコメントに返信
哲学的(中観思想に基づく)に説明すると、
輪廻というのは世俗諦(因果律や物心二元論を認める常識的な真理)の世界である。
それは慣習としての言語表現によって把握されている、通常人の捉える世界である。

これにたいして、解脱とは、そのような把握の仕方の限界を知った人の捉える世界である。
それを勝義諦(究極的な真理、無自性、空という真理)ともいう。
35.名無しさん:2018年07月13日 05:31 ID:bLyo.MHL0▼このコメントに返信
文献にもとづいて議論する方法があるのに
バカはそれを無視して、宗教はどうのこうのと偉そうにいう。
しかし、内容が全然狂った方向にいっている。

自分が好き放題、デタラメを言い合うのが宗教だと思っているのだろうが
それは、そう思っている者自身の知能水準を明らかにしていることになる。

何かを信じるとか信じないとかいう前に、古典的文献に何が書かれているか、
その論理的帰結はどうなるのか、それは考古学的にどこまで整合性があるのか、
というような実証的な議論の方法もある。

それなのに、そういった緻密な議論を無視して、
根拠は何なのか考えもせず、すぐに宗教はぁ~と言い出す連中こそ
カルトや世論誘導にすぐ引っかかる低能であろう。
36.名無しさん:2018年07月13日 05:34 ID:uAUx4LFD0▼このコメントに返信
輪廻と言う方便を使わなければならない程
全世界は説明付かないと言う事だろう
37.名無しさん:2018年07月13日 05:35 ID:bLyo.MHL0▼このコメントに返信
そんなに宗教を論評したいなら
『やや日刊カルト新聞』というサイトを見るのをお勧めする。

そこにはア.フ.ィ.まとめサイトが徹底的に黙殺している
「統一教会と自民党の関係」も取り上げられている。

それを読めば、まとめサイトので宗教論争こそ
変な思想をもった連中に支配されていることに気づくだろう。

たとえば、こういった記事です。  ↓
【悲報】統一教会名称変更の“功労者”下村博文・元文科相が
世界日報社(統一教会系新聞)から6万円を受け取っていたwwwwwww
ttp://dailycult.blogspot.jp/2017/11/6.html
38.名無しさん:2018年07月13日 05:38 ID:7L1.4vBx0▼このコメントに返信
そのサイト自体がカルトだな
なるべく近寄らんようにしおこう
39.名無しさん:2018年07月13日 05:44 ID:bLyo.MHL0▼このコメントに返信
「やや日刊カルト新聞」というサイトでは
この前、統一教会2万人集会に自民党議員が6名参加という記事もやっていた。

ア.フ.ィまとめサイトは宗教論争が大好きなのに、そういう関係についての議論はしない。
しかも、仏教の議論でも哲学的な部分は無視して
どうでもいい枝葉末節の揚げ足取りばかりして、それに文句をいうことで自己満足する。

