2018年05月31日 09:05

戦国時代って熊とか犬とか猪とか使った戦法なかったんかな

戦国時代って熊とか犬とか猪とか使った戦法なかったんかな

02

引用元:戦国時代って熊とか犬とか猪とか使った戦法なかったんかな
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1527648585/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:49:45 ID:4cA
熊に戦闘させれば足軽とか雑魚やろ

2: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:50:33 ID:zeh
獣使いのジョブなんて無かったやろ

3: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:51:14 ID:4cA
>>2
でも漁師とか犬つかうやろ

8: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:54:03 ID:zeh
>>3
犬ぐらい使えるやろうけど戦力にならんやろ

10: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:55:15 ID:4cA
>>8
犬は一番使える気がするんやけどなあ
秋田県とか土佐犬とか走り寄ってきたらビビるで

4: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:51:36 ID:kXr
居ても火縄銃の音に駆逐されるだけやん

6: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:52:17 ID:4cA
>>4
その辺は訓練で何とかなるやろ

7: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:52:58 ID:kXr
>>6
無理やろ
人間でさえ音でビビって萎縮するのに

9: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:54:06 ID:4cA
>>7
まあ動物戦法がなかったってことは無理ってことか

5: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:51:48 ID:4cA
漁師やなくて猟師や

11: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:56:01 ID:u5c
戦国時代ではないけど倶利伽羅峠の戦いでググれ

12: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:56:37 ID:4cA
>>11
ググってないけどやっぱりあったんか

16: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:58:30 ID:u5c
>>12
実際にあったかどうかは怪しいけど、牛の角に松明をつけて戦ったという逸話があるんや

22: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:59:27 ID:9Iu
>>16
それだけやとアレやな
角に松明つけた牛を敵陣目掛けて崖の上から特攻させたっていう逸話

13: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:57:50 ID:dUL
信長の野望やと黒田官兵衛が火牛という特技もってるが
史実にあったんかなぁ

17: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:58:45 ID:4cA
>>13
なんやその美味しそうな特技

15: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:58:17 ID:x7K
訓練した犬に密書を持たせて籠城中に外部と連絡くらいはやったんやないか

24: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:59:36 ID:4cA
>>15
せやんな忍者とか使いそうよな

18: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:58:55 ID:56J
忍犬って戦いには使われんかったんかね

20: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:59:08 ID:dV7
忍犬かわいい

23: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)11:59:27 ID:Q9H
基本的に毛皮や脂肪の厚い生物は
運動するとすぐ自分自身の体温が上がりすぎてバテるから
1日がかりで戦争やろうってときにはあんまり役に立たないぞ

だからヒトと同じく汗腺が発達していて
発汗で体温調節できるウマが使われたんや

26: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)12:00:47 ID:dV7
>>23
ていうことはわかっててあえて使わんかった言う事?

27: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)12:00:52 ID:4cA
>>23
そうなんや勉強なる
そういや馬って競馬とか見てると汗かいてるもんな

35: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)12:13:02 ID:xYU
早雲「牛に火近づけたら暴れるな…… せや!牛の頭に松明くくりつけて敵城方向に放ったろwwwwww」

36: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)12:13:54 ID:dJ0
>>35
ちゃんと敵城のほうに行くんかそれ

39: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)12:17:19 ID:xYU
>>36
正確には、味方だった領内に火のついた牛1000頭を放して暴れさせて「何?え?何事?????」ってなってるあいだに城盗んだだけやで

40: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)12:18:48 ID:Vn2
>>39
牛はそのあと大丈夫だったの?

41: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)12:21:10 ID:xYU
>>40
知らん
勝手に消えて火と人間さんがトラウマになったくらいで野良に帰ったんじゃね?

42: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)12:22:41 ID:URy
やっぱり戦においては馬以外は雑魚すぎるヒヒン

44: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)12:27:29 ID:u5c
>>42
馬カスお前実際には荷物運びと逃げるときにばっか使われとったやん

46: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)12:28:53 ID:zeh
>>44
武田騎馬隊

45: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)12:27:58 ID:Vn2
でもラクダっていうほど楽じゃなさそう

48: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)12:35:12 ID:xYU
>>45
現代でも砂漠のスカウト兵で利用されとるで
ジープも運用できんような場所に使えるやで

50: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)12:42:04 ID:Vn2
>>48
乗るのが

51: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)12:45:37 ID:xYU
>>50
チビのジョッキーさんがデカイ馬に軽々登っとるやん
訓練次第やで

53: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)13:03:17 ID:Vn2
>>51
でもラクダにはコブがあるから

47: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)12:29:55 ID:Q9H
マイナーではあるけど象部隊とかもあったな

49: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)12:36:26 ID:jn7
使い手の思った通りに動かない点では、動物兵器とパンジャンドラムは似ている

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.エンアカーシャ:2018年05月31日 09:07 ID:.Da0Hg5a0▼このコメントに返信
経済的に、余裕の有る国は無かった、
動物は、あくまでも、動物、

