2020年12月27日 10:05

日本軍の潜水艦も変なプライドで商船なんぞ攻撃出来るか!ってあってやらなかったんだよな

日本軍の潜水艦も変なプライドで商船なんぞ攻撃出来るか!ってあってやらなかったんだよな

Japanese_submarine_I-5_in_1932

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1529501498/

2: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [US] 2018/06/20(水) 22:33:13.08 ID:MoriRGYc0
少しだけやったと思う。

3: 名無しさん@涙目です。(オーストラリア) [US] 2018/06/20(水) 22:36:05.06 ID:r3dJbY360
やったんじゃないかな

5: 名無しさん@涙目です。(禿) [CN] 2018/06/20(水) 22:37:13.11 ID:1ahqhTEt0
アメリカと違って艦隊決戦用の魚雷でコスト高くてもったいなかったんじゃなかったっけ

6: 名無しさん@涙目です。(茸) [US] 2018/06/20(水) 22:40:21.72 ID:xjJoNeb00
やってたでしょ
金がないから向こうみたいに片っ端から、とはいかなかっただけで

7: 名無しさん@涙目です。(茸) [PS] 2018/06/20(水) 22:40:36.20 ID:e7Umzr+20
違うよ
魚雷が高いから使うのもったいないと考えてた
第一次大戦のドイツとおなじ

10: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/06/20(水) 22:51:19.93 ID:/IPbx2o30
戦争に対する考え方が日本とアメリカで違っただけの話
日本は外交の延長線上として戦争を行っていたから負けたら「講和」して自分たちが中国大陸
に持っていた権益を譲ればいいと考えていた。
しかしアメリカは第二次大戦を負けたら人種そのものが消滅する消耗戦と考えていた。
だから武士道で民間人には手を出さないという発想の日本人と、全てを抹殺するアメリカ人と
では戦いに関する意識が全く違った
ルールのある戦いをする日本人がルール無用のアメリカ人に勝てるはずもない。

11: 名無しさん@涙目です。(福岡県) [TW] 2018/06/20(水) 22:52:40.10 ID:YwvVF91I0
アメリカもドイツも2~3種類を大量生産したのに対して
日本の潜水艦は用法と建造方針で迷走して1936年以降だけでも18種類の多種少量生産

15: 名無しさん@涙目です。(茸) [PS] 2018/06/20(水) 23:01:15.63 ID:e7Umzr+20
>>11
ドイツも小型潜水艦含めると10種類優に越える
Ⅶ型でも5種類

46: 名無しさん@涙目です。(西日本) [ニダ] 2018/06/21(木) 00:51:23.42 ID:2/Op7R4w0
>>15
だからドイツも負けたんじゃねーか!

13: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [ニダ] 2018/06/20(水) 22:59:35.35 ID:xuzqD3+I0
潜水艦乗りは通商破壊戦したかったけどさせてもらえなかった

艦隊決戦しそうで凝り固まっていたというのが定説になってるが
海洋が舞台の戦争で相手の軍艦の方が多いんだから潜水艦は軍艦攻撃しろというのは当然だと思うんだよな
相手の艦船が減らなかったら結局制海権失って詰むし

14: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [DE] 2018/06/20(水) 23:00:51.00 ID:E9LsH+Bp0
そもそも太平洋側にアメリカの商船ってそんなに居なかったんじゃね?

17: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [KR] 2018/06/20(水) 23:13:25.04 ID:+5JCeZL10
戦艦がポイント高くて輸送船は低いってなにかで聞いた

18: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [PL] 2018/06/20(水) 23:14:23.66 ID:VywnRJgu0
魚雷の本数と補給がまるで間に合ってなかった
資源と工場が本格的にあるドイツとはまるで状況が違う
あと、太平洋が広すぎ&司令部の迷走

19: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/06/20(水) 23:16:54.01 ID:9dQ0b9wy0
むしろ日本の商船、輸送船に対して
日本帝国海軍が『そんな作戦できるか!』
ってまともな護衛つけなかったのが問題。

36: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [US] 2018/06/21(木) 00:30:06.17 ID:KDPRFxCR0
>>19
ときすでに護衛に回せる駆逐艦不足なんじゃないの?
民間の商船徴用して沈められて民間人船員ずいぶん犠牲になったらしいね
戦線を広げすぎやね

38: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [RU] 2018/06/21(木) 00:32:53.75 ID:YWcB5HqX0
>>36
元々連合艦隊は迎撃のための軍備なのでこっちから攻めて占領地広げていく軍備をしていなかった

20: 名無しさん@涙目です。(山梨県) [US] 2018/06/20(水) 23:18:00.71 ID:GPISzXc60
軍艦だけで
朝夕刊輸送船
日刊駆逐艦
月刊護衛空母
季刊空母
年2回刊戦艦
通商破壊どころじゃ無い

21: 名無しさん@涙目です。(茸) [UA] 2018/06/20(水) 23:23:12.48 ID:+rBwEw270
魚雷勿体無いの精神

22: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) [TW] 2018/06/20(水) 23:25:57.18 ID:ZwGsHbZ+0
戦後アメリカ軍に「これだけの潜水艦を持ちながら有効活用しなかった日本海軍はアホ」って感じの事を言われてたはず。

24: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/06/20(水) 23:28:13.98 ID:E1lXnUuP0
>>22
「古今東西の戦争史において、主要な兵器がその真の潜在威力を把握理解されずに使用されたという希有の例を求めるとすれば、それはまさに第二次大戦における日本潜水艦の場合であろう」

27: 名無しさん@涙目です。(愛知県) [CN] 2018/06/20(水) 23:55:48.48 ID:ikwnECgK0
>>24
輸送船でしたからねえ
作戦立ててる人らが価値を知らんかったんだろね

23: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/06/20(水) 23:26:01.27 ID:E1lXnUuP0
現場は通商破壊戦を要求したが第六艦隊司令部には潜水艦専門家が居なかった為に大本営の方針を覆すことが出来なかった。

26: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [US] 2018/06/20(水) 23:54:30.76 ID:/QazKuVG0
ドイツのUボートは民間船を潰してるときが一番活躍した

29: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [EU] 2018/06/21(木) 00:11:55.96 ID:gS0y5kRf0
商業船や民間船まで攻撃するようになれば戦争も末期で泥沼の展開に

31: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [NO] 2018/06/21(木) 00:17:36.94 ID:7mkqzGaB0
インド洋の潜水艦映画では通商破壊やってただろ
あれはレアケースか

32: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [CN] 2018/06/21(木) 00:19:01.18 ID:5EYixI/g0
>日本軍の潜水艦も変なプライドで商船なんぞ攻撃出来るか!ってあってやらなかったんだよな。

イギリスソビエト向けの船団が近所を通るドイツと違って、日本が通商破壊をやりたきゃ西海岸まで行かなきゃならん。
日本から西海岸まで往復できる潜水艦が何隻必要で、実際に何隻持っていたかを考えれば、スレタイみたいな寝言は出ないだろ。
Uボートって1000トンも無いような小さいのが大西洋の欧州寄りを狩場にするのに1000隻近く作ってた。
けどさ、西海岸までの距離考えたら倍どころか5倍10倍が必要だし、潜水艦だって排水量が倍以上の航続距離の長い潜水艦が必要。