同じ偏見が何度も出てくるから、いつも同じ集団が書き込んでいるのだろう。

別に信者の立場で議論しろとはいわない。
むしろ、文献の内容に基づき客観的に議論したらどうなのかと言っているのだ。

まとめサイトばかり見ていると、特定カルトに都合のいい宗教観に洗脳されます。
カルト問題や宗教の批評をしたい人たちは、これをよく読むようにしましょう。 
      ↓
 ttp://dailycult.blogspot.jp/ 
40.名無しさん:2018年07月13日 05:44 ID:dcDyCSXJ0▼このコメントに返信
みんな悟りを開いたら輪廻がまわらなくなって大変だよな
41.名無しさん:2018年07月13日 05:45 ID:bLyo.MHL0▼このコメントに返信
※38
え?
そんなことをいうと、まとめサイトのコメ欄がカルトの自演だということがバレちゃいますよ。
42.名無しさん:2018年07月13日 05:51 ID:Kw.EaZJH0▼このコメントに返信
ガッデム!ガッダム!ゴッダム!ゴッダァム!
ゴッダァマ!ゴッダーマ!
43.名無しさん:2018年07月13日 06:11 ID:Kugw8iia0▼このコメントに返信
端的に言って信仰すると社会全体が得するのが正しい宗教、信仰すると損するのがカルト宗教だからね。
信じると得する妄想の集合体が宗教の本質だけど、基本的に他人のウソを信じると損するから、
新興宗教の大半はカルト宗教なんだよ、信仰すると社会全体が幸せになれる妄想を新規に生み出すのは、
偉人クラスの高い教養と知識が必要になる、並大抵の人間にできる事では無いね。
44.名無しさん:2018年07月13日 06:14 ID:xUxKkV410▼このコメントに返信
 死んだら天国とか地獄に行くとか、地獄行だから現世で悪い事をしちゃいけないとかって今でも言うでしょ
そんな事は関係無く「死んだら無に還って終わり」って言いたいんだろうけど、それをそのまま言っちゃうと集まる人はカルト化したテロ集団とかのヒャッハーさん達ばかりになるからね
 教える階梯があって高レベルまで解釈の能力が向上した人に教える内容を、ぼかして市井の人に軽く話を振るのが「輪廻転生からの解脱」…高弟と呼べるような存在が途絶えたから、解脱って部分だけが広まった
45.名無しさん:2018年07月13日 06:40 ID:TcyNWZmd0▼このコメントに返信
六道輪廻ってのはお釈迦さんの時代以前からある概念で、お釈迦さんが説いたのはどの世界に行っても皆苦しみ続けるってこと
天国に行っても苦しむ、地獄に行っても苦しむ、どこの世界も弱肉強食、因果応報、四苦八苦する、神でもなー
そもそも今の日本などは大昔の人々が考えた天国とさほど変わらない生活をしている。。。
解脱というのはそのどこにいても付きまとう苦しみから脱することを言いますので、六道輪廻から抜けて別の世界に行くというのは違うと思う
まあ悟りを開けば世界の見え方が変わるとかは感じるんだろうけど
46.名無しさん:2018年07月13日 07:10 ID:w827B64M0▼このコメントに返信
悟りを開いたら喜びも感じなくなりそうな気がする
悟りの結果がいわゆる極楽浄土ではないのだけは間違いない
47.名無しさん:2018年07月13日 07:16 ID:E8zUBmE20▼このコメントに返信
※26
>キリスト教徒のほうが人口おおいんだが、こいつらも輪廻してるのか? 
 キリスト教には輪廻思想はないよん。死んだら天国か地獄(宗派によっては煉獄もあり)に行って、あとは世界が終わる「最後の審判」の
日までそこで待つ。聖書に書いてあるよ。
 ちなみにキリスト教の源流のユダヤ教にはあるらしい。神様が天国にいる魂に向かって「おまえ、もう一度行ってこい」と言うそうな。相当な例外らしいがね。
48.名無しさん:2018年07月13日 07:25 ID:wjYU8gCg0▼このコメントに返信
「悟り≒輪廻からの解脱」
仏陀はそんなこと言ってない
そもそも死後の事には一つも言及してない
49.エンアカーシャ:2018年07月13日 07:25 ID:MwaE7Cq40▼このコメントに返信
<遠心分離機>の外に放り出されて、消滅する話、な。
50.名無しさん:2018年07月13日 07:37 ID:wF1Zi5df0▼このコメントに返信
>じゃあ何が輪廻転生するのかと聞いたら転生するのは「識」なんだと。ようわからん。

動物は生きるために必要なことは学ばなくてもあらかじめ全て身についている。
生きとし生けるものは全て行動がプログラムされてて、それから逃れられない。
ほかの生きものを食べる。異性を求めて子孫を増やす。生存のために競争をする。など…
これらのプログラムは「識」と呼ばれる。生物学的には「本能」という。
その「本能」はどのようにプログラムされているか、科学的に解明されてる。

人間はなぜ怒ったり悲しんだり苦しんだりするのか?肉体があるから。
同じく笑ったり楽しんだり快楽を得るのも、肉体があるから。
だから人間は死にたくない、長生きしたいと、生きることに執着する。
子孫を増やすのに快楽を伴ったり、死ぬのに苦痛を伴うのも、すべてプログラムされてある。
このプログラムは、祖先たちがずーっと繋いできた鎖である。つまり遺伝子だ。

子供のころに育ちが悪かったり、転校が続くなど過酷な環境で育つと、早めに性行為を行う。
逆に、恵まれた環境で育つと、初体験は遅くなったり、少子化になる。
これもすべてプログラムにセットされてて「無意識」に行動しているのだ。
51.名無しさん:2018年07月13日 07:45 ID:w827B64M0▼このコメントに返信
※47
なお、キリストが産まれる前に亡くなった人は天国にも地獄にも行けないらしい
なんという差別主義
52.名無しさん:2018年07月13日 07:45 ID:pUewEdwg0▼このコメントに返信
悟りってフォースと一体化とかライフストリームになるとか、そういうことかな?
53.名無しさん:2018年07月13日 07:50 ID:Glnp.cK.0▼このコメントに返信
寺に行って祈ったり願い事してるバカ多すぎw
仏教はそういう信仰系ではないし寺にはそんな機能はない
「ある」と言い張るならそんなものは仏教ではないインチキ宗教
54.名無しさん:2018年07月13日 08:02 ID:Pfn4G3Hv0▼このコメントに返信
※51
いや地獄へ落ちるんだよ
でも地獄には段階があって、キリスト以前の聖人とか賢人はいちばん浅いトコロの楽な地獄(辺獄)に送り込まれる。日本人的には神様を崇めることを強要されず、のほほんと好き勝手に暮らせるソコのほうがずっと天国に見えるけど
55.名無しさん:2018年07月13日 08:32 ID:mA3ClqWt0▼このコメントに返信
※21
でも宗教の開祖とされる人は、何らかの形で神や霊の真実に触れたんだと思うんだよな
それを、後の人が教義の確立とか教団の運営とかで、別物に仕立ててしまったから現状の宗教はおかしくなってるんだと思う
例えばキリストが言ったことはシンプルで小難しい事なんて言ってない ブッダも
キリスト教はまずキリストの言った言葉を集めて伝えるだけで良かったはずなのだが、
聖書に残っている言葉は教義の確立に合わせて改変されていたり、解釈をこねくり回しておかしなことになってるからな・・・
多くの宗教が小難しい教義を並べ立てているのは、その宗教の運営者の権威を守るために過ぎないんじゃね?

