2018年06月01日 09:05

なんで徳川幕府の時代って平和だったの?

なんで徳川幕府の時代って平和だったの?

03

引用元:なんで徳川幕府の時代って平和だったの?
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1527763569/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:46:09.660 ID:ITEWEypO0
室町と何が違うのか

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:46:49.801 ID:k6cWGwxa0
気合い

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:47:53.807 ID:mDGjK++5a
対外的な戦いがなかっただけで治安は相当悪かった模様

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:49:28.362 ID:6+fPECfNp
>>5
とはいえあちこちで戦争してた頃に比べりゃ
何倍もましな生活だろ

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:48:09.573 ID:NVsBWzNK0
士農工商という
身分で平等だったからよ

現代は細分化されすぎて

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:48:25.519 ID:KTYPJABGd
平和のために関所やら参勤交代やら外様に親藩大名やら外堀埋めたりと反乱起きないような工夫されてたろ

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:49:13.872 ID:BQNfFqfc0
本気で戦争する体力を地方から奪ったから

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:52:39.507 ID:BQNfFqfc0
それまでの貴族とか中心の文化じゃなくて庶民が中心の文化がちゃんとできたのは江戸時代
庶民が釣りしたり旅行行ったりとかし始めたのは江戸からだし、それ以前と比較したら平和なのは間違いない

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:52:43.754 ID:rYXPbWdNa
地方のお偉いさんの規模がダンチ
功績のあった武士にドカンと土地あげたのが室町
細分化して土地からひっぺがしてばら蒔いたのが江戸

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:53:03.107 ID:l9tygq/K0
今の社畜文化と同じ
働かせ続ければ上司と戦う気力も失せる

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:53:40.654 ID:x6GPhtDX0
地方の暮らしぶりはどうだったんだろ?

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 19:53:41.315 ID:vA3XCBQP0
反乱に必要なのは言うまでも無く武器
島国で他所から仕入れらにくいうえに管理をかなり厳しく取り締まってた

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 20:02:59.226 ID:w3r32gq2a
バカでケンカっ早い親藩から権力取り上げて官僚たる譜代大名に権力集中させた所とか

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 20:03:03.524 ID:nf9auZPi0
いうても江戸時代より平安時代の方が長い罠

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 20:04:52.347 ID:hP43JCWa0
奥の細道か何かに脇差不要って書いてあったみたいだし治安は良かったんだろう

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 20:08:41.763 ID:Do/vcORA0
鎌倉幕府も滅びるまでは安定してたし
室町が弱すぎる

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 20:18:43.376 ID:c1NR6MK3p
どんなバカがトップになっても体制を維持できるシステムを家康が考えて秀忠が完成させた

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 20:29:36.223 ID:/Fz1cWvO0
>>27
そこらあたりが豊臣と違い賢かったよな

29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 20:20:55.847 ID:BQNfFqfc0
言うても根本的な農業技術レベルが平安時代とは違いすぎてるから

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年06月01日 09:10 ID:Tv4sqZq.0▼このコメントに返信
鎖国してたから

なおそのせいで明治になってから苦労する模様
2.名無しさん:2018年06月01日 09:13 ID:Fa8BwJqP0▼このコメントに返信
諸大名が徳川ルールに従ったから
3.名無しさん:2018年06月01日 09:14 ID:U7zKcTrY0▼このコメントに返信
儒教教育が徹底してたからだろ。
道徳教育が庶民レベルまで浸透していた。
都市部でさえドアに鍵とかないからね。
それでいて泥棒が入らない。
仏像とかも盗まれるとかはまずない。
怖いのは火事とか、洪水とか、自然災害と疫病か。
人為的な殺人はほとんどなかった時代。
4.名無しさん:2018年06月01日 09:16 ID:hGSRLxCN0▼このコメントに返信
統治者の関係が安定してたのと、たまの災害時以外は飢えない程度に生産力が安定してたとかじゃね?
5.名無しさん:2018年06月01日 09:18 ID:j2.W61sv0▼このコメントに返信
なにかあったらすぐに残虐な刑罰を行うからだろうね
6.名無しさん:2018年06月01日 09:19 ID:WmOuffir0▼このコメントに返信


窃盗や博打などの軽犯罪の罪人でも入れ墨入れられて、再犯を繰り返し入れ墨3回になったら、死罪だったから。
7.名無しさん:2018年06月01日 09:21 ID:WmOuffir0▼このコメントに返信


馬車も使わせずに参勤交代させて、遠方の藩の財政を圧迫させていたから。
8.名無しさん:2018年06月01日 09:23 ID:fZ0noe5M0▼このコメントに返信
徳川旗本八万騎にビビって逆らえなかったから
(旗本は八万もいなかったw旗本・後家人の家族、陪臣、下人を合わせた人数が八万)
9.名無しさん:2018年06月01日 09:24 ID:1XGTlwu80▼このコメントに返信
>対外的な戦いがなかっただけで治安は相当悪かった模様

こういうデタラメで印象操作する奴がいる。
江戸における、犯罪件数や治安維持担当人員の人数は記録に残っている。
とりわけ、治安担当者一人あたりの受け持ち人口は、東京よりも多かった。
実際の治安は時代劇の雰囲気何かと違って、想像以上によろしかったことが推測されている。
10.名無しさん:2018年06月01日 09:25 ID:WmOuffir0▼このコメントに返信


時代劇の雰囲気がよろしいから、江戸時代に憧れる人が多いんだよ。
11.名無しさん:2018年06月01日 09:25 ID:p.Pqjsjf0▼このコメントに返信
国民性
北朝鮮と本質的に似ている
12.名無しさん:2018年06月01日 09:26 ID:06phU8ST0▼このコメントに返信
徳川幕府の権力基盤が大きかったのと、諜報活動が半端なかった
あと治安は綱吉以前はそこら中で辻斬りしてたけど、綱吉以後は今の日本並みに良くなった
綱吉って名君だよねえ
13.名無しさん:2018年06月01日 09:27 ID:0HsbN26S0▼このコメントに返信
反乱起こされないような支配体制築いたのも凄いんだけど
内部で跡目争いなんかでの分断を二百年間以上起こさなかったのが凄いわ
14.名無しさん:2018年06月01日 09:27 ID:WmOuffir0▼このコメントに返信


勧善懲悪の時代劇のような雰囲気だったら、100年ともたずに江戸幕府は倒幕してたやろ。
15.名無しさん:2018年06月01日 09:28 ID:o28Ov.Wq0▼このコメントに返信
徹底した管理社会で、同心や岡っ引きに睨まれたら、冤罪でも拷問されて処刑だから。代官の横暴に耐えかねて、お上に嘆願書を直接わたしにいくと死刑。
16.名無しさん:2018年06月01日 09:28 ID:SHivV6SU0▼このコメントに返信
室町時代は皇家が北朝・南朝に分かれて分裂内紛状態の上、室町幕府内でも内ゲバ続いたんで統治機能が壊滅的だった
17.名無しさん:2018年06月01日 09:28 ID:oI8yy.vk0▼このコメントに返信
秀吉が作った地盤を
家康が進化させたかんじじゃないのか?
18.名無しさん:2018年06月01日 09:29 ID:wPLGUZ.q0▼このコメントに返信
なんで平和だったかって言ったら
そりゃ神君家康よ、戦国時代を平定(笑)して
日本の完全支配と権力体制を確立したからですわ

冗談でもなくこれでしょ、
諸大名が共食いしてた時代を終わらせたからだぞ
19.名無しさん:2018年06月01日 09:30 ID:jNQPjBLd0▼このコメントに返信
>平和のために関所やら参勤交代やら外様に親藩大名やら外堀埋めたりと反乱起きないような工夫されてたろ
中学・高校の頃そうならったんだが、最近の東大の入試問題みていたら実はそうでは無いとかいう問題が出ていて、ん?とかなっている今日この頃。
むしろ忠誠を示すために積極的に参勤交代やって、財政崩壊させてしまうヤツ続出で、幕府はそれを止めようとしていた的な事が書かれていてビックリ。
詳細は、本気で調べる気力は今は無いw
そろそろ知識のリフレッシュが必要かも・・・
20.名無しさん:2018年06月01日 09:31 ID:oVlPs7IA0▼このコメントに返信
江戸はある程度安定してたから庶民文化が発展した
21.名無しさん:2018年06月01日 09:31 ID:U7zKcTrY0▼このコメントに返信
貸本屋、着物の貸付、はたまたフンドシのレンタルまでしていたからね。
ツケで買い物したり、強盗被害もまずない。
武士が威張っていたとか、あれは後世のドラマや映画の影響で、
幕末の将軍に至っては、やりたくなくて、やりたくなくて断り、
・・めんどうでね。
皆で無理やり押し付けて、明治維新となるとすぐに引退して、静岡で狩猟と釣りをしながら、村民に親しまれてのんびり余生をすごした。
江戸のトップだった将軍が庶民と仲良く遊んで隠居生活だからさ。
つまり、将軍が強い、威張る、暴君とかではなく、ほぼ民主的な統治でお飾り将軍を建てていただけで、
下級の武士ですら商人に金かりて傘作りのバイトで生計をたてていた始末。
好き放題できるなら、庶民を脅して金奪っているって。
究極的に平和なのは、金なくても頼めば宿にとめてもらい。
のちのち、のちのちといっても数年後にまた街道通る時にお礼の金を払ったりしていた。
そういうのはもう何とか言か、信頼、信用だね。
22.名無しさん:2018年06月01日 09:33 ID:WmOuffir0▼このコメントに返信


