スポンサーリンク

2018年03月31日 19:05

「日露戦争は日英同盟やロシア側の問題もあったから。勘違いするな」←これ

「日露戦争は日英同盟やロシア側の問題もあったから。勘違いするな」←これ

nitiro

引用元:リベラルさん「日露戦争は日英同盟やロシア側の問題もあったから。勘違いするな」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1522347826/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:23:46 ID:NLM
有識者「日本は中国に負けた。アメリカと戦ってたからとか言い訳するな」
これどっちやねん

2: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:26:01 ID:cJs
にほん陸軍がロシヤに工作員を送り込んでレーニンに支援してたらしいで

3: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:27:34 ID:NLM
>>2
マ?
しょうがないとはいえ最終的に首絞めとるやん

6: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:33:09 ID:vNZ
日本は自国兵士の練度とイギリスとアメリカの金でロシアに勝てた

中国は領土の広さ、兵士の数とイギリスアメリカドイツの金で日本に勝てた

やろ?

7: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:36:42 ID:NLM
>>6
結局、戦争っていうのは持てるもん全て使って戦うものなんやと思うで。
領土も兵士も他国の金も。

12: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:39:08 ID:vNZ
>>7
せやんな ワイもそれが争うってことやと思うわ
他国と協力できる政治力やその時の状況も戦争における力の一つやと思うわ

8: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:37:37 ID:d6O
勘違いもクソも戦争には勝ち負けしか無いわ

9: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:37:51 ID:cJs
日露戦争で勝てたのは立憲国となって国民と政府が一致団結してたってのが大きいよね

10: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:38:45 ID:NLM
>>9
ほんまに日本のすべてを出し切ったって感じやね

13: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:40:52 ID:cJs
予め戦争前にルーズベルトに講話の仲介を頼んだりしてたのもよかったね
明治時代は本当に有能だったな特に外交が

16: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:43:08 ID:NLM
>>13
昭和の日本明治時代の外交能力があったらどうなってたんかなって思うわ。

17: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:44:25 ID:cJs
>>16
ただ元老に依存した国家運営してたからどちみちなあ

20: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:47:15 ID:NLM
>>17
ああ、幕末ごろの有能が直接政治してたからってのも大きいやろな。
昭和はいろんな派閥があってまとまってへんかったもんな。

19: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:46:53 ID:FdA
>>16
問題やったのは外交力に見せかけて実は内政力やろ
日露の後に国民を黙らせられなかったからあの外交に繋がった

23: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:50:24 ID:NLM
>>19
この手の話題であんまり語られることはないけど戦前かて国民の声ってのも
かなり影響力あるやろ。
日中戦争とか若干それに押された感ある。

25: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:52:03 ID:cJs
>>23
メディヤやな
日露戦争もメディヤが戦争しかない
戦争回避しようとしている政府は何なんだ!
みたいな感じで叩いてた

31: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:54:43 ID:NLM
>>25
確か日露戦争の後の大使館の暴動も世論やったね

33: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:56:45 ID:FdA
>>25
というか国民を納得させられなかったからマスコミが開戦を煽ってそれに大衆も乗せられた
その結果責任取りたくない政府や軍部がそのまま流されてあの無茶苦茶な外交からの開戦よ
当時の政府やってやりたくてあんな外交したわけやあらへん。やらなきゃ自分らの首がアカンからやったんや
ほんでその元凶は政府の内政力の低さと利益のために国民を煽ったマスコミや

14: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:41:53 ID:vNZ
満鉄で揉めてからがやばかったな
なんで約束守らへんかったんや

15: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:42:56 ID:cJs
>>14
桂ハリマン覚書のこと?
小村さんが猛反対したんだっけか

16: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:43:08 ID:NLM
>>14
昭和の日本明治時代の外交能力があったらどうなってたんかなって思うわ。

18: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:45:53 ID:vNZ
昭和の一番ヤバイ失態はドイツと同盟を組んだことやろなぁ

21: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:47:50 ID:NLM
>>18
あれで完全に敵認定された感あるよな

22: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:48:40 ID:cJs
満州は手放すか日米共同運営にする以外なかっだと思うンゴ

24: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:51:47 ID:NLM
>>22
総会で松岡洋一が退出せんと首を縦に振っとったら案外上手くことが運んだかもな。

27: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:53:50 ID:cJs
>>24
洋右ジャね?
はいそうしますっていっても右翼や青年将校らが殺しにかかる可能世大やからなあ

39: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:58:48 ID:NLM
>>27
あそこで冷静な判断と怒れる国民を抑えられへんかった時点で詰んだな

26: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:53:44 ID:vNZ
戦前の朝日右寄りどころか極右で草

30: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:54:13 ID:Muj
>>26
戦後はその反省の意味もあって左に振れたらしい

28: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:53:59 ID:P7G
いうてリットン調査団が国はあかんけど利益は日本でまま、ええわって言ってくれたのに逆ギレした辺りからもうあかんやろ

39: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:58:48 ID:NLM
>>28
あそこで冷静な判断と怒れる国民を抑えられへんかった時点で詰んだな

34: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:57:20 ID:Eat
>>28
欧米も満州狙ってるはずなのに寛大やわね 満州で戦争したいわけではないし、とりあえず日本に預けておこうと思ったんやろかね

42: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)04:00:05 ID:FdA
>>34
当時は日本が国連で人種差別の廃止を提言したりしとったのもあるんちゃう
満州の権益を日本にやればそれは日本がアジア人から搾取する構図が成立するわけで、即ちアジア人や黒人差別の廃止を主張しにくくなる

37: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:58:14 ID:Muj
>>34
植民地経営もコストかかるし、版図広げ過ぎると維持するのも一苦労だし

40: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:59:03 ID:Eat
>>37
WW2のあたりは植民地経営割に合わんて見方が広まってたんだっけ 時期がうろ覚えや

43: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)04:00:24 ID:cJs
>>40
いや
ペリーがくるまえぐらいからわかってた
インド植民地が赤字にちかかったみたいで

45: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)04:01:09 ID:Eat
>>43
はぇ~そうなんか 日韓くらい近くないと統治の手間だけで大変やしな

48: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)04:04:04 ID:cJs
>>45
現地人に傀儡政権を建てて現地をしはいさせてようとしたんや