自分は、ただ神様との繋がりを日常に持てば良いという神道がいちばん好きだな。
56.名無しさん:2018年07月13日 08:33 ID:wF1Zi5df0▼このコメントに返信
>寺にはそんな機能はない
そうでもないよw 瞑想は楽器と同じで弦を締めすぎても緩めすぎても上手くいかない。
あまりにぐちゃぐちゃになったら徳の高い僧が開いた寺院でチューニングするとスーッと宇宙に波長を合わせられる。
悟ったら修行は終わりで、転生輪廻から解脱出来ると思ってたら大間違いw それだと再び転生してくるよw
57.名無しさん:2018年07月13日 08:44 ID:OoVs.rYG0▼このコメントに返信
答えのないものは無意識の意識にほうりなげとけばええ。
ある時実感を伴ってスッと答えのようなもんがおりてくる。
58.名無しさん:2018年07月13日 08:56 ID:RZYzWO0L0▼このコメントに返信
お盆に帰って来る先祖って輪廻も悟りもなく彷徨ってるってことかな。
59.名無しさん:2018年07月13日 08:57 ID:001nflwA0▼このコメントに返信
輪廻転生してしまうのに、なんで幽霊なんてものが存在するの?
60.名無しさん:2018年07月13日 08:58 ID:6IQc.xrL0▼このコメントに返信
お布施目当てで、色々言いまくってるから、全部文字にしていくと結局矛盾点が出る
キリストもブッダも、生きてるうちに書物にしなかったのはそういう事
61.名無しさん:2018年07月13日 09:02 ID:c1Fny3YU0▼このコメントに返信
輪廻転生は修行の1つのステージなんでしょ?
悟りを開き輪廻転生を解脱したらお釈迦様が挑んでいる次の修行ステージへ進む
よく知らんけど
62.名無しさん:2018年07月13日 09:11 ID:cnepcise0▼このコメントに返信
当時はバラモンの教えによる輪廻転生が当たり前のこととして受け入れられていた
一般の人は生まれ変わりがあるなら死ぬのは怖くないって考え、それに対して仏陀は生まれたが故に死の恐怖に怯えている、生まれ変わりが無限にあるなら終わりのない恐怖にさらされる、すなわち無限地獄と考えた
そこで瞑想に入り生は一度、死は一度、輪廻はない、だから一度の生を楽しんで死んでいけばいいと悟った
悟ったから輪廻転生という思想から抜け出し彼岸に達したということ、彼岸は彼方の岸で、こちらでは悟ってない人が川で溺れ流されている
死者が行く場所ではない、彼岸に達すれば極楽の境地になる、極楽はあの世ではなく、楽を極める、すなわち魂が開放され自由な状態になること、これを解脱とよんだ、一般の人が閉じた輪のような川の流れで溺れているが悟れば川から岸にあがり不動なるものになる
今の坊さん達が言ってることと違う?当たり前、こんなこと言ったら商売上がったりになるwww
63.名無しさん:2018年07月13日 09:40 ID:wF1Zi5df0▼このコメントに返信
本当は生まれてこないのが一番いい。
でも生まれてきてしまったものは仕方がないので、どうすればこの世の苦しみから解放されるのかw
肉体がある限り人間は怒ったり悲しんだり病や老化に苦しんだり…
でも肉体があるから人間はいろんなことが出来るし、うまいもの食べたり性行為で快楽を味わったりする。
死んでしまった人間にとって肉体があるということは、とてつもなく羨ましいことなんだよねw
「この世は苦に満ちている」と言い切ったお釈迦さまも死の間際には「この世は美しい。人の一生とは甘美なものだ。」と。
悟りとは肉体でもって、この世界はこのように出来ている、と宇宙法則を体感することなんだよねw
だからお釈迦様といえども悟りを得るためには生まれてこなきゃいけないのよw
悟りを得たあとは、この宇宙そのものに溶け込んでいくような感覚になっていく。
悟りを得ても肉体があるうちは、やはり四苦八苦するのよw
64.名無しさん:2018年07月13日 10:01 ID:qvuYE.i60▼このコメントに返信
神仏は輪廻するんですがそれは…
65.名無しさん:2018年07月13日 11:52 ID:FPns.8sd0▼このコメントに返信
悟りを開くと一切の心配事がなくなるんやで。
つまり悟りを獲れば、仮に輪廻が続くとしてもそれによる悩み事や心配をする事がなくなると言う事や。
本人が認識しなければ、それは無いのと同じになるって事やな。

