スポンサーリンク

2018年05月12日 21:05

中国とかいう16世紀までは欧州より先進国だった国

中国とかいう16世紀までは欧州より先進国だった国

03

引用元:中国とかいう16世紀までは欧州より先進国だった国
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526037784/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:23:04 ID:C4o
それも16世紀を境にやっと欧州が追いつきだしたレベルとか地味に凄い

2: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:23:45 ID:gzH
どこぞの朝鮮半島とは格が違いますわ

3: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:24:02 ID:PW2
ブリカスと関わったばかりに…

9: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:26:21 ID:Wya
>>3
英国「羊毛の服ほちいよねww」
中国「要らんわ」
英国「棉製ならどうかなwww」
中国「要らんわ」
英国「こ、香辛料も売ってあげちゃおうかな(震え声)」
中国「要らんわ」

英国「アヘンンンゥゥゥ!」

16: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:27:27 ID:QmO
>>9
ブリカス「ワイらは紳士の国や!」(アヘン密売)

17: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:27:49 ID:PW2
>>9
ブリカス「あいつら紅茶を海に捨てよった…!」

7: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:25:38 ID:B6y
中国の黄金時代ってあんまイメージ分かんな
大航海時代顔負けに外海に出て行ってたのは知っとるけど

8: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:26:11 ID:DAP
実際シナっていつが全盛なんや?

10: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:26:33 ID:PW2
>>8
唐やろ

532: 名無しさん@おーぷん 2018/05/12(土)00:19:03 ID:19D
>>8
秦、漢ちゃうか?

11: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:26:36 ID:Zql
中国も日本も海軍が自力で発展しなかったのが謎

15: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:27:18 ID:Wya
>>11
中国は海外に展開するっていう発想がなかったんやろ

だから必然的に海軍も要らん

22: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:28:23 ID:Zql
>>15
まあ大陸内でたいてい揃うからな
謎なのは島国の日本

23: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:28:46 ID:PW2
>>22
江戸幕府が鎖国したからね、仕方ないね

26: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:29:11 ID:Wya
>>22
日本は狭い島内で殺し合いしてるので精一杯やんったんとちゃう?

落ち着いたと思ったら鎖国やし

168: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)21:05:52 ID:ZHI
>>22
謎じゃないぞ、日本は慢性的な貿易赤字や。資源の流出が莫大やったんやで

25: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:29:08 ID:ElQ
実際は1世紀分進んでたらしいからコロンブスより早くアフリカ回航できたはずなのに

30: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:29:51 ID:B6y
>>25
結構世界に出て行ってたらしいで

27: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:29:18 ID:B6y
中国も海軍はともかく大船団で交易してたって聞いたぞ

29: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:29:50 ID:QmO
イギリス「アヘンドババババ!」
清「アヘェ…」

日本「ヒエッ…近代化しなきゃ」

33: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:30:14 ID:ETS
日本はいざ大陸へって出張ったけど失敗したから外へ出て行く気が失せた

35: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:30:27 ID:DAP
今のチャイナはITやら事業は上手くいってるけど
対外策が強硬すぎて世界から浮いてるイメージ

42: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:32:29 ID:MBH
日本は鉄砲生産世界一!

43: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:32:53 ID:ETS
>>42
なお世界には進出できなかった模様

44: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:32:58 ID:Wya
>>42
なお旧型

45: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:33:05 ID:DAP
逆に日本の全盛期はいつなんや

47: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:33:32 ID:Zql
>>45
大正じゃない?

48: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:33:33 ID:Wya
>>45
内政でいったら江戸期やないか?
軍事は知らん

49: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:33:37 ID:3rT
>>45
そりゃバブル期よ

50: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:33:40 ID:KFL
トルコと中国
お互いに高度な文明があったのになぜ差がついたのか

54: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:34:47 ID:3rT
>>50
大正義人口よ

65: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:40:13 ID:ETS
実は日本単体だけ見ればイギリスには世話になってるんだよな
留学生も結構しっかり教育してくれたし、日露の時はロシアに散々嫌がらせしてくれたし

107: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:51:04 ID:FaL
中国は早熟すぎたんや
紀元前で既にステータス高すぎて伸び代がないからヨーロッパに抜かれたんやな

112: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:52:19 ID:ChM
国土もあるし人口もあるし
歴史もあった()
地盤としてはすごいのにどうして活かしきれなかったのか

114: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:53:04 ID:P8T
>>112
大躍進政策さんがやっちまったししゃーない

115: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:53:11 ID:NE8
>>112
科挙制度とか社会体制の硬直化が完全にしみついてしまったからな
汚職も常にあったし領地が広すぎて中央集権もあんまりできんし

116: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:53:12 ID:Wya
>>112
凄すぎて驕った結果やろ

121: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)20:54:09 ID:YH7
>>112
オスマンも清もなまじ大国だったってプライドや歴史があるから保守派が強すぎるんや

175: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)21:07:05 ID:gzH
絹も中国発祥やっけ
そう考えると影響度半端ないな

178: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)21:07:29 ID:Wya
ただ中国は貿易外交がね……

234: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)21:18:00 ID:ChM
そういや
中国は人の命の価値が石ころより軽い国っての聞いたことあるな

人口が多いからか知らんけど
まあそんな力技ができる国なんやろなあ

243: 名無しさん@おーぷん 2018/05/11(金)21:20:51 ID:O0Z
>>234
報告役「今回の犠牲者は35人です(震え声)」

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年05月12日 21:11 ID:eiTi8cnz0▼このコメントに返信
日本はピーク過ぎて
今は自民政権の下どんどん衰退中

中国はどんどんチカラを増して
日本のボスであるアメリカすらびびる国に
2.名無しさん:2018年05月12日 21:12 ID:Edbw.cxF0▼このコメントに返信
やっぱ1取る奴はロクな奴おらんな
3.名無しさん:2018年05月12日 21:16 ID:oSjW9kUu0▼このコメントに返信
露骨なスレ稼ぎだな。ネト ウヨ君、中国を馬鹿にするコメントをどんどん書き込んでね!!
4.名無しさん:2018年05月12日 21:16 ID:ghzwMIXD0▼このコメントに返信
基本的に豊かな国土なんだろうな。なんもしないでも大量の人口を養える食物が生産できる。
5.名無しさん:2018年05月12日 21:18 ID:Uljxv6hz0▼このコメントに返信
ギユリちゃん キム八ヌルちゃんとかいう

有史以来もっとも美しい美女
6.名無しさん:2018年05月12日 21:19 ID:cIdLNfFW0▼このコメントに返信
またまたシナポチが群がりそうなお題ですな
7.名無しさん:2018年05月12日 21:20 ID:Ois.VLzX0▼このコメントに返信
数だけで勝ってきたアル
南北朝鮮は下僕アル
8.名無しさん:2018年05月12日 21:20 ID:Q3Qxy5dQ0▼このコメントに返信
日本は鎖国とか言ってるが、清も鎖国だったが戦争で開国させられたのしらんのか?
9.名無しさん:2018年05月12日 21:21 ID:.VRE.j8i0▼このコメントに返信
栄枯盛衰は世の常だからな。
ローマが世界最先端だった時代も有るし、トルコが世界最先端だった時代も有るんやで。
アホは知らんかもしらんけど。
10.名無しさん:2018年05月12日 21:21 ID:AbFrgzrA0▼このコメントに返信
日本の全盛期はバブル時代だろ
中国は漢・宋
11.名無しさん:2018年05月12日 21:23 ID:84PKPS5k0▼このコメントに返信
※1
戦後の日本は戦前育ちの日本人がつくった
終戦時に二十歳なら定年時に1985年バブル時代
終戦時に15歳なら定年時に1990年バブル崩壊直前
戦後生まれの日本人しかいなくなった時から失われた30年の始まり
12.名無しさん:2018年05月12日 21:24 ID:iXIOpFYx0▼このコメントに返信
今よりずっと人種差別が酷かった頃に華僑とかで世界に出ていったのは素直に凄いとは思う
13.名無しさん:2018年05月12日 21:25 ID:XClb0t0V0▼このコメントに返信
康熙帝の頃までは間違いなく世界最強国
清を晩年のイメージだけで過小評価し過ぎ
14.名無しさん:2018年05月12日 21:25 ID:ghzwMIXD0▼このコメントに返信
中国は早熟すぎたと本スレ内で言ってるけどそうなのかもしれん。
中国の戦国時代なんて紀元前の話だろ。
世界よりもあまりにも早熟すぎたという感じもする。
15.名無しさん:2018年05月12日 21:30 ID:4R9.Mlhd0▼このコメントに返信
中国は200年くらい前までは安定して世界のGDPの4分の1くらいは占有してたらしいからな
人口だけじゃない
16.名無しさん:2018年05月12日 21:31 ID:84PKPS5k0▼このコメントに返信
※12
華僑は英領香港から主に西欧植民地の東南アジアに行っただけだぞ
しかも大昔の話じゃない
17.名無しさん:2018年05月12日 21:31 ID:KN98EpP40▼このコメントに返信
なんか最近、『支那SUGEEE!』を言いたいだけのスレが多いな…
現状、ダムにヒビが入ってるような無様な国体にそんな価値ねーけど
18.名無しさん:2018年05月12日 21:32 ID:eiTi8cnz0▼このコメントに返信
日本は厳しい少子高齢化と
マトモに活用できるシゲンも無く
今後戦後からバブルの頃の様に浮上するのは数百年難しい

中国は広大な国土と人口と有り余るシゲンのチカラで
西欧に長い時代押さえつけられていた本来のチカラを発揮してきた
この先は確実に中国が世界を仕切る時代になる

今日本中が自民党の招きいれた中国人だらけで
彼らの実習労働や爆買いで日本経済は支えられ
あらゆる下請け業務だけでなく年金委託問題のように日本の中枢ですらもう
中国なしでは日本は回らなくなってしまっている