家康は100年ぐらい治世が安定したら、体制を立て直せると思って幕府を立てたところ、家光が鎖国してしまって大航海時代に乗り遅れてしまったとさ。
23.名無しさん:2018年06月01日 09:36 ID:wODo7Vnl0▼このコメントに返信
江戸幕府の完全支配体制を、キリスト教徒排除や鎖国までして確立したからだよ。
しかし、世界に対して目を閉じた結果が産業革命の乗り遅れにつながり、日本の世界競争での敗北に直結した。第二次世界大戦まではそういう話。・・・・といいたい所だが、今またこの状況になっている
24.名無しさん:2018年06月01日 09:37 ID:47xe.XTA0▼このコメントに返信
参勤交代で地方大名の時間と金と自由を奪ったから
25.名無しさん:2018年06月01日 09:38 ID:8x0IY02c0▼このコメントに返信
徳川家、幕府がしっかりまとまってたのが大きいんじゃないかな?
鎌倉幕府にしても室町幕府にしても成立の時から将軍の家の身内で争いまくってるから
26.名無しさん:2018年06月01日 09:38 ID:kF7zT6ht0▼このコメントに返信
反乱起こしそうな層を徹底的に抑えていたから
27.名無しさん:2018年06月01日 09:39 ID:UfVgPomC0▼このコメントに返信
まあ、アメリカの銃社会とかと同じだワナw
お侍さんで抑止力が利いているし
なんか起こす奴がいても武力で鎮圧されるし
諸国同士は幕府の手前冷戦状態だしw
28.名無しさん:2018年06月01日 09:42 ID:ahzQGbJf0▼このコメントに返信
※22
大航海時代って別に大して良いこと無いで?
結局は約300年後に白人共の共食いの第一次大戦に逝きついたワケやし
29.名無しさん:2018年06月01日 09:42 ID:tJdqFk3x0▼このコメントに返信
日本文明の独自コロニーだったから。
30.名無しさん:2018年06月01日 09:43 ID:9t6N9UsM0▼このコメントに返信
幕府が朱子学を通して上下関係を重んじることを徹底させたから。ただ、その朱子学を浸透させたことにより、幕末の尊皇攘夷運動が起きたことは皮肉ではある
31.名無しさん:2018年06月01日 09:45 ID:3kfqqEuI0▼このコメントに返信
江戸時代?乱も一揆もあるんだよ!
32.名無しさん:2018年06月01日 09:46 ID:.Kg.RwjW0▼このコメントに返信
室町時代以前は中国から輸入した銅銭で経済まわしててコントロールできなかった
ポトシ銀山、石見銀山の発見で世界経済が銀本位にかわり
徳川が金銀を元に自国通貨発行して経済をコントロールできるようになったから戦乱が収まった
33.名無しさん:2018年06月01日 09:51 ID:9t6N9UsM0▼このコメントに返信
室町時代は尊氏が気前良かったこともあるが所領をどんどん与えて将軍家を凌ぐ勢力となった守護大名が存在し常に火種が絶えなかった。家康は外様大名の力を徹底的に削ぎ、家光までに大名鉢植え政策を進め、武力反乱が非現実的と思わせるようにした
34.名無しさん:2018年06月01日 09:53 ID:qAwAOQc80▼このコメントに返信
>>8
授業「反乱起こさせない機構がてんこ盛り。」
なおそれなのになんで敗れたかは教えてくれない模様。
35.愛と平和の瞑想で核戦争を粉砕!!!:2018年06月01日 09:53 ID:TgjeP5j90▼このコメントに返信
マスゴミってチョットの金持程度が死ぬと資産家と言うのw
じゃ金が無い人が死ぬと貧乏人と言うのドッカなにか変だねw

犬HKを始めととする日本の反日在日朝鮮人の
国賊売国マスゴミクズカスは本当の大悪党だね。

天才政治で検索
36.名無しさん:2018年06月01日 09:56 ID:DDxXJvyx0▼このコメントに返信

反乱を起こさせなかったし
身内の松平家と徳川家に
権力と石高が集中してたので

起こせなかったが正しい



・・・長州と薩摩に300年後に結局、負けるんだけどね
37.名無しさん:2018年06月01日 09:59 ID:DDxXJvyx0▼このコメントに返信

石高を
最後は

兄弟や身内以外に100万以上の石高を
上げなかったので反乱起こせなかった

活躍した家臣の石高も
難癖つけて30万石高以下にして弱くしてる
38.名無しさん:2018年06月01日 10:00 ID:z6KJ.ZSl0▼このコメントに返信
信長が、武装集団だった宗教勢力を弱体化させた。
秀吉が、刀狩りで武士以外から武器を取り上げた。
家康が、うまく大名の力を削いだ。
39.名無しさん:2018年06月01日 10:02 ID:dWTl5WWP0▼このコメントに返信
薩長はしょせん武士の時代が終わるという時流に乗っただけだろう
結局天下獲るれてないことでもわかるよね?
もちろんいろいろおいしい面はあったと思うけど
江戸時代の平和は一重に幕府勢力が相対的に強かったってことだと思う
そして対抗できないような外圧もなかった
40.名無しさん:2018年06月01日 10:02 ID:DDxXJvyx0▼このコメントに返信
活躍した家臣たちも
子や孫の代に難癖つけて30万石高以下にして弱くしてる
41.名無しさん:2018年06月01日 10:04 ID:DDxXJvyx0▼このコメントに返信
長州と薩摩を外様大名で残したので
結局、300年後に倒されちゃったけどね
42.名無しさん:2018年06月01日 10:04 ID:UC0k.qle0▼このコメントに返信
農民を奴隷化して有力大名に他藩の公共工事をやらせて財力を奪い謀反を行わせなかっただけ
俺は徳川政権こそ日本で最悪の時代だったと思う
鎖国が無ければ日本は先進国の仲間入りをして今頃はアジアの盟主になっていただろう
43.名無しさん:2018年06月01日 10:05 ID:kI82H5Qr0▼このコメントに返信
社会に分断が起きるような格差固定がされなかったことがまずひとつ
士農工商とは言われているけど、養子縁組とか賞与としての苗字帯刀許可とか、抜け道は色々あった
そういうものがなく、一度ある立場に生まれてしまうと一生そのままってのは不満が溜まり爆発しやすい

「権威」と「権力」さらに「財力」を切り離し、致命的な腐敗が起きなかったのがふたつ
支配階層である武士は、「食わねど高楊枝」と財力では町人や商人以下が多かったが、「武家の育ち」というだけで評価されるような品格に基づく「権威」を持つようにされていた

またこの構造は武家社会内でも同じで
幕府内で「譜代大名」は外様大名より石高低いが格は高い
さらに幕府の最高権力者である「老中」には、譜代大名の中でも石高の低い大名でないとなれないという、「権力と財力の引き替え」が制度化されていた
他の国や地域では王侯貴族が国富の大半を握っていたわけで、そこが全然違う

なので身分間、階層間の対立が発生せず、革命に至るような爆発が起きなかった
44.名無しさん:2018年06月01日 10:07 ID:XFdHxeWI0▼このコメントに返信
室町はただの守護大名連合だったしな

鎌倉は北条一門で固めていたし
江戸は石高の低い譜代で固めていたから
安定していた
45.名無しさん:2018年06月01日 10:08 ID:EJfK1s9S0▼このコメントに返信
チョ.ンが居ねいから。
46.名無しさん:2018年06月01日 10:08 ID:DDxXJvyx0▼このコメントに返信
よく徳川幕府倒せたね、麻生太郎の祖先のお爺ちゃん達
47.名無しさん:2018年06月01日 10:09 ID:DDxXJvyx0▼このコメントに返信
大きな勢力を残すと子や孫の代に、
気が変わって
いつか反乱起こされる

日本の歴史はこれの繰り返しだった
48.名無しさん:2018年06月01日 10:10 ID:kI82H5Qr0▼このコメントに返信
※25
家康本人の兄弟が全然いなかった、ってのは幸運だったよな
もちろんそのせいで、頼朝に対する義経、尊氏と直義、あるいは秀吉と秀長みたいな、信頼できる同世代の補佐役が得られなかったというのはあるにせよ
家康の思い通りにやれたのはでかい
49.名無しさん:2018年06月01日 10:13 ID:.LWGjT2Z0▼このコメントに返信
恐怖政治。
50.名無しさん:2018年06月01日 10:13 ID:k3.h2fLF0▼このコメントに返信
外的な要因も大きいんじゃないの?
少なくとも清朝は安定していた
51.名無しさん:2018年06月01日 10:13 ID:kI82H5Qr0▼このコメントに返信
※25
家康は、源頼朝はじめ鎌倉幕府の成立から統治方法を綿密に記した歴史書「吾妻鏡」の研究者だからな

どうやって有力な武家を統制し、全国に支配を広げていって、安定させたのか
秀吉なんかよりははるかに詳しく知ってただろう

もちろん後醍醐みたいに「昔はよかったあの頃の政治をやるんじゃ!」と過去を盲信するんじゃなく
過去の事例は参考にとどめておいて現実に対処する頭の良さもあったわけだが
52.名無しさん:2018年06月01日 10:17 ID:DDxXJvyx0▼このコメントに返信
長州と薩摩 +プラス 外国 からの武器の援助があったからでしょ、結局
53.名無しさん:2018年06月01日 10:17 ID:dWTl5WWP0▼このコメントに返信
誰でも簡単に扱える銃器が出回っただけで武士の政権なんて崩壊するにきまってる
出回らずとも一般人がそういう存在があるのを知るだけで充分だ
どんなに高価で立派な鎧や刀を持って武芸磨いても農民町人の新型銃一発でやられる人らは当然恐れる対象ではなくなる
そういう時代なのになんで武士は威張ってるの?って世論にいずれなったろう
薩長がやらなくても江戸幕府はかならず滅んだよ
54.名無しさん:2018年06月01日 10:19 ID:DDxXJvyx0▼このコメントに返信
徳川幕府のままだと
ガラパゴス化して戦争力が世界レベルにあがらなかったので、その後の時代で
外国に負けてる可能性があるので、あれで歴史的には良かったんだよ
55.名無しさん:2018年06月01日 10:19 ID:7R.cTa650▼このコメントに返信
誤チェスト共を誤チェストし返した

江戸っ子や宮本武蔵
が天下を治めてたから

お美時に御座りまする!
56.名無しさん:2018年06月01日 10:19 ID:dWTl5WWP0▼このコメントに返信
清だと逆に、呼吸で肉体を鋼鉄にできて西洋の新型武器にも対抗できるという拳法が流行って外国に抵抗して国がぼろぼろになった
57.名無しさん:2018年06月01日 10:20 ID:kI82H5Qr0▼このコメントに返信
※44
そこは、「運」の要素も大きいと思う