手柄を与えても、国の栄誉には成らない。
2.名無しさん:2018年05月31日 09:08 ID:B.KuluS80▼このコメントに返信
現実に龍とかおればなぁ。
武田龍騎兵とか絶頂出来るんやが。
3.名無しさん:2018年05月31日 09:10 ID:SWmWXu3d0▼このコメントに返信
サルだかハゲネズミだかを使った人がいるじゃない
4.名無しさん:2018年05月31日 09:15 ID:3W6FMcaJ0▼このコメントに返信
熊と猪に関しては、籠城の時に貴重な食糧になるから、狩られてそう。
5.名無しさん:2018年05月31日 09:16 ID:fFa.R1O80▼このコメントに返信
動物を調教するより、農民集めて言葉で説明した方が早いからな
6.名無しさん:2018年05月31日 09:19 ID:HXDw6hh20▼このコメントに返信
太田資正は籠城戦の際、犬に書状もたせて軍用犬のように使い、外部と連絡取ってたな
7.名無しさん:2018年05月31日 09:21 ID:4.ZUbKvN0▼このコメントに返信
太田資正の犬伝令も知らんのか
8.名無しさん:2018年05月31日 09:22 ID:73g8yG0D0▼このコメントに返信
日本は本当ダメだとおもう
農業も老人が腰曲げて働いてるけど、東南アジアさえ水牛くらい使ってた
道具を使う知性はなくバカな戦法に終始
文明も知性も感じられない
9.名無しさん:2018年05月31日 09:27 ID:3xbiWFPc0▼このコメントに返信
火牛は中国の戦国時代に田単がすでに使っている

大田資正「犬を連絡用にすればいけるか?」
犬「わんわんお」
敵「なんだ犬か。よしよし。ん?なんかコイツ持ってるぞ」
10.名無しさん:2018年05月31日 09:30 ID:wxAiz4NB0▼このコメントに返信
何かの絵で、倶利伽羅峠の牛は尻尾にたいまつを結びつけられたような気がする。
11.名無しさん:2018年05月31日 09:30 ID:16nbyT3h0▼このコメントに返信
うむ。
戦国時代のトップブリーダーこと
犬100匹飼って伝令に使っていた太田資正は
さいたま市民なら忘れちゃダメ!
埼玉舞台の大河ドラマやるなら、この人しかいないと思うの。
12.通りすがりの名無しさん:2018年05月31日 09:33 ID:TXq1j0Cq0▼このコメントに返信
日本では動物を戦法として使った例はあんまりないが、
・古代中国では牛に火をつけて敵陣に突っ込ませる『火牛の計』
・ローマ軍を苦しめたハンニバルが戦象部隊を使う
・アレキサンダーがインドに入った時戦象部隊に苦しめられた。
・中世ヨーロッパでは調教した犬に鎧を着せて『戦闘犬』として参加

20世紀に入って犬が活躍
・ソ連軍の爆弾犬。戦車の近くで餌をやり調教。爆弾を背をわせ実戦投入したら、調教に使った戦車が自軍のT34だった故、ドイツ軍でなく味方に突撃・・・・。ソ連版パンジャドラム。
・ベトナムでアメリカが使った従軍犬
ゲリラ探知と地雷探知に活躍。アメリカ撤退時に兵器を全て明け渡す事になり、この犬達も『兵器』としてベトナム軍に明け渡された・・・・。
13.名無しさん:2018年05月31日 09:34 ID:tGPkS.6e0▼このコメントに返信
鬼島津が朝鮮出兵のときに猫を時計代わりに使ってるぞ。
そのときの猫の一匹のトラ猫を、息子の久保がヤスと名付けて可愛がった事から
鹿児島では今でもトラ猫のことをヤス猫という。
14.名無しさん:2018年05月31日 09:34 ID:3xbiWFPc0▼このコメントに返信
※8
大航海時代=戦国時代に少数人の西欧列強にいいようにされて
植民地支配されてた東南アジアがどうしたって?
15.名無しさん:2018年05月31日 09:37 ID:ZNo2hI470▼このコメントに返信
タイやインドネシア辺りから象連れてきて戦象部隊編成しようとか考える武将は居らんかったんやね。
16.通りすがりの名無しさん:2018年05月31日 09:37 ID:TXq1j0Cq0▼このコメントに返信
おっと、砂漠で忘れて行けないのはラクダ。
砂漠の兵士にとって命綱。水なしで暫くでも大丈夫。
荷運びから騎乗だけでなく、いざと言う時の食糧。
17.名無しさん:2018年05月31日 09:39 ID:3xbiWFPc0▼このコメントに返信
※11
資正が大河とか無理ゲーじゃね?
まだ道灌の方が可能性ある気がする
18.名無しさん:2018年05月31日 09:39 ID:4wigr6pK0▼このコメントに返信
※8
馬鹿なの?農耕馬とか農耕牛って普通にいたぞ
高いから馬牛を使えるのが少なかっただけ
19.名無しさん:2018年05月31日 09:39 ID:vE.wB8or0▼このコメントに返信
世界史的に見たら馬以外で使われる動物といえばゾウさんだな
カルタゴのハンニバルの戦象部隊とか
20.通りすがりの名無しさん:2018年05月31日 09:39 ID:TXq1j0Cq0▼このコメントに返信
※15
寒さに弱い象を連れてきても冬越せない。
21.名無しさん:2018年05月31日 09:40 ID:YkUKkNRt0▼このコメントに返信
民明書房刊の書籍で調べてみては?笑
22.名無しさん:2018年05月31日 09:40 ID:vE.wB8or0▼このコメントに返信
※1 経済に余裕てかそんなの関係ないんだが馬鹿なの?
23.名無しさん:2018年05月31日 09:41 ID:wxAiz4NB0▼このコメントに返信
歴史の表に出てきていないだけで、番犬とかは普通にいたんじゃないの?
24.名無しさん:2018年05月31日 09:42 ID:3xbiWFPc0▼このコメントに返信
※15
象一頭運んでくるのにコストなんぼかかると思う?
あと象さんは従四位下のお方なんだぞ
俺らが気安く扱っていい存在じゃないんだぞw
25.名無しさん:2018年05月31日 09:43 ID:7P6H1HNv0▼このコメントに返信
太田資正の犬伝令は有名なのになあ

