スポンサーリンク

2018年06月24日 08:05

火縄銃の威力が普通にアサルトライフル並みにあるという現実

火縄銃の威力が普通にアサルトライフル並みにあるという現実

02

引用元:火縄銃の威力が普通にアサルトライフル並みにあるという現実
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1529775244/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:34:04.009 ID:iy45Ob5l0
連射できないだけで十分殺傷能力はあったんだな

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:34:49.184 ID:eRYfe2b10
殺傷力低い銃もあるの?

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:52:17.233 ID:iy45Ob5l0
>>3
あるでしょ

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:35:11.630 ID:s8YInTiPM
頭に当たれば死ぬ的な意味では同じかもな

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:35:52.873 ID:/oJ2HNBD0
包丁と日本刀の威力は同じ

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:39:30.649 ID:r0pgI/oQd
ライフルというよりスラグ弾に近そう
あの量の火薬仕込んでるそこそこのサイズだし

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:40:41.398 ID:geU9+xfk0
ライフリングとかもなんもないからまず当たらないんじゃないの?

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:42:40.613 ID:IEWhQfI40
量仕込んでも黒色火薬の性能自体が…

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:43:32.768 ID:I3CqDHKJ0
火縄銃の有効射程が50m前後でアサルトライフルの有効射程がだいたい200mくらいと聞いた

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:48:27.880 ID:3gbfFQy+p
射程と命中精度が問題であって火力は大差ないらしいな

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:52:09.055 ID:IEWhQfI40
>>21
基本的に射程が変わるなら威力も変わるがな…

35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:56:09.903 ID:z2XqBlbo0
>>27
別に出力=威力ではないだろ

45: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:02:06.897 ID:IEWhQfI40
>>35
=ではないけど概ね変わるで

46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:03:00.626 ID:z2XqBlbo0
>>45
そうなのか

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:49:06.757 ID:IEWhQfI40
ライフルリングは元々お掃除しやすいようにと試しに彫られたものだった
だが弾道を制御する効果が発見され、カートリッジの発明と相まって一気にスタンダードになった
でもお掃除しやすくなったかどうかはよく分からなかったという

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:54:23.645 ID:QLaGmXRa0
単純に弾が重いから12ゲージスラッグ弾と同じようなもん
有効射程で当たったら部位が吹き飛ぶわ

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:55:00.435 ID:J6aeli17a
意味有るから普及したんだろ
弓じゃ20mくらいしか甲冑貫ける射程無かったのに
火縄銃なら80mくらいまで有効射程伸びたんだぞ

ライフル並っつーけど銃口初速でしか比較してないだろ

39: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:59:16.010 ID:YQu4PHRhd
量産してる人間がまだ職人と呼べる程技術無くて複数人で作らせてるから人によって形状が違う

44: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:01:17.611 ID:z2XqBlbo0
>>39
逆に職人じゃなくてパーツごとの生産性重視したのは凄い

41: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:59:43.368 ID:vDMO02v/0
旋盤なんて無い時代にどうやってあの筒作ってたんだろ

56: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:19:39.221 ID:K/2L75UC0
>>41
一枚の板を棒に巻いて筒状にしてた

48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:05:33.232 ID:QLaGmXRa0
筒は鋳造でどうとでもなるだろ
筒内の研磨はちょっとめんどくさそうだが

53: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:13:37.021 ID:IEWhQfI40
パーカッションリボルバーとかチャンバーローダーとか過渡期の構造にロマンを禁じ得ない

54: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:16:20.425 ID:c9G8Xd2Vr
火縄銃とマスケットの違いがよくわからん

55: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:18:57.750 ID:z2XqBlbo0
>>54
先込式全般がマスケット
火縄はマスケットの一部

57: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:21:07.698 ID:pyvYyXsx0
型落ちしたマスケット銃を日本に売りつけてたんだっけ

62: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:32:17.248 ID:K/2L75UC0
>>57
幕末にね
それでも日本は銃自体300年も発達して無かったから充分だった
その中でも先進的な藩は最新の銃を揃えたから強かった

65: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:37:46.701 ID:lXCgCGDV0
世界大戦で銃進化しすぎじゃない?
ガーランドからM16までの進歩が早すぎる

67: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:47:20.319 ID:K/2L75UC0
>>65
技術的な着想とか理論は出来てたけど運用面でもたついてた面がある
例えばセミオートやフルオートで撃てる銃は誰でも作りたがるけど
じゃあそれだけ撃つ弾をどうやって持ち運ぶか?となると徒歩や馬と言う限界があって結局は使えない銃になってしまう
そこに自動車とか飛行機の登場で運搬補給の進化と共に一気に銃も進化したんだな

66: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:39:57.838 ID:Zrvsi+YI0
そのうち装薬なしのレールガンが実用されるんだよな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年06月24日 08:15 ID:meWCL.ym0▼このコメントに返信
何を基本にして、火縄銃の威力と、アサルトライフルの威力と同じ様に比較してんだかが、わかりませんが・・・
2.名無しさん:2018年06月24日 08:16 ID:vsB6Y61g0▼このコメントに返信
火縄銃も小銃も火薬で発射するという意味では同じだからな。
まあ、T型フォードも現在のガソリン車も似たようなモンという意味ぐらいでは
大差ないのかもな。
3.名無しさん:2018年06月24日 08:19 ID:js.VOGFJ0▼このコメントに返信
口径と言うか弾丸の大きさってどれくらい有るんだろ?
うろ覚えですが「ムカデ戦記」では13匁筒って言うのが有って弾丸も20㍉のシロモノがあった気がします。

もひとつ、一丁の火縄銃でどれくらい撃てるんか?
銃身に焼きが回りそうだから。
4.名無し対戦車道さん:2018年06月24日 08:19 ID:QRZvjXLJ0▼このコメントに返信
時間あたりの投射弾量とか計算に入ってないよね。
5.名無しさん:2018年06月24日 08:25 ID:NBB6W5Tn0▼このコメントに返信
ボーリングで投げた玉が.38スペシャルよりエネルギーあるから強いって言うようなもんだな
6.名無しさん:2018年06月24日 08:27 ID:ya6yDhUK0▼このコメントに返信
当時の平均で既に10cm~12cmぐらいの今じゃ大口径もいいところ使ってたんだからそらそーやろ
7.名無しさん:2018年06月24日 08:28 ID:FIWFyxxf0▼このコメントに返信
銃弾の威力は、火縄銃の方が上じゃないかな?
第二次世界大戦中の日本軍も、本土決戦用の戦時急造銃として開発してた。
8.名無しさん:2018年06月24日 08:28 ID:zQd.NiXq0▼このコメントに返信
口径が大きく弾丸が重くて初速こそ速いけどな。
以降の銃からしたら有効射程距離で話にならんだろう。
9.名無しさん:2018年06月24日 08:28 ID:3RPPkyc90▼このコメントに返信
射程50と二百では比較にならないだろう
10.名無しさん:2018年06月24日 08:33 ID:ZdSp4V270▼このコメントに返信
弾丸は球の方が効率的に運動エネルギーを伝えられるから威力が高い
だが、運動エネルギーを伝えやすいという事は、空気抵抗も(ライフル弾に比べ)受けやすい
そのため有効射程は短くなってしまう
11.名無しさん:2018年06月24日 08:36 ID:3wIdCqC10▼このコメントに返信
杉谷善住坊「2発撃ったが当たりませんでした」
杉山孫六「一発必中、鬼武蔵の眉間直撃でした」
12.空缶:2018年06月24日 08:37 ID:V5xrFF350▼このコメントに返信
だったら肝練りしてみろと。
13.名無しさん:2018年06月24日 08:43 ID:g1SFZTsG0▼このコメントに返信
威力の話をしてるのに射程の話をしてる奴はアホなのかな
誰も武器として火縄銃がアサルトライフル並みなんて話はしてないのに
14.名無しさん:2018年06月24日 08:43 ID:lhat3EmS0▼このコメントに返信
※9
命中精度の差による射程の違いでしかないような気がするがねぇ・・・。
正直一発だけ比べれば威力は大差ないやろ(なお投射火力量・・・)
15.名無しさん:2018年06月24日 08:44 ID:bizMbWZh0▼このコメントに返信
散弾銃(スラグ弾)を集団で運用して弾幕を形成してるイメージと思えばいいんじゃね。
16.名無しさん:2018年06月24日 08:45 ID:tQr65lDd0▼このコメントに返信
※6
化け物かよwww
17.名無しさん:2018年06月24日 08:46 ID:JJt6ZXPQ0▼このコメントに返信
運動エネルギーは2KJくらいで同等やったとか
速度は遅いけど弾が重い
だいたい成人男性が射撃の反動を
身体で受け止める限界がこの辺なんで
人間の筋力が変らんとかわらん
18.名無しさん:2018年06月24日 08:48 ID:PRGTFqNf0▼このコメントに返信
>>13
明智十兵衛光秀さんとかいう超絶ガンマン。ライフリングのない火縄銃を使いこなす。
現代の銃を持てたとしたら、シモ・ハユハ並みの使い手にもなり得たのかな?
19.名無しさん:2018年06月24日 08:53 ID:5dhBNK5e0▼このコメントに返信
どちらも適性距離内で命中した場合は同等の威力、というのならまあそうだろうな。
その適性距離、つまりフェアゾーンの広さが違い過ぎて比較の意味は見出せないが、
500年も前にそのようなことができていたというのにはロマンも感じるか。
20.名無しさん:2018年06月24日 08:56 ID:gPzKSSiL0▼このコメントに返信
ライフリングないならショットガンみたいだな。
21.名無しさん:2018年06月24日 08:59 ID:FGdDcq6J0▼このコメントに返信
軽自動車も大型トラックも走行スピードは一緒って言ってるようなモンじゃね?
22.名無しさん:2018年06月24日 08:59 ID:2cKzRI1U0▼このコメントに返信
影武者というえいがでは200mで狙撃していたな
真っ暗闇の遠隔操作で信玄に命中落命した
銃は恐ろしい武器だな
23.名無しさん:2018年06月24日 09:01 ID:.c2BDAa10▼このコメントに返信
外人が第二次世界大戦中の軍用ヘルメットを横からAK47で撃ったら丸々貫通してたが火縄銃にそこまで威力があるように思えん
24.名無しさん:2018年06月24日 09:01 ID:EXRMG7hC0▼このコメントに返信
火縄銃の大筒タイプの銃身の中螺旋形に加工し玉もそれに見合ったモノ使えば かなり強力 誰か試してくれないかな
 大筒目の前で見ると腹まで響き凄いよ
25.名無しさん:2018年06月24日 09:04 ID:DeC3KS.W0▼このコメントに返信
そりゃ運動エネルギーは発射薬の威力に依るんやから近距離ならまんまスラグやね
26.名無しさん:2018年06月24日 09:06 ID:fC4KJ.UQ0▼このコメントに返信
ブローニングとかいうレジェンドオブレジェンド
銃が進化したって言っても、基本的な部分はここから何も変わってないという
27.名無しさん:2018年06月24日 09:12 ID:XeloqZoP0▼このコメントに返信
殺傷力と言われるとね
不潔な鉛玉が貫通力の低さから体内に残って
あるいは弾自体が体内で割れたりするわけだから、
医療技術の未発達も混ざってそら死ぬわ、と
28.名無しさん:2018年06月24日 09:14 ID:.9vbxyV00▼このコメントに返信
比較するなら射程距離、命中精度、連射性なんかも考えろよと。
29.名無しさん:2018年06月24日 09:16 ID:GzHtb1M50▼このコメントに返信
50m以内なら結構な精度で当てられるって言うから言うほど当たらない武器って訳じゃないんだよな
狙撃用の長銃身タイプだと100m以上も想定してたらしいが
30.名無しさん:2018年06月24日 09:17 ID:ghlCqXRG0▼このコメントに返信
威力=人体へのダメージってことなら分かる
火縄銃のほう弾が重くて遅い分、銃弾のエネルギーが伝えやすいらしい
アサルトライフルは貫通力が高すぎ
31.名無しさん:2018年06月24日 09:19 ID:06dTkXUq0▼このコメントに返信
〇威力

