スポンサーリンク

2018年06月10日 12:05

日本が中国に兵を向けたのはなぜなのか?

日本が中国に兵を向けたのはなぜなのか?

Type_95

引用元:【中国ネット】信じられない!日本が26倍も国土の大きい中国に兵を向けたのはなぜか[06/09]
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1528515205/

1: ニライカナイφ ★ 2018/06/09(土) 12:33:25.82 ID:CAP_USER
「(中略)」
中国メディアの快資訊は8日、国土がわずか37万8000平方キロメートルしかない日本が中国に兵を向けたのはなぜなのかと疑問を投げかける記事を掲載した。
「(中略)」
http://news.searchina.net/id/1660990?page=1

6: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 12:37:44.13 ID:m7aeRsHb
>>1
今のシナが近隣国を侵略してるだけで、当時はシナは小さかったし、欧米に分割植民地化されてて国家の体をなして居なかったじゃん。

12: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 12:41:27.86 ID:3Fxw19/S
>>1
当時の世界情勢をよく見ろ、切り取れるパイだったからだろ

19: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 12:45:59.09 ID:vkm0MbHM
共産党が引きずり込んだんだよ。国民党の力を削ぐためにね

27: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 12:48:05.48 ID:4YE/L9AJ
イギリスなんかもっとでかい国を世界中で植民地にしたぞ
国土の大きさじゃないんだよ

28: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 12:48:25.66 ID:1JOj7zD0
ロシアに対する防衛ライン・満州を守る為。それ以外ないよ!

53: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 12:57:17.66 ID:VQ8kb/OX
そもそも中国側が日本人居留地への虐殺行為を許した上に実行犯を逮捕し処罰しなかったせいじゃないか?

55: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 12:58:27.80 ID:8+iDlIit
放っておけば白人列強の植民地
今思えばそれでも良かったのかもな

120: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 13:17:23.40 ID:0b4R6ta0
中国が先に日本を追い込んだからだよ
日本より装備もよかった中国と争う気はなかった
長崎事件あたりからみる日本への傲慢さが
日本に中国と対決することを選ばせたのさ

124: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 13:17:47.35 ID:Z8UeN4bo
日本よりもっと小さなイギリスやオランダも日本より先に侵略してたろw
中韓の近代史は日本しか見えないのか?

173: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 13:32:51.00 ID:bYLWNCWW
イギリスのことかー

174: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 13:33:05.80 ID:GauCTXpf
当時、中国は欧米の半植民地だったのだが。
こいつら史実を完全無視しとる。

180: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 13:34:42.02 ID:Dcl2A68U
イギリスには完全に屈服したから口に出したくないだろうね

200: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 13:40:03.84 ID:MGRFE1WU
まさかこいつらw
中国空軍作ったのは日本であることも知らんのだろねwww

218: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 13:48:32.67 ID:JgxSVokd
戦艦の砲身で洗濯物干してたからでしょ?

220: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 13:49:44.12 ID:VeTRkA7r
省レベルで地方軍閥が内戦してたからな
日本は引っ張り込まれただけ

228: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 13:53:12.55 ID:PEslp7Ta
日本と戦争する以前に
イギリスにアヘン漬けにされた事は都合よく忘れておられる?

253: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 14:06:34.48 ID:EaDfe6fS
未開の地だったからだろ

当時は混とんとしていて内戦状態だったからね・・

254: 伊58 ◆AOfDTU.apk 2018/06/09(土) 14:06:58.69 ID:lrE8JTzX
日本が、外国軍が撤退するように外国の利益を保証して撤兵させたのが明治の頃。
中国の場合は、外国と武力で衝突することで租界を無くそうとした。

そこら辺の違いは理解できまい。

286: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 14:24:52.77 ID:v/B+oqUw
>>254
商人としては自由に商売できたら、それで良いからね
あの時代だと、向こうのものをこっちに運び、こっちのものを向こうに運ぶだけで何倍の値段で売れるから

255: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 14:07:39.37 ID:M3Xt3TIa
あの当時中国が先頭に立ってアジアこそ中華こそ世界の中心とやってくれてりゃな
眠った虎どころか張子どころか豚だった上に欧米露の侵略の橋頭堡築かれまくり
なのに今責めてるのは日本ってどんだけトラウマってんだよ

269: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 14:14:20.88 ID:+ZCmdPYt
もう今は2018年だぜ?

323: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 14:52:15.80 ID:MOUTS8hX
当時の中国は軍閥が割拠してて中央政府である中華民国の統制の下に置かれてなく共産党との内戦の疲弊もあったから中国沿岸部を占領出来た

324: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 14:53:43.82 ID:OjG2o8tI
国土や人口が何倍だろうが中身スカスカやん

335: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 15:03:48.89 ID:vCjuW1gf
そりゃシナが弱かったからだろw 日清戦争も日本より清の方が
戦力費を単純に比べたら清のほうが高かったけど戦略的に無能だったから
日本軍に敗れたし日中戦争も中国国内が内戦に明け暮れていたために
日本軍に攻め入る隙を与えたんだよ
シナの最大の弱点は相手の国の大きさだけで判断して敵の内情を知ろうと
しないからなんだよ 孫子にも己を知り敵を知れば百戦危うからずと
書いてあんじゃん 孫子を書いたのは他でもないシナだろうがw

336: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 15:03:50.02 ID:vhgYUWBr
日清戦争覚えてますか?

337: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 15:04:07.80 ID:13pJ5eU2
まー、スペイン,ポルトガルが世界を2分し、イギリスがほぼ世界を征服した時代ですからな。
日本が中国に派兵しても何ら不思議ではない。

ただ、そう言った時代は終了を迎えようとしていたんですが、空気の変化が読めなかったんですな。
若干、時代錯誤なところはありましたな。

421: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 16:12:00.91 ID:qtwNMNo+
実際中国でどんどん戦線拡大していったのはなんでなんだ?

428: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/09(土) 16:17:11.08 ID:EtX0MAp2
地球上の土地は地政学や資源などで空白を許さないからな…
風船がひしめきあってるようなもん。権威が落ちて萎んだ清朝の代わりを望むと望まざるとに関わらず誰かが進出せざるを得ない。
革命直後のシベリア出兵も李朝没落後の韓半島も同じ。共産主義が憎くて、とか自分の権威を示したくて中国や韓半島へ日本が進出した訳ではない。
帝国主義時代は今以上に風船の「圧」が高かったから日本がパヨクの言う平和主義…ヘナヘナの風船でいると欧米列強やロシアという高圧(パンパンに膨らんだ)風船で権益が脅かされることになるから周囲と等圧にせざるを得ない。
広大な中国を内圧で満たせるほど清朝にポンプ力は残ってなかったし、日本はかなり無理はしたものの小さなポンプを必死に押し続けて風船を膨らませざるを得なかった。
それだけのこと。

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年06月10日 12:09 ID:mQB6TE.w0▼このコメントに返信
関東軍が思い上がって、腕試ししたかった。
2.名無しさん:2018年06月10日 12:09 ID:WZ6mlgH50▼このコメントに返信
基本は利権だが、
北京で公開されてない資料のなかに
戦線拡大の理由の幾つかは残ってるんじゃないかな⁉️
3.名無しさん:2018年06月10日 12:11 ID:Targromu0▼このコメントに返信
半島も満州も台湾も手に入れてたのに、それでも満足せずに大陸も東南アジアもよこせって欲張ったからな
そんで結局植民地の奪い合いからの戦争で、新たな領土どころかすでに持っていた土地すら失った
ドイツもそうだけど何事もほどほどが大事というわけだ
4.下流老人:2018年06月10日 12:12 ID:NUrLPjeK0▼このコメントに返信
そりゃ、予算とポストと勲章が欲しかったから。
5.名無しさん:2018年06月10日 12:13 ID:KoWA29at0▼このコメントに返信
なぜ山に登るか?という質問に似ているな。
帝国主義の時代にはそこに取れそうな土地があれば取るのが
当然だったから仕方ない。
6.名無しさん:2018年06月10日 12:14 ID:lZLTJPFl0▼このコメントに返信
日本主体のアジア版EU(大東亜共栄圏)を作って欧米列強に対抗したかったからかな
7.名無しさん:2018年06月10日 12:17 ID:4GW0EVuQ0▼このコメントに返信
>盧溝橋事件が起きた1937年当時

なんでいきなり盧溝橋なんだよ。
向こうは日清戦争無かったことになってるの?
8.名無しさん:2018年06月10日 12:17 ID:KoWA29at0▼このコメントに返信
イギリスがアメリカを作ったように、日本精神を持つ巨大なスーパー日本を中国に建設して
世界制覇を目指すというプランがあったとか無かったとかいう説もある。
9.名無しさん:2018年06月10日 12:20 ID:Targromu0▼このコメントに返信
※7
支配体制が変わってるからじゃね
日清戦争自体ももう終わってるわけだし
10.名無しさん:2018年06月10日 12:21 ID:YEOR68PH0▼このコメントに返信
中国が弱かったから、欧米がやってたから。事実なんだろうけど、日本人ってちょっと情けないね。
11.名無しさん:2018年06月10日 12:22 ID:uTLEv.c00▼このコメントに返信
たくさんの国の軍隊が中国に駐留してたのは無視ですか?
12.名無しさん:2018年06月10日 12:25 ID:cGsMdULa0▼このコメントに返信
欧米と手組んだから、事大主義の親玉だもん
13.名無しさん:2018年06月10日 12:25 ID:Lzc0c8.s0▼このコメントに返信
先に手を出して何寝言を言い出すのやら
14.名無しさん:2018年06月10日 12:26 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
中華民国が、日本の利権だけ認めなかったから。
英仏には、清朝時代の条約を継承するが、日本のは、無効宣言。
ドイツ国防軍指導で、日本居留民を狙い撃ち。
再三の休戦協定破り。
滅ぼした方が早いよね。
15.名無しさん:2018年06月10日 12:26 ID:O4wVnh080▼このコメントに返信
膨張政策をとった、国内でなく外に解決策を求めた国は歴史上数知れない。
日本が、1900年前後で外に解決求めた時、アメリカ本土やアフリカ大陸を目指す人間はいなかっただけ。

むしろ、元寇で、なんで日本に兵を向けたのか?から確認したほうがいいよ。
16.名無しさん:2018年06月10日 12:26 ID:uozOtj240▼このコメントに返信
白人にあっさり負けて靴をぺろぺろして白人側についたから。露を抑える力もないと判断したから日本自らやらざるを得なくなった。半島も同じ。日本がいなかったら今ごろ露、他にバラバラにされていた。今思えばどっちがましだったかわからんけどな。そもそも軍閥争いで国と呼べる状態ではなかった中国
17.名無しさん:2018年06月10日 12:26 ID:q2yJEM.r0▼このコメントに返信
20世紀の日本の歩みを振り返って悔やまれるのが、第一次大戦後も陸海軍を並行で強化していったこと。
陸軍はソ連・海軍はアメリカと、二兎を追うには大き過ぎる目標を追い、
陸海軍とも強大になったことが、かえって敵を増やして戦域を拡大する結果を生んでしまった。
中国大陸の権益を第一に考えた、陸軍重視+仏伊型の防衛的海軍、
もしくは、世界貿易での成長に力点を置いた、英国型の世界海軍+少数精鋭陸軍
1920年代のうちに、どちらかはっきりできていれば、中国と米国、両方と戦うことはなかっただろう。
18.名無しさん:2018年06月10日 12:26 ID:VjVEPbuH0▼このコメントに返信
満州っていわゆる中国の外だぞ。

万里の長城は北京近くを走っている、
あれは国境線の防衛施設なので、満州はその外側、外国な。
日本は日露戦争の結果で満州を手に入れた。

仕掛けてきたのは中華民国の方からだからな。
まぁそれに至るのは共産勢力の工作があった。

戦後に中共が成立し、満州を取り込んだ。
19.名無しさん:2018年06月10日 12:27 ID:AxjG.BZn0▼このコメントに返信
条約破りの挑発しまくったからw
勝つつもりだったのに負けまくって内陸奥深くまで攻め入られる雑魚w
今でも中国の本性は変わってない。条約破りで雑魚w
20.名無しさん:2018年06月10日 12:29 ID:ApcE0hL10▼このコメントに返信
経済面でいうと在華紡をはじめとする日本の資産とそれの従業員などの日本人を守らなきゃならんかった
守れないとマスコミが陸軍と政治家をぶったたくし
軍事面でいうと日本本土を守るために朝鮮半島が必要で朝鮮半島を守るために満州が必要で満州を守るために中国北部が必要で……という戦略のなさが原因
21.名無しさん:2018年06月10日 12:30 ID:VjVEPbuH0▼このコメントに返信
中華民国が満州侵略を試みたが失敗した。

戦後に共産勢力が満州を侵略し、
中共が成立した。

理解が逆
22.名無しさん:2018年06月10日 12:31 ID:2Y5iX7iR0▼このコメントに返信
当時中国という国は存在してない
清が崩壊して無法地帯と化した場所に日本が治安維持をした地域があるというだけ
23.名無しさん:2018年06月10日 12:31 ID:Targromu0▼このコメントに返信
※19
雑魚という点まで変わってないなら良いんだけどどうだろうね
過去がそうだったから今でも未来もそうだろうという考え方は怖い
24.名無しさん:2018年06月10日 12:34 ID:M4Bj4Cvl0▼このコメントに返信
放っておくと白人の植民地になるから、『保護』してあげなきゃいけなかったからだよ。
お前らがきちんと自立し、白人に対抗できたなら放っておいても良かった。
25.名無しさん:2018年06月10日 12:35 ID:7LOKc6Bu0▼このコメントに返信
スレ主のバカ垂れ! テメーはウソつき千ュンコロ・千ョンパンジーwwwかよ!

