2021年01月13日 13:05

火縄銃の威力が普通にアサルトライフル並みにあるという現実

火縄銃の威力が普通にアサルトライフル並みにあるという現実

02

引用元:火縄銃の威力が普通にアサルトライフル並みにあるという現実
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1529775244/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:34:04.009 ID:iy45Ob5l0
連射できないだけで十分殺傷能力はあったんだな

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:34:49.184 ID:eRYfe2b10
殺傷力低い銃もあるの?

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:52:17.233 ID:iy45Ob5l0
>>3
あるでしょ

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:35:11.630 ID:s8YInTiPM
頭に当たれば死ぬ的な意味では同じかもな

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:35:52.873 ID:/oJ2HNBD0
包丁と日本刀の威力は同じ

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:39:30.649 ID:r0pgI/oQd
ライフルというよりスラグ弾に近そう
あの量の火薬仕込んでるそこそこのサイズだし

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:40:41.398 ID:geU9+xfk0
ライフリングとかもなんもないからまず当たらないんじゃないの?

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:42:40.613 ID:IEWhQfI40
量仕込んでも黒色火薬の性能自体が…

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:43:32.768 ID:I3CqDHKJ0
火縄銃の有効射程が50m前後でアサルトライフルの有効射程がだいたい200mくらいと聞いた

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:48:27.880 ID:3gbfFQy+p
射程と命中精度が問題であって火力は大差ないらしいな

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:52:09.055 ID:IEWhQfI40
>>21
基本的に射程が変わるなら威力も変わるがな…

35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:56:09.903 ID:z2XqBlbo0
>>27
別に出力=威力ではないだろ

45: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:02:06.897 ID:IEWhQfI40
>>35
=ではないけど概ね変わるで

46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:03:00.626 ID:z2XqBlbo0
>>45
そうなのか

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:49:06.757 ID:IEWhQfI40
ライフルリングは元々お掃除しやすいようにと試しに彫られたものだった
だが弾道を制御する効果が発見され、カートリッジの発明と相まって一気にスタンダードになった
でもお掃除しやすくなったかどうかはよく分からなかったという

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:54:23.645 ID:QLaGmXRa0
単純に弾が重いから12ゲージスラッグ弾と同じようなもん
有効射程で当たったら部位が吹き飛ぶわ

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:55:00.435 ID:J6aeli17a
意味有るから普及したんだろ
弓じゃ20mくらいしか甲冑貫ける射程無かったのに
火縄銃なら80mくらいまで有効射程伸びたんだぞ

ライフル並っつーけど銃口初速でしか比較してないだろ

39: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:59:16.010 ID:YQu4PHRhd
量産してる人間がまだ職人と呼べる程技術無くて複数人で作らせてるから人によって形状が違う

44: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:01:17.611 ID:z2XqBlbo0
>>39
逆に職人じゃなくてパーツごとの生産性重視したのは凄い

41: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 02:59:43.368 ID:vDMO02v/0
旋盤なんて無い時代にどうやってあの筒作ってたんだろ

56: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:19:39.221 ID:K/2L75UC0
>>41
一枚の板を棒に巻いて筒状にしてた

48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:05:33.232 ID:QLaGmXRa0
筒は鋳造でどうとでもなるだろ
筒内の研磨はちょっとめんどくさそうだが

53: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:13:37.021 ID:IEWhQfI40
パーカッションリボルバーとかチャンバーローダーとか過渡期の構造にロマンを禁じ得ない

54: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:16:20.425 ID:c9G8Xd2Vr
火縄銃とマスケットの違いがよくわからん

55: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:18:57.750 ID:z2XqBlbo0
>>54
先込式全般がマスケット
火縄はマスケットの一部

57: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:21:07.698 ID:pyvYyXsx0
型落ちしたマスケット銃を日本に売りつけてたんだっけ

62: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:32:17.248 ID:K/2L75UC0
>>57
幕末にね
それでも日本は銃自体300年も発達して無かったから充分だった
その中でも先進的な藩は最新の銃を揃えたから強かった

65: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:37:46.701 ID:lXCgCGDV0
世界大戦で銃進化しすぎじゃない?
ガーランドからM16までの進歩が早すぎる

67: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:47:20.319 ID:K/2L75UC0
>>65
技術的な着想とか理論は出来てたけど運用面でもたついてた面がある
例えばセミオートやフルオートで撃てる銃は誰でも作りたがるけど
じゃあそれだけ撃つ弾をどうやって持ち運ぶか?となると徒歩や馬と言う限界があって結局は使えない銃になってしまう
そこに自動車とか飛行機の登場で運搬補給の進化と共に一気に銃も進化したんだな

66: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/24(日) 03:39:57.838 ID:Zrvsi+YI0
そのうち装薬なしのレールガンが実用されるんだよな


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2021年01月13日 13:07 ID:chnwCmqY0▼このコメントに返信
あくまで距離が近ければだ
ライフリングがないから、急速に威力は落ちる
2.名無しさん:2021年01月13日 13:10 ID:h2BhenzV0▼このコメントに返信
プロレスラーのフライングボディプレスとデブのフライングボディプレスの威力がほぼ同じみたいな話か?
3.名無しさん:2021年01月13日 13:10 ID:KCepCfjC0▼このコメントに返信
劣化ウラン弾込めようよ?
4.名無しさん:2021年01月13日 13:13 ID:.k50hi1Y0▼このコメントに返信
命中精度のほうは段違いだからな
5.名無しさん:2021年01月13日 13:14 ID:8tWcYvYL0▼このコメントに返信
>>22
>ライフルリングは元々お掃除しやすいようにと試しに彫られたものだった

ライフリングが無い方が、お掃除しやすいと思うがw
いいかげんな事書くやつがいるな。
6.名無しさん:2021年01月13日 13:16 ID:8tWcYvYL0▼このコメントに返信
>火縄銃の威力が普通にアサルトライフル並みにあるという現実

