2018年04月21日 21:05

アメリカ相手に戦争挑んだ日本wwwwww

アメリカ相手に戦争挑んだ日本wwwwww

03

引用元:アメリカ相手に戦争挑んだ日本wwwww
http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1523359359/

1: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:22:39.68 0
無謀だ

2: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:24:33.20 0
カッコええやろ

3: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:24:34.55 0
油を止められたからな
やるしかなかった

5: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:27:21.73 0
負けると分かっていてもやるんだよ

6: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:27:39.51 0
おとなしく奴隷になるか戦うかしかなかった
結果戦争に負けて奴隷になったわけだからやらない方がよかったけど

8: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:30:19.82 0
日本が外交でヘマ重ねたから経済封鎖されたわけでその時点で負けてんだよ
やるしかなかったじゃなくて正しくは負ける戦争をやらざるをえなくなった

9: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:30:21.46 0
石油が欲しいからと言って戦争する馬鹿があるか

12: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:31:30.30 0
>>1
バブルのころは勝ってたのにな

13: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:31:59.67 0
バブルの三日天下

14: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:32:31.71 0
中国と露西亞には勝ったんやで。

21: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:43:10.87 0
>>14
日露戦争勝てたのはイギリスとアメリカの援助のおかげ

24: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:47:06.28 0
>>21
出来るだけ詳しく長文でも読むよ

51: ななし 2018/04/12(木) 22:28:32.74 0
>>24
当時ロシアの陸軍力がやたら強くてイギリスでも手出しできない状態
おまけにならず者ロシアはそこらの国をぶん殴っては勢いを増していき海軍が近代化しつつあり
規模だけ見るとイギリスと張り合えるレベルに
米英はロシアが気にくわないので日本に金や武器を与えてロシアの勢いを削ごうとした(どうせ負けると思ってたが)
そんな時中国が対日参戦をしようとしたがイギリスは「ロシアの友達中国が参戦するならもちろん俺らは抵抗するで?拳で」と、圧力をかけた
ロシアは(中国なんざいなかろうが戦力差は明らかだから)中国の参戦を拒否

結果、日本の奇跡的勝利で幕を閉じた

16: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:36:11.37 0
我慢を知らない昭和の軍人

18: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:38:48.59 0
イギリスオランダポルトガルには余裕で勝利

19: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:39:38.19 0
戦線拡大と補給路がね

20: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:40:59.21 0
日本のおかげでアジアやヨーロッパを開放し独立できた
日本がいなかったら鬼畜欧米ソ連の植民地だらけだぞ

22: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:45:21.98 0
戦っても滅びる 戦わなくても滅びる
どうせ滅びるなら戦って滅びよう

25: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:47:12.34 0
近衛首相と海軍大臣は米の要求のんで大陸から撤退を東条陸軍大臣を説得するも東条陸軍大臣が拒否
近衛首相はまだチャンスを求めて米と秘密に接触して軍隊の大陸撤退を約束して天皇陛下に裁可をもらう
天皇陛下の名で撤退させようと画策するも米に近衛首相が軍隊を動かす力が無いと見切られていて
首相と大統領の会談すら拒否られた→絶望して首相辞任
財界とか首相とか蔵相とかバンバン軍隊に殺されて、軍隊同士も殺しまくったり軍隊がカルト化しちゃったからね

28: 名無し募集中。。。 2018/04/10(火) 20:51:43.06 0
アメリカ相手に艦隊戦を挑んだ世界で唯一の国だからなw

37: 名無し募集中。。。 2018/04/11(水) 00:00:07.97 0
欲張って中国取ろうとするから

39: 名無し募集中。。。 2018/04/11(水) 00:06:53.97 0
油を求めるのは当たり前

41: 名無し募集中。。。 2018/04/11(水) 15:15:34.27 0
日本の力を客観的に見れなかった

42: 名無し募集中。。。 2018/04/11(水) 19:20:32.78 0
今じゃ考えられないな

45: 名無し募集中。。。 2018/04/12(木) 13:15:41.06 0
アメリカを舐めてた

47: 名無し募集中。。。 2018/04/12(木) 21:12:39.81 0
アメリカ相手って アメリカが今みたいな超大国の地位になったのは戦後だぞ
戦前までのアメリカみたいな超大国はイギリス
そのイギリスには滅法強かった日本
日本のせいで植民地が独立して収入がなくなって没落したイギリス
ナチスとソ連が迫害して金持ってるユダヤ人が逃げ込んだ先がアメリカ
アメリカ万歳!

50: 名無し募集中。。。 2018/04/12(木) 21:27:59.63 0
日本www何がしたかったんや

54: 名無し募集中。。。 2018/04/13(金) 11:43:32.26 0
当時のアメリカの町並みとか見るとすごくてびっくりする

61: 名無し募集中。。。 2018/04/14(土) 00:36:47.26 0
本当に勝てると思ってたのかね

64: 名無し募集中。。。 2018/04/14(土) 01:29:52.70 0
>>61
当時日本は日米間の工業力差を最大で3対1と見ており、ドイツの圧倒的活躍によりレンドリースしなきゃならないアメリカ、アメリカに助けてもらわなきゃ死に体の無能ソ連、イギリス
軍事国家化したイタリアも大国のひとつであり心強い。
普通に戦えばアメリカには勝てないが、対独支援中のアメリカならぶん殴れば白旗を上げると考えていた。

一方実状は…
中央にT34を3万輌、極東に精鋭師団を残したまま戦っていたソ連、
ドイツに爆撃されてはいたがあまり効いてなかったイギリス。
思ったより強くなかったドイツと日本、役立たずのイタリア。
そして想定の倍以上強かったアメリカ。
敵を過小評価し味方を過大評価しチャンスという妄想が見えたわけだ。

67: 名無し募集中。。。 2018/04/14(土) 13:07:11.01 0
日本はベルサイユ講和会議の時点で民族独立とかKYなこといいだして白人世界では鼻つまみ者だったからな
その後にシメられてWW2へ突入
アジア諸国が植民地で支配にあっててもそんなん放置して白人グループのパシリでいればよかっただけなのに

