2018年04月10日 12:05

日本軍の戦車は弱いという風潮wwww

日本軍の戦車は弱いという風潮wwww

Type_95

引用元:日本軍の戦車は弱いという風潮wwww
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1407227813/

1: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)17:36:53 ID:xynBQDyMk
あんな棺桶に乗れるかよ ふざけんな

2: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)17:38:02 ID:nAn9MBOf0
戦車なんてどこで使うんだ?

3: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)17:39:04 ID:xynBQDyMk
>>2
いやどこと言われてもねぇ 戦場の主役は戦車と砲兵ですし

4: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)17:40:02 ID:Y43cwxiLV
1の配属場所は?

6: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)17:41:39 ID:xynBQDyMk
>>4
第7戦車連隊であります!

7: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)17:41:39 ID:0g6jXYibo
ふざけるな!チハたん謝れ!

10: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)17:43:47 ID:xynBQDyMk
>>7
ふざけんな!リベット打ち装甲のせいで余計に死傷率が上がってるじゃねぇか!

13: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)17:45:12 ID:XkTEJmaxW
○○式 とかよね?

名前が悪い
チャレンジャー とかレオパルドとか名前がかっちょえー

15: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)17:45:54 ID:xynBQDyMk
自衛隊の戦車が弱いとは言ってないからな俺は

16: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)17:46:57 ID:CNHog3o2Y
チハ
チヘ
チヌ
チト
チリ   ←いやチリはねーだろ縁起悪いわ

19: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)17:49:08 ID:xynBQDyMk
>>16
自動装填装置をつけるよていやったんやで5式くんは

26: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)17:59:49 ID:GQPlawbxM
一応旧軍も100トン戦車とか試作してんだよなあ

34: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:06:35 ID:xynBQDyMk
>>26
オイ車ですな

29: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:02:27 ID:RzZjVCHiN
チハ車は対歩兵戦車やから

31: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:03:49 ID:xynBQDyMk
>>29
それは知ってるが今で言うところの歩兵戦闘車に近い代物で対戦車戦闘やった陸軍は頭おかしい

32: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:03:55 ID:y56iGyp9J
しゃーないよ
主戦場が歩兵主力の中国大陸だったし

33: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:05:45 ID:xynBQDyMk
チハもさ 登場当時は世界水準に達していたんだからもっと進化すべきだった。
日本の機械工作技術と冶金技術が低かったせいとも言えるけどな・・・

37: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:15:08 ID:RzZjVCHiN
日本軍に強力な対戦車兵器あったら最強じゃね?

39: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:16:56 ID:xynBQDyMk
>>37
いい対戦車砲があったんだけどね他国戦車の進化が早すぎてすぐドアノッカー化よ

43: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:20:54 ID:Y43cwxiLV
日本製の特徴って
何ですかね

45: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:22:28 ID:xynBQDyMk
>>43
装甲が薄い
ギアが堅い
エンジンがすぐぶっ壊れる
非力な主砲

46: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:23:55 ID:b3C1BLSEL
>>45
島国じゃあ戦車よりも戦艦や航空機優先だしな。

48: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:24:37 ID:Y43cwxiLV
>>45
今もそうなのん?

49: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:26:47 ID:xynBQDyMk
>>48
今は強い・・・はず
M1みたいに実戦を経験していないからわからん

51: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:31:43 ID:b3C1BLSEL
>>45で挙げられた部分がどうなってるかは知らないが、後退しながらスラローム射撃なんつーことができるものは作ってるな。

56: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:39:11 ID:k3P7oqkHg
>>45
履帯が細身なのですぐ外れるも追加で。
日本の戦車兵は器用だから、それでも結構何とかしちゃうから、
なかなか改善が進まない。

58: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:42:21 ID:RzZjVCHiN
チハ「M3ぐらいならギリギリ戦えます」
四式「M4ぐらいならギリギリ戦えます」
M26パーシング「・・・ニコッ」

60: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:43:19 ID:xynBQDyMk
>>58
そこで模型だけで終わった5式砲戦車の登場ですよ

61: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:45:25 ID:RzZjVCHiN
>>60
いや五式でも難しいでしょあの重戦車わ

なんでイ号潜水艦でティーガーもってこれなかったん?

62: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:46:53 ID:k3P7oqkHg
>>61
整備体型がないと兵器としては運用できんがな。
日本軍の支援体制だと厳しいんじゃないかな。

ドイツ機甲師団も、いろいろな抵抗を排除して、
グデーリアンが苦労してつくったものだし。

63: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:47:06 ID:xynBQDyMk
>>61
そら片っ端から撃沈されてたからよ。
何度技術交流目的で遣独艦が派遣されたことか・・・

65: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:54:47 ID:k3P7oqkHg
>>63
いちおうこっちから渡ったものもあるけどね……。
斜銃とか。

あれはドイツ発祥とか、同時に考え付いたとか思ってる人もいるんだが、
日本軍のほうが早かった。
結構感謝されたそうな。

あともう一個くらい有力なのわたってたと思うが、忘れた。
しかもどの資料に記載されていたか忘れたというね……。

66: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:56:06 ID:xynBQDyMk
>>65
Me262のエンジンとコメートの設計図じゃなかったかのう

68: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:58:42 ID:k3P7oqkHg
>>66
あぁ、向こうからきてるのはそうなんだけど、
日本から渡った奴がもう一個くらいあったかなと思って。

73: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)19:02:43 ID:xynBQDyMk
>>68
思い出した。酸素魚雷の技術だわ

67: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:56:50 ID:e68F4iJrz
90式って強いの?傾斜装甲じゃないけど大丈夫?

69: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:59:00 ID:xynBQDyMk
>>67
今の戦車は傾斜装甲なんて関係ないんや
どんな角度でもAPFSDSがぶち抜いてくる

71: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)19:00:13 ID:e68F4iJrz
>>69
まじか隠蔽率勝負なんだな

72: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)19:01:45 ID:k3P7oqkHg
>>71
だから10式とかは、とにかくちょこまか機動して、
その状態でも相手をブチ抜けるスラローム射撃ができるようにしてる。
機動戦闘車もそうだけど。

そういう意味では、機動戦闘車も74式の代替としてはありなのよね。

75: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)19:04:06 ID:e68F4iJrz
>>72
日本の地形に適した戦車なの?
海外に連れていけないのかな

78: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)19:05:45 ID:xynBQDyMk
>>75
比較的小型で機動力も高いから起伏に富んだ日本の地形には適している。
ヨーロッパの広い平原でも通用するかはわからん

81: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)19:07:23 ID:k3P7oqkHg
>>78
火力機動力は高く、C4Iにも対応してるから、問題ないかと。
装甲も、車内のスペースが少なくてすむので、装甲容積自体が少なくて
すむので、別に劣ってるわけではないし。

84: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)19:08:35 ID:xynBQDyMk
>>81
ああ 別に劣っているとかそういう話ではないんだ。
運用される地域によって要求されるスペックも違うってことね

76: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)19:05:02 ID:RzZjVCHiN
旧軍最強の車両ってなんだ? 自転車か?

82: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)19:07:42 ID:k3P7oqkHg
>>76
そりゃ鹵獲した米軍車両ですわよ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年04月10日 12:06 ID:g8wuioED0▼このコメントに返信
エルダー帝国ガガーン少将!
2.名無しさん:2018年04月10日 12:07 ID:udEdP.vr0▼このコメントに返信
エルダー帝国と同じく資源がなかったから仕方ない。
3.名無しさん:2018年04月10日 12:08 ID:Xw5nCh8E0▼このコメントに返信
ドイツ戦車が強いって喧伝されすぎだろうと。ドイツ本土の攻略ってあっさり終わったしな。ヒトラーが寝てたから対処できないとか何とか学生時代のあほが言ってたかな
4.名無しさん:2018年04月10日 12:12 ID:HiH5FaVk0▼このコメントに返信
弱いってか、古い戦車をいつまでも使いすぎなんだよ。
5.名無しさん:2018年04月10日 12:15 ID:6ussWJ0O0▼このコメントに返信
※4
世界大戦頃は資源不足だったからしゃーない。
強くする計画は勿論あったけど資源不足ではねぇ。
6.名無しさん:2018年04月10日 12:16 ID:qK7Tc.sZ0▼このコメントに返信
元号変わるけど型式どーすんのかな
10Part2とか
7.名無しさん:2018年04月10日 12:17 ID:jgx8p1B10▼このコメントに返信
中国が弱すぎて、必要なかったから
戦車の開発が遅れたんだろ
8.名無しさん:2018年04月10日 12:17 ID:U0SDW0qz0▼このコメントに返信
日本の戦車は完成した当時は世界でも優秀な戦車だよ
欧州でも第二次大戦開戦当時は戦車は歩兵支援がその任務で戦車に対抗するのは対戦車兵というのが常識だった
戦争が進むにつれて戦車に対抗するのは戦車という風に戦術が徐々に変化して、戦車戦を想定した強力な戦車が作られてったんだよ
途中から欧州戦線に参加したアメリカ軍の戦車ドクトリンも戦車の主任務は歩兵支援、戦車の相手は対戦車兵というモノだった
欧州戦線ではとっくに戦車vs戦車の構図だったのにもかかわらず
9.名無しさん:2018年04月10日 12:20 ID:qK.dKb1W0▼このコメントに返信
本文46>今もそうなんのん?