老人だらけでまともな労働力の消えた衰退日本は
未だに中国に下請けにだしてるつもりでも
実質的には日本はもう中国にキンタマを握られてるのだ

いつかその老人日本の腐ったキンタマは
中国に握りつぶされる
19.名無しさん:2018年05月12日 21:32 ID:KZKFQLSw0▼このコメントに返信
世界のすべてを奪いつくして、ほしいものがなくなった国の末路。今の中国とさほど変わらないが、海外の土地がほしい、女がほしい、戸籍がほしいうちはまだ大丈夫だけど、一旦なくなったらみんなで襲うしかない。命をかけて。
20.名無しさん:2018年05月12日 21:32 ID:.57gKaOt0▼このコメントに返信
乾隆帝までがだいたい清のメイン時代だから
16世紀どころか18世紀半ばまでは先進国なんだよな
その後の産業革命の時期と清の低迷が重なってるのがポイント
21.名無しさん:2018年05月12日 21:34 ID:PBKrH3c10▼このコメントに返信
(余命2357より引用) 出典:「小室直樹の中国原論」
 
005 中国社会の経緯は、タテの共同体 (Gemeinde) たる「宗族」と、ヨコの共同体たる「帮」である。
これらの共同体の存在によって、中国は幾重もの二重規範が入り乱れた社会になっている。
013 中国人理解の鍵は「帮」にあり。
019 中国人の基本的行動様式(Ethos)たるや、今も「三国志」の時代も変わっていない。
022 帮の外では、略奪、強カン、虐サツが、やり放題
022 倫理、道徳は自分たちの集団の中にだけ存在するものであって、集団の外には存在しない。いや、正確に言うと、倫理、道徳は集団の内と外では、全く違ったものとなる。すなわち、二重規範(double norm)となるのだ。
046 すなわち、帮の規範のほうが、公の法律より重いことを立証(—)した。これが中国。
22.名無しさん:2018年05月12日 21:34 ID:oPzlY4h30▼このコメントに返信
日米EUの企業任せの短期主義の自由市場主義経済と
中国の国家主導産業振興の長期主義の社会主義市場経済、
どちらが勝つかは明白。
23.名無しさん:2018年05月12日 21:34 ID:ZK2O0mOs0▼このコメントに返信
中国の長い歴史から見れば清朝末期から第二次大戦 文革ぐらいまはでちょっと転んでしまったが現在は ようやく本来の力を取り戻しつつある過渡期だろ
24.名無しさん:2018年05月12日 21:35 ID:.LdiQaP70▼このコメントに返信
中国の歴史を振り返ると妙に外部からの攻撃や影響に弱いからなあ
25.名無しさん:2018年05月12日 21:37 ID:vLdlZJx10▼このコメントに返信
中国いうても毎度民族入れ替わってるやん
26.名無しさん:2018年05月12日 21:38 ID:0zNaMKco0▼このコメントに返信
16世紀って漢民族は北方民族に淘汰されて違う物じゃ・・・
27.名無しさん:2018年05月12日 21:39 ID:9OVR6E4C0▼このコメントに返信
鄭和は大航海時代前にアフリカ東までいってキリンさん持ち帰ってるんだよなぁ
28.名無しさん:2018年05月12日 21:39 ID:DNlcyl8c0▼このコメントに返信
ローマ崩壊してから欧州は近代に近くなるまで別に先進地帯ってわけじゃないからね
アラブ・イスラム・トルコの方がよっほど進んでる
この間の統一されたら中国も負けないほどの先進地帯だけど
29.名無しさん:2018年05月12日 21:40 ID:aCBY7U7p0▼このコメントに返信
16世紀までは欧州より先進国だった国

またまたご冗談をw
30.名無しさん:2018年05月12日 21:41 ID:XClb0t0V0▼このコメントに返信
織田信長が生まれる100年以上も前に最大で100M以上の大きさを誇る船を作り総勢27000人もの大艦隊を編成
遠征途上で舐めた態度を取った王を捕虜にしたりしてアフリカ沿岸部まで到達しキリンを船に積んで帰り皇帝に献上した
あの首の長い生物をキリン何ぞという素っ頓狂なネーミングで日本で呼んでいるのは永楽帝がそう命名したから

31.名無しさん:2018年05月12日 21:41 ID:ZK2O0mOs0▼このコメントに返信
※17
「日本凄い」の方が酷いけどね
タクシーの自動ドアにビックリ仰天する外国人とか あんな日本アゲのヤラセ乱発して内外から顰蹙と失笑買ってるよ
まぁあんなんでも盲信する人が一定数いるから提供側もやめないんだろうけど
32.名無しさん:2018年05月12日 21:42 ID:BExWAid50▼このコメントに返信
日清戦争時 中国は日本より数倍国力、軍事力が有った。海軍は日本の3倍くらいだった。ただ艦隊で威圧するだけで、技術士気は低かった。
一発被弾しただけで大パニックを起こし、全艦逃げ迷った。日本海軍は追いかけて撃沈させた。
33.名無しさん:2018年05月12日 21:42 ID:zC2191GY0▼このコメントに返信
中国は日本の様に海外進出を試みて叩き潰された経験が無い
それどころか侵略された経験から海外進出して前進防衛ラインを持たねば、国が危ういと考えている
そして人口だけは有り、成長はまだ止まっていない
放置しても力を蓄えても世界に災いを齎すだけだよ
どのみち一度は災いを振りまかないと成長しないだろうから、早めに自爆させる必要が有る
34.名無しさん:2018年05月12日 21:42 ID:ruy4hv860▼このコメントに返信
日本の場合、強過ぎてもかえって損だと学習したからなぁ。やはりフェザーン(古い)を目指して行くのが正しい国家戦略だって事。
35.名無しさん:2018年05月12日 21:44 ID:6nW.Q89n0▼このコメントに返信
欧州が暗黒の中世で停滞したのはキリスト教のせいと言われるけど、実は逆
中世の世界はミニ氷河期に入ってて、元々寒冷な気候だった欧州では小麦より収穫量やカロリーの低いライ麦みたいなのしか作れなくなってた
それによって人口が抑制され文化も発展できず、ムチャクチャ暗い時代だったからキリスト教がカルト的に広まっただけ
更にイスラムとの確執で余分な戦争もしなきゃならず、アラブに砂漠化が進んでイスラムの勢力が衰退すると同時に温暖化が始まったルネサンス期から欧州の発展が始まった
36.名無しさん:2018年05月12日 21:44 ID:6NqZyjfE0▼このコメントに返信
日本が銃大国だった時は火縄銃は旧型じゃなかったんだよなぁ
火縄銃が旧型化するのは幕末だぞ
37.名無しさん:2018年05月12日 21:47 ID:FhHF5he.0▼このコメントに返信
世界の工場と言われた中国は、きっと今も世界を作り続けているのだろう。
38.名無しさん:2018年05月12日 21:47 ID:KN98EpP40▼このコメントに返信
※23
直間問わず1億前後の国民がおっちんだ事象を『ちょっと転んでしまった』とかギャグにしか聴こえん
現在は着々と『習近平帝国』が築かれつつあるが、それをして支那『本来の力』と言うなら確かにかつての
姿と形を取り戻しつつあると形容出来るかもな。まぁぶっちゃけ時代に逆行してるとしか言えんが…
39.名無しさん:2018年05月12日 21:48 ID:dKXtOi6Z0▼このコメントに返信
※24
弱い、と言うか黄河~長江流域のだだっ広い大平原に周辺の諸民族が流れ込んで奪い合い、奪い合いに勝った民族が帝国を築く、でかすぎて統治しきれず衰える、周辺民族が流れ込んで奪い合いのターン、ってのが中国史なんじゃないかと。そこが真ん中にアルプス山脈はじめ山岳地帯を抱えてるんで巨大統一国家が出来なかった代わりにそれなりの規模で安定した文化圏が複数出来た欧州との違い、かなぁ。で、その辺に中国が近代化できなかった理由が、果たしてあるのか無いのか・・・・・・
40.名無しさん:2018年05月12日 21:49 ID:BExWAid50▼このコメントに返信
共産党軍は別に日本に勝ったわけではない。 毛沢東は隠れていた。蒋介石軍と日本が戦った。
中国は751年タラスで唐がウマイヤ朝ペルシャに敗れて以来一度も対外戦争に勝った試しは無い。ベトナムにも負けた。ただ軍が無いウイグル、チベットには抵抗が無いので強かった。抵抗する国に弱く、抵抗しない国にはめちゃめちゃ強い。日本とやりたがってちょっかい出しているが、やりだすと日本は止まらない。日本の公共事業はいったん始まると最後までやり通す。戦争は公共事業だから最後まできちんとやる。
41.名無しさん:2018年05月12日 21:52 ID:cIdLNfFW0▼このコメントに返信
まあ、中国は皇帝みたいなのが一人居て
周囲が盲目的にマンセーしている状況が
国民も安心出来るんだろうな
42.名無しさん:2018年05月12日 21:52 ID:eiTi8cnz0▼このコメントに返信
※41
それなんて自民アベ
43.名無しさん:2018年05月12日 21:52 ID:j2ve63Nq0▼このコメントに返信
アヘン戦争のこと、現在のアヘンに
対する認識から間違ったとらえ方してる奴おるよな。
当時の中国では合法で、輸入阿片を締め出して国産阿片で牛耳ろうとして、自由貿易を求める英国と貿易摩擦から最終的に戦争まで発展してしまった。
別に英国が違法に麻薬を蔓延させ国家崩壊植民地ゲットを狙って起こした事じゃないぞ。
44.名無しさん:2018年05月12日 21:53 ID:cIdLNfFW0▼このコメントに返信
※42
キンペー帝国を馬鹿にしているんですよ
判りませんか?
45.名無しさん:2018年05月12日 21:55 ID:XClb0t0V0▼このコメントに返信
※40
永楽帝や康熙帝は自身で軍を率いて対外戦争全勝だぞ
ネルチンスク条約とか世界史で習わなかったか?
ここで中国がロシア帝国に負けてたら彼らの宿願である不凍港の獲得が達成され日本までロシアに飲み込まれてた可能性もある
46.名無しさん:2018年05月12日 21:56 ID:eiTi8cnz0▼このコメントに返信
※44
不祥事揉み消しアベ自民帝国を馬鹿にしているんですよ
分かりませんか?
47.名無しさん:2018年05月12日 21:56 ID:g.wOYLPP0▼このコメントに返信
※36
性能的にはヒケを取らなかったが西欧のトレンドと違っていたのは事実
西欧がフリントロックを開発してなるべく火を持ち歩かなくて済むようになり、ほぼ銃兵ばかりで構成された戦列歩兵の一斉射撃という戦術へ展開していったのと同じ時代、日本は戦国時代の戦術を更新するどころではなく、むしろ軍事力を大幅に退化させて250年の平和をむさぼっていた。結果としてそれが悪い事だったとは言わんけど、世界の最先端へ躍り出た欧州流の軍事学に大幅に後れを取ってしまったのは間違いない

