2018年04月19日 19:05

ワイ、調べれば調べるほど日本がなんで戦争を始めたのか分からない

ワイ、調べれば調べるほど日本がなんで戦争を始めたのか分からない

03

引用元:ワイ、調べれば調べるほど日本がなんで戦争を始めたのか分からない
http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1523118342/

1: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:25:42.20 ID:lluKWA2e0
気づいたら世界のほとんどが敵になっとる

2: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:26:35.81 ID:lluKWA2e0
特に国民党と戦ってるのが意味不明
蒋介石は反共で知日家やぞ

3: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:27:11.75 ID:Yk7rTZ500
当時は有色人種で唯一の先進国やったからかなりの異端者やったんやろ
色んな国から目の敵にされてた

10: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:28:17.25 ID:lluKWA2e0
>>3
そらそうやろうけどだったらなんで中国と戦争してんねん
大東亜共栄圏のために協力せーや

19: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:31:10.76 ID:4eEkNA1ip
>>10
中国は中国で下に見とった日本が偉そうにしてて気にくわんかったんや
白人には支配されてしゃーないけど同じアジア人の日本人に支配されるのは我慢できなかった

27: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:33:18.21 ID:lluKWA2e0
>>19
孫文の頃はむしろ日中って協力し合ってたやん
蒋介石も満州までは別にええかって感じやなかったか

36: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:35:28.50 ID:gpfrdtK20
>>27
張作霖爆殺したら子供がキレて蒋介石拉致って説得()したんちゃうん?

54: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:38:39.58 ID:lluKWA2e0
>>36
張学良やな
蒋介石は西安事件の前後で180度態度が変わってて謎すぎるわ

4: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:27:17.41 ID:lluKWA2e0
アメリカと戦争する理由も分からない

8: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:27:51.60 ID:FPrvUpMn0
日中戦争←わかる
日米開戦←いかんでしょ

15: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:29:49.23 ID:lluKWA2e0
>>8
日中戦争も南京陥落以後はなにがしたかったんか分からん

11: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:28:26.74 ID:hbL6fAP70
地理的に攻められるのは不得意やけど攻めるのは得意やったから
あとワシントン条約破棄のせいで軍事力の差が取り返せんとこまで広がる前に先制攻撃して陣取って講和に持ち込む魂胆やったから

20: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:31:11.29 ID:lluKWA2e0
>>11
まあ開戦時に自国まで攻められると想定してた奴はおらんのやろな国土防衛の杜撰さ見とると
ワシントン条約破棄したのはなんでやっけ

50: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:38:06.42 ID:hbL6fAP70
>>20
10対6だといざ攻められた時防衛出来んから7くれって言ったけどOK出んかったから破棄した
破棄したからどんどん作って10対10にしようと思ったけどアメリカが本気で作り始めたら10対10どころかどんどん差が開いて条約の10対6すら下回り始めたから焦り始めたんや

60: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:39:59.87 ID:lluKWA2e0
>>50
10対6でも国力差考えたら大幅譲歩やろ
あほなん

61: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:40:02.42 ID:4h3RpC8E0
>>50
あれは日本を縛るものではなく、アメリカを縛ってるものだったのが分からんかったやつが多かったのが、残念やね

16: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:30:00.04 ID:vZiDREQa0
原油確保のために南に進軍したのにすぐ枯渇したの何でなん

23: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:32:13.46 ID:lluKWA2e0
>>16
ジャワ占領後はそれなりに確保できてたはずやで
劣勢なって輸送遮断されると枯渇したけど

34: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:35:17.25 ID:vZiDREQa0
>>23
そもそも山本五十六が持って2年みたいなこと近衛か誰かに言ってたよな
統帥権含めて手足が勝手に動いてるもんちゃうか

47: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:37:36.86 ID:lluKWA2e0
>>34
暗に勝てないって言ってるようなもんやん
そこでやめとけや

63: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:40:16.79 ID:vZiDREQa0
>>47
後世から見たら正しくても当時正論言ったら国賊みたいな扱いになるだろな
陸軍の演習で日本負けても無理やり勝ちにしとったらしいしな

22: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:32:06.94 ID:jIPVfTSR0
石油

25: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:32:23.70 ID:7cX/hwwta
党利党略と軍の利害が一致したからやで
統帥権干犯問題とか

32: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:34:31.72 ID:lluKWA2e0
>>25
統帥権干犯問題みるとやっぱ政治家ってクソだわってなるよな

40: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:35:54.76 ID:7cX/hwwta
>>32
今も昔もやってること変わらんな

28: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:33:24.73 ID:fyLK/+5P0
当時の感覚で見らなあかんで
現代の間隔ではなく

37: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:35:32.18 ID:lluKWA2e0
>>28
当時の感覚でも割とアメリカに勝てるとは思ってなかったっぽいんだよなあ皆

48: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:37:51.68 ID:H3dFDsP60
>>37
研究所で試算して負けることになってたよな

33: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:34:38.47 ID:0bbXp0o40
国民が望んだからやで

35: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:35:18.63 ID:7cX/hwwta
明治以降生まれの国民は強い日本しか知らんから好戦論者が多かった
マスコミが煽った
それに野党と軍部が乗っかった

38: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:35:37.10 ID:HF7yVvo+0
日本人だし空気でしょ

41: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:36:05.65 ID:i3FUM2xa0
戦争回避だけを目的に動いてたら大日本帝国はどうなってたんやろな
敗戦後は米国と手を組んで成長したし
対米戦争は回避しまくっても良かったかもな

42: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:36:11.00 ID:0bbXp0o40
貧富の格差が酷かったからやろ

45: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:37:07.83 ID:D77wmv5n0
自分たちの利益だけを優先した結果、制裁として燃料や資源のルートを止められ困窮したところで日米開戦だぞ

55: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:38:51.07 ID:NEaqI2q50
>>45
みんなもしてたしワイも!の精神やろ
メチャクチャやってたけど欧米も大概やったしあの行動はある意味当然

46: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:37:35.72 ID:0ZfetAqY0
結局ブリカスが悪い

51: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:38:26.91 ID:Xjz8cyHUa
恐慌を乗りきるには戦争しかなかった

53: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:38:36.78 ID:BStrIXQD0
米「あー戦争起こして儲けたいな、せや!」

57: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:38:53.91 ID:9Dr2FLdRd
世界恐慌

ブロック経済

日本「貿易できんしワイも植民地増やすで」

英米「ダメです」

こんな感じやで

59: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:39:17.61 ID:hLAwf72+0
中国と始めたのは関東軍やろ
アメリカと始めたのはハルノートを押し付けられたからでその原因はナメきった対外政策や
三国同盟とか殺されにいくようなもんやな

62: 風吹けば名無し 2018/04/08(日) 01:40:10.95 ID:lJcWSIqsa
朝鮮と台湾で我慢しとけば良かったんや

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年04月19日 19:08 ID:vavQWKbT0▼このコメントに返信
いつの時代も戦争したくて仕方ない奴がいるんだよ
戦争になればバカなのに威張り腐れる奴が
2.名無しさん:2018年04月19日 19:16 ID:gKtvx0kt0▼このコメントに返信
この問題は今だまともな学説が定説になってないんだから分からないのも当然。
個人的には、米国絶対正義が全ての議論の大前提になってしまう現代の国際社会では
まともな学説が出てこなくなるのも仕方がないと思うけどね。
3.名無しさん:2018年04月19日 19:17 ID:TbDY4Kis0▼このコメントに返信
A:おいJ そこはお前の席やないって言うとるやろ どけや
K in J:(おい また あいつ 言うてきてるぞ うっとしいの いっぺんシバィたれや!)
J:な な な 何言ってんねん そ そこ お 俺が長いことかかって確保したんやぞ
A:ん なんや くちごたえするんか ええ根性しとるやんけ
K in J:(勝手なことばっか 言いやがって シバケシバケ イテモタレや!)
J:く く くちごたえって な なんや ちゃんと説明したやないか
A:何をガタガタ言うとるんじゃ どかんかいボケ! よし 3っつ数える間だけ 待っといたる はい さーん にー いー
K in J:(一発カマシたれ! 痛い目に合わしたら Aも ちょっとは静かになるて)
J:わ わ わ わーーーー! コンチクショーーー!
@@@@@@@  数十秒後   @@@@@@@@@@@@@@@@@@ 
A:降参するか? それとも もっとか? どや!
J:ててててて… かか か か 堪忍してぇな な 何でも言うこと聞くよって…

結果的に 鮮日勢力(K in J)大勝利

あとはもう 世界中 ギユリちゃん キム八ヌルちゃんの 髪型以外は 思うがままである
4.名無しさん:2018年04月19日 19:17 ID:TbDY4Kis0▼このコメントに返信
J:いて いててててて…
A:降参するか? それとも もっとか? どや!
J:ててててて… かか か か 堪忍してぇな な 何でも言うこと聞くよって…
@@@@@@@  数カ月後   @@@@@@@@@@@
K:おいJ ちゃんと 謝れや!またワメクぞ! わーーーーーー
J:あ 謝ったやないか い い いつまで言うねん 
 あっ おっ おい そこ俺の席、 あっ おま 昨日も牛丼食わしたったやろ あっ あ
T:知らんな そんなん聞いたことない それにな ここは昔っから俺の席や
K in J:(そらそやな 結構調子のって アイツライジメたからな 
仕返しされてもしゃあないで また牛丼食わして あやまろや)
J:ウソ付けや! あっ おまえら やめろや あっ あっ 
A:おい お前ら ええかげんにせいや! おい J お前も 認めんかい! おう!
K in J:(A君に全部任せたらええねん もう 俺らが謝っといたらみんな仲良しや)
J:えっ あ…  う ん…
A君 今日もありがとう またガソリン満タンにしとくわ
  これ少ないけど取っといてw えへへへぇw
@@@@@@@@@@@@その日の夜@@@@@@@
A:おいT K もうちょっと 回数増やせや  またハンバーガー食わしたるからな
K:へっ 兄貴
T:ふん (たまには 俺にもステーキ食わせろや)
結果的に 鮮日勢力(K in J)大勝利
5.名無しさん:2018年04月19日 19:18 ID:rZO1E3PC0▼このコメントに返信
そりゃ、世論が戦争を望んだわけで。悪いのは朝日新聞。
6.名無しさん:2018年04月19日 19:21 ID:cChV2hyg0▼このコメントに返信
戦争で決着付けるという手段が今現在よりとり易い時代だったから
勝ち目の無い無謀な戦争には反対でも
勝てて尚且つ利益に繋がる戦争には賛成だった人も多いんじゃないの
7.名無しさん:2018年04月19日 19:22 ID:ZAmpywTI0▼このコメントに返信
満州国の熱狂を知らないと、なかなかあの戦争の真実にはたどり着かない。
満州国は日本の傀儡国家だと思われているが、実態は違う。日本が満州国のための捨て石にされていた。
満州国の安全のために、日本は三国同盟にも関わらずソ連と戦争をせず。
満州国のために中国と戦い、挙げ句の果てには満州国利権を要求したアメリカに奇襲攻撃まで仕掛けた。
全ては満州国のため、という視点で見れば簡単にあの戦争を理解できる。
8.名無しさん:2018年04月19日 19:23 ID:lVGjBvci0▼このコメントに返信
敗戦するまでずーっとちょこちょこ戦争してたから。
9.名無しさん:2018年04月19日 19:23 ID:G9WiphBL0▼このコメントに返信
※5
と煽りに乗っかって喜ぶ奴らだな
10.名無しさん:2018年04月19日 19:28 ID:YPF325LO0▼このコメントに返信
※7
そこまでいうと極論だが現代で言えばなぜ中国にODAを続けて韓国を救済し続けてるのかという不合理と同じだからちょっと想像力あればわかりそうなもんではあるが
11.名無しさん:2018年04月19日 19:28 ID:L731QMSr0▼このコメントに返信
こういう言い方はしたくないんだけど、東郷平八郎がバルチック艦隊相手に大勝してなければ、日本は二流国家でも細々と平和でいられたんかなぁと思う。
外国を相手にした勝利の味を知ったばかりに過去の栄光にすがってしまうってのは、高度経済成長で先進国入りした今の日本人の精神性にも似通ってるようなって。
12.名無しさん:2018年04月19日 19:29 ID:TbDY4Kis0▼このコメントに返信
A:えらいミサイル準備しとるやないか!? 
 ん なに ほぼ全数やと!
 おい!シバクぞ!
カリアゲ:シバケや!やってみんかい!腐ったキムチ摺りこむぞ!
A:なにイチビッとんじゃ! ボケ!
カ:キムチ! A:ホットドッグ! カ:キムチ! A:ハンバーガー! カ:キムチ! ・・・
 空母6イージス20で取り囲む
カ:もはやこれまで ポチッ
 核ミサイル目標 : ハワイ・グアム・各空母打撃群
 東京・大阪・名古屋・沖縄・岩国・呉・佐世保・横須賀
 その他・生物化学兵器を含め ミサイル多数 同時発射
 長距離弾道ミサイルから短距離対艦対地ミサイルまで合わせて二百数十発が発射される
カ:全砲門 砲撃開始!
13.名無しさん:2018年04月19日 19:30 ID:TbDY4Kis0▼このコメントに返信
A:マジで!? 迎撃せい!
 約40パーセントのミサイルを第一段階で迎撃
その後 約30パーセントのミサイルを第二・第三段階で迎撃
残る約30パーセントを打ち漏らす
カ:全軍進撃
A:ミサイル着弾報告
 グアム・ニミッツ艦隊・東京・佐世保 壊滅!首都機能 喪失!名古屋・岩国 不発w
 
