2018年04月14日 10:05

上官「米英に対抗できる戦闘機開発しろ」彡(゚)(゚)「おかのした」

上官「米英に対抗できる戦闘機開発しろ」彡(゚)(゚)「おかのした」

l201106210000

引用元:上官「米英に対抗できる戦闘機開発しろ」彡(゚)(゚)「おかのした」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1523071247/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:20:47 ID:nll
彡(^)(^)「開発できました!この先ずっとこの機体で戦いましょう!」
https://i.imgur.com/z4zjU6H.jpg
zero

2: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:21:53 ID:IX4
これなんや?

4: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:22:21 ID:nll
>>2 零戦やで

7: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:23:14 ID:Ncb
削って削って削りまくった模様

8: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:24:18 ID:nll
1942年~1943年前半の零戦
「負ける気せぇへん」
1943年後半~1945年の零戦
「33-4」

15: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:27:05 ID:Ncb
>>8
ほぼ同期の隼くんは終盤まで割と戦えてたのにね

16: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:28:15 ID:7Ae
>>15
隼くんは機動力がやばい

18: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:29:25 ID:Ncb
>>16
あと防弾性やな
零戦はバカ穴って言われとるくらい軽量化の為に穴開けられとった

17: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:28:58 ID:nll
>>15 隼は陸上機やから艦上戦闘機として色々と制約があった零戦と比べるのはちょっと酷かな…
なお隼くんの武装

28: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:33:55 ID:Ncb
>>17
武装は貧弱言われるけど
零戦も当たらんションベン弾の20mmと豆鉄砲の7.7mmやからね
12.7mm2丁の方がバランスええように思う

31: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:34:54 ID:7Ae
>>28
やっぱ12.7mだよな
アメリカさんつおい

9: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:24:32 ID:7Ae
烈風の発動機は2200馬力で普通にアメリカ並みに強かったのに
なんでこのエンジンだけでももっと早めにつかわんかったんやろなあ

11: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:25:32 ID:nll
>>9 誉の品質のせいで台無しになった試製烈風くんほんとかわいそう

20: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:30:48 ID:yDn
零戦出てきてパニクってもすぐにそれを上回る戦闘機作れるボーイングは凄いわ

23: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:31:35 ID:7Ae
>>20
ボーイングの戦闘機って何ゾ?
あそこ爆撃機しか作ってないイメージ

24: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:32:14 ID:nll
>>20 この頃のボーイングは爆撃機ばっか作ってるで…
零戦の息の根を止めたのはグラマンとチャンスボートの戦闘機や

25: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:32:51 ID:7Ae
>>24
リパブリックのサンボル
ノースメリカンのムスタングも忘れないで、どうぞ

27: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:33:41 ID:yDn
>>24
はえーそうなんや
無知晒してすまんご、B29とかの印象が強かったんや

26: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:33:11 ID:7Ae
あとロッキードのライトニング

34: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:35:50 ID:wUy
やっぱり陸軍の戦闘機がナンバーワン!

43: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:40:22 ID:7Ae
ワイ見た目では偵察機が好きだなあ
彩雲とか100式とか

45: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:41:13 ID:nll
>>43 ワイも彩雲好きやで
あのスマートな感じほんとすこ

51: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:42:37 ID:7Ae
日本の爆撃機で一番かっこいいのは連山やな
B17に影響うけてるけどあのエンジンのでかさやばい

53: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:43:42 ID:Ncb
結果日本軍最強の戦闘機は何やろか
ワイは米軍も太鼓判の疾風に一票

58: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:45:44 ID:nll
>>53 疾風と紫電改やろなぁと思う
疾風も343空みたいに集中運用してたらもっと活躍できたのにって思うで

62: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:46:43 ID:7Ae
紫電って主脚が折れんかったら紫電改より強そう

66: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:48:57 ID:Ncb
飛燕はカッコええけど微妙な性能やったな
当時の日本の技術やと水冷エンジンまともに運用できんかったんやな

70: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:49:34 ID:mjc
>>66
だから五式を...

78: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:51:59 ID:mjc
日本機ってあんまデブ戦闘機ないな
雷電くらいか

88: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:57:42 ID:Ncb
日本は現存する航空機少ないな
同じ敗戦国のドイツでも結構残ってるのに
鐘馗なんか世界に一機も残っとらんらしい

89: 名無しさん@おーぷん 2018/04/07(土)12:59:31 ID:L0t
>>88
基本的に戦場が海上なんで機体が残りにくい&そもそもの数が少ないからしゃーない

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年04月14日 10:06 ID:3DFaU22Y0▼このコメントに返信
エルダー帝国ガガーン少将(宇宙大帝ゴッドシグマ)
2.名無しさん:2018年04月14日 10:09 ID:z0PJDaMB0▼このコメントに返信
A:おいJ そこはお前の席やないって言うとるやろ どけや
K in J:(おい また あいつ 言うてきてるぞ うっとしいの いっぺんシバィたれや!)
J:な な な 何言ってんねん そ そこ お 俺が長いことかかって確保したんやぞ
A:ん なんや くちごたえするんか ええ根性しとるやんけ
K in J:(勝手なことばっか 言いやがって シバケシバケ イテモタレや!)
J:く く くちごたえって な なんや ちゃんと説明したやないか
A:何をガタガタ言うとるんじゃ どかんかいボケ! よし 3っつ数える間だけ 待っといたる はい さーん にー いー
K in J:(一発カマシたれ! 痛い目に合わしたら Aも ちょっとは静かになるて)
J:わ わ わ わーーーー! コンチクショーーー!
@@@@@@@  数十秒後   @@@@@@@@@@@@@@@@@@ 
A:降参するか? それとも もっとか? どや!
J:ててててて… かか か か 堪忍してぇな な 何でも言うこと聞くよって…

