スポンサーリンク

2018年06月28日 08:00

「当時世界最強だったモンゴル兵をフルボッコにした鎌倉武士マジ最強!」←コレwww

「当時世界最強だったモンゴル兵をフルボッコにした鎌倉武士マジ最強!」←コレwww

644fb67a65a5f7a457df71c944e0dbc0

引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1529540308/

1: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:18:28.78 ID:q3ElXhop0
モンゴル騎兵の強さを全く発揮出来ない地勢な上、大海を乗り越えてきて疲労困憊やったんやぞ

6: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:22:22.54 ID:4hGWUVENd
なんであんなに勢力伸ばしたのにこんな端っこも攻めようと思ったのか
それが知りたい

9: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:23:42.05 ID:M+cUeD0+d
>>6
海越えるってやっぱロマンやん?

140: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:46:18.03 ID:YnwpwQuB0
>>6
併合した国の軍隊邪魔やな
なんか東に島国有るし攻めさせるか

10: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:23:43.72 ID:mHNQdJcXd
モンゴル兵「俺達は強さ発揮できない地勢だし、すっごい疲れてるぞ!覚悟しろ!」
鎌倉武士「何しに来たんや、こいつら…」

12: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:23:59.51 ID:UEq3a/Qsa
ベトナムにもボコられてるやん

15: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:24:37.12 ID:c4hBFzP8M
まあやってみなきゃわからんかったんやろ

17: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:25:07.12 ID:xQAFKxRT0
攻めて来たのほとんど中華と朝鮮だろ

19: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:25:17.61 ID:70QZlwoK0
モンゴル騎兵→まちがい

中国や朝鮮の水軍→せいかい

26: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:26:38.67 ID:jvnvHWtW0
>>19
考えてみれば騎馬民族が海超えるとかちょっとなぁ

21: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:25:38.15 ID:4atKvNSza
普通に考えてこんな辺境の地を何故力押しで制圧しようと思ったのか
全世界手中に収めてからでもよくね?

478: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 10:29:26.83 ID:8PCelxRP0
>>21
お手紙送ったら配達人の首が帰ってきたから

31: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:27:29.79 ID:Gjt1Si/2a
>>21
使者送って臣下になりませんか?って丁寧な対応に問答無用で処刑されたら苛烈に対処するしかないやん

40: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:29:20.08 ID:4atKvNSza
>>31
やから何故1番最後でええのにこんな中途半端なタイミングで使者を送るのか

52: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:31:27.47 ID:Gjt1Si/2a
>>40
たかが小国って嘗められてたんじゃねーの? 中国も手中におさめたし後は目についた小国から落とせばええやって考えやったんやろ

30: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:27:28.40 ID:Ce0oqtoid
ヨーロッパ攻めとけよ

47: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:30:29.26 ID:UEq3a/Qsa
日本ベトナム「略奪されるくらいなら自分らで焼いたろw」
元「なんやこの野蛮人…」

57: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:33:09.29 ID:wVLTCf9dM
先に欧州平定してから来いや

64: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:33:32.72 ID:8A5RA14t0
モンゴル兵が無能だったんだよなあ
日本海を小舟の船団で渡ろうとしたとか草生える

98: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:40:19.97 ID:cI0V9Tjzd
少し前まで鎌倉武士は正々堂々戦うイメージやったけど、元寇の実態が知られるにつれ「蛮族やんけ…」となっただけやろ

115: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:42:53.74 ID:eU4rI7Jq0
>>98
そもそも現代視点からしたら蛮族なだけであって
当時としてはわりとフツーやし

137: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:46:10.26 ID:cI0V9Tjzd
>>115
言われてみればそうなんやが、正々堂々のイメージがあったんや
最近鎌倉時代について調べると族滅やら物騒なキーワードが頻繁にでてきて怖い(小並感)

99: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:40:38.60 ID:UEq3a/Qsa
鎌倉時代なんざ政敵&政敵で外構ってる余裕ないんじゃないか?

122: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:43:42.02 ID:ymGcBDU+0
>>99
やから最初に来た使者は今忙しいんでまたで後でいいすかって言って帰したんやけど
次に寄越した使者がぶっ殺されたらそらキレるやろな

102: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:40:52.92 ID:yhB+2xxiM
結局最強はベトナムってことか?
ジャップをボコボコにしたアメカスに勝ったし

132: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:45:23.94 ID:9x1lI48p0
>>102
ゲリラ軍がアメカス撃退したからなあ
アメカスはこれで戦争が怖くなった

105: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:41:06.53 ID:Zug7A3v2K
海のおかげとはいえ九州の戦力だけで撃退されとるからなあ

118: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:43:18.55 ID:UEq3a/Qsa
>>105
本隊到着する前に決着付いてるっていうね

106: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:41:31.89 ID:eU4rI7Jq0
実際ちゃんと対策した北条は立派やしすごいぞ
ちゃんと相手の強み消す形作ってる

130: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:45:20.76 ID:wzymCz34H
勘違いしてる奴が多いが鎌倉武士の得意戦場はモンゴルと同じ平地やぞ

180: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:50:15.15 ID:9x1lI48p0
>>130
騎馬基本やしなあ

133: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:45:33.18 ID:9X4h4rO7F
そもそも宋と高麗が主力やろ

182: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:50:40.58 ID:8ID5YKAG0
>>133
中国主力ならもうちょっと海軍強くても良くない?
モンゴルには水軍ないやろ

190: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:51:40.82 ID:9X4h4rO7F
>>182
服属したばっかりで戦意とやる気ないやろ
異民族のための外征とか

194: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:52:23.10 ID:lj/5zYBPa
>>182
基本的に海戦やって無くて上陸戦ばっかやろ
海軍のやる事輸送以外にほとんど無いで

146: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:47:13.89 ID:arcmU9nNd
モンゴル兵の強さは乗馬しながらの短弓連射密集突撃戦法

147: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:47:13.91 ID:8A5RA14t0
朝鮮半島の船団と中国側の船団で対馬で合流する予定が
中国側の船団が道中の荒波に揉まれて壊滅状態になっていたと聞いたことあるけど

173: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:49:46.03 ID:B63OVMEPd
>>147
せやで
しかも半島側の船団では疫病が流行しとったみたいや

221: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:56:04.58 ID:8A5RA14t0
>>173
やっぱり人間は自然の脅威には勝てんのやね

148: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:47:16.76 ID:E9oyOej4x
や海N1
ソ連侵攻時の占守島も日本が抵抗やめるまで戦車どころか自動車一台揚陸できんかったしな

159: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:48:15.73 ID:4hGWUVENd
>>148
効率主義のメリケンが海兵隊っていう揚陸専用軍作るくらいやからそら難しいよ

154: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:47:45.80 ID:y4OhY4TP0
あの時代の航海技術で沿岸線ガチガチに固められた地域に上陸するなんてどの国でも無理やぞ

226: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:56:15.95 ID:yP1EXn/00
>>154
結局これよな
内陸まで侵攻しきって防衛線作れるような相手なんて圧倒的に弱い相手だけ
大船団組んで侵攻してくること自体が大したことだよ

187: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:51:13.61 ID:TfokO2Bpa
台風はあくまでトドメであって普通に撃退してる件

189: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:51:37.29 ID:wzymCz34H
元軍は二軍とか言うのも多いが日本も九州勢しかおらんのに

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年06月28日 08:10 ID:MSjpHnyo0▼このコメントに返信
モンゴルには最強の疫病神が付いてたから
2.名無しさん:2018年06月28日 08:10 ID:VmXS27cg0▼このコメントに返信
蛮族ねぇ?ヨーロッパの十字軍とか調べるともっとやばいけど・
3.名無しさん:2018年06月28日 08:12 ID:mYCH8aAO0▼このコメントに返信
此の時代海を渡っての侵略はかなりのリスクを伴うみたいだね無理攻めです
元の計画は台風シーズンを外していたけど主力の朝鮮兵遅刻であんな事に成ったみたい
しかも二回ともKの法則は昔から
4.名無しさん:2018年06月28日 08:12 ID:CfUi8WgL0▼このコメントに返信
高麗は攻める気満々で、日本征伐するニダ!って元に2回もラブコール送ってるしな。

やはり遠征距離の長さ(補給)風土病、海と
橋頭堡作らせる事もさせない鎌倉武士の有能さ(畜生さ)と、高麗兵の弱さが際立ったかと。
対馬の千に満たない地侍に万の高麗兵が逃げ惑ったのを、宗の商人が大笑いしてた記録あるぐらいだし。
5.名無しさん:2018年06月28日 08:18 ID:hwrQBE3L0▼このコメントに返信
武士団は野蛮!!元寇カワイソ(´;ω;`)  って方向にシフトしたんか?

6.名無しさん:2018年06月28日 08:21 ID:2B9AC1bf0▼このコメントに返信
ローマ人「海を超えた征服が出来ないなんて・・・」
ノルマン人「そんな奴に最強の文明の称号はやれんよ」
ウマイヤ朝「せやせや」
イギリス「海洋国家こそ最強」
7.名無しさん:2018年06月28日 08:21 ID:.2ZQRyJF0▼このコメントに返信
なんJ民、宗主国とご先祖をかばうために必死だな。
8.名無しさん:2018年06月28日 08:22 ID:RD5W65yI0▼このコメントに返信
日本の武器の性能が上回っていたのは、この頃から変わらない
9.名無しさん:2018年06月28日 08:22 ID:.2ZQRyJF0▼このコメントに返信
※5
シフトというか、なんJの基本コンセプトは反日親韓大陸マンセーだぞ?
とりあえず日本を貶めるのが第一。ここの管理人と同じ思想。
10.名無しさん:2018年06月28日 08:22 ID:ZCuK1uCl0▼このコメントに返信
大陸のヒト モドキ共を退けた鎌倉武士のかっこよさ!
11.名無しさん:2018年06月28日 08:23 ID:7jeiQVLq0▼このコメントに返信
属国化の要求に対して、使者を斬首して断固拒否の意思を示すのは、当時としては割と普通の事だったような
なので、使者という仕事は命がけの罰ゲーム
12.名無しさん:2018年06月28日 08:24 ID:HPjAW9x70▼このコメントに返信
別に勇猛果敢いうんやなくて、宗人以外の兵士を数万人規模で首だけにして海から見えるように並べただけでお帰りいただいたんやぞ。優しいやろ鎌倉武士。疫病蔓延してて全員は船でお帰り願えなかったから口減らししてやったようなもんだ。むしろ感謝して欲しいね。
13.名無しさん:2018年06月28日 08:24 ID:RD5W65yI0▼このコメントに返信
元はベトナムにもボロクソにやられてるからな
船を運用する能力が致命的に無い、日清戦争でもそれは変わらなかった
14.名無しさん:2018年06月28日 08:26 ID:P2OB71Kp0▼このコメントに返信
どんなイチャモンつけても二度も破ってるからな上から目線でもしょうがないだろ
15.名無しさん:2018年06月28日 08:27 ID:EGavDyiH0▼このコメントに返信
>モンゴル騎兵の強さを全く発揮出来ない地勢な上、大海を乗り越えてきて疲労困憊やったんやぞ

日本は弓騎兵が主力だから、わざわざ騎兵が使いやすい平地に布陣して戦ってるけどな。
16.名無しさん:2018年06月28日 08:27 ID:zldUF33.0▼このコメントに返信
大人しく大陸で大暴れしときゃ良かったんだよ
17.名無しさん:2018年06月28日 08:29 ID:OBywdkhC0▼このコメントに返信
チャイナショック来てるのに呑気なもんだな。
18.名無しさん:2018年06月28日 08:34 ID:RD5W65yI0▼このコメントに返信
中国に速攻土下座して属国になる朝鮮
中国の侵攻を叩き潰す日本
千年以上この図式は変わっていない
19.名無しさん:2018年06月28日 08:35 ID:ys8DQLpH0▼このコメントに返信
蛮族言うけれど最初は「やあやあ我こそは~」って出てきた単騎の武士を矢で一斉射撃したんだからこいつらとは戦い方違う対話にもならんってなるやん。
そうなったら何でもありになるの当たり前じゃんか。
仲間やられて同じことやるわけないやろうが。

大体から日本に侵攻した酢原因が高麗王の甘言なんだから先兵として高麗軍が出てくるのは当たり前。そういう意味では歴史は繰り返すで相変わらず本性は変わってないってことだろ。
今度出るゲームのGhost of Tsushimaという対馬が舞台のやつでうさでも晴らすしかないな。モンゴル兵となってるけれど史実的に実際には高麗兵なんだし。
20.名無しさん:2018年06月28日 08:36 ID:hMtIsD580▼このコメントに返信
※15
その平地が大陸と比べると圧倒的に狭いんだよ
あっちじゃ広大な草原を自在に迂回機動しながら一方的に弓を射かけて弱らせていく戦法なのに
北九州じゃ平地とは名ばかりの一直線MAPを重装備固めた連中が真っすぐ突撃して弓を射かけて来るという
21.名無しさん:2018年06月28日 08:38 ID:ys8DQLpH0▼このコメントに返信
酢原因が高麗王の甘言×
主原因が高麗王の甘言〇
22.名無しさん:2018年06月28日 08:40 ID:mLMZm12.0▼このコメントに返信
色々と元軍の失策は出てくるけど、意外と忘れがちなのは『棄兵』だよ。
日本人の感覚だと判り難いが、蒙古みたいに世界制覇する様な巨大帝国になると、最大の敵が身近に居るんだよ。だから、征服戦線の一番難しい所には『棄兵』も兼ねてそうした危ない側近を差し向ける。