口火の盧溝橋事件も全面戦争化させた第2次上海事変も、共にシナチスが先に攻めてきたじゃネーか(怒)


26.名無しさん:2018年06月10日 12:35 ID:a4C3opai0▼このコメントに返信
特亜の3バカ牽引したのはホント悪手だったな
ご先祖様も追いつめられたとはいえ、とんでもない事したもんだ
キ/チ/ガ/イにナイフよりたちが悪い
27.名無しさん:2018年06月10日 12:36 ID:ORtJs.O80▼このコメントに返信
アジアの覇権を握る大国で、文明的にも尊敬し学んで来たのに、西洋に阿片漬けにされても植民地化されても、資源略奪されても奴隷扱いされても、お偉いさんは自分の身の安全と混乱に乗じての不正で懐を肥やすことや、内ゲバやってる馬鹿ばっかりで図体ばっかりのハリボテだと分かったから。
28.名無しさん:2018年06月10日 12:36 ID:AxjG.BZn0▼このコメントに返信
※23
有史以来数千年雑魚だったのに、どうして急に強くなると思ってるんだよw
中国兵の弱さは民族性から来てるんだよ。民族の特質なんてそう変わるもんじゃない。
唐や元並みに民族入れ替えなきゃ強くなれないよw
29.名無しさん:2018年06月10日 12:36 ID:CCZs3Jco0▼このコメントに返信
核ミサイルむけてるやつがw
30.名無しさん:2018年06月10日 12:37 ID:NVtUMcTE0▼このコメントに返信
この10年で、中国に強烈な大国意識が生まれ、
日本には小国意識が生まれたから、こういう疑問が出てくるのは当然のこと。

そのうちに中国「日本君、貧乏で苦しそうだね。支援してあげようか?」っていう時代になるだろう。
31.名無しさん:2018年06月10日 12:40 ID:VjVEPbuH0▼このコメントに返信
※22
「中国」というのは国名(国号)ではなくて
爵位や学位なんかと同じで(偉さを示す)称号。

国号は中華民国あるい戦後に成立した
中華人民共和国。

「世界の支配者たる中華人民共和国」、とか名乗ってるのな。
アホらし
32.名無しさん:2018年06月10日 12:41 ID:Targromu0▼このコメントに返信
※28
≫有史以来数千年雑魚だった
≫唐や元並みに民族入れ替えなきゃ強くなれない

矛盾してるぞ
33.名無しさん:2018年06月10日 12:41 ID:cjxOyx130▼このコメントに返信
歴史の必然で18世紀後半から20世紀前半までは、世界制覇のトーナメントが始まったのだよ。
これは進化?への時まりだ。
そして今、遅れた赤い国(竜と熊)がまたくっ付いて、侵略の軍靴を進め始めた。
今だ弱肉強食の動物社会から出られない人間社会だ。
これが現状で、ワープ社会までは遠く長く険しい道だ。
また地球は滅びるか・・そしてまた進化への道に戻れるかだ。

34.名無しさん:2018年06月10日 12:42 ID:XpZ7uqPb0▼このコメントに返信
馬鹿シナチョんは何時も時代考証と言うものができないな
まず中国何てありませんよあるのはチャイナ、つまりシナ
コリアを差別用語だと喚いて言葉狩りする朝鮮族と同レベルの自称漢民族(笑)
白人列強にパイの様に切り分けられてた当時の状態を無視して日本は侵略したーとか
その頃のチャイナ何て(無主の地)だろ
何時までソ連の手先の共産党とか言う山賊に占領されてるの?
歴史的正当性も民主主義的正当性も無い一党独裁の宗教独裁国家
その共産教も最初から腐敗していてやむなく資本主義を導入したのに支配してるのは共産党
何時になったらテロリストの支配から脱するの主権の無い人民の人達
35.名無しさん:2018年06月10日 12:42 ID:zBtE4P800▼このコメントに返信
その小さい日本に経済水域(EEZ)でボロ負けの中国()

南西諸島で必死にEEZ水増しして、強引に日本の次にランクインさせてる狭量なチャイナ
36.名無しさん:2018年06月10日 12:42 ID:VjVEPbuH0▼このコメントに返信
※32
ザコだったのは漢族、漢人。
だからシナは征服王朝ばっかり
37.名無しさん:2018年06月10日 12:43 ID:6dLs6m5t0▼このコメントに返信
其処に中国が有ったから
38.名無しさん:2018年06月10日 12:44 ID:Targromu0▼このコメントに返信
※35
日本もコンクリで水増ししてるからあんまりその点については言えないというか、経済水域で言ったら東に大きく海域が空いてる島国が強いのは当たり前じゃん
39.名無しさん:2018年06月10日 12:45 ID:VjVEPbuH0▼このコメントに返信
※38
水増しはしてないぞ、南シナ海での中共じゃあるまいし。

日本がしてるのはあくまで「護岸」
全然違うぞ。
40.名無しさん:2018年06月10日 12:45 ID:AJUVVzo50▼このコメントに返信
※36
圧倒的物量で征服民を同化してしまうのが漢民族の怖さよ
満州人なんて100年ちょっと前まで大帝国の支配者だったのに、今はほとんど絶滅してる
日本もあれ以上深入りするまえに戦争が終わってよかったとしか言いようがない
41.名無しさん:2018年06月10日 12:47 ID:AJUVVzo50▼このコメントに返信
※39
あれ島じゃなくて岩ですやん
岩の場合は領海は設定できるけど経済水域は設定できない
42.名無しさん:2018年06月10日 12:47 ID:inXAOuAQ0▼このコメントに返信
※20
いやそりゃ朝鮮を清やロシアから戦争してまで切り離し
親日国として支援し緩衝地帯にしようとしたら
朝鮮人が無能過ぎて、ウリ達じゃ無理だから併合して下さい
日本人にしてくださいって泣きついて来たんだもの・・・

朝鮮が日本の直轄領土になって折角の緩衝地帯がなくなり
仕方ないからラストエンペラー溥儀さん担ぎ出して満州国作った訳で

返す返すも朝鮮なんぞを併合したのが全ての間違い
43.名無しさん:2018年06月10日 12:47 ID:VjVEPbuH0▼このコメントに返信
※37

つ※18、※21
44.名無しさん:2018年06月10日 12:47 ID:Targromu0▼このコメントに返信
※36
だから矛盾してるぞ無視すんな
「有史以来数千年」の中に元や唐は入らないのか?
それと征服王朝で言ったら清もそうだぞ
45.名無しさん:2018年06月10日 12:47 ID:cn6W331I0▼このコメントに返信
Q.何故日本が南京を攻めたのか?

A.南京を攻める半年前に通州で日本人を中国人が延べ300人の一般人を虐殺したからだよ。
46.名無しさん:2018年06月10日 12:48 ID:q2yJEM.r0▼このコメントに返信
※30
日本が苦しい時代を迎える可能性は高いが、中国にそこまでの余裕が生まれるかは、ちょっと疑問。
47.名無しさん:2018年06月10日 12:49 ID:Targromu0▼このコメントに返信
※39
うんそういう言葉遊びで誤魔化してるのが現状なんだから他国にとやかく言えんな
48.名無しさん:2018年06月10日 12:49 ID:OKKOYD8t0▼このコメントに返信
長崎事件とか当時からやりたい放題やんけ
アジア人排斥もあるけど移民も相当嫌われてんぞ
49.名無しさん:2018年06月10日 12:49 ID:VjVEPbuH0▼このコメントに返信
※40
まぁそれはある、他山の石として気を付ける
警戒するべき。
50.名無しさん:2018年06月10日 12:50 ID:VjVEPbuH0▼このコメントに返信
※44
51.名無しさん:2018年06月10日 12:51 ID:Qvbc.0g00▼このコメントに返信
通州事件の懲罰派兵や・・・悪い事したのに謝らないからごめんなさい言わす為の派兵

 
52.名無しさん:2018年06月10日 12:51 ID:JLqwaJAJ0▼このコメントに返信
※3
石油を禁輸されなきゃしてねえし。
53.名無しさん:2018年06月10日 12:52 ID:VjVEPbuH0▼このコメントに返信
※44
だから漢族、漢人は常に負け続けてる。
その漢族よりは強いモンゴルも女真族も
日本は撃退したな。
54.名無しさん:2018年06月10日 12:52 ID:PxSF5gpO0▼このコメントに返信
日本人移民を殺しまくるから日本軍が保護するために行ったんだろ
工作して日本軍と国民党軍戦わせたし
停戦中の上海で攻撃仕掛けて来たし
55.名無しさん:2018年06月10日 12:54 ID:AxjG.BZn0▼このコメントに返信
※32
支配層の民族が入れ替われば一時的に強くなるんだよ。
でもすぐに同化されて、弱くなってく。無知程中国を過大評価するw
56.名無しさん:2018年06月10日 12:54 ID:VjVEPbuH0▼このコメントに返信
※47
ところが、そこが大事なんだよなぁ。
ギリセーフとアウトでは天地の差があるぞ。
社会人経験あるのか?
57.名無しさん:2018年06月10日 12:56 ID:uFUJVKlt0▼このコメントに返信
アジアは団結すべきだった。
70年前まで、日本とタイ以外の有色人種は、すべて白人に売り買いされる「商品」だった。

ロシアは共産主義化し、危険だった。日本が落ちればアジアは終わる。

中国は、人口と国土と土地と歴史だけは優れた国だったが、
それゆえ、「ここが世界の中心だ」と思い込んでおり、白人侵略に危機感はなかった。

当時の中国人は、国内の軍閥同士で覇権を争ってる状態であり、
その為に白人を利用する事はしていた。

白人がどれだけ国土に入り込もうとも、「この中国はどこにも行かない」と考えてたからだ。

一番理想的なシナリオは、日本と中国が組んで、共産主義や白人をアジアから追い出す事だった。
事もあろうに中国は、「日本は白人利権を脅かす敵だ」と認識した。中国は白人とズブズブだった。

結果、日本は単独で白人と戦う事になる。他のアジアの国々も白人隷属で甘んじて沈黙。
日本が敗戦してから、(日本が与えたインフラを使って)ヌケヌケと重い腰を上げて各国独立。
そして中国は、「白人連合による日本束縛」というトラウマの為だけに、常任理事国になれた。
謎の戦勝国ツラ。
58.名無しさん:2018年06月10日 12:57 ID:eVJNNCJ60▼このコメントに返信
当時の中国は草刈り場状態で欧米各国に狙われていた
特に日本は露助に取られると防衛上に大きな問題が発生するので侵攻した
ただそれだけの話だよ
59.名無しさん:2018年06月10日 12:57 ID:Kc7e1YDb0▼このコメントに返信
日華事変のことはさておき、この中華記者?は、
そもそも大陸の歴代王朝が常々異民族による侵略に悩まされ続けてきた歴史を、すっぽり忘れてるようだ。

過去、いろんな異民族が辺境で暴れ、その鎮圧で実力をつけた軍閥が新たな帝国打ち立てたり、
或いは異民族に圧されまくった挙句に中原まで制覇されて新たな帝国を打ち立てられたり。
大陸的視点で考えてみても、力をつけた軍閥は、中原を目指して覇を唱えようとするのは何べんも繰り返されたこと。
「少数民族だから、母国が小さい国が、大国たる中国に攻めてくるのはおかしい!」
・・・なんて考え方は愚かとしかいえない。むしろ、大陸の興亡の歴史を顧みれば必然。
単純な理由だ。「それだけの力を得た」からだよ。
その目の曇りようは、「滅亡に向かう中国歴代帝国末期の中枢」のぼんくらのごとし、だなwww

