スポンサーリンク

2018年04月15日 12:05

太平洋戦争の敗因って何なんや?

太平洋戦争の敗因って何なんや?

03

引用元:太平洋戦争の敗因って何なんや?
http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1523471876/

1: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:37:56.47 ID:EP34A6xN0
ザ・パシフィックを見たので

6: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:39:35.75 ID:HQQ9+zEG0
開戦した

116: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:03:17.51 ID:CQuDGcrC0
>>6

705: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 06:11:30.94 ID:T9StJwr5a
>>6
いやもうこれに尽きる

7: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:39:51.39 ID:8sTCZ5g80
あらゆる面での見通しが甘いなんてものじゃなかった

8: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:40:02.50 ID:tNPwz8mS0
敗因もクソも最初から負け戦やろ

11: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:40:38.80 ID:EP34A6xN0
>>8
それじゃうちの帝国ただの馬鹿じゃん

9: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:40:05.48 ID:EP34A6xN0
それにしちゃボロ負け過ぎませんかね

30: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:45:49.07 ID:uGJW9JJH0
実は結構ちゃんとした戦力分析ができてたのに、それを受け入れられず開戦して、開戦後もズルズル負けを重ねたことがやばい

32: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:46:43.38 ID:EP34A6xN0
>>30
でもそれ受け入れたとしてどうなんや?ってのは思うわ
もっ~と前から分かってたとかなら別やけど
正直遅いやろ

35: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:46:59.80 ID:nIkwq5yQa
総力戦研究所とかそんなんやっけ?
結構的確に分析してたんに何故か握り潰されてしまったとかなんとか

38: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:47:22.01 ID:ICW9pjpVp
短期決戦で早期講和しようとしたらしいな

39: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:48:09.38 ID:XNUyAhJd0
始まってからなら補給線のび切ったからやな

41: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:48:26.02 ID:6nFQAtSB0
真珠湾で敵の戦意がおれると思ったから

42: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:49:06.05 ID:EP34A6xN0
>>41
実際あそこで太平洋艦隊撃滅出来てたらどうなってんやろな

46: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:50:17.11 ID:79zt/3Rr0
>>42
撃滅できとるやろ

50: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:51:01.89 ID:EP34A6xN0
>>46
よく言われるやつで空母叩けんかったんやろ?

54: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:51:52.73 ID:nIkwq5yQa
>>50
時間の問題やろ

62: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:53:32.96 ID:EP34A6xN0
>>54
言うほどか?太平洋方面の制海権をほぼ手中に収めることが出来てたならより迅速にいろいろ出来たと思うんやけどな

67: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:54:24.36 ID:79zt/3Rr0
>>62
実際に西太平洋の制海権掌握して南北作戦はやりたい放題やったやん

68: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:54:45.76 ID:Mq4DNnD70
>>62
あんな広い海の制海権を維持し続けられる船も燃料も元々ないからなあ

69: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:54:49.76 ID:lnB58d5B0
>>62
制海権を抑えれるっていってもアメリカの国力考えると一時的なものやからな

72: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:55:54.96 ID:chcLeW3b0
>>62
太平洋の制海権なんぞ開戦三ヶ月くらいやぞ

74: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:56:17.94 ID:8sTCZ5g80
>>62
太平洋全体の制海権維持なんて日本の国力じゃ無理や

75: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:56:34.64 ID:p+NApklsM
>>62
戦略レベルで制海権確保して何をするかってところが抜けてたし
そもそも本土上陸やハワイ占領が到底不可能な以上どうしようもないんやが

88: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:58:31.69 ID:EP34A6xN0
>>75
う~んそこは南方諸島やフィリピンの占領政策でいいんじゃないかな?

97: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:00:17.50 ID:cNLQMcfvp
>>88
占領政策しとる間に連合艦隊何個も作られるやん

112: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:02:58.10 ID:EP34A6xN0
>>97
いやそこは引き込んで陸の飛行隊と共同で撃滅よ

118: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:04:01.19 ID:Mq4DNnD70
>>112
態勢整えた米軍引き込んだらそのまま蹂躙されるで

44: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:49:23.44 ID:yrZnyg2up
あのまま北進してたらどうなったんや

48: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:50:41.33 ID:EP34A6xN0
>>44
もっと悲惨なことになってそうやな
個人的には中国への介入やめて欲しかっけど

47: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:50:24.97 ID:lnB58d5B0
偉い人1(こんなのおかしいよ絶対負けるって誰か無理って言えよ)
偉い人2(こんなのおかしいよ絶対負けるって誰か無理って言えよ)
偉い人3(こんなのおかしいよ絶対負けるって誰か無理って言えよ)
総力戦研究所「無理やぞ」
偉い人たち「机上の空論乙日本が勝つから」

なぜなのか

52: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:51:29.16 ID:RhSlMldp0
開戦するしかない状況に追い込まれたからそこに至るまでの外交的敗北が根幹や

83: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 03:58:10.76 ID:+FYa4sWU0
戦線広げすぎたなニューギニアいらんかったやろ

152: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:10:12.04 ID:7d8ImRIvM
>>83
オーストラリア分断して脱落させれば
米英も話し合いに乗りやすくなるやろというガバガバな見通しやぞ

171: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:12:28.95 ID:TnUQQrZwd
>>152
米豪遮断作戦はワイの知る限りあらゆる太平洋戦争ゲームで悪手とされとるな

114: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:03:00.65 ID:blcLdgAdd
そもそもなんでだっだ広い太平洋に進出したんや?
ドイツと挟み撃ちしてりゃ良かったやん

120: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:04:14.69 ID:EP34A6xN0
>>114
結局アメリカくるしなぁ

128: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:05:16.34 ID:chcLeW3b0
>>114
日中戦争勝ちたいわ
経済封鎖されたわ
南方侵攻石油始めとする資源確保したろ、の精神

125: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:04:52.10 ID:TLENVhTU0
アメリカ相手に開戦したのが敗因
もっというならおとなしく中国から手を引けなかったのが敗因

198: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:16:13.74 ID:rbRAmtMta
どんなに作戦練って犠牲者出してもアメリカのゴリ押しで負けとったで

220: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:18:41.98 ID:Z+Tk9MNP0
>>198
っていうかいかに犠牲者を押さえて被害少なくするかを考えるしかなかったのに
犠牲者を増やしてでも勝とうとしてた時点でな

199: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:16:16.48 ID:uGJW9JJH0
当時の流れで唯一行けそうだったのは開戦せず我慢し続けて、核武装してから国際的地位を手に入れるルートだけ

もうこれが限りなく無理に近い

233: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:20:52.68 ID:TnUQQrZwd
>>199
国際的地位なら最初からもっとったやん

253: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:23:39.17 ID:uGJW9JJH0
>>233
国際連合での地位は一応あったが、あれだけ暴れまわってるのを許してもらえるほどではなかった

クリミア併合しても許されるロシアとの違いや

261: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:25:02.79 ID:TnUQQrZwd
>>253
リットン調査団って実質的に日本を許しとるやろ

292: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:30:09.61 ID:gdHTXw6K0
>>261
絶対日本の言ってること嘘やけど作ってもたもんはしゃーないからしゃーない、って言ってくれたのに「連盟抜けるで」やからな
帰ってくるついでにスターリンの手握って戻ってくるし
アホや

203: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:16:59.85 ID:QkCsyKYR0
ドイツがロシアに進行せずアフリカ戦線維持してたら勝てたかな

284: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:28:13.76 ID:7d8ImRIvM
>>203
ロンメル曰くロシアに兵略回すよか
アフリカに力点置いてエジプトから
ブリカスを叩き出せば中東は自ずと枢軸よりになり
そこからロシアの柔らかい下っ腹を叩けるという算段やった

ちょっとエジプト遠征したナポレオン並みの妄想入ってるけど

206: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:17:18.83 ID:chcLeW3b0
石油も鉄もアルミも食料もないっちゅう

232: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:20:49.57 ID:utAe22sk0
開戦前に工作員でアジア各国の共産党を煽ってマッチポンプで赤化するでヤバイよヤバイよと喧伝すれば何とか

255: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:24:14.38 ID:TnUQQrZwd
>>232
毛沢東を影から支援して中国を赤化させちゃえば
アメリカは日本の味方になったやろね

282: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:28:04.50 ID:pR9umhdI
ジリ貧で白人の言いなり植民地まがいにされるよりは
開戦してなんとか講和まで引き出せれば
だろ?
勝とうなんて初めから思ってない

305: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:32:42.40 ID:BW6Xr73Zd
国力10倍以上の時点で無理ゲー、仮にミッドウェーで完勝してハワイ進撃しても太平洋最強のオワフ島要塞に阻まれて無理ゲー、たとえハワイ落としても補給伸びきって無理ゲー、もしアメリカ西海岸に上陸してもロッキー山脈で足止めされて無理ゲー

315: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:34:03.80 ID:chcLeW3b0
>>305
提督の決断やってると思う事

336: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:39:15.73 ID:gdHTXw6K0
>>305
どっかで講和やろ
つうかミッドウェー海戦で勝利して海軍戦力圧倒した段階でアメリカの国内世論に訴えて講和。
これしかない。
無理なら敗戦が2年伸びるか、ミッドウェー海戦で勝利したってことは大本営や参謀部が希望的観測なしのまともな組織なおかげで史実以上の泥沼になるかの2択ちゃうかなあ

363: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:42:58.28 ID:BW6Xr73Zd
>>336
アメリカさんサイドがミッドウェーでたとえ空母全滅しても講和に応じるとは思えんわ、せめてハワイ落としてそこから西海岸に通商破壊かけてパナマの流通ボロボロにするくらいはせんと

377: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:45:54.74 ID:ay/3T1k2a
>>363
アメさんの戦争終結のプランは
日本本土をフルボッコにして 日本がごめんなさい何でもしますからって土下座するまでやるっていうプランだった
真珠湾のすぐ後の話や
日本軍は 向こうビビリやし戦いに勝てばビビって降伏してくるやろって甘く考えてたけど
アメさんはそれどころか 要はお前が泣くまで殴るのをやめない!状態だったわけでな
そらアメリカからすれば急に後ろから金属バットでぶん殴られたようなものなんだから(真珠湾は)
そりゃそうなるわって話なんやけど

405: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:49:51.57 ID:gdHTXw6K0
>>377
とはいえアメリカは世論の国やから、ワンチャンはないとは言えん
戦争する側にその希望的観測はふざけるなとしか思わんけど

388: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:47:29.84 ID:j6Ti/qw8M
ハワイ占領してそのまま前線基地にしちまえばよかったのにな
ここぞというところで勢いが足りない

418: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 04:51:50.71 ID:lnB58d5B0
>>388
ハワイ攻略をするとして

ハワイにいる米軍は2個師団4万
3倍の兵力を用意するとして6個師団輸送する
1個師団の輸送に20~30万トンの輸送船が必要なので120~180万トン必要
開戦当時の日本の総船舶保有量が600万トン程度なので2割から3割が輸送だけに割り当てられる
兵を運ぶだけでこれなので実際はもっと多くの船舶が必要
国力維持の為にも船舶が必要だから実際はさらに使える船舶数のうち作戦に従事する割合が高まる
それらを沖縄より広いハワイを制圧できる数か月間、あるいは数年従事させるための補給にもさらに船や燃料が必要

無理やね(絶望)

546: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 05:31:50.95 ID:6Ma+OFi/0
結局アメリカの圧倒的物量作戦やろ
曲がりにも欧州がナチスに対抗できてたのはアメリカの支援があったからやし
アメリカが存在しない世界なら枢軸国の圧勝やろ

549: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 05:33:15.29 ID:dgAlWFPz0
太平洋戦争の開戦は避けられんよ
日清日露の連戦連勝でナショナリズムに沸く国民を鎮めるなんてまず無理

567: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 05:35:33.50 ID:Z/hscRDv0
まあそもそも国連脱退しなければ良かったんですがね・・・
あそこでなぜ脱退したのかが意味不明なんやが 国連譲歩しまくってるやん
日清日露まで外交良かったのにいつからガ○ジになったんや

576: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 05:36:34.99 ID:dgAlWFPz0
>>567
世論が納得しないから

578: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 05:37:57.34 ID:Z/hscRDv0
>>576
そもそも新聞しか情報ないんやからそこらへんうまく統制できへんかったのか

612: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 05:42:54.68 ID:dgAlWFPz0
>>578
統制もなにもまともな記事書いてたら新聞が売れなくなってしまった
国民が強気強気だから
だからどこの新聞社も好戦的な内容に変わっていった
新聞社が自分の新聞を売りたいがだけに
政府だけが強気でメディア使って国民洗脳したみたいに勘違いしてる人多いけど

新聞が全部好戦的な内容になって国民もまた更に好戦的になる
悪循環よ

641: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 05:47:53.35 ID:bHA9w9s+M
せや日本人の精神性が戦争に進ませたってのはあるやろな
新聞社の問題もある

675: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 06:03:42.56 ID:Ee0zOBzwa
>>641
そもそも日露戦争は「運良く」勝った(...まあ国力足らんでアメリカに仲裁入ってもらってホッとしたが実情やけど)だけやからなあ。

それで調子づいて「強国」やあ!
勘違いしたんが間違いのもと
最初から負ける戦争起こさんと
おとなしく軍縮条約に従えば良かった。

679: 風吹けば名無し 2018/04/12(木) 06:04:34.77 ID:bHA9w9s+M
>>675
そうそう、そこで引けばよかったのに勘違いしたんや

ドイツほどの先端技術もないのにな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年04月15日 12:08 ID:fFIAKyUu0▼このコメントに返信
A:おいJ そこはお前の席やないって言うとるやろ どけや
K in J:(おい また あいつ 言うてきてるぞ うっとしいの いっぺんシバィたれや!)
J:な な な 何言ってんねん そ そこ お 俺が長いことかかって確保したんやぞ
A:ん なんや くちごたえするんか ええ根性しとるやんけ
K in J:(勝手なことばっか 言いやがって シバケシバケ イテモタレや!)
J:く く くちごたえって な なんや ちゃんと説明したやないか
A:何をガタガタ言うとるんじゃ どかんかいボケ! よし 3っつ数える間だけ 待っといたる はい さーん にー いー
K in J:(一発カマシたれ! 痛い目に合わしたら Aも ちょっとは静かになるて)
J:わ わ わ わーーーー! コンチクショーーー!
@@@@@@@  数十秒後   @@@@@@@@@@@@@@@@@@ 
A:降参するか? それとも もっとか? どや!
J:ててててて… かか か か 堪忍してぇな な 何でも言うこと聞くよって…

結果的に 鮮日勢力(K in J)大勝利

あとはもう 世界中 ギユリちゃん キム八ヌルちゃんの 髪型以外は 思うがままである
2.名無しさん:2018年04月15日 12:08 ID:fFIAKyUu0▼このコメントに返信
J:いて いててててて…
A:降参するか? それとも もっとか? どや!
J:ててててて… かか か か 堪忍してぇな な 何でも言うこと聞くよって…
@@@@@@@  数カ月後   @@@@@@@@@@@
K:おいJ ちゃんと 謝れや!またワメクぞ! わーーーーーー
J:あ 謝ったやないか い い いつまで言うねん 
 あっ おっ おい そこ俺の席、 あっ おま 昨日も牛丼食わしたったやろ あっ あ
T:知らんな そんなん聞いたことない それにな ここは昔っから俺の席や
K in J:(そらそやな 結構調子のって アイツライジメたからな 
仕返しされてもしゃあないで また牛丼食わして あやまろや)
J:ウソ付けや! あっ おまえら やめろや あっ あっ 
A:おい お前ら ええかげんにせいや! おい J お前も 認めんかい! おう!
K in J:(A君に全部任せたらええねん もう 俺らが謝っといたらみんな仲良しや)
J:えっ あ…  う ん…
A君 今日もありがとう またガソリン満タンにしとくわ
  これ少ないけど取っといてw えへへへぇw
@@@@@@@@@@@@その日の夜@@@@@@@
A:おいT K もうちょっと 回数増やせや  またハンバーガー食わしたるからな
K:へっ 兄貴
T:ふん (たまには 俺にもステーキ食わせろや)
結果的に 鮮日勢力(K in J)大勝利
3.名無しさん:2018年04月15日 12:09 ID:I1C6JXB30▼このコメントに返信
>>6 で終わってるスレ
4.名無しさん:2018年04月15日 12:17 ID:Gq.MKcaQ0▼このコメントに返信
軍官僚の出世の為の戦争な印象を受ける
まあ、内乱避ける為かもに、仕方がないかもだが
5.名無しさん:2018年04月15日 12:19 ID:ZXCEPUK60▼このコメントに返信
うん、軍事的な行動の前に「金融と貿易」で詰みを食らってるからね。
満州や朝鮮半島の工業力を足しても「ドイツの足元にも及ばない」のだから、国民の努力で何とかなる問題じゃなかったな。
つか支配地域の生産性が悪すぎる。日本本土を助けるどころか、負担にしか見えん数字だぞ。
6.名無しさん:2018年04月15日 12:20 ID:fA3iEHm10▼このコメントに返信
日本の敗因はドイツが連合国に負けたことだろ
7.名無しさん:2018年04月15日 12:21 ID:CTueTU3A0▼このコメントに返信
日本側の海外の反応に対して見通しが悪かった
8.名無しさん:2018年04月15日 12:22 ID:jyUE.Z3b0▼このコメントに返信
山本五十六の一撃講和の思想が、敗因と思う。
この思想が、部下に徹底されていなかった。
だから、南雲長官の判断ミスヵ、恒常的に成った。
そして、軍令部の人事の硬直化で、人事のタイミングが遅くにずれるミスを犯している。
山本五十六が、連合艦隊司令長官に成ったのが、敗因なんだろう。
9.名無しさん:2018年04月15日 12:22 ID:k2IP2jCk0▼このコメントに返信
『太平洋戦争』とか対米戦ばかり見てる限りなにも分からんよ
ゲームみたいにヨーイドンで敵を倒して勝敗が決まるんじゃねーんだ
10.名無しさん:2018年04月15日 12:26 ID:fstJf1xR0▼このコメントに返信
そもそも中国との戦争を続けるために始めたのに、負けた時には大陸の戦力は温存されていたという謎っぷり
11.名無しさん:2018年04月15日 12:27 ID:ftLsgWQx0▼このコメントに返信
戦ったら負け
とはよく言ったものだ
開戦しないのが正解
12.名無しさん:2018年04月15日 12:27 ID:ZXCEPUK60▼このコメントに返信
※4
国民の経済への理解と情報公開が足らんからねぇ。
超デフレになったのにセーフティネットがなく、国際金融の状況に対応しようにも強い通貨も無いから、
国民だけでなく官僚まで軍事方面に傾倒しちゃったともいえる。
13.余命ブログ:2018年04月15日 12:27 ID:rSVnABYw0▼このコメントに返信
日本第一党と自民党に投票しない売国奴は公安と官邸に通報メール

現在、余命1号~90号まであり!