家康自身の同世代の兄弟や叔父などの、権力構築過程では頼りになるが完成してしまうと今度は不安要因になる「身内」がいなかったのが家康のラッキー

頼朝が義経を全力で排除したのは、朝廷にかつがれると西日本一円をまとめて対抗してくることが可能な存在だったから
家康にそういう存在はいない

また信長との同盟により複数方面に同時に敵を迎えることにならず、各方面ごとで大功上げる人物が出現して有力者多数という状態にならなかった、というのもラッキーポイント(もちろん、戦略的にそうなるように持っていった家康の能力は大)
四方八方に敵がいて、各方面ごとに一門の有力武将を配置したらみんな活躍してそれぞれに大領を与えざるを得ず、それが室町幕府の基盤の弱さになってしまった足利尊氏と比較してみるとわかりやすい

58.名無しさん:2018年06月01日 10:21 ID:DDxXJvyx0▼このコメントに返信
>56
>呼吸で肉体を鋼鉄


ラーメンマンでも無理だw中国らしいけど
あのままだと日本もガラパゴス化してクソ戦争弱かったと思うよ
59.名無しさん:2018年06月01日 10:22 ID:DDxXJvyx0▼このコメントに返信
>呼吸で肉体を鋼鉄
>呼吸で肉体を鋼鉄
>呼吸で肉体を鋼鉄
60.名無しさん:2018年06月01日 10:23 ID:8X.JLLl50▼このコメントに返信
※9
やくざが治安担当してるんだから安全だわな。
61.名無しさん:2018年06月01日 10:23 ID:l.5XZGf60▼このコメントに返信
室町・戦国がクソofクソなだけで、鎌倉時代も案外平和よ。
技術向上による災害対策が可能だったかぐらいのものよ。
平和だったから江戸時代に庶民文化が開いたからと本スレで書いてるのがいるけど、
生産力向上により庶民に余裕ができたからってのが大きいだろう。
62.名無しさん:2018年06月01日 10:25 ID:DDxXJvyx0▼このコメントに返信
領土と兵を
味方の家臣や兄弟でも持ってると、そのときは味方でも
いつか反乱おこすの繰り返しだったよ
63.名無しさん:2018年06月01日 10:25 ID:kI82H5Qr0▼このコメントに返信
※53
いやあ、そんなの江戸初期から庶民も知ってるけど……「武士だろうが何だろうが刺せば死ぬ」ってな

旗本奴と江戸奴の争いが起きてたし
幕末近くなっても、武芸磨いた武士が農民ヤクザの竹槍で討たれたりもしてるよ

「武士が物理的に強いから支配できていた」なんてことじゃないし
「威張って」いる層がいるからといってそれだけで革命は起きないよ
実際幕末になると、旗本八万騎はまったく役に立たず将軍の護衛に火消し連中を使ったりしてた
でも江戸で横暴な武士どもをやっつけろなんて革命運動は全然起きてないわけでね
64.名無しさん:2018年06月01日 10:31 ID:8X.JLLl50▼このコメントに返信
※42
シナに渡った連中が、独立して、逆に日本本土襲いにくるぞ。
言葉が、シナ語に統一される悪夢はいやだね。
65.名無しさん:2018年06月01日 10:34 ID:dWTl5WWP0▼このコメントに返信
刺せば死ぬという話ではなく、立ち向かえるかどうかの問題だ
現代に例えたら一般人がヤクザと対峙するときにどこまで必死になれるのか?のに似てる
町人農民にも向こうが本気で戦う理由もあればやられる武士もいたろう
一揆とかもあったわけだしね
武士が物理的に強いから支配できてたってのは確かだろ
弱い武士がそんな武士中心の世にできるわけがないんだし
66.名無しさん:2018年06月01日 10:35 ID:Qur9u5GY0▼このコメントに返信
徳川800万石 諸国大名最大でも100万石 力の差は歴然
そして反乱の芽をつむ政策 頑張ってたんだよ
67.名無しさん:2018年06月01日 10:37 ID:dWTl5WWP0▼このコメントに返信
幕府が近代化に消極的だったのはひとえに武士の世の中を守るためと考えるといろいろ腑に落ちないかな
68.名無しさん:2018年06月01日 10:37 ID:8X.JLLl50▼このコメントに返信
※58
義和拳の鉄砂掌だろ。現実に存在したし、一対一なら勘弁してだね。
亜流に毒手がある。
69.名無しさん:2018年06月01日 10:39 ID:F9SvpltZ0▼このコメントに返信
安定した江戸時代の原因?
他の時代と全く違うのは、通貨の自国発行とその通貨の国内流通、信用経済の確立、と対外貿易を幕府がほぼ独占したことだろう。
金山・銀山を国内で独占開発し、その資源が少なくなるまで、幕府は通貨発行権を独占した。
これによりチャイナの銅銭の輸入に頼らない金融システムを構築できた。チャイナからの経済的自立と言えよう。
また、大量の銀をチャイナへの輸出した事で、チャイナ自体を銀本位制の経済圏へと変貌させた。
通貨支配権がチャイナから日本に移ったとの言える。実際の国交は日清間になかったが、清国の経済官僚は通貨発行の根源を日本に
握られたとも言える。清国から見た場合、日本と揉め事を起すと損をする経済環境が確立されたことななる。
ただ、幕府の租税(年貢)がお米だった事と「貴穀賤金」の思想の影響で、幕府内の税制改革が行えなかった。
民間は試行錯誤しながらも、安定通貨システムを基盤に自由な経済を発達させた。
先物取引・海運の発達・寺小屋(民間学校)の増加・特産品の開発・金融業の発達(寺社の利権の民営化)・言論利権の民営化
(公家・寺社の既得権の解体)など社会の土台が作られた。
70.名無しさん:2018年06月01日 10:43 ID:kI82H5Qr0▼このコメントに返信
※61
いやいや、鎌倉時代が平和って……

1185 鎌倉政権成立(現代の教科書説で)
1189 奥州藤原氏を滅ぼす
1200 梶原氏粛正 一族数十人が討たれる 関連して各地で戦闘発生(建仁の乱など)
1203 比企の乱 鎌倉市街戦勃発
1213 和田合戦 和田氏滅亡
1221 承久の乱 朝廷と戦争、京都まで攻めこみ三上皇流罪はじめ敗者の処刑多数
1247 宝治合戦 三浦氏滅亡
1272 二月騒動 死者多数
1274~81 元寇 言わずもがな
1285 霜月騒動 安達氏滅亡、全国で戦
1293 平禅門の乱 平頼綱および一族滅亡
1305 嘉元の乱 北条氏内部の内ゲバ

これ以外にも、畿内での寺社同士の争乱、放火など多数……

授業で教えないだけで、詳しく見て行けばヤクザ同士の抗争がずっと続いてたようなのが鎌倉時代よ
71.名無しさん:2018年06月01日 10:45 ID:kI82H5Qr0▼このコメントに返信
※65
>武士が物理的に強いから支配できてたってのは確かだろ

いやだからそれは、政権樹立に至る時期の話であって
政権を200年以上安定させた、っていうのを武士の戦闘力だけに求めるのはさすがに無理ってもんよ
72.名無しさん:2018年06月01日 10:49 ID:8X.JLLl50▼このコメントに返信
※70
北条一門の内紛自体は、少ないんだね。
ライバル粛清後にしかおきてないところみると、
一門の結束自体は、かたかったんだな。
73.名無しさん:2018年06月01日 10:51 ID:.Kg.RwjW0▼このコメントに返信
江戸時代は改鋳による発行益で財政健全化、民間の景気浮揚ができた
鎌倉、室町時代は徳政令でしか負債を解消できず不満と混乱拡大
74.名無しさん:2018年06月01日 10:56 ID:iR4KDe0d0▼このコメントに返信
遠州人がそういう性格だからだよ。
75.名無しさん:2018年06月01日 10:57 ID:Wj30Srhz0▼このコメントに返信
農業技術が発達して経済に余裕ができたからだよ。
経済が発展してので、そもそも戦争する理由がなくなったの。
76.名無しさん:2018年06月01日 10:57 ID:U7zKcTrY0▼このコメントに返信
貸本屋、着物の貸付、はたまたフンドシのレンタルまでしていたからね。
ツケで買い物したり、強盗被害もまずない。
武士が威張っていたとか、あれは後世のドラマや映画の影響で、
幕末の将軍に至っては、やりたくなくて、やりたくなくて断り、
・・めんどうでね。
皆で無理やり押し付けて、明治維新となるとすぐに引退して、静岡で狩猟と釣りをしながら、村民に親しまれてのんびり余生をすごした。
江戸のトップだった将軍が庶民と仲良く遊んで隠居生活だからさ。
つまり、将軍が強い、威張る、暴君とかではなく、ほぼ民主的な統治でお飾り将軍を建てていただけで、
下級の武士ですら商人に金かりて傘作りのバイトで生計をたてていた始末。
好き放題できるなら、庶民を脅して金奪っているって。
究極的に平和なのは、金なくても頼めば宿にとめてもらい。
のちのち、のちのちといっても数年後にまた街道通る時にお礼の金を払ったりしていた。
そういうのはもう何とか言か、信頼、信用だね。
77.名無しさん:2018年06月01日 11:01 ID:Glxj.6Zq0▼このコメントに返信
一応、各大名が生き延びられる法制度と経済システムを整備したから

一発勝負に賭ける >> 体制に従い安定を求める。

78.名無しさん:2018年06月01日 11:03 ID:U7zKcTrY0▼このコメントに返信
間違い
江戸時代は暴君と暴力で明治維新で民主化して戦後は平和に。
正解
江戸時代は平和で戦や争いに無関心、穏やか。
幕末、欧米の侵略が危ないので陽明派、強硬派が明治維新を強行して武装政府(明治政府)に切り替え、
その流れで欧米に巻き込まれ戦争突入、戦後は元の穏やかな江戸時代に戻る。
79.名無しさん:2018年06月01日 11:09 ID:AsRtdxDY0▼このコメントに返信
そもそも織豊政権期において、室町時代以前とはまったく異質の支配体制が仕上がっていて、全国の大名が曲がりなりにもそれに慣れていた。