伊藤博文だけが朝鮮植民地化には反対やったんやってさ台湾経営だけでも大変なのにまたインフラから朝鮮に投資せなあかんからね

49: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)04:04:44 ID:Muj
>>48
なお暗殺後に植民地化が本格化した模様

57: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)04:08:54 ID:NLM
>>48
よう覚えてないねんけど朝鮮のために東北あたるりの分の金使ってたんも不味かったんやっけ。

44: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)04:01:06 ID:kDj
>>40
ドゴールが60年に海外植民地放棄した時にも反対派が大荒れでドゴール自身も暗殺未遂されたくらいやから
戦前の時点だと海外植民地は大事やろ
それに戦前の日本は人口増加に対して食料自給率が追いつかないっていう人口論的な問題抱えてたし

47: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)04:02:48 ID:Eat
>>44
自給率向上よりは市場開拓(独占)の意味が強いんやないか?20世紀初めの日本の帝国主義は
まあ政府と違って国民側は植民地があれば国が儲かると思ってたんやろね

54: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)04:06:08 ID:kDj
>>47
市場を開拓するだけなら中国の利権握るだけでええやん
日本が満州に植民したのは圧倒的に人口論的な問題のほうが大きい
昭和恐慌と同時に昭和は冷害があって米が取れなかったから農村は困窮したんや
その農村出身の将校が起こしたのが五一五やし二二六やし満州事変なんやで

56: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)04:07:14 ID:Muj
>>54
当時の農村は地獄やったらしいな
娘は身売り、弁当は大根を丸かじり、とにかく食べ物が無かった
特に東北は悲惨

57: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)04:08:54 ID:NLM
>>54
よう覚えてないねんけど朝鮮のために東北あたるりの分の金使ってたんも不味かったんやっけ。

32: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:56:44 ID:Muj
戦前日本の早すぎた民主主義というか
大正時代に進歩主義を性急に推し進めた結果、国民の意識がついてこないまま衆愚政治になったというか

35: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:57:49 ID:B5E
メディアっていつの時代もやっぱり糞や

41: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)03:59:30 ID:66j
あれで調子のってやりすぎたんやないん
控えめに考えとくほうがええやろ

46: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)04:02:28 ID:NLM
ググったら日比谷の件も朝日が煽ってて草

50: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)04:05:12 ID:vNZ
オランダが日本に占領された植民地を取り返そうと戻ってきたら現地人に追い返されるのほんと痛快

52: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)04:05:43 ID:Muj
>>50
残留日本兵がインドネシア独立戦争に参加してたらしい

63: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)04:26:03 ID:Muj
あとは格差があまりにも大きかったのも原因としてはでかい
格差が広がりすぎ、貧しくなりすぎると民衆は正常な判断ができなくなる
これは第一次大戦後のドイツもそうやけど、直近ではトランプ当選もそうなんやないかと思う
戦前日本は今じゃ考えられんほど格差が大きかったし、四民平等のはずが実際には地主と小作人の身分の差があるし、河上肇あたりの共産主義思想が流行るのも頷ける

65: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)04:34:12 ID:cJs
政党政治のせいで政治家は支持者である悪徳経営者たちの言うこと聞かなあかんくなってた
政府(農商務省)は労働者の環境を改善しようとしてたのに悪徳経営者たちに阻まれた
最悪や政党政治も

66: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)04:41:57 ID:Muj
>>65
政府としては怒れる民衆を抑え込むために経営者に妥協して欲しかったんやろけど
当時の経営者の目は常に外国を追ってて、少しでも経済発展させるために労働者をこき使いたかった
日本の発展があまりに早すぎたせいで、いろんな綻びが出てきた時代なんやろな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年03月31日 19:07 ID:7Q.mhSLO0▼このコメントに返信
エルダー帝国ガガーン少将!
2.名無しさん:2018年03月31日 19:11 ID:dAmumi.p0▼このコメントに返信
日英同盟の協力があったのは確かだけど、巡洋艦の一隻も援軍しなかったし、言うほどか、とは思う。
日本がロシアに負けてたら絶対素知らぬ顔でほっかむりしたろ、あいつら。
3.名無しさん:2018年03月31日 19:12 ID:BForxwhi0▼このコメントに返信
スレ冒頭から訳判らん。こんなのまとめんなw
4.エンアカーシャ:2018年03月31日 19:13 ID:oGdPpmr90▼このコメントに返信
ロシア帝国の、南下政策を阻止する目的で、7ヵ国連合軍が派遣された、
これは、当時の国連が決定した、
実際に、派遣されて、それだけで南下政策を阻止出来るとの目算だった、

しかし、
直前に、日本軍だけで戦闘する事に変更された、他国はヘタれた、
日本軍は、全ての野戦で、ほぼ無傷の勝利、
その後、203高地と、要塞戦で大きな被害をうけた、

ロマノフ王朝が、中国と韓国を領土化するのざ、南下政策の骨子、
ロシアは、中韓を脅威と認識していなかった (笑)。
5.エンアカーシャ:2018年03月31日 19:15 ID:oGdPpmr90▼このコメントに返信
流浪人剣心の、弥彦くんも、ここで戦死した?。
6.日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約:2018年03月31日 19:17 ID:KjVJKLfg0▼このコメントに返信

戦争意図を目的として含まないような同盟はナンセンスであり、また無価値である。
戦争のためにのみ同盟は結ばれるものである。

そして、たとえ同盟条約を締結する時点においては対決がまだ非常に遠い先のことであるとしても、
いずれ戦争に巻き込まれるという見込みこそが同盟締結をもたらす本質的要因である。