口径約9mm、火薬量3gの設定での貫通力実験では、距離30mからの射撃で厚さ24mmのヒノキ合板を貫通。厚さ1mmの鉄板を距離50mから貫通、これを2枚重ねた状態のものは貫通には至らなかったものの着弾の衝撃で2枚目の鉄板が円形にめくれ上がるほどの威力を示しました。また、同じく50mの距離から厚さ48mmのヒノキ合板を撃つと四分の一ほどまでを、木繊維を断ち切るようにして食い込みました。

これらの結果から、火縄銃は近距離において非常に強力な破壊力を有していることが分かります。その理由としては、火縄銃の弾は硬い金属などでコーティングされていない鉛の丸玉で、現代でいうところの「ソフトポイント弾」に相当し、なおかつ弾丸の初速が480m/sにもおよび、現代の拳銃よりも速いという点が挙げられます。
32.名無しさん:2018年06月24日 09:20 ID:06dTkXUq0▼このコメントに返信
〇射程距離・命中精度

口径約8mmの火縄式先込銃を用いて、30m先の約160cmの武将型の標的を狙撃する実験では、発射数5発のうち全弾が標的胸部に命中。50mに距離を伸ばした状態でも5発中4発が命中、なおかつ着弾点は直径約30cmの範囲内におさまるという高い命中精度が実証されました。実際の戦場では標的もひとところに留まるわけではなく、射撃の技量に関する個人差もあるため一概にはいえませんが、火縄銃が優れた狙撃性能を持っていることが示されました。

射撃の際に仰角をつけた状態を含むと、火縄銃の最大射程距離は500~700mともいわれていますが、有効射程距離としては50~100mほどと考えられています。
33.名無しさん:2018年06月24日 09:21 ID:HNteahFm0▼このコメントに返信
※23
火縄銃は鎧も兜もバスバス抜くぞ
二次大戦のテッパチなら戦国時代の兜と強度に大差はない

そもそもテッパチは飛んでくる石や金属片から頭を守るためのものだからね
防弾性は考えられてないんよ(今のは違うらしいけど)
34.名無しさん:2018年06月24日 09:27 ID:sN4QjXmX0▼このコメントに返信
距離にもよるけど、紙の鎧で防げる程度なんだが
35.名無しさん:2018年06月24日 09:30 ID:.KKDkF720▼このコメントに返信
マスケット銃に戦車のAPDS弾みたいに装弾筒被せて撃てば軽装甲目標でも通用するんでね?
36.名無しさん:2018年06月24日 09:31 ID:JOQuZvyw0▼このコメントに返信
ジュール換算では威力有ったろうが射程と貫通力は無いだろ
37.名無しさん:2018年06月24日 09:36 ID:1A0LKd010▼このコメントに返信
黒色火薬使ってる以上大口径になるのはしゃーない。 なお南北戦争のころにライフルが一般に配備されるとえげつない威力になる模様。
38.名無しさん:2018年06月24日 09:37 ID:y3ZxTzNM0▼このコメントに返信
お前らは理屈が先行して訳がわからなくなるタイプの役立たずだなw
39.名無しさん:2018年06月24日 09:37 ID:gquUDrfu0▼このコメントに返信
※32
だいたいスラグショットと同じやね、銃口出た瞬間のパワーは5.56アサルト越えてるな
そっから急減速していっきにエネルギーが落ちる
40.名無しさん:2018年06月24日 09:44 ID:06dTkXUq0▼このコメントに返信
※30
重い方がエネルギーを失い難いよ。

5.56とかの小口径(軽量)な弾は高速を維持出来る200m位までなら下手な7.62mmより人体に効果的なダメージを与えれる。
今の小銃が小口径高速弾なのはそう言う意味もある。
ただ距離が伸びると速度を失い安く結果エネルギー不足になり、小口径と言う形状もあり、貫通するだけになりやすい。
また今の銃弾は軍用ならフルメタルジャケットだし小口径弾は何より貫通力を増す為に鉄芯が入ってる。完全に鉛で口径自体も大きい当時の銃よりは相対的に貫通力が強い。

41.名無しさん:2018年06月24日 09:44 ID:zbX62yxw0▼このコメントに返信
どうせ単発の破壊力の事を言ってるんだろうが、普通それを火力と表現しない。
42.名無しさん:2018年06月24日 09:47 ID:JreNARdu0▼このコメントに返信
※33
抜くというより意図しないダムダム弾みたいなもんで鎧兜を粉砕しながら貫通
弾やら鎧の破片がめり込んで鉄砲傷は酷い事になるという記録がある。
井伊直政はあれでも当たり所よかったのね
43.名無しさん:2018年06月24日 09:47 ID:06dTkXUq0▼このコメントに返信
※35
原理的には可能だと思う。


44.名無しさん:2018年06月24日 09:48 ID:0ZC9GL6d0▼このコメントに返信
弾丸が貫通せず体内に残る
弾丸に種々の雑菌がこびりついていてそのせいで二次被害が出る
45.エンアカーシャ:2018年06月24日 09:51 ID:FpNGuXug0▼このコメントに返信
鉄や鉛で出来た、ビー玉くらいの大きさの弾が、
金属鎧を貫通する速度で飛んで行く、

特殊防弾板でも無ければ、防げない。
46.名無しさん:2018年06月24日 09:58 ID:0E87tIr10▼このコメントに返信
ワイの大口径ライフルは狂暴やぞみせたろか?
47.名無しさん:2018年06月24日 10:01 ID:K0.sPFF90▼このコメントに返信
FPS対決で、毎分二発の火縄銃と毎分600発のアサルトライフルは
「あたった威力は同じくらいだから」って言われて火縄銃のほう持たされたら
誰もがブチギレるんじゃないかなぁ、、、

まぁ元々無理な仮定だよ、、、
48.名無しさん:2018年06月24日 10:04 ID:BBeWWArn0▼このコメントに返信
射出される弾丸の運動エネルギーの比較で、火縄銃>アサルトライフルって事を言いたいのね。
49.古古米:2018年06月24日 10:04 ID:9i58yOe80▼このコメントに返信
織田信長を始め、各戦国武将が急いで買い揃えたことからしても、画期的な武器だったんだろうね。
50.名無しさん:2018年06月24日 10:05 ID:k4UmnILg0▼このコメントに返信
球形の鉛弾が目標に着弾した際に変形して全エネルギーを目標に叩きつける。
でOK?
51.名無しさん:2018年06月24日 10:07 ID:bkbOMAJb0▼このコメントに返信
皇国の守護者でそこそこ勉強になった
52.名無しさん:2018年06月24日 10:07 ID:rdi71Jlb0▼このコメントに返信
※46
その5.56mmしまえよ。
53.名無しさん:2018年06月24日 10:12 ID:YW0zQXeM0▼このコメントに返信
大阪夏の陣で使われた伊勢守流大鉄砲の全長2.8mの火縄銃だと100m先の武者の鎧を貫通出来たとかあるな。
射撃するのに二人係で一人はバイポットの役割でもう一人も型に載せて射撃、恐らく炸薬量も通常の火縄銃より多く長射程

矢避けの木盾諸共抜かれたとかある位に火力高い
54.名無しさん:2018年06月24日 10:14 ID:LJJ6zj0L0▼このコメントに返信
まあ、威力だけなら同じくらいだろうけど弾道性能による命中率と連射力の差が桁違い過ぎて・・・
55.名無しさん:2018年06月24日 10:15 ID:wOKjW.070▼このコメントに返信
「なぜ鉄砲が有効だったか」という議論において真っ先に「音がデカくてビビるから」とか言い出す奴へのアンチテーゼだろ
実際には十分すぎるほどの殺傷力があったから持て囃されたんだよっていう話
56.名無しさん:2018年06月24日 10:23 ID:UW2ANwk.0▼このコメントに返信
別にM1ガーランドからM16って大した進化では無いけど。
ロングストロークピストンからストーナー式に変わってるだけでどちらも一長一短だし。
むしろ最初にガス圧式のセミオートを出したとかの方が画期的だろうな。
57.名無しさん:2018年06月24日 10:28 ID:EfaFFP.30▼このコメントに返信
※42
鎧じゃ銃弾止まるどころか被害拡大の可能性有じゃ、そりゃ軽装化も進みますわ・・・
58.名無しさん:2018年06月24日 10:32 ID:aXz1rF190▼このコメントに返信
猟師は戦後まで火縄銃を使っていた人もいた。つまり銃だから。弾がでるのだから殺傷能力はある。
59.名無しさん:2018年06月24日 10:34 ID:K0.sPFF90▼このコメントに返信
実際の記録(というか当時の戦記物)では、種子島の玉が鎧や兜で止まった話はいっぱいあんだよねぇ
信玄公拝領の兜で額にあたった鉄砲玉が擦り傷程度の軽症ですんでたりとか、、、
まぁ工業化されて品質保証がない時代、弾丸どころか火薬ですら現地制作では
いつでも最高性能だせた仮定は無理がある、、、