まぁ欧州流の軍事学を欧州以外では発明できなかったんだから、スレの話題になってる清も含めて、19世紀~20世紀の時点でいかに効率よく西洋流の軍隊を真似ることができるかがその後の歴史を分けたってだけの話だが
西欧が世界を制覇できたのは産業革命もさることながら、それに先行して欧州各国巻き込んでの軍事革命がうまく行った(=ずっと決着のつかない戦争やってた)ってのが大きい
48.古古米:2018年05月12日 21:57 ID:SiFz2.hU0▼このコメントに返信
日本に阿片が入らなかったのは、西洋の技術に対して金を払っていたかららしい。
西洋の医学書とかを何百両という金を出し買う大名が多かったとか。
佐賀の鍋島家とかは蒸気機関車の模型も買っているし、伊豆の江川太郎左衛門英龍(坦庵)が反射炉を作るのにも外国の手を借りている。
清とイギリスの戦争でも、イギリスでは阿片を理由に戦争を起こす事に反対した議員は多かった。
逆に医学書や技術書を高値で買ってくれる日本に、阿片を持ち込む必要が無かった。
後、イギリスは清との貿易で、茶の代金として大量の銀を支払っていたことも付け加えざる得ない。
尚、今と社会情勢違うからね。
当時は阿片も合法な嗜みだった。
イギリスでは、子供の疳の虫を治める為にアヘンチンキとかを普通に使っている時代だし、阿片の吸飲は貴族のたしなみみたいになってたんだよ。
49.名無しさん:2018年05月12日 21:57 ID:vfOEdYv50▼このコメントに返信
工作さんへの指示から読み取るに、金平は毛沢東を否定して国父に成り代わるつもりっぽい。
50.名無しさん:2018年05月12日 21:58 ID:cIdLNfFW0▼このコメントに返信
※46
どうぞご勝手に
どの道、キンペー帝国も衰退確定だからな
51.名無しさん:2018年05月12日 22:01 ID:XY3ghWqt0▼このコメントに返信
人肉を食べてたけどな
52.名無しさん:2018年05月12日 22:02 ID:8brPple90▼このコメントに返信
まぁ 自由と繁栄の弧だのと中国包囲網に東奔西走してた安倍首相もこれは無理と気づいて白旗あげちゃった時点でな
中国の掲げる一帯一路に協賛宣言とか・・・
今の中国と資金面でパワーゲームしたって勝てるわけないのに無駄金使ってくれたよ

53.名無しさん:2018年05月12日 22:07 ID:g353U.kL0▼このコメントに返信
中世のヨーロッパは暗黒時代だったからなぁ
完全に科学的思考皆無で時代に逆行しまくり
あれ見ると宗教ってやっぱksだなぁって思うわ
54.名無しさん:2018年05月12日 22:07 ID:g.wOYLPP0▼このコメントに返信
※39
中国史家の観点でそういうターン制の歴史が語られてきたけど、あれは易姓革命を正当化するため(&征服王朝に支配される自分たち漢民族の立場を正当化して慰めるため)の、作られた歴史観だと思う。始皇帝による統一は後漢までをひと括りと評価すべき事業であって、その後は晋のごくごく短い統一を除けば再び400年にわたって分裂の時代を繰り広げてる。んで隋唐の統一後は再び分裂期に入って、北宋はついに完全な中華統一を果たすことなく、モンゴル帝国という中国王朝としてはあまりに異質な正真正銘の征服王朝の出現を許している。いわゆる易姓革命的な史観が成立するのは、元・明・清の三代に限られると思うね。それでも歴史としてはクッソ長いからさすがとしか言いようは無いんだけどw 

欧州の違いはローマ帝国の再興がついに敵わなかったって点だわな。その点、隋や明は偉大だと思う。このふたつの王朝が無かったら中国はたぶん欧州的な規模の国家が乱立したままだった。毛沢東をそこに加えていいかどうかは言わないでおく
55.名無しさん:2018年05月12日 22:08 ID:.byuonAE0▼このコメントに返信
普通選挙で元首を決めたことは1回もありません
 六 四 天 安  門
56.名無しさん:2018年05月12日 22:11 ID:HVUMCULY0▼このコメントに返信
オスマン帝国とかヨーロッパ蹂躙した最大版図の時代でも人口2000万人ぐらいやったんやから(現在のトルコが7500万やから1/4)、
人口ボーナスってのもあんまりアテにできんで
57.名無しさん:2018年05月12日 22:12 ID:g.wOYLPP0▼このコメントに返信
※53
中世のキリスト教がなかったら現代までつながるような大学を中心とした高等教育の環境は生まれなかったし、我々のよく知るカタチでの科学は生まれていない。産業革命はプロテスタントの思想に大きな影響を受けたものだし、なにより世界の中で産業革命を自力で達成できたのがキリスト教支配地域だけだったって事実は曲げようがない。キリスト教がksなら産業革命まで辿りつけなかった他の思想文化はいったい何なんだ
58.名無しさん:2018年05月12日 22:13 ID:XIa6.4u50▼このコメントに返信
16世紀に「ちゅうごく」なんて存在しません
あるとしたら日本の中国地方だけです
59.名無しさん:2018年05月12日 22:14 ID:BnwcqYvk0▼このコメントに返信
21世紀の現代当時の文化はいない
文化大革命ですべて否定した中国とは何の関係もない
中国は中国、建国数十年の歴史しかない
勘違いしないでね
60.名無しさん:2018年05月12日 22:18 ID:2hGXD6Vh0▼このコメントに返信
サファヴィー朝なんて人口1000万~1500万って推測されてるもんな
これササン朝の頃と変わらないし
イスラムと中国だとやっぱ中国の方が強かったのかね
実際西洋とアジアの力関係(軍事力のみならず一人当たりの経済力、工業化水準、医学や天文学など科学の発展、芸術の発展など含む)が逆転したのは何世紀なのか
61.ネトヲヨ:2018年05月12日 22:18 ID:.yUF.Bl20▼このコメントに返信
※42
ワラタ。
オマエ、アタマいいワ。
62.名無しさん:2018年05月12日 22:19 ID:H2RQHLD40▼このコメントに返信
なんかAoE2やりたくなった
63.名無しさん:2018年05月12日 22:21 ID:jxJ.xxpY0▼このコメントに返信
先進国と言っても征服王朝だったりするからなあ。
ちなみに今は共産党に征服されてます。
64.名無しさん:2018年05月12日 22:23 ID:XClb0t0V0▼このコメントに返信
宋の時代には人口1億突破してるし人口のアドバンテージが凄い
しかし気になるんだが某サイトに記載されてるその前の唐時代に安史の乱で2500万人死んだってあれマジなのかな?
はっきりとした資料が欲しい所ではある
65.名無しさん:2018年05月12日 22:24 ID:ZnPtIFxL0▼このコメントに返信

必死に中国ageする記事が続いてるネ
中共に汚染されるって怖い

※42、※61
安倍総理が中国みたいに独裁だったら
こんな書き込み出来ねえよ
ネット規制だらけで、悪口も書き込めないってのに

無知って怖い
66.ネトヲヨ:2018年05月12日 22:26 ID:.yUF.Bl20▼このコメントに返信
※45
ヨコだが、時代が違うのでは?
※40はスレタイ無視してんだから、言っても無駄。

でも、
>日本までロシアに飲み込まれてた可能性もある
『可能性』としてはな。
実際問題として、シベリア以東にそこそこの海軍力持ってくると思うか?
ま、経済力あれば別だが。。。
67.名無しさん:2018年05月12日 22:34 ID:s72rlBaw0▼このコメントに返信
※65
この程度で「中国アゲだ!」ってカンに触るとはw
おまえらが日頃ここを埋め尽くしてる日本ホルホル 他国罵倒の方が酷いと思うけど
68.名無しさん:2018年05月12日 22:37 ID:h2Nt1QfU0▼このコメントに返信
漢字は凄いシステムだと思う。
英語はアルファベットを覚える必要がある。
day=日、road=道、eye=目
漢字は点と線だけで成立している。
漢字と英単語はいい勝負だと思う。
しかし、意味のない音や外国の人名、地名を表すのは難しい。
日本語は、漢字とかな、カタカナがあるので表現方法が中国語や英語に比べて優れていると思う。

だから先進国になっている。
しかし、教育や人材評価の方法に問題がある。
ペーパーテストでは、記憶力の強い者が良い成績を修めるが、思考力がない者もある者もエリートとされる。
記憶力は優れているが、思考力のない者が上位に立つと
真珠湾、ミッドウェー、インパールのような悲劇が起きる。

日本は、まともな思考能力を持ったものが上位に行くような教育システムが必要だ。
69.ネトヲヨ:2018年05月12日 22:38 ID:.yUF.Bl20▼このコメントに返信
※50
アッハッハッハ、
恥ずかしいぞ「負け惜しみ」は。
70.名無しさん:2018年05月12日 22:40 ID:WnRHkK2w0▼このコメントに返信
三国志の頃だとローマ帝国が先進国だが、ローマ帝国が崩壊しイスラムが勃興して欧州が17世紀に入るまでは中華王朝(元・清含む)が優位。
※60
ウマイヤ朝と唐がタラス河畔の戦いで激突したらウマイヤ朝が勝ってる。この戦いで製紙技術が西方に伝来する。
71.名無しさん:2018年05月12日 22:42 ID:aPfdM1Pl0▼このコメントに返信
中国や日本でなぜ産業革命が起きなかったか
原因はバカだったからではない
実験器具が全部陶磁器だったからだ
ガラスでないと中身が見えないじゃん
実験は過程が見えないとひらめかない
72.名無しさん:2018年05月12日 22:43 ID:vDsH9OjA0▼このコメントに返信
科挙は努力次第じゃ出世できるって面では、それなりに良い制度だったと思う
73.ネトヲヨ:2018年05月12日 22:44 ID:.yUF.Bl20▼このコメントに返信
※52
>一帯一路に協賛宣言とか
ソース希望。
でも、
>今の中国と資金面でパワーゲームしたって勝てるわけないのに
オマエはキンペーのケツ舐めて喜んでいられるようだからいいな~。
流れが変わっていることに気付かないんだろうな『敗北主義者』は。
74.名無しさん:2018年05月12日 22:44 ID:cIdLNfFW0▼このコメントに返信
中国で産業革命が起きなかったのは人件費が安かったせいも有るな
一方の英国は鉱山等で人件費が高騰したんで自動化が必要だった
75.名無しさん:2018年05月12日 22:45 ID:vDsH9OjA0▼このコメントに返信
宗教の悪影響ってのは日本でもあったと思うよ
ただ宗教自体は不安軽減させる効果でもあってか、社会的に良い面もあったかもしれない
76.名無しさん:2018年05月12日 22:47 ID:vDsH9OjA0▼このコメントに返信
大航海時代みたいに旧来の世界を突破したことが、旧来の世界観をも突破させた面とかあるんじゃないかな
77.名無しさん:2018年05月12日 22:48 ID:eWOgmD2F0▼このコメントに返信
中国の発展も面白いけど、中国の衰退もおもしろいと思うよ。