-アドルフ・ヒトラー-

7.名無しさん:2018年03月31日 19:21 ID:yqj3rQqH0▼このコメントに返信
バンザイ突撃だ玉砕だ言ったところでガダルカナル島なんざたった3万日本畜生しか死んでないんやろ
四十五万死傷して、戦役で負けて、アメリカ軍のいない中国大陸で中国軍相手に降伏宣言してるのに
”日本は負けてない”とか戯言ほざくキチジヤツプは降伏せずに処刑されればよかったんだよ。
いまからでも自決しろ。武田鉄矢テメェだよ
8.名無しさん:2018年03月31日 19:23 ID:8u6JN.SD0▼このコメントに返信
※2
寄港地使わせないって通達したのが最大の勝因ですから。船員は飢えて病気になりーの、船はフジツボだらけで鈍足。
撤退許されなかった艦長可哀想すぎて泣ける
9.名無しさん:2018年03月31日 19:24 ID:BqbhpDFF0▼このコメントに返信
そもそも、国家はその時に存在するあらゆる事情を前提にして戦争を遂行するのだから
戦争について、こういう事情があったからこうだというのは的外れ
10.名無しさん:2018年03月31日 19:25 ID:GgzrSG160▼このコメントに返信
日本国は日露戦争に際しての海外からの借金は全て返済したからね。要するに責任を持って処理する借金は純粋の資産と言う事だ。
日本国は自分の金でロシアに勝ったのだよ。
11.名無しさん:2018年03月31日 19:28 ID:rvALg80I0▼このコメントに返信
中国軍とか言葉を濁さずちゃんと軍隊の名称明らかにして?その時代に今の中国なんて国はないんだよね
12.名無しさん:2018年03月31日 19:28 ID:S5BX0oAi0▼このコメントに返信
綺麗事より君主論だぞ
13.名無しさん:2018年03月31日 19:30 ID:VykOwaaJ0▼このコメントに返信
満州はアメリカを入れるべきだったんだよ。満州においてアメリカとソ連ロシアを直に利害衝突させることが可能な策なんだからさ。本来はアメリカを入れ日本はソ連ロシアの南下をアメリカを盾にして国際関係上困難にするのが理想だったろう。
14.コロンブス:2018年03月31日 19:30 ID:yMDsr7Ka0▼このコメントに返信
そんな風に思っているやつはまともな人間ではいないw
15.名無しさん:2018年03月31日 19:30 ID:YB.IGJTH0▼このコメントに返信
goodld.seesaa.net/article/457939118.html ^
16.名無しさん:2018年03月31日 19:33 ID:J10Xia5h0▼このコメントに返信
↑中国軍なんて無いぞ。
国民党は分裂して共産党と国民党が複数に分かれてゲリラ戦して支・那・人を虐・殺してたの知らない馬鹿。
それとアメリカ軍もイギリスも兵士も戦闘機に輸送艦も送って山を切り崩して飛行場にもしてたの知らない馬鹿。
海からの攻撃も連合国でありアメリカ軍がやってたぞ。
中国軍は無い。しかもアメリカやイギリスが事実上の派兵してなければ何も出来ないのが支那ゲリラ兵。
プロパガンダしか知らない間抜けはさっさと腹を切れw
恥を覚えられない支・那チャンコロwww
17.名無しさん:2018年03月31日 19:34 ID:JwwxVxC30▼このコメントに返信
※2
まず日本はな、どこの列強からも公使館しか置かれずに対等の国ではなかったの
そしてイギリスはな、インドでイギリス側についた諸侯と同盟を結んで
兵力を提供した後、結局圧力かけていってその諸侯領も植民地化していったの
18.名無しさん:2018年03月31日 19:34 ID:lStp9UE80▼このコメントに返信
国内に何の問題もない国や他国との関係を一切断ち切った国なんて存在しないし
純粋な軍事力のみで勝敗が決する戦争なんてのもないんだよね
19.名無しさん:2018年03月31日 19:36 ID:rvALg80I0▼このコメントに返信
そもそも今の中国にも国軍などない あれは共産党の保有する軍隊であって私兵だからね
ファシズム政党は国家の上に政党があるので 国軍などという自由に動かせない組織は作らない
20.古古米:2018年03月31日 19:38 ID:mylWPIGH0▼このコメントに返信
日本は、その社会的制度的矛盾をはらんだままww2に突入して、アメリカに殴られて全てを一旦失った。
言わば強制リセットされちゃった。
何だかんだ言っても、今の処上手く収まっているのは、戦後は資本家も自衛官も政治家も労働者も暴走出来ない仕組みを構築したからだと思う。
21.名無しさん:2018年03月31日 19:40 ID:KpE50dXK0▼このコメントに返信
海戦でのあの圧倒的なキルレート見たら、日本の戦闘艦の数が3分の1でも勝ってたかもしれんな。
22.名無しさん:2018年03月31日 19:42 ID:CBpWdo.E0▼このコメントに返信
そういえば日露戦争には「鎮遠」という船も参加していたな。思い出したよ。
23.名無しさん:2018年03月31日 19:43 ID:.jx6ft.r0▼このコメントに返信
日本の勝利(死傷者30万人)
24.名無しさん:2018年03月31日 19:43 ID:VykOwaaJ0▼このコメントに返信
身の程知らずが喧嘩を売るなんてのは日常でもありふれてるわけで、日本もその時はそういう身の程知らずになったんだよ。幕末維新の頃も喧嘩したけど、幕末の志士たちは負けて悟ったんだろうと思う。そこが差なんだと思う。

日本人は経験から学ばなければいけないタイプだよ。
25.名無しさん:2018年03月31日 19:45 ID:rvALg80I0▼このコメントに返信
※2
あの当時は日英同盟と反対にロシアはロシアで露仏同盟を結んでいた
この条約は大体同じような内容で、戦争国がタイマンなら参戦しないという条件が付いている