できるわけないじゃん、そんなの。

35: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/06/21(木) 00:23:07.28 ID:Ql+ED+730
補給船を攻撃しても戦果と認めなかったから昇進もなかった為誰も攻撃しなかった

37: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [RU] 2018/06/21(木) 00:31:08.94 ID:YWcB5HqX0
元々艦隊決戦用に準備していたから急に通商破壊やろうと思っても出来ないし、米軍はUボートの通商破壊と技術きそっていたので手強い

39: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [PL] 2018/06/21(木) 00:33:05.03 ID:Dge3mSDs0
太平洋が広すぎた

40: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [ニダ] 2018/06/21(木) 00:34:16.71 ID:d451YnFO0
どう使うかはセンス如何

42: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [RU] 2018/06/21(木) 00:37:44.54 ID:YWcB5HqX0
米軍は輸送船大増産したり、対潜水艦用に護衛空母と護衛駆逐艦(日本の駆逐艦より小さめ)増産したり、建設工兵部隊Seabee を組織したり海兵隊に力いれたり準備できた

45: 名無しさん@涙目です。(空) [SE] 2018/06/21(木) 00:50:06.34 ID:flIGZuqa0
そもそも艦隊護衛の駆逐艦群ですら戦闘時に機銃とか高射砲撃ちすぎとかで怒られたりする有り様で…
「アホな隊長、敵より怖い」とはよく言ったもんで
敵と戦うこと以前にアホな上の奴らとの駆け引きから始まるという

52: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [ニダ] 2018/06/21(木) 05:38:46.47 ID:ay3O5/9n0
旧日本海軍って敵の戦艦と空母、巡洋艦、その他にそれぞれポイント付けてて、
撃沈撃破すると成績によって昇進するからポイント高いのばっかりばっかり狙ってた
商船は確かポイント付かなかったハズ

54: 名無しさん@涙目です。(空) [US] 2018/06/21(木) 09:22:58.12 ID:gU0D67ie0
第一次大戦での無制限潜水艦作戦への悪評を嫌ったんじゃないかな?
もう戦争突入してるんだから状況は全然違うんだけどさ。

55: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [CN] 2018/06/21(木) 09:31:26.83 ID:4bhd1Yrn0
大物狙いしてたって聞いたけど、物資不足のせいなのか
火縄銃も百発百中向きの兵器だから幕末まで日本人に重用されたって聞いたけど

59: 名無しさん@涙目です。(家) [EU] 2018/06/21(木) 09:44:28.07 ID:Gc3/bKjn0
でも、潜水艦で輸送船みたいな事をやって、
その効用を認めた日本陸軍も、輸送専用潜水艦を造ったんでしょ?


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年12月27日 10:11 ID:xolrLvkU0▼このコメントに返信
普通に開戦初日から商船沈めてなかったっけ?
2.名無しさん:2020年12月27日 10:11 ID:QoV.vTJP0▼このコメントに返信
上層部と現場で作戦がまとまらない
今の日本と同じ
3.名無しさん:2020年12月27日 10:13 ID:ppgYzz5C0▼このコメントに返信
日本らしい(苦笑い)
4.路端の石ころ:2020年12月27日 10:18 ID:i.jRAAFB0▼このコメントに返信
そりゃ、評価する側の問題だよ、誰だって評価されたいからネ。
搭載できる魚雷の数は決まってるんだからサ。
5.名無しさん:2020年12月27日 10:18 ID:udYwvQ1J0▼このコメントに返信
オーストラリアで戦果あげてたけど、哨戒任務につけるために継続できなかっただけ。
第六艦隊の100隻未満の戦力で、インド洋から豪州、アメリカ西岸までカバーするのは、物理的に無理。
それこそ、丸三計画で、大和・武蔵の建造リソースを巡潜に全振りでもしないと。
6.名無しさん:2020年12月27日 10:20 ID:YSPNyBSn0▼このコメントに返信
中国は潜水艦すらなかった。
7.名無しさん:2020年12月27日 10:21 ID:.1UO7pYk0▼このコメントに返信
糞管理人いい加減に現実逃避やめろよw
いくらかつての日本を罵倒したって何も事態は好転せんぞw
8.名無しさん:2020年12月27日 10:22 ID:8mudia4y0▼このコメントに返信
>沖縄からの疎開学童約800人を乗せた日本の貨物船「対馬丸」が、長崎に向かう最中に、
>アメリカの潜水艦「ボーフィン号」によって撃沈