結果的に 鮮日勢力(K in J)大勝利

あとはもう 世界中 ギユリちゃん キム八ヌルちゃんの 髪型以外は 思うがままである
3.名無しさん:2018年04月14日 10:09 ID:z0PJDaMB0▼このコメントに返信
J:いて いててててて…
A:降参するか? それとも もっとか? どや!
J:ててててて… かか か か 堪忍してぇな な 何でも言うこと聞くよって…
@@@@@@@  数カ月後   @@@@@@@@@@@
K:おいJ ちゃんと 謝れや!またワメクぞ! わーーーーーー
J:あ 謝ったやないか い い いつまで言うねん 
 あっ おっ おい そこ俺の席、 あっ おま 昨日も牛丼食わしたったやろ あっ あ
T:知らんな そんなん聞いたことない それにな ここは昔っから俺の席や
K in J:(そらそやな 結構調子のって アイツライジメたからな 
仕返しされてもしゃあないで また牛丼食わして あやまろや)
J:ウソ付けや! あっ おまえら やめろや あっ あっ 
A:おい お前ら ええかげんにせいや! おい J お前も 認めんかい! おう!
K in J:(A君に全部任せたらええねん もう 俺らが謝っといたらみんな仲良しや)
J:えっ あ…  う ん…
A君 今日もありがとう またガソリン満タンにしとくわ
  これ少ないけど取っといてw えへへへぇw
@@@@@@@@@@@@その日の夜@@@@@@@
A:おいT K もうちょっと 回数増やせや  またハンバーガー食わしたるからな
K:へっ 兄貴
T:ふん (たまには 俺にもステーキ食わせろや)
結果的に 鮮日勢力(K in J)大勝利
4.名無しさん:2018年04月14日 10:10 ID:x8ivzRxv0▼このコメントに返信
案の定沸く負け犬浅学底辺在日ピットクルー【ガガーン】。
5.名無しさん:2018年04月14日 10:10 ID:MTJvI36o0▼このコメントに返信
五式戦の寄せ集めたら高性能機になった感すこ
6.名無しさん:2018年04月14日 10:17 ID:UVGjSbHG0▼このコメントに返信
零戦を作ったことも作った結果防弾性能を捨てたことも機体のコンセプト考えたら間違ったわけでもない。問題なのはいつまでも戦争長く続けた大本営と政府で短期で講話できなかったこと。
7.名無しさん:2018年04月14日 10:22 ID:x8ivzRxv0▼このコメントに返信
※6
優秀過ぎて後継機の要望の現場枠がSFモドキになって技師が血を吹いたらしい。
8.名無しさん:2018年04月14日 10:24 ID:AdZrFbfw0▼このコメントに返信
関係ないけど米英仏によるシリア攻撃が始まりましたね
9.名無しさん:2018年04月14日 10:26 ID:9g.U9rEh0▼このコメントに返信
零戦は後継機が量産できなかったからね
10.名無しさん:2018年04月14日 10:27 ID:nKHPouwK0▼このコメントに返信
あの時代の航空機の世代更新速度は異常
今なんてF-15が40年も使われてなお十分通用するってのに、零戦は3年もしないうちに旧式機になってしまった
11.名無しさん:2018年04月14日 10:31 ID:x8ivzRxv0▼このコメントに返信
※9
初期の要求仕様を固めて半年したら現場要望と戦術変更による仕様変更とかが捻じ込まれたからだよそうゆう雑音が少なかった紫電改は、粗予定通り実戦投入された後後継機の量産の遅れは、疎開した工場群が地震で被災したからもあるよ。
12.名無しさん:2018年04月14日 10:35 ID:TRM.tLAx0▼このコメントに返信
ションベン弾は一号銃定期
13.名無しさん:2018年04月14日 10:37 ID:gPANt6vq0▼このコメントに返信
設計段階では言うほど負けてない
ただ部品の質がね…
アメリカに至っては粗悪部品を捨てられるくらい余裕があった
14.名無しさん:2018年04月14日 10:40 ID:7BRWYx.K0▼このコメントに返信
零戦の機動性と空戦能力は、航続距離の要求を満たすために軽量化しまくったら副次的に得たもの、とも思うんだが、どうだろ?
15.名無しさん:2018年04月14日 10:41 ID:OFQJM4.A0▼このコメントに返信
P51もイギリスからエンジンもらって最強になったからな。
飛燕もドイツから純正エンジンもらってたらP51を上回る戦闘機になってたわ。
16.名無しさん:2018年04月14日 10:45 ID:x8ivzRxv0▼このコメントに返信
※14
違うよ零戦の前の主力機以上の格闘戦闘と航続距離の増加て要求だったから現場は、頭を抱えたんだよ。
17.名無しさん:2018年04月14日 10:48 ID:AqymMaj.0▼このコメントに返信
「この先ずっとこの機体で戦いましょう」
誰もそんな事いってない

もともと日本海軍の艦戦の開発周期が3~4年で、烈風も実際16試として開発を開始している
ただ、ろくなエンジンが無い、例によって海軍の要求が無駄、局戦の雷電を同時開発させる
という無茶をしたので終戦までに間に合わなかった

エンジンはようやく完全自立で開発できるようになりそうな段階で米英の最新情報が
入手できなくなった影響が大きい

※5
五式戦はあくまで臨時処置 そもそも陸軍の正式名称ですらない
高空迎撃を考えれば、三式戦2型が必要だった
ただ、三式戦だとP-51Dの下位互換になってしまったので、特性・戦法の異なる
五式戦が活躍したように見えるだけ
18.名無しさん:2018年04月14日 10:50 ID:rPtpBt7W0▼このコメントに返信
結局資源が無いから開発が厳しかったってのもあるしな
19.名無しさん:2018年04月14日 10:53 ID:JkYTSS8v0▼このコメントに返信
烈風も誉の品質に泣かされたから三菱のエンジン使ったら高性能になったぞwっての聞くけど
軍の技術部の人は「量産になったら同じだと思うんだけどな」と冷ややかだったらしい
まあ、量産品の誉とまだ試作段階だから量産したらどうなるか分からないエンジンだもんな