ちなみに、心配事がなくなると同時に希望も無くなる。
なんかパンドラ伝説に相通ずるところがあるな。
66.名無しさん:2018年07月13日 11:53 ID:FPns.8sd0▼このコメントに返信
※60
ただ単に読み書き出来んかっただけやで。。。
67.小沢一郎の昼寝:2018年07月13日 11:59 ID:oTrvf8vJ0▼このコメントに返信
輪廻はある、ダライ、ラマが意図して転生したが低俗な域だ、聖人の中に悪は休んでいるモノだ、聖化させるのみ、苦行も禁欲も誤り、隠さなければいけないのなら誤り、
68.名無しさん:2018年07月13日 12:09 ID:hkQnbVXl0▼このコメントに返信
魂があると思うと輪廻転生という見方や現象が発生する。
魂ではなく実体のない識という働きが起こしてる蜃気楼のようなもの。
(だから、輪廻転生自体も存在しないといえば存在しない。)

この世界は実体がないし、この世界には意味がないと
完全に納得できれば我々が輪廻と言っている(欲求)現象も止まる。
と私は理解したが。。。。。

蛇足)
魂を成長させるとか、浄化させるとか、そのような(特別な存在になろうという)考え方は 執着なので解脱とは逆方向です。(多分)
69.小沢一郎の寝言:2018年07月13日 12:11 ID:oTrvf8vJ0▼このコメントに返信
チベットの高僧達が数人殺害されたのは輪廻を意図して転生するモノの正体を知るからだ、私たちの間でもルワンダで目を覚ました事はよく知られたことなのだ、
70.名無しさん:2018年07月13日 12:20 ID:hkQnbVXl0▼このコメントに返信
後の仏教でいう真我とか仏性という言い方をするけれども、多分それは逆説的ないいかた。
本当の己の実体があるのか?という質問で、そんなものはなくて実体のない水のような常に形がない
モノに過ぎない。

水はあるけれど、それは何か特別なモノではなく常に変化しながら世界をめぐる。
水をすくってこれが俺の水(魂)だと言い張るのはナンセンスだ。
71.小沢一郎の寝返り:2018年07月13日 12:25 ID:oTrvf8vJ0▼このコメントに返信
季節があるように世にも3千年周期の時節がある、邪から聖へ草木が枯れるようにそして春が来る、この季節には輪廻のリセットが無いから締め切りに間に合わせましょう、
72.名無しさん:2018年07月13日 12:52 ID:Iv4pCEdS0▼このコメントに返信
※59
自殺や他殺など、不遇の死を迎えた人は霊界に行けず、霊となって現世をさまよう。
1582年の武田家滅亡の時に虐殺された遊女の幽霊が『おいらん淵』に出てるくらいだから、
400年以上、成仏できていない。これが長引くと妖怪になる霊もいるらしい。
73.名無しさん:2018年07月13日 13:28 ID:E6kwizCP0▼このコメントに返信
そもそも輪廻転生は人間→人間ではないはずだが??

有史以来一貫して人口が増えてるのだから、人間→人間なら中身の魂の数が足りんだろ。
前世はゲジゲジだったりヤンバルクイナだったり、リュウグウノツカイだったりするもんだろ。
74.名無しさん:2018年07月13日 13:52 ID:IUZh5m300▼このコメントに返信
精神疾患を発症して、若いのに頭は認知機能障害で認知症の初期状態のようになるし、寝つけないし、寝ようとすると、ぐるぐると魂が超高速回転したり、無限落下(一般的に解釈すれば無間地獄)してた頃があったけれども、万が一にも、あの時期に不慮の事故や天災や人為の危害により、死亡していたら、どうなっていたんだろうと思うと怖すぎる。

まあ、宗教にもオカルト思想にも、本当に色々あるんで、死亡しなかった可能性の並行世界に移行して生かされて、結局、今のように順調な回復をたどる説、最も精神も肉体も健康だった時期の状態になって天国に行ける説、赤ちゃんや幼少期に戻ってやり直しになる説、ただちに転生して別人になる説、地獄に行く説、あらゆる可能性がある。