自分は反米じゃないが、これは原爆や空襲と並んで忘れてはいけねえ事実だと思うわ
9.名無しさん:2020年12月27日 10:23 ID:xhvNObtV0▼このコメントに返信
第二次世界大戦時のドイツと日本は航空隊において「敵機から脱出して落下傘降下中の敵航空兵を撃つな」という内規が有った。違反して撃っても「軍律違反で営倉入り」にはならないが、『あいつは殺人癖がある』と周囲から怖がられる状態。
これに対して英国は「落下傘降下中の敵航空兵は必ず撃て」という内規が有った。違反して撃たなくても「軍律違反で営倉入り」にはならないが、上官が何度でも徹底的に説教して心理的に追い込む。
米国は「落下傘降下中の敵航空兵を撃つも撃たないも個人の自由。」だった。
10.名無しさん:2020年12月27日 10:23 ID:4c9X0LKK0▼このコメントに返信
魚雷は無茶苦茶高価なんだよ。レアメタルの削り出しで作ってたから。
11.名無しさん:2020年12月27日 10:24 ID:udYwvQ1J0▼このコメントに返信
ドイツのウルフパックが、非力なアハト・アハトで、よく商船沈めれたもんだ。
インド洋・豪州では、商船に護衛付けれないから単独運航だったのも、
戦果上げれなかった理由の一つだろうな。
あとは、せっかくの潜水艦空母を活用できなかったから、長期間任務につけなかった。
12.名無しさん:2020年12月27日 10:25 ID:1CGLnfJJ0▼このコメントに返信
輸送船団も兵士を輸送してるのにそれには
目もくれず護衛艦に向かって行ったと言うからな
13.名無しさん:2020年12月27日 10:27 ID:4nfCGRss0▼このコメントに返信
大和もそうだけど、何で運用の仕方がどっちもどっちなんだ?戦後の官僚もそうだけどな。
14.名無しさん:2020年12月27日 10:28 ID:PGdUdpUX0▼このコメントに返信
自軍の兵站の維持を軽視した結果、相手の兵站の破壊も軽視した
それだけの事
15.名無しさん:2020年12月27日 10:29 ID:g9T5X2Zn0▼このコメントに返信
当時の制海権と海上護衛の考え方を学んでこい。
持てるコマで出来ることをするのが社会人だ。
後からグダグダ言って自分の教訓にすることもせず他人を貶すことしか出来ない。お前の悪いところはそういうところだぞ。だから社会でも求められない
16.名無しさん:2020年12月27日 10:30 ID:8.9uJRf50▼このコメントに返信
インド洋でしていたが規模は開戦半年ぐらいが余裕があったから大きかったが、その後は太平洋が激戦になったから縮小されたのか。
商船攻撃に魚雷本数の使用制限があったよね。1万トンの輸送船と軍艦が同じ価値と思わない感覚なので、トラックで軍艦だけ避難させて輸送船を壊滅させるんだよね
17.名無しさん:2020年12月27日 10:31 ID:7cxcbAf20▼このコメントに返信
いざやるっても欧州の半固定な通商ルートじゃなく攻撃の為の大艦隊一緒にどこかの泊地に来るだし
その後の補給狙うにも自国防衛の方がヤバくなってそれどころじゃないし拮抗していたソロモン方面だと
浅いわ敵哨戒圏だから美味くないしその向こうは広すぎ
インド洋全振りくらいなら結構有効かもしれないけどアフリカ戦線崩れた後だとあまりどうだろう
18.名無しさん:2020年12月27日 10:32 ID:Spw2qzOf0▼このコメントに返信
そもそも日本とドイツの潜水艦戦力に差があり過ぎて日本の保有潜水艦と魚雷の数では通商破壊戦が出来なかっただけじゃね??
酸素魚雷メッチャコストが高かったらしいし、通商破壊に向いてない兵装だったのでは。
19.名無しさん:2020年12月27日 10:34 ID:4c9X0LKK0▼このコメントに返信
※18
中型に分類されるUボートは数が揃えられる(それに大型艦は諦めたし)と大型の伊号でなけりゃ航続距離が足りない太平洋では全然事情がちがうわな
20.名無しさん:2020年12月27日 10:34 ID:AoIZB.Ls0▼このコメントに返信
負けたのが悪い、ただそれだけ
21.名無しさん:2020年12月27日 10:37 ID:u0yVadXM0▼このコメントに返信
やりたかったんだよ、現場の方は
潜水艦長の手記とか読むとやりたがってるね
でも魚雷がもったいないって言われたらもう終わり
こっちはその潜水艦で輸送しなきゃいかんくらいに追い詰められてるのに、敵の補給線を絶とうという作戦には転換できないんだな
22.名無しさん:2020年12月27日 10:39 ID:aZ83ng.i0▼このコメントに返信
※18
そもそも敵との距離が近く、陸地沿いの通商路が多く目標が絞りやすい独と
彼我の距離が遠く、通商路が絞り辛い太平洋でかつ所要路が完全に敵勢力圏内の日本じゃそもそも条件が違う
23.名無しさん:2020年12月27日 10:43 ID:gje2lktu0▼このコメントに返信
日本の潜水艦はガダルカナル島への荷物運びに大活躍
日本の戦艦はトラック島でのホテルで大活躍
連合艦隊参謀はドアホウ
24.名無しさん:2020年12月27日 10:50 ID:Qc6LseYF0▼このコメントに返信
日本軍では魚雷の使用に制限がありある程度以上の感でなければ使えなかった
輸送船に使うなどもってのほかで攻撃するなら砲撃にしろということになっている
25.名無しさん:2020年12月27日 10:57 ID:hEvkN8Kg0▼このコメントに返信
日本人は「宋襄の仁」を嘲笑うよりも「敵に塩を送る」美学を好む文化だからな。
26.名無しさん:2020年12月27日 10:57 ID:F2PIT8An0▼このコメントに返信
良くアメリカと日本を比べて、「こうすればよかったのに」っと言うような戦術や戦略は、単純に思い付いてはいたが現実的には出来なかったと言うのが多い。
27.名無しさん:2020年12月27日 10:58 ID:QoV.vTJP0▼このコメントに返信
現場の事情を考えない上層部と
上層部に振り回される現場
コロナも戦争も同じ
28.名無しさん:2020年12月27日 10:58 ID:2nk8TqOL0▼このコメントに返信
Uボートが活躍できて海の狼だったのは大戦初頭の期間だけで
後期にないると対策を講じられて海の棺桶になってまう。
オットー・クレッチマーという艦長は44隻、20万トンの連合軍商船
を沈めていてトップエースとして有名だね。
日本も当初から船団狙いをやっていれば一人ぐらい名を残した
ヤツがいたかな?
29.名無しさん:2020年12月27日 11:01 ID:9WE3Qy4L0▼このコメントに返信
潜水艦じゃないけど、刀根とかもまぁ酷ぇ事してるしな。
戦時中はどこの国も、ナニカシラやらかしてるもんだろ。日本だけ高潔だったわけがない。
30.名無しさん:2020年12月27日 11:03 ID:7Yz.Og3t0▼このコメントに返信
まぁ無理だな 無理無理無理無理かたつむり
ハワイの東側の航路押さえるぐらいの事しないと
ただ無理してでも少しやれば相手のリソース削る効果は期待できたはず・・・
それが潜水艦の遍在性という武器
31.名無しさん:2020年12月27日 11:04 ID:7sgCbK290▼このコメントに返信
>ドイツも小型潜水艦含めると10種類優に越える
>Ⅶ型でも5種類

ミスリードだな。
II型、VII型、IX型のいずれも戦争の推移とともにその改良型を造ってただけだぞ。
32.:2020年12月27日 11:05 ID:yikmGTCm0▼このコメントに返信
いうても日本の位置で交戦相手の通商破壊できるとこ近場にないよね。
全然近場じゃないけどインド洋があるかなくらいで。
そんな遠くまで出張れる潜水艦の数もそんなになかったしな。
33.名無しさん:2020年12月27日 11:10 ID:7sgCbK290▼このコメントに返信
>>19
日本もVII型より航続距離が短い呂号をクェゼリンに配備し、
中部太平洋の哨戒に使用していたからUボートだって普通に
太平洋で使用できただろうな。
それにドイツは大型潜水艦を諦めたというより、第一次大戦の戦訓から
艦のサイズを必要以上に大型化しようとしなかっただけだ。
サイズが過大だと

