2021年02月25日 14:05

日本の侍は屋内で刀を振りかぶる事が出来ず実際は突っついてたみたいだな

日本の侍は屋内で刀を振りかぶる事が出来ず実際は突っついてたみたいだな

20190529142307

引用元:日本の侍は屋内で刀を振りかぶる事が出来ず実際は突っついてたみたいだな
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1526218100/

3: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/05/13(日) 22:29:27.73 ID:3zozK8pV0
牙突だろ知ってる

8: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [US] 2018/05/13(日) 22:31:46.73 ID:jMkRJHXG0
刀振りかぶるやつなんて、隙だらけの雑魚

12: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US] 2018/05/13(日) 22:33:24.38 ID:q1meHOK30
屋内でも自在に振れるよう修練してるから

18: 名無しさん@涙目です。(関西地方) [IT] 2018/05/13(日) 22:40:28.49 ID:s6YOS03a0
現代人の身長で考えるから妙な説になるねん
旧時代の身長やったら刀も自在や

117: 名無しさん@涙目です。(庭) [CN] 2018/05/14(月) 02:45:30.73 ID:Jxrr/QLP0
>>18
無理
天井も低いです

19: 名無しさん@涙目です。(空) [US] 2018/05/13(日) 22:40:35.60 ID:xof1XOXT0
普通に振り回すわけないだろ 腕の使い方で振り回せる

20: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [US] 2018/05/13(日) 22:41:11.75 ID:H5y1DneD0
日本刀は元々突くことも想定して作られてるじゃん

23: 名無しさん@涙目です。(福岡県) [US] 2018/05/13(日) 22:47:05.74 ID:1c1T8jsh0
振り回さなくても突き刺して引き抜くだけでかなり切れそう

24: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [ニダ] 2018/05/13(日) 22:47:41.28 ID:ruL6W/GE0
湾曲してるからコンパクトに振って引いても斬れるんだろ?

26: 名無しさん@涙目です。(宮崎県) [US] 2018/05/13(日) 22:50:30.72 ID:gDrmdX/c0
狭いところでは体に沿って振りかぶるから

28: 名無しさん@涙目です。(福岡県) [CN] 2018/05/13(日) 22:52:30.90 ID:SyaqOTtU0
居合斬りとかいかにも狭い場所用って感じするな

30: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [ニダ] 2018/05/13(日) 22:53:46.91 ID:ruL6W/GE0
刀剣で斬り合いとか凄まじい胆力だよなぁ
精神修養
メンタルトレーニングが重視されるわけだ

72: 名無しさん@涙目です。(家) [BR] 2018/05/13(日) 23:54:01.18 ID:+LC8U3Ik0
>>30
斎藤一が、普段剣術だのなんだの鍛錬してても実戦では無我夢中で振り回すだけだって言ってたっけ

32: 名無しさん@涙目です。(catv?) [DK] 2018/05/13(日) 22:54:32.22 ID:hLMD5JPx0
短いのも持ってるだろ

37: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [ニダ] 2018/05/13(日) 22:57:39.76 ID:v4HNnegt0
七人の侍の菊千代も最後突いてたな。

78: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [FR] 2018/05/14(月) 00:04:02.97 ID:xSfIX2n00
>>37
あれ見てて思うのは
弓矢最強ってこと(笑)

121: 名無しさん@涙目です。(アメリカ合衆国) [US] 2018/05/14(月) 03:10:40.39 ID:8JQKxxLe0
>>78
実際の戦もそうだもん
弓が銃になり銃が大砲になり大砲がミサイルになった

41: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/05/13(日) 23:03:08.75 ID:Uo/bqO900
なので狭所で隠密する忍者刀は短くて真っ直ぐ

44: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [US] 2018/05/13(日) 23:09:19.29 ID:D7h5KP6C0
居合い抜きは振りかぶらない

45: 名無しさん@涙目です。(庭) [ニダ] 2018/05/13(日) 23:09:32.21 ID:g4MLJKp50
薩摩武士がなぜ強かったかて
アイツらつついてばかりなんやで

53: 名無しさん@涙目です。(岐阜県) [ニダ] 2018/05/13(日) 23:17:17.04 ID:y2MpcOEd0
その場で殺さなくても当時の日本の医学レベルだと
これだけの深手を負わせればもう助かるまい、というラインがあっただろうな

54: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [ニダ] 2018/05/13(日) 23:18:54.50 ID:ruL6W/GE0
内臓まで突かれたらまず助からんでしょ