とくに秀吉が天下統一事業の最終盤において、関白という(武家にとっては)まったく新しい権威と制度によって、ちょっとでも不興を買えば簡単に改易・討伐されるという恐怖心を植え付けたのは大きい。秀吉は代々続く土着の豪族というものを極端に嫌って、土地と癒着した古い権威を引き剥がし、秀吉自身の指示によって一から新しい封土を得させることで平安以来の封建制度の大々的な組み換えを行ったし、関ケ原や大坂の陣を通じて家康もその路線を継承している。島津だの南部だのいう例外はあるが、江戸時代初期には先祖代々の土地にしがみつく大勢力ってのは徳川以外にほぼほぼ存在しなくなってた。

そのうえで、小早川のように後嗣の無い大名は躊躇なく断絶させたり、福島のように脅威になり得る大名へは難癖をつけて改易したりという、天下固めの一手一手を着実に打って行った。関ケ原が終わってからの十数年で、戦国時代に名を馳せた英傑がバッタバッタと倒れていったのも運が良かった。むろん家康自身の子だくさん&長寿にも大きく助けられてる、というか家康は明らかにそのへんのメリットを狙ってやってたからな
80.名無しさん:2018年06月01日 11:13 ID:wQGhJdRf0▼このコメントに返信
大陸と違って略奪・民族浄化みたいな事は起こらんし基本的に農民とかは飢饉とか災害が起こらない限り平和だったろ
ただ保険も復興援助もほぼないから運が悪いと地獄

あと士農工商は只のデマで奴隷もいなければ確固たる身分制度も無い
81.名無しさん:2018年06月01日 11:14 ID:bG4acygC0▼このコメントに返信
徳川一強状態を作り上げたからだな
鎌倉も室町も、トップに比肩しうる有力御家人や大名がいたが、徳川時代にはそれがなかった
武家的には不満があって一発逆転に賭けたくても、万に一つのチャンスも見いだせないから反乱起こせず
民衆的には政情安定からの負担減で、土一揆起こさなければならないほど追い込まれることがなくなった
82.名無しさん:2018年06月01日 11:22 ID:U7zKcTrY0▼このコメントに返信
そもそも徳川幕府が支配しているとは言え、
建前だけで、政治機構が複雑になりすぎて各産業毎に勝手に管理していたからな。
今の省庁と同じ。
将軍や徳川家のトップが建前上、トップについても組織が複雑すぎてまったく理解できず。
政治をするのはほぼ無理で、周囲に丸投げ。
周囲の行政担当は優秀な学者、時には農民上がりの優秀な儒学者を採用して担当していた。
つまり、江戸時代の行政は武士というより学者と経験者。
当然、平和になるわ。
優秀な人が仕切っていたので江戸時代は封建主義の形こそしても民主主義だから。
83.名無しさん:2018年06月01日 11:31 ID:BGIXjMZa0▼このコメントに返信
戦国が終わり殆どの人は平和を(此れ大きい)望んだのと
家康が対抗出来る藩を作らなかった(加賀藩は徳川に忠誠を誓った)
徳川700万石喧嘩を売れる藩は存在しない
84.名無しさん:2018年06月01日 11:31 ID:T3cHjbxh0▼このコメントに返信
兄である朝鮮から統治方法を学んだ結果だな
85.名無しさん:2018年06月01日 11:31 ID:kI82H5Qr0▼このコメントに返信
※81
少し違う
「武家」の存在意義を、室町以前と変えることができたからってのが大きい

>万に一つのチャンスも見いだせないから
鎌倉あたりだと、チャンスなんかなくても、自分たちが不利益をこうむるってだけで赤穂浪士レベルの突撃、争乱起こしてた
なぜならそうしないと「一所懸命」の「所」を保てなかったから

武士、サムライっていうから江戸時代のを想像してしまってる人多いと思うけど、江戸時代より前の武士は「武闘派ヤクザ」で脳内置換した方が理解しやすい
「あぁ!? お上がわしらのシノギ減らすいうんか!? ざけんなコラァ! 勝てないだぁ? ドアホ! 言いなりになっとったらわしらがナメられるだろうが! 下にもしめしつかんわ! わしらの筋通させてもらわんと気がすまん!」
これが鎌倉武士


86.名無しさん:2018年06月01日 11:49 ID:BCwqwnK00▼このコメントに返信
いまだに、鎖国で全く海外への目を閉じていたという人が多いんだな。
87.名無しさん:2018年06月01日 11:55 ID:.vyJMwrq0▼このコメントに返信
守護や管領置いてもすぐ分解して統治できなくなった日本をよくまとめたもんだわ
と、亨徳の乱を読みつつ思った
国単位だとまだ力があり過ぎるから300もの藩に分けて権力を分散させたのが奏功したのかな
ちょっと研究したい分野である
88.名無しさん:2018年06月01日 11:55 ID:l.5XZGf60▼このコメントに返信
※70
10年に一回も起きてないし、室町・戦国と比べて規模が小さいよ。
んなこと言ったら、江戸時代だって一揆や反乱、打ちこわしなどは日常茶飯事扱いになるぞ?
89.名無しさん:2018年06月01日 11:58 ID:4dN.WRZ80▼このコメントに返信
争いを個人のレベルで禁止していた。たとえ武士が諍いで町人を無礼打ちにしたとしても、奉行所の吟味は厳しく、よほど町人が無礼でなければ
切腹もあった。大名間の争いは幕府が必ず介入した。オランダ中国以外は入港させなかった。百姓一揆を発生させた藩は取り潰し、何でもかんでも
争いは禁止。責任者はとにかく切腹。
90.名無しさん:2018年06月01日 11:59 ID:tVL8meL00▼このコメントに返信
※24
ついでに余裕が出てきそうなところには厳しい労役を課していたな、
91.名無しさん:2018年06月01日 12:00 ID:mFKPKanz0▼このコメントに返信
島津さえ押さえとけば幕府に逆らう藩がほぼなかったから
92.名無しさん:2018年06月01日 12:00 ID:EUuyVqqs0▼このコメントに返信
>>70
1185 
1189 
1200 
1203 
1213 
1221 
1247
1272 
1274~81 
1285 
1293 
1305 

毎日騒乱してるように見えて、どっか一部で、TVが放送する問題が、心理的に多数に思う
そうゆう心理状態が、殺人事件が劇的に減っていてもあるそうですよ?
93.名無しさん:2018年06月01日 12:03 ID:EUuyVqqs0▼このコメントに返信
その辺の近所のシケタ区になってるごっちゃごちゃの街道沿いの歴史見ると
まあ、細かく整備整頓してるのよ こんなとこで
94.名無しさん:2018年06月01日 12:04 ID:f05S.hya0▼このコメントに返信
※84
その頃の朝鮮
中国「こんなゴミ国家合併する価値もないアル、半島で飢え殺しにするアルヨ」
朝鮮人「アイゴオオオオオオオ」
95.名無しさん:2018年06月01日 12:05 ID:uzVsyORm0▼このコメントに返信
今で言う諜報部隊がかなり活躍してたんじゃなかったっけ?
200年の間に何回も謀反の兆候があったけどそれをいちはやく察知して釘刺しまくったってなんかで見た気がする
96.名無しさん:2018年06月01日 12:06 ID:7R.cTa650▼このコメントに返信
※82
封建社会は

少数のサディストと、大多数のマゾヒスト

によってしか完成しない
学者といえども

儒教朱子学という社畜カルト狂者
97.名無しさん:2018年06月01日 12:07 ID:EUuyVqqs0▼このコメントに返信
ストレートに言うと朝鮮半島が何か 問題があるのは神の信仰が無いからか
この有る無しでそんなに劇的にある世界と無い世界に違いを齎すのは信じがたいけど

その個々の国においては神の存在の意味は向上心と 対立組織が出来た時では
どちらが優勢な組織か 白黒つける為の 神 だと思うけど

朝鮮半島が長く これらに従ってない

つまり、朝鮮半島に絡むと、大抵の国が、国運低下する
信長の朝鮮出兵で朝鮮が再自浄統治出来なくなった事が江戸の開花の理由
98.名無しさん:2018年06月01日 12:09 ID:7pd70bei0▼このコメントに返信
複数通貨制度での物価統制と、最大雇用にある程度成功していたから
連邦準備理事会のFRBの二大目標の達成
財政的にみると、債務超過にまでは陥らなかったから(正確にはなってはいるけど破綻するまでは行ってないから)

債務超過に陥り、P/L,、B/Sの問題が発生する 
政府が金融機関に資金を返せない場合、費用縮小・収益増大・資産増大・負債縮小のどれかの対応策を求められ
何もしないと通貨制度がも壊れ無政府状態になる。やることを政府の立場から見れば
費用縮小のための公務員削減→デフレスパイラル→特に食えなくなった 戦前の陸軍クーデター
収益増大のための増税 → 流民=最大雇用の失敗 → 治安悪化 → デフレスパイラル → 中国の色つきハチマキ巻く○○の乱
資産拡大のための接収 → 対抗勢力の大反乱 = 中国の○○業者の大反乱
資産拡大のため対外戦争 → 帝国主義の他国侵略戦争
負債縮小のための踏み倒し→ 金融機関が潰れバンククライシス → 土倉の反乱+豪族の反乱 =室町幕府誕生
資産・負債両方減少のための紙幣発行・デノミ → ハイパーインフレ → 物価統制失敗 → 各地で反乱=明治維新

