スポンサーリンク

2018年04月16日 21:05

第一次大戦とかいうやべー戦争wwwwwwww

第一次大戦とかいうやべー戦争wwwwwwww

01

引用元:第一次大戦とかいうやべー戦争wwwwwwww
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1523191958/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)21:52:38 ID:j0A
まず開戦までの流れがおかしすぎませんかね……

2: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)21:54:32 ID:Rs7
なにが?

5: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)21:56:21 ID:j0A
>>2
何もかもオーストリア皇太子暗殺からセルビアへ戦争布告までの流れがもうおかしいやろあれ
なんで最後通牒ほぼ全面受け入れしてんのに戦争に発展すんねん

6: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)21:57:05 ID:JUl
>>5
ロシア「ごめん総動員かけちゃった」

12: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:02:49 ID:j0A
>>6
シェリーフェンプランとかいうクソガ○ジプランを用意してたドイツさんサイドにも大いに問題がある

7: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)21:57:48 ID:7ti
>>5
オーストリア「全部受け入れろ言うたやん」

12: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:02:49 ID:j0A
>>7
マジでさぁ……

8: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:00:00 ID:QRY
この戦争までは勝国は賠償金獲れて勝ったら儲けてたけどWWⅠから新兵器が続々と投入されて武器の破壊力が飛躍的にアップしたせいで敗国の経済力を賠償金支払い能力が無くなるまで破壊してしまって勝ってもお金とれなくて儲けにならなくなったからね仕方ないね

10: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:01:40 ID:f2H
騎士道精神がなくなり、
ボタン1つで大量に殺すただの殺し合いになった戦争

18: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:06:05 ID:j0A
>>10
おはチャーチル

11: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:02:13 ID:kQs
ドイツとかいう強いのに勝てない国

18: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:06:05 ID:j0A
>>11
国内のあらゆるものを犠牲にして得たあの馬力だからクッソ脆い強さでしかないし
おまけに全方位に喧嘩売るからねあいつら
飢えすぎて兵のモラルが消え失せてたし
言うほど強くないやろ

14: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:04:13 ID:FBj
なお、傷痍軍人も多数産んだ模様

16: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:05:13 ID:f2H
3つも王朝が滅んだ戦争
中世ヨーロッパの体制が一気に崩れ去った

19: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:06:17 ID:7ti
>>16
四つや
ホーエンツォレルン、ロマノフ、ハプスブルク、オスマン

21: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:07:11 ID:f2H
>>19
すまん、トルコを忘れていたわ

17: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:05:17 ID:DPq
日本もちゃっかり参戦して儲けた

20: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:06:38 ID:f2H
クリスマスまでには帰るさと言って始めた結果
4年も続いてお互いの力を弱めた消耗戦だった

28: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:11:00 ID:ATt
日露戦争での機関銃の戦果を見抜けなかった無能

35: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:17:06 ID:o8L
フランスは人口比率と国土無茶苦茶になったけど
ドイツは餓死者出たくらいでほぼ無傷やったしな

38: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:19:42 ID:eEQ
>>35
そりゃあんな戦術繰り返してたらね

44: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:22:16 ID:j0A
>>38
塹壕戦でまだ攻略方法も分かってなかったんやからしゃーないやろ

37: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:19:14 ID:f2H
某美大志望者「美大に落ちた、ドイツがWW1で負けた・・・俺が世の中を変えたろ」

42: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:20:17 ID:OkH
世界恐慌でアメリカはドイツに投資できん、
投資がなくなって賠償金払うのきつくなる
賠償金払われずイギリス、フランスがアメリカに借金返せん

のトライアングルは正しい知識?

43: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:21:30 ID:58B
>>42
賠償金支払いをゴネたのが問題になったのは世界恐慌以前の話やで
世界恐慌以降は支払額はどんどん減らしてもらっとる

44: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:22:16 ID:j0A
>>42
賠償金はイギリスには行ってなかったはずやで

45: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:22:39 ID:f2H
暗黒化のドイツをとっちめた結果、さらに暗黒化しただけだったな

57: 名無し 2018/04/08(日)22:27:38 ID:afz
この頃からフランスってお荷物国家だよな

59: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:28:10 ID:JUl
>>57
一番のお荷物はイタリアだぞ

61: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:28:34 ID:f2H
>>57
でも陸続きってことでドイツと1番体を張って戦ったのはフランスだし多少はね

70: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:29:58 ID:j0A
>>57
ルーマニア、オーストリア「許された」
フランスはむしろあの電撃的な奇襲で壊滅的な被害を受けながらもギリギリで踏ん張った有能やろ
早期に戦線離脱しやがったロシアくんにも問題がある

60: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:28:32 ID:g2W
フランスとかいうアメリカイギリスに尻拭いしてもらっただけの癖に戦勝国面してるやつ

68: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:29:43 ID:7ti
>>60
腕っぷしの強さより外交力が大事ってことやぞ

72: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:30:55 ID:o8L
>>60
戦闘でいくら勝とうが外交で負けたら意味ないんだよなぁ
戦争なんて外交の手段の一つでしかないし

80: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:34:15 ID:j0A
>>72
フランスとは対照的にドイツくんは毎回戦争を政治の上に置いてしまうイメージ
なんでやろね

65: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:29:21 ID:o8L
イタリアって局所的に強いよな

84: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:35:54 ID:eEQ
ソンムの戦いフランス側vsスターリングラードソ連側
どっちかに飛ばされるとしたらどっちの方がマシなんや

85: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:37:04 ID:JUl
>>84
ソンムやろ
スターリングラード寒いもん

87: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:37:38 ID:eEQ
>>85
やっぱり悲惨さはww2の方が上やな

89: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:38:43 ID:JUl
>>87
ww1は基本塹壕や退避壕に潜んでればええからな

95: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:40:32 ID:7ti
>>89
でも四六時中砲撃受けたり雨でブーツ履いた足が死んだりってのはいややな

103: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:45:46 ID:g2W
なんかの戦争で使った銃弾を一日で使い果たすレベルでやばかった戦いってなんだっけ?