それに種子島は有効射程が100mあるとかいわれても、日本でも西欧でも戦闘での射撃開始は3、40mくらいだったり
当時の使われ方からは、あくまで現在の種子島からの値と当時の実戦での性能は別物としか言いようが、、、
60.名無しさん:2018年06月24日 10:35 ID:szSaH81w0▼このコメントに返信
鋼鉄の甲冑を弓で貫いた最長距離20メートル程度とかバカか
1キロ以上飛んだ記録や7~800メートル先の甲冑を射抜いた記録があるわ
和弓なめんな
61.名無しさん:2018年06月24日 10:59 ID:SSLfLKVD0▼このコメントに返信
空気抵抗で速度が落ちる前なら同じかな。
62.名無しさん:2018年06月24日 11:03 ID:EI.YPxTg0▼このコメントに返信
銃のいいところは、ある程度の訓練で誰でも同じ威力で攻撃できるってことだよね。弓や刀剣じゃそうはいかない。
63.名無しさん:2018年06月24日 11:05 ID:SSLfLKVD0▼このコメントに返信
※62
大雑把に言えば「弓兵育てるコスト考えれば安い。」
64.名無しさん:2018年06月24日 11:12 ID:mprBy5PN0▼このコメントに返信
ところで、当時の人はどうして弾を球状にしたのかね。
現代と同じく筒状で先端を尖らせた方がいいと思いつかなかったのかな。
ライフリングが無いから弾が回転しちゃって余計に空気抵抗が増したんだろうか。
65.名無しさん:2018年06月24日 11:17 ID:QV9L1HTu0▼このコメントに返信
イナバウアーでよけらぁ!
66.名無しさん:2018年06月24日 11:20 ID:Gd4nM4mo0▼このコメントに返信
馬上筒はロマン
67.名無しさん:2018年06月24日 11:27 ID:EfaFFP.30▼このコメントに返信
※64
つ「投石でなるたけ丸い石が使われるのと一緒」
つ~か初期のライフルのミニエー銃の専用弾の時点で尖頭弾になってるんだから、出来ればそうした方が良いのは判ってたんでね?
68.名無しさん:2018年06月24日 11:27 ID:cTJR7BFU0▼このコメントに返信
>>65
それにひきかえ重機関銃は未だに第二次大戦の時のと同じ型って言うね
69.名無しさん:2018年06月24日 11:32 ID:fqFIkppX0▼このコメントに返信
最初期のライフリング銃は
マスケット銃の筒にライフリングを掘っただけだからそこまで違わないかも
だけど近代のアサルトライフルと比べてしまえば
火薬の性能と筒自体の口径精度から生み出される圧力もぜんぜん違うし
弾丸自体の貫通力も違うから火縄銃の方が弱い
アサルトライフルはそれはもう拳銃なんて比較にならんほどの威力だからね
人体と似た硬度と粘度のゼラチンを撃ち抜く動画でもはっきりと分かる

70.名無しさん:2018年06月24日 11:32 ID:UcrXRiMN0▼このコメントに返信
誰も書いてないけど でかい球を撃つと言う事は強風下ではライフルより強いかもしれない ってキートンさんが言ってた
71.名無しさん:2018年06月24日 11:37 ID:cTJR7BFU0▼このコメントに返信
※67
当時の技術考えると、綺麗に尖らせるのは手間だったろうし
球体にした方がトータル的には良かったんだろうと推測
72.名無しさん:2018年06月24日 11:37 ID:i1jP7Hhn0▼このコメントに返信
※68
重機関銃ってジャンルが時代遅れだからな、まだ必要な場面はあるけれどもメインストリームではなくなった
持ち運びの点でどうしてもな
73.名無しさん:2018年06月24日 11:39 ID:i1jP7Hhn0▼このコメントに返信
※70
それは投石機の話だぞ、
木の匙とセロテープで作った即席投石機でSASの元教え子をKOした時の話
74.名無しさん:2018年06月24日 11:42 ID:XyK2F98v0▼このコメントに返信
慶長5年1600年頃までの世界の鉄砲の総数は約90万丁
そのうち日本が約60万丁を保有していた訳でw
75.名無しさん:2018年06月24日 11:43 ID:G.U7fEQh0▼このコメントに返信
※64
高い場所に穴の空いた鍋を置いて、鉛を垂らす。
下に落ちる時に球体になる。



アサルトライフルって竹束で防げるのかな?
76.名無しさん:2018年06月24日 11:44 ID:p8a.cARK0▼このコメントに返信
※63
似た性質の武器にクロスボウがあるけど、
手入れに手間がかかるのと、
何より、殺傷力が有りすぎるという事で欧州の真っ当な戦争だと使用禁止にされていたっていう…
クロスボウの歴史自体は紀元前に遡る古い武器だけど、廃れかけたのはそのせい
銃は弱者の武器、反体制側が力を持った象徴的な武器だな
銃の発達により、革命が現実的なものになった
77.名無しさん:2018年06月24日 11:45 ID:LO7k86GI0▼このコメントに返信
ベトナム戦争ではアメリカのライフルは1本の竹に弾かれたんだろ?
戦国時代の竹束は直径50センチくらいにしていたからな。
相当な威力があったんだろう。
78.名無しさん:2018年06月24日 11:47 ID:gF4j2o300▼このコメントに返信
>39
ゼロ戦と一緒だな
79.名無しさん:2018年06月24日 11:54 ID:VtNEHQ8U0▼このコメントに返信
火縄銃が怖いのはワンショットキルのダメージというより医療がお粗末で感染症で戦闘後に落命するのも結構いたからな。
80.名無しさん:2018年06月24日 11:57 ID:Uzm.DTd70▼このコメントに返信
至近距離の場合って注釈がいるな
81.名無しさん:2018年06月24日 11:58 ID:Na7u2aNv0▼このコメントに返信
※15
でも何処に向かって飛んでくか、よくわからないので。狙った方に飛んでいく保証なし。
82.名無しさん:2018年06月24日 12:04 ID:Na7u2aNv0▼このコメントに返信
※35
そこまで難しいことせんでも、タングステン製の弾丸造ればいいんでないかえ
83.名無しさん:2018年06月24日 12:05 ID:K0.sPFF90▼このコメントに返信
※76
クロスボウ禁止は「キリスト教徒に対して」だけで、十字軍なんかじゃほぼ主力兵器だったよ、、、
それに鋼鉄鎧抜くために鋼製になったり、恐ろしいほど威力アップ進化してる、、、
(だから西欧ではマスケット出現するまで弩部隊は必須兵科だった)
84.名無しさん:2018年06月24日 12:10 ID:hvS10xf80▼このコメントに返信
射距離・精度の点で劣るよ
近けりゃ強力だけど
85.名無しさん:2018年06月24日 12:11 ID:Na7u2aNv0▼このコメントに返信
※71
今のパ〇ンコ玉より歪と思われ
綺麗な球体ではなかったはずでその分、どこに飛んでいくか運しだい
86.名無しさん:2018年06月24日 12:20 ID:NUjUHI4d0▼このコメントに返信
>筒は鋳造でどうとでもなるだろ
鋳造は気泡ができたり、結晶化できないから強度が下がる。
肉厚にしないと火薬の爆発に耐えることができない。
87.名無しさん:2018年06月24日 12:21 ID:MPCcaOYf0▼このコメントに返信
殺傷能力でいうなら火縄銃の方が高いぞ。

理由は当時の製鉄能力。
製鉄能力が未熟だから弾に雑菌が入りやすくまた、貫通力が低いので体に残りやすい。なので傷痕から深刻な病になったりする。

現在は貫通力が高く、製鉄能力が高いのでその心配は低い。

だからトラップに糞尿塗りたくるのはやめてください。マジで
88.名無しさん:2018年06月24日 12:24 ID:hev1nPeG0▼このコメントに返信
火縄銃は初速が現代の銃より速いんじゃなかったかと
ただし、弾体の形状や旋条の有無の関係で弾速の減衰の度合いも違ってくる

至近距離だと火縄銃の威力は凶悪
89.名無しさん:2018年06月24日 12:27 ID:LO7k86GI0▼このコメントに返信
フルメタルジャケットと比べて、火縄銃の鉛玉は表面に細かいキズがあって、人体着弾で潰れそうだな。
そういう面で当たった時の殺傷力は強いかもしれん。
90.名無しさん:2018年06月24日 12:35 ID:kydgiuA40▼このコメントに返信
熊を倒せればそれでいい
退治するのにどちらか選べるならば、勿論アサルトライフルだが。
91.名無しさん:2018年06月24日 12:36 ID:fqFIkppX0▼このコメントに返信
重要文化財 南蛮胴具足 紀州東照宮宮蔵
ttp://shizubi.jp/exhibition/141004_02.php
試し胴

火縄銃は鎧で防げた例もあるけど
アサルトライフルはこの程度の厚さの鎧では防げない
だから
WW1で部分鎧着てたのにWW2では結局防げないからただの服になったよね
火縄銃より現代のアサルトライフルの方が威力があるよ

92.名無しさん:2018年06月24日 12:40 ID:.vkNWGsS0▼このコメントに返信
弾頭に青酸カリ塗った方が勝つ
93.名無しさん:2018年06月24日 12:43 ID:1of8uzxT0▼このコメントに返信
※89
理解してねえな
フルメタルジャケットは柔らかい鉛を真鍮のジャケットでコートしてる
ソフトポイントは弾頭部にカップ状の鉛が露出してるから人体に当たると変形しエラい事になる
94.名無しさん:2018年06月24日 12:45 ID:VzUECuFs0▼このコメントに返信
この手の捏造の目的って何なの?
釣り?
95.名無しさん:2018年06月24日 12:50 ID:1of8uzxT0▼このコメントに返信
※71