ま、日本が国民党・共産党と戦争したのはそんな必然とは別の理由で、過去の中華軍閥と同じに取られるのは癪だし、
或いは過去中原に進出した軍閥・異民族も、それぞれにきちんとした理由があったんだろうがな。
60.名無しさん:2018年06月10日 12:59 ID:uOQeeCmL0▼このコメントに返信
シナがはじめた戦争
61.名無しさん:2018年06月10日 12:59 ID:sIk1yfvK0▼このコメントに返信
そもそもあそこはずーっと国共が内戦しててほっといても
難民が租界や朝鮮半島に押し寄せてくんねん
62.名無しさん:2018年06月10日 13:00 ID:uOQeeCmL0▼このコメントに返信
ただ日本はシナと白人がどういう歴史(非武装市民のギャクサツ)、どういう戦争(非武装市民のギャクサツ)、どういう連中(非武装市民のギャクサツ)かということを理解していなかった。
63.名無しさん:2018年06月10日 13:01 ID:7LOKc6Bu0▼このコメントに返信
横から
※47
平気で即座にウソがつけるって千ュンコロ千ョンコーかよ!
日本は国際法に則ってキチンと工事してあって、シナカスみてぇに満潮時でも海面下の単なる「浅瀬」を勝手に埋め立てて島にしてないぞ。

64.名無しさん:2018年06月10日 13:02 ID:Kc7e1YDb0▼このコメントに返信
※41
国連海洋法条約で「島」と認定されてる以上、お前個人や特亜国がなんと言おうが、アレは島。
65.名無しさん:2018年06月10日 13:02 ID:HePkH0Bz0▼このコメントに返信
低能な野蛮人が多いからじゃないの
66.名無しさん:2018年06月10日 13:04 ID:VjVEPbuH0▼このコメントに返信
※58
だから満州はいわゆる中国ではない、ことは理解してくれ。

シナを中国と呼びたい精神的な朝鮮人にしても。
満州はシナ国境線防衛施設の外にあり
歴史的に一度も中華民国が領有したことがなく、

豊かに発展した満州を欲しがり
戦後に中共が満州を自国に編入したのは歴史的事実だから。
67.名無しさん:2018年06月10日 13:05 ID:DQFpmO0t0▼このコメントに返信
日清戦争、北清事変、日露戦争、第一次大戦の青島戦、山東出兵、満洲事変については、
百万言を費やして正当性を述べ立てたり、ひと言で斬って捨てたりすることもできるが。

中国と満洲は別のものだ、とする当時の国際社会の常識、中国人の正直な意識に従って、
華北分離工作を批判しているなら、返す言葉もないよ。長城を越えたのは大失敗だった。

あれが蒋介石や、和平派を追いつめた。西安事件の下地を作った。中国が攻勢に転じて、
盧溝橋事件、第二次上海事変から南京陥落まで一直線、以降、和平の望みはなかったね。
68.名無しさん:2018年06月10日 13:05 ID:inXAOuAQ0▼このコメントに返信
※59
てかそもそもその「日華事変」って呼び名はどうなんだろ・・・

「北支事変」あるいは単に「支那事変」じゃないのかね・・・
その内シナチクも中華竹とか呼ばされるんだろか
69.名無しさん:2018年06月10日 13:08 ID:Me0bhVdN0▼このコメントに返信
当時は弱肉強食の時代で弱かった中国が他の強い国々に食われただけ
その食った中の一つが日本だったってだけの話だ
70.名無しさん:2018年06月10日 13:09 ID:VjVEPbuH0▼このコメントに返信
※68
戦争なら日華戦争(宣戦布告後)だろうと。、

でないと戦争相手が中華民国だった事実が曖昧になる。
中共は戦後に成立だから戦争相手ではあり得ない。
71.名無しさん:2018年06月10日 13:10 ID:oeH.Zj.W0▼このコメントに返信
至る所で日本人を虐殺したから
それで本土日本国民に一気に火が付いた。
72.名無しさん:2018年06月10日 13:10 ID:7LOKc6Bu0▼このコメントに返信
中国=独立国 の意味だぞ!

だから「続日本紀」では、
「我が独立国の日本は~」という所は
「中国は~」って書いてあるぜ!!

73.名無しさん:2018年06月10日 13:11 ID:inXAOuAQ0▼このコメントに返信
※70
なるほど中華民国と中共の区別の為か・・・
釈然としない物は残るけど、そういう理由なら
確かにその方がいいかな・・・
74.名無しさん:2018年06月10日 13:12 ID:4Hh5sV590▼このコメントに返信
>風船がひしめきあってるようなもの

説明しやすい例えだな
パワーバランスを風船の膨らみ(圧力)具合って分かり易いと思う
今の中国が拡張(風船膨らまして)来なければ日本もソレ付き合う(風船膨らます為に国家予算を振る)必要が無かっただろうからな

当時は自国中心の経済圏の構築(帝国主義とも)中だから最後のパイ扱いの中国より遠方の日本がパイを食べる側に変身したのは食われるパイ側も面食らっただろうけど
75.名無しさん:2018年06月10日 13:14 ID:u7QIj8oE0▼このコメントに返信
知らねえ。
義和団事件くらいから自分でググれ。
76.名無しさん:2018年06月10日 13:17 ID:wuTEkOND0▼このコメントに返信
基本的に南国人は低脳で野蛮で数の暴力なんだよ
太陽光が強すぎて頭を冷やすこともできないんだろう
インド、アフリカ、中国とね
もちろん数が多いから数も優秀な人も多いってだけ^_^

77.名無しさん:2018年06月10日 13:18 ID:mQB6TE.w0▼このコメントに返信
大東亜戦争で負けたのは、そもそも関東軍が思い上がって満州事変をおこしたから。いっそのこと日本軍がソ連を一気に攻撃していたら、独ソ戦最中のソ連は日本に負けていただろう。それ以上に米国からも英国からも、また蒋介石からも称賛を受け、日本は楽にウラジオストク周辺は物にできただろう。つまり世界情勢を知らなかった訳。世界が共産社会主義と資本主義に分かれる分岐点が接近していたことに気が付かず、局地戦争をやって得意になってしまった。ドイツも最重要目的のまえに余計なことをし過ぎた。扇動者のヒットラーは中心力を造った時点で軍事政治の専門家に任せておけばよかったが、自己主張が多すぎたために自滅した。成功のチャンスはあった。日独が一気にソ連を攻めれば英米その他ソ連に敵対する国は日独のバックについただろう。 あの戦争は本当は資本主義と共産主義の戦いで、ヒットラーと東条が理論をぶっ壊してしまった。 絵にしてみれば分かる。呉越同舟なのだ。だから戦後冷戦が即始まった。
78.名無しさん:2018年06月10日 13:19 ID:97D00VUl0▼このコメントに返信
中国に「ここビュッフェ形式なんだぁ〜」って言いながら進撃するの楽しすぎて草

支那が慌てて逃げ出して可愛すぎてぱっくんちょ
79.自称ネトフヨ:2018年06月10日 13:25 ID:RDU1TRDL0▼このコメントに返信
なんか最近、こういう中国が劣等感を丸出しにしている記事が多いよな。
管理人がそういうのを選んできているからか、それともそういう記事が多くなったのか?
80.名無しさん:2018年06月10日 13:27 ID:aYym1FsD0▼このコメントに返信
Q 中国が南シナ海に兵を向けたのはなぜなのか?

A 米軍撤退による力の空白が生まれたから。
81.名無しさん:2018年06月10日 13:28 ID:wuTEkOND0▼このコメントに返信
あと支那の上層部ってのは古来から自国民の利益など考えることをしなかった
なんで戦争が始まったかって
支那の上部が白人支配層とズブズブで、
自国民のことなんてどうでも良かったからだよ

あの頃中国がどんどん腐敗してったのは外部勢力だけじゃなくて
それを容認する内部勢力があったからであって
82.名無しさん:2018年06月10日 13:28 ID:uFUJVKlt0▼このコメントに返信
※47 >ID:Targromu0 >うんそういう言葉遊びで誤魔化してるのが現状なんだから他国にとやかく言えんな


 【矛盾】の意味を吐き違えて、馬鹿の一つ覚えで乱用してるお前には言われたくないってさ。

(二律背反って言葉を知らないんだな。無学な人間ほど鬼の首取ったみたいに、口を開けば矛盾ガー矛盾ガー)
83.名無しさん:2018年06月10日 13:29 ID:gc17yZ.c0▼このコメントに返信
日本の安全保障を確保するなら当然だ。当時の世界情勢なら自然な流れ。
84.名無しさん:2018年06月10日 13:32 ID:U.770xw80▼このコメントに返信
>>半島も満州も台湾も手に入れてたのに、それでも満足せずに大陸も東南アジアもよこせって欲張ったから

これだよ…明治以来の国家計画なんだよ。明治に半島、台湾を侵略…大正で中国の一部を…昭和でそれを引き継いだ…
アメリカが日本制裁に動いて、身の程知らずにもアメリカも制服しようとして返り討ちにあった。
85.名無しさん:2018年06月10日 13:36 ID:6v0wkUBm0▼このコメントに返信
むしろ、今の中国が日本に民兵を向けて戦争に突き進もうとしている理由と一緒な気がするんだけど。
86.名無しさん:2018年06月10日 13:40 ID:wuTEkOND0▼このコメントに返信
日本が戦争始めちゃったのは国民が純粋すぎたから、アジアの解放って名目につられた
その時既に政府が影からコントロールされてたから、
明治以降日本の政府はずっと傀儡だった
唯一責任があるとすれば、昔からそうだけど国際的な空気を一切読めない国民性だったから
あの時は既に支那でさえ外部勢力とズブズブで、
支那の支配層は古来通り、自分さえ儲かれば自国民がいくら犠牲になろうと
どうでも良かったのだ
87.名無しさん:2018年06月10日 13:42 ID:NVtUMcTE0▼このコメントに返信
当時の日本はシベリア出兵でソ連に対しても領土的野望を顕にしているからな。

今から考えると正気の沙汰とは思えないが。
当時はなんの役に立つのかもわからんシベリアの凍土であっても土地を手に入れたかったんだろうな。
88.名無しさん:2018年06月10日 13:43 ID:8kVvDumD0▼このコメントに返信
※79
大本の記事を書いた快資訊って中国メディアはずっとこんな調子だよ。
日本や韓国と中国とを比較して、中国はもっと頑張れって論調。
89.名無しさん:2018年06月10日 13:43 ID:u6ltCvlm0▼このコメントに返信
戦時中のローマ法王ピオ11世
「日本は中国の赤化を防ぐために戦っている、全世界のカトリック教徒は日本の軍事行動を支援せよ」
90.名無しさん:2018年06月10日 13:45 ID:NVtUMcTE0▼このコメントに返信
※88
日本でも、かつてよくあったやつじゃん。

成長中の国では、こういう論調が受けるんだろうね。

衰退が激しくなってくると、愛国ポノレノニュースが受けるようになってくるが(笑)
91.名無しさん:2018年06月10日 13:46 ID:2NczHn6b0▼このコメントに返信
欧州帝国主義国家の東アジアにおける拠点である中国からの英国排除が日本のためになるからだろ
中国を資源目的で占領したなら日本はもっと戦えたはず。むしろ人や物を持ち込んだんだよなあ朝鮮半島にも
日本には海外市場の獲得して経済発展させるような力量もなく英国みたいに振舞う能力もないから征服しても本当は意味ないんだよなあ
しいて言うなら当時日本の経済がドン底で失業者の労働力とりわけ農民の労働力を中国に放出して満州国を作りたかったのは事実だが
92.名無しさん:2018年06月10日 13:48 ID:Kc7e1YDb0▼このコメントに返信
大陸視点で日華事変を「大陸史観風」に、ちょっと乱暴に説明すると、
詰まるところ、欧米(連合国)の支援を受けた国民党。欧米(連合国)の支援を受けつつ、共産主義を掲げた共産党。
そして、清国の後継で、大日本帝国の軍事力を借り受けた、満州。
この3勢力による三国志状態であったと。
まあ、満州が清国の後継であるってのはあくまでも建前だと言われちゃえば、言い訳もし辛いが、
態々溥儀を皇帝に添えてるなど、体裁はちゃんと整えている。

※84
最終目的をあしざまに表現すればそういう言い方もできるが、
当時の南進の目的は、あくまでも
「国民党共産党に支援する欧米の糧道を絶ち、ついで枯渇気味の物資を調達する」だぞ。

