2018年05月05日 23:05

ならどうやれば大東亜戦争に勝てた?

ならどうやれば大東亜戦争に勝てた?

pixta_10598939_S


引用元:ならどうやれば大東亜戦争に勝てた?
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1524963256/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 09:54:16.633 ID:FcHq6ifV0
批判ばかりで対案を出せないなら日本の野党と同じ

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 09:55:11.252 ID:Kqs0Tqxo0
アメリカと戦わないで済む方法があればあるいは

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 09:56:44.189 ID:FcHq6ifV0
>>2
究極はコレなんだが

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 09:58:58.767 ID:3Wj1Qzgn0
>>2
ゼロの使い魔を書いた作者は軍事関係にめちゃくちゃ造詣が深かったんだが
同じようなことを言ってたな

戦争が始まる前に解決するチャンスが日本の歴史上確実にあったとのこと

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:12:39.238 ID:Kqs0Tqxo0
>>13
やっぱ日米開戦は避けるべきだよな

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 09:55:27.365 ID:ECnDy1dcM
ソ連と手を組む

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 09:56:44.189 ID:FcHq6ifV0
>>3
スターリンとか信用度ゼロで危険すぎる

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:12:39.238 ID:Kqs0Tqxo0
>>13
やっぱ日米開戦は避けるべきだよな

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 09:57:36.492 ID:+/3YwGz50
米本土速攻(Hoi4脳)

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 09:58:08.086 ID:2//VXcTDr
真珠湾じゃなくてイギリスやオランダの植民地を攻撃する

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 09:59:55.849 ID:FcHq6ifV0
>>9
仏領インドシナ進駐であれだけ反発されたのにイギリスやオランダの植民地に武力攻撃したら即アメリカ参戦だろ

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 09:58:28.565 ID:FcHq6ifV0
アメリカと戦わないですむには中国本土からの撤退と満州国をアメリカ資本へ開放する?
くらいか
たぶんこれを決断した総理大臣は暗殺されるな
間違いなくwww

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:00:50.375 ID:Kqs0Tqxo0
>>10
当時の内外の情勢でアメリカとの対戦を回避するのは正直至難の技だよな

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:04:10.135 ID:FcHq6ifV0
>>16
よほどの政治的天才か悪魔みたいな独裁者の強権で軍部や議会や国民を押さえないと無理だな
でその後の日本が経済大国になれるか?というと難しいかも
巨大な軍隊を抱えて産業は貧弱で市場たる植民地が無い

さてw

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:12:39.238 ID:Kqs0Tqxo0
>>20
>よほどの政治的天才か悪魔みたいな独裁者の強権で軍部や議会や国民を押さえないと無理だな

同感だわ

昭和初期頃は増大する軍事費抑える動きは何回かあったような
実際に予算縮小されたり
海軍軍縮条約も背景の一つとして列強諸国が軍事費減らしたいってのもあったそうだし

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 09:58:35.976 ID:Ht7Zskig0
満州事変がよくなかった
リットン調査団がいくら日本贔屓だったとはいえ、あんなことやれば国際社会に批判されるのは見えていた

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:01:10.229 ID:FcHq6ifV0
>>12
まあそうなんだが…

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:04:55.967 ID:Ht7Zskig0
>>18
それやったらソ連に攻めこまれて日本はどの道終わりか

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:07:03.090 ID:FcHq6ifV0
>>21
中国東北部に浸透してくるソ連は朝鮮半島に防衛ラインを引いて死守するしかないか
ただ海軍でソ連を圧倒しているから日本本土は核兵器をソ連が開発するまでは安心だな

22: 万民の神 ◆banmin.rOI 2018/04/29(日) 10:06:04.706 ID:vdKL8AUR0 BE:396731329-BRZ(10125)
そもそも国家体制に重大な欠陥があったからどんな人材が居ても無意味
明治憲法そのものに問題があって、軍部の力が大きすぎる。
いずれ軍が暴走することは分かっていたこと。
陸軍大臣か海軍大臣が賛同しなければ閣議決定も出来ない。
内閣総理大臣の地位は今よりずっと低かったし、軍人や皇族であることが多かった。 
日本は一つの政府で、陸海軍二つの軍隊を統制しなければならなかったが、コントロールは不可能だった。

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:09:01.710 ID:FcHq6ifV0
>>22
明治憲法は存在したことに意味が有ったので賛同出来んな
そもそも軍が暴走した、などと単純な話ではない
国民が求めたんだが

32: 万民の神 ◆banmin.rOI 2018/04/29(日) 10:13:38.306 ID:vdKL8AUR0 BE:396731329-BRZ(10125)
>>24
国民は求めていなどいない
アメリカが日本を12歳の子どもに例えたように民主主義は未熟であり、ただの軍部の暴走

34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:15:05.483 ID:FcHq6ifV0
>>32
軍部に対する国民の支持が有ったからこそ厄介な話なんだが
国民は明らかに熱狂していた

38: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:20:15.037 ID:8iVlgqF4p
>>34
当時の軍の日記を見れば分かるけどアメリカに対する開戦は民衆からの慎重論が強くハルノートの提出に
「これで国民も腹をくくるだろう、めでたい」
と残してる

真珠湾攻撃の成功に湧いたのは確かだけどね

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:09:19.265 ID:72QwfKbD0
真珠湾やらずにオランダから石油掠めとる
シンガポール後インドへ

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:10:20.441 ID:FcHq6ifV0
>>25
だからアメリカがすぐ参戦するからそれは無理

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:10:03.788 ID:D+3L5kPI0
蒋介石の抱きこみとアメリカの世論工作と日本国内の防諜
鎖国ではなく国外への浸透を図るべきだった

29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:11:40.290 ID:FcHq6ifV0
>>27
国民党はブラックホールであってアメリカですら完全にコントロール出来なかったのに日本に出来るだろうか?
出来れば中国本土から撤退する好機になるだろうが

36: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:18:18.375 ID:D+3L5kPI0
アメリカの黒人の組織化を図って公民権運動を15年早く起こせば
人種対立に手を焼いてアジアに手を出すどころじゃなくなる

40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:21:33.455 ID:Kqs0Tqxo0
>>36
明石元二郎をアメリカにも送るべきだったか

42: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:28:50.677 ID:Ca7TTtiG0
ルーズベルトは意地でも日本と戦争して金稼ぎしたかったからありとあらゆる方法でプレッシャーかけるから開戦不可避だろうな
当時のアメリカは日本は1年以内に倒せると思ってたみたいだし文字通り片手間で倒す予定だった

44: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:32:33.433 ID:8iVlgqF4p
>>42
アメリカを三カ月で黙らせると言い切った帝国軍もなかなかだぞ
この根拠の無い自信をどうにかして納めないと開戦はやはり不可避だったと思う

46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/29(日) 10:34:50.233 ID:3S//u8nR0
素直にハルノートを「嫌どす」って丁重に何が悪くて相手を不快にさせるかを赤ペンで手直ししてお返しする時に世界にばら蒔く形を取る

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年05月05日 23:09 ID:To8zPLJI0▼このコメントに返信
歴史家が日露戦争後の昭和天皇陛下に生まれ変わっても無理だな
2.名無しさん:2018年05月05日 23:10 ID:G0NOeBsL0▼このコメントに返信
戦っちゃいけなかったんだよなぁ。
3.名無しさん:2018年05月05日 23:13 ID:GZ3iNzWL0▼このコメントに返信
勝たなくていい気がする
4.名無しさん:2018年05月05日 23:15 ID:U8clADP20▼このコメントに返信
鎖国して中国や朝鮮半島を米国に差し出す
5.名無しさん:2018年05月05日 23:17 ID:qs7Hj8Ka0▼このコメントに返信
とはいえあの敗戦があってアメさんの庇護があったから経済大国日本があったわけで
戦争では下手を打ちまくったがその敗け方とその後の身のふりかたはすごいと思うわ
6.名無しさん:2018年05月05日 23:18 ID:CIkwo1A80▼このコメントに返信
さつま芋は血の気が多いのでこいつらに権力与えたら戦争は回避できない。
しかも精神論でインパールを勝とうとするやつらだ。
明治維新の段階までさかのぼって、さつま芋を政治の中枢から長州が追い出せればなあ。
7.下流老人:2018年05月05日 23:19 ID:Ly3WIIJk0▼このコメントに返信
勝ってもアメリカに睨まれ何れ潰される、まあ普通に勝てないから戦うほうがアホ。
8.名無しさん:2018年05月05日 23:20 ID:XzRiBnbZ0▼このコメントに返信
早い時期に蒋介石を暗殺しとくべきだった
9.名無しさん:2018年05月05日 23:23 ID:DXIK9.su0▼このコメントに返信
英蘭の植民地を攻撃すればアメリカが参戦すると言ってるが、ルーズベルトは不戦を公約に当選してるから参戦するかは微妙では
植民地と海で英蘭と戦うだけならアメリカが自分から殴れるほどの民意が得られなかった可能性はある
10.名無しさん:2018年05月05日 23:23 ID:B2uZe0ur0▼このコメントに返信
アメリカの属国になるという結果的に大成功した選択肢は、敗戦しないかぎりは無理だろうね。
11.名無しさん:2018年05月05日 23:25 ID:T3QpgPL20▼このコメントに返信
枢軸国側として戦ったうえでの勝利、ということなら1939年の時点で英仏に宣戦して2次大戦に参戦
アメリカがまだ何もしないうちに東南アジアを制圧して、インド中東方面へ向かう
そして圧倒的優位な状況を作り上げて、アメリカ世論にさらに強力な不参戦の機運を盛り上げさせる
で、アメリカの不参戦が確定的になり、イギリスの財政が危険値に達したところでなんとか講和に持ち込む

アメリカと戦ったうえで勝利は無理
12.名無しさん:2018年05月05日 23:27 ID:ZyC6ylxB0▼このコメントに返信
日英同盟は大切にして欲しかった
13.名無しさん:2018年05月05日 23:27 ID:nM.RCeGX0▼このコメントに返信
1つや2つくらい改善した程度は勝てるわけがない。
それぐらい大差がある。
14.名無しさん:2018年05月05日 23:28 ID:GlLurEJG0▼このコメントに返信
ドイツがソ連に攻め込まなければその戦力を使えるんだから大きく変わってたろう
攻め取れば何かを得られるってわけでもなし、ソ連に英米に与する理由があるわけでもなし
何なの一体
15.名無しさん:2018年05月05日 23:29 ID:j24Tm9Dv0▼このコメントに返信
>アメリカと戦わないですむには中国本土からの撤退と満州国をアメリカ資本へ開放する?
ドイツがソ連に侵攻した際に日本もソ連に侵攻すれば対ソ戦に全力を上げるからという理由で中国本土からの撤退はなんとかなりそう。
対ソ戦やれば「日本は共産主義と戦ってる」というプロパガンダでアメリカ世論を味方に出来るのでは?

っていうか対ソ戦やれないならドイツと同盟しなきゃ良かったんだよ。そうすれば、アメリカの態度も多少はマシになっていたはず。
16.名無しさん:2018年05月05日 23:30 ID:AFH7Gro30▼このコメントに返信
日露戦争を大東亜戦争と呼ぶ
17.名無しさん:2018年05月05日 23:32 ID:kxq92x350▼このコメントに返信
勝利方法を書いたら書いたで論拠も聞かず批判しまくるクセに。まあいい。後出しだから好き放題書くぞ。

アメリカが財政破綻するまで開戦時期を遅らすべきだった。軍艦の大量生産とか維持コストの掛かりまくる公共投資をやったのだからあんなのが何の成果も出せず3年とか5年とか先延ばしにされたら財政がもつ訳がないんだよ。ついぞこないだまで大恐慌だったのだからな。レンドリースったってアメリカの財政が厳しくなればこれも続かない。
石油の確保だが南方から持ってくればよろしい。要はアメリカが開戦に踏み切れなければそれで良いのだからアメリカとだけ戦わなければよろしい。イギリスオランダに勝つのは歴史が証明している。統計でも南方の石油は潤沢で節約すれば日本の需要は賄えた。開発が進めば或いは贅沢に使っても問題なかったかもしれない。
アメリカ財政が破綻したところでハワイ攻略。必ず全島占領し陣地として確保出来るだけの陸上戦力も投入する。開戦時期を遅らすのだから人員の都合くらいつくだろう。補給はそれこそ信濃辺りを補給艦にでも転用したらよろしい。燃費は悪いが足は早い。魚雷何発か食らっても沈まない。容量は無闇とあるが補給船何隻分だ?
ハワイが日本の陣地となればアメリカにとっては難攻不落になる。西海岸から経由地無しで攻めてこなければならないし大破すれば帰還出来る見込みは薄くなる。極めてリスキー。ハワイが日本のものとなったらキルジャ○プ言う以前にルーズベルトの進退が危うい。完全に大統領の責任問題。
開戦が遅れればナチスが地盤を固めるだろうから史実より攻略にリスクが伴う。それでも日本を叩くよりかはナチスを打倒した方がアメリカにとって経済性が良いため欧州方面に注力するだろう。ナチスドイツはアメリカに負けるかもしれないが日本は講和で終了。ハワイが獲れて大東亜共栄圏が完成するので日本の勝ち。
18.名無しさん:2018年05月05日 23:33 ID:z2K4i8nK0▼このコメントに返信
開戦前、最後の御前会議で永野軍令部長は日本の立場を豊臣家に例えている。そこまでわかっているなら
篭城しても無駄だから討って出るではなく、この状態で戦っても負けるのは確実という結論に至って欲しかったな。
19.名無しさん:2018年05月05日 23:33 ID:GlLurEJG0▼このコメントに返信
>>15
日本はシベリア出兵の経験があるんだからソ連なんて得るもののない不毛な土地に攻め入っても
ゲリラ戦で消耗するだけだっての容易に想像できんだろ
20.名無しさん:2018年05月05日 23:33 ID:F.doN.pq0▼このコメントに返信
開戦前に工作員を大量に送り込み、米国の油田を全て破壊。
21.名無しさん:2018年05月05日 23:34 ID:NXLHesmD0▼このコメントに返信
ルーズベルト親電が、日米開戦前にきちんと、天皇陛下に届いていたら日米開戦は防げてた。
社会主義に傾倒していた官僚の妨害が無ければ、日米で戦争なんてしてないよ。
22.名無しさん:2018年05月05日 23:35 ID:YzwfYvOL0▼このコメントに返信
※9
米国では中立法成立してるって大体の人が無視するよね、、、
国内情勢がそ~なのに、英国に宣戦布告したらフィリピンの米海軍が日本商船攻撃する
って前提が一般的なのは納得がいかない、、、
23.名無しさん:2018年05月05日 23:37 ID:AFH7Gro30▼このコメントに返信
※18
域内の浪人がそれじゃ満足せんかったんだろうなあ
24.名無しさん:2018年05月05日 23:38 ID:YzwfYvOL0▼このコメントに返信
※19
少なくとも陸軍は、一式戦車とか一式四十七粍戦車砲とか、対ソ戦に向けて準備してたぞ、、、
対米戦はあくまで海軍の都合だから、、、
25.名無しさん:2018年05月05日 23:40 ID:6M05wzjd0▼このコメントに返信
この手の話題の時には必ず出てくるのが「アメリカには喧嘩売らずイギリスとオランダフランスの植民地だけ奪えばいい」こんな事をいう奴が出てくるけど、本当に馬鹿だよな、それら3カ国の植民地の傍にはアメリカの植民地フィリピンがあるんだからアメリカが黙ってる筈ない
26.名無しさん:2018年05月05日 23:40 ID:kxq92x350▼このコメントに返信
※20
油田はともかく経済パニックを引き起こさせるのは効果的かもだな。大恐慌をぶり返させたらよろしい。かなり効く。
27.一言主:2018年05月05日 23:42 ID:dwyZDYY60▼このコメントに返信
二日酔いで宣戦布告書を送れて出した怠慢大使館員はワシントンで腹を切るべきであった!

この怠慢官僚が戦後外務省幹部になり事務次官にまでなり勲章までもらった!

戦前、戦後とも怠慢外交であったことは事実!
28.名無しさん:2018年05月05日 23:42 ID:3i7kpYrt0▼このコメントに返信
レンドリースの8割が太平洋航路だったから、これを妨害してれば、独ソ戦はドイツの勝利だった。
でも、開戦後も日ソ中立条約を馬鹿正直に守って妨害しなかった。
29.名無しさん:2018年05月05日 23:42 ID:RWS0BJIw0▼このコメントに返信
スパイの駆逐にもっと力を入れるべきだったな
後日露戦争の様にアメリカ内部の工作をやるべきだった
黒人解放運動をね
30.17:2018年05月05日 23:45 ID:kxq92x350▼このコメントに返信
※25
そりゃ多分俺だ。
イギリス本国がナチスに脅かされていてもアメリカは参戦には踏み切らなかったのだ。植民地如きで参戦するわけないだろ。
フィリピンだっけ?アジアの開放のために日本は戦ったとか言ったらあそこはアメリカが独立させるはずだったとか言うわけだろ。
アメリカが国益としてフィリピンを守ろうとする理屈ならアメリカは情勢が許せばフィリピンを手放す気が無かったってことになる。
31.名無しさん:2018年05月05日 23:45 ID:z2K4i8nK0▼このコメントに返信
開戦直前に問題になるのは、中国大陸の権益放棄をどうやって陸軍と世論に納得させられるか?ということ。
こうなってしまったのは大陸侵攻が原因になる。ということは大陸侵攻を防ぐ手段は無かったのか?
ということで考えると、満州に侵攻したのは朝鮮を守っていた部隊なので、日本軍が半島にいなければ
満州侵攻は無かったことになる。半島からの部隊侵攻を防ぐ方法は無かったのか?と考えると
半島を併合したのがそもそもの間違いで、半島は滅ぶに任せるのが楽に敗戦を防ぐ方法だったことになる。
こうしていれば勝利は無かったかもしれないが、敗戦は無かったかもしれん。
32.名無しさん:2018年05月05日 23:47 ID:zarI5tOO0▼このコメントに返信
正直無理でしょ
でも上層部が原爆落とされたけどソ連が講和仲介してくれるから大丈夫なんてお花畑じゃなきゃもう少し早く終わってた
33.名無しさん:2018年05月05日 23:48 ID:DXIK9.su0▼このコメントに返信
※25
そりゃ黙ってはいないだろうけど殴ってくるかは別だろ
ルーズベルトは不戦を公約に大統領に当選したし、この時期のアメリカはまだまだモンロー主義を拗らせてた
フィリピンの周りを押さえたら凄まじい抗議と経済制裁が来るのは確実だが宣戦布告まで来るかは疑問だな
34.名無しさん:2018年05月05日 23:49 ID:1vFwkGNZ0▼このコメントに返信
「どうやれば(アメリカとの)大東亜戦争に勝てたか」という命題に対し、
「アメリカとやらない」とか言ってるのっておかしいんじゃない?
どうすれば大学入試に不合格にならないか。=>入試を受けない みたいな話だ。 それじゃ、一休さんかと。
35.名無しさん:2018年05月05日 23:49 ID:Z7SJVeqx0▼このコメントに返信
間違いなくアメリカに譲歩して満州を門戸開放するべき
中国側は日本のみならずアメリカ人に対してもテロを繰り返すだろうから
日本の国民の心情を伝えやすくなるだろう
一方でアメリカにとっては(アメリカは、戦争とか動乱が無ければ平穏な農業国であり)中国を例え「制裁(あるいは懲罰)」するにしても、結局は距離が遠い(平穏な農業国でもあり)ので、出兵は日本に依頼せざるを得ないだろう(仮に米軍が一部動員されても長続きしないし)(そもそも心情は日米が「中国が、仮にテロ的手段を講じる限りは」同調される)
とすると、中国が欧米的な資本主義や自由貿易(仮に差別的・白人優位なモノだとしても)温和に「ルールに従わざるを得ない」だろう
おそらくは正史の50年代から60年代に民族自決的な独立の機運が高まって、それでも日本なりアメリカなりは大陸から撤退されるだろうが、日本は南洋、樺太、千島、台湾を失わない(たぶん朝鮮は民族自決を採択して独立)アメリカに至っては公正な貿易が保証されるならという事で日本と同調する形で意を挟まない(いうて中朝の一部の漸減に乗る場合があるかもしれないが)
同時期に独ソ戦があったとしてもいずれが勝者になっても問題はない

そもそもハルノートを受け入れていて満州を放棄していても、南洋、台湾、朝鮮、千島は安堵される(いずれ朝鮮半島では独立機運が高まるだろうが)時系列次第では早晩満州にテロがあふれてアメリカとしては日本の軍事的な支援に依頼せずにはいられないだろう(こんどはアメリカの承認の上での再度の「満州事変」というシナリオになる)
36.名無しさん:2018年05月05日 23:51 ID:vuur2p0o0▼このコメントに返信
紺碧の艦隊定期
37.名無しさん:2018年05月05日 23:51 ID:K4W8AvHT0▼このコメントに返信
反日の当時の米大統領で終了、コイツを叩き落すか大戦で2連勝以上に持ち込まない限り困難、ハルノートを出す前に対米外交で解決?
他にも手があるがその先は秘密だ。
勝利?何をもって勝利と言えるか?

※1 歴史は少しの歪みで変わる
38.名無しさん:2018年05月05日 23:52 ID:.cS9fzSK0▼このコメントに返信
ヤムチャがどうやったらフリーザに勝てるかって話だよなw
39.名無しさん:2018年05月05日 23:52 ID:GlLurEJG0▼このコメントに返信
世界恐慌でブロック経済が始まってんのに満州を譲渡するべきとか
あほか
40.名無しさん:2018年05月05日 23:52 ID:24WiR6bP0▼このコメントに返信
どうやったら勝てた?

開戦の雲行きになる前までがある意味全て。要は日頃の外交(時に協調外交)が肝。
いわゆるロビー的な活動・工作活動などの取り込む行為とその達成そしてそのキープ。欧米、特にアメリカに対して。

今も昔も国際的な世論作りの大切さ。
41.名無しさん:2018年05月05日 23:52 ID:OGZ5a6a90▼このコメントに返信
※31
満州国建国は、中華民国が国家継承における条約継承否定説を根拠に、
前の清国と日本の条約など無関係だとして日清通商航海条約の破毀を一方的に宣言し、
日本人に対する土地・家屋の商租禁止と従前に貸借している土地・家屋の回収が図り、
間島や満洲各地の”朝鮮系”日本人居住者は立ち退きを強要されあるいは迫害されたのが大きな要因。

元々、朝鮮半島を日本本土を守る壁にするために併合したのに、
壁になったはずの朝鮮半島にいる日本人となった朝鮮人が中国の盗賊や軍閥から被害を受けたら
彼ら”日本人=国民”を守る新たな壁を作る大義名分を陸軍が掲げ、
その新しい壁が被害を受けたらまた壁を作りに際限なく中国奥地へ際限なく進み続ける羽目になった。

朝鮮人を大儀名分に使える地位=国民にしてなければ陸軍に口実を与えなかったし、
中国の軍閥や盗賊が襲撃してきても、朝鮮人で被害を吸収し、朝鮮中国の境界線まで追い返すだけで良かった。

そうすれば成敗を理由に陸軍が勝手に国境の外へ出動することもできず、
成敗される側の中華民国が被害者面をしてアメリカでロビー活動を行い、
中国を助ける正義の味方のアメリカが出張って日本を制裁するマッチポンプは成立しなかったし、
そのマッチポンプがハル・ノートまで行くこともなかった。
42.名無しさん:2018年05月05日 23:52 ID:kxq92x350▼このコメントに返信
※33
経済制裁はもう受けてるがな。宣戦布告はちょっと無理だな。日本が卑怯で悪いヤツってキャンペーンが打てないと世論が動かない。
植民地はアメリカの国土ではない上に他国の植民地ともなれば尚更アメリカは関係ない。嘘か本当か知らないがアメリカはフィリピンを解放させるって建前だったようだしフィリピンを攻略したとして開戦に至るかすら怪しい。
43.名無しさん:2018年05月05日 23:54 ID:auDVlHLk0▼このコメントに返信
将棋で例えるなら、一手で3駒動かせて持ち駒が5倍持ってる奴と戦うようなもんだ
どこか一手に待ったをかけたところで結果は変わらん
44.名無しさん:2018年05月05日 23:54 ID:N9g1jjQI0▼このコメントに返信
※20
ついでにパナマ運河破壊しとけばかなりの大打撃だな
45.名無しさん:2018年05月05日 23:56 ID:24WiR6bP0▼このコメントに返信
39
譲渡しないまでも、満州というカード使って何か手を打てたような気はする
46.名無しさん:2018年05月05日 23:56 ID:z2K4i8nK0▼このコメントに返信
※34 
_人人人人人人人人人人人人人_
>だってかつ方法が無いんだよう <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 ゚ 。 ,∧_∧ ゚。
 ゚ ・(゚´Д`゚ )。 ウワワワワワーン!
    (つ   ⊃ 
     ヾ(⌒ノ
      ` J

47.名無しさん:2018年05月05日 23:58 ID:FuwlpKWZ0▼このコメントに返信
※33
参戦されたらどうすんの?ってのがどうにもならなかった
一触即発の状況で自国が開戦決意してる状況で「蘭印のアメリカ権益を踏みにじっても
参戦してこない」って考えるほどお花畑じゃなかったんだよ
しかも参戦された場合に致命傷を負うのが見えてる状況で無視なんかできるわけがない

航空機で圧倒とかその時点では全く不明
フィリピン健在な中太平洋艦隊に出てこられ英東洋艦隊にも出て来られたらどうにもならん
POWなんか東洋艦隊の一部でしかないからね

48.名無しさん:2018年05月05日 23:58 ID:OGZ5a6a90▼このコメントに返信
※41の補足
日本の過ちは「善良」だったということ。
1世紀も前から異人種を人間として扱ってパリ講和会議で人種的差別撤廃提案を行ったのは未来に生き過ぎてた。
大東亜戦争開戦当時、日本軍を迎え撃ったイギリス等は現地の植民地兵を先に突撃させて被害担当にしてたし、
アメリカは20世紀後半のベトナム戦争でも黒人を先に行かせる肉の壁が横行していた。
日本が欧米から技術だけでなく考え方まで学ばなかったのが失敗。
49.名無しさん:2018年05月05日 23:58 ID:ik.q5GId0▼このコメントに返信
米英を味方とする為に、中国を貶める宣伝工作を行う。
中国が米英の中国権益を取り返そうとしているとか、ドイツと協力して軍事力の増強をしているのは、東南アジアにある欧米の植民地を奪うためだとか言って、欧米の敵は日本ではなく中国だと、その矛先を変えさせれば良い。

それを出来る材料は有ったと思う。
50.名無しさん:2018年05月05日 23:59 ID:gtvE935t0▼このコメントに返信
こんなの簡単だよ
日露戦争直後、遅くとも伊藤博文暗殺前に山縣有朋を暗殺すればそれでOK
日露戦争前から死ぬまで山縣が何をしたかを調べれば解る
己が権力の為に国家をゆがめて壊したのはこいつ
悪名高い統帥権の独立も陸軍を使って政府を掌握する為に山縣が提案し元老を盾に押し切った
51.名無しさん:2018年05月06日 00:00 ID:v61f2fTw0▼このコメントに返信
ドイツはイギリス本国と戦争している一方
日本が英蘭の植民地に限定して攻撃した場合、米国がどう動くか、ってのは確かに興味ある話やな
関係は絶対に悪化するのは分かるが、それがどの程度なのかガチで考察した話は意外とないんだよな

大東亜戦争に関しては、当時のトップクラスの層が最初からドイツ頼みとほぼ結論付けている以上
日独関係の強化とドイツ支援に徹頭徹尾回るぐらいかなぁ
52.名無しさん:2018年05月06日 00:00 ID:WJYw.2SP0▼このコメントに返信
アメリカとの開戦をどうすれば避けられたか
俺はドイツとの同盟があかんかったと思うけどね
いわゆる裏口参戦論は割と正しいと思ってる、ドイツと軍事同盟結んでなかったら
アメはあそこまで無理やり日本を戦争に引きずり込んだりはしなかったと思うし
中国問題はいくらでももっと穏当な形で手打ちにできる可能性はあった
53.名無しさん:2018年05月06日 00:01 ID:AdkfFMEx0▼このコメントに返信
※34
大東亜戦争の相手は米国英国オランダの三国だったわけで
そのうち米国だけは戦わない(宣戦布告しない)ってのは、ありえる選択だよ、、、
(例えばイタリアはフランスに宣戦布告した一年後に英国に宣戦布告してる)

問題は、なぜ一番最初に米国殴ったのか、って部分なのよ、、、
真珠湾攻撃は結果論的にはハワイ基地はすぐ再建され米海軍の機動艦隊を逃したわけで
戦果的には意味はあっても、戦略的に意味はなかったわけで、、、
真珠湾殴らないで香港マレーシンガポール攻略すれば、少なくとも米軍の通商破壊戦はなく
南方からの輸送に悩むことはなかったし
そして南蘭のパレンバンで産する石油ってのは当時の日本の石油消費量とほぼ同じだったんだよ、、、
54.名無しさん:2018年05月06日 00:04 ID:GNrPXCtW0▼このコメントに返信
ユダヤ人保護してユダヤ特区作ってユダヤ人味方にして満州事変、仏印進駐、真珠湾やらないで戦争の口実与えないで日本から戦争しかけないで時間稼ぎつつアメリカまで届く4発重爆と核密かに作らせてアメリカより先に核作って出来上がり次第公表。日本の怖さ思い知らせて核の力で戦争回避。
そんでもって対ドイツ戦線に参加するからと言えばもうイギリス、オランダ、フランスも大歓迎よ。
55.名無しさん:2018年05月06日 00:05 ID:NEqVuC1L0▼このコメントに返信
※53
フライング・タイガースは
56.名無しさん:2018年05月06日 00:05 ID:6zkTZjQu0▼このコメントに返信
少なくとも明治以降の日本ではアメリカに勝つ可能性なんて0
戦国時代に信長が日本を統一してさらにアジアに進出出来たら可能性は0.1%ぐらいにはなるかもね
弾を1発撃ったら10000発帰ってくるような国にどだい勝てるわけがない
57.名無しさん:2018年05月06日 00:07 ID:2kOlG85i0▼このコメントに返信
朝日新聞を潰しとけば
58.名無しさん:2018年05月06日 00:07 ID:5y7H.iOS0▼このコメントに返信
南京陥落で和平してたらどうなったんや
59.名無しさん:2018年05月06日 00:11 ID:9X6ihncn0▼このコメントに返信
つーより、負けない限りアホな軍部が天皇陛下を担いで国を破滅させるから、負けて良かったんだと思うよ?
生き残りで、有能の代表格とも言える松田少将や黛大佐なんかすら、「大艦巨砲主義を貫いたら勝てた」とか言っちゃってるレベルだし。。。

問題は中身で、東南アジアの経済を破壊したり、高慢に振る舞った事を改めるべきだったんじゃないかな?
見掛けだけでも「日本は亜細亜の解放者」を演じるべきだったよ。

60.名無しさん:2018年05月06日 00:12 ID:MHyV4CCE0▼このコメントに返信
※34
そうだな正解はやらないではなく解無しが正しい

始めた時点で日本が取れる勝てる手段はない
61.名無しさん:2018年05月06日 00:12 ID:MVX6ZD7b0▼このコメントに返信
※53
それは史実でうまくいった事を知っていてそれ前提で考えてるからだろ
実際はどこかが失敗して長引くかもしれんし油田地帯の制圧が史実よりうまくいかないかもしれん
そして第二艦隊を散らばせてるのは動かしようがない中フィリピンに戦力ため込んだ上で参戦されたら
南方と本土が遮断された上で太平洋艦隊と戦わなきゃならん
その状況下で英東洋艦隊が来襲してきたらどうすんの?