※6
零戦一番の問題は
「量産度外視の機体なのに一番生産された」事だと思う
中島は困ったんで改設計したり治具を独自制作してたらしい。三菱は三菱で治具や新型工作機器を使わない熟練工に悩んでたらしいがw
折角最新機器があるのに「ワイが手でやった方が正確やで」っつって使わないでそのまま徴用
最新機器の使い方も熟練工の技術を継いだ奴も居ない…うーんこの
そら出来るように治具を作った中島の方が生産数多くなるわw
20.名無しさん:2018年04月14日 10:56 ID:NURGR16K0▼このコメントに返信
ナマの紫電改を見るためには愛媛のド田舎町の更に岬へ走らないかんからな
まあ渡米するよりは遥かに難易度低いけども
21.名無しさん:2018年04月14日 11:10 ID:pqep3Vtg0▼このコメントに返信
⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン
22.名無しさん:2018年04月14日 11:12 ID:KHICNMgh0▼このコメントに返信
※17
三式戦2型って、高空性能を上げるために翼型を変更したのではなく、20mm機関砲を4門積むための設計変更だった、というのが最近わかった事だよね

結局、機首周りの工夫で20mmを積めるようになったからラインを変更してまで生産しなくてもよくなった、と
23.名無しさん:2018年04月14日 11:14 ID:lPDuNkZT0▼このコメントに返信
低翼単葉金属機が登場するのが30年代中頃から日本も欧米から買い込んで研究に励んだ
そこから5年足らずで零戦にたどり着く
綿花とか缶詰とかくらいしか輸出出来ない工業貧国
そりゃアメリカも驚くわ
24.名無しさん:2018年04月14日 11:23 ID:QAGfHIGp0▼このコメントに返信
アメリカの自動車用エンジンオイルで戦争してる国が勝てるわけないんだよなあ
25.名無しさん:2018年04月14日 11:25 ID:octF7nBk0▼このコメントに返信
まあ仮りに後期に良い機体量産できたとしても米上陸戦以降のパイロット使い捨て状態じゃ新米だらけで誰も乗りこなせんと思うけどな
26.名無しさん:2018年04月14日 11:28 ID:AI3Y5G8c0▼このコメントに返信
※19
スピットファイアもゼロ戦以上に量産性無視した設計だけど大量に作られたぜ
27.古古米:2018年04月14日 11:32 ID:DeeU7XL.0▼このコメントに返信
※13
当時は「手仕事日本」だったからねぇ。
大量生産技術が日本にもたらされるのは、戦後だし。
28.名無しさん:2018年04月14日 11:35 ID:rYJ0UQfM0▼このコメントに返信
米英に対抗できる戦闘機じゃなくて、米英の数万倍の性能の戦闘機を要求すればよかったんや
あまりにも要求が低すぎる
29.名無しさん:2018年04月14日 11:44 ID:G8BTN8A40▼このコメントに返信
※27
日本はフォードを追い出したからな
戦後になったのは日本人自身の選択の結果
30.名無しさん:2018年04月14日 11:45 ID:octF7nBk0▼このコメントに返信
よっしゃ潜水艦から唐突に飛行機飛ばしたろ
アメさん驚いてくれるかな(^)(^)
31.名無しさん:2018年04月14日 12:05 ID:xH2BWRO30▼このコメントに返信
前線「防弾欲しい、もっとスピードが欲しい」
「敵が格闘戦に乗ってこない・・・」
「急降下出来るようにして」

GENDA「メーカーの皆さんにもっともっと軽い戦闘機を開発してもらい、我々は格闘戦の訓練をもっともっとやればきっと勝てる」
32.名無しさん:2018年04月14日 12:19 ID:5o2xdH340▼このコメントに返信
空冷エンジンの機体の抵抗軽減理論として、
NACAから紡錘形40%理論がだされ、日米独がの一部設計者が飛びつく。
独>Fw190試作で、オーバーヒートするは、速度でんわで、冷却抵抗軽減に舵きる。
日>堀越が入信して、以後、雷電・烈風の駄作機連発。
米>レパブリックで試作も駄作機。
ソ連>多分、ツアギで試験して駄目判定でたんだろう。
零戦後継機を中島・川西・横空で競作させてればなと思う。
33.名無しさん:2018年04月14日 12:20 ID:n66ORDxr0▼このコメントに返信
海軍「後継機はまだかね」
三菱「エンジン開発が遅れてまして」
陸軍「新型機はまだかね」
川崎「エンジン製造が難しくて」

ヒトラー「海軍用と陸軍用で別々に買い物に来たぞ。あいつら何やってるんだ?」

個々の現場で努力しても、全体の足並みがそろってないという無駄で台無しになってたりする。
34.名無しさん:2018年04月14日 12:21 ID:i9hZRaz90▼このコメントに返信
※26
工場、人員を増やすというストレートな解決法が取れるのが大国の強さだな
35.名無しさん:2018年04月14日 12:24 ID:Oh5mw9o30▼このコメントに返信
サッチウィーブを始めとする兵器運用の差で負けたんやで

36.名無しさん:2018年04月14日 12:25 ID:xH2BWRO30▼このコメントに返信
※33
陸軍用と海軍用は、あれは会社がライセンスを買いに来たんだから別々で当たり前なんだよ