あと、最近は、数学的な素養をにわかに身につけ始めたのだが、これらは結局すべて同じことであって、逆操作、別操作、別解釈、別解、などのようなものであると考えている。だがそうすると、ますます、今この瞬間を生きている俺のこの意識は何?と思う。当たり前だけれど、生物なんだから、そんな、微分方程式を変形すると色んな式が出てくるみたいなことはどうでもよくて、知りたいのは俺のこの意識がどうなるのかだけ。そもそも、精神疾患になった原因も、変な計算操作により、誤った変形の式を導いてしまったことが原因だと考えられる。たぶん、式の変形と俺のこの意識は関係なくて、計算者が最後の操作。解釈がただちに操作という領域に到達した量子物理学と同じ。
75.名無しさん:2018年07月13日 13:55 ID:GibADQRo0▼このコメントに返信
この世は苦だ
人間は死んでもまた辛いこの世に輪廻転生を繰り返す
しかも人間に転生するとは限らない
しかし悟りを開けば輪廻転生の苦しみのサイクルから解放される
輪廻転生から解放されて阿弥陀仏が住む西方浄土の極楽浄土で暮らすことが出来る

しかし「悟り」とはどんなものだ
極楽浄土というのは何だか詰まらならそうで、そんなところにずっと居たら飽きるんじゃないだろうか
76.名無しさん:2018年07月13日 14:31 ID:Rm4AKNYo0▼このコメントに返信
いままで悟ったのってブッダだけなんだろ?
よく周りの奴らはあいつ(ブッダ)悟ったなってわかったな
77.名無しさん:2018年07月13日 15:20 ID:WbI5Q9Ut0▼このコメントに返信
アーリア人が始めて東洋人がゆがめた宗教
78.名無しさん:2018年07月13日 15:55 ID:i4Ry1iQh0▼このコメントに返信
悟り → 難関な資格試験(医師免許や弁護士資格)に合格
輪廻解脱 → 専門職として就職
こんなイメージ
79.名無しさん:2018年07月13日 16:20 ID:FPns.8sd0▼このコメントに返信
「有る」といえば有るし「無い」といえば無いのが宗教。
「輪廻は有る」というイメージを造り有りもしない輪廻に怯え、「解脱した」というイメージを作って恐怖を拭い去る。
それが仏教(というか禅思想)の真髄やで。

ばかばかしいやろ?

80.名無しさん:2018年07月13日 16:21 ID:Kugw8iia0▼このコメントに返信
うちの宗教の本質は言葉では伝えきれません各自、悟って下さいってのは上手い逃げ口上だよね。
正しい宗教の在り方は時代の変化や地域の特性で変わってくるから、思想を固定化するのは不味いし、
考え方としては面白いけどカルト宗教が生まれる余地があるのが問題点だね。
カルト宗教をどうやって排除するかは難題だけど人間の叡智が試される課題で、
ある意味では宗教は人の叡智の結晶と言えるかもしれないな。
81.名無しさん:2018年07月13日 16:38 ID:IUZh5m300▼このコメントに返信
タラララ~ラ~♪「浮き雲に心を寄せ、大空に羽ばたく鳥を思えば、軽やかな時が流れてゆきます。けがれない上空の風に身をゆだね、群がる、雲の浮きふしの上をどこまでもゆけば、雲海の果て、空と雲の溶け合う彼方から、多彩な世界の奏でる、美しい音楽も聞こえてまいります」チャララララ~♪
82.中卒ニート20歳:2018年07月13日 16:44 ID:IUZh5m300▼このコメントに返信
*80

「Mandela Effect / Bible Changes」で検索すると、今夜は寝つけなくなるかもよ。
83.名無しさん:2018年07月13日 17:19 ID:rvaa62ov0▼このコメントに返信
※62
>当時はバラモンの教えによる輪廻転生が当たり前のこととして受け入れられていた

ここ重要だよな。
輪廻転生は仏教の独自思想じゃなくて、仏教の以前から既に存在していたものってところ。

釈迦の教えを理解していくと「あれ?釈迦はアートマンを認めないのに輪廻からの解脱っておかしくね?」ってなる。
それは当然のことで、そもそも輪廻転生自体は釈迦の教えじゃないし、釈迦は一貫して死後の世界の事については無記(知らんし、どうでもいい)としている。
84.名無しさん:2018年07月13日 17:56 ID:zxA5WnMV0▼このコメントに返信
輪廻からの解脱を目指してるのはむしろジャイナ教だと思う。
85.名無しさん:2018年07月13日 18:13 ID:W1vereEP0▼このコメントに返信
色即是空、空即是色。色=空、空=色の心境が悟りです。
すなわち、有=無、無=有の心境です。
86.名無しさん:2018年07月13日 18:45 ID:GibADQRo0▼このコメントに返信
無我の境地に至り自己を宇宙万物と一体化し、
自分が空(くう)であり、無であり、万物全てでもあることを知った精神ステージの最高位に上り詰めることが悟りだ
87.名無しさん:2018年07月13日 18:45 ID:Mi1XwsgO0▼このコメントに返信
なんとなく解るような感じ。
88.名無しさん:2018年07月13日 18:48 ID:v1p.rcdC0▼このコメントに返信
『100万回生きたねこ』