まあ当時も真剣に考えてはいたんだが結局
「米国はそんなにお人好しじゃない。それに参戦されたら展開中の作戦が全て崩壊する。そんな危険は犯せない」
で没になったんだが。
62.名無しさん:2018年05月06日 00:12 ID:USc99AKY0▼このコメントに返信
タイが領土を列強に割譲しながら生き残ったのを参考にするしかなかろ。
中国大陸から引き揚げ、満州国をアメリカに割譲して、経済制裁を解いてもらうしかない。
ハルノート丸のみと同じ?その通り。今北がやってる土下座外交と同じだよ。
国家として生き残りたいならそうするしかない。
おそらく天皇が大権を行使するしかないだろうな。
明治憲法は皇帝が大権をふるうのが前提の仕組みなのだから(おっとこれ以上は不敬罪)
63.名無しさん:2018年05月06日 00:13 ID:J43mxJx30▼このコメントに返信
>当時の軍の日記を見れば分かるけど

↑これがミスリードの基本。
ソースはぼかす。
酷いときには、ソース自体が実在しなかったりする。
64.名無しさん:2018年05月06日 00:14 ID:.un5ABY70▼このコメントに返信
この手の~~だったらどうする?話を他人にふってしゃべらせるの好きな奴て
自分は役に立つ事も目新しい意見も他人を気分よくさせる意見も出せないくせに
人にばかり接待を求めるわできないくせに、粘着質で鬱陶しい

4ねと
65.通りすがりの名無しさん:2018年05月06日 00:14 ID:Ki3bCIop0▼このコメントに返信
石原莞爾が日米開戦をを聞いて「50年早すぎる」と言ってた話が。
大東亜共栄圏内で産業育成しアメリカと対等な生産力を付けてからでないと無理だという。

しかし、ハルノート突きつけられ経済的に追い詰められたから選択肢は2つ。
・無理難題聞いてアジア解放を先延ばし。
・開戦し短期間で結果出して講和に持ち込む。

 結局短期決戦に賭けたが、肝心の講和に持っていく方法が見つからず。
外務省のアメリカに対する宣戦布告が遅れて、『日本の奇襲。騙し討ちを許すな』キャンペーンで追い込まれる。
外務省が宣戦布告遅れた理由がまた、前日の送別会で飲み過ぎとか・・・・糞だし。
未だに外務省のプライドだけ高い無能集団体質は抜けんね。法務省もだが。

66.名無しさん:2018年05月06日 00:15 ID:MHyV4CCE0▼このコメントに返信
※57
ちゃんと新聞用紙を統制して支配下においてただろ!
ついでに2,26のときにも攻撃かけたぞ
67.名無しさん:2018年05月06日 00:15 ID:Ver6omm40▼このコメントに返信
まずアメリカにロシアをけしかけます。
米露が戦ってる間に、密かに中国と手を組んで一緒にアメリカに襲いかかります。


。。。そんな夢みたいな方法でしか勝ち目が無い。
68.名無しさん:2018年05月06日 00:17 ID:buMzcgkF0▼このコメントに返信
蒋介石を保護(拉致)して傀儡政権を樹立、毛沢東を暗殺。
これができなかった時点で詰んでる。
アメリカを敵に回すより、ロシアの南進を押さえるより、ヨーロッパの植民地を押さえるよりも中国と朝鮮を占領する方がよっぽど簡単だったわ。
まあ、これをしちゃったら今現在中国と朝鮮が抱える国内問題をすべて日本が負わなければならなくなるので絶対におすすめできないが。
69.名無しさん:2018年05月06日 00:18 ID:ohHbsWa40▼このコメントに返信
日米戦争はアメリカから開戦布告である最後通告をつきつけ、日本は応戦布告を出しただけ!
日本には戦争を避ける手段はなく、そして、戦争をすれば日本が敗けを避けることは、絶対とは言わないが、ほとんど無きに等しい。

結局、藤岡信勝氏が30年ほど前に唱えたように、覚え書き通りに日露戦争後に南満洲鉄道株式会社にハリマンによる出資を受け入れるべきだった。
70.名無しさん:2018年05月06日 00:19 ID:k81bRe6e0▼このコメントに返信
アメリカ黒人と白人分裂させるいうけど
1940年頃だと普通にアメリカ黒人の方が日本人より所得高いだろ
当時のアメリカの貧乏ってのは当時の日本人の平均より上だからな


71.名無しさん:2018年05月06日 00:20 ID:ZmtR8ILs0▼このコメントに返信
そもそも何をもって勝利とする気なんだ?
72.名無しさん:2018年05月06日 00:20 ID:ACt.n9b40▼このコメントに返信
ならどうやれば大東亜戦争に勝てた?←この質問からしてダメ。
何の為に勝つのか。何の為に戦うのか。要するに戦略が無い、或いは戦略の合意が無い。
因みにここで言う戦略は大戦略であって軍事戦略ではない。大戦略とは政治的な戦略で、その下に軍事戦略があるのは言うまでもない。
ABCD包囲網によって国家の存続が危ぶまれたのだから、自存自衛が喫緊の課題であり、まずもって石油等の資源の確保が戦略目標。その為の選択肢は日米開戦の他にも沢山あるはず。ハルノートという単なる挑発に乗ったのが視野狭窄すぎ。

73.名無しさん:2018年05月06日 00:23 ID:MHyV4CCE0▼このコメントに返信
外務省が無能なのは否定しないが宣戦布告同時攻撃も十分ダメだからな
74.名無しさん:2018年05月06日 00:27 ID:0wZp8Jm80▼このコメントに返信
あくまでもifなんだけど
・南北戦争で南軍勝利、アメリカは南北に分断
・カリフォルニアがメキシコに復帰
主にアメリカが分裂状態にある事
・米西戦争回避、キューバ、プエルトリコやフィリピン、グァムなどがスペイン領
ま、舞台が変われば自ずから展開もかわっちゃうわけでね
ただし、史実の日米戦は条件が厳しすぎるし、あそこまで追い込まれるまでに手を打つべきだった
第二次上海事変などで中華から仕掛けられたりしたけど、大陸に余り入れ込む必要はなかったのかも知れない
東北や北海道、千島、南樺太とか国内の開発を後回しにしてでも大陸に行く必要があったのか?
まぁ後だしじゃんけんだけどさ
共産主義の蓋役をやってたらアメリカに破壊されたでござる
アメリカも共産主義者に汚染されてたでござる
ドイツと日本潰したら、厄介なソ連がでてきたでござる、でアメリカの先の観る目の無さも際立つけどねぇ
75.名無しさん:2018年05月06日 00:27 ID:LIFDrrTz0▼このコメントに返信
ハリマンの申し出を受けて、満州鉄道と満州経営にアメリカを引き込んで対ソ戦の盾としていれば・・・

代償にアメリカには日本にフォードとコルトとGEの工場を作らせて、工業力をアップする起爆剤にして・・・
76.名無しさん:2018年05月06日 00:27 ID:WRE4T9Gr0▼このコメントに返信
満州事変と満州建国は国際社会に非難されたけど、意外と現代の日本人が思うほどに国連脱退も深刻ではないよ
1940年の日独伊三国同盟の方が深刻で決定的
日本はドイツを裏切って、全力土下座でアメリカにすり寄ることが正解だった
77.名無しさん:2018年05月06日 00:29 ID:rKuEpZgA0▼このコメントに返信
鉄人を投入する。
78.名無しさん:2018年05月06日 00:30 ID:NacULULq0▼このコメントに返信
> 日米戦争はアメリカから開戦布告である最後通告をつきつけ、日本は応戦布告を出しただけ!

あのー、根本的に間違えてるんだけど?
事実上の最後通牒を突き付けたのは日本側で(甲案乙案)、それへのゼロ回答がハルノート。
間違った知識からは、間違った結論しか出ないよ。
79.名無しさん:2018年05月06日 00:30 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※66
攻撃しなきゃいけなかったくらいだから言う事聞かなかったのだろ、朝日新聞。物書きの性根は昔から変わらん。
統制前に好き勝手書いてたのが問題なんだよ。当時の日本も平時に在っては言うほど非民主的でも言論の不自由も無かったんだろよ。
80.名無しさん:2018年05月06日 00:31 ID:IWiI9Kn30▼このコメントに返信
満州国を議会制民主主義国家に改変し、亡命ユダヤ人を招き入れ破格の特権を与え、溥儀を皇帝ではなく大統領にする
毛沢東と金日成に日本が資金武器を提供し、ソビエトとの離間工作および中国大陸全土の治安悪化を図る
ハワイ、フィリピン等米国の植民地で「からゆき」を使い、米兵に梅毒や結核を蔓延させる
81.名無しさん:2018年05月06日 00:33 ID:MHyV4CCE0▼このコメントに返信
日本というか軍がテロに甘すぎたのが原因のひとつ
要人暗殺して微罪で帰ってこれたら自称国士が張り切るのわかるだろ

永田鉄山らがソ連の5ヵ年計画見て統制経済しいて大失敗したのも悪い
あれで財閥だけ強化されて他がしんでしまった
中国なめた結果見事に泥沼に引き込まれてるじゃねえか
経済が悪くなって財閥が崩せないから新しい満州市場に夢見る一般国民も消極的に拡張主義を支持

結局軍が内閣の下にないのが大問題
天皇もできる限り政治介入したがらないし
藩閥と元老がいなきゃ統括できないってなめてんのか明治の元勲共

あの戦争は国内だけ見て外国をまったく見ないで始めた戦争だった
82.名無しさん:2018年05月06日 00:34 ID:3yQuKeze0▼このコメントに返信
この手のスレ何度目だよksg
満州権益を米とwin-winしていれば
衝突することも無く反共で手を組めた。
共産主義をのさばらせた結果
現在のコノザマだよ。
83.名無しさん:2018年05月06日 00:35 ID:MHyV4CCE0▼このコメントに返信
※79
当時の朝日新聞は開戦扇動どころか自由主義的で軍に批判的で軍から目をつけられてたからな
84.名無しさん:2018年05月06日 00:37 ID:AdkfFMEx0▼このコメントに返信
※55
フライングタイガースは戦争状態じゃ無いから存在できてた話で、、、
つかソ連の中国への軍事援助の代わりだからね、アレ
実際 戦争状態になったら解散してるよ、、、


※61
その論旨展開は、米国が開戦をする、って前提での話でしょ、、、
英国と開戦したドイツが米国から宣戦布告受けてないのに、なぜ日本は受けると思うんですか??
まぁ米国から開戦するなんて、当時の日本でも誰も考えていなかったのでは、、、
それこそ結論(米国と戦争する)から誘導してる考えだと思いますよ、、、

つか存在だけの話なら、対独戦してる上に日本側が関特演して挑発してる
ソ連の太平洋艦隊だって(潜水艦85隻含む)当時は日本海軍も警戒してたんですぜ、、、
85.通りすがりの名無しさん:2018年05月06日 00:37 ID:Ki3bCIop0▼このコメントに返信
>ならどうやれば大東亜戦争に勝てた?

経済力・・・・・・アメリカとだけでも20倍の差。
総兵力・・・・・・倍以上
兵器の質・・・・・職人の手作り VS フォード生産方式よる大量生産で品質も安定
生産力・・・・・・弾の補充が・・・VS 毎週軽空母出来上がり!
外交力・・・・・・英語が出来るだけで外交官 VS 植民地支配でブイブイ言わせてる連中

日本に勝てる要素があると思ってる連中が可笑しい。

究極・・・タイムマシーン開発して最新技術満載した兵団と補給整備用の3Dプリンターを付けて1940年代に送る。
そういえば日本の最新護衛艦がWW2の時代にタイムスリップしたけど、結果はそんなに変わってないだろ。
86.名無しさん:2018年05月06日 00:39 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※61
このスレのお題なら結果を踏まえて後出しでアイデア出していいんだからその辺りはズルでも何でもないぞ。
見識が史実よりもあるなら史実よりは理想的に戦えたってことだ。後出しでものを考えられるアドバンテージがあるのにそれを使わないのなら、かつての日本のトップ連中より物の考えが劣ると言う事になる。そんな程度の奴なら日本のトップが無能だったとか言う理屈は口が裂けても言えないわな。
無論史実で行われた作戦のオリジナルは日本のトップにあるわけでそれをなぞってるだけのキミには何のオリジナリティーも創意工夫もない。彼らが史実で起きた事を予め知っていたなら当然全く別の手段を編み出した事だろうよ。
87.名無しさん:2018年05月06日 00:40 ID:zyHA9FYJ0▼このコメントに返信
全力で米と英蘭遮断。自活の道を探る。
理屈手段は適当に考えて。
88.名無しさん:2018年05月06日 00:42 ID:1RUt.arP0▼このコメントに返信
※10
大成功という根拠は?
89.名無しさん:2018年05月06日 00:44 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※85
日清戦争の時も日露戦争の時も同じ様な事を言われてたはずなんだけどな。
その通り、日本は頭がおかしい。米露中とガチで喧嘩したのなんて日本くらいだろ。3戦2勝な。勝ち越しだわい。
次は何処と当るか知らんが勝つぞ。負けの反省なら70年掛けてやった。次は勝つ算段だわい。
だからこの手のスレは思考実験としては大好物だったりする。
90.名無しさん:2018年05月06日 00:46 ID:khHHeLXv0▼このコメントに返信
> 仏領インドシナ進駐であれだけ反発されたのにイギリスやオランダの植民地に武力攻撃したら即アメリカ参戦だろ

これについては異論がいくつかあるようだね。アメリカからの参戦なら米国民や議会がルーベルト政権にあれほどのフリーハンドを与えなかったのではないかというようなね。真珠湾とフィリピン抜きの南方作戦を史実通りに行ったとして、アメリカの反撃はその後だろうけど、その時点でドイツのモスクワ攻略失敗が明らかになるだろうから日本は長期戦体制になるかもしれない。フィリピン確保なしに南太平洋への攻勢はできないだろうから、海軍も本土に迫りくる米艦隊を迎え撃つというもともとの基本計画に沿うしかないかもしれない。真珠湾とフィリピンの負担がない分、ビルマ確保直後にインド侵入も可能だったかもしれない。インド国民軍無のインド侵入はすぐにインド屈服には結びつかいかもしれないけど、蒋介石重慶政府は完全孤立することになるはず。
91.名無しさん:2018年05月06日 00:48 ID:CrGsGSg30▼このコメントに返信
勝つ方法は一切無い
俺達の先祖は、全人類史上でも稀な、信じ難い最悪の判断ミスをやらかしたのだ
92.名無しさん:2018年05月06日 00:49 ID:59MEab2x0▼このコメントに返信
三国同盟の加盟をアメリカは日本に散々警告している
93.名無しさん:2018年05月06日 00:50 ID:L5a0RPg30▼このコメントに返信
ハワイを併合頼まれた時に
引き受けておくべきだった。
94.名無しさん:2018年05月06日 00:54 ID:PArFnv1R0▼このコメントに返信
ww1からww2の間に、朝鮮とフィリピンあたりを交換できてればわんちゃん。
アメは大陸への利権と橋頭堡がほしかったわけだし
95.名無しさん:2018年05月06日 00:55 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※88
彼としては面白いと思ったんだろう。
負けて良い事なんて有るものかとも思ったが一つ良い事が有った。次の大戦で日本が戦勝国入りしたら敵国条項と憲法9条を進呈する事が出来る。敗戦国の立場を経験したからこそ言える事もあるんだよ。日本が守ってきた9条なのだから敗戦国には絶体に採用して貰う。
戦勝国側としても平和秩序維持の面では都合の良い話なので日本に友好的な国家は極力日本に戦勝国側で居て貰おうとするだろう。日本がまた敗戦国ではこの辺りの理屈はちょっと格好が付かない。それだけに日本は次の大戦では戦勝しやすいとも言える。
なに、敵国が敗戦国になっても日本人くらいに頑張って働けば日本くらいには国を富ます事も出来るさ。だから敗戦もそう悪い物ではないと日本の立場なら言える。焼け野原からの再スタートでも問題ない。だから日本は遠慮無く敵国を焼け野原に出来る。かつては日本も通った道だ。
96.名無しさん:2018年05月06日 00:57 ID:XavcROQ00▼このコメントに返信
日露は山本権兵衛みたいに戦争をちゃんとわかってるのがいたからなあ
97.名無しさん:2018年05月06日 00:57 ID:ohHbsWa40▼このコメントに返信
※78 とその他へ
デタラメかよ。 甲案乙案は最後通告でもなんでもないぜ。 一方のハルノートは挑発じゃネーぞ、アメリカ側も最後通告と認めてる。

98.名無しさん:2018年05月06日 01:00 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※91
親の敵は子が討つ。先祖の仇は子孫が討つんだよ。使命感と言ってもいいね。
アメリカは今同盟。次の大戦でも同盟関係は続くからその次かその次の次に対戦する機会が有るのかな。
ひとまずは中国辺りに勝てば良い。あいつら日本に勝ったわけでも無いのに戦勝国面してやがる。
中華人民共和国?戦中にそんな国は無い。
99.名無しさん:2018年05月06日 01:01 ID:TvqqdhbT0▼このコメントに返信
「戦争に勝つ方法は絶対に勝てる戦争しかしないこと」みたいなことをロンメル将軍がその著書で言ってたと思うんだが。
100.名無しさん:2018年05月06日 01:04 ID:OPzkKWOs0▼このコメントに返信
※17
南方の石油だけで当時の日本の石油需要を満たせていたかどうか・・・
ただ、オランダに喧嘩売るのはあの時点ではアリだったね。
アメリカ世論は反戦に傾いてたから、同盟国の植民地がやられたくらいで参戦はしてこないはず。
事実、英独戦もこの時点では参戦してないし。

満州あたりで油田でも見つかってたらなぁ~
資源は圧倒的に負けてたけど、当時の帝国陸海軍自体はそう悲観的な戦力ではなかったと思うが。
101.名無しさん:2018年05月06日 01:05 ID:USc99AKY0▼このコメントに返信
手始めにソ連との不可侵条約を軍事同盟にランクアップのウルトラC外交。
ソ連経由でドソ戦を食い止める。チャーチルを暗殺してイギリスを調略。英国艦隊を無傷で手に入れる。
中国は超人的な外交力で蒋介石と毛沢東と日国共合作を成功させ停戦。
アメリカ以外の全世界を味方とし、日英連合艦隊に日本軍、ドイツ軍、ソ連軍を満載して北米本土に殴り込みをかける。
これでようやく五分かな。
102.名無しさん:2018年05月06日 01:06 ID:fkmpHsuh0▼このコメントに返信
日独伊三国同盟を結ばなければ・・・
103.名無しさん:2018年05月06日 01:07 ID:MVX6ZD7b0▼このコメントに返信
※97
それこそでたらめだ
乙案こそ日本にとっては最後通牒これが通らなけりゃ開戦って決めてたんだから。
もっとも相手がどうとるかは別なんだけど・・形式上は「最後通牒」ではなかったからね
ハルノートの方は論外。前段にはっきり「拘束力無し」と書いてあったんだから

最後通牒なんてオーストリアがセルビアに突き付けたみたいのを言う

104.名無しさん:2018年05月06日 01:08 ID:MHyV4CCE0▼このコメントに返信
※100
なお日本には油を精製する技術がない模様
105.名無しさん:2018年05月06日 01:12 ID:59MEab2x0▼このコメントに返信
満洲で石油が見つかり精製までしている
原因は石油ではない

106.名無しさん:2018年05月06日 01:14 ID:IyRbeJtw0▼このコメントに返信
北進して対ソ開戦、これなら対米開戦はさすがにないだろう
107.17:2018年05月06日 01:15 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※100
最盛期は日本の需要に微妙に足らない程度の供給はあった。その後供給がおぼつかなくなったのは通商妨害の影響と言える。
実際のところブルネイ辺りの開発は進んでいたし増産も合わせればざっくり何とかなるんじゃないかとは考える。列強の植民地支配と言えば概ね搾取が基本なわけだが日本の「進出」は現地の経済を育てるやり方だったりする。ブルネイの王様も協力してくれるだろうよ。日本だって1年分ほどの備蓄もあったわけだしな。
満州の重油だがタール分が多くて精製が大変。重油とアスファルトの材料はしこたま採れるだろう。3年も開戦を遅らせていたら発見出来ていたかも知れない。大陸支那奥地はともかく満州は平和そのものだろうからね。ソ連は日本が弱まらない限り南下してこない。
108.通りすがりの名無しさん:2018年05月06日 01:16 ID:Ki3bCIop0▼このコメントに返信
※89
日清戦争は、清国側が深刻なくらい末期状態。戦争に必要な『天地人』の要素が腐敗とヨーロッパからの植民地化で切り取らればら売り。

日露戦争は、イギリス外交とユダヤ資金のバックアップと、明治維新以降対ロシア戦研究と対策してた結果
・福島安正中佐がシベリア鉄道の完成前に偵察が目的で単騎シベリア大陸横断
・明石 元二郎氏のロシア諜報機関。参謀室の機密費100万円(今だと400億円)を強請って作った。
 帰国後「余ったから返します」は笑った。

大東亜戦争時と協力関係がドイツとイタリアとインドくらい。遠すぎてどうにもならない。

>大国相手に3戦し2勝
>思考実験としては大好物だったりする。
 私も時間を忘れてしまう位好きです。
 中国は未だに日本に「水を飲むときは井戸を掘った人を忘れない」と言って援助を呼び掛け、中華思想主義で70年遅れの旧植民地主義を掲げてアジアの盟主たらんと頑張ってAIIBやってるが、日本は100年以上前からやって失敗。『脱亜論』に至っている。

次の戦いは習率いる赤い帝国中国が相手の可能性大かなと。
109.名無しさん:2018年05月06日 01:17 ID:Orkb.9fV0▼このコメントに返信
※63
>米の回答全く高圧的なり 而も意図極めて明確 九国条約の再確認是なり
>対極東政策に何等変更を加ふるの誠意全くなし
>交渉は勿論決裂なり
>之にて帝国の開戦決意は踏切り容易となれり芽出度芽出度 之れ天佑とも云ふべし

大本営陸軍部戦争指導班機密日誌 上 P192より


めでためでた
天佑とも言うべし。
だってさ。めっちゃ喜んでますね。

元スレのはおそらくここから引用してるんでしょう。
110.名無しさん:2018年05月06日 01:18 ID:rKuEpZgA0▼このコメントに返信
※89
思考実験が分からない人が多いからこういうスレは
反省会や言い訳大会みたいになる。
111.名無しさん:2018年05月06日 01:23 ID:Orkb.9fV0▼このコメントに返信
※97
>United States Note to Japan November 26, 1941
>Strictly confidential, tentative and without commitment

事実誤認ですね。
これはハルノート原文です。
外務省の訳文にはなぜかこの但し書きが消されているんですよね。
何故でしょうか?
112.名無しさん:2018年05月06日 01:28 ID:auKgdzc00▼このコメントに返信
自由主義が潰されてるし国民は先鋭化思想に煽られヨスガを求めてる。右に左に絶望的だな。
わんちゃんFDR4ぬまで耐えとけ。
113.名無しさん:2018年05月06日 01:29 ID:OPzkKWOs0▼このコメントに返信
※107
無条件降伏時には日本の石油は尽きていたとどこかで聞いたが。
資源が足りなかったのは事実でしょ。

ちなみに開戦に至るまでに外交の失策が続くわけだが。
どれが致命的だったの?やっぱ日独伊三国同盟?
114.名無しさん:2018年05月06日 01:30 ID:Orkb.9fV0▼このコメントに返信
※97
さらに言うと乙案にはアメリカが絶対呑めない条項を入れ
アメリカが拒否する事を承知の上で提出しています。
加えて乙案提出より前に御前会議の開戦決定という事実がありますので
少なくとも日本側の乙案は最後通牒であったことは明白でしょう。
115.名無しさん:2018年05月06日 01:31 ID:MVX6ZD7b0▼このコメントに返信
※111
日本側が消した理由は正直良くわからん・・
でもアメリカ側からしてみりゃ日本に対する「最後通牒」ではなかった事にはかわらん
受け取った日本側だって「米の回答全く高圧的なり 而も意図極めて明確 九国条約の再確認是なり」
と受け取った通りで要は「九ヶ国国条約守れ」しか言ってない。
「乙案は飲まないよ」と言外で言っているだけ。但し書きがあろうがなかろうがこれを「最後通牒」と言うのはどっちにしろ無理
116.名無しさん:2018年05月06日 01:36 ID:xKjWXvl20▼このコメントに返信
過去を美化したいの?
こういう話をして何になるの?
なんだか虚しい。
117.名無しさん:2018年05月06日 01:37 ID:Orkb.9fV0▼このコメントに返信
※115
仰る通りですね。
日本側の交渉の記録を見ると開戦したくてウズウズしてますしw
早く開戦したい理由は色々あるでしょうな。
118.89:2018年05月06日 01:37 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※108
バブルが弾ければあの国は割と後のない戦争を強いられる。後がないから勝ち方なんていっぱいある。日本はむしろ勝ち方の選び方で頭を悩まされるだろう。正直人民解放軍よりも難民の方がよっぽど厄介。結局のところ敗戦国中国の人民を救う形で大陸支那の経済を日本が支える事になる。そう、またしても日本が支那の面倒を見させられるのだ。

中国がバブルの穴埋めをするには大量の通貨発行を余儀なくされるわけだがそれでは人民元が対外的な決済能力を失う。輸入が出来なければあの国は確実に飢える。食料供給以前に物流に必要な石油が枯渇するからな。国家としての求心力を失うし金(外貨)は天から降ってこない。食うに困れば、国家の存続を考えたら求心力の得られる対外戦争しか手段が無くなる。
バブルが弾けない限りは戦争にならない。中国としてはバブルが一日でも長らえる事を望んでいる。中国にバカみたいに金を投資した欧州もそう願ってる。だが必ず弾けるからバブルという。中国が今弾けても世界は荒れる。中国がバブルで更に膨れあがってから弾けたら世界は致命的に荒れる。中国ほどの経済規模の穴埋めを可能とする経済が世界にないのだから仕方がない。ソフトランディングの時機はとっくに逸しているし低成長路線に切り替えようにも金利が払えない。バブルをバブルで繋いで先延ばしするほど世界経済が蒙る衝撃は大きい。そんなわけで世界大戦は必ずやって来る。経済はグローバルに繋がってるから信用で繋がってるところは全て戦争になる。

ならどうやれば第三次世界大戦は防げる?と言うスレが立ったら俺は一も二も無く「ねーよ、そんなもん」と回答する。
119.名無しさん:2018年05月06日 01:41 ID:ohHbsWa40▼このコメントに返信
※103
「甲案乙案は最後通告」がマチガイだと認めたのは、素直で宜しい。

アメリカ自身が「ハルノートノートは最後通告」と認めているのに、おまエラがいくらムキになって否定しても何の意味もネーなw
アッ、おまエラは当時のホワイトハウス首脳だと主張してんの?・・・・・それってオレオレ詐欺じゃん(笑)

ワシはさすがにモー寝るが、この記事のコメントは見てても面白い流れに って無いから、多分来ない。
というか明日は映画じゃ、あばよ!
120.名無しさん:2018年05月06日 01:45 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
日本とタイ以外の全ての有色人種が、白人の奴隷だったのが、つい70年前。
アメリカが、最後の植民地候補「日本」を狙って、地球の裏から出張して来た。

その前、第一次大戦前後、白人同士の奴隷奪い合いが勃発した。
日本も、奴隷にされる側の「人種」として扱われそうになったが、軍事力と経済力があった為、
白人のいくつかの国家は、「日本は征服するより味方にした方がお得だ」と考えた。それが国際連盟。

日本は、白人グループに入り込み、内側から「有色人種奴隷制度」をなくそうと提案したが、白人は一斉に拒否。
第二次大戦になる。
日本は対米戦争の片手間で、アジア各国にインフラを敷き、戦中戦後に独立できるようノウハウを与えた。

結果、白人は原爆使用と民間空襲までして「勝ったのに」全ての植民地を失った。
「この戦争が終わったら地球全土の奴隷化が完了して生活が楽になる!」って士気で戦争してたのに。馬鹿だ。

日本の功績は、世界で初めて、人類史で初めて、地球史上初めて、有色人種が白人に戦争を挑み、
しかも奴隷制度完全撲滅!を果たした、「有色人種の救世主」なんだよ。

これは「勝利」だ。後の戦勝国とか敗戦国とかは、敗者の負け惜しみに過ぎない。
戦争は、「勝てばいい」って物ではない。「目的を達成する為」の物だ。
日本とアメリカは、ひとつの宝物を目指して奪い合ってた訳ではない。
アメリカの目的は日本を奪う事、日本の目的は有色人種国家を強くし独立させる事。結果は「達成された」
121.107:2018年05月06日 01:46 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※113
国際連盟脱退じゃないの?居直れば良かったのだ。
リットンが何と言おうが満州は安全保障上必要だってな。お前等だって植民地持ってるだろってな。
常任理事国でも当時の国連にあっては日本はアウェイ。アウェイにはアウェイの戦いがある。
今の国連だって充分アウェイだけどな。敵国条項付いたまんまだし。
むしろ今の日本の外務省はよくやってる方だと思うよ。アウェイな上に軍事的プレゼンス無しのハンディ戦なわけだろ。
常任理事の権利があって軍隊持ちで外交で負けるとか切腹ものだわい。
122.名無しさん:2018年05月06日 01:47 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
ハワイや南方まで出張したのは日本軍でしょw
123.名無しさん:2018年05月06日 01:49 ID:rKuEpZgA0▼このコメントに返信
※116
まあみんなスレのお題を無視して自分の「物知り」を
自慢したいだけだから。
124.名無しさん:2018年05月06日 01:54 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※116
むしろ未来を美化したいんだよ。次は勝つ。その練習のお題だ。
125.名無しさん:2018年05月06日 01:55 ID:Vp9b3fvt0▼このコメントに返信
日本1国ではアメリカには勝てない。じゃあどこと組むかになるけど組む国が無いからどうやっても勝てないw 朝鮮、満州から撤退して全兵力をアメリカ戦に投入しても快進撃ははじめだけだろうね。
126.名無しさん:2018年05月06日 01:58 ID:OmIRFeMS0▼このコメントに返信
※85
勝つのは当時でも無理ゲー認識よ