人生の全てをアンチ北条に捧げた人だから北条の風魔を出し抜く為に考えた伝令方法よ
26.名無しさん:2018年05月31日 09:44 ID:73g8yG0D0▼このコメントに返信
※14
それなんだが、日本は大して侵略する価値がなかったんだよ
綿花やらケシが大量に取れる訳でもなければ、国民の大半は天然痘に羅漢してて、外人は来るのさえ恐れたんだろう(天然痘羅漢率の高さは本当です、ググってみて)

おまけに年中温暖で豊かな熱帯ほどは農業漁業資源に恵まれている訳でもない

だから、日本や韓国あたりは誰からも相手にされず侵略されなかった
これは朝鮮半島をベースに考えるとわかりやすいよ
朝鮮半島の汚らしい国民、資源もなければ文明もない
だから、歴代中国王朝は版図を拡大しても、常に朝鮮半島の併合だけはしなかった

今でこそ地政学が発展して、日本は割と有利な地形とされるが、そもそものポテンシャルは低いし文明の度合いも未開と捉えています

これはいろいろ議論あると思うけどね☆(ゝω・)v
27.名無しさん:2018年05月31日 09:47 ID:ID.G5lGr0▼このコメントに返信
信長の播磨攻略時あたりだかに、別所方の淡河定範って武将が羽柴秀長軍に雌馬を放って雄馬を興奮させて混乱させたって話を、信長の野望の一口メモで見たことある。
28.名無しさん:2018年05月31日 09:47 ID:vE.wB8or0▼このコメントに返信
第二次大戦時のロシアの犬爆弾かな
エンジンをかけた戦車の下でエサを与え続け
習慣化したところでドイツ軍戦車に向けて放たれた
29.名無しさん:2018年05月31日 09:51 ID:3xbiWFPc0▼このコメントに返信
※26
イスパニア(スペイン)人商人・ポルトガル人宣教師が
「日本は誇り高く軍事力も侮れないので
植民地のように戦争するのは得策でない
まずはキリスト教を布教させて民衆の蜂起と
教化された王(大名)を味方に付けるしかない」とか言ってるのに
価値はなかったとか不勉強にもほどがある
イスパニア・ポルトガル・オランダ人が続々と日本に来航してるのに
恐れたん「だろう」とかw
30.名無しさん:2018年05月31日 09:53 ID:7P6H1HNv0▼このコメントに返信
兵器というか熊が階級貰って一兵士として奮戦したってのもあったわね

イルカとかアシカ海獣類調教して遭難者救助とか機雷探知(処理?)とかさせてるってなんかに載ってたなあ
31.名無しさん:2018年05月31日 09:58 ID:tGPkS.6e0▼このコメントに返信
※26
日本に大して価値が無かったというのはあまり正確じゃないな。間違いとまでは言わないけど。
当時はマラッカ(東南アジア)を制する者が世界を制するとまで言われていた。
欧州では黄金に等しい香辛料を大量に産出するからな。
なんかもう一つ理由があった気がするけどそっちは忘れた。
そんな超重要地域をスルーしてまで極東に来る意味が無かっただけだよ。

ただでさえ日本近海はサルガッソーシー(危険海域)と呼ばれて、欧州の船乗りは近寄りたがらなかったしな。
32.名無しさん:2018年05月31日 10:00 ID:ifyX0BDZ0▼このコメントに返信
※21
象・狼「そうそう。お役に立ちますよ」
33.名無しさん:2018年05月31日 10:02 ID:ohvL5nvu0▼このコメントに返信
牛や馬は貴重品だからな。日常的には戦争につかえん。北条早雲が倶利伽羅峠の故事にならって牛を用いたような記憶があるが。
34.名無しさん:2018年05月31日 10:03 ID:wxAiz4NB0▼このコメントに返信
※30
ヴォイテクですな。