2035年頃に日本も直面するどれか
政府の借金を誰に責任を押し付けるか問題が発生し、それを押し付けミスると反乱がおき政府が倒れる
以上、適当に。あまり精査してないから間違いもあるかもしれないけど
99.名無しさん:2018年06月01日 12:15 ID:mI0lU9ME0▼このコメントに返信
1強他弱が平和を呼ぶ
平等、均衡は争いの元
100.名無しさん:2018年06月01日 12:16 ID:dWTl5WWP0▼このコメントに返信
江戸幕府崩壊の時期は武士の時代の終わりの時期でもある
そうでないなら徳川幕府崩壊で島津幕府になってもおかしくなかったわけだよね
でもそうはならなかった
101.名無しさん:2018年06月01日 12:16 ID:EUuyVqqs0▼このコメントに返信
まあそんな歴史も知りませんからアホみたいな奴だけど
・蘇我入鹿 朝鮮繋がりカット 藤原氏反映
・古墳時代以降 遣隋使検討し 中国繋がり 日本繁栄
・戦国時代突入 朝鮮半島繁栄
・信長死亡 朝鮮半島死滅 江戸幕府劇的に開花
・朝鮮併合 以降日本、国運消滅
・ロシア 遼東半島、朝鮮半島に影響 →世界初 アジア人に負ける ロシア帝国滅亡
・朝鮮戦争 共産主義との闘いの幕開け アメリカ国運消滅
・戦後日本、リアルインぺリアリスト期 国運向上 後、朝鮮系がTVや新興宗教、地上げその他頭角を現す
日本バブル崩壊 10年浮かばれない その他永久に存在する藁人形のような問題浮上
・ICO 汚職事件多発
・イギリスとヨーロッパ 南に手を出し、ブリグジット 国運低下中 007で食い止め中
102.名無しさん:2018年06月01日 12:17 ID:7R.cTa650▼このコメントに返信
※99
イスラエル「分かってるじゃないかw儒者w」
103.名無しさん:2018年06月01日 12:19 ID:EUuyVqqs0▼このコメントに返信
まず地理に詳しかったみたいね というか検地として、自治方法に元から深い

江戸人 水場の確保が、こんなシケタところで と思うが確実に丘陵を利用して、配分してたみたいですけど 
こうゆうのは全国的に整備したみたいですけども

見ていくと確実に衣食住に関する整備は、今以上になってたんじゃないの
今は、石油力と原発でやってん
104.名無しさん:2018年06月01日 12:20 ID:dWTl5WWP0▼このコメントに返信
※71
それはそう
あと、威張ってるというのは表現悪かったけど、身分の問題のこと
なんで平等じゃないの?と不満がでたと思うよ
105.名無しさん:2018年06月01日 12:20 ID:e7QYIYqx0▼このコメントに返信
北朝鮮は平和だろ。
安全じゃないけどな。
106.名無しさん:2018年06月01日 12:22 ID:o429tHup0▼このコメントに返信
29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/31(木) 20:20:55.847 ID:BQNfFqfc0
言うても根本的な農業技術レベルが平安時代とは違いすぎてるから

飢え無ければ国は治まる。
それまでの時代と比べて、江戸時代は食料の生産力が格段に上がっている。
5代将軍ごろまでは力で抑えていたけど、それ以降は結構豊かな時代。
戦国時代の各武将の地方開発もようやくゴールしたような感じだしな。

あと、貨幣経済も浸透しているのも鍵だよな。
107.名無しさん:2018年06月01日 12:23 ID:zu1hbBsS0▼このコメントに返信
戦争がなくてもどんな政権でもン百年続けば腐敗してくる
108.名無しさん:2018年06月01日 12:38 ID:kI82H5Qr0▼このコメントに返信
※92
じゃあ、江戸時代の、幕政を担う大名たちが殺し合った事例の発生年代を同じように並べてみてくれる?w
109.名無しさん:2018年06月01日 12:40 ID:pZIjNPiA0▼このコメントに返信
徳川宗家の石高は450万石だっけ

朝廷は皇族公家合わせても12万石

ある意味凄いな・・・
110.名無しさん:2018年06月01日 12:40 ID:EUuyVqqs0▼このコメントに返信
>>107 徳川は最後まで腐敗してない
あくまで、大航海時代後に頭角を現した世界の潮流に もはやこれまでか になった感
戊辰戦争が痛手だったんだろうよ



そうそう日本各地に分水嶺と街道整備、築城、田畑整備、ま忘れちゃったけど
とにかく、今の時代並に もしくはそれ以上にやってる

英米ロその他なければ、後100年か1000年いけそうだという感じレベルの 制度
この辺の今となっては、DQN風の人が多くて・・なんてとこでしょう?

と思うような地域もめっさ洗練された制度整備してた
111.名無しさん:2018年06月01日 12:41 ID:kI82H5Qr0▼このコメントに返信
※88
おっと見落としたすまん
※108と同じく、じゃあ江戸時代の「一揆や反乱、打ちこわし」を年代順に並べてみてくれる?
それで武士が何十人と戦死したり腹切ったりしてるようなやつな
112.名無しさん:2018年06月01日 12:49 ID:kI82H5Qr0▼このコメントに返信
※72
北条氏はそもそも名門ではないので、一人だけ離れたところで自立したところで何の大義名分も得られないで終わるだけだからなあ
実際、鎌倉滅亡後、「北条氏の衣鉢を継ぐ!」のを名目に立ちあがった勢力はいなかったわけで
(後北条氏は関東制覇のために北条の名を使ったので性質が違う)

自分ひとり生き残ればいくらでも大勢力作れる可能性があった清和源氏とは比べられない
なので外部に他の有力御家人がいる間は、北条氏は結束してたのは確かだと思う
実際、鎌倉滅亡時、暗愚と言われてる北条高時に、一族郎党数百人が殉じてるわけで
113.名無しさん:2018年06月01日 13:00 ID:EUuyVqqs0▼このコメントに返信
江戸幕府旗本で見ると(旗本一万石未満の武士のうち、御目見(おめみえ)以上の者)
というのが、あ行だけで、青木昆陽、(江戸時代中期の、幕臣御家人、書物奉行、儒学者、蘭学者。サツマイモの普及)から
安藤正甫(江戸幕府旗本で茶人。)100人位いる

一万石未満組織1000石位のが(田畑の広さに換算した どれ位米が獲れるか?ということで何石と決められていた)が1000人近くいて
1石が大人一人の1年分の米の量らしい だからざっくり1000人企業が1000まずある

その他奉行の役職が作事奉行、普請奉行、旗奉行、日光奉行、小普請奉行、先手弓・先手鉄砲頭、典薬頭、西丸留守番
江戸町奉行っていうのが100人ほどいて行政・司法というのに、街道名が残ってる場所はほとんど

しっかりした整備をした たぶん自民党とかこの時代に行ったら乞食だろ
114.名無しさん:2018年06月01日 13:03 ID:6FJFlri.0▼このコメントに返信
※106
江戸時代は吉宗の時代に新田検地条目出されて以降、大規模な検地がなくなってる、、、
耕作可能地が減って耕地増加率は減少し大規模検地する必要性がなくなった(天保12年近江での大規模検地も中止されてる)

だから綱吉吉宗時代以降(文化は発展したかもしれないけど)経済は低成長期にはいってるのよ、、、
それが「豊か」な時代だったのか、、、まぁバブル後の日本みたいな感じだったのではないかと、、、
まぁ見方はいろいろ、、、

江戸時代も長いからねぇ、、、前半の高度成長期と後半の低成長期では実情はかなり変わるよねぇ、、、
115.名無しさん:2018年06月01日 13:03 ID:V1Q.Gg1H0▼このコメントに返信
奪わなくても生活できたから
116.名無しさん:2018年06月01日 13:08 ID:U7zKcTrY0▼このコメントに返信
江戸時代は木版画のイラストが大ブームだろ。
いわゆる浮世絵。
他にも観光な。
各地の参道。
あれは庶民が旅をしていたから道祖神とかある。
旅行やイラストを楽しんでいる時点で分かるでしょう。
どんだけ平和か。
道中の店で団子食べて芸をみて、遠方の神社参拝して。
時間とお金がないとできないんだよ。
117.名無しさん:2018年06月01日 13:09 ID:cwIH46eo0▼このコメントに返信
※114
つまり、かなりまんべんなく国民が食えるようになったって言う事だと思うよ。
118.名無しさん:2018年06月01日 13:16 ID:U7zKcTrY0▼このコメントに返信
化政文化(かせい ぶんか)とは、
江戸時代後期の文化文政時代(1804年-1830年)を最盛期として、
江戸を中心として発展した町人文化を指す。化政とは文化・文政を略した言葉。浮世絵や滑稽本、歌舞伎、川柳など、
一般に現代に知られる江戸期の町人文化

まあ、ITや工業はなくても、基本は今の渋谷秋葉のレトロバージョンが存在していた。
日本人はいつの世もこんななんだよね。
明治、昭和がちょっと異常だった。
119.名無しさん:2018年06月01日 13:18 ID:GWNrMQAq0▼このコメントに返信
たまにうっとおしい情報流すやつ居るな。キモいわ。
120.名無しさん:2018年06月01日 13:19 ID:oRMP.sQt0▼このコメントに返信
※46
俺の先祖が久光公から預かった部下だからww
121.名無しさん:2018年06月01日 13:21 ID:7pd70bei0▼このコメントに返信
5代の時に荻原勘定奉行が、金銀の含有量ではなく政府が貨幣の価値を保証する信用通貨制度に変えて
金銀の含有量半分で通貨を倍に発行し、幕府の債務超過を解消
通貨供給量が増えて元禄バブル
新井白石が通貨の金銀含有量を元に戻そうとし、必要以上に金融引き締めを行ったのでデフレで一気にガタガタ
田沼が1:4の4進法制度で金銀流通過程を確立し再度貨幣経済持ち直し印旛沼の開発などで増産体制に。
しかし浅間山の噴火や関東の大地震で資産消滅・負債増大で、
その後寒冷化の影響もうけ低成長と飢饉が相次ぐ時代に(いわゆる魔の18世紀)

幕末は中期の田沼以降、1両=4文銀と固定していた日本だったが、
世界では銀制度主流で世界各地の銀山開発で銀が産出され銀のレートが落ち、金1:銀16の交換比率が世界ルートになってるので
日本にあふれている金銀を狙って開国させようという動きが強まる
開国を迫ったアメリカ・イギリス商人を中心に銀16ドル → 16部銀に交換 → 江戸で4両に交換 → 世界に持ち出し銀64ドルに交換という
内外格差で大量の金銀が世界に持ち出され金銀貨幣制度の流通が壊滅し、年間30%前後もインフレが起きるハイパーインフレに近い状態となって
日本各地で打ちこわしや一機が発生。
銅山の開発と銅貨の発行は有力大名には認められてたので、薩摩などが大量に銅銭を刷りそれで武器・兵糧を整え京都で宿場を確保し
長崎の武器商人グラバーや、坂本竜馬から武器を債権で購入し幕府を打ち破る。
明治維新後は英米に借りた国債返還で苦労するが、日清戦争の賠償金で2億テールの銀貨を獲得し、それを2300両ぐらいの金貨にし
国債の当てる他、その金保有のおかげで国際貿易取引相手として認められ列強の仲間入りをすることになる