装填しやすいから
ミニエーだかプリチェットという椎の実弾があったぞ
先がとがってるからクッソ装填しにくかったらしい
特にライフリング切ってある銃には
96.名無しさん:2018年06月24日 12:51 ID:1of8uzxT0▼このコメントに返信
データに基づいた話しろよ
思い込みと決めつけでドヤるって「ガイジンの語る日本の〇〇」だろw

火縄銃って口径が色々あるけどさー
例)6匁(480m/s)
約1920[ft-lbs]
このくらいの威力があるんだよな

.22LR 約190[ft-lbs]
6.5 mm × 50(三八式) 約1900[ft-lbs](.22LR弾を1とすると19倍な)
7.62x54R(モシンナガン) 約2700[ft-lbs]
8 mm Mauser(Kar98) 約3000[ft-lbs]

残念なおしらせ
5.56 mm × 45(AR15) 約1250[ft-lbs]
低威力論者さん・・・
人体への貫徹能力など含めた威力は弾頭形状や構造にも左右されるがね

97.名無しさん:2018年06月24日 12:55 ID:4kLwvRSS0▼このコメントに返信
先込め銃の場合装填の機能性を向上させるか、命中精度を向上させるかで弾と銃身のクリアランスを変えると聞いたけどな

弾と銃身のクリアランスが大きいと装填時間が短くなるが、命中精度は下がる→マスケット銃みたいな速射性重視
弾の精度を上げてと銃身のクリアランスを小さくして油縫って装填すると装填時間は掛かるが命中精度は上がる→先込め銃の狙撃

BB弾でも同じと聞いた
98.名無しさん:2018年06月24日 12:59 ID:z7dxrMI90▼このコメントに返信
ゴルゴ13の第500話を読もう
99.名無しさん:2018年06月24日 13:00 ID:PP1J7H4t0▼このコメントに返信
火縄銃はショットガンの一粒弾(スラッグ)並の射程と威力あるよ
遠くに飛ばすときは鉄玉使ってた(銃身痛めるし威力も落ちるけどさ)
どこかの城の城壁から発掘されてる
火縄銃もサイズも小さいのから大きいのまで様々で一口に言えない
マッチロックからフリントロックに成らなかったのは、日本に良い火打石が無かった説もある
100.名無しさん:2018年06月24日 13:00 ID:0RqO.N1L0▼このコメントに返信
デマだぞ
大口径化したのは低い殺傷力を上げる為だし
そもそも黒色火薬は威力が低い
キャップアンドボールリボルバー程度だと
厚着してると防弾になるぐらい
101.名無しさん:2018年06月24日 13:01 ID:HNteahFm0▼このコメントに返信
※95
ミニエー弾は口径が一回り小さいから装填は簡単だよ
発射されると底部が広がってライフリングに食い込んで飛んでいくから飛距離と命中率が従来の球状の弾に比べて上がったんよ
102.名無しさん:2018年06月24日 13:02 ID:fqFIkppX0▼このコメントに返信
※96

防げてしまう以上現代はより強いアサルトライフルを選んだ訳だ
ttps://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggCSKPc7Y8UWvCvc6wx2O6Qw---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/ans-443624058
103.名無しさん:2018年06月24日 13:14 ID:1of8uzxT0▼このコメントに返信
※101
弾底部に鉄皿ハメた窪みがあってガス圧で押され広がるからスカスカでもよいと俺もそう思ってた
だがスッカスカだと瞬間圧で底部が割れる事があったらしいin南北戦争
・・・もしかすると製造年や製造所によるのかもしれんなー
104.名無しさん:2018年06月24日 13:15 ID:d.QvvIMA0▼このコメントに返信
アサルトライフルの小口径高速弾が貫通するのと
種子島の鉛弾が体内で潰れて破片撒き散らすのと
どちらが痛いかな。
結論、どちらも痛い。
105.名無しさん:2018年06月24日 13:20 ID:dCsZzh320▼このコメントに返信
射程と威力はある。
一般兵用の量産型は命中精度が無いので、ギリギリまでひきつける運用をしていただけ。
106.名無しさん:2018年06月24日 13:35 ID:hvYEzjkI0▼このコメントに返信
火縄銃と言っても口径5mm程度の鳥撃ち銃から2cmくらいの大型銃がありまして一概に語るのも・・・
また弾丸は鉛が溶ける事によって銃身内の密閉度を上げるので鉄とか固い素材は使えませぬ
なので銃身に鋳鉄なぞ使ったら暴発します
107.名無しさん:2018年06月24日 13:35 ID:zz049ouj0▼このコメントに返信
ライフル弾は当たると縦に回転しながら肉を割くけど、火縄銃は球弾は穴しかつかない。なんかの動画で見たけどスイカすら割れなかったの覚えてる
108.名無しさん:2018年06月24日 13:40 ID:fqFIkppX0▼このコメントに返信
火縄銃を装備した100人と
アサルトライフルを装備した100人で打ち合いさせて残ったほうが
強いって実験をさせれば
たわごと言ってる側は淘汰されるだろう
というか
そういう淘汰を経て現代兵器への更新があるんだけど
一部の可能性を持ち出していろいろ凌駕するロマンを感じたいんだろうね
なろう小説が流行るわけだ
現代の部隊に過去からタイムスリップしてきた火縄銃部隊が無双する!
なぜ可能なのか!それは衝撃力において現代のライフル以上だからである~みたいな?w
109.名無しさん:2018年06月24日 13:42 ID:ZRERKyV80▼このコメントに返信
要するに有効射程内でのエネルギー量だったら現代銃と比べても結構なものだが実際の殺傷力破壊力はもっと色々な要素が絡むから一概には言えん、って訳だろ?
無邪気に現代銃並って信じてる奴も頭ごなしに全否定する奴もどっちも極論バカだな
110.名無しさん:2018年06月24日 13:43 ID:p8a.cARK0▼このコメントに返信
※108
なんでいきなりなろう小説が~~になるのか分からん
そういう小説、あったの?
イメージと偏見だけで言ってるんじゃないよね、そういう頭の悪い小説を見たからだよね
ちょっと読みたいから教えて
111.名無しさん:2018年06月24日 13:47 ID:ZRERKyV80▼このコメントに返信
射程とか発射速度はだれも言わなくても今の銃が圧倒的に上なの分かってるから最初から度外視されてるとしか思えない話題なのに
今の銃のほうが射程長いし連発できるから火縄銃より強いキリッってわざわざ当たり前のことをいちいち言ってドヤってる奴どんだけ頭悪いんだよ
112.名無しさん:2018年06月24日 13:48 ID:fqFIkppX0▼このコメントに返信
※110
俺はアサルトライフルが強いと思っているから書けないなぁ
現代兵器を過去に持っていって無双する映画なんかは昔もあったね
戦国自衛隊とかね
結局戦車が落とし穴かなんかに落ちて動けなくなったかなにかで自衛隊が追い詰められた様な
まぁ忘れたな
そういうロマン派が一定数いるんだよ
君は火縄銃派なのかな?
なら君が書いてみてはどうかな?
売れたら儲かるよ
113.名無しさん:2018年06月24日 13:50 ID:HG4uokNt0▼このコメントに返信
そりゃ初速そのままデリバリー出来たら高いエネルギー保有してるけど空気抵抗で一気に減衰してくからな
アサルトライフルはそこ等へんが洗練されて無駄なエネルギーを取り除いた結果であって
実際に重要な射程や精度や貫徹力をマスケット以上に保有してる
114.名無しさん:2018年06月24日 13:56 ID:p8a.cARK0▼このコメントに返信
※112
いや単なる偏見からかよ…
長文書いてるけど、こっちが要求したことにはさっぱり答えてないし
ロマン派云々の言い分、そっくり自己紹介じゃん…
115.名無しさん:2018年06月24日 13:59 ID:hvS10xf80▼このコメントに返信
そもそも戦国時代用の鎧で戊辰戦争に出たら、貫通されてこりゃ駄目だになっただろ
実戦では明治元年の時期の銃に威力で負けてるんだが
116.名無しさん:2018年06月24日 14:01 ID:b9FYvM2S0▼このコメントに返信
火縄か、火打ち石か、雷管かの違いで
銃身火薬等は進化してんのに、威力もクソもないのでは
それが銃としてのベースレベルまで有ったってだけで、だから何?って感じじゃね?
117.名無しさん:2018年06月24日 14:09 ID:uGMB0eS60▼このコメントに返信
※96
典型的な詐欺の手口だな。
六匁弾(15.5mm)と5.56mm弾の運動エネルギーを比較するって意味分かってる?
118.名無しさん:2018年06月24日 14:11 ID:uGMB0eS60▼このコメントに返信
現代の技術で再現しても六匁の大口径弾ですら100m先の鎧(厚さ2mm)を貫通できないから、
当時での威力はお察しだな。
弾や銃の工作精度、火薬の調合割合などで決定的に劣ってる。
119.名無しさん:2018年06月24日 14:12 ID:X.MRs9JF0▼このコメントに返信
>火縄銃の有効射程が50m前後でアサルトライフルの有効射程がだいたい200mくらいと聞いた
50mなのはヨーロッパの軍隊で使われてた平均的なフリントロックだな火縄はもう少し精度が高い
後は品質でも結構変わって日本の火縄は質が高い事で業界じゃ結構有名だったりする
あと小銃は300mくらいが基本
300mが真っ直ぐ狙った所に着弾するギリギリのラインで
それ以降は標的より上を狙って射つ必要があるし
普通の視力だと300mの時点で標的は点にしか見えない
ただマスケットと違い予想できる弾道をえがくから視力やスコープ次第で有効射程はかなり延びる
120.名無しさん:2018年06月24日 14:22 ID:LO7k86GI0▼このコメントに返信
※108
このスレは「火縄銃はライフル並みに命中時の威力があるじゃね?」ということで
命中精度、速射性も同じとは言っていない。
そんな子供みたいな返しするなよ。
恥ずかしい。
121.名無しさん:2018年06月24日 14:23 ID:f525E1q.0▼このコメントに返信
中筒の初活力は拳銃のマグナム弾程度で7.62mmライフル弾の半分程度の威力だぞ
なお、この威力でも有効射程内ならどの角度からでも当時の甲冑は抜ける
122.名無しさん:2018年06月24日 14:27 ID:MT0ZHk1.0▼このコメントに返信
※108
あたまわるそう
123.名無しさん:2018年06月24日 14:40 ID:AE..h37O0▼このコメントに返信
ホームセンターで売ってる高圧エア釘打機も同じ威力だろw
124.名無しさん:2018年06月24日 15:01 ID:Na7u2aNv0▼このコメントに返信
※60
弓兵全員がそうなら戦力として考えられるが、内一名の名人なら
北欧の有名狙撃兵扱いだな
125.名無しさん:2018年06月24日 15:01 ID:tjPqxAk90▼このコメントに返信
※本22
>>ライフルリングは元々お掃除しやすいようにと試しに彫られたものだった