「主人公の猫は、ある時は一国の王の猫となり、ある時は船乗りの猫となり、その他、サーカスの手品つかいの猫、どろぼうの猫、ひとりぼっちのお婆さんの猫、小さな女の子の猫…と100万回生まれかわっては、様々な飼い主のもとで死んでゆく。その時、100万人の飼い主は猫の死にひどく悲しんでいたが、当の猫はまったく悲しまなかった。主人公の猫は、飼い主のことが大嫌いだったのだ。

ある時、主人公の猫は誰の猫でもない野良猫となっていた。「自分だけの事が好き」な主人公の猫は、100万回生きたことを自慢し、周囲のメス猫たちも何とか友達や恋人になろうと、プレゼントを持ってきたりして周囲に寄ってくる。

しかし、唯一自分に関心を示さなかった一匹の白猫の興味をなんとか引こうとするうちに、いつのまにか主人公の猫は、白猫と一緒にいたいと思うようになる。そして、白猫にプロポーズをするのであった。白猫は主人公の猫の思いを受け入れた。

そして時がたつと、白猫はたくさん子供を産み、年老いてゆき、やがて猫の隣で静かに動かなくなっていた。そこで猫は初めて悲しんだ。朝になっても昼になっても夕方になっても夜になっても、猫は100万回も泣き続け、ある日のお昼に猫は泣き止んだ。

そして猫も、とうとう白猫の隣で静かに動かなくなり、決して生き返らなかった。」
89.名無しさん:2018年07月13日 19:29 ID:wF1Zi5df0▼このコメントに返信
色即是空、空即是色。

これ難しいんだw 
色はColorじゃないんだよw 目に見えるものw つまり目という器官を使って映し出された映像。
空はairじゃないw 宇宙法則が働いている空間w 目に見えるものは物質で、物質は物理法則に支配されている。
つまり物質は宇宙法則によって存在し、宇宙法則によって目に見える。

分かりやすく言えば 風が吹けば旗がはためく。
目に見えないけど空気という物質があって、それが動けば旗が動く。
だけど、じつは旗が動いてるのを目で見て、脳が映像処理をしている。
それを禅問答では「旗が動いているのではなく、自分の心が動いているのだ。」と表現する。
旗が無くても関係ないw 目を閉じて、風が吹いて旗が動く場面を想像すればいいのだw
90.名無しさん:2018年07月13日 21:37 ID:zxA5WnMV0▼このコメントに返信
輪廻転生はバラモン教とかの思想でお釈迦様は否定的な立場やで。

お釈迦様はあの世がどうなってるかとかの話には一切答えていないんやで。
なぜなら、あの世の事とか輪廻転生があるかとかは知覚も証明もできないからや。
つまり、知覚できないものはわからないから議論しても無駄ということや。このへんは
ほとんど現代人の感覚やな。


またお釈迦様は知覚できる範囲内にはアートマン(魂のような物)は無いと言っている、アートマンが無いから
輪廻転生もないんや。あくまで人間に知覚できる範囲ではね。

そして証明できない死後の世界を議論するよりも現世において煩悩や執着から開放された涅槃(ニルバーナ、安らぎ)
の心境に達する事が優先される事柄なんや。これが初期の仏教の考えやで。


91.名無しさん:2018年07月13日 21:50 ID:hKt7Mw4m0▼このコメントに返信
仏教系の単語が並ぶと、その「文字」が生まれるためのコトバ未満の形にならない思考で満ちたプールを想像してしまう
日本人は中国経由で印哲を間接導入したし、まだ概念としての「漢字」がしっかり根付いてなかったせいもあって
漢語化した経文を意味として捉えきれないまま、現在に至ったんじゃなかろうかと思ったりする
「哲学」っていう考え方の型みたいなものって、実はあんまり日本人には有意義じゃなかったりしないかな
物事の輪郭を曖昧にぼやかして細胞壁を漿液が出入りするように意味が行ったり来たりしている曖昧さの
中を生きてる方が自分には割と自然だったりする
よその国の誰かが語った「人とはかくかくあるべく生を受けた」や「世界とはこうあるべき」ってのは
左様ですかと思いはしても、それをなぞれと振る誰かの旗を一緒に振るのはコレナンカチガウって警戒センサー
がぴこぴこしてしまう
より大きく縛られない「自由」な心の器として生きていきたいのだけれど

宇宙の宇は広がりのこと
宇宙の宙はおおぞらのこと
胡蝶の夢みる二河白道、厭離穢土に欣求浄土、暗夜行路に同行二人
92.名無しさん:2018年07月13日 21:52 ID:w827B64M0▼このコメントに返信
色即是空は仏教というより禅の心
宗教じゃなくて哲学なんだな
93.名無しさん:2018年07月13日 22:30 ID:JqRCQHad0▼このコメントに返信
六道輪廻でぐるぐるたらい回しにされるのは御免だから、悟りを啓いてその輪から抜け出したい!!
てのが、お釈迦様の考えじゃなかったっけ?
だからオウムωの麻原が「私は釈迦の生まれ変わり!」って言ってたって聞いた時には爆笑させられたよwww
じゃあ失敗してんじゃんwってさwww
そしてそんなのを信じて帰依してる下っ端信者にもw
上は解かってて己の欲望を満たしてるんだろなぁ~ってさw
94.名無しさん:2018年07月14日 00:48 ID:Jt6oZUi20▼このコメントに返信
愚か者は苦しみを繰り返す = 輪廻
その仕組みを知れば、苦しみの連鎖から抜け出せる = 解脱(悟り)