陸海空の優先順位って意味なら永遠に不変だろな
10.名無しさん:2018年04月10日 12:20 ID:5JtdDHYf0▼このコメントに返信
登場時はそこそこ高性能な戦車。ただその後の戦車の恐竜的進化が酷過ぎた。

※6
そもそも自衛隊の場合、形式は西暦からだ…
11.名無しさん:2018年04月10日 12:24 ID:YyqVUG610▼このコメントに返信
弱くないです柔らかいんです。
12.名無しさん:2018年04月10日 12:24 ID:zwlXghRz0▼このコメントに返信
対戦車を念頭にしだしたのはWWⅡ初期前後だしな。

チハとかはそれより前の設計だからしゃーないわ。
13.名無しさん:2018年04月10日 12:25 ID:9YhFfQFw0▼このコメントに返信
使い勝手はともかく装甲と破壊力は全くダメやな。
ドイツ戦車みたいに操縦性に難有ったり故障だらけな車体こそ棺桶と呼ばれるにふさわしい思うけど。
14.名無しさん:2018年04月10日 12:25 ID:RQTrcU3R0▼このコメントに返信
戦争ってのは、相手の届かないところから一方的に殴るもの。日本の戦車は※8のいうとおり基本的に対人戦車だった。アメリカは持ち込んだ対人戦車M4が対戦車戦でドイツに狩られていたが、実際の対戦車戦は、戦術爆撃部隊の役目。11VS1の話やパーシングとかは、たんなるジェスチャーだよ。
15.名無しさん:2018年04月10日 12:30 ID:0zwryvRu0▼このコメントに返信
※6
元号が変わったところで何の意味もないやろ
16.名無しさん:2018年04月10日 12:30 ID:yalHkKmX0▼このコメントに返信
後継機に恵まれなかった、、、零戦のことかな?
ガングリフォンやりたくなってきた。
17.名無しさん:2018年04月10日 12:31 ID:WxRH8DWl0▼このコメントに返信
限られたリソースで、爆撃機から本土を守らにゃならんかったんで、戦車は後回しに。装甲車両を大量に持ってたのはご近所じゃ旧ソ連だけで、しかも不可侵条約中。にしても、万を越える航空機作った割には機械化兵少なすぎではあると思われ。
18.名無しさん:2018年04月10日 12:32 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
斜銃は
「これでも狙えばちゃんと当たる」
と言う実戦データを渡すことが出来たのが大きな成果。
ドイツでも同じアイデアはあったけど、
「ホントに当たるのか?」
と採用に躊躇してた。

※4
ノモンハンの戦訓で
「戦車は歩兵の肉薄攻撃と対戦車砲に弱い」
と言うのがあって、陸軍上層部は
「戦車隊は敵歩兵を駆逐するのが本分であって、敵戦車の撃破は歩兵の領分」
と言う方針で固まってた。
現場の戦車隊は不満を持ってたけど、上がそう言うんだから仕方ない。
太平洋戦争の序盤でも戦車vs戦車の戦いはあったけど、幾つかの幸運と日本戦車隊の必死の戦いで結果的に勝っちゃったもんだから
「な。やれば出来るじゃないか」
となった。
戦車隊の
「だから言ったじゃないか!」
に上層部が耳を傾けるようになったのは、サイパンの戦いで日本戦車隊がM4に瞬殺された後。
ただ、この時も「歩兵の(対戦車攻撃への)敢闘精神が足りない\」と戦訓に書いてる。
19.名無しさん:2018年04月10日 12:32 ID:SQ.jndgg0▼このコメントに返信
10式は、砲撃を受けた時、装甲を貫通しなくても着弾の衝撃で500~800Gが発生し乗員が戦死します。
世界中の戦車で、このような現象が起こるのは10式戦車だけです。
さらに、世界標準のRWSと追加装甲グローサーが有りません。 そのうえ、上面装甲がひどく薄いと言う事を自分の目で初お披露目の時に確認しました。 この事から、側面の装甲も薄いことがわかります。

少しでも工学をかじったことがある者ならこの位のことはすぐに分かります。
価格にも疑問です、10式は他国の3・5世代戦車が全周的に防御力を上げたのとは逆に、防御力を犠牲にして 予算の重量の低減を図っていると考えるのが論理的でしょう。
筆者は世界の戦車メーカーの開発者に10式の重量で他国の3.5世代戦車に匹敵する防御力を得ることは可能かと聞いて回ったが、いずれも不可能だと答えている。

わずか数ミリの圧延鋼装甲板でタンデム弾頭を防げれば、他国だったそうしています。
先進的な複合装甲板はかなり高価です。鋼板装甲の何倍も高価です。ソフトウェアや、状況把握システム、 補助動力装置などを装備して、それで7億円というのはどう考えても難しいでしょう。
安い物には安いなりの理由があります。10式は「ワケアリ商品」なのです。

よくネット上の国産兵器フェチは、「清谷は500Gの衝撃で乗員が死傷するのは10式だけだと言った」と言いますが、そんなことは言っていません。
500Gの衝撃で中の乗員が死傷するのは、戦車一般に起こりえるよく知られた常識です。
「実例を示せばいいのでは」と言う意見もありましたが、不要ですし出す気もありません。
この手の人達は自分たちの信じるものそ唯一の絶対真理とでしょうかから、説得は無理です。
ご自身の信じるものを信じればいいのです。
続く
20.いつもの:2018年04月10日 12:33 ID:SQ.jndgg0▼このコメントに返信
続き
また10式には乗員用のクーラーが有りません。冷却装置があると言うかもしれませんが電子機器用です。
乗員には使えないよう完璧に遮蔽されています。技本の10式開発主任に直接聞いた話です。
真夏に対NBC戦が起こったらどうするのかと自衛隊幹部に聞いたところ「真夏に対NBC戦が起こるなんてそんなことありえない、
起こるはずがない」との返答でした。

仮に10式に冷房を入れるにしても大変です。まず補助動力装置の出力を上げないといけません。
現状は今の仕様でギリギリのようですからパワーの余裕はないでしょう。まず新品の補助動力装置を捨て
新しい物に変えないといけない。また冷房の出力をミニマイズするためには、イスラエルように密閉した被服にダクトを通して、
冷気を送る方法がありますが、車内が狭い10式にその余裕があるでしょうか。

前から申し上げておりますように、陸自の機甲科は大幅に減らすべきです。
まともに使える機甲旅団程度を1個、その他独立戦車大隊を1個程度の戦力まで減らすべきです。浮いた金で装甲車両の近代化、
野戦救急車など本来装甲化の必要車車輌などに回すべきです。第7師団なんて実態は第7戦車博物館に近いでしょう。
また更に浮いた金で海自や空自の近代化を行い、浮いた人員は海自あたりに回せばよろしいでしょう。

ところが、戦車を減らすのは嫌だとゴネて、思考停止状態で、その上金がないのにオスプレイやらAA/V7やら必要性が怪しい玩具を
大人買いです。

陸幕のメンタリティは新しくて「つおい玩具」を集めてはしゃいでいる程度の悪い軍オタレベルということです。
21.名無しさん:2018年04月10日 12:33 ID:OSla.8sk0▼このコメントに返信
エルダー帝国のGDPはどれぐらいですか?
猫耳娘はいますか?
22.名無しさん:2018年04月10日 12:34 ID:h.xVma2W0▼このコメントに返信
別に役に立たなかったわけじゃない
北方領土ではソ連軍を海に追い落とす勢いだったし
23.名無しさん:2018年04月10日 12:34 ID:ST.3G4Gz0▼このコメントに返信
虎系も結局は負け戦の撤退戦や防衛戦で活躍出来ただけだからな~、足回りが貧弱すぎて結局主力は4号とかやし・・侵攻には向かず故障が多発敵が攻めて来てくれたから活躍できただけ。
24.名無しさん:2018年04月10日 12:35 ID:GgB35YtH0▼このコメントに返信
ティーゲル言わんでも、4号辺り引っ張ってこれたらなぁ。
あんだけ車体残して魔改造されまくったんだから日本でも何かしら有益な使い方出来たかもしれん。
25.名無しさん:2018年04月10日 12:36 ID:d5wTNGWI0▼このコメントに返信
帝国陸軍には、99式襲撃機とキー120がある。
シャーマンが、なんぼのもんじゃい!
26.名無しさん:2018年04月10日 12:36 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
※14
ただ、実際にタイガーやパンターに凹られる現地軍はたまったモンじゃない。
アイゼンハウアーは
「『M4でもタイガーに勝てる』と言い切った兵器局の奴らをコロしてやりたい」
と言ってるよ。
実際、ノルマンディー上陸後の戦況報告で帰国した時に、兵器局へ怒鳴り込んでる。
パーシングの量産にGOサインがかかったのはそれから。
27.名無しさん:2018年04月10日 12:39 ID:YKlYJTOa0▼このコメントに返信
戦車スレには、キヨ.タニが湧いてくると思ったら、やっぱり湧いてたw
28.名無しさん:2018年04月10日 12:39 ID:KLkEvP.V0▼このコメントに返信
旧軍は戦前から「これからの戦車は対戦車戦闘可能で、75mmクラスの主砲を積んだ物でないと通用しない。」と分析をまとめてて、無駄だからと途中を全部キャンセルして75mm級戦車の開発に移って、日本人の体格では75mmクラスの連続装填は不利だから半自動装填の戦車を次期主力としていたけど、間に合わなくて3式や4式を緊急開発するという泥縄になってしまった。

後知恵で言えば、フィンランドの3突とイタリアのセベモンテを参考に、チハベースの突撃砲を緊急開発すればよかったのかも。
29.名無しさん:2018年04月10日 12:40 ID:DFknLDtX0▼このコメントに返信
まーた自画自賛か