105: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:46:43 ID:JUl
>>103
日露戦争の弾丸消費量をww1は5日間で消費するとは聞いたことがある

108: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:47:30 ID:ecf
WWⅠに主要な海戦ってあったっけ

111: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:48:45 ID:7ti
>>108
ユトランド沖海戦

124: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:54:50 ID:it2
レーニンとかいう秘密兵器送られたロシア帝国君かわいそう

126: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)22:55:35 ID:Yvx
>>124
それww滅ぼされたもんな

156: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)23:06:42 ID:o8L
ww1から戦争が国家総力戦に変わったのに、なぜ日本はアメリカに短期決戦でいけると思ったのか

170: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)23:12:13 ID:j0A
>>156
国家総力戦研究所「(対米開戦は)あーダメダメダメ!(国力差が)太すぎるッピ!(終戦までほぼ完全に予想)」

178: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)23:13:53 ID:o8L
>>170
せっかく研究させたのになんで東條上等兵は無視したんや…

236: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)23:40:12 ID:mZo
いまだに第一次の爪痕が残ってるんやっけ

239: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)23:41:11 ID:JUl
>>236
フランスベルギー国境のあたり不発弾いっぱいあるで

242: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)23:42:37 ID:j0A
>>236
フランス→未だにドイツに国土を荒らされたせいで毒ガスと不発弾により入れない土地が大量にある

そら賠償金もふっかけますわ

289: 名無しさん@おーぷん 2018/04/09(月)00:38:07 ID:yiv
第一次大戦とかいう王朝撲滅戦争
栄華を誇った帝国が消えて無くなってしもうたのう

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年04月16日 21:12 ID:pK2XCu600▼このコメントに返信
すっげぇ嫌な話だけど、戦時中の方が色んな国が生き生きしてるよね
アホみたいだし輝いてる時代なんて絶対言いたくないけどやっぱ国全体が一つの目的を持ってるってのは凄いエネルギーなんだろうな
戦争は嫌だから別のなにかに向けて国一丸となって動けば色んな問題なんて簡単にクリアしてくれそうだ
2.名無しさん:2018年04月16日 21:16 ID:CZXR6gt20▼このコメントに返信
※1
乱暴だが言いたいことは分かるわ
仮想敵国がないと自壊しそうな国って今でもあるよな
3.名無しさん:2018年04月16日 21:17 ID:UQyJeMDd0▼このコメントに返信
フランスとプロイセンでうつ病の罹患率の低下が疫学的に証明された最初の戦争だったっけ?
4.名無しさん:2018年04月16日 21:19 ID:cbQW5OEw0▼このコメントに返信
英仏「敵国弱体化させるためにオスマン分裂の援護したろ」
独「敵国弱体化させるために亡命してたレーニン送ったろ」

やっぱww1はクソだな
5.名無しさん:2018年04月16日 21:22 ID:9fexouXN0▼このコメントに返信
これも日本が韓国に侵攻するために引き起こした戦争なんだよな
6.名無しさん:2018年04月16日 21:23 ID:5BtaqI6j0▼このコメントに返信
フランス 「塹壕だろうが突撃やー」
 パパン パパン!  若者死者多数
「もう戦争はいやだ」
→ WW2でそうそうに降伏
7.名無しさん:2018年04月16日 21:25 ID:pK2XCu600▼このコメントに返信
戦争は嫌だけど
戦争があったから戦争は嫌だって事を学べたのかもな
8.名無しさん:2018年04月16日 21:26 ID:1RVHDI1u0▼このコメントに返信
フランスとか流行とお洒落の国みたいな顔しといて、不発弾・地雷・爆薬・毒ガス埋まり過ぎで数百年は立ち入り禁止って言われとる地域抱えてたりするしな
あれに比べたら沖縄に撃ちこまれた砲弾・爆弾・ロケットなんてホント密度薄いんだろなぁ
9.名無しさん:2018年04月16日 21:26 ID:5BtaqI6j0▼このコメントに返信
ロシアもドイツも動員計画は立てていたが、撤退計画がなかった
一度国境沿いに送った兵員を戻す手順がなかった
今で言えばデフコンレベルが上がった後、平時に戻す手順の設定漏れ