1) 当時の潜水艦は大半の時間を浮上航行して過ごすのに、発見されやすくなる。
2) 急速潜航までの時間が増大する
3) 水中運動性が下がる

というデメリットがあったからな。
34.名無しさん:2020年12月27日 11:12 ID:9AdDtHjp0▼このコメントに返信
日本軍は敵戦闘員のみを攻撃する。アメリカ軍は卑怯者なので無抵抗の民間人を攻撃する。
35.名無しさん:2020年12月27日 11:15 ID:Zg6DULth0▼このコメントに返信
日本人は誰かに支配されて適切な指示されて生きたほうが優秀そう
36.名無しさん:2020年12月27日 11:18 ID:tbaU9s7m0▼このコメントに返信
あの時代の国際法とかで交戦国の軍隊が相手国の非戦闘員を攻撃するのはアリなのか
無制限攻撃を宣言したら何でもアリなんか
37.名無しさん:2020年12月27日 11:19 ID:SSN02Glx0▼このコメントに返信
>>28
1939年から戦争やっていて1943年中までイギリスの年間建造量の2倍にあたる
船腹を撃沈し、護衛空母が大量就役した1944年に入ってなお同7割に相当する
トン数を沈めたのだから「活躍できて海の狼だったのは大戦初頭の期間だけ」
というのは過言だと思う。
対潜戦術の発展以上に、1943年後半にリバティー船が大量就役した後、喪失数を
上回る商船が補充されるようになったことの方が重要な観点だと思うよ。
38.名無しさん:2020年12月27日 11:22 ID:VSt2dGgr0▼このコメントに返信
アジアからはろくなもん輸出入してねーからドイツにまかせとけ
39.名無しさん:2020年12月27日 11:23 ID:du8QFiSK0▼このコメントに返信
商船と軍艦を同時に狙える状況なら軍艦を狙っただけのこと
商船攻撃に及び腰だったわけでは無い
基本的に日本側が攻撃できる通商路線がろくになかっただけ
40.名無しさん:2020年12月27日 11:26 ID:SSN02Glx0▼このコメントに返信
>>36
1930年4月22日発効の「ロンドン潜水艦戦闘行為議定書」に拠ると
交戦国の艦艇・航空機に護衛されている商船であれば無警告で
撃沈しても構わん。独航戦でも武装している場合、やはり国際法の
保護を受けられない。イギリスは開戦後の1940年4月、全商船の武装を
宣言したからそれ以降は安全に航海できる民間船など存在しなくなった。
ドイツはそれでも、可能な限りアメリカ船を巻き込むまいとしていたけどね。
41.名無しさん:2020年12月27日 11:28 ID:du8QFiSK0▼このコメントに返信
※33
クェゼリンに前進配備したところで、簡単に攻撃できるような商戦はいないよ
ガダルカナル等への前線輸送部隊はいるかもしれんが、がちがちに護衛されているので手が出せんよ
42.名無しさん:2020年12月27日 11:30 ID:du8QFiSK0▼このコメントに返信
※12
ドイツだって最初に護衛の軍艦を狙ってる
護衛がいなくなれば入れ食いだからな
43.名無しさん:2020年12月27日 11:32 ID:tg6UfDTe0▼このコメントに返信
本当は魚雷、砲弾、機銃弾、爆弾が勿体ないから撃たなかっただけなのに「武士道」だの「武士の情け」だの言い繕っているのが笑えるw
44.名無しさん:2020年12月27日 11:33 ID:7sgCbK290▼このコメントに返信
※41
>クェゼリンに前進配備したところで、簡単に攻撃できるような商戦はいないよ

それは反論になってない。こちらは単に「日本軍はVII型より航続距離が短い呂号を中部太平洋の
哨戒に使用した。もっと航続距離が長いVII型その他のUボートを同じ用途に使用できないわけが
ない」主張しているだけだから。
45.名無しさん:2020年12月27日 11:37 ID:TG9wfrjv0▼このコメントに返信
※8
米潜水艦側を擁護する訳では無いが日本側も対馬丸には学童.民間人を乗せてます、て言っておけば と思ってしまう
46.名無しさん:2020年12月27日 11:38 ID:63WdHmyI0▼このコメントに返信
無知が知らない事

・日本海軍は普通に通商破壊作戦を行なっていた。
・米英にとって痛手となる通商路は日本海軍潜水艦の行動圏内に存在しない。

これで通商破壊してたら(ドヤァ)だもんな、バカは救い用がねえよw
メキシコ湾でタンカーでも沈めるんか?
47.名無しさん:2020年12月27日 11:39 ID:GPJxqso60▼このコメントに返信
※36
アメリカの考えは連帯責任
48.名無しさん:2020年12月27日 11:44 ID:uuXOQV9Z0▼このコメントに返信
日本海軍は、41年から42年にかけて、潜水艦9隻で、アメリカ本土(カナダからメキシコの西海岸全域)に通商破壊かけている(戦果総トン数で6万5000トン)。
初期には、アメリカ本土の沖合で、アメリカ市民の見る中、輸送船撃沈したとか、すごいのがある。
ただ、やはり遠距なので、散発的になってしまい、また、アメリカ側も対応するので、無理筋になった模様。
アメリカも通商破壊に力を入れるのは、戦争後期で日本本土に近づいてから。
49.名無しさん:2020年12月27日 11:46 ID:Z.duby120▼このコメントに返信
負けた直接な原因ではなく間接的な要因だろうけど、
通商破壊を積極的にしないってことは短期決戦を想定した場合には負け確定だよね
50.名無しさん:2020年12月27日 11:48 ID:SSN02Glx0▼このコメントに返信
>>46
開戦後にアメリカ西海岸、パナマ運河、ハワイへの航路、ニュージーランド周辺や
インド周辺の航路で商船を奇襲していれば連合軍はもっと苦しんだだろうという
意見もある。

ttp://www.combinedfleet.com/ss.htm

日本にも当てはまるが、アメリカの中部太平洋の基地も多くは絶海の孤島だしなあ。
51.名無しさん:2020年12月27日 11:50 ID:aZ83ng.i0▼このコメントに返信
※45
通告病院船も結構攻撃受けてるからなぁ。 橘丸事件の前ではあるからやっとけばそれなりの効果があったとも思いたいけど。
52.名無しさん:2020年12月27日 11:52 ID:du8QFiSK0▼このコメントに返信
※44
じゃあ日本のロ号が哨戒に役に立ったかということよ
そもそも潜水艦での哨戒は基本的に不向き
拠点防衛にも活躍できなかった(攻撃的兵器なんだから防衛に用いるのが誤り)
既に言ってるように、相手の輸送船からは遠く、通称破壊にも役立っていない
日本の潜水艦の運用がまずいと言われればそれまでではあるが、
Uボートなら役に立ったかと言われれば、無理だったと言わざるを得ない
53.名無しさん:2020年12月27日 11:54 ID:du8QFiSK0▼このコメントに返信
※50
アメリカ西海岸の奇襲は緒戦にしているぞ
ただ、進出距離が長くて時間がかかるわりに成果が少ない事
アメリカが西海岸の航路でも護衛船団方式を採用し始めた事から
継続は困難と判断された

結局のとこ距離が最大の問題なんだよ
54.名無しさん:2020年12月27日 11:55 ID:SSN02Glx0▼このコメントに返信
>>52
>じゃあ日本のロ号が哨戒に役に立ったかということよ
それはこちらは問題にしてないな。

>Uボートなら役に立ったかと言われれば、無理だったと言わざるを得ない
呂号より航続距離の長いVII型以上のUボートであれば、呂号以上に戦果を挙げられた
可能性があるから「無理だったと言わざるを得ない」と断言するのは勇み足に感じる。
55.名無しさん:2020年12月27日 11:56 ID:4c9X0LKK0▼このコメントに返信
後基本的に本土以外に潜水艦の整備拠点がないっぽいのが運用上きつい。
56.Ergo Sum:2020年12月27日 11:58 ID:fGOXN7fC0▼このコメントに返信
いや実は戦争自体も日本軍が勝てたけどプライドでやらなかっただけ。
57.名無しさん:2020年12月27日 12:04 ID:ooW1ersC0▼このコメントに返信
そんなことやれば戦後ますます叩かれただろう
58.名無しさん:2020年12月27日 12:05 ID:yNqfXkOV0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃成功後に日本軍は潜水艦計9隻で、アメリカの通商路(西海岸)を攻撃し、戦果を挙げとりますがな。
しかし、アメリカの通商路(西海岸~ハワイ)を遮断するには、日本から距離がありすぎて効率が凄い悪かったし、
日本が開戦時に保有している潜水艦数は65隻だったので、そもそも通商路を遮断できるほどの戦力ではなかった。
59.名無しさん:2020年12月27日 12:06 ID:Wwy1nnIE0▼このコメントに返信
イギリスにとって海上輸送は生命線でありイギリスを打ち負かすために効果的な手段だった。

