2018年04月03日 21:15

第二次世界大戦でソ連が枢軸国側だったら

第二次世界大戦でソ連が枢軸国側だったら

03

引用元:第二次世界大戦でソ連が枢軸国側だったら
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1522678087/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:08:07 ID:jfY
勝てるかは分からんけどいい勝負はできたんやろか

2: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:09:06 ID:jfY
枢軸国:独 伊 日 露
同盟国:米 英 仏 中

3: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:10:40 ID:jfY
ドイツは全戦力をイギリス攻略に
日本はソ連の資源を得ながら太平洋に注力できた

5: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:12:53 ID:nDk
つかドイツさんがちょっかい出さなきゃソ連はわりと枢軸側だった

7: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:13:20 ID:jfY
>>5
ほんこれ
まあ同盟国側の交渉もあったんやろな

6: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:12:59 ID:Ovw
太平洋戦争起きひんやろ

14: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:19:18 ID:jfY
>>6
ほんまやな
ソ連の資源があれば中国落とせるやろうし
そのままアジア攻めて大東亜共栄圏完成させればええだけや
まあアメちゃんも流石にイギリス攻められたら参戦はするやろうけど

8: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:14:41 ID:tnK
さすがのアメンゴもソ連のゾンビアタックに付き合ってたら厭戦感情マッハやろなあ

9: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:15:18 ID:jfY
てかイギリス本土落としたら勝ちやなこれ
東西挟まれたらアメリカは戦争する意味無くなるし
アメリカが防衛モード入ったら日本ドイツは本土は落とせない
枢軸国側の有利な条件で講和に持ち込んで勝ち

11: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:17:18 ID:nDk
>>9
せやぞ
だから、日本海軍がドイツさんと共闘できてたら、全然勝ちはあった
せめてゼロ戦の設計図さえ送れてたら、当時のドイツの工業力なら作れたんちゃうかな?

10: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:17:06 ID:a34
イギリス ソ連嫌い
ナチス  ソ連嫌い
フランス ソ連嫌い
アメリカ ソ連嫌い

ソ連   みんな嫌い

よくかてたわ

12: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:17:27 ID:8WS
枢軸国サイドに入ってもソ連にメリットはあるのか?

13: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:17:54 ID:nDk
>>12
好き勝手暴れたい奴らの集まりやし、それぞれの利を追求すれば……

16: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:19:49 ID:8WS
>>13
いやソ連の参戦の理由の1つは共産圏の拡大だったんだろ
もしドイツが健在だったら共産圏の拡大ができないと思う

17: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:20:47 ID:nDk
>>16
でも独ソ不可侵は結べたし、領域を分け合うくらいには妥協する気がソ連にはあったと思うんよ
ドイツがぶっ壊したけど

15: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:19:27 ID:V5t
ソ連が枢軸に入っても結局満州や北海道を狙ってきそう

18: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:21:32 ID:jfY
>>15
戦争に勝てるなら満州譲ってもええやろ

21: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:25:17 ID:Dps
ポーランドが分割されるだけの平和な世界になりそう

24: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:29:41 ID:jfY
なお史実

日本「ソ連怖いンゴ…せや!アメリカ攻めたろ!」
ドイツ「アメリカ怖いンゴ…せや!ソ連攻めたろ!」

日本ドイツ「グエー死んだンゴ!」

25: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:30:59 ID:2Fj
>>24
もはやギャグにしかみえん

26: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:32:26 ID:jfY
>>25
攻めてソ連を挟み撃ちしてたら負けてもマシやった

28: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:33:32 ID:2Fj
>>26
少なくとも樺太千島は日本のものだったやろな

27: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:33:09 ID:cXp
史実

スターリン「ドイツさんワイも日独伊の陣営の中に入れてクレメンス・・・」

美大落ちおじさん「ダメやで(ソ連侵攻)」

スターリン「ファ!?」

日本「ファ!?」

29: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:33:59 ID:xLY
大戦がはじまるととりあえず併合されるポーランドくん可哀想

32: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:35:43 ID:jfY
>>29
フランス「国境に防衛戦貼っておいたぞ」
ドイツ「うーん壁が厚いなぁ…お、北に道があるやんけ!」
ベネルクス「」

34: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:38:13 ID:zFR
当時の歩兵主体やとどうしても北国は攻めあぐねると思うわ

36: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:39:14 ID:xLY
ロシアって今だとあの国土に日本と同じくらいしか人口がおらんのやが
仮に戦争になったとしてまともに戦えるんやろか?