参謀 「いやー 攻撃の事しか考えていませんでした テヘペロ」
10.名無しさん:2018年04月16日 21:30 ID:5BtaqI6j0▼このコメントに返信
>>156
国家総動員での世界大戦では国力差で負け必至だから、短期決戦しかないと考えた
短期決戦の方法を考えたのはいいが、終結のしかたは考えなかったという落ち
11.名無しさん:2018年04月16日 21:31 ID:5BtaqI6j0▼このコメントに返信
なにせ日露戦争の全期間の使用砲弾量が1日で消耗される戦争だったからね
日露戦争で日本は砲弾不足で緊急輸入している位なのに
12.名無しさん:2018年04月16日 21:32 ID:IwvR0AMa0▼このコメントに返信
「我に強い右翼を!」(Macht mir den rechten Flügel stark!) シェリーフェンの遺言
13.名無しさん:2018年04月16日 21:33 ID:QBrlhnQm0▼このコメントに返信
本文でフランスをお荷物呼ばわしてるやつがいるけど、
連合国のMVPは間違いなくフランスやぞ
なおWW1で燃え尽きて灰になった模様
14.名無しさん:2018年04月16日 21:33 ID:5BtaqI6j0▼このコメントに返信
ドイツ 「負けてない、休戦しただけなのに」
15.名無しさん:2018年04月16日 21:35 ID:.0UQvyTN0▼このコメントに返信
敵がいないと自滅する国、中国、韓国、北朝鮮、ロシア、以上になっております。
16.名無しさん:2018年04月16日 21:36 ID:5BtaqI6j0▼このコメントに返信
※13
アメリカが参戦したけど、武器はフランスで受け取ってるしな
連合国(英含む)の航空機エンジンの過半数もフランス製
ただ、戦術は・・・
17.名無しさん:2018年04月16日 21:36 ID:8ZJ1xxDO0▼このコメントに返信
そらWW1まではマジの世界大戦なんて無かったわけだから、まさか世界大戦になるなんて誰も思わなかったわけで、
当事者の誰も本気で 「これ以上はヤバイ、ここで留まろう」 と考えていないのがなんとも
サラエボ事件から開戦に至る経緯は何度資料や史書を読んでも唖然とすると言うか歯痒いと言うか愕然とする
18.名無しさん:2018年04月16日 21:37 ID:.4O6DjSo0▼このコメントに返信
しかし仮想戦記で第二次はネタにされるが、第一次はないなあ
あの暗殺を阻止されただけで世界史の流れがどれだけ変わるかは見たかったが
19.名無しさん:2018年04月16日 21:40 ID:CWAxDifW0▼このコメントに返信
日本は堂々の第一次世界大戦の戦勝国
中国は第3国であって、第2次世界大戦の戦勝国ではない
正確な戦勝国は中華民国(台湾)
このことを誤魔化すために、日本を歴史奴隷として存在しない問題を押し付けている
20.名無しさん:2018年04月16日 21:42 ID:IwvR0AMa0▼このコメントに返信
国民兵カントレック!なっちょらん!!まったくもってなっちょらんぞ!!!
21.名無しさん:2018年04月16日 21:43 ID:QBrlhnQm0▼このコメントに返信
※16
ペタンがトップに付いてからはアホな攻勢はしてないのでセーフ…だよね…?
ジョフルとかニヴェルが脳筋なのはもちろん、エラン・ヴィタールなんて考えだした脳筋は擁護の余地はない
22.名無しさん:2018年04月16日 21:43 ID:5Zf3j09F0▼このコメントに返信
ドイツへの戦後処理が苛烈すぎたって言われているけど、しかたない。
フランスは男子人口の割合がいびつになって、国土に砲弾や毒ガスぶち込まれて社会秩序もおかしくなっているから。
あれで戦後処理がゆるゆるだったら国民が暴動起こすレベル。

WW2でも早々に降伏したことがネタ化されているけど、正面対決したら二度と国が復興できないレベルにまでなってた。
でも土下座したからこそ、常任理事国でふんぞり返れている。
そのあたりは日本も見習うべきこと。
23.名無しさん:2018年04月16日 21:45 ID:3DmVcq2q0▼このコメントに返信
此方が嫌でも相手がその気なら仕方ないんじゃないの?
24.名無しさん:2018年04月16日 21:49 ID:rkFW9k6q0▼このコメントに返信
大日本帝国陸軍は第一次世界大戦で総力戦の怖さを思い知ったからこそ、満蒙や華北に固執して戦争への道を歩んでしまったんだよなあ

総力戦の準備をしているはずが気がついたら総力戦に突入していたとかいう笑えない史実
25.名無し対戦車道さん:2018年04月16日 21:50 ID:8Rv0s9OT0▼このコメントに返信
1回の会戦の死者数が何十万単位だもんなあ。
血も涙も枯れ果てるよ。
26.名無しさん:2018年04月16日 21:51 ID:JKsHM7Fb0▼このコメントに返信
※1
買った国、曲がりなりにも残った国の考え方やろ