ただ単にコンプライアンスを守ってただけ
37.名無しさん:2018年04月14日 12:29 ID:tu51zcGY0▼このコメントに返信
最初から一年程度が限界だと考えてた海軍的にはほぼ大正解な艦上戦闘機じゃないの?
38.名無しさん:2018年04月14日 12:30 ID:Oh5mw9o30▼このコメントに返信
※33
ヒトラーの話は作り話臭いがな
まぁ、アメリカみたく発動機メーカーと航空機メーカーが別々でやってないから
足並みが揃わないのは当然。
39.名無しさん:2018年04月14日 12:35 ID:octF7nBk0▼このコメントに返信
単にピコイチやスピキチが変態だったんだ
進化に追い付けなくても無理はない
40.名無しさん:2018年04月14日 12:37 ID:AI3Y5G8c0▼このコメントに返信
※34
スピットならスピット、ゼロ戦なら零戦専用の工作機械があればある程度量産性無視した設計でも大量生産できるんだよ。
英米ほど徹底してないが日本にも専用工作機の導入はしてたんだよ。
41.名無しさん:2018年04月14日 12:39 ID:nwGsiJrb0▼このコメントに返信

 誠に 小さな 東 亜細亜の 小国が 資源も無い 赤貧の身上から 唯一持ち得た 希に見る ”勤勉” さで 「知恵」 と 「大和魂」 に磨きを掛け 足りない物を 補い 最終的には 「超大国 米帝」 に 比肩するまでと 成り上がった 限界に達した国力を 強靭なる 精神力で 『一億火の玉』 と成って 当たるを 砕く 戦いぶりに 鬼神を 啼からしめ ” ゼロ と カミナリ に遭ったら 負け ” とまで言わせしめた その 栄光を 汚しては なら無い

 (〃・ ▽。・〃)ノ 終戦時ニ 近所ノ 飛行場デネ 逝キ遅レタ 飛行機乗リ ガネ 残ッタ 飛行機ニ 搭乗シテ 飛ビ立チ 燕落トシ ニ 滑走路ヘ 次々ニ 突ッ込ミ 其ノ音ガ 止マナカッタ テ爺チャ ガ 言ッテタ♪

42.名無しさん:2018年04月14日 12:57 ID:WvGIN5tc0▼このコメントに返信
資源あれば改良機だしていけたけど枯渇しちゃったからね。
しょーがないね。
43.名無しさん:2018年04月14日 13:00 ID:4Td5lHUy0▼このコメントに返信
※33
あれそもそも陸軍と海軍で製造会社違うからどっち道ライセンス両方でとるようやで
44.名無しさん:2018年04月14日 13:09 ID:hSk.R.Qg0▼このコメントに返信
堀越技師は零戦の製造は最大で
一千機と考えていたという
内訳は10隻の空母に40機ずつ搭載でまず400機、
同数を基地航空隊に配置して都合800機、
損耗予備としてさらに200機

その後は新型機にしたかった、のだ
45.名無しさん:2018年04月14日 13:16 ID:NyFlz0nj0▼このコメントに返信
栄エンジンが悪いよ栄エンジンが
栄エンジンの採用理由が「現役機種も三菱(九六式)、次期機種も三菱(零戦)だと中島飛行機が困るから」という役人らしい判断www

今も昔も役人は余計なことしかしないよねえ~
46.名無しさん:2018年04月14日 13:20 ID:OFQJM4.A0▼このコメントに返信
零戦は艦載戦闘機。
もう開発者のマンパワーは陸上戦闘機、迎撃機の開発にあてられていたよ。
使い続けたのは当時としてはベストの選択。
47.名無しさん:2018年04月14日 13:30 ID:aX8BX39C0▼このコメントに返信
※45
栄はイイエンジンやで。瑞星よりもハイパワーや(若干)。金星にしてくれたらもう少し発展(重戦闘機化)の余地もあったかもしれんが、エンジン径が大きくなって視界が悪くなるのを嫌ったんやな。
堀越氏も軍に媚びちまったと漏らしとるし・・
48.名無しさん:2018年04月14日 13:40 ID:5o2xdH340▼このコメントに返信
※19
P-38>三胴にガスタービン、量産性なにそれ?
P-39>ミッドシップエンジン・モーターカノン、量産性なにそれ?
P-47>ガスタービン・主翼三桁、量産性なにそれ?
P-51>ビスを1個ずつパテ埋め、量産性なにそれ?
中島の疾風が、あの貧相な設備で量産されたほうが、驚き。
49.名無しさん:2018年04月14日 13:41 ID:aX8BX39C0▼このコメントに返信
※32
むしろ雷電を中島、川西、空廠に競作させたらと思ってました。
ナカジマでは紡錘理論の対局みたいな形の逆三角錐ですし・・
火星積んだ一回りデカイ鍾馗が出来ちゃう?
でも、それで振動問題は早期に措置が取れそうな気がするな〜・・
50.名無しさん:2018年04月14日 13:46 ID:tu51zcGY0▼このコメントに返信
仮に予定通り全て巧く行っても中期の戦果が多少異なるだけで
レアメタルもゴムも枯渇して稼働率ガタガタ
肝心の船もガス欠で動けん後期には殆ど影響がないのが悲しい
51.名無しさん:2018年04月14日 13:46 ID:5o2xdH340▼このコメントに返信
※45
金星にすると、重いわ燃費悪いわでいいとこなしエンジン。
52.名無しさん:2018年04月14日 13:52 ID:5o2xdH340▼このコメントに返信
※49
中島の鍾馗班は、輸入Fw190A研究して、鍾馗で620Kまでだしている(冷却抵抗軽減措置で)。
鍾馗に火星載っければ、まんまFw190。
因みに、雷電は、陸海軍共通戦闘機になる予定だった。
53.名無しさん:2018年04月14日 13:58 ID:5o2xdH340▼このコメントに返信
※31
戦後、直線番長(F-104)採用した、実か?
54.名無しさん:2018年04月14日 14:03 ID:AqymMaj.0▼このコメントに返信
※22
飛燕2型のメインはエンジンの換装であって、翼は大した問題じゃないんだけど
55.名無しさん:2018年04月14日 14:06 ID:AqymMaj.0▼このコメントに返信
※45
ゼロ戦採用時の金星じゃパワー不足なのに重量・直径過多 採用メリットが無い
終戦直前の改良型金星と比べても無意味
56.名無しさん:2018年04月14日 14:12 ID:AqymMaj.0▼このコメントに返信
冶具で言えば、中島は輸入冶具に頼っていたので輸入できなくなってからの生産効率は低下気味
一方で三菱は自前の冶具を作る方針だった(性能はいいとは言えないが)ので生産効率は保てた
機体・エンジンの生産の絶対数が中島が多いのは、国とともに亡ぶ覚悟で工場を増設したから
(社長の方針であり、中島の企業としての存在意義だったからしょうがない)
57.名無しさん:2018年04月14日 14:23 ID:frK1H97O0▼このコメントに返信
※31
や源糞!