57: 名無しさん@涙目です。(catv?) [MX] 2018/05/13(日) 23:26:22.05 ID:jJtoilhf0
すごい狭い空間でも切れるんだなって
居合見たらわかったけど

59: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/05/13(日) 23:27:51.11 ID:vq8zaAfv0
当時は犯罪者側も同じ武器持ってるから警察というか取り締まる側も命懸けだよな
それを考えると今の警官の丸腰の市民いびりときたら

64: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) [ニダ] 2018/05/13(日) 23:32:49.18 ID:Qbe/EoP70
>>59
岡っ引きは十手の携行しか許されなかったから取り締まる側が圧倒的不利

65: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [ニダ] 2018/05/13(日) 23:33:40.94 ID:ruL6W/GE0
>>64
刺股みたいなので集団で捕縛してたんだろ

63: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [IT] 2018/05/13(日) 23:31:53.26 ID:tO6EhxZM0
土方歳三は下段に構えてたってどっかで聞いたな

68: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [US] 2018/05/13(日) 23:37:09.55 ID:duGYgniJ0
室内は小太刀だろ

70: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/05/13(日) 23:51:21.22 ID:vq8zaAfv0
岡っ引きって幕府の役人的な立ち位置なのか?それともただの自警団?

73: 名無しさん@涙目です。(家) [BR] 2018/05/13(日) 23:54:55.94 ID:+LC8U3Ik0
>>70
与力の小間使いみたいなもんだろ
見なし公務員だな

80: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [US] 2018/05/14(月) 00:06:08.26 ID:rVDRBH5W0
横薙ぎで斬られたが?

81: 名無しさん@涙目です。(庭) [CA] 2018/05/14(月) 00:07:30.70 ID:tOc4AAqZ0
ヤリ最強説

83: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [UA] 2018/05/14(月) 00:12:58.61 ID:9KGm4AaG0
>>81
手槍?長槍?やっぱ弓じゃね?
いや銃じゃね?
何かを想定しないと何も決まらない・・・

85: 名無しさん@涙目です。(庭) [SE] 2018/05/14(月) 00:18:24.49 ID:BDMjELY/0
>>83
百姓にヤリ持たせりゃ、
百戦錬磨の武士でも倒せると。誰かが言ってた

84: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [DK] 2018/05/14(月) 00:13:45.19 ID:blvd8nwb0
何のための両刀挿しだよ。

97: 名無しさん@涙目です。(東京都) [CA] 2018/05/14(月) 00:32:18.92 ID:kAI6K7FF0
NHKで再現してた、。新撰組の池田屋襲撃の戦いが面白かったわ。
天然理心流の使い手3人と、大学剣道部数校の有志達数十人の勤皇の志士の戦いを、池田屋再現セットを造り再現。

屋内戦で、座敷の広さから、直接切り結べるのは3人づつ。
切られたか、突かれた判定の人は、即交代。

是で新撰組の勝ち。
天然理心流の兎に角敵を倒す、形振り構わぬ剣法の勝ちだったね。
剣を剣で折ろうとして叩き落すわ、蹴飛ばすわ、の方が強かったw

100: 名無しさん@涙目です。(庭) [SE] 2018/05/14(月) 00:37:14.16 ID:BDMjELY/0
>>97
最後は気合いよ

101: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [ニダ] 2018/05/14(月) 00:40:54.39 ID:9082U8d50
>>97
ヒストリーチャンネルで天然理心流を見たけど
室内や狭いところでの戦闘を想定しててとにかく動線の幅が小さいんだよな
そこに蹴りだの何だのと入るんだからそりゃ無敵

106: 名無しさん@涙目です。(庭) [FR] 2018/05/14(月) 01:04:26.89 ID:3GE3EV4H0
短い方の刀はなんのためにあるの?

107: 名無しさん@涙目です。(家) [BR] 2018/05/14(月) 01:08:32.75 ID:6joTIbs00
>>106
普通に予備
刀は打ちあえば折れるから
剣豪は刃を合わせることを嫌ったとか

110: 名無しさん@涙目です。(庭) [FR] 2018/05/14(月) 01:14:16.06 ID:3GE3EV4H0
>>107
そうなのか。勉強になりました