征服されて終わる国も歴史の中には山ほどある

まあ、平和な時代に原爆みたいな大発明はやらせてもらえないって考え方はあるし、実際正しいとは思うけど

次戦争あったら例えばクローンぐらいは実現するかもしれないし、平和な間はそれはあり得ないだろうし
27.名無しさん:2018年04月16日 21:52 ID:HBYs616t0▼このコメントに返信
>>26
今の情勢見るにクローン人間を大量に揃えられるとかよりはるか前に第三次は起きるぞ?
下手すれば未来の教科書では今が第三次にカウントされててもおかしくない
28.名無しさん:2018年04月16日 21:53 ID:5BtaqI6j0▼このコメントに返信
※22
実際、終戦前に暴動が起きかけていたんだよね
下手すりゃフランスにも革命が起きていたかもしれない
29.名無しさん:2018年04月16日 21:56 ID:5BtaqI6j0▼このコメントに返信
クローン人間育てる暇があるんなら、普通にロボット兵士を大量配備だろうな
今の技術では1年で成人を作れるわけじゃ無いから
30.名無しさん:2018年04月16日 21:59 ID:jrn3.Yel0▼このコメントに返信
※18
遅かれ早かれボスニアで親セルビア勢力による暴動が起きてオーストリア軍が介入する
そこでセルビアと後ろ盾のロシアがどう判断するかだけど、ロシアが動くかドイツが過剰反応したら同じ結果
31.名無しさん:2018年04月16日 21:59 ID:20ZPmZVI0▼このコメントに返信
千単位で死ぬ衝突が毎日そこらじゅうで起きていたとは聞いた
32.名無しさん:2018年04月16日 22:00 ID:H6yC4fql0▼このコメントに返信
そら翼賛会でもアメ公には勝てんって最初から分かってた
まあハルノートきた時点で日本の敗北は決定してたよ
33.名無しさん:2018年04月16日 22:01 ID:VCpKtmnl0▼このコメントに返信
メディアが発達してなかった時代の最後の戦争
食い違い、行き違い、プロパガンダに恐怖心でパニック状態w
34.名無しさん:2018年04月16日 22:03 ID:pK2XCu600▼このコメントに返信
次の戦争でどんな武器が使われるかはわかりません
だけどその次ならわかります
石と棍棒です
35.名無しさん:2018年04月16日 22:05 ID:pK2XCu600▼このコメントに返信
何で聞いたかわからないけど
地球上の軍隊や兵器作る金を全て科学に費やしてたら今頃は月に住んでたとかなんとか…
まぁ本当かどうかわからんけど月へのエレベーターの見積もりが10兆くらいらしいし案外あり得たかもな
36.名無しさん:2018年04月16日 22:06 ID:S3TPPezO0▼このコメントに返信
韓国人。植民地なるなら日本じゃなくてイギリスが良かった
37.名無しさん:2018年04月16日 22:15 ID:KDMwyTJK0▼このコメントに返信
考えてみると、ヘタレのイタリアに、Kの法則ならぬJの法則発動のドイツ…。
日本は、組んだ相手も悪かったかも。
38.名無しさん:2018年04月16日 22:15 ID:DD5exICt0▼このコメントに返信
戦後賠償で毟り過ぎてチョビ髭の独裁者を生み出す切っ掛けになった
39.名無しさん:2018年04月16日 22:18 ID:cbQW5OEw0▼このコメントに返信
ヴェルダンの戦い
フランス側損害:計377,000~542,000(内死者不明者 162,308)
ドイツ側損害:計336,000~434,000(内死者 100,000)

これが1つの拠点をめぐる戦いの結果である(期間は10ヶ月程度)
全体ですらない1つの戦いでコレなんだから、そら人口ピラミッドも壊れちゃうよね
40.名無しさん:2018年04月16日 22:27 ID:uNqKVyqj0▼このコメントに返信
※25
前半→騎兵と歩兵で横一列で突撃して死体の山を築く
中盤→穴を掘ってその中で砲弾やらで死体の山を築く
後半→毒ガスや戦車、航空機等の新兵器で死体の山を築く

41.名無しさん:2018年04月16日 22:35 ID:1RVHDI1u0▼このコメントに返信
※39
1つの拠点って言ってももう少し視点上げれば拠点を中心にした地域での戦線の押し合いへし合いだからこの人数になるんだよなぁ
42.名無しさん:2018年04月16日 22:38 ID:uNqKVyqj0▼このコメントに返信
※36
寒いからと言って天然痘ウイルス付きの毛布をプレゼント
自国の綿製品を売り付けるために綿職人の手首を切り落として、生活の補償もなく餓死させる
支配地域で現地民を拉致って奴隷として売り付ける