 ただ、戦力に関しては、開戦前なら各個撃破で戦えるくらいの戦力や・・・太平洋方面に投入できる軍事力だけを計算すれば講和まで持ちこたえる事は可能な戦力だったよ(ミッドウェーでバカな負け方をするまでは)
 まぁ、開戦前までのアメリカのそれまでの行動パターンからしたら真珠湾攻撃後に艦隊を繰り出す本格的な戦争になるとは思って無かったろうけどな…
127.名無しさん:2018年05月06日 02:00 ID:OPzkKWOs0▼このコメントに返信
※121
国際連盟脱退もありえんよな。。。
ただ、当時イギリスは割と好意的だったと聞いたことがあるが。
リットンの報告書も「満州の主権は中華民国に残す」とはしているけど、
「ただし、事変以前の現状復帰は認めず、日本の満州での権益は擁護する」としている。
中華民国に花を持たせてはいるが、日本に実を与えている。
リットン報告書は実は親日的な内容。

溥儀の熱河作戦が痛かった。和平努力台無し。
128.17:2018年05月06日 02:01 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※125
キミの発想じゃそうなんだろうな。
勝てないなら逃げりゃ良いんだよ。アメリカは戦争しないままあの軍備を保つ経済が無かったのだからな。
一番ブーストの掛ってる時に喧嘩を売ってしまった。だから負けた。一番息切れしている時に戦ったら存外結果は判らん。
リーマンブラザースは強大である意味アメリカの象徴だったが潰れてみれば何の価値もない。キミの小遣いでも買収出来ただろう。
129.名無しさん:2018年05月06日 02:05 ID:MHyV4CCE0▼このコメントに返信
※128
軍備維持できなかったのは日本だろ
対中戦線泥沼で支出やばかったんだぞ
130.121:2018年05月06日 02:05 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※127
うん。日本は実利と安全圏が得られればそれで良かった。実態なんてのは時間を掛ければいくらでも変えられる。
その辺りが外交ってもんで松岡洋右は神経質すぎたと俺は解釈している。
131.名無しさん:2018年05月06日 02:07 ID:BflxrlWK0▼このコメントに返信
日本人でなく白人(複数)が日本がもう少しで戦勝国になれたのに。と書いた本があるアメリカとの参戦はなしで。白人同士とは言えドイツがフランスを占領し、イギリスは負ける可能性が高いといった1940年でアメリカ人はドイツとの開戦全く盛り上がら無い。そんな時に日本がイギリス、オランダの植民地を占領したからと日本との開戦がアメリカで盛り上がるかな?あくまでも私の考えでしか無いが、アメリカ合衆国とは戦わず、イギリスの東洋艦隊は全滅(実際にほぼ達成した)しインドが独立したらチャーチルは退陣した可能性が高いと私は思う。チャーチルが退陣し独英が和平したらアメリカ合衆国はヨーロッパにかかわるのが非常に困難になる。ナチスは独ソ戦はその後行うだろうが日ソ不可侵条約を上記の状況では結ばない可能性がある。ウラジオストクでアメリカ合衆国の援助が得られ無いでドイツがイギリスと和平状態なら独ソ戦はドイツが勝つ可能性が増えると思う。但しシュペーアが書いた本で将来の日本との衝突をヒトラーは考えていたのでイギリス、オランダに勝っても日本、ドイツ間の戦があったかもしれない。
132.128:2018年05月06日 02:09 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※129
重慶辺りまでは押せてたからあと一歩だろ。チベット辺りまで押してみるかい?
逃げ回ってる共産党軍と鉢合わせしそうだが。国民党軍。
133.名無しさん:2018年05月06日 02:12 ID:o15IycBJ0▼このコメントに返信
アメリカとの対立は、日本の中国進出によるものだろ。
中国の利権をアメリカに譲ればよかったのかも。
共産主義の危険性についてアメリカを説得する。
共産主義との戦いに備えて、同盟国として日本の軍事力を温存するように仕向ける。
134.名無しさん:2018年05月06日 02:14 ID:OPzkKWOs0▼このコメントに返信
※130
なるほどね。
ただ、松岡洋右は脱退に反対で、内田康哉外務大臣が元凶だと認識しているが。
というより、内田ほどマイナスな事しかしてない人もいないよ。
135.名無しさん:2018年05月06日 02:18 ID:OPzkKWOs0▼このコメントに返信
※133
ルーズベルトは反日親中ではっきりしているから無理でしょ。
ソ連よりも日本を敵国扱いしてるよ。
ちなみにアメリカもコミンテルンに大分やられてたんじゃない?
136.名無しさん:2018年05月06日 02:24 ID:zsY9YqYC0▼このコメントに返信
日本人は経験から学ぶ。
目で見てわ肌で感じて初めてよく学ぶ。そういうタイプ。
だから、叩き上げを重視した方がいい。
学歴とか成績は当てにならない。

戦後なら田中角栄みたいなのが日本に合う。戦前は幕末で敗北噛みしめてた人たちがちゃんと上にいたからな。
137.名無しさん:2018年05月06日 02:40 ID:OPzkKWOs0▼このコメントに返信
※136
戦前っていうか明治期な。
明治は元老がうまく引っ張って、日露戦争までは良かった。
日露戦争以降、大正デモクラシーとかで内ゲバが始まる。
民主主義を否定はしないが、国として強力に方針を統一して進むという点では向かないシステムなのではと思ってしまう。

角栄は政治から良識を奪った。
学歴は当てにならないは同意だが、自分は大蔵官僚出身の池田勇人こそ最高の総理だと思っている。
138.名無しさん:2018年05月06日 02:40 ID:1vrYwBQd0▼このコメントに返信
ナチ公に戦争吹っ掛けてアメリカと軍事同盟結んで兵器を大量に買ってやればなんとか
内部は適当に黙らせろ
139.名無しさん:2018年05月06日 02:45 ID:Lmp0xW800▼このコメントに返信
ヤマグチノボルとか懐かしいな
亡くなったって聞いた時その場で泣いたわ
140.名無しさん:2018年05月06日 03:00 ID:BflxrlWK0▼このコメントに返信
東条や朝日新聞があるかぎり将来の見通しは困難だが、一度だけなら日本はアメリカ合衆国に勝てたと考える。真珠湾攻撃をせず。マッカーサーを包囲して、日本軍はアメリカ海軍がフィリピンに救出に来たらかなわないと偽情報を流す。アメリカの捕虜の一部や女性の看護婦等を返して日本に好意的になるようにアメリカ合衆国の世論に働きかける。アメリカ海軍がフィリピン沖まで来れば、日本軍のゼロ戦 、艦爆、雷撃機の実力を知らないアメリカ海軍は大損害を受ける。ルーズベルトが指導力と損害に依っては退陣するだろう。但し東条はアメリカ合衆国が受入れ無い和平の条件を出して戦は続けて敗けとなるだろう。
141.名無しさん:2018年05月06日 03:02 ID:BcW.8cd.0▼このコメントに返信
知的遊戯なんだからさ、現代の視点で物を言うなじゃなくて、現代のさらに神の視点から物を言ってほしいね
142.名無しさん:2018年05月06日 03:05 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
現代の神の視点などチートだから面白くないと個人的に思う
知的遊戯と言うなら「当時の人間ならどういう行動が取りえたか」という「縛りプレイ」のほうが興味ある
143.名無しさん:2018年05月06日 03:05 ID:Z9hwnwUX0▼このコメントに返信
大東亜戦争とかクソ以外なんでもない事をやらない。それだけで米を身動きできなくすることが出来た
そもそも中国大陸に進出すること自体が無茶
144.名無しさん:2018年05月06日 03:16 ID:BcW.8cd.0▼このコメントに返信
なんで日本軍は太平洋の島を守るために少しずつの兵隊を島々に送り込んで、その上無視されてしまったのかなって昔から思う。
大戦略とか三国志とか信長の野望とかやってると、ぶんどった領地を守るためにその隣接地に部隊送り込むけど、まさかそんなレベルかよって。
んで最初の戦争の目的がなんだったかのかもわかんないレベルになってるのがなんだかなって。
始めてしまったものは仕方ないけど、もうちょいやりようによっては何万人か救えたんじゃないかって常々思う。
145.名無しさん:2018年05月06日 03:24 ID:O8z1obaG0▼このコメントに返信
奇手だと1940~41年(仏印進駐の辺り)に「米国に日中戦争の調停を要請する」ってあれば流れも変わったかも。

んでいざ戦争となったら戦術的には「米軍の艦船や基地を虱潰しにする他はない。
ミッドウェイ海戦失敗の理由の一つに「島の占領か米艦隊の撃破か曖昧なままで発動した」って言われるけど、断然艦隊殲滅でしょ。
ガダルカナル以降劣勢になった日本軍だけど、それ以外の島嶼に大量に配置した陸軍の守備部隊は補給が続かないと餓えることになってる。
孤島に補給を試みて、補給艦駆逐艦消耗して補給不能になったら陸軍は先の見えない籠城をし海軍は重要な艦船が減ることになる。
兵法書にも書かれてる「孤城に籠るのは愚策」ってのをそのままやってるようなもの。重要な拠点以外は放置して良し。

レイテ沖海戦の時だか上層部が「残存艦隊を磨り潰す覚悟で」とか言ってたけど、その覚悟は真珠湾攻撃以後すぐに持ってなきゃならなかった。
戦闘機の操縦士も長期化したら漸減するんだから最初から(陸戦であれば野戦軍に当たる)航空母艦や戦艦巡洋艦を補足して沈めるって作業を黙々と続けて、本当の意味で「太平洋艦隊無力化」に成功したら講和が可能になったかも知れない(勝てるとは言わない)。
少ないリソースは集中的な運用をしないと「質で量に勝つ」なんて無理。
海軍軍人の回想読んでも貧相な場当たりの策しか考えてない。
素人のオレでもこのくらい言うのに、当時の大本営は極限まで無能な組織に堕してたのね。
146.名無しさん:2018年05月06日 03:25 ID:5WilsisO0▼このコメントに返信
そもそもアメリカが仕掛けてきた「侵略戦争」に対して、なんで日本がどうこう出来たというのか。
それが、そもそもの考えの誤りなんだよ。
147.名無しさん:2018年05月06日 03:29 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
いくらカギカッコつけようが先に手を出した時点で日本が侵略された方とかありえない
日本悪く無い論の中でもとりわけ無理筋なタイプ
148.名無しさん:2018年05月06日 03:32 ID:5WilsisO0▼このコメントに返信
経済封鎖は立派な侵略行為なんだが、そんな事も知らないのが偉そうにしているんじゃ、そりゃレベルが低いわけだわ。
149.名無しさん:2018年05月06日 03:33 ID:BcW.8cd.0▼このコメントに返信
※145
そうそう、そうだよねえ。人的資源も飛行機様も輸送船様も少ないのに分散して水木茂先生は右腕失ったけど終戦まで芋食って暮らしてたっていうし、ラバウルとかには何万人もっていうし、それが戦後帰ってきてるからもちろんそれが良かったけど、孤島で飢え死にしたり玉砕したりした兵隊さんはやりきれないよなあ。挙句の果てに無駄に特攻だのなんだのって。しかも責任者の大半が戦後のうのうと生きながらえてるって思うとね。
150.名無しさん:2018年05月06日 03:34 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
ほう、それじゃ米や日本は北朝鮮に対して侵略してるのか
俺はそうは思わないけどな
151.名無しさん:2018年05月06日 03:41 ID:Hk6N9o610▼このコメントに返信
とは言えあの戦争がきっかけでアジアの諸国民達が独立を本気で目指す気になったわけで
152.名無しさん:2018年05月06日 03:45 ID:wcOGBwl30▼このコメントに返信
初戦で大東亜共栄圏の目的全部達成してたんだから欲出して予定にない豪州狙ってガ島攻め込んだりインパール作戦なんかしなかったらよかっただけ
153.名無しさん:2018年05月06日 03:54 ID:e7fSHhZF0▼このコメントに返信
日露戦争を形式上でも「引き分け」って発表して
国民の怒りの矛先のスケープゴートに森鴎外やら乃木やらを差し出しとけば
その後の歴史も変わってただろう
後は満州事変の連中をがっつり重罰にしとけば日米開戦せずに済んだかもね
日本って国の悪い文化は「お偉いさんほど責任取らずに済ませる」事
下っ端のやらかしは最悪命を持って償わせてそれを美談にするくせに
上の奴のやらかし程その後の総括を避けて「未来志向で、次にむけて~」で終わらせるから
丁度今この20年ほどの自民・ミンス政権の大失敗で取り返しがつかんくらい手詰まりになってきてるのも
結局は政策を10年後に総括して分析して信賞必罰にかけてないからやし
154.名無しさん:2018年05月06日 04:10 ID:NacULULq0▼このコメントに返信
禁油の前に提出された海軍第一委員会の報告書『現情勢下ニ於テ帝国海軍ノ執ルベキ態度』の内容。

1)「速に和戦孰れかの決意を明定すべき時機に達せり」
2)「(米英蘭が石油供給を禁じたる場合)猶予なく武力行使を決意するを要す」
3)「泰仏印に対する軍事的進出は一日も速に之を断行する如く努るを要す」
4)「(政府及陸軍に対し)戦争決意の方向に誘導するを要す」

これでもなお「アメリカが先に仕掛けてきた」と言う?
155.名無しさん:2018年05月06日 04:13 ID:BflxrlWK0▼このコメントに返信
満州事変に批判的なコメントがあるが確かにもっともなてんもあるが、将来核兵器、生産力の有無が勝敗を決める時代になるのがわかっていたら、石原完爾以外の考えがあるとは思えない。
156.名無しさん:2018年05月06日 04:27 ID:D0f.8hZx0▼このコメントに返信
余裕で勝てるわ。

・ハル・ノート受諾、中国撤兵、仏印撤兵、三国同盟離脱。
・経済制裁解除、石油備蓄、富嶽計画推進。
・10-15年後、富嶽を3000機備蓄。
・米国に無理難題を吹きかけ、開戦させる。
・2ヶ月間ハワイ爆撃、富嶽は日本-ハワイ往復出来る。
・2ヶ月でハワイ占領。
・2ヶ月間米本土爆撃、富嶽はハワイ-米東部往復出来る。
・軍事関連施設はすべて爆撃、米国に降伏勧告。
・無条件降伏しない場合は戦略爆撃に移行、つまりすべての大都市中都市を
 絨毯爆撃。 これにて終戦。
157.名無しさん:2018年05月06日 04:43 ID:jP0aDd270▼このコメントに返信
ロビー活動やれよ
つうかWW1以降の外交がカス
米と仲良くなれば日英同盟も維持できたし、連合国側でWW2できただろ

中国のほうが何枚も上手だったな
さんざんと先進国にカツアゲされてた国が米から支援をひきだせるような外交ができたなと思うよ
158.名無しさん:2018年05月06日 05:01 ID:ohHbsWa40▼このコメントに返信
ABCD包囲網のきっかけは日本の南仏印進駐はフランスの同意の下で行なわれた。いくらアメリカらが気に入らなくても致命的なレベルの経済制裁は侵略と言われてもオカシク無いほどの不正不当。 ただ、進駐前にアメリカは警告はしていたので、アメリカの言い分は正当でなくても日本の判断は甘かった。

他方、汚キタ朝鮮は関係国との協議で幾つもの美味しい見返りを得て進んで合意したくせに、その約束を再三に渡って破るという侵害行為をしたのでキツイ経済制裁を加えてるだけの正当かつ当たり前の行為。
159.名無しさん:2018年05月06日 05:01 ID:UCS.25yf0▼このコメントに返信
端的に言えば、戦艦を作る金でできるだけ多く米・麦・原油を備蓄しておけばよかったのでは?
でもう2年米国と戦争しなければ、そして北進の構えさえ維持しておけば、和平の機会はあったはずだろうね
日本はスイスのような徹底した本土決戦の覚悟がなかった
そこに尽きる

160.名無しさん:2018年05月06日 05:03 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※156
アメリカから石油買ってアメリカと戦争か?それじゃ何も変わらん。
アメリカは権益を得、ドルの信用は増し、大戦で戦勝するのと大差ない経済力付けちまう。
一方日本は大陸の権益を失い経済的には弱体化する。円も信用が下がる。アメリカと平和に通商していれば金は貯まるが米国経済に依存することになりアメリカとの戦争の大義も失う。アメリカが豊かになると史実通りジェット機を開発してしまうだろう。日本がそれを出来るかというと、出来なかないんだろうけど何かしんどくないか?国策機械足りてないわけで。
富岳はハワイまで飛べても随伴の戦闘機が追いつけん。同じ高度を飛べん。
石油の調達方法は他に求めた方がいい。仏印鉄平だとアジアは列強だらけでこいつらの脅威は消えないまんま。こいつらには勝てるから戦争をしかけた方が良い。石油の産地。
161.名無しさん:2018年05月06日 05:08 ID:CDbA5Dpg0▼このコメントに返信
まだ物事を合理的に考えられるレベルの国ではなかったから無理ゲー
162.名無しさん:2018年05月06日 05:09 ID:T8c8ftA.0▼このコメントに返信
対米開戦した後では、勝ちようがないと思うが、
史実より戦果が上がる戦いがしたかったら、やるべきことは以下の4点。
・ガダルカナルとポートモレスビーには侵攻しない。北部ソロモンを最前線にする。
・珊瑚海海戦・ミッドウェー海戦は行わない。
・中国かイギリスの屈服を図る作戦を最優先にする。
・商船護衛の問題への取り組みを前倒し。
163.名無しさん:2018年05月06日 05:11 ID:ohHbsWa40▼このコメントに返信
バカなんだろうね。 開戦布告か最後通告を出すことによって戦争という政治行為は始まる。

そして、アメリカ自身が最後通告と認めるハルノートを先にだし、日本はそれに応戦する布告をだした。
だからこそ日米戦争はアメリカによって始められた。
164.名無しさん:2018年05月06日 05:11 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
「アジア開放のためだった派」と違って太平洋戦争は経済制裁が原因だと言ってるやつは、石油目的で始めた戦争だということに異論はないよな?

そこでだ

百歩譲って石油止められたのが敵対行為にあたるとしても、蘭印の石油は宗主国のオランダのものであり、それを分捕っていいという
理由にはならない
例えるなら商品を売らない店に対して強盗をして商品を奪うようなものだからだ
165.17:2018年05月06日 05:16 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※142
見識がある奴は凡人から見れば神の目を持つにも近いものがある。将棋の達人と将棋を打てばそう思えるだろう。
だから反省として考えるなら後出しの策からの検討って大事だと思うのだ。自ら史実の袋小路に填まるのは如何なものだろう。
俺はアメリカに勝つには開戦時期を大幅に遅らせろって考えなのだがアメリカ経済と財政に精通するスタッフが日本に居たら俺の後出しからの発想と同様の判断を下したかもしれない。
アメリカの経済指標とか財務とか当時でも一般に公開されているもので、日本政府もある程度の事は判っていたはず。機密ではないのだから知り得ないと言う事は有り得ないしそういうのからつぶさに調べ上げるのは戦略を考える上で基本中の基本。敵は日本より強大なのは判っているのだから弱点を探り弱点があるならそこを突くしかない。全くの正攻法と兵士の根性だけで勝とうとするならそれは戦略家とは到底呼べない。
166.名無しさん:2018年05月06日 05:17 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
ちなみに太平洋戦争の火蓋を切ったのは一般的にパールハーバー奇襲と思われがちだが、
南方攻略(=石油等の戦略物資を確保する作戦)のほうが時間的に先だったのはあまり知られてない


167.名無しさん:2018年05月06日 05:20 ID:BcW.8cd.0▼このコメントに返信
そーなんだよなー。夢の超兵器ができても地味な随伴戦闘機だのの高度や航続距離も考えなきゃだもんな。
全部わかる人がトップじゃなくてもいいにしても、あらゆる方面からあれはダメこれはダメって言われるんだろうよ。
ダメって言われてもやっちまった結果ボロクソなんだが
168.名無しさん:2018年05月06日 05:26 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
※165

現代の人間による神の視点を持ち出すと、戦争には付き物の「戦場の霧」を一方的に無視できるというおよそありえない話になるから神の視点ありきの戦略など無意味だ
それこそ現代の人間が転生とかしないと成り立たない
そういうのはフィクションだけで勘弁な
169.名無しさん:2018年05月06日 05:29 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※164
話し合いで解決出来ないものを解決する手段が戦争だ。
石油が目当てであってもアジアの開放を大義名分として戦争をしかければそれで済む。植民地支配なんてのはいけない事なんだよ。
オランダだって他国の支配なんか受けたくないんだよ。そんなのはオランダだって判った上で植民地支配をやっている。
インドネシアが弱いから植民地支配していたわけだ。弱いのがいけないってのがオランダのロジックで大義。
そういうロジックなら日本が横取りしても問題はない。日本の大義は解放。勿論権益は得るけどちゃんと経済圏を作ろうとするぞ。
産業育成なんかもやったりする。だが植民地政策の列強が撤退する時にまずやるのは既存のインフラの破壊。それからの撤退だ。
原住民を富まそうなんて発想は端から無い。日本はと言えば、投資した設備は丸ごと置いていく。整備しておいておく。
列強とは物の考えの根本が違うんだよ。
170.名無しさん:2018年05月06日 05:31 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※116 ID:xKjWXvl20過去を美化したいの?こういう話をして何になるの?なんだか虚しい。

↑ 貶める工作員がいるから、日本人としてそういう外国籍成り済まし工作員をやっつけてるに過ぎない。
 な~にが美化だバーカ。「現実」だ。

日本とタイ以外の全ての有色人種が、白人の奴隷だったのが、つい70年前。
アメリカが、最後の植民地候補「日本」を狙って、地球の裏から出張して来た。
その前、第一次大戦前後、白人同士の奴隷奪い合いが勃発した。
日本も、奴隷にされる側の「人種」として扱われそうになったが、軍事力と経済力があった為、
白人のいくつかの国家は、「日本は征服するより味方にした方がお得だ」と考えた。それが国際連盟。
日本は、白人グループに入り込み、内側から「有色人種奴隷制度」をなくそうと提案したが、白人は一斉に拒否。
第二次大戦になる。
日本は対米戦争の片手間で、アジア各国にインフラを敷き、戦中戦後に独立できるようノウハウを与えた。
結果、白人は原爆使用と民間空襲までして「勝ったのに」全ての植民地を失った。
「この戦争が終わったら地球全土の奴隷化が完了して生活が楽になる!」って士気で戦争してたのに。馬鹿だ。
日本の功績は、世界で初めて、人類史で初めて、地球史上初めて、有色人種が白人に戦争を挑み、
しかも奴隷制度完全撲滅!を果たした、「有色人種の救世主」なんだよ。
これは「勝利」だ。後の戦勝国とか敗戦国とかは、敗者の負け惜しみに過ぎない。
戦争は、「勝てばいい」って物ではない。「目的を達成する為」の物だ。
日本とアメリカは、ひとつの宝物を目指して奪い合ってた訳ではない。
アメリカの目的は日本を奪う事、日本の目的は有色人種国家を強くし独立させる事。結果は「達成された」
171.名無しさん:2018年05月06日 05:31 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
百歩譲って石油止められたのが敵対行為にあたるとしても、蘭印の石油は宗主国のオランダのものであり、それを分捕っていいという
理由にはならない
例えるなら商品を売らない店に対して強盗をして商品を奪うようなものだからだ

これに対する反論はないんだな
172.名無しさん:2018年05月06日 05:34 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
※170
植民地開放だけやってるのならともかく石油分捕ってるからなあw
経済制裁ガーとか言うけど、他人の持ち物を分捕って自分のものですとかやっちゃダメでしょw
173.名無しさん:2018年05月06日 05:34 ID:V.M.RYKv0▼このコメントに返信
はっきり言って対米戦何か絶対無理。
よって融和的な孫文存命中に満州の割譲の交渉をする他ない。
ドイツと同盟なんて以ての外、中独合作で裏から中華民国の支援してるし。
それにロシアの極東部なんて田舎ばかりで北進しても得るものがない。
日本海を内海にしようというのは分かるがなにか意味はあるのか。
進行しない代わりにソ連と密約を組んで満州に関して暫くしらばっくれるほかないのではないかな。
それと中華民国とは何度か交渉する機会はあったし、その際に米国の干渉を防ぐために満州を返還すれば良かったんじゃないかなとは思う。
満洲については張学良が西安事件起こして第二次国共合作に発展してる時点で詰んでる。
1939ぐらいまでに敗戦国ではないという立場で講和して賠償金をちょろまかして国力の保持を図るべきだったんじゃないかなと思う。
それに中華民国軍と戦いを続けるとそれを肉壁にしてPCRが跋扈するからねー…
174.名無しさん:2018年05月06日 05:34 ID:UnrVy7600▼このコメントに返信
日米開戦の前提条件が「経済的に日本が追い詰められた」なので、
アメリカがあえて負ける気にならないと無理。
開戦の数年前からアメリカは航空機燃料などから禁輸を始めてたから、
開戦そのものが、戦略ミスの結果とも言える。
幾ばくかの可能性としてはベトナムのような本土での泥沼化だが、
外部支援をしてくれそうな国家が無いばかりか、作戦案的にも
追加の原爆投下を始め、化学兵器と農業破壊という民族浄化レベルの内容だからな。
それでアメリカが撤退したとして「勝った」と言えるかどうかだな。
175.名無しさん:2018年05月06日 05:36 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※164>「アジア開放のためだった派」と違って太平洋戦争は経済制裁が原因だと言ってるやつは、石油目的で始めた戦争だということに異論はないよな?そこでだ百歩譲って石油止められたのが敵対行為にあたるとしても、蘭印の石油は宗主国のオランダのものであり、それを分捕っていいという理由にはならない例えるなら商品を売らない店に対して強盗をして商品を奪うようなものだからだ


タヒんどけ キッチガイ。

日本は石油を買う金は持ってた。
だから日本軍の軍備をまかなえたんだからな?軍艦も航空機も。

金を持ってるが、日本人に石油を売ると経済力で欧米が負けるから、
「数少ない有色人種」である日本を、白人が一致協力して、地球の裏からやって来て、
アジア周辺の有色人種ごととどめを刺しに来た。

白人は、心の底から「有色人種との共存」を選択する気がなかったんだよ。
ついでに言うと、日本は、「有色人種と共存する気のない白人とは、共存できない」って姿勢だった。
本当は共存してもよかったけどな?でもそれは「他の有色人種に対する裏切り」になる。時の中国と同じだ。

70年前、有色人種と白人は、必ず大決戦が起きる瀬戸際だった。白人が「有色人種との共存」を避ける限り。
176.名無しさん:2018年05月06日 05:37 ID:S3A0WSKR0▼このコメントに返信
江戸時代を経ず、太平洋を横断してアメリカ大陸に進出する。
177.名無しさん:2018年05月06日 05:38 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※172 >植民地開放だけやってるのならともかく石油分捕ってるからなあw

黙っとけキッチガイ。
現地民族に、資源採掘のノウハウを与え、日本と取り引きできるように、近代化させて回ってたんだ。
石油をブン取る?その先住民は石油の意味すら知らなかったんだからな?バーカ。
178.165:2018年05月06日 05:38 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※168
思考実験と勝ち負けの反省なら神の目線は大事だろ。このスレは神の目線をお題としている。そうだろ?
イヤなら読まなきゃ良いのだ。とっくに終って結果が出た戦争の話なのだしな。
将棋の番組だって対極後に譜を巻き戻してタラレバで検証するわな。あれだって神の目だ。
勝負の世界ではフィクションだが反省は次の対極に反映されて現実に生きる事になる。
論議でしぶとく在ろうとするのは結構だが俺は物事の達成にしぶとく在りたいと考える。
179.名無しさん:2018年05月06日 05:38 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
「戦争は経済制裁されたせいだ、アメリカがそれを仕掛けたからだ」
と言ってたやつまで
「いや実は欧米に支配されていたアジアの人々を開放するためです」
とか言い出してるw

この流れ、戦時中の日本と同じじゃんw
あの戦争から何も学んでいないっていうねw
180.名無しさん:2018年05月06日 05:40 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※172 >他人の持ち物を分捕って自分のものですとかやっちゃダメでしょw

自分らで採掘できない、石油の価値を知らない、有色人種現地人に、
採掘ノウハウを与えて回って、戦中戦後に独立できるように、近代化させたんだバーカ。

お前の言い分じゃ、まるで、
「現地の有色人種達は自分で石油を採掘し、他国と貿易してた」
みたいに聞こえるんだよ、キッチガイ朝鮮人
181.名無しさん:2018年05月06日 05:40 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
>黙っとけキッチガイ。

今まで冷静なフリしてたのに本性が出たようだねw
キレちゃうほど痛いところ付いてゴメンねw
182.名無しさん:2018年05月06日 05:42 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※179
>「戦争は経済制裁されたせいだ、アメリカがそれを仕掛けたからだ」
>と言ってたやつまで
>「いや実は欧米に支配されていたアジアの人々を開放するためです」
>とか言い出してるw

前者と後者が、同一人物である証拠を見せてみろよバーカ。

前者と後者を、同一人物に見えてしまうのは、
お前が日本人を、「民族単位で見てる」証拠だ。

お前は、外国籍者だ、って証拠だ。

どんなに器用に日本語を使いこなして見せても、
「視点」「マインド」までは誤魔化せねーよ、猿知恵チョーセン人
183.名無しさん:2018年05月06日 05:42 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
※180
バカはオマエ
この場合の他人の持ち物とは蘭印の宗主国たるオランダのことを指してる
え、ひょっとしてそこらへんの国際情勢とか知らないでキッチガイとかキレてるの?w
184.名無しさん:2018年05月06日 05:44 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※181 >>今まで冷静なフリしてたのに本性が出たようだねwキレちゃうほど痛いところ付いてゴメンねw

 ↓ それは、この部分に反論した時に、添える文章だぞバーカ。
   反論できなくて、話をそらしたら「相手に言い返したことになる!」
   みたいに錯覚してる、脳に傷がある売春婦ファミリー民族
   な~にが冷静なフリだ。お前は「日本人のフリ」だろ。


>現地民族に、資源採掘のノウハウを与え、日本と取り引きできるように、近代化させて回ってたんだ。
>石油をブン取る?その先住民は石油の意味すら知らなかったんだからな?バーカ。
185.名無しさん:2018年05月06日 05:45 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
YIc66Wt.0は蘭印の石油は原住民が無知だから日本が来るまで手付かずのままだったとでも思ってるんだろうか
思ってるんだろうなあ
まず蘭印とはどういう意味なのか教えないとダメ?
186.名無しさん:2018年05月06日 05:46 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※183 >植民地開放だけやってるのならともかく石油分捕ってるからなあw

相手に指摘されて悔しいからって、
後から、「さっき言った〇〇は、△△って意味で言ったんだよwww」
なんて論法は通用しねーよ。無能で無力な、韓国籍者^^

 お前は、水溜りで洗濯し、小便を漂白剤代わりに使ってた民族だと、よく分かれ。
187.名無しさん:2018年05月06日 05:47 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
この手の基礎的な知識もないやつが「日本は悪くない論」にどっぷりと浸かり、急にキレだして
キッチガイとか言ってるわけですね
この※欄のレベルが良くわかりましたw
188.名無しさん:2018年05月06日 05:47 ID:T8c8ftA.0▼このコメントに返信
アジア解放って、対中戦が膠着状態になった1939年頃から急に持ち出されてきたお題目だし、
ハル・ノートが最後の引き金だったとしても、
だから対米戦までの過程の全てがアメリカの責任に帰するわけでもないし、
結局、日本の内政の課題が外交や軍事に波及して、失敗したってだけだよね、昭和の戦争って。
中国大陸進出自体は、帝国主義時代にあっては、取り立てて悪辣な政策だったわけではないのは確かだけど、
他国にしてやられたというより、1人相撲で失敗した感が強い。
189.名無しさん:2018年05月06日 05:48 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※185 >蘭印の石油は原住民が無知だから日本が来るまで手付かずのままだったとでも思ってるんだろうか

「豪語」して、ハッタリかましても無力なんだよ。

お前が今日やってる書き込みは、

「やっぱ朝鮮人って馬鹿だなw」
「朝鮮人工作員って簡単にバレるなw」

という、「工作員として逆効果」な宣伝にしかなってねーんだ。
お前が書き込めば書き込むほど、「書いてる内容とは逆の印象」しか与えないんだw。
なので、このままID変わるまで頑張って工作してみ?
我々日本人様には、1mmも影響を与える事の出来ない、「まったく無力な一日」に終わるからw

 お前は、「同胞の恥さらし」「同胞の面汚し」 に着地すると断言する。
190.名無しさん:2018年05月06日 05:49 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※187 >この手の基礎的な知識もないやつが「日本は悪くない論」にどっぷりと浸かり、急にキレだしてキッチガイとか言ってるわけですねこの※欄のレベルが良くわかりましたw

 お前は、日本語以前に、人間語も満足に使いこなせない、
 遺伝子にキズがあるキッチガイ民族だもんな?