核電磁パルス攻撃で東北から九州までの各インフラ壊滅

 生物化学兵器ミサイル多数着弾 被害不明 ソウル音信不通
 なんじゃコリァーーーー!   全艦全機 撤退せい!
 こんちくしょーーーーー!!  報復核ミサイルスイッチ ポチッ
  10数発の核ミサイルがキム地に着弾
カ:沈黙
J:国内被害者は最低で数百万人規模!
 原発、稼動炉5基を含め二十数炉が制御不能!数炉でメルトダウン発生!
電力㈱in J: 想定外w 想定外w 一休みw 一休みw テヘペロw

なお ギユリちゃんと キム八ヌルちゃんは 海外旅行中で無事な模様
14.名無しさん:2018年04月19日 19:32 ID:6M4zRZfD0▼このコメントに返信
※11
二流国家で済めばいいけど最悪ロシアの植民地だし・・・
15.名無しさん:2018年04月19日 19:33 ID:3Tt1Nwz20▼このコメントに返信
今の日本もアメリカに「じゃあ引き上げるから後は自分で頑張れよ」って言われたら困るんじゃないですかね。
16.名無しさん:2018年04月19日 19:34 ID:QnHbR5JS0▼このコメントに返信
前提として大正民主主義の雰囲気は今と変わらないレベルに自由で堕落して大衆世論が強かった


社会の成熟で資本家は安い移民(半島人)ばかり使う
未開拓市場である台湾と半島に投資しまくり国内インフラ放置
国内底辺が貧困化してネトウ.ヨ化(大学は出たけれど、欠食児童、児童売.春、嫌韓嫌中)
大衆世論と一体化した政局で政治が信頼を失う
明治の元勲が死に絶えると政治がマヒ
明治軍人の方が国際バランス感覚に優れる程に政治家が極端化
軍部の若手内部で欧米派がお花畑全開で調子に乗り中韓派にマウント
半島と中国の内紛でスパ.イが日本軍の中韓派に権益バーターで擦り寄る
日本軍中韓派が半島と満州の仕事を貧民に提示して煽る(日本の生命線!)
嫌韓嫌中だった底辺ネトウ.ヨは手のひらクルリで進出マンセー!
雨カスはし.ね!と軍部の欧米派を粛清して暴走
あとは正当化するお神輿として五族協和八紘一宇をひねり出す

なお、帝国憲法でなんの実権も無いのに全ての責任を擦り付けられた天皇は戦前から一貫して親欧米派です

嫌韓嫌中ネトウ.ヨが食い詰めて主義主張を放棄したのが原因よ
17.名無しさん:2018年04月19日 19:36 ID:jfM7EEjZ0▼このコメントに返信
馬鹿は馬鹿だから馬鹿なんだなー(遠い目
)
18.名無しさん:2018年04月19日 19:37 ID:WtDCS7cx0▼このコメントに返信
※14
まぁ、独立した国を保つのは無理だよね
ロシアを面白くなく思ってた国との戦場になるかな
旅順がそうだったように
19.名無しさん:2018年04月19日 19:37 ID:dlE.Soe40▼このコメントに返信
1919のパリ講和会議で日本の提案が通ってたらまた違う未来だったろうな
まぁ白人国家が当時 人種差別撤廃案なんか受け入れるわけないけども
20.古古米:2018年04月19日 19:38 ID:rLrVuA.n0▼このコメントに返信
海軍休日が終わった後に改めて日英同盟を復活して、金剛榛名比叡霧島を大西洋に派遣して、米英間の輸送船護衛をやらせたらアメリカも日本に手を出しにくかったろうね。
21.名無しさん:2018年04月19日 19:41 ID:6M4zRZfD0▼このコメントに返信
※16
ネットも韓国と言う国もない大正時代にネトウ.ヨとか嫌韓とか
もう定義が滅茶苦茶すぎて笑うわ
22.名無しさん:2018年04月19日 19:42 ID:oWZynxj10▼このコメントに返信
なんでロシアと戦争したのに生活が豊かにならないんや!
戦争しろや戦争!戦争して日本の力見せつけろや!って煽った奴がいるんや
朝日新聞ってやつなんですけどね
23.名無しさん:2018年04月19日 19:42 ID:RHJ8fufP0▼このコメントに返信
日本人の顔が縄文時代と変わってることと関係ある??
24.名無しさん:2018年04月19日 19:44 ID:w2vSOskI0▼このコメントに返信
部分部分で偶発的な戦闘が発生して、仕方がないね、で応戦してたら戦線が拡大しまくった印象。
大きな未来図を描ける指導者を出せないような、衆愚制に近い政治制度が一番の問題だと思う。なお、現在でも改善されていない模様。
日本人はの個人意識が弱いというけれども、政治的にはむしろ強すぎると思う。匿名で投票させたらその時々の気分で大きく振れてしまう。それを煽るメディアが今も昔も最大の癌。簡単に総辞職だ選挙だ民意だと下の顔色を窺い過ぎる政治文化もね。国民の信託を受けたのだから任期満了までは職責を果たす、国民もそれを妨げるな、ぐらいのエリート意識と責任感が政治家には必要なんだが。。その辺に対する反省がなされていないのが辛い。
25.名無しさん:2018年04月19日 19:45 ID:JbNfdZlT0▼このコメントに返信
人種の問題だったらドイツと協力するのが意味不明すぎるじゃん
白人主義や優生学の本場やぞ
当時のドイツじゃスラブ人ですら差別的扱いやで


26.名無しさん:2018年04月19日 19:47 ID:aWJdv.RK0▼このコメントに返信
近衛内閣がソ連のスパイに食い込まれてたせいだな。
27.名無しさん:2018年04月19日 19:48 ID:cyZSRV.I0▼このコメントに返信
> 特に国民党と戦ってるのが意味不明

ファルケンハウゼンとシェン・ノートを調べてから家
28.名無しさん:2018年04月19日 19:49 ID:roVW0XXu0▼このコメントに返信
日露戦争で「ロシアに勝った」と喧伝したのが間違いの元
アレで日本は世界最強なのだと日本中が勘違いしてブレーキが壊れた
29.名無しさん:2018年04月19日 19:50 ID:Mxk2Nmt80▼このコメントに返信
日米とも根っこは人口増えすぎ→人減らしがしたい、だと思う
30.名無しさん:2018年04月19日 19:51 ID:viABiIGH0▼このコメントに返信
米国と戦争するように中国の策略はめられたのだよ。結果、戦争では中国が日本に勝った。
31.名無しさん:2018年04月19日 19:51 ID:ADSK1Yn20▼このコメントに返信
バカ安倍奴!
公開協議中
安倍:TPPは、日本 - 米国の最も互恵的公平の多国間貿易協定で、米国が必ずとくれたら良い失望させないだろう。
トランプ:横に置いて申し訳ないと言うがTPPのような非常に不公正な貿易協定は必要ない。それよりも、現在、米国と日本の深刻な不均衡な貿易を解消するため近々日米貿易協定をすることでしよう。

懇談会の中で
安倍:スチール関税について韓国を免除してくれたようだ、日本もパッケージには免除してくれれば、かけがえのないだろう。
トランプ:韓国は私たちと公平に貿易協定をしたため、免除を得たものである。拒絶する。

+追加文)昨日の会談の前にトランプが日本車米国の自動車市場1位、2位ハヌンゴに対して不満を10分以上あふれ出した

バカ安倍奴!
32.名無しさん:2018年04月19日 19:52 ID:eyCz.2Ej0▼このコメントに返信
みんな深く分析もせず都合の悪い事は見なかった事にして何も考えてなかった
智謀欲望渦巻く国際社会の中でノータリンな振舞いをすれば簡単に食い物にされるのさ
それかワンチャンでソ連かアメリカの陰謀
33.名無しさん:2018年04月19日 19:53 ID:6M4zRZfD0▼このコメントに返信
※31
もうちょっと日本語勉強してから書き込もうな
34.名無しさん:2018年04月19日 19:53 ID:IQQhvC1L0▼このコメントに返信
ABCD(阿部サダヲ)包囲網
35.名無しさん:2018年04月19日 19:54 ID:LKDALrqE0▼このコメントに返信
※28
伊藤博文当たりがしぬ前にマジヤバカッタでお前らええ加減にしろてブッチャケトクべきやった
36.名無しさん:2018年04月19日 19:54 ID:X7BmGsyV0▼このコメントに返信
※33
麻生財務相より、日本語を上手そうだ。
37.名無しさん:2018年04月19日 19:54 ID:H4O5ew.i0▼このコメントに返信
WW1後の大好況からの世界恐慌からの戦勝国のブロック経済が、戦争始めた原因
要は、強国の我がまま
トランプとキンペーに講義したい
38.名無しさん:2018年04月19日 19:57 ID:6M4zRZfD0▼このコメントに返信
※36
×日本語を上手そうだ
○日本語が上手そうだ

惜しい、だがスレ違いで国違いだ、帰れ
39.名無しさん:2018年04月19日 19:58 ID:.yHSzgbV0▼このコメントに返信
戦前でも結局中華に進出した企業と軍が損切り出来なかったから赤字垂れ流した挙句大損こいたんだぞ
満州以外の支那事変なんてマジで感情論以外にやる必要なかった
無制限に中華に入れ込んでその尻拭いを日本政府にさせようって輩は現代でも生き残って中華礼賛しとるよな
40.名無しさん:2018年04月19日 19:58 ID:HmIsIl5K0▼このコメントに返信
安倍奴は今、米国では、トランプに拷###問される、肛##門!
41.名無しさん:2018年04月19日 19:59 ID:LBJzOE.Y0▼このコメントに返信
無能安倍
42.名無しさん:2018年04月19日 20:00 ID:ZCaHjqbq0▼このコメントに返信
ロシアから奪った利権を守るために駐屯軍置いたらそいつらが中国軍閥の1つになって利権確保に好き放題やったというオチ。
張作霖を爆殺して張学良と天皇激怒させるわ、華北分離工作で蒋介石と対立するわでろくでもないんだよなぁ……

軍が利権目指して暴走するとどうなるかのいい見本だね。
43.名無しさん:2018年04月19日 20:02 ID:Mxk2Nmt80▼このコメントに返信
アメリカ視点で見ると、日本さえ皆殺しておけば製造業は残ったし
ずっとアメ車に乗ってステーキとハンバーガーだけ食って、それ以上の世界があると知らずにいれた

日本という最高の奴隷を得た結果、日本車、アニメとゲーム、おいしい日本食を得たが、結果、アメリカは滅んだ
多分、転生後の天国も日本製じゃないとイヤだなんて思ってる

俺が当時のアメリカ人なら容赦なくやるな
44.名無しさん:2018年04月19日 20:02 ID:uXskdxw30▼このコメントに返信
本スレ>>62
>朝鮮と台湾で我慢しとけば良かったんや