ここでイギリスが日露戦争に参戦してしまうと自動的にフランスがロシア側で参戦してしまうので(他にもオーストリアとかも)
戦火が一気に拡大し世界大戦になっていた可能性もあった
そのためイギリスはフランスと裏で取引をして互いに参戦しないことを決めていたわけ
26.名無しさん:2018年03月31日 19:46 ID:tVkapuH80▼このコメントに返信
いろいろ考えると、結論は格差にたどり着いた。
格差の解消ができないとどうなるか、今の欧米で再現されつつある。
27.名無しさん:2018年03月31日 19:46 ID:R40jdTMC0▼このコメントに返信
※2
日英同盟は、敵が1国なら中立を守るのとさらに敵国に加勢するところがでないようにすると決まっていたから、援軍がなくてもおかしくないよ。
まあ、じつはモンテネグロがロシア側について宣戦布告したけど、戦わなかったこともあり、無視されていたけど。
28.名無しさん:2018年03月31日 19:48 ID:HUnIouOV0▼このコメントに返信
反日映画「パールハーバー」でも、中国大陸の大半が日本軍の支配下にあったと言う前提なんだがね。
29.名無しさん:2018年03月31日 19:48 ID:CBpWdo.E0▼このコメントに返信
※22
その姉妹艦の「定遠」は威海衛で日本の魚雷に沈んだんだった。段々思い出しているよ。
30.名無しさん:2018年03月31日 19:50 ID:tVkapuH80▼このコメントに返信
※13
それを国民に納得させられればね。
高確率でクーデター起きて内戦になるよ。
そのごファシズムか共産主義になる。
31.名無しさん:2018年03月31日 19:51 ID:rvALg80I0▼このコメントに返信
※27
鈴木宗男はやっぱそういう意味では偉大なんやなって
32.名無しさん:2018年03月31日 19:52 ID:F.0KuSM70▼このコメントに返信
自虐史観好きな奴らって、生きてて楽しいんかな
33.名無しさん:2018年03月31日 19:53 ID:ROBUxHh50▼このコメントに返信
我が帝国陸軍は、昭和19年でも大陸打通作戦成功させたんじゃよ
補給があれば我が帝国は特亜に負ける事はない
34.名無しさん:2018年03月31日 19:56 ID:KpE50dXK0▼このコメントに返信
日露戦争のWiki見たら大清帝国の袁世凱は日本の味方をして馬賊を出したと書いてあったな。
はじめて知ったわ。
35.名無しさん:2018年03月31日 19:57 ID:we4uQTuE0▼このコメントに返信
賠償金を取ることができなかったという事実が、当時の実情を物語っているよね。
ロシアには余力があり、日本には無かった。講和条約締結まで持っていっただけ外交担当者は凄かったよ。
36.名無しさん:2018年03月31日 20:05 ID:7hsdie1l0▼このコメントに返信
戦後の外交もこいつら負けたくせに生意気すぎね?ってメリケンに言わせる程度にはしたたかに立ち回ったんだけどな。あ、三国人は眼中にないです。
37.名無しさん:2018年03月31日 20:06 ID:0h48hU4h0▼このコメントに返信
※1
クソ野郎消えろウザイわ‼︎
38.名無しさん:2018年03月31日 20:06 ID:dpwKVo4h0▼このコメントに返信
日露戦争は「日本が征服されなかった」という一点だけでも日本大勝利なんだよなぁ
そうなってなんの不思議もないだけの国力差があったのだから
39.名無しさん:2018年03月31日 20:06 ID:VykOwaaJ0▼このコメントに返信
日露戦争くらいまでは兵器がその後ほど変化してないし、危ういけどまだ大丈夫だったんだろう。自動車もないし、航空機もない、潜水艦もないしな。鉄道と船だけだから、海に囲まれた日本は優位性あったろう。

ただ日露で勝ったことが日本がその後増長した遠因な気もするんだよな。朝鮮を併合したり、露骨に領土欲が出るようになっていった感がある。
40.名無しさん:2018年03月31日 20:07 ID:My48sYeQ0▼このコメントに返信
第一生命経済研究所の主席エコノミストである永濱利廣は、「株安に伴って日本株の占める比率が所定の数値を下回ると、
その調整のために買いを入れることになる。下がれば下がるほど買うロジックなので、結果的にGPIFは市場の安定化装置
的な役割を果たしている」と述べている
41.名無しさん:2018年03月31日 20:07 ID:sMQDsn6x0▼このコメントに返信
※10
日露戦争中に、高橋是清が世界中を駆け回って、カネを集めたんだよね
日本国債を買ってくれたのは、リーマンブラザーズとか、ユダヤの金持ちだったよねぇ
全額を返し終わったのは、2012年頃だっけ?
ま、民主党政権じゃ、そういうニュースは報じないよな(激おこ)
42.名無しさん:2018年03月31日 20:11 ID:PRz7.FJb0▼このコメントに返信
それも含めて戦争。戦争はウェイトを合わせてゴング鳴らして始まるスポーツじゃない。
43.名無しさん:2018年03月31日 20:12 ID:rvALg80I0▼このコメントに返信
朝鮮の併合は仕方なかった面もある、まず併合される側の向こうが乗り気だったせいでとんとん拍子で進んでしまったし

ロシアの南下に抑える緩衝地帯である半島にもうちょっと自立した国があったならわざわざ出兵するような必要もなかったんだけど
明治、大正、昭和と時代が変わっても一向にそういう国家は生まれなかったからね
日清戦争も結局ここの半島のせいで起きてるわけで
44.名無しさん:2018年03月31日 20:12 ID:7hsdie1l0▼このコメントに返信
一応中国の勝ちだよ。自国民粛清おじさんが天下取ったの喜べるなら喜んどけば?
45.名無しさん:2018年03月31日 20:15 ID:fWFBDegZ0▼このコメントに返信
しかしこんだけ政府の政策に従わなかったはずの国民が太平洋戦争の国家総力戦には最後まで耐えきるんやからな
やっぱり政治不信とそれを煽ったマスコミが原因なのか?
46.名無しさん:2018年03月31日 20:18 ID:YhZnG2Gh0▼このコメントに返信
よく日露戦争で日本軍の死傷者がロシア軍を上まわってることを指摘して
日本の勝利を過小評価する人が居るけど、勝利の条件と損害数には直接的関係は無いことはともかく
ロシア側の発表した死傷者数をなんで馬鹿正直に信じ込むんだ?

ノモンハン事変や南京事件を考えれば、ロシアや中国が統計の数字を自分に都合の良いように操作するのは日常茶飯事だろ
日本側が脚気による戦病死者が多かった事情はあるけど
革命機運が高まっていたロシアで、ロシア政府が公表死傷者数を下方修正した可能性は考えないのか?