今の中国はちょうど日本がバブルはじけたぐらいのところで、すでに成熟・停滞期に入ってきていると思うので、
中国の発展だけではなく衰退にも注目して観察していきたい。
78.名無しさん:2018年05月12日 22:51 ID:x7DdEoh00▼このコメントに返信
※1
それで
「腰抜け糞野郎のアメリカなんて見限って、中国様に土下座しよう!みんな国民民主党か共産党に投票しようぜ!☆」

ってみんななるとでも思ったか?
お前が余計なこと言うからまた中国ヘイトが溜まったんだが?なんでお前らはいつも好き勝手に高圧的な態度をとり、相手を尊重せずにヘイト貯めて結果70年前から支持されないことに気づかないの?
79.ネトヲヨ:2018年05月12日 22:52 ID:.yUF.Bl20▼このコメントに返信
※65
ば~か、能無しの『独裁政権』だからだよ。
てか、オボッチャマのことじゃなくて、オマエラのこと言ってるだけなんだがな。
80.名無しさん:2018年05月12日 22:54 ID:r37FgdhE0▼このコメントに返信
妄想乙すぎる。11世紀にはイタリア半島に経済規模で抜かれてその後現代まで抜き返したことなかったくせに。
81.名無しさん:2018年05月12日 22:56 ID:cIdLNfFW0▼このコメントに返信
中国の歴史の中で属国を除いて友好国って有ったんだろうか?
82.名無しさん:2018年05月12日 22:57 ID:o87n7EKh0▼このコメントに返信
ギリシャ・ローマの遺跡甘く見すぎだろw
83.ネトヲヨ:2018年05月12日 22:58 ID:.yUF.Bl20▼このコメントに返信
※67
コラッ!
『日本ホルホル 他国罵倒』の何が悪い。
事実は受け入れろな。
てか、『日本アゲ』より『世界クズ』の事実の方が悲惨。
84.名無しさん:2018年05月12日 22:58 ID:BExWAid50▼このコメントに返信
※45 全敗にしておくのがいい。
空気を読む。
85.名無しさん:2018年05月12日 22:59 ID:x7DdEoh00▼このコメントに返信
中国は尊敬してるし、三國志とか大好き(某コーエーのせい)
偉大な歴史を持った国なのは間違いないが今の中国はもはや名目上でも共産主義国やん?
まあ中国共産党幹部が王朝時代の貴族邸宅に住んでたって、中国を訪問した経験をもつ日本共産党元幹部の証言があるけど。
86.名無しさん:2018年05月12日 23:00 ID:bUpiJKHy0▼このコメントに返信
※48
阿片に気を回しすぎて当時の事情を無視しちゃダメよ、、、
だいたい当時の先進国の大都市には阿片窟あって当たり前の時代だったからなぁ、、、

それに江戸時代の日本って阿片フリーだったわけじゃない
国内で生産され国内消費されてたんだよ、、、
有名所としては、津軽藩で領内で阿片栽培して「津軽一粒金丹」として販売儲けてたし
まぁ七味唐辛子にも芥子の実が入ってるわけで
だから当時、阿片の危険性(中毒性)なんて世界中の誰も誰も恐れはしなかった、、、

高杉晋作だって、新末期の阿片の害に驚いたわけじゃなく
アヘン戦争に負けた中国の賠償金や植民地化を日本の近未来として警告してるんだぜ、、、

87.ネトヲヨ:2018年05月12日 23:06 ID:.yUF.Bl20▼このコメントに返信
※68
>まともな思考能力を持ったものが上位に行くような教育システムが必要だ。
そんな『システム』など存在しない。
『教育』とは『既存概念』の伝授でしかないからだ。
『社会通念の落ちこぼれ』であるオマエが『既存概念』を疑えばいいだけ。
そんな『腹を括』れる人間がどれだけいるかが文明の尺度。
オレはそう思う。
88.名無しさん:2018年05月12日 23:08 ID:HdECuZhW0▼このコメントに返信
先進国?やめてくれ。

異民族に隷従するゴミ溜め。
89.ネトヲヨ:2018年05月12日 23:09 ID:.yUF.Bl20▼このコメントに返信
※71
>日本でなぜ産業革命が起きなかったか
簡単なはなし。
『必要がなかった』から。
『蒸気機関を使わない最高の技術』
日本の技術を評したシュリーマンの言葉だ。
90.名無しさん:2018年05月12日 23:11 ID:x7DdEoh00▼このコメントに返信
※68
小○先生のような方ですか?東大卒で郵政省というまさに一般人から見ればエリートですが
とてもまともな大人の思考力を持った方には見えませんが?
91.名無しさん:2018年05月12日 23:15 ID:h2Nt1QfU0▼このコメントに返信
※87
アメリカはそう言うシステムを持っている。
アメリカは、ドイツと戦う前にいきなりヨーロッパに行ってドイツの1軍と戦えば負けると考えた。
だから、最初に北アフリカのドイツ2軍と戦い、誰が有能で誰が無能かテストしてドイツ1軍と戦った。
92.名無しさん:2018年05月12日 23:18 ID:bUpiJKHy0▼このコメントに返信
※47
19世紀初頭の革命(ミニエ弾から後装銃)始まるまで
銃器の武器としての性能は(火縄だろうがフリントロックだろうが)あんま変わんない気が、、、
実際、クリミア戦争はミニエ銃装備の英仏とマスケットのロシアの戦いだったけど
防御陣地にこもったロシア軍は十分に高性能な銃を持った攻撃軍を撃退した、、、
当時の藩兵だって(大村益次郎のように)野戦構築と散兵戦術さえ知っていれば
兵士の装備としては火縄銃主力であっても見劣りはしなかったと自分は思う、、、

それより大砲(野砲)の進化(特に榴散弾)が西欧の戦場に大きな変化を与えたわけで
例えば普仏戦争は、装備銃射程が劣るプロイセン軍が砲兵の集中運用で勝利してたわけで
まぁ編成に砲兵がなかったことのほうが、当時の日本の致命的な欠陥じゃないかなぁ、、、
93.ネトヲヨ:2018年05月12日 23:18 ID:.yUF.Bl20▼このコメントに返信
※90
>東大卒で郵政省というまさに一般人から見ればエリートですが
自分に中身が無いって自己紹介?
中身があるなら、オレと話しないか?
クズ。
94.名無しさん:2018年05月12日 23:21 ID:h2Nt1QfU0▼このコメントに返信
※90
具体的な反論もできず、否定するだけでは、
「馬鹿」としか言いようない。
何を恐れているのか。
己の浅い思考能力が暴露されるのを恐れているのか。
95.ネトヲヨ:2018年05月12日 23:22 ID:.yUF.Bl20▼このコメントに返信
※91
>アメリカはそう言うシステムを持っている
あ、そうかもな。
でも、その例は『システム』がよくわからんから、
もっと端的な例を挙げてくれないか?
96.名無しさん:2018年05月12日 23:23 ID:h2Nt1QfU0▼このコメントに返信
※93
君は、立派な人材だ。
共により良い日本を造ろう。
97.名無しさん:2018年05月12日 23:29 ID:x7DdEoh00▼このコメントに返信
※93
こんなとこでイキッてるゴミよりかは中身あるよw
お前は一生そこでわめき散らせしてろよ負け組w
98.名無しさん:2018年05月12日 23:31 ID:vUyLHXb.0▼このコメントに返信
※1
この3月末の収益はどこの企業も大概は黒字なんですけど
そのへんはどうお考えですか?
99.名無しさん:2018年05月12日 23:31 ID:h2Nt1QfU0▼このコメントに返信
※95
今、端的な例を挙げたのに理解できない者にはできんだろう。
ヨーロッパのドイツ軍とすぐに戦わず、北アフリカで練習したと書いただろう。
ちなみにパットン将軍は、北アフリカでは最初にフランス軍と戦い、イタリアでも血みどろの戦いをした。
アメリカの授業は、先生との討論が主体だ。
先生や、仲間と議論する事で、思考力が磨かれる。
100.名無しさん:2018年05月12日 23:33 ID:t.hcwaVy0▼このコメントに返信
※86
イギリスがシナに持ち込んだ阿片はインド製。インドで綿織物産業を壊滅させた後の後継作物として作らせた。銀の流出なんかも関係あるけど、作ったから売った的なところがある。日本が取り引きしていたオランダは、植民地インドネシアで作っていたのは香辛料で、これを栽培停止してまで阿片を作る理由がなかった。売り物がなければ日本相手どころか、どこに対しても売ることはできない。日本に来ていた唐人商人も阿片商人じゃないから手荷物程度の阿片を持ち込むことがあったとしても(仮定)、貿易レベルで阿片を持ち込むはずもない。

イギリスやオランダなどのヨーロッパ諸国(特に強国)はアヘンをオスマン帝国から調達していた。こっちの方が品質が良く、アヘンチンキで経口摂取しても十分に効果が得られた。対してインド製は品質が低く、それでも効果があるようにと阿辺商人(アラブ人やゾロアスター教徒などが多かった)たちは水パイプをシナに持ち込んだ。シナで阿片中毒が特に問題化したのはこのせい。
101.名無しさん:2018年05月12日 23:34 ID:h2Nt1QfU0▼このコメントに返信
※97
論理的な議論をせず、人を非難するだけでは、空しい人生しか送れないな。
102.ネトヲヨ:2018年05月12日 23:40 ID:.yUF.Bl20▼このコメントに返信
※97
>こんなとこでイキッてるゴミよりかは中身あるよw
えーと、二つな。
『中身あるよw』
え~と思ってるだけで、レスになければ、「ああそうですか」としか言えないんだが?
理解できる?
『こんなとこでイキッてるゴミ』
え~と、アナタは『こんなとこで』何してるんですか?
まさか『イキッて』ませんよね?
『ゴミ』と対等に話してませんよね?