要らない子が混じってますねぇw
45.名無しさん:2018年04月19日 20:03 ID:1hcEfk8v0▼このコメントに返信
時代と世界情勢と状況がそうさせたんだろ。
極端に言えば、戦国時代になぜ戦をしたのか?と考えるのと同じ事。
46.名無しさん:2018年04月19日 20:04 ID:EivZYodM0▼このコメントに返信
※40
お前らのネット工作も最近誤字と日本語変なの多くて質下がったな 工作費削られたんか?
47.名無しさん:2018年04月19日 20:04 ID:NtBPsrge0▼このコメントに返信
全く調べてない定期w
・日清・日露で金がないのに、自らを強国と勘違いした日本は軍備増強して極貧に
・金を儲けようと満州国をつくって植民地経営しようとするも、米英の反感を買いABCD包囲網
・もはや飢え死に寸前で、しゃーないから戦争仕掛けるも、元々金ないし資源もないから敗北
簡単だろw
48.名無しさん:2018年04月19日 20:04 ID:Wkn.jHxU0▼このコメントに返信
国民党を窮地に追い込むために共産党が中国全土で反日を煽る→蒋介石は反日を叫ばざるを得なくなる
中国では昔も今も外国に対して弱腰とみられた権力者は失脚するからだ
日中が緊張→国民党軍に入り込んだ共産党のスパイが日本軍に向けて発砲(盧溝橋事件)→日中戦争
日本人はこういう歴史を知らないんだな
49.名無しさん:2018年04月19日 20:04 ID:IKLYQZCo0▼このコメントに返信
日中戦争を悪化させて泥沼化させたのは中国共産党。共産党自身が自分らの歴史で自慢げに話しているのだからそういうこと。日米戦争は、最初から最後までルーズベルトが意図的に日本を追いつめて挑発して恐喝恫喝して戦争にひきずりこんだ。中国共産党とソ連共産党を支援したのもルーズベルトとトルーマン。アメリカの歴史の中で最悪の大統領2人。この2人が、容共で反日でフリーメーソンだったのがすべての原因。ルーズベルトは「すべての日本人を島に幽閉して絶滅させてやる」と罵っており、トルーマンは「日本人はサルだ。原爆でサルを何匹%コ%ロしても%冊%人にはならない」と言い張っていた。結局、中国共産党、ソ連共産党、ルーズベルト、トルーマンに嫌悪されたのは、すべて、日本人が小柄なサルみたいな容姿のくせに強い軍事国家に急成長したことで目の敵にされたということ。えらそうにしゃしゃり出ればこういうメにあう。おとなしくしとけば、準植民地くらいで放置されていたはず。
50.名無しさん:2018年04月19日 20:05 ID:9ntmWu760▼このコメントに返信
まず、アメリカが日本に施したウォーギルトインフォメーションの洗脳を解いて、自虐史観の呪縛から
脱出してから考えよう。お前らが食わず嫌いしている、小林よしのりの「戦争論」が一番分かりやすい
から読んでみろ。
51.名無しさん:2018年04月19日 20:06 ID:5I3kBitw0▼このコメントに返信
ロシアATM、無能安倍!
アメリカのATM、無能安倍!
インドATM、無能安倍!
トルコATM、無能安倍!
日本では、不正腐敗首相、無能安倍!
52.名無しさん:2018年04月19日 20:06 ID:8dMbgt8a0▼このコメントに返信
俺が意味わからんのは何故日本はドイツと同盟を結んだか、だわ。
53.名無しさん:2018年04月19日 20:08 ID:Hi.V1EMo0▼このコメントに返信
大陸での中国との戦争はロシアが怖いのと市場が欲しいのの両方じゃね。
アメリカとの戦争は原油が絶たれたから仕方ない。
54.名無しさん:2018年04月19日 20:09 ID:evrh6Ubo0▼このコメントに返信
当時の日本人の感覚では白人対有色人種の戦いという捉え方が基本だったんでしょ
中国人については黄色人種なのに白人側に与する裏切り者って感覚だったのでは?
55.名無しさん:2018年04月19日 20:09 ID:wGFQiVDi0▼このコメントに返信
昔、米と戦争して勝てると思ってた国民は、
今、中共と戦って勝てると思ってる国民と同じくらいヴァカwww
56.名無しさん:2018年04月19日 20:09 ID:mbWEtGsk0▼このコメントに返信
秀吉が朝鮮攻めた理由とあんま変わらんよ
当時の貴族制度を担保するものが脆弱になった所を軍部につけこまれた
今でも政治家が地位に担保を求める悪癖は変わってない
まあ別にこれは日本だけの問題じゃないけれどな
57.名無しさん:2018年04月19日 20:10 ID:Mxk2Nmt80▼このコメントに返信
だから今、日本流にカイゼンした謀略とハニートラップで、アメリカと世界全部戦わせようとしてるじゃん?
勝利はすぐそこじゃん?
別にいーじゃん

58.名無しさん:2018年04月19日 20:10 ID:IQQhvC1L0▼このコメントに返信
※52
単に敵の敵は味方って奴と思ってたが違うのか?
59.名無しさん:2018年04月19日 20:11 ID:M6i6PSbe0▼このコメントに返信
そもそも日本がアメリカとの戦争回避する気がなかったもん

東條は天皇の命令での対米戦回避ができなかった時点で責任を取って辞職すればよかったのに
60.名無しさん:2018年04月19日 20:13 ID:H4O5ew.i0▼このコメントに返信
米見ると、人の言葉は、信じまい、
有象無象が、たわけ吐くなり
61.名無しさん:2018年04月19日 20:13 ID:4xJfBMl.0▼このコメントに返信
煽るマスコミも悪いが簡単に釣られて開戦論に傾く国民にも問題がある
戦後教育のお陰でやっと健全なモラルを植え付けることが出来た
62.名無しさん:2018年04月19日 20:14 ID:RCx06vZM0▼このコメントに返信
そもそも中国人が外国人居留民への恒常的な暴力行為を行わなければ色々こじれなかった。
63.名無しさん:2018年04月19日 20:14 ID:uzGUyW8B0▼このコメントに返信
当時の「有色人種は奴隷」と言う大前提の価値観をまず最初に考慮に入れるべき
次に、日本が戦争を仕掛け無かれば世界は平和であったかのような幻想は論外
それでも、外交で解決できる手段が浮かぶなら、あなたは神だよ
今すぐ外交員になって隣の国の暴走を止めてきてくれ
64.名無しさん:2018年04月19日 20:15 ID:37.R4Lhd0▼このコメントに返信
リットンとかいうゴミ(国連の方から来ましたのアレ)がデマ撒き散らした所為で、米国が大豆油の輸入に高関税(トランプと同じじゃん)かけて
販売先を欧州と支那に振り分けたんだけど、インドシナからフランスを追い出したら、何故か米国が正義振りかざして日本を制裁した。
このことで対話による解決を断念したんだよ。日本が戦争したがっていたのではなく、ブロック主義台頭で中国に市場を求めた米国とガチ。。ンコ
にならざるを得なかったというだけの話。そこにソ連も1枚噛んできて大変な目にあったんだよ。
対話が成立しなければ戦争だが、これも外交の手段の一つで、日本は停戦調停をできると確信、だが米国は日本の破滅を望んでいたという。
この状況において対話など成立しないわな。対話が成立しない国と言えば、斜め上もそうだ。外交上対話が行き詰まったら、
ザイニチ強制送還で戦争で竹島奪還ということも起り得るが、主権回復が戦後に復員して日本を再興した先祖の願いで靖国でその日が
来るのを待ってるとしたら、やぱーり、やらざるを得ないという判断になるよ。今がその分水嶺だ。
65.名無しさん:2018年04月19日 20:15 ID:M6i6PSbe0▼このコメントに返信
陸軍は陸軍で外交で中国と講和しようとしても妨害するしな

トラウトマン工作の失敗後、一番成功確率の高い宇垣-孔祥熙工作を妨害したのも陸軍だし
66.名無しさん:2018年04月19日 20:16 ID:Hi.V1EMo0▼このコメントに返信
※52
道を外れると暗い連中が不思議と回りに集まってくるようになるんだよ。
不思議不思議。今で言うと清原とか。
67.名無しさん:2018年04月19日 20:17 ID:IQQhvC1L0▼このコメントに返信
サルなんか一捻りだとタカ括ってた当時のアメリカ人の無知な兵士はさぞかしビックリしたろうなw
68.名無しさん:2018年04月19日 20:17 ID:yF491VCN0▼このコメントに返信
海「石油無いで!どないしまひょ?」
陸「南進や」
~マレー陥落、仏印、インドネシア陥落
陸海「よっしゃ!!石油獲れるで!」
陸海「・・どーやって精製するん? せや!現地民なら分かるやろ!」
現地「知らん」
陸海「おいっ石油のエキスパート本国から招聘や」
本国「ヤだ、こっちの防衛策におらんと困る」
陸海「・・!! シナも石油出るやろ?アイツらしょっ引いてこいや」
シナ「知らんのよ」
陸海「」

本国「おまいら、零戦に変わる高性能機開発したでぇ~、使えや」
陸海「おおっ試作乗ったけどスゲー」
~大本営 「マジモンの出動態勢に入る」
陸海「よっしゃ!やったるか!」
上官「燃料が無い」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




69.名無しさん:2018年04月19日 20:17 ID:M6i6PSbe0▼このコメントに返信
※64

仏印進駐した後もヴィシーフランスの植民地政府は植民地支配を続けていただろいい加減にしろ

仏印処理するまではフランスは普通に植民地に居座っていたわけで、インドシナからフランス追い出してないぞ

そんな基本的な事も知らないで歴史を語らないで、どうぞ
70.名無しさん:2018年04月19日 20:19 ID:mYo7fCyq0▼このコメントに返信
ウィンストン・チャーチル

「イギリスはアメリカとイギリス連邦との関係を分断するような目標は追求しないというのが方針であり、日米関係の悪化によってアメリカの圧力によって破棄せざるをえなかった」

「日本は同盟破棄を日本の人種差別撤廃要求に対する侮辱的な回答として受け取ったが、英米はこの点について理解不足であった」

「私は第一次世界大戦での日本のイギリスに対する忠実な協力を熱心に見守ってきた。ミカドの政府と長年協力してきて私の心に残る印象は、日本人がまじめで堅実であり、重厚で成熟した人々であるということ、彼らが力関係やいろいろな要因を慎重に考える人達であると信じてよいこと、また理性を失ったり、よく考えないで無鉄砲な、計算を度外視した冒険に飛び込んだりはしないということである」

「日本人が中国で行っている事は我々がインドで行っていることと同じ」

「日本が正気を失うことはないであろうとの確信を、自分はためらわずに何度も書き記してきた。いかに他人の立場に自分を置こうと誠実に務めても、理性が鍵をあけてくれない人間の心の動きと思考の過程を斟酌することは不可能である」
71.名無しさん:2018年04月19日 20:19 ID:NAtDjLWd0▼このコメントに返信
総ては日露戦争まで遡らないと。
ロシアに勝利した事で日本人のブレーキは壊れたし、白人国家は白人至上主義崩壊を恐怖した。
※日露戦争勝利は英国のお陰デー!なんていう意見もあるけど、それを加味してもロシアという大帝国に極東の黄色人種が勝利したという事は
白人にとっても、他の有色人種にとってもそれはそれは凄まじい衝撃だった。

後世の神視点から見ればやっぱ朝鮮半島は放棄すべきだった。鉱山や湾岸の利権だけ日清戦争で押さえるべきだった。
ただでさえ日露戦争で莫大な借金抱え込んだのに、あれを発展させるのに巨額を溝に捨てる事になって余計苦しくなってしまった。(台湾と満州は10年ほどで黒字になったのに)
軍部暴走の切っ掛けと言ってもいい2・26事件も、発展費用を朝鮮に流され飢餓に喘いだ東北出身が中心。

白人国家との軋轢の関係上、何処かで爆発はあっただろうが、まあ今よりはマシにはなってたんじゃないか?
72.名無しさん:2018年04月19日 20:22 ID:6M4zRZfD0▼このコメントに返信
※52
将来的な対ソ連視点で考えると別に不思議じゃない気もするし
どっちかって言えば日ソ中立条約の方が何で!?って感じ

73.名無しさん:2018年04月19日 20:23 ID:Mxk2Nmt80▼このコメントに返信
ブロック経済二回目で、うまくやってる=失われた20年
あとは日本の後追いで、日本以外世界大戦になるのを黙ってみてれば勝てるんでは?
「有色人種は奴隷」<「白人女性鼻デカすぎ、ホ モじゃないんだから、アニメの方がいい」で日本シンパが増えている
74.名無しさん:2018年04月19日 20:25 ID:9ntmWu760▼このコメントに返信
まあ、当時の日本が情報・宣伝戦を重視していれば、孤立主義でナチスドイツとも
戦う気のなかったアメリカ国民に、ルーズベルト大統領が日本を追い詰めて戦争を
起こそうとしていることを知らせて世論に訴え戦争回避できたかもしれない。
75.名無しさん:2018年04月19日 20:26 ID:YjCdoFOm0▼このコメントに返信
※69
仏印処理までフランスは居座ったんだね。指摘ありがとう。ぶー
76.名無しさん:2018年04月19日 20:26 ID:.ZiTGEpX0▼このコメントに返信
満州国のためというか日清日露で戦費借りた金主のために国作ってやらにゃいけなかったからやろ
古今東西戦争の原因はカネよ
77.名無しさん:2018年04月19日 20:32 ID:6M4zRZfD0▼このコメントに返信
※74
昔から日本の弱い所だよねえ・・・

一番戦訓が生かされていないのは
多分それが一番じゃないかなあホント
78.名無しさん:2018年04月19日 20:34 ID:dF1eSIl80▼このコメントに返信
日本が戦争を起こした理由は「ソ連が日本を非常に邪魔に感じてた」から、
日本だけではなくアメリカにもソ連のスパイがゴロゴロしてた、
ソ連は日本とドイツに滅んで欲しかった訳だが事実そうなった。
戦後社会が全て証明してる。

近年では「JB355」や「ベノナファイル」で原因は解明済み。
日米に戦争を仕掛け、日独同盟だったので自動的に連合vs枢軸国の縮図を作る事になった。

因みに今でこそ反日活動を否定する人は少なくなったが、反日活動の起源がスターリンにある事を認知してる人はまだまだ少ない。
79.名無しさん:2018年04月19日 20:35 ID:rkVIA4jo0▼このコメントに返信
米 ブラックマンデー → 英仏「あかん、貿易制限しよ(植民地を絞り上げよう)」
→ 日独「えー、輸出できずに不況になる 困った」「はじかれもの同士仲良くするか」

米ソは内需喚起に奮闘中(なお米の景気回復は開戦するまで出来なかった)

もともと仲間がいなかっただけだぞ
80.名無しさん:2018年04月19日 20:35 ID:Hi.V1EMo0▼このコメントに返信
そんなこんなで、すったもんだした結果

行くぞ行こうぞがんとやるぞ
大和魂伊達じゃない
見たか知ったか底力
堪え堪えた一億の
堪忍袋の緒が切れた

という気分になってしまい、太平洋戦争に突入して逝くわけですね。
81.名無しさん:2018年04月19日 20:37 ID:NGeJLktI0▼このコメントに返信
世界恐慌とリーマンショックって、どちらが酷かったの?リーマンショック当時起きてたら普通に世界大戦だったの?
82.ウリスト教徒:2018年04月19日 20:44 ID:direjL2j0▼このコメントに返信
ユダ金な財閥連中の陰謀ニダ!!