てか、悪行が日本以上に多すぎて書ききれないわ。

日本が朝鮮半島に行った悪行
全国の禿山に植林をして緑豊かな地域にしてしまった
測量で呪いの杭を打ち込み、化物の鉄の蛇が走るように鉄道や道路等を整備してしまった。
工場を作り、農業を活性化させて朝鮮人の人口を増やしてしまい現在に至るまで世界に迷惑を掛けてしまっている。
43.名無しさん:2018年04月16日 22:46 ID:m87vLTXy0▼このコメントに返信
この戦争のお陰で電撃戦や近代的な諸兵科連合戦術が産声を上げた。
この戦争が無ければ英帝様やロスケの火力主義も無かった。
※22
日本を含む戦勝国は甘々なポーツマス条約を結んで起きた日比谷焼打事件を知ってるから中央同盟国側をカルタゴ化せんといかんという国内政治的なこともあった。
44.名無しさん:2018年04月16日 22:46 ID:FiFL9ie20▼このコメントに返信
※39
塹壕の環境が酷くて死んじゃった人の数もシャレにならんしね。
45.名無しさん:2018年04月16日 22:46 ID:QBrlhnQm0▼このコメントに返信
※40
毒ガスは出た当初が一番猛威を振るってた
毒ガスも毒性の高いガスが順次使用されていったけれど、
同時にガスマスクなども対応して性能が上がってるから、毒ガスが一番猛威を奮ったのは中盤
なおカイザーシュラハト以降最終盤では、攻勢側が大量の捕虜を獲得してるので戦死率は結構低い
46.古古米:2018年04月16日 22:57 ID:tS9ogjWE0▼このコメントに返信
ドイツが何時までも戦争を続けられた理由は、空中の窒素を固定化して硝石の代わりに出来たかららしいね。(ハーバー・ボッシュ法)
イギリスがドイツの硝石の輸入の邪魔をしても、ドイツの砲弾が減らないのが不思議だったそうだ。
後、初の毒ガスである塩素系ガスを発明したのもユダヤ系ドイツ人である学者ハーバー。
ハーバー・ボッシュ法を確立したハーパーは、農業肥料に応用出来るとかでメーベル賞を受賞している。
ユダヤ系なので、ナチスに追われてイギリスに亡命している筈。
イギリスでは高名な学者に「私は(毒ガスを作る様な)卑怯者と握手する手を持っていない」と面会を拒否されている。
47.名無しさん:2018年04月16日 22:57 ID:2rHkmxqw0▼このコメントに返信
世界大戦といっても実質は欧州戦争なんだよな。
48.名無しさん:2018年04月16日 23:02 ID:Lsh9NHxs0▼このコメントに返信
※47
当時の独立国の数から言えば十分世界大戦だろう
それに戦域でも大西洋は元より太平洋でも戦いは起こってるし
49.名無しさん:2018年04月16日 23:14 ID:z70tijZU0▼このコメントに返信
ドイツ帝国が帝政ロシア軍を東部戦線から撤退させるため,スイスに亡命していたレーニンを封印列車で密かに帰国させて,ロシアの戦線離脱には成功.しかし後のソ連を誕生させたのが誤りだった.
50.名無しさん:2018年04月16日 23:14 ID:SI004CnA0▼このコメントに返信
皆ウキウキで出征して行くんよな...
51.名無しさん:2018年04月16日 23:22 ID:8xhlXcWC0▼このコメントに返信
※50
「クリスマスまでには、家に帰れる!」

52.名無しさん:2018年04月16日 23:26 ID:L.HTJXVu0▼このコメントに返信
正直、どことどこがどんな理由で戦いはじめたのかよく知らん。
53.名無しさん:2018年04月16日 23:27 ID:m87vLTXy0▼このコメントに返信
※51
最初の頃は前線は将校含め敵とサッカーしようぜ!!一緒に飲むべ。もあったが、どんどん鬱な戦いになっていく。
54.名無しさん:2018年04月16日 23:35 ID:Y3tHl2rg0▼このコメントに返信
コンピエーニュの森での停戦協定は今年の11/11で100年だなぁ

55.名無しさん:2018年04月16日 23:36 ID:oXcTNSt70▼このコメントに返信
※51
涙止まんないよね・・・
56.名無しさん:2018年04月16日 23:47 ID:uECREdXQ0▼このコメントに返信
戦時国際法が無く、非人道的兵器の見本市に近い状態で戦っていた時代
57.名無しさん:2018年04月16日 23:48 ID:uECREdXQ0▼このコメントに返信
※5 歴史をやり直せボケ!
58.名無しさん:2018年04月17日 00:33 ID:cnVGN79I0▼このコメントに返信
>日本もちゃっかり参戦して儲けた

これがもとでアメリカがイラっとして、WW2の中華へのアメリカ援助に繋がってるんだぜ。
59.名無しさん:2018年04月17日 00:33 ID:WKXIKu4Z0▼このコメントに返信
※49
日本としては「これさえなければ」といえる事件の筆頭候補だよね
ロシアの帝政も限界っぽい部分はあったけど共産革命よりは議会による民主革命のほうが絶対マシだっただろうな
60.名無しさん:2018年04月17日 00:33 ID:.WaX6RWg0▼このコメントに返信
ヴィルヘルム二世が悪いよヴィルヘルム二世が
百歩譲ってシュリーフェンプランはまだわかるとしても小モルトケだったかがフランス用の人員を東部戦線に回す始末
ガバガバ過ぎませんかね…
61.名無しさん:2018年04月17日 00:35 ID:cnVGN79I0▼このコメントに返信
※50
新映像の世紀見たんだね。 出兵する兵士が駅のホームで踊ってたよね。
62.名無しさん:2018年04月17日 00:38 ID:cnVGN79I0▼このコメントに返信
※61
お! youtube で全編見れるぞ。 みれみれ。
63.名無しさん:2018年04月17日 00:54 ID:HequU.q90▼このコメントに返信
※60
どっちにしても機動力が足りないからフランス軍の包囲殲滅は無理
第一次マルヌ会戦直前には兵站線と一番遠い前線は130km離れてて鉄道は寸断されてて輸送は馬に頼らざるを得ず、
兵員の食料はもちろん馬の飼料さえ不足してる有様
そもそもロシアの動員に時間がかかることと、ベルギーをすんなり通過できることがシェリーフェン・プランの前提なのに、
ロシアは早々に動員を終えて8月中旬には東プロイセンに侵入、
ドイツ軍はベルギーにはものすっごい抵抗されてようやくフランス国境をまたいだのが8月下旬なので、
前提の段階でシェリーフェン・プランは破綻してる
64.名無しさん:2018年04月17日 01:27 ID:.1UrjmUw0▼このコメントに返信
戦争が何かを達成する手段ではなく戦争そのものが目的だったことが第一次大戦の恐ろしい点だな
何の意味もない殺し合いを国家の総力を挙げてやってた
65.名無しさん:2018年04月17日 01:45 ID:zdK.AGNg0▼このコメントに返信
ロシア懲罰戦争だったな、結果共産主義が誕生した。
66.名無しさん:2018年04月17日 02:35 ID:lkBbh23k0▼このコメントに返信
※18
ユーゴ崩壊のときにセルビアで出てきた公文書から
あの暗殺はセルビア国軍(の秘密組織)が関与してたことがはっきりしたから
失敗しても成功するまで暗殺試みたろうから、あんま変わらないかと、、、
67.名無しさん:2018年04月17日 03:15 ID:OcciA1a20▼このコメントに返信
*8
フランスは100年戦争の昔からガチムチの脳筋連中だぞ。
近世はそれこそバリバリの死の商人っぷりだし。
ただそのせいでWW1はひどいことになって、WW2じゃあの有様なんだけど。
68.名無しさん:2018年04月17日 05:06 ID:SXfv.6yK0▼このコメントに返信
※58