元軍が支那地域を平定してみたら、一番厄介なのは支那人と朝鮮半島人だったんだろう。だから支那人と朝鮮半島人の口減らしをする為にも元寇は必要だったし、日本を征服出来なくても裏切りそうな支那人・朝鮮人を始末できたから元軍としては半ば戦争目的を達成したんだよ。
23.名無しさん:2018年06月28日 08:43 ID:x4olwyZF0▼このコメントに返信
占領した半島民がぜひ日本を攻めてくれと懇願してきたのでそいつら尖兵に侵攻してみたら
そいつらの船は海をまともに渡れないくらい脆いし日本の兵は人質なんかにひるまないしやたら強かったし
話がぜんっぜん違ったんじゃよ。
24.名無しさん:2018年06月28日 08:49 ID:NMClOAWG0▼このコメントに返信
実際平地で兵数も同じ、装備も揃っててお互いある程度の距離をおいて等似た条件同士でヨーイドンしたらどっちが勝つのかな?
25.名無しさん:2018年06月28日 08:51 ID:PQeuwPfv0▼このコメントに返信
相手をドン引きさせるぐらい容赦ない対応してたしなぁ
26.名無しさん:2018年06月28日 08:52 ID:j8xtDx010▼このコメントに返信
大半が宋兵、高麗兵って言うけど、モンゴルの主力って元寇の時に限らず占領した地域の兵じゃないの?
あとただの視察って言う人いるけど、あの時代最大級の兵力を視察に回すバカはいねぇよ
27.名無しさん:2018年06月28日 08:52 ID:kqCEKede0▼このコメントに返信
フルぼっこしたの?
28.名無しさん:2018年06月28日 08:52 ID:Lkq2HsEo0▼このコメントに返信
正解は、
朝鮮人「宗主国様もモンゴルに負けてしまったニダ。モンゴルに従うしかないニダ。
女も金もモンゴルに取られてしまったニダ。そうだ、モンゴルに取られた分は和から取ればいいニダ。」
「モンゴル人様、和という小国ながら豊かな国が東の海の向こうにあります。ここを占領しましょう。
先兵にはわれら朝鮮が行きますので援助してください。」
モンゴル人「お前らが自前の船で行くのら許可するから上手くやれ。漢人にも手伝うように伝えておくからな。」
朝鮮人「これで和から略奪し放題ニダ。」

こんな感じで始まったのが元寇。

29.名無しさん:2018年06月28日 08:52 ID:XCfHPPML0▼このコメントに返信
鎌倉武士が蛮族だったら
ベトナム戦争時の韓国軍なんて形容できない人外だな。
30.名無しさん:2018年06月28日 08:56 ID:.Nqjrc.C0▼このコメントに返信
元は騎馬民族だから、海の向こうの島国には興味は無かったのに。
高麗の忠烈王がわざわざ、日本を攻めましょうと進言したんだぞ。
31.名無しさん:2018年06月28日 08:57 ID:X84crx4R0▼このコメントに返信
お隣の国の自国の歴史についての無知っぷりを馬鹿にしてたけど
よく考えたら日本人も戦国以前になると途端に知識が怪しくなるな
32.名無しさん:2018年06月28日 08:58 ID:hHmj5lBf0▼このコメントに返信
半島を属国にして戦争すると負ける モンゴルはその当時学んだのだ
33.名無しさん:2018年06月28日 08:58 ID:SiQ.of9a0▼このコメントに返信
そりゃ、組めば必ず負けフラグ建つあのキムチどものせいだろ(笑)
いつもの手抜き施工のボロ船で日本の荒浪越える?無理ゲー。数百年経とうが、変わらんな朝鮮は(笑)
34.名無しさん:2018年06月28日 09:00 ID:t8m7uPz60▼このコメントに返信
モンゴル・中鮮連合軍だろ
モンゴルしか教えないのはどうなのよ
35.名無しさん:2018年06月28日 09:00 ID:j8qscv7l0▼このコメントに返信
モンゴルの状況見ていると、陸続きでも、南に行くと弱くなる。
これ、マラリアとか風土病もあってもたないんじゃないかなあ。
36.名無しさん:2018年06月28日 09:04 ID:BsOKoDrC0▼このコメントに返信
※24
そんな想定意味ないな
ゲームじゃないんだから、お互い最後の一兵まで戦うとかしない、不利になれば逃げて戦略を練り直すものだから
自分たちの慣れた戦法、戦場で戦えるように相手を誘導することも戦争の一部だよ
逃げられないように塀でも作って、平地に閉じ込めて戦わせるかい?そうしたところで結果に意味なんてないよね。

37.名無しさん:2018年06月28日 09:08 ID:ov.pcvt70▼このコメントに返信
指揮官クラスにモンゴル人が居ただけ
兵は中国とゴミモドキだぞ、勝って当たり前なんだよなあw
38.名無しさん:2018年06月28日 09:11 ID:tBOACqep0▼このコメントに返信
>>30 ガッツリ戦闘中
※30 自分の親王を殺してな(日本を攻める理由が無いと言った反抗勢力も37564)
※31 お前が無知なだけさ、戦国以前は平和な時代が続いていただけ(小規模戦闘は除く)
39.名無しさん:2018年06月28日 09:12 ID:x4olwyZF0▼このコメントに返信
半島の連中は以前から日本に海賊よろしく盗みに入っては返り討ちにあってたから、
元をそそのかして便乗すれば日本の財貨を好き勝手奪えるとたくらんだんだね。
日本は賊徒のやり口なんてお見通しだから、元に帯同させられていた宋の民は許して返したり日本で引き取ったりしたけど
元を先導してきた半島のクズは皆殺しにしたの。
40.名無しさん:2018年06月28日 09:14 ID:tBOACqep0▼このコメントに返信
※37 戦いは数では無かったのか?数万投入して生き残りが3桁
たった5.000人に敗れやがってwww
41.名無しさん:2018年06月28日 09:15 ID:rJMfxTaa0▼このコメントに返信
ここの管理人は中国系って噂は本当ですか?
42.名無しさん:2018年06月28日 09:18 ID:wYTyzflI0▼このコメントに返信
※24
鎌倉武士の長弓は結構長距離で殺せるから、意外や意外で日本が強いかもしれん。
族滅とか繰り返してただけあって、エグイ戦いも鎌倉武士の方が上かもしれん。
43.名無しさん:2018年06月28日 09:21 ID:HmJ3WQ0Q0▼このコメントに返信
個人的に容認する!
44.名無しさん:2018年06月28日 09:24 ID:SiQ.of9a0▼このコメントに返信
あ、ヒト○ドキって禁止ワードになったの。よっぽどキムチ民族に取って都合の悪い蔑称だったんだな。言葉狩りご苦労様(笑)
45.名無しさん:2018年06月28日 09:24 ID:rC.GWfVs0▼このコメントに返信
その日本に謝罪と賠償をさせられるウリナラは最強ニダ!www
46.名無しさん:2018年06月28日 09:28 ID:HsOXhtYJ0▼このコメントに返信
モンゴルの部族間抗争の段階で
戦術が極限まで発達していたからこそ
勢力を拡大出来た。
ヨーロッパとの激突では「釣り野伏せ」と同じ戦術使ってる。
同数の平原対決なら鎌倉武士は勝てんだろ。
戦国末期の日本なら互角以上に渡り合える。
47.名無しさん:2018年06月28日 09:31 ID:rC.GWfVs0▼このコメントに返信
※35
地形効果じゃないの?

漫画じゃ表現されてないけどジャングルなんて素でも通るの難しい。
地表が木や蔓で覆われてて地面がどこにあるか判らないし、見通し悪くて先に何があるか判らない。
ただでさえそんな所に毒虫なんかが大量に沸いてる。
そんな、とても闘うどころじゃない場所で敵がゲリラ戦展開するんだぜ?
48.名無しさん:2018年06月28日 09:33 ID:NXDhyArd0▼このコメントに返信
※4
当時の状況を現代風に言うと

親会社【元】が
下請け会社【高麗】に

新規事業に向けた商品を2万個発注して、費用は新規事業による売り上げから支払う形。

下請け会社【高麗】は赤字経営ながらなんとか2万個の商品を準備したけど
親会社【元】は社長(クビライ)以外全役員が反対なのでいっこうに新規事業が始まらないので、
「作らせたんだからやってください」と社長に催促。


そうやって始まったから、
資金を回収しなきゃいけない高麗はやる気満々で略奪しまくりだけど
逆に元から派遣された現場指揮官は嫌々で来たから、やる気が無くて、

1次侵攻時に高麗が確保した橋頭堡を、わざわざ放棄して船に戻る。
社長(クビライ)に「一応がんばりました」って言い訳ができるようなったので帰り支度。
49.名無しさん:2018年06月28日 09:34 ID:vfg.NzYn0▼このコメントに返信
※34
唐との連合軍で日本に勝ち
モンゴルの属国軍として日本に負け
日本の植民地軍としてアメリカに負け
アメリカの下っ端軍としてベトナムに負け
一勝三敗
50.名無しさん:2018年06月28日 09:40 ID:QW16zk.B0▼このコメントに返信
2度目の時は1回目の反省から海岸線の上陸ポイントに防備をしたからロクに上陸させず陣を築かせずに
一方的に勝てたんじゃなかったか?
危機管理意識を現代人も見習って欲しいわ
51.名無しさん:2018年06月28日 09:41 ID:Mv2UEG5o0▼このコメントに返信
モンゴル騎兵なんてあのころほとんどねえよ
52.名無しさん:2018年06月28日 09:42 ID:NXDhyArd0▼このコメントに返信
※30

正確には
高麗侵攻時からすでに日本攻略は計画されてた。

次に、クビライに進言したのは高麗王ではない。


南宗攻略会議の時に同席していた
高麗人の通訳官が「日本を味方にしたら良いと思います」って進言した


高麗王は
高麗内の反蒙古勢力の内戦と35年以上の対蒙古戦で疲弊した国の再建に集中したいから
日本侵攻となると、必然的に高麗がその先鋒になるからギリギリまで反対してた。
でも、元の命令で船作って人員も集めたのに、始まらないから
「用意させたなら早くやってくれ」ってことで催促したわけ
53.名無しさん:2018年06月28日 09:42 ID:3.q31Mw.0▼このコメントに返信
※22
棄民説とかただの負け惜しみだぞ 棄民説の言う一番大事なモンゴル皇族・貴族が日本遠征への負担を不満に思って反乱起こしたりとか完全に破綻してる
※23
渡るまではまともに出来てるんだよなあ…台風とか食らったらヤバいのは現代の艦隊でも同じ
むしろ博多湾の遺物から元軍の船は割としっかりした作りだったことがわかっている
船ショボかった説も上の棄民説と同じで神風説に代わる新たな言い訳を無理やり探した結果にすぎん
54.名無しさん:2018年06月28日 09:47 ID:0pEG6MtL0▼このコメントに返信
>>46
平原での同数騎兵勝負でも鎌倉武士が勝つんじゃね?
弓の射程は日本の方が長いし馬上から放てる。
セカンダリーウェポンの剣は日本刀の方が有利だしな。
装備から見て負ける要素がない。
鍛練も鎌倉武士が劣っていたとは思えない。
55.名無しさん:2018年06月28日 09:48 ID:OtMGWYRa0▼このコメントに返信
※20
平地が狭いせいで敗北したとは、高麗側の資料にも元側の資料にも書かれていない。
ワールシュタットにしてもパルティアンショットだけで勝ったわけではないことはちょっと調べればわかる。
鄭思肖『心史』、呉莱『論倭』、王惲『汎海小録』あたりを確認してみると、倭の武器が鋭いだの、昔と倭と違い武士は強く、結束し死を恐れず戦うなどと普通に戦って強いという評価がなされている。
56.名無しさん:2018年06月28日 09:52 ID:OtMGWYRa0▼このコメントに返信
※46
モンゴル帝国は、攻城戦もやってるし、平原以外の山地や荒れ地が多い土地でも侵攻して勝利を収めている。
日本だけが特殊な地形であったわけではない。
57.5ではないが:2018年06月28日 09:53 ID:Xfg3V3rp0▼このコメントに返信
※9

だからその反日親韓大陸マンセーをするために、
台風が無ければ日本負けてた!日本弱いwって連呼してたけど、
別に台風が無くても日本が圧勝してた事が周知されてきたから、
日本の野蛮さを誇張・捏造して、特亜側が被害者面する泣き女路線へシフトした
って意味じゃね?
58.名無しさん:2018年06月28日 09:54 ID:NXDhyArd0▼このコメントに返信
※54
>弓の射程は日本の方が長いし馬上から放てる。