68: 名無し募集中。。。 2018/04/14(土) 17:18:31.92 0
非現実的な作戦が多かったね

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年04月21日 21:13 ID:.gOcDbZS0▼このコメントに返信
ががーん無能
2.古古米:2018年04月21日 21:16 ID:oInSNJ4W0▼このコメントに返信
「露と落ち 露と消えにし我が身かな 浪速の事は 夢のまた夢」
当時の軍部は八紘一宇という在り得ない夢を見ていて、それの為に多くの将兵を消費してしまった。
煽ったのは新聞だけどね。
3.名無しさん:2018年04月21日 21:16 ID:rPnguw.g0▼このコメントに返信
男には♪たたかう♪とき~がくる♪誇りをまもるぅ~ために♪命をか~けて~♪
4.名無しさん:2018年04月21日 21:16 ID:g1PDvlUJ0▼このコメントに返信
A:おいJ そこはお前の席やないって言うとるやろ どけや
K in J:(おい また あいつ 言うてきてるぞ うっとしいの いっぺんシバィたれや!)
J:な な な 何言ってんねん そ そこ お 俺が長いことかかって確保したんやぞ
A:ん なんや くちごたえするんか ええ根性しとるやんけ
K in J:(勝手なことばっか 言いやがって シバケシバケ イテモタレや!)
J:く く くちごたえって な なんや ちゃんと説明したやないか
A:何をガタガタ言うとるんじゃ どかんかいボケ! よし 3っつ数える間だけ 待っといたる はい さーん にー いー
K in J:(一発カマシたれ! 痛い目に合わしたら Aも ちょっとは静かになるて)
J:わ わ わ わーーーー! コンチクショーーー!
@@@@@@@  数十秒後   @@@@@@@@@@@@@@@@@@ 
A:降参するか? それとも もっとか? どや!
J:ててててて… かか か か 堪忍してぇな な 何でも言うこと聞くよって…

結果的に 鮮日勢力(K in J)大勝利

あとはもう 世界中 ギユリちゃん キム八ヌルちゃんの 髪型以外は 思うがままである
5.名無しさん:2018年04月21日 21:18 ID:3BUoW6iE0▼このコメントに返信
決してバカげたこととは思わない。
当時の領有地域である台湾・朝鮮・南洋諸島・千島列島・南樺太・旧満州・大陸租界地を線で結び地図で俯瞰するとアメリカがそんなに大きく見えない。
今の中国辺りもそうなんだろう。地図だけ見たらヘボ国家も大中華と錯覚するかもな(笑)
6.名無しさん:2018年04月21日 21:19 ID:g1PDvlUJ0▼このコメントに返信
J:いて いててててて…
A:降参するか? それとも もっとか? どや!
J:ててててて… かか か か 堪忍してぇな な 何でも言うこと聞くよって…
@@@@@@@  数カ月後   @@@@@@@@@@@
K:おいJ ちゃんと 謝れや!またワメクぞ! わーーーーーー
J:あ 謝ったやないか い い いつまで言うねん 
 あっ おっ おい そこ俺の席、 あっ おま 昨日も牛丼食わしたったやろ あっ あ
T:知らんな そんなん聞いたことない それにな ここは昔っから俺の席や
K in J:(そらそやな 結構調子のって アイツライジメたからな 
仕返しされてもしゃあないで また牛丼食わして あやまろや)
J:ウソ付けや! あっ おまえら やめろや あっ あっ 
A:おい お前ら ええかげんにせいや! おい J お前も 認めんかい! おう!
K in J:(A君に全部任せたらええねん もう 俺らが謝っといたらみんな仲良しや)
J:えっ あ…  う ん…

J:A君 今日もありがとう またガソリン満タンにしとくわ
  これ少ないけど取っといてw えへへへぇw
@@@@@@@@@@@@その日の夜@@@@@@@
A:おいT K もうちょっと 回数増やせや  またハンバーガー食わしたるからな
K:へっ 兄貴
T:ふん (たまには 俺にもステーキ食わせろや)
結果的に 鮮日勢力(K in J)大勝利
7.名無しさん:2018年04月21日 21:20 ID:3d0AJ8Aq0▼このコメントに返信
仕掛けたんでなく仕向けられたんだろ
8.名無しさん:2018年04月21日 21:21 ID:HNVkC4Gt0▼このコメントに返信
唯一アメリカ本土を爆撃した国だからな
カリアゲもそれくらい頑張れよ
9.名無しさん:2018年04月21日 21:29 ID:x4Xc98nv0▼このコメントに返信
最近空手がめきめき上達した日本君。(身長1.55m)
意地悪なチャイナ君を得意の空手でぼこぼこに。
そこにやってきた身長2mのアメリカ君。「ヘイヤップ。よく分からんがケンカはヤメロ。」
ぶちぎれた日本君。「こいつはデカいだけのウスノロだ。一発かませば泣いて逃げる。」
ワンパンで勝負を決めにかかる。果たしてこの勝負の行方は?(答えは史実)

あなたなら、日本君はどうするべきだったと思いますか?
10.名無しさん:2018年04月21日 21:30 ID:XsrqD1Lx0▼このコメントに返信
>イギリスオランダポルトガルには余裕で勝利

一瞬「ん?」と思ってしまったが
マカオとか(現在の)東ティモールも占領してたんだっけ
中立国家してたのに引き摺りこんですまんなポルトガルw
11.名無しさん:2018年04月21日 21:46 ID:.lUcPYZm0▼このコメントに返信
※10
重要なのはイギリスがアメリカの支援ナシでは大戦に負けてたであろうザコだったのは軍事力国力の問題では全くなく政治情勢だった点でマジキチチャーチルの無謀なリーダーシップが無かったら本当に終わってた所で現代の疲弊した自由主義陣営には学ぶ所が本当に多い
12.名無しさん:2018年04月21日 21:48 ID:vof1p4FV0▼このコメントに返信
軍部におかしいのが増えたのは維新~日露の英雄が軒並み寿命でいなくなったのも影響あるのかね
第二次大戦時の作戦や指揮のクオリティとか下がってるように感じる
13.名無しさん:2018年04月21日 21:49 ID:viy.gFf70▼このコメントに返信
>日本が外交でヘマ重ねたから経済封鎖されたわけで
経済封鎖するためにヘマ重ねたことにしただけやで
中国が連合に泣きついてトドメになった重慶爆撃なんか本質は中国軍が重慶盾にしただけだしな
当時は誤爆は死文化しててちゃんとそこにいる軍隊狙ってれば町に被害出すなんてのはどこもやってた
そもそも植民地支配だって同じ事だし
14.名無しさん:2018年04月21日 21:49 ID:kCAhJVqN0▼このコメントに返信
日本外交の無能と軍人の暴走が招いた悲劇
自分から死地へ飛び込んでいったとしか言いようがない
15.名無しさん:2018年04月21日 21:51 ID:eJe3BgVA0▼このコメントに返信
日本はアメリカとの戦争は避けようと十分な努力はしてたよ
戦争したくない日本を無理やり戦争に引きずり込んだのはアメリカの方