思想や宗派を調べ上げ、安倍総理を批判する輩は全て官邸へメールと自民党HP要望メールを!
14.名無しさん:2018年04月15日 12:29 ID:OKeSv2uY0▼このコメントに返信
講和つっても明らかに国力が格下の敵に殴られて講和してそのままなんてことあるか?ほとぼり冷めたら絶対報復するだろ
15.名無しさん:2018年04月15日 12:31 ID:1AGiK3Jf0▼このコメントに返信
何十回目のスレ立てだよ!
16.名無しさん:2018年04月15日 12:32 ID:2nJT7ka90▼このコメントに返信
国内の合戦気質がまだ残ってたんやろ
両軍対峙して突撃~うおおおお~みたいな
17.名無しさん:2018年04月15日 12:33 ID:tC.0Numu0▼このコメントに返信
世界恐慌とかじゃね?
18.名無しさん:2018年04月15日 12:34 ID:G.Y6BTOF0▼このコメントに返信
アメリカと戦争したことが敗因
19.名無しさん:2018年04月15日 12:34 ID:5j.LmTKU0▼このコメントに返信
共産主義にエリートや軍部が傾倒したから?戦争回避したい人達を陥れたからとかね。
20.名無しさん:2018年04月15日 12:35 ID:npKrD.AL0▼このコメントに返信
※6
そういうドイツが勝つこと前提で進んでる日本の戦略自体が終わってる
21.名無しさん:2018年04月15日 12:35 ID:U4FIzgDc0▼このコメントに返信
早期講和を連呼するが
ロシアを宿敵としつつアメカスと喧嘩始めた時点でどこの誰が間に立ってくれるのか
22.名無しさん:2018年04月15日 12:35 ID:Eunkj.GB0▼このコメントに返信
ドイツと組む時点で負け確やろ
そもそも枢軸側はお互いに足引っ張りすぎ
23.名無しさん:2018年04月15日 12:36 ID:ZLXGoxsL0▼このコメントに返信
お偉いさん達の自己保身の結果だよ、冗談抜きで
24.名無しさん:2018年04月15日 12:37 ID:A330sETD0▼このコメントに返信
そもそも2正面に敵がいるような状況作って勝てるわけ無いだろ。
細かいミスは無数にあるけど、そもそもも大戦略がダメ。あの時代、あの理由で開戦するのはちゃんと理由があるからいい。
その時の大戦略がなってない。
25.名無しさん:2018年04月15日 12:38 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
「政府側陳述によれば、アメリカの主張に屈服すれば亡国必至であるとのことであったが、戦うもまた亡国であるかも知れない。すなわち戦わざれば亡国必至、戦うもまた亡国を免れぬとすれば、戦わずして亡国にゆだねるは身も心も民族永遠の亡国であるが、戦って護国の精神に徹するならば、たとい戦い勝たずとも祖国護持の精神がのこり、われらの子孫はかならず再起三起するであろう。」海軍軍令部長、永野修身元帥(当時は大将)

[海軍の軍令部長だった永野修身元帥(当時は大将)は、終始一貫して大東亜戦争に反対しました。しかし、開戦が避けられない状況の中で彼は、ハワイまで出てアメリカの太平洋艦隊と直接対決するという案に、「あまりにも博打すぎる」と、猛反対し続けています。

最終的には、山本五十六大将らが、「ハワイを奇襲するという作戦が通らなければ聯合艦隊司令部一同が総辞職する」と詰め寄り、結果として永野元帥が折れました。けれど永野元帥は、むしろ南方資源地帯の確保と、本土防衛を主軸とした漸減邀撃作戦でいくべきとの考えでした。

これは結果論ではありますが、戦争が終わってからみれば、永野案の正しさが歴然とします。]tp://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2929.html?sp
26.名無しさん:2018年04月15日 12:39 ID:wTnlHH1M0▼このコメントに返信
開戦の数年前に石油の輸出を断たれた時点でとっくに終わってた。戦後見つかった満州の油田をすぐ見つけてたならともかく
27.名無しさん:2018年04月15日 12:39 ID:CxSqKZPw0▼このコメントに返信
あのデッカイ中国とロシアとかいう大国に勝ったのに比べたらアメリカなんて島国楽勝すぎやろ
28.名無しさん:2018年04月15日 12:39 ID:wTnlHH1M0▼このコメントに返信
↑間違った輸入だ
29.名無しさん:2018年04月15日 12:40 ID:3pKoRj.70▼このコメントに返信
開戦した時点でアメリカの物量にすりつぶされて負けるのはもはや既定路線
もし開戦後に勝てるとしたら、「常に日本海海戦並みの勝利をし続ける」みたいな神様味方につけたような奇跡が起こるくらいしかありえん
30.名無しさん:2018年04月15日 12:41 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
「戦わざれば亡国、戦うもまた亡国であれば、戦わずしての亡国は身も心も民族永遠の亡国である。
戦って死中に活を見いだし護国の精神に徹するならば、たとい戦い勝たずとも、護国に徹した日本精神さえ残せば、
我らの子孫はかならずや再起、三起するであろう」

で、そんな困難な状況下でありながら、死力を尽くし、実際その通りにしてみせたんだから、我らのご先祖様はむしろ大したもんだと俺なんかは思うけどね。
31.名無しさん:2018年04月15日 12:42 ID:X6BAkDo60▼このコメントに返信
アメリカを占領して完全勝利できるとは思ってなかったろうけど、戦術面ではいくらでも都合のいい絵を描いてやるという程度には増長していた
そうしていればドイツ様が欧州制覇してアメ公も投了するだろみたいな希望的なんちゃら

32.名無しさん:2018年04月15日 12:43 ID:bb12.qjn0▼このコメントに返信
半島の土人を放置していればもう少しまともに戦えたのは間違いない。
33.名無しさん:2018年04月15日 12:43 ID:vyVLxj.x0▼このコメントに返信
アメリカと他の国の離反工作しておいて、アメリカとの会戦さけて他国との戦争だったらワンチャンあったのでは?

その点ブリカスは上手い。
34.名無しさん:2018年04月15日 12:44 ID:AXv4QVtx0▼このコメントに返信
正直当時のアメリカの戦力なんか、全世界の国vsアメリカでもアメリカ有利なレベルだろ
何回も言われてるけど>>6に尽きる
35.名無しさん:2018年04月15日 12:44 ID:v2p4G4Jq0▼このコメントに返信
開戦前にメディアコントロール出来なかったこと
36.名無しさん:2018年04月15日 12:45 ID:JFUuJU9I0▼このコメントに返信
勝因に相当するものが最初から最後までどこにも存在しませんでした
もし勝ち戦になる可能性があったとしたら
米露や他の相手国全てに大地震大噴火大津波隕石群大流行病大反乱といった国力を根幹から揺るがす不幸が必要
ていうかお前はペンギンとイワシが勝負したとしてどうやったらイワシが勝てると思う?
実際は相手の力量の全容なんてわかるもんじゃないけどな
37.名無しさん:2018年04月15日 12:45 ID:bb12.qjn0▼このコメントに返信
朝鮮に投資した連中の子孫は緑座法で処刑だ。
38.名無しさん:2018年04月15日 12:45 ID:E5r8s.Pu0▼このコメントに返信
ハワイまでの太平洋拠点全部落として初期戦力壊滅させてたならワンチャンはあったかもね。
だって、アメリカからハワイまでの間に海しかなくなる
補給拠点も置けないから、よっぽどの大艦隊を組織するまで進駐してこれなくなる。
一年単位でで時間が稼げたんじゃないかな。

それでもずっと戦い続けたならいずれ地力で負けるから
その時間を有効に使って講和しないとだめだけどね。
39.名無しさん:2018年04月15日 12:46 ID:fb5B1Wzv0▼このコメントに返信
戦争は政略・武略・知略の三要素でバランスよく強くなければ勝てない。
日本はどれも十分ではなく必敗の態勢で臨んだ戦争だったと申せましょう。
40.名無しさん:2018年04月15日 12:47 ID:ZXCEPUK60▼このコメントに返信
※20
ドイツの「東方生存圏」=「東欧やロシアを植民地化」なので建前からも矛盾はしてるんだよなぁ。
41.名無しさん:2018年04月15日 12:47 ID:bb12.qjn0▼このコメントに返信
四か国同盟構想なんて言うのもしゃれにならない程度で進んでいてそれが独ソ戦で終わったら、もうどうしようもない
42.名無しさん:2018年04月15日 12:48 ID:yQFCwvHS0▼このコメントに返信
敗因というか、勝てる要素はそもそもなかった。
適当なところで講和すりゃよかったんだが、撤退条件がなかったので壊滅まで突っ走った
43.名無しさん:2018年04月15日 12:49 ID:grX.HUnx0▼このコメントに返信
太平洋の奥深くに引き込んでっていうけど、その戦略は成功した上で惨敗しとるからな?
米軍を太平洋の奥深く、レイテ沖まで引き込むことに成功して負けただろ
戦後、この重要な戦略が叶ったけど負けたってことが無かったことになったのは、海軍の責任回避のためな
44.名無しさん:2018年04月15日 12:49 ID:rr0mNTc10▼このコメントに返信
今、考えてもおかしいが当時は「神風」が吹く信じるしかなかった。
現代の夜盗(野党)に通じる処があるな。
でもある意味、日米戦争があった事で、今の繁栄した21世紀の日本がある。
我々は祖先に感謝しなければならない。
45.名無しさん:2018年04月15日 12:49 ID:I1C6JXB30▼このコメントに返信
※8
部下だけじゃ無くて、陸軍・国民も納得しない限り停戦は無理なんだな

※14、※21
おっしゃる通り 要するに開戦前から詰んでます
多少の戦術的勝利があったとしても何も変わりません
46.名無しさん:2018年04月15日 12:49 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
現代に教訓を引き出すとすると、嘘プロパガンダを放置してはいけないって事だと思うね。
中国なんて嘘宣伝で先勝国になったようなもんでしょ。
米国における対日感情の悪化も事実を知らなかったということからきているということは現代の日本と諸外国の関係を見れば明らかでしょ。
終戦後の米国議会において共和党の議員がハルノートの事実を知って「ルーズベルトに騙された!!日米戦争なんてやる必要がなかった!」と激怒したりと情報戦の重要性は高いよね。いかに事実を多くの人に知らせるか。そこが悲劇を避ける大きなポイント じゃね?
47.名無しさん:2018年04月15日 12:50 ID:bb12.qjn0▼このコメントに返信
軍事費が増加した要因もあって、日本の戦前から戦時中の国内総生産比は仏抜いて5位だぞ。米ソ独英日だぞ。決してイワシではない
48.名無しさん:2018年04月15日 12:51 ID:.cvakh8f0▼このコメントに返信
絶対的な国力の差。火を見るよりも明らか。
49.名無しさん:2018年04月15日 12:51 ID:7uNPuvq90▼このコメントに返信
敗因となる要素はいくつか上がるだろうが、1つや2つくらい何とかしても勝てるような相手ではない。
50.名無しさん:2018年04月15日 12:52 ID:smKFKwbP0▼このコメントに返信
実際に空母を撃滅できなかったのが痛すぎるんだよ
仮に空母を全部撃滅できていれば米軍は南西諸島地域への「反攻作戦」を行うことが出来ない
空母の護衛無しで裸艦隊に海兵隊員満載で戦場に送り出す?
それは非合理的すぎて作戦が通らんw
で空母も大西洋から廻してくるのも1~2隻が限界、それもボカチン食ったらもうお手上げ

アメリカにとって反撃なり侵攻が出来ないのは政権の危機
日本にやられっぱなしですー、反撃するにはエ◯ックス級が竣工するまで待たないとイケません~
ってな事になればアメリカこそ大統領辞任だよw

で一旦は和平交渉に応じざるを得ないだろうな
その和平交渉で如何にするかが日本の命運を・・・
その後、エ◯ックス級が大量に艦隊編成に加わってきた頃、今度はアメリカが先制攻撃か
それともうまい具合に友好国となっていて日米対ソ連の戦争に導けるか
51.名無しさん:2018年04月15日 12:52 ID:fb5B1Wzv0▼このコメントに返信
アメリカの政略・武略・知略を100とした場合
日本はそれぞれ10・30・10程度と推定(ワイ比)。
アメリカが合計300であるのに対して50しかなく
これらの合計でせめてアメリカの半分ぐらいには
なるようにするべきだったでありましょう。
52.名無しさん:2018年04月15日 12:53 ID:bb12.qjn0▼このコメントに返信
朝鮮に投資したのが、マジでしゃれにならないぐらい国内成長を阻害したんだからこの点を避けて通ろうとするな。明治維新の恥部をよく見ろ
53.名無しさん:2018年04月15日 12:53 ID:7YCl2bxH0▼このコメントに返信
3国の連携不足やろな
同盟結んじゃいるが全く強調が取れてない
あれじゃそれぞれが個別に連合国と戦ってるのと変わりない。そりゃ勝つものも勝てんわ
54.名無しさん:2018年04月15日 12:54 ID:oGTYOL.S0▼このコメントに返信
>6以外に何がある
55.名無しさん:2018年04月15日 12:56 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
わかった。「あの国のあの法則」だな
56.名無しさん:2018年04月15日 12:57 ID:E5r8s.Pu0▼このコメントに返信
CIVを天帝でやってるとよくわかるw
(ゲームでは)相手とはほぼ間違いなく近い将来争うことになる
その相手はどんどん力を付けていて、時間がたてはたつほど不利になる
相手にはこっちの5,6倍の成長補正があるから。指数関数的に戦力が開いてく。