アメリカが反日になったのは、直前の日独伊三国同盟という明白なネタがあるのに、なぜかそれを無視して第一次大戦やら日露戦争に原因を押し付ける頭がおかしい人間がいるんだよね。

ちなみに、日本が第一次大戦に参戦したのは、ドイツが太平洋艦隊を持ってたからだよ。これのせいで、日本には局外中立なんて言う選択肢は始めから存在しなかったんだよ。まぁ、日英同盟とか三国干渉から日露戦争への積年の恨みもあるけどね。
69.名無しさん:2018年04月17日 05:08 ID:bIB51e5K0▼このコメントに返信
負けたら国が消滅するのでそら両軍数十万単位で死傷者出ますわ
70.名無しさん:2018年04月17日 05:45 ID:SXfv.6yK0▼このコメントに返信
※60、63

もし兵員の一部を東送してなきゃ、両方の戦線で負けてるよ。シュリーフェンプランは、基礎的な概念がすでに時代遅れだったから、ロシアの動員についても、西部戦線の鉄道と自動車の運用についても、ちゃんと評価出来てない。(一応、何度も改訂作業はされてたけどね)

それ以前に、ベルギー進攻したら、英国が参戦を誘発する可能性を無視した時点で大間違いだったんだけどね。
71.名無しさん:2018年04月17日 05:54 ID:SXfv.6yK0▼このコメントに返信
※13

フランスは、戦後、人口増加量だけ考慮した上でも、ドイツには勝てないっていう自覚があったから、ドイツ再軍備もラインラント進駐も必死で止めようとしたのに、イギリスがその度に妨害したんだよね。

そして、電撃戦になったときは、イギリス側は仏白防衛の為のろくな陸軍を大陸に準備できなかった。島国的油断、っていうには余りに大きな失策だろうね。
72.名無しさん:2018年04月17日 06:48 ID:g7IN87KU0▼このコメントに返信
1次大戦は普仏戦争の結果と、総動員がわかってないと開戦理由があんまわかんないからな
「先に総動員かけたほうが絶対に勝つ」となってて
ロシアがうっかり威嚇のつもりで総動員かけちゃったから
ドイツがかけて、フランスがかけてって連鎖的に始まった
総動員かけたらもう戦争するしかないからな
73.名無しさん:2018年04月17日 07:10 ID:l0SPtHiC0▼このコメントに返信
※68
大正時代に東久邇宮がフランス留学した時に、いつかアメリカに喧嘩売られるから我慢しろよって忠告されてる。
見る人が見ればアメリカとの衝突は時間の問題だったのでは。
74.名無しさん:2018年04月17日 07:49 ID:s6gZ.rkR0▼このコメントに返信
「落としどころ」という単語が辞書から消えたのはいつだろうか?

南北戦争やボーア戦争、パラグアイ三国戦争もとんでもないことになったが…

あと民間人死者一千万って、どこでそんな37564が多発したんだろう。
75.名無しさん:2018年04月17日 08:36 ID:fNf6PQp.0▼このコメントに返信
※66
その秘密組織が国内の政争で失脚の危機に陥っていたから暗殺などという「義挙」に出たんだよ
もし失敗していれば二度目三度目の暗殺チャレンジなんて起こらない可能性のほうが高い
76.名無しさん:2018年04月17日 08:49 ID:LvLWscIF0▼このコメントに返信
フランスはこの戦いのせいで人口ピラミッドがおかしくなるぐらいのダメージ受けたんだっけ
だからキレまくって異常な額の賠償金ドイツに吹っかけたんだっけ
77.名無しさん:2018年04月17日 09:02 ID:SXfv.6yK0▼このコメントに返信
※76

でも、フランスとベルギーは実被害の分を請求しただけなんだよね。それだけ破壊が酷かったんだけど。(戦闘が仏白の両国内ばっかりだったから仕方ない)

確かフランスはアルザスとロレーヌのドイツ人の民間資産はちゃんと補償してなかったかな。ともあれ、一方的にフランスが無茶苦茶だった、というわけではない。
78.名無しさん:2018年04月17日 09:28 ID:SXfv.6yK0▼このコメントに返信
※72

総動員が即戦争になるわけじゃないんだけど、ドイツ人が異常だった。経過を整理すると、オーストリアとセルビア間で開戦が決まったときに、露軍も墺を牽制するための総動員を下令した。