まぁそれがアメリカの国益にかなったのであれば外交として間違いではないんだろうけど
日本に戦争で勝っても戦勝の利益は全部共産圏に取られて
アメリカは得にならんどころか共産圏と睨み合う過剰な負担をしょい込んだだけだった
間違いの度合いでいえば日本の間違いよりアメリカの間違いの方が酷いと思うけどね
16.名無しさん:2018年04月21日 21:54 ID:.lUcPYZm0▼このコメントに返信
当時の情勢にリアリティをもった分析をできない人ってのは今現在の情勢が現行メディアの報道が概ね公式的な既成事実の情報として後世に残る可能性のリアリティというものを理解できるだろうか
17.名無しさん:2018年04月21日 21:56 ID:L7.6qJes0▼このコメントに返信
※2
それはWWⅡが帝国主義に代わる新たな世界秩序を決める戦いでもあったからだよ
結果アメリカのグローバリズム型の資本主義と民族自決が採用されただけで
日本の八紘一宇だって今からすれば幼稚で杜撰だけど当時の先進国であればどこでも持ってるものだよ
18.名無しさん:2018年04月21日 21:57 ID:.lUcPYZm0▼このコメントに返信
※15
アメリカはそれを70年続けるハメになったのが本当にナ
俺がアメリカ人なら普通にトランプを支持するし日本人を安保乞食と思うわ

日本絶対殺すマンで国体を解体するまで突っ走ったのはまごうことなきアメリカだが70年遊んで暮らしてきた居候奴隷の自立心を疑うわ
19.名無しさん:2018年04月21日 21:57 ID:52dEbCHY0▼このコメントに返信
日本が兵士が足りなくなってから学徒動員して即席兵にしたのに対して
アメリカは戦争始まったら国民性か大学生とかが自分から大量に志願してきて
軍も将来足りなくなる可能性があるからと余裕あるうちに日本よりも早く学生を軍隊に入れてしっかりとした訓練受けさせてるんだから
経済はもちろんやる気の面から見てももう違いすぎる
20.名無しさん:2018年04月21日 22:01 ID:ZakQ0srh0▼このコメントに返信
負けたけど良かったんじゃねーか何もせず土下座かますアホ民族ではないって事さ^^
日本が何か行動しようもんなら脅かすでないってビビってるくらいだもの
21.名無しさん:2018年04月21日 22:01 ID:.lUcPYZm0▼このコメントに返信
※19
>アメリカは戦争始まったら国民性か大学生とかが自分から大量に志願してきて
学徒動員したら志願が殺到した。だこういう細かいウソの印象操作はやめような
結果論で話すのはアリなんだが結果を課題に導く尾びれ背びれはしばしば事実をゆがめる根源と白黒の議論にしやすい
22.名無しさん:2018年04月21日 22:02 ID:w827YMS90▼このコメントに返信
当時は当時で事情あったしその辺鑑みてもそういう選択肢はあったやねでしかないで
戦争が外交の延長なら優勢作って妥協点探るのもやり方次第
初期作戦はその辺よく考えてたけどまあ難しすぎ
23.名無しさん:2018年04月21日 22:02 ID:.OjXMnIo0▼このコメントに返信
最悪軍事的敗北を狙ったって事でしょ
結果その通りなわけで。ミッドウェイで勝っても良くてイーブンでの和平でしょ
24.名無しさん:2018年04月21日 22:03 ID:dpz.pVfJ0▼このコメントに返信
リアリズムの大切さを学ぶべき
25.名無しさん:2018年04月21日 22:03 ID:.lUcPYZm0▼このコメントに返信
※20
日本がこの地政学的位置から社会主義共産主義陣営と数十年対峙し続けるとか想像するだけでも恐ろしいのは事実ではある
26.名無しさん:2018年04月21日 22:06 ID:.lUcPYZm0▼このコメントに返信
※23
達観論はやめた方がいい、アホがバレる。物事とにかくそんな単純じゃないんだ
で、そもそもミッドウェーは交渉に結びつくような戦いではない、そのレベルで踏まえるべき前提の知識すら足りてないのだ
27.名無しさん:2018年04月21日 22:06 ID:f1JlwJ0j0▼このコメントに返信
貿易赤字をネタに日本の製造業、特に車の工場がアメリカに造られるというね…
28.名無しさん:2018年04月21日 22:07 ID:7CrFXyXE0▼このコメントに返信
 白人至上主義に真っ向戦い挑んだ 有色人種 居たか?
 日本人は八紘一宇目標に負ける戦してアジア・アフリカ独立と言う魂を産ませただけで
 英霊達は満足 でも特亜は許せない
29.古古米:2018年04月21日 22:11 ID:oInSNJ4W0▼このコメントに返信
※17
一番の問題点は、「八紘一宇」がある意味表看板であることが分からなくて本気で信じて戦場に突っ込んでいった日本の兵隊さんが多かったこと。
当時の政府や財界や軍部は国内の不満を外部にそらす為に「アジア人のアジア」とか「八紘一宇」とかを表明していた。
一般国民は「日本はアジアの盟主だから、アジアから白人を追い出し植民地支配を止めさせる」と本気で信じてしまった。
その為に「米英討つべし」との世論が新聞により広まり、軍部も政府も後戻り出来なくなった点はあると思う。
大日本帝国の間違いは大貿易国であるアメリカを敵認定していたこと。
結局原油止められて鉄屑止められて、止むを得ず開戦せざる得なかったのかもね。
30.名無しさん:2018年04月21日 22:11 ID:GPMghVy80▼このコメントに返信
日本は兵隊の命を軽んじ過ぎた。これが何よりの罪でありミスだった
最前線で戦う兵達こそ最も重要な物資なのにな。
只でさえ物量で劣る国が人命まで使い捨て精神でどう戦うのかと。
馬鹿な政治家と軍部のせいで危うく日の丸は消えかかったぞ
31.名無しさん:2018年04月21日 22:11 ID:.lUcPYZm0▼このコメントに返信
※27
むかつくが日本の輸出産業が喰わせて貰ってたのは北米の旺盛な消費頼みでしか無かった現実は重い
というか地球の発展が北米の消費ありきだった点がマズかった
32.名無しさん:2018年04月21日 22:15 ID:.oS.uG7Z0▼このコメントに返信
アメリカとロシアってまだ冷戦状態なの?
33.名無しさん:2018年04月21日 22:16 ID:.lUcPYZm0▼このコメントに返信
※30
それもテンプレだなぁ
人事用兵が上手いとは思わんが人名も補給も別に軽視はしてないな
ではよその国が日本に比べて任命軽視ではない点を説明できるか?