38: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:40:12 ID:jfY
>>36
1939年
ソ連 1億9000万人
米国 1億3212万人
ドイツ 7600万人
日本 7163万人
英国 4796万人
イタリア 4422万人
フランス 4160万人

1945年
ソ連 1億7390万人
米国 1億4500万人
日本 7214万人
ドイツ 6513万人
英国 4850万人
フランス 3966万人

37: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:39:19 ID:jfY
流れとしては
ドイツとソ連がポーランドに侵攻
イギリスとフランスが独ソに宣戦布告

って感じやろか

44: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:44:01 ID:nDk
日本海軍でも勝てなかったアメリカってほんとに強かったんやなって……

48: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:46:54 ID:2Fj
>>44
喧嘩売る相手をホンマに間違えたわな

45: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:45:12 ID:zFR
ww2後の世界GDPの半分がアメリカという脅威

46: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:45:20 ID:R1d
インドネシアだけ持ってれば石油は困らなかったんだなあ

47: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:45:39 ID:QNl
>>46
なお輸送できない模様

49: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:47:05 ID:QNl
ソ連が積極的に味方につかなくても資源輸出してくれてシベリア鉄道使わせてくれるだけでもだいぶ違うんだよなあ

50: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:48:40 ID:jfY
ソ連の資源とドイツの技術と日本の海軍力が合わさったらアメリカにも勝てそうな気がする

なおイタリア

54: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:51:50 ID:QNl
>>50
イタリアは砂漠での戦争に慣れてなかっただけでイタリア本土戦とか東部戦線では普通に強いんだよなぁ

51: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:48:46 ID:zFR
ソ連がバックにいたらそもそもアメリカもやり返さん買った可能性あるな
まぁ日本もわざわざ真珠湾攻撃なんてせんでも済んだんやろけど

大平洋戦争は全方位に敵を作った当時の外交ミスが引き起こしたものなんやなって

52: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:49:13 ID:ZCi
日本とアメリカで空母対空母が史上初めてぶつかったわけだが
どちらも空母対空母の対決は100対0になるなんて想像してなかったわけ
当初アメリカ劣勢で情報戦に力入れてて解読からのしかけで総力戦だったわけだから
日本としては最低最悪のタイミングだった
アメリカも予想してなかった

53: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:50:16 ID:jfY
>>52
あそこで負けてなかったら講和くらいには持ち込めたかもしれなかったのになぁ…

58: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:54:42 ID:ZCi
>>53
仮にアメリカが空母全滅してても講話しないよ
1年で押し返してだろうって戦後なんちゃら委員会で空母全滅の場合のシュミレーションが報告されてる
1942年の春とかの話よ

59: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:55:16 ID:QNl
空母全滅しても日本軍にはハワイの要塞群を落とせる兵力はないんやなぁ

69: 名無しさん@おーぷん 2018/04/03(火)00:02:32 ID:EPn
インドネシアとタイだけ占領して核爆弾開発するまで引きこもるのが簡単だと思うで
他は連合国と中国とアメリカと共産圏しかないから面倒や

70: 名無しさん@おーぷん 2018/04/03(火)00:03:46 ID:KXy
日本
陸☆☆
海☆☆☆☆
空☆☆☆

ドイツ
陸☆☆☆☆
海☆☆
空☆☆☆☆

イタリア
陸☆☆☆
海☆☆
空☆☆

ソ連
陸☆☆☆☆☆☆
海☆☆
空☆☆

アメリカ
陸☆☆☆☆☆
海☆☆☆☆☆☆
空☆☆☆☆☆

イギリス
陸☆☆
海☆☆☆☆
空☆☆☆

フランス
陸☆☆☆
海☆☆
空☆☆☆

中国
陸☆☆☆
海☆
空☆

こんな感じ?
だいぶ適当やけど

86: 名無しさん@おーぷん 2018/04/03(火)00:25:29 ID:Dve
>>70
イギリスはかなり空軍強いぞ

90: 名無しさん@おーぷん 2018/04/03(火)00:41:51 ID:XpE
>>86
大正義ワットレーダー
アメリカと共同研究し更に強化される模様

97: 名無しさん@おーぷん 2018/04/03(火)01:03:55 ID:Dve
>>90
スピットファイアくんもアプデの度に強くなってくからねぇ…
ワイはBF109派やけど

72: 名無しさん@おーぷん 2018/04/03(火)00:04:01 ID:OaD
満州の利権争いで仲間割れ起こすわ

73: 名無しさん@おーぷん 2018/04/03(火)00:04:18 ID:A13
レンドリースなしのソ連が味方についたとこでなぁ…
ドイツも大陸の支配は続けられたかも知らんがイギリス上陸は無理やったろうし
結局ブチ切れたアメリカが核弾頭多数配備して一人勝ちしそう

74: 名無しさん@おーぷん 2018/04/03(火)00:08:21 ID:c24
こういうのは日本側の都合だけで見たらあかんわな
当時の日本もアメリカ世論はわかってた
思想として日本人の中にも敵がいて内部まで入り込んでたことに気付かなかった結果よ

89: 名無しさん@おーぷん 2018/04/03(火)00:37:39 ID:c24
ソ連は20年代アメリカの最新の重工業施設、技術者取り入れてたからな
そら強いよな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年04月03日 21:18 ID:QCyKd2Dj0▼このコメントに返信
これはひどい
2.名無しさん:2018年04月03日 21:19 ID:fJrgMt0g0▼このコメントに返信
リッペントロップと松岡外相は四国同盟考えてたみたいやな
3.名無しさん:2018年04月03日 21:21 ID:QYFZvmvB0▼このコメントに返信
<零戦の設計図をドイツに送れたら
アホか ドイツがあんな欠陥機なんか生産するわけないやろ
4.名無しさん:2018年04月03日 21:23 ID:FedQjW.h0▼このコメントに返信
第二次は化け物がワラワラしてるからな。