戦争仕掛けさせて戦争当事国の両方に金を貸し付け!
石油などの資源を迂回路で売りつけ、武器や兵器も売りつけ!大儲け!
敗戦国の焼け野原から主要産業や財閥の土地などをタダ同然で買い占めて
復興の特需に乗ってぼろ儲けした二ダヨ!!
(日本の財閥の〇井や〇菱は戦後にユダ金に株式を抑えられているニダ!財閥解体じゃなく財閥吸収ニダヨ!)

ちなみに米の大手車会社のフォ〇ドはドイツの機甲師団の生みの親でナチの最高勲章授与されているニダ
さらにコカコ〇ラのファンタがナチスのスポンサーだったニダ
テュ〇ン財団みたいな死の商人もいるニダ・・など以下自主規制ニダ・・。

犯罪などの推理でも誰が得をしたか??を考えるのが基本だと思うニダw

以上は狂った?キリスト教徒のたわごと?ニダ!!
83.名無しさん:2018年04月19日 20:45 ID:60ejrwBy0▼このコメントに返信
世界の歴史学的に
第一次世界大戦はなんで始まったのか色々論争があるけど
第二次世界大戦にはそういう議論はほとんどない

なお、日本ではなぜか日本単独の意志と行動で戦争が始まったかのような
書き方をする本がメチャ多いので分かりにくい
84.名無しさん:2018年04月19日 20:45 ID:KZ1.Dai.0▼このコメントに返信
※19

賛成11票に対して反対したのはイギリス・アメリカ・ポーランド・ブラジル・ルーマニアの5票だけなのに
議長国の米国の独断で廃案にしたんだよ
85.名無しさん:2018年04月19日 20:47 ID:yF491VCN0▼このコメントに返信
※81
世界恐慌って言っても”大打撃”を受けたのは当時、ベルサイユ体制で深刻だったドイツが更に打撃を受けただけ。
実際、日本も英国もフランスも当事国米国もわずか数年で回復してる。
ただ、その深刻なドイツにナチスが生まれてしまったって事。
リーマンは先進国に平等に負があらわれたから、共有するしかない状況。
あの時のドイツみたいな”1弱”が生まれなかったから、先進国皆弱者でなんとかなったんよ。
86.名無しさん:2018年04月19日 20:48 ID:eyCz.2Ej0▼このコメントに返信
ひとつ言えるのは諸外国と比べ日本は現状認識と分析が甘すぎるというか全くやってない
明治維新から今までこの方
87.名無しさん:2018年04月19日 20:50 ID:dF1eSIl80▼このコメントに返信
※72
【結論から言うと日本とロシアが当時に同盟になる事はありえない】
なので不可侵条約は世界が驚いたが、それは時間稼ぎでしかなかった。

第二次大戦だけ見てるからそんなアホな勘違いをするのだなぁ。
帝国ロシア時代、ロシアは南下政策でシナ大陸を始め西洋列強と同じくアジアに植民地を求めて居た。
それで日露戦争があり、日本がロシアとも戦争してたのは義務教育で世界史を習っていれば誰でも知ってる事実。
日英同盟も対ロシア・対ドイツ政策で結ばれた戦略だった。

一次大戦の前はドイツとロシアは同盟でもあった・・・
まぁドイツの皇帝がアホだったので忠臣の具申を無視しロシアと同盟延長を反故にしてから、仏露同盟に怯えて・・・
ロシアにアジアに進軍するようにドイツが暗躍する様になった訳でもあるがな。

その後、日英同盟(連合軍)に負けたドイツの太平洋方面の植民地は日本自治領になり、侵略したわけでない領土が広がった。
でそこにロシア軍だとか共産ゲリラが湧いたので二次大戦に発展して行く事になった。

そもそも日露戦争で日本海軍に大敗し、ノモハン事変でも赤軍機甲部隊が壊滅し、敗戦後に日本領に進軍すれば敗残兵にボロクソに大損害をだし・・・スターリンが日本を忌み嫌ってたのは想像に容易い。
それだけ工作活動に力も入れてたし現代でも日本にはスターリン信者が居る程だからね。

88.ウリスト教徒:2018年04月19日 20:50 ID:direjL2j0▼このコメントに返信
※82で伏字を忘れたニダ

>>コカコ〇ラのファンタ(誤り)⇒コ〇コーラのファ〇タ(訂正)

以上に訂正するニダ!!後が怖い怖いニダカラネwww
89.名無しさん:2018年04月19日 20:51 ID:M6i6PSbe0▼このコメントに返信
※86

現状認識も分析もやってるのに無視した東條英機っていう無能がいてだな
90.名無しさん:2018年04月19日 20:53 ID:dF1eSIl80▼このコメントに返信
※81
現代は世界各国が基金だの融資だのグローバル化で「ある程度は相互に助け合う」機能がある。
大昔は「助け合うなんて無い」、金の代わりに軍隊が進軍してくる時代。
まぁ現代は軍隊でなく札束と大量移民(入植)で社畜外資化植民地支配化してるけどな。
91.名無しさん:2018年04月19日 20:54 ID:Ut7bnNyS0▼このコメントに返信
>>2
利害は合っても所詮支那人やぞ。
92.名無しさん:2018年04月19日 20:54 ID:yIXmK3w40▼このコメントに返信
政治家は考えなしで統帥権干犯問題を政争の具にして詰み
マスコミは売る為だけに煽り、軍人は戦果の為だけに突き進む
今でも何も変わらない国民世論の集団ヒステリーの結果だろ
93.名無しさん:2018年04月19日 20:56 ID:Hi.V1EMo0▼このコメントに返信
※86
わかっていても「あれあれ?足が勝手に動いちゃうぞ?あれあれあれー?」

_____      行きたくないのに
|←戦争|      なぜかぐんぐん加速して逝く!
. ̄.|| ̄        ┗(^o^ )┓三
  ||           ┏┗   三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
94.名無しさん:2018年04月19日 20:57 ID:Mxk2Nmt80▼このコメントに返信
日本人、基本的には死にたがりの宗教民族なとこがあると思う

元々、好き

今、白人と戦争したがらないのは「鼻デカすぎてあんまり可愛くないし」くらいに思ってるからで
当時アメリカとガチりたかったのは理解できる、そこはただの絵柄の好みの変遷なんじゃないすかね
95.名無しさん:2018年04月19日 20:57 ID:UxZ0SSgD0▼このコメントに返信
結果論で言えば中国は米たちにあげてしまえば良かった
96.名無しさん:2018年04月19日 20:58 ID:KKRFz1P70▼このコメントに返信
※86
まあ明治維新からの歴史は全てねつ造ですからね~。
戦後の歴史も当然捻じ曲げられていますな~。
今は海外で公文書がかなり開示されているから。
全てではないけど、かなり確信にせまれますよ。

当然ウヨ史観は・・です。
97.名無しさん:2018年04月19日 20:59 ID:ZCaHjqbq0▼このコメントに返信
フライング・タイガースやインドシナ進駐のことでアメリカが先に手を出してきたって意見は多いけど、じゃあ国民党に軍事支援してたドイツと戦争したのかって話ですよ。
ワシントン体制で中国の領土を保障して日本も調印しているのに、満州事変おこして批判されたら逆ギレしたって簡単な話なんだよね。

ちなみに通州事件は河北に傀儡政権作ったら反日感情が高まって起きたけど、当然の話だよね。虐殺は野蛮人の所業だけど。
98.名無しさん:2018年04月19日 20:59 ID:minG1eSf0▼このコメントに返信
馬~鹿、日本が始めたんじゃない。アメが先に開戦布告に代わりうる事実上の最後通告のハルノートを突きつけ、【外交交渉の余地なし】との判断を強いた。このために日本側は御前会議で、陛下のお考えに背くことになる応戦を、泣く泣く臣下一同一致して決定した。こうした決定でも、専制君主ならぬ立憲君主たる陛下は、憲法上は従うしかなかった。

負けると解っててもなぜ応戦の宣戦布告を出したかだが、「闘ってから降伏する」か「闘わずに降伏する」かという時、前者を選ぶのが【誇り高き独立国の当然の気概】だからだ。アメの半属国の戦後体制を良しとする卑屈なヒトモドキクオリティー(気質)の奴らには解らんよw なんせアイツらは日本では陛下につぐナンバーツーとも言える元老首座の伊藤博文を暗刹サッし、すわ戦争か!となったら腰が砕けて「闘わずに降伏」して併合という名の事実上の吸収を選んだよw

ハルノートが最後通告なのはアメが認めてる。ルーズベルトの特別顧問のホプキンスがその回顧録で『パールハーバーの前夜にホワイトハウスで開かれた大統領と陸海軍と国務省の各長官と彼を交えた緊急会合で、直前に解読して翻訳した日本側の応戦布告の概要を読み、日本が最後通告と理解してくれないのではと懸念したが、キチンと受け止めてくれて良かった』『後は軍の出番』と言ったことを明かしてるぞ。
99.名無しさん:2018年04月19日 20:59 ID:dF1eSIl80▼このコメントに返信
※89
あの時代は今と違いNetもGPSも携帯電話も無い、単に人脈のみでの情報で判断する他ない世界だったからね。
なので当時の日本が日英同盟で得た情報や活動ノウハウは本当に大きかったと言える。
当時は大英帝国で世界中に英国スパイ網が張り巡らせてあったからな。

因みに東条英機は「ミッドウェー海戦で日本軍が圧倒的優位なのに大敗北した事実を戦後まで知らなかった」、
理由は山本五十六が陸軍に恥ずかしい情報を渡さなかったから・・・
そんな国内でも情報の流れがその程度だから・・・東条英機一人で出来る事は少ないと思われ・・・・
しかも諜報機関って設立しても育つまで非常に時間がかかる、人脈づくりが大変なお仕事だからねぇ。
100.名無しさん:2018年04月19日 21:00 ID:K65lvoG40▼このコメントに返信
ソビエトによる工作だろ
アメリカも日本もまんまと乗せられた
101.名無しさん:2018年04月19日 21:02 ID:rkVIA4jo0▼このコメントに返信
※89
東条英機は周りの意見を調整していただけ
調整結果がみんな戦争しろ になってた
マスゴミの煽りもあったし、東北貧農世帯の苦境を救いたいといういわゆる青年将校もいた
反対してたら永田鉄山のようになるだけだし 下手すりゃ天皇でも止められなかった
102.名無しさん:2018年04月19日 21:03 ID:dF1eSIl80▼このコメントに返信
※97
日本は第一次大戦ではバリバリドイツと戦争してドイツ倒したけどな。
二次大戦の敗因は、日英同盟を続けなかった事だな。
とは言え当時の白人がソ連(共産)ごときに騙される程度だったのである程度は仕方ないのかもしれない。