射程距離も貫通力も全然違う。
スレ主はアホなの?
7.名無しさん:2021年01月13日 13:18 ID:tGdkpjPQ0▼このコメントに返信
>殺傷力低い銃
ベレッタなんかは当たっても簡単に死にそうにないな。
頭狙ったって頭蓋骨貫通し無いんじゃないか?
8.名無しさん:2021年01月13日 13:20 ID:md9OclD80▼このコメントに返信
射程距離は弾頭形状とライフリングの有無に寄るから無視したとしても、
弾頭重量と初速で威力は比較できるだろ

実際の差は知らんけど
9.名無しさん:2021年01月13日 13:20 ID:dP6C9aqw0▼このコメントに返信
また日本人による歴史のねつ造改変か
これを信じ込んこむバカしかいねえからな
10.名無しさん:2021年01月13日 13:21 ID:R9wvKxNL0▼このコメントに返信
※2
九七式中戦車チハでも、10式戦車でも、人間が轢かれれば同じという事だ
11.名無しさん:2021年01月13日 13:24 ID:yayZ5q8l0▼このコメントに返信
撃ち比べた感想でもないから銃を撃った事もない子がスレ立てちゃダメだよ
12.名無しさん:2021年01月13日 13:25 ID:mr4.RaDS0▼このコメントに返信
500Jくらいしかない&弾の形状的に破壊力もないはずでは?
アサルトライフルは2000Jくらいあったでしょ
13.名無しさん:2021年01月13日 13:26 ID:eWQLgVG50▼このコメントに返信
威力だけなら、百匁玉の抱え大筒火縄銃もあるんだな、威力だけなら。
14.名無しさん:2021年01月13日 13:26 ID:I.AyMRrZ0▼このコメントに返信
なんか…こう、頭が悪そう…
まぁでも銃が非現実的でゲームとかアニメにしか登場しない日本だとそんなもんか。
15.名無しさん:2021年01月13日 13:31 ID:ZWcxYOdi0▼このコメントに返信
※9
ハイハイ、君は関係ないから早く帰国してねw
16.名無しさん:2021年01月13日 13:31 ID:ja0pXNru0▼このコメントに返信
数十メートルまでな近距離の破壊力ならそうかもしれんな、実質ダムダム弾だから人体に当たるとエグイし
17.名無しさん:2021年01月13日 13:31 ID:ubYh0rW50▼このコメントに返信
重さ10gの金属が人間の皮膚を貫くには大体時速270kmくらいの速度があれば事足りるからな
それ以上の重さや速度があっても結果は変わらないってことだ
18.名無しさん:2021年01月13日 13:35 ID:i1NwNJof0▼このコメントに返信
※5
弾撃ったあとの不燃焼物がミゾに流れるから銃身が長持ちするようになるとかそういう話な
19.名無しさん:2021年01月13日 13:35 ID:jGPoWU7U0▼このコメントに返信
威力低くてもあんなの当たったら、まともな接近戦できないだろ
20.名無しさん:2021年01月13日 13:36 ID:Pwyy21Kp0▼このコメントに返信
筒を作る工程で今で言うリーマーを使ってる
竹板に鋼を乗せ回転させながら筒の中を整える
この工程で自然に先が細く成り螺旋も刻まれ
殺傷力が増したと言われてる
21.名無しさん:2021年01月13日 13:39 ID:qMxU5En80▼このコメントに返信
まず威力をどう定義するかによって違うような気がするんじゃが?
22.名無しさん:2021年01月13日 13:40 ID:8tWcYvYL0▼このコメントに返信
※18
それなら渦巻状に回転させる必要は無いだろ、いいかげんな事書く前にwikiぐらい検索しろよ。
23.名無しさん:2021年01月13日 13:42 ID:J.Q2b6BS0▼このコメントに返信
※14
お前もその日本人なんだがw
24.名無しさん:2021年01月13日 13:43 ID:8tWcYvYL0▼このコメントに返信
※20
ライフリングはジャスパード・ゼラーという人の発明。
弾丸に回転を与える事で直進性が増し、命中率が上がる事を思いついた。
その後、ジョージ・グリーンヒルという数学者が最適なリングの回転率を求めて完成された。
偶然とか思いつきで出来たものではないよ。
25.名無しさん:2021年01月13日 13:43 ID:qXJmgFGg0▼このコメントに返信
幕末、戊辰戦争で既に
官軍がエンフィールド銃使ってるのに
火縄銃の話して、何になるのか
26.名無しさん:2021年01月13日 13:48 ID:c3NSdY950▼このコメントに返信
人体の破壊か目的で、人体の性能は今も昔も変わらないわけで
最適な距離での破壊力が、昔の銃も今の銃も同じになるのは当然の結末だよね
27.名無しさん:2021年01月13日 13:49 ID:6Ftxagk60▼このコメントに返信
これってマズルエナジーの話でしょ
28.名無しさん:2021年01月13日 13:55 ID:.8VnmZmf0▼このコメントに返信
初期のライフリングって、確かマスケット銃の銃口内側数センチに彫られたモノが最初じゃなかったかな。それだけでも有効射程(狙って当てられる距離)が70m台から130m近くまで狙って撃てるようになったはず。
29.名無しさん:2021年01月13日 14:03 ID:Q.9LstVY0▼このコメントに返信
火縄で突撃って、マミさんじゃあるまいし・・・
30.名無しさん:2021年01月13日 14:06 ID:kUv6j6bu0▼このコメントに返信
雨に弱すぎ
31.名無しさん:2021年01月13日 14:13 ID:89cfxKQ.0▼このコメントに返信
ハンマーで叩くより火縄で着火するほうが衝撃が少ないので狙うのはやりやすかったそうな
32.名無しさん:2021年01月13日 14:23 ID:rBKMG6.H0▼このコメントに返信
※1
戦国の粗製乱造期にライフリングに似た溝が残っていた火縄銃があったよ
33.名無しさん:2021年01月13日 14:27 ID:8tWcYvYL0▼このコメントに返信
※31
日本には質の良い火打ち石が出土されなかったのと湿気が高いので不発が多かった。
確実に着火するには火縄の方が確実だったから。
34.名無しさん:2021年01月13日 14:30 ID:WXMVqNul0▼このコメントに返信
※29
あれは火縄じゃなくてフリントロック式だから全く違う
35.名無しさん:2021年01月13日 14:31 ID:PpLsgw8d0▼このコメントに返信
弓に代わって普及した理由は威力じゃねーよ
ろくに訓練してない農民でも弓より遥かに簡単に当てられるからだよ
36.名無しさん:2021年01月13日 14:34 ID:Q.9LstVY0▼このコメントに返信
※34
単発銃で突撃掛ける事について言っている
37.名無しさん:2021年01月13日 14:37 ID:uiyOeqWA0▼このコメントに返信
包丁でも殺傷力はあるよ。
で、刀と包丁の威力が一緒と言っているのと同じなるね。
火縄銃とアサルトの何を比べているか知らないけれど
もう少し、現実を見てなした方がよい。
38.名無しさん:2021年01月13日 14:43 ID:jbZi54s80▼このコメントに返信
※27
恐らく。
実用上の威力の話ではないと思う。
39.名無しさん:2021年01月13日 15:02 ID:GcysOnk60▼このコメントに返信
なんで火縄銃の射程が短いかって言うと、理由が2つある
1つ目の理由は発射した弾丸が失速するのが早いから
鉄板を貫ける程の威力を保てるのは近距離だけ
ただし300m離れてても1cm厚の木の板貫通するから、防御されてない生身の人間なら普通にぶっ刺さる(これは歴史的に見ると比較的大口径かつ長銃身な17~18世紀の標準的な滑腔マスケットでの数字で、銃が現れ始めた15世紀頃の銃ならこれより遥かに低性能だったはず)