違うよ、本56のひとが言っている様に、昔は一枚の鉄板を巻き付けて銃身を作っていたから
たまたま溝が残り命中精度の高い銃が出来ていたのを
人為的に溝を掘れば再現できそうだと試したのが始まり
126.名無しさん:2018年06月24日 15:03 ID:QH.9SpzW0▼このコメントに返信
どんなガセネタだよ
弾丸の性質も違うのに
127.名無しさん:2018年06月24日 15:07 ID:pWOp337W0▼このコメントに返信
当てにくいし連射もできないんじゃ、一発でも当たれば倒せる威力にしよう。ってなるのが自然な発想じゃないか。
128.名無しさん:2018年06月24日 15:11 ID:Na7u2aNv0▼このコメントに返信
施条が発明されたのは1550年後半

だが使い始められたのは1850年ごろから
ライフルなしで椎の実弾撃てばどんな空中姿勢とるか運任せでどこに飛んでいくか解らない
ライフルなしなら〇弾が正解

尚、弾に横スピンかければ命中するようになるとの見識を得たのは
ロケット弾の羽をねじってスピンかけたら命中(榴弾として)上がったことから。
129.名無しさん:2018年06月24日 15:26 ID:BLRGTUjJ0▼このコメントに返信
衝撃力すら話にならないのに何をもって同等と言ってるんだろう
130.名無しさん:2018年06月24日 16:12 ID:2NsLLKoZ0▼このコメントに返信
運動エネルギーやら貫通力は現代弾薬と比べれば雲泥だけど、
タマ自体がでかいことによる人体へのダメージ、
鉛害や衛生面での予後の死傷率の高さ、
こういうのをまるっとひっくるめて「威力」「殺傷力」といった大掴みな言葉にまとめてしまえば、
まあ現代銃と同レベル(それでもだいぶ差はあるはずだけど)と言える・・・かも?ぐらいのもんでしょう。
現代弾薬のえげつなさというか凶悪性は「威力」とはまた違う世界の話だし。
131.名無しさん:2018年06月24日 16:22 ID:06dTkXUq0▼このコメントに返信
※77
弾かれたと言うのは浅い角度では弾道がズレると言う話で単純な貫通力は別物。
火縄銃は100mで2mm位の鉄板で止まるけど、5.56mmなら350mで7mmの均質圧延鋼板を抜ける。
300m先の50cm位(縦に2つ以上)の土嚢も貫通する。
132.名無しさん:2018年06月24日 16:25 ID:jS06kWi00▼このコメントに返信
※91
それ「この鎧は鉄砲効かねえぞ」というハッタリカマすために弱装弾でわざと銃痕つけたやつ
133.名無しさん:2018年06月24日 16:29 ID:f525E1q.0▼このコメントに返信
※128
ライフル銃自体はアメリカ独立戦争で指揮官狙撃で猛威を振るってるよ
ナポレオン戦争の頃でもメインではないけど散兵としては運用されていた
134.名無しさん:2018年06月24日 16:33 ID:06dTkXUq0▼このコメントに返信
※130
現代の銃は弾の大きさは小さいけどその分は高速度で補われてる。
確かに単純に比較すると永久空洞こそ若干大きいけど、現代の弾はその速度から大きな瞬間空洞(当たった所が瞬間的に広がる)を発生させる。また高速故着弾の衝撃で弾が変形したり砕け人体に深刻なダメージを与える。
四肢等に当たると裂けたりちぎれるのはそう言う事による。
また瞬間空洞は発生するとバキューム効果もあるから入り口付近の汚れた布や泥を吸い込んで感染症の危険も大きくなる。
135.名無しさん:2018年06月24日 16:38 ID:8njjNw1t0▼このコメントに返信
※108
136.名無しさん:2018年06月24日 16:40 ID:8njjNw1t0▼このコメントに返信
↑ミスった
※108
威力の話してるんだから100人のアサルトライフルと撃ち合うんなら体に銃口くっ付けた状態ではじめるんだよな
俺火縄銃側につくわwアサルトライフルなら万が一生き残れる可能性あるしw
137.名無しさん:2018年06月24日 17:30 ID:6I.DiVBW0▼このコメントに返信
そもそも大艦巨砲主義のコメント欄に書き込むような大部分の低能は
威力を定義できないアホばかりだからここで真面目に説明しても無駄やぞ
俺もそのアホの一人だが
このコメントみても大部分はソースもなく書き込んどるしな
まともなコメント書いてる奴除く
138.名無しさん:2018年06月24日 18:28 ID:fqFIkppX0▼このコメントに返信
※136
海外の民間軍事会社通じて体と火縄銃を使って結果だして来なよ
がんばれw
139.名無しさん:2018年06月24日 18:49 ID:fqFIkppX0▼このコメントに返信
よく落ち着いて考えてみてほしい
火縄銃の玉の威力が
これら弾丸より上だと言うのかい?
ttps://www.youtube.com/watch?v=kWL-0S74mEg
140.暴君:2018年06月24日 18:51 ID:.OlNhrRx0▼このコメントに返信
 
 銃(銃弾)の威力は、単純に言うと発射薬(火薬の質と量)に比例するからね。

(細かい話になると、貫通力を重視するかストッピングパワーを重視するかとか
射程や精度とかの要素が入ってくるけど。)
141.名無しさん:2018年06月24日 18:54 ID:A4FqjHYG0▼このコメントに返信
※120
>このスレは「火縄銃はライフル並みに命中時の威力があるじゃね?」ということで
それは君が作ってるやん。
イッチのタイトルは「火縄銃の威力が普通にアサルトライフル並みにあるという現実」だ。
ま、どっちみち、
サービスで両者の有効射程内だけで比較しても、NATO弾を使うARのエネルギーは比べものにならんが。
「有効射程内で命中した火縄銃の弾丸は人を殺すのに十分なエネルギーを持っていた」
がタイトルだったら、誰も文句をつけなかったろうけど。


142.名無しさん:2018年06月24日 19:29 ID:jZwvIB6L0▼このコメントに返信
いらすとや が恐ろしい。なんでもある。
143.名無しさん:2018年06月24日 20:03 ID:5kU24PGJ0▼このコメントに返信
バート・S・ホールの「火器の誕生とヨーロッパの戦争」では、18世紀の標準的なマスケット銃を当時の混合比の黒色火薬で射撃したら
銃口付近での弾丸の持つエネルギーは現代の小銃と比べて遜色ない、って書いてあったな。
命中精度は時間と共に急激に低下する、とも。エネルギーはどうだったか忘れた。
あと、ナポレオン戦争期の施条銃の命中率は同時期の滑腔式マスケット銃の5割増し、装填時間は2倍、ってのをナポレオンの専門サイトで見た。
ミニエー弾も最初は丸い弾丸を銃身の奥に突起を設けてそこに装填棒でガンガン叩きつけて凹ませるところから始まって段階的に発展してる。

西南戦争くらいまでの古式銃には何とかしようとする人間の気迫・足掻きが感じられていいよね。
撃たれた当事者はたまったもんじゃないけど、ロマンを感じる。
144.名無しさん:2018年06月24日 21:58 ID:m9lQUqll0▼このコメントに返信
日本の火縄銃は、マスケットの中では飛びぬけて命中精度がよい。
前装銃に拠る射撃の世界大会では。皆日本の種子島を使っている。
ttp://www.日本の武器兵器.jp/legacy/index.html
145.名無しさん:2018年06月24日 22:11 ID:hqwZfdEB0▼このコメントに返信
火縄銃は思っているよりも意外と有効射程なら命中率も高かったんじゃね?
真田丸の大型火縄銃相手(長射程用にデッカく作っただけ)に攻めあぐねた史実があるんだしな
狙って当たらないなら攻めあぐねる程の脅威にはならん
146.名無しさん:2018年06月24日 23:05 ID:9.HCg8v00▼このコメントに返信
※64
先込め式だと球形じゃないと込めにくい
ライフリングがないので飛翔中に転倒したりする、球形なら影響は小さいが尖頭弾だと細長いのでどこに飛ぶかわからなくなる
147.名無しさん:2018年06月24日 23:33 ID:6fTPDOvT0▼このコメントに返信
minimi ♪
M249 ♪
148.名無しさん:2018年06月24日 23:37 ID:6yoaVe8Y0▼このコメントに返信
命中率もそうだが、現在の火縄銃の保存の専門家に言わせると、最小口径の一般な奴で有効射程は50~70m
くらいらしい。
149.名無しさん:2018年06月24日 23:51 ID:6yoaVe8Y0▼このコメントに返信
>弓じゃ20mくらいしか甲冑貫ける射程無かったのに
そんなわけはない。
150.名無しさん:2018年06月24日 23:53 ID:eYRoJT2L0▼このコメントに返信
>>48
>筒は鋳造でどうとでもなるだろ