ごく一部のビッグネームしか有名じゃないのが残念だ。
5.名無しさん:2018年04月03日 21:29 ID:fJrgMt0g0▼このコメントに返信
※3
欠陥機とは言って欲しくないけど
ドイツの方が遥に技術高いし艦上戦闘機はドイツじゃ用途ないわな
6.名無しさん:2018年04月03日 21:30 ID:xLDlrZpn0▼このコメントに返信
元々共産主義嫌いだったヒトラーがソ連と不可侵条約結んだことが不思議だったからな。
確かにソ連が枢軸側で、ソ連が南下してイラク、イラン、トルコ辺りに攻め込んでいたら、流石の連合側も途中で妥協せざるを得なかったとは思うが、ドイツとソ連の同盟関係が長く続くわけもなかったという現実。
7.名無しさん:2018年04月03日 21:31 ID:baJElZvx0▼このコメントに返信
アメリカとソビエトが共闘しなきゃいけないほどの異常事態
8.名無しさん:2018年04月03日 21:32 ID:U.KN03j50▼このコメントに返信
そもそもソ連と中共っていうかコミュニストは日米と英独を
戦争し疲弊させ社会不安や不満を持った市民を扇動し赤く塗り変え(ロシア革命の再現)
漁夫の利を得ようっていう考えなのにわざわざ首突っ込んでくる訳がない(´・ω・`)
9.名無しさん:2018年04月03日 21:33 ID:TKQodouP0▼このコメントに返信
12: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:17:27 ID:8WS
枢軸国サイドに入ってもソ連にメリットはあるのか?

中東あげるよって言えば食いついたんじゃね。
石油なんて出てない頃の中世のころからトルコとは戦争してたんだし石油の宝庫な予感が当時から予測されてたし。
10.名無しさん:2018年04月03日 21:36 ID:fJrgMt0g0▼このコメントに返信
イギリスのバクー爆撃計画あったよな
計画だけど
11.名無しさん:2018年04月03日 21:38 ID:.YPFGZc20▼このコメントに返信
スターリンはスターリンで、粛清しつつも対独戦の準備してたんじゃなかったっけ?
ヒトラーの方が早かっただけっぽいね
12.名無しさん:2018年04月03日 21:41 ID:XMU2.hDV0▼このコメントに返信
ソ連の強さって米英の援助があってこそだろ。

ソ連がツケで購入した物資の代金の支払いは冷戦で対立してる最中も続いてたそうだぞ。
13.名無しさん:2018年04月03日 21:45 ID:YROMoXdG0▼このコメントに返信
ソ連はカザフからインドまで南進して不凍港を得る形かね
ドイツがイギリス落とせる頃にインド侵攻が始まるんだろうな
日本が国民党とやり合ってる内に共産党潰してウイグル、チベットも持ってくだろうし、ユーラシア大陸を南北に縦断する巨大帝国が出来上がる訳か
ヤバすぎる
14.名無しさん:2018年04月03日 21:48 ID:qLBnrvRQ0▼このコメントに返信
日本の開戦理由ってソ連への恐怖が原因だったっけ?
15.名無しさん:2018年04月03日 21:51 ID:eGSp9XPu0▼このコメントに返信
例えドイツがちょっかいを出さず不可侵条約が生きていたとしても
あの漁夫の利大国は隙さえあれば背後を突いてくると思うぞ?
16.名無しさん:2018年04月03日 22:01 ID:iVkq9ei70▼このコメントに返信
むしろ日本が連合国側に入って独ソを叩く流れが正しかったんだがな
反ファシズム反共掲げて共闘よ
17.名無しさん:2018年04月03日 22:07 ID:SxWbo9Sj0▼このコメントに返信
ソ連って、ドイツに攻め込む気があったみたいやから、絶対無理だわ
18.コロンブス:2018年04月03日 22:11 ID:9N9QpUhf0▼このコメントに返信
ソ連が動かなくても勝てる可能性はある。
逆に動いてほしくないというぐらい。
ソ連が日本への工作をしないなら、対支那方面も解決が可能。
アメリカの工作があっても無理する必要はなく、満洲を堅持。
まあ、対米戦自体が起こらない。

ドイツはイギリスを降伏させるか、講和に持ち込むことが可能になり、第三帝国を完成させる。
日本は東南アジアに進駐するが、独立はない。
※イギリスが講和の場合はどの程度第四帝国に権利が委譲するのか分からない。

アメリカはモンロー主義から脱しないが、フィリピンの基地は強化するだろう。
この先は読めないが、あまりいい将来は頭に浮かばない。
ソ連がどう出るかが分からない。
コミンテルンも有り、政治工作なども含めると、歴史フィクションが書けるぐらいの複雑な状況になるのではないだろうか。