ってのが経済史の方の見方
文学部の先生が教える世界史や日本史とは違って、カネと物価の話ばかり
122.名無しさん:2018年06月01日 13:23 ID:IGHozjMJ0▼このコメントに返信
犯罪の罰則がきつかったからだろ。大名はお家騒動で取り潰し武士は不祥事で切腹、町民農民は強盗放火で打ち首。
123.名無しさん:2018年06月01日 13:23 ID:EUuyVqqs0▼このコメントに返信
だから今みたいにちょっと、べしゃり、適当な後援会にちょいっと顔だし、選挙で当選~ うへ~
とか 東大出て官僚の道へ うへ~

というわけなく

戦争指揮能力、食料・武器・人員、調達等の戦争補助能力、その他一般学力以上で、べしゃりの出来るビジネスが出来る社長度、
の順序で、組織を集約していたから

今のようにヘタレた状態に陥らなかったみたいです

つまり、戦争も農業もビジネスも司法制度の構築も出来る社長の集まりだった と
今でいうグローバルビジネス

クライスラーがフィアットと一緒になって、20位の企業で、アルファロメオ~JEEPまで英国に本拠地おいて
オランダに本店置いて とアルミ製造~シリンダーヘッド構築 と色々と幅広くやっているような感じだったようです
124.名無しさん:2018年06月01日 13:31 ID:6FJFlri.0▼このコメントに返信
※117
昔は、食える分だけしか人口は存在しないから、、、
それは江戸時代も戦国時代も鎌倉時代も律令制出会っても変わらない、、、

江戸時代の推定(総農業生産量と農業従事者で割る)だと、農民一人あたり1.4人分の食料しか生産してない、、、
つまりその0.4人分で非農業従事者(武士と町民やその他諸々)を養った上に贅沢品に消費してたわけで
江戸期に文化や学問が発達したってことは、ソコに費やされる分、誰かの食い扶持が削られてたという、、、

「満腹度」って基準で判断するなら
江戸時代はそれ以前の時代よりキツイ(特に庶民や貧乏人)時代だったんじゃないかなぁ、、、
125.名無しさん:2018年06月01日 13:33 ID:RNjvuMe80▼このコメントに返信
江戸時代も初期はけっこう不安定。
安定するのは慶安の変などを経て、17世紀も後半になってからやで。
126.名無しさん:2018年06月01日 13:34 ID:btS3MZTk0▼このコメントに返信
※124
何で日本中に造り酒屋が有ると思う?
あれの殆どは出来たのは江戸時代
理由は余った米の処分だよ
127.名無しさん:2018年06月01日 13:57 ID:ny3hDGKJ0▼このコメントに返信
参勤交代はうまいよな。財政に負担かけまくって反乱する力を削ぐ。メンツがあるから安く済ませるワケにはいかないってのがやっかいな所
128.名無しさん:2018年06月01日 14:02 ID:0Le9AmGt0▼このコメントに返信
それ以前は、余所にいくと土地の人間が丸ごと襲ってきては身ぐるみはがされる。
それ以降は、余所にいっても土地の人間が丸ごと襲ってくることは、管理地域においてはなくなった。
この違い。
129.名無しさん:2018年06月01日 14:04 ID:0Le9AmGt0▼このコメントに返信
あと有名な話で、それ以前では旅人を村や町ぐるみでさらい、人柱にするのはよくあった。
130.名無しさん:2018年06月01日 14:11 ID:i0ABoRaF0▼このコメントに返信
※127
これ
131.名無しさん:2018年06月01日 14:20 ID:F9SvpltZ0▼このコメントに返信
※126
その通りです。
武士の給料が米(石高)だったので米価が全体の物価上昇より下落すると武士の貧困化が進んでしまう。
また、各藩は商人から借金する際、担保として未来の収穫米を担保とした。
それぞれの大名家が、家臣の生活の改善と藩財政の建て直しのため、米価を高く誘導する必要性があった。
だから、全国で米の需要拡大策がとられた。其の一つが酒屋さん。
 
132.名無しさん:2018年06月01日 14:25 ID:U7zKcTrY0▼このコメントに返信
※128
それはないと思うよ。
もともと日本人の性格は厳しい環境から警戒心が強くなり、
よそ者だと怖がって誰も話しかけず、遠方から見ているだけで近づこうとしない。
誰かが村長を読んで、そこから侍を呼んで取り締まり。
その後、城でお世話して処遇を決める。
極端に外の情報に弱く、外的に無防備だったんだよ。
弱いから侍が生まれ村を守り、そして庶民と軍隊との役割分担が明確になっていったんだよ。
133.名無しさん:2018年06月01日 14:31 ID:y6YXV.ku0▼このコメントに返信
キリスト教をボッコボコにしたから、平和保てたんでね?
せかいじゅうをみてみろよ、聖書メンタル諸国民は、紛争、虐殺しまくりでね?今も?
134.名無しさん:2018年06月01日 14:34 ID:1M9OeJQ50▼このコメントに返信
支配階級の武士が、経済的弱者。江戸時代最初に決まった給料が、そのまま代々同じ。資料によると、武士とそれ以外の給与は、武士の方が低い。
ある意味地方分権が確立されていた。藩札が発行できたわけだから。そして各藩の産業が今も伝統文化として成立している。明治維新は失敗かも。
135.名無しさん:2018年06月01日 14:43 ID:w2M.k21n0▼このコメントに返信
飢えや、貧困で反乱や戦が起こるわけではない、宗教もそう、江戸時代は人口調整がうまくいっていた。ユースバルジで調べるとわかる。
136.名無しさん:2018年06月01日 15:10 ID:6FJFlri.0▼このコメントに返信
※126
室町時代の京都なんて、酒造りで米確保しすぎて食料としてのコメ不足が起きてるのは日常だよ、、、
九州では酒造り(米焼酎)のしすぎでコメ(食料)不足がおきてる、、、
金持ちが資源を集めたら、それは貧乏人には配らないでもっと儲かるものに使うんだよ、、、

江戸時代も中盤になって、総農業生産が増えないのに米を原料にした酒作りが盛んになった、ってことが
貧困の拡大、つまり格差社会になっているって証なんだよ、、、
137.名無しさん:2018年06月01日 15:31 ID:U7zKcTrY0▼このコメントに返信
※136
食料が不足すれば酒など売れないだろ。
酒用に米を確保しすぎるのはあるかもしれんが、それはあくまで配分のミスで、
今でもレタスの不足でレタスの高騰とか、サンマ漁の不足で手に入らないとかあるし、
別に、その程度の食料の過不足は問題ない。
むしろ、高く売れる物を多く作り儲けるのは商人文化が安定している証拠で、
強奪と暴君の支配の時代なら、酒など造る余裕はない。
138.名無しさん:2018年06月01日 15:36 ID:FcO8E0mu0▼このコメントに返信
鎖国してた為に、特アが入ってこれなかったから?
139.名無しさん:2018年06月01日 15:39 ID:oU0.d9JX0▼このコメントに返信
実は俺が統治していたから
140.名無しさん:2018年06月01日 15:45 ID:CoWRxvhE0▼このコメントに返信
長谷川平蔵
早乙女主水
遠山の金さん達が護ったんやで
141.名無しさん:2018年06月01日 15:50 ID:HrKWJxvj0▼このコメントに返信
室町幕府は内にも外にも敵ばかりだったからしゃーない
江戸幕府の権力闘争なんかかわいいもんだよ。
142.名無しさん:2018年06月01日 15:51 ID:pLD4ikwG0▼このコメントに返信
本スレで「士農工商」の話がでていたが、2000年あたりから、「士農工商」は教科書から消えつつあるらしい。なんでも、身分の種類を表しただけで、身分の上下を表すものではないとか何とか。おぢさん最近まで知らなかったよ。
143.名無しさん:2018年06月01日 15:53 ID:GTX9aerm0▼このコメントに返信
>>6
士>農>工>商 じゃなくて
士>農工商 だったけどな。

>>8
親藩・譜代・外様(だっけ?)で配置をうまくして、
参勤交代で金を使わせて『生かさず殺さず』的に程よく疲弊させたからねぇ……

地方の(程よい)疲弊のシステムは、秀吉の頃にもあったよね。
(朝鮮の)青磁や白磁などに高い値をつけて、地方(の大名)に買わせたりしたとか。
144.名無しさん:2018年06月01日 16:00 ID:GTX9aerm0▼このコメントに返信
※142
農工商は単なる職業区分で、普通に渡り歩く事(転職)が可能だったしね。
特定の区分に偏りすぎないように、監視とか調整みたいなのはあったのかもしれないけど……
145.名無しさん:2018年06月01日 16:06 ID:Ze3T4WIE0▼このコメントに返信
技術も文化も400年の鎖国で疲弊しきっていた
大井川の渡しなんか見てみろよ
流通の大動脈の東海道に橋が無いんだぜ
産業がハッテンする訳ないだろ
146.名無しさん:2018年06月01日 16:07 ID:U7zKcTrY0▼このコメントに返信
日本で犯罪が激増したのは戦後。
在日朝鮮人が密入国して、戦後の日本人の立場が非常に弱くなった時。
あれ以降、朝鮮系の犯罪、詐欺が激増して、しかも、米国の立場上、日本は悪という事になっているから、
戦時中に日本兵として酷い事をしてきた朝鮮人が、今度は戦勝国に鞍替えして暴れて手が付けられなくなり、
それが戦後の大混乱を招いた。
今の時代、詐欺恐喝が日本人にも伝わり、日本人の素養が江戸時代期に比べて強烈に悪化。
残念ながら、老人を出す振り込め詐欺、空き巣、悪徳商法・・・軽犯罪は江戸期とは比較にならないくらい増えた。
今が日本の歴史上、民度としては最悪。
でも、世界基準では良質なんだよね。
147.名無しさん:2018年06月01日 16:07 ID:6FJFlri.0▼このコメントに返信
※137
いや室町時代には、酒造りで米隠し(売り惜しみ)起こって餓死者や逮捕処刑者出てるから、、、
現代だってご飯食わなくてもストロングゼロ飲んで仕事でかけるやついるでしょ、、、
酒への要求は飢えよりも強い、それが現実、、、