2つ目は弾丸がランダムな方向にカーブするから
球形の弾丸が銃身内のあっちこっちにぶつかりながら発射されるせいで、弾丸がどっちにどの程度カーブするかが完全にランダム
弾速が落ちてきて弾速と弾丸の回転速度が近くなるとカーブがキツくなるから、距離が離れると狙った場所には全く当たらなくなる
40.名無しさん:2021年01月13日 15:03 ID:5jDMKcBL0▼このコメントに返信
どこからこんな古いスレッド見つけてくるんだ
41.名無しさん:2021年01月13日 15:05 ID:jNNY27PG0▼このコメントに返信
50口径のデザートイーグルの威力とAK47の7.62mmの威力が同じみたいな話でないの
42.名無しさん:2021年01月13日 15:09 ID:riLeWAZ90▼このコメントに返信
弾創は火縄銃の方がひどい。
命中率や同じ時間に発射出来る弾丸の数、弾丸の飛距離、天候に対する耐久性などはアサルトライフの方が上、って当たり前だろ!
43.名無しさん:2021年01月13日 15:18 ID:fj15MHjm0▼このコメントに返信
火縄銃でも口径で火薬量も変わるから強力な銃があったのは理解できるが
アサルトライフル並みは盛りすぎかと。
44.名無しさん:2021年01月13日 15:24 ID:hAmr7oDv0▼このコメントに返信
単なる丸い球だから防弾ジャケットだと貫通力が無い

>39
ホップアップを付けるべきだったね
45.名無しさん:2021年01月13日 15:29 ID:jBtvm1f.0▼このコメントに返信
音でかすぎ
46.名無しさん:2021年01月13日 15:37 ID:GcysOnk60▼このコメントに返信
※43
マスケットは基本的に今の銃より遥かに大口径だから、銃口初速で計算するとアサルトライフル並みになるんだよ
今のアサルトライフルは口径5.56か7.62mmとかだろ
17~18世紀の代表的なマスケットのブラウン・ベスは19㎜だからな、20㎜機関銃より1㎜小さいだけやぞ
47.名無しさん:2021年01月13日 15:39 ID:GcysOnk60▼このコメントに返信
※46
間違い、ブラウン・ベスは18~19世紀やな
48.名無しさん:2021年01月13日 15:49 ID:eHWUHBh00▼このコメントに返信
弾丸の大きさがぜんぜん違うんじゃないの
49.名無しさん:2021年01月13日 15:54 ID:jIu6j0ki0▼このコメントに返信
何をもって威力と言ってるのか分からんが、ライフル弾と比べれば貫通力とか重要な要素が変わってくるでしょ
50.名無しさん:2021年01月13日 15:59 ID:wzXpGod.0▼このコメントに返信
フリントロック式って引き金引いてから撃つまでにタイムラグがあって当たりにくいと聞いて大袈裟なと思ったが
Youtubeで実際に撃ってるの見ると1秒ぐらい有るんだな
引き金引いた後しばらくして点火用の火薬が着火してまたしばらくしてやっと弾が出る
51.名無しさん:2021年01月13日 16:02 ID:GcysOnk60▼このコメントに返信
※49
銃口出た直後の弾丸が持ってる運動エネルギーやぞ
あと貫通力って弾丸の形状、標的の種類なんかによって千差万別に変化する、明確な基準が何一つ無い概念だから、貫通力を一番手っ取り早く比較したいなら弾丸の持ってる運動エネルギーを比較するのが妥当
52.名無しさん:2021年01月13日 16:04 ID:oM4eor700▼このコメントに返信
※46
銃口初速は5.56で900よりちょっと上7.62で800前後
マスケットの銃口初速500~550位より遥かに高初速
53.名無しさん:2021年01月13日 16:07 ID:nF9vK0OH0▼このコメントに返信
スレ主は銃の歴史を勉強すべき。
火縄銃、マスケット銃、スペンサー銃、ウインチェスター銃、ドライゼ銃、ピーターセン銃(半自動小銃)と進んでやっとStg44自動小銃が生まれた(それを真似してAK47が生まれた)歴史を、銃本体と同じくらい重要な実包開発の歴史と一緒に。