あまりにもアタマ悪そうなので、『釣り』かとすら思うレス、ありがとうございました。
103.名無しさん:2018年05月12日 23:42 ID:r6oUaVou0▼このコメントに返信
明代の海禁政策があかんかったんや
大艦隊作れる技術あったのに民間商人弾圧して和寇化させるとか言うアホなことやっとったからや
その証拠に海禁解除した18世紀の清の力はかなりすごい
104.名無しさん:2018年05月12日 23:42 ID:xVdWz7vZ0▼このコメントに返信
>それも16世紀を境にやっと欧州が追いつきだしたレベルとか地味に凄い
おいつかれた後の転げ落ち方も、別の意味ですごいけどな。
定遠買った時のはしゃぎっぷりはみっともなかったな。
105.名無しさん:2018年05月12日 23:46 ID:8vi3N7RK0▼このコメントに返信
これ逆だよ、16世紀ルネサンス以前の欧州がクズだったというだけで。
106.名無しさん:2018年05月12日 23:50 ID:r6oUaVou0▼このコメントに返信
※70 タラス河畔は負けて当然の数の差で更に現地の小早川みたいな諸侯に裏切られてる、だからそれだけを以て優劣付けるのは違うと思う
そもそもあれ一地方の戦いだし
ティムールVS明が実現してればなぁ
107.名無しさん:2018年05月12日 23:50 ID:96xzCmTP0▼このコメントに返信
※103
清代の時も海禁政策継続しとるよ
限定的に解除してたけど色々あって結局また海禁政策に戻って鎖国した
108.ネトヲヨ:2018年05月12日 23:51 ID:.yUF.Bl20▼このコメントに返信
※99
私が問題にしてたのは『システム』。
だから、
>アメリカの授業は、先生との討論が主体だ
それが知りたかっただけ。

おそらくは『自分で考える』ということに眼目があるのだろう。
マイケル・サンデルの『哲学授業』をネットで観たからそう思う。
しかし、それに対する学生の、あまりにも無能な反応に私は愕然としたものである。

『差別』にかんしての講義で、
『自分の肉親が犯罪を犯したとき』『かくまう』ことを当然とし、誰一人反論しなかった。

その『システム』が『まともな思考能力を持ったものが上位に行くような教育システム』
とは、私には到底思えないのですが?
109.名無しさん:2018年05月12日 23:53 ID:Dvtc2ch20▼このコメントに返信
中国とかいう紀元前までに部族政治、古代王政、封建制、絶対王政まで進んだ国
civだったらチートいわれるところやで

絶対王政期長すぎて、封建制の遺産食いつぶしちゃったけど
110.名無しさん:2018年05月12日 23:53 ID:8vi3N7RK0▼このコメントに返信
大航海時代なんて言われるけど、アラブ人が独占していたインド洋航路を横取りしようとしただけだし。
111.名無しさん:2018年05月12日 23:57 ID:r6oUaVou0▼このコメントに返信
※104 いや、清代は基本的に民間貿易許可してるぞ?
最初の台湾勢力締めだしと有って無いような移民禁止例が少し出されただけで
そもそも女真が交易で成り上がった民族だから交易の重要性を理解してる
112.名無しさん:2018年05月12日 23:57 ID:kdpUfwNA0▼このコメントに返信
※1にまた五毛が湧いてんのか
アメリカに締め付けられてあっけなく国内2位のスマホ潰されたハリボテが
113.名無しさん:2018年05月12日 23:57 ID:bUpiJKHy0▼このコメントに返信
※100
実は日本もケシ栽培大国になったことがある、、、
昭和初期にはヘロイン世界生産の半分占めてしてたりする、、、
というのも日清戦争で併合した台湾に蔓延る中毒患者に供給するためにケシの国内栽培進めたから、、、
そしてその阿片は日中戦争の戦費に使われたという、、、

阿片経済は、いろいろ戦争に直結してる場合も多くて、なかなか面白いですなぁ、、、
114.名無しさん:2018年05月13日 00:01 ID:yySFmlV.0▼このコメントに返信
文革大虐殺の中華人民共和国と16世紀の王朝を一緒にするのは失礼極まるだろう
115.名無しさん:2018年05月13日 00:05 ID:Y.WftrHE0▼このコメントに返信
※113
台湾のアヘン中毒は収束させる漸減方針の下でだが、台湾に対して増大させる方針でもなく、減少化させていった
116.名無しさん:2018年05月13日 00:05 ID:NlWUVOFH0▼このコメントに返信
※108
かくまうで正解だ。
お前は、親兄弟、息子娘を他人に突き出す、
臆病者だ。
お前のような臆病者が憲法9条を信じているのだろう。
息子娘をかくまう事で健全な国家が形成される。
117.名無しさん:2018年05月13日 00:09 ID:NlWUVOFH0▼このコメントに返信
※108
お前のような臆病者が、息子達を無意味な特攻攻撃させたのだろう。
息子を守る事もなく、突き出す人間は、
息子に意味のない特攻攻撃をして保身を図ろうとする。
最低のクズ野郎だな。
118.名無しさん:2018年05月13日 00:09 ID:A3HHEx2O0▼このコメントに返信
欧米が遅れていたのでしょう。
トルコ以西の中近東~中国のほうが進んでた面が多かったようですね。
119.名無しさん:2018年05月13日 00:15 ID:1nTvvoD90▼このコメントに返信
ベトナムで中国資本による企業買収が密かに広がる、現地では「TPP利用が目的」と警戒感―中国メディア
ttp://news.livedoor.com/article/detail/8594591/

TPP審議入り「承認ありき」は許されぬ
ttp://www.saga-s.co.jp/articles/-/4993

報道されないTPPのまとめ  医療・労働関係他 
参加国総貧困化・労働環境悪化・支出増加・ビザ大幅緩和等全分野に影響多数
ttp://itest.5ch.net/egg/test/read.cgi/bio/1496320258
120.名無しさん:2018年05月13日 00:17 ID:l2rW9XXk0▼このコメントに返信
そのころは中東が先進国なんじゃね?
121.ネトヲヨ:2018年05月13日 00:26 ID:sB43JWvf0▼このコメントに返信
※116
ば~か、『正解はない』が『正解』な。
ま、ホントはどうでもいいんだが。。。
要は、オレの
※87>
>まともな思考能力を持ったものが上位に行くような教育システムが必要だ。
そんな『システム』など存在しない。
『教育』とは『既存概念』の伝授でしかない
の傍証ってこと。
122.名無しさん:2018年05月13日 00:28 ID:mRa4YVZM0▼このコメントに返信
中国にAIでも科学論文数でも抜かれだした日本
安倍政権はAIの重要性をあまり理解してなかった
123.ネトヲヨ:2018年05月13日 00:34 ID:sB43JWvf0▼このコメントに返信
※117
でな、
実は正解はあるわけよ。
日本では、
『社会で生きる』ことが前提にあるから、
『犯罪は償わなきゃいけない』のな。
自分なら『開き直』れるけど、肉親には『そんな思い(開き直った場合の世間の批判)はさせたくない』わけ。
だから、『意見』じゃなく『思い』を伝えるわけ。
「自首しろ(罪を償え)」
・・・トキオの城島思い出した

124.名無しさん:2018年05月13日 00:38 ID:nI9AAjRY0▼このコメントに返信
中国と一括りにするのはおかしいだろ
単に大陸にあっただけで、全て民族も何も違うんだから
たまたまそこにあった王朝、移り変わっていった王朝の数々としか
125.名無しさん:2018年05月13日 00:42 ID:YGELXmsq0▼このコメントに返信
※122
ITって技師論はほんの一部で、本丸は組織論、管理論。少数のエリートが互いに言葉が通じん十数億を支配するような国はどうしても欲しいだろうが、日本の場合、ITを必要とする土台に欠ける。
合理的な管理システムなしでも、コミュニティが崩壊しないからな。
126.名無しさん:2018年05月13日 00:43 ID:q2AcyW710▼このコメントに返信
※111
乾隆帝の時に海禁政策復活させてるけどな
交易は一部の特権階級しか認められなかった
海禁政策の他にも遷界令という無茶な政策もあったから沿岸地域は破綻状態だったんだよ
基本的に朝貢システムの下交易が認められているわけだからそこに自由がないのは一目瞭然
だからイギリスが自由貿易求めて戦争を起こしたのよ
127.名無しさん:2018年05月13日 00:51 ID:GJbmOKkS0▼このコメントに返信
日本やシナには三角帆の技術が伝わってなかったからな
基本順風でしか航海が出来ない
おまけに太平洋側は広すぎてほとんど何もない(せいぜいが八丈島まで)
だから遠洋航海をする動機と技術がなかった

三角帆の発明はアフリカの方らしいが、地中海経由で西欧にも伝わった
で、どうしても欲しい香辛料とかもろもろの商品がイスラム圏経由でしか買えない
そして動機と技術力が合わさって遠洋航海が出来るようになった
ちょうど陸戦を重ねた結果の大砲技術の発達で攻撃・防衛手段も出来ていた
初期の頃は地中海でもイスラム側の手漕ぎのガレー船群に負けるようなレベルだったが
その辺も戦闘を重ねて改良されていった