軍事方面に舵を切って、ある瞬間の時間的地域的な戦力差を生み出して
一気に打撃を与えて弱らせないと勝ち目はまったくない。
空母艦隊と真珠湾奇襲はその辺がうまく言った状態。
太平洋上の敵拠点と戦力を見方の損害軽微で全部つぶせてたなら、「可能性が生まれてた」
ってレベルかな。
57.名無しさん:2018年04月15日 12:59 ID:q4PNrpDv0▼このコメントに返信
日露に勝つにはメディアを使っての戦意高揚が不可欠だったが、終盤にはコントロール不能になり、民意が軍部以上に好戦的になった
経済的停滞を開戦が打破してくれるという根拠のない妄想を朝日新聞他で煽ってた
軍部は軍部で、必要な海外領土獲得以上に、その領土の維持防衛のための領土、の維持防衛ための領土のまた…で、不要な領土を獲得しすぎた
朝鮮は保護国のまま緩衝地帯でよかったし、中国本土も遼東半島や天津以上は不要
列強各国を共犯関係で蚕食すべきだった
麻雀、みんな後知恵だけど
むしろ、無理をしてでも獲得すべきは産油できるインドネシアだった
実際、欧米からの植民地解放の名目で比較的獲って維持しやすいところだったし
が、間にあるフィリピンがなあ
手を出せばアメリカとぶつかり、手を出さなければインドネシアとの連絡に支障あるし
結局は産油&製油能力持たないことには詰むんだよな
58.名無しさん:2018年04月15日 13:00 ID:ZLXGoxsL0▼このコメントに返信
※26
勝利(チョ○リー)(NGワードに引っかかったw)と大慶(ターチン)油田だっけ、当時の採掘技術じゃむずかしく、タールとかが多いあんまり質の良くない油田らしく
大規模な製油が可能かというと、かなりの疑問がつくらしいよ
59.名無しさん:2018年04月15日 13:00 ID:U4FIzgDc0▼このコメントに返信
※51
どうやって?
開戦前の日本国民が入手できるような雑誌に書かれてる(=公開されてる)建造中の艦の数ですら圧倒機に負けてて
時間の経過とともに政略・武力・知略の差が加速度的に開いていくのが確定してるのに

もっかい聞くけど、どうやって?
60.名無しさん:2018年04月15日 13:00 ID:fWmZHVuJ0▼このコメントに返信
初めから負けるの解ってるのに
初めたバカ戦犯供のせい
ここをダメ人間って教育しないのが間違ってる
61.名無しさん:2018年04月15日 13:01 ID:mAxota6f0▼このコメントに返信
案外マスコミじゃね、これも
62.名無しさん:2018年04月15日 13:01 ID:tzp6B2ry0▼このコメントに返信
軍幹部の戦略的思考が不足してる。今と日本政府とさして変わらんけどな。
63.名無しさん:2018年04月15日 13:01 ID:4RSjxjDn0▼このコメントに返信
※46
それはあるな。
日本は情報線に弱い。
64.名無しさん:2018年04月15日 13:02 ID:JFUuJU9I0▼このコメントに返信
※30
ご先祖様かっこいい
懲りたからって国の中枢、メディア、教育に毒入れすぎやろアメリカ
朝鮮人批判を禁ずるとかありえへん (日本の提唱した人種差別撤廃に猛反対したくせになw)
結果朝鮮人から成長の機会をごっそり奪ってもうた、無能朝鮮人はアメリカに怒れ
65.名無しさん:2018年04月15日 13:02 ID:ZLXGoxsL0▼このコメントに返信
※51
その数値、ランチェスターの法則が適用されそう(300:150という差がある以上、4:1くらいまで差がさらに広がる)
66.名無しさん:2018年04月15日 13:03 ID:zpQrNfUl0▼このコメントに返信
アメリカ 太平洋戦争

日本 大東亜戦争

67.名無しさん:2018年04月15日 13:03 ID:A.JwtqX80▼このコメントに返信
しかしあれだなあ
軍オタの方が戦争を冷静に分析して
「勝てない戦争する日本が馬鹿」って明言するのに
ネット右翼って
「アジアを解放出来たんだから大東亜戦争は日本の勝利!
大義の為に命を捨てた特攻隊員の方々を侮辱する奴はしね!」だもんなあ

特攻隊員の方々一人一人が大切なものを護ろうという尊い想いを持っていた事自体は事実だけど
その尊い想いが素直に報われる程現実の戦争は甘っちょろくない
お花畑脳の思い描く御伽噺の英雄じゃないんだから
だからこそ尊い想いを抱いていた兵士を無駄死にさせた
戦時中の大本営は許しちゃならん

徒な特攻賛美路線は
いずれ自衛隊員の皆さんを無駄死にに追い遣る事になるぞ


68.名無しさん:2018年04月15日 13:03 ID:A.JwtqX80▼このコメントに返信
アメリカ兵はアメリカ兵で
「騙し討ちをする様な奴は許せん! 邪悪なナチスと手を組んでるし!
悪の枢軸日本を倒さなければ世界に平和が来ない!」とか思ってたんだろう
それもプロパガンダに騙された面もあるとはいえ正義感には違いないわな

「どっちも自分が正義だと思ってるよ 戦争なんてそんなもんだよ」
こうドラえもんに言わせた藤子F氏は流石に戦争体験者で
本質を見抜いてる
69.名無しさん:2018年04月15日 13:04 ID:KteJaaMi0▼このコメントに返信
ジャッ、プ共は竹やりで敵の戦闘機を落とせる思っちゃうぐらい頭も悪くて姿形も醜い黄色人種国家だからな。負けて当然(笑)
70.名無しさん:2018年04月15日 13:05 ID:4RSjxjDn0▼このコメントに返信
突き詰めると格差是正が必要だった。
格差の開きが社会不安を生み出して植民地で解消しようって方向に行ってる。
それを辞めたらクーデターと内線のオンパレードだったろう。
71.名無しさん:2018年04月15日 13:06 ID:uSgUOzZP0▼このコメントに返信
ゼロ戦乗りの原田さんや、艦攻乗りの森さんの本を読むと、真珠湾攻撃後は反撃喰らうからさっさと逃げようとしてるのが見えてくる。何もしなくてもアメリカは締め上げて来て日本を支配下に置いただろうし、戦えば負けるとわかっていた。俺的にはバカな戦いだったとは思わない。亡くなられた方の犠牲の上に今の繁栄はあると思う
72.名無しさん:2018年04月15日 13:07 ID:fb5B1Wzv0▼このコメントに返信
世界を味方につけるために戦勝の暁には全世界の有色人種の解放を謳うとかしても良かったかもしれんとは思うな。
白人勢力に対抗する唯一の有色人国家として白人対有色人の対立という構図をクリエイトして押し出すとかの
政治的な動きをしても面白かった。
73.名無しさん:2018年04月15日 13:09 ID:05CIAVcY0▼このコメントに返信
つまり連合国側じゃなく枢軸国側に入ったことが敗因ってことやろ
74.名無しさん:2018年04月15日 13:13 ID:Ga7gZDwt0▼このコメントに返信
一番言われているのは、戦艦の戦術的運用法。空母と戦艦の位置が逆で、通信、索敵、対潜能力が低いことがまずかったと言われてる。戦略的にはハワイ占領するべきであった。すぐに西海岸やサンフランシスコを攻撃して占領し、別働隊によりパナマ運河封鎖をすれば、時間稼ぎはできたはずだし、戦場もアメリカ大陸になったはず。テキサス、デトロイトへの爆撃まで進めれば日本は負けなかっただろうね。
75.名無しさん:2018年04月15日 13:13 ID:ZwO64pza0▼このコメントに返信
日独伊+ソ連で同盟組めば行けてた説はある
76.名無しさん:2018年04月15日 13:14 ID:X6BAkDo60▼このコメントに返信
※73
日本はアメリカさん家の裏庭に突如出現した枢軸の巨大な別働隊なんや
米にしてみれば、枢軸から抜けてもらうか、さもなくば潰すしかない
ハル国務長官も野村駐米大使にはっきり言っている

77.名無しさん:2018年04月15日 13:14 ID:3pKoRj.70▼このコメントに返信
※30
そんな困難な状況に自ら突き進んでいったのもご先祖様なんだよなあ…
78.名無しさん:2018年04月15日 13:16 ID:dQLrSlJj0▼このコメントに返信
※50
でも南雲艦隊の攻撃目標に空母は指示されてないからねぇ。仮に米空母が在泊していても積極的に攻撃したかは疑問だけど。
一次攻撃隊の報告で空母の存在に気が付いたら反撃を危惧して三次攻撃隊を編成する可能性は・・・南雲の消極性を考えると
余り無いだろうし。
79.名無しさん:2018年04月15日 13:18 ID:I1C6JXB30▼このコメントに返信
※75
途中でソ連は裏切るだろうな
そもそもソ連を入れる対共産党同盟など無意味
80.名無しさん:2018年04月15日 13:18 ID:8znzZW8d0▼このコメントに返信
アメリカ本土に殴り込めるほど国力あったら戦争してないという。
八方塞がりで仕方なく一か八かで、やるしかないって国家戦略的にやる前から負けてたという。
81.名無しさん:2018年04月15日 13:19 ID:wPi2IFTB0▼このコメントに返信
元を辿ればイギリスの陰謀だったという事
アメリカは日本という敵が現れた事でイギリスと寄りを戻した
今のシリア攻撃、ロシアスパイ暗殺、イスラムテロリスト、3.11、9.11全てにイギリスの名前が出て来る
82.名無しさん:2018年04月15日 13:20 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
※67
誰がどういう理屈で言っているのかわからんから正確な反論になっているかどうかはわからんが、「勝てない戦争する日本が馬鹿」なんて完全な後出しジャンケンだし、「馬鹿」だの上から目線で罵倒するということは、「じゃあ、お前は絶対に失敗しないんか?未来を完全に予測し完ぺきに世界をコントロールできるんか?」ってなもんで反発が出るのは当然だと思うね。

で、特攻隊?を無駄死にとか言っているが、特攻隊を含む全ての出来事が現代へとつながっているわけだよな?全ての出来事が後の世界へなんらかの影響を及ぼしている。それを単純に「無駄」だの断言できてしまうなんてのは単細胞バカと言われてもしょうがないレベルだよな。で、そんな人間の批判が反発受けるのはまた当然の話じゃねーか?
83.名無しさん:2018年04月15日 13:21 ID:uBXr9Zb.0▼このコメントに返信
負けるとわかっていたけどパールハーバー攻撃直後はそれを忘れられたと思う
84.名無しさん:2018年04月15日 13:21 ID:Tqj84s500▼このコメントに返信
日本の戦力では絶対勝てない
だけど日本より国力が弱い国でも戦勝国側にいる国があることは分かっとかないといけない

戦争の勝てる勝てないは多数派に回れるかであって、戦力は多数派に回りやすくするための手段でしかない
戦力だけで戦争ができると勘違いしてる時点で負け確定
実はこの点はいまの日本人も変わってないので当時の日本人を馬鹿にする資格はない
85.名無しさん:2018年04月15日 13:23 ID:O0NgzWuA0▼このコメントに返信
後知恵バイアスの塊みたいなスレだな
86.名無しさん:2018年04月15日 13:25 ID:EI5P.kNc0▼このコメントに返信
昭和天皇がもう敗けでいいから、やめましょうと、国民にお願いなされたのが、唯一の原因。
たから、昭和天皇には開戦の責任はないけど、終戦の責任はある。
87. そのまま言う名無し:2018年04月15日 13:25 ID:VhERfKRA0▼このコメントに返信

じぶん  「 むかしの日本人は知能が低かったので戦争に負けたんだよ 」

帝国軍人 「 キサマーッ! 大日本帝国を侮辱するかーッ! ( 大 激 怒 ! ) 」

  ( ドスッ! バキッ! ボコボコにされる )

じぶん  「 ウウッ・・・ ( 鼻血出して泣く ) 」
88.名無しさん:2018年04月15日 13:25 ID:ZXCEPUK60▼このコメントに返信
※58
採掘より精製の方かな。
今の技術ならともかく、当時では使える石油製品にできたかどうか。

>満洲における日本の石油探鉱
当時の日本の試掘でも小規模なものが発見はされてるらしいのだけど結局はあきらめてる。
戦後に発見された油田では外資系の技術者を投入し新しい探査手法が使われていたり、
掘削技術でもより高深度を探査してたりする。
89.名無しさん:2018年04月15日 13:26 ID:cvvkrl7z0▼このコメントに返信

松岡洋介外務大臣が国際連盟を脱退したこと



まあそもそも国連脱退しなければ良かったんですがね




新聞社の問題もある
偉い人1(こんなのおかしいよ絶対負けるって誰か無理って言えよ)
偉い人2(こんなのおかしいよ絶対負けるって誰か無理って言えよ)
偉い人3(こんなのおかしいよ絶対負けるって誰か無理って言えよ)

90.名無しさん:2018年04月15日 13:28 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
※67
で、特攻隊までやり遂げられるような日本だったから、当時の厳しい状況下からここまで世界を変えることができたのではないか?ともいえるわけだよな。我先に逃げ出すようなどっかの民族とか督戦隊で後ろから銃突きつけられないと戦わないような民族しかアジアに無かったら、今でも世界は欧米列強が我が物顔で支配するまんまだったかもねーとかね。
91.名無しさん:2018年04月15日 13:28 ID:.6LrGqKN0▼このコメントに返信
男には負けると分かっても戦わなければならない時がある
92.名無しさん:2018年04月15日 13:30 ID:MlhyzsHY0▼このコメントに返信
国策を誤ってしまったのが敗因・・結局はこれに行き着くことになるからな・・

93.名無しさん:2018年04月15日 13:30 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
人種差別とか共産主義という人類史上最凶系のカルトの誕生とか色々考えなければいけない要素もあるしね。
94.名無しさん:2018年04月15日 13:30 ID:7Y.2Rr6Y0▼このコメントに返信
潜水艦にやられ過ぎたんだよ、輸送船や艦艇の8割は潜水艦による被害
95.名無しさん:2018年04月15日 13:32 ID:9C6zD.kK0▼このコメントに返信
ハルノートを受け入れたら 日本国内が分裂して内戦必至。
そして開戦派の陸軍が国内を掌握して アメリカと開戦。
その時の日本は 開戦派に牛耳られた状態で 天皇も監禁状態で ご聖断で によるポツダム宣言受諾も不可能。
本土決戦で破壊し尽くされた日本は 数カ国に分断され日本民族の実質的滅亡。
96.名無しさん:2018年04月15日 13:32 ID:pjKbKz2k0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃は単なるいましめ
その証拠に占領していない
アメリカは過剰反応しすぎた
97.名無しさん:2018年04月15日 13:33 ID:X6BAkDo60▼このコメントに返信
※86
結局天皇が疎んで自分から遠ざけた連中(陸軍の皇道派、海軍の艦隊派、近衛木戸の宮中人脈)を再結集しないと講和プログラムは始動しなかったんだな
沖縄の敗戦で天皇自身が戦争継続を諦めるまで、それらの人員は必要とされなかった
98.名無しさん:2018年04月15日 13:35 ID:xUQT6wEw0▼このコメントに返信
日露戦争は政治家が終戦に向けて動いていたけど、自国では何もできずにドイツに期待するような外交では負けるしかない。

※88
どちらにしろ戦闘機に使う燃料は無理だよね。
99.名無しさん:2018年04月15日 13:36 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
よりより結果になるためにはどうすればよかったのか?ってな意見をあげることはとても有益だと思うが、「国の歴史を真っ黒に染めて憎悪の念を抱かせろ」ってな共産主義者など世界を破壊し混乱の坩堝に叩き落そうってな連中の謀略に沿うような形は出来るだけ避けたほうがイイんじゃないかね。
100.名無しさん:2018年04月15日 13:36 ID:w5khmCDC0▼このコメントに返信
※96
沖縄の米軍基地や本土の自衛隊基地がミサイル攻撃受けても同じこと言えるんか?