19.名無しさん:2018年04月03日 22:12 ID:.hncKqGC0▼このコメントに返信
つか皇室が留学してるほどの国との同盟なんで切っちまったんや?
「露助との戦争に判定勝ちできたんは、大正義大英帝国様のおかげです!一生ついていきます!」
「大震災後の援助、本当にありがとうございます!アメリカさんには足向けて眠りまへん!」
なぜこれが出来んかった?
20.名無しさん:2018年04月03日 22:12 ID:SxWbo9Sj0▼このコメントに返信
※14
ソ連脅威論はあったが、それが国家の基本方針に影響を与えたとは思えない。あれば、中国やアメリカと戦争するって、まず有り得ないやろ。
21.名無しさん:2018年04月03日 22:13 ID:X7VRRrsQ0▼このコメントに返信
基本的にソ連は、当時の大日本帝國とは、思想的に相容れない。その枢軸国のナチスに攻められてるし、なんで、ソ連が枢軸側に立つ状況を語れるんだか。それに、ソ連は結局、強い方に日和っただけ。日本以上に恐怖政治の舞台となった、1950年代は想像したくないけど、たくさんのみなさんが、他界させられたんだろうなあ。今のプーチンが、可愛く見える位、スターリンのクソ野郎とその取り巻きが息巻いていたんだろうなあ。ヘドが出る。多分、政権以降の後、徹底的に粛清されたと思うけど、というか、そう思いたい。当時の連中が今も安穏と生き延びてるようなら、血祭りにしたい。
22.名無しさん:2018年04月03日 22:16 ID:a2NxZS0I0▼このコメントに返信
ナチス黎明期にナチスが政権奪取に失敗、ドイツ共産党が勝利するシナリオは無いのかな?
そうなれば、ドイツは一気に赤化。
ソ連が枢軸陣営というより、ドイツが共産化するという筋書き。
23.名無しさん:2018年04月03日 22:23 ID:NPjOaF0h0▼このコメントに返信
>>ソ連が枢軸に入っても結局満州や北海道を狙ってきそう

奴らならあり得るな…
24.名無しさん:2018年04月03日 22:24 ID:SxWbo9Sj0▼このコメントに返信
※19
ロシアと和平を結ぶ際にお互いの友好国であるアメリカの助けを借り、その結果、事実上の日米ロの三国同盟が出来てしまい、イギリスの影響力は低下していた。特にロシアとはアンチドイツで強固な結束をしたので、ww1直前まで、ドイツとの融和の道を探っていたイギリスとは基本的な外交方針にズレがあったみたいやな。
25.名無しさん:2018年04月03日 22:25 ID:44Ww8MSf0▼このコメントに返信
今思ったんやけど日独伊は共産主義反対派の集まりやったのに、なんでみんな共産主義に頼ろうとしてたん?
日本は支那の共産化を悪と謳ったのに露助に頼ろうとするし、独は露助の欧州共産侵略を非難しとったのに支那の共産党に援助しとったんやろ?
26.名無しさん:2018年04月03日 22:26 ID:GdeYTPCb0▼このコメントに返信
ソ連の資源で対中戦争・・・?
ソ連に対抗する国力をつけるための中国への進出ではなかったのか!?

というかソ連と組んだらジワジワ浸食されて最終的に共産主義国化されるのが落ちやで・・・。
27.名無しさん:2018年04月03日 22:27 ID:NPjOaF0h0▼このコメントに返信
※3
そのままでは使わないでしょうね…
エンジン換装、防弾装置の追加、無線関係の換装…
最低限、これくらいの手は入れるでしょ?
下手したら、翼内燃料タンクも外してしまうかも…
28.名無しさん:2018年04月03日 22:29 ID:guXKYPvb0▼このコメントに返信
ソ連が枢軸国側? ないない、防共協定だから。
29.名無しさん:2018年04月03日 22:30 ID:NPjOaF0h0▼このコメントに返信
スターリンの暗冊でもできたらあるかもな…
30.名無しさん:2018年04月03日 22:32 ID:NPjOaF0h0▼このコメントに返信
※27
確か、赤城の図面はほしいけど、零戦も酸素魚雷もいらない!とか言われなかった?
31.名無しさん:2018年04月03日 22:33 ID:DzXDj..h0▼このコメントに返信
アメリカによるモスクワ核攻撃でソビエト連邦消滅だろ






32.名無しさん:2018年04月03日 22:33 ID:IrFC.uZN0▼このコメントに返信
日本は反共だったし
ロシアはアメリカと日本ぶつけて消耗させようとしてたのに協力できるはずがない
33.名無しさん:2018年04月03日 22:38 ID:OhBfgSE00▼このコメントに返信
>フランス ソ連嫌い