常識的に考えて、捕虜数と比較してロシア側の死傷者数は少なすぎると思うんだが
47.名無しさん:2018年03月31日 20:22 ID:p.zAvbo20▼このコメントに返信
日本は負けた 次は勝つ これで良い
けど現在進行形で日本はあちこち負け続けてるから はやくなんとか立ち直って欲しい
48.名無しさん:2018年03月31日 20:22 ID:VykOwaaJ0▼このコメントに返信
台湾や朝鮮にやたら投資して戦略性がないんだよな。昔のアメリカがやたらフィリピンに投資するようなもんだよ。どうやってそこを守るのかまで考えてない。

やっぱり人種差別に対する憤りが強かったのかな。台湾や朝鮮で教育を施してインフラ整えてとか、アジア人の仲間を増やしたかったのか、そう思わないと理解できないんだよな。
49.名無しさん:2018年03月31日 20:25 ID:3xdcSt7i0▼このコメントに返信
ネト ウヨ「日本は日露戦争でその戦争目的を果たした。だから日本の勝利だ」←解る

わい「朝鮮戦争で中国はアメリカに勝ったし、ベトナムとの戦争で中国も勝ったよね?(朝鮮戦争では国連軍を退け維持に成功した。その上、共産党政府こそが中国の正式な政府である事をアメリカに認めさせたうえで国連入りまで果たした。ベトナムとの戦争ではその国境を大幅に拡張する事に最終的には成功している)」
ネト ウヨ「くぁwせdrftgyふじこlp」←意味不明
50.名無しさん:2018年03月31日 20:26 ID:qkc1ARlo0▼このコメントに返信
満州を放棄とか、アメリカにも利権を与えたらそれこそ国民が暴動起こして最悪クーデターレベルにまで発展しそう
血を流して手に入れたモノを手放すって本当に難しいと思うわ。遺族からしたら「家族がお国のために戦って死んだ」ならまぁ納得できる部分があるけど、「無駄死に」となると到底納得できないだろうね。
51.名無しさん:2018年03月31日 20:27 ID:6RdiLKG90▼このコメントに返信
日露で日本軍30万も死傷してない、てか30万人て日露戦争の日本軍の総動員数だぞ。

そんなこと言ったらww1のフランスや独ソ戦のソ連はどうなるんだ?
52.名無しさん:2018年03月31日 20:28 ID:ROBUxHh50▼このコメントに返信
※49
おまいのほうがイミフや
53.名無しさん:2018年03月31日 20:30 ID:rvALg80I0▼このコメントに返信
※49
上と下が一切つながってないんですが ネイティブジャパニーズですか?
54.名無しさん:2018年03月31日 20:31 ID:6RdiLKG90▼このコメントに返信
49
朝鮮戦争は終わってない
ベトナム戦争は南ベトの共産化防止がアメカスの第一目標だろ
55.名無しさん:2018年03月31日 20:33 ID:c.wek0ym0▼このコメントに返信
※54

で、そのアメカスの第一目標は達成できたんですかね?
56.名無しさん:2018年03月31日 20:36 ID:3xdcSt7i0▼このコメントに返信
※54
中国は朝鮮戦争に戦争に参加した目的を果たしてるだろ。
でもってアメリカとベトナムの戦争ではなく、中国とベトナムの戦争の話をしているんだが。

朝鮮戦争においても中越国境紛争においても中国はその目的を果たしている。つまりこの二つの戦争において中国はアメリカにもベトナムにも勝利しているが、ネト ウヨの頭の中ではその事実を認められないらしい。

※53
文章をまともに読めない君は在日君ですか?
57.名無しさん:2018年03月31日 20:39 ID:rvALg80I0▼このコメントに返信
※56
具体的に1文目と2文目以降がどう関係してるのか説明してどうぞ
煽らず騒がずきちんとね
58.名無しさん:2018年03月31日 20:39 ID:6RdiLKG90▼このコメントに返信
米55
お察しや。
そして米49の言ってる事はこれらの大大前提を無視した破綻した理論だ
結果的に日本は発展して天皇もいるから先の大戦の目標は達成されてるから勝ち、みたいな。
59.名無しさん:2018年03月31日 20:41 ID:Z2BNzmXE0▼このコメントに返信
教訓1 戦争を始めるときには終わらせ方を考えておかないといけない
教訓2 USAは化け物、まともにぶつかるな
教訓3 大陸にかかわるな
教訓4 特亜にかかわるな
60.名無しさん:2018年03月31日 20:43 ID:3xdcSt7i0▼このコメントに返信
※57
戦争においてその戦争目的を果たせば、戦争の勝利だといえるのなら、中国は対ベトナムそして対アメリカとの戦争において中国の目的を果たしているどころかそれ以上の戦果を獲得している。ならば、中国は中国が参加した戦争において勝利したといえるだろう。しかし、何故かその勝利についてネト ウヨは認めない。

という意味だが?

61.名無しさん:2018年03月31日 20:45 ID:6RdiLKG90▼このコメントに返信
ごめん、中越戦争の話かいな、ナム戦のことやと勘違いして話してた。
62.名無しさん:2018年03月31日 20:46 ID:qoyi0Y.G0▼このコメントに返信
※46
それな。まぁwikiとか含め、ロシアの公式発表を載せざるを得ないし、正式なデータが無い以上はその発表に基づいて議論するしかなさそうに見えてしまうのはある意味しゃーない。停戦交渉でもまさにそのロシアのはったりが効果的に働いたわけで

しかして実態は数字の乖離が酷い。ロシア軍がはじめて本格的な戦力を送り込んで行われた序盤の得利寺の戦闘では、日本軍が「埋葬」したロシア兵の数1652余名と記録し、さらに多数の遺体が現地民によって火葬ないし土葬されている。戦闘直後のクロパトキンも本国へ死傷者「少なくとも」1万以上と報告。行方不明者も相当出ていることを考えれば恐らくロシア軍の損害は1万5千~2万あるいはそれ以上、参加兵力4万2千の半数近くを失っている(日本側の損失が死傷者合わせて1145名)。

これが、戦後の正式発表では戦死489名、負傷・失踪者があわせて3152名。こんなデタラメな勘定に基づいてロシアは戦争を総括していた。
遼陽や奉天等での会戦は軍団規模だか中隊の数だかに基づいて総兵力を算出するからロシア軍のほうが兵力優勢に見えているが、序盤の戦闘でこれだけの損害を出したロシア軍はそもそも定員数を満たせないまま戦争を継続していたはずで、決戦に参加した兵数ですら日本軍に劣っていたという実情が推測される。海だけじゃなく陸でもロシアは完敗だった。あれだけいっぱいいっぱいだった日本が2倍近いロシア軍を撃破して進軍できたのは将兵の優秀さだけが理由じゃない
63.名無しさん:2018年03月31日 20:50 ID:rvALg80I0▼このコメントに返信
※60
じゃそう書いたらどうなんですかね?
煽りたいだけの俗物にしか見えませんよ