戦国時代ぐらいの日本の冶金技術だとコークスがなかったので
溶鉄を大量に作る事が出来なかったので鋳造自体が難しかった

半可通だな
151.名無しさん:2018年06月24日 23:58 ID:eYRoJT2L0▼このコメントに返信
火縄銃の丸い鉛玉と、FMJの5.56ミリNATO弾では
仮に持ってる運動エネルギーが同じだとしても
貫徹力とかで差が出てくると思うんだけどな
152.名無しさん:2018年06月25日 00:00 ID:ulBSkipD0▼このコメントに返信
鋳造は精度が出ないんや
これは現代でも同じ
だから次点で精度が出る鍛造で作ってた
現代は切削加工で作ってる
153.名無しさん:2018年06月25日 05:55 ID:hdmQ2Yst0▼このコメントに返信
※146
椎の実型のミニエー弾も先込め式だよ
154.名無しさん:2018年06月25日 08:10 ID:pWWhP63.0▼このコメントに返信
球形の鉛玉は急激に速度が落ちるから距離が離れると一気に威力が下がっていく
10m先では鎧を貫く威力だけど、100m先じゃ生身の人間相手にも軽傷にしかならないレベル
速度が落ちてくると方向や勢いがランダムな弾丸の回転のせいで掛かるカーブの影響が強くなるから、命中率も急激に落ちていく

それでも銃身にスムーズに弾丸を落とし込んで、その後の発射時にも詰まらせる事無く撃ちだすためには、弾丸は丸い必要があった
155.名無しさん:2018年06月25日 08:58 ID:pWWhP63.0▼このコメントに返信
※150
溶鉄って言葉を「成分問わず鋳造可能な程度に溶融した鉄」として使ってるのか「炭素が十分に低い状態で鋳造可能な程度に溶融した鉄」として使ってるのか微妙だけど、前者なら1200度程度で十分に溶融するからコークス無い頃の西洋でも大量生産されてたし、世界的に特殊な発達の仕方をしてた日本のたたら製鉄法でも生産される鉄の多くは湯として出てくる銑鉄で、いずれにせよ1600年頃に銑鉄を鋳造するだけなら西洋でも日本でも普通にやってた(そもそも中世的な製鉄法では大抵の鉄製品は銑鉄を熱し叩いて炭素を抜いて作られてたわけで)
後者の意味で使ってるのなら、西洋でも限定的に実用化出来たのは1800年代入ってからで、更に大量生産に向く形で実用化出来たのは1850年代過ぎてから
156.名無しさん:2018年06月25日 09:46 ID:tNwjPcGX0▼このコメントに返信
※154
100m程度なら充分な殺傷力はある見たいだけど。
口径、初速、最大射程も今のスラッグ弾とほぼ同じだし。
157.名無しさん:2018年06月25日 11:12 ID:pWWhP63.0▼このコメントに返信
※156
オーストリアで古いマスケットと黒色火薬使って詳細な実験が行われてるで
スラッグ弾と何がどうしてそこまで違うんかは俺にはよくわからんが、スラッグ弾はランダムに回転したりせんのでないか?
158.名無しさん:2018年06月25日 12:20 ID:tNwjPcGX0▼このコメントに返信
※157
不安定なのはそれこそライフルリングがないからまたは弱いからじゃないの?
回転が弱かったりすれば野球でいうナックルボールとか見たいにぶれたりするだろうし、変に回転がかかればその他色々な方向に曲がる。
そもそもライフルリングだって回転方向に少しずつ曲がってるから距離が伸びたらその分を補正して狙う。
159.名無しさん:2018年06月25日 19:21 ID:k9yWkxOh0▼このコメントに返信
スラッグもスラッグで色々形状あんのよ。
いま一番メジャーな奴は弾の方に刻み目があって、これが発砲後に風受けることで勝手にライフル回転するようにできてる。
とはいっても銃身に旋条刻んである文字通りのライフルよりは全然飛ばないし命中率も良くなくて、
軍隊スナイパーレベルのお人でさえ200m当てられるかどうかって程度らしいけど。
160.名無しさん:2018年06月25日 20:08 ID:MraSjuPJ0▼このコメントに返信
威力が一緒ってのは至近距離だろ。
鉛玉を打ち出しただけの火縄銃と、ライフル弾をライフリング構造を経て打ち出した弾丸が
一緒の威力ってのは無理がある。
射程距離も威力も運用もまるで違うから一緒くたに出来るようなものじゃない。
161.名無しさん:2018年06月25日 22:35 ID:pWWhP63.0▼このコメントに返信
※158
球形の弾丸が転がるように回転しながら飛んでいく時、飛翔速度と回転面の速度が近付くほど回転方向に掛かる力が強くなって弾丸がブレていくって研究が出てるで
けどマスケットから撃ちだされる弾丸の回転速度より弾丸の初速のが高いから、空気抵抗受けて弾丸の速度が落ちていく(弾速と回転速度が近付いていく)につれて急激に弾道がブレていく

同じような口径・初速・重量のマスケットの銃弾とスラッグ弾の威力の違いはようわからんけど、オーストリアのマスケットの実験だと100m先のリネンを1枚被せた人体模した標的に命中した時、リネンを破った後に2㎝ほどめり込んで止まったそうな
一般人が受けたらキツいだろうけど即死する程じゃないし、タフな人間なら受けても戦闘続けられそう
162.名無しさん:2018年06月25日 22:45 ID:Y3T.BRzV0▼このコメントに返信
「射程距離内で」「当たれば」な。
そんな比較に意味があるとは思えないが、火縄銃だって当たれば十分危険であると言いたいならわかる。
163.名無しさん:2018年06月25日 22:48 ID:S7bEZvX80▼このコメントに返信
うちに古い空気銃がある。
昭和27年製。中折れ式スプリング銃。

当時のカタログ
4、5粍:3尺2寸:くりぬき銃身:定価1500圓。

*その昔、明治時代の初期空気銃は合わせ銃身で先込め式であった。
だから銃口を下を向けると丸玉がコロコロ落ちてしまうので面倒だった。

スプリング銃は雀、ホオジロ、ひばり、ひよは取れるが山バト飼いバトに
は弱くて3回に一回しか落ちてこなかった。カラスには頭に命中させない限
り落とせなかった。

獲物はどうしたと?もちろん塩焼きで食べた。
良射程はせいぜい20から30M。
164.名無しさん:2018年06月25日 22:56 ID:OK9PNAEN0▼このコメントに返信
※161
その標的の材質が何かによるかでその2cm のめり込みの意味が変わってくると思う。

タフな人なら致命部位に命中しないと拳銃弾とかなら10発以上受けても反撃してきた例もあるからなんとも。
165.名無しさん:2018年06月25日 23:17 ID:NGtDSV6s0▼このコメントに返信
火縄銃は、銃身が長くて、弾が比重の高い鉛玉だから、威力が大きくなる!
火縄銃は、戦国時代であったために、日本で急速に発達して、ヨーロッパに逆に輸出されるようになった。
大型の火縄銃や大砲まで作られたが、平和な江戸時代になって、不要になったため、改良されることはなかった。
166.名無しさん:2018年06月25日 23:45 ID:yTVMYalT0▼このコメントに返信
※27
火薬で高温になって飛んでくるんだから殺菌はされてる。
まあ鉛は毒性のある金属だが不潔というのはおかしい
167.名無しさん:2018年06月26日 00:16 ID:k6b0MqnM0▼このコメントに返信
*166

日露戦争当時,海軍の場合、、いざ決戦になると日本兵は清潔で新しい服
に着替え,砲弾の破片が体に刺さった場合できるだけ雑菌を少なくした。

陸戦ではそんなことは性質上できなかった。大東亜戦従軍者に聞いたことがある。
弾に当たった場合化膿や,破傷風はどうでした?すると「特に跳弾が危険だった。
地面に当たった弾は泥をかぶって跳ねてくるから当たれば破傷風になった奴も出た。」
168.名無しさん:2018年06月26日 00:25 ID:JoNdKuK90▼このコメントに返信
皮の袋に石入れて、ぐるぐる回して投げるスリング
熟練すると、人体を容易に骨ごと貫通して、直径10cmくらいの穴が開くそうだ