大東亜共栄圏とかは、そのための大義名分でしかねーっつの。
93.名無しさん:2018年06月10日 13:49 ID:MIp.3rsn0▼このコメントに返信
※85
植民地主義が正義の時代で、明日はわが身の日本が大陸に進出して、植民地主義に対する防波堤を欲したのは当然の成り行き。
現在の中国は、周辺国に脅かされている分けでもないのに、ただの金儲けの為に侵略をしているだけだろ。

悪い事は言わない。
中学校の歴史の教科書ぐらい読みなおしてこい。
94.名無しさん:2018年06月10日 13:50 ID:t8O5O.uu0▼このコメントに返信
最近の解釈。

日本の歴史は大陸と半島から亡命した王族貴族が先住民の日本人を支配。(例:乙巳の変)
先住民の歴史を抹消。
彼らはできれば故郷である大陸に返り咲き、また大陸を自分のモノにしたいといつも考えていた。

ゆえに為政者に豊臣秀吉という名前を与えて半島に返り咲こうとした。(一回目)
故郷の文明化が遅れているので征韓論(2回目)
朝鮮半島をロシアから守る目的で併合。(もともと同族だからね)

その勢いで満州族と合体して大陸の皇帝に(実質的な)。2000年の復讐劇。
95.名無しさん:2018年06月10日 13:51 ID:8kVvDumD0▼このコメントに返信
※87
結果としてシベリア送りされて絶望的な環境下にあった
ソ連在住のポーランド人たちを保護してポーランドに送り返せてるから
ポーランド人としては意義があったろう

そもそも日本としては満州が共産党勢力に侵略されるのを恐れての出兵だから
その周辺に緩衝地帯を作りたくなるのは当然のこと
96.名無しさん:2018年06月10日 13:51 ID:4UP5H.Rl0▼このコメントに返信
通州事件とかで決定的に印象を損ねたからでしょ
あまりにも弱体なのに挑発しちゃいかんよ

南進するにも北進するにも邪魔で仕方ない位置だし
97.名無しさん:2018年06月10日 13:52 ID:eipy77G60▼このコメントに返信
連合国が満州を維持してたら現代に中国の東北部に資本主義国が存在することになっていたのだろうか
98.名無しさん:2018年06月10日 13:52 ID:gBgH4bIB0▼このコメントに返信
半島から、反乱の鎮圧を頼みたい、って言われて行ってみたら、清と両てんびんに掛けられてた。
日本人が危険にさらされてたから、増援送った。
99.名無しさん:2018年06月10日 13:53 ID:NVtUMcTE0▼このコメントに返信
※95
周辺に緩衝地帯を作りたくなるのが認められる行為なら、
中国が沖縄や対馬などを没収して緩衝地帯を作りたくなるのも当然、ロシアが北方領土雨を没収して緩衝地帯を作りたくなるのも当然ということになってしまう。
100.名無しさん:2018年06月10日 13:56 ID:wuTEkOND0▼このコメントに返信
てか明治以降日本政府は傀儡だから
朝鮮半島と縁の深い山口県からは、多数首相が出てる上に
日本一の富豪柳井すら山口県から出てる
A級戦犯の孫安倍
東日本大震災で原発事故を静観した菅直人
日本の初代首相の伊藤博文など
日本の歴史において最も重要な場面でいつも朝鮮の血が混じったような
首相が立っているのである
山口県と福島県はかつて
明治維新の際に対立して戦争していたのを覚えているだろうか?
福島の原発事故が計画的に行われたことを知ってほしい
2011.3.11 14:46にアメリカで公開された映画
ロサンゼルス決戦の中で冒頭から東京湾が津波に沈んでいるのは偶然なのか?
更にアメリカの一ドル紙幣にはプロビデンスの目が
印刷されているのに、誰も突っ込まない
世界は金融マフィアのユダヤ人によって支配され、弄ばれてる


101.名無しさん:2018年06月10日 13:56 ID:MIp.3rsn0▼このコメントに返信
※87
仮に、今の日本の青森にロシアが軍港を持ちますって言われたら、喜んで受け入れるか?

それと同じ話で、当時の帝政ロシアもまた東征を繰り返してウラジオストクまでやってきた。
そしたら、次は日本占領だ。と言うのがロシアの流れだった。
日本としては、それを阻止するためには出来る限りロシアを押さえる必要があったのだから、領土的な価値とかは二の次だったんだよ。

あの当時の日本出来た選択肢は、ロシアと戦うか、ロシアの植民地になるかの二択だよ。
お前さんは、植民地の方が好きらしいけどね。
102.名無しさん:2018年06月10日 13:58 ID:MIp.3rsn0▼このコメントに返信
※99
そもそも、侵略を繰り返して日本の目の前まで来たロシアが悪い。
お前は、何をはき違えて侵略者に忖度してんだよ。
103.名無しさん:2018年06月10日 14:01 ID:wuTEkOND0▼このコメントに返信
中国も共産主義国家としての実験国家であって主権はない
だから結局ww3に引きずり込まれるのだ
最近の中国の横暴は正気の沙汰ではない
104.名無しさん:2018年06月10日 14:01 ID:gBgH4bIB0▼このコメントに返信
※98
呼ばれたので行ったら、帰れ、と言われた。
いい加減にしろ、と言って居座った。
105.名無しさん:2018年06月10日 14:02 ID:NVtUMcTE0▼このコメントに返信
※102
相手をギャフンと言わせる理屈を作るときは、
まず理論を自分の側に適応して、次に相手の側に適応して、
結果的に相手側だけを縛ることになる非対称になる理論を作る。
そのうえで、"平等"に両者に当てはめる

いつもアメリカがやってるやつだ

緩衝地帯作りたくなるのは当然なんていう理屈だと相手の侵略にもお墨付き与えてしまいますからw
106.名無しさん:2018年06月10日 14:06 ID:YW1M9w310▼このコメントに返信
>中国メディアの快資訊は8日、国土がわずか37万8000平方キロメートルしかない日本が中国に兵を向けたのはなぜなのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

中国が治安維持をしないと宣言して治安維持を放棄。
代わりに他国が治安維持のために中国に駐留することを認めたのが始まり。

だから日本以外の列強も中国に派兵している。
107.名無しさん:2018年06月10日 14:11 ID:b6.Z6id60▼このコメントに返信
対ロシア・欧米に全く役に立たなかった
しょうがなく日本が防衛線を満州まで持ち上げた
なのに日本にちょっかいだけは出した来るので反撃してたら
あまりに弱いので中国本土の中にどんどん進んでいくはめになった

シナは自分の弱さを反省すべき
108.名無しさん:2018年06月10日 14:12 ID:YW1M9w310▼このコメントに返信
※94
朝鮮人の頭はどうかしてるね
109.名無しさん:2018年06月10日 14:16 ID:YW1M9w310▼このコメントに返信
>緩衝地帯作りたくなるのは当然なんていう理屈だと相手の侵略にもお墨付き与えてしまいますからw

当時は、この理屈で動いてたろ。
お墨付きとか意味ないから。
110.名無しさん:2018年06月10日 14:18 ID:iOB5mjme0▼このコメントに返信
俺がやらせた
111.名無しさん:2018年06月10日 14:26 ID:QTOH20Jd0▼このコメントに返信
無理矢理でも中国を取っておけば今の傲慢なクズは生まれなかったと思うと日本にも責任は無くはないかもね
112.名無しさん:2018年06月10日 14:28 ID:QTOH20Jd0▼このコメントに返信
>>94

糖質てどこにでも湧いて怖いな

シナチク食べる?
113.名無しさん:2018年06月10日 14:28 ID:QUG6uGM50▼このコメントに返信
中国が国家として果たすべき義務を果たさなかったから。ルールを守らず約束守らず、悪逆非道暴虐の限りを尽くしたから。
114.名無しさん:2018年06月10日 14:34 ID:gBgH4bIB0▼このコメントに返信
※104
居座ったら、清といざこざになった。
で、どっちにするの?ってなった。
それで、清と戦争。
115.名無しさん:2018年06月10日 14:38 ID:wuTEkOND0▼このコメントに返信
てか明治以降日本政府は傀儡だから
朝鮮半島と縁の深い山口県からは、多数首相が出てる上に
日本一の富豪柳井すら山口県から出てる
A級戦犯の孫安倍
東日本大震災で原発事故を静観した菅直人
日本の初代首相の伊藤博文など
日本の歴史において最も重要な場面でいつも朝鮮の血が混じったような
首相が立っているのである
山口県と福島県はかつて
明治維新の際に対立して戦争していたのを覚えているだろうか?
福島の原発事故が計画的に行われたことを知ってほしい
2011.3.11 14:46にアメリカで公開された映画
ロサンゼルス決戦の中で冒頭から東京湾が津波に沈んでいるのは偶然なのか?
更にアメリカの一ドル紙幣にはプロビデンスの目が
印刷されているのに、誰も突っ込まない
世界は金融マフィアのユダヤ人によって支配され、弄ばれてるので
中国がどうとか日本がどうとかも細かい部分でしかない

116.名無しさん:2018年06月10日 14:38 ID:wuTEkOND0▼このコメントに返信
ジョージオーウェルの1984では、
世界は三大国に分かれ、
イギリスとアメリカ、豪州などはオセアニアに
ロシア、ヨーロッパは合併しユーラシアに
中国、日本、朝鮮は合併しイースタシアとなっているが
近年イギリスがEUを抜けて、EUとアメリカが対立し
EUロシアが近づいているのも、
朝鮮半島が赤化統一されそうなのは全く偶然ではない
今後日本は中国と一戦交えるか、
移民によって侵食されるのは間違いない
その後はブロックチェーンなどの技術により
世界の中央集権はなくなり、進歩した技術により全人類監視社会となり、
増えすぎた生産品や人口を減らすための永久戦争が続くようになる
世界政府の計画は今現在進行中
117.名無しさん:2018年06月10日 14:38 ID:Qvbc.0g00▼このコメントに返信
 海外現地邦人の救出と震源地対策って事で今の日本国憲法下でも合憲の行動を取っただけだからね

オイラは別に中国だろうがISだろうが海外で被害に合う日本人に自衛隊が動く必要は無いと思ってるけど、サヨクは普段軍事力や政府を批判する割に、こういう事があると何で政府は助けないって怒るアホやからなぁ、そんなアホを言うなら普段から自衛隊も政府も支援して更に工作する裏金を準備してやらんと言う権利無いんやで
118.名無しさん:2018年06月10日 14:41 ID:WENHVB7F0▼このコメントに返信
中国は古代からの暗黙の了解としての相互不可侵を言うが
アジア情勢も世界の趨勢と切り離せないし、日本の権益を認めた方が
結局、中国自身にとって最も被害が少なかったろう。
日本も欧米ばかりが強くなれば自国を守れなくなるしな。
119.名無しさん:2018年06月10日 14:42 ID:QAX.IUlI0▼このコメントに返信
侵略じゃなくて自国領となってた朝鮮半島を護る為の介入だったのだがね
まあ当初の生命線だった満州を確保した後に今度はその満州を護る為に
どんどん内陸へ内陸へと泥沼に引きずり込まれていったんだがね・・・
120.名無しさん:2018年06月10日 14:44 ID:KoaCUB470▼このコメントに返信
当時の中国っていろんな国の植民地になってたじゃないですか。
今みたいにまとまってたわけじゃないですよね。
歴史プロパガンダをしてるうちに本当のこと忘れちゃった
韓国北朝鮮と同じですね。
121.名無しさん:2018年06月10日 14:46 ID:hFiO.Sh00▼このコメントに返信
日本はシナをガン無視して欧米列強の切り取り次第に任せておけば良かったんだよな!
そうしておけば今頃はシナは幾つかの小国に分かれて欧米の植民地のままであったのに!
現在よりも世界は遙かに平和であったろうに!
残念でならない!
122.名無しさん:2018年06月10日 14:48 ID:t8O5O.uu0▼このコメントに返信
※108
実際、日本の中枢は朝鮮系の人ダラケ。

岸信介の一族、与党も野党の政治家も、経団連の偉い人、官僚。

だからこの政権で怒涛のように移民を入れようとする等の政策が良く分かる。

半島に帰れ!という方向が違う。日本の上級国民の方が半島の人ダラケさ。
123.名無しさん:2018年06月10日 14:49 ID:wuTEkOND0▼このコメントに返信
その通り。日本国民は純粋すぎた。
支那は欧米に任せて、静かに崩壊を待っていれば良かった。しかし
そこで手を出したのが、傀儡政府だったのである。だから半分以上、傀儡政府が悪い。
124.名無しさん:2018年06月10日 14:52 ID:wuTEkOND0▼このコメントに返信
このまま行くと、この国は悪の濡れ衣を着せられたまま
支那の復讐の名目として成敗されかねない
傀儡政府が数百年も前からここまで絵を描いていたなら感服する
125.名無しさん:2018年06月10日 14:53 ID:A1TQ63y60▼このコメントに返信
当時は白人国家以外はいじめられっ子だったんだよ
いじめられる側に回らないためにいじめる側に加担した
こういう解釈が1番分かりやすい
126.名無しさん:2018年06月10日 15:00 ID:wuTEkOND0▼このコメントに返信
必ずしも白人が覇権を握っているとは限らないけどね
127.名無しさん:2018年06月10日 15:10 ID:NVtUMcTE0▼このコメントに返信
戦争は忘れた頃にやってくる