この当時の日本の弓はまだまだ改良途上だから、
悪く言うと、実戦射程は複合弓の蒙古弓の射程の1/3だよ。


日本の大鎧が弓矢に強いから
射程度外視してでも威力の高い矢を飛ばすようなものだよ。
日本の武士がわざわざ接近して弓矢を使ってるのもそういうことだよ。

西洋の騎士におけるランス的な位置。

日本の弓の射程が伸びたのは戦国期になって、一般歩兵が主力戦力になってから
改良が進んだひご弓くらいから
59.名無しさん:2018年06月28日 09:57 ID:75dxjgIz0▼このコメントに返信
秀吉の朝鮮出兵も、海を越えて完全アウエーの戦いだったのに、7年も朝鮮半島に城を築いていたぞ。
上陸すらできなかったモンゴルクソザッコすぎる。
60.名無しさん:2018年06月28日 09:59 ID:NMClOAWG0▼このコメントに返信
※36
意味が無いのは分かってるんだ。※15と※20を見たら気になってさ、バンタムとスタローンどっちが強い?とかゲーム的な感覚でいい。平地だし元が圧勝するか※42みたいに日本が頑張って元の辛勝、もしくは日本が勝っちゃうとかさ
61.名無しさん:2018年06月28日 10:00 ID:OtMGWYRa0▼このコメントに返信
蒙古襲来絵詞では、日本の武士の矢が蒙古兵の手持ちの盾を思いっきり貫通して兵に被害を与えている。
62.名無しさん:2018年06月28日 10:02 ID:RIekHupK0▼このコメントに返信
どうでもいいが、
我が先祖、菊池一族の活躍を努努忘れなきように…
63.名無しさん:2018年06月28日 10:02 ID:SfPD5kih0▼このコメントに返信
※54
TOPはそう考えて布陣してたけど、実際は抜け駆けによる少数突撃繰り返してる、、、
64.名無しさん:2018年06月28日 10:06 ID:OtMGWYRa0▼このコメントに返信
※22
棄兵10万人を処分するために資材も金もかかる軍船を4400隻作る意味不明。金をかけずに元の宿敵のカイドゥあたりにぶつけた方がまだマシ。
武威を持ってモンゴル帝国に君臨するモンゴルにとって敗北は統治に支障を及ぼす。現に元寇以降いろいろ問題が生じている。
棄兵の考え方っていうのはどちらかというと政敵と権力闘争が途絶えない支那の発想。
国共内戦で味方になった元国民党軍を朝鮮戦争に投入してきたしね。
65.名無しさん:2018年06月28日 10:09 ID:zhsATYk60▼このコメントに返信
ただの敗残兵の処理だから
66.名無しさん:2018年06月28日 10:09 ID:OtMGWYRa0▼このコメントに返信
※60
たらればは無意味というのは同じなんだけど、それでも大陸側の資料にもあるとおり武装や練度を考慮すると元側はやっぱり不利。
67.名無しさん:2018年06月28日 10:11 ID:jYhd.0WW0▼このコメントに返信
陸に上がったら殺されて、大軍で上がっても壊滅し、上陸ポイントをどこに変えても鬼神のごとき武人が待ち構え、人質とっても人質ごところされて、手をこまねいて海で待機してたらさんざんいやがらせうけたうえ、あげく台風に流されて。

武士「うぜーのやっと帰ったわww台風まじ神風だわwww」
68.名無しさん:2018年06月28日 10:16 ID:Vbxvmr9o0▼このコメントに返信
まぁ当時の日本の海岸線とか平地とかは当時はほとんどが湿地帯なのよね
葦とか葦の生い茂るぬかるみの泥土地帯での戦いが正解
船付き場に適した箇所はすごくだ少なくて江戸時代に整備されたり埋め立てられたのが
今の地形の原型なんだわ
69.名無しさん:2018年06月28日 10:18 ID:4V6FbpaQ0▼このコメントに返信
元はシナ北部を手中にしてシナ南部も包囲してたが、日本が南部と仲が良かったから使者を送ってきて屈服させたかったんだよ
当時は南宋だっけ?忘れたけど
元は南宋包囲網を完成させたかったのに日本が反抗してビックリした
面子もあるし、日本を叩けば南宋攻略にも弾みがつくとか、そんなんじゃないの?

ところで鎌倉武士がここまでサイヤ人なのに現代の日本男児が玉なしの釜ばっかりなのはなぜなんだ?
70.名無しさん:2018年06月28日 10:18 ID:7GMULhgh0▼このコメントに返信
蛮族って狂戦士しみたいで最近のカッコいいキャラの特性やろ
71.名無しさん:2018年06月28日 10:20 ID:H5Zi56RA0▼このコメントに返信
※47
>とても闘うどころじゃない場所で敵がゲリラ戦展開するんだぜ?

近世以前にそんな戦い方する民族なんてほとんどいねーわw 新大陸ならともかく。
山ばっかの日本も森ばっかの中欧もそうだし東南アジアやインドだっておんなじだが、人って言うのは絶対的に活動しづらい地勢、入りたくない環境ってのは存在するわけで、戦争はそういう地勢を避けてやるんだよ。1000メートル級の山脈の上で合戦やった事例が日本にあるか? よほど苦しい戦況になって自分たちも戦いづらい場所へ逃げ込んでいくという事例はあったとしても、敵の不利を誘うためにあえて自分たちにとっても不如意となる場所を選択するというのはよほど勇気のいることだよ。そういうのは戦史における特殊事例として記されているものを除いて、日常的にはまず起こり得なかったと思った方がいい

モンゴルが南へ行くほど弱くなる、という※35の指摘がかりに正しいとして、その原因はジャングルなどの地形にあるわけではないよ
72.名無しさん:2018年06月28日 10:21 ID:30.9Y43v0▼このコメントに返信
まあどんな不利な条件だったとしても、仕掛けてきて負けたんだから弱いんだよ。
来月から本気出すのニートじゃないんだからさ。
73.名無しさん:2018年06月28日 10:23 ID:4V6FbpaQ0▼このコメントに返信
*6
せやせや
日本もシャムにまで進出してたしな
最近の若いもんは海外に憧れないとかホンマにおえんわ
バブル期なんか世界中を買い占める勢いやったのに情けないの~

鎌倉まで遡らんとプライドを満たせんのか・・・
ご先祖さまが泣いとるわ
74.名無しさん:2018年06月28日 10:26 ID:tzKa1n220▼このコメントに返信
追い返せば大勝利だと名乗れるなら

「当時自称世界最強だった戦国日本畜生めをフルボッコにした中国明朝兵マジ最強!」←コレwww が成り立って当然だよね
75.名無しさん:2018年06月28日 10:27 ID:rVIpSx.K0▼このコメントに返信
まとめると、地元勢が強く、防御が強いの当たり前だけど、中朝は防御もできないが、口だけ強気でOK?
76.名無しさん:2018年06月28日 10:29 ID:Xfg3V3rp0▼このコメントに返信
※59
>7年も朝鮮半島に城を築いていたぞ。

それどころか特亜軍は日本軍の城を一つも落とせなかった。
城が現存しないのは、特亜が腹いせに破壊したから。日本軍が無事撤収した後にね
秀吉が長生きしてれば、日本軍は普通に居座り続けて、明の国力を死ぬほど削っていただろう。
77.名無しさん:2018年06月28日 10:30 ID:oeFqzmfQ0▼このコメントに返信
侵略なんてパワーを持て余した暇人のやることやな
78.名無しさん:2018年06月28日 10:32 ID:L4sSFNRE0▼このコメントに返信
南宋にも梃子摺ってたからな
孟珙とか呂文煥も居たしバヤンが出てくるまでしばらくかかったのも有るけど
79.名無しさん:2018年06月28日 10:37 ID:SfPD5kih0▼このコメントに返信
※75
艦隊遠征で軽装歩兵と弓兵しかほぼ居ない軍で
(編成で不利な)重装騎兵突撃で混乱しながらも壊滅状態にならず陣地防衛撤退できてるところを見ると
元軍の指揮も士気も優秀なレベルと言えるんじゃないかなぁ、、、

まぁ負け戦で兵を見捨てず全員船まで退却したのはモンゴル士官の優秀さを示してると思う、、、
まぁ当時の鎌倉武士は(逸話見ると)プロの半基◯害兵士集団だから、まぁ比較しようが、、、
80.名無しさん:2018年06月28日 10:38 ID:mzFzRPxL0▼このコメントに返信
中華や朝鮮は民族5000年の歴史だのうるさいが考えたら100年以上モンゴル帝国にやられてたんだよな
断絶してるじゃん…
81.名無しさん:2018年06月28日 10:43 ID:FPbl1.vS0▼このコメントに返信
イキって海越えて来て、それでボロ負けした元の遠征軍が弱いのは間違いないだろ。

鎌倉武士Disろうとして、元軍もっとDisってどーすんだ??
82.名無しさん:2018年06月28日 10:45 ID:pbT8USkQ0▼このコメントに返信
人質事殲滅した方が味方の被害少なくなるって人間の楯が通じなかった。湿気の多い日本では乾燥地帯で使ってた弓が威力半減。腐敗した動物を夜襲して投げ込む。夜襲を恐れて船団を纏めたら火矢の雨。大軍って統率無くなると駄目ってのがわかった。
83.名無しさん:2018年06月28日 10:47 ID:DOfpNWAX0▼このコメントに返信
近代戦とかでもそうだけど、日本は防衛戦には強うだろうけど、外征作戦は基本的に弱いのは?
84.名無しさん:2018年06月28日 10:47 ID:xZkfDNwR0▼このコメントに返信
最近の研究では台風で避難したところを、日本兵に襲われてフルボッコになったらしいね。
その結果、モンゴル兵とコリア兵は対馬で一般住民を虐殺したため、降伏した者も含めて皆殺し。
中国兵だけは労役の後、祖国へ送り返したと。
85.名無しさん:2018年06月28日 10:48 ID:6wgLpEY00▼このコメントに返信
でも大宰府が捨て石にした対馬や壱岐はほぼ根切りの状態だったじゃん
島民の女は手に穴をあけて紐を通される高麗式のやり方で奴隷として連行されたし
86.名無しさん:2018年06月28日 10:52 ID:OtMGWYRa0▼このコメントに返信
※84
宋、金、モンゴルとかいるから現代の中国という概念、定義を当てはめると余計に訳がわからなくなるから、王朝名で語ろうね。
87.名無しさん:2018年06月28日 10:52 ID:9qv8iRyY0▼このコメントに返信
融和派(=臣従派)がぎょうさん居った
それを跳ね除けてあえて強硬を保った北条時宗はもっと評価されるべき
彼でなければ日本はツングース系の遺伝子に汚染されまくってただろう
88.名無しさん:2018年06月28日 10:54 ID:OPUtXO0.0▼このコメントに返信
※87
まあ、外交担当の朝廷が強硬派だったしね
89.名無しさん:2018年06月28日 10:56 ID:bDB1b.Xc0▼このコメントに返信
逆張りクソ野郎はわざわざまとめなくてよろしい
90.名無しさん:2018年06月28日 10:58 ID:OtMGWYRa0▼このコメントに返信
※82
遠征地で日本だけが湿気が多いわけではありません。
南方の風土病、疫病に苦戦したという話は残っておりますが。
陸上戦が行われた文永の役のたかだか1日で威力が弱まるような代物でもありません。
湿気で弓の威力が半減したという記録でもあれば新発見なんですがね。
91.名無しさん:2018年06月28日 11:06 ID:xZkfDNwR0▼このコメントに返信
そもそも大陸の兵って鎧じゃなく、厚手の衣装にせいぜい革を張ってる程度だから、
近接戦では相手になんないわなあ。
92.名無しさん:2018年06月28日 11:07 ID:TeKprECj0▼このコメントに返信
>少し前まで鎌倉武士は正々堂々戦うイメージやったけど

源平合戦で散々騙し討ちや奇襲攻撃し続けて勝ったのが鎌倉武士。
その鎌倉も初期から平氏に騙され乗っ取られて、源氏は何の権限も無い平氏にのみ権力が集中する幕府だった。鎌倉幕府と聞くと源氏のイメージ強いけど元軍を一方的にボコボコにしたのも平氏が率いた軍勢。

続く室町幕府は、鎌倉幕府で虐げられていた源氏の幕府。
93.名無しさん:2018年06月28日 11:13 ID:NXDhyArd0▼このコメントに返信
※91
いやいや、それは偏見過ぎるやろ。
そもそも欧州侵攻でもう蒙古は軽装騎兵から重装騎兵に移行してるし