103.名無しさん:2018年04月19日 21:05 ID:Mxk2Nmt80▼このコメントに返信
勝って中国と朝鮮貰ったら詰みだったので、アメリカに負けたのは最悪じゃない
104.名無しさん:2018年04月19日 21:06 ID:Hi.V1EMo0▼このコメントに返信
しかし結果的に朝鮮を体内から排出できた。これ以上の結果があるだろうか。
105.名無しさん:2018年04月19日 21:07 ID:dF1eSIl80▼このコメントに返信
ハル・ノートが云々言うのはよく分かるけど「JB355」を知らないんか?
因みに対日石油制裁を発動する3日前に署名した「JB355」とは日本への無差別爆撃への署名の暗号名ね。

「ABCドキュメント」JB355とは
ttps://www.youtube.com/watch?v=-sYMucZWpaw
106.名無しさん:2018年04月19日 21:09 ID:dF1eSIl80▼このコメントに返信
第二次大戦で大損こいたのは、日米独なんだけどね。
米国は戦勝国だけど、他人事に巻き込まれ大勢の米国民が死んだ。
それでフィッシャー議員がルーズベルトにマジギレしてたもんだけどね。
「JB355」を知ってなお激昂してる模様。
107.名無しさん:2018年04月19日 21:10 ID:QdA1btKx0▼このコメントに返信
関東軍が満州事変を起こして成功しデカイ顔をするようになる→それを真似た一部の軍人が盧溝橋事件を起こす→それにキレた蒋介石と中国軍が上海事変を起こす→巻き込まれる形で日本政府が増援を送る→どんどん戦線が拡大して泥沼にはまる→欧米から資源禁輸を受ける→資源が足りず太平洋戦争に突入
108.名無しさん:2018年04月19日 21:14 ID:M6i6PSbe0▼このコメントに返信
※99

そんな時代でも総力戦研究所と秋丸機関と内閣戦略計算室は正しい情勢分析を上げてたんですけど全部無視して開戦したのが東條なんですがそれは
109.名無しさん:2018年04月19日 21:15 ID:dF1eSIl80▼このコメントに返信
まぁ強いて言うと「今も昔もだが」共産主義=反日の闇を世界にアピール出来なかった日本の情報戦負けな点は否めない。
そういう意味では70年前から今の日本は学んでないと言えるわな。
110.名無しさん:2018年04月19日 21:16 ID:KKRFz1P70▼このコメントに返信
※108
天皇神はどうですか
111.名無しさん:2018年04月19日 21:16 ID:XRiSKpHK0▼このコメントに返信
マジレスするとアメリカは日本と中国を手に入れることでソ連を攻撃できる拠点がほしかった
特にアメリカのグローバリストからすればソ連の存在が自由貿易の障壁になるし、かといって堂々と
ソ連に戦争を仕掛けてもイギリスやフランス、他の国の支援を得られない
だからドイツの同盟国である日本を挑発することで、日本列島(地政学のリムランド)を手に入れようとした


今の状況もアメリカ人になりきって考えれば理解できる

シリアをなぜアメリカとEU、イギリスが欲しがるのか
なぜアメリカは中国に経済制裁をしようとしているのか

全てはアメリカのシナリオ通り

アメリカとイスラエルだけが幸せに暮らせる世界を作り上げる

その為に欧州・中東・アジアは犠牲になってもらう

そういう冷酷な思考で動いている
112.名無しさん:2018年04月19日 21:17 ID:qBXWjG7X0▼このコメントに返信
山本五十六の「もって1年」を何故か資源の話だと思った説もある
1年あれば様々な面でアメリカが逆転するって話だったんだが
その間に講和しろって意味だったんだがなぁ

講和ルートもつくらんでイケイケやってただけの外務省…
113.名無しさん:2018年04月19日 21:17 ID:dF1eSIl80▼このコメントに返信
※108
東条は独裁者でないから意見をまとめただけだろうな。
そもそも日本が開戦を決意せずとも「米国が攻めてくる」のは既に上記にしめしたJB355で米国が自らreport済みな件。
そう言う意味では東条は結果的に間違ってなかったね。
114.名無しさん:2018年04月19日 21:18 ID:dF1eSIl80▼このコメントに返信
※112
持って一年は燃料だよ、そんなの有名すぎだし。
そもそも日本が開戦する決断が対日石油制裁なんだからさぁ。
115.名無しさん:2018年04月19日 21:20 ID:dF1eSIl80▼このコメントに返信
>講和ルートもつくらんでイケイケやってただけの外務省…

マジで不勉強過ぎ・・・JB355で上記に述べたが「米国自信が講和する気ない」とルーズベルト署名付きでreport済みな件。
116.名無しさん:2018年04月19日 21:22 ID:Hi.V1EMo0▼このコメントに返信
※111
リムランドは海洋勢力と大陸勢力がぶつかりあう場所だろ。
東アジアでは半島だよ。昔から海洋勢力と大陸勢力がぶつかりあっている。
今も。
117.名無しさん:2018年04月19日 21:25 ID:d2G9Sp.U0▼このコメントに返信
支那事変も日米戦争もスターリンが望んだ結果である。
張学良が拉致した蒋介石をスターリンの命令で共産党が対日戦をしろと脅迫した、それが西安事件。
蒋介石はすっかり震え上がり、対日戦をするための挑発を繰り返す。
通州事件は日本の世論を戦争賛成に誘導するための意図的なものであり、裏に共産党がからんでいる可能性が高い。
日本の世論はその狙い通り激高し、軍内部にいる大勢の共産主義者たちがレーニンの敗戦革命論の実現をめざして、政府の意向に反した戦線の拡大をどんどん行っていった、それがいわゆる「陸軍の暴走」の正体。
蒋介石は「日本は皮膚病だが共産党はガン」の言葉から本音では日本と戦いたくなかったと推測できるが、戦争の決定権は既にスターリンあり、蒋介石には当事者能力がなかった。
だから近衛内閣が何度停戦を申し出ても意味のないことであった。
スターリンの狙いは日本を弱体化させ、日独による挟み撃ちを回避するためであった。
その後、どのぐらい日本が弱体化したか試すための戦いこそがノモンハンの戦いではないかと私は推測する。
そこで思いのほか大きな損害を被ったスターリンは、蒋介石だけでは日本の弱体化には不十分であると改めて認識し、日米開戦させるための布石を強化した、というのが私の説だが、いかがだろうか。
118.名無しさん:2018年04月19日 21:26 ID:7N2KybYX0▼このコメントに返信
※7
素晴らしい意見だと思う。
陸軍の軍事官僚が最高の部隊で守っていた。
満州国の映像を見ると綺麗な超近代国家だ。
日本本土を本気で守るならサイパン等の南の島を要塞化して最高の部隊を置くべきと思っていた。
簡単に島を取られて本土を爆撃されなすすべもなくアメリカに負けたと思っていたが、
満州国のためという事であればすべてが理解できる。
軍事官僚たちは自分の作った国に酔いしれていたのかな。
今の官僚が東京を肥大化させたように。
119.名無しさん:2018年04月19日 21:28 ID:Mxk2Nmt80▼このコメントに返信
でもアメリカとイスラエルってそんな古典的に宗教でつながってるかね
結構、切り崩せてるというか、バージョンUPしてると思うけどね
120.名無しさん:2018年04月19日 21:28 ID:wwfTGxfd0▼このコメントに返信
※98
ハルノートがきっかけだがじゃあ、そこにいたるまで日本が何をしたか?
中国利権を米がほしがっているのなら、アメリカを自軍に巻き込んで中国利権くれてやればよかったんだが?
ソ連という北からの圧力もあるんだから、単独で守りきるのはきわめて難しいのだからどうにかするしかなかった
滅びの美学()とやらで無駄に死人を出す政治家なぞいらないし
そんな危機的状況を理解しない程度の国民の民度も最悪で
それを報道しないマスコミはクソだってことさ

それすら理解してないって馬鹿なの?
121.名無しさん:2018年04月19日 21:34 ID:KKRFz1P70▼このコメントに返信
統帥権干犯問題(1930年)、五・一五事件(1932年)、天皇機関説排撃事件(1935年)、二・二六事件(1936年)等を通して、軍部やその支援勢力が、名目的存在の天皇を、いかに都合よく利用し、独断専行暴走していったか、その過程を分析検証し、後世への教訓にすることこそ必要な作業です。
                                         
天皇制度が、軍部をいかに増長させ制御不能の怪物にしたか(特に昭和以降)、それがいかに日本を日中戦争の泥沼に追い込んだか、なぜ米国の挑発に乗り10倍もあった国力差を無視して日米戦争に突入し、玉砕や特攻など非人間的作戦を敢行したのか、なぜもっと早く和平工作を行ない犠牲を抑えることができなかったのか、なぜ「天皇陛下万歳」や「天皇陛下のために命を捧げよ」のもとに、多くの兵士や市民が理不尽な犠牲を強いられたのか・・・その背景や原因を明らかにし、さらにその責任を追及することを粘り強く続けるべきだと考えます。
122.名無しさん:2018年04月19日 21:35 ID:QS91aGJ70▼このコメントに返信
将校は全部ではないが一部逃げ回っているし
ワシの先祖はズルして徴兵逃れしているし
やる気ゼロかも
確かに分からんな
wwww

123.名無しさん:2018年04月19日 21:35 ID:WtDCS7cx0▼このコメントに返信
※120
当時、譲る奴はさらに奪われる世界だぞ
124.名無しさん:2018年04月19日 21:35 ID:M6i6PSbe0▼このコメントに返信
※113

アメリカは中国を助けるために日本と戦争はしないって当時の中国大使に明言してるんだが

お前jb355の意味わかってないだろ

取り敢えず昭和陸軍全史でも読め
125.名無しさん:2018年04月19日 21:40 ID:KKRFz1P70▼このコメントに返信
 1947年9月に、昭和天皇は米軍が沖縄や琉球列島のその他の島に米軍が占領状態を50年間より更にもっと長期間継続させることを希望する天皇の考えを示し、当時、天皇の御用掛であった寺崎英成が占領軍の政治顧問のシーボルトの事務所を訪れて考えを伝え、ワシントンのマッカーサー元帥にその内容を送ってもらうように依頼したものである。  その文章の記録が残されている。

 しかし、1946年11月には日本国憲法が公布され、既に象徴天皇が確定し、天皇は政治的な権力を行使できない立場になっていたのであるが、それにも拘わらず、政府を通さずに、個人の利益のために直接アメリカ側に政策要望を出していたことになる。

さらに、原爆開発の特許・武器特許・人身売買・麻薬で莫大な資産を築き上げて現在に至る。
126.名無しさん:2018年04月19日 21:43 ID:7N2KybYX0▼このコメントに返信
※7
勉強ができた軍事官僚にとって満州国は理想国だったのかもしれない。
日本本土は大地主が土地を支配して小作人は貧しい生活だった。
小作人の子供でも勉強ができれば陸軍士官学校にはいれたので、本土とは違う理想国家を作った。
本土では、親や親せきから地主様に逆らうなど持っての他と言われるからな。
毛沢東でさえ「満州国を作ってくれてありがとう。」と言っている。
日本最高の軍隊70万をシベリア抑留された理由がわかる。
軍事官僚たちは、当時の日本の支配層を憎んでいたという事だね。
村は大地主に支配され多くの人は「働けど、働けど。」貧しかった。
127.名無しさん:2018年04月19日 21:45 ID:YjAfWKWo0▼このコメントに返信
調べて分からならスレ立てずに専門家に教えを乞えよ
未成年なら先生なり講師に聞けば良いだろ
128.名無しさん:2018年04月19日 21:49 ID:lWSQXFHE0▼このコメントに返信
トランプとEUがいきなりブロック経済初めたと考えれば
少しはわかるんじゃない?
129.名無しさん:2018年04月19日 21:49 ID:9XDiDl.J0▼このコメントに返信
日中開戦←関東軍が悪い
日中継戦←近衛政権(ゾルゲ事件)が悪い
日米開戦←外務省と陸海軍が悪い
序盤継戦←国民が悪い
中盤継戦←海軍が悪い
終盤継戦←陸軍が悪い

というか総じて近衛文麿が愚かでなければ太平洋戦争は回避できてた
外交手段である戦争で外交相手を交渉の「対手とせず」っていくら赤いスパイが政権内部に入り込んでいたとはいえ頭おかしい
130.名無しさん:2018年04月19日 21:52 ID:GV.em9Db0▼このコメントに返信
満州事変まではまだ良かった
すでに満洲は日本の利権で、アメリカはともかく欧州列強は口先では非難しても半ば認めたようなもの
リットン調査団の報告とそれに伴う勧告も強制力はなかったし、無視して国連に居座ってればいずれ既成事実として満洲国承認の流れになっていただろう

問題は支那事変
万里の長城以南は世界中の列強の利権であり、そこで戦争おっぱじめて挙句全部丸呑みしかねないような姿勢を見せれば、諸外国が態度を硬化するのは当たり前
おまけに欧州で不穏な動きを見せるファシズム国家と組んでるとなればなおのこと外交による妥協がしづらくなる

要するに満州で満足すりゃいいものを自分たちで攻め切ることもできない中国大陸に手を出したのが間違い
131.名無しさん:2018年04月19日 21:54 ID:KKRFz1P70▼このコメントに返信
1995年3月19日付、毎日新聞は、1944年7月20日付の天皇から、東条英樹宛ての勅語を掲載しています。

「あなたは(東条は)、朕(天皇)の行う戦争において、朕の指導の下、十分に職務を果たした。」

天皇は.この公式の勅語で、第2次世界大戦への日本の参加は、「天皇が」決断し行った=朕の戦争である、と断言しています。

そして東条英樹以下、軍部は「天皇の指導に従っていた」と明言しています。

天皇が戦争に反対の「平和主義者」などと言うのは、全くのデマ宣伝である事を、天皇自身が、ここで明言しています
132.名無しさん:2018年04月19日 21:57 ID:KKRFz1P70▼このコメントに返信
戦争中、侍従次長として天皇の「側近中の側近」であった木戸幸一は、著書「側近日記」(東京大学出版会刊)において、真珠湾攻撃の成功直後、戦争の開始を、「天皇が喜び、飛び上がって、小踊りする」様子を描いています。

戦争の開始を、「喜び、飛び上がって、小踊りする」天皇が、どうして「戦争に反対する平和主義者で、軍部と東条英樹の強硬姿勢に引きづられた」事になる?