敗因は無能な指揮官をクビに出来なかったことやろ
日清日露WW1で武勲を挙げた将官の子や孫をコネで上に立たせてクビにも出来なかった
アメリカは指揮官がミスったらすぐにクビにしてた
101.名無しさん:2018年04月15日 13:37 ID:dmKS7pGP0▼このコメントに返信
国力。
102.名無しさん:2018年04月15日 13:38 ID:vICXhivK0▼このコメントに返信
何か組織的にダメダメのイメージだな。戦略が怪しい。政府の在り方も未熟
あの時点でガラパゴス化起こしてたんじゃないのか
統制派・皇道派・陸軍・海軍・国民の未熟さ・・・何か実は思ったよりモザイクみたいな国だったのか
103.名無しさん:2018年04月15日 13:38 ID:ZLXGoxsL0▼このコメントに返信
※89
なお大喝采で帰国を迎えた模様(松岡洋右、ね)

問題
『連盟よさらば! 遂に協力の方途尽く 総会、勧告書を採択し、我が代表堂々退場す 四十二対一票、棄権一』
これはどこの新聞の見出しでしょうか(白目)
104.名無しさん:2018年04月15日 13:40 ID:ZLXGoxsL0▼このコメントに返信
※98
最終的にはソ連通じての講和を探るっていう・・・
105.名無しさん:2018年04月15日 13:41 ID:v3wCYFOo0▼このコメントに返信
例えるならば、格闘技の大会でロシア人の選手に勝ったことがあるからって山口組にカチコミかけたような物。
構成員を何人かは倒せるだろうけどいずれ負ける。
106.名無しさん:2018年04月15日 13:41 ID:cvvkrl7z0▼このコメントに返信
特攻隊特攻隊特攻隊特攻隊
107.名無しさん:2018年04月15日 13:43 ID:yNnb0WKA0▼このコメントに返信
☆サッカーやバレー、バスケ、ベースボールなどと同じで、そもそもが相手敵の作ったゲームルールでわざわざ、自国の国の命運を預けに国策打ったことで。最初っから、相手の敵による敵のための近代主義とそのフォーマットの近代戦争に自ら勝負しに行くなどとは愚の骨頂だろうと。日本人なら太古より日本人のためになりそうな日本らしいゲームならありそうなのに、維新時の国難回避の目論見がモロ裏目に。白人層に永遠に与出来ないならこうなるのが筋なのな。いずれ敗北するその落とし所をどういうので持ってくるのか、北欧系の小国はいくつかは独立したまま生き残れたりしたように。日本は、最小限の国体イコール皇室とその皇民を残せただけ優秀だろうけど。けっきょくアジアンならアジアンの同等の価値観があるのだから、無理せずにそれに乗っかれば従ってればいいだけじゃね?中国人もそのうち、こういったもの、価値観がついには、じぶんたちに身につかないモンだと気付くかと思ってたけどね。甘かったかねwガチのケンカで勝てないような永遠に居る天敵に、一度の優位性では国策にはならんよねw
108.名無しさん:2018年04月15日 13:43 ID:fb5B1Wzv0▼このコメントに返信
結局、全世界に英語圏を持つ米英を相手に戦争するのは困難。これは現代の中国にも当てはまる。
自国の武力でどんだけ対抗できてもいざというときに味方してくれる国や外国人がなければいずれは劣勢に追い込まれる。
比較的真っ当な国家運営を平素から行って諸外国から支持されることも重要だと言えるだろう。
109.名無しさん:2018年04月15日 13:46 ID:ZXCEPUK60▼このコメントに返信
※70
格差是正というか...
当時の日本の内政課題として、いちばんの難題ですよ。
国民の9割が農業従事者でありながら、地主層の利権は温存したままデフレに突入し、
それでいながらインフレを仕掛けるだけの金融能力もない。
セーフティネットがあれば国民思想も極端化しなかったかもしれないけど、
それを実現させるとなると既得権益層とぶつかることになります。
110.名無しさん:2018年04月15日 13:49 ID:TCgUGRm.0▼このコメントに返信
敗戦の原因は、油を絶たれた事。 「油断大敵」って言うでしょ。
111.sneak米attack:2018年04月15日 13:49 ID:j3e7N4cJ0▼このコメントに返信
奇跡が起こらなかったから。
白人を諦めさせ有色人を勇気づけ植民地解放を大いに早めた。チ-ョンと台湾は日本国土として発展させてもらった受益者である。
日本が無ければ有色世界は今頃でも奴隷のままだ。 
112.名無しさん:2018年04月15日 13:52 ID:eQsNu2.G0▼このコメントに返信
※88
当時から満州のシェールガス利用計画はあったよ、、、
満州ディーゼル自動車一万台計画とかもあったし、、、
問題は米国から技術を輸入する前に重慶無差別爆撃理由に技術移転止められたのが痛かった、、、
統制経済でそういう技術移転に陸軍官僚が積極的でなかったことが、致命的な結果を生んだ、、、


つか真珠湾以前では、米国世論(というか議会)は戦争参加に否定的だったんだぞ、、、
リメンバーパールハーバーで世論が一気に逆転した、、、
だから石油のあるオランダ領印南相手に対英対オランダ開戦だけで、米国にちょっかいかけなければ
フィリピンの米軍が日本の南方輸送邪魔する可能性はものすごく低かった、、、
対日経済制裁ならもうとっくにくらってたしなぁ、当時の海路輸入状況は変わらない、、、

そういう面から見ると、真珠湾って最悪の作戦だったんだよねぇ、、、
政治外交的観点欠けた軍事だけの天才山本五十六褒めるべき点はあんまないよね、、、
113.名無しさん:2018年04月15日 13:55 ID:bC4VM51m0▼このコメントに返信
真珠湾を攻撃したときに、艦船だけでなく、油槽とか修理工場(ドック)とか、
そういう設備に対しての攻撃をしておけばもっと時間を稼げたと思うんだけど
なんで船ばっかり沈めたんだろう?
114.名無しさん:2018年04月15日 13:56 ID:Rg0yR92M0▼このコメントに返信
投票の結果だから、悪いのは国民。
選挙で民主党みたいな政権選んだからおかしなことになってああなってる。
むしろその後の東条はよくやってる。
批判されるべきはその前のゴミ内閣だよねー。
現代でもまた同じことを繰り返したが
ネットが普及してやっとまともな判断を国民ができるようになってきたのが今は救いだね。
115.名無しさん:2018年04月15日 13:57 ID:0aK0risY0▼このコメントに返信
「やってみなきゃ判らん」「行けるとこまで行く」
いまだに日本企業はこのやり方
116.名無しさん:2018年04月15日 13:57 ID:9vCa.Q6B0▼このコメントに返信
時代を忘却してしまった、大艦巨砲主義
ガラパゴス、大艦巨砲主義
117.名無しさん:2018年04月15日 14:00 ID:pjKbKz2k0▼このコメントに返信
当初アメリカはある程度成果をあげたら
講和する予定だったが
勝ちすぎて途中で気がかわったらしい

118.名無しさん:2018年04月15日 14:01 ID:lkTv7E2D0▼このコメントに返信
日本という国が対外戦の経験不足というとこでしょ
何百年も外国と侵略戦争ばかりしてる欧米とは圧倒的に経験が足りない

119.名無しさん:2018年04月15日 14:04 ID:7tVONt6B0▼このコメントに返信
個人や人命より組織優先のメンタルによる官僚システムの暴走。
⇒責任者をお飾りにして、都合の悪いことを隠蔽し、ひたすらシステム保持だけに働く。
⇒責任者はそれを幸いとして、責任を取らない。

そしてそれは今も続いている。(かもしれない)
120.名無しさん:2018年04月15日 14:04 ID:xSbcr5VS0▼このコメントに返信
この馬鹿すぎる質問設定どうだろ。

当時は白人の帝国主義諸国と有色人唯一に日本だけが独立国。
日に日に白人の圧迫が強まっていた。
特に英米は日本を一挙に植民地化すると1000年の白人王国が出来たから
チャーチルとルーズベルトはそのように動いていた。スターリンは漁夫の利をえようとしてた。
にほんのGDP はアメリカの20分に1以下。5%程度だった。
白人は白人で当然のように日本の植民地化を考え、日本は日本で逃れようとする。
ハルノートで最後通牒を受け取った日本は座して植民地化を待つなどとうてい出来ないから戦争に撃って出た。

日本の勝算はないよ。しかし植民地化を免れる方法は1つあった。
それは東南アジアを解放すること。他に多くの独立国を作ってしまえば日本を植民地にしても
白人の1000年王国は作れないからな。すると日本は属国止まりですむ。事実その通りになった。
日本は負けたように思うが事実は白人が大損害だった。
大英帝国は解体、フランス帝国も解体、ドイツも解体、ロシア帝国も解体。
解体していない帝国は日本帝国だけだ。大日本帝国ではなくなったが致し方がない。

日本軍が性奴隷を連れていたとか30万人虐殺したとかが化な宣伝があるが
ビルマインパール作戦では大敗北を喫して退却したが、この時敗残兵はビルマ人に乱暴狼藉を働いたかどうか。
ビルマ人はミャンマー人に名を変えたが大変親日的である。それは敗残兵が乱暴狼藉を働かなかったことを意味する。
食い物もなく倒れていった日本兵はそれでも強盗を働かなかったんだと思う。

121.名無しさん:2018年04月15日 14:04 ID:MlhyzsHY0▼このコメントに返信
※112
欧州への参戦は否定的だけど対日については
かなり世論も強硬だよ

第一蘭印にはアメリカ資本がかなりの権益もってるので
ここへ侵攻する以上対米戦は避けられないと判断していた
そしてフィリピン放置した場合致命傷になるので日本がそのリスクは負えなかった
ただでさえ険悪な上に自分が相手の権益に仕掛ける以上そんな想定の下で
国運を掛ける軍事行動を取るほど日本もお花畑な頭じゃない
122.名無しさん:2018年04月15日 14:04 ID:2JQW.CQu0▼このコメントに返信


二・二六事件……朕自ら討伐せん
聖断……それまで陸軍が怖かった

このギャップ(・∀・)🎵🎵🎵







123.名無しさん:2018年04月15日 14:08 ID:h3y4NaMf0▼このコメントに返信
※110
仮に日本国内にでっかい油田があったとしてもアメリカに勝てるわけがないんだなあ
敗因は「アメリカを敵に回したこと」としか言いようがない
どの辺まで遡れば良いのか分からないけど
大陸権益にアメリカも絡ませて味方か最低でも中立に持ち込むぐらいしか勝ち筋が見えん
124.名無しさん:2018年04月15日 14:09 ID:G.Y6BTOF0▼このコメントに返信
※85
後知恵も何も当時から総力戦なら必ず負けるって結論出てんだろ
だから一撃講和だとか漸減作戦とか後ろ向きの戦略構想しか出てこないんや
125.名無しさん:2018年04月15日 14:09 ID:UO2mXNWq0▼このコメントに返信
どうやっても勝てないと研究結果まで出てたのに開戦したから負けた。
126.名無しさん:2018年04月15日 14:09 ID:ah.h9ypp0▼このコメントに返信
次勝ちゃいいんだよ。負けの反省も結構だがそんなのは専門家がとっくに済ませてる。今は負けの反省より勝つ算段だ。
今の国連にそれなりに貢献しようがいつまでも敗戦国扱いなら次の国連を作ることを目指した方が良い。
戦前の日本と今の日本は違う。経済も違えば同盟も違う。全く違う。
同盟がチート過ぎる。だがこれと利害が一致する政策を続けてきたことは大きい。
ごちゃごちゃ言う奴は居るが日米同盟を上手く否定出来てる奴は一人も居らん。
127.名無しさん:2018年04月15日 14:11 ID:ML4kEoxV0▼このコメントに返信
何度も何度も同じテーマを繰り返しながら結論が出んな。当時も仕方なかったんかな。
128.名無しさん:2018年04月15日 14:14 ID:ntgQXV3M0▼このコメントに返信
朝鮮を保護した事
朝鮮を守るために日清・日露戦争を行い、
朝鮮を維持するために満州国が作られ、
結果太平洋戦争が起きた
全て朝鮮を守るための戦争だったんだよ
129.名無しさん:2018年04月15日 14:14 ID:h3y4NaMf0▼このコメントに返信
※113
輜重部隊が兵隊ならば蝶々トンボも鳥のうち
ってくらい兵站を軽視したおバカ軍隊だったから
実際日本の優秀な潜水艦隊を何故通商破壊に使用しなかったのか?と相手に不思議に思われるレベルのバカ
130.名無しさん:2018年04月15日 14:15 ID:7tVONt6B0▼このコメントに返信
外務省「ドイツとソ連が世界を2つに分割するって言ってます。」
日本「え、乗り遅れては大変!おれも一枚かませて、ドイツの偉い人」

米英「ん」
131.名無しさん:2018年04月15日 14:15 ID:HkqC8.820▼このコメントに返信
アメリカと戦争したこと。戦争回避が正解。
始めちゃったのが既にアウト。
132.名無しさん:2018年04月15日 14:16 ID:RdBjVAIP0▼このコメントに返信
※112
無理やないかねぇ
アメリカまる無視、英蘭を狙うってのは戦法的にはアリだと思うが
その前に日本が南方諸島をドイツからぶんどってるから
それやると米領フィリピンが地理的に日本領に囲まれることになるんやで

ハワイ-フィリピン間の航路を断たれて
かつ米領(フィリピン)が孤立状態になるってことに
米帝様はメンツの上でも耐えられんやろ
133.名無しさん:2018年04月15日 14:16 ID:cvvkrl7z0▼このコメントに返信


特攻隊は何人かは倒せるだろうけどいずれ負ける
134.名無しさん:2018年04月15日 14:19 ID:ntgQXV3M0▼このコメントに返信
日清日露戦争が起きた時点で中露ともにアメリカに働きかけてたからね
黄禍論も中国人労働者問題ではなく日本人問題にすり替えられたし
中露に対外工作という部分で負けてたんだよ
アメリカも戦後になって利用されてた事に気づいて防諜機関を慌てて設立したし
135.名無しさん:2018年04月15日 14:22 ID:YLnjD.fh0▼このコメントに返信
ハワイを軽く空襲して終わらせた事やろ
落下傘部隊で橋頭保確保せんと勝てるもんも勝てん
136.名無しさん:2018年04月15日 14:23 ID:2JQW.CQu0▼このコメントに返信

第一次世界大戦の時、
無制限潜水艦作戦に対して、

日本は緊急勅令(・∀・)🎵





137.名無しさん:2018年04月15日 14:24 ID:I1C6JXB30▼このコメントに返信
※113
油は地下タンクに移送済みと考えていた
そもそもタンクを破壊しようが簡単に燃えるようなものでは無い
アメリカはその気になれば何隻ものタンカーを本土から送るだけだから
多少漏れようが大勢に影響は無かった
ドックの施設を破壊するのは艦載機の爆撃レベルでは困難
修理は比較的容易に行える
そして、南雲機動部隊の役割はもともと米戦艦部隊の足止め
戦術目標は十分に達成した
138.名無しさん:2018年04月15日 14:24 ID:.6LrGqKN0▼このコメントに返信
※113
作戦目的がアメリカ太平洋艦隊の戦艦群を半年行動不能して南方作戦の支援をするのが目的だったから

元々南雲が慎重派だった上に一切艦隊に傷をつけず帰投せよ、と余計な事を言った偉い人がいたから

南雲から見れば、作戦目的は達成したんだから早く帰ろう、と言う判断になるのはまあしょうがなかったりする
139.名無しさん:2018年04月15日 14:25 ID:M0KVUPEy0▼このコメントに返信
日露戦争で無駄に買ったから。
140.名無しさん:2018年04月15日 14:26 ID:ZLXGoxsL0▼このコメントに返信
※120
ちゃんと従軍者の戦記読もうぜ、冗談抜きに
いくらでも出てるからさ、光人社とかから。
141.名無しさん:2018年04月15日 14:27 ID:RdBjVAIP0▼このコメントに返信
※112
あ、あと蘭印の原油は各石油会社が掘っとるんやけど
全採掘量の25%くらいはアメリカのスタンダード系列の会社なんやで

ちょっと拾いものやけどこういう↓当時の絵本面白いよな
outsiderjapan.pbworks.com/f/1221689176/japrop03.jpg
この絵のジャワ島にもアメリカ国旗が立っとるんや
142.名無しさん:2018年04月15日 14:28 ID:h3y4NaMf0▼このコメントに返信
※126
EU離脱した英と組んで日米英(+加、豪かな?)関係を軸に組なおしていけりゃ良いんだろうけど
そもそも日本が海千山千の英やアメリカンファーストの米相手に上手く立ち回れるかね?
143.名無しさん:2018年04月15日 14:29 ID:coFzVD3i0▼このコメントに返信
※89
国際連盟の脱退を日本の孤立の始まりと見る意見は多いが

1920年 アルゼンチン脱退(後日再加盟)
1925年 コスタリカ脱退
1926年 ブラジル脱退
1933年 日本脱退
1933年 ドイツ脱退
1935年 パラグアイ脱退
1937年 イタリア脱退
1939年 ソビエト連邦を除名
1939年 スペイン脱退
1939年 ハンガリー脱退

などなど脱退や除名は多く、最盛期の加盟国は63ヶ国もあったのに最後まで残ったのは25ヶ国にすぎない。
特に日本脱退以後に同じように脱退する国が急増している。つまり日本の連盟脱退は「日本の孤立の始まり」というよりは「国際連盟の衰退の始まり」と見るほうが正しいんだよ。
144.名無しさん:2018年04月15日 14:29 ID:aCxTa3S20▼このコメントに返信
絶対に勝てないって時は素直に頭を下げるってことが重要ってはっきり分かんだね。
それで満州権益も残り、常任理事国でふんぞり返れるなら安いことや。

日本が植民地になる?それなら江戸時代にしているからww
列強を植民地にするメリットなんてアメリカにはないから。
145.名無しさん:2018年04月15日 14:29 ID:B8CVYIq20▼このコメントに返信
結局、歴史の総括はできてないっちゅうことか。
146.名無しさん:2018年04月15日 14:30 ID:cvvkrl7z0▼このコメントに返信