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2021年02月25日 14:14 ID:tvfjl.Lk0▼このコメントに返信
(#眼Д心)「・・・・」
2.名無しさん:2021年02月25日 14:16 ID:noTuewIe0▼このコメントに返信
振り方で室内でもOKて、アホちゃうの?
人間、訓練してないと、からだ動かんぞ
居間で訓練、厠で訓練、そんなん聞いた事無いぞ
3.名無しさん:2021年02月25日 14:17 ID:MxTISO2k0▼このコメントに返信
忍者が狭い室内で切りあうときに、刀を小さく振り下ろすのが独特だったと。
4.名無しさん:2021年02月25日 14:22 ID:tnWGu.NE0▼このコメントに返信
屋内で斬り合う術もマスターしてたってだけで
屋内で斬り合うシチュエーションはかなりイレギュラーだと思う
5.名無しさん:2021年02月25日 14:25 ID:K.rLDkpP0▼このコメントに返信
狭い場所での刀の振り方はある。剣術と剣道は別物なわけでな。
真横に味方が居るなら突いた方が安全。斬るよりかは刀が長持ちするというのもある。
6.名無しさん:2021年02月25日 14:25 ID:eVdHiKxn0▼このコメントに返信
剣術のけいこはどこでしたか?道場だろ普段から家の中で稽古しているのだよ。
よほど大振りしなければ問題ないが鴨居に気を付ける必要はある。
そもそも家の中では震えませんというなら刀を短くするとか考えるだろう常識的に。
7.名無しさん:2021年02月25日 14:27 ID:V9neceYu0▼このコメントに返信
※1
どうして部屋に明かりをつけたんですか・・・?
8.名無しさん:2021年02月25日 14:27 ID:dkrv.x.C0▼このコメントに返信
達人の居合を見たが最小の動きで咽喉元に切っ先を突き立てていた。
9.名無しさん:2021年02月25日 14:30 ID:noTuewIe0▼このコメントに返信
6畳囲いで鴨井のある道場なんて聞いた事ねえぞw
そんな道場なら剣術だけじゃなく襖術とか畳返し術とか、書籍防御術とか花瓶投擲術とか、いろいろ技あるだろw
畳も目に沿って滑るぞw
10.名無しさん:2021年02月25日 14:33 ID:zyzyq6L80▼このコメントに返信
当たり前だろ
命より大事な刀剣が
ボロボロに刃が欠けノコギリのようになり無価値になるような打ち合いは
広い屋外でもやらない
盾(たて)の代わりとして使う場合でも刃の反対側で受けるか両側面で弾きはするが
刃と刃を食い込ませあうチャンバラのような打ち合いはまず起きない
11.名無しさん:2021年02月25日 14:47 ID:eVdHiKxn0▼このコメントに返信
※9
だから部屋の端では気をつけろと言っているのよ
そもそも人数が集まるのなら六畳ということはないし
六畳で一対一になるのならわざわざ部屋の端に行くこともない。
貧乏長屋で斬り合いはあまりしない。
12.名無しさん:2021年02月25日 14:47 ID:28JdxJrJ0▼このコメントに返信
たそがれ清兵衛はその点良かったな
13.名無しさん:2021年02月25日 14:49 ID:A8cpHJUF0▼このコメントに返信
袈裟斬りとか知らんのか?
普通に室内で刀振るえるぞ。
居合切りもできる。
打突するくらいなら、薙刀や手槍使うは。
14.名無しさん:2021年02月25日 14:49 ID:bNHAH4id0▼このコメントに返信
一応、役者の三船敏郎が椿三十朗て映画の中で敵と掴み合いをする程の間合いで使った逆手抜刀は幕末期に室内で敵を斬る為に良く使われ古流剣術の技

映画の為にわざわざ習いに言ったと言う逸話が在るくらい
15.名無しさん:2021年02月25日 14:51 ID:A8cpHJUF0▼このコメントに返信
※6>>6
スレ主には、脇差は刀じゃないんだろうな。
16.名無しさん:2021年02月25日 14:51 ID:q.L7OdWa0▼このコメントに返信
槍なんて屋内では使いにくい。
槍を引くのにも空間が必要だからな。やっぱり打刀よ。