 お前の書き込みひとつで、「コリアンのレベル」がまた再認識される訳だ。 恥じろ^^
191.名無しさん:2018年05月06日 05:51 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※188 >アジア解放って、対中戦が膠着状態になった1939年頃から急に持ち出されてきたお題目だし、

それの何が悪いのか、を証明しないと意味が無いぞ?お前w 馬鹿だな~。

お題目と言っても、それは「政府や軍の共通認識」って意味であって、
それを動かす官僚とかブレーン達は、戦争のずっと前から、そういう提唱してたわ。あったり前だろ
192.名無しさん:2018年05月06日 05:52 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
※186
> 164.名無しさん:2018年05月06日 05:11 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
>蘭印の石油は宗主国のオランダのものであり、それを分捕っていいという
理由にはならない

※164の時点で蘭印の石油はオランダのものだと言ってる件w
193.名無しさん:2018年05月06日 05:54 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
今日のバカ
蘭印の意味をわかってない
蘭印の石油は日本が行くまで手付かずだと思っていた
無知を恥じること無く発狂して朝鮮人連呼w
むしろ恥の上塗りwww
194.名無しさん:2018年05月06日 05:56 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※187
国が国益求めて何が悪い。日本が悪いのは連合国に負けた一点のみだぞ。戦争そのものは問題解決の手段でありどの国もやっている。戦争は良くないけどキミが思い込みたいほどには悪くないってだけの話だ。
過去の話だし少なくとも俺は微塵も悪くない。だから悪くもないところの俺目線で戦争を語るまでだ。文句あるか。
歴史を振り返るに勝った方が正義ってのは実に良く判る。日清日露一次大戦で勝っても、第二次大戦で負けたおかげで前の勝ち分も帳消しにされたみたいなもんだ。だが言い換えれば次勝てば前の負けは帳消しに出来る。戦争はやっぱり勝たないとな。次は勝つ。
195.名無しさん:2018年05月06日 05:57 ID:T8c8ftA.0▼このコメントに返信
※191
悪いとは言っていない。
ただ、39年頃から政府が声高に主張するようになったのは、
その理想が「日本の国益」(あるいは「政府の都合」)に合致したから採用されたことの現れ。
日本は決して理想のために戦争したのではない。
もちろん、それは他の列強も同じことだが、日本が特に理想に燃えていたかのような理解は、間違っている。
196.名無しさん:2018年05月06日 06:00 ID:je6HMklK0▼このコメントに返信
※145

米国がシナ事変の仲介をする話は、奇手でもなんでもなくて、昭和16年4月に、日米諒介(了解)案として、満州国の承認、八紘一宇政策への賛同と共に日米の間でほぼ話が出来てたんだよね。ところがモスクワから帰ってきた松岡がヘソを曲げて(日ソ独伊で英米を潰す為に四ヵ国同盟を作ろうという目的で渡欧してた)、ハルに嫌がらせのような返答をして、話を潰した。

当然、停戦とは日本軍の占領地から撤兵の斡旋なんだよね。陸軍は大陸出兵の長期化で人件費~予算不足に苦しんでいたから、海軍出身の野村大使の補佐に岩畔っていう軍の切れ者を送る事までして、大急ぎでハルと野村の間で合意にまで漕ぎ着けたんだけどね。

ちなみに、ハルノートの中国からの撤兵(斡旋)も、日米諒介案の焼き直しに過ぎないんだけどね。松岡の時代の失態の隠蔽に走った外務省が「日米諒介案はただの個人の暴走」&「ハルノートは"事実上の"最後通牒」っていう嘘をついた。両方の中身を読めば、松岡以外の全
197.名無しさん:2018年05月06日 06:05 ID:BcW.8cd.0▼このコメントに返信
ああ、なんか勢いのある人が出てくるのはいいんだけど、最初から勝手に相手をお隣の人認定して妙な敵愾心を持ってるのはちょっとなあ…
せっかくGWの夜更かしで面白そうなの見つけたのにいつもこういう人があらわれるんだよなあ。
そのお隣の人だとして議論に問題あるのかねえ?アメリカ人、英人、オランダ人、ドイツ人、中国人、台湾人、韓国、北朝鮮、いろんな人がいるとして議論にその属性を持ち出す必要あるのかねえ?
198.名無しさん:2018年05月06日 06:06 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※195
結果としてアジアの開放は達成されたのだからそれで良いだろ。実際アジアから植民地がほとんど消えた。
ついでに日本とは関係のないアフリカで独立が相次いだ。日本の余波すげえ。言っとくが俺が言い出した事じゃないからな?
いつ言おうとどう言う腹づもりだろうと日本が言い出して達成したものについては大いに誇るべきと俺は思うがね。
日本は戦争に負けたがこればっかりは戦略目標を達成している。日本が世界をひっくり返したんだよ。そこだけは日本の勝ちだ。
そして次また日本に敵対する国があれば、また世界ごとひっくり返してやるさ。
199.名無しさん:2018年05月06日 06:10 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※197
それ結構大事。立場が違えば同じことを言っていても意味が全然違う。今回俺はあんまり気にして書いてないけどね。

つーか、勝ち方について真面目に考えてる人が少なくて詰まらん。金融に絡めて戦略考えたら相当面白いと思うんだけどな。
ただ残念ながら俺はその辺の歴史的な知識に疎い、ので俺は書けん。
200.名無しさん:2018年05月06日 06:11 ID:je6HMklK0▼このコメントに返信
※145

米国がシナ事変の仲介をする話は、奇手でもなんでもなくて、昭和16年4月に、日米諒介(了解)案として、満州国の承認、八紘一宇政策への賛同と共に日米の間でほぼ話が出来てたんだよね。ところがモスクワから帰ってきた松岡がヘソを曲げて(日ソ独伊で英米を潰す為に四ヵ国同盟を作ろうという目的で渡欧してた)、ハルに嫌がらせのような返答をして、話を潰した。

当然、停戦とは日本軍の占領地から撤兵の斡旋なんだよね。陸軍は大陸出兵の長期化で人件費~予算不足に苦しんでいたから、海軍出身の野村大使の補佐に岩畔っていう軍の切れ者を送る事までして、大急ぎでハルと野村の間で合意にまで漕ぎ着けたんだけどね。

ちなみに、ハルノートの中国からの撤兵(斡旋)も、日米諒介案の焼き直しに過ぎないんだけどね。松岡の時代の失態の隠蔽に走った外務省が「日米諒介案はただの個人の暴走」&「ハルノートは"事実上の"最後通牒」っていう嘘をついた。両方の中身を読めば、松岡以外の全閣僚が大喜びした諒介案とハルノートの中身に大差が無いこともわかるんだけどね。

そして、日米諒介案がちゃんと成立してたら、5月にホノルルで近衛ルーズベルトの日米首脳会談があって、その後6月に独ソ戦が起きても、北進南進で内閣が狼狽した挙げ句の南部仏印進駐なんて愚作も起きなかったろうし、当然日米戦争にもならなかっただろうね。

日米戦争の本当の戦犯は松岡と外務省だよ。
201.名無しさん:2018年05月06日 06:12 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※193
>蘭印の石油は日本が行くまで手付かずだと思っていた無知を恥じること無く発狂して朝鮮人連呼w

どこにも実在しない文章を空想したり、
相手の文章を、言葉尻だけ捕らえて、自分に都合よく編集しないと、
日本人様に言い返せないから、お前は、無力な工作員、朝鮮人同胞の面汚し、
というハズカチー評価に終わるのだ。

お前はどれだけ書き込んでも、「朝鮮人工作員って本当に馬鹿だなw」
という評価と宣伝をしてる事にしかならない。ゆえに「面汚し」
202.名無しさん:2018年05月06日 06:14 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※192
>蘭印の石油は宗主国のオランダのものであり、それを分捕っていいという
理由にはならない
※164の時点で蘭印の石油はオランダのものだと言ってる件w



「石油はオランダのものだ」と言ってる時点で、お前は 暴論なんだよ エラ
203.エンアカーシャ:2018年05月06日 06:17 ID:nUDZrsQh0▼このコメントに返信
全世界を敵に回していた、アメリカ、
ハワイ王国ほか、太平洋の全てを領土化するのが目的だった、

アメリカは、日本周辺地域での植民地化政策の競争で、ほかの白人国家に遅れを取っていた、
アメリカが標的にしたのが、中国、
人民を扇動して、クーデター、ラストエンペラーの国を滅亡させて、まず、主権国家を消失させた、
その後に、国民党軍の取り込みを実施するが、日本と奪い合いに発展、
国民党軍も、アメリカを信用しておらず、指導者が日本へ留学、金策などを実施、
アメリカは不利に陥った、

これは、
偶然の産物だったが、正確に<アメリカの中国侵略>だと知覚して対応していれば、日中戦争は勃発しなかった、
ここが、重要なポイント、
日中戦争で、国力を消耗していなければ、日本は全世界と共に、アメリカと戦争に突入、
戦勝していただろう、

アメリカの侵略の手口は、<アメリカ人を入植させる> → <アメリカ人がクーデターを起こす> →
<アメリカ軍が介入> → <独立> →<アメリカに併合>と、このパターンである、
日本も、明治15年までは、危なかった。
204.名無しさん:2018年05月06日 06:18 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
とりあえず最後にYIc66Wt.0に教えといてやるか
蘭印は単に石油の産出地というだけではなくて、ご丁寧に石油精製施設までありました
それらはオランダの持ち物だ
で、蘭印作戦において日本の空挺部隊がそこを抑えたりしたわけ
石油のみならずいきなり他人の持ち物の製油所までゲットして我が物にしちゃったわけよw
軍オタ日本軍派ならこのときの「空の神兵」という言葉くらい抑えとけや
そしていきなり石油を製油所ごとオランダから分捕ったという事実を直視しろや
205.名無しさん:2018年05月06日 06:18 ID:T8c8ftA.0▼このコメントに返信
※198
インドネシアやマレーシアなどから、日本の役割について評価する声があったのは知ってる。
ただ、あまり想像力を働かせ過ぎるのはよくないかもしれんが、
そういう声って1960年代から80年代の現地の政治家から特に上がっていた点が、気になる。
日本が経済大国として復活し、独立した各国と外交関係を構築し始めた時期と重なる。
こんな状況で、日本に都合の悪いことを声高に叫ぶだろうか。
杞憂かもしれんが、中国がさらに伸長して、東南アジア諸国がそちらに乗り換えたとき、
今度は中国と歩調を合わせるため、手の平を返して日本への肯定的な評価を取り消さないか、それが心配。
206.名無しさん:2018年05月06日 06:24 ID:BcW.8cd.0▼このコメントに返信
アメリカは世界制覇をたくらむ悪の国で日本をはじめとする大東亜共栄圏はそれに立ち向かうも
物量の前に敗れたが、戦後共産圏の脅威を目の当たりにしたアメリカが日本を反共の防波堤にすべく
再軍備やら経済再建やらを援助して紆余曲折合って今現在に至る。
俺たちは一刻も早く本当の独立を勝ち取り大東亜共栄圏を築き上げなければならない!
スローガンは脱亜入欧だ!
207.名無しさん:2018年05月06日 06:25 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※204
横からだがそれ、とられる奴が悪いんじゃないの?オランダだってインドネシア取ったわけだろ?
売買契約があって正式に譲渡を受けたわけじゃ無いよな?日本はオランダと友好も協力関係もあったわけじゃないよな?
まさかと思うがオランダは平和主義で日本が攻めてくるとか夢にも思わない可哀相な人達だったとか言い出さないよな?
208.名無しさん:2018年05月06日 06:28 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
YIc66Wt.0は俺のおかげで知らないことを学べてよかったなw
逆に俺は「日本は悪くない派」の知識は所詮こんなものだってことを学べたわw
209.名無しさん:2018年05月06日 06:28 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※203
34.エンアカーシャ:2018年02月06日 06:40 ID:96SBjnCc0▼このコメントに返信
佐賀県で、自衛隊のアパッチが撃墜された (本日の読売新聞)、
沖縄米軍の<Fー18><ハリアー><オスプレイ×2>に続いての、テロ被害、
<中国軍><韓国軍><しーるず><Cばき隊><·香·山·リ·カ·><辻元議員>などが行う、失明レーザー攻撃だ、
全国で、年間250件以上の被害が発生している(読売新聞の調査より)、
アパッチは、墜落した時に、パイロット1名が死亡、
生存していた1名が、テロリストに拉致誘拐されてしまい、行方不明と成っている、乗員は2名だった、
焦って、日米の戦力を損耗させている事実から、開戦は予測より早いかも?、
ちなみに、アパッチの生産は終了している。




 ↑

エンアカーシャはこういう人間だ
210.名無しさん:2018年05月06日 06:34 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※208
>逆に俺は「日本は悪くない派」の知識は所詮こんなものだってことを学べたわw

 俺は、

どこにも実在しない文章を空想したり、
相手の文章を、言葉尻だけ捕らえて、自分に都合よく編集しないと、
日本人様に言い返せないから、お前は、無力な工作員、朝鮮人同胞の面汚し、

 という、月並みで、見飽きるほど見て既視感の強い「性癖」を、
 今日も再認識させてもらって嬉しいよ。

  お前らが「無力」なお陰で日本人は安泰でいられるのだ。よ!「ネットムリョク」w^^

ついでに、お前らの歴史、「朝鮮進駐軍」が一目で分かるコピペを貼ってあげよう。
211.名無しさん:2018年05月06日 06:35 ID:Jze4M9Nl0▼このコメントに返信
一回どこかで負けないと結局軍事費に国家財政が食いつぶされてる

日本軍という重りをパージしたから戦後復興できたのもまた事実
212.198:2018年05月06日 06:36 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※205
声が出た事自体結構な事だろ。裏があろうが腹に一物あろうが言わせたのは日本の実力だ。
現地の政治家とやらが政府与党ならそれは政府見解だわい。何処の誰かは知らんが日本に伝わるくらいなら実際そうなのだろう。
少なくとも大日本帝国は侵略国家で悪の帝国とキャンペーンを打ちたい国家からすればさぞショックだった事だろう。
これだけでも俺は好意的に受け止めるね。日本にとっては大事な事だ。
そもそもインドネシアマレーシアには独立させた上に賠償を兼ねたODAまでやっている。如何程の損害を与えたかではあるが。
この上悪口を言われては日本としては敵わんよ。むしろもっと早く言えではある。
213.名無しさん:2018年05月06日 06:36 ID:BcW.8cd.0▼このコメントに返信
しかし10年くらい前とは議論の質がちょっと違ってきてて面白く思います。
214.名無しさん:2018年05月06日 06:37 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※204
>で、蘭印作戦において日本の空挺部隊がそこを抑えたりしたわけ
>石油のみならずいきなり他人の持ち物の製油所までゲットして我が物にしちゃったわけよw

 で、日本と取り引きできるように、現地人にノウハウを与え、
 日本語を教育することで、「日本人と貿易できるように」し、
 その結果、各国は戦中戦後に独立できたわけだ。

 そこまで分かって上で、歴史語りな? 国籍を騙るだけじゃなくな?w
215.名無しさん:2018年05月06日 06:39 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
【ネト.ウ.ヨ.は街宣右翼と同じで在日コリアンの成り済まし行為】
【暴走族が特攻服を着てる理由】

戦後、日本に残った朝鮮人がアメリカ進駐軍を真似て、 「朝鮮も戦勝国だ!」と言い、無断で進駐軍を結成した。
しかし戦争に参加してないし、軍隊を持ってないから、軍服を持っていない。 銃の所持を認められなかった日本人警察を襲い、 日本軍の倉庫から、『特攻隊の制服』を奪った。

自称朝鮮進駐軍がのちの朝鮮総連となった。 総連は日本中のヤクザに入り込み、内側から乗っ取った。 任侠ヤクザは絶滅し、代わりに在日一世ヤクザが極道を仕切り始めた。
小指を詰める「肉刑」は朝鮮の文化。 戦前のヤクザは指を切断などしない。 い。
216.名無しさん:2018年05月06日 06:39 ID:MHyV4CCE0▼このコメントに返信
植民地解放を謳い始めたのは戦争も敗勢になったころで
実はシンガポール等戦略的な要地やインドネシアの資源地帯はちゃっかり日本に併合してたりする
1943年11月に大東亜会議なる東南アジアの活動家らを集めて独立について会議をやったけどインドネシアの活動家だけ呼ばずに批判されたり

ちなみにシンガポールにつけた日本名は昭南市
217.名無しさん:2018年05月06日 06:39 ID:cVNTHhBS0▼このコメントに返信
先に原爆開発して、本土に5発くらい打ち込んだら勝っただろ。しかもその威力を恐れて世界すら取れた。

まあ冗談は置いといて、ロシアスパイの暗殺、アメリカとの密約くらいしか道はないし、大本営が腐ってたから明治憲法含めていい未来は待ってなかっただろうね。
218.名無しさん:2018年05月06日 06:40 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※208
★ 街宣右翼の歴史(在.特会とかではなく黒塗り軍艦マーチのアレ)★

戦後、在日コリアンが戦勝国を自称し始めた。しかし戦争に参加してないので軍服がない。
朝鮮人は日本兵の軍服、特に飛行隊の制服を強奪し、好んで着用した。
後に、3世世代が暴走族として着用し、街宣右翼は迷彩服に変わった。

★ 自称朝鮮人進駐軍は、山口組と抗争すると内部に潜り込み、乗っ取った。
  朝鮮総連を作り、労組や大学に潜り込み、息子達には高校で暴走族をやらせた。
  族が、日の丸、日章旗、白黒赤、意味不明な漢字を好むのは、親が街宣右翼だから。

  また日本で2番目に少年犯罪が多かったのが、この暴走族時代の1970年代。
  つまり少年犯罪ではなく、移民の犯罪、外国人犯罪と言う事。
  取り締まれないのは、少年法とかではなく、「在日コリアンだから」。

  「パチ.ンコ」が「軍艦マーチ」を使うのは、「パチ.ンコ=街宣右翼」だから。
219.名無しさん:2018年05月06日 06:41 ID:Sc05phPU0▼このコメントに返信
資源のない日本に最初から勝ち目はなかった。
日本にできることは、少しでも食い下がってアメリカから譲歩を引き出すこと。
つまり「いかにうまく負けるか?」だったのだ。
戦争で大事なのは「いかに勝つか」でも「いかに早く終わらせるか」でもない。
「いかに上手に終わらせるか」である。
そうでなければ無条件降伏した日本が分割統治されていないのも解る。
220.名無しさん:2018年05月06日 06:41 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※208 ★ 街宣右翼の歴史(在特会とかではなく黒塗り軍艦マーチのアレ)★

戦後、在日コリアンが戦勝国を自称し始めた。しかし戦争に参加してないので軍服がない。
朝鮮人は日本兵の軍服、特に飛行隊の制服を強奪し、好んで着用した。
後に、3世世代が暴走族として着用し、街宣右翼は迷彩服に変わった。
★ 自称朝鮮人進駐軍は、山口組と抗争すると内部に潜り込み、乗っ取った。
  朝鮮総連を作り、労組や大学に潜り込み、息子達には高校で暴走族をやらせた。
  族が、日の丸、日章旗、白黒赤、意味不明な漢字を好むのは、親が街宣右翼だから。
  また日本で2番目に少年犯罪が多かったのが、この暴走族時代の1970年代。
  つまり少年犯罪ではなく、移民の犯罪、外国人犯罪と言う事。
  取り締まれないのは、少年法とかではなく、「在日コリアンだから」。
  「パチ.ンコ」が「軍艦マーチ」を使うのは、「パチ.ンコ=街宣右翼」だから。

★ 街宣右翼は、「愛国者に成り済まし」て『ネガキャン』する、山口組ヤクザのシノギ。
  これがシ.バキ隊、男組、シールズになった。
2011年民主党政権時代、フジテレビデモに参加した街宣右翼は、大恥をかいた。
そこで「左翼としての団体」シバ.キ隊を作り、「エセ右翼と左翼」の二束のワラジを使い分け始めた。
シバ.キ隊や男組が、「首の周りと腕の途中」で不自然に途切れた刺青を彫ってるのは、
チンピラでありエセヤクザだから。
全身に彫って1枚の絵になるのだが、朝鮮人なのでその様式に関心も愛着もない。
夏にTシャツを着たいから、「首の周りと腕の途中」で途切れてるのである。
221.名無しさん:2018年05月06日 06:42 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※211
戦争で勝つと儲かるんだよ。為替の都合でな。アメリカは潰れてないだろ?
ソ連は潰れたがそれでも潰れるのに50年近く掛ってる。社会主義国だけに商売下手。それでも50年近くもっている。
戦争が終われば軍備は縮小される。アメリカだって軍艦は壊しまくった。やっぱ作りすぎだったのね、アレ。
222.名無しさん:2018年05月06日 06:43 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※219
バーカ。無知を恥じろ。

日本は、アメリカとの対米戦争の片手間で、アジア各国の有色人種に
独立のノウハウをバラ撒き、戦中戦後に独立できるほど強くする、近代化させる事だ。

それが「国益」だ。
日本の力で、アジア各国から白人を追い出すのは難しいが、
有色人種を鍛え上げる事は出来る。
223.名無しさん:2018年05月06日 06:47 ID:BcW.8cd.0▼このコメントに返信
※199
各国立場によっての議論なら大歓迎なんですがね、結局こういう輩のやることは「チョ・ン」「パヨク」っていう
議論の活性化を妨げる発言ばかりで。結局今やってることもコピペの連投でしょ?

はいはいわかりましたよ。今あなたのコピペで目が覚めました。在日は有害民族で撃滅すべきなんですね。ってもんですよ。
224.名無しさん:2018年05月06日 06:50 ID:BG0PuJFe0▼このコメントに返信
※93
日清戦争をやる前の日本と、米西戦争をやる前のアメリカが、ハワイを巡って争奪戦をしていたんだよな
もし日本(大隈内閣)がハワイを米より先に抑えてしまえば、いちばん穏便に対米戦争を遠ざける手段になっただろう
パナマ運河の意味が無くなる
米はもう物理的に太平洋に出てこれなくなる

日本領にしたハワイは皇民化教育+移民で、速攻で日本色に塗りつぶす
(米も同じことをやった)

225.名無しさん:2018年05月06日 06:51 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※223 >はいはいわかりましたよ

分かってねーわ。

お前は、漫画を読む感覚で「戦史」を面白がり、おもちゃにし、
自分の、個人的で粗末な「知識自慢」の道具に使ってるだけの、ゲスで、器の小さい、ザコキャラだよ。

 分かれ。
226.名無しさん:2018年05月06日 06:52 ID:BcW.8cd.0▼このコメントに返信
※225
はいわかりました。具体的にはどうすればいいですか。
227.名無しさん:2018年05月06日 06:52 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※223 >結局こういう輩のやることは「チョ・ン」「パヨク」っていう議論の活性化を妨げる発言ばかりで。

 妨げてるのは、そもそも妨害する為に来ている、「本当のチョ.ンパヨク」だろ。

 お前はそうやって、「達観してるフリ」をして見せることが、
 「この掲示板の中で俺が一番頭がいいw」アピールになる!
 と錯覚してる行動原理がまる見えなんだよ。
228.名無しさん:2018年05月06日 06:54 ID:BcW.8cd.0▼このコメントに返信
※227
はいすいません、
んで、私はこれからどうすれば?
229.名無しさん:2018年05月06日 06:55 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※226 >はいわかりました。具体的にはどうすればいいですか。

「結局こういう輩のやることは「チョ・ン」「パヨク」っていう議論の活性化を妨げる発言ばかりで」

だのと、「他人をダシに使う」のを止めて、
その「チョ・ン」「パヨク」である、ID:YD1mJD.t0 と 直接、議論しなさい。

お前、ID:YD1mJD.t0から逃げてたもんな?
「「チョ・ン」「パヨク」っていう議論の活性化を妨げる発言ばかりで」
だのと言い訳して、自分だけ保護して、「言い勝てそうな相手にだけ言い返す」って行動原理だもんな?

お前が自分で、「どうすればいい?」と聞いたんだぞ?実行するって約束だよな?
(まさか、「聞いただけだからw」なんて論法が通用するとでも思ってるのかなぁ?)
230.名無しさん:2018年05月06日 06:56 ID:je6HMklK0▼このコメントに返信
※196は、200を書きかけで途中投稿してしまっただけですので無視してください。申し訳無い。

日米が戦争にならない為には日米諒介案がターニングポイントで、この後は外務省は失態続きだし、それに引っ張られた陸海軍も、独ソ戦の後に混乱して関特演と南部仏印進駐という最悪の愚策をやらかし、後は崖から落ちた石のようになった訳で、日露戦争の勝敗論や満州利権、大東亜解放の理想はほとんど関係が無いんだよね。

杉山メモとかで大本営懇談会の議事録等を読んで、当時の内閣の人間の言ってる事を知ってしまえば誰でもすぐに理解出来るんだけどね。

ちなみに、もし戦争をして「大東亜戦争」に勝つ方法ならば、ヒトラーの遺言書っていう本を読めば良い。ヒトラー自身が死の年の2月に言ってる事だけど、前段では日本の忠誠をべた褒めしていて、このネタは知ってる人も多いんだが、後半で「でもな~、日本が40年にシンガポール進駐してイギリスのインド洋での息の根止めてくれてたらな~」とか、「それに、41年6月にソ連を一緒に攻撃してくれてたらな~、今頃露軍は崩壊してたのにな~」とか、ただのボヤキになってる。

ただし、さすがはヒトラーで、昭和15年だったら大統領選挙中の米国がシンガポール落とされても参戦出来てない、とか、41年中に日本と共同でソ連叩いたら、アメリカも手出し出来てない、とか、アメリカについても分析をしていて、多分当たってただろうね。

ところが日本はソ連と中立条約結んじゃったから仕方なく(ヒトラーの顔を立てるための)南進を選んで、無駄にアメリカから(想定外の)制裁喰らって身動きが取れなくなったわけだ。杉山メモ見ても、上層部は無能ばかりだから仕方ないのだけど。
231.名無しさん:2018年05月06日 06:56 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※228
ID:YD1mJD.t0 と 直接、議論しなさい。
ID:YD1mJD.t0 と 直接、議論しなさい。
ID:YD1mJD.t0 と 直接、議論しなさい。

 これが1番お前には痛いレスだもんな?お前がどういう言い逃れをするのかは予想している。
 せいぜい予想外のレスでもして見せてくれよ?
232.名無しさん:2018年05月06日 06:59 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※223 >各国立場によっての議論なら大歓迎なんですがね、結局こういう輩のやることは「チョ・ン」「パヨク」っていう議論の活性化を妨げる発言ばかりで。結局今やってることもコピペの連投でしょ?