あとあんま知られてないがシンガポール要塞陥落に際してチャーチルは「死守命令」を出してるぞ
34.名無しさん:2018年04月21日 22:16 ID:JEVEdt8d0▼このコメントに返信
アメリカの経済力とか発展具合を見て、戦うの止めればよかったのにな
下手に刃向わずに、戦力差を考えて折れる部分は折れればよかった
石油を止められる前に、ある程度は外交を重ねておけばね・・・
まぁ戦争で負けて良かった一番は、一度日本にした朝鮮を切り離してもらったことだなwww
35.名無しさん:2018年04月21日 22:18 ID:.lUcPYZm0▼このコメントに返信
※29
ソレ言い出したら連合国の下っ端も自由の為に闘っただぞという
36.名無しさん:2018年04月21日 22:19 ID:4hK8E.Vz0▼このコメントに返信
高橋是清がイギリスで金を借りるの成功したから日露戦争勝てたんやで
高橋是清のドラマ作れや NHK
37.名無しさん:2018年04月21日 22:21 ID:MhyaRkQt0▼このコメントに返信
竹槍で戦闘機落とそうとしてた黄色い土、人が住む国家だから負けるのも当然だわ(笑)
38.名無しさん:2018年04月21日 22:21 ID:hRViMdhi0▼このコメントに返信
※28
ハイチ革命やハイチ建国の歴史で検索してみよう
日本にまだ黒船が来る以前の話やで
39.名無しさん:2018年04月21日 22:21 ID:4hK8E.Vz0▼このコメントに返信
◆ 大日本帝国陸軍の推奨する 関東軍特種演習をやっておけば 太平洋戦争なんてしなくてよかったんだよ

大日本帝国海軍 バカすぎだろ
40.名無しさん:2018年04月21日 22:22 ID:.lUcPYZm0▼このコメントに返信
※34
まぁ今日本が中国北朝鮮相手に折れたらどうなるかで考えれば分かりやすいし例えば安部首相が退陣するまであること無い事問題にして国会を空転させる勢力は倒閣が成るまでそれをやめないだろう、和平に際し折れるというのは折れ合う事が無ければ成立しない
一方的に折れるのは実力行使に及ぶまでもなく負けただけになるのな
41.名無しさん:2018年04月21日 22:23 ID:1knsqCYs0▼このコメントに返信
開戦前に「金融と経済運営で負けを食らってる」のはその通り。
というか、戦争を回避しても「別の手段で詰まされる」立ち位置ではあったぞ。
当時あった経済圏の中で最弱だったのだから、より強い陣営からの標的になるのは確実だったな。
42.名無しさん:2018年04月21日 22:24 ID:L7.6qJes0▼このコメントに返信
※29
当時の日本の仮想敵国はアメリカとソ連だから敵認定してるの当たり前だよ
軍部の考えてた最大の悪手はアメリカとソ連の両方を敵に回すことだから
今からすればアホらしいことだが開戦当時は戦うのはアメリカとイギリスだけでソ連とは不可侵条約結んでるから何とかなると思ってた連中がいたのも事実
43.名無しさん:2018年04月21日 22:25 ID:rVEakaWF0▼このコメントに返信
???「やる前から負ける事考える馬鹿がいるかよ」
44.名無しさん:2018年04月21日 22:27 ID:.lUcPYZm0▼このコメントに返信
※37
民兵の槍装備は普通だな
英でも本土決戦に対応した民兵の組織にあたって槍を装備してる
調達や簡易な教練と防衛意識の醸成に優れている為だ

ハンパな知識と印象論だけを脳内で飛躍させて極論を語るレベルの低知能土、人が多い為支配層のエリートの苦労が絶えないのはまさに事実だろう
45.名無しさん:2018年04月21日 22:31 ID:N1A1p13.0▼このコメントに返信
実際あの状況でイワン裏切ったナッチはアホやと思う
いくら嫌いかて取り敢えずイギリス片付けて戦勝してから裏切れや
46.名無しさん:2018年04月21日 22:32 ID:97vZH7Hl0▼このコメントに返信
※19
当時も今もアメリカは徴兵制があるし、兵役逃れが問題になってたっていう事実を無視してる!
こいつバカだ!
47.名無しさん:2018年04月21日 22:36 ID:XsF1whJC0▼このコメントに返信
>石油が欲しいからと言って戦争する馬鹿があるか

アメリカ>利権欲しいんじゃ
48.名無しさん:2018年04月21日 22:38 ID:rQ.q7Q9f0▼このコメントに返信
むしろ世論が軍人の背中押してただろ。軍部政府の情報操作と相まって日本人は相当思い上がってた。
49.名無しさん:2018年04月21日 22:41 ID:t9Evdlwf0▼このコメントに返信
第一次大戦からの流れも ふまえて語らないと
日米開戦までの経緯が伝わらんがな
50.名無しさん:2018年04月21日 22:43 ID:.lUcPYZm0▼このコメントに返信
※48
それも三国干渉の頃のからの話でメディア論も巻き込む必要がある
51.名無しさん:2018年04月21日 22:46 ID:uffu8M250▼このコメントに返信
ブックスマートである高学歴が支配した昭和とストリートスマートが支配した明治の違い!
点数で昇格を決めていた日本軍の指揮官と変人でも戦時には指揮官にした米軍の差!
52.名無しさん:2018年04月21日 22:51 ID:6nRKhF0q0▼このコメントに返信
> 我慢を知らない昭和の軍人