薩摩隼人の示現流が強い(おかしい)のは、
棒で殴り合い、隼人流のウォーモンガー思想で鍛えたクソ強メンタルと、
猿叫による威圧、大上段とか言う距離感を狂わせる構えのおかげ。
17.名無しさん:2021年02月25日 14:52 ID:Fi81uzZN0▼このコメントに返信
当時の戦い調べてくと面白い話満載だから困る
刀抜きざま相手の首をすっ飛ばすとか階段下の不利な状態で3人の刺客を切り捨てるとか
岡田以蔵が勝海舟やジョン万次郎守った話は読んでて凄いなと思ったわ
18.名無しさん:2021年02月25日 14:52 ID:QYqFOien0▼このコメントに返信
※4
だから短刀術や短槍術や手裏剣術が武芸十八般の中に入ってるんだな。
屋内ではそういう武器の方が扱いやすい。
武士なら身につけておいた方がいいと、昔からオススメされてた。
19.名無しさん:2021年02月25日 14:52 ID:hOBSyRPK0▼このコメントに返信
※16
あれ防御無しの一撃必殺剣ってのはマジなん?
20.名無しさん:2021年02月25日 14:54 ID:K.rLDkpP0▼このコメントに返信
※2
剣術の世界では鴨居を避ける振り方といろいろあんのよ。大体全部想定が為されてる。
そもそもうんこしてきばってるところで振る刀なんて無いけどな。敵が居る時くらいうんこは我慢するもんだ。
21.名無しさん:2021年02月25日 14:54 ID:Fi81uzZN0▼このコメントに返信
※16
火をつけた種子島部屋の真ん中にぶら下げて車座になった侍が酒飲みながらグルグル回す日本流ロシアンルーレットとか薩摩は頭がおかしい話に事欠かない
22.名無しさん:2021年02月25日 14:54 ID:D4ybwxxB0▼このコメントに返信
まるで海外にも侍がいるかのような言い回し
23.名無しさん:2021年02月25日 14:55 ID:A8cpHJUF0▼このコメントに返信
幕末の池田屋・寺田屋・近江屋事件で、普通に室内でダンビラ振り回してるのに、
何いってるんだろ?
24.名無しさん:2021年02月25日 14:57 ID:K.rLDkpP0▼このコメントに返信
※4
日常的とまでは言わんでも室内で座って談判してるところからの戦闘は大いに想定されたもんだろ。
居取りから始って座ってからの技のバリエーションが多すぎる。お侍さんは存外短気なのね、
25.名無しさん:2021年02月25日 14:59 ID:Fi81uzZN0▼このコメントに返信
槍は江戸初期から町民どころか侍が個人所有・持ち歩きするのも禁止されてるんや
だから侍のメイン武器が刀に置き換わった
26.名無しさん:2021年02月25日 14:59 ID:A8cpHJUF0▼このコメントに返信
江戸時代初期だと、大名が家臣を結構上意討ちで、室内暗殺してるんだよね。
当然、刀使ってますよ。
27.名無しさん:2021年02月25日 15:00 ID:Y95D..ij0▼このコメントに返信
別に、屋内のやり取りで「一太刀」でけりつけようって動きはしないだろ。チョロチョロ刻むだけでも十分、じわじわと効く。まあ手負いの火事場の運故ってこわいのもあるけど。あと、小太刀もあるし、基本、屋内で(特に桃山期以後)動くときは甲冑つけてるわけじゃないし。
28.名無しさん:2021年02月25日 15:01 ID:Fi81uzZN0▼このコメントに返信
※23
舞台や時代劇だとだだっ広いお屋敷みたいに表現されてるが実際はかなり狭いんや
有名な階段落ちとか迎賓館みたいな階段だけど実際は2ー3人がちょっと通るぐらいの高さと狭さやで
29.名無しさん:2021年02月25日 15:03 ID:q.L7OdWa0▼このコメントに返信
※19
防御なしと言うか、
ゲームっぽく言えば、相手に「恐慌」とか「混乱」かけてから叩き切りに行くのが示現流。
30.名無しさん:2021年02月25日 15:04 ID:K3..wxN90▼このコメントに返信
>>2
きもちわるw
典型的なネットのせんせいやん
31.名無しさん:2021年02月25日 15:05 ID:Fi81uzZN0▼このコメントに返信
※2
通常の打ち合いとは別に細かい型(動き方)を学ぶんや
座って立ち上がりざまに切る練習とか「狭い空間で練習」するんじゃなく「狭い空間を想定して動く練習」や
32.名無しさん:2021年02月25日 15:06 ID:.Q7Wn1tq0▼このコメントに返信
そりゃ屋内で大刀抜く技もあるだろうけど、脇差し抜くのが普通だったと聞くけどな
鴨居とか柱についた刀傷とかよく見るよね
33.名無しさん:2021年02月25日 15:08 ID:VvmwOzFS0▼このコメントに返信
普通、突きだったような気が。
マジ話すると、着物を数枚着こんでるだけで、結構斬れないらしいぞ。
34.名無しさん:2021年02月25日 15:08 ID:Fi81uzZN0▼このコメントに返信
※4
江戸300年で刀の使い方が行きつくところまで行った結果や
最初は野っ原での切り合い想定してたのが年代が進むにつれ「あんな時どうするか」「こんな時どうするか」ってのがどんどん継ぎ足されていったんや
35.名無しさん:2021年02月25日 15:10 ID:AKyNGZvc0▼このコメントに返信
バカじゃないんだから屋内では背筋をピンと張り突き上げるような振りかぶりなどしない。
古流の虎走りにあるようにやや腰をかがめたような姿勢で抜刀する。
36.名無しさん:2021年02月25日 15:11 ID:q.L7OdWa0▼このコメントに返信
※18
弓、馬、槍、剣、水泳、抜刀、短刀、十手、手裏剣、含み針、薙刀、砲、捕手、柔、棒、鎖鎌、もじり、隠で十八班。
含み針とか手裏剣術は必須科目です。
37.名無しさん:2021年02月25日 15:12 ID:Fi81uzZN0▼このコメントに返信
※33
その辺は臨機応変やな、突きだと読まれて返し技で刀折られるとかもあったから
以下にして相手をヤるか突き付めていたのが幕末のコロし合いや
38.名無しさん:2021年02月25日 15:18 ID:Sn98Jvep0▼このコメントに返信
振り回せないように建ててあるんだよw
39.名無しさん:2021年02月25日 15:23 ID:.h7WMEMD0▼このコメントに返信
廊下で薙刀女性3人に立ち塞がれたら、
刀持って突破はまず厳しいよなあ
40.名無しさん:2021年02月25日 15:24 ID:f20BKYWU0▼このコメントに返信
そもそも刀はあまり抜かない。
41.名無しさん:2021年02月25日 15:25 ID:rLCuV.Av0▼このコメントに返信
居合、抜刀、突き、脇差、小太刀
好きなように戦えば良い
42.名無しさん:2021年02月25日 15:43 ID:7P5pHujU0▼このコメントに返信
「屋内戦で、座敷の広さから、直接切り結べるのは3人づつ。
切られたか、突かれた判定の人は、即交代」
これは天然理心流ではなく「新撰組式戦闘術」。一人の攻撃を受けているところを二人目が切り掛る。それに対処しようとした相手に三人目が仕掛ける。
これを踏襲してるのが、機動隊の逮捕術。必ず一人に対して多数の連携対応。
43.名無しさん:2021年02月25日 15:47 ID:lrCqsdMP0▼このコメントに返信
※19
刀を顔の横付近に縦に構え突進し「チェスト」の掛け声で体重を乗せ叩き切る
薩摩の武士相手には初太刀をかわせと言われるのはそれが理由
44.名無しさん:2021年02月25日 15:47 ID:mxq4S4sL0▼このコメントに返信
短槍が手持ち武器だと室内戦闘で有利やろ。
45.名無しさん:2021年02月25日 16:08 ID:kDhAr0RT0▼このコメントに返信
ティンベーとローチン最強説。
46.名無しさん:2021年02月25日 16:17 ID:Z4bCZo5f0▼このコメントに返信
頭が悪いと「槍」が3m程のタイプしか無いと思ってるからな