 お前のやる事は、「達観してるフリして、自分だけが頭いいアピール」だけ。
 その目的の為に来ている。

 そして白々しく、「各国立場によっての議論なら大歓迎なんですがね」
 と被害者面だけは立派だ。まるでどこぞの民族を思い出す。
233.名無しさん:2018年05月06日 07:00 ID:je6HMklK0▼このコメントに返信
ちょっと見ない間にえらい投稿数が伸びてるな、と思ったら、ただの罵詈雑言ばっかりだった。
234.名無しさん:2018年05月06日 07:01 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※226 >はいわかりました。具体的にはどうすればいいですか。


>「結局こういう①輩のやることは②「チョ・ン」「パヨク」っていう議論の活性化を妨げる発言ばかりで」

 ① ID:YIc66Wt.0
 ② ID:YD1mJD.t0

①の俺じゃなく、
お前が自分で名指しした「チョ・ン」「パヨク」である、②と議論してみせな。
235.名無しさん:2018年05月06日 07:02 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※233
お前がやってる事は、歴史をオモチャにして、知識自慢の真似事するだけだろ。
236.名無しさん:2018年05月06日 07:03 ID:BcW.8cd.0▼このコメントに返信
※231
YD1mJD.t0氏はいろいろ詳しいし俺の議論の及ぶところではないと思います。
願わくばもっと学びたいくらいなんですが。
237.名無しさん:2018年05月06日 07:04 ID:nA59PzEV0▼このコメントに返信
朝鮮半島を、アメリカに売って引き取ってもらう。代金は、石油で受け取る。
ロシアの南下は、アメリカが受け止めてくれるし、満州の権益の分轄が必要に成るのかもしれないが、資本の協力も得られるから当初の目的も達せられる。国民党との対峙も任せばいいし、中共の芽も摘んでもらえただろ。
それでも、戦争を吹っかけられれても、法則が発動させるから、勝てるでしょ。
238.197:2018年05月06日 07:04 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※228
闇雲に相手に合わせないのも論議だと思うよ。どうせ向こうは歩み寄る気なんてないんだろうし。
論議が相手に理解を求めたり問題解決のためだけにあるとは限らない。
混乱させ攪乱する事を狙ってくる奴も居る。ネットではリアルと違ってそんな奴がやたら多い。
相手を説き伏せるよりも第三者の読み手に訴えた方が良い事も有る。
俺なら私はこれからどうすれば?とか聞かない。シンプルに言うべき事を言うだけだ。
239.名無しさん:2018年05月06日 07:04 ID:BG0PuJFe0▼このコメントに返信
※158
南部仏印進駐部隊が日本を出発した昭和16年7月24日は、ちょうどルーズベルト大統領と野村駐米大使が会談をしている時
で、それに対するアメちゃんのリアクションは、翌日の対米資産凍結
日本側は石油禁輸はあるだろうと腹を括っていたが、資産凍結宣言でで完全に浮き足立ってしまった

人間舐められたらおしまいという事


240.名無しさん:2018年05月06日 07:05 ID:T8c8ftA.0▼このコメントに返信
飛燕・紫電・彗星・銀河、この水準の航空機が安定して飛ばせるようにならないと、
どう転んでも日本独力では戦争に勝ち抜けない。ドイツに上手い事やってもらうしかない。
241.名無しさん:2018年05月06日 07:05 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※236
俺に、慇懃無礼の真似事は通用しない。
お前は、ID:YD1mJD.t0にも劣る。
242.名無しさん:2018年05月06日 07:06 ID:je6HMklK0▼このコメントに返信
※235

何が言いたいのやら。

そもそも基本的な知識すらない人間は相手にする意味も無いだろうに。
243.名無しさん:2018年05月06日 07:08 ID:BcW.8cd.0▼このコメントに返信
※238
これはすいません。私が反応してしまったことで活性化してしまったかもしれませんね。
私は疑問を提示しているだけでありたいと思ってたんですが、返信がうれしくてつい。以後黙ります。
244.名無しさん:2018年05月06日 07:09 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※242 >そもそも基本的な知識すらない人間は相手にする意味も無いだろうに。

だから、「追い出してる」んだろ
245.名無しさん:2018年05月06日 07:10 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※243 >これはすいません。私が反応してしまったことで活性化してしまったかもしれませんね。私は疑問を提示しているだけでありたいと思ってたんですが、返信がうれしくてつい。以後黙ります

 あぁ、なるほど。
 つまり、お前なりの、「逃げ口上」と解釈していいわけだね。
 「黙ります」と言った以上、IDが変わるまでの17時間、もちろん書き込んだりしないよね?期待してる。
246.名無しさん:2018年05月06日 07:14 ID:BG0PuJFe0▼このコメントに返信
※216
そのころ日本を頼ってきたインドのチャンドラボースも、当初日本では全然相手にされてなかったんだな
たまたま東條首相に面会して東條の知遇を得られただけ
で、日本が戦争に負けそうになり、ボースが日本を見限ってソ連に脱出しようとしたら裏切り呼ばわりされる

247.名無しさん:2018年05月06日 07:16 ID:je6HMklK0▼このコメントに返信
※239

松岡が四月からそれまでにどれだけアメリカ側、とりわけカウンターパートナーであるハル(日米関係の改善に野村と一緒にかなり動いていた)のメンツに泥を塗りつづけてたかを考えたら、想定外という言い訳すらアホらしいんだよね。日本の外務省は鉄面皮というか馬鹿なのか、それでも日米首脳会談(自分から5月に蹴り飛ばしておいて)を提案したりしてるが、上手く行く訳が無い。そもそも、アメリカ側にとっての日米諒介案の根本が、日本の対英参戦阻止なんだからね。(八光一宇すら賛同したのも、ただその為なんだし)
248.名無しさん:2018年05月06日 07:17 ID:aomNZNGG0▼このコメントに返信
朝鮮併合がそもそも間違っていた。満州やいろんな所に進出せず、アメリカとも戦争回避する。スイスみたいにしてれば良かった(難しいけど)
249.238:2018年05月06日 07:19 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※243
いやいや、聞くべき相手がいろいろおかしいと思ってそう書いたつもりだったんだけどね。
彼の反応を見るに貴殿の指摘は図星と思ったんだろう。なかなか韓国人らしい自己紹介をカマしてくれている。
俺だったらおいしいと思って弄ったりもするけど確かに貴殿向きではないかも知れない。韓国人からかうのも品がないからね。
スレ的にも脇道に逸れる。
250.名無しさん:2018年05月06日 07:24 ID:je6HMklK0▼このコメントに返信
※248

日韓併合がどれだけ欧米で歓迎されたか考えると、朝鮮の放棄=極東の戦争の種の放置だから、これも難しいんだよね。

251.名無しさん:2018年05月06日 07:25 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※245
オマエ弱虫だな。控えめの相手にしか絡めねえのか。オマエこそROMってろ、韓国人。
252.名無しさん:2018年05月06日 07:25 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※249 >闇雲に相手に合わせないのも論議だと思うよ。どうせ向こうは歩み寄る気なんてないんだろうし。論議が相手に理解を求めたり問題解決のためだけにあるとは限らない。混乱させ攪乱する事を狙ってくる奴も居る。ネットではリアルと違ってそんな奴がやたら多い。

 自分ひとりじゃ言い勝てなくなると、同じ境遇の第三者に擦り寄り、
 味方を増やそうとする、雑魚い手口。見飽きるほど見て来た。

 さぁ、こんな長文で擦り寄られた側の、ID:BcW.8cd.0のリアクションはいかに?

 ちなみに俺は、ネット上で「貴様」「貴殿」を使っちゃうような、中高生頭脳の人間を、
 人間扱いしないように心掛けている。漫画の読み過ぎで、戦史とゴッチャになるから。

彼の反応を見るに★貴殿★の指摘は
253.名無しさん:2018年05月06日 07:28 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※251>控えめの相手にしか絡めねえのか

自惚れんな。お前は誰にも相手にされてないだけだ。

お前は、「文章の長さ」に反して、
「漫画みたいな知識のタレ流し」 + 「粗末な語彙力で無理のある文章力アピール」
しか能が無い事ぐらい、み~んな分かってるのだ。

そんなお前を、寛大にお相手してくれたID:BcW.8cd.0を、大事にしろよ?
お前はネットにお友達が多いんだなw ネットで「貴殿」を使っちゃうような、漫画脳さんw
254.名無しさん:2018年05月06日 07:30 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信

ネットで、「貴殿」や「貴様」を使っちゃう奴の人間像は、大体一緒なのだ。

あ~見飽きるほど見て来た。
255.名無しさん:2018年05月06日 07:33 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※238
>ネットではリアルと違ってそんな奴がやたら多い。

「貴殿を使っちゃう奴」と、もう一つ言い忘れてた。
俺は、ネット外を「リアル」と形容しちゃう奴を、人間として信用しない事にしてる。

ネットスラングで物事を覚える、ヒキコモリ特有の性癖だ。
一生で1円すら納税した経験のないニートだと分かる。
256.名無しさん:2018年05月06日 07:36 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※249 あと、日本語も滅茶苦茶だな。

図星と思ったんだろう ← 「図星だったんだろう」が正しい。「図星と思った」なんて日本語はない。

俺だったらおいしいと思って弄ったり ← 「美味しい」とは弄られる側の見解だぞ?芸人用語だからな

スレ的にも脇道に逸れる。 ← 「脱線」って単語をパッと思い出せなくて、こういう文章になっちゃったんだな。

日本語より、人間語から勉強し直してね!^^
257.249:2018年05月06日 07:37 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※252
オマエが文語と漢字の使い方を判ってない事だけは判った。韓国人の知性じゃ無理か。
貴様も古語を辿れば敬語なんだろうけどね。

>自分ひとりじゃ言い勝てなくなると、同じ境遇の第三者に擦り寄り、
 味方を増やそうとする、雑魚い手口。見飽きるほど見て来た。

うん、俺も韓国人で見飽きてる。ほんと自分の尺度がこの世の全てだよな。だがそいつは韓国ローカルな世界だ。
日本じゃ通用しない。だから自己紹介なんて言われるんだよ。韓国人。

ここは日本がアメリカに勝つにはを論議するスレだ。俺は思考実験と次日本が勝つことを考えるためにここに居る。
日本が戦勝国になれば日本の立場も変わるんだよ。軍事的緩衝地帯の上に国家が有る韓国人の立場も変わる。
身の振り方は考えとけよ。オマエラが吐いたログはどっかでアーカイブされてて次の戦後にはおおいに参考にされるだろうからな。
俺もオマエラが吐いたセリフはきっちり覚えとく。日本がいつまでも今の立場にあると思ったら大間違いだ。覚悟しとけ。
258.名無しさん:2018年05月06日 07:38 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
>混乱させ攪乱する事を狙ってくる奴も居る

↑ついでにこれ。
「混乱させ撹乱する事」www
おんなじような語彙を2つ並べても、「頭いいアピール」にはならないんですよww
バッカだなぁww^^ ゲラゲラ^^

こういう性癖が、そうやって長文になる原因になるんだぞ!
そして読む者に、読む気をなくさせ、果ては「相手にされてないだけ」に気付かないw
259.名無しさん:2018年05月06日 07:39 ID:UnrVy7600▼このコメントに返信
経済面から見ると、あの戦争で日本側が勝つ場合には、ブレントン・ウッズ体制は生まれず、戦争をしなかった場合には、ポンドからドルへの基軸通貨移行も、無いか遅れることになる。
かつての日本は残念ながら経済で戦える人材を軽視するばかりか、暗殺対象にまでしてしまう始末だ。
国益という点では、通貨でも劣勢な経済圏を抱えつつ、ロシアのように追い込まれてた可能性が高いな。
やはり足場になる経済圏を持った上で、それが利益を生む状況を作り出し、それを守るために軍事力があるべきと思う。
苦し紛れに軍事に傾倒しても、それを維持できないのだから。
260.名無しさん:2018年05月06日 07:42 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※257 >オマエが文語と漢字の使い方を判ってない事だけは判った

貴殿を乱用しちゃうアホっぷり、「恥部」を誤魔化す口上としては、無理があるぜ。

俺をどんなに韓国人呼ばわりして、「現実逃避」する事で、
お前自身の「傷付いた心」を慰めようとしても、無駄だよw
俺のID検索すれば、「韓国人じゃない事」が一目でわかる訳だしな?
※220見れば俺が韓国人じゃない事ぐらい分かるだろう?

>ここは日本がアメリカに勝つにはを論議するスレだ。

 俺はちゃんと論破し切った。俺の過去レスを見ないフリするから、そうやて読みこぼすのだ。

>俺は思考実験と次日本が勝つことを考えるためにここに居る。

 違うよ。お前は「俺が1番頭がいいアピール」する為にいるんじゃないか。
 そのために戦史をオモチャにして、あれこれいじくってるんだもんな?
261.名無しさん:2018年05月06日 07:43 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※257 >身の振り方は考えとけよ。オマエラが吐いたログはどっかでアーカイブされてて次の戦後にはおおいに参考にされるだろうからな。>俺もオマエラが吐いたセリフはきっちり覚えとく。日本がいつまでも今の立場にあると思ったら大間違いだ。覚悟しとけ。


 逃げ口上ご苦労さん。
 ネットで「貴殿」を使っちゃうような、恥さらしw

 お前にネットは2000年早いんだよ!

 絶対にありえない「次の戦後」だの、荒唐無稽で、漫画レベルの想定をしないと、
 俺一人にすら言い返せない、「ネットムリョク」w クスクス^^ 敗北者→ID:5V7JMCOg0
262.249:2018年05月06日 07:44 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※256
くだらねえ。図星は単語として使ってる。図星で完結しているのだからそれを思えば図星と思うだろがよ。
で、図星だったんだろ?どうなのよ。※243の人も草葉の陰で興味津々だと思うぜ。なあ。
おいしい話って弄られる側だけの話かい?言葉を勝手に定義すんなよ。
スレ的にも脇道に逸れるは俺の言い回しだ。いいまわし。ニホンゴワカリマスカ?

言うほどオマエの文章はうまかねえよ。スレ的にも脇道に脱線してんだよ。韓国人w
263.名無しさん:2018年05月06日 07:45 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※257 >貴様も古語を辿れば敬語なんだろうけどね。

相手に指摘されても、性懲りなく「貴様」なんか使っちゃうアホw
貴様が「侮蔑語ではない事」くらいは知ってるはずだが?
なんで俺を敬ってんの?

所詮、「貴様」って語句に対する認識は、漫画レベルって事さw
お前にとって貴様は、「不良漫画とかに出て来る侮蔑語」なんだよな?
だから相手に指摘されても、引っ込みが付かなくて乱用しちゃうのだw
264.名無しさん:2018年05月06日 07:47 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※262
>くだらねえ。

 ↑ くやしそう!

>図星は単語として使ってる。図星で完結しているのだからそれを思えば図星と思うだろがよ。

 日本語初心者さんお疲れ

>で、図星だったんだろ?どうなのよ。

 と、話を逸らしたがってるのがバレバレで恥ずかしいよぉ~ ///><///

>おいしい話って弄られる側だけの話かい?

 そうだ。

>スレ的にも脇道に逸れるは俺の言い回しだ。いいまわし。ニホンゴワカリマスカ?

 人間語分かりますか? 次からは語尾に「ウキー」でも付けてあげようか?
265.名無しさん:2018年05月06日 07:49 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※262 >言うほどオマエの文章はうまかねえよ。


「言うほど」wwww「うまかねえよ」wwww
この言葉選びほど、俺を喜ばせる物はないな。
悔しくて悔しくて、「言い返したい!」って願望だけは先走って、
でも語彙、知性が追い付かないw お前、ラノベの読み過ぎw
266.名無しさん:2018年05月06日 07:50 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※262 >スレ的にも脇道に逸れるは俺の言い回しだ。いいまわし。ニホンゴワカリマスカ?

「言い回し」ってのは、何か「うまい結びつけ、当てこすり」が成立してる時に豪語すべきであって、
お前のは単に、「適切な二次熟語が思い浮かばなかった」だけじゃん。
お前のハズカチー恥部を誤魔化す為に、言い回しって語句が存在してるんじゃないんだぜ?
267.名無しさん:2018年05月06日 07:55 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※262 >※243の人も草葉の陰で興味津々だと思うぜ

…お前、「草葉の陰」の意味、分かってて使ってる?
仮にも、本題においてお前と議論して下さった恩人に、物凄い言い草だな?

こういう風に指摘されたお前が、どんな強引な正当化するか、を予想して、
俺はまた笑ってるんだが。
268.257:2018年05月06日 07:56 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※261
いーや、身の振り方を考えとけよは親切な提案であり攻め口上だ。勝てても居ないくせに勝利宣言するのこそ逃げ口上な。
アメリカが金利を上げるだけでも世界大戦は起きるんだよ。金融の世界なめたらいかん。韓国なんざもろに影響受けるだろうな。
世界秩序ってのは存外脆く出来ている。崩れないように各国のお偉いさんはハゲ上がるほどの苦労をしてるもんだ。
韓国人ってのはその辺全く理解してないから韓国人なんだわ。南北共同宣言とか俺は茶番だと思ってるが不幸な事にあれをまじもんだと信じて疑わない善良で可哀相な人等がいる。結果がデタラメと判ればどれ程怒る事だろう。冗談抜きで身の振り方考えといた方が良いんじゃないか?
大戦が起れば次の戦後ってのも必ずやって来る。半島が元で世界大戦入りなら南北朝鮮人は元凶として向こう100年迫害の対象だろう。世界が敵だ。どんなに頑張ったって地球からは逃げられないぜ?
269.名無しさん:2018年05月06日 08:01 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※268
>アメリカが金利を上げるだけでも世界大戦は起きるんだよ。金融の世界なめたらいかん。
>アメリカが金利を上げるだけでも世界大戦は起きるんだよ。金融の世界なめたらいかん。
>アメリカが金利を上げるだけでも世界大戦は起きるんだよ。金融の世界なめたらいかん。

で、「アメリカが、世界大戦が起きるレベルの金利を上げる」確率は?
お前が言い出した事だぜ?パーセンテージでいいから言ってみ?

>世界秩序ってのは存外 ~ 略 ~ 地球からは逃げられないぜ?


 ひとりでベラベラ喋ってれば、相手が呆れて、先に逃げ出してくれる、
 みたいに思うなよ?
270.名無しさん:2018年05月06日 08:04 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※268
「詰み」だな。
いよいよ頭がパンクして、荒唐無稽な御伽噺ペラペラ喋り出した。
こうなると、こっちも飽きる「いつもの展開」になる。
271.262:2018年05月06日 08:05 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※266 ※267
そりゃオマエが勝手にそう思ってるだけだ。俺は俺の個性ってもんを大事にするんでな。
草葉の陰だって俺の言い回しよ。冗談で使ってるに決まってる。オマエ如きに手紙文なんか書くかよ。韓国人。
貴殿の使い方も判ってない奴に言われたかない。貴殿は手紙文なんかでよく使う敬語だけどな。書いた相手はオマエとは違う。
その程度の日本語感覚で俺に日本語の講釈すんじゃねえよ、唐変木。
272.268:2018年05月06日 08:06 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※270
オマエが「詰まった」んだろ。俺はアドバイスしたからな。聞いてなかったニダとか言わせんよ。あとは知らん。
273.エンアカーシャ:2018年05月06日 08:08 ID:45PbPy3v0▼このコメントに返信
※209
失明レーザーテロを暴露されて、犯罪組織の工作員が、発狂中 (笑)、
そんなに、都合が悪かった?。
274.名無しさん:2018年05月06日 08:08 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※271
>俺は俺の個性ってもんを大事にするんでな。

 「個性」は、「国語に不勉強なこと」を正当化する為に存在してるんじゃないんだぜ?
 個性を大事にして欲しいと言うなら、「草葉の陰」を誤用し、漫画の真似で「貴殿の乱用」をやめられない、
 お前の「低俗な」個性を、俺は尊重させてもらうわ。

 どうかお前には、一生、死ぬまで!
 「そのまま」でいてもらいたい。お前の語彙力がプラス方向に変異して欲しくはない。
 誰にも真似できない、お前だけの個性だ。わかるね?
275.名無しさん:2018年05月06日 08:10 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※271
>草葉の陰だって俺の言い回しよ。冗談で使ってるに決まってる。オマエ如きに手紙文なんか書くかよ。韓国人。

 そうだ。お前の言い回しだ。お前「だけの」。
 だって初耳だもん。前人未到!前代未聞!その個性、大事に!
276.268:2018年05月06日 08:12 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※269
んじゃ9%な。サブプライムが流行る前はそんなもんだった。アメリカがその気ならそこまで上げられるんだよ。
上げるベースによっても情勢は変わる。アメリカはわざといきなり金利を上げる事だって出来るんだよ。アメリカの自由勝手だからな。
世界のバランスは謂わばアメリカの手の平の上だ。影響を受けないのはデフレのくせに経済規模のでかい日本くらいってな。
そんなことも知らんで絡んできてんのか。不勉強な韓国人だ。
277.名無しさん:2018年05月06日 08:14 ID:BG0PuJFe0▼このコメントに返信
※247
近衛内閣が送り込んだ来栖大使も全然相手にされてなかったし
外交シロートの野村大使に変わって、一方的に日米首脳会談開催を取りまとめてくれるとでも期待されたのかどうか
日本国内の国論がバラバラなのをルーズベルトにもハルにも見透かされてしまってる
こんな奴らと何か妥協してもこっちが恥をかくだけ、事態がエスカレートするのも覚悟して原則論を繰り返すしかないと思われていたとしても仕方ないと思う



278.名無しさん:2018年05月06日 08:15 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※276 >んじゃ9%な。

じゃ、「起きない」は「91%」なんだな?1割にも満たない訳だ。(墓穴w)
お前が自分で証明したんだぞ?「起きない確率は91%」ってな。
(算数も苦手な人でしたか…)
279.名無しさん:2018年05月06日 08:15 ID:OuiMBxr10▼このコメントに返信
どう考えても満州事変は関東軍の侵略行為だろ。
自作自演の満州事変なんかやっといて自衛のためと言い張り、
それを看破してもなお日本側に譲歩したリットン報告書も突っぱね、それを当然と思う当時の日本国民(逆に憤慨するとかアホだろ)
そんな愚かな国民では戦争突入は避けられなかった。

今更タラレバを言っても詮無いことだけど、当時の日本人が冷静だったらリットン報告を受け入れていただろう。
そうなれば国際連盟脱退もなかったろうし、その後の歴史は大きく変わっていた。
280.名無しさん:2018年05月06日 08:17 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※276 >そんなことも知らんで絡んできてんのか。不勉強な韓国人だ。

お前もそろそろ「草葉の陰」入り、だな。お友達と一緒に。
281.名無しさん:2018年05月06日 08:18 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※279 >その後の歴史は大きく変わっていた。

ああ、21世紀の今でも、半分以上の有色人種は奴隷のまま。
日本は「有色人種の裏切り者」の汚名を着せられ、今の中国になってたかもな?
282.名無しさん:2018年05月06日 08:18 ID:.MLijBFI0▼このコメントに返信
※5
精神論なんて今の日本でも蔓延っとるぞ。
283.エンアカーシャ:2018年05月06日 08:19 ID:45PbPy3v0▼このコメントに返信
273の2、

そう言えば、

<アパッチのローターをパージして射出座席で脱出>
<整備ミス>
<中韓の部品が原因で不良>

どれが事件の発端だっのやら · · · ?、
事故調の報告は、公開されず、
<5キロ圏内をS字飛行><ローターがヘリから外れる>などが目撃され、
脱出した原因は、失明レーザーテロで、ほぼ確定か、

中韓の部品を自衛隊が使用する事は、すでに禁止されている、
自衛隊には、整備ミスは無い、

脱出する理由も、視力を喪ってのパニック以外、想定も出て来ない、
確定?。




284.271:2018年05月06日 08:20 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※275
おうよありがとよ。ところでやっぱ図星だったのね。草葉の陰の彼もさぞや納得している事だろう。なんまんだぶ。
それといくつか俺の書いてない事まで書いてたりするからね。そっちは返事するのもめんどうくさいや。
今顔真っ赤だろ。頭から湯気ふいてんじゃねえの?見てないけどなんか目に浮かぶようだわ。
知り合いの韓国人も丁度オマエみたいなヤツなんでな。韓国ってオマエラ見たいの量産してるわけ?建設的とは言えないなあ。
国家全体でチンピラ養成してるのかね。
285.名無しさん:2018年05月06日 08:21 ID:tLUyygUp0▼このコメントに返信
大東亜戦争は侵略戦争だった
だから世界が敵に回り勝ち目が無かった
もしも真の防衛戦争だったら世界が協力して各地で紛争し、日本に資源を届けてくれて必ず勝てた
286.名無しさん:2018年05月06日 08:23 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※284
>草葉の陰の彼もさぞや納得している事だろう。なんまんだぶ。

 誤用…というか、無知を晒した勢いで、後に引けなくなって、ついにお友達を売ったww(これ予想外)

>今顔真っ赤だろ。頭から湯気ふいてんじゃねえの?見てないけどなんか目に浮かぶようだわ。

 ちょうど俺は、「今年上半期、1番笑った」って書こうと考えてたとこよ。手間が省けて助かったわ。
287.276:2018年05月06日 08:25 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※278
金利の話じゃなかったのかよ。キミの日本語は良く判らん。思考回路の問題か。
そもそも戦争の起きる確率を数字にしてどうすんだ。占いほども意味がないや。韓国人相手にして損したわい。馬鹿馬鹿しい。
288.エンアカーシャ:2018年05月06日 08:26 ID:45PbPy3v0▼このコメントに返信
203の2、

根幹の解決は、<203>でOK、
戦争回避なら、だが、

次は、
戦争突入で、アメリカに勝つ方法?、
真珠湾攻撃で、ハワイを占領して、軍人を捕虜にする、
戦時条約を締結させるか、中国から撤退を要求するか、

これが、開戦直後の勝てる方法?、

機動部隊に、山本長官が同行していれば、可能だった、
独断専行で、な、

他は次回。


289.名無しさん:2018年05月06日 08:27 ID:ZAwVxBQ.0▼このコメントに返信
国籍透視を文中に混ぜ込んじゃった時点で
マトモに会話できる相手じゃねーな、これ
純粋に史料に基づいて理論で反論すりゃいいのに
お察しですわ
290.名無しさん:2018年05月06日 08:27 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※285
>もしも真の防衛戦争だったら世界が協力して各地で紛争し、日本に資源を届けてくれて必ず勝てた

有色人種達は、日本だけが立ち上がり、孤軍奮闘してもなお、自分らは閉じ篭ってた。
そして日本が敗戦してから、ヌケヌケと独立戦争を始めた。
日本が独立の助けになると考えてバラ撒いた、医療・教育・資源採掘を活かしてな?
291.名無しさん:2018年05月06日 08:28 ID:.GjL0Wr50▼このコメントに返信
鉄人28号、メタルダー、神ラ号、強化外骨格の実装
292.名無しさん:2018年05月06日 08:28 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※289
>国籍透視を文中に混ぜ込んじゃった時点で

お前が透視されたのは、国籍じゃなくて「人種」「民族」でしょ!
なぜ自分から国籍を持ち出しちゃったのかなぁ?
あぁ、日頃から国籍を詐称して暮らしてる人なのかぁ
293.名無しさん:2018年05月06日 08:30 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※287
>思考回路の問題か。

思考回路の使い方が違う。
さしずめ俺がわざと多用してる「行動原理」を真似たつもりだろうけど(わざわざ下位互換を)

>そもそも戦争の起きる確率を数字にしてどうすんだ。

「そもそも論」は俺に通用しない。
特に、俺に「大敗」した直後の言い訳として持ち出した場合は。
294.名無しさん:2018年05月06日 08:32 ID:je6HMklK0▼このコメントに返信
※277

その外交素人の野村大使が、ルーズベルトとハルから一番信頼されてたんだからね~。むしろ外務省の試験上がりの官僚連中の無能さに驚くよ。

近衛も、松岡を切ればアメリカ側が軟化するだろうと思っていた様子だけど、「相手の条件何でも呑める限り呑むから会談したい」っていうのもダメなんだよ。あと、日本外交の常だけど、外圧で国内の異論を封じ込める手法もね。とにかくアメリカは、日本に四月に説明したアメリカのスタンスを根本から無視するような日本の外交の迷走振りを、明らかに日本が故意に悪意を持って振る舞ってると解釈したのは疑いが無い。(ここまで日本外務省が愚かしいとは想像出来なかったわけだ)
295.名無しさん:2018年05月06日 08:33 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※287
俺は、ネットで「思考回路」って語句を使いたくないから、
わざわざ「行動原理」に言い換えてるのに、それを使っちゃう人間がいるとはなぁ…。
だって思考回路って言葉持ち出すと、中高生が書いた文章に見えちゃうもん。
296.名無しさん:2018年05月06日 08:34 ID:Orkb.9fV0▼このコメントに返信
※292
その言葉、そっくりお返しするわ
あなたが普段からそういう事をしているからそう思うんだよ
人種、民族も国籍も議論には関係ないから
297.名無しさん:2018年05月06日 08:38 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※296
>その言葉、そっくりお返しするわあなたが普段からそういう事をしているからそう思うんだよ人種、民族も国籍も議論には関係ないから

苦しい!
あと、仮に「民族も国籍も議論には関係ない」なら、イデオロギーなんて言葉は存在しない。
そのレスは荒唐無稽ってことさ。
298.名無しさん:2018年05月06日 08:38 ID:.AE.fPwm0▼このコメントに返信
勝つのではなく戦わないのなら簡単。当時野党だった共和党と交渉すれば良かった。
民主党は表では戦争しませんと国民に約束しているが裏では最後通牒を日本に突きつけたと
ハルノートの原本を共産党に渡せば良い。

3日で民主政権は潰れて、超親日共産党政権になる。
299.287:2018年05月06日 08:39 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※293
オマエほんとに唐変木だなあ。友達居ないだろ。完全に自分に酔ってるもんな。
相手が呆れるのを見て「勝った」と思うのがオマエの戦略だったんだな。何か可愛そうになってきたよ。
でもオマエは幸せなんだろうな。それもまた人生だ。じゃあな。
300.名無しさん:2018年05月06日 08:40 ID:Orkb.9fV0▼このコメントに返信
※297
事実の評価は別として事実関係を争うのにイデオロギーは必要ないわな
301.名無しさん:2018年05月06日 08:42 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※299
相手に言い返せなくなった敗者&弱者が、
「相手にキャラ付けすれば、言い勝った事になる!」って逃げ方に走るのは、見飽きたパターンよ。

つまり俺はそれを、「逃げ口上」と解釈する。

(言うに事欠いて「戦略」ね…本より漫画ばっか読んで来たんだろう)
302.名無しさん:2018年05月06日 08:42 ID:je6HMklK0▼このコメントに返信
※285

あんまり横から関わりたくも無いけど、以前、ここで「日米戦争が防衛戦争か~」っていうお題があったときに書いたんだけど、国際法的には「防衛戦争」なんて単語は使わないんだよね。あるのは侵略か自衛戦争か、なのね。防衛戦争なんて言う人間は、国際法に無知なのか、あるいは自衛戦争に無理矢理予防戦争の概念を混ぜ込みたいマルクス主義系の人間か、なんだよね。
303.名無しさん:2018年05月06日 08:43 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※300
事実と解釈は別だろう。
特に、「自国に好印象な解釈」で身内ビイキするのが世の常だろう。
304.名無しさん:2018年05月06日 08:51 ID:AzUOEE.t0▼このコメントに返信
まーこれからの日本の先を見た方が前向きだわなあ
305.名無しさん:2018年05月06日 09:01 ID:9REk.wcm0▼このコメントに返信
>ならどうやれば大東亜戦争に勝てた?