飽きないな笑
30.名無しさん:2018年04月10日 12:40 ID:K9GYggiV0▼このコメントに返信
零戦と同じで登場時は世界水準だけどその後の開発競争で負けて後継機に恵まれなかった
31.名無しさん:2018年04月10日 12:40 ID:sUopKZKh0▼このコメントに返信
砲兵科は可能な限り最新兵器を前線へ送り出したのに歩兵科(戦車連隊)は最後まで出し惜しみ
その結果が45年になっても主力はチハ
やっぱりクソやね
32.名無しさん:2018年04月10日 12:41 ID:hkgPyKhO0▼このコメントに返信
※24
実際虎を輸入しようとして主要部品と設計図を潜水艦で運んでたけど沈められて届かなかったからな
33.名無しさん:2018年04月10日 12:41 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
※24
あの当時の日本陸海軍は「最先端・最新・最強」のフレーズに弱くてねぇ。
努力すれば(ただし自分は除く)、何でもコピーできると思ってたし。
DB601を導入する時も、実際に現物を検分した技術将校は
「あまりにも精緻すぎる。もう少し精度の緩いJumo(ユンカースの液冷エンジン)の方が日本の技術力には合ってる」
と報告してるけど無視された。
34.名無しさん:2018年04月10日 12:41 ID:GsGZ3Lgv0▼このコメントに返信
米28 三式砲のっけたチハたんベースのヘッたんもどきを作るのね、胸熱
35.名無しさん:2018年04月10日 12:42 ID:p5F7zXjG0▼このコメントに返信
鹵獲品m3軽戦車が一番やな
車体正面30mmあるから12.7mm弾けるんやで
m4は大和魂でどうにかするんやで
36.名無しさん:2018年04月10日 12:43 ID:wmQmrkOS0▼このコメントに返信
※19
これ違うところでも見た気がする
コピペ?
37.名無しさん:2018年04月10日 12:43 ID:oBVO9ucc0▼このコメントに返信
ドイツだって、大戦初期はチェコ戦車が準主力になるくらいの貧弱さだったし。
38.名無しさん:2018年04月10日 12:45 ID:SQ.jndgg0▼このコメントに返信
※35
チハも12.7mm防げますが何か?
39.名無しさん:2018年04月10日 12:46 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
※35
フィリピンの米軍整備兵が、撤退する際にエンジンオイルを抜いてアイドリングさせたまま逃げたんで、30両近いM3がエンジン焼き付きでパーになったエピソード好き。
40.名無しさん:2018年04月10日 12:48 ID:2lYgtfpx0▼このコメントに返信
日本軍の戦車舐めんなよ
中戦車でありながら軽戦車並の火力と装甲防御力を有し、かつ機動性は重戦車並なんだぞ
97式なんかアメリカのM3スチュアートと互角に戦ったんだからな
41.名無しさん:2018年04月10日 12:48 ID:c6KNNzAi0▼このコメントに返信
国民党軍が一号、二号戦車しか持てないし共産党に至っては戦車手に入れたのは戦後でまともな戦車戦したことないからしゃーない
※36
清谷コピペやろ
たいていは名前欄にいつものと書かれてるけど今日はないな
42.名無しさん:2018年04月10日 12:49 ID:t8el9N7.0▼このコメントに返信
ドイツだって戦争の初期は榴弾を積んだ戦車が主流だったんですが
88mmの徹甲弾の水平撃ちの効果が抜群だった後の戦車の印象が強すぎるだけ
43.名無しさん:2018年04月10日 12:50 ID:SI.EKGaA0▼このコメントに返信
無いものばかりの時代で頑張ったとは思うがまぁムリだわな
44.名無しさん:2018年04月10日 12:51 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
※37
独ソ開戦前、ドイツ戦車隊を視察したソ連軍将校が
「ドイツは重戦車を我々には見せてくれなかった(´・ω・`)」
と言ってるしね。
45.名無しさん:2018年04月10日 12:52 ID:t8el9N7.0▼このコメントに返信
戦車より戦闘機・直協機の方が安かったんです
46.名無しさん:2018年04月10日 12:52 ID:21GSQuzQ0▼このコメントに返信
貨物船のクレーンが18トンくらいで、それで戦車の重量が制限されたのも理由の一つかな。
日本の戦車は長距離を走破しても故障率が低かったらしい、戦車兵の修理能力が高かったせいかも。
僅かな数の一式砲戦車はフィリピンで大活躍したが、日本がドイツの三突を装備していたらM4くらいなら軽くヒネれたはず。
日本の戦車が弱かった理由は、陸軍の運用思想の誤りと開発能力の不足によるもの。その反省から今の90式や10式は世界最高レベルにある。
47.名無しさん:2018年04月10日 12:53 ID:KLkEvP.V0▼このコメントに返信
※34
実際、砲戦車は活躍したしな。
48.名無しさん:2018年04月10日 12:53 ID:MsSS4KFb0▼このコメントに返信
ドイツはチェコの優秀な技術や工場があったからね
日本が第二次世界大戦に入るまでに鹵獲した戦車は一番強くて一号戦車というね
49.名無しさん:2018年04月10日 12:54 ID:t8el9N7.0▼このコメントに返信
※40
機動性は高いぞ
マレー戦線では活躍した (自転車だけじゃないぞ)
50.名無しさん:2018年04月10日 12:54 ID:woK93IqX0▼このコメントに返信
中国大陸じゃ言うほど戦車対戦車は発生しとらんし、
数少ないのかき集めて足回り活かして奇襲戦とかやっとるし
型落ちしてても悪くはない出来なんだけどね。

51.名無しさん:2018年04月10日 12:54 ID:cbbHS6YU0▼このコメントに返信
ソ連やアメの戦車と正面からやり合う情勢は想定外。
精々が欧米の植民地軍の貧弱装備を対象とした陸上戦闘しか想定してないんだもん、しゃーない
52.名無しさん:2018年04月10日 12:55 ID:FZFeFDOP0▼このコメントに返信
※28
ホニ車「・・・」
53.名無しさん:2018年04月10日 12:56 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
※46
>故障率が低かったらしい
例の統制型エンジン、排気量当たりの馬力だと、列強最低レベルなんですよ。
日本軍の機械にしては珍しく「無理をしない設計」になっとるんです。
54.名無しさん:2018年04月10日 12:57 ID:TyMk7TJc0▼このコメントに返信
陸海の違いはあるけど大和とかを作る技術があったんだから作ろうと思えば強い戦車も作れたんじゃね?
ただ優先度の問題で放ったらかしになってただけで
55.名無しさん:2018年04月10日 12:58 ID:t8el9N7.0▼このコメントに返信
※46
世の中金やで
制空権・制海権を奪われてる状況で、戦車がいくらあっても無駄だし
まずは戦闘機・爆撃機を作って、相手の空港を抑えないと防衛も無理
結局移動できる砲台にしかなれない (埋めれば装甲は厚いし)
56.名無しさん:2018年04月10日 12:59 ID:zQlip.zF0▼このコメントに返信
特三式内火艇カチのフロートとか外した姿が素敵♪
57.名無しさん:2018年04月10日 13:00 ID:KLkEvP.V0▼このコメントに返信
日本戦車のエンジンは、誰も自動車すら使っていない上、水すら補給が難しい地域でも戦えるよう考えられてたからなあ。
58.名無しさん:2018年04月10日 13:01 ID:.D6ui2k40▼このコメントに返信
つーか、当時の物価だと戦車1両で戦闘機数機が製造可能だとかあるしなぁ
ディーゼルや自動装填に拘ったり先見性はあるんだが、如何せん目の前の戦争が見えて無い感は否めない
59.名無しさん:2018年04月10日 13:02 ID:PAXiTeCS0▼このコメントに返信
チハの改良砲塔に積まれていた47mm砲は貫通力にすぐれ
シャーマンの側面を貫くことができた。
史実、47mm砲で沖縄戦など、多数のシャーマンを撃破してる。戦車に積んでなかったけどな。
60.名無しさん:2018年04月10日 13:04 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
※58
>目の前の戦争が見えて無い
島嶼戦は陸軍にとって「2軍の戦い」ですから。
充分な奥行きと横幅のある広野で戦えば米軍にも負けないと思ってましたもん。
61.名無しさん:2018年04月10日 13:08 ID:ConFUn4h0▼このコメントに返信
ドイツの88mmみたいにすぐに戦車砲に転用できる砲が、日本には無かったからしゃーない
62.名無しさん:2018年04月10日 13:10 ID:.Whvfk5P0▼このコメントに返信
そりゃ重いと運べなかったからしょうがない。
63.名無しさん:2018年04月10日 13:12 ID:Z34trixy0▼このコメントに返信
昔の『丸(だっけ?)』に載ってたのが正しければ、チハと零戦の価格はどちらも15万円くらいらしいですからな
そら、航空機を買いたくもなるでしょうよ
64.名無しさん:2018年04月10日 13:15 ID:qtUxRmVR0▼このコメントに返信
アレでも余裕持たせて作ってるんだよなぁ…
だいたい54mmの時点で装填に問題が出てたから
75mmとかの切り替えがスムーズでないのも仕方ない
65.名無しさん:2018年04月10日 13:16 ID:cbbHS6YU0▼このコメントに返信
そこそこの物が在ったとして、
米軍のバズーカと航空機発射ロケット弾であっさり潰されて行ったであろう事を想像すると
戦後「戦車なんか作らず空母作ってたら・・・」とか言う奴が、必ず発生w
66.名無しさん:2018年04月10日 13:17 ID:rG8vtALr0▼このコメントに返信
※59
一式47mm機動速射砲って、ノモンハン時鹵獲したソ連BT-7M搭載45mm砲より貫通力なかった
って陸軍の四研が記録してるんですが、それが日本の優秀な戦車砲と評価されるんですか、、、
67.名無しさん:2018年04月10日 13:19 ID:74Y9BcgV0▼このコメントに返信
※59
ルソンで重見伊三雄中将が自らチハの砲手を勤めシャーマンを4Mの距離までひきつけて側面撃ち抜いたな
もっともその時の記録で60発撃ち込んでも壊せなかった、というのもあるが

※61
チヌやホニⅢに使われた九〇式野砲があるじゃないか
68.名無しさん:2018年04月10日 13:21 ID:yZlBSXXL0▼このコメントに返信
よく誤解されているが出来た当初は世界基準だぞチハたん。
ドイツだって開戦当初はしょぼい戦車が殆どだった。

戦争中の技術革新の速さに日本はついて行く国力(生産能力)が無かったんだよ
ゼロ戦然り。
69.名無しさん:2018年04月10日 13:23 ID:HIylJbkp0▼このコメントに返信
こればっかりはなぁ……

戦車に必要な技術の必要性が海軍国家ではあまり感じられなかったとか

まわりが西欧列強以外の糞雑魚ナメクジ国家ばかりで
WW1からの日本陸軍の水準でも列強として十分だったからな

つまり海洋国家+日常的に競り合えるライバルの不在という二点が日本陸軍が西洋列強に対して劣った原因だわな
70.名無しさん:2018年04月10日 13:24 ID:LkAc16pS0▼このコメントに返信
ブリキの戦車やで・・・だから戦後はブリキのおもちゃ世界一の技術と生産量になったんやで。
でも実物見て触った事あるがマジッブリキの戦車だったよ。 運搬がラクそな位に小さかった。
71.名無しさん:2018年04月10日 13:25 ID:olrm8v.c0▼このコメントに返信
弱いと言うより古い

兵器の更新が遅くて出てきた当初は世界水準でもどんどん時代遅れになったのは否めない事実なのに、無理やり擁護する意味もない
72.名無しさん:2018年04月10日 13:26 ID:aynKuxox0▼このコメントに返信
チハ車は拡張性はあった。
けどお国が戦車にリソース割けなかったんや。
73.名無しさん:2018年04月10日 13:26 ID:SQ.jndgg0▼このコメントに返信
※57
満州には水がないんです
この伝統が戦後74式まで続きましたとさ