95.名無しさん:2018年07月14日 00:52 ID:xgF5n0Er0▼このコメントに返信
人生はくそゲーと言っている人には朗報だよ。
悟りを開けば二度と参加しなくて良くなる、でも悟れないとまた設定を変えてくそゲーのやり直しだけどね。
96.名無しさん:2018年07月14日 01:43 ID:w.J0oTdi0▼このコメントに返信
とにかく、仏教=悟りの境地という世界観は、古代では美術的表現の世界観が派生した

経緯を鑑みると・・・

それは、It's, Gandhāra
97.名無しさん:2018年07月14日 02:06 ID:KAM9v3vl0▼このコメントに返信
※95さん、そこで大乗仏教デスよ…
我々、俗人は、『嘘も方便』などは、当たり前
そもそも、資本主義は、『ソレが無いと死ぬ訳でも無い』代物を絶対に必要であるかのように錯覚させ、購入させるコトで、成り立っている
と、言っても過言ではない
カミさん、ガキを養うには、つきたくも無い嘘をつき、上司にオベンチャラの一つも言い…なんて、当たり前
仏教で言う『八正道』など、守っていたら、破産か、自殺物ですわ…
我々は、罪を重ねないと生きていくのさえ、困難なんよ…これこそが、『生きることの苦しみ』なのではないかと…

大乗仏教の最大の御利益?は、『菩薩』さよう、殊に観音菩薩と地蔵菩薩は、地獄の亡者にさえ、救済の手を差し伸べる仏様として、
中国や日本では絶大な人気がある(小乗仏教では、『菩薩』の存在すら認めていない派もある)
<かの『西遊記』で、観音菩薩とその眷属が、中国に大乗仏教を広めさせようと、三蔵法師をインドに誘う話は有名>
もうすぐ、新暦の地蔵盆(7月23~25日)が来る(地方によっては旧暦や、月遅れの8月23~25日だったりする)
縁日に訪れてみるのも悪くは無いのでは?


98.名無しさん:2018年07月14日 04:30 ID:jZnEzCoC0▼このコメントに返信
我が国に宗教が布教した伝播ルートは、北西から大乗仏教が・・・

一方、南西から小乗仏教・・・

だが、所詮は両派共にリングベータの流れを汲んでいるのか?

それとも、パクリなのかは定かではない。

よって、現代で古代の宗教を読み解くには、美術方面から考察するしかないのであって

思想そのものは、伝播ルートの過程で言語による意思の疎通による不確かさと曖昧性が相まって

いわゆる、なかばいい加減な様相のまま中国を経由したのが順当であろう・・・

つまり、他力本願か!(縋る)自力探求か!(悟り)である。(二元論の範疇)

99.名無しさん:2018年07月14日 07:40 ID:7PDeZAIp0▼このコメントに返信
釈迦は哲学を語ったのに、宗教になっちゃったってのが仏教だと思っている。
100.名無しさん:2018年07月14日 08:01 ID:3iCFdAag0▼このコメントに返信
「悟り≒輪廻からの解脱」と言ってる宗派って具体的にあるの?
101.名無しさん:2018年07月14日 12:26 ID:.EihQw.R0▼このコメントに返信
仏教はマジ素人には理解しがたいよなぁ
102.名無しさん:2018年07月14日 15:45 ID:RLn6Y8B40▼このコメントに返信
※101
そう思われているのだとしたら、そうさせてしまった坊さんサイドに問題があるよなあ
大半の寺は生きてる人間にはきちんと向き合ってないものね。単なるセレモニーマスター化
してしまった。有名どころは観光資源管理人になってるし
長い時間の間にいろんな人達の「これが本当だ!」「俺は理解した!信じろ」が重なり合って
何をどう思えばいいのかすら不分明になってしまったが少なくとも、日本に届いた初期の頃の
人々が寄せた思いは、奇跡的に東大寺に当時の姿を留めている

「生きていく苦しみ」とどう向かい合って生きていけばいいのか、命かけて自問自答
し続けて生きて死んでいったシッダールタという名前の元王子がいたという事と
それから2000年以上の年月が流れても、彼に心を寄せる人は数知れないほど
沢山いたし、今でもたくさんいるのです
103.名無しさん:2018年07月14日 20:47 ID:jbaEYK3N0▼このコメントに返信
>奇跡的に東大寺に当時の姿を留めている