これはなんで? シベリア鉄道もそうだが、随分と仲良さそうだったが?
34.名無しさん:2018年04月03日 22:40 ID:SxWbo9Sj0▼このコメントに返信
※33
嫌いである事と利益の共有が出来る事とは全く別物だから。
35.名無しさん:2018年04月03日 22:42 ID:lo.Xv1z00▼このコメントに返信
※27
フォッケウルフの長距離型を作った方が良さそうですね。
36.名無しさん:2018年04月03日 22:45 ID:YLtOKFOn0▼このコメントに返信
少なくともゼロ戦の航続距離があればBoBを効率的に戦えたのは確か
37.名無しさん:2018年04月03日 22:46 ID:SxWbo9Sj0▼このコメントに返信
※27
Yak-9に勝てると思ってるの?
38.名無しさん:2018年04月03日 22:50 ID:sgJUHvpi0▼このコメントに返信
ゼロ戦って機体スペック自体は特別優れてるわけでも無いと思うんだが
39.名無しさん:2018年04月03日 22:50 ID:6pcmk0Ie0▼このコメントに返信
ハワイは占領する必要あるの?焼き討ちと機雷封鎖でいいのでは
40.名無しさん:2018年04月03日 22:50 ID:SxWbo9Sj0▼このコメントに返信
※36
よく、長距離戦闘機が~って言われるけど、BoBにドイツが負けた根本的理由はイギリスがチート級のレーダー技術(八木アンテナの発展系)を持っていたからじゃんとは思う。
41.名無しさん:2018年04月03日 22:53 ID:yIepUUJq0▼このコメントに返信
ミグ設計局のエンジニア、ミハイル・グレーヴィチをスカウト。
42.名無しさん:2018年04月03日 22:53 ID:6pcmk0Ie0▼このコメントに返信
※3
3式戦ならどうだ。あっバトルオブブリテンの前にね
43.名無しさん:2018年04月03日 22:54 ID:vx4.XouL0▼このコメントに返信
南下政策を目論むソ連に満州あげるとか面白いこと言う人だなぁ
44.名無しさん:2018年04月03日 22:55 ID:ZpwYmDVf0▼このコメントに返信
 東欧に反共精神あふれる戦闘民族国家
ついでにアフリカ(無理かここは)か南米に枢軸国側の国はあって
ほんまに世界規模の大戦争・・・・夢語ってスイマセン。
45.名無しさん:2018年04月03日 22:58 ID:iVkq9ei70▼このコメントに返信
ドイツに零戦あってもBOBに勝利できなそうだが、連合艦隊丸ごと都合よく参戦できるなら勝てそうな気がする
46.名無しさん:2018年04月03日 22:59 ID:XuxXL0k80▼このコメントに返信
※27
アメリカのドキュメンタリーでも最初は零戦の戦歴や運動性能を褒めつつも最後に防弾装甲のなさ 発火性から「皆さんこの様な戦闘機に乗って戦いたいですか?」という呼びかけで締めてたしドイツのハルトマンも戦後 ガンカメラが収めた世界各国の空戦を見てなんで日本機だけああも簡単に火だるまになるのか不思議だったがそれが翼内にまで燃料を満たした結果だと知り愕然としたそう
仮装戦記のバトルオブ・ブリテンでドイツが零戦を採用して勝利するネタがよくあるが制空権確保の為の長距離飛行を得られる代償に翼内にまで燃料たっぷりの発火機に乗るかとなるとまずドイツ人は乗らないし採用されない
47.名無しさん:2018年04月03日 23:00 ID:SxWbo9Sj0▼このコメントに返信
※44
ハンバーグ(意味深)作りが得意な弱者の味方(意味深)のウスタシャがクロアチアにいる。
48.名無しさん:2018年04月03日 23:09 ID:O2LlwGFn0▼このコメントに返信
資源 基礎技術力など持たざる国が列強と戦うには必ず大きな犠牲が伴う
防弾装甲を取っ払い 翼内燃料タンクを採用した零戦 神風など各種特攻兵器及び作戦
日本は他国が禁じ手としていた事を採用しかくかくたる戦果を挙げ同時に莫大な犠牲を払った
49.名無しさん:2018年04月03日 23:10 ID:PMWSyROV0▼このコメントに返信
燃料をアメリカさんにもらってたからソ連は勝てたんやよ
50.名無しさん:2018年04月03日 23:11 ID:hExmL5PE0▼このコメントに返信
※42
>3式戦ならどうだ。あっバトルオブブリテンの前にね
1943年(皇紀2603年)制式採用だから三式戦なのにBOB前とか無理言うなし
だいたい劣化Bf109じみた三式戦なんてドイツに送ってどうするんだ?