つか日本は古来から酒は米で作るものだった、、、
でもね、江戸時代になるとお上が禁令出して米からの酒造りを制限した、、、
焼酎も麦や芋主流になるのも江戸期にはいってからだったりする、、、
江戸時代、米以外の食物(そば、うどん)が一気に広まったのも市場に米が減ったから、と考えるべきで、
江戸時代の市場が米余りの状況にあった(余ったから酒作ろうなんて)わけじゃないんだよ、、、

大都市江戸っていう、江戸売他国売っていう輸出されるだけの生産分を多量消費する贅沢品市場の存在が
江戸期の日本酒文化を支えたんだよ、、、金持ちの集まる大都市がね、、、
そしてそんな贅沢品な日本酒を消費できるのは当時の「上流市民」だけで
その分割りを食ってたのが庶民だったのよ、、、
148.名無しさん:2018年06月01日 16:14 ID:U7zKcTrY0▼このコメントに返信
※147
まあ、飯より酒というなら、それは本人が望んでいる事だし、
それはしょうがない。
149.名無しさん:2018年06月01日 16:23 ID:U7zKcTrY0▼このコメントに返信
江戸時代にお上が禁止したのに、えろい絵があるだろ。
春画な。
あれも大人気で庶民がこぞって買っていた。
当然、官職は恥じて買わないが禁止。
しかし、地域を移動しながら転々と販売しつづけた。
酒、エろい本、それに歌舞伎などの芸。
それに軽食な、団子煎餅等々。
江戸時代は庶民文化が華で、武家や堅苦しい役人という立場。
今は妖怪ウオッチなんてあるだろ、当時も妖怪ブームで鳥山石燕の妖怪浮世絵なんかも人気があった。
ようは遊び。
江戸時代の庶民、町人はつまらない訳ではなく、遊び上手だったんだよ。
150.名無しさん:2018年06月01日 16:27 ID:clJDsU7V0▼このコメントに返信
※127 ※143
「誰かの支出は誰かの売り上げ」の原理で
参勤交代は街道沿いに金を落とさせてそのあがりから街道を維持させる
一種の公共事業

151.通りすがりの名無しさん:2018年06月01日 16:56 ID:NbtEKg7U0▼このコメントに返信
・参勤交代(最初は2年だが財政圧迫で3年に)と石高毎に城普請させたりで諸大名の経済力を削ぐ。
・主要な街道は旅籠を整備したが、大軍が江戸に攻め難いよう川に掛る橋に付いて制限。
・船舶の制限。千石船を基準にそれ以上の大型船の建造禁止。
・荷車の制限。馬に荷車を曳かせる等を大量輸送の制限。

経済発展を捨て日本全国貧乏にしたから。
参勤交代も映画で在ったが、主要な街道では法度通りの人数で行列作り、それ以外は荷物持ちと殿さまと籠を駆け足で次の旅籠手前までダッシュし、次の町で手配したサクラに服と荷物を持たせて大名行列を作る。を繰り返して経費浮かせてたのは歴史の一幕。

江戸末期まで経済力維持(金持ってた)大名って長州藩?
瀬戸内海や日本海側の海路を握ってたし、石見銀山のような良質な鉱山も在ったけどどうなんでしょ?
152.名無しさん:2018年06月01日 17:27 ID:ZlpJ.uZk0▼このコメントに返信
家康の最大の功績は荒地だった江戸を開発して、京都と絶妙な距離感を保つように制度設計したこと。

江戸は東京に引き継がれて、その遺産は今でも半端じゃないから関東民はみんな感謝せんといかんよ。

それと、地方分権だろうね。上杉鷹山や加賀の前田家なんかが代表的だけど、各地に名君も誕生した。
それに明治維新が出来たのも、ある意味そのおかげ。
153.名無しさん:2018年06月01日 17:38 ID:qNUYkac00▼このコメントに返信
飢饉やなんやで死にまくり
江戸ですら今みたく未婚男性も多かった
室町末期のようなそこかしこで戦がなかっただけ
154.名無しさん:2018年06月01日 18:06 ID:QtaD7sN30▼このコメントに返信
※18
それは秀吉の手柄だけどな。
家康は安定しつつあった豊臣政権から天下を簒奪した。その後安定させたのはいいことだけどな。だが奪った因果が幕末に江戸幕府を滅ぼすことにもなった。
155.名無しさん:2018年06月01日 18:22 ID:PQw1xsKe0▼このコメントに返信
儒教朱子学の普及による、価値基準の変化。
戦国時代は、武力が強いことが一番の価値だったけど、江戸時代は、武力は武士のたしなみに過ぎない。
出世のためには、学力が重要になった。
あとは、争いごとは武力で解決するよりも、裁判で解決できるようになった。
156.名無しさん:2018年06月01日 18:50 ID:Wj30Srhz0▼このコメントに返信
※78
ほんと、マジでこれな。
157.名無しさん:2018年06月01日 19:15 ID:bENc1nhQ0▼このコメントに返信
日本は、超平和ボケ時代と、超武闘派時代を交互に繰り返す。
江戸時代は、戦国時代の反動で超平和ボケ時代だった。
それが新たな外敵が出てきたので一気に明治維新を経て軍国主義に
太平洋戦争に負けてまた反動で超平和ボケ時代<今ここ

何かきっかけがあればまた軍事国家に転ぶ可能性が高い……
158.名無しさん:2018年06月01日 19:33 ID:g8R.GOVi0▼このコメントに返信
外様大名を参勤交代や公共工事を負担させるなど経済的に痛めつけ格差を作ったから。
しかし外国との貿易において西国は地理的有利で、幕府は技術や知識、情報の伝来が遅れたため、格差が縮まりついには逆転した。
159.名無しさん:2018年06月01日 19:45 ID:aRP2xlwW0▼このコメントに返信
江戸時代って富に再分配は現代の日本以上にうまく行ってたらしいな
ほとんど完成された共産主義型資本主義(資本主義の到達点)みたいなもんだったとか
160.名無しさん:2018年06月01日 19:59 ID:DAkhDpAa0▼このコメントに返信
軽犯罪とかでも罪侵すと顔に刺青入れられたとか、ボランティアの自警組織がいたとかもあると思う
161.名無しさん:2018年06月01日 20:09 ID:Ie7QkpTt0▼このコメントに返信
・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代
・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代
・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代
・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代
・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代







で地方大名の時間と金と自由と体力を奪ったから




幕府の反乱起こされないような支配体制築いた
162.名無しさん:2018年06月01日 20:13 ID:Ie7QkpTt0▼このコメントに返信
・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代・参勤交代







で地方大名の時間と金と自由と体力を奪ったから




幕府の反乱起こされないような支配体制築いた
163.名無しさん:2018年06月01日 20:15 ID:k.XxOBtK0▼このコメントに返信
鎖国と徳川と言う、絶対王政があったから。


後は神道と民度の高さだな。

164.名無しさん:2018年06月01日 20:18 ID:Ie7QkpTt0▼このコメントに返信
S 東京特別区
A 大阪
B 名古屋
C 札幌 横浜 京都 神戸 福岡
D 仙台 さいたま 広島
E 千葉 新潟 静岡 岡山 那覇
F 宇都宮 金沢 高松 熊本 鹿児島
G 高崎 長野 松山 長崎 大分
H 盛岡 郡山 水戸 岐阜 奈良 和歌山
I 秋田 四日市 富山 下関 徳島 高知 宮崎
J 青森 山形 甲府 福井 草津 米子 佐賀
K 松江
165.名無しさん:2018年06月01日 20:39 ID:AUVrgmlt0▼このコメントに返信
参勤交代で散財させる方法は最初はいい手だったけど後々、藩の財政状況を悪化させまくって政情不安の要因になった模様
幕藩体制が確立して以降は止めさせるべきだったわな

あと江戸時代と言っても時代劇にでで来る治安よし、インフラよしのイメージのところは江戸、尾張、大阪、京都とその周辺くらいで
地方は高い年貢と飢饉と夜盗に苦しんでいた模様
166.名無しさん:2018年06月01日 20:53 ID:g.2CH8xd0▼このコメントに返信
殺人や暴力が日常の戦国時代を完全に終わらせるため、徳川幕府は徹底的に「平和」を作り上げた 参勤交代や士農工商などの制度やさまざまな制約、朱子学などの学問の奨励など、みなすべて「戦国時代を終わらせる」ため 生類憐みの令やいろんな科学技術の制限もすべてそのため

戦国時代の恐怖はじつは幕末明治初めになっても覚えてる人はおぼえてた 生類憐みの令に逆らった徳川光圀は若いころは乞食を試し切りしたり、晩年も家老を刺し殺したり、人殺しになんの抵抗も持たなかった 戦国時代はこういう人間が山のようにいた いまでいうサイコパス的人間が戦国時代はふつうだった

キューブリックの「時計仕掛けのオレンジ」で、凶暴なアレックスが「ルドヴィゴ療法」というのを受けて、暴力沙汰に拒否反応するよう精神改造されるくだりがあるが、徳川幕府がやったのは、そういうこと そういうことをしないとだめなほど戦国時代の日本人は凶暴凶悪無感情だった

徳川家康が譜代の大名にあまり領地などを多くやらずケチだといわれたが、これも実は室町幕府で足利尊氏が功臣に領地を大盤振る舞いし、これがのちの応仁の乱やそこからはじまる戦国時代の呼び水になったことを家康がわかっていたから

日本の平和な時代を作り上げ、いまに続く日本の民度の高さの基礎を気付いた徳川家康とその政権の大功績はもっともっと評価されるべき

167.名無しさん:2018年06月01日 21:02 ID:Ie7QkpTt0▼このコメントに返信
外様大名を




参勤交代や公共工事を負担させるなど経済的に痛めつけ

江戸(東京)と地方(藩)の格差を作ったから。




しかし外国との貿易において長州(山口)や(薩摩)鹿児島は地理的有利で、



幕府は技術や知識、情報の伝来が遅れたため、格差が縮まり

明治維新でついには逆転した。
168.名無しさん:2018年06月01日 21:03 ID:.ngKa3Fh0▼このコメントに返信
今でいう北朝鮮と同じ、国民を相互監視して圧政で処罰する体制だっただけ。
169.名無しさん:2018年06月01日 21:12 ID:Ie7QkpTt0▼このコメントに返信
どんなバカがトップになっても支配できるシステムを家康が考えて秀忠家光が完成させた