ロスチャイルドと結び付き、日本軍部に兵器を販売し、兵器の消費拡大=販売促進の目的で戦争を起こし、「金儲けに奔走して来た」、兵器販売業者=死の商人「天皇一族」。

天皇支持者は全員、この戦争画策人=人間のクズ=天皇の走狗である。

昭和天皇こそ、戦争を起こした責任者、戦争犯罪人として死刑に処されるべき犯罪者ではなかったか?
133.名無しさん:2018年04月19日 21:59 ID:vRbLz8S30▼このコメントに返信
※123
間違っちゃないが、ならスタンドプレー全ツッパの結果
四面楚歌になってフルボッコにされ全負けして全部奪われた日本あほやなで終わりだぞ

当時の日本が最悪に頭が悪かった事は、悪い事したけりゃ共犯を作ってやる時代だって事を全く理解していなかったこと。
スタンドプレーでいい思いをしようなんて周りの国が妨害しない理由が無い訳で、
19世紀末辺りからイギリスですら妨害されまくりで通用しなくなっている
134.名無しさん:2018年04月19日 22:03 ID:9XDiDl.J0▼このコメントに返信
※131
統帥件に明確に干犯することを公式文書に残すわけがないでしょ
大日本帝国憲法下において、政治の究極の責任は天皇にあることは誰もが知っている
実態の問題は別のお話
135.名無しさん:2018年04月19日 22:08 ID:fbKTwEhj0▼このコメントに返信
ちなみに満州国の青写真は石原寛治と満鉄社員の宮崎正義の二人で作成。

昔、満洲国の経済に関心があり、数冊読んだが、戦争があってもなくても経営的には破綻は避けられなかった(投入に対しリターンが、、、)。その原因はやはり計画経済を基礎においたところ。しかしソ連はユダヤのでっち上げ国家だったのでバーターだの形を変えいくらでも裏から国際金融資本から金が入ったが、日本の場合は日本から全額持ちこんだのがまずかった。しかも内容は今評判の悪い、計画経済(軍需では採算度外視で行くからうまくいくように見えて、武器は喰えないし、武器は着れない、消費できず、経済が全て公共事業だけでまわっているソ連のようなもの。つまり破綻する運命にある)。

ただこのとき生まれたものがたしか日産(軍需トラックなど欧米のコピーを量産、しかし生産性は低かった)など大企業だったか。日本では、富岡製糸場も同じだが、公権力のやることは常にうまくいかない。民間で経営のわかる人間がとって変わって初めてまともに動き出す。しかしこれが当時はよくわからず、みんなの希望の光だったんだろうが。
136.名無しさん:2018年04月19日 22:10 ID:wgoG6ruQ0▼このコメントに返信
欧米自由主義陣営につこうか?独伊ファシズム陣営につこうか?共産主義に…なんて考えて、即決しようとしたのが悪い
早晩英独は対立するとか米は英の肩を持つとか独ソが対立(しかねないだろう)とか考えたら三国同盟なんて道には至らなかった
137.名無しさん:2018年04月19日 22:13 ID:Mxk2Nmt80▼このコメントに返信
※126
それだと東北に使うべき国費を投入した理由が理解できない

地主ではなく親を恨んでいたと考えるが自然
実際、貧しいというけど身売りする娘も軍隊にやる息子もいるわけで、あきらかに増えすぎ

団塊抹殺すべきくらいの感覚は今の人にもあるんで、それと同じだと思う
138.名無しさん:2018年04月19日 22:14 ID:RWWMOYFn0▼このコメントに返信
張作霖爆殺、国連脱退、満州事変、二二六事件、武官制復活、近衛声明、日独伊三国同盟

詰んでいくのが手に取るようにわかる…
139.名無しさん:2018年04月19日 22:16 ID:vRbLz8S30▼このコメントに返信
※129
そもそも、そうやって毎回「○○が悪い」が別の群れになる辺りに問題の根幹があるんだよ
要は政府が国内を統制できていないから、みんなバラバラに動いてその都度どこかが問題になる

1930年代で支離滅裂になった根っこは1920年代から始まっている。
政治家が金権腐敗しまくって政府が信用されなくなり、国民の支持が軍に行ったあたりからおかしい事になった。
アカが~、と言っても、当時の資本家しか見てない政治家の様相を見ればそりゃあ水面下でアカは好き放題動けるってもんだ
1930年、大恐慌に加えて昭和東北大飢饉のダブルパンチで特に東日本の農村は全域で飢餓状態に陥る程酷かったが
時の政府は「緊縮財政だから」と言う理由でろくに支援もしていない。当然そんな状況で政治家が支持される訳が無い

2.26事件でテロで政治家が青年将校にバンバン殺されたのに、青年将校の助命嘆願が全国から集まった理由は
当時の政府がそれだけ国民から信を失っていたため。ようは「死んで当然だ!将校よくやった!」程度にしか思われなかった
いっそ完全な軍部独裁政権にでもなってればどういう方向になろうが一応統制は取れたんだが、
困った事に軍部に政権掌握のビジョンまでは無かった事が余計政府方針の混迷化に繋がってしまっている。
140.名無しさん:2018年04月19日 22:25 ID:Mxk2Nmt80▼このコメントに返信
※139
同じ状況で人口減らして乗り切ったんだから、今の日本偉いんじゃないの?
同じことやれというノルマが各国に課されてる
141.名無しさん:2018年04月19日 22:27 ID:minG1eSf0▼このコメントに返信


※120
馬~鹿、日米開戦の直接のキッカケしか書いてネーのに、鼻膨らまして勝手に妄想垂れ流してんじゃネーぞ。

この腐れ千ョンコークオリティー(気質)ww


142.名無しさん:2018年04月19日 22:28 ID:vRbLz8S30▼このコメントに返信
※136
日本は独伊と団結することで、米英を牽制しつつ中国を好きにしようと考えていた
だから日本は更にソ連も入れて日独伊ソ4か国同盟なんて構想もしていた位
けど当のドイツは事実上英ソと戦うために、英ソの後方を日本に扼して貰おうと考えていた

ようは考えてる方向がまったく真逆な国が同盟を結んでしまったが故に、
後から見れば「三国同盟?普通やらんだろ」みたいに見えてもしゃーない側面があるし、その後の足並みの悪さも必然
143.名無しさん:2018年04月19日 22:31 ID:l9csJnXo0▼このコメントに返信
表の情報にはロクにないが
共産勢力のコミンテルンが日米他世界各地で暗躍していて
そいつらと満州の事とかのユ●ヤ勢力とか色々積み重なった結果だったりないのか?

※132は、ぱよくか特亜系か相当ねじ曲がった情報収集をしている奴か?

GHQ側の証言で昭和天皇は終戦後に
「開戦通告前の真珠湾を攻撃は、まったく自分の意図ではなく、東条のトリックにかけられたからである
しかし、それがゆえに責任を回避しようとするつもりはない。
日本国民の指導者として、臣民のとったあらゆる行動に責任を持つつもりだと述べた」とあるらしいぞ?
その上、終戦直後の日本は食糧事情が悪化してて、昭和二十年十二月頃も昭和天皇は松村氏に渡され、
「これを代償としてアメリカに渡し、食糧にかえて国民の飢餓を一日でもしのぐようにしたい」と伝えられたそうだ
それで当時の幣原首相がマッカーサーを訪ねて御物の目録を差し出すと、非常に感動したマッカーサーは
「自分が現在の任務についている以上は、断じて日本の国民の中に餓死者を出すようなことはさせぬ。かならず食糧を本国から移入する方法を講ずる」
と請け合ったらしいな

昭和天皇に戦争責任が全くないとは言わないが、陛下に止められない事態を止める事が出来るほどの傑物などそうは居ない
実際に止められた人物は存在しない

実際に行動を起こし、マッカーサーにも影響力を示した昭和天皇の御心と行動力には一切触れず、
※132の一文にある天皇支持者は全員、この戦争画策人=人間のクズ=天皇の走狗である。
と言っている※132のようなクズこそ早めに日本を去る事を勧める
144.名無しさん:2018年04月19日 22:37 ID:2oRsqg8p0▼このコメントに返信
中学高校の歴史や一般的な本では分からないままだよね。
最終的には分厚い専門書への道へ。
145.通りすがりの落書き:2018年04月19日 22:40 ID:4tsUYY2V0▼このコメントに返信
戦争なんて、価値観の戦いだから、現在の価値観で理解しようと思ってもムリだよw当時の大日本帝国の基本的価値観を理解しないと、なぜ戦争を始めたなんかわ理解できないよwでも、当時戦争で、多くの国民が基本的価値観を賭けて戦った(敗戦したけどねw)から、現在の日本国民の現状が有るw良くも悪くもだよ!なぜ、現在の世界で日本国民が自由に発言出来て、自由に行動できるか?きっと、大日本帝国の国民が持つ優れた基本的価値観を賭けて、戦争を戦ったからだと思うよw世界の多くの人々が自由に発言できる世界を望んだのは、当時のどの国なんだろうね?wwwwラストサムライを理解しないとw戦後日本国が外交で価値観外交をしている意味を理解できなければ、同じ過ちを繰り返すと考えています。
146.名無しさん:2018年04月19日 22:44 ID:YqdxLnX70▼このコメントに返信
地球を俯瞰して見れば欧米の帝国主義者が、あちこちを植民地化しアジアも植民地化しアヘン戦争でシナは負けるしで、
危機感を持った日本は明治維新で国家と軍の近代化の必要性を認識、実行して、国家と軍の近代化に成功。
そして、まず北からの侵略者のロシアに日露戦争で勝利。となると、次は南からの侵略者の米、イギリス、オランダ、フランスとなるのは、
有る意味で当然と言えば当然なんだよな。日清戦争もロシアの存在があったから、起こったわけだし、日中戦争も対アメリカ戦を見据えての
満州国への進出やろ。石油をアメリカに頼ってたから、自前で経済圏と石油を調達したかったんやね。もちろん、海軍や政府はアメリカと戦争
する気は無かったんやけど、陸軍の一部の者は、そのつもりやったんやろ。
147.名無しさん:2018年04月19日 22:49 ID:7N2KybYX0▼このコメントに返信
※137
東北に金を投入しても東北の地主に金が行くだけだ。
それなら、満州国に投入して理想の国を作りたかったのだろう。
こういう思いが戦後の農地解放につながっている。
現在では、兼業だと米を作っても赤字と言うのが皮肉だが。
148.名無しさん:2018年04月19日 23:01 ID:0rq6k.D40▼このコメントに返信
米英に土下座したとして経済的には下っぱになって軍も縮小気味で数年後、牙を抜かれた状態で対共産主義の最前線。しかも相手は原爆持ち。人種差別の撤廃もされておらず東南アジアの独立の動きも無し。
そっちルートでやりたい?俺は嫌。
149.名無しさん:2018年04月19日 23:04 ID:GV.em9Db0▼このコメントに返信
※143
ロスチャイルドと天皇に繋がりがーとか言ってる時点で、そいつはただの陰謀論者だよ
陰謀論だと定番のネタだからね
150.名無しさん:2018年04月19日 23:06 ID:Mxk2Nmt80▼このコメントに返信
※147
それはないと思う
農地の収入は上限があるし、底辺農民が聖人君子で地主がゲスってことはない、今だってそうでしょ?
逆の確立が高い、教育にだって金はかかる、地主が収入を得るのは当然だ
農地改革も失敗とは言わないが効果はう~ん…息子を兵隊に出して殺させることで国家との間に利権を得る代わりに、タダでもらった土地を売るってマイルドな所得移転になった程度?