独逸人の凄いところは「戦闘報告の統計によると実包の有効射程は1000mも必要ない。鹿より動きが遅くて鼻が効かない人間を狩るのなら300mで充分だ。」と判明したら、戦時中だろうが何だろうが実包の小型化(7.92X33mm弾)を計画し実行したこと。これは補給部隊に有能な士官が集まっていないと出来ない。
日本は日中戦争で6.5mmx50SR弾(三八式実包)の威力不足が問題となり7.7mmX58弾(九九式普通実包)に切り替えようとしたが、切り替え途中で太平洋戦争に突入した。そのうえ機関銃用の7.7mm弾は九二式実包から(共用出来ない)九七式実包に途中変更された。航空機の機銃は古い九二式のままで一貫しており、陸戦用の新しい機関銃用の実包は流用できなかった。
「大陸の部隊に38式を回して南方の部隊に99式を回す」という工夫をしたが、最終的に大陸から部隊を引き抜いて南方に投入したから何種類もの弾薬規格が入り乱れて補給は大混乱した。
54.名無しさん:2021年01月13日 16:10 ID:akSDkdEu0▼このコメントに返信
絶対違うからな。

マスケットとライフルでは数倍以上の運動エネルギー差がある上、発射薬の性能も、弾頭形状も違う。
弾道安定性、貫通力、破壊力にも格段の差がある。
マスケットでは現代の拳銃にも太刀打ちできないのに、小銃とは比較の対象にもならないぞ。

とりあえず滑空砲とライフル砲の概念から勉強して来い。
55.名無しさん:2021年01月13日 16:17 ID:BMG.dMxv0▼このコメントに返信
人間で言えば砲丸と野球ボールで威力が違うと思えばいい。投げて遠くに飛ぶのは投手の投げるボールだけど、当たって痛いのは素人の投げる砲丸。
56.名無しさん:2021年01月13日 16:20 ID:TpWnd6eY0▼このコメントに返信
元スレ見てない人のためにざっくり書くと10匁筒って言う大口径の火縄銃で銃口から弾が出た瞬間の威力(運動エネルギー)が約1800Jだからアサルトライフル(5.56×45NATO)とほぼ同等って話で火器としての威力が同じって訳では無い。
ちなみに比較的小口径の3匁筒で約600Jなんで9ミリパラの2割り増しくらいのエネルギー。10匁筒に近い12ゲージショットガンのスラグ弾が3000〜3500J。
57.名無しさん:2021年01月13日 16:23 ID:A.B2t0pU0▼このコメントに返信
日本の火縄銃は瞬発発射が可能だったので鳥打ち銃とも呼ぶ。
唐土朝鮮の銃はそれが出来なかった。
島津義弘の四川の戦いでは、これがものを言って10倍する敵が総崩れとなり
追撃戦で7割程度屠った。島津軍は10人と戦死していない完全試合。

58.名無しさん:2021年01月13日 16:25 ID:YaCwe7gf0▼このコメントに返信
ダムダム弾だから殺傷能力は高いとは聞いたこと有るけど
現代のアサルトライフルと同等の威力は違うんじゃないかな
59.名無しさん:2021年01月13日 16:33 ID:GcysOnk60▼このコメントに返信
※52
その速度差を弾丸の重さで補っとるんやろがい
5.56㎜弾なんて弾頭重量たったの4gやぞ

※54
マスケットとライフルが同等っていう比較自体がそもそも銃口でのエネルギーの話
あと初速900m/sオーバーの5.56mm弾よりマスケットの弾丸の運動エネルギーのがずっと高くて、7.62㎜弾で大体一緒ぐらい
ちゃんとソースあるぞ、この辺読んでどうぞ
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Brown_Bess
60.名無しさん:2021年01月13日 16:36 ID:V0FItHYf0▼このコメントに返信
古いスレだけどネタが無かったんかな
61.名無しさん:2021年01月13日 16:52 ID:uQfG9wOj0▼このコメントに返信
三匁玉で174gr、初速330m/sとあるので、マズルエナジー換算で1/2x11.275gx330m/s^2で614J程度、
銃口で9mmパラ以上357Mag未満ってところで、5.56mmNATOの1,767Jに遠く及ばず。
発射後は※欄にもある弾丸形状の空気抵抗の不利と、ライフリングによるジャイロ効果が無く
急速に減速するので、実用射程では拳銃以下のエネルギーしか無いだろう。
甲陽軍艦に50m以上なら、竹束で防げたとあるし。
大重量弾丸の火縄銃であれば多少は威力は上がるだろうけど。
62.名無しさん:2021年01月13日 16:52 ID:u2.YMFnS0▼このコメントに返信
取り壊す前の我が家にはスナイドル銃があって床の間に飾ってあった
道具屋に家にあった中身全部20万円で売ったので今はない
63.名無しさん:2021年01月13日 17:21 ID:eAyCaE650▼このコメントに返信
>ライフルリングは元々お掃除しやすいようにと試しに彫られたものだった