イルカだと、個人的には兵器じゃないけど、イルカを使ってネス湖調べてみようみたいなイラストにわくわくした記憶がある。
35.名無しさん:2018年05月31日 10:07 ID:MjM71R.n0▼このコメントに返信
※28
「誰だよディーゼルエンジンで訓練付けた奴! 友軍の戦車にばかり突っ込んでくるじゃないか!!」

※30
ヴォイテク君はWWⅡの話だからなぁ・・・ そのころになれば日本でも組織的に軍用犬は運用してるし
36.名無しさん:2018年05月31日 10:08 ID:B3.YgcEb0▼このコメントに返信
※26
戦国時代以降、日本からの交易品を欧州がどれだけ欲しがったと思ってるんだ
中国やインドで作った茶葉を大量に輸入するようになったのは、日本が鎖国状態に突入して茶の輸出量が減ったからだよ。彼らに茶の旨さを教えたのはまさに日本だった。また戦国時代の日本人は交易品として高く売れる「黒い漆器」を作るために、わざわざ東南アジア方面から黒色の美しく出る漆を大量に輸入している。国内産の数倍の値が張るのにね。東南アジアに日本人が大量に進出していたのはそれだけ魅力的な儲けが期待できたから。むろんその商売相手は南蛮人だよ
そしてインド以東での布教がさっぱり空振りに終わっていた宣教師たちが、日本人の高い理解力や知性に感銘を受けて必死になって布教しようと組織体制を作り上げていたのはよく知られる通り

むろん南蛮人の持ってくる交易品も日本人の欲しがるものはじつに多かった。硝石や鉛のような武器の他、江戸時代大流行してるタバコなんかもその類だよな。客としても日本市場は当然大きな魅力があったわけよ

そりゃ明清にくらべたら経済規模の桁が違うけど。その清だって西洋人が本格的に軍事攻勢かけるようになるのはもっと後。戦国時代くらいの頃に中国や日本を征服できるような勢力は西洋には存在してない
37.名無しさん:2018年05月31日 10:10 ID:gxIhvV0M0▼このコメントに返信
近代もなんとかして犬を戦争に使おうとしてたけど
基本的にそんなに人に襲い掛からない生き物だし、訓練のコストとか考えると割にあわなかったんだろうな
人に襲い掛かるオオカミは言う事聞かないし

馬、牛、鳩みたいな輸送手段以外は難しいんじゃないか
38.名無しさん:2018年05月31日 10:10 ID:j.kXBQfP0▼このコメントに返信
犬ならともかく、熊や猪みたいな人に懐きにくい動物をわざわざ手間暇かけて調教するぐらいなら
普通に人間集めて戦力にした方が圧倒的に費用対効果は上でしょ
39.名無しさん:2018年05月31日 10:12 ID:FtMtMQ4e0▼このコメントに返信
麻酔銃も近代的な罠もない時代にどうやって熊を従えるんだよ
40.名無しさん:2018年05月31日 10:14 ID:3xbiWFPc0▼このコメントに返信
※31
マルコ・ポーロ「中国の近くには黄金の島国ジパングがあるらしいで
(実際は大都付近しか行ったことないけど)」
各国船乗り「いかなきゃ!(使命感)」

貿易は銀でやったので日本から金銀がただただ流出する結果になった
明からの銅銭をありがたがっている場合じゃなかったよなぁ日本は
41.名無しさん:2018年05月31日 10:14 ID:5UPgDv510▼このコメントに返信
ネズミを使った地雷探知なんてのが何年か前に話題になったが今どうなってるかな?
問題なく運用されてるのなら自衛隊でもやらないかな
42.名無しさん:2018年05月31日 10:16 ID:9jFXrHN70▼このコメントに返信
鎌倉武士から戦国時代までは「いぬおうもの」という馬上で行進間射撃の訓練やってましたね。
犬を兵器としてではなく、訓練機材として標的にされていたワンちゃんいましたね。
矢じりが丸く木製で大きい矢で撃ってましたね。
43.名無しさん:2018年05月31日 10:19 ID:22bB0kQD0▼このコメントに返信
忍犬、ハットリくんで見たことあるぞw
44.名無しさん:2018年05月31日 10:27 ID:Ataf6FbW0▼このコメントに返信
羆ならまだしも月の輪熊では迫力に欠けるだろう。反対に狩られるだけだろう。本州には猛獣がいないわけで戦力にならないわな。もっとも恐ろしいのは人間てわけだ。
45.名無しさん:2018年05月31日 10:32 ID:HXDw6hh20▼このコメントに返信
※31
スペイン-ポルトガル間で植民地の縄張り争い解決のために結ばれたトリデリシャス条約によって、スペインは中南米に注力してて
アジア方面の取り決めであるサラゴサ条約では日本はポルトガルのシマに入ってたから、スペインは積極的に進出する気がなかったし
本国方面では80年戦争やりつつフランスとも戦争したりと大忙し