元になったら少数精鋭騎兵が主力ではなくなり、
歩兵軍団による集団戦に移行してるぞ。


元はモンゴル人優位主義だから、支配領域広がるに連れて深刻なモンゴル人不足で
貴重なモンゴル人戦士の喪失を防ぐために重武装化になっていくんだよ。
94.名無しさん:2018年06月28日 11:16 ID:CTfaV9sJ0▼このコメントに返信
元や朝鮮が弱いだけだろw
95.名無しさん:2018年06月28日 11:16 ID:7bzweckS0▼このコメントに返信
「正宗」って刀が元寇に備えて作られたみたいだな初めて知ったわ
96.名無しさん:2018年06月28日 11:16 ID:PsVa21hZ0▼このコメントに返信
威力偵察説、棄民説などの遠征軍どうでもいい弱兵だった系の説、船ボロ説
これ全部神風説は完全に否定されたけどそれでも元軍が正面から負けたことにはしたくない!武士ごときが大モンゴル帝国の大遠征を撥ねのけられる訳が無い!っていう意図から作り出されたトンデモ説だからな 史料的な裏付けは一切ない
しかも自虐史観派だけじゃなくて中国憎し朝鮮憎しで視野が狭くなった自称保守・愛国派も武士の活躍を矮小化するこれらの説を受け入れて一緒にはしゃいでるからタチが悪い
97.名無しさん:2018年06月28日 11:18 ID:OPUtXO0.0▼このコメントに返信
そもそも、武士に人質が効かないのは当然で
同族でない限り、滅多な事じゃ恩賞を奪い合う敵である、友軍の武士を助けるって思考には至らないと思う
98.名無しさん:2018年06月28日 11:30 ID:7bzweckS0▼このコメントに返信
最初の元の襲撃は、日本海側のどこから来るかわからなくて京を本拠地だと流布して囮にして抗戦する作戦だったという話をどっかでみたことある
99.名無しさん:2018年06月28日 11:31 ID:ifQ8w.nN0▼このコメントに返信
ヨーロッパ方面に勢力圏を伸ばすことに集中したら世界地図が変わったんやろか?
100.名無しさん:2018年06月28日 11:36 ID:3.q31Mw.0▼このコメントに返信
※97
人質がある程度効くから武士の一般的な習慣になってたのでは?
最近出回ってる元寇で人質ごと攻撃したって話も根拠ないし
101.名無しさん:2018年06月28日 11:38 ID:SfPD5kih0▼このコメントに返信
※93
もともとモンゴル騎兵編成は、重装突撃騎兵(前3列)と軽装弓騎兵(後2列)のミックスだぞ、、、
軽装弓騎兵が先行し、相手を釣り出したところを待ち構えた重装騎兵突撃で勝負を決める
ってのが必勝パターンだったわけで、、、

この編成はモンゴル統一時も遠征中も変わったことないぞ、、、
102.名無しさん:2018年06月28日 11:40 ID:xZkfDNwR0▼このコメントに返信
※93
でも当時の金属製の中国鎧とかモンゴル鎧とか写真でも見たことないんだよなあ。
もちろん当時を勝手に想像した金属製鎧のレプリカとかは見るんだけど、
現存してるのが見れないってことはやっぱり布製、皮製だったんじゃないかなあ。
103.名無しさん:2018年06月28日 11:43 ID:NXDhyArd0▼このコメントに返信
※101
そのマングダイの戦術は欧州戦線が最後ぐらいで
北元と南宗との戦いにごろになると編成変わってるよ。
104.名無しさん:2018年06月28日 11:53 ID:OPUtXO0.0▼このコメントに返信
※100
同族ならそうかもしれんが、例えば源平合戦時に平家が奥州藤原氏の武士を人質に取ったとして、源氏が怯むと思うか?
一つの軍隊として纏まってるならともかく、封建制で領主が連合してる軍なんだし、むしろ、人質に効果あると考える方が根拠がないと思うが
105.名無しさん:2018年06月28日 11:54 ID:fBB9ZiGE0▼このコメントに返信
相手の戦力分析を誤って敗北したんだから元は鎌倉武士より格下だよ。ただ敗北という事実があるのみ。どういう種類の将兵を送ったかは関係ない勝てる戦力を送らなかったこと勝てる場所で戦わなかったことそして敗北した事実。あるのはそれだよ。
106.名無しさん:2018年06月28日 11:56 ID:KsaQ6xEQ0▼このコメントに返信
朝鮮人(後の棒子)「わいら侵略されてもた。そや、日本も巻き込んだれ」
朝鮮人「モンゴルの旦那、ワイら案内しますよって日本も侵略しまひょ。舟は宋人に漕がせたらよか」

〜神風〜

鎌倉武士「侵略者のモンゴル人と朝鮮人は斬首、宋人は無理矢理従わせられてたから助けたれ」
107.名無しさん:2018年06月28日 12:06 ID:OURg9AfF0▼このコメントに返信
日本列島の全容を理解していなかったっぽいのはあるんだよな
後の朝鮮出兵時代に李朝が持っていた地図だと朝鮮半島よりはるかに小さい小島が
点々しているようなのが日本列島だと思っていたようだから
108.名無しさん:2018年06月28日 12:08 ID:XIS6LUv00▼このコメントに返信
いや朝鮮を使った段階で法則発動で勝負はついてるから、鎌倉武士の強みとか関係なさそう。
109.名無しさん:2018年06月28日 12:18 ID:hWnoybRu0▼このコメントに返信
いまも鎌倉武士の精神が必要、なりすましが日本乗っ取りを図っている

110.名無しさん:2018年06月28日 12:33 ID:JcmbMqVl0▼このコメントに返信
神風なかったらだめだった→鎌倉武士がちゃんと戦ったから勝てた
とはなってるけど「元に勝てたから最強!」なんて論調にはなってないだろ。
人質ごと撃ったり牛のしたい投げ入れすげーとはなるけど、「欧州行ったら元より無双できてたんじゃね?」みたいに考えるやつはいない。
111.名無しさん:2018年06月28日 12:36 ID:GnP3NJWO0▼このコメントに返信
台風さんによる熱いオーバーキル
112.名無しさん:2018年06月28日 12:37 ID:IqIANnAA0▼このコメントに返信
元は日本の良質な硫黄が目当てだったと聞いたけど違ったっけ?

今度アンゴルモアっていう元寇と対馬の侍とのアニメが楽しみ。
113.名無しさん:2018年06月28日 12:38 ID:SfPD5kih0▼このコメントに返信
※103
モンケの親征(1257)の際は先発隊として
アダコ劉黒馬指揮する漢軍兵の他にニュウリン率いるマングタイ一万で四川に侵攻してるよ、、、

多国籍軍になったから軍でのマングタイの占める割合は下がったけれども
モンゴル騎兵は単一集団で編成され投入されてたわけで
モンゴル騎兵のマングタイ編成自体変わったわけじゃないのよ、、、
114.名無しさん:2018年06月28日 12:39 ID:x4olwyZF0▼このコメントに返信
※80
そだよ。連中は正しくモンゴル族の末裔。
時々ニュースでやってるだろ。一万人に一人はフビライハンの実の子孫だと。
攻め入ったモンゴル人が十万もいたら、元が退いた跡に生息してる人間はほぼ全員父親がモンゴル人だって計算だわな。
115.名無しさん:2018年06月28日 12:41 ID:rC.GWfVs0▼このコメントに返信
※71
じゃ、ルートを特定して待ち伏せ出来るな。
実際、ベトナムの王朝は入り江に罠仕掛けてで返り討ちにしてたし。
116.名無しさん:2018年06月28日 12:42 ID:rC.GWfVs0▼このコメントに返信
※80
以前中国で偉大な漢民族のdnaを特定しようと調査したらモンゴル系ばっかりだったって記事があった気がする。
117.名無しさん:2018年06月28日 12:43 ID:x4olwyZF0▼このコメントに返信
※74
中国人とかは攻め落とされても「我新王朝の栄光に浴す」って金集め作業に戻るだけだろ。拝金主義の中華カルトにつける薬はないわ。
118.名無しさん:2018年06月28日 12:44 ID:K3b4Z6pj0▼このコメントに返信
元スレの>>478>>31の日本が蒙古の使者を切ったから元寇が怒ったというのは嘘で物事の順番を逆にしてる。
実際は蒙古による侵略が先で使者を切ったのが後。
文永の役の前に来日した使者は無事に帰国している。
それでも蒙古による侵略は起こった。
切ったのは文永の役で様々な残虐行為があった後に来日した使者だ。
119.名無しさん:2018年06月28日 12:45 ID:ov.pcvt70▼このコメントに返信
※40
おいこのアスペ野郎、文章をよく読め、そして二度と投稿すんなカスw
120.名無しさん:2018年06月28日 12:46 ID:rC.GWfVs0▼このコメントに返信
※106
日本もあんまりそれ言えない。

幕末から明治にかけて朝鮮を開国させたのは日本政府だが、黒船に開国させられて失った自信を取り戻させようって意思が働いてたで有ろう事は否定できないからな。
121.名無しさん:2018年06月28日 12:47 ID:x4olwyZF0▼このコメントに返信
日本が太宰府置いて対馬海峡警戒してたのは半島の野蛮人が海賊働いてたからで、元寇の役はその延長なんだよ。
122.名無しさん:2018年06月28日 12:48 ID:Tj1ncBwB0▼このコメントに返信
またこれまとめてるんだ。
今回は六波羅探題なしだね。あれ興味あったけど。
123.名無しさん:2018年06月28日 12:49 ID:x4olwyZF0▼このコメントに返信
※120
ほんと、余計なことしなきゃあよかったと思うわ。朝鮮人に触ることが余計でなかったためしはない。
124.名無しさん:2018年06月28日 13:02 ID:.cTcBgyE0▼このコメントに返信
元寇の中の人の大多数は中国人
2番目に多かったのは朝鮮人
次に少数民族の連合軍
その連合軍にモンゴル人が入っているって感じだよ
125.名無しさん:2018年06月28日 13:06 ID:OPUtXO0.0▼このコメントに返信
※107
一次と二次の動員数の桁が一つ違うから、多分一回目は朝鮮と同レベルと見誤ってるだろうね
一回目で想定外の強国だったことが判明したので、可能な限りの戦力を動員して潰そうとしたが失敗って所だろうか
実際、倭寇を組織的にやられたら、国そのものの損害は軽微でも、国力への累積ダメージは洒落にならんし
126.名無しさん:2018年06月28日 13:09 ID:7agiNZEW0▼このコメントに返信
そもそも日本に来てた遠征軍ってモンゴル本国の反乱軍に完勝した精鋭軍ってこと知らんやつ多いよな
127.名無しさん:2018年06月28日 13:16 ID:Mlegwg5z0▼このコメントに返信
半分は高麗兵だったんだが
128.名無しさん:2018年06月28日 13:17 ID:WmMsmuJQ0▼このコメントに返信
樺太に来襲した元軍も樺太アイヌが撃退してる。

1回目の主力は高麗兵
2回目の主力は南宋兵

蒙古人は少数。
士気は上がりようがない。

鎌倉武士が最強なのは練度。

戦後、蒙古人高麗人は殺し、南宋人は奴隷にした。
南宋の亡命者も多数日本にいたし、貿易を通じて交流があったから。
もっとも日本で奴隷といっても待遇はよかっただろうよ。

129.名無しさん:2018年06月28日 13:30 ID:Zv0msV2f0▼このコメントに返信
何かで読んだが、攻め込んだ時の元の書記で和武士たちはフンドシ一つという姿に刀を持ち、身体を丸め左右に飛び跳ねながら間合いを詰めてきた
倭人が持っている日本刀なるもので我が軍の兵は鎧もろとも紙のように斬られた。
我が軍にも日本刀を早急に導入するべき。
と書き残してると
九州のやつっぽい
130.名無しさん:2018年06月28日 13:32 ID:9mYpeMiZ0▼このコメントに返信
台風がとどめを刺したのは事実にしても
上陸してきた元軍がこてんぱんにされて
追い散らされたのも事実

じゃなきゃ上陸して確保した橋頭保を放棄して
海上に戻る意味が分からない
131.名無しさん:2018年06月28日 13:37 ID:OPUtXO0.0▼このコメントに返信
※130
そもそも、台風が来たときは離島に上陸してたから、人的被害は実はそれほど無かったんだよなぁ
撤退の決め手ってだけで、止めは鎌倉武士団による鷹島上陸からの残存勢力の殲滅戦だし
132.名無しさん:2018年06月28日 13:43 ID:08PTk.xc0▼このコメントに返信
>元寇の中の人の大多数は中国人
>2番目に多かったのは朝鮮人

昔の事をとやかく言うんじゃないニダ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
133.名無しさん:2018年06月28日 13:47 ID:NXDhyArd0▼このコメントに返信
※129
確か船で接近しようとすると、
元が積んできた投石器で沈められたから、泳いで接近して切りつけたらしい。
このころの太刀は中国(南宗)にも貿易で伝わってて、優れた武器だと評価されてた。
防具面に関しては日本も元も防護力は似たり寄ったりだけど攻撃力が段違い。
134.菜緒子:2018年06月28日 13:59 ID:VCc.pyrE0▼このコメントに返信
エジプトのマームルーク朝もモンゴル撃退してる。
135.名無しさん:2018年06月28日 14:04 ID:V0voxO8c0▼このコメントに返信
ポーランドも1287年から1287年にかけての第三次侵攻では
モンゴルを撃退してる。
136.名無しさん:2018年06月28日 14:08 ID:lZoyyJ410▼このコメントに返信
竹崎季長とかいうシミュレーション野郎が恩賞目的で「元軍マジつえーわー、マジ大変だったわー」って絵物語まで描いてアピールしたせいで、のちの歴史研究に大きな影響を与えたという笑い話
137.名無しさん:2018年06月28日 14:11 ID:L8Jn.Hhc0▼このコメントに返信
荒海越えてったら味方の損害とか人質とか気にしない、ナチュラルボーン首狩り族が超重武装して大量ポップして襲いかかってきたんだぞ
怖い(確信)
138.名無しさん:2018年06月28日 14:16 ID:LLEf5.Ze0▼このコメントに返信
高麗の金俊とか林衍とか武臣勢力は、対元の黙殺徹底抗戦派で、モンゴル宥和派の王権宮廷勢力とは、敵対状態だったんよね
江華島の三郎山城に籠った遷都政権や、珍島の龍蔵城を拠点にした三別抄相手に、数十年も攻めきれさせなかったのを見ると、脳筋ヤクザの武人政権と、山城・水戦が苦手なモンゴル人という、組み合わせが有効に働いたのだなあと思う
対馬海峡という海流暴風付き50kmの水堀数段構えで、脳筋徹底抗戦の武士政権が待ち構えてるわけで
139.名無しさん:2018年06月28日 14:24 ID:ZJiBVc8P0▼このコメントに返信
平原以外で戦えない奴ら。
海と森林で止まる。
140.名無しさん:2018年06月28日 14:35 ID:OPUtXO0.0▼このコメントに返信
※132
まあ、二番目に多いって言っても
一次は中国人の三分の一、二次に至っては一割にも満たない数しか出せない弱小国なのは周知されてるから気にするな
141.名無しさん:2018年06月28日 14:51 ID:SfPD5kih0▼このコメントに返信
※136
それは逆の話で、、、
恩賞もらった理由(戦い)を子孫に忘れさせないために絵巻物つくったのよ、、、