ちゃんと刀と槍も室内用のサイズあるのにね
47.名無しさん:2021年02月25日 16:20 ID:YZoxHlZb0▼このコメントに返信
室内戦用に脇差しを持ってるんだろうがね
48.名無しさん:2021年02月25日 16:22 ID:1dyd3TBr0▼このコメントに返信
江戸時代のヤの字の人たちについての本で「剣技のつたないものはとにかく突け」と書いてあったが剣道経験者としては下手な突きほどいなしやすいものもないのでこの件に関しては結論が出ていない
49.名無しさん:2021年02月25日 16:34 ID:VvmwOzFS0▼このコメントに返信
※37
もうだいぶ昔に亡くなられたけど、南方でゲリラ戦やってた軍人さんのお爺さんが、三寸刃が腹に入ったら
筋肉が弛緩して動かなくなるって言ってたけど。
だから、腹に刺さって動いてるテレビのは嘘だと。
50.名無しさん:2021年02月25日 16:35 ID:fZuo36ef0▼このコメントに返信
たそがれ清兵衛で清兵衛が得意としてた剣術が
小太刀を用いた室内戦闘だったから最後に勝てたんだよな
太刀は往来用で室内用じゃない
51.名無しさん:2021年02月25日 16:36 ID:VvmwOzFS0▼このコメントに返信
※49
米軍のジープの運転手の首のあたりに届くように木にピアノ線張って、良く首を飛ばしてたって言ってた。
後、機関銃で撃たれててテレビや映画みたいに前を走るの無理だからとも言ってたな。