まあ、戦車設計の神様とまで言われた人に逆らえなかっただけなんだけど
74.名無しさん:2018年04月10日 13:27 ID:OBYJmKvU0▼このコメントに返信
まあ、戦車の開発よりも航空機を優先した陸軍の判断は間違ってはいないでしょ
強い戦車を頑張って開発したところでろくに輸送できずに海の藻屑になるのが関の山だったろうし
75.名無しさん:2018年04月10日 13:29 ID:YV7c.DHF0▼このコメントに返信
●注 YouTube(ユーチューブ)で検索してください。
在日組織は恐ろしい!拡散しろ!
在日芸能 ← 検索
在日公務員 ← 検索
在日官僚 ← 検索
朝鮮進駐軍 ← 検索
電磁波攻撃 ← 検索
在日特権 ← 検索
在日生活保護 不正受給 ← 検索
在日議員 ← 検索
嫌韓デモ ← 検索
不法滞在 ← 検索
背乗り 在日 ← 検索
76.名無しさん:2018年04月10日 13:29 ID:YV7c.DHF0▼このコメントに返信
●注 YouTube(ユーチューブ)で検索してください。
反日議員は恐ろしい!拡散しろ!
辻元清美の正体 ← 検索
福島瑞穂の正体 ← 検索
山尾志桜里の正体 ← 検索
枝野幸男の正体 ← 検索
福山哲郎の正体 ← 検索
野田聖子の正体 ← 検索
石破茂の正体 ← 検索
連帯ユニオン ← 検索
在日棄民法 ← 検索
「なぜ、足立さん以外辻元生コンを追及しない?」 ← 検索
77.名無しさん:2018年04月10日 13:30 ID:YV7c.DHF0▼このコメントに返信
●注 YouTube(ユーチューブ)で検索してください。
反日中国・反日韓国は恐ろしい!拡散しろ!
中国 ← 検索してみる(必見)
中国食品 ← 検索してみる(必見)
中国公害 ← 検索してみる(必見)
中国製品 欠陥 ← 検索してみる(必見)
中国崩壊 ← 検索してみる(必見)
韓国 ← 検索してみる(必見)
韓国食品 ← 検索してみる(必見)
韓国公害 ← 検索してみる(必見)
韓国製品 欠陥 ← 検索してみる(必見)
韓国崩壊 ← 検索してみる(必見)
78.名無しさん:2018年04月10日 13:30 ID:aynKuxox0▼このコメントに返信
※63
かつて販売されていたドイツ軍の書類のコピーを見ると、四号戦車の多分G型(10万RM)あたりが
bf109E(5万RM)の倍くらいやったな。
ティーガーが25まんRMくらいやったかな?
79.名無しさん:2018年04月10日 13:30 ID:ppxJlJh30▼このコメントに返信
そういやどっかに沈んでるって言われてた戦車、どうなったんやろ?

※68
確か同じ時期のドイツの三号と同程度の性能なんだっけ?
80.名無しさん:2018年04月10日 13:31 ID:LkAc16pS0▼このコメントに返信
静岡で終戦近くなる頃に極秘に装甲の厚い本格的な大きな戦車を極秘で開発途中だったが終戦で隠すために
静岡の浜名湖に極秘に廃棄沈めた記録があり大体の場所は特定されたが発見には至って無い。
軍事予算と人材と材料があれば戦車やゼロ戦など生産できた 無理だったから戦争に負けたし上層部がアホ
81.名無しさん:2018年04月10日 13:35 ID:xTl.7n5W0▼このコメントに返信
国鉄がコロニアルゲージ=狭軌で、まともな戦車の運搬が出来なかったからでしょ。
82.名無しさん:2018年04月10日 13:37 ID:D4U.15O00▼このコメントに返信
零戦は色々擁護しようがあるけど
チハは無理だな...
あえて言うなら戦車の必要性が薄かったとしか
83.名無しさん:2018年04月10日 13:39 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
※67
野砲/高射砲の戦車砲転用は、原隊がいい顔しないんだわ。
向こうだって戦備に余裕があるわけじゃ無いからね。
頻繁にやったドイツ軍でも激論が交わされてる。
特に3突はもともと歩兵科向けに開発された車両で、これをグデーリアンが超砲身化して戦車隊の戦力補完に使おうとした時、歩兵総監と大もめになってヒトラーの決済で戦車隊転用が決まった。
日本陸軍でも、砲兵隊や高射砲隊が
「なんでウチの予算で作った砲を戦車隊が横取りするんだよ!」
と文句言ってる。
84.名無しさん:2018年04月10日 13:39 ID:nt17O5cG0▼このコメントに返信
元祖「やわらか戦車」やぞ
85.名無しさん:2018年04月10日 13:42 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
米軍の評価だと3式が「日本のお財布と工業力に見合い、なおかつ実戦でも通用したであろう程よい戦車」だったかな。
まぁ、量産化した頃には、南方へ運ぶ船が無かったけど。
86.名無しさん:2018年04月10日 13:46 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
※84
アメリカにもM8ヘルキャットと言う「やわらか戦車」がある。
最大装甲厚25.4ミリ。重量18トン。
76ミリ砲を積んで舗装路なら時速80キロでぶっ飛ばす、イニシャルD御用達の快速戦車だ。
87.名無しさん:2018年04月10日 13:51 ID:c.O93De80▼このコメントに返信
あの時代の日本は「次」がないな。
大和・武蔵・他大半の艦船、戦車、野砲、航空機。
時間がないのはあっちもこっちも同じなんだが、とにかく後からいいものが出てこない。
88.名無しさん:2018年04月10日 13:52 ID:ZUgX.Y4d0▼このコメントに返信
戦略核を撃てない戦車はちょっと・・・(´・ω・`)
89.名無しさん:2018年04月10日 13:53 ID:Z34trixy0▼このコメントに返信
ドイツ・ソ連のような大陸軍国、アメリカみたいなチート生産国と比べること自体がおかしいんじゃないかと
比較するならイタリアなんじゃなかろうか?
90.名無しさん:2018年04月10日 13:56 ID:IF.JRMhJ0▼このコメントに返信
戦車を比較するときは「装甲厚、車体重量、馬力、砲威力」を考慮すべき。
チハたんをM4シャーマンと比較するのはナンセンス。フェザー級とミドル級を殴り合わせるようなもの。
そういう意味では零式艦上52型(1,130hp)とF6Fヘルキャット(2,000hp)を比較するのもおかしい。

なお、日本戦車が小型軽量なのは「主戦場と想定した中国大陸の道路が狭くてインフラが未整備。特に橋が弱く崩れやすかった」から。
91.名無しさん:2018年04月10日 13:57 ID:9HzIYy5m0▼このコメントに返信
チハはかわいいな( ・∀・)
92.名無しさん:2018年04月10日 13:58 ID:J3TljYwl0▼このコメントに返信
※86
M8はヘルキャットじゃないし戦車でもないでしょ、M18ヘルキャットってのもあったけどあれもGMCだからしいて言えば機動砲とか自走(対戦車)砲と訳すべき
93.名無しさん:2018年04月10日 13:59 ID:gwGka7lU0▼このコメントに返信
ライバル兵器がゴロゴロしとらんと進化せんだろな
94.名無しさん:2018年04月10日 14:07 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
※87
産業全体がそうなんだよ。
理由は開戦前の政策にある。
米英戦不可避の気配が濃くなった40年後半に企画院から工業界へ
・新規事業の内、45年頃完成目標のものは中止。
・拡大事業の内、43年頃完成目標のものは中止。
とお達しが出て、統制物資(鉄鋼や電力)の配分がカットされてる。
おかげで新規の高炉建設や発電所の建設が中止になった。
軍の工廠や施設も同様(信濃を建造した横須賀3号ドックは滑り込みセーフだった)
日本は1940年時点の産業ストックで戦争を戦い抜くことになった。
95.:2018年04月10日 14:09 ID:J2aRAQKn0▼このコメントに返信
本田宗一郎「なんじゃこのクソエンジン(確かそんな感じの事いってた)」 統制型一〇〇式発動機をみて 

造船と飛行機に人材使ってる三菱が戦車作ったのがそもそも間違い つか統制経済ががクソ。  工場作成の資材も役人の許可必要で経済発展しようがない。 トヨタ、日産、本田が在野にいて潜在力はあったと思うから1930年代発展できなかったのが根本だと思う。 
統制エンジンも擁護しようとしたらできるが戦車に空冷ディーゼルの選択肢はねえと思う。 

今の三菱重工も何するにも遅いし。 戦時中も零戦が三菱より中島で多く作られる官僚的下地あったんじゃないか

火砲生産数も官営でイタリアより少ない 年次予算で動いているから何するにも遅い。
試製十糎対戦車自走砲 昭和18年6月30日に必要だと思われて昭和20年5月に2門が完成って遅すぎる。 生産優先度低かったとはいえ試作に二年かけている余裕なかった 
96.名無しさん:2018年04月10日 14:14 ID:t8el9N7.0▼このコメントに返信
※80
国家予算のほとんどをつぎこんでますが
アメリカとかと違って、国債を買ってくれる国も無かったんですよ
97.名無しさん:2018年04月10日 14:16 ID:bWsDJxAN0▼このコメントに返信
緒戦で世界的に優れた戦闘機や戦車は開発できていたが、その後それらが戦争中に怪物的進化を遂げたのに
日本が付いていけなくなったんだな。
98.名無しさん:2018年04月10日 14:17 ID:t8el9N7.0▼このコメントに返信
本田だって、中島の人材が回ってきてなけりゃ発展していない
民需に回す余力がなかったんだよ
民需が無いから官需の分の工場しかない
戦前に世界大戦用の工場を作る余裕も無い
みんな貧乏が悪いんや
99.コロンブス:2018年04月10日 14:17 ID:0ZlBpsE.0▼このコメントに返信
性能は劣っていなかったというのがまともな人間の意見。
叩いたらベコベコだったという書き込みがあるがw自分が触ったらペタペタずっしりだったなw

それからデザインに味があるのが日本戦車で、特に一式中戦車頃からの割り切った直線デザインは洗練された美しさがある。
100.名無しさん:2018年04月10日 14:18 ID:hxwnpNQC0▼このコメントに返信
船を作ることは発達してたけど船で重量物やら機械化された兵器(この場合は戦車とか自動車)を
輸送するように国内と占領下の港ができてなかったし、それを改善する余力が足らんかった

なのでデリックで持ち上げられるだけの重量に戦車が制限されたのが中戦車のチハと軽戦車の
ハ号と砲戦車(自走砲兼駆逐戦車)のホニⅡぐらいまでしか外地に派遣できなかった