モンゴル軍が強くて日本側ボロボロ、って広まったのは八幡愚童訓のせいなのよ、、、
坊主と神主が祈りの効果強調するために戦果を酷くいったのを
まともに信じる研究者が多かったから、、、
142.名無しさん:2018年06月28日 15:20 ID:OPUtXO0.0▼このコメントに返信
※141
あの絵巻物は恩賞獲得に尽力してくれた恩人が霜月騒動で滅亡したから、その鎮魂で書かれた物の筈
143.名無しさん:2018年06月28日 15:42 ID:OtMGWYRa0▼このコメントに返信
蒙古襲来絵詞って、なぜ近世になって立ち向かってくる蒙古兵を加筆したんだ?
144.名無しさん:2018年06月28日 15:50 ID:3.q31Mw.0▼このコメントに返信
※141
ほんと蒙古襲来絵詞が恩賞を得るためのアピールっていう誤解は死滅してほしいよな
そもそも絵詞の中(要するに過去の話)に恩賞を訴える場面があるのに矛盾もいいとこ
145.名無しさん:2018年06月28日 15:58 ID:nlFoPT.U0▼このコメントに返信
スレ代のアンサーなら
それじゃ大して強くも無い鎌倉武士に負けるモンゴルまじ無能
それに負けるシナチョんもっと無能
ついでに欧米人もまじ無能
でよろしいかね
146.名無しさん:2018年06月28日 16:25 ID:1xJedDjG0▼このコメントに返信
※24
軽弓騎兵であるモンゴル騎兵にとって武士とカタクラフトは相性最悪の相手。
モンゴル弓では相手装甲が抜けないのに相手の武器は易々とモンゴル側の装甲を抜いて来る。
しかも相手も騎兵なのでパルティアンショット戦術が通用しない。
和弓と太刀てかなり凶悪な武器よw
147.名無しさん:2018年06月28日 16:37 ID:vh.4en.i0▼このコメントに返信
いろんな見方あるけどまあボッコボコに撃退したってのはガチやな。
元は宋や朝鮮の連中を体よく処分したかったのもあるやろ。
どっかの日系人部隊とおなじや。近代でやっておいてプロパガンダで綺麗ごとに上書きするからアメリカはタチ悪いでw
148.名無しさん:2018年06月28日 16:48 ID:4v.9t4kN0▼このコメントに返信
*102
内部に金属板を挟んで縫い込んでるとは聞いたことがある。西洋の板金鎧みたいなものを想像しちゃアカン。
あと、当時の日本の鎧も金属鎧じゃない(基本は革鎧。重ね方が尋常じゃ無いけど)。
149.名無しさん:2018年06月28日 16:59 ID:SbI1bBu70▼このコメントに返信
鎌倉武士「やあやあわれこそは…」
元軍兵士「ばかじゃねーのwww撃ち殺したろwww」
鎌倉武士「ほーん、なるほどーなるほどー、ルール無用でええんやな(暗黒微笑」
元軍兵士「ふぇぇ…、あいつら容赦なさすぎぃ…」
150.名無しさん:2018年06月28日 17:12 ID:Iu0hZi6O0▼このコメントに返信
今の教科書って元寇をどう教えてんの?
20年くらい前は、日本はボロ負けしたけど台風でなんとか勝ちました~、だったけど
151.名無しさん:2018年06月28日 17:36 ID:Rc2PtON.0▼このコメントに返信
尚、恩賞が無かったのでそのまま幕府までフルボコにして、その次に来た天皇親政もボコボコにしてしまう模様
152.名無しさん:2018年06月28日 17:40 ID:FlTh1Ili0▼このコメントに返信
当時の技術でも釜山→博多まで一週間で行けるのにその間に疫病が流行るってもとから病気持ちだったんだろ
153.名無しさん:2018年06月28日 18:27 ID:wrMyDDmA0▼このコメントに返信
船に乗ったこともない連中が揺れる海の上で戦えるわけがない。モンゴルはインドネシア侵略も失敗している。朝鮮では蒙古の高官が日本まで船をつなげて橋を造れば簡単に渡れると言って、朝鮮を困らせたとか。その程度の知識だった。馬を使えない蒙古兵はただの木偶。鎌倉武士は最初は戦法が違うからびっくりしただろう。戦いのルールが有った日本の戦法では通じないことを悟った。以後は夜襲をしたり、不意打ちをしたり自由に戦った。
おそらく三か月の船上暮らしで疲弊し、病人だらけの蒙古、高麗 宋連合軍、全滅、は当然だった。
154.名無しさん:2018年06月28日 18:46 ID:i3oSsPg40▼このコメントに返信
戦争はスポーツじゃねーっての
負けたらそれで終わりなんだよ
お前らジヤツプが今身を持って実感してる通りだよ

どんな汚ねぇ手使っても勝ちゃいいのさ
155.名無しさん:2018年06月28日 19:03 ID:3.q31Mw.0▼このコメントに返信
元寇って神風説が否定された後も威力偵察だの棄民だの手抜き工事だのどんどん新しい嘘やトンデモ説が出てくるよな
どんだけ日本が順当に勝ったって認めたくないんだか…
最近じゃ日本の勝ちを認めたくない系の説だけじゃなく根拠不明の武士を過剰にヒャッハー扱いした話とかも流布してるしこれほど後世人の嘘と誤解に塗れた歴史事件も珍しいだろう
156.名無しさん:2018年06月28日 19:05 ID:fxAmCWoH0▼このコメントに返信
得意の騎馬を持ってこれぬ時点で端から手足をもがれたような物
157.名無しさん:2018年06月28日 19:22 ID:zAteswIb0▼このコメントに返信
1.日本から輸出される金のおかげで南宋攻略が手間取った。(日本は偽造されない貨幣として宋銭が欲しかった)
2.手下の高麗から「元の最新兵器と自分の最強海軍があれば、日本なんて一捻りw」とそそのかされた。
3.とりあえず無条件降伏して手下になれとの使者を送ったら遺体が帰ってきた。

結果、元の最新兵器を携えた高麗(+少数の元軍)が攻めてきた。
対馬・壱岐程度の少数防衛隊ならどうにかなったが、九州では日本の本隊(鎌倉武士)が待ち構えていてフルボッコにされた。

なので別に元と直接対峙して勝った訳では無い。 と言うか元は日本と直接対峙する手段を持ち合わせていない。
元の助力を得た高麗が攻めてきてフルボッコにしただけ。
つまりボコボコに負けたのは※154の先祖達であってモンゴル人ではない。
158.名無しさん:2018年06月28日 19:24 ID:3.q31Mw.0▼このコメントに返信
馬は普通に持ってきてるでしょ
遠征前に朝鮮の島をまるごと日本遠征のための牧場にしてるし蒙古襲来絵詞にも蒙古騎兵はいるし弘安の役では撤退時に馬を捨てて人間の収容を優先した武将もいた
159.名無しさん:2018年06月28日 19:25 ID:zAteswIb0▼このコメントに返信
※152
現代の韓国人や在の連中を見りゃ一発で解るだろ。 アイツ等に衛生観念と言う言葉は無い。
160.名無しさん:2018年06月28日 19:31 ID:OPUtXO0.0▼このコメントに返信
※157
何度も指摘されてるが2と3はデマだし
高麗の軍は一万程度の少数しかないんだが
何でそんなに朝鮮tueeがしたいの?
あの国に兵を大量に出す国力なんて無いぞ
161.名無しさん:2018年06月28日 19:33 ID:3.q31Mw.0▼このコメントに返信
※157
散々言われてるけど高麗人は兵数の少ない文永の役ですら最大限に多く見積もっても半分以下だぞ
蒙古系や女真系の将兵も相当数が従軍してる
まあ蒙古人が多かろうが少なかろうが作戦失敗の原因に蒙古人の数を持ち出すのは負け惜しみでしか無いのは変わらんけど
162.名無しさん:2018年06月28日 19:44 ID:mnpE9r170▼このコメントに返信
※11
使者とは名ばかりのスパイだから帰すと内情がバレバレ
だから殺した

モンゴル兵は一般兵の錬度が高いのが強みだけど
当時の武士は職業軍人なので錬度が世界最高峰
相性が悪すぎ

仮に300年後に攻めてきたら・・・・
戦国真っ只中なのでたいして変わらないか
何なの、この国
163.名無しさん:2018年06月28日 19:53 ID:soEWfkKm0▼このコメントに返信
今も昔もしっかり準備した相手に上陸作戦は難しいってことだな
164.名無しさん タコマル:2018年06月28日 20:05 ID:FgAmQsuG0▼このコメントに返信
蒙古からの国書が丁寧だったとか礼儀正しかったとか言う者が居るか要点が解らぬ御意見だ。 元が日本を攻撃した動機は高麗の忠烈王が
王朝内の武断派と文知派の内紛を元朝と言う外部勢力を利用して解決せんとした今と変わらぬ朝鮮民族病の策謀癖が原因だ。 元朝とは世界のどの国も友好関係など在り得ず高麗の様に完全に屈服するか勝敗を天に任せて強敵と決戦するより外は無かったのだ。結果的に見ても日本の選択は唯一無二の物だった。
165.名無しさん:2018年06月28日 20:09 ID:r.r.EPTz0▼このコメントに返信
モンゴル騎兵の精鋭が五万くらいおったぞ
鎌倉武士が普通に強いんであってなぜ下げるのか分からん
166.名無しさん:2018年06月28日 20:14 ID:OPUtXO0.0▼このコメントに返信
※162
そもそも切り捨てられた使者は第一次侵攻後の使者だから
一度戦争しかけておきながら、戦争再開する気満々でそこら中歩き回わったんだから、寧ろ殺してくれと言ってるようなもんだし
第一次元寇で日本に大打撃を与えて、第二次侵攻を怖がって見逃してくれると勘違いしてたんだろうか
167.名無しさん:2018年06月28日 20:41 ID:t2yOCoxS0▼このコメントに返信
南宋を攻める為に日本を攻略しようとしたんやったろ
168.名無しさん:2018年06月28日 21:01 ID:3.q31Mw.0▼このコメントに返信
※166
よく勘違いされてるけど最初の使者は普通に対応してるもんな
169.名無しさん:2018年06月28日 21:02 ID:2hPtDw7d0▼このコメントに返信
教科書でも授業でもモンゴル本軍が来たなんて全然言ってないんだよなぁ……
そもそも「元」とモンゴルの完全同一視自体がされてないし
170.名無しさん:2018年06月28日 21:12 ID:QFgXyr.S0▼このコメントに返信
まずモンゴルの戦法が根本的に海ごえに向いてない。
モンゴルの戦い方は平野だと負けたふりして遁走し、敵に追いかけさせて戦線を伸ばした所で待ち構えていた弓兵が蜂の巣にするか、火薬を使って砦を破壊するかなので、後ろが海だとモンゴル得意の逃走戦術が全く使えない。
171.ジャンゴ:2018年06月28日 21:14 ID:6BhDsUN40▼このコメントに返信
ジャンゴ「俺ならガトリング銃一丁でくされ遊牧野蛮民共全滅できる。
ついでにこの前小学館前に集合したその子孫共のくそ遊牧民共にも、
大戦中ロシア豚ともと東欧、満州で残虐の限りを尽くした償いをさせる。
俺の心には報復、復讐の2文字しかない」。
172.名無しさん:2018年06月28日 22:07 ID:rEDTcSrI0▼このコメントに返信
元の使者は太宰府までの道しか知らなかった
だからこそ文永の役の時は太宰府目指して進軍してくる元軍を水城で迎撃しようって事で終結してたんだけど
偶然会敵しちゃった菊地勢があっさり迎撃しちゃって(ry
その後に来た使者が九州の地理地形を嗅ぎまわってたんで殺って返した訳で最初から殺ってはいない訳です
北条カマクラは南宋から大陸情報を得てたし井の蛙どころか情報戦でも1歩先を行ってた訳で普通に強豪っすよ
173.名無しさん:2018年06月28日 22:12 ID:XdtI26v60▼このコメントに返信
戦闘民族日本人だしな。
最近はなりを潜めているけど。
世界各国相手に戦争とかマジヤバイ過ぎ。
174.名無しさん:2018年06月28日 22:13 ID:5PJO25rl0▼このコメントに返信
三国志で例えたら、馬騰くんチームが、揚子江渡ってくるようなものだろう。なんとかなりそう。
175.名無しさん:2018年06月28日 22:14 ID:j3PwZAPp0▼このコメントに返信
海を渡って攻めてきたのは朝鮮人だよ。モンゴル本体じゃない。鎌倉武士も弓騎馬の集団突撃で戦果を挙げてる。
176.名無しさん:2018年06月28日 22:27 ID:iCp6iQ0N0▼このコメントに返信
モンゴル兵が強かったのは当時は情報網が発達していない状況で
騎馬でいきなり襲撃するから相手が体制整える間もなく
総崩しにしてたからじゃん