ゼロも開戦当時は一線級の性能やったやろ。ブラッシュアップする技術とリソースが無かっただけで。
同時期のBf109やスピットが最終的に2700馬力までアップデートできたこと考えると基本設計って大事やな。
58.名無しさん:2018年04月14日 14:25 ID:EFCU6MFK0▼このコメントに返信
金星、火星、火星の18気筒版のハ42と欧米と比べて出力的に酷く劣る分けではないし、誉のような無理な小型化とか、紡錘形理論や層流翼のような実用性や生産性がよくない物を実験機も無しにそのまま実戦機に使用するとか、焦らずまともに作ればモノになるのにゼロ戦以降の機体は焦って性能ばかり追求して結局モノにならなかったのが本当に多い。

もっと言うと、陸軍はまだしも海軍はホントに正気を疑うような飛行機が多い。雷電の試作機なんか速度記録機かな?と思うような風防だし、艦載機のエンジンなんかもゼロ戦までは栄、金星だったのが、天山の護、彗星の熱田、紫電改の誉とてんでバラバラ。しまいには双子エンジンの景雲とかいうゲテモノまで作る始末で皆が皆、スペック厨に変わってしまったのかと思うくらい変なのが多い。
59.名無しさん:2018年04月14日 14:38 ID:9IFstEry0▼このコメントに返信
※56
同じ零戦でも中島製と三菱製では三菱製の方が好まれたそうだね

60.名無しさん:2018年04月14日 14:49 ID:5o2xdH340▼このコメントに返信
※58
ソ連のツアギみたいなのあって、基礎技術開発まかせれたらね。
少しはマシだったかも。
61.名無しさん:2018年04月14日 15:10 ID:ULqJFlH10▼このコメントに返信
旧軍のネーミングセンス天才的やな
62.名無しさん:2018年04月14日 15:14 ID:AI3Y5G8c0▼このコメントに返信
※49
競作させるほど開発チームの数に余裕がナイですねぇ。
陸海軍が別枠で開発してたのが結果的に擬似競作っぽいかもしれない。
63.名無しさん:2018年04月14日 15:15 ID:AI3Y5G8c0▼このコメントに返信
しかし今日のコメ欄は根拠不明の日本軍サゲプロパガンダが少なくて建設的議論がいっぱいで快適やな!
64.名無しさん:2018年04月14日 15:44 ID:4Vsz6jkC0▼このコメントに返信
※57
液冷だからエンジン交換が楽で同じラインが使えたというだけ
正直終戦時まで使い続けるほどの傑作機とは思えない
やはりまともな後継機に恵まれなかった感じ
65.名無しさん:2018年04月14日 16:02 ID:k3KO6RkE0▼このコメントに返信
*45
九六艦戦はエンジンが中島なんだけど、、、
エンジン変更は、単に栄の方が馬力が上だったってだけの話。ただ、初期トラブルでずいぶん泣きを見たみたいだけどね。

*58
陸軍だって搭載エンジンバラバラだよ。
あと海軍は誉のめどが立って以降は、ほとんど誉搭載を要求してる。
艦戦(烈風)、艦爆・攻(流星)、艦偵(彩雲)、陸爆(銀河)、陸攻(連山)、局戦(紫電)、双発戦(天雷)全部誉。
結果、新型機は誉と心中する羽目になった(藁)
66.名無しさん:2018年04月14日 16:19 ID:OLQnbFPt0▼このコメントに返信
零戦の最多生産型である五二型系列はカタログスペック以上に性能が高く、
F6F相手なら互角に戦える優良な機体だったよ。
一般的に格闘戦に強いと言われる零戦の格闘戦における致命的な弱点だったもっさりした横転性能が改善され、
旋回半径と引き換えに反応速度が大幅に向上して機敏になり生存性が上がった。
防弾装備や自動消火器も追加され、機体強度を増して急降下速度も欧米機と並ぶレベルになったし。

もちろん欧米の新型機や陸軍機には一歩二歩と見劣りする訳だけど、
まぁ、言われるほど悪く無いかなと。
67.名無しさん:2018年04月14日 16:34 ID:aX8BX39C0▼このコメントに返信
日本軍パイロットで、一番嫌な相手はF6Fって言ってた人結構多い。
マスタングやコルセアはそうでもなかったと。
低空での機動性がいいからかな。
突出した部分が無いから凡作扱い?されてるF6Fだが、実際に合間見えた人の証言は貴重だ・・・
68.名無しさん:2018年04月14日 16:57 ID:TWrFWSSX0▼このコメントに返信
特性の似てる機体だと日本機はどうしても
エンジン馬力分下位互換になる
ベテランには特性の違う相手の方が扱いやすかったんだろうね
69.名無しさん:2018年04月14日 17:14 ID:d9arnEsK0▼このコメントに返信
なお、ヤングマガジンの某連載
一気にガスタービン系エンジンを採用する模様。
70.名無しさん:2018年04月14日 17:24 ID:WGzMCkjB0▼このコメントに返信
※67
おそらくそれは違うな