広大な太平洋ではウルフパックのような潜水艦集団運用は不可能だしアメリカの海上輸送を
多少麻痺させたところで損害を補て余りある大護送船団を出すから影響は限定的。

アメリカが太平洋で海上輸送が出来なくなるくらいの猛攻が出来るならとっくにやってたろう。
60.名無しさん:2020年12月27日 12:11 ID:ntG0b6vs0▼このコメントに返信
『そんな作戦できるか!』
アホか
出来る限りはやってるができなかっただけだ
第5艦隊の管轄区が広すぎて艦が全然たりねんだよ
61.名無しさん:2020年12月27日 12:12 ID:zCNRrAD30▼このコメントに返信
※18
・西太平洋に潜水艦の拠点なりうる拠点がない(WW2のドイツはフランスという大西洋北海地中海への出撃拠点がある)
・大体、アメリカ本土には工場と資源があるのに何の通商を破壊するので?
・仮にドイツ並みの通商破壊が成功したとしてWW1でもWW2でも先に根を上げたのはイギリスにまっとうに海上封鎖されていたドイツなのにそこまで効果あったの?

あとドイツが潜水艦ばっか作ったのは海上艦艇の運用を放棄したからであってそんなあほなこと海運国家ができるのかと。
62.名無しさん:2020年12月27日 12:17 ID:2WvH7iBW0▼このコメントに返信
魚雷てクソ高いからねえ。通商破壊するにも金かかるのよ
63.名無しさん:2020年12月27日 12:18 ID:4c9X0LKK0▼このコメントに返信
水上艦もなしに一体どうやって潜水艦の出撃拠点を守るんだろうねー
64.名無しさん:2020年12月27日 12:20 ID:D.mWrtR.0▼このコメントに返信
そういう運用が出来る体制でもなかったな。
前線の潜水艦への補給艦船を揃え、通商破壊専用のリーズナブルな魚雷を量産する。
話はまずはそこから。
65.名無しさん:2020年12月27日 12:22 ID:6p4e6Y980▼このコメントに返信
※61
大陸国家に通商破壊戦は効かない。そこはその通りだが日本も島嶼間の補給路を絶つ運用は可能だっただろうね。

あとドイツは終戦までずっと水上艦艇を運用してるよ。

それにイギリスが先に音を上げずに済んだのは、どちらの大戦でもアメリカのおかげだな。
66.名無しさん:2020年12月27日 12:24 ID:3JqOmxOQ0▼このコメントに返信
結局、コスパが悪くて実施しなかった/少数実行して取りやめた戦法を
知らないアホが「〇〇しなかったのはアホ!」って騒いでるいつものヤツ?
67.名無しさん:2020年12月27日 12:25 ID:vLr.QuUQ0▼このコメントに返信
本音を言うと魚雷や砲弾がもったいないから。
武士道に悖るとかそんなことではない。
68.名無しさん:2020年12月27日 12:26 ID:ETByIgaq0▼このコメントに返信
ドイツは近くに陣営の盟主の島国があるという通商破壊やらずして何をやるという環境だからな
日本は太平洋に島あるって言ってもハワイとかグアムとかだし
69.名無しさん:2020年12月27日 12:29 ID:wcryh.Q90▼このコメントに返信
作戦行動中~移動中(帰還中)~整備休養訓練のサイクルでやらなきゃならんから
数が少ない、整備出来るのが本土しかないで効率がガタ落ち
当然通商破壊のほかにも従事する作戦はあるのでさらに数が足りんとなる

通称破壊ってひたすら脅威与え続けなくちゃならんので
日本が米国に対して仕掛けるのは向いてない面があった
それでもやれる時にはやっているんだけど結局通商破壊作戦に展開している数がすくない、
規模の大きいのは期間が短く限られてる、になってしまっている
70.名無しさん:2020年12月27日 12:30 ID:lSN.82DL0▼このコメントに返信
海軍のトップあたりが「敵も武人のはしくれ。非武装の輸送船など攻撃するなど卑怯なことはしまい…」と考えていたと昔何かで読んだような記憶。
71.名無しさん:2020年12月27日 12:32 ID:lSN.82DL0▼このコメントに返信
>沖縄からの疎開学童約800人を乗せた日本の貨物船「対馬丸」が、長崎に向かう最中に、
>アメリカの潜水艦「ボーフィン号」によって撃沈

海軍
「敵は巡洋艦と誤認したのでは?」
「運が悪かったんだな…」
72.名無しさん:2020年12月27日 12:33 ID:D1ARcBkN0▼このコメントに返信
海軍規範だったか商船や潜水艦などを撃沈してもポイントが低く成績には反映しないので重要視されていない。
日本の輸送船護衛さえも任務としては下位扱い。
73.名無しさん:2020年12月27日 12:33 ID:yTH2G.Dl0▼このコメントに返信
貢女国に武士道が理解出来るわけがないw
74.名無しさん:2020年12月27日 12:39 ID:Hf8y1Jly0▼このコメントに返信
アメリカも 三式潜航輸送艇 が目の前を通り過ぎるのを眺めてたけどね
75.名無しさん:2020年12月27日 12:40 ID:lSN.82DL0▼このコメントに返信
自動追尾機能もないのに長距離攻撃用の酸素魚雷つくる時点で間違い。
無航跡が利点といっても命中させるために近距離で使ってる。
ならば安い魚雷を量産した方が意味があったとおもう。
76.名無しさん:2020年12月27日 12:42 ID:lSN.82DL0▼このコメントに返信
>>日本の輸送船護衛さえも任務としては下位扱い

そもそも日本海軍の任務が敵艦隊撃滅。
輸送船護衛は任務ですらない。
77.名無しさん:2020年12月27日 12:49 ID:NkAT3dyo0▼このコメントに返信
インド洋ではやってたけどね。広すぎる太平洋では割りに合わない輸送船を狙うなが広まっただけの話
78.名無しさん:2020年12月27日 12:51 ID:cA17Ks.A0▼このコメントに返信
マハンの艦隊決戦主義理論ってそういうもんやからな
ちくちく潰したり護衛つけるより全軍で敵の艦隊潰しちゃえばこっちのシーレーン安泰やし敵は商船の往来もできんようになるやろ?っていう
本質は「シーレーン確保」で艦隊決戦はそのための手段なのにそれが判ってない
あとマハンの時代潜水艦は実用域でなかったしな
79.名無しさん:2020年12月27日 12:53 ID:7tsEhYyx0▼このコメントに返信
ソ連の商船くらいしか居なかったというオチだったりして
80.名無しさん:2020年12月27日 12:55 ID:Xy5Ui1PT0▼このコメントに返信
商船には魚雷一本て決められていた。
その一本が当たらない事あるから
潜水艦側が嫌がった
81.名無しさん:2020年12月27日 12:57 ID:yNqfXkOV0▼このコメントに返信
>>65
※65
「島嶼間の補給路を絶つ運用」って米軍反攻後のお話?
米軍の対潜攻撃のせいで運用も儘ならないと思うが。
日本海軍の潜水艦って凄いうるさかったから、ソナーで一発検知できて簡単に居場所がバレたし。
82.名無しさん:2020年12月27日 13:07 ID:DU7LBosF0▼このコメントに返信
>>81
太平洋戦争全期間を通じての話。
米軍反攻後でも対潜戦術が未熟だった1942年中なら効果は大きかったと思う。
83.名無しさん:2020年12月27日 13:17 ID:lSN.82DL0▼このコメントに返信
日本海軍の潜水艦って凄いうるさかった