そこらあたりが豊臣と違い賢かったよな
170.名無しさん:2018年06月01日 21:17 ID:GYu7ltG70▼このコメントに返信
取り敢えず、食事は食べられたから。
五代将軍綱吉公が、動物愛護法作って、ころしちゃだめ、絶対!をやったから。武士も庶民無礼打ちでも切腹が言い渡されるし。
綱吉公は、身長120cm位で体も弱かったみたいだけど、その分、政治には積極的。
檀家制度でほぼ国勢調査。宗教一揆もなくなった。
171.名無しさん:2018年06月01日 21:20 ID:H5vtIpgC0▼このコメントに返信
永久不出世の名君、保科正之様のおかげだぞ
狸の裏切り辣腕開府じゃ、数代で諸大名の乱で転覆されてた
この方の心ある治世あって盤石の土台が築かれたのじゃ
172.名無しさん:2018年06月01日 21:21 ID:1xdAwj4H0▼このコメントに返信
徳川幕府が善良な馬鹿だったからだろうな
本来なら、富の独占による貧富の差がひろがるはずが、
公共投資だったり、参勤交代みたいなバラマキで
幕府の散財により、富が広く庶民に分配されたのが大きいだろうな
武士階級が蓄財よりも見栄のために消費にまわったのも大きい
つまり、一度幕府に集まった金を武士階級を通じて社会に再配分をされていた
ヨーロッパのように極度な富の集中とは対極

173.名無しさん:2018年06月01日 21:41 ID:LoByZOWo0▼このコメントに返信
平和をどう定義するかじゃないのかな
戦争していない=平和 なら逆らえない力をつけにくい仕組みが良かったからだな
174.名無しさん:2018年06月01日 21:44 ID:1xdAwj4H0▼このコメントに返信
参勤交代は地方経済活性化の側面もあったろうな
行き来による旅費が途中の地方への金をばらまくことになるし
地方と江戸のアクセスが発達するきっかけになり、地方の物産が消費しかしない大消費都市江戸へリンクする
たしかに貧富の差はあったろうが、ヨーロッパのようにまで隔絶はしなかった
極端な貧富の差が生まれなかったのが安定の最大要因だろう
175.名無しさん:2018年06月01日 22:58 ID:.ngKa3Fh0▼このコメントに返信
※172
はあ?貧富の差ははんぱないぞ。
江戸では特権商人や大名旗本は贅沢暮らしをしている蔭で、長屋では地方から出てきた連中が消耗品のように死んで行っていた。
地方になると飢餓地獄
参勤交代の費用を賄わさせられたのは地方の農民であって富裕層ではない。
むしろその参勤交代や江戸滞在の費用で潤っていた特権商人と幕府高官の蓄財になっただけだ
176.名無しさん:2018年06月01日 23:01 ID:3nhKJXOz0▼このコメントに返信
一つの切り口として軍事力があったから、織豊時代と徳川の治世開始あたりでデマルカシオン体制化のキリスト教勢力の奴隷貿易を退け、布教からキリスト教国欧州国家の動員による仲間割れや傭兵として利用され分割支配しようという目論見を退けたから。

海軍力は劣っていたが、軍事力が侮れないものがあったから支配されなくて済んだ、そして太平の世を貪っているうちにその辺が陳腐化した。
177.名無しさん:2018年06月01日 23:44 ID:mhmfRQUf0▼このコメントに返信
っ 参勤交代。
178.名無しさん:2018年06月02日 00:24 ID:oemlLSCu0▼このコメントに返信
一揆や打ちこわしは日常茶飯事じゃなかった?
179.名無しさん:2018年06月02日 01:36 ID:vSQGm5ED0▼このコメントに返信
飢饉に耐えかねて一揆とかは起きてるけど
まあその前が悲惨な戦国時代だからなぁ
180.名無しさん:2018年06月02日 02:23 ID:Jg5ZpYwZ0▼このコメントに返信
>室町と何が違うのか

室町:初代将軍(尊氏)からして身内に甘く領土をホイホイ分け与えて強い守護大名にしてしまった
   後醍醐にもアマアマだったために逃げられ南朝を作られたために幕府を京都に置かざるを得なくなった。
   調子に乗った守護大名が強すぎて将軍の言うことを何も聞かなくなって国が混乱、挙句に消滅。

江戸:初代将軍(家康)からして「とにかくケチ」、大名を決して太らせないよう、幕府にたてつかないよう
   あらゆる手段でギリギリの生活ができるように諸藩に枷をかけた。まあ、室町を反面教師にしてるよね。
181.名無しさん:2018年06月02日 04:05 ID:dlFQdJ020▼このコメントに返信
朝鮮半島を併合していなかったから
182.名無しさん:2018年06月02日 05:55 ID:ISRUe8AE0▼このコメントに返信
アメリカとロシア合わせた国と喧嘩をやる国何て有ると思う?
183.名無しさん:2018年06月02日 08:47 ID:rSGXPPQs0▼このコメントに返信
※180
身内に甘かった、という個人的資質はさておき
尊氏の場合は、弟の直義、幼い頃からの執事高師直たちをはじめ
年齢もほぼ同じくらいでの一門衆が山ほどいて、しかもそれらがみな有能で功績上げたもんだから
領土を分け与えざるを得なかった、という「運」の要素を無視しちゃいけないと思う
この時期、領土以外を与えるという発想はないし――元寇の恩賞を与えられずに不満たまって崩壊した鎌倉幕府の事例を生で知ってる世代だしね

その点家康は、直接の兄弟がいないのはもちろん、父広忠の兄弟たる叔父すらおらず
まず一族関係で揉める要素がなかった上に、部下にも、家康本人に勝る功績をあげた者もいなかったわけで
尊氏や信長みたいに、全方向に敵がいて、どうしても方面軍丸ごと誰かにまかせなきゃならなかったという事態にもなってないしさ(そうならないように振る舞った家康の戦略能力の高さでもあるけど)



184.名無しさん:2018年06月02日 09:17 ID:0gPXT9uv0▼このコメントに返信
徳川幕府の時代は平和(笑)
185.名無しさん:2018年06月02日 10:44 ID:aLIC.oSq0▼このコメントに返信
※194
茶化す以外に言うこと無いなら黙っとけ能無し
186.名無しさん:2018年06月02日 10:56 ID:sTJU4QtZ0▼このコメントに返信
どんなバカがトップになっても支配できるシステムを家康が考えて秀忠家光が完成させた




そこらあたりが豊臣と違い賢かったよな
187.名無しさん:2018年06月02日 12:52 ID:Ja8ewnds0▼このコメントに返信
資源の独占 → 金銀鉱山
ライバル潰し →お家断絶と参勤交代の絶対命令
ライバルが儲かる機会阻止→長崎幕府出張所だけの独占貿易
身内争い阻止制度→長子絶対と御三家と御三橋
民主主義なし

今の日本でもやろうと思えばやれるよ
後期江戸幕府は、今の北朝鮮とあまり変わらないんだから。
向こうも独占貿易と疑似共産党体制と粛清で王家と平壌だけ栄えてるやろ
188.名無しさん:2018年06月02日 13:01 ID:Ja8ewnds0▼このコメントに返信
五人組で重税強制もあったし、基本的に江戸と有力大名に保護されら産業以外は以外悲惨やろ
今も東京が首都だから江戸擁護が中心に語られるだけで
明治政府が他の地域を都にしていたとしたら、江戸中期以降は低成長だし割とボロクソに書かれてそうじゃね?
189.名無しさん:2018年06月02日 15:00 ID:.NJ5f3bP0▼このコメントに返信
薩長が、倒幕する余裕できたのは、借金棒引きと、増収できる財源あったから。
この時に薩長改易してれば、明治維新は、おきてない。
水戸家とまとめて樺太にでも送り込めば、対ロシア対策も出来て、一石二鳥。
190.名無しさん:2018年06月02日 15:08 ID:.NJ5f3bP0▼このコメントに返信
大井川に橋掛けなくて流通阻害とかの意見あったが、鉄道できるまでは、水運が、流通の中心。
これは、シナもインドもヨーロッパも同じ。
馬中心は、中央アジアと北米アメリカ位。
なので、橋は、逆に流通阻害する。
191.名無しさん:2018年06月02日 19:49 ID:0mEiRHUM0▼このコメントに返信
※186
何もしてないだけだけどな。利権を守っていただけ、世界から遅れていった

※190
船も規制してんだろw
西洋の船は禁止だ、
そして橋が流通を阻害だあ?大井川や天竜川に架橋したところでどの物流が阻害されんだよ
192.名無しさん タコマル:2018年06月09日 03:56 ID:PSmrn2JY0▼このコメントに返信
徳川時代は徳川一族の権勢を守る為に全てを掛けた時代だ。 北朝鮮が正恩一族とその一味の利益を保護する為に全てを犠牲にするのと同じだ。 北朝鮮に内乱やストライキなど起こって居るか。 此れが平和と言えばこれに勝る平和は無いニダ。
193.名無しさん:2018年10月24日 09:02 ID:Q6iE6m3D0▼このコメントに返信
中にいる人間にとっては、
パックス・ロマーナ、パックス・アメリカーナと同じ理屈
圧倒的な力を持つトップがその他の弱小勢力を抑え込むことで、
反乱の目を摘み取り続けた。
摘み取るにしてもその代わりに
平和な暮らしができるように周りの安全保障をして、
争わなくてもいい世の中にして、
反乱なんてアホらしい〜と思わせることで、
進んで体制下に安住するように仕向けた。

この場合の中の人とは、
パックス・ロマーナの場合はローマ市民
パックス・アメリカーナの場合はアメリカと一部の同盟国の人間、
パックス・トクガワーナの場合は当時の日本人

もっとも安全保障の仕方はまるで違う。
ローマ・アメリカの場合は外の人間を叩き続けることで、
徳川幕府の場合は外との関係を断つことで、
外敵の侵入を防いだ。

そして異民族がいなかった分、平和のレベルも全然違った。

お名前