あんなん送る位だったら特性が違う分だけまだしも零戦の方が目があるぞ
51.名無しさん:2018年04月03日 23:14 ID:hExmL5PE0▼このコメントに返信
※49
地下資源掘って売るだけで未だに喰ってけるロシアの大地を何だと思ってんだお前…
バクー油田とか当時世界最大級の油田だぞ?
52.名無しさん:2018年04月03日 23:21 ID:SxWbo9Sj0▼このコメントに返信
※51
製油が追いつかなくて、輸入してたやろ?
53.名無しさん:2018年04月03日 23:23 ID:0EOvIFnU0▼このコメントに返信
レーダーを知らなかったソ連

そもそも日独伊3国防共協定が枢軸国の元なんだから、ソ連が入るのがおかしい
そして、アメリカはソ連にスペイン内戦の頃には取り込まれていた
米ソを離すのが無理なんだな
54.名無しさん:2018年04月03日 23:30 ID:XlO2flJ00▼このコメントに返信
ヒトラーに親近感を抱いていたスターリンの構想で日独伊露 ( あっちでは露独日伊か ) 同盟が在ったからな。
ヒトラーの早期裏切りで実現しなかったけど。
実現してた所で連合軍に勝てなかっただろうし、勝戦国になっていたとしても戦後に日独露の三つ巴戦になってただろうし・・・

イタリア?三つ巴戦の前にドイツに潰されてるだろ?
55.名無しさん:2018年04月03日 23:31 ID:hExmL5PE0▼このコメントに返信
※52
潤滑油とかガソリンはね。一概に「アメリカの燃料でソ連は戦えた」なんて言ったら語弊がありまくる
どの道ソ連が一番ピンチだったモスクワ攻防戦にレンドリースは殆ど届いていないので
「レンドリースのお陰でソ連は勝てた」なんて大げさとしか言いようが無いんだよ

寄与レベルの話で言うなら、「ソ連が血を流しまくったお陰でアメリカは勝てた」の方が余程大きい。
56.名無しさん:2018年04月04日 00:01 ID:mYG23Ehz0▼このコメントに返信
どのみちソ連とぶつかるから(思想的に)
ソビエト共産主義とナチの国家社会主義は、相見えることはできないので

バルバロッサは必ずある
57.名無しさん:2018年04月04日 00:08 ID:mfML5dC30▼このコメントに返信
ナチスの基本戦略に「東方生存圏」というロシアを植民地化する方針があるのだから、どうしたって期限つきのものになる。
58.名無しさん:2018年04月04日 00:19 ID:6LILsV.S0▼このコメントに返信
※55
モスクワは持ちこたえたが、反攻する戦力はレンドリースが届かなかったら用意出来なかっただろう
モスクワ攻防戦の後もスターリンは補給を催促し続けているし、PQ17船団の悲劇もその中で起きてる
59.名無しさん:2018年04月04日 00:24 ID:6LILsV.S0▼このコメントに返信
※46
それを言えばP-51も同じなんだがな
60.名無しさん:2018年04月04日 00:46 ID:6Tx.dpDp0▼このコメントに返信
独ソ同盟はないでしょ。表向き手を結びながら、どちらも主敵と看做してたわけだし。
ポーランド分割への報復・懲罰として、英仏が中東からソ連のバクー油田を
爆撃する計画あったけど、それが実際に起きて雪だるま式に紛争拡大して
イラン、アフガンあたりで衝突するような事態になれば、独ソ戦は先送りに
なるかもしれないってくらい? というか、この状況でダンチヒ回廊以外の
ポーランド返還とやったら、英仏と独は手打ちになったりしたんだろうか?
61.名無しさん:2018年04月04日 00:47 ID:glP3fIYK0▼このコメントに返信
※58
ンなこと言ったらソ連が千万単位の血を流して枢軸最強のドイツの主力を受け持ってなきゃ
アメリカは反攻どころか下手すりゃ宣戦布告前に戦争終わりかねないっての
イギリスは持ちこたえられないし、そうなればアメリカの戦略は崩壊する。レンドリース程度の騒ぎで済まんのだわ

62.名無しさん:2018年04月04日 00:56 ID:6LILsV.S0▼このコメントに返信
※61
モスクワ攻防の頃には、既にイギリス本土を攻める手段がドイツにはありませんが
何故持ちこたえられないと?
63.名無しさん:2018年04月04日 00:57 ID:N9yNMEEq0▼このコメントに返信
面白いこと書くなw
スターリンとヒトラーが仲良しとか
ワクワクするわwwwww
64.名無しさん:2018年04月04日 01:05 ID:7GvDwhb80▼このコメントに返信
アメリカのルーズベルトのスターリンへの肩入れっぷりが半端ない
ルーズベルト急死の後を引き継いだトルーマンが驚愕したほど