>批判ばかりで対案を出せないなら日本の野党と同じ


だから話は主にどうやれば開戦は避けれたかになるわけで
そこんとこを誤魔かしちゃダメだよ、イッチ。
306.名無しさん:2018年05月06日 09:11 ID:m8GlWXGi0▼このコメントに返信
正直、1番の問題は石油の輸入を止められ東南アジアを取らなくてはいけなかったからアメリカの介入する余地を増やしてしまった。
満州の利権は国際的に認められていたんだから黒竜江省の油田さえもっと早く見つかっていれば南進せず戦力を分散する必要がない上にアメリカは介入する正当性が見つけられなかったはず。
307.エンアカーシャ:2018年05月06日 09:20 ID:NIKwESPD0▼このコメントに返信
203の3、

<侵略戦争>と主張する者は、詐欺師である、
侵略って、ドコの国を · · · ?、

アジアは、日本以外、全ての国が白人の植民地でした、
中国ですら、アメリカの植民地、
国民党軍は、軍だけの組織、国家を運営していなかった、
また、中国全土を運営する組織など、存在しなかった、

アメリカ、イギリス、フランス、オランダ、ほぼ、この4色しか、アジアには存在しなかった、

フィリピンも、インドネシアも、ベトナムも、ラオス、カンボジア、インド、ブータン、ほか、
全ての国は、白人国家から解放されて、新興国として、独立した、
それぞれ、独立するまでは、存在しない国だった、

タイ国は、日本が軍事支援しており、白人国家の植民地に成らず、王制を維持していた、
日本が解放しなければ、現在でも、白人国家の植民地のままだった、

侵略戦争では無かったから、それらの国々は、親日なのだ。
308.エンアカーシャ:2018年05月06日 09:45 ID:NIKwESPD0▼このコメントに返信
203の4、

開戦直前に、パナマ運河で陸軍の機密を輸送していた船が?何故かアメリカ軍に、強制的に臨検され、
陸軍の暗号表が盗まれてしまった、
外交暗号は、すでに解読されていた、
日米交渉でも、日本側は、石油の全面解禁を求めなかった、
アメリカは、ハルノートで石油解禁も制限輸出入も否定した、
アメリカの目的が、中国の支配に有るので、阻害する提案には応じられない制約が、アメリカ側に有った、
アメリカ側に、交渉の意志が無いので、戦争回避は不可能だった、
で、
真珠湾占領の<第1のチャンス>を、無駄にする場合、
第2のチャンスとして、イギリス領土の、コロンボ島(現スリランカ)を占拠、
これが出て来る、
ここを占領して置けば、アメリカのインドルートを壊滅させて、中国国民党軍は、自然死を迎える、
陸軍と、内戦寸前だった海軍には、協力して占領する事が不可能だった、が、チャンスはチャンスだ、
海軍陸戦隊だけでは、無理、

イギリス海軍は、<壊滅/撤退>しており、戦艦の主砲で、航空基地は壊滅させられた、
布張りの複葉機が、魚雷を持って来ても、機動部隊の障害には成らない (笑)、
降伏勧告を出せば、簡単にイギリス軍は白旗を掲げただろう、
この後、ドイツがアフリカ戦線で勝利するフラグが立つ。
309.名無しさん:2018年05月06日 10:18 ID:h7N5PxJy0▼このコメントに返信
※12
ワシントン体制で、日英米三国同盟にするか、不戦条約締結できてればね。
310.名無しさん:2018年05月06日 10:25 ID:P0VAQtbV0▼このコメントに返信
余裕で勝てるわ。

・ハル・ノート受諾、中国撤兵、仏印撤兵、三国同盟離脱。
・経済制裁解除、石油備蓄、富嶽計画推進。
・10-15年後、富嶽を3000機備蓄。
・米国に無理難題を吹きかけ、開戦させる。
・2ヶ月間ハワイ爆撃、富嶽は日本-ハワイ往復出来る。
・2ヶ月でハワイ占領。
・2ヶ月間米本土爆撃、富嶽はハワイ-米東部往復出来る。
・軍事関連施設はすべて爆撃、米国に降伏勧告。
・無条件降伏しない場合は戦略爆撃に移行、つまりすべての大都市中都市を
 絨毯爆撃。 これにて終戦。

*160君へ返事
 15000mの超高空から爆撃するので護衛戦闘機は不要。ジェット戦闘機でもそこまで上がれない。
 大体、米戦闘機はP40やF4Fで始まり、戦争中に急速に発展進化した。 平時では米国でもそうそう進化できない。
 ハル・ノート受諾は後々の和戦両用の選択肢を残すために重要である。
 石油の備蓄についてはどうでも良いので、君が考えてくれ。


 
 
311.名無しさん:2018年05月06日 10:32 ID:h7N5PxJy0▼このコメントに返信
南京攻略戦で、蒋介石夫婦を生け捕りして、日華併合。
これでアメリカとの戦争は起きない。アメリカは、弱いものいじめしかしないから。
南京戦当時の蒋介石のパトロンはヒットラーとスターリン。まだアメリカでは無い。
シナ併合すれば、ドイツと同盟する必要がなく、英仏にシナ利権認めて、貿易ブロックにまぜてもらえばいい。
欧州大戦は中立でいれば、国内好景気で、経済の底上げもできアメリカに互角までもっていける。
イギリス不利になったら、日英同盟復活して、陸海軍を欧州に派遣すればいい。
イタリア上陸が、アメリカ主力ではなく、日本軍が主力になっただろ。
ローマに翻る日章旗。
312.名無しさん:2018年05月06日 10:33 ID:qLmNtvkg0▼このコメントに返信
※306
一番重要なのは石油じゃないんだよ。石油問題だけならそれこそ元々大陸進出なんてしてなけりゃ済む話よ
一番重要なのは結局カネ、カネをもたらす市場。

なんであんなに無理して大陸進出したのかは、外需で成り立ってたにも関わらず世界恐慌によるブロック経済化により
他国の経済圏に売り込みが出来なくなったから、自身の独占できる市場を奪取しようとしたため

にも関わらずなまじ石油が出てあれ以上こらえる事が出来てたら、余計に破滅的な状況で開戦することになりかねんよ?
313.名無しさん:2018年05月06日 10:39 ID:h7N5PxJy0▼このコメントに返信
※176
伊達正宗をアメリカ大陸に追放してればいいとゆうことか。
314.名無しさん:2018年05月06日 10:40 ID:8QhYAvFz0▼このコメントに返信
満州国建国がそもそも誤り。
国境線長杉で、漬け込まれたんだろ。
朝鮮半島で止めて置けば良かった。台湾と朝鮮と本土の開発に注力するだけでも、結構大変だったろう。
油田や鉱山の資源が欲しかったとは思うけど。
315.名無しさん:2018年05月06日 10:47 ID:h7N5PxJy0▼このコメントに返信
※156
生糸しか輸出品ないのに、富岳3000機も製造したら、その資源だけで、貿易赤字垂れ流し。
財政破綻確実。
10~15年後て、ジェット機の時代。どこから技術導入するんだ?
しかもアメリカは、核兵器保有国だぞ。
316.名無しさん:2018年05月06日 10:54 ID:h7N5PxJy0▼このコメントに返信
※104
どんな都市伝説だよ。終戦まで維持してたオクタン価94の航空機燃料は、どこから?
317.名無しさん:2018年05月06日 11:03 ID:xSP.aL.I0▼このコメントに返信
大統領になる前にFDR暗殺

※316
戦前の輸入品+パレンバンの精製品だが
318.名無しさん:2018年05月06日 11:04 ID:h7N5PxJy0▼このコメントに返信
※240
1930年代前半にGM/フォードに技術移転強制できてれば。
319.名無しさん:2018年05月06日 11:06 ID:xSP.aL.I0▼このコメントに返信
※312
いや、石油だよ
WW1までなら、兵器はだいたい石炭で動いていた
低品質ではあるが石炭なら国産でもなんとかなった
しかし、石油の時代になって日本は完全に詰まった
陸海空の兵器がどれも動かなくなってしまうのだから
320.名無しさん:2018年05月06日 11:12 ID:qLmNtvkg0▼このコメントに返信
※310
>・10-15年後、富嶽を3000機備蓄。
1951~1956年頃に富嶽、ねぇ。
まぁ確かにその位の年代でないと当時の日本では実現できる性能じゃないけど
あとお金どうするんだろうね、
B29ですら10機で駆逐艦1隻買える調達費がかかり、更にエンジンをポンポン取り替える必要があったのに
優にその倍くらいは高いだろう富嶽が3000機?財政的自殺かな?

あとそのころになると、富嶽よりよほど高性能なB52がロールアウトするんだが、
カウンターでB52にボコボコにされるって結論でOK?
321.名無しさん:2018年05月06日 11:13 ID:P0VAQtbV0▼このコメントに返信
※315

俺は君らに勝つ道筋を提示しているだけ。

当然、勝てないなら止めれば良い。

322.名無しさん:2018年05月06日 11:14 ID:qLmNtvkg0▼このコメントに返信
※319
いや、カネだよ
カネがあって大陸進出しなくて良いんだったら石油だって買えばいいだけの話。
大体、石油以前に当時の日本は食糧も鉄も何もかも輸入で、油だけあったって軍艦動かす人が食ってけないって
323.名無しさん:2018年05月06日 11:15 ID:qLmNtvkg0▼このコメントに返信
※321
うん、じゃあ君の妄想は不可能な上に勝ち目が無いから止めとけ一択だね
324.名無しさん:2018年05月06日 11:16 ID:AKJg4TTO0▼このコメントに返信
※310
計画雑過ぎて笑う
こいつもう反戦活動家だろ
325.名無しさん:2018年05月06日 11:27 ID:1GYezZYD0▼このコメントに返信
ドイツからのロシア参戦要求に応えたら勝っただろうね
不可侵条約何てただの紙ペラなのはロシアが証明してる
日本が参戦してたらロシアは終わった、ドイツのヨーロッパ平定は終わり
後は日本 ドイツで米英を叩くだけしかも英国は瀕死の状態だった
326.名無しさん:2018年05月06日 11:40 ID:UnrVy7600▼このコメントに返信
※322
日本は通貨の地位が相対的に弱かったんですよね。
安い高いでなく決済シェアとか信用力という意味で。
当時の通貨発行が銀行の金保有量に依存し、アメリカを筆頭に高金利での「金とカネの収集競争」を繰り広げてたので、
それに負けた国は日本をはじめとして経済がボロボロになってます。
さらに負けてる中にアメリカ経済まで入ってるんだから笑えないんですけどね。
「世界で競ってデフレにしてみました!」という馬鹿げたディストピアがそこにあります。
327.316:2018年05月06日 11:54 ID:h7N5PxJy0▼このコメントに返信
※317
新潟油田やオハ油田の原油をいちいちスターダード・カリフォルニアに精油してもらってたのか?
1942~1944年の陸軍管轄油田から内地に総計378.9万Lおくられてるんだが?
内地に製油所なければ、原油はつかいものにならんぞ。
328.315:2018年05月06日 12:02 ID:h7N5PxJy0▼このコメントに返信
※321
大陸から手を引くならWWⅡは、中立ですごせば、米ソ対立の零位戦構造になるのに、
なんで、アメリカと戦争するんだ?馬鹿なの?
そして、戦争しないなら国内の軍事技術の発達は緩い(君自身書いてるよね)。
そんな状況で富岳なんて、実機完成すら不可能。
329.名無しさん:2018年05月06日 12:07 ID:P0VAQtbV0▼このコメントに返信
戦前の1940年、米国軍事支出・・・16億ドル

戦時1942年  ・・・256億ドル
  1943年  ・・・666億ドル
  1944年  ・・・791億ドル
  1945年  ・・・829億ドル


平時には米国の軍事技術はそうそう進展しない、理由は金を掛けないから。
B52さん、前提が間違っているよ。
330.名無しさん:2018年05月06日 12:10 ID:qLmNtvkg0▼このコメントに返信
※329
>平時には米国の軍事技術はそうそう進展しない、理由は金を掛けないから。
うん、そうだね。つまり日本がどうあれいずれ対独参戦してWW2を戦う米国の軍事技術は大発展し、
蚊帳の外に置かれる日本はろくに発展せずに過ごすわけだ。

富嶽さん、前提が間違っているよ。
331.名無しさん:2018年05月06日 12:22 ID:P0VAQtbV0▼このコメントに返信
対独参戦を勝手に決めつけるのは不可。

ルーズベルトは参戦しない公約で当選した大統領です。
332.名無しさん:2018年05月06日 12:38 ID:P0VAQtbV0▼このコメントに返信
※324
計画雑過ぎて笑う

スレタイに沿って遊んでいるだけだから、そう言われてもw

333.名無しさん:2018年05月06日 12:54 ID:ToW.OrC60▼このコメントに返信
☆チェスゲームは、一つの決戦の会戦ボードゲームに見える(引き分けにも終われる)、将棋は、そのいずれでもないでは何かと言えば、人事ゲー、カモ知れない。王様を追い詰めれば勝つ、それには相手のコマを多く取るのが一番てっとり早い、相手のコマをつまりは籠絡か、脅迫した結果としてで自陣営に引き入れて孤立させれば勝つゲーム、それが将棋だとは最近の自分の感想。幹部スタッフ(金銀将など)を直衛に、したっぱをも効果的に連携(戦型か?)で追い詰めろ!w的なw

先次大戦で負けた手をあれこれ考えるよか、次だ次wとばかりに再戦を挑めばいい、復讐だ仇敵がダメらしいから、多方面での再起で代替すりゃいい。なぜかって?自分や次の世代の子たちには、つねに、生活維持と未来の設計のチャンスがあるから。戦後ずっと諦めてる連中と同期するかしないか。意欲的なとされる人間が、選ぶ生き方ってこれしかねえだろうよ。
334.名無しさん:2018年05月06日 13:14 ID:6a8hTCSW0▼このコメントに返信
生物兵器を風船爆弾にのせればワンチャン…ないか
335.名無しさん:2018年05月06日 13:23 ID:0cInNjjQ0▼このコメントに返信
ガンダム作れば良いんだろ
336.名無しさん:2018年05月06日 13:27 ID:qLmNtvkg0▼このコメントに返信
※331
>対独不参戦を勝手に決めつけるのは不可。
ルーズベルトは公約と裏腹に非常に開戦に前向きな大統領です。
337.名無しさん:2018年05月06日 13:29 ID:qLmNtvkg0▼このコメントに返信
※334
そもそも米国に到達したのが1割、その中でも町中に落ちたのはほんの一部で、
大半は北米大陸の広大な山林に消えてるから何積んでもそう大した被害にはならない筈

一時的にパニックを引き起こすだろうけど、その分大戦末期の日本本土への災禍が更に酷い事になるだけだと思う
338.名無しさん:2018年05月06日 13:34 ID:BG0PuJFe0▼このコメントに返信
※317
暗殺するまでもなく、昭和18年まで日本が我慢していればFDRは大統領を4選せずに引退し、そのうち死んでくれる
昭和15年の3選の時点でアメリカではワシントン以来のタブーだった
当時の共和党の候補がかなりの有力者だったのでFDRが担ぎ出されたらしい


339.名無しさん:2018年05月06日 13:48 ID:9hvruhZP0▼このコメントに返信
ハワイ攻略がそもそも無理
現代兵器を使っても攻撃側を同じアメリカ軍に代えても相当手こずるし あるいは攻略不可って話だし 作戦を維持していくだけの艦隊に付随するタンカーや輸送船数 油なんてどこにもない 奇襲だった真珠湾攻撃でさえ27機の損失に加え被弾によって使用不能 飛行不可が相当数出たのに 敵艦隊攻撃 制空権確保 対地支援ができるの? 真珠湾の要塞群は開戦直後から急速にシャレにならないほど防衛力強化がなされてちょっとやそっとの艦砲射撃や爆撃なんか効かない アメリカが南方の島々の攻略に苦しんだ逆バージョンだが日本にはハワイを制圧できるだけの火力も弾薬の物量もない
占領しても破壊されたインフラの整備の費用 住民統治など莫大なコストがかかる
340.名無しさん:2018年05月06日 14:14 ID:OS.MrfWk0▼このコメントに返信
リットン受け入れ辺りだろうかねえ
341.名無しさん:2018年05月06日 15:00 ID:PKqUFxTR0▼このコメントに返信
敗戦が確定した後も戦争を続けた事が本当に理解しがたい
沖縄もそうだし、工業地帯を軒並み焼かれてから全面降伏など何がしたかったのか
軍人に政治をやらせてはいけないね
同様に政治家に軍事をやらせるのもそうだが
342.名無しさん:2018年05月06日 15:21 ID:9REk.wcm0▼このコメントに返信
※341

連合国側の要求は無条件降伏なんで。
偶々連合国側が内輪揉め始めたから結果降伏処遇がよくなったけど
やっぱり日本人は危険だから民族浄化ねと言われても文句は言えない。

343.17:2018年05月06日 15:30 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※339
攻略出来るだけの員数揃えろってだけだろ。損害を与える事が出来たのだから物理的には可能。
あとは用兵と物量をどうする勝って話。それを考えるのもこのスレの趣旨だろ。損耗27機なら正直少ない。
タンカーは随伴してる。極東丸・健洋丸・神国丸・あけぼの丸・東邦丸・東栄丸・日本丸の8隻だそうな。
一番足らんのは上陸部隊。こいつが無い事にはお話にならない。こいつも揃えろってこった。アメリカの建前がその通りなら開戦時期は日本が仕掛けなければいくらでも遅らせる事が出来たのだろうから陸軍の台所事情がとかそういうのは関係ない。揃えろ、だ。
揃うまでは攻略はおろか開戦に踏み切ろうとしても駄目だし開戦までは日本はアメリカにとっては取るに足らない存在と欺瞞したって良いくらいだ。
344.名無しさん:2018年05月06日 15:47 ID:ohHbsWa40▼このコメントに返信
ルーズベルト大統領の特別?顧問だったホプキンスが回顧録の中で、真珠湾攻撃の前夜に彼と大統領と国務長官と陸海軍の両長官が参加した緊急会合のことを明かしてる。
日本の外交暗号は以前からアメリカにバレバレだったので、駐アメリカ日本大使館あての暗号化された日本の宣戦布告も解読・翻訳されてしまい、その概要文書がホワイトハウスに上げられてきたので緊急会合が開かれた訳だ。

この会合では「アメリカが突きつけた【ハルノートは最後通告】」だと明かされており、それに応戦する形の日本の宣戦布告だから「あとは軍の出番」だとの発言もあった。ただ、この時点では日本の宣戦布告の最終部分の第13?部はまだ発信すらされていないので戦闘開始の日時は判って無いし、ましてハワイを攻撃されるとは知らなかったようだ。

しかし、日本側の「戦闘開始は差し迫っている!」ことは共通理解だったが、当然なされるべき「太平洋方面の陸海軍の明日の休暇取り消し」と「緊急警戒体制」は実施されなかった。その理由は皆さんご存知だよね。
345.160:2018年05月06日 15:50 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※310
富岳が15000m上空を飛べるスペックになるとは思わんね。ターボプロップのYS-11で12000くらいだろ。
そもそもそんな高度からの爆撃じゃ制度が全く出ない。B-29だってそれで高度落として撃墜されたりしてる。
富岳はガサのでかい爆撃機であって決戦兵器とはなり得ないのよ。

やっぱりアメリカから石油を買って軍備増強買ってって状況がどうしても引っかかる。
日本が脅威になる物を作りゃアメリカだって戦略的に石油を売り惜しむだろよ。17でも書いたが石油は南方から調達すりゃあよろし。
交渉で売ってくれないなら物理で解決。どうせそこは植民地で列強が奪った土地だ。ならば日本が奪っても文句あるまい。
で実際結構な量調達出来た。アメリカが通商妨害しなかったら日本の需要は概ね満たせたんじゃないかな。
346.名無しさん:2018年05月06日 15:52 ID:EFlXhDe20▼このコメントに返信
オランダがインドネシアに対し実際に行った非道の数々を考慮すべきでしょう。第二大戦後の独立戦争で多くの人々を殺害し、独立するなら大金を請求した国だ。日本も問題があったがオランダはヤクザかと言うレベルだ。
347.名無しさん:2018年05月06日 15:52 ID:FG0Cee5W0▼このコメントに返信
日露戦役で天狗になってしまったからな
官民共々
開国以来「どうすれば欧米の脅威を防げるか」というのが日露戦役を機に「どうすれば欧米に勝てるか」という考えに変わってしまったからね
勝って兜の緒を締めよとか言ってた東郷さんも晩年の昭和初期には超強硬派な老害みたいになってたし
原文案は秋山さんだけど
軍縮条約締結を断行した加藤さんも民衆から変態内閣やら逆転内閣とか言われちゃったし
明治維新の立役者がそうしたようにもっと留学とか研修とかで海外に目を向けるべきだったと思う
そうすれば米がどんな国でどれだけの国力があるかもっと理解できたのでは
日本の教育は一つの箱に閉じ込めたような、右向け右な教育観念が強すぎる
今でも若干その名残がある気がしなくもないが
そして米英に対抗しなければならなくなったある意味の原因が海外に目を向けた明治維新の立役者っていう皮肉
歴史っていうのは分からんもんだなw
348.名無しさん:2018年05月06日 16:02 ID:P0VAQtbV0▼このコメントに返信
※339
当時のハワイ米軍6万人、航空機400機、人口42万人(内日系16万)。

フィリピン攻略では、米軍4万・比軍12万、航空機250機の相手を日本軍4万で制圧した。
とんでもなく堅固で大兵力の相手と言う訳でもないよ。

349.名無しさん:2018年05月06日 16:09 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※347
日本は負けてそのあと努力したのだからその理屈なら次は絶体勝つわな。
確かに歴史ってのは判らんもんだ。かつての宿敵が今や日本の同盟国だ。前回は中国の完全制覇をアメリカに邪魔されたが今度はアメリカが協力するだろう。アメリカには中国を支配する能力は無いよ。戦後処理も企業進出も何でもかんでもアメリカンウエイ過ぎてローカライズは超絶下手くそ。アメリカの戦後処理では中国なきあとの大陸支那はシリアみたいになってしまうだろう。だから大陸の事は日本に丸投げしてくると思われる。日本はまだしも実績があるからな。俺としては日本が総督府を置けば中国共産党よりはマシな治世になると思っている。
そもそも中国が赤化したのも国民党の支援が不充分だったからで、これは完全にアメリカの不始末だ。日本が敗戦した時、中国はアメリカのものになるものと大いに喜んでたそうだが脳天気すぎる。無論実際そうはならなかった。
350.名無しさん:2018年05月06日 16:20 ID:PKqUFxTR0▼このコメントに返信
※342
イタリア
351.名無しさん:2018年05月06日 16:23 ID:P0VAQtbV0▼このコメントに返信
大体、当時の米国は日本軍の米本土上陸に戦々恐々としていて、大統領命令で
陸軍省が研究し、以下の結論だった。

日本軍の上陸は防げず、ロッキー山脈付近で米国本土決戦。
そこで敗れればシカゴ付近で最終決戦という見通しだったwww

352.名無しさん:2018年05月06日 16:40 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※350
人種が違う。日本がどんな国か知られるようになったのなんて割と最近の事だよ。
ドラマの「将軍」あちらではヒットしたようだが、それですら随分トンチンカンな内容だったわけで。
知らなきゃ日本人は危険だから民族浄化なんてことは起こり得た。なんたって無条件降伏だからな。天皇は普通に死刑だったろう。
結果無条件降伏となったが好き勝手に戦後処理をしようとしたら日本人が狂った勢いで抵抗するだろうと思わせたのは大きい。
353.名無しさん米:2018年05月06日 16:53 ID:vtANS5G60▼このコメントに返信
日本をカオスにした朝日新聞社を皆殺しにしておけば少しは良い方向に行ったはず
354.名無しさん:2018年05月06日 17:37 ID:Ver6omm40▼このコメントに返信
外務省は無能どころかスパイだったんじゃないか?
355.名無しさん:2018年05月06日 18:09 ID:jUigVB9u0▼このコメントに返信
※345

富嶽の設計仕様は15000mだから、それで作らせよう。
対空戦闘機が12000mまでなら13000mでも良い。
ジェット気流で爆撃精度が落ちるのは判るが、日本人ならその程度の修正は得意だろう。
大事なのは落されないこと。

石油は米国産でも良い。  2年分位備蓄して、1年以内に勝つ。
日本の国力から見て、日中戦争・南方作戦はやらず、太平洋戦争もやらず、ハワイ戦争にしたい。

356.名無しさん:2018年05月06日 18:25 ID:jUigVB9u0▼このコメントに返信
そもそも、ミッドウェー作戦はハワイ攻略作戦の準備だよね。

山本五十六はミッドウェー作戦の4ヶ月後にハワイ攻略を考えていた。
だからそれほど荒唐無稽な話でもない。
357.名無しさん:2018年05月06日 18:37 ID:je6HMklK0▼このコメントに返信
アサヒというか、戦前のマルクス主義かぶれの左翼と右翼(口では右翼のふりをするけど、脳内はガチガチの反アングロサクソン、反金融、反自由主義なだけ)を封じ込める事が出来てれば、多分日米戦争になってない。具体的には陸軍の石原派や外務省の松岡派、そして近衛首相、そしてその取り巻きのマスコミだな。

特に日本にとって重大転機は、米内内閣の倒閣運動を止められなかった時点じゃないかな。今でも、右翼のふりをした左翼反米連中が安倍下ろしをしてるが、親米米内内閣が続いていれば、アメリカが全く信頼しなかった近衛その他、特に松岡外務大臣~外務省の反米暴走を潰せた。
358.名無しさん:2018年05月06日 18:44 ID:je6HMklK0▼このコメントに返信
※338

事実は、共和党の候補が、孤立主義の有力者連中を撃破して、反ニューディール主義で英国救済&軍拡主張を訴える無名候補が圧勝したから、民主党は焦ってルーズベルト三選というタブー&共和党候補の政策丸パクリ、というとんでもない行動に走ったんだよ。

アメリカの孤立主義はこの選挙の時に終わったんだけど、いまだにルーズベルトが孤立主義だとか言ってる歴史家がいるんだよね。米国政治史なんか、勉強すれば簡単なのに。
359.名無しさん:2018年05月06日 18:45 ID:wQbtRwj90▼このコメントに返信
ルースベルトと交渉する時に、共和党と接触する程度の腹芸もできないような奴に対米開戦回避策が取れる訳ねぇw
未来人だから知り得る事だが、インド洋で地道に通商破壊やってりゃ対英講和はできたんやで。
360.名無しさん:2018年05月06日 18:54 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
※347>日露戦役で天狗になってしまったからな官民共々開国以来「どうすれば欧米の脅威を防げるか」というのが日露戦役を機に「どうすれば欧米に勝てるか」という考えに変わってしまったからね

黙れキッチガイ。漫画でも読んでろ
361.名無しさん:2018年05月06日 18:55 ID:je6HMklK0▼このコメントに返信
358

大統領予備選でのウィルキーの圧勝の衝撃は、トランプの勝利でのクリントンの狼狽振り(まともな選挙選出来なくなった)以上じゃないかな。三選なんてとんでもないネタだしね。

ただ、ヒトラーが言ってる見たいに、シンガポール進攻するなら、この時にしておけばよかったかも知れない。米国は手出し出来なくて、ルーズベルトも黙るしか無かった可能性が高いんだよね。
362.名無しさん:2018年05月06日 18:57 ID:YIc66Wt.0▼このコメントに返信
日本とタイ以外の全ての有色人種が、白人の奴隷だったのが、つい70年前。
アメリカが、最後の植民地候補「日本」を狙って、地球の裏から出張して来た。

その前、第一次大戦前後、白人同士の奴隷奪い合いが勃発した。
日本も、奴隷にされる側の「人種」として扱われそうになったが、軍事力と経済力があった為、
白人のいくつかの国家は、「日本は征服するより味方にした方がお得だ」と考えた。それが国際連盟。

日本は、白人グループに入り込み、内側から「有色人種奴隷制度」をなくそうと提案したが、白人は一斉に拒否。
第二次大戦になる。
日本は対米戦争の片手間で、アジア各国にインフラを敷き、戦中戦後に独立できるようノウハウを与えた。

結果、白人は原爆使用と民間空襲までして「勝ったのに」全ての植民地を失った。
「この戦争が終わったら地球全土の奴隷化が完了して生活が楽になる!」って士気で戦争してたのに。馬鹿だ。

日本の功績は、世界で初めて、人類史で初めて、地球史上初めて、有色人種が白人に戦争を挑み、
しかも奴隷制度完全撲滅!を果たした、「有色人種の救世主」なんだよ。

これは「勝利」だ。後の戦勝国とか敗戦国とかは、敗者の負け惜しみに過ぎない。
戦争は、「勝てばいい」って物ではない。「目的を達成する為」の物だ。
日本とアメリカは、ひとつの宝物を目指して奪い合ってた訳ではない。
アメリカの目的は日本を奪う事、日本の目的は有色人種国家を強くし独立させる事。結果は「達成された」
363.名無しさん:2018年05月06日 19:01 ID:je6HMklK0▼このコメントに返信
※359

実際には、16年4月の日米諒介案の作成の時には、野村大使のグループはちゃんと共和党の重鎮のフーバー前大統領ともコミットとってる。だから内容はちゃんと共和党にもわかってるだろうし、それを知ってる人間がハルノート見たって、4月の諒介案の焼き直しだと解っただろうね。
364.345:2018年05月06日 19:36 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※355
そいつは富岳じゃなくてボクの考えた最強爆撃機だ。
ファンタジー込みでターボプロップのYS-11を例に出したが富岳はレシプロエンジン。恐らくもっと低い。12000mも上がれないだろ。
そこまでのハイテクを達成しようとするなら技術史的にジェットエンジンを目指した方が早い。
朝鮮戦争の時代まで日本が開戦せず逃げ回れるなら日本だってジェット重爆撃機やジェット戦闘機を開発出来ていたかも知れない。
まあアメリカも当然作ってくるだろうけどな。レシプロの重爆撃機なんてB-29ですらすぐさま陳腐化した。
365.名無しさん:2018年05月06日 19:53 ID:K5EAGyZY0▼このコメントに返信
三国同盟破棄、満州での米国共同開発、そして国内改革(地方の工業化、農業組織の近代化)
これができていれば、戦争にはいたらなかった
366.名無しさん:2018年05月06日 20:04 ID:BG0PuJFe0▼このコメントに返信
※359
ルーズベルト政権のスチムソン陸軍長官とノックス海軍長官は共和党員だったんですがそれは
367.名無しさん:2018年05月06日 21:12 ID:jUigVB9u0▼このコメントに返信
※364

勘違いでしょう。 富嶽はターボエンジンでの計画で過給器付いてるよ(戦時に完成したかは別の話)。
俺は貴方より、日本の航空産業の親といわれた中島飛行機の創始者中島知久平氏を信じる。

ボクの考えた計画ではなく、「富嶽」は昭和18年から設計着手、東京三鷹に設計所と大型試作工場を建設。
陸・海軍、メーカーも三菱・川西も加わった超巨大プロジェクトとなった。
東条首相も熱心な賛同者です。
368.名無しさん:2018年05月06日 21:42 ID:h7N5PxJy0▼このコメントに返信
※367
ろくにターボーチャージャ造れないのに。
4列36気筒エンジンは、冷却不足で、オーバーヒート確実。
大直径プロペラも造れる冶金技術ない。
成層圏飛行は、畿内与圧が必要だが、その技術も確立していない。
なので、中島が富岳製造するのは、不可能。オール日本でも同様。
邀撃不可とゆうが、日本機が12000~15000M飛行できるなら、
P-38やP-47も当然その高度まであがってくるぞ。
富岳のコンセプトは、B-57で実現。またわ、Tu-95だな。
レシプロじゃ無理なんだよ。
369.名無しさん:2018年05月06日 21:52 ID:h7N5PxJy0▼このコメントに返信
※367
そもそも1,950年代に対米開戦で、ハワイを富岳で空襲すれば攻略できるのが妄想。
それこそフィリピンからマッカーサが、強襲かまして九州上陸。
本州を機雷封鎖で、瞬殺されるが、オチ。
連合艦隊も米海軍にまったく太刀打ちできず、港でお茶引き。
富岳に全振りしてもアメリカに勝つことはできない。

どこぞのコテハンより酷いハワイ攻略計画だ。
370.名無しさん:2018年05月06日 21:59 ID:jUigVB9u0▼このコメントに返信
まあ貴方のように、出来ん出来んと言ってるような人ばかりなら
出来ないし、進歩もない。
371.名無しさん:2018年05月06日 22:13 ID:qLmNtvkg0▼このコメントに返信
※370
お前みたいに、色んな数字や根拠挙げて無理だっていう人が居たのに
具体的な話を全て吹っ飛ばして「出来ん出来んは気合が足りん!」とかほざいて対米戦して国をまる焼けにした超絶無能国家が居ましてね?
372.名無しさん:2018年05月06日 22:14 ID:NPmC6yQ00▼このコメントに返信
ルーズベルトとアーネストキング暗殺してからの
即無条件降伏でどうかな
373.名無しさん:2018年05月06日 22:16 ID:qLmNtvkg0▼このコメントに返信
※372
おまえ、北朝鮮辺りが天皇陛下暗殺した直後に「無条件降伏しまーす(笑)」とか言ってきたら許すの?
374.名無しさん:2018年05月06日 22:23 ID:jUigVB9u0▼このコメントに返信
開戦時、米空母2-3隻で九州上陸して、連合艦隊を撃滅するの???