違うよ。官僚主義だ。責任感がなく、
自分が属する派閥利益と保身だけを意識して行動する
官僚化した軍人や外交官が日本を滅ぼした。
その呪いは未だ生き残ってるというか復活してきたぞ。
53.名無しさん:2018年04月21日 22:56 ID:q3UsRKz.0▼このコメントに返信
※44
英国のホームガードパイクだね、まぁドーバー対岸のフランスまで制圧されてマジでギリギリだったから間に合わせ、ありあわせの装備は仕方ない
日本は…太平洋の向こう側の国と本土決戦になりかねない時点でもう負け確だから諦めろよとは思う
54.名無しさん:2018年04月21日 22:59 ID:UQfZUSrn0▼このコメントに返信
帝国主義を終わらせたのは日本が戦ったからだろ
55.名無しさん:2018年04月21日 23:02 ID:L7.6qJes0▼このコメントに返信
※44
いやもともとは国民一人につき銃を一丁持たせる予定だったのよ
でも物資が極限まで欠乏して仕方ないから竹槍つかっただけで
そのことを報告で聴いた昭和天皇があまりの惨状に愕然として終戦工作を急がせるようにしたから全く無駄ではなかったと思いたいが
56.名無しさん:2018年04月21日 23:09 ID:r8dENCeZ0▼このコメントに返信
>>竹槍で戦闘機落とそうとしてた黄色い土、人が住む国家だから負けるのも当然だわ(笑)

我が帝国領土だったおまエラもその土人やんけw
57.名無しさん:2018年04月21日 23:09 ID:Z46FAnDJ0▼このコメントに返信
アメリカはフィリピンに独立約束してて、戦後もオランダに圧力かけてインドネシアの統治諦めさせてんだよなあ
ホントに争うより協力すべき相手だったんだわ
58.名無しさん:2018年04月21日 23:12 ID:EpD0NFEc0▼このコメントに返信
※55
一般家庭から鉄は臨時徴収されていただろ
あと、陛下が幸福を決意した一番の根拠はソ連の北海道侵攻が明白になったからだよ
59.名無しさん:2018年04月21日 23:12 ID:Bzq6zmAB0▼このコメントに返信
しょせん白人の手のひらで踊らされていただけw
油止められて結局戦争回避もできなかった
そんだけ黄色人種は劣等民族ですw
60.名無しさん:2018年04月21日 23:14 ID:EpD0NFEc0▼このコメントに返信
※59
特定アジア人乙
61.名無しさん:2018年04月21日 23:15 ID:Bzq6zmAB0▼このコメントに返信
戦争しかけて日本すごいとかいってるけど
そのせいで今日本は在日だらけですw
戦勝国ニダw
62.名無しさん:2018年04月21日 23:16 ID:4MRrYUcZ0▼このコメントに返信
わたしはよくやってくれたと思います。最悪は日韓併合だ。
63.名無しさん:2018年04月21日 23:17 ID:26Z6o2PI0▼このコメントに返信
お前らが根本的に勘違いしてる事は、自分の価値を過剰に過大評価しすぎって事だな。
まず自分らを犬に劣るレベルとしてから喋ってくれないかな?
一応曲がりなりにも自国民に飢え死にしようがどーでもいいっていうか窮地に立たせてそこからさらに騙して絞り取ろうとかする連中が、物言う家畜としてみてる有色人種をまともに相手するわきゃねーだろうが。

その程度の知能だからチョウセンヒトモドキごときにいまだにのっとられたままなんだよ、流行語大賞の日本シネってたまに口ずさんでるかー?
64.名無しさん:2018年04月21日 23:18 ID:EpD0NFEc0▼このコメントに返信
※57
戦前にその概念の説明は難しいだろうなぁ
それやったらイギリスが本気で反発するだろう
ジャポニズムをうまく活用できたらよかったんだろうがどう考えても難しい
65.名無しさん:2018年04月21日 23:20 ID:u4iul2vF0▼このコメントに返信
※58
結局あまり使われなかった模様

よく言われる、アルミの不足も非現実な生産計画では不足するというだけで実際には足りていた
終戦時、工場には使われなかったアルミ資材が大量に残っていたという
66.名無しさん:2018年04月21日 23:28 ID:L7.6qJes0▼このコメントに返信
※58
降伏と終戦工作は違う
すでに開戦した段階で参謀本部には戦争をどう終結するかを考える戦争指導課が出来てたし木戸や近衛といった宮中勢力も水面下で動いてたみたいだし
少なくとも国内の物資の欠乏に昭和天皇が相当ショックを受けたのは間違いないよ
67.名無しさん:2018年04月21日 23:31 ID:Mig9rplE0▼このコメントに返信
※44
コーストガードの槍装備は日本の竹槍扱いで、連中にとってもプゲラネタなんだけどな
68.名無しさん:2018年04月21日 23:33 ID:.lUcPYZm0▼このコメントに返信
※65
被災地の体育館で物資山積みで腐らせる地域があっても被災地域で物資が欠乏してるのと同じで
必要なものを必要な所に必要なだけ完全確実に配分されてみたいに考えてる規模とスケールのリアリティが無い人にどうやって話せば理解されるのか悩ましいが
69.名無しさん:2018年04月21日 23:37 ID:.lUcPYZm0▼このコメントに返信
※67
後退局面におけるリアリティの話だから後世に笑い話になっている事とは関係が無いという事をこのスレの流れでも読み取れないと取り付く島が無い
何が足りない人間だとこうなるのかは興味がある、知識か想像力か偏差値か、単なる個体差に拠するものか・・・
70.名無しさん:2018年04月21日 23:46 ID:wXqdA3Jo0▼このコメントに返信
※68
その辺のデポの概念も戦後にアメリカから取り入れてるしな
日本が精密機器に強いイメージ持ってるのが多いが、それも戦後にアメリカに納品するさいに製品基準を満たすために必死になった結果
戦中は技術だけでなく精度もアメリカに負けまくってたのにな