しかも隠密性が命なのに巨大だった。
ドイツ海軍にバカにされてた。
84.名無しさん:2020年12月27日 13:18 ID:MU.BstNd0▼このコメントに返信
>第二次大戦では1,131隻が建造され、終戦までに商船約3,000隻、空母2隻、戦艦2隻を撃沈する戦果をあげ、引き換えに849隻の損失を出した。
wikiによればUボートは上記のように大戦果を挙げる一方で、駆逐艦や護衛空母からの艦載機攻撃には非常に脆かった。
連合国側でソナーや航空機搭載レーダーが搭載されるとUボートの潜望鏡が探知されることが多くなった。ドイツは優れた工業力があったが電子戦で後れをとっていた。
日本が参戦した1941年12月頃にはUボートに対する対策は整いつつあり、日本軍が仮に通商破壊を行おうとしても無理だった。
85.名無しさん:2020年12月27日 13:20 ID:lSN.82DL0▼このコメントに返信
>>輸送船団も兵士を輸送してるのにそれには目もくれず護衛艦に向かって行ったと言うからな

特攻隊でもそう。陸軍は輸送船狙い、海軍は軍艦狙いだった。
86.名無しさん:2020年12月27日 13:24 ID:9Lg..T6e0▼このコメントに返信
そういう美談を捏造する前に毒ガス使用すんなと、戦時になれば倍返しされるだけやぞ
87.名無しさん:2020年12月27日 13:24 ID:BwnBLJ5.0▼このコメントに返信
ガダルカナルやポートモレスビー近辺の戦いで潜水艦が輸送船沈めたことあったっけ?
自分らが補給に苦しんで、それを戦略に生かさない日本海軍って馬鹿しかいない
88.名無しさん:2020年12月27日 13:24 ID:KI5.E0Cf0▼このコメントに返信
そもそも日本が破壊出来る通商線って無いぞ

ドイツの場合はアメリカ-イギリス間の通商があるが、アメリカ相手に通商破壊を仕掛けようとしても、破壊すべき通商線がない

合ったとしてもアメリカ沿岸部程度の航路で、日本に長期間アメリカ沿岸部に継続して有効な数の潜水艦派遣出来るだけの力はない

もし出来たとしても、アメリカは内陸部を鉄道輸送するだけだから痛くも痒くもない
89.名無しさん:2020年12月27日 13:29 ID:8PK5N4Vb0▼このコメントに返信
日本の自衛隊もそうだけど、前線に投入される部隊と後方支援の区別が曖昧。
後方支援や兵糧・燃料調達・輸送は格下と言う発想。こんな発想では勝てない
に決まってる。
90.名無しさん:2020年12月27日 13:32 ID:iD2vzis20▼このコメントに返信
相手の通商を破壊する以前に大東亜共栄圏の通商護衛がノープラン
これが日本海軍や
91.名無しさん:2020年12月27日 13:43 ID:lSN.82DL0▼このコメントに返信
>>後からグダグダ言って自分の教訓にすることもせず他人を貶すことしか出来ない。お前の悪いところはそういうところだぞ。だから社会でも求められない

そもそも部屋から出られない奴ら!ww
92.名無しさん:2020年12月27日 13:47 ID:2nk8TqOL0▼このコメントに返信
※37
Uボート乗組員の異常な死亡率はよく知られているね。
彼らの命と引き換えにした作戦を遂行していた特攻に
近いもんだったからじゃないか。
93.名無しさん:2020年12月27日 13:50 ID:trS0TfzN0▼このコメントに返信
※88
米豪の連絡線、ハワイ周辺、特にハワイは米軍のすべての攻撃の起点になってる
米本土ーハワイ間に脅威を与えることができればそれだけでも上出来だったのに
94.名無しさん:2020年12月27日 13:57 ID:lSN.82DL0▼このコメントに返信
後方支援や兵糧・燃料調達・輸送は格下

平成中期までいたけど、優秀な奴が後方にいると「もったいない!」で、すぐ引き抜抜かれる。そのくせ「人がいない!ベテラン運転手!補給の資格持ち!をくれ!!」と育てもしないでプロを求める。
おれ、いまは民間人だけど、自衛隊って日本社会の縮図だわ。
95.名無しさん:2020年12月27日 14:06 ID:DU7LBosF0▼このコメントに返信
>>92
戦果の高い部隊は人員の損害も大きい。
例えばイギリスの爆撃兵団なんて、率こそUボート部隊の約28000名/40900名より低いが
戦使者だけでも倍以上(57205名/125000名)出してる。
96.名無しさん:2020年12月27日 14:16 ID:OUSjUpDF0▼このコメントに返信
アメリカは自国で石油が出る。
食料も自給可能。つまり商船攻撃で産業を潰すという課題自体が非常に困難。
大西洋側に回ってそっちで動いている商船を全部潰せば輸出入が出来なくて経済ダメージはあったと思うが
そんな遠いところを潜水艦で攻撃したかったらそれこそイギリスあたりにでも基地が無いと難しい。
97.名無しさん:2020年12月27日 14:19 ID:OUSjUpDF0▼このコメントに返信
※83

大きくなるのは航続力が必要だから仕方ない。
せいぜいキール軍港から地中海あたりまで行って帰ってくればいいドイツと、
ハワイやらポートモレスビーまで往復しているんじゃ作戦範囲が違い過ぎる。
98.名無しさん:2020年12月27日 14:21 ID:zCNRrAD30▼このコメントに返信
※65
>大陸国家に通商破壊戦は効かない。

利きまくりですよ。

フランスのナポレオンは大陸封鎖したら自分を含む大陸が干上がっているし、ドイツもWW1では80万近くも餓死者出ているしWW2ではドイツ国民は餓死者が出ていないだけ開戦当初から日本の末期(都市部)状態ですが。

というか天然資源の大部分はアフリカやアジアなど海外にあるのにその通商を破壊されて何をやるので?という話なんだが

>あとドイツは終戦までずっと水上艦艇を運用してるよ。

艦隊保全主義というならばWW1時ならまだしもWW2は艦隊が壊滅してまともに動かせなかっただけなんだが…。
まともに運営できるならそれこれ、イギリスの通商破壊するか対潜水艦部隊を狙ってUボートの支援をすればいいのにね