人類の歴史を見れば呆れるほど戦争ばっかりやってるし、まーたすぐに戦争をおっぱじめるだろう
128.名無しさん:2018年06月10日 15:19 ID:wuTEkOND0▼このコメントに返信
その通り。中国の古代史をみても痛感するが
人間の本質とは、他者を裏切り、殺し、生贄にして如何に自分の欲を満たすか。
その為に家族であれ、恋人であれ、同じ人種の国同士であれど関係ない。
これは太古昔から変わってない。
この人口爆発の時代に争いが起こらないなどと考えるのは非常に危険。
人間の本質と支配者層の意図を理解した上で備える方が良い。
129.名無しさん:2018年06月10日 15:35 ID:DQFpmO0t0▼このコメントに返信
中華民国に対する認識について言えば、前提として、諸外国が国民党を「正統政府」と承認したのは二十八年、
日本が承認したのは二十九年、田中義一のときなんだ。それまでは、北京政府が正統だった。ここが重要だね。

だから、袁世凱の死後、安直戦争、第一次奉直戦争、第二次奉直戦争、馮玉祥の反乱、郭松齢の反乱あたりが、
歴史の中心になる。最後の二つには日本も関与したし。南のほうに夢想家のおじさんがいることは知っていた。

彼の死後、蒋介石が出てきた。北伐については、上がって「きた」という感覚だ。上がって「いく」のでなく。
だから、呉佩孚が負けた、孫伝芳が負けた、南京事件があった、上海クーデターが起きた、汪兆銘が合流した、
で、山東出兵に至る。北伐の妨害だ。満洲の張作霖とは長いつきあいだから。で、張作霖と蒋介石の徐州戦争、
蒋の来日、田中との会談、までは上手くいった。しかし、第二次山東出兵でケチがつく。反日運動の始まりだ。
しかも、関東軍のなんとかいう馬鹿が、奉天へ向かう列車を張作霖ごと爆破してしまった。ここが転換点だね。

以降、蒋と広西派、蒋と馮玉祥、蒋と閻錫山、の三つの戦争、ならびに中原大戦には、日本は関与していない。
関与したのは張学良だった。同時期の中ソ紛争で、日本は双方を退かせたが、張学良が味方になるはずがない。
満鉄包囲網、排日侮日運動が激化する。中村大尉事件、万宝山事件を経て、石原莞爾の登場で、満洲事変勃発、
と、まあ、こういう風に見る。中国人は孫文や、その後継者の側から見ていくから、歴史の認識が食いちがう。
130.名無しさん:2018年06月10日 15:37 ID:dLV94FAh0▼このコメントに返信
今の地図見て議論しても無駄なんだよ
近世当時の勢力地図で見ないと
当時のアジア・中国ですら虫食い状態だったんだから
131.名無しさん:2018年06月10日 15:40 ID:.QIm5GMT0▼このコメントに返信
今の中国の隆盛ぶりを見れば、当時の日本が大陸を切り取ってその主になろうとする気持ちもわかるわ。
大陸にはそれだけのポテンシャルがあったわけだからなあ。

今の中国なんて、あの頃の日本がなりたかった「欧米と完全に対峙し得る日本」そのものなわけだろう?
132.名無しさん:2018年06月10日 15:44 ID:yzLGB5..0▼このコメントに返信
中国人が日本人に行った事を忘れているんだ。
今の中国人は平気で嘘を吐くしな、中国政府のプロパガンダにのせられる人々が、真実を知るはずも無いな。
だから、日本が中国に兵を向けたと考えるんだな。
中国の近代史を勉強してから、スレを立てて下さい。
133.名無しさん:2018年06月10日 15:46 ID:wuTEkOND0▼このコメントに返信
中国と日本は似ているようで違うからね。旧大陸にあった中国は太古から西洋との関わりが深い。
ドラゴンや蛇は太古から西洋では悪の象徴であったが、中国では皇帝の象徴や吉兆とされている。
地政学的にも、文化的にも西洋と中国は対峙しうるが、世界の支配層が固まっているとすればそれに対しては
対峙しあるかどうかわからない。
中国の良くないところは、南国らしく本能に忠実でプライドが高く罠にはめられやすいところである。
134.名無しさん:2018年06月10日 15:56 ID:rdkjM.R80▼このコメントに返信
えぇ・・・上海事変で襲ってきたのそっちじゃん
135.名無しさん:2018年06月10日 16:13 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
お前らの統治失敗を日本せいとかやっぱ土人思想だな。
136.名無しさん:2018年06月10日 16:16 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※18
幣原喜重郎が、満州の主権者を中華民国と認めた(九か国条約)から。
自分で中華民国の主権みとめておいて、主権侵害の満州帝国建設は、基地外だろ。
137.名無しさん:2018年06月10日 16:18 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※136
その当時主権主張の国民党は、南京方面すら碌に統治出来てなかった事実も知らん戦後浅学パヨク。
138.名無しさん:2018年06月10日 16:27 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※58
満州獲ったおかげで、防衛上不利になったんだけどね。
朝鮮半島は、守備は楽な地形だよ。
満州なんて、三方からソ連軍に攻められるんだし。
139.名無しさん:2018年06月10日 16:32 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※138
守備云々以前の夜盗やら軍閥勢が頻繁に国境侵犯してウザかった上に統治側の中国戦国時代でお話ならなった事実後満州国樹立時は、ソ連の赤軍極東方面は、再建中で攻勢なんて夢のまた夢状態で再建後は、日本側の要塞線を引いて防衛していたよ戦後情弱パヨク君。
140.名無しさん:2018年06月10日 16:32 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※66
ふつうに奉天軍閥いましたが。
141.名無しさん:2018年06月10日 16:36 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※140
唯の武装離脱軍人崩れじゃん其れが中国の主権て、、、、やっぱ戦後情弱パヨクか。
142.名無しさん:2018年06月10日 16:50 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※129
追加要素として、1925年にイギリスの斡旋で、愛新覚羅溥儀を
天津日本租界で、保護してたことも重要。
143.136:2018年06月10日 16:55 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※137
国民党の統治能力の問題じゃないんだよ。
国際条約に加盟しときながら、自ら条約破りして、
国際的非難受けるのが、馬鹿だといってるんだよ。
ソ連みたいに条約に不参加なら、外モンゴルの独立
みたいにやれたんだよ。
144.名無しさん:2018年06月10日 16:57 ID:.QIm5GMT0▼このコメントに返信
※66
……で、それは日本のものなんですかね?
145.名無しさん:2018年06月10日 17:00 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※141
北京政府を否定するとか、習か金なみの知能だな。
146.名無しさん:2018年06月10日 17:03 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※139
肝心の関東軍が、匪賊討伐に失敗して、日本人馬賊に仲介頼むていたらくなのにね。
147.名無しさん:2018年06月10日 17:05 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※144
戦争の結果なら日本物だよまあ太平洋戦争後て括りなら勝者の物だよだから当時は、日本物て論理に矛盾は、無いよなんか情弱のパヨクが矢鱈噛みついているが其れが不変の事実。
148.名無しさん:2018年06月10日 17:06 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※145
統治出来てなったから否定ですらないよお前らダメだから俺らが出るて話だよ情弱浅学パヨク君。
149.名無しさん:2018年06月10日 17:08 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※146
討伐失敗て、、、その盗賊をイミフな現地ルールで匿ってその代金を貰っていたのが当時の軍閥外道共だよ其れで主権ガ~唯の言い逃れ間接的に日本の領土侵略している手助けなのだから。
150.名無しさん:2018年06月10日 17:09 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※147
馬鹿じゃないの?
汪兆銘傀儡政権すら否定かい?
にほんの土地なら日本人の総督おけばいいだろ。
公私の区別もつかないお子ちゃまか?
151.名無しさん:2018年06月10日 17:10 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※143
条約に勝手に他国の領域で悪さする連中を容認するなんて項目は、無かった思うが?戦後情弱浅学パヨク君。
152.名無しさん:2018年06月10日 17:11 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※149
討伐できてないんだろ。
匪賊は、原住民に匿われて。
それで、統治者が日本て?
153.名無しさん:2018年06月10日 17:13 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※150
日本の総督を置いたら永劫日本領になってしまうだろうが当時から日本は、現地民の自活自治を主眼にして統治していたからある程度周辺事態が収まったら住民の自治に任せるが日本流何でも
奪う支配するの欧米流とは、違うだよ戦後情弱浅学パヨク君。
154.名無しさん:2018年06月10日 17:14 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
当時の日本は元々北支を狙っていて、華北分離工作をしていたんだけど
そんな時に丁度盧溝橋事件が起きたのでそれを口実にして平津作戦を実行し、
北京天津などの北支を占領してから蒋介石に和平を迫った。
しかし蒋介石はそれに応じず第二次上海事変を起こして、自軍に有利な華中地方にて日本軍に決戦を挑んだ。
すると第二次上海事変を征した日本の上海派遣軍と第十軍は、日本軍中央の意図を無視して勝手に南京へと進軍を開始。
軍もやむなくこれを追認して南京を陥落させた。
そしたら首都を落としたことで調子に乗った政府と海軍が蒋介石との和平を拒否し、
日中戦争はそのまま泥沼化してやがて太平洋戦争に突入。
1945年8月15日に日本は白旗をあげましたとさ。
155.名無しさん:2018年06月10日 17:14 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※151
その匪賊を捕まえて、国際連盟に訴えたのかね?
逃げられました、だから越境して追撃します?
自分は、馬鹿ですと証明してたのが大日本帝国。
156.名無しさん:2018年06月10日 17:14 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※152
日本が無茶を承知で越境して討伐しようとすると何故か当地の軍閥破落戸共が邪魔をしたて話だよ戦後情弱浅学パヨク君。
157.名無しさん:2018年06月10日 17:15 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※155
そもそも当時国連は、今の国連程強制力や直接武力が無かった事実も知らず吠える戦後情弱浅学パヨク君。
158.名無しさん:2018年06月10日 17:16 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※153
さすが、馬鹿のゆうことは、違うね。
統治失敗を高々と自慢できるなんて。
159.名無しさん:2018年06月10日 17:17 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
※66

>だから満州はいわゆる中国ではない、ことは理解してくれ。


文句は戦前の国連総会に言ってくださいね~
160.名無しさん:2018年06月10日 17:19 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※156
すごいね、当時の帝国陸軍は、シナの矮小な地方軍閥すら、
制圧できなかったのか。
誇るべきことだな。
161.名無しさん:2018年06月10日 17:19 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※159
インテリが後先考えず作った理想論だけの組織だとダメて事で今の国連なんだが?。
162.名無しさん:2018年06月10日 17:20 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
ネトウ、ヨ「当時中国は国家といえるものじゃなかった~(だから日本の侵略は不当行為じゃない。)」



→じゃあなんで日本政府は蒋介石政権と外交交渉なんてしていたんですかね~。
163.名無しさん:2018年06月10日 17:21 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※160
全軍挙げて動いたら戦争になんだろうが!マジ5毛党か戦後情弱浅学パヨク君。
164.名無しさん:2018年06月10日 17:22 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※162
一応代表政府【笑い】だから儀礼的に交渉したがやっぱ土人だったて事だよ浅学パヨク君。
165.名無しさん:2018年06月10日 17:23 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
いくら右翼とネトウ.ヨが言っても無駄です。
発言にまったく重みがありませんので。
せめて実績ある歴史家が言うならまた違うんだろうけどね~。
右翼側の北岡や秦ですら、日中戦争を正当化まではしないからねぇ~。