病院逝け。
375.名無しさん:2018年05月06日 22:25 ID:.l0rMDhP0▼このコメントに返信
どうやっても勝てないよ
そもそも戦う相手はソビエトであってアメリカじゃ無い
376.名無しさん:2018年05月06日 23:00 ID:R4AgsPNr0▼このコメントに返信
大 日 本 帝 国 憲 法 改 正

これやれば割とマジでイケた。
377.名無しさん:2018年05月06日 23:13 ID:BMkkf4ZI0▼このコメントに返信
※343
本末転倒のハワイ攻略馬鹿がまたw

本来南方作戦を行うにあたって制海権を確保するために、米太平洋艦隊を叩いておくという戦略だぞ真珠湾攻撃わ。
あくまで南方攻略のための支作戦、ハワイ攻略に主戦力を投入してどうすんだアホの極みだな。

>揃うまでは攻略はおろか開戦に踏み切ろうとしても駄目だし
開戦時点で国内の石油備蓄が軍民合わせて3年しかなくなって、開戦に踏み切ってんだよ。
その他にも当時は鉄鋼や機械類も6~7割米国から輸入してんだ。

それを
>揃えろ!
とかお前の頭には脳みその代わりに蟯虫キムチでも詰まってんのかw
378.名無しさん:2018年05月06日 23:16 ID:5V7JMCOg0▼このコメントに返信
※367
ターボプロップとターボエンジンは別物だよ。ターボプロップですらちょっと高望みが過ぎると思ってるのだけどね。
国際線旅客機の高度が軽い時で12000くらいなんじゃないかな。
経済性もあるのだろうけど重量物を積むともなれば俺はいいとこ10000なんじゃないかと思ってる。
尚旅客機はターボファンエンジン。もっとパワーが出る。レシプロのプロペラ機で15000はターボが付いたくらいじゃ無理と考える。

日本にだって技術の進歩があるわけだし実際今時の工作機械、マザーマシンは日本製が主流。技術的な挑戦を駄目とは思わない。
但し原理的に無理なもんは無理よ。普通は原理に適うものを製作する。富岳よりも先進的なものくらい作るだろ。B-52的なものとか。
まあ開戦が遅れればB-52本家のアメリカだってそれっぽいもん作ってくるわな。ジェット戦闘機とか。
379.名無しさん:2018年05月06日 23:55 ID:YD1mJD.t0▼このコメントに返信
※17は米を抜いて英蘭宣戦布告する戦略か
当時の日本軍においてもその案は検討されてたが、英蘭に宣戦布告するともれなく米も参戦してくるだろうと結論づけた
よってどうせ参戦してくるのだったら奇襲で機先を制するのがよかろうということで真珠湾攻撃となった

経済には明るくないので三、四年もすれば勝手に破綻するというのはよくわからない
380.名無しさん:2018年05月06日 23:57 ID:h7N5PxJy0▼このコメントに返信
※374
え?なんの冗談?
大東亜戦争・太平洋戦争スレで、両洋艦隊法知らんとか。
君の開戦時期は、1951~1956年なんだろ。
米海軍の空母が何隻いたと思ってるんだ?
しかも君は、富嶽全振りだから、戦闘機もろくに無い状態だ。
九州上陸なんて、朝飯前のレベル差があるよ。
381.名無しさん:2018年05月07日 00:15 ID:SrgF0vUe0▼このコメントに返信
現代日本人は日帝に加担するよりアメリカ助けたほうが遥かにマシだろ
人命蔑視するような国はいらん
382.名無しさん:2018年05月07日 00:23 ID:3tiMHI4W0▼このコメントに返信
※348
>とんでもなく堅固で大兵力相手というわけではないよ

バターン要塞程度の防御陣地に引っかかって二個大隊全滅の大損害を出して慌てて砲兵 航空部隊 ジャワ作戦の兵力を呼び寄せてようやく攻略した日本軍が米本国軍とハワイの強力な防御陣地を攻略できると思ってんの?
383.名無しさん:2018年05月07日 00:50 ID:MmLwxuB.0▼このコメントに返信
※381
大日本帝国も日本国も日本は日本だ。きっちり継承されてるんだよ。
一個のアイデンティティーであって昔の日本も否定するなら売国と変わらん。
日帝が何だって?特亜。人様の国にケチ付けてんじゃねえよ。つーかオマエが要らん。
384.名無しさん:2018年05月07日 00:52 ID:u3ja4OXx0▼このコメントに返信
無知がゆえにフルボッコされたバカが戻ってきたw
喋れば喋るほどバカを晒すだけなのにw
385.17:2018年05月07日 01:46 ID:MmLwxuB.0▼このコメントに返信
※377
アメリカが開戦を踏み切らない程度に敵の植民地を奪えば良いって理屈だよ。
イギリス本国がドイツに脅かされていたのに開戦に踏み切らなかったアメリカが植民地如きで開戦するわけないだろ。
その辺りは※17に書いた。アメリカが開戦出来ないってのがポイントで開始時期が遅れれば遅れるほどアメリカの財政って厳しくなるんだよ。
それが本でハワイ攻略は末だ。叩くなら弱ってから叩きゃいい。金が無くなった国家の軍隊なんて如何ほどの実力も出せない。

判定勝ちでも勝ちなら勝ち。どうやれば大東亜戦争に勝てた?ってお題なのだから俺だったらそうする。
史実をなぞった時点でこのお題では負けなんだよ。
俺の振った話は経済の観点から見た戦略だ。俺の考えは間違いかも知れないぜ?
論戦と言う事なら俺の策を否定するなら、経済の観点から反駁してくる奴が必ず居るもんだと期待してたんだけどな。
今回も空振りだった。論議にもならなくて詰まらん。がっかりだよ、オマエラ。
386.17:2018年05月07日 02:00 ID:MmLwxuB.0▼このコメントに返信
※379
ルーズベルトは公共投資を軍事に極振りした。モンロー主義はうそぴょんで実は戦争する気満々だった。でも公約は公約だ。
目先の経済はそれで回りアメリカの景気は回復したが巨額の財政赤字であり後々の枷になる。ドルを刷って賄ったのでこれだってドルの信用にも関わる。当時のドルは今ほど基軸通貨ってものでもなかった。アメリカ経済が強くなったのは参戦が決まってからであり趨勢が決まる頃にはアメリカはリッチな国となった。為替の都合でそうなる。こうなれば多少刷ったところでドルの価値は下がらない。
軍艦は山ほどあってもこれ自体富を生む事はない上に維持するだけで莫大なコストが掛かる。それを有り得ないアメリカは数量産した。ルーズベルトは使うあてのない軍備に金を注ぎ込んだ。国防を遙かに超えた使わない軍備など不良資産でしかない。随分な博打だとは思うが軍備の有様を見ればどう考えたってそう考えているとしか思えない。日本だってアメリカの軍艦の建造数は大凡掴んでいた。
そこまで判っているなら日本はルーズベルトが一番困る事をすれば良い。アメリカが参戦出来ない程度に日本が戦争をしたら良いのだ。願わくば大恐慌をもう一度ぶり返させたらよろしい。実際アメリカにはそのリスクがあった。アメリカ以外は世界大戦しているのだから貿易で潤う事もなかったわけでな。投資を集められる状況でもなかっただろう。
日本はむしろアメリカが軍事的に一番脂が乗っている時に喧嘩を売らされてしまった。かくすればかくなるものと知りながらではあるが、そんなところに大和魂を使ってもらっては負けるに決まってる。大戦が終われば東側陣営が充分怪しいのに泡を食って艦船を解体しまくった。リッチになったアメリカにとっても軍備の維持は相当な負担だったのだろう。
387.名無しさん:2018年05月07日 02:06 ID:u3ja4OXx0▼このコメントに返信
長文乙だが、米抜き英蘭のみと戦争ってのは無理というのが当時の大本営の判断だったわけで、この判断が妥当だとすると君の説は絵に描いた餅ですな
388.386:2018年05月07日 02:21 ID:MmLwxuB.0▼このコメントに返信
※387
大本営はアメリカの経済を見誤ったというのが俺の解釈だ。
このスレのお題は後出しのタラレバを書いて良いものなので当然俺はその様に書く。
教訓は次に活かせば良い。故にこの思考実験も丸っきり無駄とは思わない。
今中国がかつてのアメリカを模した戦略をとっている。ただ中国なりに雑。中国も強大だが弱点は随所に転がってる。
またしても日本より規模の大きい相手なのだから当然弱点はきっちり突くべきと俺は考える。
餅の現物はすぐお隣に転がってる。次は勝つ。
389.名無しさん:2018年05月07日 02:38 ID:hnFHz4eX0▼このコメントに返信
※388
アメリカが財政的に苦しくなってる時には日本経済は破綻してるぞ
390.388:2018年05月07日 02:53 ID:MmLwxuB.0▼このコメントに返信
※389
その根拠は?別に日本で大恐慌は起きてないぞ。是非知りたい。
391.名無しさん:2018年05月07日 03:38 ID:u3ja4OXx0▼このコメントに返信
とりあえず1941年に米抜き英蘭のみに宣戦布告ってシナリオでいいの?
392.名無しさん:2018年05月07日 03:56 ID:u3ja4OXx0▼このコメントに返信
こういう時は複雑に歴史は分岐するのでフローチャートで考えることにしている

A:英蘭のみ宣戦布告→美味いこと米は静観を決め込む→史実以上に南方攻略が成功して大東亜共栄圏の建設成る。あとは米と太平洋を挟んでにらみ合         い。※386の説だとここから更に米が勝手に自滅して日本大勝利?
        
B 英蘭のみ宣戦布告→そうは問屋がおろさず米も参戦→南方作戦第一段階までは上手くいくも、このシナリオだと真珠湾とい戦略的奇襲成功イベントが無いので戦力的にも心理的にも余裕を持った状態の米太平洋艦隊を相手にしないといけなく成る。史実より不利では?

まずAだが、日本が太平洋の向こう側で一大勢力圏を築こうとうすのを米は座視してくれるだろうか。
そうなるとBの可能性が浮かび上がるが、見ての通り史実よりは不利になることが予想できる

よって英蘭のみ宣戦布告は史実より利得が少ない

393.名無しさん:2018年05月07日 04:04 ID:u3ja4OXx0▼このコメントに返信
更に米抜き宣戦布告の場合、米の植民地であったフィリピンにも手を出さないことになる
Aルートなら問題ないが、Bルートだった場合フィリピンの存在が南方と本土を結ぶシーレーンを
脅かすことに成るだろう
394.名無しさん:2018年05月07日 04:09 ID:u3ja4OXx0▼このコメントに返信
一応頭の体操として※17のプランに乗ってみたがAみたいに上手くはいかないだろうと当の大本営が見通しを立ていたのである

ここでちゃぶ台返しw
395.名無しさん:2018年05月07日 04:33 ID:Hlyv0nUh0▼このコメントに返信
※387 391

1940年内(一年前)だったら英蘭のみへの開戦は可能。アメリカは十中八九参戦出来ない。

一方、昭和16年に入ってからは、4月の日米諒介案の交渉の中でも、アメリカはすでに、英国救済の方針を日本側に明言してるし、英国敗北の可能性があれば、民意に反しても参戦する意図を明らかにしているから、シンガポール進攻の時点でアメリカは参戦してきただろうね。

いかに南部仏印進駐が愚策かわかるよ。一方、もし北進だったらアメリカは動いていたかどうかわからない。アメリカはバルバロッサには全く非難のコメントを出してないからね。(一方冬戦争は非難している)
396.名無しさん:2018年05月07日 08:29 ID:GpGcbkzt0▼このコメントに返信
北進でもソ連にコテンパンにやられるけどな…
対支戦線は絶対的な人数が足りず完全な勝利はできないし…
397.名無しさん:2018年05月07日 10:08 ID:SWbVhgm40▼このコメントに返信
ユ虐ナチと組んだのが終わりの始まり
ユ虐を非難して同盟を切り、杉原千畝他のユダヤを救ったメンツを利用して白人であるユダヤを介して国際的に宣伝工作するべきだったと思う
満州もユダヤ人自治区を作ってしまえば、欧米諸国に浸透しているユダヤ人の支援だって得られたはず

特にアインシュタインを得られてさえいれば、技術レベルでも大きな変化があったはずだし
398.名無しさん:2018年05月07日 11:22 ID:3iGkSxRl0▼このコメントに返信
なら だけじゃあどうやったって無理。
399.386:2018年05月07日 15:35 ID:MmLwxuB.0▼このコメントに返信
※392
俺のシナリオは日米交渉についてアメリカが石油を売らないよと言うなら「あ、いいです。石油はこっちで何とかします。」というものであり日本の石油供給さえ何とかしてしまえば後はどうとでもなるという発想である。アメリカとの開戦時期はアメリカ経済の疲弊度合いを見て決めればそれでよろしい。

欧州がナチスに蹂躙され日本との通商も途絶え、
ニューディール政策というカンフル剤は打ったもののこいつはあくまでカンフル剤で、
その後の財政再建の見通しも無いのに使う目処の立たないコストの掛かる平時には過剰すぎる軍備を抱えたまま、
あと2年くらい戦争をせずにアメリカ経済がもつとは思えず、アメリカ自身が戦争を急いでいたというのが俺の解釈だ。
何であるなら予定通りモンタナ級戦艦5隻まで作らせてみたらよろしい。すっごい金掛かるから。
いくらアメリカ経済がでかかろうとも規模がでかいと言うだけで限界はある。
でかい分負債には耐えやすいが耐えられなくなった時の負債総額は莫大だ。
そして開戦する以外の経済対策をアメリカが打てなければドルの信用は地に落ちる。
開戦する以外のアメリカの富の源泉は俺には思い付かない。それこそ大恐慌はぶり返すリスクは高かったものと考える。
つまりアメリカには致命的な弱点を内包していた言う事だ。

シナリオがAに転がろうがBに転がろうが確実に負けるであろう史実のシナリオとは違う。勝てる確率がゼロとゼロパーセント以上とでは勝率は無限大に違うのである。ひとまず大東亜共栄圏さえ完成させドイツが欧州を征圧さえしてしまえばアメリカはソ連くらいしか連合が組めなくなる。尤も俺のシナリオでもドイツは対ソ戦でやらかして手酷いダメージを負うかも知れんが。それでもノルマンディー上陸作戦は避けられたかもしれない。
400.名無しさん:2018年05月07日 15:53 ID:u3ja4OXx0▼このコメントに返信
>「あ、いいです。石油はこっちで何とかします。」というものであり日本の石油供給さえ何とかしてしまえば後はどうとでもなるという発想である。アメリカとの開戦時期はアメリカ経済の疲弊度合いを見て決めればそれでよろしい。

その石油調達の手段、現実的には史実通りの蘭印攻略しかないわけだろ?
そのためにオランダとイギリスと戦うわけで、その時点で米が見逃してくれるわけないわけよ
日本が米に宣戦布告しない代わりに米が日本に宣戦布告してくるわけ
日本の増長を許したくないから、あとは国際秩序の維持とかなんとか理由をなにかつけて参戦してくるだろう

「三年後に米は経済破綻する」
という予想が本当に正しいか俺には判断つきかねるが、仮に正しいとしても、その前提となる三年間米は戦争しないで待っててくれる
というのが成り立ってないわけ
401.名無しさん:2018年05月07日 16:01 ID:u3ja4OXx0▼このコメントに返信
「こっちから直接米に手を出さなければ米は黙ってみていてくれる」
というのがあなたの説の前提条件にあるが、はっきり言って甘い見通しだ
少なくとも大本営は米はそう甘くはないだろうと見越して「米以外と戦争」は諦めて積極的に打って出ることにした
それがパールハーバー奇襲につながった
402.名無しさん:2018年05月07日 16:09 ID:u3ja4OXx0▼このコメントに返信
>そして開戦する以外の経済対策をアメリカが打てなければドルの信用は地に落ちる。
>開戦する以外のアメリカの富の源泉は俺には思い付かない。

アメリカから見て経済的にも戦争するのが理にかなってるわけだよな?
だったら日本が米抜き宣戦布告をしたとしても渡りに船とばかりに参戦するだろう

日本が勝手に「アジア帝国」を築くのは抑えたいし、(あなたの説によるなら)経済破綻も回避できるし、参戦しない理由がない
403.399:2018年05月07日 22:16 ID:aniHb5890▼このコメントに返信
※400 ※402
アメリカが見逃さない根拠は?イギリス本国が脅かされてもが脅かされても参戦しなかったんだぞ。
他国の植民地がどうなろうとアメリカの知ったこっちゃないよ。アメリカはそれで何か得するか?
日本の卑怯な奇襲に対する報復とかに代る大義名分はオマエだったらどう考える。韓国人。

経済的に理に適ってたらどうだというのだ。ニューディール政策は間違ってたとルーズベルトが認めないとならんぞ。
そこでもドルの価値は随分落ちる。大恐慌ぶり返しの切っ掛けになりかねない。無論敵国日本にとっては有り難い。
もちろんルーズベルト辞任は免れないし最高司令の不在は開戦に踏み切るにしてもロスとなる。
こんな有様でルーズベルトがクビにならないとでも思うかい?韓国人。

※401
消極的な策に見えるかもしれんけどね、これが「甘い策」といい切れる要素があるなら俺も個人的に知りたいんだわ。
知らないし判らないけど判らんからこそそんな物に賭けるのはイヤだというならいっぺん調べ直してから来てくれないかな。
そういうのは論議とは言えない。
404.名無しさん:2018年05月07日 22:29 ID:u3ja4OXx0▼このコメントに返信
よっぽど都合が悪くて痛いところ突かれたのか、急にキレだして韓国人連呼したこのバカは※17なの?
だとしたら見損なった
所詮はよくある手合のバカなわけね

>そういうのは論議とは言えない。

逆ギレからの突然のレッテル貼りとか自分から議論放棄しといてよく言うわw
405.403:2018年05月07日 22:47 ID:aniHb5890▼このコメントに返信
※404
あれ、韓国人ってレッテルだったの?普段偉そうなことを言ってるけどオマエも苦労してるんだねえ。
日本人はネームバリューでステータスなんだけどな。いやあ、それほどのものでも無いんだけどね。
でもいっぺん敗戦して地位は地に落ちてるわけで、日本人であることがずっとステータスだったわけでは無いよ。
そう気を落とすな韓国人。国際的な地位は固定されたものではない。オマエラも頑張れば偉くなれるさ。

んで、根拠はなんなのだ?言うからには何か有るんだろ?願望だったら話はここでお終いだ。
406.名無しさん:2018年05月07日 22:50 ID:u3ja4OXx0▼このコメントに返信
>根拠はなんなのだ

オマエの大好きな日本軍の大本営が甘い!と判断したんだよw
407.名無しさん:2018年05月07日 22:52 ID:u3ja4OXx0▼このコメントに返信
つか大本営が米抜き開戦は望んでもムリだって結論づけたって何度か書いてるんだけどな
頭に血が登って見落としたの?
まあ冷静になれやw
408.名無しさん:2018年05月07日 22:55 ID:u3ja4OXx0▼このコメントに返信
知的遊戯だのなんだのほざいてた奴が逆ギレして特定国のレッテル貼りとかw
オマエにとっては恥的であり痴的遊戯だろ?w
馬脚を表すとはこのことだなw
409.405:2018年05月07日 23:10 ID:aniHb5890▼このコメントに返信
※406
おーけー、願望な。キミとはここまでだ。
でも韓国人が劣後してるのを自覚してるだけ偉いぞ、韓国人。上を目指すなら立ち位置と身の程は理解しないとな。
ちなみに俺は日本人と呼ばれてもちっとも困らない。海外にも仕事で出るからアウェイそのものであることは多いんだけどね。
韓国人と日本人の違いを言うなら、一つは韓国人と違って日本人は泣き言言わないってとこかな?

※407
俺は大本営がアメリカ経済を見誤ったと書いてるんだよ。負けたところの了簡を元にしたら負けるに決まってるだろ。
故に俺のお題に対しては根拠となり得ない。
その大本営とやらの経済見通しとか説明できるもんならせいぜいやって見とくれ。それじゃ甘いんだけど。
別のところから資料引っ張り出して来るのが筋ってもんだがな。
410.名無しさん:2018年05月07日 23:31 ID:u3ja4OXx0▼このコメントに返信
願望言うなら、米は参戦しないっても間違いなく願望だわな
日本が大東亜共栄圏など建てたら、米領フィリピンと隣合わせになるのだぞ?
ここが米とは遠く離れた英とヨーロッパとは違うところだ
そして東南アジアの権益も失うことになる
これらの事実を無視して米は東南アジアに無関心だから参戦するはずないっていうなら、参戦無しの資料を出してきたら?
411.名無しさん:2018年05月08日 00:01 ID:Z4UIJWwn0▼このコメントに返信
※409
昨日ID:5V7JMCOg0 = 今日ID:aniHb5890 

なに、しらっと戻って来てんだかw
412.名無しさん:2018年05月08日 00:03 ID:G3pM6VSW0▼このコメントに返信
>そして開戦する以外の経済対策をアメリカが打てなければドルの信用は地に落ちる。
>開戦する以外のアメリカの富の源泉は俺には思い付かない

オマエの経済の話なんざ珍説に過ぎないと思うが、1万歩譲って正しいとすると、オマエ自身が米が戦争に参加する
蓋然性があるって言ってるわけじゃん
それなのに一方では米は開戦しないと言うのは矛盾だ
米経済じゃなくてお前の言ってることが破綻してるんだからちゃんと修正しろ
0点
413.409:2018年05月08日 00:13 ID:zrAx2xs90▼このコメントに返信
※410
それでアメリカが何か困るか?フィリピンはアメリカの建前が本当なら独立させる予定の地域だぞ。
アメリカが参戦しないのはもちろん願望するところさ。そう仕向けようって策の話だからな。
だが参戦出来ないだけの根拠はもう書いたぞ。
アメリカが参戦するためにはルーズベルトは公約を破り、それを議会や有権者に認めて貰う引き替えに辞任するしかあるまい。財政不安を理由に為替の都合で参戦するなんて理屈を大半がスットコドッコイなアメリカ有権者が理解出来るとも思えん。そして財政を理由の参戦ならニューディール政策は誤りだったと認めることになる。どの道ルーズベルトはクビだわな。

悪いんだがそちらの願望の根拠を待ってるんだよ。なければキミともお終いだ。
414.名無しさん:2018年05月08日 00:18 ID:G3pM6VSW0▼このコメントに返信
>キミとはここまでだ。

と言いつつ悔しくて仕方がないから案の定戻ってきたね?
オマエのやることなどお見通しよw
415.名無しさん:2018年05月08日 00:22 ID:G3pM6VSW0▼このコメントに返信
>為替の都合で参戦するなんて理屈を大半がスットコドッコイなアメリカ有権者が理解出来るとも思えん。

当然、日本の侵略を喧伝し、アジアを救うといった筋書きのプロパガンダをセットにするに決まってるだろ
この点、ナチスと手を組んだのも日本にとって悪手だったな
日独伊ひとまとめでファシスト国家に呼ばわりできちまうからな
416.名無しさん:2018年05月08日 00:30 ID:Z4UIJWwn0▼このコメントに返信
※413
おとつい ID:5V7JMCOg0 = 昨日 ID:aniHb5890  = 今日ID:zrAx2xs90


特に昨日の ID:aniHb5890 で検索すると、元気になれるよ。いっぱい笑おう
417.145:2018年05月08日 02:15 ID:zOhLnoM20▼このコメントに返信
※230
「あ、ミスったな」って普通に思ったから気にすることはないよ。

大体、外交駄目だったら戦略戦術の次元でどうすんのかの話すんのかと思ったら※の8~9割方が罵り合いって不毛だよな。
戦場で負けた理由の大きな部分は用兵の問題だと思うのに。
みんなもっと面白い(興味深い)議論しようよ。
418.名無しさん:2018年05月08日 05:56 ID:FL5NzjrG0▼このコメントに返信
なんだか、スンニ派とシーア派が、神の存在についてお互い罵りあってるみたいな議論だよな。不毛としか思えん。

そもそも、日本人の一部が日米戦争の話をするとき、世界には太平洋をはさむ日米中、満州権益と植民地しか無かったような話かたをするんだけどさ、ワシントンもニューヨークもボストンその他、アメリカの主要な部分は大西洋側なんだよ。だからアメリカの外交政策(当時)はあくまでヨーロッパを向いてる。

アメリカが対日で参戦するかしないかは、植民地の問題じゃなくて、あくまでも英国本国を救うか否か、という話であり、インド洋の制海権をイギリスが確保するか(インドからエジプト、南アフリカまでの安全保障)、という話以外の何物でもない。

アメリカは16年4月の日米交渉(日米諒介案)で、ヨーロッパの戦争をドイツの一方的勝利で終わらせない為に、英国を救う目的での介入も辞さない態度をはっきりさせている。南部仏印進駐が問題になったのは、まさにこの点を日本側が過小評価したからだよ。(アメリカにとっては、これだけはっきり日本側に自分達のスタンスを明言したのに、なんでわざわざ虎の尾を踏みに来たのか理解不能だったろうね)

日本側が昭和16年の4月以降、どうしてこんな愚かな行動を取りつづけたのかは、興味があれば松岡の伝記と日米諒介案の破綻の顛末と杉山メモと昭和天皇の独白録を読めば良い。特に杉山メモ見ると、当時の指導者連中の質の低さに驚くよ。物質主義とその反動の精神主義にやられると、人間がこれだけ劣化する、という良い例だと思う。
419.名無しさん:2018年05月08日 06:27 ID:FL5NzjrG0▼このコメントに返信
※347

「日露戦争で天狗に~」、っていうのは、史実でいえば全く逆なんだよね。日本の問題は、天狗になった事ではなくて、日露戦争の後に日本が「大国」になり、しかもワシントン会議以降は独自外交を出来る~しなくてはならない「超大国」になったにも関わらず、日本側の政府にも国民にもその自覚が全く無くて、まるで小国のような無責任な行動を取りつづけた事じゃないかな。

特に海軍は、加藤友三郎はちゃんと軍縮会議の意味を解っていたけど、国内で、ワシントン会議が世界の三大洋を日英米三ヵ国で分割統治する、っていう意味を解ってない連中も生んでしまった。特に陸海並立の日本では、ロシア~ソ連という明解な敵のいる陸軍と予算の分捕り合戦になる海軍が、無理矢理に米国を過剰敵視する言い訳にされたからね。

こんな状況では、米国に海軍将校を留学させても、山本五十六レベルの浅い米国理解しか出来ないわな。(むしろ陸軍の栗林中将の方が自由に米国を理解出来たんだから)

日本は今でも大国で、TPPの米国離脱以降、実はポジション的には半分超大国なんだが(軍事背景が伴わないから完全にフリーでは無いからね。でも、エンジンが二つ出来たから、米国すら牽制出来るポジションを運良く手に入れたわけだ)、国民やマスコミ、政治家の大半には相変わらず自覚が無いからね。謙虚さ~自虐卑下は日本人の宿痾だから仕方ないのだけど。
420.名無しさん:2018年05月08日 08:13 ID:adIF8LvC0▼このコメントに返信
日本は、1920年代内政外交を失敗続きだったのが、敗戦の原因。
外交>シベリア出兵失敗 
  >四か国条約 日英同盟消滅(四か国同盟に発展とか不可侵条約結べよ)
  >九か国条約 満州の主権を中華民国に認めさせた(満州事変に繋がる)
  >ワシントン海軍軍縮条約 戦力比率が、政争の具に(主力艦全廃して日米同盟ぐらいの大技を)
  >ソ連と国交締結 占領してた北樺太返還し、漁業権も喪失(スタ-リンは、蟹缶・サケ缶の漁場が欲しかった)
  >満州某重大事件 飼い犬に手を咬まれる関東軍の無能ぶり(アメリカの手先に寝返られるなんてね)

内政>関東大震災 震災復興に有効な手が打ててなかった(台湾金融危機に繋がる)
  >台湾金融危機 鈴木商店倒産(三菱を上回る日本最大財閥の倒産)
  >男子普通選挙 ポピュリズムに(犬養毅・鳩山一郎が、政争にあけくれ軍部台頭まねく)