特攻隊は何人かは倒せるだろうけどいずれ負ける
147.名無しさん:2018年04月15日 14:30 ID:KteJaaMi0▼このコメントに返信
日本人が白人コンプで無知蒙昧の馬鹿だから仕方ない(笑)
148.名無しさん:2018年04月15日 14:34 ID:UdpsotIg0▼このコメントに返信
絶対日本人絶滅させるマンのルーズヴェルトが途中で死んだのと
(後任のトルーマンも酷いがルーズヴェルトよかはまだマシ)
朝鮮半島と縁が切れた事

かろうじて不幸中の幸いはこんなもん
149.名無しさん:2018年04月15日 14:36 ID:X6BAkDo60▼このコメントに返信
※117
ドイツ、イタリア、日本の3か国は、お互いが抜け駆けして連合国と単独講和しない様に、念書を交わしていた
だからちょっと勝ったらアメちゃんと講和とかいう考えは最初からないし、できない
戦後の捏造だろう

150.名無しさん:2018年04月15日 14:36 ID:h3y4NaMf0▼このコメントに返信
※146
圧倒的に国力劣る側が貴重な兵員や物資を自ら摩滅させて勝てると思う方がどうかしてる
151.名無しさん:2018年04月15日 14:39 ID:.mKOcoWB0▼このコメントに返信
アメリカが革命などで自壊する道筋でも考えないと不可能。
というか既に有色人種が負けが確定している盤面での詰めが当時の世界情勢。
日本が妙に粘ったから混乱が今日まで続いているだけです。
152.名無しさん:2018年04月15日 14:41 ID:coFzVD3i0▼このコメントに返信
※120
>にほんのGDP はアメリカの20分に1以下。5%程度だった。

第二次大戦前年の1938年の時点で、アメリカのGDPは800295百万ドル。それに対して日本は169367百万ドル。せいぜい5倍程度だ。
大差があるのは確かだが、いくらなんでも20倍とはデタラメ言い過ぎ。
長文書く熱意は買うが、まず事実認識をきちんとしないと説得力がないぞ。
153.名無しさん:2018年04月15日 14:42 ID:fA3iEHm10▼このコメントに返信
白人からアジアを解放して特亜以外から感謝されているーとか
高度経済成長以降から大量に金ばら撒いたからだろ
今は中国の方が金ばら撒き始めたからインドネシア如きにコケにされているし
154.名無しさん:2018年04月15日 14:44 ID:R6SmJW9u0▼このコメントに返信
※113
いるはずの空母がいなかったから
第一次第二次攻撃で艦船と滑走路を殲滅して第三次攻撃で基地施設の破壊の予定だったんだが
敵空母が戻ってきた場合を考慮して撤退した

空母がいなかったのは、日本の開戦にらんでレインボー・プランが発動・・・フィリピンを拠点とした対日戦のため
東南アジア方面に移動開始してしまったためと言われている
155.名無しさん:2018年04月15日 14:47 ID:gUh.V.6V0▼このコメントに返信
当時の国民が開戦を望んだ事が敗因。
んで、ボロクソに負けた後は「戦争反対!」「世界平和!」「平和憲法!」「国際紛争は話し合いで解決!」「国防はアメリカ様にお任せ!」って、無責任過ぎませんかね…
156.名無しさん:2018年04月15日 14:48 ID:HkqC8.820▼このコメントに返信
短期決戦がそもそも無理。真珠湾奇襲なんか悪手も悪手。
持久戦にして、当初通りの漸減邀撃と島しょ部の要塞化で米国に出血と厭戦を強いる。
その間に大陸から引き揚げて、対米講和を模索。
まあ敗戦するんだが、今よりずっとマシな負け方にはなったはず。
157.名無しさん:2018年04月15日 14:48 ID:h3y4NaMf0▼このコメントに返信
※153
100%親日じゃないと親日国じゃないとでも思ってる?
一つの国でも色んな意見があるのが当たり前
日本の高度成長期以前から欧米からの解放戦争の側面があったという評価は存在したぞ
158.名無しさん:2018年04月15日 14:55 ID:jM9dSbS40▼このコメントに返信
相変わらずの勝利条件は?になるが、初めから敗因の塊だったやろーとしかいいようがない
日英同盟堅持できてなかった時点でもう
クーデター未遂という粛清もあったしのぉ
159.名無しさん:2018年04月15日 15:01 ID:coFzVD3i0▼このコメントに返信
※156
大陸から引き揚げるなら、そもそもアメリカと戦争する必要ないだろ。
ハルノートの骨子は「日本は大陸から撤退しろ」だったんだから。
160.名無しさん:2018年04月15日 15:02 ID:dVYkqPpg0▼このコメントに返信
暗号解読されて全て筒抜けだったとか問題は多いわなぁ
戦時中のアメリカの技術発展をなめすぎてたのと日本側が技術革新のスピードが遅すぎた
161.名無しさん:2018年04月15日 15:03 ID:UdpsotIg0▼このコメントに返信
日本側でどうこうより米国の大統領がルーズヴェルトになった時点で
戦争回避しようがないし・・・

例え真珠湾攻撃しなくとも、トンキン湾みたいな
自作自演でもされたらどうしようもない

アラモ砦から始まって、あの国は戦争したい時に
都合よく相手から殴りつけてくれる不思議国家だから
162.名無しさん:2018年04月15日 15:03 ID:vRTzVCdL0▼このコメントに返信
>開戦せず我慢し続けて、核武装してから国際的地位を手に入れるルートだけ

あの当時核を手に入れても発言力上がらんぞ。
一部の物理学者以外「ただ威力のでかい爆弾」としか思ってなかったからな。
163.名無しさん:2018年04月15日 15:04 ID:djd9UTU00▼このコメントに返信
※11
開戦させたのはメディアに煽られた日本国民やし
どうにもならん
164.名無しさん:2018年04月15日 15:05 ID:6v3v1ddF0▼このコメントに返信
日露戦争に関しては未だに「大勝した!」って主張してる奴が
極右でもなく普通にいるくらいだから
当時であそこで引くのは無理だったよなぁとは思う
165.名無しさん:2018年04月15日 15:06 ID:ZLXGoxsL0▼このコメントに返信
※161
アラモ砦は全然違うぞ。交戦国はテキサス共和国だ、マジだぞ。
166.名無しさん:2018年04月15日 15:06 ID:9.sBBNiY0▼このコメントに返信
勝つまで続けなかったからだぞ
167.名無しさん:2018年04月15日 15:08 ID:jQd7WHvc0▼このコメントに返信
最初から特攻してれば陸戦海戦の犠牲者は勿論、特攻の犠牲者も半分くらいで済んだりして
168.名無しさん:2018年04月15日 15:09 ID:9.sBBNiY0▼このコメントに返信
マジレスすると戦わない人類は人類と認められないからだぞ。植民地の黄色い猿から人間になるための犠牲だ。だからこそ今のクソみたいな世界が許せないみんなしねっておもうわ
169.名無しさん:2018年04月15日 15:11 ID:2EuP.Mpc0▼このコメントに返信
敗戦の要素は

内政面では
1)陸海軍の統帥権独立によって内閣が陸海軍をコントロールできない
2)特別軍事費臨時会計制度によって軍事活動の予算編成に際限が無い
3)組閣時の現役武官軍部大臣制度と内閣不一致総辞職によって内閣が陸海軍に対して弱い
4)民需より軍需を優先したことによる民需生産=輸出および外貨の縮小を招いたこと

外交面では
1)国際法(パリ不戦条約)を破る形で国際協調・紛争抑止路線の国際社会と逆行
2)枢軸陣営に接近、交渉における優先事項の確認と妥協点の提示に不備あり

軍事面では

1)北進論・対ソ戦を想定する陸軍、南進論・対英米戦を想定する海軍の、国家軍事戦略の不一致
2)資源産出量・科学技術力・生産力の乏しさ、軍の運用思想の転換、戦闘の教訓活用における後進性
3)対米英戦に関する情報認識・作戦運用の誤り
4)対米戦の推移に関する軍事戦略の欠如
170.名無しさん:2018年04月15日 15:12 ID:y.F10PIY0▼このコメントに返信
外交放棄、大東亜会議での決定を自分で無視、
アメリカからの会談要請を無回答で無視、英仏からの抗議も無視。
アメリカだけでも勝ち目薄いのに、これだけアホなことやって
ほぼ全世界を敵に回したんだから勝てると思ってるほうがアレ。

※163
財界から植民地拡大依頼されて権益拡大を目的に戦争する必要あったから
マスコミに国民煽らせたんだもの。
171.名無しさん:2018年04月15日 15:13 ID:.mKOcoWB0▼このコメントに返信
※144
現代のアメリカと北朝鮮に置き換えて考えてみ?
核放棄させようとしても植民地にしようと考えて無いのと同じこと。
武力行使という外交手段を下の立場から取り上げるだけで十分。
必要ならその後、抵抗出来ない奴らを蹂躙すればいい。
172.名無しさん:2018年04月15日 15:23 ID:YDDgTR9R0▼このコメントに返信
日本人が馬鹿だからやろ。
おかしな事。間違ってる事。正義を悪者扱いする事。それらを無視するのが日本の風習だからな。
国民や軍が一体となって、馬鹿な上層部を殺せば戦争ももっと早く終わっただろうに。
上の言うことは絶対!って思考がなくならない限り過ちは繰り返される。

173.名無しさん:2018年04月15日 15:34 ID:UdpsotIg0▼このコメントに返信
※172
どこから突っ込んだらいいのか分からないほど馬鹿な文章でそんな事言われても・・・
174.名無しさん:2018年04月15日 15:36 ID:GnVfS1pw0▼このコメントに返信
大東亜戦争の敗因は
北 進 論 を 捨 て た こ と と 見 つ け た り 
175.名無しさん:2018年04月15日 15:38 ID:Mj05cI.Q0▼このコメントに返信
言い出しっぺの山本五十六が早々に戦死して歯止めが効かなかったから。
176.名無しさん:2018年04月15日 15:38 ID:GnVfS1pw0▼このコメントに返信
日本人には合理的な選択ができない
関東軍特種演習を続けてソ連を牽制して、アメリカを相手にしないこと
ただ牽制していればいい。外交上 中立は三国同盟が優先するといった松岡洋介の言葉をソ連に伝えるだけでOK
177.名無しさん:2018年04月15日 15:38 ID:S6KFAeGB0▼このコメントに返信
逆に日本がなにをしたらアメリカは対日戦に敗北したんだろう。
西海岸を占領すれば講和しただろうか。
ニューヨークあたりに核攻撃でもしなければ、アメリカは戦争を続けたような気もする。
178.名無しさん:2018年04月15日 15:41 ID:anGsJrZh0▼このコメントに返信
※172
かと言って、オマの国のように
歴代大統領、自殺や刑務所
に追い込んでたら人材枯渇
今の半島みたいになるしな〜
179.名無しさん:2018年04月15日 15:41 ID:GnVfS1pw0▼このコメントに返信
※175
お前はワシントンに日本軍が攻めることができると思ってんのか
頭おか C
180.名無しさん:2018年04月15日 15:44 ID:GnVfS1pw0▼このコメントに返信
※175
あと 山本五十六は連合艦隊司令官で
命令を受けただけだからな

この責任は海軍 軍令部の軍令部総長 永野修身だぞ
山本に作戦命令を作らせたのも 海軍 軍令部だからな

勘違いするな

海軍で一番偉いのは海軍軍令部だからな
181.名無しさん:2018年04月15日 15:45 ID:aa.7.8FI0▼このコメントに返信
※112
>だから石油のあるオランダ領印南相手に対英対オランダ開戦だけで、米国にちょっかいかけなければ
>フィリピンの米軍が日本の南方輸送邪魔する可能性はものすごく低かった、、、

流石にこの見通しは甘すぎる。
182.名無しさん:2018年04月15日 15:48 ID:GnVfS1pw0▼このコメントに返信
※177
ワシントン占領に決まってんだろ
昭和10年の国会で高橋是清(大蔵大臣)が海軍に対して日米戦争の時に日本軍はワシントンを占領できるのかと問われて
できないと海軍は回答している。これが現実だ。日本は合理的な判断ができなくなってたんだよ 人材の枯渇だよ
183.名無しさん:2018年04月15日 15:49 ID:vK.kehOS0▼このコメントに返信
※177
後知恵中の後知恵で言えば、
風船爆弾を日本が勝ってるうちからバンバン飛ばして、
これは、という被害が確認されたら、プロパガンダで猛アピールして、米国民を不安にさせて、
ついでに、風船爆弾を止めさせようと、ニミッツルートで迫ってくる米海軍を決死の決戦で一発食い止めて、
米国民の不安を米軍の体たらくへの怒りに転嫁して、
あとは米政府が原爆開発まで粘らないように、程々の条件で妥協して休戦する、くらい都合よく行けば、どうにか。
184.名無しさん:2018年04月15日 15:51 ID:UdpsotIg0▼このコメントに返信
※177
身も蓋も無いけど日本人相手に聞くより
相手方だったアメリカ人に議論させた方が
有り得そうな答えが出ると思う

兎角日本人同士だと悲観視し過ぎで
暗部やマイナス面の研究ばっか進んでしまってるから

まあ最終的に勝てたとは思わないけど
その視点は考えてなかったって発想が聞けるかも?

ミッドウェイ海戦にせよアメリカ人の勝因の答えは
非常にシンプルで、日本側が戦力を集中させなかったから、だし
185.名無しさん:2018年04月15日 15:53 ID:anGsJrZh0▼このコメントに返信
※183
お薬多めに(以下省略)
186.名無しさん:2018年04月15日 16:06 ID:mBYalzoi0▼このコメントに返信
※86
陛下がそれを言っちゃうと従ってくれる軍の奴らと従わない軍の奴らで内戦待ったなしなんだよなぁ
終戦の玉音放送でも決起しようとしてたぐらいだし押し込めて退位を迫るぐらい平気でするぞ
187.名無しさん:2018年04月15日 16:06 ID:D.8cl3vJ0▼このコメントに返信
米175
山本五十六も一年や一年半なら大暴れできるがそれ以上は無理って公言してただろ。
山本五十六の一存で開戦と休戦講話を決める権利はないよ。
188.名無しさん:2018年04月15日 16:07 ID:wxSxh.Ln0▼このコメントに返信
国力が
189.名無しさん:2018年04月15日 16:07 ID:mW9qLGLg0▼このコメントに返信
>161
そういうのは無根拠と当然だから。大統領を独裁者と勘違いしてないか?
190.名無しさん:2018年04月15日 16:14 ID:gsqtdIfK0▼このコメントに返信
ハワイ占領しなかったから
191.名無しさん:2018年04月15日 16:19 ID:MUJBXicX0▼このコメントに返信
帝国主義の次に来るものが思いつかなかったからだよ
192.名無しさん:2018年04月15日 16:34 ID:h3y4NaMf0▼このコメントに返信
※190
ハワイ占領する能力なんてなかったし
仮に占領出来てもその程度では当時のアメさんが講和に応じたりはしない
まあハワイ攻略すら出来ない国が喧嘩吹っ掛けたのが敗因とは言えるが
193.名無しさん:2018年04月15日 16:34 ID:8Mk3FxT30▼このコメントに返信
元々は中国利権でアメリカと対立したからだっての。そこからアメリカが国民党を支援して日本に嫌がらせしたりするようになった。

元々の原因が見えてないんじゃなぁ。
知識や情報があっても考える頭がないならいつまでも敗因なんてわからんだろう。
194.名無しさん:2018年04月15日 16:41 ID:.nQZfwaa0▼このコメントに返信
1920~30年代を芸者遊びに終始してた軍隊が、格上の国相手に勝てるわけがない。
日清・日露戦争は、格上相手だから、研鑽して勝てたのに。

敗因は、朝日新聞が、国民を煽ってアメリカに勝てるみたいな幻想与えたこと。
195.名無しさん:2018年04月15日 16:42 ID:8Mk3FxT30▼このコメントに返信
元々の原因があって、そのためにアメリカが妨害や嫌がらせを数々仕掛けてくるわけ。