52.名無しさん:2021年02月25日 16:37 ID:K.rLDkpP0▼このコメントに返信
※48
剣道については突きはそうかもだがやーさんの突きはドスを腰だめに構えて体当たりしてくんのよ。
突進を止めるか相手全体をきれいに躱さないと刺される。やーさんは一本とか考えていない。タマを取ろうとしてる。
53.名無しさん:2021年02月25日 16:39 ID:oJAFx2vK0▼このコメントに返信
そもそも屋内でも普通に振りかぶれるし斬れるぞ
大半の古流は太刀筋は頭上に膨らまないからな
天井に引っかかる云々ってのは「振りかぶるとき、切っ先がずっと下を向く」振り方を知らない流派、自分の頭上に切っ先が突きあがる流派、
まあ一刀流系列やな
にしか当てはまらない

54.名無しさん:2021年02月25日 16:45 ID:K.rLDkpP0▼このコメントに返信
※49
弛緩したらゆるむだろ。硬直って話なら判らんでもないが。硬直する前に抜けばよろしい。
あと3寸って10㎝足らずだからな。切っ先から5㎝くらいの横手くらいまではテーパーが掛かってるし刃先5cmまでめり込んでやっと10㎝。刀の長さがあるならテコの原理で抜けるわな。
55.名無しさん:2021年02月25日 16:54 ID:TE56HTWY0▼このコメントに返信
バットじゃないから刃筋立て切らないと折れる曲がる欠ける、だいたい新撰組は人切りすぎて倒幕派が頑なになって大政奉還だ
56.名無しさん:2021年02月25日 16:59 ID:q.L7OdWa0▼このコメントに返信
※52
古式ゆかしいヤクザ映画で、鉄砲玉が「タマ盗ったる!」「これでワイも金バッジや!」と突貫するアレですな。
刀で斬られようが銃で撃たれようが相手のどてっ腹にドス突き立て(た後捩じ)る覚悟の必殺技。
57.名無しさん:2021年02月25日 17:00 ID:XLXPMxOM0▼このコメントに返信
※2
草www
テョンが戦いに弱い理由の鱗片が見えるな。
「訓練したくないからしない理由を無理矢理作って言い訳してる」って感じ。
想定があるなら訓練のやり方なんていくらでもあるっての。
58.名無しさん:2021年02月25日 17:00 ID:467OeHTM0▼このコメントに返信
スレタイがアホすぎる
59.名無しさん:2021年02月25日 17:21 ID:QVA1H8bI0▼このコメントに返信
※58
剣の種類や扱い戦い方すべてに渡り何も知らんアホがスレ立てしたからしゃーない
どうせ日本をコケにしたい何時もの工作員なんだろうけど
60.名無しさん:2021年02月25日 17:41 ID:KamsT47.0▼このコメントに返信
名人越後、富田重政の中条流小太刀は有名だろ
61.名無しさん:2021年02月25日 17:57 ID:uC2WVGV40▼このコメントに返信
あ、突いて、突いて、押して、押して、払って、払って、最後に斬る
62.名無しさん:2021年02月25日 18:12 ID:ErJ4Tw0s0▼このコメントに返信
道場はわざわざ鴨居とかの無い広間にしてるから

引っ掛かるとしたら天井じゃなく鴨居じゃないかと

和室の建具の高さは大体6尺(1820mm)なので、平均身長5尺(1515mm)でも刀振り上げたら引っ掛かる
63.名無しさん:2021年02月25日 18:14 ID:K.rLDkpP0▼このコメントに返信
※56
足を蹴たぐられれて転ばされて、逃げられないと悟ったチンピラが大の字になって、
「さあ殺しやがれ」言うまでが定番。
64.名無しさん:2021年02月25日 18:15 ID:6yrnOPDV0▼このコメントに返信
普通に想像できるだろうけど
突きで相手の体をぶっさした場合、
自分の刀が相手の体に刺さったまま次の動作が出来なくなるので
突きは実戦向きではなかったのやで。(突き技は死に技、と言われていたらしい)