でもわかってたんだよ大陸はごつい戦車で殴り合いをしてるって
それにソ連に満洲を緩衝地帯として接してるしノモンハンの戦車の大軍を見て危機感は感じてた
101.名無しさん:2018年04月10日 14:19 ID:K.BUAukl0▼このコメントに返信
チハたんのことか、謝れ。確かにイギリス軍がドイツ戦車との性能の違いで撃破しても中戦車扱いされなかった。
とは、言われてるが。当時アジアにまともな戦車なんてほとんどなかったことを考えれば、
チハたんの相手が戦車でなかったと分かるだろ。
102.名無しさん:2018年04月10日 14:21 ID:8zXh8yyB0▼このコメントに返信
一応対戦相手に合わせて開発競争して行くものだからね。
日本はヨーロッパやアフリカみたいに戦車対戦車の戦いじゃないから仕方ないでしょ。
山がちなイタリアも戦車対戦車を想定した開発じゃなかったし。
103.名無しさん:2018年04月10日 14:23 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
※95
>なんじゃこのクソエンジン
そりゃ、ホンダ初の軽トラに、レース用並みの高回転エンジン積んじゃいますからねぇ。
104.名無しさん:2018年04月10日 14:38 ID:a3QSfnWL0▼このコメントに返信
日本に無茶言うな。エンジンもまともに作れなかった国だぞ。
105.名無しさん:2018年04月10日 14:42 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
※104
いや、そこそこ「まとも」だったよ。
米軍の日本兵器評価レポートに、日本軍から悪評ばかりのトヨタや日産のトラックについて
「舗装路で使用するなら普通の性能。戦場や悪路で使うのが間違い(意訳」
とある。
つまりまぁ、そのレベルまでは使えたって事(慰めにもなってねぇ。
106.名無しさん:2018年04月10日 14:44 ID:G8DKm4pR0▼このコメントに返信
戦後、北方領土で攻めてきたソ連相手に大活躍したやん。
107.名無しさん:2018年04月10日 14:45 ID:b.fjNLdD0▼このコメントに返信
同期の戦車が2号とかm2とかですから
108.名無しさん:2018年04月10日 14:46 ID:5pQz9wZl0▼このコメントに返信
かなり大雑把だけど、同期(1936~1938年頃)と比べてみると、意外とフツー。

チハたん 1937年 57mm砲1、機銃2 25mm 15t

M2軽 1938年 37mm砲1、機銃2 23mm 9.5t

Mk.III巡 1938年 40mm砲1、機銃1 15mm 15t
Mk.I歩 1936年 砲なし、機銃1 65mm 11t
Mk.II歩 1938年 40mm砲1、機銃1 76mm 27t

BT-7 1937年  45mm砲1、機銃2 20mm 14t

S35 1936年 47mm砲1、機銃1 57mm 18t
FCM36 1936年 37mm砲1、機銃1 40mm 13t
H38 1938年 37mm砲1、機銃1 45mm 12t
R35 1936年 37mm砲1、機銃1 45mm 10t

III号 1936年 37mm砲1、機銃2 15mm 15t
III号E 1938年 37mm砲1、機銃2 30mm 20t
IV号 1936年 75mm砲1、機銃2 20mm 18t
109.名無しさん:2018年04月10日 14:46 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
M4戦車の設計で「ほー」と思ったのが、ドライブシャフトの強度設定。
駆動系へ過負荷がかかった時、起動輪の軸や変速機やエンジンが壊れる前にドライブシャフトが折れる(割れる)ように強度が設定されてる。
理由は、駆動系でどこか壊れて交換するならドライブシャフトが一番楽だから。
自動車を使い慣れてる国民ならではの発想だと思った。
110.名無しさん:2018年04月10日 15:23 ID:5pQz9wZl0▼このコメントに返信
で、後知恵でいろいろ言われるけど
ディーゼルなのは、ガソリンを航空機に回すためと、参考で買った英戦車が燃料系からのガソリン漏洩にバックファイアが引火して全焼しちゃった教訓から。
空冷なのは、想定主戦場が満州だから。
主砲が57mmなのは、肩付け射撃による行進間射撃が可能で、砲手が一人で装填・射撃できて、機関銃座を潰すのに十分な威力がある榴弾が撃てるから。
装甲が25mmなのは、37mm対戦車砲に耐えつつ、兵員輸送トラックと伴走可能な速度が求められたから(実際にはボコボコ抜かれたけどね。運用側は30mm以上を求めていたようだ)。

なので、ココをこーしておけばよかったのにとか言ったって、そりゃ陸軍が求めてたものじゃないのだ。
(装甲が薄いのはつまるところエンジンの馬力が低いからだけど、その当時の戦車は似たり寄ったりだし)
111.名無しさん:2018年04月10日 15:27 ID:ZTnK..V00▼このコメントに返信
※20

ナゼ、福田定一少尉の例の話をコピしない。
アッチの方が傑作なのに。
112.名無しさん:2018年04月10日 15:38 ID:Pkb2.U6B0▼このコメントに返信
投入先が東南アジアだったから、あれでも必要にして充分だった。
仮にティーガー戦車を持ってきても、身動きが取れないからトーチカにしかならない。
戦車の果たすべき役割を考えれば、あらかじめ設定した対戦相手の武器に対して
必要以上に防御を強化するのは無意味。
113.名無しさん:2018年04月10日 15:41 ID:Pkb2.U6B0▼このコメントに返信
投入先が東南アジアだったから、あれでも必要にして充分だった。
仮にティーガー戦車を持ってきても、身動きが取れないからトーチカにしかならない。
戦車の果たすべき役割を考えれば、あらかじめ設定した対戦相手の武器に対して
必要以上に防御を強化するのは無意味。
114.名無しさん:2018年04月10日 15:49 ID:ZCR3gdAl0▼このコメントに返信
独の5、6号戦車並みとか贅沢は言わん、
せめて、4号F並み、それも無理なら
マルダー(攻撃だけ特化)みたいのは
作って欲しかった。
115.名無しさん:2018年04月10日 15:51 ID:ig8xyEy90▼このコメントに返信
日本陸軍が悪いわけではないんです、貧乏が悪いんや!
116.名無しさん:2018年04月10日 15:56 ID:olrm8v.c0▼このコメントに返信
※115

貧乏なら貧乏なりにもう少し身の丈考えてください

それとも貧乏過ぎて格好の火事場泥棒のチャンスに思えたのか
117.ハインフェッツ:2018年04月10日 16:00 ID:Ie9VmY6K0▼このコメントに返信
※114 ※115
なんかね、聞くところだと港湾のクレーンがだいたい15t程度までしか対応してないんで、ああいう豆戦車を運用せざるを得なかった面もあるとか。

だから、外征を考えず本土決戦だけ考えてればいい戦況になったあたりから、大型化しだしたという指摘もあるでね。
118.名無しさん:2018年04月10日 16:17 ID:c8Wm7DP70▼このコメントに返信
※117
横だが、水田が多すぎて重量が有りすぎると国内でもスタックするとは聞いたな
最も顕著なのがオイ車で
戦後は地盤改良で水田の泥濘の下にしっかりした地盤があるから問題なくなったらしいが
119.名無しさん:2018年04月10日 16:22 ID:uYq2iuqB0▼このコメントに返信
後知恵だけど装備しているチハを 三式戦車と一式砲に改造していたら、もう少し活躍したんじゃないかって思うよ。
それと中国で捕獲したドイツの88ミリ高射砲(海軍砲?)を 簡略化して終戦までに500門も量産出来たんだから これを南方や満州で自走砲化して運用していたら どうだったんだろうと考えてみたり。
120.名無しさん:2018年04月10日 16:22 ID:aunkJ4KR0▼このコメントに返信
戦車なぞ航空部隊に狙われたら一貫の終わり、だからね。
また、戦車同士の戦いなら、速射率・命中率の高い方が勝ちだ。
韓国や中国の戦車って強いのかい。笑っちゃう。
121.名無しさん:2018年04月10日 16:33 ID:p18UZeoe0▼このコメントに返信
ドイツとソ連の戦車が異次元すぎるだけで日本含め他の国が特別劣ってるわけでもないんだけどな
当時で考えても中戦車を自国生産出来た国がどれだけあるかって感じだしむしろ日本はマシな方
122.名無しさん:2018年04月10日 16:49 ID:BTCF7uub0▼このコメントに返信
当時の日本陸軍の戦車の開発のやる気の無さと
航空機開発の偏重振りを見る限り
当時で既に戦車無用論を患ってたんじゃないかと言う疑惑が沸くんだが
123.名無しさん:2018年04月10日 16:50 ID:9YhFfQFw0▼このコメントに返信
※101
小さい小さい言われるが実はチハはいうほど小さくない。
多分ハ号と勘違いしてる奴が大勢居るんだろうが、とんでもない話だ。
124.名無しさん:2018年04月10日 16:55 ID:90XmudpD0▼このコメントに返信
※105
日本はサスの板バネを鍛える事を知らなかった
悪路だとバキバキ折れていた
スバル360もサスでかなり苦労していた
中島飛行機も知らなかったのか・・・・
125.名無しさん:2018年04月10日 16:56 ID:QYgfxjkA0▼このコメントに返信
斜銃は日独別物だぞ
126.名無しさん:2018年04月10日 16:59 ID:lAZWuAnq0▼このコメントに返信
チハは完成当初は世界水準だし
ノモンハンでの戦訓を受けてチハ改や一式、四式の研究に繋がってる
スチュワートとの対戦で急ぐ必要が出てチハ改が生まれてる
ちゃんと研究してたけど、中国軍相手はチハとハ号で間に合ったし南方戦線では航空機と艦船の方が重要だったんでそっちを優先した
全部まとめて出来るアメリカが異常なんであって国力の問題で他の国はどっかこっか妥協してるよ

※117
港湾クレーンはもっと大重量に対応出来る
対応出来ないのは船側のクレーン。設備の整った港以外は船のクレーンに頼るしかなかったし
主戦場は諸島の島々だったんで余計に。
その15トンクレーン付の船すら貴重で大半の島ではハ号がやっとだったみたい

※114
4号F並→四式五式が該当するんでない?
マルダー→一式砲戦車系列や長12糎自走砲があるぞ
127.名無しさん:2018年04月10日 17:05 ID:ig8xyEy90▼このコメントに返信
※118
本土決戦用に千葉の九十九里方面に配備した戦車の何両かは
田んぼ畦道に落ちたり橋が崩落して落ちて回収できずにそのまま戦後も放置
戦車回収戦車も力と重さがなく持ち上げるのも難儀
128.名無しさん:2018年04月10日 17:10 ID:d5wTNGWI0▼このコメントに返信
チハの主砲をボフォース40mmにして、対戦車は、ロタ弾とかの発想出来なかったものか?
海軍の戦艦の装甲技術移転あれば、少しはマシになったろうか?
同じDB601ライセンス生産なのに互換性ない、ハー40と熱田。熱田のほうが稼働率高かったとか。海軍のほうが基礎技術高かった?
海軍の98式8糎高射砲は、戦車砲に転用出来なかった?
貧乏なのに工夫が足りないとイスラエルを見て呟いてみる。
129.名無しさん:2018年04月10日 17:21 ID:d5wTNGWI0▼このコメントに返信
キヨタニ文章で不思議なのは、APFSDS弾喰らってなんで500Gかかるんだ?
HESH弾なんだろうか?
ヒトマルは、サスが凄すぎて圧をにがせず、M1足回り柔いからずり下がるとかなのか?
130.名無しさん:2018年04月10日 17:30 ID:90XmudpD0▼このコメントに返信
※128
余った首なし飛燕に余ったエンジンを付けたろ
五式戦闘機の誕生であるw
131.名無しさん:2018年04月10日 17:30 ID:N1cTP.Hz0▼このコメントに返信
●注 YouTube(ユーチューブ)で検索してください。