ロシアの動員はドイツ当てじゃないから、元来は激烈な反応をする必要は無いはずなんだけど、独軍は露仏同盟で二方面から圧迫を受ける可能性があるから、という理由で、大急ぎ(というか、ほぼ全自動マシーンのように、という感じ)で総動員~まずパリにむかって進撃、フランスを一気に負かせて帰す刀でロシア撃滅、とか言うクソ計画を発動させた。

墺塞戦争は別におかしな戦争じゃないし、ロシアが友邦の救援に兵士を墺露国境に並べて威嚇するまでは普通な話。

それに対応してドイツも兵士を独露国境に動員しても問題ない。双方の兵が越境して侵略行為がなければ露仏同盟も発動しないからね。

ところがドイツは戦争に勝つために自分で戦争を作り出してしまったわけだ。そして自分から越境して侵略者になった為に、露仏のみならず英国、日本、そして最後に米国も敵に回した。

第一次、第二次大戦ってのは、ドイツ人の愚かさの代表例みたいになってるね。
79.名無しさん:2018年04月17日 09:36 ID:eX7yLhVi0▼このコメントに返信
※5
誰かこいつの脳内がどうなってるのか解説してくれ
80.名無しさん:2018年04月17日 10:26 ID:lkBbh23k0▼このコメントに返信
※75
秘密組織(ブラックハンド)はセルビア軍将校で組織されてたんだぜ、、、
実際暗殺実行犯はセルビア陸軍将校に軍事訓練受けて武器供与(手榴弾と拳銃)されてる
そのトップ(暗殺の真の首謀者)デミトリエヴィッチが当時失脚寸前だった、なんて話はドコからきたの??
(史実だと暗殺4年後のドイツ軍にセルビア占領時に前国王暗殺容疑で処刑されてる)

「義挙」じゃないんだよ、軍組織が計画して国家として実行したんだよ、、、
ユーゴ崩壊で流出した文書でそれが確認されたんだ、、、
81.名無しさん:2018年04月17日 12:46 ID:kZ6LdKMr0▼このコメントに返信
※68
日露戦争直後からアメリカは日本を次の敵とみなしている
関東大震災では援助をしているが、日本人移民の排斥とかもあって基本的には敵扱い
WW1後にはこのまま日英が同盟を続けると東西から挟撃を受けかねないと考え日英同盟をつぶした
三国同盟で急速に対日感情が悪化したと考えるのは楽観的過ぎる
82.名無しさん:2018年04月17日 12:49 ID:kZ6LdKMr0▼このコメントに返信
※74
少なくともWW1はドイツの国内での本土決戦までは行われていない
国内で飢饉で反乱も起きだしたので休戦を申し入れた
ただ、その結果として武装を全面解除され、多額の賠償金を課せられた
武装は解除された後だから反論も出来ない
これがWW2でのドイツの徹底抗戦につながったと思われる
83.名無しさん:2018年04月17日 15:34 ID:fNf6PQp.0▼このコメントに返信
※80
ブラックハンドの構成員がバルカン戦争で戦死者が多数出てそもそも影響力が低下していた。さらにディミトリエビチの専横に反発する有力者たち(王太子とか)が反ブラックハンドの組織を結成して巻き返しを図っていた。そういう決定的な時流の変化がディミトリエビチをしてサラエボ事件なんていう賭けに駆り立てていくわけだよ。国内での体制が安泰ならあんな暴挙はやらんでいい。だが自ら暗殺という手段で国民の英雄となったディミトリエビチだからこそ、敵国の要人を討ち果たして(これが彼らの言う義挙でなくてなんだよ)、親ディミトリエビチ派の求心力を高めようとしていたの

そして政府や軍(≒ブラックハンドの中枢)はこの暗殺計画に反対していた、けれどもそれを止めることも支持することもできず野放しにしてたんだよ。軍が関わったというのは決して国策でそういう決定がなされたわけではなく、軍の急進派の独断を許す体制だったということ。セルビアとオーストリアの力関係が分かってれば暗殺なんかするはずないんだよ。救国の英雄としての求心力低下という国内事情、自分の足元しか見えてなかったからこそのサラエボ事件決行だよ

セルビアがドイツに敗れた後、まさに反ディミトリエビチ一派によってディミトリエビチ含むブラックハンド構成員が一斉検挙されてるわけで。祖国が占領されている真っただ中でもあり、かつ裁判によって死刑判決まで持って行ってるわけだから年数かかってるけど
84.名無しさん:2018年04月17日 19:28 ID:vgXb1uD70▼このコメントに返信
※83
ソレってセルビアの文民政府と陸軍との対立(特に占領マケドニア統治に対する軍政の問題で)と勘違いしてません??
だいたい1903年のクーデタでは、軍政を否定し、憲法と議会を復活し、反軍部的な急進党中心の政府に移行して
デミトリエヴィッチ自身(というか陸軍)は政治の表舞台に出てきてませんよね
軍政もひいて無いのに「デミトリエヴィッチの専横」てのは具体的にどーゆーことを示してるんですか??