どうあがいても国力も地力も違い過ぎて話にならん
71.あ~:2018年04月21日 23:57 ID:ofdQ81380▼このコメントに返信
 結局、国を挙げての喧嘩は勝てる見込みがないと・・・なのかな?
でも、日露戦争のようにある程度の勝利と共に、日米和解狙ってたらしいけれど、運命のミッドウェー海戦で惨敗。
あんとき 偵察機が雲に隠れた敵空母団見逃したらしい、日本は レーダーシステム バカにしてたらしいから。
せめて、偵察機を倍に増やして反復偵察してたら、勝てたかな? あんときの英雄は、国の為に死んでった人達と、
 自艦空母と共に自決した 山口多聞艦長 かな?  😢
72.名無しさん:2018年04月22日 00:17 ID:JrWfiVkZ0▼このコメントに返信
いつかやってくる米国内戦でズタボロになった後日本国は無償で再建するよ。欲深い国は内戦不可避、バランス取れなくなったら必ず来る核廃棄に動かなかった後悔する日はそう遠くないよ。
73.名無しさん:2018年04月22日 00:25 ID:1MyDtChR0▼このコメントに返信
※71
艦とともに散ったのは山口「提督」だけじゃないけどな。
加賀の岡田艦長、飛龍の加来艦長、蒼龍の柳本艦長と、各空母の艦長はみんな運命をともにしてる。
岡田艦長と加来艦長は航空畑出身の航空屋で、柳本艦長はコメント通りのレーダー推進者で、先見性のある有能軍人が軒並み亡くなったんだよね。

赤城の青木艦長は無理矢理連れ出されて生還したが、敗北を糧にすることすら許されず、スケープゴートにされたが。
74.名無しさん:2018年04月22日 00:30 ID:1MyDtChR0▼このコメントに返信
鉄とかの供出が言われているけど、それ以外にも学徒動員が遅すぎた。
アメリカは開戦直前には若者を動員して育成していたけど、日本はソロモンの消耗戦でベテランが居なくなってから慌てて動員かけたけど、指導者は足りないし、練習時間は足りないしで、マリアナとかでボロ負けした。

ドリフターズに出てる菅野直みたいな天才は簡単には出てこないんだよね。
75.名無しさん:2018年04月22日 00:57 ID:V8hYTOQa0▼このコメントに返信
戦争屋は好戦的な国民が大好物
日本人は戦争大好き民族だからいい客だった(下手だけど)
せっせと働いて狂ったように富を武器に変えていった
しかも意外とノリが良いところがあって煽ったらアジアで大暴れしてくれた
戦後は日本軍を解散させて日本人部隊を創設
狂犬が一瞬でアメリカの番犬に
こんなに都合がいい存在がこの世に存在していいのだろうか
もちろん温存しておいた朝鮮を分断して代理戦争で儲けるのも忘れない
予想以上に儲かった上に日本兵まで手に入れてしまった
煽ればまた大暴れしてくれるかな?
76.名無しさん:2018年04月22日 01:00 ID:4urIAfDp0▼このコメントに返信
攻撃目標を完全に間違った結果、敗戦。では何が正解だったか?あの時代戦争は正しい外交だったが軍が政治に関与したために、目標を間違った。
正解はソ連の極東を攻めるべきだった。これは勝敗の如何ではなく、英米の信頼を得るためだった。米国が石油を、またすべて禁輸した。それっと云う短絡的に考え真珠湾を攻撃した。米国の本当の力を測りきれなかった。ハルノートに有るように日本がソ連を攻撃するときは米国協力を惜しまないと書いてある。それは真実だろう。当時ソ連共産主義は英米の敵だった。英国でさえ日本が極東アジアでソ連の南下を食い止めてもらいたかった。それは英国が中国に利権を持っていたからだ。英米日は共通の敵ソ連を抑えたかった。だから大戦初期のドイツがソ連を攻めることには米国は賛成の気持ちが有った。松岡の外交が頓珍漢で日独防共協定を結んだ その足で日ソ不可侵条約まで行ってしまった。その上真珠湾だから敗戦は歴史上お約束だった。ソ連を攻めて勝たなくてもよかった。ドイツが交戦していたので適当にいじめているだけで石油は米国から届けてくれただろう。戦術はあっても戦略が無いのが日本の外交だ。今でもその流れが有るが、歴代の中では安倍はいい方だ。戦略とは穴を掘って だましだましその方向に相手を導くことで、戦国時代の日本は優秀だった。
77.名無しさん:2018年04月22日 01:07 ID:Co62HxAH0▼このコメントに返信
アホだからね
勝てない相手は論外、互角でもダメ、必勝の時は考えるくらいなのに、
止められないんだ、上はクルクルパーばかりで
78.名無しさん:2018年04月22日 01:12 ID:Co62HxAH0▼このコメントに返信
山本五十六(大バカ)←アメリカに速やかに打撃を与えて早期講和をめざす
アメリカ留学や駐在してたくせに何を見て来たんだこのバカは
アメリカは世論や大統領の公約的に手を出されない限り動けないことすら見抜けない
当然英米可分論に賭けるべきだろ
79.名無しさん:2018年04月22日 01:31 ID:3HWjb19q0▼このコメントに返信
※29
「アジア人のアジア」というのは戦前の右翼(戦後の右翼と別物)がずっと言っていたスローガン。政治的には主流をなした欧米協調派(これも細かく見るとどの国に付くかで分かれる)に対して、傍流だったが515で暗殺された犬養毅のように首相に上り詰めた者もいる。誤解を恐れずに言えば、幕末の開国派と攘夷派、明治の富国と強兵の対立がずっと底流にあり、英米との開戦を前に協調派の政策が無効となり、大アジア主義がどっかと前に出てきたといえる。
80.名無しさん:2018年04月22日 01:35 ID:JMXrdQj90▼このコメントに返信
※77
負けてしまえばどんな逸材でも無能呼ばわりする楽な仕事だなニートは
どんな時代でも先が見える超人なんていないのに後から批判するだけのバカはまるで正解が当たり前にわかるものだと思い込んでやがる
お前みたいなバカしかいないのなら人材の面では明らかに戦前より劣ってるわ
81.名無しさん:2018年04月22日 01:36 ID:UfrWFB9O0▼このコメントに返信
今でも資源さえあれば世界一になれると思うけど。
82.名無しさん:2018年04月22日 02:03 ID:HcZypIW60▼このコメントに返信
2050年には中国の属国になれる。
83.名無しさん:2018年04月22日 02:33 ID:idlhWe.h0▼このコメントに返信
米80
逸材でも結果を出さなければ意味ないんだよ。底脳はそんなことも理解出来ないのか。小学生でも分かることだぞ。お前みたいな頭の悪い人間ってホントに存在してるんだな(笑)
84.名無しさん:2018年04月22日 02:49 ID:vNa5Obpc0▼このコメントに返信
※65
資材があってもそれを加工する機械も加工する職人も無く、よしんば加工出来たとしても戦地に送る手段も無いってんだからどうしようもないよねえ
85.名無しさん:2018年04月22日 03:00 ID:bYI6.ZGl0▼このコメントに返信
「日本のおかげで植民地が解放された」って誇らしげに言う人多いけど、それが事実として他の国を植民地支配から解放する為に自分とこの国民を死なせまくって色んな国から賠償金取られて数十年後の国民にまで迷惑かける国とか終わってると思うんだけど…
86.名無しさん:2018年04月22日 03:19 ID:YsksHMgu0▼このコメントに返信
>>アメリカ相手に戦争挑んだ日本wwwwww