そのために日本もいろんな対応していき、最終的に戦争になった。格上のアメリカに挑発されたようなもんだけど、日本は格下なのに喧嘩を買って予想通り負けたわけ。

まだ今の北朝鮮の方が賢いよ。
196.名無しさん:2018年04月15日 16:44 ID:JE7gbZVQ0▼このコメントに返信
※190
近付いたら要塞砲に吹き飛ばされるし手間取れば機動部隊も戻ってくるけどね
197.名無しさん:2018年04月15日 16:47 ID:5NYdRtrN0▼このコメントに返信
日本人が作った高性能なアンテナは日本で軍事利用せず、敵国が軍事利用したとか、真珠湾で自ら戦艦の弱さを知らしめときながら、大艦巨砲主義に走るとか。
軍の上層部が間抜けだからだろ。
結局頑張ったのは、未だに他国に慰安婦、南京大虐殺とか嘘で辱められている俺らのじいちゃん、ひいじいちゃん達で日本の軍部の力じゃない。
198.名無しさん:2018年04月15日 16:49 ID:.nQZfwaa0▼このコメントに返信
※193
アメリカが支援したのは、国民党では無い。
支援したのは、陳杏村。

彼女こそ日本を滅ぼした魔女。
199.名無しさん:2018年04月15日 16:58 ID:.nQZfwaa0▼このコメントに返信
※167
マリアナ攻防戦でやってれば、講和できてたかもしれんよ。
虎の子の機動部隊壊滅して、揚陸部隊人質なら、大統領弾劾案件になる。
200.名無しさん:2018年04月15日 17:07 ID:B6xfbulA0▼このコメントに返信
戦略目標のアジアの開放は達成できたので戦争には負けたけど勝負には勝ってるから意味はあったと思う。
あの戦争で白人による植民地支配の歴史を終わらせた意義は大きい。
201.名無しさん:2018年04月15日 17:07 ID:m2hyVuv70▼このコメントに返信
新聞が煽ったからに決まってるだろう

いまでも、モリカケなんてマスコミが煽れば信じる人は半数以上いる
当時、「政府は弱腰、勝てる戦をなぜやらぬ」なんて煽れば大多数の人は信じた。
202.名無しさん:2018年04月15日 17:12 ID:vK.kehOS0▼このコメントに返信
※199
日本海軍、決戦したかったはずなのに、どの「決戦」も中途半端だったよね。
203.名無しさん:2018年04月15日 17:14 ID:a1.1dahg0▼このコメントに返信
勝てない、良くて講和な戦争にGOだした世論(国民)があふぉ
204.名無しさん:2018年04月15日 17:26 ID:RdBjVAIP0▼このコメントに返信
※200
自分も以前はそう思ってたけど
どうしてもこういう結論にもってかれると微妙な気分になる

日本は確かに頑張ったけど
アジア各地で軍事教練とかやってその後の独立戦争に繋いだのは確かだけど
アジアもアフリカも独立してって国の数がめっちゃ増えたけど

と思ってしまうんだがこれは何なんだろう
205.名無しさん:2018年04月15日 17:29 ID:0k9eKYBX0▼このコメントに返信
猪瀬さんの昭和16年夏の敗戦、いい本だよ。
東条英機の苦悩、陸海軍の反目、個人では冷静に分析するのに組織になると開戦賛成になる可笑しさ。
206. 最高委員長の思慮深さ:2018年04月15日 17:32 ID:VhERfKRA0▼このコメントに返信

 金正恩 「 やっぱりアメリカとの正面対決はさけるべきだな・・ 」
207.名無しさん:2018年04月15日 17:34 ID:vK.kehOS0▼このコメントに返信
※204
日本の意義は、あくまで白人支配は倒せると実証したこと。
それに触発されて、どう動いたかは、あくまで現地の人の責任であり、功績。
だから、現地の人が「日本のおかげ」と言えばそう受け止めればいいし、
いや関係なかったと言うなら、そうですかと言うほかない。
208.名無しさん:2018年04月15日 17:39 ID:0bi0QF5U0▼このコメントに返信
バカだね、歴史を変えるな。日本が米国を攻撃するように仕向けた中国の策略にハマったんだよ。
209.名無しさん:2018年04月15日 17:39 ID:0kIaEo6i0▼このコメントに返信
アメリカに大義名分を与えたことかな。中国に攻めこむ悪者、真珠湾のだまし討ち、とかね。
そして海軍トップの「半年なら存分に戦ってみせる」=「半年経ったらアメリカが体制整えるので勝算無し」程度の賭けに走ったこと。
まあそのまま何もしなければ輸入〆られて言いなりになるしか無かったのも事実。

絶対に正面からじゃ勝てない相手に部分条件でも勝って何とか凌ぐことができないのは、今も同じか。
210.名無しさん:2018年04月15日 17:40 ID:YjFGFFAb0▼このコメントに返信
当時の国連脱退で、議論の場がなくなった。
脱退しなければ、ハルノートは他国に封じられてた。
アメリカもWWⅠで、厭戦気分。
滅ディアが開戦を煽った。
ここで、詰み。
211.名無しさん:2018年04月15日 17:42 ID:FIEBCJ5n0▼このコメントに返信
※17
その前に、日本は、関東大震災と台湾銀行破綻による金融恐慌が起きてる。
関東大震災後の復興の不手際が、日本を没落に導いた。
この時期の政党が、党首みんな小沢一郎かと思うような無能な政略ばかり。
結果、軍部独裁につながる。
212.名無しさん:2018年04月15日 17:48 ID:CjWXYefg0▼このコメントに返信
一番の敗因は、真珠湾攻撃だ。
一般のアメリカ人を本気にさせた。

逆にアメリカが日本の力を見くびり攻めてきて相当の損害を与えたら講和だったな。
213.名無しさん:2018年04月15日 17:49 ID:FIEBCJ5n0▼このコメントに返信
※34
1939~41年のアメリカの戦力・兵器の質は、たいしたことないよ。
1942年以降の兵器の質・量が枢軸のはるか上いっただけ。
1942年中に英ソが、ドイツに降伏・講和してれば、よかったのであり、
日本が、生真面目にアメリカと戦争する必要がなかった。
214.名無しさん:2018年04月15日 17:52 ID:X6BAkDo60▼このコメントに返信
※204
日本(人)は東亜解放の礎になって死ぬまで奉仕しつづけろ、という思想は戦前から現在まであって、大アジア主義と呼ばれている
発祥は西日本のもよう(廣田外相とか)
彼らは東アジアの国家連合体なものを漠然と定義して、西欧国家群に対抗するというシチュエーションを夢想する
それが東アジアを自分たちのシマとして囲い込みたいという戦前日本の膨張主義と噛みあった
だから戦争に負けて覇権国家を廃業した戦後の日本とは全く合わない


215.名無しさん:2018年04月15日 17:56 ID:FIEBCJ5n0▼このコメントに返信
※50
真珠湾に3隻も空母常駐しないぞ。よくて1隻。
空母撃破なら、ウェーク島攻略戦で、第二航艦のすぐ後ろにハルゼーのエンタープライズいたぞ。
この場合、第二航艦全滅の目もでてくるが。
216.名無しさん:2018年04月15日 17:57 ID:coFzVD3i0▼このコメントに返信
※200
日本の国家としての戦略目標はあくまで資源の確保で、アジアの解放は戦争の大義名分にすぎんよ。
人間は大義がないと戦争なんてできないからな。

もちろん本当にアジア解放の理想を信じて戦った日本軍人たちがいたことは知ってるよ。そうした理想のために戦い、死んでいった人たちには素直に敬意を払いたい。
だけど国家としての「アジア解放」は、あくまで建前にすぎなかったのも事実。
217.名無しさん:2018年04月15日 18:04 ID:ZLXGoxsL0▼このコメントに返信
※216
軍属として徴用されて東亜共栄っていう理想に尽くした人達もいっぱいいるんだよな、または民間人でも。
結果的には裏切られちゃうけど。
戦前からフィリピンに移住してて社会矛盾を感じたので、東亜共栄を信じて戦中協力を惜しまなかったけど、
結果的にフィリピンでの全てを失った人の戦記とか読んだことあるなぁ。
218.名無しさん:2018年04月15日 18:05 ID:IYczErK60▼このコメントに返信
※193みたいな、サヨク唯物論で反アングロサクソン陰謀論(金融と利権で英米は動く)を日本の首脳陣、とりわけ近衛と松岡が信じて、持たざる国理論のレベルで三国同盟組んだり、北進南進だ、といたずらに兵力うごかしたりしたのが日本外交破綻の原因だよ。

いまだにこんな左翼統制主義者のプロパガンダが生き残って信じられつづけてる事が驚異だよ。
219.名無しさん:2018年04月15日 18:07 ID:FIEBCJ5n0▼このコメントに返信
※74
開戦時にロサンゼルス占領するだけで、アメリカの勝ち目が下がる。
なんせ、ボーイング(シアトル)・グラマン・レパブリック(ニューヨーク)以外の
航空機メーカーの工場が集中してたんだから。
航空支援無き、陸上戦力・海上戦力が無力か。
ドイツの敗北は、制空権の喪失によるもの。
220.名無しさん:2018年04月15日 18:11 ID:0tfnUNP70▼このコメントに返信
早くから開戦したからって言った奴が有能。
その通りよ、シミュレーションも行って無理だと分かってたんだし。
221.名無しさん:2018年04月15日 18:12 ID:e3Um237J0▼このコメントに返信
 後から検証したら無謀言うても
戦力分析も情報解析もそれ程外れては無かったから、開戦せずに植民地化される道天秤に掛けた場合はそれほど的外れでは無かったんだけどね
…95%くらい正しく分析しても5%の判断ミスが後々の致命傷になったけどね

 あと10年早かったら、真珠湾攻撃の後に講和できたろうね、5年前ならミッドウェー海戦に入る前には講和を結べてただろうね…
ついで言えば、普通にシミュレーションしたらミッドウェー海戦で日本が負けるってのはまずありえない結果だったりする。
222.名無しさん:2018年04月15日 18:17 ID:X6BAkDo60▼このコメントに返信
※25
第三次ヴィンソン案→スターク案という米海軍の大軍拡計画の情報に完全にビビってしまった永野と山本が陸軍主流、外務省、天皇を巻き込んでガラポン開戦になだれ込んだだけ
彼らは(今米英に開戦しなければもう勝ち目はない)と信じ込んでしまった

223.名無しさん:2018年04月15日 18:19 ID:FIEBCJ5n0▼このコメントに返信
※57
エチオピア皇族と黒田男爵家令女との婚姻を成立させてれば、
第二次エチオピア戦争で、日本がエチオピア側に立ちイタリア攻撃する
大義名分ができる。
当然、日本が勝つ。
植民地割譲でソマリアもしくは、エリトリア獲得したら、イギリスと
北部ボルネオを交換。
これで、石油と生ゴムを確保できる。そして、軍事基地建設できる(ワシントン体制外の領地)
ドイツがオランダ占領後に蘭印全域進駐すれば、アメリカと断交しても生存できる。
224.名無しさん:2018年04月15日 18:20 ID:SuOw5jvy0▼このコメントに返信
コミンテルンの工作により開戦せざるを得なかった 
だからアジア解放は日本のお陰ではなくコミンテルン様の功績であ~る
225.名無しさん:2018年04月15日 18:24 ID:FIEBCJ5n0▼このコメントに返信
※76
キリスト教徒の蒋介石・宋美麗夫婦を邪悪な多神教国家の日本から
救う十字軍だから、なにしても無理。
226.名無しさん:2018年04月15日 18:28 ID:xUQT6wEw0▼このコメントに返信
※183
風船爆弾って負けこんでからの兵器なので、開戦当初は存在しない。
227.名無しさん:2018年04月15日 18:29 ID:FIEBCJ5n0▼このコメントに返信
※91
韓信の股潜り。
臥薪嘗胆。
とゆう諺もあるぞ。
228.名無しさん:2018年04月15日 18:31 ID:IYczErK60▼このコメントに返信
※222

ビンソン案で、三国同盟推進派だった吉田善吾海相は発狂(神経衰弱で自殺未遂、と言われる)しちゃったからね。大島以外、基本的に三国同盟反対だった陸軍の方が冷静だった。

一番頭がおかしかったのは外務省だけれども。
229.名無しさん:2018年04月15日 18:38 ID:FIEBCJ5n0▼このコメントに返信
※113
ドック破壊しても手柄にならないから。
滑走路の飛行機破壊は手柄だが、滑走路自体の破壊は手柄にならない。
第一攻撃隊が滑走路破壊してれば、第二次攻撃隊(第五航艦)にあこまで損害でなかった。
230.名無しさん:2018年04月15日 18:41 ID:4IOwptVg0▼このコメントに返信
日露は運じゃないだろ。資金調達、外交政策、軍備整備、国内体制勝つべくして勝った
よく日露で調子づいたとか言うが全然違う
原因は日露がなぜ勝てたかという面に思考が行き渡らなかったこと

明治の連中ならあんな情勢で戦争しない…というかそもそもあんな情勢に自体させない
231.名無しさん:2018年04月15日 18:43 ID:MhhovBh10▼このコメントに返信
これは中国がやらかしかねないことだが。

最初期の段階で考えられるすべての手段を投入していれば、負けはしなかったかもしれない。

日本側は手段を選んでる。なおかつ小出しにしてる。
232.名無しさん:2018年04月15日 18:44 ID:coFzVD3i0▼このコメントに返信
※217
京都大学の欧州史学教授だった会田雄次氏が書いた「アーロン収容所」にも印象的な日本軍青年士官がいたよ。
軍属として日本軍で働いていたビルマ人少年の世話をし、教育し、アジア解放の理想を教えた。そして少年の目の前で爆薬を抱いてイギリス軍戦車に突っ込み、壮烈な戦死を遂げた。
ビルマ人少年は戦争が終わってから捕虜として屋外作業をさせられている会田氏たち日本兵のもとを訪れ
「あなたたちはなぜイギリス軍のために働いているんですか!アジア解放の理想を忘れてしまったんですか?」
と訴えてまわっていたそうだが・・・。

インドネシアで捕虜収容所を脱走して独立軍に加わり、オランダと戦った日本兵たちも、このビルマ人少年の訴えのようなものを聞いて決意したんだろうなと「アーロン収容所」を読んで思ったな。
233.名無しさん:2018年04月15日 18:46 ID:MhhovBh10▼このコメントに返信
日本は外交と軍事の一元化に成功はしていた。

これも中国側は真似ている。

中国の外交関係者を他国のそれと同様に見ない方がよいかもしれない。

おそらくは、
234.名無しさん:2018年04月15日 18:49 ID:FIEBCJ5n0▼このコメントに返信
※123
1901年段階で、テディが、日米対決を覚悟している。
235.名無しさん:2018年04月15日 18:52 ID:IYczErK60▼このコメントに返信
※143

言われて見れば確かにその通りですな。

国際連盟、日本は常任理事国だったからね。しかもアメリカがいなかった。松岡がいかに愚かしい行動をしたのかわかるよ。

ちなみにブラジル脱退の原因作ったのは確か日本だな。ブラジルが常任理事国にしろ、とゴネ始めたら、他にもスペインやらが俺も俺も、ってなって収集つかなくなった。議長国は不幸にも日本だった。(だから収集つけられなかった、って気もする)
236.名無しさん:2018年04月15日 18:52 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
※216
建前だったというのは内面を推測して「事実」だと思い込んでいるってだけの話だろ?誰がそれを決めるわけ?
戦争開戦当時兵士向けに開戦目的の一つに「アジア開放」が掲げられ、開戦当時戦意高揚為の歌でもアジア開放を謳った歌が採用された。
在米日系人ですら開戦当初「日本は負けるだろうがアジアは解放される」と予言し、当時日本人だった朝鮮半島にいた朝鮮人もその意識を共有していた。

黒船開国から世界と対峙する事になり世界の状況をしってからのながーい年月の間に人種差別撤廃アジア開放的な考えが人々の心に中に共有されていったわけだね。日本が人種差別撤廃訴えたのは1919年だよ?歴史を見れば日本の戦いとは何十年にも渡る人種差別との闘いの歴史といえるよね。「建前」どころか、それこそが開国から大東亜戦争へと至る日本の戦いの本流でしょ。人々が広く共有していた意識。「建前」どころか「本音」ってレベルだよな。
237.名無しさん:2018年04月15日 18:58 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
1924年当時で既にアメリカの軍人が日本との戦争を予言し、なんと!!真珠湾奇襲まで予言していたというびっくりな話があったぞ。
その当時ですでにそういう雰囲気が流れていたんだよな。。1919年に日本が「人種差別撤廃」を世界に訴えてからというもの当時神の座にいた白人、欧米列強は日本人を敵として意識し始め、数々の圧迫を始めたんだよな。と思ったら※234 1901年にはすでにそういう話が?
238.名無しさん:2018年04月15日 19:03 ID:uJiZYNpz0▼このコメントに返信
アジア解放をもっと徹底すればあるいは。
239.名無しさん:2018年04月15日 19:05 ID:m5DRPyQf0▼このコメントに返信
貧乏と無能な軍上層部、
240.名無しさん:2018年04月15日 19:06 ID:v9TlcE.X0▼このコメントに返信
敗因は白人による人種差別の世界で力のある有色人種国家が日本だけだったところ。
歴史を遡ったとしても勝つ可能性はないと言い切って過言じゃないと思ってる。
241.名無しさん:2018年04月15日 19:06 ID:IYczErK60▼このコメントに返信
※95