内外混乱の中、世界恐慌の余波を受け、高橋是清が軍拡とゆうケインズ経済政策を取る。
ソ連の重工業5か年計画(戦後日本は、実施)やドイツのアウトバーン、アメリカのニューディール
のような、国内産業の底上げ(弾丸列車計画など)してれば、と後知恵で思ってしまう。

ちなみにアメリカが、ニューディール実施してない場合、あれほどの兵器生産できてないので、
連合国の勝利も危ういね。
421.名無しさん:2018年05月08日 09:27 ID:FL5NzjrG0▼このコメントに返信
※420

弾丸列車はともかく、日本国内の鉄道網はこの当時結構すでに整備が出来てたからね。北海道の廃止されたローカル線すら、八割以上、戦前に出来てるから。むしろ電化と複線化が必要だったかな。そしてそれ以上に道路整備をどんどんしておけばよかった。1935~40年ぐらいの映像見ると、結構すでに沢山自動車走ってるからね。

鉄道網の電化は軍が反対して進まなかったし、鉄鋼の生産増強も政府特に軍が干渉し過ぎてむしろ足を引っ張ったんだよなぁ。昭和の最大の失敗は、シナ事変に乗っかった革新官僚が、有事をネタにどんどん統制経済を推進したことだよ。不要な鉄の無駄遣いを節約するために東京オリンピックやめたり、電気の無駄遣いやめるといってパーマ禁止したり、そしてこれに賛同した日本国民も大失敗だったかな。本当の意味で「もったいない」事をしたもんだ。
422.17:2018年05月08日 10:16 ID:zrAx2xs90▼このコメントに返信
※418
ん、俺のことかい?
一連の罵り合いに付いちゃ俺はこのスレのお題の通り日本の勝ち方の例を示したものであり、端的に言えば「アメリカが財政破綻するまで開戦時期を遅らすべきだった。要はアメリカとだけた戦わなければよろしい。」が成り立つかである。あとついでに日本が強いと困るのか韓国人共が願望でものを言っているのを証明出来ればそれで良かった。彼らの反駁とも言えない反駁についての反駁として根拠を挙げろと書いたがおきまりのソースを示せとは書かなかった。考察による論拠でも良かったわけだからそれすらないって事はノーアイデアで突っかかってきたことになる。
アメリカがどういう理屈で参戦してくるかなんて水物だから俺の策だって絶対では無いよ。絶対では無いところを突いてきてくれりゃもうちと実になる論議になったんだろうが罵り合いレベルの低次元な内容になったわな。まあ罵り合いとしては勝ちってことになったんだろうが。根拠も論拠もなしならそうとしか言い様がないわな。
で、アメリカの向いてる方向が大西洋方面だったことは俺も理解するところではある。だがアメリカが対日で参戦するかしないかは、植民地の問題じゃなくて、あくまでも英国本国を救うか否か、という話であり、インド洋の制海権をイギリスが確保するか(インドからエジプト、南アフリカまでの安全保障)、という話以外の何物でもない。の、件だがインド洋の制海権をイギリスが確保するかってイギリス本国じゃなくて植民地と権益の話じゃないか?ちと矛盾しやせんかね。
423.17:2018年05月08日 10:26 ID:zrAx2xs90▼このコメントに返信
※418
アメリカは16年4月の日米交渉(日米諒介案)で、ヨーロッパの戦争をドイツの一方的勝利で終わらせない為に、英国を救う目的での介入も辞さない態度をはっきりさせているというがアメリカの国益を考えればまあその通り。だが南部仏印進駐はイギリス領ともあんまり関係ない。Wikipediaによれば同じ奴がまとめたのか複数の欄で「日本の進駐は太平洋戦争への回帰不能点をもたらすこととなった。」と書いてあるがまあアメリカとはいずれ遣り合うだろう。だがこれだけではアメリカ自身が開戦に踏み切るには弱い。日本としては俺の策では架け逃げにしてでも延長戦に持ち込めば勝機が見える、というか史実以外のシナリオに持ち込むためにはそれ以外の手は無いと俺は考える。
そもそも戦争になるような情況を作らなければいいじゃんと言う事であるなら全く以てその通りだ。俺もそう思う。だがそれではスレタイのお題とは違う話になってしまうんでな。日本の勝ち方を書けと言うことだから書いたまでだ。
424.名無しさん:2018年05月08日 11:24 ID:G3pM6VSW0▼このコメントに返信
経済のこと関してはよくわからないは言ったが、都合が悪くなると特定国のレッテル貼るようなやつが有能とも思えないから
多分オマエの言うことが間違ってると思うよ?
どこの馬の骨ともわからない、思考実験とか知的遊戯とか歯の浮くような事いいつつ逆ギレするようなバカが有能なわけないもんん
仕事でも、会議の最中にわざわざ韓国人とか根拠なく言い出すやつが居たら間違いなく無能だろ?w
425.名無しさん:2018年05月08日 11:30 ID:G3pM6VSW0▼このコメントに返信
>そして開戦する以外の経済対策をアメリカが打てなければドルの信用は地に落ちる。
>開戦する以外のアメリカの富の源泉は俺には思い付かない

自分でアメリカが参戦する蓋然性について言い切った件はどうなるんだっていってるのにシカトすんなよ

>財政不安を理由に為替の都合で参戦するなんて理屈を大半がスットコドッコイなアメリカ有権者が理解出来るとも思えん。

だから国民に対してバカ正直に言うわけ無いだろ
世界の警察たるアメリカがファシストを食い止める、で十分だ
426.17:2018年05月08日 13:39 ID:zrAx2xs90▼このコメントに返信
※424
韓国人に韓国人と言って何が悪い。見りゃ韓国人の特徴ありまくりだし呼びかけとして韓国人と言ったまでだ。
韓国人って悪口か?やっぱ劣等民族って自覚してんの?俺は単なる国籍だと思ってたんだけどな。
だがオマエラが自身を劣等と想おうがオマエラの都合であって俺の知るところじゃないんだよ。
そんなものを根拠に論戦に勝ちの根拠とするなら論議はオマエラの負けだ。
重ねて言うが俺は日本人と呼ばれてちっとも困らない。日本人だから日本人だわい。
日本人が優等か劣等かなんぞは俺にはどうだって良い。だが劣等に合せてやる気もない。
あと俺は問答の解を求めるのが望むところであって勝ち負けなんぞはどうだって良いんだよ。
勝手にオマエラが俺の与り知らないところで負けてるだけだ、韓国人。韓国人についての論はここまでだ。

アメリカと日本はいずれ遣り合う。俺は和解するとは一言も書いちゃいない。ただアメリカが一番弱まってぐだぐだになったところで開戦するってシナリオなんだわ。そのことについては既に述べてるし読めてないなら読解力すら目が曇って衰えたんだろうな、韓国人。
そもそも和解しちゃったら日本が戦勝できないだろうがよ。ここのお題はどうやれば大東亜戦争に勝てた?なのだから。
427.名無しさん:2018年05月08日 19:01 ID:FL5NzjrG0▼このコメントに返信
17様

インド洋の制海権とは、1941年の時点ではもっと深い(明白でもあるけど)意味がありますよ。アフリカ東岸にはイタリアの大きな領土があり(旧エチオピア等)、日本がインド洋を押さえれば、エチオピアに向けて補給路が出来るので、今度はエジプトの英国軍が背後を取られるからです。(ただし東アフリカ帝国のイタリア軍はあっさり降伏してるけどね)

北アフリカの独伊軍対英軍の戦闘が植民地戦争でないのと同じく、シンガポール進攻~インド洋の制海権確保も植民地争奪戦では無いのですよ。そして同時に、シンガポール喪失とは、英国が第一次大戦のようにアンザック兵を期待出来なくなる事でもある。

仏印南部とは、まさにマレー半島の首根っこを押さえるのに最適な場所でもあり、非常にセンシティブな場所だから、迂闊に手を出したのは失敗だったかな。世界地図を読めなかった政府首脳陣が悪いんだけど、とは言え、松岡が北進論と、「ドイツへの同盟の誠意を見せろ」を連呼してた手前、毒と薬のバランスのさじ加減をミスったかな。

ともあれ、対英単独開戦は、ヒトラーが言うように昭和15年内にするしか手が無いだろうし、16年には対ソ戦の方がまだマシだった。対米戦は、欧州の戦争の状況を1942年まで座視してから見極めれば、実はもっとうまくいった可能性すらある。
428.17:2018年05月08日 21:00 ID:zrAx2xs90▼このコメントに返信
※427
俺の策の骨子はアメリカとの開戦だけ遅らせて尚且つ石油の供給が出来さえすればひとまずは上首尾と言う考えなのでいきなりインドまでは叩かんと思うよ?オランダを叩けばイギリスも付随してくるわけだからこの辺は両方叩く必要があるかもだがボルネオ北部はブルネイがあったな。じゃあ史実通りイギリスも叩くとしよう。でもインドまでは暫くは攻め込まないような。
セイロン沖海戦が1942年4月5日。史実の日米開戦からは5ヶ月近い時間が流れてる。でもセイロン沖であってインド攻略には遠い。アメリカはバリバリに警戒はするだろうけどこれで対日参戦する口実ってなんだろ。真珠湾攻撃並に判りやすくアメリカの国益の侵害が為されていないといけない。イギリス本土防衛については静観してたわけで。1944年のインパール作戦あたりまで引っ張れば3年ちょいの時が稼げる。3年しか、と思うかもだが史実では4年近くかけて負けている。3年も、と思うかもしれないが実際のところ帝国軍の勢力拡大は連合軍だって予想はしていなかっただろう。戦史を辿れば今見ても尋常ではない。時が稼げるならこの時点でアメリカ抜きだ。史実よりはかなり有利。史実程あとがない情況にはないわけで牟田口だってああまで性急にやらかしたりはしなかっただろう。
429.17:2018年05月08日 21:12 ID:zrAx2xs90▼このコメントに返信
※427
それで日本がアメリカに勝てるかと問われれば、さあね。である。勝負は水物だ。時間が稼げる分、日本には他に並行してやることも山程あるだろう。アメリカだって別の対策を打ってくるかもしれない。だが時間が稼げれば欧州でナチスだって勢力の足固めに入るだろうしその分アメリカは多くのリソースを割かねばならない。アメリカに不利な要素が重なればアホ程刷ったドルが史実程の価値を持たなくなるのが実際のところだろう。ドルが価値を持たなければ世に言うユダヤ資本だって大した力を持ち得ない。彼らの多くはドル建てで資産形成していただろうからな。尤も彼らは情勢を見て金で資産形成したかもしれないが。
俺の策の一番の要はアメリカ財政を厳しくさせ、極力ドルの価値を持たさぬよう仕向けることにある。どれ程装備も人員も揃っていても金が無ければ戦えない。無償で物資を提供する企業はないし生活の保障無しでは兵士は戦えない。死んでこい的な命令が存在しても給与無しではどの国の兵も命は懸けない。そのための開戦の先送りであり、史実の負けシナリオからは極力遠ざかり、勝ちシナリオはなぞらえるべきものだ。勝負は水物だがそれはアメリカにだって言えるんだよ。

当時の日本の首脳がそれが出来たかと言われれば、出来ないから史実の通りになった。史実なだけにタラレバで結果は変わらん。だが後出しで考えて良いお題なのだから与太話でもそのくらいは思いつけよと俺は考える。俺の策はある意味日本らしくもないズルいやり方だ。でも戦争は勝ったもんの勝ち。負けたら何にもならないのでな。今は中国がニューディール政策よろしく軍備を拡大させている。反省点として次にズルさを活してくれるなら幸いだ。次も負けて貰っては困るんでな。
430.名無しさん:2018年05月08日 22:14 ID:FL5NzjrG0▼このコメントに返信
十七様

お互いに視点が全く違うので、話は噛み合わないでしょうが、頭の体操ということで私の視点も書きますね。

まず、インド洋を取ることとインドを取ることは全く別の話で、むしろインド洋の制海権確保には、大陸にべったり陸軍の軍事作戦~出兵してはいけない事は簡単に理解出来ると思う。インドを「占領~解放」目的で攻めた時点で日本の負けだよ。港湾を選んで、その後背地を保障に占領する。それ以外に手を出せる余裕は日本陸軍に無いからね。そうしないと紅海、つまりエジプトに到達するのは不可能で、独伊の勝利の芽が無くなるからイギリス軍は逆に安心出来るんだよ。

対英単独開戦で、米国の動静を考えるならば、まず何にもおいて、米国が日独の両面作戦をしなきゃいけないという単純な事実を考えないとね。二面作戦を自分から始める馬鹿国家って、まずほとんどいないし、ろくな陸軍を整備してない米国が開戦を自分から思い切れたかどうか。

個人的には、多分当面では、南部仏印進駐の時と同じような制裁止まり~ただし本気で参戦準備開始、だろうね。それは陸軍の整備に重点を置くだろうし、最も妥当な参戦方法は、イギリス本土への防衛軍派兵だろうね。

つまり独ソ戦開始以降、英国本土への脅威がなくなってるから、米国には大きな心理的余裕が出来たんだよ。

ともあれ時間がたてば、米国が準備を整えて自発的に参戦していた可能性も高い。その時に日本の愚鈍な外交官が、太平洋側を中立で押さえられたかどうか、かね。あくまで米国が欧州を見ている事と、ルーズベルトが反帝国主義左翼で反植民地だという事実をちゃんとわかってる外交官がいれば、うまく行ったかも知れないがね。
431.17:2018年05月08日 23:29 ID:zrAx2xs90▼このコメントに返信
※430
日本を勝たすことが目的でインドは目先取りにいかねんじゃね?と言うのが先ほど述べたことなので、取りにいく前提の話なら確かに噛み合ってない。
目先はイギリス事大英帝国帝国に対して牽制が出来ればそれで上首尾。シーレーンさえ抑えてしまえばインドは経済的価値を大きく損なう。俺は貿易の人なので専らそう言う目線から入ることになっている。で、インドのイギリス経済が疲弊したら陸上戦力がどうなるかは判らん。あと日露戦争の成功体験もあり大陸支那ではそれなりに無双していたので日本の陸軍がそれほど弱かったとは思わないが脇に逸れるので置いておこう。
二正面作戦・・えーと、日本、ナチス、アメリカ、大英帝国、ソ連及びロシア帝国、いや、馬鹿国家多くね? こうなるとむしろ二正面作戦は戦の華って気はするぞ。有効かどうかはともかくだけどな。そもそもアジアに在っては日本の敵ばかりなのに二正面作戦を嫌うのも変な話だ。

アメリカのイギリス防衛派兵だが、アメリカの若者を欧州には送らないと公約したルーズベルトがそれを出来るかな? 若者を送り出せる尤もらしい口実は何だろう。それでも上手い口実が成り立てば少なくとも欧州には注力するだろう。ただ日本に対して宣戦布告する口実がアメリカには無い。枢軸国だからって理由だけで口実に出来たもんかね。枢軸国は三国同盟だけじゃないんだよ。アメリカが対日参戦しないで欧州に注力しだした時点でナチスがソ連を攻めるもんかね。流石にヒトラーも慎重になると思うよ。フネの数だけは馬鹿みたいに多いからね、アメリカ。
432.17:2018年05月08日 23:57 ID:zrAx2xs90▼このコメントに返信
※430
時間が経てばそりゃアメリカは参戦するだろよ。アホ程作った軍備の有効活用をせねば財政再建の見通しも立たない状況だろうから。但し公約破りの参戦であり先を見越して揃えた軍備を使うタイミングのあてが外れれば、それは当然大きなマイナスとなる。参戦で為替が上昇するにもそれを買い支える資本が元気が無くなったら目論む程の為替の上昇とはならない。
経済の必要からの参戦であるなら経済はジリ貧。為替は下がる。ルーズベルトはニューディール政策の誤りを認めねばならず公約違反。ここでも為替は下がる。まず辞任は免れない。ここでも為替は下がる。
作った武器の手前があるからアメリカは参戦以外の選択肢を採るとは思えず、先行して武力に投資をしたルーズベルトは、建前はともかく彼自身は戦争をやる気満々だったと俺は考える。対日参戦が決まったときには真珠湾がやられまくったのにガッツポーズをとったかは知らんがひどく喜んでいたそうだよ。そのときの画像もググれば見つかるかもしれん。
陰謀説的なものは余り好きではないんだが日本固有の領土だった朝鮮半島にソ連が進駐する前になんでアメリカは進駐しなかったんだろうね。なんで国民党軍の支援をケチってみすみす共産党軍に中国を取らせたんだろうね。多くのアメリカ将兵が日本にも大義が少なからずあり対日参戦は半ば騙されたようなもんだと言う軍人や役人が居たのはどんなもんだろうね。これだけ見るとルーズベルトは共産陣営の足しになることしかやっていない。ルーズベルトが仕組んだことであるならアメリカの参戦はどの道あった。
但しルーズベルトのあてが外れて一番マヌケなタイミングでの参戦を強いることができたなら日本にも勝ち目は有っただろうという話だ。アメリカの戦況は不利なところからスタート。米兵の意気だって上がるわけもないのだからな。
433.名無しさん:2018年05月09日 00:10 ID:HeUV0d9o0▼このコメントに返信
※431

インド派兵の問題は、単純に数の問題です。中国大陸の軍の維持、満州の対ソ連牽制の兵の確保の上に、マレー半島とシンガポールの駐兵を確保したうえでさらにインド全土の占領は、どんなに日本兵が優秀でも、人口&徴兵率、物量的にムリなので。

二面作戦だけど、自分から二面作戦を好き好んで同時に始める国は、まぁ、日本ぐらいだわ。阿呆のドイツ帝国のシュリーフェンプランですら、一応一国ずつを撃破するため、という目的で発送されてるんだからね。(そもそも露仏同盟が、二正面作戦をさせる事で抑止力を作るものだったから) 

ヒトラーも、一応、フランスが堕ちイギリス作戦が一旦落ち着いたと見てロシアを攻めてる。陸軍の駒の総量に数の限りがある以上、どうしても軍事作戦は陸軍の総定員に左右されるからね。

ただし、日本とアメリカの特異な点として、陸軍の戦争と海軍の戦争を全く個別に出来る国でもある。アメリカも、日本みたいな致命的な二重統帥の欠陥を持っていたら、陸軍はヨーロッパ、海軍は日本とか考えたかも知れないがね。

ルーズベルトの公約の内実は三選の時の対立候補ウィルキーのものだから、英国は徹底救援、ただし派兵はしない、という話で、あとは米国の国民の民意次第だわな。つまり、言い換えれば、対独参戦は対日参戦の何倍も可能性が高い。このアメリカ国民の興味の差は、日本が日独同盟を形骸化すればするほど高まるはずで、英国への単純参戦するには、むしろ今まで私がしてきた全く逆の理論、つまり、日本は植民地解放目的以外に全く興味が無い、英国とインド洋に興味が無い、ヨーロッパの運命、とりわけドイツの勝利には全く感知せず、というアピールするしかないかな。
434.名無しさん:2018年05月09日 00:34 ID:HeUV0d9o0▼このコメントに返信
※432

停戦後の朝鮮や中国の話は、ルーズベルトがすでに死んでるので何とも言わないけど、ルーズベルトのニューディール政策の破綻は、すでに40年の大統領戦ではっきりされた事だよ。共和党候補の無名候補ウィルキーが反ニューディールを公約の1番にして、さらに英国救援と軍拡での経済浮揚を言う事で、タフトやバンデンバーグといった孤立主義者の本命共和党候補を次々に撃破し、ルーズベルトが三選に急に出て、しかもウィルキーの公約を丸パクり抱き着き戦法で辛勝して以来、ニューディールも孤立主義も葬られた。多分ガチ左翼としてのルーズベルトのポリシーすら隠された。以降、ルーズベルトはあくまで英国救援は主張するが、ソ連はあくまでおまけとして扱った。

ルーズベルトが狂喜したとしたら、おそらく真珠湾ではなくてバルバロッサ発動時点だろうね。これは史実だが、その前日、ハルはわざわざ野村大使にあって、独ソ開戦の可能性について、日本の見立てを聞いてる。多分欧州の情報網からすでに報告されてたんだろうね。

(追記。さっきの書き込みの「英国への単純参戦するには」の前に、「日本が」が抜けて意味不明瞭な文になってたのでここに訂正)
435.17:2018年05月09日 01:05 ID:hAxd1QiO0▼このコメントに返信
※433
やっとまともに会話になる人が現れたかって感じではある。ここへ来て何とも有り難い話だ。
とは言えまずはお題の方から片づけたい。どうやれば大東亜戦争に勝てた?であり、
要はアメリカの参戦を遅らせることができるか。遅らせることによってアメリカ経済はうまいこと疲弊、つまり弱まるか。その間枢軸側、とりわけ日本が石油供給をなんとかし足下を固められるか。史実より強い布陣で日米開戦を迎えられるか、である。
アメリカが何正面で戦おうが要は日本に当面攻めてこなければそれで良いのである。まあ、アメリカをナチスにけしかけさせてアメリカにはそれで満足して貰うって考えも無くはないのだけどな。無くは無い。ナチスを生け贄にするのも戦略ではあるが願望が混じりすぎているのでこれはボツ。ただナチスが時間稼ぎの要素となるのは間違いなかろう。
日本も原爆を開発していたわけで。アメリカが原爆を実用化する前に日本が核実験を成功させたら核の抑止力なんて考えが定着していない世の中にあっては戦争抑止力ともなり得よう。けどこの案は思考実験としては詰まらないので今回はこれもボツとする。基礎理論は出来上がってて課題は容れ物くらいだったそうだが俺自身は原爆の製造とかあんまり詳しくないんでな。
436.17:2018年05月09日 01:39 ID:hAxd1QiO0▼このコメントに返信
※433
アメリカの植民地解放の大義ってのが随分と弱いもんではある。アメリカ自身がまだフィリピンを抑えているのだし同盟国や準同盟国は相も変わらず植民地主義だったりする。これでアメリカが植民地を理由に参戦というのがまるっきり弱いものであるのでアメリカは真珠湾級の判りやすい国益の侵害を受ける必要があったと俺は考える。そりゃあ北朝鮮張りに掛け逃げは頑張れば可能だろう。

「ニューディール政策の破綻は、すでに40年の大統領戦ではっきりされた事だよ。」うん、端から怪しい言われてた政策だ。ニューディールを揶揄するニュース映画もあったしその映画でルーズベルトは経済の素人と言われてたもんだ。カンフル剤としては効果があり景気回復には貢献。だがそのあとの追加対策はネタ切れ。財政赤字は山のよう。更にドルを刷れば大恐慌がぶり返すんじゃないかと言われていたし実際そうなっただろう。どうせ性懲りも無く信用で取引するヤツは多かっただろう。アメリカ以外が戦争してたわけだから通商もいまいち成り立たない。世界から投資が集まるわけでもなし。如何にアメリカの図体がでかかろうとも内需だけで国が富むはずもなし。掛け逃げで稼げる時間は日本にとって値千金の戦略的価値があったと俺は考える。それでもアメリカは戦える。武器はあるし石油もあるからな。高利回りの債券を発行したって良い。だがそれで如何ほどまで戦えただろう。史実よりは確実に弱いと俺は考える。
437.名無しさん:2018年05月09日 13:57 ID:lxo5HbKO0▼このコメントに返信
ほっとけばアメリカは破綻する
というトンデモ自説に拘泥する連休から張り付きっぱなしのニートが哀れ
438.17:2018年05月09日 20:28 ID:hAxd1QiO0▼このコメントに返信
※437
おーけー。根拠もなし論拠もなしで捨て台詞だな?
これだけ時間が経ってわざわざ見に来て言い返せなかったって事だな?
そう言うレスが来るのを待っていた。これにてこのスレは俺の勝ちだ。確定ってやつ。まあおつかれさん。

参戦を遅らす事の意義についての具体的な反論は無かったみたいだしな。論議そのものはオマエラじゃ役立たずだった。
次も似たようなスレが立ったら似たように策をぶつけてやる。他の人にでも聞くわ。
439.名無しさん:2018年05月09日 21:37 ID:lxo5HbKO0▼このコメントに返信
>捨て台詞だな?

ニート丸出しですね、と言っただけで別に捨ててないが?
捨て台詞っていうのはこういうのを言うんだよw↓

※409
>キミとはここまでだ。
※413
>キミともお終いだ。

二度ももう終わりと言っておきながらみっともなく戻ってくんなよ
そんなに悔しかったのかw
俺は勝手にお前のおかしい所はおかしいと言い続けるけどな
一度も終了宣言などしてないからな
お前は自分の言ったことに責任持てやw
440.名無しさん:2018年05月09日 21:44 ID:lxo5HbKO0▼このコメントに返信
※438
>参戦を遅らす事の意義

おいおい、お前は遅らす遅らせない以前に米不参戦論者じゃなかったのかよ?
その事実を忘れ去っていつのまにか参戦してくること前提になってやがるw
俺が当初から言ってる米参戦不可避論を受け入れちゃってるって気づいてる?
バカだからはじめから自分もそう思ってたと思いこんでるのかねえ┐(´∀`)┌ヤレヤレ

かってに自分のゴールポストを後ろにズリズリと後退させて
「さっきのゴールポストは嘘な。本物はこっちだからここにシュートしてみろや」
と言ってるようなもんじゃんw
441.名無しさん:2018年05月09日 21:54 ID:lxo5HbKO0▼このコメントに返信
※409
>キミとはここまでだ。
※413
>キミともお終いだ。
※438
>スレは俺の勝ちだ。確定ってやつ。まあおつかれさん。

捨て台詞からの勝利宣言、3つ目だったw
ここから恥の上塗りでみっともなく戻ってきたら大笑いw
本当に勝ちだと思ってるなら戻ってくる必要ないよなw
442.17:2018年05月09日 22:50 ID:hAxd1QiO0▼このコメントに返信
(にやにや)
443.名無しさん:2018年05月09日 23:13 ID:lxo5HbKO0▼このコメントに返信
>そして開戦する以外の経済対策をアメリカが打てなければドルの信用は地に落ちる。
>開戦する以外のアメリカの富の源泉は俺には思い付かない

自分でアメリカが参戦する蓋然性について言い切った件はどうなるんだっていってるのにシカトすんなよ

>財政不安を理由に為替の都合で参戦するなんて理屈を大半がスットコドッコイなアメリカ有権者が理解出来るとも思えん。

だから国民に対してバカ正直に言うわけ無いだろ
世界の警察たるアメリカがファシストを食い止める、で十分だ

↑再掲だが、これに対する反論はなし

お前が自分で言う米が参戦する蓋然性
日本が南方「侵略」をしてくれたおかげで米国内の世論工作をしやすくなる

以上の二点から米は三年も待ってくれないのは必然である
444.名無しさん:2018年05月09日 23:23 ID:lxo5HbKO0▼このコメントに返信
A:日本は石油を求めて南方作戦を行う
B:米は数年後に破綻する
C:米は三年間参戦しない

お前の牛の涎のようにダラダラとしまりのない無駄な長文をまとめるてやるとこうなる
この3つは並び立たないからお前の説は破綻している

ここでポイントなのは、Aは史実に近い仮定だからそのままにするとして、BやC真偽にかかわらず破綻するということ
仮にBやCが真なら、今まで述べたようにお前の説は破綻する
仮に偽なら、そもそも日本を勝たせるという命題を満たせなく成るからこれも破綻である
445.名無しさん:2018年05月09日 23:27 ID:lxo5HbKO0▼このコメントに返信
あとの長文はしつこいくらいの米破綻というシナリオの重複である
長文でもっともらしいことを書けば煙に巻けるとでもおもってるのだろうか
内容のない、薄っぺらい話である

※444で喝破したように米破綻というシナリオが正しかろうが間違いだろうが、お前の説が破綻することに変わりはない
446.17:2018年05月10日 00:23 ID:z5mslxHs0▼このコメントに返信
喧嘩過ぎての棒ち切りだががんばんな。
悔しさをバネにするってのも長い人生の中では必要なことだってある。大抵は無駄なんだけどな。
既にあちこち間違えてるし俺の前提と違ってるけど気分がよかったら添削してやらんでもない。
まあしないんじゃないかな。
聞いてくるのがオマエ以外にも居たとは言えあれほどしつこく俺が繰り返し書いたのに間違うってどうなのよ。
もちっと読み返してみたら?

でもオマエ何と戦ってんだい?俺の論点をなんとかひっくり返すことがオマエの目的になっててウケるんだが。
日本が勝つとそんなに都合が悪いのかい?日本を勝たすスレだろ。何か書けよ。
447.名無しさん:2018年05月10日 01:03 ID:MRZAByxA0▼このコメントに返信
はい戻ってきたw
くやくしくてくやしくてどうせ離れられないなら

※409
>キミとはここまでだ。
※413
>キミともお終いだ。
※438
>スレは俺の勝ちだ。確定ってやつ。まあおつかれさん。

↑こんなこと言わなければいいのに
俺の予想通り二度あることは三度ある
俺の手のひらで転がされてる気分はどうだ?w
448.名無しさん:2018年05月10日 01:07 ID:MRZAByxA0▼このコメントに返信
>でもオマエ何と戦ってんだい?俺の論点をなんとかひっくり返すことがオマエの目的になっててウケるんだが。

そりゃバカをへこます遊びよ
お前みたいに知的遊戯なんて歯が浮くことは言わないぞ?
こんな場末の掲示板でw

ならどうやれば大東亜戦争に勝てた?

の答えだが、「そんな方法はない」というのがあえて言わなかったが当初からの俺の答えだ
この問いは解法の無いパズルを解けと言ってるようなもので、できもしないことをあたかもできるかのように
言って解いた気になることに意味はない
449.名無しさん:2018年05月10日 01:25 ID:MRZAByxA0▼このコメントに返信
再再掲だが↓これに関する反論はなし

>そして開戦する以外の経済対策をアメリカが打てなければドルの信用は地に落ちる。
>開戦する以外のアメリカの富の源泉は俺には思い付かない

自分でアメリカが参戦する蓋然性について言い切った件はどうなるんだっていってるのにシカトすんなよ

>財政不安を理由に為替の都合で参戦するなんて理屈を大半がスットコドッコイなアメリカ有権者が理解出来るとも思えん。

だから国民に対してバカ正直に言うわけ無いだろ
世界の警察たるアメリカがファシストを食い止める、で十分だ

お前が自分で言う米が参戦する蓋然性
日本が南方「侵略」をしてくれたおかげで米国内の世論工作をしやすくなる

以上の二点から米は三年も待ってくれないのは必然である
450.名無しさん:2018年05月11日 14:35 ID:J6vVabwc0▼このコメントに返信
代替案出せ出せいってる奴らは、将来必ずある巨大地震で第二の福島が起きないようにする方法のうち、
原発を辞める以外の方法の代替案を出せ

お名前