アメリカでは、今でもルーズベルトは偉大な大統領とされているけど
第二次世界における勝利はアメリカの圧倒的国力によるもので
その間違いだらけの外交政策は、次世代への莫大な負債になったと思う
65.名無しさん:2018年04月04日 01:06 ID:glP3fIYK0▼このコメントに返信
※62
モスクワ攻防のみならずバルバロッサ作戦に使った全リソースを対英戦に向けてたら
史実ですら限界ギリギリだったイギリスが耐えられる道理は無いんだけど
なぜ持ちこたえられると?
66.名無しさん:2018年04月04日 01:15 ID:vJlI0xOr0▼このコメントに返信
※63
ソースはスターリンのウィキだ。
67.名無しさん:2018年04月04日 01:25 ID:sL.540D00▼このコメントに返信
※65
言う程、ギリギリじゃないで。
68.名無しさん:2018年04月04日 01:32 ID:U3hjB9xc0▼このコメントに返信
長引いて~結局核で焼かれる国が増えるだけなんじゃ?
69.名無しさん:2018年04月04日 01:53 ID:uDLXGVUN0▼このコメントに返信
このIF結構好きなんだよね
まぁ実際は国家社会主義と天皇制ファシズムとファシスト政権が共産主義と手を組む理由が1%もあるわけないけど
零戦は欧州戦線じゃ何の役にも立たんよ
最高速度域じゃ舵がまともに動かない、低速な巡航速度と最高速度、相手より50km早かったら一方的に戦える時代に
マリアナの七面鳥と同じ事がドイツ空軍に起きてむしろ史実より悲惨な結果に終わるだけ
軍用機なのに防弾すらしてない主翼にガソリンタンクを配置する設計なんて失敗も良い所
イギリスはよくヤラレ役扱いされるが、現代に続く世界随一のエンジン開発力と航空機設計、情報処理に特化しか国
イタリアは軍用機以外なら強いんだけどね
70.名無しさん:2018年04月04日 02:00 ID:glP3fIYK0▼このコメントに返信
※67
言う程、余裕ないで。
71.名無しさん:2018年04月04日 02:46 ID:boyspTz70▼このコメントに返信
でも確かナチスとソ連が仲良くなる前からルーズベルトとスターリンってつながっていたんだろ?
当時のアメリカは共産主義に寛容な政治家が多く、アメリカはドイツとソ連とも両方良い関係を持とうとした
そして英仏に戦争に負けた後のドイツやロシア革命後のソ連もアメリカに喧嘩を売るよりも後ろ盾が欲しかった

これは陰謀論かもしれないけど、その時からアメリカは現在の世界を支配する英国の王朝を崩壊させ、
自分と新興国であるナチスとソ連で王室や貴族が支配する世界を滅ぼし、新しい世界秩序を作りたかったのでは?

そして皇室である日本には冷遇し、蒋介石などが支配する中国にアメリカが肩入れしたのも、そもそもアメリカが
王族や貴族には向かった労働者や奴隷の国だから、大日本帝国を嫌うのは避けられない自体だったかもしれない

そして今の米中露は明らかに今のアメリカ・ナチス・ソ連のパワーゲームをほうふつとしている
72.名無しさん:2018年04月04日 03:30 ID:VU70NmBj0▼このコメントに返信
イギリスから見たら、ドイツのポーランド侵攻を受けてドイツに宣戦布告したんだから、本当はドイツと一緒にポーランドに侵攻したソ連にも宣戦布告してないと筋が立たんわけよ。
ところが実際にはソ連への宣戦布告は行われなかった。
だからイギリスではドイツのポーランド侵攻の陰でソ連も同時に侵攻したという事実は学校では教えられていない。
ソ連軍によるポーランド侵攻を知らないイギリス人が意外と多い。
73.名無しさん:2018年04月04日 05:56 ID:jmt72rzW0▼このコメントに返信
日本は考えてたけどヒトラーの真の狙いはソ連だからなあ。
ヒトラーが政権につく限りほぼ確実に独ソ戦に突入する。
74.名無しさん:2018年04月04日 06:53 ID:JYgA2tJU0▼このコメントに返信
※65
あの時点では上陸できる当てがないのでどれだけリソース振ろうが無駄
リソース振ってもすぐに必要なものが湧いてくるわけではないぞ
75.名無しさん:2018年04月04日 07:14 ID:6LILsV.S0▼このコメントに返信
※65
あの狭いドーバー海峡を渡る手段が無いわけなんだが
ドイツ軍は海を歩けたのかな?
76.名無しさん:2018年04月04日 10:24 ID:AaXX.5PO0▼このコメントに返信
ドイツに渡海能力なし かといって英国に対露戦に費やした強大な戦力が健在でしかもロシアと同盟関係にあるドイツ支配下のヨーロッパに反抗できる戦力もなしで 結局講和の流れ
77.名無しさん:2018年04月04日 10:34 ID:uWurp.Dp0▼このコメントに返信
※75
史実で国の東側に回していた航空兵力をバトル・オブ・ブリテンに注ぎ込めてたら
制空権奪取→アシカ作戦発動してたかもね。

別にスカパが本拠の英本国艦隊を相手にするまでもなく、英仏海峡を機雷で封鎖して
その外からの来援を締め出せればドイツ軍にも英仏海峡を渡ることは可能であり、
アシカ作戦における海軍側の要諦もそこにある。
(逆に言えば制空権の奪取こそ増援阻止&機雷堰維持の条件)
78.名無しさん:2018年04月04日 17:32 ID:DRV80QcP0▼このコメントに返信
※77
仮に第二次BOB→アシカ作戦やるとしたら天候的にも第一次と同じくらいの時期に始めるはずだけど、それで制空権を取れたとして本当に確保し続けられるのか
仮に渡れても英軍も当然国内の飛行場をドイツが使えないようにするだろうしドイツ軍の輸送能力でロンドンを陥落させられるんかね
よしんば陥落させられてもスコットランドにでも逃げ込まれたら攻めきれずにレンドリースで戦力を回復した英軍が反攻してけっきょく叩き落とされる結果になるんじゃないかと
79.名無しさん:2018年04月04日 20:32 ID:zcUW3Bxl0▼このコメントに返信
※26: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)23:32:26 ID:jfY
>>25
攻めてソ連を挟み撃ちしてたら負けてもマシやった