ポルトガルはポルトガルで1580年にスペインに併合されてるし
イギリスオランダは新興勢力で軍事力を輸送できるほどはなかった
そもそもなんて言うのはアレだけど、そこそこ整った統治がされてる地域を征服する余力なんてなかった、これが一番の理由。
46.名無しさん:2018年05月31日 10:33 ID:k3ZJiqFx0▼このコメントに返信
皇国の守護者の見過ぎじゃねこの>>1
47.通りすがりの名無しさん:2018年05月31日 10:36 ID:TXq1j0Cq0▼このコメントに返信
最近の?冷戦頃までは
・細菌感染したネズミを敵国にばら撒く
・菌感染したダニ・シラミを敵国にばら撒く

国際線で航空機内にゴ○○リ飼って世界中にばら撒いてる某国もあったな・・・。
検疫無視上等。
48.名無しさん:2018年05月31日 10:36 ID:2HNdrKSG0▼このコメントに返信
馬を使って走り回る戦法はあったぞ
49.名無しさん:2018年05月31日 10:37 ID:apadC2Pv0▼このコメントに返信
戦力にはなったろうけど、対費用効果とかうまくやれた場合手柄とかどうすんだとか色々あったんじゃないかな
牛なんて食えるし働けるし戦闘で消費なんてもったいないことできそうにもない
あと動物大量投入して勝ったとしても、卑怯ってことで民や部下の求心力失いそう
狩では犬とか鷹とかは使われてたみたいだけど、獲物の追い詰め程度しかさせてもらえなかったろう
50.名無しさん:2018年05月31日 10:42 ID:AokbbuAj0▼このコメントに返信
動物より命の単価が安い農民がおるでなあ
51.名無しさん:2018年05月31日 10:42 ID:gxIhvV0M0▼このコメントに返信
武器もった人間って結構強いんだよな
コロッセオでのvsライオンとかも武器あればサシでも結構勝率良かったらしいし
やっぱその辺の村人に竹槍でも持たすのが一番コスパええわ
52.名無しさん:2018年05月31日 10:49 ID:8qRzM6LY0▼このコメントに返信
源平合戦で義経が牛使ってなかったっけ?
まぁ戦国時代じゃねーけど。
53.名無しさん:2018年05月31日 10:49 ID:HiZufmSk0▼このコメントに返信
猿を手懐ける。
他にも蟻や蜂、蛍、カラス、雪ネズミ、コウモリ・・
54.名無しさん:2018年05月31日 10:52 ID:2CSmNbIN0▼このコメントに返信
蛍を調教して隊列を組めるようにして、夜に今で言うサインネオンのようにして情報を伝達した
っていうことがあったと本に書いてあった
55.名無しさん:2018年05月31日 10:54 ID:h7YGkhOW0▼このコメントに返信
この方面読みたいなら、漫画の皇国の守護者嫁
56.名無しさん:2018年05月31日 10:55 ID:9jFXrHN70▼このコメントに返信
米軍が研究中の昆虫センサー兵器とかあるよね。
57.名無しさん:2018年05月31日 11:19 ID:wCei.knb0▼このコメントに返信
狼や犬辺りはアリって気がするな
比較的手懐け易いイメージだし

ただ槍兵の戦線崩すとかなら猪を突進させたいわな
豚が飼えるんならやれそうな気はするが、日本だと豚飼ってなかったから無理か
初期の豚とか殆ど猪だし
58.名無しさん:2018年05月31日 11:20 ID:aYhjESKE0▼このコメントに返信
実際のところ、動物は訓練しても士気の意地が難しいだろう。最も人権ないからドラッグとか使えるだろうけど。
59.名無しさん:2018年05月31日 11:28 ID:mORmnf.f0▼このコメントに返信
足柄山の金太郎さんが、日本史上最強認定とゆうことか?
60.通りすがりの名無しさん:2018年05月31日 11:28 ID:TXq1j0Cq0▼このコメントに返信
※55
ファイナル・ファンタジーの
竜騎士、召喚士
ファイヤーエンブレムの
ペガサスナイト、ドラゴンナイト
を参考にしながらなろう異世界モノの竜兵、竜騎兵、魔物使いが主人公の奴を探せばいい。
61.名無しさん:2018年05月31日 11:28 ID:mORmnf.f0▼このコメントに返信
※4
犬は、薩摩だと食糧じゃなかった?
62.名無しさん:2018年05月31日 11:32 ID:mORmnf.f0▼このコメントに返信
※11
埼玉県なら渋沢栄一じゃないか?
63.名無しさん:2018年05月31日 11:32 ID:BveUB5QJ0▼このコメントに返信
※39
小熊の頃から育てれば従えるのも可能だよ
64.名無しさん:2018年05月31日 11:33 ID:mORmnf.f0▼このコメントに返信
※12
猿・雉・犬が、桃太郎のお供だろ。
65.名無しさん:2018年05月31日 11:36 ID:NYwOtIU00▼このコメントに返信
※27
日本の馬は去勢されてなかったからね。
66.名無しさん:2018年05月31日 11:37 ID:mORmnf.f0▼このコメントに返信
※15
孔明さんですら、南蛮の像兵を北伐に使ってないですやん。
67.名無しさん:2018年05月31日 11:38 ID:gYetr5rr0▼このコメントに返信
※15
簡単に連れてこれたら信長ならやれたかも
68.名無しさん:2018年05月31日 11:38 ID:mT.Jrf4H0▼このコメントに返信
基本、群れを作らない動物を幾ら集めてもな。
荷役や合戦用の牛や馬を小規模に飼育してただけで、大規模に牧畜やってわけでもねーし。