当時の日本政府が国連脱退をかましたり九ヶ国条約会議スッポカし決めてんのに
今更お前らが何を言ってんの?
166.名無しさん:2018年06月10日 17:24 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
※160
まぁ実際に通州事件とか起こされてますし・・・
167.名無しさん:2018年06月10日 17:24 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※157
国連提訴>調停>調停破断>武力侵攻
と手続きふんでれば、問題なかったんだよ。
中華民国が悪いとなれば、軍需物資の対中輸出禁止の経済制裁もできる。
ペナルティーないから、ドイツはシナに武器売るけど、それを洋上で拿捕できる。
策をめぐらさず、正面の弱兵だけみて、単純な武力侵攻するから、日本は敗北したんだよ。
168.名無しさん:2018年06月10日 17:26 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
※日本が平津作戦をしてなければ、盧溝橋事件の和平でそのまま終わってました。
169.名無しさん:2018年06月10日 17:26 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※163
シナの軍閥て、そんなに強いんだ、スッゴ~イ。
170.名無しさん:2018年06月10日 17:28 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※164
シナは、無主地じゃなかったの国士様。
ブレブレじゃん。
171.名無しさん:2018年06月10日 17:28 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※169
完全制圧するのに1個旅団で済むかいじょう情弱浅学パヨク君いい加減祖国帰れ。
172.名無しさん:2018年06月10日 17:31 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※170
統治者変更の交渉も必要だと知らない戦後情弱浅学5毛党パヨク君。
173.名無しさん:2018年06月10日 17:31 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※166
あれ、自警団不在時ねらわれてるからな。
陸軍の罪は、問えないだろ。
逆に外務省の領事部の人間が、現地情報網築けてないことのが、問題。
174.名無しさん:2018年06月10日 17:33 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※167
当時の中華政府が内政すら出来ず内戦状態だったと頑なに認めない当事国と利権を奪われると邪推する欧州・米国が納得するわけ無いじゃんだから話にならんと脱会したんだよ戦後情弱浅学パヨク君。
175.名無しさん:2018年06月10日 17:34 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※171
え?
鴨緑江越境してくる匪賊を旅団レベルで、殲滅できないなんて。
日清・日露で、露と消えた先人に申し訳たたないな。
176.名無しさん:2018年06月10日 17:37 ID:ztLRIKYG0▼このコメントに返信
清国がエゲレスに食い物にされ、他の列強も続いてやって来て更に白人国家のエジキになってると聞いて、次日本もヤバいでって幕府倒して新体制作った訳で、籠城する訳ねーだろ?そりゃ、戦の定石で撃って出たまで。
177.名無しさん:2018年06月10日 17:37 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※174
馬鹿だろ。
九か国条約に最初から参加してなければ、そんな無駄なことせずに、
溥儀確保した1925年に満州帝国建国できたんだよ。
これは、イギリス・オランダに押し付けられたんだから、両国は、反対できない。
178.名無しさん:2018年06月10日 17:39 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※172
君は、シナは、無主地だから日本の侵略OKじゃなかった?
179.名無しさん:2018年06月10日 17:42 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※175
おいおい完全制圧と書いたとぞ浅学1個旅団程度じゃ追い返すと待ち受け殲滅しか出来ん本拠ごととなればもう一つ上の師団や方面軍の仕事になるそれも一応主権【笑い】の土地に万単位の軍を入れるのに政治調整が不要とかマジ日本人のフリをした土人君か?、
180.名無しさん:2018年06月10日 17:44 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※178
あくまで統治出来てない空白地帯の事を言って居るんだよ浅学実際首都方面でドンパチし始めた当たりからは、断続的に交渉をしていたんだよ戦後浅学情弱5毛党パヨク君。
181.名無しさん:2018年06月10日 17:46 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
※174
満州事変の頃には張学良の易幟にて、蒋介石による中国統一は完了していたんだよなぁ一応・・・
で、なぜ張学良が蒋介石に降ったかというと・・・それは関東軍の起こした張作霖爆殺事件のせいですー。

残念っ!!!
182.名無しさん:2018年06月10日 17:46 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※177
9か国条約は、孫文がちゃんと統治出来ると思われたから加盟したんだよまさか僅か数年で腐りきるとは、当時は、誰も予想できんぞ戦後情弱浅学5毛パヨク君。
183.名無しさん:2018年06月10日 17:48 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
ネトウ.ヨ「中国は内戦状態だったー!!! まともな統治が出来てなかったー!!!」



→国民党政権による中国統治をもっとも邪魔したのはほかならぬ日本軍ですが何か?
 そもそも内戦状態を理由に侵略かましていいわけじゃないし。
184.名無しさん:2018年06月10日 17:49 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※181
その一応は、あくまで首都周辺と北伐した辺りだよ張学良のいた満州は、無法地帯だった残念無念だね戦後情弱浅学パヨク君。
185.名無しさん:2018年06月10日 17:50 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※183
統治の邪魔て、、、代わりに内政やインフラ復活をやったのは、日本なんだが浅学負け犬パヨク君。
186.名無しさん:2018年06月10日 17:51 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
てゆうか国軍のコントロールすらまともにできてなかった大日本帝国が
中国の統治についてあれこれいうのもどうなんかねぇ・・・。

日本軍自体が末端の将兵にはびこる軍紀の乱れを止められなかったし、
中堅将校も軍中央の命令無しに勝手なことをしまくってたしねぇ。

日本だって全然まともじゃねーじゃん。
187.名無しさん:2018年06月10日 17:52 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
※185

別に日本がやらなくても欧米がやってたんじゃね?
188.名無しさん:2018年06月10日 17:52 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
※184
無法地帯って・・・
奉天軍閥を擁立してたのはほかならぬ日本軍なのにねぇ。
189.名無しさん:2018年06月10日 17:54 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
無法なのは張作霖を暗殺し、満州を勝手に傀儡国家にし、
日中戦争を起こして中国全土に侵攻し、
太平洋戦争を起こした大日本帝国ですがなにか?
190.名無しさん:2018年06月10日 17:56 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※187
(ヾノ・∀・`)ムリムリ当時の欧米は、上海租界の防衛すら日本に丸投げするくらい極東での力が減衰していて何時共産ゲリラの襲撃を食らうか判らん危険地帯に資本も人材も回せんよ。
191.名無しさん:2018年06月10日 17:57 ID:9x4XoFKE0▼このコメントに返信
※188
中共の発展に尽力したら、中共が調子こいて尖閣・沖縄に手を出してきてるだろ?
今も昔も中国人は中国人だってことだ。
192.名無しさん:2018年06月10日 17:57 ID:uFUJVKlt0▼このコメントに返信
※189 >無法なのは張作霖を暗殺し、満州を勝手に傀儡国家にし、日中戦争を起こして中国全土に侵攻し、太平洋戦争を起こした大日本帝国ですがなにか?

なに、日本人みたいな文章を書いてんだ?キッチガイチャイニーズww 虫けらゴキ.ブ.リ中国人w

アジアは団結すべきだった。
70年前まで、日本とタイ以外の有色人種は、すべて白人に売り買いされる「商品」だった。
ロシアは共産主義化し、危険だった。日本が落ちればアジアは終わる。
中国は、人口と国土と土地と歴史だけは優れた国だったが、
それゆえ、「ここが世界の中心だ」と思い込んでおり、白人侵略に危機感はなかった。
当時の中国人は、国内の軍閥同士で覇権を争ってる状態であり、
その為に白人を利用する事はしていた。
白人がどれだけ国土に入り込もうとも、「この中国はどこにも行かない」と考えてたからだ。
一番理想的なシナリオは、日本と中国が組んで、共産主義や白人をアジアから追い出す事だった。
事もあろうに中国は、「日本は白人利権を脅かす敵だ」と認識した。中国は白人とズブズブだった。
結果、日本は単独で白人と戦う事になる。他のアジアの国々も白人隷属で甘んじて沈黙。
日本が敗戦してから、(日本が与えたインフラを使って)ヌケヌケと重い腰を上げて各国独立。
そして中国は、「白人連合による日本束縛」というトラウマの為だけに、常任理事国になれた。
謎の戦勝国ツラ。
193.名無しさん:2018年06月10日 17:57 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※188
支援したが結局は、朱染まって崩れたて話だよ浅学君。
194.名無しさん:2018年06月10日 17:58 ID:uFUJVKlt0▼このコメントに返信
※183
>ID:UVA6MH2L0ネトウ.ヨ「中国は内戦状態だったー!!! まともな統治が出来てなかったー!!!」
>ID:UVA6MH2L0ネトウ.ヨ「中国は内戦状態だったー!!! まともな統治が出来てなかったー!!!」
>ID:UVA6MH2L0ネトウ.ヨ「中国は内戦状態だったー!!! まともな統治が出来てなかったー!!!」
>ID:UVA6MH2L0ネトウ.ヨ「中国は内戦状態だったー!!! まともな統治が出来てなかったー!!!」
>ID:UVA6MH2L0ネトウ.ヨ「中国は内戦状態だったー!!! まともな統治が出来てなかったー!!!」
>ID:UVA6MH2L0ネトウ.ヨ「中国は内戦状態だったー!!! まともな統治が出来てなかったー!!!」



スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥スカト口中国人。ウンコパクパク♥小便ゴキュゴキュ♥
195.名無しさん:2018年06月10日 18:00 ID:uFUJVKlt0▼このコメントに返信
※162
>ネトウ、ヨ「当時中国は国家といえるものじゃなかった~(だから日本の侵略は不当行為じゃない。)」
>→じゃあなんで日本政府は蒋介石政権と外交交渉なんてしていたんですかね~。




 脳味噌に、「時系列」って機能が存在しない、「短期記憶力障害」の華僑チャンコロ土人

196.名無しさん:2018年06月10日 18:03 ID:qML4XM5P0▼このコメントに返信
日本が領土野心を燃やしたころには欧米は撤退してたんだけどね
197.名無しさん:2018年06月10日 18:05 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
※192
>アジアは団結すべきだった。

日本は台湾と朝鮮を率先して植民地化し、
朝鮮併合の際に東南アジアの欧米植民地の正統性を認め、
その後満州を勝手に独立させたり中国全土に侵攻したり、
太平洋戦争になったら独立間近だったフィリピンを侵略したり
マレーシア・インドネシア・シンガポールを併合しようとしたり
仏印をフランスと仲良く共同統治したりしていました。


日本は欧米列強の仲間となってアジアを率先して侵略したのですが・・・。
198.名無しさん:2018年06月10日 18:08 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
※195
時系列を考えたなら、
なおさら日中戦争の時期に近づくほど、蒋介石政権の中国統治は良くなっていっていたがな?

幣制改革は成功させていたし共産党も撲滅まであと一歩だった。
日本が邪魔したせいでとん挫したけどね。
199.名無しさん:2018年06月10日 18:08 ID:7LOKc6Bu0▼このコメントに返信



なんやかや言っても ※25 でおわってる。

日中戦争は先に攻めて侵害したシナカスが悪い!
                   以上




200.名無しさん:2018年06月10日 18:12 ID:S3J9hauG0▼このコメントに返信
428が韓半島とかナチュラルに言ってて臭いのなんの
201.名無しさん:2018年06月10日 18:12 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
※199
可哀想に・・・
202.名無しさん:2018年06月10日 18:13 ID:uFUJVKlt0▼このコメントに返信
※198 >時系列を考えたなら、なおさら日中戦争の時期に近づくほど、蒋介石政権の中国統治は良くなっていっていたがな?幣制改革は成功させていたし共産党も撲滅まであと一歩だった。日本が邪魔したせいでとん挫したけどね。

 また時系列を無視してる。

Bという現象は、Aと言う現象が起きたからこそ起きたのであり、
もしA現象が起きてなければ、B現象も起きず、Cルートに行っていた。

お前のアホーな論法は、「最初にA現象は起きてないのに、なぜかB現象は起きている」という、
漫画にも劣るアホアホ考察だ。

お前→「ルパンは、A扉じゃなく、B扉から行けば銭形に捕まらずに済んだのにww」
 ↑(…いや、ルパンがB扉に変更したら、銭型もB扉に変更しますから…)
  (なぜ「ルパンだけが」ルート変更できるのか…)
203.名無しさん:2018年06月10日 18:16 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※198
と今日もうわべしか見ない浅学情弱土人でした。
204.名無しさん:2018年06月10日 18:16 ID:uFUJVKlt0▼このコメントに返信
※197
>日本は台湾と朝鮮を率先して植民地化し、

まず植民地の意味を分かってない。
文字通り「民を植える」と言う意味であり、そこに奴隷化や支配と言う意味合いは含まれない。
お前はこんな事、1度も考えた事ないだろ?
「植民地」が、どうして「民&植」と書くのか、を。

>その後満州を勝手に独立させたり中国全土に侵攻したり、

その「中国全土」って、中国政府のかたでも統治してらっしゃったの?ん?