満州の理想って今で言うと、田舎に仕事がなく東京に就職した人が、独身のままアニメ見てる(ある種の現世否定だし、マイルドな特攻戦術)だと考えた方がしっくりくる。私はアニメ嫌いですけど

そういう意味で、私の言うプチ満州が人口減に寄与して、世界恐慌を避けてるってのは、いい線いってると思うけどね
正解は真ん中へんにあるんだろうけどさ
151.名無しさん:2018年04月19日 23:10 ID:rWwu5RI30▼このコメントに返信
ロシアにまぐれ勝ちして馬鹿が調子に乗った結果がこれ
152.名無しさん:2018年04月19日 23:11 ID:M6i6PSbe0▼このコメントに返信
※151
徹底的に戦略考えてギリギリの辛勝まで持っていったのが日露戦争なのに、まぐれ勝ちしたとか勘違いしてしまったのが運の尽き
153.名無しさん:2018年04月19日 23:12 ID:minG1eSf0▼このコメントに返信
※131
馬~鹿め! どんなに本意に反する戦争であっても始まってしまった以上は、たとえ一国民であっても国家国民を裏切ることはせずに一緒にガンバルしかないぜ。なんせ負けたら全てを奪われかねん。 まして立憲君主制下の統治権の総覧者=国家元首たる陛下が「朕の戦争」と自称して責任を被カブる姿勢を示されるのは「立派な大人の判断」として当たり前だろ。

まぁ千ョンコークオリティー(気質)の反日ド腐れ醜ブ左翼の卑怯モンには解らんよなww  そして、陛下は敗戦直後に実際にマッカーサーと会見し、身の安全が保証されてない中でも「朕に一切の責任がある」と発言された。これで陛下は立派に敗戦責任を取られた。それをどう扱うかは連合国の裁量の範疇で、文句があるなら連中に言え。あっ、戦争責任なんてアイマイな言葉でゴマカシは無しにしてくれ。開戦責任か敗戦責任だからな。

開戦責任は ※98 にイキサツを書いたが、政府と軍部の首脳が繰り返し同じ決定をした以上、独裁者じゃ無いから従うしかなかったので、「無し」だ。
154.名無しさん:2018年04月19日 23:12 ID:Mxk2Nmt80▼このコメントに返信
※147
あなた歴史知識は得意なんでしょうし、誠実なよい人間に思えますが、不得意なとこは間違ったテンプレ張ってるんじゃないかね?
発想を持つときは、人間性捨てないとバランス間違えると思います

当時の東北の農民が避妊できたとは思わないので攻める気はないですし
満州も作ってる間だけは楽しかっただろうけど、それだけでしょ
155.名無しさん:2018年04月19日 23:30 ID:jgW6uhJc0▼このコメントに返信
神の視点で全てを把握してたらそりゃおかしいでしょ、結果としても惨敗だしな
神の視点ではなく当時の、人間の視点で語らなきゃ

156.名無しさん:2018年04月19日 23:33 ID:zpf5BoMW0▼このコメントに返信
「江崎道朗 中国共産党に牛耳られた戦前日本の政界・言論界」で検索
・日清戦争後、中国共産党を育てた日本、第一次国共合作後の留学生共産化
・河上肇の資本主義否定。デフレにより企業を弱らせる「清算主義」
・レーニン「二つの資本主義国家群のあいだの矛盾を利用しけしかけるべき」
・朝日新聞の鬼畜米英
・朝鮮戦争失敗の総括を踏まえたアジア共産化、3つの基本戦略
・対ソ連への再三の核武装要請を放棄した日本に見切りをつけ、
 米中による日本封じ込め政策開始
157.名無しさん:2018年04月19日 23:46 ID:CVr.HX7U0▼このコメントに返信
石油押さえられたら、今でも戦争に行くんじゃないか?
「エネルギーを押えられると経済回らないし、そうすると国民が怒ってどのみち国が滅びるし、それだったら他国に拳振り上げたほうがマシ。だって、うちの国案外強くね?無意味な差別に屈してたまるか」って始まったのが過去の戦争。

どー考えても、勝てないと五十六将軍程の人物ならば気がついていた戦争だった。
負ける戦争しちゃいけねえよ。
158.名無しさん:2018年04月19日 23:51 ID:CVr.HX7U0▼このコメントに返信
大体、世界の飢餓だって食料が無いんじゃなくて、お金を押えられていて経済が回らないから起こっているんだよ。
159.名無しさん:2018年04月19日 23:53 ID:M6i6PSbe0▼このコメントに返信
※157
そもそも、南部仏印進駐したら石油禁輸するぞって米が入っているのに、どうせしないだろうと思って南部仏印進駐をガチでしてしまう大日本帝国さんの頭のおかしさが原因じゃん
160.名無しさん:2018年04月19日 23:54 ID:TWhnBySd0▼このコメントに返信
満州で起きたきっかけの小競り合いに、政府がきちんと対応せず、
悲惨な通州事件などが起きても国民党に抗議せず、
やむなく石原莞爾の関東軍が抗議の軍事行動を起こした。
そもそもがこれ。
そして最初の小競り合いで中国人に殺されたのが、満州の朝鮮人農民。
161.名無しさん:2018年04月20日 00:27 ID:VTXLcN4.0▼このコメントに返信
※159
中国の尖閣侵略とか、韓国の対馬侵略とか、どうせしないだろうと思ってる今の日本政府に似てるな
162.名無しさん:2018年04月20日 00:32 ID:Akh7qm6k0▼このコメントに返信
(途中で死んじゃったけど)ルーズベルトにしてみても太平洋戦争の経緯と結果は当初の読みとは
随分違ってたと思うぞ。仮にタイムマシンがあってルーズベルトがそれに乗って戻ったとしたら
蒋介石は支援しないで、日本とも戦うようなシナリオにはしなかったと思う。
WW2に関しては、アメリカは勝ちはしたが得るものはなく、日本は負けはしたが、秀吉の時代から
ずっと気がかりだった「欧米列強からの極東アジア侵略の阻止」という目的は果たせた。
163.名無しさん:2018年04月20日 00:32 ID:WYsbrqOV0▼このコメントに返信
権限もないくせにみんな自分勝手に俺様が主役!ってやってたらそりゃそうなるわ……
164.名無しさん:2018年04月20日 00:52 ID:QC8dP6lT0▼このコメントに返信
日本の外交暗号は開戦のかなり前から見破られており、開戦前の最期の日米交渉に望む日本側の最終譲歩案(シナからの全面撤兵・勿論、満州はシナじゃないぞ)も最初からアメに漏れていた。アメ側にはその案なら飲めないことは無いとの意見も一部にあったが、充分な検討もしないで対日最後通告の方向にカジを切ってしまったことが問題なのだ。南部仏印を巡メグる出来事にコダワルなんて見せかけに吊られて本質を見てネーぞ。

つまり、アメには本気で戦争を回避する気がないどころか、最初から是非とも戦争に持ち込む気持ちしかなかったわけだ。日本の南部仏印進駐(仏国の了解は得ているので侵略というのは偏向になる)なんかアメにはどうでも良く、日中戦争で日本が軍事的に優勢or健闘していれば、南印進駐をしなくても代わりに何か因縁をつけてABCD包囲網を敷シく。
そして、開戦準備のメドがたつまでは時間稼ぎに外交交渉に応じるが、どこかで問答無用で最後通告をつきつけるという開戦を行なうことは規定路線と見るしかない。
165.名無しさん:2018年04月20日 00:54 ID:PJoJZhFA0▼このコメントに返信
※160
通州事件は冀東防共自治政府っていう日本の傀儡自治政府がやらかしてるのにどうして国民党に抗議するんですかねえ。

抗議したところで飼い犬もまともにしつけられないのかって鼻で笑われるだけや
166.名無しさん:2018年04月20日 01:18 ID:ZnMURq2M0▼このコメントに返信
アメリカの政治中枢に中国の工作員(背後はソ連)が混じっていて日本を敵視するように煽動してたんだよ。
まぁ満州辺りは工作員が跋扈していたし、日本のマスコミや共産党なんかがいろいろ日本国内でも動いてたしな。
167.名無しさん:2018年04月20日 02:19 ID:.E.TaW770▼このコメントに返信
当時のアメリカは共産主義だったんよ。
で、日本は共産主義は絶対的に悪だから抵抗したんでしょ。
168.名無しさん:2018年04月20日 04:52 ID:az.WTGvg0▼このコメントに返信
※160

横から書き込むが、いい加減な解説(解釈)は、ちゃんと勉強してなくて知らないならばやめた方がいい。

宋元哲はすでに27日(虐殺事件二日前)に蒋介石に、「我等は南京政府に従って必死で自国防衛中だ」とアピールしてるが、20日には蒋が宋元哲の懐柔工作をしていて、寝返ってたのは間違いない。むしろ、第29路軍と冀東政権を最後まで信頼してた事が通州事件の惨劇の原因だよ。その中で一番愚かだったのが石原莞爾だよ。だから昭和天皇も、この後石原を蛇蝎の如く嫌った。

そもそも廬溝橋事件直後にすぐに軍の総動員決めてる事からもわかるけど(7月12日)、全てはファルケンハウゼンと蒋介石によって仕込まれてたんだよ。日本軍をまず陽動で北支に引き付けて、そのあと上海で殲滅する、という作戦でね。
169.名無しさん:2018年04月20日 05:28 ID:az.WTGvg0▼このコメントに返信
※121

統帥権干犯問題を引き起こしたのは、鳩山一郎と政友会で、目的は憎~い濱口内閣への倒閣運動だったんだよね。

さらに言えば、日中戦争(シナ事変)を泥沼化させたのは軍じゃなくて近衛首相と広田外相。降参して講和を頼んで来た蒋介石に、「無礼だから相手にしない」と言ったんだから、そりゃ戦争は終わらなくなるわな。

そして日米戦争の原因を作ったのも外務省。はっきり言えば松岡洋右外務大臣その人だよ。直接原因としては、昭和16年4月の、日米交渉を握り潰した事。間接原因としては、その1年前の日独伊三国同盟で、日本を侵略的志向のならず者国家の一員に追い込んだ事だ。

実際に昭和天皇が日米交渉(日米諒介案)を松岡一人が潰したと言っていたと、独白録にも出てくる。そのあと、近衛がルーズベルトとの首脳会談を画策したり、さらなる譲歩案を出したが、アメリカの不信は当然の様に解けなかった。

開戦後の単独講和だけど、自分から戦争を始めてしまっては、戦局有利なままでの単独講和はまず無理。唯一のチャンスはイタリアの単独講和への便乗だっただろうけど、まだ日本に大損害が出てない状況だったからね。バドリオ、が内閣内部で隠語として流行したくらいだからね。

とにかく、歴史ってのはちゃんと勉強しないとね。天皇制や軍部(そもそも海軍と陸軍は完全な別組織)に全て押し付けても真実はわからなくなるだけだよ。
170.名無しさん:2018年04月20日 05:53 ID:q6B4vDk00▼このコメントに返信
※143
天皇はGHQに東條を売って保身を図ったんだな
戦争終結をジャッジしたのは自分が先だって、戦後に実弟の高松宮とも論争してるもんな

べつにそれで天皇を批判する気ない、人としてわが身が大事なのは当たり前だものな
でも講和プログラムをスタートさせるにあたり、戦時中に天皇が徴用してきた人材は何も役に立たず、宮中や陸海軍の非主流派を集めざるを得なかった件について、だれを批判するべきかと言えば天皇しかいねえよな
171.名無しさん:2018年04月20日 05:55 ID:az.WTGvg0▼このコメントに返信
※143

昭和天皇の開戦責任だけど、昭和天皇も実は騙されてたんだよね。外務省(と海軍が首謀して東條も)がハルノートを「最後通牒」だという嘘の上奏をしたから昭和天皇はずっとそう信じていたんだけど、ハルノートを読めばすぐに第一行に、日米間の合意に向けての提案のアウトラインとある。外務省はこの1行を昭和天皇に秘匿した。これを見れば、米国が外交交渉の再開を志向してたことがばれるからね。