マハーヴァイローチャナは仏の王みたいな姿をしてるけど、実際は法身仏といって姿が無い。つまり宇宙法則そのもの。
宇宙の真理で生きとし生けるものを照らし、宇宙法則によって悟りに導く仏。
ブッダは言葉で宇宙の真理を分かりやすく説いたが、法身仏は宇宙法則の働きでもって宇宙の真理を説く。
出来るだけ簡潔に言うならば、この宇宙にあるものすべてが、法身仏が説く仏法なのである。
この宇宙法則は、すべて言葉だけで説明できるものではないので、ブッダが説いた言葉だけでは悟れない。
読経や座禅だけで悟りを得られるのではない。宇宙法則の中で生きていくことで悟りに導かれていくのである。

この法身仏は衆生を救済しない。あくまで宇宙法則を守るのみの存在である。
だが、宇宙法則が働くことで生きとし生けるものは守られている。
104.名無しさん:2018年07月15日 03:28 ID:RwOQxwNk0▼このコメントに返信
とにかく、現在でも残存的構造を体系を辛うじて維持している

いわゆる、世界三大宗教とその派生的宗派には一定のメカニズム的結論に到達していないオチが

常に付き纏うのも現代的通俗の風潮でもある。

しかし、太古のリングベータでは、人間の脳みそである精神領域を小宇宙と表現したことが

後々の三大宗教の産声を上げたと言っても過言ではない。

つまり、その小宇宙とやらを体現しよとした結果、布教の効率性を追求するがあまり

書かれた言葉のみが独り歩きして挙句、難解な解釈論となり、はたまた、その難解な解釈論に

モニュメント的注釈を芸術的文化レベルまで物的に高めすぎたことによる度を越した表現が

価値という概念を生んだ。後は、心身問題へと移行する。
105.名無しさん:2018年07月15日 08:20 ID:5eIwV9fr0▼このコメントに返信
>この宇宙にあるものすべてが、法身仏が説く仏法なのである。

ここまで書けば「国破れて山河在り。城春にして草木深し。」もまた仏法であるということが分かるだろう。
これは涅槃経では「草木国土 悉皆成仏」と表現される。
この世にあるものすべて、宇宙法則によって存在し、宇宙法則が働いて姿を変えていく。かたちあるものは永遠ではない。
説明されれば「何を当り前のことをw」と思うだろうw だがこれが仏法であるとは気付かなかっただろうw

ブッダの最後の教えは「自灯明 法灯明」である。
絶対的に正しいのは、宇宙法則によって存在する自分と、宇宙法則が示す宇宙の真理である。
ここに書いてある教えなんか頼ってはいけない。結局は自分で体感するしかないのだw
106.名無しさん:2018年07月15日 10:06 ID:jM3v2wWu0▼このコメントに返信
安倍奴、麻生奴、自民党議員連中の老朽化対策で民営化!
これが地獄の始まり・・
107.名無しさん:2018年07月15日 14:25 ID:iELswJVu0▼このコメントに返信
輪廻が生き死にの事だと思ってるようでは不勉強すぎる。
良いことが有れば天にも昇る心地になり、悪いことがあれば地獄に落ちたように苦しむ。
良いことと悪いことの間を彷徨い繰り返すだけでは苦しみから逃れられない。この状態を輪廻と言っている。
愛するからこそ憎む。欲するからこそ飢える。つまり、執着を捨てろということ。
が、人間も動物と変わらない。執着を捨てるのは困難。
108.名無しさん:2018年07月15日 15:09 ID:5eIwV9fr0▼このコメントに返信
>良いことが有れば天にも昇る心地になり、悪いことがあれば地獄に落ちたように苦しむ。
>良いことと悪いことの間を彷徨い繰り返すだけでは苦しみから逃れられない。この状態を輪廻と言っている。

「十界論」だね… グーグルで検索するとそうか学会のサイトにジャンプする。 読んでみたw あれ面白いよねw

109.名無しさん:2018年07月15日 20:58 ID:duwfBGi80▼このコメントに返信
そもそもの話になるが
輪廻するのは宿業であって魂とかそういったものじゃない
輪廻から解脱するってのはその宿業から解き放たれると言う意味
生まれ変わりよりも憎しみの連鎖を断ち切るとかそっちに近い
110.名無しさん:2018年07月15日 22:28 ID:5eIwV9fr0▼このコメントに返信
「宿業」でググったら、またそうか学会のサイトが出てきた。 
ブッダの言葉が出てこないので日蓮宗独特の教えなのだろう… これは宇宙法則かと問われれば正直何とも言いようがない。
111.名無しさん:2018年07月24日 20:08 ID:ZYAot53J0▼このコメントに返信
イマドキのお坊さんはベンツ乗って妻もいる欲望まみれの坊主も珍しくないんだから真に受けるなよ

お名前