それをソ連はわかってたから謀略によって日独分断したんやで。
全てはソ連の手のひらの上だわ。
80.名無しさん:2018年04月04日 21:07 ID:rB7QwdQc0▼このコメントに返信
※78
>仮に渡れても英軍も当然国内の飛行場をドイツが使えないようにするだろうし

飛行場の再整備くらいドイツ軍はお手の物。なんなら野戦飛行場だって整備できる。
(実際、そうやってヨーロッパの各地へ侵攻していった)
それにイングランドを捨ててスコットランドまで退いてしまったら、イギリスにはいよいよ勝ち目がない。
主要な兵器工場や工業地帯はイングランドに集中してるからね。
また緒戦期の対ポーランド戦やノルウェー戦で遺憾なく示されたように、ドイツ軍はヨーロッパの国の中では
山岳戦が得意な方。ノルウェーの半分程度の標高しかないスコットランドの地勢が、攻めきれないほどの
障害にはならないだろう。

レンドリースだって史実でも、1943年後半のリバティー船の大量就役がなければイギリスはもたない所まで
追い詰められた。ドイツ軍が寸土たりともブリテン島に上陸してなくたってそうだったんだからね。
ドイツ軍の上陸を許し、各地の工業地帯が史実以上の脅威に晒されたら1943年までとても持ちこたえられまい。

結局、イギリスにとって最善なのは史実同様、本土の制空権を渡さないこと。
81.名無しさん:2018年04月05日 02:29 ID:vx76F9Ag0▼このコメントに返信
※80
で、実際に取れるんですかね
独ソ戦に注ぎ込んだリソースを向けると言ってもソ連に対しての警戒を解くことは出来ないんだから全振りって訳にはいかないわけだし
1941年の再建時に練習機を減らす決定をしてるからパイロットの養成ペースも落ちる
チョビ髭の口出しどうにかしない限り無理じゃね
あと制空権を維持し続けて完全制圧まで機雷の掃海もできなくし続けるってのはさすがに無茶では
陸軍の能力が高くても輸送船を沈められたらどうにもならんでしょ
82.名無しさん:2018年04月05日 02:33 ID:vx76F9Ag0▼このコメントに返信
問題は第二次BOBをやろうとしてもヒトラーが「今度こそロンドンを完全に焦土に変えてやるのだ」とか言い出しかねない所なのでは
83.エンアカーシャ:2018年04月05日 08:03 ID:NhJqJ3yP0▼このコメントに返信
まず、
アメリカからの無制限支援が無くなる、
ソ連の軍隊を支えていた、国家の生産力を超える物資は、無いモノとして扱う事と成る、

この場合、
中国共産党政府、北朝鮮は、消失する、
労せずに、中国と半島が手に入るからだ、
わざわざ、現地で建国させる必要が無い、 (笑)、
なので、中国と半島は、ソ連と成る、
当然、アメリカは国民党軍を支援して戦争するが、敗戦する、
ドイツも、ヨーロッパの小国を、ソ連と奪い合い、ヨーロッパの独立国は消滅する、
完全に、ドイツとソ連の2色と成る、

アメリカは、全世界を敵に回して、戦争する事と成り、最終的に敗戦する、
中国が消え、韓国も北朝鮮も建国されず、ヨーロッパも消滅、
どれも、単独では勝てないからだ。
84.名無しさん:2018年04月05日 11:12 ID:2ncgTbDA0▼このコメントに返信
※81
>独ソ戦に注ぎ込んだリソースを向けると言ってもソ連に対しての警戒を解くことは出来ない

それが出来ないなら史実と同じだから制空権は取れないだろうね。出来るなら取れる。
パイロットの訓練時間は1942年9月頃までは米英を上回ってるんで、1941年に練習機の生産量を
減らしたからといってそれが養成ペースの下落に直結はしなかったんだろう。

>あと制空権を維持し続けて完全制圧まで機雷の掃海もできなくし続けるってのはさすがに無茶では

それが無茶ではない。東部戦線ではソ連のバルト海艦隊を相手にそれをやった。
で、機雷堰の維持はバルト海東側の制空権をソ連に奪還された戦争末期まで続いた。

85.名無しさん:2018年04月05日 18:41 ID:vx76F9Ag0▼このコメントに返信
結局第二次BOBで勝てるのかどうかってことだ
つまりチョビ髭どうにかしないと無理だ
86.名無しさん:2018年04月06日 01:42 ID:QXWfV70N0▼このコメントに返信
てかソ連が枢軸側だったら史実の3個航空艦隊どころか5個航空艦隊+
ソ連空軍+イタリア空軍までが襲ってくるわけで、第二次なんて
やるまでもなく一回で制空権喪失&ドイツ軍に上陸されそう。

お名前