ハルノートは外交(日米交渉再開)の要請だから、受けても、国民は怒らない。ただ、外務省の交渉能力がなくて、酷い合意になった時点で世論は沸騰するだろうけど。怒るのは、開戦出来ない~必敗の条件が増える海軍。

つまり、開戦派が陸軍だというの自体が間違い。陸軍は戦争する必要もないし、英米あるいはロシアと開戦するためには、まずシナ事変を終わらせて遊兵を都合しなきゃいけない。シンガポールだけなら都合つくけど、米国上陸や対ソ戦争は無理。

戦争したがってたのは海軍と外務省(松岡派)だよ。
242.名無しさん:2018年04月15日 19:08 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
アメリカの事情なんかも調べてみると陸海軍が激しく対立していたり、冷遇されていた人間の一発逆転を狙った一か八かの賭けが何度も失敗を繰り返しながらも最後は当たったとかことがわかるよね。B29なんかも当時の常識を覆すホントにモノになるかわからないようなものだったのがトップの決断でゴーサインが出て現在の価値で4兆円もの予算ぶっこんで失敗を繰り返しながらも結果的に賭けに勝ってまさに日本を壊滅させる被害をもたらす兵器となったわけだよね。
243.エンアカーシャ:2018年04月15日 19:09 ID:W2C3tqhs0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃の後に上陸して、アメリカ人を官民全員、人質にする、
そして、停戦を呼び掛ける、

真珠湾は壊滅していたので、これが正解、

詰(つめ)が甘かった。
244.名無しさん:2018年04月15日 19:11 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
山本五十六の真珠湾奇襲とはもしや米国赴任時にそのアメリカの軍人の予言を耳にして発想したんじゃないだろうな?と思ったのは俺だけではあるまいw
245.名無しさん:2018年04月15日 19:18 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
※225
キリスト教とか宗教の影響ってのは何気にデカいかもしれないよね。
21世紀の現代でも「神の存在」を信じている「創造論」だっけか?を信じている米国人の割合は5割だったか相当な高率だってなを話をどっかで見たな。で、イスラム教では「多神教徒」は発見次第すぐに殺せとか書かれてるんだって?

で、「キリスト教とイスラム教は、歴史的にも伝統的にも共通点を持つが、神学上ではいくつか大きな相違点を持つ。 2つの宗教は中東に共通の起源を持ち、どちらもしばしばアブラハムの宗教と呼ばれる。」ってなもんだよね。これが当時の歴史にどの程度の影響を及ぼしたのかはよくわからんが、こういったことも考慮に入れるべき問題だよね
246.名無しさん:2018年04月15日 19:21 ID:qYLxdp2I0▼このコメントに返信

参拝は
靖国でなく
高麗神社

皇室は
命乞いかな
キリスト教


247.名無しさん:2018年04月15日 19:23 ID:J4Npo8al0▼このコメントに返信
※154
空母は、日本の攻撃目標になるとおもわれる、ミッドウェー・ウェーク島に
海兵隊の戦闘機輸送任務で、出払ってる。
サラトガは、サンディエゴで、開戦後の反撃用に準備中。
南雲が第三次攻撃隊だしてたら、レキシントンとエンタープライズの攻撃うけて、
海の藻屑になっている。
撃沈じゃなくて、燃料不足で、立ち往生>捕虜になるぐらうなら自沈コースです。
248.名無しさん:2018年04月15日 19:23 ID:Kd0UHzN00▼このコメントに返信
やっぱり北進するか、米英可分でフィリピンスルーしかないなぁ。

ハワイ奇襲は途中でバレる可能性があったり、めちゃくちゃリスキーだし、結果的に大義名分作っちゃった訳で全然ダメ。
まだ、マーシャル沖で艦隊決戦してた方がいいレベル。

北進してソ連に勝ったらドイツに頼んで、シベリア鉄道使ってバクー油田から石油輸送してもらえばよかったんじゃない?
249.名無しさん:2018年04月15日 19:27 ID:coFzVD3i0▼このコメントに返信
※236
日本がアメリカを攻撃したという事実だけで、資源確保が目的だったのは明らかだと思うが?
当時アメリカがアジアに所有していた植民地はフィリピンのみ。そのフィリピンは(こちらも建前だけとはいえ)独立が決まっていた。
日本がアジア解放のために戦ったのなら、イギリス、オランダ、フランスの3ヶ国だけを攻撃すればよかったはず。
しかしアメリカをも攻撃した。なぜか?それは東南アジアから日本への資源輸送航路、いわゆるシーレーンの途上にフィリピンがあったからだ。
資源獲得ではなくアジア解放が目的だったなら、シーレーンなんて気にする必要は無かったはずだよ。

内面の推測だけじゃない史料だってたくさんあるよ。たとえば昭和16年6月に陸軍省燃料課が「南方資源確保案」を東條首相に提出している。開戦の半年前にはすでに資源確保のための動きが始まっていたわけだ。
250.名無しさん:2018年04月15日 19:28 ID:6BdhNLQC0▼このコメントに返信
どちらかというと、日本人が皆殺しになるか、男は皆殺しで女子供は奴隷として売られるかしていなかったのが不思議レベル
251.名無しさん:2018年04月15日 19:32 ID:J4Npo8al0▼このコメントに返信
※177
カリフォルニア上陸できたら、メキシコの国旗を掲げる。
米メキシコ国境開放。>メキシコ系虐殺はじまる。
ラジオで、黒人の人権宣言。>白人による黒人虐殺はじまる。
内戦状態にしたら、アメリカ本土から撤収。
レンドリースの余裕もなくなり、イギリス・ソ連が詰む。
アメリカ内戦終了時には、世界に平和と新秩序が訪れている。
252.名無しさん:2018年04月15日 19:40 ID:ZLXGoxsL0▼このコメントに返信
※236
大東亜省の設置のゴタゴタとか見ててそう思えます?国家戦略の中心をなす筈の所轄官庁が事後的に設置されるのはおいといて、設置の是非で外務省やらとガチャガチャやってんですよ?
253.234:2018年04月15日 19:44 ID:J4Npo8al0▼このコメントに返信
※237
ルーズベルトが、海軍のマハンよんで、諮問し、
将来、太平洋のシーパワーを巡り対決すると。
現在、シナがアメリカに挑戦中ですな。
254.名無しさん:2018年04月15日 19:56 ID:J4Npo8al0▼このコメントに返信
南部仏印進駐時についでにマダガスカル島(ビシー政権派)にも進出して、
ドイツに基地提供してインド洋の通商破壊させる。
イギリス海軍が、ドイツ艦艇攻撃したら、割って入る。
イギリスから攻撃されたら、馬来侵攻の大義名分になる。
これならアメリカの参戦理由が生じない。
蘭印は、原住民扇動して内戦状態にして、現地政府に日本軍進駐要請ださせる。
インド独立まで達成して、アメリカが中立状態なら枢軸側の勝利確定する。
255.名無しさん:2018年04月15日 20:00 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
※249
それらの事実と「アジアの解放」は矛盾しないよね。資源確保するのは戦う上で絶対にやらないといけないことだよね。
日本が生き残り大国としての地位を確保することはアジア民族の解放につながる。世界で初めて欧米列強と互し、植民地化を逃れ、白人の国家に戦争で勝利したのは日本だけ、日本はアジアのホープだった。という声は当時のアジアから多く上がっているよね。で、実際人々の心の中にはアジア人のアジア、人種差別撤廃の思いが目覚め広く共有されていた。
256.名無しさん:2018年04月15日 20:12 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
※252
どういう理屈で「アジア開放」と言えないとなるのかわからん。後手後手に回っているからとかそういのは置いといて?
「なお、大東亜省の設置の際、9月1日に外務大臣東郷茂徳は辞任し、同日に貴族院議員に勅任された。東郷は、その設置が「二元外交」を招くとともに、上記地域の植民地支配を日本が画策しているという誤ったメッセージとしてアジア諸国や敵国(連合国)から受け取られかねないことを懸念したためである。」wiki ってなゴタゴタがあった?で、なんだろう?
257.名無しさん:2018年04月15日 20:15 ID:MlhyzsHY0▼このコメントに返信
開戦の詔勅に「アジアの開放」が言及してない時点でお察し
しかも後の会議にだってインドシナの要人は呼んでない(当面確保し続けるつもりだったから)
その他経済人や政府要人同士でも資源確保の会話ばかり

後付けの大義名分でしかないよ
当時の日本からすれば資源確保が最優先で切実だったから当然だけど
別にこれ自体は悪い事どうこうのはなしではない

でも※255みたく
崇高な目的の為に戦い敗れたけど結果的にはOkとかは夢見すぎ
戦後その目的の為に個人で協力・戦った人はいても「国家の目標」としてアジアの開放の為にアメリカと戦争したわけではない
258.名無しさん:2018年04月15日 20:27 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
※257
本音と建前 という話なら、「建前」が「開戦の詔勅」で、身内で共有しているものが「本音」ってな話が普通だよね。

で、いよいよとなって「本音」をぶっちゃけたってな話で我々の身近レベルの話に落とし込んでみてても普通にしっくりくる話だよね
259.名無しさん:2018年04月15日 20:35 ID:tzpVjarg0▼このコメントに返信
尾崎秀実を筆頭としたスパイをどうにかできないと可能性すら……
 
とりあえず、日中戦争からは手を引くべきだし、ハワイは占領するべきだし、
何よりアメリカの太平洋の作戦能力は完全に潰さないと。
260.名無しさん:2018年04月15日 20:43 ID:YjFGFFAb0▼このコメントに返信
※244
イギリスがイタリアのトリポリ奇襲で、全く同じことをやってる。
浅深度で大規模にやったから、そこがアメリカにとっては、まさか、なんだろうな。。
261.名無しさん:2018年04月15日 20:44 ID:K3v4bhmv0▼このコメントに返信
チンピラに因縁(満州)つけられる原因作ったのがそもそもの敗因
ナイフで反撃してはみたが、相手へのダメージはジャケット(ハワイ)を少し切っただけ
チンピラは、悪い奴はだいたいトモダチって感じでトモダチ呼んでフルボッコにしましたとさ
262.名無しさん:2018年04月15日 20:45 ID:P6PDUmBZ0▼このコメントに返信
「アジアの開放」もお題目のひとつやで。
気に入らないから認めないとかww
テヨンコかよw
263.名無しさん:2018年04月15日 20:48 ID:teUsNUYM0▼このコメントに返信
二兎追うものは~どころじゃなくあちこち手を出しすぎやねん
264.名無しさん:2018年04月15日 20:55 ID:ib0wSBfp0▼このコメントに返信
ごく端的に言って戦略目的・計画の誤謬。

日本帝国側は日露戦争のような前線での戦勝のち講和と考えていた。
だから速戦即決すれば国力差を埋め合わせるという帳尻だった。

アメリカ側は米軍が東京を陥落させるか日本軍がワシントンを攻略するかまで続く
全面戦争として戦っていた。途中の損害は度外視して国力で押し切っていった。

日本が想定していた局地戦争の形に持ち込めなかったのが究極の敗因。
265.名無しさん:2018年04月15日 21:01 ID:ZXCEPUK60▼このコメントに返信
※206
金正恩「(やっべ、資金支援がなくなって、中国との物資ルートが潰されちまった。南を抱き込んで時間稼ぎだ!)」

かなり場当たりに見えますが...
「風をよむ」嗅覚は鋭そうですけどw
266.名無しさん:2018年04月15日 21:09 ID:coFzVD3i0▼このコメントに返信
※255
人の行動において、本音と建前はかならずしも矛盾するものではないよ。
たとえば店員が
「ああ早く仕事終わらないかなあ。客の相手なんてかったるいなあ」
と考えていながら
「いらっしゃいませー!」
と客に愛想を振りまいたとしても、その店員が社会人として立派に働いていることには変わりない。
同じように日本の本音が「資源の獲得」でありながら建前は「アジアに解放」であったとしても、その行動がアジア諸国の独立につながったことは間違いない。

だけど本音はあくまで本音であり、建前はあくまで建前だ。きちんと区別しなければならない。
当時のアジア諸国の独立派や改革派の多くにとって、日本が希望であったことはたしかだ。日露戦争当時ロンドンにいた孫文が、日本の勝利に興奮して下宿を飛び出した。なんてエピソードは有名だよね。ほかにもいろんなエピソードや証言がある。
でも、だからといって日本帝国の本音が「アジアの解放」だったということにはならない。むしろすべての史料は、国家としての日本の本音が、「資源の獲得」だったと示している。
ちなみに当時のアジアの指導者たちもそれを見抜いていたよ。それは大東亜会議でのタイやフィリピン代表が日本に対して批判や不満を述べていることからもわかる。
267.名無しさん:2018年04月15日 21:36 ID:CjWXYefg0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃みたいに姑息で卑怯な攻撃をしたのが間違い。これで反戦気分だった一般のアメリカ人を本気で怒らせた。
その後ドイツに7割の予算、日本には3割の予算なのにフルボッコされる。3割のアメリカにも全く歯が立たなかった。
正々堂々と戦っていれば、講和の道もあっただろう。
始めから勝てないと解っている相手に奇襲作戦は愚かだった。

プロレスラー相手に正々堂々と戦えば、手加減してくれるだろう。
しかし、後ろから近づき思いっきり後頭部を叩いて、相手に致命傷を負わせられないなら、悲惨な結末となる。

本気でアメリカに勝つつもりになったのが間違いだ。
負けを前提で抗議の意味での戦争をするべきだった。

268.名無しさん:2018年04月15日 21:41 ID:mD.lKwQH0▼このコメントに返信
※248

まず緒戦で南方押さえたから数年は戦える油が手に入ったんやで

あと戦争期間中に100隻以上の空母作る米国はなにやっても参戦してくる、ソ連と戦ってる間に挟まれて死ぬ

ソ連との不可侵条約やってたから対米に全力だせた、あんな資源も資材もない状態で2方面作戦なんて無理や
269.名無しさん:2018年04月15日 21:48 ID:J4Npo8al0▼このコメントに返信
※260
敵海軍根拠地を寝込み襲うのは、ネルソンが散々やらかしてるので、
海軍戦術の基本中の基本。
WWⅠでも大英帝国本国艦隊根拠地をU-ボートに襲撃されてるんだし。
なので、真珠湾も対潜水艦用にネットはってるし、
タラントの戦訓で、対空レーダーも配備済み。
アメリカとしては、完全無欠の要塞基地。
しかも黄色い猿には飛行機飛ばせないと本気で思われてた時代。
270.名無しさん:2018年04月15日 21:51 ID:8Mk3FxT30▼このコメントに返信
戦争の仕方自体と戦争前の外交のやり方の2つにまず分けて考えないと。
真珠湾攻撃がどうだのは前者。
作戦上は全然おかしくないし、
むしろよく成功できたなと。
山本五十六が優秀な軍人だった証なくらいだよ。

ただ後者の問題として、アメリカの正式な参戦を招かずに資源確保できたのかはわからん。一番面白いテーマじゃある。

271.名無しさん:2018年04月15日 22:17 ID:m.Hwx.z.0▼このコメントに返信
Kの法則
272.名無しさん:2018年04月15日 22:31 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
※266
「資源獲得」は「アジア開放」と矛盾しないよ。
「資源獲得」しないということは、「食い物も確保しないで戦おうっての?バカなの?死ぬの?」って逆にバカにされる話だよね。
つまり、「資源獲得」に動いたことが「アジア開放」なんて心に無かったという証明にはならないわけだよね。