>太平洋戦争になったら独立間近だったフィリピンを侵略したり

それ独立じゃないから。アメリカの保護下から放り出されただけですから

>マレーシア・インドネシア・シンガポールを併合しようとしたり
>日本は欧米列強の仲間となってアジアを率先して侵略したのですが・・・。

 インフラ、医療、教育、資源採掘、雇用のどこが「侵略なのか」を証明してね!^^ ウンコク人
205.名無しさん:2018年06月10日 18:18 ID:uFUJVKlt0▼このコメントに返信
※196 >日本が領土野心を燃やしたころには欧米は撤退してたんだけどね

① ではなぜ戦後直後、やっぱもう1度欲しくなって再上陸しに来たのか、教えてね
② 単に放り出されるのと、独立させてもらえるのとでは、全然違うはずだが?
③ 撤退したとして、そのライバル国に取られる可能性は考えないのか?
206.名無しさん:2018年06月10日 18:20 ID:uFUJVKlt0▼このコメントに返信
※197 >日本は台湾と朝鮮を率先して植民地化し、

植民地の意味を分かってない。

文字通り「民を植える」と言う意味であり、そこに奴隷化や支配と言う意味合いは含まれない。

意味が含まれてないから、「植民地支配」という5文字の造語が生まれてしまう。

アメリカ史に登場する「入植者」とは、植民地に植えられた人、って意味だ。

お前はこんな事、1度も考えた事ないだろ?

「植民地」が、どうして「民&植」と書くのか、を。

お前はこれを100回読め。日本人様から知識を与えられて嬉しいだろう?
207.名無しさん:2018年06月10日 18:24 ID:uFUJVKlt0▼このコメントに返信
※197
>その後満州を勝手に独立させたり中国全土に侵攻したり、

① その時代の中国は、誰が、どのように統治してたのか、を教えてくれ。
② その満州の、人口の変遷を教えてくれ
③ 中国全土と言うなら、具体的に地名と、パーセンテージで教えてくれ
④ 日本が来るまで、中国を統治していた、国や統治者を、一通り書き出してくれ
208.名無しさん:2018年06月10日 18:25 ID:uFUJVKlt0▼このコメントに返信


※197
>その後満州を勝手に独立させたり中国全土に侵攻したり、

まるで、

「日本軍がやって来るまで、中国は、他国に一切の干渉も許さず、中国全土を中国政治家が統治し、安全で豊かな国だった」

と言ってるみたいに聞こえるので、この辺から揺さ振っていこうか?
209.名無しさん:2018年06月10日 18:33 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
相変わらず世間に通じぬ右翼理論に固持するのですね。
無駄なことなのに愚かなことよ・・・。
210.名無しさん:2018年06月10日 18:37 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※209
と正史を捻じ曲げた自分論理でフルボッコの負け犬在日。
211.名無しさん:2018年06月10日 18:40 ID:uFUJVKlt0▼このコメントに返信
※209
>ID:UVA6MH2L0
>相変わらず世間に通じぬ右翼理論に固持するのですね。
>無駄なことなのに愚かなことよ・・・。


 皮肉を言おうとすると、必ず語彙が「漫画の真似」になるのが、
 低学歴在日のお約束。
212.名無しさん:2018年06月10日 18:40 ID:voWDbAiP0▼このコメントに返信
日中戦争というかシナ事変って先に仕掛けて来たの中国だぞ
案外常識的なことが知られず、日本が攻めて行ったと思ってる人多いね
日本は当時の国際常識として日本人居留民の保護のために軍隊派遣して
たから戦場は中国になったけどね
ま、中国としては満州おいしそうだから返せ(元々中国ではないのに)
という実に中国人らしいわがままな理由が本音だろう
213.名無しさん:2018年06月10日 18:41 ID:uFUJVKlt0▼このコメントに返信
70年前まで、日本とタイ以外の有色人種は、すべて白人に売り買いされる「商品」だった。

ロシアは共産主義化し、危険だった。日本が落ちればアジアは終わる。

中国は、人口と国土と土地と歴史だけは優れた国だったが、
それゆえ、「ここが世界の中心だ」と思い込んでおり、白人侵略に危機感はなかった。

当時の中国人は、国内の軍閥同士で覇権を争ってる状態であり、
その為に白人を利用する事はしていた。

白人がどれだけ国土に入り込もうとも、「この中国はどこにも行かない」と考えてたからだ。

一番理想的なシナリオは、日本と中国が組んで、共産主義や白人をアジアから追い出す事だった。
事もあろうに中国は、「日本は白人利権を脅かす敵だ」と認識した。中国は白人とズブズブだった。
214.名無しさん:2018年06月10日 18:55 ID:7LOKc6Bu0▼このコメントに返信
反日ド腐れ醜ブ左翼のウソつき!  侵略戦争をせずに正当かつ合法的に台湾は日本領になった。
ウンコ半島は自らロシアの属国になり、その宗主国のロシアが負けてウンコ半島の宗主権を日本に譲った。この戦争も侵略戦争ではないので、正当かつ合法的にウンコ半島は日本の属国になった。

にもかかわらず、天皇陛下についで国政No.2たる元老の伊藤博文を暗殺して日本との戦争勃発の危機を招き、その危機を回避するために併合という形で日本にウンコ半島の統治権を譲りわたした。したがって、ウンコ半島も正当かつ合法的に日本領になった。

日米戦争も、合法的に行なわれた日本の仏印進駐が気に入らないという不正不当な「理由」で「致命的レベル」の経済制裁という「戦争(挑発)行為」をおこなったのはアメリカだ。そして、日本をリンチにかけた東京エセ裁判の判事のパルですら「最後通告」=開戦通告とみなしたハルノートをつきつけ、ここにアメリカの手によって戦争=侵略が始まった。

あっ、「ハルノート=最後通告」はアメリカ側が明かしてる。 終わり
215.名無しさん:2018年06月10日 19:00 ID:DQFpmO0t0▼このコメントに返信
また善悪論になっていたのか。それはつまらないな。日本でも流行ったことがあるんだ、戦後すぐに。
講座派マルクス主義というのか、左翼の歴史観が台頭して、まともな人たちから「人間がいない」と、
一刀両断にされた。まあ、中国の場合、もっと伝統的なものだろうな、歴史を善悪で切りたがるのは。

でも、たいていの日本人は相手にしてくれないよ。あいにく、三国志でなく、源氏物語の国なんでね。

たとえば、幣原喜重郎が革命外交にあきれて、戦争を覚悟して、英米に根回しを行おうとした矢先に、
満洲事変が起きたことを惜しむいっぽう、彼が日露戦争のときにやらかした無茶を面白がったりする。
また、近衛文麿を罵倒するいっぽう、彼の天ぷら好きや、公家には稀な恋愛結婚を思いだしたりする。

なんなら、福沢諭吉にも、明治天皇にも、間抜けなエピソードはあって、それゆえに敬愛されている。
眉に唾をつけなくて済むからだ。中国の歴史の語りかたは、その点で失格なんだよ、日本においては。
ここを、もう少し研究してみたらどうだろう。なんなら、英国の歴史の語りかたも参考になるだろう。
216.名無しさん:2018年06月10日 19:01 ID:gBgH4bIB0▼このコメントに返信
東学党の乱だよ。
217.名無しさん:2018年06月10日 19:03 ID:7LOKc6Bu0▼このコメントに返信
※201
反論できずに妄想!  哀れよのぉ、惨めよのぉwww

218.名無しさん:2018年06月10日 19:11 ID:WA6kl.cE0▼このコメントに返信
日本より国土の小さいイギリスに2回もボコられて屈服させられた件
219.名無しさん:2018年06月10日 19:12 ID:aymtVNQI0▼このコメントに返信
ロシア怖い、朝鮮取っとけばロシアと戦争しても日本が戦場にならないですむぞ。
朝鮮併合とかアホか、日本の領土になっちゃったじゃねぇか。
満州国作ってそこを仮想第二次日露戦争の舞台にしよう。
中国が意外に元気だぞ、ロシアと中国に挟撃されたらヤバイ。ネタはあるしロシアがやる気だす前に中国攻めとくか。

そして泥沼へ…。
220.名無しさん:2018年06月10日 19:13 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※218
1次大戦前の絶頂の大英帝国に喧嘩を売った時点で大馬鹿だよ。
221.名無しさん:2018年06月10日 19:14 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※219
とゆう基地外論拠なのが戦後パヨクの戦前史。
222.名無しさん:2018年06月10日 19:21 ID:wuTEkOND0▼このコメントに返信
ジョージオーウェルの1984では、
世界は三大国に分かれ、
イギリスとアメリカ、豪州などはオセアニアに
ロシア、ヨーロッパは合併しユーラシアに
中国、日本、朝鮮は合併しイースタシアとなっているが
近年イギリスがEUを抜けて、EUとアメリカが対立し
EUロシアが近づいているのも、
朝鮮半島が赤化統一されそうなのは全く偶然ではない
今後日本は中国と一戦交えるか、
移民によって侵食されるのは間違いない
その後はブロックチェーンなどの技術により
世界の中央集権はなくなり、進歩した技術により全人類監視社会となり、
増えすぎた生産品や人口を減らすための永久戦争が続くようになる
世界政府の計画は今現在進行中
223.名無しさん:2018年06月10日 19:28 ID:.J8SxbW30▼このコメントに返信
中華民国なんて実態がそもそもないし、日露戦で得た満州を守ってた関東軍が支那の内戦に引きずり込まれただけだろ。
224.名無しさん:2018年06月10日 19:33 ID:vNZrp5El0▼このコメントに返信
※1
ハイ1番中毒に張り付いたパヨクバカ発見〜‼︎
225.名無しさん:2018年06月10日 19:40 ID:YW1M9w310▼このコメントに返信
※196
撤退なんかしていないよ。
香港とかマカオの1990年代の返還とか知らないの?
226.名無しさん:2018年06月10日 19:41 ID:yzkeRuX30▼このコメントに返信
日本軍が駐留してたのは1900年の義和団事件の時の条約の結果。
とにかく中国は治安が悪い上に指導者が屑ぞろいだから、条約順守や治安維持どころか
平気で官憲勢力が外国人相手に虐殺事件をおこしまくるからな。
揚子江は海賊が出るんで列強の砲艦が遊弋してないとあぶない
227.名無しさん:2018年06月10日 19:42 ID:YW1M9w310▼このコメントに返信
現代の国連活動と同じだよ。
中国への派兵はね。

228.名無しさん:2018年06月10日 19:44 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※226
最後は、正規母艦の加賀とかが威圧して抑え込んでいたからな~なんか米国がその軍事行動を見たくくて止せば良いのに砲艦『旧式』を派遣して誤爆食らっている。
229.名無しさん:2018年06月10日 19:45 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
※212
「日中戦争は第二次上海事変から始まった」とかいう与太を信じているのはネトウ。ヨだけだぞ
230.名無しさん:2018年06月10日 19:47 ID:UVA6MH2L0▼このコメントに返信
※214
>日米戦争も、合法的に行なわれた日本の仏印進駐が気に入らないという不正不当な「理由」で「致命的レベル」の経済制裁という「戦争(挑発)行為」をおこなったのはアメリカだ。


ロシアが「合法的」に挑戦に接近しただけで戦を吹っ掛けた日本という国があってな・・・
231.名無しさん:2018年06月10日 19:55 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※230
と又も自分史実を語る在日。
232.名無しさん:2018年06月10日 19:56 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※229
と朝鮮学校教科書史実の在日。
233.名無しさん:2018年06月10日 19:57 ID:Qvbc.0g00▼このコメントに返信
※155
 アメリカがつい最近同じ事やった(継続中に近い)けど、別に国際法上問題になって無いけどなぁ
アメリカがアフガニスタンにやったのと同じ事を日本が嘗てやってただけやん
234.名無しさん:2018年06月10日 20:07 ID:BAUFxZxl0▼このコメントに返信
※230
>ロシアが「合法的」に挑戦に接近しただけで戦を吹っ掛けた日本という国があってな・・・

それ何処の平行世界の歴史?

ロシア帝国が朝鮮領土内に勝手に軍事基地を作った事を日英両国が「侵略行為」との認識で合意したからこそ、
日英同盟は効力を発揮し、日露戦争前が始まったんですが?

合法的な基地だというのなら、何故半島基地のロシア軍人は軍服を着ていなかったの?

中韓両国が「中立国義務」を果たして、独力で外国勢力を撃退していれば、日露戦争は起こらなかったのにねぇ。

実際には、中韓共に日本に対する愚かしい差別感情によって日本との同盟を拒否し、表向きは中立と言ってもその義務は果たさなかった。

秘密外交でロシアへの協力を約束していたのに何もしなかったのが中国であり、
戦争が始まってから露に全面協力を申し出たけど使者が日本軍に捕まったのが韓国よ?

中立国として認められるには、独力で外国勢力を撃退する必要があるのに、「夷を以て夷を制す」等と言って敗戦国以下の地位に転落した失政から目をそらし続けているのが「特亜」と呼ばれる国々の共通点。
235.名無しさん:2018年06月10日 20:08 ID:7LOKc6Bu0▼このコメントに返信
※230
また妄想? 
伊藤博文を初めとする元老の大半は恐露病で話し合いを優先したが、
日本なんか歯牙にも引っかけ無いロシアの強硬かつゴーマンな態度で相手にもされず、
日本が追い詰められただけ。 云わば窮鼠! 