シナは明の初期に大船団をアフリカ沿岸部まで送り出していて、それなりに利益も出しているが
海軍勢力の台頭が皇帝の座を脅かしかねないという事で、中止
基本皇帝のためにある国なので、新規の技術は発達しない国なんだな
だからシナの最盛期は全土が統一された始皇帝から漢の時代だろ
紀元後は基本的に同じことを繰り返してるだけ
128.名無しさん:2018年05月13日 00:52 ID:1enFuHPN0▼このコメントに返信
何が先進国だよ。
海戦じゃ欧米勢力に全然歯が立たなかったくせにw
129.名無しさん:2018年05月13日 00:52 ID:Y.WftrHE0▼このコメントに返信
中国は、大規模な炭田・鉄鉱山・石灰石採掘場・河川が近距離にある恵まれた地域が何カ所もあるが産業革命は起きなかった
その辺は不思議ではある
130.名無しさん:2018年05月13日 01:02 ID:.PKrFhfW0▼このコメントに返信
※129
儒教のせい。
先人の教えを忠実に模倣することだけが賢人とされていた。
そんな社会で革新的な思想も技術も、秩序破壊する邪魔者でしかない。

今の中国でもそうだろ。
日本様や欧米のパクリには熱心だが、日本を越えそうな革新的な分野を模索する努力なんか何もしてない。
131.名無しさん:2018年05月13日 01:04 ID:GJbmOKkS0▼このコメントに返信
産業革命が起きるのに必要な条件
1.人手不足 (マンパワーで押し切れない)
2.冶具・工具の発達 = 大砲等の製造技術
3.特許権の確立 = 発明の価値の尊重、利益として還元
4.資本を投入できるシステム =銀行、株

3、4の項目は皇帝や絶対王政で庶民からものを取り上げるだけの体制では発生しえない
たとえ天才発明家がいても、商品化して利益を得られなければただの玩具製作者にすぎなくなる
産業革命レベルの発明を実現するのは国家財政規模の金が必要になる
132.名無しさん:2018年05月13日 01:11 ID:1enFuHPN0▼このコメントに返信
※95
横からだが、ただの「信賞必罰」の徹底だよ。
勝った人材を上に、負けた人材を下に。
簡単なように思えるが、旧日本軍は敗軍の将をそのまま使い続けた。
133.名無しさん:2018年05月13日 01:17 ID:UJGE66YV0▼このコメントに返信
そもそも科学技術の面で変革があまり起きなくなってたからな。特に明代以降は質的転換より量的拡大だけ。
宋代の火薬の発見にしたって、あれを軍事的・経済的利用する意図で発見されたんじゃなく、錬丹術の過程でたまたまみっかっただけだからな。
なにより変革を好まない思想に支配されているだから、いずれ科学技術面で大変革に成功した他国に追い抜かれるのは目に見えている。
134.名無しさん:2018年05月13日 01:21 ID:Y.WftrHE0▼このコメントに返信
①儒教が革新を阻害する要因に成る点

②「3.特許権の確立 = 発明の価値の尊重、利益として還元
  4.資本を投入できるシステム =銀行、株」

成程、人手はいっぱいありましたね、また天才的発明家は様々な技術があったとされているので多分いたんじゃないかと思います。
そうすると、儒教というフレームによる阻害、特許の確立、資本の投入できるシステム、これらの為に成立しえなかったというのは説得力を感じます。
※130・※131
勉強になりました。感謝を


言われたことから、科学技術に関する公共的な共有という点も西洋との相違点としてあったのかもなどと思い至りました。大学や図書館など
135.名無しさん:2018年05月13日 01:22 ID:hf6OaK.j0▼このコメントに返信
※132
それ、まるで日本の欠陥のようにアホチォン猿が喧伝してるけど、
実際には連合軍と圧倒的な物量差、兵器の水準差(特に大戦中期以降)があるなかで、
作戦に負けた指揮官をどんどん降格していったら、
有能で経験値ある指揮官なんて誰もいなくなる。

ゲームじゃないんだから、入れ替えればいいってもんではない。
経験値は低いけど、とりあえず新しいのにやらせてみよう、
で選ばれた民主党政権の地獄っぷりを見ても分かる。
136.名無しさん:2018年05月13日 01:23 ID:ju1iC5sE0▼このコメントに返信
※110
なぁに、帝政ローマが牛耳ってたインド洋の制海権を奪還しただけ。
エリュトラー海案内記(帝政ローマ時代)によると紅海側のエジプトはダウ船も使用しベトナムまで進出している。プトレマイオス朝はポンディシェリに港湾都市を築き、後にローマ帝国にも継承されている。
137.名無しさん:2018年05月13日 01:35 ID:0F0xhI8M0▼このコメントに返信
中国は今までに何度も儒教を捨てようとしてるやろ
そのたびに失敗してきたのはなぜか?
儒教を捨てた直後がいちばん不安定で危ういからや
つまり儒教が悪いのではなく、儒教以外の新たな哲学が育たないのが悪い
この問題は日本や韓国でも一緒や
東洋には哲学がない、だから議論ができない
議論ができないということは
賢い奴の思考を理解できないし、馬鹿な奴に理解させることもできない
138.名無しさん:2018年05月13日 01:36 ID:vW6x6Hv50▼このコメントに返信
その頃は中国じゃなくて別の国だったじゃん。
139.名無しさん:2018年05月13日 01:37 ID:1enFuHPN0▼このコメントに返信
※135
物量言い訳にしてりゃあ楽だよな。
でもその辺の組織の欠陥が今の財務省なんかでも続いてるから
増税ばかり繰り返して経済衰退してんだよ。
140.名無しさん:2018年05月13日 01:41 ID:xag9x62f0▼このコメントに返信
中国は人権意識だけなんとかしてくれたら最高なのになあ
141.名無しさん:2018年05月13日 01:49 ID:.PKrFhfW0▼このコメントに返信
※137
中韓猿と日本を同列に論じるなよ。

儒教から脱却できたから、日本人だけがアジアで別格になりえた。
アジアに日本がなかったら、アフリカと大差ない。
142.名無しさん:2018年05月13日 01:50 ID:.PKrFhfW0▼このコメントに返信
※140
え?w

顔もスタイルも魅力も文化も科学も技術もカスだろ。
143.名無しさん:2018年05月13日 01:51 ID:.PKrFhfW0▼このコメントに返信
※139
まさにレーガン以降のアメリカ衰退だな・・・
144.名無しさん:2018年05月13日 01:59 ID:QE8GX4bG0▼このコメントに返信
あの周辺を支配してきた幾つかの王朝を中国と一括りにしてしまうからおかしくなる
145.名無しさん:2018年05月13日 02:11 ID:ssV.sAi90▼このコメントに返信
中国も言うほど追いついてないし、分裂と衰退と滅亡してるから、比べてどうするみたいな感じやん
確実に勝ったって言えるのモンゴルの時代ぐらいやろ
それも中国?みたいな話なのに
146.名無しさん:2018年05月13日 02:48 ID:k6SwfN930▼このコメントに返信
ルネサンスで、欧州に抜かれてるよ。

なんか、中国も世界も中国が凄かったみたいな勘違いしてるけど、
よくよく調べてみると全然大したことないって判明したって
研究者が言ってたと地政学のジャーナリスト?奥山さんが言ってたと思う。
147.名無しさん:2018年05月13日 03:16 ID:vydFuZd60▼このコメントに返信
先進文明名のっていいのは産業革命レベルの進歩あった文明だけぞ
支配層変わるだけのは当てはまらねーよ
148.名無しさん:2018年05月13日 04:19 ID:MUoyN.N80▼このコメントに返信
中国押しウザい

中国は文革2やって日本はやらない
アメリカはずっとその違いが何でだろう~って考えて理解できない、これで人類はfinish

結局、不都合な正解があってもメンタルの問題で受け入れられないわけだが、知るかボケって正解言い張り続けるヤツが在野にどれだけいるかが問題

日本人(の一定数)はこれが出来る
シンプルに言語の問題、日本語が豊穣なので退屈しないからずっと同じこと言い張るのが可能になる
中国語や英語だと暇になってつい猿とフェイストウフェイスのお喋りがしたくなってしまう、なので情に流されて、間違える。以上
149.名無しさん:2018年05月13日 04:25 ID:MUoyN.N80▼このコメントに返信
「中国押しウザい愚民シネ」って10年言い続けてたら、外人は飽きる
正直、私だって意外にネバるな~とは思うので、せっかくだからギリギリまで金儲けてサヤ抜くか?なんて心理が働いてしまう

ところが、日本語だと次どんな比喩で愚民ボコろう、もうちょっと美文でエレガントに愚民を罵倒したいって遊べるのでまったく飽きない
いずれ結果は出るので、その時、積み重ねが「日本さんさすが!」という評価になる
150.名無しさん:2018年05月13日 04:26 ID:vXVDyhPs0▼このコメントに返信
※146
その頃の欧州の文化、芸術、思想は今でも世界に影響を与え続けてるけど、当時の支那の文物なんてアジア域内ですら影が薄いもんな。

ミケランジェロはすばらしいと分かるが、その時期の支那の物ってなにがあるかすら知らん。

知らなくて困るとか、無教養だと思われない程度のものしかなかったんだろう。
実際、アカデミックな場で15~6世紀の支那文物なんか話題にもならないし、知らなくても通用する。
151.名無しさん:2018年05月13日 04:27 ID:e8.OziKa0▼このコメントに返信
中国は戦後出来た国なのでそんな歴史ない。
清は満州族の国で漢人の国じゃないし言葉も違う。
一くくりにするのはおかしい。
152.名無しさん:2018年05月13日 05:34 ID:B0SFRF.f0▼このコメントに返信
製品製造能力ではトップクラスだったのだが、海禁政策のため造船と航海能力を喪失していたもよう。
そこを植民地政策で侵略に長けた欧州の艦隊にボコボコにされる。
153.名無しさん:2018年05月13日 05:35 ID:UJGE66YV0▼このコメントに返信
※150
その頃に限定すると、陽明学、赤絵、本草綱目、天工開物 このくらいしか思いつかんからな。
後二者は優れた書物ではあるが、独創的というより、百科全書的にこれまでの実績まとめたものだからな。
しかも、当時、日陰者的扱いのものが多いと言うね。
154.名無しさん:2018年05月13日 05:36 ID:UJGE66YV0▼このコメントに返信
天工開物は明末だがすでに17世紀のものだな。ちと時代ずれるか。
155.名無しさん:2018年05月13日 06:21 ID:paUH4.hY0▼このコメントに返信
※41
ロシアとベトナムも同じタイプ。
156.名無しさん:2018年05月13日 06:46 ID:pKOAjvV00▼このコメントに返信
別に日本アゲ悪いことでもないだろ。10数年前のどんよりした空気に比べたらマシ