確かに戦争はその目的を達成できたのなら勝利と呼んでいいと思いますよ
だからこそ勝利の形は複数あり解釈もまた複数あると思うのですがね
64.名無しさん:2018年03月31日 20:50 ID:..KaHqv60▼このコメントに返信
昭和20年8月15日の朝日新聞の社説を読んだことがあるけど、今のバカウヨと言ってることが似ていた
東亜解放の聖戦とかなんとか

65.名無しさん:2018年03月31日 20:53 ID:rvALg80I0▼このコメントに返信
例えば湾岸戦争でイラクはアメリカに大敗したと、欧米諸国は認識されていますが
イラクはアメリカの戦争目的はフセイン政権の打倒であってそれは達成されていないので我々の勝利であるというのが公式見解です
66.名無しさん:2018年03月31日 20:53 ID:6RdiLKG90▼このコメントに返信
ロシア側になって考えると、
海軍壊滅して
陸軍も満州の奥深くまで撤退、物資と増援来るまでろくに動けない、兵は確かにまだいるけど国内で革命寸前、第三国の警戒はやはり怠ることはできない。
満州の利益全部持ってかれた
南樺太も
カムチャッカ沿岸の漁業権も
こんな状況で引き分けましてや勝ったなんて言うのは無理すぎるやろ。
67.名無しさん:2018年03月31日 21:02 ID:0AU4P.Wj0▼このコメントに返信
※59
教訓5 マスコミに騙されるな
68.名無しさん:2018年03月31日 21:02 ID:Fw4C2bMG0▼このコメントに返信
日露は戦略的勝利
日中は戦略的敗北で結論出るじゃん
69.名無しさん:2018年03月31日 21:05 ID:Zd.Zh2i20▼このコメントに返信
本※48
台湾運営は黒字。
ずーっと赤字の朝鮮と一緒にしてはいけない。
70.名無しさん:2018年03月31日 21:07 ID:ft1KYvRg0▼このコメントに返信
ユダヤマネーのおかげもあるだろうが
日本は大戦中もユダヤ人には配慮しただろ
71.名無しさん:2018年03月31日 21:09 ID:PvCqKn7M0▼このコメントに返信
アカヒは今も昔も扇動主義
右か左かなんて問題よりよっぽど危険だ
72.名無しさん:2018年03月31日 21:16 ID:HF46DJG30▼このコメントに返信
なんで世界史的にシベリア出兵は歴史の闇扱いされてるの?
73.名無しさん:2018年03月31日 21:18 ID:Z2BNzmXE0▼このコメントに返信
※72
誰も得しなかったから
74.名無しさん:2018年03月31日 21:24 ID:moH7sfNq0▼このコメントに返信
外交も力の内だろ
満州事変以降の日本は軍事力が弱かったんじゃなく外交がダメダメだったから最終的に負けたんだよ
アメリカは無理でもせめてイギリスだけでも味方に付けとけば結果は180度違っていた
75.名無しさん:2018年03月31日 21:26 ID:FBMMV7mE0▼このコメントに返信
日本がいつ中国に負けたんだよw
76.名無しさん:2018年03月31日 21:32 ID:v1.bk43t0▼このコメントに返信
貧富の格差や経団連や朝日とか最近は戦前をトレースしてる気がする。強いて違うとこは少子化が進んでることぐらい。
77.名無しさん:2018年03月31日 21:42 ID:kpUghzCs0▼このコメントに返信
※71
アカヒは今も昔も反日主義。
戦前戦中は強国との戦争を煽り日本滅亡に導こうとする。
戦後は防衛力を無効化して日本を危険に晒そうとする。
アカヒは右か左かはどちらでもよくとにかく反日。
78.名無しさん:2018年03月31日 21:45 ID:moH7sfNq0▼このコメントに返信
※73
当時の日本の国益に全くならなかったとはいえ
ポーランド孤児救済でポーランドとの友好関係が築けたという点では全く無駄だったとは思わない
79.名無しさん:2018年03月31日 22:27 ID:vdGw40.P0▼このコメントに返信
日露戦争に限った話ではないけど、独力で勝った、楽勝だったみたいに
たしかに勘違いしてる奴が増えてる気はするわ。
勘違いどころかトンデモストーリーの仮想戦記垂れ流す奴すらいる。

※4
国連とか連合軍?どこの異世界の住人?
80.名無しさん:2018年03月31日 22:38 ID:6Ly9EvTK0▼このコメントに返信
Nasional dizaster is coming...
Because KBSとYTNとSBSとMBCとJTBC, their TV stations are nuts.

There is still a way to stop.
But... KBSとYTNとSBSとMBCとJTBC, their TV stations are nuts.

Soo... Nasional dizaster is coming...


I perfectly did my job to stop, pls don't blame me.


81.名無しさん:2018年03月31日 22:43 ID:WGtQ9zqb0▼このコメントに返信
日露戦争は、それぞれにセコンドやサポーターがいっぱいついた上体での国対国の一騎打ち。
シナ事変は、連合国対枢軸国による第二次世界大戦と言う名の団体戦の一部。

総合評価で連合国チームの勝利なので、まあ、日本が負けたと言うのも正しいが、
日中の国対国という視点で見ると、中国(国民党軍ならびに共産党軍)が日本に勝っていたとはお世辞にも言いがたい。
アレで中国が勝ったなどと言うのは、「第二次世界大戦で、フランスやポーランドがドイツに勝った」と言うに等しい。
82.名無しさん:2018年03月31日 22:51 ID:ldCydmpy0▼このコメントに返信
日露戦争は政治家が戦争を終わらせる為に努力していたけど、太平洋戦争はドイツに期待という大博打。
83.名無しさん:2018年03月31日 22:52 ID:nw5yEJNc0▼このコメントに返信
世界が「ロシアwマジで負けやがったwww」って言ってんだから世界に言えよ
84.名無しさん:2018年03月31日 23:11 ID:c.wek0ym0▼このコメントに返信
※81