ここに草を生やしている時点で中韓人がスレ主
87.名無しさん:2018年04月22日 03:30 ID:Ti61AVZ80▼このコメントに返信
※29
>>「日本はアジアの盟主だから、アジアから白人を追い出し植民地支配を止めさせる」

欧州でフランスが敗北したので空隙となった東アジア植民地を日本の手で火事泥しようぜって話
アメリカを敵に回さずにそれをやろうとして、その第一歩が昭和16年2月の北部仏印進駐
なお

88.名無しさん:2018年04月22日 04:03 ID:ulehDTQS0▼このコメントに返信
>アメリカ相手って アメリカが今みたいな超大国の地位になったのは戦後だぞ
>戦前までのアメリカみたいな超大国はイギリス
アメリカはWW2の最中に軍事力が一気に強化されたって感じのようだな
もともと軍事費割合が少ない国だった
89.名無しさん:2018年04月22日 04:57 ID:EUbqbSL90▼このコメントに返信
※2

実は八紘一宇は夢でもなくてな、アメリカも一度、乗っかってきた事があるんだよ。16年4月の日米交渉の諒介案で、

「両国政府は各国並びに各人種は相依りて八紘一宇をなし、等しく権利を享有し、相互に利益はこれを平和的方法により調節し、精神的並びに物質的の福祉を追求し之を自ら擁護すると共に、之を破壊せざるべき責任を容認することは両国政府の伝統的確信なることを声明する」

との文言を入れさせている。この合意はハル自身が主導してたからね、アメリカ政府は賛同していたと考えていい。また反植民地主義はルーズベルトの民主党的志向とも一致するし、ちょうどフィリピンを独立させようとしていた立場からも、日米両国には都合のいい理想になり得た。

しかも諒介案は同時に満州国の承認も入っていたからね。アホ左翼がいつも言い出すような、「日本も朝鮮や満州で植民地支配を~」、という考えを、少なくともアメリカ政府はしていなかった証拠でもある。

親独反米で頭がおかしくなってた松岡がこの合意を潰さなければ、今頃八紘一宇が国連憲章の1ページ目に書かれてたかもね
90.名無しさん:2018年04月22日 05:27 ID:EUbqbSL90▼このコメントに返信
※12

昭和の軍人の質の問題だけど、考える度に○塚家具のお家騒動思い出すんだよね。創業者と二代目の相剋とでもいうかな。

明治からの元勲世代の特徴は、
1薩摩長州閥で2英米派で3国際法と国際協調重視で4国民軍志向で5政治主導&軍はあくまで従
だった。

コンプレックスから昭和軍人はこれを追い抜こうとして、全て逆張りしたんじゃないかな。つまり
1東北出身多数で2親独派で3社会主義統制経済信奉かつ大アジア主義で4皇軍という用語を多用するほど権威主義化して5統帥権振りかざして、能力も無いのに政治に口出しする
という惨状になった。そして政治にかまけているうちに軍事能力も最低点の人間が上層部に集まった。

実は政治家も外務省も同じで、西園寺の自由主義の反動が近衛の社会主義に堕ち、陸奥小村の交渉能力が幣原松岡の英語能力、というおぞましいダウングレードになった。

ま、それでも、日本軍人は、現場ではまだまだ素晴らしい人材を持っていたけどね。硫黄島の栗林中将なんか見ればわかる。
91.エンアカーシャ:2018年04月22日 05:56 ID:oMarf.fD0▼このコメントに返信
日本以下の存在である、大韓帝国は、すでに滅亡している w w w w w w (笑)。
92.名無しさん:2018年04月22日 06:08 ID:nkUJTJD90▼このコメントに返信
日本は、戦争には負けましたが、目的は達成しました。それは、アジア救済の奇跡です。わが身を顧みずにこの聖業をなしとげました。
英霊の皆様ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
93.名無しさん:2018年04月22日 06:13 ID:Y8I5vO5L0▼このコメントに返信
※85
うーん、日露戦争では勝っても借金の山で返済まで80年以上かかりましたけど。
経済的な負担能力が無いまま戦争を起こせば、どのみち後世に影響してしまうんですよ。
それに賠償をすることは戦後処理のルールの一つであって「悪の証明」でも何でもありません。

当時の日本の政策の最大のミスを言うなら、経済と国際金融で敗北していたのに状況と要因を
十分理解しないまま、軍事的な打開策に期待しすぎた点でしょうか。
それでいて結果論として、欧米が緩やかに手を引き始めていた植民地主義の解体を加速する役割を
しちゃってるんですけどね。
一方で日本自身がやりたくてもできなかった「経済構造の改革(地主層の解体)」は連合国によって
実施されたことになります。
94.名無しさん:2018年04月22日 06:36 ID:Y8I5vO5L0▼このコメントに返信
※88
経済から見ると当時のアメリカのポジションと行動が特殊すぎるのですよ。
WW1で大きく得た利益を「過剰なまでの生産力投資」に振り向け、結果として「恐慌の引き金」をひきつつ、
金融では「アメリカに金が集まる高金利政策」を選び、その結果として「世界の金利競争とデフレの蔓延」を引き起こした。
つまりWW2の要因をほとんど「悪意などなく」作り出してるんです。