でも現役組の多くはすくみあがることなかった。

236.177:2018年06月10日 20:20 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※182
ワシントン会議中の北京政府は、直隷派+奉天派の連合政府。
孫文なんか関係ないんだが、浅学の国士様。
ワシントン会議自体、日本の権益拡大を抑え込むためのアメリカの罠なんだよ。
オ・バ・カ・サ・ン。
237.名無しさん:2018年06月10日 20:24 ID:g7XpfllF0▼このコメントに返信
当時、国際法を無視した邦人への襲撃が頻発していたため、基本的に治安維持と邦人保護です。
238.名無しさん:2018年06月10日 20:26 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※193
飼い犬手を咬まれたこと自慢されてもね。
CIAが支援したアルカイダに9.11で恩返しされました的な。
239.名無しさん:2018年06月10日 20:29 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※238
一応あの土人エリアでも教養在る部族の長達だったからまあ資料だけでじゃ人間性までは、判らんて典型例だよ戦後浅学情弱5毛党パヨク君。
240.名無しさん:2018年06月10日 20:32 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※236
罠で在ろうが条約に参加した以上自国権益が侵されない限り順守するのが基本唯早晩摘んだようだが其れも中国の自業自得だよ戦後浅学情弱パヨク君。
241.155:2018年06月10日 20:37 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※233
同じだよ。
でもね、弱小国がやっていいことと、超大国がやっていいことは、違うんだよ。
学校で習わなかったの?
この世は不平等だと。
242.名無しさん:2018年06月10日 20:44 ID:4wozGck.0▼このコメントに返信
※239
ええええ?
張作霖の親衛隊長が、元帝国陸軍軍人なのに、
張作霖の人間性解らないって、関東軍は、組織としてダメダメですと宣言するの?
243.名無しさん:2018年06月10日 20:47 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※242
目の前の権力と欲に屈した挙句周囲に迷惑を掛けたから雇用主に始末されただけだよ戦後情弱浅学5毛パヨク君。
244.名無しさん:2018年06月10日 20:47 ID:GeKtrBxc0▼このコメントに返信
※241
と今日も自分ルールの負け犬浅学在日。
245.名無しさん:2018年06月10日 21:28 ID:XiZPQTnF0▼このコメントに返信
アヘン戦争から歴史を遡ればよく分かるな。
246.名無しさん:2018年06月10日 21:33 ID:uFUJVKlt0▼このコメントに返信
※230
>ロシアが「合法的」に挑戦に接近しただけで戦を吹っ掛けた日本という国があってな・・・

 アホーのチャイニーズ雑魚が今さらノコノコと舞い戻って来た。

 「言葉遊び」したいなら、日本語じゃなくて、「人間語」から勉強し直しなさいウッキ~
247.名無しさん:2018年06月10日 22:11 ID:ud6H4reI0▼このコメントに返信
中国人が日本人の租界(公式な許可を得た商業特区の様なもの)を襲いまくってたからだぞ
248.名無しさん:2018年06月10日 22:52 ID:PpxOQidQ0▼このコメントに返信
こいつらはいっつも小日本小日本
大きさばっかり見て本質を何一つ見ようとしないんだもんな
249.名無しさん:2018年06月10日 23:02 ID:uFUJVKlt0▼このコメントに返信
※242
>ええええ?
>張作霖の親衛隊長が、元帝国陸軍軍人なのに、
>張作霖の人間性解らないって、関東軍は、組織としてダメダメですと宣言するの?

 三段論法お疲れ。どこの社会で通用するのよ、その三段論法は。

 「日本が育成してやったけど、結局、中国人はダメダメ」と、直結で解釈するのが自然だろ。
250.名無しさん:2018年06月10日 23:28 ID:7LOKc6Bu0▼このコメントに返信
※249
なるへそ、なるへそ。もといナルホド、ナルホド。説得カがあるな。

251.名無しさん:2018年06月11日 00:33 ID:zQ0zaam30▼このコメントに返信
日本と満州に「中華民国が兵をむけた」でしょ? 正確に言わんとな。
まるで日本が戦争始めたみたいに聞こえる。
252.名無しさん:2018年06月11日 05:11 ID:1Dr4QX7z0▼このコメントに返信
メタルギア3で賢者の遺産をアメリカ、ロシア、中国で分けあうとかこそっと嘘をぶっ混んでたね。

ああいうのって他にも沢山ありそう。
253.名無しさん:2018年06月11日 07:03 ID:RWuNUEbO0▼このコメントに返信
250もコメントがあるのに、誰も北清事変(拳匪の乱、義和団事件とも)にも北京議定書にも言及しないんだな。日本の中国駐兵こそ合法かつ必要な事だったんだけどね。

その前からの歴史を語るなら、日清戦争を語る前にちゃんと璦琿条約を知るべきだし(清は朝鮮で璦琿条約の無茶苦茶をもう一度やる可能性大だったからね)、日露戦争ならばそれ以前の旅大租借問題(還付された遼東半島をわざわざ日本の敵邦に租借させる愚かな外交)を知るべきだ。簡単にいえば、阿片戦争からシナ事変まで、全て自業自得を絵に書いたような歴史の連続だな。

ちなみにシナ事変は徹頭徹尾、中国側の侵略戦争だよ。廬溝橋事件は共産党のテロ説があるけど、共匪か蒋介石配下のテロ(藍衣社)か断定するのはあまり意味がない。西安事件以降の中国情勢見ればわかると思うけど。

そして通州事件を見ればわかるように、七月中盤には冀東政権にも蒋介石の工作は進んでいて、全て蒋介石の計画通りだよ。蒋の唯一の計画ミスは、ドイツ将校が企画した対日戦争のプランに、中国軍の弱さも考慮に入れておくべきだったね。

それにしても、いまだに20年前のような左翼歴史感(早い話、無知なだけ)の人間がいるんだね。
254.名無しさん:2018年06月11日 07:17 ID:RWuNUEbO0▼このコメントに返信
※230 (234)

もしロシアが本当に合法的(条約違反せずに)朝鮮領内に侵入してたのなら、日英同盟は発動もせず、またそれを見越したフランスが慌てて英仏協商をまとめる必要もなく、日本も開戦してないわな。

ここまで無知な書き込みも珍しいねぇ。西ローゼン協定とか無隣庵会議とか、何も教わってないんだろうね。
255.名無しさん:2018年06月11日 07:28 ID:RWuNUEbO0▼このコメントに返信
それにしても醜いのは、反アングロサクソンの自称右翼と大アジア主義の自称右翼が、脳内思考回路はマルクス主義陰謀論やら唯物史観丸出しでまくし立てて、まともな偏ってない人間を排除しようとすることだね。まるでキチ○イ松岡みたいに。

自分で右翼だと思ってるかも知れないけど、あなたたち、典型的左翼だからね。
256.名無しさん:2018年06月11日 09:59 ID:9xQRXOq.0▼このコメントに返信
※255
右翼っぽい大アジア主義者を見分けるには、天皇・皇室に関するスタンスを見るといいゾ
東亜解放の悠久の大義に邁進するために、天皇なんかどうなってもええわって本音がすぐに観測できる

257.名無しさん:2018年06月11日 12:45 ID:NevmSDVe0▼このコメントに返信
朝鮮出兵も、日清戦争も、東学党の乱が原因。
半島が原因。
258.名無しさん:2018年06月11日 13:26 ID:Xtbf4pgU0▼このコメントに返信
ソ連軍が強そうに見えたのよ

日本政府にとって対外戦争で自国を戦場にするとか真っ平御免なの
当時は、戦争終了時点での軍隊のいる位置までが割譲される傾向があるんで
本土が戦場=本土を割譲せにゃならん確率が高いということなの
だから朝鮮を勢力圏(戦場であり賠償品)に置いたのよ

その後、中国・ロシアとの敵対がなくなってから半島を併合したんだけど、折り悪くソ連ができちゃったの
ソ連の陸軍力は凄まじく、まともにぶつかると負ける恐れがあったの
かといって皇土を戦場にすることはできないから、満州を保障占領する必要があったの

皇土化した半島を元の状態、つまり再独立させられたら話は違ってたんだろうけど、
当時は内閣が1年おきに変わるという状態だったんで、責任もってそれをやれる政治家が居なかったのよ
だから陸軍(つーか関東軍)が独断で満州に進出せざるを得なかったの

立役者(永田・小畑・石原)のその後のプランは対中・対ソ・対米戦と見事に分かれてたみたいだけど
259.名無しさん:2018年06月11日 13:43 ID:6.9A2IGQ0▼このコメントに返信
そもそも、日本が何で本土で決戦をしたくないのか
この常識を理解しないと一生理解できない
朝鮮半島の当時の地政学的な意義、満州の存在意義が出てくるわけだから、大前提理解してないと議論の成立は不可能

んで
>関東軍が思い上がって、腕試ししたかった。
とか
>韓半島
とか
馬鹿みたいにしたり顔してるのはいい加減タヒんでくれないかな?w
260.名無しさん:2018年06月11日 13:49 ID:6.9A2IGQ0▼このコメントに返信
>半島も満州も台湾も手に入れてたのに、それでも満足せずに大陸も東南アジアもよこせって欲張ったからな
等の様に資源や、引きずりこまれたという当時の中国の内乱理解してない阿呆もいるわけでな
更には、当時原発あれば朝鮮半島と満州押さえておけば戦争の速度は大分落ちていたり
大陸奥地にいくよりも、中国の権益からちょっかいを出してくるアメリカとの対立からアメリカ支配地域の産油してる東南アジアを狙う位
日本に技術があって、場所がわかれば当時の支配地域で産油していたという事をまったく理解してない馬鹿というのも見えてくる
当時の経済がどういう環境で、どうして植民地政策が生まれて日本がお題目で八紘一宇を唱えていたのか
日本が経済的に何をしないと生き残れなかったのか
もう少し考えて欲しい所ではある

中国人の理解出来てない事を馬鹿にする前に、自分の姿をよく鏡でみてみろとw
261.名無しさん:2018年06月11日 15:51 ID:RWuNUEbO0▼このコメントに返信
※256

「私の心の中には完璧な天皇がいる。この天皇と現実の天皇の間に食い違いが生じたら、私は自分の心の中にいる天皇の命令に従う」

これが右翼の重要人物で、血盟団事件の首魁かつ、近衛文麿の用心棒だった井上日召の言葉。日蓮宗僧侶、って言う肩書も書いておこうかね。
262.名無しさん:2018年06月11日 17:16 ID:04ig.qKI0▼このコメントに返信
※255
>それにしても醜いのは、反アングロサクソンの自称右翼と大アジア主義の自称右翼が、脳内思考回路はマルクス主義陰謀論やら唯物史観丸出しでまくし立てて、まともな偏ってない人間を排除しようとすることだね。まるでキチ○イ松岡みたいに。自分で右翼だと思ってるかも知れないけど、あなたたち、典型的左翼だからね。



一行でまとめると、見飽きた「レッテル貼り」
263.名無しさん:2018年06月11日 18:32 ID:RWuNUEbO0▼このコメントに返信
※262

見慣れたレッテル張りも何も、俺以外に左翼と右翼の思想がマルクス主義唯物史観で同根だ、なんて言ってる人間を知らないんだがね。

気にいらないなら反論してみなさいな。反アングロサクソン陰謀論や英米金融支配論から利権争奪歴史観まで、全部マルクス主義史観、唯物史観発祥じゃん。

264.名無しさん:2018年06月11日 20:25 ID:CesWiatc0▼このコメントに返信
いろいろ論点はあるだろうが、おそらく
その時期の中共の活動資料が公開されん事には、全てはわからんよ。
265.名無しさん:2018年06月11日 20:42 ID:ZP1fEgow0▼このコメントに返信
※264
まー確かに。
中国共産党はいまだに南京陥落時に何が有ったかについて国際的な調査を拒否していますからね。
日中両国のみの調査はOKだと言っておいて、国際的な調査はNGって怪しさ満点ですね。
カチンの森の調査を拒否したソ連みたいな事なんかしなければいいのにね~
266.名無しさん:2018年06月13日 12:20 ID:DkBXyz1b0▼このコメントに返信
通州事件
第二次上海事変
この二つ
267.名無しさん:2018年06月14日 08:28 ID:F.tV9cIc0▼このコメントに返信
アジア全面征服とその後の世界征服の為だった。力量不足で米国に叩かれ挫折した!

お名前