んで、沖田総司の三段突きってあるやろ?
あれは突く早さがスゲーだったのではなくて、
突いた後、すぐに引く、引きの早さがスゲーだったらしいで。
確かに突いた後にすぐ引けば、次の動作もし易いわな。
沖田総司ってスゲーな!!
65.名無しさん:2021年02月25日 18:19 ID:K.rLDkpP0▼このコメントに返信
※62
剣術には鴨居を避ける振り方もあるんだよ。構えてる刀を避けて振る振り方もある。
66.名無しさん:2021年02月25日 18:27 ID:K.rLDkpP0▼このコメントに返信
※64
ごめん、全く想像出来ん。基本的に相手を制圧出来ればそれで良いのでオーバーキルはやらんのだよ。
どの部位を刺せば抜けなくなるかだが腹に刺して抜けないなんてのは聞いたことが無いな。
ボディービルダーの腹筋だって良いとこ10㎝とかだろ。
67.名無しさん:2021年02月25日 18:34 ID:VkUxuTSE0▼このコメントに返信
振りかぶるwww
その時点で認識不足
剣道でどういった軌跡を竹刀が描くか知らないんだろうね
で審判はどこまで上がったかも加味してそれが有効打であるか否かを瞬時に判断せねばならぬのに
(この審判の難しさが試合の国際化を妨げる案件でもある)
68.名無しさん:2021年02月25日 18:44 ID:yZbaQorI0▼このコメントに返信
だから武家屋敷には屋内用の短めの槍が備え付けられてた、時代劇とかで曲者って言って天井に刺すアレね
吉良邸に討ち入った赤穂浪士の約半数はこの手の屋内用の槍だったしな
69.名無しさん:2021年02月25日 18:47 ID:n8hcgkWT0▼このコメントに返信
※36
武芸十八般のうち「錑」を習得してる武士はいないだろw
言わば「投槍」だからな。
実際は「一八般」に、分銅鎖、手の内、寸鉄、鼻捻、刺又、袖絡みが加わる。
70.名無しさん:2021年02月25日 19:18 ID:q.L7OdWa0▼このコメントに返信
※69
「もじり術」は「さすまた」や「袖絡み」など「捩って捕らえる」系の器具を使った捕縛術やよ、ひねりが大事。
罪人とか捕まえるのに使うから、牢屋番とかは使えたかもな。
71.名無しさん:2021年02月25日 19:34 ID:hmOXvrIt0▼このコメントに返信
※65
うん、だからそういうの忘れて、うっかり振り上げた場合の話ね

つまりそうそう引っ掛からない
72.名無しさん:2021年02月25日 20:53 ID:bNHAH4id0▼このコメントに返信
ヤ〇ザがドスで相手を刺す時に腰だめで体当たりして行く様に刺すのは、刺したドスが相手の骨などの硬い部分に当たった際にドスの柄部分を握って居る手が滑ってドスの刃部分で自分の滑った手の指を切り落としてしまうから・・・て聞いた事が在る

素人さんだとドスの柄を確り握る事が出来無いからだってさ
73.名無しさん:2021年02月25日 21:01 ID:zijgIHvD0▼このコメントに返信
基本は突くか切っ先で動脈を狙うのだよ
74.名無しさん:2021年02月25日 21:08 ID:HO4L7AqG0▼このコメントに返信
現代剣道と違って、江戸時代の流派の上段の構えは刀を振りかぶらないよ。額のラインまで切っ先を上げる程度。なので、屋内でも野外でも問題なく技を繰り出す事ができる。その上段での斬る目標は、相手の目や喉になる。
人が多い室内の場合では、八双の構えが標準的かな。切っ先を肩に担ぐような構えで、腕を伸ばすとそのままテコの原理で刀を振る事ができる。射程も短いよ
75.名無しさん:2021年02月25日 21:19 ID:vOIsAKWg0▼このコメントに返信
※65
基本意味が解らないのだが、江戸時代の鴨居の高さは、五尺七寸「1727mm」天井高は、2mソコソコなんだが、
この状態だど八双に構えても天井に切っ先が当たるが
どうすんのコレ。
76.名無しさん:2021年02月25日 21:44 ID:TusGy4bz0▼このコメントに返信
※75
居合か小手狙いだろ
77.名無しさん:2021年02月25日 22:14 ID:6Mo2n6Wd0▼このコメントに返信
屋内考えると短い鉄の棒が最強だと思う
78.名無しさん:2021年02月25日 22:19 ID:EMq..nyS0▼このコメントに返信
※43
とりあえず色々と間違ってる。
顔の横に縦に構えるのは東郷家の示現流。これは上士層が主に学んだが、これを「トンボの構え」という。