キ◯ガイは知らんが普通の奴は他国の優れた技術を見ながら日本の良さも理解するという単純なことも出来てるしな。
つか自国アゲとかするの日本だけじゃないからな
157.名無しさん:2018年05月13日 08:02 ID:nJKIg48h0▼このコメントに返信
毛沢東がミスってなきゃ五十年前にはアメリカ抜いてたのにな
158.名無しさん:2018年05月13日 08:30 ID:vXVDyhPs0▼このコメントに返信
※157
アホか、お前は。

ソ連でさえB-29の劣化コピーが精一杯、その後もどんどんアメリカの技術においていかれたのに、支那猿がアメリカに勝てるわけないだろ。

今の中国が大国化したのだって、たんにジャパンマネーが流れ込んだだけじゃねーか。
159.名無しさん:2018年05月13日 08:33 ID:Uqo.Tlxz0▼このコメントに返信
※132
敗軍の将を使い続けたのは帝国海軍の方だけだからな
陸軍はむしろ過剰にツメてる
フィリピン戦の失態の責任を取らされた本間中将なんか完全にとばっちり

160.名無しさん:2018年05月13日 08:36 ID:Uqo.Tlxz0▼このコメントに返信
金は天下のまわりもの
今の中国はぶっちゃけそれだけなんだが、それすら素直に評価したくない、できないとなると、いよいよ末期感が強いな
161.名無しさん:2018年05月13日 09:11 ID:Mmr852GV0▼このコメントに返信
※150
日本に関する限り、当時(明や清)の中国文化の影響は大きい
というか江戸期に多大な影響与えて以後の日本文化の流れを決めたぞ、、、

例えば日本画なんて、王鐸や奇想派の張瑞図とか、藍エイとかの写実画とか
円山応挙や伊藤若冲筆頭に山ほど模写や跋文が日本には残ってる、、、
日本のオリジナルはそ~ゆー中国のベースがあってからこそ生まれたものなんだよ、、、

ルネッサンスなんて西欧で起きた局地的革命(まぁキリスト教なければ意味ないし)
カソリック圏以外の世界への影響なんてほぼほぼ無いんだよなぁ、、、
162.名無しさん:2018年05月13日 09:28 ID:V5yyksD80▼このコメントに返信
※146

差が可視化したのはルネサンスかもしれんが、実際にはその大分前に大差を付けられていただろ

明治維新によく言われる事だが、下地があったから成ったのであって、
産業革命やルネサンスも無から沸いて出てきたのではない。

シナは何時も人口が多いからGDPもそれに比例して大きいだけであって、
本当の意味で先進的だったのは遠い昔の話だろう。
163.名無しさん:2018年05月13日 09:31 ID:V5yyksD80▼このコメントに返信
※161
>ルネッサンスなんて西欧で起きた局地的革命(まぁキリスト教なければ意味ないし)
>カソリック圏以外の世界への影響なんてほぼほぼ無いんだよなぁ、、、

真似したくても出来なかっただけじゃね?
単に影響が大きければ先進的って訳でもないし
164.名無しさん:2018年05月13日 09:51 ID:N9fgGKJV0▼このコメントに返信
ルネサンス期の欧州はオスマンがバルカン半島にまで進出してきてる時期で
とても他を圧倒できるような状況じゃない
芸術・建築・学問等の後世への影響は大きいのは確かだが
ヨーロッパという地域が大きな力を持っていたわけではまだない
オスマンや明といったようなその周辺地域に覇権を唱えていたわけでもない
165.名無しさん:2018年05月13日 10:16 ID:Gxwv01ZK0▼このコメントに返信
※161
近くだから影響はあるにせよ隋や唐、開国ほどのインパクトと比べるといかにも地味というか。
明はともかく清以降は文化の先進地というイメージは持ちにくい。
そしてよく言われるように16世紀以前の中国と中華人民共和国を連続した国として捉えるのは錯覚なんじゃないかと思う。
なんというかEU国の歴史といって古代ローマとナポレオンの帝国と大英帝国を並べるような
アジア人の国家古代イスラエルの後継として今のイスラエルを置くような。

ただ中国の今後を占うにおいてはかつて中華の地を支配した大国が参考にならないわけではない。
今のような腐敗と専制体制が続くならアメリカに肩を並べる国になることはないと思う。
166.名無しさん:2018年05月13日 10:19 ID:Mmr852GV0▼このコメントに返信
※163
ルネサンスって厳しいカソリック(教皇庁支配)に対抗する手段として生まれたもので、、、
実際、以後の西欧史の発展は軍隊にしても(カソリックなイタリアではなく)プロテスタントが主役となるわけで
だいたいルネサンス期の名作ってモナリザとか制作当時はほとんど宮廷に死蔵されてたわけで
オープンになってた作品はすぐ後の反宗教革命でイチジクの葉とか書き加えてたり修正入ってるし
ルネサンスってあんま長い歴史で生まれた必然ってもんでもないっすよ、、、たぶん、、、


※162
ルネサンス起こったイタリアは、大砲持ったフランスと神聖ローマ帝国に戦場(イタリア戦争)として蹂躙されたわけだから
強国や軍事大国という面から見ては、当時の中国もイタリアもどっちも評価できないと思うけど、、、
つかその基準だとオスマントルコが一番世界に影響与えた時代なんですよねぇ、、、
167.名無しさん:2018年05月13日 10:36 ID:91fIhJuu0▼このコメントに返信
中国で優れた文明が栄えたのは2000年以上前。DNAをしらべると現在のシナとは別物。

イタリアにいまいる連中(ドレイ、ギリシャ人傭兵、ゲルマンの子孫のみ)が、ローマ人の子孫という嘘をつくよりはるかに無関係。春秋戦国以降シナは連綿と文明を否定した奴隷制度とナンセンスな冊封体制、市場は栄えると役人が賄賂をとりすぎ萎縮、侵略者には金を渡して侵略をやめてもらい、額をケチると簡単に蹂躙され絶滅、再度異民族が汚物を支配して同じ繰り返し。つまり16世紀以前も犯罪と無法が跋扈する移民族に支配されつづけた汚物ダメ。

現在でもそう。
168.名無しさん:2018年05月13日 11:04 ID:Qf6aITWu0▼このコメントに返信
※143
アメリカ軍のシステムと民主選挙の方法を混同する白痴w
169.名無しさん:2018年05月13日 11:23 ID:9nOMuqd.0▼このコメントに返信
※166
ホイジンガの『中世の秋』を読むと、ルネッサンス期への移行前。
我が国の中世から近世への移行に類似するような中世の人間の世界観が分かる。

イタリアでは、人文主義的な解放に留まったのが、のちのプロテスタント圏との違い。
とは言え、都市国家主体のイタリア、領邦国家主体のドイツ、プレ国民国家となったスペイン。
そして、国民国家となっていくオランダ、フランス、英国の違いも踏まえないとならない、と思う。


170.名無しさん:2018年05月13日 11:32 ID:9nOMuqd.0▼このコメントに返信
※161
同文同種の錯覚に、特にシナ人は陥りやすい。
元禄文化~化政文化あたりまでに、基礎的な我が国の文化は完成しているのも事実。
彼らが今や近代化=日本化するために、真似=パクリをする。
現状の文化の流れは日本→シナであることは間違いない。

特筆したいのは思想的には江戸時代に、中韓経由の朱子学が、我が国で国学などと結びついて、
水戸学などのナショナリズム的一大転回を生んだ意味でも、彼らを超克したと言える。
陽明学の知行合一もどちらかと言えば実践したのは我が国。北伝の大乗仏教も本場は我が国になった。
こうした熟成度の差が大きすぎる。
171.名無しさん:2018年05月13日 12:16 ID:VEeKjHZl0▼このコメントに返信
その、ヨーロッパも、イスラム圏に色々と教わって成長した。
それまでは、暗黒時代。
吸収し合って、発展だよ。
172.名無しさん:2018年05月13日 14:00 ID:3mdmMB4L0▼このコメントに返信
アメリカの衰退ってw
ならその衰退してる国のドルを何で日本も中国も必死に溜め込んどるんやw
中国が発展してるっていうのもアメリカと貿易して稼いだドルの力ヤデ
173.名無しさん:2018年05月13日 14:22 ID:B0SFRF.f0▼このコメントに返信
イスラムに劣勢だったころのヨーロッパではタマネギは「敵性植物」扱いでこっそり食ってたとかもありました。
自然科学分野ではイスラムの方が先行してた印象の方が強いですね。
174.名無しさん:2018年05月13日 16:04 ID:dii.k1r30▼このコメントに返信
※168
知恵遅れのガイジ発見
175.名無しさん:2018年05月13日 16:07 ID:ZB8QMSsz0▼このコメントに返信
※126
流石に自由貿易でなければ海禁であるって考え方は流石におかしいと思うぞ
明代の海禁=朝貢貿易とは違って清代は特権商人による民間交易だからな?
明代の朝貢とは全くもって違う
それに遷海令は17世紀中に解除されてるし確かけんりゅうていの海禁は福建辺りの人々が反対して撤回されてたような
176.名無しさん:2018年05月13日 16:09 ID:dii.k1r30▼このコメントに返信
※172
実際に衰退してるぞ。

ベトナム戦争の頃は、あの規模の大戦争続けながらアポロ計画までやってた。
アメリカ人の実質所得のピークは1974年。

>ならその衰退してる国のドルを何で日本も中国も必死に溜め込んどるんや

軍事力の裏づけ。逆に言えば大金かけて軍隊維持しないと持たない。

>中国が発展してるっていうのもアメリカと貿易して稼いだドルの力ヤデ

日本様の投資と技術、ジャパンマネーの力に過ぎない。
日本に嫌われた今では、外貨不足で必死に日本に擦り寄ってる。
177.名無しさん:2018年05月13日 16:17 ID:dii.k1r30▼このコメントに返信
※161
だから、そういう昔の日本画といまの日本のアートシーンはほとんど繋がってないでしょ。

ルネサンス期イタリアの芸術を見たい人は世界中にいるが、明の時代の中国の芸術家なんて一人も
知らんわ。実際に知らなくても、世界のアートやデザインの教育、実践の場で困ることは一切ない。