P-51DやF-4U-1Dを相手にしていた時は本土の制空権が無く

戦力温存のため余り空戦をしなかったためと思われる

零戦だと鈍足過ぎて捕捉さえままならない

まともに空戦が出来るのはきちんと整備された疾風ぐらいだと思うなにせ稼働率が悪かったもので。

紫電改も推したいところだが、最新の研究で戦果がたいしたことがないのでダメ

惨敗しなかった程度の活躍じゃね。

71.名無しさん:2018年04月14日 17:57 ID:Oh5mw9o30▼このコメントに返信
※58
三菱の金星シリーズは根本的な欠陥がある。
それが改善されたのはハ43
ちなみにハ42はハ43を元に再設計したのがハ42-21
72.名無しさん:2018年04月14日 18:37 ID:EFCU6MFK0▼このコメントに返信
そもそも、中川技師が思いつきで栄を18気筒化して誉を作ろうとしたのが悪いんだよ。いくら海軍の上の人間がゴリ押ししたからって指が入らないとか冷却フィンが作れないとか整備性、生産性皆無って全然ダメだよね。

寿を複列18気筒化したのを大人しく作ってれば、飛ばない飛行機はなかったんじゃないか?
73.名無しさん:2018年04月14日 18:38 ID:itPYvTXa0▼このコメントに返信
ああ、半島で戦争起きたら韓国は負けが見えてるのね。こんな雑な振りで溜飲下げようとするとか末期だろ。
幸せかい?こんなで満足かい?脳内だけでも勝利を味えているかい?
でも当時は半島も大日本帝国で半島人も一応は二等の日本人だったんだけどね。
日本人じゃなくなった途端半島は戦場になったけどね。現実は良いザマだね。
長らく中断してたけどそろそろ続きが始りそうだね。精々頑張って決着つけとくれよ。
北も南も日本の同盟ではないしキミらはいまいち可愛げがない。どうなろうと知ったこっちゃないんだけどね。
ああ、南北統一したら在日が日本に住む口実無くなるんだっけか。そりゃ日本としては応援しとかんとな。
74.名無しさん:2018年04月14日 18:48 ID:ObXgi6.e0▼このコメントに返信
戦闘機界のポップヨシムラ=堀越
75.名無しさん:2018年04月14日 18:50 ID:EFCU6MFK0▼このコメントに返信
*65
誉www
艦戦、艦爆、艦攻、艦偵は分からなくはないけど

陸爆(銀河)、陸攻(連山)、双発戦(天雷)まで全部誉にする必要があるのかな?
せめて、Ju188見たいにエンジンのコンバートが出来るようにリスク分散するのがまともな考えだと思うんですが、
海軍のガイジっぷりが際立つ選定だと思う。
76.名無しさん:2018年04月14日 18:52 ID:q8wV0MKB0▼このコメントに返信
※67
F6Fは、零戦の完全上位互換だもん。
F4U,P-51は、直線番長と低空性能悪いから。
77.名無しさん:2018年04月14日 19:06 ID:q8wV0MKB0▼このコメントに返信
※72
空冷大出力エンジンだと、R-2800みたいにダイナミックバランサー付けないと、
振動問題解決しないのでは?
アメリカ軍の調査団の報告で、雷電の振動すら問題にされてないから、
日本人が繊細すぎるだけなのかもしれないが。
78.名無しさん:2018年04月14日 19:08 ID:Oh5mw9o30▼このコメントに返信
※75
結論を言えば誉しか選択肢がない。
ついでに言えば、烈風で自社発動機に拘った三菱は異常。
79.名無しさん:2018年04月14日 19:14 ID:q8wV0MKB0▼このコメントに返信
※74
ヨシムラさんは、神だが、堀越は低能クズ。
本庄さんのほうが神だわ。
戦闘機設計技師
小山>>>菊池=土井>>>>堀越
80.名無しさん:2018年04月14日 19:16 ID:AI3Y5G8c0▼このコメントに返信
※77
雷電の振動問題はアメリカの飛行場のほうが整備状態が良かった説がある
81.名無しさん:2018年04月14日 19:17 ID:kHOIvfy10▼このコメントに返信
2000馬力クラスの星型エンジンだと振動問題がついて回る。火星2xで既に顕在化してる。
ダイナミックバランサーは鹵獲機を通して情報を得ていたはずなんだけど、基礎工業力のちがいなのか。
終戦まで根本的な改善はされなかった。
82.名無しさん:2018年04月14日 19:18 ID:AqymMaj.0▼このコメントに返信
※72
彩雲とかの特殊機に採用する分にはよかったんじゃない?
大東亜決戦エンジンと勝手に決めた軍の責任
83.名無しさん:2018年04月14日 19:18 ID:AI3Y5G8c0▼このコメントに返信
※76
F6Fでもゼロ戦と低空でタイマンは避けろって通達出てるんだよなぁ。
高度が低いならゼロ戦に上昇力で分がある
84.名無しさん:2018年04月14日 19:41 ID:GCuB9gsl0▼このコメントに返信
Q「戦闘機の性能を上げるためにはどうしたら良いか?」