69.名無しさん:2018年05月31日 11:49 ID:ga7lwW4r0▼このコメントに返信
コメントではいっぱい書かれてるけど三楽斎様のことは忘れないでください
70.名無しさん:2018年05月31日 11:52 ID:mORmnf.f0▼このコメントに返信
※26
石見の大森銀山も安く見られたもんだ。
世界の三分の一の生産量あったのに。
綿花やケシのプランテーショーンは、もっと後の時代だぞ。
71.通りすがりの名無しさん:2018年05月31日 11:55 ID:TXq1j0Cq0▼このコメントに返信
※64
軍団として大量に運用したわけでもないし・・・
腰につけたキビ団子1つで命賭けるとか・・・キビじゃなくて麻薬入の団子で中毒状態でこき使った?
72.名無しさん:2018年05月31日 11:55 ID:qnj0TgKA0▼このコメントに返信
※36
単純に指摘しておくけど、、、

日本の茶生産が飛躍的拡大し海外輸出商品になるのは明治維新後
生糸に並ぶ輸出品として国策で栽培を奨励してからなんだよ、、、
新幹線からでも見える牧之原台地の茶畑なんてその頃開拓された、、、
つか日本の茶文化に夢持ち過ぎ、、、抹茶なんて世界的(つまり中国)にみたら過去に禁止された廃れた飲み方
交易品としての主力は発酵茶だったから、日本は茶文化の中でもマイナーな部類ではあったのよ、、、


それ以前の日本の主力輸出品は「銀」、量や金額的にほかはまぁどーでもいいくらいの規模、、、
それで生み出した豊かさは江戸期の砂糖消費の広まりみたらとてつもないものだったと思われ、、、

73.名無しさん:2018年05月31日 11:56 ID:mORmnf.f0▼このコメントに返信
※30
捕鯨反対の急先鋒のアメリカ様が、湾岸戦争・イラク戦争に実戦投入と。
74.名無しさん:2018年05月31日 12:14 ID:dCPaH6q50▼このコメントに返信
犬は訓練とか連絡にも使ったみたいだがそれ以外の動物は武具の素材とか食料に利用したほうが効率いいだろうしな
牛は農耕と運搬に大事だし
75.名無しさん:2018年05月31日 12:16 ID:3FCmEopr0▼このコメントに返信
※26
ごめん、不勉強すぎて不憫になってくる。
石見銀山知らないの?これだけでも十分に侵略する価値がある。
てか、このころの宣教師たちや、もう少し後年の商人たちの記録も読んでみよう。
76.名無しさん:2018年05月31日 12:18 ID:zQhBfjV00▼このコメントに返信
田単の火牛が本スレで出てないのどういうことなの
77.名無しさん:2018年05月31日 12:21 ID:3xbiWFPc0▼このコメントに返信
※75
なんか「日本なんかたいしたことない劣った地域で
世界からも無視されてた」ことにしたいのがいるよな
78.名無しさん:2018年05月31日 12:22 ID:3xbiWFPc0▼このコメントに返信
※76
知っててボケてるのかなと思ったら
マジで知らない様子なのが驚いたわ
79.名無しさん:2018年05月31日 12:39 ID:fw5EOnWy0▼このコメントに返信
犬が馬に乗って「ハァ!」って操ってる漫画見た記憶がある
80.名無しさん:2018年05月31日 12:42 ID:egUDq0fg0▼このコメントに返信
兵器で一番重要なのは信頼性。必要な時に確実に動くこと。馬はその為に品種改良と調教をされて来たし、他に優れた代替もなかった。
まあ、熊を調教して防具を着せても、弓と槍で完封されそうだしな。
81.名無しさん:2018年05月31日 12:42 ID:Dcb.Tbhm0▼このコメントに返信
くまみたいなもん捕まえて訓練さ、んで突入させても矢を何発か浴びたらおしまい。
役に立たないことはなくても費用効果うすそう。
馬は戦闘力ないしどこかにいい戦える動物はいないんかゾウ?
82.名無しさん:2018年05月31日 12:51 ID:7jFKpWnE0▼このコメントに返信
キュロス君「ラクダは馬の匂いが嫌いなんだよな…せや!」
83.名無しさん:2018年05月31日 12:57 ID:yjfb.Auj0▼このコメントに返信
※52
木曾の、源野義仲。別名、旭将軍。
征東大将軍に任ぜられた。
頼朝とはライバル。
京から平家を追い出した立役者。
倶利伽羅峠の戦いで、牛の角に松明着けて、夜中に牛追い祭り。
平家は10万と言われているが、崖から転落ほかでボロ負け。
84.名無しさん:2018年05月31日 13:00 ID:LYFnm4zc0▼このコメントに返信
ハットリくんが有りなら 銀牙、ナルト、ヘムヘムも有りだな
85.名無しさん:2018年05月31日 13:01 ID:yjfb.Auj0▼このコメントに返信
※40
ジパングでは食人習慣があるらしい、って、ビビッて大都で止めてた。
86.名無しさん:2018年05月31日 13:03 ID:yjfb.Auj0▼このコメントに返信
※83
源義仲です。別名、木曾義仲。
87.名無しさん:2018年05月31日 13:04 ID:3FCmEopr0▼このコメントに返信
※77
宣教師たちが、大名を「王」、天下人を「皇帝」と称している。
つまり、当時の欧州人たちが他称としてスペインなどの「王国」よりも格上の「帝国」であるとしている。
この「事実」を重んじるべき。