減速しやすいので射程が短いが、殺傷距離内では弓より強力なんだそうだ
狙撃中とショトッガンみたいな感じかな
169.名無しさん:2018年06月26日 02:28 ID:4TD5hXTg0▼このコメントに返信
「かちあい弾(だま)」という激戦を物語るロマン。 田原坂に金属探知機持っていきたい。
170.名無しさん:2018年06月26日 07:20 ID:A.icwL8p0▼このコメントに返信
※166
発射炎に晒されてる時間はごく短時間なんで加熱消毒は不完全だよ
過渡期の銃弾にPaper-patched bullets(紙巻き弾)ってのがあるんだが、紙は端っこの部分が焦げてるだけで大半は無事だったりする
171.名無しさん:2018年06月26日 09:04 ID:tspStFsM0▼このコメントに返信
※170
紙の燃え残りと熱とは別では?
燃えきる前に酸素が足りなかったりすれば燃え残るし、金属と紙では熱の伝わり方も違う。爆発にさらされても厚紙は燃える前に表面だけ焦げるとかよくある。薬莢とかなら普通に飛んで来たあとでも直ぐなら火傷するほど熱い。(実際にそれで火傷したことがある)
弾丸は更に銃身との摩擦で熱くなるし。
音速越える速度だから空力加熱でも計算上は100度越えとかにはなるみたいだし。
172.名無しさん:2018年06月26日 13:06 ID:Er872HJM0▼このコメントに返信
比較する機種と条件が無い以上優劣なんて決めようがない
例えばAR15を使うにしても銃身の長さと弾の種類で初速もジュールも全然違うやんけ…
173.名無しさん:2018年06月26日 16:11 ID:vjutbDtV0▼このコメントに返信
ストレートとナックルが同じ球威だって言ってる。
174.名無しさん:2018年06月26日 17:16 ID:pJmmorvH0▼このコメントに返信
*159
スラッグが風を受けて回転し始めるにはまずスラッグが回転を始めるまで
相当の距離を横転もせず真っすぐ飛ばなければならないわけで
それだったら最初から回転しなくても真っすぐ飛んでいるということになるよな?
デジタルビデオカメラのおかげで飛んでいくスラッグ、的に着弾するスラッグを
スローモーションで撮影できるようになったけど、回転してないね
よって「スラッグは風を受けて回転する」は現在完全に否定されているよ
175.名無しさん:2018年06月26日 17:29 ID:PE.kG3pt0▼このコメントに返信
要するに石斧でも有効射程(手が届く範囲)なら、、、って事か?
176.名無しさん:2018年06月26日 17:47 ID:yUXneSQy0▼このコメントに返信
※164
実験としてはマスケットの銃弾が命中した時に人体にどれくらいの損傷が出るかって実験で、標的の中身は人間の肉を模したもんらしいから多分弾道ゼラチン
生身の人間でも急所以外なら似たような結果になると思う
177.名無しさん:2018年06月26日 18:44 ID:tspStFsM0▼このコメントに返信
※176
火縄銃の最大射程は500〜700mとあると言う話だし(スラッグ弾が700m提案)、実施にアメリカまで行ってやった実験では50mなら余裕で鎧を貫通してたんで、100m位なら充分な殺傷力はある物だと思ってたけど形状でそこまで変わる物なのか。
貫通力とかも極端に悪いからそう言う結果なのだろうか。
拳銃弾も弾種や相手の厚着何かでも効果が変わると言うし。
178.名無しさん:2018年06月26日 19:25 ID:dWwxQj5S0▼このコメントに返信
城のある町なら、お堀の幅を見に行きなさいな。
甲冑着けてても当たれば死ぬ範囲が堀の幅。ま、甲冑着けてない相手なら二百メートルまでは殺せるけれどね。
もっとも滑腔銃だから五十メートルを超えると命中精度が悪くなる。
お城のデザインってのはそういうこと。水堀・石垣だって火縄銃の登場により作られた。弓なら空堀・土塁でもいい。
ちなみに弓だって貫通力は火縄銃の六割はあるから小川程度の堀じゃだめだよ。
179.名無しさん:2018年06月26日 19:51 ID:yUXneSQy0▼このコメントに返信
※177
日本の火縄銃や大砲の記録は飛距離と実用上の最大射程があんま区別されてないからちゃんと分けて考えないとごっちゃになるよ
飛距離だけで言えば1600年代の大砲でも2kmとか飛ぶけど、まともに狙える距離は数百m
重量の軽い弾丸は重い弾丸よりも回転でカーブしやすいから、銃の場合は大砲よりも飛距離に対する実用上の射程距離の減少率が更に高くなる
180.名無しさん:2018年06月26日 20:31 ID:xsvabgHm0▼このコメントに返信
5m先に鍵のかかった鉄製のドアがあって、火縄銃かアサルトライフルどちらか一発使って鍵を破壊
俺なら火縄銃使うなぁ

近距離単発の威力なら一般的に火縄銃が強いよ
拳銃弾防げるボディアーマーとかもアーマーごと潰せるはず
181.名無しさん:2018年06月26日 20:33 ID:tspStFsM0▼このコメントに返信
※179
スラッグ弾の初速400m/s位、最大射程は700m位で有効射程は100m位、口径も11mm〜18mm位だから弾頭重量も同じくらい。火縄銃も最大射程がそれくらいで初速は400m/sで弾頭重量も似たような物、違うとすれば弾頭の形状くらいだから火縄銃の有効射程も似たような物になると思ってた。
ちなみに今言ってる有効射程は一般的な命中精度では無くて単純に当たったとしたら致命傷を与えれるか?と言う話。
直径6mm位なら数十Jあれば一応、致命的な傷を与えれるとかある、実際に死ぬとかなれば当たる場所にもよるけど。最弱の22LR(5.7mm位)では百数十J位ある。弱いと言われるが銃乱射事件でよく多数の死者はでる。
火縄銃の7匁クラス(16mm)とすると26g位で初速400m/sなら2100J位になるし(スラッグ弾とほぼ同じ)、それが100m位でほぼ威力が無くなると言うのがいまいち想像出来なくて。

182.名無しさん:2018年06月26日 21:02 ID:tspStFsM0▼このコメントに返信
そう言えば※181であーだこーだ書いたけど、最近もM855を改良して弾頭形状を変えて材質も変えてるけど重さは同じでライフルリングに最適になる様にしたM855A1はそれだけで精度、威力共に有効射程が劇的に伸びた見たいだから、ライフルリングや弾頭の形状の影響はバカには出来ないな。
183.名無しさん:2018年06月26日 21:09 ID:uqxY846j0▼このコメントに返信
※180
だから飛び道具なのに近距離の威力なんか比較して何の意味があるのかと
184.名無しさん:2018年06月26日 21:44 ID:s2oG5iGv0▼このコメントに返信
火縄銃の油工射程距離は短いのは弾が丸いからやで
筒から出るときに毎回ランダムな回転がかかり100m超えると狙った的に当たりにくくなるらしいで
185.名無しさん:2018年06月27日 02:13 ID:lickyE8A0▼このコメントに返信
丸いので人体バラバラになるで。貫通より非貫通が多くなり残存速度が同じなら殺傷力は椎の実型の倍はあるゾ

速度の減少度合いが高く、弾道性が悪いのが欠点。

※183
色んな意味が有るやろうが、脳味噌無いんかおどれ
弾道ミサイルからデリンジャーまで火砲銃器に細かい区分が有るんは何でじゃ。
アサルトライフルは近接火力として複数のエリアを縦断兼務しているから重宝なんやぞ。そしてその価値はセグメントに分けて分析してのち総合するんや。大雑把考える奴は進歩する可能性が無い
186.名無しさん:2018年06月27日 10:44 ID:a75wGFQm0▼このコメントに返信
南北戦争の米国でも主力はマスケット銃(エンフィールド)だったんだから、同時代の日本の火縄銃をバカにできないけどね。確かに、新しい銃(マスケットではない銃、当時はスペンサーなど)が当時発明され、一部に配備されてたのは事実だけど、それが現場の兵士全員に行き渡るのはずっと後の時代の話なんだよ。

当時、戦場を大きく変えたのは銃の構造より、弾の構造の改良の方。銃の方はライフリングが追加された以外はマスケット銃が主力。従来のマスケット銃の弾は球状だったんだけど、当時ドングリ型というプリチェット弾が普及して、一気に3倍以上もマスケット銃の射程が伸びた。

187.名無しさん:2018年06月27日 12:52 ID:.OWy5YdV0▼このコメントに返信
※186
ドライゼ銃が採用されたのは1841年、配備され出したのは1848年で南北戦争が始まる12年くらい前
それが実戦で活躍しだして大騒ぎになるのは、南北戦争終結からたった1年後の1866年

この時代、銃や砲、通信みたいな技術面から、軍の編成や補助組織、作戦に先立つ理論まで色んな変化が立て続けに起きてるから、一番戦場を大きく変えた要素はどれだったかなんて簡単に言えないでしょ
188.名無しさん:2018年06月27日 13:46 ID:cZCHL3ht0▼このコメントに返信
命中率の向上と再装填時間の短縮は、いつの時代でも避けて通れぬ重大な課題だよ。
189.名無しさん:2018年06月27日 16:09 ID:lopZGSx.0▼このコメントに返信
※187
いやこの時代のミニエ弾(プリチェット)と後装銃の出現は少なくとも戦場での形態をガラッと変えたよ、、、

ミニエ弾は有効射程距離の延長、例えばクリミア戦争でマスケットどころか当時の砲よりも射程が長いから
片っ端から砲手が狙撃されて、それまでの砲兵の価値を一気に下げた、、、
つづく南北戦争でも、歩兵の戦闘開始距離が(フリードリヒ大王の)マスケット時代の100mから
一気に離れた500m前後から射撃戦が始まり、直接標準する砲兵と銃剣突撃の価値を思いっきり下げたんだよ、、、
このころ馬関戦争(1864)や薩英戦争起きて、日本でもこの戦場の意識改革が伝わるわけで、、、

さらにプロイセンの後装銃(ドライゼ)採用は、デンマーク戦争や普墺戦争(1866)で
(実は射程や命中精度は前装銃に劣ってたけど)その発射速度で圧倒し
一斉に西欧各国が後装銃に装備変更する事になった、、、
おかげで長州は前装だったゲーベル銃を一気に多量に安く買い入れられたわけで
それがなければ長州征伐の結果だって左右されたかもしれないよ、、、
190.名無しさん:2018年06月27日 16:25 ID:PT5I2tFG0▼このコメントに返信
9mmパラ→381m/s、5.56mm→995m/s、火縄銃→480m/s
初速はこんな感じらしい
そもそもライフル用の火薬と火縄銃の黒色火薬は
燃焼速度が全然違うから単純比較するのは微妙というかw
191.名無しさん:2018年06月27日 16:32 ID:PT5I2tFG0▼このコメントに返信
火縄銃の玉って剥き出しの鉛だよね?
各種色んな貫通弾(大ざっぱな表現で勘弁)がある
現代のアサルト弾とはその辺は比較にならんと思うけど
192.名無しさん:2018年06月27日 16:50 ID:QUPt8.200▼このコメントに返信
火縄銃は素でブロック塀を貫通すると聞いた
一般的なアサルトライフルは新型高速徹甲弾を使ってやっと同じようにできると聞いた
193.名無しさん:2018年06月27日 16:50 ID:QUPt8.200▼このコメントに返信
火縄銃は素でブロック塀を貫通すると聞いた
一般的なアサルトライフルは新型高速徹甲弾を使ってやっと同じようにできると聞いた
194.名無しさん:2018年06月27日 17:09 ID:a75wGFQm0▼このコメントに返信
※187
※189

後装銃が一気に普及するきっかけは「騎兵隊」の大活躍なんだよ。これは欧州や中東でも活躍した訳だけど、一番イメージしやすいのは米国のウェスタン映画。拳銃やライフルを手に馬で草原をかける主人公ってのがまさに南北戦争期の米国で大活躍した騎兵隊なんだよ。

そうはいっても、実際には馬で機関砲や大砲を引っ張っていくのもセットで騎兵隊なんだけど、乗馬したままリロードできる後装式の拳銃やライフルが馬の機動力も相まって高い戦果を上げた訳。