アメリカの過剰投資による生産力が消費とバランスしたのは、有名なニューディール政策などではなく、
「戦争経済と復興投資」をはじめてからです。
戦後の世界経済は英国×米国の闘争の結果として「ブレトン・ウッズ体制」が生まれ、
それを足場に「日本が経済大国化」してるんですよね。

軍事要因だけでアメリカは超大国化していません。経済面での立ち回りがなかったら、単なる暴力国家で終わったでしょう。
95.名無しさん:2018年04月22日 06:47 ID:cSnmIiGD0▼このコメントに返信
結果オーライやったよねー
96.名無しさん:2018年04月22日 06:48 ID:Ti61AVZ80▼このコメントに返信
※90
大アジア主義は幕末からありますやん
満州の植民地も、薩長政権時代の台湾統治がベースなわけで
97.名無しさん:2018年04月22日 07:14 ID:EUbqbSL90▼このコメントに返信
※96

思想が存在する事と、実行する事の意味は全然違うからね~。例えば中国大陸での様々な問題が噴出したのは、日本の外務省と軍人が中国政府と軍閥の無法行為を大アジア主義でごまかして免罪し続けた事が逆にシナ人の侮日排日を加速させた。明治の人間は、哀れな清とシナ人に同情はしても国際法をちゃんと守らない彼等の責任はちゃんと押さえてたからね
98.名無しさん:2018年04月22日 07:31 ID:1TSHWtDn0▼このコメントに返信
結果、アジアの問題を米国に押し付けることに成功。
99.名無しさん:2018年04月22日 08:01 ID:EUbqbSL90▼このコメントに返信
※94

アメリカは民主党政権(日本の、を想像)かい、とツッコミを入れたら、確かに民主党政権(アメリカ)でした。(つまらない冗談すいませんね)

アメリカの大恐慌が過剰生産能力から来るというのは解りやすい事実なんすよね。実は戦争の後の国に共通で起こる事ですから。そしてニューディール政策が実は失敗だという議論はよくあるんですけど、「何故長引いたのか」と「どうやって脱出出来たのか」の話はあまり出ませんね。

ルーズベルトは、ご承知の通り経済オンチで、大統領三選で反ニューディールのウィルキーと戦わず、またレンドリースと開戦が無ければアメリカ経済はさらに数年苦しんだでしょうな。

そしてもう一つ忘れてはいけないのは、アメリカは今も昔も内需大国であったとは言え、日本が大切な貿易相手だった事だね。他方、中国にはほとんど興味がない。購買能力と治安の良さで雲泥の差があるから当然だけど。そして、米国はシナ事変でも日本に何もしなかった。出来なかった、というべきかも知れない。

日本も濱口内閣のデフレ政策とか、中国大陸での在華紡の過剰投資熱とか、今から見れば自殺行為みたいなことを色々してますがね。とは言え、シナ事変で統制経済に移行さえしなければ、それ以前の高成長率を維持できたでしょう。

日米両国は戦争経済の成功例と失敗例の良い見本といえるかも知れない。
100.ハインフェッツ:2018年04月22日 11:20 ID:a1udV0rG0▼このコメントに返信
砕氷船理論と尾崎秀美知ってたら、背後で何者が動いてたかなんてバレバレ。

共産党とその末裔は文字通り全ての日本人にとって親の仇なんですよ。
101.名無しさん:2018年04月22日 14:04 ID:yk0LwG020▼このコメントに返信
 無謀と言えば無謀だけど
2009年に民主党に政権もたせるよりは遥かに現実的というか部のある手法だったけどね…
 当時の植民地主義だから、ただ死すか最後の最後に抵抗してから死ぬかの二択で後者を選んだ

まぁそれ以前に1910年代からのアメリカの動きを正確に読みっとて外交で対策してればそこまで追い込まれる事自体が無かったろうけど
102.名無しさん:2018年04月22日 17:52 ID:vwTYT54s0▼このコメントに返信
無謀だとしても
有色人種がアメリカと3年間全面戦争したという事実があるだけで
後世の国民にとって
そこから得られる利益ははかりしれないだろ
なによりむちゃくちゃ誇らしいわ
103.名無しさん:2018年04月22日 17:57 ID:YOfzWrSD0▼このコメントに返信
おかげでアジア諸国の独立と、現在の平和と繁栄があるんだよ
白人が有色人種を支配する時代を終わらせたのは間違いなく俺たちの祖父達だ

あとは後の世代の俺たちがじっちゃん達の名誉を取り戻すだけだ
104.名無しさん:2018年04月22日 18:12 ID:YOfzWrSD0▼このコメントに返信
日本の選択は正しかった
以前は俺も、当時のアメリカと満州鉄道の利益を分け合って共同で共産勢力と戦うのが最善だったのではと考えてたのよ
でもその場合、矢面に立って戦うのが我々日本人で、アメリカは後方から軍事支援することになる。それはつまり満州で第一次大戦のヨーロッパ戦線や朝鮮戦争のような泥沼の地上戦が展開されることになり、その死傷者は先の大戦をはるかに上回ることになるだろうと気づいたのよ
もちろん、アジア諸国の独立も無く、現在も欧米諸国によるアジア支配が続いてる可能性が高い

そう考えると、アジア諸国を解放した後、共産圏との戦いをアメリカに押し付けて経済発展に注力することに成功した日本の選択はベストではないにしろかなりベターだったと思っている
105.名無しさん:2018年04月22日 18:18 ID:TtNJOou00▼このコメントに返信
戦前の戦力さだけで言うと日露戦争よりもずっとマシな条件なんだよなあ
戦争の落としどころが無かったのが問題
当時アメリカに介入して講和出来たように今度はソ連に頼んだが相手が悪かった
106.名無しさん:2018年04月22日 19:50 ID:bVj8VF3h0▼このコメントに返信
日清日露WW1までは外交や調略が優れており上手く立ち回れていたので勝てた。
WW2でアメリカを敵に回してしまったのは蒋介石によるロビー活動にやられたことも大きい。
のどかな農業国の中国に侵略する覇権主義の悪の枢軸国日本というイメージがしっかりアメリカに定着してしまっていた。
アメリカは日本を叩きのめして占領統治した時に違和感を感じ、朝鮮動乱勃発に至ってそれは確信に変わった。
日本が何故アレほど満州に執着したのか理解した。自分たちは戦う相手を間違えていた事を思い知った。

お名前