歴史の検証において重要なのは「事実」のみ。
記録の内容が正確かどうかまでは検証の必要があるが、記録者の主観については検証せずとも明らか。
日本が偉大であったかどうかわからんけど、欧州人の認識は上記のとおり。
とくに、朝鮮出兵によってこの認識は確固たるものになったと考えられる。
88.名無しさん:2018年05月31日 13:05 ID:jt4vA94o0▼このコメントに返信
石見の銀山の事も知らないで日本を無価値な国にしようとしてる粗忽者がいますねぇ・・・

発情期の馬に大量の牝馬をぶつけてって戦術なかったっけ?
89.名無しさん:2018年05月31日 13:06 ID:yjfb.Auj0▼このコメントに返信
※2
銃で武装した騎兵も、竜騎兵と言うから。
真田信繁は、3連発の短筒使用。
90.名無しさん:2018年05月31日 13:10 ID:9qlQUgfa0▼このコメントに返信
馬一頭を育て訓練する手間で兵が10人雇えたとか聞いたことある。前線で戦う動物兵器なんて戦車並みの強さでもない限り使えんわ。
91.名無しさん:2018年05月31日 13:28 ID:iXYVj9FW0▼このコメントに返信
※26
15~16世紀は世界有数の銀山があって当時でもトップクラスの銀輸出国だったが
92.名無しさん:2018年05月31日 13:43 ID:eIQnGqwi0▼このコメントに返信
秋田県が走って来たら誰でもビビるわ
93.名無しさん:2018年05月31日 13:54 ID:au86MdfG0▼このコメントに返信
日本書紀には神武天皇の東征の時に敵方が熊を使って抵抗してきたって書いているけど、何分神話の時代の話なのでよく判らん。
94.名無しさん:2018年05月31日 13:56 ID:PI.M.Xaj0▼このコメントに返信
馬は荒れ地や山岳部の高速移動用なんじゃ……
95.名無しさん:2018年05月31日 14:40 ID:gYn.fax60▼このコメントに返信
犬は使ってた
熊は制御不能だろうし当時は食料だったからなあ
96.名無しさん:2018年05月31日 14:45 ID:U7n2rxuI0▼このコメントに返信
戦国時代に一番人の命を奪った武器は石。
97.名無しさん:2018年05月31日 14:49 ID:mORmnf.f0▼このコメントに返信
※92
美人の産地だぞ。
98.名無しさん:2018年05月31日 16:26 ID:yjfb.Auj0▼このコメントに返信
桃太郎は、犬・猿・記事が武器だったな。
99.名無しさん:2018年05月31日 16:31 ID:GKD5EC4v0▼このコメントに返信
猫を連れてくる大名が結構いたよな
100.名無しさん:2018年05月31日 16:44 ID:9gKNBVbA0▼このコメントに返信
人間が作ったのに人間の思い通りにならないパンジャン先生はある種の人工生命体なのかもしれんな
101.名無しさん:2018年05月31日 16:56 ID:9w5AAcUQ0▼このコメントに返信
三国志で孟獲が虎を蜀軍に突っ込ませてたな。
102.名無しさん:2018年05月31日 16:57 ID:hBFIDPcV0▼このコメントに返信
犬養う食い物が無いド貧困時代やぞ
103.名無しさん:2018年05月31日 17:12 ID:yjfb.Auj0▼このコメントに返信
沢山の子犬、子猫で敵をキュン死させる作戦。
104.名無しさん:2018年05月31日 18:24 ID:GfE65B4d0▼このコメントに返信
生身の人間は弱くても戦争となれば武装しているし、人間は何千・何万という規模で集団で「狩り」ができる生き物だからね
多大なコストと期間を掛けて動物を利用するより、そのコストで普通に人間を雇った方が戦力になります
105.名無しさん:2018年05月31日 18:32 ID:CSIjxxiC0▼このコメントに返信
第一次大戦中に、犬を使って対戦車戦闘しようとしたロシア軍というのがおってなあ。
なお、失敗して、自陣の戦車が破壊された模様。
まあ、騎手が馬にのっていても振り落とされたりするわけだから、直接制御できない犬とかだと多少はねという。