>それにイギリスが先に音を上げずに済んだのは、どちらの大戦でもアメリカのおかげだな。

つまり通商がいかに大事であり、イギリスはそれを維持している=Uボートの活躍って言われているほどではない、となるんだが
99.名無しさん:2020年12月27日 14:22 ID:OUSjUpDF0▼このコメントに返信
※88

この当時のアメリカの輸出品ってなんだろな。綿花とかかな?
100.名無しさん:2020年12月27日 14:23 ID:OUSjUpDF0▼このコメントに返信
マレーシアを占領したのにゴムで静粛性確保できなかったのかなあ。。。。
101.名無しさん:2020年12月27日 14:26 ID:qt6auDG80▼このコメントに返信
※100
なんで日本に技術力があると錯覚してるの?
ゴム資源があってもゴムを加工なんて出来ないぞ
102.名無しさん:2020年12月27日 14:28 ID:.TjCUKH80▼このコメントに返信
通商破壊って商船が頻繁に運航している航路がないと意味がないんだよ。アメリカとイギリスの通称ラインがどこを通っているか、よーく考えてから書き込もうな。
インド洋ではイギリス-インドの通商線破壊を行って、ある程度の戦果は出しているよ。でも陸路がある上にインド-イギリス間の通商線は日本や英国みたいに決定的な物資輸送路ではない。アメリカに至っては国内で全ての資源が完結しているからな。
103.名無しさん:2020年12月27日 14:29 ID:ETByIgaq0▼このコメントに返信
※83
防音はともかく日本でちっこい潜水艦作っても航続距離足りねえだろうが
104.名無しさん:2020年12月27日 14:32 ID:udYwvQ1J0▼このコメントに返信
※100>>100
コンちゃんの需要が多くて・・・・・
冗談はさておき、
洋上決戦兵器なので、ディーゼル震動音なんて、気にするレベルじゃないし。
最大音源がキャビテーション音だし(水上巡航時)
ドイツは、最初から適地港湾侵入とか想定してるし、運用の差。
105.名無しさん:2020年12月27日 14:39 ID:udYwvQ1J0▼このコメントに返信
※102>>109
インド洋航路は、重要だろ。
あそこ閉鎖レベルなら、日本のインパール作戦成功するだろうし、
オーストラリアに航空機輸送できない。
レンドリース・イランルート潰れると、
ソ連のコーカーサス軍団のスターリングラード包囲に戦力まわせん。
北アフリカ軍団も支援なければ、ロンメルがカイロ入城するし、
戦略的価値あったんだけど、軍令部は理解できなかっただけ。

だいたいインドの茶葉無くしては、ティーターム取れなくなってしまうではないか。
106.名無しさん:2020年12月27日 14:49 ID:HGCjYqfn0▼このコメントに返信
プライド?
107.名無しさん:2020年12月27日 14:52 ID:84kNy8S60▼このコメントに返信
王道と覇道の違い
108.名無しさん:2020年12月27日 15:01 ID:KI5.E0Cf0▼このコメントに返信
>>93
それは通商線ではない

アメリカの生産力はオーストラリアの資源が支えていたのか?
109.名無しさん:2020年12月27日 15:07 ID:aa.xYipl0▼このコメントに返信
今やったら、たたかれるだろうな。
日本が戦時徴用してた船もそれ以外も沈められたけど。

民間船の撃沈。対馬丸。
110.名無しさん:2020年12月27日 15:09 ID:vLZCdD.T0▼このコメントに返信
>>10
ポルシェやランボルギーニをバンバン発射してるようなもんだからな
111.名無しさん:2020年12月27日 15:37 ID:DU7LBosF0▼このコメントに返信
>>98
日本は1941年で2105カロリーだがドイツは1939年で2570カロリー、重労働者に至っては4652カロリーと、軍人(3600カロリー)以上の配給に与ってるよ。

なおドイツ水上艦艇の活動が終戦まで継続した舞台は限られていて、英仏海峡とバルト海だね。

なおイギリスが通商を維持し得た背景にはアメリカの支援が不可欠であり、
1944年までイギリスの戦争継続を脅かし続けた事実は「Uボートの活躍」と形容して全く過不足はないって話。
112.名無しさん:2020年12月27日 15:42 ID:DU7LBosF0▼このコメントに返信
※97
ドイツは戦争の推移とともに後続力の延長が必要になり、VII型でもフランスからアメリカ沿岸における哨戒を無補給で2、3週間こなせる程度、
IX型に至ってはフランスから日本へ行ける程度に延伸されたよ。
113.名無しさん:2020年12月27日 16:00 ID:XHnUf0D80▼このコメントに返信
普通にやった。インド洋とかの「制海権取れた」とこではやってた
日本が米潜水艦に大量に沈められたのもアメリカに制海権取られて米潜水艦が好き放題動くようになってから

当時の潜水艦ってのは普段は海上浮かんでる船で作戦時のみ海中に潜るっていうずっと潜航できない構造だったから、制海権握った有利な海域じゃないと使い物にならんのだ。すぐに発見されるし、軍艦に比べて鈍足だからターゲットされたら逃げられないからね
ソナーもないから目標セットは潜望鏡で目視だし、潜望鏡出したくらいで敵のレーダーに捕まることもあるっていう兵器だぞ
114.名無しさん:2020年12月27日 16:05 ID:dbt0A5nb0▼このコメントに返信
魚雷一本が豪邸一戸くらいしたからなあ
潜水艦に搭載した魚雷本数が20本。撃ち尽くしたら潜水艦母艦から
補給するか基地に戻らないとならない
だから戦艦、空母で4本まで、重巡なら2本まで。駆逐艦や輸送艦には
勿体ないから撃つなという感じだった。功名にはやる艦長なら猶更だ。
戦理・戦略ではなくて貧乏で撃てなかったのが正しい
腐るほど魚雷があったら、そら輸送船だろうとタンカーだろうと片端
から討ち取っていた
115.名無しさん:2020年12月27日 16:39 ID:Xy5Ui1PT0▼このコメントに返信
※100
ドイツに行った潜水艦を突貫工事で静粛化して見本を作ってくれたけど
時すでに遅しで、南方からのゴムの輸送は細くなっていた。
116.名無しさん:2020年12月27日 16:53 ID:TG9wfrjv0▼このコメントに返信
よく誤解されがちだが日本海軍の潜水艦の装備は酸素魚雷とちゃうらしいで
117.名無しさん:2020年12月27日 17:24 ID:udYwvQ1J0▼このコメントに返信
※116>>116
九五式魚雷以外の魚雷あったの?
118.名無しさん:2020年12月27日 17:48 ID:BdmIohsa0▼このコメントに返信
静粛性っていうが連合軍が優れてたのはアクティブソナーなんでどのみち狩られるで。
119.名無しさん:2020年12月27日 18:50 ID:cf8LFzW60▼このコメントに返信
潜水艦がもっとも期待外れだったって日本海軍のお偉いさんが回想録で言い切ってる 
素直に商船狙うどころか機雷ばら撒いとくのが最も良いってのがアメリカ軍の戦後の結論  
まあ無駄が極端に嫌いな艦隊決戦至上主義の日本海軍には絶対無理 
ゴミソ連海軍みたいな恥ずかしいマネが出来るか!って精神だったりしてw
120.名無しさん:2020年12月27日 19:03 ID:6.UHkP290▼このコメントに返信
※37
ちょっと違う
Uボートの損耗率は42年7月ごろから急速に跳ね上がっていて第二次大戦における損失艦765隻の内、676隻が42年7月~終戦までの3年間に失われた