で、先に挙げたように国民世論は「アジア開放、人種差別撤廃」に燃えていたわけだ。例えば朝鮮半島でも
「朱 耀翰(しゅようかん 後に韓国国会議員)昭和16年(1941年)12月14日の米英打倒大講演会 演題「ルーズベルトよ答えよ」
「正義人道の仮面を被り、摂取と陰謀をほしいままにしている世界の放火魔、世界一の偽善君子、アメリカ合衆国大統領ルーズベルト君。・・・君は口を開けば正義と人道を唱えるが、パリ講和会議の序文に、日本人が人種差別撤廃文案を挿入しようとしたとき、 これに反対し、削除したのはどこの国であり、黒人と東洋人を差別待遇して同じ席にもつかせず、アフリカ大陸で奴隷狩りをあたかも野獣狩りをするが如くしたのはどこの国のものであったか。・・・しかし、君等の悪運は最早尽きた。・・・一億同胞・・・なかんずく朝鮮半島の二千四百万は渾然一体となって大東亜の聖戦の勇士とならんことを誓っている」ってな感じの演説が行われるぐらい つづく
273.名無しさん:2018年04月15日 22:48 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
「アジア開放、人種差別撤廃」はもう何十年にもわたる悲願、臥薪嘗胆ということで広く国民の間で共有されている思いとなっていたわけだよね。
で、兵士向けの「なぜ戦うか」という冊子では戦争目的として「アジア開放」を掲げ、開戦の翌日募集され、5日後、1941年(昭和16年)12月13日に締め切られた。という「大東亜決戦の歌」の歌詞には【いざや果たさん十億の アジアを興す大使命 断乎膺懲堂々と 正義貫く鉄石心 いま決戦の時来る】とうたわれている。ということで国民世論はもちろん政府関係者も当然この事実は共有されていたわけだよね。
「大東亜決戦の歌」
作詞 伊藤 豊太・作曲 海軍軍楽隊
一 起や忽ち撃滅の かちどき挙がる太平洋 東亜侵略百年の 野望をここに覆す いま決戦の時来る
二 征くや激しき皇軍の 砲火は哮ぶ大東亜 一発必中肉弾と 散って悔いなき大和魂 いま尽忠の時来る
三 見よや燦たる皇国の 歴史をまもる大決意 前線銃後一丸に 燃えて轟くこの歩調 いま興国の時来る
四 いざや果たさん十億の アジアを興す大使命 断乎膺懲堂々と 正義貫く鉄石心 いま決戦の時来る
274.名無しさん:2018年04月15日 23:07 ID:ptoYiJOS0▼このコメントに返信
で、政府が本当は「アジア開放」は建前で心中はそんなつもりはなかった?と主張するには、「アジア開放、人種平等」が戦争目的の一つだということをはっきりと明らかにし広く共有されているわけだから、それを覆す証拠が必要になってくるわけだよね。

で、その一つが「資源獲得」?こんなのは先に書いたように「アジア開放」と矛盾しないよね。
あとは「当時のアジアの指導者たちもそれを見抜いていた」?大東亜会議でタイやフィリピンの代表が日本に対して批判や不満を述べていた?
「見抜いていた」って、そうアジアの指導者が言ってたわけ?さらに、そうだとしても、それが正しいという証拠がないとダメだよね。人の内心だからね。 批判や不満?それがあったからすなわち=「アジア開放」ではないとはならないよね。これらが根拠ということは「日本はアジア開放を目指していたというが、腹の中ではそんなつもりはさらさらなかったと俺は信じている」ってレベルの話だよね。
275.名無しさん:2018年04月15日 23:33 ID:ZLXGoxsL0▼このコメントに返信
そもそも当時の政府が国家意思ってものを統一できてなかったし、そういう根本的な欠陥を備えていた制度だったんだと俺は解釈してるけどな。
不磨の大典として硬性だったらしいが。

明治時代の薩長閥と元勲で政界陸軍海軍官僚がセクショナリズムに陥ることなく、コネで意思疎通してたけど
そういった連中が退場していった後にそれぞれの組織が生え抜きの連中で占められ、三権分立どころか
陸軍、海軍も統帥権を盾に国家を自侭にした。国家の意思の統一が無いところに「東亜共栄」の理念の共有なんぞできるわけない。
構成員のそれぞれには高潔な方もいたと思うが、ヤマタノオロチのどの頭が全体の頭を統御していたか?みたいな具合で、支離滅裂なんだから、
大日本帝国として統一された国策としてアジア解放なんて、そもそも設定しえなかった。弥縫策だと思うよ。

別の文脈で、そう唱えておいた方が歴史戦においては有利だ、みたいな話聞くけど、それよか戦後日本の貢献の方がよっぽど有利だと思うけどな。
276.名無しさん:2018年04月15日 23:56 ID:ZLXGoxsL0▼このコメントに返信
枢密院っていう機構はあったんだけどな。と一応旧体制の弁明はしとく。元老政治のいいとこどりしたかったのかな、とか思う。
277.名無しさん:2018年04月16日 00:29 ID:GvzsULS.0▼このコメントに返信
ミッドウェー海戦の敗北、暗号解読、ベテラン搭乗員達が多く戦士、航空機が主力なった時代なのに大艦巨砲主義を捨てられなかった事、米軍の高性能レーダーやVT信管、ぱっと思いついただけでもこれくらいはある
278.名無しさん:2018年04月16日 00:49 ID:Qnd4x9T20▼このコメントに返信
外構で負けて戦争をしちゃったことだぞ
279.余命ブログ:2018年04月16日 01:27 ID:M.VlVoQr0▼このコメントに返信
日本第一党と自民党に投票しない売国奴は公安と官邸に通報メール

現在、余命1号~90号まであり!

思想や宗派を調べ上げ、安倍総理を批判する輩は全て官邸と自民党HPへ通報メールを!
280.保守速報:2018年04月16日 05:06 ID:M.VlVoQr0▼このコメントに返信
チャンネル桜🌸YouTube

『【討論】シリーズ「自民党の第五種補給品」:稲田朋美議員とは何か?』
  出演、杉田水脈、筆坂秀世、篠原常一郎、他

『【討論】漢字が読めない麻生太郎副総理の正体』
  出演、篠原常一郎、吉田康一郎、渡邉哲也、他
281.名無しさん:2018年04月16日 05:49 ID:0Z7xsVAO0▼このコメントに返信
ミッドウェーなどの初期の段階で優秀なパイロットや技術者を死なせてしまったこと。
282.名無しさん:2018年04月16日 07:41 ID:eWeN6q410▼このコメントに返信
経済力が無く貧乏で国民は食べるのにも不自由するほど
技術力が無く工作機械は全て輸入で当然、新しい技術を独自に開発する事など不可能
政府の首脳部は国際感覚が欠如しておりわざわざ世界中を敵に回してしまった
資源が無く東南アジアから略奪し続ける必要があった
統治能力が無く占領地の住民に貧困と不満を与えやがて反旗を翻された
軍部は自軍の利益や軍費支出の増額を優先し、国家国民を蔑ろにしていた
人間の精神力は肉体や健康からくるものだという事を理解できず、飢えや病気に晒し指揮を下げ続けた

上記の理由から零戦は優れた戦闘機だったが、各国の戦闘機のエンジン出力や最高速度は上がり続けたが日本だけは戦前と大して性能が変わらなかった
軍部は軍需産業の利益率の高い兵器や装備を優先し、戦場で役立つかは二の次だった
ひたすら戦争を煽るメディアや政府や真に受ける国民が暴力をふるい、戦争反対派や穏健派を虐殺し講和の機会を逃した
海上輸送は大打撃を受けて本国に資源が届かず国民生活はさらに貧困化し兵器の生産も遅くなり、戦場に補給が届かず兵は飢えた 弾薬が届かず銃剣のみで戦ったこともある
たしかに、欧米も植民地を広げていた。だが、他国に勝手に国家を樹立したのは日本を除いて他にない また、占領地の言葉や文化を禁止したのも日本を置いて他にない 娯楽が禁止されたのも日本占領地が世界史上唯一無二だ 占領地の経済を破壊したのもこの時代には日本くらいしか無い この時点で日本は世界史上最悪の残虐非道な国家として世界から目を付けられることになった
日本は多少は東南アジアの発展に貢献したのかもしれない。だが、数々の恨みは今でも残り続けている
過去を清算するにはまだまだ長い月日と謙虚な気持ちが大切だ
283.名無しさん:2018年04月16日 08:00 ID:eWeN6q410▼このコメントに返信
そもそも戦争を始めた理由が酷過ぎる
当時、清は英仏米蘭ソ日に分割支配されていた
日本は満州だけで満足していればよかった
それを大陸の全てを支配しようとすれば英仏米蘭ソ全てを敵に回すことになるのは当然の帰結
それでは勝てる訳が無い
日本の敗因はやはり敵を増やし過ぎた事だ
どんなに自衛隊が強くても日本だけでは米国はもちろん露中にも勝てない
統一朝鮮に勝つのも難しいだろう
否定するところはきっぱり否定しつつも全ての国と友好と親交を絶やさない事が大切だ
日本は米国に逆らってでも北朝鮮と国交を結ぶべきかもしれない
日本は韓国こそが朝鮮半島唯一無二の国だとして、北朝鮮は反乱軍に過ぎないという態度をとってきた
だが北朝鮮が一つの国であることはもはや否定しようがない現実だ
二千万人を超える人口を持ち、経済活動し国連に加盟していてアフリカや中東に多数の友好国を持つ紛れもない一つの国だ
国があるなら国交を結んでおけば何かの時に役立つだろう
284.名無しさん:2018年04月16日 08:05 ID:eWeN6q410▼このコメントに返信
そもそも本当に拉致問題を解決しようとするならば国交を結んで会議の場を設けて強く非難するべきだ
北朝鮮がいろいろやるのは外貨を得るため以外はかまってほしくてやってるに決まっている
日本政府は日本人を助ける事よりも米国の国家戦略に従う事を選択した
残念だ
285.名無しさん:2018年04月16日 13:59 ID:S7wL0.8z0▼このコメントに返信
あそこでキレとかんといじめられっ子のままやったろうな。
今でこそ武力侵略はいかんていう世界の空気だが、あの時代は植民地にするかされるかの時代やからな。
286.名無しさん:2018年04月16日 14:14 ID:rcHLFt8g0▼このコメントに返信
日本はワシントンを占領する計画すら無しにアメリカと正面から戦争した
アメリカは日本の占領まで考えた計画が最初からあった
勝負にならんよ
ちなみに当時アメリカの国力は日本の50倍だからな
287.名無しさん:2018年04月16日 14:17 ID:IfqH.GGe0▼このコメントに返信
※249
この人が言ってるのはそういうことじゃないんじゃないか?
どういう現実的な考えで国の上層部が戦略を立てていようが、結局の所戦争を推進した活力というか原動力は一般国民が共有していた欧米国家へのうっぷんだったんじゃないかと思う。立派なことを言っているようだけど、結局の所この人たちにとってその立派なことが適用される対象は自分たちの仲間内だけの話であり、黒人や黄色人種に適用されるものではないのではないか、っていう不信感がどんどん溜まっていったんじゃないかと思う。

>「建前」どころか、それこそが開国から大東亜戦争へと至る日本の戦いの本流でしょ。人々が広く共有していた意識。「建前」どころか「本音」ってレベルだよな。

こういう国を支える国民という集合の本音を読み間違えると、手痛いしっぺ返しをくらうんじゃないかと思う。こういうのは合理的な考えとかでは動かない深く感情的な動きだから。

今の中国で習近平の終身独裁制がまかり通るのも、彼らが中国は西側諸国にずっといじめられてきた、ようやく力を付けて今こそやり返す時が来た、と信じているからじゃないのかと思う。多分それはロシアだって同じだろう。国の上層部だけの合理的な判断で国を動かせれば日本だってもしかしたら戦争に突入するまでには至らなかったかもしれない。もちろんそれは欧米各国にも全く同じことが言えるんだろう。

288.126:2018年04月16日 14:27 ID:eR5mZIxK0▼このコメントに返信
※142
行けるだろよ。言っとくが日本の外交は強くは無いけど下手ではないぞ。敵国条項付いてて軍事的プレゼンス無しの状態で外交やってて今の地位なんだからな。日本が軍隊持ったらどれだけ立場が上がるかって事になる。役回り、力関係としてな。

イギリスは日本を敵に回しちゃいけない相手であることとか、日本が外交が出来ないんじゃなくて「外交をしない」ことは良く理解しているよ。先の大戦中譲歩しまくる日本に調子乗ったら「そんな話の判らん奴なら最早これまで」とばかりにキレられ交渉打ち切られたわけだろ。結局イギリスは戦勝国には成れたものの東南アジアで虎の子の戦艦を沈められアジアの領土は殆どを失った。失いすぎだわな、インド丸ごととか。

アメリカは長らく続いた同盟であり韓国が頼りにならない以上日本がアメリカの最終絶体防衛ライン。日本がが落ちたり敵方に回るとアメリカの最終防衛ラインはハワイになってしまう。日米英で組んでという話なら無論軍事同盟の事であるわけだが同盟を捨て駒にして戦えるほど世界大戦は甘くない。大戦後の平和秩序はもっと大変。同盟国の協力は必要。アメリカが世界征服でもやって世界の面倒を一手に引き受けるんなら別だけどな。移民の寄せ集め国家にそんなことが出来るわけもなし。実際アメリカの戦後処理はお世辞にも上手いとは言えない。アメリカが日本にきつく当っている間はまだしも世界が平和とも言える。
トランプはなんだかんだ言って日本の要求は飲む。日本の要求は合理的で筋が通っていて、あと安倍政権だからだ。トランプはあんなだが話の判るおっちゃんだと俺は考える。但し安倍政権に限る。
289.名無しさん:2018年04月16日 18:31 ID:w.MXqRgE0▼このコメントに返信
※288
行ける・・・と俺も思いたいけど
戦前からの外務省の無能っぷり見てるとねえ
290.名無しさん:2018年04月17日 01:04 ID:5hmkzRR80▼このコメントに返信
じゃあWW2での完全敗北なんて結局白人国家には勝てないことを証明してアジアの解放を遅らせたんですかね。
そんな念仏唱えてる暇があったら日本自身の生き残りを考えるべきだったよ。
本気でアジア解放のためになんてやってたならはっきり言ってただ帝国主義やってたよりなお悪い。
そもそも帝国主義の終わりはWW1を受けての必定の路線、
日本はその決して速いとは言えない流れに焦れずに乗りながら英米協調やるだけでよかった。
出来なかった理由はもちろんアメリカの日本敵視じゃないぞ、アメリカに日本を敵視させたことだ。



291.名無しさん:2018年04月17日 05:18 ID:SXfv.6yK0▼このコメントに返信
※288、289

確かチャーチルも、日本には無理な要求をしても、文句を付ける事無く受けるから大丈夫なんだと思ってたら、最後に激怒して禍根を残してしまう。でも、無理なら最初に言ってくれればいいのに、っていうコメント残してたはず。細かい表現は少し違うかも知れないけど。

今だに外務省は無能だし、世界中の大使連中が東大卒ばっかりである現状、事なかれ主義と交渉力皆無な状態は直らないだろうね。でも、今の政府は頑張ってるよ。だからマスゴミは必死で倒閣工作してる。
292.名無しさん:2018年04月17日 05:25 ID:SXfv.6yK0▼このコメントに返信
人種差別撤廃やら植民地解放を本当に国策にしていたのなら、16年4月の日米諒介案で全て実現出来たはずなんだけどな。米国はフィリピンを独立させ、英仏に植民地解放の圧力をかける約束をして、そして日本の八紘一宇政策を支持する事になってた。

松岡が蹴っ飛ばしたけどね。
293.名無しさん:2018年04月17日 20:03 ID:8m.CGHaf0▼このコメントに返信
ドイツ頼みで戦争始めるんなら、ドイツの敵であるソ連を攻めてさ、ソ連挟み打ちにしてバクーの石油をシベリア鉄道使って送ってもらって、逆にこちらはベトナムのゴムとか希少金属を送るようにすればいいんじゃないの?

やっぱり、北進が最良だよね?
294.名無しさん:2018年04月17日 23:14 ID:nozT26kk0▼このコメントに返信

 中国人 「 日本人が『 アジアの解放 』だって 」

 韓国人 「 プッ! ( 笑 ) 」
295.名無しさん:2018年04月18日 01:30 ID:u35CSp7z0▼このコメントに返信
※293

北進は陸軍の戦争、南進は海軍の戦争になるけど、当時の陸軍はドイツ不信が充満していたからやる気無かった。事変処理の大陸出兵で、北方に送れる兵士も足りないし、何より人件費が嵩んで、慢性的に予算オーバーで正面装備すら満足に揃えられなかった。

陸軍が自分の戦争を嫌がった以上、北進の方が戦略上有利でも、実現は不可能だった。
296.名無しさん:2018年04月19日 07:45 ID:.2g.07J60▼このコメントに返信
開戦云々は理由には成ら無いだろう太平洋戦争何故負けたかがテーマなんだから開戦している事が条件だ
一つはミッドウェーでのボーンヘッドもう一つはドイツからのロシア参戦を断った事
日本が参戦をしていたらロシアは負けてドイツのヨーロッパ平定な終わり後は
三国同盟で米英を叩くだけ

お名前