日本の場合は海を渡る間に漁民から聞いたり
岬から見えるから対処できたんだよ
まぁ日本の組織力も高かったんだろう

2回目の襲撃は完全に備えをしてあったから更に楽勝だったという。。。

177.名無しさん:2018年06月28日 22:28 ID:WVMsnGvo0▼このコメントに返信
いつになったら韓国に元寇の謝罪と賠償を求めるの?
178.名無しさん:2018年06月28日 22:29 ID:Qxqu4fq60▼このコメントに返信
>6: 風吹けば名無し 2018/06/21(木) 09:22:22.54 ID:4hGWUVENd
 なんであんなに勢力伸ばしたのにこんな端っこも攻めようと思ったのか
 それが知りたい

前段階としてモンゴルが朝鮮を攻め滅ぼして服属させたんだが
モンゴルに服属した朝鮮貴族は己の権益の縮小を恐れて
新しい権益確保のために日本の侵略を進言したからやぞ

要するに「日本の実態」を良く知らんかった朝鮮人の招いた自滅だな
噛みつくべきでない相手に噛みつく愚かさは今とあまり変わらん
179.名無しさん:2018年06月28日 22:33 ID:Qxqu4fq60▼このコメントに返信
総評するなら「日本を甘く見た朝鮮が悪い」

今も昔も変わらんよ
180.名無しさん:2018年06月28日 22:33 ID:j6gt.EMN0▼このコメントに返信
※175
少し前のレスも読めないのか?高麗軍なんて大した戦力じゃない
181.名無しさん:2018年06月28日 22:56 ID:wSZJ25yV0▼このコメントに返信
「やぁやぁ我こそはー」とかバカじゃねーのwww
とか言われたり
武士はもっと正々堂々してると思ってたーざんねーん
とか言われたり
日本の武士ってどんだけ神格化されてんだよ。
もっと騎士とかにも注目してやれよ。
182.名無しさん:2018年06月28日 23:05 ID:xrG.4HYs0▼このコメントに返信
鎌倉武士が博多を略奪論が出てきてるけど、補給線を無駄に長くして何がしたいのかがわからん
183.名無しさん:2018年06月28日 23:29 ID:zTyiRzeE0▼このコメントに返信
モンゴル兵の皮を被った半島人だったからだろ
184.名無しさん:2018年06月29日 00:26 ID:jL7R0X0M0▼このコメントに返信
※148
誤解されがちだけど西洋でもずっと鎖帷子や金属入り綿入れみたいなんが主流だったよ。
フルプレートなんてずっとあとの大航海時代の頃。
で、鉄砲登場に伴ってお払い箱。
185.名無しさん:2018年06月29日 00:46 ID:k6EHrS8S0▼このコメントに返信
※119・145 万年敗戦国の火病乙www
186.名無しさん:2018年06月29日 00:48 ID:k6EHrS8S0▼このコメントに返信
※185 訂正 145→154済まんかったな※145
187.名無しさん:2018年06月29日 01:12 ID:J.xcstWy0▼このコメントに返信
※71
188.名無しさん:2018年06月29日 01:17 ID:3YLvXupD0▼このコメントに返信
いつもの事だが、モンゴルの話題になると戦争したのは朝鮮って言い出す朝鮮人が増えるなぁ
お前ら主力のおまけであって、しかも第一第二のどっちも1万しか動員出来ない小国だろうが
189.名無しさん:2018年06月29日 01:50 ID:HKLYuPz20▼このコメントに返信
そもそも日本になんか興味なかったモンゴルを必死でそそのかしたのは朝鮮人だから
190.名無しさん:2018年06月29日 01:53 ID:k6EHrS8S0▼このコメントに返信
なんで、博多上陸に拘ったんだろ?
海流に乗れば、若狭から一気に京に侵攻できるのに。
越後から鎌倉でもいいし、ダイレクトに鎌倉沖にでれるはずなんだが。
191.名無しさん:2018年06月29日 02:07 ID:3YLvXupD0▼このコメントに返信
※189
そんな事実は無いぞ、朝鮮人
日本の存在と冊封進めたら後は元の判断で戦争を始めただけだ
192.名無しさん:2018年06月29日 02:14 ID:KsvSvyZg0▼このコメントに返信
まぁ、
朝鮮民族兵士がw
火薬の扱いに失敗して、自爆したんだろうからw
笑えるwww
193.名無しさん:2018年06月29日 02:21 ID:OObJ65a60▼このコメントに返信
※190
地図がない  地図はどこの国でも重要な軍事機密
194.名無しさん:2018年06月29日 02:24 ID:SO7pWcgg0▼このコメントに返信
管理人さん、元寇の話しが好きだねw
定期的に見る気がするw
195.名無しさん:2018年06月29日 02:58 ID:kdYIzxPZ0▼このコメントに返信
※190
文永の役のときは、博多上陸失敗した時点で平戸で艦隊再集結図ってる、、、
つまり集結地から、海岸防御のない唐津湾から上陸し大宰府をつく作戦を考えていた可能性が大きい、、、


まぁ集結中に台風来ちゃうんですが、、、
196.名無しさん:2018年06月29日 03:04 ID:tbvfDumD0▼このコメントに返信
迎撃した九州勢も日本だと二軍~三軍レベルだけど坂東武士で構成された主力が来る前に撃退しちゃったわけだし…根本的にモンゴルの遠征軍の戦法は日本だと使い物にならなかったってだけじゃない?
同じ事がエジプトやベトナムでも言えるけど
197.名無しさん:2018年06月29日 03:47 ID:W0mkl5i.0▼このコメントに返信
※196
九州の武士団は日本の中でも相当強い方だぞ
198.名無しさん:2018年06月29日 05:27 ID:ePIW.MKR0▼このコメントに返信
ベトナムとか日本は昔から兵の練度が高いとかって話。
199.名無しさん:2018年06月29日 08:01 ID:cUh9UkOk0▼このコメントに返信
結構おぞましい話やで、モンゴルが本気で戦うほど日本は魅力的で豊かな国ではなかったらしい、嵐も撤退するのに都合がよかったそうだ、やる気がなかったみたい
200.名無しさん:2018年06月29日 09:51 ID:f9ZS.I.60▼このコメントに返信
日本に攻めてきたモンゴル軍の大半が、属国にされた後の朝鮮人な。
最初に進攻された対馬の島民に対しての残虐性は、大東亜戦争後の半島からの帰還者にも同じ事が行われた。

因みに、ベトナム人にゲリラ戦を教えたのは日本軍な。
大東亜戦争後に再植民地化を狙って進攻してきたフランスを撃退した時にも、同じ戦術が使われた。
201.名無しさん:2018年06月29日 09:53 ID:f9ZS.I.60▼このコメントに返信
エセ関西弁を使うヤツってのは頭悪い。
しかも、メンタルも弱い。
202.名無しさん:2018年06月29日 09:54 ID:OX0weYxc0▼このコメントに返信
このへんの現実的な部分をアンゴルモアで描いてもらいたいところ
あの漫画ふつーに面白いんだよな
203.名無しさん:2018年06月29日 10:06 ID:NiWpQOqF0▼このコメントに返信
※202
あれ面白いけど、史実どおりなら対馬は・・・

というか高麗軍がラメラアーマーの最終進化系の蒙古式綿襖甲(縫い付けじゃなくて鋲止めタイプ)を装備してて
蒙古軍が皮服なのが引っかかる。
当時の高麗は掛甲(ラメラアーマー)とチェーンアーマーだし、現物も発掘されてるのに

204.名無しさん:2018年06月29日 11:34 ID:rZJ0mrAS0▼このコメントに返信
しかしいつまで絶っても主力がごく一部しかいない高麗軍ごときだったと勘違いしてるバカが死滅しないな
朝鮮憎しの愛国者気取りで視野が狭くなった結果むしろ昔の朝鮮を過大評価する結果になってるのほんと笑えるわ
205.名無しさん:2018年06月29日 12:19 ID:yQkKOYil0▼このコメントに返信
1回目の元寇の後に報復としてこっちから半島経由で大陸に攻め込む計画立ててたくらい鎌倉武士は血の気が多い集団やからな
206.名無しさん:2018年06月29日 12:28 ID:yQkKOYil0▼このコメントに返信
※9
昔のなんjは野球があればなんでも良いって感じだったのにアフ.ィブログやら加減を知らないキッズの食いもんにされてからこんな風に変わってしまって悲しいわ
207.名無しさん:2018年06月29日 12:34 ID:ReirG1v.0▼このコメントに返信
※197
南蛮同然の蛮地だったからな。
江戸の末期まで文明の外扱いされてたんだろ?
生麦事件から薩英戦争の時も無視されてたみたいだし。
208.名無しさん:2018年06月29日 12:45 ID:CWtfIscr0▼このコメントに返信
モンゴル軍は強かったけど兵は最強とはいえないだろ。基本的に騎馬民族の生活が戦闘時に役に立っただけ。個々の兵の強さは接近戦に出る。モンゴルは機動力と弓による戦いがつよく、それが平野の多い欧州にマッチしていた。実際に東欧でも同じ兵種の騎兵には蹂躙されている(そしてモンゴル軍もそれを分かって作戦を立てている)。しかも日本遠征となれば上陸戦は必須だが上陸戦の経験なんぞまるでない。さらに主力兵器が弓なので上陸に成功しても弓が無くなれば船に戻る必要があった(毒矢による斉射飽和攻撃なので現地で矢の調達が出来ない)。仮に上陸しても内陸に進軍するためには、当時の日本の貧弱な交通網を利用する必要がある。軽装のモンゴル兵では見通しの悪い(戦闘距離がいきなり0mになる)ところで鎧を着た戦闘専門集団の鎌倉武士に急襲されたらまず対応出来ないよ。この時代は地の利というのは想像以上に大きい。
209.名無しさん:2018年06月29日 13:16 ID:NipYpzG90▼このコメントに返信
※42
それも東国の弓のほうが破壊力も射程距離もだんぜん大きいから
鎌倉の本隊が戦闘に間に合ってたら、アウトレンジからヘルレーザーにされていただろう。
210.名無しさん:2018年06月29日 14:02 ID:iwa4.z0A0▼このコメントに返信
※208
>しかも日本遠征となれば上陸戦は必須だが上陸戦の経験なんぞまるでない。

いやある。蒙古の日本遠征軍は三別渉相手に珍島上陸制圧戦を戦っている。
211.名無しさん:2018年06月29日 15:44 ID:rZkFTpBe0▼このコメントに返信
神風が日本を救ったような風潮があるけど
神風が吹いたのは、モンゴル軍が侵攻を断念して撤退を始めた時だからな
212.名無しさん:2018年06月29日 16:25 ID:FsFyzceR0▼このコメントに返信
誤:正々堂々
正:味方に判るように名乗り挙げてから敵を討ち取らないと、功績にならない。

だな。
ちなみに神風については、恩賞を幕府がケチるための口実で、実力で追い払ったと言っていいらしいな。
213.名無しさん:2018年06月29日 18:25 ID:i.ValcAv0▼このコメントに返信
※212
あと寺社勢力が自分らの手柄にしたがったって言うのもあるな
214.名無しさん:2018年06月29日 18:26 ID:ZlYTmrWV0▼このコメントに返信
※41
半島系の噂の方が強いけど・・・・・

途中からオーナーチェンジしてると思うよ。
215.名無しさん:2018年06月29日 18:48 ID:xTdHnQcI0▼このコメントに返信
モンゴルに支配されてたら現在どうなっていたか・・・
ご先祖様に感謝しかない
216.名無しさん:2018年06月29日 19:30 ID:mLO4v7.a0▼このコメントに返信
※130
台風はとどめを刺していない。
最近の研究では元側が台風でやられた後も戦闘はあったと記されているよ。
そして最後は日本側が徹底的に壊滅させたそうだよ。
217.名無しさん:2018年06月29日 20:15 ID:YW37BCoE0▼このコメントに返信
後ね、北九州だけじゃなくて樺太から北海道も攻めてるんだよ、モンゴル帝国。アイヌが戦って撃退してる。
アイヌ強いよ。
218.名無しさん:2018年06月29日 21:13 ID:cx1xTOvB0▼このコメントに返信
>ゲリラ軍がアメカス撃退したからなあアメカスはこれで戦争が怖くなった