馬と弓で活躍したトルコ騎兵隊を、高い修練がなくともどの国でも実現できるようになったってのは非常に大きい。この騎兵隊は日本ではロシアとの戦争で秋山好古が当時世界最強と言われたロシア騎兵隊を打ち破ったことで有名。(騎兵なのに陣地を作って籠るという奇策だったけどね)
195.名無しさん:2018年06月27日 17:11 ID:a75wGFQm0▼このコメントに返信
※193

それは近距離で撃てばの話。

距離が離れるほど、急速に火縄銃の威力が減衰して、現代の銃に勝てなくなる。
196.名無しさん:2018年06月27日 17:15 ID:4YNGbWvt0▼このコメントに返信
武器としてまあ期待はするけど
音で威嚇する意味の方が強かったらしいけどな
197.名無しさん:2018年06月27日 18:28 ID:lopZGSx.0▼このコメントに返信
※194
クリミア戦争(1853)は、ロシア軍VS 英仏トルコ軍なんですが、、、
トルコ軍なんて1826年イェニチェリを廃止し西欧式近代軍(ムハマンド常勝軍)になって
騎馬兵はほぼ存在してませんよ、、、
ちなみに西部劇では騎馬兵しかでませんが、それはインディアンが全員遊牧(民族)兵だからで
南北戦争当時の当時の米軍の主力は砲兵と歩兵なんですよ、、、そこで戦闘の形が変わったんです、、、

つかミニエ弾による有効射程の伸長は(あらゆる突撃の有効性を下げたほか)歩兵の散開戦闘を一般化したんです、、、
つまり騎兵はあまり関係ない話かと、、、
198.名無しさん:2018年06月27日 18:56 ID:.iylcI0g0▼このコメントに返信
火縄銃の射程距離を知ってるか?
実際に火縄銃を撃つ人の記事を見た事あるが、本当に当てるのが困難で、戦国期は当てるよりも威嚇と爆音で馬を驚かす効果で使ってたと書いてあったな。
199.名無しさん:2018年06月27日 19:44 ID:VhOIu8300▼このコメントに返信
米軍がレーザー実用化したら原子力空母単体で無制限に照射できて無敵なのでは
200.名無しさん:2018年06月27日 20:11 ID:a75wGFQm0▼このコメントに返信
※197
201.名無しさん:2018年06月27日 20:16 ID:a75wGFQm0▼このコメントに返信
※197
いや、だから事実上騎兵隊って砲兵だって書いたんだけど読んでくれ。確かに、ドラグーンという騎兵隊が突撃してた時代もあるんだけど、ミニエー銃や後装式ライフルが出てくると、機関砲や大砲を馬で引いて陣地を移動する部隊が主になった。そして騎兵隊の最後が日露戦争だよ。この後は、馬でなくトラック等を使った機械化歩兵の時代に移り変わっていく。
202.名無しさん:2018年06月27日 21:17 ID:Z2Yrlr2L0▼このコメントに返信
※76
何そのダインスレイブ?
203.名無しさん:2018年06月27日 21:41 ID:lopZGSx.0▼このコメントに返信
※201
引馬の大砲は、兵種としては砲兵だよ、騎兵じゃない、、、
つか大砲を人力で運んだのは山砲除いて旧日本軍くらいなんだぞ、、、

ミニエ弾が出てくる以前、マスケット主流のグスタフからナポレオン戦争の時代ではもう
クラウゼリッツが「騎兵は一番必要性がない兵種」って書いてるくらい騎兵の価値はさがっちゃったんだよ、、、

その理由は歩兵の小銃の進化じゃなくて、砲弾の進化のため
榴散弾の出現で(ナニモノであれ)待ち構えた敵への正面突撃が砲撃によって自殺行為になったから、、、
だからそれからしばらくは砲兵が戦場の主役になった、、、
ナポレオンが「歩兵大隊の数より砲の門数が勝利に重要」って言ってた時代になったのよ、、、

そしてミニエ弾によって、砲が届かない距離から砲手を狙撃できるようになり砲兵が最前線に出ることが難しくなり
歩兵が戦争の主力になったのが、南北戦争の時代なんだ、、、
実際北軍は大砲の数では南軍を圧倒してたんだけど、結局その砲はあまり意味をなさなかったんだよ、、、
204.名無しさん:2018年06月27日 23:23 ID:YuN.vXHG0▼このコメントに返信
※60
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる
ってことわざのある通りマスケットと言うか銃の本質は訓練時間の短さ
農民ですら数か月の訓練で実用レベルだが
和弓をそのレベルで扱える武芸者に育てるにどれだけかかるか?
205.名無しさん:2018年06月28日 00:04 ID:5lilXvNH0▼このコメントに返信
ライフルは先が尖ってるから強力って考えてるやつ違うぞ?
象撃ちとかグリズリー、ヘラジカとかの大型獣用のマグナムライフルは
ラウンドノーズって先が丸い弾使うからな
先が尖ってると柔らかい組織に弾が逃げちゃうから体内に入ってから
曲がっちゃって急所に届かないんだよ

206.名無しさん:2018年06月28日 02:06 ID:wrSWNHTx0▼このコメントに返信
※203
クラウゼリッツは知らんが、クラウゼヴィッツが何言おうが、ナポレオン戦争で騎兵が重視されていたのは事実
旅団編成でも極めて重視されていたし、仕事も多岐に渡った
まさか、騎兵の役目が敵味方両方そろったところでヨーイドンだけみたいな雑な認識じゃないよな
>ミニエ弾が出てくる以前、マスケット主流のグスタフからナポレオン戦争の時代ではもう
>クラウゼリッツが「騎兵は一番必要性がない兵種」って書いてるくらい騎兵の価値はさがっちゃったんだよ、、、
ついでに言うと、カール十二世とかフリードリヒの騎兵運用の巧みさと重視っぷり、指揮官に有能で信頼できる
人物を据えて、戦機をとらえたこと、その他もろもろを見ればこんな雑な発言はできないはず
そもそも同じスウェーデンでも騎兵の運用速度が割と低速で射撃砲撃との連携主体だったグスタフと単独の高速
突撃を主にしたカール十二世では全然違うし、その時代の騎兵の本流も違う
これらをナポレオン時代とひっくるめて言及するのって近世の騎兵運用を全然知らんでないの?
207.名無しさん:2018年06月28日 10:35 ID:PlV1EUx90▼このコメントに返信
運動エネルギーは火薬の威力に比例するから火縄銃もアサルトライフルもそう変わりは無いはず。
そもそも軍用銃って相手を戦闘不能にさせる銃だから猟銃と比べると威力は低い。
むしろ最近では即死よりも怪我で終わった方がいいって思想で作っている。
208.名無しさん:2018年06月28日 12:20 ID:RzmaP3yf0▼このコメントに返信
スラグ弾装填のショットガンと比べるべきだよな
209.名無しさん:2018年06月28日 12:48 ID:SfPD5kih0▼このコメントに返信
※206
自分の意見に合わないからと言って
クラウゼリッツの戦争論や当時のナポレオンの言を全否定するのは、なんだかいただけないなぁ、、、
実際の戦場で頼りになるのは歩兵と砲兵だけ、ってのが当時の軍事常識だったのは記録見る限り事実よ、、、

ちなみに騎兵隊(ナポレオンの場合は竜騎兵)突撃の衝撃力は当時は恐れられていたんだけれども
イエナの戦いでネイ率いる3000の歩兵部隊が方陣でプロイセン鉄騎兵45個大隊の突撃を耐えて以後
一気に騎兵隊(突撃)の評価は地に落ちたのよ、、、
210.名無しさん:2018年06月28日 14:56 ID:wrSWNHTx0▼このコメントに返信
※209
なるほど戦例を一つ出せばその兵科がいいとか言えるのかぁで、アイラウとマレンゴだけで騎兵最強になる? んなわけないでしょ
めんどいから省くけど当時のナポレオンって騎兵運用について山ほど研究して新成果も出してるしオーストリアその他にパクられて、
それどころか新たな潮流になってるし、編成数は相変わらず多いし、その辺全然出てこないね、細かいこと知らないでしょ?
偉い人が言った一言を表層的に理解して全部わかった気になるからそういうツッコミをくらうのよ
繰り返すけど近世騎兵のツッコミ無視しないでくれ、グスタフが「一番必要性がない兵種」をわざわざ直率する意味は?
彼は無能だったのか? って話になるとも思うが。
あと近世期の騎兵の名将とその成果が一番必要ない、って謎だな。
ザイドリッツ、ヴィラール、バッペンハイム、ベルンハルト……その他綺羅星のごとき名将の仕事っぷりは無視なの?
211.名無しさん:2018年06月28日 16:12 ID:HSjSsHwv0▼このコメントに返信
弾は貫通力を高める為に磨きはなかった
要は摩擦力で貫通力を増してたから、甲冑に、油を塗っていればほとんど貫通力しないんだよな
212.名無しさん:2018年06月29日 09:54 ID:j1xUZ6jT0▼このコメントに返信
※60
それ記録じゃなくて昔の戦場で誇張された伝聞だろ。
現代に検証されたものじゃない。
それとも現代で検証された「記録」があるとでも?
213.名無しさん:2018年07月04日 15:07 ID:bX38PX830▼このコメントに返信
※210
クラウゼリッツの戦争論って、ナポレオン戦争を総括して分析した本なんですが、、、
もしかして読んでない??
214.名無しさん:2018年07月05日 22:50 ID:AuxVjlmD0▼このコメントに返信
※213
その前にこっちの質問に答えてほしいんだけど
ナポレオンもクラウゼヴィッツも事実認識にはいくらでも批判や論点があるので
具体的な疑問があるから設定しているのに、なんでこちらの近世騎兵の質問から逃げ回ってるの?
さんざん同じことを言ってるのに何も答えないじゃん
まあ答えられないんだろうけど
近世騎兵についての知識は皆無でしょ?
スペイン継承戦争とか大北方戦争とか何も勉強してないでしょ?
しかもこれだけ日にちおいていなくなってから書き込むってセコ過ぎるわ
215.名無しさん:2018年07月07日 13:54 ID:5HD5Netz0▼このコメントに返信
もしかして火縄銃の弾頭ってタングステン?
216.名無しさん:2018年07月18日 03:32 ID:sQtVNdYr0▼このコメントに返信
刀や弓なら有名人が昔からいるが銃となると聞かんな。

お名前