当時のセルビアには合法的な大セルビア主義を主張し活動する人民防衛団(ナロードナ・オブドラナ)もあったけど
ブラックハンドについては完全なテロ秘密組織でハプスブルグ貴族暗殺計画も長期に渡って準備してますよね
そんなブランクハンドの対抗秘密組織ってなんて名前か確認したいんですが、、、

まぁ同時代の日本と同じく、政府と軍部は完全に考えも成すことも別物だったセルビアで
暗殺後もデミトリエヴィッチ失脚しないし、暗殺で政府の立場が強化されたわけでもない
しかも軍が崩壊した瞬間だからこそ、軍人だったデミトリエヴィッチを大逆罪で処刑できたわけで
暗殺時点でデミトリエヴィッチ(というか陸軍)の権力が弱まっていた、とは自分は非常に考えにくいんですが、、、
85.名無しさん:2018年04月17日 19:32 ID:SXfv.6yK0▼このコメントに返信
※81

アメリカの孤立主義は、全世界を仮想敵にするものだから、日本も敵、イギリスも敵、ドイツも敵、だからね。これを、2年前の同盟国相手にやらかすものだから、相手国は困憊するわ~。

ただ、孤立主義のアメリカを理解するには、アメリカが「平和=現状維持」を望んでいる事を理解すれば八割解決する。そしてヨーロッパの混乱を蛇蝎のように毛嫌いしていて、日本にはヨーロッパ問題に口出ししてほしくない、第二のアメリカのように振る舞うのを要求するんだけど、中国の裏には常に独英仏露がいるから、日本にはヨーロッパ政治から独立して外交をする事が出来ない。

中国問題で日本に火が付くのは、常にこの点なんだよね。地球上最大の島国のアメリカが日本を理解しきれない原因はこれ。そして、日本人も、裏側のヨーロッパ情勢への影響を余り考えずに大陸問題に首を突っ込むから、満州事変や防共協定みたいな愚行をやらかしてしまう。
86.名無しさん:2018年04月17日 20:43 ID:kZ6LdKMr0▼このコメントに返信
※85
アメリカのモンロー主義は アメリカ「大陸」の孤立=USAの市場独占であり、欧州は出てけ
というものなので、平和主義ともいえないが
87.名無しさん:2018年04月17日 21:08 ID:5mwf3wRP0▼このコメントに返信
※81
>日露戦争直後からアメリカは日本を次の敵とみなしている
「日本はアメリカを次の敵とみなしている」の間違いだろ。帝国国防方針の変遷を知らん程素人じゃあるまいに

>日本人移民の排斥とかもあって基本的には敵扱い
お前はいま中朝からどどっと移民が来るのを歓迎する政治家が居たら歓迎するパヨなのか?
当時の日本は「結婚したらまぁしゃあないから受け入れるわ」と言うアメリカ側の紳士協定を悪用して
日系二世を使って見もしない相手と結婚の既成事実作って流入、とか結構無茶苦茶やってるし、
そもそも当時のアメリカの移民政策は対アジア移民制限であって、対日移民制限じゃないんだが。
日本が勝手に被害者意識撒き散らして作った「排日移民法」とかいうレッテル鵜呑みにしてんじゃねーよ
88.名無しのまとめりー:2018年04月17日 21:20 ID:rKvvvoh10▼このコメントに返信
思うんだけど、
第一次世界大戦が世界大戦なら
ナポレオン戦争も十分世界大戦なんじゃないかと
89.名無しさん:2018年04月17日 22:13 ID:Jd8iADUc0▼このコメントに返信
※88
ナポレオン戦争では極東(アジア)で関連した戦いが無いから「世界大戦」とは呼べないですね
ちなみに世界大戦という言葉は戦後のもので、戦争中は「欧州大戦」と日本では呼んでいました
90.名無しさん:2018年04月17日 22:22 ID:kZ6LdKMr0▼このコメントに返信
英語だと The Great War になる
91.名無しさん:2018年04月17日 22:26 ID:kZ6LdKMr0▼このコメントに返信
※87
アメリカのホワイトフリートの世界一周演習を知らない?
バルチック艦隊と違って俺たちは強いんだぞ という威嚇行動を主に日本向けに行った
ロシア極東艦隊が居なくなった時点で、太平洋を挟んで日米は対決する運命になっていたんだよ
92.名無しさん:2018年04月17日 22:45 ID:SXfv.6yK0▼このコメントに返信
※91

※87さんが知ってるか知らないかは知らないけど、第一次大戦までは極東にはドイツも大艦隊持ってたよね~。91さんが知ってるか知らないかは知らないけど。

そんな大昔の話はどうでも良くてさ、第一次大戦から第二次大戦前の日米関係はワシントン会議の決定事項が基本なわけよ。それは日英米が世界の大洋を三分割して、イギリスが大西洋のヨーロッパ側とインド洋、アメリカが大西洋の逆半分と太平洋の東側、日本がハワイ以西の太平洋、という勢力圏の分割であって、太平洋については、アメリカはハワイ以西に軍事基地が作れなくなったし、イギリスもシンガポールから先の太平洋に拠点を持てなくなった。日本もオーストラリアに配慮して南洋諸島の軍事化を放棄した。

この体制は日米開戦までほとんど動いてないよね。
93.名無しさん:2018年04月18日 02:59 ID:u35CSp7z0▼このコメントに返信
※89、90

映画なら、「ザ、大戦!」と続編「ザ、大戦2」が第一次大戦、第二次大戦の名称の関係みたいなものだね。第一作には元々何もついてなかったわけだ。

太平洋戦争のネーミングも、アメリカはそれでいいかもしれんが、インド洋で戦った日本とイギリスには迷惑な話だ。
94.名無しさん:2018年04月18日 04:27 ID:c5VoYNA90▼このコメントに返信
tps://www.youtube.com/watch?v=JBWTEO7DFFc
第一次世界大戦

お名前