言うて日本もアメ相手だけで本土決戦やってたらベトナム並の勝利なら手にできてたやろ
なおソ連
219.名無しさん:2018年06月29日 21:16 ID:Kjues..q0▼このコメントに返信
※197
この時代にはすでに島津家はあるからね。
220.名無しさん:2018年06月29日 21:36 ID:6lpx.kid0▼このコメントに返信
日本がフルボッコと聞いてるけど
名のりを言ってる所に攻撃にあいフルボッコ
221.名無しさん:2018年06月29日 21:52 ID:9nJcnUGD0▼このコメントに返信
モンゴル軍はパレスチナでは隻眼の将軍バイバルスひきいるエジプト軍に敗れ、ベトナムに三度も遠征したが三度とも陳興道に惨敗している。
ジャワでは一時的に首都を占領できたものの現地民の激しい抵抗のためすぐ撤退している。

ヨーロッパ方面じゃ連戦連勝だったみたいだけど、それ以外ではわりと負けてるんだよな。
222.名無しさん:2018年06月29日 23:00 ID:4PMNdSph0▼このコメントに返信
元軍の先鋒は高麗兵。忠烈王が舅のフビライに日本征服を進言し、先鋒を務め、兵糧と軍船を提供すると申し出たと『元朝秘史』と『高麗史』に記されている。ただし韓国の歴史教科書の記述は、これら第1次資料とは異なり、元の命令で仕方なく軍船を建造し、兵糧を集め、先鋒を務めさせられたことになっている。
223.名無しさん:2018年06月29日 23:13 ID:4PMNdSph0▼このコメントに返信
※221
モンゴル騎兵は騎射を主力武器とする軽騎兵。一方のヨーロッパの騎士は槍を主力武器とする重装騎兵。
モンゴル兵は騎士の馬を射て倒した。全身を覆う鎧兜を着た騎士は、従者の助けがなければ立ち上がることもできなかった。雨のように飛んでくる矢は騎士の従者も倒し、地上に倒れた騎士はモンゴル騎兵によって鎧の隙間から剣で刺されて殺された。

ベトナムの水田と熱帯雨林は騎兵の行動には適せず、また熱帯の蒸し暑さはモンゴル兵には大敵で、主要武器の複合弓も使い物にならなかった。
日本侵攻を成功させるには上陸作戦で橋頭堡を確保する必要があったが、第1次元寇でも橋頭堡を確保できなかった。第2次元寇では海岸に沿って築かれた高さ2mほどの石塁にたどり着くこともできなかった。日本軍の長弓は、元軍の短弓よりも射程距離が長く、平坦な海岸に上陸した元軍はアウトレンジされたのである。
224.名無しさん:2018年06月29日 23:24 ID:4PMNdSph0▼このコメントに返信
2回の元寇はそれぞれ嵐によって軍船が沈没し、多くの元軍は溺死し、逃げ帰った者はごく少数。それでも九死に一生を得て海岸にたどり着いた者もいたが、ことごとく日本軍に捕まった。南宋人とモンゴル人は送還され、高麗兵はことごとく斬られた。対馬・壱岐での非戦闘員にたいする残虐行為を働いたのが高麗兵だったからだ。この当時から非戦闘員に対しては精強無比の高麗兵だったみたいだ。
225.名無しさん:2018年06月29日 23:58 ID:wFJ1b2MG0▼このコメントに返信
※223
??????
この時期の騎士は十字軍戦争帰りで、プレートメイルはまだ登場してないどころか、
その前段階のトンジショナルアーマーもまだ出てないぞ、

13世紀の欧州の防具はチェーンメイルかバンデットアーマーで
その上にシュールコーとグレートヘルムだから、倒れたからって立ち上がれないものではないぞ。


というか、倒れたときに立ち上がれないのは、ジョスト(競技馬上槍試合)のやつだろ。
226.名無しさん:2018年06月30日 00:09 ID:GFhWUiaq0▼このコメントに返信
※223
>第1次元寇でも橋頭堡を確保できなかった。 X

高麗軍に海岸取られて、橋頭堡を一時確保されてた。
その後、蒙古指揮官が橋頭堡を放棄して船に戻る謎司令を出してて、
高麗軍の将軍がキレてる記録がある。

>日本軍の長弓は、元軍の短弓よりも射程距離が長く、

射程だけなら普通に元軍のほうが長い。
日本の弓は射程捨ててでも高威力飛ばすから射程が犠牲になってて
元寇でやたらと日本軍の突撃や奇襲が多いのも
アウトレンジで消耗戦されるとジリ貧になるからやで。

227.名無しさん:2018年06月30日 02:56 ID:3.d.I2850▼このコメントに返信
※223
せめて「マングタイ」ググってから長文書き込んでくれ、、、
228.名無しさん:2018年06月30日 08:17 ID:0PLTWcbR0▼このコメントに返信
※226
>高麗軍に海岸取られて、橋頭堡を一時確保されてた。
結局、押し返されて維持できなくなった場合、「確保」と言えるのか。
高麗の将軍が戦場を見極めていたかどうかは不明と思う。「確保」と断言するなら、謎指令であるかどうかも検証しないといけなくなる。

>射程だけなら普通に元軍のほうが長い
モンゴル軍の弓なら射程は日本より長いかもしれんね。広大な平原で使うものだから、射程は重要だろう。
しかし、宋と高麗の弓は如何なんだろう。
多分、戦場では、日本、モンゴル、宋、高麗の弓が入り乱れていたのではと思う。
どう見ても多国籍軍の元だから、一概には言えないだろう。
229.名無しさん:2018年06月30日 11:06 ID:.dAatu0Z0▼このコメントに返信
またか
普通に上陸して内陸来て騎馬戦やってるって何度言えばわかるんだ
しかも朝鮮兵は一番少ないぞ
一番多いのは蒙漢人
資料で普通に軍構成書いてあるから
230.名無しさん:2018年06月30日 12:12 ID:WsEJHTHQ0▼このコメントに返信
内陸まで進行しきって防衛戦張れる相手・・・
っあ、ふーん
231.名無しさん:2018年06月30日 12:25 ID:lzH3Vgb30▼このコメントに返信
朝鮮人が現地駐屯勢力を削ぐために攻め込ませたからな
232.名無しさん:2018年06月30日 12:53 ID:NIOrNbIn0▼このコメントに返信
朝鮮人は簡単に負けるなよ
 だせーな
233.名無しさん:2018年06月30日 15:47 ID:H7o2rw8I0▼このコメントに返信
ホームの利は今の比やないからな
まあ海越えて侵略した例も大量にあるから言い訳にはならんが
234.名無しさん:2018年06月30日 16:27 ID:SEPNHBRH0▼このコメントに返信
旅人がいたら弓矢の練習台にしろ
死体は屋敷の前に飾っておくと舐められないぞ
これが鎌倉武士
235.名無しさん:2018年06月30日 18:16 ID:NCjzbCf00▼このコメントに返信
※229
普通に日元の弓騎兵同士で戦ってる(もちろん元は歩兵のほうが多いが)絵があるのにな
なんつーか元寇関連の書き込みって日本sage方向のもage方向のも一次史料ガン無視の捏造や推測憶測とそれの受け売りが多すぎる
元寇のウィキペディア記事は珍しく膨大な史料の出典をちゃんと挙げてるからそれだけでも見て来いよって話だよね
ガチの学者とかから見たら史料の解釈おかしくねって部分は当然あるんだろうけど掲示板だのまとめサイトだのの受け売りレスよりは何万倍もマトモだわ
236.名無しさん:2018年06月30日 18:45 ID:YbsuUX9H0▼このコメントに返信
ジパング
黄金の国やぞ

あと朝鮮の王様がうちより美味しいですよって侵略をすすめたとか
237.名無しさん:2018年06月30日 18:59 ID:3g9azzro0▼このコメントに返信
行軍なんて排除できないプロセスを言い訳に使ってて笑ったw
大陸の方で侵略をすすめたのが本当で侵攻前に情報流してたら面白いね。

238.名無しさん:2018年06月30日 19:01 ID:MR4UfC.p0▼このコメントに返信
※232
それでも十何年かは抵抗しとるよ
239.名無しさん:2018年06月30日 19:23 ID:u9n.iaiY0▼このコメントに返信
だいたい台風ぶつけたのも武士側の戦術だしな
台湾~九州の定期船で数日前に予測が海沿いに来るし(内陸はのろしで)
時期も毎年あるから準備万端よ

まあ理由は内陸で沢山殺生すると祭礼費用が馬鹿にならないからだがw
(また攻めてこない様沢山タヒんでほしいが、自分たちが頃した事にはしたくない、と)
240.名無しさん:2018年06月30日 19:27 ID:YAhJX4Lz0▼このコメントに返信
トータルウォーのモンゴル弓騎馬は強かった・・・
241.名無しさん:2018年06月30日 19:50 ID:uqn5L2Q60▼このコメントに返信
※234
正直、アフリカあたりの首狩り部族にだって、ここまでの野蛮な風習は無いよね?無いと言って欲しい‼
242.名無しさん:2018年06月30日 19:51 ID:.2jZ2Y0b0▼このコメントに返信
歴史詳しくないんだが元寇の時点で日本は辺境ってモンゴルは知ってたん?
もっと東に陸が広がってるかもしれないとは考えてなかったの?
243.名無しさん:2018年06月30日 20:00 ID:uqn5L2Q60▼このコメントに返信
※242
元以前にも唐や宋の頃から日本とは交易が有ったし、日本の商人が日本海方面に商船を出しても太平洋方面には出さなかったことから明白だろ。
日本が極東と呼ばれたきた理由はアメリカ大陸に強大な移民国家が建国されるまで、太平洋によって列島と大陸が断絶されていたからだよ。
244.名無しさん:2018年06月30日 20:53 ID:MBJhqv5L0▼このコメントに返信
朝鮮人の口車で侵略の計画をして、朝鮮に駐屯したら食糧不足で計画を前倒しさせられたw
Kの法則の普遍性からはモンゴル帝国も逃げられない。朝鮮最強だな!w
245.名無しさん:2018年06月30日 21:16 ID:Pq3rIY3Z0▼このコメントに返信
※243
それもあるが朝鮮の王族にそそのかされたんだろ?
朝鮮経由でくわしい情報は入ってただろうね
正確不正確ごちゃまぜのw
246.名無しさん:2018年06月30日 21:16 ID:8eTHCCkV0▼このコメントに返信
※231
ハーン「戦費負担はお前だぞ」
その後順調に破綻したもよう。
247.名無しさん:2018年06月30日 21:22 ID:AdYTTS0P0▼このコメントに返信
>モンゴル騎兵の強さを全く発揮出来ない地勢な上、大海を乗り越えてきて疲労困憊やったんやぞ

日本は主力の武士(騎兵)を生かすために平野部に布陣して、モンゴル軍を粉砕してるんだがw
248.名無しさん:2018年06月30日 21:26 ID:AdYTTS0P0▼このコメントに返信
※199
その割には莫大な資金を使ってるし、大軍がほぼ全滅してるんだが。
249.名無しさん:2018年06月30日 21:30 ID:.II3pSVw0▼このコメントに返信
最初は「やーやー我こそは…」って言ってるうちにやられたから、その後は日本も名乗りを上げなくなったっていう。

実際は台風で少数化したからだろな。
何回か島のほうとか全滅させられたって話もあるよな。火薬も使ってたし。
250.名無しさん:2018年06月30日 22:09 ID:Dm00GoBD0▼このコメントに返信
網野善彦の「日本の歴史・蒙古襲来」によれば、「文永の役は明らかに元軍の判定勝ち」となっている。
元側が勝っているのに一日の戦いだけで逃げ帰るはずはないだろ。
こいつ歴史家としては有名だけど、どうしてここまでアホなんだろ。
251.名無しさん:2018年07月01日 00:01 ID:6WxLNPb00▼このコメントに返信
元寇は鎌倉幕府の滅亡の原因にもなったしKの法則からは逃れられない…

252.名無しさん:2018年07月01日 00:11 ID:osOwwhVz0▼このコメントに返信
来たのは朝鮮兵だぞ
朝鮮人が日本を侵略しにきただけだ
元寇(朝鮮兵)と表記しないから間違った歴史認識になる
253.名無しさん:2018年07月01日 08:25 ID:VZAelbhe0▼このコメントに返信
いわゆる頼朝や義経の「源平の合戦」の頃は集団戦闘だから、名乗りなんてしない。
また、騎馬武者も鎌倉時代中期から室町時代にかけては、平安武士の「馬上騎射」から「馬上斬撃」と戦闘形態が変わっている。
254.名無しさん タコマル:2018年07月01日 09:05 ID:mkgKY96U0▼このコメントに返信
世界帝国のモンゴルが世界の果ての小島国日本を全力を振り絞って攻め寄せたのは 高麗国 忠烈王の策謀による。 当時高麗は武断派と文治派の激しい抗争に最中にあり王は文治派だったので宗主国モンゴルの武力を取り入れて政敵武断派を駆逐しょうと企んだのだ。 忠烈王はフビライに日本侵攻を進言し全面的協力を引き受けた。 高麗はモンゴルからの人員財貨の徴発に絶大なる苦労する事に成るがこれぞ眞に身から出た錆だった。 
朝鮮民族の民族病内紛に外勢導入癖は今も変わらない。
255.名無しさん:2018年07月01日 09:58 ID:OJitAWAM0▼このコメントに返信
日本ってのはだいたいどんな時代でも世界の上位グループ内にカウントできる程度には強国なんだけどなぜか小国と勘違いされている
256.名無しさん:2018年07月01日 12:19 ID:ZsthnzDA0▼このコメントに返信
※225
過去のGDP予測を見てもだいたいの時代でtop10には入っているよね。
まぁ日本人の優秀さによるものというよりは、自然の豊かさとそれによる人口の多さが理由だけど。
257.名無しさん:2018年07月01日 12:21 ID:yLLzAqwh0▼このコメントに返信
朝鮮人に騙されて日本に来ちゃったんだよなあ。そして、法則発動…。
258.名無しさん:2018年07月01日 12:22 ID:5MtozRwI0▼このコメントに返信
※249
当時の人の情弱ぶりは俺らの想像を絶するからな