「サツマの初太刀をかわせ」との新選組・近藤勇の言が指したのは、その分派とも別伝ともされる薬丸派自顕流(野太刀自顕流ともいう)で下士層が主に学んだ。ちなみに人斬り半次郎こと中村半次郎(桐野利秋)が学んだのも薬丸派自顕流だが金が無くて色々と苦労したという。
示現流と同じく「じげんりゅう」と読むが、その趣はかなり違っていて「トンボの構え」は太刀は斜め上へ大きく突きだし、膝を曲げて腰を落とした形となる。
鍛錬法も東郷示現流の立てた木を撃ち続ける「立ち木撃ち」に対して架台に横置きにした「横木撃ち」を主とする。(立ち木撃ちもやるので勘違い無きように)

なにより「チェスト」の掛け声なんてものは無いw
実際には猿叫と呼ばれるものになるが「ちぃぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ」とでもいったものになる。
79.名無しさん:2021年02月25日 22:45 ID:RtRtkWmn0▼このコメントに返信
※77さんに同意
実際に、俗に言う<火付け盗賊改め>が使用した十手は全長が50~70センチ近い物もあり、しかも鍔が付いている
(実物を見たことがある)
さらに、鎖を編み込んだりした籠手?が必需品だったそうな。
これなら、ある程度の居合の使い手に、小手や裏小手、刀を握る指を狙った攻撃にも、対処可能



80.名無しさん:2021年02月25日 23:31 ID:EMq..nyS0▼このコメントに返信
※79
というか富田流小太刀なんて流派が成立する時点で室内では「短い棒」が良いという結論もある。
あくまでも大刀の携行が制限される殿中等を想定している流派であって大刀の技が無いわけではないが小太刀の技を表看板とした。

同様の考えにおいては新陰流三世柳生如雲斎兵庫助の工夫した新陰流「小転(こまろばし)」の小太刀技法があるが、その子の厳包(新陰流五世)に至っては小太刀マニアともいうべき小太刀・脇差への偏重がうかがえる。
おまけに彼が普段使いにした大刀は2尺弱(60センチ)のものとかw
81.名無しさん:2021年02月25日 23:40 ID:RtRtkWmn0▼このコメントに返信
※79 補足
ココのスレに書き込んでおられる方には<釈迦に説法>かもですが、柳生流の分派や中条流及びその分派とされる東軍流などには、
(屋内と限った訳ではないが)『掬い斬り』などと称される、指や、針灸でいう<手三里>を狙う刀法がある
(<手三里>は、腱鞘炎などココに鍼を打つと達効のあるツボだが、南派・中国拳法や空手、古流剣術などでは急所として有名)
<南派・中国拳法の技でココを直撃されると、『痛さと痺れ』で暫く手が動かせなくなる程、強烈デス(参考までに)>
沖縄空手の武器・ヌンチャクも、実はココを狙う技があったりする

指を切断されたり、片腕が暫く使えないなら、剣を握れないでしょ?
他にも、脇の下を掬い上げるように斬り、腕に伸びる血管や神経、靭帯などを損傷させる技法もあったりする
振りかぶって斬り付けるだけが日本刀の用法ではないデス

手三里などは、防具で保護されてないので、現代剣道では<反則>でしょうが、古流剣術ではこんな
<エゲツない技も、あるんでっせ>という、お話


82.名無しさん:2021年02月26日 00:00 ID:2rLnqHgz0▼このコメントに返信
居合や居合腰が何のためにあると思ってんだろう?
居合は野原に座ってやるもんじゃ無いぞ。
83.名無しさん:2021年02月26日 00:05 ID:KNCbead00▼このコメントに返信
屋内で刀使うなら中取り(≒ハーフソード)は習得しておきたいなぁ…
あれ凄い厄介
84.名無しさん:2021年02月26日 00:17 ID:MDpTXun90▼このコメントに返信
十手で立ち向かうって相当怖かった気がする
85.名無しさん:2021年02月26日 02:20 ID:peywRekA0▼このコメントに返信
※10
アホか。命を守るための刀だろうが
避けるにこしたことはないが、斬りかかられたら普通に刃で受ける
日本刀の構造上、平や峰への打撃には非常に脆いんだよ
86.名無しさん:2021年02月26日 14:22 ID:D.zIXYvy0▼このコメントに返信
戦術の鬼才新撰組副長土方歳三の考案した「平刺突」に死角はない
87.名無しさん:2021年03月01日 02:14 ID:INiM.2R20▼このコメントに返信
脇差しは何のためにある
88.名無しさん:2021年03月01日 19:59 ID:H9OxZual0▼このコメントに返信
逆に刀が容易に振り回せないようにわざと狭く作ってるんちゃうか?

お名前