うそこけ
余計な凹凸は無い方が掃除しやすいだろ。
64.名無しさん:2021年01月13日 17:31 ID:v0re53e60▼このコメントに返信
火縄銃の弾は柔らかいから
例えば胴体に当たったら弾が潰れて
内臓を滅茶苦茶な形に破壊してしまうんやで。
大きさも色々あったし「火縄銃」って
言葉のイメージで馬鹿にしちゃいかんよ。
65.名無しさん:2021年01月13日 17:40 ID:mr4.RaDS0▼このコメントに返信
>>64
そんなん今のソフトポイント弾の方が効率よく破棄するように出来てるぞ
ダムダム弾とか今の市販弾丸に比べりゃクソ雑魚
66.名無しさん:2021年01月13日 17:49 ID:0xpDrWjP0▼このコメントに返信
銃ヲタ共の知識ひけらかし会場はココです
67.名無しさん:2021年01月13日 18:00 ID:KQFlR9Ou0▼このコメントに返信
有効射程内での殺傷能力はだいたい同じ。
68.名無しさん:2021年01月13日 18:03 ID:lnVDGq7j0▼このコメントに返信
侍筒は口径14mm以上で、かつ主流は18mmなんだけど。
因みに散弾銃に使用する装弾には、主な大きさとして『12番』『16番』『20番』『28番』『410番』という5種類がありますが。12番は銃身の内径が『18.5㎜』、20番は『15.8㎜』、410番は『10.4㎜』です。
大体、侍筒は20番ゲージの散弾銃でスラグ弾撃たれる以上の威力となる。
Remington RR12SRS 1200fps 1397lbs/ft 12番
これ、フォスターってスラグだがサボットとなると
Winchester XRS12 1350fps 1821lbs/ftとダンチに
参考に9mmPara 1250fps 383lbs/ft .44マグナム 1180fps 741lbs/ft 5.56x45mm NATO 3240fps 1280lbs/ft
1981年頃に行われた別冊Gun誌の実験では、三匁筒で重さ174グレインの弾丸を発射した場合、初速は330m/s程度、銃口エネルギーは現代の実包に換算すると.38ショートコルトと.38ロングコルトのほぼ中間である。この実験では50m離れた厚さ3cmの合板を完全に貫通している。なお3匁筒って12.3mm口径で、戦闘用じゃなくて狩猟用の猟銃だったりする。こんなの比較対象にした月間Gun誌ってなんなんだ・4・侍筒は十匁以上がメインなので18.3mm以上となるので、10番〜12番の円形鉛弾のスラグ弾で初速を300m位に調整した物と比較するべきでは?
どう思いますか??
69.名無しさん:2021年01月13日 18:09 ID:mZYowo2u0▼このコメントに返信
※64
>>64
火縄銃による死亡率が異様に高いのは弾の問題っつうより、
近現代よりはるかに悪い衛生的な事情で破傷風起こしてたのがかなりデカいって話ですよ。
銃創に対する医療処置が当時はあまりよろしくなかったのも。
どうしても矢傷の延長で考えてしまうんで何が何でも摘出しようとしてしまい、
かえって傷口の雑菌汚染を深めてしまう、とかの。
70.名無しさん:2021年01月13日 18:10 ID:cKS8w8uP0▼このコメントに返信
※29
マミさんマスケットはフリントストーン
71.名無しさん:2021年01月13日 18:15 ID:lnVDGq7j0▼このコメントに返信
※69
当時の弾丸は鉛剥き出しの物で、今はダムダム弾扱いで軍用小銃で正規軍が使用する事は、国際法で禁止されてます。そういう弾なので、過剰な札傷力がある訳で。
二十匁→ 23.1mm 三十匁→ 26.5mm 百 匁→ 39.5mm 一貫目→ 84.2mm という大筒に散弾詰めたモノは、百人ゴロシと呼ばれる凶悪な火縄銃なんだと。
72.名無しさん:2021年01月13日 18:22 ID:PEuHFLtU0▼このコメントに返信
※69
火縄銃の方が死亡率が高いというより、NATO弾が死亡率が低くなるように設計されているから。
一時期、小銃にダムダム弾を使用していた時期があったんだが、苦しみ抜いて死ぬのが人道的でないと使用を禁止する国際条約を作った。
条約では必ずカッパージャケット(銅被覆)にすること、貫通力を高くする事が決められている。
死ぬ時は即死が求められ、生きていれば手当可能な状態にしろって事だね。
73.名無しさん:2021年01月13日 18:22 ID:3Goo3NFz0▼このコメントに返信
兵器の殺傷能力の進化に比べて
人間そのものの耐久性なんて
太古から大して進歩していないよ?
74.名無しさん:2021年01月13日 18:27 ID:bW1HYDj70▼このコメントに返信
※1
ライフリングは直接威力に影響ねぇぞ
あれは弾が飛んでく最中に横倒しにならないようにするもので、横倒しになると貫通力が落ちるって話だ
火縄銃は弾の直径が大きいし、先端がとがった形状でないので空気抵抗を受けやすく減速しやすいだけ
75.名無しさん:2021年01月13日 18:30 ID:7qR09ssL0▼このコメントに返信
※50
ホントだ思っていたのと違う
1秒は大げさだが発砲までコンマ5~6秒ぐらいのラグがあって着火すると導火線みたいな音がするんだな
火縄銃の方がまだラグが少ない感じ
76.名無しさん:2021年01月13日 18:30 ID:bW1HYDj70▼このコメントに返信
>>72
ちょっと違うよ
ダムダム弾は威力が高いんじゃなく、身体内で砕けると戦争が終わった後でも鉛中毒で苦しむことになるから禁止されたんだよ
銃で死ぬ場合、メタルジャケットの方がダムダム弾より苦しまないなんてわけないだろ
死ぬほどのダメージだぞ、どっちも苦しいに決まてるだろ
77.名無しさん:2021年01月13日 18:37 ID:7qR09ssL0▼このコメントに返信
>筒は鋳造でどうとでもなるだろ
>筒内の研磨はちょっとめんどくさそうだが
大砲と違って小さい鉄砲に鋳造を使うと当時の技術だと銃身破裂の危険が
刀鍛冶が多いから日本刀を叩く要領で心棒に熱した地金を巻き付けた方が楽だし強度も稼げるし
出来合いから穴は存在するから筒内の研磨も簡単だと思う
78.名無しさん:2021年01月13日 18:45 ID:.YU32ZZP0▼このコメントに返信
※53
>>独逸人の凄いところは「戦闘報告の統計によると実包の有効射程は1000mも必要ない。鹿より動きが遅くて鼻が効かない人間を狩るのなら300mで充分だ。」と判明したら