K-pop random ← 検索してみる(必見)
K-pop cover ← 検索してみる(必見)
K-pop street ← 検索してみる(必見)
K-pop school ← 検索してみる(必見)
K-pop reaction ← 検索してみる(必見)
K-pop PUBLIC ← 検索してみる(必見)
KPOP reaction ← 検索してみる(必見)
KPOP random ← 検索してみる(必見)
KPOP cover ← 検索してみる(必見)
KPOP street ← 検索してみる(必見)
KPOP school ← 検索してみる(必見)
KPOP PUBLIC ← 検索してみる(必見)

bts reaction ← 検索してみる(必見)
bts cover ← 検索してみる(必見)
twice cover ← 検索してみる(必見)
momoland cover ← 検索してみる(必見)
blackpink cover ← 検索してみる(必見)
132.名無しさん:2018年04月10日 17:32 ID:wBUQhFpt0▼このコメントに返信
おそろしい国「よっしゃ兵隊逃げない様に席に括り付けて入り口溶接すれば動かなくなるまで撃てる!」
133.名無しさん:2018年04月10日 17:32 ID:cdMRaw500▼このコメントに返信
今弱く!
特に子供の軽戦車10式!非常に弱く!
日本軍の伝統です。
134.名無しさん:2018年04月10日 17:33 ID:B7.HeXdo0▼このコメントに返信
※128
いや、開戦の時点で既にチハに75mm砲載せた一式砲戦車がいるから。
最終的にはチハは120mmや150mm砲を載せることになる。
ただ圧倒的な物量差の問題だよ。
135.名無しさん:2018年04月10日 17:33 ID:cdMRaw500▼このコメントに返信
それでも、価格はかなり高価!
弱く高い!
日本の戦車の伝統です。
136.名無しさん:2018年04月10日 17:35 ID:XYeW60BN0▼このコメントに返信
※128
ボフォースは日本の技術じゃ手に余るし鉄の質も関係してくるから難しいと思う。後、高射砲の応用になると砲身長が伸びて戦車の規模が大きくならざる負えないから厳しいと思う。
137.名無しさん:2018年04月10日 17:35 ID:5pQz9wZl0▼このコメントに返信
*122
二つ同時は無理なので、リソースを航空機に振っただけだよ。

例えば、巷間言われるように、負け戦を封印した訳じゃなく、ノモンハンの戦訓だってちゃんと研究してる。
その結果が一式中戦車。装甲も主砲の貫徹力も倍増。従来の肩撃ち式を捨てて、装填手乗せることまで覚悟して47mm砲に切り替えるってことは、対戦車戦闘をそれなりに意識してたってこと。その後の恐竜的進化はともかく、この時点まではなんとか追いつけなくもなかった。
が、悲しいかな正式採用と同時に量産するだけの力は無かった。

長射程の新型野砲を開発した、分解運搬可能な攻城砲も開発した、牽引車や特殊運搬車も開発した。だけど、主力は馬と人力で運ぶ山砲でした。
というのが日本陸軍。
138.名無しさん:2018年04月10日 17:37 ID:g.gORYYQ0▼このコメントに返信
※3
>ドイツ本土の攻略ってあっさり終わったしな。

いや、終わってない。1944年6月初頭にノルマンディーへ上陸してから
ドイツへ到達する1945年1月まで6か月もかかってる。
それからドイツが全面降伏する1945年5月まで4か月戦いが続いたが、
ドイツ全土の制圧は叶わなかったしノルウェーのように全土がドイツ軍に
占領されたままの国まであった。東部戦線ではバウツェンから西方へ突破しようとした
ソ連=自由ポーランド連合軍の作戦そのものがブロニコウスキー少将指揮下の機甲師団の
反撃で頓挫するほどだった。
(その後、バウツェンとその周辺は終戦までドイツ軍の支配下に留まった。)
139.名無しさん:2018年04月10日 17:44 ID:XYeW60BN0▼このコメントに返信
九四式六輪自動貨車に41山砲?のせて準装備扱いして実戦に参戦させたり、この時はアメリカの軽戦車を追い払っていたり、自走砲の構想もかなり
早くできていたりしたんだけど、如何せん技術が追い付かなかった。工夫はやっぱりそれなりにしてると思う。日本は
上に衝撃どうこうあるけど、型落ちした15センチ砲を早くチハに装備させ戦場に投入した方が良かったと思う。
140.名無しさん:2018年04月10日 17:52 ID:ig8xyEy90▼このコメントに返信
素直にパンツァーファウスト量産していれば良かったのに
141.名無しさん:2018年04月10日 17:58 ID:t.LVt8CX0▼このコメントに返信
日本がいい戦車つくったところで、どうやって運ぶんだよ。
142.名無しさん:2018年04月10日 18:05 ID:SQ.jndgg0▼このコメントに返信
※140
その手のやつは意外と大量の火薬が必要なの

それを陸軍の上層部が嫌って、大量生産に消極的だったの
143.名無しさん:2018年04月10日 18:06 ID:KOoDbeMx0▼このコメントに返信
九〇式野砲は連射してると砲手が鼻血を出すと言う位反動がものすごかったから密閉された砲塔の中じゃさぞ大変だったろうな
144.名無しさん:2018年04月10日 18:08 ID:ZTnK..V00▼このコメントに返信
※140

まあ日本の失敗は戦車開発より、歩兵携帯型対戦車装備の配備が後手に回った方が
大きいしね。

145.名無しさん:2018年04月10日 18:11 ID:3unT9gbY0▼このコメントに返信
というかそんな強力な戦車が要求される陸戦やってないし。。
そんなことより艦艇と航空機が優先よ。
146.名無しさん:2018年04月10日 18:13 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
※128
ハ-40と熱田は、実は微妙に設計が違うんです。
ハ-40は、ほぼオリジナルDB601のライセンス生産。
アツタは、冷却液を真水にして高圧で沸騰しないように改設計されてる。
と言うのも、この時代の液冷エンジンの冷却液は不凍液としてエチレン・グリコールを水と混合して使ってるんですが、これが可燃性の液体。
可燃物を嫌がる海軍は「水だけで済むならそうして」と、熱田は冷却系は完全オリジナルの設計になってる。
↑同じ理由でアメリカ海軍も液冷エンジン機は嫌ってる。英海軍は専用の貯蔵タンクを最初から空母へ組み込んで対応した。
だから、ハ-40と熱田はDB601を母親とする二卵性双生児と見た方が良い。
あと、ハ-40で問題になった代用稿クランクシャフトの破損を、熱田は焼き入れを工夫することである程度クリアしてる。
ただ、この焼き入れ、工場のあった名古屋市全体の都市ガス消費量の3割だか4割を食ってしまう大変なものだった。
147.名無しさん:2018年04月10日 18:20 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
ヤークトチーハー、キングチーハーを作るのだ。
148.名無しさん:2018年04月10日 18:36 ID:KOoDbeMx0▼このコメントに返信
※146
ハ40も冷却液は水を使用してるよ。
理由は前線での調達が困難だから。
大きな違いは燃料噴射ポンプ。燃料噴射ポンプのパテントはボッシュ社が持っていたんだがこちらは製造権を売って貰えなかった。そこでハ40では金星エンジン用のものを12気筒用に改良して使用した。
一方アツタはボッシュ社のものを無断製造~。
149.名無しさん:2018年04月10日 18:39 ID:ig8xyEy90▼このコメントに返信
※141
船舶はクレーンの関係でデカくできんし国内の移動は鉄道中心だからな幅も限られるからな
150.名無しさん:2018年04月10日 18:41 ID:21GSQuzQ0▼このコメントに返信
九五式戦車だったかな、砲塔を戦車長が体を捻って直接回していたというのは?
使いやすい構造だったんだな。
151.名無しさん:2018年04月10日 18:43 ID:XYeW60BN0▼このコメントに返信
10式戦車は、軽量だから地雷や路肩爆弾にかかったら目も当てられないんだろうな。それに15センチの砲爆撃をくらったりしたら、直撃したらどの戦車でも無理らしいけど直撃しなくても他の戦車よりは被害の幅が大きいと思う。中東だと12センチ砲なんかはよく路肩爆弾や砲爆撃に使われてる印象がある。それにはどうなんだろう。実際には見たことを乗ったこともないからわからないからどどうなんだろう?
152.名無しさん:2018年04月10日 18:49 ID:.RL2UEIt0▼このコメントに返信
海洋国家なんだから予算も鉄も海軍にごっそりと持って行かれるのは仕方ない。
あと、日本の勢力圏内では非鉄金属が少ししか取れなかったり全く取れなかったりで、硬くて重い徹甲弾が作れなかったってのもあるよね。


※140
一応どいちゅから技術指導を受けてタ弾とゆー対戦車用成形炸薬弾を開発、生産していますよ。
153.名無しさん:2018年04月10日 18:58 ID:tXQLTIlP0▼このコメントに返信
※152
予算とかほぼ半々ですよ
まあ陸軍の所帯数からすれば海軍に振ってるとは
言えるけど
でも陸軍もシナ相手では戦車に困ってなかったし
取りあえず航空機と可搬砲を優先せざるを得なかった
島嶼防衛は孤立させられた時点で多少の戦車があっても
どうしようもなかったし
対ソ連は うーん まあ 手が回らなくなったのよ
ドイツ戦が終わった時点で攻めてくるのは目に見えて
いたと思うんだがな  後世の後知恵なんだろうか
154.名無しさん:2018年04月10日 19:00 ID:tXQLTIlP0▼このコメントに返信
※152
本土決戦用に使われなかったからミリオタ以外は
あまり知らんがな
155.名無しさん:2018年04月10日 19:01 ID:KKYPs3fU0▼このコメントに返信
陸軍の主戦場である中国で不要で、南方でも重要要素じゃないのに、WW2で『日本軍は戦車が弱い』というのは、『ソ連にまともな艦船がない』『ドイツに空母は影も形もない』とか言うのと同じ。必要性が低いので後回しにされた結果、無いものはないままであった物もすり減って無くなっただけ。