まぁ、実際に外交交渉になったら、海軍はビンソン案と石油の枯渇のダブルパンチに加えて、択捉に集結してる連合艦隊を呼び戻す命令を出す、という三重苦が待ってて、それこそ海軍にとっては絶対に飲めない話だっただろうけどね。
172.名無しさん:2018年04月20日 06:13 ID:01eIkb2Y0▼このコメントに返信
始めたんじゃ無い 追い込まれたんだよ
173.名無しさん:2018年04月20日 06:17 ID:cspDKaTV0▼このコメントに返信
中華民国とは廬溝橋事件のせいでグダグダやり合うハメになった
これは後に共産党員が「俺たちが日本軍に向けて発砲した」なんてドヤ顔で語ってるから要は日本も中華民国もハメられた
講和しようにも蒋介石が全然出てこなかったし

アメ相手は石油の禁輸措置解除して貰うために真珠湾に集まってる軍艦一掃して講和するつもりだったけど
日本の攻撃直前にアメ側の偉いさんが「こんなに軍艦集中させてたら危ないだろ」って独断で動かしたせいで泥沼になった

それだけ
174.名無しさん:2018年04月20日 06:40 ID:4XN53XW20▼このコメントに返信
※170

売るも何も、そもそも戦争犯罪を犯したわけでもないのに『平和に対する罪』なんて罪状を
でっち上げて最高責任者を処刑したアメリカが完全に異常なだけ。うん、はっきり異常。
そして、当初は天皇を処分する事で完全に日本を従属させようとしたが、当時の日本人の
天皇家に対する感情が想像以上に強固で、うっかり手を出すと逆に反逆精神が湧き上がると
判断したアメリカが選択したのが東条以下の指導的立場にあった人間の処刑です。

通り魔に襲われた人のボディーガードがその通り魔に殺された場合、その人はボディガーヂ
を通り魔に売ったとは言わないだろ?そういうこと。
175.名無しさん:2018年04月20日 06:42 ID:az.WTGvg0▼このコメントに返信
※173

いくら真珠湾の軍艦を一隻残らず全滅させようが、アメリカが白旗あげるわけがない。

シナ事変も、テロリストがいくら銃弾を撃ち込んでも、日中のどちらかにはっきりとした戦争の意思(計画的戦争準備)が無ければ全面戦争にはならない。日中(国民党軍)の両方が被害者という理論は成立しない。
176.エンアカーシャ:2018年04月20日 06:47 ID:FZa2H5.80▼このコメントに返信
アメリカが、中国大陸を属国化するとして、進出、
日本が、アメリカを中国から追い出す目的で、日中戦争が勃発、

日米交渉で、アメリカが中国からの撤退を拒否、
      日本が中国から撤退するとの提案も、アメリカは拒否、

アメリカ側に<交渉の意志が無かった>事が確定した、
アメリカの目的は、<中国の領土化>と、<日本の権益低下>だった、

日本が中国から撤退すると知らせても、受け入れ無かった事実が、アメリカ側の主張を破綻させている、
アメリカの意向は、ハルノートでのみ、確認されている、
ハルノート以外の、アメリカ側の主張は、実在していない。
177.名無しさん:2018年04月20日 06:52 ID:lf4.cuJ.0▼このコメントに返信
世界中がずっと欧米の植民地のままだったら良かったのになあ・・・
178.名無しさん:2018年04月20日 09:05 ID:Te4HSbsF0▼このコメントに返信
当時のトップの人間の質が悪過ぎた
179.名無しさん:2018年04月20日 11:56 ID:gPFoEFC80▼このコメントに返信
国全体を覆う閉塞感。
煽動家の口車に乗った無知無思慮な民衆が戦争を望んだ。
ミンスが大勝した時みたいにな!
180.名無しさん:2018年04月20日 14:18 ID:N5ojuRGo0▼このコメントに返信
今も昔もアメリカ様の航路で石油輸入してるから
アメリカ様の機嫌そこねたらまたいつのまにか悪者にされて石油止められるで
181.名無しさん:2018年04月20日 15:05 ID:O0zi2V4N0▼このコメントに返信
まず満州なんて米すら作れない土地を占領してフロンティアだと宣伝しまくった連中が狂ってる
次に内戦中の支那に関与なんかするから泥沼に引き込まれた
対ソ連戦目的で日独伊三国同盟を結んだのに独ソ不可侵条約締結で破棄しなかった指導部は狂ってる
当然インドシナ進駐なんかしなくて済むからアメリカが石油、鉄くずの輸出を止める事もなかった
結局同盟する相手を間違えた
日英同盟を破棄せずにアメリカも加えておけば鼻くそほじって暇して行けたんだよ
182.名無しさん:2018年04月20日 15:54 ID:5VGi0Xpl0▼このコメントに返信
黄色人種で白人側に行ったのはシナ人だけ、当然チョッカイ出してくる。
183.名無しさん:2018年04月20日 16:14 ID:tWOyPWLb0▼このコメントに返信
とんでもないくらい馬鹿で気が狂ってたからでしょ
184.名無しさん:2018年04月20日 17:55 ID:QC8dP6lT0▼このコメントに返信

※171
※98 を読んで無いのかよ。アメの政権中枢部がハルノートは(宣戦布告に代わる)最後通告だと明かしてるのに何言ってんだい。
まぁ日本が日米戦争を始めた訳ではなく、アメの方が先に開始したんだ。後は双方の好きな時に軍事行動を起こすだけ。日本に軍事行動でワザワザ先手を取らせておいて「卑怯な不意打ちだ」とウソつく方が卑怯だぞ。

あっ、戦闘開始が戦争の正式な始まりと錯覚してる?
アメはハルノートをつきつけた時点で太平洋方面の臨戦体制を低レベル(デフコン3)からでもとるべき責任があった。そして、日本の応戦布告を解読した真珠湾奇襲の前夜には緊急出動命令をだしてれば良かっただけで、出さなかったアメが悪い。


185.有色人種の9割が奴隷だったのが70年前。世界大戦は必ず起きる:2018年04月20日 18:08 ID:3n7ALg3e0▼このコメントに返信
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
日本とタイ以外の全ての有色人種が、白人の奴隷だったのが、つい70年前。
アメリカが、最後の植民地候補「日本」を狙って、地球の裏から出張して来た。

その前、第一次大戦前後、白人同士の奴隷奪い合いが勃発した。
日本も、奴隷にされる側の「人種」として扱われそうになったが、軍事力と経済力があった為、
白人のいくつかの国家は、「日本は征服するより味方にした方がお得だ」と考えた。それが国際連盟。

日本は、白人グループに入り込み、内側から「有色人種奴隷制度」をなくそうと提案したが、白人は一斉に拒否。
第二次大戦になる。
日本は対米戦争の片手間で、アジア各国にインフラを敷き、戦中戦後に独立できるようノウハウを与えた。

結果、白人は原爆使用と民間空襲までして「勝ったのに」全ての植民地を失った。
「この戦争が終わったら地球全土の奴隷化が完了して生活が楽になる!」って士気で戦争してたのに。馬鹿だ。

日本の功績は、世界で初めて、人類史で初めて、地球史上初めて、有色人種が白人に戦争を挑み、
しかも奴隷制度完全撲滅!を果たした、「有色人種の救世主」なんだよ。

これは「勝利」だ。後の戦勝国とか敗戦国とかは、敗者の負け惜しみに過ぎない。
戦争は、「勝てばいい」って物ではない。「目的を達成する為」の物だ。
日本とアメリカは、ひとつの宝物を目指して奪い合ってた訳ではない。
アメリカの目的は日本を奪う事、日本の目的は有色人種国家を強くし独立させる事。結果は「達成された」
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
186.名無しさん:2018年04月20日 18:20 ID:QC8dP6lT0▼このコメントに返信
シナカス並の嘘つきがいるぜ。 日中戦争はシナの侵略だぞ。発端の蘆溝橋事件もシナカス側からの発砲だし、一旦停戦協定が成立しても日本側がくり返して発砲を受けることが何度もおき、小規模紛争が月を越えて続いて収まる気配がなかった。

そして全面戦争化を公表・宣言したのも、シナ凶惨党の捕虜におちた蒋介石が命の保証と引き換えに、ラジオでシナ全土に行なったものだ。そして、南京に戻ってからは実際に精鋭部隊を中心に軍勢を上海集結させたぞ。
187.名無しさん:2018年04月20日 18:27 ID:az.WTGvg0▼このコメントに返信
※184

多分184さんが良心的な人だからだと思うけど、前半と後半の文章が論理的に合ってないと思います。

宣戦布告は普通、戦争準備をちゃんと整えてからしなくてはいけないもので、そうでなければ自国民に多大な損害を出してしまうよね。そうだとすればハルはよほどの阿呆だったのか、という話になる。

これは陰謀~囮、としても同じで、自軍に大損害を出す程の穴を作ってしまえば今度は反攻が不可能になるからね。真珠湾であれフィリピンであれ、実際にいかなる軍事措置が行われていないからね。

米国が日本を怒らせる事をしたのは事実だけど、米軍としての戦争準備完了が、ビンソン案等を考えても1943年頃目途だから、この辺りは冷静に考えるべきだと思う。

あと、当然、米国に宣戦布告の考えがあったとしても、日本は米国の意図をハルノートだけで汲み取ることは出来ないわけで、そのまま読むしかない。その時に、外務省は当然ながら4月にまとまった諒介案の中身と比較しているし、実際に比べれば両者の差はそれほど大きくない。日本が最後通牒だと解釈する余地は無かったはずなんだよね。
188.名無しさん:2018年04月20日 19:01 ID:oNi2UCyf0▼このコメントに返信
※16
言いたい事は分かるし言葉狩りでしかケチつけられないくらい整理されてると思う
189.名無しさん:2018年04月20日 19:11 ID:oNi2UCyf0▼このコメントに返信
日本人食わせるのに本土外にぶん投げて行こうかする手前、その本土外に引きずられた。 
抑止力抑止力抑止力ぅ~のはずだった本土外が かえって本土にまで災いを引き寄せるザマになった。
他と比べ特別悪い所は無い。当時流行りのゲームに乗っただけ、そこでマヌケこいただけの敗者なのかもしれない。
190.名無しさん:2018年04月20日 20:15 ID:qww5sweQ0▼このコメントに返信
自存自衛のため
とのことなんだけど、オーストラリアまで攻める理由になるとは到底思えない
191.名無しさん:2018年04月20日 22:44 ID:q6B4vDk00▼このコメントに返信
昭和15年6月:フランス敗北→日本で(南進論)が始まる
昭和16年2月:北部仏印進駐
昭和16年4月:”関特演”スタート
昭和16年7月:南部仏印進駐
昭和16年8月:米国の石油禁輸スタート

むしろアメちゃんよく我慢してね?

192.名無しさん:2018年04月21日 00:39 ID:SFUnppPL0▼このコメントに返信
※187 ←君がどう足掻ガこうが無意味だな。アメは両洋における戦争の準備が大まかできたと判断したからこそ時間稼ぎはやめてハルノートをつきつけた。そして、それは交渉打ち切りを解って欲しいとの意図をもった最後通告=開戦布告だとアメ自身が認め、日本側もアホじゃ無いから東郷を含めて正しく受け止めた。極東軍事法廷で唯一ほとんどマトモな仕事をしたとされるパル判事も、非道い通告だと見抜いた。
つまり、君が余程のアホか、実態をネジ曲げてすり替えをしたがっている千ョンコークオリティー(気質)なだけ。

アメはハルノート(最後通告)以前に、攻撃されると予想していたフィリピン宛に、一旦は痛手は受けても最終的には放棄すること無く反転攻勢に出るのに必要な兵力までは増援して備えていた。勿論、瞬く間に日本軍を撃退されてはホワイトハウスの目論見が潰ツイえるので、マッカーサーが望むほどの援軍には足りなくて不満だった。 結局、舐めくさってたアメ本国の予想を遥かに越えて日本軍が強かったに過ぎず、結果的には一方的に押しまくられて準備不足に見えただけ。
アホらしいしもう寝る。ほかの記事やサイトに行くのでレスはいらんよ。
193.名無しさん:2018年04月21日 04:21 ID:6tmOncRV0▼このコメントに返信
※192

一言だけ

アメリカが自国の兵を囮として殺すような作戦を自分から立てるとは考えにくいし、軍備が整っていたとも考えにくいんだよね。開戦には、海軍のみならず陸軍の準備も必要だし、何より実際に米国は1942年一杯、立て直しに右往左往しているから。

ただし、アメリカが日米開戦の覚悟を決めて外交してたのは間違ってないよ。16年前半は対独開戦を覚悟してたから日米交渉を活発化してたんだし。
194.名無しさん:2018年04月21日 05:25 ID:jw30YjtE0▼このコメントに返信
※192
>>舐めくさってたアメ本国の予想を遥かに越えて日本軍が強かったに過ぎず

バターン半島攻略に5か月、コレヒドール島に半年かかり、南方作戦のスケジュールは台無し、大本営でも大問題になったと自分は聞いているが、どこの世界線の日本軍ですかね?

お名前