それこそ鹿撃ちだと300mどころから50m以内とかが普通見たいだけど、逆にドイツ人が鹿を狩るのにはそんな射程が必要だったの?
79.名無しさん:2021年01月13日 18:50 ID:mnuwRnYt0▼このコメントに返信
火縄銃というか先込め式の銃は普通に脅威だよ。傭兵の雑賀衆が信長正規軍を相手に石山本願寺を10年間も防衛し続ける程度にはね。
突撃銃としての戦術も既にあって、信長を狙撃した坊さんは20mまで接近突撃して見事命中させている。しかも、その場は戦線離脱にも成功してる。後で怒り狂った信長に捕まってあの世へ行ったけどね。
っていうか、中南米を蹂躙したコンキスタドールの蛮族どもの主戦武器だよ。200人以下の銃兵でインカ兵7000人を撃ち殺してインカ皇帝を誘拐してるし
80.名無しさん:2021年01月13日 18:53 ID:uQfG9wOj0▼このコメントに返信
※63
銃のライフリングの開発の歴史の中で、最初は不純物が多い中世の黒色火薬だと
燃え残りの煤が大量に出るので、ストレート・ライフリングの溝があって
煤や弾の削りカスが押し込まれれば、スムースボアより連続使用に耐えて、
溝を掃除するだけで済むと考えた発明家がいて、
掃除が簡単になるという謡い文句でストレート・ライフリングのマスケット銃が
作成された、というだけの話で、実際にはそんな効果は無かったが
81.名無しさん:2021年01月13日 18:56 ID:vy.YUoxw0▼このコメントに返信
距離はうろ覚えだけど確か25mで1ミリ厚と2ミリ厚の鉄板は貫通して
50mで2ミリなら止められたって実験結果
相手が例え鉄板拵えの南蛮胴着てようが火縄銃当てられる現実的な距離なら殺傷揚力は十分
82.名無しさん:2021年01月13日 19:04 ID:OvE3zWcM0▼このコメントに返信
速すぎると弾が突き抜けちゃうからね
なんなら黒色火薬で鉛弾が良いよ
83.名無しさん:2021年01月13日 19:06 ID:lnVDGq7j0▼このコメントに返信
剥き出しの鉛弾の恐ろしさは、電話帳や月マガ見たいな厚いマンガ雑誌に、射撃場でバックショットや旧型スラグ弾撃ち込んでみればわかる事。
おもしれぇぐらいにマッシュルーム起こすぞwwww
昔、狩猟期間にたまたま来たハンターに射撃可能な私有地山林内で、狩りの後残弾処理で、タヌキに見立てて撃ってもらったら6mmぐらいの鉛弾が、紙に貫入する際に
ぐちゃぐちゃに変形して、ゾッとした思い出がある。もう、30年以上昔の話しだが。
84.名無しさん:2021年01月13日 19:20 ID:u2.YMFnS0▼このコメントに返信
日本って当時最大の銃撃戦やってたんじゃないだろうか
そりゃポルトガルもびびるわな
ポ「あのキリスト教...」
日「あ?わしら銃撃戦で今いそがしねんけど」ギロリ
ポ「いえ…なんでもないです」
85.名無しさん:2021年01月13日 19:22 ID:RFAaTbg10▼このコメントに返信
火縄銃はライフリングが無くショットガンのスラグ弾みたいなもんだから、
近距離の破壊力がすさまじいが命中精度が低いし遠距離に届かない。
86.名無しさん:2021年01月13日 19:23 ID:mZYowo2u0▼このコメントに返信
黒色火薬&球形鉛玉にもそれ特有の効果があるとはいえ、さすがに現代弾と比べたらねえ。