八方美人で手を出してどれもコレもまともでなくなっちまったのはイギリス→馬鹿
八方美人で手を出してどれもコレもまともに仕上げちまったのはアメリカ→化け物

WW2でイギリスほど金も技術も国民の戦意もありながら、上層部が馬鹿をやって追い詰められてる国はまぁない。
チャーチル以外のイギリスの指導部は政治から経済から技術から軍事に至るまでゴミ。
まぁ、フランスはもっと酷いような気もするが、WW2ではあの国は上から下までドゴールが空回るほど戦意(やる気)そのものがなかったから仕方がない。イタリアもよくにたもの。
156.名無しさん:2018年04月10日 19:01 ID:3lq8bLun0▼このコメントに返信
日本軍の最適解は、三式中戦車を量産することだったろう。アレは侵攻用に使うならやや力不足だが、守りに使うなら十分。
積極的に使うなら四式五式が必要だったが。
三式中戦車と五式戦闘機が1944年の段階で十分にあれば、兵隊がもっと死なずに済んだ…この2つに関しては用兵側の気づきの問題で、もっと言えば、社会科学に属する組織運営技術の問題でもある。

そういえばろくな陸上四発機作れんくせに、水上機にしたら陸以上の超高性能機作れる軍隊もあったよなw
157.名無しさん:2018年04月10日 19:02 ID:q8N9u.Bv0▼このコメントに返信
※151
底板貫通型に対応する為にベリーアーマーとか車体下部にも装甲を増やしてるのもあるけど、ほとんど対非対称戦に対応する為に全周装甲増し増しの結果重くなってる。
下手に重いだけだと、エネルギーを逃がせなくて底板を抜かれる可能性もある。一概に重ければ重いほど良い訳でもない。
10式は戦車では軽いけど、戦闘車両としては充分重いし、戦車をIEDで狙う相手は、M1なら無理だけど、10式ならやれる威力とか調整する訳でも無くどんな戦車でも確実にやれるレベルで仕掛けるから、戦車を狙うIEDを食らえば対して差は出ないと思う。
158.名無しさん:2018年04月10日 19:08 ID:oprvBVeQ0▼このコメントに返信
バズーカみたいな歩兵用の対戦車兵器があればよかったのにとは思う。

ないと、刺突爆雷と布団爆弾になってしまう。
159.名無しさん:2018年04月10日 19:08 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
※153
>ドイツ戦が終わった時点で攻めてくるのは目に見えていたと思うんだがな
なぜか、ソ連が平和の使者(講和の仲介人)になってくれると信じてた軍人が結構な数いたりした。
外務省は鼻で笑い飛ばしたけど。
この一件のせいで戦後、外務省は自分たちのやらかしを棚に上げて「軍はアホだ馬鹿だ」と言いまくってる。
160.名無しさん:2018年04月10日 19:10 ID:oprvBVeQ0▼このコメントに返信
※6

戦前も皇紀なので(零式艦上戦闘機とか)、元号関係ないで。
161.名無しさん:2018年04月10日 19:12 ID:ig8xyEy90▼このコメントに返信
※152
独自に開発せずにドイツから潜水艦で治具持って来るかマウザー砲の時みたいに詰めるだけ
パンツァーファウスト持ってくれば良かったんだよ
五式四十五粍簡易無反動砲じゃ扱いにくい上に破壊力も弱い
162.名無しさん:2018年04月10日 19:14 ID:HpI4T7.Q0▼このコメントに返信
※156
ありゃ川西の経歴が響いてる。
94式水上偵察機を作るまで、あそこが作る試作機や実験機は
「お前ら、シュナイダーカップに出る気か?」
って思うぐらいの、よく言えば前衛的、悪く言えばハチャメチャな機体ばかりだったもん。
「ホームランか、バットを飛ばして投手にぶつけるか」レベルの会社と見られた。
だから、97式大艇や2式大艇を発注した時も、海軍は保険として空技廠へ同じ仕様で試作機を発注してる。
163.名無しさん:2018年04月10日 19:38 ID:XSue8Uow0▼このコメントに返信
※148
アツタ21型は、日立航空の12LA10/10使用とあるぞ。
164.名無しさん:2018年04月10日 19:42 ID:5pQz9wZl0▼このコメントに返信
*156
ベースの一式中戦車が43年になってもロクに量産されてないんだから無理だわ。
ホニ3の前倒しの方が現実的だけど、九〇式野砲の製造数だってお寒い限りだしなぁ。

まぁ仮に量産されてたとしても、大概が輸送途中でボカチンだから本土以外じゃ大して変わらんと思うが。
165.128:2018年04月10日 19:42 ID:XSue8Uow0▼このコメントに返信
※134
主砲を対空・対人用として対戦車は、ロタ弾で処理。
現代の歩兵戦闘車両みたいなのイメージしたの。
166.名無しさん:2018年04月10日 20:19 ID:T7QiOxUo0▼このコメントに返信
ふと、松本センセの「鉄の墓標」思い出したw
四式中戦車がM4をバッタバッタと
キルするシーンが刺激的だったなあ…
167.名無しさん:2018年04月10日 21:01 ID:d0HlDt9E0▼このコメントに返信
ノモンハンで実際はソ連軍のほうが圧倒的に戦車破壊されてるのが明らかになったけど、
ソ連崩壊前は日本の戦車は脆弱すぎてソ連軍様の戦車の前に簡単に破壊されたと喧伝されてたな
168.名無しさん:2018年04月10日 21:07 ID:XYeW60BN0▼このコメントに返信
※157
ありがとう凄く参考になりました。軽けりゃぶっ飛んで悲惨だと思い込んでました。確かに重いとその場所にずっーとエネルギーが残りますね。
返信感謝です。
169.名無しさん:2018年04月10日 21:33 ID:t8el9N7.0▼このコメントに返信
※156
日本では4発爆撃機をまともに使える飛行場がろくになかったんだし、前線で長距離哨戒
するには飛行艇に頼るしかなかったわけだが
2式大艇は傑作機だと思うが、どのみち量はたいして作ってない

4発重爆を製造・運用する金もなかったから主力が双発爆撃機になってたわけで
一式陸攻の胴体を見た米技術者は、これ4発機だろと言ったとか
双発機に4発機の仕事をさせざるを得なかったのが日本の実情
出撃のたびにエンジンを交換しちゃうようなB-29なんて化け物は日本では設計できたとしても
運用する事は出来なかった
戦車においても状況は同じ
170.名無しさん:2018年04月10日 21:48 ID:pacITffK0▼このコメントに返信
※129
APFSDS弾?HESH弾?そんなの 関係ないよ
それ以前の問題キヨタニ自身が救いようのない馬鹿ただそれだけのこと。
物理以前つーか小学校の理科で習うことすら理解してない

東海大工学部工業化学科は工業化学専攻の学生は少なく、周辺の東海大付属◯◯つう名前のついた所からのエスカレーターで上がってきた生徒が多かったって話。
171.名無しさん:2018年04月10日 22:15 ID:mQVPBaVo0▼このコメントに返信
家内制手工業的な工業が変に発展してたせいで、アメリカやドイツ、ロシアみたいな大規模な工業地帯が中々出来なかったんだもんな
戦闘機ですら工場から飛行場まで牛で牽いて運ぶぐらいだったのに、戦車の大増産とか厳し過ぎるわ
172.名無しさん:2018年04月10日 22:28 ID:t8el9N7.0▼このコメントに返信
ゼロ戦の初号機を牛車で曳いて運んだのは試作機で試験飛行のために飛行場が隣接していない工場から運ぶためであって
量産時はそんな事していないがな
173.名無しさん:2018年04月10日 22:39 ID:LLN.eBPn0▼このコメントに返信
※171
あれは三菱名古屋工場付属の飛行場の拡張が出来なくなったからなんだよ。
96式艦戦までは三菱の飛行場から横空まで納品のために飛んでた。
零戦の生産に合わせて埋め立て拡張しようとしたら、国から埋め立て許可が下りず、代替案として各務原まで陸送して、そこから飛ばすことになった。
何で許可が下りなかったのかはナゾ。
 
同じような混乱は川西でも起きてた。
思いつきから始まった水上戦闘機の陸上機化(紫電)が当たっちゃったもんだから、
「アカン、工場も人も足りへん!」
ってなって、阪神タイガースと甲子園を選手ごと海軍が徴用した。
選手は工員に、甲子園は工場敷地になった。
亡祖母が甲子園で紫電改を作ってて、出来たばかりの機体が離陸した途端にエンジンが止まって海へ落っこちたのを目撃してる。
受領に来るパイロットは
「多少時間がかかっても、ちゃんと飛ぶ飛行機を丁寧に作ってくれ」
と言うし、軍需省から来ている役人は、
「日本軍のパイロットは凄腕だから多少不具合があっても上手く飛ばす。だから手荒くても良いから早く作れ」
と言うしで、現場は
「どっちやねん!」
と困ったらしい。
174.名無しさん:2018年04月10日 22:42 ID:N1cTP.Hz0▼このコメントに返信
日本人は小国、背が小さく、小人、小柄も矮小で、
戦車も小さく、鉄道も小さく、家小さく、戦車もチビ軽戦車10式、日本はすべてが、小さく弱い。
175.名無しさん:2018年04月10日 23:15 ID:XvuGos2.0▼このコメントに返信
太平洋の島々での運用を想定・・クレーンの能力を考えると大きい奴は造れないし、対戦車戦を前提にしてない・・歩兵の弾除け、前線への銃弾の補給が任務
176.名無しさん:2018年04月10日 23:22 ID:m995oBKc0▼このコメントに返信
※174
その日本に「パシリとしても使えねえなあ」と嘆かれた国があるんだぜ、知らなかった?
177.名無しさん:2018年04月11日 00:00 ID:QRd9TeSy0▼このコメントに返信
チハとか開発当時は世界水準なんだよ。
ドイツが2号戦車でソ連がBT-7で、アメリカがM2で最後まで戦争してたら同じように馬鹿にされたろうってだけな話。

日本の戦車技術って、詳しく見るとけっこういい線行っていて

いち早く、ディーゼルエンジン採用
懸架装置は独自方式だが、板バネ式より加工技術が必要なスプリング式の変形
防御面に問題があるリベット式加工を世界の中では早めに、一式戦車では溶接加工