これは39年の開戦から1942年6月までの3年間の損失、89隻に対し約7.5倍の損失となっている
大戦初期だけというのは言い過ぎにしても後半期は前半期と攻守処を変えてUボートが狩られる側に回ったのは歴然としてるだろ
(狼が野犬に堕したと評すべきか)
ちなみに戦争を通じてのUボート就役数は1250隻前後(資料に混乱がある)で実に61%が失われた勘定となる
121.名無しさん:2020年12月27日 19:06 ID:wbjWnT8Z0▼このコメントに返信
※119>>119
マレー沖海戦で、機雷ばら撒いたけど戦果無しだからな。
122.名無しさん:2020年12月27日 19:21 ID:c.6lA.zn0▼このコメントに返信
>>116
日本潜水艦に搭載されてたのは九五式で水上艦の九三式より小型だが酸素魚雷やで
123.名無しさん:2020年12月27日 19:28 ID:F3CCT0tW0▼このコメントに返信
※119 機雷も当然、不足気味
そもそも爆雷も機銃弾も大砲も不足してる

124.名無しさん:2020年12月27日 19:29 ID:6.UHkP290▼このコメントに返信
※117
甲標的なんかは95式(45センチ)より小型の91式(43センチ)が運用できるように改装されたケースもあるが、ほとんどの潜水艦は95式発射管で95式酸素魚雷を運用した

そもそも酸素魚雷ってのは燃料の酸化剤として純酸素を利用してることからきた名称で基本的に日本の魚雷は航空魚雷以外はみな酸素魚雷だよ
94式として航空魚雷も生産されたが、これは短期間で生産中止になった
125.名無しさん:2020年12月27日 19:32 ID:qt6auDG80▼このコメントに返信
ドイツから買ったUボード分解したら戻せなくなるっていう
現代韓国みたいな真似してたよね
126.名無しさん:2020年12月27日 19:33 ID:du8QFiSK0▼このコメントに返信
暗号を解読されて大体の哨戒エリアを把握されてる上に
対潜哨戒機・センチ波対潜レーダー・アクティブソナーを備えたアメリカ軍の前には
日本の潜水艦は大戦中期以降ろくに活躍できなくなってるんだよ
船団を組んでる輸送船の攻撃は自殺行為だった
むしろ独航してる軍艦の方が狙いやすい状況 インディアナポリスのようなやつが
127.名無しさん:2020年12月27日 19:35 ID:du8QFiSK0▼このコメントに返信
※124
旧式駆逐艦(特型の一部を含む)は酸素魚雷の運用能力をもってないよ
128.名無しさん:2020年12月27日 19:51 ID:F3CCT0tW0▼このコメントに返信
>>11 36年以降の実情
巡潜Ⅲ型:初のオリジナル と改良型の巡潜丙型
海大Ⅵ型:ロンドンの影響で改良した旧型の改良型 海大Ⅶ型:条約から解放された海大型の新造艦
巡潜甲型:指揮用 と航空機搭載改良型
巡潜乙型:偵察用 丙型改:乙型のカタパルト撤去した簡易版
潜特型:対米専用の新型
海中Ⅴ型:中型潜水艦の試作
中型:量産型
小型:近海用
どう見ても航続距離が原因です
129.名無しさん:2020年12月27日 20:18 ID:8N742i3j0▼このコメントに返信
※120
それでも1942年に失われたUボートの隻数は86隻に留まった一方、連合国の船団は最大の損失を被ってるから少なくとも1943年までは
Uボートが狩る側だったと言っていいと思うよ。

1943年の春まではイギリスも損害を前に継戦を危ぶんでいたし。
130.名無しさん:2020年12月27日 22:28 ID:OUSjUpDF0▼このコメントに返信
※104

キャビテーションなら低速航行すれば抑えられるのでは?
131.名無しさん:2020年12月27日 23:08 ID:aqR8No.p0▼このコメントに返信
まず海大型では米本国西海岸で通商破壊戦が展開できない。巡潜型だと同時に20隻揃った事はないので移動作戦帰投整備の4サイクルでは1チーム4隻くらいになる訳だ。これで何ができるのか?
では米豪線?ここはあまり有効な狩場ではないね。トラックからも遠いし標的は少ない。24戦隊(仮装巡洋艦愛国丸)も開戦2ヶ月でその報告を挙げて早々にインド洋に転進している。
インド洋では潜水艦を使用している。あまり戦果がなかったのは残念。
132.名無しさん:2020年12月27日 23:15 ID:Y3uY3JdH0▼このコメントに返信
日本の軍は海に浮かぶ敵兵まで救助しちゃったりするからな。
雷に助けられた当のイギリス兵ですら助けられながら「敵兵なのに助けたりするんだこいつら」と
思ってたわけ。あの話は美談のように語られるが、「敵とは言え彼らも人間、話せばわかる」という
考えで挑んで結果が負けてちゃ意味はない。
話せばわかる連中が戦後80年、いまだに孫の世代になっても「敵国条項」押し付けます?
日本は白村江、元寇時代から戦には甘い。歴史上、一度も奴隷を経験したことがないからだな。
133.通りすがりのキチ:2020年12月27日 23:17 ID:bKj2Xsm20▼このコメントに返信
というか「戦果」と見做されなかったからやろか? 
134.名無しさん:2020年12月28日 00:20 ID:SB4aAx9r0▼このコメントに返信
※132 >>132
5年交渉しても拡大路線をやめない国が、話せば分かるって何かのギャグ?
135.名無しさん:2020年12月28日 00:49 ID:oEDuVuQ80▼このコメントに返信
通商破壊作戦に割くだけの燃料・弾薬が無かったとかでは?
船乗りが嫌がってもそれが作戦として立案されたら従わざるを得なくなるわけだし、どうみても上層部が嫌がってるようにしか見えないよ。
136.名無しさん:2020年12月28日 01:06 ID:Wn.omCwM0▼このコメントに返信
>>84
>終戦までに商船約3,000隻、空母2隻

はて、忘れ去られた空母はアーク・ロイヤル、イーグルとカレイジャスのどれやら。
(なお護衛空母もきれいさっぱり忘却されている模様)
137.名無しさん:2020年12月29日 10:14 ID:UTpck2hx0▼このコメントに返信
日本の近くにアメリカの商船なんて来てなかったよw
138.名無しさん:2021年01月01日 00:28 ID:OTwQx7Ed0▼このコメントに返信
日本は戦線を広げすぎはよく批判されるけど実はアメリカにも同じ事が言えるんだよね。アメリカが規格外だったから勝利出来たけど、ヨーロッパとアジアで二面作戦なんて冷静に考えると正気じゃないレベルの無茶。

お名前