というように、輸送・乗り物(牛馬)、通信(鳩)とかであればいいんだけど、動物を武器として使用すると結構大変なんである。
訓練期間が長すぎてコストが増える(なら、人間の方が楽やろ)、できたとして信頼性が低い(何するか分からん)というのが理由ではないかなあ。当時は、人の命の値段も安いのでそっちの方がお得という身もふたもない話もありそうだけど。
106.名無しさん:2018年05月31日 19:06 ID:i7a2cUAw0▼このコメントに返信
※105
人間でさえ、戦闘行為専用に育てるようになったのって
そんなに昔でもないからなあ

戦士階級、騎士階級ってのは大抵、政治経済のトップクラス、貴族階級に近い
超高級品扱いだからね

一つか二つの仕事に特化した動物兵なんていらんわな
107.名無しさん:2018年05月31日 19:12 ID:AzDiAQvH0▼このコメントに返信
※2
信玄「人は城、人は石垣、人は餌」
108.名無しさん:2018年05月31日 19:12 ID:AVR552pn0▼このコメントに返信
大友義統は虎を飼いならしてて、気に入らない相手を虎の餌にしてたって
陰徳太平記かなんかにに書かれてたと思う
109.名無しさん:2018年05月31日 19:39 ID:PNHG9THw0▼このコメントに返信
※30
彼は従軍といっても後方勤務というか荷物運びばっかりだったらしいけどね。あとは歩哨か。
機関銃に勝てるわけないしなるべく危ない目に合わないよう「同僚」や「部下」は相当気を使ったらしいよ。
たしか伍長だっけ?
晩年は動物園で飼い殺しというか寂しく孤独死だっけ。
110.名無しさん:2018年05月31日 20:06 ID:HnOnb18A0▼このコメントに返信
桃太郎の猿・犬・雉は当時としてもファンタジーだったのだな
111.名無しさん:2018年05月31日 20:10 ID:KhGWxI3s0▼このコメントに返信
第二次世界大戦中なら熊の兵士はおったで、補給部隊やが。
112.名無しさん:2018年05月31日 22:35 ID:4Qgkw5Xm0▼このコメントに返信
動物ならチョウセンヒトモド使って見たけど
ありゃダメだな
使い物にならん!

113.名無しさん:2018年06月01日 00:25 ID:6sKDoguP0▼このコメントに返信
サルとイヌは織田軍の司令官レベルだったし
114.名無しさん:2018年06月01日 04:06 ID:HMwVEyf.0▼このコメントに返信
軍勢の機動力が上がらんから馬には勝てんな。
115.名無しさん:2018年06月01日 07:13 ID:4CLeytZQ0▼このコメントに返信
桃太郎かよ!
116.名無しさん:2018年06月01日 08:45 ID:USSIDAyY0▼このコメントに返信
ここまで誰も正解であるいづなの法に触れていないのが草生える。
いづなの法は山の民と言われた民が伝えてる秘法で要は動物を飼いならす方法。
山の民と言われると浮浪者もどきのように聞こえるが技術集団であり、
公家衆などとも密接に繋がっていて、五摂家などにもいづな法を学んだ人もいた程。
元々はオオカミや山犬を飼いならして群れ化させるウルフパックの一種なのだろう。
117.名無しさん:2018年06月01日 10:24 ID:fMMIg82P0▼このコメントに返信
信長も猫を連れて、光の調節で変化する猫の目を見て休憩や食事の時間を決めてた
118.名無しさん:2018年06月01日 10:30 ID:fMMIg82P0▼このコメントに返信
>正解であるいづなの法

猫知らん時点で、正解もクソもないわ
119.名無しさん:2018年06月01日 20:14 ID:299Qy8hA0▼このコメントに返信
そもそも、敵味方の区別がつく動物が皆無だから運用が限られる
そりゃ調教次第ではいろいろできるけどコスト高くなるし
結局、人間が乗って操る系の動物ぐらいしか使いようがなかった
120.名無しさん:2018年06月02日 14:22 ID:.kd6TSJI0▼このコメントに返信
ところで今の動物サーカスや動物園のようなものは明治以前の日本にあったのかな?
121.名無しさん法務局:2018年11月30日 02:25 ID:zSYnUCLh0▼このコメントに返信
QQ飞车官网 QQ飞车官方网站-腾讯游戏-竞速网游王者 突破300万同时在线

お名前