問題は砲技術。
大口径の戦車砲を持っておらず、三式で75mm砲を搭載するも、駐退器部分が外部に露出したままだった。

装甲は問題視されるが、技術的にというより九七式あたりでは考えられてなかったっぽい?
一応それなりの装甲が考えられている三式などは実戦出てないので評価のしようがない。


178.名無しさん:2018年04月11日 00:22 ID:5DROUqXc0▼このコメントに返信
なんやかんや云うてもビンボーが悪いんや。ニッケル全然なかったから冶金技術がドウタラカンタラ言う前に砲弾の貫徹力は弱い(陸軍は何とか工夫してチョットはマシなことしてたらしいけど)、装甲は柔らかい、エンジン部品も直ぐにヘタレル、チハを30-06で近距離からぶち抜いて喜ぶアメ兵もおったらしいし。潜水艦で毒国に送ってあちらで喜ばれたのは確か潜水艦の自動懸吊装置やなかったか?
179.名無しさん:2018年04月11日 00:24 ID:S6KFB6Tm0▼このコメントに返信
※177
戦車用大馬力エンジンの開発でも四苦八苦してなかった?
後は同じく工業力の問題で、砲も戦車も生産数が……。
180.名無しさん:2018年04月11日 00:27 ID:N3jgvDu30▼このコメントに返信
※6
自衛隊兵器に元号は何の関係もないだろ
もっと言えば旧軍兵器すら少なくとも大戦前後のは元号が全く関係ないし
181.名無しさん:2018年04月11日 00:29 ID:XohxvzkP0▼このコメントに返信
※173
飛行場の端に落ちると部品の供給が悪いので各部隊の整備兵とその下で働く女学生が部品取りして持ち逃げ下だと
182.名無しさん:2018年04月11日 00:36 ID:wkKABEWB0▼このコメントに返信
※173
ちなみに、その軍需省から来ている役人が勝手に資材を滅茶苦茶手配してたせいで
終戦後に川西は倒産することになる
183.名無しさん:2018年04月11日 01:43 ID:VH7f8.Bj0▼このコメントに返信
※182
川西が倒産したのは知っていた。勝手に軍需から民需への切り替えの問題だったと思ってたが、出来れば経緯ヨロシク!
184.名無しさん:2018年04月11日 01:44 ID:i2n6swXt0▼このコメントに返信
※174
嫌いな日本に隠れて兵役逃れしてる朝鮮人をご覧ください
185.名無しさん:2018年04月11日 02:44 ID:wkKABEWB0▼このコメントに返信
※183
川西は1945年7月に第二軍需工廠化されている (中島は1945年4月に第一軍需工廠化)
このため、役員は軍事省の人間になり、生産資材の発注が勝手に行われるようになった
一方で、資金は軍からの前払い制度が1944年に廃止され、銀行からの融資で行う事に変わっていた
つまり、納品出来なかった残りの資材の代金は全て川西・中島の負債として残った
戦後に銀行は保護されたが、航空機会社は保護されなかった 軍に使い捨てされたという事
186.名無しさん:2018年04月11日 05:00 ID:wLgFLhq80▼このコメントに返信
この話する時、なんでクレーンの話が必ず出てくるんだろう。
仕様検討で問題になったのは中国の貧弱な橋梁強度くらいで、そこでクレーンの能力限界に至る前の重量の段階で問題になっている。
クレーンが検討議題に上がった事って、八九式の時、運搬時に砲塔を外せるようにしたくらいなのに。
187.名無しさん:2018年04月11日 05:09 ID:HJDQmHbK0▼このコメントに返信
※180
あるよ。
十二試艦上戦闘機とか。
試作は、元号に基づいて予算化してる。
自衛隊も27DDGや30DDみたいに予算年度が、元号依存。
188.名無しさん:2018年04月11日 05:11 ID:wLgFLhq80▼このコメントに返信
※177
当時の37mm砲に堪えられる装甲としてチハの25mm装甲が決定されてるぞ。当時としては妥当な所。
もっとも、そのチハ開発後に米軍が開発したM3 37mm砲はさらに高初速になっていて、欧米と異なり、厚みが増やされなかったチハの装甲じゃ不足する事になったけど。
189.名無しさん:2018年04月11日 05:11 ID:VH7f8.Bj0▼このコメントに返信
※185
>資金は軍からの前払い制度が1944年に廃止され、銀行からの融資で行う事に変わっていた
 
なるほど、、、アメリカは日本の航空機産業への再参入を止めさせたと言われるけど、川西もその方針の一環として保護されなかったのかもね。
イヤ、ありがとう。
190.名無しさん:2018年04月11日 05:14 ID:HJDQmHbK0▼このコメントに返信
陸軍も第二次上海事変後、揚子江流域に展開したんだから、水陸両用戦車造れば良いようなものが、
海軍が、造ってる。
水関連だと海軍という縛りプレイだったのかな?
191.名無しさん:2018年04月11日 05:33 ID:wLgFLhq80▼このコメントに返信
※190
陸軍もSR系列の水陸両用戦車を試作して初期の中国戦線に実戦投入したりして、終戦まで研究は続けてるよ。
大発という優秀な機材があったせいで、下手な物つくるくらいならコレに載せればいいやってことで、要求のハードルが高かったんじゃないかなと。
192.名無しさん:2018年04月11日 05:54 ID:ms2a9Bvc0▼このコメントに返信
※173
それで、以前紫電改(育毛剤)の看板、甲子園のバックスクリーンにあったんか(嘘)
亡き大豊(ハゲ)がサムソンリー(長髪)からあそこに一発ぶち込んだ日にゃあ…
193.暴君:2018年04月11日 06:28 ID:u.zO77CV0▼このコメントに返信

 歩兵に比べりゃ、神や悪魔の強さだよ。
194.名無しさん:2018年04月11日 06:41 ID:WnlgL2f10▼このコメントに返信
国共内戦でも大活躍したよ。
195.名無しさん:2018年04月11日 07:19 ID:7hiy2Kza0▼このコメントに返信
※164 169
チハ改って実際要らんかったよなあ。チハ→一式→三式で良かった。三式中戦車の頃だと大量生産して大攻勢なんて無理だったんだから、険しい地形に隠蔽して移動砲台で使える、車体の小さいチハ系の戦車は用兵側のニーズには合ってた。

国力がないといいつつ、効率よく使えるシステムの構築がないから無駄なものたくさん作ってる。社会科学の未発達、これが国を滅ぼした。
世界政治の大局をみる国際関係論、効率的な組織運用をする組織論の研究がもっとされていれば。帝大を理系の牙城にするなら官立二商大をロンドン大みたいな社会科学の牙城に育成したらよかった(東京商大は独自で頑張ったみたいだが)
196.名無しさん:2018年04月11日 08:02 ID:wLgFLhq80▼このコメントに返信
10年くらい前からようやく分かってきたんだけど、一式って制式採用後に新技術導入した車台の量産化に手こずった挙句に一度失敗してるのね。
んで、別のオーソドックスな車台引っ張ってきてようやく量産化されてる。チハ改があったからってのもあったかもしれないけど、兵器行政の失敗だよ。
197.名無しさん:2018年04月11日 09:46 ID:9g6JYrv.0▼このコメントに返信
※186
船積みの基本がクレーンの時代だったからだよ。
当時のアメリカから欧州支援の写真でも、ロープで縛られた戦車が釣り降ろされているのとかがある。

これを危惧した旧日本軍は板を倒して自走で詰める輸送艦とか開発している。
198.名無しさん:2018年04月11日 10:04 ID:WyEjlgLY0▼このコメントに返信
戦艦や戦闘機は世界の一流品が出来たのに、どして戦車は???
と毎回言われるんだよなあ。
戦車開発者は戦車乗員に土下座せいとも。

あんなんに乗せられて、日本大嫌いになった元戦車兵とかも多いんだよ。








199.名無しさん:2018年04月11日 10:39 ID:zy0qxFq10▼このコメントに返信
*195
アレは、チハでもハ号でもM3の正面装甲(50mm)が撃ち抜けないんで、全然間に合いそうもないチヘの代わりに急造されたもんで、そう悪いもんじゃない(実際、戦車兵はチヘって呼んでたそうだし)。
もちろん、チヘが間に合うのが一番だったんだけど、そうなる榴弾威力が落ちるという問題も出てくる(実は戦車は榴弾を撃つ方が圧倒的に多いんだそうだ)。
そこに気づいて、早期に75mm野砲を万能砲として採用した米ソは先見の明があった。日本は75mm野砲の有効性は認めつつ、弾が重いんで自動装填装置が必要とか考えてあまり乗り気じゃなかったようだ。
200.名無しさん:2018年04月11日 12:43 ID:5QwEleGZ0▼このコメントに返信
※198
頭のおかしい司馬信者の方ですかww
それとも憑依でもされたんか?
201.名無しさん:2018年04月11日 15:16 ID:to4ldzAI0▼このコメントに返信
チハの装甲板、獨製37㍉対戦車砲に対抗するために戦艦の装甲で使われる高ニッケル-クロム甲に滲炭処理したモノだから、開発時には最先端走ってるんだよなぁ。
イギリスも鉄道で輸送出来るサイズでマチルダ作ったし、戦車開発すんのに島国は不利だわ。
202.名無しさん:2018年04月11日 18:21 ID:r3yYtc130▼このコメントに返信
※197
※186は当時クレーンの能力について問題提起なんてされていないから、クレーンの能力不足が戦車開発の足を引っ張ったってのはデマと言いたいのでしょ。
実際、それが問題になるくらい重い中戦車の開発しはじめたのってもっと後。
203.名無しさん:2018年04月11日 19:47 ID:x1.4lU3d0▼このコメントに返信
※198

もしリアル戦車兵さんだったら、戦車を輸送する船舶の護衛をチャンとしてくれなかった
海軍さんに一番文句を言いたいだろうなと思う。

戦車戦をするどころか、輸送途中で装備を海没で失い
歩兵として戦闘に参加せざる負えなかったヒト多数なのが実情。
204.名無しさん:2018年04月12日 10:59 ID:SQf2Ovv.0▼このコメントに返信
ジャングル向きの豆戦車。
205.名無しさん:2018年04月13日 12:51 ID:MlV0K1vL0▼このコメントに返信
海洋国家島嶼戦だからそこまで必要なかったってまともに戦史読んでる奴いないのか
島嶼戦で必ずと言っていいほど挙げられてる敗因の一つが米軍の戦車威力・日本軍戦車の能力不足なのに
206.名無しさん:2018年05月13日 05:47 ID:lGzI5t630▼このコメントに返信
伝統的に、日本が作った戦車は塊欠陥。
日本人は良い戦車を作る才能がない。

お名前