独・英・日「「「設計見直しや!削れる所は削るで!」」」

米「もっと強いエンジン載せればいいじゃん」
85.名無しさん:2018年04月14日 19:57 ID:fZ9eRqVZ0▼このコメントに返信
※80
雷電の振動はプロペラの剛性不足が原因じゃなかったっけ?
86.名無しさん:2018年04月14日 20:23 ID:EFCU6MFK0▼このコメントに返信
誉やハ42で振動がーっていう問題が書かれてないから、2000馬力級のエンジンはプロペラとの相性を考えなきゃいけないのかな?
雷電のは延長軸だからっていうのもあるのでは?
87.名無しさん:2018年04月14日 20:39 ID:OAfFXeu40▼このコメントに返信
※79
菊池=土井はありえんわ
堀越>土井、選外でもいい位だ
88.名無しさん:2018年04月14日 20:42 ID:EFCU6MFK0▼このコメントに返信
※82
確かに特殊機に採用する分にはよかったとは思うけど
昭和15年前後に特殊機専用のエンジンをつくるのは犯罪的だと思うし、軍も軍で技術的に冒険しないできちんとでかい排気量のエンジンを軸にしてリスクを減らすことを考えなきゃならない訳で…
89.名無しさん:2018年04月14日 20:44 ID:o8l4NsQX0▼このコメントに返信
※72
まあ思い付きってのは言い過ぎだろうけど、誉みたいな小型軽量で2000馬力空冷エンジンが他国に無いのはそれなりに理由があるんだよな。結局、空冷で大馬力にすると冷却の為に冷却フィン大量に追加する等で表面積稼がないといけない。エンジンのサイズが小さければフィン付けるスペースがなくてオーバーヒートしやすくなってしまう。結局、誉も量産性向上の為に冷却フィンのピッチ広げたから冷却効率落ちて出力制限掛けられてしまった。液冷エンジンだとラジエータのサイズを大きくすればいいから強度さえあれば高出力は比較的容易。
90.名無しさん:2018年04月14日 20:55 ID:rRG..FIs0▼このコメントに返信
欧米機のカタログデータは非武装&燃料非満載、
日本機は全備重量時ってのをどこかで聞いたことがあるが…
91.名無しさん:2018年04月14日 20:58 ID:hTL.1wLl0▼このコメントに返信
敗戦後アメリカがハイオクで飛ばしたらぐんと性能が良くなったらしい
その辺からして違うんだからそりゃあ負けるよな
92.名無しさん:2018年04月14日 21:08 ID:AqymMaj.0▼このコメントに返信
※88
中川氏自身は誉設計時に日米開戦など夢にも思ってなかったわけで
そういう意味ではゼロ戦も同じだけど
昭和16年に入って急速に日米・英開戦に押し流されたのが日本の状況だった

※87
土井さんは川崎の主要機の設計にほぼ全部関わっている
飛燕だけが作品では無い
設計者のパワーとしては当時の日本で1番だと思う
戦後YS-11をまとめたのもほぼ土井さんの力
93.名無しさん:2018年04月14日 22:03 ID:bhfhdQGT0▼このコメントに返信
※91
高品位プラグとか最高品エンジンオイルとかも取り替えたうえで、そもそも日米でデ-タのとり方が違う定期
94.名無しさん:2018年04月14日 23:29 ID:JY2xv2120▼このコメントに返信
>>飛燕はカッコええけど微妙な性能やったな

昔、読んだ本で九五式戦闘機で危機感持った陸軍が、軽爆と双戦は空冷エンジン使わせたとあった。三式にはDB系よりBMW系使えばよかった。
BMWと川崎と繋がりあるし…
それでも五式は生まれるだろうけど…
95.名無しさん:2018年04月15日 00:19 ID:Kd0UHzN00▼このコメントに返信
jumo系ではダメなんだろうか?川崎か愛知か製造権取得の際に技師の一人がjumoがいいですとか言ってた気がする。
96.名無しさん:2018年04月15日 00:19 ID:s.5XL3zs0▼このコメントに返信
零戦を乏して隼を褒めてる奴の胡散臭さよ
両機を比べる時点でもう話す気起きないが
97.名無しさん:2018年04月15日 00:59 ID:FwYjSXT80▼このコメントに返信
DBは精巧すぎて新基軸盛り沢山、技術的ハードルが高すぎる。比較的枯れた技術で出来てるJUの方が日本の国情に合っていると川崎の技術者が言ったようだが、陸軍は理解を示さなかった。
98.名無しさん:2018年04月15日 01:33 ID:t20hLcVL0▼このコメントに返信
※95
そもそもDB買ったのは新技術導入が目的だから
旧式の液冷使うぐらいなら自前で作れる新型大馬力空冷のほうが良いに決まってるし
99.名無しさん:2018年04月15日 07:06 ID:X6BAkDo60▼このコメントに返信
※90
戦後米軍がテストした日本機が高性能、っていうよく聞く面白話も、米軍は日本機から機銃を下ろしてテストしたって聞いた
そりゃ性能上がるよね


100.79:2018年04月15日 08:12 ID:.nQZfwaa0▼このコメントに返信
※87
小山・土井・堀越・菊池は、みな抵抗軽減に理解が浅い。
正面面積小さくすればOK程度。
冷却抵抗と層流層抵抗を考慮してない。
堀越>52式で、単排気管にしただけで30Kの増速に驚き、排気の推進力と勘違い。
土井>5式戦改造時にFw190参考にするも三式戦より減速。
それでも、エンジンさえまともならP-51以外には対抗できる三式戦と、エンジンまともでも疑問符つく雷電では、設計能力に差があるとしか。
堀越が八方美人で各方面の意見聞きすぎるのが、悪いんだが。
96式・零式は、すばらしいのに紡錘形教に入信したばかりに。
101.名無しさん:2018年04月15日 10:20 ID:smKFKwbP0▼このコメントに返信
バカ穴
パヨク文系:あぁ馬鹿みたいな設計の事だな当時の日本人だから馬鹿に違いない
理系:あぁ一般交差の穴か