フランスやポーランドと違って中国は本土占領されて亡命政府状態じゃないだろw
85.名無しさん:2018年04月01日 00:12 ID:kZutbDdk0▼このコメントに返信
※81
ポツダム宣言受けて中華民国にも降伏してんだから負けたんだよ。
そもそもアメリカの存在があったから中国はああいう戦い方をしたわけで。
86.名無しさん:2018年04月01日 00:13 ID:hYcAuQ7M0▼このコメントに返信
日露戦争を調べれば調べるほど、味方が大事、連携することが大事、ってことだったなあと思う。
日露戦争のける英のサポートはほんと大きかった。英の露に対する嫌がらせの数々があってこその旅順攻略だし、英の嫌がらせで戦闘力ボロボロの状態でバルチック艦隊が日本に到着してこその日本海海戦だしな。バルチック艦隊の機関も石炭も万全ならそもそも丁字の状況自体が実現しない。
87.名無しさん:2018年04月01日 00:15 ID:WUbRBdSK0▼このコメントに返信
※2
途中までは巡洋艦隊でストーカーしてくれたよ。
その、お陰で英国の本気度がわかり、米仏は日英寄り中立になった。
日英同盟の秘密交渉では、日本は単独で対露戦争に臨む方針が伝えられ、イギリスは好意的中立を約束した。ので英国は協定以上のコトをしてくれた。日本の弱体化を狙う米帝様、英国を弱体化させようとした蛙食いのせいで日英同盟が解消された。続いてたら連合国(米英仏)はWW2で苦労しなかったろうね。全ては欲を押さえ切れかった米仏が悪いんだけどね。
88.名無しさん:2018年04月01日 00:43 ID:l81QNYBa0▼このコメントに返信
別に何もおかしなこと言ってないと思うんだけど、スレ主は何が気に入らないのか。
イギリス・アメリカをひきこめたから日露戦争で日本が勝てたし、アメリカひきこめたから日中戦争で中国は勝てたわけで
そこを強調していう人間は戦争における政治要素について語ろうとしているというだけ。
これを何かプライドの問題ととらえてしまう人間が多いせいで、理解ができないだけ。

プライドでしか考えられない人間は、政治的な要因で日露戦争で日本は勝てたというと日本が弱かったと言ってると勘違いして怒り出すし、政治的な要因で日中戦争で負けたというとアメリカに負けたんだい!中国には勝ったんだい!となる。
まあ一旦こうなるともう議論にならないわけだが。
89.名無しさん:2018年04月01日 00:54 ID:QWB1Lo370▼このコメントに返信
謙虚な姿勢は大事だ
自虐は良くないし増長も良くない
これがなかなか難しい
90.名無しさん:2018年04月01日 00:54 ID:EuQEGN4y0▼このコメントに返信
「政治的な優勢があってこその勝利だったね(だから戦争における政治の重要さを認識しようね)」と言ってる人を「政治的な優勢があってこその勝利だったね(だから日本は弱いよね)」と言ってると勘違いしてるだけ
はっきり言って強い弱いなんてのは漫画のキャラ強さ議論レベルのお遊び話であってどうでもいい
戦争なんてどっちが多数派に回れるかの勝負であって強い弱いで一喜一憂するな人間は軍事向きの思考じゃない
91.名無しさん:2018年04月01日 01:34 ID:Vb8mSSGL0▼このコメントに返信
なお日露戦争の勝利に自信を持った結果後の戦争で響くことになるわけだからなぁ…
92.名無しさん:2018年04月01日 01:55 ID:EkiTUHAn0▼このコメントに返信
※85
アメリカがいないとあんな戦い方すらもできんぞ支那は。
義和団拳法でも使うか?
93.名無しさん:2018年04月01日 02:22 ID:83dvJByx0▼このコメントに返信
しゃーないやんけ、今の日本は外交と金でしか戦えんのや、バックグラウンドの攻める軍隊が無いし
日本とドイツは国連の例のあれで、日本とドイツはよその国と戦った途端に、宣戦布告なしに日本とドイツを
攻撃してもいい権利が与えられるんやでwww

日本政府は、国際連合(笑) 軍が抜けてるやん 
国際連合軍と言うものを正しく教科書に書いておけよ、普通知らんぞ?
国連憲章の53条 第二次世界大戦で枢軸国側に立った国(特にドイツと日本)が侵略行動を行った場合には、安全保障理事会の議決に基づかずに強制行動がとれる。いい加減国連のやユニセフの金は節約しようぜ。税収も少ないしスポンサーにボロカス言うからな
94.名無しさん:2018年04月01日 03:08 ID:nMgmGHMQ0▼このコメントに返信
戦争を煽ったマスコミの責任と言っても軍部のクーデターのとばっちりと民族派右翼のテロに晒されて制圧されていった面も忘れてはいかんと思うが
95.名無しさん:2018年04月01日 03:18 ID:GOFcZw8P0▼このコメントに返信
ワロスwインドはほぼ唯一の黒字植民地だったんだがwww
なぜよりにもよってインドを出したwww
96.名無しさん:2018年04月01日 03:50 ID:3SsABot00▼このコメントに返信
日中戦争は、ぜんぜん負けてないぞ?
ただ、中国が無政府状態で、戦争を終わらせる手段がなくなってグダグダだっただけで
97.名無しさん:2018年04月01日 05:26 ID:fObiH.Uo0▼このコメントに返信
日本海海戦の9ヶ月前に行われた黄海海戦でも旅順艦隊をボコボコにしたじゃん。
そもそも兵の練度が違うのよ。
フジツボつこうが、イギリスの嫌がらせがあろうが、結果は一緒だったんじゃね?
98.名無しさん:2018年04月01日 06:13 ID:8FxlYjTq0▼このコメントに返信
※97
日本海海戦の重要性は、勝ったことではなくて、戦艦の一隻さえも逃がさなかったこと

バルチック艦隊の目的はここで連合艦隊と決戦することではなく、わずかでもいいからマトモな戦力をウラジオストクへ入港させて、いつでも日本の海上輸送ラインを襲撃できるんだぞというファイティングポーズを作ること。これでロシアはまだ戦争続行可能なのだと日本および世界に知らしめることができ、すでに提案されていた停戦交渉を優位に進めることができると期待してた(だからこの時点では停戦交渉をいちど蹴った)

長い航海で船体は整備が必要だったが、船員は航海に飽き飽きしてて日本艦隊が現れた際おおいに戦意高揚していたという。そして当時の技術力において、とにかく逃げの一手を打つ敵艦隊を完全に補足撃滅するというのは無理難題に尽きる。練度の高い日本側はどんな状況でも勝つには勝てただろうが、継戦能力をもぎ取るほどの打撃を与えるというのは常識外の戦果であって、欲しかった戦果が全然得られず陸軍に泣きついた黄海海戦(これも日本の勝ちだが)とは状況がまったく異なる。日本海海戦がきっかけとなってロシアが停戦を受け入れたのは当然で、まだ戦う気のあったロシアを政治的圧力で停戦に持ち込んだわけじゃない。戦闘の結果、もう戦えませんというところまで追い込んだことで交渉のテーブルに付かせた。その前提からどういう条件を引き出すかというところからが外交官の戦い。ちょっとでも戦果が違えば結果は全然変わっていた