178.名無しさん:2018年05月13日 18:09 ID:HHJ8NfLH0▼このコメントに返信
アールヌーボー知らん奴が絵画を語るなんて滑稽やな。

179.エンアカーシャ:2018年05月13日 18:32 ID:aQiNjS1K0▼このコメントに返信
全くのウソですね、

中国皇帝の国は、僅か700人の白人軍隊に敗北する程に、矮小な存在でした (通商条約締結時)、
<大砲>も、<ガトリング砲>も、<連弩>すらも無い、中国でした、
<上水道>も、<下水道>も、概念すら無く、
<電気設備>も、<蒸気機関>も、<電話>も無く、
遠洋航海技術すら、保有していなかった、

医療でも、数学の欠如により、記号や数式で薬剤を調合出来ず、効果の無い薬を製造、
鉱山は機械化されず、人力のまま、

学会が存在せず、<科学>の文言すら無い、
それが、当時の中国でした。
180.名無しさん:2018年05月13日 18:55 ID:dii.k1r30▼このコメントに返信
※178
「日本美術」が巨大な影響を与えたアール・ヌーヴォーの威光に支那美術を勝手にタダ乗りさせるなよ、図々しい。

特亜猿は、そういうことをやるから全世界で軽蔑される。



181.名無しさん:2018年05月13日 19:37 ID:9nOMuqd.0▼このコメントに返信
※177
確かに明代の美術を探求する必要はないな。
しかし、円山応挙や伊藤若冲の近現代のアートへの影響は無視できないぞ。

円山派の系統は弟子取り続けているからまだまだある。
伊藤若冲は、プライスコレクションで有名になって、ガチャなどサブカル的影響もあるし、
チームラボとか、インスタレーション作品作っているから、系譜は続いている。

まあ、シナ外しは正しいけれどね。
182.名無しさん:2018年05月13日 19:58 ID:dbe419Mk0▼このコメントに返信
 
 宦官がクソなイメージ
183.ネトヲヨ:2018年05月13日 20:33 ID:sB43JWvf0▼このコメントに返信
※132
ヨコはいいが、『教育システム』の話なんだが。。。
184.名無しさん:2018年05月13日 20:55 ID:KJgo5gTl0▼このコメントに返信
なんでこんなに関西弁多いんだ?

気色悪い

これ絶対偽関西人も混じってるだろ
185.名無しさん:2018年05月13日 21:01 ID:vign981k0▼このコメントに返信
※25
そうなんだよね。知らない人が多い?
多くの人が思ってる中国は漢民族なんだけど、漢民族が支配していた時代はそう多くない。
コメントにも何回も出てくる清は満州民族だし。今時これも知らない人がいるね。
でも数の力でどんどん取り込んでしれっと現代の巨大中国になってる。
無駄に美化しすぎ。
のんびりしていると、日本も飲み込まれるよ。

186.名無しさん:2018年05月13日 21:16 ID:GVCvmKi00▼このコメントに返信
※184
日本語の文章をまともに書けない朝鮮学校卒業生や在日工作員が、適当な関西弁でごまかしてるだけ。
関西人から見ればバレバレの偽装なんだけど、以前にそれを何度指摘しても完全スルーしたままコメント連投してた。



187.名無しさん:2018年05月13日 21:25 ID:GVCvmKi00▼このコメントに返信
※185
逆でしょ。

中国人でもまともな奴から我先に逃げ出して、三流の偽日本人、四流の偽アメリカ人になっていく。
文化的にも、精神的にも、日本やアメリカの奴隷として隷属していくんだよ。
残るのは何億もの阿Qだけ。

経済だって本当のところは国際通貨発行国の日本に首根っこを押さえられてる。
188.名無しさん:2018年05月13日 21:59 ID:9nOMuqd.0▼このコメントに返信
※185
近代以降のシナはほぼ一貫して、近代化=日本化。
むしろウザいくらいに、台湾香港含めてこちらに寄って来ようとする。
色々と不正に、フリーライドするくらいに。アメリカではアジア系でひとまとめにして乗っかるしな。

一例だけでも漢語の造語能力が、我が国の方が未だに強い。
サブカル周辺でも、妖怪、怪獣、魔物、魔法少女などそのまま使われる。
直訳すると、ライトノベル=軽小説、ヤンデレ=病嬌、ツインテール=雙馬尾、森ガール=森林系女孩など。

呑み込まれているのは、シナであって、彼らが自分たちは日本人だったんだ、と勘違いする未来が困る。
その論法で、日本本土を手に入れるのは正しいなどという斜め上ですらやりかねないぞ。
189.名無しさん:2018年05月13日 22:09 ID:qj54vqwy0▼このコメントに返信
※188
そもそも中国がこのままソ連崩壊ルートをたどる事を望んでいないからな
で、オバマがアメリカで人種統合に失敗し、EUがアメリカに見切りをつけたことをチャンスだと思っている
2011年の反日デモが中国人の本音であることに日本人の大半は受け入れていない

中国の本音は在日米軍がある日本と韓国、そして台湾がアメリカと関係を続けていることが気に入らない
そして大東亜共栄圏なる経済ブロックを作り、欧米が今まで景気が悪くなるとアジアに負担させていたことに反旗を翻した
自民党は日本人がどんどん餓死しようが、代わりに白人や黒人を入れてアメリカに売る準備をしている
そして野党は中国人に統治してもらった方が日本は平和に成ると思っている

つまり終わっているのは日本の政治家や官僚は「より強い国に守ってもらう」とう韓国の事大主義に染まっていること
190.名無しさん:2018年05月13日 22:27 ID:9nOMuqd.0▼このコメントに返信
※189
去年12月、トランプ政権が新戦略を発表してから、中露~北朝鮮・イラン・シリアまとめて合衆国の敵だぞ。
1980年代中盤の対ソ戦略と対日戦略を応用して、連中を潰しにかかっている。

共産党は「Made in China 2025」という産業政策で、情報技術のヘゲモニーで米国を凌駕するつもりで、
我が国から生産財を爆買いして、対中貿易赤字が前年比3割のスピードで減っていた。

米国はセーフガードを手始めに米中貿易紛争を仕掛け、イランに不正輸出した件で携帯メーカーZTEと、
米国企業の取引を7年間禁止、これであっという間にサプライチェーンが止まり、ZTEは生産停止、破綻だろうな。

イランとの核合意からも離脱、制裁を再発動する。独仏などが合意に留まろうとしても、ZTEのように、
商務省や財務省の制裁で、企業は即死するので、合意は瓦解する。

合意瓦解で、イランは経済制裁で行き詰まり、シリアやイエメンへの内戦介入が出来なくなり、
同じくアサド政権に支援を続けるロシアも行き詰まる。彼ら自身への制裁も解除されていない。
この前は、プーチンの友人が理事長を務める国際チェス連盟が、口座を押さえられ死亡確実。

北朝鮮にはリビア方式の大量破壊兵器放棄を迫り、中露もさすがにこれで安保理決議などで反対しづらい。
日英米に豪州、カナダも臨検に加わっており、海洋国家群の同盟はほぼ中露封じ込めの体制に入っている。

あなたの妄想はまったく的外れだろうね。
191.名無しさん:2018年05月13日 23:32 ID:2t4hyxZ30▼このコメントに返信
はぁ?
統治者が変わっても、ずっと、人食い土人国やろ?
192.名無しさん:2018年05月14日 00:43 ID:EfDgwBDE0▼このコメントに返信
※189
幼稚な妄想に突っ込んで悪いけど、中国は日本様の家畜であって、「上に立つ」「支配する」というのは単なる特亜猿の願望。

実際には頭脳でも財力でも腕力でも日本の足元にも及ばない。

自国通貨はゴミ、軍事技術は30年前の日本にも追いつけない、頭脳、科学、技術では京都一都市にも勝てない、それが現実。

中国強いと妄想する特亜猿は、知恵遅れの小学生が十人集まったら、東大卒の金持ち一流格闘家一人に頭や腕力で勝てると吼えるようなもの。
193.名無しさん:2018年05月14日 01:02 ID:fbpZHdOa0▼このコメントに返信
おい中国をリスペクトしろ
今の体制は気にくわないが長年世界の表舞台にいたし、日本への影響力も凄まじかったはずだ
中国は存在しなかったとかいう糞みたいな議論はなしな
あと、ネトウは脳内お花畑すぎる。いわゆる、普通の人とはちがうねユニーク
194.名無しさん:2018年05月14日 01:09 ID:DvkiQm970▼このコメントに返信
※193
リスペクトというものは、自然な振る舞いで集まってくる。
命令形で言う時点で間違っている。
輿望を集めるのが不可能だ、と気付けない輩に当然、リスペクトは集まらない。

現在のシナ人は、人心を借りた天意が皇帝を決めるのだという昔のシナの思想すら忘れてしまった。
その点でやはり、シナはもう存在しないのだろう。
195.名無しさん:2018年05月14日 01:41 ID:EfDgwBDE0▼このコメントに返信
※193
世界からリスペクトされるのは日本人であって劣等民族・支那猿ではない。

ノーベル医学賞がやっと一人出ただけの土人国のどこをリスペクトしろと?
公害への耐性か?w
196.名無しさん:2018年05月14日 06:39 ID:mHJaKQTX0▼このコメントに返信
ゲーテがやってたことって、中国の諸子百家の思想家とそっくりだなあと、高校の時思った。
実は中国は近代国家になる要素は紀元前に出尽くした感ある。ただし、技術が伴わず、思想だけに終わったが。
197.名無しさん:2018年05月14日 08:04 ID:vepWFWDb0▼このコメントに返信
支那人が中国と言い張っているのは地域名であって、国や文化、民族、王朝、何一つ継続してない新興国
支那共産党の歴史は70年
198.名無しさん:2018年05月14日 20:42 ID:EOEl70xp0▼このコメントに返信
数千年間 ドレイシナチョウセンアジアの掃き溜め

数百年間 家畜シナチョウセンアジアの汚物

現行   白人の金で教祖様が肥大したテロカルト信者の巣窟

一貫して変わらないことは、歴史はねつ造、政治は宣伝、経済はゴミ、社会は無法、教育は洗脳、外交は嘘、科学はパクリ、存在がアジアの恥。

お名前