と言葉一つ取っても伝言ゲームで齟齬が生じてしまうのが戦後の伝記類
102.名無しさん:2018年04月15日 10:26 ID:smKFKwbP0▼このコメントに返信
※32
空技廠で追認試験されたのをお忘れなく
論文が出たら各国研究機関が追認試験をするのは今の世と変わらないのが面白い

他国の研究が出たー無条件に信じるぜ!なんて世界じゃないのでそこんところヨロ
103.名無しさん:2018年04月15日 10:28 ID:smKFKwbP0▼このコメントに返信
ID:q8wV0MKB0は知能に障害があるタイプだなw
104.名無しさん:2018年04月15日 11:07 ID:fhjzICuc0▼このコメントに返信
*75
エンジンバラバラ、海軍はスペック厨じゃねの。
→いや、誉以降は海軍はエンジン選定統一してるよ
→ガイジぶりが際立つ
ってのはちょっと卑怯な評だね。
いいたいことは判るがw(要するにスペック厨だったから誉i一択になったんで)

*84
んなこたぁない。どこも強力なエンジンが必要だって判って開発してる。
九七式戦と同期のスピットやMe109がまがりなりにも終戦まで一線にいたのは、エンジンのパワーアップに成功したからだし。

*94
BMWを(日本的には)限界までいじり倒したハ9がダメダメだったのでDBを買ったんですよ。
水冷に関しちゃ、BMWを更に魔改造したソ連の方が上だった。
105.名無しさん:2018年04月15日 11:30 ID:ErZ7m2gK0▼このコメントに返信
※99
米軍が捕獲した初期型雷電のテストは180kg軽い状態で671km出たらしいな。
重量5%の差なんて大した違いねえよ。
米軍だってP51の胴体燃料が30%減ってから空戦せよと言っているんだし、
敵戦闘機がベストなバランス状態で戦ったらどうなるかとか想定したテストするだろ。
なお増槽をつけても616km出た模様。
106.79:2018年04月15日 12:16 ID:EehSYGuC0▼このコメントに返信
※103
君が、知能的に韓国人レヴェルなのは、わかった。
107.32:2018年04月15日 12:26 ID:EehSYGuC0▼このコメントに返信
※102
知ってるよ、で、堀越・菊池・タンクとレパブリックしか、製作していない。
堀越だけが、最後までその理論を盲信してた。
菊池さんは、強風>紫電>紫電改で、紡錘形理論から抜け出してる。
108.名無しさん:2018年04月15日 12:44 ID:fhjzICuc0▼このコメントに返信
妄信というか、実証もできてない理論取り入れて設計しなかっただけだろ。
紫電は、性能向上したかっていうと?だし。
109.名無しさん:2018年04月15日 13:46 ID:Kd0UHzN00▼このコメントに返信
紡錘形理論が素晴らしいっていうのはプロペラが無ければーとか鋲打ち継目が無ければーっていう話であって

アメリカでは実際に模型ではなく人が乗れる飛行機でやってみて、大して速度はでないは延長軸とか冷却ファンの重量が増えるはで結論が出たから、試作機どまり。

日本も空技廠が実証機作って検証すればいいのに、模型でよかったからって川西と三菱にこの理論で作ってみて下さいって指示するのがね。
110.名無しさん:2018年04月15日 14:40 ID:IBZWZu0L0▼このコメントに返信
※107                                                                紫電改を設計したのは菊原静男だぞ愚か者
111.107:2018年04月15日 15:25 ID:.nQZfwaa0▼このコメントに返信
※110
ご指摘ありがとうございました。
菊原さんを菊池で間違って覚えてました。
故菊原さん、ごめんなさい。
112.名無しさん:2018年04月15日 18:30 ID:XayTp4D20▼このコメントに返信
雷電の振動問題だが、原因については複数あり、プロペラ剛性だけの問題では無い。
そもそも火星後期型は前期型や金星よりも高回転時の振動が大きかった。
これは星型エンジンの宿命みたいなもんだが、P&Wやライトはダイナミックバランサーでこの問題を解決する。
従来の構造なら目をつぶれるところだが、プロペラ軸の延長によって実用に耐えないレベルになった。
つーのも、プロペラ軸に僅かな撓み、中心軸の偏差があればたちまち手がつけられない振動になり、プロペラ剛性が低いとさらに拍車がかかった。
長いプロペラ軸に必要な工作精度を満たせなかった部分も一つの要因。
まぁ、剛性を上げると推進効率が低下するので、過剰に剛性を持たせるのには速力低下につながるから、手をつけづらかったのかもしれんな。
113.エンアカーシャ:2018年04月15日 19:20 ID:W2C3tqhs0▼このコメントに返信
日本側は、個人の努力により、これを成功させた、
素晴らしい、

アメリカ軍は、零戦の実物を手にしても、終戦までコピー機すら、製造出来なかった(F8F)、
アメリカ軍は、<空戦禁止令>と、<2機で零戦と戦え>と、性能で上回る事を放棄していた、
卑屈である、

中国も、韓国も、20年が経過しても、零戦を上回る戦闘機を開発出来なかった、
無能、

これが、歴史の真実。
114.名無しさん:2018年04月18日 21:00 ID:TLtj.8sI0▼このコメントに返信
※113
今時こんなカビが生えた自国贔屓の与太話を2018年にもなってドヤ顔で披露するバカがいるとは思わなかったわw
115.名無しさん:2018年04月18日 23:55 ID:o3ydN46Y0▼このコメントに返信
※113
なんでこんな防弾装甲もなく翼端にまで燃料満たした即発火性の機体にエンジンはアメリカの劣化コピー機をコピーしなけりゃならんわけ?

お名前