「外人は日本語を理解しないし、日本人とはまるきり違う発想とルールのもとに生きている」ということすら知らない

ネットもテレビもないし当たり前なんだけどさ
259.名無しさん:2018年07月01日 13:23 ID:JGAvRpL20▼このコメントに返信
 モンゴル人って、基本海は苦手だからね。
 あと、朝鮮人は造船が下手クソで、15世紀の時点でも、中国の紀元前5世紀の造船技術よりも
レベルが低かったんだよ。
 そんな朝鮮人が作った船で、モンゴル人は海に出た。
 なにしろ、朝鮮の文明がスタートしたのが10世紀からで、それ以前は原始時代。
日本の平安時代・奈良時代は、朝鮮では原始時代で、その当時の朝鮮人は狩猟活動で生活していた。
これは事実だよ。新羅人や百済人とは民族が違うからね。
                                  
260.名無しさん:2018年07月01日 13:38 ID:.17okLuw0▼このコメントに返信
棒立ちでやーやー我こそは、はデマ。実際は突撃しながら名乗った。
そもそも元が攻めてくるのは予想済み。言葉が通じないのも知ってる。防衛ラインが長かったので日本側は終結に時間が掛かった。

あと名乗りは味方に対してで、元に知らせるためじゃない。突っ込んで敵を切り伏せて死ぬ覚悟だったから。
なんで戦闘初期においてでそういうことをしたかというと、元の一般人への虐殺・暴行などがひどかったから。
これを目撃して我慢しきれず突っ込む武者が多かった。
主にこれをやったのは高麗の兵で、モンゴルの兵はこの行為を野蛮で汚らしいと漏らしてた。
261.名無しさん:2018年07月01日 14:28 ID:3aD6xo9h0▼このコメントに返信
※256
水耕栽培に最適な土地ってのもあるからね
居住可能な土地が少なかろうが、その殆どが肥沃な大地なら人口も増えるのは自明
鎌倉武士がコストのかかる重装弓騎兵を維持できた事を見ても、増えた人口を養った上で更に余剰が出る程の供給力だったって事だし
262.名無しさん:2018年07月01日 14:44 ID:3aD6xo9h0▼このコメントに返信
※260
つーか、竹崎季長を例にすりゃ解るが、少数での攻撃に失敗して味方に助けられた際、そいつに名乗らないと自分が突撃した功績も、それを助けた功績も記録上は「無かったこと」になる
「あったこと」だと証明するために、互いに戦功の証人になる必要があり、その場合名乗りを上げて相手が誰だったのかを確認する必要があった
数万も居る日本軍全員と顔見知りの奴も、そいつらが何時何処に居たのか把握してる奴もいないからな
263.名無しさん:2018年07月01日 18:46 ID:6uhbbZko0▼このコメントに返信
※188 ※204 ※229

んー?
一回めは高麗軍は14700人で全軍の37%も占めてるし、
二回めは高麗軍は27000人で東路軍の67%も占めてるぞ。
264.名無しさん:2018年07月02日 08:06 ID:OPsyJnhH0▼このコメントに返信
※263
それ、全員が戦闘兵じゃないぞ。

高麗は
1次進行時は、そのうち舵取り、航海士、水夫が6700人
2次進行時に、舵取り、航海士、水夫が17000人

実質戦闘兵は8千~1万人だよ。
265.名無しさん:2018年07月02日 11:17 ID:dfJZV1k20▼このコメントに返信
モンゴルが苦手な海で勝った日本よりは、陸上で勝ったベトナムの方が10倍すごい
266.名無しさん:2018年07月02日 11:22 ID:IKH0J30I0▼このコメントに返信
※265
日本が戦ったのも陸上だが?
267.名無しさん:2018年07月02日 23:58 ID:4rL5D0fS0▼このコメントに返信
蒙古人ほとんどいない。だから誰しもやる気ゼロだった。それに騎馬戦じゃないと意味ないし
268.名無しさん:2018年07月02日 23:59 ID:4rL5D0fS0▼このコメントに返信
侵略決定したのはすべて蒙古人。当時高麗人に決定権は一切ない
269.名無しさん:2018年07月03日 08:01 ID:NK.HNtGG0▼このコメントに返信
そもそも、朝鮮人主体なら本土を見る前に対馬の宗氏に撃退される件
270.名無しさん:2018年07月03日 10:25 ID:7nofVa.d0▼このコメントに返信
対馬では女子供の耳狩がおこなわれて日本人は酷い目にあってるぞ。
ちなモンゴルにそんな蛮習は無い。半島趣味。
271.名無しさん:2018年07月03日 11:21 ID:Z5tcDgQM0▼このコメントに返信
※270
対馬が酷い目に遭った記述って、
武士は雑魚、神風のおかげで勝ったって言うデマの元になった宗教書の内容だから信憑性低いぞ
後、耳狩りは朝鮮の役で日本の戦果確認に用いられた手法で朝鮮のでは無い
272.名無しさん:2018年07月03日 22:26 ID:NltJY.Pk0▼このコメントに返信
※264
現代まで続く高麗人(朝鮮人)の民族的特徴から見ると、
戦闘員だろうと水夫だろうと、それだけの高麗人が
日本にきたという事実が恐怖そのものだと思うよ。

何かの間違いで日本が占領されなくてよかったと思うよ。
多くの日本女性たちにとっても幸運だった。

対馬、壱岐、鷹島の高麗軍が主犯の虐殺は残念ながら免れなかったけど。
273.名無しさん:2018年07月04日 16:04 ID:S4uxx5Yt0▼このコメントに返信
※272
蒙古侵攻直前まで高麗と日本は互いに近いものがあって、両国とも王と天皇がいたけど
実験は武士が持ってた武家政権で、武士全盛の時代。仏教が国教

文化風習もこの時は日本と高麗はほぼほぼ一緒ってレベルやで。
あるとすれば、言語と日本の神道と高麗のピアス文化くらい。


半島と日本の文化が完全に相違してくるのは高麗が蒙古侵攻されて
30年以上戦った末に降伏して、国土が疲弊して既存文化が衰退。
蒙古に従属され、蒙古の風習を導入。

その後、高麗がこの時の疲弊を結局回復しきる前に滅んで朝鮮になり、
儒教が国教になったことで、決定的に違っていくのであって、

この時の高麗は日本と誤差レベルの差しかない。
274.名無しさん:2018年07月05日 13:01 ID:v5xPAtBK0▼このコメントに返信
※273
まじめに高麗史に取り組めばわかるが、どう贔屓目に見ても当時の日本と近くはない。
現代に至るまで半島にあった「王朝」は日本に近かったことすらない。
275.名無しさん:2018年07月05日 14:59 ID:bSmlYjxj0▼このコメントに返信
※273
すでにコメントされてるけど、元寇の時の対馬壱岐の殺戮もそうだけど
高麗の歴史で現れる高麗人のような残虐性は、日本人は持ち合わせてないよ。
276.名無しさん:2018年07月08日 11:39 ID:kfClLzzr0▼このコメントに返信
※168
こういうエピソード聞くと、鎌倉武士も、やっぱり日本人なんやなとほっこりする。
277.名無しさん:2018年07月08日 20:03 ID:i6JQgc6A0▼このコメントに返信
※274
言い方悪いかもしれないけど、そりゃあ半島と日本の文化は違うのは当たり前だけど、
この時期はまだ類似点がまだ散財していた時期で、
それが元寇前後から決定的に違ってくるのは確かやぞ。

それに、高麗以前の百済は日本と友好関係で交流盛んだったわけで、
半島憎しで何でもかんでも否定したらあかんよ。
※273
いやいや、残虐性って;;
それはこじつけ過ぎ。
278.名無しさん:2018年07月08日 21:02 ID:w3W9k7840▼このコメントに返信
※277
当時の史料では、対馬とかで高麗軍が日本人にたいして、やった虐殺行為、
例えば、穴を開けて紐縄を通すってのは、百済(半島)の習慣って記されてる。

最近、李氏朝鮮の実態が騙しようがないくらい酷いものであるのが
隠し通せなくなってきたせいか、
前の王朝の高麗は違うっていう工作臭がする書き込みがチラホラと各所で散見されるなぁ。
279.名無しさん:2018年07月09日 12:09 ID:1LlpgnAo0▼このコメントに返信
※278


国家や文化のベースがまだ似てたって話やろ。
この時の国家・民族観なんて郷土愛に毛が生えた程度やし。
東アジアの国家の文化的差異は在来文化を除けば
ほぼ中華のコピーだった時代やし。
280.ハインフェッツ:2018年07月09日 13:39 ID:kBv9H2bA0▼このコメントに返信
平凡社の和漢三才図絵によると、最初に元と朝鮮から要約すれば属国前提で国交を開けという意味の国交文書が送られてきて、あまりにも非礼だったのでシカトこいたら攻めて来やがった、そこで二度目に使者が来た時はさっさと晒し首にして、二度目の侵攻も防いだという話みたいですね。
281.ハインフェッツ:2018年07月09日 13:48 ID:kBv9H2bA0▼このコメントに返信
※279
郷土愛…

大陸はごく最近まで盗賊王朝当たり前だったのに?
282.名無しさん:2018年07月10日 04:39 ID:IeX8dpjS0▼このコメントに返信
※279
そもそも、ずっと敵対してたから遣唐使すら半島に近寄るようなコースを取れずに遭難が相次ぐわけだしねぇ
283.名無しさん:2018年07月10日 18:22 ID:En5GwxG.0▼このコメントに返信
当時の兵站能力でまともな軍隊の居る国を攻めるって相当な難易度。
ましてや海を超え、完全武装の軍隊を相手にするのだから相当な軍と補給と補充が必要。
恐らく「鎧袖一触」の気分でロクな調査もなく日本に攻めて返り討ちにあったのだろう。
反日活動家から見ると黒歴史なんで、「日本は台風に救われた!」とか連呼してる。
284.名無しさん:2018年07月10日 18:25 ID:En5GwxG.0▼このコメントに返信
※282
そうそう、朝鮮経由だと使節団の身に危険が及ぶので沖縄方面の島々を転々と移動して来日してたんだよね。
なにせ朝鮮半島は治安が悪く、病気も蔓延して、役人も仕事をしないので「使節団が通るのを忌避」してたと言う事実。
海を移動した方がリスクが低いって激ワロス!!!!!!!!の事実をもっと内外に広めないとな。
285.名無しさん:2018年07月10日 18:28 ID:En5GwxG.0▼このコメントに返信
そんなこんなで沖縄は交易で栄え、大陸領では無かったので日本への道先案内人として育った。
大陸領でないので、使節団も奴隷扱いしてないし。大陸領でなかったので報酬も支払い、略奪や搾取も無かった。
大陸領でなかったから、日本に併合されるまで双方に重用されてた。だから今沖縄って中国領だ!って連呼する様になったんだわな。
歴史かな学べってカンジィ~。
286.名無しさん:2018年07月11日 16:55 ID:z5ALn1Ye0▼このコメントに返信
混成軍だから士気が低い ウソ
神風のおかげ ウソ
高句麗人は人食い ホント
対馬を捨て駒にした鎌倉武士 ホント
元軍上陸できず ウソ
鎌倉武士強すぎる ホント
鎌倉武士キチガ、イすぎる 真理
287.名無しさんGretel Box, la box de super-aliments pour manger sain et vivre healthy - Gretel:2018年07月12日 15:22 ID:OKOnG8Ds0▼このコメントに返信
※213
288.名無しさん:2018年07月16日 16:04 ID:r1R5kx..0▼このコメントに返信
※285
補足すると沖縄人のDNA、言語、遺跡を見ると、
人種的に日本人って判明してるんだよね。

言葉に古代日本語や地名が現代に残っていて、
歴史的に貴重なものになっている。
289.名無しさん:2018年07月17日 17:23 ID:D5j77b4l0▼このコメントに返信
※281
北宋時代に高麗を訪れた宋の使者が記録に残した「宣和奉使高麗図経」って書物があって、
高麗の世俗文化を記録した貴重な資料なんだけど、

それによると
高麗人は肉食を嫌い、風呂に良く入り、さらに混浴であると書いてあったり、
戦の時に兵士たちは胴鎧を着るけど兜は被らず、文羅頭巾(日本の烏帽子と同じ中国由来の帽子)を被って弓を好んで使って戦う。

とかいろいろ興味深い共通点があるんやで。

お名前