米軍の現行弾なんて、体内横転で傷口拡げつつその勢いで自己粉砕して内部飛散・・・。
先端露出弾頭でフルメタルジャケットですらなくなってるし。ダムダム弾規制とかどこいったのさっていう。
比較的キレイに貫入箇所から放射状に飛散するダムダム弾と違ってランダム飛散するってんですから更に凶悪。
87.名無しさん:2021年01月13日 19:23 ID:Y0oFQqIv0▼このコメントに返信
※5
工作制度から銃身の内径がつるつるの一定とは言えないし、戦闘中に発生する衝撃や加重なんかで微妙に歪んだりもする。
もうちょい時代がずれるけれど、銃剣なんかつけてると極端やね。
初期の銃剣には銃口に差して使うものがあったり、そうでなくとも先端の銃身に被せるように付けたりするので、思いっきり突き刺して固いものに当たってわずかに曲がったりもする。
単発でリロードに手間取るから、近距離で再装填の間がなくて剣やこん棒相手にクォータースタッフ代わりに使ったりすることもあったりで。
そこでやすりを突っ込んで銃身内をゴリゴリ整形したりするんだけど、やりすぎると弾とのクリアランスの問題でガバガバで使えなくなるので、銃身内に溝を掘って出っ張っているところだけをごまかしたりする。
発射ガスが多少逃げるけれど、精度自体はそれほど劣化しないので、痛んだ銃身の対処として行われたりしてた。
また、銃身内にこびりついた火薬カスなんかを削いで清掃する時も、溝があるとそこにカスが落ちるので、銃身と掃除棒との接触面が均一にならずに抵抗が低くなって掃除しやすいのでは?って考え。
88.名無しさん:2021年01月13日 19:30 ID:u2.YMFnS0▼このコメントに返信
丸い鉛弾は火薬の包み紙でくるんで入れるのでは
日本史の先生に高いところから低いところ狙うとき転げ出ないようにそうしたと教わった
89.名無しさん:2021年01月13日 19:58 ID:mZYowo2u0▼このコメントに返信
※88
>>88
早合のことですかね?
アレ、紙そのものは銃身に入れないんですよ。包みの片方破って中身(玉+一発ぶんの火薬)注ぐためだけのもの。
そのあと槊杖って棒で突いて火薬と一緒にギュッと押し固めるんで(たぶん玉もちょっと変形して)、
下向けても玉が落ちてこないんです。
90.名無しさん:2021年01月13日 20:00 ID:i1ZQeaOF0▼このコメントに返信
※76
メタルジャケットは潰れるだけでバラバラにならないから摘出しやすいから人道的なんだとさw
戦争にルールがあるのも変だが。
91.名無しさん:2021年01月13日 20:07 ID:i1ZQeaOF0▼このコメントに返信
※87
プリチェット弾が発明される前の球状弾はライフリングは無意味だから、それはライフリングでは無いと思う。
92.名無しさん:2021年01月13日 20:23 ID:bkzmCUjc0▼このコメントに返信
命中したら大変 玉はデカイし鉛の塊 モロにダムダム彈だぞ
93.名無しさん:2021年01月13日 20:28 ID:lnVDGq7j0▼このコメントに返信
因みに、火縄銃は高い所から撃ち下ろすと射程が延伸するぞ!
侍筒なら1町つまり400m近く離れてても、足軽の竹籤に和紙の胴丸は貫通してタヒるとさ。
94.名無しさん:2021年01月13日 21:04 ID:.GNQthmK0▼このコメントに返信
そういや日本の警官が使ってる弾はFMJだけど、練習用の弾はソフトポイントだって聞いたことがあるな
やっぱ安いからかね?
銃身が汚れる欠点も数撃てない日本じゃ影響少なそうだし、練習中に外しても跳弾しにくいってメリットもありそうだし
95.名無しさん:2021年01月13日 21:16 ID:xwqkw4ls0▼このコメントに返信
※12
二匁五分弾のよくある鉄砲で.357マグナム弾程度のパワー。
十匁弾の侍筒だと12番のスラッグ弾位。
有効射程も100mはいけるので、1発の殺傷能力は結構ある。
そして、短筒より小さいのに、合戦で使う鉄砲並みの威力で弾を連射出来る現代の拳銃ヤバいよね。
侍筒のパワーを数倍の射程で撒き散らす、一人鉄砲隊な現代の機関銃もヤバすぎる。
96.名無しさん:2021年01月13日 21:21 ID:lnVDGq7j0▼このコメントに返信
>89
早合の紙は、散弾銃弾のワッズつまり詰め物だから
発射ガスが弾丸の隙間から漏れるのを防ぎ、初速を上げ威力を増す為のもの。
97.名無しさん:2021年01月13日 21:22 ID:gZVUvSlx0▼このコメントに返信
実際球大きいし、質は悪くても火薬量は多いので至近距離では現代のライフルと変わらん威力と言うのはわからないでもない。
もちろん距離が遠ざかれば現代のライフルより大きく劣るだろうけど。
弾の威力はそのまま反動に反映される。
反動に耐える人間は現代人だからといってそこまで強化されてない。
98.名無しさん:2021年01月13日 22:26 ID:cZwufqMK0▼このコメントに返信
ライフリングのおかげで弾道が安定するだけで、威力的には同じでもおかしくはない
火薬量(装薬量)と弾丸の重さを考えれば、むしろアサルトライフルが非常に優秀と言う認識のほうが正しいと思う
99.名無しさん:2021年01月13日 22:30 ID:i1ZQeaOF0▼このコメントに返信
※94
アメリカでも練習用は鉛のソフトポイントだね。
ライフリングの損耗を少なく出来るので銃の寿命が延びるんで。
100.名無しさん:2021年01月13日 22:30 ID:cZwufqMK0▼このコメントに返信
※90
なんもおかしくないで
戦争における殺し合いは手段であって目的ではないのだからね
お互いに自分の要求を呑ませるために戦争すんのに、ルール無用にしたらまとまる話もまとまらんよ
101.名無しさん:2021年01月13日 22:32 ID:i1ZQeaOF0▼このコメントに返信
※98
弾の威力は弾丸の重量x初速だからね。
アサルトライフルは弾頭重量を減らす為に初速を上げて威力を高めている。
102.名無しさん:2021年01月13日 22:51 ID:S2xxqKg90▼このコメントに返信
※59
高校で物理習った方がいい。
弾が重くても速度が遅かったら弾丸にエネルギーがない。
エネルギーがないと物体を破壊もできないし貫通もできない
103.名無しさん:2021年01月13日 22:59 ID:S2xxqKg90▼このコメントに返信
※72
いや、それデマな。
NATO弾は小口径の限られたエネルギーの中で殺傷力を発揮するように弾頭設計が工夫されている。
初期のM193や次のM855は人体に命中するとタンブリング起こして殺傷力高めるように設計されているし、最新のM885A1だと遠距離で速度落ちてもちゃんとダメージ与えられるように銅のホローポイントでコアが覆われたような構造になってて、命中した瞬間銅の破片が砕け散るような効果がある。
104.名無しさん:2021年01月13日 22:59 ID:S2xxqKg90▼このコメントに返信
※101
初速を二乗して2で割ろう。
105.名無しさん:2021年01月13日 23:00 ID:wxD.dXbC0▼このコメントに返信
ブローニングとかいう宇宙人がもたらしたブラックテクノロジーで一気に進化した。
106.名無しさん:2021年01月13日 23:37 ID:F2L3tZwi0▼このコメントに返信
現代と同じ銃弾になれば火縄だって射程は伸びるだろ。丸い鉛の玉だぞ?空気抵抗はバツグンだ
107.名無しさん:2021年01月13日 23:38 ID:JJV3hyev0▼このコメントに返信
火縄銃結構でかい
口径もでかいから威力もあった
火縄銃大会とか見るとよくわかる
108.名無しさん:2021年01月13日 23:59 ID:oOFl2q070▼このコメントに返信
>じゃあそれだけ撃つ弾をどうやって持ち運ぶか?となると徒歩や馬と言う限界があって・・
慣例か何か知らんが、戦国の生きる死ぬの時代でも4輪馬車やチャリオットを使おうかという
発想にならないのはよほどおかしいよ。
ものは紀元前からあるし、中国でもつかってたから日本人が知らないはずはないのだ。
公家のなにを恐れて車輪文化を導入しなかったのだろうか。なかなか文献がない。
>弓じゃ20mくらいしか甲冑貫ける射程無かったのに・・
普通の弓道の的って28mじゃなかったっけ? 西洋のロングボウは500mの射程を持つ。
109.名無しさん:2021年01月14日 00:01 ID:vxtGYVAe0▼このコメントに返信
あの当時は世界一の数が日本にあったわけで。
量産に当たってやったことは当然ながら威力の向上だった。
当たり前っちゃ当たり前だわな。
110.名無しさん:2021年01月14日 00:01 ID:rCa0MO0r0▼このコメントに返信
射程距離の差と正確さ。至近距離なら殺傷力は同じ。被弾すれば死ぬ。昭和30年代でも火縄銃の猟師が結構いた。農村では江戸時代からマタギの伝統があって先祖伝来の火縄銃を使う人もいた。
111.名無しさん:2021年01月14日 00:08 ID:EY.TRKLh0▼このコメントに返信
※96
>>96
それは紙薬莢。
早合と紙薬莢はまったく別モノですよ。
112.名無しさん:2021年01月14日 00:18 ID:ErKpEuPF0▼このコメントに返信
弾の形状が丸いのでジャイロ効果が期待できない事から命中精度と貫通能力は通常の弾丸より劣る
有効射程内(約100m)の距離だろ?
113.名無しさん:2021年01月14日 01:11 ID:mhmwOat30▼このコメントに返信
テレビで火縄銃を実射して鎧を撃ち貫通力を試したが至近距離で易い普通の鎧なので楽々貫通
でも今のアサルトライフルには遠く及ば無いやろ
黒色火薬の燃焼性能と鉛玉のBB弾と先の尖った弾頭では雲泥の差でライフリングでの英忠誠度
長距離での火縄銃で撃たれた鎧は凹む程度
114.名無しさん:2021年01月14日 01:44 ID:I9Xqpeyy0▼このコメントに返信
ライフルは人体命中時の弾速が音速を超えてるから衝撃波で体内に空洞を形成する。だからライフル弾は侵入口よりも射出口のの方がサイズが大きくなる。人体破壊効果として火縄銃や拳銃弾とは決定的に違う。
115.名無しさん:2021年01月14日 02:32 ID:XOSED8A50▼このコメントに返信
※111
ペ-パーカートリッジと早合は全く別モンっていうほどは違わんよ
考え方は一緒で一回分の火薬と弾を一包装にしたもの、形状も火薬→弾の順で入れやすいように細長い
ただ西欧のものは単なる紙で、火薬のあとに紙ごと弾押し込むことでワッズのような効果があった
日本のものは漆が塗られてて硬いから一緒に押し込めないけど、これは多分日本は湿気が多いから漆で湿気を防ぐ方を重視した結果だろうしね
116.名無しさん:2021年01月14日 04:48 ID:47GYUA700▼このコメントに返信
※5
ライフル銃って15世紀には存在したんだよね、火縄銃の時代にはね、、、
ライフルの効果はそのころからわかってたんだけど
溝に合わせてコツコツハンマー鉛の球を変形させて装填するってのが
一般兵には難しいし連射もできないってんで選抜兵に使わせてた、これがいわゆるスナイパーの始まり、、、
117.名無しさん:2021年01月14日 04:56 ID:47GYUA700▼このコメントに返信
つかさー 今と昔じゃ銃構造は同じでも「火薬」が違うんだよ、、、それは気にしてくれよ、、、