放っておけば兵糧攻めで陥落確実だった旅順を「時間無いから力攻めにしろ」と言われてわずか半年で攻略とした件といい、日露戦争はこういう無茶振りを努力と英知でなんとか勝ち取っていった戦争だった
99.名無しさん:2018年04月01日 06:40 ID:uM2O9haf0▼このコメントに返信
「戦争とは、戦争目的を達成した側の勝利である。」なら、
日露戦争は日本の勝利。
日中戦争・朝鮮戦争は中国側の勝利。
でいいのに、イデオロギーに惑わされると頑なに後者を認められない人がいるね。
まあ、ネト/ウヨに何を言っても無駄か。
日露戦争は日本の勝利だと認められない左翼と同じ事してるの気づかないかな?
中国の勝ちを認められない精神的勝利法なら、次もまた負けるよ。
100.名無しさん:2018年04月01日 06:45 ID:vquO2syR0▼このコメントに返信
改めて思うのさ。
ロシアという大国が目の前に存在しているのに、北海道を取られずに済んでいる。
これこそ奇跡だよ。
現在でもロシアは北海道を欲しがっている。
暖かいし、食糧は生産できるし、日本人女性というごちそうも付いてくるし・・・。
 
101.名無しさん:2018年04月01日 07:55 ID:Ugc2NfgE0▼このコメントに返信
※100
少し前にネットで読んだ話だが、いまロシア軍はウラル以東に5万人しかいないらしい
つまりそういうこと

102.名無しさん:2018年04月01日 08:43 ID:228Q3kfa0▼このコメントに返信
ロシアを封じ込める為にイギリスが日本を使って戦った戦争やろ?
103.名無しさん:2018年04月01日 08:54 ID:uX8ltTpV0▼このコメントに返信
いまだに世界中で「ロシアを叩きのめした日本スゲー」と称賛されてるけどな。
104.名無しさん:2018年04月01日 09:14 ID:C6Dgydy00▼このコメントに返信
日本がギリギリ勝ったことが許せない海外厨さんには悪いけどロシアは間違っても欧米じゃないからな
あんなスラブと一緒にしたら君の崇拝する欧米諸国がキレるよ?ww
105.名無しさん:2018年04月01日 11:28 ID:zM3HqXd20▼このコメントに返信
(゚Д゚)ロシア人は全て自分の敵であります!
106.名無しさん:2018年04月01日 14:08 ID:YkmZzcfx0▼このコメントに返信
>日露戦争は日英同盟

アホか
ロシアもフランスやドイツ、他と同盟組んでたやろ
107.名無しさん:2018年04月01日 16:18 ID:.6ssATsE0▼このコメントに返信
馬鹿「ロシアが本気出してればイルボンは負けてたニダ!」
私「じゃあ、何でロシアは勝てる戦に勝たなかったんだw」
馬鹿「ファビョーン!」

馬鹿「賠償金を取れなかったんだから日本は勝っていない」
私「銭を相手からもぎ取るために戦争仕掛ける馬鹿はお前くらいだよ」
馬鹿「ぱよぱよちーん」
108.名無しさん:2018年04月01日 19:15 ID:wspTAVSu0▼このコメントに返信
そもそも中国は日本に手も足も出なくて一方的に蹂躙されてただけやん
アメリカが日本に勝って
たまたま連合国側だっただけ、戦争終わったあと無抵抗な日本兵に攻撃してただけではないのか?
109.名無しさん:2018年04月01日 19:17 ID:wspTAVSu0▼このコメントに返信
イギリスアメリカの金というならここ1000年ユダヤの資金に頼らずに出来た大規模戦争なんてないだろうに
ヒトラーですらユダヤ人から資金援助を受けて戦争してたくらいなのに
110.名無しさん:2018年04月02日 12:33 ID:N24Ngy290▼このコメントに返信
※49
>(朝鮮戦争では国連軍を退け維持に成功した。

半島統一を掲げて仕掛けた側なのに戦前との維持に成功した・・・と言うのは防衛側ならまだしも仕掛けたほうが言うのは贔屓目に見ても負けなんですが・・・。


>その上、共産党政府こそが中国の正式な政府である事をアメリカに認めさせたうえで国連入りまで果たした。

それは対ソ連向けの外交であって朝鮮戦争とは別問題・・・。

>ベトナムとの戦争ではその国境を大幅に拡張する事に最終的には成功している)」

これも中越戦争とは別の戦争や外交なんですがね。
111.名無しさん:2018年04月03日 13:57 ID:Zt2OJ4sh0▼このコメントに返信
戦争煽った新聞社があったと聞いたで。
112.名無しさん:2018年04月03日 18:59 ID:vB6qAIdh0▼このコメントに返信
※111
当時の戦争はオリンピックやサッカーワールドカップと同じだからな。しかも参加する選手が自分の身内の若い子たち。そりゃ新聞も煽るよ。4年に一度必ず開催されるってもんでもないから、始まったら大騒ぎになるのはもちろん、開催前から早くやれどんどんやれと盛り上げるわけ

日露戦争の開戦前には、大学教授らが連名で意見書を新聞に投稿し、「バイカル湖まで攻めろ」とぶち上げた。でもそういう機運を利用して政府は増税を推進できたし士気の高い兵士を大量に集めることができた。煽るのも使いようで、メリットはあるんよ
逆にガダルカナル戦なんかは大本営が言葉を濁して発表してるものを、新聞が「飢島」とかうまいこと言ってさんざん非難してる。戦時中の日本国民が軍国主義政府に洗脳されてたみたいなのは大嘘なんよね。いまと同じで、政府は国益のために信念を持って政治をやるし、それには成功もあれば失敗もあり有能もいれば無能もいる、けれど政府や軍の活動を客観的かつ全貌的に観察することは、とくにその時代真っただ中の庶民には難しい

新聞を非難したいならそれより戦後の掌返しを責めるべし。朝日新聞が厚顔無恥の代表みたいに思われるのはとくに戦後の所業のせい

お名前