17世紀に粒状火薬発明(酸素に触れる面を増やして短時間に一気に燃焼するようにした)で一気にガンパワー上がったんだ、、、
今の火縄銃の試験って、市販の均一な品質で中空の粒状に加工されたさらに進化した黒色火薬使ってるんだよ
でも当時の火薬は合戦直前くらいに、硫黄硝石木炭を混ぜて自分で作ってた手作り花火の親玉みたいなモノ、、、
本当に100mで3枚の木の板ぶち抜く威力あるなら、当時の文献に鎧や兜で弾が止まった話なんて山ほど残らないよ、、、
118.名無しさん:2021年01月14日 08:18 ID:fXGrHCCQ0▼このコメントに返信
※77
鉄(合金、ここでは炭素鋼)は、鋳造用は炭素濃度を上げて(というより下げていない)、低温流動性を良好にしているから、低炭素の鍛造鋼より伸び(展延性)と引張強さ(強度)が劣る。
当然銃砲の衝撃的内圧に弱くなる。
戦国時代は日本国内の鉄需要を国内鋼で賄い切れなかったから、大量の鉄が輸入されている。
前期には明が主、後期は南蛮鉄も増えてきている。
中国ではかなり昔からコークスを利用した原始的な高炉による銑鉄生産が行われていたから、たたら製鉄の日本より遥かに安価で大量の鉄が製造されていた。
ただ高炉から出た銑鉄は炭素量が多いので、通常は銑鉄を脱炭して鋼鉄化するが、日本への輸出品が銑鉄か鋼鉄だったかは知らない。
119.名無しさん:2021年01月14日 08:50 ID:fOhq6vjT0▼このコメントに返信
まあ、火縄銃の命中低いのは球状の弾を瞬間的な爆発で打ち出すから回転が少ないので変化球になるからだからな。
それと信長の時代でも火縄銃の射程は200m程度のものが存在してた。
射程20mとか言ってる奴は完全に嘘である。
これは現存する当時の火縄銃を撃ったものなので間違いなく事実。
20mしか射程が無いのなら絶対に高い金出して数なんて揃えないわな。
それなら投石の方が沢山の数を打ち出せるし金もかからない。
120.名無しさん:2021年01月14日 09:00 ID:Ukv8PnyA0▼このコメントに返信
※119
M4アサルトライフルでも有効射程は200mほどだから、火縄銃の射程200mは命中率を無視した到達距離でないかな。
121.名無しさん:2021年01月14日 09:15 ID:Z4zHx42e0▼このコメントに返信
連発できるかどうか、工作精度はどうか
違いはただ、それだけw
122.名無しさん:2021年01月17日 07:36 ID:CsOcHDj40▼このコメントに返信
当時の銃って、威力はあるけど命中精度はお察しで
その後の時代で、密集した戦列歩兵同士が100~50mの距離で撃ち合って命中精度を誤魔化す時代だったからなぁ

その辺を考えたら、火縄銃で命中を望める距離が200mもあるとはとても考えられないと思うが
123.名無しさん:2021年01月17日 17:08 ID:uYsMHFV60▼このコメントに返信
>120
軍勢目掛けて範囲で狙えば、200mでも当たるだろう。天守閣の高いところから見れば、地面に広がるムシケラに等しい訳で、其処の真ん中狙って誰かに当たれば良い訳よ。
弓による長距離射撃も同じやぞ。因みにボーガン辺りでも仰角80°なんかで打ち上げると、250m近く離れた高さ25mの唐松飛び越えて、ほぼ垂直に凍結した畑に15cm位刺さってた。競技用のFMJ弾頭見たいな先端の矢だが。今なら、ペン型スパイカメラをビニールテープでグルグル巻きにして固定すれば、ちょっとした空撮が出来るかもしれないが。まぁ公園なんかで利用者がいる中でやれば、確実に軽犯罪法違反だろうなー。山ん中の一族の畑だから成立する行為だが。

お名前